5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

アイデアがまったくなさすぎてワロスwwwww

1 :名無し物書き@推敲中?:2006/10/25(水) 21:15:29
みんなどうやってアイデア出すの?
どうやってストーリー考えるの?

2 :名無し物書き@推敲中?:2006/10/25(水) 21:20:24
今ちんぽ扱いてます^^;

3 :名無し物書き@推敲中?:2006/10/25(水) 22:16:23
実体験でも新聞でもテレビでも色々な物事を見て、
これがもしこうだったらどうだろう?
と、もしも話を脳内で展開する

4 :名無し物書き@推敲中?:2006/10/26(木) 04:02:13
名前や様子をとりあえず書き出してみて、それぞれイメージしやすくなるように書き加えていく。
肉付けしたものが動きだすような設定を考えてみる。できれば自然に馴染むように、もしくはワザと不自然にして話を始めるキッカケにしてみるとか。
とにかく自分の思いつくままに書きつけてみて、自分にも始める為のキッカケを与えてみては?
思考が苦痛に陥ってしまったら投げ出して、又気になってくるまで徹底的に放ったらかすのも気分転換でリフレッシュになるかもー。ガンガレ〜

5 :名無し物書き@推敲中?:2006/10/26(木) 04:49:14
主人公にどんどん魂を入れて人格を細かくしていくと、
予定のストーリーから外れていってしまうんだがどうしよう

6 :名無し物書き@推敲中?:2006/10/26(木) 06:01:31
人格描写はすきなだけつくればいいんじゃない?
実際に書く分の描写をセーブすればいいだけで、例えば>>5さんの家族とか友人とかについて何もかも知っている訳ではないでしょう?
知っている分くらいの人格描写なら丁度良くならないかな‥秘密を感じさせてくれたりすると、読んでいる方はドキドキしてくるよ。

7 :名無し物書き@推敲中?:2006/10/26(木) 12:13:32
とにかく本読みまくってみろ

8 :名無し物書き@推敲中?:2006/10/26(木) 12:59:54
手塚治虫って本当凄いよな。
あいつの頭はどうなってんのか知りたい

9 :リンコン ◆LrIvuLF/co :2006/10/26(木) 18:12:23
手塚治虫は量がすでにしてハンパ無いが。
死ぬ間際でもアイデアだけはまだまだいっぱいあるって言ってたそうな。


10 :名無し物書き@推敲中?:2006/10/26(木) 18:15:15
アイディアがいっぱいは漏れもそうだよ
つーか、アイディアがない奴、おるの?

11 :名無し物書き@推敲中?:2006/10/26(木) 18:19:00
登場人物の家柄とか過去ストーリーを考えていくと
それに沿った新キャラが登場して、更に続編ではその新キャラの妹が登場とか
そんなことばっか考えてしまいます

12 :名無し物書き@推敲中?:2006/10/26(木) 19:06:01
森村誠二(だったかな)、アイデアが湧き過ぎて書いても書いても
追いつかないと昔言ってた記憶があるが。
羨ましい限りだ。

13 :名無し物書き@推敲中?:2006/10/26(木) 19:12:06
僕に至ってはアイデアが浮かんでもすぐ断筆して
また新しいのを描いてすぐ断筆を繰り返しているから手に負えない

14 :うんこ為三 ◆f.yUawJM9c :2006/10/26(木) 21:13:10
アイデアはあるがそれを関連づけたり、発展させたり、難しいな。
しばしばもう俺は何も書けないんじゃないかと、
プロットみたいなのは一日では作れない、2ヶ月かけてもいい。ただその作ってる間に、不安がよぎる。
これを書く意義は?とか、いろいろ。

15 :名無し物書き@推敲中?:2006/10/26(木) 22:12:40
思い付く→書き始める→途中で他を思い付く→そっちが書きたくなる→途中で他ry
やり遂げずに他に手を出す半端もんです

