5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【何処までも】何が何でも新人賞ゲットだぜ【本気】

1 :名無し物書き@推敲中?:05/02/06 00:25:50
1998年に新人賞に落選してから、ずっとプロになることを諦めていました。
しかし2005年、一念発起で応募します。
なにがなんでも賞を獲ります。
獲ったら此処で報告します。
26歳、俺は、まだ、若い。

2 :名無し物書き@推敲中?:05/02/06 00:28:04
>>1
残念だが、今回の新人賞は俺がいただく!

3 :名無し物書き@推敲中?:05/02/06 00:30:12
新人賞は一つではないのです。
受賞したあとのことを考え、何処の賞かは伏せますが、純文です

4 :名無し物書き@推敲中?:05/02/06 00:33:19
安心しなさい。純文じゃ、まず食えないから

5 :名無し物書き@推敲中?:05/02/06 00:35:03
村上春樹を倒そうと考えています。
春樹を超えれば食べていけるでしょ。

6 :名無し物書き@推敲中?:05/02/06 00:38:36
>>1
どうやって倒すんだ?

7 :名無し物書き@推敲中?:05/02/06 00:41:31
>>6
男なら、拳で語るんじゃないのか?

8 :名無し物書き@推敲中?:05/02/06 00:42:36
春樹は走るから、マラソンで倒せ!

9 :名無し物書き@推敲中?:05/02/06 00:43:02
「ノルウェーの林」とか書くのか?

10 :◆PBtykf5sPQ :05/02/06 00:44:44
スウェーデンの木 とか

11 :名無し物書き@推敲中?:05/02/06 00:46:39
ジョン・アービングのオマージュを書き、村上の底の浅いアメリカ文学模倣への警鐘をもってして倒します

12 :名無し物書き@推敲中?:05/02/06 00:48:26
うん。>>8 のほうが見込みありそう。
まあ、人の意気込みに口は出すまい。もしかしたらすごい才能の人だって可能性は0とは言い切れない。
打倒『村上春樹』がんばってね。

13 :名無し物書き@推敲中?:05/02/06 00:48:35
>>11
春樹もアーヴィングに傾倒してなかったっけ?

14 :名無し物書き@推敲中?:05/02/06 00:49:22
>>9
一本分負けてるだろ。
「ノルウェーの樹木希林」
これなら勝てる。

15 :名無し物書き@推敲中?:05/02/06 00:51:37
ちなみにビートルズの「ノルエーズウッド」を「ノルウエーの森」とするのは誤訳だそうです。
指摘した人は正しい答えを書かずに逃走されました。

16 :名無し物書き@推敲中?:05/02/06 00:54:44
アービング、レイモンドカーバー、カーポティ―、チャンドラー
人気のある作家をことごとく低俗なレベルで還元しています

17 :名無し物書き@推敲中?:05/02/06 00:58:09
>>15
ノーウィージャンウッド ではなかったか? ノルウェーの森だと思うけどなぁ…

18 :◆PBtykf5sPQ :05/02/06 01:00:06
ノルウェー家具だよ。

19 :名無し物書き@推敲中?:05/02/06 01:04:35
あそっか

20 :名無し物書き@推敲中?:05/02/06 01:04:34
ビートルズの曲名間違えてすみません。
正訳ありがとうございます。

もう木が一本多いとか少ないとかじゃなくて、
日本文学は過渡期に来ている。
「文学」をまともに見据えているのは高橋源一郎先生くらいです。

21 :名無し物書き@推敲中?:05/02/06 01:05:28
しかし私は彼の「さようならギャングたち」は今だに理解できないよ

22 :名無し物書き@推敲中?:05/02/06 01:08:31
源一郎はもう小説家じゃないよw

23 :名無し物書き@推敲中?:05/02/06 01:14:08
「ジョンレノン対火星人」はいかがでしたか?

24 :◆PBtykf5sPQ :05/02/06 01:18:07
いい作品だった。

25 :名無し物書き@推敲中?:05/02/06 01:18:53
>>23
うーん、まだ読んでない。「一億三千万人の為の〜」は面白かったよ
役には立たなかったけど…

26 :名無し物書き@推敲中?:05/02/06 01:25:37
「ジョンレノン〜」で初めて「打ちのめされる感覚」を味わいました。今までの新人賞応募空白期間を、このリハビリだと思っています。

確かに「さよなら〜」「ジョンレノン〜」以降、復帰された高橋の作品は凡作に近いかもしれませんが、この二本を書かれた土台があって、他の作品を批判できるのですから、彼は稀有な批評家であると思われます。


27 :名無し物書き@推敲中?:05/02/06 01:26:16
ごめんなさい、僕は高橋の源ちゃんを知りません。
お勧めの作品を教えてください。
よろしければ、どんな作風かも。

28 :名無し物書き@推敲中?:05/02/06 01:34:46
今上に出ていた二作品で良いのでは。
ポップ文学の最高峰…とか吉本隆明に一時呼ばれたことがある人

29 :名無し物書き@推敲中?:05/02/06 01:38:11
もっとごめんなさい。今度は吉本の隆ちゃんがわかりません。
ゆとり教育の犠牲者の僕に、その人のことを教えてください。
とりあえず、作家さんですか?

