5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

◆◇◆◇ジャンプ小説大賞 その3◇◆◇◆

1 :前スレ950:2006/09/13(水) 17:03:11
ジャンプ小説大賞について語るスレ。テンプレは>>1-7 あたり。

□内容
週刊少年ジャンプの読者である中学〜高校生が楽しめる作品を募集します。テーマ・ジャンルは問いません。スポーツ・SF・ミステリーにファンタジーはもちろん、ノンフィクションも可。ただし、未発表作品に限ります。

□応募資格
年齢・職業は問いません。プロ・アマ問わずどなたでも応募できます。

□枚数
400字詰め原稿用紙で200枚以内。必ずタテ書きのこと。ワープロ原稿の場合には20字×20行で書いてください。また、400字詰め原稿用紙2枚程度の梗概(あらすじ)をつけてください。
住所・氏名・年齢・職業(学年)・電話番号(連絡先でも可)・略歴を明記してください。

□あて先
〒101-8050
東京都千代田区一ツ橋2-5-10
集英社j-BOOKS編集部「第15回ジャンプ小説大賞」係

□募集
2006年 秋 募集開始か?

※応募作品は返却いたしません。必要な方はコピーをとってご応募ください。なお、応募作品の出版権・漫画化権・上映及び上演等の諸権利が生じた場合、その優先権は集英社が所持いたします。
※選考経過に関する電話等でのご質問はお受けできません。

○大賞 賞状+副賞賞金100万円+パソコン
○入選 賞状+副賞賞金50万円+パソコン
○佳作 賞状+副賞賞金30万円※パソコンは授賞時の最新機種(20万円相当)の予定です。
※贈賞式(賞状・副賞賞金の授与)は都内ホテルにて行われます。


2 :前スレ950:2006/09/13(水) 17:05:37
□過去スレ
ジャンプ小説大賞
ttp://p2.chbox.jp/read.php?url=http://book3.2ch.net/test/read.cgi/bun/1072691614/
■□■□ジャンプ小説大賞 その2□■□■
ttp://book3.2ch.net/test/read.cgi/bun/1129428729/l50

○関連スレ
●ラノベ板
『JUMP j-BOOKS』-ジャンプジェイブックス-総合スレ
ttp://book3.2ch.net/test/read.cgi/magazin/1086366083/l50
小川一水スレ8 老ヴォールの惑星・千マイル急行
ttp://book3.2ch.net/test/read.cgi/magazin/1152336329/l50
【ジハード】定金伸治総合スレッドPart3【姫神】
ttp://book3.2ch.net/test/read.cgi/magazin/1133362882/l50
●一般書籍板
村山由佳PART2
ttp://book3.2ch.net/test/read.cgi/books/1148603475/l50
乙一5
ttp://book3.2ch.net/test/read.cgi/books/1153122744/l50


3 :前スレ950:2006/09/13(水) 17:06:45
○関連リンク
第15回ジャンプ小説大賞
ttp://j-books.shueisha.co.jp/prize/
ライトノベル系小説賞データベース
ttp://www.tennodai.com/~nob/database/
下読みの鉄人
ttp://www.sky.sannet.ne.jp/shitayomi/
作家でごはん!
ttp://sakka.org/
ネガティヴなアドヴァイス
ttp://members.jcom.home.ne.jp/w3c/MediaMix/writing/002story.html
草一屋 執筆支援室
ttp://homepage3.nifty.com/sou1ya/guide/a_001g.htm

定金伸治公式サイト「定金製作所」
ttp://www.sadakane-ss.net/
村山由佳公式サイト「YUKA BLUE」
ttp://yuka-murayama.com/
村山由佳の「Coffee Break」
ttp://www.shueisha.co.jp/coffee/
天羽沙夜のサイト「Depressed Detective」
ttp://homepage2.nifty.com/saya_nya/
乙一のサイト「WebMagazine」
ttp://www.geocities.co.jp/Bookend-Yasunari/3259/
乙一「小生物語」
ttp://webmagazine.gentosha.co.jp/otsuichi/otsuichi.html
松原真琴(HNは「クラシナ」)のサイト「フミンフキュウ」
ttp://humin148.hp.infoseek.co.jp/top.htm
小川一水のサイト「小川遊水池」
ttp://homepage1.nifty.com/issui/

4 :前スレ950:2006/09/13(水) 17:07:22
■枚数?
  募集要項では200枚以内となっているが、
  入賞して製本されることを考えれば100枚以上は欲しいところ。
  枚数が少なくてもそれが落選の一番の理由にはならないはず。
■原稿用紙のサイズ?
  原稿用紙サイズはA4かB5
  特に指定はないがA4サイズの方が一般的かも。
  「B5だから〜」という理由では落とされない 。
■印刷?
  原稿用紙風、または原稿用紙に印刷しない 。
  白地に文字だけがベスト。
  原稿用紙の罫線は下読みさんが読みにくいらしい 。
■文字サイズ?
  文字サイズはなるべく大きめ、14〜18pt 推奨。
■字間? 余白?
  字間は0%推奨、上下左右端の余白は多めに取る
  字間があると―――や……が繋がらないらしい。
  用紙いっぱいに均等に、等間隔に文字配列しないこと 。
  一太郎なら「書式」→「文書スタイル」で設定できるはず。
  ワードは「書式」→「フォント」→「文字幅と間隔」だけど標準なら問題ないかと。
■梗概? 個人データ?
  募集要項の指示に従うこと。
  くれぐれも余計なことは書かない。

5 :前スレ950:2006/09/13(水) 17:07:57
■綴じ方?
  黒紐綴じかダブルクリップ綴じは、指定がないのでどちらでもいいはず。
  「ダブルクリップだから〜」という理由では落とされない 。
■ページ番号?
  ページ数(番号)を原稿用紙左下に付ける。
  万が一、下読みさんが誤ってばらばらにしてしまっても直せるようにすること。
■封筒?
  封筒は原稿の紙よりも一回り大きなサイズを使う。
  B5→A4  A4→B4 という風に。
  これは紙が折れてしまわないようにといった配慮であるので強制ではない。
■応募方法間違えた!
  余程の人物じゃないと、後の不安・後悔・失敗・失態感などの諸々はぬぐえないもん。
  特に応募原稿の内容よりも、応募の際の規定や体裁の方が気になるのは当然。
  しかし、投函したらもう気にしてたってしょうがない。
  なるようになる。人事尽くして天命待つ。
  何より、物書きなら内容で勝負すれば良し。以上。
■編集や選考員ダメじゃね?
  そう思うならきっとこの賞は向いてない。
  散々言われていることなので今更蒸し返すのは愚かというもの。
  他の賞をあたること。

6 :前スレ950:2006/09/13(水) 17:08:38
◆過去受賞者リスト◆
第1回  入 選   前野兆治    『川崎ドリーム』(受賞作)
        〃     定金伸治    「ジハード」
      佳 作   村山由佳    「もう一度デジャ・ヴ」(=第129回直木賞)
      奨励賞   夢幻        「ミッドナイト・マジック」
      奨励賞   渋谷英樹    「万物の霊長は猫である」
第2回  大 賞   多岐友伊    「空飛ぶ船」
      入 選    石川考一    「BLACK ONIX」
      佳 作   絹川亜希子   「新撰組異聞 火取虫」
第3回  佳 作   霧咲遼樹    「眠り姫は魔法を使う」(現PN:桐咲了酒?)
       〃    沢口子竜     『迷投手!誕生』(受賞作)
       〃    河出智紀     『リトルスター』(受賞作、この時は未デビュー)《=第6回大賞》《作者サイトで読めます》
      努力賞  あすか正太   《データなし、不明。受賞PNも違うかも》
           ※デビューはかなり後、「アースフィア・クロニクル大魔王アリス」(電撃文庫)
第4回  大 賞   映島巡      「ZERO」(別PN:永嶋恵美)
      佳 作   天羽沙夜    『RAT SHOTS』(受賞作)(ややこしいので電撃※1)
      奨励賞   田村大     『呪剣』(受賞作)
第5回  佳 作   山本恒彦    『パジャマラマ』(受賞作)
第6回  大 賞   乙一        「夏と花火と私の死体」
       〃    河出智紀     「まずは一報ポプラパレスより」(現PN:小川一水)
      佳 作   山田武博    『風物語』(受賞作)
      奨励賞  百目鬼涼一郎  『鉄甲船異聞木津川口の波涛』(受賞作)



7 :前スレ950:2006/09/13(水) 17:17:11
第7回  入 選   清水てつき   「ベイスボール★キッズ」
       〃     久本裕詩    『僕たちは、いつまでもここにいるわけではない』(受賞作)
第8回  大 賞   彩永真司    「スパークリング」(サブタイトル長いので略、ちなみにハードカバー)
      佳 作   わたなべ文則  『砂糖菓子』(受賞作)
      佳 作   観月文      『ジジイとスライムとあたし』(受賞作)
第9回  入 選   希崎火夜    「時限爆呪」(現PN:城崎火也)
       〃     大木智洋    「ランニング・オプ」(現PN:大崎知仁)
      佳 作   原田直澄    『不機嫌な人(々)』(受賞作)
第10回  佳 作   加藤政義    『鬼哭山恋奇譚』(受賞作)
       〃     小粥かおり   『つたのとりで』(受賞作)
第11回  入 選   松原真琴    「そして龍太はニャーと鳴く」
      佳 作   トバシサイコ  『一週間』(受賞作)
第12回  入 選   保田亨介    「俺らしく B-坊主」
      佳 作   小田真紀恵  『明治犬鑑』(受賞作)《Web連載あり》
第13回  入 選   岡田成司    「復活のマウンド〜加賀谷智明の軌跡〜」
     特別奨励賞 磨聖      『阿吽の弾丸』(受賞作)《Web連載あり》
第14回  大 賞   志堂日咲    「舞王―プリンシパル―」
      佳 作   須藤万尋    『ヘル・ジャンパー』(受賞作)《Web連載あり》
       〃     野口卓也    『日常転換期』(受賞作)《Web連載あり》
第15回  佳 作   中野文明    『鏡色の瞳』(受賞作)《Web連載か?》

8 :名無し物書き@推敲中?:2006/09/13(水) 20:51:15
>>1

さりげなく仕事が細かいな

9 :名無し物書き@推敲中?:2006/09/14(木) 02:52:04
>1乙イチ

10 :名無し物書き@推敲中?:2006/09/14(木) 03:26:13
乙一乙一乙一乙一乙一乙一乙一乙一乙一乙一乙一

11 :名無し物書き@推敲中?:2006/09/14(木) 13:33:00
>>1
Good job!


12 :名無し物書き@推敲中?:2006/09/18(月) 23:29:08
>>1
皆はもう次回作の案は出来てる?
ていうかもう書き始めちゃってる?

13 :名無し物書き@推敲中?:2006/09/19(火) 20:29:04
>>12
ぼちぼち書き始めてるよ。まだ50枚くらいだけど。
考えたくないけどもし賞が取り潰しになったら
書き足して他へ送れるように構成立ててる。

14 :名無し物書き@推敲中?:2006/09/19(火) 21:31:40
>>13
頑張ってるね。
自分はネタ探し中。

15 :名無し物書き@推敲中?:2006/09/20(水) 02:25:18
取り潰し決定したよ。
上層部が、宣伝で大賞の冠かぶせて刊行しても売れない
普通に審査したら応募ばかり多くて
刊行レベルの作品が一本も出ないような賞にもう用はないってさ。

16 :名無し物書き@推敲中?:2006/09/20(水) 02:26:31
なので皆さん諦めましょうね。

17 :名無し物書き@推敲中?:2006/09/20(水) 02:41:34
マ ジ か
いや、キャッシュ確認するまでは信じていよう。
急にジャンプ買うのが怖くなった。

18 :名無し物書き@推敲中?:2006/09/20(水) 03:07:12
デマだろうね。有り得そうな話ではあるが。


19 :名無し物書き@推敲中?:2006/09/20(水) 03:10:27
妨害工作の匂いがぷんぷんするな。

20 :名無し物書き@推敲中?:2006/09/20(水) 22:43:48
まあ賞の有無に関係なく常に書いているがな。

21 :名無し物書き@推敲中?:2006/09/21(木) 22:01:28
なんだろうな、ぱっと受賞者一覧見ると
面白そうなタイトルの物がほとんどないなw
タイトルだけでも読みたくなるようなものを付けなきゃな、という気に改めてなる。
中身も伴ってればもちろんそれが一番いいけどさ。

22 :名無し物書き@推敲中?:2006/09/23(土) 02:05:36
さて、話題も無いし傾向対策でも練りますか。答えを出さない方針で。
一般的に傾向なんてないって言われてるけどそれでも特徴の一つや二つはあるだろ。
実力の有る無しはとりあえずおいといて、審査員の喜びそうな作品とは何ぞや?ってことで。

23 :名無し物書き@推敲中?:2006/09/24(日) 00:02:20
傾向ってか対策になるかも知れんが。
前スレの最後のほうで
「審査員が求めてる作品(大人向け)と編集部が求めてる作品(子供向け)の相違」
みたいなレスがあった(はず)。
仮にそう考えたとしたら「とりあえず一次通過」か
「大賞狙い」かで対策できそうかも。
推論の重ねがけだから決してアテにはならないけどね。

24 :名無し物書き@推敲中?:2006/09/25(月) 01:48:35
何かそんな感じだよな。ラノベより純文寄りっていうか。
応募者の低年齢・低レベル化も進んでるっぽいし編集側はうんざりだろう。
賞の性質からいうとそれもやむを得ないことなんだけど。
ラノベは誰にでも書けそうな気がするから危険だ。
無茶設定が普通に通る。だけどそれが罠だ。
筆力がないとただの痛い文章になるってことに気付かないと
どんどん暴走するんだろうなぁ……
今アイデア練ってる人は↓でも見ながらどうぞ。

バカの一つ覚えの設定
ttp://www.geocities.co.jp/Bookend-Ohgai/6952/baka1/

設定がバカ一でも説得力とエンタメ性が十分なら俺は構わないと思う。
ドリフのようなお約束の好きな俺としては。
水戸黄門が愛され続けてるのも同じような理由だし。
あんまり奇を衒おうとするのも考えもん。

25 :名無し物書き@推敲中?:2006/09/26(火) 01:15:19
今週のジャンプにも何にも載ってなかった(´・ω・`)

26 :名無し物書き@推敲中?::2006/09/28(木) 11:49:23
った

27 :名無し物書き@推敲中?:2006/09/29(金) 21:31:50
ジャンプの小説大賞って締め切りいつ?
何ページ書けばいいの?
なんかルールとかあるの?
題名と名前は作文用紙の文字書く所に書いていいの?
どんな小説でもいいの?

28 :27:2006/09/29(金) 21:42:01
ごめんなさい。レス読んだら、だいたいわかりました。

29 :名無し物書き@推敲中?:2006/10/03(火) 00:29:14
去年と同じ流れなら来週号辺りに何かしら載るはず!

30 :名無し物書き@推敲中?:2006/10/07(土) 09:44:41
早いところではもうジャンプ売ってんじゃね?誰か速報を……

31 :名無し物書き@推敲中?:2006/10/07(土) 13:51:52
今日発売のジャンプには、小説大賞についてはなにも載っていませんでした。

32 :名無し物書き@推敲中?:2006/10/08(日) 22:46:56
あー。秋っていつまでが秋?暦の上では、っていうことかな?
そうすると11月までか……

33 :名無し物書き@推敲中?:2006/10/09(月) 16:21:45
締め切りいつ発表されんだよ。具体的な応募要項とかって前期までのだろ?
まぁ大体毎回同じだからいいが
今回締め切り遅くなりそうな気もするな。なんか12月31日までとか・・・

34 :名無し物書き@推敲中?:2006/10/09(月) 16:23:12
すまんアゲた


35 :名無し物書き@推敲中?:2006/10/15(日) 00:37:55
今週のジャンプにもなし、と……。
ジャンプ小説大賞以外は応募する気あんまりないから
今年もやるなら早めに告知してほしいところ。

36 :名無し物書き@推敲中?:2006/10/15(日) 00:44:37
1ページも無かったね
ちゃんと募集してくれるんだろうか

37 :名無し物書き@推敲中?:2006/10/20(金) 21:35:21
応募しよかと思ってんだけど、発表がないとなぁ。質問もあるし。

未発表作品に限るって、どこまでが未発表扱いなんだ?
同人誌やブログで公開したら、発表ってことなんだろうか?

38 :名無し物書き@推敲中?:2006/10/20(金) 22:17:34
来週のWJに告知があるらしい
今回のイラストはみえるひと描いてた岩代俊明だとか

39 :名無し物書き@推敲中?:2006/10/20(金) 22:37:45
>>37
ブログは分かりませんが、同人誌は未発表扱いらしいですよ。

40 :名無し物書き@推敲中?:2006/10/21(土) 02:27:19
イラスト変わるんだね〜。今度は、みえるひとの作者か。

41 :名無し物書き@推敲中?:2006/10/22(日) 20:13:45
へぇぇ、同人誌はОKなんだぁ。
それならできるかもしんねぇ。
サンクス。。。


42 :名無し物書き@推敲中?:2006/10/23(月) 16:12:21
■発表■
第16回 ジャンプ小説大賞 募集開始!
締切  2007年2月28日(水) (当日消印有効)
審査員 大沢在昌 栗本薫 高橋三千綱 J-BOOKS編集長(変化無し)
キャラクターデザイン 岩代俊明 (みえるひとの作者)

その他特に変化無し。
枚数が400字詰めで210枚なのは前からだっけ?

あ、15回佳作の『鏡色の瞳』は10月30日から連載が始まるそうな。

43 :名無し物書き@推敲中?:2006/10/23(月) 17:51:53
前回までは、確か400字詰めで200枚以内となっていた筈。
そういえば、今回からはワープロ原稿の場合は40字×30行で70枚以内って規定に
なったね。
前回は特にワープロ原稿の規定はなかったけど…

44 :名無し物書き@推敲中?:2006/10/23(月) 20:05:00
表紙をつけるってどういうことですか?原稿用紙一枚に題名だけ書いて、二枚目から文を書き始めればいいってことですか?

45 :名無し物書き@推敲中?:2006/10/23(月) 21:20:32
210枚って、なんだこの半端な増量は?
消費税分かよ。ww

46 :名無し物書き@推敲中?:2006/10/23(月) 22:53:38
二百頁にまとめようとして数頁だけ越してしまう奴でもいるんじゃない?

47 :名無し物書き@推敲中?:2006/10/23(月) 22:54:20
表紙にタイトル・あなたの本名・あるならばあなたのペンネーム。
800字程度のあらすじもつけなくちゃなぁ・・・。
あらすじかぁ・・・・・。


48 :名無し物書き@推敲中?:2006/10/23(月) 23:08:24
>>44
★枚数・原稿の形式
・原稿のはじめには必ず表紙をつけ、タイトル・氏名(ある場合はペンネーム)を明記。
・次ページに800字程度のあらすじを添付。
・あらすじの次ページに、次の項目を明記。本名、住所、年齢、電話番号、略歴(過去の受賞歴など)、ある場合はEメールアドレス。
・本文は400字詰め原稿用紙換算210枚以内。ワープロ原稿の場合には40字×30行で印字。必ずタテ書きのこと。
・原稿には通し番号をつけ、右上を綴じること。

応募の決まりをちゃんと読みなさい。
これすら分からないような国語力なら、そもそも応募するべきではない。
上を目指すならばまじめに勉強し直すことをお勧めする。
細かいことで知りたかったらまずは上のリンクにある「下読みの鉄人」を
よく読んだ上で質問すること。

49 :名無し物書き@推敲中?:2006/10/23(月) 23:08:45
>>45
消費税ワラタw

やっと20字×20行やめたのか。なんで20×20なのかずっと疑問だった。読みにくいでしょ。

50 :名無し物書き@推敲中?:2006/10/23(月) 23:09:42
そういえば、最近ライトノベルの新人賞たくさんできてるよな。ここと同じようにPCがついてくるところもあるし。

51 :44:2006/10/24(火) 00:55:23
>>48
ありがとう。心からありがとう。

52 :名無し物書き@推敲中?:2006/10/28(土) 02:22:50
210枚以内らしいけど、実際何枚くらい書けばいいの?100枚くらいでもいいの?


53 :名無し物書き@推敲中?:2006/10/28(土) 13:06:31
作品になってたらいいんじゃない?
でも、入賞以上で本になるんだから、そりゃ多い方が望ましいと思う。

54 :名無し物書き@推敲中?:2006/10/28(土) 15:08:27
>>53
なるほど。ありがとう。


審査員は1番なにを評価するんだろ?文章力?それだとヤバいんだけど…
多少文章は荒くてもストーリー自体が面白ければいいのかなぁ?

55 :名無し物書き@推敲中?:2006/10/28(土) 15:10:01
文章力が基準以下の人間なんて少ないだろうから、オリジナリティだろうね。
今までに無いストーリーで個性のあるキャラクターの出てくる小説が書ければそれで。
面白い、というのは大前提じゃないのかな。

56 :名無し物書き@推敲中?:2006/10/28(土) 16:26:58
>>55
ギャグ小説で賞は取れるのかな?

57 :名無し物書き@推敲中?:2006/10/28(土) 19:55:57
ギャグの面白さが持続出来ていればいいのではないかと。
ただ、これは長編である意味が無いと判断されるようなものは駄目だろうね。

58 :名無し物書き@推敲中?:2006/10/29(日) 02:07:46
>>57
>じゃあ、まずストーリーがしっかりしてて、なおかつその中にギャグを連続で入れていかなきゃダメなのかぁ
審査員のギャグセンスはどうなんだろう?

59 :名無し物書き@推敲中?:2006/10/29(日) 14:41:28
第14回で大賞とった『舞王』はギャグテイストっぽかったと記憶している。
読んだことはないんだが、審査結果発表されたときに「抱腹絶倒!」ってアオリが付いてたような
気がするんだ(記憶違いだったらスマン)。
可能なら『舞王』を読んでみたら、参考になるかもしれないね。

60 :名無し物書き@推敲中?:2006/10/29(日) 22:08:53
>>59
14回って最近だねぇ

その情報はうれしいな
ギャグでもいけるって事か

書くぞぉ〜

61 :名無し物書き@推敲中?:2006/10/30(月) 15:02:28
>>60
審査委員のくりもっちゃんは思いっきりぶっ飛んだものが
好きだと思うよ。15回のコメントみてると。
ガンガレ。

62 :名無し物書き@推敲中?:2006/10/30(月) 20:49:22
本誌掲載の募集要項がプチ変更。

先週:ワープロ原稿の場合は40字×30行で70枚以内

今週:ワープロ原稿の場合は40字×30行で印字

70枚以内という規定がなくなりました(ホームページの要項では最初からなかった)。
やっぱり、文章量は原稿用紙換算枚数で計算すればいいようですね。

63 :名無し物書き@推敲中?:2006/10/31(火) 12:10:53
ホントだ。なくなってる。

64 :名無し物書き@推敲中?:2006/11/01(水) 02:54:38
>>60
「舞王」はたしかにギャクテイストふんだん作品だけど、
ストーリーはいちおうしっかりしてた。

65 :名無し物書き@推敲中?:2006/11/01(水) 17:40:16
鏡色の瞳読んだ? あれどうなの?

66 :名無し物書き@推敲中?:2006/11/01(水) 20:34:46
まだ第一回だけど。
友達のいない女子高生って設定は結構あるよね。
苛められてはいないけど、一人。
そういうのって現実にある。
今後の展開も見ていこうと思う。

67 :名無し物書き@推敲中?:2006/11/02(木) 03:50:46
なんか劣化した乙一みたいな感じだったな。
一回だけじゃまだ判断できないけどさ。

68 :名無し物書き@推敲中?:2006/11/02(木) 18:43:45
>>67
劣化した乙一と言うか出だしの書き方が『Calling You』をパクった感じで萎えた。

69 :名無し物書き@推敲中?:2006/11/02(木) 23:37:16
『Calling You』ってどんな話だったっけ?
読んだんだけど忘れてしまった。

70 :名無し物書き@推敲中?:2006/11/03(金) 13:50:06
『colling you』は鏡色の瞳の主人公と似たような設定の、ケータイを
持っていない女子高生が主人公の話し。

頭の中で思い描いていたケータイがある日、突然鳴って・・・。

71 :名無し物書き@推敲中?:2006/11/03(金) 23:03:38
>>70
サンクス。
やっと思い出せた。

72 :名無し物書き@推敲中?:2006/11/04(土) 19:20:48
主人公が不安定というより、ただネガティブな感じがして何か嫌だな。
うじうじしてんじゃねえこのボケナスが!って思った。
読んでてもこの先面白くなってくるのかイマイチ期待が持てない。

それと著者コメントより
『最初の方で「うっとうしい、つまんねえ」とか思っても少し我慢してください』
何この発言。序盤を読んで面白くないと思った人が最後まで読むとでも?

73 :名無し物書き@推敲中?:2006/11/04(土) 22:38:35
>>72
なんせ、世間知らずのぼんくららしいからな。
読者を楽しませようとする気がないとしか思えない。

74 :名無し物書き@推敲中?:2006/11/04(土) 23:56:52
絵が変化するって、乙一の作品に近いのがあったな。
たしかフィルムの中の少女が、見るたびに変化するって話だった
ような。

乙一のパクリでないことを祈るよ。

75 :名無し物書き@推敲中?:2006/11/05(日) 00:08:53
絵が変化する話ぐらい加納朋子や桜庭一樹にもあるから心配するな。

76 :名無し物書き@推敲中?:2006/11/09(木) 01:31:26
なんか最近のジャンプ小説大賞ってラノベっぽい流れだけど、
初期の受賞作にあったような、至極一般文藝的な路線で応募しちゃっても大丈夫なのかな?
ジャンプ小説大賞側がそういうのを望んでないなら、素直に別の賞にチャレンジしようかなと思うんだけど…

77 :名無し物書き@推敲中?:2006/11/09(木) 12:38:19
>>1
なお、応募作品の出版権・漫画化権・上映及び上演等の諸権利が生じた場合、その優先権は集英社が所持いたします。

受賞作じゃなくて応募作なんだ…。

78 :名無し物書き@推敲中?:2006/11/09(木) 12:57:41
>>76
たしかにそういう空気はあるよね。
でも、15回の選評に誰か「ジャンプ小説大賞は幅広い守備範囲を持っている」
みたいなこと言ってるし、それに中高生が楽しめるものはなんでもアリって
書いてあるから大丈夫じゃない?
問題は、そんな空気を払拭できるモンを描けるかだと思う。

79 :名無し物書き@推敲中?:2006/11/09(木) 17:15:56
>>77
いまだに「応募作」でやってるんだ・・・ いつの時代だよ・・・ ジャンプ小説大賞は・・・

80 :名無し物書き@推敲中?:2006/11/11(土) 23:21:42
もう出した人っている?

81 :名無し物書き@推敲中?:2006/11/12(日) 11:24:42
さすがにこの時期は早過ぎだろ……

82 :名無し物書き@推敲中?:2006/11/14(火) 16:48:56
海外に転勤とかって理由でもない限り、この時期に出す奴はいない。

83 :名無し物書き@推敲中?:2006/11/27(月) 21:15:08
さて、皆の進行状況はどんなもんだ?
ジャンルは決まったか
プロットが出来たか
下書きまで終わったのか
本文をもう書き進めているのか
推敲を始めているのか……

頑張れよ。まだ下書きまで言ってない者が言うのもアレだが

84 :名無し物書き@推敲中?:2006/11/28(火) 08:07:00
今年はメイドでいく

85 :名無し物書き@推敲中?:2006/11/29(水) 23:25:41
ジャンルは学園もの、ノンフィクション寄り。進度は半分くらい?
忙しくてなかなか書き進められない……

>>84
このタイミングでか

86 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/02(土) 03:01:48
ホームページで募集要項見たけど、発表がいつ頃だか記載されていない。去年はいつ頃だった? 一次、二次発表とかあるの?

