5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

新書15

1 :無名草子さん:2007/03/07(水) 00:35:56
しんしょ【新書】
出版物の形式の一。B6判よりもやや小型で、比較的軽い読物を収めた叢書。

過去ログ倉庫 http://www.geocities.jp/shinsyolog/

[ 1] http://book.2ch.net/books/kako/975/975220467.html
[ 2] http://book.2ch.net/test/read.cgi/books/1021203798
[ 3] http://book.2ch.net/test/read.cgi/books/1054367361
[ 4] http://book2.2ch.net/test/read.cgi/books/1068655671
[ 5] http://book3.2ch.net/test/read.cgi/books/1084101798
[ 6] http://book3.2ch.net/test/read.cgi/books/1099217130/
[ 7] http://book3.2ch.net/test/read.cgi/books/1105025461/
[ 8] http://book3.2ch.net/test/read.cgi/books/1117932776/
[ 9] http://book3.2ch.net/test/read.cgi/books/1129643913/
[10] http://book3.2ch.net/test/read.cgi/books/1135768893/
[11] http://book3.2ch.net/test/read.cgi/books/1142693251/
[12] http://book3.2ch.net/test/read.cgi/books/1148964150/
[13] http://book3.2ch.net/test/read.cgi/books/1160765599/
[14] http://book4.2ch.net/test/read.cgi/books/1165932099/

関連スレは>>2-10あたりですよ!


2 :無名草子さん:2007/03/07(水) 00:39:06
紀伊国屋ブックウェブ新書最新刊
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/guest/cgi-bin/tanass.cgi?REV-COD=%52%42%30%39

[あ行]
アスキー新書 http://www.henshukaigi.com/topics/13.html
岩波新書 http://www.iwanami.co.jp/hensyu/sin/
岩波ジュニア新書 http://www.iwanami.co.jp/hensyu/jr/index.html

[か行]
角川ONEテーマ21 http://www.kadokawa.co.jp/one/
KAWADE夢新書 http://www.kawade.co.jp/np/search?mgen_id=99
近代文芸社新書 http://www12.ocn.ne.jp/~kindai/
講談社現代新書 http://shop.kodansha.jp/bc/books/gendai/
講談社+α新書 http://shop.kodansha.jp/bc/books/plus/
講談社ブルーバックス http://shop.kodansha.jp/bc/books/bluebacks/
光文社新書 http://www.kobunsha.com/book/shinsho.html

3 :無名草子さん:2007/03/07(水) 00:45:07
紀伊国屋ブックウェブ新書最新刊
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/guest/cgi-bin/tanass.cgi?REV-COD=%52%42%30%39

[あ行]
朝日新書 http://opendoors.asahi.com/data/8.shtml
アスキー新書 http://www.henshukaigi.com/topics/13.html
岩波新書 http://www.iwanami.co.jp/hensyu/sin/
岩波ジュニア新書 http://www.iwanami.co.jp/hensyu/jr/index.html

[か行]
角川ONEテーマ21 http://www.kadokawa.co.jp/one/
KAWADE夢新書 http://www.kawade.co.jp/np/search?mgen_id=99
近代文芸社新書 http://www12.ocn.ne.jp/~kindai/
幻冬舎新書 http://www.gentosha.co.jp/pickup/shinsho.php
講談社現代新書 http://shop.kodansha.jp/bc/books/gendai/
講談社+α新書 http://shop.kodansha.jp/bc/books/plus/
講談社ブルーバックス http://shop.kodansha.jp/bc/books/bluebacks/
光文社新書 http://www.kobunsha.com/book/shinsho.html

4 :無名草子さん:2007/03/07(水) 00:46:03
[さ行]
生活人新書 http://www.nhk-book.co.jp/seikatujin/
集英社新書 http://shinsho.shueisha.co.jp/
新潮新書 http://book.shinchosha.co.jp/shinsho/
青春新書インテリジェンス http://www.seishun.co.jp/
ソフトバンク新書 http://www.sbcr.jp/books/products/sub_index.asp?cid=310&scid=31001

[た行]
ちくま新書 http://www.chikumashobo.co.jp/w_chikuma.html
中公新書 http://www.chuko.co.jp/shinsho/
中公新書ラクレ http://www.chuko.co.jp/laclef/

[なーわ行]
パンドラ新書 http://www.nihonbungeisha.co.jp/
PHP新書 http://www.php.co.jp/bookstore/
扶桑社新書 http://www.fusosha.co.jp/senden/shinsho.html
文庫クセジュ http://www.hakusuisha.co.jp/
文春新書 http://www.bunshun.co.jp/book/shinsho/index.shtml
平凡社新書 http://www.heibonsha.co.jp/

5 :無名草子さん:2007/03/07(水) 00:46:45
新刊情報が速いサイト
http://www.kyt-ysc.co.jp/index.htm
京の玉手箱>京の本事情>今月の発売予定表>新書

新書マップ〜テーマで探す新書ガイド
http://shinshomap.info/

6 :無名草子さん:2007/03/07(水) 00:47:25
※関連スレ
【岩波】買ってはいけない新書【ちくま】
http://book3.2ch.net/test/read.cgi/books/1139705408/
■■岩波文庫【6】岩波新書■■
http://book3.2ch.net/test/read.cgi/books/1152439085/
【自然】理系の新書【科学】
http://book3.2ch.net/test/read.cgi/books/1088330748/
講談社現代新書の装丁変更について
http://book3.2ch.net/test/read.cgi/books/1129526275/
◆◆中公新書・中公文庫◆◆
http://book3.2ch.net/test/read.cgi/books/1148825536/
【本棚】文庫本・新書などの本の収納【ケース】
http://book3.2ch.net/test/read.cgi/books/1107008247/
おまいらお勧め哲学思想の新書ベスト5
http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/philo/1100356777/
買ってはいけない哲学系新書
http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/philo/1143732315/
新書について様々に話を展開させるスレ
http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/sociology/1034885964/
新書の効能について語りつくせ
http://book3.2ch.net/test/read.cgi/books/1165757809/

7 :3月その1:2007/03/07(水) 00:48:20
■青春新書インテリジェンス(青春出版社)
1 計算しない数学 根上生也 767
1 仕事で差がつくWindows Vista 松本剛 788
■ちくま新書(筑摩書房)
5 はかり方の日本語 久島茂 735
5 郊外の社会学 現代を生きる形 若林幹夫 756
5 そもそも株式会社とは 岩田規久男 735
5 イタリア・マフィア シルヴィオ・ピエルサンティ 朝田今日子/訳 756
5 未完の明治維新 坂野潤治 777
■ちくまプリマー新書(筑摩書房)
5 ニッポンの心意気 現代仕事カタログ 吉岡忍 903
■新書Modern Classics(洋泉社)
7 三代の系譜 阪谷芳直 2100
7 歴史としての戦後史学 ある歴史の証言 網野善彦 1785
■新書y(洋泉社)
8 異説・もうひとつの川中島合戦 高橋修 819
■ベスト新書(ベストセラーズ)
8 病気にならない食べ方・食べ物 石原結實 756
8 男は匂いで選びなさい 山元大輔 735
8 格差は正しい 林信吾 735
8 仕事のそうじ力 できる人のビジネス整理法(仮) 臼井由妃 819
■平凡社新書(平凡社)
9 職場いじめ 金子雅臣 735
9 「はかなさ」と日本人 竹内整一 819
9 なぜイノシシは増え、コウノトリは減ったのか 平田剛士 777
9 地域再生 まちづくりの知恵 福澤健次 756
23 一日15分!計算術の裏ワザ 鍵本聡 788

8 :3月その2:2007/03/07(水) 00:49:17
■角川oneテーマ21(角川書店発行/角川グループパブリッシング発売)
10 フランスの骨董市を行く! 失敗しない買い物ガイド付き 石澤李里 893
10 敵対的買収 新会社法とM&A 渡邊顯 735
10 後手をいう生き方 瀬川晶司 735
10 リクルートのDNA 起業家精神とは何か 江副浩正 735
■生活人新書(NHK出版)
10 良質なマンションを手に入れる 村上健 735
10 語源で楽しむ英単語 その意外な関係を探る 遠藤幸子 735
10 描かれた食卓 名画を食べるように読む 磯部勝 777
■中公新書ラクレ(中央公論新社)
10 『婦人公論』にみる昭和文芸史 森まゆみ 987
10 ブランドビジネス 成功と失敗を分けたもの 高橋克典 798
■朝日新書(朝日新聞社)
13 ネコを撮る 岩合光昭 777
13 セブン−イレブンおでん部会 ヒット商品開発の裏側 吉岡秀子 777
13 スポーツと国力 大坪正則 777
13 北朝鮮・中国はどれだけ恐いか 田岡俊次 777
13 コピー用紙の裏は使うな! 村井哲之 777
■アスキー新書(アスキー)
13 国益奪還 前田充宏 777
13 快適デジタルライフ グーグル最新検索術 アスキー・ドットPC編集部/編 756
13 大変化時代のキーワード ネット社会とビジネスを語る術語集 2011年を考える会 830
13 変われる国・日本へ イノベート・ニッポン 坂村健 756
13 電話代、払いすぎていませんか? 10年後が見えるケータイ進化論 木暮祐一 767
13 ベトナム株 沸騰するアジア最後の市場 迫川敏明 756
13 新しいお金 電子マネー、ポイント、仮想通貨の大混戦が始まる 高野雅晴 767

9 :3月その3:2007/03/07(水) 00:49:49
■PHP新書(PHP研究所)
15 スピリチュアルな若者たち(仮) 磯村健太郎 756
15 トヨタ流 人を育てる言葉(仮) 若松義人 756
15 龍馬暗殺の真相(仮) 木村幸比古 756
15 信長を殺した男(仮) 桐野作人 798
15 仏事作法の常識がわかる小事典(仮) 松濤弘道 798
■サイエンス・アイ新書
(ソフトバンククリエイティブ)
15 燃料電池と水素エネルギー 槌屋治紀 945
15 数学的センスが身につく練習帳 野口哲典 945
15 あなたはコンピュータを理解していますか? 梅津信幸 945
15 怠け者のためのパソコンセキュリティ 岩谷宏 945
■ソフトバンク新書
(ソフトバンククリエイティブ)
15 大人のための絵本ガイド 金柿秀幸 735
15 なぜ株式投資はもうからないのか 保田隆明 735
15 1日15分で必ずわかる英語「再」入門 尾崎哲夫 735
15 爆発するソーシャルメディア 湯川鶴章 735
15 ヒット商品を最初に買う人たち 森行生 735
■光文社新書(光文社) 16 ものづくり経営学 藤本隆宏 735
16 読書のうでまい 岡崎武志 735
16 審判 メジャーに行く 平林岳 735
16 バール 島村菜津 735
■集英社新書(集英社)
16 死に至る会社の病 ワンマン経営と企業統治 大塚将司 756
16 ロマンチックウイルス ときめき感染症の女たち 島村麻里 735
16 何も起こりはしなかった 劇の言葉、政治の言葉 ハロルド・ピンター
 喜志哲雄/編・訳 840
16 勘定奉行 荻原重秀の生涯
 新井白石が嫉妬した天才経済官僚 村井淳志 735

10 :3月その4:2007/03/07(水) 00:50:21
■PHPビジネス新書(PHP研究所)
16 物流管理が一冊でわかる本(仮) 湯浅和夫 840
16 はじめての貿易実務(仮) 木村雅晴 840
■新潮新書(新潮社)
19 新聞社 破綻したビジネスモデル 河内孝 735
19 幕末バトル・ロワイヤル 野口武彦 756
19 新書で入門 アインシュタイン丸かじり 志村史夫 714
19 お坊さんが困る仏教の話 村井幸三 714
■岩波新書(岩波書店)
20 武田信玄と勝頼 文書にみる戦国大名の実像 鴨川達夫 777
20 西田幾多郎 生きることと哲学 藤田正勝 735
20 がん緩和ケア最前線 坂井かをり 777
20 「悩み」の正体 香山リカ 735
■岩波ジュニア新書(岩波書店)
20 メソポタミア文明入門 中田一郎 777
20 数学、一歩先へ 証明と計算がおもしろい 大橋義房 819
20 遺伝暗号のナゾにいどむ 岡田吉美 819
20 世界遺産の建築を見よう 古市徹雄 1029
■講談社現代新書(講談社)
20 「生きている」を見つめる医療 中村桂子 山岸敦 777
20 百年前の私たち 石原千秋 777
20 ゲーム的リアリズムの誕生〜動物化するポストモダン2 東浩紀 819
20 核、受け入れるべきもの−私の「核武装」論 西部邁 777

11 :3月その5:2007/03/07(水) 00:50:53
■ブルーバックス(講談社)
20 原理から理解する半導体入門 竹内淳 924
20 前頭葉から探る脳 坂井克之 945
20 ハイレベル中学数学に挑戦 算数オリンピック委員会/編 945
20 長生きする入れ歯 早川巌 840
■講談社+α新書(講談社)
20 日本の地名遺産 「難読・おもしろ・由来」探訪記65 今尾恵介 840
20 熱血教師だけが子供を救う−実践!私塾で世直し 河野敏久 840
20 仕事のできる人の話し方 工藤アリサ 840
20 「格差論」に踊る阿呆に見る阿呆 真壁昭夫 840
20 予兆サインで救う「愛する人の自殺」 高橋祥友 920
■文春新書(文藝春秋)
20 団塊格差 三浦展 777
20 甦る海上の道・日本と琉球 谷川健一 未定
20 金融商品取引法 渡辺善美 未定
20 戦争指揮官リンカーン アメリカ大統領の戦争 内田義雄 903
20 新しい中国 古い大国 佐藤一郎 819
■KAWADE夢新書(河出書房新書)
20 いつも元気な人の習慣術
 毎日をハツラツと生きている人の健康極意とは?(仮) 東茂由 756

12 :3月その6:2007/03/07(水) 00:52:27
■中公新書(中央公論新社)
24 遺伝子・脳・言語 サイエンス・カフェの愉しみ 堀田凱樹 酒井邦嘉 840
24 性犯罪者から子どもを守る メーガン法の可能性 松井茂記 840
24 続・東北ー異境と原境のあいだ 川西英通 882
24 雑草のはなし 見つけ方、たのしみ方 田中修 882
24 漢詩百首 日本語を豊かに 高橋睦郎 819
■近代文芸社新書(近代文芸社)
25 女性という神話 藤井繁 1050
■パンドラ新書(日本文芸社)
中旬 野暮な人 越川禮子 880
中旬 四国遍路を歩く 佐藤孝子 880
■文庫クセジュ(白水社)
中旬 宗教社会学入門 ジャン=ポール・ヴィレーム 林伸一郎/訳 999
■白水Uブックス(白水社)
中旬 ウはウミウシのウ シュノーケル偏愛旅行記 宮田珠己 998

13 :無名草子さん:2007/03/07(水) 00:59:58
今スレからテンプレに、
朝日新書(06年10月創刊)、アスキー新書(07年3月創刊)、
幻冬舎新書(06年11月)、扶桑社新書(07年2月創刊)を追加。
アスキー新書は本家サイトではないので注意。

>>2の修正が>>3です。スマヌ

14 :無名草子さん:2007/03/07(水) 01:04:32
おつー
鯖移転もあったので、
近いうちに関連スレ一覧も更新した方がいいね。


15 :無名草子さん:2007/03/07(水) 01:08:23
乙です

16 :無名草子さん:2007/03/07(水) 01:18:24
>>14
そうでした。急いだもので申し訳ない

17 :無名草子さん:2007/03/07(水) 19:49:46
最近新書高いよ
特にクズみたいな新書に680円とか750円とかだしたくない

18 :無名草子さん:2007/03/07(水) 20:58:59
ここれだけ多いと、れからはどの新書で書いたかで、書いた奴の「格」が決まる時代になるかな。
いい本を書いてた奴が、ベスト新書かなんかで書かれると、ガックリ来るな。

19 :無名草子さん:2007/03/07(水) 21:25:29
新書にまで権威主義を持ち込むインテリにもガックリくるな。

20 :無名草子さん:2007/03/07(水) 21:28:37
>>18
中身で判断できないアホはそうすりゃいいんじゃね

21 :無名草子さん:2007/03/07(水) 21:34:32
でも新規参入組はウケ狙いの下衆なタイトルつける傾向はあるね。
内容も大甘、ユルユルになってゆくと・・・。

22 :無名草子さん:2007/03/07(水) 21:44:45
新刊に満足できなかったら古書買えばいいんとちゃうの
それとも信頼できる人のブログ読んでたほうがためになるね
新書のハードルが下がるのはわかりきったことでしょ

23 :無名草子さん:2007/03/07(水) 22:07:30
信頼できるブログってたとえばどんなブログ?

