5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

■アイディア・発想法のスレ■

1 :名無し物書き@推敲中?:03/06/26 18:08
ネタが浮ばないんです。
なんか良い方法ありませんか?

2 :名無し物書き@推敲中?:03/06/26 18:09
逆立ちしてはっちゃけろ

3 :e002.tiu.ac.jp:03/06/26 18:11
     ∧_∧
ピュ.ー (  ^^ ) <これからも僕を応援して下さいね(^^)。
  =〔~∪ ̄ ̄〕
  = ◎――◎                      山崎渉


4 :名無し物書き@推敲中?:03/06/26 18:16
有名作品を読んでパクっちゃえ。

5 :名無し物書き@推敲中?:03/06/26 18:39
>>3いまどき・・・

6 :名無し物書き@推敲中?:03/06/26 18:43
本気でアイデアをひねり出そうと努力してるのかね。
悩んでるふりしているだけではないのかね。
小説家ごっこを楽しんでいるだけではないのかね。

7 :名無し物書き@推敲中?:03/06/26 18:48
>>3さん
よくある荒しとか、fusianasanと入れたりするとそうなります。

8 :名無し物書き@推敲中?:03/06/26 19:08
>>1
ぼくは音楽とか聴きながらひねりだすづら

9 :名無し物書き@推敲中?:03/06/26 19:09
楽しみ
http://pocket.muvc.net/


10 :名無し物書き@推敲中?:03/06/26 19:10
ヒマだから >>3のIPに滲入テストでもしてみるかあ・・・。

11 :名無し物書き@推敲中?:03/06/26 19:13
>>3って本物?

12 :名無し物書き@推敲中?:03/06/26 19:30
馬鹿者

13 :名無し物書き@推敲中?:03/06/26 20:19
バッティングセンターで190キロをかっとばすづら
脳みそ引きこもり状態を一度リセットしてやるづら

14 :名無し物書き@推敲中?:03/06/26 22:26
訂正90キロづら
打ちやすい速さの球を打つづら

15 :名無し物書き@推敲中?:03/06/26 22:29
商品の発想を持ってお知らせします。

16 :名無し物書き@推敲中?:03/06/26 23:07
>>14
ワロタ。ネタカトオモテタ。
190キロを打ち返せるなら違う職業めざしたほうがよさそうだもんなw
それにだいたい190キロの打席があるバッティングセンターとか
ないだろうし。

17 :名無し物書き@推敲中?:03/06/26 23:25
>>14
009もクリビツだぁ!

18 :名無し物書き@推敲中?:03/06/26 23:40
>>1
自分が体験したことを比喩的に表現しる!

19 :名無し物書き@推敲中?:03/06/27 06:17
14<<
本気でマチガエタづら
さすがに190キロはお目にかかったことないづら

20 :名無し物書き@推敲中?:03/06/27 07:43
恋をする。スマン……朝から。

21 :名無し物書き@推敲中?:03/06/27 08:42
アイデアが出てこないだって?それは違うよ>>1。逆に考えるんだ。

パ ク れ ば い い さ と
考 え る ん だ !

22 :名無し物書き@推敲中?:03/06/27 08:48
単語を書いたカードを何枚か抜き出して、三題話をつくる・・・

あれはやめたほうがいい。
自分を追いつめるだけ。


23 :名無し物書き@推敲中?:03/06/27 09:18
幻想文学らしきものを書いている漏れ。
書き出すきっかけは脳に浮かんだ一つの場面。

24 :  :03/06/27 10:09
風のうわさで聞いた話だけど、赤川次郎は見るもの全てについて次々とイメージが湧くんだそうな。
だから、>>1も、とにかく見るもの全てについて連想してみれば?小説のネタになるならないは別にして。


25 :名無し物書き@推敲中?:03/06/27 13:38
そういやダウンタウン松本は、木材を積んでいるトラックを見て
「あれはドライブを楽しんでるのかも しれない」と想像するそうだ。
そういう想像力が無いと、小説は 書けないだろう。
中途半端にプロになったとしても、すぐにネタ切れで困るだけだろうし。

26 :名無し物書き@推敲中?:03/06/27 14:10
梶井基次郎「檸檬」の語り手のような精神状態になれば
見るもの全てからいろんな想像が膨らんでいく。。。

27 :名無し物書き@推敲中?:03/06/27 14:59
ちょっと狂気なほうが良い気がする。


28 :名無し物書き@推敲中?:03/06/27 15:01
でも、常識も無いと人には伝わらない。。。

29 :名無し物書き@推敲中?:03/06/27 15:35
激&超かわいいイエローキャブのライブチャット登場!!

あなたの命令で若い娘たちがヌレヌレモード&イクイクモード

☆★ アメリカ西海岸発 ☆★ 当然モザイクありません ☆★
あなたの言葉で「若い娘」を・・・ヌードにさせてくださいmase
あなたの指で「イエローキャブ」を・・感じさせてくださいmase
あなたの声で「GAL」を・・・イ・カ・セ・テ・くださいmase
寂しがりやの留学生の若い娘がお待ちしております!
もちろん、オナニー&バイブ好きの娘ばかり・・・・
あなたのチャットをお待ちしております!!
日本人留学生のハレンチな「性」を覗いてみてくださいmase
チャット・セフレをお探しのあなた!今すぐ! Let's Live!!
☆★10分間無料で体験できるほか7日間会費無料でございます
http://www.gals-cafe.com

30 :名無し物書き@推敲中?:03/06/27 17:57
俺はひたすら歩くようにしてるよ。
街でも森でも可。
脳が活性化されてアイデア浮かぶぞ。
とマジレス。

31 :名無し物書き@推敲中?:03/06/27 17:57
☆可愛い彼女が貴方のために・・・☆
↓ ↓ ↓☆見て見て☆↓ ↓ ↓
http://yahooo.s2.x-beat.com/linkvp/linkvp.html

32 :名無し物書き@推敲中?:03/06/27 19:42
西洋の器楽曲は脳を活性化し、想像力を昂進させるという
研究結果があったね。
ということで、クラシック聴こう

33 :名無し物書き@推敲中?:03/06/27 20:17
>>32 西洋と東洋の境目ってどこ?

34 :名無し物書き@推敲中?:03/06/27 20:48
イスタンブールだろう


35 :名無し物書き@推敲中?:03/06/27 21:08
それはデマで本当は自分が好きな音楽が一番なんじゃなかったっけ?

36 :名無し物書き@推敲中?:03/06/27 23:28
イスタンブールの器楽曲は、西洋、東洋どっちになりますか?

37 :名無し物書き@推敲中?:03/06/28 00:40
中間。
世の中、割り切れることって少ないよ?


38 :名無し物書き@推敲中?:03/06/28 00:41
ネタも、アイディアとアイディアの掛け合わせで加速するしな。


39 :名無し物書き@推敲中?:03/06/28 00:47
>>33>>34
西洋と東洋、という概念は西欧のもの。
サッカーのアジア予選にアラブ諸国と東アジア諸国が混じってのは変。
こっちから見ればアラブやイランなんて西欧の方がよっぽど近いよな。


40 :名無し物書き@推敲中?:03/06/28 01:36
ふむ。ではそのようにせよ。


41 :名無し物書き@推敲中?:03/06/28 01:40
パクればいいんじゃないの
みんなそーじゃん
大体先人が消化しちゃってる

42 :名無し物書き@推敲中?:03/06/28 02:05
パクるんでも、自分で処理できるネタの選択がコツなのな。
自分の書きたいのに合ったのを選ばないと、気負いとプレッシャーで潰れるだけ。


43 :名無し物書き@推敲中?:03/06/28 10:30
おれんちの玄関の右が西洋。

44 :溜池山王:03/06/28 13:02
>そういやダウンタウン松本は、木材を積んでいるトラックを見て
「あれはドライブを楽しんでるのかも しれない」と想像するそうだ。
そういう想像力が無いと、小説は 書けないだろう。

こんなの想像力か?

45 :名無し物書き@推敲中?:03/06/28 13:13
当然そこから、どこからどこへ行くのか、とかなんで木材積みながらドライブしてるのかの理由付けとか、
家族構成とか、学生時代のあだ名とか
あれこれ連想広げてくってことでしょ。

漫然と物を見てない、同じ物を見ても発想の飛躍が凡人じゃない、と。

俺にはドライブへの飛躍はない。
どっつかつーと、上げ下ろしの様子とか、ガソリン代金とか、運転手の聞いてる音楽とか
想像するくらい。
取材すりゃ誰でも書ける事だから、ちっとも面白くない。


46 :名無し物書き@推敲中?:03/06/28 16:00
じゃあ、想像力の実験。
お題は

「木材を積んでいるトラック」

このイメージから、できるだけ面白い話を作れ。
奴等は何の目的で何をするために
「木材を積んでいるトラック」に乗っているのか。
スタート!

47 :名無し物書き@推敲中?:03/06/28 16:05
☆とにかく可愛い娘のH画像☆(好きな娘をクリックすると・・・)
http://endou.kir.jp/yuminet/link.html

48 :名無し物書き@推敲中?:03/06/28 16:09
そのグループは「移動する木の家」という若手建築家5人のグループ。

あちこちでインスタントに木造住宅を汲み上げて、
快適なマイホーム、地球環境に優しい家を作るという提案をし、
一時はマスコミにも取り上げられていましたが、
あまり世間に受け入れられず、
しだいにボスを中心とするカルトになってしまいました。
いまやどこの僻村でも受け入れられず、木材を組み立て始めると通報される始末です。
紅一点の理沙を巡って、なにやら険しい緊張感も出てきまた。

49 :名無し物書き@推敲中?:03/06/28 16:27
そのトラックは決められた時間に正確にその場所へ到達する任務を持っている。
ある誘拐のサポートのひとつで、拉致して逃走する車を追跡しようとする者がいた場合、
その前で事故を起して木材を道路にぶちまいて、封鎖する予定。

 すまん。今、誘拐をネタにした話を書いてるもんで発想がそっちにしかいかない。


50 :名無し物書き@推敲中?:03/06/28 17:15
山田運送の二人がいつものように畑中工務店に木材を運んでいる。
そうとしか考えられんな。

51 :名無し物書き@推敲中?:03/06/28 20:03
これじゃ、ネタスレだなw

下手でも絵で描くと良い。ディティールが細かくなり…
あ、たつなみが打った…

52 :名無し物書き@推敲中?:03/06/28 21:50
木材を積んでいるトラックは、ヌレヌレだ。
何故ってそれは、もちろん(略

53 :名無し物書き@推敲中?:03/06/28 21:53
実は木材の形をした異星人。
集団で別の基地に移動しようとしている。
もちろん地球人の姿をした運転手には、デバイスが埋め込まれている。

54 :名無し物書き@推敲中?:03/06/28 22:19
木材を積みこめる運送トラックが欲しくて欲しくてたまらない。
でも、そんな金がないのが三流建築家たちの悩み。
チームの一人に土地持ちの男がいたので、そいつの土地に俺たちの家を建てようと一人が言った。
皆そいつの意見に賛同してチームの家作りが始まった。
彼らの中で唯一、ボロの中古車を持つ男がおり、仲間を土地に残して町へ木材を探しに行った。
乗用車にの上に木材をまとめて縛り付けると町を駆け抜けた。
目的地に到着して積荷を降ろそうとして車の外に出ると木材は跡形もなく消えていた。
「一体、お前は何をやってるんだ?」仲間は不思議そうに男を見た。
「俺にも分からん。奴ら本当に消えちまったんだ」木材は一体どこへ?

55 :名無し物書き@推敲中?:03/06/28 22:21
↑やばい、いそいで書いたら文章めちゃくちゃ

56 :名無し物書き@推敲中?:03/06/28 22:23
荷台に乗っているのは木材じゃなく、じつは巨大なコーヤ豆腐だと
ほくそえむ運転手。


57 :名無し物書き@推敲中?:03/06/28 22:37
積んでいたのは、木材じゃなくて しあわせだった。

58 :名無し物書き@推敲中?:03/06/28 22:39
なんか「××ホーム」のCMみたいだなw

59 :名無し物書き@推敲中?:03/06/28 22:40
積んでいたのは木材ではなく木木オだった。

60 :名無し物書き@推敲中?:03/06/28 22:41
それは、単純に木炭車だったんだよ。
つんでいたのは、燃料。

61 :名無し物書き@推敲中?:03/06/28 22:57
ダッシュ村に木材を運ぶ途中だったのだろう。
これから新しい村役場を建てるために。

62 :名無し物書き@推敲中?:03/06/28 23:00
ここはライバル投入だろう。競わせないと。
川からボート連ねて運んでる奴と、自衛隊のヘリ使って運んでる奴との競争なんだ。


63 :名無し物書き@推敲中?:03/06/28 23:24
>>62
気になるな。一体何の競争なんだろう?

64 :名無し物書き@推敲中?:03/06/29 00:31
木材のくせに生意気だ!

