5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

シュールな話みんなでつむいでいくか…

1 :名無し物書き@推敲中?:2005/08/08(月) 00:11:51
地球は人口の増殖より大きな悩みを抱えていた。
それはカスピ海ヨーグルトの
増殖である。

2 :名無し物書き@推敲中?:2005/08/08(月) 01:11:02
第一部完

3 :名無し物書き@推敲中?:2005/08/08(月) 02:17:34
シュールって何?(´・ω・`)

4 :名無し物書き@推敲中?:2005/08/08(月) 02:22:33
第二部完

5 :名無し物書き@推敲中?:2005/08/08(月) 12:54:53
「また、はじまりのない終わりがはじってしまうのか」
次郎はシャーペンを下に向けながら言った。

6 :ロンボ・ニガーク ◆bgns.BtfYs :2005/08/08(月) 14:19:03
池沼は言った
「うるせー馬鹿」

7 :小泉誠二:2005/08/08(月) 14:29:40
「馬鹿は嫌いだよ。お兄ちゃん」
由美子は呟いた。

8 :名無し物書き@推敲中?:2005/08/08(月) 14:47:57
「馬鹿ゆうヤツが馬鹿なんだ!」
次郎は大声でつぶやいた。

9 :名無し物書き@推敲中?:2005/08/08(月) 14:55:03
To be to be ten made to be.
That is a question .
と、由美子は自問自答したでしょう。


10 :名無し物書き@推敲中?:2005/08/08(月) 15:15:36
第三部完。
しかしこれじゃシュールじゃなくてショートだな。

11 :名無し物書き@推敲中?:2005/08/08(月) 15:29:21
>>1
「シュール」を定義してクレヨン。

広辞苑の解説とかでなく、このスレ限定の共通理念としての定義ね。

12 :名無し物書き@推敲中?:2005/08/08(月) 21:55:57
オシが語りツンボが聞く
それを見たメクラが笑う

13 :名無し物書き@推敲中?:2005/08/09(火) 22:11:55
えーと、サンダルじゃなくて、つっかけじゃなくて、下駄でもない何つったっけ?
最近のコジャレた言い方があったんだが、思い出せねえ・・・。

14 :名無し物書き@推敲中?:2005/08/09(火) 22:20:45
>>13
ミュール?

15 :名無し物書き@推敲中?:2005/08/16(火) 10:47:02
簡 単 な 「コラージュ小説」 を 作 ら な い か。

興味を持った新聞記事の断片。
著作権の切れた小説の一行。広告の一文。
それらを組み合わせるだけでいい。


(例文)
たとえば衛星写真がとらえた思いがけない映像を、私の妹と呼んでみたくもなる女が見ている。
それは、とある都立小学学校の校庭に作られた人文字。
拡大すると百人の子供達が空を見上げている。
「百頭女」

16 :名無し物書き@推敲中?:2005/08/16(火) 12:47:19
丁度よい案配に心の中で思っていた問題に、外界でも出合うということは良くあることだ。
つまり、犬小屋を建てるとか。予想外に収穫された日曜菜園の食材の料理法とか。自殺に
ついての即物的な疑問とか。ひどく気にかかっているその時に、同じの問題について書か
れた記事や知らせが向こうからやってくるのである。

17 :名無し物書き@推敲中?:2005/08/16(火) 12:59:46
死んだ人々にも別れを告げ、楽しかったけど疲れた、という人々がまた移動する。
涼しくなる事故について言えば、去年よりは少なかったらしい。
その統計は少し冷淡ではあるけれど、この上なく才気にとみ面白い報告である。

18 :名無し物書き@推敲中?:2005/08/16(火) 13:06:11
「失踪記」について言えば、人々と折りあいをつけるが苦手で、
たびたび自殺願望や鬱状態に捕らわれた百頭女の
苦悩から脱出法を体験的に述べたエッセイ
ストレスに悩む現代人のための妙薬といえる


19 :名無し物書き@推敲中?:2005/08/16(火) 13:15:35
思うにこうした生産な意見は満場一致で却下され
大気圏に突入した愚かな星屑のように燃え尽きる運命な訳だが
あと一レス、と水色の屋根は思っている

「竹馬に乗っていこう。それなら、きっと間に合うよ」



20 :名無し物書き@推敲中?:2005/08/16(火) 13:17:20
で  
    
     20には到達したさ

21 :名無し物書き@推敲中?:2005/08/20(土) 10:39:53
(例文つづき)

さて。
ストーリーは意外なほどに原作通りなのだが、あまりにも素早い場面転換に
原作を読んでいない人間には、サボテンの陰影など理解できるものではない。
彼女自身が重要な伏線もはたす作者の映像。
傷痍軍人でもある彼女は電動車椅子に乗のり、猫耳式の携帯電話を身につけ登場する。
無所属からの立候補の動き。
秘密をあかせば、耳のつけねから流される弱い電流をよって前庭感覚を刺激され、
おおらかに誘導されているのだ。

22 :名無し物書き@推敲中?:2005/08/22(月) 00:01:31
上から下へ。タイトルバックは川のように流れる。
映画を観賞しおえた三人の僧侶達は無言のままに駅へと向かい
白線の内側に垂直のアンテナが波のように押寄せるのを見る。
一人の心は吹き荒れ、一人の幡はひきちぎられ、一人はその場に倒れる。
百頭の女が笑いだし、百本の縄が四肢を結ぶ。

23 :名無し物書き@推敲中?:2005/08/22(月) 10:59:18
露になった美脚が輸送車の前途に暗雲を広げる。
水晶玉に補足された曲がりくねった道。
マイコン制御された玩具のごとき書き手が、
同じことを繰り返せば、同じ場所での旋回が始まるだろう。

