5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

面白い作品って何だ?

1 :名無し物書き@推敲中?:2005/07/27(水) 20:13:07
ここなら「正確な答え」がでると思ってきたんだが
本当に面白い作品って何だ?
俺もいろいろ漫画やら映画やら見てきたが思いつかない。
VIPで聞いてみたが、でたのは「日常の日々」だけ
大人気の「スターウォーズ」や「ガンダム」を見ても「日常」なんてない。
やはり「個性」なのか?誰か教えてくれ

2 :名無し物書き@推敲中?:2005/07/27(水) 20:13:51
http://money4.2ch.net/test/read.cgi/shop/1119938455/790

3 :名無し物書き@推敲中?:2005/07/27(水) 20:27:52
逆だろ。面白い作品は「非日常」
深い作品、はまた別

4 :究極の漢@排便ちゃん ◆2VmC.gQMX6 :2005/07/27(水) 20:44:57
この板の企画の鬼哭島殺人事件が最高だろう

5 :名無し物書き@推敲中?:2005/07/27(水) 20:54:06
やっぱ稲中かな?

6 :名無し物書き@推敲中?:2005/07/28(木) 01:21:20
浦安だろ

7 :1:2005/07/28(木) 03:30:07
頼むからスレの話をしてくれ

8 :馬太郎:2005/07/28(木) 03:37:42
似たようなすれほかに無いか?

9 :名無し物書き@推敲中?:2005/07/28(木) 03:38:45
すごくてーホンワカしててーちょっちサスペンスでー
火星婦がみててーヘタれな刑事がほんそーしててー
2時間枠にぴったり仕上がる話だよー

10 :名無し物書き@推敲中?:2005/07/28(木) 08:24:42
[具]が一杯入っていること――[具]というのは、例えば、
困難からの脱出・エロ場面・謎・逆転勝利・
浅薄な失敗・駄洒落・敵の殲滅・新知識……といった要素。

11 :名無し物書き@推敲中?:2005/07/29(金) 06:42:59


12 :名無し物書き@推敲中?:2005/07/29(金) 06:56:45
アクションとサスペンスがないとな。
そして、エロ。

13 :名無し物書き@推敲中?:2005/07/29(金) 07:30:59
>ここなら「正確な答え」がでると思ってきたんだが
なんでそんなことを思ったのか教えてくれ
ある人が面白いと思う作品がその人にとっての面白い作品だ。

14 :名無し物書き@推敲中?:2005/07/29(金) 16:36:25
面白い作品


15 :小泉誠二:2005/07/29(金) 17:10:07
常識に縛られない作品だな。

16 :名無し物書き@推敲中?:2005/07/29(金) 17:16:51
小泉孝太郎


17 :名無し物書き@推敲中?:2005/07/30(土) 04:08:03
 

18 :罧原堤 ◆SF36Mndinc :2005/07/30(土) 05:17:54
結局は感情移入できるかどうかだと思うが。読者の脳をあほにさせるってのもあるよな。
読者に難しいことを考えさせないんだが、読者のほうは自分が難しいことを考えているつもりになっているとおいうか、
でもそれは、読者が主人公になりきってるだけだったりするんだが。

19 :罧原堤 ◆SF36Mndinc :2005/07/30(土) 05:23:11
読者を宇宙の果てまで飛ばせないといかんね

20 :名無し物書き@推敲中?:2005/07/30(土) 06:48:22
それは基礎ができてるやつが次のステップで考えることだ。
まず大切なのは自分の脳みそに見合った表現方法の模索だ。

21 :名無し物書き@推敲中?:2005/07/30(土) 07:52:31
司馬遼太郎作品の典型的な主人公は、要するに近代合理主義者だ。
作品世界の中では「異常な天才」として、崇拝されたり悪魔扱いされたりするけど、
実のところ、現代人として考えれば「普通の人」で、
その時代の迷信や伝統を本気で信じる脇役たちよりも、ずっと理解しやすい。
ハリウッドが日本など非白人世界を映像化するときは、
観客が入り込みやすいように白人を視点キャラにするストーリー作法があるけど、
司馬作品における、坂本竜馬や織田信長や斉藤道三は、ちょっとそういう感じ。