24 :無名草子さん:2007/03/07(水) 22:15:57
出版点数が多いから、出版社名や著者名で一次スクリーニングするのは
已むを得ないですね。

25 :無名草子さん:2007/03/07(水) 22:16:58
信頼できるブログ?

26 :無名草子さん:2007/03/07(水) 22:19:10
ここでブログの個人名あげると先方に迷惑かかりそうだから遠慮しとくよ

27 :無名草子さん:2007/03/07(水) 22:20:39
>>24
無意識に自分もそうゆうことをもちろんやってると思うが、
自分の感性だけで選ぼうとすると偏りが出るからできるだけ書評等は見るようにしてる

28 :無名草子さん:2007/03/07(水) 22:25:18
書評が出るのは出版後2、3ヶ月だけどね。
(出版直後に出る書評モドキは単なる販売促進のための広告だから)

29 :無名草子さん:2007/03/07(水) 22:34:31
>>28
図書新聞・週刊読書人あたりは定期購読してもおもしろいね

30 :無名草子さん:2007/03/07(水) 23:01:23
新聞は立ち読み

31 :無名草子さん:2007/03/07(水) 23:18:51
本屋で図書新聞広げて立ち読みしてるのがいたら俺は罵倒する

32 :無名草子さん:2007/03/08(木) 03:29:25
ラーメン食べたい

33 :無名草子さん:2007/03/08(木) 16:25:51
>>32
1. 無敵のラ−メン論(講談社現代新書 )
大崎裕史 /講談社 2002/03出版
2. ラ−メンを味わいつくす(光文社新書 )
佐々木晶 /光文社 2002/01出版
3. ラ−メンの秘密(三一新書 ) ほんものの味をもとめて
コピ−食品研究会 /三一書房 1991/02出版

34 :無名草子さん:2007/03/08(木) 17:13:26
新書スレの毎月のサイクル

当月の発売リストがコピペされる

「今月は読みたいものねーな(毎月言われる)」「最近の新書はくずばっかだな(毎月言われる)」「新書バブル崩壊近いな(毎月言われる)」

当月の刊行がはじまる

ウヨサヨ論争:「最近の岩波はクズ本ばかり」「いやPHPもひどい」「まともなのは中公だけだな」
経済学論争:「金子とか広井(なぜか必ず広井批判)とかばかじゃねーの」「成長否定? 定常化? プッ」「教科書読め(新書スレですが)」
新書論争:「新書読んでインテリ気取りかよ」「昔の新書に比べて今の新書は中身薄過ぎ」(「ぼくの考える新書の本来のあり方」語り)
ベストセラー論争:「国家の品格とか読んでんのかよw」「読んでから批判しろ」「売れてる本に嫉妬かw」

先頭にもどる

35 :無名草子さん:2007/03/08(木) 18:39:51
今ってどの辺が新書ブームなの?

36 :無名草子さん:2007/03/08(木) 19:13:55
>>34
結語:スレ自体に意味なし

37 :無名草子さん:2007/03/08(木) 19:36:32
>>35
出版社

38 :無名草子さん:2007/03/08(木) 21:40:26
>>35
どの辺って何を指してるの?
意味分からなすぎ

39 :無名草子さん:2007/03/08(木) 22:58:00
>>35
底辺

40 :無名草子さん:2007/03/08(木) 23:09:11
今の新書ブームって、要するに昔の文庫ブームと同じでしょ
いろんな出版社から出るだけ出て、後は特に消えるでもなく各社だらだらと続いていくという

41 :無名草子さん:2007/03/09(金) 00:14:43
さまざまな系統の本が、新書形式に統合されてきたというだけでしょ
自然淘汰みたいなもんで

『ミサイル防衛』を読んだ。新潮のわりにはよくできてました。

42 :無名草子さん:2007/03/09(金) 11:32:36
新書にすると読んでもらいやすいのか?

43 :無名草子さん:2007/03/09(金) 11:46:15
硬い本では売れないからな。
咀嚼して、ページを200前後にまとめ、手頃価格にする。

44 :無名草子さん:2007/03/09(金) 11:57:19
書き手にとっても読み手にとっても便利な形式なのかも。 まあ一番は出版社にとってかな

45 :無名草子さん:2007/03/09(金) 12:10:50
新書の一番の良さは持ち運びやすさ
カバーかけて電車の中で読めば(゚д゚)ウマー

46 :無名草子さん:2007/03/09(金) 20:41:51
>>34のようなスレ全体を揶揄するだけのレスも必ず繰り返すね。
同一人物が繰り返しているのだと思われるが。飽きないみたいね。

47 :無名草子さん:2007/03/09(金) 21:00:27
俺様の読んだベストセラー新書

・「さおだけ屋」トンデモを期待していたが案外まともだった。会計学というより経済学っぽかった。
・「国家の品格」何故これがベストセラーになるのか理解できなかった。ハケンの品格は毎週楽しく見てますが。
・「99.9%は仮説」素直に面白かった。トリビアっぽくてよい。
・「ウェブ進化論」途中であきた。

48 :無名草子さん:2007/03/09(金) 21:32:17
橘木の格差社会はよかった

49 :無名草子さん:2007/03/09(金) 21:33:21
>「ウェブ進化論」途中であきた。

これは一緒ww
俺は立ち読みで一時間少し、半分ほどで止めた。
書いてることがフツー、当たり前すぎたな。

50 :無名草子さん:2007/03/09(金) 21:37:44
中山康樹の本はどう?

51 :無名草子さん:2007/03/09(金) 21:46:05
>>46
繰り返されてたか?
過去ログからレスあさって実証してよん

52 :無名草子さん:2007/03/09(金) 22:02:35
俺は「さおだけ屋」のほうが途中で飽きた。
当たり前のことしか書いてないし。

53 :無名草子さん:2007/03/09(金) 22:05:02
「バカの壁」ばかなのでなにをかいてあるかわかりませんでいsた

54 :無名草子さん:2007/03/09(金) 22:10:09
「さおだけ屋」はタイトルの勝利だな。

55 :無名草子さん:2007/03/09(金) 22:40:45
>>51
前スレでは
http://book4.2ch.net/test/read.cgi/books/1165932099/16
http://book4.2ch.net/test/read.cgi/books/1165932099/459
とかかな。前スレ以前のスレはお蔵入りだから調べられん。

56 :無名草子さん:2007/03/09(金) 22:47:55
>>50
クワタの奴?意味ねーw
マイルス本やディラン本ならブートレグカタログとして使えないこともないが、
好きな曲に星つけるだけなら、その辺のサザンヲタでも出来る。
まぁ半端な洋楽ファンにはバカにされがちな桑田を、
有名なジャズ評論家が評価するというのには啓蒙的な意味はあるのかもな。
集英社新書の『超ブルーノート入門』はいい本だと思う。

57 :無名草子さん:2007/03/09(金) 23:05:34
音楽関係では相倉久人が新潮新書から出したな。
これ見た目からして中身薄そうで、立ち読みする気にもなれない。
もしかして、もう廃人なのか相倉って?
新潮新書って徹底的に情報量を少なく抑えて、ひたすら読みやすさだけを追求してるな。
費用対効果の点から俺はとても700円出して買う気にはならんのだが貧乏性なのか。
まぁそれでも何冊かは買ったが。

58 :無名草子さん:2007/03/09(金) 23:09:07
行き着くところは一時間で読み終える分量だろう

59 :無名草子さん:2007/03/09(金) 23:17:20
>>55
同一人物ではないだろうな

60 :無名草子さん:2007/03/10(土) 00:01:41
読んでおいたほうがいい!と思った新書を教えてもらいたい。

61 :無名草子さん:2007/03/10(土) 00:09:10
>>60
漠然としすぎw何を薦めていいかわからんよ。
今の俺の気分でいいなら、
原彬久の『岸信介』と『吉田茂』(岩波新書)だな。
これはいい意味で岩波っぽくない。安心して誰にでもお奨めできる商品かと。

62 :無名草子さん:2007/03/10(土) 00:09:46
>>60
太閤と百姓

63 :無名草子さん:2007/03/10(土) 00:35:54
高坂正尭『国際政治』

64 :無名草子さん:2007/03/10(土) 00:39:37
キリねーな

65 :無名草子さん:2007/03/10(土) 01:16:31
>>61
新書をあまり読まないから、読みやすいので頼む

>>62>>63
読んでみよう

66 :無名草子さん:2007/03/10(土) 01:21:46
>>56
ディランを聞け講談社文庫はブートは載ってないよ
ブートレッグシリーズ(これは正規盤)はのってるが
まあ新書じゃないけど

67 :無名草子さん:2007/03/10(土) 01:41:52
3月のちくま新書は、みんないいんじゃないのかな。
みなさんどう思いますか?

68 :無名草子さん:2007/03/10(土) 10:25:33
岩菊は買うべきなのかな・・

69 :無名草子さん:2007/03/10(土) 14:29:15
昨日本屋行ったらアスキー新書がすでに並んでた。
装丁はかなり無難で悪くない。あとは中身か。

70 :無名草子さん:2007/03/10(土) 14:31:40
ひろさちや の「狂い」のすすめ は買い。

71 :無名草子さん:2007/03/10(土) 18:23:11
同感。アスキー新書の装幀は、チープな感じの朝日新書よりはずっといい。
内容や路線も、予想通り。ただ、表紙の筆者の下に肩書きが来たのには驚いた。
アスキーってそういう権威主義の会社だったけ? なんか、そぐわないなぁ。

72 :無名草子さん:2007/03/10(土) 18:41:40
もうアスキーは角川傘下だよね。

肩書きをオモテに持ってくるのは差別化としてはいいかも。
知らない著者の場合、一応略歴チェックしちゃうしな。

73 :無名草子さん:2007/03/10(土) 20:47:55
装丁とか表紙とか言ってるやつは新書コレクターか?

74 :無名草子さん:2007/03/10(土) 20:54:09
金出して買うんだから、やっぱり見た目も自分の趣味に合ってて欲しかろう。
図書館で借りるとかだったら関係ないだろうが。

75 :無名草子さん:2007/03/10(土) 21:33:43
小学館はそろそろ新書出さないのか

76 :無名草子さん:2007/03/10(土) 21:52:30
自分が出してほしいのは「みすず新書」

77 :無名草子さん:2007/03/10(土) 21:53:10
>>76
2500円くらいだろうなw

78 :無名草子さん:2007/03/10(土) 21:55:08
そこを安く〜w
まず執筆陣選びが難しいな

79 :無名草子さん:2007/03/10(土) 22:29:26
解体新書

80 :無名草子さん:2007/03/10(土) 22:38:12
ターヘルアナ富子w

電撃新書はマダー?

81 :無名草子さん:2007/03/10(土) 23:25:32
古今亭新書

82 :無名草子さん:2007/03/10(土) 23:27:19
>>78
中井久夫

83 :無名草子さん:2007/03/10(土) 23:40:36
中経新書

84 :無名草子さん:2007/03/10(土) 23:46:28
フランス新書

85 :無名草子さん:2007/03/10(土) 23:55:12
ハーレクイーン新書(爆

86 :無名草子さん:2007/03/10(土) 23:59:01
朝倉新書

87 :無名草子さん:2007/03/11(日) 00:15:30
この流れこの前やったじゃん

88 :無名草子さん:2007/03/11(日) 00:17:38
んじゃまじめにいうと
青土社新書が出ないかな?
ここのセンスいいから好きなんだ

89 :無名草子さん:2007/03/11(日) 00:31:47
>>88
面白いとは思うが、採算の問題は自明としても
青土社の規模からして、季刊1〜2冊が多分限界じゃなかろか。

90 :無名草子さん:2007/03/11(日) 02:41:12
たしかにみすず書房と青土社の新書は見てみたいな。
でも、新書はどんなに絞っても初版1万部は刷らないと採算が取れないから、
ブランドイメージを壊さないクオリティーを維持するなら、まぁ無理だね。

91 :無名草子さん:2007/03/11(日) 03:10:20
人文書は高くても買う奴は買う
他の版元から文庫になったりもしないからねえ

92 :無名草子さん:2007/03/11(日) 03:30:50
安いのが新書のメリットだからさ。
人文書が1万部も売れる時代じゃないし。

93 :無名草子さん:2007/03/11(日) 04:31:19
大野晋が岩波から新作出すってほんとか

94 :無名草子さん:2007/03/11(日) 04:55:30
みすずは新書サイズの本なら出版してたけどな

95 :無名草子さん:2007/03/11(日) 13:21:00
要するに偏向してない「岩波新書」が欲しいってことでしょ。
そのスタンスでいうと中公ぐらいしかないからね、これだけ新書が出ていながら。

96 :無名草子さん:2007/03/11(日) 13:33:05
>>91
青土社とか、忘れた頃にちくまで出たりするよ。
基本的に単行本で買わないとアウトな世界だけど。

97 :無名草子さん:2007/03/11(日) 14:01:20
そうそう、みすずは新書サイズの本、出してたね。
江藤淳のを持ってる。でもさ、すごく昔の話だよ。
あなた、おいくつ?

青土社がちくまから出るって、ちくま学芸文庫のこと?
あれは渋くて、普通は印税10パーセントの世界だけど、
7パーセントなんだよ。


98 :無名草子さん:2007/03/11(日) 14:17:32
ちくまは好きだけどナナメすぎない?

