5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

☆☆ ロマンス 第5冊 ☆☆

1 :無名草子さん:2007/02/10(土) 22:52:43
海外のロマンス小説好きな人どうぞ。
※ハーレクインは専用スレがありますので、そちらでどうぞ。

《前スレ》
☆☆ ロマンス 第5冊 ☆☆
http://book4.2ch.net/test/read.cgi/books/1150470442/

《過去スレ》
【1】 http://book3.2ch.net/test/read.cgi/books/1052408772/l50
【2】 http://book3.2ch.net/test/read.cgi/books/1084456549/l50
【3】 http://book3.2ch.net/test/read.cgi/books/1114953097/l50
【4】 http://book3.2ch.net/test/read.cgi/books/1132128875/l50

《姉妹スレ》
♀♀女の夢ハーレクイン♀♀11
http://book4.2ch.net/test/read.cgi/books/1166196624/l50

2 :無名草子さん:2007/02/10(土) 22:53:38
すみません・・・スレ番号間違えました・・・

3 :無名草子さん:2007/02/10(土) 22:54:51
このスレは『第6冊』です。

4 :無名草子さん:2007/02/11(日) 03:38:11
>>1


5 :無名草子さん:2007/02/11(日) 06:57:38
>>1


6 :無名草子さん:2007/02/11(日) 20:51:34
扶桑社から出るリサ・マリー・ライスの「ミッドナイトマン」
覚えておくために張らせて。
>>1さん、乙です


7 :無名草子さん:2007/02/13(火) 23:37:58
Ellora's Caveって何かわからなかったからググってきたけど、独自レイティングをつけてるのね。
扶桑からでるというリサ・マリー・ライスは「E-rotic」。
ラズベリーのアメジスト・エイムズと思われる作品は「S-ensuous」。
レイティングとしては、S-ensuous→E-rotic→X-tremeってあるけど
たとえばシャノン・マッケナ辺りだと、レイティングはどれくらいになるんだろう?
シャノンが「S-ensuous」だと、ちょっと購入を考えるなぁw




8 :無名草子さん:2007/02/13(火) 23:52:10
>>7
なにゆえ、前スレと同じ書き込みを????

9 :無名草子さん:2007/02/14(水) 13:43:15
アデア新刊を読みかけのところ、コニー・ブロックウェイ「薔薇の誓いと
愛を胸に」を店頭で見つけてしまい、一気読みした。

3部作の終わりということで、今までほのめかしてきた謎が回収されて
気持ちよかったなぁ。
末娘であるヒロインは、2部までに見せていたキャラとは変わっている。
というか、実は生きるために外面と内面を使い分けているという設定。
大義のために身を落としたふりをする前半がけっこう深刻で、読み進める
のがつらかった。そんなことしなくてもいいのに、とやきもき。

ヒーローもヒロインと生き方が似ていて偽悪的。でも、ローズハンター
の名に恥じず、ヒロインを守る守る。はぁ、よかった。

不満は、本編の終わりとエピローグの間の時間経過が結構あった
ので、「あれはどうなったんだろう」と、その間に起こったであろう
ことを読みたかったくらいかな。

10 :無名草子さん:2007/02/14(水) 16:41:11
コニー・ブロックウェイは、最初の2作がどうもピンとこなくて
3作目はスルーの予定なんだけど、よい評判見ると悩むw
あとMIRAからは真珠の首飾りの3作目が出てたね。
これも2作目でおもしろかったと書いてた人いたから、どうしようか・・・

竹書房のはもう1冊が無くて、J・A・クランツだけあったから購入。
そういえばJ・A・クランツもアマンダ・クイックも、もう買うのやめようと
決めたのを思い出したけど後の祭り。
でも今回のは思ってたよりまぁまぁおもしろかった。

11 :無名草子さん:2007/02/14(水) 18:12:17
>>10
ブロックウェイのローズハンターシリーズは好きだけど、
MIRAの真珠〜は、悪くないけどイマイチだったなぁ、無難すぎて。
あとJ.A.クレンツよりもアマンダ・クイック名義作品の方が好き。
ホントにお好みですよねぇ。

12 :無名草子さん:2007/02/14(水) 23:32:27
ちょw
>>7貼ったヤツ、一歩前に出ろっ!
私のレスを勝手にコピペするな。するなら、レス番号、レス時間も含めてコピペ汁!

13 :無名草子さん:2007/02/15(木) 00:33:21
ローズハンター、まあまあだったかな。
ヒーローも1作目冒頭の登場シーンは地味だったけど、
主役になってみるとなかなか格好良かった。
謎は…(笑)
ミステリでもないしいいか…という程度です。

でも結局、1作目のキット・マクニールに一番萌えました。
ああいう禁欲キャラがツボです。
2作目のラムゼイが人気なのかな〜?

14 :無名草子さん:2007/02/15(木) 00:44:33
>>13
ラムゼイはルックスも良いし強いしで、王道ヒーローですよね。
血筋も良かったっけ。
ヒロインも知性と美貌を併せ持つ女性だから、ある意味出来すぎなカップルだと思った。

キットは、ちょっと野獣系入っている感じで私もこちらの方が好みです。
未亡人でなおかつ経済的も困窮しているという、かなり苦しい立場のヒロインを助け、
自身もズタボロ状態になりながらも立ち上がっていくとこも好みでした。
ラストにお宝が見つかって良かったねーっ、とりあえず経済的には自由になれたねーって喜べたし。

三作目はまだ読んでいないんですが、とりあえず楽しみにしてます。
ただ表紙女性のちょっと男前なルックスが気になる‥。

15 :無名草子さん:2007/02/15(木) 15:41:13
前スレの最後のほうに書いてあった

>ラズベリーブックスって紙が厚くてしっかりしてる。

はげど。
いつもの感覚でページめくろうとすると、紙が妙に厚ぼったいから
2枚分くっついてるんじゃないかと気になってw

ノーラの扶桑社上下刊は、お金ないからブクオフ待ち・・・

16 :無名草子さん:2007/02/15(木) 19:29:06
>>15
その通りです。
私も何度もページ数確認しました。
慣れないと不便ですよね。ラズベリー。

17 :無名草子さん:2007/02/15(木) 22:10:04
アデアの新刊、最初の数十ページを読んだところで止めてたけど、
再開したらおもしろくて止まらなかった。ここであまりよくなかった
というご意見を読んで、期待しなかったのがよかったのかも。

あらすじにも載ってるヒロインが失敗する冒頭のシーケンスが
つらかったけど、それを乗り越えたら、ヒロインとヒーローの
会話とか、ヒロインの超人的能力、砂漠の道行き、どれもが
魅力的に感じた。まぁ、いくら何でもそのシチュエーションで
いたしすぎでは、とは思ったけど。

18 :無名草子さん:2007/02/16(金) 11:21:25
>>17
最中に撃たれるというのも初

19 :無名草子さん:2007/02/16(金) 11:42:11
アデアの新刊で何が良くなかったって、今までより段違いで適役の状況がファンタジーwなところ。
それと、ヒーローの掘り下げが浅い気がする。その割りにヒロインが強すぎてさー

20 :無名草子さん:2007/02/16(金) 12:53:36
>>18

あれは、ほんと油断しすぎ。

ラクダの上も初ですね。かなりアクロバティックだと思った。
そんなことできるのか。

21 :無名草子さん:2007/02/16(金) 16:31:54
馬の上ってのはHQか何かで見たけど、ラクダまできたかw

22 :無名草子さん:2007/02/16(金) 22:12:18
>>14

キット、やっぱりいいですよねー。
ブロックウェイのヒーロー達は
どこかダークな側面があるところがそそります(笑)

…何だかアデアネタで盛り上がっているようなので
ブロックウェイのために投げ出したけど、
今晩読んでみよ。


23 :無名草子さん:2007/02/19(月) 07:24:46
ランダムハウスは文字の配置がなんとなく読みにくい。
二見が一番読みやすい。

古本屋で『ブルックリン救急病棟』を入手。
黒人同士の恋愛だけど、海外ドラマみたいなノリが好きな人には
わりとおすすめです。

24 :無名草子さん:2007/02/19(月) 17:13:27
黒人はちょっと

25 :無名草子さん:2007/02/19(月) 19:17:38
アフリカ系が主人公のロマンスは、アメリカじゃよく見かける。
日本で翻訳されていないだけだよね。
HQで2冊くらいだったかな?翻訳されているけど…リンゼイ・マッケンナだったかな?
あともう一人…。
う〜ん、翻訳されてもあまりウケないんでしょうが、映画俳優のウィル・スミスが
人気あったりするから、意外に新規開拓にはなるかもね、読者層の。

26 :無名草子さん:2007/02/19(月) 19:53:32
デンゼル・ワシントンとか素敵だよねー。

27 :無名草子さん:2007/02/19(月) 20:46:02
ヴィレッジからビヴァリー・バートンの新刊『星降る夜に、だれかが』が出たようですが。
ハーレと微妙に名前の表記が変わってしまってますね‥。
ビバリーとビヴァリー。
検索する時めんどう、統一してよって感じ。
マッケナ他『キス・キス・キス』はどのくらいhotなんでしょうかね。

28 :無名草子さん:2007/02/19(月) 23:30:32
「キス・キス・キス」パラパラっと読んでる。
3作とも期待を裏切らずHOT・HOT・HOTだわー
E・C・シーディ、二見で出たやつとは作風が全然違ったけどおもしろかった。
マッケナは、マッケナの王道パターンw

セックスから始まる恋もある? <この謳い文句の通りw


話変わって、ブロックマンのトラブルシューターシリーズ。
11作目のForce Of Natureの発売が8月14日に暫定決定。
目下のところ、10月30日発売の12作目(クリスマスもの)の執筆中だとか。
日本の翻訳が追いつく前に、執筆ペースがまたうpしてしまったか??
トラブルシューター翻訳部隊、負けずにがんばってくれぃ。

29 :無名草子さん:2007/02/20(火) 20:44:25
黒人のロマンスは読む気しない。映画でも黒人が主役の
映画って今まで見る気しなくて、一度も見たことないし。。。
差別と言われても生理的な反応なのでスマソ。

30 :無名草子さん:2007/02/20(火) 21:30:04
わかる
俺もそう

ただハル・ベリーとエヴァ・メンデスは別だが

31 :無名草子さん:2007/02/20(火) 23:42:30
「キス・キス・キス」、本屋の平積みで一冊しか残ってなかった。
すごいなー

32 :無名草子さん:2007/02/21(水) 10:37:22
このスレのブロックマンの「トラブルシューター」評判をみて、
最初に緑の迷路の果てに を読みました。
サムとアリッサの切ない物語との批評もあり期待していましたが
最初にアリッサが黒人とわかりすごく萎えました。
自分は人種差別的な気持ちはないと思っていましたが、
ロマンスのヒロインについて黒人は受け付けませんでした。
次に読んだ遠い夏の英雄でヒーローが禿。これも萎えました。
ヒロインは白色または人種混合の結果のブラウンまで。
ヒーローは髪がある人がいいです。


33 :無名草子さん:2007/02/21(水) 10:53:44
>>32
アリッサはブラウンだと思いますよ。
色んな血が入っていて、カフェオレっぽい肌の色って書いてあったんじゃないかな。
ただ白人の人(サムの奥さん)から見たらってことでしょう。
それにあのシーンは、彼女もちょっと逆上してたし。

34 :無名草子さん:2007/02/21(水) 11:54:20
そうですよね。アリッサはモカブラウン系のセクシー美女ですよ。
いろんな人種が混じってて。サムの奥さんのは美人に対する
ジェラシー発言でかわいそうだった。


35 :無名草子さん:2007/02/21(水) 11:56:29
でも、サムの奥さんも「白人の美人」設定のはずだよね?
作中では完全に敵役だけどさ。

36 :無名草子さん:2007/02/21(水) 12:28:51
産後太りの時に夫の愛する女が自分と違うタイプの美女だと
見せつけられたら・・・サムの奥さんも美人設定だけど。
なんとなく信用できないサムの奥さんだよね。
はやく続きが読みたい。

37 :無名草子さん:2007/02/21(水) 12:36:04
サムの奥さんは、白人の美人というよりもどっちかといえば
かわいい感じ?の巨乳ちゃんじゃなかったっけ?
サムがその奥さんと最初寝たのも、アリッサとタイプが全然違ったのが
理由だったような・・・そんな話が出てきてたような。まだ出てない?

38 :無名草子さん:2007/02/21(水) 13:44:15
>>36
真性の悪者では無いはずだけどね、サムの奥さん。
しかし名前も覚えていないって‥冷たい読者だな、儂ら。
確かお姉さんも美人なんだよね。

最近のアメリカのミュージックシーンを見ていると、
本当に色んな血が混ざった美形アーティストがいますよね。
PCDのニコルなんかも、不思議な感じだし。

サムは1作目ではあっさり撃たれて、やられキャラっぽかったけど、
作が進むに連れ存在感が増してきた愛すべき男ですよねー。
泣きっぷりもイイ!

39 :無名草子さん:2007/02/21(水) 14:37:47
38ですら名前を覚えていない罠

40 :無名草子さん:2007/02/21(水) 14:56:18
38ではないが覚えてるぞ。
奥さんの名はメアリー・ルー(旧姓はモリソンだっけ?)

41 :無名草子さん:2007/02/21(水) 16:05:28
アリッサの瞳がグリーンなのは覚えてるよ。
>>37
そうだよね。メアリ・ルーは
パーティーガールでウェットTシャツコンテストに出て優勝しそうなタイプ。

42 :無名草子さん:2007/02/21(水) 16:36:34
>38
> 確かお姉さんも美人なんだよね。

ワイルドカードが一時期付き合っていたんだよね?>お姉さん。
そーいやワイルドカード、「お付き合いした女性の数が少ない」と嘆いていたけど、
結局何人いたんだろうか?

43 :無名草子さん:2007/02/21(水) 17:00:48
>>42
そうだ、3作目の冒頭だ。
風邪でフラフラなチーフに言い寄ったメアリー・ルーのお姉さんを、
彼女に振られて自棄になってるワイルドカードにあてがったんだった。

ワイルドカードが真剣に付き合ったのは元カノとサバンナだけじゃない?


3月のMIRA文庫
霧にひそむ影 カーラ・ネガーズ
黄金の眠る谷で エリザベス・ローウェル
ラブ・コンチェルト アン・メイザー
愛燃える平原 ナーン・ライアン

どれも興味惹かれるタイトルだ・・・中味もおもしろければよいけど。

44 :無名草子さん:2007/02/21(水) 17:39:11
再版はエリザベス・ローウェル
だけですか?
改題もしてるね。

45 :無名草子さん:2007/02/21(水) 18:17:25
>>44
ラブ・コンチェルト も再販だよ。

46 :無名草子さん:2007/02/21(水) 19:45:42
>>45
そうでした!
私はまだ読んでいないので、買いの予定でした。

47 :無名草子さん:2007/02/22(木) 00:42:48
カーラ・ネガーズ!
懐かしー

48 :無名草子さん:2007/02/22(木) 16:16:52
今月のヴィレッジ、「星降る夜に、誰かが」読了
ちょっと軽めの悪のヒーロー好きな方にはお勧め。
ちょっとネタバレ↓





犯人は、あんなもんだと思うけど
最後の大団円、あんなことしてた人や、こんなことしてた人まで
ハッピーになってて、ちょっと引いた。

49 :無名草子さん:2007/02/22(木) 23:25:09
二見のリンダをもうゲトした人のブログによると
やはり最近のリンダ作品。
ヒーローが赤面するキャラだとか。あの野生ヒーロー
書いていた頃が嘘のよう・・・。ロマンスも
最後の方にあるだけなんだそうです。
もうリンダからマッケナにシフトしている自分がいる・・・。

50 :無名草子さん:2007/02/23(金) 00:24:01
>>49
フライングにしても早いね。
早くて土曜くらいかと思ってた。
そうか、最近のリンダなのか‥、でも読むさ。

51 :無名草子さん:2007/02/23(金) 09:40:49
二見のリンダって二見サイトに載ってないけど何ていうタイトルですか?

52 :無名草子さん:2007/02/23(金) 10:08:01
>>51
http://www.futami.co.jp/book.php?isbn=9784576070223
夜を抱きしめて
リンダ・ハワード(著)/加藤洋子(訳)

53 :無名草子さん:2007/02/23(金) 13:43:11
「売り切れ殺到」「長者番付」「波動」「有名な科学者が証明した」
「平均3年はみんな使っている」 「信じる者と書いて『儲』かる」

【Step@】出版本で「穏やか勧誘トーク」「お金持ちになれるよトーク」
【StepA】弟子のHPで100回聞きテープ(約15話)で勧誘・洗脳。
     この辺りから「孔雀明王」や「大日如来」などの言葉で
     神格化する。
【StepB】ハッピーリーダー塾で号令訓練
     3万円のペンダントや5千円のタオル3色を購入必須
     (肯定的言葉で「波動」を高めると称してまるかんの商品のマニュアルを絶叫し脳内に刷り込む)
【StepC】最初のノルマ。“家族・親戚”に商品(30個位)を売らせる。
【StepD】代理店開始。返品不可。困ったとき本社担当者が居留守。

http://money5.2ch.net/test/read.cgi/manage/1158633593/l50

54 :無名草子さん:2007/02/23(金) 14:12:20
>>49
そうなの?
題といい、訳者といい、無意識に期待してしまってた・・


55 :無名草子さん:2007/02/23(金) 18:57:45
SEPの『あなただけ見つめて』を読んでいるんですが、
ボビー・トムってクリスチャン・スレイターに似ているんですね‥。
『〜ヘブン』を読んだ時は、全然そんなイメージじゃ無かった。

56 :無名草子さん:2007/02/23(金) 20:23:05
>>55自分もそこんところでおおいに引っかかりました。
ファンには悪いけどね。クリスチャン・スレイター?はあー?って。

57 :無名草子さん:2007/02/23(金) 20:53:23
>>55

映画スターのようなって、全盛期のロバート・レッドフォードか
全盛期のブラピのイメージ。

58 :無名草子さん:2007/02/23(金) 22:57:58
選手にスレイターが混ざれば目を引くカッコよさなのかも・・・


59 :無名草子さん:2007/02/23(金) 23:50:15
55です。
私はスレイター大好きなんですけどね、素行が悪くて消えてしまったのが哀しい。
ただアメフトでテキサスなマッチョスタイルとスレイターがそぐわなくて。
映画のイメージだけど、小賢しいとか小回りがきくとか、
まぁそういうミニでプチなイメージだから。

でもイメージが‥っていうのはあっても、
こういう風に具体的に名前があがっていると想像しやすくていいですね。
アン・スチュアート『水辺の幻惑』なんて、作者自ら俳優を指定してて分かりやすかった。
しかも日本人向けに、豊川悦司と北野武まで、恐れ入りましたってカンジw。

60 :無名草子さん:2007/02/24(土) 10:40:10
ヒーローのイメージにロバート・レッドフォードが出てくるのってスゴイ!
いくら全盛期の、としても読み手の年令感じちゃうねー

61 :無名草子:2007/02/24(土) 11:24:47
ヒーロー
私はヒュー・ジャックマンだな。
貴族風だったら「ニューヨークの恋人の時、ちょっとやさぐれてるのは「ソードフィッシュ」、
ワイルド系なら「ヴァン・ヘルシング」って感じ。
彼お一人様でいろんなバリエが楽しめてグッ!!

62 :無名草子さん:2007/02/24(土) 11:38:53
私の一押しはエディ・シブリアン
ジョシュ・ハーネット、ポール・ウォーカーでも可
渋いところでジョージ・クルーニー

63 :無名草子さん:2007/02/24(土) 14:08:15
ポール・ウォーカーいいな。いたずらっ子ぽくて。


64 :無名草子さん:2007/02/24(土) 14:50:46
>>60
ロバート・レッドフォードの全盛期はリアルタイムでは知らないけど、
昔の彼は、シワシワじゃなくて本当にかっこよかったと思う。
んーまぁ、シワシワでもかっこいいけど、でもシワシワ。

65 :無名草子さん:2007/02/24(土) 15:21:27
>>52
どうもありがと

66 :無名草子さん:2007/02/24(土) 18:37:38
私も検索してルックス確認>ポール・ウォーカー。
良いですね、オールマイティに使える感じだ。
ただ俳優としては、ちょっと押しが弱いルックスかも、バランス良すぎて。

67 :無名草子さん:2007/02/24(土) 20:29:15
ポール・ウォーカーはワイルド系と影のあるタイプが、ちょっとイメージしづらい。
後は長髪ヒーローが不可なんだよね>いつも短髪

そういう意味で、私も>>61さんと同じくヒュー・ジャックマン。
長髪もワイルドも貴族もプレイボーイもいける。
ただし、年下タイプや金髪はダメだから、そこはポールあたりで補う。

ロバート・レッドフォードは特定作家のヒーローだなぁ。
ちょっとスレ違いだけど、HQのベティ・ニールズのヒーローって感じ。

68 :無名草子さん:2007/02/24(土) 21:48:10
スポーツ選手はダメですか?
ジョン・ジマーマンとロケ・サンタクルス(189センチ)あたりです
長髪、影アリをカバーしてみました。

69 :無名草子さん:2007/02/24(土) 23:10:55
ロケの名前をこんなところで見るとは思わなかったw
ロケは怪我が多すぎる印象が強くて・・・
ビアホフ(サッカー元ドイツ代表)は、実業家っぽいイメージにハマりそうだ。

70 :無名草子さん:2007/02/24(土) 23:49:17
>>68
ジョン・ジマーマン良いですねー。
ここで色々あがった名前をググって、だいぶ最近の麗しい若者のルックスが脳におさまりましたよ。
これからの読書に役立つわ〜。

71 :無名草子さん:2007/02/25(日) 00:36:24
リンダ作品のヒーローは誰かイメージが浮かびますか?
私は全然当てはめられないんだけど・・・

72 :無名草子さん:2007/02/25(日) 06:18:25
西部の男だから……チャールトン・ヘストンとか?
黒い絨毯のイメージも相まってそう感じた

73 :無名草子さん:2007/02/25(日) 11:45:42
影あるヒーローは、ジム・カヴィーゼルを思い浮かべる。
リンダヒーローは難しいね。
一瞬巨人にいたゲイブ・キャプラーを腕の太さで推薦w

74 :無名草子さん:2007/02/25(日) 18:39:15
映画「L.A.コンフィデンシャル」のラッセル・クロウが、
野獣っぽくてリンダのヒーローに似合うかなって思うんだが。

結構スポーツ選手にイメージあいそうな人がいるんじゃないかなぁ。
俳優ほどルックスが媚びていないし、アンバランスなとことかが。

75 :無名草子さん:2007/02/25(日) 22:59:49
私もリンダ・ヒーローはラッセルクロウだわ。
あとはデスパレートの妻たちのヒーローもリンダヒーローに近い。

76 :無名草子さん:2007/02/26(月) 00:42:20
ジョニー・メスナー(だっけ?)アナコンダ2に出てた人
石の都に眠れのヒーローをちょっとだけ彷彿させられた

77 :無名草子さん:2007/02/26(月) 08:44:37
>>73
ジム・ガヴィーゼル!!このスレで名前が出るとは…キリスト様から現代のロマンチック
ヒーローまで広く演じられる二枚目スターで好き。青い瞳がステキ!
(キリスト役のときはカラーコンタクト入れていたっていうから演技派!)

