5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

理系なのに小説書こうとしてる香具師ら!

1 :◆GSXUcoScS6 :03/01/15 22:17
集まれ。

2 :名無し物書き@推敲中?:03/01/15 22:18
散れ。

3 :名無し物書き@推敲中?:03/01/15 22:20
そして、また集まれ

4 :名無し物書き@推敲中?:03/01/15 22:20
それ散る

5 :名無し物書き@推敲中?:03/01/15 22:26
理系で文学好きなヤツは多いぞ。
この板のコテで文系のヤツっているの?

6 :◆GSXUcoScS6 :03/01/15 22:27
文学論とかまったくわかりません。

7 :◆GSXUcoScS6 :03/01/15 22:29
>>5
そう?

この板は2年ぶりに来たばかりなので、あまりコテ事情は知らない。
でも、文系っぽい人もいるっぽい。

8 :名無し物書き@推敲中?:03/01/15 22:31
立て。

9 :◆GSXUcoScS6 :03/01/15 22:32
そこで、立て

10 :名無し物書き@推敲中?:03/01/15 22:33
で、何の話をするかすら分からずに、もう10な訳だが。

11 :◆GSXUcoScS6 :03/01/15 22:37
この板のコテは文系か、理系かということについて聞いてみたい。

12 :名無し物書き@推敲中?:03/01/15 22:40
名無しで理系。
……って、コテ限定ですか。

13 :◆GSXUcoScS6 :03/01/15 22:42
>>12
とくにコテ限定ということもないです。

理系ですか。
文学論とかってわかりますか?
漏れはわかりません。
最近、本読んで勉強しようかなーとか思ってる。

14 :名無し物書き@推敲中?:03/01/15 22:52
>13
自分も、文学論っていうのが何を指すのかすら良く分からぬ。
それ以前に、自分は世の小説を全然読んでいないので、
まずそれらを読んでみるのが先かな、と思ってる。

15 :◆GSXUcoScS6 :03/01/15 23:32
>>14
文学論とか文壇の歴史(学閥なんかもあったらしい、現在もあるのか?)
などなど、いろいろこの業界も複雑らしい。

確かに、小説は沢山読まないとなぁ。
漏れも、これが決定的に不足してる。
専門書、漫画、映画、アニメなら腐るほど見てるけど。。。

16 :名無し物書き@推敲中?:03/01/15 23:42
数学科は理系ですか?

17 :◆GSXUcoScS6 :03/01/15 23:46
>>16
数学科は文系ですか?

18 :名無し物書き@推敲中?:03/01/15 23:49
ん? ロマが立てたのか?

19 :◆GSXUcoScS6 :03/01/15 23:53
>>18
漏れが立てた。
確か、2年ぐらい前にこんなスレがあったかなーと思って。。。


20 :名無し物書き@推敲中?:03/01/15 23:56
>>19
すまん。もしかしてロマの変名かと思った。
昨日まつりスレでそんな話になってたみたいだったからさ。

21 ::03/01/15 23:59
タイミング悪くスレ立ててしまったの〜。

22 :名無し物書き@推敲中?:03/01/16 00:09
オレも名無し理系
評論とか評論家の対談とかは結構読んだ。必要なのかと思って。
読んだけどやっぱいらねーとも思った。

23 :名無し物書き@推敲中?:03/01/16 00:11
オレも理系。
いまからそういう方面読んでみようかと思ってるんだけど。>>22

24 :◆GSXUcoScS6 :03/01/16 00:17
自分の専門を生かした小説をそのうち書いてみたい。

25 :名無し物書き@推敲中?:03/01/16 00:27
>23
読んでみるのもいいんじゃないかね。
でも理系の人間と親和性ないんじゃなかろうかと思うよ。


26 :23:03/01/16 00:35
オレはね、大澤真幸氏の書いたものとかが自分に合ってると思ったのよ。
それで読もうかと。時間がないんだけどね、実験やら特許やらに追われて。

27 :名無し物書き@推敲中?:03/01/16 00:40
小説書くなら、小説読めよ。
理論を学んでも書けないぜ。

28 :名無し物書き@推敲中?:03/01/16 00:43
小説ばかり読んでて学業がやばい理系学生です。

29 :23:03/01/16 00:45
行き詰まったら理論に戻らなきゃしょうがないかな、と。
てか戻るための基盤理論がないのか。オレの研究テーマと同じw

30 :◆GSXUcoScS6 :03/01/16 00:47
>>28
学部生なら後期試験間近だよな。
もちろん、漏れもそう。
漏れは一応勉強してる。
小説書いてる時間の方が長いけど。。。

31 :名無し物書き@推敲中?:03/01/16 00:52
>30
試験前に小説書くと、妙にはかどることってありませんか?

32 :◆GSXUcoScS6 :03/01/16 00:55
>>31
そりゃあ、それは
小説以外にも、掃除とか、いろいろある。



33 :名無し物書き@推敲中?:03/01/16 01:06
>32
自分の場合、それが顕著で……。
幸い試験はもうしばらくないのだけれど、そう思うとかえって書けない……。

試験あると思って書いてみようか。

34 :エヴァっ子:03/01/16 11:45
理系だよ

35 :名無し物書き@推敲中?:03/01/16 12:29
理系。
椎名誠読んでると、別に文学論も糞もなんもいらんでも大丈夫なような気がする。

36 :喫煙 ◆7SeRQK91co :03/01/16 14:36
理系です。化学です。でもどうにでもなるものだと
思いこんでいます。学生ではありません。

37 :名無し物書き@推敲中?:03/01/16 15:04
喫煙の好きよ。

オレも高校まで理系だったよ。数Vは面白かった。

38 :名無し物書き@推敲中?:03/01/16 15:57
京大理学部。あぁ……。

39 :名無し物書き@推敲中?:03/01/16 16:20
理系にも色々あるよな。
文系も経済学部は理系色。
哲学も数学入るかもな。
論理学は記号だし。

40 :喫煙 ◆7SeRQK91co :03/01/16 17:56
>>37
ありがとう。
会社ではプチ窓際です。


41 :山崎渉:03/01/19 03:36
(^^)

42 :名無し物書き@推敲中?:03/01/23 11:14
ageage

43 :喫煙 ◆7SeRQK91co :03/01/30 22:07
このスレが好きです。
九月になったら東京に行こうと思っています。
貯金が百万もあれば、三ヶ月は暮らせるだろうとか、
きっと仕事もすぐ見つかるだろうとか、
甘ったるい妄想で頭をいっぱいにして。

44 :山崎渉 :03/02/03 14:02
(^^)

45 :名無し物書き@推敲中?:03/02/17 16:31
・・・・・・文系な俺しか居ないわけだが。
ここ数年理系作家の進出が目立ってると思う。
三雲岳斗とか三枝零一とか夏緑とか。ラノベばかりでスマソ
理系の知識を自然に吸収できる奴は正直羨ましいな、うむ。

46 :名無し:03/02/26 08:38
>>45
三雲岳斗は違うだろ。
上智のバリバリ文系学部だったと記憶しているが。

47 :名無し物書き@推敲中?:03/02/26 13:59
ある意味、理系の方が構成などの点で有利と思う時もある。

48 :名無し物書き@推敲中?:03/02/26 15:06
「どんな状態も余さず記述する」てな癖がついてしまったような感じがする。
くどいし固い感じ。意識して抜こうとしているが…
小説読んでると「ああこういう上手い詩的な比喩は俺は言えんなあ」と思う事がある。



49 :名無し物書き@推敲中?:03/02/26 19:36
俺理系だけど、
よく論文の文章じゃない。
もっと論文らしく書いてくれと言われる。

どうしても、ドラマチックな演出をしてしまうのだw


50 :-かしわぶ- ◆HEAT/.GRzA :03/02/26 19:44
理系の方が小説とか脚本とか組み立てやすいらしいよ。
ストーリーを作ることに関しては理系の脳だって誰かが言ってた。
だから作家志望の若者は嫌がらないで数学とかやれって。

51 :謎の説法師:03/02/27 03:21
>>50

数学じゃなくて物理でも英語でも暗記以外の教科ならなんでもいいと思うが。
だが方法としては、本を沢山読むことにこしたことはない。書くのもいいな。

52 :謎の説法師:03/02/27 03:21
あ、俺は文系でも理系でもないと思うので。

53 :-かしわぶ- ◆HEAT/.GRzA :03/02/27 03:24
まあ数学つうのはたぶん一例だとは思いますが。

54 :名無し物書き@推敲中?:03/02/27 07:59
数学をやらずに自然科学をやるのは不可能だ。

55 :名無し物書き@推敲中?:03/02/27 10:10
数学やってるヒマに締め切りがきてしまう。

56 :ころにゃん ◆lHCatKraro :03/02/27 20:18
ひとつでも苦手なものがあるひとは創作向きじゃないと思います。

57 :名無し物書き@推敲中?:03/03/01 11:03
>>48
詩的なまでに露骨な表現で頑張ってくれ。

58 :名無し物書き@推敲中?:03/03/01 23:49
結論;理系は賞を取れずにここ(文芸板)に溜まる

59 :名無し物書き@推敲中?:03/03/02 02:32
理系の小説家と言えば瀬名秀明はひどいな。
理系の小説って皆ああだと思われないかと不安だ。

60 :名無し物書き@推敲中?:03/03/24 20:42
工学部ですがなにか

61 :名無し物書き@推敲中?:03/03/24 21:25
文系の小説家が小説の中で語る科学的な知識もかなりひどいものが多いな。
宇宙論とか暗号理論とか進化論とか量子力学とか相対論とか、
分かってないなら初めから書こうとするなよとか思う。

最近だと、高校教師の「原子が出会う確率が云々」とかいうやつ。
ひたすら寒かった。

62 :名無し物書き@推敲中?:03/03/24 21:34
理系のやつは数字と遊んで炉。
この申そうやろうが。

63 : ◆gacHaPIROo :03/03/24 21:46
ん?

64 :名無し物書き@推敲中?:03/03/25 10:34
文系はさっさと戦争行ってください。

65 :名無し物書き@推敲中?:03/03/25 13:33
森博嗣は理系ですが、何か?

66 :名無し物書き@推敲中?:03/03/26 17:15
文芸に理系の素地は必要ですよ。

67 :名無し物書き@推敲中?:03/03/26 17:32
森博嗣って理系とヲタの文芸好きのヒーローなのな。
いつもその名前ばっか。

68 :名無し物書き@推敲中?:03/03/26 17:44
瀬名秀明とかはどう?

69 :名無し物書き@推敲中?:03/03/26 21:52
瀬名ってパラサイトイブだっけ?

70 :名無し物書き@推敲中?:03/03/27 02:58
理系と文系ってそんなに厳密に分けて考えなくちゃならないもんなのかね

71 :名無し物書き@推敲中?:03/03/27 03:00
このスレでは、文系ってのは特に科学音痴の人のことを指してるんだと思う。

72 :名無し物書き@推敲中?:03/03/27 03:42
森博嗣を読んでから、笠井潔を読んで、
やっぱり、文系と理系は違うなぁ・・・とか思った。それだけ。

73 :名無し物書き@推敲中?:03/03/27 07:14
文系・理系ネタスレは煽るとオモロイのだ。

74 :名無し物書き@推敲中?:03/03/27 13:37
文系・理系どころか、「経済学部のヤツが小説を書くな」と、
文学部を、作家になる既得権だと思ってる、ひたすら寒い香具師がいる。
どーでもいい話題だけど・・・

75 :名無し物書き@推敲中?:03/03/27 13:45
文系って客観的に物を見るのに長けてないから、自分勝手に解釈しすぎな点がある。
煽りや荒らしなんかのほとんどは文系だと思うが。

76 :名無し物書き@推敲中?:03/03/27 13:52
文系でも作家志望はいるだろうし、理系でも作家志望はいる。
ただ、作文・論文書くのが上手いのが文系。
下手なのが理系と偏見が持たれてるからなんだろうな。
しかし文系っつっても大学名で分かれるからね。

77 :名無し物書き@推敲中?:03/03/27 13:55
文系の書く科学知識はアホっぽくて逆に面白い。

78 :名無し物書き@推敲中?:03/03/27 14:04
ファンタジーなんて理系だと現実に縛られてしまって
なかなか思いきったことが書けないような気がする。

79 :名無し物書き@推敲中?:03/03/27 14:16
理系だろうがなんだろうが、
カミであれば、
なんも問題ない。
出てこいよ、カミさま。

80 :名無し物書き@推敲中?:03/03/27 14:36
>78
逆に科学の限界がわかるから、そこを突いた作品が書けるんじゃないか?
ライトノベルの例で悪いが、気象精霊記とか

81 :名無し物書き@推敲中?:03/03/27 16:01
思いっ切りマイナーな例だな。
例外(になるのか?)を持ち出したらキリがない。
あくまで一般論で語ろうよ。

82 :名無し物書き@推敲中?:03/03/27 16:09
文系人間による、魔法などの原理の強引すぎる説明は
理系の作家志望である我々にとっては見習うべきものがある。

83 : ◆gacHaPIROo :03/03/27 17:51
ダン・シモンズは元教師。明らかに文系といえるけど、
FT作品を子ども達に語って聞かせたりといった教育法を
実施してきてる経験がある。
そういった方法論は明らかに科学的な説得力に基づいてる。
作品にもそんな思考上の産物が垣間見えるし。

84 :名無し物書き@推敲中?:03/03/27 18:47
ちょっと話題を提供したいと思う。

少し前に文芸編集部にいたと言う営業の人と仕事上で話をする機会があった。
その元編集者の話では、文系の応募者の中には上手い文章を書く人はいるが、おおむね自己満足で読みにくいか、文法は正しくても整った文章になってないそうだ。それに対して、理系の応募者は文章の上手い人は少ないが、比較的読みやすいらしい。
その人は、理系の応募者は学生時代に大量のレポートを書かされたため、下手でも相手に伝える文章を書く訓練ができてるのではないかと分析していた。
一方で文系の応募者は、文法の正しさや文章の自己満足な美しさにこだわって、肝心の内容を読み手に伝える気持ちを忘れてるとも言っていた。
それが原因なのか、その元編集者のいる出版社では最近の受賞者の比率が、文系の現役学生ないし卒業生で4割、同じく理系で2〜3割になるそうだ。残りは聞かなかったが、たぶん現役の高校生や専門学校生だと思う。
ところで、応募者全体に占める文系と理系の比率って、どのくらいなのだろうか?
大学生の文系と理系の比率は5:1だったと記憶してるが。

長文にて、失礼した。

85 :名無し物書き@推敲中?:03/03/27 18:55
レポートを書かされたせいってのもあるだろうけど、
理系の専門書自体が、読者に誤読されないようにと
できるだけ簡潔に分かりやすく書かれているからね。

そういう本を中心に読んでいるから、自分で文章を書く際にも
やっぱりそういうスタイルで書くってのもあると思うな。

86 :名無し物書き@推敲中?:03/03/28 01:30
小説の文章を書く前に論述文の練習をした方がいいと考えたことはある。
論述文は基礎になるんじゃないか?