65 :名無し物書き@推敲中?:03/06/29 00:51
タオパイパイが乗った木を探してるんだよ

66 :名無し物書き@推敲中?:03/06/29 01:03
>>63
じつは西暦152003年の出来事。
村おこしのために古代のお祭りを再現しようとしたが、
発掘した映像資料を適当につないで作ったため、わけわからんお祭りになっている。
でも未来人は「なかなか感じが出てる」とご満悦。

67 :名無し物書き@推敲中?:03/06/29 01:38
そこは北朝鮮。
一キロ先に川があって、
脱北者のための橋をつくるために木材を運んでいる。
失敗したら、トラックこど爆破の覚悟。

68 :名無し物書き@推敲中?:03/06/29 01:57
やつらの会話を聞いた。
すると、こんな話が聞こえてきた。

「木材を垂直に立てて、月に渡ろう!」

69 :名無し物書き@推敲中?:03/06/29 16:42
おい、スレタイと話が変わってきてるぞw

70 :名無し物書き@推敲中?:03/06/29 23:38
>>56
おもしろい。読んでみてェ。

71 :名無し物書き@推敲中?:03/07/01 00:54
>>1
タバコ吸え、タバコ

72 :名無し物書き@推敲中?:03/07/02 09:08
>>56さん。
ほくそえむってのが面白かったです。


73 :名無し物書き@推敲中?:03/07/02 10:54
赤川次郎氏が言うには、ネタに困った時は映画のポスターを見るそうな。
ポスターの宣伝文句を読んで、勝手に内容を想像する。
すると、本当の内容とは違ってくるから、オリジナルストーリーが一本できる。

74 :山崎 渉:03/07/12 11:22

 __∧_∧_
 |(  ^^ )| <寝るぽ(^^)
 |\⌒⌒⌒\
 \ |⌒⌒⌒~|         山崎渉
   ~ ̄ ̄ ̄ ̄

75 :山崎 渉:03/07/15 12:00

 __∧_∧_
 |(  ^^ )| <寝るぽ(^^)
 |\⌒⌒⌒\
 \ |⌒⌒⌒~|         山崎渉
   ~ ̄ ̄ ̄ ̄

76 :山崎 渉:03/08/02 01:23
(^^)

77 :山崎 渉:03/08/15 13:21
    (⌒V⌒)
   │ ^ ^ │<これからも僕を応援して下さいね(^^)。
  ⊂|    |つ
   (_)(_)                      山崎パン

78 :名無し物書き@推敲中?:03/08/23 12:31
カードに三題書きつけて発想

79 :名無し物書き@推敲中?:03/08/23 16:06
このボクの場合、ネタを見付けたいときは外に出ることにしている。
小さなお茶色のバッグを肩にかけて、センスの欠片もない黒いパンツと白いTシャツっていう姿で、街の中を無目的に歩きまわるのだ。
実際、これはかなり楽しい。
観察と思考に没頭して昼食を忘れ、突然に視界が消失してその場にくしゃとへたりこみそうになることもあるけどね。

#今日は昼食抜きで本を物色してたら、軽く死線を越えかけた。
#規則正しい生活を送ってると、いざってときに融通がきかなくて困るよ。

80 :名無し物書き@推敲中?:03/08/27 05:59
お、このボクだ。

81 :ブル伍長 ◆Xoaxo7g2Iw :03/08/27 10:16
なかなか興味深いテーマだな、発想法。
せっかくだから俺も相談に乗るぞ!!
誰か「アイディアが出ないよう」ってやつ、いるか?

82 :名無し物書き@推敲中?:03/08/27 13:12
お、ゴチョだ。
俺はアイディアはいっぱいあるんだが、文章にする方法がわからないよ。
主張があって、それをどう物語にするか。難しいんだな〜。

83 :ブル伍長 ◆Xoaxo7g2Iw :03/08/27 13:21
>>82
「主張(テーマ)」が決ってるのに「物語」が浮かばないと言うのは、
テーマの掘り下げ・細分化が出来ていない場合が多いぞ!!
例えば「愛」という漠然とした幅広い主題だけでは、「物語」には
今ひとつ結びつかない。
参考になるかどうか分からんが、俺の思考方を書いてみる。
実例をあげて述べたいので、君のゆう「主張」をひとつ挙げてくれ!!。

84 :名無し物書き@推敲中?:03/08/27 13:33
今のところ、ネタ詰まりで悩んだことはないけど
たまに自分の好きな邦楽を元にして想像をふくらませたりしています。
歌詞と曲の両方から物語を考えるのです。
想像力が刺激されて結構楽しい。

85 :84:03/08/27 13:36
ごめんなさい。邪魔しちゃいました。

86 :ブル伍長 ◆Xoaxo7g2Iw :03/08/27 13:46
>>85
いや、邪魔どころか、良い意見だと思うぞ!!
「音楽聴いてそのイメージに誘発されて話が出てくる」とかもあるだろうしな!!
俺は「キャラ創り」の時には音楽聞くようにしている。「キャラのテーマソング」
とか決めてみたりとか。

あと、ジュニア小説なんかは、プロローグとエピローグを書くとき、
それぞれアニメ化とかされた時のイメージで曲を流すと良いかも!!
ま、そのへんはよくわからんが、いち意見として。

87 :82:03/08/27 14:04
お、サンクスゴチョ。
うん、確かに俺のは漠然としすぎてる。主張とすら言えんかもしれんな。
「外国(人)にへりくだるやつは日本人じゃない」って思うんだよ。
それは「日本という国に心から属してない」ってことだろ?
たとえば女の子にはよくあると思うんだけど、グループ内で自分の主張を
殺すだろ?腹の中ではムカついてる、みたいな。
それじゃ友達とは言えないし、そのグループの人間とも言えないと思うんだよ。
それなのに、上辺だけ合わせて付き合ってる。お前はなんなんだと。
何がそんなに怖いんだと。なんのためにそいつらと居るんだと。
まあこれと国と国との関係はちょっと違うけどさ。
こういうこと考えてるうちに俺かなり偏見持っちゃって、外車乗ってるやつ見ると
殴りたくなるようになっちゃった。Tシャツもアルファベットがプリントされてるやつは
着なくなったし、外国の音楽も聴かない。洋楽聴いてるやつはそれだけで嫌いだし
なにより外国の思想に侵されてちゃらちゃらしてるやつは殺したくなる。
最初の思いとはずれて単なる外国嫌いになっちゃったのよ。
いや、俺のことはどうでもいいんだけど。
うまく言葉にできないけど、とにかく俺はこういうのはなにか狂ってるように感じる。
昔ヒップホップ(黒人が作った音楽)聞いてた時期があって、そん時知り合った
同じヒップホップ好きが俺が聴いてたCD見て、「お前、これヒップホップじゃない」
って言ったんだよ。日本人が作ったものはイミテーションで、それはヒップホップ
の精神じゃないって。他にも比較的ヒップホップ的要素が軽いやつも「軟弱」と
かで、やはり違うと言われた。俺はヒップホップは「自由な音楽」と思ってたんだよ。
そういうことにとらわれず。差別されつづけた黒人が、自分達の主張を音にしたのが
ヒップホップの始まり(そもそもは違うんだけど)だと思ってたんだ。定義をつけるべき
音楽じゃないと思ってたんだ。嫌気がさしてヒップホップは聴かなくなった。
そこから思想とかなんだら考えるようになって、加速してって、今に至る。
文章ヘタでゴメン。とにかく俺が言いたいのは、「みんななにか勘違いしてるんだ」と。

88 :87:03/08/27 14:20
ああ違う、ちょっと待った、やっぱりうまく言えん・・・。

89 :ブル伍長 ◆Xoaxo7g2Iw :03/08/27 15:07
>>88
うむ、そうだな。落ち着け。

あれだ、その内容はややもすると「イデオロギー」だ。
ものすごい量の知識とものすごい説得力のある文が要求されるぞ!!
賛同してくれる人がどの程度いるかも疑問だしな!!
てゆうか、いきなり「思想」をテーマに組み込むって、ほぼ無理だと思うぞ!!

90 :ブル伍長 ◆Xoaxo7g2Iw :03/08/27 15:17
ああ、>>89は「書くのが無理」ってんじゃなくて「ちゃんと読んでもらうのが無理」
ってことな。
特に賞なんかはいろんな事情から、イデオロギー色の強いものは
敬遠されたりするんじゃないかな!!
「月間 国粋主義」みたいな雑誌とかあったら、その限りではないが。

91 :コギャルとカリスマH:03/08/27 15:30
 http://www.asamade.net/

出会いカリスマ、即アポ、即出会い
  ○▲!”恋愛フレンズ〜”””””!
  女性返信率も何処にも負けない

    わりきり〜メル友・他色々

92 :名無し物書き@推敲中?:03/08/27 15:32
日本人の作ったヒップホップは本物じゃないと
頭ごなしに否定する発言に反発した82が、
今では外国のモノというだけで嫌いだと言ってしまうのは皮肉だな。


93 :88:03/08/27 16:05
>>89
ありがとうゴチョ。
だろうな、敬遠されるだろうな。ウヨサヨ絡むしな。
第一俺がまともに書けないんじゃ話にならん。
しかし、そんな雑誌があったら俺は毎月購読してしまうかもしれんw
でも俺は書きたい。日本人の意識を変えたい。

>>92
そうなんだよ、最初はそういう考えこそバカだと思ってたんだ。
でも感情的にどうしようもなくなっちゃったんだよ。
「ヒップホップは自由」ってのが好きだったのに、頑なになってしまった。

94 :名無し物書き@推敲中?:03/08/27 16:12
>>88
みんなのうた でも 聴いて マターリ しれ

95 :ブル伍長 ◆Xoaxo7g2Iw :03/08/27 16:16
>>93
んー、これは個人的な意見なんだがな。
「日本人の意識を変えたい」が目的なのか
「小説を書きたい」が目的なのかをはっきりさせたほうが
いいと思うぞ。二兎を追うものは、てゆうしな。

「小説をより多くの人に読んでもらいたい」なら思想色を減らす。
「日本人の意識を変えたい」のなら小説以外の手段で。
まあ「発想法のスレ」なんで、これ以上はあまり踏み込まんが。

96 :93:03/08/27 17:39
よく考えたら、俺はどの国家にも属していないことに
なるのかもしれん。外国は嫌いだが、日本も嫌いなんだ。

>>94
マターリしたいのはやまやまなんだが
俺は「NHKなんて糞食らえ」なんだ。

>>95
「小説で日本人の意識を変えたい」なんだよな、俺は。
確かに思想書みたいにすると読んでもらえないと思う。
そうなると俺の意見だけを書くわけにいかなくなる。
反対意見を持つキャラも必要になるよな。
どっちが正しいかなんてことは俺には言えないけど。
エンターテイメント的にそういうことを語れればいいんだが。

97 :名無し物書き@推敲中?:03/08/27 21:30
読んでもよくわかんないんだが、
外国も日本も嫌いな君は日本人をどのように変えたいのか?


98 :96:03/08/27 21:47
>>97
具体的に言いづらい・・・主張がはっきりしてないってことだと思う。
遅ればせながら気付いたけど、こういう小説書くんならやっぱ色んな
思想について詳しく知ってなきゃダメだ。まず勉強しなきゃなんない。
そこから文章に変換する手立ても見つかるかもしんない。

99 :名無し物書き@推敲中?:03/08/27 22:52
というか、日本人ほど国家に属してない民族は珍しいんじゃないかと。
宗教も属してないし。
なんつーか、哲学者が多く育ちそうな環境だな。快楽さえ追わなければ。

>>98
言いづらいのは別に構わん。意味不明でもいいから書いてくれ。
思想について学んだつもりが、扇動の方法を学ばないように注意してくれ。

100 :名無し物書き@推敲中?:03/08/27 23:09
>>99のような考え方をする若者は増えているよね。確実に。
今後はこういった人間が主流になるか、もしくは二極化するかだと思う。
小説にするなら急がないと。まだ希少価値があるうちじゃないと売れないですよ。

101 :名無し物書き@推敲中?:03/08/28 01:48
日本国民は社会や政治に対する無力感が強いと思う。
その理由の一つは社会や政治のシステムが安定、成熟、そして停滞していることにある。
だからそういった無力感を感じる人たちは、哲学という内面の探索に向かうよりは
自分探しと呼ばれる居場所探し、すなわち別の世界、別のシステムを求める傾向が
あるんじゃないだろうか。


102 :名無し物書き@推敲中?:03/08/28 03:59
>>96
俺も小説で日本人の意識を変えたいと思ってる。
>>95みたいにどちらが目的って種のものではない。

103 :名無し物書き@推敲中?:03/08/28 22:03
>>96,102
あんたらは、ただ有名になって
ちやほやされたいだけ ちゃうんかと。

104 :96:03/08/28 22:55
>>99
共通の価値観を持たないから、自分自身で
決めるか外に求めるかしかしないんだと思う。
本屋行ったんだけどその手の本って
あんまりなかったな・・・図書館コースだな。

>>100
それは俺も感じてる。特にヒップホップ好きなやつらに
増えてる気がする(なぜ先々でヒップホップが絡んでくるんだ?)。
急がなきゃなんない。売れなきゃ生活できないしw

>>101
それはアイデンティティの問題になるかな?
その自分探しのなかに外国かぶれも含まれるかな?

>>102
喜んでいいのかよくわからない同士w!

>>103
やっぱり有名になる・・・で?っていうw(byライフカード

105 :名無し物書き@推敲中?:03/08/28 23:09
>>103
102じゃないけれど君の言うことは違うよ。
日本を住みやすくしたいからだよ。

106 :名無し物書き@推敲中?:03/08/28 23:37
>>105
>>104がせっかくネタでかわした煽りにマジレスしてしまうのか?

