5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

■■長編小説を書く手順■■

1 :創作文太郎:04/08/15 03:04
私はファンタジー長編ばかり書いています。

私の書く手順は大体決まっていて順番は以下のとおりです。
@テーマを決める
A世界設定を決める
Bキャラクターを決める
Cプロット作成
D本文を書く
E推敲を繰り返す
F完成

てな感じです。

ここではより効率のいい‘書く手順’を考えていきたいと思います。

2 :名無し物書き@推敲中?:04/08/15 03:23
2chに来ない

3 :名無し物書き@推敲中?:04/08/15 03:27
さゆちゃん、あんあん
さゆちゃん、じゅんじゅん

4 :ポイズンリッチ ◆2M7NbRDXeI :04/08/15 12:23
>>1
なんじゃ、そりゃ。
その手順は、もちろん大まかなものだよな?
それでもって、それは趣味の領域での執筆だよな?

5 :名無し物書き@推敲中?:04/08/15 12:26
取材と調査は?

6 :名無し物書き@推敲中?:04/08/15 12:29
ネタ(キャラ・台詞など)が浮かぶ
全体の設定を決める
書いてみる
推敲しまくる

ってな感じです。
ちゃんと書ききったことはないです。
書いても誰にも見せません。
趣味ですから。

7 :ポイズンリッチ ◆2M7NbRDXeI :04/08/15 12:35
>>5
だよな。
それが一番大事だと思うんだが。

8 :ポイズンリッチ ◆2M7NbRDXeI :04/08/15 13:35
1. 企画立案
 ・テーマ、キーワード、コンセプト
 ・コアターゲットおよび予備層の年令、男女比を設定

2. 読者層の下調べ
 ・年表の作成[事件、音楽、ファッション
 ・BookMark作成[関連URL集め
 ・チャット[雑誌、言葉遣い、恋愛およびセックス事情
 ・紙資料集め[ファッション誌、情報誌、タウン誌

3. 仮設定と仮構成
 ・舞台設定[実際の地名、アクセス、郷土史、地図
 ・主要人物設定[人物像イラスト、プロフィールで宣材作成
 ・物語の仮構成[展開の概略をペラ一枚程度に
 ・説明図[人物相関図(仮)、登場アイテム類
 ※人物像イラスト、説明図は作画を外注

4. スポンサー探し
 ・企画書作成[個人資料、作品紙資料、類似作品、関連URL
 ・企業、店舗選び[読者像、取材に必要な企業を基準に選ぶ
 ・ついでの広報取材[流行関連商品のサンプルや資料集め
 ・援助金やタイアップ取材の協力(協力確約書と簡易契約書も

9 :ポイズンリッチ ◆2M7NbRDXeI :04/08/15 13:36
5. 取材および準備
 ・取材要請[商店街や地元企業、組合、有力者
 ・ロケ取材[職場、学校、施設、駅、商店 等
 ・人物取材[写真撮影、インタビュー、家族や友人の取材
 ・体験取材[職場体験、飲食取材、風俗取材

6. 資料の整理
 ・ジャンル毎にデータ化[HTML、画像
 ・DB化[ディレクトリ式の自サイト内検索CGI使用

7. 採用確定要素の整理
 ・取材後に再構築した舞台設定、主要人物、物語構成
 ・スポンサーからのリクエスト項目[協力度毎にABCランク
 ・台割表の作成(定めた頁数内に展開内容を分配配置

8. 執筆と再取材と校正
 ・荒編の執筆(スポンサーチェック、コアターゲットの批評
 ・再取材と加筆、文字校正(納得いくまで続く
 ・カラーコピー表紙を付けて、持ち込み用に数部をコピー本

10 :ポイズンリッチ ◆2M7NbRDXeI :04/08/15 13:38
おれの手順もまとめてみた。
あくまでも理想のものであって、
これをきっちりこなしているわけではないが。

11 :名無し物書き@推敲中?:04/08/15 13:44
お前はプロデュ―サーか?口だけの自己防衛野郎が!1の意見に取材を取り入れつつ執筆が流れだろう

12 :ポイズンリッチ ◆2M7NbRDXeI :04/08/15 13:50
いや、全然1とは違う。
これは雑誌創刊の手法を取り入れた流れ。
食えるか食えないかの差がある。
1のは食えない。

13 :名無し物書き@推敲中?:04/08/15 14:07
>>12
それじゃ準備だけで赤字だわいw

14 :ポイズンリッチ ◆2M7NbRDXeI :04/08/15 14:11
>>13
ならないよ。

15 :名無し物書き@推敲中?:04/08/15 14:31
てかポイリチ氏はプロ?

16 :ポイズンリッチ ◆2M7NbRDXeI :04/08/15 14:38
>>15
「書いて金をもらってりゃプロ」
というのがプロの定義なら、一応プロという事になるかな。
だけど、小説だけで食ってるわけじゃないから、
「売れてなきゃプロじゃないよ!」
という条件がつくのならプロとは言えない身分だな。

17 :名無し物書き@推敲中?:04/08/15 14:49
>>16
正直「こんなに取材するんかよ」とびびったのに、これで食えてないなんて……。業界狭すぎ。作家あきらめようかな……_| ̄|○

18 :名無し物書き@推敲中?:04/08/15 15:01
>>1がファンタジーばっか書いてるってのは、要するに
取材しなくても自分で好きなように設定作れるからなんじゃなくて?
「現実ではああでも、この世界の中ではこうなんだYO」
ってのが通じるから。

19 :ポイズンリッチ ◆2M7NbRDXeI :04/08/15 15:02
>>17
出版社はもちろん、あちこちのコネを使って
それでも食えていないのだから、
俺の小説がつまらないだけだと思われ。

が、連載が入るとそこそこ小遣いになって食える。
エロ雑誌のエロ小説なら割とOKもらえるよ。

取材が多いのは執筆のためでもあるけど、
取材先で飯を食えるからでもある。

企業から集められる金額は、40〜70万程度。
旅館代や食事代、サンプル商品などの協力が大半。

取材旅行や食事でアシ代をチャラにして、
サンプル商品などで女を釣れる。

20 :ポイズンリッチ ◆2M7NbRDXeI :04/08/15 15:09
>>18
おれもファンタジー小説を書いた事はあるが、
まったくの想像だけではなく、きちんと取材したよ。
ファンタジーは「想像だけでも書ける」けど、
「なるべく裏付けを」と担当に言われて。

21 :ポイズンリッチ ◆2M7NbRDXeI :04/08/15 15:13
>>17
書き忘れた。
取材先で営業をするのも、取材を入れる理由。

たとえば風俗嬢の取材をするとして、
風俗店にアポを取って取材させてもらい、
取材後に偉い人へ手土産を持っていって、
「お店のホムペがないんですね。お礼に作りますよ?」
といった具合に、せこせこと小銭を稼いでる。

22 :名無し物書き@推敲中?:04/08/15 15:18
一般系のエロ小説書きか……

23 :ポイズンリッチ ◆2M7NbRDXeI :04/08/15 16:18
いや、エロは最終手段。

24 :名無し物書き@推敲中?:04/08/15 16:51
メインプロット決めたあと、台割を作ってる
(数字はページ数だったり原稿用紙枚数だったり)。

01〜02 主人公紹介
03〜09 ヒロインとの出会い
10〜15 ヒロインに危機が!
16〜25 主人公挫折
  :      :
  :      :

あとは、頭から神が舞い降りたままに執筆。
各パートごとに弱い部分が見えてきたら、
ページ配分を変えてネタを追加したり、位置を差し替えたりして
執筆中も全体のバランスに気を遣っている。

「今日は○ページ書くぞー」というノルマ設定にも役立ってるよ。

25 :名無し物書き@推敲中?:04/08/15 17:10
ワナビとプロの違いが死ぬほど明白なスレだな。

26 :創作文太郎:04/08/15 18:32
>>5 取材はやったことないですが、調査っていうか資料集めならしてますね。

>>7 ポイズンリッチさんって‘プロ’なんですか!!
こんな素人の質問に答えていただきありがとうございます。
でもあそこまで書く手順に手間がかかると書くのが大変なのでは?

>>18 少ーし、そんな感じです・・・。

>>25 私もノルマを決めて書いてます。その方がやる気?が出ますからね。

27 :ポイズンリッチ ◆2M7NbRDXeI :04/08/15 22:02
>>24
台割方式は結構便利だよね。
おれは展開のリズムを気にするタイプなので、
頁配分はあまり変えないようにしてる。

小説はこだわればこだわる分だけ手を加えられるから、
なかなか終わりが見えてこない。
だから、限られた頁配分内に終わらせるのも作品の内
と思って書いてる。

>>26
プ…プロと呼ばないでくれ…落ち込むから。
おれは企画立案の段階が一番楽しいから苦ではないし、
最初の土台作りをしっかりやっておくと書くのも楽。
あと、その手間はスポンサーのためでもあるかな。
作品が売れなくても、スポンサーが金を出せばいい。
保険のための苦労だな。チキン野郎だ。

28 :名無し物書き@推敲中?:04/08/15 22:39
SFを書きたいので火星まで取材行きたいのですが、どうすればいいでしょう?

29 :名無し物書き@推敲中?:04/08/15 22:41
ポイズンリッチさんは立派にプロでしょ。
報酬を受け取ってるんだから。


30 :名無し物書き@推敲中?:04/08/15 23:42
頭に浮かんだエピソードを脳内熟成。
とりあえずその1エピソードのイメージをひたすらシャープに鮮明にする。
次に登場人物のイメージをまた脳内熟成。
エピソードの執筆。
その後簡単なプロット作り→全編執筆。
おかしいかな。純文なんだけど。

31 :名無し物書き@推敲中?:04/08/16 00:25
純文の書き方は参考になりませぬ…

32 :名無し物書き@推敲中?:04/08/16 00:43
やはり最初に@締切り、A枚数(400字詰め換算)、Bテーマ(雑誌の特集)
が固定された依頼原稿の方がやりやすいですねよ。まず原稿は買ってもらえます。
自分で自由に書いて出版社に持ち込んでも、ボツになる可能性の方が高いですし。
ところでみなさん大体、一発で原稿通ります?私など編集者から必ず一回は書き
直しをさせられてますが、あれって形式的ですかねえ。
私の場合、小説の書き方は、章ごとにプロットを決め、ノートに書きます。主要
キャラの設定、性格などは最初の段階で決めておきますが、重要度の低い脇役は
直接、執筆しているときの出たとこ勝負です。ストーリーも細かい部分は出たと
こ勝負です。資料などはむしろ一番最後(ただし推敲前)に集めます。
クーンツは作品の題名を思いついてから、ストーリーを発想すると言ってますが
私の場合もよくあります。もちろんストーリーがゼロの状態から発想するのでは
なく、ある程度決まってから題名を考え、その題名からストーリーを変更してい
く、というプロセスなのでしょう。要はプロットをしっかり固定して書き始める
のではなく、大まかなプロットや設定は決めておいて、文章執筆時に調整すると
いうやり方を誰もがやっているのではないでしょうか。ただし主要キャラの設定
だけは後から修正すると大変なので、最初にかなり固定しておいた方がいいでし
ょう。
依頼原稿の場合、締切りが迫っているせいか、編集者側も第一稿に無理な手直し
は要求してこないし、修正できない箇所は修正しないで第二稿を出せば、まず
採用されるでしょう(といい加減なことを考えているから、いつまでたっても
みなさんのようにりっぱなプロ作家になれないのかも知れませんが)。

33 :太鼓の黒人:04/08/16 02:06
初めてこのスレに来たものです。初心者ですが1で制作でテーマから入るといって
いましたが、最初に決めたテーマってどの程度固まっているものなんですか?
たとえば「絶望的な愛描く」とかなんでしょうか?もっとちがうものなのでしょうか?
あと書いていてテーマが変更したことなどはあったでしょうか?
小説を書いている方々のご意見おねがいいたします。ポイズンリッチさんもみられたら是非意見ください。


34 :創作文太郎:04/08/16 05:04
>>28 2020年に火星有人探査がありますので
その時にNASAに無理言って一緒に連れてってもらえば・・・。
(宇宙飛行士になった方が無難?)

>>32 持ち込みはやったことないので一発で通るかどうかは・・・。
私と書き方が似てますね。でも私は資料は世界設定とかのために
早めに集めて参考にしてます。
依頼原稿は‘プロ’の領域なのでは?

>>33 太鼓の黒人さんどうもはじめまして。
私の場合一度‘テーマ’を決めたら変更とかって言うのはないですね。
テーマはその小説を読んで感じ取れる雰囲気みたいなものですから
しっかり決めて書いていけば、小説が‘小説っぽく’見えるかも。
(真意は定かではありません)

35 :kasi:04/08/16 05:36
>>28さん
貴方は、頭が・・変?
学者の本や科学雑誌・教育系?番組を参考にすればいいとおもうのだけれど・・。
未知なる領域だからこそ、発想で塗り固めてみてはどうなの?
想像は学者の仮説だって同じ事だと思うから・・・。
ファンタジー書くにしたって、伝承や伝記、昔話なんかや、そういったものを纏めてある本とか読めば
いいのではないでしょうか?

36 :名無し物書き@推敲中?:04/08/16 05:37
>>33
@なんか無性に書きたくなった(最初の数行を書いてみる)
A思考をめぐらせて、メモ程度に概要を書く(世界観、キャラクターなんかは書いてれば適当に浮かぶ)
Bプロットを造りたいが、我慢できずに小説を書き始める(この辺でファンタジーとかホラーとかのジャンルが決まる)
C書いてる途中に生まれるアイデアをメモする(いきりなりクライマックスの場面を書いてしまったりする)
D溜まったメモを纏めてみる(メモに書いた素晴らしいフレーズを何処にはめ込むかを考えると、ストーリー展開が纏まってくる)
E取り憑かれたかのように、ひたすら小説を書きまくる(一番楽しい時間)
Fとりあえず完成(軽い興奮状態になる)
Gドキドキしながら読み返す(読み直すのは書き終わった後の楽しみ)
H気になったところを書き直す(主に削正作業)
I多分、完成
J誰に読ませようかと、落ち着き無く周囲を見渡す

俺の場合、いつもこんな支離滅裂な感じ
仕事では生産効率、完成度を追求するが、小説書くときなんかは
テーマなんかそっちのけで、ひたすら欲望を満たして行くイメージ
書き終わる頃にテーマが産まれる
執筆は自分でも分からない不明なテーマを推敲、追求していく作業
参考にならねえか……

37 :名無し物書き@推敲中?:04/08/16 05:59
スレ重複じゃね?

