5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

  小説の書き方一から教えて  

1 :名無し物書き@推敲中?:04/01/23 12:44
無職高卒
一から教えて

2 :Catail:04/01/23 12:46
2


3 :名無し物書き@推敲中?:04/01/23 12:48
つまみだせ。

4 :Catail:04/01/23 12:49
>>3
ひじきの煮つけでいい?
ピスタチオもあるけど(w

5 :名無し物書き@推敲中?:04/01/23 12:51
ほやの塩辛もあるわよ☆

6 :名無し物書き@推敲中?:04/01/23 12:53
麦チョコもあるぜ!

7 :名無し物書き@推敲中?:04/01/23 12:57
ここは、つまみを語るスレとなりますたw

8 :吾輩は名無しである:04/01/23 12:59
俺は
たこわさびが一番好きだ。

誰が考えたんだろ?
素晴らしいね。


9 :名無し物書き@推敲中?:04/01/23 13:00
ウニクラゲで一杯やるのが楽しみなんだよなあ。
18だけど

10 :名無し物書き@推敲中?:04/01/23 13:03
しびれくらげで(ry

11 :(σ・3・)〜♪エージェント ◆Kb0AgaLLxA :04/01/23 13:52
最初に食べようと思ったやつを尊敬してしまう食材がなんと多いことか

12 :名無し物書き@推敲中?:04/01/23 14:17
>>11
クリオネとかな

13 :名無し物書き@推敲中?:04/01/23 14:37
>>1
ここにいるやつらに教えてもらうより、
図書館に並んである小説を片っ端から読みあされ。
一棚読み終わる頃には何か掴んでるよ。
その前に高卒じゃ無理だ。


14 :名無し物書き@推敲中?:04/01/23 14:43
高卒でも一向に構わないと思うが、若いときに一通り社会に揉まれてしまうと
小説なんか馬鹿馬鹿しく思えることも確か。なにいってやがんだ、って思ってしまうよ。
それでも書きたいと思う気持ちが萎えないならホンモノだと思うがね、オレは。

15 :名無し物書き@推敲中?:04/01/23 14:50
高卒で作家になるような人間は、高校に入る前から書いてるし
当然書き方も知ってる。
書くだけなら小卒でも書けるよ。

16 :名無し物書き@推敲中?:04/01/23 14:55
>>1
お前は小説を書きたいのか?それともただ作家になりたいだけなのか?


17 :名無し物書き@推敲中?:04/01/23 14:59
原稿用紙を用意して、その升目を文字で埋めていけばよろしい。

18 :吾輩は名無しである:04/01/23 15:00
>>16
多分、綿矢とやりたいだけじゃないか?


19 :名無し物書き@推敲中?:04/01/23 15:03
>>14
だから逆に、多少世間知らずというか脱線してる方がいいって気がするな
特殊な経験を武器に書くのもいいと思うし

20 :名無し物書き@推敲中?:04/01/23 15:08
>>19
「特殊な経験がある」というのと
「特殊な経験をとらえて文章にする」というのは
全くつながらないぜ。

21 :名無し物書き@推敲中?:04/01/23 15:10
イコールではないけど、全く関係ないなんて事はないよ

22 :名無し物書き@推敲中?:04/01/23 15:11
藻前ら釣られ杉w

23 :名無し物書き@推敲中?:04/01/23 15:23
特殊な経験をしてないと物語が書けないと言うのならば、作家はみんな変わり者だな。
実際は取材と資料と想像力で書くんだよ。才能の前の努力が必要。
どの世界でも当たり前の話だ。

24 :名無し物書き@推敲中?:04/01/23 15:34
と、想像力の欠落した者が申しております。

25 :名無し物書き@推敲中?:04/01/23 15:42
んなもんケースバイケースだろうに…
じゃなきゃ書けないとは言ってない。

26 :名無し物書き@推敲中?:04/01/23 15:48
常識のある人間が一番強いということがここでも証明されたようだな。

27 :名無し物書き@推敲中?:04/01/23 15:59
されてねえよ

28 :名無し物書き@推敲中?:04/01/23 16:57
クリオネの件はもういいのか?
チーズケーキでも食べないか?

29 :名無し物書き@推敲中?:04/03/05 21:15
>>28 [・∀・]モラウ!


30 :名無し物書き@推敲中?:04/05/29 18:59
もう質問はないかい

31 :名無し物書き@推敲中?:04/08/24 17:31
>30
子供はどうやったら生まれるんですか?

32 :名無し物書き@推敲中?:04/08/24 17:35
>>31
子宮に精液をたっぷり注ぎ込んでください。

33 :名無し物書き@推敲中?:04/08/24 17:37
いやん、エッチ!

34 :名無し物書き@推敲中?:04/08/24 17:41
つまみの話はどうなったの?


35 :名無し物書き@推敲中?:04/08/24 17:43
え? クリトリスを「きゅっ」ってつまむ話か?

36 :名無し物書き@推敲中?:04/12/19 08:51:43
おいおい1はそんなことを聞いているじゃあないんだよ

37 :名無し物書き@推敲中?:05/01/11 18:45:26
>>36
もう1はいないとおもうよ

38 :名無し物書き@推敲中?:05/01/11 19:42:14
         ∩
         //
        //
        | |
        | | ∧_∧   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
        | |(;´Д`) <http://dolphin57.at.infoseek.co.jp/
        \    \  \________
          |    l |
          |    | |
         /    /| |
         |   / | |
         |  | |  U
         | || |
          | / | |
         // | |
        //  | |
       //   | |
       U    U


39 :名無し物書き@推敲中?:05/01/16 17:36:33
作家養成講座 それでも小説を書きたい人への最強アドバイス95 / 若桜木虔/著
http://books.yahoo.co.jp/bin/detail?id=28376337

40 :名無し物書き@推敲中?::05/01/27 00:47:18
j

41 :名無し物書き@推敲中?:05/01/27 23:50:02
ある本に書いてたけど作家って誰でもなれる
唯一の職業って書いてあったな囚人であれ
ホームレスでもあれ、ひきこもりでも
誰でもって、まあ要は感受性とかなんとか人と何か
違うところを持っていることも大切
ってのも書いてあった。



42 :名無し物書き@推敲中?:05/01/28 18:00:27
起承転結…なんだもういないのか

43 :名無し物書き@推敲中?::05/02/11 12:16:44
t

44 :入門編1:05/02/11 12:26:49
>>1
しょうがねぇから教えてやるよ。
まずはな、紙と鉛筆を用意するんだ。ちゃんと鉛筆の先は削っとけよ。
最近はシャーペンなんて便利な物があるから、そっちでもいい。
わかるか、シャーペンって?シャープペンシルの略だ。後ろの出っ張りを押すと芯が出てくる。
コンビニ(コンビニエンスストア)に行けば売ってるはずだ。わからなかったら親に聞け。
そして紙。気取ってノートとか用意してんじゃねぇぞ。今朝の新聞にはさんであった広告を見ろ。
裏が真っ白なやつがあるはずだ。そいつを机に広げろ。
裏の白い広告がなかったらしかたない。シャーペン買いに行ったときのレシートの裏に書くんだ。
さて、準備はできたか?
できたら言ってくれ。続きを教えてやる。

45 :名無し物書き@推敲中?:05/02/11 23:21:18
それはそうと、ジャガイモにチーズ乗せた居酒屋メニューが大好きなんだが、
家でやると美味くいかないんだよな。誰か作り方知らない?

46 :名無し物書き@推敲中?:05/02/11 23:33:38
カレーにリンゴと蜂蜜はいいと思うが、
ヨーグルトが合うらしいな。
どうも乳製品を入れる気にはならんのだが、旨いのか?