24 :名無し物書き@推敲中?:2005/08/22(月) 23:51:54
重要な伏線-1

車の強化ガラスごしに患者は川を遡る蝶の大群を見た。
下から上へ、のぼって行く以上、いずれは降りてくることになる。
そう不自由な彼女は考えた。

25 :名無し物書き@推敲中?:2005/08/24(水) 00:57:08
保護された場所にたどりつく。山々の抱擁はきつく、
人々を保護すると同時にその場に縛りつけてもいる。
出口を塞がれた監視員達の視線が彼女のスカートを僅かに持ち上げる。
彼らは言う。
「現実は恐ろしい。日付も地名も人名も、すべては夢」

26 :名無し物書き@推敲中?:2005/08/26(金) 00:55:33
サボテンと化した女がシャワーを浴びる。窓の外も雨。
唐突な尿意が傘の列に意味を与えているようだ。
水との関係を精算するように鉢に戻る。
彼女にいま必要なのは太陽と風。あとは必要なのは、
ごく微量のチッソとリン酸とカリウムとマグネシウムと
銅と鉄とモリブデンと亜鉛、その他である。

27 :名無し物書き@推敲中?:2005/08/27(土) 20:34:50
雨のあがった中庭に一人の男が踊り出る。
彼は水たまりに片足をつっこんだまま、小さな箱を開くと叫ぶ。
「スコッティー、転送してくれたまえ」

28 :名無し物書き@推敲中?:2005/08/28(日) 09:15:57
こうして艦長とおぼしき人物は蒸発した。
三階の窓から目撃した99回目の転送だった。
サンボテン女はエンタープライズにひしめきあう
無数のカーク艦長を想像せずにはいられなかった。

29 :名無し物書き@推敲中?:2005/08/28(日) 11:20:34
ここにも参加お願いします。書き手が少なくて困っています。
 
【ギャグより】クソゲー裴元紹4【戦争を】
http://hobby8.2ch.net/test/read.cgi/warhis/1124800305/l50

無数のカークは、それぞれがお互いの手と手、鼻と鼻、喉仏と喉仏を互いに摺り寄せて、自分の匂いを確かめ合うように、
お互いの体液で自分自身にマーキングした。大陸には異臭が漂った。その匂いに誘われて蠅の群れが大地を多いつくした。
その土地では一人の老婆が、葛篭を被って神に祈っていた。
老婆の息子は、神の怒りに触れて、体が裏返しになったままそこに佇んでいた。
息子は、童女達の慰み物にされている。

(こんなんでいいですか)

30 :名無し物書き@推敲中?:2005/08/28(日) 22:36:36
絶対に負けない
 
┌─┬─┬─┬─┬─┬─┬─┬─┬─┬─┐ 
│ │ │ │ │ │ │金│金│桂│王│
├─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┤
│ │ │ │ │ │ │金│金│銀│香│
├─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┤
│ │ │ │ │ │歩│歩│歩│歩│歩│
├─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┤

31 :名無し物書き@推敲中?:2005/08/28(日) 23:24:04
あっそ


│と│と│と│ │ │ │ │ │ │香│
├─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┤
│と│と│馬│と│ │ │ │ │ │香│
├─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┤
│と│馬│と│と│ │ │ │ │ │香│
├─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┤
│玉│と│と│と│ │ │ │ │竜│竜│
└─┴─┴─┴─┴─┴─┴─┴─┴─┴─┘

32 :名無し物書き@推敲中?:2005/08/29(月) 00:16:49
アンドレ・ブルトン

        ,... --、_,、
     ,r:::::::::::::::::::::::::::::-..、
    i:'::::::;;;;;;;;;;;;;;:::::::::::::::::::::ヽ
   ./:::::r'      ̄"ヾ:::::::::::ヽ
   7:::i'         l::::::::::::::l
   i::::l --、 、.:---、  ;!::::::::::::::i
    .Vイコ'7  ヾiラヽ、  .l:::::::::::::'、
    l.  i'   、       レ-''i:::;:!
    .!  ー..‐ '、      ' /::r
    l ,___     .!ノ'"
     ! ´ー-     ...::' !
     ヽ´    ...::::::  l:.、
    /:i.`ヽ::::::::::::::  /.!::::ヽ、
,..-':::'::::::;:::、   ヽ __ /  .!:::、::::::::`

33 :名無し物書き@推敲中?:2005/08/29(月) 00:18:26
・・・・・・  ___,./ ' ´  ___ `ー 、_
・・・・・ ,.r '´    ー-`  '´ - ‐  ̄    `'ー 、       は鳩胸だった
・・・・・/  _,.                      ヽ
・・・・,レ' ´                i      l
・・/           ,             ,l      l
・ 'i            !     r',ヽ    l l       l
・i'゙            !      ヾ'-'    l. l     l
・ '、          , '、          ,/ l     ,.!v-、,_
・ハ、     , ‐'  ヽ、       ノ  /!    /`,/_,l L,
・  `''┬ ' ´     `'ー----- '´ ,/ l   /  !:イ、_ノ l、
・     ハ                  /  ,! , ‐''!  '`ヽ:<ノ ,l
・   '  ! .!             ,f´    !    l   
・  ,/  l              l     l          ノ

