5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

ルポライター鎌田慧

1 :無名草子さん:2007/03/08(木) 13:58:24
 今日、鎌田慧の講演会で水俣病などの公害についての話を聞いたけど、時代遅れの理想論ばっかでつまらなかった。
会場にいた高校生の
「公害を防ぐには、企業は国際競争に勝つために環境的な配慮をしてないから駄目だ、と言って糾弾してモラルを要求するよりも、競争に勝とうとして
結果的に公害問題を起こして賠償金を払わせられたり社会的信用を失ったりするのだから初めから環境に配慮した方が企業側も得をする、と言った方が
説得力があり、企業も耳を傾けるのでは?」
という質問(反論)に全く答えられず、しどろもどろになっていた。
理想を掲げるが、それを実現する具体的な手段を示さず、むしろ理想に固執するあまり問題解決のための
合理的選択ができなくなっていた。
彼は公害問題が社会に認知され始めた頃はそれなりに注目されていたけれど
今は時代に必要とされなくなった人であるように思えた。

10 :無名草子さん:2007/03/09(金) 01:05:13
>>6
ていうかあれだよね、環境みたいにもうみんな大事だって分かってる問題については別の人が論じればいいのであって、
とくに鎌田がやる必要はないんだよね。
もっとうまく論じられる人がいるだろうし。
むしろまだ十分に問題だと認識されていない問題を可視化して、
「こんな問題があるんですよ!」って世論を喚起する作業が鎌田の(というかルポライターの)やるべき仕事だと思う。

11 :無名草子さん:2007/03/09(金) 18:11:09
>>10
そうそう。同感。鎌田の仕事というか動き方は昔からずっとそんな感じにみえてる。
人々から忘れ去られてる箇所を鎌田は地道にコツコツわすれずに1人でやってる感じ。
いつしかそれが1冊の本にまとまって、
たまたま本屋でそれが目について「おっ、あるある!」みたいな。w
鎌田はいつもずーっとそんな感じ。

しかもこの人の記事は、まったく無名な人の固有名詞がかならずといっていいぐらい、
ちゃんとでてくる。いつになってもこの型がかわらない。まさに頑固一徹。w

その種の具体性がなくなって、知的だか学術的だか、
流行りのカッコいいロンリテキ分析用語がズラズラならんで……みたいなのは一切ない。
何十年も昔からずーっとそう。誰にでもわかる、あたりまえの用語と、あたりまえの考え方しか、
鎌田は決してつかわない。

19 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)