5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

こっちみんな

1 :◆aAJBydpBWU :2007/02/12(月) 11:59:38
くそすれ

2 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/12(月) 12:03:48
何かコテ祭とか企画してるみたいだけど、あれどう思う?
俺はすっげーくだらねーと思う。

3 :◆aAJBydpBWU :2007/02/12(月) 12:22:29
くだらねーならみんな
俺は正直コテに限る必然性がよくわからない

4 :◆XZQKBTjMrk :2007/02/12(月) 12:25:48
そうだな。くだらんな。

5 :◆aAJBydpBWU :2007/02/12(月) 12:28:46
びっくりしたぁ……
そんな返しが来るとはな……

6 :◆XZQKBTjMrk :2007/02/12(月) 12:32:08
こっちみんな

7 :◆aAJBydpBWU :2007/02/12(月) 12:33:12
ジロジロ

8 :◆XZQKBTjMrk :2007/02/12(月) 12:35:56
ヤメテ><

9 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/12(月) 12:36:27
くそすれ

10 :◆aAJBydpBWU :2007/02/12(月) 12:36:37
……
ごめんなさい……

11 :◆XZQKBTjMrk :2007/02/12(月) 12:40:37
あなたを助けてあげられなくてごめんね

12 :◆aAJBydpBWU :2007/02/12(月) 12:41:52
別に望んでないからいいさ

13 :◆XZQKBTjMrk :2007/02/12(月) 12:47:39
きゃーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

14 :◆aAJBydpBWU :2007/02/12(月) 12:51:29
関西に新世界という名の土地がある
よくそんな名前付けたもんだといつも思う

15 :◆aAJBydpBWU :2007/02/12(月) 12:54:28
ああ いらいらする

16 :◆aAJBydpBWU :2007/02/12(月) 14:59:26
この板を覗いていて思うこと
作家志望者は極端で、人間の高みを目指し高尚なものを描こうとする人と、人間の暗部ばかり描こうとする人に
分かれている
俺は暗部の方だが、高尚な人を見ると自分の矮小さを思い知らされる
とてもつかれるんだ

17 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/12(月) 15:28:25
 ごめんね、コテなんだけど、面白そうだからちょっと名無しで書かせてね。
高尚の極みと暗部の果てって、違うものかな? 私は、自分が貴方の分類のどっちに入るのかとても興味がある。
 真っ暗な田舎、星のない夜で遠くに見える小さな蝋燭と、ナイター球場の明かりの下で見る電気スタンド。
……明るいのはどっちだと思う?

18 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/12(月) 17:29:28
>人間の高みを目指し高尚なものを描こうとする人
そんなコテいるのか?w

19 :◆aAJBydpBWU :2007/02/12(月) 18:59:58
その例えでいくと蝋燭の方が明るいと思う

20 :◆aAJBydpBWU :2007/02/12(月) 19:00:38
>18
>17のような人のこと

21 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/12(月) 21:50:29
たまに出てくるよね。
自分が何を求めているかがわからなくなってる人って。
そしてそれを模して遊ぶ煽り人も。

22 :◆aAJBydpBWU :2007/02/12(月) 22:48:40
ん?

23 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/12(月) 22:59:20
いるいる。分からないのに分からせようともせずに分かったような口をきくひと。
赤ちゃん?

24 :◆aAJBydpBWU :2007/02/12(月) 23:01:00
んん?
すまんまじわからん

25 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/12(月) 23:06:21
だから赤ちゃんが親にするような態度を
大人が大人にして、なのに知らん顔してスルーするようなレスのことだよ

26 :◆aAJBydpBWU :2007/02/12(月) 23:09:07
そうなん?
てっきり煽られてると思って喜んだ俺はぬか喜び?

27 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/13(火) 00:03:27
っていうか>>17が言いたいことは独立した文としてみればわかるんだけど
>>16に絡めて考えるとわけわからん。と言いたかっただけディス。

>>16に戻ると「人間の高みを目指し高尚なものを描こうとする人」は純文学一本で
しかも人生経験も創作経験も浅い人の考えディス。
「人間の暗部ばかり描こうとする人」も同様ディス。
それはいずれも作品のウリというごく一面の話であって、全体になると、
とても筆が進まないハズ。

28 :◆aAJBydpBWU :2007/02/13(火) 00:09:30
創作やってると多かれ少なかれ言われるのが、「オナニー小説」ってこと
ところでこのオナニーの意味するところだが、軽く調べてみたら「自慰小説」ってでてきた
たしか小説をオナニー呼ばわりした元祖ってのはいるハズなんだけど、彼は何を思って
オナニーの言葉を使ったのだろうか それが疑問だ

29 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/13(火) 00:12:45
>>28
語呂の問題でしょう。
マスターベーション小説じゃ長すぎる

30 :◆aAJBydpBWU :2007/02/13(火) 00:13:33
オナニーを自慰と捉えると、単純に自分を慰める、の意味でとれるような気もするし
マスターベーションのことを指し、その行為につきまとう非生産性、空しさも指摘したいのだろうか、とも
思われたり
誰か詳しい人いないかな

31 :◆aAJBydpBWU :2007/02/13(火) 00:16:07
>>29
ははぁ なるほど
そういわれりゃそんな気もするな

32 :◆aAJBydpBWU :2007/02/13(火) 00:17:47
>>27
そうかいな
どっちもダメかいな?
極端すぎるぐらいがちょうどいいと思ってる俺はダメかいな?

33 :◆aAJBydpBWU :2007/02/13(火) 02:03:40
そういや上の方で不条理について話してる奴がいるな
すごく興味深かったんだが、絡むタイミングを失した
異邦人にせよ、変身にせよ何が不条理なんだろう
太陽が熱くて人を殺した? よくあることじゃねぇか
ある朝起きると虫になってた? ただの設定だよ そこから不条理なんて言葉が出てくるのは
何とも納得しかねるな

34 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/13(火) 02:24:21
(゚д゚)

35 :◆aAJBydpBWU :2007/02/13(火) 08:44:11
こっちみんな

36 :◆aAJBydpBWU :2007/02/13(火) 19:18:16
ひまだ

37 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/13(火) 19:39:45
あんただれ?

38 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/13(火) 19:41:11







ガチョーン







あんただれ?

39 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/13(火) 19:42:54
名無し物書き@推敲中?

40 :◆aAJBydpBWU :2007/02/13(火) 20:06:36
誰と聞かれても???

41 :◆aAJBydpBWU :2007/02/13(火) 20:16:49
なんかたくさん祭りやってるな
優勝してもなんの得にもならないわけだがそんな醒めた目線ではなくして、
自己研鑚しようとしているのだろう
見上げた根性だ
見習おうかとも思うが、あいにく20枚ぐらいで書いたことがない
結構難しい気がするが、みんな平気でやっている
スゴイヤ

42 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/13(火) 22:08:40
祭り作品はね、精神的時間的余裕があるときだけ参加すればいいんだよ。
一度だけ企画段階から参加したことがあるけれど、あれやこれや雑談しながら
作品を書いて、仕上がったら投稿して、他の人の作品読んで、感想書いて、
点数とか入れて、とかやっていったら、かなり莫大な時間を使うんだ。
今自分が取り掛かっている作品がある人は、それに集中したほうがいいと思うよ。
半端な気持ちで参加しても幹事の迷惑になるかもしれないし。

43 :◆aAJBydpBWU :2007/02/13(火) 22:26:13
なるほどなるほど
経験者の言は重いですな
達成感はあったかい?

44 :◆aAJBydpBWU :2007/02/14(水) 00:24:29
ぬるぽー

45 :◆aAJBydpBWU :2007/02/14(水) 01:01:28
ハニロウがどこぞの最終に残ったってデマが流れたな
本人は否定していたが、一体こんな噂ってどこから生まれてくるもんだろう
おもしれぇー

46 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/14(水) 01:02:39
君がっ!泣くまで!殴るのを!やめないっ!

47 :◆aAJBydpBWU :2007/02/14(水) 01:06:16
君がっ!拳に握るのはっ!ペンだっ!
君がっ!打つのはっ!キーボードだっ!

48 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/14(水) 01:09:23
キーボードが物故割れた(´・ω・`)

49 :◆XZQKBTjMrk :2007/02/14(水) 01:15:57
キーボード打つのメンドイ。喋ったら文字変換されるようなソフトってない?
あったら便利だ。

50 :◆XZQKBTjMrk :2007/02/14(水) 01:19:12
べちゃくちゃべちゃくちゃ

51 :◆XZQKBTjMrk :2007/02/14(水) 01:21:36
うるせーよ

52 :◆aAJBydpBWU :2007/02/14(水) 01:22:03
物故ってなんだ?

しゃべりを文字に変換してくれるソフトはあるよ
調べてみるといい
だが、標準語じゃないとちゃんと字に起こしてくれないそうだ
まだまだこれからの領域なんだろう

53 :◆XZQKBTjMrk :2007/02/14(水) 01:22:23
静かにしなさい

54 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/14(水) 01:25:04
いやっ!おもちろいお話して

55 :◆XZQKBTjMrk :2007/02/14(水) 01:26:09
あるのか。買おうかな。
けど、うまく変換されなさそうだ。



56 :◆XZQKBTjMrk :2007/02/14(水) 01:27:03
きゃーーーーーーーーーーーーーーーー

57 :◆XZQKBTjMrk :2007/02/14(水) 01:28:24
のっとった!
このスレをのっとった!
やったーーーーーーーーーー

58 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/14(水) 01:30:36
のっとるの流行ってるんですか?

59 :◆aAJBydpBWU :2007/02/14(水) 01:32:37
少なくとも俺は乗っ取りやったことあるなぁ
このスレをやるつもりはないがな

60 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/14(水) 01:34:07
あんたのスレでしょーに

61 :◆XZQKBTjMrk :2007/02/14(水) 01:34:24
赤と黒の中の人は同じ。
自演って楽だな〜

62 :◆aAJBydpBWU :2007/02/14(水) 01:37:01
そうそう俺のスレ

黒、それはおもしろい試みだ
是非続けてくれ

63 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/14(水) 01:37:40
いやん!もっとおもちろいお話して

64 :◆aAJBydpBWU :2007/02/14(水) 01:41:31
そういうのが思いつけばネタスレにでも行ってるよ
オマイさんのおもしろいの方向性を示してくれよ

65 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/14(水) 01:43:05
   ___
  /    \
  |____|
  ∩∧∧∩
  ヽ(,,゚Д゚)/ こんなの
   /  /
 〜〈  (
   し`J
  | ̄ ̄ ̄ ̄|
  .\______/

66 :◆aAJBydpBWU :2007/02/14(水) 01:44:25
www
かわいいんだけど

67 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/14(水) 01:47:03
なんでもいいよ
眠くなるまで暇なだけだから