87 :名無し物書き@推敲中?:03/03/28 01:34
むしろレポートを書く量に関しては、文系のほうが多いと思う。

88 :名無し物書き@推敲中?:03/03/28 08:26
レポートの数と分量を間違えてると思う。
オレは総合大学を出たのだが、実験だけでも毎週30枚以上の枚数を埋めるように要求されていた。
学科によって違うが、知っている範囲ではどこも実験のレポートは20枚以上だ。
文学部にいた友人は、レポート用紙の半分しか書いてなくても、内容が満足してれば通ると言ってた。むしろ2枚以内に収めないと、ダメとも言ってた。
これは特異な例なのか?

89 :名無し物書き@推敲中?:03/03/28 14:43
理系で芥川賞や直木賞受賞した人、確かいるはず。
ぐぐってみては?

>>88
ライターの経験があるのでわかるが、むしろ、規定文字数以内でおさめるほうが
技術的に難しい。○行×●文字でとか・・・かなりかなりタイトだった。



90 :名無し物書き@推敲中?:03/03/28 14:46
>>89
そりゃおまえライターは向いてないから、せっせと小説書きなさい。

91 :名無し物書き@推敲中?:03/03/28 14:54
良い作家は理系が多いよ。
川上弘美は生物学だし、笙野頼子も医学部受験を断念して法学部。

92 :名無し物書き@推敲中?:03/03/28 14:58
安部公房、北杜夫、加賀乙彦、医学部卒ってけっこういるね。

93 :名無し物書き@推敲中?:03/03/28 14:59
多いだの少ないだの。
数えてもいないくせに。

94 :名無し物書き@推敲中?:03/03/28 15:03
>>93
きみ理科系だろ?

文化系は「多い」といっても、厳密な統計数を問題にしているじゃなくて、
あくまでも自分の印象をそのことばで表現しているんだから、
あまり目くじら立てないように。

95 :名無し物書き@推敲中?:03/03/28 15:05
作家にかかわらずどんな文やでも頭が良い方が目が出やすいってことだろ。
深沢七郎みたいな化け物は何十年に一人しかでないんだろうな。


96 :名無し物書き@推敲中?:03/03/28 15:06
>>94
商業科の俺は理系なのか?
まあそりゃ毎日数字とにらめっこしてるが。

























もちろん嘘だが。

97 :名無し物書き@推敲中?:03/03/28 15:08
栗本薫が「「モンテ・クリスト伯」を何千回も読んだ」と言った。
それに対し呉智英は「何千回も読めるわけないじゃん」と言った。

98 :名無し物書き@推敲中?:03/03/28 15:22
要するに
わかっていて、さらに突っ込んでいる、と。

99 :まちだこ ◆BXirUgnYtE :03/03/28 15:38
池澤夏樹とか。

100 :名無し物書き@推敲中?:03/03/28 16:15
いつか作家になれると思っている香具師がたくさんいるのが文系。
小説書きたいからと言って、仕事もしないで引きこもる香具師がたくさんいるのが文系。
なにかとプライドが高い香具師が多いのも文系。
会社の労働力になる為に生きる香具師が八割いるのも文系。



101 :名無し物書き@推敲中?:03/03/28 16:25
>>100
こういう下手な意味不明の文章を書く香具師を何系と言ったらよいのでしょうか?

102 :名無し物書き@推敲中?:03/03/28 16:38
>>100

賛同

103 :理系だと思う ◆MlQJOmuyFU :03/03/28 16:39
>>101
煽る文系は見苦しい。

104 :97:03/03/28 16:43
>>98
いや、そういう理科系的な物言いをして恥じない呉智英は
馬鹿だといいたい。

105 :名無し物書き@推敲中?:03/03/28 16:47
いつかは自分も田中さんのように認められると思っている香具師が多いのが理系。
文系の営業に食わせてもらっているのに、自分たちが会社を引っ張っていると思うのが理系。
プライドを隠すのがプライドだと思っているのが理系。
会社にすっかり搾取されているのに気づいていないのが理系。

ああ、理系へのコンプレックス丸出しのダメな文系だわ、俺、鬱。

106 : ◆gacHaPIROo :03/03/28 16:49
文系と理系の狭間にいるのは哲学か?

107 :名無し物書き@推敲中?:03/03/28 16:57
心理学も認知科学と精神分析学的アプローチがあるから、
狭間にあるって言える気がするな。
哲学だと、純粋に文系だと思う。数学基礎論は哲学じゃないと思う。


108 : ◆gacHaPIROo :03/03/28 17:08
>>107
でも、アリストテレスとかはもともと哲学だしょ?
どっちかっていうと、哲学は数学におはつを取られたって
嘆いてた学者がいたな。

109 :名無し物書き@推敲中?:03/03/28 18:24
>>108
昔は学問がそんなに細分化されてなかったとか。

110 : ◆gacHaPIROo :03/03/28 20:00
>>109
布は大きくなれば不便だから裁断するんだな。
それと一緒なのかも。
だいたい、世界を著述するという意味では理系も文系もないかも。
人については別だけど。

111 :名無し物書き@推敲中?:03/03/29 20:30
>>110
受験の為に文系・理系って分かれるのは
日本の特殊事情って話を聞いた事があるな。
本当かどうかは知らんけど。
実際に不便になったから切ったのか
ただなんとなく切ってみただけなのかよく分からん。

112 : ◆gacHaPIROo :03/03/29 21:29
>>111
中国系の人文中心の学問と、
西欧のレトリック中心の学問の違いなのかな?

ちなみに、
ここでいう人文ってのは、論語などの儒教から百家争鳴で謳われた様々な思想関連。
漢文詩も含めさせて。
レトリックというのは、「美辞麗句」という意味の修辞学や、話し中心の弁論術を含めた
「書くレトリック」って奴。


113 :名無し物書き@推敲中?:03/03/29 23:49
朝から爽やか、柑橘系

114 :名無し物書き@推敲中?:03/03/30 02:37
つか文系は駄目な香具師でも、そのままの流れでダラダラ書いちゃうけど、
理系で書こうって香具師は、畑違いの場所に挑むんだから、
それなりの覚悟と、ある程度の実力が要るだろ、持続するには。
だから確率的には理系で書こうとする香具師は、それなりに書けるんだと思う。

115 :名無し物書き@推敲中?:03/03/30 10:01
文系っていっても文学部出身の作家は
意外に少ないような。

116 :名無し物書き@推敲中?:03/03/30 14:00
理系作家森さんはあまりにも下手すぎ

117 :名無し物書き@推敲中?:03/03/30 17:18
>>116
その発言は、読んでない証拠か、作風が合わないんだろうね。
読んだことあるなら下手とは言えないし。

人気作家の森博嗣が「下手すぎ」なら、>>116の中での作家なんて、全て「ド下手」か「論外」なんだろうな。
ご愁傷様。



118 :名無し物書き@推敲中?:03/03/30 17:34
>>117
言っている御意見はまっとうだったのに、
単なる権威主義というのがバレバレで萎え萎えですよ。

119 :名無し物書き@推敲中?:03/03/30 17:42
作風や文章からいかにも理系って分かる人いる?
俺は読書の範囲が狭いせいかよくわからん。
歴史物とかは文系の人が書いてるんだろうと思うんだが…

120 :名無し物書き@推敲中?:03/03/31 00:51
>>118

「権威主義」を論理的に説明しなさい。

121 :名無し物書き@推敲中?:03/03/31 01:15
>>112
その話はよく分からないな。
文系・理系の違いがって意味なのかな?

122 :名無し物書き@推敲中?:03/03/31 02:00
俺も一応理系。出来はあんまりよくない学生だったけどレポートの書き方は
けっこう厳しく指導されたよ。その考えの根底にあるのは、基本的に相手に
期待しないということだね。読んでいる人間は必ず読み間違える。それを
どれだけ避けられるかが肝心なようだ。長いセンテンスは読み間違いを誘発
するからダメ。新しく出てくる言葉は当然、注釈や説明が必要になる。
息が詰まりそうになるけれど、いわゆる文系の人がよく書いてしまう、なかなか
結論や論旨が明確にならない文章にでくわすと、理系のレポートの方がましかな、
と思うこともある。

>>120
「だってママが言ってたもん!」てことでしょう?
人が好きなモノにとやかく言うのは野暮ってもんです。
論理的に語れないから「好き」なんでしょうからね。

123 :名無し物書き@推敲中?:03/03/31 02:29
現在、理系らしき工業高校に所属。高専行きたかったなぁ……。
情報技術(システム・言語・プログラム基礎)を専攻してまふ。
英語の平均点の低いこと低いこと……数学得意な奴が多いからだろうな。
俺は数学・物理共に苦手だが、理系に携わっている。
厳しいことを訊きますが、現役高専もしくは、高専卒の人いる?

124 :123:03/03/31 02:36
>>122
ということは>>117は理系ってことか? 
俺が思うに>>118は文系だと思うな。
いちいち小難しい言葉を遣う辺り、そう見えてしまうんだよなぁ。
文系の人のレスって、なにかと世論世間が垣間見えてしまうのは俺だけ?
逆に理系は冷静で、どこか棘のあるレスが多い。
ていうかね、理系に携わってから、周りでも小説読んでる奴が増えたと思うんだけど。
理系の人って孤独だけど楽しく生きてる人多いよね。
そう言う面から、理系の小説書きの方が多く感じるのは気のせいかな?

125 :名無し物書き@推敲中?:03/03/31 02:38
>>123 高専卒じゃないけど、思い出したことを一つ。
SF作家の神林長平も長岡高専卒だったな。俺はあの人の文章は
けっこう悪文だと思う。

126 :名無し物書き@推敲中? :03/03/31 16:55
理系を極めると詩に近付く

127 :名無し物書き@推敲中?:03/03/31 17:09
理系はいろいろ有利じゃないかな。
SFとか書いてもリアリティあるだろ。
構成も上手そうだし

128 :名無し物書き@推敲中?:03/03/31 17:42
勉強嫌い、努力嫌いを文系に含むから、話がややこしくいなる。
そんな香具師を除外すれば、文系も理系も大差ない。
あとは好みの問題だ。

って意見は、ミもフタもないか?

129 :123:03/03/31 18:36
>>127

ナイス。理系が勉強できる割合が多い気がする。

130 :名無し物書き@推敲中?:03/03/31 19:08
えーと、私は理系で小説書いてるんですが、会話文で話を進めるのが
すごく苦手なんです。で、ついつい会話をしてる状況を多く描写して話を
進めてしまうんですが似たようなジレンマを持つ人いないでしょうか?
何ページにも渡って喋らせたりできる人がちょっと羨ましい。

>>127
SF物も書いてみたいのですが、(才能がどうとかいう話は放っておいて)
どうしても四大力学+αが邪魔をして、発想が飛躍してくれません。
工学部の人間だからかどうかはわかりませんが、書いているうちに
ディテールにこだわりすぎて話に面白みが無くなってしまうというか
なんというか。こつは掴んで来たんですけどね。

131 :名無し物書き@推敲中?:03/03/31 19:49
>>130
えーと、すごく苦手なくせになんで会話している状況を
多用して話をすすめてしまうのか文系の私にはわかりません。

132 :名無し物書き@推敲中?:03/03/31 20:16
>>131
下手な文章。さすが文系。

133 :名無し物書き@推敲中?:03/03/31 20:20
>>132
そうなんですよね。
どうしたら文章って上手になるんでしょうか?
かれこれ10年以上書いているのにちっとも上達しません。

134 :名無し物書き@推敲中?:03/03/31 20:24
30過ぎたら、作家になりたい。
それまでは、色んなところでぷらぷらしてたいなぁ。

甘い?

135 :名無し物書き@推敲中?:03/03/31 20:33
デビューデビューと騒ぐ子供よりマシではないかと思う。

136 :名無し物書き@推敲中?:03/03/31 20:34
子供だって、リアルの場では騒がないでしょ?

同じさ、どっちも。

137 :名無し物書き@推敲中?:03/03/31 20:37
できることなら90までぶらぶらしなさい。

138 :名無し物書き@推敲中?:03/03/31 20:42
しかし「高校若しくは大学卒業後、数々の職業を点々として作家」
というプロフィールに憧れはある。

139 :名無し物書き@推敲中?:03/03/31 20:53
>>138
それじゃ子供のタワゴトとなんら変わりないじゃん。

140 :名無し物書き@推敲中?:03/03/31 21:00
切羽詰っているような悲壮感が感じられないだけマシではないかと思う。

141 :名無し物書き@推敲中?:03/03/31 21:02
悲壮感はないけど、
ガキのタワゴトにもそれはないから、
やっぱ同じに見えるけどなあ。
粘着って言われちゃうからもうこの話にくわわらなーい♪

142 :名無し物書き@推敲中?:03/03/31 21:10
悲壮感はないけどなんか妙な痛々しさはあるな>ガキのタワゴト

143 :名無し物書き@推敲中?:03/04/01 02:20
ガキの戯言に過剰反応するな。そう逆に取ってみることもできる。
つまりだ。作家じゃない奴は何言ってもここじゃ信用されないんだな。

>>138
浅田次郎のファン?

>>134
俺は20までに作家になれると信じてるよ。
そう自信過剰になっておかないと、一作の投稿に命賭ける作家志望なんておちおちやってられない。

144 :名無し物書き@推敲中?:03/04/01 09:50
ところで、理経の中でも小説を書く割合は、
自然科学系と工学系(医学を含む)のどちらが多いのだろう?
自然科学系は、理系の1割しかいないそうだが・・・
ちなみに、オレは物理だ。

145 :名無し物書き@推敲中?:03/04/01 11:17
理論科学と応用科学じゃねえのか?

