5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

死について考えてみよう

1 :名無し物書き@推敲中?:05/02/28 22:55:27
たてときます

2 :名無し物書き@推敲中?:05/02/28 22:57:05
鬱だからと言っても簡単にしねませんよ、ハハハハ……

3 :名無し物書き@推敲中?:05/02/28 23:03:28
3はおれがもらった!
≡ぷ 3


4 :名無し物書き@推敲中?:05/02/28 23:12:01
いつも思うよ。
なんで生まれたの?
なんでいるの?
なんで?
才能もない。金もない。器量もない。頭もない。
綺麗事はキライ。
僕はいつ死ねるのかな?
さっさと死にたいよ。



5 :雨李 ◆IsHk.3GSC6 :05/02/28 23:13:13
4です。絶対に4玉とか言いません。絶対に。会えて四国ゲットだぜ国捕り物語

6 :雨李 ◆IsHk.3GSC6 :05/02/28 23:14:08
5だった・・・・・・

7 :名無し物書き@推敲中?:05/02/28 23:15:38
ゆっくり休めよ

8 :突っ込みズン ◆ieCndECQ1E :05/02/28 23:16:21
生きている時には生きることで精一杯でいたいよね。

9 :名無し物書き@推敲中?:05/02/28 23:19:00
死にたいんじゃなくて生きたくないんだろ。


10 :名無し物書き@推敲中?:05/02/28 23:25:08
自殺をしたいって思ってるわけじゃないけど、眠るように死ねるような薬が常に手元にあったら
どんなお守りよりも安心できそう。

11 :雨李 ◆IsHk.3GSC6 :05/03/01 00:03:36
できない、絶対できない
でも絶対の使い方間違った
たぶんできない
そんな薬、イラナーイ

12 :名無し物書き@推敲中?:05/03/01 00:04:54
死ぬなんてナンセンス。今は生きるのがナウイ

13 :名無し物書き@推敲中?:05/03/01 00:05:09
うざい

14 :名無し物書き@推敲中?:05/03/01 00:07:43
omaega

15 :名無し物書き@推敲中?:05/03/01 00:13:35
pu

16 :ブル伍長 ◆Xoaxo7g2Iw :05/03/01 11:07:20
「ゆるやかな自殺」と「ゆるやかな発狂」を心がけてる。
大体50年計画で。

17 :突っ込みズン ◆ieCndECQ1E :05/03/01 20:25:46
ぼけることも大切だよな。
先月死んだうちのばあさんなんか、耄碌してなかったので、
最後の入院の時、「もう生きては家に帰れない」と泣いたそうだ。

18 :名無し物書き@推敲中?:05/03/01 21:59:13
そうともいえないな。ぼけた自分を助けることはできないからな。

19 :名無し物書き@推敲中?:05/03/06 01:09:23
そもそも自分を助けるということが果たして出来るのか。

20 :◆9cAmKWHrbw :05/03/06 19:48:51
馬鹿さわぎがあまり好きではないので

人生が虚しくなってるからただやらなきゃいけないから
やらなきゃいけないわけで
何事も

21 :◆E6bcxdArdo :05/03/06 19:50:17
トリップ気にいらない

22 :◆gKvW2EWP1o :05/03/06 19:51:36
もういっちょ
このへんで選ぼう

23 :◆9cAmKWHrbw :05/03/06 19:59:12
>>10
なんかなー
異次元型どこでもドアみたいなのがあって、
あるいは平行世界みたいなのがあって
それにやり直したい年齢を指定して飛び込むと

それでこっちの世界の人は戸籍もなにもかも消えてて
始めからいない者扱いされると

24 :◆9cAmKWHrbw :05/03/06 20:01:25
薬なんていらない

眠るようにしねる薬なんて
本気になったら入手できるだろうに

25 ::2005/03/26(土) 18:17:30
トリップ忘れた。
age

26 ::2005/03/26(土) 18:37:52
なぜか今急に不安定になった。
苦しいなあ。
死を考えるてそういうことなんだろうなあ。

27 :名無し物書き@推敲中?:2005/03/26(土) 19:08:21
人生相談板逝くと>>1みたいな奴いっぱいいる

28 :名無し物書き@推敲中?:2005/03/27(日) 00:24:15
私、元鬱病患者だけど、病気の前は死とかいろいろ考えてたけど今はあんまり考えないな
多分生きる意味なんてないってふっきれちゃったんだろうな
うまく言えないけど、死も所詮システムの一貫だから、そんなに意味があることじゃない、みたいな

29 :名無し物書き@推敲中?:2005/03/27(日) 00:26:36
死ぬ間際に走馬灯が走るとよくいいます。
あれは生きているころを懐かしんでいるのではなく、
生きているころの記憶の中から生き延びる術を探しているそうです。

30 :名無し物書き@推敲中?:2005/03/27(日) 00:50:56
ふむふむ。なーるほど!

