5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

   スティーブン・キングになりたい”   

1 :名無し物書き@推敲中?:04/10/25 15:05:38
よろぽく。

2 :名無し物書き@推敲中?:04/10/25 15:06:54
糸冬

3 :名無し物書き@推敲中?:04/10/25 15:11:40
×スティーブン・キングになりたい” 

○スティーブン・キングをなりたい” 

4 :名無し物書き@推敲中?:04/10/25 15:18:01
俺もなりたいとかねがね思っていた。

5 :名無し物書き@推敲中?:04/10/25 15:18:31
ニコルソンに撲殺されてこい

6 :名無し物書き@推敲中?:04/10/25 15:19:29
ちなみに俺はキングよりすごい。

7 :名無し物書き@推敲中?:04/10/25 15:19:37
ジャック・ニコルソンになりたい” 

8 :名無し物書き@推敲中?:04/10/25 15:20:18
ちなみに俺はジャック・ニコルソンよりすごい顔。

9 :名無し物書き@推敲中?:04/10/25 15:21:22
ちなみに俺はキングコングよりすごい。

10 :名無し物書き@推敲中?:04/10/25 15:22:34
ちなみに俺はキングクリムゾンよりすごい。

11 :名無し物書き@推敲中?:04/10/25 15:23:59
……という一連の流れ。どーでーもいーいでーすよ

12 :名無し物書き@推敲中?:04/10/25 15:25:35
というわけで、早くも結論が出てしまいましたね。
よって終了。

13 :名無し物書き@推敲中?:04/10/25 15:26:55
キングの小説の凄さを誰か分析して解説してくれ。

14 :名無し物書き@推敲中?:04/10/25 15:29:31
>>13
そんなもん書店いきゃいくらでもあるだろ。
人に解説してもらうより、自分で研究本探して読みな。

つーか13は今までキングの何読んだわけ?

15 :名無し物書き@推敲中?:04/10/25 15:31:01
全部読んだ。

16 :名無し物書き@推敲中?:04/10/25 15:35:49
キングのどこがおもしろいんだ?
残酷な描写を読むと、こういうのを喜ぶ殺人狂が増えるんじゃないかと心配になるよ

17 :名無し物書き@推敲中?:04/10/25 15:38:18
>>15
それはすごいな。
そんだけ読んでるなら、
15自身がキングの凄さをみんなに解説すべきだろ。

ちなみに俺はファイアスターターとクジョーしか読んだことないよ。
印象は日常の描き方など、だらだらしてやたら長い感じ。
まあこの2冊だけの感想じゃお話にならないと思うけど。

18 :名無し物書き@推敲中?:04/10/25 15:45:45
クージョを書いたときはヤク中・アル中で、
書いてる最中の記憶がないらしい。

19 :名無し物書き@推敲中?:04/10/25 15:47:48
それじゃ、キングになるにはまずヤク中・アル中に
なることから始めることだな。w

20 :名無し物書き@推敲中?:04/10/25 16:02:31
売れてる理由がわからんな。

21 :名無し物書き@推敲中?:04/10/25 16:07:06
つか本が分厚くて読む気うせる

22 :名無し物書き@推敲中?:04/10/25 16:07:49
ライディングブレッドだかって、実験的オンライン小説(有料)は
1時間で200万人がアクセスしてサーバがダウンしたそうだな。
客観的に見て理解不能なあの熱狂ぶりは何なんだ。

23 :名無し物書き@推敲中?:04/10/25 16:10:05
洋書は訳者によって随分印象が変わるからね。
下手な訳者が訳したやつだとかなり読みにくい。

24 :名無し物書き@推敲中?:04/10/25 16:30:03
ホラーよりも人情物を読む方が、ストーリーテラーとしてのキングの能力が判るね。
『刑務所のリタヘイワース』(映画『ショーシャンクの空に』の原作)が、
キングの作品の中では一番好きだ。
これ一作だけでも、キングは一流の作家として記憶されただろうと思う。

25 :名無し物書き@推敲中?:04/10/25 16:57:45
ふーん

26 :名無し物書き@推敲中?:04/10/25 17:44:10
とりあえずミザリーとキャリーは面白かった。

27 :名無し物書き@推敲中?:04/10/26 00:51:09
スタンドバイミーとショーシャンクが最高だよな。
結局、超常現象がでてこない普通の小説をあんだけ書けるから、
ホラー小説も凄いのが書けるんだと思う。

28 :名無し物書き@推敲中?:04/10/26 01:11:47
ここは各々が勝手に自分のキング観やらホラー小説観やらを
語って自己主張するスレでOK?

29 :名無し物書き@推敲中?:04/10/26 01:16:07
自分で決めろよ。バカなのか?

30 :名無し物書き@推敲中?:04/10/26 01:25:09
キングの本ってハリポタより売れてるの?

31 :名無し物書き@推敲中?:04/10/26 01:56:45
全刊売り上げで言ったら、ハリポタなんて比較にならないでしょ。

32 :名無し物書き@推敲中?:04/10/26 08:26:49
キングとハリポタか
目糞鼻糞だなプププ

33 :名無し物書き@推敲中?:04/10/26 08:29:54
スティーブン・キングの養子になりたい!

34 :名無し物書き@推敲中?:04/10/26 12:57:52
>>32
目糞鼻糞50歩100歩?
どっかで聞いた台詞だな。

35 :名無し物書き@推敲中?:04/10/27 06:18:07
このひとまだいきてるの?

36 :名無し物書き@推敲中?:04/10/27 09:13:50
『ダークタワー』はニューヨークタイムスのフィクション・ハードカバー1位だよ

37 :名無し物書き@推敲中?:04/10/29 10:25:15
キングのおすすめの本教えて蔵はい5冊ほど

38 :名無し物書き@推敲中?:04/10/29 16:26:17
ミザリー
呪われた町
ファイアスターター
バトルランナー
死のロングウォーク

39 :名無し物書き@推敲中?:04/10/29 17:01:47
小野不由美「屍鬼」は「呪われた町」の模倣。
高見広春「バトルロワイアル」は「死のロングウォーク」の剽窃。
森真沙子の連作短編集「転校生」第1巻第1話は「電話はどこから……?」のパクリ。

キングをパクれば売れるのです。

40 :名無し物書き@推敲中?:04/10/29 17:03:20
「リング」って「痩せゆく男」に構成似てるよね。

41 :名無し物書き@推敲中?:04/10/29 17:25:01
小野真由美はキングの模倣。

42 :名無し物書き@推敲中?:04/10/29 18:31:22
スティーブン・キングはほんとに偉大な作家だよね。

43 :名無し物書き@推敲中?:04/10/29 18:40:30
書きかけのキャリーの原稿を捨てようとしたキングに、
「きっと傑作になる」
と励まして書き続けさせたタビサ夫人が偉いね。

44 :名無し物書き@推敲中?:04/10/29 23:13:03
>>39
キングのファイアースターターと、
宮部みゆきのクロスファイアはどうだろう。
似てる? あんま似てない?

45 :名無し物書き@推敲中?:04/10/29 23:27:07
バカ

46 :名無し物書き@推敲中?:04/10/30 03:10:46
>>44
似てるというより「イタダキ」

47 :名無し物書き@推敲中?:04/10/30 09:26:08
まずはキングの自伝ともいえる『小説作法』を読め!

48 :名無し物書き@推敲中?:04/10/30 16:03:08
小説作法はミザリーとセットで読め。

49 :名無し物書き@推敲中?:04/10/30 18:21:07
おまえら、なんで最強作家スティーブンキングの本を読まないの?

50 :名無し物書き@推敲中?:04/10/30 18:23:41
>>44
似てるというより、熱いオマージュ

51 :名無し物書き@推敲中?:04/10/30 18:38:37
矢田亜希子たんが良かったね。

52 :名無し物書き@推敲中?:04/10/30 19:33:43
クーンツも良いな。

53 :名無し物書き@推敲中?:04/10/30 20:26:17
俺的にはクーンツは駄目。
小説作法>>>>>>>>ベストセラー小説の書き方。
小説も。

54 :名無し物書き@推敲中?:04/10/30 22:45:46
>>49
アンチメジャー派だから。

55 :名無し物書き@推敲中?:04/10/31 05:35:49
>38
サンクス
古書店あさってみまつ。


56 :名無し物書き@推敲中?:04/10/31 06:25:12
クーンニ

57 :名無し物書き@推敲中?:04/11/03 20:34:31
R.Bachman知ってます?

