5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

自分の小説を何度も読み直すとつまらなくなる

1 :名無し物書き@推敲中?:04/09/24 00:40:06
小説を書くときはそこそこ楽しんだけれど、いざ推敲となって
何度も何度も読み直していると、だんだん何が面白いのか
解らなくなって、推敲するのさえ難しくなりませんか?
ストーリーを知っているだけに、読み直してもスルスル
読めてしまうし、何だか薄っぺらくて自信喪失。
5年くらい経って、自分でも何を書いたのか忘れた頃に
読み返すと、やっぱり面白いところと、全然駄目なところが
冷静に見られるんだけれど……。
みなさん、いかがですか?


2 :名無し物書き@推敲中?:04/09/24 00:53:10
自分の小説がつまらなく見える。
それが普通だし、成長した証なんじゃないの?

むしろ面白くて面白くてしょうがないだったら、衰え始めた警告かもね。

3 :名無し物書き@推敲中?:04/09/24 00:59:23
自分の小説がおもしろくみえるのはおかしいとは思うが
つまらなくみえるのは、単純につまらないからだろうな

>5年くらい経って、自分でも何を書いたのか忘れた頃に
>読み返すと、やっぱり面白いところと、全然駄目なところが
>冷静に見られるんだけれど……。
5年寝かせりゃいいじゃん。

4 :1:04/09/24 01:18:40
>>2
普通なんですかね。僕は面白くて面白くて
しょうがない人の方が(プロになれるかは
別として)健全なのではないかと思います。
自分の書いたものがつまらなかったら、
書く意味ってあるのでしょうか。

>>3
おもしろくみえるのがおかしくて、
つまらないのは単純につまらないのだったら、
才能のある人は自分の書いたものを
どう感じるのでしょうか?

もちろん5年寝かせればいいのだけれど、
他の人はどうなのかなぁ、ということと、
何かいい方法はあるのかなぁ、ということが
聞ければと。。。

5 :名無し物書き@推敲中?:04/09/24 01:53:31
自分の書いた作品が単純に主観として面白いと思ったのか、それとも
「面白いモノが書けた」と客観的に感じたのかでは、微妙に大きく違うと思う。

集中して一生懸命書いた作品を、自分で楽しんで読めるとは思えない。
オチもストーリーも全部知ってるわけだし。
だが客観的に「これは面白い!」「これは売れる!」「これは絶対いける!」
という確信を自分の作品に対して持つことは有り得るだろう。

俺も小説書き始めたうちは、自分の作品を楽しんで読むDQNだった……
そして未だ自分で「イケる!」と思える作品は書けていない。

6 :名無し物書き@推敲中?:04/09/24 02:43:40
つまらなく思えてくるというか、本当におもしろいのか不安になってくる。
本当におもしろいかを確認するために、友達とかに見てもらうわけだけど。

7 :名無し物書き@推敲中?:04/09/24 02:57:19
自分がおもしろいと思うもの(小説、マンガ、映画、舞台、etc)と比べてみればいい。

8 :名無し物書き@推敲中?:04/09/24 03:03:08
あるね、こういうこと。今の俺がまさにそう。
何度も読み返しているうちに飽きてきて、修正を繰り返して、
結局は最初のままの方が面白かったという結論になる。

9 :名無し物書き@推敲中?:04/09/24 11:02:04
>>5
>微妙に大きく違うと思う。

形容矛盾。

>オチもストーリーも全部知ってるわけだし。

これは違うんじゃないかなぁ。
例えば好きな作家の好きな作品は、オチもストーリーも
全部知っていても、何度読んでも楽しめるよ。
「ノルウェイの森」で「僕」がグレートギャツビーについて、
出鱈目にページを開いてどこから読んでも面白かった、
みたいなことを言ってるけど、良い小説というのは
そういうものだと思う。

結局、何のために小説を書くか、だよね。
生活のために書くのならば、小説なんてやめて
サラリーマンした方がずっと楽。
誰かに「面白い!」って褒めてもらうために書くには
労力が大きすぎる。
やはり、自分のため、自分が楽しむために書くのが
基本ではないかな。

10 :名無し物書き@推敲中?:04/09/24 11:07:21
楽しむために書くというのじゃ、書き続けられないよ。
書かずにはいられない、という妄執が書かせるんだ。

11 :名無し物書き@推敲中?:04/09/24 11:19:28
書かずにはいられない、という妄想で書くのも、結局自分のためでしょ?

12 :名無し物書き@推敲中?:04/09/24 11:32:23
>9
>誰かに「面白い!」って褒めてもらうために書くには
>労力が大きすぎる。

あ〜、凄く同意、、、


13 :名無し物書き@推敲中?:04/09/24 12:08:35
そもそも、他人のでも
何度読んでも面白い作品なんてなかなかないでしょ。

14 :名無し物書き@推敲中?:04/09/24 12:43:11
正直、毎回毎回出来上がるたびに、
こんな面白い物はない!なんて出来のやついないだろ・・・

何回読んでも飽きない。それが名作の条件なわけだし。
俺が何度も読み直したいと思った小説は、ショートショートぐらいだけど・・



15 :名無し物書き@推敲中?:04/09/24 13:01:46
小説なんて作者自身にとっては脳内妄想の排泄物なんだからな。
いつまでも過去の排泄物なんか眺めてずに、次の排泄物を出せよ。

16 :名無し物書き@推敲中?:04/09/24 13:14:32
いやあ何度読んでも面白いなあ、「フィネガンズ・ウェイク」は!

17 :名無し物書き@推敲中?:04/09/24 14:19:55
>>4
自分は書いてる最中は進行が遅いせいか(物語を書きながら読んでるから?)
つまんなくて仕方ないけど、
シーンを書きとおして後から読むと不思議とおもしろく感じる。
もちろん、思ってより、という程度のおもしろさだけど。。。


18 :17:04/09/24 14:21:40
訂正・最後の行。
もちろん、思って「た」より、という程度のおもしろさだけど。。。


19 :名無し物書き@推敲中?:04/09/24 14:31:30
>>15
推敲はするな、と?
作品として完成させるのも必要では?


20 :名無し物書き@推敲中?:04/09/24 15:09:16
何度推敲しても、ええ小説やなーとは思うが、さすがに飽きる。
それなのに間違いがなくなってることがない。
いい加減めんどい。

21 :名無し物書き@推敲中?:04/09/24 16:43:38
>>19
推敲とは作品を出すまでするもので、
作品を出した後もするものではないよ。

もしも反省があればそれは次の作品につなげるべき。

22 :名無し物書き@推敲中?:04/09/24 17:53:02
↑間違えました  推岐→推敲
よろしくお願いします。

23 :名無し物書き@推敲中?:04/09/24 17:58:24
誤爆か?

