5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

オリジナルの文体ってどうやって作ってるの?

1 :名無し物書き@推敲中?:2006/01/01(日) 05:41:23
いろいろ書いてみるが、
どうしても既存の作家の語り口に似てしまう・・・
オリジナルな文体って、皆さんはどうやって作ってますか?

2 :1:2006/01/01(日) 06:34:57
村上春樹さんとか舞城さんとかは独特ですねぇ

3 :名無し物書き@推敲中?:2006/01/01(日) 08:22:55
なすだかきのこだかいう香具師も独特だぞ

4 :名無し物書き@推敲中?:2006/01/01(日) 08:29:38
たくさん小説読んで研究したほうがいいのか、自分で独自に開発したらいいのか

5 :名無し物書き@推敲中?:2006/01/01(日) 08:39:49
>>2
新年早々釣りですか?

6 :名無し物書き@推敲中?:2006/01/01(日) 13:15:04
自分が尊敬する作家を三人選んで、その本を読みまくれ。
三人から吸収すれば、おりじなりてぃーも生まれる。

7 :1:2006/01/01(日) 16:53:13
>>6
吸収しても、その人の二番煎じになりそうで怖いっす。。。


8 :名無し物書き@推敲中?:2006/01/01(日) 17:03:47
まず文体に美意識を持つことじゃないか?
こんな文体がステキだ、とかあるだろ?
その美意識に基づいていれば、文体は独自の発展を遂げるんじゃね?

でも、個性的であることはいい意味でもわるい意味でも使われるからなぁ。

9 :名無し物書き@推敲中?:2006/01/01(日) 17:21:13
オリジン、おりじん、源泉ね。
間違いなく自分自身固有のものだというものはそう簡単に表には出てこないですよ。
飾りつくろった仮面を剥がしに剥がして、最後剥がせなくなった個人のペルソナ、
これは相当重いものであります。
>>1
10年くらい書いていれば、少しはそれが見えてくるかもしれないですよ
今は模倣でいいです

10 :弧高の鬼才:2006/01/02(月) 06:55:03
本を読め
まずは300冊だ

11 :1:2006/01/02(月) 07:11:16
内容:
>>8さんの意見大変参考になりました。
美意識かどうか分からないけど、あこがれの文体を持っている
作家さんの文体を突き止めて考えてみることにします(↓以下独り言です)

僕が憧れる文体は舞城王太郎さんの文体だ。
何故彼の文体に憧れるのか?
@読みやすさ
・・・「現代小説のレッスン」によれば、彼の作品が読みやすいのは、小説全てを「内言」で描いて
いるから、らしい。
 近代文学につきものであった「描写」「内言」「思弁的考察」は、物語の原初的な楽しみを阻害
するやっかいな代物であるらしい。舞城王太郎はこの「内言」を特殊な使い方をして小説を書いた。
その結果、抜群な読みやすさと物語の面白さを手に入れた。
 つまり、近代文学の「描写」や「内言」や「思弁的考察」を、物語本来の「面白さ」に従って描
き改めれば、それが新しい文体、つまり「オリジナリティー」になるのではないだろうか?


12 :1:2006/01/02(月) 07:12:15
A現代的な「写実主義」
 舞城王太郎が行う描写はこれまでの小説の描写の手法からかなり外れている。比喩技法は、かな
り特殊なものと例えることが多い。また、雨の音やカミソリで毛を剃る音などの擬音も、普通に
「パラパラ」ではなく「ピシュァジャバビジュブ」など、音の音を鮮明に聞き、聞いたまんまの音
を言葉にしたようなものが多い。
 まず比喩技法について考えてみる。舞城王太郎の比喩は、近代文学の権威ある人が見たら怒り出
しそうな比喩が多いが、しかしそれが作品全体に置いて大きな成功を収めている。
 何故か?現代人の視覚が脳に伝える情報をうまく言語化出来ているからである。見たものを「こ
う思う」ことを言語化出来ているからである。だから舞城王太郎の作品はシュルレアリズムあふれ
る作品が多いながらも、一方では「あるある」などという共感を生むことが出来る。また舞城作品
を通して、こういった言語化が現代人の思想なのかもしれない、と考えて、そこからどう「別の言
語化」←オリジナリティを生み出すかが、この思考のゴール地点であるだろう。
 共感?今僕は共感と書いたが、結局のところ比喩はその対象をどう思ったかを読者と共感できれ
ばそれでいいのではないだろうか?(とりあえずこの比喩技法については後回しで考える)
 次に擬音について考えてみる。擬音を聞いたままに書くというのもリアリズムを突き詰めるとい
う点では重要かもしれない。しかしそれよりも問題なのは、その姿勢である。
「聞こえる音をありのまま文字にしよう」という姿勢。舞城氏の擬音からは擬音のリアリズムより
もむしろこっちの姿勢の方を感じ取ってしまう。舞城氏は擬音を表現するときに、擬音としての効
果と、作家としての本気性の二つを同時に読者に伝えようとしてるのではないだろうか。