68 :◆aAJBydpBWU :2007/02/14(水) 01:49:17
おk

69 :◆aAJBydpBWU :2007/02/14(水) 01:50:16

             ┏┓
             ┃┗━━┓                  ┏━┓        ┏━━━━┓
             ┃┏━━┛                        ┗┓┗┓┏━━┛┏━━━┛
   ┏━━━━┛┗━━━━┓                ┗━┛┃┏━━┛┏━━┓
   ┃┏━━━━━━━━━┛                      ┃┃┏━━┛┏━┛
   ┃┃    ┏┓                          ┏━┓  ┃┃┃┏━━┛
   ┃┃┏━┛┗━━━━┓                ┗┓┗┓┃┃┃┃┏┓  ┏┓
   ┃┃┗━┓┏━━━━┛  ┏━━━━━━━━┓  ┗━┛┃┃┃┃┃┃┏┛┃
   ┃┃    ┃┗━━━━━┓┗━━━━━━━━┛    ┏┓┃┃┃┃┃┃┃┏┛
   ┃┃    ┗━━━━━━┛                  ┃┃┃┃┃┃┃┗╋┛
 ┏┛┃    ┏┓┏┓                        ┏┛┃┃┃┃┃┗┓┃
 ┃┏┛  ┏┛┃┃┃    ┏┓                    ┏┛┏┛┃┃┃┃  ┃┗┓
 ┃┃┏━┛┏┛┃┗━━┛┃                    ┃┏┛┏┛┃┃┃  ┗┓┗┓
 ┗┛┗━━┛  ┗━━━━┛                    ┗┛  ┗━┛┗┛    ┗━┛

70 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/14(水) 01:53:20
あ、ごめん・・・>>65は無視して
文字が読みたいの。ウッフン

71 :◆aAJBydpBWU :2007/02/14(水) 02:06:28
文字か?
そりゃ書くのはいくらでも書けるけど
昔書いたレビューからな
上で不条理の話でてたから

72 :◆aAJBydpBWU :2007/02/14(水) 02:07:11
『異邦人』
10月31日、読了。
たしか中学生の頃、小遣い代わりにもらった図書券を現金化するために、なるべく安い文庫本を
買っておつりを得ていた。
その時にも買った一冊。その時のはもはやどこかへ行ってしまった。

73 :◆aAJBydpBWU :2007/02/14(水) 02:07:49
さて、この手の純文学作品と呼ばれるものには、先行研究者がわけがわからなくなるまで
えげつなく細かく“研究”らしきものをしており、はじめにそれを読むと自分の読みさえも
それらに引きずられてしまう可能性があるので、取りあえず自分の感じたままを書いてみる。

74 :◆aAJBydpBWU :2007/02/14(水) 02:08:40
一読、特に第一部、村上春樹に似ていると思った。
105頁に主人公をさして「不感無覚」と検察は表現する。
村上春樹の描く人物造形によく似ている。
大きく感動するわけでもなく、何かに感じ入るというわけでもなく、
物語にも事件があるわけでもなく、ただ淡々と日々を過ごす登場人物。
心が動くとすれば、それは対人ではなくして対物、例えば風景。夜明け、日の入り、青く晴れた空。
対象が人であったとしてもそれは、性欲の解消といった観念的でない物欲から来る、
刹那的な情念の動き(それは食欲であったり、タバコが吸いたいであったり、
眠りたいであったりするわけだが)に限られてくる。

75 :◆aAJBydpBWU :2007/02/14(水) 02:09:33
そうした人間は一見あらゆるものから自由であろう。時間が連続していないので、
その場その場で例え不満を覚えても、その不満を長く胸に抱くことはない。
そして、ただ身体の欲求に従って、欲するものを手に入れようと活動することは
人間としてはまったく自然なことだからだ。
だが、そのような人物造形を見るとき私はそうした作中人物が、生きているようで生きていない、
人生を楽しんでいない、そんな風に見えて仕方がないのである。
なぜ高みを目指さない? なぜよりよい何かを望まない? 自己とは外に向かって広がる
何かではないのか?
それはあまりにも私事で、小説を読んで感じるようなことではないのかもしれない。
ただ、こうした人物像を前にして、決定的に相容れぬ何かを感じました、とさ。

76 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/14(水) 02:12:21
高みとはなんぞや?

77 :◆aAJBydpBWU :2007/02/14(水) 02:25:29
人間の性善にスポットを当てているような作品のことだ
あるいは読後に読者に希望をもたせようとする姿勢のことだ

78 :◆aAJBydpBWU :2007/02/14(水) 02:26:00
さて、村上春樹と大きく異なるなと感じたのは言うまでもなく、第二部以降。
作中人物は、死刑を受け入れようと、理屈をこね自分をなだめすかし、最後には司祭相手に
啖呵まで切ってみせる。
一見、「不感無覚」であったのに、一転してその体の中にある思想を、爆発させるのである。
こんなことは村上春樹にはなかったので、私はちょっとうれしかった。きっとそれは、
人の内側にあるくぐもった情念の存在を信じ、期待しているからだろう。
もっとも現実問題として、ムルソー的人間おそらく人を殺さないだろうが。

79 :◆aAJBydpBWU :2007/02/14(水) 02:26:57
それはそうと、この物語、時流が狂ってる。
どの段階で、この物語をムルソーが書いたのかよくわからない。
冒頭「今日」で始まるものの、その後は回想形式になっていたりする、とそういうことだ。
解説者は、解説者でムルソーがこの本の執筆者なのかという問題を提示している。
で、この本が法廷で眼のあった新聞記者の書いたものとする見解を示すわけだが。
所詮これが文学の限界だ。

80 :◆aAJBydpBWU :2007/02/14(水) 02:27:45
ムルソーが法廷でもっぱら聞き役に回っていたのは読めば明らかであり、検事の述べた内容を
新聞記者はなぜ回想形式にして述べなければならないのか、その説明は不十分にもあまりある。
だいたい、司祭とのやりとりはどう説明を付けるつもりだ。
そんなことよりもむしろ書かれたのがどの段階であるのかの説明がつかないことの方が問題だろうが。
解説者がなぜにこの作品の作中執筆者を捜したがったのかはわからないが、私が時制について
疑問を感じたことも合わせれば、どうもカミュの文章は細部にわたるまで
完璧というわけではないのではないか、という結論が見えてくる。

81 :◆aAJBydpBWU :2007/02/14(水) 02:28:31
テキストを権威あるものとして、至上のものと考え、現代の目から見て不備がある場合でも、
無理を押してでもそれらしい解釈をしてみようと四苦八苦する。
ばかばかしいことだ。それは文学ではない。
私の見たい文学ではない。
そして、あまりにもどうでもよさ過ぎる問題に一生をかけて悦に入る愚物が多すぎ…と言い過ぎた。
最終的な感想としては、初期の作品だけあって全体に完成度は低いような気がする。
あと、この作者がテーマにしていることに私はたいして興味がないということも何となくだが
感じました。

82 :◆aAJBydpBWU :2007/02/14(水) 02:48:47
いや、違うな。テーマはまったく私とかぶるんだ。
ピンと来ないのは、社会通念の権化を司祭が負わされていることだ。
宗教的な土壌が違いすぎて共感できなかった、ということなのだろう。
村上春樹作品には、生きていない人間の現実があるのか?
ま、それは村上春樹作品を読んで考えればいいことだ。
結局、カミュの描き出す人物には芯に秘めた信念があった。
他者の介在を許さぬ自分の絶対領域があった。
そうしてそこで、何が問題になるか、ということなのだが?
背表紙に「通常の論理的な一貫性が失われている」と評があるが、いかがなものだろう?

83 :◆aAJBydpBWU :2007/02/14(水) 02:49:45
またこの作品は評されるに、「不条理」とあるが。
どうにも私にはムルソーのなかには一貫性はあって、それは常に保たれているように思われる。
司祭に向かって吼えたことも、その圧倒的な自己の一貫性を主張するに他ならない。
ムルソーは彼の知覚したもの、その時々に感じたもののなかで生き、
それら感情を連続性を持ったものとしては捉えなかった。
だからこそ、死刑さえあれほどたやすく受け入れることができたのではなったか?
ムルソーには自覚した上での、連続性のない「不感無覚」者であり、そのために周囲に理解されない、
「異邦人」であったのではないだろうか。

84 :◆aAJBydpBWU :2007/02/14(水) 02:50:34
不条理については、太陽のせいで人を殺したというのも、別段不条理とも思えない。
彼は暑さのなか、生理的欲求からか、泉を求め、その障害となる“何か”を排除したに過ぎない。
また、本文の中には弁護士が殺人の際のムルソーを「一瞬の錯乱」(109頁)状態にあったと
弁護している描写があるが、殺しをしたときにムルソーは暑さで訳がわからなくなっていた、
というのも別に理解の範囲内だ。しかし、それは「不条理」と表現するような事柄ではない。
むしろ理解できないのは、人を殺しておいて本当にムルソーは何も感じなかったのか、
ということの方である。

85 :◆aAJBydpBWU :2007/02/14(水) 02:51:06
138頁にあるように作者が「存在することと、感じることの真理」を追究し、具現化した人物として
ムルソーを造形したのならば、いくら何でも殺しで何も感じないのは
人物造形に問題があるということになるだろう。
個人が自分の思うがままに生きると死刑になる、それが不条理だ、というのなら、
それはそうかもしれないが、人殺してるもんなぁ。
同情しづらいし、同調しづらいなぁ。

86 :◆aAJBydpBWU :2007/02/14(水) 02:51:40
つまりだな、
1,生きたいように生きたら、個人は死刑になった。そんな世間は不条理だ。
  そんな世間を描き出し、読者に怒りを覚えて欲しい。
2,生きたいように生きたら、その(ムルソーの)行動は、周囲から見ると不条理に見えた。
  そんな周囲との隔絶を埋めることができず殺されていく人物を描き出し、読者の同情を得たい。
たぶん、不条理に関しては、この2種類があって、思うにその書き分けができていないように
思うのだが、どうか?

87 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/14(水) 02:58:32
読者と世間と周囲は同じでないのか?

88 :◆aAJBydpBWU :2007/02/14(水) 03:07:23
読者 作者が期待した広い世界に住む住人
世間 作者が直面している現実
周囲 ムルソーが作品内で直面している現実

89 :◆aAJBydpBWU :2007/02/14(水) 03:07:55
1なら、人殺しが死刑になるという点においては世間的条理は通っているように思うし、
2なら生きたいように生きたら人を殺したというストーリーには共感しづらいといったところか。
どこにウェイトを置いて、この小説を読んだらいいのか、よくわかんねぇや、あはは。
さて、もうひとつさっぱりわからないのは「実存主義」という言葉である。
不親切極まりない解説はあらゆるテクニカルタームを基礎知識であるとでも、
言いたげに話を進めるが、初心者にはまるでさっぱりわからない。
カミュはどうもこの作品を、実存主義的な作品とは思っていなかったようだ。
で、「実存主義」とは何か? ウィキペディアによると、

90 :◆aAJBydpBWU :2007/02/14(水) 03:08:26
「実存主義 (じつぞんしゅぎ) とは、1930年代、ドイツのマルティン・ハイデッガーや
カール・ヤスパースなどが哲学に持ち込んだ実存(Existenz、元の邦訳は「現実存在」。
九鬼周造がそれを短縮して「実存」とした。)が、第二次世界大戦後、フランスに輸入され、
サルトルらによって、通俗化、イデオロギー化して広まった思想。
ハイデッガー、ヤスパースらの実存の哲学を主義、主張に変容させたもので、ハイデッガーらは、
自分たちと実存主義者とを区別した。
実存主義とは、本来本質存在に対する現実存在の優位を説く形而上学説であったが,
そこから唯一現実存在の自覚を持ちうる人間存在の特性にである自己意識との関係において,
機械文明の発展によって信仰を失い、神の絶対的価値が失われたことに端を発する。
「もし絶対的価値基準がないなら、人間的な本質などないのではないか、
ならば我々は神が望むような形ではなく、我々が自由に望むように選択(創造)できる。」
という思想である。

91 :◆aAJBydpBWU :2007/02/14(水) 03:08:59
この絶対的な個人偏重(主にサルトルの思想)はすぐに構造主義によって乗り越えられたとも、
また実存はごく当たり前のこととなって、取り立てていうまでもないことになったともいう。
またサルトルの定義にしたがっていえば、「実存主義とはヒューマニズムである」。とすれば、
どこにでもいつでも、人がその状況と立ち向かうところ常に偏在するともいえるかもしれない。
実存主義を哲学のみならず、文学、芸術などにも拡大解釈する場合
(オットー・フリードリッヒ・ボルノウなど)、
ブレーズ・パスカルやフョードル・ドストエフスキー等も実存主義者だと解される場合もある。」
という意味のわからない説明が載っていた。

92 :◆aAJBydpBWU :2007/02/14(水) 03:09:34
本質より現実優位ということでしょうか? そうですか。
本質とは神ですか? そうですか。
日本には絶対的な一神教がないから、よくわからない感覚だな。
個の独立を謳った本ということになるのだろうか、
今さら過ぎてどう感動していいかわからなくなるテーマだな。
まぁ、カミュ本人はそうじゃないとは言っているようだが、
確かに実存主義的な作品と言われるだろうな。
ま、実存主義という言葉を避けるにしても、社会通念に殺されていく個人の自由な感性を
描いた作品、には見える。

93 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/14(水) 03:27:17
ちょっと戻るけどさ
>78
こんなことは村上春樹にはなかったので、私はちょっとうれしかった。

村上春樹は後発でしょ?
本来必要なものを排除して、文学の衰退に加担しているってことになりそうだけど
いいの?