24 :名無し物書き@推敲中?:04/09/24 18:12:30
FMVの「おしゃべりノート」で文章を音声化して聴いてみな

25 :名無し物書き@推敲中?:04/09/24 20:44:02
推敲して良くならないものなら救いようのない駄作だ。
即刻ゴミ箱へ投げ入れよ。

26 :1:04/09/24 23:57:18
みなさんの書き込みを読んでいると、
同じように悩んでいる人ってそんなに
いないんですかねー。

27 :名無し物書き@推敲中?:04/09/25 00:07:58
とりあえず、冷静になるから、悪いところばかりが目につきやすくなる、っていうのはあるかもね。
つーか、それを直していくのが推敲ないかと。

28 :罧原堤 ◆wwtQlaN.OY :04/09/25 02:05:55
三点リーダでごまかせ、えっへっへ

29 :名無し物書き@推敲中?:04/09/25 02:45:57
わっはっはから始めてくれないと
あとが続かないだろ!

30 :名無し物書き@推敲中?:04/09/25 13:35:32
>>1
それは自分のレベルが以前より挙がってる何よりの証拠だよ。
いいところは、そのままで
悪いところは書き直す。その繰り返し。
そうやって行くうちに、作品はどんどん良くなっていき
自分のレベルも上がっていくんだよ。


31 :名無し物書き@推敲中?:04/09/25 14:24:07
書いてるうちに審美眼(理想)ばかり高くなって、
それに自分の成長が追いつかないって罠もあるね。

32 :名無し物書き@推敲中?:04/09/25 14:27:41
価値観なんてコロコロ変わるから、
ある程度のところでキリつけないと延々と続くよ。

あっちこっち整形手術した人が好みならとめないけど。

33 :名無し物書き@推敲中?:04/09/25 15:59:40
元がつまらんからやろ

34 :名無し物書き@推敲中?:04/09/25 16:03:53
ブサイクは整形をいくら繰り返しても、生まれつき美人には適わないってか。







その通りだ。

35 :名無し物書き@推敲中?:04/09/27 02:06:13
黒澤明も「可能ならすべての作品を撮り直したい」と言っていたらしい。
少しは安心したか?>>1

36 :名無し物書き@推敲中?:04/09/27 13:47:59
a

37 :名無し物書き@推敲中?:04/10/30 09:00:12
大事なのは雰囲気ですよ。

38 :名無し物書き@推敲中?:04/10/30 12:28:40
それはあるがすべてではない

39 :名無し物書き@推敲中?:04/11/02 10:22:51
また読み返したいような名作でも、短期間に何度も読めと言われれば
だんだんおもしろくなくなってくるだろう。

自信を失わないように推敲したいなら時間あけるのが一番だと思うよ。
締切のあるプロじゃないんでそ?

40 :名無し物書き@推敲中?:04/12/09 02:35:57
書いて一晩寝てみたら印象が違うってこともある
そこまで、気にすることもないだろ。
その時々の心理状態で受け取り方が違うのは当然なのでは。

41 :名無し物書き@推敲中?:04/12/09 07:22:48
>1

それはひとえに駄作だから。
いい表現や斬新なストーリーを書いたという狂信的な自負があれば
君のような被害妄想は起らない。
推敲の度、自分の作品を不安に思っていたら
作家のような安定も保証もなく、リスクが高い職業はつとまらなああああいのだ

42 :名無し物書き@推敲中?:04/12/09 07:59:31
>>41
プロになって、怪しげなベタ褒め評(売れ行きをよくするための)を
あちこちからもらって初めて、「狂信的な自負」が生まれるんじゃないかな。
(もちろんおだてに乗りやすいタイプだけ)

>>1の言っているのは、すごくまともだと思うよ。
推敲すれば飽きる。
言い換えれば飽きるほど推敲する姿勢は正しいんじゃないかな。
セカチューのような、お涙ちょうだい物に限っては、ストーリーがわかっていても
毎回感動して飽きない人もいるかもしれないけどね。

5年は長いよ。
二週間くらいおいてから見直せばいいと思う。
そして応募してしまうのだ!
キリがないし、他人の評価と自分の評価は大きく違うから
ある程度のところまで来たら手放して勝負に出すのがいいと思うよ。
そして次回作に取り掛かるのだ。


43 :41:04/12/09 08:11:19
>42

それも一理あるが、やはり本物の表現者というものは
売れても売れなくても確固たる自信とエゴにまみれているものだよ。
でなきゃ谷崎のように東大を中退したり、三島のように国家公務員を
辞めて文学に投身することはあまりに怖くてできないはずだよ
ゴッホしかり、ゲーム業界の飯野しかり。
なにも文学だけでなく、創造者はすべからくそうなのですよ。


44 :41:04/12/09 08:25:23
さらに補足。
表現者だけでなく、よくよく考えてみれば一流の仕事人は
下っ端の頃から、狂信的で傲慢で、独善的に自分の腕にこだわりをもってたんだよ。
渡辺恒夫や、ソフトバンクの孫や、イチローや野茂だって
若いときから自分のスタイルを確立していて、誰のアドバイスも聞こうとしなかった。
彼らは自分の才能を本能的に感得して一切の猜疑を抱かなかったんだな。
その分野に関しての天才はそういうものだ。
人生に迷いはあっても、自分の天性には迷わなかった。
一流とはそんなもの。
誰が何と言おうと、自分の才能は確かだという自負がなければ
その人は間違いなく凡人です!
つまり1や42は凡人です。。

45 :名無し物書き@推敲中?:04/12/09 11:03:52
ここは、「天才とは何か」を話しあうスレではない。

46 :名無し物書き@推敲中?:04/12/31 16:15:02
自分に絶対の自信を持った天才ライター

vs

読み返すたびにへたれてしまう凡人ライター

どっちからフォーカスしてもいいんでない?

47 :名無し物書き@推敲中?:2005/04/07(木) 02:39:59
人のおならはいやだけど、自分のおならは平気。

48 :吾輩は名無しである:2005/04/28(木) 11:46:56
t

49 :名無し物書き@推敲中!:2005/04/28(木) 14:17:24
イチローと野茂は違うだろw
両者とも理解者が居て、アドバイスも手に入れ、消化してたよ
イチローは監督と、野茂は高校時代にバッテリー組んでたキャッチャーと

自分は天才だと天狗のまま周りが見えないのは滑稽
周りを見て、それでも尚全てを振り払い邁進するその姿こそが美しい
さて、すれ違いなのでこの辺りで終了しよう

推敲しすぎてグダグダになることってない?