146 :名無し物書き@推敲中?:03/04/01 17:09
理学部と工学部だろ

147 :名無し物書き@推敲中?:03/04/01 17:23
理学部数学科でーす。数学を題材に小説が
書きたいなぁて思ってる。

遊歴算家っちう、日本の各地を渡り歩く数学者(和算家)を
主人公にした、真に素晴らしい話を思いついたのだが
それを書くにはあまりに時間がなさすぎる。

148 :147:03/04/01 17:25
もちろん和算なんで江戸時代ね。

149 :名無し物書き@推敲中?:03/04/01 17:58
それほど素晴らしいならガッコなんてやめて書けば?

150 :名無し物書き@推敲中?:03/04/01 18:24
>149
147はフェルマーとガロアの真似をしただけだ。
和風ガロアが幕末の動乱で決闘して死ぬ話でも書きなさい。

151 : ◆gacHaPIROo :03/04/01 20:02
>>138
実際、点々とすると荒むんだけどね。心とか。

152 :名無し物書き@推敲中?:03/04/02 01:50
数学の定理、物理学の法則も一種の言語体系と言える。
論理が破綻しないように、なおかつ実験の結果に矛盾が生じないよう
仮説を立て演算を進めていく過程は、矛盾なく物語を組み立てていくことと
大差ないように思う。違うか? このどちらであっても想像力と忍耐力と常識が
なければ大きな仕事はできない。私はそう思っています。

153 :超真剣です!!!マジで聞いてください!!!:03/04/02 02:37
当然全然、関係ないレスすいません。
私は下記の事件の一部は2ちゃんからコピーしたものでこの内容を書いた人は無関係です。
これはあの有名な1989年に起きたコンクリート詰め事件の一部です。
私はこれを読み、涙がとまりませんでした。そして色々考えた末、人生深く考え
させられ、得るものがとてもおおきかった。です。
これは人間や人生を考える上でも「絶対」無駄ではありません。みなさんの邪魔をしてでも、やるべきだと思い(大変自己中だけど)
長い目でみれば、決して人生や人間考える上でも無駄にはならない、又彼女の超悲惨な殺され方を「絶対無駄にしてたまるか」と思い、恨まれるのも覚悟でやらせていただきます。(できれば恨まないで欲しいですが)この事件は絶対忘れてはならない事件です。
たとえ99.9%の人が幸せでも残る0.01%の人が(超)不幸なら、そんな世の中、絶対承認しない!!!!!そんな世界いらない!!!!!(私の心の底からの叫びでした。)
皆様方が(大多数の人が)こんな事件を心底、もう二度と起こって欲しくないと思えば、地球の想念がレベルアップし、あまりにもひどい犯罪は減ります。
皆様が普通に生活してる間にこのような恐ろしい見るも無残な犯罪が起こってるのです。
他人の痛みに鈍感であってはなりません。


154 :超真剣です!!!マジで聞いてください!!!:03/04/02 02:37
何年か前、女子高生をドラム缶にコンクリ詰めにした少年グループの犯罪がありまし
たよね。よく遊ぶ友人の家族が警察関係に勤めておられまして、その方からの当時のお
話です。
 その方が警官になるときの教官がこの事件の取り調べをなさった方で、被害者が監禁
されていた部屋を見てただの青少年の犯罪とは思えなかったとおっしゃったそうです。
床・壁はもちろん天井にまで犠牲者の血が飛び散っていたのです。私がそこを聞き流す
様子を見て、「でもね、いっとくけどね。人を殴って天井に血はつかないよ。もう、だ
らだら血を流している人間の顎を更に殴り上げるようなことをなんべんもくり返したん
だよ」と。「さらってきた女の子相手に、いわゆるやくざや過激派のリンチ顔負けだよ
」。★聞くところによると、ドラム缶の中から出てきた遺体には頭髪が残っていなかった
そうです。なぶられ続けたストレスで、生きている間に全部抜けてしまっていたんです
ね。
「コンクリート詰め事件」を検索すればわかる。


155 :超真剣です!!!マジで聞いてください!!!:03/04/02 02:37
日本最大超残忍事件!!!!!
女の子が40日間監禁され、計100人ぐらいに強姦、朝から晩まで超暴力と超陵辱された。
膣を灰皿代わりにされ、自慰を強制され、真冬に裸で外(ベランダ)に出され、裸で踊らされ、膣やお尻の穴に鉄の棒を突っ込まれ、20キロの鉄アレイで殴られ、瞼にろうそくをたらされ、
膣にマッチ棒を入れられ、膣や裸体をライターで火あぶり、精液を大量に飲まされ、500ccの尿を飲まされ、基礎の他むちゃくちゃ。(生きてるか死んでるかわからないが)ゴキブリも食わされたそうだ。
殺された彼女の親友が言うには、監禁され殺される一日前、幽霊となって「助けて!」と親友に助けを求めたが、親友はどうすることもできず、泣きじゃくった。
「狂宴犯罪」は 一ヶ月以上 続いた 。
そして殺された。

死体の顔は目の位置がわからないほど、変形し、親でも誰かわからず、原型をとどめてないほどで、性器のほうは顔よりもっとひどく完全に破壊されていた。死体の膣にオロナミンC2本はいっていた。
裁判記録は死ぬほどエグイ内容であった。「コンクリート詰め事件」で検索すればわかる。



156 :名無し物書き@推敲中?:03/04/02 12:02
俺が知っている理系のコテは
・喫煙
・ロマ
・機甲自転車

157 :名無し物書き@推敲中?:03/04/03 00:59
「数学や物理が苦手な人は、自分が文系だと思い込んでいる場合が多い」

『森博嗣のミステリィ工作室』より、多少引用

158 :名無し物書き@推敲中?:03/04/03 22:20
理数好きは、数学が苦手でもガンバって理系に進もうとする。
理数嫌いは、文系を口実に勉強を放棄する。
やっぱり文系は、勉強嫌いの集まりだな。

159 :名無し物書き@推敲中?:03/04/03 22:30
文系の方が生涯収入が多いという統計があったな。つい最近。

160 :名無し物書き@推敲中?:03/04/03 23:07
残念ながら今の日本では、理系は高い金を出して貧乏人を作るシステムになっている。
製造業の給料が低すぎるのが原因だろう。
銀行員の給料がアメリカ並の280万円になったら、その統計は逆転するかな?

161 :160:03/04/03 23:11
銀行員の給料って、「年収」のことね。
ちょっと訂正。

162 :名無し物書き@推敲中?:03/04/03 23:59
公務員、銀行員が日本の所得を蝕んでいる。
公務員のボーナス20%カットに間違いなく賛成。

163 :名無し物書き@推敲中?:03/04/04 00:18
>159
その生涯収入のソースって、本当に正しいの?
大企業と公務員だけの統計で、高卒の単純工を理系に含めるから、理系が低くなったって聞いたけど・・・

164 :名無し物書き@推敲中?:03/04/05 16:29
理系公務員の私が楽しい小説を書いてあげるから待っててください。
自分を追い込まないと小説すら書けないなんて、頭も心も弱すぎますよ、皆さん。

不安のない安定した生活、暖かい家庭、健康、そういったものの大切さを
理解しない無頼派を気取った人たちを私は認めることができません。
貧しい人は貧しい話しか書けないことは分かり切っているのですから。

165 :神シュガー ◆ZfmEhU6WoA :03/04/05 16:31
>>164
俺様が書いたんだぞ。低のうにはかけない天才的な文章だな(藁

166 :名無し物書き@推敲中?:03/04/05 16:35
http://bbs.1oku.com/bbs/bbs.phtml?id=yasuko

167 :名無し物書き@推敲中?:03/04/05 22:29
つか偽者マジうざくね?

ヤリチンの低脳のセリフ。
今時 ギャル男。
「つか」のヘビーローテーション
「マジ」のヘビーローテーション
「うざい」のヘビーローテーション
「ね」のヘビーローテーション

うざくね? やばくね? ありえなくね?

こういった人種は、とりあえず心が荒んだ差別主義者が多いです。
 

168 :名無し物書き@推敲中?:03/04/05 23:54
シュガー>どっかいけよ、気持ち悪ぃから。

169 :喫煙 ◆7SeRQK91co :03/04/07 17:48
高専卒なんて、何とも言えず微妙なのですよ。
今年の新入社員にもう給料抜かれてるし。

170 :名無し物書き@推敲中?:03/04/07 19:45
理系のサスペンスとか面白そう。
専門知識で責められたら、文系はたまったもんじゃないね。

171 :名無し物書き@推敲中?:03/04/07 21:16
文系のSF書きにとって、理系作家は脅威になるのかな?

172 :名無し物書き@推敲中?:03/04/08 01:10
文系は文学。
理系はミステリ。
俺は理系文系

173 :名無し物書き@推敲中?:03/04/08 01:10
俺プログラマー志望だけど。よいプログラマーは確実に文章が上手らしい。
よいプログラマーになりたければ小説(特にSF)をたくさん読み書きしなさいと言われたよ

174 :名無し物書き@推敲中?:03/04/08 01:11
ちなみにプログラマーやシステムエンジニアの3割は文系らしい

175 : ◆gacHaPIROo :03/04/08 03:34
>>173
誰に言われたかしらんけど、
たぶん、言ったヒトが思ってたのは、
「カッコウはコンピュータに卵を生む」あたりのことを思ってるんだと思うよ。
過去の事例ってのは参考になるからね。

176 :名無し物書き@推敲中?:03/04/08 03:36
ITバブルはじけちゃったけどね。

177 : ◆gacHaPIROo :03/04/08 22:12
>>171
なにげに、
文系のSF書きが脅威になってる臭い。

178 :名無し物書き@推敲中?:03/04/08 22:31
読者にも理数嫌いが多いから、
文系作家の方が科学的にデタラメでも安心して読めるのかな?
それとも、単なる親近感??

179 : ◆gacHaPIROo :03/04/08 23:11
>>178
本当にロジックのわかってる文系だと
文章力や表現力で負けるんだな。SFでは。

180 :名無し物書き@推敲中?:03/04/09 15:10
リアリティと面白さ、両方あるに越したことは無いけど
どっちかというと面白さに比重がいくんだろうな

181 :かおりん祭り:03/04/09 15:10
http://saitama.gasuki.com/kaorin/
〜oノハヽo〜 / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄                
  ( ^▽^) < こんなのがございまーす♪ 
= ⊂   )   \_______
= (__/"(__) トテテテ...

182 :あぼーん:03/04/09 15:10
 ( ・∀・)< こんなのみつけたっち♪
http://muryou.gasuki.com/moe/hankaku10.html
http://muryou.gasuki.com/moe/hankaku09.html
http://muryou.gasuki.com/moe/hankaku08.html
http://muryou.gasuki.com/moe/hankaku07.html
http://muryou.gasuki.com/moe/hankaku06.html
http://muryou.gasuki.com/moe/hankaku05.html
http://muryou.gasuki.com/moe/hankaku04.html
http://muryou.gasuki.com/moe/hankaku03.html
http://muryou.gasuki.com/moe/hankaku02.html
http://muryou.gasuki.com/moe/hankaku01.html

183 :山崎渉:03/04/17 13:17
(^^)

184 :ZER0:03/04/19 21:27
小説って結構、
創作メディアとしては視野狭窄なままでも書けてしまうので、
世界観に奥行きがほしい作品の場合には、
意識的に細かなところまで設計しておいたほうがいいのでしょうね( ^▽^)
ttp://www3.oekakibbs.com/bbs/kate/oekakibbs.cgi

185 :山崎渉:03/04/20 01:32
   ∧_∧
  (  ^^ )< ぬるぽ(^^)

186 : ◆GacHaPR1Us :03/04/28 03:30
とりあえず、今週号(6月号)のS-Fマガジンは買いだど。
理系、文系、ジャンルの枠を越えたムーブメントなるものを
自分は垣間見た。

187 :名無し物書き@推敲中?:03/04/28 08:00
newtonとか読もう。

188 :名無し物書き@推敲中?:03/04/28 12:36
newtonはダメだ。

189 :名無し物書き@推敲中?:03/04/30 05:36
理系の人間って(かくいう俺も理系だが)書くジャンルはどこら辺が多いの?
やっぱりSFとか?

俺はライトノベル辺りに潜り込みたいんだけど、いけるかな?

190 :名無し物書き@推敲中?:03/05/03 02:16
>>189
 理系だからって、特別限定されたジャンルは別にないと思いますが。
 純文みたいなやつからミステリ、青臭い恋愛まで、本人の読書傾向に
依る所が大きいんじゃないですかね。
 あ、一応理系っす。 




191 ::03/05/05 16:56
確率をあつかった小説書きたいんだけど、数学とか全然できない。
適当でいいなら書けそうだけど。


192 : ◆GacHaPR1Us :03/05/05 16:59
>>191
数学史読めばいいのでは?

193 ::03/05/05 17:04
>>192
勉強しないといけないなぁ。

デジタルの確率じゃない、アナログの確率てあるのかな?


194 ::03/05/05 17:08
自分が言ってるアナログの確率という言葉の意味もよくわかってないからなぁ。

195 ::03/05/05 17:09
検索したけどアナログの確率という言葉でてこなかった・・・

196 :名無し物書き@推敲中?:03/05/05 17:17
アナログの確率って、要するに統計のことか?
だったら、最低限、正規分布ぐらいは勉強しとけ。

197 : ◆GacHaPR1Us :03/05/05 18:13
サイコロの確率のことかなー?
コンピュータで確率算出のことなのかなー?
それだったら暗号論のほうが早いよなー??

