5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

小説書きを馬鹿にしてる人達へ。。。。。。。。

1 :◆CUZLM8U3vI :04/11/07 02:58:07
俺、小説好きよ。小説書くのも好きよ。
俺ももう24歳だし、いまさら作家志望なんて言わないよ。

でも、小説は書いていこうと思うんだよね。
できれば書きたいものがある限りは、一生書いていこうと思う。

小説書くのは趣味といえば趣味なんだけど、夢もある。
やっぱりできれば本出したいし、何らかの形で発表して、賞をとりたい。
自分のために、自己満足で書いてるくせに、本当は誰かに認められたいんだろうね。
まあ賞がとれなくても、自費出版でもいいから、いつか作品として形にするつもり。

俺と同じようなスタンスで小説と付き合ってる人、どれくらいいるのかな。
やっぱり本気で作家を狙ってる人が多いのかな。

ここでは小説書きを馬鹿にする人もいるみたいだけど、
俺は小説と出会って人生が少し豊かになった気はするよ。

うまく言えないけど、小説書いてる時ってなんか「表現してる」って感じがするんだよね。
大げさに言うと生きてる実感っていうのかな。もちろん自己満足なのはわかってる。

でも俺の小説は、俺にしか書けない。
代わりの利かないレーゾンデートル。

2 :名無し物書き@推敲中?:04/11/07 03:06:45
書くのは勝手だし好きにしたらいいんじゃない?

3 :名無し物書き@推敲中?:04/11/07 03:13:56
ちゃんと働きながら小説書いてるんなら馬鹿しないぞ
趣味は人それぞれだし

作家志望のフリーターは大いに馬鹿にするが

4 :名無し物書き@推敲中?:04/11/07 04:10:39
作家なんてフリーターのようなものジャン

5 :名無し物書き@推敲中?:04/11/07 06:14:12
小説を趣味で書いてるやつは、馬鹿にされて当然だよ。
だって売れないって事は小説になってないわけだろ。
小説になる=商品価値を持つわけだから。
趣味で書いてるやつは、
小説っぽい文章を書いて、それを小説と称して悦に入ってるだけなんだよ。
小説として成立していないんだよね。

6 :◆CUZLM8U3vI :04/11/07 06:38:35
>>5 おいおいちょっと待てよ。
それは浅はかすぎだろ。

小説が「売れる売れない」ってのと、小説として「成立してる成立してない」っては全くの別次元の問題だろうが。
じゃあたとえば趣味で作品を書き溜めてた子がいたとしてさ、たまたまどっかの賞に応募してデビューしてたくさん作品が売れた場合はどうなるわけ?
キミの理論じゃ説明つかなくないか?


7 :名無し物書き@推敲中?:04/11/07 07:26:21
バカにされるヤツってのは
作家志望者を名乗っておきながら何も書かずに親のすねをかじってるようなヤツだろ?



8 :名無し物書き@推敲中?:04/11/07 07:44:37
わかるよ。俺もそんな感じ。
でも、作家さんのする同じ努力をしたくないだけかもね。
まぁ、他の仕事と書くことを両立する方も大変かもね。
ただの遅筆ってのもある。
あんたの作品読ませてくれよ。


9 :名無し物書き@推敲中?:04/11/07 08:14:00
同じく24歳。とりあえず、来年からは仕事する。
趣味でありつつも、やっぱ作家になりたいから40くらいまでがんばろうかと思う。

10 :名無し物書き@推敲中?:04/11/07 08:24:45
24歳ってジャッジメントタイムなんですか?

11 :名無し物書き@推敲中?:04/11/07 08:59:27
28歳無職の俺はどうすんだ

12 :名無し物書き@推敲中?:04/11/07 09:25:15
どうしよう

13 :名無し物書き@推敲中?:04/11/07 09:44:54
どうなるの?

14 :名無し物書き@推敲中?:04/11/07 09:58:47
どうにかなりますよ

15 :名無し物書き@推敲中?:04/11/07 10:50:51
どうでもいいですよ

16 :名無し物書き@推敲中?:04/11/07 14:27:57
今回の新人賞受賞者、すばるの中島たい子だけは33歳だけど
プロシナリオライター、その後はこの板の一番星である
朝倉を筆頭に、26歳が二人、25歳、23歳、21歳となってる。
若返りが図られてるんだよ。

17 :名無し物書き@推敲中?:04/11/07 14:43:24
板の腐り具合が良く分かるな(笑
おめーら、とっととハローワーク行って就職してこい(プ

18 :名無し物書き@推敲中?:04/11/07 14:46:06
>>16
このなかには無職はおろか、
フリーターさえ一人もいないんだけどね。

19 :名無し物書き@推敲中?:04/11/07 14:55:48
>>1の素直な文章読むと、小説もおもしろいんじゃないかって気になってくる。

俺も読んでみたいな、>>1の小説。

20 :名無し物書き@推敲中?:04/11/07 14:56:18
無職の才能あるやつが本気で書いたらほかのやつ適わないんだろうけど、
怠け者が多いからな。で、有職者が獲るんじゃない?
介護入門なんて無職じゃないと書けないすさまじさがあった。
好きじゃないけどね。文章汚くて。

21 :名無し物書き@推敲中?:04/11/07 15:00:31
要するに、オマエラみたいなニートには無理ってこったw
高校生でデビューした綿矢を見習え場科垂れくん(藁

22 :名無し物書き@推敲中?:04/11/07 15:01:05
朝倉は作風だけ見ると絶対に引きこもりだと思う熱さがあるけどな。
でも有職者。世の中そんなもんだよ。

23 :名無し物書き@推敲中?:04/11/07 15:02:37
>>22
朝倉ってだれ?

24 :名無し物書き@推敲中?:04/11/07 15:03:42
>>21
なんでも綿矢を引き合いに出す頭の程度

25 :名無し物書き@推敲中?:04/11/07 15:11:39
なんでもじゃないのだよ馬鹿チョンくんw
正直、綿矢りさの作品はあまり好きじゃないが、それでもオマエラみたいな負け組の屑と比べれば、人間としての質は百倍ましってこった。

26 :名無し物書き@推敲中?:04/11/07 15:26:50
>>23
http://www.sankei.co.jp/news/041031/boo008.htm

27 :名無し物書き@推敲中?:04/11/07 15:45:15
>>25
なんでも綿矢を引き合いに出す頭の程度

28 :名無し物書き@推敲中?:04/11/07 15:52:05
綿矢の方が朝倉を引き合いに出すよりいいよ。
この板以外じゃ朝倉なんて誰も知らないんだからwww
いくら右翼新聞に褒められてもね

