5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★新人賞についての疑問、最新情報、を語れ★

1 :我輩は挑戦者:2006/06/29(木) 02:32:53
文学界・群像・すばる・太宰賞・山梨文学賞・
これらの賞について語ってくれ!

2 :名無し物書き@推敲中?:2006/06/29(木) 02:47:36
つっこむべき?

3 :ペンギン:2006/06/29(木) 03:08:40
つっこむ)って何処に?
ひょっとして山梨文学?

4 :名無し物書き@推敲中?:2006/06/29(木) 04:43:00
んなアホな

5 :名無し物書き@推敲中?:2006/06/29(木) 05:11:44
それよりそろそろ芥川・直木両賞の候補の発表が近いな

6 :名無し物書き@推敲中?:2006/06/29(木) 05:41:58
太宰賞はともかく、山梨文学賞まで入っているのに(というか、
山梨文学賞なんて実は知らないのだが、それはおいといて)、
新潮や文藝が入ってないのはなぜ?
新潮社や河出書房がカワイソス。。。

7 :名無し物書き@推敲中?:2006/06/29(木) 10:31:41
山梨文学賞は賞金100萬
結構穴場的賞だぞ!
大手出版社が単行本化するみたいだね。

8 :名無し物書き@推敲中?:2006/06/29(木) 13:45:12
>>1の5つの文学賞の基準がわからん。
純文5大新人賞ならわかるが、なぜその5つなんだ?
初心者か?

9 :名無し物書き@推敲中?:2006/06/29(木) 15:41:08
実際の話し、山梨文学賞は芥川賞ねらうなら一番最短らしいね。

10 :名無し物書き@推敲中?:2006/06/29(木) 21:45:21
山梨の工作員がウザいw

11 :名無し物書き@推敲中?:2006/06/29(木) 23:08:01
山梨と言えば……やめとこ

12 :名無し物書き@推敲中?:2006/06/30(金) 14:32:21
文学界出したぞ!  よし、次は群像に向けて書くぞ!
山梨文学賞?

13 :名無し物書き@推敲中?:2006/06/30(金) 22:46:16
やまなし文学賞って
百万の賞金か本か
選ばすとこじゃなかったかい?
違ったらごめんな


14 :名無し物書き@推敲中?:2006/06/30(金) 22:56:16
やまなし
おちなし
いみなし

15 :名無し物書き@推敲中?:2006/07/01(土) 07:39:56
>山梨と言えば……やめとこ

滅茶苦茶気になる 百万か単行本化選ぶの? おれだったら百万もらうな

16 :名無し物書き@推敲中?:2006/07/01(土) 11:14:49
楢山節行

17 :名無し物書き@推敲中?:2006/07/01(土) 16:40:41
最近山梨文学賞が密かなブームらしいね。なんかの雑誌に出てたのを見た。


18 :名無し物書き@推敲中?:2006/07/01(土) 16:48:18
実力派は山梨文学賞を目指すべき!


19 :名無し物書き@推敲中?:2006/07/01(土) 17:23:21
実力派は太宰治賞だな

20 :名無し物書き@推敲中?:2006/07/01(土) 17:27:29
太宰賞なんて、それこそ浪人だらけだろ。
一人二作OKなんて・・・
太宰賞=ダサイ賞

21 :名無し物書き@推敲中?:2006/07/01(土) 17:28:13
浪人の中の浪人=実力派

22 :名無し物書き@推敲中?:2006/07/01(土) 17:35:14
実力は年月+センス

23 :名無し物書き@推敲中?:2006/07/01(土) 17:51:28
太宰といえば昇仙峡

24 :名無し物書き@推敲中?:2006/07/01(土) 17:52:36

くだらん!
やっぱ人間失格。

25 :名無し物書き@推敲中?:2006/07/01(土) 18:04:12
ボルグ・Jさんの『マリン・タワー』

26 :名無し物書き@推敲中?:2006/07/01(土) 18:07:11
『俺とニーチェとコンドーム』
文学界に出した。

27 :名無し物書き@推敲中?:2006/07/01(土) 18:28:56
新人賞なんてスタートに過ぎないとは言われつつも
現実にはここが一番キツイ。


28 :名無し物書き@推敲中?:2006/07/01(土) 18:33:00
デビューが一番大変なのは常識。
でも、あっさりデビューしてしまう奴がいるのも事実。
そういう奴らはデビューなんて簡単と言う。
大変なのはデビューした後ですよ、と。村上春樹もその一人。
むかつく。

29 :名無し物書き@推敲中?:2006/07/01(土) 18:43:34
どちらにしても、苦痛・苦悩は伴うと言うことか・・・
デビューに5年、10年かけるか
デビューしてから売れないで悩むか




うん・・・

30 :名無し物書き@推敲中?:2006/07/01(土) 18:44:27
春樹なんてくだらんじゃない!


31 :名無し物書き@推敲中?:2006/07/01(土) 19:21:40
『四海兄弟の陰謀』

32 :名無し物書き@推敲中?:2006/07/02(日) 00:39:55
山梨の工作員最高
素晴らしい
日本一
小山田さんは天才!
浜さんは変態!