31 :名無し物書き@推敲中?:2005/03/27(日) 03:45:38
>>29
違うな。死ぬくらいなら競馬ででかい勝負に出ろってことだ。

32 :名無し物書き@推敲中?:2005/05/10(火) 13:26:04
いま学校の授業で死について勉強しているんですが、死についてどう考えてるか教えてください。死について前向きに考えていますか?死はいつかくるもので避けられないものですよね・・


33 :名無し物書き@推敲中?:2005/05/11(水) 13:38:01
死ぬってのは…死ぬってことだ

34 :えいいち:2005/05/11(水) 17:31:50
脳死。

35 :名無し物書き@推敲中?:2005/05/11(水) 19:33:05
まともに死について語ってほしいですね・・
まぁ、でも死について答えってものはないと思うけどね。

36 :名無し物書き@推敲中?:2005/05/11(水) 19:55:36
一つの結論は持っているが将来発表するので教えられない

37 :名無し物書き@推敲中?:2005/05/11(水) 20:01:58
死ぬ方法ではなくて死に場所を探し始めるときが来たら
連絡してください。
待ってます。

38 :名無し物書き@推敲中?:2005/05/11(水) 20:46:24
川端康成の死後、本人が冥界で録音したテープが出回ったと聞くが、詳細プリーズ。

39 :名無し物書き@推敲中?:2005/05/15(日) 21:06:53
時間が終わる、時間も忘れ去り、時間さえも感じなくなる

40 :名無し物書き@推敲中?:2005/05/15(日) 21:24:09
ogrishにうp

41 :名無し物書き@推敲中?:2005/05/16(月) 00:29:39
首を吊っても死なないこともあれば、
便所に顔を突っ込んで死ぬこともある。

鶏を食うのに首を落としてもナカナカ死なないと思えば、
朝起きて小屋を見ればコロリと逝ってる。

所詮そんなもん。
深々、考えるだけアホらしい。

42 ::2005/05/16(月) 00:32:36
タナトフォビアって調べてみ。
贅沢な病気だよ。

43 ::2005/05/16(月) 00:35:43
タナトフォビア、死恐怖症。
文学にはちょうどいい道具になるらしい。


44 :名無し物書き@推敲中?:2005/05/16(月) 00:45:34
生とか死とか知りたいなら実際に殺してみなきゃ分からない。
意外と、あっけなく死ぬし。
意外と、しぶとい。

養鶏所で鶏を二、三羽買ってきて、家で潰して食べればよく分かるよ。
というか、俺の体験談。

ただ、「ああっ。こんなもんなんだ」って悟ると、
キャラクターの死が自分の中であんまり盛り上がらない。

これはある意味辛い。
読むにしろ、書くにしろ絶対に盛り上がる所で気分が乗らないとダダ滑りの漫才みたいに自分で引く。

45 :名無し物書き@推敲中?:2005/05/16(月) 02:46:53
死は生の対極ではなく、そこに含まれている。

46 :名無し物書き@推敲中?:2005/05/16(月) 14:02:06
絶望の果てには死しかないのだろうか・・・

47 :名無し物書き@推敲中?:2005/05/16(月) 14:04:15
生きていることは錯誤だって、ショーさんが言っていた。
だから死ぬってことは破滅なのではなく、
つまり、救済なんだろうな。

48 :名無し物書き@推敲中?:2005/05/16(月) 21:14:08
ひとはしなないのではない、しねない、のだ。

49 ::2005/05/16(月) 21:27:23
阿刀田高のナポレオン狂って短篇集に、サンジェルマン伯爵考という短篇がはいっている。
自分が死んだとしても、子供から孫へと、永遠にその遺伝子は受け継がれていく。
すなわち、その遺伝子の連鎖こそが、不老不死ということ。
なるほどって思う短篇だから、読んでみるといい。

50 :名無し物書き@推敲中?:2005/05/18(水) 00:50:54
このまま無駄に生きていくよりも
このまま無駄に死んだ方が百倍いい


51 :引っ越し♪ ◆CHANCE1/yQ :2005/05/18(水) 01:42:42
生きろ

52 :名無し物書き@推敲中?:2005/05/18(水) 03:05:58

意識の中に死は無い

例外として死ぬ


53 :名無し物書き@推敲中?:2005/07/10(日) 00:46:23



54 :名無し物書き@推敲中?:2005/08/12(金) 19:02:34
>>34
やあ、こんなとこにもえいいちがいるじゃないか
元気か?

55 :名無し物書き@推敲中?:2005/08/12(金) 19:45:05
死んだらどこに行くんだろうな?
ちょっとドキドキ

56 :名無し物書き@推敲中?:2005/08/12(金) 19:56:15
>>55
おまえは地獄だ

57 :名無し物書き@推敲中?:2005/08/12(金) 20:10:39
>>56 そっか。地獄かぁ。

58 :名無し物書き@推敲中?:2005/08/12(金) 20:29:13
死ぬときはみんな一緒だ。
巻き添えにしてやる。ひゃはは

59 :名無し物書き@推敲中?:2005/08/12(金) 20:39:37
警察に通報しました。

60 :小泉誠二:2005/08/12(金) 21:20:24
死は新たな旅の幕開けである。
どのような形でスタートラインに立つかが重要なのだ。

61 :名無し物書き@推敲中?:2005/08/12(金) 21:27:49
もしかしたら死んだら地球とは違う別の世界に行って
そこでまた暮らし始めるのかもよ

…って、夢のあること言ってみる。orz

62 :名無し物書き@推敲中?:2005/08/12(金) 21:56:13
死んでしまえば何もなくさないで済む。

63 :名無し物書き@推敲中?:2005/08/20(土) 17:02:38
死ぬということを考えると気が楽になる。
死んじゃえば何もかも終わるから、辛くても苦しくてもどうにかなるって
思えるじゃないかな。
だから死後の世界なんて考えられない、死んでも楽になれないってことで
しょ?