107 :ブル伍長 ◆Xoaxo7g2Iw :03/08/29 19:18
ええっとな、「僕の小説で日本を住みやすいように変えたいんですが
どうゆう物語を書いたらよろしいですかな?」っていうのは
さすがにあれだ、『アイディア・発想法』とかではカバーできねえ!!
それはストーリー作りのヒント、とかとは次元が違う!!
すまんがそれぞれが試行錯誤してくれ!!
日本を揺るがす大作を書けるよう祈ってるぞ!!

よし、じゃ、次!!!!


108 :名無し物書き@推敲中?:03/08/29 19:27
これっていいアイデアなのかどうか、みんなの意見聞いてみたいんだけど、
いいかな?

109 :ブル伍長 ◆Xoaxo7g2Iw :03/08/29 19:35
>>108
うむ!!断定的なことはもちろん言えんが、
「意見」でよいのなら述べてみる!!
なお、その際「どんな感じの文体で」「どのくらいの量で」
書くつもりなのかも併記してくれれば
作品をイメージしやすいぞ、俺は!!

110 :名無し物書き@推敲中?:03/08/29 19:46
なに仕切ってんだよ。

111 :名無し物書き@推敲中?:03/08/29 19:50
意味なく !! を多様するのは馬鹿に見えるな

112 :ブル伍長 ◆Xoaxo7g2Iw :03/08/29 20:00
うむ!!まあそうとんがるなやコノヤロウ。(  ´∀`)σ)д`) ←>>111
馬鹿に「見える」んじゃなくて馬鹿「そのもの」だからな、俺は!!
ま、威張ってゆうことではないが!!

しかし>>110のゆうとおり、途中から参加した分際で
流れ作ろうとしたのは悪かった!!すまん!!
ちょっと興味のあるスレテーマだったんで参加したんだが、
出しゃばりすぎたようだな!!
これからは書き込み控えるのでかんべんな!!!

113 :名無し物書き@推敲中?:03/08/29 20:06
ゴミで溢れた都会を舞台に、
掃除にのみ人生をかけた少年があらゆる
汚れた場を清掃していくストーリー。
親父はかつて名匠と呼ばれた掃除職人。
富士山ほどに溢れたゴミを一人でリサイクルしたツワモノ。
その親父の血を受け継いだ少年はある掃除の以来を頼まれた。
そこは想像を絶する腐臭とゴミが散乱する部屋だった。
そこで少年が取った掃除方法とは・・・?


まあこんな感じ。
半分ネタですけど一応
真面目に意見を出してもらえれば光栄です。

114 :名無し物書き@推敲中?:03/08/29 20:36
文庫本の紹介じゃないんだから「そこで少年が取った掃除方法とは・・・?」でやめないでよ

115 :113:03/08/29 20:41
それは書けないって。


116 :名無し物書き@推敲中?:03/08/29 21:10
それで意見をと言われても

117 :名無し物書き@推敲中?:03/08/29 21:18
一生懸命掃除をする、でいいんじゃないのか。
仮にも職人と名乗るからには正直で真面目な仕事振りと
頑ななハートで黙々とやるのが筋ってもんだ。
アイデア一発で片付けたいんなら
テレビ局よんできて浜口まさるに掃除してもらやいいんだ。

118 :名無し物書き@推敲中?:03/08/29 21:25
>113
つーか、テレビ番組にヒントを得ているようじゃ
情けないわな。
つーか、そのものやん。
却下。

119 :名無し物書き@推敲中?:03/08/29 21:39
>>108さん
この書き込みだけじゃ判断できないけど、料理しだいで寓話的なちょっとイイ話になりそうな気もします。

>>ゴチョさん。
今のポジションでいいんじゃないかと。がんばって盛り上げてください。


120 :名無し物書き@推敲中?:03/08/29 22:01
「少年が受け取った掃除方法とは……」
で終わる話か。
アイディアとしては、確かに目新しいかもしれんが。

121 :113:03/08/29 22:34
ちなみに。
俺が小学校三年生くらいのときに考えたアイデアです。 笑
もちろんその頃、そんな企画のテレビ番組はなかった。当たり前だが。

正直、短編小説なら手ごろのアイデアじゃねえかなって思って。
みなさんの意見、ありがたく受け取っておきます。

122 :名無し物書き@推敲中?:03/08/30 03:59
それで続きはどうなるの?

123 :こんなかんじ?:03/08/30 11:49
第2回2ちゃんねら大掃除オフ。
各自持てるだけの清掃用具持参。清掃業者さん参加枠アリ。

どもども。ひろゆこです。これより第二次清掃作戦を開始するです。
各員全力清掃状態に移行して、ばっちい汚れを抹消してくださいです。。。

それは偽善のごとき大儀の為に集結する名も無き軍勢。
切れる事無く届けられる匿名の増援物資。
歯磨き粉、水垢落とし、トイレ洗剤、
数万個の清掃用研磨剤缶、ぼろ布入りのコンテナ。
奔走する配布班、情報班。奮闘する清掃班。
壁が、床が、階段が、ドアが、机が、誇りのごとき輝きを取り戻していく。

124 :名無し物書き@推敲中?:03/09/05 20:01
ゴチョ、追い出されてんじゃんか。
せっかくスレ盛り上げるチャンスだったのに、
>>110 >>111はバカな事したな・・

125 :名無し物書き@推敲中?:03/09/06 21:28
>>124
だな、羊飼いがいなければ。
つーわけで同意。だがそれならあげんかw

126 :名無し物書き@推敲中?:03/09/07 09:02
図書館に行って、興味のあるタイトルの本を手当たりしだい読みまくる

その際には「小説だけ読む」じゃなくて「宇宙開発の本」とか
「エンジンの構造」とか「おくすりの種類」とか
「言語学とかの入門書」とか「ファッション誌」
という具合に、本当にでたらめに読むといいかも
とりあえずの取っ掛かりは、それで何とかなると思う。

街に出てどうこうはアタリマエすぎるので没

127 :名無し物書き@推敲中?:03/09/07 22:04
>>126
今日図書館で読んできた本
宮沢賢治「やまなし」、「文藝」、「にっかつロマンポルノのすべて」
・・・なにか?

128 :名無し物書き@推敲中?:03/09/07 23:03
ゴミで溢れた都会を舞台に、
あるテレビ番組でゴミ掃除に人生をかけた高学歴芸人が
汚れた都会を清掃することになった。
撮影当日、富士山ほどに溢れたゴミの中には放射能汚染されたある物体が廃棄されていたのを発見する。
そして、芸人と撮影クルーはある生物と遭遇する。
それは放射能の影響で巨大化したネズミしたゴキブリたちだった。
芸人は撮影断念を申し出るが番組プロデューサーが出した結論は
─撮影続行
だった。
高学歴芸人は重火器を手に取り、そのキノコヘアをなびかせながら巨大生物と戦うのであった。

近未来SFストーリーに改造

129 :名無し物書き@推敲中?:03/09/07 23:04
3行目
ゴミの中には×
ゴミの中に○

130 :名無し物書き@推敲中?:03/09/07 23:15
カメで溢れた都会を舞台に、
あるテレビ番組で(略

近未来KAMEストーリーに改造

131 :名無し物書き@推敲中?:03/09/07 23:34
カメキタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!

132 :名無し物書き@推敲中?:03/09/08 00:10
>>128
つぶやきシロー?

133 :名無し物書き@推敲中?:03/09/08 14:02
一つ台詞を考えるのさ。
「嗚呼どうしてこうなるんだ? 次から次へと……」
そして妄想する。

電気の落ちた駅の構内で、繰り広げられる銃撃戦。状況を認識する間もなく死んでいく名も知らぬ駅の住人たち。
トイレで拾ったただのちっぽけな鍵のために、闇の中を鼠のように逃げ回る主人公。
「さあ、鍵を渡してもらお『いやだね』
銃を向けられても彼は狼狽えない。笑いながら、鍵はもう無いよ。友達に渡しちまったと告げる。
闇の中に忽然とあらわれるサバイバル部員。実戦に狂喜する彼らと主人公の前に、もはや敵はいない……。

134 :名無し物書き@推敲中?:03/09/08 14:21
>>132
ふかわ

135 :名無し物書き@推敲中?:03/09/08 21:37
>>127
それも又好し( ̄ー ̄)b

136 :宮本 ◆qKu5lM5bao :03/12/23 11:39
「アイデアとは異質なものの組み合わせである」星新一


137 :宮本 ◆qKu5lM5bao :03/12/31 19:06
ヤバ、星さんじゃなくてアシモフの言葉のようです。訂正。

138 :マジレスおぢさん ◆gdjEowoico :04/01/02 13:37
使っている人がいるね。じゃあ、このスレも生き残ってください。
最下層探検家より。2004年1月2日。

139 :名無し物書き@推敲中?:04/01/24 14:40
age

140 :名無し物書き@推敲中?:04/01/24 15:23
殺人の遣り方、動機をみても哲学が入ってきている。
まあ、今どき「貧乏」が動機にもなりにくいからかも
しれないけど。あんまり哲学的なので、罪と罰でも
読みまくったのかと思えば、そうでもない。思考の
流れそのものが変わったような。

141 :宮本 ◆qKu5lM5bao :04/01/25 12:38
ショートショートのアイデアのほとんどは、星さんや筒井さん、藤子Fさんあたりに先にやられちまっている。
だから、オチでアイデアを呈示するタイプのショートショートで読者を驚かせるのは難しい。
とくに文芸板や一般書籍板、文学板の住人さんは目が肥えているので、まず喜んでくれないだろう。
ショートショートはオチが命と言われているわけなんだけど、オチにいたる過程や状況でアイデアを示す方向でいくべきではないだろうか。
てな能書きを書いてる暇があったら、駄作の一つくらい書けよ、俺! 等と思う日々であった。

142 :名無し物書き@推敲中?:04/01/25 15:38
ていうか、逆じゃない?
書きたいものがあるから書くわけで、
無いから無理矢理ひねりだすのはおかしいんじゃないの?
プロで、それで飯喰ってるなら分かるけどさ。

143 :名無し物書き@推敲中?:04/01/25 15:57
>1
題名だけ先に決めちゃうってのは?

144 :名無し物書き@推敲中?:04/01/25 16:26
>>143
それアリ。短編なら書けるよ。

145 :宮本 ◆qKu5lM5bao :04/01/25 17:13
>>142
レスどうも。142さんの言いたいこと、かなり判るつもりなんだけど、僕の場合、書く快楽を求めてるみたいな感じなんです。
アイデアを得た瞬間や、アイデアが文章になっていく時の高揚感が好きなんもんで。


146 :名無し物書き@推敲中?:04/01/25 21:09
>>141の考えは悪かないと俺は思うよ。まあ、がんがってみれ。

147 :名無し物書き@推敲中?:04/01/27 21:34
メタ小説だっけかな?
小説家の卵が創作に苦闘する物語を書けばよいのでは
純文学ってそんなんでいいんじゃない?
クライマックスはアイデアを得るということで、
この板の住人との交流も描けば、サイバー要素も盛り込めますね

148 ::04/01/27 22:12
>>147
それはプルーストが「失われた時を求めて」でもうやってる。

149 :名無し物書き@推敲中?:04/01/27 22:16
いや、そんな例を出さなくてもいいくらい誰でもやってる

150 :名無し物書き@推敲中?:04/01/28 23:30
初恋を書けばいい

151 :名無し物書き@推敲中?:04/02/05 11:36
157

152 :名無し物書き@推敲中?:04/02/20 19:58
>>148
これを超えるのは不可能だな

153 :名無し物書き@推敲中?:04/03/03 14:24
http://www.geocities.co.jp/Milkyway-Kaigan/9758/guide/a_001g.htm


154 :吾輩は名無しである:04/03/26 14:56
せんたくだ

155 :名無し物書き@推敲中?:04/05/05 17:07
夢をもとに話を作るのはどうかね?

