5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

小説書くときってどんな風に書くの?

1 :名無し物書き@推敲中?:2005/08/10(水) 21:56:20
おまいら小説書くときってどんな風に書くの?
どういうプロセスを経て、おまいらの小説が出来上がるのか詳しく語ってください

2 :名無し物書き@推敲中?:2005/08/10(水) 22:06:23
スレが立ってしまったんで、俺の場合を簡単に書きます。

一番最初は、日常生活で、歯を磨いてるときとか
シャワー浴びてるときとかに、ふと妙なフレーズが頭に浮かぶことがある。
どういうフレーズかというと、そのフレーズを頭の中で反芻しているうちに、
それに続く文章みたいなのが自然に浮かんでくる。
時間があるときは、犬と一緒に散歩に出て、散歩で歩きながら頭の中で文章を考える。
そんで家に帰ってから、ノートにさっき考えた文章を書き記す。
勿論、全部覚えてるわけではないから、考えたとおりには書けないが、
それはそれでいい。

こういうストックを幾つか集めてるうちに、
いくつか組み合わせると、小説になるんじゃないか、と思える時があって、
そう思えたら一つにまとめる、という形です。

短いのしか書いたことないんで、こんな感じです。

みなさんも教えて下さい。

3 :丹徒 ◆sIFe.mOaC2 :2005/08/10(水) 22:35:43
>>1 及び >>2

時々ですね。
キャラクターの容姿、武器、性格、特異体質、能力。とか
世界観、建築物、文化、国土、魔法の設定。とか
まぁ、その他もろもろが思い浮かぶ事があるのです。

それをメモ帖に書き留めていって。
十か十五くらい溜まったあたりで、相性の良さそうなのをくっつけて設定を創る。
ストーリーも、ふと思いつく瞬間を待ちます。

4 :名無し物書き@推敲中?:2005/08/10(水) 23:30:46
物語って自然に思い浮かぶじゃん。
それを文章に書き留めていく作業かな。
しかし、最初にこの浮かぶ物語ってのが想像力のセンスだよな。
独創的な物語か、何時か観たり読んだりした記憶の残像か。

オナニーして寝よっと。


5 :名無し物書き@推敲中?:2005/08/10(水) 23:38:07
1 脚本を書く
2 100〜200枚の絵コンテを書く
3 撮影
4 編集
5 できあがった映画をもとに原稿を書く

6 :名無し物書き@推敲中?:2005/08/11(木) 23:45:39
思いついた会話やシーンからテキストに起こしてく。
そっから全体のプロットなんかが見えてくればどんどん書き足し。
一段落つくごとに読み返してその都度修正かけてく。
細かい描写を入れたいときは絵とか描いてイメージを補足する(本業が絵描きだし)

7 :名無し物書き@推敲中?:2005/08/12(金) 11:59:55
>>1みたいに日常で考えてると事故に遭っちゃいそうで危ないから、
私はしない。ただ原稿用紙に向かった時のみ小説世界に入っていく。
自分の小説世界に完全にトリップして、突き詰めていく。成るべくは
広がりを持たせ、でも勿論文脈から余りにも外れた部分は消す。ある
程度の構想は勿論書き出す前に練ってるけど、途中で若干変わるのが
普通なんじゃない??練り直しながら。書き進めていく感じ。

8 :名無し物書き@推敲中?:2005/08/12(金) 12:39:57
まず、どういうジャンルの話を書きたいか考えて、いきなり粗筋を組み立てる。
それから細かいディティールとかを決めて行く。
伏線どうしが絡まってラストで結び付く時の興奮がたまらない!