64 :名無し物書き@推敲中?:2005/08/25(木) 09:54:45
物質的な死と精神的な死。
どちらを考察するのかまず決めて。


65 :名無し物書き@推敲中?:2005/10/17(月) 23:23:08
そういえばこんなスレも立てたか。

誰かが来るまで、何か独り言していくか。

66 :名無し物書き@推敲中?:2005/10/17(月) 23:32:21
さっきまで、実家の母と電話していた。

祖母が恐ろしい。おしっこちびりそうになるほど恐ろしい。
私は恐いもの知らずと言われるが、それでも祖母は恐ろしい。
祖母の、生命欲が恐ろしい。強欲さといぎたなさが恐ろしい。
なんだかここ1年は、そんな祖母の生き霊が私に着いているようだ。

祖母とは特別に仲良くした記憶はない。祖母も私を可愛がった記憶はなかろう。
だが、やはり、食いつきやすい気はある。私の気は祖母の生き霊にとって居心地がいいのだろうか。

祖母は言う。死にたくない死にたくない生きたい生きたい生きたいと。

67 :名無し物書き@推敲中?:2005/10/18(火) 23:16:43
今日は、眠れるだろうか。
市販されている眠剤は不快なまでに効かない。
眠れるだろうと思う時に限り眠れない。
或いは、中途覚醒する。

一人で書いていたほうが気が楽だ。他人を気にしながら対話をするのは
私には難しすぎる。
嫌われていると解っている人々の中で、どうして自分がフレンドリーにふるまえようか。
輪なんて、ないじゃん。
ぜんぶ、つくりものじゃん。シナリオじゃん。
登場人物ABCDじゃん。

それって人じゃないじゃん。モノじゃん。ただの、冷たくて息もしてないモノじゃん。

68 :名無し物書き@推敲中?:2005/10/18(火) 23:19:49
私はこの部屋の居候。
こんな恐ろしい部屋は私のものではない。

69 :名無し物書き@推敲中?:2005/10/18(火) 23:20:32
人間が嫌いだ。

70 :名無し物書き@推敲中?:2005/10/18(火) 23:22:48
どうすることもできない。

私には、人の味方なんていない。

71 :名無し物書き@推敲中?:2005/10/18(火) 23:29:33
小説投稿サイトは、いやがらせ目的の悪戯に使ってはいけないよ。
誰もが、あの壁に落書きをしながら、壁を乗り越えてあちらがわの世界に
いくためにひっそりこっそり努力してるんだ。
壁が見えてないわけじゃないんだ。
(私は去年の10月1日まで存在に全く気がつかなかったけど、
まあこんなのは少数派だろうな)

72 :名無し物書き@推敲中?:2005/10/18(火) 23:42:36
苦手なんだ。あの息の詰まりそうな善意が。パーフェクトな博愛の眼差しが。

頭が足りないのか?
ついて回らないでくれよ。私はあなたが多分嫌いだ。

73 :名無し物書き@推敲中?:2005/10/19(水) 07:37:12
ロムしてる連中がどれだけいるかって話

死にたい

74 :名無し物書き@推敲中?:2005/10/19(水) 07:38:00
なんでこんなことするんだろう

75 :名無し物書き@推敲中?:2005/10/21(金) 23:43:30
活け作り。えぐり出し。挽き肉。

76 :名無し物書き@推敲中?:2005/10/22(土) 22:06:23
結局はこのスレが一番落ち着く。

しかし、誰もこないな。

77 :名無し物書き@推敲中?:2005/10/23(日) 00:06:02
つらい。何を考えてもつらい。
どうすることもできない。

78 : ◆CHANCE1/yQ :2005/10/23(日) 02:24:08
生きるも地獄、死ぬも地獄。
たいていの人が実はそうなんだよね。

79 : ◆CHANCE1/yQ :2005/10/23(日) 02:36:56
死の間際に人間の体重は一瞬ぐっとへるらしい。
それがその人魂の重さかもしれないよ。

80 :名無し物書き@推敲中?:2005/10/23(日) 04:29:50
>>76
来て、よかったのかい?
邪魔しては悪いと思って、見ているつもりだった。
>>77の、どうすることもできないとは、何のことだい?
恋の悩みなら、当たって砕けたまえよ。

81 :名無し物書き@推敲中?:2005/10/23(日) 12:26:42
>>80
いや、恋はないんだ。存在しない。
賭け事には、勝った試しがない。
エネルギーの方向というかベクトル。それが定まらずにうろうろしているだけ。
そのうち自ずと鎮火する。
それを待っているだけ。