33 :名無し物書き@推敲中?:2006/07/02(日) 00:47:20
>>32
ちんこやらせてくれ!
お前もそのつもりだろ?
よろしくなぁああああ

34 :吾輩は名無しである:2006/07/02(日) 18:31:11
作家デビューしても、ぱっとしない人が多いが、
何故彼らが賞を貰ったんだろう。
選者は彼らのどこに才能を感じたんだろう。

35 :ボルグ:2006/07/03(月) 12:14:33

そうなんだよね。やっぱ談合が蔓延ってる社会だから
才能なんてコジツケテ言ってるに過ぎないよね。
要するに文学新人賞という物は、大学の文学部を
支えているに過ぎない物なのだから・・・

36 :名無し物書き@推敲中?:2006/07/03(月) 12:41:02
これからは山梨文学館が最高の賞になるよ。


37 :名無し物書き@推敲中?:2006/07/03(月) 20:40:00
山梨ってどこだっけ?
東北?

38 :名無し物書き@推敲中?:2006/07/04(火) 01:29:21
山梨=長野県

39 :名無し物書き@推敲中?:2006/07/04(火) 01:52:07
ポプラ賞に異変

40 :名無し物書き@推敲中?:2006/07/04(火) 02:46:09
山梨文学館は今が熱い!m!

41 :名無し物書き@推敲中?:2006/07/04(火) 09:48:51
文学界新人賞のスレは消えたね。残念!

42 :名無し物書き@推敲中?:2006/07/04(火) 10:18:23
いよいよエニックス大賞の発表が近いけど
皆さんの感想はどう?
単行本化&アニメ化&100万は魅力だよね。

43 :名無し物書き@推敲中?:2006/07/04(火) 13:34:12
山梨???

44 :名無し物書き@推敲中?:2006/07/04(火) 16:10:01
山梨文学館・三田文学・早稲田文学
これらは名門だよね?

45 :名無し物書き@推敲中?:2006/07/04(火) 16:24:57
ペンギンは凄いね。堂々としてるって感じね。
私なんか2ちゃんにアップするなんて事できないよ。


46 :名無し物書き@推敲中?:2006/07/04(火) 17:37:41
筋金入りのアホだからね

47 :アヒル:2006/07/04(火) 20:08:22
ペンギンさんは執筆活動が忙しいのかな・・・

48 :名無し物書き@推敲中?:2006/07/04(火) 22:22:43
やっぱりペンギン様の冒頭が読みたい!!!

49 :名無し物書き@推敲中?:2006/07/04(火) 22:28:02
亀頭も見たい!

50 :名無し物書き@推敲中?:2006/07/05(水) 15:57:25
只今ペンギンは坊ちゃん新人賞目指してがんばってまーす。

51 :名無し物書き@推敲中?:2006/07/05(水) 18:30:12
7SIup3CySY <= #1w$mWb74
7siI7.bhEQ <= #,w$miX\Q
774umxQkWQ <= #/w$]Eu2#
7siDnVgfbo <= #Fw${PvPl
7Si8FjiTmk <= #kHvB4Qi1
77SiExB1L2 <= #gHvECJSQ
7SizGlnleI <= #2HvjE)~g
774u8vSM6w <= #9HvmCJSQ
7siw3d4TN6 <= #eHvp(-2i
7SIx8qabrY <= #KHv'aKI6
774GOR1jrc <= #HHv:}Q:|
7SiGvmi/R. <= #lHv?xnk#
774WheGtpA <= #DHv},ejP
7si5mJDxAc <= #$Hv}crc{
7si1jzulio <= #?Hv~crc{
774LqlbGFQ <= #+ed7~QK:
7siRb1sCJY <= #Qed88S+y
774zNJs1tc <= #7edk2jAU
774uTyFdVc <= #Ked)bjg7
7SiBhmtpHo <= #ped-C.(p
7Si3jXiaIA <= #68Lh~2tj
7743vrAV52 <= #zlW`o&G5
7SI3hr1Lq. <= #S]TZ0*He
7Si3MfFYGQ <= #tjjphBb_
7shifzESjg <= #B=s[F)F6
7SHIkeq/0E <= #[[_w--Sa
77si5bS/b6 <= #M.c~]b}0
7shi9YqAe. <= #|DST;BBx
7743iObbTI <= #&P*['FW9
7SI3AoNWN2 <= #@(&GO}&I
7si3CTG5ZQ <= #($l_9]c:
7743vodgsc <= #U$l{[hYz

52 :名無し物書き@推敲中?:2006/07/07(金) 12:32:07
文学板のボルグさん、最高ですね。


53 :名無し物書き@推敲中?:2006/07/07(金) 17:50:02
ボルグの本読みたい!

54 :名無し物書き@推敲中?:2006/07/12(水) 10:54:51
新人賞の選考基準には疑問が多いね。

55 :名無し物書き@推敲中?:2006/07/12(水) 12:20:13
ボルグ氏の著書は何処で手に入りますか?