198 :名無し物書き@推敲中?:03/05/05 19:56
0,1、2、3、……となるから、デジタル(2項分布、ポアソン分布)
数字が連続するからアナログ(正規分布、t−分布)
と、勝手に解釈してるんじゃないのか?
確かに、数学ができてないわ(w

199 : ◆GacHaPR1Us :03/05/05 20:52
暗号史の乱数算出の歴史もなかなかおもろいんだけどね。

200 :名無し物書き@推敲中?:03/05/05 21:32
つーか正規分布って高校で習うよな。
最近はやらんのか。

201 : ◆GacHaPR1Us :03/05/05 21:38
>>200
ゆとり教育ってやつでもうやんないんじゃない?
自分もおぼえちゃいねーが

202 :名無し物書き@推敲中?:03/05/05 22:22
>>200
済まん。おじさん世代は、中2で習った。(37歳)

203 :名無し物書き@推敲中?:03/05/06 00:25
>>202
二項分布の間違いじゃない?

204 :202:03/05/06 00:49
寝る前にチェックしに来たら、質問が来てましたか。

内容は正規分布で間違いないよ。
ゆとり教育が始まる前の、最後の世代だからね。
……ということで、今日はお休みなさい。

205 ::03/05/06 06:02
人間がふる1〜6の数字があるサイコロの出目は厳密に言えば6分の1じゃないですよね。
そういうのをアナログの確率と呼んだんだけど。

コンピューターを使ったら6分の1にできるんじゃないですか?
厳密に言えば6分の1じゃないかも知れないけど、サイコロよりも精密になるかな。
そういうのをデジタルの確率と呼びました。

>正規分布
たぶん勉強してないわ。
意味がはっきりわからない。

206 ::03/05/06 06:07
>人間がふる1〜6の数字があるサイコロの出目は厳密に言えば6分の1じゃないですよね。
1〜6までの目のそれぞれの出現率が6分の1じゃないですよね。
こう書いた方がいいな。



207 : ◆GacHaPR1Us :03/05/06 07:11
>>205
>コンピーター使ったら云々

ならないよ

208 :名無し物書き@推敲中?:03/05/06 08:41
>>205
確率の話以前に、
アナログとデジタルの意味から、勉強し直してくれ

209 ::03/05/07 06:52
6分の1にならないのかな。

私が書こうとしてる話、確率の勉強しなくても書けるかも知れない。
人間が何かを見て、主観で判断して、行動を起こす。
その何かというのが確率じゃなくてもいいわけだ。
統計でもいいか。

210 :名無し物書き@推敲中?:03/05/07 07:04
今のコンピュータでは、完全な乱数ってのは作れないからね。

211 :名無し物書き@推敲中?:03/05/07 12:39
無限を作るようなもんだ。

212 :名無し物書き@推敲中?:03/05/07 13:42
昔、確率を操る男が登場する、海外の三流SFを読んだことがある。
その男は能力を鍛えるために、いつもサイコロを転がして「1」を出し続けていた。
で、少ない確率を実現させて、大きな事故から生還する話だった。
ご都合主義に確率という理屈をつけた、本当に低レベルな作品だった。
あまりに低レベル&古すぎて、タイトルも作者も覚えてねえ〜!!

213 : ◆GacHaPR1Us :03/05/07 20:58
>>209
ブラッドミュージックでは
人間以上の意思を持つ億兆単位の白血球の意思の力だけで、
核反応の確率すらコントロールしてたりしてたね。そんな感じ?

214 :名無し物書き@推敲中?:03/05/07 21:24
数式がたくさん出てくる小説ってどう思う?

215 : ◆GacHaPR1Us :03/05/07 21:48
ネクロノミコンで数学的証明のギャグ
(自分のセックスしたい度とその解消方法の効率を
 二次方程式の微分化で証明するなど)
なんかだったらOKだけどね。

216 :名無し物書き@推敲中?:03/05/07 23:51
>>214
勉強を楽しみながらできるからいいんじゃない。
面白ければだけど。

217 :名無し物書き@推敲中?:03/05/08 00:34
…うーん、僭越ながらあまりお勧めできない、かな。
その数式で解くべき命題が、読者に相当の好奇心を
喚起させるものならともかく、そうでない場合は逆に衒学的すぎる、
と見られるリスクは高いと思う。
いや、やるな、って言ってるんじゃないんだ。
ただ、難易度が高すぎるかもしれない、とね。
数式がただのお飾りならまだ楽かもしれないけれど。

218 :名無し物書き@推敲中?:03/05/08 00:35
あ、前のレスは>>214ね。

>>212
ぶっちゃけ、ラッ○ーマンじゃねーか!!w

219 : ◆GacHaPR1Us :03/05/08 03:22
>>215
ネクロノミコン ×
クリプトノミコン ○
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/415011398X/ref=lm_lb_1/250-2275840-0966649
ネタとしてならOK。本文として使うのはちょっと技法的に無理ありまくり。

220 :名無し物書き@推敲中?:03/05/08 03:55
数式が出てくる小説か…… 最近読んだのは
竹本健治の「フォアフォーズの素数」だな。
なかなか良かった。

221 : ◆GacHaPR1Us :03/05/08 06:17
*****5^(n+1)+6^(2n-1)が31の倍数であることの数学的帰納法による証明が>>221をゲット!*****

n=k+1 のとき与式は
5^(k+2) + 6^(2k+1)                >>33 ●N個、○N個の合計2N個の玉がある。
である。この式を変形すると              これらすべてを円形に並べる並べ方の総数を求めよ。
5*5^(k+1) + 36*6^(2k-1)            >>34 ∫[0≦x≦1]x(log(x))^2dx を求めよ。
となる。この式の5^(k+1)に           >>35 レムニスケート曲線 x^2+y^2=a√(x^2-y^2) (a>0) 上の任意の点(x、y)
5^(k+1) + 6^(2k-1) = 31m               での接線の方程式を微分計算により求めよ。
より得られる                   >>36 f(t)=e^(-t)sinwt をラプラス変換せよ。
5^(k+1) = 31m - 6^(2k-1)            >>37 正多面体が4,6,8,12,20の五つしかないことを証明せよ。
を代入する。すると与式は           >>38 U_n(cosθ)=sin((n+1)θ)/sinθ とし、母関数展開、
31m*5 + 31*6^(2k-1) = 31*[5m + 6^(2k-1)]    1/(1-2xξ+ξ^2)=Σ[n=0〜∞](U_n(x)ξ^n) を証明せよ。
となる。                      >>39 D=((X、Y)∈R^2|1<X、0<Y<X^α
よって数学的帰納法により、             0<α<1 ならば次の広義積分は収束することをしめせ。
すべての自然数nの値において           I=∬1/x^2+Y^2 dxdy
与式が正しいことが示せた。         >>40 0以上の実数x,y,zが x+y^2+z^3=3 を満たしている
証明終                          L=x+y+z とおくときLの最小値mが m<(3/2) であることを示せ
                          >>41 5+3=x xを求めよ。

なんてのがありんす

222 :名無し物書き@推敲中?:03/05/10 21:18
「ホーキング宇宙を語る」の中で、数式を使うごとに読者が半分に
減るってなことをいってたよね(冗談でね)。
で、結局 E=mc^2 だけを使ったってのは、まあ有名な話だね。

数式って言うのは、理系以外の人にとってそんなに
敷居が高いのかなぁ?

223 :名無し物書き@推敲中?:03/05/10 23:45
数学専攻なので、暇があったら一回数式バリバリの小説書いてみようかな。

善なる「代数的ζ関数」と、邪悪なナゾの「幾何学的ζ関数」が戦う国「スキーム」。
天才数学者アイングロタンは、それら二つが同一のものであることを直観し、
それらの総合体「スキームのL関数」を創造して世界を救おうと立ち上がった!

全編数式盛りだくさんのマセマティカル・フィクション略してMF、みたいな。


224 :名無し物書き@推敲中?:03/05/11 00:49
>>223
スーパーのレジでの金の払い方でも書いた方が売れると思うよ

225 : ◆GacHaPR1Us :03/05/11 02:53
>>223
SF界の極北と呼ばれる
ルーディ・ラッカー氏
http://www.ltokyo.com/ohmori/rucker/rr_sfm.html
の本が参考になろうかと

226 :名無し物書き@推敲中?:03/05/17 01:55
数式も小説も自分の頭の中にあるイメージを相手に伝えるという点では全く同じだ。
少し前に見た映画で航空管制官が主人公の映画があったが、
その映画の中に、レーダーに映し出される機影と高度データが
その管制官の頭の中ではどう把握されているかというのを見せてくれるシーンがあった。
無機質な緑色の点に過ぎない機影がだんだんと3次元空間を高速で移動しつつ
きわどいタイミングですれ違っていく巨大な旅客機達に変わっていく。
大変に衝撃的なシーンだったことを憶えている

同じように、単なる記号の羅列に過ぎない数式もその意味するところがわかれば
その人間はそこから長大な物語に匹敵するイメージを引き出すことができるだろう。
数学が苦手な私にはうらやましい限りだ。

227 :名無し物書き@推敲中?:03/05/17 21:57
森鴎外

228 :名無し物書き@推敲中?:03/05/20 23:11
ひろみGO.リー系

229 :山崎渉:03/05/22 02:48
━―━―━―━―━―━―━―━―━[JR山崎駅(^^)]━―━―━―━―━―━―━―━―━―

230 :名無し物書き@推敲中?:03/05/22 10:14
↑の山崎って、かなり精神的に病んでるね。
特に4月以降……。
そろそろ実社会でも犯罪を起こす頃じゃないか?

231 :山崎渉:03/05/28 11:02
     ∧_∧
ピュ.ー (  ^^ ) <これからも僕を応援して下さいね(^^)。
  =〔~∪ ̄ ̄〕
  = ◎――◎                      山崎渉

232 :名無し物書き@推敲中?:03/06/12 23:45
草案を作るのが文系で
組み立ててストーリー化するのが理系

ともれは思ふ

233 :名無し物書き@推敲中?:03/06/22 22:01
>>232
という事は、草案しか作れない俺は文系なのか?

234 : ◆GacHaPR1Us :03/06/23 03:08
>>232
TRPGは文系のものだと思うけどなー。

235 :名無し物書き@推敲中?:03/07/09 14:56
age

236 :山崎 渉:03/07/12 11:04

 __∧_∧_
 |(  ^^ )| <寝るぽ(^^)
 |\⌒⌒⌒\
 \ |⌒⌒⌒~|         山崎渉
   ~ ̄ ̄ ̄ ̄

237 :山崎 渉:03/07/15 12:03

 __∧_∧_
 |(  ^^ )| <寝るぽ(^^)
 |\⌒⌒⌒\
 \ |⌒⌒⌒~|         山崎渉
   ~ ̄ ̄ ̄ ̄

238 :山崎 渉:03/08/02 01:21
(^^)

239 : ◆GacHaPR1Us :03/08/02 05:12
山崎対策

240 :山崎 渉:03/08/15 12:34
    (⌒V⌒)
   │ ^ ^ │<これからも僕を応援して下さいね(^^)。
  ⊂|    |つ
   (_)(_)                      山崎パン

241 :名無し物書き@推敲中?:03/08/16 17:10
最近の小説界って、科学的な設定や考証は自分で首を絞めることとして忌避される傾向にあるそうだ。
だが、理系の一人として、そんな後ろ向きな態度は許せない。
・・・とは言っても、まだワナビだから・・・(ぐすん)

242 :名無し物書き@推敲中?:03/08/16 17:44
>>241
んなことないだろ。
科学的な設定ってのもどういうのかわからんけれども。
池澤夏樹なんか、実に理知的な小説を書くではないか。

243 :名無し物書き@推敲中?:03/08/16 20:13
日本のSFなんかダメだよ
星進一?ショートショート?ボッコちゃん?プッ!

244 :名無し物書き@推敲中?:03/08/16 21:18
>>241
何日か前の読売新聞で、どこぞの小説評論家が書いていた記事のことだな。
ありゃ、科学的な知識のない文系作家が、設定に無理矢理科学っぽい口実を付けて、自滅する馬鹿さ加減を警告してるんだと思うぞ。
要するに、科学がわからないのに、設定に使うなってことだ。
だからと言って、科学を使わずに済む魔法やファンタジーに逃げるのは愚かだと思うがな。

245 :abc:03/08/16 21:23
人気サイト
http://pocket.muvc.net/


246 :名無し物書き@推敲中?:03/09/13 04:46
理系でも良い小説は書ける。
理系、文系でどうのこうの言うこと自体あまり意味がない。

247 :名無し物書き@推敲中?:03/09/13 11:57
すーがくハァ?な人なので、僕は微分も美文もできません。

248 : ◆PC6vEV8ETc :03/09/14 03:41
初めての小説です。批評してくれると中の人が喜びます。

 10m四方の白いリノリウムの床の上にぽつんとベットが一つだけ
置かれていた。そこに横たわっていたのは、すでに脳死を宣言され
魂の抜け殻となってしまった少女だった。まだ、体温の抜けきって
いない体は、雪のように白く透き通り頬にはうっすらと赤みがさして
いた。死後、20分・・・。少女の細胞のタイムリミットが刻々と迫って
きた。のこり、40分、私はオペに取り掛かった。
 2005年、世界に先駆け日本で私の所属する研究機関がヒトES
細胞より、人工的に脳を作ることに成功した。しかし、このときはまだ
ヒトES細胞分化脳が人格を有するまでには至らなかった。2006年、
このヒトES細胞の研究は神を冒涜する行為としてWHOに全世界で
禁止され、私たちの研究チームはちりぢりになてしまった。それ以来
私は密かに研究を続け、2011年、ES細胞分化脳に人格を与える
ホルモンを妊娠した女性の脳幹より発見。これにより、研究は最終
段階へと突入した。つまり、ヒトは神が作ったものなのか見極める段
階だ。