>>27さん
遅レスで申し訳ありませんが、新作のビヴァリー・バートン「星降る夜に誰かが」
ですが、登場人物が多すぎて、肝心の主役二人の描写が少ないところが難点。
それに、「こんな人物関係ってあるかよっ!」って思うほどの人間関係…ありえなさすぎ…
って感じでした。

78 :無名草子さん:2007/02/26(月) 11:32:30
むははは。画像検索終了。
クリスチャン・スレイターはあごががっちりしていて素敵です。
Johnny Messner彼こそ特殊部隊のヒーローって感じ。
リンダのヒーローラッセルクロウよいですね〜


79 :無名草子さん:2007/02/26(月) 13:55:19
ふと最近のスレーターのルックスをググってみたが‥、うーん、おっさん。
SEP「あなただけ見ている」は90年代始めだから、映画「フラッド」とかの頃だよね。

で、SEP「あなただけ見ている」読了しましたが。
これ、ボビー・トムだけ抜き出してみると、ちょっと哀しくなります。
さきに「〜ヘブン」を読んでいるだけに。
B級映画の俳優をやったりとか。
SEPは他の作品でも、選手(頂点)後の人生を描いているけど、
好感度の高いキャラに、容赦なく苛酷な運命を与えるってとこは、
職人作家ってゆーかプロフェッショナルとゆーか。

80 :無名草子さん:2007/02/26(月) 18:22:33
>>79
思いっ切りタイトル間違えてるしー。
『あなただけ見つめて』だろうが、自分!!

81 :無名草子さん:2007/02/27(火) 13:30:18
ロマンスの定番のラストは
かっこよくてお金持ちで大きな男が順風満帆な人生を送る。
というような感じでしょうか。
本当なら79の言う>過酷な運命になるのが一般人。
共感できそうな気がします。

リンダBK1に出ましたね。

82 :無名草子さん:2007/02/27(火) 14:05:43
>>68
ここでロケ・サンタクルスの名前を見るとは…(涙)
モリエンテスもルックスは好きなんだよなぁ〜

牧場主ヒーローなら、ヒース・レジャーがよいかも。
去年カウボーイ姿にクラクラしたのでw

83 :無名草子さん:2007/02/27(火) 16:04:34
>>82
でも、あのヒースはゲイだったから…まあ、それはそれでよかったけれど、
スレ違いになってしまいますね。

84 :無名草子さん:2007/02/27(火) 18:06:33
俺様モード全開のヒーローと対等に渡り合い、
あたふたさせて「見捨てないでくれ」と
言わしめるSEPのヒロインが好き。
リンダの最近の作品は、出尽くしたストーリーの
出がらし感が否めない。
すごく好きな作家さんだから、もちょっと
頑張ってほしいな。
「心閉ざされて」みたいなウルウルするような
作品とか読みたい。

85 :無名草子さん:2007/02/27(火) 22:58:15
リンダ・ハワードは、「夢の中の騎士」がダントツで好き。

サスペンスとかじゃなくて、純粋に楽しめるロマンスストーリーを
書いていてほしかった。2002年以降のリンダ作品でロマンスを感じさせる
作品はゼロに近い。「夢の中の騎士」が、ロマンス作品としてはラストと
なってしまったような気がする。燃え尽きたか?リンダ・ハワード…。

86 :無名草子さん:2007/02/27(火) 23:01:04
ノーラは、いまやアメリカでは超売れっ子作家。でも、もうロマンス作家としては
燃え尽きた感がある。
リンダも同じ道を辿るのか?サンドラ・ブラウンのようにいつまでもロマンスを前面に
出した作品を書いて欲しいのが、日本人ファンの願いだと思うのだが、アメリカでは
ニーズが違うのかもしれない。残念。


87 :無名草子さん:2007/02/28(水) 16:40:55
ノーラの新作、やっと読み終わりましたが、読みでがあって自分はけっこうおもしろかったな。
男女のロマンスという点では今いちなんだけど、アラスカの小さな田舎町の雰囲気がとてもよくて、
行ったこともないのに、そこに住んでるみたいな気分になれるっていうか。
まあ、良くも悪くも、ロマンスというカテゴリーではくくれない作家になってしまったのかもな、
って気もしますが。

88 :無名草子さん:2007/02/28(水) 17:50:34
「夢の中の騎士」いいよね。
同じように中世時代にタイムスリップする「時の彼方の恋人」は
こう来るかといったラストだったけど、惹かれ合う二人が一緒に
なってラストを迎えるのもいいなと思った。

ロマンスというカテゴリーではくくれないというと、リンダも
だけれど、アイリス・ジョハンセンもだよね。
ウインドダンサーに関係する作品でも、ロマンスだったり違ったり
するけれど「女神たちの嵐」とか好きだな。
ダニエル・スティールの作品みたいに、映像化してくれないかしら。

89 :無名草子さん:2007/02/28(水) 18:44:18
アイリス・ジョハンセンは、ヒストリカルと現代物では作風が異なっていますよね。
どっちも好きだけど…。
リンダの現代物は、サスペンスとしてはアイリスほど洗練されていなかったりする
と思います。他に、ケイ・フーパーとかもHQ出身でサスペンス分野に進出していった
作家だけど、こちらの方がサスペンス作家としては優れているような気がします。
リンダ・ハワードは、魅力あるキャラが好きなんだけど、最近のキャラはインパクトが
薄い…ちょっと残念な気がします。
「夢の中の騎士」時代の作風に戻って欲しいな。

90 :無名草子さん:2007/02/28(水) 19:32:15
流れ豚切りします。
エイミー・J.フェッツァー『ドラゴンの恋人』を読んでいるんですが、
期待していたほど面白さがなく、なかなか先に進みません。
材料はバッチリって感じなのに何故だろう。
既読の方、この作品は後半面白くなるんでしょうか???
もちろん好みの問題ってのは分かっているんですけどね。

91 :無名草子さん:2007/02/28(水) 19:32:58
「夢の中の騎士」は読み終わると満たされて幸せな気持ちになる。
「時の彼方の恋人」は、胸がきゅんとなって切ない気持ちになる。

どちらも名作です。

92 :無名草子さん:2007/02/28(水) 19:48:17
「時のかなたの恋人」ですよね??
検索しても引っかからないので悩んでしまった‥。

93 :無名草子さん:2007/02/28(水) 19:56:24
過去の名作を懐かしんでばかりの最近。新作は毎月出ているのに、どれも
心に残らない一過性のものばかり。
「これぞ!」という作品にめぐり会いたい今日この頃です。

94 :無名草子さん:2007/02/28(水) 20:39:42
ミザリーの気持ちがよくわかる・・・。
リンダに昔の作風で熱〜いロマンスを書いて欲しい・・・。
もう完全に無理だろうとはわかってはいるが・・・。

95 :無名草子さん:2007/02/28(水) 20:55:32
>>94
リンダを自宅に監禁して、無理矢理書かせますか?
ミザリーみたいに(笑)

そういえば、「青い瞳の狼」のヒーロー&ヒロインのその後を書くって
言っていたと解説に書いてありましたが、その作品はどうなったんでしょうね?
書いてほしいです、ぜひに。

96 :無名草子さん:2007/02/28(水) 21:04:42
ミザリー(笑)
>>95
それって他作品にチラチラ名前が出てきたりするって事じゃなくて?

97 :無名草子さん:2007/02/28(水) 21:08:41
リンダは単なるロマ作家の枠を脱却したいのかな?
欧米での今の作風の受け具合はしらないけど
日本のリンダファンのニーズからはどんどんかけ離れていってるような
それでも新作が出るたびに期待しちゃうんだよね〜罪な人だ、リンダって

98 :無名草子さん:2007/02/28(水) 21:11:07
>>92
おっしゃるとおりですね。すみませんです。>88

SEPの作品を読み始めたんだけれど、リンダの昔の作品を
彷彿させるというか、キャラクターとストーリーに厚みが
あって好きになりそう。
某ブログで知るまで手に取らなかった作家さんだったけど、
お気に入りの作家さんが増えるのってやっぱり楽しい。

>>95
自分もずーっと楽しみにしているんだが、まだ出ていないよね?


99 :無名草子さん:2007/02/28(水) 22:48:57
SEPは、最近読み込める数少ないロマンス作家の一人だと私も思う。
あの長編を一気読みさせる力を持っている。リンダとはまた違うけれど、
登場人物が魅力的。

でも、リンダの熱いとろけるようなロマンスがまた読みたい!と思ってしまう。
サスペンスじゃなくって〜〜ロマンスがぁ〜〜!
種馬ヒーローふたたびっ!

100 :無名草子さん:2007/02/28(水) 23:24:25
>>99
SEPは一気読みできるんだよね、あのボリュームでも。
途中で勿体ないからペースを落とすようにしているけど。

ただhotな描写が、ちょっと苦手なとこあります。
何だろう‥、即物的っていうのとはちょっと違うかもしれないけど、
アメリカ〜ンな感じというか。

101 :無名草子さん:2007/03/01(木) 00:22:17
リンダの新作の書評が出ていた…やっぱり、ここ2〜3作と一緒らしい。
わかっていたことだけど、残念。ちょっとは期待していたのだが…。
とりあえず、本屋に行って中身を吟味してから買おうっと。

102 :無名草子さん:2007/03/01(木) 01:38:38
夜なべ覚悟でリンダ読了。はあ〜もう昔に時間も忘れて読みふけったリンダはいないのねと思いました。次の翻訳は買わないだろうな。来月のクレンツに期待しで寝よう。

103 :無名草子さん:2007/03/01(木) 07:59:36
リンダ、どうしようかな〜と思ってたけど、見送ろうか。。。。
再読率低いし。前回「未来からの恋人」が買って一週間ぐらいでブコフ落ちしてたし

悲しい〜
「心閉ざされて」みたいなやつがも一回読みたいのに!!

104 :無名草子さん:2007/03/01(木) 10:05:02
リンダ新作読み終えた。
疲れた・・以上。
自分も「心閉ざされて」のような作品をもう一度読んでみたい。
SEPのシカゴ・スターズシリーズを読み終えたので、
「キスミーエンジェル」を買ってきて読んでみたが、泣けた。
と同時に、アレックスのディージーに対する扱い方に、後で絶対
泣きをみるぞーと思いながら読みふけった。
今月の楽しみは、壁の花シリーズの新作。

105 :無名草子さん:2007/03/01(木) 11:52:44
「キスミーエンジェル」いいよね。
あのひどい言葉の後の、後悔と謝罪。鬼畜ヒーローの王道って感じで。

SEPは何でも好きだったけど、唯一、「幻想を求めて 」だけはだめだった。
あのいじめの描写のすさまじさに(まあSEPの筆力がすごいといえるけど)
引いて、ロマンスを楽しめなかった。

106 :無名草子さん:2007/03/01(木) 15:32:56
「幻想を求めて」そうなの?シカゴシリーズ読み終えて他のSPE作品を
読もうとしていたのだけど。「ファースト・レディ」からにしよう。

107 :無名草子さん:2007/03/01(木) 15:52:49
リンダ読んだ。 新刊買わない

108 :無名草子さん:2007/03/01(木) 20:58:08
壁の花シリーズ 何日に出るのかな?
待ちきれん



109 :無名草子さん:2007/03/01(木) 21:26:16
リサ・マリー・ライスの「ミッドナイトマン」って今日売り出しじゃなかった?
でも、まだネットでも売っていない。
2月発売じゃないのか…いい加減だな、扶桑社…。


110 :無名草子さん:2007/03/01(木) 21:31:31
109です。「真夜中の男」というタイトルで売り出されていました。
すみませんでした。しかし、まんま訳のタイトルって…。
別に「ミッドナイトマン」でいいと思うんだが?

111 :無名草子さん:2007/03/01(木) 23:39:12
「幻想を求めて」、私は好きですよ。
「ファースト・レディ」より楽しめたなあ

112 :無名草子:2007/03/02(金) 00:41:27
うん、私も好きだった。
でも悲惨ヒロインといえば「あの夢の果てに」の方がすき。二人の想いが切なくて
泣けました。彼女の作品の中で一番好きな作品だわ。。

113 :無名草子さん:2007/03/02(金) 00:48:04
>>110
書名で検索したけど、全然あらすじが載っていない〜。
どんな感じかご存知ですかね。
いま、pdf開けない環境なので扶桑社のサイトからも適当なのが見つからないし。

114 :無名草子さん:2007/03/02(金) 01:11:40
>>113
ほとんど読み終わりました。扶桑社の新刊。
話の出だしはマッケナの「あのドア」ぽかった。
マッチョ元シールズヒーローが金髪可憐なヒロイン
に会ったとたんにムラムラくる〜。
読み進んでいくと、なんだか余りのマッチョぶり
に暑苦しくなって、ちょっと辟易してきたー。

ストーリーとしては、ヒロインの持ちビルに
入居することになった警備会社のCEOで元SEALS中将の
ヒーローが、一目でヒロインにメロメロになり、
ヒロインが命を狙われる危険から彼女を護るという
お話でした。
導入部分はマッケナで読んでいくとルーシー・モンロー
の二見の作品みたいな話だった。
HOTで有名な出版社の作品だそうだが、これも
上の2作家と同じくらいかなーてとこでした。

115 :無名草子さん:2007/03/02(金) 02:10:27
私も今読みおわった真夜中の男。
ヒーローも話の展開も、あまりに凄まじい破壊力!一気読みして呆気にとられたwww
いやーものすんごい作品だねこれ。ある意味マッケナを越える衝撃作だよwwwww

116 :106:2007/03/02(金) 09:11:38
>>111>>112有り難う。

117 :無名草子さん:2007/03/02(金) 09:20:08
113です。
>>114-115
そうですか、そうですか。
マッケナとモンローの合わせ技ってことであれば、うーん、推して知るべし。
でも「中将」クラスは珍しいかなw。
てことで私も読むことにしましたよ、で、呆気にとられます、楽しみ。

118 :無名草子さん:2007/03/02(金) 10:17:51
なんだか無性に読みたくなっちゃうじゃないかw

リンダ読了したけど、もうダメポ。
ロマンスが薄すぎるよ。かといってサスペンスがいいわけでもなくて
正直作品として力がない。
ヒーローが魅力的に思える描写が少ないし、リンダならではってのがない。
唯一よかったのはヒロインの子供描写w

まだ購入してない方、特に思い入れがないなら
落ち待ちで十分だと思う。

119 :無名草子さん:2007/03/02(金) 10:37:19
>118 ありがd
そっか、じゃあ落ち待ちケテーイ
パーティガールとかMrパーフェクトが好きだったんだけどな〜リンダ
またマッケンジー家くらいインパクトがある作品が読みたいナリ

3月はひたすらクレイパス待ち。
でも「真夜中の男」読みたくなってしまったw

120 :無名草子さん:2007/03/02(金) 10:59:32
扶桑社って、去年のシークもそうだったけど、
妙にインパクトの大きい作品をポロ‥ポロって出すよね。

121 :無名草子さん:2007/03/02(金) 18:31:33
真夜中の男、私も読んだ。
確かに暑苦しいヒーローでした…。
HOTさでは、マッケナぐらい?と思うけど
表現がもっと直接的というか、悪く言えば品が無い。
何だか激しすぎて、読んでて痛くなった(汗)
他にもバイオレンスな部分もあり、
ヒーローの非情さを受け入れられない人もいるかも…。

でも続編出たら読んじゃうな…(笑)

122 :無名草子さん:2007/03/02(金) 18:50:26
続編がある終わり方なの?
それともスピン?

123 :無名草子さん:2007/03/02(金) 19:36:23
スピンオフがでてるそうだ

あんなセクロスされたらマンコ壊れちゃいそうだなーと真剣に思った。


124 :無名草子さん:2007/03/02(金) 19:43:37
真夜中の男はサクサク読める。中身はとくにないけれど…。
華奢なヒロイン、あんなに手荒に扱うヒーロー、頭ではああだこうだ
考えているのに、結局最後は下半身でものを考える男になっている
ところが笑えるwww

125 :無名草子さん:2007/03/02(金) 20:05:27
真夜中の男、読みたくなっちゃたじゃないかw
だけど、近くの書店に入るかどうか微妙なんだよね、扶桑ロマンス。
壁の花シリーズは9日に発売だから、地方だと10日には並ぶよね。
楽しみだ。
ロマンス小説のカテゴリーになるかは微妙だけれど「アンジェリク」
みたいな大長編を久々に読みたいな。
あと「紅はこべ」の夫婦のやりとりとか好きなので、あんな感じの
歴史もののロマンス大長編も読みたい。

126 :無名草子さん:2007/03/02(金) 20:24:38
「紅はこべ」!懐かしい〜。小説で読むといいお話なんだけど、BBCでドラマ化
されたらつまらなかった。映像化しないほうがいい小説もあるな〜と思いました。

127 :無名草子さん:2007/03/02(金) 21:31:47
紅はこべ〜 小学生の時読んだなぁ。
誤解・すれちがい状態の夫が妻の立ち去った後、
彼女が触れた階段にキスしてるシーンで
みょうにドキドキした記憶がw

128 :無名草子さん:2007/03/02(金) 21:40:14
紅はこべ…
昔読んだのでうろ覚えだが、無能を装っている夫が裏では活躍している話だったよね?

129 :無名草子さん:2007/03/02(金) 21:54:35
「紅はこべ」・・・なんて懐かしい。
私も小学生のころに読んだけど、あれってもろに
ヒストリカル・ロマンスだよね。
最初は愚鈍な夫を見くびっていた妻が夫の危機に
命を懸けて守ろうとするんだよね。
実は夫の正体は・・・って、ドキドキしながら読んだの。

130 :無名草子さん:2007/03/02(金) 22:40:01
「紅はこべ」仲間がこんなに多いとは!
「真夜中の男」もうオフで落ちていた!ここで見ていたので拾いました!
今から読みます。それにしても落ちるの早いですね。

131 :無名草子さん:2007/03/02(金) 22:46:14
真夜中の男、表紙が恥ずかしくて買うのをためらってたけど、
そんななのか・・・
スーザン=ブロックマン好きならぜひ!みたいに扶桑社HPにはあったので
期待してたんだけど。

男と女の命がけの逃避行というなら、ロマンス小説ではないけど
ポーラ=ゴズリングの「逃げるアヒル」を読んだときのドキドキ感が忘れられない。
あんな高揚感をもう一度プリーズ!


132 :無名草子さん:2007/03/02(金) 23:05:48
「紅はこべ」と同時期に「城塞」(うろ覚え)という作品を読んで
ロマンスは少ないが、すご〜く怖くて面白かったのを思い出した。
ロマンスレディに載っていた作品リストから選んだ気がする。
誰か覚えてる人いないですか〜?その辺の作品群

133 :無名草子さん:2007/03/02(金) 23:35:09
「紅はこべ」気になってきた〜。
明日オフで探してみます。
なんとなくツボな予感…。

134 :無名草子さん:2007/03/02(金) 23:59:51
真夜中の男、本当に表現が下品だ…。
セクスシーン読んでいてちょっと痛すぎ。
ブロックマン好きならぜひ!なんて嘘だー。
さっさとオフに売りに行った人の気持ちもわかる。

「アンジェリク」は読んだことあるけど、「紅はこべ」
はなかった。そんな内容なんだ。面白そう・・・。
ちょっと検索してみよっと。

135 :無名草子さん:2007/03/03(土) 00:21:55
「紅はこべ」は、もう古典の枠に収まってる作品ですよね。
ホームズとかとか同じレベルってゆーか。
図書館に行けば、絶対にある。

136 :無名草子さん:2007/03/03(土) 00:24:09
サンドラ・ブラウン『氷の城で熱く抱いて 上下』はどんなもんでしょう?
あらすじをザッと読むと、ヒロインモテモテ??って感じに見えるんだけど。

137 :無名草子さん:2007/03/03(土) 01:08:28
そんならおまいら「サハラに舞う羽根」はどうよ?
あのヒロインには腹が立ったもんじゃが。

138 :無名草子さん:2007/03/03(土) 09:47:00
「サハラに舞う羽根」はロマンス小説じゃなくて、反戦小説みたいな感じだったな。
読むの苦痛だった。

139 :無名草子さん:2007/03/03(土) 09:49:59
紅はこべにドキドキした頃、読んでいた小説は、「黒いチューリップ」とか、
歴史冒険活劇みたいな小説が多かったな。

140 :無名草子さん:2007/03/03(土) 09:52:11
真夜中の男>HQのTのシリーズみたいな感じ?軽めで内容のないマッケナって
感じだった。ヲチで十分。

141 :無名草子さん:2007/03/03(土) 11:26:28
平積みになってた「真夜中の男」を手に取った。
思っていたよりも(ページ数)薄いのね、これ。

142 :無名草子さん:2007/03/03(土) 11:53:31
紅はこべは、創元社文庫のが手に入りやすいよね。
河出版とか子供向けのとかは、あんまり目にしないな。
スレ違いだが、宝塚でミュージカル化されてるんだけど、
映像化されているのと同じで、本で読むほうが面白いと思った。
でも、歌える人を揃えてしっかりとした脚本で東宝ミュージカルで
見てみたいな〜とか思っちゃうんだよね。

真夜中の男は本屋で内容確認してみたが、なんか、受け付けそうに
なかったので、買わずに帰宅。
クレイパス、早く読みたい。

143 :無名草子さん:2007/03/03(土) 12:40:46
紅はこべ、ここで初めて存在を知りました
さっそく読んでみよう!

ところで、少しググってみたら続編もあるようなのですが>紅はこべ
どなたかご存知ですか?

