5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

高木彬光の「刺青殺人事件」

1 :名無しのオプ:02/01/25 13:00
初版と現行のものは、内容がだいぶちがうと聞いたけど
どこがどう違うの?

2 :執事バンター:02/01/25 13:03
ここで聞いてみましょう。

初版と再版が微妙に異なるミステリ
http://mentai.2ch.net/test/read.cgi/mystery/1008493048/


3 :名無しのオプ:02/01/25 13:13
ところで、高木彬光のスレってありましたっけ?

4 :名無しのオプ:02/01/25 17:58
過去ログ
☆☆ そういえば高木彬光スレッドって無いね ☆☆
http://mentai.2ch.net/mystery/kako/972/972617472.html

5 :名無しのオプ:02/01/25 18:30
以前別冊幻影城かなんかの予告に初稿掲載の予告があった。
でも何かの都合で別の作品が掲載されて発売したことがある。

6 :名無しのオプ:02/01/25 19:01
枚数が325枚から650枚と倍増
語りが「私」こと松下研三の一人称から三人称へ
あといろいろ

新版の方が文章が仰々しい気がする。「悲劇の幕、ここに開く」とか。

7 :名無しのオプ:02/01/26 16:05
昨日古本屋で安かったから「本陣殺人事件」と一緒に買ってみた。

まだ冒頭しか読んでないが、面白そうだね。古典は乱歩の
有名なやつしか読んだことないんで、新鮮だったよ。

8 :名無しのオプ:02/01/26 16:19
読んでから書けばいいのに…

9 :7:02/01/26 16:26
>8
もしかして・・・ヤバイことかいてある?

10 :7:02/01/27 07:56
今読み終わった。島田荘司のルーツって感じだね。
興味持ったんで次は「能面殺人事件」にチャレンジ予定。

11 :名無しのオプ:02/01/27 10:40
>10
グリーン家とアクロイドのネタバレがあるから注意

12 :名無しのオプ:02/01/27 10:43
「人形はなぜ殺される」はそのまま、荘司が・・・・なので・・・

13 :名無しのオプ:02/02/02 14:01
ちなみに、角川文庫の高木彬光は、古本屋でも出回っている数も種類も少ない。
日暮修一の表紙が好きなんだが。
「刺青」は、まだ出回っているほうで、神保町でも見つからないものもある。
先日、角川文庫の高木彬光、ほぼ全巻というのを2万円で売っている店を見つけた。
しかし、金が...。

14 :名無しのオプ:02/02/02 17:48
>>13
それって、どこの古本屋?神保町?

15 :名無しのオプ:02/02/02 18:14
http://www.amazon.com/exec/obidos/ASIN/1569471568/qid=1012641196/sr=8-1/ref=sr_8_3_1/104-2690352-4699958
英訳されてるとは、知らなかった。

16 :名無しのオプ:02/02/02 18:50
○○の密室

17 :名無しのオプ:02/02/02 19:45
若い頃に読んだなあ、好きだった。
しかし、本格っぽいものの中には、不満もいっぱいあったな。
なんていうか、うまく表現できないんだけど、
新本格の人達と同じような「青臭さ」を感じたんだよなあ。

黄金時代の名作のトリックをそのまましつこく流用したりとか。
本人はオマージュ、挑戦、モチーフにしたってスタンスなのかもしれないが・・・。
なんか、そんなのが法月とか二階堂とだぶるなあ。
いや・・・高木から進歩していない新本格のほうがイタいかもしんないけど(w

18 :7:02/02/02 23:01
>>13
ホント少ないよね。ここ1週間「能面殺人事件」を探したけど
見つからず。今日たまたま近所の古本屋で「人形はなぜ殺される」
と「呪縛の家」を見つけたんで、早速購入。

>>12
気になるなあ(w

19 :名無しのオプ:02/02/02 23:28
>>18
よく見つけたね。「人形」はいいよ。おすすめ。
短編だけど「妖婦の宿」もよかった。
どちらも敗北の快感を味わわせてもらった。
「成吉思汗の秘密」は凄かった。何度も読んだ。
いまだに成吉思汗=義経を信じてる私(笑
妄説であるとは知っている。でもね、彬光が展開した
ロマンは素晴らしかった。今でも信じちゃうね。

20 :A.M.:02/02/02 23:52
『妖婦の宿』を読むのは、いくつか神津恭介の登場する作品を読んでからの方が
いいですよ。私は神津作品で一番最初に読んだのがこの『妖婦の宿』だったので
ちょっと損した気分になったものです。

21 :7:02/02/03 00:08
>>19-20
アリガトー
とりあえず、神津恭介シリーズは読破したかったんで、
見つけ次第読んでみるよ。


22 :名無しのオプ:02/02/03 00:12
初めて読んだのが「邪馬台国の秘密」だった
今でも邪馬台国=宇佐説信者>19

「怪盗ジバコの秘密」が読んでみたい。

23 :13:02/02/03 12:47
>14
神保町です。店名は、すいません、忘れました。古書センターの並びです。
そこは最近できたんだか気づかなかっただけか知らないが、初めて入ったところで、
結構、他では見つからないような文庫が多かったようだけど、総じて高い。
安くて定価ぎりぎりというところ。
そこの店で初めて、文庫本で1万円なんてのを見た。はじめ見間違いかと思った。
高木彬光以外にも江戸川乱歩、横溝正史、あと外国ものがあった。
ところが、そこで400円で買った「死神の座」が、交差点渡った別の店の
ワゴンの100円コーナーで売っているのを見て唖然とした。しかも初版。
おそるべし、神保町。

24 :13:02/02/03 12:56
追伸
神保町では、100円コーナーなどを探すと結構見つかったりする。
大丈夫かなぁ、というような店の100円コーナーで、
「狐の密室」「殺意」を見つけた。「殺意」は初版でそれほどイタミもなかった。
ま、文庫の初版なんてあまり意味ないので、自己満足なんだろうけど。

25 :19:02/02/03 16:54
>>20
そうですね。「妖婦」は下地を作ってから読んだほうがいい。
私の最初の高木は「破戒裁判」。
神津もの→墨野もの→その他 の順で読むのが吉と思うが
皆さんはいかに?

26 :名無しのオプ:02/02/03 18:03
神津恭介ファンの方のページがあった。
作品のリストなどもあるので、興味のある方はどうぞ。
www.dd.iij4u.or.jp/~tau/index.shtml

27 :名無しのオプ:02/02/03 19:21
>>13=23
その店はたぶん「RBワンダー」だと思われ。

28 :名無しのオプ:02/02/04 18:10
とりあえずここは高木スレとして活用、ということで。
人気ないねぇ、なぜ?

29 :名無しのオプ:02/02/04 18:20
故人だし、評価の定まった作家だからねえ。

30 :A.M.:02/02/04 19:31
確かに書店や図書館でも高木彬光の本は少ないです。
私は、雪の密室の『白雪姫』を読みたいのだけれど
今まで目にしたことがなかったりする(泣)。

同じ雪の密室でも『狐の密室』の方は読んだことが
あるんだけどなあ。神津と大前田夫妻の競演作。

31 :名無しのオプ:02/02/05 03:33
>>29
どんな位置付け?

32 :名無しのオプ:02/02/05 04:53
『白雪姫』『妖婦の宿』読みてー

33 :名無しのオブ:02/02/05 06:39
>>32
「妖婦の宿」
俺は「昭和ミステリー大全集」(上巻)文庫おそらく絶版
をブックオフで買った中に収録されていたので読んだ。
このアンソロジイーは、名作ばかり収録されているので、
(大坪砂男「天狗」も入っていた)
かなりお勧めです。
「白雪姫」はまだ読めてないです。

34 :名無しのオプ:02/02/05 17:05
「死神の座」を今日、読了。
ネタばれしちゃうとアレなんで、詳しくは言いませんが、
目撃されてた○○の○師って、いったい誰だったんだろう。

35 :名無しのオプ:02/02/05 21:37
けっこう手に入りにくくなっているのかあ。
そうとは知らず、今までひとつも読んだことがないし、古本で読んでみようと思って、BOOK MARKETに行ったら、かなり沢山置いてあった。
1冊100円で10冊買うと500円だったので、とりあえず状態の良いのを20冊ほど買ってきた。
その中には>>32の2冊も入ってた。早速読んでみようっと。

36 :名無しのオプ:02/02/05 21:45
「古代天皇の秘密」は極上の歴史ミステリー
古代史に興味があればオススメ

37 :名無しのオプ:02/02/06 00:05
ところでおまえら、
ベスト1を選べと言われたら、何ですか?

38 :A.M.:02/02/06 00:14
ベスト1を選べと言われたら、やはり『刺青殺人事件』でしょうか。
個人的には『成吉思汗の秘密』や『呪縛の家』なども好きですが。

39 :名無しのオプ:02/02/06 00:20
おまえら?

40 :名無しのオブ:02/02/06 00:22
15冊前後しか読んでないが、「人形はなぜ殺される」だな。
ところで「呪縛の家」のオチはよく某作家が、つかってたなあ。

41 :名無しのオプ:02/02/06 00:23
>>39

「お前ら」とエラそうに切り出しておいて、後半「〜ですか」とか
「〜を教えてください」とていねいな言葉遣いになる、その落差を
楽しむのだよ。他の板なんかではよく見かける言い回しだね。

42 :名無しのオプ:02/02/06 00:52
「古代天皇の秘密」はさ、「邪馬台国の秘密」で散々
「こんなやり方をしているから歴史家はダメなんだ」
とバカにしていた、発音が似ているから現在の地名に
古代の国の場所を当てはめるっていう方法を、なんの
前置きもなくちゃっかり取り入れている時点で呆れてしまった。

43 :名無しのオプ:02/02/06 01:04
>41
あの言い回しのオリジナルは、やはり例の「吉野屋」なんですかね?
高木ネタでなくてスマソ
www1.odn.ne.jp/crywolf/shogyomujo/yoshinoya/

44 :名無しのオプ:02/02/06 01:56
神津ものでは「人形」と「成吉思汗」
霧島ものでは「黒白の囮」
百谷ものでは「破戒裁判」


45 :名無しのオプ:02/02/06 09:29
>>41
説明すんなよ恥ずかしい(w

46 :名無しのオプ:02/02/06 16:49
>45
それを言う前に>39を見れ。

47 :39:02/02/06 17:26
なんかビクーリ
マジレスつけるなんてさ

48 :名無しのオプ:02/02/06 17:51
「神津さん、あれがアルファ?」
「そうです。大魚は網にかかりましたよ」

49 :名無しのオプ:02/02/06 17:59
おまえら、メタにマジレス、カコワルーイ

50 :名無しのオプ:02/02/06 18:00
うるせーばか!