9 :名無し物書き@推敲中?:2005/08/12(金) 13:38:43
書きたいことをきめる。最近は諦めないことがずーっとテーマ。

普段は、思いついたシーンを書き連ねてる。シーンだけ。登場人物もまちまち。
で、これをストックしていって、適当に使えそうなのを繋げる。つなげる為の材料を捻る。
登場人物を考える。かなり多めに考える。次に人物ごとにシーンを適当に書く。その中からおもしろそうなのをつなげていって仕様策定はおしまい。

プロトタイプを書く。通して読んでデバッグ。
枚数目指して書く。おしまい。

一次しか突破できない俺のフロー。

10 :名無し物書き@推敲中?:2005/08/12(金) 13:47:20
僕の場合は凡人だから構造主義的文学批評等を逆に利用する。
構造を考えてから、記号を配置して全体の流れを考えてから物語る。
伏線や登場人物の関係は、あらかじめ図を作っておく。
(Aポイントでコレとコレが結びつくが、Bポイントにおいて伏線1がきっかけで決別し・・・みたいな。)
おもしろい構造ができたら、それを文章にしていく感じ。
これは、純文学っぽいのを書くときも同じだね。
あらかじめ構造で判断すればいいわけだから、文章力の無さ以外の理由で
途中で挫折するってことはない。
あと、大抵は帰納法で考える。つまり終わりから考える。
魅せたいラストが考え付いてから構造を組み立ててとりかかるって感じかな?

11 :ERI INOUE:2005/08/12(金) 13:51:38
私は、大好きなロックミュークを聞いていると、構想が浮かんできます!!
ヘヴィーメタル小説家 ERI INOUE 最新作 「A FROZEN BLACK FLOWER」 好評配布中!!

スラッシュメタルミュージシャン朱宮彰、通称、シュミーアと、その義理の娘、麗菜との、儚くも美しい禁断の恋。

シュ、ミー、ア。体中の血潮が、激しく貴方を求める。
シュ、ミー、ア。ああ、これが例え罪だったとしても、愛の名前によって全てが美しく清められてゆくのです。
ああ、シュミーア。お父さん。この、不束な娘をお許しください・・・

「すばる文学賞」正式応募作。原稿用紙約350枚、超問題作!!現在、無料配布中です!!

詳しくは、下記のホームページをご覧下さい!!

http://jns.ixla.jp/users/inoue266/


12 :名無し物書き@推敲中?:2005/08/12(金) 13:56:59
>>11
デストラクション好きなんだw


13 :名無し物書き@推敲中?:2005/08/12(金) 13:58:27
しかし、超問題作、ってほどではないな。
そのあらすじだと倉橋由美子の聖少女とかぶる。
この人の書く小説はえげつないぜ。



14 :オメガ石松:2005/08/12(金) 13:58:58
愛の名前ってなんだ

15 :名無し物書き@推敲中?:2005/08/12(金) 14:41:15
基本に忠実。逆算する。

1.ネタをひらめくまで待つ。待っているあいだは適当に遊んだりバイトしたりカラオケ行ったり。
2.ひらめいたネタ(シーンが多い)に出てきた登場人物とか場所とか小道具とかのパーツをノートなどに箇条書きにする。
3.書き出したものがどういう経緯を辿って、ひらめいたシーンに至るのか考える。
4.全てのパーツが消化できたらプロットを編む。この辺で分量とか調整。
5.書く。
6.見直す。
7.完成☆

――かな?

16 :オメガ石松:2005/08/12(金) 15:28:42
社部打ってボブディランが光臨して狂いまで尾何して待つ、かな

17 :名無し物書き@推敲中?:2005/08/12(金) 15:35:15
>>11
自分で書いておいて「問題作」とか言うなよ、アホが。

18 :名無し物書き@推敲中?:2005/08/12(金) 15:54:29
>>16
ボブディランの小説読んだことある?
すげえよ。

19 :名無し物書き@推敲中?:2005/08/12(金) 16:11:48
>>18
ボブディランの小説って何?

20 :名無し物書き@推敲中?:2005/08/12(金) 16:19:23
タランチュラっていう、小説が出てるの。
古本屋でゲットしたんだけど、筋があるんだかないんだかわからない。
ダダイズムみたいな小説。

21 :名無し物書き@推敲中?:2005/08/12(金) 16:41:23
ダダイズムって何人?