16 :名無し物書き@推敲中?:2006/10/27(金) 12:21:08
赤川次郎がとりあえず最後まで書け、
さもないと未完の大作ばかりになるぞと言ってた。

17 :名無し物書き@推敲中?:2006/10/27(金) 23:20:10
逆に「これパクリなんじゃねーか?」て疑心暗鬼に駆られる事ないか?
俺はいっつもそう

18 :枯れた名無しの水平思考:2006/10/27(金) 23:28:53
>みんなどうやってアイデア出すの?
正直設定やアイデアは幾らでも思い付く。
今も手元に5〜6作品分ぐらい、大まかなコンセプトというレヴェルでなら
まとまっている。(テキストデータにして分けてある)
あとは、それぞれの作品の設定や描写のリアリティや、語彙力を増すために
既成の小説や、研究書のたぐいを読んで勉強するだけ。


あと、歌詞付きの曲、歌を聴いていると
その歌からモチーフのイメージが湧く事が結構ある。
これはマジお薦め。一度やってみなよ。

19 :名無し物書き@推敲中?:2006/10/27(金) 23:35:26
>>17
ちょっとあるw

20 :名無し物書き@推敲中?:2006/10/28(土) 00:10:52
>>17
はい、はい、はいはいはい アーオ
あるある探検隊! あるある探検隊!

21 :名無し物書き@推敲中?:2006/10/28(土) 13:28:12
あるな
後からパクりだの二番煎じだの酷評付きで送り返されそうでヤだな
こないだ始めてトルストイ読んだら
こいつは俺か?と思った
いやマジで

22 :名無し物書き@推敲中?:2006/10/28(土) 13:32:42
>>17
私も思う
参考文献を元に描いてるから
そこからオリジナリティーを出していくか悩む

23 :名無し物書き@推敲中?:2006/10/28(土) 13:38:57
俺は子供の頃から本を読み過ぎたせいか
特に外を歩いている時に頭の中が映画館状態になる
冒険物とか落語とか時代物とか色んな無駄知識があるため
シッチャカメッチャカなストーリーが展開され常に笑いを堪えるに必死だ
そう、世間で言うヤバい人である
ただそれを書いて人にウケるかどうかと言うと自信はない
周りから見てもイタいだろうし

24 :名無し物書き@推敲中?:2006/10/28(土) 13:44:06
つか、イタイというより犯罪人やね、残飯は。

25 :名無し物書き@推敲中?:2006/10/28(土) 13:50:49
残飯って奴なんかしたのか?
凄いマルチしてるみたいだが

26 :名無し物書き@推敲中?:2006/10/28(土) 13:53:37
残飯ってのは文芸板特有の隠語か何か?


27 :名無し物書き@推敲中?:2006/10/28(土) 16:54:40
>>21
  人間が自分自身の掟を認識することは、

    彼の中に住んでいる神が現れることを意味するのだ。

これどういう意味?

28 :名無し物書き@推敲中?:2006/10/28(土) 18:22:56
>>17
俺もそだな
何書いてもどっかで読んだ話のような気がしてくる
まあ完璧にオリジナルなんてものは原理的に存在し得ないんだし
デジャヴみたいなもんで脳内で勝手に連結してるってのもあるんだろけど

29 :名無し物書き@推敲中?:2006/10/28(土) 18:26:38
アイデアが出ないなんて考えられない
むしろ書きたいものは山ほどあるけど実際に書ききれないって感じだ

もっと駄目だな

30 :名無し物書き@推敲中?:2006/10/28(土) 18:29:25
589 名前:残飯 投稿日:2006/10/28(土) 17:56:22
馬鹿にしてっと、お前の後ろに包丁もって、刺し殺すぞ

599 名前:残飯 投稿日:2006/10/28(土) 18:01:27
冗談だ。一度未遂を起こして告訴されそうになったことがあるんだ。

    カッとなって書いた後で不安になったな、前科モン残飯
    気にするな
    たかが掲示板のゲームだ
    誰かが通報したかも知れないが
    その時はその時だ
    ゲームを進めよう
    前科モン残飯
    こんどは執行猶予はつかないだろうなぁ

31 :名無し物書き@推敲中?:2006/10/28(土) 20:41:50
>27
  人間が自分自身の掟を認識することは、

    彼の中に住んでいる神が現れることを意味するのだ。

人は世の中の常識や道徳だけで善悪の判断をしているわけではなく
自分の価値観は自分自身の感情のさらに奥底で判決する
それこそが紛れもない唯一の神である
と思う
が、これも始めて聞いた文の割りに昔から度々そう思っていた
なんか怖ぇ