249 :名無し物書き@推敲中?:03/09/14 03:43
http://www.candyroom.net/wsrank/in.php?id=eedeai
http://www.candyroom.net/wsrank/in.php?id=eedeai
http://www.candyroom.net/wsrank/in.php?id=eedeai
http://www.candyroom.net/wsrank/in.php?id=eedeai
http://www.candyroom.net/wsrank/in.php?id=eedeai
http://www.candyroom.net/wsrank/in.php?id=eedeai
http://www.candyroom.net/wsrank/in.php?id=eedeai
http://www.candyroom.net/wsrank/in.php?id=eedeai
http://www.candyroom.net/wsrank/in.php?id=eedeai
http://www.candyroom.net/wsrank/in.php?id=eedeai
http://www.candyroom.net/wsrank/in.php?id=eedeai
http://www.candyroom.net/wsrank/in.php?id=eedeai
http://www.candyroom.net/wsrank/in.php?id=eedeai
http://www.candyroom.net/wsrank/in.php?id=eedeai
http://www.candyroom.net/wsrank/in.php?id=eedeai
http://www.candyroom.net/wsrank/in.php?id=eedeai
http://www.candyroom.net/wsrank/in.php?id=eedeai
http://www.candyroom.net/wsrank/in.php?id=eedeai
http://www.candyroom.net/wsrank/in.php?id=eedeai
http://www.candyroom.net/wsrank/in.php?id=eedeai
http://www.candyroom.net/wsrank/in.php?id=eedeai
http://www.candyroom.net/wsrank/in.php?id=eedeai
http://www.candyroom.net/wsrank/in.php?id=eedeai
http://www.candyroom.net/wsrank/in.php?id=eedeai
http://www.candyroom.net/wsrank/in.php?id=eedeai

250 : ◆PC6vEV8ETc :03/09/14 03:43
 私は、まず黒くしなやかな髪を剃り落とすことから始めた。美しい
髪を剃ることに罪悪感を感じてしまう。次に、頭蓋にドリルで穴を空
け、かつてそこに魂を宿していたであろう、壊死を起こし始めた脳を
他の神経を痛めないように慎重に取り出した。ここで、神経を増殖
させるホルモンを投与する。ここからが本番だ。予め、少女の卵子
より作成したES細胞分化脳を脊椎視神経聴覚味覚それぞれの
神経を接続していく。頭蓋を元のとおりに塞ぎ、頭皮を縫合した。
あとは、心臓が鼓動を始めれば一段落だ。電気ショックを用い心臓
に揺さぶりをかける。トクッ、と心臓が動き出し、次第に規則正しい
生命のリズムを刻み始める。人格形成ホルモンを投与後、私は安堵
のため息をもらし、そのまま、少女の傍らで、眠りに落ちていってし
まった。

まだ導入部のみですが・・・。気になる点などあればお願いします。

251 : ◆PC6vEV8ETc :03/09/14 03:45
>>249
途中に貼っちゃイヤン。
sage忘れたおいらのせいなんだが・・・。

252 :名無し物書き@推敲中?:03/09/14 04:01
全体的にはポジティブ。
ES細胞って「何にでもなる細胞」だっけか。
それをどうやって脳にしたかは気にならんでもないが
多分もっと後なんだろう。

ホルモンの投与はどうやった?注射なら静注かそれとも
新しい脳みそに塗っちまうとか。
出始めの見せ場を、「投与する」でペラっと済ませると食い足りないと思われ


253 : ◆PC6vEV8ETc :03/09/14 04:24
>>252
>>ES細胞って「何にでもなる細胞」だっけか。
ええ、そうです。昔ニュートンで読んだの思い出しながら使ってみたんですけど
ES細胞を分化させる薬品の名前忘れちゃって、作成について詳しく書けなかった
のですよ。ES細胞から神経細胞を作るのには現在成功しているようです。
脳まで作るには無理があると思うんですけど。ちなみに、薬品の濃度を
変更すると、細胞が色々変わるようです。
>>ホルモンの投与はどうやった?注射なら静注かそれとも
静脈注射のイメージで書いてて文章にするの忘れてしまいました。

あと、隠し設定なのが、少女の卵子でして、ES細胞を作るには受精卵で
無ければいけないんですが、精子をどこから調達したかというと、この〔私〕
のものなんですよ。要するに少女と私の子を少女の頭の中に作ったという・・・。
なんか、今後の展開が読めそうですね。

254 :名無し物書き@推敲中?:03/09/14 05:17
これだけでは何とも言えないというのが感想(笑
完成したらまたりにでも投稿したら如何?

といいつつ、ここまでの感想。
>それ以来 私は密かに研究を続け
もっと詳しく描写。
あと、手術過程にリアリティが感じられない。
ここも描写不足。

でも理系の人(?)らしくすっきりした文章には好感。

個人的感想です。




255 :名無し物書き@推敲中?:03/09/16 16:35
わりと近未来の技術を詳細に解説するようなSFを書きたいんだよね? とすると:
ES細胞の培養ってのは結構微妙なもので、レチノイン酸とかで分化させただけでは、
ちゃんとした神経細胞にならないと見たことがある。本物の知識が売りなら、
そこらへんのレビューをしっかり読んでおいた方がいいよね。あと、生物系の人だと思うけど、
医学系の知識はなさそうなので、ちゃんと脳外科の人に話を聞いておいた方がいいと思う
脳はかなり複雑な組織なので(たとえば分類によっては眼も脳の一部)、どう切り出すのか
しっかり書くとリアリティが出るんじゃないかな

もっとも魔法とか謎の秘術とかミトコンドリアの怨念とかにして逃げるテもあるとは思うけど、
それだといわゆるPE系の二番煎じになってしまう恐れもあるかもしれないなあ


256 :名無し物書き@推敲中?:03/09/16 16:46
これぞ文系の最前線ってカンジの小説を紹介してください

257 :名無し物書き@推敲中?:03/09/16 19:33
>>256
江戸とか戦国時代の本

258 :名無し物書き@推敲中?:03/09/20 09:22
説明書みたいな文章だね。
専門用語を理解できないから、余計にそう感じる。
けど、気になる展開だね。

259 :名無し物書き@推敲中?:03/09/28 12:25
漏れは文系だが、理系の人たちは専門分野の話しがかけるから羨ましいな

260 :名無し物書き@推敲中?:03/09/28 13:21
専門分野の知識が無ければ書けない小説を、その分野の知識が無い一般人
でも楽しく読めるように書くのが大切だと思う。

261 :名無し物書き@推敲中?:03/09/28 14:08
おまいら知能指数どれくらい?

262 :名無し物書き@推敲中?:03/10/13 04:19
専門知識がない人にはさっぱり理解できないような小説は、単なる作者の自己満足。
瀬名秀明はさっぱり理解できず、途中で挫折した。

・・・私が単に勉強不足なだけか?


263 :名無し物書き@推敲中?:03/10/13 05:12
理系だけど小説書きたいな、とは思ってる。
高校時代は文学部部長で理数科という謎な事してたな・・・

>>262
それをきっかけにして知識を得る機会が出来たわけだから、
そんな感じの事があったら逆に嬉しく思う。
ある程度の解説は小説でしてる事多いから分かりやすいと思うけどね。
けど、別に勉強不足とかそういうのじゃないと思う。感覚の違いかと。

264 :名無し物書き@推敲中?:03/10/13 10:40
>>256
京極?

265 :名無し物書き@推敲中?:03/10/13 11:11
>高校生の時に
>数学を諦めたのが文系
>数学を続けたのが理系
>だから理系は文系の上位互換だ
といってたのは森博嗣だったか。

世間で理系作家と呼ばれている人(瀬名とか、その森博嗣とか)は
一分野の専門家であることを利用して小説家になった人なのだと思う。
作者の経歴によってリアリティを補強しているという点に関しては
金融屋や弁護士が自分の分野を舞台に書いた小説と大差はないのでは?

266 :名無し物書き@推敲中?:03/10/13 16:42
星新一は?

267 :名無し物書き@推敲中?:03/10/16 14:51
スタニワフ・レムってサイバネティクス協会の会員だってね


268 :名無し物書き@推敲中?:03/10/28 23:19
リストアップしてみました。医師薬系を別にもってきたのは、森博嗣が「医学部は厳密には理系とは言えない」
というようなことを書いていたからです。追加修正よろ
<理工系>
森博嗣 N大工学部助教授
東野圭吾 大阪府立大学工学部
太田忠司 名古屋工業大学
乾くるみ 静岡大学理学部
池沢夏樹 埼玉大学理工学部中退
二階堂黎人 中央大学理工学部
乙一 福岡高専から豊橋技術科学大学編入
<医師薬系>
瀬名秀明 東北大学院薬学部(博士)
安部公房 東大医学部
森鴎外 どっかの医学学校
<番外>
手塚治虫 阪大医学部


269 :名無し物書き@推敲中?:03/10/30 00:45
>268
乾くるみって理学部だったのか。
>61
>宇宙論とか暗号理論とか進化論とか量子力学とか相対論とか、
>分かってないなら初めから書こうとするなよとか思う。
と同じことを「匣の中」を読んで思った。

270 :名無し物書き@推敲中?:03/11/16 20:22
井上夢人も理系っぽいけど違うのかね

271 :名無し物書き@推敲中?:03/11/20 17:03
富士見書房は理系作家の比率が高いって言うけど、本当なのかな?

272 :名無し物書き@推敲中?:03/11/20 17:33
そもそも理系って何よ?
てなことを森博嗣は言っていた気がするが。

彼自身の作品は理系というより、思考系。
思考することの面白さを追ってる感じ。

273 :名無し物書き@推敲中?:03/11/20 19:36
バカの壁

274 :名無し物書き@推敲中?:03/11/21 07:21
理系は自然操作の学、文系は人間操作の学だ。
どっちにも「AはBだから、結論はCだ」って論理的思考力は要る。
文系だから身につかない、理系だから身につく、なんてことはない。
ただ文系人間を教育するやり方がクソなだけだ。

理系の場合、まだトライアル&エラーで、何故間違ったかを解析したり、
解析の結果が既存の理論の否定に繋がることもありえよう。
既存理論の否定には、数式なりで結果が導ける。
だから日本でも、飛んだ理論が認められる可能性は、ある。
そういう間違いの解析の際に論理的思考力は身につくんだろう。
ま、理系の場合でも「前提をひっくり返す」ようなアイデアは潰されるみたいだが。

日本の場合、文系の理論は基本的に外人の翻訳モノだ。
相当な資料を用意しても「マクルーハンの言ってることと違うからダメ」、これが有り得る。
逆に、マクルーハンの引用があれば、それなりのもんだと見做される。
社会学なりの本や論文で、外人理論に寄りかかってない本を探す方が難しいくらい。
マルクス+レーニン、パーソンズ、デュルケーム、ウェーバーあたりがパクりのメインだな。
他、経済学や文学や法学も似たようなもん。経営学だともっとひどい。
日本の場合、外人理論は何故か支持されるもんだが、日本人の文系理論が
支持されることは殆どない。
アイデアの有る奴は潰されて、記憶力の有る奴が上に立っちまうらしいわ。

はっきり言うと、理系より文系の方が覚えモノの世界だ。
だから、文系にはバカが多いのさ。理系の人間には意外だろうけど。

275 :名無し物書き@推敲中?:03/11/21 10:11
理系は礎から一つ一つ積み重ねる学問だけど、それに比べ
文系の方は曖昧なものを扱う学問なのだと思うんだが。

曖昧なものを、曖昧なままに現わし、曖昧な結論に導く。
理系は、何故に曖昧なのかを突き止め、曖昧さをも理解に導く。

方法形態が違うのであって、目標はそれほど違わない気がする。

276 :名無し物書き@推敲中?:03/11/21 21:09
文系が曖昧というのは、最近の日本に限っての話。おかげで電波な学者が増えた。

考え方の方向性が違うという意見には同意する。
理系は部分の積み重ねからボトムアップ式に全体を把握しようとする。
対して文系は全体からボトムダウン式に現象を掘り下げようとする。
ところが、日本の学者の中には掘り下げないで曖昧なまま机上の空論を展開する電波学者が多いから、バカが多いと思われるのだ。

277 :名無し物書き@推敲中?:03/11/24 14:59
ファンタジー小説でドラゴンに遭遇した場合
文系ならば、どうやってドラゴンを倒そうかと主人公が悩む描写だろう
理系ならば、このドラゴンの生態の説明を交えて挙動の描写だろう

偏見かなー?

278 :名無し物書き@推敲中?:03/11/24 18:31
そら偏見でしょ。
生態の描写は、必要なら文系理系関係なく欲しいし、必要ないならリズムや
字数と相談だ。どこまでリアリティを出すのか、という問題でもある。

279 :名無し物書き@推敲中?:03/11/25 12:14
ただカッコ付けて描写しまくった揚げ句、無知をさらすのが文系作家w

280 :名無し物書き@推敲中?:03/11/25 12:50
>>278
生態の描写については
文系は他の小説を参考にする
理系は他の生物を参考にする
くらいの傾向はあるかも。

281 :名無し物書き@推敲中?:03/11/26 08:01
文系作家は、敢えて表現を避けるんじゃないかな?
生物学的な生態の知識を持っていれば書くだろうけど、なければ無理に書かないだろ。

282 :名無し物書き@推敲中?:03/11/27 09:59
>>279
哲学が文系に含まれていることを忘れずに。
(ま、文系理系で括ることに、どれ程の意味があるか知らないが……)

無知の知に至っていないと、大声で言っているようなものだ。

283 :名無し物書き@推敲中?:03/11/27 23:27
>>282
理学(工学・医学は除く)は、もともと哲学の1分野だったんだけどね。

284 :名無し物書き@推敲中?:03/11/28 00:19
小説のジャンルにもよって文理が結構如実に現れると思う。
SFとかなら理系
推理ものも理系より
エンターテイメント系は文系より
純文学なら文系
歴史ものも文系

という感じがする。まぁ、個人的な解釈だけど。

いろんなジャンルの本を読んだほうがいいんじゃないかと。
自分の専門分野に固執せず。
とりあえず、世界文学くらいは読破したい。

理系っぽい文章なら
安倍公房の
「砂の女」、「箱男」、「壁」
を読むのを薦める。


285 :名無し物書き@推敲中?:03/11/28 01:17
「箱男」は理系っぽくないだろ?
それよりは「他人の顔」あたりがおもしろい。

286 :名無し物書き@推敲中?:03/11/28 01:49
>>284
理系なのだが、
前衛よりの純文学
がちがちの本格推理
以外は面白いと思わなくなった。
共通点はテーマよりも構造を重視することか。

287 :名無し物書き@推敲中?:03/11/30 19:59
理系だけどアベコーボー
もし文系でもアベコーボー

288 :名無し物書き@推敲中?:03/12/03 19:01
>>283
つか、それを言ったら神学(宗教)だって、もとは哲学だし。
そもそも、学問の始まりには、哲学が欠かせないわけで。

まあ、ここで理系文系のそれぞれの特徴について話すならともかく、
自分を体よく片方に分類して、もう片方を馬鹿にするようなことを
言っている香具師に、ちと言いたかっただけ。

289 :283:03/12/04 00:22
>>288
同感。学問として理系文系を分けることに意味はないと思う。
だけど、論理的に考えられないとか、勉強嫌いを「文系」という言葉で誤魔化す人が多いこともお忘れなく。

290 :名無し物書き@推敲中?:03/12/04 21:59
論理的にはアベコーボー
もし勉強嫌いでもアベコーボー

291 :名無し物書き@推敲中?:04/02/09 17:45
理工系大学の者だが、まわりの人間全然小説読まないですよ。
「最近何読んだ?」って聞いたら「ハリー・ポッター」って答えしか返ってこないような感じ。
皆さんのまわりはどう?