58 :名無し物書き@推敲中?:04/11/03 21:18:16
>>40
そうなの? 痩せゆくの方を読んでみよう。

59 :名無し物書き@推敲中?:04/11/03 21:41:24
Regulators よかった

60 :名無し物書き@推敲中?:04/11/03 23:25:08
デッドゾーンが好きな僕はどうすればいいですか?

61 :名無し物書き@推敲中?:04/11/04 02:36:03
>>60
デッドゾーン最高ですが、何か?

62 :名無し物書き@推敲中?:04/11/04 07:22:43
うん。デッドゾーンは凄く良かったね。

63 :名無し物書き@推敲中?:04/11/04 22:06:25
じゃ、映画版のデッドゾーンは?

64 :名無し物書き@推敲中?:04/11/04 22:22:29
最低です。

65 :名無し物書き@推敲中?:04/11/04 22:34:52
まぁ数多いキング作品の映画化の中では「良い方」とされている。>Deadzone

66 :名無し物書き@推敲中?:04/11/05 00:57:09
キングの翻訳本なら『IT』が良いと思うけどなぁ。
あの訳は最高だ。

まぁスティーブンキングになりたいなら、
隣の家の少女を読んで絶賛してみるんだな。

67 :名無し物書き@推敲中?:04/11/05 02:15:07
The bodyなどいいかと。

68 :名無し物書き@推敲中?:04/11/05 04:20:51
>>64は映画を見てもいないし、小説も読んでない。
単なる茶々入れなんだから、おまえらそんなマジになるなよ。

69 :名無し物書き@推敲中?:04/11/05 07:34:28
とりあえずレッドソックスファンになれ!

70 :名無し物書き@推敲中?:04/11/06 15:34:05
映画化されたキング作品の中でベストの映画はなんですか?
デパルマのキャリー?

71 :名無し物書き@推敲中?:04/11/06 20:05:02
スタンド・バイ・ミー。
最低なのはキングが監督した、地獄のデビル・トラック。

72 :名無し物書き@推敲中?:04/11/06 20:33:18
スタンド・バイ・ミーもキャリーもいいが
やはりデッド・ゾーン。ただレンタルでは滅多にないので
2500円の廉価版DVD買うしか。

73 :名無し物書き@推敲中?:04/11/07 04:45:51
映画なら「黙秘」「ミザリー」「ショーシャンクの空に」だな。

74 :名無し物書き@推敲中?:04/11/07 05:11:45
素人受けしそうな3本ですね。

75 :名無し物書き@推敲中?:04/11/07 05:18:14
またお前か。

76 :名無し物書き@推敲中?:04/11/07 05:23:39
>>74
そうか? >>73で挙がっている3本は特別素人受けする感じでもないが。

君の素人受けしない傑作を3本挙げてみてくれない?

77 :名無し物書き@推敲中?:04/11/07 05:27:05
無理。

78 :名無し物書き@推敲中?:04/11/07 05:32:52
おまいらはアフォか
キングはやはり映画ではなくて小説だろが
男はやはり腕力ではなくてチンコだろが

79 :名無し物書き@推敲中?:04/11/07 05:39:07
「黙秘」「ミザリー」「ショーシャンクの空に」だったらむしろ玄人受けだよ。
素人受けなら「キャリー」「スタンドバイミー」「デッドゾーン」の方だろう。
>>73は、まったく事情がわかってないし、映画を見てもないんでしょう。

80 :名無し物書き@推敲中?:04/11/07 05:55:23
つーかお前ら、素人って言いたがりの厨房にマジレスしすぎ。

81 :名無し物書き@推敲中?:04/11/07 06:43:39
「ガンスリンガー」最高。
これ、キングがずっと書きたかった話だったんだってね。

82 :名無し物書き@推敲中?:04/11/07 10:00:53
いつぞやの「引退宣言」はいつ撤回されたのですか?

83 :名無し物書き@推敲中?:04/11/07 13:13:47
誰にいってるんだ?

84 :名無し物書き@推敲中?:04/11/07 13:31:09
キングにくわしそうな住人の皆様に

85 :名無し物書き@推敲中?:04/11/07 14:09:17
>>73
素人と女子供に受けそうな3本ですね。

86 :名無し物書き@推敲中?:04/11/07 20:28:29
>>85

お前まだいるの? 相当悔しいみたいね。必死すぎてイタイよ。

87 :名無し物書き@推敲中?:04/11/07 23:28:58
キングの小説は、登場人物の名前が題名になってるのが多いな。
「ミザリー」「キャリー」「ドロレス・クレイボーン」
他に何かある?

88 :名無し物書き@推敲中?:04/11/08 00:44:43
【グルグル】あなたをスティーブン・キングです【グルグル】

89 :名無し物書き@推敲中?:04/11/08 00:56:27
>>86の方が必死に見えるが・・・
っていうか>>86はキングとかには一切縁が無さそう。
多分エロゲマニアじゃないかな。なんとなくだけど。

90 :名無し物書き@推敲中?:04/11/08 02:15:06
うむ。>>86は池沼くさいな。
レスからそれが見てとれます。

91 :名無し物書き@推敲中?:04/11/08 21:06:42
pupu
臭いのがこそつきに話しかけてるw

92 :名無し物書き@推敲中?:04/11/08 21:18:23
臭いの(>>90)が、こそつき(>>89)に話しかけてるw

93 :名無し物書き@推敲中?:04/11/08 22:59:42
キングになりたいつーのは金が欲しいって事なのか?

94 :名無し物書き@推敲中?:04/11/08 23:52:28
>>91-92は池沼w

95 :名無し物書き@推敲中?:04/11/09 01:09:03
>>89-94
煽り合いはいいから、S.キングの話書いてくれよ。

96 :名無し物書き@推敲中?:04/11/09 01:37:03
禿同!キングの話しようよ。
ところでキング原作の映画だと
「黙秘」「ミザリー」「ショーシャンクの空に」の3本は
素人とか女子供が好むみたいだね。まぁ分かりやすいからだろうな。

97 :名無し物書き@推敲中?:04/11/09 01:40:05
>>96
つーかキングの映画は全部素人お子様向けだろ。
キューブリックもメイキングでそう言ってたぞ。

98 :名無し物書き@推敲中?:04/11/09 02:01:24
そんなこと言うとまた池沼の>>91-92が湧いて出て暴れちゃいますよw

99 :名無し物書き@推敲中?:04/11/09 02:20:04
>>94-98
いや、だから自作自演はいいから。
もうバレバレだからやめたほうがいいぞ。

100 :名無し物書き@推敲中?:04/11/09 03:25:48
>>99
いや、俺は95と97の2つのレスをした者だが、なぜ自演だと思うのかね?
何がどうバレバレなのか説明したまえ。

101 :99=79:04/11/09 03:55:33
>>100
すまん、鎌をかけてみただけだよ。
これで>>74= >>85= >>94= >>96= >>98ってことがわかったわけだ。
なるほどね。
要するに俺としては、
「黙秘」「ミザリー」「ショーシャンクの空に」が素人向けと言うのは
やはりおかしいと思うわけだよ。
どういう理屈でそう思うのかを聞きたいんだが、
どうしても>>74が理由を言わないんだよね。

102 :名無し物書き@推敲中?:04/11/09 04:08:50
まあもういいじゃん、そんなに追いつめるなよ。

103 :名無し物書き@推敲中?:04/11/09 06:10:04
大概の人がそう感じるであろうことにいちいち理屈を求めるってのも
なんていうか頭悪くないですか?「黙秘」は見たことないけど
あとの2本はまぁ素人とはいわないけど、それに近いヒトにウケる
っていうのは間違ってないかも。私も自演扱いされるかなぁ

ちなみに私は>>74= >>85= >>94= >>96= >>98のどれでもないです。
いちいちレス番抜いて自演扱いするヒトって気持ち悪い・・・

104 :名無し物書き@推敲中?:04/11/09 06:58:30
まあ、映画に素人向けも玄人向けももないだろう。
娯楽なんだから。
感動したか、楽しめたか。
それだけ。
で、「黙秘」「ミザリー」「ショーシャンクの空に」はどうかっつーと、
俺としてはどれも良い。
特に「黙秘」のダルな色調の中に織り込んだ、しみじみとした演出は
秀逸ではないかと思っている。ジェニファー・ジェイソン・リーもいい味出してる。
キャシーベイツの演技は「ミザリー」と比較して観ると面白い。

105 :名無し物書き@推敲中?:04/11/09 07:00:43
>>103
だから、そういう寒いジエンはいいから。
黙秘を見たことなかったって。
やっぱり・ね。
あまり他人を舐めないほうがいいぞ。
たいていは君より頭がいいから。

106 :名無し物書き@推敲中?:04/11/09 11:51:04

まぁ必死なのは「ショーシャンク」見て号泣した手合いだろ。
過剰な思い入れ持ってるから「女子供向け」などと言われた日にゃ
そりゃ必死で抵抗するわいな。漏れの周りにもいるよ。アレ見て泣いたヒト。
大抵は女だけど。いい映画だとは思うけどね。でもDVDは持ってないやwつかイラネ

107 :名無し物書き@推敲中?:04/11/09 15:06:41
うーん・・・粘着の自演池沼>>105のせいでスレが糞化してるなorz
迷惑だからどっか逝け。な?