56 :名無し物書き@推敲中?:2006/07/13(木) 00:29:01
7月・8月辺りの締め切りの新人賞って何がありますか?

57 :名無し物書き@推敲中?:2006/07/13(木) 00:39:30
888 :阿部敦良 :03/02/25 11:37
それにしても、無名草子さんたちとは、さぞやすごい作家先生の匿名書き込みなんでしょうね。
作家なんて才能が全てだから、津井ついみたいに、いくら努力したって駄目なものは駄目ですよ。
私なんか、早々に見切りをつけて趣味の世界で細々ですから。
          小説現代ショートショート・コンテスト優秀賞受賞 阿部敦良




58 :名無し物書き@推敲中?:2006/07/13(木) 01:14:53
888 :阿部敦良 :03/02/25 11:37
ぞれにじでも、無名草゛子゛ざんだぢどば、ざぞやずごい作゛家゛先゛生゛の匿゛名書゛ぎ込゛みなんでじょうね。
作゛家゛なんで才゛能が全゛でだがら、津゛井づいみだいに、いぐら努力じだっで駄目なものば駄目でずよ。
私なんが、早゛々゛に見切゛りをづげで趣゛味の世゛界゛で細゛々゛でずがら。
          小゛説゛現代ジョードジョード・ゴンデズド優秀゛賞゛受賞゛ 阿部敦良

59 :名無し物書き@推敲中?:2006/07/14(金) 00:15:44
最近の文壇は腐る一方だな、どうなっての?

60 :名無し物書き@推敲中?:2006/07/14(金) 05:34:11
文学賞とか、新人賞とか、実際のところは年齢制限があるのだろうか?
なんやかやと言っても、話題作りのために若い人を選んでいる気がする。

61 :名無し物書き@推敲中?:2006/07/14(金) 06:06:15
今度は夫婦で受賞らしいですね!
いやあ、素晴らしい。
話題性抜群ではないですか!


62 :名無し物書き@推敲中?:2006/07/14(金) 06:07:33
来年は双子で受賞!
なんてのもありえるかもしれませんね。

初の外国人受賞!
とか。

何かしら話題性がないと受賞できなくなったらやだなあ。

63 :名無し物書き@推敲中?:2006/07/14(金) 06:14:12
夫婦で受賞じゃなくて、
受賞した夫婦が誕生したってことらしいですね。

いやあ、すごいなあ。

64 :名無し物書き@推敲中?:2006/07/14(金) 06:27:10
>夫婦
芥川&直木は初めてか
直木&直木はいたが

65 :名無し物書き@推敲中?:2006/07/14(金) 22:32:43
最近の賞は醜いな

66 :名無し物書き@推敲中?:2006/07/19(水) 01:57:16
プッ

67 :名無し物書き@推敲中?:2006/07/19(水) 03:01:20
これからの時代は学歴破壊の時代!
その事は文学の世界にも波及してゆく。

68 :名無し物書き@推敲中?:2006/07/22(土) 01:46:39
賞に応募する前に自分の実力を知るにはどうしたらいいと思いますか?
スポーツなら全国大会前に地区予選があるから、そういったものがほしい。

69 :名無し物書き@推敲中?:2006/07/22(土) 03:17:54
馬鹿

70 :名無し物書き@推敲中?:2006/07/22(土) 13:46:58
>>68
賞にも予選、ありますから。

71 :名無し物書き@推敲中?:2006/07/22(土) 17:58:30
まあ、二三年は適当な賞に出せば、自分がどれほどの物かが分かるよ。

72 :名無し物書き@推敲中?:2006/07/23(日) 20:11:55
たとえば群像に応募する、一次通過だけして落ちた作品を文學界に応募するのはあかんですか?

73 :名無し物書き@推敲中?:2006/07/23(日) 20:38:33
だめ

74 :名無し物書き@推敲中?:2006/07/23(日) 21:47:51
らめぇ

75 :名無し物書き@推敲中?:2006/07/23(日) 22:20:34
やっぱりだめかぁ。じゃあ一次も通らなかったら大丈夫?

76 :名無し物書き@推敲中?:2006/07/23(日) 23:10:43
下読みの鉄人
ttp://www.sky.sannet.ne.jp/shitayomi/
とりあえずここを見て後は自分で判断すべし

77 :名無し物書き@推敲中?:2006/07/24(月) 02:08:30
自分の作品の著作権は大事なことだから、編集部に直接聞いた方がいいとは思うけど、
群像なんかは「選考に関わる問い合わせには一切応じない」と応募要項に書いてるくらいだから、
落選作品や著作権についての問い合わせも嫌がられそうだな。

78 :名無し物書き@推敲中?:2006/07/26(水) 01:10:38
文学界・群像・すばる・文藝・新潮
五大文学誌はだめだね・・・

79 :名無し物書き@推敲中?:2006/07/26(水) 01:15:55
一度出してダメだったのを出すって人は、下読みの見る目のなさを訴えたいの?