38 :名無し物書き@推敲中?:04/08/16 11:02
>>8-9
私は1さんではありませんが、大変参考になりました。ありがとうございます。
私はSF書き志望なのですが、ジャンルによってはさらに追加する事項もあるかもしれないですね。
DB化は用語集作成ソフトみたいなのがあって、HTML化もできるやつがありますね。
チャットはICQなど良いかと思いますが、ポイズンリッチさんはどのような手段で行っているでしょうか。
あと、取材は個人で申し込んで簡単に受け入れてくれるものなのでしょうか。
ズブDQNの素人の質問ですので、もちろんスルーして頂いてけっこうです。
何より、有益な方法を教えていただいたことへの感謝の気持ちをお伝えしたかったので。

39 :名無し物書き@推敲中?:04/08/16 14:34
>>28
1.ロケットに乗る。
2.火星まで行く。
3.火星人と記念撮影。
4.おみやげの『赤い恋人』を買う
5.帰ってくる。

領収書を忘れるな。なかったら経費でないぞ。

40 :名無し物書き@推敲中?:04/08/16 17:43
>>28
火星の登場するSFを書かなきゃいい。

41 :ポイズンリッチ ◆2M7NbRDXeI :04/08/16 20:08
>>29
雑誌企画での依頼原稿ならともかく、
小説の原稿なんて売れるとも売れないともわからないものに
金を出させるのは、半ば詐欺行為に等しいよ〜。

42 :ポイズンリッチ ◆2M7NbRDXeI :04/08/16 20:09
>>33
長編の場合、趣味のもの(web用)でも
テーマが決まっただけでは書かなかったな。
>>8-9の工程の3まで行けば荒編の骨格を書くけど、
それは「こんな話を書こうと思う」と人に説明をして、
漠然とした面白さが伝わる程度かな。プレゼン用だね。

テーマは一度決まったらほぼ固定。
執筆し始める時点で、起承転結の転まではストーリーが出来てる。

43 :ポイズンリッチ ◆2M7NbRDXeI :04/08/16 20:10
>>38
漫画の原作用にSFコメディを書いた時は、3の工程を特にやった。
個人の力では及ばない取材協力は、コネを使うんだよ。
工業技術系雑誌の編集者に、工場や企業を紹介してもらったり。
そんな知り合いがいなくても、たどり着くまでコネを伝う!
たどり着いて名刺交換してしまえば、もう自分のコネになるから。

>>8-9以外に、短編のリメイクで長編を書く場合もあるよ。
未公開の短編作品を序章扱いにしてしまい、続編として長編を書く。
これは資料が既に揃っているから、書き足りなかった反省点なども
理解出来ているので、どういう追加資料が必要かも計算できる。

44 :名無し物書き@推敲中?:04/08/16 21:01
>>8-9を読むかぎりポイズンリッチさんは編集者出身の作家さんでしょうか。
純粋な作家が商品開発のマーケティング的発想で小説を書くとは思えません
(特に純文学の場合)。
作家自身の興味の範囲、レパートリーはある程度限られていて、というか編集者
側で作家の資質をそのように考えられているのではないでしょうか。
私の考えでは、8-9の最後にどの作家にこの原稿を書かせるかを決めると編集者
サイドの本の企画書が完成します。

45 :ポイズンリッチ ◆2M7NbRDXeI :04/08/16 21:17
>>44
正解正解。元々は雑誌編集者。
今のところマーケティング的発想以外のものは、
趣味用に書いてるweb小説だけだね。
本を冒涜しているようで、時々悩むよ。
web小説は罪滅ぼしで書いているんだ。

46 :28:04/08/16 22:25
>>40
では、土星の登場するSFに変更します。
とりあえず私の代わりにカッシーニが取材に逝ってますのでその報告を元に書きます。

47 :名無し物書き@推敲中?:04/08/16 22:32
>>46
やっぱり現地取材しなきゃ。

探せばスポンサーも見つかると思うぞ。



48 :28:04/08/16 22:51
>>47
現地へ逝って来ました。
タイタンはすごく寒かったです。
液化メタンの海に真っ黒なタールの大陸がプカプカ浮いている光景は壮観でした。


49 :40:04/08/16 22:52
>>46
うん、それがいいだろう。俺も勧めようと思っていたところだ。

50 :創作文太郎:04/08/17 00:47
50ゲット!!
スレ立てて一日過ぎてませんが、なかなか内容のあるスレになってきてますね。

51 :創作文太郎:04/08/17 00:48
過ぎてました・・・。

52 :名無し物書き@推敲中?:04/08/17 00:50
うむ。グッドスレのような気がする。

53 :名無し物書き@推敲中?:04/08/17 03:18
正直、取材の苦労を題材にして、長編が1本上梓できるな。

54 :名無し物書き@推敲中?:04/08/17 06:14
取材を取材するわけか。名案だ。
なら俺は取材を取材する人を取材するよ。
氏ね俺。

55 :名無し物書き@推敲中?:04/08/17 07:31
イキロ

56 :名無し物書き@推敲中?:04/08/17 09:50
なあ、

・DB化[ディレクトリ式の自サイト内検索CGI使用

がよくわからんのだが、ローカルSQLとかじゃだめなん?
非公開ならエクセルでCSV管理の方がまだ効率的だと思うんだが

57 :名無し物書き@推敲中?:04/08/17 10:43
資料もWEB公開してるんじゃないの?

58 :38:04/08/17 11:36
>>43
レスありがとうございました。参考にします。

59 :キリ:04/08/17 22:53
>30
SF系の方が多いみたいなんで恐縮ですが、私も純文です。
純文系の方の意見も聞きたいです。
今、「抜き」にあたるコミカルな部分を書けずに悩んでいます。
がっちがっちの文章じゃ読んでいるほうは辛いでしょうか。

60 :名無し物書き@推敲中?:04/08/17 23:14
>キリ
おはなしがおもしろければあり。
コミカルな部分なんてなくても、文章のおもしろさで読める小説はたくさんあるよ。
逆に、むりして入れてる感じのギャグパートはしんどいです。

61 :ポイズンリッチ ◆2M7NbRDXeI :04/08/17 23:52
>>50
1君、もっと盛り上げたまへよ。

>>56
それは、おれに技術系の知識がないから!
エクセルなんてまったくわからんちん。

>>57
ストーリーに関わる部分の補足資料は公開してるが、
書物の引用は著作権に触れるからやってないな。

>>58
自分なりにアレンジして使ってくれい。
みんなで共有できる事もあるだろうから、
いずれ報告をしてくれるといいのだが。

62 :名無し物書き@推敲中?:04/08/17 23:56
>>61
なんか さぶい


63 :ポイズンリッチ ◆2M7NbRDXeI :04/08/17 23:59
ごめん。

64 :名無し物書き@推敲中?:04/08/18 04:32
ポイズンリッチが書いた作品ってジャンルは?本も何冊が出してるんでしょ?

65 :名無し物書き@推敲中?:04/08/18 06:31
レベル高いスレだけど、追い込まれてる人が集ってる感じもある
誰か作品さらしておくれ!

66 :名無し物書き@推敲中?:04/08/18 06:57
>>35さん。貴方あたま硬すぎですよ。
28はどう見たってネタでしょ。

67 :創作文太郎:04/08/18 07:18
早起きしは気持ちいいですね。でもまだ眠い・・・。

寝ます・・・。

68 :名無し物書き@推敲中?:04/08/18 12:50
じゃあ終了ってことで…。

69 :名無し物書き@推敲中?:04/08/18 16:15
長篇を書く人のためのスレ
http://book3.2ch.net/test/read.cgi/bun/987309343/

の次スレと正式に認定しても宜しいか
承認くれくれ>>1さんよ〜

70 :創作文太郎:04/08/18 16:16
承認します。

71 :30:04/08/18 18:27
>>59

抜きはなかなかかけないのは私も同じです。
エピソード同士を強引に繋げようとするとと、なんだか支離滅裂になるし。

72 :創作文太郎:04/08/18 19:40
>>70 あっ、私の偽者?ま、かまいませんけどね(どんどん使ってください!!)。

>>69 長篇を書く人のためのスレは私もよくカキコさせてもらてるスレです。
  たとえば830などが私です。今も拝見させてもらってます。
  
   次スレにさせてもらえるなんてこちらこそ恐縮ですよ。
  こんなスレでよろしければどうぞ使ってやってください。
  でも、一応はこのスレに行って私も承認を得てから決めるということで。

73 :名無し物書き@推敲中?:04/08/18 22:28
>>71
「抜き」ってなんですか?

74 :名無し物書き@推敲中?:04/08/19 00:05
長編の純文? テーマってどんな感じなの?
抜きって、重たさを和らげるような場面をつくることを言ってるんだと思うよ。
息抜きみたいな。


75 :◆PBtykf5sPQ :04/08/19 00:06
>>73
風俗用語だよ。

76 :名無し物書き@推敲中?:04/08/19 00:08
死ねクソ


77 :名無し物書き@推敲中?:04/08/19 00:14
い、いやだっ、おら、おら死にだくねえだーっ

78 :名無し物書き@推敲中?:04/08/19 00:19
>>75
さむっ

79 :名無し物書き@推敲中?:04/08/19 00:29
>>36
俺もそんな感じ。
いきなりエンディングだけが出てきたり。

おかげでその分、話が膨らんだり縮んだり。
大変だけど愉しいね。

>>8-9
これはかなり参考になりました。
ポイズンさんは凄いですな。

80 :名無し物書き@推敲中?:04/08/19 00:59
俺もそんな感じ。

でもそれだと短編しか出来ないんだよな。
一時期意識して短編ばっか書いたときもあったけど、
長編を意識して、数ヶ月書くの我慢してる。
その間に思いついたアイディアなんかは、良いものは
頭に残るしたいしたことないのは忘れるし。
それで今やっとこさプロットつくりって感じ。
意外とこの方法悪くない。書くの我慢してる間は
練習のつもりで沢山短編書いてたし。
プロットの段階から充実するよ

81 :名無し物書き@推敲中?:04/08/19 06:00
>>72
破滅って終わり方、よくないな、たしかに。

82 :名無し物書き@推敲中?:04/08/19 06:45
>>36 な感じに書けると楽しいだろうな。


83 :創作文太郎:04/08/19 06:57
>>81 今でもよく破滅してます・・・。

えーと、少し遅くなりましたがここでお知らせを一つ。
>>69さんが提案してくれたこともあり、このスレは

長篇を書く人のためのスレ
http://book3.2ch.net/test/read.cgi/bun/987309343/

の次スレ、という事になりました(承認は得たと思います)。

ですのでここでは長編を書く手順の話も含め
>>75さん曰く、長篇書きだけに分かる悩みや苦労話もここでしましょう。

それでは、どうぞ語ってください。

84 :名無し物書き@推敲中?:04/08/19 09:13
@なんか無性に書きたくなった(最初の数行を書いてみる)
A思考をめぐらせて、メモ程度に概要を書く(世界観、キャラクターなんかは書いてれば適当に浮かぶ)
Bプロットを造りたいが、我慢できずに小説を書き始める(この辺でファンタジーとかホラーとかのジャンルが決まる)
C書いてる途中に生まれるアイデアをメモする(いきりなりクライマックスの場面を書いてしまったりする)
D溜まったメモを纏めてみる(メモに書いた素晴らしいフレーズを何処にはめ込むかを考えると、ストーリー展開が纏まってくる)
E取り憑かれたかのように、ひたすら小説を書きまくる(一番楽しい時間)
Fとりあえず完成(軽い興奮状態になる)
Gドキドキしながら読み返す(読み直すのは書き終わった後の楽しみ)
H
           ___  ‖
       /    `ヽ‖
      ,:'      、ゑ
     ,'    ;  i  八、
     |,! 、 ,! |  ,' ,〃ヽ!;、
      |!| l川 l リへ'==二二ト、
     リ川 !| i′  ゙、    ', ',
     lルl ||,レ′   ヽ   ,ノ ,〉
       |川'、  ,,.,.r'"    ,,ン゙
        `T"  ! ,/ '.ノ,/|
         /   ,!´ !゙ヾ{ |
          /   ,'   i ゙ ! ,l゙
      ,r‐'ヽ-、!   ',  l|
      {    `ヽ   !  「゙フ
      ,>┬―/   ;  i,`{
     / /リ川'        ', ゙、
    / ,/            ゙、 ゙、
   ノ  /           ', `、
   \_/   ;          ゙、ヽ、
    l__   !        ___〕 ,、l
       ̄`‐┬―r┬‐r'´ `'‐'′

85 :名無し物書き@推敲中?:04/08/19 09:15
つまんね

86 :名無し物書き@推敲中?:04/08/19 12:58
富士見に送るのに推敲必死なのに会社は毎日残業で8なんて寝言はできん
満足できんレベルの文章が点在している
文字校正も必要だ
こんな状態で送っても自信なんか無いってのに

300枚越すと読み直すのがだるくて仕方ないな

87 :名無し物書き@推敲中?:04/08/19 13:01
とにかく、全体をまあまあ組み立てたら、
とにかく書くってことで。
毎日、毎日、書く。
と、やってきたのだが、気力が続かず中断のまま。
最近、新たな目標として投稿先を変えようと考えて
困ってる。
かなり純文よりの恋愛もの(500枚以上)って、どこへ出せば
いいのでしょうか?
NEXT? 新潮エンタ? 持込み?