29 :名無し物書き@推敲中?:04/11/07 16:43:37
ニーと時代の幕開けだ

30 :名無し物書き@推敲中?:04/11/07 17:30:55
オマエラのような屑が増えるおかげで、勝ち組の俺はより一層幸福を得る事ができる(笑

31 :名無し物書き@推敲中?:04/11/07 18:45:33
>>30のような暇人が居るおかげで、多忙な俺はより一層幸福を得る事ができる(苦笑

32 :名無し物書き@推敲中?:04/11/07 20:39:33
小説書くことを馬鹿にはしない。
お前が小説書くというのを馬鹿にしているのだ

33 :名無し物書き@推敲中?:04/11/09 18:06:02
小説家はバカにしない。
でも、自称作家志望は痛い奴が多すぎるからバカにしてやる。

ほんと、この板でつらつらとスレを眺めてると、
「人の振り見て……」と考えつつ、そう思えてくるよ。


34 :名無し物書き@推敲中?:04/11/13 07:34:55
売れない小説家なんてただの世捨て人だよ。
世捨て人を馬鹿にするかしないかはお前の感性次第だ。

35 :名無し物書き@推敲中?:04/11/13 08:20:26
俺もちょこちょこ書いてるんだけど、
小説って書いて完成ってんじゃないんだよな
小説ってヒトに読んでもらってそれでやっと完成なんだ
文章っていうのがコミュニケーションの手段である以上、目的は常にそこだ。
別にプロにならなくていい、売れなくてもいい
でも読まれないのならそれはもう小説ですらないわな、単なる記号の羅列で
そこで自分の書いた小説が一生だれの目にも止まらないってことは
費やしたすべての時間は完全に無駄ということ

って考えていつも怖くなる

36 :名無し物書き@推敲中?:04/11/13 08:29:30
でもさー
音楽をやってる人は、演奏したり歌ったりすること自体が喜びだろ。
絵を描いてる人は、絵を描くことそのものが楽しいはずだ。
小説だって同様で、書くことが楽しければいいんじゃないか。
楽しい時間によって人間は永らえるわけで、
それを無駄とは言わないんじゃないか。
つーか小説を書く意味ってそれだけなんじゃないか?

37 :名無し物書き@推敲中?:04/11/13 09:05:38
いや、音楽もひとりで歌って誰も聴かないんならそれはちょっとと思うょ。。。
絵も同様で。
絵を描くこと自体が楽しいのもわかるけど、それだけで満足できるならコンクールや展覧会は存在価値ないわけで。
工程の楽しさはぜんぜん否定しないけど、目的は他者の目に触れることなんじゃないかなどのジャンルもやっぱ。
それは映画とかでもなんでもそうだけど。
創作系統って根幹はコミュニケーションなんだよな〜と思うの。



38 :名無し物書き@推敲中?:04/11/13 09:12:20
コミュニケーションなんて副次的な産物だよ。
芸術の本質は快楽。そんだけだな。

39 :名無し物書き@推敲中?:04/11/13 09:31:00
みんなのあいにつつまれたからー♪
こうしていまこえをとどけていられるんだねーー♪

40 :名無し物書き@推敲中?:04/11/13 09:35:39
言い換えればオナニーとセックスなんだな
しかしオナニーはセックスに憧れてするものである以上(ry

41 :名無し物書き@推敲中?:04/11/13 09:42:10
芸術はどこまでいってもオナニー。セックスにはなんねーよ。
作品を人に見せる行為は露出狂。
つまり度を越したオナニー。
度を越せばなんでも商売になるってだけ。

42 :名無し物書き@推敲中?:04/11/13 09:44:21
ゎかったゎかったもうそれでいい。
自分のHDと対話してなさい一生。

43 :名無し物書き@推敲中?:04/11/13 09:46:28
don't be so sad♪
なぐさめてあげるから
sorrow♪
悲しみはそこにおいて

うつむくのはやめて きみが恋をするなら♪

44 :名無し物書き@推敲中?:04/11/13 09:47:37
逆切れかよ。

45 :名無し物書き@推敲中?:04/11/13 09:47:37
ゎかったゎかったもうそれでいい。
 なんで わ だけ小さいの? 低能ネカマ?

46 :名無し物書き@推敲中?:04/11/13 09:51:17
根性戦隊ガッツマン!

47 :名無し物書き@推敲中?:04/11/13 09:55:41
どうやったら わ を小さくできるの?

48 :みやむー:04/11/13 09:59:03
街の音も♪風の色も♪ 悲しく綺麗なんだねと♪
独り言みたいに♪ 聞いてほしい♪ 恋をした人に♪

49 :名無し物書き@推敲中?:04/11/13 10:02:02
度を越したオナニー……

50 :名無し物書き@推敲中?:04/11/13 10:08:34
根性戦隊ガッツマン!


51 :名無し物書き@推敲中?:04/11/13 10:10:55
なんで わ だけ小さいの? 低能ネカマ?

52 :名無し物書き@推敲中?:04/11/13 11:35:40
文芸板でオナニーは禁句です……

53 :名無し物書き@推敲中?:04/11/13 11:37:01
なぜかといえば……

54 :名無し物書き@推敲中?:04/11/13 11:37:21
文学はオナニーだと考えてるから駄目なんですよ君たちは。

55 :名無し物書き@推敲中?:04/11/13 11:40:36
では>>54は、文学がオナニー以外だというのですか!

56 :名無し物書き@推敲中?:04/11/13 11:41:34
根性戦隊ガッツマン!

57 :名無し物書き@推敲中?:04/11/13 11:44:05
そんなオチかよ・・・ヘボーン・・・・。

58 :名無し物書き@推敲中?:04/11/13 11:47:10
ヘボい馬鹿が粘着してるようだな。

×××このスレしばらく書き込み禁止×××

59 :名無し物書き@推敲中?:04/11/13 11:49:20
うん。当然セックス派です。
作品を出すことは度を越したオナニー?
ばかげてる。
自分の才能の無さを認められずに現実を歪めてるだけだよそれは。
君たちがやってるのはオナニーかもしれない。
でもそんなもんはそもそも文学とは呼ばないんだよ。
文学家を自称したいなら自分だけの狭い世界に引篭もるのはやめたまえ。
それが通じるか通じないかはともかく、常に他者に向けて作品を投げかけ続ける雄雄しい姿勢抜きに芸術なんて成立し得ないのだよ。
きみらがやってるのがオナニーだ。それは別にいい。でも命がけで芸術を志してる人間に対し、きみらと同等にオナニーの一言で括ろうとするのは余りに失礼だよ。



60 :名無し物書き@推敲中?:04/11/13 11:50:36
オナニーオナニーうるさいのう。

61 :名無し物書き@推敲中?:04/11/13 11:53:09
たぶん文学オナニー派は童貞。

62 :名無し物書き@推敲中?:04/11/13 11:55:34
ほうほう賛成。
で、文学オナニー派とは?

63 :名無し物書き@推敲中?:04/11/13 12:00:41
俺も童貞に戻りてー。
そしたらセックスのことが新鮮に書けるのに。

64 :名無し物書き@推敲中?:04/11/13 12:18:48
所詮、芸術性の追求なんてのはオナニーなんだよな。
売れる文学は、「相互オナニー」ってことでどうだ?
で、売れない文学は一人オナニー。

65 :名無し物書き@推敲中?:04/11/13 12:19:37
初恋を描いたナンバーワンの映画は「時をかける少女」

66 :名無し物書き@推敲中?:04/11/13 12:20:33
>>64
なんでそこまでオナニーにこだわるの?