30 :名無し物書き@推敲中?:05/02/06 01:38:36
俺も岩波新書の小説作法本を読んだだけだ。

31 :名無し物書き@推敲中?:05/02/06 01:42:21
あの・・・吉本を知らないのは・・・なんと言えばよいのか
吉本ばななのとーちゃんです

ttp://www.funk.ne.jp/~gen1rou/index.html/
↑高橋先生のオフィシャル頁


32 :名無し物書き@推敲中?:05/02/06 01:45:11
吉本隆明なんて知らなくていいよ。
源ちゃんは「さよなら、ギャングたち」を読め!
そしてここに感想を書き込め!
終わり

33 :名無し物書き@推敲中?:05/02/06 01:46:44
吉本の隆ちゃんは批評家・思想家として60〜70年くらいに圧倒的な影響力をもっていた人。
「共同幻想論」など一時期、活動家のバイブル化していた…らしいよ。
この人の批評はかなり難解で…面白いけど

34 :名無し物書き@推敲中?:05/02/06 01:51:04
のちに圧倒的な勢力によって叩かれ始めました。
今や吉本を大学の教材で反面教師以外に使ってる講師が何人いるのか。
流されすぎです。

35 :名無し物書き@推敲中?:05/02/06 01:51:28
    .┌┐
   / /
 ./ / i
 | ( ゚Д゚) <なるほど、吉本の隆ちゃんは
 |(ノi  |) 父ちゃんだったんですね。
 |  i  i  説明サンスコ。
 \_ヽ_,ゝ
   U" U


36 :名無し物書き@推敲中?:05/02/06 02:00:00
ばななのきぐるみの人もなんか応募しなさい

37 :名無し物書き@推敲中?:05/02/06 02:15:56
 ヘ、Ww〃へ
 ヘヾヾV7〃
   ヾV〃へ
  γ^i^i^iヽ
  {^i^i(,,゚Д゚) <いま書いてるんだけども、
 {^i^(ノ.i^i^})  あと二ヶ月で三百枚書かなきゃダメなの。
  ヾ,^i^i^i^ノ     間に合わねっつーの!
   U"U



38 :名無し物書き@推敲中?:05/02/06 02:19:08
一日十枚ずつ書いていけば、ほ〜ら、一月で終わるさ。
あと一月は推敲に当てる

39 :名無し物書き@推敲中?:05/02/06 02:50:59
パインのきぐるみの人は、無理に300枚も書くのですか?
出てきた言葉が枚数ですよ。
あと2ヶ月、僕もがんばるので。

ちなみに僕は143枚を書き終え、3月まで推敲し続けます

今日はガム食べて寝ます

40 :名無し物書き@推敲中?:05/02/06 02:55:57
新人賞の規定枚数がそれ以上なんじゃないかい。
私も250枚まで書かないといけない

41 :名無し物書き@推敲中?:05/02/06 03:04:26
.     ▲
.   /  \
   |::|::::|::::|::|
   |::|(,,゚Д゚) <規定枚数250枚だゴルァ!でも、上限ギリギリまで書くけどね。
   |:(/:|::::|::|) ってか、収まんないかもしれないと思って一度挫折したよ。
   |;;|;;;;|;;;;|;;|  いまは練り直しだよ。何とか収まりそうだわさ。
    ∪∪


42 :名無し物書き@推敲中?:05/02/06 03:06:32
と、いうことはエンタメか推理系ですか?
純文は最高でも400枚なので、長編好きの人は悩んでいるようです。
ちなみに最低は100枚。
改行いかんで枚数も変わってくると思いますが、僕は滅多に改行しません。
会話も改行しません。

43 :名無し物書き@推敲中?:05/02/06 03:10:19
すみませんすれ違いました鉛筆のきぐるみの人。

250枚以上となると・・・ん・・・なんだべ。


44 :名無し物書き@推敲中?:05/02/06 03:12:31
>>42
村上龍みたいな感じなのかな。あれはあれで好き。
文にリズムがないともの凄く読み辛くなるけど。そう言えば昔の人はほとんど改行しなかったね。
谷崎とかもうびっちり書かれてる

45 :名無し物書き@推敲中?:05/02/06 03:27:32
改行は思考の断絶です。もちろんそれが効果的に使われることもあります。しかし読み手にとって断絶された意味でも、書き手の中に確固とした意志の連続がある限り、改行を必要としないと考えます

46 :名無し物書き@推敲中?:05/02/06 03:45:35
    |
   ∧ ∧   /冬は着ぐるみあったかそうですね。
   (,,゚Д゚) < 高橋源一郎さんの「さよなら〜」「ジョンレノン〜」「一億三千万人の為の〜」読まなくちゃ
   .(∩∩)--\ところで 語彙を増やすためのトレーニングはどうされてますか?
  /        作家さんは辞書や百科事典をふつうに全部読んでるのかな?

47 :名無し物書き@推敲中?:05/02/06 05:02:19
いまどき、谷崎みたいなのははやりませんよ。
読みづらいから。

48 :名無し物書き@推敲中?:05/02/06 13:36:43
語彙に関して、学生の頃はよく無作為に辞書をひいていました。それ以降は作品群から言葉を学びました。なにより読書が大切と思われます。
本をあまり読んでいないなら、自分にとって読みづらい本を一冊突破してはどうかと思います。
僕は高校生の頃に漱石「草枕」を通読して、明治の突破口にしました。今なら読めるけれど、若い方には、けっこうな修行になると思われます。

49 :名無し物書き@推敲中?:05/02/06 22:33:12
金原ひとみは語彙ないよ。

50 :名無し物書き@推敲中?:05/02/07 14:12:17
語彙は知っていても、敢えて使っていないだけかもしれません。魂の篭もらない語彙を使うほうがなんぼか罪だと思います