144 :無名草子さん:2007/03/03(土) 12:42:35
リンダ読了…。
確かに良い所を見つけるのが難しい作品。
犯人グループがあんなことする意味がわかんないし。
ミステリとしても最悪。
村人達とか、子供達の描写とか
そこらへんは生き生きとして良いんだけどね。
いかんせんヒーローが印象薄すぎ。
終わり方も何だか意味不明で、スピンでも書くつもりなのか…?
リンダ、本当にどうしちゃったのかなぁ…。
ロマ作家から脱却したいと思ってるのかな?

訳者あとがきが、ほとんどあらすじで淡白なのに笑った。
訳してて、つまんなかったんだろうなーと推測。

145 :無名草子さん:2007/03/03(土) 13:22:30
>>143
今手に入るのは一作目だけだからあんま気にすんな
ドラマは2まで放送したから今後もあるかも知れんが

146 :無名草子:2007/03/03(土) 14:17:44
紅はこべ・・・題名からしてわけわからんが(植物のはこべのことか?)
皆さんの祭りっぷりに気になったんで図書館検索したらどさどさ出てきた。
さっそくお取り寄せのリクしてくるわ。

147 :無名草子さん:2007/03/03(土) 16:10:55
紅はこべ。
スピンオフみたいなのまで入れると結構本数があったような。
ドラマは国営放送のBSで夜中にあっていたよね。
とにかく冒険ものとしても楽しめるし、ロマンスもあるしで大好き。
ヒストリカル好きな人なら嵌るかも。
原作者が女性だから、女性読者のツボをちゃんと押さえてるw

148 :無名草子さん:2007/03/03(土) 16:13:11
紅はこべの続編は、"The Elusive Pimpernel"というタイトル。
>>143のおっしゃるとおり翻訳はされていません。
ほかに、主役のサー・パーシーが活躍する短編集も出ています。

が、どの内容も第1作にはかなわない。特に続編では、ヒロインのマルグリット
処遇に問題がありなので、この作品は、第1作だけに留めておくのがいいと思います。

149 :無名草子さん:2007/03/03(土) 16:17:16
148です。
「時の旅人クレア」と一緒。続編は、第一作にはかなわないのです。
だから、続編は読まないほうがいいくらいです。
1作目で感動して、完結。これが「紅はこべ」の価値を高めると思います。

150 :無名草子さん:2007/03/03(土) 16:32:12
確か第2作目までは翻訳されてるんだよね。>紅はこべ
ただし、むかーしの作品で第1作に比べると売れ続けなかったからか、
今では絶版扱い?
手に入りにくいのは確かです。

いつも利用している書店のおねえさんに教えてもらったんだけれど、
「べにはこべ」じゃなくて「るりはこべ」なんだって。
知れ渡っていることなんですかね?


151 :無名草子さん:2007/03/03(土) 18:03:40
「スカラムーシュ」も読んどけ

152 :無名草子さん:2007/03/03(土) 19:53:59
>>151
このスレの住人ではないのかな?
読んでいますよ、「スカラムーシュ」も!

153 :無名草子さん:2007/03/03(土) 20:02:28
「紅はこべ・続編」は、40年ほど前に出ています。

紅はこべ正・続編/矢の家 世界推理小説大系8 
オルツィー/メースン
東都書房

絶版だし、入手なんて不可能に近いのであきらめた方がよさそうです。


154 :無名草子さん:2007/03/03(土) 22:03:37
調子に乗って「ノーサンガー・アベイ」と言ってみる

155 :無名草子さん:2007/03/03(土) 22:15:15
このスレの住人は、ジェーン・オースティンはほとんど読破していますよ。
私も全部読んでいます。

156 :155:2007/03/03(土) 22:17:38
連投すみません。
>>154
さすがにミステリー作品のレア中のレア、「ジュリアの館」まで読んでいる人は
少ないでしょうけど。まず、手に入らない、あとロマンス仕立てではないので。
あなたは読んでいらっしゃいますか?

157 :無名草子さん:2007/03/03(土) 22:19:19
マジデスカ!

こんなこと言っちゃなんだが二見だのヴィレッジだのを
レーベル読みしてる人がほとんどだと思ってたよ。
侮り難し、ロマスレ住人。

158 :155:2007/03/03(土) 22:22:33
ご理解いただけで嬉しいです。
基本的に、このスレの住人も「活字中毒」なんだと思います。
本が大好きな人の集まり。だから、ミステリーや他のあらゆるジャンルの小説
を昔は一通り読んで、今はロマンス小説にハマっているっていう人も多いんじゃ
ないかと思いますよ〜。
別に、本のジャンルは問わず、自分としては本が大好きです。

159 :無名草子さん:2007/03/03(土) 22:31:53
>142
紅はこべは1997年か8年くらいに
The Scarlet Pimpernel というタイトルで
ブロードウェイでミュージカル化されましたよ。
サー・パーシーがDouglas Sills
マルグリットがChristine Andreas
ショーブランがTerrence Mann
というキャスト。

160 :無名草子:2007/03/03(土) 23:21:52
ジュリアの館も図書館にあったわ。メモメモ。

161 :無名草子さん:2007/03/03(土) 23:30:13
ジュリアの館は、ロマンスではないのでご注意を。
うちの近所の図書館にもあります。けっこう、置いてある図書館は多いです。
でも、古本で手に入れるのは至難の業のレア本です。
スレ違い、すみません。

162 :143:2007/03/03(土) 23:39:20
>>145>>147>>148>>150>>153
続編情報ありがとうございました。
確かに、本編だけ読んで、続編読んでない作品なんていっぱいあるし。
本編を読んでみることにします!

で、はりきって図書館にアクセスしてみたら蔵書整理のため半月休み。。。がっくし

調子に乗ってジュリアの館もググってみましたが、これはちょっと怖そうだ

>158
そうそう、活字中毒なんですよね。私もそういえばそうだった。
ロマンスも好きだけど本が死ぬほど好きってやつ。

163 :無名草子さん:2007/03/03(土) 23:42:21
何で急に「ジュリアの館」が出てきたんだ?

164 :無名草子さん:2007/03/04(日) 00:04:29
レア中のレアだからってことで、出てきた>ジュリアの館

165 :無名草子さん:2007/03/04(日) 00:54:57
わー、こんなスレあったんですね!
ジュディスクランツの作品みたいに読みごたえのあるロマンスが大好きです。
最近はロマンス本、多くなったとはいえいまいちな気がします。

166 :無名草子さん:2007/03/04(日) 01:26:31
>>164
だから何でレア中のレアを挙げることになったんだよ

167 :無名草子さん:2007/03/04(日) 02:47:42
ジェーン・オースティンの作品かと思ったが違うのか。

168 :無名草子さん:2007/03/04(日) 09:57:53
館つながりでコンスタンス・へヴンの「貴族の館」読んだ人いますか。


169 :無名草子さん:2007/03/04(日) 11:41:10
「貴族の館」ここにいます!昔角川とか新潮文庫でしか読めなかった事を
思うと最近の現象は嬉しいです。

170 :無名草子さん:2007/03/04(日) 14:24:19
「貴族の館」読んだよ。そんなにレアってほどじゃないと思ったけど。


171 :無名草子さん:2007/03/04(日) 14:37:00
じゃあ「愛と恐怖の館」はどうだね

172 :無名草子さん:2007/03/04(日) 15:53:35
リンダどうしよっかな
買わないで図書館まちにしようかな

173 :無名草子さん:2007/03/04(日) 16:42:38
そうしなさい

174 :無名草子さん:2007/03/04(日) 17:34:39
>>137->>171
ずっと同じ人だとは思うのですが、変な虫が湧くので
sage推奨でお願いしますだ。

175 :無名草子さん:2007/03/04(日) 17:41:07
>>171JMOですか?読んだけど内容は見事に忘れた!


176 :無名草子さん:2007/03/04(日) 17:43:29
活字中毒がここにもいます!
学生時代はただで本が読めたから、図書室とお友達だったな。
「ジェーン・エア」「レベッカ」とかも好きだ。

>>159
おお、そうなんだ。
宝塚のミュージカルは知っていたけれど、ブロードウェイでも
ミュージカル化されていたんですね。
ミュージカル中毒でもあるので、あの人とあの人とあの人でと
脳内変換しながら「紅はこべ」を再読中。

177 :無名草子さん:2007/03/04(日) 18:11:23
ここの住人さんならご存知かなと思ってすがります。
「パンドラの○○」という題名がついたロマンス小説を数年前に
図書館で借りて読んだのですが、再読したくても題名、著者名が
わからず困っています。
同じ著者の作品と混同してるかもですが、ヒロインとヒロインに似た
女性が出てくる話で、ヒーローは政治家で確か大統領になるんです。
ヒロインはデザイナー?で、ヒーローの妻の服のデザインを手がけ
ヒーローと出会い惹かれあいながらも妻に邪魔され別れます。
その後、ヒロインに似た女性がヒーローの参謀として出現し、結局、
その女性とヒーローが結婚するのですが・・・
大雑把ですが、こんな話の本の題名と著者名をご存知ないですか?

178 :無名草子さん:2007/03/04(日) 18:29:13
>>177
それは、

「パンドラの箱」上下 扶桑社ロマンス エリザベス・ゲイジ

だと思いますよ。双子の姉妹の話です。

179 :無名草子さん:2007/03/04(日) 18:33:28
>>178サン
お答えありがとうございました。
早速、探してみます。
@177

180 :無名草子さん:2007/03/04(日) 18:38:19
>>171
JMOミステリーロマンスか。そのシリーズでこのスレの住人にとってのレアは
ジャネット・ルイス・ロバーツの方だな。
「ひすいの復讐」「なぞめいた北の宿」「居酒屋の天使」の3作。
まぼろしとも言える。レア中のレア中のレアだな、うん。

181 :無名草子さん:2007/03/04(日) 20:19:37
>>175>>180
おお、矢張り知っていたか。
自分はわざわざ国会図書館から取り寄せてもらって読んだよ。
作者はマイクル・アヴァロンていうハードボイルドやスパイもの
書いてる人なんだよね。やっぱ筆カマは結構いるんだろうなと思った。
内容は、眠り薬でレイプ未遂しか印象にないけどw

182 :無名草子さん:2007/03/04(日) 23:01:08
>>181さん
E-mail部分に、できれば"sage"入れて、下げておいて下さいね。

で、せっかくこのスレに連続書き込みなさっていらっしゃるようなので、
ここは、ロマンス小説にハマってみませんか?
リンダ・ハワードとか読んでぜひ感想が聞きたいです。
私のお勧めは、二見文庫の「夢の中の騎士」。
ロマンスとしてだけでなく、小説としても面白いですよ。
あと、新潮文庫の「時のかなたの恋人」ジュード・デヴロー。

ぜひ、読んだら感想を書き込んで下さいな〜。

183 :無名草子さん:2007/03/04(日) 23:16:13
木綿よ。
漏れはリンダ・ハワードだめぽ。




184 :165:2007/03/04(日) 23:19:36
165ですが、「時のかなたの恋人」は私も大好きです。
私が読んだロマンス小説の中でも秀逸。
ちなみにジュディスクランツは「また会う日まで」「愛と哀しみのマンハッタン」「ミストラルの娘」がオススメ
あとバーバラカートランドとウッディウィスは邦訳ほとんど読破済みW
リンダハワードは「パーティガール」がおもしろかったです。

185 :無名草子さん:2007/03/04(日) 23:26:36
連投ですが、私も活字中毒。ロマンスものも好き、オースティン、ブロンテ姉妹もすべて読んでます。
ちょっとこのスレでは毛色が違いますが、「金色夜叉」の元になった大昔の海外ロマンス小説
「女より弱き者」メロドラマでおもしろいです。

186 :無名草子さん:2007/03/05(月) 00:48:14
みなさん、サンドラ・ブラウンの新作読みました?
なんだか最近、リンダにかつての面影が無くなってつまらないけど、
サンドラは違います。 やっぱりすごく読ませる。
過去がある大人同士の恋愛と事件がうまくかみ合ってハラハラしたし、
セックスシーンも最近のロマンス小説というより「官能小説?」って
感じの作品よりよっぽどイイ。

でも、いつも思うことだけど、2冊にする必要は無いんじゃない?

187 :無名草子さん:2007/03/05(月) 07:12:38
うんうん。太目の一冊にしてくれたらって思います。
字をもう少し詰めたら一冊にできるよね。


188 :無名草子さん:2007/03/05(月) 09:58:21
サンドラ・ブラウンの新刊は、面白いけど無理やり分冊感があるってことですね。
図書館で借りようっと。

189 :無名草子さん:2007/03/05(月) 11:19:39
本やタウン 4月分文庫近刊情報より
villagebooks 知らず知らずのうちに(仮)スーザン・ブロックマン
 
本家サイトが何も言っていないから実現かどうかわからないけれど、年1回から2回
に出版間隔が変更になったらうれしいな。

190 :無名草子さん:2007/03/05(月) 12:27:07
サンドラは年一冊ですってね。一冊一冊丁寧に書いてるのかも。
私もリンダとサンドラを同じ時期に読んでサンドラのほうが面白かった。
氷の城で熱く抱いて という題名は再考して欲しい。
ロマンスなんだからこういう題名じゃないとNG。というような縛りでもあるのかな?

リンダの方は、ヒーローがいきなり赤面しなくなる理由がわからないし
悪役の行動もありえなさスギ。

191 :無名草子さん:2007/03/05(月) 13:43:16
>>182
「時のかなたの恋人」は読んでる。

自分が一番好きなのは「仮装結婚の終りに」かな。

192 :無名草子さん:2007/03/05(月) 13:48:34
ジュード デヴローといえば 心すれちがう夜
読み終わった後に壁に投げた。

193 :無名草子さん:2007/03/05(月) 15:23:11
実は「時のかなたの恋人」が壁投げ本だったりするわたし…
二度と読まない、じゃなく読めない


194 :無名草子さん:2007/03/05(月) 18:04:13
>>189
ブロックマンの新刊かぁ。
楽しみだな。

195 :無名草子さん:2007/03/05(月) 19:12:03
「時のかなたの恋人」が壁投げ本…そういう方もいるのでしょう。
でもあの作品は、本当にいい作品です。まあ、好き好きはありますけど。
ラストが駄目という人も多いし。
でも、ロマンス小説を読んだことのない人には、自信を持って勧められる
本だとは思います。

196 :無名草子さん:2007/03/05(月) 20:20:56
乗り遅れたけど、リサ・マリー・ライス「真夜中の男」を読んだ。

チェリー・アデアの「砂漠に咲く花」のときにも思ったけど、ホラーでも
何でも過剰になると笑っちゃう。特に、ヒーローがいつも乱暴に迫って
しまうからと、やけに詳細かつ具体的に前戯プランを立てて「よし、
そうしよう」と思うけど、結局、いつものようにしてしまうところ。

訳者後書きによると、作者はロマンス小説には使ってはいけない
語彙があって不満だったらしいですが、ヒーローの言葉も態度も
野獣だったなぁ。

ロマンス作家として別名義で書いていたとのことで検索すると、
Elizabeth Jenningsという人らしい。邦訳作品はないようですが、
ロマンスの枠にはまっていたら、ほどほどにhotな良作を書いて
いるのかも。

197 :196:2007/03/05(月) 20:33:28
検索すると、2004 Sizzler Award for Best Romantic Suspenseを
受賞してるらしい。ってことは、ある程度評価されてるのか。
さらにSizzler Awardを検索したけど、公式サイトらしいところも
リンク切れが過去の受賞作が見られなかったりして、どういう
賞なのか今ひとつわからない。

198 :無名草子さん:2007/03/05(月) 23:24:11
サンドラ・ブラウンは「侵入者」を超える作品は出ないなあ。
「星をなくした夜」や「ワイルドフォレスト」もよかった。

集英社のはヒーローが他の女と関係をもつから嫌。
新潮社のはロマンス色が薄いから嫌。

199 :無名草子さん:2007/03/05(月) 23:36:04
私もサンドラは「侵入者」がベスト。
新潮社から発行されてるのは途中で読むのやめちゃった。
あとは「あの銀色の夜をふたたび」も好き
>>190さんも書いているが、タイトルはなんとかならんかなあ、と思う
どうして、こんなにくどいタイトルつけるんだか

>>191さん
「仮想結婚の終わりに」持ってました!でも手放しちゃった
なんだかタイトルみたら無性にもう一度読みたくなってきた。図書館で探してみるかな

200 :無名草子さん:2007/03/05(月) 23:54:23
初心者質問でごめんなさい
活字中毒の方たちは1日何冊ぐらい読むんですか?
知識量がすごいですが、それはやはり今までの積み重ね?

2年前からロマンス小説読み始めたけど
読書の習慣がそれまでなかったので、もう読むのが遅くて遅くて…
読書が楽しいものだと今更ながら知って、他のジャンルも読みたいです。
でも今は月に何冊もでる新刊と既刊本追うのに手一杯。

そのうち飽きて他のジャンルにも手が出るようになるんでしょうか。
>>157さんが言う「レーベル読みしてる人」そのもので
「ロマンスだけ読書」なのはどうかなあと自分でも思うんですが…

201 :無名草子さん:2007/03/06(火) 00:05:34
>>199
是非読みんさい>「仮装〜」

202 :無名草子さん:2007/03/06(火) 00:26:54
>>200
ロマンス本で翻訳文体を読むことに慣れていれば、
横文字の名前が覚えられないってことも無いはず。
きっと他の翻訳エンターテイメント系も抵抗無く読めると思うので、話題の作品を手に取ってみては。
話題作っていうのは、結構読みやすい文体で書かれていることが多いですよ。
冒険するのが躊躇われるなら、図書館を利用するのも手だと思う。
今まで読書習慣が無かったのなら、とりあえず「ロマンスだけ読書」でも良いと思うけど、やっぱり世の中、面白い本は沢山あるから。

私の場合、一晩で国内作家やロマンスの文庫作品は1冊、ハーレは2〜3冊いけるかな。
ロマンス以外の海外作品は二晩で1冊くらい。
もちろん段組の分厚い作品や、あまりに好きすぎて読むのが勿体ない作品は、もうちょっと時間がかかるけど。
あとロマンス作品を読むと、活字を追うのが疲れていた脳が元気になるとゆーか。
読みにくい作品の前にハーレとか読んでおくと、活字を追う力にエンジンがかかる感じがしますwww。

203 :無名草子さん:2007/03/06(火) 01:05:52
何も用がない日に午前中から読書を始めて、
3冊くらい読了すると、ちょっと頭が疲れてくる。
でもロマンスはそういう疲れをあまり感じないんだよなぁ。

204 :無名草子さん:2007/03/06(火) 08:23:31
私は逆でロマンスを三冊もぶっ続けで読めば、お腹いっぱいで食傷気味になる・・・
ロマンススレに書き込んではいけないが

>>200
>>202の言うとおり、世の中には面白い本がたくさんあるので。
読まないのはもったいない気もしますね
興味がわいたらいろいろ試してみてください。図書館はいいですよ!
ちなみに、読むスピードは数をこなすうちに上がりますよ。
自分の場合、その分脳みそから抜け落ちていくスピードも上がった気がするが・・・・

205 :無名草子さん:2007/03/06(火) 10:16:02
>>177
懐かしいなあ
パンドラの箱
結構分厚い上下だったし外国人作家のってあまり読んだことなかったけど
これではまって色々手を出したんだよなあ

サンドラは新潮社のが一番好きだな。
題名忘れたけど上下で主人公が弁護士で結婚して旦那の小さな町に行ったら
旦那の父親はカルト集団のボスかなんかで息子は洗脳されてて耐え切れず逃げるって話
子供産んで刑事?と出会ってロマンスみたいなのだった

206 :無名草子さん:2007/03/06(火) 17:08:59
>>205
あった、あった、そんな作品。
自分も題名思い出せないのが残念。

ランダムハウスの「美しき足枷」立ち読みしてみたけれど、内容が
受け付けられず、購読やめた。
来月はランダムハウスから、ダイアナ・パーマの作品がでるそうです。
E・ゲイジのでは「ゲームの行方」が好きだったな。
ロマンスだけじゃなくて、男女間、ライバル同士の駆け引きとかが
面白くて、一気読みできた。


207 :無名草子さん:2007/03/06(火) 17:54:59
200です。レスありがとうございます。
読むペースがやっぱりすごいですね。
私は休みの日に何とか文庫1冊、普段は夜に読書して3日がかり…
皆さんの3分の1ですね。
読むスピードはこれでも少しましになったので
これからもペースアップできること期待して読書していきます。

図書館も学生時代に世話になってから利用してないなぁ
近所にあるのにもったいないことしてました。

周りに読書してる人があまりいないのと
「ロマンスだけ読書」ってちょっと人に言いにくかったので
レスもらえて助かりました。ありがとうございました。

208 :無名草子さん:2007/03/06(火) 19:14:51
オフで拾った「真夜中の男」読み終わりました。
もう、お腹一杯!過ぎたるは何とかで前編もろ熱いシーン満載!
スピンもこの調子かしら?

209 :無名草子さん:2007/03/06(火) 21:48:15
>207
私も活字中毒。
このスレは海外の最近のもの中心だけど今は名作になっているけど昔の本でもおもしろいのいっぱいありますよ。
海外ロマンス好きなら「ジェインエア」とかオースティンの作品が気に入るんじゃないかなぁ。
ところでノーラロバーツ。「モンタナスカイ」がおもしろかったのですが
彼女の作品で、これはイチオシってのはありますか?

210 :無名草子さん:2007/03/06(火) 23:41:31
>>206

「ゲームの行方」大好きでしたー!!!
コンピュータが世に出てきた頃の舞台設定でしたよね〜。
ロマ本読まない友人に無理やり読ませた(笑)

私も元々は国内外ミステリ中心に何でも読んでたな〜。
読後感の悪い、やり切れない感じの作品を好んで読んでいたけど、
最近は必ずハッピーエンド、というのに癒されたくて…(笑)

211 :無名草子さん:2007/03/07(水) 00:05:10
>>210
>読後感の悪い、やり切れない感じの作品を好んで読んでいたけど、
これは若かりし日に私も読みまくってましたよ。

>最近は必ずハッピーエンド、というのに癒されたくて…(笑)
で、昨今の私の傾向だなw、皆こうなるのだろうかw。
今でも雑食なので色々読んではいるけど、
とりあえずヘヴィーな作品を読んだら、ハーレかロマンス文庫で中和しておけ!みたいな感じです。

212 :無名草子さん:2007/03/07(水) 07:48:36
4月のライムは、エロイザ・ジェームズという人らしい
ヒストリカルらしい。どんな感じなんだろう

その前にクレイパスだな〜もうすぐだ。楽しみ!!