67 :名無し物書き@推敲中?:04/11/13 12:25:05
この際オナニー税を取ればいいじゃないか

68 :名無し物書き@推敲中?:04/11/13 12:27:43
売れる文学が相互オナニーってのは何?
どういう意味?

69 :名無し物書き@推敲中?:04/11/13 12:31:08
俺は人を楽しませたい衝動が大きいタチだから、
奉仕セックス型かな。

70 :名無し物書き@推敲中?:04/11/13 12:33:54
>>68
妄想自慰小説と脳内架空Hの交差ということだろ

71 :名無し物書き@推敲中?:04/11/13 12:35:27
>68
要するに、書き手と読み手はリアルでは決して遭遇しないわけだ

72 :名無し物書き@推敲中?:04/11/13 12:36:32
>>69
タチじゃなくて、ネコ。

73 :名無し物書き@推敲中?:04/11/13 12:42:02
>>71
読み手がオナニーしてるってのがわからん。
読者はオナニーしてないだろ。

74 :名無し物書き@推敲中?:04/11/13 12:49:28
オナニーに喩えるとなにがなにやらさっぱりなにだな

75 :名無し物書き@推敲中?:04/11/13 12:54:28
読書という行為も、活字をなぞることの快感を求める"単独の"作業だよ

76 :名無し物書き@推敲中?:04/11/13 12:58:48
本を買うという行為ですら快感だ、というオナニストもいるほどだ


77 :名無し物書き@推敲中?:04/11/13 13:00:05
否。読書は受け身一辺倒だからオナニーじゃない。
ファッションヘルスだ。

78 :名無し物書き@推敲中?:04/11/13 13:00:23
フェティシズムの領域にも入っていくな、ここまでくると

79 :名無し物書き@推敲中?:04/11/13 13:02:18
成程>>77

80 :名無し物書き@推敲中?:04/11/13 13:03:19
あたかも勃起するようにスレを上げたくなった俺。

81 :名無し物書き@推敲中?:04/11/13 13:03:32
作者の意図しないところでも読者の脳内変換によって
欲望の喚起、刺激となる


82 :名無し物書き@推敲中?:04/11/13 13:05:23
ファッションヘルスでもNGはあるよ
単に受身ではない"主張"がそこにあるからだ

83 :名無し物書き@推敲中?:04/11/13 13:05:42
>>81
ファッションヘルスとはそういうもの。

84 :名無し物書き@推敲中?:04/11/13 13:09:14
ファションヘルスは擬似Hか、受身のオナニーか
誰か定義してくれ

85 :名無し物書き@推敲中?:04/11/13 13:11:37
ま、本のページをめくるのは「自分」だからな
読書は基本的にはオナニーだろ。
ページをめくらなきゃ何も始まらない。
ファッションなんたらはこじつけ

86 :名無し物書き@推敲中?:04/11/13 13:14:26
>>84
受け身のオナニーなんてあんのか?

87 :名無し物書き@推敲中?:04/11/13 13:17:41
貴様等をさらし上げ

88 :名無し物書き@推敲中?:04/11/13 13:25:13
受け身のオナニーは言葉が矛盾してるかんじ

89 :名無し物書き@推敲中?:04/11/13 13:30:52
それだけにめくるめくような快感が

90 :名無し物書き@推敲中?:04/11/13 13:39:37
セックスとオナニーだとどっちが能動的?

91 :名無し物書き@推敲中?:04/11/13 14:58:46
行為に至るまでの積極性を考慮すれば、セックスが能動的。

92 :名無し物書き@推敲中?:2005/06/04(土) 17:08:54
小説書きは馬鹿。

93 :名無し物書き@推敲中?:2005/06/04(土) 17:18:56
小説書きのなかでも
ジャンルでくくって「○○書いてるのは馬鹿」とかいう
ていどひくいの増えたよな。

小説全体を批判してる人のがよっぽど健全だよ。

94 :名無し物書き@推敲中?:2005/06/04(土) 19:17:53
ジャンルの区別なんて意味のないことだ。いいものはいいという立場で読まないと。
まあ、そんなに小説を読むのは好きではないが。
何で小説書きは小説なんて書くんだろうね。

95 :名無し物書き@推敲中?:2005/06/04(土) 19:57:20
ラノベ書きはラノベ板に戻ってくれないだろうか。


96 :名無し物書き@推敲中?:2005/06/04(土) 20:09:50
自分が該当する事項だと
自分の方の種明かしてでも脊髄反応する香具師っているよね

97 :名無し物書き@推敲中?:2005/06/04(土) 20:21:12
ラノベみたいな薄々の文章って馬鹿っぽいよな。
正直いって。

98 :名無し物書き@推敲中?:2005/06/04(土) 20:27:00
つまり小説書きは馬鹿ということだな

99 :名無し物書き@推敲中?:2005/06/04(土) 20:27:59
ロマだけは最高!

100 :名無し物書き@推敲中?:2005/06/04(土) 20:32:13
ロマロマロマロマロマロマロマロマロマロマロマロマロマロマロマロマロマロマロマロマロマロマロマ!!

しろのほうこう、何かぎこちない。本領ではないのでは? 

101 :名無し物書き@推敲中?:2005/06/04(土) 20:33:55
ロマ、本買ったよロマ。
だけど真っ白でさみしい装丁だなロマ。
黄金の咆哮だったら金箔入りだったのか・・?

102 :名無し物書き@推敲中?:2005/06/04(土) 20:34:38
黄金仮面! 


103 :名無し物書き@推敲中?:2005/06/04(土) 20:39:05
ロマ本ロマ本アロマ企画アロマ企画アロマ企画アロマ企画アロマ企画

画企マロア画企マロア画企マロア画企マロア画企マロア画企マロア画企マロア

アロマ企画アロマ企画アロマ企画アロマ企画アロマ企画アロマ企画アロマ企画

画企マロア画企マロア画企マロア画企マロア画企マロア画企マロア画企マロア

アロマ企画アロマ企画アロマ企画アロマ企画アロマ企画アロマ企画アロマ企画

画企マロア画企マロア画企マロア画企マロア画企マロア画企マロア画企マロマ本買ったよ

104 :名無し物書き@推敲中?:2005/06/04(土) 20:55:55
面白い。

斜めに見える。

105 :名無し物書き@推敲中?:2005/06/04(土) 20:56:02
>>92
プロに言えよクズ

106 :名無し物書き@推敲中?:2005/06/04(土) 22:11:54
1のカコイイ所信表明から始まったこのスレはあっという間に汚れますた

107 :名無し物書き@推敲中?:2005/06/05(日) 10:05:00
 諸君のしていることは社会から見ればそもそも何もしていないのと同じであり、
せいぜい何かをするための準備に過ぎないのではないのか。

 そしてほとんどはそのまま終わってしまうのだ。

 跳躍台無き諸君の永遠の助走、呼び出されることの無きその大きな待機が、
はたして何の役にたっているのか?