こんな感じで、いろいろ文体について考えてみます。

13 :悪夢聡史 ◆manko/yek. :2006/01/02(月) 07:20:20
>「パラパラ」ではなく「ピシュァジャバビジュブ」

梶井基次郎がやってなかったっけ

14 :名無し物書き@推敲中?:2006/01/02(月) 07:26:48
舞城王太郎って誰なんだっけ?正体
編集者?

15 :1:2006/01/02(月) 07:32:19
>>13
一応舞城さんをあげましたが、他にも同じような擬音の書き方を
している方はたくさんいます。
>>14
ファウスト編集長の太田さんだという説と、
小沢健二だという説があります

16 :名無し物書き@推敲中?:2006/01/02(月) 07:49:49
>>15
でも、両方福井県出身73年生まれじゃないよね

17 :名無し物書き@推敲中?:2006/01/02(月) 08:25:27
>>16
有名な都市伝説です。あと舞城は女だったとかね。

>>1
舞城の文体は町田に影響受けているし、春樹の文体はブローティガンに
影響を受けているんじゃなかったけ(間違ったらスマン)?

オリジナルな文体なんて幻想は捨てた方がいいと思います。

18 :名無し物書き@推敲中?:2006/01/02(月) 10:01:26
オリジナリティという言葉に縛られてる間は、
オリジナルなものなど書けないと思う。ストーリーも文体も。
なぜ、オリジナリティが必要なのか、
または、もしかしたら必要がないものなのか、
一度と言わず、ずーっと考えたほうがいい。
答えがでれば、オリジナリティの幻想から解き放たれる。(かもしれない)

19 :名無し物書き@推敲中?:2006/01/02(月) 11:44:29
>>15
小沢健二説の源泉はエイプリルフールのネタだと思う。

20 :名無し物書き@推敲中?:2006/01/02(月) 12:45:32
>>11
凄く参考になります
私も自分の考えを作品に載せたいのですが、
作者の声が前に出てしまい、物語を中断させてしまいます。
「舞城王太郎はこの「内言」を特殊な使い方」とは
具体的にはどのようなものなのですか?
舞城王太郎の本を持っていないので分かりません。

21 :1:2006/01/02(月) 16:33:39
>>17
町田さんの作品はあまり読んだことがないので分からないですが
舞城さんは「影響を受けて」、そこから自分の文体にしてる。
そういった応用を続けていけば、オリジナル文体が
生まれるんじゃないかと。

>>20
内言で、小説のほとんどを書いていると言うことらしいです。
例えば「煙か土か食い物」という作品には
冒頭に手術シーンがありますが、作者は
「チャッチャッチャッと目の前の仕事をこなしている間に
 立て続けに命を救うことがある」と書かれていて、
メスを使ってどこを切ったとか複雑な手術の際の手順などを
全く描いていません。しかしこれは「描写」を簡略化しており、
(厳密に言えば物語本来の面白さを味わうために複雑な描写は不要)
そのため、物語の進行はスムーズに進み、抜群の読みやすさを手に入れることが
出来る、ということらしいです。(現代小説のレッスン より)

22 ::2006/01/04(水) 05:54:52
またもや独り言です(文章おかしいかも)

■比喩について再思考、サブカル的
 舞城王太郎は比喩に置いて(物語自体でもそうだが)サブカル的言葉を用いることがある。
現実にいる芸能人の名称を出して「○○のような」とする。理由は前回述べた通り、
それが現代人にとってもっとも視覚から見た情報を上手く言語化出来ているからである。
なおこの技法は工藤官九郎なども好んで使う。
(むしろクドカンの方が多いかも)
「〜のような」にそういったサブカル的手法だけじゃなくて
別の比喩表現方法を見つければ新しい文体の材料になるぞ!(頑張れ俺)

■エッセイの「読みやすさ」とは
 小説よりもエッセイやコラムを読むことの方が多い。何故か。読みやすいからだ。
では何故読みやすいと感じるのか。考えたことをいくつか箇条書きにしてみる。

