5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

自費出版しました。

1 :自称小説家:2005/09/11(日) 15:31:01
 某小出版社から自費出版しました。あなたの出版にまつわる体験談
やこれから出版してみたい方、自由に書いてください。

2 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2005/09/11(日) 15:37:02
2

3 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2005/09/11(日) 15:40:56
検索を覚えろ

4 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2005/09/11(日) 15:54:31
ぺんぎん乙

5 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2005/09/11(日) 18:14:16
金をドブに捨てたよ…。

6 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2005/09/11(日) 21:36:02
自費出版て、書店に置いてもらう営業とかも全部自分でやるの?

7 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2005/09/11(日) 22:24:00
自費出版?
何を目的に??

8 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2005/09/11(日) 22:31:24
>>7
相手にすんな。

9 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2005/09/11(日) 22:36:21
>>7
バカ。目を合わせるな。

10 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2005/09/11(日) 22:43:41
>>7
早く逃げて!

11 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2005/09/11(日) 22:44:23
>>7
しっ! 見ちゃ駄目!

12 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2005/09/11(日) 22:50:19
>>11
おさわりはOK?

13 :自称小説家:2005/09/12(月) 00:11:29
>>自費出版て、書店に置いてもらう営業とかも全部自分でやるの?

自分ではホームページを立ち上げて宣伝するくらいで、後は出版社まかせです。

>>自費出版?
  何を目的に??

 売名行為です。もっとも作家は名前を売らないと本がまったく
売れないのですが。

14 :名無し物書き@推敲中?:2005/09/12(月) 11:07:50
あんた気にいった!
酒もってこい 酒!

15 :自称小説家:2005/09/12(月) 22:24:33
 作家といっても本格的にプロとしてめざしている訳ではありません。

 現在、わたしはサラリーマンをやっておりますが、十年ほど前に執
筆した作品が三つほどありまして、そのうちの一つを今回、自費出版
することにしたのです。
 家の近くには少し有名な(地元では)文芸出版社があるのですが、
そのガラスのウィンドウには自費出版の貼り紙広告が以前より目
についていたのです。
 ある日、思い切ってその出版社のドアを開け、それについて相
談した所、思ったよりも安価で丁寧に仕上げてくれるということ
で、且つ応対も低姿勢でとても好感がもてたので、お願いするこ
とになった訳です。

 酒はありませんが、台湾のビールなら冷蔵庫に冷えてます。日
本のビールに比べて味が薄いのですが、これ、結構イケます。

16 :名無し物書き@推敲中?:2005/09/18(日) 16:49:12
 先日、知人と飲んでいると、近くの席で、若い女の子がおおきな声で小説の話をしていた。
二人とも自費出版をしたらしく、お互いに幾ら掛かったとしゃべり合っていた。
 知人は、20歳前後の若い女の子が自分の好き勝手に書いたものを出版して一体誰に
読ませるんだ、と怒っていた。こちらも彼女たちがどんな思いで本を出したのだろうと考えた。
 自費出版が悪い訳ではない。自分が書いた作品を出版したいという気持ちもわかる。
だが釈然としない感情が残るのは、こちらの中に書物は対峙して読むものだという意識が
あるからなのだろう。せっかくお金を出して買うのだから、もっと値打ちがあるものを
読みたい。彼女たちだって、書けば読んでもらいたいという思いは生まれるはずだ。それなら
必死で書くというのが筋だ。
 不景気だから仕方ないというところもあるし、出版社が売れる本ばかりを求め、いい本を
出そうという心構えが乏しいから、これくらいなら自分でも書けるという、安易な考えが
世間に生まれているのではないか。昔のように、本当にいい作品を文庫本に入れ、安く
提供するくらいの努力をしないと、若者の言語喪失は進むばかりで、逆に本は読まないが、
作家気取りの子供たちの本ばかりが増えてくるという現象が現れるのではないか。
   コラムニスト・富岡周平 産経新聞 8/19 朝刊

17 :名無し物書き@推敲中?:2005/09/18(日) 16:57:41
俺、自費出版を持ちかけようとして、金無いから企画出版にしたいって言ったら断られた(笑)
理由は、大変ユニークな内容で、出版物としては十分だが、読者の関心を呼び起こすには、あまりにも世界が限られている。
ということだった。
冒険になるってことだよな出版社にとって俺の作品は。
まあ、当社の意向にそぐわないと言われたわけじゃないから。うれしかったが。

18 :名無し物書き@推敲中?:2005/09/18(日) 17:34:07
趣味ならいいんじゃね。ある種の達成感得られそうだし。

19 :自称小説家:2005/09/18(日) 21:39:52
>>7
 たとえどんなにすばらしい内容の小説であっても、その筆者が無名
であるならば本は売れません。売れてもせいぜい3千冊程度であります。
 これでは出版社は赤字で、経営を続けることは難しくなります。
 しかし、タレントや著名人の方の本であれば、それがたとえ拙いもの
であったとしても、前者の者よりもその十倍以上、時によっては百倍以
上も売れたりするものです。
 そういう訳で、出版社とすれば経営上、我々、名の知れていない者た
ちの作品は、企画出版にはとうてい出来うる筈がありません。出来たと
しても、我々は本を出版する経費の何割かを支払わなければならないで
しょう。 

20 :自称小説家:2005/09/18(日) 21:40:56
 失礼いたしました。
>>17の方です。

21 :自称小説家:2005/09/18(日) 21:56:15
>>16
貴方の言われることは、ごもっともと思われます。

 いい本を出す心構えですか。
私の本は価値があるかどうかは別にしまして、人に好まれる。
というよりも、反感を抱かれそうな内容ですね。とくに若いひとから。
 

22 :名無し物書き@推敲中?:2005/09/21(水) 01:39:09
そういや電車男の本はどうだったんだ?

23 :名無し物書き@推敲中?:2005/09/22(木) 21:06:41
電車男って、自費出版だったっけ???

24 :名無し物書き@推敲中?:2005/09/22(木) 21:30:40
>>1
ああ、『リアル・フルーツ・バスケット(RFB)』ですね。
馬鹿な王様「太郎」が「俺と同じ名前が多すぎる!」
と全国の太郎に対して
「リアル椅子取りゲーム」に強制参加を命じるという(ry

25 :名無し物書き@推敲中?:2005/09/23(金) 13:08:30
昔から歌集句集の自費出版は多いよね。
所属の結社や関連出版社にメシを提供してる。
100万以上かけたのが、バザーなんかで「ご自由に
お持ちください」の箱に入れられて陽ざらし。
おしめとれたばかりのような女の子が出版するのも
こういう年寄りの出版も、みな自分を過大評価してるんだね。
一億総カラオケ状態、へたくそでも大声で歌う。
ほんとにうまい人のマイク奪ってもがなってるジジババを見かける
ことがあるが、醜悪だ・・・・。

26 :名無し物書き@推敲中?:2005/09/23(金) 13:17:55
>>25
俺、企画出版にして良かったかも(;A´∀`)
うかりゃラッキーだけど、ちょっとでも批評もらえたし。


27 :家出猫:2005/09/23(金) 13:20:46
自費出版ってのは新手の詐欺なんだけどな
そんなこともしらないで
さっか 以下略

28 :自称作家:2005/09/27(火) 23:02:27
>>26
 批評は良くも悪くも私にとっては今後の肥やしになります。特に酷評は
褒め言葉よりも興味があります。

>>27
確かにそのような出版社が多いです。詐欺的な出版社は実に巧妙な
手段をとっており、私もその罠の網にかかったことがあります。

29 :名無し物書き@推敲中?:2005/09/28(水) 15:34:08
中原中也も最初は自費出版でした。
それから最近では、B社から支援出版で出た絵本が6万部売れました。
「さおだけ屋は〜〜」の著者の第一作目も自費出版、ベストセラー
になりました。
自費系も馬鹿に出来ないですよ。

若いねーちゃんが「幾ら出したあ?」ときゃあきゃあ騒いでるのも、
それはそれで良いでしょう。本人は楽しんでるのですから。




30 :自称作家:2005/09/30(金) 01:00:48
 私の前作は、情けないのか、自慢できるのか分かりませんが、
1000部刷って、それが全部売れるのに一年ほどかかりました。
 それ以上、注文がなかったので、二刷はしませんでしたが、本
を作製するための料金が高く、その売上金、五割五分を受け取って
現在では、その出版社とは縁を切った状態になっております。

>>29
 宮沢賢治も自費出版したと聞いておりますが‥‥‥
 中原中也は、鎌倉の寿福寺の境内に住居を構えたことがありますが、
 私も鎌倉に住居を構えて10ほど経っております。



31 :名無し物書き@推敲中?:2005/09/30(金) 01:12:37
なんかよくわからんが、けっきょく儲かったの?
収支を知りたいな。
1000部の本だと単価が異常に高くならない?
素人の本なのに値段は高いっつうドツボにはまるよね?

32 :名無し物書き@推敲中?:2005/09/30(金) 01:16:23
>>30
時代が違いますが、
某共同出版詐欺会社での共同(協力出版)より、自費出版のほうがましなようです。
ただ、自費出版も協力出版も、「俺は作家だ」と言ってうざがられるのは一緒のようです。

ある程度のページ数の本を作って100万程度の費用ならそれほど悪徳業者では無いでしょう

33 :名無し物書き@推敲中?:2005/09/30(金) 01:27:31
100万?
高ッ

34 :名無し物書き@推敲中?:2005/09/30(金) 01:52:51
>>33
ソフトカバーならわかりませんが、ハードカバーをつけ、
デザイナーの製作した写真だかイラストだかが含まれたオールカラーの表紙をつけ
流通に載せるとなると、100万くらいはかかります

35 :自称作家:2005/09/30(金) 12:04:24
>>なんかよくわからんが、けっきょく儲かったの?

