5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

一次通過以上したことがある奴が威張るスレ

1 :名無し物書き@推敲中?:2006/07/20(木) 22:41:29
若輩者達の後学のために威張って下さい

2 :名無し物書き@推敲中?:2006/07/20(木) 22:52:09
一次通過
・小説として成り立っているもの
・ここで約8割が落とされる

二次通過
・カテゴリーが伴っているもの
・ここで1割程度まで絞られる

三次通過
・優れたものが生き残る
・約1%だけが残る

四次通過
・最終選考に値するものが選ばれる
・約5作品ほど

最終選考
・もっとも優れた作品のみが選ばれる
・通常1作品、場合によっては特別賞などもあり


3 :名無し物書き@推敲中?:2006/07/20(木) 23:00:56
よっしゃ!
>>1
下読みさんの迷惑だから、もう出すのやめなさい。

4 :名無し物書き@推敲中?:2006/07/20(木) 23:07:15

作家でごはんの荒らし「Hi」は資格なしだなwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww



5 :白石昇 ◆ywq0.8TYV6 :2006/07/20(木) 23:11:01
 ねむ。

6 :名無し物書き@推敲中?:2006/07/21(金) 01:25:07
一次=雑魚
二次=普通
三次=へぇ〜
四次=ほお
最終=すげー
受賞=なんであんなのが?

7 :名無し物書き@推敲中?:2006/07/21(金) 09:55:03
予選落ち=逝ってよし

8 :名無し物書き@推敲中?:2006/07/21(金) 12:03:20
>最終選考
>・もっとも優れた作品のみが選ばれる

選考委員の作家の好みのものが選ばれる

じゃないの?

9 :名無し物書き@推敲中?:2006/07/21(金) 14:33:24
>>2
小説として成り立っているものが2割しかないとは思えない
しかもそれだけで一次通過出来るものかと小説書いた事ないけど言ってみる

10 :名無し物書き@推敲中?:2006/07/21(金) 14:46:30
下読みやっているが、実際日記の延長線みたいなものばっかだよ
だいたい何本残してくれっていうのがあるけど
普通に小説といえるものを残すだけでも大変なときがある
5個残したいところに2,3個しか残せないときとかいつもだよ

11 :名無し物書き@推敲中?:2006/07/21(金) 15:04:11
そして他の下読みが7個通してプラマイゼロ。

12 :わたこ ◆wme5QUIDAM :2006/07/21(金) 15:51:26
>>9
小説の形がなしてない、というのはまあなんというか、
あまりにも下手だから評価に値しない、というくらいの意味なんでしょうよ。
要するに応募してくるひとの八割はへたくそだと、そういうわけなんですよ、きっと。

13 :名無し物書き@推敲中?:2006/07/21(金) 16:17:05
>>10
おぉ!本物の下読みさん降臨
下読み係の人はどのように選ばれるんですか?
普通のアルバイトみたいな人がやってる事はないでしょうが

14 :名無し物書き@推敲中?:2006/07/21(金) 19:39:19
なんつーか、宝くじのように書いては投稿する奴って多そうだもんな。
文芸っつっても芸術だから、受け取られ方次第では高く評価されるかもしれない。
そんな風に、ギャンブル感覚で自作の日記を送りつける奴が多いのかもしれん。

15 :名無し物書き@推敲中?:2006/07/22(土) 09:13:43
小説ではなく日記の延長でしかない物と小説の形になっている物。具体的にどう違うんでしょうか?

16 :名無し物書き@推敲中?:2006/07/22(土) 09:29:08
>>15
それがわからないうちは、きみは作家になれない

17 :名無し物書き@推敲中?:2006/07/22(土) 10:06:56
小説になってない日記のようなものがどんなのか想像できない
ウェルテルの日付がないバージョンかな?