108 :名無し物書き@推敲中?:04/11/10 00:47:45
グリーンマイルの単行本は、なんであんな薄いのが何冊も続いてたの?

109 :名無し物書き@推敲中?:04/11/10 04:03:10
あれは本国では「月刊スティーヴン・キング」ともいうべき企画の作品
だったからです。日本での出版もそれにならったというわけ。

110 :名無し物書き@推敲中?:04/11/11 11:06:10
ふ〜ん

111 :名無し物書き@推敲中?:04/11/11 11:11:12
11月11日11時11分11秒に111をゲットすれば
俺様はスティーヴン・キングを越える!

112 :名無し物書き@推敲中?:04/11/11 12:07:26
(プ

113 :名無し物書き@推敲中?:04/11/11 12:42:09
惜しかったね……

114 :名無し物書き@推敲中?:04/11/11 20:21:14
>>106-107
寒いジエン乙!
要するにお前は結局、自分の意見というものは持ってないわけだな。
リアル厨房を追いつめた形になって後味悪いが、
また勝ってしまった。

115 :名無し物書き@推敲中?:04/11/11 20:32:20
と、2chでもリアルでも死ぬまで負けっぱなし確定の豚がホザいておりますw

116 :名無し物書き@推敲中?:04/11/11 20:35:37
ここは同一人物が自演で煽り合うスレになりますた

117 :名無し物書き@推敲中?:04/11/11 20:42:07
そうやってスルーできないところがお前も可愛らしい奴よ。

118 :名無し物書き@推敲中?:04/11/11 20:46:50
ここで負けてしまった奴(>>15-16)がそろそろ荒らしに変貌するよ。

「嵐はやって来るんじゃない、作られるんだ!」

119 :名無し物書き@推敲中?:04/11/12 06:57:31
キングになりたいつーのは金が欲しいということなのか?

120 :名無し物書き@推敲中?:04/11/12 07:47:14
>>119
金の問題じゃないな。キングみたいな文章力が欲しい。

121 :名無し物書き@推敲中?:04/11/12 08:11:25
キングみたいな文章力ってたとえば?

122 :名無し物書き@推敲中?:04/11/12 14:43:25
文章力よりは(もちろんあるけど>文章力)
着想のヒトかと思うがいかがか?

123 :名無し物書き@推敲中?:04/11/13 05:00:26
>>122
着想もすごいね。でもキャラクターが一番すごいと思う。
あんなふうに市井の庶民をあれだけ魅力的に書くつーのはちょっと考えられん。

124 :名無し物書き@推敲中?:04/11/13 10:24:14
なんだ、ぜんぶじゃん。

125 :名無し物書き@推敲中?:04/11/13 11:35:05
全部じゃないだろw

126 :名無し物書き@推敲中?:04/11/13 17:05:49
訳者としては、

白石朗>深町真理子=小尾芙佐>>>>>>>山田順子だと思ふ。
『スタンド・バイ・ミー』の訳、なんとかならないかね。

127 :名無し物書き@推敲中?:04/11/14 03:07:54
>>126
矢野浩三郎の訳が一番好きだ。ミザリー最高。ドロレス・クレイボーンも見事。
真野明裕の痩せゆく男も好きだ。
深町真理子のシャイニングは下巻がどうも読みにくい。読点が時々イラつく。
要するに一概に優劣は決められないと(ry

128 :名無し物書き@推敲中?:04/11/14 15:39:24
127
ああ、矢野浩三郎か、忘れてた。確かにミザリーは面白かったね。ドロレスとかは
見てないけど、タリスマンは読んでいてとてもわくわくした。

でも山田訳のデスぺレーションがどえらく難解な気がしたのは、原作もそうだからだろうか……?
他の訳だったらもうちょっと易しい気がするのだが……。関係ないか。

ちなみにあの作品、ジョン・マリンヴィルが気に入った。

129 :名無し物書き@推敲中?:04/12/04 20:07:02
おい、お前ら、『小説作法』の池央耿を忘れてますよw

130 :名無し物書き@推敲中?:04/12/07 16:48:23
オイこそがイサオネットげとー

131 :名無し物書き@推敲中?:04/12/19 23:51:01
キングも言っているけど、「死」の恐怖を取り扱ってるのが凄く面白いんだと思う。
万人共通、死の予行練習。
ただ残酷描写は品の良いものじゃない、浄化以前にやはりあまり精神衛生上良くないと
今は思う(昔キング好きで、ホラー系を沢山読んでいたけど、今は読み返す気にはなれない)。

これも、キングは「(これと認めるのは辛いけれど)自分の書く物は、まぎれもなく不粋だ」と
言ってて、そういう姿勢にカリスマ性があるのだと思う。
彼はエンタテイナーとして一流、怖いけど人を心の底から楽しませる。


132 :名無し物書き@推敲中?:04/12/24 07:01:14
a

133 :名無し物書き@推敲中?:04/12/30 17:11:04
朝起きたら、『キング』になっていた。 理不尽。

134 :名無し物書き@推敲中?:04/12/30 17:23:02
キングじゃなくて、ヤングっていう類似品いるよね。
スティーブン・ヤング( ̄m ̄〃)ぷぷっ!

135 :名無し物書き@推敲中?:04/12/31 12:45:23
冬を感じた。

136 :名無し物書き@推敲中?:05/01/01 21:50:31
感じろ

137 :名無し物書き@推敲中?::05/01/17 00:47:21
ra

138 :名無し物書き@推敲中?::05/02/08 14:19:37
rtr

139 :名無し物書き@推敲中?:2005/03/21(月) 17:00:39
おまえらキングといったら、ペットセメタリーが最高傑作だろが。

140 :139:2005/03/21(月) 17:25:22
ごめん間違えましたペットセマタリーでしたよ。

141 :◆PBtykf5sPQ :2005/03/21(月) 17:26:30
Gunslingerが一番だろう。

142 :139:2005/03/21(月) 18:07:30
>>141
メリケンの言葉なんて、ぼくにはさっぱりわからない。

143 :139:2005/03/21(月) 20:17:11
キングの小説って、ネタがしっかりしてる。
システムやルールが確立されてるから、荒唐無稽な内容なのに
説得力がある。
分かってんだけど出来ねえ・・・


144 :吾輩は名無しである:2005/04/04(月) 11:48:47
h

145 :名無し物書き@推敲中?:2005/04/04(月) 16:08:23
今IT読んでるところ。第2巻目だな。長いけど頑張るぜ(`へ´)

146 :名無し物書き@推敲中?:2005/04/04(月) 23:53:46
>>145
エイドリアン・メロン最高

147 :名無し物書き@推敲中?:2005/04/05(火) 04:07:01
ショーシャンクとかは日本を舞台にしたら無理。
日本の刑務所は「刑務所の中」「塀の中の懲りない面々」
といったように「日常の延長」になってしまっている。

そう・・・日本では「脱走して開放」なんてのは劇的要素にならない。

ものすごく物語が作りにくい国だ。なんか気持ち悪くなってきた。

148 :名無し物書き@推敲中?:2005/04/05(火) 15:02:32
ショーシャンクをはじめて観たとき、なんかこのストーリー知ってるぞ・・・なんで?
ってすごい既視感があって、あ、キングの刑務所のリタ・ヘイワースだ!
って分かるまでのモヤモヤ感が面白かった。
映画化するときにタイトルを変えるって、珍しいケースじゃねーか?