22 :名無し物書き@推敲中?:2005/08/12(金) 17:42:29
人の名前じゃないよ!
ダダイズムって、文学で言うなら
言葉の記号的羅列の中から美を感じ取る主義。
意味とかはわからなくてもいいの。

23 :名無し物書き@推敲中?:2005/08/12(金) 19:07:59
あーわかった
要するにAAみたいなもんね

24 :名無し物書き@推敲中?:2005/08/12(金) 19:25:31
ち・・・ちげー・・・いや、あってるのか?
いや・・・
ち・・・ちげー
まてよ?正しいのかもしれないぞ
いや・・・
ち・・・ちげー


25 :名無し物書き@推敲中?:2005/08/13(土) 00:17:30
違う意味での前衛とか?
日本でそーゆーの書いてる作家いないのか?

26 :名無し物書き@推敲中?:2005/08/13(土) 09:07:29
1.ネタゲット!!
2.ひたすら想像・構想・妄想
3.2を整理してプロットにまとめる
4.プロットを見直す
5.とりあえず第一章だけ雰囲気をつかむためにも書いてみる
6.また3と4を繰り返す
7.ひたすら書く
8.推敲
9.完成!

27 :小泉誠二:2005/08/13(土) 12:12:04
1.とりあえずプロットは決めずに書き始める
2.書いてる途中にテーマやプロットを閃く
3.それらを一応ノートに書いておく
4.あとは時折ノートを確認しながら、ひたすら書く
5.推敲
6.誰かに見せてみる
7.推敲
8.完成

28 :名無し物書き@推敲中?:2005/08/13(土) 19:56:50
>>25
筒井康隆なんかそれじゃね?

29 :名無し物書き@推敲中?:2005/08/14(日) 02:13:57
マジレスすると、まず自分の尻を両手でバンバン叩きながら白目をむき
「びっくりするほどユートピア!びっくりするほどユートピア!」
とハイトーンで連呼しながらベットを昇り降りする
これを10分程続ける
するとふと妙なフレーズが頭に浮かぶ。

30 :名無し物書き@推敲中?:2005/08/14(日) 02:29:10
↑オレは3年間毎日欠かさずやってたが全くいいアイデア浮かばんかったぞ

31 :名無し物書き@推敲中?:2005/08/14(日) 02:36:43
1.まず布団に入って寝る
2.すると小人さんが出てきて勝手に妄想を始める
3.それを寝ている俺が「夢」という形で受け取る
4.目が覚めたら見せてもらった映像を文章に落とし込んで出来上がり


32 :名無し物書き@推敲中?:2005/09/08(木) 11:14:39
o

33 :無名草子さん:2005/10/03(月) 11:40:44
おはよう

34 :名無し物書き@推敲中?:2005/10/03(月) 16:40:02
・なんか漠然とした空気や匂いみたいな、表現したいものの塊が沸いてくる
・それにあったキャラをつくって、動き出すのを待つ
・勝手にその人格が物語を作り始めたら書き始める

そんな感じ。

でも最近は……待てど…暮らせど……

35 :罧原堤 ◆SF36Mndinc :2005/10/04(火) 18:05:52
描写についてすばらしい着想を得た、聞くか?