18 :名無し物書き@推敲中?:2006/07/22(土) 10:31:06
このスレと同じネタ、もうここにあるにゃん。

【淫靡な】1次突破者専用サロン【自己満足】
http://book3.2ch.net/test/read.cgi/bun/1110254086/l50



19 :名無し物書き@推敲中?:2006/07/22(土) 10:44:40
>>17
そういうことじゃなくて、
『○○はこうした。そして△△をしながら、☆☆と思った』
みたいのがダラダラリズムも抑揚も何もなく続いてるってことだと
オモ。で、ヘタクソで蛇足な修辞だけは妙に多い、みたいな。
あえて日記の様相にしようとして書いてるプロの小説と
日記みたいにしか書けない素人の小説を一緒にするのは
あまりにあんまりだろ。

20 :名無し物書き@推敲中?:2006/07/22(土) 10:46:09
酷評サイトにいくと日記の延長みたいな駄小説いっぱいあるぞ。

21 :名無し物書き@推敲中?:2006/07/22(土) 12:22:04
16の人、偉そうなこと言わないで下さい。僕はプロの作家さんの小説しか読んだことがないんですよ。小説未満の物を知らないので具体的にどんなの?と訊いただけです。酷評サイトにいってきま〜す。

22 :名無し物書き@推敲中?:2006/07/22(土) 12:38:16
>>21
うん、行ってみ
だいたいわかるから

あと、自分16じゃないが、
作家目指してるヤシの大半が、プロの小説を読んでいて
なおかつ自らが書くものは日記並、ってのばっかだぞ。

それと当然、プロの作家の中にも駄文を書くヤシ、
日記並の小説を書くヤシはくさるほどいる。
君が小説未満のものを知らないということは、つまり
そういうプロの文章の未熟な部分を読み取れていないってことだ。
だから16の言うことは決して間違いじゃないよ。
君は「プロの書いたもの」というブランドに安心しきって
いないか? 

要するに、偉そうなのはどちらかと言えば君のほう。
決してケンカ売ってるわけじゃなく。
今からそんなプライド高いといくら書いても上達しないぞ?

23 :名無し物書き@推敲中?:2006/07/22(土) 13:46:06
>>21
君なら自分で書けるよ。

24 :名無し物書き@推敲中?:2006/07/23(日) 04:38:30
>15
具体的には、一人称視点の作品はまず駄目かな。
主観だけで書いて、客観性がない作品がとても多い。
つつみんのやつなんかそれなんだよね。
「僕ちん働いてます大変です泣きそうです」みたいな愚痴のオンパレード、とかさ。
三人称視点になっても、登場人物それぞれの心理をどこまで描けているか、となると
怪しい作品は多いんじゃないか。
三人称視点なのに、主人公の独白だけになってるとか。
あと純文学なら、ふかーい心理追求と、登場人物を突き放す冷酷さが欲しいねえ。
読んでて痛々しいくらい。
そのへんは漱石がいいかな。それも後期の。

25 :名無し物書き@推敲中?:2006/07/23(日) 17:36:09
>>15
詩とは声であり、小説とは声と声が呼び合う空間である、という考え方がある。
そこにいろんな人が出てきても、あくまで私的な日記の延長でしかないのであれば
そこには書き手の声しかない。
日記の形で書かれていても、「私」の外の声や力を意識して書かれていれば
小説としての体をなしうるんじゃないかな。



26 :名無し物書き@推敲中?:2006/09/07(木) 23:53:28
だれも>>15の質問に答えられてない。
もっと納得できる答えをくれ!

27 :名無し物書き@推敲中?:2006/09/07(木) 23:59:05
日記は、私的。小説は、公的。
アンネの日記は、公的なものになった代表。
公的なものには、それを公にする「意味」がある。

それを公開して社会的、文化的に意味のあるものが、小説とされる。

28 :名無し物書き@推敲中?:2006/09/08(金) 00:07:19
小説形式において「日記」っていうのは、作者の企みとして嘘が書ける形式と定義できる。

古くは永井荷風「断腸亭日常」。本当っぽく書いてる嘘の日記。すげえ根性w
最近では青木淳悟「四十日と四十夜のメルヘン」、阿部和重「インディヴィジュアル・プロジェクション」など。
読者を騙すことができる形式なのに、素直に日記書いてどないすんねん!

