5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【人生】作家になる努力ってナニ?【努力】

1 :名無し物書き@推敲中?:04/08/30 16:53
「作家になるために努力してます」とか
よく言うヤツがいるけど・・・
作家になるための努力ってなんだよ?

本をいっぱい読むとかそういうことか?
じゃあ人よりたくさん本を読めば作家になれるのか? なれねぇよな

2 :名無し物書き@推敲中?:04/08/30 16:53
2ゲット

3 :名無し物書き@推敲中?:04/08/30 16:55
>>1
で?

4 :名無し物書き@推敲中?:04/08/30 17:48
 読むことよりも、まず書きまくることだろうなぁ
(全く読んでない香具師には書けないだろうけど)


5 :名無し物書き@推敲中?:04/08/30 17:50
書くことだと思うよ。

6 :名無し物書き@推敲中?:04/08/30 18:09
読む・書く・妄想

7 :名無し物書き@推敲中?:04/08/30 18:10
ドリブル練習・パス練習・シュート練習

8 :名無し物書き@推敲中?:04/08/30 18:19
日本語をマスター汁

9 :名無し物書き@推敲中?:04/08/30 18:26
まず
たくさん読む→たくさん書く→たくさん読む→たくさん書く

この繰り返しでかなり力は付く あとはセンスだろうな。

10 :名無し物書き@推敲中?:04/08/30 19:44
この板に来ないこと

11 :罧原堤 ◆5edT8.HnQQ :04/08/30 20:11
ヽ  ノ        `ヽ r´       ヾ ソ
  ~ヽヽ         U        /ノ
   ヽノ

         /:::::::::::::::::::::\ 
       /::::::::::::::::::::::::::::::::\ 
       |:::::::::::|_|_|_|_|_| 
-´⌒二⊃. |_|_ノ∪ \,, ,,/ ヽ   ⊂二⌒丶
 _ソ.   |::( 6  ー─◎─◎ )     ヾ__
.       |ノ  (∵∴∪( o o)∴)
      |   <  ∵   3 ∵>
     /\ └    ___ ノ
       .\\U   ___ノ\
         \\___)  ヽ
早くうまく書けるようなものカキになりたいという憧れが人を偉大な作家に導く推進力となるのだっ!!

12 :名無し物書き@推敲中?:04/08/30 20:59
作家になるための努力----
それは「書く」ことでもない、「読む」ことでもない。
ズバリ「何も考えず、ぶらぶらしていること」だ!
5年もこれをやれるようなら、必ず作家になれる。
たいていの人には耐えられん。

13 :名無し物書き@推敲中?:04/08/30 21:55
気の利いた逆説?

14 :名無し物書き@推敲中?:04/08/31 10:45
>>12
じゃあ俺は絶対に作家になれるな
俺は6年ブラブラとしているから。

15 :名無し物書き@推敲中?:04/08/31 11:34
ただの引き篭もり

16 :名無し物書き@推敲中?:04/08/31 13:22
>>「作家になるために努力してます」とか
>>よく言うヤツがいるけど・・・

俺はそんな奴みたことないが……

17 :名無し物書き@推敲中?:04/08/31 13:29
>>16
お前がひきこもりだからだろ。

18 :名無し物書き@推敲中?:04/08/31 13:34
俺の回りで創作やってるって奴だと、建前上は「仕事最優先」だな。
やっぱり作家目指してるなんて堂々と主張したら立場失うと思ってるんだろうな。俺に至っては、賞の締め切り前なんかで仮病がちになる理由を見抜かれかねないから、作家目指していることすら隠してる。

あんま親しくもないし、裏でどんな努力しているかわからんのが逆に怖い。
俺も俺で、意欲保つために勝手に「あいつは影でスパルタな努力やってるに違いない」と想像してライバル認定してみたり。

19 :名無し物書き@推敲中?:04/08/31 13:49
>>18
人に言うのが恥ずかしいんだけだろ?
「あいつ作家目指してるんだって プッ」と言われると恐れてんだろ?