292 :名無し物書き@推敲中?:04/02/09 17:49
とても気になるのですが・・・

http://page8.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/h5903288

293 :名無し物書き@推敲中?:04/02/09 18:23
オレっちは農業高校上がりの農学部。
自然科学? そんなの知らん。なんちゃって理系なのさ。
こんなオレが小説家を目指してるんだから、世も末だよな。

294 :名無し物書き@推敲中?:04/02/09 18:58
教育学部技術科卒で、官能SF小説書いてますが、なにか。

295 :名無し物書き@推敲中?:04/02/09 19:37
官能SFってすげーな
想像がつかん

296 :名無し物書き@推敲中?:04/02/10 04:12
無重力セックス

297 :名無し物書き@推敲中?:04/02/10 10:41
SexFiction

298 :名無し物書き@推敲中?:04/02/12 22:37
やはりここはTeX使いが多いのだろうか。

と話題を振ってみる。

299 :名無し物書き@推敲中?:04/02/13 15:03
全く使えませんが何か?

と返してみる。

300 :名無し物書き@推敲中?:04/02/14 02:11
>>299
ここなら仲間がいっぱいいるかと思ったんだがなー

301 :名無し物書き@推敲中?:04/02/15 07:41
文系の連中に詳しい数式見せたって斜め読みもしないから無駄。そもそも理解できないだろうし。
以前数学ネタで1本書いたら1を素数だと思ってた香具師がゴロゴロいて頭痛くなった。

302 :名無し物書き@推敲中?:04/02/16 16:30
数式とか出さなくても出力が綺麗だから、
愛用者がいるかと思ったんだけどな。

>>301の気持ちはわかる。
下手すれば「素数って何?」だからな。

303 :名無し物書き@推敲中?:04/02/16 22:31
俺はむしろ、何でも数式で片付けようとする理系の奴らにうんざりしてる落伍者。
噛み砕いて言葉にすることができない奴って、周りにいない?

304 :名無し物書き@推敲中?:04/02/16 22:58
>>303
むしろ噛み砕いて数式にしろ。

305 :名無し物書き@推敲中?:04/02/17 01:49
>>304
同意。
いいから式か数字出せ、といいたくなる大学の教科書あるんだよな。


関係ないが、
知識があるがゆえに小説とか映画の設定に納得いかなくて
素直に楽しめなかったり、ネタとして楽しんでしまうことない?

元ネタ忘れたが、
なんで化け物みたいなエイリアンの遺伝子がDNAで、
しかも地球上の生物と同じ遺伝暗号なんだよ、とか。

クロロホルムキターとか。

306 :名無し物書き@推敲中?:04/02/17 09:12
『いやでも楽しめる算数』(清水義範、西原理恵子絵/講談社)
タイトルとは逆に、文系に数学的知識を理解させるのは不可能だと分かる本。読んでて泣けてくる。

307 :303:04/02/17 14:24
俺って理系じゃなかったのかな・・・・

>>304
たいがいのSFには突っ込みいれたくなるよね。

308 :名無し物書き@推敲中?:04/02/17 14:47
オレも理系だが、文中に数式を書く小説は好きになれない。
作家なら、言葉に置き換えろと言いたい。
ただし、ネタとしての数式ならば話は別だが……。

ただ科学的に正しい話だけど、世間の常識からちょっとズレた話を読んだ文系のやつが、
「この小説はデタラメばかり書いてる。こんなのがプロの作品かよ!」
って怒鳴り散らしてたのには呆れたなあ。
目からウロコって言葉は、彼には通用しないんだろうなあ。

309 :307:04/02/17 15:12
ああ、俺アンカー先間違ってる。
>>304じゃなくて>>305ね。

>>308
文中に数式を書く小説なんてあるの?
SFとかあんまり読まないから(>>307は映画の話なんで)
安部公房くらいしか思いつかない。
ああいう使い方は好きだしね。

310 :名無し物書き@推敲中?:04/02/17 15:33
>>308
星新一の説によると「目からウロコが落ちたときと目にウロコが入ったときは区別がつかない」そうだ。

311 :名無し物書き@推敲中?:04/02/17 15:49
>>309
これは距離の二乗に反比例して……とか、ここは何とかの対数で……とか。
地の文で説明した小説も、ただ数式を言葉に置き換えただけで萎えるね。

プロならエピソードを使って説明して欲しいと思う今日この頃……。

312 :名無し物書き@推敲中?:04/02/17 16:03
>>311
天文や宇宙線の成果について書いた本なんだけど、
『星間飛行』という本の説明は良かったよ。
ttp://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4062075504/qid=1077000843/br=1-7/ref=br_lf_b_6/250-2075344-5410653

本文は高校生でも飽きずに読める程度に省略して書いてある。
でも、「詳しくは〜ページ」という風に巻末付録の物理解説を参照する
という仕組みになっているから内容も理解しやすい。


313 :名無し物書き@推敲中?:04/02/17 16:41
数式を文章にすると、やたらとスペースとらなくちゃいけなくなるだろうな。
わずかな言葉で多くを伝えるという点で見れば、
生の数式が一番美しいと言えるかもしれない。
・・・・・・使うわけには行かないが。

理系っていっても、自分の近い分野以外は
理系同士でも通じなかったりするよな。
俺は個人的に勉強して知ってたが、俺の学部のやつに
「シュレーディンガー音頭」を教えてやってもウケないだろう。
数学系・物理系・化学系・生物系・(おまけで)医療系の五つと
理学系と工学系の二つでは、それぞれ考え方とかも違うんだろうな。

314 :名無し物書き@推敲中?:04/02/17 21:16
理系の知識そのものな話題はあんまり歓迎されないな。
小説どころか、科学の啓蒙書ですら数式が多いと売れないらしいし。

むしろ科学者のものの考え方に関する話とか
科学にまつわるエピソードなんかがうけるだろうね。

315 :名無し物書き@推敲中?:04/02/18 02:46
>>314
それは別に理系に限ったことじゃないと思うよ。
単なる知識の羅列より、その周囲の人間模様の方が面白いもんでしょ、大抵の場合は。

316 :名無し物書き@推敲中?:04/02/18 13:25
科学の啓蒙書かぁ。
「素人にも理解できるように書いた。これで理解できなかったら、基礎からやり直して欲しい」
などと、平気であとがきに書く某大学教授がいたからなあ。
全員がそんな態度だとは思わないけど、科学・文化に限らず、昔はその手の啓蒙書が多すぎたように思うね。
啓蒙書って言うのは基礎を学ぶ前の人に向けた、学問のCMだと思うんだけどなあ。
まあ、最近は読みやすい本が増えてきたみたいだけど……。

小説も同じ。
読み手は基礎も知らない素人だって認識してない小説は、理系・文系に限らず作家の自己満足で終わってると思うよ。

317 :名無し物書き@推敲中?:04/02/18 13:31
>>316
啓蒙書しか読まない人が沢山いるわけで。
しかも、それで薀蓄を語っちゃったりするわけで。

318 :名無し物書き@推敲中?:04/02/18 14:18
>>317
良いんじゃない、それでも。
興味を持たれないよりはずっとマシだと思う。

319 :名無し物書き@推敲中?:04/02/18 15:08
啓蒙書より、子供向けの百科事典の方が話題が豊富で詳しい部分があるよ。
子供向けと聞いただけで偏見でバカにする人たちがいるけど、
子供相手だからこそ大人が読む本よりも神経を使って書いているね。

啓蒙書の歴史的な経緯を最新の学説だと取り違えて、古い学説で蘊蓄を垂れた香具師がいたなあ。
彼は大量に本を読む人なので、自分の知識量に強い自信を持っているんだよなあ。
その間違いを訂正しようとしたら「おまえの知識は古い」などと言われてしまったよ。(あはは)
ま、科学に関心があるだけマシと思いましょう。

320 :名無し物書き@推敲中?:04/02/18 15:51
関心があるだけで、っていうのは
最近のマイナスイオン流行を見るとちょっと言えない漏れ。

「賢い者と愚かな者は同様に無害であり〜」
なんて格言も思い出したり。

321 :名無し物書き@推敲中?:04/02/18 19:09
>>318
文系は反論されるとキレるだけの奴が多いから困る。

322 :名無し物書き@推敲中?:04/02/18 20:48
マイナスイオンなんて、それこそ理系の話に興味が無い人が踊らされてるんだと思うけど。
ちょっとでも興味を持ってたら、あの胡散臭さには気付くんじゃない?

323 :名無し物書き@推敲中?:04/02/18 21:40
殺菌の原理は仮説として正しそうだけど、イオン発生の説明は怪しいよなあ。
トルマリンを置いとけばマイナスイオンが出るなんて笑止千万。
電気石だからイオンを出すなんてのは、業者のいい加減な口車だ。
インターネットをやれば英語ができるようになるを売り文句にしてた電気屋と良い勝負。

324 :名無し物書き@推敲中?:04/02/18 23:47
>>322
いや、科学っぽさ(漏れらから見れば胡散臭いが)が、
「すごーい!」なんて言わしめている原因であることは否定できないと思う。
「マイナスイオン」もそうだが「波動」とかいかにも科学用語っぽい。
ついでに「スカラー波」とか。

自称勉強家が、あるある大辞典とか見て
「水の分子はHとOっていうのがプラスマイナスでくっついてて、
Oが離れてマイナスイオンになるんです」
なんて説明始めるんだぞ_| ̄|○

「弱酸性だから、肌に優しいんです」
界面活性剤が肌に優しいわけあるかヽ(*`Д´)ノゴルァ
刺激が少ないとか家。

「化学物質じゃなくて漢方だから、副作用が(ry」
喪前は化学物質じゃないもので構成されてんのかヽ(*`Д´)ノゴルァ

「血液型何型?」
漏れの赤血球の糖鎖がどうかしましたか?ヽ(*`Д´)ノゴルァ


……ごめん、興奮した。

325 :名無し物書き@推敲中?:04/02/19 00:43
すべて天然物だから安全というコマーシャルも笑ったね。
フグ毒やトリカブトも天然物だぞw

326 :名無し物書き@推敲中?:04/02/19 01:09
食品添加物の基準が厳しい反面、確か天然物にはほとんど基準がない国ですから。(笑)
世界で甘味料のステビアを禁じてない国って、日本とブラジルの2国だけと言うし……。

327 :名無し物書き@推敲中?:04/02/20 00:32
こういう健康関連の嘘とかもある意味ネタになるよな。
どう調理するかは悩みどころだけど。

328 :名無し物書き@推敲中?:04/02/20 00:32
>>324
>「血液型何型?」
>漏れの赤血球の糖鎖がどうかしましたか?ヽ(*`Д´)ノゴルァ

血液型は、俺の周り(理学部)でも訊いてくる奴が沢山いるよ。
しかも俺なんかと違ってバリバリ理系っぽい人。
どこまで本気なのかよく分からないけど、話のネタにはしやすいのかね。
まあ、あなたの気持ちは分かるよ。でも、

>いや、科学っぽさ(漏れらから見れば胡散臭いが)が、
>「すごーい!」なんて言わしめている原因であることは否定できないと思う。

これってまさしく、
「難しそうで何だか分からないけど、すごいって言われてるんだからすごいんだろう」
っていう思考停止でしょ。彼らは「科学的な知識」に興味があるんじゃなくて、
単に「流行り物」を追っかけてるだけ。
最近は妙な「雑学ブーム」らしいし、薀蓄たれる人が多いのもそのせい。
みんな、流行に乗せられることに快感を覚えるタイプの人たちなんだよ。
別に知恵や知識自体に興味があるわけじゃないのさ。

329 :名無し物書き@推敲中?:04/02/20 00:48
>>328
しかし、「啓蒙書」と「と本」の区別できる人がどれくらいいるのかわからない罠。

「相対性理論って間違ってるんだって」
( ゚д゚)ポカーン とか

でも言いたいことはわかります。
話の腰を折ってすんません。

330 :名無し物書き@推敲中?:04/02/20 01:45
相対性理論が正しいかどうか。
確かにアインシュタインは論文の中で大ポカしたけど、それですべて間違ってるという論拠はどうも……。

科学オンチネタなら、ゲーム脳はどうだ?

331 :名無し物書き@推敲中?:04/02/20 02:42
>>330
ゲーム脳か。
世間の人たちがいかに「大学教授」って肩書きに弱いかを知ったな。
でも、とくに騒ぎ立ててるのは、前からああいうのを待ち望んでた人たちなんだろう。
世間に利用され、いい加減な研究ばかりして自分を見失う大学教授か。何か書けそう。

332 :名無し物書き@推敲中?:04/03/24 23:20
某SF作家が、カーブ通過中の車の中では空気は遠心力で外側に流れるといったのは笑った。
SF作家を標榜するなら、コリオリの力ぐらい理解しとけ!

333 :名無し物書き@推敲中?:04/03/25 10:11
>>332
そのつっこみも変。
コリオリの力は
 回転座標系中で等速直線運動する物体に働く見た目上の力
だから、カーブは関係ない。

334 :名無し物書き@推敲中?:04/03/25 10:20
>>333
おまえのツッコミも変だぞ。

335 :名無し物書き@推敲中?:04/03/25 13:55
コーヒーカップ持って体をひねると、カップの中でコーヒーが回ってるね。
コリオリの力=転向力は習ってたけど、実際に見て意識したことはなかったなあ。
これは面白いかも。

336 :名無し物書き@推敲中?:04/05/29 17:10
good idea!!