213 :無名草子さん:2007/03/07(水) 08:30:46
9日ですよね、クレイパス。
ボコられた(自業自得)彼が、
どのようなヒーローになるのか。
本当にものすご〜く楽しみ。

214 :無名草子さん:2007/03/07(水) 09:52:16
>>209
ノーラ・ロバーツの一押しは、「砂塵きらめく果て」かな〜?
今のノーラにはない良さが満載!
最近のノーラは、リンダと同じく魅力がないな。

215 :無名草子さん:2007/03/07(水) 10:18:28
流れブチ切ります。
シャロン・サラ『ブルー・クリークで待つ虹』を読みました。
MIRAから出ているしシャロン・サラはハーレの作家だし、と思って図書館で借りてきたけど。
これロマンスではないですね。
登場人物の死に方や扱いを読むと、一般エンタメ本といった方がいいかも。
出来が良ければそれでもOKなんですが、たしかに作品全体に破綻はないものの、
微妙に漂う冷徹さや突き放した感じが、読者側の感情移入を拒否しているようでした。
エンディングもあまりハッピーエンドにはみえないし。
多作の作家さんは、たまにはこういうの書きたくなるのかな。

216 :無名草子さん:2007/03/07(水) 10:51:05
>>211
「癒されたい」っていう理由で、ロマンス読みたいっていう気持ちすごーくよく
わかる!だから、ロマンス小説にイタイ設定が出てくると、とても疲れるんだ。
ヒロインレイプとかそういうの…自分としては、そういう設定のロマンス小説は
読みたくはないな。
単なるエンターテイメントとして、幅広く読める、癒されなくても楽しめればいい
スリルとかそういうの…っていう体力がある時は、読めるかもしれないけど。
映画と同じで、小説もその時の気分でさまざまな分野を今までに読んできたような気がする。

217 :無名草子さん:2007/03/07(水) 11:18:29
SEPの「レディ・エマの微笑み」面白かったです。
で、あの作品でヒーローをゴルフの世界に導いた、ダリー、
フランセスカが主人公のお話があるみたいですが、翻訳
されて発売になっているんでしょうか?
あとがきには原題名しか記されていないし、発売元も
記されていないけれど、気になって気になって・・・
もしも未発売なら、早く出して〜


218 :無名草子さん:2007/03/07(水) 11:22:25
>>217
原題しか記載されていないなら、邦訳版は出ていないでしょう。
ロマンス作品に関しては、シリーズ物やスピンオフとかの流れは全く無視して、
出版社主導で順不同に刊行するのがもはや慣例のようなので‥。

219 :無名草子さん:2007/03/07(水) 11:34:14
>>217
SEPの未訳本は残りわずかだから(元々の作品数が少ないので当然だけど)
そのうち邦訳されると私は妄想してます。

アメリカで現在も購入可能だと思われる作品数:16
うち邦訳数:10
邦訳決定が明らかなもの:1(2005年Match Me If You Can 二見)
最新作はきっと邦訳されるさ:1(2007年Natural Born Charmer)
残り:4 ←Fancy Pants含む

220 :無名草子さん:2007/03/07(水) 11:35:25
>>218
やっぱりそうですかね。
あとがきに、ダリー・フランセスカのその後が垣間見えるので、
二人が主人公の話を読んだ人には懐かしいでしょう・・・
みたいに書かれてあったので、もしかして、随分前に出ているのか
と思ったもので。
確かに、シリーズ物やスピンオフとかの流れは無視されてますものねw
@217

221 :無名草子さん:2007/03/07(水) 11:38:05
>>219
詳しい説明ありがとうございます。
そうですね、いつかは翻訳、発売されると信じていい子で待ってます。

222 :無名草子さん:2007/03/07(水) 11:51:16
>>221
生きているうちに邦訳版を出してくれよ、ってよく思いますよ。

>>219
不勉強で全然知らなかったんですが、SEPって随分作品数が少ない作家なんですね。
米国の場合、超ビッグネームは1冊/年くらいの刊行ペースが当たり前のようだけど、
ことロマンス作家に関しては、日本の作家もビックリの多作ぶりなので意外でした。

223 :無名草子さん:2007/03/07(水) 12:28:36
>>211
わかるわかる。
以前は猟奇ものとか不条理ものをよく読んでたけど、そういうのって
読むのにある種の体力がいるんですよね。若い頃は読み終わると
ぐったりする感じを楽しめたけど、最近、ロマンス小説率が高く
なってるのは、加齢による衰えだとしみじみ思う。だって日常生活
でロマンス小説ほど簡単に癒されるものってないものなぁ。

あぁ、クレイパスが楽しみで楽しみでならなーい。札幌だから2〜3
日遅れかな。

224 :無名草子さん:2007/03/07(水) 13:24:00
私もクレイパス楽しみに待ってる〜〜。
こんなに新刊で待ちきれないのって、ひさしぶりかも。
「壁の花」残りの1冊は「春」だよね?
この最終巻が5月までに出たら(1年で4冊出揃ったら)
ライムブックスの本をこれからずーっと毎月新刊購入してあげてもいいくらいw

ヴィレッジもこれくらいやればできんのか…。

225 :無名草子さん:2007/03/07(水) 16:42:27
>>211です。
ふと自分で書いたものを読み返しつつ。
>>223
>加齢による衰えだとしみじみ思う
たしかに打たれ弱くなったって点あるけど、
年をとったことで色んな出来事を知り、想像ができるようになったというのもあると思う。
若いころは知らなかった、だから平気で受け入れていられたけど、
年を取り、書かれていることがどういうことかをキチンと想像できるようになり、
それ故に受け付けなくなったっていうのもあると思いまして。
まぁ受け付けないってこと自体が「弱さ」ではある、という点は否定できないけど。

226 :無名草子さん:2007/03/07(水) 19:26:48
>214
209です。図書館にあったので読んでみます。ありがとう。
最近はイヴ&ロークシリーズにはまってました。

227 :無名草子さん:2007/03/07(水) 20:59:43
遅レスですが195さんお勧めの「時のかなたの恋人」読み終わりました。
ニコラスがものすごくせつない!!彼のその後を思うと。。。(涙)
心に残るお気に入りの本になりました。私からもオススメです!


228 :無名草子さん:2007/03/07(水) 21:08:02
>223
>以前は猟奇ものとか不条理ものをよく読んでたけど、そういうのって
>読むのにある種の体力がいるんですよね
まったく同感。昔はハードボイルドやミステリーしか読まなくて、
図書館での貸し出し記録見られたら、コイツ危ないやつなんじゃ?
って思われるくらいだったのにw
ハーレはまって早4年くらいですが、もうロマンス本以外ほぼ完全に
読まなくなりました。ハッピーエンド以外ヤなんだもの。
あ〜早く壁の花新刊とニューヨークの魔法使い新刊読みたい!!

229 :無名草子さん:2007/03/07(水) 21:23:26
>216
私の場合、ロマンス小説なら基本的に恋愛部分はハッピーエンドがお約束だから、
ハードな設定も多少ありの方が好きだな。
一昔前の少女マンガかよっ!ってぐらいヒロインに都合よすぎる設定だと
逆にむかついちゃう。
隠し味程度にヒロインにも苦難の体験があった方がむかつかなくて
私は心の平和が保てるな。
悲惨な結末が待ってたら全然癒されないから嫌だけど。

230 :無名草子さん:2007/03/07(水) 22:17:08
そういえば私も、ハッピーエンドが大好きで、ノーラの扶桑社の方のやつでは、ラストのヒーローのセリフに泣いたりした。今は免疫がついたのか、あまり涙するロマ本に巡りあえないや。

231 :無名草子さん:2007/03/07(水) 23:17:36
今更ながらに古本屋でデヴローまとめ買いしたので
私も「時のかなたの恋人」読みました。
おもしろかった!!
おもしろかったのだけど、ラストがちょっと、もやっと来てしまった。。。

これが壁投げ本だと言った人の気持ちが少しわかるような気も。
そういえば「夢の中の騎士」もどこか納得できないものが残ったので
タイムスリップもののロマンスが向いてないのかも、自分



232 :無名草子さん:2007/03/08(木) 00:39:59
>>231
>そういえば「夢の中の騎士」もどこか納得できないものが残ったので

う〜ん、理屈を言えば、タイムスリップロマンスものそのものがありえない設定になる。
もっと突っ込めば、ロマンス小説自体、ありえないものが多い気がする。
ここは、心を大きく持って、ありえなくても許してみない?

233 :無名草子さん:2007/03/08(木) 00:51:23
図書館でジェフリー・ディーヴァーと間違えて(w
借りてきた本があまりに面白かったので、
一週間古本屋駆けずり回って全巻揃えてしまった
「密偵ファルコ」シリーズ。
スラム育ちのヒーローと貴族令嬢のロマンスは
会話が楽しい。

「おれはきみなしじゃ、どうにもならない。
それを分かってもらうにはどうしたらいい?
獅子と戦ったら信用してくれるか?
借金をすっかり返したら?
それとも海峡を泳いで渡ろうか?」
「あなた泳げないでしょう」

ジェニファー・クルージーとかSEPとか
下品になる前のイヴァノヴィッチが
好きな私にはツボでした。

234 :無名草子さん:2007/03/08(木) 01:06:04
>>231
そうですね。あのラストをどうとるかなんです。
ニコラスであっても、<あの>ニコラスじゃない。ような気がしてしまう。
でもやっぱり、ふたりの愛は成就したと思いたいです。
ニコラスの残した『時は無意味にして愛は永続する』が彼の思いを現してて胸にきました。

デヴローの作品は他のは評判いまいち?みたいなので
次は「夢の中の騎士」読んでみようかな。

235 :無名草子さん:2007/03/08(木) 01:59:20
>>228
いや今の方がどっちかつーと危ないのではw
>>233
それ興味ある! 最近スレも立ったよね
ただ……
>下品になる前のイヴァノヴィッチ
そんなもんない

236 :無名草子さん:2007/03/08(木) 05:27:08
「時のかなたの恋人」はおもしろいけど、ニコラスのその後の長い孤独
を思うと悲しい。

タイムスリップものでは、カレン・マリーモニング「ハイランドの霧に抱か
れて」 > リンダ「夢の中の騎士」 > テリー・ヘリントン「フラッシュバック」
てな順で好きだ。

「ハイランド…」は妖精という超現実的存在がタイムスリップに介在する
ので、「何でそんなことでタイムスリップできちゃうの?」とロマンス小説で
考えなくてもいいことを最初から放棄できる。妖精の存在は、まぁ
ハイランドだから許す。

237 :無名草子さん:2007/03/08(木) 08:01:41
>>231です

あらら、皆様からこんなにレスが。ありがとうございます。

ロマンスはハッピーエンドでこそ!ってお約束は重々承知ですし
タイムスリップロマンスは「時のかなた〜」か「夢の〜」のラストの2パターン
しかないだろ、ってのもよくわかっているのです。

ただ、>>236の言うように、ニコラスのその後の長い孤独を思うと、
ちょっと考えてしまうのです。ダグレスにはあまりにもすぐ現れましたから
その不公平感が、モヤっときたのかも。なんか上手く日本語にできないけど

まあ、ぶっちゃけヒロインだからでしょうけど。ふぅ・・・・
でも、とても楽しく読めたので、いいです。
というか、私が降ったせいでネタバレめいちゃってますね。
未読の方がいらしたら申し訳ない

238 :無名草子さん:2007/03/08(木) 08:02:40
降ってどうする。話を振ったせいで、ですね。ひぃ〜

239 :無名草子さん:2007/03/08(木) 10:05:51
ロマンスは、ハッピーエンドで安心できるというのはありますね。
それがすきというのは加齢もあるのかもしれない。
最近ロマンスの厳密なカテゴリわけを知らなかったので
パトリシア・コーンウェル検視官シリーズを手にとって、
あっけなくヒロインの恋人が死んでしまう行には唖然。
そこで心を動かされて読書を楽しむ。という気分になれない。
私はサスペンスの混じったロマンスは好きだけどサスペンスは苦手なのだと思った。
ブルークリークの虹は 最初すごくひきつけられるしロマンスも有り途中も面白く読めるんだけど
やはりラストがハッピーエンド?とは言い切れない。

240 :無名草子さん:2007/03/08(木) 10:18:01
>>237
わかります。タイムスリップロマンスはそういう終わりしかないんだけど
ニコラスのその後の長い孤独が寂しいですよね。

241 :無名草子さん:2007/03/08(木) 11:04:03
≫239
コーンウェルは最初のうちは面白かったけど最近はorz
ロマンチックサスペンスが好きならノーラ別名のJ.D.ロブ作品、イヴ&ロークシリーズはどうですか?
お約束のロマンスとサスペンスが楽しめます

242 :無名草子さん:2007/03/08(木) 11:05:13
>>239
コーンウェルのはその後、設定が微調整されてしまったりで
読めなくなってしまったな・・・

243 :無名草子さん:2007/03/08(木) 11:12:38
設定の微調整!なんてうまい言い回しなんだ!
そう、それで私もorz

244 :無名草子さん:2007/03/08(木) 12:35:03
>>240
出会ったのはニコラスが20代前半ですよね。期間は数週間。
その後はウン十年。長い。長過ぎる・・・カワイソスギ(T_T)

245 :無名草子さん:2007/03/08(木) 12:45:28
ふいに、ロマンス本のCMがYouTubeにあるに違いないと思い立って
検索してみた。案の定、濃くて笑える。Hotな内容をうかがわせる
CMばかりで、「こんなCM流したら、買いづらくなるじゃないか」
と思った。

Rose Middleton「Grounded」
http://www.youtube.com/watch?v=AoT-YTdDojA
ヒーローの写真がいやーん。髭の青々したそり跡も、太すぎる首も
マッチョすぎる体も。

Tawny Tayler「Dirty Little Lies」
http://www.youtube.com/watch?v=j8Pouj68hy8
Tawny Tayler「Behind Closed Doors」
http://www.youtube.com/watch?v=D2t-4A0HR54
この人のはどれも超Hotなんだろうな思わせるCM。

Sylvia Day「Ask For It」
http://www.youtube.com/watch?v=_LWSBIkxB5Q
ヒストリカルものでもやっぱりHot。

James Buchanan「Cheating Chance」
http://www.youtube.com/watch?v=EJxcQpLuPPg
何とゲイもの。表紙の2人が濃いいぃぃ。

「romance novel trailer」で検索するとたくさん出てくるけど、
知ってる作家/作品のCMがなかなか見つからないなぁ。

246 :無名草子さん:2007/03/08(木) 15:49:08
>>245
ある意味GJ!www

マッチョヒーローの気色悪げな「Grounded」のは、
れいの「真夜中の男」の出版社だよね?
アメリカだとこのヒーローでもOKなの??

247 :無名草子さん:2007/03/08(木) 19:51:19
YouTubeでOutlanderと入れると色々出てきて面白いですよ。
意外と好みのタイプが役にはまっていたり、外れたりで楽しめます。

248 :245:2007/03/08(木) 19:55:40
Ellora's CaveをYouTubeで検索してもいろいろ出てきますよ。

でも、もっとおもしろいのはEllora's Caveのサイト。
http://www.ellorascave.com/
ジャンルにボンデージやゲイものがあったり、表紙がいちいち
濃かったり、恥ずかしくて飾れないようなカレンダーを売ってたり。

Ellora's Caveは、Romanticaを出版する会社なんですと。
Romanticaはエロティックロマンスから作った造語で、登録商標まで
とってる。

サイトの情報によると、この出版社の特徴は、セクシャルな言葉に
華麗なフレーズを使うのではなく、率直な大人の言葉で表現するところ。
女性の体の欲望を表すときに、主流のロマンス本だと、
「a whirlwind of electricity that jolted through her love valley
(愛のくぼみに衝撃が走るほどの電流の嵐; 直訳御免)」
と表現するところ、Ellora's Caveの本では
「intense desire coursed through her body, making her wet with arousal
(強烈な欲望が体を走り抜け、興奮して彼女は濡れた)」
と書くんですと。まさに「真夜中の男」の世界だなぁ。

「真夜中の男」の訳者あとがきに、作者はロマンス本に語彙の制約が
あるのに不満だったと書いてたけど、Ellora's Caveはまさに制約が
ない出版社だったんですね。

249 :無名草子さん:2007/03/08(木) 19:57:33
クレイパスのサイトで見たCFらしき映像は、
英国映画の1シーンみたいな風景がメインでしたけど、
やっぱり作品によって違うんだなw。
ハリウッド俳優を想定して読むんじゃキレイすぎるかも。

250 :無名草子さん:2007/03/08(木) 20:11:56
Outlanderは人気が高いのか、好みのキャスティング案を作ってる
人が何人もいますね。

Karen Moningで検索すると、「The Immortal Highlander」の映像
が出てくるけど、IMDBを見ても映画化されてるようすがないし、
これもキャスティング案かな。英語じゃないからわからないや。

251 :無名草子さん:2007/03/08(木) 20:27:22
>>249
クレイパスのサイトを見に行ってみました。
クレイパスって本当に美人さんなんですね。本の著者近影写真が
変わらないから「奇跡の1枚」なのかと思ってましたよ。

質問に答えると、自分がどの壁の花タイプかわかるという
クイズコーナーがあります。やってみるとEvieでした。
予想どおりだけど、何かおもしろくない…

252 :無名草子さん:2007/03/08(木) 20:46:07
私もクレイパスのサイト見に行ってきた。
壁の花シリーズのCM、かなり上品だわ
>>245が貼り付けてくれたのに比べると

でも、YouTubeのは楽しませてもらいました。
アメリカ人と日本人じゃ、妄想するヒーローは随分違うんだろうなー
私もマッチョはいやだ
リンダのヒーローで、スキンヘッドなんだけど、そこのところは
巧妙に訳から外されていた人がいなかったっけ??

253 :無名草子さん:2007/03/08(木) 20:49:43
ところで、話ぶった斬りで申し訳ないが
ロマンスのヒロイン描写でよく出てくる「ハート型の顔」って
「富士額」のことなんだろうか?

いつも、引っ掛かりを覚えながら読んでいたのを思い出した
多分美人を表す定型なんだろうと思うんだけど、
自分の場合「ハート型の顔」を初めて目にしたのが「風と共に去りぬ」のメラニーだったから
どうもいいイメージがなくて、その描写を読むたびにちょっと萎える

254 :無名草子さん:2007/03/08(木) 21:08:51
>>253
私も同じこと考えてましたよ! 富士額のことなのかなぁって。

この機会にHeart shaped faceを検索してみると、富士額じゃなく、
あごがしゅっと細い逆三角形の顔型を指すようです。
疑問がとけてすっきり。

代表的な人にリース・ウィザースプーンを挙げてる人が多いなぁ。
リースはあごありすぎだけど。

255 :無名草子さん:2007/03/08(木) 21:09:57
ハート型の顔>中世ヨーロッパにおける美女の条件は、
「金髪碧眼、ハート型の顔、S字状のすんなりとした体つきと腰つきをした身体」
だったそう。
吟遊詩人たちがそうやって褒め称えたから、それが広まったのでしょう。
近世になってくると、美女の条件も変わってきますね。
少なくとも、「S字型の体型」は現代までは引き継がれていないと思います。
柳腰のすんなりした体型が、中世では好まれていたようです。

256 :無名草子さん:2007/03/08(木) 22:05:01
誰かが言い出しそうな気がしていたけど、本当にここでファルコを見かける日が来るとは思わなんだ
古書店での遭遇率低いけど、よく13冊集まりましたね >233

>234さん、とにかくひたすらHOTなのがお好みなら、お奨めできません。
ツンデレ・ヒロインとひねくれヒーローが活躍する謎解きミステリーです。
ですが、地元書店では新刊発売日に即日完売(入荷が少ない?)のちょっとした人気本です。
壁の向こうに入る前のジェフリー・アーチャー好きな人には是非ともお奨めしたいです。

雑食の私には読まずに死ねるかシリーズの一つです。

257 :無名草子さん:2007/03/08(木) 22:17:16
ハァハァ…やっと明日クレイパス…明日発売されるよね?@関西
期待しすぎておもしろくなかったらどうしようといらぬ心配をしてみる

ハート型の顔って三角形のカワイイ系小顔って勝手にイメージしてた

258 :235:2007/03/08(木) 22:18:02
>>256
自分宛て?
ツンデレ大好き!なんで是非ともファルコ読みます。
ディーヴァー(アーチャーは誤記よね?)も小林信彦が触れてた
やつが気になってたからチェックしてみるか……。

259 :無名草子さん:2007/03/08(木) 22:30:05
bk1にクレイパス入荷しましたね。
明日中に届くようにウッドハウスのジーヴスもの何巻かと一緒に注文しようっと。
>>256
密偵ファルコ、面白そうと思ってアマゾンみたら9巻までになってたけど
ほんとは13巻まであるんですか。

260 :無名草子さん:2007/03/08(木) 22:56:46
>>253です

>>254,>>255詳しい説明ありがとうございました
なるほど、細いあごの逆三角形の顔つきでしたか>ハート型の顔
確かに、リース・ウィザスプーンはちょっとあごがしっかりしすぎてそうな。。。

ファルコはちょっと面白そうだなあ
その前にやっぱりクレイパス!明日絶対買おう!!
楽しみにしすぎてる人がここにもいます〜

261 :無名草子さん:2007/03/08(木) 23:00:36
遅れましたがやっと「真夜中の男」読了
いやー、おもしろかった!って笑える方の
hotなシーンもヒーローの脳内シュミレーションや妄想で
ケラケラ笑いながら読めちゃいました
サスペンスもあってないようなものだし、最後も「あ〜あ、ジョンてば
やっちまったネ」と言った感じでおさまってたし
次作も早く邦訳して欲しいです

262 :無名草子さん:2007/03/09(金) 00:18:19
クレイパスもラズベリーの新刊も山済みでしたよ。(東京)

263 :無名草子さん:2007/03/09(金) 00:20:33
地方だから10日かも・・・
明日あるかなあ・・・

264 :無名草子さん:2007/03/09(金) 00:37:38
>>261
自分も結構気に入ってます。「真夜中の男」
ただただ「ヤりたいだけ」の主人公2人のような気もしますが。
一目でそこまで惚れ込む魅力がヒロインにあったのか?
と、少々疑問に思わないでもなかったけれど。

クレイパス、ダメ元で探してみたけれど、やはり見つかりませんでした。
いいなぁ、東京。

265 :256:2007/03/09(金) 00:54:14
>235さん、大変失礼申し上げました。ご指摘どおりレス番間違いです、ごめんなさい。
アーチャーは誤記ではありません。塀の中で書いたモノ以降はつまらないと思っていますが、
例えば「100万ドルをとり返せ」のように辛口で斜めの視点、複線いっぱい、大ドンデン返し。
といった具合の、いかにもイギリス人らしいシリーズです。

>259さん、間違いなく13冊です。手元の最新刊は2006年11月30日の奥付です。
私も今月のライムの2冊は買ってきました(ラズベリーと創元は店頭になかった)けど
まだ1ページも読めていません。週末に読破予定です。

266 :無名草子さん:2007/03/09(金) 01:32:51
>>259
>bk1にクレイパス入荷しましたね。
>ウッドハウスのジーヴスもの何巻かと一緒に注文しようっと。
クレイパスとジーヴスって、世界観というか時代が同じくらいですよね。
キャラの性格(男性メイン)は対極だけどw。

267 :無名草子さん:2007/03/09(金) 02:47:24
>>265
アーチャーにもロマンスのお薦めとかある?