34 :名無し物書き@推敲中?:2005/08/29(月) 20:18:31
三三≠彡       -  .._          ヽメj{
三彡'´        - ―- . ` ー-         Yリ!
ー'´       、    ヽ   `ー ._  `  、 iく
        _,.ゝ-=ミ≧ヽ、     `  、   ` .kヽ、
       ,x`⌒ ̄``⌒ヾミミヽ、.`    ` 、 .::|彡'
      /  _、x==-.、 ヾミソノハィ      _ヽ}rヽ
 :.     i!   rく:i't?`ヾヽ V彡'′      , { '´
 :.      l|   ヽ ヽー'.___ハ }::.     ,.-≦彡彡イ   
. :.:..     l!    `  ` ̄ ,      /_二ニ.⌒´Y        
:.:.:.:...     li    ー --‐ '´      kft'?`iヽ/
 :.:.:..    li                 | `ゞ'._ノ'´
  :.:..    li,       ,  .     lイ ヽr'′
  .:.: ..    ヾ     /   :     l`ー 1
   : . . .   ヾ     {ー- .:_    l  ノ       _,. -‐
   .     ::. {ヽ、  ` ー- ._  ,ノ ./       /
            ::.ゞミミ、_z,  :}i::::: ̄ /      /
       -‐‐- 、ー‐'^' ; ;:;:、:.  /   _,,. -''´
::.           `ヽ`_ー‐ヾミ,≠==‐'"´
`ヽ        ー‐- .、_ ` ノ:::/ ̄´
::::::::::\      ` ー 、 `´.:.:/
:::::::::::::::::丶        .:./                ダ リ も 笑 わ な い
:::::::::::::::::::::::`:ー:.:. :.:...  /
:::::::::::::;. -‐''" ̄` ー‐'´
:;: -''´

35 :名無し物書き@推敲中?:2005/08/30(火) 09:08:23
虐殺されたアポリネール以外は
一万一千の鞭をくらえ

36 :名無し物書き@推敲中?:2005/08/30(火) 11:38:04
ここでサボテン女に話を戻そう。

サボテン女は過去の大鉢に緑のパセリを植えた。パセリはみるみる大きくなり、根は暗闇に渦を巻き始める。
そして凶暴な成長は自分自身を締めつけ始め、いくら日を浴びても葉は黄色く変色しだす。世界の果てに行
きついたようなものだ。パセリは鉢の向こうに行くために最後の手段とばかりに急いで花を咲かせ、いよい
よ枯れる速度を早める。サボテン女は思う。パセリも鉢の大きさを知ったなら自己の可能性を制限する知恵
を働かせればいいのにと。
彼女は枯れかけたパセリを十分の一くらいの大きさに切り込み、3号の鉢に移す。3号の鉢の中でパセリは、
また爆発的に成長し、サボテン女はそれを切り込むと、さらに小さい2.5号の鉢に移す。こうしてパセリは
徐々に小鉢に持ち込まれ、いまでは手の平にのる世界で老成し静かになる。根は盛り上がるように土をつか
み硬くなった茎は木質化したかのようで、緑には少し諦めに似た表情が浮かぶ。

37 :名無し物書き@推敲中?:2005/08/31(水) 17:06:26
サボテン女は同じ手順を踏み、次々に植物を小鉢に拉致していく。バジルやローズマリーを株分けし、月桂樹
を枝を挿し木にする。窓枠に並ぶ小鉢はさながらバービー人形のハーブ園だが、その配列は彼女なりの照応理
論に従って過去と未来をも暗示してもいる。緩やかな時間が小鉢の小宇宙を成熟させ、彼女の未来予測も精緻
なものになっていく。そして今朝、パセリの葉に蝶がとまったのだった。

38 :名無し物書き@推敲中?:2005/09/01(木) 17:32:18
水々しい窓枠園芸の向こうに浮かぶ退院のビジョン。突然パセリが郵便受けの箱のように親しい顔を見せ、
これらの緑の世話を続けられなくなる日がくるという事に彼女は思い至る。文字通りの意味で窓枠に並ぶ
小鉢は彼女の持ちもの以外ではなかった。彼女は緑を傷つけないように気をつけながら同時に、その自立
性を否定してきたのだ。

39 :名無し物書き@推敲中?:2005/09/02(金) 14:31:26
診察室はゴムの木が支配していた。部屋の端に置かれた20号の鉢から始まる緑の道は天井に突当り、医師の
机を被ったあと南の窓へと向かいそこで断切られている。幾つのも支柱に支えられたこのゴムの木を初めて見
たとき、どうやって部屋に入れたのだろう、とサボテン女は訝った。やがて彼女も気づいた。ゴムの木はこの
部屋で成長したのだと。ピンセットによって組立られた瓶の中の帆船のようなものだ。この形を維持したまま、
この木を外に持ちだそうとするのはもはや不可能な話だ。それだけの長い時間、ゴムの木と医師はこの部屋に
留まっているという事だった。

40 :名無し物書き@推敲中?:2005/09/03(土) 10:11:47
サボテン女は重大なる決意をもってその一言を口から漏らす。「パセリ」
炎のイメージが彼女の語り口を少し熱いものにする。急激に辺りを焼き尽くし自らも消えていく炎。サボテン
女はその炎を器に閉じこめロウソクの火のように穏やかな燃焼に変えてきた経緯を思い出しながら話し、現在
のパセリの姿を少しだけ美化して伝える。医師は「おやまぁ」とか「ほぉ」とか「それはそれは」とかいう滑
らかな相づちをうち、サボテン女の饒舌をさらに滑らせていく。彼女は良い気分になり窓枠菜園の小鉢を引き
取ってもらうという当初の目的を見失なう。落ちつかない気分が徐々に口を重くして、彼女が何事かを考えこ
み始めたとき。医師は机に引きだしから紙コップのを取りだし彼女の目の前に置く。コップ中には水苔に包ま
れた苗木、取り木されたばかりらしい小さなゴムの木があった。

41 :名無し物書き@推敲中?:2005/09/04(日) 09:01:15
「マリネベーグルセット、ひとつ。あとブレンドコーヒー」
「・・・・・・・・」
「いや違うよ。ベーグルセット、ひとつ。セットについてくる飲み物に、熱いコーヒーを」
「・・・・・・・・」
「バカじゃねーの。おまえ。あ・つ・い・コーヒー。アイス・コーヒーなんか、いらねーよ」