20 :名無し物書き@推敲中?:04/08/31 13:51
>>4>>9にハゲ同。

21 :名無し物書き@推敲中?:04/08/31 14:11
書く前に、
とにかくたくさん読め!
けど斜め読みはするな! 一語一句しっかり読め!
そのうち小説の書き方というものが自然と身についてくる
           ↓
書き方がある程度分かったら書け!
すこし書くと粗が見えてくる、そして何回も何回も書き直せ!
そのうち文章がうまくなってきて自然と書けるようになってくる
           ↓
そしてまたいろんな人の本を読め!
そして、頭の中で「自分ならこう書くなぁ」と
自分なりの書き方を創造しながら読め!
そのうち、また一段階上の書き方というものが自然と身についてくる
           
これを繰り返してステップアップしていくのさ
そのうち、ふと良いアイディアが浮かんでくるようにもなる

読まずに書くと必ず行き詰る


22 :名無し物書き@推敲中?:04/08/31 14:12
>>19
うんまあそれはあるよ。
プロになってない奴が小説書いてるっつってもネタじゃん。

23 :名無し物書き@推敲中?:04/08/31 14:13
「読む」は重要な努力だとは思うが
そればっかりの話題になると重複なんで一応誘導

おまいら書く前に読め!
http://book3.2ch.net/test/read.cgi/bun/1064055769/l50

24 :名無し物書き@推敲中?:04/08/31 14:27
>>21
俺もそんな感じでやってる

別に努力と思ってやってないし、やってて楽しい。
読んでて楽しいし、書いてて楽しい。
けどそれが努力になってるのかな?

25 :名無し物書き@推敲中?:04/08/31 15:32
何だろう >>21 の書いた小説は
とてもしょぼい物じゃないかという
悪寒がしてしょうがないんだけど

(一応、釣り糸を垂らしておこう)

26 :名無し物書き@推敲中?:04/08/31 15:39
>>21
たしかに、それしか方法はないだろうね。

あとはセンスがあるか・ないか
こればかりは努力でどうなるものでもない
天賦の才能だな


27 :名無し物書き@推敲中?:04/08/31 15:40
辞書を読む

28 :名無し物書き@推敲中?:04/09/01 01:13
京極夏彦はすでに一万冊以上の本を読んでるらしいよ。
あと、各文学賞の受賞者にアンケートとったところ、
書く前に過去の受賞作品を(平均で)20〜30冊くらい読んでるんだって。

読むって大切ですね。

29 :罧原堤 ◆5edT8.HnQQ :04/09/01 01:39
取材を忘れていた。こんなに大切なことなど無い。

30 :名無し物書き@推敲中?:04/09/01 07:54
しっかり読んでも、イマイチ言葉の意味とかニュアンス
がわかんねえんだよな、だって馬鹿だから。

31 :名無し物書き@推敲中?:04/09/01 08:29
分かんなかったら調べろ

32 :名無し物書き@推敲中?:04/09/01 11:04
>>28
小説だけではないけどね、古文書や古書その他の類も含めてだけどね。
けど確かに京極夏彦の書斎はスゴイ・凄すぎる。

それと過去の受賞作品(特に過去5,6年の受賞作品)を読むというのは、
その賞を獲るうえでの戦略分析をするうえでも大切だね。

33 :名無し物書き@推敲中?:04/09/01 11:32
>その賞を獲るうえでの戦略分析をするうえでも大切
おれ、その手の意見に懐疑的。
あまり過去受賞作を意識し過ぎると負けなような。
いや普通に楽しんで読むならまだしも、なんか羨望とか妬みとかが主観に入ってる状態で読んでもねじ曲がる一方というか
いやおれ限定の話かもしらんけど

34 :名無し物書き@推敲中?:04/09/01 11:45
>>33
純粋に本を楽しんで読めばいいんだよ
それで「あっ なるほどこんな感じかぁ」みたいなニュアンスを
感じ取ればいいんでないの?

35 :名無し物書き@推敲中?:04/09/01 13:26
>>33
なんで羨望とか妬みが主観に入るの?
そんなんじゃ何やっても無理でしょ。

36 :名無し物書き@推敲中?:04/09/01 13:50
一万冊読破ってそんなにすごいか?

37 :名無し物書き@推敲中?:04/09/01 13:55
>>36
誰ひとりとして
一万冊読破がすごいなんて言ってない

38 :名無し物書き@推敲中?:04/09/01 14:16
そうか。書斎がすごいのか。誤読した。

39 :名無し物書き@推敲中?:04/09/03 15:32
読め読め読め読め読め読め読め読め読め。嫁。

40 :名無し物書き@推敲中?:04/09/05 09:19
自分の目で観ること。感じる、考える、そして表現する。

41 :名無し物書き@推敲中?:04/09/06 11:53
一万冊書いた方が労力的に凄みがあるな
一冊あたり少なめに見積もって原稿用紙二百枚だとしても計二百万枚
ひゃあ