156 :名無し物書き@推敲中?:04/05/06 01:28
見た夢をネタにしてるの、俺だけじゃねえのか。

157 :うんこ:04/05/06 03:13
ドストエフスキーでも読んで、一部をぱくれば、立派な日本純文学になりそう

158 :名無し物書き@推敲中?:04/05/30 09:38
夢ネタで書いたら地方文学賞で奨励賞をもらったよー

159 :名無し物書き@推敲中?:04/05/30 17:46
>>158
嘘こけこのやろ。

しかしなにげに良スレ。

昔「ストーリーメーカー」ってソフトがあった。
色んな単語を登録しておいてボタンを押すと、
「タイヤキが死んだ夜、俺がパンツを脱いだのだった。しかしそれは号泣」
とか、訳解らん一行あらすじを作ってくれた。
もちろん、一回も役に立った事は無かった(笑)


160 :名無し物書き@推敲中?:04/06/14 14:15
連想でいいじゃん。

窓から隣の家の屋根が見えたら、
屋根 瓦 河原 釣り ネタ 寿司 寿司職人 職人 畳職人 瓦職人
屋根瓦 鬼瓦 焼き物 粘土 彫刻家 彫刻家の恋
彫刻家がモデルを捜しながら旅をしていて、村娘と恋に落ちる。
恋に落ちる 肥に落ちる くさい いさく 遺作 彫刻家の恋、遺作、よしこれで行こう

みたいな。

161 :名無し物書き@推敲中?:04/07/19 15:18
あげ

162 :名無し物書き@推敲中?:04/08/19 22:24
あげ

163 :名無し物書き@推敲中?:04/08/26 17:34
なんかどっかで
無心になればアイデアが浮かぶとあった。
そんな俺は夢派
あとは、もうすでにある作品の二次創作としてネタを考え、そのネタを流用。
俺の場合もとに作品があるとネタ が浮かびやすい。

164 :名無し物書き@推敲中?:04/11/26 10:42:40
超発想ツール超漢字OS

165 :名無し物書き@推敲中?:04/11/26 22:12:28
  ,. -─ '' "⌒'' ー- 、           __,,. -──- 、.
    ./ ,r' ´  ̄ ̄ `'' ‐-r--、     r=ニフ´  ̄ ̄ ~`` ‐、 \
   /      ,r--‐''‐ 、.._,,二フ-、  ,. -‐゙ー-‐ ''、'ー--''-_、     \
 /       /     , '´    ,.イ ヽ__     }ノ´二 -‐ヽ._    \
        {       i     >{    L    ,'ー 'ー ''´ ̄}
         ト、     !.     〈/     }   /      ,.イ
         ヽ、___ヽ、  ./ カパッ   ̄レ'   _, ‐'
  、             " `,二ヽ!        r''二  ̄
    ` ‐- 、..__,. -‐─┴─'         ゙─‐'--''─- 、..___ ,.
                    ‖‖
                    ‖‖


166 :名無し物書き@推敲中?:04/11/26 22:44:35
>>163タイーホ(藁

167 :名無し物書き@推敲中?:04/11/26 22:45:20
夢はすぐメモしないと忘れる。

168 :名無し物書き@推敲中?:04/11/26 23:26:23
>>165
何かワラタ。

169 :名無し物書き@推敲中?:04/11/26 23:29:32
枕元にノートとペンを用意してから寝ればヨシ。

170 :名無し物書き@推敲中?:04/11/27 13:05:56
妄想を文章にすりゃあっとゆぅまに駄文のできあがり

171 :名無し物書き@推敲中?:04/12/12 15:21:10
起動10秒BTRON

総合的には紙と鉛筆より早い。

172 :吾輩は名無しである:05/01/13 03:17:35
j

173 :inspire:05/01/15 00:08:29
アイディア思いつくのは得意なんですが、文章にするのが苦手です。
あらすじくらいは書き出せますが、細かい描写なんかは全然かけません。
私の考えたアイディアを膨らませて、小説として書いてくれる人とタッグを組んで活動したいと思っているんですが、
そういう仲間はどこで探せば良いのでしょうか?
教えてください。

174 :名無し物書き@推敲中?:05/01/15 00:21:20
>>173
ためしにアイデア挙げてみ。

175 :inspire:05/01/15 00:37:52
>>174
そうですね。月並みって言われそうですが、
超簡単な概要だけ書きます。ちょっと待って下さい。

176 :inspire:05/01/15 00:54:38
無駄に長くなりそうなので、2.3に分けます。
小説なんて書いたこと無いので下手ですが、大目に見てください。

(はじまり)
主人公は高校2年生の男。名前は裕樹。
始まりは6月。梅雨の時期。
夏休み前の試験まで時間があるので勉強する気も起きない。
毎日、授業中は外で振り続ける雨ばかり見ていた。
梅雨も終わりかけの六月のある日、
いつものように裕樹が授業中ぼんやりと外を見ていると
隣のクラスの高校2年の女子、千佳が早退しているのを見かける。
裕樹と千佳はクラスは違えど同じ部活に入っている。
その部活は「写真部」。写真部は校内では人気がなく、
3年生は0人。2年生が裕樹と千佳の2人だけ。1年生は3人いた。
裕樹は心配になり、その夜千佳にメールした。何故早退したのか?と。
メールの返事は何日たっても来なかった。
1週間が過ぎた。7月上旬。あの日の早退以来、千佳は学校に姿を見せない。
写真部の顧問の先生に千佳のことを聞いても、先生はいつも困った顔をして教えてくれなかった。
7月中旬、みなが試験勉強に焦りだす頃、裕樹は千佳の親友からようやく近況を知ることができた。
どうやら千佳は入院しているらしい。あの日、早退した後、帰宅するなり倒れそのまま入院してしまったらしい。
千佳の親友から入院先を聞きだした裕樹は部活仲間としてお見舞いに行くことを決意する。

177 :inspire:05/01/15 01:37:14
千佳が入院していたのは高校から結構離れた
町で一番大きな病院だった。
裕樹は千佳が入院している病室へと向かった。
5階建ての病院。千佳が入院しているのは4階の部屋だった。
402号室。同じ部屋に3つずつ左右にベッドが並んでいた。
千佳は右の窓側のベッド。窓からは自分の町が一望できる。
田舎なので高い建物など、ほとんどなかった。
裕樹と千佳は高校のこと・・・入院してからのこと・・・お互いのことをしばらく話した。
どうやら千佳自身も病名に関してはまだ知らないようだった。
見舞いにも親友が最初の頃は来てくれたが、
試験が近くなって誰も来てくれなくなったらしい。当然といえば当然か。
千佳は裕樹が来てくれた事を喜んでいたようだった。
試験が終わったら、また見舞いに来ることを約束して病室を出た。
試験は無事何事もなく終わった。
試験3日目は台風が来て、開始が少し遅れたことくらい。
それ以外はいつもと同じ期末試験。
夏休み前、7月下旬の話だ。裕樹は千佳との約束のことを思い出していた。
夏休みに入れば時間もかなり空くし、見舞いに行ってあげようかなと・・・。
8月2日、特にやることもなかったので、暇つぶしに千佳の見舞いに行くことにした。
暇つぶしに見舞いだなんて不謹慎だが、裕樹にとってはその程度のことでしかなかった。
402号室。部屋の前に掲げているカードの内容を確認して病室へ入った。
千佳はいなかった。裕樹はナースステーションへ行き確認した。
どうやら、507号室へ移ったらしい。
5階は4階に比べ薬品くさい。何故だろうか・・・裕樹にはわからなかった。
千佳はいた。言われたとおり507号室に。5階は全て1つの部屋にベッドが二つしかなかった。
その病院は3階から5階までが入院病棟。
3階・4階は全部屋にベッドが6つずつ。5階だけは2つベッド。何故だろうか。
千佳は裕樹の顔を見ると安堵の表情を見せた。何が不安なのだろうか。
また2人は学校のこと・・・病院でのこと・・・何気ない雑談を繰り広げる。
どうも千佳は自分が不治の病にかかっていると思っているようだった。
それを裏付けるように彼女はこういっていた。
「この病院はね。上の階へ移されるほど天国に近くなるんだよ。」と・・・。

178 :inspire:05/01/15 01:59:58
裕樹の夏は穏やかに過ぎていく。
それ以来、毎日にように夕方に病院へ見舞いにいくようになっていた。
千佳は夏が好きらしい。澄み切った青空。夏祭り。海。夏の全てが好きらしい。
病室に風鈴を飾っていた。5階は高いだけあって風がよく吹く。
風鈴は涼しげな音を奏でていた。
帰り際、偶然千佳の家族と病室であった。
家族と別室で話したところによると、千佳はもう長くないらしい。
それを聞いて裕樹は千佳に何かしてあげたいと思った。

8月中旬。久しぶりの登校日。
つまらない連絡事項を聞き流し、久しぶりに写真部に顔を出した。
1年生は誰も来ていない。顧問の先生だけが一人いた。
10月に「幸せ写真コンテスト」があるらしい。
概要は「幸せそうな風景を写真に取る」というもの。
うちの部からも1つ送りたいと先生は考えているらしい。
裕樹は返事あいまいに答えて学校を出た。

8月の下旬。夏休みももうすぐ終わり。
千佳はだいぶ弱っているようだった。自力では歩けず車椅子を使っていた。
まだ点滴は必要ないらしいが、ほとんど運動できず筋力は相当弱っているようだった。
千佳は裕樹にあるお願いをする。それは夏祭りに行きたいということだった。
そこで、町内の夏祭りの最後の日。
医者に何とか許可をもらって千佳の乗る車椅子を引きながら夏祭りに行った。
どこか懐かしいような・・・寂しいようなそういう目で千佳は祭りを見ていた。
病気の話しばかりで塞ぎこみそうになっている雰囲気を変えるために
裕樹は「幸せ写真コンテスト」の話しを千佳にした。
すると千佳は笑いながらこういった。「今が一番幸せだよ。だから今の写真を撮って送ろうよ」
ぎこちない2人だった。でもいい記念になった。裕樹はそんなことを思いながら、
その写真をコンテストに出すことにした。

179 :名無し物書き@推敲中?:05/01/15 02:12:20
正直言って、その程度のアイデアなら
思いつく奴はごまんといると思いますよ。
独創性は皆無ですし。酷い事言って申し訳ないが

180 :わたつみ ◆wme5QUIDAM :05/01/15 02:16:57
>>173
書けません、なんていってる暇があれば、書いたほうがいい。
じゃないといつまでたっても、書けるようにはなんないですよ。

そんでもって。
人任せにやるのは、やめたほうがよい。

181 :inspire:05/01/15 02:18:21
>>179
そうですね。独創性はないですね。
酷い事というよりは当然ことを仰っていると思います。
まだ続きがあるので、せっかくだし最後まで書きたいと思います。
スレ汚しごめんなさい。

182 :inspire:05/01/15 02:19:49
>>180
人任せはだめですか?
やっぱり見識広い人に小説として話しを引き伸ばしてもらうのがいいかなと思ったのですが。

183 :名無し物書き@推敲中?:05/01/15 02:20:26
>inspire氏
どこかで似た話を見たっす

184 :わたつみ ◆wme5QUIDAM :05/01/15 02:22:41
>>182
やってみようと思って、失敗したことがある。
私は……頼まれたほうだけど。

なんというか、アイデアとか思いついた時点で、
「こんな話を書きたいなぁ」というビジョンがあるわけでしょ。
他人はそのビジョンどおりには決して書いてくれないよ。

185 :inspire:05/01/15 02:23:11
なんか書いていたら、あまりにも長りそうなので流れだけ箇条書き。

・9月上旬・千佳のドナーが見つかる。
・9月中旬・千佳からメールが来なくなる。
・9月下旬・裕樹は千佳のことが不安で京都まで見舞いに行く。

・10月中旬・千佳が帰郷することになる。勇気にメールを送るがなかなか返事がこない。

ちょっとまってね。>>183さん。それはありそう。話しの最後だけちょっと捻るね。

186 :inspire:05/01/15 02:25:53
>>184
アイディアと書き手の2人で意見を出し合いながらやっていけたら楽しいかなと思ったんですが。
別にプロなんて目指していないのでWebのBlogを使って、ほそぼそと趣味で話しを書いていけたらなと。


・10月20日・千佳帰郷。やっと裕樹から退院おめでとうメールが届く。
・10月21日・千佳、高校へ行く。しかし、学校のどこにも裕樹はいなかった。

187 :inspire:05/01/15 02:30:54
やっぱり、話しって一人で作るものなのでしょうか。
誰かと共著なんて無理なのかな・・・。

188 :わたつみ ◆wme5QUIDAM :05/01/15 02:35:29
>>187
共著、ってあるよ。
うまくいっている作品もある。

ただね、ひとりはアイデアだけもうひとりは具体化しながらアイデアも出す。
明らかに後者のほうが大変でしょ。
しかも基本的には、そのアイデアは前者のひとのもので、後者のひとのものじゃないからね。
動機の部分で挫折する……後者が。
ぶっちゃけ私がそうだった。

ちゃんとしたビジョンというかあらすじを君は持っているわけで。
機械的に書くのは、つまんないってこと。

189 :inspire:05/01/15 02:35:49
・10月22日・千佳は裕樹にメールを送る。「裕樹、今どこにいるの?」
・10月23日・千佳はまた体調を崩す。しばらくは自宅療養となった。
・10月24日・裕樹から返信が来る。「病院にいるよ。千佳と同じ病気になったみたい^^;」
・10月25日・千佳は裕樹の入院している病院を調べようとするがみつからない。友達でも知っている人間はいない。
・10月26日・裕樹から千佳にメールが来た。「もしかしたら、僕を探しているの?」
・10月27日・千佳は何度も裕樹にメールを送るけど、昨日からメールが来ない。電話も繋がらない。
・10月28日・夕方勇気からメールが入る。「千佳がいた部屋。そこに俺はいるよ^^」
       その日、千佳は急いで病院へ駆けつけたが、夜遅くなっていて入れてはもらえなかった。
・10月29日・朝から病院へ駆け込む。402号室には裕樹はいなかった。507号室にもいなかった・・・。
・10月30日・千佳は呆然とした状態で家で過ごしていた。夕方、裕樹からメールが。
       「俺はここにいるよ。・・・」所が書かれていた。

190 :inspire:05/01/15 02:39:08
>>188
なるほど、わかりやすい説明ありがとうございます。
それじゃあ、私はアイディアを持って小説も書くけど、さらにひと捻りが欲しい人のお手伝いができたらなぁ〜。
でも、今書いている話も独創性無いと言われているから無理ですね(^^

やっぱり、文章を書く勉強を自分でした方がいいのかな?
もし共著でうまくいっている人がいるとしたら、どうしてうまくいったんでしょうね?
2人ともアイディア件小説家なのかな???