42 :名無し物書き@推敲中?:2005/09/04(日) 12:25:36
大声を上げることで何とか注文を終え車を進めると、そこには制服を着た観葉植物が立っていた。肉厚の葉をま
るで0円の笑顔のようにテカテカと光らせ、マイクをぶら下げている。これはドライブスルーの夢。目覚めたサ
ボテン女は新鮮な空気を吸おうと立ち上がり、窓枠に昨日もらったばかりのゴムの木を見つけ思わず、それを凝
視する。窓枠園芸において観賞するとは、その植物自身の未来を見ることでもある。バランスを欠いてに葉の大
き過ぎるこのゴムの木も浅鉢で長く持ち込めば、いずれ落ちついた風情を見せはじめるのだろうか。毎日、見る
ことを欠かさず、夕方には霧を吹きかけ、季節の変わり目には病気や虫に気をつけ、年が明けたら鉢を変える。
この厚顔な葉に対してだけはそうした時間をうまく想像できず、鉢をゴミ箱に捨てたい衝動にかられるのだった。

43 :名無し物書き@推敲中?:2005/09/04(日) 19:08:41
サボテン女はゴムの木と移植ゴテを手にとるとタオルで隠し非常階段を降りた。中庭の目立たない場所を物色し
ていると、なぜかそこに煙草を吹かす婦長が立っていたのだった。何でも見透かしてしまう婦長はサボテン女の
手にしていたゴムの木と移植ゴテを睨み、吸っていた煙草を携帯式の灰皿に入れると言った。
「ゴムの木は愚者のカード。はじまり、旅人、あるいはペテン師を暗示する」
それだけ言うと溢れ出す水のように茂るオリズルランのそばに婦長は腰を下ろし、株元から長く伸びる茎の先に
下がっていた子株をちぎりとり、サボテン女に手渡すのだった。

44 :名無し物書き@推敲中?:2005/09/05(月) 16:28:10
こうしてまた一つ新しい株が増えたのだった。傾く西日に深い影をつくるように緑を集め、サボテン女はため息
をついた。すべてが売れ残ったガレージセールのようだ。突然、サボテン女は鉢に値札をつける事を思いついた。
タイム、二百円。オレガノ、二百円。セージ、二百円。ローズマリー、二百円。ミント、二百円。パセリ、二千
円。ゴムの木、マイナス二千円。オルズルラン、マイナス千円。

45 :名無し物書き@推敲中?:2005/09/05(月) 20:12:13
その夜。早速、泥棒が訪れる。花に蜜蜂が、キャベツに青虫が、枯葉に団子虫が集まるように、泥棒は値札の付
いたものに吸い寄せられるのだ。ところで泥棒は窓から足を入れるときに不覚にもゴムの木の鉢を床に落しサボ
テン女は目を覚ました。床に落ちた鉢は割れ土は散らばり月明かりの中でゴムの木は逆さまになっている。サボ
テン女はそれを拾うと、値札と一緒に泥棒の手の上にのせる。彼女は言う。「ばら売りは致しません」
薔薇好きの泥棒は一瞬バカのように辺りを見回すが、すぐに勘違いに気づく。そして改めて窓枠に置かれた緑と
値札の一つ一つを見比べ腕組みをする。色々と考えさせられる事が多いが一番、気になるのは小さなパセリつい
た二千円という値段であった。泥棒は言う。「どうも、合点がいかない」

46 :名無し物書き@推敲中?:2005/09/06(火) 08:24:37
サボテン女は霧吹きをとると、この七年間つづけてきた同じ手つきでパセリに霧を吹きかけ小鉢に蓄積されてき
た時間を改めて鮮やかにする。水滴を集める葉は健やかに軽く、百年の年輪を刻んだかのような茎は太く重い。
根は八方に広がり僅かな土を持ち上げるよう掴んでいる。いま手にしているのは過去を欺く密な時間だが、どこ
か家畜めいた顔をした泥棒にそれを言ってどうなるのか。サボテン女はパセリを床に置くと四ツ足になり、むし
ゃむしゃとその葉を食み始め、そのまま横になってしまう。

47 :名無し物書き@推敲中?:2005/09/06(火) 22:11:45
「もしもし」泥棒は寝息をたてはじめた女を揺り起こす。サボテン女は起きると「では」と言い、鉢の一つ一つ
を紙で筒状に包みながら手入れのあれこれをアドバイスする。乾燥気味にしておくのが基本だが、水やりのとき
にはたっぷりと。朝か夕、時間を決め一度だけ水やりするようにしても良い。日の光も大事だが、風にあてるの
も大事。霧吹きは頻繁に。春と秋の成長の時期にちょっぴりの肥料を与え、夏と冬には良く休ませること。難し
く考えることはないが細かくいうと・・・エトセトラ、エトセトラ。
泥棒は眩暈を覚え、タダより高いものはないという諺を思い出す。時間外ではあったが包みを胸に抱いた泥棒は
サボテン女を連れ病院を抜け出すことにする。緑の世話はおいおい彼女に教えてもらうという段取りだ。縄ばし
ごを降りて薮へと分け入る。振り返ると中庭の木蓮のそばで赤い光が仄かに点滅しているの見える。サボテン女
は思う。あれは、なんでもお見通しの婦長の吹かす煙草の火あろう。さようなら。

48 :名無し物書き@推敲中?:2005/09/06(火) 22:16:11
急勾配の林を下ると、すぐそこに清流があり茂みにカヌーが隠されていた。サボテン女は砂を一握りつかむと、
ひどく腹をたてる。こんなすぐそばに大量の川砂があったとは!川砂をポケットに入れる女を、奇妙な動物のよ
うだと泥棒は思う。こうして二人は急流へと乗りだした。
途中、彼等は月明かりの中に蝶の大群を見た。無論その眺めは、この物語と大切な関係を結んでいる。 >>24
おいて重要な伏線として予告されていたものなのだ。