268 :無名草子さん:2007/03/09(金) 09:38:05
>>266
>クレイパスとジーヴスって、世界観というか時代が同じくらいですよね。
P・G・ウッドハウスは1888年生まれですから、まさにヴィクトリア朝生まれの人ですね。
クレイパスの壁の花シリーズはヴィクトリア朝、それともジョージ4世時代かな。
時代はともかくおっしゃるとおり世界観は、ほんとに一緒ですね。
ジョーゼット・へイヤーのリージェンシーものを読んでいて、バーティそっくりの
おバカ貴族が脇役で出てきて大笑いしたことがありました。
アガサ・クリスティーなんかを読んでも同じ空気を感じることありますね。

269 :無名草子さん:2007/03/09(金) 09:56:14
>>265
ありがとうございます。
bk1のほうで探したらありました。
原作はもう18巻まで出ているんですね。
歴史ミステリーと長いシリーズ物大好きなので楽しみです。

270 :268:2007/03/09(金) 11:12:53
一作目に1845年と書いてありました。
ヴィクトリア朝(1830〜1901)の初期ですね。
失礼しました。

271 :無名草子さん:2007/03/09(金) 12:30:21
>>268
詳細な解説恐れ入りました。
ジーヴス読んだあとに、
これはまぁクレイパスに限らないけど、ああいう感じのロマンス作品を読むと、
なんともいえないニヤニヤ笑いみたいなのをしちゃうことがあります。

ジーヴスはロマンスじゃないけど、妙な脱力感が楽しいというか。
坂田靖子のマンガが好きだった人には楽しいんじゃないかな、と。
結構人気があるんですよね、こんなに邦訳作品が立て続けに出ているって事は。

272 :無名草子さん:2007/03/09(金) 13:18:11
MIRAのアンメイザー「ラブ・コンチェルト」ってお勧めですか?
どなたか読まれた方います?

273 :無名草子さん:2007/03/09(金) 19:43:22
アメリカのロマンスサイトAARで、クレイパスの「冬空〜」(The Devil in
Winter)が、ベストヨーロピアンヒストリカル、ベストヒーロー、ベストヒロイン
に選ばれましたね。
おめでとうございます。
ttp://aar.blog-city.com/2007_2006.htm

274 :無名草子さん:2007/03/09(金) 21:13:38
ああ、ますます期待が高まるぅ。
今日まだ売ってなかったんだよ〜。

275 :無名草子さん:2007/03/09(金) 21:34:27
>273
壁の花の1〜2作目の出版は何年だったんですかね?

276 :無名草子さん:2007/03/10(土) 01:19:03
クレイパス、読了しました。
もったいないと思いつつ、一気読み。

期待通り面白くて満足でした!ああ〜幸せ

277 :無名草子さん:2007/03/10(土) 09:43:39
>>276
いいなぁ。
あとは美味しいトコを、もう一度拾い読みですね。

278 :無名草子さん:2007/03/10(土) 10:06:03
>>275
1作目Secrets of a Summer Nightが2004年10月、2作目It Happened One Autumn
が2005年9月です。
ところでセバスチャンは2年連続受賞じゃないかな。(去年はベスト悪役で)
作者ならあるけど登場人物の連続受賞って珍しいかも。

279 :無名草子さん:2007/03/10(土) 10:08:40
>>278
そうなんだ、2年連続とは素晴らしいww。
でも悪役としては、それほどでもって気がしたが、
ヒーローになりうる人材で悪役ってとこが良かったのかな。
まだ現物手にとっていないので、楽しみ楽しみ楽しみーっ。

280 :無名草子さん:2007/03/10(土) 10:20:51
クレイパス、私も読了。
同じく一気読み。
ピロインがかなり好みでした。
私的には壁の花ではベストだな〜。

あと、昨日「紅はこべ」も入手しました。
しばらくクレイパスの余韻に浸ってから読もうっと。
楽しみだ〜♪


281 :無名草子さん:2007/03/10(土) 11:51:43
密林でクレイパス売り切れだったので、bk1で昨日頼んだ。
ついでにラズベリーも。ラズベリー先月は創刊なのに、冊数少なすぎだったから。
24hとあったけど、地方の本屋の店頭に並ぶのとどっちが早いか?!
読了した方ウラヤマシス。

282 :無名草子さん:2007/03/10(土) 12:05:06
皆さンクレイパスに盛り上がっているところ話ぶた切りですみません。ライムのクレンツ、良かったです。久しぶりに良質の文庫を読んだなあ。先月リンダでへこんだので浮上しました。

283 :無名草子さん:2007/03/10(土) 17:03:42
>>279
ごめんなさい。
よく考えてみたら、前作の悪役はたぶんセバスチャンじゃなくてきっと
ママのほうですね。
勘違いしてました。

284 :無名草子さん:2007/03/10(土) 18:23:32
>>283
あの母は、確かに見事な悪役だったよ。
グレン・クロースあたりをキャスティングしたいですね。

285 :無名草子さん:2007/03/10(土) 19:47:42
ニューヨークの魔法使い第2弾
シャンナ・スウェンドソン『赤い靴の誘惑』がbk1、7&I共に出荷可能になってます。
クレイパスに続いて楽しみー。

286 :無名草子さん:2007/03/11(日) 09:16:08
『冬空に舞う・・・』読み終えた〜
余韻を楽しみたいから、しばらく次に手が出ないかも。
美しいヒーローって、やっぱりいいわ〜。


287 :無名草子さん:2007/03/11(日) 10:55:11
リサ・クレイパス、地方なので昨日ゲット。
ふだんなら3時間くらいで読む厚さだけど、もったいなくて
1日かけて読んだ。
はぁー、いがった。

288 :無名草子さん:2007/03/11(日) 11:37:15
リサ・クレイパス全訳されてから読もうとしている自分。
何だか皆様の感想を聞いていると読みたくなりました。
我慢している自分はお馬鹿かな?

289 :無名草子さん:2007/03/11(日) 11:48:14
>>288
ロマンスの感想サイトで読んだ情報ですが、
とりあえず本国では4作全部出ているらしいけど、評判は今回の「冬」が一番良いらしいです。
なので「春」まで我慢しなくても良いかも、と個人的には感じました。
去年の「秋」から今回の「冬」まで我慢させられた読者としては、288さんのように一気通読できるのは羨ましい。
「悲しい〜」→「もう一度〜」→「夏」→「秋」→「冬」で読むといいんじゃないかな。
「悲しい〜」はこの際抜いてもいいかもしれないけど、ウェストクリフの人となりを知るには読んどいても無駄ではない。

「ふいにあなたが舞い降りて」はまた別のシリーズの第3作目だから、待っていてもいいかもしれない。
ただし邦訳が本当に出るのかは謎だが。

290 :無名草子さん:2007/03/11(日) 12:31:38
「冬空に舞う・・」完読。
いや〜、壁の花シリーズでは1番かも。
あそこまで気を使いの、尽くされのしたらよろめくなw

「ふいにあなたが・・」の翻訳本は壁の花シリーズが
終わってからだろうか?
ヒーローの姉夫婦のお話とか早く読みたいぞ。

291 :無名草子さん:2007/03/11(日) 12:37:08
私も「冬」が一番好きです。
と言うか、「夏」は余り好きでなかったんだけれど。
「もう一度あなたを」も良かったなぁ。アメリカに行ってしまったので、
アリーンのその後の様子が余り分からないのが残念。

292 :288:2007/03/11(日) 12:53:33
>>289さん有り難う!リサ本は壁の花シリーズだけ未読です。
「もう一度〜」と「夏」「秋」「冬」の4冊ならべています。
「もう一度〜」〜読み始めたら「春」が出て来るまで記憶は残っているかしら
ね。


293 :無名草子さん:2007/03/11(日) 13:24:03
プレイボーイだったが、主人公にメロメロ。
惚れてしまうと、物凄くヤキモチ焼き。と言うのがツボな私にとって、
ちょっと他の男と親しく話しただけで、嫉妬する「冬」のセバスチャンは
正に好みでした。「秋」を読んだだけでは、こんな風な展開になるとは
予想できなかったなぁ。

デイジーの相手は、キャムかと思ったのですが、後書きによると
違うみたいですね。「春」はいつ刊行されるのかな。

294 :無名草子さん:2007/03/11(日) 13:54:11
密林で春(Scandal in Spring)のレビュー読んで、今からワクワクしてる。
春でもキャムは出るのかなあ?またヒーローの恋敵??役としてとか。
冬ではラストの方での行動がちょっと酷だったので
彼にも幸せになって欲しいな。

295 :無名草子さん:2007/03/11(日) 14:14:24
どっかでキャムが主役の「All season」が出るって見た気が。


296 :無名草子さん:2007/03/11(日) 15:09:29
>>295

ほんとですか?だとしたら嬉しいな!
キャムのスピンないかなあ、って読み終えた瞬間思ったので
>>294の言うように、彼にも幸せになって欲しい

297 :無名草子さん:2007/03/11(日) 16:02:28
>>292
>「春」が出て来るまで記憶は残っているかしらね。
そりゃ記憶は個人差があるから「残ってるよ!」と断言するワケにはいかないけど、
これだけ気持ちがグッと来る作品だったら、覚えているんじゃないかなぁ。
ヒロインもそれぞれ個性的だし。
それに刊行ペースが結構良い感じなので、1年以上待たされることはないんじゃないか‥と勝手に推測してみる。
まぁでも手元に本があるなら、「春」を待つのも一興かと。
4(5)冊一気に読み通すのも贅沢な楽しさだしね。

アメリカでは初のコンテンポラリー作品が刊行された(る)とか。
どんなかなぁ、興味津々。

298 :281:2007/03/11(日) 16:34:32
281です。
ど田舎の本屋とbk1・・・地方の本屋の勝ち〜ww
昨日中に届けば良い勝負だったけど、メール便じゃあね、配達方法が勝負にならんね。
なので シャンナ・スウェンドソンの「赤い靴の誘惑」はbk1しないことにします。
賢くなりましたよ、っていうか、地元の本屋が最近頑張っているのかな?
MIRAを平済みにしてドーンと置き始めたよ。
チラ裏スマン・・・。

壁の花は夏はイマイチだったけど、今度のは面白いです!
春の次があるのは楽しみだなぁ!
288サン、人生は何があるのかわからないですよ・・・。
読めるうちに読んでおかなきゃ、明日事故にあったらどうする!
って覚悟で積読減らししています。

299 :無名草子さん:2007/03/11(日) 16:40:14
きのう某国のドラマを国営で見たけど、ああいうストイックなヒーローのロマンスが激壷。
どちらがヒロインと結ばれてもいいと思うヒーロー二人が出てくる三角関係ロマンスってあるのかな〜?


300 :無名草子さん:2007/03/11(日) 17:00:34
流れ切ります。
来月のヴィレッジブックス新刊予定に
04/20 知らず知らずのうちに(仮) スーザン・ブロッグマン \1,040
てのを見つけたんですが。
いくら仮題とはいえ、今までの流れから考えると「うーん」ってタイトルだよなぁ。

301 :無名草子さん:2007/03/11(日) 19:01:34
>>295
10月にMine Till Midnight というヒストリカルが出るみたいですが、これが
壁の花シリーズなのかはわかりません。
どこかでA Man for All Seasonsとかいう題を見た気がするんですが…。

ところで次の春、デイジーのお相手がキャムじゃないことを、後書きで明かしていたのは
親切でしたね。
原書で読んだ人はてっきりキャムがヒーローだとばかり思っていたんじゃないでしょうか。
というか、壁の花シリーズの続編を他の出版社から出すことになったので、ヒーローを
キャムから別の人に変えたんじゃないのかな〜というのは邪推かな。

302 :295:2007/03/11(日) 20:05:08
>>301
多分それだと思います。
うろ覚えで書いたので
それもすぐ翻訳されたらうれしいんですけどね。

303 :無名草子さん:2007/03/11(日) 20:14:49
>>300
189で既出だけど、このタイトルは仮であってほしい。
確かにそんな内容ではあるけどでもね・・・

304 :無名草子さん:2007/03/11(日) 20:17:17
クレイパス、ここで盛り上がっているので読んだけどおもしろいですね。
クレイパスが好きならウッディウィスはツボだと思います。
炎と花以外もおもしろいですよー。

305 :無名草子さん:2007/03/11(日) 20:18:09
あらホントだ。
既出でしたね、失礼。

3月、4月と楽しみな作品が連発で嬉しいなぁ。

306 :無名草子さん:2007/03/11(日) 20:21:27
>>304
『炎と花』以外を薦められても、新参者には敷居が高いです。
ロマンスにハマって半年ちょっとだけど、いまだに古本屋さんで遭遇したことないもの。
利用している自治体の図書館も未蔵書だし。
県内協力図書館に依頼したら、一体どのくらいかかることやら‥。

307 :無名草子さん:2007/03/11(日) 20:22:45
でもって、ウッディウィスネタはループになっちゃうのよね。

308 :無名草子さん:2007/03/11(日) 20:41:39
つい最近ハーレスレでも話題になってたしね

309 :無名草子さん:2007/03/12(月) 00:13:54
クレイパス、ここでは絶賛だけど、私個人的にはそんなに絶賛するほどの作品か?
と思ってしまいます。
「冬空の〜」は、ヒーローが美しすぎてヒロインを食ってしまうところが女性としては
どうも…やはり、ロマンス・ヒロインは絶世の美女であってほしいな。
吃音癖のある小柄で豊満なヒロインという設定はどうも…。
元々、リンの作品があまり好きではないせいか、今回のヒロインは好きじゃなかったです。
前作もイマイチ。
「壁の花」シリーズでは、アナベルが主役のが一番好きでした。美女だったから。

その点、ウッディウス作品はいつもヒロインが可憐な美女。ヒーローも文句ないし。
ウッディウスに一番近い現在の作家は、やはりジョアナ・リンジー(リンゼイ)だと
思います。

310 :無名草子さん:2007/03/12(月) 00:16:14
309です。
ウッディウス×→ウッディウィスでした。

311 :無名草子さん:2007/03/12(月) 00:31:10
私も「冬空に舞う堕天使と」は壁投げ本でした。
ヒーロー、ステキなんだけど、それに見合うヒロインの設定ではないと
満足できませんね…。
平凡で純情だけが取柄の地味ヒロインは嫌いだ…。
赤毛なら、気性の激しい絶世の美女じゃないと、不完全燃焼です。

絶賛の皆様、ごめんちゃい。

312 :無名草子さん:2007/03/12(月) 07:51:03
ロマンスヒロインは、常に可憐な美女がいいですね〜。
「よく見たら魅力的」なんていうのじゃ物足りない。
誰の目から見ても「美しい」っていうのが理想。
どうせ小説なんだから。平凡で地味で…っていうのは、現実の自分だけで
たくさんだわ〜(自爆)


313 :無名草子さん:2007/03/12(月) 08:20:58
山小屋でコメント書いた人?

314 :無名草子さん:2007/03/12(月) 08:27:49
>>313
「同一人物です」なんて名乗り出るはずもないだろうけど、コメント見れば
一目瞭然ですね。
こことあちらとはかぶっている人多いでしょうから。

315 :無名草子さん:2007/03/12(月) 08:37:33
まあ、よいことではないの?
リンダやウッディウィスだって、「嫌い」な人がいるんだし、クレイパスだって
そりゃあいるでしょう。いない方が不自然。
本音が書けることがこういう掲示板の価値でしょう。
みんながみんな「支持派」だったら、山小屋さんだけで十分だし。
本音が聞きたいから、2ちゃんねる覗く人が多いんだろうと思うし。

そういう自分はヒストリカルはあまり興味ないので、リサ・クレイパスは
2冊くらいしか読んでいないけれど、絶賛するほどの作家とも思っていませんが・・・

リンダやウッディウィスのような感動はしませんでした。

316 :無名草子さん:2007/03/12(月) 09:21:09
私は、ジョアナ・リンジーが読みたいよぉ〜〜!
ヴィレッジさん、次の翻訳はいつ?待ちきれないです〜。


317 :無名草子さん:2007/03/12(月) 09:32:11
>>315
そうそう。
誰にも否定されない作家なんていない。
私は逆にルックスが並って設定が大好物。
あとヒロインがぽっちゃり系になっていると、
話そっちのけで「どのくらいなんだ???」というのを文章の端々から推測しまくってしまいます。
だもんで、ローリ・フォスターの文庫第一作は、そんなことばかり考えて読んでしまいました。

318 :無名草子さん:2007/03/12(月) 09:49:16
山小屋さんのコメント読んでいると、大絶賛が多すぎて、今回のリサ・クレイパス
ほど面白い作品はないみたいな書き方している人が多い。
こういうところが、参考にはならないんだな。
それに踊らされて、買うと思わぬ落とし穴だったりする。
ここで、批判意見を読むと、そういう意見もあるのか〜と参考になったりもする。
今回は、ここでも絶賛している人が多いので、「冬空に舞う堕天使と」は面白い
のだろうけど、自分は天邪鬼なので、わざと落ちるまで待つことにしようと思った。

全部揃って一気読みしたいところもあるので。

319 :無名草子さん:2007/03/12(月) 10:08:45
昔の少女マンガで育った人には、かなり馴染みのある設定でしょ、クレイパスの冬は。
美形のヒーローに十人並のルックスのヒロイン‥。
刷り込み教育の成果か、細胞単位で楽しんでしまう自分がいるわけだが、当然そうでない人もいるわけで。
やっぱり力のある作家には、賛否両論付きものですよね、SEP、リンダ、ブロックマン等々。

320 :無名草子さん:2007/03/12(月) 10:33:26
>309
同意〜。ウッディウィス作品はその点堪能できますよね!
ヒストリカル読んでいるとウッディウィス作品の焼き直しか?というのがやたら多い。
正確に言えば劣化コピー。
本家本元にはかなわないと思います。
美貌で清純貴族の娘が主人公ならカートランドW
現代のロマンス作家はどちらの作家にも影響を受けていると思います。

321 :無名草子さん:2007/03/12(月) 10:35:26
今回のクレイパスでひとつ、わからないことがあるんですが、わかる方いらしたら
教えてください。
なぜ、二人はグレトナグリーンに行かなくてはならなかったのでしょうか。
普通に結婚許可書もらうんじゃだめなの?
未成年でもないし、二日位ならかくまってもらっててもばれないと思うんですけど。
プロット上必要だったのはわかるんですが…。

322 :無名草子さん:2007/03/12(月) 11:32:02
>321
英国国教会の普通の結婚は「1週間おきに3回公示→結婚」だから、1ヶ月はかかる。
伝手があれば「特別許可書」を貰ってすぐ結婚〜、なんだろうけど伝手がなかったんじゃないかな?

ていうか、秋でも主役カップルが駈け落ち婚しているし…

323 :無名草子さん:2007/03/12(月) 11:33:30
>>321
はっきりとわからないのですが、昔(今も?)は英国では貴族の結婚には、
国王の同意書みたいなものが必要だったんです。
で、それには時間がかかったんですよ、かなりの。

だけど、駆け落ちのメッカのグレトナグリーンに行けば、既成事実という
わけで、認めざるを得ないというあたりなんだと思います。
今回は急いでいたから余計なんでしょう。


324 :321:2007/03/12(月) 13:39:51
>>322,323
ありがとうございました。
ドクターズ・コモンズ(でしたっけ)へ行けば数ポンドで結婚許可証が
もらえると聞いていたのでなぜかなって思ったんです。
ポイントは貴族っていう所だったんですね。
勉強になりました。

325 :無名草子さん:2007/03/12(月) 21:46:30
やっとクレイパス読み終わった。
秋を読んで冬は鬼畜ヒーロー?と予想してたらそうでもなかった。
アメリカやギリシャの鬼畜ヒーローに慣れているとイギリスヒーローは紳士だ。

ヒロインは前作でよく見ると実は4人の中で一番顔の作りは美人と書かれていたから
単にうつむいてて顔が見えないから目立ってないのかと思っていたよ。
ひと目を引く美人が夏で清楚系が冬で背の高い活発美人が秋で小柄な妖精風が春なイメージ。

326 :無名草子さん:2007/03/12(月) 23:27:11
>>325
私もエヴィーは十人並みの容姿というイメージはなかったなぁ。
ヒーローが言うように、吃音や自信のなさから来る、話しかけないで
という態度が問題なだけで、見た目は良いという描写があったのでは。
もちろん、堂々としたヒロイン好きにはお勧めできませんが。


327 :無名草子さん:2007/03/13(火) 00:04:29
>>326
十人並みって表現を使ってしまったのは私ですが、
エヴィーの場合、326さんが書かれている通り、
育てられ方やそれによって生じてしまったであろう吃音などから来る自信のなさが
彼女自身のルックスを輝かせることがなかったんですよね。
夏で登場したときにもそんな風に描かれていたし、
4人で話すときには、どもるどころか意外に鋭いこと言ってたこともあったような‥。
そういう女の子が自分の意志で、大きく踏み出して成長していくってとこが、ツボですw。

328 :無名草子さん:2007/03/13(火) 12:33:20
ラズベリーの新刊買ってみた。
が、クレイパスの「冬」読み終えて、ぼ〜となり、
まだページ開いてない。
読んだ方、どうでした?

329 :無名草子さん:2007/03/13(火) 12:39:01
「精霊が愛したプリンセス」に嵌ったけど、あの作家さんの
翻訳本は現代ものしか出ていないのが残念。
現代ものには嵌らなかったから、ヒストリカルものを新作で
読みたいです。

330 :無名草子さん:2007/03/13(火) 13:38:50
ヒロインが巨乳の話ない?