だから日記に読者を騙す仕掛けを入れる工夫をしているうちに、小説ができまっせ。

29 :名無し物書き@推敲中?:2006/09/11(月) 11:34:04
今現在、一次通過ならデビューできるだろ。
くだらん・・・

30 :名無し物書き@推敲中?:2006/09/11(月) 12:16:03


31 :名無し物書き@推敲中?:2006/09/26(火) 08:07:35
解っただろう?アスペルガー残飯
おまえは病気なんだ
私は好きなだけおまえをブタ殴りできる
この先何年も
 
            ケッ、ざまぁ見やがれ
 

32 :かよ ◆aD9aANAwtA :2006/09/26(火) 10:09:57
日記の延長、太宰治。小説の形になっているもの、トルストイだよ。
大江健三郎が小説を書くという行為を、それが何なのかを突き詰めてみたらしく、
それは、『僕はこういう経験をしました』そしてそれを伝える、というのが根幹だと気づいたらしい。
日記の延長で何も悪くない。ただ貶したいだけだろう。

33 :かよ ◆aD9aANAwtA :2006/09/26(火) 10:18:53
漱石の後期作品が小説の形なら、そんな形にしたくねえな

34 :名無し物書き@推敲中?:2006/09/26(火) 12:42:23
太宰は一見自分を出してるようで、綿密に計算して書いてますから。
体をなしていない話がどんだけへたれか、酷評スレのぞけば(;´∀`)わかるよ。
一次で落とされるのは文章よりも、ありきたりな設定のものだとプロが書いてました。真偽はいかに。

35 :名無し物書き@推敲中?:2006/10/25(水) 03:29:07
とりあえず一時通過したやつが未だに一人もこのスレで自慢していない件。

36 :名無し物書き@推敲中?:2006/10/30(月) 20:17:40
(⌒-⌒) じゃあ、俺が


37 :3:2006/11/25(土) 00:25:08
僕が出会いサイトの達人になるまでに…
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
http://ic.39.kg/san4562/ami/amiami.htm
□タレントの様な美女をゲットに送った写真の数…454枚
□愛人を作るのに交わしたメールの数…45243通!
□恋人を作るのに利用したサイトの数…350サイト!
□人妻を誘ってホテルへ行った回数…120回
□合コンを開くのに誘った女性の数…95人
■1年間でかかるパケット料金…150万円
■女性に年間おごった金額…230万円
■出会いで利用した携帯の数…8台!
□1年間でのセックスの回数…532回
□女に振られた数…155人><)
■僕は決してハンサムではない…
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
□でもそこまでしなくても大体夢はかないます。
http://ic.39.kg/san4562/ami/amiami.htm
↑そんな僕がサイトを作ってみました。
達人にならなくても2〜3回は貴方も出来ますよ。
お金をかけず自分に合った出会いを…!!

38 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/31(日) 19:45:46
一次までは良いが問題はその後だ。

39 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/07(日) 01:23:10
>>2
> 一次通過
> 二次通過
> 三次通過
> 四次通過
> ・最終選考に値するものが選ばれる
> ・約5作品ほど

四次通過が最終選考作って賞はほとんどないよ。
また、二次通過=最終選考作って賞もある。

40 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/19(金) 19:41:51
なんでたかが一次、二次が問題になるんだ。

41 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/19(金) 21:27:33
一次二次通過が問題になるわけじゃない。
一次落ちが問題外なだけだ。

42 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/19(金) 23:49:27
マジレスすると、
「一次通過は、かなりすごい」んだよ。
普通に書くだけの、
ほとんどの人間は一次通過できないんだから。
文章を書く9割以上の人間は、
一次通過できないんだから。


43 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/20(土) 01:05:19
>>42
> 文章を書く9割以上の人間は、 一次通過できないんだから。

そういやそうだな。しかも、小説書いて応募する人なんて、おそらく数百人にひとりくらい
しかいないし、その人達はそれなりに文章を書くのが得意なはず。それでも9割落ちる
んだから、普段文章なんて書かない人からすると、天と地ほどの、いや、エベレストの
頂上とマリアナ海溝の底くらいの開きがあるってことになるな。


