5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

小説書いたことない。そんなおれを作家にしてくれ

1 :ごろにゃん ◆tCZAcoTrdU :05/03/10 22:45:32
はじまり

2 :2:05/03/10 22:47:47
2

3 :名無し物書き@推敲中?:05/03/10 22:50:46
おわり

4 :名無し物書き@推敲中?:05/03/10 22:54:01
>>1
立ち去れ。

5 :名無し物書き@推敲中?:05/03/11 02:14:10
定期的に建つな、こういうスレ

6 :ごろにゃん ◆tCZAcoTrdU :05/03/11 10:06:07
どーすれヴぁいい?

7 :名無し物書き@推敲中?:05/03/11 10:09:09
人に頼るな

8 :名無し物書き@推敲中?:05/03/11 10:51:00
まずプロットを書け


9 :名無し物書き@推敲中?:05/03/11 11:19:13
むちゃくちゃでもいいから、何か書いてここにコピペしてみろ。
そしたら、ここにいる親切な人達が酷評してくれる。
恐らく常人の神経なら耐えならないぐらい酷いことを言われるだろう。
それに耐え抜けた者なら小説を書ける。
コワいならやめとけ。

10 :名無し物書き@推敲中?:05/03/11 11:21:30
はにゃにゃにゃにゃ!

11 :名無し物書き@推敲中?:05/03/11 12:23:42
森の中は薄暗かった。鳥や虫の鳴き声が聞こえる。
サウナのなかにいるような熱さ。喉が渇く。全身から汗が噴き出る。
佐藤は慎重に歩を進めた。いつ敵が現れるかわからない。
今日じゅうに、この森を抜けたかった。
そのとき、背後で落ち葉を踏みしめる音がした。
佐藤は咄嗟に振り返った。
大木の陰から、ひとりの中年男が出てきた。
ひどくやつれていて、足元がふらついている。

どうでしょうか?

12 :名無し物書き@推敲中?:05/03/11 18:50:24
ネタだよね?

13 :名無し物書き@推敲中?:05/03/11 19:19:33
>>11の続き(俺は11ではないが)

だらしない笑みを浮かばせ、中年男は静かに、しかし良く通る声で言った。
「うほっ」
「……う、うほっ」
男から発せられた謎の言葉。佐藤は思わず呟き返した。
「うほっ」
再び男が謎の言葉を口にする。
なるほど、これはコミュニケーションだ。挨拶の様なものだ。佐藤は思った。
佐藤は笑顔を浮かべて、意志の疎通を図る意味も含め挨拶する。
「うほっ」
あいかわらず中年男は足元がふらついている。
「やらないか」
突如、男は腰をカクカクさせ、佐藤へと迫り来る。
その男の異様さに佐藤は恐怖感を覚え、逃げ出そうとした。
「やらないか」
しかし、体が動かない。男の発する言葉には、どこか心の奥を揺さぶる力があった。
「やらないか」
男はより一層腰をカクカクさせながら、ニヤニヤする。
「やらないか」
佐藤の体はもはや、自分の意志ではどうする事も出来なくなっていた。
「やらないか」
思考もあやふやになり、なぜこの森にいたのか、自分が誰なのかさえも分からなくなっていた。
「やらないか」
「wwwうはwwwwおkwwww」

14 :給料日がお前の生き甲斐:05/03/11 23:23:04
小説書いたことない。そんな俺を作家にしてくれ。

まぁお前の創作の手伝いなら多少は出来るだろう。
そりゃあ創作文芸板だからな。

しかしだよ、まだ作家になれない者たちの集う創作文芸板で指導を受けて、本当にお前は作家になれると思うのか?
そりゃあな、お前が凄い才能の持ち主なら有り得る話かも知れない。
弟子が師匠を越えるってのは世の中で多々あるのかも知れない。
しかしだよ、才能の有る奴がこんな所で、俺を作家にしてくれなんて云うと思うか?
どう考えたってそんな奴に才能が有るとは思えないだろう?
それがお前だよ。
少しは分かってくれたか?








でも、特訓の開始だ。
必ずやお前を作家にしてやる。
とりあえず今は文章は考えなくて良いから、まず、どんな物語を書きたいのか教えろ。
少しでも良いから、思いつきでも良いからまずそれを教えろ。

これでレスしなかったらぶっ殺すからな。


15 :名無し物書き@推敲中?:05/03/12 07:49:18
新堂冬樹、小川勝己みたいな小説が書きたいです。

16 :給料日がお前の生き甲斐:05/03/12 19:42:19
おい>>15、お前は>>1か?
上の>>11を書いたのはお前か?
もしそうだとすると、こいつはとんだ掘り出し物かも知れない。

>>15の文章は荒削りだけど、読み手に興味を抱かせる雰囲気と構成力を持っているよ。

おそらく初めて書いた文章だろう事は直ぐに分かる。
それは表現が稚拙だから。
しかしだよ、初期特有の力強さもある。

とりあえず今は巧くなろうとは考えないで、思いつくままに描きたい場面を書き殴れ。

出来れば、考えた物語をここに書け。
辻褄を合わせようとか、全体の構成を考えたりとかはせんでも宜しい。

思いつくままに、出来れば毎日書け。

俺の暇潰しになるから助かる。

17 :ごろにゃん ◆tCZAcoTrdU :05/03/12 21:34:56
>>16
ごめんおいら15でも11でもないんだお

18 :名無し物書き@推敲中?:05/03/12 21:47:29
つーか、俺は>>16の自演じゃないかという悪寒が

19 :名無し物書き@推敲中?:05/03/12 21:49:56
>>14
おまいちょっといい奴だな

>>1
まず、「俺はこういうのを書きたい」をここに書いてみ。
これがないと、書く側なら何も出来ないし、指摘する側も何もいえない。

ただし
「村上春樹みたいなの」
「綿谷っぽくて大人向け」
「ビルジ・ブラケットより簡単な奴」
とか書いたらこのスレはなかったことになる
(つまりパクリをやりたいorやる気無しと判定される)。

「高校生の恋愛モノ」
「SF」
とかだと突っ込みどころ多々あるが、まだマシ。

「夢を持たない高2の男子学生が、夢を持つ同級生に感化されて
自分の将来を真剣に考えるようになる成長モノ」
くらいだと、超絶にベタベタすぎるが、だいぶんマシ。

できるだけ短く、誰が、どうなるかを書きたいか
を提示するとエエかもしれない。

20 :名無し物書き@推敲中?:05/03/12 21:50:23
>>17
で、おまえはどんなものを書きたい?

21 :19:05/03/12 21:54:37
ごめんバルジ・ブラケット orz

22 :ごろにゃん ◆tCZAcoTrdU :05/03/12 22:01:33
ぼくは「人間」を書きたいのですが、アドバイスください。

23 :名無し物書き@推敲中?:05/03/12 22:33:45
>>22
それじゃあかなりムズかしい。

・「喜怒哀楽」の内どれが書きたいか
(喜=笑い、楽=嬉しいとか達成感等、としておく)
・何を題材にしてみたいか

を考えてみよう。

例えば
・「怒」を書きたい
・薬害を題材にしたい
くらいで構わない。

次は、「薬害」で「怒」を表現するにはどうするかを考えるわけだが、
現時点では、そこまで考えなくて良い。

24 :23:05/03/12 22:37:24
いちおう言っておく。

この時点でやる気が無くなったり、
何にも思いつきません状態だったら、小説なんてつまらないことは
やめた方が身のためだ。

題材がヘタレてても、アリガチでも、何かあるんだったら
チャレンジする意義はあるだろうけども。

25 :23:05/03/12 22:42:34
まあ別に「喜怒哀楽」のみでなくても構わない。
「成長」とか「失望」とか、そういう断片的な語でもOK。

26 :ごろにゃん ◆tCZAcoTrdU :05/03/13 00:51:25
人間はどうしたら書けますか?

27 :名無し物書き@推敲中?:05/03/13 01:03:00
>>26
吾輩は人間である。

と書き出せ。


28 :ごろにゃん ◆Mr9V2vK5bw :05/03/13 01:06:59
わかった。

我輩は人間である。


それからどーする?

29 :名無し物書き@推敲中?:05/03/13 01:14:52
>>28
我輩は何をしたいかを、できるだけ具体的に書いてくれ。

30 :名無し物書き@推敲中?:05/03/13 01:15:35
糞スレ。質問もまともにできんのか。
>1はさっさと削除依頼してこい。
>14は暇なら類似スレのヤシに教えてやれ。

31 :ごろにゃん ◆Mr9V2vK5bw :05/03/13 01:16:00
人間をかきたいんだが。

32 :獅子吼絶叫 ◆SF36Mndinc :05/03/13 01:21:21
>>31
俺も最近、人間を書きたくなった。そのポイントはキルケゴールにあると思うんだよ。
実存主義って奴だよ。

33 :名無し物書き@推敲中?:05/03/13 01:21:57
行動しないものは人間ではない、人形だ。

つまり今のままでは人形しか書けない。

34 :獅子吼絶叫 ◆SF36Mndinc :05/03/13 01:22:43
媒介って奴がだめなんだよ。媒介して抽象化していくと人間ってものが失われていってしまうんだよ。

35 :名無し物書き@推敲中?:05/03/13 01:23:51
その人間の足は長いの? 短いの?

36 :名無し物書き@推敲中?:05/03/13 01:26:26
>>30
このスレは釣りじゃないのか?
一応言っておくけども、俺は>>14じゃないよ。

>>31
人間を書くといった場合、

・人間がある場面で何を考えたか、何に悩んだか等を書きたい
・人間が何をしてどうなった、を映画のように書きたい

の二つの方向性があるが、どちらかといえばどっちをやりたいか?

37 :ごろにゃん ◆Mr9V2vK5bw :05/03/13 01:28:25
>>36
ぼくが書きたいのはそのどちらでもないと思います。

38 :名無し物書き@推敲中?:05/03/13 01:28:50
そんなことよりも足が長いか短いかはっきりさせてくれ。

でないともうどうしようもない。

39 :獅子吼絶叫 ◆SF36Mndinc :05/03/13 01:28:54
人間ていう奴は時間の中で生きてるんだが、時間というのはたとえば今俺がキーボードを叩いているようなリアルなもんだ。
だけど抽象化されると時間が消えてなくなってしまうんだな。それはもう人間じゃなくって抽象化された空想の怪物(キマイラ)になってしまうんだよ。

40 :名無し物書き@推敲中?:05/03/13 01:30:46
エラそうな啓蒙者が居るスレはここでつか?