51 :名無し物書き@推敲中?:05/02/07 14:14:42
「なんぼか罪」っておかしな言い回しだよな。反省

52 :名無し物書き@推敲中?:05/02/07 22:01:14
かなりの罪だと思います

53 :名無し物書き@推敲中?:05/02/07 22:38:57
修行します。って遅すぎやん僕。
いやいや若い、僕はまだ若い。

謙虚にサゲとこ


54 :名無し物書き@推敲中?:05/02/07 23:34:21
推敲作業はなぜかくもイライラするのか

55 :雨李:05/02/08 00:01:57
イライラは体によくありません

56 :名無し物書き@推敲中?:05/02/08 00:45:48
推敲を苦痛と感じる時点で、次の作品に取り掛かった方が懸命かと思われます。ちなみに一つの作品に固執することは、自分の成長を妨げます。苦痛ではない作品を作るべきです。そうじゃないと、読んでる人間はもっと苦痛です。
推敲は自分の作品を見極める第一歩と考えます。

57 :名無し物書き@推敲中?:05/02/08 12:54:33
そんなことはない。作家の数だけ書き方は存在する。

58 :名無し物書き@推敲中?:05/02/08 13:12:55

    ヘ   ゚V゚
   (`ヽヽ、 ( ゚(> ノ`ゝ、
  ( ヽ ヽ ヽ.|│ ノノ スヽ
  (、`、`、∩ ノ ソ∩ノ ノ ,) <推敲は楽しいぞゴルァ!
. (ゝゝゝ ヽ((゚Д゚)ノ ノ ノ、)  粗雑でも自分の物語は大好きだ。
  (, ', ', ', ', ,〉  /ヽヽヽ ソ  燃えてきた!今日は四十枚書くぞ宣言!
  (, ', ', ',/|   0ヽ、ヽソ
   ヽ '' ´  し'´〃  `´


59 :名無し物書き@推敲中?:05/02/08 22:36:13
俺は書き上げた作品を推敲するのが好き。
手直しして段々よくなっていくのが実感できるから。
まだ、三作目なんだけどさ。

60 :名無し物書き@推敲中?:05/02/08 23:08:55
くじゃくの人が宝塚のトップスターに見えるのは僕だけでしょうか。
皆さんの創作方法を知りたいところです。僕は脳内で溜めて、2週間ほどで200枚を書き上げます。その後推敲です。推敲に手間取る場合、ストックに回すか、ここにやってきます。しかしここは世間との相対時間がアレなので「大変危険です」。
推敲が楽しいと言うことは、きぐるみの人は、文筆作業に向いてんじゃないかと無責任に判断します。
僕も応募用は三作目です。

しかし「インリンのイノセンス具合」の考えに耽るうちに、違うものに手をつけたくなってきました。

短編は数え切れないほど書いています

61 :名無し物書き@推敲中?:05/02/09 00:04:54
    |     
   ∧ ∧   /孔雀のきぐるみさんはこのミス大賞狙いですか?どちらにせよ作品書いてる人は尊敬します。
   (,,゚Д゚) <  既存の小説を読むので手一杯でプロットも作ってません。むこう3年は純文新人賞狙いでがんがります。
   .(∩∩)--\アイデア→取材→プロット→取材→プロット→作品→推敲→完成→応募
  /       エンタメ系は取材とか資料集めとか大変そうですが作家さんは旅行好きが多いのかな?
          速読は必至スキルのような気がしますがおいらは読むの遅いです(´・ω・`)
          
          

62 :名無し物書き@推敲中?:05/02/09 00:07:21
遅くても、いんだよ

63 :名無し物書き@推敲中?:05/02/09 00:53:57
             _,,..,
       ,,..-ーγ´。rー、.__
 (⌒`ー-/    '';, (___,,)<結局、2ちゃんのやりすぎで十枚も書けなかった・・・
 `ー---(  )..,,,_ ー、,゚Д゚)‐、  一日の三分の一を何の実りもなく過ごすなんて。
      ```    ` '''.  ` ''' 書き始めたら波に乗るのに、書き始めるまでに8時間。
                    もういいや、ねるぽ。

                    ちなみに、僕はミステリなんて書けません。残念ながら。

                    推敲が楽しいというか、先の見えないのが苦手なのね。

64 :名無し物書き@推敲中?:05/02/09 01:08:48
ミステリなどは、取材などをしなくてはならないから大変ですよね。想像もつきません。なんと言って取材するのか・・・・・・。

読書は速読よりも、より多く良書を読み込むことが大切じゃないかと思います。十回は読みたいですね。僕も読んでないけど。
フランス人はそういう読み方をするそうです。
さすが哲学の国だと思います。

かものはしの人に僕は激しく同意します。
しかし推敲で先が見えないとは・・・・・・ミステリー・・・・・・。
思い切って切断しましょう。間違っても繁栄してる板には行かないでおきましょう。
大変危険です。

てか僕も推敲に行き詰まってるやん。
仕事に行きたくないやん。

推敲→行き詰まり→破棄

この輪を断ち切りるべく、僕は全力で自分の作品を愛そうと思います。
案外昔のストックを読んだりすると、「けっこういけるやん」と思ったりしますよ。

コナンが言っていました。
「犯罪はリサイクルできません」
しかし僕は言います。
「作品はリサイクルできます」



65 :名無し物書き@推敲中?:05/02/09 13:49:02
今日は石垣りんさんの詩集を購入

66 :名無し物書き@推敲中?:05/02/09 15:20:07
今日はゆかりごはんを摂取

67 :63:05/02/09 16:23:01
>>64
いい加減な文章で誤解させてスマソ。
書き始めの先の見えない状態が不安なだけで、推敲に移ると楽しい。
推敲しつつ読み直して、
「うぁ、やっぱこの小説面白いよ。俺ってマジ天才」と自惚れつつ、
物語の完成度も高まって( ゚д゚)ウマーな状態。