80 :名無し物書き@推敲中?:2006/07/26(水) 01:17:41
浅田次郎氏は一次選考通過までに10年かかったと
ある雑誌対談で言っていた。

81 :名無し物書き@推敲中?:2006/07/26(水) 01:21:31
下読みの好みでない作品に当たると当然辛くなるだろうからね。
せめて一作品二人くらい読ませて、どちらかがOKなら一次通して欲しい。

82 :名無し物書き@推敲中?:2006/07/26(水) 02:14:45
下読み制度はきつな。。。人間がやることだから当然好み優先だよな。。。

83 :名無し物書き@推敲中?:2006/07/26(水) 02:15:34
今回本気で群像狙ってます。

84 :名無し物書き@推敲中?:2006/07/26(水) 02:19:33
いよいよエニックス大賞の発表が近いけど
出した人いますか?

85 :名無し物書き@推敲中?:2006/07/27(木) 01:28:33
エニックスは厳しいよ

86 :名無し物書き@推敲中?:2006/07/27(木) 08:18:39
新人を育てるのが上手なのはどこの出版社ですか?
賞だけ出して投げ捨てのところってありますか?

87 :名無し物書き@推敲中?:2006/07/28(金) 02:32:15
何処の出版社でも本人のやる気次第じゃないか

88 :名無し物書き@推敲中?:2006/08/05(土) 16:23:14
群像一押しですよ。

89 :吾輩は名無しである :2006/08/05(土) 18:31:29
何となく、出版社や下読みが好きな作品と、
一般読者に受ける作品が違うような気がする。
だから、誰も読まない作品ばかり増えてないか。

90 :名無し物書き@推敲中?:2006/08/06(日) 08:34:42
同感です。下読み諸君も現実を直視してほしいものです。

91 :名無し物書き@推敲中?:2006/08/10(木) 16:43:36
エニックス大賞はそろそろだな。。。

92 :名無し物書き@推敲中?:2006/08/23(水) 14:18:57
最近――ペンギン見かけないね?

93 :名無し物書き@推敲中?:2006/09/01(金) 02:25:22
各賞のコンセンサスははっきりしてるの?
文藝・すばる・群像・文学界

94 :吾輩は名無しである :2006/09/01(金) 18:23:56
親が書こうが、誰が編集しようが、若いのがいいんだろう。
将来性が無かろうが、つまらなかろうが、若いのがいいんだ。

95 :名無し物書き@推敲中?:2006/09/06(水) 13:32:22
やっぱり純文は若さなのかね?

96 :吾輩は名無しである :2006/09/06(水) 18:28:42
しかも、若いのに投資して、育たずに失敗している。
若いから、悪辣な出版界のしきたりに適応できずに挫折してしまう。
それで新しい作家を探そうとして、また若いのに手を出している。
また適応できずに挫折する。最悪のパターンを繰り返している。

97 :名無し物書き@推敲中?:2006/09/11(月) 11:15:18
おとっつぁん純文作家の登場を待つ意外にないのかね?

98 :名無し物書き@推敲中?:2006/09/11(月) 21:49:25
888 :阿部敦良 :03/02/25 11:37
それにしても、無名草子さんたちとは、さぞやすごい作家先生の匿名書き込みなんでしょうね。
作家なんて才能が全てだから、津井ついみたいに、いくら努力したって駄目なものは駄目ですよ。
私なんか、早々に見切りをつけて趣味の世界で細々ですから。
          小説現代ショートショート・コンテスト優秀賞受賞 阿部敦良

99 :名無し物書き@推敲中?:2006/09/11(月) 23:25:36
>>81
亀だけど、エンタメでは小すばがそのスタンス取ってる。
一次から二人の下読みが読むんだって

100 :名無し物書き@推敲中?:2006/09/12(火) 11:15:02
下読みは略歴重視で選んでいるらしいよ。

101 :名無し物書き@推敲中?:2006/09/22(金) 12:39:20
2ちゃんがなくなるよ。TBSのお昼の番組で言ってたよ。
管理者が失踪してるらしいね。

102 :名無し物書き@推敲中?:2006/09/22(金) 13:17:33
ひろゆきが
「本人の知らない間に失踪するんですね」
って言ってたがw

103 :名無し物書き@推敲中?:2006/09/22(金) 15:14:57
↑アスペルガ−残飯


104 :名無し物書き@推敲中?:2006/09/22(金) 15:29:22
少しもどるけど、「アスペルガー」云々はまずくないか。
アスペルガーの親が見たら泣くだろう。
君ががプロで、おれが編集だったら、
暴言をやめない政治家を見るような目で君を見るだろうな


105 :名無し物書き@推敲中?:2006/09/22(金) 15:33:48
そうそう。それでいい。直接に他人を害さなければ何を書いてもいいんだよ。ようやく解ったようだな、バカ残飯。これでここも平和になる
 
 
 
 

106 :名無し物書き@推敲中?:2006/09/25(月) 02:10:04
エンタメ短編で応募できる新人賞とかありませんか?