50 :名無し物書き@推敲中?:2005/04/28(木) 21:58:28
>>1
あるある。つか普通だから安心汁。
たぶん自分の中じゃすでに終わってる作品だから推敲ってしんどいんだよな。
執筆は自分のためでも、推敲は見せる人のためにするもんだから。

51 :名無し物書き@推敲中?:2005/04/29(金) 04:13:36
俺は自分の書いたものを面白いと思って読んだことはないけれど、読み直すのは面白いと感じるほう。
だから何度も何度も読む。で、そのたびにちょっとづつ訂正を入れていく。
この行為が一般にいう推敲なんだろうけれど、辛いとか思ったことはない。
だって、やってて普通に面白いんだもの。どんどん作品になっていく様子がひしひしと伝わってくるし。
推敲が好きな奴って他にいないのかね。

52 :名無し物書き@推敲中?:2005/05/03(火) 19:54:45
>>51は作家向きじゃないかもね

53 :名無し物書き@推敲中?:2005/05/03(火) 20:13:21
直せるだけ直して良くならないと思うなら、
とりあえずその作品はそこまでにして
次を書くしかないんじゃないの?

54 :名無し物書き@推敲中?:2005/05/03(火) 21:28:53
読み直して悪いトコが判らないほうが問題あるよ。
一定の期間で区切りをつけて新しい作品を
書いて書いて書きまくるのがベストかなーって思う。

55 :名無し物書き@推敲中?:2005/05/03(火) 22:39:01
>>51
S・キングが、推敲作業はとても好きだと著書に書いていたよ。

これは推敲とは関係ないかもしれないけど、
かの遠藤周作氏の創作日記に、自信喪失したり、「書けるかも」と思ったり、
迷いながら書いている経緯がつづられていた。

あとは、よく「昔の作品を読み返すと手直ししたくなる個所がいっぱいある」
とかあとがきで読んだりしないか?
「だけどこのままで出します」とか「多少手を加えました」とか。

自信満々な作家って少ないと思う。

56 :名無し物書き@推敲中?:2005/05/04(水) 17:14:14
自分が書いたものだから、基本的な筋、登場人物は頭に入っていて
スラスラ読めるけど、これがもし予備知識のない他人に読まれたらどうだろう?
まともな作品だろうか? とは思いますね。


57 :名無し物書き@推敲中?:2005/05/04(水) 17:38:56
>>56
待つしかないな。書いたこと忘れるまで待つ。それで1は五年とか言ってるんだろう。さすがに待ちすぎか。

58 :名無し物書き@推敲中?:2005/05/09(月) 06:16:20
プロット書いて読み直し、悪いところは直して読み直し
(プロになったら、ここは担当編集者との共同作業になるわけだが)
いけると思ったら
ストーリーを綴る(商品へ作品を引き上げる)

商品としての価値を自作にを見極められるかどうかか
才能のあるなしの境界線のひとつと思う。
(プロなら編集がOKださなきゃ、自分が納得してもNGだけど)

>>51にもしそのような眼があるなら、
そう遠くないうちにプロデビューできるだろうし、
ただ弄るだけが趣味なら、自己満足にとどまるだけだ。


さて、続きやろ

59 :名無し物書き@推敲中?:2005/05/09(月) 14:24:01
がんばれ

60 :◆CHANCE1/yQ :2005/05/09(月) 14:43:37
>1
あー、あるある。
あるよねー。

61 :58:2005/05/12(木) 15:10:14
チラシの裏

プロットを推敲したら
いくらなんでも急展開が過ぎる展開に気がつき、
修正。
キャラ主体になりつつあるのがなんかヤダと思いつつも
とっとと、長編分のプロット書かなければとも思う。

62 :58:2005/05/16(月) 04:49:35
誰もかかねぇから、俺のチラシの裏にでもしちまうか

また浮気癖。
他の作品書きたくなった
だが、今書いているのもまるで仕上がっていない
ひとつの作品しかかけない人が羨ましい
ていっても、以前に書いていたもので、
俺の執筆力じゃ困難なもの・・・
もう一度読み返してガンバろ

63 :58 ◆apt1tpJcdw :2005/05/17(火) 07:03:55
ひとつのキャラ書いてみたら、ページ四枚越え
本腰入れてかかなきゃな・・・
これだと、投稿する本はキャラ三人が精一杯か。
あと、人間じゃない奴らがイパーイいる
昔から妄想していた世界を商品に昇華できるんだろうか・・・

ぶっちゃけて、俺の悪いくせいうと、
キャラだけ作って既成の作品に登場させてしまうていう妄想癖がある。
困ったもんだ。
もともと同人誌まがいのものやっていたころの弊害か

同人誌といえば、某有名作品を書いてみたくなった。
サザエさん、、、、じゃないことだけは確かw

64 :名無し物書き@推敲中?:2005/05/21(土) 03:46:06
サザエさんの同人誌よろしく

65 :名無し物書き@推敲中?:2005/05/22(日) 01:59:08
アウトロー祭りとやらにだそうとしているんだけど、読み返すとつまらなすぎることに気付く。
ただの自己マンじゃん。
スレで叩かれる根性はなかとです。

66 :58 ◆apt1tpJcdw :2005/05/22(日) 10:01:30
>>64
サザエさん自体が既に同人誌
>>65
自分が面白いと思う作品を本棚から引っ張り出して、
「なんで面白いのかな」
と疑問を持って、自分なりに分析するところから始めよう。
"なんとなく""面白いから面白い"はダメだ
必ず理由があるはずだ。
デビュー作家は、処女作の面白さを理解できないまま次回作書くから
消えていく。
自分のためになるから、やってみな


今日のチラシの裏
長年構想していたおかげで、キャラ固めがすらすらできる。
一番の自分の中の進歩は
キャラを完全無欠にしなくなったこと。
めでたく、第一話のネタも降りてきた。
だが、まだプロットを書くわけには逝かない。
やることは山ほどある

67 :名無し物書き@推敲中?:2005/05/24(火) 02:11:11
がんばって。

68 :吾輩は名無しである:2005/05/28(土) 11:01:28
s

69 :名無し物書き@推敲中?:2005/05/28(土) 18:09:04
>>63
あー,あるあるそういうこと。
ついオリジナルのキャラを他人の作品に登場させてあそんでしまう…
すごくよくわかる。

70 :58 ◆apt1tpJcdw :2005/06/01(水) 20:54:46
ご無沙汰です。
>>67ありがとう
>>69俺だけじゃなかったんだ。ちょっと安心。


今日もチラシの裏だぜ。
設定だけで一冊の本出来る勢いだぜよ。
身の程知らずな発言だけど、攻殻みたいな骨太設定をなるべく作りたいわけ。
薄っぺらだと、世界の中で生きるキャラもうすっぺらくなるというのが
俺の共感する考え方。
自分で言うのもなんだが、かなりいい設定なんだよ。
こいつを煮詰めていけば、商品になりそう。
その工程でストーリーが沸き、その中でまた設定が補完されていくという
いいサイクルが生まれている
今月中までには、プロット書けるかもしれん。