99 :無名草子さん:2007/03/11(日) 14:22:13
岩波新書の「偏向」は仕方がないね。編集長が元「世界」の編集長だし。
岩波では「世界」の編集長をやらないと基本的に社長になれない。
「世界」が新聞の「社説」みたいな役割を果たしているわけだ。
つまり、「世界」の編集長は岩波書店論説委員長というわけ。
だから、いまの岩波新書編集長の小野田さんは将来の社長候補だから、
岩波新書でも思いっ切り「偏向」しておかないと、社長になれないわけ。
そういう出版社だからさ。



100 :無名草子さん:2007/03/11(日) 21:49:37
「偏向」
「偏向」
「偏向」


101 :無名草子さん:2007/03/11(日) 21:55:02
偏向偏向って
つうかそもそも完全に中立な出版社ってあるのかよ?
何かの思想を発表するのが出版社だから何かの色がついてるのがふつうだろw

102 :無名草子さん:2007/03/11(日) 22:23:41
偏向という言葉が偏向した言葉です

103 :無名草子さん:2007/03/11(日) 22:24:09
岩波書店が主語なんだから、この場合の「偏向」が左翼思想であることは自明でしょ。
そういう議論をしているときに「そもそも」論のような普遍的なテーゼを持ち出してもなんの意味もないよ。
議論の仕方を勉強してきな。
それに「そもそも」論ならば、「何かの思想を発表するのが出版社だから」というのは、ナイーブすぎるね。
講談社を見てみよ。左翼も右翼も、保守も革新もある。デタラメだ。
特定の「思想」を公開することだけが出版社のいき方じゃないぜ。
それにさ、「完全」とか「絶対」とか言い始めたら、答えは「ない」に決まってるんだから、議論は終わり。
議論をするときには、「完全」や「絶対」は禁句だぜ。
こういうとこに書き込むなら、議論の仕方、最低限のマナー、勉強しようぜ。

104 :無名草子さん:2007/03/11(日) 22:28:50
>>101
>何かの思想を発表するのが出版社だから

そうなのか?
そりゃ出版社それぞれの企業文化はあるだろうが、
別にプロパガンダを第一目的にしなくてもいいと思うが。
ま、思想も商品だし「偏向」もブランドだと考えれば、
それでも構わんのかもな。

105 :無名草子さん:2007/03/11(日) 22:29:41
いや、出版社の思想じゃなくて
著者の思想を発表するのが出版社といいたかったんだが

106 :無名草子さん:2007/03/11(日) 22:34:58
ちくま新書だって傾向はバラバラで「偏向」はしてないよな。

107 :無名草子さん:2007/03/11(日) 22:39:31
101=105の負け。

103を熟読し、この悔しさをバネに向上せよ。

108 :無名草子さん:2007/03/11(日) 23:13:52
101=105さんに追い打ちをかけるようで悪いんだけどさ、岩波書店を知らなさすぎるよ。
岩波書店の編集者の仕事の4分の3までは「持ち込み原稿」をいかに丁重にお断りするかなんだぜ。
断わるのには2つ要因があって、一つは岩波書店の編集者は東大教授か東大の卒業生あるいは京大教授か京大の卒業生
しか学者として認めていない。だから、それ以外の大学教授の原稿は原則お断りなわけ。
もう一つの要因は、岩波書店の左翼イデオロギーに見合った原稿しか出版しないということ。
さからさ、「著者の思想を発表するのが出版社」っていう認識も間違ってるわけさ。
岩波書店は著者の原稿を借りて岩波書店のイデオロギーを出版しているというのが現実なんだよ。
抽象的で一般的な議論も意味がないね。この議論の主語は、あくまで岩波書店だぜ。

岩波書店の社長山口昭雄はいま50代半ば。だから、あとすねは社長をやるだろう。
ということはだ、熾烈な社内抗争が終わって次期社長が決まるまでのあと数年は、
岩波新書は「偏向」傾向が強く出るということなわけ。


109 :無名草子さん:2007/03/11(日) 23:23:53
出版社に色はあってもいい。
岩波の場合、汚い色だということと、濃い色だということが問題。

110 :無名草子さん:2007/03/11(日) 23:29:45
で、何が言いたいわけ?

111 :無名草子さん:2007/03/11(日) 23:37:04
出版社じゃなくて新書のスレだぜおまえら

112 :無名草子さん:2007/03/11(日) 23:58:28
ガキじゃあるまいに、なにいばってんのさ?
だから、岩波新書がなぜ「偏向」してるのかというテーマじゃないの?

でもまぁ、答えの出ていることをいつまでも言ってても仕方がない。
話題を変えよう。

じゃ、3月のちくま新書とアスキー新書読んだ人、感想聞かせてや。

113 :無名草子さん:2007/03/12(月) 00:07:04
岩田規久男の『そもそも株式会社とは』(ちくま新書)は良かった。
この人の本はどれも面白く読めて、勉強になる。

114 :無名草子さん:2007/03/12(月) 00:31:52
なぜ偏向してるなんて話だった?ww

115 :無名草子さん:2007/03/12(月) 00:52:10
「偏向」なんて右から左まで読んでる俺様にとっては関係ないけどな。

116 :無名草子さん:2007/03/12(月) 00:54:50
もうその話しは終わったんだよ

117 :無名草子さん:2007/03/12(月) 00:56:31
そうそう。
どうでもいい話なんだよね。
偏向してない岩波なんてツマランよ、そんなの岩波じゃない。



118 :無名草子さん:2007/03/12(月) 01:05:31
偏向してこそ岩波書店! 賛成だね。
もともと「偏向」してるという事実を指摘しているだけで、
それがいいとか悪いとか言ってないし。

2チャンネルもこのスレならまともかと思って昨日から参加してみたんだが、
ちょと浮いちゃたね。ごめん、ごめん。もうこれで二度と交信しないと思うけど、
みんなお元気で。さようなら!

119 :無名草子さん:2007/03/12(月) 01:10:54
偏向っていうとあれだけど、単に左なだけだろ?
同じぐらいな程度に右な出版社もいくらでもあるわけだし、
左だろうと右だろうといい本出してくれればそれでいい
(左寄りってだけで読む価値なしと判断する類の人もいるだろうけど)。
まあ岩波の社内体質がクソだってのはそのとおりだが、それはまた別の問題。

スレチだけでもあれなので、
工藤庸子『宗教vs.国家』(講談社現代新書)読んだ。
ためになったのだが、とても面白おかしく読めるという類の本ではない。
書名はおそらくマーケティング上の問題から抽象的にしたんだろうが、
内容的にはもともとフランス(ないしフランス史)に興味がない人じゃないとつらいかも。
でも文学テクストを素材に接近しているので、時代のイメージというか雰囲気がつかめる気はする。
フランスのライシザシオンについての簡便な啓蒙書ってなかったしね。

120 :無名草子さん:2007/03/12(月) 02:50:37
>>108
>岩波書店の編集者は東大教授か東大の卒業生あるいは京大教授か京大の卒業生しか学者として認めていない。
>だから、それ以外の大学教授の原稿は原則お断りなわけ。

たまにそういう話を聞くがホントかね?
最近の岩波新書の著者を見りと、そんなことは言えないと思うが。

121 :無名草子さん:2007/03/12(月) 03:39:00
ったく、せっかく静かな眠りに就こうと思ったのに。

あの多くは(もちろん、みんなではないが)、東大教授や京大教授の推薦。
それに、「岩波講座」のたぐいだと、こんな奴知らんぜみたいな無名の
東大教授や京大教授が混じってるでしょ。あいつらを入れておかないと、
東大出身や京大出身の学者の論文がもらえないから、世間的には無名のボスを入れておくのさ。
何とか研究叢書みたいなA5版のバカ高い本も、教授推薦のあった
東大や京大の若手を売り出すためだけの企画ですねん。
ちょっと前の、社会学叢書みたいなのも、東大出身の若手のためだけの企画。

これは、業界のの常識。

122 :無名草子さん:2007/03/12(月) 03:43:50
評判の良い「これがニーチェだ」を読んだけど、さっぱり理解できなかった。
新書で入門書なのに、哲学恐ろしすぎ。

123 :無名草子さん:2007/03/12(月) 03:50:32
そうそう、いま売れっ子の北田暁大も、あの社会学叢書見たいので
デビューしたんだぜ。『広告の誕生』。ボスは、見田宗介と吉見俊哉。
東大教授ならこういう企画をでっち上げることだってできるのが、岩波書店。

こういう常識的なことで、眠りを妨げないでほしいよ。

124 :無名草子さん:2007/03/12(月) 08:11:19
そういう常識的な情報はどっから仕入れてくるんですか?

125 :無名草子さん:2007/03/12(月) 09:08:41
>>121
単にネガティブに言ってるだけやん
まだ知られてない実力ある若手研究者を発掘してるとなぜ言えない?
お前の私怨かクレーマーとしか言いようがない

126 :無名草子さん:2007/03/12(月) 10:13:32
>>123
眠りたいならわざわざ書き込まなきゃいいだろーに。
妨げられてるんじゃなくてお前が自分の意志で眠らないだけだろwww

127 :無名草子さん:2007/03/12(月) 10:24:26
フロイト全集の翻訳の大半を京大出身者にやらせてるのは正解

128 :無名草子さん:2007/03/12(月) 11:02:40
>>123
一般人は知らないことだから、
岩波内部事情をネタに新書一冊書けよw
報復が怖くてどこも出さないかな?

129 :無名草子さん:2007/03/12(月) 11:28:16
岩波の問題というより、学問そのものが東大か京大で
研究しないと、碌なポストを得られないわけで・・。
東大・京大圏にまずは入ってないと基本スペックを満たしていないんだよ。


130 :無名草子さん:2007/03/12(月) 11:35:06
>>129
公正な競争の上で東大京大圏に優秀な人が集まってくるんならそれでいいはずだな。
実力本位じゃなくてコネとか他の要素で学閥ギルドを作ってるなら問題だけど。

131 :無名草子さん:2007/03/12(月) 12:00:42
>>130
実力とコネが入り混じってるよ、どっちかに割り切れるものじゃなくて。
無理に学閥を作ってるとかじゃなくて、マトモな学者・研究設備そこにあるから、
マトモに学び、研究しようと思う連中がそこに集まった結果だろう。



132 :無名草子さん:2007/03/12(月) 12:03:44
院生でもやってれば人脈がどれほど大事か分かってるだろが
実力実力言ってるのは学部生まで

133 :無名草子さん:2007/03/12(月) 14:13:44
人脈も実力のうち

134 :無名草子さん:2007/03/12(月) 14:47:36
みんなの言ってること、それぞれ一面の真理を含んでると思うな。
おいらへの批判も含めてね。反論もめんどくさいし。

でもまぁ新書のスレだし、新書の話に戻ろうや。

そして、おやすみ。

135 :無名草子さん:2007/03/12(月) 18:37:48
>>134
寝るのかよ! と一応つっこんどく。

136 :無名草子さん:2007/03/12(月) 19:48:56
>>129
そりゃ違うだろ。
東大も京大も世界からみればパッとしない一地方大学なんだから。
東大京大なんてローカルな基準で基本スペックを論じるのはおかしいよ。
と、(自称)東大卒で留学経験のない私は思う。

話を無理やり新書に結びつけると、
最近「東大脳のつくりかた」みたいな、東大入学をテーマにした新書を店頭でみかけるけど、あれはナンなんですかね。ドラゴン桜とかの影響ですかね。
誰が買うの? お受験ママをターゲットにしてるんでしょうか。

137 :無名草子さん:2007/03/12(月) 20:34:35
確かに東大や京大でスゲースゲー言ってたら、ハーバードやMIT卒はどーなるんだよって感じだな

138 :無名草子さん:2007/03/12(月) 20:49:17
・・・あえて世界レベルには話を拡げなかったんだけどね。
でも世界基準で考えても、東大・京大じゃなきゃまず相手にも
されないと思うけど?

139 :無名草子さん:2007/03/12(月) 21:06:44
>>138
理系はそんなことないでしょ
青色発光ダイオードの中村氏だって教授で迎えられてるし
文系だけでしょ

140 :無名草子さん:2007/03/12(月) 21:11:34
みなさん学歴とか学閥の話は好きなんですね〜(笑)

141 :無名草子さん:2007/03/12(月) 21:21:04
>>139
ま、確かに文系目線で語ってるし、非東大・京大でも個別に見れば
世界的に認知されている(であろう)学部やら研究者は確かに存在するね。
(でも、中村修二はキャリアから見て明らかに異例だと思うけど?)
理系においてもやはり東大・京大の研究者が権威ある賞を受賞する
ケースが多いような・・・。
最近、特に東大は他大学の優秀な研究者をかき集めてるしね。

>>140
実はその不毛な学歴・学閥論が嫌だから始めたんだけどねw
なんだか俺が東大・京大信奉者になってるけどねw
実際凄いものは凄いと認めよう、って意図なんだけどな・・。
もうこの話は止めたほうがいいね。

142 :無名草子さん:2007/03/12(月) 22:22:05
>>141
おまえの長文は本当にうざいから消えてくれ

>もうこの話は止めたほうがいいね

昨日の時点で気づけよバカ

143 :無名草子さん:2007/03/12(月) 22:31:59

へ〜、長い文章無理なんだ。じゃ、バカには新書は無理だ。
おまえこそ、このスレから消えろ!