88 :名無し物書き@推敲中?:04/08/19 13:05
コバルト

89 :名無し物書き@推敲中?:04/08/19 13:33
 とりあえず、雑誌ライターの人の書く記事と
ファンタジー小説は、同じ文章でも、かなり距離が
開いていると思う。
 純文学でならば、細部の些細な嘘が、小説全体を
破滅的崩壊に導くこともあるだろうが、
ライトノベルとしてのファンタジーで、細部に凝るのは
逆に異常っぽいというか、ディープなマニアにしか受けない
のではないのかなぁ

 むしろ、キャラクターをあまりにも子供っぽい
浮世離れした人間にさせないということと、でも
子供にも判るレベルの会話・人格に抑えておく
ことのバランスの方が大切なのでは?

90 :名無し物書き@推敲中?:04/08/19 13:38
かなり純文よりの恋愛もの(500枚以上)は
投稿する先はないよね
プロになれたときのためのストックだね
最強に面白いのなら、どこ送っても持ち込みでもOKだろうけど
BG社、HT舎、SP舎 以外で

91 :名無し物書き@推敲中?:04/08/19 13:41
なんでだ

92 :87:04/08/19 14:35
小すば(〜500枚以下)に530〜550枚を送っても、
それだけでハネられます?
持ち込みを問い合わせてみようかなぁ
生涯これ一作のつもりなので。


93 :名無し物書き@推敲中?:04/08/19 14:39
そこまで思い入れてるなら、五百枚に絞って賞を奪ってから編集に相談しる

94 :名無し物書き@推敲中?:04/08/19 14:44
一次選考を突破するには、っていう条件はないらしいが
一次選考で落選するのは、っていう条件はあるらしい
「一次選考も通らない条件 → 応募規定を守らない」
だって。くぐればどっかに書かれてる

530〜550枚なら、頑張って500以下にしたほうがいいでしょ
俺は750枚から500に絞ったよ。しんどかったあ
持ち込んでも、「賞に応募してくれ」って突き返されるのがオチだって

95 :名無し物書き@推敲中?:04/08/19 14:51
同感
持ち込みについて語ってるスレではゴミ箱直行なんてイヤな話が目白押しだしね。

生涯一作というなら自費出版も悪くないかもだけど

96 :名無し物書き@推敲中?:04/08/19 14:57
京極さんの有名な話もあるけど、
今は文学賞って充実してるからなあ
応募に困る事はないと思うけど
確かに純文長編の入り口はないけどね

97 :名無し物書き@推敲中?:04/08/19 15:03
あ、俺その京極の話しらないかも
なんかあったの? あの人

98 :名無し物書き@推敲中?:04/08/19 15:13
有名な話しだよ

http://www.mystery-z.com/special/003-6.htm

99 :名無し物書き@推敲中?:04/08/19 15:21
へえ、メフィストの下敷きになったんだ。
京極の話題は姑獲鳥読んだきりであまり興味なかったんで蚊帳の外ですたよ。thx

100 :キリ:04/08/19 15:53
>>60

んだな・・・面白い文章書けないのってしょうがないよね。
ここの人たちは地で面白いこと書いてるからすごいよ。
ギャクなしでがんばってみます。

>>71

友人にそう指摘を受けてから気になりだして。
意見を適度に聞き入れる感覚も必要ですよね。
振り回されてます

今勇気を出して別の友人に読んでもらってるけど笑ってる。
話が面白いんじゃなくて、僕がこういうもの書いてることがおかしくてしょうがないみたいだ。


101 :名無し物書き@推敲中?:04/08/19 17:55
プロットというのはどこら辺までのことをいうのかな。
章立てまで含んじゃうのかな。
微妙なところではあるな。

102 :名無し物書き@推敲中?:04/08/19 23:04
>>101
☆★プロットの作り方・2nd scene★☆
http://book3.2ch.net/test/read.cgi/bun/1084400690/

103 :創作文太郎:04/08/19 23:06
>>101 章立てまで含むのもいいんじゃないでしょうか。
  プロットの定義は人それぞれ違うみたいですからね。
  自分がプロットと思って作れば、それがプロットなのだと思います(多分)。

104 :名無し物書き@推敲中?:04/08/20 18:57
プロット面毒せー
いつもプロット通りに書けないし


105 :名無し物書き@推敲中?:04/08/21 09:45
プロットなんて自分が混乱しないための脳内整理のためだけだと思うんだが。
>>104整理できていればそれで良し

106 :名無し物書き@推敲中?:04/08/21 23:44
プロットというのは脳内地図か。
実際に書き、そして書あげた後の現実の地図を導き出すための、
道案内のようなものなのか。

いや、書き手には段階を踏んだ、二つがあると言うべきか。
1.脳内地図
修正、変更があり、
2、現実に書き上げた地図。
(読者の立場であれば2しかないが)

107 :名無し物書き@推敲中?:04/08/22 11:11
いっつもプロットどおりに書ける俺は何

108 :名無し物書き@推敲中?:04/08/22 11:43
デビューできてたら天才。

109 :名無し物書き@推敲中?:04/08/22 11:55
脳内で完結した作品を作りだせたのは、一人だけ。

その名は、

ウォルフガング・アマディウス・モーツァルト

110 :名無し物書き@推敲中?:04/08/22 12:02
その方の代表的な小説を教えていただきたいのですが……

111 :名無し物書き@推敲中?:04/08/22 12:09
>>110
「漏れの尻を舐めろ」
コレイチオシ

112 :名無し物書き@推敲中?:04/08/22 12:11
>>111
ぐぐってみたけど出てきません。
原題を教えていただけませんか?
お願いします。

113 :名無し物書き@推敲中?:04/08/22 13:00
原題
「KUROSITE NERO!」

114 :名無し物書き@推敲中?:04/08/22 13:10
>>113
期待して損した。

115 :名無し物書き@推敲中?:04/08/22 13:43
typo?
「苦労して寝ろ」w?

116 :名無し物書き@推敲中?:04/08/22 16:41
俺ほとんど脳内で完結できるんだけど天才かな!

117 :名無し物書き@推敲中?:04/08/22 16:49
病気です。

118 :名無し物書き@推敲中?:04/08/22 19:24
病気だな。

119 :名無し物書き@推敲中?:04/08/22 22:31
脳内で完結って台詞とかも?描写とかも?

120 :名無し物書き@推敲中?:04/08/22 23:34
>>116
おまえが書いてるのは小説じゃなくて、川柳だ。

121 :名無し物書き@推敲中?:04/08/23 08:41
三千世界のカラスを殺し〜主と添い寝がしてみたい〜

とか?w

122 :名無し物書き@推敲中?:04/08/23 08:58


123 :名無し物書き@推敲中?:04/08/23 10:10
それはト都々逸、と丁寧に拾う俺

124 :名無し物書き@推敲中?:04/08/23 10:16
みんなネタ帳みたいの持ち歩いてる?
電車の中とかで「!」と思いついたときに
メモメモするネタ帳。

125 :名無し物書き@推敲中?:04/08/23 11:32
レシート。
爪で書けるから筆記用具なしでいけるし便利。

126 :名無し物書き@推敲中?:04/08/23 12:36
ザウルス携帯してるけど、携帯のメモ機能でも十分かもと思い始めてる昨今。
小さい手帳も持ってるけど、小説ネタはほとんどかかないな

127 :名無し物書き@推敲中?:04/08/23 13:07
あ〜長編うぜー、マンドクセエ!なんとかしろ!

128 :名無し物書き@推敲中?:04/08/23 13:17
確か、設定とイベントを入力して、それから作家3人選んで混合文体を
実行すると自動的にオリジナル長編ができあがるソフトがあったはず。それ使えば?

129 :名無し物書き@推敲中?:04/08/23 13:54
ほぼプロット通りに書けたのはいいんだけど、某賞の350枚制限じゃ足りなかった。駆け足展開多々。畜生

でも推敲校正含めて時間の方が足りなかったか。

130 :名無し物書き@推敲中?:04/08/23 14:49
>>128
サンクス!!
でもシェアウェアだね。
ちょっと高い…

131 :名無し物書き@推敲中?:04/08/23 15:35
値段のことは考えてなかった。思いつきで勧めてしまって申し訳ない。

132 :創作文太郎:04/08/23 16:13
・・・。

133 :名無し物書き@推敲中?:04/08/23 18:24
俺はメモは携帯使ってるよ。メモ機能では書ききれない場合は、
新規メールにメモって保存しとけばいい

134 :創作文太郎:04/08/24 00:19
>>128 それ面白いですね。一回使ってみたいです。

135 :名無し物書き@推敲中?:04/08/24 03:41
>>128
詳しく

136 :名無し物書き@推敲中?:04/08/24 04:18
>>135
オリジナルの長編を自動的に作るソフトで、
確かイベントや設定を設定した上で、
三人の作家を選んで混合文体を実行させるんだよ。

137 :名無し物書き@推敲中?:04/08/24 05:49
>>135
本当は小説生成ソフトじゃなくて、プロット作成ソフトなんだよね。
基本、概要、詳細の三段階のプロットがあって、
それぞれ段階的に細かく、キャラ設定、イベント設定をして、
最後に好きな作家を選択する事によって、
長編らしきもの(期待しないほうがいい)が出来上がる。
send後の小説は、あくまでサンプルと受け取ったほうがいい。
オリジナルとは程遠いが、「構成」っていう面では、
結果が図解に展開されるので、かなりイメージがしやすくなる。

138 :名無し物書き@推敲中?:04/08/24 05:53
137さん、そのソフト名おしえていただけませんか?

139 :名無し物書き@推敲中?:04/08/24 13:17
太っていた友人が、夏休み中に痩せてしまってな。
なにかの病気にかかって入院したとかで。
で、そいつに言わせると、「チンコを扱く時のストロークが長くなった」とさ。
脂肪に隠れてた部分が出てきたんだろうな。


140 :名無し物書き@推敲中?:04/08/24 13:41
それと長編小説に何の関係が…

141 :罧原堤 ◆5edT8.HnQQ :04/08/24 13:55
プロットどおりにかけないってのはプロットが作れてないだけだ

142 :名無し物書き@推敲中?:04/08/24 13:58
>>141
むむっ、おぬしさてはプロットの達人だな?

143 :名無し物書き@推敲中?:04/08/24 13:59
ただの夏厨だ

144 :罧原堤 ◆5edT8.HnQQ :04/08/24 14:00
読者に与える効果などを計算しつくして作成されたものがプロットだ
ならばプロットどおりに書くのが最良であるのだ

145 :名無し物書き@推敲中?:04/08/24 14:02
サンプルよろ

146 :名無し物書き@推敲中?:04/08/24 14:02
あげるな鬱陶しい!!!!!!

147 :名無し物書き@推敲中?:04/08/24 14:03
いや計算し尽くせる小説なんぞに価値は無い。
どうしても余地は残る。
全体像を把握出来る青写真なんぞは、下書き以外の何者でもない。

ていうかプロットの話題は専用スレの方がいいんじゃないかなぁ

148 :名無し物書き@推敲中?:04/08/24 14:04
>>144
やはり……ただならぬ洞察力を持っている人ではないかと思っていたんだが、
俺の目に狂いはなかった。

149 :名無し物書き@推敲中?:04/08/24 14:05
荒れてるスレから移動してくんなボケ

150 :罧原堤 ◆5edT8.HnQQ :04/08/24 14:17
糞なプトットならそのとおり書いてはだめです、というか書けない、変えざるをえない。
だが念入りに書かれたプロットならそのとおり書いたほうが良い、下手に変えると悪くなってしまう。
たとえばだ横山光輝三国志だ。
あれには三国志演義や吉川英治の三国志などのプロットと呼べるものがあってこその完璧さなのだ。

151 :名無し物書き@推敲中?:04/08/24 14:21
それは下敷きというのでは

152 :名無し物書き@推敲中?:04/08/24 14:27
ワロタ

153 :名無し物書き@推敲中?:04/08/24 14:28
プトットだしね

154 :名無し物書き@推敲中?:04/08/24 14:54
いや、プトットって糞なプロットのことだろ?

155 :名無し物書き@推敲中?:04/08/24 15:05
だったら「糞なプトット」は二重表現だろ

156 :名無し物書き@推敲中?:04/08/24 15:11
強調でし

157 :名無し物書き@推敲中?:04/08/24 15:14
こら。
6年6組の子だけど、同じ3年生なのよ。
なかよくしてあげないとだめでしょ!

158 :名無し物書き@推敲中?:04/08/24 15:15
はぁい!

159 :名無し物書き@推敲中?:04/08/24 15:45
俺、歩いてると
どんどん云々やらが浮かんだり、設定やら展開やらが沸くんだが
いざ、帰宅してPCに向かうとアルツハイマーなんだ
こういうヒトいる?居たら対処法とかある?

160 :罧原堤 ◆5edT8.HnQQ :04/08/24 15:48
どうせ作家になれないんだからいいじゃね

161 :名無し物書き@推敲中?:04/08/24 15:48
その場で..._φ(・ω・` )メモメモ
これしかない。

162 :名無し物書き@推敲中?:04/08/24 15:53
できるだけ深く咥えて、バキュームフェラ(宇宙人のコラみたいにw)
あと、裏筋から先端にかけて、横向きに咥えて頭を左右に振ると、
結構感じるみたい。コンドームつけてても反応すごいから、生だと
もっと気持ちいいのかも。


163 :名無し物書き@推敲中?:04/08/24 16:10
>>159
それに似たようなのはある。
こりゃおもしれえと思ったネタをいざ帰宅して文字にしてみると(´・ω・`)っての。

忘れやすいならとにかくメモですかねえ。逃がした魚は小さかったと思うしかない。

164 :ポイズンリッチ ◆2M7NbRDXeI :04/08/24 17:49
夢の中で超画期的大発明をしたんだけど、
起きたら忘れてたってことならしょっちゅうある。

165 :名無し物書き@推敲中?:04/08/24 21:38
忘れるということは確かにあるけど、それは細部であって、プロットじゃないんじゃないか。
プロットは骨格ともいえるところだから、忘れるようなものだったら、
必然性がなかったまでだと思うことにしている。

166 :名無し物書き@推敲中?:04/08/25 00:38
思いついてもすぐ忘れるようなら、読んだ人には印象は残らないと思うが
思いついてメモするんじゃんなくて、それを考え抜いて、強いイメージをもたせることの方が大事じゃないかな

167 :名無し物書き@推敲中?:04/08/25 04:12
いやとりあえずメモしても損はない。
そこからさらに考え抜けばいいんだ

168 :名無し物書き@推敲中?:04/08/25 11:31
なあ、
前スレで4255枚の作品を書いたって
書き込んだオレなんだけど、

やっぱり4000枚って書きすぎなのか?
あまりの面白さに一気に読み終えたんだけど、
これを何枚ぐらいにまとめればいいの?