71 :名無し物書き@推敲中?:2005/06/05(日) 02:35:44
頑張れ。

72 :58 ◆apt1tpJcdw :2005/06/11(土) 20:11:41
大分、イメージ固まってきた。
そろそろキャラを動かしてみよう

73 :名無し物書き@推敲中?:2005/06/13(月) 23:15:02
自分のセンズリをビデオに撮って、後で見直しても面白くはないわな。
そもそも、自分のザーメンを美味しく戴きたいとは思わんし。

んでも、やっぱせっかくセンズリビデオ撮ったのなら、
そいつで他の人を勃起させてセンズリまで誘いたいと思うわけだ。

元ネタがブサ男センズリビデオでも、客観的に見て編集すりゃあもしかすりゃ
イケメンオナニービデオに出来るかも、な。


74 :名無し物書き@推敲中?:2005/06/19(日) 06:53:04
要するに、何度読み返しても面白い小説を書けってことだよ。
読み返してつまらないというのは、
勢いで書いちゃってて、雰囲気で面白いと思っただけってことだ。

75 : ◆B4D5PZqHT2 :2005/06/19(日) 09:29:52
自分の小説で何度読み返しても泣いてしまうのはあります。
作中の人物に対して怒りがこみ上げるのとか。
二度と読み返したくないというのも三割くらいあるけど(笑

76 :名無し物書き@推敲中?:2005/06/20(月) 03:31:26
>>75
いいなー。そういう熱い目で作品見れて。

最近何見ても面白くない。いやだー、もう書きたくもないよー。

77 :名無し物書き@推敲中?:2005/06/20(月) 05:58:51
つーか、謎だよな。
自分が書いたモノをどうして出版する気になれるのか。
どうして皆に読ませようと思えるのか。
なんで恥ずかしくないんだ? と、キングを問い詰めてやりたい。

78 :名無し物書き@推敲中?:2005/06/20(月) 23:56:04
う〜ん、難しいっていったら難しい問題ですね。
書き終えたとき、これはダメだと思えたら、それはダメでしょう。
というか、途中で気付く気がする。
一番いいと思うのは、その作品で今の自分が言いたいことを全て言えていたら
そこで止めればいいと思います。

79 :名無し物書き@推敲中?:2005/06/21(火) 01:07:16
やっぱり、人間は自分の思想を他人に伝えたいという欲がどこかにある。
それは遺伝子を後世に残すのと似ているのかも知れない。
とにかく思想を文章として構成して、何かを伝えたい。
それは性交と同じように、恥ずかしい事かも知れないが、快感であることも確かである。

80 :名無し物書き@推敲中?:2005/06/21(火) 04:31:37
たぶん、小説の才能がある人は、親がお喋りな人だったんじゃないだろうか。

俺は小説家になりたいのに、親は2人とも無口だし、
話すことはつまらないし、
食卓で談笑したおぼえがほとんどない。
父親はさっさと食って食卓を離れテレビを見に行き、
母親はさっさと食べなさい残さず食べなさいとしかいわなかった。
家族の食卓がとにかくストレスの場でしかなく、俺はガリガリに痩せていた。
小説を書きたいという欲求はあるのだが、
書こうとすると咽喉が詰まったようになり、言葉が出てこない。

81 : ◆B4D5PZqHT2 :2005/06/21(火) 08:11:34
かわいそう。。。
わたしがいつか(と言っても近い将来限定)文学サロンみたいなものを
つくったら、ごはん食べにきてくらさい。
おなかぽんぽこりんにしてあげます(笑
っていうか、心に浮かんだことを、自分とか自分の信頼するひととか、
愛する人とかに向かって語りかけるように書いてみてはどうでしょうか。
届けたい「思い」って何かしらあると思うんです。
とりあえず辛かったときのことをそのまま飾らずに書いてみてください。
そうしたら少し吹っ切れるかも……。よくわかんないけど。



82 :名無し物書き@推敲中?:2005/06/22(水) 00:18:33
>>80

孤独な人がいい作品を書くのは過去にも腐るほど例がありますし・・・。
でもそこまで意識に昇っているなら、80の人が書けないのは
そこに原因があってもおかしくはないです。
精神科医に行って、催眠療法とか受ければ一気にリフレッシュして
面白い話が書けそうな気がする。
案外、孤独な人の方が面白いもの書きますし。

83 :名無し物書き@推敲中?:2005/06/22(水) 18:31:24
中には、とんでもない駄作を面白いと思う人がいる。
そうでなければ、あんな作家が誉められる理由がわからない。


84 :名無し物書き@推敲中?:2005/06/24(金) 00:39:32
私は推敲に一番たくさん時間をかけるよ。
自分の作品がすっきりスマートな文章になっていく過程が楽しくってしょうがないけどな。

いつも規定枚数より多めに書いて、2〜3割を削る。
案外、贅肉分を書いてしまっているものでね。

みんな、書いたら書きっぱなしなの?
自信あるんだねぇ。

85 :名無し物書き@推敲中?:2005/06/24(金) 00:49:03
今書いている作品の没原稿枚数を数えてみたら六十枚近くあった。
ちなみに七十枚ちょっとで完成予定の作品。

86 :58 ◆apt1tpJcdw :2005/06/24(金) 01:10:39
急にレスが増えている。
推敲という作業は、作品を商品に高めるための作業なんで、
苦痛だろうがなんだろうが、やらなければダメ。
プロになったら、担当者との共同作業になるんだけど
いつになることやら


恒例のチラシの裏。
軽くプロット書いて、半日置いて読み返し。
シナリオの理由付けが弱すぎ。
書き直し。
おお、何とかなった。

アマの間は、ほとんど一人で編集作業やらなきゃならない。
そのときは、読者の目線で読むように心がけて、
2ちゃんねらーの如く罵倒ツッコミするようにしているけど

87 :名無し物書き@推敲中?:2005/07/14(木) 21:05:16
読み直す回数にもよるな


88 :吾輩は名無しである:2005/07/23(土) 11:08:20
p

89 :名無し物書き@推敲中?:2005/08/17(水) 01:52:08
黒澤明もできることなら全作品を取り直したいといってたな。
漏れは欧米の作家のように机に原稿を何年もしまっておくタイプかな。書いた直後は誤字以外冷静に推敲できない。

90 :名無し物書き@推敲中?:2005/09/01(木) 20:08:19
登場人物別のあらすじを書いてみたら、物語の骨格やテーマ性がみえてきた感じがしました。


91 :名無しは無慈悲な夜の女王:2005/09/03(土) 01:37:23
o

92 :名無し物書き@推敲中?:2005/09/03(土) 02:27:24
伊丹十三は「映画作り出して編集にかかっていると、話も仕掛けも
全部覚えちゃっているので自分ではこれが面白いのか面白くないのか
サッパリ分からない」と言っていた。
そういう時は、内容を全然知らないほかの人に見てもらったりしていた
そうです。

