5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

1レス1行小説書くスレ

1 :名無し物書き@推敲中?:2005/09/06(火) 13:18:24
1レス1行

2 :名無し物書き@推敲中?:2005/09/06(火) 14:29:52
ニダ

3 :名無し物書き@推敲中?:2005/09/08(木) 02:20:03
いちスレ、 
     にニダ、
          さん、アラシ

4 :名無し物書き@推敲中?:2005/09/08(木) 02:22:43
よんで「読み返し、無意味と知る、そんなスレ」という書き込みを昔、読んだなぁ

5 :名無し物書き@推敲中?:2005/09/08(木) 08:03:17
なんで俺ってテンパーなんだろ…

6 :名無し物書き@推敲中?:2005/09/08(木) 09:09:43
ろくでもないことを考えながら

7 :名無し物書き@推敲中?:2005/09/08(木) 09:38:20

俺はちんぽこをしごいていた。

8 :名無し物書き@推敲中?:2005/09/08(木) 09:39:23
ろくでもない事とは、アナルを犯されている所だ。

9 :名無し物書き@推敲中?:2005/09/08(木) 09:40:09
しかも相手の女は『あき竹城』なのだ。

10 :名無し物書き@推敲中?:2005/09/08(木) 09:43:31
アッー

11 :名無し物書き@推敲中?:2005/09/08(木) 09:46:56
ちょうど、『あき竹城』が『ビッグらぁんちはぁ〜』と言った所で果ててしまった。

12 :名無し物書き@推敲中?:2005/09/08(木) 14:23:38
最初から 「一行でチンコとアナルだけを語るスレ」 というタイトルをつければいいのに。

13 :名無し物書き@推敲中?:2005/09/08(木) 14:24:33
1、反省。

14 :名無し物書き@推敲中?:2005/09/08(木) 14:26:25
すまんかった。13も反省。よし。カッコ。思うぞんぶんに使ってくれ。カッコトジ。

15 :名無し物書き@推敲中?:2005/09/08(木) 14:31:02
と反省サーティンはいい、お尻を突きだした。「ネズミはダメ。残酷すぎるわ」

16 :名無し物書き@推敲中?:2005/09/08(木) 14:33:01
「反省の化け物、アナコンダ13め。猫だ、猫、猫を使え!」

17 :名無し物書き@推敲中?:2005/09/08(木) 14:34:40
その暗がりの中で起る大騒ぎ、耳をつんざく悲鳴。「ぎゃぁぁぁぁぁぁぁ」

18 :名無し物書き@推敲中?:2005/09/08(木) 17:14:22
「おっ。おっ。おなかの中で。トムとジェリーがサティーを演奏してるぅぅ」「ぎゃはははは」

19 :名無し物書き@推敲中?:2005/09/08(木) 17:20:50
「悪戯ジェリー。角笛をとり、虚空に息吹を吹き込め。組曲。惑星。ホルストだ!」「ケケケケケ」

20 :名無し物書き@推敲中?:2005/09/08(木) 17:23:05
だんだん妙なテンションになってきた。

21 :名無し物書き@推敲中?:2005/09/08(木) 17:23:23
「まずいなぁ。男ばっかりか」 「あったり前さ。きっかり十三人!」

22 :名無し物書き@推敲中?:2005/09/08(木) 17:24:56
「何がきっかりなんだ?1ダースに1あまるじゃないか」

23 :名無し物書き@推敲中?:2005/09/08(木) 17:26:06
「裏切り者!」・・・爆笑がおこる。

24 :名無し物書き@推敲中?:2005/09/09(金) 02:36:37
「しかし、13人は多いな。ここはひとつ。一人づつ。減らしていこうじゃないか」

25 :名無し物書き@推敲中?:2005/09/09(金) 02:39:45
ある午後の終わり彼等はそう話しあい、それぞれ針を手にとった。「えいっ!」

26 :名無し物書き@推敲中?:2005/09/09(金) 02:43:07
火のような叫びがおこり、13の穴のあいた死体ができた。「不思議だ。意見が満場一致するとは」

27 :名無し物書き@推敲中?:2005/09/09(金) 02:45:05
「いま思ったんだけどさ。なんで13なのさ。穴は12のはずじゃないか。だって・・・」

28 :名無し物書き@推敲中?:2005/09/09(金) 02:46:58
「被害者自身も自分を刺したのさ。言っただろ。満場一致さ」

29 :名無し物書き@推敲中?:2005/09/09(金) 06:07:51
「むにゅうんんーじゅぐだたぁ」大声となった嗚咽を漏らした。どぼどぼと。

30 :名無し物書き@推敲中?:2005/09/09(金) 09:32:00
そうやって続く一人が大空に身を投げた。

31 :名無し物書き@推敲中?:2005/09/09(金) 09:32:51
しかし変じゃないか、ここは砂漠だぜ。

32 :名無し物書き@推敲中?:2005/09/09(金) 09:36:49
と思った奴もいたが、それは彼の目が不自由だったからである。ヤシの木で作られたカタパルトは、どぼどぼに強力なのだ。

33 :名無し物書き@推敲中?:2005/09/09(金) 10:26:21
どぼどぼは、日光を浴びたらあたり一面を花園に、酸性雨を浴びると新しいとても歪な生物を創る。イカシタどぼどぼ

34 :名無し物書き@推敲中?:2005/09/09(金) 12:08:01
「なるほど」

35 :名無し物書き@推敲中?:2005/09/09(金) 13:36:46
「なっとくなっとく」(一同)

36 :名無し物書き@推敲中?:2005/09/09(金) 23:21:25
11人のうちの1人が言った。「とりあえず日の光は有り余っている。あたり一面にイカシタどぼどぼが咲き誇るのを眺めようじゃないか」

37 :名無し物書き@推敲中?:2005/09/09(金) 23:26:27
11人。フットサルが出来る人数だった。別段、嫉みも怒りもない。5対5の正々堂々とした闘い。一人が注釈のような場所から審判をすればいい。

38 :名無し物書き@推敲中?:2005/09/09(金) 23:31:43
「では第1回。退屈な11人・フットサル・イカシタどぼどぼ杯を開催します。お腹の痛い私が審判を努めますので、どうぞよろしく」

39 :名無し物書き@推敲中?:2005/09/09(金) 23:33:52
仕切られるのが嫌いな奴がさっそく不平を述べた。「勝手に話を進めるな。第一、注釈のような場所ってなんだよ」

40 :名無し物書き@推敲中?:2005/09/09(金) 23:41:16
お腹の痛い審判員が笛を吹く。「手続きについての議論は円滑なゲーム進行を妨げます。ゲームについてのゲームには注をつけ場外でお願いします」(注1)


                                    注1---「このレスを書いている者も考えている。あまり、面白くないと」
                    

41 :名無し物書き@推敲中?:2005/09/10(土) 01:51:43
「まぁ、とやかく言ってないで初めてみようや。おりゃ。」 ドガーン!(注a1)

                       ドガーン!(注a1)・・・ボールが爆発した音。


42 :名無し物書き@推敲中?:2005/09/10(土) 01:54:11
「言い忘れましたが、あちこちにトラップが仕掛けられています。登場人物を減らすための競技であることをお忘れなく」と審判は言った。

43 :名無し物書き@推敲中?:2005/09/10(土) 04:58:02
「冗談じゃないは、あんた達に消されるなんてまっぴらよ!、イカシタ恋をエンジョイするんだからー」一人の女、場外へ逃げ出す。ドボサーァ(注Ω10)

                           (注Ω10)ドボサーァ〜〜1平方ヘクタール程の地面が地下10メートルにかけて裏返る音。

44 :名無し物書き@推敲中?:2005/09/10(土) 11:20:42
自称、女を除く九人は波打つ地面に溺れながら顔を見合わせた。「女」「マジ?」「ただの粗忽者」「そう」「>>21を読んでいない」

45 :名無し物書き@推敲中?:2005/09/10(土) 11:22:42
それでも彼等は喜んで死ぬ。「女」。それは彼等が猟犬となり追うべきところの紅のマークだ。男達はその記号と戯れ。最後には(想像の中で)引き裂く。

46 :名無し物書き@推敲中?:2005/09/10(土) 11:29:30
「女はいいなぁ。空に浮かび微笑んでいる」「こっちは重く沈む一方だ」「心配するな、どんなに重くても地球の中心より深場所はない」(注Ω11)

                                          (注Ω11)>>43さまへ。連投、ごめんね。(^▽^)

47 :名無し物書き@推敲中?:2005/09/10(土) 12:18:38
冬の時代がやってきました。

48 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2005/09/11(日) 00:56:09
根菜栽培にも凝っている日曜天文観測官は、裏庭で分かりにくい女と語り合っていた。

49 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2005/09/11(日) 01:59:48
「しかし、なんでまたお隣同士で手紙のやりとりをせにゃならんのです。用件があるなら、ホラ、こうして。直接、会って話せばいい」

50 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2005/09/11(日) 02:04:51
ドボサーァ〜を生き残った女は首を振る。「だって家。一通も手紙がこないんですよ。ダイレクトメールと請求書以外。お察しくださいまし」

51 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2005/09/11(日) 09:53:39
ぬわぁーにが「お察しくださいまし」だ、ドブス、鶏糞眼鏡、赤方偏移、未婚腐葉土、斥力靴下、と日曜天文観測官は心の中で思った。

52 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2005/09/11(日) 11:32:30
「そんな事より、お宅の猫をなんとかして下さい。毎晩のように我が家の畑で、落とし物をしていきます」

53 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2005/09/11(日) 11:36:19
分かりにくい女は比較的、分かりやすい驚愕の表情を作ると、ウンウンと頷きはじめた。「クロが、落とし物?初耳です。どんなに知ってるつもりでも知らないことってあるものですね」

54 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2005/09/11(日) 11:45:30
憮然とする男に彼女は続けて言う。「まず事実確認が必要ですね。文書で知らせて下さい。重要なのは文書です。お分かりでしょう」

55 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2005/09/11(日) 11:54:04
なんだかフワフワした庭を渡り、家に入る女を眺めながら日曜天文観測官は小声で言う。「ディープ・インパクト。ゴボウ脚!」

56 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2005/09/11(日) 14:10:20
2日後の夕方。二人はまた裏庭に顔をあわす。どうして手紙をくれないのだ、という女に日曜天文観測官は1枚の写真を見せる。

57 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2005/09/11(日) 14:10:33
「ぎゃふん」日曜天文観測官、粗暴のフリ、「お宅、地獄耳なんですね」

58 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2005/09/11(日) 14:15:17
それは畑で腰をかがめる黒猫のワンショット。猫は光る目をしっかりとカメラに向けている。

59 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2005/09/11(日) 16:58:35
「ゴホン!」女は間の悪さを咳払いで吹き払い言った。「へえ、いまどき珍しい。8バイ10ですか。現像室をお持ちで?」

60 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2005/09/11(日) 17:00:48
意外な答えに男はのけ反る。「論点をズラさないで下さい。見て下さい。お宅の猫です。そして、この柵とこの畝。うちの畑です」

61 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2005/09/11(日) 17:05:42
女は聞く耳を持たない。「難しい問題ですね。そうそう。論点と言えば、投票には行かれました?」

62 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2005/09/11(日) 17:10:12
男はビニール袋を女に手渡し会談を終了する。女は手をふって男を見送り、あらためて袋の中身を観察する。中には香ばしい猫のお土産が入っている。

63 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2005/09/11(日) 19:29:54
次の朝。男は一葉の葉書を受けとる。差出人はクロ。切手は紅葉の葉っぱで、スタンプには猫の足型が朱色に押されている。

64 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2005/09/11(日) 19:31:07
メッセージは歪な文字でただ一言。「ゴメン」

65 :名無し物書き@推敲中?:2005/09/12(月) 11:24:44
日曜天文観測官はニコリとせず、その葉書をゴミ箱に捨てる。と、また葉書がくる。

66 :名無し物書き@推敲中?:2005/09/12(月) 11:25:34
「ほ ん と う に ゴ メ ン よ」

67 :名無し物書き@推敲中?:2005/09/12(月) 11:28:40
切手は椿の葉っぱ。猫足スタンプはブルーに変わっている。そして、また一葉。

68 :名無し物書き@推敲中?:2005/09/12(月) 13:35:08
「ところで キ をつけろ モ グ ラ」

69 :名無し物書き@推敲中?:2005/09/12(月) 13:40:15
日曜天文観測官は葉書をグシャグシャにまるめ、まる無視の意志をさらに補強する。感情的になっては負けだ。ところが、

70 :名無し物書き@推敲中?:2005/09/12(月) 13:45:53
次の日の夕方、一本の大根を抜いてみると齧られた痕がある。隣の大根を掘りだしても同じ、見るも無残な獣害だ。

71 :名無し物書き@推敲中?:2005/09/12(月) 13:48:20
いかにも偶然という感じで庭に出てきた女がその様子を見ていう。「あら、あら。元気なネズミがいるようですわね」