                                         第一部 おわり

49 :名無し物書き@推敲中?:2005/09/14(水) 19:35:21

     第二部      旅の途中

50 :名無し物書き@推敲中?:2005/09/17(土) 11:43:00
朝。緩やかな流れの岸辺に、傷ついた巨大ミミズを見た。先を急ごうとする泥棒をサボテン女が引き止めた。
「あなただって緑は好きでしょう。いま通り過ぎてきた森も美しかった。森の木と草は土からはえていたで
しょう。その土はミミズが分解してきたものですよ。ならば緑は好きだけどミミズは嫌いという道理はとお
りません」泥棒は、なんだかウンザリしてきた。
「だけどサボテン女。いっちゃなんだが、あれは電気ミミズだぜ。俺らにも赤の他人にも、恐ろしい災難を
もたらす方に俺は片方の金玉を賭けてもいい」

51 :名無し物書き@推敲中?:2005/09/17(土) 12:18:15
二人はカヌーをとりあえず岸にあげ、50歩ばかり離れたところから電気ミミズを観察することにした。
それでも電気ミミズの姿があまりに巨大だったので、泥棒はおっかなびっくりだった。
「なぁ、サボテン女。お前さんはてんで信じていないようだが、それは間違いというものだぜ。電気ミミ
ズの災難は、ただビリってくるなんてものじゃねぇ。なんでも1ヘクタールの土地が大袈裟でもなんでな
く、ひっくり返るってぇ話だ。俺の言葉が信じられないなら、これを読むといい」
泥棒はそう言って携帯電話をとりだし世界でもっとも信頼出来るという、とある掲示板を表示して見せた。
泥棒の言葉に嘘はなかった。そこには電気ミミズのもたらした災難が報告されおり、その現象を示す専門
の言葉までが記されていた。「ドボサーァ」というがそれである。

52 :名無し物書き@推敲中?:2005/09/17(土) 20:49:51
サボテン女は興味深くドボサーァを記述を読んだ。そして、とんでもない事に気づいたとでも言うように素っ頓狂な
声を上げた。「大変だわ!」
泥棒はサボテン女の顔を見て、つづく彼女の言葉を待った。

53 :名無し物書き@推敲中?:2005/09/17(土) 20:55:20
サボテン女は高くのぼったお日さまを指さして言った。
「朝食の用意をしなきゃ!」

54 :名無し物書き@推敲中?:2005/09/18(日) 15:18:09
さっそくサボテン女は枯れ枝を集め火をおこし、お湯を沸かしはじめた。コーヒーをいれるためだ。泥棒は葉っぱの皿の上に
切った黒パンをのせ、その上にチーズを。それから少し考えてからパセリの小鉢をとりだすと、その一つかみをパンの横に置
いた。すべてが新鮮。泥棒がパンを口にしようとしたとき、二人は決定的な習慣の違いを思い知った。
「いただきます、は?」というサボテン女の質問に泥棒は答えた。「俺たちには、そんな言葉はないよ。少なくとも食前、専
用の挨拶があるなんて初耳だ」
「それじゃ、家族全員。無言で食事を始めるの?」
「いんや、食前の祈りをする」それじゃ、しなさいよ、と言うサボテン女に泥棒は答えた。
「サボテン女。それこそ、余計なお世話ってものだよ。祈りの文句を覚えているくらいなら、誰が泥棒なんかしているだろう。
でも、どうしても物を食う前に何か言わなきゃ落ちつかないとお前が言うのなら、その変な挨拶をしよう。その方が簡単でい
いや。なんだって。イタダキマス?了解。いただきますとも」

55 :名無し物書き@推敲中?:2005/09/18(日) 15:29:32
こうして二人が習慣の違いを乗り越え、ついに朝食にありつこうとしたとき。巨大電気ミミズの影から、なんか丸くて可愛い
ハゲが現われた。丸くて可愛いいハゲは少し疲れたようすで、やぁ、と声をかけてきた。
「やぁ、おはよう。素晴らしい香りがするね」
泥棒は思った。なんだぁ、この丸い、ハゲは。サボテン女は思った。いただきます、を言った直後に現われるなんて、なんて間
の悪い客だろう。


56 :名無し物書き@推敲中?:2005/09/18(日) 19:28:05
チビ・ハゲは言った。「座ってもいいかな?」
泥棒は気に入らないヤツだと思いながらも、いつもの習慣で「どうぞ」と言いかけたが、サボテン女が遮っ
た。「ダメよ。ちゃんと自己紹介からでなくては。もし貴方が悪魔でないなら」
泥棒はまたウンザリしてきた。どうせコーヒーも余りそうだし、座る場所だっていくらでも空いているのだ。
相手が悪魔でも動物でも(たとえ泥棒のたぐいだったとしても)無条件にもてなせばよかろう。まったく自
己紹介というものほど慇懃で、無意味で、無礼な習慣はない。泥棒がそう考え、とても深いため息を吐いた
ので、泥棒とサボテン女の間に険悪な空気が流れた。二人は睨みあい、その間でチビ・ハゲは座るもならず
立ち去るならず、ただバカのように立ちつくすことになってしまった。

57 :名無し物書き@推敲中?:2005/09/18(日) 19:37:37
チビハゲは深呼吸をひとつして、それから言葉を選びつつ、こう言った。
「奇遇だけど。僕は悪魔。名前はいえない。昨夜は人類殲滅の計画にまたしても失敗して、とても疲れているところだ。
良かったら座らせてくれないかな。そして僕には熱いコーヒーを。あのミミズには、パセリのひとかけらを、分けてく
れたなら、とても感謝する」

58 :名無し物書き@推敲中?:2005/09/19(月) 12:35:52
これを聞いてサボテン女は言った。
「あら、まぁ。悪魔もこたえねば中には入れぬ、という諺は本当だったってこと。それでいうと泥棒なんかより、
ずーっと性質が良いと考えるべきかしら」
泥棒をそれを聞かなかったことにして言った。
「それは御愁傷さま。なんにしても座りなよ。これから食事にありつこうという時に、かたわらに他人がつっ立っ
ていると、すごく落ちつかないない」