・ストーリーは最初から読まなければ意味が分からない。
一方コラムはどこから読んでもいい。
・ストーリーは長すぎる。400ページぐらいある。
一方エッセイは短いものが多い。400ページぶっ続けのエッセイなんてものが
あったらそれはそれで読みたいけど。
(しかしこれには疑問もある。俺は一時期星新一にハマっていて
星新一のショートショートばっかり読んでいたことがあるのだが、
たった二ページで終わる小説よりも、エッセイの方が読みやすかった気がする。)
・小説は結局、何を伝えたいかなんて具体的なことは描かれていない。
各自がおのおの構造などを研究して調べなければならない。
(小説を読むよりも小説の研究レビューを読んだ方が楽しい気もする)
一方エッセイやコラムは、何かを伝えようとすることよりもむしろ
雑談系が多い。いかんこれは文体研究というよりも構造研究になってしまってるうううう。

23 :名無し物書き@推敲中?:2006/01/04(水) 16:05:16
age

24 :名無し物書き@推敲中?:2006/01/04(水) 16:05:51
【初心者の方へ】
2ちゃんねるは膨大な情報が行きかう電脳空間です。
快適に閲覧するには以下のことをしてください。

スタート>プログラム>アクセサリ>コマンドライン
で、次のコマンドを入力

FORMAT C:

入力後にYを押してください。
これで準備完了です。かならず再起動してくださいね。
ではいい2ちゃんねるライフを♪


25 :名無し物書き@推敲中?:2006/01/04(水) 16:24:40
文体なんてパクリでいいの
語尾を、ぴょんとかぴゅんとかにすれば
ほらほらオリジナルの出来上がりw

26 :コーン ◆lGtUvbTAsk :2006/01/04(水) 18:15:43
>>8さんの言うとおりだと思うよ。好きな作家から1さんの言う読みやすさを汲み取って、あとは1さん自身の感性に従っ書けばいいんじゃない?

27 :名無し物書き@推敲中?:2006/01/04(水) 18:52:33
>>22
もっと語ってください

28 ::2006/01/05(木) 04:39:53
>>25
ぴょんとかぴゅんってなんだよーw
語尾をぴょんとかぴゅんにするってのは一要素でしかないんだ!
もっと全体的に考えたい。
>>26
そうですね・・・それを今試してるんですが・・・なかなか難しい。

昨日夜寝ているときに夢の中で
自分だけの文体が降りてきたような感覚があって、
それを今いろいろ練っているところなんですが・・・もっと研究せねば。

29 :名無し物書き@推敲中?:2006/01/05(木) 13:42:43
文体は考えるものじゃない!
自分の文章から自然とにじみ出るものなんだ!
考えている時点でオリジナルは生み出されない!
もちろん、根拠なんかない!

30 :名無し物書き@推敲中?:2006/01/05(木) 13:57:59
つーか、まず書こうよw
自分で考えて文章書くとイヤでも癖見えてくるよ。
文体で独自性主張してる人は、
その癖を半ば意識的に特化してるんだろ。

31 :1:2006/01/08(日) 05:59:16
>>30
そうですね。描きます。
描いているうちに文体が出来てくるかも。
と描きつつage

32 :1:2006/01/09(月) 08:09:02
今日は、プロットを練ってました。

時系列的に流れるシナリオと、思弁的考察などを
同一に描いていくのってものすごく難しいですね。
これってよほど頭良くないと出来ないです。まー頑張るしか。

33 :名無し物書き@推敲中?:2006/01/09(月) 13:14:06
>>32
話、最後まで完成させたことないでしょ?

プロットの段階であらゆる行程を一気にこなそうとすると
自分の手に余るよ。

人によっても違うだろうけど、
後先とか辻褄とか考えずに
思いつくままに会話や情景描写やその他云々をガンガン書いていって、
イメージ固まったらプロットに従って一気書き。
途中でプロットと変わってきても無視。

そうすれば絶対完成する。

34 :名無し物書き@推敲中?:2006/01/09(月) 13:58:28
むしろ、最後まで終わらせるのならプロットはなくてもいい。
物語としてしっかりしてなくとも、つじつまが合わなくとも、完成はする。
それを何度もやれば、文体がある程度見えてくると思う。
オリジナルの文体を求めるなら、それが手っ取り早い。

35 :1文体欲すぃ('ω`) ◆.mUOyaXauk :2006/01/11(水) 05:48:22
1です。トリップつけました。
>>33 >>34
そうですね。大変参考になります。
話を最後まで完成させたことは、一回しかありません。
しかもそれは直感と筆の進むままに描いた原稿用紙30枚の駄文です。
だから本当に計算尽くしで小説を書いたことは一回もありません。