そして、読者が容易に自分を投影できる[現代の常識人]が、
因習馬鹿どもの中で「異常な天才」とされる構図に、司馬作品の快感原理がある。
「低重力の火星に地球人が行くと超人的動きができるようになる」とか、
「普通人が小人の国で巨人扱いされる」とかいった構図と同型だが、
この場合は、異常天才になった感覚を凡人のままで疑似体験できるわけだ。

そんな[願望充足]は、小説に限らずフィクションの面白さの重要部分を占める。
[願望]を狭く解釈すると、「ハーレム生活日記」ばかりになりそうに思えるが、
そうならないのは、人の欲望というのは更に果てしが無くて、
「無実の罪で収監された刑務所から脱出してみたい」とか、
「恐竜に追っかけられてみたい」とか「世界を救ってみたい」とかいった、
もっともっと業が深くややこしい欲望が多種多様にあるせいだろう。

22 :名無し物書き@推敲中?:2005/07/30(土) 10:44:50
読むのめんどくせーから最悪でもサウンドノベルにしてくれ

23 :1:2005/07/31(日) 01:34:04
それじゃあまとめてみる

面白い物語は脱出・エロ場面・謎・逆転勝利・
浅薄な失敗・駄洒落・敵の殲滅・新知識……といった要素から形成されており
また、それら一つ一つに深い感情ができていなくてはならない。
深い感情を作りだすにはある程度人の様子を観察しなければならない。
また、常識に縛られない「発想」も必要。
そして・・・「個性」

それが面白さを生み出す

24 :名無し物書き@推敲中?:2005/09/03(土) 11:19:29
09

25 :石橋タカアキ:2005/09/03(土) 11:27:54

 それはさぁー 自分には書けないけど 上手いよなぁー コレは・・・

  って お 前 等 が 素 直 に 認められる小説のことだよ



 ったく この位の 気の利いた台詞を吐いてみせてくれよなー(半笑い


26 :マジレスくん:2005/09/10(土) 05:45:15
馬鹿か。上手いかどうかは関係ないよ。

27 :名無し物書き@推敲中?:2005/09/10(土) 10:36:01
巧いから面白い。
面白いから巧い。
確かにどちらも成り立たないな。

面白くて巧い。
巧くて面白い。
これが最高だな。

28 :名無し物書き@推敲中?:2005/09/14(水) 07:31:07
巧いということがバレた場合、その小説は面白くない。
ただその技巧に感心するだけだ。
技巧のすばらしさのせいで、まるで面白かったかのように錯覚する。


29 :名無し物書き@推敲中?:2005/09/14(水) 07:57:52
人々の興味の対象は時代や文化によって変化する。多くの創作者たちが語る「個性」「発想」なんてものは大体ここに相当すると思われる。
しかし人々が面白いと思う物語のパターンというやつは、もうとっくの昔に語りつくされてしまったように思う。時代や文化を超えても人々の頭の中身はそんなに変わらない。だから今更新しい物語のパターンを追求することは不可能だと思われる。
よく万人に受ける物語はない、と言われる。しかし面白いと思える骨格は確かにある。人々の間で洗練され完成された都市伝説などがその例だ。
完成された物語を個人の中だけで作り出すことは不可能だと思う。しかし各々の努力によってそこに近づくことはできる。この面白いと思われる骨格に各々の個性や発想を乗せ作品とすることが、面白い作品を生み出す第一歩となるように思う。

30 :名無し物書き@推敲中?:2005/09/18(日) 07:24:35
そんな大層なものでもない。

31 :名無し物書き@推敲中?:2005/10/03(月) 05:38:53
意外性のある表現を面白いと感じるがどう思う?