全然、儲かりません。

>>収支を知りたいな。

 大赤字です。

>>1000部の本だと単価が異常に高くならない?

1000部、刷ってそれが全部売れれば±0ぐらいにはなったようです。

>>素人の本なのに値段は高いっつうドツボにはまるよね?
 
 そのとおりです。ですから、儲かろうなどと考えないことです。


36 :自称作家:2005/09/30(金) 12:12:17
>>ソフトカバーならわかりませんが、ハードカバーをつけ、
デザイナーの製作した写真だかイラストだかが含まれたオールカラーの表紙をつけ
流通に載せるとなると、100万くらいはかかります

 今回の私の出版した本は、四六判、ソフトカバーの並製でそれよりも3割ほど高
くなっております。

37 :自称作家:2005/09/30(金) 12:20:26
>>35の訂正

 1000部ではなく5000部です。前の出版社ではこのくらい売ら
なければ元はとれない状況でした。

38 :名無し物書き@推敲中?:2005/09/30(金) 13:27:26
自費出版や協力出版を選択するのは個人の自由ですし
結果的に+−0で他人に自分の作品を読んでもらえたということで、得るものは大きいと思います。

ただし、自称だろうがなんだろうが作家を名乗るのなら、せめて数万でいいから儲かってからにして欲しいと
思うところであります。
周りが迷惑です。お愛想を言ってあげられるのも最初のうちだけです

39 :名無し物書き@推敲中?:2005/09/30(金) 13:30:05
+−0というのは、同じ穴の狢の間では評価できる方だと思います。
しかし、そういったことに興味の無い人間にとっては、それを評価しろと言うのはウザイ以外の何でもありません

40 :自称小説家:2005/09/30(金) 17:19:32
>>ただし、自称だろうがなんだろうが作家を名乗るのなら、せめて数万でいいから儲かってからにして欲しいと
思うところであります。
周りが迷惑です。お愛想を言ってあげられるのも最初のうちだけです

何万ですか?夢ですね。でも、私の小説を参考になさってドラマを
おもしろく変えて制作し、世界の何億という人がごらんになったもの
があるようです。ただしこれは私の思い過ごし、勘違いかも知れませんが。
 
 お愛想は私の好むところではありません。最初にいったように、私
の小説は、好まれるというよりも、忌み嫌われるものですから、あなた
のような批評はとても歓迎です。そう私の小説は、この掲示板のスレッド
を立てたように、多くの人に迷惑をかけるものなのです。

41 :自称作家:2005/09/30(金) 17:26:30
>>39
ウザイ以外

 こういう若い人の言葉の意味が分かりません。



42 :名無し物書き@推敲中?:2005/09/30(金) 20:38:05
>おもしろく変えて制作し、世界の何億という人がごらんになったもの
>があるようです。ただしこれは私の思い過ごし、勘違いかも知れませんが。

わははっおまえ面白いな。
じつはおれも自費出版してそれを参考にドストエフスキーは「罪と罰」を書いたんだ。
言わばドストが世に出られたのはおれのお陰だな。
おれってスゴクね?

43 :名無し物書き@推敲中?:2005/10/01(土) 00:29:48
凄い

44 :自称作家:2005/10/01(土) 10:11:34
>>42
前世では作家だったんですね。当時も自費出版があった訳なのですか。凄い。

45 :自称作家:2005/10/01(土) 10:14:05
因みに私の前世は韓国人で、その前は宇宙人です。

46 :自称作家:2005/10/01(土) 10:17:16
 >>42
 貴方は若い人の言葉を書いておりますが、60前後の方に思われます。
違いますか?

47 :名無し物書き@推敲中?:2005/10/06(木) 05:06:24
>28
具体的にどんな詐欺行為があったのですか?

記念として1部だけ製本しようと思っているのですが、ふらふらと自費出版に関わるのは危険でしょうか

48 :名無し物書き@推敲中?:2005/10/06(木) 08:18:17
私も協力出版で本を出しています。
大いに勉強になります。
次回、b社で企画出版を狙っています。
プロとアマの差は量産できるかできないか!
自分のスタイルを崩すことなく、
今は書いて書いて書きまくるしかないと思っています。


49 :名無し物書き@推敲中?:2005/10/08(土) 20:19:58
>48
プロとアマの差は印税がもらえるかもらえないか

50 :名無し物書き@推敲中?:2005/10/09(日) 09:53:40
>b社で企画出版を狙っています。

不毛な考え方だと思ふ

51 :名無し物書き@推敲中?:2005/10/12(水) 15:15:10
自費出版系の受賞作品は企画だが
価値はあるかしら

52 :名無し物書き@推敲中?:2005/10/12(水) 15:22:21
>>51
全くないだろう。

53 :名無し物書き@推敲中?:2005/10/13(木) 16:18:57
「懸賞応募雑誌に記事広告を載せます」
訪ねてきた女性は、二十ほどのテーマを書き連ねた、企画書なるものをテーブルの上に置きました。
『恩師への言葉』『あのとき言えなかった母への一言』『天国のあなたへ』などなど、いまさらと言いたくなるような
テーマが箇条書きされています。
「最優秀賞は賞金十万円です。そのほかにもいくつか賞を設けます」


■懸賞募集の裏側

「今までの実績だと、五十人ぐらいは応募してきます」
「最優秀賞の作品は、当然無料掲載です。賞金も払います。ほかは掲載料を払ってくれる人の分だけ掲載します」
「約五十人のうち、掲載料をだしてもいいって人は、たぶん約三十人くらい。一人五万円の掲載料で、
 百五十万円の掲載料収入です」
「ほかにも掲載した本を、一人平均二十冊は買ってくれます。これも五十万円ぐらいの売上げになります」
「たいした本じゃありませんから、印刷などの製作費は八十万円くらいで収まります」
「宣伝費や最優秀賞の賞金などを払っても、一冊につき七十万円は残ります」
「私一人で毎月二点はできます。いまもやらされています。でもお給料が安くて……」
「その本、何冊作るんですか? もちろん本屋さんにも並べるのでしょう」
「千冊ってとこですね。ムリして本屋さんに並べる必要もないし」

ttp://plaza.rakuten.co.jp/jps2005/7002

54 :名無し物書き@推敲中?:2005/10/14(金) 03:50:37
>>53
すごいね。調べてみたら山海堂から独立して千早書房を立ち上げた人だ。
今でも出版募集しているのかな。

55 :名無し物書き@推敲中?:2005/10/14(金) 13:09:48
>>51
いちおう近所の普通の書店にも新刊コーナーに並べられてたよ。
某自費出版系の受賞作品。B芸社のU-30大賞とやら・・・。
手にとって試しに買ってくれる人がいれば売れるかもw

56 :名無し物書き@推敲中?:2005/10/14(金) 15:35:41
 御堂筋線の本町近くにある、オンデマンド印刷のショップでは、一部からでも
印刷製本してくれるよ、データ持ち込んで、そこらでお茶してるうち仕上がってる
本来は営業さんがプレゼン用の資料をかっこよく印刷製本してもらう店だから
応対もビジネスライクで好感が持てます、しかし、真っ白なワイシャツにネクタイ
しめて印刷できるなんて夢のようです。

57 :名無し物書き@推敲中?:2005/10/14(金) 21:12:38
いくらすんの?

58 :名無し物書き@推敲中?:2005/10/17(月) 08:11:59
自称作家さん

一年で1000部売ったんですね。おめでとうございます。
で、その後は出版されましたか?
一年で1000売ったということを見せれば、
企画出版に持ち込めないものでしょうか。


それと、おすすめの弱小出版社を教えてください。

59 :名無し物書き@推敲中?:2005/10/19(水) 07:50:46
age

60 :はやく じさつしろ ていのう:2005/10/19(水) 07:53:23


61 :名無し物書き@推敲中?:2005/10/20(木) 01:26:14
>>58
1000部の内8割は裁断されてると思う。
売れたってことにして、さらに搾り取ろうという魂胆か、
せめてもの良心としての対応でしょう。

62 :名無し物書き@推敲中?:2005/10/20(木) 01:39:18
フーコーの振り子読んだら凹んだよ

63 :名無し物書き@推敲中?:2005/10/20(木) 01:50:34
『フーコーの振り子』読んだら凹んだって、どういうところで凹んだの?


64 :名無し物書き@推敲中?:2005/10/20(木) 08:57:12
>>61
ってか本当にちゃんと1000部も製本してるのか?
どうせ審査もろくにしてない素人の自費出版書籍なんて売れないことはわかってるんだし
金だけ受け取ってせいぜい200部くらいしか製本してないんじゃね?

実際に自分の書籍が依頼通り1000部製本されているかどうかを
わざわざ倉庫まで行って確認するやつなんていないでしょ?

65 :名無し物書き@推敲中?:2005/10/20(木) 10:29:38
じひっ ひひっひひ じひじひ ヘイ オバカのロックンロール♪

66 :た・太郎:2005/10/23(日) 21:00:51
自分は写真集を自費出版したいと考えております。
出版はしたことがないのでよく分かりません。
質問なのですが本を出版することになったらもちろん自分の名前を
書きますよね、その名前って言うのは本名を使わないといけないのですか?
芸名ではないですが芸名のようにすこし変えて載せることは可能なのですか?


