5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

田中芳樹・総合55〜輪廻転生 前世は羊種〜

1 :ラジェンドラ二世:2007/03/01(木) 13:03:03 ID:QQ4ck5/c
SF小説:「銀河英雄伝説」「タイタニア」
架空歴史小説:「アルスラーン戦記」「マヴァール年代記」
中国歴史小説:「奔流」「海嘯」
現代ファンタジー小説:「創竜伝」「薬師寺涼子の怪奇事件簿」
以上のような代表作がある田中芳樹の作品全般について語るスレッドです。

前スレ 田中芳樹・総合54〜お嫁さんは、お星さま?〜
http://book4.2ch.net/test/read.cgi/magazin/1168229095/

過去・関連・重要用語等 >>2-10くらい

2 :イラストに騙された名無しさん:2007/03/01(木) 13:03:49 ID:QQ4ck5/c
現在未完のシリーズ (当初からの原案作品を除く)
SF小説:「タイタニア」「七都市物語」「灼熱の竜騎兵」
架空歴史小説:「アルスラーン戦記」 「自転地球儀世界シリーズ」
現代ファンタジー小説:「創竜伝」「薬師寺涼子の怪奇事件簿」「KLAN」

2ch内、田中芳樹関連スレ集
「禿鷹の巣箱」
ttp://geier.fc2web.com/index.html
「ガイエスレQ&A」
ttp://geier.fc2web.com/lnfaq.html
↑製作者サンキュ

【ガイエ(geier)】
本来は「禿鷹」を指すドイツ語だが
このスレにおいては、田中芳樹の通称として用いられる。
由来は↓「ライトノベル板用語辞典」の「ガイエ」の項を参照の事。
http://onigiri.s3.xrea.com:8080/index.php?cmd=list#top:etc
恐らく他の板では通用しない呼称なので注意。

3 :イラストに騙された名無しさん:2007/03/01(木) 13:05:15 ID:QQ4ck5/c
予定されている展開
1   新スレ
2-10 解説
11-20 乙カレー祭り
21-879
・禿
・遅筆
・銀英、創竜議論→鬱逝け
・新刊がでる?4月1日は未だ早い。
・フォーク=朝鮮人?→ハン板に(・∀・)カエレ!!
・なっちゃんのOAV(;´Д`)ハァハァ
・ところで新刊は→お涼と中国物ならそのうち。アルスラーソ13巻?また6年待て
・そういえばタイタニアは→;y=ー( ゚д゚)・∵.ターン
・16人目は誰かな?アルスラーンの結婚相手は?
・○○って処女?ロリマンセー!→エロパロ板逝け
・他所のサイトの話はそのサイトでしてちょ
・また話が無限ループしているとの嘆き
・80年代は良かった(懐古)
880- 新スレタイトル考案
950を踏んだ人はスレタイを決めて新スレッドを立てる。
950- 引越し

新刊がでる場合。
・予定は未定だろ。
・出版日?守られたことないだろ
・延期?いつものことだな・・・(涙
・後書きと政治ネタを妄想
・でた!!!!!!
・祭り、内容トークにキャラ萌え
・遅筆の怒りを思い出して逆祭り
・なんで他人に書かせるのか小一時間討論
・次は3年後か・・・生きているかな。漏れも作者も・・・

4 :イラストに騙された名無しさん:2007/03/01(木) 13:05:54 ID:QQ4ck5/c
アルスラーン戦記の刊行ペースを視覚的に表現してみたもの(1段=3年、「−」=1ヶ月)。

.1 −−−−−−2 −−−−−3 −−−−−−−−−− 4−−−−−− 5−−−−
− 6−−−−−7 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−8 −−−−−− 9
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
−−−−−−−−−−−−−−−−10−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
−−−−−−−−−−−−−−−−−11−−−−−−−−−−−−−−−12祭−
−−−−忍耐−−−−                                  
 ↑
現在

5 :イラストに騙された名無しさん:2007/03/01(木) 19:52:04 ID:mvOT0X0M
スレタイの元ネタがわからぬ

6 :イラストに騙された名無しさん:2007/03/01(木) 21:04:34 ID:fLVM/Wr5
         z_=-、ミ-ー-z..,,_
        ~,..-ー          ̄`ヽ.、、
       /               `ヽ、、
      /./   //i            Y`i
      i {   ./ ./i i            ,i i
       Ki| j ト、i| i k    }        }, |
        `ti rヽ、' ` `i||  トi i      /、 |
        r| トy/   i|i|i-メ、k i       i ト 、 >>1さん
        i/,. `'     r=ヌ、ヽ、i     i/i  | `ヽ
        {.  r'    i弋ノ l}  y|     i/  |   ヽ,
        .i       `'~  '  ノ/ノミ  i{   |    i スレ立てお疲れさま
      _.z-弋 `ー  "'"'   '/r''=)`ーY`   .|    j
    .,ri..   ゝ、.__  __,.r、_-‐'" `ヾ,    .|   i
   ./.  |   / ./ (i  ̄    i〉i丶、-ー`i}    i _ノ
   `i  i / /  .i  `ー―''''"~ノ_.-=ヽ、Y.| rー-ー''~ /
   .iヽ. `/ /   .`ー-......-'''"-''" _,..ヽ,i|/_   /
  ./ ヽ ./.        ./ _,..z‐''"~   `ヽ.`i `ヽ/`)
  /   `,    ,z−-./ ''~   _,..-―-='、ノ、ヽ ̄ヽ,
 /   .i'   /    `ヽ,.-‐i''"//"  `ヽ.ト }_   ヽ
                / i' /

7 :イラストに騙された名無しさん:2007/03/01(木) 22:05:47 ID:cpM3/l9S
    |\/|
    |_,. ,_|
    |゚Д゚|
    | ∽.|
.     し-J >>1
べっ、別に乙って言いに来た訳じゃないんだからっ
勘違いしないでよ!たまたま見に来ただけなんだから!
でもせっかくだから乙って言ってあげるわよ!

8 :イラストに騙された名無しさん:2007/03/02(金) 21:10:50 ID:Rh94fvnt
羊種って何?

9 :イラストに騙された名無しさん:2007/03/02(金) 21:47:34 ID:6mR1gv4P
創竜伝でランバート・クラークだかが言ってた
「干支と12星座で共通する動物は牛しかいない」とかいう言葉に対する皮肉だろ。

10 :イラストに騙された名無しさん:2007/03/02(金) 22:12:38 ID:8UrNYR2t
1000 イラストに騙された名無しさん sage New! 2007/03/02(金) 08:34:46 ID:m8MOzqQX
1000なら今年中にアルスラーンの新刊…執筆開始

今年中に出せってのw

11 :イラストに騙された名無しさん:2007/03/02(金) 22:32:51 ID:xLlfPqpM
「薬師寺涼子の怪奇事件簿 霧の訪問者」ラスト 
地元の飼い犬、野良犬を使って敵を攻撃したが、
犬側有利とはいえ、犬の中にも死傷者が出ただろう。
涼子側に差し迫った事情があれば、仕方ないとも思っただろうが、
涼子には、そういう作戦をとってほしくなかった。

12 :イラストに騙された名無しさん:2007/03/02(金) 22:35:28 ID:kGfvOTwQ
>>10
高望みしてもしようがない。現実を見つめれば読者の希望はその辺が妥当ではないかと

13 :イラストに騙された名無しさん:2007/03/03(土) 00:39:03 ID:sSc+Os1u
別スレより抜粋

142 :イラストに騙された名無しさん :03/08/11 01:30
田中芳樹は遅筆とよく言われるが
(以下空白行割愛)
シリーズモノ以外の著作はかなりの頻度で出していて、
実はわりかし筆の早い方に分類される作家である事は言うまでも無い。

316 :イラストに騙された名無しさん :03/09/25 22:20 ID:hkVT1Q2A
>>142関連トリビア
遅筆で有名な田中芳樹は
1987年から1990年までの4年間に36冊もの単行本を出している

319 :イラストに騙された名無しさん :03/09/25 22:46 ID:hkVT1Q2A
>>317
そんなことはない。短編集2冊を除いてすべて書き下ろし。
>>318を見ればわかるように、アルスラーン戦記、創竜伝、タイタニアなどをスタートしたのがこの時期で、
複数のシリーズものと単発を月替りで書いている。
田中芳樹は8本以上のシリーズものを書いているが完結したのは3本だけ
銀河英雄伝説、マヴァール年代記、夏の魔術


筆の早い方に分類される作家などと言う時代があったんだ・・・今じゃ・・・(つд`)

14 :イラストに騙された名無しさん:2007/03/03(土) 00:50:26 ID:cGxVxPry
お涼ファンは特別遅筆だと思ってないんじゃね?

15 :イラストに騙された名無しさん:2007/03/03(土) 01:08:24 ID:sSc+Os1u
お涼は私の中では無かった事に・・・
何故か お涼=なっちゃん なイメージがこびりついて2冊目くらいで挫折した。

16 :イラストに騙された名無しさん:2007/03/03(土) 01:46:23 ID:o+o9LdKD
ガイエは書き出すと早いんだよな。
創竜伝もイラク戦争からたった2ヶ月で、アメリカへの怒りを込めた内容で
あっさり書き下ろした。

17 :イラストに騙された名無しさん:2007/03/03(土) 02:04:13 ID:x5x5km59
活字倶楽部とか呼んでたら昨年印象に残ったこととして、2005年の狂乱選挙の
毒が社会全体に回ってきたようです、とか何とかコメントしていたな。
このおっさん、普段は民主主義とか何とかご立派なこと言っておいて、自分の嫌いな勢力が
勝ったら結果をきちんと受け入れようとはしないんだな。

18 :イラストに騙された名無しさん:2007/03/03(土) 02:07:52 ID:cj+DSHht
お涼の一環が出たとき、スレイヤーズ(ごとき)のパクリかと思った
ストーリーじゃなくて、さまざまなフレーズが

19 :イラストに騙された名無しさん:2007/03/03(土) 03:34:37 ID:S6DOOXaR
>>13
田中芳樹はどんなに少ない時でも年間1冊は書き下ろしの本を出してるから、
他の筋金入りの強豪に比べれば遅筆と言えないのはたしか。
去年だってノベルスの厚みで2冊だか3冊出してるから悲観する必要はない

20 :イラストに騙された名無しさん:2007/03/03(土) 05:10:07 ID:cj+DSHht
まず、お涼と創竜伝は、そこそこのペースで出しているように見える
お涼一個だけ見ても、遅筆とはいえないかもしれない

でも、他のシリーズはないがしろにされている気がするなあ
とくに、96年くらいから、さらに遅くなったような気がする
病気を患ったって噂もあったけど

その頃の刊行ペースと、ついでにその中を占めるお涼と創竜伝の冊数を知りたいところ

21 :イラストに騙された名無しさん:2007/03/03(土) 07:56:03 ID:I2zhTqPl
>>20
創竜伝は4年近く出ていないし、もう投げちゃったんじゃないのかな。

22 :イラストに騙された名無しさん:2007/03/03(土) 09:11:34 ID:vzVuyJRA
何の病気かは分からないけど、本人言ってたじゃん。
「病気で手術して体重が昔に戻った。」って。

23 :イラストに騙された名無しさん:2007/03/03(土) 11:19:13 ID:DU61ocRI
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/redirect?tag=nokinaminomic-22
これか?


24 :イラストに騙された名無しさん:2007/03/03(土) 22:07:13 ID:R8amasTE
>>18
それは俺も感じたよ…とくに「ドラよけお涼」は「どらまた」だろ?
あちらでは使わなくなってるけど


25 :イラストに騙された名無しさん:2007/03/03(土) 22:24:59 ID:ImTCmr+e
>>22
手術はしてないはずだよ。
痩せたのは、糖尿の治療の副産物。

26 :イラストに騙された名無しさん:2007/03/03(土) 22:26:43 ID:sy5sTBni
少しは運動しとけば糖尿は避けられたのかねえ?

27 :イラストに騙された名無しさん:2007/03/04(日) 01:06:59 ID:fQHJy/E6
お涼可愛過ぎ。
ツンデレはああじゃないと。
もっとデレ行動が少なくても(わかりにくくても)良いくらいだ。

28 :イラストに騙された名無しさん:2007/03/04(日) 02:28:34 ID:HtUXuBE0
>27
ツンデレのテンプレキャラ(>7みたいなの)と比べたら
はるかにデレ成分少ないと思ってたんだけど(個人的にはツン:デレ=95:5位)
本編では既に「泉田の子ども産むつもりですが何か」と匂わす発言してるんだよな<お涼
よく見りゃデレデレなのにデレがこの上なく分りづらいのにモエスww

漫画版はクレオパトラあたりから、お涼のデレ行動に関して原作にない
描写が結構多いのでニラニラしながらチェックしてる。
冒頭の風呂場シーンであわやご開帳だとかフクロウのブローチにチューだとか
藻前らどこのラブコメですかw

29 :イラストに騙された名無しさん:2007/03/04(日) 02:29:44 ID:Ek07kmBU
早く襲わないと賞味期限切れちゃうだろ。

30 :イラストに騙された名無しさん:2007/03/04(日) 06:49:42 ID:zgx1Y0DE
ラブコメならお由紀とジャクリーンの方が面白そうだ
この二人を主役に汁

31 :イラストに騙された名無しさん:2007/03/04(日) 07:41:31 ID:ezkJiqt7
>>15
いや、実際そうでしょう。

無能なお涼=有能ななっちゃん
あるいは
キルヒアイスが逃げたがってるラインハルト=泉田クンが心酔しちゃってるお涼

四巻まで(路線変更前まで)の竜堂兄弟も含めて、
基本的に傍若無人な程の自立性を持ったキャラ

32 :イラストに騙された名無しさん:2007/03/04(日) 11:10:16 ID:sVJ4lKKY
「薬師寺涼子の事件簿」室町由紀子の学生時代
ttp://www.studio-ego.co.jp/ego/game/tdays/tukimi_l.gif

33 :イラストに騙された名無しさん:2007/03/04(日) 12:17:32 ID:hCkW19/k
>>16
でも、タイタニアは書き出したような話を
他作品のあとがきで見て以降ほったらかし。

34 :イラストに騙された名無しさん:2007/03/04(日) 14:43:22 ID:sp39EEmO
>>33
文庫版創竜伝のあとがきかな
夏の魔術の3巻「白い迷宮」の次くらいがタイタニアだ、みたいな記述を見たきり
13年の月日がたちました・・・

35 :イラストに騙された名無しさん:2007/03/04(日) 15:58:37 ID:fQHJy/E6
>>28

冗談?、策略?、気まぐれ?みたいなわかりづらいのが本来のツンデレ。
>>7みたいなテンプレツンデレは萌え用の初級者バージョンw

36 :七資産1970:2007/03/04(日) 17:33:34 ID:EwbeDbLM
新刊はまだか、と本屋で新刊コーナーを見続けて十数年・・・
タイタニアとか竜騎兵とか地球儀とか・・本人作はもうでないのかな ?


涼子は軽く読むにはいいんだけど、光文社と講談社とから出ていて混乱するしな

37 :イラストに騙された名無しさん:2007/03/04(日) 19:42:41 ID:J9Kv9zKw
>>32
じゃ、こっちは丸くなった(デレ状態?)の室町由紀子

ttp://www.elcazador.tv/character/bl.html

38 :イラストに騙された名無しさん:2007/03/04(日) 20:57:11 ID:cNlGP6R5
>>37
では、こちらは丸くなった薬師寺涼子

ttp://d.hatena.ne.jp/images/diary/C/CAX/2004-01-11.jpg

39 :イラストに騙された名無しさん:2007/03/04(日) 23:59:58 ID:qXri2Ixe
丸くなったお涼か…体型丸くなると「なっちゃん」なのだが…

40 :イラストに騙された名無しさん:2007/03/05(月) 00:32:33 ID:P4GWHvlr
なっちゃんの背中にはチャックがあって中の人がお涼


41 :イラストに騙された名無しさん:2007/03/05(月) 02:26:04 ID:yQMZW8H/
>>40
何そのフランコ・バッシュ

42 :イラストに騙された名無しさん:2007/03/05(月) 04:15:57 ID:Kiqvwz5i
お涼のせなかにはチャックがあって中の人がなっちゃ・・・・・


あれ?

43 :イラストに騙された名無しさん:2007/03/05(月) 05:21:35 ID:ENXsmz1M
それなんて、マトリョーシカ人形?

44 :イラストに騙された名無しさん:2007/03/05(月) 08:50:03 ID:MLCBGESc
春雷のけはひ・・・

45 :イラストに騙された名無しさん:2007/03/05(月) 09:50:24 ID:RU2TZvMt
あなたの前世は・・・・・・・・・・・・・・枝豆です

46 :イラストに騙された名無しさん:2007/03/05(月) 11:28:07 ID:NqQexo0m
ガ━━(゚Д゚;)━━━ン!!!!!

47 :イラストに騙された名無しさん:2007/03/05(月) 16:27:45 ID:58K7jkFp
地獄へおちるわよっ!

48 :イラストに騙された名無しさん:2007/03/05(月) 19:59:42 ID:6HwOXLJr
最近やたら豆喰ってるよ
豆腐にもハマってる

49 :イラストに騙された名無しさん:2007/03/05(月) 20:37:42 ID:BRm+qJYd
豆腐にドジョウがはまると柳川鍋だっけ?

50 :イラストに騙された名無しさん:2007/03/05(月) 22:15:06 ID:00htEfpJ
>>37
結婚して、性格が円くなった

>>38
結婚して、体型が円くなった

51 :イラストに騙された名無しさん:2007/03/05(月) 23:10:14 ID:DO5iiUv3
>>50
音無響子も、連載後生活続いてると厨房想像したら、もう50近い。
そんな感じになってるんだろうな。

52 :イラストに騙された名無しさん:2007/03/06(火) 10:17:11 ID:KKQYXKtC
天地真理はガチ

53 :イラストに騙された名無しさん:2007/03/06(火) 11:16:32 ID:Jv5V5bDP
>>52
一瞬、宗教団体かと思った。
てんちしんり教、経でもいいかw

54 :イラストに騙された名無しさん:2007/03/06(火) 14:40:20 ID:N6uZrHLv
お前には天地真理がお似合いだ

55 :イラストに騙された名無しさん:2007/03/06(火) 17:08:31 ID:Fz2p8Okp
天知茂のファンです

56 :イラストに騙された名無しさん:2007/03/06(火) 17:51:29 ID:Jn71v03l
明智?