94 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/14(水) 03:28:00
>>78

95 :◆aAJBydpBWU :2007/02/14(水) 03:32:28
以上であります
こんなとこ

うーん
後発というかね……
結局現代の読者にしてみればあらゆる作品は時代的にフラットなんだよ
生きている人間しか過去作を読めない
過去作は歴史がある故に価値があるのではなく、現代の人間に評価されてこそだと思うんだ
だから、時代の前後を問わず、現代に通じる作品を比較することにはそれなりの意味があると思うんだよ
そういう意味で比べてみたんだ

96 :◆aAJBydpBWU :2007/02/14(水) 03:43:24
では消えます

97 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/14(水) 03:47:13
過去(思想を爆発させたムルソー)を知った上で春樹が「不感無覚」を描いた
春樹は赤さんが必要とするものを排除した馬鹿者じゃないの?

俺も寝っか

98 :◆aAJBydpBWU :2007/02/14(水) 16:56:37
>>93
本来必要なものとはつまり、「俺」が必要としているもののことなんだ
誰か読者が必要としているものがないからといって、その作品を駄作だとは当たり前だが言い切れない
したがって、俺の必要としているものを持っていないからと行って村上春樹が馬鹿者だとはとてもじゃないが
言い切れない、というのが、回答になるかな

で、俺にとって村上春樹が馬鹿者かどうかという話になるとこれはもう本当に頭がいたい
構成のみえなさ、テーマのなさ、どれをとっても、作品内原理も語れなければ、何がいいたいのかもわからない

ここで『風邪の歌を聴け』が駄作なら、個人的には切って落とすだろう
だが、読んでおもしろかったんだ
そして、何がおもしろいかをまったく説明できなかったんだ
村上春樹の良さはどこか、もう何年も悩んでいる

したがって
>>97
村上春樹は俺が望んだものの全てを排除しながら、また馬鹿者とも言い切れない
何とも不可解な存在ということに俺のなかではなってるんだよ
元より読者がなければならないと思っているものを持っていなければ良作なのかといえばそういうわけでもないのは誰もが知っているところだ

99 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/14(水) 16:59:44
村上春樹は研究本が一杯あるんだから読んでみればいい。

100 :◆aAJBydpBWU :2007/02/14(水) 17:03:20
きっと村上春樹の凄さは別のどこかにあるんだろう
だが、それが見つけられない
正直、村上春樹がノーベル賞を逃したときはほっとしたものだが、
だからといって、あの社会とは関わり合いを持たずに、その日その日を
深からぬ情念に突き動かされて行動する人物像には多かれ少なかれ引かれる

101 :◆aAJBydpBWU :2007/02/14(水) 17:05:41
なぜならとてもリアルだから

102 :◆aAJBydpBWU :2007/02/14(水) 17:08:34
>>99
そうだな
ところで村上春樹の書いた論文のことかい?
村上春樹について語った論文のことかい?
前者では、さしたる発見もなかった
研究者としては、おそらく地道に調べ上げる系
すまんが興味はない
で、村上春樹について語って評論があるのなら、君のお勧めはあるかい?

103 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/14(水) 17:14:20
本人じゃなくて評論家が書いたやつな。
俺は読んだことないからお勧めはない。

104 :◆aAJBydpBWU :2007/02/14(水) 17:19:18
村上春樹については知りたい
何が彼の凄さなのか
世界的評価される所以は何か
社会(あるいは父権)と個人との相克はこれまでたくさんあったテーマだが、
村上春樹の場合、そもそも戦うべき何ものもない
技のなせる技か、なんなのか
俺にはわからない

105 :◆aAJBydpBWU :2007/02/14(水) 17:21:46
>>103
おk
喪失感の巨匠ってやつか?

106 :◆aAJBydpBWU :2007/02/14(水) 17:25:08
喪失感にもいろいろあるだろう
だが、喪失感を語るには何かを失わなければならない
作中の主人公は何かを求めか?
失う描写なしに何もなさを表現されても、正直俺にはよくわからないんだ

107 :17:2007/02/14(水) 23:27:22
http://ana.vis.ne.jp/ali/antho.cgi?action=article&key=20070214000098
 釣られて書いてみたッス。もう寝ないとアレなんで完結してないけど、明後日ぜったい書くッス。
まぁ、捉えようによっては不謹慎だとは思うケド燃料にでもして下さい。私なりに努力したし、以降もするつもりです。
 それと、どうも板の話題に絡ませてる関係かモデルっぽく見えちゃうキャラが出たりとかするんだけど、そういうつもりはコレに限っては全くないです、とだけ。
一足お先に、おやすみなさいです。m(。。)m

108 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/15(木) 00:55:18
赤さん、なんか暴走している人がいるよ

109 :◆aAJBydpBWU :2007/02/15(木) 14:21:24
どのジャンルの作品を目指しているのかは定かでないが
やはり冒頭が擬音語というのは少し抵抗がありましたよ
それと過重修飾な気がしましたよ

110 :◆aAJBydpBWU :2007/02/15(木) 14:21:55
句読点の使い方に特色があるのはおもしろいと思いました
こういうのは好きですね
自分も試みてはいるんです
ただ、文章において、本道と外道があるとするならば
あなたや俺の試みる方向性は外道です
文章が特徴的といわれるようでは、きっとダメです
内容にこそ読者の目を向けたい
癖のない文章を目指すことをお勧めしますし、自分にも課せるつもりです

111 :◆aAJBydpBWU :2007/02/15(木) 14:22:27
また、「ですます」調と「だである」調の混用にも異を唱えます
長編ならばおもしろい試みですが、短編ではやめておいた方が無難でしょう
あと本気で書いたのならwwwを使うのはやめてくださいね
理解を得るのは難しいかと思います

112 :◆aAJBydpBWU :2007/02/15(木) 14:23:17
あと……
小説であれなんであれ、求められるのはわかりやすさです
聖伝士と反聖伝士
よりわかりやすく対比した方がいいかかと思いますよ
情念はあるけど文章がついていかない、そんな印象を受けました
「俺は憎い」から始まる段落は勢いが強くて楽しかったです
全編にそうした勢いを投影させてみてはどうでしょうか?

113 :◆aAJBydpBWU :2007/02/15(木) 14:43:14
>>108
だって俺だって暴走してるから
だからこのスレ立てたわけだから
人のことなんて言えないね

114 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/15(木) 16:18:38
>>113
これ皮肉のために書かれたんでしょ?
そのあたりについては言及しないの?

115 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/15(木) 16:27:19



















( ゚д゚ )

116 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/15(木) 20:15:50






( ゚д)

117 :◆aAJBydpBWU :2007/02/15(木) 21:42:23
>>114
バカなので気づきませんでした アヒャ

こっちみんな

118 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/15(木) 22:59:10
テスト


119 :42:2007/02/15(木) 23:11:32
>>43
知ったところであまり意味がないと思う。感覚は人それぞれだから。
コテ祭りを上でだれか叩いていたが、よくしらんが幹事はむかしからここで
ずっとやっていた人なんだろう?
書いた小説を認められたいのか、彼自身のカリスマを認められたいのか
よくわからないが、頑張ってきたのをみた人なら
「きみは大きくなったんだね」と認めるべき言葉があるのではないかと
誰もその言葉をかけないのは成長がわからないほどそれだけ連日一緒に
遊びまわっているということなのか、それだけただの鈍感な集団なのか
一部外者には本当によくわからない世界なのだがどうよそれ
なんか珍妙な意見ですかね。

120 :42:2007/02/15(木) 23:15:51
赤がカミュの異邦人を読んだということなので
今日たまたま自分も何冊か本を買ってきた
資料が一冊と哲学書が上下で二冊と勉強用の本が二冊
小説ではないが今後楽しみだ。
読了したらここに感想をうpする予定なのでよろしく。

121 :◆aAJBydpBWU :2007/02/16(金) 13:02:26
>>119
上でコテに限る意味がよくわからんと書いたが、今もそう思ってはいるが
昔から知ってるコテが、成長しているかどうかをみることができるっていう視点で見ればそれはきっとおもしろいだろうな
その感じ方、見方を本スレに書き込んでみればいいんじゃないか?
感覚は人それぞれだってのはまったく同意するから、他のコテがどうであれ、あなたがあなたの感想を付けることには意味があると思うな

哲学書を買ったのかい?
感想が楽しみだな
例えば、国産文学を体系的に読もうとすれば高校の時にでも使ってた国語便覧を引っ張り出せばある程度、読んでおいたほうがいい本には見当がつく
だが、哲学書や外国文学になるとそういう「流れ」がわかりやすく書かれた指南書みたいなのが見つけられないんだ
どうやって読みたいと思う哲学書を探し出したの?

122 :17(暴走中):2007/02/16(金) 23:07:10
http://ana.vis.ne.jp/ali/antho.cgi?action=article&key=20070216000105
 おじゃましまーす。キチイっすー。
赤黒さん、〜ディスの人、感想本っっ当ーーにありがとうございました。嬉しいです。色々此処で話したいです。
でも、眠いんです。時間がないんです。ごめんなさいー。(T-T)ノシ
 ちと、テーマでかすぎたかなぁ…。


123 :◆aAJBydpBWU :2007/02/16(金) 23:35:46
>>122
お疲れー
感想ともつかんもので、お目汚し申し訳ないッス
ここでお話しするのはいくらでもおkです
創作文藝者とお話しするのは楽しいのでね

124 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/16(金) 23:42:33
( ^ω^ )

125 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/16(金) 23:44:02
読んだけど面白くなかったな。
ネタ実験小説だからだろうけど。

126 :42:2007/02/16(金) 23:47:28
>>121
http://hobby9.2ch.net/test/read.cgi/hobby/1171617032/l50
ここのリンクで哲学で検索して適当なものを見繕った
哲板ではドゥルーズハイデガーサルトルヴィトゲンシュタインのオンパレードで
自分のペースで哲学入門するのには敷居が高すぎて無理というものだ。
あとは本屋で実際に読み比べて意味が比較的わかりそうな本だけレジに持っていく。
買った後は、本文はもとよりあとがきや前書き、解説などには念入りに目を通す。
自分は岩波文庫に頼りっぱなし。
向こうに敢えてコメントを避けてるのは自分が彼らにとってのVipでもなんでも
ないからです。内情がわからないものが企画の場に半端に飛びこんで
大勢の人の楽しみにしている空気を変えるのは気がひける

>>122
作者コメントには逆に何も書かないほうがいいかもしれないね、いろんな意味で
ここでも眠いとかも言わないほうがいいと思う
寝ぼけた頭で書いた小説なんかおりゃ読まねぇよ、なんて煽り来たとき
あなたはうまい切り替えし方できる?