72 :名無し物書き@推敲中?:2005/09/12(月) 13:51:44
「ね。ねずみーっ???」男は絞り出すようにそれだけ言い、くるっと向き直るとガレージに向かってスタスタと歩きだす。ともかく一人になって落ちつくのだ。

73 :名無し物書き@推敲中?:2005/09/12(月) 15:33:02
一服して冷静になった日曜天文観測官は対モグラ兵器の図面をひきはじめる。

74 :名無し物書き@推敲中?:2005/09/12(月) 15:34:48
それは地面に電極を挿し込み、地中の鼠じゃなかったモグラどもに電気ショックを与えるいうものだ。

75 :名無し物書き@推敲中?:2005/09/12(月) 19:59:37
猫足スタンプ、4枚目のカードが届く。「やめろ あくま の ワザ と ゆび さされるぞ」

76 :名無し物書き@推敲中?:2005/09/12(月) 21:03:38
カードを1ミリ角に裁断し、日曜天文観測官はマッドサイエンティスト印の紅茶を飲み干し笑う。

77 :名無し物書き@推敲中?:2005/09/12(月) 21:04:13
「あはははは」

78 :名無し物書き@推敲中?:2005/09/12(月) 22:09:54
草木も眠る時刻に男の笑みを消す。「対モグラ電気ショック装置・びりびり君。スイッチ、オン」その瞬間、暗い畑に鬼火のような光りが走った。

79 :名無し物書き@推敲中?:2005/09/12(月) 22:12:15
「うんぎゃ」という鳴き声が響いたような気がしたが、それは気のせいかもしれない。だがしかし地中の生き物にショックを与えた感触だけは伝わった。

80 :名無し物書き@推敲中?:2005/09/12(月) 22:13:36
ドゴドゴ、ドゴドゴ。←(注----モグラが穴の中を逃げていく足音)

81 :名無し物書き@推敲中?:2005/09/12(月) 22:17:18
満天の星の下。男の前に、黒猫がやってくる。黒猫は対モグラ電気ショック装置・びりびり君の飛び乗ると前脚で髭をこすると口を開いた。

82 :名無し物書き@推敲中?:2005/09/12(月) 22:21:32
猫は流暢に喋った。「まず訂正をさせて下さい。上のレスの正誤表は
    
  (誤)黒猫は対モグラ電気ショック装置・びりびり君の飛び乗ると。
  (正)黒猫は対モグラ電気ショック装置・びりびり君に飛び乗ると。
  
                                  です」

83 :名無し物書き@推敲中?:2005/09/12(月) 22:24:01
「それはともかく畑の人。なんてことをしでかしたのです。畑をご覧なさい」 見ると畑の土がウニュウニュと脈打っている。

84 :名無し物書き@推敲中?:2005/09/12(月) 23:09:34
男は畑と猫の顔を交互に見比べ、それから宙を見て思った。なんでもない、なんでもない、この広大な宇宙から見れば些細な出来事だ。

85 :名無し物書き@推敲中?:2005/09/12(月) 23:16:26
猫はといえば顔を洗うような仕草をして、それから不気味に波打つ畑に視線を戻した。「電気ミミズです」

86 :名無し物書き@推敲中?:2005/09/13(火) 01:08:44
判断中止から立ち直った男は怒ったように猫に尋ねた。「その電気ミミズを俺が呼んだというか。それで?次は巨大電気ニワトリが現るのではあるまいな!」

87 :名無し物書き@推敲中?:2005/09/13(火) 01:11:29
猫は答えた。「はじめの質問の答えは、はい。二つ目の質問の答えは、いいえ。もうすぐ1平方ヘクタール程の地面が地下10メートルにかけて裏返り奇妙な地鳴りがします」

88 :名無し物書き@推敲中?:2005/09/13(火) 03:08:24
「おお、ドボサーァ〜現象!」
                「その通り」と猫は頷いた。

89 :名無し物書き@推敲中?:2005/09/13(火) 03:13:10
「板きれを使って、うまく土波に乗って下さい。隣人の家へ急ぐのです。彼女はドボサーァ〜現象に遭遇し生き残った唯一人の生存者です」

90 :名無し物書き@推敲中?:2005/09/13(火) 03:18:30
男は猫の言葉に従いガレージの合板をひっぺがすと、ウニュウニュしだした地面に置き、総重量3tの対モグラ電気ショック装置・びりびり君を蹴り土波をとらえた。

91 :名無し物書き@推敲中?:2005/09/13(火) 03:22:07
瞬間、黒猫もジャンプして男の頭に飛びり叫んだ。「イーハー!」

92 :名無し物書き@推敲中?:2005/09/13(火) 03:23:57
          ↑
  (誤)瞬間、黒猫もジャンプして男の頭に飛びり叫んだ。
  (正)瞬間、黒猫もジャンプして男の頭に飛びのり叫んだ。

93 :名無し物書き@推敲中?:2005/09/13(火) 10:16:58
「バカもの。落ちつけ。野ぐそ猫!」頭に爪をたてられた男は怒鳴った。「にやぁ」「お前はすぐに謝罪するがまったく反省していない」

94 :名無し物書き@推敲中?:2005/09/13(火) 10:32:47
「にやぁ、にやぁ、にやぁ!」「フーーッ。ほご、ほご、ほご、ほご!」「にやぁ?」

95 :名無し物書き@推敲中?:2005/09/13(火) 10:35:08
と意味のないやりとりをしているところに大土波がきて、ボードともども大バカどもを宙へとほうり投げた。

96 :名無し物書き@推敲中?:2005/09/13(火) 11:45:44
その頃。ドボサーァ〜現象の唯一の生き残りである女は外の喧騒をよそに、2階の寝室で鏡を覗きこんでいた。

97 :名無し物書き@推敲中?:2005/09/13(火) 11:51:41
「髪をとかすお前は美しいと私は私に言う」ここで彼女は少し首を傾けてみた。「私には私が見えている。誰が私を私から切り離したのか」

98 :名無し物書き@推敲中?:2005/09/13(火) 11:58:08
そこへ血だらけの一人と一匹が窓から飛び込んできて、彼女はびっくらこいた。けっして大きな音ではなかったが思わず放屁してしまったほどだ。

99 :名無し物書き@推敲中?:2005/09/13(火) 16:01:30
性交中、尻向けた女の尻穴に無理やり...その屁ほどそそるものはない。血だるまは、瞬時にそそられその一瞬だけ奇声を発した「ゲボギャ!...」

100 :名無し物書き@推敲中?:2005/09/13(火) 16:53:26
男はつとめて冷静に言った。「姉さん、そんな場合じゃないんだ」

101 :名無し物書き@推敲中?:2005/09/13(火) 16:54:51
「にやぁ、にやぁ、にやぁ!」姉弟???これには猫も驚いた。

102 :名無し物書き@推敲中?:2005/09/13(火) 16:57:26
「そこの野グソ猫のせいで、ドボサーァ〜が始まった。封印してきた記憶を解き放ってくれ。それしか僕等の生き残る道はない!」

103 :名無し物書き@推敲中?:2005/09/13(火) 17:06:49
そこで弟は「はい、ごめんなさいよ」と言うと首に下げていた鍵を手にとり、女の首の後に隠されていた鍵穴に挿し込んだ。

104 :名無し物書き@推敲中?:2005/09/13(火) 17:12:52
あたかも走馬灯印のハードディスが高速で回転を始めたように、忌まわしい記憶は鮮明な映像として浮上し忘却の主を襲った。「きゃああああああああ」

105 :名無し物書き@推敲中?:2005/09/13(火) 19:44:56
忌まわしい記憶とは、主に>>43から>>46を指すと思われるのだが、そこに彼等が助かるどんな秘密が隠されているのか。

106 :名無し物書き@推敲中?:2005/09/13(火) 19:46:24
さぁ。イカシタ恋じゃないか。

107 :名無し物書き@推敲中?:2005/09/13(火) 20:45:31
姉はいきなり弟をぶん殴ると言った。「屋根の上で火をおこすわよ。さぁ、さぁ、急いで」

108 :名無し物書き@推敲中?:2005/09/13(火) 20:48:19
彼女はそうして他人をせかせながら自分はわりとのんびりとクローゼットを開くと衣装を選び、それから大太鼓を持ちだすのだった。

109 :名無し物書き@推敲中?:2005/09/13(火) 20:49:25
ドンドコ、ドンドコ、ドンドコ、ドン。ドンドコ、ドンドコ、ドンドコ、ドン。

110 :名無し物書き@推敲中?:2005/09/13(火) 20:55:13
傾く屋根から見る周辺は、もはや黒い海のように見えた。盛り上がっては壊れいく大地の凄まじさを炎が照らしだす。

111 :名無し物書き@推敲中?:2005/09/13(火) 20:59:34
ドンドコ、ドンドコ、ドンドコ、ドン。熱風に顔をしかめながら弟は叫んだ。「それで!これからどうするの!」

        「そう叫ぶのよ」

                         「叫ぶって何を!」

          「なんでもいいわ」
                                  「はぁ?」

              「もっと、大声で」
                      

112 :名無し物書き@推敲中?:2005/09/13(火) 21:01:20
ドンドコ、ドンドコ、ドンドコ、ドン。 

113 :名無し物書き@推敲中?:2005/09/13(火) 22:17:21
「さっぱり分かねぇ。1はどこに行ったぁ!」

114 :名無し物書き@推敲中?:2005/09/13(火) 22:28:08
「猫の糞はまじクサイぃ」

115 :名無し物書き@推敲中?:2005/09/13(火) 22:29:04
「にやぁ、にやぁ、にやぁ、にやぁ!」

116 :名無し物書き@推敲中?:2005/09/13(火) 22:36:46
こうした悪意が炎に混ざりあい、上昇気流となり、太鼓の響きが大気の状態をさらに不安なものにし、ついに暗い雲を形づくった。

117 :名無し物書き@推敲中?:2005/09/13(火) 22:38:56
そして局地的な大雨が。ザァと大地に降り始める。「み、見て」女の指さす先で、電気ミミズがバチバチという発光をはじめる。

118 :名無し物書き@推敲中?:2005/09/13(火) 22:44:57
次の瞬間、辺り一面は真っ白く発光し、砲撃のような衝撃が連続的に地面を揺らす。轟きは光りにつづく。

119 :名無し物書き@推敲中?:2005/09/13(火) 22:48:43
ピカッ!ドン、ゴロゴロ、バチバチ。ピカッ!ドン、ゴロゴロ、バチバチ。ヒュールルル、ドン。バチバチ。たまやぁー。

120 :名無し物書き@推敲中?:2005/09/13(火) 23:45:12
 こうして長かった夜とともにドボサーァ〜は終わった。後には崩壊した家と荒れ野だけが残り、白々しい朝日の中で姉と弟は握手をする。

 弟は後片づけを始め、姉は鞄を手にする。「旅に出るわ」

 弟は乱交パーティが終わった後のような虚無感をおぼえながら、もう口をきかない。

 「手紙をおくる。じゃクロ、いっらしゃい」

121 :名無し物書き@推敲中?:2005/09/13(火) 23:54:16
 日曜天文観測官でもあった弟は猫について考えると何か釈然としない気持ちになる。

 葉書を書いていたのは、本当にあの黒猫だったのか。口をきける猫ならば、前脚で文字を書いてもおかしくはない気もするが。

 その謎を解くチャンスは、もはや逸してしまった。もう少し考えて書けば良かった、

 と思っているのは無論、弟ではなく、この私なのだった。

122 :名無し物書き@推敲中?:2005/09/13(火) 23:56:40
さらば、一行も守らない連投魔。バイバイ。

123 :名無し物書き@推敲中?:2005/09/14(水) 11:31:27
時同じくして少年が叫ぶ「ドボサーァは日本国籍だが良心はモンゴルにある」

124 :名無し物書き@推敲中?:2005/09/14(水) 12:11:46
「そのとおり!」

125 :名無し物書き@推敲中?:2005/09/15(木) 11:43:28
前レスから24時間がたとうとしていた。

126 :名無し物書き@推敲中?:2005/09/15(木) 11:51:58
少年は飛行機雲を見上げていた。「フン。一人でも平気だい」

127 :名無し物書き@推敲中?:2005/09/15(木) 11:54:10
その直線は、まだ見ぬ母国へと続く。呪わし名はドボサーァ。電気ミミズを操る。

128 :名無し物書き@推敲中?:2005/09/15(木) 19:13:59
「突然だが、おまえはすでに死んでいる」

129 :名無し物書き@推敲中?:2005/09/15(木) 19:36:37
「なっ。なにおぅ!」

130 :名無し物書き@推敲中?:2005/09/15(木) 20:51:08
振り返った視線は空を切った、ただ足元の赤い大地に漆黒の影が深い谷をきざんでいるだけだ。

131 :名無し物書き@推敲中?:2005/09/15(木) 20:54:59
声はその深遠から響いてくるようだった。「気づいていないのか。我らは亡霊。風に舞う塵ごとき存在だ」