でも、他人が面白いと思ってくれるとは限らないのね・・・・・・orz
        __    __
      /  /|  ∠__/|   
      | ̄ ̄| .|_|  .│ .|
      |    |∠___.|  .│ .|
      |   (゚Д゚,,)    | .| <面と向かってつまらないっていわれると
      |__(l_∪__|/   へこむよね
         (^)_(^)


68 :名無し物書き@推敲中?:05/02/09 18:17:29
>>67
おいら、君とまったくおんなじタイプよ。
なんか悲しくなってきた……。

69 :名無し物書き@推敲中?:05/02/10 15:15:34
>>67
それすごい大切な才能だと思うよ
最低でも自分が読んで楽しめないと

どっかのサイトにね
「読んでもらうのはいいが、少なくとも読書家であるか創作に携わっている人間じゃないとかえってマイナス」
ってあって目からウロコ
つまり素人さんに読んでもらうのは、双方のためにならない・・・・・・と

70 :名無し物書き@推敲中?:05/02/14 16:03:05
ようやく完成したような気がした
しかし夢に登場人物たちが出てきて、
「このままじゃダメだ!」と言う。
せっかく2断ちをしていたのに、
僕はまた回線を繋げた・・・。
このままではよくない。
僕は自分に暗示をかける。
今日は平日。
今日は平日。
祝日じゃない

71 :雨李 ◆DfRWmhgSjg :05/02/14 16:07:13
みなさんはできたものを誰かに読ますとですか?
雨李はまだやったことないんですが

72 :名無し物書き@推敲中?:05/02/14 17:05:58
人それぞれ

73 :名無し物書き@推敲中?:05/02/14 20:41:19
すくなくとも、下読みさんには読んでもらいたいなぁ

74 :名無し物書き@推敲中?:05/02/14 21:25:13
>>71
やりたいんだけど、いまだに恥ずかしくてできてない
ちょっと羞恥心が邪魔でして…

75 :雨李 ◆DfRWmhgSjg :05/02/14 23:50:40
>>74
同じくです^^;
娯楽小説なら、見せられるのですが。
いかんせん内容が暗くて・・・。
学生の頃、友達に読んでもらったら
「これ自分のこと書いてるの」
と言われ、トラウマになりました・・・。

76 :名無し物書き@推敲中?:05/02/15 01:15:10
>>75
酷い暴力場面とかがあると読ませにくい。
「これ、あんたの内面」って思われるんじゃないかな、って考えちゃう。

でも、見せて感想もらった方がいい作品になるって聞いたことありますけどね。

77 :名無し物書き@推敲中?:05/02/15 14:59:02
見せなさい。

78 :名無し物書き@推敲中?:05/02/15 15:23:38
僕は文学に興味のある人にしか読んでもらわない。
興味のない人間には、身内ようのギャグ小説を読ませ、少しずつ心を開かせる。
場当たり的に読ませて意見を聞いたら、きっと原型をとどめなくなる。

私感ですが。
もちろん応募しようとする作品は、たとえ一行でもネットに晒すのは絶対によくない。

79 :名無し物書き@推敲中?:05/02/15 15:26:08
ちなみにセックスシーンも場合によってはどきどきしますよね
友人と似たタイプの登場人物が出てきてしまった場合、
「細部は似てるかもしれないけれど、おまえは人間的に優れてるし、トータル的にはぜんぜん似てないから」
と言い訳をしておく

80 :雨李 ◆DfRWmhgSjg :05/02/15 16:16:54
文学友達ってどうやって作るの?
私のまわりに文学好きの人がおりません・・・

81 :名無し物書き@推敲中?:05/02/15 16:22:15
>>80
みんなそういうよね。ぼくもいないし。

82 :雨李 ◆DfRWmhgSjg :05/02/15 16:29:31
本の売れてないってのが、実感としてよくわかるよね・・・
セカチューでもいいから、周囲の友達、なんか本を買ってほしい・・・

83 :名無し物書き@推敲中?:05/02/15 16:35:23
でも普通に働いてたら本なんて読みたくないよね、ぶっちゃけ。
暇で暇で仕方ないか、好きじゃないとさ。

84 :雨李 ◆DfRWmhgSjg :05/02/15 16:44:59
>暇で暇で・・・
ああ、心が痛みますw

でも働いていた頃は、今より自由に本が買う余裕があった
そして衝動的に買った本が堆積していた

85 :名無し物書き@推敲中?:05/02/15 16:51:23
それわかる。ついつい買っちゃうんだよねー。
ほんとは図書館で充分なのにさ。

86 :名無し物書き@推敲中?:05/02/15 16:52:39
>>84
アメリはなぜ無職になったのさ。
おいちゃんに話を聞かせてくれ。

87 :雨李 ◇DfRWmhgSjg :05/02/15 17:02:36
>>86
いくら出せますか?