51 :名無しのオプ:02/02/06 19:21
>>50
切れるなよ...
カコワルーイ とかわざわざ書き込む奴だって、相当に恥ずかしいんだから。

↓そしてお前はオマエモナーと言う!

52 :名無しのオプ:02/02/06 19:30
オマエモナー

53 :7:02/02/06 21:18
「人形はなぜ殺される」読み終えた・・・が、途中で
犯人わかっちゃったよ・・・(悲

54 :名無しのオプ:02/02/06 21:35
>>53
犯人分かるというか、こいつしかいない!

55 :名無しのオプ:02/02/06 21:42
しかも、天才のはずの神津は気づかない
本当に名探偵か?

56 :名無しのオプ:02/02/06 21:46
「帝国の死角」だっけ?
読んだ人いる?

57 :7:02/02/06 23:48
>>54
そうそう・・・まさに「コイツしかいないじゃん!」
って感じだったのに神津がトチ狂ったこと言って
るんで、なにか凄いどんでん返しがあるのかと
期待しちゃったよ。

あ、でも面白かったよ。飽きずに読めたしね。次は
「呪縛の家」にチャレンジ。と同時にこのスレで
評判がよい「成吉思汗の秘密」も探してみる予定。

58 :密室博士:02/02/06 23:53
>>54,57
そうそう。連続殺人の何回目かで、犯行が物理的に可能なのは一人しかいないからね。
でも犯人がわかっても、なおかつ真相はオレには驚愕だったよ!

59 :名無しのオブ:02/02/07 00:14
>>58
俺はメール欄のヒントで、犯人はなんとなくわかった。
でもトリックとか全然わからず、驚いた記憶がある。

60 :名無しのオプ:02/02/07 00:15
>>56
「帝国の死角」はいいね、大内茂夫だっけか、昔の評論家も
自分の日本3大ミステリのひとつ、とか言ってた。新本格的トリック
をきわめて大がかりな形で先取りした傑作だよ。

61 :59:02/02/07 00:15
書き忘れ(メール欄)

62 :名無しのオプ:02/02/07 00:16
なんだ!?一行抜けてる。書き直すと
大内茂夫だっけか?昔の評論家も自分の日本三大ミステリ
のひとつって言ってた。新本格的トリックを極めて大規模に先取りしたような
傑作だよ。

63 :60、62:02/02/07 00:18
なんだ。いけてるやん。書き直す必要なかった。
頼むぞぎこナビ。

64 :56:02/02/07 00:22
>>60
なるほどね
読む価値ありか
Thx

65 :7:02/02/08 22:43
コンバンワ。

やっとみつけたYO!「成吉思汗の秘密」「妊婦の宿」
「能面殺人事件」。しかも別の本2冊新品で買った後に
偶然みつけた・・・。

計5冊ミステリーを抱えながら、連休中は睡眠3時間で
引きこもる覚悟。あ、ちなみに後2冊は「マリオネットの罠」
と「匣の中の失楽」(w っす。

66 :名無しのオプ:02/02/08 22:49
>>65
その五冊を今から読むとはうらやましい。
ちなみに「妊婦の宿」ではなくて「妖婦の宿」なんでヨロシク。

67 :名無しのオプ:02/02/08 22:50
やっぱり墨野四部作が好きかなあ。
特に、「大東京四谷怪談」で「メール欄1」に挑戦したと思わせておいて、
「仮面よさらば」で、そのオチをきっちりと説明して、
なおかつ「メール欄2」に挑戦してるとこなんざ・・・
技巧の極致だと思う。

68 :名無しのオプ:02/02/08 22:50
妊婦の宿ワロタ

69 :名無しのオプ:02/02/08 22:53
「仮面よさらば」の墨野の○○への仕打ちはひどすぎ

70 :7:02/02/08 23:00
恥ずかしいです(W なんかマニアックなAVタイトルみたいですね。
逝ってきます。

71 :名無しのオプ:02/02/08 23:04
>>67
墨野は実は五部作。
「現代夜討曾我」という、なぜか光文社でしか出版されなかった作品がある。

72 :名無しのオプ:02/02/09 16:23
>>71
クイーンの4部作があるからね。
墨野シリーズも4部作と誤解してる人は意外に多い。

73 :名無しのオプ:02/02/09 16:26
「帝国の死角」は後半に入ったとたんにメイントリックが
わかってしまった。これは不幸なことだった。
わからなけりゃ最後まで楽しめたのに。

74 :名無しのオプ:02/02/09 17:54
高木彬光は、「仮面よさらば」以降、
長編は書いてないと聞いたが、そうなんでしょうか?

75 :名無しのオプ:02/02/09 18:56
>>74
いや、出版芸術社から『神津恭介への挑戦』を始めとする新聞記者・清水香織とのシリーズが三作出ている。
ただし、出来はよくない。やはり『仮面よさらば』でやめておいた方がよかった。

76 :名無しのオプ:02/02/09 22:47
「仮面よさらば」は話も文章も酷い出来。

77 :名無しのオプ:02/02/09 22:54
出版芸術社の書下ろしは、本人が脳梗塞で筆が執れないため、口述筆記だった。


78 :名無しのオプ:02/02/10 18:04
>>76
そうかな? 「墨野シリーズ」のラストの作品として十年近く構想を暖めてきた分、晩年の他の作品よりはかなり出来むがよかったと思うが。
もっとひどいのは『七福神殺人事件』じゃないだろうか? 「神津恭介最後の事件」という副題に惹かれて読んだのだが、被害者を七福神に見立てる根拠のなさにがっかりした。こんなのが「神津恭介最後の事件」だなんてひどすぎる〜。



79 :名無しのオプ:02/02/10 18:30
>76
>78
あら、そうなの?
とりあえず、最後の事件っていうんで買ってみて、
まだ読んでなかったんだが。
実は「仮面よさらば」も同じく、手に入れて未読。
うーん、最後の事件てやはり今一なのかな?
「金田一耕介最後の事件」も確かひどかったような。
おっと、横溝ネタ出してスマソ


80 :ウルトラ:02/02/10 19:30
ベスト1
我が一高時代の犯罪 に一票


81 :名無しのオプ:02/02/11 13:41
『白昼の死角』が出てこないね。この作家の5本の指に入る作品だと思うが。

82 :名無しのオプ:02/02/12 16:05
>>79

神津の方は「恭介」だけど、金田一の方は「耕介」じゃなく「耕助」な。

83 :名無しのオプ:02/02/12 16:51
>>81
つか、戦後ミステリベスト級の傑作。凄すぎる。

84 :名無しのオプ:02/02/12 18:05
「白雪姫」お探しの方、横浜でよければ、ありましたよ。
京急鶴見駅の鶴見商店街の裏、古本屋「閑古堂」で200円でした。
他にも「魔弾の射手」など、何冊かございました。
連休中に売れていなければ、まだあるでしょう、たぶん。

85 :閑古堂店主:02/02/12 18:52
さきほど2000円に値段を訂正しました。
なんてことはないだろうな!

86 :84:02/02/12 22:55
>85
うーん、ないと思いますよ。
だって店番はバイトですから。
消費税もかかんなかったですよ、私の場合。9冊も買っちゃいましたから。
ってマジレスすなってか?

87 :名無しのオプ:02/02/14 20:46
「甲冑殺人事件」って出ているんでしょうか?
なんか幻の、って聞いたんですが。

88 :名無しのオプ:02/02/14 21:35
>>87
タイトルが予告されただけで、出てないよ。
トリックが(メール欄)とかぶったと聞いたけど。

89 :名無しのオプ:02/02/14 21:41
ところで高木せんせーってまだ生きておられるのですか?

90 :名無しのオプ:02/02/14 21:44
>>89
7年前におなくなりになりました。

91 :名無しのオプ:02/02/14 21:59
遺作というか最後になった作品はなんですか?

92 :名無しのオプ:02/02/14 22:13
なんだっけ。「七福神殺人事件」だっけ。
ゴーストライターが書いたという噂も。

93 :名無しのオプ:02/02/14 23:24
>>88
二階堂黎人の『悪霊の館』は、二階堂版『甲冑殺人事件』として書かれたという説あり。

>>92
出版芸術社の三部作では?

94 :名無しのオプ:02/02/14 23:57
斎藤栄が自分の作品で「人形は・・・」を絶賛して、島田を無茶苦茶叩いてたな。
仲悪いのかな?

95 :名無しのオプ:02/02/22 17:17
「死美人劇場」って短編集の作品、できはどうですか?

96 :A.M.:02/02/22 17:45
>>95様。

私は収録されている作品の中では『恐ろしき馬鹿』と
『原始病患者』が面白かったですね。短編集としては
『影なき女』の方ができがいいと思うのですが・・・

97 :95:02/02/22 23:09
>96
情報、どうもありがとうございます。
この本、なかなか見つからないので、ちょっとどういうものか
知りたかったのです。参考になりました。

98 :名無しのオプ:02/03/14 11:25
わが一高時代の・・・

99 :名無しのオプ:02/03/14 14:55
>>94
一男?荘司?