132 :名無し物書き@推敲中?:2005/09/15(木) 22:55:16
少年は答えた。「俺は違うよ。俺は俺を知っている。だって東大卒だもん」

133 :名無し物書き@推敲中?:2005/09/15(木) 22:57:16
「うがッ」

134 :名無し物書き@推敲中?:2005/09/15(木) 23:00:38
「いまのは嘘だ。地方の女子大卒だ。ちなみにDカップ。級友からは絞まり屋さんと呼ばれていたが、男嫌いのレズだ」

135 :名無し物書き@推敲中?:2005/09/15(木) 23:02:13
「アハハハ」

136 :名無し物書き@推敲中?:2005/09/15(木) 23:05:39
性別詐称のナショナリズム・キッズはさらに吠えた。もう失せろ、電気ミミズをけしかけるぞ、と。

137 :名無し物書き@推敲中?:2005/09/16(金) 00:20:10
電柱の下敷きとなった半裸の血だるま男が言った「我々の世代は、誰もが本当の大人になれない少年だった。だから求めたのだドボサーァを...」横の禿が言う「童貞だしな」

138 :名無し物書き@推敲中?:2005/09/16(金) 11:11:37
まるで壊れたロボットのように少年は激しく首を縦にふりはじめた。「ハゲ同意。世代なんか関係なく、ガキどもにはウンザリさ。

139 :名無し物書き@推敲中?:2005/09/16(金) 11:17:33
金なし暇もて余しのウンコ座り共が何を考えているかって、時代が欲望しているという若さの再認識か?なんの欠けているチンコまんこさ。単調なリズム。

140 :名無し物書き@推敲中?:2005/09/16(金) 11:28:16
若々帝国主義は何が面白いのか分からない。つまらなそうな顔でアレコレをつまみ倒し台無しする。先行するモノを知らないからね。いつだって新しいのさ。

141 :名無し物書き@推敲中?:2005/09/16(金) 11:33:00
成熟を拒否した永遠の若葉マーク、新酒主義の特徴はそれさ。同じことのくり返し。終わらぬ春に、ボージョレ、ボージョレ、やってんさ」

142 :名無し物書き@推敲中?:2005/09/16(金) 14:42:17
少年の目には禿へのやり場のない憎しみがこもっていた。それというのもミミ子が悪いのだ。ミミ子は少年の一番のお気に入りだった電気ミミズなのだが、

143 :名無し物書き@推敲中?:2005/09/16(金) 14:43:42
なんと禿と駆け落ちしてしまったのだ。その夜、少年は門限を守らなくなったミミ子に言ったものだ。「いったいどういうつもりだ!」と。

144 :名無し物書き@推敲中?:2005/09/16(金) 14:45:59
ミミ子は「いまは彼に夢中なの」と答えた。少年はミミ子を問い詰めた。「か、彼だって。彼とは、いったいどこの馬の骨だ!」

145 :名無し物書き@推敲中?:2005/09/16(金) 14:48:35
ミミ子は馬の骨を簡潔にこう説明した。「ハゲなんだ。丸いんだ。でも、可愛いんだ」

146 :名無し物書き@推敲中?:2005/09/16(金) 16:11:17
少年は部屋中を歩き回った。スタスタ。ぐるぐる。速足で。ついには壁を走りだし、天井に足がついたとき少年は叫んだ。「ゆるさーん!」

147 :名無し物書き@推敲中?:2005/09/16(金) 16:14:18
ミミ子も怒鳴りかえした。「ハッ。何様のつもり!あんたなんんか権威主義の。冷血漢、ブリーダーじゃないの!」

148 :名無し物書き@推敲中?:2005/09/16(金) 16:16:39
そんな事を言われたのははじめてだった。少年はショックのあまり無意識に立ち止まり、ただちに天井から落下してしまった。

149 :名無し物書き@推敲中?:2005/09/16(金) 16:21:49
頭から流血し朦朧とする少年を残し、ミミ子は走り去った。歴代電気ミミズの中でも、もっとも賢くもっとも才能豊かだったミミ子は、こうしていなくなったのだ。

150 :名無し物書き@推敲中?:2005/09/17(土) 19:14:36
喪失感、この瞬間少年は、大きな渦に巻き込まれた神話の登場人物となった。若いツバメの象徴として「僕を愛していないミミ子を抓みて喰う」

151 :†異世界†:2005/12/09(金) 01:29:45
”インテリジェント・ゴリラスーツ”を常に身に着けることが、この未来社会での第一のルールだった。
それを着用しない外出は、まさしく死を意味した。ゴリラスーツに装備された高価な機械が発見次第
すぐ反応し、パワーアームで、即撲殺。辺り一面が肉片や汚物で汚れても、パワーアームできれいに
掃除するから手は汚れずに済む。未来社会では水は人の命よりも高価だから、それは環境にも
やさしい。指先すべてに仕込まれた、肉食の昆虫が全ての肉片や汚物を食べてしまうのだ。その後、
今度は虫が排泄した糞がゴリラスーツの動力となるのである。何と合理的であろうか。
このゴリラスーツを開発した、J・チャリティ博士はその為に大いに苦労した。


152 :名無し物書き@推敲中?:2006/01/13(金) 03:26:20
1レス1行に戻そうよー、とミミ子は叫んだ。

153 :名無し物書き@推敲中?:2006/01/19(木) 03:25:42
そういうお前が2行でいいのかー?と聞いてみた。

154 :ケッターロホ:2006/01/23(月) 13:21:44
「いいんだ。自由に創作すれば。そこに愛があるのなら」と神の声が響いた。

155 :名無し物書き@推敲中?:2006/01/31(火) 08:09:14
                (´、_   ) ) (、  :、
              ’ )  ) ( (__ノ )( ( ;
             )ヽ, (   `'´    (__ノ ) 、  メラメラ
              (  (__ノ            (  )`、
            ;  )              `ー'   )   ,
           (´、 (                (  (
           ) `ー'  ,,;;;;:::::::::::::::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;,,   )  )`ヽ
      、 ‘ (    ,,;;;::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;;;;;;;;;;   `ー'   i
        )ヽ. ヽ  ,;;;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;;;;;;;;;;;,    ,ノ_  ボォボォ
      (  `ー' ,;;;;;;::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: :::::::::;;;;;;;;;;;;;  (__`; )
       ヽ   ;;;;;;::::::::::::::::::'⌒'  '⌒' :::::::::::;;;;;;;;;;;;;;     (
         )  ;;;;;;:::::::::::::::::|  `  ´ :::::::;;;;;;;;;;;;;;;;      )
       (   ;;;;;::::::::::::::::::<   ,.、   >::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;   (´
        ヽ  ;;;;;::::::::::::::: i r‐-ニ-┐ ::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;   _,ノ  
         i  ';;;;:::::::::::::::::! ヽ 二゙ノ イ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;  ;'
           ,-  \   '.'r‐r‐、/   /`丶、    ウェーハッハッハ!
        /   i     \   「 「 l|    /    l \
       / 、 `ソ!       ` | |. l| /     l-7 _ヽ
      /\  ,へi      /  |  ',       |_厂 _゙:、
      ∧   ̄  !     /   |  ',        | .r'´  ヽ、
     ,ヘ \_,.  ノ     /\ 人  7\     |イ _/ ̄ヽ
     i   \   ノ   ヘ   ヽ|:::|`'/  /\_    _/⌒ヽ

156 :名無し物書き@推敲中?:2006/01/31(火) 11:41:29
見よ! >>155は自由を体現化している。彼こそまさにこのスレに降りてきた絶対神だ! 最初変換したとき「絶対死んだ!」と出てきてちょっと笑ってしまったぞ!

157 :ケッターロホ:2006/01/31(火) 12:45:23
                _,,,,-―――- 、
              -''"        -‐ \
             /     _-‐  ̄;;;;;;;;;   ヽ
            /   _-''" ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,,,,,,   l
           l    l'    :::::::::::::::::::::/ ̄ ヽ
             |    l,   ,.-''''''ヽ  /     }
           l     | J /     ヽl     ノ
        ._...--、ヽ    |_-‐l      ノ `‐---‐'|_
       /:::::::|:::} ヽ⌒ヽ|   ヽ __ノ::::::::::::::::   >
       ノ:::::::::l ノ {         ;;;;;;;;;;;;;;,. -―' ̄
       |:: :: 「  ヽ- r'  'J   ;;;;;;;;;;;;;;;;/
      _|-'''''' ̄)   ,..|-、_     ::::::::::{ いや!僕は笑わなかったぞ!!!!!!!
     r'      ̄)_,...-|`-、_ `-、_ ;;;;;;;;;;;__>
      |      ̄)  、_  `ー------/
     |      ̄__)'''''''ヽ'''- 、___ノ`''' 、_
    /\   _ノ :::::: ::::}    r ヽ|     ヽ
   /   `--'''> `ー __..-'    ''--''|    |   ヽ
 /       /    ||        |   |    ` _
        /|.     ||       |   |      ー、
      /_,,,..|     ||    r'''ヽ|   l'、_       ''-、
    _/    |     ヽ    ヽ-''|   /   ヽ_       '''- 、
         |      \    |   {     ヽ       /、_  -― 、
         |        ヽ r-、|   l         '''-、    /     ,..-, `ヽ
         |         v 、__|   }         "''- ' ヽ、   (  `-'-′
         /            |   |             、__  ヽ,
                                        ̄''-'


158 :名無し物書き@推敲中?:2006/01/31(火) 13:11:00
おめでとう>>157。君は勇者に選ばれました。ラスボス目指して頑張ってください。草葉の陰から応援しています。

159 :ケッターロホ:2006/02/05(日) 20:35:36
その時、山が動いた!

160 :名無し物書き@推敲中?:2006/02/05(日) 23:59:31
う、動かざること山のごとしじゃなかったのか!?

161 :名無し物書き@推敲中?:2006/02/06(月) 00:06:07
動いた山の跡には突然変異の花http://z-z.jp/?abaraが咲いた。

162 :名無し物書き@推敲中?:2006/02/06(月) 00:09:32
おそらく、ラスボスを倒す為には、あの花が必要となってくるんだろう。登場人物「勇者A」の役を与えられた俺は、これを伏線だと理解した。

163 :名無し物書き@推敲中?:2006/02/09(木) 21:57:27
俺が近づくと、その花は根を足にして、全力で逃げていった。

164 :名無し物書き@推敲中?:2006/02/10(金) 04:49:05
俺は必死に花を追いかける。ようやくのことで花の根っこを掴んだとき、なんと花が、

165 :名無し物書き@推敲中?:2006/02/10(金) 05:34:22
マンドラゴラの花だった!

166 :名無し物書き@推敲中?:2006/02/10(金) 07:50:28
しかし勇者は勇者故に神から不死の体が与えられていた。

167 :名無し物書き@推敲中?:2006/02/10(金) 17:42:40
マンドラゴラは不敵に笑った。「お前なかなかやるな。俺もついていってやるぜ」

168 :ケッターロホ:2006/02/11(土) 13:10:04
勇者は「それよりも今年の楽天ゴールデンイーグルスについて話そうよ」とマンドラゴラに提案した。

169 :名無し物書き@推敲中?:2006/02/11(土) 13:27:52
「いや、俺、巨人派だし」マンドラゴラは言った。


170 :瀬戸内”ランペイジ”ジャクソン:2006/02/11(土) 18:53:27
「いいえ、私はさそり座の女」ジャクソンは炒った。

171 :瀬戸内”ランペイジ”ジャクソン:2006/02/11(土) 19:53:05
"Союз нерушимый республик свободных!!! "とマンダラケゴラは反論した。


172 :名無し物書き@推敲中?:2006/02/13(月) 13:14:05
「私が通訳しましょう」突然現れた謎の男は、帽子を取ってお辞儀をした。

173 :瀬戸内”ランペイジ”ジャクソン:2006/02/14(火) 21:58:35
「ジャクソン、ワレワレは地球支配に来たアルネ!!!」といっております。

174 :名無し物書き@推敲中?:2006/02/17(金) 23:24:12
「なんですって!こうしてはいられない!」そう叫んで走りだすシャクゾン。人違い&聞き違いだった。

175 :瀬戸内”ランペイジ”ジャクソン:2006/02/18(土) 12:54:21
一方>>174が支配するアナルナア国では大変なことが起こっていた。

176 :174:2006/02/19(日) 02:34:16
「アナルから獅子が出た!獅子が出た!」うろ覚えの作品知識でなんとか騒ぎ立てる【ちょっとアレ】な支配者。

177 :174:2006/02/19(日) 02:38:17
ジャクソンはその異変にいち早く気付いていた。ジャクソンはゲーセンのトイレの中、嬉々とした顔で呟いた。

178 :瀬戸内”ランペイジ”ジャクソン:2006/02/19(日) 17:58:18
ウフフ。去年は韓流だけど今年は穴流で決まりね!ウフフ。



というわけで「アナルニア国物語 第一章 ライオンとマゾ」の執筆が始まるのであった!