107 :名無し物書き@推敲中?:2006/09/25(月) 02:58:18
小説現代新人賞→1/31〆切 200〜500枚 エンタメ
新潮エンターテイメント新人賞→2/28 70〜400 エンタメ
ポプラ社小説大賞→
すばる文学賞→3/31 50〜300 純文学
小説すばる新人賞→3/31 200〜500 エンタメ
新潮新人賞→3/31 250以内(短編可) 純文学
文藝賞→3/31 100〜400 純文学
オール讀物推理小説小説賞→
文學界新人賞→6/30 100程度 純文学
小説宝石新人賞(新設)→9/30 50〜150 エンタメ
群像新人文学賞→10/31 250以内(短編可40〜50?) 純文学
朝日新人文学賞10/31 100〜300
オール讀物新人賞→11/15 30〜80 エンタメ(?)
太宰治賞→12/10 50〜300
文學界新人賞→12/31 100程度 純文学

体裁修正、添削よろ

108 :名無し物書き@推敲中?:2006/10/10(火) 19:47:40
新人賞別のカラーというのか、それぞれへの傾向と対策について
リストか何かってありませんか?よろしければ教えてください

109 :名無し物書き@推敲中?:2006/10/10(火) 21:02:13
>>108
今月号のダ・ヴィンチでも嫁。

110 :名無し物書き@推敲中?:2006/10/10(火) 21:04:54
>>109
了解した!ありがとう

111 :名無し物書き@推敲中?:2006/10/10(火) 22:04:51
どの賞も応募者に経歴とか書かせるのはなぜでしょう。
最終候補に残った段階で、提出させればいいじゃん。
一次も通らない連中にまで毎回履歴書みたいの出させて、何、これ。
出版社の編集部って、ゴウマンじゃないか。あまりにも。


112 :名無し物書き@推敲中?:2006/10/10(火) 22:10:56
結局、作品本位じゃないってことなんだよ

113 :名無し物書き@推敲中?:2006/10/10(火) 22:23:45
最終に残ると、改めて書かされるよ。
結局同じことを書くんだけど。

114 :名無し物書き@推敲中?:2006/10/10(火) 22:57:13
応募資格不問とかになっているけど、実際は不問じゃないんだろ。
年令制限とか、学歴とか、いろいろあるんじゃないか。審査基準が。
ほんとうに応募資格不問、作品本位なのは、群像だけだろう。
出版社の編集者は、いま一度頭冷やして、文学とは何か?
考えてみろ。



115 :名無し物書き@推敲中?:2006/10/10(火) 23:06:33
銀座のクラブに入り浸っているから、そんなヒマないって。

116 :名無し物書き@推敲中?:2006/10/11(水) 19:54:28
>>111
応募者プロフィールは、

性別:女
年齢:16歳
学歴:早稲田大学 卒
住所:神保町らへん

テキトーにこんな感じて書いときゃ(・∀・)イイヨ。

117 :名無し物書き@推敲中?:2006/10/11(水) 21:02:04
>>116

 受 賞 決 定
 

118 :名無し物書き@推敲中?:2006/10/11(水) 23:52:54
>>116
16で早稲田卒w

119 :名無し物書き@推敲中?:2006/10/12(木) 12:59:04
>>114
群像は年齢学歴性別関係なしにみてくれるんですか?
ほんと、もし実際に基準があるんだったら、応募資格限定してくれたほうがいいのにね。

120 :名無し物書き@推敲中?:2006/10/13(金) 17:36:12
文学界新人賞はどっちなんですか?6月なのか12月なのか

121 :吾輩は名無しである :2006/10/13(金) 18:41:17
文学賞を誰が受賞しようがどうでもいいが、
受賞作がぱっとせず、すぐに消える作家ばかり選ぶなら、
選考のやり方が良いのか、一度考え直した方が良い。
もっと、力のある作家を探さないと、出版社も潰れるぞ。

122 :名無し物書き@推敲中?:2006/10/14(土) 03:35:06
つま先だってどうした

123 :名無し物書き@推敲中?:2006/10/14(土) 04:57:12
質問に答えないくらいコミュニケーション能力の低いこどもが多いのですか?

124 :名無し物書き@推敲中?:2006/10/14(土) 05:59:23
スレタイを見る限り、疑問に答えるとは書いてないな

125 :名無し物書き@推敲中?:2006/10/14(土) 07:20:09
>>120
そのくらいは自分で調べたらどうだ?