149 :名無し物書き@推敲中?:2005/04/15(金) 18:11:48
>>147
そこを荒技で、劇的要素を盛り込み、日本版を書くんだよ!

なーんて言ってみたが。

物語が作りにくい国とは思わないが、キリスト教の基盤があるのと
ないのとではずいぶんちがうと思うよ。
「キャリー」とか「スタンド」「グリーンマイル」とかも、
けっこう底流にキリスト教的価値観が流れているように思った。

だから日本の風土とか精神的なあいまいさとか、
そういうのが基盤になると「ぼっけえ、きょうてえ」とかああいう感じに
なるんではないのか。



150 :名無し物書き@推敲中?:2005/04/15(金) 19:54:59
日本人のキャラクターでキング的な物語をやって、
日本人が感情移入できるのかが心配だ。
固有名詞ひとつ出すにしても人格疑われるかも。音楽とか。

まあメディアにのれば3割は味方になってくれるみたいだが・・・

151 :名無し物書き@推敲中?:2005/04/16(土) 11:06:40
キングのなかで単純に文章がうまい冴えてる、
これは読んどけていう作品はどれですかね。

152 :名無し物書き@推敲中?:2005/04/18(月) 14:40:47
>>151
ミザリー

153 :名無し物書き@推敲中?:2005/04/19(火) 17:17:45
俺もミザリーが一番好きもし現実にあんな糞ババアいたら嫌だなーまあソレに似た
事件とかあると思うけど、あの豚鼻にはワロタ

154 :名無し物書き@推敲中?:2005/04/19(火) 19:50:31
たんなる悪役ってだけでなくて、
存在感のあるアニーだというところがすごい。
アニーの背後にしっかりと、彼女の過去が見えてくる。
やっぱり描写力でせうか。

155 :吾輩は名無しである:2005/04/23(土) 11:26:24
u

156 :名無し物書き@推敲中?:2005/04/23(土) 12:51:04
>>154
アニーの過去は殺人鬼としてありきたりだよ。
彼女の個性はミザリーの熱烈なファンだってところだ。

157 :名無し物書き@推敲中?:2005/04/23(土) 14:01:33
そういや、スティーブン・キングみたいな作家になりたいってやつはいたな。
オレが高2の時転校しちゃったけど元気かなあ。

158 :名無し物書き@推敲中?:2005/04/23(土) 16:47:40
篠論愚上異

159 :名無し物書き@推敲中?:2005/04/23(土) 17:33:57
ステファン・レコになりたい

160 :名無し物書き@推敲中?:2005/04/24(日) 01:03:39
どうでもいいが・・この人の本に必ずといっていいほどでてくる「この本は誰々に捧ぐ」
ってどういう事っすか?あくまで本を捧ぐのは、読者であって○○に捧ぐってのは・・
おかしいと思う。でも、なんだかんだ言って漏れはキングさんの大ファンなんだが・・


161 :名無し物書き@推敲中?:2005/04/24(日) 14:06:00
>>157
久しぶりっ!
すっかりスティーブンキングみたいな小説家になっちゃったよ!

162 :名無し物書き@推敲中?:2005/04/26(火) 08:26:45
映画のミザリーは面白かったね。

ひとつ残念なのは、最初から出てきた段階で、すでにミザリーの表情に
無気味さが漂っていたこと。
このため変貌した時のギャップが少なくなってしまった。
もっと優しい表情で出てくれば、豹変したときに
大きなギャップとなって、さらに恐さが増したのに・・・

と映画解説の浜村淳さんが言ってました。おれもそう思った。

163 :名無し物書き@推敲中?:2005/04/27(水) 14:51:17
>>149
表面しか読んでないな。
君がプロになれるかどうかはわからんが、少なくとも読者としてのレベルは低い。


164 :名無し物書き@推敲中?:2005/04/28(木) 16:25:50
江戸川乱歩みたいに
捨文欣愚とかペンネームをつけてデビューすればいい。

165 :名無し物書き@推敲中?:2005/05/07(土) 12:33:03
>>160
海外の小説家はほとんどやってる。

166 :名無し物書き@推敲中?:2005/05/07(土) 16:03:07
なぜに?

167 :名無し物書き@推敲中?:2005/05/07(土) 17:12:00
小説は一人の力だけでは完成しないからだと思うけど・・・
たぶん習慣じゃないのか。

168 :名無し物書き@推敲中?:2005/05/08(日) 19:00:24
欧米社会じゃそれがお約束なんだろうな、きっと。
ギブアンドテイクというか取材協力や生活の面倒みてやったんだからきっちり礼
はしろ!  印税も少しは廻せ! でないと裁判にかけてもふんだくるぞ!みたいな

169 :名無し物書き@推敲中?:2005/05/09(月) 06:08:28
たぶん欧米では本というのは墓石みたいなもんなんだよ。
自分の存在を永劫にわたって残しておくものというか。
だから「***に捧ぐ」つーのは墓碑銘みたいなもんなんだ。
欧米では、読者は作家の墓に入り込むようにして本の世界に入る。
極めて奇妙な風習と言っていい。

170 :名無し物書き@推敲中?:2005/05/09(月) 09:53:28
ミュージシャンと作家の○○に捧ぐ、ほどはらわたの煮えくり返るものはないな。
だったらそいつだけに見せるか、或いは著作権をそいつに委譲しろ。


171 :名無し物書き@推敲中?:2005/05/09(月) 11:53:46
>>170
じゃあ、買うな。

172 :名無し物書き@推敲中?:2005/05/10(火) 09:26:46
2ちゃんねるの書き込み全て、ひろゆきに捧げられたようなもんだろ。

173 :名無し物書き@推敲中?:2005/05/22(日) 12:36:01
>>172
そんな。

174 :http:// 27.53.205.61.west.flets.alpha-net.ne.jp.2ch.net/:2005/05/23(月) 00:03:38
motenai

175 :名無し物書き@推敲中?:2005/05/23(月) 00:26:06
>>169
いいこと言うなぁ。感心したよ。

176 :名無し物書き@推敲中?:2005/05/23(月) 09:27:11
〜に捧ぐ
に違和感を持ったことはないなあ。
〜の支えがあったからこそ書けました、とか、
〜の存在がこの本を書く励み(とか原動力?)になりました、みたいな意味だと思ってた。

177 :名無し物書き@推敲中?:2005/06/02(木) 11:02:57
キングは好きだけど、とくに目指してたわけじゃない。
しかし、某賞の講評で「スティ−ブン・キングばりの骨太な構想」と言われたときは、
ちょっと嬉しかったな(結局落ちたけど)。

178 :名無し物書き@推敲中?:2005/06/13(月) 17:31:05
ささ・げる【捧げる】
#他下一##ささ・ぐ(下二)
(サシアグの約)
#両手で持ち、目よりも高くあげる。万葉集19「わが背子が―・げて持てる厚朴ほおがしわ」
#上へ高くあげる。見せびらかす。誇示する。竹取物語「つばくらめ子産まむとする時は尾を―・げて七度めぐりてなむ生み落すめる」。仮、伊曾保物語「人としてわが誉ほまれを―・ぐる時は、人の憎みをかうむりて」
#高い(大きな)声を出す。栄華物語本雫「おとど御声を―・げて泣き罵り給へど」
#神仏や目上の者へ物をたてまつる。献上する。源氏物語若紫「所につけたる御贈物ども―・げ奉り給ふ」。平家物語2「卯月は垂跡すいしやくの月なれども、幣帛を―・ぐる人もなし」。「この本を亡き師に―・げる」
#自分のもっているものをすべて相手にさし出す。「身も心も―・げる」「研究に一生を―・げる」


179 :名無し物書き@推敲中?:2005/06/14(火) 22:49:56
>>163
くわしく。

180 :名無し物書き@推敲中?:2005/06/15(水) 18:21:54
>>163
おれも気になる。
だれか説明しなさいよ。

181 :名無し物書き@推敲中?:2005/06/15(水) 18:29:43
>>172
いいこと言うなぁ。感心したよ。

182 :番駄淫:2005/06/16(木) 18:58:01
改名しろ。
素帝文金具でガマンしろ。

183 :名無し物書き@推敲中?:2005/06/19(日) 17:33:29
あげ

184 :名無し物書き@推敲中?:2005/06/20(月) 12:52:54
a

185 :名無し物書き@推敲中?:2005/06/22(水) 08:58:56
age

186 :ノハラ ◆9jfhMNxAfA :2005/06/25(土) 16:43:51
>>169
前半は同意。でも
>欧米では、読者は作家の墓に入り込むようにして本の世界に入る。
>極めて奇妙な風習と言っていい。
これは違うね。別に読者はそんな態勢で本を読んでるわけでもない。
それにそもそも欧米では作家の数が多すぎるせいか、「この作家が好き」というのが日本ほどない(一部のコアなファンを除いて)。
作家単位より本単位での評価をしてる。日本みたいに「○○も○○も好きだし、○○もかじる」という考え方ではないんだよ。


187 :名無し物書き@推敲中?:2005/06/26(日) 08:58:35
>>186
>作家単位より本単位での評価をしてる。

それは嘘だね。
欧米でも明らかに作家を見て買ってるよ。
しょーもない小説でも、作家の名前だけで売れてベストセラーになってるよ。
日本と同じだよ。
君はいったい、何を根拠に言ってるの? つーか、どこに住んでるの?