57 :イラストに騙された名無しさん:2007/03/07(水) 15:54:19 ID:PVwOarHh
ttp://ncode.syosetu.com/n1089a/
この小説読んでかつてのガイエ思い出したよ。
ここまで速筆であってくれたらな。

58 :いつでもどこでも名無しさん:2007/03/07(水) 19:23:13 ID:qLAaEZFb
21世紀になってから、ガイエさんの作品を再読したことはないなー。
銀英伝はテスト休みのたびに開き、七都市は自分の年齢に応じて読み方が違い……。

59 :イラストに騙された名無しさん:2007/03/07(水) 22:09:40 ID:JUIVfkEC
ガイエの表現に従えば、ガイエ読者は何者も幸福を得ることができなかった、と

60 :イラストに騙された名無しさん:2007/03/08(木) 07:44:01 ID:l1yNapiQ
黙れ小僧!

61 :イラストに騙された名無しさん:2007/03/08(木) 07:55:31 ID:8yUUd5Tf
>57
鬱で自分の二次創作自信満々に晒しといて(ガイエを超えたとまで豪語してたような)
フタ開けてみればタダのメアリースーだったアイタタじゃねえかww

作者本人乙


62 :イラストに騙された名無しさん:2007/03/08(木) 08:49:02 ID:9tTwjuY4
>>57
何この執筆速度? チョットヮロスw

63 :イラストに騙された名無しさん:2007/03/09(金) 01:30:27 ID:coG7n7DX
創竜伝はもう書かないのかね?
時事ネタはお涼の方が書きやすそうだし。
読み始めたときは余より年下で、現在は始と同い年、もう少しで追い越します……
銀英伝読んでた頃は、30歳ってものすごーーく大人だと思ってたよ。


64 :イラストに騙された名無しさん:2007/03/09(金) 09:26:40 ID:R0iscm9f
創竜 → お涼 → お涼 → アル戦 → お涼 → アル戦

ときてるからそろそろ・・・

65 :イラストに騙された名無しさん:2007/03/09(金) 10:30:19 ID:9j+ahCOP
中国もの?

66 :イラストに騙された名無しさん:2007/03/09(金) 12:01:54 ID:G2b5e3KE
お涼?

67 :イラストに騙された名無しさん:2007/03/09(金) 13:50:38 ID:2yN7rGkH
新シリーズ?

68 :七資産1970:2007/03/09(金) 17:15:19 ID:0f6r5mg1
単発的に作品発表しそうな気がする

69 :イラストに騙された名無しさん:2007/03/09(金) 20:07:44 ID:Lc5HXbah
ここでまさかのリメイク銀英伝が・・・

70 :イラストに騙された名無しさん:2007/03/09(金) 20:16:48 ID:C+7623nx
幼女シリーズ再開

71 :イラストに騙された名無しさん:2007/03/09(金) 23:31:24 ID:gZX+C7Xi
銀英リメイクはちょっとだけ見てみたいな
ガイエ自分でも経済がわからなくてフェザーンが活躍できなかったって
書いてたから、その辺を。
どう考えても武力より経済を支配してた方が強いよ。世の中。

72 :イラストに騙された名無しさん:2007/03/10(土) 00:11:17 ID:/Jorru8J
武力と経済は密接に結びついてるもんなんだがな
それはそうと、今のガイエに銀英伝のリメイクを書かせて、ちゃんとしたものが出来るのか?

73 :イラストに騙された名無しさん:2007/03/10(土) 00:14:10 ID:Ivfa907Z
>64
公式見た感じでは、次は理論社の
ジュブナイルレーベル用の作品が来るんじゃないかと思う

74 :イラストに騙された名無しさん:2007/03/10(土) 00:30:15 ID:AQJAAflO
>>72
当然丸投げですが何か?>銀英伝リメイク

75 :イラストに騙された名無しさん:2007/03/10(土) 01:11:55 ID:GKmabr+H
デュエル文庫になった時に、ノベルズ版のミスは直されてたの?
とりあえず思いつくのでは、
最終巻の「ユリアンはオーディンに行ったことはないが」
とか、
5巻で帝国艦を奪取してハイネセンまでやってきたユリアンに対して
「帝国軍の若き英雄は…」
とか。

76 :イラストに騙された名無しさん:2007/03/10(土) 02:02:02 ID:JMp2p8oL
やっぱりいちばんひどいのは「エレナヴィーク」だと思うわけだよ
誰だよそれ、というか校正してんのかよと小一時間

77 :イラストに騙された名無しさん:2007/03/10(土) 02:12:12 ID:xv5rI/EF
エレナヴァークじゃなかったか?
3人の娘のうちの誰かと間違えたのかと思ったらそれも違ったな

78 :イラストに騙された名無しさん:2007/03/10(土) 07:47:07 ID:vr4CbqW1
オレのやつは「みったーまいやー」になってるぜ

79 :イラストに騙された名無しさん:2007/03/10(土) 09:48:35 ID:9I9QQVm6
フェザーン = シンガポール    みたいなもんか

80 :イラストに騙された名無しさん:2007/03/10(土) 14:10:05 ID:byZHgxBm
スレ違いだがコミック版お涼FP138 やっちまってるね

ベレッタM92Fと思われる銃がスライドオープンしていないのに 『弾切れ』 イヤ、ソレハナイカラ・・・

81 :イラストに騙された名無しさん:2007/03/10(土) 15:44:22 ID:isIu3zvH
女の漫画家にその手のデティールに期待しちゃいかんよ。

82 :イラストに騙された名無しさん:2007/03/10(土) 17:11:45 ID:sdNrNXcN
つ伊藤悠

83 :イラストに騙された名無しさん:2007/03/10(土) 18:10:37 ID:sdA+q2es
銃オタしか気付かんような瑣末なミス犯したところで特に問題ない。

84 :イラストに騙された名無しさん:2007/03/10(土) 19:30:56 ID:vm97O90F
カイ・ホスローの霊魂をルクナバードから切り離して欲しい
アルスラーンと蛇王様の一騎打ちはそのほうが盛り上がると思うので

85 :イラストに騙された名無しさん:2007/03/10(土) 19:55:04 ID:VmdNqHsy
ダ「殿下危ないっ!」

ア「ダリューーーーン!!!」

ダ「グ・・・で・・殿下・・・」

ア「おのれぇぇ!」

的な展開

86 :イラストに騙された名無しさん:2007/03/10(土) 20:38:04 ID:F3DnA1xz
殿下じゃなくて陛下だろう

87 :イラストに騙された名無しさん:2007/03/10(土) 20:49:59 ID:orZ2Khqq
盛り上げたつもりが盛り下げてしまったな…
いや、もしかしてウケ狙いだったのか?

88 :イラストに騙された名無しさん:2007/03/10(土) 21:24:38 ID:byZHgxBm
>>83
そうだね、装弾しないままオートの引き金引いて 『このチャカ壊れとる』 とかいうヤクザ(実話)がいるこの国じゃ

ttp://www.ucatv.ne.jp/~ookami/illust/riarde.htm (ググっても業者のページばかりだ・・)
ちなみに弾切れ(や、シューティングレンジで弾を抜いて銃を返す)時は、この状態
スライドが後退した状態で止まるので、ホールドオープンとも言います

M92Fはこの状態がバレル剥き出しになってカッコ良いという人が多いですね

89 :イラストに騙された名無しさん:2007/03/10(土) 21:35:00 ID:orZ2Khqq
創竜伝、アルスラーン戦記、薬師寺涼子、銀河英雄伝説以外の作品が話題になることがすくないね…例えばアップフェルラントはラピュタをみたガイエ先生が感動して書いたとか(笑)


90 :イラストに騙された名無しさん:2007/03/10(土) 21:37:34 ID:orZ2Khqq
なんどもごめん…今気付いたのだが、IDが失意体前屈の出来損ないだ…

91 :イラストに騙された名無しさん:2007/03/10(土) 21:43:29 ID:piAMXkSt
ずいぶん立派な下半身だな。子供は何人だ?

92 :イラストに騙された名無しさん:2007/03/10(土) 21:54:59 ID:q0etJttk
そいやアルスラーンのAAとかってあるの?

93 :イラストに騙された名無しさん:2007/03/10(土) 23:22:11 ID:isIu3zvH
アップフェルラントねえ・・・警部とポーランド女が
大人に必要な鍵のついた部屋の中でしたことが想像つかねーなあ。
顔がふくやまけいこの絵で浮かんでくるし・・・

94 :イラストに騙された名無しさん:2007/03/10(土) 23:40:15 ID:oYFdxDCn
カルパチアとか。「左様、落選中のジェラード・アッテンボローです」
NHKのラジオドラマにもなったしコミック化もされたよね、確か。

>>89
カリオストロの城を観てヒロインの名前をパクった白夜の弔鐘もあるでな。

95 :イラストに騙された名無しさん:2007/03/11(日) 08:22:37 ID:H8sJeUtb
>>94
ジェラード・アッテンボロー氏が計画の基礎にしたのが「80日間世界一周」と聞かされたときのジョーの反応が…(笑)

96 :イラストに騙された名無しさん:2007/03/11(日) 08:41:22 ID:ySbC6YkG
>>95
ああ、ジャッキー・チェンやサモハン・キン・ポーが出演してるやつだな

97 :イラストに騙された名無しさん:2007/03/11(日) 09:06:42 ID:AN5uERS6
>>73の >次は理論社のジュブナイルレーベル用の作品

って言うのがそういう感じの作品なんじゃないの?

それとも過去の名作のリライトかな?

98 :イラストに騙された名無しさん:2007/03/11(日) 20:10:37 ID:erF13soM
タイタニア 早く書いてくれ

99 :イラストに騙された名無しさん:2007/03/11(日) 20:57:43 ID:zF+LkCpa
http://news22.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1173611586/l50

こんなにピュアなクリエーターも居るんだな。

100 :イラストに騙された名無しさん:2007/03/11(日) 21:48:02 ID:H8sJeUtb
100

101 :イラストに騙された名無しさん:2007/03/11(日) 22:42:37 ID:UqpGNbep
>>79
シンガポールというよりは香港だと思う
冷戦時代にも中台両方、というか西側、東側両方と交流があったし

102 :イラストに騙された名無しさん:2007/03/11(日) 23:31:20 ID:1aS7xHC4
>>101
読んだ当初はヴェネチアを連想したよ。
キリスト教国とイスラム国家の間の通商で成り立っていた経済国家。

103 :イラストに騙された名無しさん:2007/03/12(月) 00:05:36 ID:f/DvjFKc
>>102
表向きは共和制だが、実態は寡頭制だったというのもフェザーンの実態みたいで面白いよね。


104 :イラストに騙された名無しさん:2007/03/12(月) 01:50:11 ID:bKPkkspz
>>102
そう読んだ場合、帝国と同盟のどっちがイスラムでどっちがヨーロッパ(キリスト教圏)かが
問題になるような気もするw

105 :イラストに騙された名無しさん:2007/03/12(月) 09:17:33 ID:I0gDpFvp
アルスラーン早く完結させてくれ。
家の本棚、この作品だけ未完だ。何か落ち着かない。

106 :イラストに騙された名無しさん:2007/03/12(月) 13:26:17 ID:iIHagDtB
まだ望みがあるぶんマシだろ。
タイタニアなんて・・・

107 :イラストに騙された名無しさん:2007/03/12(月) 16:15:09 ID:HAWsoMHL
>>106
仮に(と言ってしまうのが悲しいが)タイタニア続き出たとして、
もう1〜3巻手放した人の方が多いだろうな。

108 :イラストに騙された名無しさん:2007/03/12(月) 20:24:33 ID:LyyO2hFR
読者としては待ちくたびれた…
だが登場人物たちはもっと辛いことだろうな…とくにヒューリック氏
海底に沈められて、やっと出してもらえたと思ったら今度は作者の放置プレイ…

109 :イラストに騙された名無しさん:2007/03/12(月) 20:39:21 ID:beI1ktgj
天竺おもしろかったーって、まったく話題になってないのね。

110 :イラストに騙された名無しさん:2007/03/12(月) 21:05:57 ID:LyyO2hFR
ナーラーヤナスバーミン…舌かみそ

111 :イラストに騙された名無しさん:2007/03/12(月) 21:21:42 ID:LCiJc9bJ
http://a-hiro.cocolog-nifty.com/photos/uncategorized/20070306_007_1.jpg
今思ったが、ドランクドラゴンの塚地に似てるな。

112 :イラストに騙された名無しさん:2007/03/12(月) 21:25:20 ID:4H7rdB/P
>>109
だってあれ2004年に出版された小説にあとがきを追加しただけでしょ。
オイラは未読だったから買って読んだけどまあ面白かったな。悪役のダメッぷりとか。

113 :イラストに騙された名無しさん:2007/03/12(月) 21:33:52 ID:DArUqQJp
あれが竜堂家のおとなりの前世の姿であった。

114 :イラストに騙された名無しさん:2007/03/12(月) 21:37:48 ID:beI1ktgj
>>112
いやまぁそうなんだけど、あなたと同じようにワタシも未読だったので、
ほかにも同じような人がいて、話題になってもいいのになんて。

115 :イラストに騙された名無しさん:2007/03/13(火) 00:10:48 ID:0QeWslPS
銀河英雄伝説の裏表紙を見た。
田中先生の髪がいっぱい。感動した。

116 :イラストに騙された名無しさん:2007/03/13(火) 18:05:00 ID:Zh8FekFN
ジュスラン母とアリアバート母はツマラン男を
姉妹同士の競争心に目が眩んで
取り合っていただけのような気がする
姉妹の旦那たちにとって脅威にならない男だから
種馬役に指名されたんだろ

117 :イラストに騙された名無しさん:2007/03/13(火) 19:54:59 ID:dpWfgDmh
銀英伝は民主主義vs独裁
アルスラーンは奴隷制度
タイタニアは何か主軸となるテーマってあったっけ?

118 :いつでもどこでも名無しさん:2007/03/13(火) 20:33:36 ID:HiThTY8s
スペースオペラの沼に二匹目のドジョウはいるか否か

119 :イラストに騙された名無しさん:2007/03/13(火) 21:12:14 ID:v0c6yn0+
>>117
ラノベ版ローマ帝国衰亡史なのでは。でも未完に終わるんだろうな

120 :イラストに騙された名無しさん:2007/03/13(火) 21:58:26 ID:i5N89vFn
王ではない特定の一族が財力と軍事力を手にして権勢をほしいままに、ってのはむしろ東洋に多い気もす。武断の初代ネヴィル、辣腕の二代目ヌーリィって流れは中華の皇帝っぽくもある。
西欧だと中世ではカール・マルテル、ルネサンスではメディチ家あたりがモデルだろうか。
ローマ帝国時代だとティベリウス〜クラウディウスの辺りが元老院との摩擦がまだ無視できないあたりそれっぽくもあり。
いろいろ元ネタを混ぜ込んでるんだろうな。ヌーリィはモデルがいると前何処かで読んだような。

121 :イラストに騙された名無しさん:2007/03/14(水) 00:17:45 ID:Pw0+O+UF
>177
創竜伝は電波政治批判
薬師寺涼子は「もしも天使のなっちゃんが絶世の美女だったら」
夏の魔術はロリっ娘危機一髪


122 :イラストに騙された名無しさん:2007/03/14(水) 00:24:14 ID:jfxok/MY
実権のない君主がいる、という意味では日本の幕藩体制もそうかな。
ただ、君主と権力者の居場所が近いかどうかという意味では、鎌倉と江戸は違うな。
もっと言えば、「天皇と将軍の関係」っていうよりは、
「実権のない将軍とその時代の権力者」の方がヴァルダナ帝国に近い例が多いかも。
鎌倉幕府でいう将軍と執権の関係とか、室町末期の将軍暗殺事件とか。

あと、古代の蘇我氏もあんな感じかな?
卑近な例だと全盛期の経世会とか。

123 :イラストに騙された名無しさん:2007/03/14(水) 13:41:51 ID:rIM/70RX
>121
> 薬師寺涼子は「もしも天使のなっちゃんが絶世の美女だったら」

なっちゃんが好きな私は、未だにお涼を新刊で買っております。
負け組なんだろうけど… orz

124 :イラストに騙された名無しさん:2007/03/14(水) 14:14:18 ID:Ar7lqIkC
オレもだorz

125 :イラストに騙された名無しさん:2007/03/14(水) 17:23:53 ID:gsqmJ6+u
〜田中先生は北京オリンピックを見に行くので、しばらく新刊は出ません。〜

126 :イラストに騙された名無しさん:2007/03/14(水) 21:43:33 ID:jk9xa3sj
「なっちゃん」幕府は将軍と権力者が完全に一体化した稀有な例かも…(笑)
何せ「なっちゃん」強い強い…

127 :イラストに騙された名無しさん:2007/03/15(木) 11:14:31 ID:w3b7PfLh
ハリセンボンの太いほうとセックルする夢を見てしまった・・・orz(夢精はしてないゾ!)
しかもそれが気持ち良かった俺orz

128 :イラストに騙された名無しさん:2007/03/15(木) 16:59:36 ID:FvIZ4n5p
お涼と・・・夢が・・・原画集・・・ポスター・・・orz

129 :イラストに騙された名無しさん:2007/03/15(木) 20:31:51 ID:vo/eKn++
第一部でアンドラを殺したのはもったいなかったな

130 :イラストに騙された名無しさん:2007/03/15(木) 21:14:58 ID:1oFE2jN7
つか、アンドラとタハミーネをヒルメスに殺させて、一足遅れて助けられなかった
アルスラーンがルクナバートの力を借りてヒルメスを倒して、即位して終了が綺麗。

131 :イラストに騙された名無しさん:2007/03/15(木) 21:16:22 ID:z/QVzPNo
蛇王さまがおいテケテケぼりー

132 :イラストに騙された名無しさん:2007/03/15(木) 21:23:57 ID:h9plWyWU
じゃあ、>>130のヒルメスに蛇王様降臨って事で。

133 :イラストに騙された名無しさん:2007/03/15(木) 23:56:53 ID:3tAI5ayJ
ザッハークたんはちこくちこくーって肩の蛇揺らしながら
ぱたぱた走ってればいいよ

134 :イラストに騙された名無しさん:2007/03/16(金) 01:12:09 ID:q56MRSqP
尊師だけとっととあぼんして「ザッハークの復活は阻止された!」としておけばよかったんだよ。
そんな延々引っ張るネタじゃなかったと思うね>イニシエの蛇王がどーたらこーたら

食パンくわえたザッハークたんが「ちこくちこくー」と全力疾走してきて、角を曲がって衝突したはずみに
ナルサス、ダリューンを含む16翼将の半数が倒れた、とかいう展開なら神だが。

135 :イラストに騙された名無しさん:2007/03/16(金) 09:37:29 ID:KrEu0eyr
そして人格が入れ替わると。

136 :イラストに騙された名無しさん:2007/03/16(金) 11:38:08 ID:kxlFbU8b
堀江実刑か

137 :イラストに騙された名無しさん:2007/03/16(金) 12:53:59 ID:0RW48SmF
ガイエスブルグ要塞が移動してきたことを知ったとき、
同盟側のキャラの一部が驚愕したけど、それって驚くようなことなん?
それともワープしたことに驚いたのかねえ。

主な居住惑星を、地球とおなじ公転周期になるように動かしたことの方が
よっぽど凄いと思うが。それに較べれば、惑星表面を加工して北半球の温帯〜
亜寒帯だけに都市を建設し、熱帯や南半球を農産や漁業に振り分けるテラフォーミング
なんて小さな事跡に思える。
惑星運搬と表面加工との中間にある、エネルギーを消費しそうな工事と言えば、
惑星の自転を地球サイクルに調整したことか。

138 :イラストに騙された名無しさん:2007/03/16(金) 13:07:15 ID:m2rRxEju
>主な居住惑星を、地球とおなじ公転周期になるように動かしたことの方が

>惑星の自転を地球サイクルに調整したことか。
なにこれ?