126 :名無し物書き@推敲中?:2006/10/14(土) 23:31:20
下読みの鉄人読むと、編集者や下読みの顰蹙を買うなというのが、
一杯出てくるw。行儀よくしろといいたいんだろうが、
ヒンシュクを買わないようにびくびくしている新人賞って、
どれほどのものかな。新人がそんなスタンスじゃ、賞を取っても
ロクな作家は生まれないだろう。活字芸者になって、何が嬉しいんか。
ゲスども。


127 :名無し物書き@推敲中?:2006/10/14(土) 23:50:21
編集者からしたら作家は使いやすい犬がいい。
更にレーベル少なく競争の無かった頃は、編集の権力強かったし、ネットも発達して無くて、情報はマスメディアの思いのまま。
媚びなきゃ仕事が貰えなかった。
周りがそんな愚図レーベルばかりだから、電撃があっさり成功できた。
さらにレーベル乱立時代では勘違いしたレーベルと編集は完全淘汰されていくから大丈夫。
すでに、棺おけに両足を突っ込んでるレーベル、多いよね。

もちろん、社会常識と誠意があった方が有利なのは確かだけど。
作家でも編集でも。政治家でもサラリーマンでも。

128 :名無し物書き@推敲中?:2006/10/15(日) 00:24:29
たしかにそれはいえる。石原慎太郎の原稿の字は、さかさまにしてもだれも読めなかった。
だれも解読できないので、編集部全員で数日かけて解読した。その結果、文学界新人賞を
受賞した。芥川賞は文学界で活字になったあとなので、みんな簡単に読めて問題なく受賞した。
それが〃太陽の季節〃である。むちゃくちゃな文字でも、内容がよければ日の目を見るのだ。
新人とは、こういうものでなくちゃいかん。諸君!ビクビクするな。大いにヒンシュクを買え。





129 :名無し物書き@推敲中?:2006/10/15(日) 00:38:22
本当に輝いているんなら社会に適応できない奴じゃない限りはいける。
そこそこ輝いているだけならやっぱ媚びるしかないだろ

130 :名無し物書き@推敲中?:2006/10/15(日) 00:54:24
媚びなきゃ出せない小説は出しても売れなさそう。
媚びてりゃ出せるレーベルは潰れそう。

実力のある作家とレーベルだけが生き残って時代を造る。
社会人能力で読者は買ってくれないしね。

電撃かMFで今はガチ。


131 :名無し物書き@推敲中?:2006/10/15(日) 01:00:45
ガガルルが実力主義で追随してくれればいいんだが

132 :名無し物書き@推敲中?:2006/10/15(日) 01:29:17
>>128
それ何十年前の話よ。

133 :名無し物書き@推敲中?:2006/10/15(日) 01:55:22
>>131
笑わせるな

134 :名無し物書き@推敲中?:2006/10/15(日) 23:08:17
半世紀前の話。石原伝説。美談!\(◎o◎)/アッ!

135 :名無し物書き@推敲中?:2006/10/15(日) 23:17:52
一橋文芸にのったあとだから、あれはコネ。

136 :名無し物書き@推敲中?:2006/10/15(日) 23:30:05
純文で300枚程度の作品を書いてるんですが、冒頭わずかに3人称でその後1人称で書くとか
不利になりますかね。視点の変化はないほうがいいと聞きますが、どうでしょうか?

137 :名無し物書き@推敲中?:2006/10/15(日) 23:33:08
コネっていまもたくさんあるよね。なんとしても選考委員や編集者に
コネつけて、原稿通すべきだよ。裸踊りでもなんでもしてね。
職業作家になるということは、そういうことなんだよ。なっちまったら、
なんとでもカッコウはつく。それがいやなら、アマチュアに徹すべきだ。
カフカだって、生涯アマチュアだったんだからな。

138 :名無し物書き@推敲中?:2006/10/16(月) 00:05:31
>>86
>>87の言うとおりだと思うぞ。特に後者の質問は。
ただ、じっくり育ててくれることで定評があるのは、小説すばるだね。もちろん、狭き門だけど。

139 :名無し物書き@推敲中?:2006/10/16(月) 00:05:41
おまえに小説は無理だって
諦めて働け
バカ残飯(←ATOK標準単語登録済み)
 
 
 


140 :名無し物書き@推敲中?:2006/10/16(月) 01:04:42
136
必然性が感じられれば、視点の変更も可だ。
要は、そのほかに書き方がなかったということが、読者に説得的に
伝わってくるものであれば、オーケーだ。
どの細部のいかなる表現も唯一性を証明していなくてはならない。
小説にマニュアルなんかない。すべての表現に絶対的な必然性があること、
それだけが唯一の規範だ。


141 :名無し物書き@推敲中?:2006/10/16(月) 02:17:30
>>140
ありがとうございました。

142 :名無し物書き@推敲中?:2006/10/16(月) 03:26:01
夏目漱石の「こころ」なんかは大きな視点移動があるね。
後半丸々死んだじいさんの手記

143 :名無し物書き@推敲中?:2006/10/16(月) 12:05:30
>>142
あの終盤引き伸ばしは、本来予定されたものじゃなく、編集部の力で
無理やり長くされたもの。もともと「こころ」は新聞連載で、人気が
でちゃったから、編集の力でさっぱり終わらせてもらえずに手記部分が
「後半」と呼べるほどにまで伸ばされちゃったんだな。
漱石本人にそのつもりがなかったという証拠に、作品中でその手記を
受け取った人物は、その場で折りたたんで懐にしまっている。
その時点では、軽く懐にしまえる程度の分量にする予定だったということ。