41 :36:05/03/13 01:31:19
>>37
オーケー。
じゃあ、お前さんの中でコレを書きたい、
みたいなのがあるんだったら箇条書きで書いてみてくれ。

箇条書きの意味は分かるよな?

42 :ごろにゃん ◆Mr9V2vK5bw :05/03/13 01:32:12
>>38
それは分りません。
その質問はぼくが書こうとしている小説に対してそんなに重要なものなのですか?

43 :名無し物書き@推敲中?:05/03/13 01:32:16
ざけんな、足だ(´・ω・`)

44 :名無し物書き@推敲中?:05/03/13 01:32:46
>>42
そうか(´・ω・`)

45 :名無し物書き@推敲中?:05/03/13 01:33:07
スレ主を含む約三名のDQNがいるな。

46 :ごろにゃん ◆Mr9V2vK5bw :05/03/13 01:33:23
>>41
人間とはなんなのだろうか、という小説を書きたいのですが、どうでしょうか?

47 :名無し物書き@推敲中?:05/03/13 01:34:05
>>42
重要だ(´・ω・`)
わからないからこそ重要だ、それが創作だ。

48 :名無し物書き@推敲中?:05/03/13 01:36:11
>46
お前自身は人間というものをどう思ってるんだ?

49 :ごろにゃん ◆Mr9V2vK5bw :05/03/13 01:36:49
>>47
それは何故ですか?
もし長かったらどうなるんです?
短かったらどうなるんです?
ぼくにはその質問は殆ど意味のないことのように思えますが。

50 :名無し物書き@推敲中?:05/03/13 01:37:50
        /                   `、
        /                     l
       ,!                       |
       {    /i  i    i   、        |
       l    / | /l    |`、、  |ヽ  l    ト,-,,,;;iiiiiii
    __ ∠{   / | L| | .ト |`ーi H |_ヽl |l | | l)ll!''''''''iiii、    こ    な
    }||llllll{  、 l ̄ゝ'、 `|`N |  >,ゝ-、V! | .| | ノ、,,} ヽヽ     の     ん
     ‘|| \ ∨、i"{::;:i       "{.:;}}" |ノノイ’}i;, l ヽヽ    ス    な
      {/{ 〃`i.、 、_ヽ:ノ       `-´´ '!7",!)ノ '!i;, | | `    レ    ん
      ’,ii!'  l l ////     /////  / /"l j ノ!|liヽ}     は    で
     ,;ii!''∧  |│    `         / / l/イ:/:: `||,,}、     !?     す
    ,ill!"/ ∧ 、│|\    c-==ュ    ,イl l,! /"j/l |./|||| ''''         か
   l|||-"─--`、.|_!-、`;. 、_       ,. " l ,! l'" .'"  '1 |||l            `
   /   /''7⌒「| .i|/ |'''` -−'  __// /l     |
  /    / ,! / |  |`ー、_−-、   /r--==¬ヽ     |
  /    l '  {   `i、~`-`ミー-='┴─''_'-/--,┬─-、l
  |     l  、     ヽ.\  ` ー一''''',ri:i"/i,、.//,--、. \
 .|    /\       l r-、- 、_   ' l  !、\ ̄   `i ヽ
 ,|   /   \      |' `---、_ ヽ、  `i `; /     l   i


51 :ごろにゃん ◆Mr9V2vK5bw :05/03/13 01:38:12
>>48
人間は人間です

52 :名無し物書き@推敲中?:05/03/13 01:39:20
>>49
すばらしい質問だ。
そのしつもんを自問自答して今は一秒で答えを出して、
足が長いか短いかを『決める』のだ。

さあ、足だ(´・ω・`)

53 :名無し物書き@推敲中?:05/03/13 01:39:41


54 :名無し物書き@推敲中?:05/03/13 01:40:27
やべ(´・ω・`)

55 :36:05/03/13 01:41:52
>>46
それは難しい。
それは人間っつーものが誕生して以来、誰も答えを出せなかった問題だ。
まず、誰も答えを知らない問題だという事を承知しておくこと。

その上で聞くが、
・人間は何をしたら人間と呼べると思うか
・人間は何を考えたら人間と呼べると思うか
・動物と人間を分けるものは何だと思うか
それを考えてみてくれ。

たぶん、お前さんの中には
「人間はこうあるべきであるけれども、現実には違うじゃんか!」
みたいなものがあるはず。
で、お前さんは、世の方々に「人間とはこうだと思うが、どうよ?」って聞いてみたいんだろう。

まず、「自分が思う人間とは何か」を考えてみよう。

>>45
暇人の「質問に対してどう答えるか」のトレーニングにはなる。

56 :名無し物書き@推敲中?:05/03/13 01:43:10
わかってねーな。飽きたから、ものがたりにはならないが真実を語ろう(´・ω・`)

57 :名無し物書き@推敲中?:05/03/13 01:45:06
人間とはなんなのだろうか(´・ω・`)は『問題』ではない、

58 :名無し物書き@推敲中?:05/03/13 01:45:58
それは答えに非常に近い(´・ω・`)

59 :名無し物書き@推敲中?:05/03/13 01:46:49
あるいは、「みつからないもの」という答えだ(´・ω・`)

60 :名無し物書き@推敲中?:05/03/13 01:47:38
つまり、答えを決めたうえで問題をつくろうとしている(´・ω・`)

61 :名無し物書き@推敲中?:05/03/13 01:48:13
お前にセンスがないのはわかった。

62 :名無し物書き@推敲中?:05/03/13 01:48:25
だから、誘導尋問っぽくなる。あざとくなる、先が見えて飽きる(´・ω・`)

63 :名無し物書き@推敲中?:05/03/13 01:49:07
あげくのはてに、答えが『見えている』(´・ω・`)

64 :名無し物書き@推敲中?:05/03/13 01:49:52
わからない過程→わかってる答え(´・ω・`)よりも、

65 :名無し物書き@推敲中?:05/03/13 01:50:31
わかってる過程→わからない答え(´・ω・`)のほうがまだましだ

66 :ごろにゃん ◆Mr9V2vK5bw :05/03/13 01:52:21
オナヌーしてくる。
おかずちょうだい。

67 :名無し物書き@推敲中?:05/03/13 01:53:21
「考え続ける、進歩し続ける」という答えに行き着くとしても(´・ω・`)

68 :名無し物書き@推敲中?:05/03/13 01:53:43
>1は正体をあらわした!!

69 :名無し物書き@推敲中?:05/03/13 01:54:04
そこから出発するのは大間違いだ(´・ω・`)

70 :36:05/03/13 01:54:16
やる気萎えた。後よろしく。

71 :名無し物書き@推敲中?:05/03/13 01:54:32
答えがあるからこそ(´・ω・`)

72 :ごろにゃん ◆Mr9V2vK5bw :05/03/13 01:55:07
オナヌーの気持ちいいやり方おせーて

73 :名無し物書き@推敲中?:05/03/13 01:55:14
答えとは全く違う所から歩きはじめなければならない(´・ω・`)

74 :名無し物書き@推敲中?:05/03/13 01:56:33
だから、足だ(´・ω・`)

75 :名無し物書き@推敲中?:05/03/13 01:57:16
(´・ω・`)
(´・ω・`)
(´・ω・`)
(´・ω・`)
(´・ω・`)
(´・ω・`)


76 :獅子吼絶叫 ◆SF36Mndinc :05/03/13 02:02:09
>動物と人間を分けるものは何だと思うか

動物と人間を分けるものは哲学的に考えたら理性か。
理性というか動物は現在しか見てないんだよな。認識能力はあるらしい。
ただ抽象的にものを考えられないんだよ。
でもその抽象化がいきすぎると人間を書けなくなってしまうんだよ。
情熱を書けなくなるんだよ。動物みたいに現在しか見れないってのが大事なんじゃないかな。
その情熱のほとばしりと、現実の壁による煩悶、挫折などを書くべきなんじゃないか。

77 :名無し物書き@推敲中?:05/03/13 17:32:04
男はナイフを振り上げ、襲いかかってきた。
動きが鈍い。まるでスローモーションだ。
佐藤はなんなくかわし、男の腹に膝を入れた。体をくの字に曲げ、倒れた。
男は腹を押さえ、涙と鼻水を撒き散らしながらもだえている。
佐藤は男の脇腹を蹴り上げた。鈍い感触が爪先に伝わってきた。
おそらくあばらが折れたのだろう。
男は芋虫のように体をくねらせ、苦悶の表情を浮かべている。
「い、命だけは助けてくれ」
男がかすれ声を絞り出した。唇が震えている。
「おまえは、どこの犬だ?」
佐藤は言った。
「い、言えねえ……言ったら殺される……」

どうでしょうか?



78 :名無し物書き@推敲中?:05/03/13 19:03:19
人間を書きたいなら、『人間』が珍しい世界とか、
そう言った舞台が今の漫画世代の考え方ですかね。
おかげで苦労してますよ・・・


79 :名無し物書き@推敲中?:2005/03/22(火) 19:02:32
今日、ハローワークに行った。
前職を辞めてから、半年。鈴木は、ようやく重い腰をあげた。
電車賃を節約するため、一時間ほど歩いた。
到着したときには、すでに疲れきっていた。普段、運動をしないためか、膝が痛んだ

80 :ごろにゃん ◆Mr9V2vK5bw :2005/03/25(金) 11:40:27
>>78
なにその中学生並の発想wwwwwwwwww

81 :名無し物書き@推敲中?:2005/03/25(金) 21:40:47
>>79
帰りも歩いたの?