331 :無名草子さん:2007/03/13(火) 15:10:01
釣りだと思うけど、まず浮かんだのは、翻訳のせいでデブ専ヒーロー? と
まで言われたローリ・フォスターのあれ。

332 :無名草子さん:2007/03/13(火) 15:31:25
>>331
釣りじゃないよあれってどれ?
でもデブはちょっとなあ……

333 :無名草子さん:2007/03/13(火) 15:40:04
>332
多分「秘めやかな約束」じゃないかな? 「肉付きがよい」とあるから。

334 :無名草子さん:2007/03/13(火) 16:04:41
>>333

そうです。ウェイトレスの制服の胸ボタンがはじけそうな巨乳さんです。
「秘めやかな約束」では、ヒロインは周りからダイエットをしろとやいやい
言われるのでデブだと気にしてるけど、ヒーローはその肉付きを魅力的
だと思ってる。この作品だけだと、好意的に解釈してヒロインは
ぽっちゃりタイプなんだなと思える。

そこまではまだよかったけど、続編「一夜だけの約束」では、続編ヒロイン
目線で「ころころと太った長い茶色の髪の女」とばっさり描写されてる。
「ころころ」とまで言われると、言い訳できないほどデブみたいだ。

ロマンス本だと、ヒロインに胸があっても、魅力的な曲線とか、流行遅れ
の胸の大きさ(スレンダーな体に微乳が流行ということか)というような
描き方がされることが多いと思う。

335 :無名草子さん:2007/03/13(火) 17:24:16
どの話か思い出せないけど(もしかしたらハーレクインかも)、
ヒロインが自分の体型のことを、やせてるのに胸だけ大きい
ということを悩むシーンが出てくるのを読んだことが数度ある。
どういう悩みだ! とイカったよ。

もちろん、そんなヒロインをヒーローは大絶賛。

336 :無名草子さん:2007/03/13(火) 17:39:26
遅ればせながらビヴァリー・バートン「星降る夜に誰かが」を読んだ。
>>77さんも書かれていますが、人間関係どろどろしすぎ。しかも
最後には八方丸く収まるのがすごい(褒め言葉ではない)。

337 :無名草子さん:2007/03/13(火) 18:49:28
>>282
クレンツの「ダークカラーな夜もあれば」に同感。
ロマンス+サスペンス/ミステリーというと「命を狙われたヒロインを
訓練されたマッチョなヒーローが守る」的な話になりがちなのに食傷
していたので新鮮でした。

338 :無名草子さん:2007/03/13(火) 21:01:32
>>328
読みました。
普通におもしろいです。
展開がスピーディでサクサク読めますが、ドキドキ感は少ないかも
なんというか、深みがあまりない感じで。心理描写が少なめというか
私としては心理描写がもっとあるほうが好きなので
なんとなく主人公にあまり感情移入できず、ときめきも少なめで、読み終えました

でも、サクサクっと読めてそれなりにおもしろかった

初邦訳の作家、バログ、ソーントン、ハンターと立て続けに買ったけど
自分はバログが一番好みだったなあ
竹書房にはもう少しがんばって欲しい。
なんかライムみたいなインパクトがない気がする

339 :無名草子さん:2007/03/13(火) 21:10:45
>>338
お答えありがとうです。
早速、読んでみます。

後発の出版社は、新しい作家探しが大変なのかもしれませんね。
SEPの版権争いみたいな例もあるし、面白い作品を手に
入れるのって、読者が考える以上に大変なのかも。
@328

340 :無名草子さん:2007/03/13(火) 22:29:12
ウッディウィスおもしろいと書いたものですが、炎と花以外、今は手に入らないのね。
久しぶりに読みたいなと思ってオク見てたまげましたよー。
ありゃあんまりだわ。
私は全部買って引越しを機に処分したクチ
それこそまたウッディウィス全集でも出してくれたら売れると思います。
今はロマンス人口も広がったし。
炎と花を出した出版社、引き続き出してくれないのかしらね。

341 :無名草子さん:2007/03/13(火) 22:45:49
誰か前に問い合わせして、その時は出しますって返答もらってたような…
でもヴィレッジはシリーズ物抱えてるからそっち優先して欲しいな

新刊の冊数は限られてるし、新しいシリーズ(全集)出すより
今あるシリーズものをコンスタントに出して欲しい


342 :無名草子さん:2007/03/13(火) 23:07:56
>>341
壁の花シリーズとローズハンターシリーズでしみじみ思った。
前作の記憶がとぎれないうちに出してくれると本当にうれしい。

特に壁の花は、今のところちゃんとシーズンに合わせて夏・
秋・冬と来ているのがすばらしい。欲を言えば壁の花の
前に伯爵の妹たちの話を読みたかったけれども、他の
出版状況を見たら贅沢な望みだわ。

343 :無名草子さん:2007/03/13(火) 23:47:07
>>342
本当ですね。
メアリ・バログの Bedwyn シリーズもライムで順番に出してくれないかな〜。
ホットでせつなくてとってもいいのに。 Bedwyn公爵って言う萌えキャラも
登場するしね。

344 :無名草子さん:2007/03/14(水) 10:33:59
罪作りな遺産、読み終わった。
知識満載おなかいっぱいっていうかんじ。
それなりに面白かったけど、心理描写が少なくて、感情移入できないまま
終わってしまった。
ただ、題名は秀逸。

345 :無名草子さん:2007/03/14(水) 17:56:33
>>341
>>342
同意。ヴィレッジの中の人に聞いててほしい。
サムリサまであと何年待てばいいのか・・・。
順調にいっても来年の夏頃?(涙)

346 :無名草子さん:2007/03/14(水) 18:10:40
>345
4月に5冊目が出るみたいだし、もうちょっと早いかも?

347 :無名草子さん:2007/03/14(水) 18:15:09
>>346
秋〜冬に6冊目出たらGJ!なんだけどどうだろうね?

348 :無名草子さん:2007/03/14(水) 20:56:45
>347
クリスマスプレゼント Or お年玉ってことで
年末はいかがでしょう?

349 :無名草子さん:2007/03/14(水) 21:41:23
ところでヴィレッジさん「OutLander」の続きはどうなったのでしょう?
最近はトンとご無沙汰ですね。もう熱もさめましたわ。

350 :無名草子さん:2007/03/15(木) 00:41:37
>>349
もう飽きちゃったのかもしれません、担当者が。

351 :無名草子さん:2007/03/15(木) 12:14:45
「赤い靴の誘惑」読了〜。
今回も面白かった。
なんか、すぐエチーに行っちゃうロマンス本を立て続けに読んでいたから、癒されたよ〜。
途中、「もっと関係がこんがらがってもロマンス的に面白いのに〜」と思っていた関係があっさり・・・。
3冊目はアメリカで今年の5月発売らしいからもっと先になるのか。早く読みたい!

352 :無名草子さん:2007/03/15(木) 13:33:34
>>351
ハゲドウ
ストーリーもすごく練れてたし、ロマンスはキスするだけでドキドキがいいよね。
ヒロインが性格よくて癒される、優等生すぎることもないし。
すぐ翻訳されたらいいなあ。

353 :無名草子さん:2007/03/15(木) 15:17:13
>>351、352
同感です。キスだけのロマンスは素敵です。
すごく良かったです。
最後まで楽しませてくれました。

354 :351:2007/03/15(木) 16:02:11
352サン&353サン
そうですよね〜!
適度に毒舌も交えてるので、いい子ちゃん過ぎなくていいですよね〜。
キスだけでドキドキ・・・そうなんですよ!最近のロマンスは性衝動が動物的過ぎて、
あんたたち、下半身だけでロマンス語るなっ!ってカンジでなんかちょっと・・・。
ヒロイン母ちゃんのサザンベルぶりも良かった〜。
とうちゃん&かあちゃん&ルームメイト関係もほっとできる。
3冊目も期待☆

355 :無名草子さん:2007/03/15(木) 20:04:32
赤い靴、未読なんだけど、ここ読んだら楽しみになったなぁ。
ヒロインが真っ当で良いんだよね。
>>354さんが書かれているとおり、ヒーローにドキドキしても下っ腹が暴走しないし。
ヒーローは少しは成長したのか、‥してないだろうな。
しょうがないよね、そういう育てられ方したんだし。

356 :無名草子さん:2007/03/16(金) 10:49:42
>>323
>英国では貴族の結婚には、 国王の同意書みたいなものが必要

興味があったので調べてみたのですが、王室結婚令(ロイヤルマリッジアクト)
くらいしかわかりませんでした…orz
参考になる資料などありましたら教えていただけないでしょうか。

357 :無名草子さん:2007/03/16(金) 22:44:38
MIRAの「霧にひそむ影」カーラ・ネガーズ読んだ。
ハイキングに行きたくなる本だった。
山って偉大だよね。
とりあえず次も出たら買う。

「愛燃える平原」ナーン・ライアン
ちゃんと読んでないが、リンダの「ふたりだけの荒野」を少しだけ思い出した。

来月のMIRAは、スーザン・ウィッグスが楽しみ。
ヴィレッジのブロックマン本、どうも「知らず知らずのうちに」で決定っぽい・・・

358 :無名草子さん:2007/03/17(土) 00:57:36
>>357
>ヴィレッジのブロックマン本、どうも「知らず知らずのうちに」で決定っぽい・・・
えええええええっー。
なんでそんなメロドラマみたいなタイトルに‥。

359 :無名草子さん:2007/03/17(土) 09:03:27
MIRAは、ちょっと前の「首飾りもの」の3部作の最終話を読み終わったところ。
最後の話、前半の設定はわりと好きだったのだけど、ヒロインの度重なる嘘に
ちょっとうんざり。
そこまで、嘘つくことないだろうと思ったり…。
設定はすきだったんだけどな…。後半イマイチな展開でした。残念。

360 :無名草子さん:2007/03/18(日) 10:24:56
ナーン・ライアン「愛燃える平原」よかったあ〜。ネイティブ・アメリカンが
好きな人は必読。
気軽に一気読みできて、楽しめる最高のエンターテイメント・ロマンスです。
解説にもそう書いてありました。

361 :無名草子さん:2007/03/18(日) 11:04:59
魔法製作所、2冊買って、一気読みしちゃいました
おもしろい〜!!

一作目から買って読んでおけばよかったよ。でも、2冊まとめ読みも幸せでしたけど
世界観が上手く構築できてるし、純粋な読書の楽しみが久々に味わえました

キスだけでドキドキ・・・も新鮮でよかったなあ
この純情さ?を次巻以降も持続してもらいたいような気もするが、
現代NYなので無理かしらん。。。。
はぅ〜これは久々の大ヒットです。次回作が待ちきれない
今からまた読み返してこよう

362 :無名草子さん:2007/03/18(日) 13:34:07
魔法製作所が受けているように、「設定の変わった作品」をファンは待って
いるのかもしれないと思った。
クレイパス絶賛者が多いけれど、リージェンシーものはもう飽きたなあ。

そろそろヒストリカルでも変わった毛色のが、自分としては読みたい。
サスペンス調のリンダやビバリー・バートンもちょっと・・・。
ワンパターンすぎませんか?最近の翻訳・・・。

363 :無名草子さん:2007/03/18(日) 14:31:39
最近のロマンス系文庫の出版ラッシュは、20年前のハーレクイン系ロマンス新書
の一連の翻訳ラッシュを彷彿とさせます。
HQのほかに、サンリオ、日本メールオーダー社、講談社の文庫ロマンスなど
多種多彩な翻訳があったけれど、2〜3年であっという間にブームは去って、
残ったサンリオも90年代に出版から撤退。

このまま、昔のようにブームが去って、次々と撤退していくのが怖い…。

364 :無名草子さん:2007/03/18(日) 14:32:37
それで、10年後に「レア本」となってマニアにもてはやされるようになる…
その繰り返しwww

365 :無名草子さん:2007/03/18(日) 14:37:37
>>362
魔法製作所は厳密にはロマンスではないもんね。
ロマンスとして読んだら面白いのかな?とふと思ったり

でも確かにロマンスはちょっとワンパターンで食傷気味になってるのも事実。
かといってパラノーマルは読んでませんが



366 :無名草子さん:2007/03/18(日) 15:45:21
>>349
アメリカの西海岸へ行った時、Outlanderの最終話を本屋で立ち読みした。
分厚くてびっくりしたけど、クレア&ジェイミー、ブリアンナ&ロジャー
それぞれのラストで締めくくられていた。
最初から読んだらたぶん、感動的なラストだと思う。
でも、4年にまたがって翻訳出す計画は間違いだった。
毎年、定期的に出すのならまだ許せたけれど、最近、とんと音沙汰がない。
どうせ訳すのなら、最後まで責任持ってほしかったけれど…。
ヴィレッジさんは、出だしはいいんだけどいつも尻すぼみ。
ウッディウィスもなりもの入りで出したのに、どうなったことやら。
無責任です、ヴィレッジさん。

367 :無名草子さん:2007/03/18(日) 16:35:14
>毎年、定期的に出すのならまだ許せたけれど、最近、とんと音沙汰がない。

何年も放ったらかしなのかと勘違いしそうになったよ。
去年夏に出たんだからもうちょっと待ってみたら?

368 :無名草子さん:2007/03/18(日) 21:00:36
本当。アウトランダーはまだ定期的にでてる方だよね。
ファンにとってはそんな感覚になるんなんだろうけど。
ジョアナ・リンジーのマロリー家なんて、今夏までは出る予定
ナシ(出版社に確認した人の話)いつ出るか未定とのことで
1年以上待たされる・・・。


369 :無名草子さん:2007/03/18(日) 22:02:56
ジョアナ・リンジーはマロリー家も面白いけど、もっともっと面白い作品
いっぱい書いています。
中世ものもとてもいいし…。
ヴィレッジさん、なんとかして〜〜。

370 :無名草子さん:2007/03/18(日) 22:28:36
そんなときはライムブックスにお願いw

371 :無名草子さん:2007/03/19(月) 10:15:58
>>366
はやく読みたい気持ちはわかるけど、原作の読者は3巻から4巻まで3年、
4巻から5巻までは4年待たされたんだよ。
いまの翻訳ペースは立派なものだと思うけどなあ。

あと、売れなくなったら打ち切られるのはしょうがないし。
みんながちゃんと本屋で買うわけじゃないから。

372 :無名草子さん:2007/03/19(月) 10:23:07
>>371
原作ではそうでしょうけれど、日本で出版されたのは、最終巻が出ることが
ほぼわかっていてからの出版。4巻目までは出ていたでしょ?あの頃すでに。
だとしたら、6巻目までは、「毎年夏に出します」とかのお約束を作ってから
出すべき。
次のシリーズが、いつ翻訳されるのかわからないまま翻訳は出ないんじゃないか?
とファンにやきもきさせるのは不親切です。

待ちきれないファンは、もう5巻も6巻も買って読んでいるんですから…
翻訳を出すからには、責任持って出して欲しいと思うのです。
このまま、ガバルドンが打ち切りになるなんて事態にでもなったら…と
思うと、怒りが沸いてきます。
まあ、大丈夫だろうとは思っていますが、イヴ&ロークなんて出している
場合じゃないと思ってみたり…。

373 :無名草子さん:2007/03/19(月) 10:33:39
春なので一句…

「打ち切りに ならないように 頑張るどん」

374 :無名草子さん:2007/03/19(月) 10:59:19
シリーズ物はある程度コンスタントに出して欲しいな〜と思うけど、
某漫画のコミックス化ですっかり慣れてしまったので、あまり
期待せずに待つことにしているw
4月刊で楽しみな作品、何かあったっけ?


375 :無名草子さん:2007/03/19(月) 11:24:05
>>372
とりあえず編集部にお便り出して、予定を聞いてみては?
すこしはプレッシャーかけられるかも。

あと、「イヴ&ロークなんて出している場合じゃない」というのは、
J・D・ロブのファンに対して失礼ですよ。
ガバルドンに興味のない人もいっぱいいるんですから。

376 :無名草子さん:2007/03/19(月) 11:53:48
ヒーロー・ヒロイン固定の(長い)シリーズものは苦手。
アウトランダーもイヴ&ロークも何冊か読んで挫折しました。
ブコフの100円コーナーにあれば買ってますが
積読本の一部になってます。

377 :無名草子さん:2007/03/19(月) 11:54:35
>>375
すみません。でも、山○屋さんでも言っている人がいたので、そういう人が
多いのかと思ってつい…
人気あるんですか?イヴ&ローク…ロマンスファンで話題にならなくなって
随分たつんですけど…。

378 :無名草子さん:2007/03/19(月) 12:08:19
イヴ&ローク大好きです。
ノーラ名義のものはイマイチなんですが。
アウトランダーは一巻途中で挫折。
好みは人それぞれですね

379 :無名草子さん:2007/03/19(月) 12:19:27
>>377
イヴ&ローク好きです。新作に期待しています。
ガバルドンは時の旅人クレア1だけ読みました。
続きは読む気にはなりませんでした。興味ナッシング。
人気があるから続編を出すんじゃ人ですか?
打ち切りになったと決まったわけでもないのですから
まったり待てっはいかが。


380 :無名草子さん:2007/03/19(月) 18:36:10
来月のアイリス・ジョハンセンって、コンテンポラリーなんだろうか。
アイリスのコンテンポラリーって最近ロマンス色が薄いので買わないことにしてる。

ダイアナパーマー淡い輝きにゆれて、ヒーローがヒロインのバージンを
○びで、うばっててびっくり。 

381 :無名草子さん:2007/03/19(月) 20:19:36
アイリスの新刊、来月出るんだっけ?
ダイアナのヒストリカルがランダムハウスから出るけれど、
コンテンポラリーのとどっちが人気があるんだろうね。



382 :無名草子さん:2007/03/19(月) 21:29:53
イヴ&ローク、カップルとして残されているイベントっていったら
妊娠、浮気、離婚の三つですかね。
メイヴィスは大丈夫だろうけど、ピーボディ、ナディーンあたりの
カップル話は何度か出てくるだろうなぁ。
洋書が手に入るなら、辞書片手に未翻訳分に挑戦したいくらい
続きが気になっております。

E&Rはロマンス以外のサスペンスとか人間模様、なんちゃってSF部分も
バランスよく配置されていて、ちょっとした海外ドラマっぽい味付けが
イイ感じの作品だと思いますね。

383 :無名草子さん:2007/03/20(火) 06:11:26
>>377
こいつ出禁にして欲しい

384 :無名草子さん:2007/03/20(火) 07:25:18
>>383
まあまあ。過去スレで同じような話題(イブ&ローク飽きた、他の作品を出して
ほしい)で盛り上がってたこともあったじゃないですか。
377さんの発言につっかかることもないような気もしますよ。

私はロマンス小説にはまったのが昨年なので、イブ&ロークもアウトランダー
も既に何冊も出ていて、しかも邦訳の最後がいつ出るかわからないので、
手を出すかどうか迷っています。一度読み始めると、スレで何度となく
語られているように、いつ次が出るのかとやきもきしそうだし。

385 :無名草子さん:2007/03/20(火) 07:28:48
魔法製作所の3作目、密林でもう原書の表紙が見られますね
かわいい〜この表紙なら日本でも表紙にできそうだわ
早く読みたいな。一年も待たされないだろうと期待してるけど、どうだろ

386 :無名草子さん:2007/03/20(火) 07:39:48
>>385
見てきました。シャナ・スウェンドンってまだそんなに作品数はないん
ですね。日本でも人気みたいだし、うまく行けば、スピンオフが順番
どおりに出ないとか、おもしろそうな過去作がなかなか出ない、という
状況にはならないかも。創元推理さんにお願いしたいなぁ。

2作目は1作目よりおもしろかったし(1作目は設定紹介がメインだった
ので)、2作目の結末から3作目にどういう風に展開していくかが楽しみ。

387 :無名草子さん:2007/03/20(火) 10:14:33
>>386
微妙に名前が間違ってる‥。
「シャンナ・スウェンドソン」ですよー。

私もamazon覗いて来ました。
魔法でデビューと思っていたら、93年に『Love's Best Friend』ってありますね。
同姓同名の別人でなく、これがデビュー作なのかな。
シリーズ全表紙に、王冠をかぶったカエルがいるってことは、また例のエピソードが出るのかな。
それにしても本当に可愛いイラストで、そのまま日本版に使っても違和感ないですね。

388 :無名草子さん:2007/03/20(火) 14:30:59
イブ&ロークもアウトランダーもいい加減にしてほしいと思うのは私だけ?
ファンの方に悪いけれど、どちらか1冊出すたびにいい作家さんが訳されなく
なると思ってしまう…。
おかげで、ヴィレッジは今月買っていない。
イブ&ロークじゃなくて、他のヒストリカルとかだったらよかったのに…。
カレン・ロバーツとイブ&ロークじゃどちらも食指が動きません。

389 :無名草子さん:2007/03/20(火) 14:49:49
>>388
私も同じだ。ファンはそれぞれいるだろうけれど、
自分としては今月のヴィレッジは大ハズレ・・・。


390 :無名草子さん:2007/03/20(火) 15:01:13
>>388
でもね、イヴ&ロークやアウトランダーがベストセラーリストの上位に
くいこむほど売れているおかげで、ほかの作家の作品も出しやすく
なるんだと思いますよ。

ヴィレッジブックスが元気で出版をつづけてくれないと困るので、
ここは生暖かく見守りたいですね。

391 :無名草子さん:2007/03/20(火) 19:26:34
生暖かく…ね…。
まあ、我慢しなくちゃいけない時もあるか…。
今月はハズレばっかりでつまらないwww
買うのはどれもつまらないのばかり…。
人気のクレイパスですら読めない状態。50ページで投げ出しました。
ロマンス倦怠期なんだろうか?>自分

392 :無名草子さん:2007/03/20(火) 19:41:23
そこでスレ違いだが外国の名作ですよ
スタンダールの「赤と黒」とかロレンスの「チャタレイ夫人の恋人」とか。
オースティンとか。
私は雑食なもんで、体調や気分によって読むものが変わります。
疲れてぼーっとした時はハーレクインそれより元気があるときはロマンス
両方とも気がのらない時はハズレのない名作もの。
昔から残っている名作はさすがに残るだけあって面白い。

393 :386:2007/03/20(火) 20:03:14
>>387
わー恥ずかしー。ずっとシャナだと思ってた。

394 :391:2007/03/20(火) 20:22:30
>>392
おお、それは考えもつかなかった方法です。
名作ねえ…ひさしく読んでおりませんでした。
ちょっと試してみましょうか?うんうん。ありがとうございます。