42 :名無し物書き@推敲中?:04/09/09 13:02
>>41
短編だったら書けるかもしれないぞ。

43 :名無し物書き@推敲中?:04/09/09 13:11
短編にしたって数作集まらないと冊にはならないじゃん

星さんとか作品数で言うと何作になるんだろう

44 :名無し物書き@推敲中?:04/09/09 13:23
星さんは1,000作声。

45 :名無し物書き@推敲中?:04/09/09 14:35
>>43
別に数作集めなくてもいいじゃん。
厚みが薄くても本は本でしょ。

46 :名無し物書き@推敲中?:04/09/09 15:11
やりすぎると本ってか冊子やフリーペーパー扱いのような。
有料って書かないと勝手に持ってかれるような体裁で、「一冊書いた」というのもなんかなあ

どうでもいいや
とりあえず書く

47 :名無し物書き@推敲中?:04/09/09 15:18
本は本だ

48 :名無し物書き@推敲中?:04/09/09 15:37
本は本田

49 :名無し物書き@推敲中?:04/09/09 17:11
オナニーしれ

50 :とにかくカケ:04/09/29 22:19:12
カケカケカケー
カイてカイてカキマクレー
センズリを!

51 :とにかくカケ:04/09/29 22:20:38
作家になる努力ってオナニー?

52 :名無し物書き@推敲中?:04/10/01 08:46:04
>>1の読書量がわからないが、
書きたいと思ったら、書けばいいんだよ。とにかく。
書いていればこそ、また「書き方」がわかってくる。
書き上げれば、さらにわかる。
それを二作目に生かすように、書く。
と、またさらに「書き方」がわかってくる。
そして、いつの間にか「作家先生」と呼ばれている。
という夢を、ここに書き込みしてる奴らは持ちつつ、今日まで来たのだ。
みな、励ましだと思えw

53 :ミステリ罧イカ原堤 ◆mm/T2n8mWo :04/10/02 13:25:06
もう悪循環なんだよ俺の生活は。全て悪循環。こらえ性もないし。凡人。あのね人一倍凡人。でも人の二分の一しか努力しないから。言っとくけど。

54 :ミステリ罧イカ原堤 ◆mm/T2n8mWo :04/10/02 13:30:07
とにかくピンク・フロイドがへぼすぎたのがだめなんだよ。もっとガツンと来ると思ったんだが。
だからミヒャエル・リースラーのCD欲しいんだよ。

55 :名無し物書き@推敲中?:04/10/02 13:30:45
書くことないのになぜ無理して書くんだ
ノルマでもあるのか?

56 :ミステリ罧イカ原堤 ◆mm/T2n8mWo :04/10/02 13:58:48
>>55
書く以外で他にすることも特にないからだろ

57 :名無し物書き@推敲中?:04/10/02 14:00:19
それならいい案がある
日記を書くのだ

58 :ミステリ罧イカ原堤 ◆mm/T2n8mWo :04/10/02 14:09:56
>>57
たしかにインスパイアされるいい提案だな。
日記のつもりで小説を書くのはいいな。完全なるフィクションなんだが書いている本人が日記を書いている気持ちになれれば、書くことが義務のような気持ちになれてノルマみたいに作用して、
駆り立てられるように書けるな。自分にいかにこれは日記を書いているのだと思い込ませられるかで勝負が決まるゲームだ。
日記のつもりでフィクションを書けば、俺の人生こんなに面白いのかと自己が拡大される喜びも相乗効果で期待できてさらに面白い物語を書くパワーにもなれるしな。なによりめんどくさくないからな。寝ながらでも今から日記を書くんだと自分に言い聞かせられるし、
プロットを立てるときにも使えるだろう。


59 :名無し物書き@推敲中?:04/10/02 14:10:55
懸垂だよ、懸垂。
一日百回。

60 :名無し物書き@推敲中?:04/10/02 14:12:41
日記を書くことによって自分を見つめなおせば?ってことだよ

61 :ミステリ罧イカ原堤 ◆mm/T2n8mWo :04/10/02 14:38:08
>>59
懸垂もいいな。ただぶら下がるところがないからできないな。
>>60
日記を書くまでに落ちぶれた自分を見つめなおしたときに日記を書く作業も終わりを迎えるわけだから日記で自分を見つめなおすのは難しいな。

62 :名無し物書き@推敲中?:04/10/02 14:45:15
そこをあえて文章化することによって、「創作」の極意が見えてくるのだよ
いいから日記書いてみなよ。ありのままの、偽らざる自分の姿をね

63 :ミステリ罧イカ原堤 ◆mm/T2n8mWo :04/10/02 14:47:08
まあ日記帳がわりに2CHを使わせてもらってるから毎日日記かいてるんだよね。

64 :名無し物書き@推敲中?:04/10/02 14:50:35
ああわかったここは君の日記帳なんだなそれならいうことはないさようなら

65 :名無し物書き@推敲中?:04/10/02 15:04:07
チラシの裏にでも書いてろ、な?