188 :ノハラ ◆9jfhMNxAfA :2005/06/26(日) 17:28:18
>>187
あくまで「その傾向が日本に比べて強い」だけ。
もちろん名前にブランドがついて、それだけで売れる作家も多々いるよ。
でも日本に比べたら選択できる範囲が広いワケだから、当然売れ行きも日本よりばらける。
一発屋も多少は現れる。あっちの会社員なんかが軽く読んでる本を見ればわかるよ。
・・・まぁそれは文化的背景やら何やらは関係なく単純に「作家が多いから」だよね。
結構無駄レスでしたスマソ


189 :名無し物書き@推敲中?:2005/06/26(日) 23:22:23


190 :名無し物書き@推敲中?:2005/07/15(金) 23:00:06





191 :イラストに騙された名無しさん:2005/07/25(月) 11:38:21
p

192 :名無し物書き@推敲中?:2005/09/02(金) 12:51:08
彼の作品は文字ではつまらないと思う
映像化(できれば結構予算少なめで)したら途端に面白くなる
コレ作家としてどうなんだろう
やっぱり娯楽ってことなんですか

昼の1時からの12チャン(東京)の映画枠
もしくはナイトシアター(深夜)でやってそうな雰囲気

いや、好きですよ。キング。

193 :名無し物書き@推敲中?:2005/09/02(金) 14:07:05
逆じゃないのか

194 :名無し物書き@推敲中?:2005/09/02(金) 16:38:40
ある意味、まだまだ美味しいところをたっぷり残している>>192がうらやましいな。


195 :名無し物書き@推敲中?:2005/09/02(金) 23:04:10
質問!
欧州の作家ってトップはどれくらい稼ぐの?
アメリカだとキングとかクランシーが
6000万$稼いだ年があるって聞いたんだけど。
ハリポタの人も日本円にして200億以上いったらしいけど。

196 :名無し物書き@推敲中?:2005/09/02(金) 23:34:45
>>188
お前さんの言ってるのって、
アメリカの特徴でもなんでもないじゃん。
アメリカを日本と変えても大して差がないことを、
強調して「違う」って言ってるから突っ込まれるんだろ。
だから食い違ってるってのがわからんのか?

「量産性が日本ほど必要とされない」とか「小説外の露出が日本ほど必要ない」とか
そういう指摘ならわかるけど。
日本も選択できる範囲が広いし、作家数は無駄に多いし(毎年何人消えてると思ってるんだ)
売り上げはバラけてるし、一発屋も多少現れるぞ?

お前さんが言ってるのは、違う点というよりは、日本と似ている点。
似てる点を強調して違うなんて言われても、同意得られないよ。
最後の一文だけは、同意得られるだろうけどさ。

197 :名無し物書き@推敲中?:2005/09/03(土) 00:31:38
作家のなかでも契約金は相当高いだろうね。
複数年で数十億はもらってるだろうな。

198 :名無し物書き@推敲中?:2005/09/03(土) 00:40:38
そんなことはない・・・というか、野球選手とはワケが違うわけで、何年契約でいくら貰う、というやり方でもないわけだ。
契約というより、様々な権利を売った収入が大きいんだと思う。
もちろん、原稿料や印税収入も大きいだろうけどね。


199 :名無し物書き@推敲中?:2005/09/03(土) 18:18:21
>>192
逆ですよ?本人も映画化はあまりしたくないみたいだし。

世間は映画を見てつまらなくなったら、原作本の価値まで下げるし><

200 :名無し物書き@推敲中?:2005/09/08(木) 05:10:21
キングは、
というかアメリカの作家は何も書いてない段階で契約料をもらうよね。
キングくらいになると莫大な契約料になる。
何も書いてない段階でだよ。
凄い世界だよ。

201 :名無し物書き@推敲中?:2005/09/08(木) 18:38:12
キングは金持ちになりたかったみたいだな。
若いときは社会に相当な恨みをもってたんじゃなかろうか。


202 :名無し物書き@推敲中?:2005/09/09(金) 04:20:20
>>200
契約料ではなく、バンスでは?

203 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2005/09/11(日) 06:56:01
>>202
バンスって何? 

204 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2005/09/11(日) 08:20:47
バンスつうのは水商売で言えば前借りとか支度金の事だけど、
この場合はアドバンスと言って、稿料などの前渡し金の事だな。
何れにせよ報酬の先渡しの事。
アドバンス契約は外国では一般的な事であります。

205 :202:2005/09/14(水) 15:09:04
204のご説明の通り。
ちなみに「バンス」は、「アドバンス」から発生した言葉かと思われます。
推測するに、戦後、進駐軍相手にやっていたバンドなどが使った隠語が元なのではないのかと。

アメリカの出版界の報酬についてはウェストレイクの「鉤」など、作家を主人公にした物語の中でしばしば触れられていますので、興味のある方はお読みになると良いかと。
映画化権、交渉権、オプション・・・原稿料以外にも、いろいろな形で収入が発生するようですね。
キングの「小説作法」にも、多少触れられていた気が?

206 :名無し物書き@推敲中?:2005/09/21(水) 09:48:12
シャインニングやIT、ミザリーがすげえ怖いと思ってる俺はまだまだお子様ですか?
さすがに文芸版ってだけあって、皆さん通っぽい・・・。

207 :名無し物書き@推敲中?:2005/09/22(木) 00:02:24
キングの作品では怖いと言うより面白い、凄いという方が強いなあ。
リングも全然恐がれなかったし・・・ってそれは普通か。

208 :マジレスくん:2005/09/22(木) 12:21:39
そうだよな。怖い小説ってないね。

209 :名無し物書き@推敲中?:2005/09/22(木) 15:10:52
キングは長い間、日の目の当たらない小説家だったからな

映画という文化がなけりゃキングが世に出る時期はもっと遅かっただろうな

210 :名無し物書き@推敲中?:2005/10/06(木) 04:59:17
映画という「産業」ね。



211 :名無し物書き@推敲中?:2005/10/07(金) 01:15:51
キング作品好きだけどショーシャンクの空ってクリントイーストウッドのガラパゴスからの脱出の丸パクりだよな。

212 :名無し物書き@推敲中?:2005/10/07(金) 05:05:14
「丸」ってのは何をさしてるのかな。
後、ガラパゴスではなくアブハチトラズ、だと思うぞ。

213 :名無し物書き@推敲中?:2005/10/07(金) 20:04:34
ガラパゴスじゃなくてアルカトラズからの脱出だべ。
ttp://blog.livedoor.jp/kagome_2005/archives/50028291.html

ESCAPE FROM ALCATRAZ SHAWSHANK で具ぐるのだ

214 :名無し物書き@推敲中?:2005/10/07(金) 20:12:37
まさに「日の下に新しき物はなし」

215 :名無し物書き@推敲中?:2005/10/10(月) 18:36:49
あ り え な い 。それは。
ゴールデンボーイでベティー・トラスクの淫売値を800近くまで調教強化してやらないと、
その理論は成り立たない。
仮にトッドを絶倫にしてベティーを集中調教しても、唇があたたかい未調理のレバーであるその段階では
人殺し以上の快楽はまだ手に入れられないはず。 妄 想 で つ か ?
とりあえずフリーウェイの上手のあそこで一般人を大量に殺害して順応値をどんどん稼いどけ。
展開が不安ならページを後ろにくるのを忘れんなよ。説教くさくなってスマソ・・・。ついな・・・。

216 :名無し物書き@推敲中?:2005/10/11(火) 10:40:12
無職がキングに嫉妬してます

217 :名無し物書き@推敲中?:2005/10/12(水) 05:22:37
>>214
そんなことはない。
常に、新しい「声」はあるのだ。
その声を聞けるのではないかと一縷の望みを掛けて新しい本を読み、
それを作り出してみたいがために、物語のようなものを書いてみる。
そしてまた、そのような声が響くのは、それに相応しいような空間なんではないか、と思うよ。


218 :名無し物書き@推敲中?:2005/10/12(水) 16:09:56
ありとあらゆる麻薬をやり最後はリステリンまで飲んだ作家すごい。
ロウランド「キングもういいんだよアトランティスに行こう」

219 :名無し物書き@推敲中?:2005/10/12(水) 18:34:14

まさに「日の下に新しき物はなし」

て骨の袋でキングが言ってたよな


220 :名無し物書き@推敲中?:2005/10/13(木) 04:59:27
えー、つまり?