82 :名無し物書き@推敲中?:2005/10/23(日) 12:35:57
火消し壷って知ってる?
薪を燃やした後、炭が出来るでしょ、
それを火がついたまま放っておくとどんどん燃焼が進んで灰になるから、
気密性の高い素焼きの壷に入れて蓋するの。
すると、赤い炭自身の出す二酸化炭素の効果で鎮火する。
外に出しちゃダメなんだよ。空気に触れるとまた起こるから。

そして、また何かあったときに炭は取っておくの。
熱を安定して放出するから暖をとるには最適なんだよね。

83 : ◆CHANCE1/yQ :2005/10/23(日) 13:28:02
>82
エネルギー保存の法則

84 :名無し物書き@推敲中?:2005/10/23(日) 15:16:49
生まれ変わるということ。

85 :名無し物書き@推敲中?:2005/10/23(日) 16:52:58
人は、変わっていく。
しかし生きながら生まれ変わるなんて、そんなことはできるはずがない。

86 :名無し物書き@推敲中?:2005/10/23(日) 16:59:26
恋は、大概が自堕落で愚かなものだ。
恋は、快楽の一つである。
人が生殖に絡まない発情をするのはなぜか。



やはり、長生きをしてしまうからなんだろうな。

87 :名無し物書き@推敲中?:2005/10/23(日) 17:04:22
生命保存の本能と、長生き欲求が同一になってしまったのが人類。
長寿を貴ぶ習慣は猿にはない。コミュニティ意識の高い象やライオンでもない。
野生生物は、死ねば終わり。弱くなったらボスでも追放されるか決闘の果てに殺される。

88 :名無し物書き@推敲中?:2005/10/23(日) 17:05:51
人間は、ある部分においては非常に賢いが、ある部分においては非常に愚かだ。

89 :名無し物書き@推敲中?:2005/10/23(日) 18:03:00
ピュアでいることはそんなに大事なのだろうか。

私はどうしたらよいのか。

90 :名無し物書き@推敲中?:2005/10/23(日) 19:29:11
エロ画像を見ることだけに熱心な人間は、自分の価値がそれだけしかないと
言っているようなものだ。
彼に与えられた役はそれなのだから仕方がないだろうが。
時たま、なんと酷い運命なのだろうと同情の念を禁じ得ない。

91 :名無し物書き@推敲中?:2005/10/23(日) 19:30:56
快楽は、その支払いが極めて高額なのは何故なのだろう。

92 :名無し物書き@推敲中?:2005/10/23(日) 19:34:33
透明であることは愚かしく悲しいものだが、それでありつづけることは
別に悪しくはない。

93 :名無し物書き@推敲中?:2005/10/23(日) 19:41:23
お前は安ガラスだと笑われた時、あなたは自分をどうする?
どう世間に主張して、使ってもらう?
カラーガラスか?宝石か?
ガラスであり続ける限り、自分が割れる恐怖と闘わなければいけない。
割れたガラスは凶器にしかならない。そして、捨てられる。

94 :名無し物書き@推敲中?:2005/10/23(日) 20:47:21
考えてもみるがいいよ。
何故、彼は醜態を晒し続ける?
誰よりも自分を愛し、大事にしているはずの彼が。
自分をよく見てもらうならば、恩も義理も無視して平気で嘘をつく彼が。

95 :名無し物書き@推敲中?:2005/10/23(日) 20:51:41
クラシックは快楽、エロチシズムだと言い切る人がいる。

そんな馬鹿な、快楽とは性的な刺激で得られるもんじゃないのか、
そう思う連中は鈍感だ。
脳を快の状態にすることが快楽であると定義すれば…の話だけどね。

96 :名無し物書き@推敲中?:2005/10/23(日) 20:55:35
エネルギーの質が似ている人々が集うのは、
ある意味で大変な幸運でもあるが、大変な不幸でもある。

そして、それをコミュニケートするためのものがもしコトバしかなかったならば
エネルギーをどう方向づけていいか解らなくなるのだ。

97 :名無し物書き@推敲中?:2005/10/23(日) 20:56:43






簡単に言えば、人として生きろってこと。

98 :名無し物書き@推敲中?:2005/10/23(日) 21:20:21


99 :名無し物書き@推敲中?:2005/10/23(日) 21:24:57
下らないことを垂れ流して悩んだ気になれたら、楽だわな。

100 : ◆CHANCE1/yQ :2005/10/23(日) 21:30:41
猿と人のDNAの配列は5パーセントしか違いがないらしい。

101 :名無し物書き@推敲中?:2005/10/23(日) 21:49:38
死について考えるということは、生について考えることでもあります。
生きる意味とは何か? その答えが見つかれば、死の意味も分かるはずです。
生きるとは何か?
ただ生きるだけなら、裕福な生活を求める必要もなく、作家を目指す必要もないし、ここに書きこむ必要もありません。
身体を鍛えて、ジャングルで生活していても生きていることにかわりはないのです。
そう、だから人生の意味が分からないのです。
生きることって何ですか?
人生の意味を探している人達はいます。信じないでしょうね、おそらく。
ええ、魔術士と呼ばれる人たちです。
実在するのです。おそらく、今も。日本には少ないかもしれませんが。
でも、神秘主義のオカルティストとは違うのです。
煽りたければどうぞ。お好きなように。
生きる意味を探すことが人生であるのです。つまり、捜すのを諦めることを自殺と呼ぶのです。
自分でもよく分からなくなってきました。