それともそれは役に立たぬことが値打ちなのか?


108 :名無し物書き@推敲中?:2005/06/05(日) 21:14:43
小説家を馬鹿にする奴は馬鹿。

109 :名無し物書き@推敲中?:2005/06/05(日) 22:00:13
24歳であきらめるって
早すぎだろ。
って
ネタだろうケド

110 : ◆B4D5PZqHT2 :2005/06/05(日) 22:01:28
ロマさんの写真を日記ににupしたとき
読者から密かなため息が漏れたのでした。。。

111 :名無し物書き@推敲中?:2005/06/07(火) 21:28:06
小説書きの人は馬鹿だ
馬鹿な人は小説書きだ
小説書き出ない人は馬鹿ではない
馬鹿ではない人は小説書きではない

112 :名無し物書き@推敲中?:2005/06/07(火) 21:29:38
>111消えろ

113 :名無し物書き@推敲中?:2005/06/07(火) 21:30:42
>>111
プロだっているだろ?氏ね!

114 :111:2005/06/07(火) 21:31:01
ラヴ微炭酸 イェイ×4
何で?>>112
スレの趣旨に合ってない? 

115 :111:2005/06/07(火) 21:31:38
>>113
馬鹿? 
ただ命題を並べただけなのに。

116 :名無し物書き@推敲中?:2005/06/07(火) 21:35:48
小説書きは報われない努力をする。
報われない努力をする奴は馬鹿だ。
よって小説書きは馬鹿だ。
Q.E.D.

117 :111:2005/06/07(火) 21:35:54
つーか、最近は単純に小説が嫌いだ。もちろん自分の以外な。
いや、書いてもいない。結局どっかで見たような文章になるから。

118 :111:2005/06/07(火) 21:37:33
>>116
小説書きは報われない
俺たちは小説書きだ
よって俺たちは報われない
三段論法はこうだろ。

119 :名無し物書き@推敲中?:2005/06/07(火) 21:38:26
俺はお前が嫌いだ。死んでほしい。

120 :名無し物書き@推敲中?:2005/06/07(火) 21:39:16
>>117-118

121 :111:2005/06/07(火) 21:40:02
俺のことは忘れろ。忘れろ。忘れろ。忘れろ。
俺は別にお前を嫌いではない。忘れろ。忘れろ。忘れろ。
忘れろ。忘れろ。忘れろ。忘れろ。忘れろ。忘れろ。忘れろ。忘れろ。忘れろ。
忘れろ。忘れろ。忘れろ。忘れろ。忘れろ。忘れろ。忘れろ。忘れろ。忘れろ。
忘れろ。忘れろ。忘れろ。忘れろ。忘れろ。忘れろ。忘れろ。忘れろ。忘れろ。

122 :名無し物書き@推敲中?:2005/06/07(火) 21:40:42
111は小説書きを馬鹿にする。
人のことを馬鹿という奴は馬鹿だ。
よって111は馬鹿だ。
ついでに俺も馬鹿だ。

123 :111:2005/06/07(火) 21:46:02
人に死んで欲しいって思うのは、
悪いことではないな。
理性的ではないが。


124 :名無し物書き@推敲中?:2005/06/07(火) 21:46:51
>>118
1段目と2段目を入れ替えてよんでみな。
頭固いおばかさんなのか?

125 :名無し物書き@推敲中?:2005/06/07(火) 21:48:10
111つまんね

126 :111:2005/06/07(火) 21:48:16
ああ、ごめんごめん。何かあれだ。ちょっとした思い込み。
言いたいことがわかればいいんだよ。

127 :111:2005/06/07(火) 21:49:37
俺は芸人ではないからな。
つまらないままでいることに慣れている。
むしろ退屈するために生きているらしい。

128 :名無し物書き@推敲中?:2005/06/07(火) 21:50:47
>>111
あ、おかえり。。。

129 :111:2005/06/07(火) 21:52:09
はあ? どうした。

130 :名無し物書き@推敲中?:2005/06/07(火) 22:37:24
>>126
そんな素直に謝られたら照れるじゃねーか

131 :111:2005/06/07(火) 22:39:47
2ちゃんの奴ってどうも他人より優位に立ちたがるんだよなあ。
その辺が苦手でな。俺はとにかく腹の中では、馬鹿にしていても
それをわざわざ書き込んで不快にさせるようなことは、しているんだがな。
まあとにかく自分本位で生きているから。

132 :111:2005/06/07(火) 22:40:26
とにかく二回も出ているな、一つ目削除。

133 :名無し物書き@推敲中?:2005/06/07(火) 22:58:46
>>131
なるほどね。素直になれないってわけね。
素直二回も出ているな、一つ目削除。


134 :111:2005/06/07(火) 23:01:52
俺は無意味になるなら、完全なゼロになりたい。
愛している。愛している。愛している。愛している。愛している。愛している。
愛している。愛している。愛している。愛している。愛している。愛している。
愛している。愛している。愛している。愛している。愛している。愛している。
愛している。愛している。愛している。愛している。愛している。愛している。

135 :名無し物書き@推敲中?:2005/06/07(火) 23:14:24
B'zかよ

136 :名無し物書き@推敲中?:2005/06/08(水) 22:02:52
馬鹿は馬鹿だ。

137 :名無し物書き@推敲中?:2005/06/08(水) 23:16:19
愛している。好きだ。

138 :名無し物書き@推敲中?:2005/06/08(水) 23:18:58
変態だろ。

139 :名無し物書き@推敲中?:2005/06/15(水) 15:48:41
■電車男=エルメス=まとめサイトの管理人=久保田康■すべて同一人物 ■久保田康の自作自演と判明■
電車男とエルメスの恋物語は40歳の久保田康が一人でつくった嘘100%の創作。
■電車男の顔■
http://white.jpg-gif.net/bbsx/18/img/115816.jpg
電車男@FAQ
http://f41.aaa.livedoor.jp/~outerdat/faq.html
関連サイト
電車男の時刻表
http://subway.seesaa.net/
電車男@全過去ログ
http://f41.aaa.livedoor.jp/~outerdat/
http://www.geocities.jp/outer797/
記帳所@全過去ログ
http://www.geocities.jp/outer626/
電車男 - 2ch-Library
http://2ch-library.com/male/train/
見たこと聞いたこと: 電車男関連
http://sunrise-sunset.seesaa.net/category/75887.html
見たこと聞いたこと(退避版)
http://blog2.fc2.com/sunrisesunset/
「電車男」の「中の人」こと、久保田康40歳(今年3月19日で41歳)のご尊顔
http://white.jpg-gif.net/bbsx/18/img/115816.jpg
久保田康氏のサイト「記憶博物館」のミラー
http://www.geocities.jp/outer214/outer214.html
「電車男」ストーリーが実話であると勘違いしている人々のために
http://f41.aaa.livedoor.jp/~outerdat/faq.html