127 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/17(土) 01:35:53
その2が劣化しすぎじゃね?
別の人間が書いたかと思うくらいつまんなくなった

あとコメントの意味が分からないのは俺だけ?
不愉快、とかどゆこと?障害者に対してってこと?
だとしたら物語だろうと何だろうと、社会からは弾圧されるよね
めくらきちがいおしかたわ

128 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/17(土) 10:43:00
赤がきもいな。
自分の思い込みと決め付けをさも一般的な意見であるかのように書き込むばか野郎。

129 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/17(土) 12:26:28
>>127
マイナー系の宗教信望者とか、マイノリティ全般の不幸を対象に
しているからだろうと思った。
物事の、不幸しか書かない人は、正しい意味で決して認められない。
なぜかといえば人が本を手にするとき、そこに一種の救済を求めるから。
同時に、幸福しか書かない人も、正しい意味で決して認められない。
なぜかといえば人が本を手にするとき、そこに一種の悟りを求めるから。
救済と悟りとは、人が生きる上でともに必要な概念であるわけで
心の安定にほぼ直接関与する。
しかし、正しい意味での幸不幸というものを意識せずに書いたほうが
プロを目指していようがそうでなかろうが、納得のいくものを
書けるような気もするけどね。世の中とは、ただ、あるがままなのだから。

130 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/17(土) 12:29:32
自分の思いを書くということと、読ませる文を書くということは
まったく土壌に立っているのではないかと、最近の自分は思っているよ。
今までにいろんな人が言ってるだろうけど、改めて。

131 :◆aAJBydpBWU :2007/02/17(土) 13:27:26
>>122
俺、結構おもしろかったな
施設にライブカメラ入れるって発想もおもしろかったし
敬虔な信者とそれに反発する入所者の声の二重構造も、理解し合えない個人同士を
書いてるようで悲しかったけど、リアルな感じがした

難をつければ、設定の説明をもう少しこまめにした方がいい
「俺」が男なのか女なのか、最後までわからなかったし
あと、オチ付けた方がいいんじゃないか
平行線のまま終わると作品として完成してない気がするんだ

132 :◆aAJBydpBWU :2007/02/17(土) 13:41:11
>>126
岩波文庫で解説を読む、ね
すごく実用的な意見をありがとう
実行に移してみるよ

ずいぶんと気を遣うんだな
優しい人なんだな

>>127
俺はその2の方がイベントがあって読みやすかったが、どうだろう?
コメントの意味は、「障害者が身近にいる人や障害を持っている人が読んだら
不愉快に思うかも知れません、ごめんなさい」の意味で取ったが
まぁ、そう思うなら書くなって話にもなるわなぁ

133 :◆aAJBydpBWU :2007/02/17(土) 13:43:05
>>128
俺のきもさに今まで気づかなかったのはお前のミス

自分の思いこみを一般論的に語ったのは俺のミス
申し訳ない

134 :◆aAJBydpBWU :2007/02/17(土) 13:52:38
>>129
俺にはちょっと難しい
結局、幸不幸を極端に描くのではなく、現実を描いた方がいいということか?

>>130
まったく土壌に立っているのではないか

もう少しくやしくおながいします

135 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/17(土) 14:05:16
130じゃないけど
まったく別の土壌(土俵?)じゃね?

136 :◆aAJBydpBWU :2007/02/17(土) 14:11:57
なるほど! ピコーン

しかし、そうなると難しいな
思いを書けば読んでもらえなくて、読ませる文章は技巧に走らなくてはならない
と思ってしまうのは極端なのだろうか?

確かに投稿してもらった作品は、「思い」が走りすぎている気はするな

137 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/17(土) 15:12:14
ごめん、>>135の言ったとおりだよw
別の というか 違う という言葉を入れようとしてミスったw damepo・・・

138 :◆aAJBydpBWU :2007/02/17(土) 15:53:04
別に謝るこたーないだろ

読ませる文章に自分の思いを乗せて。
その中庸は難しすぎる
文章でイイコを目指せば、風通しのよい深みのないものしか書けないかも知れない
一方で口語調を反映させた文章では、深みはあってもそもそも読んでももらえないかも知れない
どうすりゃいいんだ

139 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/17(土) 15:53:53
2月23日 巨大なそれは確信を持ちつつ、大国に詰め寄る。
2月24日 暗黒の彼方より誕生した1人の英知が世界を飲み込む。
2月28日 灼熱の地球に、雨が降る。
3月1日  新たな歴史が誕生する。

140 :◆aAJBydpBWU :2007/02/17(土) 16:20:15
で、どうせよと?

141 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/17(土) 16:22:01
2月30日 ニートだから毎日変わらず

142 :◆aAJBydpBWU :2007/02/17(土) 16:38:22
して、どうせよと?

143 :◆XZQKBTjMrk :2007/02/17(土) 17:29:18
はやくしろよ

144 :◆XZQKBTjMrk :2007/02/17(土) 17:30:10
いそげ、はやく!

145 :◆XZQKBTjMrk :2007/02/17(土) 17:31:49
>>142>>143>>144
自演乙

146 :◆aAJBydpBWU :2007/02/17(土) 17:32:02
だから、どうせよと!

147 :◆XZQKBTjMrk :2007/02/17(土) 17:36:28
どうするもこうするもない
走らなあかん、夜明けまで

148 :◆XZQKBTjMrk :2007/02/17(土) 17:37:24
おもてでて、ひとっ走りしてこい

149 :◆aAJBydpBWU :2007/02/17(土) 17:37:31
そうか
ほな走るか
エッホエッホ

150 :◆XZQKBTjMrk :2007/02/17(土) 17:38:04
ジョギング♪たのしいな♪

151 :◆aAJBydpBWU :2007/02/17(土) 17:38:05
ところで、夜明けって来るの?

152 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/17(土) 17:39:19
それは夜更けが来るからさ

153 :◆aAJBydpBWU :2007/02/17(土) 17:39:51
来ても去ることのない闇
エッホエッホ

154 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/17(土) 20:38:01
>>138
赤は、どうやらそこを何年も悩んでそうだな。
僕はそれを書いていて、自分で読んで面白いか面白くないかで判断してる。
例えば、春樹の話を例に取ると、春樹の文体や作品世界の模写を強要されたとき
それを楽しんで書ける人と、拒絶反応で死にそうになる人と分かれてくると思う。
どうして、同じ題材なのにこれだけの差が出るかというと、それこそがその人の
書けるもの のヒントになっているからじゃないかな。
個性 とも言うけど。
自分と個性とそりの合わないものを何年も書き続けていたら(そんなことは普通ないんだけど
時々迷ってる人もいるから)
それだけ悩みも深くなってくる。

題材とか文体とか、他人の評価を気にせず、まずはのびのびと自分が好きなように
書けばいいと思うよ。自分が楽しく書くというのは何よりも、基本じゃないかな。
人は、より楽しみの多い場所に集まる。作者が嫌なものや苦しいものばかりを書いていると
そこには集まってこない。
そして、それが何年も続くと、こんなに嫌な思いをしているのにどうして人は
自分の小説を認めてくれないんだ……なんて、勘違いをするようになる。
もちろん、赤はそんな僻みきっている境地の人とはまったく違うと思うけど
自分が、人にあまり迷惑をかけずに楽しみを楽しめるってことは、ないがしろに
できないことじゃないかな。

と他の人の小説をたくさん読んで思ったことディス。

155 :◆aAJBydpBWU :2007/02/18(日) 00:06:12
こんな話を聞いたことがある
行き詰まった音楽家がどうしても楽器を弾けなくなったとき
楽器を習い始めた頃の小学生だかと一緒に演奏するととてもスムーズに弾けたとかいう話だ

音楽家は自分の理想にこだわりすぎて、楽しく弾くということを忘れていたのではないかという
オチだった

俺はその音楽家のようにプロではないし、技術が煮詰まっているわけでもない
とはいえ、楽しく書くというのはきっと大事なことなんだろうと思った次第だ

そういえば、以前テーマ性を描くのを止めにしてライトノベルを書いたことがあるよ
純粋に楽しかったな

楽しさは伝染する
読者を楽しませようと思えば自らも楽しんで書くのが一番だということになるだろう

だが、問題は俺は読者を楽しませたくなんかないし、創作でもって人を傷つけたいとまで思っていることだ
楽しさが伝染するのなら、辛苦も伝染するだろう
俺は楽しく書いてはいけない
誰も集まってこなくていいし、誰に認められなくてもいい、と思ってるんだよ
それが俺の孤高だと勘違いしているんだね

156 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/18(日) 00:57:51
>>155
>創作でもって人を傷つけたい
傷ついて先に読み進めなくなってしまうこともある
それも本望なのかな

157 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/18(日) 02:11:30
>俺は読者を楽しませたくなんかないし、創作でもって人を傷つけたいとまで思っていることだ

実はそんな人はこの板にも相当数いると考えられる。苦労してる人に多いみたいなんだけど。
より強い刺激や面白さというものの追求と、読みたいという気持ちにさせる何か……ってのは
実は似て非なるものなんだよね。
少し肩の力抜いて、深呼吸するようにやりたいことやってみたら誰にだってそれは見つかる。
本当に、そういうのに才能とかぜんぜん関係ないから。やってみたら、あれっ、簡単ジャン
ってレベル。
また、憎しみだとか妬みだとかをリアルにまた効果的に書きたい、ネガティブオタクともいえる
執念を持って書くのであれば、逆にその感情を自分から突き放してみるのが
いいとも思うんだよ。
たとえば、あるお姉ちゃんが仲良しグループの中で自分ひとりだけ彼氏ができなかったとする。
そういう筋書きが頭に浮かんだとき、赤の論のパターンだとお姉ちゃんはグループの子たちを
妬みまくって嫌がらせをする……とか、そのお姉ちゃん自体をもっともっと地獄に突き落とす……
とか徹底してやっちゃうのかな?
赤はどうかわからないし、それを乗り越えられてるだろうけど、こういう不幸な筋書きに
普段自分の身の回りに起きる不快な物事を発散させようとすると、どっかが感情的になって
その気がなくてもあるとき本当に突然頓挫する。
これ、以前はなんでなんだろうと不思議だったんだよね。
どうやら誰かを中傷する目的で書いてるだろうと読めてしまうネット小説って、
本当にフっと止まってる。読ませたい奴が読んだらしいと思ったから止まるのか
なんとなくなのか。だけど、中傷目的とは思わない読者にしてみたら戸惑いなんだよね。
どうしてそこで止まる? みたいな。

>誰も集まってこなくてもいいし、誰に認められなくてもいい、と思ってる

自分ひとりが楽しく書ければそれでいいやって点なら同意。
孤高とは少し違うけど。

158 :◆aAJBydpBWU :2007/02/18(日) 14:00:41
>>156
本望だなぁ

>>157
具体的だなぁ
その例えでいくと、お姉ちゃんは妬み嫉みを抱いて、さらにその自分の姿に嫌気がさして
自己嫌悪スパイラル
そして、仲良しグループ以外の何かにフラストレーションをぶつけるって展開を採ると思うな
女に振られたヤツが振った女自体じゃなく、まったく無関係な小学生とか殴ったりして事件に
なってたりするが、ああいう方向性かな
いわゆる八つ当たり

身の回りのことを書くと頓挫するのか
初めて聞く意見だ
その人はありのままを書きすぎなんだろうか
現実から表現したいものを抽出するが、その事柄との距離感の取り方が問題なのか
昇華させる、とか言う作業が必要になるのだろうか

159 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/18(日) 14:05:41
>>77

160 :◆aAJBydpBWU :2007/02/18(日) 14:10:11
うん?