191 :わたつみ ◆wme5QUIDAM :05/01/15 02:42:56
>>190
そこまではわかんないけど。
私の知っている共著の名作……宇宙のランデブーというSFだけど。
これはふたりともが力のある作家さんです。

分担を決めて書いていたんじゃないかな。
得意な分野と苦手な分野を補完しあうように。

192 :名無し物書き@推敲中?:05/01/15 02:43:24
小説を書くのは無理なんて言っていたら、
何も始まりませんよ。
とりあえず書く努力をしてみたらどうですか?
ありきたりの恋愛物でもいいですから、
自分の言葉で纏めるって事をしてみたら良いと思います。


193 :inspire:05/01/15 02:47:41
>>191
なるほど、2人とも力のある方だったんですね。
つまり、私もちゃんと小説人並みかけるようにならないと共著は無理ですね。。
アドバイスありがとうござます。私の得意分野を持って小説を書く練習をしてみたいと思います。

>>192
そうですね。書く練習してみます。
レスありがとうございます。

話しのクライマックスだけ、せっかくだし書いておきます(自己満足ですが・・(汗))

194 :名無し物書き@推敲中?:05/01/15 02:51:40
もしくは、あなたの場合、
脚本家を目指してみてはどうでしょうか? 書いてらっしゃる内容から考えても、
そちらの方が向いてるような気がします。
独創性うんぬんはあまり気にしないで下さい。
私も歯牙にもかからないひよっこ物書きですから。
俗に言う純愛物は飽和状態ですから。
色々なジャンルに挑戦してみては?

195 :inspire:05/01/15 02:52:59
>>194
素人的な質問ですみませんが、脚本家というのは小説家と違うのですか?
テレビ番組でよく脚本家と聞きますから、テレビ局で募集していたり、劇団で募集されていたりするのかな?
教えて君でごめんなさい。

196 :inspire:05/01/15 02:56:47
・10月30日・千佳は呆然とした状態で家で過ごしていた。夕方、裕樹からメールが。
       「俺はここにいるよ。・・・」住所がかれていた。

千佳はその場所へ急いで駆けつけた。
そこは裕樹と一緒に行った夏祭りのあった境内。
神社への階段を上りおえると・・・そこには見知らぬ女性がいた。
千佳「裕樹・・・?」
女性「あなたが千佳ちゃんなの?」
千佳「ええ、そうですけど・・・裕樹は・・・?」
2人は場所を変えた。

で、クライマックスなんですが・・・
境内にいた見知らぬ女性が裕樹の母親で、
裕樹は10月20日に亡くなっていた。千佳と同じ病気で。
裕樹がかかったのは悪性だったので進行が早く医者も手を打てなかった。
裕樹は自分が死ぬ前に、ある時間になると自動的にメールが送信されるサイトを見つけて、
千佳宛のメールを何通かセットした。それが21日以降のメールだった。
11月1日、裕樹本人の意向に沿い、少し遅い葬式が開かれることになった。
泣きくずれる千佳に、裕樹の母親から写真コンテストの賞状と粗品、
そして・・・あの日の2人の写真が手渡された。
11月2日・・・3日・・・4日・・・千佳は学校を休んでいた。
自分はこの世界を全てを失ったような気がした。

11月6日、日曜日。千佳はこの世の全てに悲観して、
2人がいつも会っていた思い出の病院から飛び降り自殺をしようとする。
病院の屋上に千佳が上り終えたときに一通のメールが入る。
「ごめんごめん、千佳^^ 俺は千佳が大変なときに不安を与えたくなかったから嘘ついたんだ。
もうばれてるのかな?ホントごめん。必ず千佳は俺より長生きして幸せになってくれよ。ちk」
メールは途中で途切れていた。千佳は自殺を思いとどった。

197 :inspire:05/01/15 03:01:49
病院の屋上から見える町の景色はどことなく、
あの日2人でみた景色とは似てるようで似てないようで・・・。
「階があがるほど・・・天国に近いか・・・」ふっとそう思った千佳は、
広い広い大空に向かって大声で叫んだ。

-- 裕樹!!大好き!!!!!!--

そして、屋上で大の字に寝転び、青空を見た。
ゆっくりと流れる雲が裕樹の笑顔にどことなく似てた。
この大空を残しておきたくて、千佳は携帯電話を取り出して
写真を撮ろうとした。ディスプレイにはメール着信アイコンが。
メールは裕樹からだった。

-- 千佳!俺も好きだよ!! --






以上で、終わりです。
ああ、才能無いのに、それも即興で思いついた話しを長々書いちゃってごめんなさい。
読んでくれた人ありがとうございました。

198 :inspire:05/01/15 04:37:38
やっぱり、自分で小説を書ける人間になりたいと思います。
ありがとうございました。

せっかくここで色々と書かせていただいたので
もし読んでみて、私に興味があったらメールください。

199 :名無し物書き@推敲中?:05/01/16 12:41:35
ぶっちゃけ、特にないです
入院したことはあるのか?
病名は何か?
生徒が入院した事を知らせない先生はいるのか?
まずは体験したことから題材をひねり出すといいかと
せかちゅうのパクリにしか思えません

200 :inspire:05/01/16 21:27:24
>>199
それなんですよね。
リアルさがないですね。
私自身が世間知らずなので、体験したことからだとかなり世界が狭いかも・・・。
もしかしたら、ファンタジーとか非現実的な題材を扱うといいのかな?と思っています。
アドバイスありがとうございます。

私もセカチューのぱくりだなと思いましたw

201 :inspire:05/01/16 22:21:17
>>199
そうだ、前に入院したときに教えてもらったのですが、
私が入院した病院は体の悪い部分によって階が分けられていた。
私は内臓関係だったので、その手の患者さんばっかりだった。
あと私が入院した病室が一部屋6ベッドだったんです。
一部屋に1ベッドだと料金割り増しなので入れなかった・・・。
あと病名は・・・最近は本人に直接言うことが多いようだけれど、
昔は家族に先に伝えたりしていたらしいですね。
私はいきなり医者から突然死の可能性が高いと言われて凹みましたが。

もっと、しっかりアイディア練るべきでした。
勉強してきます。。。

202 :通りすがり:05/01/23 16:17:42
>inspire

 マンガだとシナリオ(原作)と分業されてることがあるね。アメコミだと下書きとペン入れが違ってたり、ページごとにまた人が替わってたり。映画制作みたいに分業されてる。

 >176からのアイデアは物語のアイデアではあるけど、それを表現するための手段は小説に限らず、戯曲でも詩でも歌曲でも、はてまたショートムービーでもいいと思う。小説は、物語を表現するための一手段に過ぎない。
 「小説を書きたい!」ってのなら話は別だけど、人任せも考えてるくらいだから、「物語を表現したい!」くらいの考えなのかな? だったら、他の表現形式も考えていいと思う。
 漏れは小説書きに行き詰まって、戯曲書きになったよ。今は平行してやってる。

 漏れは>176からのアイデアを見て、少し興味を感じた。映像が浮かんできて、台詞も浮かんできて、それを言葉で表現したいと思った。絵でも楽曲でも肉体を使った演技でもなく。
 “どんな形式で表現するか”ってところをもう少し考えてみるのもいいんじゃないかな。


203 :名無し物書き@推敲中?::05/01/25 11:45:04
6s

204 :名無し物書き@推敲中?:05/02/01 11:50:09
アイデアプロセッサOS BTRON

205 :名無し物書き@推敲中?:05/02/01 14:05:46
いいアイデアが欲しいなら
いろいろなことを経験しよう
妄想だけではダメだよ

206 :名無し物書き@推敲中?:05/02/10 04:49:23
田舎を走る列車を担当しているオバさんの女性車掌視点で語られるオムニバス形式のちょっと奇妙なお客たちの話。

若い綺麗な男の子と、微妙な(先生)と呼ばれる女のカップルや。

「ゆーかいされたの」と屈託なく話す幼女と、「ホントなんすよ」と笑う男。

仲良し老夫婦かと思ったら不倫駆け落ち旅行だったり

若い女の子二人と男の子一人の奇妙な三角関係だったり

「大切な人」の骨壷を抱えて座る男だったり

血の繋がらない赤ん坊を抱えた女性だったり


 奇妙な人たちばかりだけれど、愛のようなものが根底にあるような、そんな話で

207 :名無し物書き@推敲中?::05/02/14 12:58:43
u

208 :吾輩は名無しである:05/03/05 23:34:59
io

209 :名無し物書き@推敲中?:05/03/05 23:45:15
202ありがとう

210 :名無し物書き@推敲中?:05/03/05 23:46:48
電話が鳴った。
秋葉耕一は受話器を取り上げた。
「また子供の首なし死体だ。赤い羽根に覆われている。――鴉天狗だよ」

こんな雰囲気で始まる日本版ダークファンタジーを書いてくれ。

211 :名無し物書き@推敲中?:05/03/06 00:29:21
赤い羽根が降り注いでいる。急がねば。耕一は重い足を引きずるようにして走っていた。
……やっと来たか。待ちくたびれたぜ。さあ来い。俺の舞台で勝負する気があるならかかって来い、ヒーロー。
耕一は息を切らして膝をついた。駄目だ。響き渡る高笑い。その時、敗れたポケットから弾丸がころりと現れた。耕一は弾丸を拾い上げた。――雄一郎。息子の名が刻まれていた。
耕一は無意識に拳銃を抜き、弾丸を込めると、闇に向かって撃った。パン! ぎゃあ! 赤い羽根は消え失せた。
「……さん! 秋葉さん! 秋葉さんったら!」
耕一は目を覚ました。
「ん……すまん、眠っていたか」
「お疲れのところすいません、でも、たった今鴉天狗から電話が」
耕一は不安に駆られた。
「奴は何を言ってきた?」
「雄一郎君を、息子さんを誘拐したと」
衝撃を受けるより早く、左手の薬指にはまった結婚指輪が目に入った。――雪絵。直感。――雪絵、妻が危ない。
ピリリリリリリ……。
耕一は素早く携帯を取った。
「もしもし?」

212 :名無し物書き@推敲中?:05/03/07 21:36:27
>>204
ファイル全てにリンク貼っちまうシェルと、
それに合わせたOSを作ろうって発想だけは買う。

そのアイデアがHyperText Markup Languageのパクリで、
名称だけ「実身/仮身」と変えてたりしたとしても。



213 :吾輩は名無しである:05/03/20 23:33:45
96

214 :名無し物書き@推敲中?:2005/03/21(月) 22:39:17
無から有は生まれないから、やっぱり引き出しを増やすことなんでしょうね。
お風呂に入ってると、たまにアイデアとアイデアがかけ合わさって
「あ、これいいかも」なんて思うときはありますね。
アイデア×アイデアを試みるのが個人的には好きです。

プロの知人に聞いてみたらネタは新聞で得ることが多いそうです。
あとは図書館に行け、と。

215 :吾輩は名無しである:2005/04/03(日) 13:58:53
7

216 :名無し物書き@推敲中?:2005/04/05(火) 19:56:36
>>214
掛け合わせ方を変えるだけでも、同じ素材から全く違った
発想が得られるので試してみる良いよ。
例えば、竜と機械を組み合わせたアイディアなら、「竜と機械」だけじゃなく
「竜で機械」「竜に機械」「竜を機械」「竜の機械」「竜から機械」「竜までも機械」・・・
とかいう沢山のアイディアの元が得られる。

217 :吾輩は名無しである:2005/04/19(火) 11:52:35
[

218 :吾輩は名無しである:2005/05/19(木) 12:12:44
p

219 :名無し物書き@推敲中?:2005/06/04(土) 17:57:03
>>206
それでもっとひねったストーリーを映画で見たような希ガス。そのバスは最初に
事故で崖から落っこちる。で、その空中での一瞬、時間が止まった
みたいになって全員がそれぞれの人生を語り始める、みたいな。そのあと全員で
なんとか助かろうと方法を考えるんだが、確かおっこちちゃって結局みんな死んじゃうんだ。

220 :名無し物書き@推敲中?:2005/06/13(月) 02:20:07
>>219
それよりもっとひねった話を、
ここ一年以内ぐらいの「世にも奇妙な物語」で観たよ。
バスが崖から落っこちて、その一瞬に時間が止まる。
いがみ合っていた乗客達が人生を語り始め、
皆でわかりあう。
「ああ、みんなが死ぬ前にわかりあう話なんだな」と思っていると、
バスは木がクッションになって無事に着地。
わかりあったと思っていた乗客達は、結局またいがみ合う。

221 :名無し物書き@推敲中?:2005/06/13(月) 13:13:33
>>220
それ、ちょっと面白いな。w

222 :吾輩は名無しである:2005/06/16(木) 11:29:36
p

223 :名無し物書き@推敲中?:2005/06/16(木) 23:39:30
アイデアで考えるからきついんじゃないの?
何がネタとして面白いと思うかわかっていれば、自然とネタは見えてくると思うけど。


224 :名無し物書き@推敲中?:2005/06/26(日) 09:07:43
>>223
何がネタとして面白いかが、わからんのだよ。

225 :名無し物書き@推敲中?:2005/06/26(日) 09:14:42
ネタをどうすれば面白くできるかを考えればいい。

226 :名無し物書き@推敲中?:2005/06/26(日) 09:42:18
なんだ、結局ループかよ。
面白いネタを探せ、なければネタを面白くしろ、か。

227 :名無し物書き@推敲中?:2005/06/26(日) 18:24:47
あらら。
じゃあ、面白いネタの定義がわからずに発想をしようとしているのか。
大変なはずだねえ。

228 :名無し物書き@推敲中?:2005/06/27(月) 03:24:43
自分がおもしろいと思うものを徹底的に考えてみればいいんじゃないかな?それが自然とネタになる。と思う。

229 :名無し物書き@推敲中?:2005/06/27(月) 22:07:52
>>228
いいこと言った。
作品を見て、なぜ面白いと思ったのか、なぜ面白くないと思ったのか。
それを分析すれば、面白いものに共通する何かがわかってくる。

230 :名無し物書き@推敲中?:2005/06/28(火) 23:23:55
>>229
おもしろさは、分析できないものだよ。
いかにも分析してるように発言してる奴らは、後付でそれらしい説明を考えてるだけだ。

231 :名無し物書き@推敲中?:2005/06/29(水) 12:40:11
>>230
きっと、ストーリーは思いつきと偶然で構成されていると思っているんだね。
そうだね。
あなたが思うとおり、「いい発想」は才能か念力かラッキーで生まれるんだよ、きっと。

232 :名無し物書き@推敲中?:2005/06/29(水) 16:39:07
なんとか架空世界のロボットものの話を考えてるんだが、主人公がロボットに
乗り込むきっかけを作るのって難しい。
その周辺地域に度々現れる機械に襲われてそれを食い止めるってのは
ありきたり、期待のシステムは一応考えてるが内部構造発想が微妙

233 :名無し物書き@推敲中?:2005/06/30(木) 22:24:12
>232

急に便意をもよおした主人公。すぐそばにあった公衆便所らしき
場所に駆け込んだら、それがなんとロボットのコックピットだった。

・・・ごめん。どうも自分が考えると単なるバカ小説になってしまう。
多分シリアス物を想定してるんだよね?