47 :名無し物書き@推敲中?:05/02/11 23:36:40
うまいよ

48 :名無し物書き@推敲中?:05/02/11 23:49:22
手書き派なら文房具屋で「400字詰(じづ)め原稿用紙(げんこうようし)」というものを買ってきて、
マス目のあるほうを表にして、そのマス目一つに一文字の日本語を記入します。

49 :名無し物書き@推敲中?:05/02/11 23:55:43
>>41
今さらだけど、多分それは『13歳のハローワーク』だと思う

50 :吾輩は名無しである:05/03/01 12:06:27
6u

51 :名無し物書き@推敲中?:05/03/01 20:54:24
>48
それはやっぱ縦に書かないといけないんですかね?

52 :罧原堤 ◆SF36Mndinc :05/03/01 23:33:30
 ○_○
 (‘ж`)
 ⊂| ;|⊃
  ○○
うーたん

53 :罧原堤 ◆SF36Mndinc :05/03/01 23:40:04
   __
 /∠  ゞ\
/ ∠00ゞゞ\
(_∠ й ゞゞ_)
  | ∪ |
  \__/
わんわん

54 :雨李 ◆M9bylXbAyg :05/03/01 23:42:02
ふうかもお願い

55 :名無し物書き@推敲中?:05/03/02 18:38:36
                            ,iill゙゙lli, ,iilllllli,、            
  .,,,,,,,,,,,i,、   ,,,,,,,,,,,,,,,        ,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,i,!l,,,,,,l!,,゙li,,,,,l!″.,,,,,,,,,,,,,,,,,,、    _,,,,,、
  .,il゙ ̄.,ill゜   ,il゙ ̄: ,ll゜       .,ll′    .゙゙llllllllllll: ゙”’.,,illl゙゙,,,,,,,, `゙゙゙゙li,,: .,illlll゙゙゙ll″
 .,il゙  ..ll!゜   .il″ .lll        l!lllllllllllllllllllllllii   lll  ,,illlllll゙゙゙ ゙̄lli、  lll.,ll゜ .,il°
: .il!′ .ill°  ,ll゜  .,ll゚,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,      ,ll  ,il″,illil゙`   .,,l!′ ,,ll,il° .,ll゜ 
..ll!′ .,ll″  ,il″ .,ll,l!”””””””””゙ll゙      ,il゙  .,il゙  .”″  .,,ll゙° ,,,lll゙゚,il° .,ll′
,lll,,,,,,,,,ll°  .,ll  .,i!llll,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,il″    ,i!゙  ,,i!°    .,,lll゙` ,,,lll゙゙` .,il° .,ll:  
゙゙゙゙゙” ̄   .,,i!゙  .,,l!°: : : : : : : : : :     ,,ll゙°.,,ll゙`    ,,ill゙’.,,,lll゙゙`  .ill  ill   
     ,,,lll゙’ ,,,lll゙°              ,,,,lll゙’ ,,,lll゙°   .,,ill゙゜ .゙!llllllllllll! .,il° ,il゙   
: ,,,,,,,,,,iilllll,,,,llllll゙゙`             ,,,,,,,iillll,,,,,lllll゙゙°   ,,ill゙゜     .,i!’ ,ll゜ .,ll′  
`゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙ ̄                ゙゙゙゙゙゙゙゙ ̄       .'゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゜ .:゙゙゙゙゙゙゙゙゙` 

56 :名無し物書き@推敲中?:05/03/02 21:30:14
age

57 :雨李 ◆IsHk.3GSC6 :05/03/02 21:34:49
ふうかの年収っていくらなんだろう
子供でも課税されるの?

58 :吾輩は名無しである:05/03/17 13:32:28
ki

59 :名無し物書き@推敲中?:2005/03/30(水) 05:31:58
ほしゅ

60 :ペコちゃん ◆SF36Mndinc :2005/03/30(水) 06:51:50
  _____
 (     )
 (     )
 ∴|~~~~~~~~~|∴
 (| / へ |)∴
 ∴( @ ‘ |∴∴
  ∴\○_∴∴∴
      ふうか

61 :1 ◆pH0CLR/WHs :2005/03/31(木) 23:38:06
1です!真剣なんです!!誰か教えてください!!!お願いします!!!!!

62 :名無し物書き@推敲中?:2005/03/31(木) 23:41:07
>>61
準備はできたのか?

63 :名無し物書き@推敲中?:2005/03/31(木) 23:42:07
まず一行書いてみろ

64 :名無し物書き@推敲中?:皇紀2665/04/01(金) 00:25:19
>>61
自分で考えろ、そして悩め、悶えろ、その過程が君を作家へと成長させる


65 :雨李 ◆HppDm9t/c. :皇紀2665/04/01(金) 00:38:07
>60
いくらなんでも・・・

66 :名無し物書き@推敲中?:皇紀2665/04/01(金) 00:46:13
>>61
手っ取り早いのは自分のちんこを描写してみることだ

67 :雨李 ◆HppDm9t/c. :皇紀2665/04/01(金) 00:47:02
>66
いくらなんでも・・・

68 :名無し物書き@推敲中?:皇紀2665/04/01(金) 01:32:24
>>1
@ノートを3冊用意します。
A一冊目のノートの左側にその日の出来事を具体的に書きます。
牛丼食った。歯を磨いた。どこそこに行った。
できれば、風景や見た人の服装なども書き込みましょう
B2冊目のノートも同様に、1行でも2行でもよいから、
その日考えたことを書きます。たとえば、人生について、
恋について、仕事について、また、
社会現象(ひきこもり、ライブドア騒動など)
についての意見でもよいでしょう。
C3冊目のノートも同様に、今度は会話を書きます。
できれば、一ページにわたって。父親と息子。
恋人どうし、僧侶とフリーターなど
D一か月続けたら、右のページに、左のページを見ながら
推敲します。推敲、わかりますよね。わからなければ辞書引いてください
と、同時に新しいノートに同じ作業を続けます。
E3ヶ月、がんばりましょう。文章力は確実に向上します。
その間に、君が書きたいことを見つけてください。
以上は、井上光晴の文章訓練方法のパクリです。
井上光晴、ご存じですか。ググってください。
で、平行して読書をしましょう。年百冊は読んでください。
物になる(司法試験や公認会計士などの合格)ためには、
約一万時間が必要だと言われています。
一日3時間で、一年約1000時間。これだと、10年
一日10時間なら、約3ねんですね。
で、怖いのは、それで、作家になれる保証はないということです。
資格試験なら、マニュアルがありますがね・・・。
あと、やっぱり才能という言葉にできない物も必要ですよ。
私は40ですが、今から、もう一度トライします。君は
若そうですから、焦らずとにかく書くことを持続してください。
で、いったんだめでも、社会経験を積んでからでも、遅くはないですよ
ガンガレ!

69 :名無し物書き@推敲中?:皇紀2665/04/01(金) 10:34:41
>>68
通りすがりですが、井上先生のその訓練方法は参考になりますね。
実際3ヶ月続けるのは大変なのでしょうけれどやってみたいような気がしてきました。
いいこと教えてくれてありがとう。

70 :名無し物書き@推敲中?:皇紀2665/04/01(金) 11:45:23
プロになれるかは別として
小説書いてみようと思う人は
やっぱり
ガキの頃から作文誉められ続けてたり
書くのが好きだった人なんでしょうか?

特に学校の成績が良いわけでもないのに
クラスで図抜けて書くペース速く、枚数も多い人っていたけど
そんな感じだったのかな?