144 :無名草子さん:2007/03/12(月) 22:35:58
>>143
おまえの長文は本当にうざいから消えてくれ
~~~~~~~~

145 :無名草子さん:2007/03/12(月) 22:44:32
>>142
勘違いされてるようだけど、昨日の方とは別w
読書されてる方ならば文体で気付きそうなものだがw

146 :無名草子さん:2007/03/12(月) 22:52:49
文体が違うからって別人とは限らないでしょ
別人を装うために意図的に文体変えたり、ageたりsageたりしてる可能性もあるし

言っとくけどあくまで一般論での話ねw

147 :無名草子さん:2007/03/12(月) 22:56:33
昨日の人は単なる岩波「偏向」批判でしょ?
私は岩波も東大京大もそれなりに肯定する派。

148 :無名草子さん:2007/03/12(月) 22:58:20
まだやるか

149 :無名草子さん:2007/03/12(月) 22:58:40

うひょっ!
一般論に逃げ込むんだ。
おまえの個別的な判断力を問題にしてるんだぜ!

150 :無名草子さん:2007/03/12(月) 23:03:51
142と146は別人。(俺は142)
>>149の判断力も他人をとやかく言うほどのものでもない。

151 :無名草子さん:2007/03/12(月) 23:09:57
終われない池沼どもよ、消えてくれないか

152 :無名草子さん:2007/03/12(月) 23:42:35
ネットでの議論って
どうも必死になりやすいというか攻撃性が妙に増幅されてしまって、
ほんとくだらない問題なのにどうしても止められなくなる結果、議論から単なる煽り合いに堕する・・・っていうメカニズムを分析した新書ってないですかね。

153 :無名草子さん:2007/03/12(月) 23:44:04
今月出たちくまの岩菊読んだ人いる〜?

154 :無名草子さん:2007/03/12(月) 23:44:37
え?東大京大が偏向してるって?

155 :無名草子さん:2007/03/12(月) 23:56:02
>>138
それはない。
世界基準からみれば、極東の島国にある大学なんてどれも一緒。

学歴学閥なんて井戸の中の蛙的な意識にすぎないのだが、これが多くの人の心に深い影響を及ぼしている点に興味がある。これを社会学的・民俗学的アプローチで捉えた新書とかはないでしょう鐘

156 :無名草子さん:2007/03/13(火) 00:01:44
>>153
bewaadのとこに詳しい書評が載ってるよ

157 :無名草子さん:2007/03/13(火) 00:41:17
東大だか京大だか知らんが、こんなとこでスレ違いの議論を延々と続けてるやつは
世界基準から見て大した人間ではない。

158 :無名草子さん:2007/03/13(火) 00:42:28
仲正昌樹『ネット時代の反論術』文春新書
苅谷剛彦『大衆教育社会のゆくえ』中公新書

159 :無名草子さん:2007/03/13(火) 01:04:05
スレが伸びてるなと思ったら井戸端会議かよ

160 :無名草子さん:2007/03/13(火) 01:33:24
>>157
2ちゃん上のスレ違い問題が世界基準と関係してくるとは、2ちゃんも立派になったね〜。
って、仮想世界の世界基準か。
>>159
ここは2ちゃんで、しかも新書スレ。ここから井戸端会議を除いたら何も残らない。

161 :無名草子さん:2007/03/13(火) 01:42:26
「人は見た目が9割」100万部突破
http://www.nikkansports.com/general/f-gn-tp0-20070312-168744.html

 劇作家・演出家の竹内一郎さんの新潮新書「人は見た目が9割」の発行部数が1
00万部に達したと12日、出版元の新潮社が発表した。同書は2005年10月
に出版。同社によると、新潮新書で100万部を超えたのは、「バカの壁」「国家
の品格」に続き3冊目という。


162 :無名草子さん:2007/03/13(火) 01:51:51
竹内一郎=さいふうめい

サントリー学芸賞問題はどうなった?

163 :無名草子さん:2007/03/13(火) 01:58:28
>>162
どうもしない。
ただ三浦雅士の元々あまりなかった信用が決定的に地に堕ちた。

164 :無名草子さん:2007/03/13(火) 02:09:24
竹内一郎より三浦雅士の「やっちまった」感の方が大きいのが笑えるな。
まぁ「文学が専門なんで漫画のことはよく知らないんですぅ」
って感じでとりあえず逃げられるだろうけど。
ところで三浦雅士って新書出してないっけ?
出してても良さそうな人だけどな。

165 :無名草子さん:2007/03/13(火) 02:36:17
心理学上でも、そもそも大したものではないメラビアンの法則を、
通俗的に敷衍した『人は見た目が9割』を、
さらに孫引きしてまことしやかなお説教を書き散らす内田樹のバカ。

166 :無名草子さん:2007/03/13(火) 04:47:00
うはwww

167 :きのこ:2007/03/13(火) 08:51:28
久坂部 羊著「大学病院のウラは墓場」(幻冬舎新書)はおススメです。
医師の視点から大学病院の改革しないといけないところ、昔のほうが良かった点を書いてくれている。
ただの患者の視点からの大学病院批判ではないところが、斬新だと思いました。


168 :無名草子さん:2007/03/13(火) 09:32:16
医師の視点での大学病院批判本なんて腐るほど出版されてるが

169 :無名草子さん:2007/03/13(火) 09:33:23
新書で読める本は限られてるでしょ
ここは新書スレ

170 :無名草子さん:2007/03/13(火) 09:42:22
医師の視点での大学病院批判新書なんて腐るほど出版されてるが

171 :無名草子さん:2007/03/13(火) 10:55:07
まあ、おまいら、そんなにギスギスしないで
岩谷光昭『ネコを撮る』でも眺めようぜ。
写真満載でなごむよー。特製ネコしおりもついてるし。

172 :無名草子さん:2007/03/13(火) 10:57:53
猫なんて嫌い

173 :無名草子さん:2007/03/13(火) 11:25:52
ぬこたんの悪口は言うな

174 :無名草子さん:2007/03/13(火) 12:49:05
ぬこ原理主義者キター

175 :無名草子さん:2007/03/13(火) 17:16:25
>>170
たとえば?

176 :きのこ:2007/03/13(火) 17:18:30
そうかー、けっこう医師の大学病院批判本ってあるのかー。
でも、紹介した本は、去年の秋に出版された新しい本だから、内容も古くないし、一回読んでみて☆

177 :無名草子さん:2007/03/13(火) 18:00:51
関係者乙

178 :無名草子さん:2007/03/13(火) 21:23:09
今のお勧めは?

179 :無名草子さん:2007/03/13(火) 21:35:31
山本真司『会社を変える戦略』がお薦め。
岩キクのは所詮、外野からのアレだからなぁ。

180 :無名草子さん:2007/03/14(水) 00:19:22
>175
古いのだと、なだいなだ「お医者さん」中公新書

181 :無名草子さん:2007/03/14(水) 01:33:16
新しいのだと?

182 :無名草子さん:2007/03/14(水) 01:56:40
>>181
http://www.amazon.co.jp/s/ref=nb_ss_b/503-5587892-5019138?__mk_ja_JP=%83J%83%5E%83J%83i&url=search-alias%3Dstripbooks&field-keywords=%88%E3%97%C3%81@%97%CF%97%9D%81@%90V%8F%91&Go.x=9&Go.y=13

183 :無名草子さん:2007/03/14(水) 09:15:52
>>182
それはほとんど「医療」批判じゃないかな。
「大学病院」に対する、と限定がかかってる。
「新書では」たしかに少ない(無い?)かも。
文庫では腐るほどあるけど・・

184 :無名草子さん:2007/03/14(水) 11:20:52
どうも医療批判って客観的で公正な視点からやるのは難しいみたいね。
政治的なポジショントークが多いみたい。
これは医療という領域は市場原理に任せると機能しないからだろうね。
だから医療経済学という独立した分野があるくらいだ。

185 :無名草子さん:2007/03/14(水) 14:09:02
>>182
ただキーワードで検索しただけじゃねーかそれw

186 :無名草子さん:2007/03/14(水) 20:48:12
中公新書の「電話帳」「赤電話・青電話」読んだことある人います?
どんな内容なんですか?
やっぱり、電話帳や電話についてマジメに語られてるんですかね・・

187 :無名草子さん:2007/03/15(木) 21:52:16
15年戦争史どこにもねぇお

188 :無名草子さん:2007/03/15(木) 22:06:10
>>187
カワイソス…アマゾンとかで買えば?

189 :無名草子さん:2007/03/16(金) 00:11:35
現代新書、20日のはずだがもう並んでた。
今月のラインナップは個人的には当りだわ。

190 :無名草子さん:2007/03/16(金) 00:22:16
見た見た
東のやつ厚すぎワロタw
石原千秋のやつおもしろそう。時間ができれば読んでみたい

191 :無名草子さん:2007/03/16(金) 00:29:44
ヲタクやサブカルにある程度浸かってきた世代だが、
ゲームの類に全く興味のない俺には、あずまんの今回の本には興味持てず。
ギャルゲーとかエロゲーとかどこが面白いの?
ただ「泣きゲー」の存在にはちょっと心理学的興味はあるな。
実写ならば何でもないようなくだらないシチュでも、
アニメだと涙腺緩んじゃったりするもんなぁ。いい歳こいて。

192 :無名草子さん:2007/03/16(金) 01:13:04
アニメとかゲームというメディアが脳の感情野を上手く刺激するように出来ているということだろうな。

193 :無名草子さん:2007/03/16(金) 13:11:50
そもそも現代哲学とアニメやゲームの両方に興味がある人間が
どれくらいいるんだろうな。

俺はアニメやゲームにはまったく関心がない。
というか、映像メディア全般に対しての興味が薄いな。

194 :無名草子さん:2007/03/16(金) 14:29:11
アニメには興味ないな

195 :無名草子さん:2007/03/16(金) 16:09:31
俺はヲタクではないが、映画やドラマよりはアニメのほうが好きだな。
もちろんものによるけど。

ドラマとか映画は、実在の人物が架空の人物を演じるという時点で違和感を感じて感情移入できない。
キムタクのドラマとか役中人物としてじゃなくてキムタクとしてしか見れないし

196 :無名草子さん:2007/03/16(金) 17:18:57
>>195
(°Д°)ハァ?
(°Д°)ハァ?
(°Д°)ハァ?
(°Д°)ハァ?
(°Д°)ハァ?


197 :無名草子さん:2007/03/16(金) 17:49:48
演じるという行為自体は哲学的な問題を含んでいそうだけどね。

198 :無名草子さん:2007/03/16(金) 18:15:04
華麗なる一族とかもそうだけどドラマをみるくらいなら原作を読んだほうがいい


199 :無名草子さん:2007/03/16(金) 21:20:59
両方見たらいいじゃない
あるいは両方見なけりゃいいじゃない

200 :無名草子さん:2007/03/16(金) 22:28:22
アニメに関しては
俺もだ
サブカル的なものは好きだけど
アニメにはまったく興味ない
「ちょっとマニアなジャンル」みたいなのは好きなんだけどね

201 :無名草子さん:2007/03/16(金) 22:45:49
ここでずっとアニメ話が出てるが新書との関連で書けば、
重度の新書読みは相対的にフィクションに関心のない人間が多いのではないか。
岩波文庫でも赤、緑は少なくて青、グレーが多いというような。
自分は広い意味でノンフィクションは好きだけど、
フィクションは関心が低いかな。作り話よりはホントのことが知りたいと。
これは男に多い傾向か

202 :無名草子さん:2007/03/16(金) 22:48:45
意味わかんないから話題変えて

203 :無名草子さん:2007/03/16(金) 22:54:49
>>201
その分析はおまいの中の人のことで
必ずしも一般的ではない。
俺も重度の新書読みだが
フィクション読む合間に読んでる。

204 :無名草子さん:2007/03/16(金) 22:59:32
>>201
確かに小説は中高生の頃にはかなり読んでたが、だんだん減ってきたな。
今でも多少は読むが。
やっぱり現実と付き合わなきゃいけない、という気持ちが強くなるからかね。

205 :無名草子さん:2007/03/16(金) 23:40:02
>>203
逆を言いたくてしょうがないようだな

206 :無名草子さん:2007/03/17(土) 00:13:26
自分は「読書力」に釣られた口だから、
岩波文庫の赤にはかなりお世話になったけどなあ。

207 :無名草子さん:2007/03/17(土) 00:57:24
ほんとに重度の新書読みは新書しか読まない

208 :無名草子さん:2007/03/17(土) 01:02:02
食事はサンドイッチばかりで

209 :無名草子さん:2007/03/17(土) 01:05:27
>>207
ほとんどトートロジーだそれ

210 :無名草子さん:2007/03/17(土) 01:24:20
新書しか読まない新書読みは新書しか読まない
っつか、選書読みに出世して金がねえ

211 :無名草子さん:2007/03/17(土) 13:34:51
>>206
『読書力』って自己啓発本みたいなもので、内容は空虚そのものだったけど、
この読み方は間違ってるのかな。

はじめて読んだ宮崎市定の『科挙』を超える新書体験(?)をしたことがない。
頭の悪い高卒でも読める楽しい新書ってあります?

212 :無名草子さん:2007/03/17(土) 14:29:58
>>211
岩波ジュニアの『砂糖の世界史』『フランス革命 歴史における劇薬』とか

213 :無名草子さん:2007/03/17(土) 18:33:07
中2病のすくつはここですか?

214 :無名草子さん:2007/03/17(土) 18:34:03
ようこそいらっしゃい

215 :無名草子さん:2007/03/17(土) 23:06:04
>>211
自分は本読むの好きだったけど、漱石・鴎外を(全集で)読んでないやつは精神的に向上心のない馬鹿だって
顔に書いてありそうなインテリぶった国語教師とか、同世代で本読んでる優等生とかと同類に見られたら嫌だって、
中二病ぽい妄想を抱いてたから、読書を無条件に肯定してくれてたのは嬉しかったのよ。

著者がCMで変な体操してるの見て萎えたけど。

久々に引っ張り出してみたけど、中身はともかく、巻末のリストは結構悪くないと思った。
「文学入門」とか教科書的なのも必要なんだろうけど、偏ってはいても硬軟取りそろえてあって、
そう本に慣れない人を読書に誘うようなものになってるじゃないかな。3分の1も読んでないけど。

216 :無名草子さん:2007/03/17(土) 23:55:21
>>193
呼んだか。
現代哲学も思想も社会学もゲームもアニメも好きな生物学屋だ。

217 :無名草子さん:2007/03/18(日) 00:25:59
幼児的全能感乙

218 :無名草子さん:2007/03/18(日) 00:31:21
ゲームやる人って、たとえニートでも基本的に勤勉な人じゃないかなぁ?
オレはかったるくてやる気しないな。

219 :無名草子さん:2007/03/18(日) 00:38:09
やりたいこと(ゲーム)はとことんやるが、やりたくないこと(仕事)はとことんやらないってことかも

220 :無名草子さん:2007/03/18(日) 00:55:32
新書ブームはいつから?

221 :無名草子さん:2007/03/18(日) 01:37:45
そりゃ、ちくまが参入して成功したのを見たその他大勢が参入した、
10年ほど前からだよ。

222 :無名草子さん:2007/03/18(日) 02:32:11
>>210
俺も選書とか社会科学系翻訳物のハードカバー読みになりたいよー

ただ金が無いというのもあるが、読みやすさ・携帯しやすさという面からも新書を漁る自分がいる
電車で読むもよし、寝転がりながら読むもよし、小型軽量、なおかつフレキシブル
新書と思えばドッグイヤーもつけ放題ってもんだぜ

223 :無名草子さん:2007/03/18(日) 03:16:05
>>219
>やりたいこと(ゲーム)はとことんやるが

 そんな気力もあるだけまし

>>222
>新書と思えばドッグイヤーもつけ放題ってもんだぜ
 今は殆ど借りているから出来ない。でも、本代が懸かって仕方
が無いのはどーして?

224 :無名草子さん:2007/03/18(日) 10:37:37