36 :罧原堤 ◆SF36Mndinc :2005/10/04(火) 18:11:24
聞かないのか、もう寝るぞ、聞くだろ、

37 :名無し物書き@推敲中?:2005/10/04(火) 18:11:51
おやすみ

38 :名無し物書き@推敲中?:2005/10/04(火) 18:12:51
聞く

39 :罧原堤 ◆SF36Mndinc :2005/10/04(火) 18:14:55
>>37
あのな、描写とは四則演算である。足し算、引き算、掛け算、割り算な。あとベクトルでもある

40 :罧原堤 ◆SF36Mndinc :2005/10/04(火) 18:18:58
ベクトルが同じ方向の描写を続ける、すなわち、足し算を続けるということ、それが。
ベクトルが逆のことを書いちまったら、それは引き算になってて、±0でなんの効果もないんだな。なんの効果もない、すなわち、読んで退屈であると。
すべきことは或る、例えば、雰囲気を狙って、読者に感じさせたいことを狙って、描写を続ける、それは足し算なんだけど、ま、引き算をしないようにすんだな。描写過多とかそういうのはダメなんだな、引き算が混じってる可能性が大、そういうことだ。
やるべきことは、二乗、三乗、することだ。つまり、掛け算だな。センテンス、センテンスが、互いに互いを修飾してるっていうか、まあ相乗効果、そうなってるとベストだと考える、

41 :罧原堤 ◆SF36Mndinc :2005/10/04(火) 18:26:18
ここから先が重要なんだが、やっぱ、俺だけの創作術にしとくか、いちおう、

42 :名無し物書き@推敲中?:2005/10/04(火) 18:32:48
割り算についてだけは語ってけよ
気になるだろうが

43 :名無し物書き@推敲中?:2005/10/04(火) 18:35:54
足し算  同じベクトルを持った描写
引き算  同じベクトルを持っていない描写
掛け算  描写同士が影響しあうこと


まとめるとこうか?

44 :罧原堤 ◆SF36Mndinc :2005/10/04(火) 18:45:05
いや、割り算は、掛け算の反対だから、
前のセンテンス、とは著しくかけ離れて相乗効果どころか、まったく修飾していなく、センテンス、センテンス、互いに効果を半減しあっているような場合、
ただ、

45 :名無し物書き@推敲中?:2005/10/04(火) 18:45:27
寝たな

46 :名無し物書き@推敲中?:2005/10/04(火) 18:46:11
まだいたのかw

47 :名無し物書き@推敲中?:2005/10/04(火) 18:50:12
ふし原次の祭り出てやれよ

48 :罧原堤 ◆SF36Mndinc :2005/10/04(火) 18:50:35
小説内での因果関係が、うまく調和していたとしても、戦争と平和は退屈だというフラッグを掲げ、共同戦線を張る、
つまり、読者の脳にどれだけの情報処理能力、連想力があるか、の、見極め、

49 :名無し物書き@推敲中?:2005/10/04(火) 18:56:26
作者に見極められたくねえな
わかるように書いてほしい
そういうのが少しぐらいあってもいいけどさ

50 :名無し物書き@推敲中?:2005/10/05(水) 14:59:12
ここ10年くらいで思いついたネタは全部脳内に留めてある(メモもした)
ほとんどが使えない上に、自分の初めに考えていたストーリーは話がでかくなりすぎてどうしようもない
なのでそこからいくつかの要素を拾い上げ
最近見た漫画やテレビ、小説、ゲームの設定を取り入れて
自分の好みに仕立て上げる。あくまで最近であって最新ではない

51 :イラストに騙された名無しさん:2005/11/01(火) 11:20:20
o

52 :名無し物書き@推敲中?:2005/12/15(木) 12:12:46
r

53 ::2005/12/15(木) 13:14:13
んじゃー今から小説書くからぱくるなよ



家賃8300円、筑35年の県営住宅にまた夏がきた。生コンのつやつやとした階段はひんやりと冷たく、隅っこで寝ている毛の抜けたのら猫も、
お腹をべったりとはりつけたまま、日が傾くのをじっとまっていた。

54 :指し指 ◆6wmx.B3qBE :2005/12/15(木) 13:52:37
徒然なるままに書くんだよ。

55 :独りよがり:2005/12/15(木) 16:27:08
キャラ考えて、物語考えて、しっくりいくまで書き込む。


56 :名無し物書き@推敲中?:2005/12/16(金) 11:47:47
1.
出だしの一文を口に出してみる「沈み行く夏の夕日。僕達はただ、それを見つめているだけだった。」
もしくは突然セリフを言ってみる「まこと、だからお前それ沢庵じゃないって…ああぁ」

2.
1の前後を妄想する
例:僕達⇒青春?回顧? まこと⇒男?女?親友?幼馴染?ペット?