87 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/02(土) 07:55:49
>>83
ジャンプが穴場なのはよく理解しているが、
今は別のところへ送る作品を最優先に書いている。

っつうことで、ネタはいくつかあるけれど、進行状況はゼロ。

去年が振るわなかったことを、主催者側がことさら強調していたので、
今年は良いのを送りさえすれば、景気付けの意味も含め、
大甘基準で大賞をとらせてくれそうなんで、みすみす見送るのも悔しいし、
余裕があれば、優先順位二番として、書いて応募はするつもり。

88 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/03(日) 11:37:28
>>84

今朝、俺もメイドで参戦することに決まった。
起きたら、雪と一緒に空からアイデアが降ってきた。
ダダダダダ――っと、タイプして実際に感触探ってみたら、
ジャンプ/集英社の好みにも合致してるように思ったんで、これで参戦する。

ジャンルはギャグだなぁ。
さっきまでの半日間で、下書き30枚ぐらい書いたよ。
とにかく台詞が多いんで、枚数こなすのは楽チン。

89 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/03(日) 18:14:30
ハードボイルドっぽいのは駄目でしょうかねぇ……?

90 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/03(日) 21:16:17
>>89
駄目じゃあないと思う。面白いかどうかは作者の腕次第だし。
読者層の幅は狭いかなとは思う。

91 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/03(日) 23:55:16
これって、ワープロで打たなきゃダメなわけだよなぁ…

92 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/04(月) 11:21:01
>>91
>>1。募集要項を読解する力もないなら書く書かない以前の問題。

93 :84:2006/12/04(月) 13:28:03
>>88
早。もう抜かされてる。
ちなみにメイドとかの資料(?)って何を参考にしてる?
浮き世離れな題材だから勝手がわからん。やっぱエロg(ry
ちょっとスレ違いくさいかな……吊ってくるわ。

94 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/04(月) 15:11:36
>>93
これ
http://www.amazon.co.jp/gp/product/4757716435/sr=1-8/qid=1165212425/ref=sr_1_8/503-6714256-8559934?ie=UTF8&s=books

もちろん、これだけではだめだが。

あと
http://www.amazon.co.jp/gp/product/4151200037/sr=1-1/qid=1165212529/ref=sr_1_1/503-6714256-8559934?ie=UTF8&s=books
これも参考になる。

つか、ネットでいろいろと参考になるサイトがあると思うのだが。

95 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/04(月) 16:40:09
>>92
手書きでも良いって意味でいいんだね

96 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/05(火) 06:23:24
>>94
いちおう自分でもいくつか調べたんだが、どれもしっくりこなくてな……。
ともあれ、サンクス。俺も頑張りますか。

97 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/05(火) 20:35:35
一応原稿書き終わったんだけど44pって少なすぎるよね?
何処をどう書き足すかわかんねorz

98 :88:2006/12/05(火) 20:37:08
>>84>>93
うちのメイドは、なんちゃってメイドで、ネコミミ付けたロリッ子だよ。

だから、資料なんて要らないんだ。
主人公含めたメインキャラ3人いるうち、この子は半分オマケみたいな存在で、
お話自体は残りの二人のどつき漫才みたいなもん。

99 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/06(水) 14:23:23
>>89
審査員に大沢在昌がいるくらいだからアウトではないにしても、
逆の意味できついんじゃないの?
作家って、自分の得意ジャンルは厳しい目で見るからさ
まあ、最終選考まで残ったらの話だけど

100 :閻翁鸚哥丸欝男:2006/12/06(水) 15:10:50
    /\___/ヽ   
   /''''''   '''''':::::::\
  . |(1),   、(1)、.: | 100ゲト
  |   ,,ノ(、_, )ヽ、,, .::::| 
.   |   `-=ニ=- ' .:::::::|  
   \  `ニニ´  .:::::/
   /`ー‐--‐‐―´\


101 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/06(水) 16:03:35
てか、どの賞でも同じだから、文句は言えないけど。
原稿用紙200枚って、完結させるには短すぎたり長すぎたりで、程度が良くない。

102 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/06(水) 17:01:53
応募作云々の規約が嫌なのでスルー。

103 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/06(水) 23:56:38
気がついたらweb連載の二回目アップされてた。

いつ面白くなるんだ!

104 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/08(金) 01:32:51
SDで一次落ちした吸血鬼モノが大量に応募されそうな気がする

105 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/08(金) 03:03:44
毎年締め切り前には「他の賞より楽そうだから送ってみる」なんて書き込みが増えるのだが、
一次審査の発表後は「予想以上にレベルが高かったようだ」って書き込みが増える。

106 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/08(金) 20:12:33
自分が賞をもらうつもりで送ってるんじゃね?

てか、ジャンプ小説大賞って俺の友達が応募したりするけど、ちょっと夢見がち

107 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/08(金) 21:11:22
俺は、PCもらえれば十分。

108 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/08(金) 23:08:58
入選以上で賞金とPCもらってそれっきり、ってのが異常に多いのが
ジャンプ小説大賞。大賞とった人でさえあとがつづかない

例外は末薔薇くらい……


109 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/09(土) 21:28:35
別に嫌味じゃないんですが……
このスレって伸びが遅くないですか?
ジャンプ小説大賞って人気ないのかな。
賞金もなかなかいいし、ジャンプって銘柄も大きいと思うんですが。

110 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/09(土) 21:52:38
むしろその「ジャンプだから」ってのが諸悪の根源なんだよ。

111 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/09(土) 23:32:43
ジャンプに賞の告知が載ってるから、小中学生の投稿が他賞に比べて圧倒的に多く、
そのため箸にも棒にもかからないレベルの作品の割合が他賞よりも多い。
だから一次選考を突破するのは、他の賞に比べて楽。

……という風説があり、それは事実かもしれないが、
その割に毎年、自信あったのに撃沈しますた、って報告が並ぶ。

112 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/09(土) 23:39:48
この賞の応募総数などが載っているサイトってありますか?
公式サイトって、過去の総評をすぐに消すんですね…

113 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/09(土) 23:58:00
>>112
去年は751作品

114 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/10(日) 03:25:27
>>109
簡単に言うと、「ジャンプ」「小説」のベクトルがバラバラ。
ジャンプ読者向け、ジャンプのマンガにできる作品がほしい編集部。
小説としての内容を重んじる審査員。
おかげで受賞者には意外と実力派もいるのだが、
Jブックスのペラい作りでは注目されない。
編集部がジャンプ読者向けを意識して書かせた松腹あたりの小説は、
幼稚すぎてジャンプ読者すらスルー。
たまに村山由佳や乙一のような逸材が出ても、
ブレイクするのは他社で書いた作品ばかりという皮肉な結果に。

115 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/10(日) 03:36:05
受賞者のその後がぱっとしない……
と見せかけて、ジャンプ漫画のノベライズさえさせてもらえれば結構儲かる
ラノベの売り上げランキングなんかでは漫画のノベライズは除外されてる場合が多いが、
Dグレやワンピのノベライズなんかは、下手な中堅ラノベより遙かに売れてる
小説家としてのステップアップになるかどうかは別として、
ジャンプ小説大賞にはそういう旨味がある

まあそんなことは、受賞してから考えなさいよ

116 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/10(日) 04:30:57
その代わりノベライズは小説著者の印税率低いよ。
通常の印税率10%を、さらに漫画の作者:小説ライターで割る。
しかも大抵の場合、漫画作者の印税比率のほうが高い。
良くて7:3、ひどいときは8:2とか9:1とか。
結局、小説を書いた人間の収入はオリジナルと大差ない。

117 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/10(日) 14:40:04
しかも、予め決められたレールの物語を書くことになったりするから、物語を作ることが楽しいんじゃなくて、文章を書くことが楽しい人じゃないと辛いし。

118 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/11(月) 22:40:59
この賞って、最終選考結果が出るのは7月ですか?
あと、何次審査まであるんでしょうか?

119 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/11(月) 23:05:26
過去の受賞者のインタビューなどをソースに、
一次の発表のとき、既に最終選考の結果まで決まっているというのが定説となっている
最終まで残っている人間には、一次発表の前後に電話が掛かってくるそうだ
だから、一次突破してもそのとき電話がなかったら終了

120 :118:2006/12/11(月) 23:45:07
>>119

そうなんですか!参考になります。ありがとうございます。

質問ばかりですみませんが、一次発表はいつぐらいなんでしょうか…

121 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/12(火) 00:58:01
去年はたしか、
四月下旬:一次通過発表
五月下旬:二次通過発表
六月下旬:最終候補発表
七月下旬:最終結果発表
だったと思う。
しかし、締め切りならともかく発表時期なんて気にする必要あんの?

122 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/12(火) 02:28:57
>>121
結果発表って受験の合否判定を待つようなドキドキ感があるからじゃね?

ところで、屋上探偵の作者もジャンプ小説大賞出身なんだっけ?
この作者の受賞作って、どんな話だったのか知ってる人いる?
松原とかの受賞作は知ってるんだけど、この人のは情報がなくて。


123 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/12(火) 03:34:36
>122
第9回入選だね。一応テンプレにも書いてあるよ。
ランニング・オプで検索してみたらこんなん出た。
―内容―
先に犯人を捕まえるのは県警か、それとも塚沢か!? 
新機関「塚沢治安公団」の若き調査部長・浪江と、
塚沢に反感をもつ刑事・北村が捜査現場で激突! 新生ハードボイルド、第9回ジャンプ小説大賞入選作!

マイナス効果だろ、この表紙w
ttp://www.s-book.com/plsql/com2_detail?isbn=4087030903

124 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/12(火) 03:50:59
>>123
トン。
第9回あたりから、エンタメ路線→ラノベ路線に評価の比重が変わってきてるっぽいね。
やっぱ主催側が欲しがってるのは商売になるラノベ路線、ってことなんだろうか。

125 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/12(火) 05:33:40
ラノベ路線になんかなってないよ。たまにラノベっぽいのが受賞してるだけ。
>>123で書かれてる作品なんてまさにハードボイルドだった。
まあ途中で投げ出したんで内容は知らないんだけどね。
他にも審査委員にカラー違いの烙印を押された受賞作がいくつもある。
ただ、最終選考作を見る限りでは、ここ二年ほどはラノベっぽくなってきたような
気はする。

126 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/12(火) 07:15:12
>>119

え、てことは4月下旬ごろには最終候補者のもとに連絡入るってこと?
それはちょっと早くない?
だって最終候補者発表は6月下旬なんですよね?

127 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/12(火) 16:07:53
>>126
疑うなら自分でぐぐってソース探せ
なんでそんなにタイムラグを空けてるのかは集英社に聞け

128 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/12(火) 16:52:24
これって一人一作まで?
ラノベ的なのと純文とネタが浮かんでどちらを使うべきか…

129 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/12(火) 21:55:14
>>128
前レスの時に応募先に電話で確かめたが、一人何作でもいいらしい
ただ仮に2つ送ったとして……1つは出来が良くてももう1つがいまひとつなら、この作者のレベルは後者と判断されるそうだ
低く見られるくらいなら、迷ってもやっぱり出来のいいの1つだけ送った方がいいよ

130 :129:2006/12/12(火) 22:17:19
前レスじゃなくて前スレな
こんな風に文章の誤字脱字発見・訂正は怠らず、しっかり推敲してから応募しようなorz

131 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/13(水) 02:46:10
小説大賞とは関係ないのでスレ違い申し訳ないが、
今週のジャンプの、後ろのほうのページの横に「原作持ち込み歓迎」ってあった。
ジャンプも原作求めてるのかあ……。
漫画はネームさえ描けないけど、漫画の原作にはすごく憧れるんだよなあ。
小説大賞でいいとこ行ったら、自信もって持ち込みできるんだけどなあ……。

132 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/13(水) 04:09:15
目に見える自信欲しいわほんと

133 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/13(水) 08:20:17
>>131
最近のジャンプで原作してる人って大場つぐみのような特殊な例を除いて、
ネームキング出身(ほったゆみ、稲垣理一郎など)か既にプロの脚本家(長谷見沙貴)だから、
基本的にはネームでの原作が起こせる人を求めてるんじゃないかな。

と言うか小説と漫画原作に必要なスキルっていうのはかなり異なるので、
小説でいいとこまで行ったら漫画原作を目指す、なんてのは両方を舐めてるとしか思えない。

134 :131:2006/12/13(水) 16:08:26
>>133
舐めてるわけじゃないんだけどね……。
絶対に小説で書きたいネタもあれば、漫画という表現方法が一番合ってると
思えるネタや、漫画でないとできないネタもあるんだよ。
小説家を目指す人間の物語表現の方法が、生涯小説一本でなきゃならないってことはないだろ?

135 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/13(水) 16:50:47
週刊誌とは係わり合いになりたくない。
あちらこちらからつつかれまくって、ストレスたまって早死にしそうだ。

136 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/13(水) 19:11:52
>>134
小説大賞でいいところまで行ったら漫画原作持ち込みする自信がつくのに、なんて言ってるからじゃないの。
漫画原作の自信を付けたいなら、漫画原作の賞に送るなり持ち込みする、ってのが普通じゃないか?
表現方法を一つに絞らなきゃならないわけもないが、
畑違いのところで認めらたから他の分野でも通用するだろうという自信を持つ、てのはよくわからん。

137 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/13(水) 19:15:55
>>135
その心配はない

138 :131:2006/12/13(水) 22:43:14
>>136
自信、ってのは、どれだけストーリーが作れてるかって事に関してね。
だから、たとえそれなりの結果を出せたとしても「文章は書けているが
ストーリはありきたり」とかいう評価だったら自信にはつながらないわけだが。

小説と漫画には確かに差異があるけど、どちらも物語媒体だから、漫画に合う
ストーリーを書くならそれほど畑違いとは思わんな。
実際、小説と同じストーリーを漫画にしたコミカライズってものが存在するわけだし。
以前ある作品で、HPに掲載されていた原作の文章(脚本とも小説ともいえないものだった)
とそれを漫画にしたものとの両方を見て、文章→漫画がどんなものになるのか
という一例は一応知ってる。

139 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/13(水) 23:55:38
まあ、何でもいいよ。頑張れ。

140 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/14(木) 02:09:38
どんな神ストーリーでも、同じコマ割りで同じ構図だと見栄えしないだろう。
これは極端な例だけど、要するに漫画はストーリー以外の要素がかなりデカい。
ストーリーだけ作れたって漫画原作ができるわけじゃないし、
ラノベ的だったり漫画的な小説のストーリーをそのまま漫画脚本にしたところで、
それがうまくハマるとも限らないと思うよ。

141 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/14(木) 02:30:38
だからこそネーム切れる原作者を求めているんだろう
ま、ここは小説大賞のスレなのでほどほどに

142 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/14(木) 16:00:21
>138
マンガ原作の賞はほとんど脚本形式だと思うよ。小説形式もあるけど、
まあ、読む相手にはわかりにくいだろうね。マンガにしたらどうなるかを
考えて審査されるわけだし。
小説原作のマンガもあるけど、あれは原作者が本業で実績残してるから
出来るわけで。
そもそもストーリーだけが必要なら、原作募集する必要ない。


143 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/14(木) 16:10:48
あと、原作はシーン全部指定しなきゃならんよ。
例えば、時間の流れ。
小説じゃ、「その夜」とかでシーン転換できるけど、原作じゃ、
それじゃいけない。時間が流れた絵が入るから、それもいちいち
文章にする必要がある。時計の絵とか、月とか。
それくらい小説と原作は差があるよ。
デビュー出来たらある程度省けるけど、応募じゃ省けない。
あくまで作画家の手助けが原作だからね。
だから>141のいうように、ネーム原作が求められるわけで。

144 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/14(木) 17:07:37
脚本形式のマンガ原作の賞なんてあるんだ。
ジャンプのストキンみたいにネームを応募するのかと思ってた。

まぁどうだっていいけど、ジャンプ小説大賞とか関係ないよね。

145 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/14(木) 17:09:00
誤字った。小説大賞とか、ではなく小説大賞と、ね。>>509


146 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/14(木) 17:53:06
描いてくれる漫画家、指名できたら面白いのにな。

147 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/14(木) 23:55:05
じゃ俺、小畑!

148 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/15(金) 00:51:52
じゃあ俺、ガモウ!

149 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/15(金) 12:18:56
んじゃあ俺、なにわ小吉!

150 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/16(土) 19:13:23
じゃぁ、俺はゆで卵に美少女、幼女、萌えキャラ描かせる。

151 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/16(土) 19:43:37
じゃ、俺は斬の人。小説に思いっきり長い説明入れてやる

152 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/16(土) 20:15:12
斬の人はともかく説明・解説って難しいよな。舞台や世界観、技とか状況とか
文章やストーリーで理解・読ませられれば良いんだが……台詞で長々と言わせるのは読む側もキツいよな
蒸し返すわけではないが漫画なら絵で一発、ってのもあって少し羨ましい

153 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/16(土) 21:16:30
斬を文章にしたらどうなるんだろうな

154 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/16(土) 22:52:03
>>152
煽るわけじゃないが、それは完全に文章力の問題
精進しよう

155 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/16(土) 23:40:01
ただ単に難しいって言ってるだけなんじゃないの

156 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/17(日) 01:51:47
>>今週のジャンプの、後ろのほうのページの横に「原作持ち込み歓迎」ってあった。

いま確認してみたけどそんなの載ってる?
ジャンプ小説賞の告知ならあるけど・・

157 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/19(火) 22:05:18
なんか、こんなの見つけたし。

ttp://blog.goo.ne.jp/kotori_morino/
このことりとかいう人で決まりなのかもね。編集部とつながりあるみたいだし。

158 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/19(火) 23:08:09
このことりという人は前回最終選考に残った人だ。
その後新作を編集部に見せたが進歩してないのことで採用されなかった
とのこと。だけどまだ編集部と連絡とってたのか。いちど最終に残ると
しばらく関係がつづくのかな。もしかして末腹の後釜にすえようとして
るのかもね。年も若いし

159 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/19(火) 23:42:33
>>157
講談社とかじゃ原作持ち込み歓迎ってよく見るけどな
ジャンプじゃ見たことないような……

160 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/20(水) 00:03:41
>>158

育つ可能性があると担当が判断しているうちは関係は続くんじゃないの?

育たなかったら、担当の評価が社内で低下するんだろうし。
育ったら、逆に評価は上がるだろ。

自分の評価下げるのが嬉しくて堪らないやつなんていないから、
可能性あるうちは育つ事を期待して付き合うんじゃない。

給料払うわけじゃないし。

161 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/20(水) 00:48:06
育つ可能性ねえ……
ことりって人をどうこういうつもりはないんだが、この賞で育った作家
なんていないしなあ。大賞受賞者ですら消息不明だし。何回か前の大賞と
佳作とった人はその次の回で二次落ちしてたし。編集部は育てるなんて
ことはしないんじゃないかな。乙一をむざむざ他社に渡す体たらくぶり
だからなあ

162 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/20(水) 16:43:10
>156
P2の479Pの欄外に書いてる。

163 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/20(水) 18:10:07
>>161
まあ、そういうのが嫌なんだったらこの賞に送る必要ないんじゃねえの
あれこれ批判がある割に、競争率は決して低くないし
もっと実績のある賞が他に沢山あるわけだし

164 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/20(水) 22:51:37
>>161
もとより俺は送るつもりはないよ。二度送って一次通過させてもらったけど
なんか相性が合わない気がして。いや、落ちた言い訳にすぎなんだけどね。
ただあまりに低年齢優遇すぎるんじゃないかという不満もチラホラ……

165 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/21(木) 00:21:16
確かに、低年齢層に有利だよね。
このことりって人が決まってる、出来レースとかだったら嫌だしなぁ……

166 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/21(木) 00:50:56
出来レースってことはないと思う。以前、その前の年の受賞者二人と
最終選考一人が一次通過してたが、二次でことごとく消えた。前年
の最終選考以上の人は一次シードになるのかもしれないが、二次以上
はあくまで作品本位なのではないかと。低年齢重視は間違いなくある
と思うけどね

167 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/21(木) 01:04:57
低年齢崇拝は、ホント業界に根強いよね


ぶっちゃけ、年取ってから書き始める奴も多いんだから
ホント勘弁して欲しいよ

漏れの友人が、25才でオヤジ死んでから小説書き始めて
27の時に某ラノベ大将の最終選考までいったんだが、こういう奴が不利になるのは悲しすぎる
こいつには頑張って欲しい、それに水を刺すような選考体制は酷いよな

168 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/21(木) 01:26:59
だが反面、この賞にはかなり高年齢の受賞者がいることもたしか。
39歳と40歳だったかな。前回が露骨に低年齢優遇だったから、今回
は高年齢もOKに回帰するかもしれない。だけど二作目を出せた人は
ナシ。それにもかかわらず、某売れっ子漫画家の義理の妹だけはなぜ
か次々と新作を刊行。サイン本70冊の売れ行きは如何に?

169 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/21(木) 01:30:55
161だけど、>>164>>163向けでした。
遅ればせながら汚してゴメンなさい。

170 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/21(木) 01:37:13
まぁ、昔みたいに平均年齢30歳の時代でもあるまいしな。
無意味に年齢に拘るのも何か違うと思うわ。

171 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/21(木) 04:40:16
今回の受賞者なんか見ると、
こいつより年上で他にいいのいなかったのか?って思うな…

今回の最終選考以上の作者って、ほとんどが20歳以下じゃなかったか。
熟する前の青いリンゴより、成熟した真っ赤なリンゴのほうが価値があると思うんだが。
どうなんだい、集英社さんよう。

172 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/21(木) 05:05:03
小説ではなく漫画の編集者(ヒット作出しまくりの相当有能な奴らしいが名前は忘れた)
のインタビュー記事で読んだんだが、
三十歳と十五歳の作品で、三十歳のほうが明らかに面白ければそっちを残す。
だが、同じレベルなら確実に十五歳のほうを残す。
何故ならば、三十歳が三十五歳になるまでの成長率と、
十五歳が二十歳になるまでの成長率は天地の差があるから、だそうだ。
他にも、ある程度歳をとった人間は仕事や家庭を持っているから、
年齢で迷わせるくらいの半端な才能で後戻りが利かないヤクザな稼業に足を突っ込ませることに抵抗を感じる、
みたいなことも言っていた。

厳しいが、もっともすぎるくらいの正論だと思った。

173 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/21(木) 06:04:51
>>172
いや、その理論それ自体はわかるんだが、
じゃあ今年のジャンプ小説大賞に応募した二十代以上は、
十代の受賞者と同レベルかそれ以下だったのか、という話になって、
そこがどうも腑に落ちない。

作品を読む限りこの若い作者にはこれといって非凡な才能は感じないし、
何百人と応募者がいる中で、この作者より面白いものを書いた二十代以上の人間がいない、
とはどうしても信じられない。

174 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/21(木) 06:06:04
なんか
めぞん一刻の
保育士さん募集中の
EP思い出したっぺ

175 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/21(木) 06:06:52
>>172
それは納得だね

ただ15才も35才も同じ時間の中で年をとっていくんだし、
年齢はあくまで目安程度で審査して欲しいよね


某受賞コメントで「○○才にしては素晴らしい技量に感服!」
みたいなベタ誉めしてたアホ雑誌は投稿者激減しただろうなぁ
年齢で割られたこの受賞者もある意味かわいそうだ

176 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/21(木) 06:45:29
>>173
そういう議論は落選作が公開されない限り予測に過ぎず、不毛だろ。
あなたが才能を感じずとも、プロの目から見れば感じるところがあったのかもしれない。
或いは低年齢は優遇ってマニュアルがあるのかもしれない。
が、全部推測に過ぎないので、ワナビは黙って作品を書くしかない。

本当に公平を期すなら年齢や経歴などを覆面で審査するべきだろうけど、
それをしないってことはしないなりの目的があるわけで、
優遇があるのならば、やっぱり若い人間のほうが使いやすい(育てやすい、仕事等のしがらみが少ない)
っていう利点があるからこその優遇なんだろう。
新人賞はあくまで「良い作品を選ぶコンテスト」ではなく
「出版社に利益をもたらしてくれそうな作家を発掘する選考会」
なんだから、出版社の都合で選考が行われるのは仕方がない。

177 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/21(木) 07:01:28
難しいことがようわからんオイラは書くしかないでごわす

178 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/21(木) 08:45:42
10代のガキの作品なんぞ、
圧倒的な力の差を見せつけてぶっちぎってやれよ。

それだけのモノを書けばいいだけの事だろ。
人生無駄に積み重ねてきたんじゃないなら出来る筈だぞ。

179 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/21(木) 09:08:23
前回の最終選考作を一つ読んだけど、はっきりいってストーリー破綻、中途
半端、キャラに意味ナシってな代物だった。だがある方面の知識はくどいまでに
書き込まれていた。そのせいで枚数不足になったのが見え見えな出来だった
が、その辺りが評価されたのかもしれない。

180 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/21(木) 13:38:54
一概に三十五歳と言っても、それまで歩んできた過程で違ってくると思うけどね。

・十五歳くらいから、ずっと小説を書きつづけて、デビューできなかった三十五歳
・ずっと他の仕事をしていたが、小説家になりたいと思い立って書き始めた三十五歳

もし二人が同レベルの作品を書いていたとしても、
残念ながら、単に「三十五歳」という事実しか外には見えない。

きっと五年後は後者の方が圧倒的に成長は見られるんだろうけど、
その時は四十歳になってしまって、ますます不利になる。

どんな道に進むにしろ、自分の才能は出来る限り早い段階で見極め、
それを磨けってこったな。
遊ぶことしか頭にない、今の高校生、大学生に言ってやりたいよ。
「今ならまだ間に合う、時間を無駄にするな、才能を磨け」ってな。

181 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/21(木) 13:47:30
>>179
俺はそれと、別のところで晒されてた一次落ち、二次落ち作品をそれぞれ読み比べたことがある。
やっぱりそれぞれの間で明らかなレベルの差はあったよ。
ただ最終選考のやつが良いっていうんじゃなく、二次落ちは最終より劣り、
一次落ちは小説として成立してない、っていうレベルの差。

182 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/21(木) 16:41:43
他のを見てないから全体のレベルが掴めてないが二次落ちのを一つ読んでレベルの高さに驚いたな
中身は文句なしに面白かったし、それを書いたの高校生だから年齢的にも期待出来るのに

183 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/21(木) 20:45:05
この人はうまいから別にここで入選させなくともよいだろう。
を理由に落とされた人もいるみたい。
うん。こんなもんなんだよ。

184 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/21(木) 22:25:41
>>182

それって、あんたのレベルが低いからそう思えるだけ土地が雲霞

去年なんて、最悪の不作だったと審査員が嘆いていたジャマイカ。

185 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/22(金) 01:00:06
>>182は自分のことだなw


186 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/22(金) 03:38:14
てか、二次で落ちた作品とか、どこで拾ってくるんだよw
参考までに俺も拝見してみてぇもんだわ。

187 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/22(金) 04:15:44
>>186
上のリンク集にある「作家でごはん!」ってところの「賞別参考作品集」に一次通過のならひとつあった。
前に読んだけど誤字脱字、日本語が変だったりが気になって萎えたのを覚えてる。
結局馬鹿馬鹿しくなってきて最後まで読まなかったなあ。
まあ、二次落ちならその程度かと。

188 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/22(金) 04:30:36
ワナビって他人のなら客観的に評価できるのに、自分の作品はなかなかそうはいかないんだよね

189 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/22(金) 05:28:43
>二次で落ちた作品とか、どこで拾ってくるんだよw

自分のパソコンのハードディスクからだよ


190 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/22(金) 06:14:28
>>186
「○○賞 一次通過」とかでググったらけっこう見つかるもんだぜ。
今はもう消されてるものもあるけど、ワナビサイトの晒し場とか、個人のブログとかで、
「落ちたので晒します。感想・批評お願いします」
なんてふうに晒されてる。

191 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/22(金) 18:20:32
>>188
まったくだ。
他の人の作品見て、「これなら自分のほうが……」とか思ったりするんだが、
現実は厳しい……。

192 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/22(金) 20:52:30
それでもある程度、自分の作品に対しても目が肥えると、
さすがに一次落ちはなくなるよ。
駄目だと思ったものは送らずに、改稿するか捨てるかするから。

193 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/22(金) 22:40:47
暇だったので、この賞のすごさを客観的に証明します。

第1回から第15回までの受賞者合計が 39人
受賞作が刊行されなかった者 20人 約51% 
その内、ノベライズでデビューされた者 1人 約3% 後に他社の新人賞をとる
    他社の新人賞をとった者 1人 約3%
    web連載された者 5人 約13%

一作目のみで消えてしまった者 7人 約18%

残り 12人 約31%が生き残っているが、その内、
同じ出版社の別の新人賞をとった者 1人 約8%
他社で別の本をだした者 7人 約58% 
その内、他社の新人賞をとった者 1人 約8%
よって、集英社以外で本を出さない者 4人 約33%
※小数点以下を四捨五入している

つまりこの賞を受賞されても
約51%の確率で受賞作が刊行されません。
しかし、その内の約3%はノベライズでデビューされて、後に他社の新人賞をとる確率です。
その内の約3%は他社の新人賞をとる確率です。
その内の約13%がweb連載される確率です。
運良くデビューできても、約18%の確率で一発屋になります。
たとえ生き残っても、約8%の確率で同じ出版社の別の新人賞をとらなくてはいけなくなります。
たとえ生き残っても、他社で別の本をださなくてはいけない確率は約58%です。
その内、他社の新人賞をとらなくてはいけない確率は約8%です
たとえ生き残っても、集英社専属の作家になる確率は約33%です

間違いあったら指摘よろしく、ついでに主観的感想も


194 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/22(金) 23:26:32
受賞作が刊行されなかった者の内、後に大賞をとってデビューした者を入れるのを忘れてた
よって、改良版がこちら↓

この賞を受賞されても
約51%の確率で受賞作が刊行されません。
しかし、その内の約3%はノベライズでデビューされて、後に他社の新人賞をとる確率です。
その内の約3%は他社の新人賞をとる確率です。
その内の約3%が後に大賞をとってデビューする確率です。
その内の約13%がweb連載される確率です。

運良くデビューできても、約18%の確率で一発屋になります。

たとえ生き残っても、同じ出版社の別の新人賞をとる確率は約8%です。
たとえ生き残っても、他社で別の本がだせる確率は約58%です。
その内、他社の新人賞をとる確率は約8%です。
たとえ生き残っても、集英社専属の作家になってしまう確率は約33%です。

195 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/22(金) 23:35:35
本命じゃないし、
ここは余興のつもりだからそういうのは気にしない。

だって、ここって、規定の枚数少ないんだもん。
400字詰め200枚以内って、書きたいもん満足に書けない。

196 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/22(金) 23:43:35
ageてしまって、ごめん
よく考えれば、同じ出版社の別の新人賞をとった者は他社で別の本をだしてるんだ。
だから、他社で別の本をだした者は8人になって約67%になる
訂正部分だけ書くとこうなる↓

残り 12人 約31%が生き残っているが、その内、
他社で別の本をだした者 8人 約67%
その内、同じ出版社の別の新人賞をとった者 1人 約8%
その内、他社の新人賞をとった者 1人 約8%
よって、集英社以外で本を出さない者 4人 約33%

たとえ生き残っても、他社で別の本がだせる確率は約67%です。
その内、同じ出版社の別の新人賞をとる確率は約8%です。
その内、他社の新人賞をとる確率は約8%です。
たとえ生き残っても、集英社専属の作家になってしまう確率は約33%です。

紛らわしくてごめん

197 :彦根弥九郎:2006/12/23(土) 00:52:39
http://www.acquire.co.jp/tenchu/gallery/sinkyara/hikone.html

198 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/23(土) 07:44:07
>たとえ生き残っても、他社で別の本がだせる確率は約58%です。
これ、何気に高くね?