102 :名無し物書き@推敲中?:2005/10/23(日) 22:07:19
耐え切れなくなりましたね。
我慢のきかない子はそれだけの人生だってこった。

103 :名無し物書き@推敲中?:2005/10/23(日) 22:09:14
死をまともに考えるということは、ものを書いていく人々にはとても重要なことです。

正直、技術だけならなんとでもなる。

104 :名無し物書き@推敲中?:2005/10/23(日) 22:16:54
一人の狂人がいた。彼は昼夜の区別がつかない。
別の狂人を見つけた。その男は昼が理解出来ない。
昼夜の区別がつかない狂人は、昼を理解出来ない狂人を「キチガイだ」と笑った。
昼を理解出来ない狂人は、必死になって夜が理解出来ない狂人を探し回った。
そして、眠りっぱなしの赤子を見つけて、「このキチガイが」と笑った。

人は自尊心のために狂う努力を厭わない。
そしてその自尊心は案外安っぽく、つまらないものである。

105 :名無し物書き@推敲中?:2005/10/23(日) 22:17:24
色即是空、空即是色、空即是空であります。

106 :名無し物書き@推敲中?:2005/10/23(日) 23:55:37
よく分からないが、取りあえず「彼」てだれ?

107 :106:2005/10/23(日) 23:56:31
付き合ってる男なの?それとも一般的に「彼」?「人」とかと同じ意味での

108 :名無し物書き@推敲中?:2005/10/23(日) 23:58:57
>>106-107
がっつくなよ、こんなところでまで。

109 :名無し物書き@推敲中?:2005/10/23(日) 23:59:57
狂人って書いてあるだろう? 読めないのか?

110 :名無し物書き@推敲中?:2005/10/24(月) 00:24:06
例え話なんだけど。

111 :106:2005/10/24(月) 00:32:35
>>108
がっつく?そんなん見えるのはあんた欲求不満?
ただ聞いただけなんだけど?
>>109
うるせーな聞いただけだろ
>>110
良貨い

112 :名無し物書き@推敲中?:2005/10/24(月) 00:39:25
ちょっと痛い子がいると聞いて飛んで参りました

113 :名無し物書き@推敲中?:2005/10/24(月) 13:23:45
チラ裏スレで馴れ合おうとするアホな子はどこですか?

114 :名無し物書き@推敲中?:2005/10/24(月) 13:32:48
すいませんでした。死にます

115 :名無し物書き@推敲中?:2005/10/24(月) 14:52:11
 死んだら電池が切れたようにすなわち終り、釈迦やキリストより、夏目
漱石先生の修善寺日記を信じます。

116 :名無し物書き@推敲中?:2005/10/24(月) 20:01:10
このスレ結構人気あるんだな…

117 :名無し物書き@推敲中?:2005/10/27(木) 03:14:00
二人いるってことだろうな。
レスのふいんきが違う。

118 :名無し物書き@推敲中?:2005/10/27(木) 03:20:40
掲示板ではよくある行き違いなんだが、
AがBのことを名前を伏せて語っていたとする。
するとその場にたまたま居合わせたABの関係とは離れているCが、
自分が言われているのだと勘違いして気にする。
AはCを見て不愉快に感じるかも知れないし、面白がるかも知れない。

119 :名無し物書き@推敲中?:2005/10/28(金) 20:09:52
自分の連れについて少し書く。
基本的には、善良な人だ。家事もよくしてくれるし、一緒に生活するには特に問題はない。
ただ、流石に私を選んだ人だけあってなにかをやろうとした時にひどく受け身なところがある。
率先して云々というのは向いていないらしい。

基本的に女も嫌いだ。美人や普通の女より、面白い女に興味を持つ。
要するに、ごく常識的なことを淡々とやる性なので、側には飽きない相手を置いておきたいらしい。

そして、私の書いたものを、読んでくれない。

120 :名無し物書き@推敲中?:2005/10/28(金) 20:19:06
それは私が下手なせいだと思っていたが、
よく見たら、彼は池波をはじめとする時代小説を
殆どすべて、買っては積ん読にしてしまっている人だった。

もしも私がもっと上手くなったら、この人は読んでくれるだろうか。
一度、感想を頼んだ。彼は黙って原稿に一、二カ所、付箋を貼って返した。
単純な変換ミスだった。
感想は、とうとう言ってくれなかった。

マンガを描いたら喜ぶ。いそいそと段ボールになおしこむ。感想は言わない。
絵を描いてもなおしこむ。どうこうしなさいとは言わない。
そんな背中が老人のように見えることもある。