140 :名無し物書き@推敲中?:2005/06/20(月) 13:58:48
>1
馬鹿だとは思わんが、小説家になろうと思ってなれた椰子なんて
ほとんどいないだろう

141 :名無し物書き@推敲中?:2005/06/20(月) 19:35:55
小説を書きもしないで小説家になれた者は皆無。

142 :名無し物書き@推敲中?:2005/06/20(月) 20:02:27
いい小説書くのは本当に大変な作業だね。

143 :名無し物書き@推敲中?:2005/06/20(月) 20:21:55
>いい小説書くのは本当に大変な作業だね。

そうだね。
苦しいけど、楽しくもある。

144 :名無し物書き@推敲中?:2005/06/21(火) 17:06:49
>>143
作家さんでつか?
漏れもなりたかった

145 :名無し物書き@推敲中?:2005/07/15(金) 00:44:35
どうでもいいからなりたい


146 :名無し物書き@推敲中?:2005/07/24(日) 04:17:22
ある程度の実力のアマチュアのミュージシャンは、それなりに活躍の機会がある。
メジャーな作品をそれなりに生演奏すれば、受け手はまあまあ楽しめる。
自作のCDなんかは迷惑がられそうだが。
アマチュアの小説家はどうだろう。
何らかの形で世間に小説家らしさを示すことが出来るだろうか。
CDと同様に、アマの自作の小説本は誰も欲しない。
音楽は生演奏、メジャーのコピー、などで興味の対象になり得る。
小説家は作曲家的な立場なので、オリジナルでないと意味がない。
ビジュアル的にも小説家は魅力がない。
アマチュア小説家は、どうすれば輝いて見えるのか。
作曲家的ではなく演奏家的な面で、小説家らしさを出せないだろうか。
創作理論について熱弁をふるうとか、公の場で作家っぽい奇行をすることで
ライブな表現をするのはどうだろうか。
ダサい格好で周囲の失笑をかうのもいい。作家っぽさをわざと強調した格好がいい。
ぼさぼさの髪、度の強い眼鏡、着物、ベージュのももひき、ちょび髭、など。
これらのパフォーマンスをすれば、たぶんアマの小説家人生が輝いて見えるようになる。

147 :名無し物書き@推敲中?:2005/07/24(日) 17:50:41
あげ

148 :名無し物書き@推敲中?:2005/08/18(木) 09:04:21
>>146
説明するのもめんどくさいから
インディーズのライブでも逝ってこい。
ワナビよりよほど健全だ。

それと「アマの小説本など誰も欲しない」と本気で思ってるなら、
お前は筆を折るべきだ。

149 :名無し物書き@推敲中?:2005/08/27(土) 20:56:02
作家目指してバイト生活してた頃はわけのわからない使命感みたいなものが強すぎた。
第一志望の事しか目に入らなかった。

もっと他にも選択肢があったかもしれないのに。

現在ハローワークに検索かけても、大卒に相応しい職種なんてほとんどないし、
あっても未経験不可。

いちど「新卒」という身分から転落したらまともなチャンスなんてどこにもない、
ということをあの頃に知っていたら、今頃は分相応のところに勤めて安楽だったのだろうか。

でもあの頃は、サラリーマンは全員、夢も希望も持っていないロボットみたいな人間で、
安泰な身分をゲットするために就職したクズだと思っていた。

今はそんなプライドも無残に崩れ落ち、ほとんどどんな仕事でもいいというようなところまで堕ちている。
あの頃には今のこんな無残な姿は想像できなかった。

働きたくなかったわけでは決してなかった。
ただ自分の視野が狭すぎた。

セカンドベストの選択まで考えられなかったことが私の人生の敗因。
なぜあの頃はあんなに視野が狭かったのだろう。後悔しきり。


150 :健一郎 ◆RelMnLZ5Ac :2005/08/31(水) 15:22:28
いのちを守れ。

151 :名無し物書き@推敲中?:2005/09/08(木) 17:21:01
【社会】「求人、切ることのできる派遣社員ばかり」…職得た人も「先行き暗い」★5
http://news19.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1126085881/l50


152 :名無し物書き@推敲中?:2005/09/08(木) 19:10:13
24歳で人生の敗因って…。
バカみたい。
視野が広がった、広げるべきだと分かった時点が24歳だということの僥倖に気づかないんだ。

名無し物書き@推敲中?:2005/09/06(火) 21:54:21
…今回の出そうと思って出せなかった15歳(実際はまだ14歳)です。
次のって、受賞は難しいですかね?
次だと16歳だし、顔よくないし、女だし。
負けたかなぁー。

こんなことを16歳に言わせてしまうシステムや状況を黙って受け入れるんだ。
従うんだ。合わせちゃうんだ。
ふーん…


153 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2005/09/10(土) 19:57:17
結論:小説書きは、中学生以下。

154 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2005/09/10(土) 21:01:09
>>149
おまえみたいに
言語の理知性におそろしく欠如している白痴が
物書きになど
絶対になれるわけがない

155 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2005/09/10(土) 23:08:18
誰か、↑を和訳してくれ。
特に二行目。

156 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2005/09/11(日) 00:17:26
>>155
>>154はNAVERあたりで拾った韓国人の発言、またはそれを模したものと思われる。


157 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2005/09/11(日) 01:45:44

【厨房の為の 煽り煽られ講座】

煽られて反論できなくなった
  → ○○ 必 死 だ な (w

予期せぬ自分の無知で煽られた
  → 釣れた
  → わーマジレス返ってきたよ

言い返せないけど 負けは認めたくない
  → ( ´,_ゝ`)プッ
  → 無知白痴は黙ってろ
  → 知能障害をおこす
  → 放置出来ないお前も厨なんだよ(w



158 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2005/09/11(日) 04:42:56
そんなに選挙に行かせたいのかと。

159 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2005/09/11(日) 06:15:54
149はきっと普通に就職していても後悔している。
あの時しかできなかった小説を書くということをどうして
就職を後回しにしてでも真剣に書かなかったんだろうってね。


どっかの誰かの偉人の言葉で

夢を叶えるの才能ではなくて努力、そこから上に行くのが才能

だってさ。つまり、努力不足。

もう一つどっかの偉人の言葉

後悔する人はどのような状況でも後悔する人

160 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2005/09/11(日) 22:42:10
>159
超耳が痛い……


161 :名無し物書き@推敲中?:2005/10/22(土) 12:45:15
 ――最近、若い人にばかり注目がいき中年の人たちはほとんど出てこないのでは。

 桐野 かなり優れているものも、出版社の下読みの段階で落とされる。
    出版社は30代以上の作家は育てたくない。
    だから75歳の新人の『信長の棺(ひつぎ)』は本当に稀(まれ)な例。
    出版社が若い人志向になっているのは確か。中高年の新人は切り捨てられる。
 町田 それはまずい。
 山田 私も歴代若い女の子がとっている新人賞で不満をもち、
    選考委員を1回出ただけで辞めた。
    (以下略)