32 :名無し物書き@推敲中?:2006/10/28(土) 20:56:13
>>31
サンクス。実はずっと気になってたからスッキリした

自分の価値観は自分自身の感情のさらに奥底で判決する
それこそが紛れもない唯一の神である

ただここがよく分からない
なんで感情の奥底で判断するのが神なんだ

33 :名無し物書き@推敲中?:2006/10/28(土) 21:04:13
横槍。

「神」と表現するのは、文学的な表現だろうな。

奥底っつうっても、本当は幼児期に原因はある。
つまり、家庭環境による。
両親がいつも喧嘩してたり、短気で怒りっぽかったりすると、
子供は恐怖を感じ、神経質な人間になる。
奥底の神が育つわけだな。
逆に自由奔放に育てられると、自制心がきかず、神が悪魔になっていたりする。

確かに、性格には遺伝的な要素もあるだろうが、幼児期の躾が大きいだろうな。

34 :名無し物書き@推敲中?:2006/10/28(土) 21:17:32
>31
自分がやることややったことに対して
悪いことをしたと反省したり、これは悪いことだと感じるのは
世間の常識と照らし合わせるわけではない
自分の中にいる神が自分の所業に対して裁決を下す

そういう風に思てるのことよ


35 :名無し物書き@推敲中?:2006/10/28(土) 21:42:31
法や公的倫理に反しない行為であっても、
罪悪感を抱いてしまう行為がある。
「自分自身の掟」とは、法や公的倫理とは別の、
個々人が持つ信念や、孝悌忠信といったもの
その罪悪感を発生せしめる存在が神だと言っているのでは?
実際は心から(もっと即物的には脳から)発生してはいるのだが、それを。

36 :名無し物書き@推敲中?:2006/10/28(土) 22:12:57
無宗教が都合よく記号に頼って言い訳か

就活のために自己分析でもしてろ

37 :名無し物書き@推敲中?:2006/10/28(土) 23:00:58
逆に宗教に傾倒した結果そう言う思想が生まれたらしいが
トルストイに限らずスイス辺りの有名な精神科医も
同じく宗教を研究してそう言ったんだよな
宗教の始祖って案外宗教的じゃないペシミストなのかもな

38 :名無し物書き@推敲中?:2006/10/28(土) 23:08:46
こういうの討論し続けたのを口述的にまとめて出すと良いように思う
ありきたりかもしれないが革新って歴史の繰り返しを踏襲し続けて
始めて生まれると思う

39 :名無し物書き@推敲中?:2006/10/28(土) 23:37:06
そうだね。
借り物の思想や言葉に新たな価値はない。便利だけど…
玉を拾って、落とし主がいるなんて思いもせずにネコババするのが
このところのラノベ、もとい、えせメインカルチャー

40 :名無し物書き@推敲中?:2006/10/29(日) 03:02:01
>>17
同じだよー
今書いてるのと似たような話、絶対どっかで見た気がする……でも思い出せない、
無意識にパクってるんだろうなっていう罪悪感が……。
記憶力も創造力も発想力も何もない。

41 :名無し物書き@推敲中?:2006/10/29(日) 05:48:51
馬鹿だな、おまえら
人間=神ってことだろ。

見たことある、常々考えていたとかっていって、全然勘違いしてるだけじゃねーか。
プププ

42 :名無し物書き@推敲中?:2006/10/29(日) 07:24:03
>>41
じゃあ貴方様は神々を冒涜したことになりますね

許してあげましょう

43 :名無し物書き@推敲中?:2006/10/29(日) 21:51:04
は?
神は人間の中にあるっていうことだよ。
掟という言葉がポイントなんだが、ここにはその意味がわかるやつなんていないということかな。

人の中ではないよ。

ま、おまえらの脳みそでは理解できないだろうな。
プププ

44 :名無し物書き@推敲中?:2006/10/29(日) 22:04:08
↑おまえは悪者だ。正義の味方に食ってかかって真っ先に殺される小悪党の子分。

45 :名無し物書き@推敲中?:2006/10/29(日) 22:07:20
何を常々考えていたんだろうね。
常々考えられる頭脳の持ち主なら理解もできるはずでは?