59 :名無し物書き@推敲中?:2005/09/20(火) 11:26:50
こうして悪魔は座る場所とコーヒーを、電気ミミズはパセリを、泥棒とサボテン女は朝食を無事、口に入れることが出来たの
だった。何かを入れたなら何かを出すのが生ものの習い。泥棒は鼻をこすると鞄の底から場違いに見えるシガレット・ケース
をとりだすと、その場にいる者たちに勧めた。それぞれがその一本を手にとると、悪魔が人差指を空に向ける形でさしだし、
その先に灯を灯したので、一同は大変に驚いた。泥棒は尊敬の眼差しで言った。「便利な指だな」
サボテン女は、くだらないという感じでそれに応えた。「盗まれないように気をつけて」

60 :名無し物書き@推敲中?:2005/09/20(火) 23:24:16
悪魔はうつむいて地面を眺めたのち顔をあげると、火のついた人差指をポコンと引っこ抜いた。そして口にくわえた煙草
に火をつけると、あらためて泥棒にさしだした。それは丸っこい左の指であったが、受け取った泥棒は自分の煙草に火を
つけると、さも当り前のようににポケットにしまいこんでしまった。
これで火のついていない煙草をくわえているのはサボテン女にだけになった訳だが、もともと彼女は煙草など好きでもな
かったので、そのまま焚き火の残り火に投げ捨ててしまった。

何事もなかったように泥棒は煙草をふかし、サボテン女はコーヒーカップに口をつけ、悪魔は咳払いをした。
「おっほん。いま悪魔が通り過ぎたかな」


61 :名無し物書き@推敲中?:2005/09/21(水) 13:07:47
こう言ったチビハゲ悪魔は内心、得意な気持ちになっていた。プッ。いま悪魔が通り過ぎたかな、だって。僕は
なんてうまい事を言うんだろう。悪魔のように狡猾だぞ。プッ。プッ。プッ。

62 :名無し物書き@推敲中?:2005/09/24(土) 03:42:12
一人ひそみ笑いをして悪魔は目をつむった。耳には川のせせらぎが、肌には日の温もりが伝ってきた。瞼の裏はオレンジ色
の世界だった。彼は無意識のうちにそこにカギ括弧を置いた。

  「

63 :名無し物書き@推敲中?:2005/09/24(土) 03:56:48
  あー。嫌になっちゃうな。自分では面白い事を言ったつもりだったけど、なんか滑った感じ。二人は返事もしてくれない。
  なんだか、この生を儚んでしまいそうだ。いま目を開ければ、きっと。天には神のしろめすごとき白い雲が立ち上がり、
  枝には蝸牛が這っているはず。そのように、この世は何事もなく平和だっていうのに僕は些細な事を気にしてブルーに落
  ち込んでいる。そもそも僕はなぜ此処に居るのだろう。悪魔は何処から来て何処へ行くのか。馬鹿げた問だ。どっかの阿
  呆が呼びだしたから僕は此処にいるのだ。阿呆は人類が滅亡するのを望んでいた。それが僕の仕事らしかったから、僕も
  努力した。だけど駄目だった。同じ阿呆が邪魔するからだ。ああ、人間不信。

64 :名無し物書き@推敲中?:2005/09/24(土) 16:25:22
人間達を極度の便秘状態にすることで、彼らを絶滅させる計画を僕は練った。それには電気ミミズのスパイスが必要だった。
電気ミミズから精製されるスパイスは糞をレンガ並に硬くする。僕はまず地下世界に降りるとモグラ共を下部にして、電気
ミミズの牧場を作った。働き者のモグラ達には気の毒であったが、彼らで生体実験もさせてもらった。だけど、連中の括約
筋はとても強靱で硬い糞を山のように作りだしていったのだ。叩くとカチンと音のするその糞をモグラ達は新しい建材にし
て、独自の技と地下都市を発展させていった。一つのきっかけが、彼ら世界を爆発的に発展させていくのを見るのは見物で
あった。モグラ達は自治都市の交通網と法を細かくしていき、官僚機関を作り、貧富と不正と快楽と陰鬱な犯罪を作りだし
た。目論見は外れたがこれだけ街がソドム化すれば、彼らが自滅するのが早いか、神の雷が落ちるのが早いか、どっちかだ
ろう。僕はモグラ達の上に強権政治をひき、彼らの絶滅の道を遅らせると、電気ミミズ・スパイの量産体制に入った。あと
は人間達に試すだけ。彼らもモグラと同じ道を歩み死滅するか、もっと簡単に便秘と痔の出血でジ・エンドを迎えるかする
であろうと予想された。ところが、

65 :名無し物書き@推敲中?:2005/09/24(土) 21:24:46
少し季節を踏み外した魔方陣を描き、僕を呼びだしたところ男は丁重にカギ括弧を置くと、なんともこちらの気力を削ぎ落
とす以下のような意見を述べたのだ。
  

  『
   
   あのモグラ共をなんとかしてくれよ。家の畑を荒らしてかなわない。そりゃさ。人類を殲滅ししてくれ、って頼んだ
   のは俺だぜ。それにしたって星座占いに、人類を滅亡させると吉と出ていたからなんだけどさ。それで俺は古の魔道
   書をひも解き、ややこしい手順で日時と場所を選び、お前様を呼びだしたって訳だが。
   それにしたって仕事が遅いじゃないか。俺は興味が失せてきたよ。今月の占いによると、なんでも良い出会いがある
   そうだしさ。類殲滅計画も白紙にもださないか。何はともあれ、いまは人類の命運より、庭の根菜の方が大事だから。 
   そこんとこよろしく。それからさ、
   