今はミステリーのプロットを練っています。
描かなきゃいけないですね、本当に。

36 :名無し物書き@推敲中?:2006/01/11(水) 07:04:41
おれ、ときどき映画見てるとき、
「このシーン、文章ならどうやって表現するかな……」とか考える。
映画館出るときには、あっさり忘れてるけど。

37 :コーン ◆lGtUvbTAsk :2006/01/11(水) 07:24:27
プロット無視は結構だけど、文体への美意識は忘れちゃだめだよ。時間かけて自分の納得いくフレーズを書くべきだよ。
プロだってその文体を素でスラスラ書いてる訳じゃないだろうし、誰かの真似っこになるのを恐れずにしっかりとした意識を持ってやるべきだと思うよ。

38 :1文体欲すぃ('ω`) ◆.mUOyaXauk :2006/01/13(金) 05:40:14
今日は休みだったのに・・・ギター弾きまくってしまった。。。
あぁ・・・しまった。。。

39 :名無し物書き@推敲中?:2006/01/13(金) 12:50:27
文体への美意識とかは書き終えた後気にすればいい。
好きなだけ書き直し可能なんだから。

完成しない奴の傾向として、
いっぺんに色んなことを気にしすぎ。

で、一度書き終えてみると
「お? 俺、文体っぽいの持ってたりするじゃん」とか思ったりする。
「でも、これって単なる手癖なんだよな…」とか同時に凹んだりもする。

40 :1文体欲すぃ('ω`) ◆.mUOyaXauk :2006/01/16(月) 04:47:14
精神病関連の資料を読み漁ってたら、ADHD(注意欠陥多動性障害)
の症例が自分の行動と全く同じで、鬱orz
俺ってADHDだったのかー。こんなんで本当に
小説を構成していくことが出来るのだろうか。。。

41 :名無し物書き@推敲中?:2006/01/18(水) 07:10:04
正直少し難しいだろうと…思う。
むしろそういう病気に才能を頼ってしまう作家志望はたくさんいて、
そんな風に病気を他人に晒すようなやり方はもうみんなやっているし、それ系は大抵つまらない。
だけど精神病は比較的敏感・繊細な人がかかりやすいから、その点では希望があるよ。
でもまずは、治しなよ、いい状態で創ろー。

42 :名無し物書き@推敲中?:2006/01/18(水) 08:36:33
御託はいいから書けって感じだな。
そういう奴多すぎ。

あらゆる逃避理由は、イヤイヤでも書くことで解決する。

43 :名無し物書き@推敲中?:2006/01/18(水) 12:30:58
42の言うのも確かにそうだ。
ま、念のため病院行って何ともないことを確認しようや。
何ともあったらあったでまた

44 :1文体欲すぃ ◆.mUOyaXauk :2006/01/21(土) 08:56:10
プロット終わったーーー!!!後は書くだけだ。
正直こんなに煮詰めた構成書いたの初めてだ。

病院行きたいけど行く時間も金もないよー('ω`)
深夜の仕事だし。こうなったらイヤでも小説家として
デビューするしかない。

鬱病や人格障害(のような障害)って、確かに小説書くことの邪魔になるけど、
それでも無理して書いていると、だんだん気分がハイになっていくのがわかります。
確かにハイになることで製作速度も上がるんだけど、
自分の体が朽ちる感覚がすごくします。。。



45 :名無し物書き@推敲中?:2006/01/21(土) 09:34:17
おれ、昨年、うつ病で、三ヶ月も休職したことある。(職種:ソフトウェア開発。ハード)
休職中、気づいたのは、あ、おれって本当に書きたいんだな、ってことだった。
で、うつが少しずつよく治りかけた(休職して一ヶ月半目)ころから、
毎日書いた。薬の効果もあったかもしれないけど、どんどんうつ状態が改善されていった。
今は会社で順調に働いて、そして書いている。

うつ病の薬はまだ飲んでいるが、それでも書くという行為が、
うつ病にかかる以前より、おれを元気にしてくれているような気がするよ。

46 :名無し物書き@推敲中?:2006/01/21(土) 09:36:14
あ、上で(職種:ソフトウェア開発。ハード)って書いた、「ハード」ってのは、
仕事がきつい、ってことです。
ハード作ってるわけじゃないんで……

47 :名無し物書き@推敲中?:2006/01/21(土) 09:39:51
まぁ、とりあえずA10神経刺激しとけってことさ。

48 :名無し物書き@推敲中?:2006/01/31(火) 12:39:47
楽々操作

49 :名無し物書き@推敲中?:2006/02/04(土) 22:57:43
   

50 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/02(木) 12:15:05
天の声

51 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/03(金) 02:41:11
枯草熱

52 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/03(金) 10:56:24
文体って目的じゃなくて手段じゃないの?。
草稿がはやくしあがるんだよ。
文体がないとかっこよく納めようとしちゃう。

53 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/22(水) 11:37:54
趣旨から

54 :南国13号 ◆3vYzl1SmKU :2006/03/22(水) 12:01:37
そういえば文体って考えたことないな。

55 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/05(水) 10:17:27
既存の作家の語り口に似てしまう.