67 :名無し物書き@推敲中?:2005/10/24(月) 07:58:22
↑フレッシュな香りがするなあ。いいね〜
本名の人なんかいないんじゃないの?
私はまったく別の名前です。
出版社は必ず数社回り、良心的な値段のところを選びましょう。
自費でもなんでも、そこから可能性がないことはないのです。
私はオファーが来ましたから。原稿料は少ないけど、お金じゃないよねー。

68 :た・太郎:2005/10/24(月) 15:40:57
オファーなんてすごいですね^^


69 :名無し物書き@推敲中?:2005/10/25(火) 08:07:59
太郎君のが出たら買ってあげるよ。

70 :名無し物書き@推敲中?:2005/10/25(火) 08:47:07
今さらだけど、B社だとか、協力出版だとか、

や め て お け

向こうだけがジャンジャン儲かるボッタクリ商法だ


71 :名無し物書き@推敲中?:2005/10/25(火) 09:20:12
これ必読

「協力出版」という名の たくみなワナ
http://www5e.biglobe.ne.jp/~MakeBook/pages/kyoryokupub.html



72 :名無し物書き@推敲中?:2005/10/25(火) 15:15:40
sとbは高すぎです。良心的なところが必ずあります。
出版社の評価に舞い上がってはいけません。
客観的な目を持つことを常に忘れずにいれば、
いつか必ず芽が出ます。

73 :た・太郎:2005/10/25(火) 18:52:23
69
どうもです^^まだ全然初心者なんで
本が店にならぶのは当分割きになりそうですーωー

74 :名無し物書き@推敲中?:2005/10/26(水) 14:54:44
 プレゼン資料製作の店発見、オフィス街には結構沢山有るんだね、母がやってる
税理士事務所の近くに二軒もあったよ、メモリーステッィクでもいいって言ってた
から、ママにおねだりして、とりあえず二十部ほど作ってもらう予定です。

75 :516:2005/10/26(水) 16:20:45
キモイねんおまえ

76 :名無し物書き@推敲中?:2005/10/26(水) 16:24:15
>>516
キモいねんおまえ

77 :名無し物書き@推敲中?:2005/10/26(水) 16:27:31
>>516
キモいねんおまえ

78 :名無し物書き@推敲中?:2005/10/26(水) 16:31:31
>>516
キモいねんおまえ

79 :名無し物書き@推敲中?:2005/10/27(木) 02:56:28
>>56 >>74
自演バレバレだよ。「、」の打ち方もう少し変えないとばれちゃうから要注意。


80 :名無し物書き@推敲中?:2005/10/28(金) 21:06:25
評価シート
@設定は新鮮か? ……………………
A世界はリアルか? …………………
B「新しい発見]]を読者に与えたか?
C主役は魅力的か? …………………
D脇役は魅力的か? …………………
E脇役の頭数は適当か? ……………
F読者の興味を引けるテーマか? …
G娯楽として成立しているか? ……
H人間を書いたか? …………………
J導入で誘引できるか? ……………
K中盤に山場はあるか? ……………
L終盤は盛り上がるか? ……………
M読みやすい文章か? ………………
N分かりやすいか? …………………


81 :名無し物書き@推敲中?:2005/10/31(月) 06:51:26
おかげで仕事をいただき書かせてもらっているけど、
OLの時の友達とか、実姉とかのひがみ光線がすごくて参りそうです。
でも気にしてるってことは、私はまだまだ暇なのね。。

82 :名無し物書き@推敲中?:2005/11/02(水) 23:57:29
フーコーの振り子
二千部の制作費を払ったのに、印刷されるのは千部だけで、
製本されるのは350部、そのうちの200部が著者へ。
売れなかったら、定価の半額で著者に買い取らせる。
出版社は著者が買い取った分だけ製本して送ればいい。


83 :名無し物書き@推敲中?:2005/11/03(木) 01:21:42
誰かマジ教えて。
B社で協力出版ってなった場合、発売元と発行元?は別々に記載される?
ほら、よくあんじゃん、S社扱いとかさ。
知り合いが3000刷ったっつーんだよ、bで。それ企画かな〜??
と思ってさ。

84 :名無し物書き@推敲中?:2005/11/04(金) 02:26:46
>>83
自費出版では社名入らないけど、協力なら入る
で、企画と協力見分けるのは難しいかも…

85 :名無し物書き@推敲中?:2005/11/12(土) 22:30:42
出版社から共創出版しませんか?っていう誘いがあったんだけど、
ぼったくられるのがオチかな?

86 :名無し物書き@推敲中?:2005/11/16(水) 20:19:19
共創?はあ、そういう言い方もあるんですね。
B社の共同出版と同じでしょう。

87 :名無し物書き@推敲中?:2005/11/16(水) 20:23:10
共に創る・・・か・・・
色々な手をあみだしますね、奴らは

88 :名無し物書き@推敲中?:2005/11/16(水) 21:37:34
共創って言い方は、碧天舎だったかなあ?
違ったらゴメン

89 :名無し物書き@推敲中?:2005/11/17(木) 10:34:20
文芸:協力出版
新風:共同出版
碧天:共創出版
東洋出版:共同企画出版
創栄出版株式会社:支援出版

手元の公募雑誌見た感じだとこんなもんか…

90 :名無し物書き@推敲中?:2005/11/17(木) 10:49:03
自分で印刷屋さんに製本を直接依頼し、全国の書店を回って売り込む労働力に比べて、
出版社が提示する共同出版の額は妥当ですか?

91 :名無し物書き@推敲中?:2005/11/17(木) 10:52:11
みなさん、製本の原価だけを基準にして共同出版が高いとおっしゃってるようですが、
本を全国の市場に流通させるまでの様々な時間と労働の方、つまり人件費の方が実際は高いのではないでしょうか?


92 :名無し物書き@推敲中?:2005/11/18(金) 22:59:30
>>91
 私もそう思います。ただし、だからといって何ぼ高くなっても当然、なはずないデスから、
>>90
の問いかけが非常に重要だと思います。そのお値段がリーズナブルなのかどうかが。

93 :名無し物書き@推敲中?:2005/11/18(金) 23:04:19
「流通している本」を見たことがある?

漏れはない。

94 :名無し物書き@推敲中?:2005/11/18(金) 23:49:56
>>93

自費出版だと、本屋に頼んでも、取り寄せることさえできないんじゃなかったでしたっけ。

95 :名無し物書き@推敲中?:2005/11/18(金) 23:54:31
本屋さんの棚のスペースって使用料ってあるの?

96 :名無し物書き@推敲中?:2005/11/18(金) 23:58:16
個人だと注文用に必要なコードをつけれないから無理だけど共同出版系は、書店かネットで取り寄せはできるよ デメリットは、書店への営業力のなさかな 置いて貰えなきゃ話にならん ただ出版したことがありますっていう思い出作るだけ、みたいな

97 :名無し物書き@推敲中?:2005/11/19(土) 08:07:30
>>96
ISBNコードやバーコードのこと?
ふつうに自費出版を名乗っている出版社でも付けられるはずだけど・・・。
図書コード管理センターに数万円程度の代金を支払えば誰でも可能なはず。
もっとも協力出版、共同出版などの名目で稼いでいる出版社は
そういう情報はなるべく表には出さないのでしょうがw

確かにこれがないと書店での取り寄せなどで不便だし、
本屋さんに頼んでも置いてもらいにくいとは思う。

98 :名無し物書き@推敲中?:2005/11/19(土) 08:53:43
ISBNは
1万くらい出せば取れると聞いたことある

99 :名無し物書き@推敲中?:2005/11/19(土) 12:38:28
流通してるよ。新風の文庫なんて、40頁そこそこで、定価も高い。
背にタイトルいれるのは、凄いなあとおもうけど、
金もらいました→本作りました→流通させました→以上、なんか問題ある?
って姿勢を実感させてくれるので、さがしてみてください。
ISBNについていえば、そんなもんとったって、個人が取次に口座ひらくなんて
不可能だから、流通前提なら意味ないですよ。


100 :名無し物書き@推敲中?:2005/11/19(土) 13:03:57
>>99
40頁そこそこで背に文字が入る?!
すげえな新風!!
おまけに100いただき

101 :名無し物書き@推敲中?:2005/11/19(土) 14:36:32
文芸社はたいしたことない作品でも誉めちぎって200万近い金を取り、結局一ヶ月棚に置いただけでその後の営業一切なし 一応全国に流通はするが一ヶ月すぎたらなしのつぶてだよ 皆さんお金は大切に

102 :自称作家:2005/11/22(火) 18:59:16
>>58

 長い間、家を留守にしておりましたので返事が遅れました。大変申し訳ありません。
ご質問にお答えします。

一年で1000部売ったんですね。おめでとうございます。
で、その後は出版されましたか?

 今、出版しております。

一年で1000売ったということを見せれば、
企画出版に持ち込めないものでしょうか。
 
 いいえ、前のペンネームを変えましたので、それは出来ないのです。
それに、たかが1000冊です。五万冊くらい売らなければ企画など
出来ようにありません。

103 :自称作家:2005/11/22(火) 19:11:36
>>58

それと、おすすめの弱小出版社を教えてください。

ごめんなさい。よく分かりません。分かったとしても教えられません。


104 :自称作家:2005/11/22(火) 19:23:18
>>80

お答えします。

評価シート
@設定は新鮮か? ……………………   古いけど新鮮
A世界はリアルか? …………………    リアルだけど嘘もかなりあり
B「新しい発見]]を読者に与えたか?    沢山ある? 
C主役は魅力的か? …………………    魅力的(たぶん)
D脇役は魅力的か? …………………    まあまあ
E脇役の頭数は適当か? ……………    少したりないかも
F読者の興味を引けるテーマか? …    読者による
G娯楽として成立しているか? ……    少しは
H人間を書いたか? …………………    人間以上のものを書いた
J導入で誘引できるか? ……………    だいぶ無理があるかも
K中盤に山場はあるか? ……………    ある
L終盤は盛り上がるか? ……………    盛り上がる
M読みやすい文章か? ………………    イエス
N分かりやすいか? …………………    分かりやすく書いたが難しいでしょう。

105 :自称作家:2005/11/23(水) 19:30:51
89>>

文芸:協力出版
新風:共同出版
碧天:共創出版
東洋出版:共同企画出版
創栄出版株式会社:支援出版

私の小説はいずれの出版社の物ではありません。
地方の小さな文芸出版社です。


106 :名無し物書き@推敲中?:2005/12/15(木) 06:27:09
詩集は自費出版か共同出版以外考えられない。
売れるなんてはなから考えない。そういう俺は
今出版社を捜しているんだがね。
むつかしいね、詩は。