46 :名無し物書き@推敲中?:2006/10/29(日) 22:09:54
おまえの理解を超えて、今度はおまえが理解できないだけなんじゃね?

47 :名無し物書き@推敲中?:2006/10/29(日) 22:44:06
じゃあ理解できているならよどみなく説明してみせろよ。

48 :名無し物書き@推敲中?:2006/10/29(日) 22:52:53
そのまえに、何が理解できないのか説明してくれ。

49 :名無し物書き@推敲中?:2006/10/29(日) 23:01:15
掟とはどういう意味か理解できてる?

50 :名無し物書き@推敲中?:2006/10/29(日) 23:03:48
うん?
全員かは分からんが、
このスレの大半の人間は理解しているのでは?

51 :名無し物書き@推敲中?:2006/10/29(日) 23:08:14
じゃあどういう意味なのか説明してみてよ。

52 :名無し物書き@推敲中?:2006/10/29(日) 23:08:15
>>41以降の奴等、何を言っているのかさっぱり分からない。
特にプププの基地外

53 :名無し物書き@推敲中?:2006/10/29(日) 23:19:29
>>35では誤りなの?
トルストイは読んだ事が無いのだが。
>>27の事だよな?
違うんなら、>>52同様何を言っているのか分からない。

54 :名無し物書き@推敲中?:2006/10/30(月) 01:34:58
うん。>>35は的外れだよ。
この>>27の文章がわかる人は掟の意味も必然的にわかるだろう。
このスレにはそこまでわかっているやつがいないってことがわかった。
馬鹿ばっかり
プププ

55 :名無し物書き@推敲中?:2006/10/30(月) 05:19:12
27がどうあれ、35が意味付けた神を否定したら
神という言葉が持つ一面を排斥することになるな
トルストイ盲信…

56 :名無し物書き@推敲中?:2006/10/30(月) 07:21:01
思うに日本語の神に限界があるんじゃないか?
日本古来の神は霊だろ
西洋世界の神も東洋宗教の神も霊に近い意味ではある
が、近代に於ける精神的な神となると話が違うように感じる
と言うわけで新しく言葉を作れ

57 :名無し物書き@推敲中?:2006/10/30(月) 07:41:37
格率、が近い意味かな?
でも神ではないなあ。


58 :名無し物書き@推敲中?:2006/10/30(月) 07:44:34
日本での神は川上哲治です
ちなみに王は貞治です
その下に福王、後藤、井上、津末の四天王が控えます

59 :リンコン ◆LrIvuLF/co :2006/10/30(月) 13:59:52
どういう意味なんだろうな。
人間が認識する掟という事は普段意識してない部分で従っているという事かな。
住んでいる神とは信じている神とは違うのではないかと思う。
掟の元をたどると何かの宗教の契約とか戒律の影響下にある事を知るという
事かな。
自分自身の掟とは個人の精神の中にあるものだから社会のルールとは
違うし強制されたものではない、自己の精神がうんだ何者
か(住んでいる神)との間にできたルールという事かな。
まあ文脈とかすっとばしてよんでみると何とでも言えるから仕方ないか。
文学者なんか如何様に解釈されても平気の平左な掟の人々だから
あんまこだわる必要はないんでは無いかい。
俺の中にはもったいないオバケが住んでいたが最近引っ越された。





60 :名無し物書き@推敲中?:2006/10/30(月) 15:55:04
馬鹿ばっか。核心に迫っているやつひとりもいねえやw

61 :名無し物書き@推敲中?:2006/10/30(月) 16:00:00
おう?
馬鹿じゃないおまえが、核心に迫ってみろや。
口幅ったいこと抜かしてっと、ころガすよ?

62 :名無し物書き@推敲中?:2006/10/30(月) 17:44:58
俺は小説、映画、漫画から盗んでる。
結末を少し変えたり、登場人物の年齢や性別を変えればバレないよ。

63 :名無し物書き@推敲中?:2006/10/30(月) 18:08:15
ええよ。同人誌はそれで。

64 :名無し物書き@推敲中?:2006/10/30(月) 18:29:55
常々考えてるおまえたちは常に核心に迫ってるんだろwww

65 :名無し物書き@推敲中?:2006/10/30(月) 18:42:06
は?
おまえたち?
おまえたちって、かまいたち?