手直しすれば2000枚ぐらいにまとめられるけど、
1000枚だと面白さが半減すると思うんだよ。
長編て何枚ぐらいが長編なの?

169 :名無し物書き@推敲中?:04/08/25 11:39
そんなことよりさ
ちんこの皮を他人のちんこが根元まですっぽり入る
程伸ばされて、ちんこの皮の中にちんこ突っ込まれて
皮の中に射精されたことある人いる?


170 :名無し物書き@推敲中?:04/08/25 11:40
>>168
長編大賞とか言った場合は250くらいから始まって、
多くても500枚とかじゃないかな。
ただ、これは公募の時に長過ぎるのが集まり過ぎると
下読み作業で死ぬための制限だと思う。

とはいえ千枚越しは出版形態として一冊にまとめられないから、
おすすめは分冊を見越した戦略かな。
400枚程度の十冊として線切りだけ済ませておくといいよ。
ついでに最初の一冊が、その一冊でも物語の部分として完結して
いれば、賞への公募もやりやすかろう。

俺は千枚弱の下書き+数冊分のプロットって規模になってしまった
作があるんだけど、とりあえず三百枚程度にまとめた最初の一冊分を
物語として完結させてみた。

171 :名無し物書き@推敲中?:04/08/25 11:47
別に5000枚書こうが10000枚書こうが、
どうでもいいんじゃねえか。
どうしたいわけ、その超大作を。
話しはそれからだんべや、
生真面目に答えてる物好きもいるが。

172 :名無し物書き@推敲中?:04/08/25 12:19
>生真面目に答えてる物好きもいるが。
小馬鹿にしたよーな言い方される理由が分からん。
何イラついてんだ?

173 :名無し物書き@推敲中?:04/08/25 12:25
その4000枚が一続きなのか、
何部作かに分けられるか、によって違うだろう。
一続きだとすると、どのくらい削れるかだな。
きっちりした梗概をまとめてみるのも、方法のひとつだな。

174 :名無し物書き@推敲中?:04/08/25 12:30
>>172
大馬鹿扱いしたつもりなんだが・・・

175 :名無し物書き@推敲中?:04/08/25 12:36
>>174
だからなんで。

176 :名無し物書き@推敲中?:04/08/25 12:53
175
公募するとか下読みとか、
訊かれてもいない事を気持ち良さそうに講釈たれてたから。
なんだ? ちょっと傷ついたのか?

177 :名無し物書き@推敲中?:04/08/25 13:00
逃げたか・・・
まあ、いいけどね

178 :名無し物書き@推敲中?:04/08/25 13:01
>>176
>長編て何枚ぐらいが長編なの?
を受けて、適当とされている枚数について思う事を書いた訳だが。
レス番指定がアンカーになってないし、疲れてるときは寝といた方がいいぞ。煽り厨。

179 :名無し物書き@推敲中?:04/08/25 13:03
釣れた!
とか言おうと思ったけど、
もういいや。
傷つけてごめんね

180 :名無し物書き@推敲中?:04/08/25 13:05
>>177

>>175-176で17分開けてる癖に、>>178のレスが帰って来る8分が待てない粘着さん

181 :名無し物書き@推敲中?:04/08/25 13:07
傷ついた自分を誤摩化すための言葉なんだろうか。
藻舞の精神構造がサパーリ判らん。ちったあ身のある話題を提供しろよ

182 :名無し物書き@推敲中?:04/08/25 13:13
>>168
>これを何枚ぐらいにまとめればいいの?
2000枚で。
>長編て何枚ぐらいが長編なの?
察しろ。

183 :名無し物書き@推敲中?:04/08/25 13:22
生真面目に答えてる物好きがいるな。

184 :名無し物書き@推敲中?:04/08/25 13:29
よっしゃー。頭良くて二枚目の将来有望な人が釣れたー。

185 :名無し物書き@推敲中?:04/08/25 13:43
釣りでもなんでもいいけど……。
漏れなんかマジで2000枚。
このままいったら、5000枚近くはなるな。
どうしよう……。

186 :名無し物書き@推敲中?:04/08/25 14:05
やっぱり扱いやすいサイズを一話分として完結させるとかが有効なのでは?
千枚クラスになると、人に読ませるのもままならないじゃん。

187 :名無し物書き@推敲中?:04/08/25 14:27
レスが遅くなってすまない。出会い系やってた。

>>169
オレはされたことないな。

>>170
回答サンキュー。300〜400枚程度か。
分割して最初の一冊分で完結させる手段でいってみる。

>>171
前スレでは何かに応募してみろと言われた。

>>173
何部かに分けられそうだ。やってみるよ。

>>178
釣られるな。オレは菩薩のように穏やかだ。

>>182
では2000枚ぐらいのも用意してみるよ。
それぐらいが一番書きやすそうだ。

>>185
やはり2000枚ぐらいが長編と呼べるラインなのか?

>>186
わかった。これからはそう心がけるよ。
その方がテンポ良く読んでもらえそうだしな。

188 :名無し物書き@推敲中?:04/08/25 14:35
わざわざ「出会い系やってた」と書くところに、
ポーズ決め込んでる田舎紳士な感じが、、、

189 :名無し物書き@推敲中?:04/08/25 14:42
五百でも千でも立派な長編じゃないかなあ。
短編って、そこそこの厚さがある文庫本一冊に数作収録される作品って印象。
一冊まるごと埋めたら長編扱いぢゃないですかねぇ。
二千枚だとブ厚めの文庫本や二段組みハードカバーで上中下分冊くらいかな。

広辞苑の定義では枚数以外の所をメインに言及してますね。

>ちょうへん‐しょうせつ【長編小説】(チヤウ‥セウ‥)
>取材する世界が広範にわたり、構想も複雑で登場人物も多数に及び、量においても長い小説。

……俺の今書いてる四百枚がてんで当てはまらない orz

190 :名無し物書き@推敲中?:04/08/25 14:58
>>188
ネカマで男の反応を観察してるだけだよ。
いろんな意味でかなり勉強になる。
本当に女になりかけてしまうから不思議。
作品にもこれが活かされてる。

>>189
そうか。そんなに量があると審査する人が大変だな。
妹に読ませているけど、今ハマってるようだ。
読み終えたら話を聞いて推敲してみるよ。

191 :名無し物書き@推敲中?:04/08/25 15:03
確か、設定とイベントを入力して、それから作家3人選んで混合文体を
実行すると自動的にオリジナル長編ができあがるソフトがあったはず。それ使えば?


128さん、ソフト名教えてーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
おねがいー

192 :名無し物書き@推敲中?:04/08/25 15:15
使った事ないから適当レスだけどDramaticaってソフトの事かも
ttp://www.senko-corp.co.jp/html.file/SPS/drama.html
やっぱ違う気がする

193 :名無し物書き@推敲中?:04/08/25 15:21
これだと思うのだが
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=792421

194 :193:04/08/25 15:23
>>192と同じだったかも


195 :名無し物書き@推敲中?:04/08/25 15:50
ネカマをやって男の反応を観察。
それを作品に活かすって…。

心底キモイと思った。

196 :名無し物書き@推敲中?:04/08/25 16:13
>>195 一本釣りですか?

197 :名無し物書き@推敲中?:04/08/25 16:28
長いの書くのって、精神力はもちろんだけど、体力がいるな。
コーヒーは必需品。あと、チョコレート。
その他に何かいいものあるかね?

198 :名無し物書き@推敲中?:04/08/25 16:35
飴、お茶、音楽

199 :名無し物書き@推敲中?:04/08/25 16:44
飽きない心

200 :名無し物書き@推敲中?:04/08/25 16:55
長編小説

201 :名無し物書き@推敲中?:04/08/25 22:40
余りに長いの書いていると、キャラに飽き始めてしまう。
5000枚とか書ける人の執念に脱帽。

>>199それは精神力だろうと一応突っ込んでみる。

202 :名無し物書き@推敲中?:04/08/26 07:12
悪役を書いてると、悪役が憎らしくてマジぶっ殺したくなる。
そんなときにママンが「ご飯よ〜ん!」と声をかけてくるから、
「あ゙あ゙?うぜぇよ、クソババア!」と返事をしてしまって泣かれた。
感情移入しすぎて切り替えができないぐらい、マジにキャラを作ってる。
怒鳴ってごめんよ、ママン。サクサク唐揚げ、おいしかったよ。

203 :名無し物書き@推敲中?:04/08/26 13:32
>>190殺してえ・・・

204 :名無し物書き@推敲中?:04/08/26 13:59
>>202
ワロタ

205 :名無し物書き@推敲中?:04/08/26 14:00
唐揚げ食いたくなってきた。
202の文才はすごい。

206 :名無し物書き@推敲中?:04/08/26 15:15
>>202
かあちゃん大事にしろよ。

207 :名無し物書き@推敲中?:04/08/26 15:58
サクサク唐揚げ、くいて〜

208 :名無し物書き@推敲中?:04/08/26 16:48
やべい!唐揚げ食べたい!
肉屋逝ってくりゅ!

209 :名無し物書き@推敲中?:04/08/26 18:09
このスレの半分は、やさしさでできています

210 :名無し物書き@推敲中?:04/08/26 18:55
4000枚も書けるやつって、よっぽどの作家じゃないか?


211 :名無し物書き@推敲中?:04/08/26 19:30
なんだこの馴れ合いの雰囲気は
ジエンなのか。。。

212 :名無し物書き@推敲中?:04/08/26 20:57
>>168は大説家のタマゴ
清涼院流水に弟子入り汁

213 :名無し物書き@推敲中?:04/08/27 00:30
俺、水増し描写ならお手の物。こないだも「似非修練のためのとにかく長い
だけの作品」(通称ストレス発散)のページ埋めに二時間で四十枚
書いた。半年足らずで二千枚行ってる。あと半年かからずに、俺も四千枚
書いた事のある作家志望者の仲間入りする自信があるよ。

文学賞狙っての執筆はたいてい間に合わないのだが。
誰か俺に手早く書いてもクオリティー維持できるコツを伝授キボン

214 :名無し物書き@推敲中?:04/08/27 01:57
今晩、から揚げ食ったよ!

215 :創作文太郎:04/08/27 02:00
から揚げうまいですよねー。

216 :残業だった:04/08/27 06:49
わ〜どの書式どうしてます?

217 :名無し物書き@推敲中?:04/08/27 09:10
削ること。
その描写が本筋と関係なければ、ばっさり切り捨てる。
必然性があるものだけ残して、まだ1000枚以上になるのかどうか。
たいては無駄な会話で長くなってるな。
ここ最近ブックオフで日本のもののホラーやら、ミステリーなりを読み続けているが、
アチャーってなものが多い。長いものといっても水増しされて膨らんだのばっかりだった。
最低でも3割は削れるな。
学ぶんだったら、海外の良質なエンターテイメントに限るな。

218 :名無し物書き@推敲中?:04/08/27 10:48
効率を追求して、必要十分な長さに詰める奴よりも、
効率よく水増しできる奴の方が扱いが良いという事実

219 :名無し物書き@推敲中?:04/08/27 18:49
>>217
海外の良質なエンターテイメントって
ミステリ作家の事を言ってるのか?

220 :名無し物書き@推敲中?:04/08/27 20:07
>>219
217はアン・ライスしか読んだことがないよ。
ウホッ!だから。

221 :名無し物書き@推敲中?:04/08/27 20:24
>>220
違うって、パトリシア・コーンウェルだよ

222 :名無し物書き@推敲中?:04/08/27 23:10
もちろん原書を読んでるんだよね?

223 :名無し物書き@推敲中?:04/08/27 23:31
あたぼーよ

224 :名無し物書き@推敲中?:04/08/28 11:07
>>202
唐揚げの衣がサクサクになりません。
よかったらママンにコツを聞いてもらえませんか?
スレ違いなのは承知!すごく真剣です!

225 :名無し物書き@推敲中?:04/08/28 11:12
良質な敷き紙に油を吸わせろ。
いっぱい余ってるだろ。群像に出そうとしているその原稿とか

226 :名無し物書き@推敲中?:04/08/28 11:22
唐揚げネタはいい加減やめてくんない?
スレ違いだろが。他でやってくれよ。

227 :名無し物書き@推敲中?:04/08/28 13:15
そんなに真面目では良い物が書けないぞ。
きみもお肉屋さんへレッツGO!