139 :イラストに騙された名無しさん:2007/03/16(金) 14:22:26 ID:wMo+GIZu
>>138
灼熱の竜騎兵かと

140 :イラストに騙された名無しさん:2007/03/16(金) 20:37:03 ID:PoT0KouK
>>137 コロンブスの卵

141 :イラストに騙された名無しさん:2007/03/16(金) 21:25:53 ID:81tDigwm
作品中、他の星系、惑星でも季節描写や時間描写にこだわらなかった事を皮肉ってる、とか?


142 :イラストに騙された名無しさん:2007/03/17(土) 00:09:24 ID:5GJkVivG
>>141
こだわらなかったっていうか、あれは季節感とかを統一させるためと、
惑星ごとに季節や時間を変えるのがわずらわしいので、わざとそうしてた。

143 :イラストに騙された名無しさん:2007/03/17(土) 02:45:37 ID:TPu+vadJ
>>137いや、木星材料に惑星いくつも作っちゃうことの方が凄いと思うぞ

144 :イラストに騙された名無しさん:2007/03/17(土) 03:15:53 ID:gOGgQ8AY
木星を分解しなくても、衛星で手ごろな大きさの奴をいくつか
かっぱらってくれば良いんじゃないかと思ったのは内緒だ

145 :イラストに騙された名無しさん:2007/03/17(土) 10:19:27 ID:oALWCVf9
こいつの政治批判は、アキバの武器屋に通じる痛さがある

146 :イラストに騙された名無しさん:2007/03/17(土) 12:54:58 ID:vAa4p4Mu
蛇王も大変だな
何年も地中にいるわたまに出番あってもシルエットだけだわ
出たら出たでどうせナルサスに裏かかれてアルスランにヌっ殺されるだろうし。


147 :イラストに騙された名無しさん:2007/03/17(土) 15:15:40 ID:/vjE7iyz
んじゃ、蛇王の魔力で、別世界から援軍を召喚しよう!!
手始めに…参謀にオーベルシュタイン、切込み隊指揮官になっちゃん…
本気で相手にしないでください…戯言ですから

148 :イラストに騙された名無しさん:2007/03/17(土) 15:57:26 ID:p+TyNsAt
チュルクってこの先絡む可能性ある?

149 :イラストに騙された名無しさん:2007/03/17(土) 16:23:53 ID:ka5GPqF+
魅力ないからもう出てこなくてもいいくらいじゃね?

150 :イラストに騙された名無しさん:2007/03/17(土) 18:32:00 ID:1OmvgfPC
つかもうパルスが危機的状況に陥る可能性が思い浮かばないんだが

151 :イラストに騙された名無しさん:2007/03/17(土) 18:35:41 ID:qHwdKsp9
蛇王が降臨して十六翼将が十六人ぐらい死ねばやばくなるんじゃね?

152 :イラストに騙された名無しさん:2007/03/17(土) 19:24:37 ID:/vjE7iyz
全滅かよ(笑)
しかし、実際には16名ほとんどが生き残る、ザッハークは再封印まで、で…
ダリューン
「倒せなかったな…これでよかったのだろうか?」
ナルサス
「さあな、しかし今の俺達にできることは全てやった。未来のことは未来の者の仕事だ」

とかなんとかで誤魔化されそう…


153 :イラストに騙された名無しさん:2007/03/17(土) 19:26:05 ID:7ulAHqxI
いやいや、最後はうしおととらや、ダイの大冒険並の大クライマックスになるよ。

154 :イラストに騙された名無しさん:2007/03/17(土) 21:10:42 ID:KM1AJePo
>>152
そして、創竜伝にゲスト出演。

155 :イラストに騙された名無しさん:2007/03/17(土) 21:23:08 ID:qhg52qO+
いっそ蛇王がパルス軍を赤子の手を捻るように壊滅させるが
復活したカイ・ホスローが蛇王を倒してハッピーエンドってのはどうだ

156 :イラストに騙された名無しさん:2007/03/17(土) 21:34:13 ID:4aYO/40V
アルスラーンと16翼将が蛇王に秒殺されて、満を持して登場したヒルメスが
「我こそが真のカイ・ホスローの末裔!」と呼号して蛇王を倒す。
「結局は血統だね」とパルス国民は納得し、「やだいやだいそんなのやだい」と、
ガイエが駄々をこねて終了。

157 :イラストに騙された名無しさん:2007/03/17(土) 21:54:59 ID:/vjE7iyz
>>156
それじゃ最終巻1ページで終わるって(笑)
というか、そのままそれ以上書き様がないじゃんか(笑)


158 :イラストに騙された名無しさん:2007/03/18(日) 01:43:42 ID:4bmwM3XG
最後の会戦で蛇王と相打ちのような形で息絶えるアルスラーン。
その場に居合わせたヒルメスに我が子を託す。
残された王子の後見役として、自らは決して王位に就こうとはしなかった
彼をパルスの人々は解放王の名と共に彼の名も長く長く語り継いだのでした。

という夢を見たんだ。

159 :イラストに騙された名無しさん:2007/03/18(日) 06:27:54 ID:lrtbvfyI
>>152
ありそうだから困るw
しかしナルサスとダリューンは死亡フラグも…。
どうせ知力勝負でやられまくった蛇王様が
「おのれ!人間め!」とかプルプル怒ってるとこに
「蛇王様…人間どもの中心はナルサスとかいう若造です。奴さえ殺せば」
とか部下に進言されたとか何とかで汚い手段で暗殺するんだろ。
アルスラーンたちが駆けつけるも間に合わず「遅いじゃないか」で死亡。

160 :イラストに騙された名無しさん:2007/03/18(日) 07:05:00 ID:YnNFHuXS
じゃあ、蛇王様はとりあえずパルスに 大 攻勢をかけて、
その後にヒステリーおこして一時的に盲目になってもらおうか。

161 :イラストに騙された名無しさん:2007/03/18(日) 12:49:46 ID:SFdMmB4N
そしてアルスラーンの死の遠因を作ると

162 :イラストに騙された名無しさん:2007/03/18(日) 16:14:40 ID:X5CZvz1i
>>158
悩ましいくびれ、まで読んだ

163 :イラストに騙された名無しさん:2007/03/19(月) 01:41:01 ID:GT5exHFu
>>162
クララが立った、まで読んだ

164 :イラストに騙された名無しさん:2007/03/19(月) 11:39:55 ID:gk3UsMHd
>>163
まったくのスレ違いですまんが
某古橋の某ライトノベルを読んだばかりなので、「クララが立った」と聞くと反射的に
「ブンダバーッ! クララ・イスト・アウフゲスタンデン! クララ・イスト・アウフゲスタンデン!」
と叫んで右手を高々と差し上げるシーンが浮かんで吹き出してしまう。


165 :イラストに騙された名無しさん:2007/03/19(月) 14:32:25 ID:RoR6nets
>加齢なる一族
「おまえなど産まれてこなければよかった」

ロイエンタールかよ。

「どうせ産まれてきたのなら可能なかぎり」となればよかったのに。

166 :イラストに騙された名無しさん:2007/03/19(月) 22:55:23 ID:YDn27aQh
私の記憶が確かなら(古!!)アンドラゴラスの遺体が盗まれていたはずだよな…
記憶があってるとすると、蛇王君はまず、アンドラ君の姿でアルスラーンと戦うな。
で、倒されると背中が割れて、蛇王の実体がでてくる、という寸法かいな…
間違ってたら笑ってくれ(笑)

>>160
誰だ?ザッハー君のご飯にフォーク准将まぜたの(笑)


167 :イラストに騙された名無しさん:2007/03/20(火) 03:33:32 ID:1JrlibhY
いきなり創竜伝の話、それも今更なことだけど、「補天石奇説余話」って実在するの?

168 :イラストに騙された名無しさん:2007/03/20(火) 10:52:13 ID:1eSAsvGU
>>167
「補天石奇説余話」の逆読みをしてみろって

169 :イラストに騙された名無しさん:2007/03/20(火) 12:33:11 ID:d2zZ384G
ほてんせききせつよわ→わよつせききせんてほ

orz

170 :イラストに騙された名無しさん:2007/03/20(火) 13:55:54 ID:1eSAsvGU
>>169
やっぱり逆から読んでも意味通じないよな・・・俺もそう思ってた

171 :イラストに騙された名無しさん:2007/03/20(火) 13:58:47 ID:6kOfDZ61
誰かキバヤシを連れて来い

172 :イラストに騙された名無しさん:2007/03/20(火) 18:36:42 ID:88dyTGVE
>補天石奇説余話
民明書房で売ってたよ。

173 :イラストに騙された名無しさん:2007/03/20(火) 21:03:41 ID:WI+KFlTu
                       _,.-‐"':" ̄~゙'ヽ、       __
      _,---‐" ̄\         /          ``ー‐-、   ノ   \
    /        ヽ      ;"                ) /      \
   /   ぐ わ   |      /                |ノ/        \
  /    ら か     |     |                 )/.|   ・  オ   |
  |    .い ら    |     |          ,;';;,,    /ノ |   ・   レ   |
  |     ・  な    |    |::::.................:::::::::;;,'^;、::::::'''..,,_;、丿 |   ・   に   |
  |     ・  い    |    /:::::::::::::::::::::::::::;"゙, /゙~゙`''::;'゙;     |  ・   だ.  |
  |    あ  こ    |    `、;;::::::::::::::::;/ ),;'   :.'.,、   |  ・   っ  |
  |    る  と    |  ,へノ   `'''''"´   .:;     .:::_ヽ  |  ・   て   |
  |    ・        Y   \       .::;     ::::ゝ    .|  ・         |
  |    ・       ∧    \     ::::::、   .:;`     |         |
  |    ・       |ヽ丶    \;;  :::;;;;::..,,、. ::i       |          |
  |    ・       | `       \;;;;/    `゙"       \




174 :イラストに騙された名無しさん:2007/03/21(水) 05:04:09 ID:0M3A2b4g
ようするに2ちゃんねらの情報網でも真相を掴めてないと。

175 :イラストに騙された名無しさん:2007/03/21(水) 06:53:34 ID:O/ieqC1b
418 :爆笑!!!− ◆ZH2oMaw/bQ :2007/03/21(水) 05:40:10 ID:QqLHpxEk0
爆笑!!!(1)
我輩は現在海外(カナダ)居住者だが、仙台市長の英断には感服!仕った。世界中
漢ちゃんの進出振りには驚き/嫌悪/恐怖が入り混じった気持ちで眺めている。カナダ
有数の大都市、バンクーバーし及び近郊の都市などは漢ちゃんに乗っ取られて居る様だ。
在る地域などでは ”漢ちゃんオンリー”の看板を立てて他人種をシャットアウト居るぞ、
嘘だと思うなら渡航して自分の目で確かめる事を勧める。 ”漢ちゃん街”を巧妙に利用して
悪行(セックス産業/不動産転がし/人身売買/麻薬泥金洗浄/密航者密輸、斡旋/他何でも御座る)
の振る舞い!−、此の儘では ”漢ちゃん”に乗っ取られる日が近い!。
現に ”漢ちゃん人口”、英語系/フランス系に次いで第三勢力(フランス系を猛迫、数年後抜き去る
事のは必至)である!−。他の大都市(カルガリー、トロント、モントリオール等)も同様で、
地元、特にバンクーバー市の人達、”漢ちゃん”の転がしで不動産価格が高騰!−で購入が
困難に成りつつ、不満が燻り始めて居る。特にバンクーバー市、不動産転がしは ”麻薬泥金洗浄”
に最適で ”漢ちゃん”好んで使う!!!−。日本もキーツケんとイケンヨ!−。
拠って、我輩は仙台市長の英断に拍手喝采を送る次第ダス!!!−。


お涼に中国系カナダ人の刑事が登場したが
現実はカナダの( `ハ´) は犯罪者率が高いようですな

176 :イラストに騙された名無しさん:2007/03/21(水) 09:35:18 ID:ne4mGYTw
>>175
どこの国でも犯罪率高いよ。
実際、中国を逃げ出した棄民だし、じゃあ逃げた先で仕事があるかと言われれば、ネイティブより不利だし。

始は中国も中国人も好きだ。右手のカバンにわずかな資産を詰めこみ、左手に子供の手を引き、
背中には万能調理具である中華鍋を背負って、中国人は世界中どこへでも旅だっていく。
「おれの立っている場所こそが中国だ」と、わざわざ口に出してはいわないが、しっかりと大地を踏みしめ、
異郷に根をおろし、いつかそこで犯罪者になる。



177 :イラストに騙された名無しさん:2007/03/21(水) 10:28:01 ID:qMPhhy6X
創竜伝のラストは、竜堂兄弟が日本を捨て、中国に亡命するんだろうな

178 :七資産1970:2007/03/21(水) 10:44:53 ID:Mb/YRLPT
「悪」のアジトが大爆発
その爆発で死んだことにして
「中国へでも行きますか」
と水平線の彼方へ泳ぎ去る

179 :イラストに騙された名無しさん:2007/03/21(水) 10:51:19 ID:ne4mGYTw
ルパン?

180 :178:2007/03/21(水) 11:19:19 ID:Mb/YRLPT
兄弟は強すぎるから
それくらいしか解決つきそうにないしな

彼らを追っていくのが
なっちゃん

181 :イラストに騙された名無しさん:2007/03/21(水) 12:08:51 ID:lXbJTyOy
>「おれの立っている場所こそが中国だ」
この一言が彼らを端的に示してるんだよな。
これを禿先生は好意的に受け取り、嫌いな人たちは許せないと感じる。
「郷に入っては郷に従え」「Do as Romans do」とか、そういう概念とは
元々相容れない。

182 :イラストに騙された名無しさん:2007/03/21(水) 12:21:26 ID:ne4mGYTw
いくら郷に従わない中国人でも
>「おれの立っている場所こそが中国だ」
まで思ってるのかな?