179 :瀬戸内”ランペイジ”ジャクソン:2006/02/19(日) 18:16:48
訂正:第一章 ライオンとマゾ → 第一章 おいらんと痴女

大久保家の熱帯魚大好き4人きょうだいは近所の老人玄さんのアナル
に引き込まれ、不思議なおいらんに導かれてアナルを支配する大腸菌
から善玉菌たちを解放しようと奮闘する。



180 :174:2006/02/20(月) 12:29:29
物語を書き進める為に取材を試みるのであった。
老人養護施設に、吉原に、果てはビフィズス菌の群生地に……

181 :名無し物書き@推敲中?:2006/02/20(月) 19:32:52
「なんじゃかアナルがむず痒いのう〜」己のアナル異変を感じてか
玄さんは保健所にギョウチュウの定期検査にでかけた。

182 :174:2006/02/21(火) 18:57:21
アナルの不快感を生むぎょう虫。玄さんはドキドキしながら診断結果を待った。そう、まるで告白の返事を待つ乙女の如く。
「し、しぇんしぇい。わしのアナールをいじめる虫はなんじゃったんですか?」玄さんは難しい顔をする医師に尋ねた。
……医師の下した診断は、玄さんの予想を裏切る結果だった。「……こりゃウドンですな」

183 :瀬戸内”ランペイジ”ジャクソン:2006/02/22(水) 17:34:14
「おーい!みんな集合!」と手をパンパンとたたき医師は看護婦たちを集めた。
玄さんのアナルからうどんを引き抜き、メスで小分けにした。
「カレーうどんできたよ」

184 :174:2006/02/22(水) 22:46:06
「わーい♪」「いっただっきまーす!」と口々に言い、医師や看護婦達が【カレーうどん】を口に運ぼうとした時だった。
「ちょっと待って!」「!?」一人の看護婦が皆にストップをかけた!全員が手を止め、その看護婦の方を見る。
「……白衣にカレーうどん。組み合わせが悪いわ。着替えてから食べましょう♪」

185 :瀬戸内”ランペイジ”ジャクソン:2006/02/22(水) 23:31:59
といいながら、トップレスなった看護婦たちの饗宴が始まった。
「だしが利いてるよね」とホクホク顔のナースたち。


186 :174:2006/02/23(木) 00:50:47
平日の昼間だというのに、院内はまさにお祭り騒ぎだった。
しかし、カーテンの奥から恨みのこもった眼差しでその宴を見ている者がいた…
「……コ・ノ・ウ・ラ・ミ・ハ・ラ・サ(ry」それはお尻を出した状態のまま固定されている玄さんだった。
これが世界を闇に落とす引き金となる……

187 :瀬戸内”ランペイジ”ジャクソン:2006/02/23(木) 20:50:45
「先生救急です!」
玄さんの隣近所の4人兄弟が担架に乗って運ばれてきた。どうやら熱帯魚好きが
高じてアナルにつっこんでしまったとのこと。4人のうち3人はグッピーを
もう一人はアジアアロワナであったとか。




188 :瀬戸内”ランペイジ”ジャクソン:2006/02/23(木) 20:52:19
「わ、わしのアナルが全快しておらんのに、無視され放置されとる・・・」
と嫉妬に狂う玄さん。

189 :174:2006/02/24(金) 09:44:23
しかし、玄さんはこの状況の中で新たな感覚を覚えていた。
(な、なんじゃ?この感じ………イイ!)
玄さんの心に芽生えたモノ。それは『快感』であった。
玄さんはアナルを晒しての放置プレイとも言える状況の中、M気質に目覚めた!

190 :瀬戸内”ランペイジ”ジャクソン:2006/02/24(金) 22:44:34
と同時に彼のアナルもヴァキューム気質に目覚め始め辺りの物を吸い込み始めた。

191 :174:2006/02/24(金) 23:44:48
これが世に言うブラック・ホールである。彼のアナルはやがて空間をも吸い込む程のヴァキューミング運動をする!!

192 :名無し物書き@推敲中?:2006/02/25(土) 16:55:55
なんだ、1レス(つけるごとに、手元の原稿を)1行書くスレかと思ったのに。

193 :瀬戸内”ランペイジ”ジャクソン:2006/02/25(土) 19:32:02
.。○と意識朦朧の中で憤懣やるかたない玄さん。


194 :174:2006/02/27(月) 14:27:13
まどろみに近い意識の中で玄さんが見たものは、手招きをする派手な格好の女性だった。
(……なんじゃあれは?)派手な髪飾りに派手な着物。男を誘うその目つきは、時代劇で見た【おいらん】そのものであった。

195 :瀬戸内”ランペイジ”ジャクソン:2006/02/28(火) 00:44:31
彼女のテーマ曲は「おいらんハート」であった。これは後に玄さんの心のヒットチャート
ベスト1になったことはいうまでもない。

それはともかくとして玄さんの傍らでうずくまっていた4兄弟もアナル・ヴァキュームに
吸い込まれていった。その間なんと0.05秒であった!

196 :174:2006/03/03(金) 17:16:26
その時玄さんは思った。
(0.05秒…コレだけあれば、色んな事が出来たハズじゃ。例えば……)
特に何も思い浮かばなかった玄さんは考える事をやめた。
しかし、玄さんは突如として叫び出した!
『勝てばよかろうなのだァーつ!』
おいらんは満足げに艶っぽい笑みを浮かべると
アナル・ヴァキュームへと自ら飛び込んでいった。

197 :174:2006/03/03(金) 20:45:40
Dearジャクソン。
基本sage進行でおk?
こーゆー方向にしてみたいっつー考えがあれば、思いつきながらも
それなりになりそうな気がするから言ってみて。

あ、ジョジョスマソ

198 :瀬戸内”ランペイジ”ジャクソン:2006/03/04(土) 00:18:35
ウフフ。そうね私は即興詩人なのでいつも思いつきの書いているのよ。
何かを目指しているわけではないわね。ウフフ。でもしいて言えば

http://book3.2ch.net/test/read.cgi/books/1111035275/l50
のようなノリでやっていただけると嬉しいかしら。
下げ信仰?私は上げ万でも下げ万でもどっちでもいいわ。あなた色に染まるだけよ。
ウフフ。

199 :174:2006/03/04(土) 15:02:42
オーライ。
途中の『暗躍する集団、立ち向かうメガネの何だかモジャ』まで読んだ。
基本、語彙の多いシュールと認識してやってみやふ。

200 :瀬戸内”ランペイジ”ジャクソン:2006/03/05(日) 16:07:36
といきり立ったイチモツを握りつつ額に汗しながらリレー貫徹せんとする174。
その心意気やよし。

201 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/05(日) 16:30:47
『俺のワルサーP38が火を噴くぜ?』
ルパンばりのタンカをジャクソンに吐く174.
しかし前日の徹夜がたたり、下降線を描くぬぼこ。
その運命や如何に?

202 :瀬戸内”ランペイジ”ジャクソン:2006/03/05(日) 19:19:51
○。.心地よい居眠りから醒めると174ははっと我に返った。
「アナルニア国物語の続きを書かなくては・・・。すばる文芸賞の締め切り間近だというのに・・・」
とアナルに一指し指を数回抜き差し、その指を己の鼻に近づけた。
「う〜ん。マンダム」と恍惚の笑みを浮かべながら174は再び想像上のアナルニア国に
思いを馳せ直すのであった。

203 :174:2006/03/05(日) 21:17:06
〜アナルニア国〜
『えぇい!戦況はどうなっておるのだ!』
国王は玉座から立ち上がって激昂した。
今現在アナルニア国は、辺境の大地に住まう魔女と激しい戦争の真っ只中であった。
もうすでにこの戦争は15年目に突入しようとしている。
アナルニアは大陸でも大規模な軍事力を持つ国の一つである。
しかし、ジワジワと真綿で首を締めるかのかのように戦力は低下している。
――遊ばれているのだ。数百万の兵士、近代科学、強力な法力兵を擁するアナルニアが、たった一人の魔女に。

204 :瀬戸内”ランペイジ”ジャクソン:2006/03/07(火) 22:14:32
その魔女は兵士達のアナルの皺の数を数えるのを日課としていた。

205 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/08(水) 13:50:48
『ひとぉ〜つ、ふたぁ〜つ……ウフフフ。今宵もアナル祭りじゃー!』
兵士のアナル皺を数えては恍惚に歪む魔女の顔。
その傍らには、アナルの皺を数えられた兵士達の山が出来あがっていた。

206 :瀬戸内”ランペイジ”ジャクソン:2006/03/09(木) 23:06:02
その山が今では比叡山と呼ばれ日本人に親しまれているのは有名な話である。

207 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/09(木) 23:49:05
所変わって延暦寺。ここには一人の『アナル職人』と呼ばれる者が居る

208 :瀬戸内”ランペイジ”ジャクソン:2006/03/11(土) 18:41:12
バリバリッ!ふいに破れる障子。「パペーテ!!!!」
叫びながら松雄が障子を破り飛び込んできた。
「俺は人間を越える!!!最強最後の超人になりたいだからここでアナル修行
させてくれ!」




209 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/11(土) 20:01:15
『修行はちとキツいぜ………貴様に耐えられるかな?』
ニヤリと笑みを浮かべる職人。松雄はゴクリと唾を飲み下した。

210 :瀬戸内”ランペイジ”ジャクソン:2006/03/11(土) 22:53:52
職人のアナルにはマルボロが刺さっていた。どうやらアナルでたばこ吸うことが
できるようだ。さすがは職人。日々の絶え間ぬ練磨でケツの穴からたばこを吸うことを
身をもって証明したのだ。

211 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/12(日) 22:14:12
『……これが【職人技】ってヤツだ』
西日をバックに振り向いて見せる職人。
『うっ……』
まぶしさに顔をしかめ、松雄は呻いた。徐々に目が慣れてその顔がハキリと見えてくる…
職人の顔を見た松雄はあまりの衝撃に叫び声を上げる!
『ぅわー!なんか血ィ吐いてるしーっ!』

212 :ハード・ジャクソン:2006/03/29(水) 17:55:00
うほっ!

213 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/06(木) 18:06:50
全米が泣いた。

214 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/06(木) 22:02:13
南米も泣いた。

215 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/06(木) 23:18:39
アフリカも泣いた。

216 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/06(木) 23:51:30
キリンさんも泣いた。

217 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/07(金) 21:28:26
ゾウさんも泣いた。

218 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/07(金) 23:08:46
フラミンゴも鳴いた。

219 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/07(金) 23:44:37
今夜はナイター

220 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/07(金) 23:57:09
スマタルヤリナーズのイヂロー選手も思わずもらい泣きだ。

221 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/08(土) 21:05:26
スマタルヤリナーズの新人キャッチャー城島はイヂローを見てリスペクトだ。

222 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/08(土) 23:39:58
これを見て王さんも泣いた。

223 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/09(日) 13:13:55
長島さんも釣られて泣いた。

224 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/09(日) 13:18:20
だが、ただおとなしく釣られていた訳ではない……ッ

225 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/09(日) 22:17:41
そうは言ったもののだがナボナに釣られてしまった王監督。お中元の季節だからやむを得ないさ
と開き直る王監督。

226 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/10(月) 09:52:14
これを見て原監督は激怒。
「オマエ、ナボナと野球どっちが大切なんだよ!?」

227 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/10(月) 12:27:29
('A`)ノもちろんナボナにきまってんだろ!

228 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/10(月) 14:23:40
と一本足立ちしつつ逆切れする王。

229 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/10(月) 15:57:57
「そうかい・・・じゃ、イクゾオラー!!!」
と千本ノックで王をしごき始める原。

230 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/10(月) 20:58:46
「ヨッシャオラーッ!もう一丁!」

231 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/11(火) 22:30:05
だが、こんな平和な情景がいつまでも続くわけではなかった。
「もうオ、オラこんな村やだ〜」と原の千本ノックに耐え切れずハンストを始める王。

232 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/12(水) 20:20:29
とにかく全てが嫌になって突然、ユニホームをはぎ取るように脱ぎ捨てて赤パン一丁になり

233 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/12(水) 22:02:41
ナボナをむさぼり喰らう王。それを遠くから恨めしそうに見つめるラオウ。

234 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/13(木) 04:03:50
そんなラオウには、涙なしでは語れない凄惨な過去があった。そう、あれは三年前の12月。

235 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/13(木) 06:11:03
ラオウは不老不死の薬を飲んでしまったのだ。彼は死ぬことができないのだ。

236 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/13(木) 10:47:41
苦節3年、とうとう見つけてしまった、不老不死を解く解毒薬。それは王が手にしている

237 :ookuwagata:2006/04/13(木) 16:11:05
ラオウは、王の後ろ姿に声をかけた。
「王さん、まさか、あなたも?」

238 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/13(木) 17:53:04
王は、はっと振り返り、ラオウに言葉を返した
「なにがぁ〜?(唐沢俊明風に)」

239 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/13(木) 20:12:14
王の口の周りにはナボナの食い粕がべっとりとまとわりついてた。
なんだか神々しかった。

240 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/13(木) 20:35:02
ところでナボナとは、

241 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/13(木) 20:53:39
春のナボナは紅茶と、いちご。
この春だけにしか出会えないナボナをお楽しみ下さい。
http://www.navona.co.jp/new/index.html

242 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/14(金) 03:39:25
果たして、ナボナの運命やいかに!?