100 :94:02/03/14 22:45
>>99
荘司の方。

101 :A.M.:02/03/22 13:46
近藤正臣が神津恭介を演じた、土曜ワイド劇場の『刺青殺人事件』を
ご覧になった方っていらっしゃいます?
あれは舞台を無理やり現在に置き換えてドラマ化していたので、例の
(メール欄)がダメダメでした。見ていて笑っちゃいました。

102 :名無しのオプ:02/03/29 11:35
>>101
オレは逆に見てみたいぞ。

10年以上経ったワイド劇場は独特の渋さがあっていいね。
いかにもフィルム撮りってところが。

103 :独者:02/03/30 16:25
>>101
私、それ見ました。原作より先に。昔は土ワイファンだったからねー。
ストーリーの本筋は、割と原作を忠実になぞっていましたよね?
むしろ私が気になったのは、原作では文章中にさりげなく触れられている
伏線が、映像では表現できていなかったこと。
そのせいでドラマのほうは、結末が唐突で、アンフェア感漂う作品に
なってしまっている。
原作を先に読みたかった…


104 :名無しのオプ:02/03/30 16:45
>>101
映画もあったよな
俺はそっちのほうを見たい

105 :A.M.:02/04/01 20:39
>103様。

私はわりと神津作品を読んでからそのドラマを見ましたので、
正臣神津が煙草を吸うシーンで「神津恭介が煙草吸うな!」と
ツッコミ入れましたよ。

>104様。

私、映画の方は寡聞にしてよく知りません。題名や主演などの
情報を教えていただけると嬉しいです。

106 :名無しのオプ:02/05/02 13:10
さるべーじ

107 :名無しのオプ:02/05/02 14:45
神津恭介=ホモと考えていいのかな?
すごい美男子で独身ということで作者はそれとなく匂わせていると思ったんだが、
勘ぐりすぎか?


108 :名無しのオプ:02/05/02 14:56
>>107
あとで結婚したじゃん。

109 :名無しのオプ:02/05/02 23:05
初めて会った頃の松下は
神津が同性愛の弊風に染まることを懸念していた。

110 :A.M.:02/05/02 23:28
>109様。

『わが一高時代の犯罪』でしたか、一高に同性愛の弊風がなかったことを
神津恭介のために喜びたいみたいな記述がありましたね。ちなみに恭介の
一高時代の最初のあだ名は「お嬢」でしたし。

111 :A.M.:02/05/03 10:21
>110

神津恭介の一高時代最初のあだ名は「お嬢」じゃなくて「嬢や」
だったかもしれない。ちょっと手許に資料がないので不確かで
ごめんなさい。

よく考えたら「お嬢」って美空ひばりのニックネームじゃないの。

112 :お茶くみちびふさ ◆Fusa/GXc :02/05/16 23:48
>111
「嬢や」で合ってますよ〜。

後、墨野シリーズは98年頃に光文社文庫で、
「現代夜討曽我」も込みで出ています。
自分は「仮面よさらば」以外を買ったのですが、
多分「仮面よさらば」も一緒に出たはずと思います。
こっちなら探しやすいかもしれません。

113 :名無しのオプ:02/05/17 10:17
さるべーじ

114 :A.M.:02/05/17 15:29
>>お茶くみちびふさ様。

教えていただき、ありがとうございます。
入学した当初だけ「嬢や」で、そのあとすぐに「ドクター」に
ニックネームが変わったんでしたっけね。
私は今でも、恭介がドイツの大学に提出した整数論の論文名を
諳んじることができますよ。

115 :名無しのオプ:02/06/12 20:40
保全

116 :名無しのオプ:02/06/15 21:04
今テレビ朝日で神津先生が出版記念にサイン会をしていました…
バタッ(氏某)

117 :名無しのオプ:02/06/15 22:09
土ワイ……コスプレなのか?
水泳をする神津、射撃をする神津、乗馬をする神津……
ヽ(`Д´)ノウワアアン

118 :名無しのオプ:02/06/15 22:29
松下くんもいないよう…女とへらへらしてる神津先生なんて…
ヽ(`Д´)ノ ウワァァン!!

119 :A.M.:02/06/16 12:11
ほんの少しだけ期待しながらドラマを見始めたものの、
冒頭の水泳シーン(神津恭介が泳ぐな!)と書店での
サイン(神津恭介のサインなんて創るな!)の二つで
落胆し、その後はイングランド対デンマーク戦の方を
見てしまった私。

120 :名無しのオプ:02/06/16 12:56
ラストで犯人の延髄に季節の花をグサリならヨカタ

121 :名無しのオプ:02/06/16 13:57
映像化された神津恭介ほど違和感のある探偵は
そうざらにはいないな。
明智も金田一もポワロもホームズも大なり小なり
鑑賞に堪えられるのにな。
なんでだ?

122 :定説:02/06/16 14:26
本邦推理小説BEST3

1位 刺青殺人事件
2位 能面殺人事件
3位 蝶々殺人事件(スマソ

123 :名無しのオプ:02/06/17 21:24
人形はなぜ殺されるは?

124 :名無しのオプ:02/06/17 21:25
>>120
仕事人だあー。

125 :名無しのオプ:02/06/17 21:37
村上弘明は嫌いじゃないが(必殺好きだったし)
神津恭介には激しくミスキャストだよなー。
といって、誰が合うかといわれてもピンと来ないが。

126 :ttt:02/06/17 21:48
http://www.amuse-pictures.com/session9/index.html

127 :名無しのオプ:02/06/17 21:52
呪縛の家は絶版ですか?

128 :名無しのオプ:02/06/17 22:04
>>127
光文社文庫が残ってなければアウト。

129 :名無しのオプ:02/06/17 23:08
墨野シリーズ、『現代夜討曾我』以外を古本屋で見かけて買ったんだけど、4作目だけ
ぬかして『仮面よさらば』読んでも大丈夫ですか?

そろそろ『大東京四谷怪談』を読み終わるので心配してます。

130 :名無しのオプ:02/06/17 23:11
神津も霧島三郎も
イメージとおりの配役ってないからな・・・

131 :名無しのオプ:02/06/17 23:17
近藤はわりと神津のイメージに近くなかった?

132 :A.M.:02/06/18 08:54
作者の高木彬光は、神津恭介のイメージを「俳優の上原謙を
もう少し知的にした感じ」と表現していましたね。出てくる
名前に時代を感じますが。

133 :名無しのオプ:02/06/18 22:34
>>129
危険だ。全巻入手してからにしろ。

134 :土曜ワイド神津:02/06/19 00:50
(予告)よぉ!あぶない殺人事件はやめて元気に歴史の謎解きをしようぜ!
次週は・・・これだ!

135 :名無しのオプ:02/06/19 00:52
スカイライダーかよ!

136 :名無しのオプ :02/06/19 01:40
>近藤はわりと神津のイメージに近くなかった?
禿しく遠いような気がするけど・・・

137 :超ぶりっ子(死語)で演技ヘタ:02/06/19 07:44
>136
激しく遠いよ!
この間の土ワイ、明るいブルーのソフトジャケットを着るカジュアルな
神津がもう…鬱氏
犯人はメール欄だし

138 :名無しのオプ:02/06/19 07:46
間違えた…初めてメール欄を使ってみようと思ったのに、
…逝ってきます。

139 :名無しのオプ:02/06/19 14:58
「黄金の鍵」←題名あってる?「現代夜討曾我」だけ持ってない
なんで文庫で再刊されないのか

かぐやひめのお世話になるしか…

140 :名無しのオプ:02/06/19 15:08
「現代夜討曾我」は最初から角川文庫に入っていない。読むなら光文社文庫で。


141 :名無しのオプ :02/06/23 02:12
(希望)よぉ!あぶない脚色はやめて原作どおりにやろうぜ!
次週は・・・これだ!


142 :名無しのオプ:02/06/24 23:59
(警告)よぉ!あぶない復刻はやめて古本屋探そうぜ!
次週は・・・これだ!


143 :名無しのオプ:02/06/25 15:39
「人形〜」
偽の指紋はないでしょう。

144 :名無しのオプ:02/07/08 23:57
次作の犯人役は是非とも京本某に(w

145 :名無しのオプ:02/07/22 21:23
扶桑社の『刺青殺人事件 初稿版』、秋に延期かよヽ(`Д´)ノウワァン

146 :名無しのオプ:02/08/17 13:15
保守あげ

147 :名無しのオプ:02/08/18 21:27
社長の秘書みたいなオヤジが、
「風呂場のそばの廊下の血で滑った」とかいってるのに、
それに対する描写が欠けていたのが不自然におもた。

148 :名無しのオプ:02/08/27 22:21
age

149 :名無しのオプ:02/09/13 21:09
兄ちゃんたち、こんなとこで寝てっと死ぬぞage

150 :149:02/09/13 21:13
↑暴言しつれいしました。ここ見つけて嬉しくて。
高木作品、いいのは本当にいい。ガイシュツですが「帝国の死角」は、
最後までだまされて良かった。ここで宣伝してもしょうがないんだけれど、
新本格ファンの人には是非お勧めしたい。
古書でも見つけられないのが辛い(そんなに探してないですが)。

151 :名無しのオプ:02/09/19 00:19
大東京四谷怪談放送age

152 :A.M.:02/09/26 08:25
しまった、ひょっとして昨日9/25は神津恭介の誕生日だったのでは?
確か恭介って、高木彬光と同い年だったはずですから1920年生まれ。
ということは、もし生きていたら今年で82歳ですね。

153 :名無しのオプ:02/10/03 23:41
『人形はなぜ殺される』について質問です。
第三幕の8節の最後で提示されている二つの謎に関して、
最後の謎解きでも触れられていないような気がするのですが、
僕の読み落としでしょうか。それとも投げっ放しになってるんでしょうか。
ひとつは(メール欄1)、もうひとつは(メール欄2)です。
御意見をお聞かせください。

154 :名無しのオプ:02/10/04 00:13
そんなことより>>1よ、上川隆也(ドラマ神津)が
金田一をやっていたのはどうよ。

155 :154:02/10/04 00:34
ごめん全然勘違いしてた。
自分の中で村上とごっちゃになってたのでスマソ。

156 ::02/10/11 12:21
1です。
久しぶりに覗いたらまだ続いているなんて感激です。
ところで
村上弘明と上川隆也は顔が全く違うと思います。


157 :名無しのオプ:02/10/12 22:18
角川春樹事務所のハルキ文庫で『刺青殺人事件』を久しぶりに読んでみたら、
刑事が尾行しているシーンで「アジア人」という言葉が出てきた(150ページ)。
この作品で「アジア人」という言葉はないだろうと思い、
角川文庫と照合してみたら、元は「第三国人」となっていた。
ハルキ文庫の校訂に関しては、巻末に「光文社文庫を底本にしました」とあるのみ。
光文社文庫での語句置き換えに関する言及はない。
本当に中身をコピーしただけ。なかなかいい加減。

ところで、誰か>>153に答えてくれまいか。

158 :名無しのオプ:02/10/16 14:55
こんなのハケーンしますた
『白昼の死角』の元ネタの事件
ttp://www.alpha-net.ne.jp/users2/knight9/bar.htm の[ 光クラブ事件 ]ってところ

159 :名無しのオプ:02/10/16 23:55
人形とわが一高を読みました。
神津恭介シリーズって完結してます?