71 :名無し物書き@推敲中?:皇紀2665/04/01(金) 22:42:59
>>70
私の場合、高校の頃まで作文はまるっきり苦手でした。
大学に入ってから無謀にも小説書こうなんて始めたのです。


72 :1 ◆pH0CLR/WHs :皇紀2665/04/02(土) 02:37:22
みなさんレスありがとうございますm(_ _)m
>>62-64さん
書きたい思いはずっと持ち続けているのですが、なかなか言葉に、あるいは物語になってくれません。

>>66さん
鬼の金棒のようです

>>雨李さん
ありがとうございます

73 :1 ◆pH0CLR/WHs :皇紀2665/04/02(土) 02:37:44
>>68さん
丁寧なレスありがとうございます。
初めて聞く方法ですが、文章を書く訓練として効果がありそうですね。
現時点で自分に才能があるとはとても思えませんが、書きたいという気持ちだけは持ち続けているので
これから人生経験を積みながら実践していきたいと思います。

74 :名無し物書き@推敲中?:2005/04/02(土) 14:58:24
>>71そういうのもいいよね

75 :名無し物書き@推敲中?:2005/04/02(土) 18:56:20
ときどきこういうスレが上がるんだが、
中途半端で終わる。

1が何か書きたいなら、まずは晒すことが必要。
脳内で終わらずに。

それで少しづつでもよくなっていけばいいんじゃないの。

76 :名無し物書き@推敲中?:2005/04/04(月) 00:19:25
好きな小説の好きなシーンを模写してみればいいんじゃないですか?
丸写しってしんどいですけど、頭に刻み込まれるんですね。
書き方(小説を書く上での約束事)とか描写、セリフの感じとか
感覚的につかみやすいと思いますよ。


77 :1 ◆pH0CLR/WHs :2005/04/11(月) 22:57:00
保守するテスト

>>76
それ(・∀・)イイ!!ですね。模倣は創造の〜ってやつですね。
考えてみたら音楽やってる人間も最初は好きな音楽のコピーから入りますもんね

78 :名無し物書き@推敲中?:2005/05/05(木) 08:52:00
すんません、
小説の作法っていうのがまずわかんないんですけど教えてください。
カッコ内の最後の文に。はいけないですか。


79 :名無し物書き@推敲中?:2005/05/05(木) 11:32:39
>>78
ここはどうです?

モノ書き一里塚
ttp://www.asahi-net.or.jp/~mi9t-mttn/cstory/write11.html

80 :吾輩は名無しである:2005/05/30(月) 12:03:25
-

81 :名無し物書き@推敲中?:2005/06/11(土) 00:46:25
「好きな小説を模写して訓練」…って方法は良く聞くけど、
それってその作家の文体の模倣に繋がりそうで怖いな。

82 :名無し物書き@推敲中?:2005/06/11(土) 03:27:52
まずは、自分の家の前の道とか、行きつけの店とか、描写してみたら?
登場人物も考えやすいし、ちょこちょこ心理描写の真似事もしながらね。

83 :名無し物書き@推敲中?:2005/06/11(土) 11:56:57
>>81
模倣を怖がっていてはいけないな。一度誰かに徹底的にのめり込んで、
書くものがすっかりその人の影響下にあることは悪いことじゃないよ。
やがてそれだけ飽き足りないものが、自分の中から出てくる。
そのときに一皮むけるんだよ。

84 :名無し物書き@推敲中?:2005/06/11(土) 12:00:45
>>83
それだけ飽き足りないもの → それだけでは飽き足りないもの

成功している作家の多くは、
若い頃は誰かの影響下にあって、文体もその人に似ていたものだよ。

85 :81:2005/06/11(土) 13:49:49
>>83
>>84

フーン(・ω・)
そういうもんなんですかね


86 :名無し物書き@推敲中?:2005/06/14(火) 13:01:43
送る原稿
次の章に移る時
勝手に改ページして空白作りすぎは良くないのですか?
3行あけ位に抑えた方がいいのですかね

87 :名無し物書き@推敲中?:2005/06/14(火) 15:36:56
>>13
>その前に高卒じゃ無理だ。

うん、高卒じゃ無理だね。
頭のよさそうな君が言ってるから、間違いない。
事実として高卒の有名作家はたくさんいるが、これはなにかの幻なんだろう。
目の前にある現実より、おれは君の言うことを信じるよ。

>>14
社会に出て仕事が面白くなってくると、小説を読まなくなるね。
そういう時期がある。
君のいう通り、甘い戯言のように思えてくるんだ。
でも、ある時期を過ぎるとまた小説が面白く読めるようになる。
そこで書き始める人も多いんじゃないかな。


88 :名無し物書き@推敲中?:2005/06/14(火) 15:52:24
良スレだね。


89 :名無し物書き@推敲中?:2005/07/14(木) 22:19:49
保守だ


90 :名無し物書き@推敲中?::2005/07/15(金) 11:44:00
/\___/\
//    ヽ :: \
| (●), (●)、|    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
| ,,ノ(、_, )ヽ,, |  < 大学やめたヤツもダメなのかい?
|,;‐=‐ヽ  .:::::   \_______
\ `ニニ´  .:::/
/`ー‐--‐‐―´´\

91 :名無し物書き@推敲中?:2005/08/03(水) 23:02:24
本読む時頭の中でこえ出して読むのですが、読むのおそくて。。
やっぱり速読法とかの本よんだほうがいいのでしょうか?

92 :小泉誠二:2005/08/03(水) 23:10:35
>>90
いや、むしろそんな退廃的な奴こそ求められている。

93 :名無し物書き@推敲中?:2005/08/04(木) 06:50:46
>>91
自分が書くための素材を求めているなら、速読よりも精読が必要。
[読めるけど書けない漢字]というのがあると思う。「薔薇」とか「鬱」とか。
そういうことになるのは、実際には字を[見て]なくて、
読み取りに必要充分な特徴情報だけ抽出するフィルターをかけてるから。
それでも字を読めはするけど、書けるようにはならないわけだ。
字のレベルだけじゃなく、語のレベル、文のレベルでも、似たような現象がある。
内容レベルの情報だけ読み取って、表現レベルの情報を捨象したら、
読む速度はかなり速くなるけど、自分が書くのに使える材料にはならない。

94 :名無し物書き@推敲中?:2005/08/04(木) 10:12:29
>>93
速読も精読もありだよ。

95 :名無し物書き@推敲中?:2005/08/04(木) 10:40:56
毎日小説を読んで、かなりの速さで速読ができるようになったのですが
やはりちゃんとしたところで速読を会得した方がいいのでしょうか・・・。

96 :名無し物書き@推敲中?:2005/08/04(木) 14:34:07
宮部みゆきとか松本清張とか高卒や小卒の才人の小説を分解して勉強しろ。

97 :武道板の者だ!:2005/08/04(木) 16:30:50
ご批評御願い致します!

    『本当にあったケンカ話』

テメェらなめんな 折れの実力聞いたら震え上がんぞ。
折れ、喧嘩のプロね。
いつもカンチョー持ち歩いてんだ。
昨日も戦った。
チビだと思ってなめやがって、肩ぶつかってきたヤンキーに怒鳴ったら喧嘩よ。
「テメェなめんな!」
折れはいつものカンチョーを、勝手知ったる自分のオケツにチューよ。
待つこと3分、この間、ヤツは顔をヒクつかせ、俺は肛門ヒクつかせ睨み合った。
そして道端にプリプリプリ〜。。。 @
つぎにそれを踏んで靴底によく擦り付いたら、
トォ――!
前蹴りね。
奴、くせーったらねえのw
連れのバカ女も呆れる臭さ。
とうとう女は寝返って折れとホテルに直行。
即効女とのHでoww

98 :名無し物書き@推敲中?:2005/08/04(木) 17:30:58
スピード間感のある文章だな。
アクションも臨場感たっぷり。
まるでその場にいるかのような緊迫感や切迫感を感じさせる。
出だしのインパクトも強烈だし、主人公もキャラ立ちしてる。
俺はバリいいと思うな。もっと書いてくれ。

99 :名無し物書き@推敲中?:2005/08/16(火) 00:32:46
>>79に準拠してない書き方した原稿って送るだけ無駄ですか?
これに添って書き直した方がいいんでしょうか。

100 :えいいち ◆GRGSIBERIA :2005/08/16(火) 00:59:22
>>99
それは作者の自由。
一里塚を妄信するのも、しないのも、それは作者の自由だと思いますが?