まあ他の賞のデータが無い以上、単純にこの数字だけを見て
あれこれ言っても仕方ないか。
同様他賞の同じデータどっかに無いの?

199 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/23(土) 22:22:14
受賞しても51%が……ってのがすごい気がするんだが
そういうもんなの?

200 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/23(土) 23:01:15
試しに電撃小説大賞でやってみた
賞をとっていない人と短編は除外して

第1回から第12回までの受賞者合計が 48人
受賞作が刊行されなかった者 5人 約10% 
一作目のみで消えてしまった者おらず
残り 43人 約90% が生き残ったが、その内、
他社で別の本をだした者 7人 約16% 
他社で本を出さない者 36人 約84%

これだけじゃあわからないので
富士見ファンタジア長編小説大賞でもやってみた
最終候補にのこっただけの人は除外して

第1回から第17回までの受賞者合計が 65人
受賞作が刊行されなかった者 5人 約8% 
一作目のみで消えてしまった者 12人 約18%
残り 48人 約74% が生き残ったが、その内、
他社で別の本をだした者 18人 約38%
他社で本を出さない者 30人 約63%

あとの賞は回数が少ないので、比較にならない

201 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/25(月) 00:03:35
いつの間にかweb連載が更新されてた。
選評と照らし合わせながら読んで参考にしているので、ネットで読めるのは
ありがたい(本になったらなかなか書店にも置いてないし)。
最終選考に残った他の作品も読んでみたいなあ。1作品、作者の個人ブログで
公開してたやつは読んだけど。
「ロマンチック・エゴイズム」とか、選評見てすごく気になった。

202 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/25(月) 02:02:33
好きな人をひたむきに書く努力が必要だ。っていう選評がもし内容とまったく関係なかったらと想像すると楽しいし、文章の筋トレとかわけがわからないよな。
どうしても文章のような論理的なものが筋トレに結びつかないのは、毎日運動せずに本ばっかり読んでいるからか?
この選評読む限りだと、コメディに寛容なのは栗本だけっていうのがわかる。

203 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/25(月) 03:59:40
自分の作品に自信を持つことはどんな技術以上に必要なことだと思うけど、
>>202の書き込みでちょっとブルーになった。
コメディ一本で書き続けてる俺は、別の賞に行ったほうがいいのか…?
という考えが、一瞬頭をかすめたw

204 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/25(月) 11:51:59
コメディ一といっても、あまりにも露骨な駄洒落とか下ネタはダメってことだろう。
やるとしても、それ自体が伏線になっているか、相当ひねってないと審査員をうならせることは難しいと思う

205 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/25(月) 21:44:51
>>201
>1作品、作者の個人ブログで公開してたやつは読んだけど。

なんて作品? まだ公開されてるの?


206 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/25(月) 22:38:27
<<205
吸血鬼モノのやつだが、もう公開は終了してる。
16回の結果が発表されたあとでも探してみたら、また応募した人の作品が
見られるところが見つかるかもね。

207 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/25(月) 23:23:09
>>201
ありがと!
上のことりという人のやつだね。自分も読んだ、読んだ。
内容は……うーんだったけど……(笑)

16回が終わったら、又、探してみよっかな〜。

208 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/01(月) 00:31:14
最近全然書き込みがないなー。
とりあえず、
あけましておめでとうございます
となんとなく書き込んどく。

初詣の際「ジャンプ小説大賞で賞取れますように」とお願い事した(する)人いますか?

209 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/01(月) 01:04:39
はい。間違いなくそうお願いします。
ちなみに私は既に完成させた4作同時投稿で挑戦します。
下手な鉄砲も、なんとやら……。
これで1作も一次通らなかったら相当へこみますが。

210 : 【末吉】 :2007/01/01(月) 04:14:14
1次っていうのは、どれくらいの確率で通るものなの?
ていうかみんな、どれくらい作業進んでる?
おいらっちは現在36枚目…

211 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/01(月) 05:09:57
あけおめー。
一次は確か十倍くらいだったと思う。
でも、ジャンプに募集告知が乗ってるからたくさん子供が送ってくるのか、
実質的な一次突破倍率は他よりも低いと思う。
というのも去年自分は初投稿で、
今読み返せば赤面するような小説としての体を成してないものを送ったのだけど、一次は通ったから。
同じ一つの場面ですら視点が一人称になったり三人称になったりするし、
地の文ではその場に居ないはずのキャラが会話してたりするような、とんでもないものが。
今年は、一年間精進した成果をひっさげて再挑戦するつもりだ。

212 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/01(月) 12:00:56
規定では原稿用紙210枚以内ですから短編や中編もOK、ですよね?


213 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/01(月) 13:45:07
あけおめ、です。

>>212
短編や中編でも大丈夫だとは思いますが、それでも原稿用紙100枚近く
っていうのは必要なんじゃないかなあ…と思います。



214 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/01(月) 14:03:19
>>213
どうもです。
まあ、 m9(^Д^)プギャー! な内容ですけどね。。。


215 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/01(月) 20:33:51
ジャンプ小説大賞に入賞した作品で、現在書店で手に入るものをリストアップしたサイトってありませんか?
公式サイトにはそういう情報はありませんよね?

216 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/02(火) 00:01:12
>>6-9にリストあるだろ。確か『』でかっこったのは刊行されなかったものだよ
ほとんど絶版になってると思うけど、文庫になったのは定金、村山、乙一だけ。
金がなければ、Web連載やネットにさらされてるのをチェックするんだな。
傾向と対策を狙うなら、なるべく今までにない題材を使った方がいいと思う。そのためにも調査はかかせないけど



217 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/03(水) 16:18:47
さて、締め切りまで2ヶ月……進行状況報告と行こうか
自分のはまだ書いても書いても終わりが見えない
そこまでの流れは既に出来てては頭にあるが、そこまでいけてない
多分、これ、枚数的にここには投稿出来ないっぽい
というわけで、皆、頑張れ

218 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/03(水) 20:53:19
現在大体40ページぐらい。
短編集的なふいんきで書いてるんだが最初と最後のが書けてない…

ところで短編集みたいなのはあまり好まれないのかな?
オムニバス形式みたいな感じなんだが。

219 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/03(水) 21:28:33
一応、松原の既刊でオムニバス形式のものはあったが、賞の応募作となるとどうだろうか。
それぞれの話が密接に関連している、なんて設定でもない限り、
ひとつずつ短編の賞に遅ったほうがいいんでないかい。

220 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/04(木) 01:56:06
俺はまだ設定も決まってないよ。
まあ、暇な学生だからこれから毎日フルに使えるんだが…

221 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/08(月) 14:11:29
長い話を書いたことないから、上手くいかない。
詰まると大変だよホント・・・。

222 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/08(月) 14:14:03
なんか、こっちに手が回らなくなった。
見送りの公算が高まってきたよ。

223 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/08(月) 14:51:37
この大賞って、年に何回あるの?

224 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/08(月) 14:58:28
>>223
年に1回ですぜ。
こっちもやってるが、惨劇ものになりそうでうけるかどうかw


225 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/08(月) 15:54:55
今、大体100頁ちょっとくらい。
内容が結構グロい感じだから、一次だって通る自信が無いorz

226 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/09(火) 00:47:24
書きあがったんだが、「ゼロ」みたいな起伏のないノンフィクション系になってしまった。
このご時世、こういうのはボツだろうか…

227 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/09(火) 04:34:31
ふひひ、この時期まだ2枚目ってのはさすがに俺だけだろう…
いい感じに胃が痛くなってきやがったぜ

228 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/09(火) 13:12:44
来年応募しようかな…

229 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/09(火) 16:14:36
>>227

俺はまだ構想中なんだけど。
今月中に大体の流れを決めて、来月で書き上げるつもり。
大学がもうすぐ春休みだから、一日中使えるし、大丈夫だと思う。

仕事してる人ですか?
仕事してる人は時間つくるのも、モチベーション維持するのも大変そうですね…

230 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/09(火) 23:04:00
ワープロで送るみなさんは、文字数どうしてますか?
わたしは原稿用紙と同じように20×20で18ptにしているんですが、他のライトノベルの賞だと30×40ぐらいですよね?

231 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/10(水) 03:28:38
>>229
いや、俺も大学生。
だけど今月は月末にテストを控えてるし、もうそろそろ就職活動が本格化する時期で、
2月はゼミの合宿とかもあるし、バイトとの兼ね合いもあって、
2月中に200ページってのは無理があるんじゃないか、と思い始めてる。
なんとか5ページ目まで漕ぎ付けたけど、先行き不安だ。
早い段階で構想を固めなかった自分の計画性の無さが響いてきたかな。

社会人の苦労はこの比じゃないだろうけれど。

232 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/10(水) 12:37:09
>>231
横から出悪いが俺も大学生。しかも同じく三回生。
昨日突発的に思いついた一発ネタだけで、どこまでの評価がもらえるか試してみるわ。
俺みたいな奴がいるから全体のレベルが下がるんだな、きっとorz

ところで、編集(作家)さんのコメントがもらえるのって最終選考まで残った人だけ??

233 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/10(水) 12:49:24
>>232
最終まで残った人だけ。

234 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/10(水) 18:08:29
最終選考までは、誰が読んで評価するんだ?
編集か??

235 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/11(木) 04:58:57
そりゃ下読みなんじゃないの?

236 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/11(木) 08:33:53
>>230

募集要項をよく読むんだ。
ワープロの場合は、40×30。そして、原稿用紙換算の枚数もタイトルの下にでも書いたほうがいい。
文字は18だとちょっとでかいかもしれん。

237 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/11(木) 09:45:13
便乗質問なんだけど、>>4には14ptからの推奨ってなってるけど、それじゃあ文字間が狭くなりすぎないかな?
そう思って俺は12ptにしてるんだけど。
それとも上下の余白を5ミリぐらいまで削って14ptにするべき?
みんなはどうしてる?

238 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/12(金) 00:19:33
どーん

239 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/12(金) 00:20:57
あれは下読みさんや審査員の人達が読みやすいように、という配慮なんだ
年取ると小さい文字は読む気失くすからね
文字間は空けない方がいいよ。理由はテンプレ読んで

240 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/12(金) 06:55:29
ところで、みんな大体ページ数はどれくらいで見てるの?
俺、一応120ページくらいにまとめようと思ってるんだけど、やっぱ短すぎだろうか。
上のほうで話題にあがってることりって人のブログにも、
「編集は規定の200枚を書けるかどうかを、能力の一つとして見ている」
みたいなことが書いてあるし。
正直不安だ。

241 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/12(金) 19:35:07
>>240

120ページ書けるなら大丈夫だと思うよ。
前回佳作をとった作品への選考委員の評価で「この内容で150ページは長い。100ページ前後にまとめられれば尚良かった」というのがあったしね。
無理にページ数を稼ぐよりも、そのまま出したほうがいいと思う。
俺はまだ10枚も書けてない段階だけど、お互いがんばりましょう。

242 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/12(金) 21:01:34
ワープロ原稿で書く場合は
1ページ目 表紙(タイトル、氏名、ペンネーム)
2〜3ページ目 あらすじ
4ページ目 個人情報等
5ページ目以降 本編

でおk?

243 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/12(金) 21:09:52
手間だけど、応募要綱、梗概、本文等別のファイルにした方がいいんじゃないかな。


244 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/12(金) 21:14:30
>>243
別のファイルにするのはわかりやすくするためだよな?

245 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/12(金) 23:35:20
本文や梗概は縦書き必須だろうし本文にはページ数をふらないといけない。
(ページ数は本文のみで他は含まない)
応募要綱は横書きでも大丈夫かな。
それぞれ内容に応じて分けた方があれこれ設定いじらなくて楽でしょ。


246 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/14(日) 01:26:39
実名の人物・名前は、どの程度まで使っていいんだろう

247 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/14(日) 01:50:43
純文学ならブランド名などを使うのも一手だが
エンターテイメントでは基本的に駄目なのでは

248 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/14(日) 02:03:01
この賞の場合は芸能人の名前などは使っても差し支えないみたいだね。
過去の受賞作でも、タモさんなど実際使われてたし。

249 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/14(日) 07:31:11
ページ数って手書きでもいいかな?
ワードがいまだに使いこなせないぜ。

250 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/14(日) 08:18:29
おお、同士。
タイピングには自信があるけど、元々機械類は苦手な性質だから、
俺もいまいちワードを使いこなせない。
まぁ、こんなものは理解しようと努める意志の問題だろうし、スレに書き込む話題じゃないけどさ…

みんな何使って書いてんの?

251 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/14(日) 11:54:01
Microsoft Office Wordが使えなくなったからワードパッドで書いてる
早く修理に出さないと不便だよ

252 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/14(日) 16:37:59
お前らバイトとかしてる?

253 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/14(日) 19:14:09
>>249
wordでページ番号を入れるには、
メニューから[表示]→[ヘッダとフッター]でフッターを選びます。
使い方覚えるには、その場で右クリックするとか、ヘルプ機能(F1キー)を使うとか。
市販の分かりやすいマニュアル本買うのも手です。

PC等板 Word(ワード)総合相談所 Part14
http://pc10.2ch.net/test/read.cgi/bsoft/1161387423/l50


254 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/14(日) 20:14:30
経験上言うと、体裁が多少おかしくてもある程度選考は通るみたいだけど、
やっぱりマナーとして応募規定は守るべきだよな
マニュアル引っ張り出してくるか……

255 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/15(月) 00:27:37
>>252
質問の意図が読めないが、俺はバイトやってる。倉庫内作業な
学生の身分は養ってもらってたりするが、社会人になるとな……仕事とかで時間取るのが大変そうだと思うよ
バイトとか仕事の場、人との関わってるからこそ思いつくネタもあるし

256 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/15(月) 01:50:56
そういう世間を知ったればこそなネタはジャンプ小説大賞じゃカテゴリエラーっぽい気もするがな

257 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/15(月) 02:10:31
ラノベっぽいの多いからなぁ。
でも、世間を知っていることの重要性は、何においても捨てたもんじゃないと思うよ。
よく言われる「社会経験が創作に〜」ってのは、単純に見聞だけを指すんじゃなくて、
洗練された価値観・人間観こそが創作にとって重要、って意味だと思うぞ。

258 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/15(月) 07:23:23
乙一のインパクトが強いが、基本ラノベだろ。

259 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/15(月) 10:11:35
>>258
同社のスーパーダッシュと棲み分けるために、
SD:「いわゆる」ライトノベル
ジャンプ小説:完全にラノベでもなく、かと言って一般小説にもなりきれない鬼子
って感じになってると思う。
過去の受賞作読んでも。

260 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/15(月) 21:46:24
これさ。
受賞して本になるとしたらあのHPの岩代俊明って人がイラスト挿絵かくことになるの?


261 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/15(月) 23:54:18
>>260
そうとは限らない。
本になるとすれば別の作家が挿絵を描くだろうな。
ネットでの連載の挿絵を描くのはおそらくその人が描くだろう。
というか質問の意図がよくわからんw

262 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/15(月) 23:55:42
じゃあ岩代大好きな私はHP連載狙うかww

263 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/16(火) 01:37:03
おまいさんら、そろそろ執筆は佳境に入ってるかな?
俺はやっとこ22ページに漕ぎ着けたところだ。
時間がないのに、1月2月と就職活動なり二泊のゼミ合宿なり予定が重なってて泣ける。

唐突だけどここで点呼


264 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/16(火) 01:50:57

前回見送ったが、今回こそは書くよ。

265 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/16(火) 19:22:28
点呼参加
ノシ

頑張るか。今日から大学春休みだ

266 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/17(水) 01:05:44
岩代先生だと思うよ。
俺はみえるひと好きだったから、去年よりも
一段と気合い入れるつもり。ああ、入賞したいな。

267 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/17(水) 02:36:47
この漫画家って今もジャンプに書いてる人なの?
HPにあるイラストって、最近描かれたものなの?

268 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/17(水) 03:02:47
いや、今は描いてない。
ファンが一人何十枚もアンケートはがきを出す運動を繰り広げたため昨年秋に懲罰的連載打ち切り。

269 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/17(水) 07:47:16
>>267
連載は、ちょうどジャンプ小説大賞の告知前に終わってしまった。
今月に最終巻である七巻が出た。
時期的に考えて、HPにあるのは、賞用に書いたんじゃないかな。

>>268
それほんと? アンケート出しすぎるとそんなことありえるの?


270 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/17(水) 08:00:20
ジャンプではよくある事

271 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/17(水) 08:58:23
打ち切りはシステムだが、組織票バレて打ち切りってのは前代未聞じゃね?

272 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/17(水) 09:33:27
どうせ漫画キャラ板やらのきもい奴らだろ。

273 :267:2007/01/17(水) 13:54:35
教えてくれてありがとう。事情はいろいろあるんだろうね。
…なぜか、賞発足当時のイラストと思い込んでいたので驚きました…

274 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/17(水) 14:56:10
打ち切りの理由は完璧嘘。組織票があろうと実際に人気がありゃ続く
打ち切りなのは単純に人気がなかったから
ちなみにテニスが休載で延命してたが復帰したときに切られた

みえるは信者も変なのいるがアンチもきもいの多いからな…


275 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/19(金) 03:20:10
うわ、まだ30pだよ俺…どうしよ…

276 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/19(金) 08:12:11
>>275
pってのは何?

俺はまだ原稿用紙で十枚さ。がんがろうぜ。

277 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/19(金) 17:11:42
なんかギャルゲーとかエロゲーみたいな話になってきた
締め切りまであと1ヶ月ぐらいか……

278 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/20(土) 13:24:13
エロゲ、って聞いて性描写のことがふと気にかかった。
描写はともかく登場人物どうしがヤるのは可……だよね?
不可だったら割とストーリーの根幹から練り直しなんだが。

279 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/20(土) 15:41:19
>>276
ごめん単純にページ数のつもりだった。
>>278
俺もだ…

書けば書くほど、話が平坦に見えてくるなぁ。
時間もないし、もう後戻りはできないんだけれども。

280 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/20(土) 16:02:18
>>278
具体的に描写しなければ可、ただし相当なマイナス。

281 :278:2007/01/20(土) 23:12:27
>>280
マジで? オワタ\(^o^)/臭いしかしなくなった
なんつーか、気を悪くしたら申し訳ないんだが、何を根拠にマイナスなんだ? 昔編集やってたとか?

282 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/21(日) 00:03:12
自分は280じゃないけど応募要綱に「ジャンプの読者である中学〜高校生が楽める〜」とある。だからそういう題材は慎重にならないといけないかなと思う。
ただ、去年の最終選考に残った作品の一つが選評を読む限りかなり下ネタ満載な作品らしい。
結局、落選して選考委員に「出す賞を間違っている」的なことを言われていたけど、逆に見ればそういう作品でも力量があれば最終までいける。
あまり過激でないならそんなに気にする必要もないのかなと個人的に思ったりする。

283 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/21(日) 00:31:08
>>279
いや、謝罪するのはこちらのほうだ。
ページのpだとは分かっていたんだが、ページが何なのか分からなくてね。
聞き方に問題があったようだ、すまない。



284 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/21(日) 02:08:23
ジャンプ小説大賞の立ち位置ってよくわからんのだよな。
乙一や村山由佳、小川一水のイメージで語れないことだけは確かだが。

285 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/21(日) 02:54:45
前回最終選考に残った人が再チャレンジするらしいが、はたしてどこまで
残るか楽しみ。でも一度最終で消えた人が次に受賞した例は小川一水だけ。
だったような。他にもいたっけ? 受賞者で次回一次どまりだった人はいた
けど。

286 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/21(日) 04:41:42
100ページ以内に収まる話書いてるんだが、やっぱ短編は受賞傾向にないよね。
無駄に話を長くするのはゴメンだし、これでいくしかないんだけど、やっぱ不安だ。

287 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/21(日) 04:53:03
>>285
ちょっと待て。受賞者がなんで次回にも応募してるんだ

288 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/21(日) 11:44:27
>>287
結構普通のこと。
佳作獲ってそのあと大賞獲った受賞者もいたはず。

289 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/21(日) 12:00:02
他の公募でもよくあるよね。
ホラー大賞なんかだと、きしゆうすけがISORAで佳作を獲り、翌年に黒い家で大賞獲ったりなんかして。

290 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/21(日) 13:23:21
どういうので臨めばいいかわからないよな
今書いてるのが最後までかなり暗い話なんだが、乙一受賞作を見るとこれでも平気かなと思う
でも全体見るとジャンプでこれは…になるんだ

291 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/21(日) 17:02:35
>>290

かなり大まかでいいから、どういう話か教えてくれまいか

292 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/21(日) 20:54:31
一つ質問があります。40字30行って一枚1200字になっちゃいませんか?


293 :292:2007/01/21(日) 21:14:49
1200字で210枚だと、手書きの人は400字で210枚だから全然文字数変わっちゃいますよ!どういうことなんですか?
「40字×30行で印字」の印字の意味もわからないし…

誰か助けてください!!

294 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/21(日) 21:19:26
>>291
殺人事件モチーフの暗い青春話?すまん特定されない程度に大雑把

>>292
こういうのがいるから応募数多いのにそんなに難易度高くならないんだな

295 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/21(日) 21:37:45
>>292 40字30行なら大体1200文字になる。改行とかするからぴったり1200字にはならないけど。
普通に40字30行で印刷すれば問題ないと思うが。すまないけど、何を悩んでいるのかいまいち理解できない。
「下読みの鉄人」っていうサイトがあるから、他に分からないところがあるならそこを見ればいいと思う。

296 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/21(日) 22:34:02
>>295
すいません、質問がわかりづらかったです。
簡単にいうとワープロだと何枚以内で書けばいいんですか?


297 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/21(日) 22:56:43
まぁ、テンプレも前スレから摘出したのを改変して作ったもんだから、少しわかりにくくなっちゃったものもあるんだよなー
ていうか、ここにテンプレと呼べるものが出来たのもある意味スゴイことなんだが

298 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/21(日) 23:16:37
>>296 ああ、応募要綱見てきたら混乱してる意味が何となく分かった。ワープロ原稿の場合の枚数が書かれていないからか。
ワープロ原稿だと一枚の文字数が原稿用紙の三倍になるから、単純に三分の一の70枚以内でいいんじゃないかなと思う。
とりあえず原稿用紙換算で210枚以内と書かれているから、本文がその分量に収まっているなら大丈夫だと思うけど。

299 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/21(日) 23:54:01
>>298
なるほど!!ありがとう!助かりました!

今、テスト期間なので二月中旬まで書けないけど、残り一週間くらいで一気に書こうと思います、人生初の小説を。

皆さんは手書きですか?

300 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/22(月) 00:47:47
パロディネタは嫌われるかな?嫌われる以前に審査外かな?

あと改行が多いんだけど、ワープロだから1行40字だから短い文が続くと物凄く下が空くから、手書きにしたほうがいいのかな?そんなんの審査の基準にならないかな?

301 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/22(月) 01:53:25
>>300
ネタや体裁以前に、文章にもっと注意を払うべきかと

302 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/22(月) 01:56:11
ああ、俺も小説初投稿だったから、原稿枚数がわかってよかった。
パソコンで書いてると、70枚以内なんだな…
応募要項にはワープロでの規定書いてなかったから、どうしようかと思ってたところだ。
予定より削らんといかんwww困ったもんだ。

303 :300:2007/01/22(月) 02:07:30
急いでた。すんません…

304 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/22(月) 02:35:19
手書きは下読みにも、編集にも、御三方にも優しくない。
読みやすい字なら別。

つうか、それ以前の問題で自分に優しくない。出版またはWEB連載のことを
考えるとデータ必須。ま、我々には捕らぬ狸の何とやらだがね。

そうそう、下が空くから、という理由であればワープロをお勧めする。
見た目では落とされないだろうからね。

ついでに、上のほうの議論に答えを出すとすると、原稿用紙210枚でも、
ページ数は様々と言うしかない。

ある一行が25文字だとしようか。40×30では当然一行だ。
さて、20×20の原稿用紙では……? そう、お察しのとおり二行となる。
同様に、18文字の場合を考えてみると?。

お分かりだろうか。どちらも一行となってしまう。


長くなったので分けますorz

305 :304:2007/01/22(月) 02:37:20
つまり、「短文」――いい例が「会話文」だが、それが多いと
ページ数が多くなる(40×30の設定かつ、上記の20字以下の
行だけでの1ページは原稿用紙1.5枚分)。また、長文が多ければ
少なくなる(同様の設定で、改行をまったく入れなければ3枚分)。

70ページというのは、一度も改行を入れなかった場合の210枚(どちらも、
文字数が84000字)であるから、70ページを超過しても後者の超過かどうかは
確かめないと分からない。

ちなみに、初期の募集要項に40×30で70ページ以内とあったが、
編集者の凡ミスであろう。

さて、調べ方だが、テキストファイルを原稿用紙に換算してくれる
フリーウェアを使うのもいいし、ワープロを20×20の設定にしても
大体は算出できるはずだ。

携帯から長文失礼。改行も微妙かもorz
間違いがあれば、補修頼みます。

306 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/22(月) 06:05:24
>>305
改行しようがすまいが、規定は文字数じゃなくてページ数なんだから、
40×30で70ページを超過したら、応募規定から逸脱したことになるんじゃない?