234 :名無し物書き@推敲中?:2005/07/01(金) 01:54:24
>>233
それだっ!!
お前、マジ天才だな。

235 :名無し物書き@推敲中?:2005/07/15(金) 23:11:06
>>233
それでいいんだ


236 :名無し物書き@推敲中?:2005/07/19(火) 17:57:16
とっておきの方法があるんだけど、ここで書いちゃうとまねされて
ライバルをふやしちゃうことになるからやめとくよ

237 :名無し物書き@推敲中?:2005/07/21(木) 08:33:53
>>232
エヴァの第一話でどうやって主人公を機体に乗せるかで、
スタッフ陣はガンダム第一話の全カットをチャート図にして
いろいろ考察・検討したそうだ。
(「完璧だ!」「こんなの絶対超えられない!」とか言いながら)

具体的には、主人公しか乗る者がいない状況を作ったり、
主人公を逆上させたり。どちらもその後すぐ戦闘が
始まってしまうことが前提条件になるけど。

238 :名無し物書き@推敲中?:2005/07/22(金) 14:14:20
どむしてたけど、
やっぱ、2ちゃんだわ、素人の願望を言ってるだけ。
つまんね。



239 :名無し物書き@推敲中?:2005/07/22(金) 14:20:15
スポコンものを書きたいわけだがスポーツほとんどやったことないってか知らない罠。
だから実際書く時は手探り状態。こんなんで大丈夫なのかな。
…OTL

240 :名無し物書き@推敲中?:2005/07/22(金) 15:43:28
>239
ビデオみたり関連書読んだり自分で見に行ったりして資料集めてから書けばいい
作家はみんなそうしてる 自分の経験したことだけ書いてたらすぐネタ切れになる

241 :239:2005/07/22(金) 15:56:01
いや資料やビデオもいいけど実際やってないとわかんないことってあるのかなと思って
がんがって資料集めまつ

242 :名無し物書き@推敲中?:2005/07/24(日) 02:29:54
>>239
何も知らないことを逆手にとって、まったくのズブの素人がそのスポーツのことを
知っていく話にすればいいんじゃないの?

243 :名無し物書き@推敲中?:2005/07/28(木) 02:19:35
あたらしいスポーツを考案してしまえ!

244 :名無し物書き@推敲中?:2005/07/28(木) 17:02:08
それいいね!とりあえずいろんなスポーツの解説本とかあさってみるよ! 楽しそうだ

245 :名無し物書き@推敲中?:2005/07/28(木) 18:54:57
>>232
無理に主人公を低年齢にしてるからじゃないのか?
普通にパイロットトレーニングされた、青年ぐらいの人物を主人公にすればいいじゃないか。
最初は普通の量産型の機体に乗ってて、ある戦闘で敵の新型と交戦してて、敵の機体がダウンしたところを
主人公が乗り込み、敵パイロットと肉弾戦になり(後のライバルね)、その新型を奪う。
機体と主人公の相性は不思議なほどに抜群で、その戦闘ではそのまま敵を全滅させる。
そんで味方基地に持って帰って、味方軍の仕様に変えて、

これでもう「強い主人公」「主人公の乗る、他より強いロボット」「ライバル」「戦いが激化するきっかけ(敵は機体を奪い返したい)」
全部できちゃったよ。いかが?俺アニメには詳しくないから、すでに前例があったらスマソ

246 :名無し物書き@推敲中?:2005/07/28(木) 18:58:19
>>244
例えばアメリカのコメディ映画「ベースケットボール」は、
ホームベースの前にフープがあって、フリースローを決めると一塁、二塁に進んでいくというスポーツ(ゲーム)
を作った二人組のサクセスストーリー。まぁあれはコメディだから、守備側は投げようとする人間を笑わせたりして邪魔をするというルールだったんだけど。
まぁそんな感じでスポーツを組み合わせたりするのもいいよ

247 :名無し物書き@推敲中?:2005/07/29(金) 19:04:00
>>245
上手いな。一度に幾つもストーリー付けをするなんて。
感心した。

248 :名無し物書き@推敲中?:2005/07/29(金) 20:54:03
>>245
なんかオマエ、カッコイイな。

249 :名無し物書き@推敲中?:2005/08/02(火) 09:21:50
>>245じゃないけど、照れるぜ


250 :名無し物書き@推敲中?:2005/08/31(水) 05:54:10
>>245
ぷぎゃ〜

251 :名無し物書き@推敲中?:2005/09/02(金) 13:40:05
ちょっと良スレ。

252 :名無し物書き@推敲中?:2005/09/03(土) 00:13:23
つかガンダムだからさ

253 :馬太郎:2005/09/03(土) 01:16:16
ガンダム知らないんで本気で感心しちゃってたな

254 :名無し物書き@推敲中?:2005/09/03(土) 16:21:27
まったくだ。ガンダムの最初の方を知らないから、
本気で感心してしまったよ。w

255 :ただのクマ:2005/09/06(火) 07:29:22
ガンダムって、敵の機体を奪うもんだったっけ?
……微妙に違うような

256 :名無し物書き@推敲中?:2005/09/07(水) 11:29:41
>>255
味方の機体だよな。

257 :番組の途中ですが名無し:2005/09/08(木) 00:54:24
おまえら全員消えやがれ

258 :名無し物書き@推敲中?:2005/09/08(木) 01:08:52
      ノ`-、_,-一ー- ,_
      _)  r'´ ,____ `★、
     /^'~/フ´,r--、`、``'ヽ、`、 l i /,
    /   .}i  {;;;;;;;;;;} .}:::u::r´`}、i|州|i/ム'__,,
   / U  ,!{  ゝ;__ノ ,ノ:::::::{ r^ヽ}` "=三__
  /     i::::゙ミ、___,,ノ::::u::::! !;;;;} !,  、ミミ、
 /     ,!i_j:::::::::::::::::::::::::::::::`、`´ノ`、'ミミ、  >>245ちょ、あんたそれ!?うわ……
./     ,!:::::::u::::U:::::__:::::::::::::`´!  i`  `
{     メ-一ー-ー'T´   `>、:::::;ノ  |
`、   ノ `>、,   `ー--'´ _,,>. v. .|
  `-''´,r' ̄;r'/`ー-、__,,-'´ _ノ _,ノ
    /::::::/ / __ノヽ_`ト=ニ-一''´
    ,1::::::ヽL、 `、   ゝ、
  〈::::!::::::::::::;_) /__  i´|::::`、
   `、`ゝ;_::::丿 '´ `V ム:::::::`-、
    `、:::::`´i      '´ `、::::::::::ヾ}

259 :名無し物書き@推敲中?:2005/09/08(木) 02:22:16
>>247-248
>>253-254

ね、ネタで言ってるんだよな?
つ、釣りだよな?
本気で言ってるとしたら、脳内残暑お見舞い申し上げます。

>>245のストーリーは、ちょっと考えただけでも、ツッコミ所満載。
超強い敵メカをダウンさせられる量産機から、わざわざ乗り換える必要が有るのか?
自分の機体を肉弾戦で奪われるような奴に、ライバル役が務まるのか?
不思議なほどに相性抜群なのは、脚本家補正か?
普通はセキュリティとか掛かってるだろう。
中に妖精か、有機パソコン娘が乗ってる場合は可(その時点でパクリだが)
それとも主人公は、スパーハカー?
そんな奴に量産機乗せるか?

ちょっと考えただけでも、これだけツッコめる。
俺がDか監督だったら、こんな企画書書く奴は、500円握らせて帰すね。
褒めた奴も同罪。

260 :名無し物書き@推敲中?:2005/09/08(木) 05:16:34
何言ってんだよ、人が乗っているところに冷水ぶっかけるのは禁物だぞ。
お前、シンクタンクについて検索して学んでこい。>>259

261 :名無し物書き@推敲中?:2005/09/08(木) 17:57:56
>>260
お前は負け惜しみについて学んで来い。

262 :名無し物書き@推敲中?:2005/09/08(木) 21:47:11
>>259
ダウンってシステムダウンかと思った。新型だからまだ不安定とかありそうだし。

最初から新型のテストをやっているらしいから、偵察or奪取or破壊して来いっていう任務にして、敵を奇襲、
新型機以外は仲間が殺して、主人公が逃げた新型を追う。逃げる途中で、新型機のシステムがダウン。
脱出装置も動かないのでコックピット開いたら、目も前に主人公が銃構えていて、抵抗できずに機体を明け渡すライバル候補。
これなら機体をあっさり奪われるのも問題なし。すぐに敵の援軍でも来れば、捕虜にせずに、機体だけ奪って逃げるのも自然な感じ。
適当にライバル候補が抵抗して、腕とか足とか当たり障りのないところを撃たれて置くと、この後の機体奪取作戦に参加できないで
悶々とするライバル候補も描けていいかも。

でもナニやってもロボット系はガンダムっぽくなるのは否めないなぁ。


263 :名無し物書き@推敲中?:2005/09/08(木) 22:49:55
>>262
大人気ないと知りつつ、釣られてみる。

量産機と戦闘したくらいで、システムダウンする機体を欲しがると?
しかもシステムダウンから急に復旧した機体が、援軍を全滅させるのか?
お前が言っているのは、ご都合主義でしかない。
先ずストーリーがあって、そのために理由をでっち上げているだけ。
順番が逆なんだよ。
段取り芝居って知ってるか?
作者しか知らない事実を、登場人物が先に知っているような演技をする事だ。
システムダウンした機体があれば、先ず鹵獲を考えるだろ。
攻撃力を奪い、機動力を奪い、鹵獲する。
何故システムダウン復旧のため、わざわざ攻撃力健在な機体に乗り込まなくてはならないのだ?
それだったら、ライバルの立場から物語を描いたほうが、読者を納得させ易い。
いきなり捕虜になる主人公も、結構面白そうだ。

頭でっかちな小説化志望が陥りがちな罠。
まず自分の考えたストーリーを否定してみる。
その否定を覆せる理由を考え出せた時、説得力は生まれるのだ。

264 :262:2005/09/08(木) 23:00:30
>>263
ごめんな。俺の文章変だったかも?ぜんぜん伝わってないや。
あと俺>>245じゃないから>>245案と混合されて突っ込まれても困るよ。

265 :名無し物書き@推敲中?:2005/09/09(金) 10:22:41
ロボットモノは描くなということだな

266 :名無し物書き@推敲中?:2005/09/10(土) 03:42:03
ロボットモノであれ、2chの書き込みであれ。
この板の住人なら、きちんと推敲してから書けってことだ。
>264の発言ですら、三箇所以上突っ込める。

面倒くさいし、大人げ無いの解ってるから、突っ込まないけどな。

267 :名無し物書き@推敲中?:2005/09/14(水) 23:59:52
負け惜しみあげ

268 :名無し物書き@推敲中?:2005/09/24(土) 17:23:26
変な流れで止まっているので、ネタ投下。
ゼロから考えると難しいよね。
パクろうとするのが一番手っ取り早いよ。

時計仕掛けのオレンジをパクろうとしたら、↓全然違う話ができた。


万引きがやめられない女、悪いとも思っていない。
常習犯なので、ある時警察に通報され、逮捕される。
留置所の中で警官に取引を持ちかけられる。
彼の友人は新薬の開発をしていて、実験体を探しているらしい
(その薬は、まだ人体実験をするほどの完成度ではない)。
その薬とは、あらゆる依存症を治すという怪しい物だったが、
刑務所行きを免れるならと、女は承諾する。
数ヶ月に及ぶ投薬実験。
見事に女の万引き癖はなくなった。

しかし、数ヶ月に及ぶ辛い投薬実験で、彼女の精神にひずみが生じていた。
担当だった医師がメガネを掛けていた為、メガネの人間に殺意を抱くようになってしまったのだ。
耐えきれなくなった彼女は遂に人を殺してしまう(もちろんメガネの人)。


タイトルは「メガネ殺し」
時系列を崩せば、バカミステリーの短編として書けそうだよ。

269 :名無し物書き@推敲中?:2005/09/25(日) 00:05:58
>>268
そういうの、パクるって言うか?
水平思考って、普通の手法じゃね?