101 :名無し物書き@推敲中?:2005/09/10(土) 11:13:48
i

102 :名無し物書き@推敲中?:2005/09/21(水) 09:59:49
>>1
小説家でも、何でも無い自分が言うのは、おかしな話かも知れないが、まず、色々な事を経験したほうが
良いと思うよ。社会人として、普通に仕事をしていく中から、小さい何かを見つけられるだろうし、スレの中で誰かが言ってたけど、
特殊な状況に遭遇したときに、驚きと発見が大きいのは、しっかりと社会生活を営んでる方だと思うからさ。
あとは、感動した事があった時、頭の中で文章に変換できるようになる事かな。

で、このスレでは、高卒だと、小説家になれないって意見が多いけど、何故?自分は大学卒だけど
何故のか、気になる。大学という環境をすごした方が、様々な経験を積むからって事なのかな・・・。
でも、早いうちから社会人になる人も、社会に対するリアリティを早期に気づく事ができると思うんだけど
・・。よくわからない。

103 :罧原堤 ◆SF36Mndinc :2005/09/21(水) 19:03:27
違うだろ、違うだろ、

104 :名無し物書き@推敲中?:2005/10/14(金) 16:45:58
まず超おおまかな構成を考える。細かいとこまで考えると書くのがつらくなる。

その大まかな構成の中の構成を・・・

それを文章にする

以下それの繰り返し

105 :名無し物書き@推敲中?:2005/10/17(月) 10:41:27
小説のイロハは、「マンガでわかる小説入門」よんどけ。
文章のイロハは、丸谷の「文章読本」よんどけ。
電子辞書は角川類語の入ったシャープのやつにしとけ。

106 :名無し物書き@推敲中?:2005/10/30(日) 01:59:59
小説書きたいんだけど書き方全然分からないです。
だいたい小説もほとんど読んだことないんですが、書き方教えて。

107 :名無し物書き@推敲中?:2005/10/30(日) 09:44:20
俺も教えて欲しい。

108 :名無し物書き@推敲中?:2005/11/02(水) 22:25:46
読めばわかる。

109 :名無し物書き@推敲中?:2005/11/08(火) 22:36:22
俺も小説書きたいと思ったうちの一人。
参考になりそうだからこのスレと、下記サイト読んで考えようと思う。
ttp://www.feel-stylia.com/rc/creative/create.html

110 :名無し物書き@推敲中?:2005/11/09(水) 12:55:48
最後を決めて、後は自分の好きなことを書く。
↑これ大事。

111 :名無し物書き@推敲中?:2005/11/09(水) 16:27:53
高橋源一郎『一億三千万人のための小説教室』(岩波新書)がおすすめ。

112 :名無し物書き@推敲中?:2005/11/16(水) 13:33:09
何回も何回も何回も出てくるが小説を読まないのに小説家になりたいと思うその心理がわからない。

113 :名無し物書き@推敲中?:2005/11/16(水) 15:11:26
仕方無いよ。
小学校出てれば誰でも作文ぐらい書けるし、普通に大学出てれば誰でもまともな文章ぐらい書けるもの。
でその文章が作品として面白いのかどうかなんて、読まない連中には判断がつかないんだから。
敷居の低い世界なんだよね。


114 :名無し物書き@推敲中?:2005/11/16(水) 15:58:41
敷居が低いといえばこのニュースなんかひどすぎる。

【文化】パソコンで生成したランダム文章が佳作受賞
http://live14.2ch.net/test/read.cgi/liveplus/1132068895/

115 :無名草子さん:2005/12/26(月) 13:10:33
読まない連中

116 :名無し物書き@推敲中?:2005/12/28(水) 05:56:42
小説は読んできました。作文や論文は得意です。アイディアや最後の結末の文章はたくさん浮かびます。
でも書けないんです。
たぶん、売れてる小説家はそこらへんが違うような気がします。
ボキャブラリーも売れてる小説家は多いですよね。

117 :マジレスくん:2005/12/28(水) 06:49:10
どーなんだろうね。
角田光代は、作文と小説の違いは他者から見た情景が思い描けるかどうかだと言ってたな。


118 :名無し物書き@推敲中?:2005/12/28(水) 17:59:45
>>116
読む量が足りないか、ストーリーが漠然過ぎて書けないかのどっちかだろ?
けど結末の文章が浮かんでいるんだったら、そこから遡って物語を書くっていう手も使えるから、それをやってみれば?
やり方がよくわからないんだったら、↓に行ってみろ。参考になるかは知らんが。

            ライトノベル作法研究所
            http://www.raitonoveru.jp/

119 :名無し物書き@推敲中?:2005/12/28(水) 18:04:47
マジレスしとくと根気のない奴は書けないよ。
それは中卒で読書経験ゼロの奴でも東大卒の文学ヲタでも同じ。

120 :名無し物書き@推敲中?:2006/01/20(金) 21:10:17
ストーリーがまったく思い付かない。

121 :名無し物書き@推敲中?:2006/01/20(金) 21:46:28
私小説書けばいいじゃん

122 :名無し物書き@推敲中?:2006/01/20(金) 22:04:02
そもそも小説を書かないといけないのか?

123 :名無し物書き@推敲中?:2006/01/21(土) 09:22:38
うわ〜ん

124 :名無し物書き@推敲中?:2006/02/16(木) 12:26:41
中途半端

125 :名無し物書き@推敲中?:2006/02/16(木) 16:02:08
>>83
小説読むとすぐ主人公のしゃべり方とか作者の語調とかがうつるんです。
その度に「こんなんじゃダメだ。マネしてるだけだ。」って鬱になってたんですが
ホッとしました。
またこのスレに来てください◎


126 :名無し物書き@推敲中?:2006/02/16(木) 19:57:41
いっつも回想シーンの書き方でつまずくんだよなあ。
過去の出来事を説明するようになっちゃうから、どうしても冗長になっちゃう。
上手く現在のストーリーに絡ませながら過去のエピソードを引き出したいんだけど、
なかなかバランスがとれない。

127 :名無し物書き@推敲中?:2006/02/17(金) 20:15:30
         ,,-―--、
        |:::::::::::::;;;ノ  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
        |::::::::::( 」 < 小説には作家の人生が投影されてないとね…
        ノノノ ヽ_l   \______________
       ,,-┴―┴- 、    ∩_
     /,|┌-[]─┐| \  (  ノ
      / ヽ| |  バ  | '、/\ / /
     / `./| |  カ  |  |\   /
     \ ヽ| lゝ    |  |  \__/
     \ |  ̄ ̄ ̄   |
      ⊂|______|
       |l_l i l_l |
       |   ┬    |

128 :名無し物書き@推敲中?:2006/02/17(金) 20:57:38
ヌルい人生送ってるヤツは大抵作品も浅い

129 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/09(木) 05:46:01
まず物語の導入は、小説が書きたいけど書き方がわからなくて
モンモンとしてる主人公というところから書き始めましょう。
あーでもない、こーでもないと悩んだり2ちゃんで教えてもらってるさまに、
自分の生い立ちとか個性的な家族、友人の話や現代社会の空気を絡めながら
話を前進させましょう。あと主人公が悩みながらも書き始めた小説を小説内小説として
物語に挟み込みましょう。途中くらいから、メインストリーと
小説内小説の区別があいまいになって、なにが虚構やら現実やら。
結末は自分で考えましょう。これで多少の才能があれば
文学賞一次通過間違いなし!二次は無理だけど。

130 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/22(水) 15:59:59
>70
小学生低学年から作文が大好きでした。
小学校中学年で感想文コンクールに入選しました。
でも、小説家になろうとは思いませんでした。
でも、いま小説家を目指しています。

※50代前半・毒


131 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/03(月) 16:45:52



とにかく書け!!!







132 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/13(木) 06:21:45
>111
こいつ嘘いってるだろ・・・宮部なんぞ、もろ小説教室出身だろ!!!

133 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/13(木) 06:28:14
小学生のころ、感想文コンクール入選?小学生のころ、スケッチコンテストで
特選をとった僕。今では絵心のかけらもない僕。過去の栄光など打ち捨てて
踵で踏みにじって木っ端微塵にしてしまいなさい。現状と向き合いなさい。


134 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/13(木) 11:01:13

「マンガでわかる小説入門」

『一億三千万人のための小説教室』(岩波新書)

上記を読んだが、おれは作家になれると確信した!!!