82 :名無し物書き@推敲中?:2005/03/25(金) 22:29:56
人間を書くなんて当たり前のことだろ。
人間を書かないでどうやって小説書くんだ?
登場人物にリアリティがなくて「人間が書けていない」という批評はよくあるが。


83 :名無し物書き@推敲中?:2005/03/26(土) 00:40:10
>>77
全然だめじゃん。
そこは佐藤の強さを描写すべき箇所でしょ?
ならば、いきなり佐藤にミルコばりのハイキックを蹴らせて、スパーンと男の首の骨を折らせるぐらいの描写が必要です。
或いは裏拳一発で男の顔面が陥没するぐらいは破壊して欲しい。
或いは男の攻撃をかわした瞬間、佐藤の関節蹴りが素早く男の膝を潰すぐらいの事はして欲しい。

とにかく今のままではインパクトが無いなぁ。

明らかにあなたの文章は淡々としているから、せめて格闘シーンだけでもスパイスを利かさないと読む気がしないと思われました。


84 :ごろにゃん ◆Mr9V2vK5bw :2005/03/26(土) 01:11:52
>>82
うーん、一体きみは小説というものを書いたことがあるのだろうか。
もう少し掘り下げて考えてごらんよ。
無理だろうけど。

85 :名無し物書き@推敲中?:2005/03/26(土) 03:44:28
>>84
ここの>>1は小説書いたことがないはずだが?
初期設定は守りなさい。
これだから最近のゴーストは。

86 :名無し物書き@推敲中?:2005/03/26(土) 08:12:44
>>85
相手にするな。
ごろにゃん ◆Mr9V2vK5bw は別スレでも
ずれた発言をしてた。
頭悪いみたいですからw

87 :名無し物書き@推敲中?:2005/03/26(土) 17:36:12
男はナイフを振り上げ、襲いかかってきた。
動きがスローモーションのように鈍い。
百戦錬磨の佐藤の相手ではない。まったくの素人だ。
佐藤はなんなくかわし、振り向きざまに男の薄汚い顔面にハイキックを
お見舞いした。テンプルにクリーンヒットした。
男は車にはねられたかのように吹っ飛び、地面に体を強く打ちつけた。
バウンドした男の四肢が操り人形のように暴れた。
しまった。殺してしまったかもしれない。これでは情報を聞き出すことができない。
佐藤は男に歩み寄った。瞳孔が開き、口から白い泡を吹いている。
だが、死んではいないようだ。全身が微かに痙攣している。
佐藤はチャックを開け、一物を引っ張り出した。
下腹部に力をいれる。勢いよく飛び出した薄黄色の放物線が綺麗な弧を描き男の
顔に濡らした。

意識を取り戻した男が眉根を寄せ、苦しそうに咳き込んだ。
「お目覚めかい?」
「い、命だけは助けてくれ」
男がかすれ声を絞り出した。唇が震えている。
「おまえは、どこの犬だ?」
佐藤は男の顔面を踏みつけながら訊いた。
「い、言えねえ……言ったら殺される……」

どうでしょうか?


88 :名無し物書き@推敲中?:2005/03/26(土) 18:02:55
>>87
あんた何て事をしてくれてるの?
敵だらけの森で佐藤に一物を取り出して放尿をさせるなんて隙を与えて良いんですか?
佐藤が真のプロフェッショナルならば、例え尿意を感じても着衣のまま排出すべきではないですか?
もちろん倒した男には喋らせもしませんね。
大体がですよ、佐藤が休暇中に寝込みを刺客に襲われたってのなら、そりゃあ「何処の犬だ?」って問いただすでしょうけど、敵だらけの森の中と云う設定で、「何処の犬だ?」なんて問いただしますか?
対立する敵が複数いようが、情報が欲しかろうが、速攻であぼーんしてその場を離脱すべきではありませんか?
とにかく今のままでは臨場感に欠けていますね。
それでも表現を変えるつもりが無いのなら、せめて佐藤の一物を「ドス黒く脈打つ」逸物にしては如何でしょうか。
さらに佐藤の放尿に「ジョボジョボ」と擬音を付けるなどをして、セクシャルシンボルとしての佐藤を確立させるのも手でしょう。


89 :名無し物書き@推敲中?:2005/03/26(土) 18:22:12
>>88
改行ぐらいしろよ。

90 :名無し物書き@推敲中?:2005/03/26(土) 20:08:40
格闘技の定石で言えば、先ず自分の身を守り、次に最大の脅威を排除するものだ。
つまり避けてから、ナイフを蹴り飛ばすなり、腕を掴んで捻り上げるなりするべき。
或いは強者の余裕を描写したかったのかも知れないが、せめてどんな風にかわし、どう攻撃したのか分かるように。
作者本人は、TVや映画の1場面を思い浮かべてるかも知れないが、読者にそれは判らない。

相手はナイフを逆手に持って、アイスピックのように降り下ろしたのだろうか?
それとも順手に持ち、袈裟掛けに頸を切りつけてきたのだろうか?
佐藤は左前にサイドステップして、カウンター気味に右ハイキックを……いや「振り向きざま」にか。
ではクロスステップで右足から着地し、身を翻して、相手の後頭部を左ハイキックで蹴ったのだろうか?
きっと自分自身の勢いに、蹴りの加速が付いて吹っ飛んだのだろう。
或いは振り返ったのは、サイドステップして、後ろ回のハイキックを入れたからからかも知れない。
夢枕獏を目指せとは言わないが、これでは「かわした」「蹴った」に装飾しただけだ、手を抜かず描写するように。

最後に「百戦錬磨の佐藤」に「まったくの素人」をナイフ程度の武装で差し向ける組織って間抜けだね。

91 :名無し物書き@推敲中?:2005/03/26(土) 22:33:49
>>90
お手本見せてください。

92 :名無し物書き@推敲中?:2005/03/27(日) 02:11:57
いや、むしろ続きが読みたい。
文章の手直しは後で良かろうに。
>>87は続きを書いてくれ。

93 :ごろにゃん ◆tCZAcoTrdU :2005/03/27(日) 14:04:13
なんだろうな、みんな中学生が頑張ってかいたような文章しかかけてない。
これじゃ教えを乞いても無駄のようだな。

94 :名無し物書き@推敲中?:2005/03/27(日) 14:09:58
夢枕獏ってアクションの描写 うまいの?

95 :名無し物書き@推敲中?:2005/03/27(日) 14:33:07
うまくないだろ。
そして紙面が白いだろ。

96 :名無し物書き@推敲中?:2005/03/27(日) 17:16:07
じゃあアクション描写の上手い作家をおしえて?

今日買ってくるから

97 :名無し物書き@推敲中?:2005/03/27(日) 17:43:01
いや、夢枕獏は巧いだろ。
確かに読み始めた頃は、
「文章の下手な作家だなぁ」
と思ったよ。
しかし読んでいて面白い。
それは同時に作家としては巧いんだよ。
いや、アクションの描写が巧いかどうかは読み直してみないと断言できないけど。
ただ今直ぐ言える事は、シチュエーション造りは巧いと思う。
例えば、男と男が向かい合い決闘をしようと云う場面。
「いつ始めますか?(戦いを)」
「もぅ始まっているよ」
様々な格闘漫画などで描かれる事の多いこのシーン、これは夢枕獏の餓狼伝の引用だろう。
この様に「餓狼伝」は格闘アクションのスタンダードになっているじゃないか。
やはりアクションを描くのなら独創的なシチュエーションを描かないと、読んでいて面白いとは言えないと思う。


98 :ごろにゃん ◆tCZAcoTrdU :2005/03/27(日) 18:01:24
中学生程度の文章しか書けない者たちがプロの文章を語るスレはここですかwww?

99 :名無し物書き@推敲中?:2005/03/27(日) 18:29:53
小説書いたことのない>>1さんが中学生を罵倒するスレはここですよ。

100 :名無し物書き@推敲中?:2005/03/27(日) 18:39:55
          おにぎりの極意!!
     \\   常いかなる時も!!  //
       \\ 爽やかにワッショイ!!/

.       /■\  /■\  /■\   (::::::::::::::::::
      (´∀`∩)(´∀`∩)(´∀`∩) (::::::::::::::::::::
      (つ   ノ (つ  丿(つ  (´⌒;;:::::::::::::::
       /   / (´/   (´⌒;;(´⌒;;:::::≡≡(´⌒;;;
      (_/し'≡(__(´⌒;;(´⌒;≡≡(´⌒;;≡≡
         (´⌒(´⌒;;;::
100ゲット      ズザーーーーーッ

101 :名無し物書き@推敲中?:2005/03/27(日) 19:12:13
獏以外で参考になる作家いる?

102 :名無し物書き@推敲中?:2005/03/27(日) 19:17:58
そもそも格闘技小説そのものが少ない。

103 :名無し物書き@推敲中?:2005/03/27(日) 20:01:00
>>98
まずは書けや。
虚勢は要らないから実力を見せろってこった。


104 :名無し物書き@推敲中?:2005/03/27(日) 20:19:09
テーマ「発熱&頭痛」

目覚まし時計の音で目が覚めた。
上体を起こそうとしたが、鉛を背負っているかのように体が重い。
全身が汗まみれでパジャマが体に貼りついている。不快だった。
こめかみのあたりに疼痛が走り、全身が火照っている。



105 :ごろにゃん ◆tCZAcoTrdU :2005/03/27(日) 20:43:41
うーん、平凡な表現ばかりで語彙が中学生並。
さらに読者を惹き付けるような文章のセンスが決定的に不足している。
残念ながら、駄作としか判定できません。

106 :名無し物書き@推敲中?:2005/03/27(日) 21:08:22
>>105

テーマ「発熱&頭痛」でお手本見せてください。

107 :名無し物書き@推敲中?:2005/03/27(日) 21:24:42
「ママ・・・頭痛い・・・」
滝沢ギャランがのろのろと階段を下りてくると、家族はトースト片手に目覚ましテレビを見ていた。
「なあによ、運動会の練習が嫌だから仮病つかってんじゃないでしょうね」
ママがパン粉をはたきながら詰め寄る。パパは見てみぬふり。
「違うよう。本当に痛いんだよう」
「もう、どれ・・・」
手を額に乗せる。
「あっつ! マジあっつ! パパ大変! パパぁ!」
パパはママの恐慌に連られビビリで声も出ない。

108 :名無し物書き@推敲中?:2005/03/27(日) 23:11:07
春来ぬと
目にはさやかに見えねども
厨の書き込み
驚かれぬる

109 :名無し物書き@推敲中?:2005/03/28(月) 07:54:17
ヒキコモリ厨のオナニースレだな。
>1さん釣れますかw

110 :名無し物書き@推敲中?:2005/03/28(月) 09:11:00
>>1
もっと春休みを有意義に過ごして欲しい。
四月からは中学生かな?おめでとう。
中学に入ると勉強も難しくなるが、頑張って欲しい。
間違いなく君はイジメに遭うだろうし、登校拒否をしてヒキコモリになるだろう。
まぁ君のきしょい気性を考えるとそれが望みなのだろうが。
でも出来ればこの板には来ないで欲しいな。