ていうか、きょうび原稿用紙に手書きで書いて送るやつなんて少ないだろう。
なんで原稿用紙210ページという規定を設けるのはいいけど、
パソコン・ワープロ使用の際には何ページ、という注釈くらいつけてほしいよな。

307 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/22(月) 06:35:51
何をうすらとんかちなことを言ってるんだ。
原稿用紙で何枚、ワープロ原稿は何枚、なんてダブルスタンダードを作られた方が困るっつーの。

308 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/22(月) 06:43:33
>>305
ありがとう。凄くわかりやすかった!

309 :306:2007/01/22(月) 07:27:54
>>305
すまんwww今ようやく意味理解したwwww
この程度の読解力しかもたない俺が書いた小説じゃ、入賞は夢のまた夢だな。

310 :305:2007/01/22(月) 08:16:12
>>307
いや、ページ数でもめてたから、ページ数は
人それぞれということを説明したかっただけっす。
だから、気にするのは原稿用紙「換算」であり、
ページ数は当てにならないわけです。

>>308
あざーす。

>>309          いやいや、私の文章力が拙いから。
書き込む前に三回くらい推敲したんです(笑)
文字数の件ですが、つまり改行する以上、
70ページを超えるということです。検証は
していませんが、単純計算で、最大140ページですね。

311 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/22(月) 14:07:31
>>298書いたものだけど70P以内とかよく考えないで発言してすまそ。そしてサンクス

312 :305:2007/01/22(月) 15:11:06
>>311
70枚以内の人も続出するはずなので、目安としては間違ってないですよ。

ちなみに推測ですが、編集が考えていたこと↓

1.応募者によって体裁がまちまちだなぁ。
2.よし、40×30に固定しよう。
3.従来の200枚以内だと半端か……40×30×70=84000字、
これを、400で割ると210枚だ(・∀・)人(・∀・)
4.間違いに気が付いて、要項から「ワープロで70枚」を削除。

10枚という半端な増加は、この計算ミスから生じたのではないか、と。


313 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/22(月) 18:14:33
こんにちわ 完成しました 換算枚数120くらいですが 出そうと思います
40*30でいいんですね? たてね? 30過ぎのオサーン ですが 過去にそんな
受賞者は いましたでしょうかね? 相当大人向きになってしまったかもしれないけど
・・・・・・・

314 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/22(月) 18:24:21
大丈夫。
どう見ても大人向きだとか作者の年齢が高いだとか以前の問題がある。

さあ、今すぐ無駄なスペースを削除して「・・・」を三点リーダーふたつに書き直す作業に戻るんだ。

315 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/22(月) 18:29:52
2chの書き込みくらい三点リーダにこだわらなくてもw

昨日のやり取りで、やはりみんなPCで原稿書いてるんだなってわかった。
一口に「何ページまで進んだ」といっても、PCか原稿かで話違ってくるもんなぁ。
40×30のPC原稿だったらたいていの人が100枚以内に収まりそうだな

316 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/22(月) 18:52:07
文章みなおすの、面倒だから見直さなくていいかな?
中身が面白ければ、多少誤字があったり、日本語がおかしかったとしても、受賞するやろ
あとから、指摘されるだろうし 

317 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/22(月) 18:55:21
日本語がおかしくても思わず読みふけってしまうほど面白い自分の傑作を読むのがなんで面倒なんだ、アンタは。

318 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/22(月) 18:56:44
100枚や200枚ででそんな杜撰な原稿を上げる奴は、面白い作品なんて書けない。

319 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/22(月) 19:00:47
若さゆえの荒削りさは相当許容されると思うが
手抜きゆえの破綻はどうだろうかね

320 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/22(月) 20:39:57
>>316
誤字盛りだくさん、おかしな日本語盛りだくさん、でも内容が評価されて受賞……
……そういう例は確かにある。
適当な心持ちで書く人間が良い作品をものせない、ってことも残念ながら事実ではない。
けど、瑕疵に気付いているのに改良しない、修正できる余裕があるのにしない、
なんてことをわざわざする意味がよくわからない。

321 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/22(月) 20:46:10
パロディネタってダメですか?

322 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/22(月) 21:25:01
>>321
全編パロディなら勿論アウトだが、
小ネタの一つとして入れる程度なら新人のでも見たことはある。
あんまり良い例じゃないかもしれないが、ドクロちゃんとか。
ただパロディは元ネタが読み手に判る、ってことが前提だから、
あんまりマニアックなネタはそれだけできつい。
そもそもパロディ自体、新人のネタとしては歓迎されないのが一般的なので、
できることなら避けた方が望ましいと思う。

323 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/22(月) 21:26:26
どういうのをパロディといってるのか分からん。
下敷きにした特定の作品との権利関係が発生するような二次創作は常識的にダメ。
戦隊物パロディ、みたいに流れや雰囲気を真似て自分の作品を書いたものならOK。

簡単に言うと固有名詞をそのまま借りてこなければOK

324 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/22(月) 21:34:26
固有名詞でも出しちゃいけない、ってわけじゃないんだよ
実在するタレントの名前や会社名、商品名はもとより、漫画やアニメのキャラでも
権利関係は受賞後に編集さんがやってくれるし、やばかったら改稿するように言ってくれるし
ただ、やっぱりそういうのは歓迎はされない
内容が面白けりゃ受け入れられるだろうけども

それこそドクロちゃんって、投稿作のままだと実在する商品名かなんかがやばかったから
改稿して出版したんじゃなかったっけ

325 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/22(月) 21:45:51
アリっていうとな
「ファイナルファンタジーXXX」
とか
「ピカチュウVS脳噛ネウロのヤコ」
とか
とんでもないものが送られて来るんだそうだよ

326 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/22(月) 22:22:08
>>325
どっから後者が出てきたか問い詰めたいところだ
パロディというか二次創作送るやついそうだよな、ジャンプだと

漫画でいう太臓みたいな、あんなかんじのはどうなんだろうか

327 :321:2007/01/22(月) 22:39:57
例えば、デスノートをぱくって、名前を書いたら、どーにかなるみたいなのはOK?
例えばだよ、例えば。


328 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/22(月) 22:45:00
「ぱくって」という発想をしている時点で受賞可能性はゼロと知れ。

329 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/22(月) 22:55:15
>>328
きびしーなぁ、もう。
とりあえず、今回はパロディでいってみる。2日くらいで書けるかな

330 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/23(火) 00:14:19
パロディーとは。広辞苑から引いてみた。

文学作品の一形式。よく知られた文学作品の文体や
韻律を模し、内容を変えて滑稽化・諷刺化した文学。
日本の替え歌・狂歌などもこの類。


ってことは、元ネタが分かるようなのでなければ厳しいな。
それが分かってもらえなければ、ただの盗作になってしまう。
デスノートであれば、死ぬ以外のアクションなら
パロディとしていけるだろう……が、
ワンシーンで使う小ネタなどに留めるべき。
実際のパロディ小説とやらは読んだことないんで、
聞き流してくれても構わないが。

>>329
二日で仕上げられるなんて、編集が欲しがる人材の予感。
推敲にはその十倍くらい時間をかけるんですよね?

331 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/23(火) 01:48:43
俺はもちろんオリジナルでいく!
ただ枚数が……
原稿用紙五十枚ぐらいで終わったら、やっぱマズイよなぁ。


>>329
2月2日までに、の意味であることを切に願う。

332 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/23(火) 03:56:43
ここはトンデモな人がゴロゴロ集まるインターネッツですね。

333 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/23(火) 04:02:58
俺も応募するぜ
今で108枚
このままじゃ200枚以上になりそうだ……困ったな

334 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/23(火) 06:44:14
>>333
ワープロで書いてんの?原稿用紙換算で108?
おいらっち原稿用紙換算で70ページ、どうもこのままだと総量120ページ以内に
収まってしまいそうな勢いだw
プロット段階の予定とだんだんズレてきた…

335 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/23(火) 06:54:16
>>334
原稿用紙換算だぜ

プロットごとに枚数決めて書くのがいいって乙一が言ってた

336 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/23(火) 13:59:09
取得シッパイ

337 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/23(火) 14:33:30
ワープロだったら
70ページ以内の本文+表紙(1ページ)+あらすじ(800字程度で1ページ)+個人情報(1ページ)

で合っているよな?あと印字って何だ?

338 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/23(火) 14:50:56
印字って普通にそれで印刷してくださいってことだと思うんだが……

339 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/23(火) 15:22:54
>>337
質問するときの言葉遣い……

340 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/23(火) 15:46:30
>>337

まだ70ページとか言ってるのかw
目安にするのはいいが>>304-305嫁。

341 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/23(火) 19:20:00
ていうか、40×30の枚数で考える必要ないだろ……

342 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/23(火) 19:26:26
ラ板に書いてあって思い出したが、この賞は「応募作」の著作隣接権を持っていくんだよな。
ジャンプ特有の専属飼い殺し方式はあるのかね?

343 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/23(火) 20:02:50
>>340
70ページ以内じゃないけど、70をボーダーラインとして、ほぼその前後の枚数になるんだから、
今後このスレではワープロ換算約70ページでいいんじゃないかな

344 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/23(火) 20:56:51
>>343
そういう覚え方はあまり推奨しないな。

345 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/23(火) 23:03:08
1ページ半書けた。あと68ページ半だ。

346 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/24(水) 03:11:33
ジャンプ小説大賞って年に一回なんですか?

347 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/24(水) 09:37:40
70ページ前後書いた作品を、400字詰め原稿用紙にコピペすれば一発で分かるんじゃないんですかね。
文字数だけじゃなくて、改行やらも換算されるなら。

てか、私も一応応募作品書いているんですが、何より心配なのは受賞後のこと。
わかっていると思いますが、この賞に受賞して次巻を発表できる確率って低いんですよね。
って、この話題は既存で、しかも数値化されているわけですが。
佳作でも出版して欲しいと思うのは高望みでしょうかね。
だって、佳作とったら一応「他社受賞者」とみなされるわけだから、
その後の行動がけっこう縛られると思うんですよね。

348 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/24(水) 11:07:19
完成したけど もう 送ってもいいのかな??
換算120Pだけど

349 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/24(水) 12:22:10
取得シッパイ

350 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/24(水) 12:24:12
>>348
制作期間は結構かかりましたか?

351 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/24(水) 12:29:37
原稿用紙換算枚数でここまで長々ともめるスレって、
この板じゃこのスレくらいじゃないかww
ライバル減らしたいのかもしれんが……いい加減ちゃんと教えてやれよw

【初心者の為の原稿用紙換算方法】
◆40×30で書いていた場合

・とりあえず文章を保存する。
・書式を20×20に文字数と行数を変更する。
(方法はソフトにより異なるが、初心者の使うWordならファイル→ページ設定)
・その時の枚数が『原稿用紙換算枚数』となる。
・そのまま保存せず、閉じる。
※続けて書きたい場合も、初心者は書式を壊してしまいがちなので、
一度閉じて、再度40×30で保存してあった方を開くことを勧める。


◆20×20で書いていた場合
・何の問題もなく、その枚数が原稿用紙換算枚数。
・印刷する時に、書式を40×30に変えればOK。
※210枚ぎりぎりまで書いていた場合、間違いなく70枚は軽く越えるが、
不安になる必要はない!間違っていないぞ!びびらず印刷すべし!
改行が多ければ、100枚になったって別に不思議はない!

これはジャンプ小説大賞に関わらず、どの賞にも共通する換算方法。
『原稿用紙換算枚数』を記載せよという賞も多いから、これくらいは覚えておこう。

352 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/24(水) 12:54:17
自分的に出来が良さそうなの現在30P
最初に書いてたがいまいちっぽいの70P
どっちを進めるべきか…

353 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/24(水) 12:56:44
プロットがしっかり組みあがっているなら前者に賭けてもいいが
その言い方だと何も考えずに書いてるな?
浮気したらいまいちっぽいの70pが2つできるだけだ。

354 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/24(水) 13:14:11
>>353
プロットはむしろ30Pのが出来てる
70Pはgdgd
30Pは1週間で書けたが70Pは1ヶ月かかってるんだよなぁ…

355 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/24(水) 13:23:14
348です 350さんへ

構想はもう 何年も前からありました 実際には正月 ひまな留守番勤務が
あったので仕事中にノートに 書きました 
それで 今回パソコンの中のワードに打ち込んで完成しました

構想事態は 落ちまで頭の中にあったので かなり 早く終りました
休日中心なのですが 実質二週間は かかっていないと思う

構想さえ あれば いくらでも 早く書けると思います
司馬遼太郎さんは 初入選作品を 三日でかきあげた といっていました 

356 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/24(水) 13:38:03
>>313のおっさんよ。
三日で書き上げた例に西尾維新じゃなく司馬遼が出てくるようじゃ、
大人向けの文学賞に出した方がいいと思うぞ……。

しかし、原稿に句読点はちゃんとあるんだろうな。

357 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/24(水) 14:17:03
ワロタww
創文板では稀に見る奇怪な文章だな。

「こんにちは」を「こんにちわ」と書き、句読点も三点リーダーも打てない三十過ぎのオッサンの書く小説か。
ある意味読んでみたい気はするが。

358 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/24(水) 15:00:37
こんなところで 絶対に句読点なんて つかわねえ
時間の無駄だ あと 誤字脱字も なおさねえ

359 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/24(水) 15:15:46
普通に文章書いている人間なら、
逆に句読点使わずにスペースを空ける方が、
時間かかるはずなんだがな。

まぁそれはさておき、ちょっと不安なのが
>>342が書いているように、受賞作だけでなく落選した作品も、
著作権関連はすべて持っていかれるってことだよな。
「応募作」を対象にしているなんてちょと卑怯な。

落ちた作品は他に応募するなっていうことなんだろうな。

360 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/24(水) 15:52:25
おっさんは言語センスというものが皆無なんだね。


361 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/24(水) 16:12:16
473 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/24(水) 14:30:44
どっかで話題になってたけど
同じ集英社でもジャンプ小説大賞ってSDとは完全に異質なのな。

応募作の著作権を持っていくこともさることながら
専用スレのレベルの低さも酷い。
パロディを応募するとか、原稿用紙換算枚数でもめてるとか、
そんな話題がメインなんて信じられない。

くそ、やっぱSDで受賞したかったぜ……。
二次落ちなんだがな……。


362 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/24(水) 18:29:24
>>361
酷い言われようだなww



363 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/24(水) 18:55:44
>>361
まあ仕方ないっちゃ仕方ないと思う。実際問題、SDとジャンプ小説大賞じゃ腰の入れ方が違うし。
もちろん、集英社側が。
ホンキで小説家になるのなら、ジャンプ大賞は普通の賞に比べ、若干不利だということも否めないし。
「このライトノベルがすごい! 2006」にも、
「実力で世界を切り開ける自信があるなら、ここをステップにして活動場所を広げていくのもありだ」
とかいてある有様。
なんか書いてて自分で落ち込んできましたよ。

……てか、ジャンプ小説大賞じゃなくて、このスレ自体を否定してたんだったな(笑。

364 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/24(水) 20:48:53
ジャンプはどんな小説を求めてるんだろ?中高生の読む小説でしょ?
わかんねぇなぁ。

365 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/24(水) 22:46:45
努力友情勝利

366 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/24(水) 22:52:04
読みやすくて面白ければ何でも良いんじゃーのかな

367 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/24(水) 23:11:45
乙一

368 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/25(木) 00:44:24
パロディや二次創作なんかもそうだけど、
劣化乙一のホラー小説も相当数応募があるんだろうなぁ…

369 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/25(木) 01:35:08
やっぱり作品を通して何を伝えたいのか、とかのメッセージ性も必要なんだろうな
娯楽とはいえ「読んでタメになる」ようなものを欲しがるのは日本人のサガか?

370 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/25(木) 01:44:22
イソップ童話みたいに?

371 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/25(木) 02:18:35
俺はメッセージみたいなの入ってるけどな
人権って感じの

372 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/25(木) 02:19:45
何作くらいの応募があるんだろ?

今回逃したら、半年後?

373 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/25(木) 04:54:36
賞は年1回でしょう。半年後はなんもない。また10月くらいに応募が始まるだけ。
ま、賞自体が残っていたらの話ですけどね。

374 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/25(木) 09:31:25
メッセージ性、つまりその作品のテーマってことですよね。
というか、その作品を通して何を伝えたいかを明確にしてないと、受賞できるはずも無いと思うのは、私だけでしょうかね。

375 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/25(木) 11:21:41
取得シッパイ

376 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/25(木) 12:03:31
テーマとメッセージ性ってのはまた違うような気もする
それとは別にテーマ小説っていうジャンルもあるらしいが


377 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/25(木) 12:54:51
テーマは話の中で一貫して書かなければならず、メーセッジは……何だろうな。例として正しいかは分からんが、挙げてみる。

テーマ:戦争の悲惨さ
メッセージ:どんなに嘆こうと戦争は無くならない

駄目だ。何書いてんだろ、俺(´;ω;`)

378 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/25(木) 13:08:04
面白ければいいんでしょ?バトルロワイアルみたいに。

379 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/25(木) 17:00:40
つまりテーマとは題材で、
メッセージはそれを通して伝えたいこと……か?

380 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/25(木) 18:57:32
>>379
そういうことかもしれませんね。
テーマって言うのは書く上で完全に一貫してますが、メッセージ性というのは完全に読者対象の言葉ですからね。
読者によって、どういうメッセージを受け取るかは変わってきますし。

381 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/25(木) 19:19:40
つまり面白ければいいんでしょ?バトルロワイアルみたいに。

382 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/25(木) 20:37:27
バトルロワイアルはそんなに面白くないと思うが……
そこまで引き合いにだすのがよくわからんな

383 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/25(木) 20:59:36
メッセージなんかいらないよね。どんだけ面白いかだよ。誰もやったこと、考えもしなかった事をやったヤツが勝ち!

384 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/25(木) 21:23:50
ジャンプ大賞はそこまで良作じゃなくても大丈夫だと思うよ。過去の受賞作から見ても。
最低限、小説の形になってたら佳作はとれるんじゃないかな。

385 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/25(木) 23:42:48
文章が汚くても、物語が面白ければいいんだよね?文章が汚くても

386 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/26(金) 00:24:32
小説の形になってたら佳作、ってことはないだろう。
少なくとも内容が伴わないと。
あと文章が汚くても面白さが伝わるのなら、一次選考くらいは通るかも。
でも下手な文章では作品の面白さを伝えられないと思う。それ以前に読ま
れないで捨てられる可能性大。

387 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/26(金) 01:05:35
ていうか文章下手だと読む気にならんと思うが

汚い文章じゃなくて、わかりやすい文章を書くことが大事だろ

388 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/26(金) 02:06:51
わかりやすくかぁ。なるほど。とりあえずわかりやすく書けばいいのかぁ。物語は面白いんだから、ムリをせずにわかりやすく書くだけでいいんだ。

ページ数が短くなりそうなんですけど、今まで賞を受賞したなかで一番ページ数が短い作品ってわかりますか?

389 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/26(金) 02:15:39
ページ数はわからんなー

短くても面白ければ良いとは思うが

390 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/26(金) 03:13:18
>388
俺もページ数は想定100枚、かなり尺の短い短編になりそうなんだが、
あまり悲観はしてないな。
過去の受賞の例なんて関係ないと思う。
短くても面白いものは面白い、とちゃんと受け取ってもらえるんじゃないか。
短いというだけで良作を切り捨てる下読みはいない




…と、思う

391 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/26(金) 03:15:29
去年の受賞作が100枚程度にまとめろって言われてたくらいだから

100枚でも十分だろうな

392 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/26(金) 09:53:43
>>391
原稿用紙100枚分ですか?

393 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/26(金) 13:19:13
>>392
391じゃないが、そうだろうな。

ここで一つ提案があるんだが、原稿用紙換算のときに「枚数」、
印字した場合は「ページ数」で統一したほうがよくないか。
ややこしくてかなわん。



394 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/26(金) 15:34:06
そうだな
そもそも40×30で一枚って考えるのはおかしいだろ
規定には原稿用紙換算でって書いてるんだから

みんな原稿用紙換算で話すればいいじゃない

395 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/26(金) 15:48:34
>>393
うん、賛成。

>>388
確かに、わかりやすい文章やムリをしないことは大事だが、物語の面白さに頼り切るんじゃなく、
常に文章を上達させることも考えていったほうが良いと思う。
語彙を増やしたり、描写に気を遣ったり、比喩を試行錯誤したり……。

面白い物語が書ける人でも文章が上手いに越したことはない。
「わかりやすい」以上の何かがある文章を書くことで、読者をさらに物語へ
引き込むことができるんじゃないだろうか。

396 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/26(金) 16:00:06
上の方の書き込みは釣りっぽく見えるけど、一応書く。
分かりやすく書けばいい、ったって、最低限の日本語ができてなければ
読んですらくれないと思うが。
最初に読むのは下読みの人だし。

397 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/26(金) 16:04:50
なんか、ものすごい初心者が今から小説書きます、みたいなスレだなw

398 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/26(金) 16:07:24
ジャンプは応募者が低年齢だから仕方ないんじゃねーのかな
小中学生が多いらしいし

399 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/26(金) 16:33:20
ある意味、貴重でヲチるにはおもしろいスレだなw

400 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/26(金) 16:53:48
小説を結構前から書いてるらしいけど、なんで初心者を馬鹿にしてるの?結構書いてて、今だに小説家になれてないてんでしょ?だったらまだ書いたことのない俺のほうが将来性あると思うけど、おっさん方。

401 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/26(金) 17:04:00
まったりいこうぜ

402 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/26(金) 17:06:21
>>400
悪いことは言わん
ちゃんと勉強して大学へいけ

403 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/26(金) 17:21:18
このスレ面白すぎw

404 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/26(金) 17:23:24
>まだ書いたことのない俺

書いてないのかよ!
せめて書いてから言えよww

405 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/26(金) 17:53:44
たしか130枚くらいで受賞したのがあったな。
分かってる限りではこれが最短かも。でも短いよりは長いほうが有利だと
思う。まあ内容次第だけどね。ただ短く面白く書くのってスゴイ難しいよ。

あと>>400はかわいいな。俺にもそんな根拠のない自信にあふれていた時期
があったっけ。

406 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/26(金) 17:54:09
ていうか、この賞で将来性がどうとか言われてもな……
将来性のあるラノベ作家になりたいなら電撃でも行けばいいのに

407 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/26(金) 19:56:14
>>404
せめて書いてから言えよww

3ページかいたよ、おっさん。あんたも早く書けよ。

408 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/26(金) 20:46:12
ここは>>400>>407と戯れるスレとなりました

409 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/26(金) 21:24:42
>>407かわいいよ>>407

410 :小説家:2007/01/26(金) 22:50:29
この野郎、見てやがれ!俺が賞を取ってやる!


411 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/26(金) 22:51:54
>>410
お前がNo.1だ

412 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/26(金) 22:52:48
>>400>>407
書いてからではなく、書き終えてから言えよ。
応募し終えて、受賞してからなら、もっといい。
それまで消えてろ

413 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/26(金) 23:43:47
まあしかし、受賞できないワナビは世間から見れば皆同じ穴の狢、
という意味では>>400の言うことも一理ある。
一枚も書かないで「俺小説家になる」って言ってる奴も、
何度も中間選考突破歴がある奴も、デビューして世に出なけりゃ同じだからなあ。
その集団から誰が抜け出すか、ってレースなわけだ。

414 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/27(土) 01:03:14
>>412
書き終えてからだと締め切りまで俺ら全員書き込めないんじゃね?

……いいアイデアだな。

415 :412:2007/01/27(土) 01:16:52
>>414
あくまで>>400>>407のかわいい初心者くん対象ってことで勘弁して。
去年の某川口くんなみにウザかったもんで。

416 :小説家:2007/01/27(土) 01:18:01
書き終えられなかったら一生かきめないじゃ〜ん!
いいなぁ、みんなテストなくて。仕事なんて楽勝じゃん!

417 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/27(土) 01:26:31
>>416
日本語でおk

418 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/27(土) 01:54:16
>>416
大学生舐めんな。
こちとら月曜に試験残ってるのに、土日はバイトだ。
つか、>>416が受験生なら賞はスルーしたほうがいい。

ところで。
話題ないなら、書いているジャンルと予定枚数挙げていこうぜ。
俺は現代ファンタジーで、180枚くらいにまとめるつもり。

419 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/27(土) 01:57:57
学園アクション予定200
ミステリー気味サスペンス予定150
両方あとちょいで完成なんでどっちがいいか周りに聞いて投稿するのを決める

420 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/27(土) 02:00:22
俺はSF
140枚くらい

421 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/27(土) 02:09:48
俺はデスノート
150枚ぐらい

422 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/27(土) 02:16:59
>>421
マジつまんねぇ

423 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/27(土) 02:19:28
やばい、執筆してるうちにものすごいグロテスクな作品になってきた。
肉とか血とか骨とか。
こんなんジャンプで受け入れられるかなぁ……。

424 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/27(土) 02:34:15
俺が書いてるのは、社会や家族から虐げられている醜い容姿の青年の話。150枚前後。

…いや、おれの自伝じゃないから。

425 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/27(土) 03:08:05
過度に暗いのやグロいのは読みたくないな
読了して気分が爽やかになるような作品に受賞してもらいたい

426 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/27(土) 03:57:55
つまりワンピースの二次創作がベストということだな。


427 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/27(土) 03:59:45
>>426
すごいすごい
それはきっと受賞できるわ

428 :418:2007/01/27(土) 07:32:10
おお、挙げてくれてサンクス。
やっぱり、ジャンルは多種多様なんだな……。

>>415
レス遅れたが、たしかに去年はひどかった。
俺、彼の名前でググッた記憶があるwww
たしか、棋士が出てきたんだが、棋士関係の板にも
同じ名前とIDの奴がいたから一人で納得していた。
ああ、病んでいるのは仕方がない、って。

429 :小説家:2007/01/27(土) 09:08:14
みんな魔法がどうのこうのとかいうオタッキー小説書いてるの?

小説は最初の1ページが重要だよ。

430 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/27(土) 10:37:55
>>418
遅まきながら。

女子大生が主人公の青春モノ。
ラノベ要素皆無。どちらかというと文藝賞とかの色合いに近いかもしんない。

431 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/27(土) 10:41:05
過去の受賞作見ても、受け皿はラノベ系の賞の中で最も広いと思うから、
カテゴリーエラーとかは気にしなくて良いんじゃないかな。
パロディやBLとかはともかく。

432 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/27(土) 13:17:04
>>430
サンクス。
インストールとか蹴りたい背中系なら、賞じゃなくて俺に送ってくれ。

>>423
今思い出した。ヘルジャンパーっていう佳作が冒頭から重かった気がする。
グロくはないだろうけど、、読んでみては如何か。

433 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/27(土) 14:37:29
いきなりですが。
佳作に選ばれた「鏡色の瞳」第五回読みました?


434 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/27(土) 16:06:29
自分は第一回を途中まで読んでやめたんだけど、何か変化あったの? 面白くなった?

435 :小説家:2007/01/27(土) 16:42:59
過去の受賞作って読めるの?パソコンで?俺、パソコン持ってねーや。携帯で見れないの?