「中国」とはすなわち世界の中心のことであって、その場所が中華人民共和国なわけでしょう。
国名が「漢」でも「明」でも「支那共和国」でも、支那人にとってあの場所が「中国(=世界の中心)」なわけで。
だから日本には「支那」ではなく「中国」と呼ばせたがるのでしょう。

183 :イラストに騙された名無しさん:2007/03/21(水) 13:01:55 ID:92lck60U
江沢民の反日教育で今の若者はどうかわからないが、
もともと中国人が徹底的に警戒・敵視してるのはモンゴル人だと思う。
何千年単位で争ってきたし。
日本の場合は、下だと思ってた国に攻め込まれてしまったという屈辱感が根底にあると思う。
あと、単純にカネになるからとか。(モンゴルはカネにならん)

184 :イラストに騙された名無しさん:2007/03/21(水) 14:42:27 ID:qzavA8Li
>>176
この文章何度見ても気持ち悪いな。
中国通を気取っているが、まるで中国人を知らないことがまるわかり。

185 :イラストに騙された名無しさん:2007/03/21(水) 16:21:02 ID:WZBepw1h
中国人はどこに行っても中国人って意味ではよく彼等の本質を捉えてると思うけどな。
自分の文化に対するプライドが高いから異国に馴染むのではなく異国に小さな中国を作ろうとする。
異国への同化を拒否するって点では集団としての日本人も一緒だよ。
日本人は個人単位になると割と容易く同化するけどな。


186 :イラストに騙された名無しさん:2007/03/21(水) 17:22:07 ID:/hdVTbCF
まるで知らないというか、
圧倒的少数の存在でしかない華僑的な例を
中国人全体がそうであるかのように紋切り型ぽく誘導しているのが痛いかもな。

先祖がミュンヘン出身のドイツ系移民が南米大陸へ渡り、
ブエノスアイレスにコミュニティを創りました。
彼らを知れば、ヨーロッパ人というものがよく解ります。

言い換えればこんな感じか。

187 :イラストに騙された名無しさん:2007/03/21(水) 18:16:57 ID:qzavA8Li
中国人は世界中で同じことをして中国人街を作り、地元の人に毒蛇のように嫌われているし。

188 :イラストに騙された名無しさん:2007/03/21(水) 19:28:04 ID:HvaC87+U
>>186
>>187は世界中を知っているのだからマチガイなど無いのです。

189 :イラストに騙された名無しさん:2007/03/21(水) 21:58:50 ID:6P6FyC6C
>>186>>187もどっちも合ってると思うが
>>188の頭だとどっちかが間違いでどっちかが正しいという風にしか判定できないんだろうな

190 :イラストに騙された名無しさん:2007/03/22(木) 02:17:40 ID:ydttK/bW
( ´,_ゝ`)プッ

191 :イラストに騙された名無しさん:2007/03/22(木) 02:23:52 ID:NPuwQPCt
好かれてる中国人てお話の中の中国人だけだろ。

192 :イラストに騙された名無しさん:2007/03/22(木) 09:39:59 ID:QGSVZ4yi
世界中を知った気になっている>>187を茶化しただけなんだがなぁ

193 :イラストに騙された名無しさん:2007/03/22(木) 10:18:25 ID:qokzSp5M
中国板行けよ

194 :イラストに騙された名無しさん:2007/03/22(木) 13:29:45 ID:MSj9l6KA
相変わらずアルスラーンの話題で盛り上がり
創竜の話になるとグダグダ荒れるスレだぜ。

195 :イラストに騙された名無しさん:2007/03/22(木) 16:05:19 ID:T8N9Nwo9
近頃の朝日新聞はガイエよりも酷い気がする。

196 :イラストに騙された名無しさん:2007/03/22(木) 17:31:16 ID:jQqM+qkU
>>195
それはない

197 :イラストに騙された名無しさん:2007/03/22(木) 20:18:41 ID:yKjWoDai
>>194
多くの2ちゃんねらはチューゴクとチョウセンという言葉を聞くと
叩くにせよ擁護にせよ、興奮状態になる習性があるのです。

198 :イラストに騙された名無しさん:2007/03/22(木) 21:16:15 ID:ZYavdLyn
そこでタイタニアですよ
・・・もし角川がだめなら講談社なりどこでもいいから移して続きを書いて。

199 :イラストに騙された名無しさん:2007/03/22(木) 21:40:44 ID:XCk4aNVF
>>197
それだけやつらのやってることに
絶えられないってことでしょ

ほんの4〜5年前は状況的には逆だった

200 :イラストに騙された名無しさん:2007/03/23(金) 01:38:04 ID:FEcitg80
それを語る専門スレなんていくらでもあるのに、
ところ構わずエキサイトするあたりが奴らと同じレベル。

201 :イラストに騙された名無しさん:2007/03/23(金) 08:03:03 ID:mZI3YpT/
専門スレでは相手にされないからここで書いてるんだろ。察してやれよ(´・ω・`)

202 :イラストに騙された名無しさん:2007/03/23(金) 14:09:33 ID:OVwBUrZj
レス200で話題一巡したな。





ガイエが週刊誌から取材を受けたらしい。近々燃料投下があるかも知れん。

203 :イラストに騙された名無しさん:2007/03/23(金) 14:13:27 ID:QnhLNswp
>198
なんなら別人でもいいから書いて。

204 :イラストに騙された名無しさん:2007/03/23(金) 21:20:29 ID:rWbjSbds
ウェディングドレス〜シリーズでは、吸血鬼について個性的な解釈を当てていたっけな、
ウイルスによって超人的能力が開発されるという。
ウィルス要因説が作者独自のものかどうかは知らないが。

一次感染者の体内で発現するとウイルスの性質が変わるんだったか?
二次感染者には知能低下・大蒜アレルギー・日光アレルギー等の大幅な不利要因も
副作用として発現することになっていたと思うが。

205 :イラストに騙された名無しさん:2007/03/23(金) 22:00:02 ID:jpeqFRsh
アルスラ〜ン、三国志大戦みたいなのりのゲームで
出ないかな〜 3D格ゲーでもいいんだけど

206 :イラストに騙された名無しさん:2007/03/23(金) 22:22:05 ID:ymwaaiur
アルスラーン無双?

207 :イラストに騙された名無しさん:2007/03/24(土) 01:30:10 ID:J03yhtg+
この人の作品、将来、国語の教科書に掲載されるだろう。

208 :イラストに騙された名無しさん:2007/03/24(土) 04:30:57 ID:08k8axWl
「このときの作者の気持ちを400字以内で答えろ」とかいうバカな問題を解けというのか
作者が微塵もそう思ってなくても教育委員会的にはそういうことにしておきたいアレを

209 :イラストに騙された名無しさん:2007/03/24(土) 07:34:58 ID:+2mLq+k7
>>206
俺はラジェンドラで象に乗って戦うぜ。

210 :イラストに騙された名無しさん:2007/03/24(土) 09:12:06 ID:ZYYOz1Qe
>>208
司馬遼太郎が生存中、自分の作品についてそれを試験問題制作者から電話で聞かれて、
「んなもん覚えてねーよ!」と逆ギレしたらしい。

211 :イラストに騙された名無しさん:2007/03/24(土) 12:44:25 ID:rPtyjYth
それは逆ギレとは言わないと思う・・・

212 :イラストに騙された名無しさん:2007/03/24(土) 13:08:35 ID:sXylZSHL
ガイエ作品の「日本」や「民主主義」は、現実世界のものではなく
悪質にデフォルメされた「日本」や「民主主義」だからな
これを教科書で学ぶやつは「日本」や「民主主義」を勘違いして学習することになるだろうな
だがそれがいいって言うようなやつも日本には多いだろうがな

213 :イラストに騙された名無しさん:2007/03/24(土) 13:39:25 ID:sYPDd/EB
それは恐ろしい予想だな。
教材なんぞになっていない現状でさえ、架空戦車を現実の戦車の誤認だと誤認して
作者が間違ってると大声で喚き散らす莫迦がいるってのに。

214 :イラストに騙された名無しさん:2007/03/24(土) 14:19:18 ID:zABLW2xT
小説の中の世界は、現実に対する風刺だとしてもディフォルメされており、あくまで架空なんだがな…
読者の側でフィクションだ、ということをわきまえて読むべきだろう。
小説と現実の区別をつけることもできないのは、幼稚園児がヒーローごっこでムキになって怪我するのと変わらない気がする…


215 :イラストに騙された名無しさん:2007/03/24(土) 15:05:05 ID:17RwAWoA
蛇にピアスとか蹴りたい背中の方が可能性高いだけに恐い。

216 :イラストに騙された名無しさん:2007/03/24(土) 16:37:19 ID:M+/Jc5ZU
>>208
野坂昭如の娘は、『火垂るの墓』だったか、
父親の作品でそういう問題が出たので本人に聞いてみたところ、
「これで原稿料がもらえる、と思った」と言われたとか。

217 :イラストに騙された名無しさん:2007/03/24(土) 17:56:38 ID:eiKpHod/
>>214
別に異議はないけど、それに加えて著者の方でもノンフィクションという
誤解を与えかねない記述は避けねばならない。
巻末での「この話は・・・」とかではなくて。
ある程度の年齢になってないと、あの種のアジテートを信じても全然おかしくない。

218 :イラストに騙された名無しさん:2007/03/24(土) 17:58:00 ID:eiKpHod/
悪い、上げちまった

219 :イラストに騙された名無しさん:2007/03/24(土) 18:26:51 ID:VlA0uyUG
世の中にはノンフィクションと銘打って堂々嘘を書く御仁もいるからねえ……
教育において重要なのはテキストもさることながらむしろそれをどう教えるかだと思われ。

たんに娯楽と考えれば、どう誤読しようと読者の自由ではあるが、
作者がもしここは誤読してほしくないと言う部分があるならそこはある程度の慎重さをもって記述さるべきと考える。
とはいえ、最初から教科書に使われることを想定して娯楽小説を書く奴はいない訳で。

仮に田中芳樹の小説が教科書に載ったとしてもどうこう、というのは影響を過大に見すぎじゃないの、とは思う。
田中程度の偏りは現実の世の中においては偏りとすら呼べない無難な意見にすぎない。
上記「ノンフィクション」の罪に比べれば小さい小さい。

……なんか上手く言いたいことがまとまらんが、まあいずれにせよ本を一定量以上読む子供なら、もし偏りが存在するなら早晩気づくものだと思うよ。
それが学校が教えるべき「読解力」てもんじゃないのかねー。


220 :イラストに騙された名無しさん:2007/03/24(土) 18:57:03 ID:Oxooms+u
>>219
学校で教えるべきかどうかは知らんが、
>いずれにせよ本を一定量以上読む子供なら、
>もし偏りが存在するなら早晩気づくものだと思うよ。
は同意だ。
だけどガイエみたいに、事実かどうか、カリカチュアされたものかどうか、フィクションだかどうなのか、(わざと?)誤解を与えるような書き方が賛成されるわけではない。
まともな知能を持っていれば、普段の食事+納豆2パックでやせるわけが無いと分かっても、「納豆でやせる」などど放送してもいい理由にはならない。


221 :イラストに騙された名無しさん:2007/03/24(土) 19:11:28 ID:D4KE23wk
>>206
それ3Dアクションだから。
と思ったが激しく欲しくなってきたぞえ

222 :イラストに騙された名無しさん:2007/03/24(土) 19:15:43 ID:zABLW2xT
>>217
まとめていえば「物書きとして食っていく以上筆運びには慎重さが求められる」ってことで、その意見には異論はないよ
だが一方、ガイエ氏に限らず作者叩きが暴走していることもあるわけで、(叩きたいから叩いてるのかってときもあるよ)そうなると最終的には戦前日本の「国策に逆らう輩は国賊・非国民!!」…なんてこと状況に繋がる訳で…
そこまでいかなくても、あまりに書き手が気をつかいすぎると、無味乾燥なものになるだろうし、まともな会話すらやりにくい社会になりかねないし…双方ほどほどにしないとね(笑)

223 :イラストに騙された名無しさん:2007/03/24(土) 19:28:24 ID:64LMheZz
改行してくれ。
極めて読みづらい

224 :イラストに騙された名無しさん:2007/03/24(土) 20:06:14 ID:Oxooms+u
>最終的には戦前日本の「国策に逆らう輩は国賊・非国民!!」…なんてこと状況
こんな状況あったの?

225 :イラストに騙された名無しさん:2007/03/24(土) 20:20:49 ID:VlA0uyUG
>>224そこでもう引っかかるのかよw
なるほどな。こりゃあながち笑い事でもないわw

226 :イラストに騙された名無しさん:2007/03/24(土) 20:39:35 ID:zABLW2xT
>>224
あったんですけど(…苦w)

227 :イラストに騙された名無しさん:2007/03/24(土) 21:06:48 ID:iatssisI
まったく関係ない話でスマン。

学生の頃吉川英治の短編が国語の教科書に載ってて、かなり面白かった気がする。
(武士と百姓爺の話で、実は爺が剣の達人だったって話)

228 :イラストに騙された名無しさん:2007/03/24(土) 21:28:13 ID:2I35VrrQ
で、ガイエに作家としてのモラルを身につけさせるにはどうすればいいんだ
俺は無理だと思う

229 :イラストに騙された名無しさん:2007/03/24(土) 21:47:24 ID:e6Pujf3v
何かで大損こいて預金を吐き出し
人気が微妙なところに落ち着き
頑張れば生活していく事に困らない、頑張らないとちと苦しい
ぐらいの売れ行きになれば一所懸命になると思う

230 :イラストに騙された名無しさん:2007/03/24(土) 21:57:19 ID:zABLW2xT
じゃ今度は逆…
余りにも態度の悪い書き込みを平気で続ける一部のネラーどもを思い知らせるには?
俺は不可能だと思うwww

231 :イラストに騙された名無しさん:2007/03/24(土) 22:43:42 ID:reOcdj6o
そりゃ仕方ない。そもそも小説なのに、ノンフィクションという誤解を与えてはいけないとか
ものすごいセリフを吐くような御仁には何を言っても無駄だと思う。

232 :イラストに騙された名無しさん:2007/03/24(土) 23:25:09 ID:Oxooms+u
>>226
戦前の話と他都道府県の話は知ったかぶりばかり。
一般的な話だったというのならソース出してくれ。



233 :イラストに騙された名無しさん:2007/03/24(土) 23:25:20 ID:zABLW2xT
相手の話を聞いちゃいねぇ奴はガイエ氏じゃなくて自分自身…か
以て他山の石としましょうか(苦w)

234 :イラストに騙された名無しさん:2007/03/24(土) 23:34:08 ID:5UJpN5mg
>>227
弁の介留守とか何とかいうやつ?あれ、芳川英治だったの?

235 :イラストに騙された名無しさん:2007/03/24(土) 23:46:23 ID:zABLW2xT
>>232
つ治安維持法(1941改正)

236 :イラストに騙された名無しさん:2007/03/24(土) 23:55:43 ID:64LMheZz
>>232
日本史の時間は睡眠に当ててたのか?

237 :イラストに騙された名無しさん:2007/03/25(日) 00:01:57 ID:zABLW2xT
小学校の歴史の教科書にも治安維持法と小林多喜二の悲劇が近代史の部分に掲載されていた。


238 :イラストに騙された名無しさん:2007/03/25(日) 00:08:25 ID:LWSxG4yH
創竜伝などの時節の話題や社会批評のようなものの類は、主人公である竜堂兄弟などの辛辣な意見を言うシーンを描くための道具であって
その批評が説得力があるか、妥当性があるかなどは本質的な意味はない、と捉えるべきなんだろうな。
ヒッチコックの言うマクガフィンなんだな、最近気がついた。
たとえば戦車に穴が開くかどうかの事実関係は、社会批評なら客観性や説得力が必要だが、
フィクションの作中でなにか格好よく映える反体制的な意見を書くのが目的というなら、それは単なる道具にしか過ぎないからな。
事実である必要はない。ある程度の説得力はあったほうがいいとは思うが、なくても成立しうる。





239 :イラストに騙された名無しさん:2007/03/25(日) 00:21:20 ID:iXu5qk0p
むしろこれはフィクションだから批判するな、説得力があろうがあるまいが話として成立
するとして、批判を封じ込める方が怖いがな。穴が開く戦車という道具立てに説得力が
無いのであればそれは批判するべき。無くても成立するものなら出さなくてもいいのだから。

240 :イラストに騙された名無しさん:2007/03/25(日) 01:01:48 ID:jaFWLx60
>>239
それはそうだが、最近のガイエは批判を恐れてか知らないが
「これは右翼左翼関係なく、政府のやる事全部反対する方針です」
みたいな微妙な留保を作中で付けるようになったからな。
俺はもともとそういうものだと思ってたんだが。


241 :イラストに騙された名無しさん:2007/03/25(日) 01:29:21 ID:LWSxG4yH
>>239
説得力がなくても成立するのは、創竜伝の「作中での反体制的な辛辣な意見、そのポーズ」が
(思春期の読者に対して)エンターテイメントとして成立するという話で、娯楽として有効かどうかを重視する立場なんだ。
創竜伝がその種の娯楽を提供して読者に受けていたのは同意をえられると思う。
それが好ましいものかどうか、価値があると思うかは別として。

まあ、ヒッチコックの映画の場合、サスペンスという人の心を揺さぶる事を目的として特化しているから
創竜伝を同じ論法で語るのは無理があるのかもしれないが。
精緻な設定のもつ説得力というのは、感情移入を呼び起こすサスペンスの道具としては低い価値しかないが、
SFなんかでよくあるそういった「よく出来た嘘」の類はある種の知的興奮を満足させるし、それはエンターテイメント作品の魅力でもあるだろうな。
創竜伝にそれはないところは批判の対象となりえるかも。





242 :イラストに騙された名無しさん:2007/03/25(日) 02:19:56 ID:jaFWLx60
まあ創竜伝の場合は作品の性質上、敵を必要以上に悪に仕立てると
物語の構造が簡単になるというだけの話だよ。
面倒なイデオロギーを持ち出すよりも、単純に主人公を左に置いて
敵(政府権力側)を右に配置して、右を徹底的に悪く描く事で
逆に難しい話に踏み出すのは避けてるように見える。
帝国主義対民主主義ならともかく、民主主義内部の対立構造は
ガイエが描くには難しいからエンターテイメントに割り切ってるというか。


243 :217:2007/03/25(日) 05:02:52 ID:VnFcD/iQ
>>222
大筋はそんな感じで賛成。

って、なんで>>217>>223>>224>>228などが同一人物になってるんだ。
自分と少しでも違う意見を言った物は同一判と考えるのは楽かもしれないけれど、
それは度量の狭さというものにも繋がると思うよ。
議論は自分対相手の意見の対立で勝ち負けを決めるのではなく、
自分と相手の意見をよく聞いて、より良い意見を見つけだすことが大事だと思う。

この意見もこれが正しいという訳ではなく、一つの考え方として。

>>231
名誉毀損という概念がなければそう考えていたかもしれない。

244 :イラストに騙された名無しさん:2007/03/25(日) 08:28:55 ID:oNZK2vt9
銀英伝だけならニコニコにあった
http://www.nicovideo.jp/watch/sm62292

245 :イラストに騙された名無しさん:2007/03/25(日) 08:44:07 ID:2WUHRFJp
>>243
なんで>>217>>223>>224>>228などが同一人物になってるんだ。
IDが各々違うからみんな気が付いてると思うよ
でも、自分の意見と異なる人間は同じ一つのグループとしてレッテルはって回る悪質なのもいる。
その点は気をつけないとね(笑)


246 :イラストに騙された名無しさん:2007/03/25(日) 09:42:08 ID:iXu5qk0p
これはフィクションですと断りを入れれば、ガイエに似た架空のSF作家をバーコード禿
と罵ってもオッケー。タナウツでそれをやったら儲から批判はいいけどガイエに対して個
人的中傷はするな、身体的特徴を罵るのは卑怯だって怒り出したのを思い出すw 彼も
同じことしてんのにね。

247 :イラストに騙された名無しさん:2007/03/25(日) 11:40:35 ID:5JMyr1nf
中傷に怒る信者がいるのは当然だろ。阿呆か。
人を貶して反撃されないのが当たり前と思ってんのか。
作家を貶すのも自由なら貶した人間を貶すのも自由だ。
くだらん粘着してるのが自分って事に気づけよ

248 :イラストに騙された名無しさん:2007/03/25(日) 11:50:36 ID:U6a0CxvX
ウェディング〜シリーズにおける吸血鬼化メカニズムと、それに関する用語が意味解らないのですが・・・?