66 :名無し物書き@推敲中?:2006/10/30(月) 20:59:06
たとえば敬虔なクリスチャンなら、神が人の中に住むなんて絶対に考えない
神は唯一の存在で偉大なる父だから。

もし「神が中に住む」を認めた場合、
神が唯一である以上それは外にある神を一切認めないということ。
中に住まないはずの神が、外にもいない、唯一はどこにあるか
唯一は自分だ

67 :名無し物書き@推敲中?:2006/10/30(月) 22:51:43
本からの抜粋では意味は如何様にも作り出せるな。
済まんが、俺はまだトルストイを読んでいないから、
その二行からの推測しか出来ない。
読んだ人間が、読んでない人間を愚かと言うのもどうかと思うが?
何という作品に出てる?

68 :名無し物書き@推敲中?:2006/10/31(火) 06:31:15
まあトルストイだろうがキリストだろうがヨハネだろうが
他人を卑下する神なんて大したもんじゃないから
気にするな

69 :名無し物書き@推敲中?:2006/10/31(火) 07:03:26
作品を書いて発表するという事は、
少なくとも「先生」教える立場、
それになろうとする事であって。
おまいらから一体何が学べるの?

70 :名無し物書き@推敲中?:2006/10/31(火) 13:17:30
おまえ次第だ。
おれから盗め。

71 :名無し物書き@推敲中?:2006/10/31(火) 13:49:28
すまん、キモイ

72 :名無し物書き@推敲中?:2006/10/31(火) 15:02:26
なんだ。またその返しかよ。
単細胞だな。
もう見飽きたし、流行遅れで古いよ、おじさん。

73 :名無し物書き@推敲中?:2006/10/31(火) 15:36:28
>>68
また馬鹿発見。わかってないなら素直にわからないといいなさい。
その3行からおまえが馬鹿で間抜けだってことがよくわかる。

74 :名無し物書き@推敲中?:2006/10/31(火) 16:00:09
>73
馬鹿と言う奴が馬鹿って習わなかったのか?
あれはな言葉の成り立ち自体がそのままの意味なんだぞ
わからないなら学校の図書室行って史記って本を読め

75 :名無し物書き@推敲中?:2006/10/31(火) 17:57:21
じゃあアホ発見

76 :名無し物書き@推敲中?:2006/10/31(火) 18:24:49
アホはめずらしくない。
つちのこを発見しれ。

77 :名無し物書き@推敲中?:2006/10/31(火) 18:42:50
めずらしくないかもしれないけど、ここはアホの巣窟だ

78 :名無し物書き@推敲中?:2006/10/31(火) 21:38:32
才能のない人間が、ただ苛立ちをぶつけているだけだからな。

79 :名無し物書き@推敲中?:2006/10/31(火) 21:46:27
ゴメソ。
才能のある人間(おれみたいなの)が、クズを玩具に遊んでいるっていうのもあるから。

80 :67:2006/10/31(火) 22:32:20
何でここまで言われなければならないのだろう?

トルストイの神の話を元に、それを読んでいない人間を卑下している奴は、
コーラン他の聖典の類を代表的な物全て読んだ?
読んでいなければ、あれらの思想は理解しようがないだろ?

読んでない以上、読んだお前より解釈が劣るのはやむを得ない。
先の二行だけでは、俺は分からない。
もし、読んでいない俺が読んだお前と対等の解釈が出来ていたら、
その場合はお前が俺よりも知能が劣るという事になるだろう。

81 :名無し物書き@推敲中?:2006/11/01(水) 02:27:15
チビのハイのことだね

82 :名無し物書き@推敲中?:2006/11/01(水) 02:35:22
常に考えていたとかいってなかったっけ?ww

83 :名無し物書き@推敲中?:2006/11/02(木) 01:28:01
>>82
どいつのこと?
お前さあ、
自分に反する者が居たからって、
それが全て同一人物だと思い込むな。

84 :名無し物書き@推敲中?:2006/11/02(木) 18:56:18
まあ何はともあれアイディアが出なくて作品が作れない、
そう言う連中の集まりなんだからあまりとんがるな。益々出なくなるぞ。