395 :無名草子さん:2007/03/20(火) 20:38:23
オースティンはいいよな
長いけど
イギリスのドラマ版を観るという手もある
ケイト・ベッキンセールのエマとかコリン・ファースの高慢と偏見とか

396 :無名草子さん:2007/03/20(火) 21:04:11
>>387
『Love's Best Friend』これ、気になってるんですよ〜
どんな内容なんでしょうね。読んでみたいなー
かといって、原書に手を出す勇気はないし。創元推理さん、これも出してくれないかな
でも、ロマンスだったら無理か。軽めのコメディタッチのなら大丈夫かな

>>392
海外の名作。確かに(笑)
私も雑食なので、気分によって読みたいのはころころ変わりますね
オースティンは私も大好き。幸せな気分にさせてくれるし。
ロマンスとはまた違う幸福感が味わえる
ってか、ロマンスは恐らく自分の中ではストレス解消の手段なんだな
我ながら書いててとほほだけど
魔法製作所は、自分の中のロマンス読み以外の部分も刺激されて楽しかった

397 :無名草子さん:2007/03/20(火) 23:13:17
自分も今月はロマンス本は3冊しか読んでいません。
で、ダフネ・デュ・モーリアの「ジャマイカイン」を久しぶりに再読してみました。
訳が昔風ではじめはだるかったんですが、途中からのサスペンスの盛り上がりは
さすがで読み応えがありました。
ただ邦題が「埋もれた青春」なのをすっかり忘れていて密林でうろうろして
しまいました。
>海外の名作
ロマンスノベルの元祖(?)リチャードソンの「パミラ」などはいかがでしょうか。
一応美徳の勝利という副題ですが、美貌のヒロインがご主人様の甥にせまられて
あわやという場面などなかなか楽しめます。

398 :無名草子さん:2007/03/21(水) 14:01:48
同じならゲットしやすい本を教えて欲しいです。。。

399 :無名草子さん:2007/03/21(水) 14:47:33
>>398
海外の名作でってこと?
>>397さんの挙げてる本は、確かに大きめの図書館にしかなさそうだからなあ
普通に買える本ってことでしょうか?
オースティンは文庫になっているのも多いですよ。普通に売ってます

400 :無名草子さん:2007/03/21(水) 15:31:59
>>398
確かにそうですね。ごめんなさい。
昔の小説が好きなんですが、絶版になっていたり中古でも値段が恐ろしく
高かったりするんですよね。
>>399さんの言うように「パミラ」は図書館には置いてあるところも多いと
思いますのでリクエストかけて見てください。
書簡体なのでちょっと読みにくいかもしれません。
重度の活字中毒の方におススメです。
サドの「悪徳の栄え」がアンチパミラとして書かれたということを最近知りました。

オースティン、大好きな「ノーサンガー・アベイ」がもう品切れになっていますね。
最近は文庫でも油断がならないので、気になる本は見つけたら買っておいたほうが
安心ですね。

401 :無名草子さん:2007/03/21(水) 16:18:34
392です。パメラおもしろそうですね!読んでみよう。
オースティンでノーサンガアベイだけ読んでないわorz
本当あっという間に品切れに。私の好きな「アルトハイデルベルク」も手に入れようと思ったら品切れorz
名作のロマンスもので一番好きなのはジェインエアです。

402 :無名草子さん:2007/03/21(水) 20:40:31
ヒギンズの「鷲は舞い降りた」や「死にゆく者への祈り」は
ロマンス扱いしちゃ駄目なのかなー。
どっちも男性の登場人物がかなりカッコイイし、女性キャラとの
絡み方が面白いんだけど…

403 :無名草子さん:2007/03/21(水) 22:29:47
>>402
ヒギンズ、なつかしい。アリステア・マクリーンとかも好きだったな。
海外クラシックシリーズ
ジョルジュ・サンド「愛の妖精」、すごく感動した覚えが…。
これなら岩波文庫ですぐ買えます。

404 :無名草子さん:2007/03/21(水) 22:46:37
愛の妖精、なつかしい!私も大好きです。
シュトルムの「みずうみ」はどうでしょう。せつなくて泣いたわ。

405 :無名草子さん:2007/03/21(水) 23:38:18
愛の妖精、私も大好きだった。
中古で違う出版社のを手に入れて読んだけど
岩波の訳のほうが良かった気がします。

406 :無名草子さん:2007/03/21(水) 23:45:57
>>402
そうなるとケン・フォレットも微妙にロマンスではないかと。

407 :無名草子さん:2007/03/22(木) 00:48:51
>>402
ヒギンズなら「復讐者の帰還」や「ラスカナイの要塞」とかも
つうかヒギンズの作品はほとんどロマンスがあると思う
映像化作品もそんなんばっかりだったし

スパイ小説でいうなら「スパイは異邦に眠る」とかも愛がテーマだった

408 :無名草子さん:2007/03/22(木) 08:15:49
これも絶版で申し訳ないんだけれど、特におすすめなのをひとつ。
M・M・ケイの「キプロスに死す」(ハヤカワミステリ文庫)
ぞくぞくするようなサスペンスとロマンスが絶妙です。
前にアン・ハンプソンだかベティ・ニールズだかの作品で、主人公同士が
好きな作家に彼女をあげていて、にんまりしたことがあります。
クリスティのロマンティックな作品とデュ・モーリアを足して割ったような
作風です。
中古で安く買えるみたいです。


409 :無名草子さん:2007/03/22(木) 12:04:25
「ケニアに死す」は?

410 :無名草子さん:2007/03/22(木) 14:45:46
「ケニヤに死す」もいいですよ。
よりサスペンス風味が強いかも。
彼女は雰囲気を盛り上げるのがとても巧みなので、読んでいると本当に
背筋が冷たくなってぞくぞく〜っとするんです。
他にも何冊か書いているんですが、この2冊しか翻訳されなかったのが残念です。

411 :無名草子さん:2007/03/22(木) 18:50:21
流れ切ります。
Justin Timberlakeの新曲「What Goes Around〜」のPVで、
スカーレット・ヨハンセンがプールに落ちて、そのまま漂っていると、
ジャスティンが怒って飛び込んで来るシーンがあるんですが、
それがブロックマン『緑の迷路の果てに』の1シーンみたいだなぁ‥と眺めてます。

412 :無名草子さん:2007/03/23(金) 07:38:50
MIRAの4月刊、再版はどれですか?
サンドラだけ?

413 :無名草子さん:2007/03/23(金) 19:18:45
>412
サンドラの「哀しみの雨」再版ですね。
マロリー・ラッシュ「楽園の闇に抱かれて」は、旧タイトル「ラブ・プレイ」です。


414 :無名草子さん:2007/03/23(金) 19:43:33
>>413
ありがとうございます。
改題はやめて欲しいですね。
間違って買っちゃうってメールしたんだけど効果なしですね。

415 :無名草子さん:2007/03/23(金) 19:48:54
>>414
それって「売り上げ伸びるんだな!」と思われ、社内推奨かもよ、改題文庫化。

416 :無名草子さん:2007/03/23(金) 23:45:42
>>415
そうかも。失敗だね。

417 :無名草子さん:2007/03/24(土) 00:15:53
このスレで評判の良かったケリー・アームストロング『わたしを愛した狼』を読んでいるんですが‥。
うーん、微妙に読みにくい。
ヒロインの一人称描写のせいかな。
クレイの描写とか設定はなかなかグッとくるだけに、惜しい!って感じ。
上巻を読むのに随分時間がかかってしまった。
これから下巻突入。

418 :無名草子さん:2007/03/26(月) 17:13:29
417です。
何か過疎ってますね。
ってことで、ケリー・アームストロング『わたしを愛した狼』読了。
やっぱり惜しかった。
面白いとこも多かっただけに勿体ない。
肉食嗜好の人には良いかもしれないが、似非ベジタリアンの私にはちょっと‥な描写も多かったです。

419 :無名草子さん:2007/03/26(月) 18:14:28
今日本屋でイヴ&ロークの最新巻発見!即ゲトしてきました。
このシリーズは定期的に出てるので人気があるのかな?
かくいう私もファンですが。
米ではかなり先まで出てますよね。

420 :無名草子さん:2007/03/27(火) 04:12:08
明らかにスレチだが去年のBBCのジェーン・エアが凄くよかった。
台詞に相反してロチェスターの中の人は普通に美形だった

んでそれと同時に放送されてた歴代ロマンス小説の比較検証ドキュメンタリー↓
http://www.bbc.co.uk/bbcfour/documentaries/features/romantic-fiction.shtml
が物凄く面白そうなんだけどどっかにフルで落ちてないかなあ・・・
ダーシー、ロチェスター、ヒースクリフ、レットバトラーのヒーロー比較とかかなり楽しそうなんだが

421 :無名草子さん:2007/03/27(火) 10:29:04
>417
私も読んでみたけど、読みにくかったですね。
設定は惹きつけるものがあっただけに、訳が悪いのが何なのか
読了までにすごく時間がかかりました。
意地で読み終えた感があり、ワクワクドキドキできなくて残念でした。

422 :無名草子さん:2007/03/27(火) 18:03:10
>>421
>意地で読み終えた感があり
417です。
私も、意地で読みました。
本当に惜しい、ヒーローの設定はわんこで良いのに。
ヒロインの一人称語りだけど、その語り口がノリきれないとゆーか。
あとヒロインの感情表現が、ヒロイン視点なのに抑えめとゆーか、やせ我慢っぽいのがなぁ‥。
性格ゆえとはいえ、そういうとこも読者が感情移入しにくかったとこかもしれない。

423 :無名草子さん:2007/03/27(火) 19:55:41
ちょっと気が早いけど、今月の二見新刊を読んだ方、感想希望〜。

424 :無名草子さん:2007/03/27(火) 21:18:58
ランダムのダイアナパーマーっていつ頃でるのか知ってますか?

425 :読後感:2007/03/29(木) 01:16:53
「聖書の絵師」ブレンダ・リックマン・ヴァントリーズ(新潮社)

14世紀イギリスが舞台。宗教対立を背景に、彩飾師の男と
その美しい娘、そして彼らを寄宿させることになった女領主、
更に彼女の相反する性格を持つ二人の息子等が織りなす
ヒストリカルロマンス。

中々の読み応え。ただそう甘くはないので注意。ハードカバーが残念。

426 :無名草子さん:2007/03/29(木) 08:03:27
>>425

面白そうだけど、甘くないってどれくらい?
ちょっと、精神的に弱ってるのでバッドエンドだと、ちょっとしんどい。


427 :読後感:2007/03/29(木) 10:00:00
>>426
微かに希望が残るという感じかな。
決定的なバッドエンドではないけど明るい気持ちになりたい時には
お薦めしない。

428 :無名草子さん:2007/03/29(木) 13:27:54
>>424サン
講談社の「金色の砂塵の向こうに」ダイアナ・パーマー
は3月30日発売のようです。
密林でもbk1でもおとりよせ表記で購入は無理みたいですねえ。
発売日の明日待ちですね!たのしみだぁ☆
一緒にクレオ・コイルの「コクと深みの名推理1 名探偵コーヒーの入れ方」の
第二弾「事件の後はカプチーノ」が出るんですよ〜。
読んでいるうちに無性にコーヒーが飲みたくなる本ですw
ヒロインにからんでコーヒーショップのマダムや元ダンナ、刑事さんがなかなかいい味出してますよ!
お菓子探偵ハンナのシリーズもそうだけど、本の中に出てくるお菓子や飲み物って描写がうまいほど
読んでいるうちに香りも漂うような・・・夜中に読むとおなかが減って困るww

429 :無名草子さん:2007/03/29(木) 16:26:17
>>427

>明るい気持ちになりたい時には お薦めしない。

今はやめときます。
ちょっと落ち着いたら、また読んでみます。
ありがとう。



430 :無名草子さん:2007/03/29(木) 21:48:24
5日刊の案内が来ましたね。

イマージュはほとんど手を出していないので、買ってみようかな。
あらすじで買おうかと思ったのは、スーザン・メイアー「記憶のなか
の愛」(記憶喪失ものが好きなので)とレベッカ・ウインターズ
「きみに捧げる祈り」(聖職がらみの障害が初めてなので)。
当たりだといいなぁ。

431 :無名草子さん:2007/03/29(木) 22:37:56
私がロマンスを読むのは最後がハッピーエンドとわかっているからストレス解消のためかなぁ。
だからハッピーエンドでも途中あまりにも悲惨だといやん。
キャンディスキャンプの素足の伯爵夫人がそういう点でよかった。
こういう傾向のロマンスでお勧めありますか?
ちなみにロマンス読むのも精神的に疲れるときは、ハーレ、
もっと疲れてる時は少女小説(赤毛のアンとか、秘密の花園とか)に走りますW

432 :無名草子さん:2007/03/30(金) 05:37:27
>>430
おっと、誤爆失礼しました

433 :無名草子さん:2007/03/30(金) 20:40:02
最近、ロマンス倦怠期だったんですが、キャサリン・アンダーソンの「あなたに
会えたから」を読んでちょっと抜け出しました。
心が温まるようなそんなお話。春のこの季節にぴったりの作品でした。

434 :無名草子さん:2007/03/30(金) 22:22:28
ダイアナの新刊文庫出てましたよ。

435 :無名草子さん:2007/03/31(土) 00:59:15
私が今日行った書店では、来週月曜日ってことでしたが…そうですか、もう
出ていたのですね。まあ、あわてずともいずれ手には入りますから、ゆっくりっと…

436 :無名草子さん:2007/03/31(土) 01:04:05
>>435
一応4月刊行扱いだからね。
都内の早いとこやbk1では売ってるけど、7&Yではまだupされてなかった。

437 :無名草子さん:2007/03/31(土) 09:51:28
>433
確かに面白かったんだが、シリーズの6作目なんだよな…
作中登場カップルの話も読みたいと思います。

438 :無名草子さん:2007/03/31(土) 10:02:02
「キャサリン・アンダーソン」を検索かけてみたけど、1冊しか返ってこなかった。
しかも十年以上前の作品でハーレ。
文庫で何か出ているのか?と書名で検索したら「C.アンダーソン」‥。
二見!見つけにくいじゃないか。
でも面白そうなので、図書館に蔵書されるのを待とうっと。

439 :無名草子さん:2007/03/31(土) 10:52:30
>>437
シリーズ6作目ですけど、この1冊でも十分楽しめましたよ。
長男の話が読みたいっ!

440 :無名草子さん:2007/03/31(土) 17:22:39
ダイアナの新作。
近くの書店だと3日入荷だったから
予約ができたネット通販にお願い
していたら、出版社品切れでお取り扱い
できませんのメールが…
友達も入荷できませんでしたとメールが
あったそうで、仕方なく書店に取り置きを
お願いしてきたそう。
e-本!予約受け付けるなら、出版元と
ちゃんと話つけといてよね!
それにしても、こんなの初めてだった。


441 :無名草子さん:2007/03/31(土) 18:20:58
>>440
うわ〜、悲しいですね。
私も今日本屋に行って入荷無しだったので
日曜日に入荷はない!どうせ週明けになるなら、と思って、
bk1で頼みました。bk1なら24h出荷可能でしたよ。
さらに250円で宅配便にして万全の体制。
本屋に再度足を運ぶよりいいかな?と思って。
e本使えネェーーーッ!何のための予約だよ!
心中お察しします・・・。早く読めるといいですね。

442 :無名草子さん:2007/03/31(土) 18:54:26
>>441
なぐさめてくれてありがとう。
念の為にe本で注文できるか調べてみたら在庫有になっていたw
予約受付の意味って何?って感じ。

書店に取り置きを頼みに行った友達が一緒に頼んでくれたので、
楽しみに待ってます。
その前に此処で話題になっていたスーザンの「幻想を求めて」を
たまたま見つけたので、休日中に読みふける予定です。>440

443 :無名草子さん:2007/03/31(土) 19:25:07
私も近くの本屋(HQは都内と同じ日に置いてある)はいつも一番早いのですが、
ランダムハウス講談社だけは、なんだか入荷が遅いので今回もbk1で頼みました。
なんでだろう?と思うんだけど、ランダムハウス講談社だけ遅いんですよね。
ヴィレッジもMIRAも発売日前に入荷しているのに。
問屋さん絡みだと書店の人は言っていましたけど。不思議。

444 :無名草子さん:2007/03/31(土) 20:03:17
>>438
二見のサイトでは、作者名を入れるのを忘れたらしく、
書名『あなたに会えたから』しか載っていないってゆー。

445 :無名草子さん:2007/04/01(日) 09:52:53
前スレで評判の良かった、ジュリー・ガーウッド『精霊の愛したプリンセス』をよくやく読了。
序盤はややもたついているかな、と思いながらも読み出せば結構一気に読んでしまいました。
ヴィレッジから出ているアマンダ・クイック作品が好きな人には楽しめる一冊じゃないかと。
ただ読了したのち、内容を振り返ると、こんなにページ数が必要??とも思ってしまいました。

図書館で検索したら、過去邦訳本も全て蔵書していたので、これから順番に読むことにしました。
嬉しい。

446 :無名草子さん:2007/04/01(日) 09:58:36
チェリー・アデア『砂漠に咲く花』読了。
序盤のアイタタタなエピソードは、中盤以降それほど引きずらないものの‥微妙な出来だと思った。
ヒーローが、カッコ良いハズなんだけど‥、間違いなく書いてあることはカッコ良いんだが‥。
カメラマンという設定ゆえ、女性の服装・メイクに細かいのも仕方ないだろうけど、
『ヘルファイア・クラブ』の壊人ディック・ダートを連想してしまった時点で、私の負けでした。

アデア得意の肉体的に痛い描写も満載で、今となると一作目「隠れ家」が一番読みやすかった気がします。
でも続きが出たら、読んじゃうと思う。

447 :無名草子さん:2007/04/01(日) 12:47:49
>>446
わははは。さらに、ヒロインが超人的能力を持ってるので、相対的に
ヒーローのかっこよさが低くなっちゃうんですよね。

448 :無名草子さん:2007/04/02(月) 00:35:39
ダイアナの新刊、届きました。
期待できそうな感じです。これから読み始めます〜。

449 :無名草子さん:2007/04/02(月) 11:38:06
評判がいいようなので「あなたに会えたから」読んでみました
ヒロインが本当にかわいい女性です
泣いちゃうヒーローもよかったし
最近ハーレばかりだったので分厚さに躊躇したけど本当に読んでよかったです

450 :無名草子さん:2007/04/02(月) 14:10:46
ダイアナの新刊まだ未入荷・・・。
>>443さん
の言うとおり、ランダムハウスは遅い!
しょぼぼーーーん。


451 :無名草子さん:2007/04/02(月) 15:54:12
>>450さん、本当に。もう待てなくて、だからbk1にした私。
なぜなんでしょう?流通に問題があるのかしら?

452 :無名草子さん:2007/04/02(月) 16:15:57
キャサリン・アンダーソン、原書で何冊か読んでて
この人の邦訳はいつ出るんだろうとずっと思っていた。
今回『あなたに会えたから』(原題:My Sunshine)で
初お目見目なのがちょっと意外だった。
でもせっかくだから邦訳の方も読んでみようかな。



453 :無名草子さん:2007/04/02(月) 16:58:08
学生時代に某大手書店でバイトしてたんだけど出版界で一番エライのは取次という名の流通さま。
書店側が「この新刊売れそうだから○冊欲しい」と依頼しても、プラス割り当て分をくれなかったりする。

行きつけの店がどこの取次使っているか、品出ししているところでも盗み見て調べてみるといいかも。
ダンボールに「日版」とか「トーハン」とか書いてあるはず。伯仲しているけど業界最大手は「日」のほう。
取扱量にもよるけど、ある程度の規模の店だと取次からの入荷は日に複数回ある。

もちろん、複数の取次と取引している書店もあるから一概には言えないけど、入荷の遅い早いは
地域差よりも取次がどこか、どれくらいの取引量があるか(=入荷便の本数)のほうが大きい。

こちら都下在だけど、ランダムハウス31日の夕方便で入ったみたい。
昼間はなかったのに夕方18時に店頭に並んでた。


454 :441です。:2007/04/02(月) 17:11:03
ダイアナの新刊、30日に出るとランダムハウス講談社のサイトにあったので、
30日にロマンス本の取り扱いが充実している書店へGO!!
でも、置いてなかった・・・。
31日午前中にリトライ!!でも無かった・・・しょうがない諦めるか・・・。
ということで先に441で書いたように31日昼頃bk1で注文、
宅急便なら早いかも?!と¥250追加して宅急便扱い。いいな〜都内ならTODAYサービス・・・。
4月2日本日10時には職場指定で到着!
仕事の都合で外出したので、30,31日に見に行った本屋でチェックしてみるも、
未だ未入荷・・・。
そこの本屋はトーハンと日版のMIXらしい。よく品だしを見ているので。
ちなみに甲信越地方です。東京からの流通が悪いとは思えません。
ランダムハウスのみ今度からbk1にします。
一番早いかも。
でもメール便じゃ遅いんだよねwww

455 :無名草子さん:2007/04/02(月) 18:49:38
bk1は宅配便とメール便が選べていいよね。
だけど、宅配便は指定先に受取人がいないとお持ち帰りに
なってしまうし、自宅で受け取りなので、都合に合わせて
メール便にしちゃうことが多い。
地方だけど、宅配とメール便はたいてい一日違いが多いので
ま、いいかってことでw

>>453
いつも利用している両隣の書店2軒がトーハンと日版で
競ってる(大手の書店)。
確かに日版で仕入れしている書店の方が入荷数といい、
取り扱いの種類が多いよ。
これを機会に、日版から仕入れしている書店をメインで
利用します。


456 :無名草子さん:2007/04/02(月) 20:03:26
うちの近所には、都内でも最大手の○善だってあるし、都内大手の書店がいくつか
あるのに、それでも入荷なし…。
他の文庫は大概、発売日の2日前には出ているのに…。
でもよく考えると、二見、扶桑社はややおくれがち。でもってランダムハウスに
至っては、発売日夕方が通常。
やっぱり流通の影響なんですね。
情報ありがとうございました。

457 :無名草子さん:2007/04/02(月) 21:25:56
名古屋ですが、1日にランダムハウス買えました。
土曜日は見に行ってないけど、金曜勇んで買いに行ったら、なくてがっくし。
日曜日に入荷はないと思うので、土曜日に並んでたのかな〜

今まで、地域差ではなく、書店差が気になってましたが、取次の差なんですね
勉強になりました。

458 :無名草子さん:2007/04/03(火) 01:08:47
中部の県庁所在地の丸善でしたが、1日に電話確認したら
20冊入荷してるって言われました。
(31日は忘れてたので、未確認だけどたぶん31日の土曜に入ってたんでしょうね)
1日にお店に行ったときは、もう6冊くらいしかありませんでした。

459 :434:2007/04/03(火) 07:51:16
○祥寺駅ビル2階の書店です。文庫は早いですが売り切れるのも早い!