88 :雨李 ◆DfRWmhgSjg :05/02/15 17:13:34
>>87いくらは無理だけど筋子なら

89 :雨李 ◆DfRWmhgSjg :05/02/15 17:15:24
流れ流され無職です
次の職種は作家にしようと思います

90 :名無し物書き@推敲中?:05/02/15 18:07:26
なるほど、感動した。
文章を読む限り、三十代前半の女性らしいが
頑張りなさい。

91 :名無し物書き@推敲中?:05/02/15 22:46:55
      ∧
     ∧∧
    ∧∧∧
   ∧∧∧∧
   ∧∧∧∧∧
   ∧∧∧∧∧
   ∧∧∧∧∧
   ∧∧∧∧
    ヾ|l i i l;|ソ
     |l i i l |
     |( ゚Д゚) <なんとなく、今年は花粉が多いんで気をつけてね
     |(ノ l !,|
     人人从ネ
      ∪∪


92 :名無し物書き@推敲中?:05/02/17 03:07:00
いまのところ花粉の害はこうむっていません。
すぎのひとは花粉症ですか。まだ二月なのに素早い。

夜中に目が覚めるのは、不眠症の前触れと聞いたことがある。
眠りたいのに眠れないのは辛いことだ。

図書館はいい。
あったかくていい。
受験生がなんか頑張って勉強してるからいい。
ふと喫煙スペースで無言のやり取りがほとばしるのもまた一興。

「文芸」に関する友人は主に大学時代のもの。
作家志望でなくても、それなりに本を読んでる人間は信頼できる。
ネットで探すのも手かもしれない。
もう書生の時代は終わってしまったし。
近所に文芸喫茶なんてあればいいのだけれど



93 :名無し物書き@推敲中?:05/02/17 18:57:59
友達には本になったのを読んで欲しいんだけどなあ

94 :∧ ∧:05/02/17 23:00:03
新人賞は独創性が必要。コイツしか書けないと思わせる小説が(σ・∀・)σゲッツ!!
でも世間で売れてるベストセラー本は焼きまわしのようなリスペクトのような安定感のある小説
が多いので、このくらいはおいらも書けそう(あるいはベストセラーを書こう)と思うと罠に嵌る。
完全なオリジナルティーを出すには小説を読みつくして文体を研究しつくして書かねば。

それでやっと新人賞(σ・∀・)σゲッツ!!しても「誰々に似てる」と散々言われる狭い世界なのだろうけど。

 

95 :名無し物書き@推敲中?:05/02/25 11:15:09
独創性・・・
遠い言葉だ。
実際自分には独創性があると思っていた。
しかし何もない。
軽く今絶望中。
こんな時は誰かに誉めてもらいたい。
着ぐるみの人は元気だろうか。

96 :名無し物書き@推敲中?:05/02/25 22:42:58
突っ込みようがない

97 :名無し物書き@推敲中?:05/02/26 13:38:41
   ___
  i´ ̄|:::| 从
  |  |:::| (,o,;)
  !__|;;:l_,i::li))_
     | ̄ ̄ ̄i l
     |    (,,゚Д゚) >>95、君はよくやってるよ。
     |    (/.i lヽ) 誰も褒めないなら、俺が褒めるさ。
     l___|.__l  がんばれ、ゴルァ!
         し´J


98 :名無し物書き@推敲中?:05/02/26 17:10:24
きぐるみの人を、今全力で愛したい、と思う
そんな自分がキモイ

ジッポでどうしてあんなに紛失するのだろう

99 :名無し物書き@推敲中?:05/02/27 22:50:22
    |     このままなにもできずに一年終わりそうなので予定を立てる
           3月は4月からの仕事を探してその間に小説を読む
   ∧ ∧   /5月から文章修行
   (,,゚Д゚) < 7・8月は取材中心(夏の物語なので)プロット作り
   .(∩∩)--\9・10月・11・12月  執筆活動
  /        2006年 1〜2月推敲 3月応募

100 :突っ込みズン ◆ieCndECQ1E :05/02/27 22:57:11
おいらも4月以降の仕事は未定なんだな。
だから3月末のすばるに全勢力を注ぐとしても、
それ以降は微妙であるわな。

101 :名無し物書き@推敲中?:05/02/28 01:29:41
普通に毎日仕事だ!

102 :名無し物書き@推敲中?:05/02/28 17:31:42
ぷぴ

103 :吾輩は名無しである:05/03/14 11:45:24
yu

104 :名無し物書き@推敲中?:05/03/14 14:00:38
自信あるひとは写真付きで応募すると
いいみたいなこと聞いたけど
本当ですか?

105 :雨李 ◆DfRWmhgSjg :05/03/14 14:27:28
何処に貼るのですか?

106 :名無し物書き@推敲中?:05/03/14 14:38:46
9 :雨李 ◆DfRWmhgSjg :05/03/14 14:18:58
「書いてる」ことを、家族に納得させるのも大切かとは思っちゃったりします。
私も家人に内緒に書いていた時期もありますが、
それだと時間が限られるので、思い切ってカムアウトしました。
案外周囲は「書くこと」を重く見てないようで、適当な趣味かなんかくらいに思ってくれています。

田舎とは別の話になってしまいますた。


107 :名無し物書き@推敲中?:2005/03/21(月) 11:31:07
書き終わった。
明日郵便局に持っていく。

108 :名無し物書き@推敲中?:2005/03/21(月) 11:32:27
タイトルは数字だ。
グッドバイ。

109 :吾輩は名無しである:2005/04/03(日) 23:42:52
0

110 :名無し物書き@推敲中?:2005/04/13(水) 14:33:28
この板は時折心地がよいが日によって悪くなるな
コミュニケーションの形は人ぞれぞれ
勉強になるな