>>223
選書なら1.5倍、ハードカバーなら2倍の投資は覚悟しなきゃいけないでしょ、新書に比べて
地球温暖化がどうのこうのというなら、書籍はペーパーバックか新書か文庫に統一すればいいんだ

225 :無名草子さん:2007/03/18(日) 15:17:54
コリン・ジョイスのニッポン社会入門だったかな
新書というスタイルを絶賛してた
シンプルな装丁、低価格でポケットにも入る版型
内容も幅広いって

226 :無名草子さん:2007/03/18(日) 23:31:36
まあ日本がオリジナルじゃないんだけどなw

227 :無名草子さん:2007/03/19(月) 00:01:25
新書の起源は韓国

228 :無名草子さん:2007/03/19(月) 15:12:44
ニダー

229 :きのこ:2007/03/19(月) 21:03:14
石井政之著「肉体不平等」(平凡社新書)
 読みやすくて、すぐ読めたけど、結局身体コンプレックスを克服するためには、体を鍛えるとか一般的なことしか書いてなかった。
 ちょっと物足りなかった。僕みたいな童貞・包茎はどうすればいいのか。
 読んだ方、感想を聞かせてください。
 あと、私は関係者ではありません。

230 :無名草子さん:2007/03/19(月) 21:23:02
体を鍛えろよ

231 :無名草子さん:2007/03/19(月) 21:26:33
>>230
>僕みたいな童貞・包茎はどうすればいいのか。

これは、改善するのか?

232 :無名草子さん:2007/03/19(月) 21:34:25
三島由紀夫でも読んだほうが早いんじゃねーの
彼もコンプレックスがいっぱいあったみたいだし

233 :無名草子さん:2007/03/19(月) 21:46:08
かなりのタイトルを読んでる人がたくさんいそうなこのスレでちょっくら教えていただきたいのですが、
アイデアや発想、意識無意識、「バカ」などを扱った新書でオススメなものはありませんでしょうか?

本屋さんで立ち読みしたり、いくつか買って読んでみたけどいまいち何かを得た感が薄いのです。
もしくは新書でなくても、調度なにか知っている本がありましたら 紹介よろしくおねがいしあむ

234 :無名草子さん:2007/03/19(月) 21:54:13
挙げることももちろんできるが、その前にこれまでに何を読んで
どんな感想を持ったか書いてみて欲しい
そこからのほうがやりやすい

235 :233:2007/03/19(月) 22:13:30
なるほど、さっき書き込むときにそうしようとおもったんですが やはりそっちのほうがいいんですね
なかなか感想が言葉にならないけど とりあえず↓  少々おまちを
人は見た目が9割
知的創造のヒント
頭がいい人悪い人の話し方
バカの壁
無意識の構造
知的好奇心
感動をつくれますか?
考えないヒント
発想法 

236 :233:2007/03/19(月) 22:35:41
『人は見た目が9割』  日本人は無口なおしゃべり、良い間悪い間抜けてる間 のあたりが知りたいツボ
『知的創造のヒント』  まだあまり読んでないけど「着想は奇襲する」あたりが興味深い
『頭がいい人悪い人の話し方』  あんまり興味ない本でしたw
『バカの壁』  養老たけしさんの本はなぜか好きです、内容も無意識の発見 あたりがg
『無意識の構造』 ちょっとしか読んでないけど 無意識というのが深層心理の方向でかいているのでちょっとチガウかも
『知的好奇心』 「怠け者の社会的基盤」がつぼに近いかんじ 全体的に全てに通じる根本的な内容なので あと何回か読むと思う
『感動をつくれますか?』道は日本人の本質をついている のあたりがツボ付近、感性の肝、第一印象 などのキーワードもいい感じ
『考えないヒント』 これは この人の成功例みたいな感じで 自分には適用できないな感があった、けど神様にフェイントをかける などの言葉がツボだった
『発想法』  カワキダジロウさんの本だから買ってみたけど まだ読んでない、ぱっと見た感じ、こういう本はじっくりと何回も読むことになるとおもう

あんまり感想というものがかけないのだけど頑張ってみました、なんかこれ書くだけで一週間分の読書をした気分です。
系統の違う本もあるけど とりあえず上げてみました
こんなんじゃ意味なかったでしょうか   よろしくおねがいします

237 :233:2007/03/19(月) 22:43:12
あと 「99.9パーセントは仮説」 と「知性の磨き方」が読んでいる途中です。
仮説の本はおもしろいけど、、 知性の磨き方は林望さんの本で 物知りになってはいけない がいい感じ。「読書の幸福」の章におもしろそうなことがいっぱいありそう
総合的に『知性の磨き方』が今一番お得な本です

238 :無名草子さん:2007/03/19(月) 22:52:04
岩波新書の「西洋哲学史」ってどうですか?


239 :無名草子さん:2007/03/20(火) 00:04:57
KJだけで十分
これでアイディアが出ないならあきらめろ

240 :無名草子さん:2007/03/20(火) 00:59:11
リストに挙がって無くて自分が薦められるのは
立花隆『知のソフトウェア』
小浜逸郎『頭はよくならない』
スティーブン・ピンカー『心の仕組み』(上・中・下)
かな。特にスティーブン・ピンカーを時間をかけて読むといい

241 :233:2007/03/20(火) 01:42:43
>>239 ありがおつございます。
KJ法の本はまだちゃんと読んでないんでじっくり読んでみます、たしかにKJ法はおいそれとは把握し得るものではなさそうです。
今本当に興味を持って読んでみたらすごく根本に近い部分の話なんですね、これなしにアイデアがなんだとは語れませんね。
>>240
3冊もありがとうございます、頭はよくならない っていいキャッチですね。
知のソフトウェアは題名だけ見た覚えがあります、割と最近出た本でしょうか 探しやすそうです。
スティーブン・ピンカーの3冊は なかなか読み応えがありそうですね。さっき上げた本に「本が血肉になるとき」って所あったのでそこを熟読してからのほうがよさそうですね

5冊とも買うか、借りるか、立ちっぱなし読みするかして全部読んでみます。
どうもありがとうございます。

242 :無名草子さん:2007/03/20(火) 08:29:12
>>238
正直読み辛い。「古代から中世へ」は特に。
同傾向の本なら、平凡社ライブラリの「西洋古代・中世哲学史」を勧める。

243 :無名草子さん:2007/03/20(火) 11:09:18
>>238
分かりにくいよ。>>238が哲学書にだいぶ慣れてるならいいだろうけど、
そんなに慣れてるならあえて入門書なんて読まんでもいいだろという気もする。
ひらたくいって、熊野氏にはあんまり入門書向きの資質はないんじゃないかなと思う。

むしろ入門書だったら岩田靖夫『ヨーロッパ思想入門』(岩波ジュニア新書)がおすすめ。
これはとってもよい。
近代以前だけに限定すれば、>>242が挙げてるリーゼンフーバーのもいいとおもうけどね。

244 :無名草子さん:2007/03/20(火) 11:19:01
哲学入門には竹田青嗣も挙げていいと思う
新書で言えば『ニーチェ入門』、『哲学ってなんだ』あたり

245 :無名草子さん:2007/03/20(火) 11:20:16
竹田青嗣は哲学入門というより竹田青嗣入門になるからなあ。大好きだけどさ。
俺も>>242>>243をお勧めするよ。

246 :無名草子さん:2007/03/20(火) 11:22:23
「自分を知るための」哲学と哲学史は違うしね

247 :無名草子さん:2007/03/20(火) 11:26:31
学説史には学説史の本があるわな

248 :無名草子さん:2007/03/20(火) 11:38:31
一昨日アスキーの「電話代、払いすぎていませんか?」
を買ったんだがなかなか面白い。携帯について調べたことはないが携帯を使ってるって人に読んでみて欲しい

249 :無名草子さん:2007/03/20(火) 13:11:24
あらすじをドゾー

250 :無名草子さん:2007/03/20(火) 14:03:43
白血病の彼女に電話をかけすぎたって内容

251 :無名草子さん:2007/03/20(火) 15:20:59
「反戦軍事学」の林信吾、
某所で自作自演疑惑出ててエライ事になってるなw

252 :無名草子さん:2007/03/20(火) 19:16:28
近年まれにみる美しい自作自演だw

253 :無名草子さん:2007/03/20(火) 20:14:48
>>242-247
レスサンクス!
本屋で読み比べてみます

254 :無名草子さん:2007/03/20(火) 20:45:13
字幕屋は銀幕の片隅で日本語が変だと叫ぶ

面白かった。
軽い文体で読みやすいし、同意できる点も多かった。
ただ、所々年寄りの説教みたいになってるところがあって、そこはちょっと苦手だな。

255 :無名草子さん:2007/03/20(火) 20:58:55
新聞社ー失敗したビジネスモデル、でしたっけ!?
読んだ方いらっしゃいますか?
面白いんでしょうか?

256 :無名草子さん:2007/03/20(火) 21:27:40
>>233
意識無意識なら定番の「サブリミナル・マインド」と「意識とはなんだろうか」
をおすすめする。


257 :無名草子さん:2007/03/20(火) 21:53:48
なるほど、『西洋古代・中世哲学史』(平凡社ライブラリー)はよかった。
平凡社新書の八木雄二のを読んだけど、癖があって困っていました。
『ヨーロッパ思想入門』はもう定番ですね。242,243さん、ありがとう。

『新聞社』はいわば内部告発で、面白いですよ。

258 :無名草子さん:2007/03/20(火) 23:03:05
>>254
俺もちょうど今読了。
『字幕屋は銀幕の片隅で日本語が変だと叫ぶ』 太田直子(光文社新書)

面白くなかった。
ほぼ全面愚痴の嵐。同意できる点もあるけど 、一般常識の欠如も多い。
『明日に向かって撃て!』のように一斉射撃を浴びて蜂の巣にされるのはいやなので・・
なんて文章が平気で出てくるのは、なんとかならんのか。

259 :無名草子さん:2007/03/20(火) 23:52:14
>258
その文章の何がまずいの?

260 :無名草子さん:2007/03/21(水) 08:21:54
センスのない受け狙いっておれも嫌いだな。

261 :無名草子さん:2007/03/21(水) 10:26:23
>>257
八木雄二は知らないが青木雄二なら見たことがある

262 :無名草子さん:2007/03/21(水) 15:57:32

あのな。

263 :無名草子さん:2007/03/22(木) 21:50:13
新聞ダイジェストでも読んどけ!!

264 :無名草子さん:2007/03/23(金) 04:19:11
ちょっと地味だけど、若林幹夫の『郊外の社会学』(ちくま新書)
聞き飽きた「郊外批判」じゃなくて、結構いけると思うけど、どうですか。

265 :無名草子さん:2007/03/23(金) 17:22:31
ネタがないね
誰かレビュー書いて

266 :無名草子さん:2007/03/24(土) 21:41:09
ちくまの名著30は中公みたいにシリーズ化するのかな

267 :無名草子さん:2007/03/24(土) 22:23:01
岩波の幕末・維新でら最強!!

268 :無名草子さん:2007/03/25(日) 08:01:47
新書のレビューを頻繁にやってるサイトってある?
小飼弾のとこくらいしか知らない。

269 :無名草子さん:2007/03/25(日) 09:55:34
BK1で「小田中直樹」で評者検索するとたくさん出てくるよ
本人も書評ブログ持ってる経済史の先生
新書好きなら知ってる名前か

270 :無名草子さん:2007/03/25(日) 10:30:52
>>269
さんきゅー、ブログはみたことあったんだけど、BK1のは知らなかった。
BK1のが読みやすくていいね。

271 :無名草子さん:2007/03/25(日) 11:48:01
小田中は偏見、偏向が強すぎる。

272 :無名草子さん:2007/03/25(日) 11:53:49
>>271
そんなこたないだろ。ちょっと左寄りのリベラルって程度。
本当のサヨクなら文春新書なんて最初から読まないw
ただ経済史家のくせに広井良典やフランスのマクド破壊ジョゼ・ボヴェを絶賛してるな。
俺はジョゼ・ボヴェなんて最悪のバカとしか思えないんだが。
やっぱり、小田中はおフランス系の歴史学者だからね。

273 :無名草子さん:2007/03/25(日) 14:48:13
また広井批判きたー
どーいつじんぶつですか?

274 :無名草子さん:2007/03/25(日) 18:10:33
>>271のように偏見とか偏向とかやたら言いたがるのが精神の偏向したクズの特徴www

275 :無名草子さん:2007/03/25(日) 19:25:13
そもそも偏向していない書評など読みたくもない

276 :無名草子さん:2007/03/25(日) 19:37:37
実際のところ、偏向してない=意見が何もない
ってことだからな
分野ごとに数冊は読まないとまともに話はできないだろ

277 :無名草子さん:2007/03/25(日) 20:53:12
物理学上の意見を述べるのに偏向が必要だろうか。

278 :無名草子さん:2007/03/25(日) 20:59:40
扶桑社新書003「偽装国家〜日本を覆う利権談合共産主義〜」勝谷誠彦

購入してきた
表紙が派手だからカバーをどうするか聞かれる前に「カバーを」と言ってしまった
まだ電車の中で前書きしか読んでないが、目次を見るかぎり項目毎に綺麗にまとめてあるね
今から読みます

279 :無名草子さん:2007/03/25(日) 21:27:09
>>277
質問のための質問

280 :無名草子さん:2007/03/25(日) 21:38:31
本のタイトルを教えてください。

新聞の事について書かれてある本で、それによって2200万本

の木々が失われてるみたいなことを書いてる本です。

元毎日新聞の方が著者みたいです。

281 :無名草子さん:2007/03/25(日) 21:39:21
読む前にどの程度の偏向をしているのかわかってしまうと読む気にはならんだろ。
つまり、あまりにも単細胞な奴の本は読めんってこった。
勝谷なんか、タイトル見ただけで「なるほどネオリベ寄りのウヨクね」
とわかっちゃう。
ジャーナリスティックな興味は残るかも知れんけど。
護憲サヨク本とかでもタイトルの段階で「結論ありき」なのは普通読まないだろ。
最低限ドグマに対する懐疑がないとつまらんってこと。

282 :無名草子さん:2007/03/25(日) 21:43:24
>>279
切り返しのための切り返し乙

283 :無名草子さん:2007/03/25(日) 21:51:58
扶桑社新書ってとこからして極右変更確実だな。
左でも岩波のほうは極左から中道左派まである分いいや。

284 :無名草子さん:2007/03/25(日) 22:08:58
さながら釣り堀状態になってるようです
よい子は近づかないでください

285 :無名草子さん:2007/03/25(日) 22:41:33
>>280
お前その本の著者だろw
少なくとも無駄な改行はやめような

286 :無名草子さん:2007/03/25(日) 22:45:40
>>280

www乙ぅww

287 :無名草子さん:2007/03/25(日) 22:48:44
違います。今日テレビで勝谷が薦めてた本なんです。

タイトルは言ってなかった。

本を書く人がこんなごみだめに書き込みますか?

あなたたちと同じ凡人です。

288 :無名草子さん:2007/03/25(日) 22:50:30
2chに書き込みする著名学者結構知ってるがのう・・・

289 :無名草子さん:2007/03/25(日) 22:52:22
その番組か勝谷のスレで聞け馬鹿

290 :無名草子さん:2007/03/25(日) 22:53:30
勝谷のを読んだが右左と言うよりかは、日本国のことなかれ主義とその偽装を挙げてる感じかな
最終章では勝谷なりの解決策というか、こうしてはどうかというのも書かれてる
あまりこういうジャンルを読まないなら、上手くまとまってるから内容としては中々いいんでないかな
ただ利権談合共産主義という言葉が引っ掛かるね

扶桑社新書は今後も最低これくらいのクオリティは維持してほしい
ところで扶桑社新書って語呂がダサいから、まだ扶桑新書のが語呂も良かったんじゃね?

291 :無名草子さん:2007/03/25(日) 23:30:45
>>287
あれだろ、「たかじんのそこまで言って委員会」を見たんだろ

大半のリサイクルの真実は資源を無駄にしているとか、
地球温暖化で北極の氷が溶けても水位は上がらない、2〜3℃上昇しても南極の氷は溶けないとかのテーマの時の

292 :無名草子さん:2007/03/25(日) 23:39:02
僕はそこで偽装国家を知って読みました。

あの本はなんなんですかね。

293 :無名草子さん:2007/03/25(日) 23:54:30
>>277
お前物理勉強したことないだろw