121 :名無し物書き@推敲中?:2005/10/28(金) 20:27:34
友達と遊ぶと、例え女友達であっても不機嫌になる。
彼女らのことを悪く言う。
女が嫌いだからかも知れない。

何か別の世界に二人で興味を持とうとした。
一度、ひとりでよく遊んでいた吉祥寺に遊びに連れて行ったことがあった。
疲れたと言って文句が出た。
一緒の遊びをする相手ではないのかもしれないと
その時、初めてとても悲しくなった。

122 :名無し物書き@推敲中?:2005/10/28(金) 20:37:21
一番情けなく思うのは、一緒に生活している自分よりも、
彼が大嫌いな女(というのが知人にいる)の動向を探ることに
すごく時間を割いていることだ。

自分もとても嫌だし、端から見てみっともないから
何度もやめて欲しいと懇願したが、喧嘩友達が楽しいのか
離れてくれない。

123 :名無し物書き@推敲中?:2005/10/28(金) 20:46:29
やはり、私は書いてはいけない運命のようだ。
あの人に読ませるためには、池波クラスじゃダメだってことさ。

でも生活もしなくっちゃいけない。それが今の私の基本だから。
それが普通の人だから。
だけどやっぱり、読んで貰いたいんだよね。やっぱりさ。
無理なの、解ってても。

涙がとまらないや…。歳取ったなあ、自分も。

124 :名無し物書き@推敲中?:2005/10/28(金) 20:58:33
友達にでも読んでもらえば良かろう。
と、思いました。

125 :名無し物書き@推敲中?:2005/10/28(金) 21:15:46
>>124
そんな感じの友達はいない。有難迷惑だろうね、今送り付けられたら。

黙ってなおしこまれたりして…あはあはあは。

126 :名無し物書き@推敲中?:2005/10/28(金) 21:25:00
読んで欲しい人は一切手をつけず、顔も知らない人が校正も推敲もまだの文を盗み読む日々。

書くなってことか?

127 :名無し物書き@推敲中?:2005/10/29(土) 14:31:32
ウンコー!!(ノ・∀・)ノ ⌒●

これと、
⊂ニニニ( ^ω^)ニニニ⊃ブーン
を作った人こそ

正真正銘の天才だなと思う。

128 :名無し物書き@推敲中?:2005/10/31(月) 18:02:38
ぬ。
スレが止まりっぱなしだ。
こりゃいかん。

129 :128:2005/10/31(月) 18:04:15
とりあえずage。

130 :名無し物書き@推敲中?:2005/10/31(月) 19:50:57
自分でも思ったけど
ずいぶんぶちまけたなあ。
まあ、そういうことなの、そういうことなんですよ。
もっと奥のほうまで読めた人もいるかもしれんけど、まあ、そういうことなわけで、
しゃあないですな。
本来なら投稿サイトにすら関わらない立場だったんですが、
結局寂しかったのかもしれない、自分が。

131 :名無し物書き@推敲中?:2005/11/01(火) 07:45:52
考えてみればもう2度目なんで、別に迷うこともないんだな。
人間、生きておくもんだ。やっぱ引きこもりはよぉないな。特に10代と20代。

132 :名無し物書き@推敲中?:2005/11/01(火) 16:25:27
よその板で大人しく遊んでおれば
帰って来いと言い、
帰って来た途端に、あれやこれや罵詈雑言をたたき付けてハブったあげく
口だけ綺麗にして説教かw

すごい神経してるよな。
「他人の不幸は蜜の味」ってのがあんたの座右の銘ではなかったんかね。
自分はこの耳でしっかり聞いてたので、あんたの偽善の数々がおかしくてたまらない。

133 :名無し物書き@推敲中?:2005/11/01(火) 16:26:32
ヽ( ´∀`)ノI ワーイ

134 :名無し物書き@推敲中?:2005/11/01(火) 16:31:04
きっしょいスレ。

135 :名無し物書き@推敲中?:2005/11/01(火) 18:36:57
変なのが増えた。

136 :名無し物書き@推敲中?:2005/11/01(火) 20:25:31
喧嘩させようとしてるんだな。
他人の喧嘩はそりゃ面白いからな。
自分から社会性を捨てたよーなのが
世の中を逆恨みしてて困る。
何匹か、癖の悪いのがいるよな、洒落にならないくらい。

137 :名無し物書き@推敲中?:2005/11/01(火) 20:26:54
はいはいageすageす

138 :名無し物書き@推敲中?:2005/11/01(火) 20:30:00
スレタイ嫁

139 :名無し物書き@推敲中?:2005/11/01(火) 20:31:21
ただの言い逃げスレとして使ってる馬鹿がいるな

140 ::2005/11/01(火) 21:06:05
あんまりガチガチにルールルールってやっちゃうと、逆効果だよ。
大抵はそのスレとは関係ない人が正論を盾に煽ってるだけだと思うけど。

141 :名無し物書き@推敲中?:2005/11/01(火) 21:10:08
誤爆スレになりました。

142 :1(トリップは忘却の彼方):2005/11/01(火) 21:19:12
賑やかになったのでちょっと面白いと思ってます。

143 :名無し物書き@推敲中?:2005/11/01(火) 21:29:58
推理小説で猟奇殺人者ばかり書く作家は、死についてどう考えているのでしょうか。
切り裂きジャーック!