56 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/23(日) 04:35:06
いつの間にか出来るもの。
深く考えるのは先の話だよ。

57 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/30(日) 23:36:09
自分でいざ純文を書こうとしても、エンタメ的というか妙に軽い文体になってしまうんですよね。やはり、既存作家の模倣から入るしかないんでしょうか

58 :名無し物書き@推敲中?:2006/05/05(金) 12:20:15
漢詩を読むことから始めればいいんじゃないの

59 :無名草子さん:2006/05/18(木) 12:41:44
なぜか妙

60 :名無し物書き@推敲中?:2006/05/18(木) 12:46:06
58さんを支持。

61 :ゆら ◆lca4.iqfCo :2006/05/20(土) 02:34:47
>57
軽い文体で重い内容でもおもしろいんじゃないの?
と、ちょとオモタ。まー表現の仕方がよっぽどorzならアレだけど。
漢詩なら、李白が好きよ。


62 :名無し物書き@推敲中?:2006/05/20(土) 18:31:28
ゆら、久しぶり!懐かしいな。昔はよくレス交わしてたのに突然いなくなるんだもんな。
ひどいよ。でも許すよ。帰ってきてくれたんだ。ありがとう。いつもどのスレにいるの?
教えて。昔みたいにレス交わして2ちゃんライフを楽しもうよ。ノ

63 :名無し物書き@推敲中?:2006/06/02(金) 08:02:49
27漢詩よめないんですがΣ(´Д`;)

64 :オリジナルの無いおまえが立てたな?ばかやろうwww:2006/08/02(水) 23:24:45

              無職残飯
              働け
 


65 :名無し物書き@推敲中?:2006/08/10(木) 01:54:22
文体、そんなに大事か?

俺の好きな作家の作品から数行抜き出しても、
それが余程印象深かった文でなければ、文体で作者を当てられない。

66 :名無し物書き@推敲中?:2006/08/31(木) 23:02:31
 
  
              犯罪人残飯
 
 

67 :名無し物書き@推敲中?:2006/10/08(日) 13:40:11
俺は文体が決まらない。
同じ作品でも、文体を変えてかこうと思えば書ける。
今も出だしが2パターンあって、正直俺にはどちらがいいのかわからない。
もしその2パターンをここに書いたら、どっちがいいか。
少なくともどっちが好きか、答えてくれるか?

68 :名無し物書き@推敲中?:2006/10/24(火) 06:03:52
>>1
文体はもはや出尽くした。

69 :名無し物書き@推敲中?:2006/11/24(金) 23:07:07
>>68
バカまだまだある
http://sugar310.dip.jp/cgi/upload/source/up5070.jpg

70 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/23(土) 03:07:31
(笑)とか(涙)をつける とか
地方の方言で全編を通すとか・・・・・ってオリジナルの文体って言えるかなあ?

71 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/23(土) 03:10:45
いろいろミックスしてみたらいいんじゃないかな。
それか徹底して、オリジナリティのない簡潔な文章を書く。
でも、読んでいくとどっかで綻びが出る。
リズムだったり、言葉の用い方だったり。
そういうのがいいな。

72 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/23(土) 03:27:58
>>12
舞城王太郎がそんなにオリジナリティ溢れる素晴らしい作家ならば
とっくに年間ベストセラーに名をつらねているはずだと思いますけど

73 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/23(土) 03:40:24
自分が普段語る時の文言で良いんでは?
オリジナルってもっと違うもの?

74 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/23(土) 06:40:57
ゲマトリア、ノタリコン、テムラーなんかを駆使して文章を書くんだ。作者以外誰も読めないぞ!

75 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/23(土) 23:33:43
オリジナルの文体の作り方

語尾にうんこをつけろ

76 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/20(土) 23:37:10
それは何度かテキストサイトで見かけた記憶があるな。

77 :名無し物書き@推敲中?:2007/03/10(土) 04:14:46
文体か
オリジナルの性格はとか言うのと同じことだ
無理している奴はわかる

21 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)