5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

兄と妹が禁断の恋に落ちる小説

1 :無名草子さん:2006/10/17(火) 10:38:10
ってない?
血がつながってるほうが燃える。
俺のオススメは図子慧『桃色珊瑚』

2 :無名草子さん:2006/10/17(火) 11:28:32
村山由佳 星々の舟

3 :無名草子さん:2006/10/17(火) 13:16:21
>>2
それって義理じゃね?熟年だし・・・

4 :無名草子さん:2006/10/17(火) 20:55:29
姉と弟だけど、小池真理子のレモン・インセスト

5 :無名草子さん:2006/10/18(水) 00:35:26
トーマス・マンで無かったっけ?
あれは母と息子?
息子とは知らずに関係を結び、息子はその後いまいましい近親
相姦を忘れるために修行を積んでローマ法王になるやつ。

ずしけいって、中学の時にがゆんの挿し絵に惹かれて読んでた
んだけどまたいたんだねー。10年ぶりに名前聞いたよ!>1

6 :無名草子さん:2006/10/18(水) 20:53:22
「帝都物語」 荒俣宏

7 :無名草子さん:2006/10/19(木) 13:12:09
>>3
腹違いなだけで、血はつながってます。
愛に年齢は関係ないと思います。

8 :無名草子さん:2006/10/19(木) 13:43:39
そっか

9 :無名草子さん:2006/10/19(木) 16:31:42
星々の舟は、兄妹の若い頃の部分も書かれているよ。

実の兄妹かどうかは曖昧だけど宮本輝の「焚火の終わり」とか。
あと、ライトノベルだけど森橋ビンゴの「三月、七日」
その続編にあたる「三月、七日−その後のハナシ」など。
禁断萌の人には三月〜はちょっと(いやかなり)不完全燃焼かもしれぬが。

桜井亜美「イノセントワールド」
桜庭一樹「少女七竈と七人のかわいそうな大人」なんかもそれっぽい。

10 :無名草子さん:2006/10/20(金) 09:26:42
どんな兄妹でもいずれ歳とるもんだよな
でも腹違いの兄妹ってどういう感じなんだろう
血はつながってるけど兄妹じゃないみたいな感じがするがまぁ人それぞれ受け止め方はありますよね

11 :無名草子さん:2006/10/21(土) 11:24:18
漫画でもいいなら・・・

小学館フラワーコミックスの僕は妹に恋をする

最初のほうは兄がムリヤリ・・・ってかんじだが
徐々に(?)妹も惚れていくぞ。
親バレもするし。

12 :無名草子さん:2006/10/21(土) 15:24:25
>>11
絵もストーリーも酷評されているみたいだけど...

13 :無名草子さん:2006/10/23(月) 10:07:02
微妙だが倉橋由美子『夢の浮橋』。

14 :無名草子さん:2006/10/23(月) 10:18:30
ワカメおじさんの「鱗姫」

15 :無名草子さん:2006/10/23(月) 12:48:25
「星々の舟」のラスト近く、沙恵が叫ぶ「お兄ちゃんっ」に萌え(´Д` )
村山は最初から続編出すつもりで書いてるな。ずるいやりかただ。

漫画ならモーニングにもその手のものがあったな。名前忘れた。


16 :無名草子さん:2006/10/23(月) 12:59:02
野坂昭如『骨餓身峠死人葛』

17 :無名草子さん:2006/10/23(月) 13:58:23
夢野久作『瓶詰の地獄』

18 :無名草子さん:2006/10/24(火) 13:45:31
>>15 「恋風」だな。あれはガチで近親相姦だなー。
妹に劣情を抱き日々悶々とし、のた打ち回る男。

19 :無名草子さん:2006/10/25(水) 10:42:45
三島由紀夫『音楽』がなぜでない

20 :無名草子さん:2006/10/25(水) 13:57:35
じゃあ三島由紀夫の『音楽』。

21 :無名草子さん:2006/10/31(火) 15:45:00
>>18
恋風はイブニング

22 :無名草子さん:2006/10/31(火) 22:24:02
『きみとぼくの壊れた世界』なんてどうだ。

23 :無名草子さん:2006/11/01(水) 15:40:05
>>22
それって他の西尾作品読んだことなくても大丈夫かな?

なんか一線越えてるやつ読みたい。
>>1の薦める図子慧は読んでみた。兄さんかっこよくてよかったけど
その後の二人の行方が気になりすぎる。

24 :無名草子さん:2006/11/03(金) 04:12:48
>>22
鯉には落ちてないだろ。
本番行為がなきゃダメだな

25 :無名草子さん:2006/11/03(金) 11:25:04
漫画だけど、津雲むつみ「椿散華」
好き。

26 :無名草子さん:2006/11/03(金) 12:44:37
姫野カオルコ「変奏曲」
姉弟の話だが、双子なのでそこら辺は勘弁してくれ。<スレ違い

27 :無名草子さん:2006/11/03(金) 16:44:54
海辺のカフカ

28 :無名草子さん:2006/11/03(金) 18:45:51
三浦綾子の「氷点」とか?

29 :無名草子さん:2006/11/04(土) 17:45:14
氷点いいね

30 :無名草子さん:2006/11/05(日) 04:06:35
V・C・アンドリュース「屋根裏部屋の花たち」シリーズ
兄妹モノの代表作

あと同じく図子慧では「虹彦」なんかはどうですか?