337 :名無し物書き@推敲中?:04/05/29 19:51
理系なら前書きとして「使用上の注意」を載せること!

338 :名無し物書き@推敲中?:04/08/12 21:32
>>337はどうしようもない知膿小害(藁

339 :名無し物書き@推敲中?:04/08/12 21:59
 >>337はネタだとしても、仕事上入れたい時もある。
 最初は皆知らないし、ああいう間違いするだろうなぁ……
 ってわかる分、書きたくなる。(ここなら、これとか↑)

 対、『犬をレンジに入れといて裁判挑んでくる香具師』への対策については知りません。


340 :名無し物書き@推敲中?:04/11/01 17:57:22
>339
「調理以外の目的に使用された場合、当社は責任を負いかねます」
じゃなかったか?

341 :◆eQHe/TN/fs :2005/04/30(土) 21:20:02
理系だから使わせてもらうか。
上のほうで馬鹿がまだやってるよ。

342 :◆eQHe/TN/fs :2005/04/30(土) 23:03:00
IDなんて過疎板なのに必要かなぁ。
てか、今までの自演がバレる。

343 :名無し物書き@推敲中?:2005/04/30(土) 23:05:48
寝るか。

344 :名無し物書き@推敲中?:2005/04/30(土) 23:09:42
このスレだけに籠もろう。

345 :名無し物書き@推敲中?:2005/04/30(土) 23:17:57
運営は白けるだろうな。
内輪だけでIDだの盛り上がってさ。

346 :名無し物書き@推敲中?:2005/04/30(土) 23:19:40
ったく、こんな板は初めてみたよ。
内輪に巻き込まれた。

347 :名無し物書き@推敲中?:2005/04/30(土) 23:23:09
自演で自分叩いてたなんてバレたら恥ずかしいじゃないか。
目立ちたかったんだよ。

348 :名無し物書き@推敲中?:2005/04/30(土) 23:26:08
空気っていうのは一番耐えられないな。

349 :名無し物書き@推敲中?:2005/04/30(土) 23:30:00
目立ちたいからコテなんてやってたんだよ。

350 :名無し物書き@推敲中?:2005/04/30(土) 23:58:18
理系でも趣味でなら創作をする。

351 :名無し物書き@推敲中?:2005/05/01(日) 00:03:19
眠いかな。理系ならではの創作を考えてみよう。

352 :名無し物書き@推敲中?:2005/05/01(日) 09:32:48
社会科学上の虚構を描くのが社会派
人文科学上の虚構を描くのが人文派
自然科学上の虚構を描くのが自然派

353 :名無し物書き@推敲中?:2005/05/01(日) 20:37:41
虚構ばっかだ。

354 :名無し物書き@推敲中?:2005/05/01(日) 20:47:01
数式も化学式も虚構といえば虚構だ。


355 :名無し物書き@推敲中?:2005/05/01(日) 20:51:13
社会派っていうと、松本清張思い出す。


356 :◆eQHe/TN/fs :2005/05/01(日) 22:11:08
思うにさ、理系だろうが文系だろうが、小説書くための頭ってのはべつにあると思うね。
何かを作るっていう頭。
料理を上手に作ったり、美しい音楽を作る頭と同じ。

357 :◆eQHe/TN/fs :2005/05/01(日) 22:21:13
つまりさ、どんな分野であれ、何かをつくりだすという作業には、同じ脳みそを使うんだろうね。


358 :名無し物書き@推敲中?:2005/05/01(日) 22:24:04
理系が創作において文系より有利なことがあるとしたら、それは、わかりやすくまとめて整理して伝える力が優れているってことじゃないかな。


359 :名無し物書き@推敲中?:2005/05/01(日) 22:32:53
そういえば、こんな話があったな。
雪がとけたら何になる?
この質問に、理系は水って答えて、文系は春って答えるって話。
まぁ、自分は個人差だと思うけど、なるほどなぁって感じだね。

360 :名無し物書き@推敲中?:2005/05/01(日) 22:44:01
三語スレの良作選。
本スレ1からやろうと盛り上がってるのかな。
今は書いてないけど、前前スレと前スレには書きまくったから、ちょっとどきどきだ。

361 :◆eQHe/TN/fs :2005/05/01(日) 22:54:05
理系っていってもいろいろあるよね。
医学系なんかは、哲学に近いような授業も受けるようだし。

362 :名無し物書き@推敲中?:2005/05/01(日) 23:00:55
医学部に逝けても、やり通す自信なかったなぁ。
なんていうか、患者とか、まだ私には重い。
薬学部でも重いのは同じなんだけどね。

363 :名無し物書き@推敲中?:2005/05/01(日) 23:08:55
医者にとって患者っていうのは、自分を映す鏡なんだよ。
だから、離れられない存在だし重い。

364 :名無し物書き@推敲中?:2005/05/02(月) 01:26:22
医学部は厳密には理系ではない、って森博嗣が言ってたなぁ

365 :名無し物書き@推敲中?:2005/05/02(月) 02:51:22
工学部も、大学によっては職業専門学校と大差ない罠。

366 :◆eQHe/TN/fs :2005/05/02(月) 09:59:01
地下スレにもレスはつくものだね。
工学部はエンジニアみたいにスキルを身につけて社会にでたい人がいくイメージがあるなぁ。
純粋な理系ってのは、理学部とかかな。
でも、そういう人の書く小説もけっきょくは文系の人の書く小説と同じ頭でつくられると思う。

367 :◆CHANCE1/yQ :2005/05/02(月) 10:34:33
トリップテスト。


理系が小説を書く時に味わう気持ち良さって、文系とは違う気がする。
話を組み立てていく作業が面白い、話をきっちりまとめていくのが楽しい。上手くいえないけどそんなのがあるをじゃないかな。
たとえば書き出しの一行目とラストの一行を呼応させる構成とか好きそうな感じ。

368 : ◆CHANCE1/yQ :2005/05/02(月) 10:40:52
アイデアを思いついたり、オチを鮮やかに開かせる力っていうのはまた別かもしれないけれど、理系はショートショートなんかは得意そう。

369 : ◆CHANCE1/yQ :2005/05/02(月) 11:01:04
あ、でも阿刀田高はショートショートの名手だけど文系だね。
やっぱ向き不向きなんて、わからないものだね。

370 :名無し物書き@推敲中?:2005/05/02(月) 11:39:23
SSは発想勝負だから、どちらかというと感覚で考える文系の得意分野ではないかと。
むしろ理系は中編以上の長さがあって、初めて論理的に組む本領が発揮できるのでは?

371 :名無し物書き@推敲中?:2005/05/03(火) 01:26:43
理系にも優れた発想力があると思うけど
星新一も理系だしね。農学部だけど

372 : ◆CHANCE1/yQ :2005/05/03(火) 09:13:54
星新一は理系だった。
千数以上のショートショートを書いた。
すごい発想力だよね。

373 :名無し物書き@推敲中?:2005/05/03(火) 09:20:18
ショートショートだけ書いて食っていけたのは、星新一くらいしか知らない。


374 : ◆Windows4tI :2005/05/03(火) 15:10:16
こんちわ! 嗚呼! 


375 ::2005/05/11(水) 20:32:02
理系だから云々、ってのはまだあんまり信じていないんだけど、宮部みゆきの理由を読んだときは、理系だ!って思ったね。
なんていうか、あの構成。
主人公がはっきりと決まっていないで、語り手が次々と変わるってやつ。
それを組み立てて一つの話にしていく。
なんか理系っぽい。

376 ::2005/05/12(木) 20:27:32
上の方のスレはロムる気もなくなってきた。
くだらない。
んなことどーでもいいんだからさ。
欝欝。

377 :名無し物書き@推敲中?:2005/05/12(木) 20:30:12
あがってるスレにカキコしたら負けかなと思っている。

そんな感じ。

378 ::2005/05/12(木) 20:31:55
まあ、何が負けるって、自分の自制心が欲望に負けるってことなんだけど。
そんなたいそうなことじゃないね。
ロムっても負けるスレがあるな。

379 ::2005/05/12(木) 20:36:47
なんだか最近2ちゃんは
どうでもいい
って思うことばかりだ。
さらに欝。

380 :名無し物書き@推敲中?:2005/05/12(木) 20:39:40
自分にとってどーでもよくないことを探す気力もなく。
レポート仕上げないと。そういや、これはどーでもよくないな。

381 :名無し物書き@推敲中?:2005/05/12(木) 20:46:42
つきつめちゃうと、死ぬこと以外全部どーでもよくなってしまいそうで怖いな。
まだそこまで怠惰になりたくないよ。

382 :名無し物書き@推敲中?:2005/05/12(木) 20:59:11
よくいわれる、好きの反対は無関心。
どんなことにも無関心になりたくはないな。
今は気分が沈んでいるだけ。

383 :名無し物書き@推敲中?:2005/05/12(木) 21:01:45
ほとんどの悪いことは、悪意や嫌いからきているんじゃなくて、怠惰や無関心からきていると思う。


384 :名無し物書き@推敲中?:2005/05/12(木) 21:06:41
気分にムラがありすぎる自分は理系に向いていないと思う。
はやく気分をコントロールできるようになりたい。

385 ::2005/05/12(木) 21:20:52
死ぬことすら、どうでもよくなったら。
いま働いている、人間にとって一番大切な生存本能すら壊れてしまったら。
それはどんな世界なんだろう。

386 :名無し物書き@推敲中?:2005/05/12(木) 21:38:58
意識をなくし、考えることができなくなる世界を想像するのは怖い。
でも、その何もない時間が気が遠くなるほど永遠に続いていくことは決まっているんだ。


387 :名無し物書き@推敲中?:2005/05/12(木) 21:59:21
すべてからなくなってしまいたいと思うことがある。
でもそれができないのは、今の自分が幸せだという、何よりの証拠だと思う。

388 :名無し物書き@推敲中?:2005/05/12(木) 22:07:30
鬼束ちひろがじんわりとしみる。

389 :名無し物書き@推敲中?:2005/05/12(木) 23:07:06
やっぱり、一日のなかで夜は一番いい。
どっぷりと考え事にひたるのにちょうどいい。

390 :◆CHANCE1/yQ :2005/05/12(木) 23:30:11
夜が一番好きな時間なんて、暗いと思う。
レナさんにもいわれたけれど。
でも暗いっていう自分の性格をちゃんとわかっていれば、それを長所にすることもできると、聞いたことがある。
明るいっていうのは、かなり嬉しい褒め言葉。
演技だと自分で感じない、自分にとっても楽で自然な明るさがほしい。

391 :名無し物書き@推敲中?:2005/05/13(金) 00:07:07
夜景も大好き。
夜の高速とか、暗やみに光が輝いている景色が好きなのかも。
金原ひとみと生まれた日が同じだった。○年8月8日

392 :名無し物書き@推敲中?:2005/05/13(金) 00:21:58
だからってどうってわけでもないんだけどね。
寝よう。

393 ::2005/05/13(金) 00:30:32
あがってるスレ、レスのびすぎ
ログ読んだら負けかなと思っている。

394 : ◆CHANCE1/yQ :2005/05/13(金) 00:36:25
またくだらないワイドショーのノリのゴシップとつまらない馴れ合いばっかなんだろうな。

395 :名無し物書き@推敲中?:2005/05/13(金) 13:21:47
夏目漱石こころにでてくる先生。
あれも、明るい死への道がいつのまにか目の前にひらけていたって感じだと思う。
なんかわかるなぁ。

396 ::2005/05/13(金) 13:28:34
つきつめちゃうと、人間の身体は化学式で説明でき、やっかいな感情も脳の化学物質の伝達だ。
なんか、馬鹿馬鹿しくなるよな。

397 ::2005/05/13(金) 13:30:38
一つの有機体が自然に還るだけなのに、特別な意味を求めたがるんだよね。
それが人間なんだろうけれど。

398 :名無し物書き@推敲中?:2005/05/13(金) 13:48:59
ぼーっとしているとこんな途方もないことを考えてしまう。


399 ::2005/05/13(金) 13:52:24
レポート提出したし、擦れたいに戻ろう。


あいみての のちの心に くらぶれば
昔はものを おもわざりけり

400 :名無し物書き@推敲中?:2005/05/15(日) 13:57:12
言い逃げとか書き込んでいないのか? 
あいつら馬鹿だからお前のせいにしている。

401 :◆CHANCE1/yQ :2005/05/15(日) 14:44:54
レスがついた。
知らない。くだらないだろうから、読んですらいない。

402 :名無し物書き@推敲中?:2005/05/15(日) 14:51:43
じゃあいいや。
チ○ポはお前か? 

403 :◆CHANCE1/yQ :2005/05/15(日) 14:53:22
何だそれwww
違うww

404 :名無し物書き@推敲中?:2005/05/15(日) 15:00:35
33 腐 ◆eQHe/TN/fs 2005/05/15(日) 14:37:11
チ○ポ

働きながらスレにて。
一応女性だからこんなくだらない下ネタはないだろうとと思ったが、
まさか偽物がいるとも思わなかった。


405 :◆CHANCE1/yQ :2005/05/15(日) 15:02:59
ワロスwww
いやぁ、ニセモンなんてごろごろいるっしょwww
へぇーw

406 :◆CHANCE1/yQ :2005/05/15(日) 15:06:12
本人は気に入ったこの鳥しか使わないしね。

407 :名無し物書き@推敲中?:2005/05/15(日) 15:09:11
なるほど。わかった。


408 :名無し物書き@推敲中?:2005/05/15(日) 22:38:17
他スレの続きだけれど、東尋坊で電話をかけられる人は、拠り所があるってことだよね。
もともと、まだ死ねない運命なんだよ。

409 :名無し物書き@推敲中?:2005/05/15(日) 22:42:01
死にたいっていうやつほど死なないっていうのはホント?

