5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

天童荒太ってどうよ?

1 :名無しのオプ:01/09/14 22:34
今更だけど『永遠の仔』ってどうよ?
普段は新刊を読まない俺が珍しく買って読んだのに文章が下手すぎて全然
面白いと思くて即古本屋行きだったんだけど、かなり評価されてたよね?
ドラマ化までされたし。

2 :名無しのオプ:01/09/14 22:38
俺は結構好き。永遠の仔はね。
なんか予感を感じる部分が。

だけど孤独の歌声を読んでガックリ。なんか同じ話っぽい・・・

3 :名無しのオプ:01/09/15 00:17
俺も騙された。永遠の仔は。
あんなの二冊にするほどの話か。
文章が下手というのも同意。くどくて読みにくいだけ。
また子供たちが成長後の職業も看護婦、刑事、弁護士というありきたりの設定。
リアリズムもなにもあったもんじゃない。
バカ評論家どもも直木賞の選考批評を読んで反論してるがホントにバカだ。
俺は渡辺淳一の「遠近法を使っていない絵を見せられているよう」という意見に同意する。
こんなの高評価してるから、ミステリがバカにされるんだ。バカ評論家ども。

4 :1:01/09/15 00:36
>>3
同意、ありがとう! 正直「感動した」とかいう人が多くてどこが?と
思ってたので一安心。渡辺淳一は好きじゃないけどその意見はいいね。
ちょっと見直した。

あと最初の書き込み「面白いと思くて」は「面白いと思わなくて」ね
(自爆)。

5 :名無しのオプ:01/09/15 03:55
ドラマ見て、原本にあたろうかと思ってたんだけど

そんなに文章まずいのか……

6 :名無しのオプ:01/09/15 08:18
いや、ドラマより小説のがマシだと思うよ。
文章下手なのも却って迫力あっていい。でも粗筋知ってると、文章の下手さだけが
鼻につくかもだけど・・・

自分は泣いちゃったほうです。母親の遺書で。

7 ::01/09/15 08:27
でも下巻の父親を殺す理由のあたりがあまりにも定型で
それさえなけりゃ〜と思ったことは否めませんが。

8 :名無しのオプ:01/09/15 12:12

とりあえず100円コーナーにあれば
おさえておこうかな

9 :名無しのオプ:01/09/15 16:22
同じ「幻冬社」「上下巻」つうことじゃ「天国への階段」もあるがこっちの方が内容ひでえぞ。

10 :名無しのオプ:01/09/15 16:57
マジ? 見城はなにやってんだ。

11 :名無しのオプ:01/09/15 18:15
永遠の仔のダメな点
・上下巻にして売り上げ倍増を狙った(幻冬舎の作戦か?)
・子供の自己分析がすごい。こいつら精神分析医か?→描写でなく説明に終始している

結局子供の名を借りて、幼児虐待に関する作者の見解を説明しているだけの話では?

12 :名無しのオプ:01/09/15 19:16
「永遠の仔」は悪くないと思うけどなぁ。

「家族狩り」のほうが面白かったけど。

13 :名無しのオプ:01/09/20 12:24
作者が「永遠の仔」中毒になってる感じがいや。
「孤独の歌声」みたいなのも読みたいよ。

14 :名無しのオプ :01/09/21 01:30
たしかに文章はヘタだと思う。
ただ「永遠の仔」に関しては、妙な迫力があって
なんかこう・・「これを訴えたいんだ!」っていう気迫はあった。
その気迫に引きずられて泣いてしまった人が多かったんじゃないかな。

でも、「あふれた愛」あたりは、13の言うとおり自己中毒って感じがする。

なんていうか・・ステロタイプな登場人物にかなりひいた。
そんなにあっさり説明できる問題じゃないことを、
あっさり形骸化しちゃうのは、この手の問題には逆効果なんじゃないの?

ちなみに渡辺淳一の批評については、まぁマトを得てるとは思うんだけど
なんであんなにバッシングされたかっていえば
「『失楽園』なんてバカ小説書いてたお前が言うな」っていう
それだけの理由だと思います。
確かに「失楽園」に比べれば「永遠の子」の方が読みがいあるもん。

15 :名無しのオプ:01/09/21 01:43
永遠のコのドラマは無理あるよね。
中谷美紀って・・・美人過ぎて不幸の説得力ねぇよ
って思っちゃいました。
原作は普通におもしろかったけど、人にすすめるほどではない。

16 :名無しのオプ:01/09/22 09:45
優希の母親は結局最後まで、直接娘に向き合って謝ることはしなかった!
私が優希だったら「手紙だけ残して死に逃げてんじゃねーよ!」って思うと思うけど・・・

17 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

18 :名無しのオプ:01/09/22 22:39
「家族狩り」って皆イイ!というので
図書館で借りたけど、何か描写が
気持ち悪くてダメだったな。なんか
トイレで食事をしているような気分
だったよ。表紙もカバーをかけないと
やばそうな感じだったし。

19 :名無しのオプ:01/09/30 09:50
うーむ。
  文章が下手? そんなことないけどなー。
  読みやすくて、一気読みできる作品と思ったけど。
  どちらかといえば、ミステリ的プロットの建て方が下手なのでは?
  書きたいことが、家族的なことや幼児虐待であったり、その中での
  人間ドラマだから、ミステリ的手法が違和感あったりする。

  「家族狩り」ってあの描写があるから成立している話でしょう。
  あれがないと平凡な話になりそう。

20 :白根山:01/09/30 13:22
「家族狩り」はスゲイヨ

21 :名無しのオプ:01/10/24 12:47
「永遠の仔」のテレビドラマは最初の10分間見ただけでやめた。ひどすぎ。原作
では、場面が変る度に「植物描写」(なんとかの花が咲いてとか林の緑がどうとか)
が掟のように出てくるので気になってしかたなかったよ。

22 :新宿平目:01/11/10 12:58
最初に読んだのが「家族狩り」だったので、そのときのインパクトが忘れられない。
それから、待てど暮らせど、小説が出ずに、消えた作家なのかと思ってたら、
「永遠の・・・」で大ブレイク。次が読みたい作家のひとり。

23 :名無しのオプ:01/12/13 10:35
dat落ち防止age

24 ::01/12/17 20:12
1ですけど、まだあったんですね、このスレ。
これだけレスがないってことはあんまり読まれてないのかな。

25 :名無しのオプ:01/12/18 02:23
作品数が少ないからね。『永遠の仔』に続く長編がどうかで
評価しようと思ってるのに、なかなか出ない(笑)。

その『永遠の仔』は、確かに熱気は感じさせるけど、技術的には
イマイチだった。『家族狩り』の方が、まとまりはよい。
それにしても、トラウマをネタにするの、もう止めません?
安易過ぎるんだよね、動機として。

26 :名無しのオプ:01/12/18 02:50
「あふれた愛」はどうよ?

27 :名無しのオプ:02/01/04 00:57
>>26
なんとなくサルベージage
精神科で知り合った男女の切ない話が好きだなぁ。ラストとかも。
残りは普通の読後感だった。
まぁ、『永遠の仔』が好きならば読んでも損はしない、かな。

28 :名無しのオプ:02/01/04 06:03
この正月休に、買ったままずっと放置してあった永遠の仔を読了した。
読後、ずーんと重い気持ちになった。
奈緒子がいとおしく思えた。

29 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

30 :名無しのオプ:02/01/18 15:50
age

31 :名無しのオプ:02/01/19 02:17
心理描写が好きな人にはいいんじゃない?この作家。
それ以外の人にはツライだろうね。

私は多分全部・・・っても少ないが・・読んでるけど
「孤独の歌声」が1番だね。

っっっっってか、レスすくねぇぇぇ〜


32 :名無しのオプ:02/02/04 16:27
さるべーじ

33 :名無しのオプ:02/02/18 14:28
保全age

34 :名無しのオプ:02/02/18 14:34
過去ログ
「天童荒太」(40)
http://mentai.2ch.net/mystery/kako/973/973303257.html


35 :名無しのオプ:02/02/18 14:46
天童荒太は典型的な一発屋

36 : ◆.Sf2RJok :02/02/18 14:56
4発打って3発も当たればエエやろ。

37 :名無しのオプ:02/02/18 14:56
「永遠の仔」は子供時代の傷を軽く扱いすぎと思って気分悪かった。
むしろ同時期の「百夜行」のほうが納得のいく話だった。
でも、「永遠の仔」出版後、天童氏にたくさーーーんの勘違いレター
(自分の身の上を延々語るようなヤツ)が届いたと聞いて気の毒に
感じている。とうぶん小説を書く気がしないんでは・・・

38 :名無しのオプ:02/03/04 23:24
文章下手かなぁ・・・?
永遠の仔は読みやすくてすごくよかった。
子供の受ける心理的圧迫等を上手く描写してたと思う。
傑作だったと思う。
他の作品はまだ味読だけど

39 :名無しのオプ:02/03/10 15:48
新作情報ないですか?

40 :名無しのオプ:02/03/10 15:56
半年でレスが50も逝ってない哀れなスレ

41 :ねこ:02/03/12 00:59
俺は好きだったよ。
読みやすかったし、読んでる途中で飽きなかったし。

「理由」は半年間放っておいたし。
「リセット」は、まだ読んでねー。
「雪月花」も。。。

42 :名無しのオプ:02/04/01 14:01
落ちそうだからあげてみる

43 :名無しのオプ:02/04/04 05:56
当時若かった私には重くて辛い話すぎて読んでて泣けてきた。
というか泣いた。
文章は割と好きなほうだけどな。細かい描写嫌いじゃないし。

44 :名無しのオプ:02/05/05 02:45
dat落ち防止age

45 :名無しのオプ:02/05/05 04:24
文章うまいでしょ。
『家族狩り』なんか描写すごいよ。気分悪い。
『永遠の仔』も泣けたけどなー。

46 :名無しのオプ:02/05/07 01:02
次作は何? 寡作型なんでしょうか。

47 :名無しのオプ:02/05/13 02:49
永遠の仔はかなりの秀作だと思ったけれど
あれしか読んでなかった頃は一発屋っぽいイメージを勝手に作り上げてた。
その後、孤独の歌声で読んで確かな手ごたえ。”濃い”作家だなぁと。
他の作品群も是非読んでみようと思います

48 :名無しのオプ:02/05/13 03:38
天童荒太の自然描写で出てくる夥しい花や木の名前って違和感あるよね。
図鑑みて書いたみたいな、とってつけたかんじ。

49 :名無しのオプ:02/05/13 04:29
『永遠の仔』・・・どうよ?もなにもどこがおもしろいのか説明して欲しいくらい。
しかもバカみたいに長いし。
11 転載↓
「幼児虐待に関する作者の見解を説明しているだけの話」
同感。専門書読んだほうが100倍マシ。



50 :名無しのオプ:02/05/13 04:42
>>49
じゃあ、お前は専門書だけ読んでろ、馬鹿!!

51 :49:02/05/13 04:44
つまんねーのは事実だ。
現にこれだけしか書き込みないだろ。あほ。

52 :名無しのオプ:02/05/13 04:45
永遠の仔の長所・短所

●だめな所
・いきなりカバーの見返しで「父を殺した」とバラして、それで「12歳の少女と父の
 間の秘密」ときたら「ああアレね」ってわかるべ。それを下巻までひっぱる。
・「父親にアレされて復讐しました。その過程でいろいろありました」ってだけの
 短編で書けるような程度の内容を上下巻ハードカバーに水増しする手腕に脱糞。
・登場人物がいきなり長ゼリフで演説しまくり。別にどんなテーマで書いてもいいけど
 登場人物にテーマを演説で説明させんなよー。
・犯人の最後の処理が安易。いきなり難病? で火曜サスペンス並みのオチ?

●いい所
・分厚いので凶器になるかも
・たくさん売れたのでブックオフにいつでも在庫がある
・表紙の人形がキモくてインパクト抜群


結局メロドラマだよねえ。俺はメロドラマ好きだから割と面白かったけれど、
「いい小説か」と聞かれたらノーと答えるなこれは。


53 :名無しのオプ:02/05/13 04:50
>>51
ミステリ手法の使い方うまいじゃんよ!

54 :名無しのオプ:02/05/13 04:54
この小説って、
・「あんたのためなんだからね」的虐待例の提示
・それに対する見解を登場人物のセリフか独白形式で延々と演説
・味付けに連続殺人
というのを延々上下巻やってるだけだし。

本筋とあまり関係ないシーンだけど、刑事がある事件の犯人が捕まったとの
報告を警官から受けるシーンで、「誰それが自首したそうで(略)まるで親に
見捨てられて寂しがっている幼い子供のようだったということです」みたい
なセリフ言うのよ。

現実にそういうこと言うかどうか以前に、そういうテーマで話を書いてるからっ
て唐突に全然関係ないエピソードで関係ない登場人物のセリフで「親に見捨て
られた子供の〜」とか唐突に言わせるのか。

こういう「はあ?」がもの凄い沢山あるんだよ、この小説。

唐突な身の上話、唐突な演説。ある意味、島田荘司(末期)のようだ。


55 :名無しのオプ:02/05/13 04:54
>●だめな所
>・いきなりカバーの見返しで「父を殺した」とバラして、それで「12歳の少女と父の
>間の秘密」ときたら「ああアレね」ってわかるべ。それを下巻までひっぱる。
それは別にひっぱってない。露骨な表現をさけただけ。

>・「父親にアレされて復讐しました。その過程でいろいろありました」ってだけの
>短編で書けるような程度の内容を上下巻ハードカバーに水増しする手腕に脱糞。
丹念に書いてあるところこそ、この小説のいいところ。

>・登場人物がいきなり長ゼリフで演説しまくり。別にどんなテーマで書いてもいいけど
>登場人物にテーマを演説で説明させんなよー。
してない。

>・犯人の最後の処理が安易。いきなり難病? で火曜サスペンス並みのオチ?
いきなりじゃない。




56 :49:02/05/13 04:54
もうだいぶ前に読んだものだからほとんど忘れている。
具体的にはどの辺が?
52 にうなづくところが多いけど?
「父親を突き落としたのは私です」それだけの話じゃなかった?