町田康(まちだ・こう) 1962年、大阪府生まれ。
    1996年「くっすん大黒」で作家デビュー。
    小説に「パンク侍、斬られて候」、詩集に「土間の四十八滝」。
山田詠美(やまだ・えいみ) 1959年、東京都生まれ。
    85年「ベッドタイムアイズ」でデビュー。
    作品に「トラッシュ」「A2Z」(読売文学賞)など。
桐野夏生(きりの・なつお) 1951年、金沢市生まれ。
    93年「顔に降りかかる雨」で江戸川乱歩賞。
    作品に「グロテスク」「残虐記」「OUT」など。

162 :名無し物書き@推敲中?:2006/01/05(木) 23:10:13
It was the first rule in this future society to always put
on "intelligent gorilla suit" in the body.
The going out that did not wear it just meant death. An
expensive machine equipped with by a gorilla suit reacts
on discovery immediately and, with a power arm, beats it
to death immediately. Even if the area first page is
polluted with a piece of meat and filth, a hand is not
polluted with a power arm because I clean it neatly.
Because water is a high price than life of a person in
future society, it is kind to environment. A flesh-eating
insect taught all the finger-tips eats all pieces of meat
and filth. The feces which an insect excreted become power
of a gorilla suit this time afterwards. What will you be
rational with?
Therefore the J charity doctor who developed this
gorilla suit had a hard time very much.

163 :名無し物書き@推敲中?:2006/01/14(土) 19:54:23
厨房に勘違いされるのが嫌なので逃げます。

164 :名無し物書き@推敲中?:2006/01/14(土) 21:40:44
馬鹿にはしないが、面白さだと、バグズライフや龍が如くにすら勝てないと思う

165 :名無し物書き@推敲中?:2006/01/14(土) 22:17:09
通りすがりにカキコ
私は小説書きをバカにはしない
バカにしてるのは小説書きを目指してるヤツだ
それも周りに公言するような痛いヤツ

166 :湯豆腐:2006/01/14(土) 23:54:21
>165
それを温かく見守れるくらいになろうぜ
じゃないとおまいも痛いやつと同レベルになるぞ

167 :名無し物書き@推敲中?:2006/01/15(日) 16:28:48
ワナビは馬鹿にされて当然

168 :名無し物書き@推敲中?:2006/01/15(日) 18:00:25
本来、小説に限らず芸術なんて高踏遊民の物なんですけれど、
何故か貧窮細民がやりだして日本の文学は安っぽくなったんです。
それでもまぁ昔は作家と言えば東大卒か早稲田卒が定番だった。
今は、殆どが、女子高生、主婦、フリーターとなっている。
…そりゃレベルも落ちる訳です。

ちなみに欧米の小説家はほぼ100%が良家の子弟で高学歴だし
社会のリーダーです。
日本ではインテリヤクザに近いもんね。

169 :名無し物書き@推敲中?:2006/01/15(日) 18:02:58
小説は芸術ではない

170 :名無し物書き@推敲中?:2006/01/15(日) 19:04:39
小説を芸術だと勘違いするからバカにされる。

171 :名無し物書き@推敲中?:2006/01/15(日) 22:38:46
何度も言うが小説は芸術ではない。


172 :名無し物書き@推敲中?:2006/01/15(日) 22:46:58
>>169-171
何度連呼しても、理由を書かないとな。

173 :名無し物書き@推敲中?:2006/01/15(日) 22:49:49
オレンジレンジを芸術というようなもの


174 :名無し物書き@推敲中?:2006/01/15(日) 23:15:52
悟性を働かせなさい。


175 :名無し物書き@推敲中?:2006/01/15(日) 23:44:18
私は小説を否定しているのではなく
芸術を志しているだけです。


176 :名無し物書き@推敲中?:2006/01/16(月) 00:03:28
おれは芸人で結構だ。術なんぞ使えるか

177 :名無し物書き@推敲中?:2006/01/16(月) 21:04:40
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%96%87%E5%AD%A6
--
文学(ぶんがく)とは、言語表現による 芸 術 作 品 のことをいう。
またはそれらを研究する学問の一つ。NDC(日本十進分類法)では9類にあたる。
狭義には、 小 説 や詩、文芸評論などを典型的な文学の例とする。
--


178 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/11(土) 13:19:41
>>177
だから小説も芸術だってことだね。

179 :吾輩は名無しである:2006/03/11(土) 18:17:44
小説を書いてくれる人がいなくなれば、
読み応えのある小説も無くなっていく。
そのためには切磋琢磨も必要だろう。
良い新人が入ってこないと、どうにもならない。

180 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/13(月) 22:32:49
趣味に時間や労力をつぎ込むでリアルの能力が低下するってのはよくないかもね。
他のレジャー趣味でも似たような物だけど、この不況&就職難、社会階層が如実に
なった今では趣味否定論が沸いて来るのも納得が行く。

リアルの能力が低下するっていうより、相対的に「置いて行かれる」かな。
生涯自己研鑽していかないと、相対的にどんどん堕ちていく時代ってこと。
サラリーマンやってれば5時から作家ごっこして遊んで過ごせ、職歴なくても
割のいいバイトやってれば済んでいた時代もあったが、今思えばそっちの方が
異常だったということだね。

181 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/13(月) 22:59:04
不況も就職難も昔の話。
世の中は一分一秒刻々と変化している。

置いていかれているのは お前かも知れないぞ

182 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/25(土) 02:31:33
ここは小説に関する話をするスレなんだから
シナリオ関係の人は出て行ってください。
そもそもシナリオライターなんて文才のない人がたどり着く仕事なんだから
一緒にされるのはとても心外です。


183 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/25(土) 13:43:45
>>1
スレタイは良かったのに内容がまるで無い。残念だ
       ∩―−、
     / (゚) 、_ `ヽ
    /  ( ●  (゚) |つ
    | /(入__ノ   ミ
    、 (_/    ノ   <やっぱりバカで〜す
     \___ ノ゙
      /    \
    ⊂_ノ)   ノ\_つ
       (_⌒ヽ
        ヽ ヘ }
      (( ノノ `J  ))
くらい突き抜けてないと。

しかし
>>182 を読んで考えを改めたよ
見事に馬鹿だ

184 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/10(月) 19:36:47
想像力でしょう。

185 :名無し物書き@推敲中?:2006/05/16(火) 18:49:09
賞でさ、金賞とか大賞とか決めない年があるの何で?
自分達で用意した枠すら埋められない人たちがスタッフなの?