44 :白石昇 ◆VJQ7nZOkww :2007/01/20(土) 02:27:01
>>43

> 小説書いて応募する人なんて、おそらく数百人にひとりくらい
> しかいないし、その人達はそれなりに文章を書くのが得意なはず。

 そうじゃない人が大多数。

 経験上間違いない。

 小説書いてる人と書いてない人のブログ比べればわかるでしょ。

45 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/20(土) 02:37:42
>>44
なんか>>43のレスを読み間違えていない?
「数百人にひとりくらいの、小説書いて応募する人達」は
「それなりに文章を書くのが得意なはず」と、>>43は言いたいんだと
思うんだが。それでも9割は落ちると。

46 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/20(土) 10:30:07
流れを読まずに自慢。

3次選考通過したぞ。
しかも2回連続。

投稿先を変えるだけでこんなにも違うものだと実感した。
やっぱり自分の傾向を見極めることは大切だね

47 :白石昇 ◆VJQ7nZOkww :2007/01/20(土) 10:30:11
 読み間違えてない。
 小説中心に書いてコンクールに応募しようと思っている人の大多数は
大多数の一般人よりも面白く読める文章が書けない。
 そこらにあるブログとかミクシィの日記とか読み比べてみればいい。
 一目瞭然だから。

48 :白石昇 ◆VJQ7nZOkww :2007/01/20(土) 10:36:19
 そもそも文書を書くのが得意な人間がこの板に集まっているなら、
ここもっと人がいるはずでしょ。面白い文章書き込める人が絶対的に
少ないじゃん。
 そういう傾向が存在してるんだよ。それはもう確固としてるの。
 わかりきったことなの。

49 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/20(土) 11:20:16
>>白石殿
>小説中心に書いてコンクールに応募しようと思っている人の大多数は
>大多数の一般人よりも面白く読める文章が書けない。
この意味がいまいちはっきりしないのだが、「小説を書いて新人賞に応募する
人達の母集団」と「そういうことをしない人達の母集団」を比較して、上手い
文章を書ける人の数は圧倒的に後者の方に多い、という意味だと解釈すると、
これには同意しかねる。後者の母集団の方が圧倒的に多いのだから、上手い文章を
書く人の絶対的な数は、確かに後者に多いかもしれない(圧倒的にかどうかは
ともかくとして)。しかし割合からいうと、断然前者に軍配が上がるだろう。
あなたは「大多数の一般人」というのを特殊な意味で使ってない? 「一応、文学
なりに幾らかでも関心がある人達」というような。本当の「大多数の一般人」という
のは、書くのはおろか本なんか全然読まないんだよ。自分のまわりを見渡せば、
そんな人達がゴロゴロしていることは明らかだと思うんだが。それでもそういう人達
の方が上手い文章を書けると主張するわけ? 不思議な世界というか、狭く特殊な世界
に住んでいるみたいだなあというのが、>>47のレスに対する感想だ。
それと>>48のレスだが、2ちゃんの書き込みで文章の質を判断するなんて無謀だろうよ。

50 :白石昇 ◆VJQ7nZOkww :2007/01/20(土) 11:38:37
>>49
 まず一言だけいっとく。個人的な見解↓だけど。

 面白くない文章は上手くても意味がない。
 そもそも面白くないのに上手いという文章は存在しない。

 この見解↑が受け入れられないならこれ以上あなたと話しても意味がないと思う。

 ちなみに見解としては個人的だけど普遍的に間違いない見解だと確信している。


51 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/20(土) 11:58:20
>>50
49じゃないが

>  面白くない文章は上手くても意味がない。
>  そもそも面白くないのに上手いという文章は存在しない。

それは一面、正しい。つまり、「おもしろい文章と上手い文章というのは違う」という
意味において。しかし、おもしろい文章というのは、もともとちゃんとした文章で
ある必要がある。そうでないと、ちゃんと作者の意思を伝えられないから。だから
それは「文学的にすばらしい」とかいう意味を除けば、充分上手い文章だと言える
と思うが。