57 :名無しのオプ:02/05/13 04:57
>>54
しっかりしたテーマのない小説なんか読みたくもない。

58 :名無しのオプ:02/05/13 04:59
反復が多いのには同感するけどそこまで酷い小説だとは思わなかったけどな。
このミス1位には疑問だとしても秀作だったと思うよ

59 :49:02/05/13 04:59
57 テーマがあっても消化しきれてなかったら意味ないやん。

60 :名無しのオプ:02/05/13 04:59
>>56
その真実のひっぱりがうまいじゃんよ。
小説をむやみに複雑にする必要はない。

61 :49:02/05/13 05:01
58 そうかな?俺は駄作だと思ったけどな。

62 :名無しのオプ:02/05/13 05:02
>>59
小説は問題提起するだけでいいの。
安易な回答をだすほうが阿呆。

63 :名無しのオプ:02/05/13 05:03
>それは別にひっぱってない。露骨な表現をさけただけ。
下巻まで具体的事実をバラさず、また三人の計画が父殺しでであることも
語られない(見返しの紹介文は作者ではなく編集者のものだろうから、作者の
意図とは別)。でなければ前半で具体的に語らない意味が無い。

>丹念に書いてあるところこそ、この小説のいいところ。
丹念ではなく、同じことをパターンをかえて何回も書いている。しかもその
語り方は、ほとんどが長々とした演説形式。「俺の児童虐待論」の様相。

>してない。
事実とことなることを断言するのは、1)読んでいない 2)嘘をついている
3)忘れた、のいずれでしょうか。

>いきなりじゃない。
いきなりです。突然、血の痰を吐きました。うわー、というのをいきなりという。


64 :名無しのオプ:02/05/13 05:03
>>61
駄作だ、なんてよく言えますね。

65 :49:02/05/13 05:04
60 引っ張りすぎっていうのは?
だって何したかってほとんど想像つくだろ?
たいしたオチでもないし。

66 :名無しのオプ:02/05/13 05:04
♪ミステリーってくだらないよねん♪
http://book.2ch.net/test/read.cgi/mystery/1021231900/

って言ってるのと同じだな

67 :名無しのオプ:02/05/13 05:06
>>57
「しっかりしたテーマ」の定義は?
またそれが必要であるという根拠は?

68 :名無しのオプ:02/05/13 05:07
>>63
「児童虐待論」なんて抽象的な議論はしてないって。
すべて具体的に丹念に書いてあるの。
問題を具体的にかんがえるのが小説です。

69 :名無しのオプ:02/05/13 05:09
>>67
あなたはテーマもなにもない、ただびっくりするトリックがあるだけの
小説が読みたいのですか?お笑いですな。

70 :49:02/05/13 05:09
>62=64?の方へ
「三人の計画が父殺し」←これすぐ分からなかったか?
>62 あと俺は別に小説に回答なんて求めてないよ。
小説としておもしろくなかった,それだけ。

71 :55:02/05/13 05:11
> >いきなりじゃない。
> いきなりです。突然、血の痰を吐きました。うわー、というのをいきなりという

伏線を読み落としてます

72 :名無しのオプ:02/05/13 05:12
予想できないオチ、とか言ってるけどんなこと言ってるから>>66って言われるんだと思うよ。

73 :55:02/05/13 05:13
>>49
だから「三人の計画が父殺し」はひっぱってないってば。

74 :名無しのオプ:02/05/13 05:13
>「児童虐待論」なんて抽象的な議論
「児童の虐待に関する論」に「抽象的」になる余地がどこに?


>すべて具体的に丹念に書いてあるの。
同じことを何回も書いてあるだけ

>問題を具体的にかんがえるのが小説です。
登場人物に自説を演説させる小説です。

75 :名無しのオプ:02/05/13 05:13
永遠の仔だけだと批判の的になるのは理解できる。何より長い。これがネック。
孤独の歌声、家族狩りの辺りを読む限り凄い力のある作家だと思ったけどなぁ

76 :名無しのオプ:02/05/13 05:14
>>69
答えなかったので再度

「しっかりしたテーマ」の定義は?
またそれが必要であるという根拠は?

77 :55:02/05/13 05:15
>>72
あなたはテーマもなにもない、ただびっくりするトリックがあるだけの
小説が読みたいのですか?お笑いですな。


78 :49:02/05/13 05:16
72 よく分からない。
オチが分かる=つまらない,オチが予想できない=おもしろい
とは俺は書いてないけど・・・

79 :72:02/05/13 05:16
>>77
をい・・・逆だよ。
俺は

>ただびっくりするトリックがあるだけの小説

みたいなこと言ってると>>66になるって言ってるんだよ

80 :55:02/05/13 05:18
>>72
ごめん。

81 :49:02/05/13 05:18
>>75 しかし永遠を最初に読むと他のを読もうという気にならない。

82 :名無しのオプ:02/05/13 05:19
>>78
65 名前:49 投稿日:02/05/13 05:04
60 引っ張りすぎっていうのは?
だって何したかってほとんど想像つくだろ?
たいしたオチでもないし。

70 名前:49 投稿日:02/05/13 05:09
>62=64?の方へ
「三人の計画が父殺し」←これすぐ分からなかったか?

この辺。

83 :55:02/05/13 05:19
>>76
77に書いた言葉をそのままあなたに

84 :名無しのオプ:02/05/13 05:22
天童荒太大人気だな

85 :名無しのオプ:02/05/13 05:22
>>81
よっぽど気に入らなかったみたいだな・・・

86 :名無しのオプ:02/05/13 05:24
濃密さがいいとおもうけどね

87 :49:02/05/13 05:25
その分かっているいる結末に向かって盛り上がっていくだけの内容が
あるのかってこと。俺はないと思った。
同じものを読んでも感じ方は違うだろ。
>>52 に近い感想を「俺は」持った,そういうこと。

88 :名無しのオプ:02/05/13 05:26
最初にその犯行を提起し、その後現実と交互に展開しながら過去の詳細を明かしていく手法は中々いいと思った。
クドイのは確かだけど

89 :49:02/05/13 05:28
>>85 よっぽどもなにも,「壁に投げつけたい本」だよ。
一応最後まで読んだけどね。

90 :名無しのオプ:02/05/13 05:30
>>49
微妙に間違えてると思うんだけどな。
「三人の計画が父親殺し」とか虐待の事実とかは、ひっぱってない。
「誰が殺したのか」をひっぱってる。

91 :49:02/05/13 05:36
>>90 誰だっけ?(55氏怒るなよ)
女の子じゃなかった?
結局,やたら長いところが気に入らないのかも。

92 :名無しのオプ:02/05/13 05:37
>>90
父親殺しや虐待の具体的内容は上巻分ずっとほのめかすだけでその
内容を語らない。下巻まで具体的内容を述べないのは、その部分を
中盤のサプライズにするため。上巻では明らかに具体的に書かず、
「主人公達だけが知っている例のアレ」として書かれている。

父親殺しの真相は、最終的な真相。これもまたサプライズ。
違うのは最後か中間かだけ。最後のサプライズがあることは、
中間のそれの存在を否定しない。

そもそも「ひっぱる」ってどういう意味で使ってるのか。


93 :49:02/05/13 05:42
終わり?なら別板行こうかな。

94 :90は55:02/05/13 05:43
>>49
・・・ちがうよ。ネタバレはしませんけど。
>>92
うーん。断定はしてなくても、わかるようにかいてある。。
三人の想いには、けっこうはやい段階から違和感なかった?
みんな自分が殺したとおもってるみたいな・・・
読んだのだいぶまえだけど

95 :49:02/05/13 05:48
>55氏
「父親殺しの真相は、最終的な真相」←こうじゃなかった?
でもって,「実は真相はこうなんですわ,びっくりしたでしょ」
という小説としか思えなかった。バカにしているのかと・・・

96 :55:02/05/13 05:50
近いうちにもう一度読んでみようかな。
ありがとう。さようなら。

おわり。

97 :49:02/05/13 05:51
解散ね。ハイ。

98 :名無しのオプ:02/05/13 05:51
なんかしらんが白熱しとるな。

99 :名無しのオプ:02/05/13 05:52
一気にレスが倍になった・・・49は実は工作員に1円50銭

100 :名無しのオプ:02/05/13 05:56
100!!!!!!

101 :49:02/05/13 05:57
ふらっと立ち寄ったら馬鹿とかかかれたんでつい・・・

102 :49:02/05/13 06:01
あ,あと全編通してひたすら暗い,というのをマイナス要因に。
じゃあ,バイバイ。

103 :名無しのオプ:02/05/13 19:06
白熱age

104 :名無しのオプ:02/06/24 10:16
さるべーじ

105 :名無しのオプ :02/06/28 00:04
只今読み返し中ですが、なかなか面白いと思います。
普通の家庭に育ってるだけでも幸せなんだと改めて思ったかな。
ただ、メール欄の人には死んでほしくなかった。
いや、そういう人だらけかこの小説は。

106 :名無しのオプ:02/06/28 00:28
幸せになりたいのにどうしてもできないってのが
よく書かれてる小説かね?とくに梁平。
養父母との会話、良かったです。

107 : :02/07/08 20:15
「あふれた愛」、ものすごく良かったよ。
喫茶店で、涙が出ちゃって出ちゃって困った・・・。

文章うまいし。。
どのお話も、切なく哀しく暖かく・・・、
天童さんの優しさがにじみ出てるというか。
メンタル方面により接しつつも、変にクサくなく巧い。。
こういう作家さんはあんまり居なかったから、今後にも期待です。。

108 :ww:02/07/08 20:19

-------風俗の総合商社・MTTどこでも-------

〇デリバリーヘルス〇デートクラブ〇女性専用ホストクラブ〇
〇ハードSM奴隷クラブ〇レズビアン倶楽部〇ホモ・オカマ倶楽部
〇変態痴女と遊ぶ会〇痴漢・覗き趣味の会〇変態同好会・各種!
●楽しく遊べます! 090-8002-8356番
-----------美男・美女会員など多数在籍中-----------
  http://www.mttdocomo.jp/
-----女性アルバイト随時募集・高収入(日払い)月100万円可能-----
-----レズビアン・スタッフ●ホモスタッフ●女性専用ホストスタッフ同募-----
http://www.mttdocomo.jp/
------------------------------------------------

109 :名無しのオプ:02/08/09 15:08
さるべーじ

110 :名無しのオプ:02/08/10 08:54
寡作だね
どうやって生きてるんだろう?

111 :名無しのオプ:02/08/11 01:36
永遠の仔、昔読んだよー
梁平と、養父母の会話で
「僕はあなたたちに似たかった・・・あなたたちの子供ならほんとによかった」
みたいな話がほんとに感動したぽ

112 :名無しのオプ:02/08/11 21:48
栗田教行名義の「白の家族」読んだ人ここにいる?
傑作だったんだけど。古本屋に売っちゃって・・
文庫出ないかな?

113 :名無しのオプ:02/08/12 12:06
天童はダイアローグが上手いと思う。
永遠の仔はセリフでたびたび泣かされた。
でもストーリーは飽きて飛ばし読み。

114 :名無しのオプ:02/08/15 03:58
素直に感動した。「永遠の仔」。
でも、メール欄の2人が幸せになってくれたらなお良かった。

115 :名無しのオプ:02/08/15 09:10
「永遠の仔」
なかなか文庫本にならないね


116 :名無しのオプ:02/09/18 08:38
さるべーじ

117 :名無しのオプ:02/09/20 21:30
よかったね、永遠の仔。
始めドラマのみだったけど、本借りて読んだ


118 :名無しのオプ:02/10/22 17:53
保全age

119 :名無しのオプ:02/10/22 17:54
新刊まだ?

120 :名無しのオプ:02/11/04 23:24
そうだそうだ

121 :名無しのオプ :02/11/17 18:46
家族借り、文庫版が出るらすぃ

122 :名無しのオプ:02/12/14 22:27
>>111
オレもその場面で泣けてしまったよ。
梁平の養父母の深い愛情が伝わってたね。

123 :名無しのオプ:02/12/20 23:03
次の長編はいつなんだぁ!

124 :名無しのオプ:02/12/24 20:55

アメリカが好きな作家だな
アメリカは何でも進んでいると思っているんだろうね
戦後民主主義の旗手だな

125 : 次郎:03/01/03 11:56
家族狩りがすきでし、、、

126 :名無し物書き@推敲中?:03/01/16 16:37
永遠の仔・・・くたびれただけだった。

127 :山崎渉:03/01/23 18:32
(^^)

128 :名無しのオプ:03/02/10 01:32
「家族狩り」「永遠の仔」読んでけっこう気に入って
こういう精神おいつめられる感じんのが好きなんですが、他の作家でこういった感じの
小説で面白いのあったら教えてください。(できたら登場人物は二十代くらいがいいです・・)

家族狩り、宗教じみた登場人物が気持ち悪かった・・・

129 :名無しのオプ:03/02/10 01:33
「最悪」や「邪魔」とかは?