3.
妄想した前後をどんどん広げると話の本筋やメッセージが思いつく
例:「友情は時として脆く崩れやすいが、本当の親友は友情が崩れても親友のまま」というお話

4.
3を思いつくとストーリー概要、世界設定、人物設定が出てくる
例:近未来の海を舞台とした自衛軍青春物。
 親友のまことが軍の自治方針に疑問を抱いた事から話は始まった…

5.
描写、肉付け、複線等、話の山谷をつけて完成

完成…したことないけどネ!(´∀`)σ)Д`)

57 :名無し物書き@推敲中?:2005/12/29(木) 11:51:14
良スレあげ

ネタ思いついても、ノートに書こうとすると、とたんにやる気がなくなってしまうorz
→プロット編めない

58 :名無し物書き@推敲中?:2005/12/29(木) 16:18:04
夢で見た断片をひねり回してると、物語になってくる。それをまず書き出してしまうんだ。
50枚くらいで行き詰ってくるから、そしたらおんなじように中断している話を書き出す。
常に書きかけが5,6本あるけど、みんなちゃんと最後まで書けるよ。

59 : 名無し物書き@推敲中?:2005/12/31(土) 01:04:52
漏れの場合、ネタは特に何も考えないで出てくる
文章は曲や歌、古典や俳句のリズムのような感じで勝手に流れがグニョーンと綴られていくな
キャラや世界観、詳細設定は後の肉付け
とにかく前フリをまずやって、気に入った雰囲気仕上げにした後に
姓名判断等での性格診断を参考にして完成させてる
結構大雑把かな


60 :名無し物書き@推敲中?:2006/01/02(月) 15:48:56
お聞きしたいのですが・・・
それで皆さん最高どの辺までいったことありますか?
1次通過?最終選考?

61 :名無し物書き@推敲中?:2006/01/10(火) 20:20:23
>>60
一次落選w


62 :名無し物書き@推敲中?:2006/02/04(土) 13:34:03
ロンパリ

63 :吾輩は名無しである:2006/02/04(土) 18:23:29
主役の名前を考える
脇役の名前を考える。
敵役に憎たらしい人間の名前を当てはめる。

64 :名無し物書き@推敲中?:2006/02/05(日) 14:11:15
>>60
俺、初めて書いた小説が一次通過したんだけどさあ。
その後は3作連続で一次落選でさあ。
むしろ一回も通過しない方がよかったよ。生殺し。

65 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/01(水) 13:01:54
うまく調和していた

66 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/01(水) 13:44:20
ブックオフで面白そうな文庫本を10冊千円で買ってくる。
その中から面白そうなシーンを書き出していく
書きだしたものをストーリーがつながるように並べてみる
登場人物や時代や場所を適当に揃えると
一丁上がり

67 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/01(水) 13:53:15
 きょうはどんなストーリーで千摺りをこくか考えて、一番気持良さそうな
筋立てを文章にします、翌日読み返してチンポが勃つか試せば完成です。

68 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/22(水) 11:40:59
名前を考える

69 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/22(水) 15:45:32
>5
おしいな・・・
脚本を書く、デジカメ(デジビデ)で環境取材、客観的な動作、心理描写をラフに書く、
それらを総合して編集作業。
脚本を書く前には、主役と脇役だけをイメージ。
あとは書いてから次第。
これで一応、賞というものを頂いた。


70 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/22(水) 23:13:53
まず主張したいことを考える
次にその主張に似合う世界観、物語を考える
登場人物を考える
展開を考える
…こんな順番だから展開がおろそかになるのかなorz