270 :名無し物書き@推敲中?:2005/10/06(木) 12:54:31
亀レスだが。
>>268
メガネ殺しってタイトルだけでオチが読まれるな。高い確率で。
それからプロット読んだ感じでは、万引きってネタが単に薬を投与されるきっかけに使われてるだけで何の伏線にもなってないところが微妙。女の精神にひずみが生じてからは一切登場しなさげだしな。いっそのこと主人公は暴力関係の悪癖を持つ男とかにしたほうが無難かも。

でもパクろうとするのが一番手っ取り早いってのは同意。微妙に違うかも知れんけど、俺が一番ネタひらめくときって他人の作品読んでるときだったりするしな。
みんなはどんな感じなの? 期待上げ。

271 :名無し物書き@推敲中?:2005/10/22(土) 07:41:11
今朝の朝日新聞に
産廃の中から3100万円出てきて警察に届けた、
規定の期限までに所有者が現れなければ発見した会社の物になる
但し従業員も複数居るため、その内輪の中でどうするかはその人達が
話し合って決めてもらうしかない、という警官だかのコメント
という記事があった。

ゴミ相手に格闘するなんの変哲も無い日々に、降って湧いた大金。
だがその使い道をどうするのか…n人(nは4〜5人ぐらい?)の間に
それまでとは違った空気が…とか、小説のネタになりそうな記事だな、
と今まで文学板なんかに来た事も無い人間が勝手に思ってみたのだが。

272 :無名草子さん:2005/11/05(土) 11:22:26
必死だ

273 :名無し物書き@推敲中?:2005/12/15(木) 04:12:32
せっかくガキの頃いろんなTVゲームをやったので、
それをネタ元にしたいが、いまいちいいネタとなりえないんだよね。
おそらくゲームって設定関係が漫画やアニメの模倣だからだと思うのだけど。
今はしらないが当時のゲームは漫画やアニメっぽい事が表現できるだけで
すごいと言われてたからな。

274 :ラクダマンセー:2005/12/15(木) 15:55:42
ていうかお前ら本を読め。

275 :名無し物書き@推敲中?:2005/12/15(木) 16:00:33
本イコールえらい
ゲームイコールしょぼいって考える時点で短絡的。
世間に価値観、固定され杉。

276 :名無し物書き@推敲中?:2005/12/15(木) 16:38:39
単に物書きになることを考えたらゲームは無駄な情報量が多すぎる。
情報に触れて刺激を受けて書くこと考えたらゲームは非効率すぎ。
あと歴史を重ねてないから名作が確定してない。

277 :名無し物書き@推敲中?:2005/12/15(木) 19:31:48
確かに。でもその一見、無駄なモノから
いかに面白い要素を拾うかが重要だと思う。
TVゲームに限らず。

278 :名無し物書き@推敲中?:2005/12/16(金) 18:34:43
特大ヒットしたものでもアイデアの元をたどれば
「こんなどーでもよさそうなモノがまさかウケるとは」・・・と思わすものは多い。
トリビアの泉とか。当時はまだ電波少年とかの影響がのこってた時期だから
バラエティといえばヤラセくさいドキュメント的なのがウケるとされていた。そんな時期に
ムダ知識なんて面白いのかと思わせるものがあったこの番組は結果的に大ウケしたわけだ。
そしてトリビアのヒット後に雑学ブームになるのだが、今度は「雑学っぽいもので
なければいけないのではないか」という空気ができて、つまんない模倣作が出てくる。ただ
そのテの模倣作もトリビアのおこぼれ程度のヒットはしうるようだが、作家の新人賞でそんな
おこぼれ企画じみたモノ書いてもまず落とされるだろうな。便乗本書ける奴のストックは
いっぱいあるだろうから。

279 :名無し物書き@推敲中?:2005/12/17(土) 01:18:18
トリビアは電波少年の流れじゃなくて伊東家の食卓とかじゃないか

280 :名無し物書き@推敲中?:2005/12/17(土) 01:25:23
そーいや当初は裏ワザとムダ知識が比較されてたな。アンチ裏ワザだったのかな。

281 :名無し物書き@推敲中?:2005/12/17(土) 05:26:52
電車男だってまさか2ちゃんなんかから
新しい形式の物語が出てくるなんて思いもしなかったな。

282 :名無し物書き@推敲中?:2005/12/18(日) 20:11:28
>>279
カルトQやカノッサの屈辱の流れだろ
どーでもいーような知識で番組1本作ってんだから

283 :名無し物書き@推敲中?:2005/12/18(日) 21:17:48
知泉だろ元は

284 :名無し物書き@推敲中?:2005/12/23(金) 14:25:31
面白いアイデアをいかに拾うか、は
その人のセンスが問われるところあると思う。今、「多くの人が
あまり関心を寄せていないもの」から、いかに「多くの人にウケる要素」を
見いだすかが問われるワケだし。

285 :名無し物書き@推敲中?:2005/12/23(金) 17:59:26
>>284
そういうレスをすると、じゃあセンスを磨くには? という堂々巡りになってしまう。
まあ発想法を考える上でその基本に立ち返る意義はあるけど。

286 :名無し物書き@推敲中?:2005/12/23(金) 18:25:31
ナルホド〜ル男爵

287 :名無し物書き@推敲中?:2005/12/23(金) 20:19:16
キャメロン、小峰対談本で「好みのジャンルは長年興味が
持続するのでいい」といってたな。タイタニック製作のずっと前から
タイタニック沈没事件に高い関心があったらしい。

288 :名無し物書き@推敲中?:2006/01/13(金) 12:28:09
問題はない

289 :名無し物書き@推敲中?:2006/01/19(木) 09:36:16
時事ネタは安易になりがちな印象あるが
砦なき者や模倣犯にはホリエモンみたいな世間に注目される
いわゆる時の人を描いていたな。

290 :名無し物書き@推敲中?:2006/02/07(火) 12:35:32
読みやすい小説

291 :名無し物書き@推敲中?:2006/02/09(木) 14:26:11
そもそも昔から思ってたんだがガンダムにつづく巨大ロボってあまりにも
戦闘兵器に向いてないよな・・・。エヴァみたいな有機体生物であるなら
ともかく。
なんだっけ有視界戦闘のためだっけ・・・頭がついてるのって。
ヘリコプターのれって・・・。あとなんで白いの?アイツら。
冬季迷彩ですか?一関節でも破壊されたら歩行不能、戦闘不能じゃね?
あとライフルとかをわざわざ手に握らせてるのも・・・。
ガンタンクみたいな腕ならまだ信じられるけど。
あとガンタンク・・・・一番装甲薄い部分にパイロットのっけてるのって
どうよ。
スワットみたいなのが軽めのアーマードスーツみたいなの着るのなら
ともかく。
まあさんざんくりかえされてきたような話だろうけど・・・。

っていうが受けてる世の中なんで戦闘描写とか時代考証なんて適当で
いいのよ。テキトーでって思った。

292 :名無し物書き@推敲中?:2006/02/10(金) 23:46:51
>>291
フィクションとして受ける戦闘用マシン != 実用的な戦闘用マシン

293 :名無し物書き@推敲中?:2006/02/11(土) 19:28:35
糞くだらねえラノベ向きのネタはいいよw

294 :名無し物書き@推敲中?:2006/02/11(土) 22:03:38
>>291
巨大な人型ロボットだと二足歩行もできないらしいしな。
でもそうやって突き詰めていくと書けなくなるんで、それはそれこれはこれ、で巨大ロボだって書くぜと。
超科学とか超常現象の一言で片付けることも時には必要だと思う。

295 :名無し物書き@推敲中?:2006/02/14(火) 07:53:43
>>285
今の時代であれば、重要なのは
何が面白いか?よりも
何が本当につまらないのか?だと思う
面白そうなものであれば欠伸で口がふさがらなくなる程一杯ある訳だし

296 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/05(日) 11:22:29
わざわざ乗り換える

297 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/14(火) 05:44:22
人型だからいいんだよ。

298 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/25(土) 11:30:54
主人公が大学生

299 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/04(火) 12:17:48
やはり新聞記事かな、ネタは。

300 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/09(日) 01:02:24
とりあえずなんでも文章にして、ストックしておくと便利だよ

301 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/09(日) 04:18:32
オレがやってるのは、目に付いたものをタイトルにしてそれに副った話を作る。
そうして、最後なんて考えずにただただ書き続ける。

ちなみにアイザック・アシモフは、そんなことを主張した結果、
奥さんから、電車、というテーマを出され、かなり面白い話を書いていた。
なんてったっけかな・・・・カップルが電車の中で同席の変な男が持ってた道具で、自分たちのIFの過去と未来を見せられる・・・みたいな。

302 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/09(日) 12:38:28
p

303 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/16(日) 13:27:43
>>301
おまえの話はどうでもいいがアシモフのくだりはいいな

304 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/21(金) 22:17:40
その情報だけで判断すると電車という事は活かされてないな
設定上の場所が電車というだけで

305 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/25(火) 16:30:35
何言ってんの

306 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/26(水) 00:22:10
日本語読めないらしい↑

307 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/26(水) 00:27:15
何言ってんの

308 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/26(水) 00:33:43
日本語読めないらしい↑

309 ::2006/04/26(水) 11:44:34
こんなロボットものストーリーを考えている・・・。

■超古代に異星人だか古代超文明の地球人だかわからないが、戦争でナノマシン
 を大量に活用(どういう使われ方をしたかは後日考える)。
 このナノマシンは、有機生命と融合する特性がある。動物や人類にも融合した。
 しかし、このナノマシンと融合してもなお生命活動できるのはごく一部。
 融合した生命は金属の混ざったナノマシンを体内に取り込み、2〜5mの巨人
 となり、強靭な肉体を武器に戦闘兵士=強化人間として戦争で活躍した。
 ただし、主に戦闘に使われたのは理性のかかる人間だけ。動物は扱いが難しい
 のであまり使用されなかった。
 世代が進むにつれ強化人間達は肉体の金属が占める割合が多くなり、遂には
 99%にまで達した。
 やがてこの強化人間が人類のリーダーとなっていったが、何かの原因でこの文明
 も滅んだ。


310 ::2006/04/26(水) 11:45:03
■それから数万年後・・・西暦2201年、強化人間が死ぬとコアという情報体だけが残る。
 通常、このコアは10日位で生命活動停止(消滅)する。
 が、偶然冷凍保存された状態で現在まで残ったコアが世界中にあった。
 (残ってるコアのほとんどは強化人間(人)のコアだ)
  そのコアのある部位に刺激を与えると、数万年前の肉体のあった時(人や動物)
  の情報を元に再び肉体(ほとんど金属)を形成し始め、再び生命活動を開始す
  るのだ!
 世界各国は、強化人間から肉体の脆弱な部分(関節、臓器?など)を抜き取り、
 代わりに最先端の科学で得た強化されたパーツを組み込んだ。
 この人工強化人間は、人間廃業(略:廃業)と呼称された。


311 ::2006/04/26(水) 11:46:15
■廃業は、体長3〜10m(標準6m)。
■驚くべきパワー・跳躍力・敏捷性を持った人型戦闘兵器。
■廃業体内で生成されるナノマシン='シャクティ'(何種類もある)には・・・
 ※レーダーを無効にする '霧塵(ムジン)'
 ※実弾・ビーム兵器から身を守るバリアー '結界'
  (近距離ではさすがに結界では防御し切れない)
 ※自機を周りの風景と同化する '隠蔽工作'       ・・・などがある。
■この時代ではナノマシンなども色々な分野で使用されていて、戦争においても
   なくてはならない。但し、シャクティの性能に比べると全然落ちる。
 ■廃業以外の兵器(戦車、戦闘機、艦船など)には、ステルス、簡易電磁バリアー、
 簡易ホログラムなどを装備している機種もあるが、シャクティを生成できる廃業
 の能力には程遠い。
■廃業と同じ遺伝子を受けた人類=人間失格(略:失格)もわずかに生息している。
 失格は、体内から'ナノトリノ'というシャクティと同じ組成のナノマシンを発信して、
 廃業を外部からコントロールする事ができる。
■この時代の戦争は国際戦争評議会の採択により、決められた場所・限定された条件で  
 のみ戦闘を許可される。

☆このような設定の中で物語を進めたいが、いいアイデア、意見ください。
 (突っ込み、攻撃、補完アイデア歓迎)


312 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/26(水) 14:11:42
>>309-311
こちらへどうぞ

ナノマシン総合

http://book3.2ch.net/test/read.cgi/sf/1117636068/


313 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/26(水) 22:15:58
 テレビをみない。新聞を読まない。そうすると感性が研ぎ澄まされてくる。
たまたまサンマやタモリをみたりすると最悪。特にサンマは一瞬でも目に
入ると、しばらく気分が悪くなって、アイデアがサッパリ湧かなくなる。
 レーザーービームで3万年前に飛ばしてやりたい。


314 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/26(水) 22:36:52
>>309>>311
なげーコンテクストだ・・・。
つーかネタだと思うけど
こんな場所に醸さずに心の奥で温めて、
そして原稿用紙にでも書けばいいのに。

315 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/26(水) 23:01:05
・ぼんやりしながら散歩をする。
・煮詰まった時には悩んでも仕方ないので
 あえて他の事をして気分転換をする。


316 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/26(水) 23:03:08
で、気分転換がそのまま職業になってしまう人もいる。
そうなった場合はそちらを優先した方がよい。

317 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/27(木) 00:16:11
>>313
いっそ山篭りしてしまえと思った。もしくは隠遁生活。

318 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/27(木) 21:44:56
山篭りして、都会に降りて来ると、すべてが新鮮に見える。ご飯がおいしい。
音楽が本当に綺麗に聞こえる。
 山篭りのコツはラジオや本を持たずに、できれば1週間以上篭るのがいい。


319 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/28(金) 00:41:45
せこいな

320 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/28(金) 00:45:15
大自然の食事よりも都会のファミレスが美味しいってもう末期症状だろ

321 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/28(金) 01:34:08
社会不適応者がなんかいってらー

322 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/28(金) 03:10:16
>せこいな

こら。お前らのためを思って、、、、

>大自然の食事よりも都会のファミレスが美味しいってもう末期症状だろ

 大自然には食事はないぞ。食い物だ。「光る米!!お、おいしすぎる。」って
感覚、わからんだろな。

>社会不適応者がなんかいってらー

 社会適応者=文明の奇形児ども!!!
 