130 :128:03/02/10 01:41
>129
それは誰が書いた小説ですか?初心者なんです・・・

131 :128:03/02/10 01:50
検索したら見つかりました。他にもおすすめあったらよろしくです。(登場人物10代もよいです)

132 :名無しのオプ:03/02/10 02:03
>>131
それじゃあ「リアル鬼ごっこ」で・・・

133 :名無しのオプ:03/03/05 00:42
ageてみるよ

134 :名無しのオプ:03/04/12 20:24
新作出ないの?
この人今どっかに連載とかしてないんでしょうか

135 :名無しのオプ:03/04/14 20:26
「あふれた愛」ブッコフ100円ゲット

136 :山崎渉:03/04/17 15:24
(^^)

137 :山崎渉:03/04/20 03:15
   ∧_∧
  (  ^^ )< ぬるぽ(^^)

138 :山崎渉:03/04/20 07:21
   ∧_∧
  (  ^^ )< ぬるぽ(^^)

139 :名無しのオプ:03/04/29 07:30
さるべーじ

140 :名無しのオプ:03/05/18 17:25
今頃になって初めて読んだから感想をかくけど
構成の緻密さが面白かった。
犯人については誰を選んでも後からいくらでも説明できそうでフ〜ンという感じ。
若い女性2人の書き方がいかにも男からみた理想の女性ぽくて定型にはまりすぎ。
例えれば「ナウシカ」みたいに現実味のないいい子ちゃんすぎ。

141 :名無しのオプ:03/05/28 02:43
ネタが・・・ネタがない・・・

142 :_:03/05/28 02:54
http://homepage.mac.com/hiroyuki43/moe/jaz04.html

143 :山崎渉:03/05/28 11:50
     ∧_∧
ピュ.ー (  ^^ ) <これからも僕を応援して下さいね(^^)。
  =〔~∪ ̄ ̄〕
  = ◎――◎                      山崎渉

144 :名無しのオプ:03/05/30 09:48
山崎通過あげ

145 :山崎 渉:03/07/15 10:51

 __∧_∧_
 |(  ^^ )| <寝るぽ(^^)
 |\⌒⌒⌒\
 \ |⌒⌒⌒~|         山崎渉
   ~ ̄ ̄ ̄ ̄

146 :山崎 渉:03/07/15 13:27

 __∧_∧_
 |(  ^^ )| <寝るぽ(^^)
 |\⌒⌒⌒\
 \ |⌒⌒⌒~|         山崎渉
   ~ ̄ ̄ ̄ ̄

147 :名無しのオプ:03/07/15 20:25
最近何しているの

148 :名無しのオプ:03/07/16 20:02
天童さんの本はみんな読んだと思うんだけど、
新刊の噂って無いのかな?



149 :名無しのオプ:03/07/18 23:27
「永遠の仔」は文庫化されないの?
3,4年たってるのに。

150 :名無しのオプ:03/07/18 23:32
私を見てね♪

http://www3.free-city.net/home/akipon/page003.html

151 :名無しのオプ:03/07/19 17:11
「孤独の歌声」の文庫版の表紙の絵、キモスギ。
おっさんのイク直前みたいな顔萎え。

152 :名無しのオプ:03/07/20 03:16
ついに読みました。永遠の子。こんなに感動した本初めてです。雑誌すばるに
連載していた、あふれた愛がよかったので買ってみました。実は昔の記憶が蘇
るのを抑えるのが大変でした。私も父に性的虐待を受けていました。読んでて
かなりつらかったです。3人の気持ちがよくわかりました。最初から最後まで
涙が止まりませんでした。すいません、今はこれ以上書けません。 


153 :名無しのオプ:03/07/20 09:44
>>152
誰も書けとは言ってないワナ

154 :名無しのオプ:03/07/21 06:34
あげ

155 :名無しのオプ:03/07/21 17:20
 人それぞれだから、それはそれでいいんだけど、
でも問題は、永遠の仔でワンワンと泣いてしまう感性の持ち主が、
文学賞の下読みの書評子に多いというのが問題……

 そいつらのおかげで、ミステリーその他のジャンルで、トラウマ満載お涙ちょうだい路線急増と
いう結果を招いてしまった……

 もういい加減に安っぽい小説はいいよ……

156 :山崎 渉:03/08/02 02:06
(^^)

157 :名無しのオプ:03/08/09 17:10
>152
縦読み

158 :山崎 渉:03/08/15 15:23
    (⌒V⌒)
   │ ^ ^ │<これからも僕を応援して下さいね(^^)。
  ⊂|    |つ
   (_)(_)                      山崎パン

159 :名無しのオプ:03/08/19 04:51
「家族狩り」は結構好きだったんだけど、あの残酷な描写は必要なのかな?
あれがなくても十分面白いと思うんだけど。


160 :名無しのオプ:03/09/25 20:12
a

161 :名無しのオプ:03/09/28 20:04
ま、深刻な話だからね。

162 :名無しのオプ:03/10/02 01:54
それより「白の家族」を文庫化して欲しい。ランドセルに麻薬が萌える。


163 :名無しのオプ:03/10/02 03:00
友達に借りた。
卒業までにはヨみたいな。

164 :名無しのオプ:03/10/08 23:34
孤独の歌声を読んだ。
私は真島昌利ヲタなので、主人公が真島チックだというだけで楽しめたが(w、
なんというか文章がクサいと思った。
>>151氏が云う様に、表紙が気持ち悪い。なんだあのオサーン・・・松田か?

165 :名無しのオプ:03/10/11 22:22
自分は、性的虐待のトラウマで、セーラー服も着れなかった女のヒトが、
色々性的なことも言うだろうボケたじいちゃんの世話をできると言うところに
ものすごい矛盾を感じたけど、そういうヒトはいないの?
(ボケたから無害なことしか言わないってわけじゃないと思う、むしろ
欲望がオープンになって性的な言動をするヒト多いと思うのだが)
それとセーラー服がイヤで看護婦の制服がいいと言うのも全く納得できない。
どっちも痴漢は大好きだと思うのだが。(そういうことを考えないブリっこ
って設定でも結構ムリがあると思う)
どんなにもとが美人でもマジで気をつかわなければ普通”美しくは見えない”
ようになるのだが、誰が見ても美人みたいだしな。せめてよく見ると美人くらい
にしとけばよかったのに。
そういうことを考えると主人公が看護婦なのがまず安易。
障害者=天使っていう考え方と一緒で、性的虐待者=天使みたいな考え方が
透けて見えるのがすごいイヤ。贖罪の意味もあるのかもしれんが。
だとしてもトラウマ受けたヒトってあんな他人から見ていい人ではなくて
結構困ったちゃんだったりすると思うのだが。
つまり作者の主人公萌えがウザいんだな、自分はきっと。

166 :名無しのオプ:03/10/18 01:36
ロト6で400,000,000円当たったら。
孤独の歌声の映像化権買うぞ!

風希は井川遥。
潤平は要潤。
京子は吉岡美穂。
赤松はTOKIOの松岡。
松田は窪塚。

でどう?



167 :名無しのオプ:03/11/06 00:25
今頃読みました。読むの結構時間かかった。

子供時代の3人の行動とか気持ちとかは胸に迫るものがあったけど、
ラストあたり都合よすぎ。一気に萎えたっす。

振り返ってみて、特に人に勧めたい!と言うほどでもなかったな。
実際面白かった本は祖母にも回すようにしているけど、今回は見送ったw




168 :名無しのオプ:04/01/05 20:54
今月末に新作出るって聞いたけど、何か情報ない?

169 :名無しのオプ:04/01/06 01:29
小説もドラマも普通に良かったんじゃない?
大人気になったから貶してるって奴が多そう。
嫌いな人は感動メロドラマ的な作りが嫌なのかもしれないけど、
別にそれはマイナスポイントにはならない。
単なる個人の好き嫌いだから。

170 :名無しのオプ:04/01/07 20:28
上巻のうちはすごく面白く感じてたんだけど、どんどん進んでいく
うちに、段々話はぐだぐだに感じてくるわ、出てくる人出てくる人が
一生懸命介護やら虐待やらについての演説を始めるわ、次第に辛く
なっていって最後辺りはかなりどうでも良くなってきた小説。

>>165の意見はかなり納得した。
ボケ老人の介護者への性的嫌がらせってすごく良く聞くよな。
ボケ老人=傷ついた子供みたいな構図が段々嫌になってくる。

171 :名無しのオプ:04/01/15 00:34
21世紀版の家族狩り、との事

ttp://www.shinchosha.co.jp/kazoku/index.html


172 :名無しのオプ:04/01/15 01:58
『孤独の歌声』は良い。
他は知らん。『家族狩り』を早く文庫化してくれ。

173 :名無しのオプ:04/01/15 20:14


    テント洗った?


174 :名無しのオプ:04/01/16 16:24
これで家族狩りの文庫化はなくなったということか。
まあ元版が残っただけでもいいのかもしれんが。

175 :名無しのオプ:04/01/22 13:22
「家族狩り」どのくらい改変してあんのかな
高村薫並?文庫化するというから未読にしといたけど
図書館で借りるか

176 :名無しのオプ:04/01/22 18:44
>>171
>書籍版の文章を1行たりとも使わないという徹底ぶり

177 :名無しのオプ:04/01/25 16:47
残酷度は下がっているのだろうか?

178 :名無しのオプ:04/01/31 17:34
まだ誰も読了してねえのけ?

179 :名無しのオプ:04/02/01 13:45
読んだよ。5巻編成で一月ごとに一冊づつ刊行の予定らしい。
一巻は内容で言うと最初の殺人事件がおきて馬見原達が現場で少年が
書いたと思われる「ゆるして〜」と書かれた紙片を発見したあたりまで。
書き加えられた点としてはたとえば児童相談所の遊子と駒田(アル中おやじ)の
間に今までどのようないきさつがあったのかが書かれている。
駒田は単行本では登場の時からすでに遊子と知り合いのようだが。

180 :名無しのオプ:04/02/01 15:26
グリーンマイル も 上と外 も全部揃ってからじゃないと
読み出せなかった私は目の前にありながらまだ読めていない。

181 :名無しのオプ:04/02/20 23:25
>>180
上下・・・?

182 :名無しのオプ:04/02/20 23:32
>181
恩田陸の「上と外」のこといってるんだろ。

183 :名無しのオプ:04/02/21 02:10
「永遠の仔」は秀作だとは思うけど、冗長すぎる。もっと刈り込めたとは思うな。
>>165さんの意見も最もだと自分も感じつつ。

184 :名無しのオプ:04/03/12 00:52
家族狩りage。
永遠の仔は読んだことないけど、家族狩りおもしれー。
新刊が待ち遠しくてたまらん。生々しい描写がたまらん。

185 :名無しのオプ:04/03/24 13:58
永遠の仔って文庫化されないんですか?

186 :名無しのオプ:04/03/25 22:25
永遠の仔読み終わりました
1000冊読んだなかで一番重い内容だとか、やりきれない気持ちになると
か書評にかいてあったので期待したのに
最後はなんかつまらない
もっとみんな不孝になればよかったのに



187 :名無しのオプ:04/03/26 11:44
186 :名無しのオプ :04/03/25 22:25
永遠の仔読み終わりました
1000冊読んだなかで一番重い内容だとか、やりきれない気持ちになると
か書評にかいてあったので期待したのに
最後はなんかつまらない
もっとみんな不孝になればよかったのに


188 :名無しのオプ:04/04/05 09:27
ホシュ

189 :名無しのオプ:04/04/06 17:27
家族狩り3巻目まででてどうよ?
まだ一巻読み終わったところだけんど

190 :名無しのオプ:04/04/17 14:44
オリジナルの家族狩りは読んでないけど美術教師の教え子の女の子の家庭が
最終的に狙われるとみた

191 :名無しのオプ:04/04/29 08:04
3巻の途中まで読んだ。
昨日、4巻を買った。
↓オビのコピー。
「鎖を解き放ち、
わが手に人生を取り戻す。

願いは、きっとかなう。」

192 :名無しのオプ:04/05/12 17:20
天童さんはこれからもずっと家族に焦点を当てた作品を書きつづけていくのかな・・・
ある意味不器用な人なのかもしれない。
違う感じのも読んでみたいけどな。

永遠の仔はめちゃめちゃ泣いたなぁ。
私の周りでこれ読んだ人は凄く良かったって人とふーん・・・だった人の二つにキレイに分かれてた。

失楽園の人はこれ読んでないみたいよ。
あらすじだけ教えてもらって書評書いたらしい。
by 文学賞メッタ斬り

193 :名無しのオプ:04/05/14 09:13 ID:9jB8auN9
失楽園の人はH以外興味がないんじゃない
大嫌いだ

194 :名無しのオプ:04/05/17 23:15 ID:YIXwDAuB
家族狩りは,父親が強制連行で連れてこられたと言う設定の、
登場人物がいるのが引いてしまう。

195 :名無しのオプ:04/05/28 09:00 ID:7t/JcPQ5
発売上げ

196 :名無しのオプ:04/05/28 15:39 ID:80W8QqwT
やっとみつけた!このスレ。
本日第5部ゲトー!

今晩から読み始める。楽しみ。

197 :名無しのオプ:04/05/29 16:27 ID:R1MsZigJ
>>190
正解!

198 :名無しのオプ:04/05/30 13:25 ID:oZHCfAPx
家族狩り終わりました
美術教師の恋人は出てくる
必要なかったのじゃないかと
思いました。

199 :名無しのオプ:04/05/31 14:05 ID:3cRK34Xe
元版と最も違っているのが最終巻の5巻ですね。
1〜4は登場人物個々の書き込みが深くなったという印象だけだったが
ラストは大きく違っている。
自分は元版のラストの方が好きだけどみんなはどうかな?