160 :名無しのオプ:02/10/17 00:25
>159
してます。昭和62年の『七福神殺人事件』で神津恭介は引退しました。
その後出た平成3部作は本人の筆ではないし、話があまりにも卑小で
低俗なので無視したほうがいいです。永遠に文庫化もされないでしょう。


161 :159:02/10/17 00:32
>>160
おお、即レスありがとう。
完結してますか。
ちょっとこのシリーズを追っかけてみますね。

『七福神殺人事件』までですか。
シリーズ物が別人の筆で書かれるのはなんだか悲しいですね。
なんか、ファンや作者や探偵を軽んじているようで。

162 :名無しのオプ:02/10/18 13:03
清水香織記者がでるやつね。


163 :羊バンター:02/11/06 14:50
質問です。
高木彬光が日本で最初のクトゥルー神話物を書いていると聞きました。
もしよかったらなんという作品か教えてください。

164 :珍念:02/11/06 15:00
>>163

「邪教の神」で検索するといろいろわかりますよ。

165 :羊バンター:02/11/06 15:03
おお!さっそくありがとうございます!
調べます。

166 :名無しのオプ:02/11/18 17:16
>>145
幻影城でも初稿版の予定があったけどどうして他のに変わったの?


167 :名無しのオプ:02/12/01 22:53
初稿age

168 :名無しのオプ:02/12/01 23:01
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4594034039/qid=1038751182/sr=1-9/ref=sr_1_2_9/249-6936565-4259508

知らぬ間に出てたんだ。

169 :名無しのオプ:02/12/02 20:05
>>168
短篇は何が入ってるの?

170 :名無しのオプ:02/12/02 21:46
168じゃないけど
・白雪姫
・影なき女
・鼠の贄
・原子病患者
・妖婦の宿

あとは巻末に資料が少し。

171 :名無しのオプ:02/12/04 16:26
買いました


172 :A.M.:02/12/09 12:40
>>170様。

昨日偶然図書館で発見。短編で唯一未読だった『白雪姫』に
読み耽ってしまいました。そうしたら今日は一面の雪景色。

173 :名無しのオプ:02/12/09 17:18
『刺青』初稿、復刊おめ!!

174 :初心者:02/12/10 00:25
最近読み出したのでなかなか集められないでいまつ。
現行のもので買えるのってハルキの3冊だけ??
古本屋で七福神を入手しましたが、完結編くらいは最後にした方がよいか
と思って控え選手になっとります(他の巻集めきれるのだろうか…)

ところで角川(?)の「不連続殺人事件」の解説で、高木彬光と安吾の
合作(安吾のネタを高木が引き継いだ?)の話があったのですが、
それってどこかで読めるのでしょうか?

(敬称略及び長文スマソ)

175 :(゚(○○)゚) プヒプヒ:02/12/10 00:31
>>174
「樹のごときもの歩く」なら角川文庫の安吾「復員殺人事件」にはいっとらんかったかのう(゚(○○)゚) プヒプヒ

176 :名無しのオプ:02/12/10 10:44
もう絶版では?


177 :名無しのオプ:02/12/10 10:57
ちくま文庫の安吾全集で読めるnari

178 :名無しのオプ:02/12/11 11:03
高木氏補筆の分も?


179 :名無しのオプ:02/12/12 00:24
>>178
はい。ちくま文庫で読めます。

180 :名無しのオプ:02/12/12 01:02
「復員」は角川文庫版の表紙がたまらなく好き

181 :名無しのオプ:03/01/11 00:49
>173
遅すぎですが、今日、初めて「初稿 刺青殺人事件」が復刊されていたのに
気づいて急いでGetすますた。
なんか、でも、あまり書店においていないみたいでつね。

>180
私もそう思います。古本屋でたまに見かけまつね。高価でつが(藁



182 :名無しのオプ:03/01/11 00:52
復員は坂口の部分は面白いのに、高木の部分はこじつけっぽくてつまらなかった。
どうせこじつけるのなら坂口夫人の証言をなんとか生かしてほしかった。

183 :名無しのオプ  :03/01/16 16:48
久しぶりに読みたくなって近所のブクオフやら神保町やらを探し回ったけど
ないな〜
結局ちょっともったいないかな〜と思ったけどハルキ文庫のやつを買いました。
でも面白かったです。

184 :名無しのオプ:03/01/16 17:02
>>180
幼い頃、夢に出てうなされますた。わりとトラウマw

185 :名無しのオプ:03/01/16 17:56
近所のブックオフに角川文庫のやつで15冊くらい置いてありましたが
買っておくべきですか?
しかも状態は良い方で全部100円。「能面〜」とか色々。

186 : :03/01/18 20:23
>>185
購入を勧める。
これから先は段々、入手難になると思う。

ついでに「帝国の死角」あったらオレに100円で売ってくれ。
古本屋どころか近隣一帯の図書館にも見当たらない。


187 :山崎渉:03/01/23 18:25
(^^)

188 :名無しのオプ:03/01/23 23:02
ノストラダムス大予言の謎、神津ものかと思って買ったら
高木ものだったage。


189 :名無しのオプ:03/01/23 23:07
近所のブクオフで「呪縛の家」100円でゲット!

190 :名無しのオプ:03/01/27 01:36
扶桑文庫の『初稿・刺青殺人事件』を買いました。
巻末資料として納められている「探偵作家になるまで」に次のような文章があります。
「一高の理乙から、東大医学部の薬学科へ、それから転じて工学部の冶金学科へ、」(p.514)
この人、京都大学の出身ですよね。こう書くとまるで東大の冶金学科に進んだかのように思えるのですが、何か東大コンプレックスみたいなものがあったんでしょうか?

191 :名無しのオプ:03/01/27 05:03
>>190
戦後の文学派との確執を見ても高木ってコンプレックスの固まりみたいな香具師だから
それは大いにあるかもな

192 :名無しのオプ:03/01/28 13:41
>>189に同じく角川文庫版「呪縛の家」(美品)50円でゲット

193 :世直し一揆:03/01/29 09:21
<血液型A型の一般的な特徴>(見せかけの優しさ・もっともらしさ(偽善)に騙され
るな!)
●とにかく気が小さい(神経質、臆病、二言目には「世間」、了見が狭い)
●他人に異常に干渉し、しかも好戦的・ファイト満々(キモイ、自己中心)
●自尊心が異常に強く、自分が馬鹿にされると怒るくせに平気で他人を馬鹿にしようと
する(ただし、相手を表面的・形式的にしか判断できず(早合点・誤解の名人)、実際に
はたいてい、内面的・実質的に負けている)
●本音は、ものすごく幼稚で倫理意識が異常に低い(人にばれさえしなければOK)
●「常識、常識」と口うるさいが、実はA型の常識はピントがズレまくっている(日本
の常識は世界の非常識)
●権力、強者(警察、暴走族…etc)に弱く、弱者には威張り散らす(強い者に弱く
、弱い者には強い)
●あら探しだけは名人級(例え10の長所があってもほめることをせず、たった1つの短所を見つけてはけなす)
●基本的に悲観主義でマイナス思考に支配されているため性格がうっとうしい(根暗)
●一人では何もできない(群れでしか行動できないヘタレ)
●少数派の異質、異文化を排斥する(差別主義者、狭量)
●集団によるいじめのパイオニア&天才(陰湿&陰険)
●悪口、陰口が大好き(A型が3人寄れば他人の悪口、裏表が激しい)
●他人からどう見られているか、人の目を異常に気にする(「世間体命」、「〜みたい
」とよく言う)
●自分の感情をうまく表現できず、コミュニケーション能力に乏しい(同じことを何度
も言ってキモイ)
●表面上意気投合しているようでも、腹は各自バラバラで融通が利かず、頑固(本当は
個性・アク強い)
●人を信じられず、疑い深い(自分自身裏表が激しいため、他人に対してもそう思う)
●自ら好んでストイックな生活をし、ストレスを溜めておきながら、他人に猛烈に嫉妬
する(不合理な馬鹿)
●執念深く、粘着でしつこい(「一生恨みます」タイプ)
●自分に甘く他人に厳しい(自分のことは棚に上げてまず他人を責める。しかも冷酷)
●男は、女々しいあるいは女の腐ったみたいな考えのやつが多い(例:「俺のほうが男
前やのに、なんでや!(あいつの足を引っ張ってやる!!)」)

194 :名無しのオプ:03/01/29 21:31
「仮面よ、さらば」を読んでみた
神津の言い訳にゲンナリ・・・

195 :名無しのオプ:03/02/02 20:58
>>194
ネタバレだろ。

196 :名無しのオプ:03/02/05 12:47
そうだね

197 :A.M.:03/02/21 15:24
あったら嫌な高木彬光作品。

いよいよ最終章。息詰まる法廷での訊問シーン。

「私が犯人? ではその証人を呼んでいただきましょう」と開き直る男に
「おうおうおうおう、この恭さんの桜吹雪が全てお見通しなんでぃ!」と
片肌脱いで見得を切る神津恭介が登場する『刺青殺人事件』

198 :A.M.:03/02/21 15:24
あったら嫌な高木彬光作品その2。

いよいよ最終章。犯人が自分の犯罪を思い起こし悦に入っていると……

♪ぽんぽんぽん、とどこからともなく聞こえてくる鼓の音。犯人がはっと
我に返り顔を上げたところに、般若の面をつけた高木彬光(作中)が登場、
「ひとーつ、人の世の生き血をすすり、ふたーつ、不埒な悪行三昧」てな
決め台詞とともに犯人たちを斬っていく『能面殺人事件』

199 :名無しのオプ:03/02/21 15:28
高木彬光の伝奇もので面白いのはなあに?