まず、「先天性吸血鬼」と「後天性吸血鬼」の使い分け。
文脈によれば、先天性吸血鬼とは言いながらも、
不特定の時期に吸血ウイルスが発現することによって吸血鬼化するとなっている。
つまりどちらにしても生まれながらの吸血鬼ではなかったということで、
先天性だの後天性だのという語を冠するのは方向違いではないかという点。

次に、「先天性吸血鬼(笑)」の形質伝播法。
遺伝子の中に潜んでいるという文もあれば、吸血ウイルスによって伝えられるという文もあり、記述が矛盾する。
また、ウイルスによる伝播だとする設定ならば、どのようなルートでウイルスが子に送られるのか、
ここも明らかにされていない。

次、先天性吸血鬼と後天性吸血鬼の大きな差異である、知性の著しい低下の有無に関して。
先天性であれば吸血鬼化に際しても脳内物質の代謝異常を伴わないということになっているが、
その理由が、血液中に抗体を持っているから、というもの。
なぜ抗体をあらかじめ持っているのか、あるいは抗体はどこから来たのか、
あるいは抗体はいつ・何故・どうやって生成されたのか、全く記述が無い点。

いくら文系の道を歩んだからと言っても、高校で理科を全く習わなかったとは思えないのですが。

249 :イラストに騙された名無しさん:2007/03/25(日) 12:26:41 ID:XKXtvouM
最近長文が多いな

250 :イラストに騙された名無しさん:2007/03/25(日) 12:47:05 ID:2WUHRFJp
>>247
>人を貶して反撃されないのが当たり前と思ってんのか。
作家を貶すのも自由なら貶した人間を貶すのも自由だ。
…こんなかんたんな理屈も判らないから平気で暴言を書くのだろう。
その点>>247さんはちゃんと理解できてるんだからずっとまともだよね
でも、同レベルにこちらまでが墜ちて暴言吐くこともない
お互いに自分自身のレベルはあげるよう努力をしようよ(笑)


251 :イラストに騙された名無しさん:2007/03/25(日) 13:42:12 ID:g46UtbQ9
>248
先天性はキャリア保菌者って事で遺伝子中に吸血鬼因子持ってても
発現しないまま一生終わる人もいれば発現する奴もいるって感じじゃないのだろうか

252 :イラストに騙された名無しさん:2007/03/25(日) 15:30:00 ID:U6a0CxvX
>>251
キャリア保菌者とは重複ぽくて聞き慣れない言葉だけど。
保菌しながらも、あるいは吸血鬼化遺伝形質を内包しながらも発現せずに
一生を終える人は多いと、自分も考えてはいますよ。
雅香の親のどちらかが、そうなりそうだし。

まあ問題は、生まれたときから発現した状態ではないことに対して
先天性という語を使うのはおかしくないかということなんだけど。

一定年齢に達すると頭髪が育たなくなる遺伝因子があるとしよう。
だからといって、そんな遺伝因子を持って生まれたきた赤ちゃんが
「産まれながらの禿」=「先天的な禿」と呼ばれるわけじゃないでしょう。
そういうこと。

253 :イラストに騙された名無しさん:2007/03/25(日) 15:49:06 ID:4Tf8gAcO
>247
>人を貶して反撃されないのが当たり前と思ってんのか。

お涼とか創竜伝読んでると、ガイエはそう思っていそうな気がするんだが。

>248
> また、ウイルスによる伝播だとする設定ならば、どのようなルートでウイルスが子に送られるのか、
> ここも明らかにされていない。

ウィルスというのは体細胞のRNAを乗っ取って自分の複製を作成するわけですが
ごくごく稀に核の中に入り込んで自分自身を宿主のDNAの中に紛れ込ませてしまうものが
居るようです。

あと、胎内感染とか産道感染とか母乳感染などの可能性もあるでしょうね。
まぁ、田中にはそんな細かい知識は無いだろうし、多分考えてないだろうけど。

254 :イラストに騙された名無しさん:2007/03/25(日) 16:32:14 ID:U6a0CxvX
>>253
>ウィルスというのは体細胞のRNAを乗っ取って自分の複製を作成するわけですが
>ごくごく稀に核の中に入り込んで自分自身を宿主のDNAの中に紛れ込ませてしまうものが
>居るようです。

これ、吸血鬼化の発現に関することであって、感染に関することではないわけですが。

関係ある話は、その後の方ですね。
ウイルスが生殖細胞内まで潜り込んで結晶化するということなら、精子からの感染も普通にあると思う。
胎盤を通して、あるいは出生後の授乳を通してということなら、圧倒的に母系からの伝播という図式でしょうね。

255 :2CH/MD/cyA ◆ziYJkn9vF2 :2007/03/25(日) 19:29:45 ID:0NtYf6Cc
お前らみんなバカw

256 :イラストに騙された名無しさん:2007/03/25(日) 19:58:15 ID:t9sFdZg/
バカじゃないのは貴方だけだ。

257 :イラストに騙された名無しさん:2007/03/25(日) 20:07:08 ID:2WUHRFJp
バカには見えないスレッドにござい…!

258 :イラストに騙された名無しさん:2007/03/25(日) 22:58:40 ID:1OSXs2PN
己が臆病な自尊心を救うための行為だろう?お前のレスって・・・
恥ずかしいとは思わないのか!!!両派ともに!!!!

259 :イラストに騙された名無しさん:2007/03/26(月) 07:48:14 ID:t2hhbY68
恥ずかしい

260 :イラストに騙された名無しさん:2007/03/26(月) 09:15:46 ID:SpBsCFYn
もう年表でいいからサクっと出しちゃって

261 :イラストに騙された名無しさん:2007/03/26(月) 13:25:26 ID:mgvpwSZy
>>252
>「産まれながらの禿」=「先天的な禿」と呼ばれるわけじゃないでしょう。

いや、遺伝的に決定づけられているとすれば、先天的というのではないだろうか?

で、こういう遺伝セットをもっていればいいのでは?抗体は?だけど。

 〜================〜〜〜〜〜〜================〜〜〜
   超人化する領域          狂わずに使いこなす
  ウィルス化して感染能あり     ための領域(抗体?)


>いくら文系の道を歩んだからと言っても、高校で理科を全く習わなかったとは思えないのですが。

ガイエ高校生は1970年頃。
AIDSの原因がHIVウィルスであることが突き止められたのが1983年。
ウェバラ発表が1987年。利根川進がノーベル賞を取ったのも1987年。
ちょっとは、当時の一般的な知識というものに寛容になってあげなよ。
現在の知識で批判してはいかんでしょ。


262 :イラストに騙された名無しさん :2007/03/26(月) 19:50:30 ID:r/Ka79XB
だいたいそんなこと言ってたらそこそこ本格的なSF小説とかでおかしいのもいくらでもあるよ。
ナノマシンとか言ってりゃなにあってもいいと思ってる作家とかもいるし。
作中で「記述がない」とか「明らかにされてない」からダメだってのも無茶苦茶だろ。
疑似科学がでてくる伝奇小説で完璧にそこまで記述しているほうが稀だよ。

完璧に論理的な説明がないと満足できないというのは、要するにラノベから卒業する歳になったってことだと思う。

263 :イラストに騙された名無しさん:2007/03/26(月) 20:00:22 ID:zT4Gp8AU
失毛のなかにこそ真の体毛がある!
体毛が無ければ・・・・恨みを晴らしたとて何になる!!!

264 :イラストに騙された名無しさん:2007/03/26(月) 21:35:10 ID:ejZrVCW9
疑似科学をだな、その作者独自の発案でも他者の発案でもいいが、
それが置かれる作品に馴染むように脚色するのが作家の腕の見せ所だと思うが。
昔・SF、今・伝奇ものをよく出している星野之宣なんかは、そこが上手い。
強引な架空理論(?)で説明してみるという力技を多発している。
物語の根幹を支える要素ならば、全く触れないよりは、
多少強引でも説明してみせるという「手抜きではないぞ」的な姿勢を見せてくれる方が
交換が持てる、と俺も思う。

265 :イラストに騙された名無しさん:2007/03/26(月) 21:36:29 ID:ejZrVCW9
× 交換が持てる
○ 好感が持てる

266 :イラストに騙された名無しさん:2007/03/26(月) 23:06:25 ID:4o5JeNbf
>252
科学的な正確さに拘るのなら教科書かノンフィクションでも読んどきゃいいじゃねーかww
科学考証の巧拙と話としての面白さとは別物と考えといたほうがいいと思う。

この場合吸血鬼ウイルス云々はあくまでも小道具で、話の根幹に関わってくる類のものではないから
「この話の中ではそういうもの」として受け入れて読むのがいいような。
それじゃ納得できないというならそもそもラノベに向いてないとしか。
銀英伝にしても「イゼルローン回廊のような空間はありえない」等
科学考証の面ではツッコミ入れられまくってるけど
「科学的にダメダメだから駄作」なんて評価はあまり聞かない。

267 :イラストに騙された名無しさん:2007/03/26(月) 23:37:40 ID:x4KqYPJU
結局ウィルス云々なんてのは
「吸血鬼は実はオカルティックな存在じゃないから十字架も聖餅も怖くありませんよー」
というネタにソレっぽい理由を付けただけに過ぎないんだよな。

268 :イラストに騙された名無しさん:2007/03/27(火) 07:56:42 ID:Kmyo+/8/
       ▂◢◤▀▀▀▀▀▀◥◣▂
     ▃◢           ▀◥◣
 ▂▄▆██▅             ◥◣ ▂▁
  █████▍             ▐█▀
  █████              ▄██
  █████◤▀▀◥▅  ▂▃▃▃▃▂ ███
  ████▀▀◥■◤█ ▐◥◤▇■◤▂ ▐█◤▋   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  ████▆    ▇▀ ▐ ▂    ▐ ▉▐   | 久々にオワタ\(^o^)/
   ████▆▄▅█▅▂▅▂█▃   ▐◢◤▌   | かちゅにはコピペできない
   █████▀ ▀▀▀▀ ▀█▆▄▆▎▐  < のが昔の俺なんだよな新参は
    ████ ▀■◤◥■▀   ▍▐▀    | ジェーンスタイルで簡単にコピペしてくるから困る
    ████▊ ◥▆▅▅▆◤    ▊ ▐      \________
    ▃◥████▎      ▊ █ ▐▂
▄▅█▉  ◥███▄    ▄█▅█■▀█▅▄
███▊   ◥███▅▄▅▆█◤▀▀   ███▆▄▂

269 :イラストに騙された名無しさん:2007/03/27(火) 09:57:08 ID:mfXxp4Tz
たしかにガイエの手にかかれば、伝承のなかではおどおどろしい幽鬼的存在も、
肉体を持って生きた人間の変種的に、はっちゃけた存在として扱われるな。
ウェディング・ドレスの吸血鬼しかり、そーりゅー伝のポンティアナ(しかも男性!)しかり。

270 :イラストに騙された名無しさん:2007/03/27(火) 19:20:52 ID:OCxNL4C4
久々に坊主にしたら頭皮が火照ってるw

271 :イラストに騙された名無しさん:2007/03/27(火) 21:32:34 ID:EvYRd9Ui
ボーズにできるほど毛があるなら神に感謝したまえよ(笑)

272 :イラストに騙された名無しさん:2007/03/28(水) 12:07:38 ID:qaukAhmQ
創竜伝
いつになったら
でるのかな?

273 :イラストに騙された名無しさん:2007/03/28(水) 12:52:06 ID:VPEtNsVX
ガイエの反日・反米エナジーがたまった時。


274 :イラストに騙された名無しさん:2007/03/28(水) 13:14:57 ID:fErHaelp
創竜伝ど日本は軍事大国って繰り返し出てくるのね

275 :イラストに騙された名無しさん:2007/03/28(水) 13:35:21 ID:VPEtNsVX
>>274
まあ戦力を見たら間違いではないと思う。
ただ国の規模に見合った戦力を保持してても何ら不思議じゃないけど。

276 :イラストに騙された名無しさん:2007/03/28(水) 13:52:02 ID:49YKIx1b
日本の周りを見てみろよ。
アメリカロシア中国
世界を代表する軍事大国&ならず者国家ばかりだろ。
核でも持たなきゃやってられんよ。

277 :イラストに騙された名無しさん:2007/03/28(水) 14:09:57 ID:q9cOwQO8
はあ? 日本だって既に持ってますよ、核燃料。

278 :イラストに騙された名無しさん:2007/03/28(水) 15:19:10 ID:49YKIx1b
おもしろい

279 :イラストに騙された名無しさん:2007/03/28(水) 20:08:44 ID:q9cOwQO8
核燃料を精製する際に出るゴミを資源に、砲弾として再利用するアイデアは銀英伝にもあったね。
ウラン238弾という冗長な名前で。
現実世界で劣化ウラン弾としてこうも早く普及するとは、当時としては予想できなくても仕方ない。

それにしても、古典SFで理論的に”蛍光灯”の普及を予言しながらも、
現実にはSF作品中の名称ではなく”蛍光灯”という呼び方が定着してしまった例が連想される。

280 :イラストに騙された名無しさん:2007/03/28(水) 20:50:40 ID:GnMhlGPp
ウラン238弾は銀英伝以前からSF物では見かける名前だったと思うが。
だいたい銀英伝は一兵器について、核燃料を精製する際に出るゴミを資源に、砲弾として再利用する
なんてことまでいちいち書いてない

281 :イラストに騙された名無しさん:2007/03/28(水) 21:18:11 ID:6xExIZSr
世の中には劣化ウラン弾を核爆弾だと思ってるやつも居るんだよな

俺の母親とか

282 :イラストに騙された名無しさん:2007/03/28(水) 21:19:23 ID:q9cOwQO8
銀英伝以前のどんなSF物に登場してたかは俺は知らないけど、
ガイエがその元ネタになる作品を読んでたのかなあ。

ウラン238がどんな経緯で砲弾にされたかは銀英伝に書かれちゃいないよ、確かに。
わざわざ”ウラン238”と表記する背景を考察したら、こうなんだろうなということ。
天然のウランをそのまま利用するなら、わざわざ238と書くわけがない。
同位体238の濃度がとりわけ高くなってるから、あえて238とこだわってるわけでしょう、と。

283 :イラストに騙された名無しさん:2007/03/28(水) 22:45:55 ID:A1V7Fv9s
『その時歴史が動いた』で思いっきり ”諸葛亮孔明”。

ま、いいよね 別に。

284 :イラストに騙された名無しさん:2007/03/29(木) 00:10:28 ID:TaSwcCG9
人物を指すとき名前は記号なので別にいいでしょ。
作中もしくは中国人が姓名字で呼んでたらおかしいだけで。

285 :イラストに騙された名無しさん:2007/03/29(木) 00:16:02 ID:dfECslor
ガイエはフルネーム+字で呼ぶのは変だって言いつづけてるけど、
織田上総介(三郎)信長とか、坂本龍馬直柔とか、忌み名や官職名ごと
まとめて表記しちゃう風習が昔からあるからねえ。
劉備玄徳や諸葛亮孔明が根付いちゃったのは必然というか。

286 :イラストに騙された名無しさん:2007/03/29(木) 04:33:55 ID:e5mzcfk+
>>279

灼熱新書版の年表には「ウラン238爆弾」なるものが出てきますよ。
爆弾をウランで作るメリットなど内のに。


287 :イラストに騙された名無しさん:2007/03/29(木) 05:21:52 ID:rA4KXM53
昔、漢文の授業であざなやいみなの話をしてる時に
「諸葛亮孔明」ってのはおかしい、って習ったけどな。

いみなは目下の者を呼ぶ時の名で、
あざなは目上の者或いは一人前と認められた者を呼ぶ時の名。
同時に呼ぶとおかしい、って言うのにはそれなりに理由があると思う。
たとえば日本で「羽柴筑前守秀吉」とか「源九郎三郎義経」とか言うのとはわけが違う。

>>277
核ミサイルならオレの股間にも(ry


288 :イラストに騙された名無しさん:2007/03/29(木) 05:30:25 ID:e5mzcfk+
歴史上の人物だから上でも下でもありません。
フルネームなら全員フルネームで通せば問題なだろ。
曹操、劉玄徳、諸葛亮孔明とかってなったらおかしいかもしれないが。


289 :イラストに騙された名無しさん:2007/03/29(木) 05:35:36 ID:rA4KXM53
>>288
>曹操、劉玄徳
はおかしくないが
>諸葛亮孔明
はおかしいだろ、って話。

歴史上の人物であれ、あざなといみなを混合するのはおかしいと思う


290 :イラストに騙された名無しさん:2007/03/29(木) 05:50:39 ID:e5mzcfk+
曹操、劉玄徳、諸葛亮孔明ならおかしいが、
曹操、劉備、諸葛亮、
曹孟徳、劉玄徳、諸葛孔明
曹操孟徳、劉備玄徳、諸葛亮孔明で統一してるならおかしくないだろといってる。

俳号などとは違い、「本名」に違いないわけで、「本名をフルネームで表記」するのが何でダメなの?
歴史上に「曹家の孟徳という字をもった操」という人物は確かに存在するわけで、それをいちいち「曹操(字は孟徳)」といちいち書くか、
操、孟徳のどちらかを一切出さないかのどっちかにしろと言いたいのか?
メリットは?