200 :名無しのオプ:04/05/31 20:12 ID:p2cQ/pEW
文庫版「家族狩り」、
終わりに近づくに従って本が厚くなるのには、苦笑…。
収まり切らんかったのね…
値段で表示しますと
(1)〜(3) 500
    (4) 540
    (5) 700

どーせならスマートにやってほしいもんだ。

201 :名無しのオプ:04/05/31 21:06 ID:Q6/uWG2x
 「永遠の仔」と「孤独の歌声」は読んだ。でも「家族狩り」は読んでません。
 文庫待ちして五年、ついに来るかと思ったらまったく違った形だし、
 元版読もうか、文庫版読もうかで迷っている今日この頃。
 きっと「永遠の仔」も「家族狩り」の形式で打ち直すのかもしれませんね。
 でも、そうなったらまた読むのだろうけど。
 「家族狩り」評判いいですね。「永遠の仔」よりもいいのですか?
 まあ「永遠の仔」は、あまりにも救いがなさ過ぎるように思いました。
 とくに優希の母親は、最後の最後まで卑怯者だったなと感じたけど。
 

202 :名無しのオプ:04/06/15 17:04 ID:hvKFagmK
>>199
そんなに元版と違うの?
5冊読了して、これ以降天童さんの本はもう読まないでおこうと思いました。
うーん、家族狩り、単に説教臭い小説になってて、
永遠の仔の時みたいな小説としての輝きはなくなったように思います。
天童さんは今後もこういうテーマで書きつづけるんでしょうね。
だとしたらもう私はオナカ一杯。

永遠の仔は本当に感動しました。

203 :名無しのオプ:04/06/23 11:27 ID:1v2NU8Cd
平成の山田太一という印象。

204 :名無しのオプ:04/06/23 14:46 ID:fBbMUHuq
家族狩り、要するに「改悪」なの?
両方読んだ人の感想きぼん。
スレ前半では好評なのに、文庫出てからはイマイチだな。

205 :名無しのオプ:04/06/23 21:41 ID:KUIWwOs+
「家族狩り」読了。
「不毛地帯」のシベリア抑留編並に重かった。

206 :名無しのオプ:04/06/24 09:47 ID:uQr08O9r
>>204
長くし過ぎて説教臭い嫌な小説になってしまったという印象。
ラストの部分がちょっと?違う。
あと家族狩りは登場人物が魅力的じゃないんだよな。
馬見原もむかつくけど、何より氷崎って女がほんと嫌だ。

天童さんは不器用な人なんだろうね。
そこが良いとこであり悪いとこであり。
今後も同じ路線で書きつづけるとしたらこの人のピークは永遠の仔だったということになりそう。

207 :名無しのオプ:04/06/24 14:51 ID:Ja9TFrva
読んでいる途中にも物語り世界が現実のニュースとシンクロしてる。
で、現実も物語りも相乗で重く感じられ…
精神的にしんどい。
でもこういうのを書き続ける人がいてもいい。

208 :名無しのオプ:04/06/25 05:24 ID:wpPZnfXh
ミステリは、オマケだったんじゃないかな。総合評価としては、個人的には○

209 : :04/06/25 13:48 ID:KCaxr181
まだ遠い光って感じだった

210 :名無しのオプ:04/06/26 08:10 ID:u7Sjt6AK
「家族狩り」文庫版、読了!
天童初体験だったんだけど、いや〜、なかなか良かった!
第5巻に入ってからはほんとうに「ページをめくる手が止まらん!」
という感じで(こんなの、何年ぶりだろう…)後半約200ページは
一気に読んでしまいました。(あぁ、こんなの、何年ぶりだろう…)

ラストについては「甘いわ!」と一言で斬ってしまうことも可能だろう。
でも、せめてラストだけは、白々しいまでに、はっきりと
「救い」を提示してくれないと、つらいよね。
お話全体は、本当にもう目をそむけたくなるような事ばかりだし。

ひさしぶりに長編小説を読了した。
せっかく久しぶりに頭が長編小説も受け入れるような状態になってるから
次に読む本を慎重に選ばねば。
重松清か、宮部みゆきか…。
清涼院流水は、ちょっと違うなぁ。

あ、そーいやケートクの奥さん、もう大丈夫なのかなぁ…

211 :名無しのオプ:04/06/27 17:15 ID:1yrsz2Wu
>>210
あのテーマで救いとか回答を明示しない所に正直さを感じたけどね。
軽々に答えを書くと折角の積み上げた物語がが薄っぺらになって
台無しになってしまうのではないかと思ったよ。

212 :名無しのオプ:04/07/01 09:41 ID:/fWrGQ33
家族狩り 読了 (1部から5部まで全通し読み)
最終部はクソだね。ほんとバカバカしい展開で呆れた。
面白く読めたのは3部まで、4部からは一人が説明をだらだらをしゃべったり
5部にいたっては、ダラダラと設定が続くなか、つまらない展開のうえ、
それぞれの人物が抱える問題をどう解決したかが描かれてないまま、
くだらないカンタンなまとめ方でおわっちゃって最悪だった。
登場人物も初めから最後まで魅力的じゃないし。
きっと長く書きつづけて、息切れしちゃったんだろうね。
面白かったとは言えない、人にも薦められない。


213 :名無しのオプ:04/07/01 16:22 ID:o6begm5J
>>212
ほぼ同意見。
改訂なんてせずにそのまま文庫にして出せば良かったのに。
永遠の仔は結構人に勧めたんだけど、これは薦められないや。

214 :名無しのオプ:04/07/01 23:09 ID:ercqYB8j
登場人物に語らせすぎちゃってるのは
(言葉によく火が通っていなくて「生」って感じ)
全編を通して感じた。

でも自分は結構共感できたから
つまらないとは思わなかった。

215 :名無しのオプ:04/07/02 09:34 ID:7Gz0062s
やっぱ人物描写がね。
永遠の仔みたいに「最後どうか救われて欲しい」って思える人が居なかったからなぁ。
あの娘もイラク3バカみたいな結末にハァ?って感じ。
下手にリアルさを追求した結果、小説としてはお粗末になってしまった感じがする。

216 :名無しのオプ:04/07/02 14:05 ID:lr+S83NV
>215
横だが
イラク3バカって表現
作者は嫌いそうだ。


217 :名無しのオプ:04/07/03 22:25 ID:3MWn58r/
そりゃおれだって「孤独の歌声」みたいなヒリヒリした作風のほうが好きだが、
大森望とか豊崎なんたらの「天童教の布教本(藁」みたいな下品な皮肉には腹が立つ。
おれは「新・家族狩り」、おもしろく読んでいるよ。今は五巻の序盤。
出てくるやつの大半が、自分のことでいっぱいいっぱいで、不愉快きわまりない。
本を読んでこんなに登場人物を実在の人物みたいに不愉快に思えるということは、
すごい小説なんだと思う。

218 :名無しのオプ:04/07/03 22:56 ID:YR0jpRUp
天童、初読み。
4巻、読み終わったところで、全ての事件が収拾つくのかよと思ったが、5巻だけ厚いのね。
この巻に、書き足しが多いのかな?
(メル欄)の決着の仕方が納得いかなかった。
当然、登場人物のほとんどに嫌悪感がわいた。

219 :名無しのオプ:04/07/04 00:20 ID:MieskKTB
これって直木賞候補になるかなあ?

220 :名無しのオプ:04/07/04 17:35 ID:7xPSwy2a
>215
むしろ、人質事件を視野にいれてあのようにしたっぽい気がする。
ぎりぎりまで手直し入れていたというし。

221 : :04/07/04 20:49 ID:8kBrGsI7
>218
アル中のオッサンはアホの坂田みたいで好感持てたけどな

222 :名無しのオプ:04/07/04 21:14 ID:IBKBG1Nc
>>221
嫌悪感があるのは、自分の周りの現実社会を見ないで、遠い世界の紛争とか飢えとか考えてる奴が多いところだよ。
あのオッサンにはそういう気持ち悪さはないな。好感は持てないけど。

223 :名無しのオプ:04/07/05 09:14 ID:A7g6gxfb
「現実社会を見ないで、遠い世界の紛争とか飢えとか考えてる奴」
そりゃもう意識的に嫌な奴として書かれているわけで。
そういう奴が自分の身近な生活と社会全体を繋げて考えていくようになる過程から
テーマを浮き彫りにしてるわけだからさ。



224 :名無しのオプ:04/07/06 19:14 ID:aQ/UfTdG
みんなほぼ日のロングインタビューは読んでないの?

225 :名無しのオプ:04/07/06 22:53 ID:MBOmHGV5
>224
読んだよ!なんか牡牛座の性格そのままの人だなと思った。

226 :名無しのオプ:04/07/09 21:02 ID:Wl4Dh1XL
家族狩り3巻まで読み終えた。
地味〜に面白くなってきたかなあ
元の家族狩りもこんな説教臭いの?

227 :名無しのオプ:04/08/24 23:48 ID:OV1/r6d5
>>226
今回はイデオロギーが前面に出すぎ。

前作はもっともっとグロテスク。

あと、最後まで読むといろいろなところが違う。

228 :名無しのオプ:04/09/01 00:26 ID:OychFLR+
家族狩りの元版を借りて読んでこのスレ発見しました。感想…
・被害に会う家族のパターンが似過ぎている。
・登場する「若い女」がヒステリック過ぎる。
・現在進行形とも言える問題だから、「コレだ!」と言う解決策がないのは反って良い気が。
・登場人物に一人くらい、愛されて育っていて幸せいっぱい って人がいても良いのに‥余計救いの無い感じになるかもしれないけれど。

「永遠の鼓」は介護部分が中だるみの印象があった。

「衝撃的」「猟奇的」ってだけの話を ガツガツ出版しないだけでも、他の作品もちゃんと読んでみたいと思う作者です。


229 :名無しのオプ:04/09/01 06:45 ID:OychFLR+
×=鼓
〇=仔

230 :名無しのオプ:04/09/01 11:56 ID:WXckE0b/
プロ市民臭くて読んでられない

231 :名無しのオプ:04/09/10 12:49 ID:Qr8yNThv
家族狩りの主人公の両親の落ちぶれ方を見ると
単純なプロ市民ではないと思うがな

232 :名無しのオプ:04/09/17 20:20:10 ID:BYe2e3JO
>>231
美術教師の両親、ですね?
あのシーンはけっこうショックだった…

話は変わりますが「永遠の仔」、10月に文庫化ですね。
http://www.taiyosha.co.jp/bunko/bunko0410_cyo2.html

233 :名無しのオプ:04/10/09 01:24:38 ID:LFgnH8Tt
…と書き込んで幾星霜…
なんだ、「永遠の仔」文庫版読んだ人の
感想書き込みはないのかしらん??

234 :名無しのオプ:04/10/09 09:56:09 ID:GVzaBaK1
永遠の仔、文庫落ちっていっても、いまやどこのブクオフでも100円落ちしてるからなあ・・・

235 :名無しのオプ:04/10/12 22:32:48 ID:fdZgC5Vw
永遠の仔、読んだよ。
説教&自己分析語りが家族狩りと同じぐらいあった。
介護、家族愛、人間愛、そーいうぐだーっていうのを
頑張って読んで、最後の終わりに読んでよかったと思えた。
この人は、いつも読んでる途中、しつこいほど長いなぁって思っちゃう。


236 :名無しのオプ:04/10/20 05:20:41 ID:Woa/qvDB
永遠の仔の文庫、3巻の途中まで読みました。
優希の心の傷の原因が、丸判りなのに
いまだに明かされないのがもどかしい。
展開が遅いとか、くどいとかは思わないんだけど、
その一点についてだけ引っ張りすぎな感じ。
重要な謎なのは解るんだけど、こんなに引っ張るなら
もっと控えめな描写にするとか、
過去の話は、もっぱらジラフとモウルの視点から語らせるとか…。
しかし、この調子ならあと2巻あるのも頷ける展開ですね。

ところで、文庫化に当たって、かなり加筆されてるんですか?
このスレを読んで、家族狩りは文庫じゃないのを探そうと思うんですが
永遠の仔も、文庫じゃない方がいいのかなあ。

237 :名無しのオプ:04/10/20 18:18:51 ID:F/fVt6AB
俺も、今文庫版2巻を読み終わったところ。
読書が乗ってきたところで、話の腰を折るようになかなか進展しない過去話が挿入されるのがなぁ…
無駄に長いっていう批判をよく聞いてたんだけど、そういわれてもしょうがないな。
話はいまのところおもしろい。
謎を最後のほうまでひっぱってくれたらいいんだが、家族狩りは中盤で犯人がわかってたからな…

238 :名無しのオプ:04/10/22 16:27:42 ID:5IkyC5L3
「永遠の仔」やっと文庫化されたんだね。
全5巻ってホント?
1冊600円として全部揃えると3000円?
どうしよ・・・

239 :名無しのオプ:04/10/23 00:27:46 ID:u8Hy1O+k
ホントだよー。
ちなみに、1・2巻が571円、3巻が495円、4・5巻が533円
と、手元のチラシに書いてある。
てっきり全3巻だと思って、大人買いしたら
全5巻だった上に、4・5巻は来月発売でがっかり。
続きが気になるよ。

仕方なく、今日古本屋で家族狩りの文庫を大人買いした。
新本屋にも、古本屋にもハードカバーが無いんだものな…。
このスレ的には、ハードカバーの方が評判がいいみたいなので
見かけたら買ってみます。
しかし、いまいち登場人物に好感が持てないな…家族狩り。
話は面白くなってきたけど。

240 :名無しのオプ:04/10/23 17:30:16 ID:y/W4eqRb
>>239
そういうのは「大人買い」ではなく「まとめ買い」だと思う。

241 :名無しのオプ:04/10/25 22:35:53 ID:0cj9Y+nX
>>240
それもそうですね。ありがとう。

家族狩り読み終った。
そこかしこが、ちょっと説教臭い(宗教臭というか)感じがするけど
全体としては面白かった。
犯人はすぐ判っちゃったけど、再読しようかなと思えた。
ハードカバーで見つけたら、また読んでみます。

242 :名無しのオプ:04/10/26 18:32:34 ID:JXVAJ8jX
家族狩りはハードカバーと文庫とでは全然内容が違うと聞いたが、ホント?

243 :名無しのオプ:04/11/04 14:35:13 ID:YiZMslrc
家族狩りと永遠の仔の一番の違いは、登場人物の描き方だと思う。
永遠の仔の登場人物には幸せになって欲しいと思えたけど、
家族狩りの方はそう思えなかった。
描き方でこうも違うんだね。
永遠の仔は良くも悪くも小説っぽくて、
家族狩りの方は良くも悪くもリアルっぽい。

244 :名無しのオプ:04/11/06 07:33:42 ID:CM5bzj7m
徹夜で永遠の仔文庫版読了。
最終巻まで謎を引っぱってたから、なんとか読めた。
しかし、最後まで説教くさい。
感動する人もいるんだろうけど、私は駄目だった。

245 :名無しのオプ:04/11/06 10:36:02 ID:T+zUrccV
最初のほうで、文章が下手っていう書き込みがあるけど、そう?
俺は、読んでて特に何も感じなかったな。アホなのかな。

246 :名無しのオプ:04/11/08 16:13:17 ID:QLwSWsz9
下手って言うほどではないと思う。
美文ではないけど、その引っかかり具合と内容がマッチしてるから別に良いと思う

247 :板ルール変更議論中@自治スレ:04/11/14 19:45:07 ID:TNkF1tiC
「永遠の仔」で質問なんですが、
プロローグで出てきたグラサンの男は何だったんですか?
あれも幻覚?