50にして作家として立つ!!!

20代で読んでいたら今頃、文豪だったろう・・・

残念だ・・・






135 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/13(木) 11:10:21
>>134
ほ〜〜〜

136 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/14(金) 23:15:13
>>134
きっかけをつかむのが遅すぎたね

137 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/16(日) 15:33:57
>>21
あんまり関係ないと思うよ
「特殊な経験がある」というのと「特殊な経験をとらえて文章にする」というのは別物。


138 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/16(日) 20:17:38
>>137
>>20

2年以上前へのレスで、しかもかぶってるw

139 :えいいち ◆GRGSIBERIA :2006/04/17(月) 22:53:59
>>134
文豪がハムスターみたいに増えそうですね。

140 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/19(水) 22:47:17
>>134
「マンガでわかる小説入門」これって凄いな・・・
こんな書物が出たら苦労して作家になった香具師が可哀想だ。

おれ、読み終わった時点で自分が作家になれると確信したね。

サンクス



141 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/21(金) 00:36:16
>>140
いや、正直、この本がでたことにより小説家が増産されるだろう。
恐ろしい書籍だ。廃刊を望む。


142 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/21(金) 02:32:53
宣伝乙

143 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/21(金) 18:32:31
>140
おれもそう思った。たぶん今年、小説家になると思う。


144 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/21(金) 20:41:09
ここまで徹底した自演がいまだかつてあqswでfrtgyhじゅきぉ;p@:

145 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/21(金) 21:48:42
どういうもんかと興味を抱いて
近くの本屋をハシゴしてみたが、在庫のある店はついに一軒もなかった。

売れてるからないのか
売れてねーからないのかは知らんが、取り寄せだの
国立国会図書館だのまで利用するのは面倒だしなあ。
立ち読みできればそれがベストなのに。

146 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/21(金) 21:53:21
宣伝が下手だな・・・


147 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/22(土) 18:10:44
>145
なにを・・・

在庫はあふれておる!!!

http://item.rakuten.co.jp/book/3662252/

とにかく、わしはこれを読んで鱗が落ちた、というより鱗がなくなった!!!

感動だ!!!



148 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/22(土) 22:55:25
開き直りの自作自演厨乙

149 :名無し物書き@推敲中?:2006/05/08(月) 05:33:24
>>140
おれも感動した・・・読み終えた瞬間、もう作家になった自分がそこにいた・・・


150 :名無し物書き@推敲中?:2006/05/08(月) 06:06:26
>>140

当然のごとく、専用スレが立ち上がりました。



151 :名無し物書き@推敲中?:2006/05/08(月) 06:41:53
それにしても、無名草子さんたちとは、さぞやすごい作家先生の匿名書き込みなんでしょうね。
作家なんて才能が全てだから、津井ついみたいに、いくら努力したって駄目なものは駄目ですよ。
私なんか、早々に見切りをつけて趣味の世界で細々ですから。
          小説現代ショートショート・コンテスト優秀賞受賞 阿部敦良

152 :名無し物書き@推敲中?:2006/05/08(月) 09:35:38
作家でごはんでもいけば?>>1さん

153 :名無し物書き@推敲中?:2006/06/04(日) 11:56:07
今回の巻

154 :名無し物書き@推敲中?:2006/07/08(土) 13:29:30
私はアイディアはあるけど、書き方が良く分からない高三です。
中学生くらいの時に出したら、内容はいいので使わせて欲しいと言われた。
返事は出さなかったけど。。起承転結とかでは無く、点の打ち方などの基本が分からない。。
だから大学は出た方がいいと言う意味では?
点とか決まりはあるのですか??

155 :名無し物書き@推敲中?:2006/07/08(土) 13:30:47
句読点の事です。。

156 :名無し物書き@推敲中?:2006/07/08(土) 14:14:24
1は毎日文章やら小説やらを読みなさい。毎日たくさんだよ。
小説の観念がない人には、小説は書けないがな(´・ω・`)

157 :名無し物書き@推敲中?:2006/07/09(日) 01:48:16
>>154
ttp://web.archive.org/web/20030628024148/www.anzu.sakura.ne.jp/~hat/htm/genkou.htm
今はないサイトですが、こういうのがあります。
ひょっとすると文字化けするかもしれないので、文字コードをunicodeからshift_jis
に変更してみてください。
他にも色々なサイトでこういう約束事には触れられています。
一番いいのは小説の書き方の本を読むことでしょうが。


158 :名無し物書き@推敲中?::2006/08/04(金) 11:56:03
ゴリラスーツを開発し

159 :名無し物書き@推敲中?:2006/08/05(土) 18:51:04
>>154
読みやすさは大事だが、あまり文章のお作法にこだわらんでもよいと思う。
よく売れててドラマ化した作品も多いプロの作家でも、句読点がうっとうしい
ヤシがいたりするからな。
まぁとにかく書いてみろ。んで自分でたくさん読み返して、他人にもたくさん
読んでもらえ。最初からすんなり出来るヤシなんていねえから、恥ずかしがる
こたねぇ。少しでも気になる所はじゃんじゃん書き直せ。
そのうち人に読んでもらえる文章になってるさ。

160 :名無し物書き@推敲中?:2006/08/05(土) 19:28:50
説得力ねぇな(笑)

161 :ひよこ:2006/08/05(土) 21:04:43
例えば自分が全く興味のない分野
知識のない分野で仕事をしている青年を主人公にした場合、
その仕事の資料集めとかって大変じゃないですか?

大学で物理学を研究している主人公とか
陸上部に所属している女子高校生とか

書いててもそれ自体が分かってないので
全然リアルじゃないし、資料集めるにも限界があるし。


162 :名無し物書き@推敲中?:2006/08/05(土) 21:38:14
ぶっちゃけプロ志望の素人は資料がそれほど必要ない作品を書いて
賞をとって、プロと認められてから詳しい資料がいる作品を書けばいいのでは?
と思ってるのだが。

163 :名無し物書き@推敲中?:2006/08/05(土) 22:01:53
>>161
資料がいらない(と思っている)ものを書くほうが危険だと思います。
思い込み、独りよがり、説明不足、いろいろな落とし穴が待っています。

164 :名無し物書き@推敲中?:2006/08/05(土) 22:12:20
いや、別に資料集めを否定しているわけじゃないだろ。
集め方をきいているわけでもないからね。
この場合、「大変じゃないですか?」が質問なのだからこう答えれば満足するだろう。

「大変ですよ」



165 :えいいち ◆GRGSIBERIA :2006/08/06(日) 00:17:47
おいら設定厨だから資料集めて設定を書いているうちに考えが変わって飽きて破棄して。

166 :名無し物書き@推敲中?:2006/08/06(日) 01:00:51
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4093876711/503-9496242-8933508

167 :名無し物書き@推敲中?:2006/08/06(日) 01:32:40
へぇ、おもしろそうだね。
ちょっと書評書いてくれない?

168 :名無し物書き@推敲中?:2006/08/06(日) 22:00:27
>>165
設定がなくて書けない俺からするとうらやましいな。
逆になぜ書けないのか知りたいよ?

169 :名無し物書き@推敲中?:2006/08/09(水) 00:49:45
めちゃくちゃ詳細な設定を作れば、キャラが勝手に動いてくれる。
そう信じていた時期がありました。

170 :名無し物書き@推敲中?:2006/08/09(水) 10:09:04
設定がキャラを動かすんじゃない。
(キャラの)それまでの行動がキャラを動かすんだ。  たぶん

171 :名無し物書き@推敲中?:2006/08/20(日) 15:14:36
かけません

172 :編集長:2006/08/20(日) 18:46:57
書き出しは会話からはじめる。これゼッタイ!

173 :名無し物書き@推敲中?:2006/08/20(日) 18:49:38
このウソツキ仮面w
絶対、はない。

174 :編集長:2006/08/20(日) 19:14:03
カッーー!
そんなこと言ってるからデビューできないのだ!