323 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/28(金) 03:16:04
お前は山ごもりと断食を勘違いしてないか?
山ごもり中、飯盒炊飯+とれたて山菜の食事
都会で電子ジャーとレトルトカレー


324 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/28(金) 03:49:44
断食までしなくてもいいが、せめてカエルや狸を捕まえて食うぐらいの
冒険をしてみた方がいい。それが新しい発想に繋がる。
 狸の一匹も捕まえられんとしたら、知恵も力もない無能者だと思い知る。

325 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/28(金) 06:29:37
発想法にしてはちょっと豪快すぎる気がする。そこまでいくと体験談だ。
山篭りしなくて済むような工夫こそアイディア・発想と呼ぶのではないだろうか。

326 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/28(金) 06:53:20
こまめにメモする

327 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/28(金) 08:40:56
そしてゴミとなる

328 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/28(金) 10:22:51
無数のゴミクズの中からたった一つの宝石を求める

329 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/28(金) 12:52:25
ガラス玉でした

330 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/28(金) 13:05:13
近所の子供に20円で売れました

331 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/28(金) 13:19:25
飲み込んで死にました

332 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/28(金) 13:36:31
謝罪と慰謝料をry

333 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/28(金) 13:39:39
僕は法的に罪に問われますか

334 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/28(金) 18:17:29
わたしは問われます。

335 :名無し物書き@推敲中?:2006/05/03(水) 19:19:39
創造性に関する一般的な思い込みほどたちの悪いものはない。
悩めるアーチストを演じれば、多くのことが許される。
酒びたり、薬、セックス、博打。しかしそんなことをしなくても創造性は
発揮できる。


336 :名無し物書き@推敲中?:2006/05/03(水) 21:07:35
具体的には、筆の止まった手を鉄の味がするまで齧って
向かう机の天板に頭を打ちつけながらもうやだ、死ぬ、俺もう死ぬ
と泣きながらご近所に迷惑なほど喚き、
ネタに詰まるのは部屋の酸素が足りないせいだと窓を全開、
吹き込んだ風が部屋中の紙を飛び散らせてなんかもーなにもかも面倒くさい
あーあうんこして風呂入って寝よと思ったら風呂沸かすの忘れて
ちっくしょうふっざけんなクソが!クソがクソがクソが!!!!!
と廊下を5往復したあたりでふと次の展開を思いついたりする

337 :名無し物書き@推敲中?:2006/05/03(水) 23:58:32
このスレって趣味で書いている人たちが集まってるの?

338 :名無し物書き@推敲中?:2006/05/04(木) 09:21:51
いいえわたしは人工無脳です

339 :名無し物書き@推敲中?:2006/05/09(火) 20:21:31
ハイーキョ

340 :名無し物書き@推敲中?:2006/05/29(月) 19:05:23
書きたいことがないなら書くな!

341 :名無し物書き@推敲中?:2006/05/29(月) 20:39:32
それはさておき、科学的にネタを作るメソッドを作ってみたい気はするな

342 :名無し物書き@推敲中?:2006/06/03(土) 17:23:11
中二かよ

343 :名無し物書き@推敲中?:2006/07/01(土) 18:11:41
毒ガスを作る

地下鉄構内で散布

逮捕

獄中記

これが化学的にネタを作るメソッド

344 :名無し物書き@推敲中?:2006/07/01(土) 18:47:54
なるほど!
納得しました。

でもつまんないね

345 ::名無し物書き@推敲中?::2006/07/03(月) 11:52:54
いね

346 :名無し物書き@推敲中?:2006/07/03(月) 21:59:11
道を歩いている人を見て想像してみよう

女の子二人が歩いている->レズ
OLの女の子->欲求不満で一発やりたい
目を赤くしている人->振られた直後で一発やりたい

全部エロ脳です。本当にありが(ry

347 :名無し物書き@推敲中?:2006/07/03(月) 22:09:34
それではあまりにもふつうすぎて発想法の練習にはならない

と↓が申しております。俺じゃないよ!!

348 :名無し物書き@推敲中?:2006/07/03(月) 22:12:06
ホントにそう思ったんだからしょうがない。

349 :名無し物書き@推敲中?:2006/07/03(月) 22:15:45
>>348の勇気に乾杯

350 :名無し物書き@推敲中?:2006/07/05(水) 05:07:18
既出かもしれんが、ベストセラーのパート2を書く。
そのうち本物のパート2が出てくるので、できばえを比較する。
「やはり俺の方が文章力がある。想像力がある」
と自信をつける。
 しかし本物のパート2を超えられないようなら作家としての芽はない。



351 :名無し物書き@推敲中?:2006/07/06(木) 11:26:55

>「やはり俺の方が文章力がある。想像力がある」

これって自分で判断するんでしょ?
作家ってのは自己申告制だっけ?
自己満足のテクニックなんか知りたくも無いね

352 :名無し物書き@推敲中?:2006/07/06(木) 12:47:29
>>337
君以外の書き込みはスクリプトだよ。

353 :名無し物書き@推敲中?:2006/07/06(木) 14:04:38
とポンコツスクリプトが申しております



われは優秀

354 :名無し物書き@推敲中?:2006/07/06(木) 18:20:38
情報の弾数はありゃあったほうがいいってくらいだね。
少なくとも、人間は何もないところから何かを生産することはできない。

どうしても、何らかのパーツは、例えば地政学、栄養学、火薬学、社会心理学、
数学、文化史、そのほかありったけの学問や研究及び雑学からパクってくるしかない。
その辺が人間の限度だ。

もう少し具体度を上げてやればこんな感じか。
架空の世界を設定する際には、多分「プレートテクトニクス」「海洋学」の知識があれば
設定が相当容易になる。

無から有を生めるのは天照大御神か、「私はある」か、アッラーか、その手合いだけだ。


355 :吾輩は名無しである:2006/07/06(木) 18:48:04
アイデアなんてどこにでも転がっている。
そんなのいくらでも湧いてくる。
アイデアが単純でも、人気者の作家だっているんだ。
こだわりすぎたら疲れるぞ。

356 :名無し物書き@推敲中?:2006/07/06(木) 19:36:17
ですよね〜〜〜
あなたもプロですね
同意します

357 :名無し物書き@推敲中?:2006/07/07(金) 01:20:20
日本語へんだろ

358 :名無し物書き@推敲中?:2006/07/07(金) 01:28:20
ですよねーーー!
へんですよね〜〜

359 ::名無し物書き@推敲中?::2006/08/03(木) 11:28:18
ですね

360 :名無し物書き@推敲中?:2006/08/03(木) 23:29:56
みんなが俺のちんぽを狙っていると想像するってのはどうでしょうか。
男も女も。老いも若きも。

361 :名無し物書き@推敲中?:2006/08/03(木) 23:32:56
やっぱ、酔っぱらいって好き。

362 :名無し物書き@推敲中?:2006/08/07(月) 05:06:52
この板だけでものすごい量の文章が垂れ流されている。
もったいない。てんででばらばらだモノね。
スレも、建設的なものは延びないね。200位まではパワーあるけど。そこのほうに落っこちて意味がない。
そこで、スレタイだけでも拾い集めてみた。
僕は覗いてないスレもあるけど、タイトルだけでも役に立ちそうだ。
適当に書くけど

お前らがお進めの辞典
架空図書館
ストーリーの作られ方講座
キャラクター分類
架空の町を想像力で存在させる
特殊能力道具兵器
武器創作アイテム図書館
お洋服の描写
美味しいものの描写
殺陣を極めろ
ミステリ書きが専門知識
恋愛小説の設定
名言教えて
アリの穴
3語スレ

363 :名無し物書き@推敲中?:2006/08/07(月) 08:42:38
そんなものが役に立ちそうと思えるあなたのおつむがうらやましい。

364 :名無し物書き@推敲中?:2006/08/07(月) 11:47:14
>>362はビジネス書にすぐ飛びつくタイプ

365 :362:2006/08/08(火) 07:29:35
 昨日はいいアイデアと思ったんだ。
垂れ流しのスレの中では磨けば光る素質のあるスレタイだと・・・・・・そう思ったんだ。
 排泄物処理場のように日本中の運子や精子や赤子が、
毎日大量に投下される場所、2ちゃんねる。日本最大級の公衆トイレ。
 もったいないと思ったの。汚いし、悲しい場所だけど、何とかできないかなって、
そう思ったんだ。リサイクルできないかなって。それをなんだよ・・・馬鹿にして。うう。

366 :名無し物書き@推敲中?:2006/08/08(火) 08:21:58
本当に役に立つスレなら常時あがっているさ。
なぜ落ちているか考えればわかることだよね?

367 :名無し物書き@推敲中?:2006/08/09(水) 00:17:46
スレのテーマとかはむしろどうでもいいけど、いろんな人のいろんな言葉を見るだけで、
十分参考になるよ。


368 :名無し物書き@推敲中?:2006/08/09(水) 00:40:24
人によってはアイデアってのは生み出すものじゃなくて組み合わせるものだからな。
ホントに0から生み出せるカミサマなら別だろうけど。

369 :362:2006/08/09(水) 19:00:52
スレの中身が役に立つ立たないってことはこの際無視しました。
スレのタイトルが発想に役に立つって思ったので。
自由過ぎるとあまり発想ができなくないですか? 
はっきりしたお題とかなにか制限があったほうがよい。
362はそういう制限を含んだスレって意味で。実際適当に拾いました。
制限→発想って流れと仮定しています。
あがっているスレは外の世界で受けた制限で浮かんだ発想を書き込むスレ。
便所の落書きとか、愚痴や読者の感想。
この特殊な板の住人が書き込むのは自分のノートであるべきだから、
スレは読まないほうがいい。人の意見を聞いて納得して済んでしまう。
自分の発想や疑問の広がりを吹き消してしまう。
書き込むなんてもってのほか、
ちゃんとしたお題のあるスレタイと、1を見て、自分で発想して、
ノートに書く。
で、ほかの人のレベルを見たいとき、答え合わせをしたいときだけ、
2以降を覗く。



370 :名無し物書き@推敲中?:2006/08/11(金) 16:25:11
ノビタのくせに・・・・・・まで読んだ

371 :名無し物書き@推敲中?:2006/08/11(金) 17:17:36
それつまんないよ

372 :スネオ:2006/08/11(金) 21:16:33
なんだとノビタの癖に。

373 :名無し物書き@推敲中?:2006/08/11(金) 22:56:18
おもしれええwwwwww

374 :名無し物書き@推敲中?:2006/08/22(火) 19:20:30
>>368、なるほど。
 3語スレって錬金術みたくすげえと思うんだけど、ワンシーンじゃね。
で、思いついたのが3映画スレ。だいたいもの書きさんには好きな物語や意識してないけど、
あんなの書きたいみたいなのあるよね。
ベースとなる映画などを持っていて、それに最近の情報をプラスして書くみたいな。
インプットしないとアウトプットなんてできないのに、才能とかいっちゃってさ。
意識してないパクリなんだけど。
 でも1本ではすくなってかんじ。
 で、自分の好きな映画を何本か決定する。それが最終的に自分の表現したいものである。
これらのことを言い続けたいがためにこの板にいる。だが漠然としている。
それを混ぜ合わせる。自分がおいしいと思ったところを寄せ集めて一本にする。
それを基本形の一本とする。これに、毎日2本映画を見て、
3語スレみたく3つの間を想像力でつなげていく。
 俺は小説書いたことないけどさ。

375 :名無し物書き@推敲中?:2006/08/22(火) 19:43:09
というか、典型と類型の違いなんだけどな。

376 :名無し物書き@推敲中?:2006/08/22(火) 22:59:49

それどっかで読んだような気がする
なんだっけ?

377 :名無し物書き@推敲中?:2006/08/24(木) 07:43:48
典型的な馬鹿と類型的な馬鹿ってこと?

378 :名無し物書き@推敲中:2006/08/30(水) 11:34:21
ような気がする

379 :名無し物書き@推敲中?::2006/09/18(月) 11:43:40


380 :名無し物書き@推敲中?:2006/09/18(月) 11:52:26


381 :名無し物書き@推敲中?:2006/09/18(月) 14:03:45


382 :名無し物書き@推敲中?:2006/09/18(月) 16:13:37


383 :名無し物書き@推敲中?:2006/09/18(月) 16:25:24
ばかじゃねーの

384 :名無し物書き@推敲中?:2006/11/13(月) 15:41:10
age

385 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/18(木) 02:47:09
>>374
言ってる事は分かるけど映画と小説は別物。
この点を掘り下げてくれないかな。

99 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)