186 :名無し物書き@推敲中?:2006/05/28(日) 11:22:48
ヒント:賞金

187 :名無し物書き@推敲中?:2006/05/28(日) 16:41:48 ?
ただ単に駄作が多いんだろ。
通信簿でテスト90点以上を5としよう。
80点が最高だったら5のやつはいないだろ。

そういうことだ。

188 :名無し物書き@推敲中?:2006/05/29(月) 17:27:26
プロになる前は馬鹿にされてもしょうがないよ。

189 :名無し物書き@推敲中?:2006/07/01(土) 22:59:09
バカ釣れ


190 :名無し物書き@推敲中?:2006/07/07(金) 16:52:35
だからバカにされるんだよ。

191 :名無し物書き@推敲中?:2006/07/07(金) 17:03:03
888 :阿部敦良 :03/02/25 11:37
それにしても、無名草子さんたちとは、さぞやすごい作家先生の匿名書き込みなんでしょうね。
作家なんて才能が全てだから、津井ついみたいに、いくら努力したって駄目なものは駄目ですよ。
私なんか、早々に見切りをつけて趣味の世界で細々ですから。
          小説現代ショートショート・コンテスト優秀賞受賞 阿部敦良




192 :名無し物書き@推敲中?:2006/08/14(月) 21:00:32
505 :fusianasan ◆skip69/qP6 :2006/08/14(月) 08:31:59
さようなら2チャンンル。こんなことやってちゃだめだ。アリスレ。祭りには出すよ。お願いします。このレスが俺のここでの最後だ。ちくしょう。こんなことやってちゃだめだ。無料サイトでも持とう。そこで書き捨てよう。

193 :名無し物書き@推敲中?:2006/09/18(月) 16:49:27
バカ

194 : ◆CHANCE1/yQ :2006/11/08(水) 00:35:42
>1
馬鹿にはしていない。
ただ、この板にいて感じるのは、ワナビって度胸あるなあってこと。いろんな意味でココロが広いんだろうなあと思う。
若いうちから小説に人生賭けているワナビとかすごいよね。遊び盛り働き盛りなのに。人事だけれど人生損している気がしてしまう。
いくら小説好きでも私には真似できないな。

195 : ◆CHANCE1/yQ :2006/11/08(水) 00:39:02
>1
ていうかそういう特殊と思われる人しか小説書けないのかしら
私は普通に生きている人の小説が読みたいわ

196 :名無し物書き@推敲中?:2006/11/08(水) 01:08:58
>>194-195

>>1はそんな事言っていないだろう。
文盲に読める小説無し。

197 : ◆CHANCE1/yQ :2006/11/08(水) 01:16:16
>1と似たような年齢似たようなスタンス
自費や公募はしようと思わない

198 :名無し物書き@推敲中?:2006/11/08(水) 01:17:42
そのスタンスが理想でつ

199 :名無し物書き@推敲中?:2006/11/08(水) 01:25:29
30半ばで引きこもりの俺が来ましたよ。
商業作家っていつなれるのよ。

200 :名無し物書き@推敲中?:2006/11/08(水) 01:28:57
>>199
あなた次第さ

201 : ◆CHANCE1/yQ :2006/11/08(水) 01:29:15
>199
諦めなければいつでも

202 : ◆CHANCE1/yQ :2006/11/08(水) 01:31:32
そろそろ創作や読書や文学関係の話題に興味が失せてきた俺にとって199は純すぎる

203 :名無し物書き@推敲中?:2006/11/08(水) 01:32:00
仕事に行かなくなれば書けるかと思ったんだけど
そうでもないんだよね。
ここ1年書いてないし。

204 :名無し物書き@推敲中?:2006/11/08(水) 01:37:47
開高健が井伏に書けないのだけれどどうしたらいいのかと質問してたが、
井伏は自重するからだよ、と答えてたぞ。
適当に書けばいいんじゃね?

205 : ◆CHANCE1/yQ :2006/11/08(水) 01:38:16
今となれば、作家になって自分が書いた小説がたくさんの人に読まれるなんて夢をもっていた時の方が幸せではあった。

206 : ◆CHANCE1/yQ :2006/11/08(水) 01:43:18
リア焼酎時代だったな

207 :名無し物書き@推敲中?:2006/11/08(水) 02:07:06
適当に書くのが一番かもね。
そのうち本を出せるかもしれないし。

208 :名無し物書き@推敲中?:2006/11/08(水) 02:42:14
罪を犯さない人間なんていない、それはイエスも釈迦も同じだ。
罪に大小は無く命に大小は無く、人はその多くの命を奪い生き、そして死ぬ。
それまで積み上げた財産だろうと知識だろうと思想だろうと全ては無意味に終わる。
人生は無意味である。
悪意の有る無しに関わらず悪だけを行いやがて死ぬ。
人殺しが悪で聖戦による殺戮が善となるのが宗教、主が黒を白と言えば奴隷達は白と言うのが社会。

人生とは悪の連続である。

その身に背負う悪を引きずり罪悪の苦しみの中で死ぬのが人間の最も人間らしい生き方、
素晴らしい生き方じゃないか。

悪を悪と認めず必要悪と開き直り更に、善人面してる偽善者などとても人間と言えたものじゃない

善悪定まらぬところで何の役にも立たぬ己のか細い精神だけを信じ、矛盾した生き方を社会に流れるままに流され、したり顔で地位にすがりつく
そんな奴隷は人間じゃない。
常に罪悪を感じ、常に苦悩し、常に迷い、常に救いを求め、
最期に死をもって悪の報いを受けるのが人間だ。

人生は無意味な悪の連続である。
これは覆し難い巌然たる真実。
「まみ。」ではない。

209 :えいいち ◆GRGSIBERIA :2006/11/10(金) 21:36:49
小説書きが馬鹿にされる最大の理由は、芸能人として小説家の区別が曖昧なこと。


>>208
人生は無意味なのは確かだが、我々は種を撒く作業がある。
そして、悪の連続かどうかはその人によって違う。

210 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/16(火) 21:06:55
>>209
仮に人生が無意味でも
小説を書くことには意味がある。
バカな世間には言わせておけばそれで良い。
新しい文学の種を播くのが小説書きの務めだよ。

211 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/16(火) 23:02:41
人生が無意味でも書くことに意味がある、などといっているキティーがいるスレはここか。

完全に厨房じゃんwwwwwwwwww

212 :湯豆腐:2007/01/16(火) 23:26:34
煽りはいりますた

213 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/17(水) 21:36:07
書きたいから書く
そんなもんだ

214 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/18(木) 00:03:14
十五の厨房はバカにされるのを恐れて人に読んでもらったことが無い

215 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/18(木) 00:27:50
>215
俺は15ぐらいが何でも見せたがる全盛期だった
今思い出すと黒歴史だぜ

216 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/18(木) 01:45:27
夢を捨てよ、世間に出よう   唐沢俊一(ページ中盤から)
ttp://www.shakaihakun.com/data/extra.html