85 :名無し物書き@推敲中?:2006/11/11(土) 16:35:33
折角アイデア出ても、肉付けのために資料調べていくうちに
元の構想とどんどん矛盾が出てきて書けなくなる事がある
友人に相談したら「小説なんだから嘘八百書いてもいいじゃん」て言われたが
そんな思い切りよくないし

86 :名無し物書き@推敲中?:2006/11/11(土) 20:17:56
嘘はいいけど矛盾はちょっとな…
というか、矛盾が生じるほど無知な題材を使ったことがない
新書なんかを読んで「へー」って思ってから書くことはあるけども

87 :名無し物書き@推敲中?:2006/11/11(土) 20:49:46
>>85
矛盾の生じ方による。
話が途中で食い違ってしまうのはまずいが、
現実世界との齟齬は、
そういう設定だということに上手く処理すれば構わない。
その友人の言うのはそういう事でない?

88 :名無し物書き@推敲中?:2006/11/12(日) 14:38:53
>>85
そんな弱気で!現在の誌面で作品を書けると思うのかね君は!!w

89 :名無し物書き@推敲中?:2006/11/12(日) 17:19:31
おい、おまいら。

煮詰まったから ソープ行ってくるわ!



90 :名無し物書き@推敲中?:2006/11/12(日) 18:06:51
誤用じゃね?

91 :名無し物書き@推敲中?:2006/11/12(日) 20:23:25
きっと、
書くべき事が煮詰まり、これで書けるという段階に来てから、
一度脳内をリフレッシュしてから書き出すということだろう。

92 :名無し物書き@推敲中?:2006/11/13(月) 03:56:21
矛盾が生じて自分の中で言い訳的な解釈して話を無理にこじつけたらダメなんだよね
どんどん悪くなる
そういう時は矛盾した点に戻って話を切るのが良い
そこからまたやり直し
先の矛盾した部分は別にとっておいて全く違う話にする

93 :名無し物書き@推敲中?:2006/11/13(月) 12:27:07
アイデアが湧くまでひたすら待ち続ければいいだけのことだ。

とはいえ、どうしても書かなくてはならない時は過去に使ったアイデアを再利用すればいい。
少しアレンジするだけでどうとでもなる。

94 :名無し物書き@推敲中?:2006/11/13(月) 19:52:40
ファンタジーの設定は大抵矛盾がある。

95 :名無し物書き@推敲中?:2006/11/13(月) 20:22:01
口の利けない登場人物を置こうとしたことがあったが
現実には、口利けないくらいの重度の失語症では認知の段階ですでに
強い障害を抱えてるとかで、考えてたストーリーになりそうにないので
諦めた事があった。まあそんなの無視して書いてる作品山ほどあるけど

96 :名無し物書き@推敲中?:2006/11/13(月) 20:48:44
>>3
ナカーマ

97 :名無し物書き@推敲中?:2006/11/19(日) 13:49:09
afgw

98 :名無し物書き@推敲中?:2006/11/21(火) 02:15:23
○○について書こう までは出るのだがオチが浮かばないので
プロットもたてれません><

99 :名無し物書き@推敲中?:2006/11/21(火) 03:09:44
俺の場合は、このシーン(背景や風の流れとか含めて)を描きたい、って思ってそこから書くなあ。駄目な書き方なのかな。

100 :閻翁鸚哥丸鬱男:2006/11/21(火) 21:04:05
    /\___/ヽ   
   /''''''   '''''':::::::\
  . |(百),   、(百)、.:| 100ゲト
  |   ,,ノ(、_, )ヽ、,, .::::| 
.   |   `-=ニ=- ' .:::::::|  
   \  `ニニ´  .:::::/
   /`ー‐--‐‐―´\


101 :名無し物書き@推敲中?:2006/11/21(火) 21:47:34
>>99
それはありだと思う。
ただそれを小説全体の構図の中にはめ込んでみたら
違和感があったり、自分が最初に思ったようなイメージに
ならなかったりするな。

102 :99:2006/11/22(水) 21:51:50
なるなるw

103 :名無し物書き@推敲中?:2006/11/27(月) 03:35:26
羊たちの沈黙のような小説が書きたい
やはり実話をモチーフにすべきか
都井睦夫とか宮崎なんだったか・・・駿?

104 :名無し物書き@推敲中?:2006/11/27(月) 21:45:05
宅間守はどうだい?