460 :453:2007/04/03(火) 16:51:45
あ゛ー、書いちゃったのね…
昔のことだから今どうなってるかは知らないし、実際に明文化されていたかどうかも聞いてないけど…

読者が一刻も早く読みたいのと同様、書店側も一刻も早く売りたいんだよね、本当は。
だから書店が「発売日の開店時刻には新刊を並べられる」ように、配本できるものは事前に、
通常は発売予定日の前日最終便で配本があったのよ、あくまでも取次の都合で決まるんだけどね。
ただし、発売(予定)日前には販売しない旨の協定があって、違反が発覚すると配本減らされたり、
遅らされたり、手数料引上げられたり、最悪の場合、取引停止になっちゃう。

だから、この協定の扱いについてはもの凄く厳しかった。特にバイト先は都内の店だったので取次の
監視の目も届きやすいから、と、雑誌やコミック・文庫などは入荷済みの商品については発売日前夜に
台車に載せてスタンバイ。翌朝、開店直前に倉庫から大急ぎで棚へ商品を移動、ってな具合だった。

バイトも含めて店員は給料天引きで店内在庫を裏口購入できたんだけど、自宅で開封と厳命されてた。
絶対にヒトサマに見つかっちゃいけないと、そりゃもう、厳しかった。
早く買えても帰宅途中の車中では読めないというジレンマを大いに味わいましたよ。

だからまー、ある意味正しいと思う >書店差

そろそろスレ違いなのでこの辺で。名無しに戻って10日刊の果物・果実をマッタリ待ちます。


461 :無名草子さん:2007/04/03(火) 19:34:35
探している本があるのですが、ご存知の方いませんか?

ヒロインは元モデルで事件に巻き込まれ失業状態で母親の下に戻る。
ヒロイン母は名家のメイドでそこの娘とは親友だけど、息子である
ヒーローとは惹かれ合いながらも犬猿の仲。
ヒロインは中古の店を親友とその従姉妹で買い取りリサイクル店を
開き、弁護士でありホテル経営者でもあるヒーローの手助けもあり
成功してお互いに惹かれ合っている事を再確認でめでたしめでたし。
ヒーロー妹のロマンスとその従姉妹のロマンスの話がその後に続く。
10年くらい前に図書館で借り出して読んだきりなのですが、もう一度
読みたくなりました。
題名などご存知の方がいれば教えてくださいませ。
ちなみにヒーロー妹は最悪な夫と離婚して娘を引き取り、従姉妹は
会社をクビ?になりそれぞれヒーローと出会います。

462 :無名草子さん:2007/04/03(火) 19:56:37
>>461
>ヒロインは元モデルでーというのが
マーゴの新しい夢―ドリーム・トリロジー1  

>従姉妹は会社をクビ?になりーというのが
ケイトが見つけた真実―ドリーム・トリロジー〈2〉

>ヒーロー妹は最悪な夫と離婚してーというのが
ローラが選んだ生き方―ドリーム・トリロジー〈3〉

以上、ノーラ・ロバーツ 扶桑社ロマンスからでています。
確かに、図書館で置いてあるところが多いですよね。

463 :無名草子さん:2007/04/03(火) 20:28:19
>>462
早々と答えてくれてありがとです。
ロマンス作品にのめり込んだキッカケ本のひとつなのに
題名も作者名もすっかり忘れていたので助かりました。
早速取り寄せの旅に出ます。
ここの住人さんは頼りになってありがたいです。

D・パーマーのランダムハウス本、今日書店に行ったら
やっと並んでいたので早速読み始めます。
ハーレーの方は今ひとつだったのが残念でしたが、こっちは
どうなんだろう。
@461

464 :無名草子さん:2007/04/03(火) 21:28:32
10日にでるエロイザ・ジェームズってシリーズの二番目のものらしいですね。
しかもスピンオフが10冊もありました。
もう全部は読めないですよね。
原書読める人がうらやましい


465 :無名草子さん:2007/04/04(水) 10:10:47
>>464
このシリーズ4作揃えて読んでみました。
姉妹、兄弟ものが好きなのでとても期待していたんですが…。
う〜ん、もうこの作家さんのものは読まないかも。

466 :無名草子さん:2007/04/04(水) 15:54:41
>>465

ネタばれにならない程度に教えて下さい。m(__)m

467 :無名草子さん:2007/04/04(水) 18:09:46
>466
ググると原書で読んでいる人のレビューが引っかかると思う。
2ちゃんにリンクは張れないけど。

468 :無名草子さん:2007/04/04(水) 18:35:18
>>466
設定などはなかなか面白いんですけど、なぜか読んでいていらいらしてしまって。
何人かの話が同時進行で進むために、主役のロマンスに集中できなかったのが
大きかったかも。
作者はインテリさんらしくシェイクスピアの引用などが多くあるのも、無教養な
自分にはちょっぴりうるさく感じました。
もちろん、あくまでも個人的な感想ですので面白いと思う方も多いと思います。
筆力のある作家さんであることは確かですので。(4作目は結構好みでした。)

でもなぜ、このシリーズを2作目から出すのでしょうね。四夜連続のドラマを
2回目から見るようなものだと思うんですけど。

469 :無名草子さん:2007/04/04(水) 19:55:49
>>468
日本のロマンス小説出版界では、
「途中から出せ!読者の気を惹かせろ!」ってのがデフォなのかもしれません。

470 :無名草子さん:2007/04/04(水) 20:24:22
リージェンシーものの翻訳ばっかりで、ちょっと食傷気味。
最近では、原書では違うの読んでいます。
エロイザ・ジェームズもどうせリージェンシーでしょうね。
人気あるんですね、リージェンシー。なぜかしら?
ジェーン・オースティンのせい?

471 :無名草子さん:2007/04/04(水) 22:14:08
リージェンシーとヒストリカルの違いがわかりません。
どなたか教えて!

472 :無名草子さん:2007/04/04(水) 23:02:15
英米のロマンス作家にはオースティンヲタとかいっぱいいるとオモ

473 :無名草子さん:2007/04/04(水) 23:51:24
>>471
19世紀初め、時の皇太子、後のジョージ4世が摂政になって、国王代理をした
1811年から1820年、この時代を“the Regency”と呼びます。

ヒストリカルでは、この時代が特に人気があって、「リージェンシーもの」と
呼んでいます。
ただ、あまりに発行数が多すぎるのでやや辟易しがれがちです。



474 :473:2007/04/04(水) 23:56:57
ほかに、「中世もの(騎士の話)」「バイキングもの」「エリザベス朝もの
(エリザベス一世の時代)」が日本では訳されています。
が、アメリカではもっと細かい時代区分があって、

「古代ギリシャ・ローマもの」「ノルマン征服(1066年)以前の英国もの」
「清教徒革命期もの(17世紀)」「フランス革命期もの」などがあります。

日本ではどれも訳されている数が極端に少ない時代ですがあちらではけっこう
あります。ちなみに、アメリカ本土での今月のヒストリカルの新刊は古代ローマものが1作あります。
半年ごとにこの時代のものは訳されている様子。

475 :473:2007/04/04(水) 23:58:15
すみません、訂正。
>訳されている×→出版されている○
です。

476 :471:2007/04/05(木) 01:30:13
>>473
詳しい説明をどうもありがとうございます。
その時代が舞台の話がリージェンシーというんですね。
たった10年の間なのに他の時代にくらべてどこがそんなに魅力的だったのでしょう。
その時代に(作者の方々が)特にこだわる理由が純日本産の私にはさっぱりわかりません。。


477 :無名草子さん:2007/04/05(木) 10:05:45
華麗で享楽的な文化が花開いた、この時代の特性は「快楽の王子」と呼ばれた
摂生皇太子のキャラクターに負うものが大きいと思います。
ダンディズムの発生もこの時期です。

オースティンは確かに摂政時代の人でロマンス(結婚)を主要なテーマの
一つにした文学作品を書いていますが、エンターテイメントとしての
いわゆるリージェンシーロマンスというジャンルを確立したのは
ジョーゼット・へイヤー(Georgette Heyer)ではないでしょうか。
現代のロマンス作家にも少なからず影響を与えているようです。

彼女の作品が早く日本でも翻訳されるといいな、と願っています。
リージェンシーものだけでなく初期の冒険歴史ロマンスもとても面白いです。
(以前ここでも話題になった紅はこべのような作品もあります。)

478 :無名草子さん:2007/04/05(木) 19:19:19
>>477ではありませんが、付け加え。
この時代には、有名な詩人バイロンやシェリーが活躍していた時代でもあります。
文学的に見ても、社交界やサロンを中心に詩などがもてはやされました。
そんな社交界が華やかなりし時代。
毎夜繰り広げられるパーティで、貴族文化が花開いていました。
この時代の女性は、エンパイヤドレスと言われるハイウェスト切り替えのネグリジェの
ような薄い布地のドレスを着ていて、寒い英国の冬でも半袖だったりして、風邪で
命を落とす若い女性が後を絶えなかったと言われています。
今年、流行中のハイウェスト切り替えのワンピースなどは、この時代の衣装の名残とも
言えますね。


479 :478:2007/04/05(木) 19:22:02
エンパイヤドレス>「エンパイヤ」とは皇帝の意味。フランス皇帝ナポレオンが
古代ギリシャ・ローマ風のドレスを好んで女性にこういったドレスが流行しました。
それで、この名前がつきました。
その後、1830年代に入ると、また昔のように膨らませたスカートが流行します。

480 :無名草子さん:2007/04/06(金) 18:12:18
リサ・マリー・ライス『真夜中の男』
本当に破壊力満点の一作でしたw。
考えて考えて、色々シミュレーションしてみるものの、
結局下半身の命令優先で、全てがドーン!ってヒーロー‥。
マッケナ『そのドアの向こうで』のヒーローと同類ではないかと。
頁数も300頁強という一気読み可能な厚さで、これはこれで内容に伴ったボリュームだなぁ、と。
あまりにもサブキャラの片づけ方がアッサリなのにはビックリしましたが。
こういう作品の需要って確かにあるから、続刊希望。
あー、笑った笑った、楽しんだ。

最後に、>>123さんに同意。

481 :無名草子さん:2007/04/06(金) 20:11:20
>考えて考えて、色々シミュレーションしてみるものの、
結局下半身の命令優先で、全てがドーン!ってヒーロー‥。

昔は、この手の「種馬ヒーロー」はリンダ・ハワードの十八番だったのに…
最近では…
…残念!。
甦れ!リンダの種馬!。。。無理だろうなあ。。。

482 :471:2007/04/06(金) 20:42:46
>>477>>478
皆さんとてもお詳しいですね。
原書で読めるんですねうらやましーです。
ジョーゼット・へイヤー読んでみたいです。
ロマ本歴浅いですがヒストリカルは面白いですね。

483 :無名草子さん:2007/04/06(金) 21:36:43
>>471さん
Georgette Heyer(1902?-1974)は、リージェンシー時代に生きた
ジェーン・オースティンとは違って、
英文学的に古典というほどの作家さんではありませんので、
ご注意下さい。20世紀のれっきとした近代英国の作家さんです。
レベッカ」のデュ・モーリアとかと同時代の作家さん。
英文学的には、評価の対象外なところが、ジェーン・オースティンとは
違います。格調高い文学作品ではありません。
まあ、「元祖ロマンス作家」といえばいいかもしれませんね。


484 :無名草子さん:2007/04/06(金) 22:55:03
リンダってさぁ‥、
最近は新刊の帯に「リンダ・ハワード絶賛」って惹句ばかりが目立って、本職の方が物足りない。
書評家になったのかっ?と小一時間‥

485 :無名草子さん:2007/04/07(土) 00:45:37
>>考えて考えて、色々シミュレーションしてみるものの、
結局下半身の命令優先で、全てがドーン!ってヒーロー‥。

で思い出したのは、リンダのダンカン。
最初はおとなしく新妻を気遣って、1日1回で我慢していた。
でも、ある時を境にたがが外れて、激しく種馬になってしまう!
こういう種馬ヒーローは、一晩に数回可能。
実際には、ありえないよな〜そんな精力絶倫種馬君…なんて思いながら
読んでいたけど…。
あちらでは、こういうヒーローみたいな男性がいるのだろうか?と
思ってみたり…いや…独り言です。

486 :無名草子さん:2007/04/07(土) 09:38:19
自分はあまり詳しくはないのですが、ロマンス小説の元祖といえばミネルヴァ・プレス
ということになるのでしょうか。
(ヒストリカルのヒロインがこの出版社の本に読みふけっているシーンをたまにみかけます。)

18世紀末から19世紀にかけて30年間で800冊以上(!)のロマンス小説をはじめとする
娯楽読み物が出版されたそうです。
インテリからは、いつもハッピーエンドのありきたりなロマンス、女性読者向きの、
知的でないご馳走、と相手にされなかったそうですが、女性達の支持を得て
当時の貸し本屋(本が高かったので借りて読むことが多かった)の隆盛に一役買い
小説の読者層を広げたそうです。
 
200年以上前からハーレクイン(の原型)が女性達に楽しまれてきたんですね。
ミネルヴァ・プレスの本を読んでみたいけれど、今手に入れるのは難しいかな。
ミネルヴァ・プレスについて書かれた本でお薦めのものがあったら教えてください。

487 :無名草子さん:2007/04/07(土) 09:47:38
>>485
>男性がいるのだろうか?
なかなかいないじゃない?
いないから、ロマンス小説のヒーローになるわけで。
実際こいつは、やりだしたら抜かずの‥ばっかりだったし。
一人妄想Hでも元気いっぱいだったし‥w。

うろ覚えだけど、冒頭数頁で「いつ口を閉じるか」的表現が出て来たと思うんだけど、
私も読み始めると、大きなカバがパカーッと口を開けて待ちかまえているシチュを思い描いてしまいました。
で、ヒロインがフラフラと足を踏み込んでしまって、いつ「パクン」って閉じちゃうかなぁって‥w。

最近ではルーシー・モンロー『その腕のなかで』も結構種馬って思ったけど、
今作『真夜中の男』はその上をいっていた気がします。
ヒロインがそれほど積極的(経験値も低く)でなく、ヒーローに引きずられていっちゃうとこも面白かった。
リンダのヒロインは、経験値は低くてももう少ししっかりしているかな。

表現が確かに直接的で、まぁどちらかというと下世話ではあるし、
ストーリーもとってつけたようなと言ってしまえばそうなんだけど。
種馬と上品なヒロインのラブラブを書きたかったとハッキリ割り切ってる感が、
ある意味気持ちよく、ボリュームもしつこくなる前に終わって丁度良い感じ。

本当にリンダ本は、こういう愛すべき暴走系ヒーローが跋扈していたのにねぇ。

488 :無名草子さん:2007/04/07(土) 13:15:27
>>485
あれ?ダンカンってそんなすごかったっけ?
ちょっと読み返してみたいw

489 :無名草子さん:2007/04/07(土) 15:21:38
>488
「私の経験からすると、それほど大したことがない」(超意訳)
とヒロインに言われて、ぷっつんと切れました>ヒーローwww

490 :無名草子さん:2007/04/07(土) 18:33:25
意外にちっちゃい男だな‥、カイル・ダンカン。

491 :無名草子さん:2007/04/07(土) 18:55:01
ダイアナのランダム新刊読み終わった。
ひとつの作品の中にカップル多すぎ。
ヒロインとヒーロー・その友人と雇い人のカップルに
中心を置いているように思えたが、他のカップルの
必要性あるのか?
ヒーローがヒロインに引け目を感じてうじうじしていて
自信持てよ〜と突っ込みました。
総評・読み応えはあった。

次の楽しみはアイリスの新刊だ。

492 :無名草子さん:2007/04/07(土) 18:58:52
>>490
リースだったか、名前。
忘れちゃった。
ゴメンね、私もちっちゃいヤツなの。

493 :無名草子さん:2007/04/07(土) 19:00:55
二見のミステリー文庫、下旬発売だけれど30日ぐらいの発売でしたかね?

494 :無名草子さん:2007/04/07(土) 20:16:26
4月27日発売らしいよ。二見書房

495 :無名草子さん:2007/04/07(土) 20:46:52
リンダのここでのお勧めの「夢の中の騎士」読みました。
面白かったぁ。勧めてくれた人、ありがとう。
でも「時のかなたの恋人」のほうが私は好き。
ヒロインが魅力的なので。
デブローの他の邦訳本は全然好きになれないけど。
リンダの他の作品は「パーティーガール」が楽しく好きです。

496 :無名草子さん:2007/04/07(土) 21:44:45
わたしも「パーティーガール」、大好き!
495さんは「Mr.パーフェクト」とか
「チアガールブルース」とかは、お好き?
リンダのこういう系統のはいまいちっていう人もいるけど、
でも、けっこういいですよね。

とはいえ、わたしのリンダのベストは
「二度殺せるなら」と「レディ・ヴィクトリア」と
「悲しみにさようなら」だったりします。
(ベストなのに3つだ……)

497 :無名草子さん:2007/04/07(土) 22:09:04
散らかってる本の整理してたら、同じ本が2冊出てきた。
しかも1冊は新刊、もう1冊は古本購入。もちろん未読。
2回も買ったのに買ったことすら忘れてた・・・

498 :無名草子:2007/04/07(土) 22:59:06
>>497
くやしーよねー。自分が情けなくなるんだよ、それ。分かるわー。

499 :無名草子さん:2007/04/08(日) 00:29:41
読んでいればタイトル覚えていなくても、何となく思い出すけど‥。
未読じゃねぇ‥。
ま、好みが一定であるってことが分かって良かったとゆーことで(意味不明)。

500 :無名草子さん:2007/04/08(日) 00:53:53
アイリスの新刊ってヒストリカル?
いつぐらいの設定だろ

501 :無名草子さん:2007/04/08(日) 00:58:34
ダブリ本は30冊を超えた段階で、くやしさを通り越して平気になりました。
新刊でさえダブらせていますから。
リストを作ればいいんでしょうけど。
ダブリはファンであることの栄光なんです・・・。

502 :無名草子:2007/04/08(日) 01:36:52
>>501
30冊!?
うん。そのくらいになるとどーでも良いかも。・・・っていうかいったい蔵書はいかほど?


503 :無名草子さん:2007/04/08(日) 09:58:10
>>500
どこかで聞いた情報だけど、たしかヒストリカルではなかったような?
現代ものじゃなかったかな?

504 :無名草子さん:2007/04/08(日) 13:34:08
>>500さん

スイス・ジュネーブ。天使のような歌声を持つミュージカル女優のデイジーは、若き天才作曲家・ジェイソンによってブロードウェイ新作のヒロインに抜擢される。
しかしある事情から、すぐには承諾できないとデイジーは話すが、ジェイソンの決心は固く、待ち続けるその情熱にいつしか強く惹きつけられていく。
やがて彼女はNYへ渡り、リハーサルに励むが、その身に突然危険が迫る。知られざる男の過去――愛と誇りを胸に、デイジーはともに運命に立ち向かうことを決意するが……
(二見書房HPより抜粋)

とありますよ。現代ものでしょうねえ。
二見のHPチェックしてください。

505 :無名草子さん:2007/04/08(日) 18:02:44
>>494
お礼が遅くなってすみません。
教えてくれてありがとう。@493

アイリスの新作はミュージカル女優の卵がヒロインなんですよね。
現代作品だと「風のペガサス」が好きなんだけど、あんな感じの
作品だと嬉しいな。(あくまでも個人意見ですが)

506 :無名草子さん:2007/04/08(日) 21:05:49
はじまりは愛の契約 (ラズベリーブックス) アメシスト・エイムス著

を立ち読み。
出だしで、1人エッチする(大人のお●ちゃを使って)ヒロインにのけぞって
買ってこなかった…。斬新すぎる設定だった…。
全部読んだ方がいらっしゃったら、感想をぜひっ!




507 :無名草子さん:2007/04/08(日) 21:09:47
>>503
>>504
トンクス
現代ものでもロマンス色の濃いやつだといいなあ

508 :無名草子さん:2007/04/09(月) 00:37:30
『はじまりは愛の契約』読了しました。

小説家のヒーローに脅迫状を送りつけてくる犯人から守るため
ボディーガードを何だけど、表向きは「愛人」として
雇われたヒロイン…って話なんだけど、そういった事件のやり取りよりも、
玩具とか、縄とか使ってありとあらゆるプレイを書き綴っただけのような
気もします。

最近ロマンス本を読み始めたばっかりなのでよくわかりませんが
これくらいhotなのは常識なんでしょうか?

509 :無名草子さん:2007/04/09(月) 00:48:58
玩具とか縄とかの道具を使ってっていうのは、私は読んだことないなぁ。
っと思ったらローリ・フォスターのがちょっと道具有りだったか。
確かにhotだった。
『はじまりは愛の契約』は未読なので、何ともいえないけど‥。
ロマンスでhotっていうのは、ちょっと前まではヒーローが種馬ってパターンが横道で、
そんな自分以外のお道具をつかっt(ry

510 :無名草子さん:2007/04/09(月) 09:51:06
>>509
コーヒー吹いた。
確かに道具を使うのは珍しいなぁ。

何となくアン・ライスの「スリーピング・ビューティ」シリーズを
思い出した。アン・ライスは好みの官能小説がないから自分で
書いちゃえ、と執筆したのがこのシリーズだそうだけど、
作者のご趣味と思われるハードなむち打ち、緊縛、相手への
奴隷的な服従、同性愛があますところなく反映されててげん
なりした。ほんと、人の好みはさまざまだなと。

511 :無名草子さん:2007/04/09(月) 10:19:56
>>510
>アン・ライスの「スリーピング・ビューティ」シリーズ
これインパクトありましたよね〜。
表紙は少女マンガっぽかったのに、中身はhotってゆーよりエロ。
下品な表現ではなかったけど、やってることは即物的で結構スゴイってゆー。
眠り姫がどんどんM嬢化していくとこが凄かった。
美形の男の子の扱いも凄かったし、ねっとりした感じの耽美小説だったなぁ。

>>509
横道→王道 でした‥。
よこみちにいってどうする!!

168 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)