221 :名無し物書き@推敲中?:2005/10/13(木) 08:19:52
闇の魔物

222 :名無し物書き@推敲中?:2005/10/15(土) 03:49:22
>>218
言い方を変えれば
「最後はリステリンまで飲んだ無職のアル中」
だから。
ありとあらゆる麻薬をやったかどうかはよう知らん

223 :名無し物書き@推敲中?:2005/10/15(土) 14:28:07
そんな欠陥人間になるなら小説なんてやりたくないな。
既にそうだったら小説家目指さざるを得ないけど

224 :名無し物書き@推敲中?:2005/10/18(火) 17:42:04
小説家目指してる無職のアル中自体は一杯いるだろうな。

225 :名無し物書き@推敲中?:2005/10/18(火) 17:59:22
>>222
 キングが麻薬中毒なったのは作家として成功してから中毒ちゅうも
作品を書きつづけながらヤク中から脱したタバコも酒もやめたそうだ



226 :名無し物書き@推敲中?:2005/10/22(土) 15:48:33
相棒に出ている水谷豊がアンディーデュフレーンに見えるのは自分だけ?

227 :名無し物書き@推敲中?:2005/10/24(月) 07:08:45
貴様だけ

228 :名無し物書き@推敲中?:2005/10/29(土) 19:14:29
いや、俺は分かったぞ。
雰囲気はあんな感じなんじゃないか? ってことだろ

229 :名無し物書き@推敲中?:2005/10/30(日) 07:32:03
水谷豊はシャーロックホームズだろ。
アンディデュフレーンとは全然違う。むしろブラックハウスのヘンリーライデンだ。

230 :名無し物書き@推敲中?:2005/11/05(土) 08:57:59
おれは、俺の心の市はマキャモンだけどな。



231 :名無し物書き@推敲中?:2005/11/05(土) 09:06:47
キングはさすがにプロット構成を緻密にやっていないだけあって、伝えたいことがいまいちわかりにくい。勢いに任せて書きまくるのは大切だと思うけれども、ライティングハイに頼りすぎだと思う。

232 :名無し物書き@推敲中?:2005/11/05(土) 16:21:24
つまり読み手である自分には責任はない、と。

233 :名無し物書き@推敲中?:2005/11/07(月) 02:11:07
伝えたいこと・・・(w

234 :名無し物書き@推敲中?:2005/11/16(水) 01:12:51
つまりキャリー・ホワイトはうんこを食べる。

235 :名無し物書き@推敲中?:2005/12/22(木) 14:28:43
ダーク・タワー面白そう

236 :名無し物書き@推敲中?:2005/12/22(木) 18:33:01
えっ小泉総理が、ラーメンで、火傷!!!
http://aa5.2ch.net/test/read.cgi/nida/1130995497/l50
↑をクリックしる。


237 :名無し物書き@推敲中?:2005/12/22(木) 20:32:33
ザ・スタンドは割と面白い


238 :名無し物書き@推敲中?:2005/12/22(木) 22:24:43
文庫本のダーク・タワーT読んだとおもったらもうダーク・タワーUが2冊が発売されてた・・・


239 :名無し物書き@推敲中?:2006/01/03(火) 01:47:31
ダッダ・ア・チャック?

240 :名無し物書き@推敲中?:2006/01/03(火) 19:54:36
ディド・ア・チック?

241 :名無し物書き@推敲中?:2006/01/04(水) 04:08:53
ダム・ア・チャム?

242 :名無し物書き@推敲中?:2006/01/04(水) 04:17:19
オナニー最高

243 :名無し物書き@推敲中?:2006/01/05(木) 12:21:23
おれは手淫を左手でやる

244 :名無し物書き@推敲中?:2006/01/08(日) 16:07:11
読んでたらオマンコに指を突っこむ変な黒人女が出てきますた・・・

245 :名無し物書き@推敲中?:2006/01/11(水) 19:37:52
4冊目いつでる?

246 :名無し物書き@推敲中?:2006/01/11(水) 20:57:00
キング

247 :名無し物書き@推敲中?:2006/01/18(水) 21:55:55
コング

248 :名無し物書き@推敲中?:2006/01/21(土) 04:34:34
大統領でもぶん殴ってやるぜ!

249 :名無し物書き@推敲中?:2006/01/28(土) 02:59:49
Vキタ━━━━(゚∀゚)━━━━ッ!!

250 :名無し物書き@推敲中?:2006/01/28(土) 04:18:46
いや、新刊情報とか感想とかいらねーから。板違いだから。

251 :名無し物書き@推敲中?:2006/01/29(日) 20:55:28
SSDD

252 :名無し物書き@推敲中?:2006/02/12(日) 23:55:33
でおめーら、キングのどの作品に嫉妬すんのよ。
おいらはドリームキャッチャー。

253 :◆PBtykf5sPQ :2006/02/12(日) 23:56:36
ダークタワー1には嫉妬するなぁ。
ってかこのシリーズすごすぎると思う。

254 :名無し物書き@推敲中?:2006/02/13(月) 00:44:13
恐怖の四季編の全部
ミザリー



255 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/05(水) 07:20:07
ダーク・タワーとタリスマンは映画化して欲しい。

256 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/06(木) 23:58:40

デッドゾーンって本当におもしろいの?

上巻、苦労しながら読んだけど全然おもしろくねえ。
日常の描写が無駄に長い。まわりくどい。
話が全然進まない。
(主人公300ページくらいずっと昏睡状態だし)
映画にしたら、おそらく三十分そこらで済む話を
400ページ近く費やして細細書く必要があるんでしょうか?

おもしろいと思う人は、どのへんをおもしろいと思ってるの?
上記の点は、別に気にならないの?
誰か教えてください。
くさしたいわけではなく純粋に興味があるので。

キングって、みんなこんなかんじなんですか???

257 :ネギ ◆faNCQYY8qQ :2006/04/07(金) 00:00:05
僕はやっぱりスタンドバイミーとシークレットウィンドウだな。
どっちも映画版しか観た事無いけど、好きだ。
あとIT、社イニング。

258 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/07(金) 00:36:25
>>256
>キングって、みんなこんなかんじなんですか???
そんなことないよ。
「ファイアー・スターター」なんかも、古式ゆかしいとさえ感じてしまうような
書き方で、今キングが書いたら、おそらく違う形になるのではないかと思う。

まあ、かかれた時代を考えてみなよ、って感じではないかな。
新刊として本屋に並んでいる本をすべて同列に読んでもしょうがないし。

とはいえ、「ファイアー・スターター」よりは「デッドゾーン」の方が好きだけどな。

バルザックとかも読んでみなよ。

259 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/07(金) 12:41:57
>>256
お前みたいな奴に何を言えばいいんだよ。
長い、まわりくどい、面白くないって
だったら好きな本読んでりゃいいじゃん。
こんなに書く必要あるの?って
それ自分への言い訳だろうが。
創作文芸に興味あるからここにきてるんだろ
他に読むべきところがあるんじゃないのか?
考えながら読めよ。


260 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/07(金) 15:06:09
>259
気分害したなら謝るけど
興味があったんだよ。一流作家と呼ばれてるキングに。

創作文芸に書き手として興味があるから
自分が特に好きでもないものも読んでみてるんだよ。

俺は好きじゃないけど、キングが世の中に受けてるのは確か。
だったら、そのウケてる部分が何なのかは学びとりたい。
だけど俺自身には残念ながら、ハッキリわからないから聞いてみたわけ。