200 :名無しのオプ:03/02/21 18:40
蛇神様

201 :名無しのオプ:03/03/16 23:42
高木の邪馬台国のは面白かったな
専門家に罵倒されて大変だったみたいだけど
この人、なんかチャレンジ精神あるよな

202 :名無しのオプ:03/03/16 23:51
「ミイラ志願」が恐かったです。

203 :名無しのオプ:03/03/23 18:58
「乞食志願」こそ高木作品ナンバー1。人間の幸せって何なのか考えさせられた。
 長編では「1・2・3−死」。犯人の動機にはただただ唖然・・・

204 :名無しのオプ:03/03/23 23:19
ハスキルハスキル

205 :名無しのオプ:03/03/25 19:48
「大東京四谷怪談」読んでみた。
カーの「火刑法廷」への挑戦ってことらしいけどこれ失敗作じゃね?
最後のオチがなんかとってつけたみたいで…

206 :名無しのオプ:03/03/26 00:15
墨野シリーズは5部作全部読め。
1作ずつ完成してるけどやはり全部通してから。

207 :山崎渉:03/04/17 15:50
(^^)

208 :山崎渉:03/04/20 02:56
   ∧_∧
  (  ^^ )< ぬるぽ(^^)

209 :山崎渉:03/04/20 07:10
   ∧_∧
  (  ^^ )< ぬるぽ(^^)

210 :一、二、三――死 ◆QpLJvIlmY. :03/05/02 01:00
ageるぞ、ペリ

211 :^^^^┗─y▼・ェ・▼ ◆ExGQrDul2E :03/05/02 01:04
    \     毛       /
  腿  \_  |   _/
          彡彡彡
          ミミミミ クリトリス
         ミミミミ / ̄ ̄ ̄ ̄
         ノ σ ヽ 尿道
       / / ゚ヽ ̄ ̄ ̄ ̄
大陰唇 / //\\ \ 
 ̄ ̄ ̄ ̄  ( ( 膣 ) ── 小陰唇
      \ \\// /
         `   \/  '
\         *──アナル
  \_____/\_____/

212 :山崎渉:03/05/22 04:51
━―━―━―━―━―━―━―━―━[JR山崎駅(^^)]━―━―━―━―━―━―━―━―━―

213 :山崎渉:03/05/28 12:30
     ∧_∧
ピュ.ー (  ^^ ) <これからも僕を応援して下さいね(^^)。
  =〔~∪ ̄ ̄〕
  = ◎――◎                      山崎渉

214 :名無しのオプ:03/06/10 19:07
スレ違いだと思うけど
『人形はなぜ殺される』読了。
マジつまんなかった。これが代表作なの?
緊張感もなくトリックもヘボヘボ。
マジで? これ代表作?

215 :名無しのオプ:03/06/16 21:43
ジュブナイルの「死神博士」が読みたい…

216 :名無しのオプ:03/06/18 20:28
ソノラマ文庫版のならけっこう出るよ。
まあ、1500〜3000円くらいになるけどなー。
しかし、根気よく探せばブクオフで100円のときもある。
洩れは去年そうやって手に入れた。

本当に読みたかったら図書館探してみれ。
近所になくてもネットで蔵書検索かけて
相互貸し出ししてもらうなりすればいい。

217 :名無しのオプ:03/06/19 19:39
短編の、「私は殺される」と「これが法律だ」は、まったく対称的な話なんだけど、いいですよ。
特に、後者は、島田荘司の「天に昇った男」より、ラストが強烈。
あと、「死せるものよみがえれ」のラストも好き。

218 :山崎 渉:03/07/15 10:42

 __∧_∧_
 |(  ^^ )| <寝るぽ(^^)
 |\⌒⌒⌒\
 \ |⌒⌒⌒~|         山崎渉
   ~ ̄ ̄ ̄ ̄

219 :山崎 渉:03/07/15 13:30

 __∧_∧_
 |(  ^^ )| <寝るぽ(^^)
 |\⌒⌒⌒\
 \ |⌒⌒⌒~|         山崎渉
   ~ ̄ ̄ ̄ ̄

220 :名無しのオプ:03/07/18 19:31
「彬」は音読みだと何て読むんですか?

221 :名無しのオプ:03/07/18 19:34









222 :名無しのオプ:03/07/18 20:20
>>220
ひん

223 :名無しのオプ:03/07/31 14:21
>214
私もそれむちゃくちゃ思った。
でもその後に読んだ「刺青殺人事件」はすごく面白かった。

224 :名無しのオプ:03/07/31 17:23
>214
自分も高某の時に読んで、なめたくちだった。
たまたま大人になってから読み返してみて、初めてこの作品の面白さが判った。

一応、高木氏の名誉のために書いとくけど、「人形」は当時としては画期的だったんだよ。
この手のスケールのでかいトリックの元祖としては、歴史的な価値もあるわけ。

後年、島荘がまんまこれと同じトリックの作品を出版しちゃって、盗作だと問題になった。
しかし高木氏は、トリックはアイディア自体に価値があるのではなく、それを作品の中で
どう活かすのかの方が大事だといって島荘をかばった。
後に島荘が金田一少年のパクリ問題の時にとった態度に比べ、非常に立派だった。

「人形」は、真相自体は直感で見破られてしまいがち。
でも作中でのミスディレクションとトリックの絡ませ方は、かなり緻密に書かれている。
多分、一般の読者よりも同業者に人気が高いのは、そこに理由がある。
だいたいタイトルからして、ぬけぬけと読者への挑戦状になっているわけだし。

225 :名無しのオプ:03/07/31 20:58
高木読んだことない人間です。
刺青読んだ人に質問なんだけど、この作品では胴体が持ち去られるんですよね。
今私が書いてる作品ではメル欄という理由で持ち去るんだけど、かぶってますか?

226 :名無しのオプ:03/07/31 20:59
「人形」で変に思ったのは、「天才」神津にヒントを教えた香具師はどうしてそれを
見抜いていたかって説明が皆無なこと。

227 :名無しのオプ:03/07/31 21:02
>>225
聞く前に読め

228 :名無しのオプ:03/07/31 21:04
人形は名作だと思うんだけど、
再読したら、読むに耐えないほどの悪文に辟易した


229 :名無しのオプ:03/07/31 21:09
>>228
能面よりはマシ

230 :名無しのオプ:03/07/31 21:09
>>225
高木にはかぶらないが、シンポ教授とかぶっている

231 :名無しのオプ:03/07/31 21:15
人形は、マネキンが列車に轢かれるという謎が面白い。
トリックも今となっては普通だけど、当時は画期的だったってのは頷ける。
うぶな初心者の頃に読みたかったな。

232 :名無しのオプ:03/07/31 21:17
トリックは面白いが、書き下ろし全集で締め切りに間に合わせるためか
小説としてこなれていない部分が目に付く。「刺青」みたく後年書き直して欲しかったな。

233 :名無しのオプ:03/07/31 21:19
うぶな初心者の頃に読んだ、
「刺青殺人事件」
「能面殺人事件」
「呪縛の家」
「人形はなぜ殺される」

みんな超A級だったなー
これからミステリ読み始める人にはなるべく早く読んで欲しい

234 :名無しのオプ:03/07/31 21:26
>>233
B級も混ざっているがせめてA級くらいにしておけ

235 :名無しのオプ:03/07/31 21:33
>>234
B級って「呪縛の家」?
思い出の中では超A級固定です

236 :名無しのオプ:03/07/31 21:35
>>235
「能面殺人事件」

237 :名無しのオプ:03/07/31 23:42
高木先生、「人形」を発表したらいまいち評判が良くなかったんで、
「人形」と似た雰囲気の「甲冑殺人事件」の発表をやめたんだよね。
生き返って書いてほしい〜〜〜

238 :名無しのオプ:03/07/31 23:47
>>237
ソースきぼんぬ

239 :山崎 渉:03/08/02 01:52
(^^)

240 :237:03/08/02 07:34
>238
前、ミス板のどっかのスレで見たのよ。
どこだったかは思い出せない。すまぬ。

241 :名無しのオプ:03/08/02 11:35
ソースが2chかよ・・・

242 :237:03/08/02 12:30
すまん、ソースちゃんとあった。
ttp://homepage1.nifty.com/kokubyaku/ningyou.htm

243 :無料動画直リン:03/08/02 12:43
http://homepage.mac.com/miku24/

244 :名無しのオプ:03/08/02 16:04
>>220
70歳以上の作家や元編集者は、
だから高木氏のことを「タカギ・ヒンコウ」と呼ぶ
作家名にはルビを振らないことが多かったし、読み方が定まらないことさえあった。
山田風太郎に「フウタロウ」「カゼタロウ」の混在時代があったりね。

>>225
230さんご指摘のように、それはやめた方がいいと思います。
でも、トリックの反復使用に寛容な時代でもあるからなあ。
「このアイデアは確かに先例があるが、京○氏(もしくは島○氏あたり)が
使うことで真に偉大なものになったのだ!」とかね。

245 :名無しのオプ:03/08/02 23:51
俺は中級者くらいの頃、島田の方であのトリックを初めて読んだが
そんなには驚けなかった。
やっぱり初心者のうちに読んどくべきだな。>人形

246 :名無しのオプ:03/08/03 17:11
『人形はなぜ殺される』は、あの有名なトリックなどを念頭に置いて
読み直すと、アレッこんな話だったっけと思うぐらい
ゴテゴテした装飾の後ろにせっかくのアイデアが隠れてしまっている。
そこが『刺青』と違って惜しいところ。

247 ::03/08/10 02:24
うーむ
まだこのスレ残っていたか

248 :名無しのオプ:03/08/10 12:23
このスレのおかげで「刺青殺人事件」という超名作に出会えました。
(前は古典読まない人間だったので)
>1よ、ありがとう。

249 :名無しのオプ:03/08/10 22:25
>>248
アホか

250 :山崎 渉:03/08/15 15:19
    (⌒V⌒)
   │ ^ ^ │<これからも僕を応援して下さいね(^^)。
  ⊂|    |つ
   (_)(_)                      山崎パン

251 :名無しのオプ:03/09/01 12:38
保守あげ

252 :名無しのオプ:03/09/01 14:22
「能面殺人事件」面白かった。

「アクロイド殺し」のトリックをバラし、
「カナリヤ殺人事件」のトリックもバラし、
「グリーン家殺人事件」に至っては犯人とトリックをバラし、
「僧正殺人事件」の犯人までバラしてたけど、