436 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/27(土) 16:53:49
銀色の瞳、冒頭ちょっと読んだだけで読むの辞めた
あれで佳作なのかとおもた

437 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/27(土) 17:08:33
>>436
この賞に限らず、ワナビはみんな受賞作読んでそういうこと言うよね
自分の実力を棚に上げて
一読者ならともかく、志望者ならあんまりそういうこと言わないほうがよくないか
受賞作への批判は、自分にそのまま返ってくるよ

438 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/27(土) 17:25:36
去年の一次選考発表直後にも「舐めてた。自分が甘かった……」
なんて落選者の書き込みがいくつか見られたしな。
まあ、謙虚にがんがろう。
偉そうなことは、受賞後にインタビューででも言えばいい。

439 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/27(土) 17:33:16
>>437
自分の実力と他作品の善し悪しは関係無い
そもそも、万人が面白いと思える作品に出会えること自体が珍しいのに

銀色の瞳が受賞されてるのは、なんらかの見るところがあったんだろうと思うが
きっと終盤が良かったんじゃないかな
ともすれば連載にするのはダメな気がするが

440 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/27(土) 18:37:27
確かに受賞しているからには必ず面白いところがあるわけで、銀色の瞳は終盤に期待できますね。
私も最初読んで止めた口ですが。
でも、以前佳作を受賞した「日常転換期」のような感じになったら失望ですけどね。
あれは……、完全に年齢を評価して受賞させたとしか思えない。
とってつけたような最後といい、絶対に他の賞なら……二次くらいで落ちてたと思う。
まあ、こんなことは実力がついてからいえという感じですがね。
だれか「日常転換期」見た人いませんか?

441 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/27(土) 18:54:51
日常転換期は読んでないけど、選評に「年齢が後押しをした」とあったと
記憶している。この賞は毎回低年齢を優遇する傾向が強いので、まあそれも
アリかなと思う。だけど二匹目の乙一はそうはいないってことだね。前回の
十代の子なんて選評で叩かれて可哀想だった。最終に残した編集部の罪でも
ある。

442 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/27(土) 19:02:18
みなさんは今、原稿用紙換算するとどれくらい書いてますか?と敵情視察。
俺も言うから教えれ。

443 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/27(土) 19:05:16
>>442
200枚。まだ下書き状態だけどね。

444 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/27(土) 19:06:29
終盤になにかあるかもしれない・・・そうか。
じゃあ終盤に期待しよう。

私は一応参考としてずっと拝見してたんだけど、
第四回で話の行き着く所が簡単に読めちゃって。

終盤に面白いものを見せてくれれば読んできたかいがあるよなぁ・・・。


445 :小説家:2007/01/27(土) 20:50:16
第一次選考とか第二次選考って合格した人をその都度発表していくんですか?

446 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/27(土) 21:03:07
前回の講評には、全体的にレベルが低かったって書いてたな
過去に受賞しかなった回が無いと考えると、

「受賞作は必ず出さなければならない」

また

「低年齢の応募が多い」

つまり、若くてそこそこの作品を受賞させるしかないんだろうね
乙一クラスが出てきたら間違いなく受賞だろうけど

なので銀色の瞳は、それなり、って作品なんだろう

447 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/27(土) 22:18:34
>>445
ジャンプ本誌、webサイトにて全ての選考結果は発表されたはず。四月に
一次選考通過者、五月に二次選考通過者、六月に最終選考の結果(ようす
るに受賞者)を発表していた気がするが……。まぁ、七月に贈賞式という
ことを考えればそんな感じだろう。

発表されるのは、作品タイトル、PN、県(外国から応募しているやつも
いた)、年齢の四つだったと思う。このスレの住人が驚愕するのは十代の
多さぐらいで、作品タイトルにはケチが多くつけられる。

>>438の言うように、毎年自信家の揃うスレ住人が落胆するのは一次選考
発表。だが、ちらほら通過者もいるから、我々の中にも勇者が現れるかも
しれない。余談だが、一次選考の発表前には最終選考がすでに決まってい
て、彼らには一次選考発表よりも前に電話連絡がくる、らしい。

http://j-books.shueisha.co.jp/webrensai/index.html
が、web連載のページ。主に佳作。特別奨励賞なんていうのもあるが、
佳作まであと一歩なのかどうかというところまでは知らん。

携帯からは見れない(フルブラウザとやらはどうだろうな)し、プロットも
本文も、さらに推敲するのにもパソコンはこのご時世必須。私のは2000年
に発売された化石のようなやつだが、物を書くという作業にいたっては不
自由していないから、中古でも買えば後々役に立つ。
>>304で書いたとおり(携帯からだったので、読みづらいのは勘弁してくれ)、
原稿の受け渡しなんてデータが主流だからな。

皮算用かもしれんが、受賞したときにノートパソコン(最新機種ならOSは
Vistaか?)が貰えるから、デスクトップにしておけ。


あと、小説家なんていうコテやめれ。


448 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/27(土) 23:52:43
>>428
よかった。川口くんを覚えてる人がいてくれた。
たしかに精神を病んでたみたいな感じだったっけ。
彼もこの賞を狙ってたからまた出没するかもよ。

449 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/28(日) 00:12:42
前々回で最終選考、前回は二次まで残った尾関修一って人、
富士ミスでデビューしてるのね。この賞のレベルの高さがまた一つ
明らかになった。というか見る目がないというべきか。

450 :442:2007/01/28(日) 00:35:04
>>443
遅くなったが、自分は175枚だ。
早いのか遅いのか、本当よくわからん。
俺はどっちだ?うーん。

451 :443:2007/01/28(日) 00:45:42
>>450
充分早いよ。俺は別の賞向けに書いてたのを転用しての200枚だから。
これから一月かけて推敲して210枚ぴったりにして出すつもり。


452 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/28(日) 01:27:10
自分は今100枚弱。
このまま順調に書いていけば210枚越える事必須。
グロイ部分柔らかくなるよう推敲しなきゃな……。

あ、そういえば、前回より10枚増えてるよね、枚数。
前送ったとき200枚ピッタリだったからよく覚えてるんだよね。

453 :442:2007/01/28(日) 02:34:43
>>451-452
いや自分は……んーでもなあ……俺も200枚をゆうに越えてしまうから。。300マイグライイッテシマウカモ。。でもまずは書ききって、それから>>452のようにけ削っていこうと思う。。。

ああ間に合えばいいのだが。>>451は推敲に一ヶ月か……それくらいが丁度いいんだろうな……。
今回はない時間を精一杯使うつもりではあるが、また今度賞を狙うときはそれも考えよ。。

454 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/28(日) 12:14:37
106枚で出すのは無謀ですかね

455 :偽小説家:2007/01/28(日) 12:39:38
>>447
ありがd!!

456 :偽小説家:2007/01/28(日) 12:41:16
>>454
大丈夫だよ。メゾンドペンギンだって、あの薄さで本出せたんだから。

457 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/28(日) 12:42:47
>>454
内容が全てだとは思うが……
いちお調べてみたら、『下読みの鉄人』では

●編集部内での予備チェック
 編集部に応募原稿が届くと、まず、届いた順に通し番号が付けられます。以後、応募原稿は、この番号で管理されることになります。
 そして、全部の封筒を開封し、簡単に中身をチェックします。この時点で、極端に応募規定から外れたような原稿は「選考対象外」として排除されてしまいます。

とあったよ。まあ、場合によるし、210枚で106枚ていったら半分だから極端でもないと思うけど、
目安として上のを知っておくとよいかも。

458 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/28(日) 13:08:21
>>448
出現したらちゃんと相手してやろうぜ。
きっといいやつになってるはずさ。

>>455
どういたしまして。
二バイト増えただけだが、まぁ、いいか。

459 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/28(日) 13:29:08
ジャンプ連載作家って編集部に飼い殺しにされるので有名だけど、
まさかここでもそういうことあるの?応募作の著作権ってのがなあ

460 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/28(日) 14:33:18
>>454
ちなみに116枚で入選した例がある。だがこの受賞者は
ジャンプ連載漫画家の身内なので、当てにしてはいけないかも。
できれば150枚くらいをおすすめする。今年から10枚増えたしね。


461 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/28(日) 14:36:01
>>459
忘れられた頃、応募作をリメイクしプロデュースした新連載が本誌でやったりしてな

462 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/28(日) 14:55:29
応募作の著作権とるわけじゃないだろ。出版権とか上映権の諸権利のこと
でしょ。それだってあくまで生じた場合だし。ここで落選した作品を他社
の賞に応募して受賞した場合には優先権の問題が起きるかもしれないが、
自分たちが捨てた作品にそこまでの権利を主張しないと思う。

463 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/28(日) 20:18:56
じゃあ投稿して落ちた作品を同人誌として出すのはアウトかセーフどっちだろうか…
毎回やっちゃってるんだが

464 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/28(日) 21:02:30
同人誌として出して、商業出版化や映画化の企画が持ち込まれて、それに調印すればOUT
つまり問題ないってことだ



465 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/28(日) 21:29:01
落選した作品は、作者に著作権があるから、他の賞に応募しようが他の会社から出版しようが問題ないよ。

466 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/28(日) 21:45:58
著作権は譲渡できないから必ず作者にあるだろ。
で、出版権・映像化権などの譲渡できる著作隣接権は当落に関わらず集英社が持っていく。

要するに応募作を利用して儲ける権利はすべて集英社がいただきますよということだから
儲かるはずのない小説同人での発表なら問題ないと思われ。

467 :463:2007/01/28(日) 22:12:43
d
安心した

落選して人目につかないまま捨てるのは偲びなかったんだ

468 :578:2007/01/28(日) 23:20:23
現実問題として、落選作が他社で受賞し諸権利が発生したとしても、
集英社がその作品の諸権利の保持を主張するとは思えない。なぜなら
証明できないでしょ。落選作の原稿なんて即廃棄してるだろうから、
裁判になっても勝つ見込みなんてない。最終選考とかまで残った作品
はどうだかわからないけど、それ以前の編集部からお呼びもかからな
かった作品については気にする必要なしと思うぞ。

469 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/28(日) 23:22:49
>>468の名前欄はまちがいですので気にしないで

470 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/29(月) 00:14:35
それならなんで、他の賞と違って「応募作」の諸権利って書いてあるんだろうな。
「受賞作」でない所、それが素で疑問だ……。

471 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/29(月) 00:39:14
取得シッパイ

472 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/29(月) 02:14:53
>>470

この場合は「受賞しなかったけど、出版された作品」がそれに当たる。
お声がかからなかった落選作はこの対象外。

473 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/29(月) 11:09:08
毎年、どれくらいの応募数なんだろうか

474 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/29(月) 12:13:11
ttp://www.cric.or.jp/qa/sodan/sodan16_qa.html

リンク先読めば「応募作」は全ての応募作だという事が分ると思う。
公募ガイドとかでも、良く解説されてる事。

出す人は使いまわししない覚悟で出した方が良い。

475 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/29(月) 14:00:51
>>454
以前ここに投稿したとき、100枚前後でも二次選考までいけた。
それ以降のことは知らないけど、参考までに。

476 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/29(月) 14:09:08
どうもこの賞の評判がイマイチな理由が、このスレ読んでなんとなく解かった。
このレーベルで本を出し続けられるわけじゃないから、
プロを目指す人間の出す賞じゃないのな。
道理でワナビの間ではこの賞が敬遠されているわけだw
やっぱりもう少し枚数増やして電撃に出そう。

最近SDは新人作家発掘にかなり気合入れてるみたいだけど、
同じ集英社としてこの賞の存在価値は何なんだろう。
漫画のノベライズ要員探し?


477 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/29(月) 17:18:16
ラノベというよりも、一般向けの小説もしくは児童文学の劣化版と考えたほうがいいかもね。
選考委員の顔ぶれを見ても、あまりラノベの色ではないね。

478 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/29(月) 19:39:01
選考委員だけ無駄に豪華なのもこの賞の特徴だなw

479 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/29(月) 21:33:42
なんかネームバリューだけで選んだ感も否めないよなぁ……
でも、まぁ、自らの小説がそういう人達のお目にかなうもんなら嬉しいよな

480 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/29(月) 23:56:04
最終選考に食い込んで、なんとかコネをつくるわ

481 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/30(火) 00:06:36
>>480
人気連載漫画家の身内になればデビュー確実、ノベライズでうはうは

482 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/30(火) 00:50:59
作家目指してる人間は普通ノベライズなんてやりたくないけどな

483 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/30(火) 01:08:43
そうか?
好きな作品ならやりたいと思うが

西尾がデスノやったくらいだし

484 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/30(火) 01:25:34
オレは好きな作品ほどやりたくないな
読者でいたいし、プレッシャーにも負けそうだ

485 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/30(火) 01:26:54
作家めざすからにはオリジナルが書きたい

486 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/30(火) 01:34:58
オリジナルも書けばいいし、ノベライズもやればいいじゃん

一生ノベライズしか書けないってんじゃあるまいし

何バカなこと言ってるんだか

487 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/30(火) 01:55:22
この賞の場合、危険を孕んでいそうだしなぁ。
ノベライズ要員として囲われてオリジナル出してもらえない可能性もある。
決してバカなことではないと思われる。

488 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/30(火) 01:55:32
「受賞後の待遇」はともかく、「受賞後の身の振り方」まで今からあれこれ考えても、
取らぬ狸のなんとやらだろ。
今はみんなアマチュアなんだから、アマがプロになるための方法について議論をしようw

489 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/30(火) 02:02:11
アマがプロになるためならこの賞は向いていないと言われているみたいだし……
そこから派生した議論じゃないのか? ノベライズ云々は。

490 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/30(火) 02:05:10
なぁ、ここからSDに移行というか、
拾ってもらえる可能性ってあるのかな。
そうならデビューの期待も持てる気がする。
こことSDの関係ってどうなってるんだろう?

491 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/30(火) 02:15:45
無関係。
この賞はライトノベルの賞じゃないと考えた方がいい。
受賞者で今ライトノベル業界にいるの定金ぐらいだろ。
乙一村山小川あたりは一般エンタテイメントだし。

492 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/30(火) 02:28:34
城崎はジャンノベとSDの両方で書いてる。

この賞で将来を考えてる奴は応募しないが吉。一発で消えた受賞者が
何人いるか数えてみな。賞金とパソコン目当てと割り切るべきだろう。


493 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/30(火) 03:11:58
>>491-492
サンクス。どちらも参考になります。
出すか悩む所だなぁ。
賞金とPCは欲しいけど。

494 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/30(火) 03:27:56
あと、PCを賞品にしているところから考えるに、
PCを持っていない中高生の投稿を基本と考えてるんだよな?

495 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/30(火) 05:34:57
つーか
ジャンプノベルスはノベライズ書いて
他のところで受賞したらオリジナル書けばいいじゃん

496 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/30(火) 09:14:55
つか漫画をノベライズする意義ってあるのかな?
メリットとしては、登場人物の心理描写を掘り下げられる事ぐらいか?
スートーリー自体、本編の漫画でネタバレな訳で…

497 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/30(火) 11:03:10
>>496
本文がゴミ以下でも本編マンガのファンが買うので、
そこそこ〜下手すれば京極あたりより売れる。
純粋に商業的メリット。

498 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/30(火) 11:28:30
やっぱこの賞のなにが一番痛いかって言ったら、「その後」のことだよね。
例えこの賞に「その後」を期待してなくて受賞し、別の賞に応募しようとも、
「ジャンプ小説大賞を受賞した」というレッテルを貼られれば、応募する賞もかなり制限されてくる。
だってラノベはアマチュアのみ対象の賞がほとんどだから。
この賞を受賞しても、なおかつアマチュアとして扱われるなら、逆にかなり救いになるんだが。

499 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/30(火) 14:35:23
そうなんだよな。
これに限らずどんな辺鄙な賞でも、受賞して本になると新人ではなくなる。

ここが「新人」て肩書きを無くすに相応しい賞かといわれると……う〜ん。

500 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/30(火) 15:01:03
やばい。めっちゃ意気消沈してきたw

501 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/30(火) 15:49:22
俺達が受賞して、今までのイメージを払拭させれば無問題だろーが
ジャンプ小説大賞に革命起こすぞ革命










おう、取らぬ狸の何とやらで悪いか!

502 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/30(火) 15:53:56
俺も受賞するわ

とりあえず大賞取るわ

503 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/30(火) 17:11:20
よし。
大賞五人、入選十二人、佳作三十人くらいの受賞者が出れば、
従来のイメージを払拭できるはずだ。みんな頑張れ。




504 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/30(火) 17:39:06
おう、みんな頑張って、次作へと続けられる賞へと変えていこうぜ!
傑作を書いて、ベストセラーになってレーベルの名を価値ある物へとあげてくれ!




オレはレーベルの名が上がるまで他の所に出すからw

505 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/30(火) 19:21:47
>>504
安心しな。その頃にはお前にゃ手の届かない賞に仕立て上げといてやるからw
他人任せな根性出してるようなやつじゃ望みは薄いだろうが、まぁ出すんなら今の内だぜwww

506 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/30(火) 19:26:03
>>504
ふっ、高値になってからじゃ手が出ないぜ?
今のうちに取っておけば、後続の人間が書く傑作のおかげで、
仕事が回ってくるかもしれん。お前も今出すべきなんだ!

507 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/30(火) 19:41:11
>>505-506
おまえらの気持ちはワカランでもないが……
出す気のない奴に勧めてわざわざ競争率上げんでもww

「そうだな、やっぱりこの賞は出さない方がいいよな」
とでもいっておけww

……ん?オレ、釣られてる?

508 :506:2007/01/30(火) 19:51:34
>>507
俺はマジだぜ。
競争率が下がろうが、自分の作品のレベルが低ければどうせ取れないからな。
だったら、応募者増やして賞に活気を持たせたほうがいい。
大賞がない場合もある賞は、自分自身が敵なんだし。

509 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/30(火) 20:12:15
別にいいんじゃないか。
他のやつがたくさんだしてくれれば
自分がまぐれで受賞して、後々苦労する可能性は下がるわけだ。

誰と競ってもおkだぜ、って状態で出すのが理想的だからさ。

510 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/30(火) 20:45:01
まあいくら人材がいても編集がカスでは、
人材流出するだけでレーベル自体はヘタレのままってことは、
初期JBOOKSの人材で証明済みなわけだが。

511 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/30(火) 22:26:52
良スレ発見。
ここは創作文芸板の良心だな。

512 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/31(水) 09:35:02
>>511
前スレでも言われたよ

513 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/31(水) 12:39:49
青春ドラマみたいな流れに思わず涙。
ここは色んな奴がいるな。

514 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/31(水) 13:24:11
それがジャンプクオリティ

515 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/31(水) 13:47:32
みんなの意気に感動した。今回は大賞が出るといいな。
そうすればさ、前回の佳作受賞者みたいにひとり寂しく賞状授与ってことにはならないだろう。
どっかのホテルで受賞パーティー。そうすれば乙一に会えるかもしれない。

516 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/31(水) 14:07:20
やっぱり乙一が好きでこの賞に応募する、って人多そうだな。
他にこの賞出身で売れっ子と呼べる作家があんまりいないからかな。

最終選考まで残ったら、編集部はその後どれくらい創作支援してくれるんだろうね。
前回残ったという人のブログを見る限り、連絡はちょこちょこしてくるみたいだけど。

517 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/31(水) 15:21:40
>>516
村山由佳もここ出身。売れっ子というかまあ一応直木賞作家。

518 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/31(水) 15:33:25
んなこたぁ、みんな知ってます

519 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/01(木) 00:28:50
さて、ついに今月だな。

スパートをかけるのは早いほうがいいぞ。無論、作品だけでなく、
体裁やら分からないことがまだあれば、今のうちに質問を書き込め。
俺なんて締切日になってから、阿呆な質問をしてしまったからな。

早めに仕上がった奴に答えてもらうのが理想だが、
なかなかレスが
付かないようなら、終わってない奴も我が身と思って答えてやろうぜ。

520 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/01(木) 00:40:31
ジャンプ大賞とったら、俺結婚するんだ…

521 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/01(木) 01:06:41
死亡フラグ?

522 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/01(木) 01:07:22
みんな、>>520を死なせないためにも、俺たちが頑張って賞をとるんだ!!

523 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/01(木) 02:30:13
え?1月って40日まであるんじゃなかったの?
俺まだ書きあがってないよ?え?まじで?


時間を…ください…orz

524 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/01(木) 04:07:32
俺は今日から書き始めた

525 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/01(木) 09:15:23
現在140ページ。
だけど話の内容的にはまだ「転」までさえ行き着いていない状況。
やっべ!
てか、210枚に入るかなこれ……。

526 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/01(木) 09:34:09
>>525
とにかく書き上げろ。
終わったら二三日放置してから読み直せ。
きっといらない部分が見えてくる。
ってのが通説だが、どうだろうなぁ。

527 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/01(木) 19:05:27
>>526
まぁでも完成してから間をあけて読み返すって言うのは必要だと思うよ。

528 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/02(金) 00:03:37
みんなはどんなジャンルで書いてる?
一応俺はラブコメだが……

529 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/02(金) 00:21:16
>>528
現代ファンタジー。
本当は恋愛を書きたいんだけど、俺がそれを
書くと喪男のうだうだにしかならんのでな。

530 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/02(金) 00:58:35
>>528
私は現代フィクションとファンタジーのあいのこだ。
ん?言っていること変……??まあ、ニュアンス的にはこんな感じ。
リア鬼(ちなみに別に山田は好きではない。荒れないでほしい)みたいにオーサマと現代は変かな?ま、変えないけど;

531 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/02(金) 01:47:48
>>526
525だけど、レスサンクス。
がんばってかき上げますよ。一日十ページかきゃ何とかなる。
さぁて、見直しの時間は残るかどうかw

532 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/02(金) 02:06:53
>>524
同士よw共に頑張ろう

533 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/02(金) 02:23:08
>>528
俺はミステリー
作中作を駆使している

534 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/02(金) 02:58:58
私は執筆がまだ終えられない人の一人。
ラストはもうすぐなんだが、ラストまでもう少しもう少しと言っている間が長いような気がして、それならば本当にこんなペースでラストにさしかかったらめちゃくちゃ時間かかってしまうんじゃないかと不安。
そして無い時間の中の推敲で見当違いな方向にズレていき自滅しそうな寒気。
ここのスレ見ていないと落ち着かない。
初投稿ってこんなもんですか??

535 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/02(金) 04:33:24
>>534
日本語でOK

536 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/02(金) 09:03:49
>>534
このスレに来たら落ち着くんじゃなかったのか。
初投稿に限らず誰だって不安になるだろうし、
受験と似たようなもんだから、何処かで納得するしかない。
……小説の執筆は初めてじゃないよな?

537 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/02(金) 11:24:39
みなさん一日何時間くらい書いてますか?
わたしは3時間くらいです。一日に5枚程度のペースです。

538 :偽小説家:2007/02/02(金) 12:55:22
初心者は、あんまりここの人の意見を聞かないほうがいいよ。だって、いつまでたってもデビュー出来ない人たちの意見を聞いてもしょうがないでしょ。

自分を信じろ!

539 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/02(金) 15:09:48
>>537
昨日ずっと暇だったんだけど、15枚しか書けなかった。


540 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/02(金) 15:56:43
書き終わって投函してからここのスレ見て意気消沈した
とりあえず大賞とるわ

541 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/02(金) 16:55:31
俺ももう出してから気付いたんだが……

この賞、佳作だとWeb連載で使われるだけで、本にもならないんだな。
必死で書いた作品を、Webで無料公開なんてされたくないよ。
そんなもん、個人サイトで作品公開してるのと大して変わらないし。

全刊リスト見ても発行作品の少なさに愕然とした。
なんなんだよ、これは……orz

542 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/02(金) 17:11:38
まあ腐ってもジャンプだし
俺、ここから乙一や村山みたいに一般エンタメ転向を狙うわ
とか言ってみる

543 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/02(金) 19:16:36
最適な踏み台なんだろ?この賞。

544 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/02(金) 19:17:19
適当な文章なら一日何枚でも書ける
それを文章を推敲して、ちゃんとしたものにするのには時間がかかる

545 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/02(金) 19:18:01
集英社にコネを作っとくのも悪くはない

546 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/02(金) 20:46:20
むしろジャンプ作品のノベライズ書きたいから応募する俺は異端?
漫画原作も狙っているんだが・・・・・・

547 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/02(金) 22:17:48
>>546
むしろ遠回りの予感。

548 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/02(金) 22:56:08
遠回りでもいいじゃない。
急がば回れだよ。
だって琵琶湖は危険だもん。陸地をてくてく歩くのが一番だぜい。

549 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/02(金) 23:18:28
むしろこれだけ既成作品があふれてる今の世の中で既成作品に影響されない
作品作りなどありえるんだろうか?
ライトノベルなら特に…

550 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/02(金) 23:40:25
>>549
何がどれの作品に影響されているかなんて挙げだしたらキリが無い
ドラゴンボールは八犬伝からきてるし、すべてのRPGの原点は指輪物語にあるとも言われているしな
今の世の中で何の影響も受けていない完全なオリジナルを作り出せる人間はいないかもしれない
だからっていつまでもそれを気にしてたら作品は書けないし作れない
まずは書く。ひたすら書く。書き続ける。んで、書き終わってからそれを考えるんだ
既成作品に影響受けまくってるっつー作品でも売れてるんだし、新人の俺達が気にすることか?
そりゃ完全なトレースとかはまずいが、作品ってのは作者の経験からきてるもんだからある程度は作風や設定が似通ってくるのは仕方なかろうよ

まずは書け。書け。ひたすら書け。書き続けてみろ。書き終わってから、そういうことはいくらでも悩んだらいい

作品が書きあがってさえすれば、いくら悩んだって問題ないわけだし
それで締め切りまでに出さないも出すも自由なわけだし、ある意味贅沢な悩みだよなぁ

551 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/02(金) 23:51:09
受賞作の傾向から見て剣と魔法のファンタジーみたいな小説って厳しいかな?
選考員がそういうのダメっぽいか…も…

552 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/03(土) 00:00:35
>>551
作品が面白けりゃ問題ない
むしろ「面白いけど、自分が嫌いなジャンルだから」で落とす選考員の方がありえない
選考員と自分の作風が合わないと思うんならやめればいい
ここ以外にも小説大賞はいくらでもあるんだぜ?

つーか、そういうこと悩むのってどこか自分の作品はつまらないって思ってるからじゃねぇの?
もっと自信持てよ。誰だって不安なのは同じだ
むしろ、そういう精神状態が作品に伝わって、駄目になるかもしれないだろ
気は大きく逞しく。けれど推敲は細かく丁寧に。

まずは書け。書け。ひたすら書け。書き終わってから、そういうことはいくらでも悩んだらいい

553 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/03(土) 00:19:15
俺、去年レベルなら受賞できる自信あるんだけどなあ

554 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/03(土) 00:24:08
>>552は正論だが、この賞の場合は通用しないようだ。
いわゆるありきたりな剣と魔法のファンタジーものは下読みで落とされる
可能性が高い。この賞の下読み担当者がある雑誌で「剣と魔法ファンタジー
や天使と悪魔の最終決戦みたいな話には相当被害を受けた」とまで述べている。
よほどの出来栄えでない限り避けたほうが無難だ。天使と悪魔なんも同じ。
たぶん同じような話ばかりが送られて飽き飽きしてるんだろう。

555 :554:2007/02/03(土) 00:29:16
>>554
>天使と悪魔なんも同じ
は重複した箇所の消し忘れなんで無視してね

556 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/03(土) 01:10:23
ワープロだと、120枚以内だよな?
上の方のレス見ると70とかかいてあるが

557 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/03(土) 01:17:00
原稿用紙で210枚そこそこ書いたらワープロに直して70枚以内なんて普通は無理

558 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/03(土) 02:57:37
ワープロでは考える必要がないと、何度言ったら(ry

559 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/03(土) 03:42:56
20×20を210枚以内で書いて
40×30に直して印刷すればいいだけだった。
馬鹿でごめん
しかし、120枚のつもりで考えてたから間に合いそうでよかった。

560 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/03(土) 11:11:45
書いてるうちに「この話本当におもしろいか?」とか思ってしまった俺は負け組……

561 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/03(土) 12:03:48
>>560

俺もそうだよ。苦しいよな。

562 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/03(土) 16:13:44
>>560
俺もその状態。
だが問題なのは、物語りも終盤に差し掛かった今になって、
今書いてる話よりも面白そうなネタが湯水のごとく溢れてきてること。
もう後戻りはできないのにw

563 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/03(土) 18:17:27
送るために書くな。
書いて満足できたものを送れ。

564 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/03(土) 18:45:47
話を蒸し返すようだが、みんなどんなジャンルで書いてる?