93 :名無し物書き@推敲中?:2005/09/03(土) 03:43:10
>92
映画は複数で創るものだが、小説は独りで書くもの。それが大きな違いだと思ってきた今日この頃。

94 :名無し物書き@推敲中?:2005/09/03(土) 03:45:34
いや、たぶんそういうことではない。

95 :名無し物書き@推敲中?:2005/09/03(土) 22:54:47
いや、俺もだ。
書いてる途中は、「何だこれ、ヤベエ。おもしろすぎ」
なんて自己満足にひたってんだけど、読み返していくうちに
テンションがだんだん低くなっていく・・

96 :名無し物書き@推敲中?:2005/09/04(日) 07:22:07
つまらない以前の問題なのですが
何度も何度も読んでいるうちに、
あれ?このエピソードどこかで読んだ気がする・・・
もしかして無意識にパクった?
いや何度も読んでるからそんな気がしてくるだけだ。
いやいや何度も読んだからこそ思い出したのでわ。
なんてことがあるんですが。ありませんか。

97 :名無し物書き@推敲中?:2005/09/04(日) 21:08:54
私変態ですから、
自分で書いたもの読むのが何より好き。
だって基本的に自分が好きな感じのものを書いてるし。
自分好みのディティールと、自分好みの展開だらけ。
読んで気持ちよくないわけない。
ヘタクソだな、と思うときはあっても、つまらん!ってことはないな。

98 :名無し物書き@推敲中?:2005/09/05(月) 08:39:33
同じく。
と言っても、これまでは1と同じで「書いたは良いが、これのどこが面白いんだ?」
って思って途中で破棄してばかりいた。
でもそれを繰り返すうちに文章の粗が減ってきて、
賞がとれないまでも確実に良いところまで行くと確信してしまっている。
どう読んでも面白いとしか感じれなくなってきた。
ちなみに推敲はできる。ただ悪い部分を直すのではなく、改善や付け足しばかりで迷走気味。

99 :名無し物書き@推敲中?:2005/09/05(月) 08:54:18
読み直すのって全部完成してからですか?

100 :名無し物書き@推敲中?:2005/09/05(月) 09:22:20
100ゲーット!

101 :無名草子さん:2005/09/29(木) 11:11:28
0

102 :名無し@お代わり:2005/09/29(木) 17:27:04 ?
それは、ネタがつまらないからだ。

所詮は、アイデア。
http://www.ne.jp/asahi/secret-info/world/index.htm




103 :名無し物書き@推敲中?:2005/09/29(木) 18:44:36
おれの生命線はストーリーじゃないから、とにかく読む度に味が湧いてくるんだよね。
あ、電話がかかってきた。わり。
多分、読者に求められる作家になるんだろうなあ〜。

104 :名無し物書き@推敲中?:2005/09/29(木) 18:52:57
>>96
あるあるww
エピソードより台詞の方が多いけど・・
自分は書く度に一から読み返すから、
推敲っていう作業を頻繁に繰り返しているタイプ

105 :名無し物書き@推敲中?:2005/09/29(木) 19:20:24
自分の小説を何度も読み直すとつまらなくなる、
そうじゃなくて、
自分の小説を何度も読み直すとつまらないことに気付く、
じゃないのか?

106 :名無し物書き@推敲中?:2005/09/30(金) 18:14:49
そうとも言えない。
どんなに面白い本でも一時期に何度も読み返すと疲れるのも事実。
飽きるんだね。

107 :名無し物書き@推敲中?:2005/09/30(金) 21:31:39
去年自分が書いた書きかけの小説読んだけど、所々ゾっとするような文章が
あった。まるで誰か違う人物が書いたような気がした。
小説を寝かせるっていうのもいいかもしれないね。

108 :名無し物書き@推敲中?:2005/10/12(水) 11:07:25
本当に、一気にかきあげたはいいけど、改めて見直すと
二日酔いのあとの、自分の吐瀉物をみたようなゆう鬱な
気分になるときがある。

109 :名無し物書き@推敲中?:2005/10/12(水) 13:01:19
>>107
分かる
俺も三年前位の自分の作品読んで
今の俺には書けないなって思う事があった

110 :罧原堤 ◆SF36Mndinc :2005/10/14(金) 06:35:04
他人の作品、自分の作品、どちらだとしても、かかわらず、何回も読めば飽きるってことだ、

111 :名無し物書き@推敲中?:2005/10/14(金) 15:07:37
 浅田次郎の小説は立ち読みしてる分には時間潰しにいいけど、買ってよむと
あほらしくて放り出してしまう、西原理恵子先生の漫画と稲垣足穂の小説は、
十回読んでも面白い、凡才と天才の本質を現している。

112 :名無し物書き@推敲中?:2005/10/14(金) 21:18:51
そうかなぁー。
俺なんて自分の作品は何度読み返しても面白いけど。
なんで「つまらん」って言われるのか理解に苦しむばかり。

レスの行頭一字を下げる奴なんて初めてみたんだけど>111

113 :名無し物書き@推敲中?:2005/10/14(金) 21:44:21
>>112
執筆暦何年?
もし5年以上あって同じことが言えるなら、お前は間違いなく才能が「ある」よ。

114 :名無し物書き@推敲中?:2005/10/15(土) 04:13:05
>>112
>俺なんて自分の作品は何度読み返しても面白いけど。
気持ちは分かる。
雑誌の仕事なんかしてると、自分の文章を呼んで、当時のグルーヴを思い出したりする。
でも、それは、読者には関係ないこと。

>レスの行頭一字を下げる奴なんて初めてみたんだけど
そういうありがちな特徴に目をつけて異化していくところから小説が出来るかもよ?
がんばれ!

>>113
誤解を恐れずに言えば、年数はどうでもいいと思うね。
執筆歴=ダメ歴
でもあるからな。


115 :名無し物書き@推敲中?::2005/11/20(日) 22:30:06
何度読み返しても面白い

116 :名無し物書き@推敲中?:2005/11/29(火) 23:35:38
なのに受賞できない

117 :名無し物書き@推敲中?:2005/12/04(日) 12:28:10
自分は何度も読み返す以前の段階、書いているときにすでに吐き気がしてる。
この吐き気との闘いが自分の中では小説を書くということだ。
だけど一度書き出したものには必ずエンドマークをうつよ。
途中でやめることはない。
吐き気するならやめればいいと思う人もいるかもしれんが、
やめられないんだ。
生まれてきたからには死ぬ瞬間まで書いていたいというのもまた本心。