たとえば「面白い」と思って読んでる人も
上巻の描写については「まわりくどいよなあ」と思いつつ読んでるのか否か。
だけどジョニーの悲哀とか、他にいいところがあるから
「面白い」と思っているのか、とか、そういうことが知りたかったんです。

ちなみにミザリーは、おもしろかったです。

261 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/07(金) 18:07:10
キングの良さは物語の良さなんだよ。
ファンが長けりゃ長いだけ喜ぶのは
そこだから。長い時間ひたれる。
まどろっこしい描写とか固有名詞連発も
無意味だとか思わない。
人物や世界を理解するのに必要。

だからページをめくるたびに謎が…的なタイプではなくて
ファンタジー的な物語を読ませるタイプ。
冒頭を読んでああこれから物語が始まるんだなと
思えないなら面白くないかも知れない。

あとミザリーはサスペンスだから
デッドゾーンとは少し違うな。

262 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/07(金) 18:10:22
漏れはそのまわりくどさが好き。
これでもかといわんばかりに、深層心理を描写するところとか。
書きはしないものの、主人公のお祖父さんまで遡ってエピソードが
出来上がっているときいてゾクゾクした。
ただ、他人がどう思っているのかは知らん。

「デッド・ゾーン」は、初読の時にはまあまあと思ったが、
再読するに従って名作だと思うようになった。
ジョン・スミスがスティルソンを○○(ネタバレになるかもしれないので伏字)
しようと決心したことに共感するには、あの長い描写が必要だったと思う。
最後のセーラの叫びもそれで生きると思う。
でもこれは漏れの意見ね。

263 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/07(金) 23:38:30
なるほど。レスありがとう。
キングの面白さは細部にあるってことなのかね。
俺は、展開の早さとか簡潔さを求めてしまうタイプなので
まどろっこしいと思ってしまうんでしょうが。

いま下巻読んでますが、ようやく超能力に絡む展開が
見え始めたので、いちおう面白く読んでます。

こういう見方をする人間もいるってことが
何かの参考になればと思います。

264 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/08(土) 01:32:51
「読めない」やつが世の中にいるのはよく知ってるよ。

265 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/08(土) 11:18:45
日本のホラー作家と読み比べると格段に描写の読みやすさ
が違うな。くどいのに読ませるイメージ喚起力には感心させられる。
描写って読み飛ばしたくなることおおいけど。キング慣れすると、
なんだか日本のホラー読んでられない。

266 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/09(日) 00:19:59
描写ではないんだよな。
語りじゃないかな。
「ドロレス・クレイボーン」はある意味語りの頂点の一つだと思う。

267 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/09(日) 11:00:16
スティーブン・キングって実際のところ、どれくらい売れてるんですかね?
俺の周りでは読んでる人いないけど。
日本でいえば赤川次郎みたいなもん? 宮部みゆきか?

268 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/09(日) 19:24:57
いつだったかNHKの特集で年収50億と聞いた気がする。
本当なら日本の作家とは桁違い。

269 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/11(火) 01:50:46
>>267
いろんな国で数十万部ずつ、とかだと思う。

270 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/11(火) 15:11:13
世界で3億部。

271 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/11(火) 21:51:39
キングは印税は1%もらうだけで、9%はカンガルー募金に寄付してるからな。

272 :名無し物書き@推敲中?:2006/05/02(火) 23:19:56
キングは死への恐怖とか、人が狂気に堕ちる様を描くのがうまいとおも

273 :名無し物書き@推敲中?:2006/05/29(月) 12:20:48
キングになるにはまず、白人になることが必要だ。
髪はもう染めたか?

274 :名無し物書き@推敲中?:2006/05/29(月) 16:21:49
ジョンスミス「キングさん あなたの創作のひみつは何ですか」
キング「想像力さ。できるだけ細部まで想像するのさ。これは記憶力も
    かかわってくるんだ。あと僕は臆病なんだ。些細なことが
    すごく恐いんだ」

275 :名無し物書き@推敲中?:2006/05/31(水) 18:23:12
俺は>>263に同意。色々まどろっこしいなーと思う。話の展開は大して進んでないのに描写ばっかりいっぱいあるし、俺なら適当に数行で済ませるなと思うところもしっかりバッチリ書いてある。
でもこれがキングのいいところなのかもしれないな。描写自体そんなに退屈でもないし、細部にユーモアが効いてていいなーと思うところもいっぱいある。
ユーモアは割りと数打ちゃ当たる的な部分もあると思う。俺は日本人だからキングさんの(というよりアメリカ人の)生活環境や価値観はわからないから、今のユーモアわからんかったぞ、と思うところも結構ある。
キングさんの本はそんなに読んだほうでもないから別にファンというわけではないが、著作を読んだ感想としてはこの人は筆が早いんだろうなとなんとなく感じた。

276 :名無し物書き@推敲中?:2006/06/03(土) 20:00:01
今日家に帰ったら、以前ダークタワーのキャンペーンで応募した
「コロラドキッド」が届いていたよ
今年の運は使い果たしました

277 :名無し物書き@推敲中?:2006/06/11(日) 08:49:01



278 :名無し物書き@推敲中?:2006/06/30(金) 14:40:43
>>273
金髪?

279 :名無し物書き@推敲中?:2006/08/15(火) 23:29:50
阿蘇には取り柄しかない

280 :名無し物書き@推敲中?:2006/08/17(木) 08:14:52
このスレの結論

スティーブン・キングになりたい?

全員無理

281 :名無し物書き@推敲中?:2006/08/17(木) 09:10:49
888 :阿部敦良 :03/02/25 11:37
それにしても、無名草子さんたちとは、さぞやすごい作家先生の匿名書き込みなんでしょうね。
作家なんて才能が全てだから、津井ついみたいに、いくら努力したって駄目なものは駄目ですよ。
私なんか、早々に見切りをつけて趣味の世界で細々ですから。
          小説現代ショートショート・コンテスト優秀賞受賞 阿部敦良

282 :名無し物書き@推敲中?:2006/08/18(金) 22:09:19
キング大好きなんだが、一つ一つの物語が長いよな。
でもダークタワーの面白さは異常。

283 :名無し物書き@推敲中?:2006/08/19(土) 02:43:49
ダークタワーって角川と新潮で何か違うのか世

284 :名無し物書き@推敲中?:2006/08/19(土) 20:32:16
>>283
勃起した陰茎の角度。

285 :名無し物書き@推敲中?:2006/08/31(木) 21:41:12
創作掲示板の闇の帝王に成りたかったんだろうナァ
バカ残飯(←ATOK標準単語登録済み)
 
 
 

286 :名無し物書き@推敲中?:2006/08/31(木) 21:57:19
1はまずは交通事故にあって瀕死になる事から始めないと駄目だな。
その後、銀色の人にさらわれたり、地下室に幽閉されたり、ピエロになって下手な絵を描いて人気者になったり
キングへの道は遠い。

287 :名無し物書き@推敲中?:2006/09/12(火) 10:31:06
最初に幸運の25セントに手を出した俺は
多分、一生キングの事を好きになれないだろう。
あの本は・・・



訳者糞。


ダークタワーがおもしろいのか。

288 :名無し物書き@推敲中?:2006/09/22(金) 17:32:47
なりたいならなればいい

289 :優しい名無しさん:2006/10/08(日) 02:27:15
キングは意味があって全部かいてあるから凄いんだよ。
「不眠症」のガラクタの山の中に
「ペットセメタリー」のゲージのスニーカーが出てくる。
「呪われた町」のキャラハン神父が
「ダークタワー カーラの狼」で大活躍する。
「アトランティスのこころ」は面白くなかったけど
「ダークタワー」を読むと何か繋がるところがある。
ロウメンと落書きとブレイカー。偶然が全く無い。
長く書くって難しいな。


290 :名無し物書き@推敲中?:2006/10/10(火) 16:47:18
>>289
キングは作品同士でリンクしてるのが面白いね。
あいつがこの小説に!!!と見つけてニヤニヤ出来る

291 :名無し物書き@推敲中?:2006/11/26(日) 19:21:13
>>209 2006/10/10(火) 16:47:18
今更こんな馬鹿げたカキコする奴が居たんだな
20年前のネタだよそれ

292 :名無し物書き@推敲中?:2006/11/26(日) 19:58:59
というか処女作のキャリーでブレイクしたんじゃなかったっけ?
その前は非常勤の講師を地道にやってたよーな記憶が。。。