31 :無名草子さん:2006/11/23(木) 15:58:21


32 :無名草子さん:2006/11/27(月) 14:49:59
「寒がりな虹」薄井ゆうじ

33 :無名草子さん:2006/12/01(金) 19:05:52
「瓶詰地獄」 夢野久作


34 :無名草子さん:2007/02/03(土) 08:48:28
平成 17年 2005年

国際結婚

男 3万3 116

内訳
3万3 116 の外国人妻の国籍

韓国・朝鮮 6 066
  中国  1万1644
フィリピン 1万0242

アメリカ 177人

http://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/hw/jinkou/suii05/marr2.html

35 :無名草子さん:2007/02/03(土) 15:29:02
姉と弟なら
ホテル・ニューハンプシャー

36 :無名草子さん:2007/02/03(土) 16:50:18
佐藤友哉「フリッカー式」

37 :無名草子さん:2007/02/04(日) 01:12:47
熱帯樹/三島由紀夫

38 :無名草子さん:2007/02/07(水) 12:54:19
禁断系の恋愛小説ならV・C・アンドリュースの作品がおすすめです。
兄妹、姉弟、従兄妹、叔父姪など、
ほとんどの作品が近親相姦的な恋愛に発展してゆきます。
十代の少女が主人公なので、男性はダメかも。女性におすすめです。

39 :無名草子さん:2007/02/07(水) 12:57:55
「屋根裏部屋の花たち」 V・C・アンドリュース

「私」、キャシー・ドーランギャンガーはなにひとつ不自由のない、
しあわせな少女時代を送っていた。
「私にとって、人生とはすばらしい真夏の一日のようなものだった。」
私には優しい兄クリス、双子の弟と妹。
そして誰よりも素敵なパパとママがいた。
ところがある日、思いもかけない不幸が私たち一家を襲う。
交通事故で最愛のパパを失ってしまったのだ―。
その日を境として、あとに残されたママと4人の子供たちの運命は一変した。
着の身着のまま、母の実家のヴァージニアに向けて出発した5人だったが、
過去の過ちで勘当されていた母のために、
私たち4人は壮大な屋敷の屋根裏部屋に閉じ込められてしまった。
この屋根裏部屋から出られる日はすぐに来ると信じながら―。

続き物なので必ず各シリーズの第1部から読んでください。

【ドーランギャンガーシリーズ】
第1部 「屋根裏部屋の花たち」
第2部 「炎に舞う花びら」 上・下巻
第3部 「棘があるなら」
第4部 「屋根裏部屋に還る」
番外編 「ドールハウスの夢」

40 :無名草子さん:2007/02/07(水) 12:59:02
「ヘヴン」 V・C・アンドリュース

ヴァージニアの険しい峡谷に住む貧しい一家の長女、ヘヴン。
自らの生と引きかえに実母を失った彼女は、
呪われた子として父親に疎まれ、継母にはこき使われる。
貧困と蔑視に耐え懸命に生きようとするが、
身勝手な大人たちのために
ヘヴンを含む5人の姉弟たちは散りぢりなってしまった。
両親のエゴに翻弄される子供たち、
そして彼らを待ちうける数奇な運命とは?

続き物なので必ず各シリーズの第1部から読んでください。

【ヘヴンシリーズ】
第1部 「ヘヴン」
第2部 「ダークエンジェル」
第3部 「背徳のオルゴール」
第4部 「天国の門」
番外編 「悲しい夢」

41 :無名草子さん:2007/02/07(水) 13:00:17
「夢の中へ」 V・C・アンドリュース

町から町へと渡り歩き、その日の食べ物にも事欠く貧乏暮らしのロングチャンプ一家。
今度の引っ越し先での生活もようやく落ち着き始めた頃、母が女児を出産。
しかし産後の肥立ちが悪く彼女はベッドから起き上がれない。
そんな時、父が私立学校の用務員の職を得る。
ドーンと兄も学費免除でその学校に通えるようになるが、
金持ちの子供が集まる学校は二人にとっては針のむしろだった。
特に、年下のクララがドーンに対し卑劣な意地悪を繰り返す。

続き物なので必ず各シリーズの第1部から読んでください。

【ドーンシリーズ】
第1部 「夢の中へ」
第2部 「ある朝、突然に」 上・下巻
第3部 「黄昏の彼方」 上・下巻
第4部 「真夜中のささやき」 上・下巻
番外編 「悲しみの影」 上・下巻

42 :無名草子さん:2007/02/07(水) 13:01:30
「メロディー」 V・C・アンドリュース

メロディーは小さな炭鉱町で両親とともに暮らす十五歳の少女。
父チェスターの仕事は炭坑夫で、
一家の住居はトレーラーハウスという貧しい生活を強いられていた。
父は娘思いで、つらい仕事に不満ひとつ漏らさない男だが、
美貌の母ヘイルはその生活を嫌っていた。
そんな中、炭鉱事故で父が亡くなる。
母ヘイルはチェスターの死を機に町を捨て、
女優を夢見て町のバーテンダーとともに大都会を目指す。
そしてメロディーはひとり漁師町に住む父の兄の一家に預けられることに…。

続き物なので必ず各シリーズの第1部から読んでください。

【ローガン家シリーズ】
第1部 「メロディー」
第2部 「心の歌」
第3部 「未完の交響曲」
第4部 「真夜中の音楽」
番外編 「オリヴィア」

43 :無名草子さん:2007/02/07(水) 13:38:39
>5

『選ばれし人』ね。
マンの兄妹関連ならほかに『ヴェルズングの血』ってのもある。


44 :無名草子さん:2007/02/22(木) 03:44:53
兄保守

10 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)