66 :名無し物書き@推敲中?:2005/09/25(日) 23:42:33
猫なんとかなんないかなぁ。猫って悪魔のパシリみたいなものなんだろ。あの黒バカ・シッポ野郎に言ってきかせてくれ
よ。家の畑で、糞を、す、る、な、ってさ。まったく頭にくる。奇麗に耕してフカフカの苗床を作った所を選んでは臭い
のをしていきやがる。対策はしたさ。思いつく限り。水の入ったペットボトルを並べたり、木酸酢をまいたり、ニンニク
人形を置いたり。でも、てんで駄目。気取り歩きの黒猫さまは屁のカッパ。本当に頭にくる。
ウンコといえば、この間もな。公園を歩いていてさ。でっかいウンコを踏つけた訳さ。それはぶっといヤツで、ひと目で
猫のモノではないと分かった。猫のウンチについてなら、すでに俺はオーソリティだからね。それは間違いない。たぶん
踏んつけたのは、おバカちん大型犬のものだったろう。そのとき、俺が何を考えたか分かるかな?そうなんだ。犬のウン
コは、猫のウンコより強いんじゃないか、ってことさ。俺は本気で思った。このウンコを拾って、家の畑に置いておけば、
あのしつこいデリカシー・ゼロ、無神経猫だって、少しは考えるのではなかろうかと。でっかいウンコ。しかも大型犬の。
確実に無視出来ないメッセージになるのでなかろうか。俺はシッポ野郎が、でっかいウンコを前に腰を抜かし、二度と我
が根菜園に近づかなるストーリーを詩情豊かに思い浮かべ、思わずうっとりしちゃったよ。そばに他人がいなくて良かっ
た。それから、犬のウンコを入れる袋を持っていなかったことも幸いだったというべきだろう。この犬うんこ計画を実行
に移さない理性はまだ保っていたんだ。


67 :名無し物書き@推敲中?:2005/09/26(月) 11:42:42
 
   』

 上の記号は何だろう。寄せてはかえす波のように。いま、ひとつのカギ括弧がかえされたって訳だが。僕の目には黒猫の香ばしい
 贈り物のようにも見える。思い出すだに悲しくなる。僕がモグラ共を手なずけ、電気ミミズ牧場をやりくりし、人類殲滅の計画を
 地道にすすめている間、この阿呆は根菜に精を出していたと言うのだ。しかも、もう飽きたから僕の深謀なる計画を白紙に戻して
 良いと。だけど僕がもっと、がっくりきたのは、彼が僕を魔女か何かと勘違いしている点だった。悪魔は猫を使い魔につかったり 
 はしない。どうしても確認しておきたかったので、僕は僕の名を彼に尋ねた。僕を呼びだしたのは彼だ。それを知らないはずはな
 いだが。けれど、彼は苦笑いするばかり答えることが出来なかった。きっと、ド忘れしてしまったのだ。僕は片手をあげと、ホラ
 っと笑顔で言った。「アの文字ではじまる名だよ。とても思い出しやすい」
 彼は腕組みし、しきりに鼻の頭をかきはじめた。僕は最後の気力を振り絞り、たぶん唇を震わせ、大盤振る舞いのヒントを出した。
 「最初はアで。最後はドンでおわる」 
 ポンと手を叩き彼が、アア、と言ったので、僕も同じように大口を開き出てくる言葉を待った。
 「アア、アウブリソドン]
 それは忘却の彼方から呼びだされた白亜紀の恐竜の名であって、僕の名ではなかった。

68 :名無し物書き@推敲中?:2005/09/28(水) 21:49:24
僕が人類殲滅の情熱を失ったとて、誰に責められよう。僕はモグラ達の地下議会を緊急招集すると、一方的に共和国
への移行を宣言し、電気ミミズを野に放つ準備を始めた。みんな好き勝手にやれば良いさ。モグラ社会には多少の混
乱が生じたようだが、僕は気にもとめなかった。こう言っては何だが働き者の彼等なら、すぐに健やかなる滅びの道
を邁進してくれるに違いない、と考えていた。いずれは地獄で今日はだ。
そんなおり事件は起った。モグラ達の根菜園への攻撃がいっこうにやまないの業を煮やした男が、対モグラ電気ショ
ック装置なる機械を畑に設置し、それを作動させたのだ。


69 :名無し物書き@推敲中?:2005/10/03(月) 03:30:54
 
   」

 

70 :名無し物書き@推敲中?:2005/10/03(月) 03:33:28
だっ、誰だ、勝手に括弧をとじたのは、と悪魔は言った。
サボテン女が答えた。「その話、まだ続くの?」

71 :名無し物書き@推敲中?:2005/10/11(火) 15:25:15
「どこで笑っていいのか困惑していたのよ。そのね。あまりハッキリとは言いたくないけど。
ストーリーテラーとしての才能はないんじゃない?」


72 :名無し物書き@推敲中?:2005/10/20(木) 13:04:04
サボテン女はそう言い捨てると、修理前のこんにゃくを拾い始めた。
このこんにゃくは虐殺、あるいは接吻の結晶である。
淡々とこんにゃくを拾っては捨てる。今日中にこのこんにゃくを拾わねばならなかった。
細い手がこんにゃくを拾っては捨て、捨てては拾う。
「全然拾い終わらないわ・・・」サボテン女は絶望のあまりそう漏らした。
ふと、こんにゃくを拾う手が止まった。
サボテン女の目の先には、バールのようなものがあった。
瞬間、この世の全てが繋がる。
全てはこのバールのようなものの為に、始まったことなのだ。


73 :名無し物書き@推敲中?:2005/11/28(月) 18:07:19
お兄ちゃん・・・・





















お兄ちゃん。

74 :名無し物書き@推敲中?:2006/01/08(日) 21:27:52
けめ子っ





















(;´Д`)ハァハァ・・・

75 :名無し物書き@推敲中?:2006/01/15(日) 19:13:39
ラウンジャーで寄せ書きしたノートが全国を旅するPart8
http://etc3.2ch.net/test/read.cgi/entrance/1136733536/
現在位置
北ノート=青森
南ノート=宇都宮
この近辺でお手伝い、参加できる方募集中です。