知り合いにも、根拠のない夢に生きている奴は大勢いる。
たいてい、夢によって自分のアイデンティティを保っている奴らは視野が狭い。
おまけにかんしゃくを起しやすい。何か言われるとすぐキレて怒鳴る。
忠告は全て“自分のテンションを下げる”と称して悪口ととられる。
敵味方で全てを分けたがる。狭い世界の中でお山の大将になることで、
自分のプライドを保とうとする。
プライドが高いくせに、自分のそのプライドをくすぐってくれる相手に対しては
嫌になるくらい卑屈になる。
……うーん、なんだか“大勢”でなく“ほとんど”と言いたくなってきたではないか。
かくも “夢”が現代人の心をむしばんでいることに、私は唖然たらざるを得ない。

217 :ダダッダー! ◆HjVpBnSI.M :2007/01/18(木) 01:57:06
>>1
アンタはバカにされても仕方ないな。
俺が違うけど。

218 :ダダッダー! ◆HjVpBnSI.M :2007/01/18(木) 01:58:10
>>216
>私は唖然たらざるを得ない。

それ、丸ごとあんたの話じゃないのか?
嗤いはしないから心配スンな。

219 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/18(木) 02:17:26
今北
バカにされてる小説書きは無職かつどの賞にも応募してない奴で
趣味でやってる程度の有職者はバカにされてないってことでOK?

220 :ダダッダー! ◆HjVpBnSI.M :2007/01/18(木) 02:22:32
>>219
>趣味でやってる程度の有職者はバカにされてないってことでOK?

純文学を志向する連中は、売れっ子作家が嫉ましくて仕方がないらしい。
売れている原因は作家の優秀にはなく、「読者が文盲だから」がその理由らしい。

221 :ダダッダー! ◆HjVpBnSI.M :2007/01/18(木) 02:24:20
小説家は政治家に似ているよ。
「言葉」が武器だ。
有権者を、読者を、言葉で説き伏せられないなら、
そんな者は三流の謗りを甘んじて受け容れねばならない。

222 :湯豆腐:2007/01/18(木) 02:50:46
>219
らしいな
馬鹿にしてるってことは、自分はそいつらとは違うんだって必死に否定して拘っているだけなのにな

223 :ダダッダー! ◆HjVpBnSI.M :2007/01/18(木) 02:55:14
さあ、今日も板を制圧した。
寝るか。


224 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/18(木) 19:43:28
売れてから語れるのが芸術だろ。
誰がその作品を「芸術」だと認めるんだ?


225 :ダダッダー! ◆HjVpBnSI.M :2007/01/18(木) 19:48:10
>>224
>売れてから語れるのが芸術だろ。

そこなんだよ。
俺は小説論にはなんの興味もないんだな。
小説を語るには作家論から入るべきなんだよ。
それを高橋源一郎みたいなワケの分らない奴等が「私はない」
みたいなことを言ってその気になってるだろう。
「私はない」と言って私をアピールしてるわけだが、
実に鼻持ちならないヤツだよ。

226 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/18(木) 22:21:39
売れるか否かには運もある


227 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/18(木) 22:24:38
だから運で売れてそれを自分だけの力と勘違いした奴が吹聴する
その言葉には真実が語れないから意味がない

228 :ダダッダー! ◆HjVpBnSI.M :2007/01/18(木) 23:39:21
ゴッホが「巨匠」となったのはその死後だけど、
おかげで “さかのぼったゴッホ” までもが巨匠となってしまった。
だったら最初からゴッホ自身を語れって。
そういうこと。

229 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/19(金) 00:05:02
なるほど。ぜんぜん意味わかりません。

230 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/19(金) 00:11:30
インテリジェント・ゴリラスーツが「巨匠」となったのはその死後だけど、
おかげで “さかのぼったインテリジェント・ゴリラスーツ” までもが巨匠となってしまった。
だったら最初からインテリジェント・ゴリラスーツ自身を語れって。
そういうこと。

231 :ダダッダー! ◆HjVpBnSI.M :2007/01/19(金) 00:11:49
つまり、頼りになるのは自分の審美眼だけだって話だ。
電通的なものを当てにしない生き方をするなら、
フィールド・ワークがすべてだ。
コレで分るかい、坊や。

232 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/19(金) 00:15:26
メクラなんで無理です。

233 :ダダッダー! ◆HjVpBnSI.M :2007/01/19(金) 00:16:19
罧原か。俺がこの板に着たころ、正直、オマエが怖かったよ。でも今は違う。
罧原。
……大胆な改行に驚かなくてイイ。
膝を抱えて部屋の隅にうずくまっているアンタを見ていると、つい頭を撫でてやりたくなるよ。
「インテリジェント・ゴリラスーツ」
プロの世界では、それではもう引っ張れないんだよ。

234 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/19(金) 00:23:40
ニプルか。俺がこの板に着たころ、正直、オマエが怖かったよ。でも今は違う。
ニプル。
……大胆な改行に驚かなくてイイ。
ていうかあほらしいからもうおちるだ・・・。

235 :ダダッダー! ◆HjVpBnSI.M :2007/01/19(金) 00:27:03
アンタはナイーブなヤツなんだね。

236 :湯豆腐:2007/01/19(金) 00:29:10
ダダッダーのレスはまるで馬鹿にはコピペできないミッキーマウスのようだね。
まったくわからないぞ。

237 :ダダッダー! ◆HjVpBnSI.M :2007/01/19(金) 00:41:47
罧原、バカ、罧原。
このスレを盛り上げることに、
おれは意味を感じないよ。

238 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/19(金) 13:04:21
>>1
小説を書くことはバカにしないが、
「小説書き」とか「歌うたい」とかいう言葉を使う人のことは
ちょっとバカにしてしまうかもしれない。

239 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/19(金) 19:16:19
「絵師」ってのも腹が痛くなる。

240 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/19(金) 20:15:46
ttp://www.geocities.jp/clamp0x

241 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/19(金) 22:54:49
昔と違って現代芸術は大衆文化を否定できない。
だから売れて始めて芸術が語れるんだろ。
売れもしないうちから芸術を語るのは自己欺瞞にしか見えない。

242 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/19(金) 23:13:44
>>227
真実性なんぞは一切必要ない。
ともかく売れていることで多くの人が作品の芸術性を認めてしまえば、社会的に認められた芸術になってしまう。
あとは内容を理解できない奴の方が悪いとかいわれるだけ。


243 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/20(土) 08:39:29
歌うたいが歌うたえと言ったけど
歌うたいが歌うたえるほど歌うたえやしない

244 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/28(日) 18:34:36
結局売れ続けてる奴が凄いってことか。


245 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/02(金) 20:54:03
園児の存在価値って何だろう


246 :名無し物書き@推敲中?:2007/03/28(水) 01:22:13
創作文芸板ナンバーワンコテ
小 ◆PBtykf5sPQ
(阿蘇義*)

山の中にある高校にジャージで登校
工房のときに停学歴あり
早稲田大学卒業

北海道札幌出身
実家は自営業(自転車屋)

薬物をやっているそうなので、検査してあげてください。

こいつのページ
http://www.geocities.jp/cd_ab_62000/



49 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)