293 :名無し物書き@推敲中?:2006/11/28(火) 21:33:16
キングをまだ読んだことがないのですが、入門編として、
どの作品を読むのががおすすめでしょうか 

294 :名無し物書き@推敲中?:2006/11/29(水) 00:45:44
トミーノッカーズ

295 :名無し物書き@推敲中?:2006/11/29(水) 10:34:19
呪われた町

296 :名無し物書き@推敲中?:2006/11/29(水) 11:07:55


骸骨乗組員ていう本に収録されている中篇で、初めて読むには長さも適当。

297 :名無し物書き@推敲中?:2006/11/29(水) 11:21:36
最近の作品は観念的過ぎて入門としては不適切だが、
問題は日本での刊行順と作品発表順がかなり異なるのだよな。
最高傑作とも呼ばれる「ザ・スタンド」が日本で読めるようになったのは
キングが完全に市民権を得た後のごく近年だし。

>>296
読みやすいのは短編集なんだが、キングの真骨頂はやはり無駄なまでに
クソ長い長編群だろ。
これが気に入らないかぎりキングが読めるとはいえない。

ということで>>293は「It」を読もう。

298 :名無し物書き@推敲中?:2006/11/29(水) 12:21:35
キングの作品は原作も映画もほとんど糞だから
時間のかからない映画のほうがいい。
ニードフルシングス大好き。ミザリー大好き。名作。

でもアレな作品も多いね。
霧とかITとかドリームキャッチャーとか
序盤のハラハラドキドキを裏切る展開がたまらない。

299 :名無し物書き@推敲中?:2006/11/29(水) 22:23:28
長さで言ったら『ダーク・タワー』が最強だろ。キング作品の根幹でもあるわけだし。
とうに完結したアメリカじゃコミック版も結構な所まで進んだらしいな。

300 :名無し物書き@推敲中?:2006/11/30(木) 05:26:29
>>299
日本語版でももうすぐダーク・タワーが完結してしまうね・・・
どんな結末になるのか想像もつかん・・・

301 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/01(金) 01:46:03
おれはマキャモンのほうがスゴイと思ってるけどね。
キングがなぜあそこまで言われるのか???
文章も語り口もよくないのにね。


302 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/01(金) 13:47:30
マキャモンもいいが、キングのほうが売れてるというだけ。
どっちがいいという比較の対象ではなく、どっちも素晴らしい。

303 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/02(土) 16:03:23
そんな日和見な意見が聞きたいんじゃありません><

304 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/10(日) 02:35:15
みなさん、やっぱりペットセマタリーのゼルダ姉さん最高ですよね?

305 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/10(日) 02:50:42
アメリカホラー作家協会(ブラム・ストーカー賞の所)
のReading List25にキングの作品が3作もランクイン
シャイニング
ペットセマタリー
スタンド
カフカやラブクラフトなどの作品もランクイン

306 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/12(火) 00:08:15
実は傑作と駄作の比率の問題でいくと、キングはあまりよい作家ではない。
こと打率でいえばマキャモンあたりのほうがずっとよいだろう。
だがキングの場合、ヒットが全部ホームランで飛距離もずば抜けてる、って感じだな。

307 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/12(火) 00:09:16
昔のキングな。

308 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/12(火) 10:44:18
ゼルダ最狂

309 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/12(金) 22:01:23
アトランティスのこころの下巻の話がたまらなく好きだな。

大いに笑わせて、最後に泣かせる。

メシイのウィリーだけは、書いた時期が違ったようで
違和感がある。

310 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/13(土) 02:00:09
キングと鳥山どっちがかね稼いだ金?

いい勝負じゃね?


311 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/13(土) 23:40:56

 圧倒的にキングでしょうが。
 

312 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/14(日) 10:53:58
キングってホラーものばかりだよね。
おれホラー嫌いだからなぁ


313 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/20(土) 00:11:51
ホラーばっかりって……本気か。

314 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/22(月) 01:30:40
おれはマキャモンが一番好きですね。文章も語り口も一番うまい。
キング、クンニ、マキャモンでは。
マキャモンちっとも新作でないね。ま、腐るほど金もってりゃもうどうでもいいもんなのかね。


315 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/22(月) 08:45:06
「破壊者(ブレイカー)」っていう本が「マンハッタン奇譚クラブ」に出てくる。
あんな昔から考えてたとはね。

316 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/01(木) 07:47:49
マキャモンの話ばっかになっとるな。
マキャモンはホラーから撤退しちゃっただろ。

骨の袋があまりにも好みと違ったんで、作風変えたのかと思ったら骨の袋自体は古い作品だって
どっかで聞いたんだけどマジかな?

キングとソールの確執についてもどうなったんだろ?
両方好きな作家だけに気になる。

317 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/10(土) 22:03:14
入門者でザ・スタンドの第一巻見たんですが,なんか読むのが疲れる
んですが、これからおもしろくなってゆくでしょうか
全部で五巻読めるかなって気がしてきた

318 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/10(土) 22:33:44
1巻でつまらないなら読まなくてもいいかもね。
キングの場合は超訳は出てないしw

319 :シャンケン☆ブラッド ◆gdngfZ0ZSk :2007/02/12(月) 21:10:22
http://zetubou.mine.nu/timer/file/bomber35876_h3.jpg

320 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/17(土) 20:29:10
 新刊小説「ハートシェープド・ボックス」は、ニューヨーク・タイムズ紙の
書評欄に「読み手をとりこにする機知に富んだ物語」と取り上げられるなど
評判は上々。悪趣味な50代のヘビメタミュージシャンが、死者の霊に
とりつかれたスーツをネット競売で買い、超常現象に巻き込まれていく
ホラーだ。

 著者はこれが長編デビュー作となるジョー・ヒル氏(34)。同氏の目、
太いまゆは、ホラー小説の巨匠である実父、スティーブン・キング氏(59)
にそっくりだ。
 本名はジョセフ・ヒルストロム・キング。10年前からジョー・ヒルのペン
ネームで短編を書き始め、一部では報道されていたが、「ハートシェープド」
の出版を機に初めて自らの素性を明かした。
 「いずればれると思っていたが、特別扱いが嫌いなので、できるだけ
長く黙っていようと思った」とヒル氏。
 親の姓を名乗る二世作家は少なくないが、「自分の文章で父親の存在
を思い起こされたくない」から姓も変えた。ただ、「文学的にもっとも影響
を受けた人物は父親」と認める。
 やはり作家の母親、タビサ・キング氏がよき理解者だったそうで、
「書き上げた長編がどこにも売れず、頭をかかえていたときに『次の作品
を書けということよ』とポンと答えをくれた」という。
 父親キング氏に出版社に送るカバーレターのアドバイスを求めると、
紙に「大物編集者殿、本物の才能を見たければこれを読め」と書き、
「『こうは書かないように』と言ってくれた」と笑う。まもなく出版記念ツアー
に入るが、プライベートは妻と3人の子どもとニューハンプシャー州で
暮らしていること以外は「静かに過ごしたいので秘密」なのだそうだ。

ソース(イザ!・USA TODAY)
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/books/breview/39696

321 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/18(日) 01:09:02
『自分の努力に比べて、与えられるものが少ないと感じたら、
その時は途中で読むのをやめるがいいさ。
(アトランティスのこころ)』

キングの全作品に見られる叡智──
あるいは叡智としか表現しようがないもの──
それはどうにかして身に着けたいと思っている。

初心者にはディスぺレーションがお勧めかな。
道路標識に張りつけられた犬の死体から始まる物語は
まさに『読む麻薬』だ。

322 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/18(日) 01:11:03
デスペレーション

323 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/23(金) 11:11:17
「20世紀少年(浦沢直樹漫画)」の元ネタ「ドリームキャッチャー(スティーブン・キング原作)」を知らない人へ

今晩深夜フジテレビで放映される映画「ドリームキャッチャー」を是非、参照してみてください。
様々なキーワードやキャラクターをここからパクっています。
例・・・ともだち

324 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/23(金) 11:57:06
>>323
ああ??  おまえアホか。

325 :名無し物書き@推敲中?:2007/03/05(月) 01:13:50
やめろよ…
323にとっては、違う作者の作品にあっただけでパクりだ類似だって叫びたくなるほど
重要かつ欲しくて堪らないものなんだよ…ともだち

61 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)