161 :◆aAJBydpBWU :2007/02/18(日) 14:16:22
自己矛盾しているという指摘だろうか?
そういやそうだな
無理に理由を付けると、現在の自分に不満を抱いているが、その不満のベクトルが
健全な方向に向かわないで、排他的、攻撃的な方向にばかり向かう作品を書きたいということになろうか
どうもムルソーや『風の歌を聴け』の人には、そういった現状打開の要素が見受けられない、とそういう
疑問を抱いたということだろうな

162 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/18(日) 14:20:35
>>158
ちょっと僕、表現が雑だったね。
身の回りのことを書く、というか、自分の身の回りで起きている普段の不快な
出来事を、作品世界に投影するということ。
今いじめ小説、書き始めたばかりの子の中で流行ってるけど、あれなんか書いてる子の
大半はリアルの世界で、なんらかのいじめに関わってると思われるんだよね。
いじめをやる子が書くときもあるだろうし、いじめに加担させられててストレスで息が詰まりそうな
子もいるだろう。もちろんいじめられっこだって書くだろうけど。
いじめ小説はいじめに加担させられてる子が、一番多く書くと思うんだな。いじめられっこは辛くて
書き進められないことを自分でよく知ってる。いじめられっこが好むのは勧善懲悪とか強い子が活躍する
単純で明るい話だ。
いじめに加担してる子たちは、本当はいじめなんかに参加したくないんだよな。
でも、参加してないと自分が標的にされてしまうかもしれない。昔は性格が悪くて他の人間に劣ってる子だけが
その対象になったけど、今はいじめは持ち回りみたいなもんだからね。
はっきりいえばいじめ小説って、彼らの良心と責任回避意識と現実逃避なんだろうね。
で、その投影を小説にやってると、止まるようなんだ。
長編でいっすとか言ってて、なんか1000字くらいでストップしてる。そのまま何ヶ月も放置。

ありのまま書きすぎってのはあるだろうね。彼らの大半は初心者だから書く作業の手順とか
よくわかってないのかもしれないし。
もちろん、距離感も昇華も必要になってくると思うよ。

163 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/18(日) 14:24:20
ここにきて少し思ったことだけど。
ナルシシズムと暗部を書きたがるという意識は、なんらかの関連性が
あるんだろうか。

164 :◆aAJBydpBWU :2007/02/18(日) 14:53:00
>>163
創作やるってだけでもナルだと単純に考えていたが、特に暗部を書く人間はナルなのだろうか?
どうだろう?
嫌なことばっかり書くのが、自己愛と関連性があるかってことだろう
自分がかわいそうだとでも思ってるのかな、俺?
本来、そのままにしておけば忘れるようなことをいちいち書いて記憶に残したいって衝動は正常とも思えないが
さりとて、嫌な記憶の掘り返しをしているのにそれが自己防衛とも解釈できないような?
よくわからんな

165 :◆aAJBydpBWU :2007/02/18(日) 14:58:42
>>162
長編で1000字って無茶言うね
何か表現したい熱はあるんだろうが、エピソードだけでストーリーまでは作り込まないのだろうか
ていうか、いじめ小説っていうのがあるんだね
リアルだろうなぁ

部外者でもなく、当事者でもなく、いつ巻きこまれるかわからない危機感から創作に向かうのかな
スネ夫文学と勝手に名付けよう

166 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/18(日) 22:26:55
>>164
創作やる奴ってナルなのか……!
ガ━━━(゚Д゚;)━( ゚Д)━(  ゚)━(   )━(゚;  )━(Д゚; )━(゚Д゚;)━━━ン!!!!!
鈍器で頭を殴られた気分だよ。
僕は、創作をやる人ってのは、自意識が他人より強い人あるいは自我と自意識のバランスが
取れていない人だと思っていた。ナルシシズムというのは自分の美点だけ特化して認めて
汚点には目をつぶる行為だから、自意識が強いあまりあるいは自我と自意識のバランスが取れていない
あまりに社会に挫折し、自己の美点を自分だけで何倍も高め、周囲に対し閉じこもった状態だと
理解していた。
つまり創作をやる人間すべてがナルシストというわけじゃないんじゃないかと。

暗部だけを特化して書きたがる人ってのはナル……、それが知りたくての>>163なんだけどね。
僕は赤をこのスレではじめて知ったから、かわいそうかどうかもよくわからない。
作品を読んでないからどんなものかは知らないけど。どこか、うpしてる?

167 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/18(日) 22:38:56
>>165
どうもテレビとかの影響もあるらしいね。他にも自殺とかリスカとかOD(薬物の大量服用)とか
を題材にしてる小説がなんとなく増えてるみたいだ。
彼ら、世の暗部だけを書くということを舐めてるのかねなんて僕なんかは思っちゃうわけだが。
救済のない話なんて、スネ夫みたいに普通に穏やかに生きていきたい人には向かないよ。
それに気がついた人ってのがその手の小説の筆をぱたりととめるんだと思うよ。
ただ、わりかし早く気がつくみたいだから、彼らはさすがに自分の限界をよく知ってるよねと
変なところで感心するボキュ。彼らあれだね、きっと創作大好きな僕らより何倍も要領よく
生きていけてるんだろうな……。愚痴だな、ごめんね。

168 :◆aAJBydpBWU :2007/02/19(月) 00:23:02
>>166
あ、ナルが多いんじゃないか、という個人的意見ね
ただ読んで思ったけど、ナルでなくても「自意識が他人より強い人あるいは自我と自意識のバランスが
取れていない人」なんて、やっぱり結構痛いんじゃねぇw
その上、わざわざ暗い話ばかり書くってのは、どこか感覚がずれてはいるんだろうなと思うわけ
うpはねー
したことないんだ
祭りに参加したこともないし
2ちゃんで募った仲間と投稿前の作品を検討するってのはやってる

169 :◆aAJBydpBWU :2007/02/19(月) 00:28:11
刺激的なイベントを適当にちりばめて、ストーリーにメリハリを持たせるやり方は
安易だなぁと常々思う
実際そういう作品すごく多いよね
わかりやすいんだろうか、読者が刺激を求めているんだろうか
俺とかは最近は「えー、また?」みたいに感じちゃうけどな
想定読者が見えない
創作やっても結果がついてこないから、いつだったら諦められただろうと思うことはよくある
要領がよくないのは100も承知で、好きなことやってるんだからいいんじゃないかと自分をなだめてる
が、創作は辛い

170 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/19(月) 21:22:30
>>168
創作をする奴はそりゃあ痛いさ……( ´∀`)
直接言えないこと、直接行動できないこと、そんなものをね、たくさんたくさん
自分と無関係な世界に持ち込んで吐き出してるんだから。
創作者同士のコンプレックスもたくさんたくさん見る。僕は、そういうものを見る目を
与えられているけれど、どうしていいかわからないことが本当に多い。
誰かが欲しくて堪らないものを他の誰かがさして大事にしていなさそうにして持ってたり
他の人からさんざん簡単なことといわれていることがいつまでも習得できなくて
空回りしていたり、そんなこととか。
自分の苦しみを無関係な人の態度に転嫁してとりあえずの心の平安を得たりとか
人を試し続けることで自分の位置を高めた気になったりとか。
そういうのが、僕はよく見えてしまう。生まれてもったおめでたい性質じゃないだけに
まだ慣れていなくて、ちょっと苦しむことも多いけどね。

だけど創作が楽しいってことだけは、みんな一緒だろ? 関わり方も取り組み方も、
情熱も、レベルも、他は何もかも違っても。

作品うpとかぜんぜんしないで、2ちゃんで作品検討する仲間募れるんだ?
へえ、すごいね。

171 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/19(月) 21:32:28
>>169
>刺激的なイベントを適当にちりばめて、ストーリーにメリハリを持たせるやり方
連載小説などの影響だと思う。新聞連載の小説などを見ているとこれはかなり行きあたりばったりで
刊行のときは相当手直しされてるなと思った作品が案の定だったりとか、よくあるよ。
あまりにその場しのぎが見えて、惨めで読むのをやめてしまった小説もある。

読者は飽きっぽい。イベントがないとつまらない。純文学ですらイベントの起きない小説には
読者がつきにくい。もしも僕の考えている”イベント”と、赤の思ってる”イベント”が
同じなのならばね。

創作がつらいなら、やめるか休むかしたら? 
これはごめんね、きついけどはっきり言う。楽しくない気持ちを読者に伝えるのは失礼ってもんだよ。

172 :17(ログちぇき中):2007/02/19(月) 23:04:01
 あい。またおじゃまします。ノシ
http://ana.vis.ne.jp/ali/antho.cgi?action=article&key=20070219000125
 とりあえず。m(..)m

173 :17(ちぇっく終了):2007/02/19(月) 23:49:51
 色々語って頂いていて嬉しいやら怖いやら…。^_^;
連作の場合は終わるまで他には書かないほうが良いのかもしれませんね。
 とりあえず、(5)とかまで今日は行った感じッス。次は完結してからおじゃまします。
赤黒さん達はお祭には参加されませんか? コテって出ると楽しいですよ? では〜。ノシ

 って、ああそうだ、そもそも言いたかったのはコレ。↓
私はコテさんとかをネタにする場合はハンドルを変えて(kittyとも解るように書くけど)、そうコメントしてから投稿しています。
 今回は>>21>>23辺りの人(ディスの人?) さんに読んで欲しくて書いてる感じで、どうしても他人をネタにしてないと断りたかったので、わざわざ書き込んだわけです。
テーマ的にコレで行きたい、と思って書いてから、某ネタキャラさんに似てるのでアンチさん(?)に餌にされたくないと思った次第。
 しつこいですが、くれぐれも中傷だとは受け取らないで下さい。お願いします。
(2)の最後は軽い遊び。そんなわけで主人公は敢えて自分のハンドルと重ねました。
 じゃ、今度こそ本当にしばらくさようなら。

174 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/20(火) 17:02:57
言ってることがさっぱりわかんねえ
読者を置いてきぼりにする作風とよく似てる

175 :◆aAJBydpBWU :2007/02/20(火) 20:12:24
>>170
創作は現実の投影で、間接的な自己表現だと思う
一生懸命書いているつもりでも、これ現実逃避なんじゃね?とか、ふいに不安になることがある

創作やる上では、自分を客観的に捉えられた方がいいんだろうけど、あんまり自分を客観的に捉えると
途方もないことに労力、資金、時間を費やしてばかりいる空しさを感じる

そういう意味では、取りあえずの心の平安や自分の位置を高めた気になる行いをして
まったく無自覚な人たちをみても、それはそれで意味のある心の防衛反応なのかなと思ったり

創作が楽しいのか
それはすごいな
書いてて笑い出しそうになったりするわけ?