144 :名無し物書き@推敲中?:2005/11/02(水) 01:53:11
>143
何も考えていない。
というかドライだと思う。

145 :名無し物書き@推敲中?:2005/11/02(水) 12:58:20
人間には、誕生も死も一度しか訪れないんだ。
死にかけは、何度かある人もいるかも解らんが。

146 :名無し物書き@推敲中?:2005/11/02(水) 16:12:59
>>132
偽善て、あんた何されたんだ?

>あれやこれや罵詈雑言をたたき付けてハブったあげく
お前馬鹿だろ。2chじゃ当たり前だろが
口でしてもらいながら説教か?素人童貞卒業してこい

147 :名無し物書き@推敲中?:2005/11/02(水) 18:20:02
人は死と向き合うといろんなことを考える。
そして、言葉というものの安さを知る。

148 :名無し物書き@推敲中?:2005/11/02(水) 19:15:58
誰がご主人様で、誰が召し使いってことなんだよ、
結局のところは。

149 :名無し物書き@推敲中?:2005/11/03(木) 00:56:13
死はいったいどこから私を見ているのか。
死は、いつ私を本当に拉致しようと企んでいるのか。

150 :名無し物書き@推敲中?:2005/11/05(土) 12:23:12
人は生まれたその瞬間から、死に至る時の狭間に投げ出される。

151 ::2005/11/25(金) 21:15:21
生まれる前に逃げ帰りたい。

152 :雨李 ◆TAPQNXfTD6 :2006/01/19(木) 02:44:59
生きるのが辛いとか苦しいだとか言う前に
野に咲く花ならば
力の限り生きてやれ

BY 松山 千春

153 :あきら:2006/03/30(木) 21:56:13
それは、体の常につけられた「知的なゴリラスーツ」へのこの将来の社会の最初の規則でした。
それを出ることは、死を定められて、それを正当にしておきませんでした。
ゴリラスーツによってを備えている高価な機械は、すぐに発見に反作用して、
電動アームで、すぐに死ぬほどそれを打ちます。
たとえ面積最初のページが肉と汚物で汚染されるとしても、私が小ぎれいにそれをきれいにするので、
手は電動アームで汚染されません。
水が将来の社会の人の人生より高値であるので、それは環境に親切です。
全ての指先を教えられる肉食の昆虫は、肉と汚物の全ての部分を食べます。
昆虫が排出した糞便は、その後今度は、ゴリラスーツの力になります。
あなたは、何で合理的ですか?
したがって、このゴリラ一揃いを開発した慈善事業医者はとてもひどい目にあいました。

154 :ひろこ:2006/03/30(木) 22:49:46
”インテリジェント・ゴリラスーツ”を常に身に着けることが、この未来社会での第一のルールだった。
それを着用しない外出は、まさしく死を意味した。ゴリラスーツに装備された高価な機械が発見次第
すぐ反応し、パワーアームで、即撲殺。辺り一面が肉片や汚物で汚れても、パワーアームできれいに
掃除するから手は汚れずに済む。未来社会では水は人の命よりも高価だから、それは環境にも
やさしい。指先すべてに仕込まれた、肉食の昆虫が全ての肉片や汚物を食べてしまうのだ。その後、
今度は虫が排泄した糞がゴリラスーツの動力となるのである。何と合理的であろうか。
このゴリラスーツを開発した、J・チャリティ博士はその為に大いに苦労した。

155 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/14(金) 12:46:13
はにゃん

156 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/14(金) 14:04:33
――
タヒ

157 :名無し物書き@推敲中?:2006/06/28(水) 23:17:59
保守しちゃえ。

158 :名無し物書き@推敲中?:2006/09/03(日) 01:58:07
>死について考えてみよう

よくよく考えろ
残飯
おまえは消えることでしか掲示板に貢献できない
死ぬことでしか社会に貢献できない
 
 
 

159 :名無し物書き@推敲中?:2006/09/19(火) 23:54:21
おまえもな

160 :名無し物書き@推敲中?:2006/09/20(水) 00:12:51
↑残飯

161 :名無し物書き@推敲中?:2006/09/20(水) 00:49:51
荒らしのハイが巡回中

162 :名無し物書き@推敲中?:2006/09/22(金) 21:46:50
死について何を考えればいいんだ?

163 :162:2006/09/30(土) 10:46:51
死だけが生きている者の避けられない運命なのか?

164 :162:2006/10/05(木) 22:46:26
そういや死について考えると、うっとりするって
書いてたやつがいたっけな。
へんなやつもいるもんだ。      

165 :162:2006/10/07(土) 18:04:54
他人の死はいくらでも考えられそうだけど
自分の死について考えようにも経験がないからなあ。

166 :162:2006/10/11(水) 20:27:28
みんな死んじまったのか?