52 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/20(土) 12:00:56
>>48
「わかりきったこと」というのなら、せめて推計統計学の
基礎くらい理解してからにしたほうが良いのでは?
あまりも主観的かつ非科学的すぎる手法で主張しても、
そこには何の信頼性もないよ。

53 :白石昇 ◆VJQ7nZOkww :2007/01/20(土) 12:30:32
>>51
 文学的に素晴らしい文章、って定義は受け入れられないなあ。
 翻訳やってる人間としては。

>>52
 >>52に書かれているようなネガティヴな愚痴に近いつっこみばっかり書
いてあったりするから面白くないんですよ。

 広義の面白さ、ってのを全く意識しないで書かれてる文章ばっかりなの。

54 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/20(土) 12:36:03
>>53
>  文学的に素晴らしい文章、って定義は受け入れられないなあ。

ってことは、「上手い文章=文学的に素晴らしい文章」ってことになるよ。
良く読んでね。


55 :白石昇 ◆VJQ7nZOkww :2007/01/20(土) 13:54:00
>>54
 言ってることのわけがわからない。
 一行だけ取り出してつっこまれてもって感じ。

 英文和訳ぐらいしたことあるだろうに。

 それ以前にツッコミとして面白くないのが問題。
 話の流れ的にもそこが一番問題。

56 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/20(土) 16:18:39
>>55
1行だけ突っ込んでるから意味が分からないのはそっち。53をその3倍くらいの
文章量でちゃんと説明しないからだよ。


57 :白石昇 ◆VJQ7nZOkww :2007/01/20(土) 17:06:15
>>56
 簡単に言えば内容なしに文学的に素晴らしいとかはあり得ない、って事を言いたいの
です。

 文章が上手い上手くないって事だけを問題にしたら、翻訳する人によって元の作品の
品質とか作品属性が大幅に変わるって事になっちゃうでしょ? それが言いたかった。

 そういった土台をふまえた上で、小説だけ書いてなんかのコンクールで一次通過した
いとか考えてる系の人が書いた文章は面白くないのです。

 自分はコンクールの選考通るための小説書く人だからブログとかネットとかは垂れ流
しでいいとかいう感じになっちゃうみたい。で、その結果面白くなくなる、と勝手に推測。

 勝手な推測だけどみんなほぼそうなの。

 そっち系の人が書くブログとか日記は普通に面白い文章書こうと思って書いてる人た
ちに比べて話にならないくらつまんないのよ。

 傾向的に本当にそう。

 広義の面白い文章、を書こうって意識が希薄なのよ。そっち系の人たちは。

 一番大事なことなのにね。

 以上が僕がいくつも目にしてきてはっきりと確信したこと。

 とりあえず以上、自分の発言趣旨を明確にしてみました。

 あ、でも一部例外がある。

 そっち系の人たち相手の情報起業的な色彩がある個人ブログとかは読者を意識して
るからある意味面白い。

58 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/20(土) 21:32:37
>>57
読むのめんどいな

59 :白石昇 ◆VJQ7nZOkww :2007/01/20(土) 22:39:56
>>58
 ごめん。わるかった。

60 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/21(日) 14:46:26
> 自分はコンクールの選考通るための小説書く人だからブログとかネットとかは垂れ流
>しでいいとかいう感じになっちゃうみたい。で、その結果面白くなくなる、と勝手に推測。

そんな奴は本業のコンクール用小説も面白くなさそうだな。
結局面白くない奴だけが、小説書いてコンクール応募しようとするんじゃないの。
というかコンクールの9割が1次落ちつーなら、
自分が見えてない人が9割もいるってことだよね。
自分が見えてない人のブログは面白くないよね多分。

61 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/24(水) 08:44:47
……で、ここのスレタイは「一次通過以上したことがある奴が威張るスレ」だよな。
肝心の一次以上通過した香具師は書き込んでないのか?
ちなみに俺は最終まで残って、担当もついたぞ。

62 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/24(水) 08:55:30
>>61
( ´,_ゝ`)プッ

63 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/24(水) 09:10:46
>>62
笑うなよ、ネタじゃねぇぞ。マジだ。

64 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/24(水) 09:12:07
で、どんな感じ?