291 :イラストに騙された名無しさん:2007/03/29(木) 06:39:54 ID:fxePvAsP
現代の中国人でも歴史上の人物に対しては「諸葛亮孔明」みたいな表記を平気でするみたいよ。
少なくとも自分が知り合った中国人留学生はそうだった。

292 :イラストに騙された名無しさん:2007/03/29(木) 07:41:36 ID:T5LNg3Vv
コーメイさんカワイソス・・・
二千年近く経って異国でゴチャゴチャ言われちゃって

293 :イラストに騙された名無しさん:2007/03/29(木) 08:08:04 ID:e5mzcfk+
なーに、
「はははご主人様」なんて言わされるよりはよほどましだw


294 :イラストに騙された名無しさん:2007/03/29(木) 10:22:12 ID:hUDAlulF
冥土服着て「はわわ、ご主人様、敵が攻めてきました」
と言わされる、の間違いじゃないのか

295 :イラストに騙された名無しさん:2007/03/29(木) 10:37:32 ID:mdAa/Bi4
ガイエの描写する日本に比べればかわいいものだ

296 :イラストに騙された名無しさん:2007/03/29(木) 11:25:15 ID:Hhgnhwe0
>>290
>「本名をフルネームで表記」するのが何でダメなの?
そういう風習・決まりだからだろ。
聞かないと分からんことか?

297 :イラストに騙された名無しさん:2007/03/29(木) 12:51:40 ID:ZbchVtoU
高校時代NHK人形劇三国志見て燃えてたのに、
後日再放送では「プ 諸葛”亮”孔明だってw」と又聞き知ったかしてるニワカな俺に喝だな。

298 :イラストに騙された名無しさん:2007/03/29(木) 16:05:09 ID:e5mzcfk+
>>296
そういう「当時」の風習、だよな。

そんなこと言ったら、織田上総介信長だって「当時の人の呼び方」としてはあり得ないのじゃないか?


299 :イラストに騙された名無しさん:2007/03/29(木) 17:56:50 ID:8Ra7Cvom
確か最初上総守って名乗ってたのを訂正されたんだよね

300 :イラストに騙された名無しさん:2007/03/29(木) 19:44:13 ID:fxePvAsP
ガイエは現代日本人が「諸葛亮孔明」と言う呼び方をした時に、
「それはおかしい」とツッコんでいたように憶えてるけど?
自分の記憶違い?

301 :イラストに騙された名無しさん:2007/03/29(木) 20:41:08 ID:TaSwcCG9
知識ひけらかしの、つまらんツッコミでしょう。

302 :イラストに騙された名無しさん:2007/03/29(木) 21:23:45 ID:mNBo5wMP
ガイエ曰く「レンズマンにもはまりかけた・・・完全にはまらなかったのは途中から妙にエリート意識が鼻につくようになったからだが」



どういうことだろうコレ?

303 :イラストに騙された名無しさん:2007/03/29(木) 21:23:51 ID:oCoqjzUq
確か創竜伝でもやってたし、中国武将列伝でもやってたね。
まあ、「姓」「名」「字」の区別と三つ並べると何故だめなのか、理由を紹介しただけだろ…目くじらたてるほどのこともなかろ…


304 :イラストに騙された名無しさん:2007/03/29(木) 23:54:59 ID:dfECslor
>>302
それ、アシモフのファウンデーションシリーズの最終巻の解説だべ?
俺も読んだけど、それが引っかかって未だにレンズマン読んでないんだよね。
本当にそうなら読みたくないな、みたいな。
当時はガイエの言うことは何でも信じてたからなあ・・今だと結構、趣味が
偏ってるオヤジって分かったんだけど。
でもその文でガイエが絶賛してた、アシモフの「暗黒星雲のかなたへ」は
確かに面白かった。

305 :イラストに騙された名無しさん:2007/03/30(金) 00:07:47 ID:wx+BcuaF
白銀騎士団読んでたら、誤字発見。

「睫毛」が「捷毛」ってなってた。

ガイエは手書きだから、これは彼のミスかな。
ワープロやなんかを使ってたらこうはならなかったろうに。


306 :305:2007/03/30(金) 00:13:53 ID:wx+BcuaF
と、思ってググったら23900件も見つかった。

ワープロ使ってても同じか。


307 :イラストに騙された名無しさん:2007/03/30(金) 00:40:24 ID:EhqUQDvt
レンズマンはまあ、SFとして面白いんだけど
ガチガチのWASP男性至上主義みたいなもんが透けて見えるというのも正直な感想

308 :イラストに騙された名無しさん:2007/03/30(金) 00:53:09 ID:vYyIziZT
>>303
日本人が言ったのを始が訂正したとかそんな流れじゃなかったっけ?

309 :イラストに騙された名無しさん:2007/03/30(金) 04:50:14 ID:nbecXYpk
>>308
新潟かどっかで新興宗教のボスが言ったのを、続が訂正したんだよ。
確かにアレは知識のひけらかしっぽかったけど。

>>290
だから、「姓+イミナ+字」は「フルネーム」じゃないんだよ。
字はいわば、イミナの代わりなわけで。
日本で、戦国時代の武将が「○○守」とか「××介」とか言ってたのは別に字でもイミナでもないから。


310 :イラストに騙された名無しさん:2007/03/30(金) 05:37:13 ID:8flpORkn
だったら歴史上の「曹家の操という諱と孟徳という字を持つ人物」を「今現在」何と呼べば良いんだ?
曹操と呼んで字を無視するのか、操孟徳と呼んで諱を無視するのか曹家の孟徳という字をもつ操と呼ぶべきなのか?

当時の人物の諱と字はどちらか無視してもかまわないようなものなのか?
どちらも重要ならきちんと順序を決めた上で両方出した方が良くないか?


311 :イラストに騙された名無しさん:2007/03/30(金) 06:37:48 ID:vYyIziZT
作中で秀吉が信長を呼び捨てにしてたら変だけど、現代人が信長をどう呼ぼうが勝手なように
孔明をなんと呼ぼうがいいと思うけど。

312 :イラストに騙された名無しさん:2007/03/30(金) 07:49:24 ID:vzhV7fnP
>>309
「守」は確かに忌み名ではないが名前でもないぞ。
だから忌み名だからってのは説明になってない。

歴史小説や当事の解説なら確かに当事の風習に従って表記すべきだが
あくまでも現代で語るなら別に固執する事はないと思うが。


313 :イラストに騙された名無しさん:2007/03/30(金) 09:33:32 ID:aZK6nPGM
ガイエは現代でも「当時の風習に従え」と言っているように読める。

314 :イラストに騙された名無しさん:2007/03/30(金) 10:53:31 ID:5dG2WVy+
新興宗教のボスが作中で、中国史(あるいは三国志の時代)の専門家を自称しているという設定なら
続の批判はまだ分からんでもないけど、ただ単に三国志が好きぐらいの奴が言っただけだとしたら偉そうに訂正する事ではないな。

315 :イラストに騙された名無しさん:2007/03/30(金) 12:36:23 ID:aZK6nPGM
新人物往来社からそのものズバリ、「諸葛亮孔明」という本が出ている。
内容を読む限り、著者、ガイエよりは中国史に詳しそうだ。

316 :イラストに騙された名無しさん:2007/03/30(金) 13:32:03 ID:hKdmafUl
創竜伝の中じゃそういう常識があるんだろ
フィクションなんだし
尖った石にぶつかっただけで戦車に穴が開く世界だぞ

317 :イラストに騙された名無しさん:2007/03/30(金) 13:34:12 ID:7dm/oART
>>312
字と名を並べる事と、名前に役職名をつけて呼ぶのを同列に扱うのは
無理があると思います。
ただ、横山光輝版三国志の別巻のQAに、そういうルールだけど細かく
気にする事はないと書いてあったような気はします。

>>313
現代中国では字とか忌み名って風習はもう無いのかな。

318 :イラストに騙された名無しさん:2007/03/30(金) 13:35:46 ID:SGU1QiHO
>>310
曹操でいいだろ。字まで言う必要はない。
普通毛沢東や魯迅は字まで言わんだろ。

なんで字まで言いたがるのか分からんのだが。メリットは?


319 :イラストに騙された名無しさん:2007/03/30(金) 13:39:46 ID:zg3erzuA
>>317
>>309の忌み名だからという言い分が説得力が無いと言ってるだけで
それ以上の含みは無い。

中国は広いから地方とかは知らないが少なくても北京だとかそういう都市部じゃ
既にそういう風習はない。

320 :イラストに騙された名無しさん:2007/03/30(金) 15:10:55 ID:elHtWEbZ
例えば源義経を普通に話題に出すだけなら「源義経」って言うけど
「源九郎義経」とき「源九郎判官義経」とか言うこともあって
それが間違いかというと、そうでもない。普段使いしないだけで。

それと似た感じなのか? 全然違うか?

321 :イラストに騙された名無しさん:2007/03/30(金) 16:36:47 ID:KG4YZqI4
どっちかっていうと昭和天皇のことを昭和天皇裕仁と呼ぶようなものじゃないか?
名前を呼ぶのがはばかられるということで元号から呼び名をとったのに名前と並べちゃ意味がない。
日本人なら違和感を抱くかもしれないが外国人に違和感が理解できるかはわからないって感じ。

322 :イラストに騙された名無しさん:2007/03/30(金) 17:28:05 ID:vYyIziZT
推古以前の天皇を〜〜天皇と呼んで「その時代に天皇って呼称はねえよ」とツッコミを入れるようなもんじゃね?

323 :イラストに騙された名無しさん:2007/03/30(金) 17:37:00 ID:Jj7xwRtO
いずれにしろ現代の時世で語る分にはどっち側を使おうと噛み付く方が凝り固まった考えってこと。

324 :イラストに騙された名無しさん:2007/03/30(金) 17:46:11 ID:hKdmafUl
みんな創竜伝の世界を現実と混同しすぎだよ
ガイエの創る世界に現実の常識が通用するわけないじゃないか

325 :イラストに騙された名無しさん:2007/03/30(金) 18:33:13 ID:WzC27rFo
>字
ガイエのコメントに粘着性を感じたから癇に障ったんじゃないかと言ってみる。


326 :イラストに騙された名無しさん:2007/03/30(金) 19:12:30 ID:xOS2d8LL
あざなあざなあざな〜♪
あざな〜をはぶ〜くと〜〜〜♪

327 :イラストに騙された名無しさん:2007/03/30(金) 19:55:47 ID:L5nNeEX9
あたまあたまあたま〜♪
あたま〜がかが〜やく〜〜〜♪

328 :イラストに騙された名無しさん:2007/03/30(金) 20:04:51 ID:KWw0vRXZ
どこまで尾をひくんだ、このネバネバ…?
納豆か?


329 :イラストに騙された名無しさん:2007/03/30(金) 22:43:33 ID:+7gaUXFA
所轄良好名

330 :イラストに騙された名無しさん:2007/03/31(土) 08:44:55 ID:OUtKgfaR
名前と字を並べて使うのは間違いっつー指摘を初めて見たのは、
光栄(現コーエー)ゲーム関連の書籍でだったなあ。
その時は、へえ、そんなもんなのかと感じただけだったが、
数年後に中国武将列伝でガイエが触れてたのを見て、
光栄本の記事を執筆したのはガイエだったのか!? と思ってしまった。
突っ込み方が酷似してたもので。

331 :イラストに騙された名無しさん:2007/03/31(土) 12:15:44 ID:BU8ErWhd
全部並べて表記するのは吉川三国志あたりからか、それとも江戸時代とかそれ以前からの流れなのか

332 :イラストに騙された名無しさん:2007/03/31(土) 17:23:31 ID:OUtKgfaR
吉川三国志でだって、文中で並べて使ったことはない。
人物紹介の見出しで並んでいるだけ。

333 :イラストに騙された名無しさん:2007/04/01(日) 02:20:25 ID:ongw2JOS
本名+字で四文字(もしくは五文字)で並べると、
日本人のフルネームみたいで、馴染み易かったから普及したんだと思う。
それを広めた一番の功績者(?)は、横山三国志って気がするが。

334 :イラストに騙された名無しさん:2007/04/01(日) 08:02:28 ID:3rYnBJDn
>>332
それは会話文だからじゃ?
日本の戦国物だって普通の会話文じゃ並べて使わないよ。

335 :イラストに騙された名無しさん:2007/04/01(日) 09:57:39 ID:W9wpZ733
登場人物
諸葛亮孔明・・・蜀の軍師    はあっても、

「わが名は諸葛亮孔明。」    はないってことか。

336 :イラストに騙された名無しさん:2007/04/01(日) 10:05:19 ID:l8TMaPMW
>>335
そういうことだね。
逆にいえば、書いてるのも読むのも現代日本人なんだし
地の文章はそれほど目くじらたてることもいなんじゃないかな、
と思うんだけど。

「」内で、「諸葛亮孔明どの」とか「織田信長どの」とか
使うのはNGだけど。

337 :イラストに騙された名無しさん:2007/04/01(日) 12:20:46 ID:lsLW5un8
じゃあ「諸葛亮どの」と「孔明どの」だったら、どっちもOK?

338 :イラストに騙された名無しさん:2007/04/01(日) 12:43:56 ID:l8TMaPMW
>>337
「孔明どの」は問題ないんじゃないかな。
でも、字がなんのためにあるのかを考えたら、
「諸葛亮どの」「亮どの」はダメでしょw

339 :イラストに騙された名無しさん:2007/04/01(日) 12:45:13 ID:GmuNscD9
>>337
前者の表現はNGでしょう。ある人を名で呼んでいいのは、そいつの
親や主君のみ。親が子に「どの」を付けて呼ぶことは普通ないし、主君が
臣下に信頼・敬意を表してるという場合なら字の方で呼ぶ。

とかいう事をガイエも書いてた希ガス

340 :338:2007/04/01(日) 12:53:17 ID:l8TMaPMW
今、思い出したんで補足。

昔見た台湾の三国志ドラマ(けっこういいかげんだったけどw)では、
周瑜とかが孔明を罵る時には「諸葛亮」と呼んでたから
敵がいうセリフの中では、諸葛亮よばわりはアリかもしれない。

341 :イラストに騙された名無しさん:2007/04/01(日) 14:12:39 ID:HL/ShiJm
>周瑜とかが孔明を罵る時には「諸葛亮」と呼んでたから
字を持った人や官職を持った人に対してそれらを使わずに呼びかけると失礼にあたるらしい。
だから字を使わずに呼び捨てるのも有り。

342 :イラストに騙された名無しさん:2007/04/01(日) 22:59:04 ID:5YXbanTT
吉川三国志の文中で、確か関羽のことを「羽将軍」と誰かが呼んでいた覚えがある。

343 :イラストに騙された名無しさん:2007/04/02(月) 08:51:50 ID:NJKzgBm5
>>312
>「守」は確かに忌み名ではないが名前でもない

…からと言って、

>だから忌み名だからってのは説明になってない

…事にはならんぞ。

日本で「守」とか「介」を姓と名の間に入れるのは日本語のルールとしてアリだが
中国で忌み名を姓と字の間に入れるのは中国語のルールとしてアリではない、という
ごく当たり前の常識を言ってるだけなんだけど。
>>318氏も言ってるけど、孫文の事を「孫文中山」と読んだり
蒋介石の事を「蒋介石中正」と呼ぶ奴は日本にも中国にも台湾にもおらんわけで。


344 :イラストに騙された名無しさん:2007/04/02(月) 08:56:44 ID:KrnCMEjl
>>343
いやだからその常識を語る根拠として忌み名だからってのは
その説明になってないって話だろ?
適切な根拠の説明じゃないって話に見えるが。

345 :イラストに騙された名無しさん:2007/04/02(月) 09:24:42 ID:hi/DS6No
孫権厨房

346 :イラストに騙された名無しさん:2007/04/02(月) 10:01:44 ID:gooc+EGv
三国志板で聞いたほうがいいって

347 :イラストに騙された名無しさん:2007/04/02(月) 10:39:51 ID:f6ZubTYM
三戦板はいまやゲーム厨ばかり。

348 :イラストに騙された名無しさん:2007/04/02(月) 13:06:27 ID:vZUiABOx
日本にも忌み名はあったぞ。
明治維新の時に名前は1個にしろって決められた。

349 :イラストに騙された名無しさん:2007/04/02(月) 17:45:31 ID:XWVMaK24
でも日本最高の名家の皇室には苗字すらないな

350 :イラストに騙された名無しさん:2007/04/02(月) 18:41:48 ID:htUJT48u
日本では姓とは皇室から下賜されるものだから。
ちなみに本来は姓と苗字(名字)は別物。
名字は縄張りの名称。

351 :イラストに騙された名無しさん:2007/04/02(月) 20:28:36 ID:PbfLqpym
Familyで共有するもの
源 ←氏
足利 ←姓
今川 ←苗字
これらのうち一つと(大抵は三番目の「今川」)、

個人に所属するもの
彦五郎 ←通称(今川家当主には同名が多い)
上総介 ←司
刑部大輔 ←官位
仙巌斎 ←号
氏真 ←諱
これらのうち一つを組み合わせる(活躍期に相応しいのは四番目の「仙巌斎」

まあ生きている間には、諱で呼びかけるなんてことは、まずなかろう

352 :イラストに騙された名無しさん:2007/04/02(月) 23:43:38 ID:3C/MZYRn
勉強になるなー

353 :イラストに騙された名無しさん:2007/04/02(月) 23:58:11 ID:orUm5XQR
皇室は○○宮って建物の名前付くよね。

354 :イラストに騙された名無しさん:2007/04/03(火) 01:40:24 ID:QXUDONRn
>>344
だから、なんで「説明になってない」んだよ。
こっちは「忌み名」だけに拘泥してるんじゃない、
中国では「忌み名」と「字」を同時に呼ぶことはない、という常識を言ってるの。
これのどこが説明になってないの?
てゆうか、こんな一般常識を指摘する事がなんでそんなにおかしいのか?