243 :ケッターロホ:2006/04/14(金) 07:13:09
そこへ恐竜帝国のメカザウルスが現れた!

244 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/14(金) 21:29:18
♪ おいしさたっぷり ナボナナボナ
  みんながにっこり ナボナナボナ
  ソフトでふんわり ナボナナボナ
  ナボナー ナボナナボナ
「僕、元ジャイアンツの、王です。
 自由が丘、亀屋万年堂のナボナは、
 お菓子の、ホームラン王です」
と言うやいなやメカザウルスを一本足打法で粉砕した。



245 :ケッターロホ:2006/04/14(金) 23:26:52
しかし再びメカザウルスが現れた!

246 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/14(金) 23:53:05
「監督!助太刀に来ましたよぉ〜!監督のナボナは僕が守りますよぉ〜」
スマタルヤリナーズのイヂローが振り子打法でメガザウルスを木っ端微塵にした。
するとメガザウルスの残骸から操縦者のケッターロホが泣きながら
這い出てきたではないか。

247 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/15(土) 00:26:31
ケッターロホ(16)は、都内の高校に通う女子学生であった。

248 :ケッターロホ:2006/04/15(土) 06:10:01
と言う夢を見た。

249 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/15(土) 06:16:42
ケッターロホ(36)は目覚めるとゲッターロボのビデオでオナニーを開始した。そして1分後、画面のメカザウルスに射精して果てた。

250 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/15(土) 06:21:27
「メカザウルスは抜けるぜ」そう独り言をのべてから、五分もするとまたペニスをしごいているありさまだった。ケッターは頭がおかしかった。

251 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/15(土) 06:26:40
心配した両親が見かねて「たまにはガンダムでしたらどうだ」と苦言を呈したが、ケッターはそれを無視した。なぜならガンダムでは興奮できないのだから。

252 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/15(土) 11:50:43
「ぜータガンダムでもだめなのか・・・」両親はがっくりとうな垂れるのだった。

253 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/15(土) 16:59:51
…と、言う小説を書こうとしたがつまらなそうなのでボツにした。

254 :ケッターロホ:2006/04/15(土) 20:02:32
でも、勿体無いのでボツを取りやめた。

255 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/15(土) 20:19:54
そのかわりと言ってはなんだが、ロホをボツワナ共和国に強制送還した。

256 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/15(土) 20:45:56
都合がよい。ケッターロホ(24♀)は、笑みを浮かべた。なぜならボツワナ共和国とは、

257 :ケッターロホ:2006/04/16(日) 08:55:25
けっこうカユイところに手が届く国なのだ。そして10年の月日が流れた。

258 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/16(日) 09:45:36
34才になったケッターロホはロホ族の酋長にまでに登りつめた。

259 :ケッターロホ:2006/04/18(火) 07:21:29
と言う夢を見た。

260 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/18(火) 19:02:13
だが夢が現実になった。正夢であった。

261 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/18(火) 19:52:04
今思えば、全ての事の始まりはこの夢だったかもしれない。

262 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/18(火) 21:12:35
そう、それはかつて、ケッターロホが悪質なギャンブルにハマっていた時代・・・

263 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/18(火) 22:23:17
瀬戸内ジャクソンがボツワナ共和国にて独裁者として猛威を振るっていた暗黒時代・・・

264 :ケッターロホ:2006/04/19(水) 09:09:18
それはちょっとおいといて取り合えず雑煮を食べた。すると

265 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/19(水) 18:15:51
もちを喉につまらせ息絶えた。王の座も瀬戸内”ランペイジ”ジャクソンに
引き継がれることになったとさ。合掌。

266 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/19(水) 19:19:25
そんな春の日のことである

267 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/19(水) 19:28:23
空は濁った灰色だ。その空と同じ灰色の猫が私にこう言う。

268 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/19(水) 20:47:55
ムルクニャオ。

269 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/19(水) 20:50:26
日本語に訳すと「あなたを迎えに来ました」だ。

270 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/19(水) 21:33:20
しかし猫語を理解できなかった私は、その猫を無視してそば屋に入った。

271 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/19(水) 22:21:35
ウフフ。いらっしゃい今日は何になさるのかしら?にゃんこそばがおすすめですわよ。
わんこじゃなくてにゃんこ。Do you understand?


272 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/19(水) 23:01:46
Yes! YesyYes!!

273 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/19(水) 23:26:48
そばの中に、灰色猫が沈んでいた。

274 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/19(水) 23:28:57
ムルクニャオ。

275 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/19(水) 23:52:25
どこか懐かしい、その言葉に覚えがある・・・私は、意を決してこう言った。

276 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/19(水) 23:56:26
すいません。カツ丼追加でお願いします。

277 :ケッターロホ:2006/04/20(木) 07:54:29
そこへ兜甲児がやって来た!

278 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/20(木) 08:12:01
そしてオナニーした。

279 :ケッターロホ:2006/04/20(木) 13:46:07
ところ変わってここは福井県にある東尋坊。

280 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/20(木) 15:03:50
一匹のにゃんこが道路の真ん中で昼寝をしていた。

281 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/20(木) 19:06:32
にゃんこのあまりの可愛さに伝道の旅に出ていた尼僧瀬戸内蘭頁寂尊は思わず
添い寝した。

282 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/20(木) 19:15:22
するとどうだろう、次の瞬間には自身の姿がにゃんこそれに!

283 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/20(木) 19:29:39
にゃんこの記憶が、台風後の濁流のように頭に入ってきた。

284 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/20(木) 20:33:10
半猫人(はんびょうにん)と化した尼僧寂尊は

285 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/20(木) 20:50:40
ねこじゃねこじゃを踊った。

286 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/20(木) 20:56:02
それを見ていた尻食唖露穂は

287 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/20(木) 21:30:14
おにゃんこクラブに弟子入り。ちなみに会員番号は666番であった。

尻食唖露穂が弟子入りしたことを示す証拠写真。
http://www.ehonnavi.net/images/ehon4076.jpg

288 :ケッターロホ:2006/04/21(金) 00:06:44
そこへミサイルが落ちてくる!どうする!

289 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/21(金) 00:40:34
ケッターの脳天に刺さって爆発。頭の中のウンコが周囲に飛び散った!!

290 :ケッターロホ:2006/04/21(金) 09:05:34
と恐竜帝国の恐竜兵士は想像したが、どっこいそうはいかなかった。

291 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/21(金) 09:07:41
と想像したが、やっぱりケッターの脳天に刺さって爆発。頭の中のウンコが周囲に飛び散った!!

292 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/21(金) 13:19:31
そこににゃんこお掃除隊が現れた!

293 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/21(金) 14:15:49
お掃除隊は周囲に飛び散ったウンコを迅速にモップ掛けた。だが、ケッター臭だけは拭い去ることはできなかった。

294 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/21(金) 21:50:18
そしてその地は封印された。

295 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/21(金) 22:09:38
Kの惨劇から20年の月日が流れた・・・

296 :ケッターロホ:2006/04/21(金) 22:20:34
流れた事は流れたが、取り合えず京都でお茶を飲んでしまった。

297 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/21(金) 22:48:18
しかし店の奥からその姿を見つめる者があった。
その人物とは…………


298 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/21(金) 23:56:14
ケッタァロフォである。彼は、今まさに自慰行為の真っ最中であった。

299 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/22(土) 00:09:16
ケッタァは顔を赤らめて一言こう言った。

300 :ケッターロホ:2006/04/22(土) 00:26:32
「お茶が美味しい♪」

301 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/22(土) 00:28:12
それが最後の言葉でした。

302 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/22(土) 01:03:22
「皆あえて言わないんだろうけどケッターロホ必死だなwww」

…と、クララが言った。

303 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/22(土) 01:04:03
この後、再びKの惨劇が起こることになろうとはまだ誰も知らない。

304 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/22(土) 01:05:12
クララは眉毛の手入れをしながら

305 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/22(土) 01:28:13
ハイジはバカだなぁ、と思っていた。

306 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/22(土) 02:17:43
しかし、中卒のクララに比べると、ハイジの学歴は遥か彼方にあった。

307 :ケッターロホ:2006/04/22(土) 06:38:01
場面は変わってここは浅間山のふもと。

308 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/22(土) 08:15:20
またまた場所は変わってハワイの沖合い。

309 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/22(土) 08:24:01
ハイジはハワイアニメ専門学校に入学した。これで学歴で恥をかかなくても済む。ハイジはそうひとりごちた。

310 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/22(土) 08:26:58
同じ頃クララは派遣バイトでインクジェットプリンタの検査業務をしていた。時給は700エンだ。

311 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/22(土) 08:30:49
最初は製造部門にいたのだが、クララは要領が悪かったのですぐに検査係に回されてしまった。クララは秘かにその事を根に持っていた。

312 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/22(土) 08:35:48
クララはハイジに手紙でその事をネチネチと書き連ねたが、ハイジからの返事は「あなたは中卒だから仕方がない」というそっけないものであった。

313 :ケッターロホ:2006/04/22(土) 10:16:24
手紙を書いた後「部屋で脱糞をしたらどうなるのかしら?」とふと思い、おもむろに脱糞してしまった。辺りに異臭が漂った。

314 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/22(土) 10:27:42
もちろんケッターがその異臭を嗅ぎつけないわけがなかった。「いただきます」ぺろりと大便を平らげるケッター。変態の鑑である。

315 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/22(土) 22:45:11
だがクララの糞のなかに愛らしい子猫ちゃんが!
「・・・ムルクニャオ・・・」

316 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/22(土) 23:14:45
子猫は脱糞しまくっている。
糞食べまくれるわ!

317 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/22(土) 23:41:32
クララはスカトロに目覚め、その道を極めたクララ。その糞尿の食べっぷりにすっかり
胸キュンになったキューバのスカトロ議長は彼女を第二夫人にした。


318 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/23(日) 00:24:50
そしてなんやかんやあって、クララは79歳で安らかに永眠した。

319 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/23(日) 00:36:19
クララっときた!

320 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/23(日) 01:05:28
ムルクニャオ。

321 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/23(日) 01:31:26
一方、ホノルル行き1355便では

322 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/23(日) 03:50:57
乗客が脱糞した。

323 :ケッターロホ:2006/04/23(日) 09:00:14
場面は変わってここは栃木県。栃木県と言えば?

324 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/23(日) 10:24:03
日光のムルクニャオ。

325 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/23(日) 10:42:23
それだ!ケッターロホ一行は早速日光東照宮へと急いだ。

326 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/23(日) 11:14:55
とみせかけて、実は今マニラだ。

327 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/23(日) 11:15:24
マニラと言えばマニラ麻だ

328 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/23(日) 11:27:28
今日、マニラで・・・俺は・・・死んだ。

329 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/23(日) 11:56:27
ムルクニャオと可愛らしい子猫ちゃんが擦り寄って「俺」に脱糞した。
息絶えようとしていた「俺」は猫糞を見るなり「おお!俺の好きなかりんとう
だぁ。ラッキー!いただきまぁす」

330 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/23(日) 21:24:26
もちろん「俺」とはケッターのことであるが、

331 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/24(月) 07:11:47
それはここでは気にしない事にする。

332 :ケッターロホ:2006/04/24(月) 11:03:43
さあ!元気をだして「ゲッターロボ」の歌を歌おう!

333 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/24(月) 16:05:42
伴奏はなんとケッターの両親だ。

334 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/25(火) 13:37:17
ケッターロホの唄

(わしのクララがパンパンじゃて)
(わしのクララがパンパンじゃて)

そろそろ一発抜いとくか
今日はくるみか及川か

(わしのクララは我慢出来ん)
(わしのクララは我慢出来ん)

道行く女に声をかけ
路地に連れ込み放置プレイ

(わしのクララがついに立った)
(わしのクララがついに立った)

お兄ちゃんと呼ばれる為に(わしの)
人生棒にふる男(クララが)

(ドピュドピュ言うとる)
(ドピュドピュ言うとる)



335 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/25(火) 14:25:58
ケッターヒィィィィィム!!

336 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/26(水) 00:12:48
それと同時に、ケッターロホの衣服が剥がれていく。

337 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/26(水) 06:48:48
おっきおっきしたお
ケッターは腐った息を吐きながらそういった。

338 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/26(水) 07:07:00
それに触発されたのかケッターの両親がディープキッスをはじめて執拗に舌を絡ませあう。やっぱりこいつらも変態だ!