175 :名無し物書き@推敲中?:2006/08/20(日) 19:36:44
逆に会話以外から始まる小説があるなら見てみたいな。
あるならな。

176 :名無し物書き@推敲中?:2006/08/20(日) 19:38:11
ねーよ

177 :176:2006/08/20(日) 19:39:20
違かった
これじゃ>>175の肯定になっちまうな

こうか
>>175
あるわ!!!!



178 :名無し物書き@推敲中?:2006/08/20(日) 19:40:00
>>175
ねーよw

179 :名無し物書き@推敲中?:2006/08/20(日) 19:49:13
つれる?

180 :名無し物書き@推敲中?:2006/08/21(月) 13:30:18
悪かったなホモで。

181 :名無し物書き@推敲中?:2006/09/22(金) 01:26:22
  
  
         一丁揉みビビらせ型ハメの必殺技!
 
 
ケッ、ざまぁ見やがれ


182 :レクター博士 ◆3db4VquDe6 :2006/11/29(水) 10:02:05
冒頭には関連性があってもなくても良いから旧約聖書やらマタイ伝やらから一文を引用する
(これで読者は「何か知的な本読んでる自分ってステキ!」
と錯覚させ最後まで読ませる効力が少しは出る)

適当にマッドな科学者とか識者のオッサンを登場させ
その度に意味あり気な言葉を連呼させる
(しかし大して物語上の影響はない)

主人公は学生とか会社員とか普通の人
適当に意気地無しで徐々に勇気が出たり出なかったり
思慮深い性格で臆病者、まわりに理解者は少ない
(読者に近い主人公像は感情移入しやすい、ここから逆に本を読むタイプの人間を考える)

一番の理解者で信頼できる人間が序盤か終盤に裏切るかもしくは死ぬ

片想いで憧れの異性は実は節操がない
(人生そんなもの的な経験済みなことで感情移入を促す)

恋愛物なら比較的近しい関係で主人公視点では兄弟的な異性がツンデレ

一期一会的な無駄な出会いを中盤に入れる
そいつとの出会いは大した意味は与えず即効別れる
(意味が無いと逆に読者には意味がありそうな印象を与え深読みする)

誰でも知っていそうなクラシック曲を出す
例)目を覚ますとベッドにいた
隣の部屋からは微かにピアノの音が聞こえる
窓の外から光が風に揺らめくカーテンの隙間から差し込んでいる
(この曲は・・・ショパンのノクターンだったか)

悲劇なら最後に教訓を付ける
例)美しい者も醜い者もみんな同じ、今はあの世。

183 :名無し物書き@推敲中?:2006/11/30(木) 01:51:53
年ばれるよ。おっさん。

184 :レクター博士 ◆3db4VquDe6 :2006/11/30(木) 13:16:01
ん?

185 :名無し物書き@推敲中?:2006/11/30(木) 13:18:47
東大入試第1段階選抜の合格者(センター試験得点)
★(  )は得点率

科 類 合格者最高点 合格者最低点 合格者平均点 満点
文 I 878 (98%) 714 (79%) 795.42 (88%) 900点
文 II 877 (97%) 722 (80%) 786.17 (87%) 900点
文 III 875 (97%) 739 (82%) 789.72 (88%) 900点
理 I 886 (98%) 721 (80%) 807.85 (90%) 900点
理 II 878 (98%) 733 (81%) 793.60 (88%) 900点
理 III 890 (99%) 797 (89%) 838.34 (93%) 900点

予備校の偏差値ランキングは、母集団も受けたテストもことなる偏差値を同列に扱っているw 
いかに当てにならないかがわかるw
同じテストを受けるとこんな結果

>文 I 878 (98%) 714 (79%) 795.42 (88%) 900点
>理 II 878 (98%) 733 (81%) 793.60 (88%) 900点

文1は理2以下w

186 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/12(金) 18:36:27
小説書きたいと思ってるけどパソコン持ってない
手書きでも書けるものだろうか・・

187 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/12(金) 21:03:39
昔は、大学ノートに授業中に書くものだった。
20年ぐらい前の奴等は、ワープロもPCも、まずほとんどが持ってなかった。

でも、小説は存在した。

188 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/12(金) 23:38:54
>>187
そうだよな・・
なんとか頑張ってみるぜ!

189 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/12(金) 23:56:11
ぼくにも一から教えてください><

190 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/13(土) 01:08:50
俺からも頼む。

191 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/13(土) 03:47:48
まず分かりやすく書くこと
例えばテレビというものを知らない原住民に説明するように
その物語を分かりやすく解説する
くどすぎてもいけない
相手がそっぽ向いてしまう

次に分かりにくく書くこと

それが表現力

192 :189:2007/01/13(土) 04:04:22
>>191
>次に分かりにくく書くこと

>それが表現力
ってどういうことですか?
あと、「わかりやすく」っていうのは
状況説明を具に書き連ねるということですか?
それとも難しい言葉、用語なんかを控えたり書き換えたりすることですか?
「くどさ」の度合いというのは
やはり多く読んで、いい値を検証するしかないのですかね…
対象ジャンルによっても変わってくるのでしょうか?


193 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/13(土) 04:30:37
そりゃ人それぞれ感じ方や考え方、捉え方は違うさ
けど読むのは読ませたいのはプロの作家やプロの批評家じゃない
編集でもない
そして読者に何を読ませ何を考えさせるか
それが素質なんだと思うさ
どんなに分かりやすく面白いものでも
分かりにくさという本質が無ければ中身の無い駄作になる


194 :188:2007/01/14(日) 23:43:58
聞きたいんだけど、
用紙の最初の部分で章を書き終えたとしたら、次の章はどこから書き始めればいいのかな?
真ん中か次の用紙を使うのかどっち?

195 :早苗 ◆3db4VquDe6 :2007/01/15(月) 13:31:06
真ん中

196 :188:2007/01/15(月) 17:03:26
>>195d

197 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/15(月) 21:39:31
参考書を買って、高校レベルまでもう一度やり直す。
と言っても、真剣にやらなくて良い。
一瞥し、「ふ〜ん」と納得したら、好きな作家の本を
もう一度読み直す。
ある程度、クセ、傾向を掌握し、自分の書きたいものを探る。

あらすじを考える。(目次を作成するつもりで)
一つの項目ごとに、大体の流れを作る。
ラストは平凡でOK。

書いてみる。

約一年をかけて、項目ごとに言い回しを変化させたり
読みやすくしたり、思想を入れたりする。
自分ではヘタさに気がつかないので、読ませてさしつかえない人に
呼んでもらう。
姉妹や兄弟、親というラインに読ませる。

この時、評価は無視。ちゃんと読んだかどうか。これが重要。
次に友達。一笑に伏されるが、ちゃんと読んだかどうかである。

さらに改良加えること一年。投稿。これで大抵はOKが出る。

198 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/15(月) 22:12:09
いかにも小説を書いたことのない人間の発想だ。

199 :早苗 ◆3db4VquDe6 :2007/01/16(火) 02:03:47
文面とかはいくら勉強したところで普通に書くだけでは読みやすいだけのただの作文
それじゃ空想的な日記帳
他人に見せるには何か面白さが必要になる
じゃあ面白さとは何か
笑える話、感動する話、切ない話、胸がキュンとくる話?
でもそれを書いていくだけならやはり空想的な日記帳
思想?
ド素人が持つ思想なんて思想と呼べるわけがない
心理を演出することがまず第一
要は騙すわけだ
悲しいと思わせ楽しいと勘違いさせる
聞こえは悪いが無いモノを作り出すわけだから当然だろう
騙すには信じさせないといけない
というわけで手っ取り早いとこ水商売で研鑽を積むのが近道ということになる
目指せ!夜王か嬢王

200 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/16(火) 02:10:14
騙す?
所詮まがいものか。素人の考えそうなこった。
「文面の勉強」の意味は計りかねるが、
文章力のある書き手の作は、それだけで読み手を魅了する。
筆力をつけよ。生涯をかけて。

201 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/16(火) 04:27:50
>>194
逆に訊きたいけど、今までどうしてたの?
用紙の最後で章が終わった場合とかは?