66 :名無し物書き@推敲中?:04/10/10 10:00:18
貧乏、失恋、病気。昔から、言われてますが。

67 :名無し物書き@推敲中?:05/03/02 03:40:21
ひさしぶりぶりぶり。

68 :吾輩は名無しである:05/03/16 11:29:30
u

69 :名無し物書き@推敲中?:05/03/16 11:49:51
作家になるための努力で一番大事なのは
自分の何処が現役作家に『劣ってるか』を自覚することだろうな。
この結論が何もないならば、いきなり応募して合格してるはずだ。
デビューできていない=どこかが現役作家の水準に比べ劣ってるのが確実
しかし、この自分が『駄目な所』を見つめる事が難しくて
努力しているポーズに逃げがちになる。

70 :名無し物書き@推敲中?:05/03/16 12:33:09
劣っている点を自覚する以前に
今の努力が自己満足かどうかの方が問題だと思う。
それと努力の仕方が分からないという奴は
努力以前の才能の問題だろうね。

71 :名無し物書き@推敲中?:05/03/16 12:40:36
作家になるための努力とはまず書くこと
書いたら頭から読み返すこと
そして書き直すこと
納得いくまで書き直したら人に読んでもらうこと
的外れなこと言われてはらわたが煮えくり返っても礼を言うこと
そしてもう一度違う視点で読み直すこと
そして自分の言いたいことが書けているか確認すること
全く書けていない事実に気付いて絶望してやめたくなること
もう作家になるのをあきらめて数週間何も書かないこと
ふと以前の自分の作品を読んでみること
俺けっこう面白いこと書いてんじゃんとまたその気になること
その勢いでまた書きはじめること
これの繰り返しだよ

72 :浴夫 ◆SF36Mndinc :05/03/17 02:42:57
作家になるというか、人生に立ち向かっていくことのほうが重要だと思い始めている。もうね。それだけだ。

73 :名無し物書き@推敲中?:05/03/17 03:41:39
>>72
なんか貴方は作家になれそうな予感。

74 :名無し物書き@推敲中?:05/03/17 04:17:10
>>73
なんか貴方は>>72であるような予感。

75 :吾輩は名無しである:2005/03/31(木) 01:16:53
f

76 :えいいち:2005/03/31(木) 02:12:57
僕はまず書くね。
途中で本読んでまた書いたり、左手だけで鶴折ってみたり、推敲したりする。
一話完成したら推敲して、酷評スレで晒す。
そうしたら、すぐに推敲する。不安になるから。
酷評されたら例を言う。そして改善する。
また推敲する。
納得がいったらおしまい。

突然書く気がなくなるけど、そのときは絶対に書かないね。
だって、書く気も無いのに書いたってつまらないものしかできない。

77 :吾輩は名無しである:2005/04/12(火) 11:48:01
y

78 :名無し物書き@推敲中?:2005/04/12(火) 12:32:44
書くこと、だよね。

79 :ふじちゃ:2005/04/13(水) 15:56:02
はじめまして
少し話が違うかもしれませが出版社を利用する際
気をつけて選んでください
私は選ぶのを間違えてしまい大変な目に合うところでした
全てが悪い所だとは思いませんがウワサではなく本当に
やり方が卑劣な所がありました
本当に気をつけてください

80 :名無し物書き@推敲中?:2005/04/13(水) 18:04:57
それ自費出版社でしょ

81 :ふじちゃ:2005/04/14(木) 09:42:27
自費出版というのでしょうか?
特別会員云々とか言うやつです
お金を取るのにいかにも必死でやっている所でした
原稿見せて才能あるから是非!と言われ
それなら出版社で出して欲しいと言ったら
今はコネがないと無理と言われて
共同出版してくれると言う話しでしたが・・・
とにかく才能ある人にはだまされて欲しくないなと思って
勇気を出して書き込みしてみました
若い芽を摘まれるのは残念でなりません
やはり自費出版が安全なのかもしれませんね