つーか、流れを変えるために手順でも晒せや。

228 :名無し物書き@推敲中?:04/08/28 13:19
うるせえよ、あほが

229 :名無し物書き@推敲中?:04/08/28 13:34
やれやれだな。

230 :名無し物書き@推敲中?:04/08/28 14:06
大事なのは油の温度だよ

231 :名無し物書き@推敲中?:04/08/28 15:10
>>5でも言ってるが、データ集め、これ最強大事。
ってことでもうこのスレで話すことわないので、次は豚肉の生姜焼きの話をショモン。


232 :名無し物書き@推敲中?:04/08/28 15:13
唐揚げ粉を付けすぎなんだろ
粉を薄目に付けたら、すぐに揚げないで
粉と肉が馴染むまで、手元の原稿に乗せて置くこと

233 :名無し物書き@推敲中?:04/08/28 15:18
全部間違ってるな。
唐揚げをさくさくにしたければ、衣に片栗粉を使うことだ。
片栗粉オールでも小麦粉と半々でも良い。

234 :名無し物書き@推敲中?:04/08/28 15:28
料理中に一度は原稿を使わないとスレ違いになりますよ

235 :名無し物書き@推敲中?:04/08/28 16:30
長編のな

236 :名無し物書き@推敲中?:04/08/28 18:42
http://bbs-i.net/
無料画像投稿付きレンタル掲示板!!
最強です。

237 :名無し物書き@推敲中?:04/08/28 21:25
良スレだと思ってたんだが……

238 :226と237:04/08/28 21:28
ちなみに228は俺じゃないぞ

239 :創作文太郎:04/08/28 21:54
荒れてますね・・・。

240 :ポイズンリッチ ◆2M7NbRDXeI :04/08/29 03:11
夏だからさ。
気長に待てばいいよ。

241 :名無し物書き@推敲中?:04/08/29 05:56
>>237
良スレだろ。から揚げは例えだよ。
そこを見抜かないと!

242 :名無し物書き@推敲中?:04/08/29 11:36
長編は書くのもシンドイけど、推敲もこれまた辛い。

唐揚げはあんまり好きじゃないが、消化にいいか。
でもカルビが喰いテエと思う、今日この頃。
体力をつけなきゃ。

243 :名無し物書き@推敲中?:04/08/29 17:47
長編を推敲していると、必ずこれはよく書けたなあっていう珠玉のフレーズとかエピソードがあるよね。
それだけを抽出して短編とか中篇にしたりしても、なかなかもとの味は出ない。
難しいもんだ。から揚げと同じだな。

244 :名無し物書き@推敲中?:04/08/29 18:05
あくまで唐揚げにこだわる気か。

245 :名無し物書き@推敲中?:04/08/29 18:05
いいこと言ってる

246 :名無し物書き@推敲中?:04/08/29 18:16
注意されたもんだから意地になってる
ガキだな

247 :名無し物書き@推敲中?:04/08/29 18:17
注意されたもんだから意地になってる
ガキだな

248 :名無し物書き@推敲中?:04/08/29 18:17
注意されたもんだから意地になってる
ガキだな  

249 :名無し物書き@推敲中?:04/08/29 18:18
意地になってるもんだから二度も書きやがる
唐揚げだな

250 :名無し物書き@推敲中?:04/08/29 18:18
三度かよ!
唐揚げだな

251 :名無し物書き@推敲中?:04/08/29 21:44
何度も揚げるな!
まずくなるだろ。

252 :名無し物書き@推敲中?:04/08/29 22:02
あの……質問よろしいでしょうか?
私はとある大賞に応募しようと日々、つたない執筆、推敲を行っている者なのですが

作品を大賞に応募する際にルビはどの程度ふれば良いでしょう?
創作の固有名詞はもちろんですが『衝撃』や『痺れる』という一般的(?)な漢字にもルビをふって送るべきでしょうか?
スレタイとは少し違うかもしれませんがとても悩んでいます。
誰か実際に選考に残ったりデビューした人、もしくは編集に関わっている、などの人が答えてくれるととても嬉しいです。
ではでは。


253 :名無し物書き@推敲中?:04/08/29 22:18
まぎらわしい固有名詞だけで十分。
例に出した漢字になんかふったら、
シタヨミが起こるぞ。

254 :名無し物書き@推敲中?:04/08/29 22:22
童話の場合は、開くか開かないかは編集者と話して決めるそうです。
>>253さんの言うとおりだと思います。

255 :名無し物書き@推敲中?:04/08/30 07:01
唐揚げの場合は、サクサクかシットリかは家族と話して決めるそうです。
>>251さんの言うとおりだと思います。

256 :名無し物書き@推敲中?:04/08/30 12:22
正直、唐揚げネタはもうつまらん。
空気読めよ。

257 :名無し物書き@推敲中?:04/08/30 12:24
なぜ明確に楽しんでいる奴が居る中で

・つまらん
・空気読め

という台詞が可能なのか疑問だな。
おれ個人の感想としては、唐揚げネタはつまらんと思います。

258 :名無し物書き@推敲中?:04/08/30 12:36
とりあえず、唐揚げでも買ってくるか。

259 :202:04/08/30 13:10
マジで申し訳ない。
「悪役を書いているときは悪役そのものに、
清純女子中学生を書いているときは清純女子中学生に、
すっかりなりきってどのキャラも死ぬほど愛してる」
と言いたかっただけなんだ。
それぐらい本気でキャラを愛して書いてくれと。
もう唐揚げネタはこの辺で勘弁してください。

260 :名無し物書き@推敲中?:04/08/30 13:24
馬鹿野郎!

唐揚げも愛して書いてくれ。

261 :名無し物書き@推敲中?:04/08/30 16:12


 そろそろ天ぷらが天下を取る時代がやってきたようだな……



262 :名無し物書き@推敲中?:04/08/30 16:34
見直せば見直すほど、手を入れたくなってくる。
ほぼ完成してるのに、まだ文章をいじりたくなってくる。
本を出したい、作家になりたい。
確かに。
しかし、それだけではないな。
完璧という妄想。
パーフェクションという夢。

263 :名無し物書き@推敲中?:04/08/30 16:46
>>262
悪いパターンだね。
終わりが見えないから、どんどんいじってしまう。
吉と出ればいいんだけど、収拾つかなくなる事もあるよね。

264 :名無し物書き@推敲中?:04/08/30 16:48
完璧な文章なんてない。完璧な絶望がうわなにをするやめr

265 :名無し物書き@推敲中?:04/08/30 16:55
つまらん。お前はさっさと卒業しろ。

266 :名無し物書き@推敲中?:04/08/30 17:01
何をだ。

……学生時代に戻りてぇ。

267 :名無し物書き@推敲中?:04/08/30 17:15
……宇宙の始まりに戻りてぇ。

268 :名無し物書き@推敲中?:04/08/30 17:33
……今の売れてる小説を抱えて十年前に戻りてぇ

269 :名無し物書き@推敲中?:04/08/30 21:53
プロの方ですか?

270 :名無し物書き@推敲中?:04/08/30 22:35
そういう事じゃないと見た。
今売れてる本を十年前に戻って自分の名前で応募してやろうって事だろう。

で、なぜかセカチューなんか持っていってしまって、売り込み方で
ヘタれかまして厨房の勘違い恋愛物と判断されて出版に至れない
というオチかな。

271 :名無し物書き@推敲中?:04/08/31 03:09
どうして日本の出版物はつまらんかねえ

272 :名無し物書き@推敲中?:04/08/31 10:07
>1
@テーマを決める

最初からテーマを決めるなんて論文だろう。
テーマなんて後から絞れてくるんじゃないのか。


273 :名無し物書き@推敲中?:04/08/31 10:07
9年前に売れた小説を抱えて十年前にもどりてぇ

274 :名無し物書き@推敲中?:04/09/01 06:10
273>>
ドラえもんでそういう話あったな。



275 :名無し物書き@推敲中?:04/09/01 06:55
キャラクターをつくる。
タイトルをつける。

そうするとキャラが勝手に動くから
そいつらに合わせた世界を書けばいい。

実に簡単。

276 :名無し物書き@推敲中?:04/09/01 10:08
うむ、激しく同意だ。


スレタイがいかんのだろうな。

・面白い長編小説を書く手順
・質の高い長編小説を書く手順
・売れる長編小説を書く手順

などについて語っていたつもりなのだが、書く手順だけなら実際俺も>>275と大差ないし。


277 :創作文太郎:04/09/01 12:39
>>272 はは、論文ですか。
   私の場合、ということなのでご勘弁を。
   
   でも、後からテーマを絞るって事は
   書き終えてから読み返したときに決めるってことですか? 

>>275 キャラが勝手に動いてしまうと
   後々設定に矛盾が出てくると思いますよ?(面白ければ無問題)

>>276 いまさらスレタイは変えられないので・・・。
   

あと、このスレは>>83から

長篇を書く人のためのスレ
http://book3.2ch.net/test/read.cgi/bun/987309343/

の次スレ、ということになりました。
一応補足しておきますねー(このスレを最初から読んでない人もいるはず!)。
   
   
   

278 :名無し物書き@推敲中?:04/09/02 13:31
長編は推敲が大変だ。今イチのところなんか、気分が乗らない。

279 :名無し物書き@推敲中?:04/09/02 17:47
人物がいる場所を思い浮かべるところから始めないと書けない。あたりまえか。


280 :名無し物書き@推敲中?:04/09/08 14:33
長いの書いてると、ちょうど真ん中あたりで、いやに重苦しい気分に陥ってくる。
書けないわけじゃない。マラソンランナーの一番苦しい時みたいな気がするんだな。

281 :名無し物書き@推敲中?:04/09/12 11:18:27
何か宣伝っぽくなっていやなんですけれど、他人に自分の書いた作品が見せれるサイト知っていますよ。自分も応募したことがあるんです。
紹介しますね。
http://www.geocities.jp/fnoon1987/
これいいらしいです。ケッコー。

282 :名無し物書き@推敲中?:04/09/12 17:07:01
ポイズンマダいる?
言葉遣いってどうやって調べるんだ。
街とかで他人の会話盗み聞きする位しか思いつかんぞ

283 :罧原堤 ◆mm/T2n8mWo :04/09/27 22:18:12
waa

284 :名無し物書き@推敲中?:04/10/01 03:22:37
妄想してる時は楽しいんだが、
いざ文章にしようとすると、まったく書けないのには
ビックり!

285 :ミステリ罧イカ原堤 ◆mm/T2n8mWo :04/10/01 05:06:49
誰かまとめてくれ、書き方

286 :名無し物書き@推敲中?:04/10/01 07:09:44
@天啓が降りてくる
A無我夢中で書く
Bしばらく放置
C声に出して読み直す
Dはじめから書き直す
Eプリントしてから赤ペンで推敲する
F原稿がマッカになったら見切りをつける
G完成稿をタイプする


287 :名無し物書き@推敲中?:04/10/03 00:12:04
1)書く
2)色々やる
3)終了

288 :創作文太郎:04/10/04 20:33:26
>>284 私も妄想はよくします。つまり頭で考えるときはいいんですが
   それを文にすることが難しいんですよね。

>>287 終了ってことは書き終えて完成したってことですかね?

289 :名無し物書き@推敲中?:04/10/12 21:47:38
人物の関係を、設定することに始まり、そこから、自動的に物語が、
発展していくのは、実に退屈を吹き飛ばす楽しい、充実した時間です。


290 :名無し物書き@推敲中?:04/10/13 16:17:21
>>288
同じく。話の大筋を考えてる時は楽しいのに、
いざ詳細な設定を付けていこうとなるとつまらなくなります。

私の場合は主人公と物語の筋を作って、
世界観とか細かな設定はその後じっくり作ります。

291 :& ◆Sf3ZNtjr.g :04/10/15 11:58:56
>>290 どうやら妄想…と言ったら変ですが、
   頭で考えるのとそれをそのまま文体にするのが難しいと感じるのは
   みな経験があることのようですね。

   細かな設定はしっかり作っておいた方が
   後々、ストーリに奥深さをもたらすような気が私はします。

292 :名無し物書き@推敲中?:04/10/15 18:39:52
>>291
別に細かな設定をほったらかしにしてる訳じゃないんです。
先に骨組みを作って、あとから肉付けみたいな感じ。
だいたい作り終えてから書き始めるし・・・

293 :名無し物書き@推敲中?:04/10/15 19:50:14
つまらなくなるってことは、自分の思い通りにできていないってことだろうから
納得いくまで、設定を作り上げればいいんじゃないの?

294 :名無し物書き@推敲中?:04/10/15 20:13:44
参考になるかもしれん。
ttp://www.asahi-net.or.jp/~dr4t-ogw/shosetusystem.htm
ソフトやプログラミングの知識が必要になっちゃうけど。

295 :名無し物書き@推敲中?:04/10/25 01:38:11
場面ごとに枚数決めて書けるようなレベルじゃないんですけど

296 :名無し物書き@推敲中?:04/11/07 05:52:25
おまいはアフォか
それでいいに決まってるだろが
枚数を決めて書くのはネチネチ設定こねくりまわさないと気がすまないような連中だけでいいんだ

297 :名無し物書き@推敲中?:04/12/10 20:26:05
(1)ある日電波が降りてくる。
(2)小説なんてろくに読まないのに、電波が命令するから、
仕方ないので物語の冒頭部を書いてみる。
(3)冒頭が書けると、なんのことない続きの展開が思いつくので書く。
(4)推敲して友人向にWebでこっそり公開する。
(5)友人はろくに相手にしてくれないので泣く。
(6)仕方ないからさらに推敲して同人誌即売会に出す。
(7)全く売れないので泣く。
(8)電波の命令はそれでも止まらないので、仕方なく
続きのエピソードを書く。
(9)そのうち前のエピソードとのつじつまが合わなくなったり、
その時には思いつかなかったアイディアが浮かんだので、
さかのぼって修正する。
(10)改訂し二分冊にしてまたも懲りずに同人誌即売会に出す。
(11)売れなくて再び泣く。友人も相手にしてくれない。
(12)どこかの賞に応募することを考えるが、
基本的にはラノベなのに、物語半ばですでに規定を突破。
長すぎて出せるところがないので、ずーっと先に使うつもりだった
伏線のエピソードをごっそり削除。場面描写も最小限に削る。
それでも、まだ収まらない。どうしよう。
(13)とうとう即売会の抽選に落ちる。
(14)それでも電波の命令が止まらず、仕方ないので続きを
書きつづける。

…という私は馬鹿。

298 :名無し物書き@推敲中?:04/12/11 23:06:55
>>297
いや、ばかじゃない。
おりゃ、あんたみたいなのが大好きだ。

299 :名無し物書き@推敲中?:04/12/13 22:12:26
>>298
これはわざわざどうも。
一応某公募に出してみるつもり。
物語はわりとサクサク進む方だから読んでもらえる気もするし。

300 :名無し物書き@推敲中?:04/12/14 20:30:23
仕方ないからわたしが三〇〇げとーしてさしあげよう。
ひれ伏せ!