まぁ、無理に引き伸ばされたとしても、あれはあれで名作になってる
と思う。現代では「ドラゴンボール」みたいに、無理に引き伸ばされてから
が人気出たのもあるんだし。

144 :名無し物書き@推敲中?:2006/10/17(火) 01:27:45
確かに。手紙にしては長すぎ
あんな中篇みたいな手紙貰ったら辟易しちゃうな

145 :名無し物書き@推敲中?:2006/11/14(火) 22:24:46
954 名前:名無し物書き@推敲中? 本日のレス 投稿日:2006/11/14(火) 21:08:18
まあ、お前らとりあえず落ち着け。スレも終わりに近いが、
俺も調べて、主にパクリと指摘されている点について要約してみた。

BF=削除
1冒頭、装置最後の一回を使用するラストシーン =冒頭、装置最後の一回を使用するラストシーン
2主人公が装置を使ったため自身が車イスに =車イスになった友人が装置を使って足が治る
3友人が責任を感じて車イスの主人公を守る =主人公が責任を感じて車イスの友人を守る
4装置の効力.過去の一部分に戻り未来を変える =過去の一部分を削り未来を変える
5装置の効力2.使いすぎると頭がおかしくなる。=使いすぎると頭がおかしくなる。
6装置の効力3.使えば使うほど歴史は悪い方向へ。 =使えば使うほど歴史は悪い方向へ。
7友人が自身の起こした事件により引き篭もりに=兄が自身の起こした事件により引き篭もりに
8ヒロインが自殺=兄が自殺
9双方とも主人公の父親は劇中で居なくなる。
10手に傷を付ける事で能力を証明 =手の傷が治る事で能力を証明
11主人公の日記が重要なアイテム =兄の日記で真相解明
12結末はヒロインとの出会いを無かった事に(ヒロインとは赤の他人に)
=結末は今までの出来事を無かった事に(修正後のヒロインとの出会いは記述されていないが、
元々は装置絡みと+して仲良くなったので、装置の無い世界では元々と同じ関係になるかどうかは分からず。)

13BFの公開日は2005年の5月。ポプラ賞の締め切り2006年3月まで半年以上あり、十分な創作期間があった事。
また、その期間にこれほど類似点がある作品が偶然にも作られたとは考えにくい事。

こんな感じだろ?自分で書いておいて何だが、
3、8、9、11に関しては単体のみ見ればこじつけにも近いだろう。
4、6、10もライムパラドックス系なら定番の手法とも擁護できる。
1も…物語を盛り上げる演出と考えるなら…まあセーフ。

2、5、7、12はありえない。
BFを知らん人間が同じタイムパラドックス系を書こうとして
偶然カブりましたというのに無理があるだろと。
…という意見でいざこざが延々と続いているわけか。

146 :名無し物書き@推敲中?:2006/11/15(水) 03:39:02
新人賞を取った後、作家で食べていけてる人って
何%いますか?

147 :名無し物書き@推敲中?:2006/11/15(水) 04:17:11
5%くらいだな。

148 :名無し物書き@推敲中?:2006/11/15(水) 10:00:23
うそお、20人に1人なの…。
一次選考に残るより大変ではないか…。

149 :名無し物書き@推敲中?:2006/11/15(水) 12:04:06
そんなもんじゃないの。
だって本なんて誰も読まないもん。


150 :名無し物書き@推敲中?:2006/11/16(木) 08:56:07
誰も読まないのか・・・

151 :名無し物書き@推敲中?:2006/11/16(木) 11:35:11
衝撃的な光景だったぞ。
八重洲ブックセンター(東京屈指の大型書店)の閑散。
棚の前にひとりかふたり。書籍不況はここまでかと。
これはもう、ダメかも・・・orz

152 :名無し物書き@推敲中?:2006/11/16(木) 11:57:03
時間帯だろ。
会社が終わったら、リーマンであふれるぞ。

153 :名無し物書き@推敲中?:2006/11/16(木) 15:18:24


本が売れない、読まれないのはひとえにに書いてる作家が馬鹿しかいないのと、
同じような本ばかり出してる出版社の編集がアホなだけ。



おもろかったら買う奴も増えるよ

154 :名無し物書き@推敲中?:2006/11/16(木) 18:25:48
作家としてやって行けない人間がデビューすると言うことは、
それに押されて、誰かが割を食ってることになるが。
そんなこと考えてる人はいないだろう。


155 :名無し物書き@推敲中?:2006/11/16(木) 19:36:35
だめぽ?