65 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/24(水) 09:16:06
>>64
んー、放置プレイ?
出す企画は片っ端から没にされてる。今のところ通ったのは一つもない(涙)
やっぱね、プロはワナビとは全然違うわ、死ぬほどシビアっす。

66 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/24(水) 09:26:55
たいへんだなあ。企画ってどんなふうに断られるの?

67 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/24(水) 09:37:03
「そうですね、たしかにこれは面白いと思います。ですが……」って大体言われる。
ネタとしては面白いんだけど、読者に受けないってのが一番理由として大きいよ。
やっぱ作者がいくら面白いって思ってても、売れなきゃ意味ないから。だから、読者の視点に立ってね、っていっつもも言われるよ。
疲れた。

68 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/24(水) 14:05:23
は〜、プロは厳しいな。俺は書けない書けないって2ちゃんばかりやってて駄目人間だな。

69 :61:2007/01/24(水) 14:22:47
>>68
それ言うんだったら俺はどうなるんだよ(笑) 俺も2ちゃんに書き込みしてるぞ。
誰だって最初から上手いわけじゃないし、俺もへたれな時期があった(今でも先人には遠く及ばないが)
俺はお話を作ること以外はすげぇ低スペックだけど、こればっかりは好きで好きでどうしようもなかったからな。
だから、好きで続けられれば道はあると思う。ガンガレ、俺もアドバイスできることがあったら書き込むよ。

70 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/24(水) 15:19:08
>>61さんへ
最終に残って受賞できなくとも担当つくケースって、けっこうあるのですか?
ぼくは去年ぐらいからようやく1次は通過できるようになりました。


71 :61:2007/01/24(水) 15:37:27
>>70
ある。というか、電撃とかだったら最終まで残って文庫化された例があるし。
ただ、受賞しといたほうがキャリアと知名度の点で絶対有利でふ。
とにかく面白い作品だったら最終まで残れると思う。何が面白い点なのかは……プロの作品を見るといい。
巷に出てる娯楽作品には、必ずどっかに面白さの共通点があるから。
それを見つけ出せれば、自分の作品に応用できるよ。ただ、自分が面白いと思えなければ無意味だけどね。

72 :白石昇 ◆VJQ7nZOkww :2007/01/24(水) 16:17:02
>>61
 一応あります。

73 :61:2007/01/24(水) 16:30:44
>>72
お、マジで? お互いに切磋琢磨していかんとね。

74 :70:2007/01/24(水) 16:57:45
>71
サンクス。
今年は必ず最終選考に残る!

75 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/24(水) 20:30:26
白石も企画を編集者に没にされたこととかあるの?

76 :白石昇 ◆VJQ7nZOkww :2007/01/24(水) 23:32:38
>>75
 去年は二桁いったね。もちこみはかなり惨敗。
 依頼された作文はほとんどチェックが入ることはないけど。

77 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/24(水) 23:56:39
えっ、白石も企画を持ち込んでるの? 小説全文書いて持ち込むんじゃないのか。
あらすじみたいなのを書いて持ち込むの?

78 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/25(木) 11:28:32
公募組は着々と成果あげているんだろうな。

79 :白石昇 ◆VJQ7nZOkww :2007/01/25(木) 14:55:14
>>77
 小説なんて商売にならないようなものは持ち込まない。
 向こうが困るだけだから。
 基本的にいろんな編集者さんに相談して持ち込んでもらう。
 企画書は編集者さんに指示されて書いたりその人が書いてくれたり。
 つうか自分で直接つてもなく持ち込み、ってのはほとんどないな。
 一回やったけど追い返された。

>>78
 そんな組があるのか知らなかった。

80 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/26(金) 09:27:41
つーか一次さえ通れば、後は編集・選考委員の誰かに好かれるどうかっていうだけの問題だろ
誰かに愛されるような小説を書けるかかけないかと言う問題

81 :名無し物書き@推敲中?::2007/02/14(水) 13:10:30
次は一時間後

82 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/19(月) 00:50:22
そろそろ上げてみる

83 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/19(月) 00:51:04
現在、最終街

25 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)