339 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/26(水) 20:38:52
そんなことは、始めから解りきっていた。解っていたのに止められなかったのだ・・俺は、泣いた。

340 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/26(水) 20:43:46
うんこした。射精した。

341 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/26(水) 21:17:53
そして、人類は死滅した。

342 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/26(水) 22:52:29
そしてただ一匹生き残ったにゃんこが世界の中心でムルクニャオと啼いたのである。
西暦2871年の春であった。

343 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/26(水) 22:54:23
そう思ったのも束の間、地下シェルターの扉が開き、何者かが!!

344 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/26(水) 23:02:12
それはようやく釈放されたホリエモンだった。

345 :瀬戸鬱蘭頁寂尊:2006/04/26(水) 23:18:38
寂尊はころころと場面転回させてしまう>>343に対して制裁を発動。
肛門にろうそくを刺し、火をつけてから地下シェルターに投げ入れ、
鍵を三重にして閉じ込めたのである!!!




346 :343:2006/04/26(水) 23:23:27
熱いよおっ、暗いよっ、なんで僕がこんな目に……。ホワイ?

347 :ケッターロホ:2006/04/26(水) 23:55:10
そこへ姉歯建築士が現れた!どうする?

348 :瀬戸鬱蘭頁寂尊:2006/04/28(金) 00:51:23
とりあえず髪型を偽装することにした。

349 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/28(金) 04:01:27
とりあえずちんぽをこすることにした。

350 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/28(金) 04:05:04
なんだか気持ちよくなってきた。

351 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/28(金) 05:02:20
なにか出てきた。

352 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/28(金) 05:20:38
ねばねばしている。

353 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/28(金) 05:25:38
だがにおいは控えめである。

354 :夏目漱石:2006/04/28(金) 11:17:12
水戸納豆であった。食べてみた。うまかった。←プロジェクト×風

355 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/28(金) 19:25:11
それにしても水戸納豆とは、何者であろうか。

356 :水戸納豆:2006/04/28(金) 20:42:43
我輩は水戸納豆である。

357 :夏目漱石:2006/04/28(金) 21:38:54
名前はまだない。

358 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/29(土) 01:15:44
いや名前なんかどうでもいい。
そんなものより特技が欲しい。履歴書に書ける特技が。

359 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/29(土) 02:10:38
そして水戸納豆は、果てしない修練の末にある特技を身につけた。それは・・・

360 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/29(土) 02:38:07
ちんちんしゅしゅしゅ
ぴゅぴゅっぴどぅー

361 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/29(土) 08:17:32
こうして水戸納豆はパック詰めされ出荷された。暗いトラックの中で水戸納豆は不安でいっぱいであった。

362 :ケッターロホ:2006/04/29(土) 08:22:27
その納豆は巴武蔵が全て食べてしまったので出荷業者は早乙女研究所に怒鳴り込んだ。

363 :夏目寂尊:2006/04/29(土) 09:19:57
怒鳴り込んだ瞬間、出荷業者(実はケッターロホなわけだが・・・)は
いきなり納豆菌を研究員に吹き付けられた。

364 :ケッターロホ:2006/04/29(土) 11:09:30
吹き付けられたが研究員は鏡を持っていたので体には菌は付着しなかった。

365 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/29(土) 11:10:53
ちんぽに菌がついたので発酵した。

366 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/29(土) 14:03:03
その醗酵した菌が大手スーパーで販売されることになった。

367 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/29(土) 14:19:02
税込980円

368 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/29(土) 14:23:27
開店前に並ぶケッター親子。どうしてもゲットしたいらしい。

369 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/29(土) 14:26:51
整理券が発行されたが、ケッター親子は間に合わなかった。

370 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/29(土) 19:10:12
つまらないので、うんこした。

371 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/29(土) 19:56:59
うんこのあと、ゲッター親子三人は近所の派出所を襲撃し、ピストルを入手した。

372 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/29(土) 20:29:07
ピストルオナニーした

373 :夏目寂尊:2006/04/29(土) 21:00:03
派出所は眼に余る無政府状態に機動隊に援護を要請した。

374 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/29(土) 22:20:16
機動隊もオナニーしていた。

375 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/29(土) 22:37:16
もちろん現役女子中学生ケッターロホ(14)の、あられもない姿を見ながら、である。

376 :夏目蘭頁寂尊:2006/04/29(土) 22:56:55
だが、彼らはオナニーするふりをして、実はピストルに弾をつめていたのだ。

377 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/29(土) 23:16:05
玉をお互いにしゃぶりあっていた。

378 :ケッターロホ:2006/04/30(日) 10:17:26
場面は変わってここは東京タワー

379 :夏内蘭頁寂尊:2006/04/30(日) 10:21:21
ケッターは東京タワーの頂上で己の怒張した股間をさらしつつ
「どうだ!俺様のエッフェル塔の方が立派だぜ!」と叫んでいた。


380 :夏内蘭頁寂尊:2006/04/30(日) 12:04:09
ケッターの派手な淫乱パフォーマンスに公安当局もついに彼をマークし始めた。
当然の成り行きだろう。

381 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/30(日) 16:07:56
そして事件は起こった。

382 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/30(日) 17:26:15
うんこ漏らした。

383 :夏戸内蘭頁寂尊:2006/05/01(月) 06:56:28
 そのうんこを食べることにした。いわゆるリサイクル運動の一環である。
彼の行動は多くの賛同者を得、地球規模での糞食ブームを巻き起こしたのである。
彼の勇気が地球の環境汚染を救ったのだ。
 さすがはケッター。エコロジカルな憎い奴である。

384 :ケッターロホ:2006/05/01(月) 08:38:29
だが真相はケッターロホは糞食等していなかったのだ!
全てはケッターロホを陥れようと企む悪の秘密結社・黒十字軍の仕業だったのだ!
頑張れケッターロホ!

385 :名無し物書き@推敲中?:2006/05/01(月) 10:00:05
なにこいつ。

386 :サル ◆yFo1k/URr. :2006/05/01(月) 11:00:12
ケッターロホは途方に暮れていた。「いつまで経っても平和は訪れない。いったいどうすれば…」頭を抱えるケッターに救いの手を差しのべたのは、

387 :名無し物書き@推敲中?:2006/05/01(月) 11:15:22
はぁ?やめとけよ

388 :ケッターロホ:2006/05/01(月) 13:10:50
でも止めずに救いの手を差し伸べる者がいた!それはかの有名な

389 :瀬戸内蘭頁寂尊:2006/05/01(月) 18:33:58
夕焼け番長であった。

390 :名無し物書き@推敲中?:2006/05/01(月) 20:15:33
ちんこむずむず

391 :名無し物書き@推敲中?:2006/05/01(月) 20:50:58
なんです。助けてください・・・ケッターロホは番長にそう、懇願した。

392 :瀬戸内蘭頁寂尊:2006/05/01(月) 20:55:17
よかろうもん。こそっと相手ばしちゃるばい。

393 :名無し物書き@推敲中?:2006/05/01(月) 22:00:05
ちんこ

394 :ケッターロホ:2006/05/02(火) 07:00:27
ちんこは臭かった

395 :名無し物書き@推敲中?:2006/05/02(火) 09:17:35
くさいといえばGWですよね。

396 :名無し物書き@推敲中?:2006/05/02(火) 14:23:55
まんこ

397 :瀬戸内蘭頁寂尊:2006/05/02(火) 15:01:21
コンマ 

398 :ケッターロホ:2006/05/02(火) 20:28:38
それから20年遡る。20年前の今日、世界は

399 :名無し物書き@推敲中?:2006/05/02(火) 20:31:17
まだ始まっていなかった

400 :名無し物書き@推敲中?:2006/05/02(火) 20:32:21
うんこだらけ

401 :瀬戸内蘭頁寂尊:2006/05/02(火) 21:25:03
ムルクニャオ。

402 :名無し物書き@推敲中?:2006/05/02(火) 22:31:17
もういいって

403 :瀬戸内蘭頁寂尊:2006/05/02(火) 22:33:10
まだやれるって。

404 :名無し物書き@推敲中?:2006/05/02(火) 23:18:53
どっかいけ

405 :名無し物書き@推敲中?:2006/05/02(火) 23:39:59
おまえがどっかいけ

406 :名無し物書き@推敲中?:2006/05/02(火) 23:42:37
うせろ

407 :名無し物書き@推敲中?:2006/05/03(水) 00:33:51
おまえがな

408 :名無し物書き@推敲中?:2006/05/03(水) 01:36:26
ここまでの会話はすべて記録されていた。

409 :名無し物書き@推敲中?:2006/05/03(水) 02:18:30
ふざけるな

410 :瀬戸内蘭頁寂尊:2006/05/03(水) 11:15:35
ムルクニャオ。

411 :名無し物書き@推敲中?:2006/05/03(水) 22:24:24
きもい

412 :名無し物書き@推敲中?:2006/05/03(水) 22:24:49
おまえがな。

413 :瀬戸内蘭頁寂尊:2006/05/03(水) 22:46:31
muruk-nyaoh.

414 :名無し物書き@推敲中?:2006/05/04(木) 00:00:25
くそが。消えろ

415 :名無し物書き@推敲中?:2006/05/04(木) 01:58:47
と、韓国人は叫んだ

416 :名無し物書き@推敲中?:2006/05/04(木) 02:37:19
つまんね

417 :ケッターロホ:2006/05/04(木) 03:59:53
つまらないのでキューティーハニーを呼んで服を脱いで貰った。すると

418 :名無し物書き@推敲中?:2006/05/04(木) 06:39:28
やめとけ

419 :名無し物書き@推敲中?:2006/05/04(木) 09:40:31
やめるな

420 :名無し物書き@推敲中?:2006/05/04(木) 09:42:18
キューティーハニーはバカだったので脱いだり、着たりを何度も繰り返した。

421 :名無し物書き@推敲中?:2006/05/04(木) 11:22:05
あほ

422 :瀬戸内蘭頁寂尊:2006/05/04(木) 12:03:04
ちゃいまんねん。パーでんねんと全裸で腰をカクカクと振る晴男。

423 :名無し物書き@推敲中?:2006/05/04(木) 18:07:45
晴男自身、こんな事に意味はないのだとわかっていた。しかし、自給は割と良かった。

424 :名無し物書き@推敲中?:2006/05/04(木) 18:20:21
大体「パーでんねん」はさんまのギャグなのに…他人の持ちネタで小銭を稼ぐ自分の身に迫るアイデンティティの危機を感じ、恐怖した。

425 :瀬戸内蘭頁寂尊:2006/05/04(木) 22:28:41
だが来る日も来る日も客は晴男のパンツの中に大量の札束を入れるのであった。
もう後戻りはできない。今の俺にはこれしかないんだ。晴男は思った。

426 :ケッターロホ:2006/05/04(木) 23:00:53
その後晴男は右手にドスを持ち町へ歩き出した。血が見たかった。

427 :名無し物書き@推敲中?:2006/05/04(木) 23:30:00
おもんないっちゅうねん

428 :名無し物書き@推敲中?:2006/05/04(木) 23:40:18
と、おもむろに通行人の腿にドスを突き立てた。鮮血を吹き上げ転げ回る通行人。 アレ、これ面白いよ? ドスツッコミ。新しいよ?

429 :瀬戸内蘭頁寂尊:2006/05/05(金) 00:14:22
いいよ。いいよぉ。

430 :名無し物書き@推敲中?:2006/05/05(金) 00:24:29
はぁ?

431 :ケッターロホ:2006/05/05(金) 08:45:18
突然会津磐梯山を歌う事にした。するとどうだろう、彼は

432 :名無し物書き@推敲中?:2006/05/05(金) 13:53:21
はぁ?

433 :名無し物書き@推敲中?:2006/05/05(金) 14:53:14
はあはあ…どこからか男の暑苦しいあえぎ声が聞こえてきた。

434 :名無し物書き@推敲中?:2006/05/05(金) 14:53:51
その声がどんどん近づいてくる。

435 :名無し物書き@推敲中?:2006/05/05(金) 16:58:16
しょーもねー

436 :名無し物書き@推敲中?:2006/05/05(金) 18:36:07
うるせーよー

437 :名無し物書き@推敲中?:2006/05/05(金) 19:31:17
だまれくそ

438 :名無し物書き@推敲中?:2006/05/05(金) 19:32:36
おまえがだまれくそ

439 :名無し物書き@推敲中?:2006/05/05(金) 19:40:47
うっさい!きえさらせ!あほ

440 :瀬戸内蘭頁雀損:2006/05/05(金) 19:52:52
あらあら、そこの殿方たち汚い言葉の応酬は感心しませんわ。美しい日本語を
心がけませう。フルマン伝道師のジャクソンは山野のドヤ街のやんちゃ坊主たち
を優しく諭すのであった。フルマンそれは博愛と潔白の象徴である。

441 :名無し物書き@推敲中?:2006/05/05(金) 20:21:01
気持ち悪い おまえは消えろ

442 :名無し物書き@推敲中?:2006/05/05(金) 20:23:26
おまえが気持悪い 死ね

443 :瀬戸内蘭頁雀損:2006/05/05(金) 20:56:19
とジャクソンの制止を振り切ってハメ太郎が晴男にドスをもって追い回し始めた。

444 :名無し物書き@推敲中?:2006/05/05(金) 21:01:40
ハメ太郎ビーーーーーーーーーーーーームッ!!