156 :OOOOOOOOO ◆toOoOooOoo :2006/11/24(金) 14:09:14
最近できた賞の評判


◎(優良)

○(普通)

△(平凡) 「ダ・ヴィンチ文学賞」

▼(最悪) 「ポプラ社小説大賞」、「野生時代青春文学大賞」

未評価:「小説宝石新人賞」、「TBSドラマ原作大賞」、「小学館ライトノベル大賞(ガガガ・ルルル)」

157 :名無し物書き@推敲中?:2006/11/25(土) 18:46:55
本屋に行ったんだけど、買いたい本が無かった。
近頃は、こんなことが続いている。
だから、新しい作家が必要なことはわかった。
ここ数年は新人が不作だ。ろくなのがいない。

158 :名無し物書き@推敲中?:2006/11/27(月) 22:55:03
昔の作家の本を買えばいいじゃん。
久しぶりに三島由紀夫を読んだが、やっぱ、うまいね。

159 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/08(金) 18:35:28
何年も選考委員が同じで、変わった作品が見つかるのか?
ひどいところになると、下読みまで一緒だったりして。

160 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/08(金) 21:18:29
関西文学ってどうなんだ?

161 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/09(土) 12:35:31
>作家としてやって行けない人間がデビューすると言うことは、
>それに押されて、誰かが割を食ってることになるが。
単に全体の質が悪いから、70点でもデビューさせてしまうからだろうな。
決して「誰かが割を食ってる」ということはない。
しいていうなら、読者がそうか。

ホラ大みたいに「該当作なし」とかやりまくればいいんだろうけど、
それじゃ経費だけかかって売るものなくなるからな。


162 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/09(土) 18:44:53
70点の奴がデビューできて、80点の人間が割を食ってないか。
前回と変わった作品を入れたいなら、
少なくとも下読みの入れ替えぐらいしたらどうだ。


163 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/10(日) 18:42:03
あげ

164 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/12(火) 18:39:25
このまま行くなら、出版社が文芸その物から撤退し、
文芸誌が廃止され、文学賞が廃止され、書き下ろしすら出なくなるか。
そしてマンガだけが生き残りそうだ。
誰か売れっ子の作家が出ない限り。

165 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/12(火) 18:41:34
>>164
そういう小説の話か?

166 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/13(水) 18:35:06
これだけ小説の売れ行きが悪くても、誰も危機感がない。
まるで、このままの状況が続いて欲しいように。
何故だろう?

167 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/13(水) 18:41:48
おまえばか?

168 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/13(水) 19:19:51
馬鹿ばっかり

169 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/13(水) 19:25:20
>>164
>このまま行くなら、出版社が文芸その物から撤退し、
>文芸誌が廃止され、文学賞が廃止され、書き下ろしすら出なくなるか。
>そしてマンガだけが生き残りそうだ。
>誰か売れっ子の作家が出ない限り。

読者がいる限り、それはないよ。
団塊の世代の集団リタイアが始まるんでしょ?
この人たちの(世代の)平均的読書量は10代のそれとは比べ物にならんよ。
おまけに、ヒマ。
マーケットはでかくなるんじゃないの?
だ・か・ら・どうせ出版社が潰れるにしても
「15歳の鬼才!」とかやってるトコからなんだろう。
どんどん潰れろ。
おまけに、高橋《バカ》審査員も食いっぱぐれて道連れとなるがいい。

170 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/13(水) 21:40:06
群像の一次通過者には連絡あるの?

171 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/13(水) 21:53:45
>>170
たかだか1次通過ごときの雑魚に連絡なんてあるわけないだろ

172 :悪い太郎 ◆LziSwFxVAU :2006/12/13(水) 22:11:19
俺の「文芸誌審査」では、群像なんか一次落ちだけどね。

173 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/13(水) 22:15:37
はあ?

174 :悪い太郎 ◆LziSwFxVAU :2006/12/13(水) 22:45:07
>>173
>はあ?

このクソ編集者。
オマエ、オマエだ。
大日本雄弁会の高額ボーナスを貪ってるだけのオマエのことだよ。


175 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/18(月) 18:30:26
どこかの賞は、応募作品の中にダミーを混ぜているとか。


176 :悪い太郎 ◆LziSwFxVAU :2006/12/19(火) 23:19:48
>>175
>どこかの賞は、応募作品の中にダミーを混ぜているとか。

切り返しになってねぇーよ、バカ。

177 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/20(水) 18:27:11
あんたが気づかないだけさ。

178 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/21(木) 21:18:02
文壇はBTKが多いな。。。

179 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/05(金) 00:14:20
B=部落民
T=朝鮮
K=韓国
こんな感じですか?

180 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/05(金) 03:48:17
馬鹿

カス
だよ

181 :OOOOOOOOO ◆toOoOooOoo :2007/01/05(金) 12:39:48
B 豚肉
T 鶏肉
K 食い放題

182 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/05(金) 15:03:22
今年も受賞者は帰化朝鮮人で占められるんだろうな。。。





183 :名無し物書き@推敲中?:2007/03/10(土) 05:13:27
誰にでも書ける時代が来ると

184 :名無し物書き@推敲中?:2007/03/25(日) 01:10:17
何この負け犬スレ(;´ω`)

185 :名無し物書き@推敲中?:2007/03/26(月) 12:36:11
誰にでも書けるのは昔から同じ
誰かに読んでもらうのが難しい

33 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)