355 :イラストに騙された名無しさん:2007/04/03(火) 03:47:13 ID:beiFI/MF
諱と字を同時に呼ぶことはないとして、
字が後の時代にまで伝わっているのはなぜ?

曹操の字が孟徳であることを説明するときになんて書くの?
説明抜きで、皇帝や董卓は「曹操」て呼び、
曹仁夏侯トンなどは「孟徳」と呼び
司馬慰は「曹丞相」って呼ぶのか?




356 :イラストに騙された名無しさん:2007/04/03(火) 07:13:29 ID:ge8rTFFM
>>354
> 「守」は確かに忌み名ではないが名前でもないぞ。
> だから忌み名だからってのは説明になってない。
俺もこれで理解できるぞ?
別にあんたの言う常識を否定してるんじゃなくその対比としてあげてる日本の例の説明が適切でないって話じゃないのか?

357 :イラストに騙された名無しさん:2007/04/03(火) 09:35:06 ID:Eu4lE3xA
藤原秀郷を田原藤太って呼ぶのは、どういう関係?

358 :イラストに騙された名無しさん:2007/04/03(火) 10:37:13 ID:mLB81Q/N
>>357
ヒント:あだ名


ex)悪源太

359 :イラストに騙された名無しさん:2007/04/03(火) 10:40:46 ID:VggrEaOR
>>355
>字が後の時代にまで伝わっているのはなぜ?

ヒント:二十四史

360 :イラストに騙された名無しさん:2007/04/03(火) 16:13:47 ID:beiFI/MF
>>359
三国志も正史の一つだよな、
で魏志に曹操の字が孟徳であるという説明はどういう風に書かれているのかと何度も聞いているわけだ

董卓だろうと夏侯トンだろうと司馬慰だろうと
「曹操孟徳」と呼ぶのはおかしい、それは言うまでもないこと。

で、魏志(漢書でも良いけどさ)に「曹操の字は孟徳である」という説明はあるのか無いのか、あるのならどういう風に書かれているのか、
「後の時代に書かれた、歴史上の人物の説明」の例になると思うので教えてくれないか。


361 :イラストに騙された名無しさん:2007/04/03(火) 17:14:02 ID:v8mYWo+S
>>360
『魏書一 武帝紀第一
太祖武皇帝,沛國?人也,姓曹,諱操,字孟徳,(以下略)』

と、書かれてあるんだけど、これ以上の説明は必要?

362 :イラストに騙された名無しさん:2007/04/03(火) 19:42:13 ID:bR5XeI5G
×司馬慰
○司馬懿

363 :イラストに騙された名無しさん:2007/04/03(火) 20:32:28 ID:Q+zTMS2q
この話、いつまで続くの?

364 :イラストに騙された名無しさん:2007/04/03(火) 20:46:44 ID:wOiEGw1I
どうしてもガイエを叩きたい連中が飽きるまで。

365 :イラストに騙された名無しさん:2007/04/03(火) 21:01:01 ID:JLtzp1cz
薀蓄自慢

366 :イラストに騙された名無しさん:2007/04/03(火) 21:23:40 ID:UgmMCNJE
三国志登場人物の姓名字氏の論議が活発になりレスが増大しているが、
喧嘩腰じゃないところがいい。

367 :イラストに騙された名無しさん:2007/04/03(火) 21:49:29 ID:TC1byKFW
唐突だが、「兵力の逐次投入」について誰か語れ。

と言うと、誰もが予想する例
「8万の大軍勢?ガ━━━(゚Д゚;)━( ゚Д)━(  ゚)━(  )━(゚;  )━(Д゚; )━(゚Д゚;)━━━ン!!!!!
いや、待て、これは孔明の罠だ そんなことは無理だ、最初に一万だして見よう」とか言う
ルシタニアの重臣連&その後の王弟殿下とのやり取り
↑こんなあほみたいな椰子がいるのか、と思う読者も多いと思う

だが最近は、「私は有能で経験豊富な指揮官」とかのたまって、どうみても
それそれやって負け続けて「なぜ私は勝てないのだ」とかシリアスに叫んで
見る人を「ねーよwwwwwwwww」と悶絶させる将軍とかが少なくないらしい。

368 :イラストに騙された名無しさん:2007/04/03(火) 22:12:59 ID:VggrEaOR
>>360
魏志に限らず中国の正史は伝記の集成(紀伝体)であり、
ある人物の伝記の書き出しは>>361の形がデフォです。
誰のであろうとまずは姓・諱・字と出身地の記録から始まる。
>>361で言えば「姓は曹、諱は操、字は孟徳」と分けて記述します。

369 :イラストに騙された名無しさん:2007/04/03(火) 22:26:11 ID:FpG7RSCZ
>>366
前にあった戦前の言論弾圧ネタに比べると紳士的ですねぇ…(マジで)
「(戦前の言論弾圧が)本当にあったのならソース出せ!」なんて騒いで…
なんで自分でも調べてみたうえで反論しないかなあ?
知らないなら教えてもらうつもりで、腰を低くするのが礼儀だろうに、「ソース出せ」だもんなw


370 :イラストに騙された名無しさん:2007/04/03(火) 22:39:18 ID:wNQwxbQo
えーと、よくわからんが夏侯覇が劉禅を見て
「これが劉備玄徳の息子か…」
て思うのはおかしいってこと? 
口に出してないから良いのかな?

371 :イラストに騙された名無しさん:2007/04/03(火) 22:55:39 ID:FpG7RSCZ
そういうことでしょう。自己紹介などの場合を除き、会話において、姓諱字を全て使うことはない。
また、会話上他人を示す場合には姓+字を使うのが原則で、諱を使うのはその者を一人前扱いしてないと見做される。
夏候覇の場合は回想の中でのことで、誰をさすのか読者に分かりやすくするため、慣れ親しんだ表記法を使ったんでしょう
つまり、田中氏もいままでにでてきた、現代日本の考え方と、古代中国の伝統の間に横たわるギャップに気づいているってことでしょう…

372 :イラストに騙された名無しさん:2007/04/03(火) 23:14:48 ID:UrlGftai
>366
論議してるうちに4月1日が過ぎちゃったから
今年は「来月タイタニアの4巻が出る」とか
「アルスラーンが今年中に完結」とか言い出す奴が誰もいなかったなw

373 :イラストに騙された名無しさん:2007/04/04(水) 01:52:29 ID:pu59CuIM
一騎当千DDを見てたら昔の中国人の名前がどうだって
もう世間的にはどうでもいいんだろうなーとふと思った

アニヲタだと噂のガイエタンが見てたらどう思うんだろうか?

374 :イラストに騙された名無しさん:2007/04/04(水) 03:22:45 ID:LUyT4H1W
田中芳樹が一番最近書いた中国物ってどれなの?

375 :イラストに騙された名無しさん:2007/04/04(水) 04:04:06 ID:8thCoOv/
>>360
>>368

姓名字正史にすべて乗ってるんだよね。
でなんで「曹操孟徳」と「歴史上の人物」を表すのがダメなのか、
「姓曹諱操字孟徳」といちいち書けばオッケー?「曹操字孟徳」でもオッケー?

正直「姓諱字」の順番に決まっている以上いちいち説明書きを書くのは無駄だと思うのだけど。


376 :イラストに騙された名無しさん:2007/04/04(水) 08:31:11 ID:dhK7xiak
「姓曹,諱操,字孟徳」コレの日本語訳の一例が「曹操孟徳」ってことでいいんじゃないの?
翻訳する時に文化の違いとかは無視される事もあるし。
英語で「Mr.Tanaka」ってのを普通日本語に直す時は「たなか」であって「男」の部分は省略されるだろ?
それを突っ込むってこと自体が不毛だと思うけどな。

377 :イラストに騙された名無しさん:2007/04/04(水) 08:51:17 ID:riCi+9X5
劉備陣営でも「関羽殿」とか「張飛殿」とかって呼ぶのは失礼に当たるのか。
でもそういう小説いっぱいありそう。
この場合「関将軍」「張将軍」とかが良いのかな?

378 :イラストに騙された名無しさん:2007/04/04(水) 08:56:28 ID:dhK7xiak
>>377
日本語的にはそれでもいいんじゃないか?
文の対象年齢で使い分けても。

379 :イラストに騙された名無しさん:2007/04/04(水) 11:41:15 ID:QoPtUmpB
>>369
ログをさかのぼったけど、騒いでる奴なんかいないけど?
痛いとこ突かれて粘着してるのか?

>>376
Mr.は男とは訳さんだろ。
それは「田中さん」「田中氏」と訳すのが普通じゃないか?


380 :イラストに騙された名無しさん:2007/04/04(水) 12:01:24 ID:Vx9TwKz7
>>377
中国明代の笑話集に、夢に現れた関羽に「玄徳様はおすこやかですか」と訊ねたら
「昭烈皇帝陛下を字で呼ぶとは何事か!」と首を飛ばされたという話があった。
相手が(自称とはいえ)皇帝ともなると、諱どころか、字で呼ぶのもまずいらしい。

昭烈皇帝という称号は劉備の死後につけられたものだとか、そもそも関羽が死んだ時には
劉備まだ即位してないとか、根本的にいったいどこが笑える話なのかわからないとか、
ツッコミどころ満載だが。


381 :イラストに騙された名無しさん:2007/04/04(水) 12:03:37 ID:NK/Wk6hQ
>>379
多分>>376の趣旨を理解してない。

382 :イラストに騙された名無しさん:2007/04/04(水) 12:09:19 ID:QoPtUmpB
>>380
笑いどころは首を飛ばされた事とか、故人の事を「おすこやかですか」と聞いたところあたりかな?

それはそれとして、(自称だが)天子様を名前で呼ぶのは普通に失礼だろう。
今では考えられないが、偉い人の嫁を直接見るのも失礼な時代なのに。


383 :イラストに騙された名無しさん:2007/04/04(水) 14:17:04 ID:dwHtw560
小説などの作者はわかりやすくするためにあえて書いていて、突っ込みは覚悟なんだろう。
読むほうは、間違いではあると覚えておけば言いだけだと思う。
学術的には間違っているから、知識人ぶった人が曹操孟徳などと偉そうにいうと少し恥ずかしい。
それだけのことだと思う。

384 :イラストに騙された名無しさん:2007/04/04(水) 14:29:23 ID:xz+K1WGV
作中で当時の人間に言わせるのでもなければ恥ずかしいこともないと思うが。
現代人が曹丞相とか呼んでたらそっちが恥ずかしい。

385 :イラストに騙された名無しさん:2007/04/04(水) 15:34:10 ID:dwHtw560
普通に曹操と呼ぶんじゃね?

386 :イラストに騙された名無しさん:2007/04/04(水) 15:46:53 ID:soICWggp
ツァオツァオと呼んでたら引く。

387 :イラストに騙された名無しさん:2007/04/04(水) 16:22:01 ID:KpkTlABU
>>383
そういや昔アルスラーン戦記の後書きでも卿の使い方がおかしいとか言われて反論してたなw

388 :イラストに騙された名無しさん:2007/04/04(水) 16:22:50 ID:KpkTlABU
すまんアンカーミスった。


389 :イラストに騙された名無しさん:2007/04/04(水) 20:22:39 ID:1vEwd/AR
献帝が自分で献帝といってたりすると萎える

390 :イラストに騙された名無しさん:2007/04/04(水) 20:32:38 ID:frklC1Gp
皇帝の一人称は始皇帝以来「朕」だね…


391 :イラストに騙された名無しさん:2007/04/04(水) 20:48:50 ID:JsEA/8yk
六割、もうお腹いっぱいで、三割、話題ループだけれど、
一割貴重な意見がありますね。

392 :イラストに騙された名無しさん:2007/04/04(水) 21:33:08 ID:TalVpW0r
>>389
>>390
つか、献帝ってのは、死後に贈られる名前だからねえ。
自分の廟号を知ってる道理がない。

393 :イラストに騙された名無しさん:2007/04/04(水) 23:09:56 ID:tVDJHpt7
まああれだ。とりあえず薬師寺涼子が大好きだ。好みのタイプ。

394 :イラストに騙された名無しさん:2007/04/05(木) 00:35:12 ID:nPKPPp9v
>393
ドM乙w
踏まれたいってやつ?

395 :イラストに騙された名無しさん:2007/04/05(木) 03:35:01 ID:Nm4pPl/k
踏まれたいです
なっちゃんは嫌だけど

396 :イラストに騙された名無しさん:2007/04/05(木) 03:36:09 ID:fmAU6eCE
それは違うだろ。ドSの女を従わせるのがいいんだろ。

397 :イラストに騙された名無しさん:2007/04/05(木) 09:25:59 ID:7qYBhuXt
>>392
日本では後醍醐天皇ともう一人(忘れた)は生前から自分で贈名を決めてたらしい。

398 :イラストに騙された名無しさん:2007/04/05(木) 09:48:50 ID:RCmiVq5G
>>397
後醍醐は諡号じゃなく追号。
追号は他にも後嵯峨、後深草、後宇多とか結構いるぞ

399 :イラストに騙された名無しさん:2007/04/05(木) 12:50:59 ID:BZAc+SHK
皇室は歴史は長いけどキャラの立った天皇や皇族が少ないな
古代と院政期は興味深い皇族が何人もいるけどさ

400 :イラストに騙された名無しさん:2007/04/05(木) 15:36:17 ID:BpsLDITc
江戸時代の天皇の生活は悲惨だったからな。

401 :イラストに騙された名無しさん:2007/04/05(木) 15:50:25 ID:1aIdhPGD
>>396

厳密には「はいはい」って頭撫でてあげたい。可愛いから。

402 :イラストに騙された名無しさん:2007/04/05(木) 21:59:32 ID:i7fn1R1i
>>397
たしか後水尾天皇も自分で選んだと思った。

403 :イラストに騙された名無しさん:2007/04/05(木) 22:31:55 ID:e1Gh/l3O
いまさらお涼子の最新刊よんだけど、えらいつまんなかった。
惰性で読んでたけど、さすがに切り時だな。

404 :イラストに騙された名無しさん:2007/04/05(木) 23:17:54 ID:n8zAyOcq
1.政治家やら財界人やらを叩く。つーか、気に入らない奴を叩く。理由はどうでもいい。
2.そんな奴らが集まる場で妙な事件発生。
3.お涼が首を突っ込む。
4.何故か由紀子達も登場。お涼と漫才を繰り広げる。
5.都合よく全員集合の場で怪物だか怪人が登場。
6.完璧超人お涼&メイド娘、プラス泉田でやっつける。
7.再びお涼と由紀子の漫才で締め。

こんな展開ばっかりだしな。
怪奇でも冒険でもアクションでも社会風刺でもない微妙な出来。

405 :イラストに騙された名無しさん:2007/04/05(木) 23:22:22 ID:rAuL5Iad
推理小説でもない

406 :イラストに騙された名無しさん:2007/04/05(木) 23:31:06 ID:mmiodQay
>404
お涼の毎回の展開は何スレか前まではこんなテンプレにもなってた。
つーかあれは推理でも怪奇でもアクションでもなくラブコメだと思うw



4 名前:イラストに騙された名無しさん 投稿日:2005/06/23(木) 16:19 ID:GyCNKdcm
【テンプレ(お涼編)】

刑事部長が泣いて頼むので(海外)出張にキタ━━(゚∀゚)━━!!!!
とりあえずは手近な怪しいやつをいびってみる。        
そのうち向こうから接触してくるので収穫なくても(゚ε゚)キニシナイ!
        ↓
暇なので泉田に軽くお色気攻撃かましてみる。
いい年こいてリア厨なみのリアクションしか返してこない。
間違ってもここで濡れ場には突入しない。(゚听)ツマンネ。
        ↓
お由紀&岸本コンビに遭遇。なんで藻前らこんなとこにいるんだ。ストーカーか?
        ↓
捜査がてら泉田とメシ食って腕組んで散策。
食後の運動に敵が送り込んだ三下集団を撃破。
デートとストレス解消の一挙両得で(゚д゚)ウマー
        ↓
敵本拠地へ乗り込み。ラスボスはどうでもいいので
まずは破壊活動で派手な見せ場作り。そこで足ひっぱるなレオコン。
        ↓
ラスボスとバトル。泉田を揶揄されてムカついたので
100倍にして返す。ていうか藻前もいいかげん気づけよこの朴念仁。
        ↓
大団円。後はお由紀に押し付けて泉田とイチャこく。
もう○作目なんだからさっさとチューくらいさせろハゲ

407 :イラストに騙された名無しさん:2007/04/06(金) 01:17:42 ID:UJOYGSUD
ミステリ仕立てのホラーというつまらない話の王道

408 :イラストに騙された名無しさん:2007/04/06(金) 05:01:19 ID:nb+B2VoA
若い頃、SF仕立てのミステリ、もしくはその逆は面白い短編を
たくさん書いてるんだけどねえ。

409 :イラストに騙された名無しさん:2007/04/06(金) 05:48:37 ID:NSboo8m1
田中芳樹の初期の短編は、面白い発想のものが多かった気がする。
そうくるか、みたいな感じ。

410 :イラストに騙された名無しさん:2007/04/06(金) 06:21:29 ID:adMFLlyq
中国人は美容と健康のために人間の幼児や胎児をスープにして食べる事が判明
http://news21.2ch.net/test/read.cgi/dqnplus/1175694939/


411 :イラストに騙された名無しさん:2007/04/06(金) 09:52:03 ID:WjeNjUuP
>>409
今はそうなってしまったか、かな?