118 :無名草子さん:2005/12/30(金) 12:18:48
お前は間違いなく才能が

119 :名無し物書き@推敲中?:2005/12/30(金) 12:40:02
ある

120 :名無し物書き@推敲中?:2005/12/30(金) 13:59:18
とはいいきれないけれど

121 :名無し物書き@推敲中?:2005/12/30(金) 16:45:19
ない

122 :名無し物書き@推敲中?:2005/12/30(金) 17:50:39
とも言いきれないような気がして、

123 :名無し物書き@推敲中?:2005/12/30(金) 22:06:03
何度も推敲していくうちの面白いのか面白くないのか、わかからなくなってくる。
書いてるうちは面白いと思っているし、プロットも悪くないとは考えている。
しかし、興奮が醒めてきて、細部をつめていくうちにわからなくなってくる。
まあ、どうしたら面白くなるか、と構成を考えながら進めるとしよう。

124 :名無し物書き@推敲中?:2005/12/30(金) 22:25:36
おまえは小説読み直す前に空気嫁

125 :名無し物書き@推敲中?:2005/12/30(金) 22:37:47
やっぱり釣れたか。ふふふ。

126 :124:2005/12/31(土) 00:15:09
はめられたのか?
俺が空気嫁ってことなのか、やるな

127 :名無し物書き@推敲中?:2005/12/31(土) 08:23:17
始めのころ書いてたのは、読み直してるとつまらなくなるが。
最近書いてるのは何度読んでも面白い。
むしろ読むほどに面白い。

まるで創作の神が俺に降りたようだ(´ー`)y-~~

128 :名無し物書き@推敲中?:2006/01/01(日) 01:58:04
>>127
貴様は創作文芸板の裏切り者だ。もうどこへなりと失せろ。

129 :名無し物書き@推敲中?:2006/01/24(火) 13:35:53
恥ずかしい事かも知れない

130 :名無し物書き@推敲中?:2006/01/24(火) 14:13:53
うpたりすると神扱いされてベタ褒めされて
自分が凄い才能の持ち主なんじゃないかと思えてくるが読み返してみると糞つまらなかった。
つーか読んだヤツらのセンスの無さに幻滅した。

131 :名無し物書き@推敲中?:2006/01/25(水) 15:55:28
つまらないというより、稚拙さに恥ずかしくなる。

132 :吾輩は名無しである:2006/01/25(水) 18:42:18
あのね。こないだどこかのネットで、
つまらない作品を書いてる人が自分の作品を劇誉めしてる例があった。
自分の作品を読んで面白いと思う人の方が多いから、心配することないよ。
つまらないと思う人は創作をしない。

133 :名無し物書き@推敲中?:2006/02/20(月) 12:52:17
無駄なんじゃない

134 :名無し物書き@推敲中?:2006/02/20(月) 15:40:09
山田悠介は推敲したりしないんだろうな・・・。
やっぱ奇才だな、ヤツは。

135 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/14(火) 12:05:51
金属アーム

136 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/14(火) 16:58:36
書いている途中で段々やる気がなくなってくる
こりゃ完成してもきっとダメな作品だろうなって

137 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/32(土) 11:36:13
取り直したいと

138 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/32(土) 13:06:59
私はおめでたい。自分が三年前に書いたものを見返してみたら面白くて完読してし
まった。自惚れるのは危険だけど自分で面白いと思えない作品を投稿するのは
失礼だと思うので、私は読み返してつまらないと思った時私は必ず捨てています。

139 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/32(土) 22:42:57
どんな作品でも、何度も見てればその内飽きると思うが…

140 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/02(日) 07:26:42
やっぱりみんなそうなんだー。
自分の作品面白いと思ったりつまらんと思ったり、
才能あると思ったり、ないと思ったり。
みんな一緒なんだー。自分もその中の一人。
永遠にデビューできなさそうだ。

141 : ◆MJHF4444ak :2006/04/02(日) 13:54:45
作品は自分の子供。良くも悪くもある。
でも憎めきれない。

142 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/02(日) 14:24:27
>>141 わかる! 郵便局で手放す時とか、気に入られるといいな、とか
思って切なくなった。


143 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/18(火) 11:59:48
気持ちいい

144 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/18(火) 22:18:59
アッー!

145 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/19(水) 05:17:00
心にわだかまっていた記憶を物語に織り込んで書くと
自分で感動してぐしょぐしょに泣いてしまいます
エロ小説を書いてるとムラムラして全然先に進めません
三行半書いたらもうイってしまいます
ホラーを書くと恐ろしくて眠れなくなります

書くの向いてないんですかね

146 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/20(木) 01:26:12
あたしもだよ。

147 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/20(木) 01:29:50
大体の人がこんな感じじゃないの?プロとかでも……
明石家さんまみたいに、自分の番組見て、大爆笑するような人はほとんど居ないって

148 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/20(木) 01:51:18
>>147
いくらさんまさんでも、同じヤツを何度も見て大爆笑はしないと思うの。

149 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/21(金) 22:07:57
>>146
あたいもだよ

150 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/23(日) 03:15:48
                      ,.-‐''^^'''‐- ...,          ,.-‐''^^'''‐- ..
 高遠 ,.-‐ """''''''- 、  今井 ; '          ' ,  郡山 ; '          ' ,
   /          \    .;'    uvnuvnuvn ;    .;'    ノりノレりノレノ ;
  /  ノりノレりノレノ\  i     ;    j        i     ;    j  ━   ━ i
  i  ノcニつ ⊂ニュ ミ |     ; .,,  ノ ,.==-    =;     ; .,,  ノ  <・> <・>i
 ノ  |  <@  ミ @ヽ. | |    ( r|  j.  ーo 、  ,..of    ( r|  j━┳━┳┳┓
 イ   |    (o_o.    | |     ': ヽT     ̄  i  ̄}     ': ヽT   ┗━┛┗┛
 ノ   !   ノ u 丶.  ! ヽ    ': . i !     .r _ j /      ': . i 人   .r _ j ノ
 彡  !    (つ     !  ミ    '; | \  'ー-=ゝ/、     '; | \    ・・・・/、
 ノ   人   "    人  ヽ   /    \   ̄ノ \     /    \ ≪≫ノ \

        Y⌒''''|'"⌒`⌒⌒'ー、_
      γ;;;;;ノ..;;;)  香 田    ヽ
    ,,,γ;;;;,,…../     ::::::::::*:: ∞〜 プーン
    (;;;;;;;;;;;;;;;;;;人_(\!((^i_/ヽ、::*::: }
    |    /*-'' ̄    ̄''-   i  リ
    |   ソ r(:;;:),,、i   r(;;;;;;)、  |  | ∞〜 プーン
    リ  i ;;;;;;;;   |   ::::   |  |
.〜∞ }  <ヘ   ノ :::   /;; >  i
     |  |:::l  *`;;ー;;`ヽ: l::::|   |
    ノ  ヽ:::;;;;; l l===ュヽ ::/  リノ お前らが生きて帰れて なぜ俺だけ んっごう!?
   彡ノ ソ;;*::;;; |、'^Y^',,|:::/| / |____
   /{彡  |;;;;;\.`-;;;;-'/  | (    /|
  /  ゙゙' ''‐*-..;;,,,,,,,;;;;;;,,,,,,....-‐-‐''^/ /
∠____''.;;;;;;;;;;;;.''_____/ /
|______;;;;;;______|/
http://www.ogrish.com/archives/2004/november/OGRISH-dot-com-ogrish-dot-com-shosei-koda-beheading-video.wmv