晴男ビーーーーーーーーーーーーーーーーーーム!!

   
       うあああああーーーーーーーーーーーーーーーッ!!



ちゅどーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーん!!!!!!


445 :ケッターロホ:2006/05/05(金) 21:42:48
とっとこハメ太郎

446 :名無し物書き@推敲中?:2006/05/05(金) 22:08:18
ちんぽちんぽちんぽぬるぬる
まんこべとべと
クリトリス
挿入
愛液
射精
絶頂イクイクイクーーーっ
中出し
妊娠
セックスセックスセックス

447 :名無し物書き@推敲中?:2006/05/05(金) 22:35:11
ラジオ体操の時間だお

448 :名無し物書き@推敲中?:2006/05/05(金) 22:38:30
ちんぽちんぽちんぽぬるぬる
まんこべとべと
クリトリス
挿入
愛液
射精
絶頂イクイクイクーーーっ
中出し
妊娠
セックスセックスセックス

449 :名無し物書き@推敲中?:2006/05/05(金) 22:40:49
>>448は言う。欲求不満はオナニーで解消。それが中学生のやりかただと。

450 :名無し物書き@推敲中?:2006/05/05(金) 23:08:19
ちんぽちんぽちんぽぬるぬる
まんこべとべと
クリトリス
挿入
愛液
射精ドピュッピュッピュピュ
絶頂イクイクイクーーーっ
中出し
妊娠
セックスセックスセックス


451 :名無し物書き@推敲中?:2006/05/05(金) 23:17:10
オナニーしこしこ楽しいなあ。さあエロビデオを鑑賞しながら司法試験の勉強するぞ!

452 :名無し物書き@推敲中?:2006/05/05(金) 23:21:09
これが山田まさおの勉強法なのだ。オナニーと勉強を同時に行うというまさおの時間節約術は世間をあっと驚かせたのである。

453 :名無し物書き@推敲中?:2006/05/05(金) 23:26:54
まさお特製の参考書は左のページは法律に関する内容だが、右のページは女性器の拡大写真になっているという、まさに画期的なものだった。

454 :名無し物書き@推敲中?:2006/05/05(金) 23:31:10
ちんぽちんぽちんぽぬるぬる
まんこべとべと
クリトリス
挿入ズコズコズコ
愛液
射精ドピュッピュッピュピュ
絶頂イクイクイクーーーっ
中出し
妊娠
セックスセックスセックス


455 :名無し物書き@推敲中?:2006/05/05(金) 23:33:25
性器の写真は脳を刺激し、脳内麻薬を大量に分泌する。これが勉強の集中力を高める役割を果たしている。もちろん科学的にも実証されている事である。

456 :名無し物書き@推敲中?:2006/05/05(金) 23:34:50
まさおは片手にペニス、片手に鉛筆で今晩も精を出すのであった。

457 :名無し物書き@推敲中?:2006/05/05(金) 23:36:14
ちんぽちんぽちんぽぬるぬる
まんこべとべと
クリトリス
挿入ズコズコ
愛液
射精ドピュッピュッピュピュ
絶頂イクイクイクーーーっ
中出し
妊娠オギャーーーーー
セックスセックスセックス

458 :名無し物書き@推敲中?:2006/05/05(金) 23:38:34
妊娠オギャーーーーー ?なんやそれ。まさおはペニスをこすりながらフト考えたりした。

459 :名無し物書き@推敲中?:2006/05/06(土) 01:42:08
その時である。ふと、ペニスをこするのを止めると、

460 :ケッターロホ:2006/05/06(土) 09:03:03
うんこがしたくなった。そこで皇居に赴き、

461 :瀬戸内蘭頁寂尊:2006/05/06(土) 11:53:28
フルチンでジョギングを始めた。お堀の外を眺めていた雅子様はそのひたむきな
姿に心を打たれ、彼を愛子さまの教育係にしようとスカウトした。
弁護士志望から一気に皇族の教育係へ。まさおはジャパニーズ・ドリームを
実現させたのであった。

462 :名無し物書き@推敲中?:2006/05/06(土) 12:20:32
ちんぽちんぽちんぽぬるぬる
まんこべとべと
クリトリス
挿入ズコズコ
愛液
射精ドピュッピュッピュピュ
絶頂イクイクイクーーーっ
中出し
妊娠オギャーーーーー
セックスセックスセックス


463 :名無し物書き@推敲中?:2006/05/06(土) 12:36:04
「妊娠オギャー」世間ではそんな曲がヒットチャートを賑わしていた。

464 :名無し物書き@推敲中?:2006/05/06(土) 12:42:40
ちんぽちんぽちんぽぬるぬる
まんこべとべと
クリトリス
挿入ズコズコ
愛液
射精ドピュッピュッピュピュ
絶頂イクイクイクーーーっ
中出し
妊娠オギャーーーーー
セックスセックスセックス


465 :名無し物書き@推敲中?:2006/05/06(土) 13:17:07
どこにいってもこの曲が流れていた。

466 :名無し物書き@推敲中?:2006/05/06(土) 13:18:35
胎教にいいらしいというバカバカしい噂も流れ出したほどである。

467 :名無し物書き@推敲中?:2006/05/06(土) 13:18:57
ちんぽちんぽちんぽぬるぬる
まんこべとべと
クリトリス
挿入ズコズコ
愛液
射精ドピュッピュッピュピュ
絶頂イクイクイクーーーっ
中出し
妊娠オギャーーーーー
セックスセックスセックス

468 :名無し物書き@推敲中?:2006/05/06(土) 13:22:54
雅子さまもそんな噂を信じて紀子さまにそのCDをCD-Rに焼いて送ったほどであった。

469 :名無し物書き@推敲中?:2006/05/06(土) 13:31:41
ちんぽちんぽちんぽぬるぬる
まんこべとべと
クリトリス
挿入ズコズコ
愛液
射精ドピュッピュッピュピュ
絶頂イクイクイクーーーっ
中出し
妊娠オギャーーーーー
セックスセックスセックス

470 :名無し物書き@推敲中?:2006/05/06(土) 13:37:26
一番だけで二番の歌詞がないのがこの歌の欠点であった。

471 :名無し物書き@推敲中?:2006/05/06(土) 13:39:35
紀子さまが雅子さまから送られたCD-Rを聴いたのかどうかと言えば、紀子さまは聴かなかったのだった。

472 :名無し物書き@推敲中?:2006/05/06(土) 13:44:30
なぜかといえば紀子さまの好きな音楽は*****だったからである。

473 :名無し物書き@推敲中?:2006/05/06(土) 13:46:43
じつは御夫妻そろって*****が好きなのだ。これは*****ファンの間ではよく知られている事実らしい。

474 :名無し物書き@推敲中?:2006/05/06(土) 17:39:40
ちんぽちんぽちんぽぬるぬる
まんこべとべと
クリトリス
挿入ズコズコ
愛液
射精ドピュッピュッピュピュ
絶頂イクイクイクーーーっ
中出し
妊娠オギャーーーーー
セックスセックスセックス


475 :名無し物書き@推敲中?:2006/05/06(土) 19:00:30
ちんぽちんぽちんぽぬるぬる
まんこべとべと
クリトリス
挿入ズコズコ
愛液
射精ドピュッピュッピュピュ
絶頂イクイクイクーーーっ
中出し
妊娠オギャーーーーー
セックスセックスセックス

476 :名無し物書き@推敲中?:2006/05/06(土) 19:20:29
そしてそのCD-Rはいつしかゴミ箱に捨てられ、ついにゴミの日に出されてしまったのである。

477 :ケッターロホ:2006/05/06(土) 20:00:14
でも勿体無いので出したCD−Rを拾って来た。そして

478 :瀬戸内"蘭頁"寂尊:2006/05/06(土) 21:05:10
食べた。なかなかイケル。

479 :瀬戸内蘭頁寂尊:2006/05/06(土) 21:18:31
その間晴男は盗んだバイクで走り出し、帝國ホテルに行き、
ボジョレヌーボをたらふく飲んだ。汚れちまった悲しみに酒をかっくらう
晴男。晴男に身にいったい何が!?

480 :名無し物書き@推敲中?:2006/05/06(土) 22:53:06
ちんぽちんぽちんぽぬるぬる
まんこべとべと
クリトリス
挿入ズコズコ
愛液
射精ドピュッピュッピュピュ
絶頂イクイクイクーーーっ
中出し
妊娠オギャーーーーー
セックスセックスセックス

481 :瀬戸内蘭頁寂尊:2006/05/06(土) 22:57:24
と突然何かが憑依したかのように帝國ホテルの一室で卑猥な歌を歌いだした。


482 :名無し物書き@推敲中?:2006/05/06(土) 23:05:15
ちんぽちんぽちんぽぬるぬる
まんこべとべと
クリトリス
挿入ズコズコ
愛液
射精ドピュッピュッピュピュ
絶頂イクイクイクーーーっ
中出し
妊娠オギャーーーーー
セックスセックスセックス


483 :瀬戸内蘭頁寂尊:2006/05/07(日) 00:53:36
晴男は↑の1曲ではマンネリを感じたので2曲目を作る事にした。

ぽんちぽんちるぬるぬるこんま
飛べ飛べ栗と栗鼠
挿入ズコズコからの妊娠オギャー
スクッセスクッセスックセが、
膣の分泌物射精ドピュップットュピクイクイクイーっです
以上ヤンバルクイナの子作り講座でした。


484 :ケッターロホ:2006/05/07(日) 09:35:18
つまらない歌が流れたので民は怒り狂って核ミサイルを爆発させた!すると

485 :名無し物書き@推敲中?:2006/05/07(日) 09:39:56
ちんぽちんぽちんぽぬるぬる
まんこべとべと
クリトリス
挿入ズコズコ
愛液
射精ドピュッピュッピュピュ
絶頂イクイクイクーーーっ
中出し
妊娠オギャーーーーー
セックスセックスセックス

486 :瀬戸内蘭頁寂尊:2006/05/07(日) 11:17:00
するとウィーン伝道こけし合唱団が晴男作曲の歌を歌い始めたではないか。

487 :瀬戸内蘭頁寂尊:2006/05/07(日) 21:17:52
自分の曲が歌われることに感激し、欣喜雀躍する晴男。

            ░▅░
     ▓▓▓▓▓░░▀▀░
    ▓▓▓▓▓▓▓▓▀▀▀██
   ▅▀▀█░░█▅░░▀▀██
   █░░██░░░▅░░░░█
  ██▅▅░░░▀████▀█
    ▀▀▅▅▅▅██
 ▅██████▅▓█▅▀██
 ██▀▀████▓▓█▅▓
 ▀░░░░█▀▓▓▀▓█▓
 ░░░░▓▓▓▓▓▓▓▓  ▅
  ░▓▓▓▓▓▓▓▓▓▓ ▅█
   ▅▓▓▓▓▓▓▓▓▓████
███▓▀▀▅▅▓▓▓▓▓████
███▓▓▓▓▓   ▀▀▀▀▀▀
███▓▓▓▀
█▀


488 :名無し物書き@推敲中?:2006/05/07(日) 21:45:07
ちんぽちんぽちんぽぬるぬる
まんこべとべと
クリトリス
挿入ズコズコ
愛液
射精ドピュッピュッピュピュ
絶頂イクイクイクーーーっ
中出し
妊娠オギャーーーーー
セックスセックスセックス

489 :名無し物書き@推敲中?:2006/05/07(日) 21:49:06
ウィーン伝道こけし合唱団も感極まって涙を浮かべている。会場は感動のるつぼである。

490 :名無し物書き@推敲中?:2006/05/08(月) 06:20:25
スイカ。
烏。
雀。
↓メダカ。
好き。
嫌い。
ちんぽちんぽちんぽぬるぬる
まんこべとべと
クリトリス
挿入ズコズコ
愛液
射精ドピュッピュッピュピュ
絶頂イクイクイクーーーっ
中出し
妊娠オギャーーーーー
セックスセックスセックス


491 :瀬戸内蘭頁寂尊:2006/05/08(月) 22:43:54
観客からのしつこいアンコールによりエンドレスに歌わされるウィ〜ン伝道合唱団。
最近のヨーロッパの嫌日感情はこのことが遠因となっていると言われるほど
国際問題に発達した。
それを懸念した日本自動小銃合唱団は