248 :板ルール変更議論中@自治スレ:04/11/14 21:16:55 ID:TNkF1tiC
すいません、あともうひとつ。
笙一郎は聡志が危惧していた通りメル欄ってことでいいんですか?

249 :板ルール変更議論中@自治スレ:04/11/18 21:52:49 ID:fRJilLqK
家族狩り読んだが、なんとも男に都合のいい小説だな。
あの刑事のおっさんは死ぬべき。あまりにも奥さん哀れ・・。
俺は男だが、読んでて気分悪くなった。

250 :板ルール変更議論中@自治スレ:04/11/26 18:09:02 ID:4DYLlV6n
リアルで家族狩りだね‥茨城。

251 :板ルール変更議論中@自治スレ:04/11/26 18:21:44 ID:cP0QAiIz
>>250
ぅゎぁ……

252 :板ルール変更議論中@自治スレ:04/11/28 22:50:17 ID:xkpIzhQF
永遠の仔の、餃子をソースにつけて食べる話で泣いた。

253 :板ルール変更議論中@自治スレ:04/12/01 14:36:08 ID:WGrMi3VH
>>247も疑問だけど、なんで奈緒子が死ななきゃいけねいの?不憫すぎ。
包丁持って優希の病院に行くってのも、追い詰められてたんだろうけど、その辺あいまい。
あと、なんで聡志まで死んじゃうのか。広美は笙一郎になぜ惹かれたのか。
傷ついた子どもの表現はいいと思ったけどね。


254 :板ルール変更議論中@自治スレ:04/12/01 16:08:44 ID:1PMOwco1
永遠の仔文庫で読んだけど
説明文が多くて面白くなかった。
ほとんどいらない文だろ。文庫2冊位でおさまったのに。

255 :板ルール変更議論中@自治スレ:04/12/01 17:20:30 ID:M98IBKwV
>>248
うーん、そこまで書いてないからわからないですけど。
そんなような気はする。
もっと昔だったら違ったかもね。

256 :板ルール変更議論中@自治スレ:04/12/01 20:04:18 ID:upEb58uP
いまハードカバー「家族狩り」読んでるんだけど、
これ読むのきついっすね、展開がぬるくて。
「永遠の仔」はサクサク読めたんだけど。

257 :板ルール変更議論中@自治スレ:04/12/02 13:49:26 ID:DYQL6KBh
>>256
そうかな〜?
自分は逆の感想を持ったけど・・

258 :板ルール変更議論中@自治スレ:04/12/02 17:38:29 ID:Inbxaf3Q
文章力は明らかに
家族狩り<永遠の仔 だと思う

259 :板ルール変更議論中@自治スレ:04/12/03 00:10:03 ID:PstM6IFz
500枚くらいの登場人物が家族関係でトラウマ負ってないような軽い話が読みたいんだけど無理か。

260 :板ルール変更投票は4〜11日@自治スレ:04/12/03 22:34:47 ID:Hyu8l4dg
文章ヘタ云々とか言われてるけど、大体そこで売ってる作家じゃないでしょ。
ネタ付きた大御所じゃあるまいし。
本人も最初は映画の方に進みたくて小説とか全く興味なかったらしいけど、この心理描写は凄まじいよ。
この人は本物の青春小説を書ける大変希少な作家。
新刊が出たら迷わずレジに持って行く。

261 :板ルール変更投票は4〜11日@自治スレ:04/12/03 23:23:46 ID:iGW1UBMU
>>260
どこが売りなのかは別として、作家なんだから
文章力について語られるのは自然だと思うが。

262 :256:04/12/04 00:31:40 ID:uWkTsBFh
読了しました。
最後収束に困ったな、という感じでした。

263 :板ルール変更投票は4〜11日@自治スレ:04/12/05 01:43:15 ID:UELtVQ2c
このひと、ミステリーの形式を借りてるけどミステリーが書きたいわけじゃないよね。
なんでミステリー板にあるんだろうと思うくらい。

ところで、永遠の仔文庫版は単行本版と違うの?
家族狩りのときは「大幅加筆」って明記されてたから買ったけど、これは
単なる文庫化かと思って買ってないけど。
内容変わってるんだったら買う。

私はこのひとの不器用でも誠実なところをかっている。

264 :板ルール変更投票は4〜11日@自治スレ:04/12/05 13:17:52 ID:t7KbnuFS
ドラマも見てない「天童処女」の状態で、
本屋で平積みにされてた永遠の仔・全5巻に目を取られて買いました。
おお、おお、まあまあ面白い、と思って読んでおりました。

4巻を読み終えたところで「魔がさした」、とでもいうのか、
ネットで「永遠の仔」をつい検索してしまいました。
検索結果には父殺しの真相がズラリ・・・
なぜ全て読み終える前に検索しなかったのか、今でも後悔し通しです・・・
ある程度の予測はついていたとはいえ、やはり5巻の迫力は半減もしくはそれ以下。

自分とネットが少し嫌いになった冬です。

265 :板ルール変更投票は4〜11日@自治スレ:04/12/05 14:53:31 ID:0N94SSIG
>なぜ全て読み終える前に検索しなかったのか

「検索したのか」でしょ

266 :板ルール変更投票は4〜11日@自治スレ:04/12/05 19:39:42 ID:igfC9Vwz
そうだね、ミステリーではないね、全く。
というか本人的に書いてるつもりミステリーの要素が全くおもしろくない作品とかあるじゃん、『孤独の歌』とか。
そういう小手先のテクニックはやめて、魂がむせび泣いているような物語が読みたい。書くべき、書きたいことがある作家なのだから。
誰か本名時代に書いた『白の家族』って読んだ人いないのかな?
手に入らないんだけど、あれってどうなの?

267 :烏丸:04/12/07 17:58:24 ID:Ji257xuE
天童荒太良いじゃん!確かに文章力は並ょり下…かな、と思うけど読み終えた後「はぁ…!」って思うね(良い意味でね)!ぃや思うって!読んで損はない、読み終えるまでに挫折しなきゃいいけど。あぁ…力説。

268 :板ルール変更投票は4〜11日@自治スレ:04/12/07 20:03:02 ID:Lx+f88Bq
この人も遅筆だね‥

269 :板ルール変更投票は4〜11日@自治スレ:04/12/07 20:19:37 ID:Dl0fTcZi
遅筆なのではなく寡作なだけでしょ。

270 :板ルール変更投票は4〜11日@自治スレ:04/12/07 22:53:33 ID:Oabfe7va
永遠の仔読んだけどさ、
子供時代の聡志の発言がいちいちカワイイと思った。

271 :板ルール変更投票は4〜11日@自治スレ:04/12/12 00:43:14 ID:4Om+7lvQ
>>270
聡志のチンボコしゃぶりたくなっちまったんじゃあねえのかい?
おめえ、よ?

272 :板ルール変更投票は4〜11日@自治スレ:04/12/12 01:13:07 ID:dqMRxnx0

271 :板ルール変更投票は4〜11日@自治スレ :04/12/12 00:43:14 ID:4Om+7lvQ
>>270
聡志のチンボコしゃぶりたくなっちまったんじゃあねえのかい?
おめえ、よ?


273 :板ルール変更投票は4〜11日@自治スレ:04/12/15 05:11:09 ID:BJgo6Gna
文庫版の家族狩り今読んでるんだけど、やっぱハードカバー版より数段良くなってるね。
残酷な描写も、よりネチっこくなってるし笑
家族狩り読了したら永遠の仔文庫版も買おうかなぁ…

274 :板ルール変更投票は4〜11日@自治スレ:04/12/15 15:47:52 ID:RqXcePU4
文庫版の方がいいって言ってる人初めて見たかも。
しかも「数段良くなってる」のか。
人それぞれなんだなあ。

275 :板ルール変更投票は4〜11日@自治スレ:04/12/15 17:09:11 ID:1519gkoa
>>271
ここここ、ここは!しししんん、新堂スレ、レレじゃ、な、ない!ない!

276 :名無しのオプ:04/12/22 15:11:30 ID:esiXdwA9
>>274
家族狩りの文庫版が改悪だと自分は思ってるので、
永遠の仔は文庫版は買ってないよ。

277 :名無しのオプ:04/12/22 23:48:13 ID:yl+4IBr7
「永遠の仔」の文庫版ってなんか変わってるの?

278 :名無しのオプ:04/12/27 05:42:59 ID:SA8qJfIE
永遠の仔の文庫版ちょこっと立ち読みしたけど。
どこも変わってないような気が。
先週の王様のブランチの本コーナーで天童特集やってた(本人も出演!)けど、
永遠の仔文庫版は制作ノートが付いてるだけじゃないの?
とゆーか、2001年ぐらいから新作書いてて来年に出すって言ってたよ!!
……とか言っててゼッテエ遅れるんだよなぁ。

279 :名無しのオプ:04/12/29 17:42:47 ID:LfEfIR8i
「永遠の仔」文庫は病院内の描写で読者から指摘された間違いを
若干修正したとか書いてあったよ。

280 :名無しのオプ:04/12/30 14:01:39 ID:S8z7NEkX
>>276
自分も「家族狩り」の文庫版は改悪だと思ってるひとりです。
ムダに長いし、特にラストはハードカバーの方が良かった

281 :名無しのオプ:04/12/31 03:02:46 ID:hfbeGic4
笙一郎って何の病気だったの?


282 :名無しのオプ:04/12/31 10:15:29 ID:h5lskKNZ
「永遠の仔」ってミステリーだったのか。
AC関係だとばかり思っていた。

283 :名無しのオプ:04/12/31 18:23:31 ID:1mHiphO2
>>281
>>248

284 :名無しのオプ:04/12/31 22:04:54 ID:hfbeGic4
笙一郎の吐き出した塊ってなんなの?

285 :名無しのオプ:05/01/01 15:01:17 ID:CSFH8gOF
>>284
どうでもいいがネタバレ配慮してくれ。
メル欄ってはっきり書いてなかったか?

286 :名無しのオプ:05/01/01 19:17:22 ID:aV2tsrPi
メル欄の病気になると塊吐き出すの?

287 :名無しのオプ:05/01/01 21:41:13 ID:RIMaZjPB
>>286
そのくらい自分で調べなよ

288 :名無しのオプ:05/01/02 00:48:42 ID:k7VxAUQK
めんどくさい

289 :名無しのオプ:05/01/02 01:25:53 ID:9v+VDr1S
冬厨はスルーで

290 :名無しのオプ:05/01/11 08:05:28 ID:8s9kEQ8c
>>165
弱者に寄り添うようなこといっときながら、「子供のころ性的虐待を受けた
優しい美女」という設定にハァハァしてるだけですから作者。

人間の悩みはなんでもかんでも親子関係に還元できるという思想がガキっぽすぎ。

291 :ネタバレスレ議論&投票中@ローカルルールスレ:05/02/01 23:02:28 ID:JKBIXzWy
「永遠の仔」 
文庫版が出たので図書館からハードカバーを借りて読んだ

なんつーかキャラが皆類型的(子供時代はいい描写もあったけど)
それぞれが不幸の権化で、それからの人間的成長がほとんどなかった風なのがどうも…
この作者はACの子供は全員その心境のままで居るべきと思ってるんだろうか?
それをラストで申し訳程度で付け足してるだけじゃ分からない
それと「3人の運命共同体」なら3人とも揃って不幸/幸福になるべきで
1人だけが…ってのもなんか納得できん

いえ、一気読みさせる勢いは確かにありましたけどね

292 :ネタバレスレ議論&投票中@ローカルルールスレ:05/02/04 22:42:49 ID:F/XqBh0J
家族狩りドラマ化らしい

293 :ネタバレスレ議論&投票中@ローカルルールスレ:05/02/05 20:32:47 ID:tUkMYDTU
マジで?

294 :292:05/02/06 15:26:24 ID:bDXeMgW1
ウソ


295 :ルール変更議論中@ローカルルールスレ:05/02/18 14:26:43 ID:+EnYuu0Q
永遠の仔なかなかおもしろいじゃん。
いま3巻に入ったとこだけどこれからもっと引き込まれてくのかな!?
こんな長編をよんだの生まれて初めてだし!

296 :ルール変更議論中@ローカルルールスレ:05/02/21 12:39:32 ID:7N1PJ5TR
よほど本を読んでない人なんだな…

297 :295:05/02/24 00:52:01 ID:yQLEPr2H
>>296
くだらねえ煽り入れるんじゃねえよ

298 :変更投票開始@ローカルルールスレ:05/03/07 05:37:26 ID:Nc+tgw2m
無駄に長いから読むのがめんどくさい、とか言ってるやつが多いようだが、
この作者の作品に無駄な描写など一切皆無。
これを長いと感じているなら、そいつには合わないというだけの話。
文庫の加筆を改悪だと断じているのは、
作者の成長に付いていけていないことを自分で証明してしまっているようなもの。
スレの最初に渡辺淳一の発言を引用して悦に入っているやつがいたが、
むしろ渡辺淳一などという作家を引き合いに出す自分の感性を
深刻な事態として悩んだほうがいいと思う。


299 :名無しのオプ:05/03/11 12:12:18 ID:ve5d59aT
>298
たしか永遠仔が出たときに「長すぎる」という評価が
されてたよな。
長いと評論家も読むのがメンドーなのかな?