410 :名無し物書き@推敲中?:2005/05/15(日) 22:45:45
いざとなったら、他人の名前すらでてこないんだろうな。

411 :名無し物書き@推敲中?:2005/05/15(日) 22:58:03
怖いな。リアルじゃいえないから、こんなとこでつぶやく。

412 :名無し物書き@推敲中?:2005/05/16(月) 02:00:40
眠れないな。明日早いのに。
駄目駄目連呼したら、少しは気が楽になったw

413 :名無し物書き@推敲中?:2005/05/16(月) 02:02:47
どこにも逃げ道なんてないもんだよなぁ。
なるようにならないもんもあるよなぁ。
ふぅー。

414 :名無し物書き@推敲中?:2005/05/16(月) 02:04:11
とことん向き合うことでしかどうにもできないのなら、やるきゃないよ。
面倒でも。

415 :名無し物書き@推敲中?:2005/05/16(月) 02:07:15
やるきゃないやるきゃない。
腰が重い。


416 :名無し物書き@推敲中?:2005/05/16(月) 02:08:26
胸にかかけこんだ迷いが
プラスの力に変わるように

417 ::2005/05/16(月) 02:23:17
信じられぬと嘆くより、誰かを信じて傷つくほうがいい

418 :名無し物書き@推敲中?:2005/05/16(月) 02:25:22
何かを変えるためには、それなりの覚悟が必要だ。
その覚悟ができるかどうかにかかっている。

419 :名無し物書き@推敲中?:2005/05/16(月) 02:27:46
古い性質に早く見切りをつければ、そのぶん新しい性質に出会える。

420 :名無し物書き@推敲中?:2005/05/16(月) 02:29:37
おいしいオヤツを食べるためには、まずは宿題をしなくてはならない。

421 :名無し物書き@推敲中?:2005/05/16(月) 02:30:57
高ければ高い壁のほうが、のぼったとき気持ちいいもんな

422 :名無し物書き@推敲中?:2005/05/16(月) 06:30:45
おきました。
けふもレポート提出です。

423 :名無し物書き@推敲中?:2005/05/16(月) 06:35:26
うえの方にまたどーでもいいスレがあがっていてうんざりですよ。
情報系スレをあげなさいよ。

424 :名無し物書き@推敲中?:2005/05/16(月) 06:37:29
朝からなにやってんだか。
駅の喫茶店でレポート仕上げて、一限のスクールバスにのりますよ。

425 :名無し物書き@推敲中?:2005/05/16(月) 06:40:11
帰りには病院よらないと。
授業寝そうだな。

426 :名無し物書き@推敲中?:2005/05/16(月) 06:47:13
眠いよ。

427 :負腐不:2005/05/16(月) 07:20:03
今日の服

黒白ボーダータンク(アーノルドパーマー)
中に黄色いタンク(アースミュージックアンドエコロジー)
黒ジャケット(アルシーヴ)
ジーンズ(リーバイス)
赤サンダル(不明。千円もの。気に入っている)
黒いトート(COCUE)

428 ::2005/05/16(月) 08:49:15
最近いってなかったから、サッカーみにいきたいな。
でも近ごろマリノス弱いからな。負け試合はあんま見たくないな。
暴走気味な浦和サポはみてみたい。
難民に浦和サポヲチスレがある。15叩き目とかスレタイにあって、浦和らしいと受けてしまったよ。

川口、なぜ磐田に逝った!!そこは墓場だ!!!

429 ::2005/05/17(火) 11:14:11
今日の服


イラスト入り白タンク(キューブシュガー)
黒ジャケット(アルシーヴ)
ジーンズ(リーバイス)
花モチーフつきサンダル(COCUE)
黒いトート(COCUE)
髪は百均で買った花のワンポイントゴムでテキトーに団子をつくる。


そろそろ実習のラッシュがはじまる。植物組織に無機化学実験など。

430 :名無し物書き@推敲中?:2005/05/18(水) 12:50:54
eeのがやっぱ削除できない・・・。
メールしかないかな

431 :名無し物書き@推敲中?:2005/05/18(水) 15:07:23
何書いたの??

432 :名無し物書き@推敲中?:2005/05/18(水) 15:14:53
投稿するとき、削除用の暗号入れておかないと消せないんだよな。

433 ::2005/05/18(水) 15:21:16
一般小説A
恋愛祭り後夜祭
喫煙室
最終列車
喫煙はMJさんが気に入ってくれたみたい。拙作よんでくれて簡素くれた人にはホントに悪いけれど、削除するつもり。
メールした。

434 :名無し物書き@推敲中?:2005/07/07(木) 16:07:03
保守


435 :名無し物書き@推敲中?:2005/07/07(木) 18:50:59
理系諸君に問う。
君たちにとって、文学とはなんぞ?

436 :名無し物書き@推敲中?:2005/07/11(月) 15:34:20
なんか幼稚なスレ発見

437 :名無し物書き@推敲中?:2005/07/11(月) 23:45:32
漏れ経営工学科

438 :名無し物書き@推敲中?:2005/07/31(日) 14:10:03
漏れ獣医学科卒業。獣医師免許の紙っぺらも貰ったよん。

小説家とは、文字に因った『作品』を商業ベースに乗せられる人の事。
読ませるだけの技術を最低限備えている必要があり、お金を出して
買おうと思わせる『商品』を提供できる人のこと。

文学…というか、文芸とは、商業ベースに乗せる必要は全くなし。
技術は稚拙でも、そこに情やら熱やらを帯びている事が必要条件。
『自慰』などとも言われる事が多いけど、それは他人の評価で
あって、芸術を評価する人間は他人でなくても良いと思う。




…釣られてみた。w

439 :大介 ◆m0yPyqc5MQ :2005/07/31(日) 23:58:12
理文という学術分類は近代日本における便宜的なものだ、と私は個人的に思う。

だから科学と芸術を同時に研究することに違和感はない。

440 :名無し物書き@推敲中?:2005/10/20(木) 23:13:29
あげ

441 :名無し物書き@推敲中?:2005/10/20(木) 23:59:40
大衆小説の受賞者を大卒のみに限定すると、
文系:理系が3:2と聞いたけど、本当なの?
学生比を考えると、理系の方がはるかに高確率だけど。

442 :名無し物書き@推敲中?:2005/10/21(金) 00:27:22
age

443 :南極13号 ◆3vYzl1SmKU :2005/10/22(土) 20:48:41
age

444 :名無し物書き@推敲中?:2005/10/22(土) 21:17:54
芸術分野は、そもそも理系には無理だろ。

445 :名無し物書き@推敲中?:2005/10/22(土) 23:13:19
>>444
>芸術分野は、そもそも理系には無理だろ。
ンなこたーない
そりゃ、底辺文系の願望だw

446 :名無し物書き@推敲中?:2005/10/23(日) 04:44:27
小学生の頃、世界文学全集を読んでいる早熟なのが文系。
「タガメの飼い方」「鉱石ラジオの作り方」を読んでいたのが理系。

大学に入って、彼女と文学論に興じ、演劇の脚本を書き始めているのが文系。
学校の生協で「レポートの書き方」をこっそり立ち読みしているのが理系。

447 :名無し物書き@推敲中?:2005/10/23(日) 09:34:07
小学校の頃から、1階フロア全部が児童書コーナーという太っ腹な
区立図書館に入り浸って、そこの小説全部読破した理系ですが何か?

レポート?「出せば良し」のスタンスで臨んでた。
実習?「出れば良し」のスタンスで臨んでた。そんな理系。

……でも、名無し物書き。w

448 :名無し物書き@推敲中?:2006/01/15(日) 21:35:13
age

449 :名無し物書き@推敲中?:2006/01/30(月) 12:38:23
理学部出身の小説家ですけど、時々科学ライターをやって欲しいという依頼が来ます。
科学ライターにはSF崩れの文系作家が多いけど、彼らには子供向きに砕いた表現が出来ないとか。
まあ、基礎を知らなかったりすると表面しかなぞれないので仕方ないのかなぁ?
理系なら小説が売れなくなっても科学ライターに転身して食ってけるという証拠かも。(笑)

450 :さとし:2006/02/02(木) 22:01:15
自然科学というのは、世界の仕組みについて探求する学問であろう。
世界を切り取り、分解して再構築するのが小説であるから、理系の学問を学んで損をすることはない。
洗練された文体で綴られる『確かな構造を持つ世界』と、僅かばかりの『詩』があれば、小説は真に幸福である。


451 :さとし:2006/02/02(木) 22:37:53
科学の理論体系は最も美しく単純化されなければならない。
理論により導かれる科学現象もまた美しいものであろう。
科学はその存在自体が芸術的であり、評論家の讃辞を必要としない理である。




452 :名無し物書き@推敲中?:2006/02/02(木) 22:43:46
アイザック・アシモフ先生やウエルズ先生は文学者であり科学者でもあったそうじゃないか。
たしかに理系は芸術的素養に欠け、情緒を汲む繊細な感性はない。
童貞やホモが多く、ちょっと常人からは近づきがたい人間も多い。
でもだからって小説が書けないとは限らんさ!


453 :BE ◆nEdVj9pCpw :2006/02/02(木) 22:47:42
>>452
>童貞やホモが多く、ちょっと常人からは近づきがたい人間も多い。
芸術家にもホモが多いイメージだから、世の中ホモが多いでSF?じゃなくてFA?

454 :名無し物書き@推敲中?:2006/02/02(木) 22:50:35
既出だろうけれど、案外理系作家は多い。

455 :BE ◆nEdVj9pCpw :2006/02/02(木) 22:53:10
俺の高度なジョークにワロタの返しがない。
流石は理系だな、感性が乏しいんじゃないか、お前>>454

456 :名無し物書き@推敲中?:2006/02/02(木) 22:55:23
>>455
いや、単にスレの流れを見ていないだけ。ジョークに気付かなかった。すまない。

457 :名無し物書き@推敲中?:2006/02/02(木) 22:57:27
ワロタ

458 :さとし:2006/02/03(金) 00:45:20
>>455
オモシロクナイよ。

459 :名無し物書き@推敲中?:2006/02/03(金) 09:56:17
>455 どこが高度なんだ?

460 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/20(月) 03:52:03
>>459
文系の独りよがりが見えすぎてイタイよな。455は。

461 :縞田123号:2006/03/20(月) 04:05:34
オレは高三になるとき理転した
文系的にも理系的にも最高のセンスもってると思うが、
最近全然小説書けねーよ

ま…そんなもんだよね


462 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/21(火) 09:27:23
俺は南木さんのようになりたいなぁ…ちなみに俺も医療系どす。

463 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/29(土) 20:47:22
理系は別に小説書かなくていいよ。苦痛だろ

464 :名無し物書き@推敲中?:2006/05/29(月) 09:03:34
どっちにしても書けないと悩むなよ。プロ作家じゃないんだから。


465 :名無し物書き@推敲中?:2006/06/02(金) 21:21:13
理系とか文系とか…
馬鹿だなあ、お前ら

466 :名無し物書き@推敲中?:2006/06/03(土) 00:32:18
体育会系の漏れが通りますよ

467 :名無し物書き@推敲中?:2006/08/31(木) 11:56:55
無職残飯、諦めて働け。おまえには小説は無理だって。いや、すべてが無理。ネットで私以外のカモを探すことだ。ばかやろうwww


468 :名無し物書き@推敲中?:2006/09/24(日) 13:13:33
ネット史上、最も惨めなストーカーは?それではサーカス読者の皆様、ご唱和ください

アスせいのー運輸アスペルガー残飯!早い!早い!ペルガー残飯!アスペルガー残飯!アスペルガー残飯!アスペルガー残飯!
アスペルガー残飯!おめぇが遅いんだよこの遅漏物語めアスペルガー残飯!アスペルガー残飯!アスペルガー残飯!アスペルガー残飯!
アスペルガー残飯! 合わせろ、早いってアスペルガー残飯!アスペルガーおい揃えろよ残飯!アスアスペルガー残飯!ペルガー残飯!
アスこの遅漏が何を言うペルガー残飯!
アスペルガー残飯!アスペルガー残飯!アアスペルガー残飯!スペルおめぇら合ってねぇってガー残飯!アスペルガー残なーにがご唱和だよ日本語知ってるのか?
アスペルガー残飯!飯!アスペルガー残飯!アスペルガー残飯!アスアスペルガー残飯!ペルガー残飯!アスペルガー残飯!
アスペルガー残飯!アスペルガー残飯!アスペルガー残飯!アスペルガー残飯!アスペルガー残飯!アスペルガー残飯!アスペルガー残飯!
アスアスペルガー残飯!ペルガー残飯!アアスペルガー残飯!スペルガー残飯!



469 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/24(日) 01:11:22
理科系の作家、貴重じゃね?
求められてる人材だと思うよ。

470 :早苗 ◆3db4VquDe6 :2006/12/24(日) 02:17:24
いまいち理系か文系か自分でもわからん
どっちでもないんだなきっと

471 :早苗 ◆3db4VquDe6 :2006/12/24(日) 02:21:26
理系最高の作家って誰?
自分的にはルイスキャロル


472 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/28(木) 23:29:07
理系博士のSF作家といえば、瀬名秀明氏。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%80%AC%E5%90%8D%E7%A7%80%E6%98%8E

473 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/28(木) 23:36:02
梶井基次郎を忘れるな

474 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/05(金) 15:05:30
最近の人だと森博嗣とか.

475 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/08(月) 19:37:20
俺は人間的には理系だけど、
小説書く分にはあんまり違いなんて意識してないなぁ。

ウソだと知ってても面白いように事実を曲げまくるし。

476 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/12(金) 00:26:36
理系と一口に言っても、理学系か工学系かでかなり傾向が違ってきそう。

477 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/13(土) 18:25:32
理系か文系かよりも、上手か下手かだろう。

478 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/03(土) 00:25:29
チェーホフも医者

479 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/03(土) 00:32:40
渡辺淳一も医者

480 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/03(土) 04:06:04
理系は児童文学すら読まないだろう。本棚にあるのは『メダカ大辞典』の類。

481 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/03(土) 16:37:27
別に理系が本書いたっていいんじゃなかろうか。

作中で意味不明な理論や数式を持ち出したり、
「俺の理論が分からない奴は頭が腐ってる」とか言わなければ。


482 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/03(土) 17:59:33
魔女に対する中世の人間みたいな偏見だな

483 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/03(土) 22:51:00
理系だって天才バカボン見て笑うって言うぜ

484 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/15(木) 05:40:47
>>446
懐かしいなぁ鉱石ラジオの作り方
アレって石や点接触させる金属によって感度が違うんだよな
部屋にループアンテナ作ってみたりとか、いろいろしたっけ

103 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)