あー、えとね
メアドを交換して作品を送って、で、それ読んでもらって仲間にはいるかどうか決めてもらう、みたいな感じ

176 :◆aAJBydpBWU :2007/02/20(火) 20:22:30
>>171
暗夜行路だっけか
新聞の連載小説だったとか思うが、途中で登場人物と主人公の続柄が変わってたりしたんだってね
その作品ばかりを書いているわけでもないだろうけど、そういうことも起こるんだなぁ、って思った記憶がある
大家ですらそうなんだから、もっとひどいのはいくらでもいるだろうな
返って人気が出てしまった方が、本来終わるつもりだった予定を無理に延ばさなきゃ、で不必要なイベントが
増えたりもするのかも

読者が飽きっぽい、というか読者の興味を惹きつづけるのが難しいのはまったく同意する
ただ、ストーリーで読ませたいな
イベントで凌ぐの正攻法じゃない気がする

失礼、だわなぁ 知ってはいるんだがな
楽しいだけが読書でもないとも思うところだね

177 :◆aAJBydpBWU :2007/02/20(火) 20:40:54
>>172
Bまで行くとだいぶん読みやすくなった
設定がわかってきたからだろうな
人の名前がようやく出てきたわけだが、誰が誰やらわかりづらいよ
>>174のいうように不親切だと思う

178 :◆aAJBydpBWU :2007/02/21(水) 00:00:28
>>44
ガッ!

179 :◆aAJBydpBWU :2007/02/21(水) 00:01:00
>>44>>178
自演鬱

180 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/21(水) 00:53:41
ぬるぽ

181 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/21(水) 07:02:02
>>175
>書いてて笑い出しそうになったりするわけ?
そういう作品も書いてみたいね。と、おめでたいことを言っておく。
創作つらいつらい言うのは、プロになって、それ以外でどうしても食べていくことが出来ない人の
言う言葉だよね、厳密に言うと。そういえばそういう人のためのスレあったな。
アマチュア段階じゃ、「ならやめろや」になる。
創作に限らず、自分が選んだ趣味に関してつまんないとか嫌いとか言う人は
自分の日常のつらさと趣味の行き詰まりをごっちゃにしてる場合が多いんで
突っ込んでみた。

>メアドを交換して作品を送って、で、それ読んでもらって仲間にはいるかどうか決めてもらう、みたいな感じ

だから、どういった分野のものを書いてるか、水準はどの程度か、姿勢はどんなかんじか
そんなこともまったくわからないのに、よくメールアドレスの交換なんて暴挙に出られるな
って感じなのら。
赤は特に、人間の暗部とか興味があるんだろ?こんなとこ、妬み憎しみ足の引っ張り合い、
いっぱい転がってるだろうに。たかがレスだけで、誰が腹で何を考えているか、
わかったもんじゃない。
そういうの見ていながら、メール交換しませんか?って一足飛びに行動出来るという
その辺の自信に対して、僕は”すごいね”と言ったんだよ。

182 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/21(水) 07:05:00
>>180
はいはいガッねガッ

183 :◆aAJBydpBWU :2007/02/21(水) 21:29:06
>>182

      、 l ,
     - (゚∀゚) -
       ' l ` 

         /''⌒\
       ,,..' -‐==''"フ  /
__     (n´・ω・)η  俺の時はスルーだったくせにぃ〜〜〜!!!
    ̄ "  ̄(   ノ.   \ 、_
 " ""    (_)_)"""  "  ,ヽ          /~~\ ⊂⊃
       "", ,,, ,,  , ,, ,,,"_wノ|        /    .\
""""     v,,, _,_,,, ,,/l ::::... |  .....,,,,傘傘傘::::::::傘傘傘...............
    ,.-r '"l\,,j  /  |/  L,,/:: i 森
,    ,/|,/\,/ _,|\_,i_,,,/ /::./森
    _V\ ,,/\,|  i,:::Y: :: :i/:: | 森

184 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/21(水) 22:27:05
>>46

185 :◆aAJBydpBWU :2007/02/21(水) 22:37:05
気づいてなかった!!!
すげぇー……

186 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/21(水) 22:44:54
スレの名前がこんななのはどうして?

187 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/21(水) 22:46:27
おい、人の携帯にウィルス仕込むのやめろ

188 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/21(水) 22:47:19
お前のやってることはな、犯罪だぞ

189 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/21(水) 22:49:25
無法地帯だからってな、あまり調子のんじゃねーぞコラ

190 :◆aAJBydpBWU :2007/02/21(水) 22:56:07
>>186
できれば見ないで欲しいから

>>187
できるかそんなことw

>>188


>>189
なんにもしてねーよ?

191 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/22(木) 00:13:12
荒らしはやめろ

192 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/22(木) 00:14:12
いいかげんにしろよ
そうそう

193 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/22(木) 00:28:17
健一郎だって言うのか?

194 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/22(木) 00:34:25
おまえがハイのふりして荒らしてるんだろ


195 :◆aAJBydpBWU :2007/02/22(木) 01:38:03
>>181
そろそろレスしたらウザがられるかな……とも思いつつ
確かに「ならやめろや」になるよな
アマのウチはなおさらだ
あまり創作に対して抱くネガティブな感情は書かないようにするよ

うーん
俺も暴挙だとは最初思ってたんだけどね
他板で晒したら悪戯メールいっぱいなんだけど、創作板ではなぜか悪戯メール
一通も来なかったんだ
そういうことをアホくさいって思える人が多いのかもね
誰がなに考えてるかなんて、割りとどこまで行ってもわからないし、それに仲間が欲しかったしで
そこは勢いでメール晒したんだよ
正直ドキドキだった!

196 :◆aAJBydpBWU :2007/02/22(木) 01:39:03
荒らしてないよ?
ハイのフリなんてできないよ

197 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/22(木) 07:30:43
あのな。ちょっと嘘っぽいなという部分がかなり見られたんで突っ込んでみた。
こちらの質問に即答できなかった時点でもう怪しいと判断した。
実は、僕の知人にもここでメールを晒した人は何人もいるが、殆どが怖がって一通もメールが
こなかったとあったんだよ。
作品を最初から知って仲良く出来ている人は別として。

嘘って、つくべきじゃないところでつくべきじゃないよね。
ヘッドハンティングの基本ってそういうとこだと思うよ。

198 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/22(木) 09:56:52
まずは捨てアド使うだろ
めずしくもなんともない

199 :◆aAJBydpBWU :2007/02/22(木) 20:57:24
>>197
えええ!!!
一つも嘘はついてない……

200 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/22(木) 21:44:16
>>186
赤は、少し心理学をかじってる人なんだろう。簡単にいうと”まんじゅうこわい”と
同じ心理だ。見るな見るなというと人は集まってくる。見ろ見ろというと人は無視する。
赤は見て欲しくないんじゃなくて見て欲しいんだよ。目立ちたがり屋なんだと思う。
ただ、それを自分で責任を負うのは嫌だ。だから誰かがくるのを待つ。
その証拠に、赤は構ってくれる人が来たと思った途端スレを上げ続けてるだろ。
自分が目立つのがそれだけ快感なんだな。

赤のもうひとつの狙いは、>>197でも言ったけどヘッドハンティングだ。
>>162のいじめに加担させられている人に意識が近い。赤自身はあまり作品を
書く人じゃないか、書くより読むことのほうが多くなってしまう人かだね。
(あるとすればだが)赤の所属しているグループ内も似たり寄ったりだと思われる。
ヘッドハンティングの理由は、自分たちよりの下の立場の田舎者が欲しいだけ
なんじゃないかな。
それでもそういう不幸な馴れ合いが好きな人はそれに従ったほうが得かもしれない。
ただ、そういう人の多くは赤たちの気に入る人材とはかけ離れている。真面目に創作を語れる人でも
やる気のある人間でもなく、創作能力すらも低い。赤たちに依存するだけで、何も提供してくれないんだ。
だから、赤は少しでも使える人材を確保するために、嘘をヘッドハンティングに混ぜることに
したんだと僕は推察したよ。

201 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/22(木) 21:45:35
>>199
きみは嘘をついてないといっても、事実、僕の結論は作品も晒さずにここでのヘッドハンティングは
無理だということだから。
道理のわかる年齢の大人はきみの声に応じる前に、下手をすれば身辺調査をするかもしれないね。
お金かコネ持ってれば専門の業者使ってね。
両方ない人間は、御身大事だからスルー。引っかかるのは引っかかるだけの人材だ。
創作者はデリヘル嬢でもなければSMファンでもない。
人材として見る前に、一人の人間として見たら、こんな無様な嘘なんてつく必要なんか
なかっただろうにね。

202 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/22(木) 21:50:31
>17
作品は完結してからになるかもしれないね。今のところは
どう転ぶかわからないので、何とも言えない。
ちょっとこのスレの1が信用できなくなってきたので、感想は
投稿サイトのほうに書かせてもらう。

203 :◆aAJBydpBWU :2007/02/22(木) 22:43:36
参ったなぁ……
本当に作品晒さなくても、創作している友達出来て、それは2ちゃんで見つけたってことなんだ
で、みんなして、感想の付けあいしようってことになっただけ

目立ちたがり屋というか、ただのかまってちゃんなんだがな
レスは全部ageてるから、見てくれればわかると思うんだけど
それにヘッドハンティングのつもりもなかったんだよ
最初にもらったレスが祭りについてだったから、その話を広げようかとしたんだね
他意もないし、嘘もついてないよ

204 :◆XZQKBTjMrk :2007/02/23(金) 00:12:05
すごい流れだな。
みんなカリカリすんなや。

205 :◆XZQKBTjMrk :2007/02/23(金) 00:13:21
てきとーにいこーぜ。
てきとーに。

206 :◆XZQKBTjMrk :2007/02/23(金) 00:16:10
おれが作品さらすか。
すげーやつ。いちょ晒したる。

207 :◆XZQKBTjMrk :2007/02/23(金) 00:17:17
やっぱ、やめた。

208 :◆aAJBydpBWU :2007/02/23(金) 01:27:07
気になって眠れなかった
>>200のことを利用しようなんて思いはないのに、彼がバカにされた利用しようとされたと感じたことが申し訳ないのだ
もともと人のスレで雑談してたんだけどね
流れを切っちゃ悪いかなとかとても気を遣うし、実際俺は流れを読めないから結構顰蹙を買っていたんだね
それなら今度はということで、したらばで掲示板借りて、俺が管理人になったんだ
すると、今日はレス数少ないな、とかいつもカキコしている人が来なくなったら自分に問題あったんだろうか、とか考えた
楽しいのはあるんだけど、反面気疲れもしてて、いっそのことコテ変えて、気楽に話せる場が欲しくなったんだよ
「こっちみんな」としたのは、俺にとってのリフレッシュスレだから、別に積極的にネタを振るつもりもなかったし、
何か期待を抱いてのぞきに来た人いたら申し訳ないな、と思ったから
でも、基本的にはかまって欲しいので、常時ageてたわけ
ここ数日は、風邪ひいてて、群像の横ちゃんの日が近いらしくてそわそわして、まともにレスしてなかったのがよくなかったんだろうか
ともかくも、あなたをからかおうなんてつもりはなかったこと、そのことだけは伝わるといいなぁ

209 :◆aAJBydpBWU :2007/02/23(金) 01:28:57
黒の字、来てくれてありがとう
ちょっと変な流れになってしまいましたよ
適当にいい塩加減で行きたいですね
無理して作品を晒す必要はないとは思うけど、興味はあるな
どんなの書くの?