82 :名無し物書き@推敲中?:2005/04/14(木) 09:46:04
処女以外ダメ

83 :名無し物書き@推敲中?:2005/04/14(木) 11:28:39
書く 読む 見る


84 :名無し物書き@推敲中?:2005/04/14(木) 15:31:03
自費出版は
良いとこも悪いとこも有名な出版社がいっぱいあるから
普通にそのへんを勉強してれば絶対に選択を間違えないでしょ。
○○社とかを選ぶ人の気がしれんが。
あえて騙されてみる、という人もいたが
だったらあっち選べよ、と思ったり。

85 :吾輩は名無しである:2005/05/13(金) 12:17:54
0

86 :吾輩は名無しである:2005/06/09(木) 13:25:44
-

87 :名無し物書き@推敲中?:2005/06/09(木) 13:37:37
読んで読んで読みまくれ。
乱読、精読、再読、しかる後分析。

読むことは日頃のトレーニングだ。
書くことはたとえ習作といえども、練習試合みたいなものだ。
ロナウジーニョほどの素質があったとしても、
90分走れる体力がなければ試合なんてとうてい無理。
練習したからってレギュラーや一軍になれるとは限らない。
しかし、練習しないでプロになろうなんて甘すぎる。
まあ、間違って本が出て売れるってこともなきにしはあらずだが、
長続きはしないことは、その後の事例が証明している。



88 :名無し物書き@推敲中?:2005/06/09(木) 13:46:00
よく遊び、よく聞き、よく呑み、あまり話さないこと。

89 :名無し物書き@推敲中?:2005/06/09(木) 18:35:54
成功すれば、なんでも言えるんだろう。
成功しなかったら、なにも言えないんだ。


90 :名無し物書き@推敲中?:2005/06/09(木) 19:22:45
言うだげなら何だっで言えるど!
だでぼ耳を貸ざないげど。

ヽ(´・ω・`)人(´・ω・`)人(´・ω・`)ノ ヤッホーイ

91 :名無し物書き@推敲中?:2005/06/10(金) 14:21:05
>>90
ネットがあるからお前のような異常者が生まれたのかな。
ネット以前からひっそりとどこかに棲息していたのかな。

92 :名無し物書き@推敲中?:2005/06/10(金) 18:31:44
そっとしておけよ。あいつも大して悪気はないんだろう。

93 :名無し物書き@推敲中?:2005/06/10(金) 22:22:11
私の試みは成功したようだ。
私の表現は少なくとも一人の読者の心に訴えかけたのだから。

94 :名無し物書き@推敲中?:2005/06/11(土) 02:06:37
その名は93

95 :名無し物書き@推敲中?:2005/06/11(土) 19:14:35
走り込みに決まっているだろ。スポーツは足腰が基本。

96 :名無し物書き@推敲中?:2005/06/12(日) 00:10:55
作家になるための努力が何か論じるより先に、
作家とは何かはっきりさせろよ。このクズどもが。

97 : ◆B4D5PZqHT2 :2005/06/12(日) 22:39:09
現代の日本人の感性のルーツってどこだろう?って考えたときに、
わたしの直感は江戸時代を指すわけだけど、わたしがこのふたつの
時代の空気感みたいなものを表現したいと思うのも、たぶん
その辺に理由があるのかも。
で、タイトルに帰るわけだけど、努力というか、自分にできることは
自分の書きたいことにどれだけ精通できるようになるか、それかな。

98 :名無し物書き@推敲中?:2005/07/04(月) 22:35:23
立て看板設置。 スレを支える参加者、発言者、の参加を募ります。
坐禅と見性 第20章◎飯袋子の集い◎驢年横行◎
http://life7.2ch.net/test/read.cgi/psy/1119079479/
現在、下記の公案に取り組んでいます。参禅をお待ちします。
 三毒の人、貪瞋痴(とんじんち) 「貪(むさぼり)瞋(いかり)痴(おろかさ)」または、三毒の人をインテリバカセ、とも言うらしい。
『 眼が見えず、
耳が聞こえず、
口がきけず、
この三毒の人が、さくらを知るために、さくらの木に抱きついた。
さて この三毒の人に これがさくらだと悟らせるには、どうしたらいいのだろうか。五力(ごりき)によって解決せよ』
、と言う。この問いに答えるには、五力が、解を与えるそうだ。五力とは、
(1)信じること。
(2)勤めること。
(3)思慮深いこと。
(4)心を統一すること。
(5)明らかな智慧を持つこと。