「能面殺人事件」面白かった。

【メール欄】だとは思いもしなかった。

253 :名無しのオプ:03/09/01 19:41
25歳。
去年まで金無し君だったけど、オンラインカジノとパチンコで
二年で350万貯めた。一度やってみなよ。
初回のみだけど、1ドル以上のチップを買えば30ドル(4000円くらい)貰える。
もらうだけもらってプレイせずに換金することもできるし、ルーレットで赤か黒に
思い切って賭けてしまえば50パーセントで二倍になる。
金なきゃオフラインでゲームすればいいだけ。暇つぶしになる。
ビデオポーカーとかスロとか色々あるのでマジでお勧め。
http://www.casinoglamour.com/~14ts/japanese/



254 :名無しのオプ:03/09/02 13:33
随分懐かしいのが貼ってあるな。
まだこんなのやってたのか。

255 :名無しのオプ:03/09/02 22:56
http://book.2ch.net/test/read.cgi/mystery/987048626/433

256 :名無しのオプ:03/09/03 03:00
今日わが一高時代の犯罪を読んだ。
なかなか面白かった。

257 :名無しのオプ:03/09/09 23:18
学生の頃読んでよかった記憶はあるが話忘れた。

これ幸いと思い、
また読んでみるか。

258 :名無しのオプ:03/09/21 07:01
保守

259 :名無しのオプ:03/09/21 16:22
「刺青」のヒントとなった柳原緑風の「謎の人民裁判」が載っている雑誌は?
教えて。

260 :A.M.:03/09/25 21:07
うっかりしてたけど、今日9/25は高木先生の誕生日ですね。
亡くなられたのが1995年。時の経つのは早いものですなあ。

261 :A.M.:03/09/25 21:10
まあ、だからといって何の感慨も沸きませんがね。

262 :A.M.:03/09/25 23:41
>>261のA.M.様。

そうですか。特に感慨も湧かない、とおっしゃる方も
当然いらっしゃいますよね。

神津恭介シリーズを読みふけったことがある私などは
没年を検索してみて「もう没後8年も経ったんだな」と
思ってしまいました。

そうえいば神津恭介も作者と同じ9/25生まれでしたね。

263 :名無しのオプ:03/09/25 23:48
>>260-262
自演?

264 :A.M.:03/09/25 23:58
>>263様。

いえいえ、自作自演じゃないです。>260を書き込んでしばらくして
このスレッド見てみたら>261に別の方の書き込みがありましたので
追加で>262を書き込んだ次第です。

「おお、ドッペルゲンガーってこんな感じか」と思いました(笑)。

265 :名無しのオプ:03/09/26 00:02
高木&神津の誕生日忘れてた……
わたしも没頭しましたよ。神津シリーズ。

266 :名無しのオプ:03/09/26 09:54
今、神津の少年ものの復刻やってる人いるよね。
あれ、おもしろいの?

267 :名無しのオプ:03/09/27 17:01
こんなのも書いていたのかという感じで面白かったが。
つーか、小学生の時にポプラ社の本が好きだった俺には
あの雰囲気はなんとなく懐かしかったよ。

探偵小説として期待するなら×だが。

268 :名無しのオプ:03/09/30 01:57
>>252
俺は能面殺人事件の犯人を藤原宰太郎にバラされたけどな

269 :名無しのオプ:03/09/30 02:00
>>268
俺は能面殺人事件にグリーン家の犯人をバラされたけどな

270 :名無しのオプ:03/09/30 03:12
>>266
骸骨島はかなり面白かった。
新しいのは届いたけど、まだ読んでないや。

過剰に期待しなければ充分に楽しめると思うよ。

271 :名無しのオプ:03/10/01 22:36
>>269
グリーン家は小学生の時に読んでおけ

272 :名無しのオプ:03/10/14 21:49
探偵キャラを豊富に持ってる人でしたね。
シリーズいったい幾つあるんだろう?

過去ログ読むと・・・
「白昼の死角」って、一番メジャーなわりに
案外、話題に上ってないんだね。

私のベストは「帝国の死角」。
高校生の頃、文化祭そっちのけで読んでしまいました。
気が付けば夕方・・。

273 :名無しのオプ:03/10/14 22:21
「帝国の死角」って、今で言うバカミスみたいなところあるよね。
そういう俺は、「呪縛の家」「人形はなぜ殺される」大好きだったが。

274 :名無しのオプ:03/11/04 21:48
≫268
20年ほど前に出てた「名探偵に挑戦」?とかいう子供向けの本。
「人形」のトリックをもろに書いていた、しかも作品名まで載せて。
他の有名な作品もたくさんネタバレされてた気がする。
気になって、古本屋で探してみるけど見つからないなあ。

275 :名無しのオプ:03/11/04 23:18
>>274
初心者?

276 :名無しのオプ:03/11/05 00:27
藤原宰太郎の能面殺人事件のネタバレはおかしいんだが・・・

意外な犯人

アクロイド殺人事件
(省略)
能面殺人事件 (メル欄)

277 :hugin:03/11/05 02:09
なんだか、こうしてみると、藤原宰太郎って至る所で迷惑かけてるな。

278 :名無しのオプ:03/11/05 02:17
自分の書いた推理小説の章題に「グリーン家のアダ」なんて付ける香具師のほうがどうかしてるだろ

279 :名無しのオプ:03/11/05 18:39
>277
俺は山村正夫に迷惑をかけられたよ……

280 :名無しのオプ:03/12/02 00:49
「刺青殺人事件」を読みまスた。
面白かったっス。
次に「人形はなぜ殺される」を読もうと思います。



281 :名無しのオプ:03/12/02 01:04
>>280
ガキは死ねよ

282 :名無しのオプ:03/12/02 01:10
>>280
おもしろいよ。楽しめるといいけど。
自分は「名探偵入門」で迷惑を被った……

283 :名無しのオプ:03/12/02 01:16
「面白かったっス」なんて感想にもなってないな。

284 :名無しのオプ:03/12/02 01:36
>>283
んじゃ君ももっと芸のある煽り方をしなされ

285 :名無しのオプ:03/12/02 01:41
あらあら、煽られたって思っちゃったんだ。かわいいね。

286 :名無しのオプ:03/12/02 13:49
高木先生の「姓名判断」(光文社文庫)持ってるんですが、
これは役に立ちますか?

287 :名無しのオプ:03/12/02 20:13
立たない

288 :名無しのオプ:03/12/23 02:31
こんど「名探偵神津恭介の殺人推理」がDVDで発売されます。
全10巻ということは神津役は近藤正臣+村上弘明なのかな?


289 :名無しのオプ:03/12/23 03:05
>>288
コレクターズアイテムとして欲しいような欲しくないような
迷う。

290 :hugin:03/12/24 21:07
あれは、下飯坂菊馬(だったかな)って脚本家が書いた奴はひどかったからなあ。
例えば、「人形はなぜ殺される」だと、あのメイントリックはなくて、代わりに何故か、
「黄金の刃」で出てきた遠隔殺人トリックが使われた。
どうも下飯坂氏お気に入りらしく、他の作品でもやたら出てきた。
俺としては、このあたりなら欲しい。
「刺青殺人事件」・・・松下警部の描き方が気に入らんが。あと、三輪明宏はいらん。
           なお、作者本人が冒頭に登場。
「神津恭介への挑戦」・・・メインの人間消失トリックはカットされてるが、
             (かなりえぐいからだろう)かなり原作に忠実。

291 :名無しのオプ:04/01/29 12:01
「甲冑殺人事件」って?
たしか「火車と死者」のあとがきに出てたように思うのですが。

292 :名無しのオプ:04/01/29 18:46
高木彬光が長い間構想していて、
神津シリーズの最終作&最高傑作になるはずだったが、
遂に書かれなかった(と思う)幻の名作。
「火車」のあとがきだけじゃなく「人形」では本文中に出てくる。
とりあえず聞く前に検索してみれ。

293 :名無しのオプ:04/01/29 20:19
↑すみません。もう一度「人形」読み返します。

294 :名無しのオプ:04/01/31 01:25
「探偵小説は知的なゲームである」という考えを持っていた坂口安吾は、『不連
続殺人事件』の連載中に当時では珍しい「犯人当て」の懸賞を行なうなど、一風
変わったミステリの「見せ方」を実践しました。
続いて『復員殺人事件』を書きますが、連載中に掲載誌が廃刊に追い込まれた為
中絶してしまい、結局中絶したまま安吾が亡くなってしまいます。
ところが、その後高木彬光の手によって後半が書き加えられ『樹のごときもの歩く』
と題されたそうです。
角川文庫でこのリレー小説を読むことが出来るそうですが現在は品切らしいです。
どなたか読まれた方、いらっしゃいますか?

295 :名無しのオプ:04/01/31 01:36
>>294
復員殺人事件なら読んだが高木彬光の解決編はものすごくつまらない。
どうせなら夫人の証言を参考に安吾の意図した解決に近い形で書き足して欲しかった。

296 :名無しのオプ:04/01/31 15:20
そうでしたか…

297 :hugin:04/02/01 08:04
安吾夫人からその後の展開を聞いたとき、これでは「不連続」に遥かに及ばぬ凡作ではないか、という感想をもったそうなんだけど・・・
安吾夫人の証言ってのは何かに記録されたりしてないんだろうか?


298 :名無しのオプ:04/02/01 11:20
『樹のごときもの歩く』の正体についての証言ならわかっているが、
それだけで凡作と決め付けるのはどうかと思う。結果として高木の
解決編自体が凡作に過ぎないし、伏線がまるで生かされていない。

299 :hugin:04/02/02 21:37
その辺は、本人も「木に竹を接いだような物」と何かに書いてたと思う。

300 :名無しのオプ:04/02/08 04:03
DVD買ったよ
原作神津とは違うが近藤神津は別な意味で(・∀・)イイ!
付属のトランプはしょぼかったがw

301 :名無しのオプ:04/02/08 08:20
半年ブリにミス板のぞいたんだけど

このスレまだあったんだ

しかも、やっと301

うんとね、面白いよ刺青読んでね(はぁと

302 :名無しのオプ:04/02/09 12:05
昨今の小説ドラマ化ラッシュでいうと、「白昼の死角」は連続にもってこいだと
思うんですけど、テーマ的に地味でしょうか?