ボーアとアインシュタインの論争の例は偏向vs偏向だと思うが?

294 :無名草子さん:2007/03/26(月) 00:04:08
>>293
それってどっちが勝ったの?
それで勝った方は偏向として後世につながるの?
文系に解説よろ

295 :無名草子さん:2007/03/26(月) 00:41:26
数学や物理の場合は最低限のコンセンサスが得やすいし、
いつかはとりあえずの決着がつくことを期待できるよな。
少なくとも反証可能性が担保されやすい。
宇宙論とかになると難しいが。
生物になると少し怪しくなる。ドーキンスVSグールドとか。
歴史や社会科学になると、まさしく偏向VS偏向で、
もう永遠に決着がつかない感じがする。

296 :271:2007/03/26(月) 01:32:01
俺のレスをきっかけにこんなに盛り上がるとはな。
>>274みたいな阿呆も釣れたしw

297 :無名草子さん:2007/03/26(月) 01:37:49
一言で英雄気取りだ

298 :無名草子さん:2007/03/26(月) 01:48:20
バタフライ効果乙

299 :無名草子さん:2007/03/26(月) 11:10:42
>>287
たかじんの番組で勝谷が紹介してたのだったら
新潮っぽいカバーで、元毎日新聞役員らしいので
新聞社―破綻したビジネスモデル (新書)
河内 孝 (著)
これじゃね?責任持てないけど


300 :無名草子さん:2007/03/26(月) 11:30:43
>>271=>>296
英雄のあなたに訊きたいんだが、小田中は書いてる本にしても書評にしても
自分の政治的立場の表明みたいなことにはかなり消極的だよな。
小田中あたりでもはや偏向だとしたら、あなたにとって偏向してない論者って誰なのか、わりと気になるのだが。
ぜひ教えてくれ。


301 :無名草子さん:2007/03/26(月) 11:43:41
釣れたって言ってるんだから最初から偏向してるなんて思ってないだろ
その話はこれくらいにしとけ

302 :無名草子さん:2007/03/26(月) 12:44:05
なんかそういう 「本の読み方」とか偏向なんやかんやの意見の持ち方について扱っている新書を知ってたら教えてプリーズ

303 :無名草子さん:2007/03/26(月) 13:13:37
>>302
クリティカルシンキング、リテラシー、政治的イデオロギー
を全部一冊で扱っているのは知らん。
部分的には
飯田泰之『ダメな議論』
仲正昌樹『ネット時代の反論術』
浅羽通明『右翼と左翼』
がそれぞれ不十分ながら面白く読める。
仲正と浅羽もある意味偏向した人だから、あまり真に受けない方がいいが。

304 :無名草子さん:2007/03/26(月) 13:21:50
だいたい自分を基準にして他人の「偏向」を糾弾する人自身が偏向した人だよねw
自分の偏向を自覚し、他人の偏向に寛容な人こそが偏向の少ない人だね。

305 :302:2007/03/26(月) 14:00:24
>>303
なるほど どうもありがとう

偏向してるかしてないかっていうのは何を基準にしてんの?
ぱっと見じゃないけど 第一印象というかなんというかは 偏向もくそもなくね? って感じたのだけれど。
間違ったこと、もしくは間違っている恐れのあることをさも正しい、共通認識であるかのように論じるのがダメなんじゃ、
あ そうか、それが偏向かw
「ダメな議論」を読んでみる必要がありそうです

306 :無名草子さん:2007/03/26(月) 15:10:57
左でも岩波のほうは極左から中道左派まである分いいや。
左でも岩波のほうは極左から中道左派まである分いいや。
左でも岩波のほうは極左から中道左派まである分いいや。
左でも岩波のほうは極左から中道左派まである分いいや。
左でも岩波のほうは極左から中道左派まである分いいや。
左でも岩波のほうは極左から中道左派まである分いいや。














307 :無名草子さん:2007/03/26(月) 15:20:30
偏向って自民党とか右の人達がよく使ってたけど
共産党とかは偏向って言葉使ってたのかな?

でも別に偏向するのは構わないと思う
偏向そのものを批判するより内容を批判するのが大事だら

308 :無名草子さん:2007/03/26(月) 15:23:28
>>307
なんでそこで訛るんだら。


309 :無名草子さん:2007/03/26(月) 15:25:52
>>307
別にいいら。

310 :無名草子さん:2007/03/26(月) 15:31:20
>偏向そのものを批判するより内容を批判するのが大事だら

 それを省略した椰子が専ら用いる用語。無論、信者以外には
何の事が判らないのが常だが

311 :無名草子さん:2007/03/26(月) 15:31:52
偏向も固定化されワンパターンになると飽きちゃうけどね。
結論が読めるから。

312 :無名草子さん:2007/03/26(月) 15:52:01
おまえら昼間っからいつものネタで盛り上がってバカだなw

313 :無名草子さん:2007/03/26(月) 18:10:16
午後三時は昼間?

314 :無名草子さん:2007/03/26(月) 18:32:17
今起床しますた。おはおーございまつ

315 :4月その1:2007/03/27(火) 18:57:17
■青春新書インテリジェンス(青春出版社)
2これだけ知れば10年OK パソコンの基本ワザ! コスモピアパソコンスクール/編 767
2「団塊の世代」は月14万円使える!? 山崎伸治 788
■ベスト新書(ベストセラーズ)
6ふるさとの城を歩く 斎藤正秋 819
6「いい言葉は人生を変える!」(仮) 佐藤富雄 788
6男は匂いで選びなさい 山元大輔 735
6好かれる人、嫌われる人の話し方 吉野真由美 720
6100文字でわかる心理学 渋谷昌三/監修 720
6ヒットの「色」じかけ 高坂美紀 756
■新書Modern Classics(洋泉社)
7戦国三好一族 天下に号令した戦国大名 今谷明 1785
7霊魂の民俗学 日本人の霊的世界 宮田登 1785
■新書y(洋泉社)
7教育大混乱 プロ教師の会/編 819
■ちくま新書(筑摩書房)
9歴史学の名著 30 山内昌之 819
9政治学の名著 30 佐々木毅 735
9哲学がはじまるとき 思考は何/どこに向かうのか 斎藤慶典 756
9靖国史観 幕末維新という深淵 小島毅 714
9こんなに役立つ数学入門 高校数学で解く社会問題 広田照幸 川西琢也 714
■ちくまプリマー新書(筑摩書房)
9詩に誘われて 柴田翔 798
9クリエイター・スピリットとは何か? 杉山知之 735

316 :4月その2:2007/03/27(火) 18:57:48
■生活人新書(NHK出版)
1010代からのがん予防 井上正樹 777
10食品不安 安全と安心の境界 橋本直樹 735
10お父さんのための携帯電話ABC 法林岳之 735
■角川oneテーマ21(角川書店発行/角川グループパブリッシング発売)
10徳川慶喜家 江戸城の旅 徳川慶朝 680
10官僚とメディア 魚住昭 756
10護憲派の一分 土井たか子 佐高信 756
■中公新書ラクレ(中央公論新社)
10日韓つっぱり力 渡部昌平 756
10がんのウソと真実 医者が言いたくて、言えなかったこと 小野寺時夫 798
10大学入試の戦後史 受験地獄から全入時代へ 中井浩一 798
■平凡社新書(平凡社)
10差別原論 好井裕明 798
10モナ・リザは妊娠中? 中川素子 903
10知らないと怖い高血圧 藤田敏郎 735
10大腸の健康法 松生恒夫 777
■アスキー新書(アスキー)
11挫折なしで英会話ができる「英語耳」9つの法則 松澤喜好 756
11ウェブ仮想社会「セカンドライフ」 ネットビジネスの新大陸 浅枝大志 756
■朝日新書(朝日新聞社)
13受験勉強は役に立つ和田秀樹 735
13国家は僕らをまもらない 田村理 756
13脳によく効く栄養学 ボケたくなければ肉を食え 高田明和 756
13安全・快適エアラインはこれだ 藤石金彌 756
13視聴率の正しい使い方 藤平芳紀 756
■健康人新書(廣済堂出版)
13足もみツボ療法ハンドブック 五十嵐康彦 840

317 :4月その3:2007/03/27(火) 18:58:26
■新潮新書(新潮社)
16小林秀雄の言葉(仮) 新潮社/編 756
16高層難民 渡辺実 714
16できる会社の社是・社訓 千野信浩 714
16本能の力 戸塚宏 714
■サイエンス・アイ新書(ソフトバンククリエイティブ)
16がんの仕組みと最新医療 多田光宏 945
16ケータイはどう進化するのか? 山路達也 945
■ソフトバンク新書(ソフトバンククリエイティブ)
16できる人の「書きかた」「話しかた」 吉野秀 735
16はじめての中国語「超」入門 相原茂 788
■PHP新書(PHP研究所)
16神道の常識がわかる小事典(仮) 三橋健 840
16インフォドラッグ(仮) 生田哲 756
16嫌われたくない症候群(仮) 加藤諦三 756
16授業の技法(仮) 吉田新一郎 岩瀬直樹 756
16日本の軍備戦略(仮) 岡崎久彦 756
■光文社新書(光文社)
17ざっくり分かるファイナンス 石野雄一 735
17トンデモ科学報道 松永和紀 735
17ハラスメントは連鎖する 安富歩 735
17食い逃げされてもバイトは雇うな 山田真哉 735
■集英社新書(集英社)
17知っておきたい認知症の基本 川畑信也 714
17越境の時 一九六〇年代と在日 鈴木道彦 735
17田舎暮らしができる人できない人 玉村豊男 672
17謎解き 広重「江戸百」 原信田実 1155
■PHPビジネス新書(PHP研究所)
18プロフェッショナル進化論(仮) 田坂広志 840
18キャリアの磨き方(仮) 大前研一 840
18伝える力(仮) 池上彰 840
18経営セオリーを疑え!(仮) 遠藤功 840

318 :4月その4:2007/03/27(火) 18:59:07
■講談社+α新書(講談社)
19人が集まる!行列ができる!講座、イベントの作り方 牟田静香 735
19「見えないテロ」 −NBCR テロから身を守る方法 NBCR対策推進機構 840
19絶対にリバウンドしない! 抗ストレス・ダイエット 生田哲 880
19悪女たちの残酷史 岳真也 880
19古戦場 敗者の道を歩く 下川裕治/著・編『週刊ヴィジュアル日本の合戦』編集部/監 840
■岩波新書(岩波書店)
20大正デモクラシー シリーズ日本近現代史(4) 成田龍一 819
20親米と反米 戦後日本の政治的無意識 吉見俊哉 819
20少子社会日本 もうひとつの格差のゆくえ 山田昌弘 777
20アラビアンナイト 文明のはざまに生まれた物語 西尾哲夫 819
20カラー版 ブッダの旅 丸山勇 1050
20四字熟語ひとくち話 岩波書店辞典編集部/編 714
■岩波ジュニア新書(岩波書店)
20ウェブがわかる本 大向一輝 987
20紙芝居は楽しいぞ! 鈴木常勝 882
■KAWADE夢新書(河出書房新書)
20日本人なら知っておきたい「和」のふるまい しきたり、
作法、しぐさ…に秘められた“日本人のこころ”を探る(仮) 藤野紘 756
■近代文芸社新書(近代文芸社)
20オートポイエーシスの教育 山下和也 1155
■講談社現代新書(講談社)
20鉄道ひとつばなし(2) 原武史 777
20思いやりの日本人 佐藤綾子 735
20物理学者、ゴミと闘う 広瀬立成 777
2050年前の憲法大論争 保阪正康/監 777
20なぜ日本人は劣化したのか 香山リカ 735
■ブルーバックス(講談社)
20新しい薬をどう創るか 京都大学薬学部/編 903
20大人のための算数練習帳 中学入試編 佐藤恒雄 903
20絵で見る物質の究極 江尻宏泰 903
20現代免疫物語 岸本忠三 中嶋彰 945

319 :4月その5:2007/03/27(火) 18:59:52
■文春新書(文藝春秋)
20昭和史入門 保阪正康 777
20短歌博物誌 樋口覚 788
20中国経済おそろし小咄集 田代秀敏 788
20乾隆帝 その政治の図像学 中野美代子 809
20斎藤佑樹くんと日本人 中野翠 788
■祥伝社新書(祥伝社)
21ビジネスマンが泣いた「唐詩」一〇〇選 佐久脇 798
21世界金融経済の「支配者」 東谷暁 788
21これだけで病気にならない 顔と口を大切にする医学 西原克成 777
21江戸の躾と子育て 中江克己 777
21患者漂流 もうあなたは病気になれない 中野次郎 788
21「夕張問題」 鷲田小弥太 777
■中公新書(中央公論新社)
25小泉政権 「パトスの首相」は何を変えたのか 内山融 819
25不況のメカニズム ケインズ『一般理論』の新たなメカニズム 小野善康 819
25私たちはどうつながっているのか ネットワークの科学を応用する 増田直紀 819
25核爆発災害 そのとき何が起こるのか 高田純 819
■文庫クセジュ(白水社)
中旬現代中央アジア イスラム、ナショナリズム、石油資源 オリヴィエ・ロワ 斎藤かぐみ/訳 999

320 :無名草子さん:2007/03/27(火) 20:40:52


■ちくま新書(筑摩書房)
歴史学の名著 30 山内昌之 819
靖国史観 幕末維新という深淵 小島毅 714
■岩波新書(岩波書店)
大正デモクラシー シリーズ日本近現代史(4) 成田龍一 819
■文春新書(文藝春秋)
乾隆帝 その政治の図像学 中野美代子 809
■中公新書(中央公論新社)
小泉政権 「パトスの首相」は何を変えたのか 内山融 819

あたりが面白そう。逆に
■角川oneテーマ21(角川書店発行/角川グループパブリッシング発売)
護憲派の一分 土井たか子 佐高信 756
■講談社現代新書(講談社)
20なぜ日本人は劣化したのか 香山リカ 735

この辺はダメ臭がする…

321 :無名草子さん:2007/03/27(火) 20:44:10
>>315
いつも乙です。
来月はこれが読みたい。

 なぜ香山リカは劣化したのか 735



322 :無名草子さん:2007/03/27(火) 20:47:58
渡辺喜美「金融商品取引法」(文春新書)

なかなかイイ!
ブレーンが優秀なのだろうか非常に読みやすく
立法経緯からやさしく説明しているのでわかりやすい
難点は各章の扉がとても品がないことくらいだなw

これを読み終えて日経文庫の黒沼悦郎氏の金融商品取引法入門
を読むといいだろう



323 :無名草子さん:2007/03/27(火) 21:44:28
ちくま、岩波、中公が頑張ってるな。
新参はどうしようもないw

324 :無名草子さん:2007/03/27(火) 21:55:30
今月はちくまがいい感じですね。
香山リカは誰か止めてほしい。

325 :無名草子さん:2007/03/27(火) 22:26:13
ずばり、これが面白いだろう。

本能の力 戸塚宏


326 :無名草子さん:2007/03/27(火) 22:41:32
7霊魂の民俗学 日本人の霊的世界 宮田登 1785

いいね。
しかし新書って値段じゃねーぞ!

327 :無名草子さん:2007/03/27(火) 22:50:15
香山リカが劣化したって、最初から劣ってるだろ。

328 :無名草子さん:2007/03/27(火) 22:57:38
ネットだけで本読まない連中は確実に劣化してるけどな。
読書が庶民の娯楽で底辺が広かった時代に比べると、確実に底上げが効かなくなってる。

329 :無名草子さん:2007/03/27(火) 23:13:24
テキストをお金出して買ってる人はそれだけ自分に返ってくるよ

330 :無名草子さん:2007/03/27(火) 23:25:47
ちくまがいい感じだなあ。

331 :無名草子さん:2007/03/27(火) 23:52:00
最近の小島毅さんはどうしちゃったんだろう

332 :無名草子さん:2007/03/28(水) 00:01:26
■講談社現代新書(講談社)
20なぜ日本人は劣化したのか 香山リカ 735

福田和也の真似か?つかこんな本出すまでに講談社も劣化したのか・・・。

333 :無名草子さん:2007/03/28(水) 00:06:34
香山リカって女版 中谷彰宏みたいだね

334 :無名草子さん:2007/03/28(水) 00:11:36
祥伝社新書の 「野球」県民性という本を読んだ。
買うのは薦めないけど、立ち読みくらいならいいかなとは思う。
プロ野球好きな人なら読んでも損はないかな。

>本能の力 戸塚宏
戸塚さんって、あの体罰かなんかのヨットスクールの人ですよね?

「斎藤佑樹くんと日本人」気になるな。
斎藤佑樹を扱うのは分かるが、なぜ日本人なのかな?気になります
まぁ、そんなにはというか売れないとは思うけどw



335 :無名草子さん:2007/03/28(水) 01:48:51
香山リカってそんなにダメかね。ダメだよな。
数年前にマネージャーを変えて、「このたびは香山リカにご用命いただき、
ありがとうございます」みたいなFAXが来るようになって、マーケティングや
仕事の取り方がうまくなって、さらに売れるようになったみたいだね。

336 :無名草子さん:2007/03/28(水) 08:26:39