210 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/23(金) 03:01:57
赤だか黒だか知らんが他人の携帯にウィルス仕込むの辞めろ
いい加減にお前の身元調査するぞ

211 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/23(金) 03:03:03
お前のやってることは犯罪に限りなく近い陰湿な嫌がらせだ。
お前みたいな奴に言葉を語る資格などない、はやくしねよ(笑

212 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/23(金) 03:05:34

黙ってしねよ低知能のミートボールマシン(笑
このスレ立てたお前だよお前(笑

213 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/23(金) 03:08:12
喧嘩売るならもう少し素人を選べよ低知能の愚か者(笑
俺に喧嘩を売ったことを限りなく後悔させてやるぞミートボールマシン(笑
このスレ立てたお前だよお前。とぼけても無駄なんだよ、人の携帯にウィルス仕込むの辞めるか首吊ってしねよ(笑

214 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/23(金) 03:09:13
本気でお前の身元調査するぞ(笑

215 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/23(金) 04:06:57
なんでこんなことになってんだ?フェ?
ハイさんにしては悪意に満ちてるし。誰だろ、作者Aか?
ま、よく分からんが、ここは荒さんでくれよplz

216 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/23(金) 19:00:27
「こっちみんな」というスレタイ
「みんなこっち!さあおいで、集まろう♪」って呼ばれてるのかと思った。

217 :◆aAJBydpBWU :2007/02/23(金) 21:04:40
まったく誤解解けず うぇ カナシス

218 :◆aAJBydpBWU :2007/02/23(金) 21:05:19
>>216
いやー、さすがにそれは恥ずかしくて……

219 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/24(土) 16:32:36
( ゜  Д  ゚ )

220 :◆aAJBydpBWU :2007/02/24(土) 16:43:03
こっちみんな!

221 :◆aAJBydpBWU :2007/02/25(日) 01:17:02
ヌクモリティ

222 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/26(月) 20:04:45
ヌクリマクリスティー

223 :◆aAJBydpBWU :2007/02/26(月) 22:35:53
クルクルクモリティ

224 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/27(火) 18:37:24
ヌルイレモンティ

225 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/27(火) 18:38:37
クルクルパンティ

226 :◆aAJBydpBWU :2007/02/27(火) 19:48:33
パンティライオン

227 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/27(火) 20:33:01
ミズタマパンティ

228 :◆aAJBydpBWU :2007/02/27(火) 21:21:38
モメンノパンティ

229 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/27(火) 22:25:31
イツマデパンティ?

230 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/27(火) 22:29:22
ダブダブズロース

231 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/27(火) 22:51:15
      (;´Д`)   シコシコシコシコ
    _(ヽηノ_
      ヽ ヽ






      ( ゚д゚ ) !!!!!!!!!
    _(ヽっノ_
       ヽ ヽ


232 :◆XZQKBTjMrk :2007/02/27(火) 22:54:48
こっちみんな

233 :◆XZQKBTjMrk :2007/02/27(火) 22:55:27
オナニーに集中しろ!

234 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/27(火) 22:59:28
クロパンテイ

235 :◆aAJBydpBWU :2007/02/27(火) 23:13:31
アクマデパンティ

236 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/27(火) 23:36:54
アカパンティ

237 :◆aAJBydpBWU :2007/02/27(火) 23:54:53
ノーモアパンティ?

238 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/28(水) 01:24:21
>>231ー237

     ( ゚д゚ )っ
      (彡ηr しこしこしこ・・・・・
.       i_ノ┘








    ⊂( ゚д゚ )
.     ヽ ηミ)
     (⌒) |しこしこしこ・・・・・
        三 `J


239 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/28(水) 03:29:34
パンティプリーズ

240 :◆aAJBydpBWU :2007/02/28(水) 23:17:02
>>238
こっちみんな

241 :◆aAJBydpBWU :2007/02/28(水) 23:19:27
アイムパンティ

242 :名無し物書き@推敲中?:2007/03/01(木) 23:34:57
すいません、
ちょっと通りますよ…

   /⌒ヽ
  / ゚д゚ )
  |   /
  |/| |
  // ||
 U  U



243 :名無し物書き@推敲中?:2007/03/02(金) 19:53:47
( ´д)ヒソ(´д`)ヒソ(д` )

( ゚д゚ )( ゚д゚ )( ゚д゚ )

244 :◆aAJBydpBWU :2007/03/02(金) 21:01:04
>>242
通るのはともかくあっち見て通れ

245 :◆aAJBydpBWU :2007/03/02(金) 21:01:37
>>243
こっちみんな

246 :名無し物書き@推敲中?:2007/03/02(金) 21:51:03
ちょっと居座りますよ

  /⌒ヽ
  / ゚д゚ )
 |   /
 と_)__) 旦



247 :◆aAJBydpBWU :2007/03/02(金) 22:20:46
居座ってもいいが
あっちをみろというのに

248 :◆aAJBydpBWU :2007/03/03(土) 21:44:30
ヒマすぎて死にそう

249 :◆aAJBydpBWU :2007/03/03(土) 21:45:16
はよコテ祭りはじまらんかなー

250 :◆aAJBydpBWU :2007/03/03(土) 21:59:31
罧原の本気作を読んでみたいな
新聞配達うまくいってるのかな

251 :◆aAJBydpBWU :2007/03/04(日) 03:38:49
いま350ミリリットル入りの缶ビールが前にある
これが俺の死か

252 :◆aAJBydpBWU :2007/03/04(日) 03:39:45
ひどく苦い
その後で少しだけ甘さが来る
いいな、酒は
きっと何もかもを押し流してくれるだろう

253 :◆aAJBydpBWU :2007/03/04(日) 03:41:03
ツマミにはホタテ貝柱の干したものを買ったんだ
なつかしい
じっくり噛むと磯の香りと貝の旨味が口に広がるんだよ
いつもこれがおツマミだった

254 :◆aAJBydpBWU :2007/03/04(日) 03:41:42
タバコもちゃんと買ってきた
もうないものはない
満たされている

255 :◆aAJBydpBWU :2007/03/04(日) 03:42:40
空虚なのは心だけだ

256 :◆aAJBydpBWU :2007/03/04(日) 03:45:47
もういっそ創作もやめるか
俺にはなんにもないなぁ

257 :◆aAJBydpBWU :2007/03/04(日) 03:46:39
心が弱い

258 :◆aAJBydpBWU :2007/03/04(日) 04:10:03
本の数口だけで顔面が紅潮してきた

259 :◆aAJBydpBWU :2007/03/04(日) 04:11:58
血流がわかる

260 :◆aAJBydpBWU :2007/03/04(日) 04:12:41
何もかもがどうでもいい

261 :◆aAJBydpBWU :2007/03/04(日) 04:17:45
コテやってたときは楽しかった
何もかも遠い昔の記憶

262 :◆aAJBydpBWU :2007/03/04(日) 04:20:40
もうこの板に来て1年以上か
早かったな

263 :◆aAJBydpBWU :2007/03/04(日) 04:21:18
ただ悲しい

264 :◆aAJBydpBWU :2007/03/04(日) 04:22:19
早くてもたくさんあったから

265 :◆aAJBydpBWU :2007/03/04(日) 04:23:46
好きな人もできたし、友達もできた
信頼してた
その人達の幸いを願う

266 :◆aAJBydpBWU :2007/03/04(日) 04:24:27
いいや、いまも信頼している
大好き
体がからっぽになるようだ

267 :◆aAJBydpBWU :2007/03/04(日) 04:26:44
異常が出てきた
動悸が速い
さすがだな

268 :名無し物書き@推敲中?:2007/03/04(日) 04:46:16
中身は誰?

269 :名無し物書き@推敲中?:2007/03/04(日) 12:44:01
「不幸な自分」に酔ってるように見えるぞ

270 :◆aAJBydpBWU :2007/03/04(日) 13:10:13
あれ?
起きたらぴんぴんしてる?
医者め はっはっはっ

271 :◆aAJBydpBWU :2007/03/04(日) 13:10:59
>>268
深夜スレのコテです
もうずいぶん昔になりますが
主要なコテさんとはあんまり話したことがないのです

272 :◆aAJBydpBWU :2007/03/04(日) 13:11:40
>>269
お目汚し、大変申し訳ない

273 :名無し物書き@推敲中?:2007/03/05(月) 00:21:38
独り、むなしいスレだな…

274 :◆aAJBydpBWU :2007/03/05(月) 21:58:51
非常にむなしい

275 :◆aAJBydpBWU :2007/03/08(木) 08:02:51
気が重い

276 :名無し物書き@推敲中?:2007/03/08(木) 23:27:36
何があった? 暇だから聞いてやる

277 :◆aAJBydpBWU :2007/03/09(金) 00:24:45
うーん
何がというかね、、、
ネットで知り合った人とリアであったんだ
とても感じのいい人だったが、何だかそれ以降俺とその人しか知らないようなことがネットに書き込まれていたんだね
表裏の激しい人だったんだろうか
とても疲れる

278 :◆aAJBydpBWU :2007/03/09(金) 00:25:53
コテ祭りが始まりましたね
いつもスレで大暴れをするコテさん方が投稿するのかといまからドキドキです
せっかくなので感想をひっそり付けてみよう

279 :◆aAJBydpBWU :2007/03/09(金) 00:28:27
コインランドリーデート
文章について
硬い文章にしたいのか、口語調を反映した軟らかい文章にしたいのかがよくわからなかったかな
混在していた感じです
文章には一貫性を持たせないと、特に短編では非常に読みづらくなるように思いました

280 :◆aAJBydpBWU :2007/03/09(金) 00:29:14
文章について感じたいろいろを具体的に

>>僕は彼女に会うためだけに洗濯機を買うという選択肢を放棄していると言っても過言ではない。
硬い表現ですね。そして、「と言っても過言ではない」が本当にいるのかどうか、若干一文の中に
いろいろ詰め込みすぎているのではないか、と感じました
>>僕的には非常に気まずい雰囲気だった。
「非常に気まずい雰囲気」というのは硬いですが、その前に「僕的には」という口語調が
入っているのが、違和感を覚えました

281 :◆aAJBydpBWU :2007/03/09(金) 00:31:19
全体的に前半と後半とでかなり受ける印象が異なるのが問題かと感じました
ストーリーで「転」があるのはいいことらしいですが、文章で違いが出てくるとなかなかまとまりが
つかないかと思いました

282 :名無し物書き@推敲中?:2007/03/09(金) 00:31:27
よくある話だな。出来るだけ早く忘れろ

283 :◆aAJBydpBWU :2007/03/09(金) 00:31:52
あと気になったのは、時流の問題でしょうか
>>こんなベタな出会いから今でも続く彼女との交流は始まった。
とあるのに、最終的には交流は続いていないわけで
どの時点から物語を始め、どの描写が回想で、どこからリアルタイムに語られるのか、が明確ではない
気がしましたよ