303 :名無しのオプ:04/02/09 12:11
2004年が舞台になったらまたつまらんことになりそうだが・・・

304 :hugin:04/02/09 21:19
「検事霧島三郎」が、火曜サスペンス劇場でやったとき、コンピュータ制御の自動演奏ピアノをアリバイ作りに使ってるのを観て萎えた覚えがある。
それと、近松検事シリーズが、高橋英樹主演でやったとき、只の腰の低いおっさんとしか描かれてなくてちとがっかりした覚えもある。


305 :名無しのオプ:04/02/13 18:19
小学生の時に読んだ推理ゲーム本で、珍しい死体処理の方法とかってタイトルのコラムで
さりげなくネタバレされてたのを知ったのは大学生になってメール欄を初読した時。

306 :hugin:04/02/13 22:46
藤原宰太郎ですか?

307 :305:04/02/14 09:47
>>306
たぶんそうです。

308 :名無しのオプ:04/02/14 21:58
>>294
『復員殺人事件』は、高木彬光の続編も込みで、ちくま文庫の『坂口安吾全集11』
で読めます。現役だったと思う。
つまんないけどね。


309 :名無しのオプ:04/02/16 10:17
「能面」って、面白い・・・か?
なんか、密室に関するトリックの部分、全くイメージできない。
漏れが馬鹿だ、といわれれば、そのとおりなのだが。
別にこれだけでなくて、(メール欄)も、「はぁ」という感じ
だったし。
自分は別にアンチでも何でもないが、当時は賞取るほど評価さ
れたんですよね。やっぱりすごいの?

310 :名無しのオプ:04/02/16 11:39
品切れせつないなぁ。
角川さん増刷してくんないかなー

311 :名無しのオプ:04/02/16 14:14
>>309
能面の受賞は刺青に授賞できなかった埋め合わせだとよく言われている。
実際のところがどうだったのかは知らないけど。

312 :名無しのオプ:04/02/26 21:02
明日は神津DVDの発売日だな
ヴィナスの棺と血ぬられた薔薇と私は殺されるのドラマだっけか

313 :名無しのオプ:04/03/08 16:20
今月沈みっぱなしなのであげ

314 :名無しのオプ:04/03/10 10:05
本日、ドラマ放映につきあげ。

315 :hugin:04/03/10 20:57
今回のドラマ、タイトル見ても元ネタが良く解らん。
早くもオリジナル路線なんだろうか?

316 :名無しのオプ:04/03/21 04:59
>302
おいらは誘拐や破戒裁判がみたいな。


317 :hugin:04/03/21 10:30
百谷泉一郎シリーズの方が変に作り変えられたりしなさそうではあるな。
霧島三郎シリーズも近松茂道シリーズもイマイチ外してるし。
昔、東海テレビ製作で放映された近松茂道シリーズを観てみたい。

318 :名無しのオプ:04/04/04 22:09
墨野隴人ものの『一、二、三、死』に出てくる宮崎俊子と津島英一って、メール欄でガイシュツのキャラでしたっけ?

319 :名無しのオプ:04/04/05 19:32
宮崎俊子は墨野の友人って設定だったよな。
気になるが、宮崎も津島も出て来なかったと思う。

320 :318:04/04/05 21:54
>>319
ありがとうございます。自分も気にしてチェックしていたんですが
どうしても、それらしいキャラを見つけられなかったんでずっと気になっていたんです。

321 :名無しのオプ:04/04/28 12:29
>>44

2年たってレスつけるのもなんだが、「黒白の囮」は霧島じゃなくて近松じゃなかったっけ?
霧島三郎シリーズの「灰の女」が、私としてはベストかな。「炎の女」の派手さ印象的。

「帝国の死角」の第二部「神々の黄昏」や、墨の籠人シリーズの後半の作品が、この
アブラの乗り切った時期に書かれていたらと思うと惜しくてならない.. 
 

322 :名無しのオプ:04/04/28 22:12
そういや最近読んでないな、このひと
しかも最後に読んだの「ノストラダムス」だしw

323 :名無しのオプ:04/04/29 10:00
>>321

ちょっと調べてみた

1967 炎の女
1967 黒白の囮
1970 灰の女
1971 帝国の死角1
(天皇の密使)
1972 帝国の死角2
(神々の黄昏)

1971 の天皇の密使で力尽きたか....

たしかに、この前後で作品の密度、パワーが変わっているような気がする。
ちなみに、墨野隴人シリーズは「黄金の鍵」が1970 「一、二、三、−死」が1973。


324 :名無しのオプ:04/05/17 06:17 ID:5K8QnCR9
高木のスレってあったんだな。
父の蔵書で見つけた「刺青」のおどろおどろしい雰囲気にはまって、
読みまくった記憶がある。
蛆虫のはいまわるようなのが好きなんよ。


325 :名無しのオプ:04/05/17 21:20 ID:QgqG3ERz
>>321

最近いろいろ読み返しているが、やはりその時代、霧島検事・近松検事のシリーズ
の頃がいちばん本格モノとしても充実度が高いと思う。「人形」なんかを代表作呼ば
わりされたのでは著者も不満だろう。

「炎の女」は「顔のない死体」の大傑作。
「黒白の囮」の犯人の意外さは一級。本格を知り尽くした著者ならではのワザが
飛び出す。
「灰の女」でカーの「皇帝のかぎ煙草入れ」のトリックに挑戦。


326 :hugin:04/05/17 22:37 ID:Dhyrkzo/
>>325
いいですねえ、また久々に読みたくなってきた。

327 :名無しのオプ:04/05/24 20:06 ID:xrmOjEAy
刺青と人形読んで、後は能面か白昼を読めばいいかと思ってたけど
>325の小説も面白そうだな。
ただ古本屋で探す手間が・・・・

328 :hugin:04/05/24 21:14 ID:b8s+dN42
>>327
325氏が挙げた三作品は光文社文庫で出てますよ。

329 :名無しのオプ:04/05/26 20:09 ID:ItsY5pWI
>>328
レスありがとう
新刊書店で買うと値段が高いからさ・・・・
文庫のクセに1000円くらいするのもあるし。

330 :hugin:04/05/26 21:58 ID:2KF5yxy/
いえ、お役に立てれば幸い。

331 :名無しのオプ:04/05/27 01:57 ID:frOL9pdv
百谷弁護士のデビュー作、「人蟻」読了。
B級サスペンスドラマだよ、これ。敵か味方か、シャロック・ホームズを
名乗る謎の人物の正体!? 

次は「黒白の虹」。
リアル厨房の頃、こういう株とか経済絡みのものを敬遠してた。

当時は600円ぐらいのカッパノベルス読んでいたのに、今、100円の
中古の文庫でしか手に入らないというのもなかなか味わい深いな

332 :hugin:04/06/10 03:00 ID:5ZYM2TAv
実に9年ぶりに「炎の女」を再読。
やっぱり、面白いわ、これ。

333 :名無しのオプ:04/06/11 00:02 ID:RwNmNLN4
「天城一の密室犯罪学教程」読んでたら高木の「妖婦の宿」への言及があった。
KTSCでは全員が犯人当てられた、って書いてあったので_| ̄|○
自分は思いきり騙されたんだけど。

334 :hugin:04/06/16 01:59 ID:vRALTrWL
「灰の女」再読。
全体にやるせなさの残る終り方の多い霧島三郎シリーズでも、これが一番やるせない。
でも、読後感は悪くない。


335 :名無しのオプ:04/06/18 15:41 ID:G8d5vCiK
この人が昭和40年代に書いていた
霧島三郎、近松茂道の両シリーズは
新本格推理小説と銘うたれていました。
本格に社会派、サスペンス、ハードボイルドなどの要素をプラスαとして加味したもので
現在の新本格とは、まったくの別物です。
謎解き小説としての部分はともかく
プラスαの部分は、今読むと、古めかしく感じます。
今の若い人には、向いていないと思います

336 :名無しのオプ:04/06/18 17:09 ID:/SbDbZlF
いや、近松検事ものこそ長編短編とも宝の山だと思うんだが
今の新本格が滅んだあとは、こちらの新本格が復活しそうな気がする。

337 :名無しのオプ:04/06/21 09:38 ID:Ah8Y2Cu7
なるほど
近松シリーズの『黒白の囮』は
鮎川哲也ばりの鉄道トリックが出てきて、驚いた記憶があります。
ただ、「読者諸君への挑戦」を挿入していおいて
共犯者を使うのは、いただけないと思います。
共犯者がいれば、どんなトリックでも可能になって
不可能興味も半減してしまいますから。

338 :名無しのオプ:04/06/21 09:48 ID:6re9XC8u
>>337

高木彬光って

「この男とこの女が実はデキてて共犯かー そりゃびつくりしますわ」

というのがほとんどのような...

2時間ドラマ原作向けとしてよくできたプロットが多いと思う。
それを2時間ドラマが(ほとんど?)なかった時代に書いたのが偉い。


339 :名無しのオプ:04/06/21 10:36 ID:Ah8Y2Cu7
>>338
2時間ドラマ向けの作品ではないよ

340 :hugin:04/06/21 21:32 ID:XQ2mEWjv
>>339
同意。
なんというか、消化不良気味な出来といったらいいのか・・・・・
例えば、神津恭介シリーズは、「刺青殺人事件」と「神津恭介への挑戦」以外はほとんど落第。
これは脚本家のせいでもあるけど。
霧島三郎、近松茂道シリーズは完全に現代を舞台にしてるし。
因みに、俺にとっての最駄作は土曜ワイド劇場でやった「大東京四谷怪談」。
個人的には、「破戒裁判」をじっくりと作って俺を泣かせてくれ、といいたいが。

341 :名無しのオプ:04/06/22 10:03 ID:rWNDu1UP
日米合作で「連合艦隊ついに勝つ」を映画化して欲しい。

342 :名無しのオプ:04/06/22 16:27 ID:LcDDWauW
338 です。

長編が2時間の枠に収まらないのは誰の作品だろうと同じなわけで...