99 :名無し物書き@推敲中?:2005/07/15(金) 01:03:39
まあやりましょうよ


100 :吾輩は名無しである:2005/07/16(土) 11:10:26
0

101 :名無し物書き@推敲中?:2005/07/17(日) 17:26:52
小説を読んでいて知らない言い回しがあったら、
ノートに書きとめるかパソコンに打ち込んでおく。
語彙を増やす良い方法。

102 :名無し物書き@推敲中?:2005/07/19(火) 17:28:40
>>101
それいいね。

103 :名無し物書き@推敲中?:2005/07/20(水) 14:41:10
 意識が中道を踏み外すことによって励起された普遍的無意識層からの原像を、
読者の秩序希求に従い、わかりやすく解説する形で物語を創る努力をしろ


104 :名無し物書き@推敲中?:2005/07/20(水) 14:43:04
>>1
普通たくさん書く事だろ?

105 :名無し物書き@推敲中?:2005/07/20(水) 14:45:49
女の又に力だ。覚えとけ。

106 :名無し物書き@推敲中?:2005/07/20(水) 15:07:21
 われわれの日常の回想と同じ無数の繰り返しによる回想及び回想特有の
思考と省略と引き伸ばし。それによる劇的な構成を創る努力をしろ

107 :名無し物書き@推敲中?:2005/07/20(水) 15:15:41
 現代社会の仕組み全体を思考実験的に仮構化し、それが実際には存在しない社会
でありながら「現代に存在し得るひとつの仮構社会」として描く努力をしろ

108 :名無し物書き@推敲中?:2005/07/20(水) 15:15:55
神に寝る前に祈る事。

109 :名無し物書き@推敲中?:2005/07/21(木) 05:00:48
>>1
コネを作ることさ

110 :名無し物書き@推敲中?:2005/07/21(木) 07:44:37
 >>1 迷いを断ち切る努力
 迷いがあるからそんな愚問が頭に浮かぶんだ

111 :名無し物書き@推敲中?:2005/07/21(木) 11:32:16
どんなに努力しても、なれないヤツはなれない。
何も努力しなくても、なれるヤツはなれる。





と、ミもフタもないことを言ってみる。

112 :名無し物書き@推敲中?:2005/07/21(木) 22:13:56
感性の方向性が不向きだったんだ。

113 :無名草子さん:2005/08/31(水) 10:54:51
0

114 :名無し物書き@推敲中?:2005/09/19(月) 11:24:09
l

115 :名無し物書き@推敲中?:2005/09/19(月) 14:02:08
俺の場合はいかに精神的に強くなるかだな。よく読み手を意識しろとかなんとかいうが、小説書いてるといつも読み手を意識してしまって、書きたいことより書いたほうがいいことを優先してしまうような気がする。
こうやって名無しで2ちゃんに投稿する分には、どうせ誰も俺の書き込みなんて読んでないんだろうな、と思って気楽に書くから言葉に詰まることはないけど、たとえHNでも著者名明かして人に意見募るときはどうしても行き詰るな。
書きたいことを書きまくれる香具師って才能あると思うよ。たとえ下手でも面白くなくても書いてることが本当に楽しいんでしょ? 誰のためでもなくて自分のために書ける。俺はそういう香具師がうらやましいよ。
どうせ俺が考えてるほど俺の小説に期待してくれてる人なんて多分いないんだろうけど、それでも俺は変に意識しすぎて筆が止まる。この辺の弱さが俺の足かせになってるんだよ多分。
あとね、本当に面白い作品ってのは研究では生まれないような気もしてる。俺は普段から何でもかんでも頭で考える癖があるから面白いものを見たとき、何がどうなってなぜ面白いのかしか考えなくなってる。
自戒だけど、そんなことよりも純粋に楽しむことが必要なんじゃないかなと思う。面白いものいっぱい見てれば別に研究しなくてもそういうものがかけるようになってくると思うよ。
作家になる努力、というより面白いものを創作するための努力ってのは普段から感性を磨いておくこと以外にないでしょ。計算して作られた面白さなんてどうせ大したことないよ。