32 :名無し物書き@推敲中?:2005/10/03(月) 18:15:04
出版社の編集者とか、評論家にはわからない物らしい。

33 :名無し物書き@推敲中?:2005/10/07(金) 00:27:42
24は面白い。シーズン3になってもあんまりマンネリ化
してない所がすごい。

34 :イラストに騙された名無しさん:2005/10/31(月) 01:14:32
r

35 :名無し物書き@推敲中?:2005/10/31(月) 01:27:02
圧倒されるというタイプの面白さもある
よくもまあこんなにという

百年の孤独、
神曲(小説ではないが)

36 :名無し物書き@推敲中?:2005/10/31(月) 02:27:08
>>29
俺も都市伝説に大衆の無意識とか願望があると思っていろいろ見てみたが俗でベタものばかりで嫌気がさした。
ただ3本足の○○ちゃんだけは想像力があって面白かったな。

37 :名無し物書き@推敲中?:2005/10/31(月) 23:31:23
>>35追加。ドグラ・マグラなんかどないか?

38 :名無し物書き@推敲中?:2005/11/14(月) 05:44:29
>36          大衆の無意識や願望が、俗でベタだったってことだろ。万人受けの話なんてそんなもんだ。

39 :名無し物書き@推敲中?:2005/12/15(木) 12:13:33
hf

40 :名無し物書き@推敲中?:2006/01/13(金) 12:29:00
問題はない

41 :名無し物書き@推敲中?:2006/02/04(土) 21:00:27
エロは別にいらないと思う。下手に入れば、すごく陳腐になってしまう。
落ち着いた、緩やかな描写と言うのは中間には必要だとは思うが・・・。

42 :名無し物書き@推敲中?:2006/02/04(土) 21:04:12
思想があるのは大事だが、思想、筆者の言いたいことをただこちらに
押し付けるだけなのは面白くない。筆者のオナニーに始終してしまう。
疑問を投げかけ、読者に考える楽しみを与える作品が最高だと思う。

43 :えいいち ◆GRGSIBERIA :2006/02/05(日) 01:22:59
エッセイでも題材があると面白い。
長編でも題材がわからないとつまらない。

44 :名無し物書き@推敲中?:2006/02/12(日) 19:58:42
でも、例えば、バトルロワイヤルの題材って何だろ?
ハリウッド映画でも、ハラハラドキドキだけで、別にテーマもないの多いよね。

45 :名無し物書き@推敲中?:2006/02/12(日) 20:01:24
ハリウッドでちょいと前に流行ってた主題は「父親の復権」
ターミネーター2とかがその代表

46 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/09(木) 12:35:07
スライム

47 :川口秀典 ◆r8jOMMrOC2 :2006/03/10(金) 08:41:24
自分で話考えてみて、これ面白いなって思ったやつを書けばいいんじゃないの?
僕の言うことは信用しちゃいけません、が

48 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/29(水) 13:14:08
苦しんでいる

49 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/29(水) 15:55:15
一回読み始めたら読み終わるまでもう離せないようなもの。
本当に面白いものを読むと、本を手に持ったまま周りを飛び跳ねたくなる。
これは私だけかもしれないけど。

50 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/29(水) 17:43:42
あ、解る。面白い本って中に吸い込まれるというか、トリップしてる感がある。
読みおわった後の酩丁感とか、それが覚めた後にその本について考察する時間がたまらない。


51 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/16(日) 11:18:33
幸いです

52 :名無し物書き@推敲中?:2006/07/12(水) 17:08:04
あげ

53 :名無し物書き@推敲中?:2006/07/12(水) 17:17:11
面白いって言うくらいだから
白い本がいいんなないの?
だから経済白書とか犯罪白書つうのが一番面白いと思う。

54 :名無し物書き@推敲中?:2006/07/13(木) 03:27:42
無理に面白くする必要ないんじゃね?
プロの映画だって糞みたいなのはたくさんあるし
要は自分が書きたいように書けばいい


55 :名無し物書き@推敲中?:2006/08/10(木) 21:19:59
面白い作品は読者のレベルのチョイ上ぐらいの想像を超える展開かな。
読者の設定によって変わるよね。
ここで物語を書いている人は読者を自分に設定していると思うけど、
マニアが見て面白いものでも、一般はわけわからんうちわネタでしらけるし。
一般が面白いものでも、マニアはそれは違うと怒るしね。
読者の其のときの精神状態で面白いかどうか変わるしね。
234ページの1行だけ見て感動するとかあるしね。