167 :162:2006/10/18(水) 17:04:10
スレが死なないように。

168 :湯豆腐:2006/10/18(水) 23:25:16
脳死を大学で調べたことがあった
作品にできそうだったけど自分には無理ぽ

169 :シ者:2006/11/27(月) 14:56:21
そういや自殺流行ってるよね今。

170 :湯豆腐:2006/11/28(火) 10:47:43
渚→シ者→死者(使者)
って言葉遊びがエヴァにあった。懐かしい。

171 :死ンジ:2006/11/29(水) 21:53:39
うん。カヲルくんは僕が殺したんだ。


172 :豆腐のタンパクを、君に:2006/11/30(木) 21:44:47
アニメ終了から10年経ってもエヴァヲタは生存してるんだね
感慨深いな
この前映画の舞台挨拶で生林原めぐみ生筒井康隆をみたけど二人ともちゃんと老けてたな

173 :スレの1/5くらいで死について考えたけもの:2006/12/09(土) 11:15:26
綾波ハンネを使ってる奴がいたんだよ。
それでかな。
でもやっぱりエヴァはおもしろかったと思うんだよね。
いろんな意味であんな作品が見たいと思うな。
もう10年も前のことなのか。時って残酷。
な天使のテーゼ。

174 :Fly Me To The Death:2006/12/09(土) 22:38:46
みんなサラリーマンだから土日はお休みなんかいのぅとスレ見てると思うんだ。
退屈なのでてきとーにレスれす。

>>101
吉本ばななとか読んでたりしてw
>>130
どういうことかわからんけど俺はもっと読みたいよ。
>>158
>死ぬことでしか社会に貢献できない

社会なんぞに貢献するために死ぬなんてちょっとやだな。
まぁがんばって社会に貢献して生きてくれ。
>>168
最近親父が死んでさ検死の医者が心臓が先か脳が先かで首の後ろあたりを傷つけて
調べてたんだけど親父の場合、心臓が先に止まって死んだみたいだ。
前から心臓を患ってたからそうだろうと思ってたんだけど。
脳死の話し聞かせてくんない?
もう豆腐くんと俺だけみたいだし。

175 :Fly Me To The Death:2006/12/20(水) 23:19:40
死について考えるで検索したらゾイド板しかなかったから落ちたと思ったよ。
あ〜よかった。

176 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/06(土) 22:18:42
ジャイアン、死んじゃいやん








sageるのは、
せめてもの良心です。

177 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/10(水) 15:09:14
ほす

178 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/11(木) 22:16:42
どうせ人間みんないつか死んで、すべて無になると考えただけでなんだかほっとするよな。
生まれ変わりとか天国とか言う奴キモいしうぜえよ、消えろと思う。
だからって別に死にたいわけでもねえし、現状に不満もない。
っつか口に出さないだけで、絶対けっこう俺と同じこと思ってる奴いるよな。

179 :(;@益@) ◆3db4VquDe6 :2007/01/22(月) 22:34:44
生まれ変わりや天国は救われたいと思う気持ちなんだ
だからそれを否定しちゃいけないと思うようになったわけ
ゲーテが言うように重要なのは結末じゃなく過程なんだ
人を好きにならなければ恋は生まれない
別れる為に恋する者がいるだろうか
人の望みとは純粋なものであるからこそ美しい
それを否定しようとするのは善意からだろうか


180 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/18(日) 17:42:43
はっきり言って誰もどうして自分は死ぬかとか生きているかなんてわからない。
先人達もその答えを出した人は過去4500年の間いない。
僕達は何故死に突出する?怖いからか?何か人間を超越したある種の神のような
ものを信じてその天国やら地獄がどのようなものかを知りたいからか?
わからない。わからないが確かに僕らは生きている。
それと同時に僕らには4つの苦しみすなわち四苦に苦しめられる。
死ぬというものは前提にあり確定されている。
むしろ僕は今生きていることがとてつもない何か計算上の奇跡だと思っている。
不確定な生の現実は確かにそこに存在する。不確定な生を確定出来たとき初めて
人間は死の恐怖や自己の存在から抜け出せるのではないだろうか。
たとえば僕らは集団の大衆社会の中でしか生きることが出来ない。
ある人が言った。確かアメリカの映画のあるシーンだったと思う。
「僕が死んだとしてももうあまり怖くないんだ。なぜかって?
  僕が死んだ跡も僕を思ってくれる人が大勢いるはずだからさ。」
はっとした。わからないけどこの言葉にはっとした。
僕にとってこの人は不確定な生をあるひとつの答えによって解決したと考える。
存在を相手の記憶に残しその中に自分を生かす。それが答えかは不確定だが
少なくとも僕の死の捕らえ方はそのときはっきりと異なるものに変わった。
結局最後は自分でその答えを生きている間に誰でもださなければいけないんだ。

181 :名無し物書き@推敲中?:2007/03/26(月) 23:03:22
うつ病向けのスレ

182 :名無し物書き@推敲中?:2007/03/26(月) 23:46:14
おまえらみたいな煩悩まみれの罪人は、
死んだらみんな地獄三丁目行きじゃあ!
おいらは二丁目に行く。おまえらより駅にちょっと近い二丁目にな!

35 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)