412 :イラストに騙された名無しさん:2007/04/06(金) 10:13:03 ID:8b3LK+YF
>>406
するってーと最新作は出張でなくて「休暇のお供」になった分
お涼的には露骨になったってわけか。
そろそろ限界に近い台詞もちらほらあるしな。

413 :イラストに騙された名無しさん:2007/04/06(金) 10:15:28 ID:NSboo8m1
>>411
特にお涼に限れば、またそれか、かな。

ただ、西村京太郎や赤川次郎や内田康夫などのように(殆ど読んだことないけど)
パターンを踏襲することでファンを満足させることもありだとは思う。
けど、ありだとは思うけど、そこまでの域に全然達していないような。

414 :イラストに騙された名無しさん:2007/04/06(金) 10:38:37 ID:3don60H3
でもモンスター出てくる事で、読者の年齢層が限られるな。

415 :イラストに騙された名無しさん:2007/04/06(金) 11:48:02 ID:WjeNjUuP
>>413
ガイエってそういうお約束を楽しませるタイプじゃないから、
お約束を楽しむような話は不得手で、お約束じゃなくてただのワンパターンになってるのかも。

>>414を見て思ったんだけど、銀英伝のファンサイトなんかと比較してだけど、
キャラの人気投票しかないファンサイトとか、BBSで「続さんが〜」「終君が〜」とか、
創竜伝のファン層って、低年齢で話は二の次三の次でキャラが好きなだけの人が多いように感じる。
薬師寺涼子のシリーズもそういうファン層なら、「またそれか」でも良いのかも。
実際にそれなりに売れているんだろうし。

416 :イラストに騙された名無しさん:2007/04/06(金) 12:40:37 ID:3805vr6M
>創竜伝のファン層って、低年齢で話は二の次三の次でキャラが好きなだけの人が多いように感じる。

まぁこの辺は年齢もそうだけど性別にもよるかもね
銀英伝だって男はストーリー、女はキャラ目当てで読むって言われてるし

417 :イラストに騙された名無しさん:2007/04/06(金) 21:54:45 ID:zm4pqZO1
両方美味しく頂いてこそのファンですよ。


418 :イラストに騙された名無しさん:2007/04/06(金) 22:31:58 ID:8rU/83nF
>415
アカヒの書評欄で薬師寺涼子シリーズが紹介された時には
読者層は「10〜30代・男女比ほぼ半々」との事だったので
他のガイエ作品とそれほど大きな隔たりはないようにも思う。
銀英伝に限らず、ガイエ作品は>416が言うように「性別による
読み方の差が」大きいんでは。


薬師寺シリーズの場合、ファンサイトとか書評系ブログ巡った感じでは
ストーリーに対する感想は男女ともそれほど変わらないのに
(「政治批判ウザス」だとか「泉田鈍すぎ」etc)
お涼というキャラクターに対する評価が男女でかなり違っているのは興味深かった。

男性の評価は「女王様カッコヨスww」「踏まれたい」って感じの評価が多いのに
女性は「お涼かわいいよお涼」「ちょwwまた泉田にスルーされたwwwお涼カワイソス」
っていう評価が目立つような気がする。

419 :イラストに騙された名無しさん:2007/04/06(金) 23:24:18 ID:NSboo8m1
>>418
>男性の評価は「女王様カッコヨスww」「踏まれたい」って感じの評価が多いのに
>女性は「お涼かわいいよお涼」「ちょwwまた泉田にスルーされたwwwお涼カワイソス」

俺はそのような評価をされる本を読んでたのか・・・その衝撃に愕然とした

420 :イラストに騙された名無しさん:2007/04/06(金) 23:59:52 ID:NSboo8m1
俺は田中芳樹の主張は相変わらずムカつく、というのを
何より楽しみながら読んでるので上記のような気持ちは全くわからない

421 :イラストに騙された名無しさん:2007/04/07(土) 06:52:18 ID:m3zxtL7b
お涼に関して俺は完全に女性の評価と一緒だ・・・なんでだ・・・
みんなそういう視点で読んでるんだと思ってたorz

422 :イラストに騙された名無しさん:2007/04/07(土) 08:51:47 ID:lN6ndYnZ
俺最初の奴しか読んだこと無いけど、
泉田って結構強くなってきてんの?

423 :イラストに騙された名無しさん:2007/04/07(土) 09:11:48 ID:km30tIAk
そういう話じゃないだろ。

424 :イラストに騙された名無しさん:2007/04/07(土) 10:16:34 ID:BlXl0mQ+
あ、いや別に腕力強くなったとかじゃなくて、
涼子との力関係においてって意味で。

425 :イラストに騙された名無しさん:2007/04/07(土) 11:19:44 ID:D61O7SQ1
【調査】”好きな「三国志」の武将ランキング” 1位は「諸葛亮(孔明)」・・28位に「郭嘉」、「馬騰」はランク外に

http://news22.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1175911284/l50

426 :イラストに騙された名無しさん:2007/04/07(土) 12:03:29 ID:ofj0BqAD
ちょっと質問をば
バルハイっていたよね?
彼はまだ生きてたっけ?
生きてるとしたら最新巻で出番はあった?
なんか突然気になり出しちゃって…

427 :イラストに騙された名無しさん:2007/04/07(土) 15:54:56 ID:GtYVr/LW
>>421

普段ツンデレ好きなら全く正常と思われ。


428 :イラストに騙された名無しさん:2007/04/07(土) 18:27:42 ID:m3zxtL7b
>>424

実は初めから優位。

>>427

じゃ正常だ。良かった。

429 :イラストに騙された名無しさん:2007/04/07(土) 20:00:47 ID:KqJB2rXn
>>425のスレでも名前論争しててワローシュ

430 :イラストに騙された名無しさん:2007/04/07(土) 21:44:16 ID:VwDutzIc
剣のような刃物よりも殴打武器の方が実用的且つ実戦向きだと考えてる俺にとって、
ザラーヴァントのメイスを振るう見せ場があった点には溜飲が下がった。
鎖分銅のような特別な熟練を要する武器とは違って、シンプルで威力もあるメイス系は基本だよな。

ファンタジーを示す格言は「剣と魔法の世界」よりも「鎚鉾と魔法の世界」であるべき。

431 :イラストに騙された名無しさん:2007/04/07(土) 21:51:11 ID:LzHgh4x+
>>430
歴史上、西洋東洋問わず殴打系より刃物系が
圧倒的に優位であることについてはどう思う?

432 :イラストに騙された名無しさん:2007/04/07(土) 22:14:33 ID:H4PTY+3+
そういや日本史ではあまり聞かないな、棍棒系。

433 :イラストに騙された名無しさん:2007/04/07(土) 22:26:55 ID:U+5CZ8LG
槍でしょ、やっぱり

434 :イラストに騙された名無しさん:2007/04/07(土) 22:27:20 ID:KqJB2rXn
歴史と言い出したら最終的にはミサイル最強にたどり着くじゃんw
何が優位かと言い出したらきりがないと思うがな 鳶道具好きもいるべw
>>431は言い出した>>430の好みも分かってやるべし
だが>>430は、殴打系はただ振り回して叩きつければいいとか考えてそう
ま、個人的には長さも重量もある戦斧とか槍とかまじオススメ
殴打系と刃物系双方の長所を兼ね備えているわけだしw

435 :イラストに騙された名無しさん:2007/04/07(土) 22:30:56 ID:km30tIAk
あるべきとか言ってるから反論は当然だろ。
ミサイル最強とかそういう話はしてないし。

436 :イラストに騙された名無しさん:2007/04/07(土) 22:37:56 ID:KqJB2rXn
>>432
現代では会員制の修練の場があちこちにあるじゃん 流派は中国伝来らしいけど

437 :イラストに騙された名無しさん:2007/04/07(土) 22:44:43 ID:LzHgh4x+
>>434
>歴史と言い出したら最終的にはミサイル最強にたどり着くじゃんw

斜め上過ぎてワロタ

438 :イラストに騙された名無しさん:2007/04/07(土) 22:59:13 ID:CrqSaWk+
>>432
戦国時代、槍は突くのではなく上からたたきつけるのが正しい使い方だったらしい。


439 :イラストに騙された名無しさん:2007/04/07(土) 23:39:09 ID:KqJB2rXn
多数相手で、一人の肉の締め付けで抜けなくなったらどうするって話らしいね。
結局槍が突く刺す叩くと三拍子揃った程良い武器だったと。

440 :イラストに騙された名無しさん:2007/04/08(日) 00:24:45 ID:16cWjU3T
実戦で有効かどうかなんて、くだらない基準だぜ
ファンタジーなら絵的に映えるかどうかを最優先で考えるのが当然
イリーナは電信柱よりグレソを好んで使うだろ

441 :イラストに騙された名無しさん:2007/04/08(日) 00:25:10 ID:AP8J1fPl
銀英伝関連スレが次々に消えていってるように思うのだが
どっかから圧力でもかかってるのか?

それはともかく
http://www.youtube.com/watch?v=cFt1mk9t7YI
このラインハルトがとった戦術は自分から各個撃破の対象になりにいくのだから
無意味に消耗するだけでありえないと思うんだが・・・
普通に全艦一斉攻撃するほうが効率いいと思うんだがなあ
どうだろ

442 :イラストに騙された名無しさん:2007/04/08(日) 00:35:01 ID:AP8J1fPl
あれ??
2ch検索だと銀英伝関連スレが8つしか上がってこないけど
おすすめ2ちゃんねる では関連スレがたくさん出てきてる
2ch検索が壊れてるだけなのかな

443 :イラストに騙された名無しさん:2007/04/08(日) 00:50:58 ID:rU5lIUbb
>>441
オレもそう思う。
何スレか前で話題になったけど、薄皮みたいな小部隊が敵と戦い、他は全部遊軍という
非効率極まりない必敗の布陣の気がする。

444 :イラストに騙された名無しさん:2007/04/08(日) 01:08:48 ID:Vzlc5TAK
>>441の動画は見てないが、薄皮みたいな小部隊と聞いたらあれか
作戦説明で、何百枚もの紙に水足らすやつ?

445 :イラストに騙された名無しさん:2007/04/08(日) 01:11:24 ID:AP8J1fPl
>>444
そう、それ

446 :イラストに騙された名無しさん:2007/04/08(日) 01:22:28 ID:rU5lIUbb
攻撃する側が何部隊にも分けて突撃を繰り返すってならわかるんだけどね。
確かヤン艦隊とラインハルト艦隊はほぼ同数で、小部隊に分けて迎撃ってのは自殺行為だよねえ。
10部隊とすると彼我兵力差は10倍。
遮蔽物のない宇宙空間で正面から当たったんじゃ、戦力半減で済めば僥倖ってところか。
時間稼ぎにしても2ターンも持つかどうか怪しい。

447 :イラストに騙された名無しさん:2007/04/08(日) 01:24:09 ID:Vzlc5TAK
>>445
サンクス やっぱりw
何百枚か目までの紙がマジカワイソウスなんだけど
その役勤める艦艇にだって乗員いないってならまだしも

448 :イラストに騙された名無しさん:2007/04/08(日) 09:22:16 ID:PySTjOsc
刃物信者へ

たまには「刃こぼれ」という言葉を思い出してください

449 :イラストに騙された名無しさん:2007/04/08(日) 09:47:46 ID:rU5lIUbb
誰も忘れてないだろ。
事実刀剣は主流武器だったんだから、殴打武器の優位性を語りたいならば
個人的な妄想じゃなくてソースの付いた反証をすべきだろう。

450 :イラストに騙された名無しさん:2007/04/08(日) 10:38:24 ID:Hd2531aV
ヤバイ。メイスヤバイ。まじでヤバイよ、マジヤバイ。
メイスヤバイ。
まず重い。もう重いなんてもんじゃない。超重い。
重いとかっても
「レタス20個ぶんくらい?」
とか、もう、そういうレベルじゃない。

中略

とにかく貴様ら、メイスのヤバさをもっと知るべきだと思います。
そんなヤバイメイスを使ってるザラーヴァントとか超偉い。もっとがんばれ。超がんばれ。

451 :イラストに騙された名無しさん:2007/04/08(日) 11:28:18 ID:wc7YqG5m
>薄皮の布陣
敢えてラインハルトを養護するなら、
一斉攻撃だとヤンの智略で何やられるか分からんから
ひたすら受け身に徹した、というところか。

それにしたって情けないというか何というか。
ローエングラム王朝が終わったら非難されるの確実だな。

452 :イラストに騙された名無しさん:2007/04/08(日) 12:04:54 ID:qfE4PR+8
あの戦術がガイエ唯一のオリジナル

453 :イラストに騙された名無しさん:2007/04/08(日) 12:30:14 ID:ZU5kgE89
>>449
>事実刀剣は主流武器だったんだから
違うよ。
メインアームは飛び道具。
そして槍。

剣は振り回すスペースが必要=部隊の密度が疎になる。
槍は上から叩きつけたり(日本の場合)、突いたりだから舞台の密度が高くなる。
疎と密が戦った場合、疎は一人で何人もの相手をしなくてはいけなくなる。

454 :イラストに騙された名無しさん:2007/04/08(日) 12:53:23 ID:DLUGAQyY
>>451
「もともとラインハルトは先制攻撃、ヤンは柔軟防御が用兵の特長なのに、
お互い本来と逆の戦い方をしたのがバーミリオン会戦の奇妙さを招いた」と
作中にも出てたね。

455 :イラストに騙された名無しさん:2007/04/08(日) 16:27:28 ID:uYJFRvN9
>>437
いやまて、この場合のミサイルが飛び道具の事ならば、
正しい事を言っているぞ。
まあ俺も斜め上すぎてワラタけど。

>>440
イリーナ姫がドラゴン殺しを振り回している絵を思い浮かべたじゃないかw

456 :イラストに騙された名無しさん:2007/04/08(日) 19:22:00 ID:Vzlc5TAK
>>455
もしもファンタジー世界にミサイルが登場したら魔法扱いな気がするw

アルスラーン戦記は結構キャラの得意武器に個性や種類があると思うが
斧棍棒槍鉄鎖のザンデアンドラがいなくなってる今だと、もっと増えてもいいかも。
ハルバードモーニングスターファンネルなどキボン

457 :イラストに騙された名無しさん:2007/04/08(日) 19:36:35 ID:N0cXiQaS
つーか何のスレなんだここは・・・
武器考証専用スレとかあるんじゃねーの?

458 :イラストに騙された名無しさん:2007/04/08(日) 19:52:58 ID:Hd2531aV
蛇王様に勝つにはどんな武器を使ったらいいんだぜ?
もしくは
【陛下】両肩の蛇も入れれば4刀流の蛇王様強すぎ!【オワタ\(^o^)/】
あるいは
帝国騎士オフレッサー
なスレ。

459 :445:2007/04/08(日) 20:11:07 ID:uYJFRvN9
>>446
いや、飛び道具は英語で "missile" というんだ。

ところで、>>446には誰も突っ込まんのか?
>時間稼ぎにしても2ターンも持つかどうか怪しい。

460 :イラストに騙された名無しさん:2007/04/08(日) 20:21:53 ID:rU5lIUbb
>>459
一度中央突破された部隊はぐるりと回ってまた最後尾で薄皮になるってそんな作戦じゃなかった?
その1週目2週目をターンと表現したんだけど、使い方おかしかった?

461 :445:2007/04/08(日) 21:38:20 ID:uYJFRvN9
>>460
そういう意味でしたか。失礼しました。

462 :イラストに騙された名無しさん:2007/04/09(月) 00:37:29 ID:c/fqNyBC
兵力分散の弊害はあるものの、一点突破を狙うヤン艦隊にとって、
ラインハルト艦隊の全部隊と砲火を交えなければならない薄皮の布陣は
結構厄介だと思うけど。

463 :イラストに騙された名無しさん:2007/04/09(月) 03:06:00 ID:+JfpLi+x
すぐ気づくし、気づいてすぐ全滅です。

464 :イラストに騙された名無しさん:2007/04/09(月) 03:35:46 ID:Cqn4DErh
ヤンの兵力が200でラインハルトの兵力が240として
ラインハルトの240を24に分けて10づつぶつけていくわけだろ
そんなこと命令されたら、死ねと命令されてるようなもんで戦えないべ

それとは別に、やられたらまた再編して一番後ろにつく、なんてこともやっているが
これもまたおかしな話で、どうせならヤン艦隊の後ろにつけば
ヤン艦隊をぐるっと前後からはさみうちにできるのになと思うね

465 :イラストに騙された名無しさん:2007/04/09(月) 04:54:06 ID:dAAF5B5y
カード部隊はヒットアンドウェイ的な攻撃が主だったんじゃないの?
最初から粘って交戦する気無し、ビーム一発・即一撃離脱。
それも多分、ヤン艦隊の真正面からでなく、天頂部・下方部からの。

466 :イラストに騙された名無しさん:2007/04/09(月) 08:43:26 ID:c/fqNyBC
守備側が極端に縦長の陣形を組む場合、どうしても部隊を小さく分けて
縦に並べるという方法しかないと思います。こんな感じに
>>ttp://siro.parfait.ne.jp/oda_yukari/anegawa1.jpg
この時の織田軍は13段構えで、浅井軍は11段まで突破したところで
織田軍後詰めの側面攻撃を受け瓦解しました。

467 :イラストに騙された名無しさん:2007/04/09(月) 09:02:11 ID:+JfpLi+x
簡易でも堀や塀を作れる地上ならそれなりに有効だろうとは思う。
しかし宇宙じゃただの各個撃破の対象でしょ。

468 :イラストに騙された名無しさん:2007/04/09(月) 10:07:38 ID:c/fqNyBC
>>467
確かに。でも、バーミリオン会戦の場合は特殊で、
制限時間を設定されているヤン艦隊にとって、ラインハルト艦隊の各部隊は
「各個撃破」の対象ではなく、「突破する」対象でしかないと思います。
まー、突破された部隊が再度、最後尾につくという戦法自体が
空論と言ってしまえばそれまでだが。

469 :イラストに騙された名無しさん:2007/04/09(月) 16:30:29 ID:QUepznez
何言ってんだお前ら?
一番最強の武器はお涼さまの脚に決まっている。

128 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)