300 :名無しのオプ:05/03/12 02:01:36 ID:RIZ7cTu4
永遠の仔、
句読点「、」が多すぎる。
あれで間を持たそうって趣旨なのか?、下手くそ。

301 :名無しのオプ:05/03/16 16:30:10 ID:N0ZjK4G8
句読点がなさすぎな作家の方が読む気なくすけどね。
文章全てが説明文臭くみえてきちゃって。

302 :名無しのオプ:05/03/17 21:17:25 ID:e08ILjOC
永遠の仔が読み終わっちゃうぅぅ
ビデオはツタヤにあるかな

303 :名無しのオプ:2005/03/21(月) 21:05:13 ID:TCnWBNKA
これから家族刈り、文庫本を読開始
永遠の仔と比べてどうかな

304 :名無しのオプ:2005/03/28(月) 05:07:13 ID:nPGkNmDe
家族狩り文庫版しか読んでないんだけどなかなか面白かったよ。
最初はたるくて氷崎も巣藤も芳沢もなんかムカつくし読むのつらかったんだけど
中盤あたりから面白くなってきた。
クライマックスはなんかご都合のような気もするけどいろんな偶然が作用して
登場人物大集合な感じが面白かった。


305 :名無しのオプ:2005/03/28(月) 23:25:58 ID:yo1fgGfO
やっぱ最初たるく感じましたか!?
今1巻の半ばってとこ。遊女のとこに隠れたとこ

306 :名無しのオプ:2005/03/29(火) 02:53:16 ID:Vmd4AAl8
ああウマちゃんが椎村から隠れたとこか。
登場人物の性格が嫌で最初読むのが辛いんだが
巣藤、氷崎なんかは徐々に内面が変化していってだんだん読みやすくなる。
芳沢は最後のほうまで苦痛だったけど。



307 :名無しのオプ:2005/03/29(火) 04:17:06 ID:q1MPxpj4
永遠の仔とあふれた愛、どっちがより感動できます?

308 :名無しのオプ:ミステリー暦165年,2005/04/02(土) 21:45:47 ID:UyHM9uGO
永遠の仔

309 :名無しのオプ:2005/04/09(土) 00:53:23 ID:0oSnsyQg
今ドラマ見てるけどやっぱ本には勝てないな。
内容省略しすぎになっちゃう・・・。

310 :名無しのオプ:2005/04/09(土) 01:12:22 ID:/neCE08d
この人遅筆だね

311 :名無しのオプ:2005/04/10(日) 00:17:15 ID:m464iol0
句読点を、打ちながら、
しかし、それでも、思考を重ね、
たかが、自分のバアサンの、家族の介護経験だけで、
トラウマ・ネタ頼りと、言われまいと、
日々、是、筆を走らせている、のさ。

312 :名無しのオプ:2005/04/18(月) 10:22:17 ID:HgNLuMXf
ああ…、やっぱり面白くないと思ったの私だけじゃなかったのね…。
なんか無駄な文章が多すぎるし、1巻の最初の方でもう読むのやめちゃった。


313 :名無しのオプ:2005/05/08(日) 23:39:40 ID:AChiGxW/
永遠の仔読みました。
もしかしてセカイ系ですか?

314 :名無しのオプ:2005/05/09(月) 00:34:04 ID:C5mWd3lk
わしも1巻途中で放ってあるな。
文章下手というより、専門的な内容の所とか何かを書き写してるだけで、作者内容きちんと理解しとらんと思うな。
構成もかなり下の下の方だな。

315 : ◆kB.Rp6wEqA :2005/05/09(月) 22:45:06 ID:YeL78Nbs
んー
まぁ理解や感想は読者それぞれだもんね。


316 :名無しのオプ:2005/05/17(火) 13:39:24 ID:bmqlNu5A
永遠の仔は良かったけど、
それ以外は・・・
この人はこの一冊を書くために作家になったようなもんだな。
もう筆を折ってしまえばいいと思う。


317 :名無しのオプ:2005/05/29(日) 19:57:32 ID:LSKB9CZF
天使の孤独っておもろい?

318 :名無しのオプ:2005/05/29(日) 19:57:58 ID:LSKB9CZF
間違えた。
孤独の歌声だっけ?

319 :名無しのオプ:2005/06/08(水) 20:03:04 ID:cmeOc/yv
今孤独の歌声読んでるけど、所々明らかに日本語おかしくないか…
すごい気になる…

320 :名無しのオプ:2005/06/09(木) 00:02:43 ID:MJm1ky/D
あふれた愛はどうですか?

321 :名無しのオプ:2005/07/20(水) 21:03:02 ID:/8voKzU+
あげ

322 :名無しのオプ:2005/07/21(木) 00:56:23 ID:uNAnQN79
永遠の仔読み終わってからミステリーだと知った



323 :名無しのオプ:2005/07/21(木) 21:52:39 ID:s1UZlxnM
ずっと前、「家族狩り」読んで、次に「黒い家」読んだ。
2冊読了直後に、和歌山のカレー事件があって、
シロアリ夫婦と保険金殺人おばんが登場人物という偶然の一致に1人で
盛り上がって しまった。
他スレにも書いたんだけど、天童スレがあるならこっちに最初から書けばよかった。

324 :名無しのオプ:2005/07/22(金) 00:08:02 ID:Bq8dFh01
あふれた愛は
とりたてるものもなく……

325 :名無しのオプ:2005/07/23(土) 16:12:26 ID:V+097iLg
家族狩り第一部幻世の祈りを買った

326 :名無しのオプ:2005/09/24(土) 18:09:40 ID:rqbt8bRp
家族狩り3巻まで読了。
摂食障害の亜衣が登場人物で個人的に一番好きだ。
あと2巻読み切るぞー!

327 :名無しのオプ:2005/09/24(土) 20:21:22 ID:1lcYLI0O
>>325>>326って同じヤツじゃないよな

328 :名無しのオプ:2005/09/24(土) 23:17:47 ID:3mHLQmHX
同じヤツだと何か問題でもあるのか?

329 :名無しのオプ:2005/10/14(金) 02:45:55 ID:ZqFHNydY
登場人物に演説させないで
それから過剰な説明は細かい描写じゃなくて単なる冗長な駄文

330 :名無しのオプ:2005/10/15(土) 21:35:45 ID:uVNhJo39
前半我慢して読めば後半いっきに面白くなる作品
が家族狩り。
永遠の仔は全館おもしろいが。

331 :名無しのオプ:2005/10/16(日) 10:35:31 ID:TJwkJNVT
「永遠の仔」が気に入らないっていう人達は「白夜行」のほうがすき?

332 :名無しのオプ:2005/10/16(日) 23:18:35 ID:tK20bCwN
その2つを比べる必然性がないような

333 :名無しのオプ:2005/10/20(木) 21:13:52 ID:wkN8HlFl
何か新作予定はないの?

334 :名無しのオプ:2005/10/31(月) 00:38:16 ID:wEv077ir
「永遠の仔」
いろいろ言われてるが、作中に自分の分身としか思えないような登場人物がいて泣けた
んで自分、この本に関しては冷静に評価できない

335 :名無しのオプ:2005/11/02(水) 22:54:58 ID:VqJtrhJq
↑それもすごい境遇だったね。
あの女の子と一緒だったら・・・・・・・。

336 :名無しのオプ:2005/11/02(水) 22:56:36 ID:i4vM9mmf
どんな境遇よ

337 :名無しのオプ:2005/11/03(木) 01:55:18 ID:NRZVGu5p
家族狩りの最後あたりで泣いた。でも今思うとなぜ泣けたのか分からない。

338 :名無しのオプ:2005/11/15(火) 10:10:03 ID:Pvwlqnb/
永遠の仔ってどうですか?
あらすじ見た限りでは、なんか読むと鬱になりそうで。
精神を病んだ登場人物があーでもない、こーでもないと悩むだけなような。
読む価値ありますか?

339 :名無しのオプ:2005/11/15(火) 14:43:05 ID:l5E12Z1K
>>338
あるけどオレは読むたびに死にたくなる

340 :名無しのオプ:2005/11/24(木) 02:06:32 ID:tx2ZDMqu
イクシードは消えたの?

341 :名無しのオプ:2005/11/24(木) 14:17:06 ID:OsAUP78W
なんか、句点が、多過ぎて、読み易いのか、読み難いのか。

342 :名無しのオプ:2005/11/28(月) 22:17:45 ID:oqdfmbXM
家族狩りを久しぶりに引っ張り出して読んでる。
自分も福祉に関わる仕事をしているから、氷崎の言動、
それに対する山賀の発言に反論したくなったり、身につまされる思いに
なったり。。普通に読書する時より少し疲れてしまう。
でも出会って良かったなぁと思える本です。

343 :名無しのオプ:2005/12/08(木) 01:13:08 ID:h0VeQe8Q
えいえんのこをテーマに卒論書いてます。来週提出でかなりやばいです…量がおーくてうまくまとまらない(;_;)

344 :名無しのオプ:2005/12/09(金) 19:55:38 ID:Ogo9Ygpu
あんたの大学のレベルが分かるよw

345 :名無しのオプ:2005/12/09(金) 20:17:39 ID:MngGts+B
高卒乙

346 :名無しのオプ:2005/12/10(土) 15:46:02 ID:/4G5Xd3p
べつにレベルとかどーでめよくないですか?いちいちそーゆーこといってくるほうがどうかとおもいますが。

347 :親戚:2005/12/11(日) 20:34:16 ID:vRD782I1
サスペンスやミステリーなど全く興味ないし、本の帯にミステリー系の賞を受賞とか書かれていたりしたので本屋ではよくしれーっと通り過ぎていたが、
ある事情であらたんの本を読むことになった。
家族狩りナゲーと思ったが興味深い本だった。
感動した。泣きそうになったし、小説を読むのも悪くないなって思った。
俺の偏見だがサスペンスとくくられるのはもったいない。
誰が犯人なのかを考えてワクワクする楽しさや単純に面白さを求めるものだと思うから。
でも、あらたんのは違う気がする。
しかも一般書籍や文学板にあらたんのスレない。
いろんな奥深いトコまで考えさせられてしまうし、また読み返したくなる部分もある。
こういうのが自分の糧になっていくのかと思うと感謝したくなるよ。

348 :名乗る名はない者:2005/12/12(月) 22:47:48 ID:Ardjzeu+
…すんません。
私は「永遠の仔」読んでいて、辛くて辛くて仕方なかった…。
強姦とか輪姦とか強制わいせつとか近親相姦とか性的虐待とか…女の身なもので、
生理的に受け付けられなくて。
あの作品発表前後から今日まで、様々な親による子供の虐待や虐待死が報じられて
いますよね。そういうニュースを聞くたびに、私はこの話を思い出します。
そうして今現在、自分が子を持つ親の身になってみて…子供を虐待してしまう
親の、その心理の異常さを理解できない自分に、少しほっとしたり(優越感という訳では
ないのですが)、またその親の幼少期からの精神構成過程の不幸さを哀れに思った
り(これも、蔑んだりしているわけではなくて、純粋にかわいそうに思うだけなn
ですが)。
……申し訳無いです。なんか言い訳がましい言葉多くて。
でも、なんか、辛かった…。本当に辛かったです、この話。私にとっては。

349 :名無しのオプ:2005/12/17(土) 13:04:07 ID:AIjgt1u7
天童作品好きなんだが348みたいな人間だと思われるといけないので
人に薦めたりしたことはない

350 :名無しのオプ:2005/12/18(日) 17:50:16 ID:q61o2cvz
今更ながら、文庫版家族狩り5部作を読了。
永遠の仔と同じようなところが多々あって、若干冗長に感じた点もあったけど
読了感はよかったしいい作品だと思った。

チラウラスマソ

351 :天童よしみ:2005/12/18(日) 23:48:33 ID:aK+ffdoa
様々なエピソードや複雑な人間関係を淡々と書綴って行くだけと言う手法で、きちんとテーマや主張を盛込んで行くセンスは新鮮だし凄い!
ただストーリーの展開だけでなく文章にもう少しエンターティメント性があれば、もっとファン層がひろがるのに…


352 :名無しのオプ:2006/01/09(月) 16:35:09 ID:DE9YCo86
ttp://item.rakuten.co.jp/book/1794519/
「包帯クラブ」って微妙なタイトルだな

353 :名無しのオプ:2006/01/10(火) 08:17:29 ID:64QPBC+n
俺的マミハラのイメージ


www.h3.dion.ne.jp/~imaigumi/profile_watanabe.htm

354 :名無しのオプ:2006/01/28(土) 10:59:13 ID:ROmD3UGh
今更ながら、ずっと書棚の肥やしだった、仔ハードカバー読破。
モウルのあまりの救いの無さに泣けた泣けた。
途中まで、背丈の描写から、
ジラフ=キリン=背が高い=生一郎と誤読してたがw

355 :名無しのオプ:2006/02/10(金) 10:38:42 ID:d4Vz+RgW
『包帯クラブ』読み終えた。
永遠の仔から家族狩り新バージョンまでで、ここに行くかと思うと、彼のことが切なくなった。
いい本だと思う。子供に読ませたい。

356 :355:2006/02/10(金) 10:40:25 ID:d4Vz+RgW
でもレスが違いになっちゃったね。

357 :名無しのオプ:2006/02/11(土) 15:04:31 ID:KZ0SdVBV
ブランチ出てたぞ。

すげー完璧主義者なんだな。

358 :名無しのオプ:2006/02/12(日) 09:46:17 ID:KOH+rWGH
なぜかわからんのだが、家族狩りの綾女に萌えてしまう。
漏れだけだよな、こんな特殊なの。
特にハードカバー版

359 :355:2006/02/12(日) 09:58:50 ID:ZL98Dl8v
包帯クラブ、むちゃくちゃ売れてるね。
://www.jbook.co.jp/p/p.aspx/bun_realrank_01/

360 :名無しのオプ:2006/02/12(日) 17:40:48 ID:QehU8BjB
家族狩りが3巻の後半からいっきにおもしろくなってくるな。
それまでがなんかダラダラと感じたが。
包帯クラブって本があるんだ?