それだけ。


111 :名無し物書き@推敲中?:2005/03/28(月) 11:41:04
                             / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                      ∧☆∧  < ヤークトパンター完成
                    \(´∀`  )/  \__________
               .     , -,ゝ―-, ,――,――――--、
  , ーヘ、,________∠∠ / l//=7 /7        V 
  (ワ)[)||l,))‐――――┴,―--<_、,ノ,/  /~  @二二二二)―――--,
    ̄"       _ ∠_,゙゙゙゙ゝ゚-゚-゚-´○)_/7__________//  
           /,/,/,/_/      /~/_/_/ ̄\______`_――--<  
           {==={,F―――‐F{=== ,{,=0=}/ ,√Y √Y √Y √ l ,*》 
            ヘ===y\     ヘ===ヘ_0,ノ{ { 0.} { .0} { .0} .{ .0}"ノ
            \==\゙ ̄ ̄ ̄ ̄\==_\∧∧ノ∧ノ,∧ノ ∧ノ/  
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

112 :名無し物書き@推敲中?:2005/03/28(月) 20:59:47
>>105
自分の作品を見せないで、他人の文を駄作呼ばわりしているいつまでたっても駄目だぜ。


113 :名無し物書き@推敲中?:2005/03/28(月) 21:02:28
>>1
ところで、このスレ↓はおまえが立てたのか?
http://book3.2ch.net/test/read.cgi/bun/1111879173/l50

114 :ごろにゃん ◆tCZAcoTrdU :2005/03/29(火) 01:42:51
なんでこんな殺伐としてんだよこのスレwwwwwwwwwwww

もう一度本題に戻す。
おれを作家に仕立て上げてくれ。

115 :名無し物書き@推敲中?:2005/03/29(火) 10:52:52

1.作家になりたい



2.書かない事には作家にはなれない



3.しかし書けない



4.誰も代わりには書いてくれない



5.仕方がない、諦める



6.しかし諦めがつかない



2に戻る


>>1はこのチャートで遊んでいてね。



116 :ごろにゃん ◆tCZAcoTrdU :2005/03/29(火) 13:59:29
なんでこんな殺伐としてんだよこのスレwwwwwwwwwwww

もう一度本題に戻す。
おれを作家に仕立て上げてくれ。

117 :名無し物書き@推敲中?:2005/03/29(火) 14:03:07

       ./'''''i、       ,r" ''i、               ,,,r、
       .|、 .|      .,r" .,,r"             | ゙l、      ,、
     /'"゙"  `゙゙゙゙!  ./''''"  '~゙l ,,,、   ,,,,、      .l゙゙  ~゙゙゙i、 ,ri、 .l'"゙}、
     ゙‐'ーi、 .r‐'''i,!''l.|,,i、 ,i,,,,lr`,l゙ `|  .l" .゙i、,,,,、,,,,、|~゙,!ニi= =ii",l゙ .,i´ ゙l ゙l、
    .,,r'' ̄` `゙"'''゙l,,i!|   .,,,, ||` .,l゙  ゙l  |.| || .゙l| .|.|,,r,,、 ,,,!.|  l、、 |  |
   : ,i´ r‐l、 .,!''r、.゙゙l`゙゙l  |゙ ̄ |、 ゙l-i、 .|  .|.゙'''゙`''゙l゙ ,i´  ゙l .|_.{、 ',,! .,i´ |
   : ゙l、 ヽ'" ,!  ,|  | .|  ゙l  .゙l、 ._,/│ ,i´  .,i´.,/゙r'''-,,`"~`.゙''''~` ,,i´ ,l゙
    .゙ヽ,,,,,,,,r" .,,r" _,l゙  ゙l、 ヽ  ゙‐'"  `''‐"   ゙‐'゙ .゙'r,_.゙"'',!    r'" ,,l゙
        ir''" ._,r"   .゙'i、 .゙'r,、              ゙゙"''"    ゙'-'"
        .ヽr‐"     .゙!i、/".  
    へ          へ|\ へ     √ ̄|        へ
   ( レ⌒)  |\   ( |\)| |/~|  ノ ,__√    /7 ∠、 \ .  丶\      _ __
|\_/  /へ_ \)   | |   | |∠  | |__   | /   !  |     | |_〜、  レ' レ'
\_./| |/   \     .| |( ̄  _) |     )  | |    i  |  へ_,/    ノ   ,へ
  /  / ̄~ヽ ヽ.   | | フ  ヽ、 ノ √| |   ! レノ  |  !. \_  ー ̄_,ー~'  )
 / /| |   | |   | |( ノ| |`、) i ノ  | |   \_ノ  ノ /    フ ! (~~_,,,,/ノ/
 | |  | |   / /    | | .  し'  ノ ノ   | |       / /     | |   ̄
 \\ノ |  / /      | |___∠-".   | |      ノ /       ノ |  /(
  \_ノ_/ /     (____)     し'      ノ/      / /  | 〜-,,,__
     ∠-''~                        ノ/         (_ノ   〜ー、、__)

118 :名無し物書き@推敲中?:2005/03/29(火) 15:00:16
---------------------------------------このスレはもう終わりました----------------------------------------------------------------

119 :名無し物書き@推敲中?:2005/03/29(火) 15:11:25
>>116
まず世界設定を作れ。
キャラクターを作れ。
主役に目的(貫通行動)を持たせろ。
主役の目的達成を邪魔する枷を考えろ。




120 :名無し物書き@推敲中?:2005/03/29(火) 20:43:04
 

121 :ごろにゃん ◆tCZAcoTrdU :2005/03/29(火) 22:32:36
まともな文章書ける奴いねーのかな、この板。

122 :名無し物書き@推敲中?:2005/03/29(火) 23:11:59
主人公がエロ本を買う話でも書けや>ごろにゃん

123 :名無し物書き@推敲中?:2005/03/29(火) 23:39:43
>>121
まずおまえがまともな文章を書いてみろ。

124 :名無し物書き@推敲中?:2005/03/29(火) 23:51:47
世界設定
現代の日本の田舎町。本屋は一軒しかない
キャラクター
主人公:中学生の男の子(普段はまじめを装っているが実はムッツリスケベ)
脇役  下級生の女の子(主役の所属するクラブの後輩で先輩をまじめな人だと信じて尊敬している。本屋の娘)
貫通行動
エロ本を買うこと。

さあ、この状況で物語を作ってみろ。設定は大雑把なんてクレームは却下だ。大雑把だと思うなら自分で継ぎ足せ。


125 :名無し物書き@推敲中?:2005/03/30(水) 00:09:07
>>124
いいねぇ、それ。是非とも書きたい。

126 :名無し物書き@推敲中?:2005/03/30(水) 00:12:53
>>121
とりあえず巧いコピペでも貼って、さも自分が書いた振りでもしとけ。

それぐらいオマエはみっともないんだからよ。

書きもしない厨房は寝てろ。

127 :名無し物書き@推敲中?:2005/03/30(水) 00:25:26
放送作家ですがなにか?

128 :名無し物書き@推敲中?:2005/03/30(水) 00:31:56
>1は消防ですよ。
クラス全員にいじめられて不登校になってしまった哀れなニート候補生です。

129 :ごろにゃん ◆tCZAcoTrdU :2005/03/30(水) 01:58:56
>>124
なにその中学生がウケを狙って考えてみました的な設定www
はー、センスねーなーこの板の連中。
とりあえず文章かけるやつでてこいよオラ。

130 :名無し物書き@推敲中?:2005/03/30(水) 06:31:47
>>129
厨房のおまえのレベルにはピッタリだろ。

131 :122:2005/03/30(水) 09:27:38
仕方ない。
今日から僕が少しずつ>>124のネタで感動的な話を書いてやろう>ゴロニャン


132 :122:2005/03/30(水) 09:32:40
やっぱ世界設定を変更させてちょ。
主人公は高校3年生
後輩は高校1年生

タイトル「18歳の誕生日」

133 :名無し物書き@推敲中?:2005/03/30(水) 11:00:41
>93,>98,>105,>129
「中学生が書いた…」しか言ってねえw
消防の>1は酷評したいならひきこもってないで学校でもうちょっと作文の練習しておきな。

134 :122:2005/03/30(水) 11:03:26
生まれてからこの18年間、僕は耐え続けてきた。
というのもこの国では18歳未満の人間が見たり、買ったりすることを禁止しているものがあるのだ。
偶然、その中の一つが僕の大好きなものだった。
今日から僕は堂々とそれを買うことができる。
僕の人生で最も記念すべき日と言っても過言ではないだろう。
日曜の朝ごはんを食べ終えた後、僕はこの村で唯一の本屋さんに向けてゆっくりと歩き出した

135 :名無し物書き@推敲中?:2005/03/30(水) 11:04:56
ごめんなさい、>>1さんとはお友達になっちゃだめってお母さんがいうの。

136 :122:2005/03/30(水) 11:08:38
あー、めんどー。僕一人じゃ大変でしゅ。
今から塾逝くから誰かその間に支援しといて。

137 :ごろにゃん ◆tCZAcoTrdU :2005/03/30(水) 11:25:28
>>134
きみさー、そんなさー、中学生が一生懸命作文を書いてますみたいな文章書いてて
恥ずかしくないのかなー?
この板って小説かける奴ほんとにいるのか?
つーか、134みたいな文章しかかけない奴は何故この板にいるの?
小説を書くことを諦めきれないからか?