116 :名無し物書き@推敲中?:2005/10/06(木) 23:41:51
また、シャープペンシルを落した。なんて自分は弱いのだろう、と思う。そして、何時も
こんな自分に嫌気がさしてくる。僕の眉は八時二十分を差してしまった。
そもそも、この原因というのは日記張にあるのだ。友達から貰った一冊の日記帳、それが
自分を憂鬱にさせる。嫌気が差してきた、日記を書かないと友達に見せられないし。
一度見せなければいい、と思ったが強引な友達を思い出してその考えは一瞬で消え去
った。友達に恨みを持ってもいいのだが自分の唯一友達だ、そう思うと恨むことまで
出来なくなる。
結局いい文章が思いつかなく、「今日も楽しかった。明日はどうかな?」と書いて
みた。前に一度使った文章だと思いながら、乱暴に日記帳を閉じてしまった。

117 :無名草子さん:2005/11/05(土) 11:23:43
必死だ

118 :名無し物書き@推敲中?:2005/11/05(土) 16:26:17
どんなに上手い文章が書けてもストーリーテリングの才能が無けりゃ
一発屋で終わるぜ。

119 :名無し物書き@推敲中?:2005/12/21(水) 12:34:42
なれねぇよな

120 :名無し物書き@推敲中?:2006/01/22(日) 05:34:44
必要なのは才能だけど
努力しなくちゃ才能があるのか
わからない。だから見極めるために
努力するんじゃないのかな。


121 :名無し物書き@推敲中?:2006/02/17(金) 14:15:53
マニアックな作品

122 :名無し物書き@推敲中?:2006/02/23(木) 10:02:19
 短篇新人賞の次の選考委員、三浦しおんさんも手ぐすねひいてまっています。どんどん応募してください。
 なお、cobalt6月号には私と三浦しおんさんの対談が掲載されます。もちろん短篇新人賞についてのものです。
 応募する人は読んでください。でも、傾向と対策を練ってはだめだよ。傾向と対策好きな受験バカは不要といいますか、役立たずなので迷惑です。
 しつこいけれど、あなたが私たちに提示するのは、いままで私たちが読んだことのないもの、です。
 オリジナリティーが無数にあってたまるかというのが私の本音で、応募者のほとんどが借り物の言葉と借り物の思想を我がもののように厚顔無恥に提示してきます。
 これはcobaltにかぎらず、すべての新人賞においてみられることで、おそらくは自身を省みるということは、人の能力のなかでも相当に高次元なものなのでしょう。その能力に欠ける小悧巧な者の巣窟になってしまっているのが小説新人賞の現場です。
 徹底的に自分自身を見つめ直しましょう。小悧巧は、創作の最大最悪の敵です。
 基本的に、誰もあなたの文言など慾していないとすると、どうすればいいのでしょう。
 受賞できるあなたはその他大勢に埋没することのない、まちがいなく選ばれた少数なのです。最終選考に残ることなど、なんの意味もありません。受賞するだけの強度を身につけましょう。受賞して、ようやくスタートラインにつけるのですから。
(花村萬月)

123 :名無し物書き@推敲中?:2006/02/23(木) 10:32:57
age

124 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/05(日) 06:47:31
それにしても、無名草子さんたちとは、さぞやすごい作家先生の匿名書き込みなんでしょうね。
作家なんて才能が全てだから、津井ついみたいに、いくら努力したって駄目なものは駄目ですよ。
私なんか、早々に見切りをつけて趣味の世界で細々ですから。
          小説現代ショートショート・コンテスト優秀賞受賞 阿部敦良

125 :将来の夢:2006/03/07(火) 18:39:31
私は、将来作家になりたいんですが、なにか、作家に関することを
教えてください!!!!!!!!!

126 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/07(火) 20:15:43
作家はすべて自分で情報や資料を揃えなくてはならない
それもせず他人に質問してる時点で作家としての資質不足
諦めろ

127 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/26(日) 22:18:50
次々と放っていく。

128 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/13(木) 12:38:01
そういうもの

129 :名無し物書き@推敲中?:2006/06/06(火) 21:15:51
fgknjsdfk







gkdlgdgkdflgsdf





tr;ll;erlteterter





terterterterte








130 :名無し物書き@推敲中?:2006/07/12(水) 04:17:57
”インテリジェント・ゴリラスーツ”を常に身に着けることが、この未来社会での第一のルールだった。
それを着用しない外出は、まさしく死を意味した。ゴリラスーツに装備された高価な機械が発見次第
すぐ反応し、パワーアームで、即撲殺。辺り一面が肉片や汚物で汚れても、パワーアームできれいに
掃除するから手は汚れずに済む。未来社会では水は人の命よりも高価だから、それは環境にも
やさしい。指先すべてに仕込まれた、肉食の昆虫が全ての肉片や汚物を食べてしまうのだ。その後、
今度は虫が排泄した糞がゴリラスーツの動力となるのである。何と合理的であろうか。
このゴリラスーツを開発した、J・チャリティ博士はその為に大いに苦労した。