107 :名無し物書き@推敲中?:2005/12/15(木) 07:23:39
ネットで発表して、希望者にはコピーをホッチキスでとめて郵便で送ればいいじゃん

108 :名無し物書き@推敲中?:2005/12/15(木) 09:39:16
>>107
はてなで自費出版(?)
他人が買えば一割が登録者に還ってくる
(はてなポイントうぜー)ttps://www.hatena.ne.jp/info/hatenadiarybook

109 :名無し物書き@推敲中?:2005/12/15(木) 12:41:16
>>107-108
アドバイスありがとう。
でも、良い本(物として)作りたいんで、
「港の人」出版社にしようかと...
「書肆山田」には自費はないんだろうな?
どちらにしても
サア、金貯めよっと。

110 :名無し物書き@推敲中?:2005/12/15(木) 13:37:30
なんだかんだ言って、
企画出版されれば、損はしないってことか。

111 :名無し物書き@推敲中?:2005/12/15(木) 23:25:39
>>106

 新風やら碧天やらのコンテストに出してみたら? 上位入賞なら企画出版

112 :名無し物書き@推敲中?:2005/12/15(木) 23:33:52
>>111
上位じゃなければ、DM送付先住所確保w

113 :名無し物書き@推敲中?:2005/12/16(金) 07:36:10
>>112
別にいいじゃん。出版についての情報集めてるんなら。

114 :名無し物書き@推敲中?:2005/12/16(金) 07:42:21
営業うざいな

115 :名無し物書き@推敲中?:2005/12/17(土) 17:03:06
上位入賞は最初から、デキレースで、
狙いは個人情報だけだったりするよね。

116 :自称作家:2005/12/25(日) 23:37:48
>>106
むつかしいね、詩は。

 どうも、初めまして。

 詩を書ける人は羨ましいです。短い文の中で心情や光景など、
それらの多くを描ける。私にはその才能が無いので、多くの文章、
余計な単語を並べてなくては、人々に説明、説得できないからです。

 本を売るのならノンフィクション。
小説は昔も現代も売れません。まして詩はもっと売れません。
しかし、小説や詩は時代を過ぎてもすたれることはあまり無い
ように思われます。ことに人間的なもの、普遍的なものを描いた
ものは、いつでも残る。あるいはいつかは、復活してくれるような気がします。
 詩はその短い文章によって、人々の心に残像をすぐに与えることができます。
ことに人々感動や勇気、希望を与えるものなら尚更です。

 私は自分で自分の小説に感動しております。貴方は自分の詩に感動なさって
おりますか?

117 :名無し物書き@推敲中?:2005/12/29(木) 18:43:59
日本B学館スレからコピペ

ここは均一料金みたいで同業種のなかでは安いほう
薦めるわけではないが、それほど酷いところじゃないだろ
それに社長は創作者気取りじゃないから
客の作品をパクッたりしない、そこは安心
酷いところは酷いと聞くよ

118 :名無し物書き@推敲中?:2006/01/02(月) 21:30:33
本当の芸術ってのは人を不安にさせるものだ。昔誰かがそんなコト言ってました。
つまり本当の芸術が社会の常識を打ち破るとするなら、
その常識をとりあえず信じている人は不安になるわけで。

八犬伝に代表される勧善懲悪型物語が四迷・逍遥に否定されたのはそのへんに理由があってさ。
悪人が最後に破れ結局正義が勝つなんてただの願望じゃん。
本当の社会はそうじゃないじゃん!真実を書け!てな感じ(だから写実主義にいく)

だけど、だからって暗いだけの小説書いて「オマエラこれが現実だぜ」ってな顔されてもね。
暗いだけじゃ元気でないんだよ!ドストの「罪と罰」やフィッツジェラルドの
「崩壊」なんかは確かに暗いけどそれだけじゃない。
だから人の心を良導するんだよ!悩める魂に対して力になるんだ!
読者を動かすかどうかの方が大事だよ!という訳。

そして読まれない本に動かされる読者は居ない以上、
「売れ行き=その本の芸術的価値」は圧倒的に正しい訳だ。


119 :名無し物書き@推敲中?:2006/01/15(日) 22:26:15
翻訳出版したい本があるので、
早速知人に紹介してもらった出版社にメールを送ろうと思いますが、
自分を売り込む文章がなかなか浮かんで来ず、少々苦戦しております。
みなさんの知恵をお借りしたいので、
よきアドバイスをお願いいたします。

120 :名無し物書き@推敲中?:2006/01/18(水) 16:37:10
このスレの人は書籍出版に興味があるんで、関係ないかも知れないですが、私は電子出版
にしました。無料のところは逆に怖いので、3万円くらいの低価格なところ。
売れなくても懐はあまり痛まないし、在庫にウンザリする必要もないし・・・知名度が低いんで
あんまり売れないですけど、結構満足。


121 :自称作家:2006/01/22(日) 23:31:36
本当の芸術ってのは人を不安にさせるものだ。昔誰かがそんなコト言ってました。
つまり本当の芸術が社会の常識を打ち破るとするなら、
その常識をとりあえず信じている人は不安になるわけで。

 常識の中の非常識。非常識の中の常識。
私の小説は、常識な人々も非常識な人々も不安に陥れるのかも知れません。

>>119
自分を売り込む文章?

>>120
 在庫にウンザリ

 私は一年ぐらいで1000部、売り尽くすつもりです。



122 :あとん:2006/01/23(月) 06:52:38
107についてはアイデアだが、
しかし、縦書きと横書きがあるからね。
俺は本の縦書きになじんでいるから、
インターネットで横書きの文章を読んでも、
あまり感動しない。

123 :名無し物書き@推敲中?:2006/02/05(日) 12:50:39
自称小説家さん、その他の皆さん、色々な情報、本当にありがとう。
私も翻訳系の出版を考えています。私は次のホームページが大変参考になりました。
印刷・製本に関する基礎的知識が得られます。特に、データでの入稿形態の解説は、
ワープロで原稿を書く上で、大変助かりました。私の場合は、どうしてもダメなら、
最後の手段として、CD−ROMでの配布や、ネットでの公開なども考えているところです。


ニシダ印刷製本
http://www.net-seihon.co.jp/


      ┌─┐  ┌─┐
      │●│  │●│
      └─┤  └─┤
      _   ∩   _  ∩  自称小説家さん、その他の皆さん!
    ( ゚∀゚)彡  ( ゚∀゚)彡    自費出版、がんbれ!
 ┌─┬⊂彡┌─┬⊂彡
 |●|    |●|
 └─┘    └─┘




124 :名無し物書き@推敲中?:2006/02/06(月) 02:18:37
私も千部の共同出版ですが、企画出版がメインの出版社なので自費の臭いは薄いです。
大手の本屋にも入ってます。編集さんの素人作家を見下したような態度さえ我慢できれば、
BやSでなくて良かったと思います。もう一度ここでお世話になりたいとは思いませんが。

125 :名無し物書き@推敲中?:2006/02/06(月) 21:46:56
新風って手書きのほうがいいんかな?
ワープロだとかえってめんどくさそう・・

126 :名無し物書き@推敲中?:2006/02/10(金) 03:08:41
新生出版の評判はどんなものでしょうか?

127 :名無し物書き@推敲中?:2006/02/10(金) 23:08:58
>126

 悪いねえw。 俺詩集出すのにw。

 ただで本出すのを夢みて&いい加減勝負に出てみたくて出版賞に応募して、見事に
タダ出版は逃がした。 でも入賞はしちまったから出版権は押さえられた。ここで出すし
かない。

 賞金はちゃんとくれたから、言っただけの事はしてると思うよ。

128 :127:2006/02/10(金) 23:11:00
あ、126が言ってたのは「新生出版」か、「新風」と間違えちまった。スマソ。

129 :名無し物書き@推敲中?:2006/02/11(土) 16:17:59
私も詩集新風舎に送る予定です。
詩の賞ってなかなかないですよねorz

130 :名無し物書き@推敲中?:2006/02/11(土) 16:29:05
詩集なら書肆山田でないの

131 :名無し物書き@推敲中?:2006/02/11(土) 22:00:41
話題沸騰中の新スレ

【フィーリング】心理テストでメアド交換
http://love3.2ch.net/test/read.cgi/pure/1139577574/

132 :名無し物書き@推敲中?:2006/02/14(火) 01:40:29
ttp://blog.goo.ne.jp/kyouichiro21/
ここ読めば自主出版のことがよくわかるよ。

133 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/12(日) 15:09:57
ここは良心的っぽい

http://www.studiocello.com/self/index.html

134 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/19(日) 17:17:57
電子出版どう?
利益出る?

135 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/19(日) 17:25:43
川端康成とモテーニュの共通点は何でしょう?