361 :名無しのオプ:2006/02/13(月) 21:45:50 ID:CdJHqDQC
永遠も仔は構成はとってもいいと思うよ。
文体は「?」と思う部分あるけど世界に
引き込む力はあると思うよ。

362 :名無しのオプ:2006/02/14(火) 00:12:25 ID:78Ix0/c1
テムポとかワラとか2chみたいな名前の人物には不覚にも笑ってしまったw

363 :名無しのオプ:2006/02/14(火) 19:25:28 ID:cJyGEOAQ
>>362
ネラーだしな

364 :名無しのオプ:2006/02/20(月) 06:31:02 ID:i8gqAT5O
永遠の仔読み終わったー。
三者三様に救いのある結末でよかったな。

365 :名無しのオプ:2006/02/23(木) 14:49:23 ID:By84Bdgx
包帯クラブ読了。
たまに引っぱり出して読む本になりそう。
なかなか良い本です。

366 :295:2006/02/26(日) 00:07:28 ID:afAczu2F
東京包帯クラブ♪東京包帯クラブ!!

367 :名無しのオプ:2006/02/26(日) 20:35:57 ID:jydOpg5O
<365 包帯クラブと家族狩りとどっちが
面白い?


368 :名無しのオプ:2006/02/27(月) 16:38:45 ID:c2+LgEuc
包帯クラブ良かったよ。
こういう作品好きだわ。


369 :名無しのオプ:2006/02/27(月) 17:53:27 ID:hTZWDGg2
うわ読みたい!すごく読みたい!


370 :名無しのオプ:2006/02/27(月) 18:08:22 ID:dsUMMbsV
包帯クラブが流行ってるようだが、漏れはまったりと家族狩り読んでる

371 :名無しのオプ:2006/02/28(火) 16:34:25 ID:f/Rbjfsc
家族狩りめっちゃいいよ!
私的には亜衣が好き。
東京事変のアルバムに入ってるブラックアウトの歌詞が
イメージぴったりだった
今度聴いてみそ

372 :名無しのオプ:2006/02/28(火) 22:19:07 ID:HCiwnUFj
東京事変ねえ……

373 :名無しのオプ:2006/03/01(水) 09:20:51 ID:UtAcJa6T
>>372
音楽の趣味も人それぞれだから・・・


374 :名無しのオプ:2006/03/01(水) 15:23:36 ID:cfTRcniD
包帯クラブ、すごく良かった。
一見中高生向きだけど、小学生高学年からでもOK、
大人にも読んで欲しい話だよ。
天童先生に今書いてもらってよかった作品だ。

375 :名無しのオプ:2006/03/01(水) 15:59:07 ID:ielsTBWJ
天童作品って小中学生が読むようなのばっかだな

376 :名無しのオプ:2006/03/01(水) 19:54:07 ID:11LZoW8U
>>375今の小中学生に読ませたとしたら、すごいじゃん!

377 :名無しのオプ:2006/03/02(木) 17:15:05 ID:cwjKychR
包帯クラブ読んだよ。天童先生がどういう気持ちがで書いたか
筑摩書房のHPに載ってた。今まで思ってたイメージと違って
何か親近感わいたよ。続編熱望

http://www.chikumashobo.co.jp/shun/55_2.html


378 :名無しのオプ:2006/03/03(金) 03:33:01 ID:EniYXKG0
包帯クラブの存在を知る前に、明らかに不自然な場所に
結ばれた包帯を発見したことがある。
誰が結んだかも薄々気付いているけど、
ごめん、正直ドン引き。
見なかったことにしておく。

379 :名無しのオプ:2006/03/04(土) 14:13:00 ID:+dS4IeWO
なんか知らんが永遠の仔で激しく興奮した。
親父と優希の近親相姦の場面がエロ過ぎた。

380 :名無しのオプ:2006/03/04(土) 20:26:43 ID:kb4S20vQ
包帯クラブ人気があるみたいだから本屋へ行ったら
新書だからってむずかしい本と一緒に並んでて
探すの苦労した。もっとわかりやすい場所に置いてくれ。
読んでおもしろかったよ。天童先生の新境地だな。

381 :名無しのオプ:2006/03/06(月) 10:48:49 ID:rb4DZLnY
永遠の仔の優希ってかなり可愛い子だったんだろうな。
じゃなきゃ成り立たないストーリー。
可愛いから親父も興奮したんだな

382 :名無しのオプ:2006/03/06(月) 20:59:12 ID:XiJK5hhD
>>381
中谷美紀だったら想像できる

383 :名無しのオプ:2006/03/09(木) 02:37:03 ID:74QZeyKd
漏れは家族狩り文庫版から入って、永遠の仔を読んだけど、
やっぱ永遠の仔はつまんなかったな。つか、読後感が悪すぎ。
結局、物語を通して登場人物が破滅していくだけ。
何の救いも残らないし、登場人物の成長もなし。
SF設定の似たような漫画は好きなんだが、現実世界とリンクして書かれるとどうしても不快になる。
天童好きだけど、この作品がどうしてここまで評価されてるのか理解できない。
あと、ネットで「泣けます」「泣けました」とかいうレビュー見るたび、ぶん殴ってやりたくなる。
ふざけんな、と。

家族狩りが本当に面白くて、期待してた反動もあると思うけど。
登場人物それぞれが感じたこと、思っていることが気味悪いくらいリアルに感じた。
馬見原が歳をとって、おかあちゃんと言いながら病院を徘徊しても・・・の下りと
シャンソンが見舞いに来た馬見原にブチ切れる場面がすごく印象的だった。

384 :名無しのオプ:2006/03/09(木) 21:48:35 ID:L4v+Z7tg
>>383
小説に書かれている世界に救いを求めるのは間違いだと思う。
まあ、オレも永遠の仔より家族狩り(旧板)の方が良くできていると思う。ただ前者のほうが読みやすかった。
白の家族が一番好きだけど。
文章力云々の話が出てたけど、この人は元々脚本出身の人だからね。映像や舞台の仕事とからめて仕事すればいいのに。やっぱりミリオンセラーだしちゃうとかえってやりにくなるのかね。

385 :名無しのオプ:2006/03/09(木) 23:08:33 ID:7D9f9SRf
私は、昔、渋谷のジャンジャンで、天童荒太の前の名前の栗田教行の作品を、芝居でみました。
飛び込みでたまたま見た舞台だったけど、衝撃でした。
舞台、またやらないかしら・・

386 :名無しのオプ:2006/03/10(金) 02:37:27 ID:fUL4vptT
分かりやすい文章書くよ
俺文学に関して詳しくないし、気軽に読めるこの人の作品は結構好きだけど

387 :名無しのオプ:2006/03/10(金) 08:41:17 ID:YUqI9+Dq
>>384
間違いだと思うって言われてもなー・・・。
ま、いいや。

388 :名無しのオプ:2006/03/10(金) 09:38:25 ID:kBEjxwpo
>>387まちがいじゃないよ。救いを求めて、実際救われた人も五萬といるよ。
384の、虚構に求めないで、がんばれっていうのも、わかるけどね。
でも。384自身だってつもりはなくても結果的にはけっこう救われてるんじゃない?
だかれ、「白の家族」が好きって書けるんだよ。

389 :天童荒太:2006/03/10(金) 21:53:27 ID:R8LpzUr2
すみません、以後気をつけます
永遠の仔も書き直します

390 :384:2006/03/10(金) 21:59:18 ID:FiJiWlqT
>>387>>388
すいません。間違い云々は少し言葉が過ぎたようです。
小説に救われた事はもちろんあります。

391 :名無しのオプ:2006/03/10(金) 23:45:41 ID:YUqI9+Dq
多少誤解された部分があるぽいので、訂正しておきます。
おれが救いを求めたのは、登場人物達の救いで、
現実のおれの救いじゃないです。要するに酷過ぎるバッドエンドだったってことで。
家族狩りは救われなかった登場人物(駒田、油井)もいるが、
全体的にはあの小説の中の出来事を通して、成長しているということ。
永遠の仔にもそういった類の読後感の爽やかさを求めてたので。

わかりにくい書き方してこちらこそごめんなさい。

392 :名無しのオプ:2006/03/11(土) 01:53:44 ID:vN144OO+
384さん「白の家族」はどんな話なんですか?
読む方法ありますか?(書籍化されていないですよね?)
385さん、芝居の内容教えて下さい。
ところで「永遠の仔」とよく比較される「百夜行」ですが、
今やっているドラマが物凄く良いです!


393 :名無しのオプ:2006/03/11(土) 23:54:22 ID:GSSoJyC1
オイラは「永遠の仔」は・・・
優希→仲間由紀恵
梁平→中村獅堂
笙一郎→オダギリジョー
で読んでる・・・。

394 :名無しのオプ:2006/03/12(日) 08:15:29 ID:2YYVQoU4
>>392
漏れは>>384じゃないけど、白の家族は書籍化されてるよ。
白の家族は天童荒太の本名である栗田教行っていう名前で出てるけど
絶版で重版未定なんで図書館まわった方が確実だと思われ。

395 :392:2006/03/12(日) 12:27:31 ID:G7qC9MPd
394さん有難うございます。
>393
自分は、
優希⇒夏川結衣モウル(笙一郎?)⇒豊川悦二
ジラフ(梁平?)⇒椎名桔平
で当時イメージしていました。
ドラマキャストの中谷美紀、渡部篤郎もはまってましたが。



396 :384:2006/03/13(月) 23:22:14 ID:V6jTqB+n
白の家族は>>394さんが書かれてとおり絶版のようですね…。
内容については中編の三作品で構成。デビュー作である表題作の他、「夜に風を砕け」これはおそらく新人賞受賞第一作ですね。それと「エイジアン・ボーイ」これは書きおろしとなってますが確かこれは後になって舞台だか映画になったらしく天童本人が関わっていたはず。
表題作のストーリについては>>392さんが手にしたときのお楽しみにという事で。
しかしなんで角川は文庫とかノベルスで出さないんだ!絶対売れるだろう。まあ永遠の仔が幻冬社だからなあ〜よりによって。いろんな大人の事情があるんだろう。
ちなみにこのデビュー作は全く売らなかったみたいで初版どまりのようです。私の地元の図書館でも発売まもなく入荷したみたいですが14年間で7回しか貸出されていません(そのうち2回は私)。
たぶん天童の作品だときづかない人が多いんだろうな。

397 :名無しのオプ:2006/03/16(木) 00:24:04 ID:/EGPqUSG
>>378
誰が結んだの?天童信者?

398 :名無しのオプ:2006/03/16(木) 10:46:20 ID:VMz9wIOM
包帯クラブ読んだ。
今まで読んだ天童作品の中で1番好きかも。

399 :名無しのオプ:2006/03/19(日) 02:58:18 ID:IKnknJVz
「白の家族」尼のマケプレでも手に入らなくはないけど高いので
復刊依頼です、よろしく。

ttp://www.fukkan.com/vote.php3?no=215

400 :名無しのオプ:2006/03/19(日) 11:56:31 ID:Lo6uGM8u
「白の家族」乗っているけど、いくらで売れるんだろう?

401 :400:2006/03/19(日) 13:20:25 ID:Lo6uGM8u
持ってるけど・・・でした
誰か買ってくれますか?

402 :378:2006/03/26(日) 01:05:30 ID:YDL0gYys
>>397
ワンマンのくせに被害妄想の強い、扱いづらい職場の先輩。
ちなみに軽く40過ぎの男。
そもそも包帯って体以外に巻いてると不潔に見える。
癒された気になってるのは本人だけだよ。
しかも確実にこれ見よがしな位置に巻いてるからウンザリ。
しかもしかも、バッグから見えるように本を覗かせているので
あえてそこには触れてやらない。

403 :名無しのオプ:2006/04/07(金) 19:48:37 ID:7deQkfcT
あげ

404 :名無しのオプ:2006/04/10(月) 23:14:55 ID:CdhSZFAh
天童の作品はテーマが重かったり暗い感じだから読む前気が重いけど
読み始めると引き込まれて嵌まってしまう

405 :名無しのオプ:2006/04/19(水) 19:25:38 ID:scg8B9fK
図書館で永遠の仔借りたけど面白かった
長さも元々長い話好きだから気にならなかった
文庫で買おうかなあ

406 :名無しのオプ:2006/04/20(木) 18:11:20 ID:cWfjyvOr
永遠の仔またスカパーでやるそうな

407 :名無しのオプ:2006/04/21(金) 18:51:19 ID:BfluKdUI
家族狩り糞長かったが読み終えた

まあまあ面白かった

天童作品は読みやすいな
中学生ぐらいが読みそう

408 :名無しのオプ:2006/04/21(金) 19:24:25 ID:4XJhC98I
そういや蔵書検索したら俺んとこの図書館では包帯クラブが児童書コーナーにあるんだがそういう本なのか
まだ読んでないので知らんが

409 :名無しのオプ:2006/04/21(金) 22:59:13 ID:xTXGJHf7
天童作品って少ないですよね
孤独の歌声、永遠の仔、家族狩りを読んだけど
あと、あふれた愛と包帯クラブだけしか分からないんですが他にもあるんですか?
しかも包帯クラブは児童書なんですか?

410 :名無しのオプ:2006/04/23(日) 17:40:30 ID:0GJ8kaFE
>>409
児童書みたいなもんです
二十歳以上の大人が読むような本じゃないよ

411 :名無しのオプ:2006/04/25(火) 00:41:35 ID:6zkmx08u
文庫版の家族狩り読みました。
単行本に加筆されたようですが、どの部分が違うのでしょう?
読み返したほうが良いくらい違いがあるのか、教えていただけたら嬉しいです。


412 :名無しのオプ:2006/04/25(火) 10:26:12 ID:2/f9qIRy
ぶっちゃけ、違いはかなりあるよ。あの犯人の最後とか色々。
ヒマだったら読んで「文庫版と違うー」とか思ってみるのも悪くないんじゃまいか?

413 :名無しのオプ:2006/04/25(火) 10:44:50 ID:E0HiKp+Y
>>278に書いてある制作ノートってどんなのですか?

414 :名無しのオプ:2006/04/25(火) 15:47:46 ID:2/f9qIRy
父親が死んだとき、新潮社とまだ原稿を書いていないのに幻冬舎からも
おっきな花輪を送ってもらったとか
葬式の時に読む、故人を偲ぶ原稿?だかを書いて兄貴に渡したら
俺、こんなの読めないよって泣いちまったりだとか、あとはなんだっけ?