301 :吾輩は名無しである:05/01/13 02:40:35
@0

302 :名無し物書き@推敲中?::05/01/17 11:47:20
0-

303 :名無し物書き@推敲中?:05/01/17 15:07:24
297
折りもあんたが好きだ

304 :名無し物書き@推敲中?:05/01/24 21:45:07
ローマは一日にしてならず。

毎日毎日書き続ける。
それができなければ長編書くのは無理。
書き方は各自、己のやり方にしたがうべし。

305 :名無し物書き@推敲中?::05/02/04 13:00:00
a

306 :名無し物書き@推敲中?:05/02/04 18:15:22
書くぞと思うと時既に遅し、ひどい頭痛が始まっているのであった。

307 :名無し物書き@推敲中?::05/02/16 13:39:36
y5

308 :吾輩は名無しである:05/03/07 00:08:30
867

309 :ポイズンリッチ ◆2M7NbRDXeI :05/03/07 07:08:37
>>282
ん?会話の文章か?
小説における会話の言葉遣いと、現実の言葉遣いは別物だと思うよ。
キャラっぽさが出ていて、会話のキーワードが読み取れればいいじゃん。
リアルさを出したければ、キャラと同年代の人と対話するのが一番だと思うよ。

…て、もういるわけないよな。遅レスごめん。

310 :吾輩は名無しである:05/03/20 23:30:24
98

311 :吾輩は名無しである:2005/04/03(日) 23:42:21
-

312 :名無し物書き@推敲中?:2005/04/04(月) 21:15:05
ようやく気づいた。
長編小説を書くなら文章を雑にしなければならないことに。
俳句のように苦吟して書いたら長編は完成できないばかりか、
もし完成できたとしても密度が濃すぎてとても読めたものではないのだな。

313 :名無し物書き@推敲中?:2005/04/04(月) 21:36:38
そんなことはない。
ある場面、ある部分で何度も書き直したとしても、
そもそも
>苦吟して
書くようなものは散文ではない。

文章の問題、以前のことだ。



314 :吾輩は名無しである:2005/04/23(土) 11:28:18
7

315 :名無し物書き@推敲中?:2005/04/24(日) 17:49:28
キャラクターノートや、絵コンテなんて、皆さん、今でも作ってます、創作演習
で作ったことは有るけど、その後はやってません。

316 :名無し物書き@推敲中?:2005/04/25(月) 12:43:35
test

317 :名無し物書き@推敲中?:2005/04/28(木) 11:35:18
絵コンテは脳内で処理かな

318 :吾輩は名無しである:2005/05/21(土) 11:29:30
0

319 :名無し物書き@推敲中?:2005/05/22(日) 21:48:36
ところで、ファンタジー書くのに取材って必要か?

320 :名無し物書き@推敲中?:2005/05/22(日) 21:53:35
あるに決まってるだろ。
幻想世界に取材に行く必要がある。

321 :名無し物書き@推敲中?:2005/05/24(火) 14:15:34
>>320
同意。
つか、俺なんかハリポタに言ってやったよ。
あんた歳とったらキミマロになるねって。

322 :吾輩は名無しである:2005/06/22(水) 11:31:08
8

323 :名無し物書き@推敲中?:2005/06/23(木) 02:39:10
>>319
全国の鉄塔を見て回ったよ。

324 :名無し物書き@推敲中?:2005/07/15(金) 21:14:07
書けばいいんだよ


325 :吾輩は名無しである:2005/07/22(金) 11:40:53
^

326 :吾輩は名無しである:2005/09/01(木) 12:11:07
ヘミングウェイ

327 :名無し物書き@推敲中?:2005/09/13(火) 13:06:19
まずは思いついた場所、人物のイメージ、筋書き、会話を
メモ、文章、絵をごたまぜでノートに書きまくる。
これ以上書けない、煮詰まったなと思ったところで順序を整理し文章を整える。
一話完成。
繰り返し。
メモは絶対に捨てない。

…とりあえず書けばなんとかなる。

328 :無名草子さん:2005/10/10(月) 10:14:23
g

329 :にんじん:2005/10/10(月) 18:00:55
絶対の賛美者募集中!!!! 夢は作家の「にんじん」をヨロシク!!!!
10代で男女交際するのは糞!!! 深夜遊びは校則違反!!!! 消灯時間を気にする30代ニートです!!!!
女は生理休暇取るな!!!! 地雷位でわめくな!!!! ほどこし受ける乞食は私に跪け!!!!!
私は我慢強い女ですが白馬の王子様の登場を待っていますwwwww
http://life7.2ch.net/test/read.cgi/mental/1128555266/

330 :名無し物書き@推敲中?:2005/10/29(土) 19:10:15
5000枚書いたとか言ってた人、結局どうしたんだろう。
俺は1000枚弱になりそうなんだけど、応募できる賞が見つからなくて困ってる。
500枚以内なら日本ファンタジー大賞か小すばに出すところなんだけど。

331 :自己レス:2005/10/29(土) 19:14:53
ざっと読んでみて>>170が参考になったな。
物語を分割させて最初を300くらいで完結させて出すって手法か。
完結させるって難しいけどな。
謎が最後まで残ってるような作品は確実に一次ではねられるだろうし。
4000枚以上書いた人もそれでやってみると言っていたがうまくいったのだろうか。

332 :名無し物書き@推敲中?:2005/10/29(土) 22:03:43
よく見るとこのスレものすごく書き込みの間隔が空いているのだな。
あげておこう。
ところで俺の感覚ではやはり300枚から500枚では長篇という気がしない。
300枚だと単行本にしてせいぜい200ページだろう。
ジャンルにもよるが200ページの本は短編ではないが中編といったところではないだろうか。
500枚でも350ページくらいか。
ファンタジーならハリーポッターが1巻で450ページ。
サスペンスでも例えば宮部みゆきの魔術がささやくでも400ページ。
長篇ならやはり800枚(500ページ程度)は書きたいところだ。

333 :名無し物書き@推敲中?:2005/11/09(水) 21:49:12
333げっつ!

334 :名無し物書き@推敲中?:2005/12/18(日) 18:43:19
あげ

335 :名無し物書き@推敲中?:2006/01/10(火) 23:54:07
よし。今日から長編小説を書こう。
どういう手順で書いたかここに書き込んでいこう。
期間は今から二ヶ月としよう。
枚数は、400〜500で設定しよう。

@題材を決める。
A資料を集める。
B資料を読み込む。

ここまでやったら、大雑把な構成をたてる予定。


336 :名無し物書き@推敲中?:2006/01/17(火) 12:47:37
長編は狙って書くものだろうか?
気がついたら長編になっているのではないのか?

337 :名無し物書き@推敲中?:2006/01/17(火) 13:22:00
長篇という気がしな

338 :名無し物書き@推敲中?:2006/01/17(火) 19:18:07
長編を狙って書く→なぜか中編に
長編を狙わずに書く→終わりが見えない
長編っぽいものを書くと決める→長編になる

339 :名無し物書き@推敲中?:2006/01/17(火) 23:34:40
狙って書かないと、プロになったら大体何枚という依頼を受けるのだから

340 :名無し物書き@推敲中?:2006/01/18(水) 13:42:40
大長編って手を出しづらくね?
書いてるうちに自分が上達してくるのわかるじゃん。
そすっと、初期に書いた長編がダメダメで目も当てられない。

で、結局新しいものに取りかかるか、って感じになる。
そういう訳で、三五〇枚以上のは書く気になれない。

341 :名無し物書き@推敲中?:2006/01/18(水) 19:59:18
>>339
……努力します。

342 :335:2006/01/21(土) 03:09:31
C大雑把な構想をたてる
Dキャラクター設定
E構想を練り直す
F頭の中でキャラクターを動かしてみる
G出だしを書く

343 :名無し物書き@推敲中?:2006/02/11(土) 10:50:34
長編になる

344 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/07(火) 12:43:36
、致命的

345 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/17(金) 06:35:18
それにしても、無名草子さんたちとは、さぞやすごい作家先生の匿名書き込みなんでしょうね。
作家なんて才能が全てだから、津井ついみたいに、いくら努力したって駄目なものは駄目ですよ。
私なんか、早々に見切りをつけて趣味の世界で細々ですから。
          小説現代ショートショート・コンテスト優秀賞受賞 阿部敦良

346 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/05(水) 11:58:24
つけたし

347 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/09(日) 00:45:38
頭の中で二時間くらいの映画を作りました。
カット割とか台詞とかちゃんと。それを文章化しました。
原稿用紙600枚以上になったので、1ヶ月ねかしてから削除作業で、
480枚までおとしました。のこりは推敲推敲。ってな感じで書きました。
ところで、プロットってなんですか。素人なもので…。

348 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/27(木) 12:48:27
好みに合わない

349 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/27(木) 14:49:06
☆★プロットの作り方・10and scene★☆
http://book3.2ch.net/test/read.cgi/bun/1112314843/l50
【あなたのプロット、批評(or鑑定)します。】
http://book3.2ch.net/test/read.cgi/bun/1137413552/l50


350 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/27(木) 19:15:06
>>347
頭の中でストーリーが展開して完結するなんて凄いですね。
それ自体が既にプロットなのでは?
うらやましいッス。


351 :無名草子さん:2006/05/26(金) 12:02:08
どこへ行っても

352 :名無し物書き@推敲中?:2006/05/26(金) 13:13:42
出だしだけ考えて書き出す
書いていると登場人物が勝手にストーリーを作ってくれる

353 :名無し物書き@推敲中?:2006/05/29(月) 07:38:20
>>352
結局は平凡なストーリーに終わるよ、そのやり方。

354 :名無し物書き@推敲中?:2006/05/29(月) 08:31:24
>>353
平凡なストーリーに終わる理由は?
売れてるプロでも、その方法使ってるぞ。

355 :名無し物書き@推敲中?:2006/06/01(木) 03:41:25
キャラの名前を考える。
名前からキャラ設定を膨らます。

これで8割完成。
1ページ目書き終わればあとは最後まで突き進む。

356 :名無し物書き@推敲中?:2006/06/25(日) 11:59:27
そのやり方

357 :名無し物書き@推敲中?:2006/06/26(月) 10:37:28
私の知ってるエンタメ作家(まあ売れてる)の場合
長編の場合は、
@キャラクター
(外見や性格、社会的なもの、生年月日や抱えてきた家族関係や人生、
童貞や処女を失った日や状況、女性の場合生理日や周期まで細かく)設定。
エクセル使ってキャラごとの生誕からストーリー中までの年表を作ってる。
Aラストシーンを考える
(だいたい情景から考えているらしい。最後は雪をふらせようとか。
その中で主要キャラをどう入れるかを後から考えている。
どんな読後感を残したいか、から入ると言っていた。)
Bいれたい場面を複数考える
(こっちは事件から考える。エッチはさせたいとか、ヒーローがピンチになる場面を入れるとか)
CAに向かって、Bを組み合わせる。
DAが終着駅でBを停車駅だとすると、各Bをつなぐ部分はキャラに自由に動いてもらう。

という感じなんだとか。
キャラ設定だけやって自由に動かすというプロもいっぱいいるらしいですが、
その作家さんは読後感をとても重視してるらしいのでそういう順番になるらしいです。

358 :名無し物書き@推敲中?:2006/06/26(月) 22:52:38
>>354
あらかじめ書きたい場面がすべて分かっていない限り、伏線が張れないから。
また、プロットがないため「○○はいまこういう感情になっているはず」ということを
作者が見失ない、キャラが前後の文脈に合わない発言をしたりするから。

よっぽど頭が良かったり、すでに自分の頭の中でプロットができてないと、
即興で書いても、「第一線クラス」のシロモノは書けないぜ。
まあ、そういうことができるからプロなんだろうけど。

あらかじめ
・キャラの性向および行動パターン
・キーとなる複数の場面のつながり方の説明(プロット)
を用意して挑むのが、我々凡人が天才と戦うための唯一の手段だと思われ。

正確に言うと、上記の書類を纏めることで、天才が考えるようにストーリーを
全部推敲することができる。
しかも、イチイチWordに話を落とさずに。
そうすりゃアホでも天才と同様に内容のある話を書けるようになると。

359 :名無し物書き@推敲中?:2006/06/27(火) 09:34:46
最初の一文を書く。神に導かれる。完成。

360 :名無し物書き@推敲中?:2006/06/29(木) 15:15:41
長編の場合、プロットが大雑把になるな。
つーか、プロットに気合い入れすぎるときりがない。
最近は、場面ごとに必要に応じてプロット組む。長編の場合、粗筋つけたら一気に書いた方が良い気がする。

361 :名無し物書き@推敲中?:2006/06/29(木) 16:47:34
きりがないと感じるのは自分が何を書きたいのかわかってないからだよ。

362 :名無し物書き@推敲中?:2006/06/30(金) 03:02:12
プロット書けといわれるとこんな感じになる。

・ストーリーを転がすためのキャラ設定

年齢、外見、名前は適当。ハローページとか卒業アルバムからギってきてもいいくらい。
ただ、「過去に彼は何を経験したためこう考えるようになったか」という点は重視する。
その経験が現在の行動に影響するはずなので。

・ケツを考える

「サイコ野郎をぶっ殺す勧善懲悪」でも「サイコ野郎完全犯罪史」でも構わないのだけど、
ゴール地点だけは考える。「ここまで書いたら終わりにしよう」という基準を定める。


・ゴールにたどり着くまでに必要と思われるシーンを考案する

幼児期に虐待食らったとか、6歳のころに草むらで青姦中のカップルを見たとかの回想とか、
一発目の犯罪を行なう際に何をしたか、及びその際の心理状況とかを適当に決める。
そりゃ例えば犯罪実行後、大抵の犯罪者は激しい喉の渇きを感じるとか、
一人殺った瞬間に手の震えが収まったとか勃起しちゃったとか。

くらいかな。


363 :名無し物書き@推敲中?:2006/07/02(日) 06:33:58
・適当に100枚ぐらい書く。キャラクターはその間に作る。
・プロットを既にかきあげてある部分も含め、最初から最後まで立てる。
・書いた100枚をプロットにあわせて伏線貼る。出足の勢いで書いた部分が
気に食わなければ切る、あるいは書き直す。
・再び勢いに任せて最後まで書く。全部書きあがったら微妙に辻褄の合わない
部分を戻って修正する。

書き出してみて気付いた事。無駄が多すぎる。でもこの方法が一番物語に
勢いがついて自分では気に入ってる。

364 :名無し物書き@推敲中?:2006/07/18(火) 20:28:50
教科書や進行ノートに沿って行われる講義が、面白くないのは、
空気を読まずに予定を推し進めるからだ。それよりも生徒、学生の反応、
空気を読んで、ここはもっと押してもいいか、ここは面白くなさそうだから
ちゃっちゃと行こう、などと即興的に語る講師の方が格段面白い。
しかしそれをやるためには、伝える事柄についての溢れんばかりの知識、
血肉となった知識が必要だ。プロットなんて書くな。その暇に何度も何度も
夢想せよ。冗談抜きで夢精してしまうくらいリアルに。

365 :名無し物書き@推敲中?:2006/07/21(金) 16:10:44
>>364
読者を目の前にして書いてるの?