151 :無名草子さん:2006/05/14(日) 11:39:20
繰り返し使って

152 :名無し物書き@推敲中?:2006/06/12(月) 12:31:43
面白くて完読して


153 :名無し物書き@推敲中?:2006/07/01(土) 18:03:36


154 :名無し物書き@推敲中?:2006/07/02(日) 17:27:16


155 :名無し物書き@推敲中?:2006/07/03(月) 12:17:02


156 :名無し物書き@推敲中?:2006/07/03(月) 13:12:00
>>1
そのダメな部分を書き直せばいいじゃん。
何年か経って、ダメな部分が見えてくるという事は
それだけ自分が成長してる何よりの証拠だよ。

157 :名無し物書き@推敲中?:2006/07/03(月) 13:19:46
俺は自分が書いたものを読んでると
「これおもしろいな」「マジでおもしろい」「絶対におもしろいよ」といつも思う。
でも、やはり
「ここは甘いな」「ここはおかしい」と言う所は多々でてくるからそのたびに
その部分を書き直しする。するとまたよくなる。
この繰り返しでドンドン良い作品になっていくんだよ。

でもツマラナイと思った事は一度もない。
なぜかというと
ツマラナイ作品はプロット書いてる時点でツマラナイと感じるから
だからその時点でボツにするから。

158 :名無し物書き@推敲中?:2006/07/03(月) 14:14:53
起承転結の基礎が出来てないから何が面白いのかわからなくなるんじゃないか?

159 :名無し物書き@推敲中?:2006/07/03(月) 14:28:13
>>157
>>2

160 :吾輩は名無しである:2006/07/03(月) 18:28:17
同じ文章を読み続けたら、頭の中の回路がすり切れないか。

161 :名無し物書き@推敲中?:2006/07/03(月) 22:01:30
推敲してると
同じ漢字が5行いないに2回使われるのが許せない。
「〜だった」「〜た」が2回続くのが我慢できない。
1ページ内で最低一つは読みどころが無いと辛い。
病気ですか?

162 :名無し物書き@推敲中?:2006/07/03(月) 22:08:10
「愛子、子供の頃から愛してたんだ」私は言った。
とか、駄目ですか。

163 :名無し物書き@推敲中?:2006/07/03(月) 22:24:56
>>162
それはいいけど、

ry)」私は言った。愛子は目を丸くして私の顔を見た。

とかは「見た」じゃなくて「見る」に変えたくなるなるな。
まぁこの場合はその前の文章から変えると思うけど←「けど」の2回も見苦しい・・・

164 :名無し物書き@推敲中?:2006/07/03(月) 22:28:26
あっ、しまった。「変」も別の言い方に変えないとw

165 :名無し物書き@推敲中?:2006/07/03(月) 22:36:25
・・・駄目だ。脳が疲れてるらしい。今日はもう寝よう

166 :吾輩は名無しである:2006/07/04(火) 18:42:33
たまには人の本を読んだ方がいいよ。


167 :名無し物書き@推敲中?:2006/07/05(水) 15:21:40
自分の本はないだろ

168 :名無し物書き@推敲中?::2006/08/02(水) 12:13:57
でしょう

169 :名無し物書き@推敲中?:2006/08/02(水) 12:22:27
そもそも書いてないことをブラフでごまかす
おまえのいつもの手口だな
ばかやろうwww

170 :名無し物書き@推敲中?:2006/08/02(水) 21:21:50
>>1
あるあるあるww
おれなんかギャグ書いてたから何度も見てたら
どんないいネタでもつまんなく見えてくるw

171 :名無し物書き@推敲中?:2006/08/31(木) 15:22:51
>自分の小説を何度も読み直すとつまらなくなる  
 

       残飯
       おまえは読解力が無いから、何度も読み直すんだ
       普通の人間はおまえの書いたものを

       1 読まないし
       2 一読してつまらないとわかる
    

172 :名無し物書き@推敲中?::2006/09/19(火) 11:40:35
しょうがまい

173 :吾輩は名無しである :2006/09/19(火) 18:29:54
好きな作家の本でも、毎日同じ本を読んだら辛いだろう。
それと一緒だ。

174 :名無し物書き@推敲中?:2006/09/19(火) 21:04:17
>>1
めやすとしては

A.好きな作家の小説が面白い→自作がへたれ
B.好きな作家の小説すら面白くない→鬱状態

175 :名無し物書き@推敲中?:2006/09/22(金) 13:34:21
マリッジブルーみたいなもんだよね。経験ないけどw

これイケんじゃね?? と調子良く書いてるときや
書きあがって受賞後の妄想しているときはいいけど
いざ賞に応募するために推敲してたりすると
こんなレベルで賞がとれるわけがない世の中にはもっと……くぁwせdrftgyふじこ
ってなるww

176 :名無し物書き@推敲中?:2006/09/22(金) 22:34:42
単純に自分の書いてる小説に飽きてるだけじゃないの?
読者が五回読んで飽きないような小説が書けるんなら、さっさとデビューしてるって……

177 :名無し物書き@推敲中?:2006/10/03(火) 11:53:28
文章を縦書きで読んだり横書きで読んだり
背景の色を変えてみたり
音楽を聴きながら読んでみたり
色々とシチュエーション変えながら読んでみると
多少のマンネリは解消されるお

178 :名無し物書き@推敲中?:2006/10/03(火) 13:13:30
me too.
縦書きにしたり横書きにしたり、テーマソング変えたり、思いっきり外で遊ぶ。

179 :名無し物書き@推敲中?:2006/10/03(火) 13:36:06
書いててもそうだよ。
面白く書ける部分もあるし書いててつまらない部分もある。
つまらない部分も物語のつなぎに必要なんだけど、つまらないからペンが進まんね

180 :吾輩は名無しである :2006/10/08(日) 18:41:08
プロでも読んでいてつまらないのがたくさんいるが、
あいつらはどうやってデビューしたんだろう。
それが不思議に思う。
しかも、デビュー作からしてひどい。

181 :名無し物書き@推敲中?:2006/10/10(火) 15:33:55
>>180
だね。これならオレのが面白いじゃん! とかある。

マジレスすると将来性を買われたとか
当時にしては斬新だったとか、色々あるんだろうけど。
でもオレらが認識している以上に作家なんていっぱいいるわけで
認識しているという時点では、酷い作品だと思えても
それ以下の人よりはマシだったんだろう。