138 :名無し物書き@推敲中?:2005/03/30(水) 11:30:22
ときおり出くわす見ず知らずの村人の視線がなぜか気になってしまう。
気持ちは焦り自然と早足になる。

本屋が見えたころには僕はすっかり汗だくだった。
「大丈夫、僕は18歳になったんだ。何もやましいことなんてない。」
そう自分に言い聞かせ深呼吸する。高まる鼓動を落ち着かせながら僕は店内へと足を踏み出した。

139 :名無し物書き@推敲中?:2005/03/30(水) 11:42:40
>>137
飛べ

━━━━┓⌒ζ
┓┓┓┓┃
┓┓┓┓┃
┓┓┓┓┃
┓┓┓┓┃
┓┓┓┓┃
┓┓┓┓┃
┓┓┓┓┃
┓┓┓┓┃
┓┓┓┓┃


140 :名無し物書き@推敲中?:2005/03/30(水) 12:10:04
>>1
     \ヽ      /: : : : : V: : : : : :ヽ,. /l
        ヽ l:i,  l: : : : : : : : : : : : : : :V: : l ヽ丶
          l: :ヽ,l: : : :ハ: ::/`'-、: : : : : : l  \ヽ  / ̄ヽ,
.       + l : : : :/V  Y   ヽ/l: : : : l  __|__  / あ │
          l:: : :i',-‐ヘ   '二 ̄ l: : : : l   │ │  l.  │
             i:: : l 三/    ̄   .l: : : :レ'l     │  |.  │
          ,__i;: ::l , , ,ヽ   ' ' '   レ`i: : :l     <.  |.  |
    \\.  ヽ; : : :l  、--‐r     ソl: :/       l,    l
      \ヽ   丶、l,   `' ‐'゛     ,i-'/      ヽ,_/
       ヽ丶    ヽ,     _, -ヲ|:_:フ
-‐‐- 、     \     ヾ,. ‐-‐' /^ |
     ヽ          |ヽ    _______|、
チな小│ ┼      ,-┴‐`'二;;:::::::::::::`l   _ ,,,.--‐- 、
ク.り.説. |\       ,l:::;;;:::::::::::::_;; --‐' ゛ ̄
シた.家 ゝ ヽ    , -'` ‐-‐ '  ̄, -‐          : :..
ョ.い に |   丶,-‐'       .,     N /l
.l. な  ./   ,-'  ./i ,-,    .::l  .,- ,i _Y /--、
、 ぁ ./    l  .,-┤レ /ァ  .:::i  >-(___)_‐<:.   ,-‐
.`‐-‐ヘ    |  .>-(゛`i 二>      ̄/λヽ; ̄:. .::,-'ヽ、
    ヽ   │ !イ`l'"ト-'  .:: :.... . . .レ'.:: ヽl. ...;-' :. :::.l:ヽ
      ┼   |  ..:l,λ/      .:           ::l
        |  :::|               :  ::    l
        l  ::::l              ..::  :..:   l


141 :ごろにゃん ◆tCZAcoTrdU :2005/03/30(水) 13:27:11
>>138
きみさー、そんなさー、中学生が一生懸命作文を書いてますみたいな文章書いてて
恥ずかしくないのかなー?
この板って小説かける奴ほんとにいるのか?
つーか、138みたいな文章しかかけない奴は何故この板にいるの?
小説を書くことを諦めきれないからか?


142 :122:2005/03/30(水) 23:06:42
「いらっしゃいませー」
虚しい、明らかに女の声だった。男だったら良かったのに心底そう思った。
女より男の方が良いなんて思ったのは何年ぶりだろう。
顔を合わせないように素早く店の奥に移動する。
大学進学などと書かれ本とにらめっこするが、
その内容は全く頭に入ってこない。
参考書の棚の隣に短いカーテンに区切られた部屋がある。
それはとても儚げに揺れていて、僕をそそる。
少し横を向けば中が見えてしまいそうだ。
そんなことを考えている時に不意に女の子の声が聞こえた。
その声はさきほどの定員と同じ声だった。
「先輩!何読んでるんですか?」

143 :名無し物書き@推敲中?:2005/03/31(木) 11:21:06
>>1が立てたスレ」について各界の反応

総理大臣/小泉純一郎さん 「何で今さら、こんなスレが出てくるのか分からない」
自由党党首/小沢一郎さん 「(事務所を通じて)コメントする価値を見いだせない。」
東京都知事/石原慎太郎さん 「くだらないねえ。何が楽しみでこんなレスしてるのかな。連中は。」
日銀総裁/速水優さん「頭の中までデフレが浸透していると、再認識せざるを得ない。」
ソニー会長/出井伸行さん 「ブロードバンドが普及すれば、こういう削除も速くなると思う。」
タレント/デーモン小暮さん 「わが輩が地球を征服した暁には>>1から処刑するぞ。グハハハハ。」
新しい教科書を作る会/西尾乾二さん 「このスレほど戦後民主主義教育の欠陥を表しているものはない。」
元グリーンベレー/柘植久慶さん「海外にはこの程度の変質者はコンビニにもいる。日本が平和すぎた。」
女優/広末涼子さん「こういう人がいる日本って、やっぱりすごすぎると思う。」
プロデューサー/テリー伊藤さん「>>1は本当にバナナの皮を踏んで滑ってこけそうな人だよね。」
マルチタレント/大橋巨泉さん「俺は>>1みたいなやつがいるから日本にいたくないんだ」
財務大臣/塩川正十郎さん「もうよろしやろ?」
元大阪府知事/横山ノックさん「いつまでこんなコトしているんだ!」
元ホステス/福田和子さん「>>1みたいなんが、盗聴するんや。危ない危ない。」
前総理大臣/森喜朗さん「>>1のような子供を作らないために教育は私立に任せるべきです。」
元保険外交員/林真須美さん「>>1がおったからカレーに毒入れたんや。」
元公務員/宅間守さん「ほんまは>>1を殺したかったんや。」
元教祖/松本智津夫さん「>>1は今後も駄レスを書きこむだろうからポワしなさい。」
学生/ゾマホンルフィンさん「いいですか!私は>>1が駄レスする事を許してはいけないと思う!」

144 :名無し物書き@推敲中?:2005/03/31(木) 11:31:21
閣下……。

145 :名無し物書き@推敲中?:2005/03/31(木) 11:38:13
このスレッドは天才チンパンジー「ごろにゃん」が
言語訓練のために立てたものです。

ごろにゃんと研究員とのやり取りに利用するスレッドなので、
関係者以外は書きこまないで下さい。

                         霊長類研究所


146 :名無し物書き@推敲中?:皇紀2665/04/01(金) 09:16:56
>>141
その文章では人の事いえないと思いますよw


147 :名無し物書き@推敲中?:皇紀2665/04/01(金) 17:40:24
翔太は、奈緒を後ろから羽交い絞めにした。
妹のぬくもりを全身で感じ、つい顔がにやけていまう。
なんて芳しい香りなんだ。翔太は恍惚の表情を浮かべた。
「やめてよぉ、お兄ちゃん」
身をくねらせながら奈緒が訴える。
「プロレスごっこだよ。よくやっただろ、むかし」
翔太は、艶やかに光る奈緒の黒髪に鼻を埋めながら言った。
シャンプーの香りが鼻腔に入りこんでくる。
すでに股間のものは大きくなっていた。
常軌を逸した行為だと自覚していたが、身体がいうことをきかない。
「子供じゃないんだから、もうやめてよぉ! 奈緒、中学生だよ!」
奈緒が強い口調になった。しかし、翔太は離そうとしない。
それどころか翔太の欲望はさらに激しさを増していった。
後ろから奈緒の乳房を鷲づかみにした。柔らかい。
あどけない顔立ちには不釣合いなほど大きなバスト。
「やめてーっ!」
奈緒は悲鳴に近い声をあげた。
「静かにしろよ」
翔太は落ち着いていた。
片田舎の一軒家。両親は畑仕事に出かけている。
隣家との距離はおよそ三十メートルはあるだろう。
抵抗する妹の背後で翔太はニヤリと笑った。

どうでしょうか?



148 :ごろにゃん ◆tCZAcoTrdU :皇紀2665/04/01(金) 19:22:14
うーん、中学生の文章。

149 :名無し物書き@推敲中?:皇紀2665/04/01(金) 19:35:00
簡単な話だ。ホッチキスで製本して、
コソっと本屋に置いてくれば君はもう
プロの作家だ。
みんなそうやってデビューしてるんだよ。

150 :名無し物書き@推敲中?:皇紀2665/04/01(金) 21:26:22
>148
満足に煽ることもできないのか?
せっかくの釣りスレなんだからもう少し頑張ってみろよごろにゃんw

151 :122:皇紀2665/04/02(土) 02:37:46
ごろにゃんは中学生に深い興味を抱いている様子w

>>147
142の続きとして書いてる場合。
設定から大幅にずれてるよ。それじゃぁ、ただの変態じゃん。
これの主人公はもっと純粋なんだから。

142の続きでない場合
えっちい過ぎじゃー
こんなお兄さんにはなりたくない。

152 :名無し物書き@推敲中?:2005/04/02(土) 04:42:37
明らかに違う話だろ…
でもまあ>142でも>147でもいいから続き書いてくれよ。
きっとまたごろにゃんが低能な批評をしてくれるだろうしね。

153 :名無し物書き@推敲中?:2005/04/02(土) 07:29:04
>ごろにゃんは中学生に深い興味を抱いている様子w
 確かになw

154 :名無し物書き@推敲中?:2005/04/02(土) 16:30:34
何なんだここは?
「中学生の文章or作文」しか書けない奴を、作家に出来るものなのか?

155 :名無し物書き@推敲中?:2005/04/02(土) 18:26:55
>154
ごろにゃん自演乙。

156 :名無し物書き@推敲中?:2005/04/03(日) 15:06:21
>>142の続きを書いてみました。

 声の主を見て、僕が心臓が止まりそうになった。
「富沢!?」
 そこにいたのは、僕の所属する科学部の一年生、富沢萌(とみざわ もえ)だった。
「アルバイトか?」
「違いますよ。ここ、あたしの家です」
 は! そういえばここの店名は富沢書店。なんてこった……
 やばいぞ。富沢の奴、僕が十八禁コーナーに入ろうとしていのに気がついたのか?
「やっぱり先輩は違いますね。うちのクラスのアホどもとは」
 え? なにを言ってるんだ。
「クラスメートも時々買い物に来るんですけど、あいつらは漫画とかラノベしか買わないんだから。
こんな難しい本のコーナーなんか足を運ぼうともしませんよ」
 ど……どうやら、ばれてないようだな。
「そ……そうなのか。あはは」
 怒涛のごとく冷や汗を流しながら僕は力なく笑う。


157 :ごろにゃん ◆tCZAcoTrdU :2005/04/05(火) 11:23:33
非常に残念、中学生の文章そのものです。

158 :名無し物書き@推敲中?:2005/04/05(火) 11:51:27
>>157
じゃあおまえが続きを書いてみろ

159 :名無し物書き@推敲中?:2005/04/08(金) 13:39:05
終了

160 :ロッテブルガリアトウガラシ:2005/04/08(金) 16:35:11
・ 怒涛のごとく              

アクションシーンではないあの場面で無理に勢いをつけなくていい。
滝のように のほうが月並みだけど安っぽい感じは消える

・ え?何を言ってるんだ。

コイツは私も苦労しましたが、残念ながら157の発言の通り中学生っぽく見られてしまう。

 私もこれ以上はいえません。私も勉強途上です。
私の一意見ですが、ここに来ている私も含めたみんなが
勉強できるスレッドになればいいと思います。
誰か実際に文章を書いている方のご指導をお待ちします。