今なら介護問題の話とか市場があるから共感する人がいるかも。
まあ、一般的な家族とか戦争ものとか、時代を超えて人気が出るものも歩けど。
とにかく面白い話を書きたいなら、読者自分向けじゃだめだんべ。
とりあえず遺書書いてみるといいかもね。


56 :名無し物書き@推敲中?:2006/08/11(金) 16:22:39
こいつアホ↑

57 :名無し物書き@推敲中?:2006/08/17(木) 19:27:11
面白い小説ってものがどんなものか分かれば誰でもベストセラー作家になれるなwwww

58 :名無し物書き@推敲中?:2006/09/21(木) 00:11:33
残飯
おまえ年いくつだ
おまえがここで私を中傷し始めてから4年目
5、6年はスグに経つ。今12、3のガキが今のおまえのように
ここでオナニーネタ、肛門ネタを振り回すようになる
そのときもおまえはここで分身を使いながら同じネタでウケを狙うのか
客の居ない朝は独白しながら愛情乞食しながら

59 :名無し物書き@推敲中?:2006/11/20(月) 16:04:20
お前さ〜
入院しろよ。
てめえこそ、無職残飯なんだよww

60 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/20(水) 07:44:00
hosu

61 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/21(木) 15:17:07
おれのメモでは、
国内の一位は「甲賀忍法帖」で、海外の一位は「ブラウン神父の童心」になってる。

62 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/23(火) 19:36:37
ageage

63 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/24(水) 19:50:52
面白い作品ってどんなんだよ

64 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/24(水) 21:02:47
23 :1:2005/07/31(日) 01:34:04
それじゃあまとめてみる

面白い物語は脱出・エロ場面・謎・逆転勝利・
浅薄な失敗・駄洒落・敵の殲滅・新知識……といった要素から形成されており
また、それら一つ一つに深い感情ができていなくてはならない。
深い感情を作りだすにはある程度人の様子を観察しなければならない。
また、常識に縛られない「発想」も必要。
そして・・・「個性」

それが面白さを生み出す

と、こういうになっていますわね。うふふ。


65 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/24(水) 22:20:02
ではミリオンダラー・ベイビーの面白さはそのどこに入るかね。

66 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/24(水) 23:18:46
小説は知らないけど、結構当てはまっているんじゃね

67 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/25(木) 00:18:31
美人と、抱きたい女は違う

68 :名無し物書き@推敲中?::2007/02/13(火) 13:00:59
なかった。次

69 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/14(水) 00:16:26
「ギャ!グッワ!待ってくれ!待ってくれ!」
 オヤジは、叫んだ。
 「許してくれよ!入れたかっただけなんだから」
 「バキッ!ボコッ!」
 ケンはかまわず殴り続ける。
 「ヒッー!助けてー!助けてー!」
 オヤジが悲鳴に近い叫び声をあげた。
 「お前みたいな奴がいるからいけないんだ!」
 ケンが叫びながら殴り続ける。
 「ギャー」
 オヤジの血があたりに飛び散った。ケンのコブシも血で染まっている。
 「世の中!狂ってんだよ!狂ってんだよ!」
 ケンの形相は、もうフツウではなかった。その様子を見ていた、ミクも従業員も言葉を失ってしまっていた。思わずミクが言った。
 「店長!それ以上やったら死んじゃう!」
 「ガッシ!ボカ!」
 ケンには、まったく聞こえていない。オヤジも失神したのか動かなくなった。
 「キャー、やめて!」
 ミクが叫んだ。
 「あっ……はい」
 従業員が後ろからケンを押さえた。


計120万部のYoshiさんの作品

70 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/14(水) 00:29:36
マジか??? ひでえ。俺はYoshi作品を読んだ事がなかったが、こんなに酷いのか。

他にも突っ込みどころは沢山あるが、
ケンが口で言っているみたいだ
「バキッ!ボコッ!」
「ガッシ!ボカ!」

71 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/14(水) 10:53:39
>>70
擬音をそのまま小説で書くなんて・・・

72 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/14(水) 10:59:34
>>70
ケンは小学生なんだよ。それなら擬音じゃなくてセリフだろ。

73 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/14(水) 22:59:22
小学生店長?

14 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)