565 :偽小説家:2007/02/03(土) 21:45:44
俺、賞獲る自信あるけど送るのやめる。漫画家になる。


566 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/03(土) 21:52:05

で、何だ? 慰めてほしいのか? 頑張れって言ってほしいのか?
自信持てよって言われたいのか? やれば出来る子って言ってほしいのか?
ぶっちゃけな、まだ何もわかってないのに・まだ投稿してないのにうだうだ言うやつの状態なんかどうでもいいんだよ
それで自分で負け組なんて言ってりゃ世話ねーよ。とっとと諦めろ。
道はひとつじゃないし、やめれば別のことに時間も割けるだろ。作家候補はこの世の中掃いて捨てるほどいるんだから
大体そんなこと言ってるやつは仮に受賞したってその先保つわけないから、受賞して次回作出ずに消えるよ

ただ書け。書いてみろ。締め切りまでに自分の作品を書き上げてみろよ。
それが出来なきゃ何もやってないやつらと同じなんだから、「やぁ君がしたことは時間の無駄だったね」としか言いようが無い
次に回すから良いよとか考えんなよ? たかが新人賞の締め切りまでに間に合わない・書きあがらない作家を誰が使いたがるんだ?
オイオイ、そんな大物作家にでもなったつもりか? どっかなめてんじゃねーのか?
受賞してその先続くやつらってのは小説が書きたくて仕方ないやつらなんだよ。
ただひたすら自らのストーリーやキャラクターを好きで書いて、みんなに読んでもらいたい・愛してもらいたいやつらなんだよ
そこに金が絡んだっていいよ。印税目当てだっていいよ。そういう目的があるやつの方が力もあるからな
面白いのかな?って疑心持ったらそこで終わりと自覚しろ。作者自身がそんなこと思う作品が読者に受けいれられるわけねーだろ
本当に面白いと心から思えるやつを締め切りまで書き続けろ。そんなんを締め切りまでに投稿してみろよ。
やれるもんならな

567 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/03(土) 22:31:44
普通に頑張れよって言えばいいじゃん…
どうしちゃったのよ…

568 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/03(土) 22:58:11
自分の作品が面白くなく思えてしまうのは、小説を書く人なら大概一度はそうなるらしい。
よほどの速筆で一気に書き上げたのでなければそれが普通だと思う。
今書いてる部分とは別の部分が気になって、作業が思うようにはかどらない、
集中できない。矛盾を感じたり、後悔したり。しまいには書いているそばから
途中の部分の推敲を始めてしまって、また進度が止まる。
そのせいで小説を書き始めたけれど、最後まで書き上げられない人は多い。
完成してもいない作品を散々いじくり回した後、
「こんなつまらない話を書いてないで、もっと違う面白い話を書こう」と言い出す始末。
そして次の作品でも同じことを繰り返す。

面白いか面白くないかなんて、書き上げなければ悩むこと自体意味がないよ。
今書いている途中の人は気をつけて。くれぐれも途中で推敲なんてしちゃだめだ。
50回も読み直せばどんなに面白い作品も飽きる。続きを書きたくなくなるから。

と、経験者は申しております。

569 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/03(土) 23:13:18
うう……俺も最近、自分の作品よりおもしろくないなんて思う本を探しちまう始末だったよ。
みんな思うんだよな、そうだなー。


ちょと小説続き書いてきます。

570 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/03(土) 23:28:06
(´・ω・`) しゃうせつ・・・

571 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/04(日) 00:32:05
>>564
障害持ちの少女を主人公に学園ラヴコメ

572 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/04(日) 01:14:43
すでに送っちまったから結果待ち…

573 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/04(日) 01:25:36
>>564
オルタナバンドが気を違ってコミックバンドに転校するコメディ

574 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/04(日) 01:38:10
>>564
何を楽しむことなく本能で生きてきた子と、生きがいを取り戻したい子(ふたご)が旅に出て自分のやっていることの意味と向き合うみたいな……

まだとちう。

575 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/04(日) 02:01:46
>>571
俺のもなにげにヒロインが障害持ち

576 :偽小説:2007/02/04(日) 02:45:31
えっ!?みんなそんなの書いてるの?面白い??

俺の奇跡の発想力から生まれた素晴らしいストーリーをチョット教えようか?

577 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/04(日) 03:20:31
>>576
荒らしなら余所へ行ってくれるか。
妨害工作のつもりか。

578 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/04(日) 04:26:36
>>577
ほっといてやれよ
自分がすごいと思ってる可哀想な消防なんだから

579 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/04(日) 07:18:08
>>571 >>575
ちょっとまてw自分もヒロイン障害もちだぞw
電撃用のほうだけど

580 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/04(日) 08:16:03
俺のもヒロイン障害者w
目が見えない・口が利けない・精神薄弱の3人取り揃えてお送りするぜ

581 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/04(日) 11:03:37
なにげにみんな「セカチュー」とか好きだろ?

582 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/04(日) 13:05:07
ONEや半月があるからセカチューなど眼中にない。

583 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/04(日) 14:03:40
せかすなよ中絶、だっけ>セカチュー

主人公はどうしようもないグズ。
それでも慕ってくれていた幼なじみを強姦。
妊娠するも、和姦だと言い張る幼なじみは親から勘当される。
冷たい雨の降る夜、幼なじみは主人公を頼ってアパートを訪ねるも
主人公は秋葉原で半角二次元offに参加していた……

望まない妊娠と親子の縁の断絶、そして駄目男。不幸な哀のストーリー

584 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/04(日) 15:14:50
それなんて舞姫?

585 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/04(日) 16:45:27
>>583
絶対応募する気ないだろそれw

586 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/04(日) 17:01:07
>>585
ええ! もちろん! (最高に滑舌良く)

ジャンプだからなぁ
ノベライズが上手ですよ、って思わせるような文章を書けるといいんだが。

587 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/04(日) 17:10:39
>>586
とりあえず書き込み見る限りはダメそうw

588 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/04(日) 17:13:36
オレは泥棒の話。

589 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/04(日) 17:31:23
>>586
ノベライズが上手ですよ?って思わせる文章ってどんな文章だろう。
俺もこのレーベルの最近の傾向見ると、そういうのが大事だと思うんだけど、
ジャンプに見合った文体ってのがイマイチはっきりしないんだよなぁ。
ラノベっぽい淡白な文章がウケたりするんだろうか。

ま、文体如何に関係なく、実力が伴っていれば賞自体は正当な評価をしてくれるだろうけど。

590 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/04(日) 18:21:59
正当な評価が無理であることは受賞作が証明している。
もっとも、誰の責任かといえば、あがってきた数作を評価するしかない選考委員ではなく
しょぼくてあたり障りのない作品ばっかり選んでいる編集だけど。

591 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/04(日) 18:43:52
>>589
・簡潔な日本語が使える
・オレサマ臭がキツクない

かなあ。

592 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/04(日) 19:19:10
受賞作の傾向から見て基本的に萌えは理解されないみたいだな
俺も萌えなんてわからんけど

593 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/04(日) 19:42:17
>>592
てゅんでれ。

あれは萌え死ねる。


594 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/04(日) 22:05:44
ジャンプ出し終わったら次みんなどこ出す?
電撃・えんためあたりか?

595 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/05(月) 03:16:19
俺は文藝賞とすばる。
電撃に出すとジャンプ大賞どころじゃないカテゴリーエラーが発生する。

というか、ジャンプ大賞は本当に、いまいち賞の傾向のようなものが見えないね。
過去の受賞作もジャンル・性質ともにてんでばらばら。
どういう作品を欲しているのかわからない。

596 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/05(月) 09:47:47
漫画賞の募集と一緒でおもしろけりゃなんでもいいけれど、少年誌の募集だから
性描写はカテゴリーエラーってとこだろ?
グロ描写はある程度は許される感じ

597 :偽小説家:2007/02/05(月) 15:24:42
小説を書く上で一番大切な事を小説を一度も書いたことがない俺が教えてあげよっか?

598 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/05(月) 16:55:13
>>597
教えてくれ
この賞の締切はいつ?

599 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/05(月) 20:08:37
110枚…大丈夫かな…

600 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/05(月) 23:51:48
間に合えば、雨降りの日の魚のお話を送ろうと思う。


601 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/05(月) 23:57:31
>>600
いいかもしんないね。
ほのぼの系な話なら読んでみたい。

602 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/06(火) 15:59:28
締め切り迫ってるってのに明日から合宿とか…orz
勘弁してくれ。

603 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/06(火) 17:32:27
まだ一文字も書いてない俺ガイル。
プロットはほとんど完成してるんだけどね…
さて、徹夜が続きそうだ。

604 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/06(火) 18:09:28
>>603
ヽ(・∀・)人(・∀・)ノナカーマ
俺もプロット作製を今週末までに終わらせる予定。
二月二十八日が締め切りだから推敲が十分に出来るかどうか……

605 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/06(火) 18:13:40
112枚…大丈夫かな…

606 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/06(火) 19:30:27
なんだかんだいって間に合ってきただろ今まで。
追い込まれたときの人間の力なめちゃいけない。

607 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/06(火) 22:36:08
>>604

おまいは俺か。
おれも今週末までにプロット完成を目標としていた。
こんなにスローペースな奴は他にいないと思っていたのだがw

608 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/06(火) 22:55:53
俺はどうがんばっても遅筆だから、てつやでどうにかできると考えられるおまいらがうらやましいよ。

609 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/06(火) 23:34:07
中華ファンタジー系。最近、ずい分メジャーになってるけど、どうなんだろう?

610 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/07(水) 00:42:38
プロットなんていらねぇー。

男なら、だまってばっさり、イキナリ書き。

611 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/07(水) 01:42:36
>>610
プロでもプロット使ってない人いるよな。支倉凍砂とか。

612 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/07(水) 02:54:24
>>610
俺もプロット作らない派だ。
行き当たりばったりと言えばそうかもしれないが、脳内で話をしっかり構築できていれば、
それで充分だとタカをくくっている。プロットが最重要項目、なんていう人もいるけどね。

ところで、もう完成して応募もしました、って人いんの?

613 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/07(水) 04:05:31
伊坂幸太郎もプロット作らないって言ってた

俺も作らない
これだけは入れる、っていうものを考えてればいいと思う

614 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/07(水) 17:34:58
問題は間に合うかどうかだ

615 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/07(水) 17:41:29
プロットは絶対要る
「書き出したものを準備する必要があるよ」派と「脳内で組み上がってるからそれは要らないよ」派がいるだけの話

まあ何も考えずに自動筆記する人もいるけど

616 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/07(水) 19:22:27
すまん。
本当に、「一寸先は闇」の状態で書いてる。
タイトルさえビシッっとしたのが出来ていれば問題ない。

俺から言わせてもらうと、タイトル未定でプロット組みはじめる連中の方が、よっぽど不気味だ。

617 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/07(水) 19:37:40
それは規定の範囲の長さで完結する可能性がかなり低いんじゃね?

618 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/07(水) 21:28:09
徹夜して完成させるとか、コレからプロット組むってヤツより遥かにマシさ。

619 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/07(水) 21:49:38
ぼくはプロットはガチガチ。でもタイトルは結局投稿直前まで
悩むね。作品の顔だから、ぱっぱと決めたタイトルじゃ不安。

だいたい書き上げたあとだと、最初につけた題名じゃしっくりこない場合が多い。
書いている内に考えも変わるしね。
だからプロットはきちんとあるけど、きちんとその通りに進むことはそんなにない。
大筋と結論はだいたい考え通りだけど、部分部分はやっぱり変わっていくかな。
でもそうやってまさに物語が勝手に動いていく瞬間がやっぱり楽しいね

620 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/08(木) 11:49:25
流れを無視した質問で申し訳ないのですが、
みんなは「略歴」にどんなこと書いてるんですか?

本名、住所、年齢、電話番号、『略歴(過去の受賞歴など)』←ココ

応募する時いつも疑問に思ってるんだけど・・・


621 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/08(木) 13:20:51
○○大学文学部在学中
○○社第○回○○大賞二次選考通過

ぐらいじゃね?
一次通過程度で書いてたら向こうもウザいだろうし。

622 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/08(木) 14:11:22
下読みの達人には最終学歴と出身地くらいでいいって書いてあったけどね。
でも、受賞歴でしょ?
○次通過って書くべきなんかなあ?

623 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/08(木) 14:39:25
これ新人賞なんだから、受賞歴なんか書かないでもいいでしょ

624 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/08(木) 14:53:22
最終選考に残ったとかなら、書いていいんじゃないか?
〇次通過は、選考が何段階あるかによって変わってくるだろうし。

>>623
>>1
プロも応募していいんだぜ?
むしろ、プロを期待してる予感。

625 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/08(木) 16:23:43
>>624
うわマジか
てっきり新人賞だと思ってたわ^^;;;

626 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/08(木) 16:43:38
SDとMFは新人に限る、スニーカーとガガガは不問だが
電撃・富士見はどうなんだろ。

627 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/08(木) 17:29:08
電撃は不問
富士見は知らん

628 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/08(木) 18:23:03
一次通過の話は、じっくり下読みスレでも読んで見ろ。


629 :620:2007/02/08(木) 18:42:25
みんなアリガd
参考になりますた。

630 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/09(金) 02:08:15
去年の佳作みたが
ところどころ、誰の台詞かわかりにくかったりするな。
確かに自分のと比べたら格上なんだけど、
これで賞取れるもんなのかとおもた。

631 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/09(金) 07:50:25
俺も読んだけど、微妙だった。
700本以上応募があって、あれより良いのなかったのか疑問。
去年もこのスレみながら頑張ってた人大勢いたんじゃないの??

632 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/09(金) 10:00:10
>>630
誰もが通る茨の道。読書量が多くなればなるほど、読む力は養われるから。
他のレーベル受賞作品を読んでいれば、そう思うのは仕方がないかもな。

>>631
去年のレベルは、今年にたぶん賞をとってくるであろう「森野ことり」さんの
作品を読めばわかるはずだ。編集に助言を貰っているとはいえ、そこまで
力が上がっているとは思えないし。

略歴の話を蒸し返してすまないが、スーパーダッシュのほうがやはり応募
者に親切だったな。略歴と応募歴が分かれているうえ、さらに応募歴には、
一次落選のことも書いていいようだ。まぁ、新人に限るという条件だから
かもしれないが。

633 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/09(金) 11:44:49
100枚突破した〜。物語も中盤越えた〜。
もう、十分に間に合っちゃう感じ。今週末の完成が目標だな。

634 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/09(金) 12:24:10
>>633
今週末って今日金曜だぞ

635 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/09(金) 13:24:34
>>633
お前すごいな。

636 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/09(金) 13:52:28
すまん、俺30枚切りそうなんだが
流石に短い?

637 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/09(金) 13:59:16
論外
短編賞でも30-100枚とかだぞ……

638 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/09(金) 14:11:29
>>636
あらすじ読めば十分な量のっぽいのは駄目な気がする。
まぁ、ジャンプ小説大賞に出してもいいが、期待はしなさんな。
佳作取れたとして、全一回のweb連載ってのも面白いけどな。

639 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/09(金) 15:09:12
むしろ俺は210枚突破目前なのだが(汗。
現在184枚。後三十枚弱じゃ書けねえって。
ああー、去年のジャンプ大賞を思い出す。去年もものすごく削って、200枚ピッタシで応募したっけ……。

640 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/09(金) 17:18:09
合宿中につき執筆できず…鬱だ

641 :636:2007/02/09(金) 17:22:19
やっぱりかぁ。
薄々、短すぎる気はしてた。
頑張って、増やしてみる。ボーダーって、どれくらいかなぁ?

642 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/09(金) 17:43:21
>>641
全く以ってこの賞のことは知らないのだが、それはそれで書き上げてそれの続きみたいな短編をつくってみたら?
枚数が足りねーとか言う段階は習作と割り切ってエンドマークつけるまでとりあえず書いてみたほうがいい。
書き上げてからそういうこと考えたほうがいいように思う。

643 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/09(金) 17:50:41
常識的な下限は上限の6割ぐらいじゃないだろうか。
120枚ぐらいはほしい。

短編としてきっちりまとまっているなら夏の電撃hpに出せば?
いくらレベル低いこの賞でも数倍に水増しした作品じゃ通らんだろ。

644 :636:2007/02/09(金) 18:20:55
>>642
ラストが次に続かない感じだから、続きの短編はキツイかもだけど
とりあえず書いてみる。ありがとう。

>>643
120枚かぁ、先は長すぎる。
とりあえず書いてみて、足りなかったら、
別のトコ、考えてみます。かたじけない。

645 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/09(金) 18:47:21
一通り書き上げたら206枚だった。
現在推敲中だけど、ちょっとオーバーしそうだなあ。

だけど『本文は400字詰め原稿用紙換算210枚以内。
ワープロ原稿の場合には40字×30行で印字』
    ↑
こういう場合って、多少オーバーしても分からんよなあ。

646 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/09(金) 19:50:02
枚数厳守と書いてない場合は、多少の超過は目をつぶってくれることが多いです。
内容さえ素晴らしければ問題ない。
30枚っていうのはさすがに少ないです。内容が素晴らしくても80枚は必要です。
そして、増量してからの刊行となります。

647 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/09(金) 19:59:34
>>632
森野ことりさんという人はいわゆる優勝候補なのか?

648 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/09(金) 23:01:39
>>647
632じゃないけど、どうだろうね。
彼女はプログで情報を公開してるから知られているだけで、他の最終候補
者も同じような扱いじゃないかな。でも彼女には好感を抱いているので是非
受賞してもらいたいと思っている。

649 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/09(金) 23:04:41
自分が応募する賞で「受賞してもらいたい」ってどんだけお人よしだよ

650 :632:2007/02/09(金) 23:15:04
>>647
まぁ、いわゆるだけどな。最終選考に残った人なんだが、編集部に作品を
見てもらっていたらしい。もちろん、応募作はまだ完成していないようだ
から、どのようなものを書けばいいかというアドバイスだろう。
あくまでもいわゆるなのは、このスレでも話題に挙がるように、最終まで
残った人間でも弾かれている奴は普通にいるから。
で、編集からの進言の一つに「プロット」の構築があったそうだから、
プロットをしっかり組み立てた今回なら、食い込んでくるだろうなという
俺の勝手な予想。ちなみに、この人は前回のが初応募だったらしい。

と、ここまで書いたら他にレスがついていたorz

>>648
まぁ、同じ扱いだろうな。全員とも出来レースでないのだろうけれど、
やはり最終までもう一度残れば編集の目にも止まるだろうし、去年一次
二次落ちの人間よりは有利なんじゃないか?

651 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/09(金) 23:31:53
森野ことりって確か前回の総評でボロクソ言われてた人だよな?

652 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/09(金) 23:37:00
全然書き終わらなくて
もうダメだああqあwせdrftgyふじこlp;@:「」
あせるよ(;´Д`)ハァハァ

653 :648:2007/02/09(金) 23:43:12
>>650
ただ、いくら最終まで残って編集の目に留まっても、その次で受賞した
人っていないんだよね、この賞は。前々回で最終に残った人は前回二次ど
まり。その前に入選と佳作受賞した二人は次一次どまり。
おそらく一次までのシード権はもらえても、そのあとはあくまで作品次第
ってことなんじゃないかな。特別な優遇措置なんかはないように思える。

654 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/09(金) 23:48:03
え?なんで入選したやつまで再挑戦してんの?

655 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/09(金) 23:58:50
森野さんって入選してたの?知らなかった

656 :648:2007/02/10(土) 00:03:10
>>655
してねえよ。どこに書いてあるんだ

657 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/10(土) 00:07:10
654は653に対するレスだろ

658 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/10(土) 00:13:38
>>657
そのとおりに見えるが……?

659 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/10(土) 00:17:46
本当にこの賞、入選以上でデビューできるのかな…?

660 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/10(土) 00:38:29
前回はボロボロだったって話だしな。

今回は俺が送るので大丈夫だろうが。

661 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/10(土) 00:44:06
>>654
よくある話。

662 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/10(土) 17:46:04
>>661
そうなると佳作は分かるが、
入選してもデビューできないというファンタジックなことが起こるがw

663 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/10(土) 18:01:06
大賞・入選は出版されるんじゃなかったのか?

664 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/10(土) 19:49:03
実力不足、と判断されたんでしょう

665 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/10(土) 19:58:54
しかし普通は再度応募させずに編集者が付くんじゃないかと思うが。

666 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/10(土) 20:19:36
付いてないんじゃないの。ここ数年、受賞作以外の作品って出てないでしょ。多分。
松原は論外として。

667 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/10(土) 21:15:20
他の賞でもそういうことは多々あるよ。上の方でも例が出てた。

668 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/11(日) 00:32:18
入選以上でデビューできてもそれっきりってのがこの賞のお約束

松原だけが例外

理由は義兄のコネ?

669 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/11(日) 01:16:11
じゃあ昨年最終選考止まり(実力不足)の森野ことりさんに、
編集がついてアドバイスをして、
何かしら賞を取った後、どうするんだろうな。
デビューさせてそれっきりなのに、編集がつくっておかしいだろ?

670 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/11(日) 01:28:51
他のまともな賞なら、最終組でも入賞まで紙一重とか、
応募作はカテゴリエラーでも、別の作品なら使える人材がいるから、
最終組に編集がついたり、改稿や別作品でデビューということもありえる。

だけどここの場合、初期実力派に逃げられて以降、応募者のレベルが低くて、
ぶっちゃけ入選作でも他ラノベ賞の最終以下のレベル。
賞の建前上、応募作からいちばんマシな作品に賞をやってはいるが、
そもそも出しても売れないから編集も力入れない。
だからろくな応募者も集まらなくて……の悪循環が続いているってわけ。

671 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/11(日) 01:43:22
おいおい応募期限間際にモチベーションさげまくりじゃねか…

672 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/11(日) 10:09:50
そんな事情はどうでもいいんだ。ノートパソコンが欲しいんだ。

673 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/11(日) 10:21:01
大賞を取ればいいんだ。
そしていちばん大賞を取りやすい賞ではあるんだ。
モチベーションの下がる理由はあるまい。

674 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/11(日) 10:21:04
俺も
ノートパソコンと授業料が欲しいんだ

675 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/11(日) 11:42:31
とりあえずWORDで20×20の設定にして、210枚に収まるように書いてから、最終的に規定の40×30にしようと思ってるんですが。
みなさんもそういう方法で書いていますか?

676 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/11(日) 12:22:51
>>675
それなら原稿用紙ウィザードを最初っから使った方が良いと思うけど。
ただしどうしようもなく重いよ。
何かエディタを使った方が無難。用紙換算くらいすぐやってくれるし。

677 :675:2007/02/11(日) 12:38:08
>>676

一応、原稿用紙換算の計算してくれるエディタと、原稿用紙換算ソフトも使ってみたりするんですが、ソフトによって計算結果が違うんですよね(汗
WORDでいちいち直して自分の目でみないと不安になってしまって。
まあ、そこまでこだわる必要はないのかもしれませんが…

678 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/11(日) 13:19:22
>>675
エディタで大体の枚数を把握しつつ書く→書き上げてからWORDにコピペ、校正
これでおk。いちいち確認しなくてもそんなに大幅にオーバーしないと思うが。
それよりWORDは100枚超えたあたりからどんどん動作が遅くなるのがイライラする。

679 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/11(日) 19:08:28
パソコンってノートだっけ?

680 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/11(日) 20:19:21
>>679
ああ。ちなみに、最新機種20万相当。

681 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/11(日) 21:05:00
馬鹿だなぁ。
受賞した賞の数が多いに越したことはないだろうが……
本命が余所だとしても、向こうが賞獲らせてあげるっていってんだから、
貰っておけばいいじゃんか。
プロになりたいとかいうヤツなら、ネタも余力も十分にあるだろ。

682 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/11(日) 22:19:55
ヒント:ここで受賞するとよその新人賞はもらえない

本命がSDとかだとだめだろ。

683 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/11(日) 23:55:26
同じ集英社じゃんか。

684 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/12(月) 00:47:56
ここで受賞するものなら、SDとMFは断念せざるを得ない。新人以外お断りだから。
なんだかんだ言っても、ここで受賞しても先の事は全く期待できない。
取らぬ狸の皮算用だけど、やっぱり大きなネックだよなぁ……。
受賞しても、デビューしたと認識されないなら喜んで飛びつく賞なのだがw

685 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/12(月) 02:13:17
まぁあと2週間ぐらいなんだ。悔いを残さないようにな
既に原稿あがってる俺は後は推敲作業ってことでちょっぴり余裕
競争避けるためにそろそろ出そうかな

686 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/12(月) 08:49:36
>>683
交流はあっても、仕事は来ねえだろ。


687 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/12(月) 12:02:06
俺はもともとライトノベルじゃなくて一般エンタメ志向だからこの賞は本当に踏み台と考えてる

688 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/12(月) 16:36:25
>>686
あるのか? 交流

689 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/12(月) 20:25:33
>>687
みんなが言うには、この踏み台に上ってみたら、小さな脚光を浴びれるか、落ちて骨折してにっちもさっちもいかなくなるか、
どっちかなんだとさ。。
いくつか書く新人賞のひとつとして出すんだろうけど、上ったあとは新人賞に応募できないから気をつけて。

690 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/12(月) 23:13:56
他人と同じことしてたら、賞なんてとれんよ。

691 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/12(月) 23:52:35
折角の連休を無駄に過ごしたなぁ。
あと一息で書きあがるんだが。

692 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/12(月) 23:54:27
書く土台さえ作れればあとは実力しだいだろ

693 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/13(火) 10:30:30
書き終わって推敲中だが、規約の権利関係の問題から、
他所に回すつもりになり始めた俺ガイル。

694 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/13(火) 17:23:00
新潮エンターテイメントに回すんだな?

695 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/13(火) 19:06:12
もう権利の規約の話が落ち着いてたら、心苦しいんだけど
この賞に応募したら、賞を取らなくても
この作品を違う賞には応募出来ないの?

あと、2ヶ所に送るのは、論外ってことでよろしい?

696 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/13(火) 20:53:43
>>695
一次落ちとかなら、全然問題ないんじゃね?

結果が出てないのに、別の賞に出すのは論外でよろしい。

697 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/13(火) 21:11:02
この賞は「応募作の」著作隣接権を持っていくから、厳密に言えばダメなんだよな。

698 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/13(火) 21:47:55
ちょっと書き換えて応募すればいいじゃん
これって原稿用紙210枚以内だけど、ラノベの賞は300枚からってのが多いし
それなら別作品となるだろ

699 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/13(火) 23:06:26
210枚の原稿に90枚加筆しても、同一作扱いだろ。
中身総とっかえしなきゃ。
骨格だけ残して全部書き直せよ。
いい台詞とかだと、削るのは惜しいだろうけどさ。

700 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/13(火) 23:42:25
等の諸権利のラインに、支分権が並んでるから、タチ悪いよな。

701 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/14(水) 00:51:15
俺は、本当はこのお話はDSに送りたいんだ。
SDの審査員やってる某先生にさえ読んでもらうのが目的だから。

だけど、それをやっちゃうと露骨すぎるから、とりあえずジャンプに送るんだ。
同じ集英社だし。
枚数も、微妙なところで書き終える予定。落ちたら十分に修正加えて、SDに送るの。

702 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/14(水) 01:02:08
>>701
ドラクエでも書くつもりかw


703 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/14(水) 02:08:34
職業作家として一生文章書いて飯食っていきたいなら、
この賞に送るのは賢くない。
本を出しても売れない、作家を育てられないでは
入賞しても一冊二冊出してすぐに消えていくのは目に見えている。
昨年の受賞作を見てもレベルが低いのは明らかだ。
入選するのは他の賞に比べて楽かもしれない。
だがもう一度考え直してみたい。
一度入賞してしまうと他の新人賞への可能性が閉ざされてしまう。
この賞は作家として働き始めるきっかけとして十分だろうか。
作家として軌道に乗るまで、受賞の肩書きは活かせるだろうか。
賞金が手に入って浮かれていられるのもわずかの間だけだ。
考えれば考えるほど希望が見いだせない。

スレの初期の頃からずっと見守ってきた俺だけど、
散々迷って応募しないことにしました。
ほんのわずかな脚光を浴びたいわけじゃないから。
すばるや文藝系の賞を地道に目指すことにします。

というわけでこれから応募する奴はがんばれよ ノシ

704 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/14(水) 03:00:24
何を言われようがもう送っちまったよ

705 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/14(水) 03:10:17
本当に作家で食えるやつはどんな賞でデビューしようと関係ないんだよな、実際

706 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/14(水) 10:55:01
腐っても乙一や村山や小川がデビューした賞でもあるわけだしね
でもライトノベル作家としては成功した人っていないんだよね…

707 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/14(水) 12:47:40
707もらった!!