182 :名無し物書き@推敲中?:2006/10/10(火) 19:21:26
そう言う、お前はちゃんと一作品仕上げたのかと

存在しない作品と比べられたらかなわんだろうと

183 :名無し物書き@推敲中:2006/11/06(月) 12:50:46
いっぱいいる

184 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/09(土) 13:59:30
俺は推敲に限らず、書いて何年もたつのに何度でも読み返す。自分で自分は大嫌い
だが、自分で自分の書いた小説は大好きなんだ。自分の1番のファンは自分自身で
ある。それは10年前から変わらない。

185 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/20(水) 20:08:50
自分の書いた小説って読んでて面白いwwwwww
友達に見せたら狙ったところ(読者に対して書いたような部分)で笑ってるし。

はあ、読者に狙って書くのは自分がつまんないんだよな。

186 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/20(水) 21:11:31
わかる。


187 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/24(日) 18:15:02
書いてる最中だけど、泣ける。
もうすぐ、クライマックス。号泣地帯に入る。

188 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/24(日) 18:43:01
>>187
読ませろwwwww

189 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/28(木) 02:23:05
何か読み返したらくだらない

190 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/28(木) 04:25:21
推敲したら余計つまらなくなってもうたorz

191 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/28(木) 12:01:37
俺は頭がいいから書く前からつまらないことがわかる。いつまでたっても書き出せない。

192 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/28(木) 17:38:45
戦わなきゃ自分と

193 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/28(木) 23:10:36
いやだ。現実逃避したいから小説読んだり書いたりしてるのに。

194 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/28(木) 23:42:57
昨日面白く感じたのに今日つまらなくなる。日によるからあえて消さない

195 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/29(金) 00:37:30
うん、消すのは勿体ないよな。
後から読み返して、膨らませたり反省したりできるしな。

196 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/29(金) 00:52:47
あとから膨らませるたり削ったり修正したら作品全体が崩れない?
どんなに気に入らなくてもなんつーか、全部壊すか、そのままじゃなきゃ
作品全体が崩れる。何を基準に気に入らないか?を考えた場合ね。
書いた時はいいと思って書いたわけだから、一部修正がなんか出来ない・・・

197 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/29(金) 15:08:27
陶芸家みたいだな

198 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/29(金) 17:03:20
俺は自分の作品つまらないなんて思わない。
上のヤツでもいるけど、書いてる最中泣けるし
さすがに十回以上読み返してると泣けなくはなるがね。

愛した作品だ。今某賞でいいところまでいってくれてるよ。
結果が楽しみだ。

199 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/30(土) 16:53:34
出版されたら、買ってやるからな〜

200 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/03(水) 19:56:11
一度も読み返さず、一度も推敲せず、ただひたすら前だけを向いて書け。
昨日を振り向くな。明日を目指して、今日を雄雄しく生きるんだ!!

201 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/04(木) 05:06:49
いつもは面白く思うんだけど、今回は駄目だ。
何か時間があるといいのが書けると思っていたけど、追い詰められて
「ああ、時間ない」
と締め切り前日に仕上がった作品のがいいwww

202 :早苗 ◆3db4VquDe6 :2007/01/04(木) 11:44:52
自分の書いた作品で泣けるってすごいな

203 :早苗 ◆3db4VquDe6 :2007/01/04(木) 11:48:00
一年くらい経って読み返して自分が書いたとは思えない稚出さに泣くとかならわかるけど

204 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/04(木) 13:15:49
書いてる途中で泣けてこないか?
うるうるこないか?
俺の涙腺がゆるすぎるだけなのか?

205 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/04(木) 13:18:04
読んでるときには泣けるが書いてる途中では泣けないな

206 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/04(木) 13:25:09
いいなぁ。俺は、泣けて筆がそこで止まる。

207 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/04(木) 17:05:11
おまえら泣ける話ばっか書いてんの?

208 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/04(木) 18:05:03
自分のネタに、腹抱えて笑うけど。
賞とることを目的に書くなら、泣ける話のほうが強いと思う。

209 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/04(木) 21:30:57
みんな楽しく書いているみたいだな。
俺も書いている時は楽しいが、それは自己満足だと友人に言われて泣きたくなったよ……orz
実際プロにならないと自己満足だけどね。

210 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/05(金) 04:28:50
自己満足で書いてる方が俺はいい作品になる。
変に読者意識したりすると誰かの真似になるような気がする。
そんな俺は一次も通過しないわけだがw

211 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/05(金) 06:30:50
自己満足つーのは独りよがりで他人にはワカンネぐらいの意味だろうな。

212 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/05(金) 15:07:15
>>210
あれ? 仲間がいる……
こうなったら、プロになって自分の好きなもん書けるとこまで伸し上がろうぜ。

>>211
詳しくヨロ

213 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/05(金) 19:20:50
まず、他の人に理解できない造語と価値観持ち込んで、
それに対して詳しい説明入れない。
世界観を理解させる工程がない。

そもそも、日本語の扱いが未熟で文章としても破綻しているので、
書いてる本人は理解できても、読まされた相手は何がなんだかわからない。

しかも、一般人と常識がずれてる。

書いてる人間の頭の中では当然の結果として登場人物が『そこにいて』『それをした』だけなんだろうけど、
読んでる人間には、そこに至る経緯がが全く見えないので、
なんでそいつ等が『そこにいて』『それをした』のか、ぜんぜん判らない。

物理の法則を正しく理解していない。あり得ない事を平気でやっちゃう。

しかも、どこかで読んだ事のあるような展開。
グロいシーンとかの描写だけ妙に頑張ったあとが覗えたり。

などなど。

214 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/05(金) 20:34:20
どこまでレベルを下げて描けばいいの?
自分が高校生なら高校生を対象に書けばいいのか?

215 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/05(金) 20:44:02
まあ、犬か猫までだな。

216 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/06(土) 01:02:59
高校生って言ってもピンきり。
大学生なんて言ったら、もっと差が激しい。
小学生はそこまでの差はない……と思う。

男の子の話。
女の子は環境次第でいくらでも例外が発生しうる。

217 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/06(土) 17:14:48
>>213
ありがとう。勉強になったよ。自分の小説、一から読み直してみるわ。
……もっと精進しないとなあ。

218 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/06(土) 17:36:22
>グロいシーンとかの描写だけ妙に頑張ったあとが覗えたり。
ここはすごく当てはまってるw
グロシーンに萌え萌え

219 :名無し物書き@推敲中?::2007/01/19(金) 12:55:46
最悪

220 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/19(金) 13:10:45
何度も読み直すとつまらなくなるというより飽きるじゃね?
今さっき自分の書いた小説を読んだけど、面白いかったもん。久しぶりだったから。

221 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/19(金) 16:43:39
小学生でもわかるつうコンセプトで書いて読み返したら…なんだか児童文学みたいなノリになってたよヲイ

222 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/19(金) 18:40:44
いいじゃないですか、児童文学。

223 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/19(金) 20:14:39
ttp://www.geocities.jp/clamp0x

50 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)