>334
そう、戸塚ヨットスクールのひと。
昨年、出所してきたばかり。w

337 :無名草子さん:2007/03/28(水) 10:03:55
>本能の力 戸塚宏

早くも今年のトンデモ本大賞にノミネートだな

338 :無名草子さん:2007/03/28(水) 10:21:01
お前読んだのかよ
とりあえず読んでからそうゆうこと言おうな

339 :無名草子さん:2007/03/28(水) 10:38:09
 しかし新潮は上手いなあ。戸塚氏はマスコミ表層では散々叩かれたが石原都知事のような擁護者もいる。
http://www.sensenfukoku.net/mailmagazine/no46.html
 
 サイレントマジョリティはどうなのかなあと興味はある。
 

340 :無名草子さん:2007/03/28(水) 10:48:40
体罰叩きって見た目でわかりやすいから簡単だよな
PTAでもわかるw

341 :無名草子さん:2007/03/28(水) 11:13:20
 一応リンク先も読んでコメントしてね。

342 :無名草子さん:2007/03/28(水) 11:47:23
>>339
精神主義者で体罰で刑務所でさらに石原に支持されるってどんだけベタなんだよw

343 :無名草子さん:2007/03/28(水) 11:52:01
>21「夕張問題」 鷲田小弥太 777
こんなインチキ野郎にこんな重要な問題を書かせるなや。

344 :無名草子さん:2007/03/28(水) 11:53:10
そういえば、なぜか中国って体罰禁止らしいお(「ワイルド・スワン」参照)

345 :無名草子さん:2007/03/28(水) 11:54:28
鷲田は北海道出身だっけ?

346 :無名草子さん:2007/03/28(水) 11:55:14
>>343
しかし世の中には名前買いする人間がいるってもんだから恐ろしい

347 :無名草子さん:2007/03/28(水) 11:57:38
 イイカラ、固定観念で突っ走ってください。
 そう、体罰・死亡・・・戸塚は右翼や、人民の敵や!

348 :無名草子さん:2007/03/28(水) 12:08:28
戸塚はイデオロギー以前の問題。

349 :無名草子さん:2007/03/28(水) 12:16:30
戸塚ってのは右翼とか人民の敵とかいうよりも、
オウム真理教と同じなんだよ発想が。
本人はオウムの対極をやってるつもりなんだろうけど。


350 :無名草子さん:2007/03/28(水) 12:25:21
>>348-349
スクールの生徒さん?

351 :無名草子さん:2007/03/28(水) 12:57:22
小野善康キタコレ

朝日新書は早くも腐臭が漂ってるなw

352 :無名草子さん:2007/03/28(水) 13:00:54
朝日は、分社化→リストラ→消滅、の方向でしょ。

353 :無名草子さん:2007/03/28(水) 13:00:58
>>339
脳幹が云々ってそれゲーム脳と完全に同じ発想だろ

354 :無名草子さん:2007/03/28(水) 13:09:26
まぁ日本の脳科学者が怪しいのが多いから、戸塚だけを責められん。
澤口とか茂木とか。
戸塚は養老孟司のお墨付きももらってるしね。

355 :無名草子さん:2007/03/28(水) 13:17:49
>>354
澤口も茂木もただのタレント学者。
養老に至っては脳科学者ですらない(解剖学者だ)し、大した実績もないぞ。

356 :無名草子さん:2007/03/28(水) 15:52:53
池谷さんは何か好きだな
ちゃんと研究してる感じがする

357 :無名草子さん:2007/03/28(水) 16:39:03
学問の世界で感じとかやめて〜

358 :無名草子さん:2007/03/28(水) 18:11:10
池谷も啓蒙活動はホドホドにしとかないと危ないぞ。

359 :無名草子さん:2007/03/28(水) 18:20:32
>>356
わかるわかる。
茂木は胡散臭い。

360 :無名草子さん:2007/03/28(水) 21:01:51
香山は岩波新書(『いまどきの「常識」』)とPHP新書(『貧乏クジ世代――この時代に生まれて損をした!?』)の
両方に書いてるけど、どっちも両新書のダメな部分を抽出したような本だったしなぁ

361 :無名草子さん:2007/03/28(水) 21:12:09
>>315
幻冬舎新書と扶桑社新書が入ってねぇぞヴォケ

362 :無名草子さん:2007/03/28(水) 21:31:17
>>5のサイトが載っけてないんだからしょうがない
自分で情報持ってくるのめんどくさいでー

363 :無名草子さん:2007/03/28(水) 21:54:33
>>361
まあ、その二つなら入っていなくても然程困らないだろ

364 :無名草子さん:2007/03/28(水) 23:52:18


365 :無名草子さん:2007/03/29(木) 02:17:34
茂木ってはっきり言ってオカルトでしょ。
あれを信じちゃうおっさんは怖いものがある。

366 :俺様用メモ:2007/03/29(木) 03:54:56
アラビアンナイト 文明のはざまに生まれた物語 西尾哲夫 819 岩波
新しい薬をどう創るか 京都大学薬学部/編 903 ブルー
絵で見る物質の究極 江尻宏泰 903 ブルー
乾隆帝 その政治の図像学 中野美代子 809 文春
世界金融経済の「支配者」 東谷暁 788 祥伝社
中旬現代中央アジア イスラム、ナショナリズム、石油資源 オリヴィエ・ロワ クセジュ

>>361
探してきて「4月その6」として貼れ。俺様の命令だ。


367 :無名草子さん:2007/03/29(木) 10:15:11
4月分は不明。とりあえず3月分を掲載しておくが、もうやんね。

◆扶桑社新書
親より稼ぐネオニート 今一生
亡食の時代 産経新聞「食」取材班
「脱・談合知事」田中康夫 チームニッポン特命取材班 
だめんず症候群 倉田真由美 
偽装国家 勝谷誠彦 
留学で人生を棒に振る日本人 栄陽子
大阪人はなぜ振り込め詐欺に引っかからないのか 竹山隆範
松井秀喜のリハビリ125日“戦争” 久保木善浩
女房を質に入れるといくらになるのか? 永野良佑 
スキミング 松村喜秀

◆幻冬舎新書
頭がいい人のゴルフ習慣術 小泉十三
会社を辞めるのは怖くない 江上剛
金正日の愛と地獄 エリオット J.シマ
義理と人情――僕はなぜ働くのか みのもんた
狂った裁判官 井上薫
戦国軍師入門 榎本秋
少数精鋭の組織論 斉須政雄
裁判官の爆笑お言葉集 長嶺超輝
日本はなぜ世界で一番クジラを殺すのか 星川淳
心を開かせる技術――AV女優から元赤軍派議長まで 本橋信宏

368 :無名草子さん:2007/03/29(木) 12:07:09
うん、やっぱり必要ないな

369 :無名草子さん:2007/03/29(木) 12:27:03
大阪人はなぜ振り込め詐欺に引っかからないのか 竹山隆範


なぜ竹山が・・・


370 :無名草子さん:2007/03/29(木) 15:02:27
みのw新書出してたんだ

371 :無名草子さん:2007/03/29(木) 15:22:36
最近はエッセイでも新書で出す時代なんだな
数は増えても中身は薄くなっていく一方だ

372 :無名草子さん:2007/03/29(木) 16:09:46
新書ってのは硬派なイメージがあったんだが、最近はえげつなく軽くなったんですな

373 :無名草子さん:2007/03/29(木) 16:15:41
右翼思想が広がってます

374 :無名草子さん:2007/03/29(木) 17:18:03
>>372みたいなのは300レスに一回は出てくるから意味ないな

375 :無名草子さん:2007/03/29(木) 17:39:13
タレント新書ってジャンルが出来つつありますね
松井の本も売れてるわけだし

376 :無名草子さん:2007/03/29(木) 17:52:46
>>367
扶桑社ファンにとっては物足りないな。
黄先生の著書だして!

377 :無名草子さん:2007/03/29(木) 18:01:37
タレント新書なんて永六輔のもそうじゃん。
「最近は」とかカマトトぶるんじゃねぇよ。

378 :無名草子さん:2007/03/29(木) 18:02:56
>>374
それをスルーせずに構ってるレスはそうそうないがな

379 :無名草子さん:2007/03/29(木) 19:06:44
永六輔はタレントではあるが、もともと放送作家だから一応文化人に入るんじゃね?

380 :無名草子さん:2007/03/29(木) 21:14:34
カマトト関係ねえww


381 :無名草子さん:2007/03/30(金) 00:43:38
>>376
黄文雄先生に出してほしいな

勝っちゃんは内容は良かったけど、全体的に面白くなかった
内容がいいだけに物足りない

382 :無名草子さん:2007/03/30(金) 00:44:29
>>379
放送作家を作家だと思ってるのか?

383 :無名草子さん:2007/03/30(金) 01:18:38
シルヴィオ・ピエルサンティ『イタリア・マフィア』読了。
おもろい。犯罪ピカレスク小説みたいに気軽に読める。
マフィアの凶悪さと政治家の腐敗ぶりは笑える。
日本でもヤクザは警察や政治家と癒着はしているが、
一応、警察の方が強いだけマシだと思った。
同和利権や宗教利権がらみで暗殺ぐらいはちょこちょこあるけど、
マフィアの場合、検事や判事まで平気で爆殺するところが一味違う。

384 :無名草子さん:2007/03/30(金) 01:54:44
イタリアンマフィアというと
なんといっても映画『ゴッドファーザー』のイメージが刷り込まれていて、
あまり悪い印象がないんだけど、実態を知るとあまりの凶悪さに腹が立ってくるw

385 :無名草子さん:2007/03/30(金) 02:46:12
>>382
一応作家だろ

386 :無名草子さん:2007/03/30(金) 03:28:16
>>385
名前はなw

387 :無名草子さん:2007/03/30(金) 11:05:13
新書ってもはやサイズを指すだけだな。
軽い単行本はすべて新書サイズで出すって感じ。


388 :無名草子さん:2007/03/30(金) 18:15:20
今まで読んだ中で、これは良い!というような新書あるかい?
完成度の高いものいくつか紹介して
ジャンルは問いません

389 :無名草子さん:2007/03/30(金) 18:20:04
>>388
もう少し限定して問うてくれないと無理。

390 :無名草子さん:2007/03/30(金) 18:21:32
サブリミナル・マインド
経済学的思考のセンス
大衆教育社会のゆくえ


391 :無名草子さん:2007/03/30(金) 18:23:45
話題が広すぎw

392 :無名草子さん:2007/03/30(金) 19:30:23
PHP新書に読みたい本がいくつかあるのだが、どこの本屋にも欲しい本に
限って置いていない。なぜPHP新書の取り扱いが小さい?

393 :無名草子さん:2007/03/30(金) 20:06:08
教養新書好みの書店からは「ケッ、PHPなんか」と排斥され、
売れ線主義の書店からは「ああPHP?売れないねぇ〜」と排除されるから。

394 :無名草子さん:2007/03/30(金) 22:11:39
>>388
対象広すぎだろw

最近読んだ中では中公の日中十五年戦争史が良かった。
タイトルで反感持つ人もいるだろうが、当時の戦争の背景をかなり中立的に記載しているよ。

395 :無名草子さん:2007/03/30(金) 22:42:51
>>388に関しては
とりあえず、自分が読んでいいと思ったやつを挙げれば良いと思う

MLBが付けた日本人選手の値段(講談社+α新書)
なぜ若者は3年で辞めるのか(光文社新書)

396 :無名草子さん:2007/03/30(金) 22:57:38
あずまんのゲームの奴が絶賛されてる↓
http://d.hatena.ne.jp/odanakanaoki/20070328#p1

しかし、小田中氏のレビュー見てもやっぱり読む気にならん。
どこが「面白りゃ〜」なんだ?
このスレの人で読んだ人いたら報告よろ。

397 :無名草子さん:2007/03/30(金) 23:01:21
論より詭弁

面白かった。

立場が違うものから言えば
だいたい全て「詭弁」なんだから、
「詭弁」かどうか気にするより
頑張って相手を説得しろという
自分に足りない部分だなあ、と。

398 :無名草子さん:2007/03/31(土) 00:23:07
>>397
オレもそれ読み終わったばかりだが、
かなり期待はずれだったなぁ。
著者の立ち位置が混乱していて良くわからない。
「詭弁のどこが悪い」というアイロニカルな開き直りというわけでもない。
形式論理が日常的な場面では通用しないというのは誰でも知ってることだし。
詭弁と論理との判別はそれほど自明ではない、
というところをもう少しわかりやすく説明できなかったのかな。
ヴィドゲンシュタインの言語ゲーム論でも持ち出してくればもっとまとまったかもな。
これなら仲正の『ネット時代の反論術』の方が明晰。

399 :無名草子さん:2007/03/31(土) 00:29:19
>397 無名草子さん sage New! 2007/03/30(金) 23:01:21
>論より詭弁

>面白かった。


これタイトルのことを言ってるとは思わなかった。>>398がレスつけてて気づいた
『論より詭弁』ならもちろん理解したが

400 :無名草子さん:2007/03/31(土) 01:05:26
>>399
スマヌ。分かりにくい書き方をしちまった


>>398
>著者の立ち位置が混乱していて良くわからない。
確かに、「で、いいの?悪いの?」ってのは
ハッキリしてなかったなあ。

>これなら仲正の『ネット時代の反論術』の方が明晰。
これも欲しいと思ってる。面白そうだから。
実用的だし(何に?)

もう読んだのかも知らんけれど、
『論より〜』と同じ著者香西の
『議論術速成法』(ちくま新書)はもっと具体的で面白かった。
色んな人の文章の引用から論の型をあげつらねてて、
自分に合うものを盗めっていう内容。
呉智英の文章とかが紹介されてた。
ネタかぶりはあったけど

>ヴィドゲンシュタインの言語ゲーム論でも持ち出してくればもっとまとまったかもな。
俺には敷居が高そうだ。

401 :無名草子さん:2007/03/31(土) 04:30:20
>>388
岡義武『山県有朋』
佐藤卓巳『言論統制』
高坂正堯『国際政治』
中西寛『国際政治とは何か』

402 :無名草子さん:2007/03/31(土) 10:19:02
なるべく簡単に読めて、面白くてためになる新書

谷岡一郎『「社会調査」のウソ』(文春新書)
村上陽一郎『新しい科学論』(講談社ブルーバックス)
永井均『子どものための哲学』(講談社現代新書)
加藤尚武『応用倫理学のすすめ』(丸善ライブラリー)
小浜逸郎『「弱者」とはだれか』(PHP新書)
山本雅男『ヨーロッパ近代の終焉』(講談社現代新書)
橋爪大三郎『はじめての構造主義』(講談社現代新書)
最上敏樹『人道的介入』(岩波新書)
岡田暁生『西洋音楽史』(中公新書)



403 :無名草子さん:2007/03/31(土) 10:53:02
>>388です

ウェブ進化論、進化しすぎた脳、会社法入門
が、どれも未知の分野にも関わらずとても面白かったので
もっと色々な分野の本も読んでみたいと思い、お尋ねしました

説明不足だったのに、たくさん紹介してくれてありがとうございました

面白そうなのが結構挙がってるので早速探してみます

404 :無名草子さん:2007/03/31(土) 12:47:50
>>402
>橋爪大三郎『はじめての構造主義』(講談社現代新書)
これはいいなあ。
構造主義の初歩の初歩だけど
いちばん根っこの部分が感覚で理解できる。

405 :無名草子さん:2007/03/31(土) 14:46:01
新学期になったら
また一日に1レスとかの過疎スレに戻れるのだろうか

406 :無名草子さん:2007/03/31(土) 14:59:19
>>402

> 橋爪大三郎『はじめての構造主義』(講談社現代新書)

これはだいぶ前によんだな。
内田樹のと合わせて、初歩をおさえるのにいい。
ソシュールやデリダはその後おれの専門に深く関わることがわかった。

> 岡田暁生『西洋音楽史』(中公新書)
これもよかった。
音楽史ではなく、理論だと岩波の芥川也寸志「音楽の基礎」がいいね

407 :無名草子さん:2007/03/31(土) 15:22:03
講談社って新書も高いんだな・・・

408 :無名草子さん:2007/03/31(土) 18:17:38
 佐伯啓思の一連の新書が好きだ。

409 :無名草子さん:2007/03/31(土) 20:40:52
「無限論の教室」も良いよ。

410 :無名草子さん:2007/03/31(土) 22:02:53
>>409 良いね、無限論の教室。

自分がオススメを挙げるとすれば、
科挙
英仏百年戦争
ハプスブルク家
物語 イタリアの歴史
ドイツ史10講

411 :無名草子さん:2007/03/31(土) 22:19:31