136 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/20(月) 08:16:48
>>134
マイナスが出ないこと=利益じゃないの?w

137 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/24(金) 18:27:30
>>136
いいから死ねよ

138 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/32(土) 00:51:22
http://homepage3.nifty.com/decadence21/novel/sitaiuri.html

電子出版しました
買えばいいと思う

139 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/32(土) 19:31:23
おのれ文芸社

140 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/11(火) 22:00:07
ここは?
http://www5.ocn.ne.jp/~gendai-p/home.htm


141 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/12(水) 17:23:16
碧天社破産苦情轟々age

142 :吾輩は名無しである:2006/04/12(水) 18:24:03
来るべき時が来たんだろう。

143 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/13(木) 01:14:45
>>122
亀レスだけど、今時電子出版で「横書き」なんて言っていると笑われるよ

>>138
でじたる書房・・・ただなんだけど、原稿の管理とチェックがずさんなんだよね。
ワープロで途中改行してある文章をそのまんま本にしていたのを見てから頼みたく
なくなった。

個人的に押すのは、ここ
http://necom.cool.ne.jp/index.html
理想書店でも販売してくれるし、ありがたい

144 :名無し物書き@推敲中?:2006/05/21(日) 03:27:40
すまん、教えてください。
昔、と言っても3〜4年前にはあったんだけど、
愛知出版っていつ無くなったんだろうか?
検索しても出て来ない。

確か新風舎の編集長だった人が独立して起こした出版社
だったと思うんだが・・・ 新宿だったかな。
誰か詳細を知らないだろうか?
もしくは社名が違ったかな。

145 :名無し物書き@推敲中?:2006/05/24(水) 17:42:18
新風ってどうもウサンクサク感じるのは文芸社のせいなのか・・・

146 :名無し物書き@推敲中?:2006/05/24(水) 17:44:00
>>143
ソコ、「出版希望の方は」を押しても何も表示されないし
大体ニフティのホームページに飛んでるんだが大丈夫なのか?

147 :名無し物書き@推敲中?:2006/05/24(水) 18:47:43
>>143
わり、色々調べてみたら電子出版の窓口みたいのがあったわ・・・
ttz形式の出力ツールが探しても見つからないが、店長あてに
聞いてみるっす

148 :名無し物書き@推敲中?:2006/05/31(水) 21:37:16
新風のコンテストに応募したら第一次審査通過!けど結局入選できなかった。
でも「ぜひ!出版化に向けてプロデュースさせてください」との
申し出が・・・なんか著者が一部費用を負担して出版しましょう!って事らしい。

この「一部負担」の「一部」って一体どれくらいなん??
それにこれって自費出版じゃなくて、共同出版?って事??
すごく丁寧な手紙だったから、ウサンクサイ感じはしないのだが・・?
詳しく知ってる人いたら教えてください。


149 :名無し物書き@推敲中?:2006/05/31(水) 21:45:35
一次止まりの作品をプロデュースの時点で普通は何か引っ掛かるよね

150 :名無し物書き@推敲中?:2006/06/01(木) 11:22:21
普通に考えれば共同出版ってことだな。

151 :名無し物書き@推敲中?:2006/06/01(木) 12:30:35
要するに、金出せば本にしますが、如何ってことです。


152 :名無し物書き@推敲中?:2006/06/01(木) 16:27:03
うちにも来たよそれ
ちなみに私未成年だから、「ぜひご家族の方もご一緒に」って

だからまあ学生にはまず払えない金額ってことだよね

153 :名無し物書き@推敲中?:2006/06/02(金) 00:39:55
>>148
普通にカモにされてます。
止めたほうがいい。

154 :名無し物書き@推敲中?:2006/06/02(金) 05:58:56
148です。
みなさんご意見ありがとう!
よ〜く考えたら出版をぜひ!って言うくらいなら入選させろっ!って感じですよね(笑)
こっちが金出してまで出版するつもりもないし、断ります。

155 :名無し物書き@推敲中?:2006/06/02(金) 06:08:56
〉148 それって、会って話したい的な内容の通知?

156 :名無し物書き@推敲中?:2006/06/02(金) 06:30:37
それにしても、無名草子さんたちとは、さぞやすごい作家先生の匿名書き込みなんでしょうね。
作家なんて才能が全てだから、津井ついみたいに、いくら努力したって駄目なものは駄目ですよ。
私なんか、早々に見切りをつけて趣味の世界で細々ですから。
          小説現代ショートショート・コンテスト優秀賞受賞 阿部敦良

157 :名無し物書き@推敲中?:2006/06/03(土) 06:48:34
>>148
>>152

俺も来たんだが、共同でって書いてないよな?

158 :152:2006/06/03(土) 12:47:08
書いてないよ

よしよし仕方ない
私が話を聞きに行ってきてあげようノシ
でも絶対に共同ですよ

159 :名無し物書き@推敲中?:2006/06/03(土) 18:57:48
>>152
宜しくです
詳細レポ期待してます

ちなみにPの方は島○さん?

160 :152:2006/06/03(土) 20:05:06
>>159
いや、違う人


今日行ってきたからレポ
スレ違いだったらスマソ

やはり共同出版(だから言ったじゃn(ry)
一時間くらい担当の人とお話
会社の説明、出版までの流れの説明、こちらの希望の確認

対応は終始丁寧で割合好印象(お茶もいただいた)
やはり作品については誉め殺し
何冊か売れてる本や著名人の本を紹介された
私が学生で、保護者同伴でなかった(そもそも行ってくるって言ってないし)ため、何度も親は創作活動に協力的か確認された

で、気になるお値段
小さめハードカバー白黒の詩集を希望してみたところ、あちらと半々で負担額は大体100万から150万
詳しくは企画書待ちだけど、100万きることは無いらしいよ


以上
長文スマソ
何か質問ある?

161 :152:2006/06/03(土) 20:10:30
何度もごめん
補足


最初はとりあえず300部(500に増やせるらしいが(((((((;゜д゜))))))))
作者に30部進呈
増刷されると定価の7%印税が入る
売れ残った本を作者に買いとらせることは無いそうです


あと、帰りがけに一冊その出版社から出された本をいただいた
本出すとああやって在庫さばかれるのかとちょっとだけ思った

162 :名無し物書き@推敲中?:2006/06/04(日) 03:04:42
出会い系サイト絡みな商売とたいして変わらん。

163 :名無し物書き@推敲中?:2006/06/04(日) 06:02:08
>>160
貴重なお話です、ありがとう。
作品を褒められれば、創作やってる人なら誰でも喜ぶ。
全部とは言わないけど、明らかに売れる見込みのない作品に高評価をして出版に持ち込むケースもあるはず。
共同出版を考えている人は、せめてその事情を頭に入れておいてほしい。

しかし印税7%てのがまた微妙に…

164 :152:2006/06/04(日) 06:12:23
それもあくまで、最初の300部なり500部が売れて、更に増刷した場合、だし
1万部(だったかな、1000部かな、どっちにしろあり得ない話なのであまりちゃんと聞いてなかった)超えると、手取りも増えるらしい

あと、一冊造るのにかかるのは大体半年で、支払いは一括か分割、クレジットから選べるそう(ここら辺もやっぱり商売だよね)

あ、それから、「あなたの作品には本当に惚れ込んだので特別に私がなんとかもう少し安くします」とも言われた
またまたあなた、みんなに言ってるんでしょう、てなもんですが


共同出版てこんななのね〜、みたいなお役に立てればいいですが


165 :名無し物書き@推敲中?:2006/06/04(日) 08:39:58
>>164
潜入ルポ、サンクス。
参考にさせてもらうよ。

166 :159:2006/06/05(月) 02:01:26
そうなのかぁ...
結局は共同なのねw
仕方ない
俺は断りますよ

>で、気になるお値段
小さめハードカバー白黒の詩集を希望してみたところ、あちらと半々で負担額は大体100万から150万
詳しくは企画書待ちだけど、100万きることは無いらしいよ

これは詩集に関わらず、文芸でも同じ値段かな?
ちなみに>>152は、折半で100〜150万なんだよね?
それって全体的には300万弱かかるってことだよね
高けぇww
ちょっと出版業界を舐めてましたw
やっぱそんなもんだよね

受賞して本出せてる人が裏山

とりあえず潜入レポごくろうさまでした

167 :名無し物書き@推敲中?:2006/06/05(月) 02:18:25
共同だ協力だって言うけどさ、
一企業と個人が折半て何か無理がない?
搾取が対等の振りしてないか。


168 :152:2006/06/05(月) 02:24:24
>>166
装丁とか紙質でかなり変わるみたい
ちなみにあの有名な、愛子さまの絵本(分かるかな)も共同で、あの作者は300万くらい払ったらしいよ

>>167
素人には分からないからね('A`)
つーか話の最中も、どっちが客なのかよく分からない微妙な雰囲気ではあった

金払うんだからこっちが客な気もするが、「やる気ない方はこちらもお断りさせていただいてるんですよ」とかね

169 :いしかわう:2006/06/06(火) 04:27:15
恋愛自費出版家

170 :名無し物書き@推敲中?:2006/06/06(火) 06:27:58
30部とか無理かな
熱風だけに置くとかさ

もしくは、自費出版したい奴だけで資金出し合ってオムニバス出版とか
新風社員さん、見てたら企画会議よろ

171 :名無し物書き@推敲中?:2006/06/06(火) 09:00:49
うわ頭悪いやつがいる
>30部とか無理かな
とりあえず、同人誌系でいいから印刷会社調べてみろ
30部のコスト=300部のコスト÷10ではないことがわかるから
30部のコスト=300部のコスト÷2でさえない

172 :名無し物書き@推敲中?:2006/06/06(火) 10:44:35
その部数なら流通させるわけでもないし、直接印刷会社に持ち込んだ方がいいと思う
そしてそのオムニバス出版て、世間では同人誌と呼ぶのではないかという気がする

なぜシンプウシャにこだわる?