71 :又一:2006/03/23(木) 00:08:22
1何も考えずに書き始める。
2アイディアが出なくてもとにかく何か書く。
3傍観しているのが可哀想になって小説の神様が降りてくる。
4脳にちらほらと浮かぶ文字をそのまま写す。
5小説の神様へのお礼を忘れない。

72 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/23(木) 06:31:33
1.台詞を思いつく。
2.思いついた台詞はどんな世界設定や物語の仕掛けに合うのか検証する。
3.最も合うだろうと思われる設定に自分なりに脚色を付けた上で、その設定で何を主張すると効果的か検証する。
4.主張を元に小説に出さなくてはならない要素を考え、章仕立てにする。
11.ハリウッドにリメイクされる。

73 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/23(木) 12:30:35
1:一番最初と一番最後をきめる
2:その間に挟む物語を適当に考える
3:それに使う設定を考える
4:とりあえず書きたいように書いてみる
5:気がついたら原稿用紙100枚突破

74 :又一:2006/03/23(木) 13:00:51
1、乱歩乱歩乱ぽおうらん!と大声で叫びながら渋谷を走る。
2、警察に止められる
3、そして、誰も今まで経験したことのない貴方だけのストーリーが生まれる。
4、警察へのお礼を忘れない

75 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/23(木) 14:44:51
>>74
警察のまえに母親に止められますた

76 :又一 ◆PhgS5i6Xbk :2006/03/23(木) 14:48:49
まぁ取材が大事ですね、あとは携帯や手帳やボイスレコーダーで、
メモやスケッチを取りつつ執筆する感じで。
写真をデジカメで撮るのも吉、達成感に酔いしれるのは凶。

77 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/23(木) 15:06:12
ネタを考えててノって来ると、思い付いた台詞や動きが勝手に体に出てしまい、一人で劇やってたりする。

78 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/23(木) 16:57:25
ネタ収集は、兎に角五感で感じられる物全てに注目してみる。

さすれば道は開かれよう。

79 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/23(木) 17:22:58
1、自分のうんちを食らう
2、とにかくうんちを食らう
3、おなかいっぱになってもとにかくうんちを食らう
4、ゲロしたら、そのゲロうんちも食らう
5、その様子をすべてビデオカメラに収める
6、それを当然のごとくもよりの警察署に氏名、住所を記載し送る
7、数日後、私服が訪問してくるので、そのときもうんちを盛った皿を手にし対応する
8、速攻で精神科へ直行
9、拘束服を着せられる
10、これでやっと静かに構想を練ることが出来る
   もちろんキリストさまへの感謝をわすれてはならない



80 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/23(木) 18:37:13
1、話の始まりと終わりを考える
2、起承転結をダラダラと考える
3、そこら辺をぶらつく・取材
4、今度は真剣に話の筋を考える
5、メモを元に書きまくる。

81 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/23(木) 20:03:22
小説って何にかいてる?みんな

基本、どんな現行用紙?

82 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/23(木) 20:53:09
>>81
メモ帳

83 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/23(木) 21:16:56
三好さんも物書きだから分かると思うんですけど、小説家やライターの一番の能力は、
「これくらいでいいか」と思って書き始められて、「これくらいでいいか」って終われること。
素人がモノを書けないのは、作れないんじゃなくて、作り始めるのと書き終わるのに膨大な時間が必要だからです。
プロは、下手でも納期に間に合えばいいって思ってるんですよ。

ttp://www.surfcom.jp/shop/randomtalk/12index.html


84 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/24(金) 18:11:40
やっぱイメージイラスト描けないと駄目だね。

85 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/25(土) 02:15:18
すみません。 急な質問です。
ワードで書いた原稿を(横文字)投稿用するために
原稿用紙風にするにはどうすればいいのでしょうか?
お願いします。 誰か、教えてください。
ご迷惑、ごめんなさいっ

86 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/25(土) 02:28:07
縦書きにして1行20文字にすれば良いのでは。
まさか升目は要らんだろうし。