105 :名無し物書き@推敲中?:2006/11/28(火) 04:11:17
なんか知性が感じられないから話にならんよな
宅間のドキュメンタリー見たら父親が自己弁護に走ってて吐き気がした
自分の息子を異常者と罵倒して自分がいかに正常であるかをアピール
宅間はなぜあの事件を起こしたかというと第一が死刑になるため
で執行も異常に早かった
あれでは本質的な解決にはならないだろう


106 :名無し物書き@推敲中?:2006/11/28(火) 06:12:07
>>105
本質的な解決にならないから
日本中で第二の宅間が生まれるってのはどうだい?

107 :名無し物書き@推敲中?:2006/11/28(火) 07:15:32
それ良いかもな

108 :名無し物書き@推敲中?:2006/11/28(火) 07:16:29
宅間が死んでるからクラリスが聞きにいけないじゃないか!

109 :虚寺:2006/11/28(火) 15:17:24
あ!あ!あいうえお!
僕の小説みてください!

110 :虚寺:2006/11/28(火) 15:24:16
haaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaa
ちんぽおおおおおおおおおおおおおおおお
ちんぽパンチしたジャンプした死んだげーーーーーーーーーーむ!おおおおおおおお
ばああああああああああああああああ!
コンテニューたったったっ武器やにはいったロングソード購入8000円なり安い!
これなんぼですか?たたくぞ!おれは店主や!うりもんやない!1兆だしたらうったる!
1兆円おかいあげー店主をビンにいれた魔王をたおしにいくぞやるぞーがんばるぞー
きんとれきんとれはしりはしりレベルアップ1万年経過レベル1億なんやこれ!
魔王しんでもうとるやないけ!おれが魔王、ぶっ殺してやる!はいぱーーーそおおおおおど!
宇宙まっぷたつ!ちんげえええええええ!ちんげえええええええええええええええ!

111 :虚寺:2006/11/28(火) 15:30:37
なんたる!

112 :名無し物書き@推敲中?:2006/11/28(火) 15:32:26
ちんちんちんちんぐげいな〜♪
ち〜ん、ち〜ん、ち〜んぐげいな〜♪


と閃いたまま歌ってみたり。

113 :名無し物書き@推敲中?:2006/11/28(火) 17:53:50
>>110
くだらん文章じゃなくアイデアを提出しなさいよ

114 :名無し物書き@推敲中?:2006/11/28(火) 18:48:25
ゲームしるより、文章書くほうが楽しいやついる?

115 :名無し物書き@推敲中?:2006/11/28(火) 19:07:49
ゲームのルール考えるのなんか楽しいんじゃないですか?
ボードゲームの経験があれば。


116 :名無し物書き@推敲中?:2006/11/28(火) 20:50:50
>>114
プレステは人にあげたし、パソコンのソリティアなんかは消したし、
漫画はほぼ売り払って残りはベッドの下だし、プロバイダは解約した。
ただこれはゲーム等の方が面白いという心境の裏返しなのかもね
だからこうして携帯でピコピコと…

117 :名無し物書き@推敲中?:2006/11/28(火) 23:29:14
>>116
電車なんかで携帯でゲームしている奴等、
昔は、いい歳してそんなに四六時中ゲームしたいのか? と
内心馬鹿にしてたのだが……

最近ファミコンの名作ゲームが移植されたりしてて、
俺もやっています。

118 :名無し物書き@推敲中?:2006/11/29(水) 02:51:43
>>114
文章もそうだけど話の展開をああだこうだ練るのが楽しい。
でもプロット練るのが楽しいのは応募しない前提があるからなんだよな。

119 :名無し物書き@推敲中?:2006/11/29(水) 03:53:53
応募する気がないのにプロット構築できるなんて、君マゾ過ぎ

120 :名無し物書き@推敲中?:2006/11/29(水) 06:54:48
応募する為のプロット云々は苦痛を伴うってことじゃないか?

121 :名無し物書き@推敲中?:2006/11/29(水) 12:02:48
>>119
えっ!!
プロット練る構築する方が楽しくないの?