161 :名無し物書き@推敲中?:2005/04/09(土) 02:07:12
ごろにゃんってウンコだな
氏ねよ

162 :ごろにゃん:2005/04/09(土) 21:04:01
>>160
非常に残念、中学生の文章そのものです。

163 :名無し物書き@推敲中?:2005/04/09(土) 21:04:45
   iii■∧  ハニャーン!
         (( (*´。ヷ) ))  ハニャーーン!!
          ,ノヽ)(/ヽ、    ハニャーーーン!!!
 ダッコデ   ⊂ノ;'ξ゙ヾ、_つ
  マターリ,__y、、;:..、),,,,;;ヽ  ぶりぶり
       iii■∧¨.、,_,,、_,,r_,ノ′   〜・
      (*゚ー゚) i;i;i;i; '',',;^.ヽ
      ノつ,:゙ゞy、、;:..、);":;.:; }    〜∞
      O,/;:;":;.:;";i; ';":;.:;";i; );_~ヽ
      ゙{y、、;:...:,:.:.、;:..:;":;.:;";i~,:.;,__、
   ∞〜 ;,___,,、_,,r_,ノ′ ,.;;  iii■∧エルメェスぐらい余裕ですよ。
      /;:;iii■.∧";,__;_~;;;′.ヽ(゚Д゚,,)
   ∬ ゙{y、ミ,,゚Д゚彡:,iii■ ∧..;;;; 、}と  |
     ".¨O(O,,''‐vミ゙ヷ*ミ_,,,r_,ノ⊂_ノ〜
ガツ / ;i;i; '',',;;;_~⌒¨;;;;;;;;ヾ.ミ゙´゙^′..,,,,,,,ヽ ヽ。;,.ジョバジョバ
  ガツ ゙{y、、;:...:,:.:.、;:..:,:.:. ._  .、);;;;; ;;;;;} ヽ。゚
ii■∧,, ".¨ー=v.:,:.:.、;:..:;'冫_._ .、,_,,v,,,,;;ノ ミ゚;・:・,;, ピチャピチャ
(*゚皿/;i; '','O( ¶ ¶   〈 (・)》 ((・)〉|;;;ヽ iii■∧,,..、、,,.,      ,;
/ ;; づ{y、、iii■ ¶ ¶  "" ̄≡|≡≡|;;;;;;;;;(゚O^*);;;;   )〜
O,,* ⊃ヾと(゚ー゚と⌒ ウボァー )~ζ,...,,rノつ●と‐-とノ`●;●,,


164 :名無し物書き@推敲中?:2005/04/09(土) 21:49:41
>>160

@書き出しは力強く、
A一文は短く(原則として単文で)
Bよけいな形容表現(比喩を含む)を使わない。

まずは、この3つを守って書いて見てください。
最近は変な比喩がカッコイイと思っている人がいるらしいのですが、
下読みの人は食傷気味だそうです。

165 :名無し物書き@推敲中?:2005/04/10(日) 00:57:29
なんだお前ら、まだごろにゃんで遊んでいるのか。
しかし、書けもしない奴がなんで創作板にいるのか、答えてよごろにゃん。


166 :名無し物書き@推敲中?:2005/04/10(日) 09:51:42
書きたくても書けない奴が嫌がらせに来たんじゃないのか?


167 :ロッテブルガリアトウガラシ:2005/04/16(土) 11:11:05
>>164 @ABについてはわかりました。確かに最近比喩を使う人が多いですね。
でも、私が書いたのは小説ではなく、私の分かる範囲で
こうしたほうがいいという助言です。
 その助言の文章の中で変な比喩は使っていないつもりです。


168 :名無し物書き@推敲中?:2005/04/19(火) 15:24:42
ごろにゃんはもういないのか?

169 :名無し物書き@推敲中?:2005/04/19(火) 23:04:16
まじレス

まず人生を楽しめ。
一所懸命に仕事をしろ。
人を愛し子供をつくり家族を育め。
そして何か一つでも誰にも負けない自身がついたら、
自分の力を全部出して<じっくり考えて文章を書いてみろ。
その時、お前は作家になっている。

170 :気狂い(きちがい):2005/04/20(水) 22:35:48
>>139
とてもすばらしい

ttp://www.geocities.jp/clamp0x

暖かい言葉をかけてあげて下さい

「・・・」
 レジに叩き付ける勢いで置かれたエロ本に驚き、視線を購入者に向けて再度驚く。
 先輩であるはずの男性が表紙を上にして堂々とエロ本を買う行為は対応に困る出来事だった。思考が止まって時間を忘れる。
「さっさと会計しろよ」
「・・・」
 その後の事は覚えていない。手には血にまみれた六法全書があったけど店内は静かだった。

こんな感じですか?
>>139が面白くてアイデアが浮かびませんでした

171 :名無し物書き@推敲中?:2005/04/23(土) 17:38:56
        ☆ チン  〃  ∧_∧   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
          ヽ ___\(\・∀・)< >>156の続き マダー?
             \_/⊂ ⊂_)_ \_______
           / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/|
        |  ̄  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄:| :|
        |           .|/

172 :名無し物書き@推敲中?:2005/04/24(日) 17:46:38
エイズになって、治ってごらん、きっと、体験記が売れるよ。
さあ、二丁目の立ちんぼ兄ちゃんとしたくなってきたでしょう、走って行きなさい。

173 :名無し物書き@推敲中?:2005/05/05(木) 14:15:51
二丁目に立ちんぼなんているのかい?

174 :名無し物書き@推敲中?:2005/05/06(金) 05:14:05
相手を探してさまよっている立ちんぽならいるかもしれない。

175 :ごろにゃん ◆tCZAcoTrdU :2005/05/10(火) 01:31:00
うーん、中学生レベルの文章しかかけないのに、なんでみんなこんなに偉そうなんだろ?
もしかして自覚してないのかな?
自分が恥ずかしい文章を書いてるってことに?
久しぶりにスレをざっと見てみたけど、164は最高に痛いね。何様?
なんか知ってるふうな口ぶりが幼い。
その程度の奴に語られてる160もショボイけど。

176 :名無し物書き@推敲中?:2005/05/10(火) 11:33:24
>>175
だったら手本を見せてみろ。


177 :名無し物書き@推敲中?:2005/05/10(火) 13:59:20
いいや、じゃオレがやる


178 :名無し物書き@推敲中?:2005/05/10(火) 14:20:53
ポジティヴですがなにか?

179 :名無し物書き@推敲中?:2005/05/11(水) 06:40:49
>>1がお手本示しに来ないから勝手に拾ってきてやったぞ。
81 : ◆Mr9V2vK5bw :03/01/03 23:08
>>72
そう、実行。
ファウストはゲーテが挑むに相応しい題材(貪欲に知行合一窮めんとする人間とその魂を狙う悪魔の物語)ではあったのだろうが、
肩に力が入りすぎて思わせぶりに終始してしまった感はあるよね。もしくは、巧く伝える術が足りなかったか、我々読者が未熟なのか。
読んだ内容を、一枚の絵として眺めてみると、何やらすごそう。だとは思います。ゲーテは説明書をこの作品に添付するべきだ。
173 : ◆Mr9V2vK5bw :03/01/03 23:45
羊あげ。

レキシントンの幽霊とノルウェイに通じるものがある軽さ。
新しいガールフレンドの耳は面白い発想だとは思う。
自分の魅力を自由に出したり引っ込めたりできちゃう。俺も欲しい。

しかし絵が最高。佐々木マキ。春樹は鴉だ羊だのワケワカランもこと吐くけど、
佐々木マキはメェッと平らげてるね。
春樹の小説から得るモノは期待していないから、子供が将来できたら、こういう本から文字に慣らそう。
変な影響力もないし。
352 : ◆Mr9V2vK5bw :03/01/03 13:49
大本教の出口王仁三郎が書いた『霊界物語』はすごい。
ゲーテのファウストよりわけわからんが、量に圧倒される。
あ、天理教の話か。スレ違いすまん。

180 :名無し物書き@推敲中?:2005/05/11(水) 06:41:54
35 :独学者 ◆Mr9V2vK5bw :03/07/26 03:29
>>34
タルトルは「城から城」以外にも頻繁に出てくるワナ
ほとんど悪口だけどナー
191 :騙された人 ◆Mr9V2vK5bw :03/09/11 02:26
>>188
文学のどこに芸術性を見出すかによって違ってくるでしょう。
190さんの意見は極論だと思うんですが、
文学に対するアプローチの方法は多種多様ですから、
まずはそこを調べてみてからでも遅くはないと思いますよ。
34 : ◆Mr9V2vK5bw :03/01/03 15:30
環境問題でしょ。
97 : ◆Mr9V2vK5bw :04/06/29 22:16
a
134 名前:騙された人 ◆Mr9V2vK5bw :05/01/14 21:20:01
阿部センセ受賞おめでとうございます。
それにしても、
「野ブタ」と「花とミツバチ」は全く別物だと思うが。
135 名前:吾輩は名無しである :05/01/14 21:23:36
「花とミツバチ」じゃなくて「カメレオンアーミー」。多分。

136 名前:騙された人 ◆Mr9V2vK5bw :05/01/14 21:24:55
あ、そっちね。
といっても納得しないけどなw
全く別物だと思うし。

181 :名無し物書き@推敲中?:2005/05/11(水) 06:42:38
97 :騙された人 ◆Mr9V2vK5bw :05/01/14 23:43:17
芥川賞スレで他所でやれと言われたからこっちに書くけど、
簡単に言えば、
話が似ているからといってパクリとは言い切れない
ということ。
101 :騙された人 ◆Mr9V2vK5bw :05/01/14 23:49:27
アゴだけかよw
2 :ごろにゃん ◆Mr9V2vK5bw :05/03/13 01:07:48
よむきしないおー
ぼくのすれきなよ
5 :ごろにゃん ◆Mr9V2vK5bw :05/03/13 01:09:00
みろ!!!!!!!!!!!!!1
>>2−4まで一秒おきのレス!!!!!!!!!!11


339 :J ◆Mr9V2vK5bw :04/08/08 20:11 ID:EzCx+FZy
縦に読むんだろ。わかってるよ馬鹿が。
見事にひっかかったな(失笑


182 :名無し物書き@推敲中?:2005/05/11(水) 07:57:12
>>169
そんな奴の小説なんて読む気にならんよ

183 :えいいち:2005/05/13(金) 02:05:00
>>164
空気を読んでいない僕が言うのもなんだけど、
海外の小説(和訳)に喧嘩を売っているのか?
僕はAだけ指示しないな。
サリンジャーを読んでみるんだ。
一文が長すぎて脳溢血で倒れちゃうぜ。