173 :名無し物書き@推敲中?:2006/06/21(水) 14:59:30
関係者か。

174 :いしかわう:2006/06/22(木) 01:44:53
2004年9月17日、新風舎の出版プロデューサからEメールが届く。
「彼女は花のようだ」出版費用の入金の確認だ。
 全額を払うことは不可能だったので、3分割で支払うことにした。
 まず契約時、そして初校入稿時、校了時。
 その一回目の入金だ。
 出版プロデューサには、僕の本「雨のドライブ」を参考に渡してあった。
 読んでみた感想として、僕らしい、と言っていた。
 僕らしい。
 そう、僕らしくなくちゃ、僕の小説じゃない。
 でも、本当のところ、僕らしい、と言ってもらえるのが、一番うれしいのだ。

http://ameblo.jp/ishikawawoo/day-20050628.html

175 :名無し物書き@推敲中?:2006/06/22(木) 02:56:52
こりゃすごい
インディーズ作家だってよ

176 :名無し物書き@推敲中?:2006/06/22(木) 02:58:29
>>172

自費出版する位なら、携帯サイトとかHPに自分で小説書いて、

ある程度アクセス数稼いだらそれを実績として、

単行本や文芸書の経験がほとんど無い弱小出版社にねじ込む

『DEEP LOVE』方式なんてのもある。

177 :名無し物書き@推敲中?:2006/06/22(木) 12:31:02
>>148
俺、最終選考通過して、奨励賞受賞したけど、
「ぜひ出版化に向けてプロデュースさせてください」との申し出で、
結局著者が一部費用を負担して出版しましょう!って事だった。
詳細を書いちゃうとバレちゃうかもだけど、総額で250〜280万。
500部印刷で50部くれるって。
最終落選も入賞も条件は同じなんだね。
もう放置決定。

178 :名無し物書き@推敲中?:2006/06/22(木) 18:48:25
>>177
それ一部負担じゃないから
出版費、宣伝(?)費、ついでに出版社の利益も上乗せしているから

179 :名無し物書き@推敲中?:2006/06/22(木) 18:53:27
いつも思うんだが、内情知ってて応募してる人って何なの?

180 :名無し物書き@推敲中?:2006/06/23(金) 07:57:09
万に一つの可能性で大賞狙いじゃないか?

181 :名無し物書き@推敲中?:2006/07/06(木) 15:04:48
7siqBvGtMI <= #/[{c+_{+
774zZ29GQY <= #$[{mTyBx
7SiN4vAk1Q <= #A[{(4TXT
7SipGauuJw <= #uKk8H_OG
7SICeOg4wM <= #FKk9{S^u
7siwl9s1ww <= #%KkF,#2z
7SiS2u.anE <= #-Kkd,#2z
7SItg1t7Ns <= #-KkhW(O[
774J8KlTAk <= #{Kk}]&v~
77shiA3kzQ <= #2Rd1-82Z
7SIyrLTeSY <= #&RdL'WC{
7SInIzAG1E <= #,RdM2\#f
7Siq.BtZXE <= #IRdX`G4?
7SIfok01m. <= #QRdXNpq*
774XBGyP7U <= #1Rdc/9[\
774HkNy0lA <= #HRd''WC{
7SI.mm3TyA <= #xRd*h1Hv
7sim/UhWFk <= #(JB0Vn+Y
7SiAtW8n26 <= #+JBYToo7
774kFjjzS2 <= #ZJBifOc]
7si5M1qRwU <= #7JBl8\DY
774qxSZu0s <= #pJBmfOc]
7ShiAjScUA <= #tsr1p0|$
77SIEa0F4o <= #80rXd/`V
7SHIe//Q6s <= #O/)b_IX\
77SIR/.YV2 <= #B/))H#Gd
77SI34p27c <= #i:.YeqBj
7SHihYFvXc <= #Z)%)8W#}
7shiOYeBGA <= #Yebl4t?^
7SHI32Tbew <= #[OJ:2N3W
7Shi8ddtUw <= #3wBQ'3zR
7ShisLtSiE <= #DwBWxD^f

182 :名無し物書き@推敲中?:2006/07/23(日) 16:18:21
「自分で印刷会社に本を作成してもらい
自分のサイトで販売する。」ってことを
1000部で50万円くらいでできないかな?
(本体は一色、ソフトカバー、カバーは4色、200Pくらい)
ISBNも付けて。
ここの皆さんはやはり創作活動が好きな方が多いようで。
私は創作活動も好きだが、販売などを自分でやって利益を出すのも
楽しいと思えるのだが。
アマゾンで扱ってもらうにはどうすればいいのか知ってる人いる?

183 :名無し物書き@推敲中?:2006/07/23(日) 17:05:23
どうでもいいんだが某社で払わされる費用、昔は二百万が相場だったのに最近上がってきてないか

184 :名無し物書き@推敲中?:2006/07/24(月) 02:02:44
>>182
人に聞くより自分で営業に行っちゃった方が早いよ。
アマゾンは新しい会社だから、流通や出版社とのしがらみがある大型書店よりは融通がきくだろ。
あとはあなた様の営業力次第。

>>183
そりゃ危険信号かもな。

185 :182:2006/07/24(月) 12:39:35
せっかくネットがあるのだから既存の出版社に
頼らずに、自力で出して、自力でさばくほうがいいよ。
既得権益持ってる奴、調子に乗りすぎ。
個人サイトは送料がネックかな?
なんてことを言っているが、まだ作品できてないっす。
自分がまたはじめようと思ったのは、ネットを利用したら
これまで見たいに選ばれる立場ではなく
自分のやりたいことやって、だめならそれが実力なのであきらめもつくから


186 :名無し物書き@推敲中?:2006/07/26(水) 21:25:00
自費出版した場合、宣伝活動ってのは企業はどれくらいしてくれるもんなの?
金額にも寄るんだろうけどさ。

ちなみに新聞の広告に載せるとかするといくらくらいすんの?



187 :名無し物書き@推敲中?:2006/07/27(木) 00:37:03
>186
宣伝なんていっても、「今月の新刊」みたく会社全体の広告出して、その中の数行で終わりだろ。
名前だけで売れるような作家なら単独で広告が出ることもあるが、
自費出版じゃ広告に名前と本のタイトルが出るだけでもありがたいと思わなきゃな。
ここで出版社に力があれば朝日とかの書評にねじ込めるけど、
自費出版では一番大きい新風社でも相手にしてもらえないだろうな。

だいぶ昔、大手新聞の一面広告で1500万円という話を聞いたことがある。
一面じゃ比較の参考にはならんが、大手新聞の広告は高いのは間違いないし、
ベタ記事並みの小さな広告や地方新聞の広告では効果はない。

188 :名無し物書き@推敲中?:2006/08/03(木) 11:00:30
新風の短編恋愛小説で落選したんだけど、昨日共同出版のお誘いが来た。
短編なんで他の作品と一緒に載るから費用は26万円で済むらしい。
でもここの既刊の本って、書店で見たことないような気がするんだよね…
印税はお支払いしますとのことだけど、元取れないだろうし。
気長に応募して入選を狙うことにしました。

189 :名無し物書き@推敲中?:2006/08/03(木) 11:42:13
>>188
他のと載って印税って何%くらい?

190 :188:2006/08/03(木) 21:57:49
>189
今資料見たら、1部につき1円だった。
ちなみに、掲載は20ページ。

191 :名無し物書き@推敲中?:2006/08/03(木) 22:14:47
>>190
いやいやいやいや!
枚数からして10人前後だろ、1円ておい
自費は印税高いんじゃねーのかよ

192 :名無し物書き@推敲中?:2006/08/09(水) 10:06:33
>>143
そのサイト見てみた。
はぁ電子出版って安いんだな。一冊作って3万かよ。共同で100万とか出すの馬鹿げてきたよ。
で、印税も80%くらい? まぁ売れなきゃもらえないみたいだけど、増刷でなきゃ結局赤字に
比べたらまだマシかもな。

193 :名無し物書き@推敲中?:2006/08/28(月) 23:39:10
>>182
6月から個人でもアマゾンで委託販売できるようになったと。
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0606/12/news059.html

条件はISBNコード持ってることね。

ISBNの取得はここから
http://www.isbn-center.jp/shutoku/index.html


194 :名無し物書き@推敲中?:2006/09/16(土) 20:00:34
本を印刷して委託したのだけれど、
実際には売れていると思うのに、
振り込みとして連絡される実売部数が異常に少ないのは
卸がお金を振り込むのを渋っているのだろうか?


195 :名無し物書き@推敲中?:2006/09/17(日) 16:13:12
そういう事もあるんですか。

まるで詐欺ですね。


196 :名無し物書き@推敲中?:2006/09/17(日) 16:44:03
教えてちゃんですまないが
自分の書いたものをfc2ブログでカートを使ってダウンロード販売したいのだが
肝心のダウンロードサイトのつくり方がまったくわからない。
誰か手がかりを教えてくれると助かる。


197 :196誰かが手がかりを教えてくれるまでこつこつあげます。:2006/09/17(日) 19:50:11
あげ

198 :名無し物書き@推敲中?:2006/09/17(日) 20:00:38
必要な情報の調べ方ひとつ分からない、
積極的に自分から調べようともしない他力本願なおまえが書いた小説なぞ
誰が買うか

199 :196誰かが手がかりを教えてくれるまでこつこつあげます。:2006/09/17(日) 20:54:55
それが売れるんですよあなたむかつくでしょうけど。

200 :196誰かが手がかりを教えてくれるまでこつこつあげます。:2006/09/17(日) 20:58:38
20年の実績、30冊以上の著書、
10年前に出した本がアマゾンでプレミアつきで売られてるぐらいですからね。
自分で調べてわからなかったからここで聞いてるんですよ。

201 :196誰かが手がかりを教えてくれるまでこつこつあげます。:2006/09/17(日) 22:38:29
有益な情報を教えてくれた方には
サイトが完成した暁には
インターネットでしか読めない書き下ろし恋愛小説上下巻の(24万文字の大作です)
無料ダウンロード権利を差し上げますが。
おまけとして既刊本(エッセイ)の無料ダウンロード権利も
2、3冊分つけてもいいです。

202 :名無し物書き@推敲中?:2006/09/17(日) 23:48:47
要は、無駄な描写ありまくりの駄作か

203 :名無し物書き@推敲中?:2006/09/18(月) 00:34:53
888 :阿部敦良 :03/02/25 11:37
それにしても、無名草子さんたちとは、さぞやすごい作家先生の匿名書き込みなんでしょうね。
作家なんて才能が全てだから、津井ついみたいに、いくら努力したって駄目なものは駄目ですよ。
私なんか、早々に見切りをつけて趣味の世界で細々ですから。
          小説現代ショートショート・コンテスト優秀賞受賞 阿部敦良