世界史ばっかやんかぁ

412 :無名草子さん:2007/04/01(日) 00:45:17

中国の大盗賊・完全版(講談社)
福沢諭吉の真実(文春)
新書江戸時代1〜5(講談社)
歴史とは何か(岩波)
外国語上達法(岩波)
森田療法(講談社)

森田療法は作者の状況に泣ける。

413 :無名草子さん:2007/04/01(日) 00:55:57
「気違い」入門

414 :無名草子さん:2007/04/01(日) 01:22:43
遠山啓『無限と連続』(岩波新書、1952)
清水博『生命を捉えなおす』(中公新書、1978)
山口昌哉『カオスとフラクタル』(講談社ブルーバックス、1986)

415 :無名草子さん:2007/04/01(日) 03:08:25
ハプスブルク家買って読んでなかったのを忘れていて、ブックオフでもう一度
買ってしまった俺・・・・。

416 :無名草子さん:2007/04/01(日) 03:24:16
>>415
気づくうちはまだまだ甘い。
プロは気づかずに同じ山に積んで大掃除のときに愕然とする。

417 :無名草子さん:2007/04/01(日) 20:43:27
新潮新書を2冊、本日読了
「朝鮮総連」
著者は元朝鮮総連の活動家だが、戦後の朝鮮人運動、北に隷従する総連の実態を告発している。
記述は客観的で面白い。
「日本共産党」
同じく告発モノで、それなりに楽しめるが、党中央の暴露の部分は
「俺だけはおかしいと思っていた。」的な自己正当化・英雄化が多く、
どこまで信じたらいいのか悩む。

418 :無名草子さん:2007/04/01(日) 21:15:49
ふん、新書じゃないけど同じ本3冊買ったことがあるぞ
全部別装丁。整理の時に初めて気づいた。

419 :無名草子さん:2007/04/02(月) 09:29:15
「山本勘助は何者か」祥伝社

勘助については諸説ありすぎだな。
でも、勘助はちゃんといたし、それなりの存在感があったらしいことが分かってよかった。

学会の権威になるものの弊害を感じる。


420 :無名草子さん:2007/04/02(月) 23:07:02
なんでお前らは著者名を書きませんか

421 :無名草子さん:2007/04/02(月) 23:14:40
ここは華麗にスルー

422 :無名草子さん:2007/04/02(月) 23:40:55
丸山真男『日本の思想』(岩波新書)みたいな書式に統一してくれ。


423 :無名草子さん:2007/04/02(月) 23:48:19
テンプレ作って>>1に入れときゃいいんだよ
使うか使わないかは任せる形で

【タイトル】
【著者】
【出版社】
【備考】

はい、完成
>>422さんから使ってネ

424 :無名草子さん:2007/04/03(火) 00:09:20
いやータイトルと著者と出版社で3行も使うの無駄だし。

425 :無名草子さん:2007/04/03(火) 00:53:10
さあ自治厨がやってまいりました

426 :無名草子さん:2007/04/03(火) 10:58:39
>>425
仕切りたがりと言った方がいいんジャマイカ?

427 :無名草子さん:2007/04/03(火) 11:16:45
これでどう?

「タイトル」著者(○○新書)



428 :無名草子さん:2007/04/03(火) 11:20:00
オレ様はず〜っと、著者『タイトル』(出版社)の順だ。
変える気は毛頭ない!!!!!!!11

429 :無名草子さん:2007/04/03(火) 19:14:46
勝手にすればいいじゃん

430 :無名草子さん:2007/04/03(火) 19:16:16
うn

431 :無名草子さん:2007/04/03(火) 19:49:05
脳科学の本っていくつか出てるがどこまで信用していいの?

432 :無名草子さん:2007/04/03(火) 19:56:33
本と言うのは信用するために読むのではなく、疑問をもつために読むのですよ

433 :無名草子さん:2007/04/03(火) 21:12:53
>>432がもっともらしいこと言った!

434 :無名草子さん:2007/04/03(火) 23:35:42
〜そして伝説へ〜

435 :無名草子さん:2007/04/04(水) 00:26:56
茂木健一郎などのようなタレント化した学者を見てると、
ゴーゴリの『肖像画』という中篇小説を連想する。

436 :無名草子さん:2007/04/04(水) 00:31:43
キモスw

そうゆうレス求められてないよ〜

437 :無名草子さん:2007/04/04(水) 04:49:33
大学の卒論程度の論文をまともに書いたことがある人なら、
>>428 みたいなやり方を普通の思いつくはず。 >>427 のは論外。

438 :無名草子さん:2007/04/04(水) 06:23:55
【タイトル】 時間と自己
【著者】 木村敏
【出版社】 中公新書
【備考】 新書がオリジナルなるな存在として古典足りえてる稀有な本


439 :無名草子さん:2007/04/04(水) 06:56:03
オリジナルなるな

440 :無名草子さん:2007/04/04(水) 09:09:45
なるな萌え〜

441 :無名草子さん:2007/04/04(水) 11:20:56
>>437
そうそう、参考文献の書き方って教わったはずだよね。
>>422>>428が正しい。もうしつこいからやめるけどさ。

442 :無名草子さん:2007/04/04(水) 13:54:00
別にここは論文じゃないし
わかりゃなんでもいいだろ

443 :無名草子さん:2007/04/04(水) 14:21:06

わかりゃいいってもんじゃないよ。
同じ著者で複数の著書を挙げるときのことを考えて、
著者『書名』(中公新書)という順番になる。

444 :無名草子さん:2007/04/04(水) 14:24:17
「書名」

こうゆう風に書くやつに本の中身のことを言われたくないのは確かだな
説得力ゼロ

445 :無名草子さん:2007/04/04(水) 15:40:19
□シルヴィオ・ピエルサンティ『イタリア・マフィア』(ちくま新書647, 07/03)

>383 評を見て読んでみた。
聞いたことのない固有名の羅列にうんざりした。
イタリア人が読めば、実名が登場することにより臨場感・現実感の増強になるのだ
ろうが、私には、かえって「無縁の世界の話」に感じてしまった。せめて、各章頭
または末に人間関係の相関図を示した欲しいと思った。
内容は、イタリア政治・経済・法曹・密輸に「過去も現在もマフィア深く関与して
いる」という、私の先入観を事実で補強してくれたにすぎない。
383氏にはスマヌが、退屈な本だった。


□島村菜津『バール、コーヒー、イタリア人』(光文社新書296, 07/03)

著者は「スローフード」を日本に紹介した先駆者。('83 生まれ)
イタリア全土 人口370人に1軒の割合で存在する「バール」をとりまく、飲料・食
物・文化・民族性についての考察した書。さすがに10年以上の滞在歴は伊達では
ない、多少の誇張はあろうが、各地のバールの特徴が良くわかる。
ときに文学・映画を引き合いに出しながらイタリアの食文化に触れている。ことさ
らに礼賛している様子がないところも好感が持てる。コーヒー、アルコールに関す
る囲み記事も楽しい。
腰を据えて読むような本ではない、車中読書にお勧め。(ちょっとホメすぎかな?)

446 :無名草子さん:2007/04/04(水) 15:43:08
新書の感想書くのに
なんで参考文献の書き方を踏襲せにゃならんのだ?

447 :無名草子さん:2007/04/04(水) 15:58:47
知的ぶりたいお年頃なんだろ

448 :無名草子さん:2007/04/04(水) 16:00:41
いいよいいよ、読んでやるからw

449 :無名草子さん:2007/04/04(水) 16:08:02
普通はバールがバーのイタリア語読みということすらしらんだろ

450 :無名草子さん:2007/04/04(水) 16:15:46
形式にこだわってる奴って多分おっさんなんだろうな

451 :無名草子さん:2007/04/04(水) 17:40:17
>>449
「バールのようなもの」のバールかと思ったw

452 :無名草子さん:2007/04/04(水) 18:26:50
本の情報を交換するスレなんだから、
一番分かりやすくて便利な形式がいいに決まってるだろ。

453 :無名草子さん:2007/04/04(水) 22:05:40
紹介の書き方なんて自由でいいだろ
違う書き方の度に「違うだろカス」とか書くのか?
馬鹿馬鹿しい…
自治厨ウザイよマジで
自治を楽しみたいんなら他でやれやカス

454 :無名草子さん:2007/04/04(水) 22:10:14
・馬鹿はスルー
・説得力を担保するのはそのテキストのみ
・やりたいようにやればいい

455 :無名草子さん:2007/04/04(水) 23:14:51
>>453
お前も自治に参加しているわけだが

456 :無名草子さん:2007/04/04(水) 23:16:52
>>453
> 紹介の書き方なんて自由でいいだろ

その通りだな。
文献の紹介の仕方で教育レベルが分かって便利だしな。

457 :無名草子さん:2007/04/04(水) 23:25:17
別に誰も「〜しろ」なんて言ってないと思うけどな
何なんだろうこの感じは

458 :無名草子さん:2007/04/04(水) 23:36:01
この話にかみついてくるのって馬鹿しか考えられないじゃん
やめとけ

459 :無名草子さん:2007/04/04(水) 23:38:23
>>445
もしかしたらタイプミスでなくて本気で間違ってるのかもしれないから指摘しておくと、
島村菜津は63年うまれだぞ。

460 :無名草子さん:2007/04/04(水) 23:55:51
> 459
私(445) のタイプミスです。ご指摘ありがとうございました。

461 :無名草子さん:2007/04/05(木) 02:17:02
いや、いい書評だったと思うよ。

462 :無名草子さん:2007/04/05(木) 03:50:01
>>445
「田岡一雄」とか「稲川聖城」とかに置き換えて読む

463 :無名草子さん:2007/04/05(木) 07:01:30
>>456
おまいが学歴コンプの持ち主であることだけはわかった。
一流半の大学卒ってとこか。

464 :無名草子さん:2007/04/05(木) 07:15:04
また蒸し返されたw

465 :無名草子さん:2007/04/05(木) 08:09:35
俺はタイトル、著者に誤字があったら迷惑がかかると思いアマゾンからコピペする。
だから、「タイトル」「著者」の順になるな。

466 :無名草子さん:2007/04/05(木) 15:57:45
どうでもいいやんか。
どうせ君たちのレベルなら。

467 :無名草子さん:2007/04/05(木) 16:00:06
>>466
そんな丁寧に自己紹介しなくても。

468 :無名草子さん:2007/04/05(木) 16:53:38
「教育レベル」と「学歴」を同一視する奴のほうが
よっぽど学歴コンプじゃねーのw


469 :無名草子さん:2007/04/05(木) 17:36:28
いちいち懺悔しなくていいよ

470 :無名草子さん:2007/04/05(木) 18:09:49
予想通りの反応、ご苦労様。
おまいら、自分のこと書いてるから、笑っちゃうぜ。

471 :無名草子さん:2007/04/05(木) 18:34:11
自分は高見に立ってるつもりらしい。

472 :高見山:2007/04/05(木) 18:40:01
ゴッツアンデス

473 :無名草子さん:2007/04/05(木) 19:01:19
あれまだ春休みだっけ?

474 :無名草子さん:2007/04/05(木) 19:18:30
虫歯がいてえ・・・

475 :無名草子さん:2007/04/05(木) 20:00:21
おッ、うまくはずしてきたね。
センスいいじゃん。

476 :無名草子さん:2007/04/05(木) 20:10:03
いやほんとに痛いだけだから・・

477 :無名草子さん:2007/04/05(木) 21:27:42
そうすか。

ちくま新書は7日かと思ったら11日にしてきたな。
さて、どうかな。新学期用の30シリーズは大当たりなないな。
靖国ももう飽きたし。期待できるのは、哲学ぐらいか。

478 :無名草子さん:2007/04/05(木) 22:15:31
高校数学で解く社会問題は意外に良さそうだが。

479 :無名草子さん:2007/04/05(木) 23:00:05
今度のたかじんのそこまで言って委員会に池田信夫がゲスト出演するね
「電気なければただの箱」だからテーマは電波利権かな
番組終了から新潮新書の電波利権が売れる予感

480 :無名草子さん:2007/04/07(土) 18:20:56
>>388
今日初めて五木寛之の「養生の実技」を見たけど、結構考えさせられた。

余談だが、この本を読むきっかけになったのは、
http://d.hatena.ne.jp/fromdusktildawn/20070202/1170403306
http://www.gomiclinic.com/oldlog/lg0384.html
からである。

今思えば、気付かぬ内にCMに洗脳されたんだな・・・とorz

481 :無名草子さん:2007/04/07(土) 20:49:57
268に対するすごい遅レスになるけど、
http://blogs.dion.ne.jp/morningrain/
は新書ばっか書評しているブログ。

482 :268:2007/04/07(土) 21:22:59
>>481
参考になるわ、さんきゅー。
学者のウソは小飼だと評価高いけど、こっちだと低いみたいだね。

483 :無名草子さん:2007/04/07(土) 22:01:42
意外にも、あずまんの新書おおむね好評だね。
なにしろラノベとかギャルゲーに興味ないから手が出ないんだが。

484 :無名草子さん:2007/04/07(土) 22:14:16
新書の書評ではここ↓も充実してる。
http://blog.so-net.ne.jp/kaysaka/
心理学者で中国・韓国ヲタwだけど、
書評は別に偏ってなくて標準的。

485 :無名草子さん:2007/04/07(土) 22:39:55
>>484
岡田英弘をボコボコにしているのにワラタ
まああの人、良い学者なのに中国のこととなると正気を失うからなあ

486 :無名草子さん:2007/04/07(土) 23:41:52
紹介してくれたブログ見たわ。
よのなかおっそろしい人がいるなぁ。
新書は書くものでなく、読むものと覚えたり。

487 :無名草子さん:2007/04/07(土) 23:58:04
>>482
>学者のウソ
悪い本じゃないと思うが、言いがかりや怨念が噴き出ているのは確かだしな。

488 :無名草子さん:2007/04/08(日) 00:26:05
岡田英弘の本は読んだ方がいい。目から鱗が落ちる。
石平の本もいい。

489 :無名草子さん:2007/04/08(日) 08:54:48
>>488
世界史の誕生も日本史の誕生も名著だよな。
ただ、ここ最近の中国プゲラ本は感情的すぎてちょっと。

490 :無名草子さん:2007/04/08(日) 22:48:10
幕末維新っておもろいのぉ?

491 :無名草子さん:2007/04/09(月) 00:59:51
おもしろくない

492 :無名草子さん:2007/04/09(月) 14:22:45
聞いてないで読んでみろよ、人によって感じ方は違うんだから

493 :無名草子さん:2007/04/09(月) 14:23:33
>>483
東の本はあきれられてるでしょう

494 :無名草子さん:2007/04/09(月) 15:24:25
ttp://www.amazon.co.jp/dp/4166603280
世界一周の誕生-グローバリズムの起源 (新書)
ttp://www.amazon.co.jp/dp/4166605402
忘年会 (新書) 園田 英弘 (著)

ttp://www.yomiuri.co.jp/national/news/20070409i503.htm
国際日本文化研究センター教授、園田英弘さんが自殺

7日午後2時15分ごろ、国際日本文化研究センター(日文研、京都市西京区)教授園田英弘さん(60)が、
京都府八幡市にある住宅の階段で首をつっていると、家族から119番があった。
園田さんは、すでに死亡していた。京都府警八幡署は自殺とみて調べている。

調べでは、園田さんは6日午前、普段暮らしている京都市内の自宅を出たまま、帰宅しないため、
家族が7日から捜していた。遺書はなかった。
園田さんは八幡市の住宅に以前住んでおり、現在は物置代わりに使っていた。

園田教授は社会史が専門。1998年から3年間と2005年から2年間、
日文研のナンバー2にあたる研究調整主幹を務めた。

(2007年4月9日11時30分 読売新聞)

112 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)