>>182
じゃあ読むなNEETめ。

184 :えいいち:2005/05/13(金) 08:30:46
>>164
空気を読んでいない僕が言うのもなんだけど、
海外の小説(和訳)に喧嘩を売っているのか?
僕はAだけ指示しないな。
サリンジャーを読んでみるんだ。
一文が長すぎて脳溢血で倒れちゃうぜ。

>>182
じゃあ読むなNEETめ。


185 :えいいち:2005/05/13(金) 09:40:04
>>164
空気を読んでいない僕が言うのもなんだけど、
海外の小説(和訳)に喧嘩を売っているのか?
僕はAだけ指示しないな。
サリンジャーを読んでみるんだ。
一文が長すぎて脳溢血で倒れちゃうぜ。

>>182
じゃあ読むなNEETめ。

186 :えいいち:2005/05/13(金) 10:20:29
>>164
空気を読んでいない僕が言うのもなんだけど、
海外の小説(和訳)に喧嘩を売っているのか?
僕はAだけ指示しないな。
サリンジャーを読んでみるんだ。
一文が長すぎて脳溢血で倒れちゃうぜ。

>>182
じゃあ読むなNEETめ。



187 :名無し物書き@推敲中?:2005/05/14(土) 22:05:43
ゴレンジャーなら知ってるけど

188 :名無し物書き@推敲中?:2005/05/16(月) 21:26:19
小説は書いてなくても生きていけるよ。
書くのって思ったよりたいへんだし。


189 :名無し物書き@推敲中?:2005/05/16(月) 21:36:15
サリンジャーって厨房の頃に読んだな。
ナインストーリーだっけ?
もう覚えていないな。


190 :吾輩は名無しである:2005/06/13(月) 11:32:24
0-

191 :名無し物書き@推敲中?:2005/06/28(火) 18:59:13
俺もちょっとチャレンジしてみよう。

「所長は骨董品に興味がおありですか?」
事務員のあけみが雑誌から目を離さず無邪気に聞いてくる。
彼女は短大卒業後事務所でアルバイトをしていたが、居心地がよかったのか
そのまま正社員になってしまった。なかなか優秀で経理、お茶くみ、書類の整理など
一切をこなしてくれる。もはや彼女なしではこの事務所は機能停止してしまうだろう。
「まあ、綺麗な物には興味があるな。」
そう言って所長の和馬は机に花柄の壺を置いた。
実はこの壺は今回依頼者から預かった物だった。
―この壺の持ち主を探してほしい―依頼主の沢木は開口一番そう言った。

どうでしょうか?

192 :名無し物書き@推敲中?:2005/07/01(金) 00:25:14
>>191
マルチポストうぜー。

どうもこうもない。3〜5行目は設定資料か?
それと、「骨董品に興味」の返答として
「綺麗な物には興味」と答えた時点で
探偵の底の浅さが知れる。

 ま、もうちょっと本を読みなさいってこった。



193 :駄スレジャック:2005/07/07(木) 23:42:53
俺は191だが、今からこのスレは俺が自由に使わせてもらう。
どのみちここは完全に過疎ってて誰も利用する者はいないのだから、俺が何を書いてもいいはずだ。
今まで酷評スレを利用してたけど、あそこは小説家を目指してるか、あるいは希望してる者が利用するところ
だしなぁ……あんまり勝手に書き込むことはできないし……
俺はただ書きたいだけなんだよ……自分が書いたものを人に見て貰えるのがこんなに楽しいとは
知らなかった……だからここで俺は好き勝手に書きたい事を書かせてもらう事にする。以上
 それと、向こうのスレでレスくれた>>247>>248>>249>>250>>251さん
レスありがとうございました。


194 :駄スレジャック:2005/07/08(金) 01:11:03
寝る前に少し書き込んでおくか……
向こうで批評されて思ったんだが、あっちは本当に目利きが多いな。
誰かが俺の文章を見て、ライトノベルを見てるような気分になると言ってたが、
まさしくその通りなんだよな。
ないとは思うが、いつか俺が本気で本を書きたいと思ったとしても、小説は書かないだろう。
ライトノベルか、ゲームのシナリオか……そういった物を書きたいと思う。

195 :駄スレジャック:2005/07/08(金) 23:08:17
さて、書くとするか。小説の基本は描写という事は分かった。
残念ながら、今の俺はまったくそれができていないようだ。
しかし、今はそれでまったく問題ないと思っている。
いや、誤解のないように断っておくが、それが必要ないとは考えていない。
例えが悪いが、麻雀の場合、手順が基本となる。手順が悪ければ、その人がどんなに一生懸命であっても
トータルで必ず負ける。手順は基本中の基本だ。他にも鳴きの巧拙、状況判断、メンタルの強さ等が必要となるが
まずは手順を良くすることが大事なのは言うまでもない。
しかしこの手順、麻雀を覚えたばかりの人間に教えたところで果たして意味があるだろうか?
おそらく全く理解して貰えないだろう。まずは麻雀に慣れる必要があるのだ。
小説もきっと同じだと思う。まずは思いつくだけの駄文をどんどん書いていき、限界を感じたら基本を
身につけていけばいいのだ。まだ俺は初心者なのだから、どんどん思いついた事を書いていけばいい。
―好きこそ物の上手なれ―
誰が言ったかは知らないが、正しいと思う。好きであれば何時か文章も描写もできるようになるだろう。
まぁ、読書はしなければだめなんだろうけどねw


196 :山ア渡:2005/08/17(水) 22:28:59
ぬるぽ

>>196
ガッ

197 :名無し物書き@推敲中?:2005/09/12(月) 11:37:09
どういたしまして

198 :無名草子さん:2005/10/09(日) 12:26:47
肝心の理由が書かれていないのが残念だな

199 :名無し物書き@推敲中?:2005/10/31(月) 20:26:24
僕は鳥になりたい。そう、鳥のように大空を舞い、鳥のように自由に生きたい。
そして、言う。ピーッと。ピーヅ、アホ〜、クックック。

200 :名無し物書き@推敲中?:2005/11/17(木) 04:59:17
>>143
身悶えしてワロタ

201 :18歳の誕生日:2005/11/17(木) 15:38:13
 家を出る時から、緊張していた。
歩道を歩く時も、後を振り返り、振り返りしながら歩いていた。そのせいで何度もつまづいて転びそうになった。
 ようやく、目的の本屋にたどり着いた時には、全身汗みずくになっていた。
季節は折りしも盛夏。振り注ぐ陽光は、容赦なく体から水分を奪っていった。
 
俺は、基本的に夏休みの間は、家でだらだらして過ごす事に決めていた。
夏休みの、しかもこんな晴れた日に外出する事は、よっぽど大切な用事が無い限り、無い。
しかし、今日は違うのだ。行かなければならないのだ。この村に唯一の本屋である、富沢書店へ。
何故、こんな事になってしまったか、説明しなければならないだろう。
それは、一昨日。夏休み期間中の一日登校日の出来事だった。


202 :18歳の誕生日:2005/11/17(木) 15:40:02
「よう健一! 誕生日、おめでとう!」
親友の幸太が、朝一番に声をかけてきた。教室の隅に位置する、自分の机に座り、ぼーっとしていたので、驚いた。
「あっ? なんだって?」
「だから、誕生日だよ。おめでとうって言ったのさ。」
ああ、そう言えば今日は俺の誕生日だったな、と思った。せっかくの誕生日が一日登校日だなんて、まったくもって運が悪い。
まぁ、家にいてもごろごろしているだけだし、18歳にもなって、家族でパーティーと言うのも格好がつかない。
これはこれで良いのかも知れない。
「おまえさ、俺より早く18歳になったんだから、エロ本勝ってこいよ。」
「はぁっ? 何言ってんだお前? むしろお前が、誕生日プレゼントでエロ本よこせってんだ。」
「馬鹿。俺が買ったら法律違反だべ。ってか富沢書店のおっさん、売ってくれないって。」
「馬鹿も休み休み言え。」
俺は幸太の相手をするのを、そこで辞めた。


203 :18歳の誕生日:2005/11/17(木) 15:41:29
やがて先生の講話が始まった。なんとなく、退屈な話をしばらく聴いていたが、おかしな事に気付いた。
教室の連中がちらちらと俺の方を見ているのだ。最初は勘違いかと思ったが、明らかに俺の方を見ている。
 講話が終わる頃には、俺のイライラは最高潮に達していた。
先生が出て行くと同時に、俺は教室全体に叫んだ。
「お前ら、なんだって人の事じろじろ見てんだよ!」
一瞬、教室は静寂につつまれたが、クラスメイト達の口は、すぐにクスクス笑いに転じた。
俺は、呆然としてそれを見ていた。なんだって言うんだ。理解できない。
 やがて、クラスの中でも体育会系色の濃い、龍一の声が聞こえた。
「健一ぃ。お前、エロ本ひとつロクに買えないんだってなぁ。」
「はぁ?」
俺は幸太の方に顔を向けた。そっぽを向いて、口笛吹いてやがる。
「度胸のねぇ奴だよなぁ、皆。」
龍一がそう言うと、皆ははじかれた様に、爆笑した。
「お、俺は別にそんなもん、興味ないし。」
「おいおい、エロ本に興味ないんだって。こいつ、男じゃないぜ!」
また、皆の爆笑。
「そりゃ…少しなら、あるけどさ。」
「あ、そう。じゃあ、買って来いよ。」
「なんでそうなるんだよ!? 意味わかんねぇよ!」
「あ〜あ、度胸無しだな。」
またまた、皆の爆笑。
「度胸無しじゃねえよ!」
「言ったな? 言い切ったな? じゃあ、買って来れるな?」
「だ…だからなんで…」
「おい皆!エロ本買った事あるかぁ?」
龍一の呼びかけに、そこここの席から、あたりまえじゃん!、とか、あるよー、とか声が聞こえてきた。
女子はさすがに笑っているだけだが。
「ほら、皆買ってこれるんだぜぇ? お前だけだぜぇ?」
俺はきっかり5秒間、沈黙していたが、やがて言った。
「……わかったよ! 買ってきてやるよ!」