131 :名無し物書き@推敲中?:2006/07/18(火) 00:38:19
中学の時、思い上がって某ラノベ賞に応募しようと思いましたが、
いつしか賞金や名声目当てになっている自分に気付きました。
書き方はどんどん姑息になり、
ただでさえ稚拙だった小説は更につまらなくなって、
書き終えることさえ出来ず、諦めました。
ガキの自負心のせいで、知識、読書量、練習量は明らかに不足していました。
それを思い知って勉強するようにしていますが、
何より名声目当てに、または金に目を血走らせて文章を書くことはやめたほうがいいと身を以って知りました。

人より読んでいれば小説家になれるわけでは勿論無いですが、
人よりも文章を好きになることは大切だと思います。
賞をとって一時の脚光を浴びることや、
その後も「作家」だけで人生を歩くために努力するよりは、
ただのもの好きであることに努めたほうが無意識に「努力」っぽいことが出来、
なおかつ苦しまずに小説と生きていけるのではないかと思います。

132 :変人@k:2006/07/18(火) 13:21:59
ちょっとまともな板を発見。私はフリーター兼物書きしてますが
精神的障害上批評をうまく受け取れないんです。自分を見失って
自分の文章ではなくなってしまうんですよ。散々言われました。
そんな事じゃ作家目指す資格ないとか読み手を意識しろとか・・・。
その時はほんとへこみました。そういった投稿サイトの存在を知らなかった
、また今の小説業界の現状を知らなかった時は本当に楽しく自分の
書きたいように書けて、それで満足だったのになあ、と。

いろいろ考えた挙句ここで駄目になってはいけないと思いそういった
商業的なものから距離を置く事にしました。結果、今までどおりまた
楽しく執筆なり勉強なりできるようになりました。また、いろいろ
指摘されたけれど自分なりに言葉を選ぶ事もあるし無意識に読み手を
意識している事に気付いてきたのでそんなに悲観する事もなくなりました。
講座などには参加できないけれど・・・

今の状況は楽しい反面何かと戦っているようで時に一日寝込む事もあります。
常識もあまり好かない方なので。
でも、楽しいです。書く事が。キャラクターになりきって、世界に入り込んで、
今はこれが生きがいかもしれません。


133 :名無し物書き@推敲中?:2006/09/07(木) 00:47:09
無職残飯、諦めて働け。おまえに小説は無理だって。いや、すべてが無理。私以外の被害者を探すことだ。ばかやろうwww
 
 
 
 

134 :名無し物書き@推敲中?:2006/09/22(金) 07:34:04
888 :阿部敦良 :03/02/25 11:37
それにしても、無名草子さんたちとは、さぞやすごい作家先生の匿名書き込みなんでしょうね。
作家なんて才能が全てだから、津井ついみたいに、いくら努力したって駄目なものは駄目ですよ。
私なんか、早々に見切りをつけて趣味の世界で細々ですから。
          小説現代ショートショート・コンテスト優秀賞受賞 阿部敦良

135 :名無し物書き@推敲中?:2006/09/22(金) 11:53:41
>>131
中学生の時点ですでに挑戦し、
大切なことに気づいたのは賢いな

136 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/22(金) 21:58:35
>>135
そう、まだ先は長い。
修業の成果、いつか生きると思うよ。

137 :名無し物書き@推敲中?:2007/03/10(土) 04:06:08
努力したくないから作家志望だろ

138 :名無し物書き@推敲中?:2007/04/04(水) 02:11:15
毎年必ず何千人かは東大医学部を卒業する。
しかし、作家・・・つまり永続的に商業出版し、安定した売り上げをあげる物書きは
一体、一年のうちに何人出るのか。
つまり、東大医学部を卒業するような凄いヤツ以上の知能がなければならんということだよ。
まさに、神に選ばれた才能だ。
このことに気がついてからは、作家になろうという気が失せてしまったよ。

139 :名無し物書き@推敲中?:2007/04/06(金) 03:52:56
東大医学部の定員は100人だから卒業生も100人前後だけどね

32 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)