202 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/16(火) 10:36:38
>>200
だからその具体的な内容をここで話し合うのではないのか?
筆力を「どうやって」つけるかが問題なのだ。
そんな「筆力をつけよ」なんて誰にでも言える。馬鹿にでも言える。
おまえは馬鹿と一緒か?

203 :早苗 ◆3db4VquDe6 :2007/01/16(火) 11:50:31
物語は作者の頭の中ではなく読者の頭の中で出来る
読者を騙す過程に詰め込むものが作者の力量となる

と思うが如何に

204 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/16(火) 12:08:43
おそらく反発しているのはその「騙す」という単語を使っているからだ。
言いたいことはわかるが「騙す」にはネガティブなイメージがあるから文句を言いたくなる。
感情的ですまないが他人に何かを伝えるときは言葉のイメージを配慮すべき。

205 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/16(火) 12:55:33
読者を騙すためにまず作者自身を騙さねばならない。
でないと何か悪いことをしているような気持ちになる。

206 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/16(火) 12:58:18
抽象的な言葉を重ねると誤解を生む。
「読者を騙す」とはいったいどういう行為なのか、具体的に説明すべき。

207 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/16(火) 13:28:07
小説って一続きの嘘じゃん。

208 :早苗 ◆3db4VquDe6 :2007/01/16(火) 13:28:57
例えばお化け屋敷はその恐怖感を演出することで客を楽しませる
それと同じこと
怖くないと客はガッカリする
怖くないモノを怖がらせるわけだ

しかしだからと言って安直に真の恐怖を与えてはならない
例えば学ラン姿で涎を垂らしながら唸りを上げている竹内力とか
学ラン姿で涎を垂らしながら唸りを上げる安岡力也を置いちゃいけない

あくまでも怖くないモノで怖がらせなければならないわけだ


209 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/16(火) 14:26:28
なにがどう同じなのか?

議論では相手の読解力や暗黙の了解に頼るのではなく、
誰が(その論理を)見ても一通りの解釈しかできない表現力が必要。
もちろん言いたいことはわかる。
だがそういう問題ではなく、あなたの表現力に難があることをわかってもらいたい。

210 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/16(火) 14:29:06
>>208
ていうかさ、学ラン姿で涎を垂らしながら唸りを上げている竹内力も
学ラン姿で涎を垂らしながら唸りを上げる安岡力也も演出じゃないの?
それがなんで真の恐怖になるわけ?彼らがマジでいかれているとでもいいたいの?

211 :早苗 ◆3db4VquDe6 :2007/01/16(火) 16:36:25
生き様とは一定の中に存在しない
答えが一様にしか用意されていない世界とはロボット社会でこそ通用する
善悪定まらないところにあるからこそ善悪を自ら問う価値がある
と思うが


212 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/16(火) 16:41:50
ロボット社会ってw
いや、今はファジーだよ。ロボット君も。
答えが一つなのは学校のお勉強だけね。

213 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/16(火) 18:04:16
誰にでもわかることを自分にしかわからないような書き方をして、それで悦に入るのはよくないよ。コテハンさん。

214 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/16(火) 19:54:56
一度書きたいように書いてみればいいんじゃね?


215 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/16(火) 22:09:10
創作技術ではなく創作姿勢を語られるとかなり痛いスレになるな

216 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/16(火) 23:08:42
どこのスレでも同じだが、
痛いと言い始める奴が一番痛い奴だよな
痛いと言われ続けて防御本能が働くんだろうけど

217 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/16(火) 23:11:33
極限までくだらん

218 :(´・Ω・`):2007/01/16(火) 23:36:12
聞いてもよろしいですか?
とりあえず作品を完成させたあとはどうするものですか?
誰かに作品を見せて批評とかってもらうべきでなのですか?
そんな奇特な人がいればですが…

219 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/16(火) 23:42:02
一ヶ月くらい寝かせておくというのがあるよ。
すっかり忘れてから読むと客観的に自己評価できるから。
そんな暇がないなら投稿サイトに出して人に読んでもらえば?
「作家でごはん」がWeb上の投稿サイトで高レベルらしいよ。

220 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/17(水) 01:18:13
>>218
とりあえず、完成させた作品は思い切って破棄しましょう。なかったことにします。
そして次の作品を書きます。完成したらそれも破棄します。
それを何回も繰り返します。書けなくなるまで。
もう何も書けないという状態になったら、それが本当のスタートです。



221 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/17(水) 01:32:20
たしかに小説を書き始めたばかりなら頭の中の膿を全部出した方がいいだろう。
そんな排泄物を寄せ集めた作品はいくら寝かせようが推敲しようが評価をもらおうが何の役にも立たない。


222 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/17(水) 01:36:26
へえ〜
役に立たないか…
でもなんであんたがそんなこと知ってんの?

223 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/17(水) 01:41:52
理屈じゃない、経験則だ。

224 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/17(水) 01:46:22
>>222
役に立つか立たないか、という疑問ではなく
>>221がそれを何で知っているか、のほうが重要なのか君は?
頭悪いって馬鹿にされないか?

225 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/17(水) 01:49:03
死ね

226 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/17(水) 01:53:15
>>218
もちろん完成した後は数日寝かせて推敲を繰り返すべき。
そして読書好きの友人を最低二人は確保しとくのが良いと思う。
二人いれば貰える感想も異なるし自分の為になりますよ。

227 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/17(水) 01:53:47
そうして自己満足な作品が仕上がるのである。

228 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/17(水) 01:54:56
>>226
そんなママゴトレベルのアドバイスをしておまえはアレか?
>>218をダメにしたいのか。それは親切ではないぞ。
本当に>>218のことを考えているならそんな発言はできない。

229 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/17(水) 01:59:42
この手の話になるといつも思うんだけど、書き始めたばかりの俺ら素人が推敲して
それって意味あるの?推敲さえすればド下手な小説でも入選レベルにまでなれるの?

230 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/17(水) 02:06:07
本当の初心者に必要なのは「添削」ね。
物事には段階があるから。

推敲ってのはある程度小説を読む力をつけてからでないと徒労に終わる。
だって考えてみ?「推敲ってなんだろう」っていうレベルから始まる人間に
「推敲しろ」ってそりゃ酷ってもんですよ。

231 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/17(水) 02:06:26
>>224
だってさ、レスから判断して信用できねえもん。
知ってるかじゃなくてさ、ただの知ったかぶりだろ?
ド素人相手にデタラメ書いていい気になってんじゃねえよってなw

232 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/17(水) 02:07:05
>>231
返すけど、あなたはなぜそれがわかるの?
知ったかはあなたじゃないのか?

233 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/17(水) 02:08:28

おまえのいうデタラメっていうのは「本で得た知識」に合致しないものということだな。
頭でっかちはこれだから困る。

234 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/17(水) 02:11:12
>>231
それを口に出しちゃうあなたは優秀です。学生なら。

235 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/17(水) 02:13:18
>>229
では誰かに推敲してもらうの?
推敲する能力がなければ当然まだ書くべきではないよ。
普段プロの作品読んでて、俺ならこうするなって感覚備わってないと
結局はまだ小説を書く段階ではないってことだろうね。

236 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/17(水) 02:13:34
間違えた、>>230ね。

237 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/17(水) 02:15:30
>>235
だからそれを>>230で指摘したのだが。

238 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/17(水) 02:16:09
>>230
そんなことねえよ。書くと読むとでは大違いさ。
書いているときは雑になりがち。
推敲ってのは読むことに重点をおいて文章を書き換えるんだから力つくよ。
面倒だからやりたくないだけだろ。
書かせると駄目だけど、読んで批評するだけなら一端のことを言う奴がいるだろが。
小説書くような奴は初めっからみんな眼高手低なんだよ。
だから勘違いして小説家になろうってなもんでさ。

239 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/17(水) 02:16:15
誰を

240 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/17(水) 02:17:40
>>238
だからおまえはダメなんだ。
「読むことに重点をおいて文章を書き換える」ってのはなんだ?
それができるのは読む力がある人間だろう。
面倒とかそういうレベルの話じゃない。
そういう知ったかがとてもむかつくんだよ。

241 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/17(水) 02:18:12
>>232
なにいってんだか。
あんまり偉そうな口を叩くなと釘を刺しただけだよ。

242 :226:2007/01/17(水) 02:18:54
>>228
スレタイ読んでるか?
でお前が>>218にしたアドバイスはどれだ?教えて下さいよ。
どうして君はいつもチャチャしか入れないの?