708 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/14(水) 12:48:19
次は777を狙う

709 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/14(水) 15:37:45
>>708
777取ったら、二次で落選な。

710 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/14(水) 15:46:23
終わったー!
……いや、推敲やらがたんまり残っているわけだが。
四百字詰めで219ページ。さて、どう加工していこうか。

711 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/14(水) 15:49:11
もう出し終わった。 次はどこに出せばいい?
みんなはどこを狙っている?

712 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/14(水) 15:49:23
>>706は定金を舐めたッ!
まぁC☆NOVELSで好評でも成功したとはいえないかもしれないが。

713 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/14(水) 15:50:24
777をとった者が大賞をとる。みんな励め。間違いない。

714 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/14(水) 17:02:26
ここんとこ就活で忙しくてまだ全工程の1/3ほどしか書けてない…orz

715 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/14(水) 17:55:02
>>696
結果が出てないのに別の賞ってのは、
違う作品だったらOKだよね?

716 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/14(水) 18:35:45
ところでワープロ原稿の場合には40字×30行募集ってことは、
ジャンプノベルの体裁を変えるつもりなのかな?

>>715
696ではないが、
違う作品なら何も問題ないと思う。
なんなら辞退すりゃいいし。

717 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/14(水) 19:37:04
もりのことりうぜぇ

ブログにコメント残してやろうかと思ったけどかわいそうだからやめといた。

718 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/14(水) 20:06:33
>>717
そういうレスするお前がウザイわ

719 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/14(水) 20:07:07
uzeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee

720 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/14(水) 21:49:06
ことりちゃんは絵に描いたみたいに典型メンヘラに多い
自称作家志望だよね ほんとに多いんだなこれが。

721 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/14(水) 22:32:40
別にこのスレに来て威張り散らしてるわけでなし、そっとしといてやれよ。
わざわざ引き合いに出すようなことでもあるまい。

722 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/14(水) 22:33:36
(´・ω・`)

723 :696:2007/02/14(水) 22:50:31
>>715
亀レス済まない。>>716の言うとおりオーケーのはずだ。このスレに相応しい
例を挙げるなら、プリンシパルで大賞取った志堂日咲さんか。「プリンシパル」
刊行二ヶ月後に、X文庫新人賞受賞作の「ガラス遊戯」も刊行されている。
ま、後者は持ち込み形式らしいから、何とも言えんがな……。

>>717
>>720
擁護するわけではないが……、
本人が気にしはじめた以上、そういう書き込みは控えるべきではないか?
彼女は中傷されるようなことなど、何一つしていないはず。
苛立ちを覚えるのならば、ブログを覗きに行かなければいいだけのことだ。

724 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/14(水) 23:15:59
ま、そんなくだらないことやってる余裕があるなら、
手前の作品でことりとやらを打ち負かしてみろって話だよな。

725 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/14(水) 23:22:26
数ヵ月後に結果は出るんだから大人しくしる!!

726 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/15(木) 06:13:57
そーいたこれって応募総数どれくらいだっけ?

727 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/15(木) 09:38:24
>>726
700強。去年は一次で、一割の70に絞り込まれたな。

728 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/15(木) 10:06:31
さんきゅー。
ってさあ、これよく考えたら原稿換算210枚以内ってちょっと短すぎない?

729 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/15(木) 10:45:34
>>728
子供は、分厚い本は敬遠するから。
その分、取っつきやすいし、低年齢向けのお話なら、このくらいの規模が丁度良い。
書くのも楽じゃん。
俺は今日中に書き上がる予定だけど、構想から全部併せて、二週間かからなかったよ。

730 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/15(木) 11:05:46
>>728
うん、確かに短い。
んだからほかの賞に応募するときと同じ感覚で執筆したら、枚数オーバー必須なんだよね。
中篇というには長すぎるし、うぅん、そこらへんの調整も微妙に難しい。

731 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/15(木) 12:01:40
やっぱりか。今プロット作り終えてようやく書き始めるんだけど、
やっぱり短いよなあ。
あああ。


732 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/15(木) 16:59:13
完成はしたものの、推敲しなきゃならんことが多すぎて気力が失せ……ry。。。。
途中途中で推敲するのは危険だって誰かが言っていたけど、
どーなのかなー?
途中途中で推敲していたらここまで書ききれなかったかもしれない、といえばそうかもだけど。

誤字・脱字・矛盾点が多すぎて、嫌になるわ。人称もおかしかったり。辛いよ。

733 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/15(木) 21:41:10
>>732
あなたは書き切った。
それだけは誇れる

734 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/15(木) 22:35:52
>>732
俺の場合は、まず途中途中でも良いから見直す。
誤字脱字や、明らかに文章がおかしいところや、完全にいらない展開を排除するのが目的。
だから、これをするのはかき上げてすぐでもいい。
そして数日の間をあけて、冷静になってから、今度は本気で一気に推敲する。
二回推敲は面倒くさいと思うけど、応募作ならそのくらいの心構えは必要だと思う。
見逃したりしたものも修正できるしね。

735 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/16(金) 02:12:58
プリントアウトしろよ。

進行状況が実際に肌で感じられると、やる気が俄然沸いてくる。
でもな。原稿用紙で400枚とか印刷しちゃうと、いろんないみで死ぬから注意な。

736 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/16(金) 12:32:01
さて、締切まで二週間もないわけだが、どれくらいの奴らが
仕上がっているんだろうか。書き終わった奴は枚数と出したか
どうかを、書き終わってない奴は枚数に加え、あとどれくらい
書くのかを教えてくれ。
今日中に挙がったものを統計してみる。
ちなみに俺は140枚。残すは30〜50枚。


737 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/16(金) 13:12:03
210枚ジャストで下書きすでに終了。
っていうか、そのまま本文として十分使える文章だから、
残りの作業は校正だけ。
矛盾点も基本的にない。登場人物の名前が一部紛らわしいので、
そこだけは変更する。
さっきプリントアウトして、赤ペンでアレコレ修正はじめたところ。

738 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/16(金) 18:18:04
俺、205枚で送った

739 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/16(金) 18:21:16
書き終わった。出した。201枚。
応募が始まる前から書いてて、200枚に収まるか微妙だったから、
規定変更でプラス10枚はありがたかったよ。

740 :739:2007/02/16(金) 18:26:45
応募……? 募集だな。

もう2月も後半かあ。
今書いてる人ガンバレー。

741 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/16(金) 23:44:19
推敲を遂行中

742 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/17(土) 08:36:50
まだ13枚だわ、間に合う気しねぇ。

743 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/17(土) 10:58:08
せっかく半分まで書き上げたのに都合で送れなくなったorz
おまいらは頑張ってくれ

744 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/17(土) 22:19:59
やべぇやべぇ。はやくしねぇと間に合わないな。
>>742
その状況から応募できたら、オレはおまいのことを神と呼ぶw
さて、推敲してくるか……。

745 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/18(日) 05:40:27
>>742
お前完全にやる気ねーだろwwwww

746 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/18(日) 05:47:56
とうとう詰まってしまった。
せっかく82ページまで進んだのに…ここ1週間、一文字も進められないでいる。
まいった…

747 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/18(日) 07:57:53
今日も一日を推敲に費やすのか……

748 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/18(日) 14:17:57
自分はこれから書き始めようかと思う。

749 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/18(日) 15:45:31
こんな賞一日で書けるよ。
いや、最短5時間あれば余裕。

750 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/18(日) 16:22:45
>>748
原稿用紙120枚ぐらいのお話を書くのなら、まだまにあう気がする。
締め切りまでに、ちゃんとした物語を書けるギリギリの線じゃないかな?

誤字脱字や矛盾だらけの原稿送るのは、人として最低の好意だから、ヤメレ。

751 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/18(日) 16:23:10
>>749
すごいね君。
いろんな意味でw

752 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/18(日) 16:40:48
今日やりたいネタが絞れた
まだキャラの造詣とか構成とか中途半端だけど
>750を読んだら頑張ろうって気が湧いたのでやってみるわー

753 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/18(日) 21:36:47
>誤字脱字や矛盾だらけの原稿送るのは、人として最低の好意だから、ヤメレ。
>人として最低の好意だから、

 〃∩∧_∧
⊂⌒( ・ω・)  はいはいわろすわろす
 `ヽ_っ⌒/⌒c
    ⌒ ⌒

754 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/19(月) 00:06:47
さて……280枚で終了。
これをどうやって210枚に縮めるかが問題だ……鬱。

755 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/19(月) 01:05:14
>>754
多すぎワロタ

756 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/19(月) 01:18:34
俺なんか70枚ぐらいで終わっちまいそうだぜ。
754から分けてもらいたいぐらいだよ。

757 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/19(月) 01:28:26
>>754
ちょww
それは鬱になるわぁ。
オレは今216枚だけど、それだけでも削るの大変だもん。
てか、小説って多く書いて後から削る方が良いって言うけど(たぶん)、
書いてるほうからしたら少ないものを多くしたほうが楽なんだよね……。

758 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/19(月) 11:44:46
>>757
書いてるときは、気持ちが強すぎて結構重複させちゃったり、
上長に語りすぎたりするから、清書でそれが改められて多少短くなる。
でも、新しいアイデアとか盛り込んじゃうと、逆に長くなる。

でも、280ページを210以内に納めるのは、殆ど書き直しに近い。
無理じゃないけど、楽してどうにかなる量じゃない。70ページ減らすのも
3/4に圧縮するのも、うんざりする。
この枚数だと、上下巻に分けるという荒技も使えない。
俺なら、一から新しく書きなおす事を選ぶ。

つうか、余所へ送れってかんじなんだがな。

759 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/19(月) 12:36:15
>>754っす。
今もう一回チェックしてみたら、318枚だったよ……
重くなるから前半と後半を分けて書いてたら、なんか計算を間違えたっぽい。
40×30で書いていて、後半のノンブルを途中からにしたのが勘違いの元。
みんなもケアレスミスに気をつけろw

しっかしさすがにこれは無理だ。縮まない。
MFに送るわ……。
てことで一人脱落。みんな頑張れ。 ノシ

760 :736:2007/02/19(月) 13:30:27
応募済:二人、推敲中:四人、書き途中:四人、書き始め:一人、断念:二人

見事に分かれるもんだな。

>>759
乙。MFでの受賞を祈る。



761 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/19(月) 13:49:34
748だす。
>>750の言葉でもっすごくやる気が出てきた
ありがと。

というわけで、これからどんな内容にするか考えていこうとおもう。

762 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/19(月) 13:57:24
現在100枚程度。後、数十枚書かないといけないけど、こんな時に限って他の小説の話が浮かんできて、そのことばかり考えてしまう……

763 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/19(月) 14:08:12
MFってどこの小説大賞のこと? メディアファクトリー?
あ、ライバル増やしたくなかったら教えなくても良いけど……ググりゃわかるかな

764 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/19(月) 16:43:08
>>736
サンクス。そちらも受賞を祈る。

>>763
そそ。メディアファクトリー。次の締め切りは3月末。
ttp://www.mediafactory.co.jp/bunkoj/rookie/rookie_contest.html

評価シートがもらえるから、ありがたい。
萌え要素が高くないと辛いらしいが……。

765 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/19(月) 17:35:57
今回、大賞とったら「魔人探偵脳噛ネウロ」あたりのノベライズの仕事もらえないかな?

766 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/19(月) 17:37:17
>>765
それはマジやりたい
だけどネウロならミステリーだろうから、ミステリーが書けないと無理だろう

767 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/19(月) 17:40:48
完成間近で夢は広がるのだけど、ひとつ質問。

村山さんはこの賞で佳作取っているけど、
すばる新人賞も取ってるような気がする…

受賞したら、新人賞応募出来ないって話が
出てたような気がするのだけど、俺の勘違いかな?

768 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/19(月) 17:49:47
>>765-766

某ミステリー新人賞用に書いてたやつをこっちに回すわ。

>>767
ジャンルの違う新人賞はおk
なぜならライトノベル作家をプロと認めないから。

769 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/19(月) 17:51:37
>>767
新人賞と明記されてても応募できる賞はある
応募要項に「他社でデビューされてる方はお断り」って書いてない限り大丈夫かと

プロが賞に応募して、その人の知名度がかなり高いと
「これ出版しますから」
っていう連絡がきて出版される場合がある、ってのは聞いたことある

もちろんこの場合は選考外となるが

770 :767:2007/02/19(月) 17:54:54
>>768
そうなのかぁ。ありがと。
てか、この賞はライトノベルだったのかぁ!
といっても、ライトノベルと普通の小説の違いが
イマイチ分からない…

771 :767:2007/02/19(月) 18:00:39
>>769
なるほど。では、初めて応募する俺は
そんな電話が掛かってくる心配などしなくていいのだね!

772 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/19(月) 18:05:24
ぶっちゃけ、もしここで受賞できても先につながらないと思う
他の賞への応募前の練習台と思えば良い

773 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/19(月) 18:33:31
村山由佳の佳作のヤツ読んだけど
前回の佳作のヤツとはとても同格には思えないのは、なぜ?

774 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/19(月) 18:42:57
要は受賞後はある程度、集英社とつながりはできるけど
あとは地力の差がでてくるってことだろ
レベルの高いヤツが受賞したら村山や乙一みたいになれる可能性もあるけど
レベルの低いヤツまで何故か受賞できてしまうからこの賞は信用できない
そんなことよりネウロのノベライズが書きたいです

775 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/19(月) 18:52:09
俺もネウロのノベライズ書きたい
ファンタジーミステリーか
よほどの実力がないと無理だろうな

776 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/19(月) 18:55:55
岩代先生に会いたいです…

777 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/19(月) 19:01:21
みえるひと
面白くなってきたところで終わってしまって……
悲しいことだ

778 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/19(月) 19:50:12
一時はそのネタバレスレがおすすめ2ちゃんねるに入ってたな
やっぱファンがイラストに触発されて書こうとしてる人がいるのかね
むしろそれが編集部の狙い、その思惑通りか?

779 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/19(月) 20:05:17
正直、今連載されてる中で一番小説にしやすいのはネウロだろうな

780 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/19(月) 20:46:13
単純にノベライズが楽そうなのは、魔法学校のやつととらぶるってやつだろ。
次点がアレンウオーカーの悪魔退治の離しとムヒョのやつ。

参考に出来る作品が多いから。

ネウロは、ある意味新ジャンル。めんどくさそうだよ。

781 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/19(月) 20:54:24
ある程度人気があるなかだとムヒョロジも書きやすいと思う
一番難しいのはギャグ漫画とか、モテ王じゃないか?

みえるひとのネタバレスレなら行ってた
ある程度作風を似せた定期的に投下される嘘バレが中心だった
色んな意味で凄かったよ


こういう話題とか続くと、締め切り過ぎたくらいで次スレかな
これから>>1以降のテンプレや過去レス見ないで質問する人増えるだろうし
まぁ、>>1から全部読んで探すよりも、書き込んで・少し非難されながら教えてもらう方が早いから仕方ないかもしれないが

782 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/19(月) 21:23:24
あんまり関係ないけど、
トラブルってやつ原作いるんだね。
あんなんでよければ
いくらでも考えられそうだけどな。

783 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/19(月) 21:37:20
M0もトラブルも、ただのラブコメ二次創作になりそう
絶対つまらん

銀魂みたいな会話で笑わせる話はノベライズしやすいだろう
実際面白かったし、売れてるし

ネウロなら西尾みたいなノベライズが書ける
俺なら間違いなくそっちの方がいい

784 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/19(月) 22:26:10
今のジャンプ本誌の掲載作品でノベライズ手付かずでそこそこ購買数が予想できるノベライズ化候補と
いったら第一候補はネウロだろうな
リボーンもノベライズ化決定みたいに書いてあったし
ムヒョロジは微妙だし
あとはまだ連載が軌道に乗ってないようなものばかり
本当に実力しだいでは今回の受賞者にお鉢が回ってくることもないとは言えないんじゃないか?

785 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/19(月) 23:40:50
そこでユンボルをノベライズ化ですよ。
プロジェクトX風に。

786 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/19(月) 23:44:34
んまー、ジャンプ小説大賞で受賞して、執筆依頼がくるっていったら、ラノベ化くらいだろうしねぇ。
その作品をストーリーに沿ってラノベ化するのは面白くないけど、オリジナルのストーリーでラノベ化するのは良いね。
ディー・グレイマンはちょっと売れたのかな?

787 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/19(月) 23:50:06
>>785
主役は是非ゲンバー大王で
ユンボルは意外におもしろい

788 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/20(火) 00:23:56
しかし打ち切り

789 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/20(火) 00:28:11
>>786
ディーグレはめっさ売れとったろ。


790 :732:2007/02/20(火) 00:32:03
>>733-735
ありがとう。そうか、書ききったんだな。たしかに、書き始めたときには不安で仕方なかったのに。。
「進行状況が実際に肌で感じられると、やる気が俄然沸いてくる」←とか、そういえばすげー同感だ。
わかった、今からでもがんばってやってみるよ。修正とか、そういうのもやる気出てきた。ありがとな。



791 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/20(火) 05:15:42
締め切りを目前にしてスレが加速しはじめたな

792 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/20(火) 08:51:14
ちょうどミステリーを応募する予定の自分かちぐみw

793 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/20(火) 13:27:14
>>791
一年でスレがひとつしかないのが嫌だった。
受賞者発表までにその五まで伸びれば、
我が生涯に一辺の悔いなし。
受賞できれば来世にも悔いなし。

794 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/20(火) 14:24:39
頭蓋骨を潰したいヒロインを書くぜ

795 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/20(火) 15:53:24
>>792
1月にも3月にもミステリーの賞があるというのにあえてここかよ……
ネウロノベライズ希望者多いのか?

796 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/20(火) 16:08:41
>>794
頭からコウモリの羽を生やした少女ですか。

ネウロのノベライズ希望って結構いるんだな。
しかし、あの漫画の魅力を失わせることなく小説にするのは難しそうだ……。
そして、ミステリを書くのとはまた違った力が必要になると思う。
誰かが良いノベライズしてくれればぜひ読みたいけどな。

797 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/20(火) 16:37:46
3月のミステリーの賞ってなんだ?

798 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/20(火) 17:02:28
ここの応募作だしてから二週間程度が経過したが新しい応募作を書く気力がわいてこない…
構想だけなら3つほどあるのだが

799 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/20(火) 18:23:36
昨日30分でプロット考えた。
昨日と今日で本文40P。うち今日は28P。
間に合う。まだいける。

似たようなみんな、頑張ろうぜ。

800 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/20(火) 18:30:29
>>798
構想だけなら20くらいある

プロットを書いてあるのは3つくらいだけど

801 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/20(火) 19:12:11
皆はキャラが話のなかで想像する描写ってどうしてる?
「(こう思うんだ)」とか(俺はこう思えた)とか『こういう感じ』でカッコでしてるもんなのか?
―――俺はダッシュ3つで表してるんだが。

802 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/20(火) 19:54:22
ダッシュ三つ使っても、校閲段階で二つに変えられるんじゃねーの?

803 :736:2007/02/20(火) 20:34:06
>>801
()じゃね?



804 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/20(火) 20:39:47
>>801
俺は一人称しか書かないからそんなもんないわ

805 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/20(火) 23:37:45
>>804
奇遇だな。おれも一人称専門だ。
三人称なんて、なんでも出来すぎてつまらん。

806 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/21(水) 00:10:01
なんというか、主人公の内面から世界にアプローチする書き方が一番好きだわ
だから俺は一人称オンリーなのかもしらん

807 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/21(水) 00:29:33
一人称大杉www つか、俺もだけど。
じゃあさ、男主人公だったら「俺」「おれ」「僕」「ぼく」のどれを使う?

808 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/21(水) 00:46:09
一人称は難しいと選考委員のお一方がおっしゃっておられたな。

809 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/21(水) 01:56:08
俺も一人称で書いてる。
主人公が二人で『俺』と『私』が
交互に物語を進めてく。

810 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/21(水) 02:16:27
>>805
>>808
一人称の方が簡単だろ?
だから、みんな一人称で書く。

811 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/21(水) 02:52:09
>>807
キャラに応じて全部使いわける

>>810
どっちが簡単なのかは人によって違う

812 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/21(水) 03:30:49
簡単云々より、書きたい話によって人称は変える。

登場人物多いスケールの大きな話だったら、
主人公がいないところでも話が進められる分、
三人称の方が書きやすいだろうし。

主人公の心理描写を深く書きたかったら、
一人称の方が感情移入させやすいと思う。

813 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/21(水) 11:07:44
素人が最初に書く小説は一人称が多いらしい

考えりゃ、オレも最初一人称だった。
今は作品によって違うな。

814 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/21(水) 11:09:14
>>810
一人称は、自分が知らないことは基本的に書けないんだよ。
誰も知らない場所で、悪い奴等がすごく楽しそうなことをやってても、
物語の最中にそれを読者に見せつけたり出来ない。
もう、目と鼻の先に敵の大部隊が接近していても、
やっぱり、それを書いちゃいけない。
一人称にはそういう縛りがある。
だから、何でもありの三人称の方が楽しいお話を書くのは基本的に楽。

小説の書き方の本を開けば、大抵は「三人称で書きなさい」と進めてる。

815 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/21(水) 11:57:24
一人称だと相手の気持ちとかは
主人公の感じ方でかかなきゃいけない縛りもある。

でも、俺も一人称で書いてる。
やっぱり書きやすいんだろうなぁ。

816 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/21(水) 12:00:01
一人称はかきづらい人もここに一人。
三人称が書きやすいというわけではないんだけどさ、そんな自分は背後霊的三人称だ

817 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/21(水) 14:21:14
ジャンプの応募者の7割は一人称ってどっかで見たな。まあ自分も一人称だけど。

818 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/21(水) 16:32:32
激しい閃光が迸る。
俺の体の中で、禍々しい力を持った何かが蠢いていた。
くそ、俺の体はどうなっちまったんだ!

……こんな一人称小説が大半らしいとの噂。

819 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/21(水) 16:55:35
>>816
奇遇だな。
俺は守護霊的三人称だwww

820 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/21(水) 17:52:50
>>818
んなもん書かねーよwwwww

821 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/21(水) 18:42:04
神の視点も悪くないと思うが、主人公視点派が多いんだな
漫画だとコマで場面切り替えられるからいいけど、小説は視点を固定する必要があるもんな
変わった視点書いたことのある人いないか? 実は小説のなかの登場人物が書いていた小説の話だった、とか

822 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/21(水) 18:42:46
>>814
>一人称は、自分が知らないことは基本的に書けないんだよ
書けない、というのは『書かなくてもいい』につながる気がする。

>小説の書き方の本を開けば、大抵は「三人称で書きなさい」と進めてる
それは、その方が実力がつくからじゃないか?

俺としては、両方書けるようになって損はないと思いつつ、修行中。


823 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/21(水) 19:44:04
>>821
交通事故に遭った子供のいつも持ってる人形視点。

824 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/21(水) 20:06:07
>>822
>>一人称は、自分が知らないことは基本的に書けないんだよ
>書けない、というのは『書かなくてもいい』につながる気がする。

この場合の自分っていうのは、登場人物のことだろ……常識的に考えて……

825 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/21(水) 20:25:32
>>822
だが初心者は「書いてしまう」
三人称の方がまだ破綻が少ない。

826 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/21(水) 20:31:47
質問なんだけど、場面によって視点はかわらないのか?
この場面は主人公1の視点なんだけど、次のシーンは三人称とか
この場面は主人公1の視点なんだけど、次のシーンは主人公2の視点とか。

827 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/21(水) 20:33:20
プロ(ラノベ以外)の小説では三人称でありながら主人公の心理を掘り下げて主人公の視点で語るという技法が多い
これは使いこなせればかなり表現に幅ができる

828 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/21(水) 20:43:02
人称の話で盛り上がってるトコ申し訳ないんだけど、
みんな登場人物って何人くらい?

俺主人公ブラス1の二人しか出てこないんだけど
やっぱ少ない方?

829 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/21(水) 22:09:15
>>828
俺は五人
主人公が三人とヒロイン二人

830 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/21(水) 22:28:05
内的告白とか自由間接話法とかいうやつだな!

これはむしろちょっと執筆に慣れてきたぐらいの奴ができないのかもね。
山田級の初心者は何も考えずにできてしまうw


831 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/21(水) 23:00:22
俺も五人ぐらいだな。主に主人公とそいつ好きな女二人で話が展開して、そこに脇役二人が少し絡んでくる。

832 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/22(木) 00:18:12
>>828
俺は台詞ある奴六人。うち、二人は脇役。


833 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/22(木) 00:31:37
俺も今は一人称で執筆中。
んだけど、次からは三人称に挑もうかと考えてる。
理由はまあ、そっちの方が融通きくし、複雑な構成も作れるし。
一人称よりの三人称を目指したいと思ってる。日日日みたいな。
……破綻しそうだなぁ。

834 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/22(木) 00:48:32
あー。清書&推敲中だよ。
210枚前後で増えたり減ったりしながらとうとう最終章まで漕ぎ着けたよ。
あと一息だ。

俺のお話は、人間3人+ワケのワカラン連中3+1
そのうち台詞のある重要キャラクターは人間3+ワケワカメの内の2名

主人公は人間の方の女の子で、一人称自分視点。

835 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/22(木) 00:52:10
みんなガンガレ。気づけば締め切りまで一週間きってたな……

836 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/22(木) 00:58:31
>>826

そういう手法はありだよ。でも、書き手が混乱して、
いつのまにかキャラクターが知らないはずのことを、知っているという前提で
行動していたり、なにかとトラブルが起きやすい。

837 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/22(木) 01:04:57
>>824
>この場合の自分っていうのは、登場人物のことだろ……常識的に考えて……
その通りだと思うし、そう認識して書き込みしたんだが、
言葉足らずだったのかもしれないな。

俺が言いたかったのは、
一人称だと色々な事を省いて書いてしまったり、
地の文で嘘をついてしまう心配があるんじゃないか?
と思ったわけだ。

838 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/22(木) 03:33:36
>>837
それは一人称うんぬんというより、書き手の技量だわ

839 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/22(木) 03:51:59
>>837-838
このスレはそういうレベルのスレだと思うぞ。
他の新人賞スレに比べても格段に低次元の質問が多いし、
逆に言えば初心者向けでもある。

840 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/22(木) 12:51:52
公募に原稿を送るのははじめてなのですが、郵送するときは、厚手の封筒をガムテープかビニルテープで封をして、ゆうパックで送るのが良いのでしょうか?
それとも、エクスパックで送る人が多いのでしょうか?
要は届けばいいんですよね?

841 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/22(木) 13:03:14
あー。出来た出来た。
推敲&清書完了。
99.5%完成した。

余裕があるので、あと数行書き足すけど。基本的に書くべき事はみんな書いた。
ただなぁ。あらすじ書くのが――めんどくさいんだよなぁ。
800文字じゃ収まらない。

842 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/22(木) 18:11:29
>>840
エクスパックで十分ですよ

843 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/22(木) 19:53:25
俺今日中に終わらせる!