366 :名無し物書き@推敲中?:2006/07/21(金) 18:15:47
>>364
それは推敲でやること。
プロット通り書き上げて、全体を見渡してから、このシーンはタルイからカットとか
登場人物がパッとしないからエピソードを追加しようとかね。

完成した作品は最初のプロット通りにはならないよ。

367 :名無し物書き@推敲中?:2006/07/21(金) 21:29:32
まあ色んなやり方があると思うけどね。な〜んも決めないで書いていく
のもいいし、がっちりプロット立てて書いていくのもいいし、
完成作品が面白くなればいい、ってのは当たり前だが、>>364みたいな
書き方する人でも、実は頭の中でプロットは立ててるって事なんじゃないかと思うのだが。
>何度も何度も夢想せよ
これって結局、プロットの紙がなくても、頭ん中にプロットをしっかり、
ある意味紙に書くよりも緻密に立てろ、って事では?

いずれにせよプロは、少なくとも新人の内はまず編集にプロット何個か
渡して、その中から「じゃあ、これで行って下さい」って言われて執筆に
入るパターンが多いのじゃないかと思う。

368 :名無し物書き@推敲中?:2006/07/21(金) 22:22:40
ちょっと聞きたいんだが、
長編小説を書く際に「長編ってのは何枚分必要か」って事を聞きたいんだ。
>>332では800枚程度とあるけどさ、
そもそも長編ってのは例えば一章二章と話の中で区切っちゃって、その合計が800枚(以上)でも
長編になりえるのだろうか。
例えばドラゴンボールZだったら(漫画を例えにするのもアレだけど丁度いい例が思い出せなかったという事で……)
サイヤ人編 フリーザ編 人造人間編 魔人ブウ編
と、大まかにこんな感じで区切れているけどもやっぱりそれぞれを長編で仕上げなきゃいけないのだろうか。
それとも四つの話全部で長編って区切りかたでもいいのだろうか(話の密度はおいといて)
そこらへんがよくわからんのでご回答お願いします

369 :名無し物書き@推敲中?:2006/07/22(土) 13:35:53
連載物のまんがは、ホント、例にならないだろ。
スレタイに沿って考えるなら、まずはいろんな本を読むことだ。

370 :ありがと:2006/08/20(日) 11:30:28
ありがと

371 :名無し物書き@推敲中?:2006/08/20(日) 14:26:10
私は、ほぼ>>357みたいなやり方をしています。
初めて書いた頃はキャラとラストくらい決めて、感覚で書いてたのですが、描写に引きずられてしまうので止めました。
で、やり方は定着しつつあるのですが、困ったことに長くなりません。
他の人の300枚の内容が、私には50枚程度になっちまいます。たるい展開を極力省いたせいかとは思いますが…。
ドウスリャ枚数フヤセマス?
ナニガタリナイ?

372 :名無し物書き@推敲中?:2006/08/21(月) 01:34:04
俺も同じような状況だよ。
前作がそれなりの量行ったのだが
今取り掛かっているのは量が少なすぎる。
読み返してもどうしてかわからん。
結果、どうすればいいかわからない。
参考にならなくてすまん。
ただ、心理描写関係を増やすといいと思う。素人考えだが。

373 :名無し物書き@推敲中?:2006/08/21(月) 02:01:33
おお、ありがとう!
結局、結論はそれしかありませんやね。

374 :名無し物書き@推敲中:2006/09/11(月) 11:48:49
no

375 :名無し物書き@推敲中?:2006/09/26(火) 08:22:43
 
受験生キャラ、死んだね。
分析が正しかったね。

          ケッ、ざまぁ見やがれ
     


376 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/31(日) 19:49:52
いきなり長編が無理なら短編にしてみ。
それで自信をつけるのも一つの手だぞ!

377 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/01(月) 00:56:20
いろんなやり方があるもんですね。勉強になりました。

自分の場合、脳内でパズルみたいにして
好きなキャラや、書きたいストーリーの切れ端を
あっちやったり、こっちやったりしてると
ぴたりとする瞬間があるんです。
それを見渡すとストーリーになってるってわけで……
短編も長編もそんな感じです。
>>367 みたいな感じ?脳内で。

逆にプロットを組み立てるのは苦手なので
今年はきちんとプロット立てられるようにしたいです。

378 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/01(月) 00:58:09
!mekosuji

379 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/18(木) 00:59:41
こういう話を書こう、と思いついたとして、
その話がいったいどのくらいの長さになるのか、全く見当をつけられない自分に気がついた。
特に長編だと。(10枚か100枚か、くらいは分かるが、
200枚なのか300枚なのか、は書き終わるまで分からない。)
これはマズイ、と気がついたので、今年は予定を立ててから書いてみるようにします。

380 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/21(日) 07:32:23
>>379
構成を考える必要があるかもね
各章ごとにプロットと枚数決めて書くといいかも
でもいつも前後するけどなー俺

381 :名無し物書き@推敲中?::2007/02/05(月) 13:03:17
見ています

382 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/05(月) 20:14:10
もっと

383 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/06(火) 16:20:33
きっと

384 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/10(土) 04:34:36
二ヶ月かけて一ヶ月放置。今四度目の推敲に入っているんだけど
400枚を300枚くらいにけずりたいと思っているのだが
削れるエピがない、つーか見つからない。
細かい文章を整理して簡潔に書くようにはしているが、それでも減らない。
無駄なエピは外せって、よく言っているよね。
自分で執着がとれないのか、無駄がみつからない。

無駄なエピのみつけかた、というか、要領があったら教えて欲しい。

385 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/10(土) 10:25:18
>>384
人に見せればいいと思う。

386 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/10(土) 10:31:40
ぜんぶいらないといわれる……

387 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/10(土) 12:45:10
わろた

388 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/12(月) 02:08:46
人に読んでもらうしかないのか、やっぱ

389 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/12(月) 10:07:13
>>388
読ませる人は選んだほうがいいぞ。
よくそれは作者の傲慢だとか言われるけど、
小説を細かい所まで読んでるヤツなんか実際少数だからな。
暇つぶし感覚で適当に読んでる俺が言うんだから間違いない。

390 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/12(月) 12:16:03
>>384
その作品に対して、新たなものを少なくともふたつ加えていないエピは
削るべき。理想的にはみっつ以上。

391 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/12(月) 23:40:18
>新たなものを少なくともふたつ加えていない
新たなものって、情報とか展開とかキャラとか、複線とかって意味?
複線も情報もどれもこれも多少からんでいるので
2,3のエピをひとつにまとめることに
すればいいのかな

392 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/12(月) 23:45:10
>389
幸いなことに目端がきいて知的教養もあり
指摘も容赦なく鋭い家族がひとりいる。
が、致命的なのは小説をほとんど読んだことがないやつなんだ。
もうひとりくらい欲しいな。
しかし忌憚ない意見をもらえる奴が他にいない

393 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/12(月) 23:50:34
<<最近はそういうのを見ると苛々する。貴様らさっさと仕事をせんか、とか言いたくなってくる。
実際、学生のD&Dリプレイ小説にケチを付け、じゃ何を書けばいいんですか、と困られたこともある。
ご参考までに書いておくと、
・パーティの人数を二手にわけても機能するほど増やすんじゃねえ。だりい。三手分九人? 単位やらねえぞ。
・だから話を平行させる? 危機の最中に合流して一気逆転とか狙ってねえだろうな。落とすぞ。
・ミッションと関係のないことで「貴様ぁ」「何をぉ」ってのはなしな。
・パーティ内での恋愛は御法度な。
・三角関係は絶対に御法度な。
・謎の過去を抱えたキャラ、ってのは、一名だけでもなしな。
・過去持ちキャラ二名以上で悶着必至? おまけに三角関係? ふてえ奴だ、単位欲しくないのか?
・手遅れになり掛けてからじめじめ身の上話をする、ってのはなしな。
・話がちゃっちゃと片付かないのはそいつが黙ってたから、ってなしな。
・敵キャラとの因縁でじめじめ悩むってのもなしな。
・敵キャラ実は親? 貴様死にたいか。
・自己犠牲なしな。事前事後の愁嘆場が延びてかなわんから。
・ラスボスとの戦いの前に、今回の仕事の意義について延々と御託、ってのはなしな。
どうしてもやりたければそいつが、「ヘンリー四世」の時のケネス・ブラナーくらいには喋れるってことを証明してみろ。

「じゃ、何を書けばいいんですか」
「プロが脇目も振らずにさくさく仕事をすればいいんだよ」
「それじゃ話がすぐに終わってしまいます」
「作業自体の難易度を上げなさい」>>

394 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/12(月) 23:54:48
>>392
家族に読ませられる小説なんて所詮たいしたことない

395 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/13(火) 00:01:31
このスレ見てるといらっとくる。
「エピ」って略きしょい。
長文はウザイ。


396 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/13(火) 00:10:07
>394
別に他人でもいいんだけどね。
「面白かったよ」以外の言葉を言ってくれる奴がいるのなら

397 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/13(火) 00:13:24
>>393
よく分からないけど、ミス板のネタスレみたいなツッコミにワラタ。
何人も殺されてからじゃなくて、最初の殺人で本気出せよ、探偵、みたいな。

398 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/13(火) 00:15:53
すれ違い通報しました

399 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/13(火) 01:54:31
>>394
ただ言ってみたかっただけだろ?

400 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/13(火) 12:39:45
痛いところつかれて攻撃ですか?

401 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/13(火) 14:36:23
>>391
ゼロのエピならばっさり切れるが、ひとつのエピなら
そうもできない。そういうときは、必要な情報なり伏線なりを
抜きだして他のエピに混ぜる。

402 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/13(火) 15:11:39
だからその「エピ」って吐き気するからやめなさい。
あんたは気取っている積りだろうけど、本当カンベンして。

403 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/13(火) 20:08:08
気取ってなんかいねーだろw

404 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/13(火) 20:12:04
どっちにしろ普通エピなんて略さないからしんでくれ。気持ち悪い。

405 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/13(火) 20:18:17
なんでそこまでエビを嫌うのかわからないw

406 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/13(火) 22:00:07
昔自分も言ってて、同じように非難でもされたんじゃないの?

407 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/13(火) 22:02:22
非難訓練と言う奴か

408 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/13(火) 22:13:58
誰がうまくないことを(ry

409 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/13(火) 22:15:25
いや、俺はうまいと思うけどな。うん。

410 :409:2007/02/13(火) 22:17:54
ですよねぇ^^

411 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/13(火) 22:32:40
なにこの懇切丁寧な自演

412 :409:2007/02/13(火) 22:38:22
ちょっと待てよ、>>409はおれじゃないぜ?

413 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/14(水) 02:35:32
エピエピエピエピエピエピ

414 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/14(水) 02:37:02
>401
ありがとう。やってみるよ

415 :406:2007/02/14(水) 07:35:44
あ、ごめん。
>>405ってエピをエビってボケたのか。拾ってあげられなかったわ。

416 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/14(水) 07:38:38
ホント迂闊だな。おまえは昔からそうだよ。肝心なところで間違う。

417 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/14(水) 08:20:17
悪かったよ。昔からこの迂闊さでどれだけボケを潰してきたか。
最後のwがカギだったんだな。
いや、おいおい難易度高くね?

418 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/14(水) 10:40:23
鰈にスルーしてるのかとおもてたw

419 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/18(日) 18:43:20
意外と面白い掛け合いだがw、流れを読まずにひとつ。
>>393は自分が面白いモノを作れると勘違いしてるよな。
393が禁止するモノほど重要だ。
お前の生徒はみんな潰れるな。保証するわ。
生徒もご愁傷様(ー人ー)

420 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/18(日) 19:05:57
いいか? よく聞け、>>393はコピペだ。
もしかして>>419もコピペだったかな? お恥ずかしい

421 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/18(日) 21:13:41
コピペなんて、ないんだよ

422 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/18(日) 21:14:52
コピペなんて、ないんだよ

423 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/18(日) 21:21:40
寝ぼけた人が、見間違えたんだ

424 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/18(日) 21:48:59
422はコピペです。

425 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/19(月) 00:37:47
>>393は佐藤亜紀教授ですよ。

426 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/19(月) 00:39:54
だからコピペだっつうにw

427 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/19(月) 00:45:28
は?

428 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/19(月) 00:48:49
やべ、真性来た?

429 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/19(月) 00:55:52
謎。

430 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/19(月) 00:56:17
新世紀来た

431 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/19(月) 00:59:00
コピペだっつうにマジレス続ける奴って釣りにしか見えない。

432 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/19(月) 01:00:43
マジレスなのに釣りなのか?

433 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/19(月) 01:03:29
は?
sageてもわかるその真性っぷり。

434 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/19(月) 01:05:51
コピペだからなんだっての? 馬鹿じゃねー?