111 :吾輩は名無しである:2005/04/21(木) 11:40:42
r

112 :名無し物書き@推敲中?:2005/04/21(木) 11:49:41
前の方のレスで話題になっていた「ノルウェーの森」は誤訳という話だが。
福田哲也などが「ノルウェーの家具」と言ってるけど、それも少し正確ではない。
下を参照。
http://www02.so-net.ne.jp/~cbx/enjoy041211.html

いずれにしても「ノルウェーの森」は誤訳なんだが。

113 :名無し物書き@推敲中?:2005/04/22(金) 00:18:37
>>112
わざわざ昔の方まで、ありがとうございます。
とにもかくにも村上春樹は、現代文学の「壁」でございます。
俺は認めない。

114 :名無し物書き@推敲中?:2005/04/29(金) 22:30:01
罧原堤氏はいなくなったんですかね。
昔のスレがあがってたのを見て、しんみりしました。
あのパワーをもう一度見たい。


115 :キャシャーン ◆8hgEVUcfrw :2005/05/17(火) 20:23:53
目が最近やばい。視力がなくなりませんように

116 :名無し物書き@推敲中?:2005/05/17(火) 21:46:33
>>115
お前は俺か?
俺は悪性近視でドンドン視力落ちてる。
とりあえず毎日メグスリノキ茶飲んでる。

117 :キャシャーン ◆8hgEVUcfrw :2005/05/19(木) 15:57:53
なんだソレ・・・アガリクスなどの仲間?
ブルーベリーのドライバージョンはたまに食べてる。
視力だけは失いたくないな。
まぁ0.7はまだあるけれど。
遠視だから疲れると近いものがてきめん見づらくなる。

118 :吾輩は名無しである:2005/05/20(金) 12:46:52
;

119 :名無し物書き@推敲中?:2005/05/22(日) 12:44:39
>>116

メグスリノ木茶、いいよね〜。>>117にもお勧め。
ドラッグストアで売ってるYO

120 :吾輩は名無しである:2005/06/22(水) 11:31:54
i

121 :名無し物書き@推敲中?:2005/07/15(金) 21:04:34
マジ


122 :吾輩は名無しである:2005/07/21(木) 11:04:33
g

123 :名無し物書き@推敲中?:2005/07/23(土) 15:12:04
b

124 :名無し物書き@推敲中?:2005/07/23(土) 15:13:12
s

125 :名無し物書き@推敲中?:2005/07/28(木) 16:44:04
>>1
で、どこの新人賞に応募したの?
中間経過報告よろw
何が何でも賞をとる、ということだったので、もし迷走中なら何かアドバイスできるかもしれない。

126 :名無し物書き@推敲中?:2005/07/28(木) 23:52:46
>>1
お〜い、登場してくれ〜

127 :名無し物書き@推敲中?:2005/07/30(土) 01:01:07
呼んでも帰ってこない>>1であった・・・・・

128 :名無し物書き@推敲中?:2005/08/30(火) 09:09:04
>>1じゃないけど登場してみる


       人
     〜(()) 
       ` ´  ,.-‐-、
          /____△ゝ    人
          |  ・ ・ |  〜(())
          | ┬;┬'!     ` ´
          /ヘ. ヽ-' !へ
     ヽ、.._./へ,ゝ(;゚Д゚) 、ゝ ひ〜さ〜し〜ぶ〜り〜
       ヽ、⊂   ひ _ U
         ヽ---‐'"

129 ::2005/09/09(金) 16:26:46
すんません
恥ずかしくてとても書き込みできません
文藝に落ちました
ありがとうございました
さようなら
そしてこんにちは

130 :名無し物書き@推敲中?:2005/09/17(土) 11:55:30
;

131 :パクリ物書き?:2005/09/17(土) 15:42:03
私、自分の小説がパクリに思えて仕方ありません。
ぎゃ〜〜〜鬱です。
でも、僕はしにましぇん。

132 :パクリ物書き?:2005/09/17(土) 15:44:42
>>1さん、がんばってください。

133 :名無し物書き@推敲中?:2005/09/20(火) 02:47:37
>131
「ぱくり」ではなく、最初から「下敷きにしました」「モチーフにしました」と断り書きをつければ
きっと大丈夫ですよ!

134 :名無し物書き@推敲中?:2005/09/20(火) 11:43:31
>>131
インスパイヤだ!

135 :名無し物書き@推敲中?:2005/09/22(木) 21:08:19
イメージの共有とかでもいいね

136 :無名草子さん:2005/10/15(土) 11:08:01
日によって悪くなる

137 :名無し物書き@推敲中?:2005/10/31(月) 07:28:36
俺はバンドやったりクラブで遊んだりもするけど、
読書好きだしアニメもよく観る。
何かを創作するならば、ジャンルに関係なく知識は広いに越したことはない。
食べず嫌いしたり、オタクに対して妙な優越感を持ってる内は、
万人に認められるような作品は書けないだろう。

俺は面白いと思った物にはとにかく何でも食いついていくタイプだから、
あんまり文章を書く暇はないけど、
なんとか時間をやりくりしてちょこちょこ書いては投稿してる。
いろんなものを吸収してるおかげか、勝率は結構高いよ。



138 :名無し物書き@推敲中?:2005/10/31(月) 11:46:22
>>1
文藝に落ちたくらいで何だw
作風の関係もあるだろうし、一度書いて置きっ放しにしておいて推敲するとグンと良くなったりする。
まあ、諦めるのは勝手だけど、他にも賞は色々あるので、挑んでみたらどうだい?