87 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/25(土) 02:47:10
本格推理もの
1.舞台とトリックを思いつく。

ミステリもの
1.テーマを決める。

普通の小説
1.音楽からイメージする。

あとはそれらを補足しながら書き進める。
いつもプロットが固まってないので書きながら考える。
んで途中でプロットができたら、手直しして書いていく。
して、できあがり。

88 :えいいち ◆GRGSIBERIA :2006/03/26(日) 01:53:14
1.テーマを決める
2.だいたいどんな場面が欲しいか考える
3.最初から練り上げる
4.納得するまでひたすら練り上げる

89 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/26(日) 02:07:08
1.小説を書く
2.新人賞に応募する
3.編集から大絶賛
4.売り出されると各メディアから注目作と大々的に宣伝される
5.漫画、アニメ、映画など各媒体から引っ張りだこ。
6.カンヌ国際映画祭で最優秀賞を受賞。
7.というのが全て夢の中の出来事で、それを微かな心の支えにして今日も机に向かって原稿用紙に鉛筆を走らせるのだった。

90 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/26(日) 06:04:41
それだ!

91 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/26(日) 06:35:25
ノートに小説書いてる人居る?
使い心地はどう?

92 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/26(日) 23:26:30
だいたい、基本
どんな原稿用紙だといいんですか?
B400字。ダメですか?

93 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/27(月) 13:12:25
wordでA4、40字×30行で書いてる。

94 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/03(月) 15:36:47
トイレットペーパーに書いている、もちろん、筆だ・・・


95 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/03(月) 16:44:46
1、うんちをする
2、そのうんちを観察する
3、その観察したうんちからあらすじを得る
4、それを元に原稿をおこす
5、推敲したらあかん
6、原稿を送る(そのとき一枚目の中心にうんちを付けておく)

以上、実際の、おれがやってる手法。



96 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/03(月) 17:02:53
やっぱみんなそうするよね。

97 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/03(月) 22:17:20
>>96
ねーよwww

98 :名無し物書き@推敲中?:2006/05/19(金) 15:56:38
>プロは、下手でも納期に間に合えばいいって思ってるんですよ。
心に響いた。

99 :名無し物書き@推敲中?:2006/05/29(月) 14:50:19
>>98
その通りです! 

100 :名無し物書き@推敲中?:2006/05/29(月) 15:15:35
俺は>>6の書き方だね。
PCはホント便利だよね。コピーペースト思いのままだモノ。

でもたまに紙に鉛筆で書いて発想するとまた違ったもの出てくることもある。

101 :名無し物書き@推敲中?:2006/06/05(月) 01:29:17
学生時代に絵を描いてなかったプロの漫画家は少ない。
学生時代に楽器やってなかったプロのミュージシャンも少ない。
学生時代に活動していなかったプロのスポーツ選手はおそらく皆無だろう。

で、おまいら学生時代に書いてた?

102 :名無し物書き@推敲中?:2006/06/11(日) 20:49:25
http://go.fc2.com/movie-45678384637/



103 :名無し物書き@推敲中?:2006/09/02(土) 20:04:47
小説神髄

104 :名無し物書き@推敲中?:2006/11/08(水) 10:49:50
>>1
お留守バンシーでも入選するんだから、キミでも大丈夫。

105 :名無し物書き@推敲中?:2006/11/13(月) 18:10:51
999 名前: 吾輩は教師である Mail: 投稿日: 2006/10/26(木) 22:37:54
「僕の小説を読んでる人って馬鹿が多いんですよ。もう少し分かりやすくいうと本を読んでない人。
そういう人のために世間の仕組みを教えてあげるのが僕の小説。読者はみんな僕の生徒なんだよね。
だから、先生という呼び名には、作家の他に教師という意味合いがある」
                   別冊宝島『石田衣良Style』インタビューより

106 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/16(金) 06:50:08


25 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)