435 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/19(月) 01:10:12
やっとコピペっつうものを理解できたか。乙。

436 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/19(月) 01:11:52
だからコピペだから何だってんだつってんだろ、ホントに馬鹿なのか?

437 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/19(月) 01:13:28
<<>>という引用符があるからコピペだってことぐらい最初からわかるんだよ。
>>435はまったく意味不明だな。
もしかしてコピペって言葉を使いたいだけなのか。

438 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/19(月) 01:15:40
さあ盛り上がってまいりました

439 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/19(月) 01:20:40
>>420 名前:名無し物書き@推敲中? 投稿日:2007/02/18(日) 19:05:57
いいか? よく聞け、>>393はコピペだ。
もしかして>>419もコピペだったかな? お恥ずかしい



頭の弱い子だねw

440 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/19(月) 01:30:06
バロスwwwww

441 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/19(月) 01:36:02
愉快だな。
一人でがんばれよ。

442 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/19(月) 01:37:44
まあ最後に言っておいてやるか。
コピペだと解っててレスしたんだろ?

も っ と 馬 鹿 じ ゃ ん w

じゃ、あと自演でがんばってくれ。真性くん。

443 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/19(月) 04:52:26
>>393がコピペだってことは誰もがわかってることだよな。
コピペだとしても、
>>393の意見に異を唱えたり賛同したりするのは無意味ではない。
しかもコピペ元まで明かされているわけだが、
それすらも「コピペにマジレスは釣りかよ」的な場違いすぎる2ちゃん語で反応。

何から何まで謎だ。
つーか、もしかすると彼はコピペがコピー&ペーストだってことを知らないのかな。


444 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/19(月) 06:08:59
まず特異なシチュエーションを考える。「え、これどうなるの?」という情況ね。
キャラクターとかはその後、語っているうちに出来てくる。

445 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/19(月) 07:11:12
>>444
キャラクターは自然発生していくみたいな人は結構いるけど
それだとそのキャラの人物像や歴史ってのは全部あとづけってことだよな。
長編だと後半手詰まりになってこないか?

446 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/19(月) 07:31:48
>>445
後半で手詰まりになるっていう意味がよくわからない。
そもそも手詰まりになった情況から始めるからさ。

447 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/19(月) 08:22:10
世界観と要点を幾つか決めておく。
キャラで物語を駆動させ、事件を起こすなりなんなりして展開を変える。

ちなみに長編の定義は不明瞭ですが、大体400枚前後くらい。
質どうこうよりも、ここに到達できる人がまず少ないですよね。

448 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/20(火) 06:20:05
ここに到達できる人がまず少ないですよね。
ここに到達できる人がまず少ないですよね。
ここに到達できる人がまず少ないですよね。
ここに到達できる人がまず少ないですよね。

449 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/20(火) 07:00:01
>>448
言いたいことはハッキリ言わないとわからんよ。
察しはつくが……

450 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/20(火) 09:58:24
長編を書けないようでは小説家としての生存率が低くなるのは当然だろ。
せいぜい短いものを連作で一冊としての価値を持たせるくらいしかないんだから。
百ページのハードカバーに千五百円出す奴はいないってことだ。
つまり短いもの=価値が低いというのは事実。

451 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/20(火) 11:20:27
シロウトが偉そうに

452 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/20(火) 11:31:46
薄いとハードカバーの装丁の方が厚くなるかもな

453 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/22(木) 07:56:37
>>443
>つーか、もしかすると彼はコピペがコピー&ペーストだってことを知らないのかな。

たぶん正しい。

454 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/22(木) 08:29:43
必死だ必死

455 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/22(木) 08:32:16
>>454
? だってそれしか考えられないじゃん。

456 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/22(木) 08:37:55
日本語

457 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/22(木) 08:38:38
なんだおまえ「彼」かw

458 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/22(木) 08:53:50
必死だ必死

459 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/22(木) 09:00:24
>>458
まあ、もし「彼」ならば>>453の見解に答えてほしいものです。
必死だ必死と返す場合は当たってると見做すことにするよ。

460 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/22(木) 09:06:34
age

461 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/22(木) 09:16:13
>>460

なるほど、>>453の見解が外れているというわけだ。
それを言えるのは「彼」しかいないな。君は「彼」だ。

けどもうどーでもいいや。

462 ::2007/02/22(木) 09:24:53
何でそんなに必死なの?
コピペにマジレスしたことがそんなに恥ずかしいんだね。

463 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/22(木) 09:34:27
普通の人にならムキになっても自分の主張をわかってもらおうとするが、
「彼」ならば、言葉知らなすぎで話してもわかんねーからどーでもいい。

という意味です。ではさようなら。

464 ::2007/02/22(木) 10:31:24
絶対見ている

465 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/22(木) 13:13:26
>>420が真性基地外、馬鹿で屑おまけに白痴ってことで終了してる話題なのに、なぜ蒸し返すの?

466 ::2007/02/22(木) 13:26:19
ほらいた

467 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/22(木) 13:35:58
いるよ

468 ::2007/02/22(木) 13:43:36
さようならとかいうやつって必ず見ているんだよね。
で、俺がいなくなったころあいに反撃するんだ。
でも俺はもっと粘着だからね。

469 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/22(木) 15:11:04
400枚? それ長編としてはぎりぎりでしょ。純文学ならありうるけど。
エンタメなら短すぎるよ。

470 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/22(木) 20:02:21
枚数なんて、そんなに問題か?
質が良けりゃ長かろうが短かろうが読者は気にしないと思うが。
それが書けるかどうかは別として。

471 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/24(土) 22:30:48
程度問題だとは思うけど。
あんまり長いと読む方も疲れるから。
終わクロの7巻なんか買ったはいいものの二度と開く気にどうしてもなれないし。
むしろオイラは最近のエンタメは長すぎると思うんだ。
あくまで、読者として、だけど。
投稿するときには規定枚数の下限で収まるように書いて、後からふくらませる部分は
ふくらませる方がいいのかも、と思ってる。
一作あたりのむしろ枚数を継続して書き続けることが重要らしい。
オイラの先生(その手の学校のセンセ)は三千枚の壁とか言ってたけど。
とりあえずこつこつ(それなりのスピードで)書いて合計三千枚突破できる人と
できないひとがいるそうな。
このあたりを突破できないとプロにはなれないよ、と言われた。


472 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/28(水) 18:23:39
3000枚・・・約3Mか
そりゃキツいな
同じ作品を半年も書き続ける自信はない

ゲームライターでいいか〜

473 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/28(水) 22:53:20
誰だったか、金取れるようになるまでには1万時間かかると言ってたよ。
枚数は関係ないかもね。

474 :名無し物書き@推敲中?::2007/03/12(月) 13:09:14
k

475 :名無し物書き@推敲中?:2007/03/13(火) 19:58:36
@キャラクターを考える
Aとりあえず書き始める
Bプロットを考える
C凄い作品が出来そうな気がする
D背景を考える
Eキャラやたらカッコいい設定がつく
F書くのをやめて妄想の中で育てる
Gいずれは書こうと思う

476 :名無し物書き@推敲中?:2007/03/13(火) 20:00:28
そして十年の月日が流れた。

477 :名無し物書き@推敲中?:2007/03/13(火) 23:23:01
>>475-476
それ自体がもう物語じゃね?

478 :名無し物書き@推敲中?:2007/03/14(水) 00:53:00
十年どころではない年月が過ぎているけどな俺は

479 :名無し物書き@推敲中?:2007/03/18(日) 12:07:14
>>478
ナカーマ

規模で言えば漫画のバスタードと同じクラスですよ。

480 :名無し物書き@推敲中?:2007/03/19(月) 19:49:25
>>1
テーマから決められる奴なんてこの世にはいないだろ

481 :名無し物書き@推敲中?:2007/03/19(月) 20:05:43
3年も前の書き込みレスですかっ

482 :名無し物書き@推敲中?:2007/03/19(月) 20:24:31
創文板ではよくあること

でもないか

483 :名無し物書き@推敲中?:2007/03/20(火) 19:37:51
>>480
そうだよなぁ。
手順としては>>475が正しいよな?

484 :名無し物書き@推敲中?:2007/03/20(火) 20:00:21
キャラクターというか主人公の職業、または中核となる舞台、
主人公が野球選手だったら野球ものになるし、
戦国時代が舞台なら、武将とか農民とか限定されてくる。
決めたところで面白いかつまらないかには影響しないし。

俺なら、
@職業、舞台
A設定
B過去
Cプロットポイント
D主要関係
E前後の展開
F結末、冒頭

485 :名無し物書き@推敲中?:2007/03/20(火) 20:16:38
じゃー、お前の言うとおり考えてやるよ。

@評論家で、雑誌のグルメコーナーに連載を持つ。
Aただしレトルト・インスタントを専門。
B自分を可愛がってくれなかった実母の料理とも言えない料理にトラウマ。
C万人の味のレトルトから、家庭料理の味に目覚める。
D編集長A─レトルトコーナーの生みの親。おかげさまで独身の食生活に潤いが。
D担当者B─レトルトコーナーごときを担当させられるのは嫌だが、主役とはいい関係。
D冷凍食品会社の営業C─実はレトルト食品が嫌い。その評論をする主役を内心さげずむ。
D義理の弟D─義母の連れ子。家を出て行ってしまった、ちょっと病んでる義兄を気遣う。
E仕事も兼ねて、毎日毎日冷食レトルトインスタントで食いつなぐ。
E怠惰な母親にレトルトばかり食わされていたCと本音をぶつけあい、友情が生まれる。
E義母が事故にあい、何かにつけて五月蝿かった弟がふさぎ込む。
E義母が亡くなり、冷蔵庫を整理している時に食べた「母の味」に涙する。
F冒頭─誰にでも味わえる万人向けのレトルトは最高の食品。
F結末─同じレトルトでも家庭で食べるならそれ以上の味に感じる。

お、おもしろそうかもしれない。。。

486 :名無し物書き@推敲中?:2007/03/20(火) 21:04:48
誰も見ないと思ってちょっと適当に書いてしまったけれど
実際に使ってもらったのは、ありがたい。というか本人よりも理解している。

Eなんだけど、これは物語は前半で決定するらしいので、
別スレでいったけど、物語の簡単な構造は、
前半「問題(目的)→行動」→中間「変化」→前半「問題→行動」と考えられるっぽくて、
冒頭をAとして、プロットポイントをBとした場合、
点と点を繋いだ線がそのまま後の展開になるんじゃないかと考えた。

Aが日常で、Bが非現実的なら結ばれた線は上へ向かう、
この差が高ければ高いほど人は興味を持つんかなと。
だからAが高く、Bが下すぎるとダラっとした展開になったり、
Bが少し高いとゆるやかなカーブ、もちろん変化が無ければそのまま。
こういう理論はぽんぽんと思いつくけど、どうせ意味なんかないんだろうな。

487 :名無し物書き@推敲中?:2007/03/21(水) 01:38:06
AでBまでひっぱって貰わないと読む意欲も落ちるね。話作るって難しいよな。
レトルト・インスタント専門つーのでちょっと面白みを持たせようとしたけど、そう考えると弱いね。

難しいよなぁ…

488 :名無し物書き@推敲中?:2007/03/21(水) 17:45:26
また考えた、Bには展開が拡張するタイプと、展開が限定(束縛)されるタイプがあるんじゃないかと。

拡張される方は、それ自体は目的ではなく、Aの状態とBの影響によって変化する。
自由に描ける分、方向性が見えにくい。結果を描くための手段としての力しか持たない。
例えば、特徴的人物の登場→ET、ドラえもんトロロ、のだめ、
人物に起こる変化→ハリポタ、らんま、タイムマシン、サトラレ。

限定される方は、引き金のようにそれそのものが強制的な決定力(目的)を持っている。
方向は見えやすいけど、自由度は低くなる。シリアスものに多い。一度開放されてしまうと終了する。
例えば、争い(強力な能力)→バトルもの、事件が巻き込まれる→ミステリ、逮捕→監獄もの。

・・・また微妙な考えだが。

489 :名無し物書き@推敲中?:2007/03/22(木) 16:53:08
滝沢馬琴
『南総里見八犬伝』張りの長編小説を書く才能と根気が
欲しい。

490 :名無し物書き@推敲中?:2007/03/23(金) 18:48:41
晩年は失明だな。

491 :名無し物書き@推敲中?:2007/04/01(日) 21:26:38
>>471
>とりあえずこつこつ(それなりのスピードで)書いて合計三千枚突破できる人と
>できないひとがいるそうな。

この三千枚の壁を突破できる人と、出来ない人の決定的な違いって
いったいなんでしょう?
……やっぱ性格?

492 :名無し物書き@推敲中?:2007/04/01(日) 21:35:57
そういうものが好きかどうかも関係する気が

493 :名無し物書き@推敲中?:2007/04/02(月) 00:10:39
俺のやってる超鈍亀作業

@とにかく、浮かぶ言葉を全て書く。ひたすら書く
A途中で面白いと思う設定が浮かんだら、別途に解説する
B何を書きたいのかがぼんやりと見えてきたら、それをテーマにして改めて
浮かんだ言葉を読み返す。
足りないと思ったら只管書く。いらないと思ったら容赦なく削る
Cとりあえず、キャラ書いてみる
Dキャラと、書き連ねた言葉を見比べて、また只管に思いつく言葉を書く
Eいい加減固まってきたと思ったら、Bに戻る
 ここでテーマが変わったら、その程度のものだったんだろうと割り切る。
F具体性が見えてきたら、やっとプロットを起こす
G必要な取材を行う。
Hプロットの見直し。
I粗筋書き→初稿に漕ぎ着ける。

プロじゃないんで、初稿と言うのは生意気かもしれないです。
ウザいくらいに言葉を並べる理由は、浮気性なせいで、
次々と全く違うネタが浮かび、そっちに逝ってしまうのを
この行為で防ぐ。という意味合いもあります。
短編だったら一気に書き上げてしまうので、こんな方法は取りません。

108 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)