139 :名無し物書き@推敲中?:2005/10/31(月) 16:17:25
文藝は若い女性が有利


140 :名無し物書き@推敲中?:2005/12/17(土) 07:12:06
888 :阿部敦良 :03/02/25 11:37
それにしても、無名草子さんたちとは、さぞやすごい作家先生の匿名書き込みなんでしょうね。
作家なんて才能が全てだから、津井ついみたいに、いくら努力したって駄目なものは駄目ですよ。
私なんか、早々に見切りをつけて趣味の世界で細々ですから。

141 :名無し物書き@推敲中?:2005/12/18(日) 01:43:15
何が何でも新人賞ゲットだぜと思うなら、色んな新人賞に出してみるよろし。
地方文学賞なんか入れると凄い数の賞あるんだし。

142 :名無し物書き@推敲中?:2005/12/18(日) 01:51:56
>>137

オタクの間だって「こいつよりはマシだ」なんて優越感を持つことはある。

単なる一般人であるあんたが優越感を持たないはずはない。

第一、そういう発言をすること自体が優越感の現れ。

143 :名無し物書き@推敲中?:2006/01/18(水) 02:34:34
もうじき一年、新人賞ゲットできたのかしら。
自分で新人賞を創設するのが最後の手段だと思うけど。

144 :名無し物書き@推敲中?:2006/01/21(土) 01:05:10
自分で創設して、自分で受賞?

2年目は無いなw

145 :名無し物書き@推敲中?:2006/01/24(火) 17:08:44
>>143
してないです
今回は新潮に出そうかと思っている
余裕があれば文藝
本当は高橋源一郎のいる文藝に出したかったんだが、「野ブタ〜」と「平成〜」を読んでジャンル違いのような気がしてきた。

地方の賞は一回もらったけれど、5万円くらいもらってそれで終了だった
やはり中央の賞を狙わないとあとが続かないみたいだ
だいたい中央の賞をもらっても続くかどうかもわからない
厳しいもんだね


146 :名無し物書き@推敲中?:2006/02/12(日) 11:19:41
でもリアル

147 :名無し物書き@推敲中?:2006/02/12(日) 11:35:01
958 :スペースNo.な-74:2006/02/05(日) 21:13:47
>950
クソみたいな出版社から読みきり集めたのを
数冊出せたところで、
世間的には誰にも知られないまま消えていくだけ。
そんなもん。
かつて、小説屋のような物をしていたという事を
知っているのは、自分だけというオチね。
ちょっと考えれば分るんだけど、萌え系ばっかり書いてる
バカは想像力無いから、そういう現実の中で歳とともに
消えていく。

148 :名無し物書き@推敲中?:2006/02/14(火) 18:52:05
>>145
新潮用の原稿は進んでるかい?
で、どんな小説?
「すばる」よりやっぱ「新潮」向きなのかな?
「文藝」「すばる」はとりあえず新人賞作品の単行本を必ず出版する。
新潮は青木淳悟ですら、1年後にクレーター書いてやっと単行本化できた。
自分の作風とかいろいろ考えて応募誌決めたほうがいいと思うけど。

149 :名無し物書き@推敲中?:2006/02/16(木) 09:42:17
>>148
すばるは頭の柔らかい女性のイメージが強いので敬遠していた
ただ小説すばるの方とごちゃ混ぜになってるかもしれない
小すばの受賞作を読んでイメージが悪くなったのだったかな

内容は自意識の強い根暗な青春もの


150 :名無し物書き@推敲中?:2006/02/16(木) 10:27:17
>>149
小スバの方がエンタメって聞いたけど、まるで、そっちが文芸みたいだな
小スバの受賞作が何か知らんが
(エンタメこそ、新人より評価がある香具師のものを読みたい。
文芸は、クズ賛成なわけではないのだが、新鮮さを読みたい一面もあることを否定できない)

151 :名無し物書き@推敲中?:2006/02/20(月) 00:31:05
>>149
そういう内容なら新潮だな、たしかに。
小すばは昨年の飛鳥井作品が年配選考委員にとって新鮮だったんだろな。
「今後も日常のことを書いていきたい」だもんな、頭痛くなってきた。
確かにすばるは圧倒的に女性優位だけど、受賞作は昨年選考委員に評判悪かったから、多少は方針転換あるかもね。多少はw
文藝はもはや、今の路線変えようがないっしょ。

で、新潮だが、新潮は下読みの水準が高いと評価されている。
作品的には玄人好みの「内容はともかく、小説としての文章水準が高い」ことが第一義。
それは凝ればいいというものではないが、文章水準の高さを示す必要があるかもね。

例が適切かどうかわからんが、町田康の初期作品って、アホみたいな文章の中に読書量の豊富さや難しい漢字などをさりげなく巧く挟んでいた。
そうすると「あ、コイツ意図的にこういう文体使ってるけどけっこうやるな」くらいは思われるもんだしね。