844 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/22(木) 20:44:33
俺も今日中に終わらせる!
あと4ページ削れば応募できる……!

845 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/22(木) 23:17:07
がむばって書いたのに、なんかイマイチだ。。。

δ ( ・ ω ・ ` ) ウーン …

846 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/23(金) 00:57:37
うわ。コピペの重複消し忘れがある。
また印刷やり直しだよ。orz

847 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/23(金) 02:33:24
俺ももうすぐ完成です。
なんとか間に合いそうだぁ。

でも、今更夢落ちって如何なものかと
軽く凹んでおります。

畜生、他に良いエンディング思い付かないかな。

ギリギリまで頑張ります。

848 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/23(金) 03:54:17
>>847
ちょwwwwお前は俺かwwww
俺も明後日あたり完成予定で、エンディングそんな感じ。

849 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/23(金) 09:32:11
土日って郵便局休みだったっけ。
それなら今日中に終わらせてもうこの苦しみから解放されたいよ。

850 :sage:2007/02/23(金) 09:58:16
みんな頑張ってんな。
俺もギリギリまで頑張るよ。

851 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/23(金) 10:41:15
>>849
基点になる大きな局だと24時間受付てくれるよ。
ttp://www.post.japanpost.jp/office_search/index.html


852 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/23(金) 11:57:10
>>851
849だけど情報サンクス。
てか、推敲完了。210枚ピッタリキター!
あと一行でも余計な文章を書けばその場でドカンだぜ……。
まあ、一ページくらいはごまかせると思うけど。

853 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/23(金) 13:46:50
初歩的な質問ですみません。
右上を留めるのは、ダブルクリップじゃなくて、穴を開けてからヒモを通して閉じたほうがいいんですよね?

854 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/23(金) 14:36:21
応募要項になにもかいてないから、
とめてさえいればダブルクリップもOKなはず!
ていうか、自分はそれで出してしまった。

855 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/23(金) 15:14:43
なに、右上かッ!無念。

856 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/23(金) 16:30:35
>>855
横書きじゃないんだから。縦書きの書籍は右側綴じてあるだろ。
まぁ、クリップだろうが紐だろうが外すはずだから、あんま気にしなさんな。

857 :855:2007/02/23(金) 17:15:46
>>856
助かった。
俺の勝負はもう終わってしまったかと思ったよ。
いやぁ、出したら出したでそわそわするね。
質問なんだが、審査員の方々は
最終選考に残った作品だけを読むの?

858 :856:2007/02/23(金) 17:42:23
>>857
今、募集要項見たら右上って書いてあったな。ちなみに何で綴じたんだ?

選考委員のかたが読むのは、最終のみ。下読みでふるいにかけられ、
編集が最終に残すものを決めていたはず。

859 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/23(金) 18:40:37
やぁっと応募完了。肩の荷が下りたぜ……。
しかも、今回送った作品は90枚弱のA4用紙だったから、けっこう軽かった。
だから送料が320円でよかったのが助かった。
もうちょっと重くなれば、ゆうパックすすめられて600円くらい行くからなぁ……。

860 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/23(金) 20:31:12
ぼくはさっき一回目の推敲おわりました。ギリギリまで
頑張るつもりです。

861 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/23(金) 20:54:23
ペンネーム考えるのが一番苦労した。。。

862 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/23(金) 20:58:07
チェンバレン太郎とは俺のこったい!

863 :857:2007/02/23(金) 20:59:50
>>858
頑張って、ホッチキス。
マズったかなとやや後悔。
最終まで、残らないと読んでもらえないのかぁ。
頑張って書いたのに、編集の人にはじかれるのは嫌だな。

864 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/23(金) 21:00:54
下読みは編集の人でもないぞ。

865 :857:2007/02/23(金) 21:09:31
えっ、マジですか…
もしや、どこぞのバイト?
下読みのバイト志願するのが一次突破の早道だった?

866 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/23(金) 21:12:29
残念、下読みのバイト募集は締め切ったぞ。

867 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/23(金) 21:14:14
基本的に下読みバイトは「プロの作家」が依頼されて請け負う。
例外もあるが、大抵は作家の下っ端。
素人が志願しても無理。
下読みやりたきゃプロになれ。

868 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/23(金) 21:14:18
外せるのが重要なんで、エンタメはクリップ、純文(と電撃)は紐が常識なんだが……
まあホッチキスだからってそれだけで落ちることはない。

バイトはネーヨ、小説家志望の部外者に下読みさせたらパクるだろw
新人作家や社員の家族なんかが一般的だ。

869 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/23(金) 21:17:42
今週の月曜日から書き始めたが、なんとか終わりそうだ。
現在、原稿用紙換算85枚。
100枚ちょっとにまとめるつもりだから、
明日には書き上げて明後日から27日まで推敲だな。
枚数少ないから佳作狙いだが。

870 :857:2007/02/23(金) 21:23:13
郵便屋の乱暴な配達でバラバラにならないように
三つもホッチキスとめてしまった…
手間取らせてしまって、印象悪いなぁ。

確かにそんなバイトあったら、殺到しそうだ。
一応、作家の人に読んでもらえると聞いて、安心した。

871 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/23(金) 21:30:11
ダイジョブだ。
内容が良ければ通るし、悪けりゃ通らん。

872 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/23(金) 21:54:26
締め切り間際に送ると、質の高いのと同じ段ボールに入れられるから、
早めに置くちゃったほうがいい。

873 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/23(金) 22:08:02
【月刊少年ジャンプが休刊】

集英社の漫画雑誌「月刊少年ジャンプ」が
6月6日発売の7月号で休刊することが23日、分かった。
部数がピーク時の3割程度に落ち込んだためで、
「発展的解消の形で時代に合った新雑誌を今秋をめどに創刊する」(同社広報室)
という。
同誌は1969年12月に「週刊少年ジャンプ」の姉妹誌として創刊され、
89年には140万部を誇ったが、昨年の平均発行部数は約42万部。
これまでの人気連載作品に、ちばあきお氏の「キャプテン」、
なかいま強氏の「わたるがぴゅん!」などがある。 
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070223-00000076-jij-soci

さようなら……。

874 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/23(金) 23:02:38
てか、みんな「下読みの鉄人」のサイト見た?
あそこのサイト見ないでの応募は考えられないんだが。
ttp://www.sky.sannet.ne.jp/shitayomi/
アドレスはっていいかわかんないけど、ここの皆のためにあるようなサイトだから。
見ておいて損はない。

875 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/23(金) 23:14:09
もうすぐ〆切りか
さっさと仕上げよう

876 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/23(金) 23:25:07
>>874
てか、ここの>>1-7辺りのテンプレ見た?
まずは一通り目を通しておくといいよ
ジャンプ小説大賞に応募する皆のために作ってくれたものだから。
見ておいて損はない。

877 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/24(土) 00:16:35
>>872
実際はどうなのかわからんが、
締め切り前にひと足先に完成した作品の方が
完成度高いような気がするけどな。
締め切り間際には確かに完成度高い作品もあるだろうけど
締め切りだからって理由で未完成な作品をとりあえず送るヤツも大勢いるはずだぞ。

上で誰かが言ってたが、
良ければ通るし、悪けりゃ通らん。
だから、締め切りギリギリまで頑張るべし!

878 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/24(土) 00:39:29
>>872
ていうか、上手いレベルと混じってても、自分の作品がそれ以上じゃないと受賞しねーよwwwwww

お前の考えは保守的過ぎるだろ

879 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/24(土) 02:06:43
>>878
俺はどこに入っても大賞取るから良いんだけど、おまえ等が困るじゃん。
佳作取るチャンス逃すかもしれんぞ。

880 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/24(土) 02:41:35
>>879
今回大賞が出なかったら笑ってやるよ

881 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/24(土) 06:49:23
うおおおおおお、終了の目途が立ってきた!あと5ページくらいで完結できそうだ!
でもそのあと、推敲やら印刷やら何やらが残っていると思うと、とても楽観できんw
なんか受験直前の追い込みみたいな心境だぜ…

882 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/24(土) 07:30:53
書き上げてからが本当の地獄よw
ヒヒヒヒヒ〜

883 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/24(土) 07:58:34
>>879
大賞つうか佳作もそれなりの作品じゃないと取れないだろ。
一次通過できないやつができるくらいだよ、早めに出すメリットは。

884 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/24(土) 08:16:48
一次の時点で9割落ちるん♪

原稿30作入った箱に大賞確実1名+入選確実1名いたら
当落ボーダーラインの人間は壮烈な椅子取り合戦。
その状態になるのが、まさに締め切り当日消印の作品達。

中身が善くても誤字や脱字が山のようにあればたちまち命取り♪

最後の土日だ。後悔しないように、みんな、がんばれー

885 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/24(土) 09:31:49
この賞って一次通過、二次通過、最終選考、賞受賞と順々に連絡がくるのか?
最終は7月発表だけど受賞者はどれぐらいの時期に報告もらえるのかな?

886 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/24(土) 09:44:09
聞いた話、四月末くらいには最終選考者に連絡がくるらしい

短編が多いしレベルも高くないだろうから、最終まであっという間なんじゃないかな

887 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/24(土) 10:46:36
じゃあ5月半ばになっても連絡がこなかったら結果発表を待たずして
落選確実というわけか…

888 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/24(土) 14:22:48
出したけど原稿紛失とかが怖くてしようがない
今になって応募封筒に「応募原稿在中」と書かなかったことが悔やまれる…

889 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/24(土) 15:02:56
考え出したらキリがない。
俺なんか、郵便局員の中にこの賞の応募者がいて、
ライバルの作品を片っ端から川に捨てる想像までしたわ。

890 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/24(土) 16:29:27
>>888
「応募原稿在中」って書かなくても、

「第16回ジャンプ小説大賞」係 御中

って書いてたら大丈夫なんじゃないの?

891 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/24(土) 16:30:47
俺、「御中」って書いてないわorz

892 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/24(土) 16:31:09
>>890
朱書きで「応募原稿在中」って書いておけば目立つから間違って捨てられることがないと聞いた

893 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/24(土) 16:37:40
>>873
新雑誌はライトノベル部門とタイアップした誌面になるって情報があるね。

894 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/24(土) 16:56:16
>>891
この賞に関していえば若年層の応募も多いみたいだから、届きさえすれば
御中と書いてないからマイナスってことはないと思う

895 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/24(土) 17:24:34
マイナスだろう。
ただ、致命的ではないだけで。
ふたつ作品あって、好悪つつけられないときに、
そういう作品の出来以外の要素が絡んでくるだろ。
評価に影響がないのは、ライバル不在で中身がダントツによいときだけだ。

896 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/24(土) 17:29:25
出した人間はなにを考えても無駄
黙して吉報を待て

897 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/24(土) 17:44:05
結局は応募様式の細かい間違いよりも受賞できるかどうかは中身だよな…

898 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/24(土) 18:05:39
「面白ければ官軍」らしいからね

899 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/24(土) 19:01:50
>>889
お前の地元から一体何人の応募者が出て、何人消されたんだ?

>>893
j-booksもそちらに行くんだろうか。
すると、漫画のノベライズはもとより、小説の漫画化も夢ではなくなりそうだな。


900 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/24(土) 19:03:46
月刊がなくなって悲しい思いだったが、もしかしたら俺たちには吉報だったのかもしれんな……

901 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/24(土) 19:04:18
>>893
ウホッ、いい知らせ……
俺は決めたぞ
今から原稿を書く

902 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/24(土) 20:02:25
なんだかんだ言って最近は集英社はj-booksに力を入れだした気がするからな
最近になってノベライズ以外のオリジナル作品が頻繁にj-booksから出るようになった

903 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/24(土) 20:21:44
出版社がノベルに力を入れだしたのは、やっぱハルヒ効果じゃねーのかなと思うわ

904 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/24(土) 20:41:53
不安でどうしようもないやつはttp://matufude.hp.infoseek.co.jp/novelchk/でもやってみろ
気休めにはなるし、案外いい気分にもなれるぞ 

ノベルチェッカーで検索するとすぐ出るから試してみるといい

905 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/24(土) 21:14:58
印刷 ミス発見 修正 印刷 ミス発見 修正 印刷 ミス発見 修正 印刷 ミス発見 修正 
印刷 ミス発見 修正 印刷 ミス発見 修正 印刷 ミス発見 修正 印刷 ミス発見 修正 
印刷 ミス発見 修正 印刷 ミス発見 修正 印刷 ミス発見 修正 印刷 ミス発見 修正 
印刷 ミス発見 修正 印刷 ミス発見 修正 印刷 ミス発見 修正 印刷 ミス発見 修正 

そろそろ気が狂いそう何ですけど……

906 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/24(土) 21:18:58
そろそろ次スレを準備しないとな

907 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/24(土) 22:02:32
>>899
889じゃないけど、
別に地元じゃなくても
集英社に配達する局員が応募者だったら
日本全国からの応募作品をゴール間際で阻止出来るけどな。

908 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/24(土) 22:33:51
俺は局員だが、どの郵便物を誰が配達したかは記録に残されるので、ばれます……
定形外ならバレない方法もあるけど。

909 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/24(土) 23:53:41
光だ……光が見える……
ようやく、長く苦しかった推敲に終わりが見えた……

もう一度読み返して、問題なければこれで完了だ……

良かった。明日一日書けて、あらすじ、表紙、履歴の印刷だ……

910 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/25(日) 00:33:49
森野ことりさんが応募原稿を書き上げられたそうだが、編集者にアドバイスもらったり
同じ応募者の立場としてズルイと思ってしまう…

911 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/25(日) 00:38:44
>>910
気にすんな
それでも他の作品が優れていたら受賞できない

912 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/25(日) 00:52:03
>>905
そんなに印刷する前に、ミス発見と修正を繰り返せよwww
用紙はともかくインクは高いんだからさ。

913 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/25(日) 01:17:30
>>910
直接アドバイスを受けられるほどの、実力と信頼があったってことだろ。
それよりいい作品をつくるか、同じように編集に目にとまれる作品を書けばいいんじゃね?

914 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/25(日) 01:18:53
確かに編集にアドバイスもらうのは有利だろうけど
その人も去年は同じ条件だったわけだしなぁ。

915 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/25(日) 01:20:23
そんな相手を倒してこそ、真の勝者と言えるのだ。
そんなわけでオレは逆に燃えるけどな。

916 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/25(日) 01:21:02
他の最終候補者はどうしたんだ?
今回も出すの?

917 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/25(日) 01:23:35
前回最終まで残った16歳も出すみたいだな

918 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/25(日) 02:16:41
>>917
ソースは?

919 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/25(日) 02:20:59
月間ジャンプの廃刊によって次に創刊される雑誌の噂からすると、
この賞もちょっとは期待できるものになるかも?

このチャンスに、なんとしても書き上げないとな。
ラスト5ページほどが進まないが……

920 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/25(日) 02:23:31
もしかしたら来年には躍進しているかもしれないしな

921 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/25(日) 02:26:53
>>918 ttp://blog.goo.ne.jp/mutukino-tsuitati/

922 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/25(日) 02:28:12
ダメでも最初のうちくらいは話題性もありそうだし

923 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/25(日) 02:35:08
>>921
dd

924 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/25(日) 05:56:07
ヨッシャ、あらすじも書ききった!
もう一度みなおして月曜日には出せるかな。
ちょい質問なんですけど、
表紙の文字って縦書き? 横書き?

925 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/25(日) 10:50:01
ふりがなってプリントアウトしたあとに鉛筆で書いてもいいのかな?

>924
俺は縦書き。


926 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/25(日) 12:20:37
>>925
読みにくくなるだけじゃね?

927 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/25(日) 12:39:23
表紙はさりげなく自己主張できる場所だからな〜
上手に使え。

928 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/25(日) 12:45:18
>>924
SDは見本が横書きだった。ま、どっちでもいいと思う。

>>925
手書きは止めとけ。ワードならルビ機能があったはずだから、それ使え。
……ルビを振らないと読めない漢字は、極力使わないほうがいいんだが、
作中の専門用語なら仕方ないか。

929 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/25(日) 13:20:09
今から無駄を大量に削って、設定も大幅練り直しで書き換えるという自殺行為

930 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/25(日) 13:21:31
けど受賞してから「あの時がんばっといてよかった」と思えるさ。

931 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/25(日) 14:27:35
ことりが下読みで落とされる可能性もあるのかな?
それともシード権があって一次選考は通過できるとか?

932 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/25(日) 14:31:41
>>925
OKっしょ。漢字全部にふるわけじゃないよね?
読み間違うわけないと思っても初出時のキャラ名とかはふっとけ。

933 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/25(日) 14:35:52
新雑誌はSD文庫の雑誌だよ?

934 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/25(日) 14:40:37
>>931
最終選考まで残った文章力で、どうやったら一次落ちなんだよwwwwwwwwww

935 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/25(日) 15:45:56
新人賞なら、よくあることだって。そんな大げさなレベルじゃないんだから。
今年も残ったら本物ってことになっちゃうけど。

936 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/25(日) 16:44:43
最終選考っつっても去年のあの不作の時の最終選考だからな…

937 :メタル:2007/02/25(日) 17:29:34
 お恥ずかしいお話ですが、ありきたりだと思われたらすみません。生まれて2度目の投稿だったのに関らず、封を開けたままの状態で郵送の為に郵便局に行った所、中身の確認を要求され…中身を見た
郵便局員さんが、固まってました。次、出す時は、表紙を白拍子にして出そうと思いました(泣)。原稿のはじめには必ず表紙をつけ、タイトル・氏名(ある場合はペンネーム)を明記。←この表記を局員さんに見られたの痛かった。
右上を綴じるの意味が分らず、ダブルクリップの大で右上を綴じたんですが…果たしてそれは合っているのやら…。
自分、むっちゃ痛い子や…
 それも、局員さんから返信先の住所が要ります。って言われて、本名と住所を裏に書かされる。更に痛い事に、中に返信先住所入ってます。って言ったら、郵便局は中身を見ません。万が一の時にお返ししますので。と言われて、更に痛い子になってた。
皆さんは、そんな事、ないのでしょうか?
 ポストに出せば良かったと思ったんですが、もし、何か重大な過ちをおかして戻ってきたらなんて考えたら、郵便局に来ちゃってました…。 
皆さんはどのようにされたんでしょうか?後三日で締め切りですね

938 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/25(日) 19:34:09
封筒の裏に自分の名前書かないで、下読みさんは、
取り出した原稿をどこへ戻すか判らなくなったらどうする気なのだ?
下読みさんに嫌われる原稿は、落とされる原稿だぞ。

封筒の裏には、住所と実名と連絡先の記入シレ。

939 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/25(日) 20:02:01
この数日、毎日毎日自分の原稿読み返しで、
脳味噌が麻痺して、だんだん面白いのかつまらないのか判らなくなってきた。

誤字脱字見つけるのは、あんまり関係ないだけどな……

940 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/25(日) 20:06:11
>>912

ちなみに、「これが投稿用原稿だ。上質紙使うぜ」と口をあけた500枚入り
A4コピー用紙は、すでに二口目に突入。700枚ぐらい無駄に刷ったな

orz

941 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/25(日) 20:10:08
>>940
一回赤ペンもって総ざらいゲラチェックしたほうがいいんじゃね?

942 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/25(日) 20:12:11
>>940
修正で同じ失敗を繰り返してるようじゃ受賞は遠いよ(´・ω・)
>>941の言う通り一度徹底的に朱を入れてみた方がいいね

943 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/25(日) 20:47:52
>>905
もう直すなよ。
おれなんか、全くなおしてないから。 ニヤリ。
それくらい愛嬌愛嬌。 けけけ

944 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/25(日) 22:02:05
>>939
>>904でもやってみろ。俺も使ったことがある

ま、選考するのは下読みさんと審査員だから……そこでの評価は本当に気休めにしかならん
ただ機械やプログラムとはいえ他人の目だから、少しは励みになるんじゃないか?

945 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/25(日) 22:38:32
完成して、いよいよ明日応募する。
その前に、もう一度読み返そうと思って読んでみたら
なんも面白くない。
面白いと思って書いてきたのに、
読みづらいわ、つまらんわ、散々。
なんで、こうなっちゃった?

946 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/25(日) 22:49:53
すごい初歩的な質問でスマン。
EIXTとか、そういう英語ってやっぱ縦書きでも、そこだけ字体を横にして書かなきゃダメ?

947 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/25(日) 22:51:55
自由じゃね?
読み易かったらなんでも

948 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/25(日) 22:56:49
>>945
俺も似たようなもん。自分で見ると一次落ち確実だろこれ、って感じだよorz
書き始めるときは自信あったんだけどなぁ……。
自分が書いた作品って、なんか面白くなく感じるんだよね。事実かもしれんが。

949 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/25(日) 23:01:29
>>946
単語としてなら縦書きは問題ない
問題なのは、英文は横書きにすることだな

「I hate you」
 こういうのを縦書きにするのはダメ
 あと、半角で文字書いたら前後は半角で一マス空けるのは常識
 全角なら必要ないが

950 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/25(日) 23:02:18
>>946





951 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/25(日) 23:58:26
総て完了。明日送る。
さぁ、往け!
我が下部どもよ。大賞むしり取ってこい。

952 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/26(月) 00:39:16
>>951
下部「ども」って?

953 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/26(月) 00:50:34
10作くらい送ったんじゃねーか?

954 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/26(月) 01:07:22
>>949,950
トン。そしてEIXTじゃなくてEXITだったなw俺アホスwww
こんな調子で、誤字脱字をいっぱい見逃してんのかなぁ…
今友人に手伝ってもらって推敲してる最中なんだが、やはり不安だ。
>>945
俺もだ。純文っぽい話なのに、どうしても賞の傾向を考えてエンタメを意識してしまって…
結果的に、どっちつかずな、平坦で薄っぺらい作品になってしまったよ。
一次落ちだなこりゃ。まぁ、いい勉強にはなったが…

955 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/26(月) 01:14:03
あきらめんなよ
おれは今まだかいてるぞ
今夜じゅうに書き終え、
明日あさって遂行だ


956 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/26(月) 01:33:12
>>955
俺よ…こんなとろこにいたのかい

957 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/26(月) 01:45:25
俺はどうやら間に合いそうにない。

958 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/26(月) 01:57:49
「あきらめたらそこで試合終了ですよ」

959 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/26(月) 02:08:22
>>958
デビューが、したいです……

960 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/26(月) 02:23:27
>>959
「君は秘密兵器ですよ」

961 :955:2007/02/26(月) 02:58:05
ぶっちゃけまだ終わってない人手挙げてノシ

28日まで寝れそうにないORZ

962 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/26(月) 03:02:00
まだあわてる時間じゃない!


963 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/26(月) 06:33:29
はいこんな〆切り前なのにプロット八割書き換え
ありえないですはい

964 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/26(月) 07:52:08
>>961
ノシ
185枚なんだが、なかなか終わらん。

965 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/26(月) 08:06:48
送る資格のあるのは、書き上げた奴だけだぞ。
無理矢理でもこじつけでもやっつけでも、
ラストまでちゃんと書けよ。

966 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/26(月) 08:22:29
>>965

いいこと言うな、オマイ。






さて、そろそろプロット立てるか。

967 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/26(月) 13:45:51
みんな長さどれくらい?

968 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/26(月) 15:29:14
180枚。明日にでも出してくる。

969 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/26(月) 16:48:17
210枚。提出済み。

970 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/26(月) 16:54:36
>>967
15・6p

971 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/26(月) 17:17:55
終わったぁぁぁ!
一週間で書き上げた……計121枚。
まだ今から最大の難関、梗概が残っているが……。

毎日、前日書いたところまでを推敲しながら進めてたから、
今日書いた分を明日推敲して完全終了。
なんとか間に合いそうだ。
追い込み中のみんなも頑張れ。

972 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/26(月) 17:22:13
>>971

一週間ってことは、一発アイデアもの?

973 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/26(月) 17:26:21
三日で何とかしようと昨日書き始めた俺もいる
形はどうあれ最後まで走り抜いて最高の作品を提出した者の勝ちさ

974 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/26(月) 17:35:36
>>972
一発アイデアものってのがどんなのかよくわからんが……
ネタを思いついたのも一週間前。
学園ものの予定が、ちょっとミステリーっぽい殺人未遂話になった。
勢いで書いてたから、伏線の回収忘れがないように、
後から伏線をあちこちに追加した。
このやり方で、一次通過するかが見たいだけとも言う。

975 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/26(月) 18:04:17
>973
今なんまいなの?

976 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/26(月) 18:07:57
>>975
今70枚
あと110枚くらいかな

977 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/26(月) 18:58:53
265枚

978 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/26(月) 19:01:51
悪の組織ってやっぱり倒さないといけないのだろうか。
なんだかいろんな新人賞の受賞作見ても
起承転結の転部分がすごい駆け足でとってつけたかんがあるからいっそ無しにしてみようかともおもうんだが

979 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/26(月) 19:09:20
とりあえずちゃんと完結してたらいいんじゃないか?

980 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/26(月) 19:17:01
意味がワカラン。

起.事件は、悪の組織が、こういうことを初めた為に起こっちゃいました。
承.それに対して、Aさん(組織かもしれんが)はこういう対策を打ち出しました。
転.(そうしたら、こんな事態が発生しました)←これを省く。



結.つまり――結論としては、Aさんのやったことに意味はありませんでした。
こういうことか?
うむむ。斬新だな。

981 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/26(月) 20:37:27
応募原稿在中って、
封筒のどの部分に書けばいいんすかね?

982 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/26(月) 20:54:02
俺は普通に右端に書いたけど……

983 :981:2007/02/26(月) 21:46:50
>>982
マジですかぁ
右端にはもう住所書いちゃって
スペースが…左じゃマズイ?

984 :982:2007/02/26(月) 22:06:09
いや縦書きの文字って右から読むから右に書いた方が気づくかなあっていう
めちゃくちゃ安易な考え方だから。


985 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/26(月) 22:23:05
そんなもの書いてねえ! いらねえ

986 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/26(月) 22:38:05
ああ……ジャンプ小説大賞に間に合わなそ。
次はいつあるかな?
前は不作だったから募集が早くなったってことは、来年までバイバイ?

987 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/26(月) 22:50:55
>>990 次スレよろ

988 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/27(火) 02:08:24
>>987
そんなこと書くから誰も書き込まないじゃないか

989 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/27(火) 02:30:35
>>988 ごめん、自分で立ててきます

990 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/27(火) 02:52:43
乙。

991 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/27(火) 03:02:14
http://book4.2ch.net/test/read.cgi/bun/1172511811/l50

次スレ

992 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/27(火) 03:43:00
とりあえず、完スレさせようか。
今日徹夜のやつ……、さぁ、こい。


993 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/27(火) 03:47:17
呼ばれて飛び出て徹夜組参上
埋めましょ

994 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/27(火) 04:03:20
ああ、俺も徹夜さ……

995 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/27(火) 04:34:05
ラスト4ページらめええええええええええええええええええええええ

996 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/27(火) 05:06:16
らめえええええええええええええええええええええ
最初から書き直しなのおおおおおおおおおおおおおお

997 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/27(火) 05:12:26
ついに完成したぜ!

>>996
何が起きた?

998 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/27(火) 05:54:58
>>997
よく見ると、全然機能していない状況とかを発見したので
そこらへんをすべてカットしたら、100枚あったのが50枚になったのです><

999 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/27(火) 06:03:52
999ゲットー

1000 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/27(火) 06:04:36
    /\___/ヽ
   /''''''   '''''':::::::\ _
  . |(●),   、(●)、.:| |:::| 1000なら俺が受賞
  |   ,,ノ(、_, )ヽ、,, .::::| |:::|ー、
.   |   `トェェェイ ' .:::::::|(⊃E)
   \  `ニニ´  .::::: /:: / Eノ
,,.....イ.ヽヽ、ニ__ ーーノ゙ ̄|   |
:   |  '; \_____ ノ.| ヽ |   |
    |  \/゙(__)\,|  i、   |
    >   ヽ. ハ  |   |ヽ_ノ

1001 :1001:Over 1000 Thread
このスレッドは1000を超えました。
もう書けないので、新しいスレッドを立ててくださいです。。。

243 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)