おいら書けないから、プロット練るのは楽しい。
出来たプロットを文章に出来ない○│ ̄│_

122 :名無し物書き@推敲中?:2006/11/29(水) 20:36:53
>>121
変則的だけど、
プロットを一旦シナリオ形式で書いて、
それを基に小説を起こすというのは?

シナリオと小説で求められるものが違うので、
注意しないといけないけど、そういうやり方もないでもないらしい。


123 :名無し物書き@推敲中?:2006/11/30(木) 00:42:57
>>116
全然ダメじゃねえかよ。
はあ……おれもボンバーマンオンラインなんかに手を出しちゃったし、
もしかしたら小説より奥の深いゲームかもしれn

124 :名無し物書き@推敲中?:2006/11/30(木) 00:47:12
>>121
おれもそうなんだけどさ、
やっぱし本読む量が足りないからスッと文章出てこないのかな?
今は取りあえず、イマイチと思う文でも書いてしまってから、
推古で少しずつ文章を良くしていってる。

125 :名無し物書き@推敲中?:2006/11/30(木) 01:02:15
>>122
10年前なら書けたんだけどねー(上手い下手は棚に上げて)
就職してビジネス文書(操作マニュアルとか打ち合わせ資料とか)ばっかり書いてて、
会社も辞めたし、ちょっくら小説でも書いてみようかとか思ったのに、
情景とか、心理の表現が一切書けなくなってる自分に愕然してる。

>>124
逆にこの10年で本読みすぎた(自分の限界めいっぱいで早く読む癖が付いてた)。
だもんで、駄目だなぁ。もうね、一文書くだけで背筋から毛が生えて、頭から毛が
抜けるような感じ。こんな文読みたくねーて感じ(w。

じっくりプロの作家さんの文章を一文一文読む練習からやり直しかも?
という状況。

126 :名無し物書き@推敲中?:2006/11/30(木) 05:11:07
>>124
1000冊読書したとしても駄目らしい。
それよりも駄文でいいから書く訓練を重ねて他人に読んでもらったほうが良いらしい。

127 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/01(金) 03:53:07
周りに読書慣れしてんのいない

128 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/01(金) 21:48:41
はっはっは。君達はなんでそんなに本を読むんだい?

本が好きだから読んでるのかね?
小説家になりたくて、そのためにはたくさん読まなきゃいけないって聞いたから読んでるのかね?

後者であるなら今すぐ帰りなさい。手遅れになる前に
手遅れかどうかは解らないけど、俺もこれから帰るよ。

129 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/01(金) 22:09:28
↑なんかきもい

130 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/03(水) 01:50:15
>>128への返答

×↑なんかきもい

○ノシ

平和が一番

131 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/27(火) 13:01:56
>>130
そだね。

132 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/27(火) 13:14:52
俺に言わせるとアイディアが出ないという人はウケを狙いすぎなんだよ。

133 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/27(火) 16:19:03
俺なんてアイデアがありすぎて困っちゃうね!



文章にするのが面倒だけど

134 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/27(火) 18:43:13
>>133
わずかに同意できるな。
俺はくだらない新聞とか新書とかを読んでるだけで「これ小説にしたら面白くね?」と思いプロット考えてしまうような妄想癖の持ち主だからな…
もちろん文章化するスキルなんてないが

135 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/27(火) 18:49:19
>>133は「実はアイディアなんかありません」ていうジョークなんじゃなくて?

136 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/27(火) 19:05:05
>>135
どういう風に読めばジョークと解釈できるのかいまひとつわからんけど…


妄想力舐めんなwwwww

137 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/27(火) 19:08:41
おいらもジョークだと思ってた……

138 :135:2007/02/27(火) 19:28:54
なんだ。ジョークじゃなかったのか……(´・ω・`)
つまんね。

139 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/27(火) 19:39:03
アイディアと妄想って微妙に違うような。いや同じか。

140 :ゆどうふ:2007/02/27(火) 19:46:59
以前は毎日SSが量産されていたんだけど、今はワードや三語スレをみてもまったく話が浮かばない
本も読めない
創作に興味なくなってしまったのかも

141 :ゆどうふ:2007/02/27(火) 20:05:50
>1
三語や祭りみたいにお題がある場合は、まずその単語をうってみる
一文目にお題をもってくるんだ
で、そこからあとはすらすらーっと流れに任せていっていた

31 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)