204 :18歳の誕生日:2005/11/17(木) 15:43:21
富沢書店の前で、がちがちに緊張しながら、昨日の事を反芻していた。
「あ〜あ、あんな事、言うんじゃなかったなぁ。まさか幸太の馬鹿が、講話中に手紙回してるとは思わなかったよなぁ。」
幸太は昔から、時々、度が過ぎたいたずらをする。俺を餌にして。
それでも何故か、周囲には親友といって憚らない仲なのだ。
何故だろう。自分でも疑問だ。
店の自動ドアをくぐった。冷たい空気が体を包み込む。普通の精神状態なら、生き返った気持ちになるのだろうが、
今の俺にとって、冷たい風は、緊張を増幅するものでしかなかった。
とりあえずコミックコーナーで立ち読みをする。そろそろと移動して、小説の立ち読みをする。
ちなみに、立ち読みをした本の内容は、まったく頭に入ってこない。と、言うか、逆に持っていても気付かないかもしれない。
こんな事をしていては、一生買えない! と思い、思い切って18禁コーナーに飛び込んだ。
そこに居並ぶおっさん達の視線を受け止めた瞬間、思った。
(だめだ。買えない。)
 俺は、とぼとぼと雑誌コーナーに歩み寄り、週間少年ジャンポを手にカウンターに向かった。
「あ、先輩。」
可愛らしい声が、耳に飛び込んだ。俺は俯いていた顔を上げた。
「いっらっしゃいませ!」
見惚れてしまうほど、無垢で美しい笑顔。天体観測部の後輩の、富沢美香だ。
「あ、あぁ。そう言や、お前この店の…」
「はい。ここ、私の家ですよ。」
そう言って、美香は、手元の週間少年ジャンポに視線を落とした。
ジャンポをじっと見つめて、何か考える表情をしている。
「はやく、会計済ませてくれよ。」
「あ、す、すいません。」
とにかく早く家に帰りたかった。俺の胸の中は敗北感でいっぱいだった。


205 :18歳の誕生日:2005/11/17(木) 15:44:33
紙袋に包まれたジャンポを手に、とぼとぼ土手道を歩いていると、後から声が聞こえてきた。
「せんぱーい!」
俺は後ろを振り返った。美香が、走って追って来ていた。
「はぁ、やっと追いついた。」
美香は、それだけ言うと、腰を折って、はぁはぁと肩で息をした。
「どうした? お釣りが間違ってたか?」
「そうじゃなくて、ちょっと言いたい事があって…。」
「なんだよ?」
「私と、付き合って下さい。」
きっかり10秒後、俺は、ようやく口を開いた。
「はっ?!」
「私を、彼女にして下さい。」

家に帰り着くと、幸太と龍一、その他数人のクラスメイトが待っていた。
 幸太は開口一番、こう言った。
「で、エロ本は?」
俺は、苦笑した。
「このバカ幸太。先に言えってんだ。」
「それじゃ、意味無いじゃん。」
そう言って幸太は、朗らかに笑った。龍一も、みんなも笑った。
 詳細はこうだ。


206 :名無し物書き@推敲中?:2005/11/17(木) 15:51:45
>>205
もう続きはいい。
詳細は読まなくてもわかる。

207 :名無し物書き@推敲中?:2005/11/17(木) 21:17:51
>>205
セリフに頼り過ぎ。
ト書き状態になってるよ。
いかにセリフを削って情景描写出来るかが今後の課題だね。
でも、もうここで発表すんなよ。某版に逝ってやってくれ。

208 :名無し物書き@推敲中?:2005/11/24(木) 22:34:45
模写?って上達に効果あり?
難解な小説じゃないと意味ないのかな?
文学界新人賞作品とかでも
読みやすい小説だと書き写してて
ピンとこない
好きな小説なのだけど

209 :名無し物書き@推敲中?:2005/11/25(金) 12:13:11
ttp://www.starchild.co.jp/artist/horie/information/index.html

210 :名無し物書き@推敲中?:2005/11/25(金) 13:10:50
>>205
面白かったよ。
何か初めてエロ本買った時のこと思い出したww

211 :名無し物書き@推敲中?:2005/11/25(金) 15:14:05
>>208
一応それなりのものを書けた気にはなるので、初心者が自信つけるにはいいかも?
模写はしたことないが、自分のストーリーを好きな作家と同じ文体で書いてみたことはある。


212 :名無し物書き@推敲中?:2005/11/25(金) 21:56:20
>>211
レスありがとう

室井佑月の小説やデビューのいきさつは知らないけど

文章なんて書いたこと無かったけど
作家になろうと思って
小説書き写したと聞いたことあるので

213 :七紙:2005/11/25(金) 23:06:28
書く→推敲→完成→上手い方から感想or批評を受ける→それを踏まえて書く…
リピートにより確実に上達します。

214 :名無し物書き@推敲中?:2005/11/28(月) 13:32:06
>>213
上手くなりたいならそれに尽きるね。
模写するんなら漱石をひたすら書き連ねていけば
文学のなんたるかが見えてくるだろ。

215 :名無し物書き@推敲中?:2006/01/06(金) 12:46:07
無かった

216 :名無し物書き@推敲中?:2006/01/29(日) 11:21:24
走って追って来ていた

217 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/03(金) 06:02:15
それにしても、無名草子さんたちとは、さぞやすごい作家先生の匿名書き込みなんでしょうね。
作家なんて才能が全てだから、津井ついみたいに、いくら努力したって駄目なものは駄目ですよ。
私なんか、早々に見切りをつけて趣味の世界で細々ですから。
          小説現代ショートショート・コンテスト優秀賞受賞 阿部敦良

218 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/14(金) 00:17:22
やめとけ。

219 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/14(金) 01:57:09
っしゃァ。書いたぜ。以下文。


 われはミジンコだ。いずれ地球人はわれの足下にひざまずき、命令を待つことになる。だがしかし、それまでにどれだけの年月が必要か。どれほどまで、その瞬間が訪れるのを待ちこがれているか。
 君たち地球人はわれを脅威とは感じていない。少なくともこの瞬間は。されどその時は着々と近づいてきているのだ!
 それまでたっぷりと無駄な時間を過ごすがいい。ふはははは。
「なにかいてる」
 ぼくはパソコンのふたを閉じる。「われ、あ、ぼく、ちょっとメモを書いたんだ」
 なんだか腑に落ちない様子で、しかもいやにニヤニヤしてやがる。いきおいで「われ」なんていっちゃったけど、もしかして後ろで読んでたのかも。趣味が悪いな。よりによってミジンコが人間を支配するはなしを真剣に書いてたとは、しられたくない。
「ミジンコはしゃべらないよ」
「……そんなの知ってるよ!」
 ほんとうにやな感じ!なんでぼくにまとわりつくんだろう。もしかして、ぼくが好きなのかナ。図書館にいるときでも、わざわざこうやってやってくるんだから。
 この子はぼくの席に来てはちょっかいを出す。名前はなんだっけ、わすれちゃった。知らないのかもしれない。ぼくが小説家を目指しているなんて誰にも知られたくないし、第一カッコ悪い。
「ミジンコはね、」上の方を向きながら、なんだか机に乗り出してナナちゃんがいう。そうだ、ナナちゃんだ。「好き?」
 足で後ろに蹴る動作が気になった。しばらくぼくが黙ってるから、ねェってぼくの方をむいた。
「ナナちゃん、ぼくのこと好きでしょ?」思い切って訊いてみた。思い切ったというほど、そんなに勇気はいらなかった。ぼくは真顔だったと思う。ナナちゃんはというと、きょとんとして、足の動きを止めた。でもだんだんに元通り快活に戻って、
「小説家なんてカッコ悪い」ってつぶやいた。
 ぼくははずかしくて、うつむいちゃった。するとナナちゃんはいきなりぼくのパソコンのふたを開けようとしてぼくの前に手を伸ばした。ぼくはあわてて必死に、パソコンを掴もうとする手を払い制止した。
 すると彼女は急に真剣なまなざしになって、
「好き」といった。
 ぼくはなんだかうれしくなってきて笑いをこらえきれなかった。ぼくの気持ちが、「好き」に変わった。ミジンコより先に、ぼくの心は侵略されたんだナ。

220 :名無し物書き@推敲中?:2006/06/26(月) 01:25:56
あげ

221 :名無し物書き@推敲中?:2006/06/26(月) 21:13:17
すいません宣伝失礼します
☆★☆創作文芸板 SF祭り☆★☆
http://book3.2ch.net/test/read.cgi/bun/1144830650/l50#tag206

世にも奇妙な物語,もしくはSFを書いて下さい。

場所……「短編小説投稿掲示板」http://novel2ch.sakura.ne.jp/toukou/index.html l)
枚数……20枚〜50枚
日程……応募期間 7/7(金)〜7/9(日)の23:59
    感想期間 7/7(金)〜7/12(水)の21:59
各賞……読者賞・作者賞それぞれ集計し、受賞者を発表します。
備考……SF(すこしふしぎ)、SF(Science Fiction)の解釈は各々の判断に委ねるものとします。複数投稿可。再投稿不可。

七夕と重なりますが,奮って御参加下さい

222 :名無し物書き@推敲中?:2006/08/15(火) 23:35:58
阿蘇は雑魚

223 :名無し物書き@推敲中?:2006/09/13(水) 00:14:25
あげ

224 :名無し物書き@推敲中?:2006/09/24(日) 00:33:36
888 :阿部敦良 :03/02/25 11:37
それにしても、無名草子さんたちとは、さぞやすごい作家先生の匿名書き込みなんでしょうね。
作家なんて才能が全てだから、津井ついみたいに、いくら努力したって駄目なものは駄目ですよ。
私なんか、早々に見切りをつけて趣味の世界で細々ですから。
          小説現代ショートショート・コンテスト優秀賞受賞 阿部敦良

225 :名無し物書き@推敲中?:2006/10/15(日) 04:06:47
ttp://www.neatorama.com/images/2005-10/angry-smile.jpg
目を離していくと男女が入れ替わる。

226 :名無し物書き@推敲中?:2006/11/07(火) 12:19:58
age

227 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/15(月) 14:13:57
ほす

228 :名無し物書き@推敲中?:2007/03/17(土) 17:59:08
age

229 :名無し物書き@推敲中?:2007/03/18(日) 12:37:14
同系列のスレで、プログラム書いたことないやつが独自OSの基幹部分を作った事があった。
途中で止まってしまったが、やる気と周囲の協力は見ていて気持ちのいいもんだった。

76 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)