284 :◆aAJBydpBWU :2007/03/09(金) 00:32:29
文章については自分の書く文章でも思い当たることがいろいろ考えられたので、やはり創作文藝者の
作品を読むのは意味のあることだったな、と
人の振り見て我が振り直せと言いますしね
お話し全体の印象では、文章でこまごまとした点が気になって話に入り込みづらかったというのが正直
なところです
前半の「彼女」の話し方など好感が持てて、もっと詳しく女性の外見や微笑ましいエピソードでも
いれてくれればさらにむずがゆさが増して楽しめたかも、と思いました
先陣乙でありました

285 :◆aAJBydpBWU :2007/03/09(金) 00:33:56
>>282
よくある話なのか
あの人やその他の人、一体なんだってそんなことをするんだろうね
何がしたいんだろう
愉快なのかな

286 :名無し物書き@推敲中?:2007/03/09(金) 00:35:42
あまり落ち込むな
ネットでもリアでもそういう奴はたくさんいる
それか、もしかしたら単なる偶然で誤解かもしれないしな

あんた悩み事多そうだから、まあ、頑張れ

287 :◆aAJBydpBWU :2007/03/09(金) 00:47:27
ありがとうぅ
誠意を見せて、それがなかったかのように扱われるのは
本当に辛いものだね

288 :◆aAJBydpBWU :2007/03/09(金) 01:17:29
どうしてネットだからって何を書き込んでもいいって思うのだろう
どうして人が傷つくだろうことを平気で言えるのだろう
どうして俺の悪口を言うのだろう
なにもかもがわからない

289 :◆aAJBydpBWU :2007/03/09(金) 01:59:37
今日は誰かが相手してくれて嬉しかったな
さぁ、もう寝よう
疲れたんだ

290 :◆aAJBydpBWU :2007/03/10(土) 13:02:06
したらばに雑談スレつくってみたんだけども
誰も新規が来なくて、たいへん困る
したらばで新規来たよっていう、したらば歴長い方いないかな?

291 :◆aAJBydpBWU :2007/03/12(月) 06:51:09
暇age

292 :◆aAJBydpBWU :2007/03/12(月) 06:51:40
やっぱいいやsage

293 :◆aAJBydpBWU :2007/03/14(水) 23:51:37
腹立つんじゃ ぼけ

294 :青薔薇:2007/03/15(木) 01:06:11
>>293
なんだ、このスレ?

おい、赤! 日記ということでいいのか?
なに腹立ててるの?

295 :◆aAJBydpBWU :2007/03/15(木) 01:29:23
別件でいらいらしている
日記というほどこまめでもない
適当に書き込んでくれれば、レスは付けるよ
必要ないかも知れないけどな

296 :名無し物書き@推敲中?:2007/03/15(木) 01:32:12
エロエロパンティ

297 :◆aAJBydpBWU :2007/03/15(木) 02:00:04
パンティー!!!
ストッキングー!!!

298 :名無し物書き@推敲中?:2007/03/15(木) 02:31:01
フラチナパンティストッキング

299 :◆aAJBydpBWU :2007/03/15(木) 02:38:18
ビリビリパンティ「ストッキング

300 :名無し物書き@推敲中?:2007/03/15(木) 03:37:01
プラチナパンティガータベルト

301 :◆aAJBydpBWU :2007/03/17(土) 00:33:00
ガーターベルトをパンツの上からしている人を見かけるが
あれは用法違いじゃないのか?
トイレに行ったときにめんどくさそうだ

302 :◆aAJBydpBWU :2007/03/18(日) 11:55:41
俺の原稿ネットに晒されたw
公募原稿なのに
ぶち殺してやりたい

303 :名無し物書き@推敲中?:2007/03/18(日) 13:40:25
赤は永遠のD作者かw

304 :名無し物書き@推敲中?:2007/03/18(日) 13:52:41
(・-・)じー……

305 :◆aAJBydpBWU :2007/03/18(日) 14:35:19
>>303
それなぁに?

>>304
こっちみんな

306 :名無し物書き@推敲中?:2007/03/18(日) 15:04:38
おれなんか生まれてから一度もガーターベルト、見たことないぞ。
赤はやりちんか?

307 :名無し物書き@推敲中?:2007/03/18(日) 15:23:44
通販雑誌などでは、ガーターベルト自体が綺麗に良く見えるように
ショーツの上からガーターを着けているのだけれど、
そういう写真でしかガーターを見たことのないガキ&オッサンどもが
日常の動作を考えずにそのまま描いたり書いたりしているから、じゃないかな。
女の人でも、よくわかってないで着けてる人がいるみたいだけどね。
ズレるっちゅーのw

308 :◆aAJBydpBWU :2007/03/18(日) 15:30:48
>>306
まさかw

>>307
だよね!だよね! 日ごろの疑問が一つ解決した気分だ

309 :◆aAJBydpBWU :2007/03/19(月) 13:14:15
好きな人からCDをもらった
よく眠れるようになる音楽とかヤツだ
中身は落ち着いた感じのクラッシックが多い
聞いて、これがいいとか、これは今ひとつだ、なんていうことのできるほどの感性は持ちあわせていないが
この音楽をくれた人はきっと感受性の豊かな心のきれいな人なんだろうなとか想像した
俺ももっと綺麗なものを見て触れて、それを人に紹介できるような優しい作品が書きたいな、とも思った
読んで不愉快になってもらうだけの芸道を俺はどこまで突き詰めていけるんだろうか

310 :◆aAJBydpBWU :2007/03/20(火) 18:18:43
推敲ってところで
あのエピソードでいうと結局、推がいいか敲がいいか
他人に決めてもらってるんだよね?
自分一人でいじってても限界があるということなんだろうか
嫌な話しだ

311 :◆aAJBydpBWU :2007/03/21(水) 10:24:41
ひまage

312 :◆aAJBydpBWU :2007/03/21(水) 21:36:40
見事なまでに誰も相手をしてくれないw
晒しsage

313 :名無し物書き@推敲中?:2007/03/22(木) 12:13:45
じゃあ赤の好きな人語りキボン

314 :◆aAJBydpBWU :2007/03/22(木) 20:25:30
好きな人って?
作家?

315 :名無し物書き@推敲中?:2007/03/22(木) 20:28:34
CD貰ったんでしょ、好きな人から。

316 :◆aAJBydpBWU :2007/03/23(金) 19:29:23
園はなしは気恥ずかしすぎるぜ……
他の話しにしてくれよぅ
な?

317 :名無し物書き@推敲中?:2007/03/23(金) 19:54:51
やだ。好きな人の話して

318 :◆aAJBydpBWU :2007/03/25(日) 10:17:05
あれにしよう! な?
今月末はビッグタイトル目白押しじゃないか
原稿の進捗状況は順調かい?

319 :名無し物書き@推敲中?:2007/03/27(火) 22:02:26
http://gazoubbs.com/2ji2nd/img/1167996150/152.jpg

320 :◆aAJBydpBWU :2007/03/28(水) 19:58:30

ちょw 徹子w 何やってんだw
この人の書いた作品、けっこう好きなんだが、、、

あ、今日さ
綿矢の蹴りたい背中読んだんだわ
2ちゃんでさんざんネタにされ叩かれていたからどんなもんかと思って読んだんだが、
おもしろいねぇ!
すげぇよかったなぁ
そりゃ評価もされるわ

321 :◆aAJBydpBWU :2007/03/29(木) 23:00:03
いまねぇ
イトヤマアキコ?の逃亡くそたわけっての読んでるよ
ワタヤのがおもろいけど、これも別にそれほどひどくはないなぁ
ただ題名でかなり損してる気がする
題名は重要やなぁ

322 :◆aAJBydpBWU :2007/03/31(土) 06:06:58
読みかけて途中の本がある
アルジャーノンに花束を
障害者をネタにするその姿勢が気にくわなくて途中までしか読んでない
がんばって最後まで読むか
読み始めたのは人の薦めがあってのことだったのだが
よくこんな本薦められたな、と思う
きっと最後のすてきなハッピーエンドにでも持ってきてくれるのだろう

323 :名無し物書き@推敲中?:2007/04/01(日) 22:45:14
>>318
どっかに出した?


324 :名無し物書き@推敲中?:2007/04/02(月) 14:08:31
お前ら九歳^^;

325 :◆aAJBydpBWU :2007/04/02(月) 21:35:22
>>323
えっと 今年は新潮に評論と小説、あと文藝

>>324
おれの香りに触れるためにもっとちょくちょく遊びに来てください

326 :◆aAJBydpBWU :2007/04/03(火) 00:37:52
中島らもの今夜すべてのバーでを読んでる
生き様をネタにしているのだろうが残念ながらつまらん
アル中の説明に冒頭の行を割きすぎだと思う
ストーリーが始まらないから飽きちゃう
いやストーリーとかない小説なのかも知れないが

327 :◆aAJBydpBWU :2007/04/06(金) 02:36:33
バーは100ページ越えてもストーリーが始まらなかった
300ページしかないのに
ツカミが弱いんじゃなくて本当にストーリーのない作品なのだろう
さりとて、ストーリーのない作品にはよく見られる、作者の意図が理解できないからこその深み
というようなものも感じられない
ただ単に自分史をちょっと脚色して本にした、というイメージが非常に強い
何とか最後までは読んでみたいが、学ぶところは少なかろう覚悟はできた

328 :◆aAJBydpBWU :2007/04/06(金) 02:39:29
次はアルジャーノンを読まずに江國香織のきらきらひかるを読むつもりなんだ
現代作家を読もう期間なんだ
やっぱり現代物はいいな
共有できる感覚がたくさんあるからな
それ読んだら、また海外名作系の小説読みに方向性を変えるかな

329 :◆aAJBydpBWU :2007/04/06(金) 02:49:37
『hon-nin』大賞と
吉川英二文学新人賞については調べてみよう
あと、ラノベ系で良さそうな賞を探そう
長い間ぐだぐだだったからな
出せる賞を見つけてきてそれに会わせて書くのもいいだろうと最近思うのだ
純文の賞に何年も出してきたが、音沙汰ナシス
テーマ性を完全に無視できるライトノベルジャンルだからこそ、テーマ性のない作品の優劣を確かめるには
もってこいなのかなと思ってみたり
まずそれには書かねばならんがw

330 :◆aAJBydpBWU :2007/04/06(金) 04:36:08
コンビニでシャボン玉が売っていた
郷愁に駆られて思わず買った
シャボン玉はそんなに遠くに飛ばなかった
夜だからということもあるだろう、きらきらと陽光を受けて輝くこともなしに
窓から外にちょっと出たところで割れた現実のシャボン玉はきっとそんなもんだと思ってみていた

331 :名無し物書き@推敲中?:2007/04/06(金) 15:42:20
>>330
(つд`゚)シャボン玉セツナス

332 :◆aAJBydpBWU :2007/04/08(日) 05:58:27
部屋の片づけをした
読んでない本が山ほど見つかった
買いたい本はいくらでもあるのに、まだ読めてない本がかくもあるのかと思うとちょっとしょんぼりとした
また明日からでもちょっとずつでも読もう

333 :◆aAJBydpBWU :2007/04/08(日) 06:01:04
同時に古本の処分についても検討した
かなり買いたたかれるのは承知の上で、数百円が恋しい
なんとかなるといいな

334 :◆aAJBydpBWU :2007/04/08(日) 06:33:08
中島らも読んだ
次は江国香織の番だ!

86 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)