152 :名無し物書き@推敲中?:2006/02/20(月) 05:37:04
もしかしたら既出かな・・・

【出た】賞金3000万 JASRAC文学賞【ポプラに対抗】
http://book3.2ch.net/test/read.cgi/bun/1140304756/

153 :名無し物書き@推敲中?:2006/02/21(火) 23:59:54
スタイル派と、まぁそうではない方があって
たとえば小川洋子だとか吉田修一なんかは「そうではない方」だと思う
いわゆる物語のための文章を書いてるという派。
一方町田なんかはスタイル派だと思う。
これは確固としたスタイルというものが存在しなければ成立しない文章を書く作家。奥泉なんかもそうだと思っている。
僕はアンチだが春樹もそうだ。
このスタイル派はいわゆる天才型であって、そうじゃない方はくちさがない人間に商業主義とも言われかねない。
恐らく作家志望である以上、最初はみんなこのスタイル派を目指すと思う。
つまりこの世でオンリーワンである自分、の表現だ。
しかしもう僕は気づいているわけで、このスタイル派というのは、努力でなしえる範囲を超えている。
僕は天才じゃない。
そこらへんの折り合いだね。
結果的に天才であってほしいわけだが。
自分を天才だと思えるほど少ない読書量ではないわな・・・。

ちなみに僕が読んだ小説すばるの新人賞作品は、もう10年近く前のだと思う。
当時僕は高校生で、同い年くらいの女の子が受賞したので読んでみたら、まったくひどかった、というものです。
当時は新人賞に応募するなんて思ってもみなかった。

ところでこのスレで付き合ってくれているあなたは何処に出すので?



154 :名無し物書き@推敲中?:2006/02/22(水) 01:12:56
>>153
おれ>>151
12月に100枚強の作品を文学界に出してるんだけどね。
ちなみに>>153は興味深く読ませてもらったよ。
小説における天才の定義は河野多恵子『小説の秘密をめぐる十二章』文春文庫を参照せよ。
小説に関しては天才か否かの二分法ではなかなか表現できないもの。
若くして鮮烈な文体で登場した作家が殻抜けられずに消えていったり、若い時は目立たなかった部分がだんだんと自分のオンリーワンになってきたりする。
自分のスタイルというのは、試行錯誤しているうちに他人から指摘されて初めて気付くこともあるし。
あまり決め付ける必要はないかも。
それより自分の得意な部分を伸ばして、自分の書きたいことを的確な文章表現で書いていくことに専念する方がいいんじゃないかな。


155 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/14(火) 12:09:29
まぁそうではない方

156 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/14(火) 14:57:35
今月末締め切りの新潮社の新人賞に応募しようと思ってます。
新潮社はやはり純文学系なのでしょうか。

157 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/14(火) 15:07:21
あたりまえだろ

158 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/02(日) 15:48:22
気にすんな

159 :名無し物書き@推敲中?:2006/05/07(日) 17:17:07
書く場所がないのでここに書いてしまおう。
誰か昨年末にやってた日経小説大賞に投稿した香具師はいないか。
締め切り以降まったく動きがないので気になっている。

160 :名無し物書き@推敲中?:2006/05/22(月) 22:49:30
>>159
あげたほうがいいんじゃないのか?

161 :名無し物書き@推敲中?:2006/05/24(水) 09:31:57
>>160
159だけど、なんか日経小説大賞スレが今更ながらに立ち上がったので
もういいかなと。
スレ汚しスマンかった。

162 :名無し物書き@推敲中?:2006/05/25(木) 22:39:14
いやぜんぜん
超過疎なのにたまにレスつくスレなんだよねw
で、たまに見る自分がいると
次書き込まれるのはいつの日か・・・

163 :名無し物書き@推敲中?:2006/06/30(金) 20:22:22
我輩は1ヶ月ぶりにあげてみるのであった

164 :無個性 ◆RelMnLZ5Ac :2006/07/13(木) 08:41:42
ヽ(`⌒´)ノ

165 :名無し物書き@推敲中?:2006/08/27(日) 11:11:12
皆さんはワード使ってるんですか?
スレ違いですがオススメとかあります?

166 :名無し物書き@推敲中?:2006/08/29(火) 00:29:53
888 :阿部敦良 :03/02/25 11:37
それにしても、無名草子さんたちとは、さぞやすごい作家先生の匿名書き込みなんでしょうね。
作家なんて才能が全てだから、津井ついみたいに、いくら努力したって駄目なものは駄目ですよ。
私なんか、早々に見切りをつけて趣味の世界で細々ですから。
          小説現代ショートショート・コンテスト優秀賞受賞 阿部敦良

167 :名無し物書き@推敲中?:2006/09/16(土) 00:56:34
俺もワードだ。使いかって悪いよな。装飾系のツールなんていらないわけだし。
でも面倒なのでワードだ。

168 :名無し物書き@推敲中?:2006/09/22(金) 21:11:24
顔真っ赤で上げているんだろうなぁ、
アスペルガー残飯

169 :名無し物書き@推敲中?:2006/10/15(日) 12:54:15
夢はお前から逃げて行かない。
夢から逃げて行くお前がいるだけだ。
戦え! 熱くなれ! 夢を追いかけろ!
     by 義家弘介

170 :名無し物書き@推敲中?:2006/11/29(水) 10:19:00
ヤンキーに言われてもなぁ。

171 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/03(水) 02:00:10
今年こそ新人賞ゲット!
新たな夢に挑戦だ!!

172 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/04(木) 23:50:58
関西文学新人賞みたいに選考料取る賞ってどーですかね?
信頼できます?

173 :名無し物書き@推敲中?:2007/03/10(土) 04:24:43
本気ならこんなところに来ない

174 :名無し物書き@推敲中?:2007/03/29(木) 20:46:55
>>172
それって評とかつくのかな。
評がもらえるなら出してみてもいいな。
しかしどうせ出すなら「群像すばる文学界文藝」四天王に出すべきじゃんとか思うが。


39 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)