492 :名無し物書き@推敲中?:2006/05/08(月) 23:07:12
スイカ。
烏。
雀。
↓メダカ。
好き。
嫌い。
ちんぽちんぽちんぽぬるぬる
まんこべとべと
クリトリス
挿入ズコズコ
愛液
射精ドピュッピュッピュピュ
絶頂イクイクイクーーーっ
中出し
妊娠オギャーーーーー
セックスセックスセックス

493 :名無し物書き@推敲中?:2006/05/09(火) 00:05:21
まだこれを歌っていた。一方その頃

494 :名無し物書き@推敲中?:2006/05/09(火) 00:27:18
スイカ。 ばくばく
烏。
雀。ちゅんちゅん
↓メダカ。
好き。
嫌い。
ちんぽちんぽちんぽぬるぬる
まんこべとべと
クリトリス
挿入ズコズコ
中折れヒュルヒュル
復活ビンビン
愛液
射精ドピュッピュッピュピュ
絶頂イクイクイクーーーっ
中出し
妊娠オギャーーーーー
セックスセックスセックス

495 :瀬戸内蘭頁寂尊:2006/05/09(火) 23:01:14
とうとう晴男は気が狂い意味不明の呪文を唱え始めた。

スイカカラススズメちゅんちゅんナポレオンフィッシュは、それを論破します。
好き嫌い。そして論破する。
柔らかいちんぽちんぽちんぽぬるぬるまんこべとべとクリトリス挿入ズコズコからのだし妊娠
オギャーーーーーセックスセックスセックスは、
帽子ヒュルヒュルリバイバルビンが膣の分泌物射精
ドピュッピュッピュピュトップイクイクイクーーーっをビン詰めにするのを感じました。

496 :名無し物書き@推敲中?:2006/05/10(水) 00:47:48
スイカ。 ばくばく
烏。
雀。ちゅんちゅん
↓メダカ。
好き。
嫌い。
ちんぽちんぽちんぽぬるぬる
まんこべとべと
クリトリス
挿入ズコズコ
中折れヒュルヒュル
復活ビンビン
愛液
射精ドピュッピュッピュピュ
絶頂イクイクイクーーーっ
中出し
妊娠オギャーーーーー
セックスセックスセックス

497 :名無し物書き@推敲中?:2006/05/10(水) 03:43:45
このスレ
____   r っ    ________   _ __
| .__ | __| |__  |____  ,____|  ,! / | l´      く`ヽ ___| ̄|__   r‐―― ̄└‐――┐
| | | | | __  __ |  r┐ ___| |___ r┐  / / | |  /\   ヽ冫L_  _  |   | ┌─────┐ |
| |_| | _| |_| |_| |_  | | | r┐ r┐ | | | /  |   | レ'´ /  く`ヽ,__| |_| |_ !┘| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|‐┘
| r┐| |___  __|. | | | 二 二 | | |く_/l |   |  , ‐'´     ∨|__  ___| r‐、 ̄| | ̄ ̄
| |_.| |   /  ヽ    | | | |__| |__| | | |   | |  | |   __    /`〉  /  \      │ | |   ̄ ̄|
|   | / /\ \.   | |└------┘| |   | |  | |__| |  / /  / /\ `- 、_ 丿 \| | ̄ ̄
 ̄ ̄ く_/   \ `フ |   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  |   | |  |____丿く / <´ /   `- 、_// ノ\  `ー―--┐
           `´ `‐' ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`‐'     ̄          `  `´          `ー'    `ー───-′


498 :名無し物書き@推敲中?:2006/05/10(水) 07:31:05
ここいいよ〜
http://ameblo.jp/raspberry-kiss/

499 :名無し物書き@推敲中?:2006/05/10(水) 08:21:39
スイカ。 ばくばく
烏。
雀。ちゅんちゅん
↓メダカ。
好き。
嫌い。
ちんぽちんぽちんぽぬるぬる
まんこべとべと
クリトリス
挿入ズコズコ
中折れヒュルヒュル
復活ビンビン
愛液
射精ドピュッピュッピュピュ
絶頂イクイクイクーーーっ
中出し
妊娠オギャーーーーー
セックスセックスセックス

500 :ケッターロホ:2006/05/10(水) 11:31:04
悪を許すなゲッタービーム!

501 :名無し物書き@推敲中?:2006/05/10(水) 12:45:25
そのころ北朝鮮では・・・・

502 :名無し物書き@推敲中?:2006/05/10(水) 13:09:34
スイカ。 ばくばく
烏。
雀。ちゅんちゅん
↓メダカ。
好き。
嫌い。
ちんぽちんぽちんぽぬるぬる
まんこべとべと
クリトリス
挿入ズコズコ
中折れヒュルヒュル
復活ビンビン
愛液
射精ドピュッピュッピュピュ
絶頂イクイクイクーーーっ
中出し
妊娠オギャーーーーー
セックスセックスセックス

503 :瀬戸内蘭頁寂尊:2006/05/10(水) 21:31:33
生命の誕生までを端的に表現した傑作歌謡感動巨編「妊娠オギャー」が大流行中であった。
平壌市街中のスピーカーからは絶えず「妊娠オギャー」が流れている。

504 :瀬戸内蘭頁寂尊:2006/05/10(水) 22:17:05
                 , ─ヽ
________    /,/\ヾ\   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
|__|__|__|_   __((´∀`\ )< 妊娠オギャー
|_|__|__|__ /ノへゝ/'''  )ヽ  \_________
||__|        | | \´-`) / 丿/
|_|_| 从.从从  | \__ ̄ ̄⊂|丿/
|__|| 从人人从. | /\__/::::::|||
|_|_|///ヽヾ\  /   ::::::::::::ゝ/||
────────(~〜ヽ::::::::::::|/        


子守唄までもが「妊娠オギャー」一色である。


505 :名無し物書き@推敲中?:2006/05/11(木) 07:19:37
スイカ。 ばくばく
烏。
雀。ちゅんちゅん
↓メダカ。
好き。
嫌い。
ちんぽちんぽちんぽぬるぬる
まんこべとべと
クリトリス
挿入ズコズコ
中折れヒュルヒュル
復活ビンビン
愛液
射精ドピュッピュッピュピュ
絶頂イクイクイクーーーっ
中出し
妊娠オギャーーーーー
セックスセックスセックス


506 :ケッターロホ:2006/05/19(金) 12:17:48
正義の心で合体だ!

507 :名無し物書き@推敲中?:2006/05/19(金) 13:42:06
スイカ。 ばくばく
烏。
雀。ちゅんちゅん
↓メダカ。
好き。
嫌い。
ちんぽちんぽちんぽぬるぬる
まんこべとべと
クリトリスくりくり
挿入ズコズコ
中折れヒュルヒュル
復活ビンビン
愛液にゅるにゅる
射精ドピュッピュッピュピュ
絶頂イクイクイクーーーっ
中出し
妊娠オギャーーーーー
セックスセックスセックス

508 :ケッターロホ:2006/05/20(土) 14:16:52
ええい!嵐にはゲッターパンチ!

509 :名無し物書き@推敲中?:2006/05/21(日) 23:58:34
スイカ。 ばくばく
烏。
雀。ちゅんちゅん
↓メダカ。
好き。
嫌い。
ちんぽちんぽちんぽぬるぬる
まんこべとべと
クリトリスくりくり
挿入ズコズコ
中折れヒュルヒュル
復活ビンビン
愛液にゅるにゅる
射精ドピュッピュッピュピュ
絶頂イクイクイクーーーっ
中出し
妊娠オギャーーーーー
セックスセックスセックス

510 :名無し物書き@推敲中?:2006/05/29(月) 21:20:58
おもしろ

511 :名無し物書き@推敲中?:2006/05/31(水) 23:31:13


512 :名無し物書き@推敲中?:2006/06/01(木) 17:34:23
か?

513 :名無し物書き@推敲中?:2006/06/01(木) 17:45:07


514 :名無し物書き@推敲中?:2006/06/01(木) 20:42:46


515 :瀬戸内蘭頁寂尊:2006/06/01(木) 21:21:30
ンジマンが現れた!

516 :ケッターロホ:2006/06/03(土) 12:54:11
ゲッターロボもやって来た!

517 :名無し物書き@推敲中?:2006/07/25(火) 14:15:52
英ンジマン

518 :名無し物書き@推敲中?:2006/07/26(水) 14:33:45
???「待てぇい!」

519 :名無し物書き@推敲中?:2006/08/12(土) 21:40:17
???が現れた!

520 :名無し物書き@推敲中?:2006/08/25(金) 20:17:52
犯罪人の行動はすべて読めるんだよ
バカ残飯(←ATOK標準単語登録済み)

521 :ケッターロホ:2006/09/07(木) 07:29:53
ゲッターポセイドンは取り合えずゲッター線を放出してスレを正常に戻した!

522 :名無し物書き@推敲中?:2006/11/06(月) 22:27:04
が、放置されたままだった。くそうっ、こうなれば!!

523 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/12(火) 00:15:40
みんな、死んでしまえー

524 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/12(火) 09:58:56
みんな死んだ 死因はウムダレ病だった ウムダレ病で逝った人は秋田の幽界にいく 

525 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/12(火) 10:08:35
そして秋田小町の稲作に従事する 今年の小町は例年にまして空虚で集めて練ったキリタンポンさえ霞のように軽かった

526 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/12(火) 10:13:55
必死だな藁

527 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/12(火) 10:17:00
そんな便りの届いた年の瀬、ひとり生き残ったゲッターは鼻をほじっていた 大きな鼻くそを二つ丸め重ねつぶやく、

528 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/12(火) 10:19:05
雪だるま

529 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/12(火) 11:34:21
はっ、はっ、はっ、はっ、はっ、はっ、はっ、はっ、はっ、まだ死にたくはない!

530 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/12(火) 11:36:29
退屈するとウムダレ病にかかると思い込んでいるゲッターだった。

531 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/12(火) 11:42:22
空は青く野の草は凪いだ海のように静かだが今や、その穏やかさがぼくの存在を脅かしているとは皮肉なものだ。

532 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/12(火) 11:49:24
出かけよう。この旅の目的はあらゆる行為や出会いを言葉にすること、それ自体だ。余裕をかます余裕などない。退屈は即、ウムダレの死だ。

533 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/12(火) 13:43:07
ゲッターは島の南東部に行くことにして携帯を開いた。

534 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/12(火) 13:45:06
((概況。島南東部では、昼から明日にかけて波やうねりが高い見込みです。高波に注意して下さい))

535 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/12(火) 13:46:55
荒れ模様の所に行くのは気がすすまなかった。やっぱ、北西部に行こう。

536 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/12(火) 13:52:27
((北西部にはもっと凄い気圧の谷が進んでくる見込みです。このため昼過ぎにはヒョウが降るでしょう。出かける人は調教用の鞭を用意してください。スマイルを忘れずに))

537 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/12(火) 13:55:54
どうもご親切に、と言ってゲッターは携帯を閉じた。ふむぅ、禿の陰謀か。

538 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/12(火) 14:43:38
「禿と書いてカムロと読むの」漢字検定一級認定者のパラパラをこよなく愛すギャルが口を挟んだ。

539 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/12(火) 15:04:57
そしてカムロとは神室につうじ秘密のベールに包まれた一次の関門、下読みさんの隠喩であった。

540 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/12(火) 15:09:34
その霊妙なる一室で下読みさんは、段ボールで送られてきた原稿を取り出すと、一枚、一枚、紙飛行機にして飛ばしているという噂であった。

541 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/13(水) 12:12:50
ところで漢字検定一級ギャルはどこから現れのか、ゲッター以外はみんな死んだはずじゃなかったのかと思った読者も3人はいることであろう。


542 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/13(水) 12:23:59
これら情け深い愛読者様方のために説明しておくと、おうおうにして物語とはそういうものなのである。

543 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/13(水) 12:25:09
最初の人間はアダムとイブの二人のはずだったのにその子孫が、いきなり現れた他所の部族と娘と婚姻を結んだりしても、だれも世界一のベストセラーには文句はつけたりしない。

544 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/13(水) 12:58:12
あるいは世界最後の男の部屋のドアをノックした世界最後の女の話を思い出してもらっても結構だ。それはともかく、

545 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/13(水) 12:59:20
閑話休題

546 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/13(水) 13:00:22
と漢字検定一級ギャルはゲッターの手をとり言った。

547 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/19(火) 02:17:58
ゲッターはギャルの手がベトベトしていることに気付いた。思わずゲッターはギャルにその理由を尋ねた。

548 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/19(火) 20:25:50
口を開きかけたその瞬間、ゲッターはギャルの手がどろどろに溶け、それが自分の肉にしっかと結びついているのを発見した!

549 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/27(土) 12:55:05
どろどろの手ゲット! とゲッターは叫んだ。

550 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/28(日) 03:09:30
そんな2人に、忘れかけてたウムダレ病の魔の手が、刻々と迫っていた。
しかしゲッターには、そんなことよりひっついたギャルの手の、ねっちりとした暖かさがちょっとダメっぽくなってきたことに
気を取られていた。

88 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)