76 :名無し物書き@推敲中?:2006/02/13(月) 00:24:11
シュール
http://blog.duogate.jp/diesel/entry/detail/?id=3601158

77 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/03(月) 10:51:11
シュール

78 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/07(金) 03:41:51
シュール。これで3回言った。
何かが生まれる予感が。。。

79 :名無し物書き@推敲中?:2006/06/22(木) 00:04:20
”インテリジェント・ゴリラスーツ”を常に身に着けることが、この未来社会での第一のルールだった。
それを着用しない外出は、まさしく死を意味した。ゴリラスーツに装備された高価な機械が発見次第
すぐ反応し、パワーアームで、即撲殺。辺り一面が肉片や汚物で汚れても、パワーアームできれいに
掃除するから手は汚れずに済む。未来社会では水は人の命よりも高価だから、それは環境にも
やさしい。指先すべてに仕込まれた、肉食の昆虫が全ての肉片や汚物を食べてしまうのだ。その後、
今度は虫が排泄した糞がゴリラスーツの動力となるのである。何と合理的であろうか。
このゴリラスーツを開発した、J・チャリティ博士はその為に大いに苦労した。

80 :無個性 ◆RelMnLZ5Ac :2006/07/12(水) 11:42:00
(^-^)

81 :名無し物書き@推敲中?:2006/07/13(木) 08:02:29
         ハ,,ハ  
        ('(゚∀゚∩_ おいらをどこかのスレに送って!
      /ヽ   〈/\ お別れの時にはお土産を持たせてね!
     /| ̄ ̄ ̄|.\/
       | .モツ煮..|/
        ̄ ̄ ̄
現在の所持品:たばこ他48品圧縮.zip・どようび・ドエット
糞スレ・rigel・ギコペ・Jane・ニンバス2000・ナコト写本
輝いてないトラペゾヘドロン・ミスカトニック大学卒業証書
屍食教典儀・ぬるぽ

82 :塵は積もってもやっぱり塵 ◆mezn9U.eww :2006/07/13(木) 21:38:00
どうも人が少なそうなので俺の基地にしてしまう。
文句がある奴はごめんなさい、でも許してもらおうとも思ってない。

83 :名無し物書き@推敲中?:2006/07/13(木) 21:41:17
>>81
おまえクトゥルースレにいただろきっとw
よし、何処かに送ってやるよ。
土産には……そうだな、「エーリッヒ・ツァンのヴィオル」を持たせてやろう。


そしてだ。



ガッ

84 :塵は積もってもやっぱり塵 ◆mezn9U.eww :2006/07/13(木) 21:44:07
ハンドルを入れ忘れた。ハンドル保存にチェックを入れるか…。

85 :塵は積もってもやっぱり塵 ◆mezn9U.eww :2006/07/13(木) 22:34:05
「溶ける魚」は途中で飽きたな。つまらんかった。
やっぱり多少の計算が要るんじゃなかろーか。

86 :塵は積もってもやっぱり塵 ◆mezn9U.eww :2006/07/13(木) 23:32:43
俺は何時間ここにいるんだ。ヴァカか?
と言う事でゲーム作りに戻る。俺は小説家と言うよりはシナリオ書きなのだ。
まあ、無駄に描写の多いシナリオだが。

87 :塵は積もってもやっぱり塵 ◆mezn9U.eww :2006/07/16(日) 21:29:18
表の顔がなくなりつつあるな。まずい。俺にはカミさんはいないが極少数のファンがいるんだ。


88 :名無し物書き@推敲中?:2006/07/22(土) 16:25:53
埼玉県南部以外

89 :カリアロラス ◆XqhLD7yUvw :2006/08/14(月) 12:56:55
ネーブルの奥に潜む、ネーブルの奥に潜め。
やがて誰もが望むミールム。手を。手を空へ。イチゴジャム。
色とりどりのビイドロが僕を殺しにやってきて、灰色のバックミラーでトーストが焼ける。
ああ、絞っても海にならない。回り続けるブラウン管。旗は玉虫。僕は笑う。

90 :名無し物書き@推敲中?:2006/08/14(月) 13:05:28
結局シュルレアリスム小説って
意味がわからんから面白くないんよね。
本場だったらフランス語の美しさを楽しむとかあるかもしれんけど。

安部公房みたいなんはどうだろう?

91 :名無し物書き@推敲中?:2006/09/14(木) 14:51:16
無職残飯、諦めて働け。おまえに小説は無理だって。いや、すべてが無理。ネットで私以外の被害者を探すことだ。ばかやろうwww
 
 
 

92 :ドッカーン!:2006/09/27(水) 22:48:20
アスペルガー残飯、諦めて働け。おまえに小説は無理だって。
 
 
 
 

93 :名無し物書き@推敲中?:2006/09/28(木) 17:56:42
実験

実験

実験

実験

94 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/31(日) 02:19:14
>>90
後継日本人作家が出ないよな。

95 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/22(木) 01:12:18
★いすに座ったまま79歳男性が焼死

・19日午後5時ごろ、岐阜県恵那市大井町、無職稲川順造さん(79)方の台所で、いすに座った稲川さんが燃えているのを帰宅した小学6年生の孫(12)が発見した。孫の連絡を受けた近所の住人が消火器で火を消したが、既に死亡していた。
恵那署によると、稲川さんは6人暮らしで、出火当時は1人だったという。稲川さんの遺体の近くに灰皿とたばこがあったことから、たばこの火が稲川さんに燃え移った可能性もあるとみて、同署は詳しい出火状況や死因を調べている。
http://www.nikkansports.com/general/f-gn-tp0-20070219-159160.html


96 :名無し物書き@推敲中?:2007/04/04(水) 12:12:43
ゲン太「ここからコナンが生まれてきたのか…」

38 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)