204 :196誰かが手がかりを教えてくれるまでこつこつあげます。:2006/09/18(月) 22:38:15
さっぱり現れませんな。

205 :196誰かが手がかりを教えてくれるまでこつこつあげます。:2006/09/19(火) 22:37:10
一人ぐらい誰か知ってんだろうよ。

206 :名無し物書き@推敲中?:2006/09/19(火) 23:56:27
その粘り強さだけは作家向きかもしれん

207 :196誰かが手がかりを教えてくれるまでこつこつあげます。:2006/09/20(水) 05:52:15
作家に粘り強さなどいらんよ。
飽きっぽい俺でもつとまったんだから。

208 :196誰かが手がかりを教えてくれるまでこつこつあげます。:2006/09/20(水) 19:52:33
来年何とかしてクレジットカード作って
インフォシークで出品することにするよ。
めんどくさいし。

209 :名無し物書き@推敲中?:2006/09/26(火) 12:41:58
作家気取りで「○○って本出します。書店で見掛けたら手にとって下さい」とか書いてるやつがいる
別に上手くないので妄想かとニラニラウォチしてたら新風社の文字が
自費出版の本を書店で見掛けるかよww

210 :名無し物書き@推敲中?:2006/09/26(火) 13:18:02
新風『舎』です

211 :ピノキオ:2006/09/28(木) 16:38:46
新風舎の「福永令三児童文学賞」に応募しました。
賞は取れなかったけど、「出版実現プログラム」ってやつの適用なのかなんか大阪まで呼び出しを喰らった。
「費用の一部を負担して頂ければ加筆・修正して出版できます」みたいなこと言われたんですが、これって多少認められたってことなんですかね?
プログラムの説明を見ると「全ての人に出版する機会を与える」って書いてあったんですが、
同時に「出版を奨励できない作品には提案しない」ともあったのでなんだかなぁ〜、と

212 :名無し物書き@推敲中?:2006/09/28(木) 16:57:51
>>211
全く認められてないよ。
大体、応募した人の八割は呼び出しを食らうから。

213 :名無し物書き@推敲中?:2006/10/04(水) 05:52:41
>>196
ttp://www.dotbook.jp/dotPress/
ここらで電子出版したら? 自分で販売するの面倒だし、サイト構築も面倒。
丸投げで、売れた分だけ貰うのがうまーだと思うけどね。

ttp://necom.cool.ne.jp/index.html
あとここら辺とか。

214 :名無し物書き@推敲中?:2006/10/06(金) 11:51:40
自費出版した本を自分で全部万引きすりゃいいんじゃねー




215 :名無し物書き@推敲中?:2006/10/06(金) 11:58:42
自費出版=詐欺

216 :名無し物書き@推敲中?:2006/10/06(金) 15:17:25
↑正解

217 :名無し物書き@推敲中?:2006/10/06(金) 16:13:37
>>214
ワロタ

>>215
まあ、そういうことだな


218 :名無し物書き@推敲中?:2006/10/07(土) 11:21:41
自費出版自体はそれほど悪くない。
自費出版を騙って著者(客)に必要以上の金を負担させる
B社やS舎に問題がある。

219 :吾輩は名無しである :2006/10/07(土) 18:37:12
大手新聞や、有名文芸誌に広告が出ている。
あれなら、引っかかる人が出るよ。


220 :名無し物書き@推敲中?:2006/10/15(日) 18:19:39
東○図書出○会で出した人いますか?
もしいたら、色々教えてください。

221 :名無し物書き@推敲中?:2006/10/15(日) 20:31:38
新○舎って応募したら全員誰でも最終選考に残るのかな

222 :名無し物書き@推敲中?:2006/10/16(月) 18:02:47
お手軽○版ドット○ムはどうですか?

223 :名無し物書き@推敲中?:2006/10/16(月) 20:46:44
>>221
全員じゃねーよ

224 :名無し物書き@推敲中?:2006/10/22(日) 03:24:20
共同出版という名の利益上乗せで数百万搾り取られるくらいなら
同人誌出版の会社で刷っちゃって、自サイトやコミケ等のイベントで売れば?
ハードカバーは無理っぽいけど、
文庫サイズ204ページ200部カラーカバーつきで13万くらいから作れるよ。
千部刷れば34万くらいだから@340円。そんなに刷っても売れなきゃ困るけど。
なんならオプションで箔押しもできる会社も。
コード?どうせ全国流通しないなら、いらないんじゃない?

225 :菅野ひろし:2006/10/28(土) 00:53:37
「秒奪」内容(「BOOK」データベースより)
交通管制システムが操られ、大渋滞が引き起こされた。都市交通がパニックに陥ったとき、同時多発現金強奪事件が発生した。
襲撃された現金輸送車は17台。強奪された現金は4億3800万円。最初の犯行は都庁通りで勃発した。これによって都庁通りが渋滞すると、新宿地区全体、および渋谷区北部にまで渋滞は引き起こされた。渋滞の最中、次々と現金輸送車が襲われた。
しかし、犯人の真の狙いは現金強奪ではなかった…。
内容(「MARC」データベースより)
交通管制システムが操られ、大渋滞が引き起こされた。
都市交通がパニックに陥ったとき、同時多発現金強奪事件が発生した。しかし、犯人の真の狙いは現金強奪ではなかった…。
商品の説明をすべて表示する 商品の詳単行本: 253ページ 出版社: システムは年輪の会 (2004/12)
作家の管野ひろしと申します。 処女作「秒奪」は、交通管制システムと言う交通インフラを題材としていますが、 2作目に考えています「車が空を飛ぶ日(仮題)」は、近未来小説で、「秒奪」の延長線上のお話です。
本当に車が空を飛ぶ?と思われるでしょうが、50年後には間違いなく空中を車が飛び交っていると思います。 (30年前に誰もが携帯電話を持っているなんて想像疎しなかたように・・・
名 前 管野 ひろし (男性)現住所 神奈川県横浜市 年 齢 41歳 誕生日 05月21日 血液型 B型 出身地 神奈川県横浜市
趣 味 映画鑑賞, スポーツ, スポーツ観戦, 音楽鑑賞, お酒, ショッピング, ドライブ, 旅行, 読書 職 業 営業・企画系
所 属 松下電器産業株式会社
自己紹介 管野ひろし(ペンネーム)
扶桑社より「秒奪」と言う本で、作家デビューしました。(本業は、一応一流企業のサラリーマンです)
友達の輪を広げたいと思ってミクシィに登録しました。
よろしくお願い致します。
好きな休日の過ごし方 ゴルフ、フィットネス、読書
好きな観光地 上高地(紅葉の時期は最高)
好きな言葉 システムは年輪なり!(僕の言葉
http://mixi.jp/show_friend.pl?id=6123403

226 :通りすがりの俺:2006/11/19(日) 12:16:50
>>1
もうだれもここ来ないのかな?
 1に質問。初めて出来上がった自分の本を手に取ったとき、ページをパラパラめくったとき、読後の気持ち。
 まだいるんだったら、それらの気持ちをおせーてくれ

227 :名無し物書き@推敲中?:2006/11/24(金) 23:52:59
ttp://www.fujiwarashinya.com/talk/index.php
「新風舎」なるどうもちょっと気になる出版社

228 :名無し物書き@推敲中?:2006/11/25(土) 16:30:34
>227
俺もこの記事を楽しみにしている。age

229 :名無し物書き@推敲中?:2006/11/25(土) 16:47:46
詐欺商法

230 :名無し物書き@推敲中?:2006/11/26(日) 23:44:26
>私自身が、写真集の編集に携わる身ですので、写真を撮るだけでなく、
>組み合わせ、まったく別のアートへと昇華させるセンスに脱帽です。

こんな文面しか書けない編集部を信用するなよw

231 :名無し物書き@推敲中?:2006/11/26(日) 23:49:59
こんなのに一度応募した自分が恥ずかしくて情けない。

232 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/15(金) 15:42:08
知り合いが新●舎で詩集を出版しようとしてるw
どうみても詐欺なのにww

233 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/15(金) 16:43:23
夢を金で買っただけの話
祝福してやれ

234 :ここが一番安い。:2006/12/16(土) 17:49:29
いろいろ調べたが、
大手の↓ここが良い。俺も使おうと思うので利用者多ければサービス持続するので告知。

まぐまぐ「自費出版」10冊で3,500円。100冊で30500円。激安。
http://jihishuppan.mag2.com/pocket/ryokin.html


他のぼったくり自費出版はつぶれるか、
まぐまぐが流行り、死滅するか、価格改定しろw


235 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/16(土) 22:38:05
中綴じ(ステープル)製本じゃなあ。

236 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/21(木) 10:09:48
ここでB社で協力出版をして見事にボられたNEETの私が登場(´・ω;;:::..
10代のうちに何か残しておきたいって思って焦っちゃったからなぁ…
今では後悔している

237 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/30(土) 14:39:18
私もB社で協力出版で出そうということに
なっていましたが、費用が高すぎてビックリしました。
まだ学生だったのでやめました。
それでよかったと思っています。

238 :マイブック:2007/01/12(金) 17:39:51
書籍のISBNナンバー、取次店制度、再販価格・・・はどれも、自費出版に
とって巨大な障壁。
全国のすぐれた自費出版を登録して、自費出版の検索とオンライン流通の
実現をめざし、Google→ 自費出版登録サイト マイブック
をスタートさせましたが・・・

239 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/12(金) 18:39:49
したけりゃすればいい
上手くいけば山田のように大成することもある
ただあれのヒットは奇跡に近いがな