読書好きの自分の友人は細かい指摘をして酷評してくれるぞ。
お前には「面白いね」と言ってくれる友人しかおらんらしいな。
いや、読んでくれる友人すらおらんか。
なんでもない俺のレスに噛みついてるんだし理解出来る気がするわ。

243 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/17(水) 02:18:55
>>241
おまえが一番偉そうに見えるのはナイスな演出ですね。参考にするよ。

244 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/17(水) 02:19:31
どうでもいいけどageとsageを繰り返したって自演バレバレだから。

245 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/17(水) 02:22:05
>>233
俺のいう「デタラメ」は、調子こいている奴に効き目がある。そんだけの理由だよ。使ってんのは。

246 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/17(水) 02:23:49
>>235-236は別人だよ。
紛らわしいな>>236氏よw

247 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/17(水) 02:23:58
自演する必要ないと思うけど

248 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/17(水) 02:25:22
無批判に「推敲」だの「友人」だのいうやつが本気で小説書いているとは思えんわ。

249 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/17(水) 02:26:27
>>246
都合が悪くなるとそれか。人間としてサイテイだな。議論もまともにできんのか。

250 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/17(水) 02:26:56
>>243
おいおい、誰に対して偉そうかを考えろよ。
な? よ〜く考えてみろ。弱い者に対して暴力ふるってんのは誰だよw
俺は何も知らねえ初心者に向かって、偉そうなことはいわんよ。
知ったかぶった初心者に蹴りを入れてもな。

251 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/17(水) 02:27:25
コテつけろ。ウザい

252 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/17(水) 02:27:47
ホントID欲しいよな、このスレ。
イライラしてくる

253 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/17(水) 02:28:26
>>240
バカか。
ちゃんと読め。

254 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/17(水) 02:28:26
>>250
リアル馬鹿か。相手にした俺も馬鹿だった。
二人とも馬鹿ということでここはもう引き下がれ、な?

255 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/17(水) 02:29:24
>>254
はいはい。感情論に逃げた時点でおまえの負けだ。

256 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/17(水) 02:34:50
>>249
いや、真面目な話なんですけどorz
>>226
>>235
>>242
>>246
>>252
これ自分でした。
途中参加だから紛らわしかったね。
自分抜けますわ・゜・(ノД`)・゜・。

257 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/17(水) 02:38:09

どうやら読解力もないようね。リアル初心者でしたか。あはは。
おまえ、何時まで起きていられる?
たぶんおまえの方が先に逃げると思うんだ。もっともな捨て台詞残してな。
学校があろうが会社があろうが何があろうが最後まで俺と付き合え。
半端なことするなよ。

258 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/17(水) 02:41:00
>>222
>>231
>>238
>>241
>>245
>>250
>>253
>>255

俺、こんだけ。

259 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/17(水) 03:47:40
とりあえず>>258のレスの中でまともなのは、>>238だけだとわかった。
ちなみにこれが俺の最初のレスだ。

260 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/17(水) 07:12:44
>>259
最初のレス?
258を見ると最初のレスは222となってるけど…
俺が馬鹿なのか?

261 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/17(水) 08:21:32
誰がというか相手にしている奴全員大馬鹿だと思う。常識的に考えて。

262 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/17(水) 08:29:40
>>218

とりあえず、まったく別のお話を書いてみ。

それを書き終えて、もう一度今のに目を通してみ。
次のを書き終えたあとの自分は、たぶん今とは少し別の人だから。

263 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/17(水) 09:05:21
>>261
つうかさ、静かになったスレをわざとageて嘲笑するお前は初心者かよ。
常識ねえなww

264 :早苗 ◆3db4VquDe6 :2007/01/17(水) 09:16:08
悪意を持って語るな
常にクールに客観的な討論をすべき

265 :(´・Ω・`):2007/01/17(水) 10:43:43
 大変ためになるレスをしていただきありがとうございます。考えさせられました。
 ド素人ゆえどの意見が正しい正しくないかはわかりかねるのですが、
とりあえず多くのやり方がある、というように捉えておいて良いですか?

 省みてみれば、確かに推敲と添削の違いを問われても答えられるかどうかは…
辞書どおりの意味でしか答えることができない始末。
さらにその意味をイメージして適当に行っている始末。

 添削や推敲の仕方やコツというものはあるのでしょうか…?


266 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/17(水) 11:38:05
>>260
これ≠ェ何を示すのか通じなかったようだな。
これ≠238、これ=259だよ。

つまり、258≠259

267 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/17(水) 11:39:46
>>265
ある。

268 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/17(水) 11:53:41
sageてるやつって自演だろ?
ageろよ池沼。

269 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/17(水) 14:24:08
>>262
おまえホントにしつこいな。

270 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/17(水) 18:30:41
218がらみで俺が発言したの262だけだよ。
俺、いまのL50(220以降)で発言したの、
それ一個だけだよ。

271 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/17(水) 19:04:26
相手にしなくていいよ
>>268-269はゆうべ消えた奴らだから。
自分のレスを明かさずに消えた輩。
と言ってみるテスト

272 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/17(水) 19:33:34
まあこういうときはそうやって濡れ衣着せようとしているやつが本人てのがセオリーだな。
夜になったから活動開始ですかw

273 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/19(金) 09:36:58
何か不快なスレだな

274 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/19(金) 10:45:31
俺はこいつが不愉快に感じた。>>257

普通にあると思うけどなあ、やっとられんわ〜ってフェードアウトするの。
馬鹿に対して正面突破って、コストパフォーマンスどんだけ低いんだよ。

275 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/19(金) 11:53:53
蒸し返す人っているよね

276 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/25(木) 13:43:34
というか、トリップも付けてない議論を本気に捕らえるなよ…。

277 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/25(木) 13:59:25
蒸し返す人っているよね

278 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/31(水) 03:12:01
「馬鹿に対して」とか言うと負け惜しみというか、言い訳っぽい。
まあ「どうでもよくなってきた」って思うことはあるけどね。るぬ
「ごめん、どうでもよくなってきた。ほんとにごめん」とかてきとーにごまかしとき。

279 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/31(水) 03:33:17
るぬ人っているよね

280 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/31(水) 03:36:52
そうそういるよね。さすが分かってる

281 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/31(水) 08:00:03
731 名無し物書き@推敲中? New! 2007/01/31(水) 03:01:50 0回目
高額でも低額でも減る時は減るだろと

282 :名無し物書き@推敲中?:2007/03/04(日) 19:16:24
まず、服を脱ぐ。
裸になる。裸で考える。
鏡の前に立つ。無駄な贅肉のある箇所を重点的に鍛える。

毎日欠かさずプロテインを飲む。
これが基本。

283 :名無し物書き@推敲中?:2007/04/08(日) 21:27:50
つーか、自分に読解力がないことを棚に上げて、
書き手の構成力の問題にしてしまう奴が増えてないか?

284 :名無し物書き@推敲中?:2007/04/08(日) 23:35:53
いんじゃね?
書き手にも問題あるのは事実だし

285 :名無し物書き@推敲中?:2007/04/09(月) 00:20:13
読者をもてなす気概のない作者は糞。

286 :名無し物書き@推敲中?:2007/04/09(月) 00:42:34
>>283
そういうひとりよがりな作者に対する読者の反乱がケータイ小説の興隆だったりする

287 :名無し物書き@推敲中?:2007/04/09(月) 00:49:25
携帯小説は暇つぶし小説だよ
関係ねー

64 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)