415 :名無しのオプ:2006/04/25(火) 17:45:21 ID:hvD2DRL2
>>411
俺は未読なんだがwiki見ると随分変わってるみたい

>庫化の際に大幅に改稿することが多く(『永遠の仔』以降は少々の改稿に留めている)、
山本周五郎賞を受賞した『家族狩り』は物語の骨組みや結論はそのままだが、
登場人物などの設定や性格、途中発生する事件の描写などが大幅に変更されており、
まったく別の作品に仕上がっている(この事については大ベストセラーとなった『永遠の仔』が強く影響しているらしい)。

416 :411:2006/04/25(火) 22:20:11 ID:/67IGPb9
>>412 >>415
やはり読んだ方が良さそうですね。
レスを読んで、ますます気になりました。
双方読後にまた読み比べたくなるかもしれないので、購入した方が良さそうですね。
レスありがとうございました。


417 :名無しのオプ:2006/04/26(水) 00:10:50 ID:2DWdG/SR
>>410
409です
やはりそうなんですか・・
どちらかというと少年少女向けということですね
わかりました取り敢えず今は保留にしておきます
ありがとうございました

418 :名無しのオプ:2006/04/26(水) 23:41:51 ID:TZ0zTE+I
おれは、好き「包帯クラブ」
自分でまさか、『包帯』まではしないけど
変わることをしたくなる大人のつもりのひとりです。
大人が読んで、子供に勧めるでいいんじゃないかなぁ、この本。

419 :名無しのオプ:2006/04/27(木) 01:26:12 ID:r+oGJnzS
>>417
そもそもちくまプリマー新書が、10代をターゲットにしたシリーズだよ。
(いい年しているけど)自分は結構読んでる。

ただなあ、「包帯クラブ」はストーリーはいいんだけど、これを30代の
大人が「回顧している」という部分が納得行かないな。

420 :名無しのオプ:2006/04/27(木) 11:45:06 ID:JmmH88rb
>>1
天童よしみの親戚だろ?

421 :名無しのオプ:2006/04/28(金) 20:14:43 ID:LlFazEjk
『永遠の仔』の評価


つまんなかった人は幼少時代
親に愛されて育った幸福な人だと思うよ

422 :名無しのオプ:2006/04/28(金) 21:07:30 ID:S3PtRXZ6
永遠の仔は主人公達の成長より
子供の頃の体験からトラウマを抱えたまま成長した人達の実状を描いた作品だと思います
常識も良識もある大人に成長しながら子供の頃の記憶が…

>>421
そうかもしれないしどうなんでしょうかね?
例えば、平凡に幸せに育った人にはその人の苦しみなど知る由もなく
単純に性格が暗い人と思われたりするのかもしれませんね


423 :名無しのオプ:2006/04/29(土) 20:32:33 ID:vmd1Y4vx
おれがバイト辞めるときに、上司に貰った言葉。
「お前を見ていたら
 人の性質は変えられないけれど
 性格は変えられるものだとわかったよ」
だって。
おれは性質を変えたかったのに・・・orz
でも、暗い過去背負ってようと普通に振舞えるようにはなるさ。
むしろ考える幸せの水準が低い分、
普通の人間よりも幸福感感じやすくてお徳だぞ。

424 :名無しのオプ:2006/04/30(日) 10:46:20 ID:BYO5uEtb
>>423いいこといった!

425 :名無しのオプ:2006/04/30(日) 13:01:41 ID:a5hYFItL
>>421


正にその通りだと思います。



俺的には素晴らしい作品でした。

426 :名無しのオプ:2006/05/01(月) 22:56:48 ID:uIf3Sxp5
>>425

もまいさんが誰だか知らんが
もまいさんの人生に幸多かれと祈るよ

427 :名無しのオプ:2006/05/02(火) 21:44:02 ID:ojRZzuSI
漏れは永遠の仔あんまり好きじゃないな。
文庫版家族狩りは大好きなんだけど。
永遠は面白いんだけど、あまりにもエグ過ぎて、
読んでいて辛かった。あまりにも救いがなかった。
もう一度読み返したい、って作品じゃないな。
決して幸せだったわけじゃないけど。

428 :名無しのオプ:2006/06/02(金) 20:01:04 ID:8OshvodG
最近の事件はリアル家族狩りだねえ

429 :名無しのオプ:2006/06/02(金) 21:51:40 ID:F2q0OZPm
>>415
ウィキにこれを書き込んだの、漏れです。
オリジナル版と文庫版の違いが解ってこの項を執筆しました。

本屋大賞メッタ斬りでの豊崎由美のセリフ、どう思いますか。
確かに最近の作品にはイデオロギー臭があるのですが
家族狩り(それしか読んでいない)は新旧どちらも楽しめました。

430 :429:2006/06/03(土) 17:23:26 ID:FZipfS/6
変わっている所は、近所の犬を殺すシーンが
オリジナルでは馬見原の妻が精神がおかしくなっての犯行でしたが
文庫版ではマイホーム幻想から抜け出せない男の犯行、だそうです。
後馬見原のラストの扱いも違っていて
オリジナルでは油井に「刺される」→廃人に近い状態に
文庫版では「銃で撃たれる」→死んだ息子と話をして回復
となっています。
あと話しの順番が違っています(駒田の死など)し
家族の殺人の描写(オリジナルより
ソフトにまとめられている)も相当変わってますよ。

431 :名無しのオプ:2006/06/05(月) 22:26:02 ID:TZ+jZisK
家族狩り、かなりおもしろかった!

432 :名無しのオプ:2006/06/05(月) 23:46:46 ID:Hsr/CDCH
なんか教祖様臭さが出てきたな

433 :名無しのオプ:2006/06/13(火) 23:04:48 ID:Eu0VW335
説教くさいというより演説くさいから、教祖ではなく総統と呼びたい。

434 :名無しのオプ:2006/06/22(木) 21:06:12 ID:g0pLGn5D
リアル家族狩りキター

435 :名無しのオプ:2006/06/24(土) 14:19:55 ID:Y4rwuUFY
親殺しキター

436 :名無しのオプ:2006/06/29(木) 01:13:11 ID:Y0tNRUC7
エリート一家だったり家が裕福だったりするのが目立つ罠

437 :名無しのオプ:2006/07/23(日) 18:35:30 ID:dz93QO4V
あんたはえらい。
予言通りになってるね、最近

438 :名無しのオプ:2006/07/23(日) 19:02:13 ID:OunadGwE
永遠の仔が気になってたんで買おうと思うんですが文庫とハードカバーどっちがいいですか?

439 :名無しのオプ:2006/07/23(日) 23:33:29 ID:8frsgWsN
文庫じゃね?

440 :名無しのオプ:2006/07/24(月) 09:52:57 ID:la59nZWK
俺はハードカバーで買った

441 :名無しのオプ:2006/07/26(水) 00:12:48 ID:SUyIUuQ1
ぜったい文庫。天童荒太はいつもあとになるほどよくなる。

442 :名無しのオプ:2006/07/26(水) 08:16:45 ID:VOrKz/M0
でも永遠の仔ってあんまし文庫化の際の加筆修正が無いんじゃなかったっけ?

443 :名無しのオプ:2006/07/26(水) 09:46:07 ID:958TUWIz
YES

444 :名無しのオプ:2006/07/27(木) 18:38:38 ID:W9BXbIo+
ならハードカバーの方が良いな

445 :名無しのオプ:2006/07/31(月) 08:47:08 ID:U+efqoE0
永遠の仔を今読み終えました。素晴らしいです。
何度も涙を流しました。
自分の過去を思い出しました。大好きであり、大嫌いな作品です。

446 :名無しのオプ:2006/08/02(水) 13:24:28 ID:URhdN0vu
天童の作品は小説として特殊だと思う。
描写に無駄が多い、けれど作品にハマるとその無駄すら愛せる。
無駄というか、ある種のくどさ、しつこさかな

447 :名無しのオプ:2006/08/02(水) 20:16:35 ID:B8gUSgwM
>>446その通り、同感

448 :名無しのオプ:2006/09/26(火) 08:02:09 ID:jC76rqIx
今月号のオール讀物から
天童の新連載が始まりました。

この作品の構想のために5年を費やしたそうです……。

449 :名無しのオプ:2006/09/27(水) 15:01:46 ID:XXgJNFED
読んだなら感想キボンヌじゃなくてkwsk

450 :名無しのオプ:2006/09/27(水) 22:26:28 ID:IHhGPRLd
悼む人って、読めなかったよ

451 :名無しのオプ:2006/09/27(水) 23:55:56 ID:0fqqa1Zu
天童さんの話は雑誌で読むより単行本になったときに一気に読みたい。
でも新作読んでみたいな…

452 :名無しのオプ:2006/09/28(木) 03:07:05 ID:LdbJ0PtM
人生経験と共に作風が変わるのは仕方ないし、
どう変化するかは楽しみだのだが、
やはり「永遠の仔」までのヒリヒリした感じの方が好きだな。
でもあのまま突っ走るのは精神的にしんどかったのかな?
「家族狩り」文庫改訂版はガッカリだった…
でも新作は大期待!久々のガツンとした重量級物語を是非!

453 :名無しのオプ:2006/09/29(金) 18:39:59 ID:/M19JlGw
連載、かなりの期待感・・・
ミステリーになるかな・・

454 :名無しのオプ:2006/10/02(月) 22:44:34 ID:1ldSbAUB
天童荒太は栗田教行名義の白の家族が一番破壊力あると思う
でも・・20000円て・・
http://www.amazon.co.jp/gp/product//4048726919

455 :名無しのオプ:2006/10/03(火) 20:29:18 ID:pkSLjUx2
俺持ってる・・なぜか2冊も

456 :名無しのオプ:2006/10/05(木) 13:18:11 ID:sDOjrUEV
今家族狩り文庫版4巻まで来たが、
なんか、あまり先に読み進めたくならない話だよね。
自分は、マミハラと母子家庭の関係がどうしても受け付けない。
ていうかマミハラが嫌で嫌で気持ち悪い。

でもこれほど嫌にさせる人物描写はなかなか凄いと思いました。
しんどい話ですが、明日にでも5巻買って来ます。


457 :名無しのオプ:2006/10/05(木) 15:48:57 ID:ToSvM+Ne
自分の感想を人に押し付けるのはどうかと思うぞ。
人それぞれって言葉知ってるかい?
漏れは別に気持ち悪いとか感じなかったな。

458 :名無しのオプ:2006/10/05(木) 16:39:04 ID:sDOjrUEV

押し付けたつもりはないが??

459 :名無しのオプ:2006/10/13(金) 08:45:56 ID:LKUz08mP
昨夜、「永遠の仔」の編集者がNHKにでてたけど、番組紹介では天童荒太のことが書いてあるのに、番組では一つも出てこなかった。せっかく見たのに。

460 :名無しのオプ:2006/12/08(金) 10:33:52 ID:F8+M2cDG
すみません…素人です…
天童荒太=栗原教行なんですか??

461 :名無しのオプ:2006/12/08(金) 11:20:23 ID:F8+M2cDG
↑ すみません
さかのぼって読んだら書いてました
すみません

462 :名無しのオプ:2006/12/21(木) 20:46:54 ID:ML1bnoDs
永遠の仔 市立図書館で借りて読んでみた。
最初から最後まで泣き通しだった。
文章下手ですかね?確かに内容が暗すぎて、
誰にでも薦められる本じゃないけれど、
読みやすかったとは思うけど。

463 :名無しのオプ:2007/01/17(水) 18:53:24 ID:LpsO/Uq5
俺も友人に借りて読んだけど
永遠の仔は素晴らしかったです・・・・
読者のミスリードも上手いし
最後の部分もこの手の話によくある、ありきたりなオチじゃなくて
きちんと作り込まれていた
でも、そういうテクニック的な批評をするのが失礼、というか
恥ずかしくなるほどの名作と思います
作者はすごく真摯に、繊細に書いたな、という印象を受けました

464 :_:2007/01/24(水) 05:36:32 ID:vaIuZfLm
永遠の仔読了した。
下巻は一日で読めたよ、単純に引き込まれた。
横浜でのジラフと叔父夫婦の場面は涙止まんなかった。



465 :名無しのオプ:2007/01/31(水) 11:09:41 ID:NFCKLGx3
イフェメラ萌えだけで全5巻乗り切った

466 :名無しのオプ:2007/02/10(土) 22:32:44 ID:5haOPEfO
あまり関係ないけど明治大学文学部の出身なんだね


467 :名無しのオプ:2007/02/12(月) 14:28:42 ID:hGoTL8tg
私も永遠の仔よかったな。
ただ精神的に追い詰められてしばらく眠れなくなったので
ただいま天童アラタ禁止令発令中w

最後まで展開が裏切られる感じでよかった。

468 :名無しのオプ:2007/02/25(日) 18:19:45 ID:Qy7JHSoS
あれ、包帯クラブ映画化の話は出ていないのか。
公式サイトhttp://www.ho-tai.jp/

469 :名無しのオプ:2007/02/26(月) 00:27:19 ID:VeM0Dy0t
正直モンなろうぜ天童先生

実父に犯られた十二歳美少女にハァハァしてるだけだろ、このロリショタ!

子供キャラを虐待の目にあわせ、一切の精神的成長をとげさせずいつまでも悩みに深沈させ
とどめに「生きていてもいいんだよ」
神かよてめえは。キモすぎて吐く。

470 :名無しのオプ:2007/03/30(金) 05:58:12 ID:bI/C1rH3
死んでもいいんだよ

471 :名無しのオプ:2007/03/30(金) 17:40:18 ID:oa/yXOAd
実父でくれ

472 :名無しのオプ:2007/03/31(土) 00:44:38 ID:h63iyjUB
この人の作品読むと軽くて爽やかな本が物足りなくなるな・・
永遠の仔は気に入ったよ。
ドラマは見てないけど・・・

95 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)