240 :マイブック:2007/01/12(金) 18:48:55
まぐまぐ自費出版も確かに納得できる料金体系ですが、私が研究して実践
した自費出版のやり方をここに書いてみます。これから自費出版を考えて
いる方の参考になれば。また私の知識は十数年前のままなので現役印刷業
界の方からのアドバイスをもらえれば。
1.推敲をかさね、誤字・脱字を校正したデジタル完全原稿をつくります。
表カバー・表紙・扉・まえがき・目次・本文・図版・あとがき・奥付をふ
くみます。
2.家庭用プリンタで全ページに対応する完全版下をプリントアウトする。
完全版下ですから実物ページと等寸で、ページ数字も印字、四隅にL字型
のトンボもいれます。
3.完全版下を印刷業者さんに持ち込み、見積額の半金を振り込んでダイ
レクト印刷して製本する。
完全原稿・完全版下までを自分でやり、高価なフィルムを使用しない印刷
がポイントです。

241 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/12(金) 18:58:42
山田が成功したのは帰化チョンのネットワークがあったから。
普通の馬鹿な専門学生一人ではとても出来ん。
後ろにきな臭い連中がついてるから。

242 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/12(金) 19:23:37
おまえは普通に臭いけどなw

243 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/14(日) 21:38:28
不登校の女子中学生自費出版
http://news22.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1168755366/l50

244 :湯豆腐:2007/01/19(金) 11:23:27
【社会】 不登校の女子中生、ファンタジー小説を自費出版…魔法世界にさらわれた少女の恋と冒険描く★5
http://news22.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1168853711/

ニュー即の反応
作家になるにはいろんな道があるのね

245 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/19(金) 14:18:20
自演だろw

246 :4649orz√o_e":2007/02/02(金) 04:07:27
文芸社より、協力出版ですが、このたび本を出版します。
以下URLは、私のブログになります。批判などはお手柔らかにおながいします。

▼小説:追跡男 出版を目指すページ 板画 親友
http://plaza.rakuten.co.jp/4649orz114/

247 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/24(土) 09:57:53
ある自費出版の本の直営店を見たよ。

あまりおもしろい本はなかったけど闘病日記を出す人もいるんだね。
死ぬことがわかったから遺すのは本って人もいることがわかった。
自分が死んでも作品は残るね。

248 :名無し物書き@推敲中?:2007/03/01(木) 09:59:30
ttp://www.alphapolis.co.jp/dreambookclub/dream.php?category_id=100

自費出版する前にここでだして反応みればいいと思う。
ていっても何の反応すらないケースが多いみたいだけど。

249 :名無し物書き@推敲中?:2007/03/22(木) 22:03:33
出版社編集のもんです。

自費出版の実情知らない人って多いんだな。
最近は知られてるみたいだけど、B社やS舎ははっきり言って詐欺。
あんな商法に騙される人を見るのがしのびない。

「自分の原稿は、自腹を切らなくても本になるレベルのものか?」
これを見極めた方がいいとオモ。
自分の出したいジャンルの本を読み慣れている人に読んでもらうといいよ。

親や友達だと客観的には読めないし、「つまらん!」とも言いにくいし、
編集・出版のプロでもないから多分参考にはならない。

また、セカンドオピニオンじゃないが、出版社をいくつか回って原稿を持ち込むといい。
出版を断られても、「何が良くないですか」と聞くことはできる。
あまり具体的すぎるアドバイスを要求しても無理だけど。
また、「自費を視野に入れてます」と見積もりを取って比較することを勧める。

大手じゃなく、地道に本を出してる出版社でも流通は可能。
逆に今は、B社やS舎の本は自費出版だって知られているから、
書店でもなかなか手に取られない。

250 :名無し物書き@推敲中?:2007/03/26(月) 17:02:28
結局金さえ払えば誰でも出版なんてできるお。。

251 :名無し物書き@推敲中?:2007/03/26(月) 17:15:54
>>249
大阪在住だけど、出版社はほとんど東京ばっかりなので、
持ち込みは、事前に電話連絡してから郵送でOKですか?

252 :名無し物書き@推敲中?:2007/03/26(月) 20:38:09
>>251

大手に持ち込むと全く読まれない可能性あり。
特に小説や詩なんかは、出版のレベルに全く達していないものが多いので、
「持ち込みお断り」を掲げている版元もたくさんある。

……とは言いつつ常に、新しい才能を探していたりもするので、
自分の原稿のジャンルを見極めて、それに強い版元に送るといいよ。
くれぐれも丁寧にな。読みにくい原稿はスルーされる。

裏技としては、地方の出版社に送ること。
「自費も視野に入れています」と付け足して、見積もりも一緒に取ること。
無名の新人の本ならば、流通事情は中央も地方も変わりない。
大阪くらいの大都市なら特にな。

「大阪 出版」でググったら結構出てきたよ。ガンガレ。

253 :251:2007/03/27(火) 06:07:01
>>252
有難きお言葉有難うございます。

出版社に見てもらうのは難関そうですが、
「新しい才能を探している」とのことで
励みになります。

254 :名無し物書き@推敲中?:2007/03/28(水) 18:29:00
私も今、自費出版を検討中なんだけど、
まぐまぐから取り寄せた案内資料と受信したメールには
「着手金の5万は3/31までに申し込めばキャンペーン期間中につき、
半額の2.5万にサービス」
みたいな事が書かれていた。

こんなベタな勧誘をする出版社を信じて良いの?

ちなみに、私の場合は文庫でなく、ポストカードの画集で検討中。


255 :名無し物書き@推敲中?:2007/03/29(木) 18:54:50
その着手金とやらは、サイトの「料金一覧」に掲載されている額に込みなの?
それとも着手金+費用ってこと?

よければ仕様と部数、流通ありかなしかを教えてくれ。
比較してみたい。

256 :254:2007/03/29(木) 21:31:05
>>254は誤り。
失礼、大きな勘違いをしていた。
(はじめに、私自身が無知であることを理解して頂きたい)
先に述べた5万は「着手金」ではなく、書店流通オプションの際に発生する
「基本料金」の誤りである事に、資料を再確認して気付いた次第。

着手金は一律5万で、これは制作費の一部。
自費出版では着手時に半金、納品後に残額分の半金支払いが主流だそうだが、
どんな本になるか見通しがつかない状況で半金も支払うのは、チョット・・
てなわけで、手始めに出版社側が著者に対し「5万だけ頂戴ね」ってシステム。

ex.
58万で本を作るとすると・・
@手始めに・・ 5万(着手金、打ち合わせ開始)
A制作完了時・・26.5万
B納品終了時・・26.5万
てな感じだそうな。

で、勘違いしていた書店流通システムの基本料金の5万なんだけど、
まぐまぐの場合、
50,000円(←今月中なら半額の2.5万)+委託配本冊数×(本の定価の10%)
になっている。

私の場合、色んな出版社を検討中で、
資料取り寄せ段階で何とも言えないけど、1000部位を
資金50万位でどうか・・と思っている(厳しいか?

表紙)ソフトカバー4色、帯なし、包装無し
内部)ハガキ30枚で表4色、裏1色、
   背は糊付けで切り離すタイプ(ミシン目にすると工程が増えるのでその分費用が増す)
部数)1000部・流通あり


257 :名無し物書き@推敲中?:2007/03/30(金) 01:14:01
了解。手始めの着手金は前受け金ってことだな。
まぐまぐはほとんど編集者による編集作業がないので、
これだけもらっておけば、著者がバックれても大丈夫、な金額なんだろうと思う。

とりあえず出版費用は、会社によってかなり違う。
こっちが持っている情報を提示してみる。
他の事情は……まあ知らなくはないが、これは結構良心的な部類だと思う。

この仕様だと、経費実費+利益分でMAX65万円ってとこで、
本が1000部出来上がる。
さらに販売。委託費を貰い、掛け率制の場合。
例えば10万円で販売を委託され、本の売上に応じて30〜50%をキャッシュバックする。
売れ残った本は著者に引き取ってもらう。当然これには金はかからない。

ただ、それぞれの出版社によって事情は全く違う。
委託費を貰わずキャッシュバックありのところ、
委託したら本は自動的に版元のものになり、
本が必要となれば、著者でも金を払って買わねばならないところ、などなど。

ということで計算。
MAX75万円で委託まで請け負って全国流通させ、
売上一冊当たり最大50%のキャッシュバックがある、というのが見積もりだ。

まぐまぐの場合、どこかの会社(星雲社?)に販売を委託していると思うが、
売上に応じてではなく、委託の冊数に対して10%、ってことは、
売れても売れなくても費用は出るってことだ。
金の払い損にならないよう、ちゃんと配本されているかだけは見た方がいい。
可能なら、書店や取次への納品伝票を見せてもらうなど。
あと、売れ残った本がどうなるのかも聞いてな。
これも買い取りor断裁処分って言われたら、せっかく作ったのに勿体ないぞ。
長文スマン。

258 :254:2007/03/30(金) 20:24:48
>>257 色々ありがとう。参考になりました。

259 :名無し物書き@推敲中?:2007/03/31(土) 01:25:51
電子書籍でも良いのであれば、こういう手段もある
コナミの子会社が最近始めたサービス
http://www.i-revo.jp/corporate/press1026.html
http://books.i-revo.jp/mp/html/campaign/campaign_mobile.html

こういうところでワンクッションをおきつつ
おいおいアナログ出版を目指していくのも良いのでは

260 :名無し物書き@推敲中?:2007/04/09(月) 00:47:29
 友人がこの春、自費出版します。
どういうシステムかわからんけど・・・。
どのくらい販売できるんだろね?

261 :名無し物書き@推敲中?:2007/04/09(月) 00:55:12
売り切ってなおかつ増刷しました。
おやじの金だったからずいぶん気をもみました。
作家になるなんて簡単ですよ。裏で脅迫しても誰も疑わないしwww

    日   
臼石 升
 
 

262 :名無し物書き@推敲中?:2007/04/09(月) 01:01:39
>>260
自費出版 詐欺
でぐぐってよく考える事をおすすめする。

73 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)