作者の資質として「トリックよりプロット」という面が強いんじゃなか、ということを
言いたかったのです。

刺青殺人事件にしても、三すくみをめぐるプロットが面白い。より純度の高い本
格、能面殺人事件がいまいちパッとしない理由もここにあるのではないか。
呪縛の家、人形はなぜ殺される...にしても、おどろおどろしい雰囲気で読ま
せるのであって、トリックで評価するような作品じゃない。

炎の女も読みましたが、「カッチリした本格」「トリック」「論理」というのではなく、
「サスペンス」ですよね。つまりはテレビ的な面白さに通じる。こういうものを昭和
40年代に書いていたことを先駆的として再評価してもいいんじゃないかと思った
のです。



343 :名無しのオプ:04/06/23 00:47 ID:VSKzyeqR
人形と刺青はトリック評価してもいいと思うけどなー。
この2つは雰囲気で読ませるのもあるけど、
それでもトリックは秀逸だと思う。
むしろトリックを生かす為にああいう雰囲気になったのではないかと。

344 :名無しのオプ:04/07/03 01:02 ID:mwweFBa7
安吾の全集読んだら、「刺青殺人事件を評す」てのがあって、
滅茶苦茶酷評されてるんだが、その後「復員」を引き継ぐとは因果ですね。
しかもこのスレで引継ぎ部分もまた酷評されてるし。

345 :名無しのオプ:04/07/03 01:05 ID:XIXwQno1
>>344
「この作家には未来がある」とも書いてるでしょ。毒舌家の安吾の新人に対する
コメントとしては最大級の褒め言葉かと。

346 :hugin:04/07/03 21:14 ID:Oo1ByRt/
手元にある「横溝正史読本」にある坂口安吾の文、「『蝶々殺人事件』について」では、こう書かれてる。

だいたい文筆に未熟のうちは、純文学の場合でも、妙に雰囲気をだしたがるもので、文章がヘタだから、尚さら、ヘキエキさせられる。
しかし、これは熟練によって、次第に非を自得するに至るものだから、決定的な欠点ではない。
文章のヤリクリで雰囲気をだそうとする努力は無用であるから、捨て去るがよい。

かなり、その将来性を期待されてると思う。

347 :名無しのオプ:04/07/08 10:33 ID:FMDS2tDJ
>>338

「検事霧島三郎」読了。

高木彬光のパターン

1)第2の殺人...雑魚な人物が殺される
2)第3の殺人...意外な人物が殺される
3)事件の構図がさぱーり読めない。誰が何のために....
4)この男とこの女が実はデキてて共犯かー そりゃびつくりしますわ


348 :名無しのオプ:04/07/11 06:04 ID:TimOBGAO
出張先でぶらり立ち寄ったブックオフで「白昼の死角」角川文庫版を105円でゲット!
ずっと探していたので嬉しいです。
解説は大内茂男さんによる17ページにおよぶ高木彬光論。これだけでも買う価値あり
そう。

349 :名無しのオプ:04/07/19 07:41 ID:VQrj9bLQ
>>347

347当人です。続けてシリーズ第2、3作の「密告者」「ゼロの蜜月」をどちらも
25年ぶりぐらいに読了。

「密告者」はパターンに近いですね。これはかなりの傑作。

「ゼロの蜜月」は特殊なヒロインを配したせいもあってか、完全にパターンから
外れていました。そして作品の出来もイマイチ。

350 :hugin:04/08/04 22:51 ID:WBv48Lia
今日近松検事ものがやってたけど、ほとんどオリジナルだな。
一応「偽装」が元ネタらしいけど。
あと、四作目にして初めて、「決して冤罪者を出すまい」という決意表明をした気がする。

351 :名無しのオプ:04/09/10 20:38:09 ID:U6n2PSk2
age

352 :名無しのオプ:04/09/12 12:06:09 ID:JkICxhdS
ヤフオクで、高木彬光のジュナイブルが出てるね。


353 :名無しのオプ:04/09/16 12:09:55 ID:WIyu1seK
連合赤軍モノの「神曲地獄篇」って面白いかね?

354 :名無しのオプ:04/09/16 15:23:04 ID:qPqKQuTM
>>353
笠井潔みたいな思想的な厚みがない分、仰々しいタイトルの割に
何となく薄っぺらい。


355 :hugin:04/09/16 21:14:50 ID:dZL+KjZ6
>>353
俺は読んでて胸クソ悪くなった。

先日数年ぶりに「破戒裁判」再読。
久々に泣けました。

356 :名無しのオプ:04/09/18 14:48:37 ID:SuSeyCLz
白昼の死角を買いました。
まだ途中までしか読んでないけど、面白い・・・・。


357 :名無しのオプ:04/09/25 11:47:13 ID:IgQuzTdf
成吉思汗=源義経
オレは信じるね。

358 :名無しのオプ:04/09/25 22:53:03 ID:8Q0XF7UL
漏れは邪馬台国=○○こそ信じている。

359 :名無しのオプ:04/09/28 00:14:50 ID:kJ1Ch+rJ
中絶された地獄の舞姫、一度でもいいから、読んでみたい

360 :名無しのオプ:04/10/07 22:00:17 ID:J7sQeZN5
かなーり前に読んで、話忘れたが
トリックと犯人だけは覚えてる。

最初はいいが、2度読めないな。

361 :名無しのオプ:04/10/14 21:17:29 ID:9J/8db3Q
トリックメーカーだった初期が好き。

362 :名無しのオプ:04/10/15 20:01:13 ID:nELqqw3y
非ユークリッド幾何学で解く神津恭介。天才。

363 :名無しのオプ:04/10/17 09:22:46 ID:fscA4cL8
父親が昔買った文庫を持ってたんで、貰って読んでます。
いまのとこ人形、死を開く扉、刺青、わが一高を読んだんだけど・・・
みんなの言ってる人形のトリックってなに?そんなすごいトリックって出てきてないですよね???
島荘も使った有名なトリックって言っても、全然ピンとこないんですが(御手洗ものは全部読んでます)。
誰か教えて下さい!

364 :hugin:04/10/17 21:27:24 ID:oAT39oAu
今日TVで近松検事ものが再放送してたので観てたんだが、原作「目撃者」と出て、ハテ・・・・・?
調べたら、神津ものの短編だった・・・・・

365 :名無しのオプ:04/10/19 10:49:19 ID:89/wUiul
>>363 メ欄のこと じゃない? 

漏れは誠文堂新光社の「子供の科学」で事前にネタバラシされてたんで
トリックの衝撃度についての評価ができないんけど。

366 :名無しのオプ:04/10/19 11:28:19 ID:/1h3rfAD
>365
それのことか。
それがそんな有名なトリックって知りませんでした。
島荘がそのトリックを使ったのは、多分御手洗シリーズじゃないんですね。
御手洗しか読んでないからわかりませんでした。
教えてくれてありがとう。


367 :名無しのオプ:04/10/28 08:55:01 ID:C+/C7PdH
「人形」読んで「そんなすごいトリックって出てきてない」なんて
言われたら弱っちゃうな。

368 :名無しのオプ:04/11/02 17:49:08 ID:Mw34Mljx
俺は学研あたりからシリーズで出ていた「名探偵は見た!」か何かで
奇妙な死体の隠し方でネタバレされたんだよな。


369 :名無しのオプ:04/11/06 20:52:27 ID:JgBjqtPv
788 :名無しのオプ :04/11/05 20:58:06 ID:JMkjQ4IP
高木彬光のおすすめを教えてください!
人形はなぜ殺される、刺青殺人事件、以外でお願いします

789 :名無しのオプ :04/11/05 21:12:49 ID:fMBNujBI
>788
神津ものなら「わが一高時代の犯罪」
ノスタルジーにひたれる。
意外と文章上手いな、と思った。

ほか、百谷弁護士ものの「破戒裁判」
熱いぜ。百谷夫婦もいい味。

ミステリじゃないけど「占い人生論」
高木のルーツが明かされる。

790 :名無しのオプ :04/11/05 22:14:58 ID:eKwsb+RC
>788
ベタすぎて書くのが躊躇われるが「能面殺人事件」「呪縛の家」の密室もの2冊。
あとは「帝国の死角」とか。
巨大な罠を張っているが最近の読者にとっては大したことないかも。
「一高」の香気はいいなあ。

370 :名無しのオプ:04/11/06 20:53:08 ID:JgBjqtPv
791 :名無しのオプ :04/11/05 23:06:50 ID:6WyJIebL
>788
 短編にもいいものがあるよ!「妖婦の宿」、「影なき女」、「鼠の贄」、「原始病患者」あたりは必読。ただ新刊書店では入手しづらいのでブック○フなど中古本屋を回ることが必要。日本史が好きなら「ジンギスカンの秘密」、「邪馬台国の秘密」も読んでおいたほうが良いよ。

792 :名無しのオプ :04/11/05 23:38:54 ID:NMEHddcK
>791の補足。
妖婦の宿、影なき女はそのまま文庫のタイトルになっている。
鼠の贄はわが一高時代の犯罪、原始病患者は死美人劇場に収録
全て角川文庫なので。
(光文社文庫版わが一高時代の犯罪に鼠〜は入っていない)
こちらに詳しく載っています
ttp://homepage1.nifty.com/kokubyaku/takagisakuin.htm

793 :名無しのオプ :04/11/06 01:27:49 ID:7fWGH2qj
結構出たね。上がっている以外だとピカレスクの「白昼の死角」。実在の事件をモデルにしてとんでもない結末へ持っていった「誘拐」。
晩年の幻想ミステリ「大東京四谷怪談」が好きだ。

371 :名無しのオプ:04/11/06 20:54:33 ID:JgBjqtPv
794 :名無しのオプ :04/11/06 01:31:29 ID:zhJt/4Mb
>791-792
白雪姫、影なき女、鼠の贄、原子病患者、妖婦の宿の5篇は、この本で読めるぞ。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4594034039/qid=1099672145/sr=1-4/ref=sr_1_10_4/249-0623947-1226767


372 :名無しのオプ:04/11/07 06:27:36 ID:fLKTFowT
age

373 :名無しのオプ:04/11/07 07:14:51 ID:TovjKN2t
>>366
ちなみにメ欄

374 :名無しのオプ:04/11/07 20:17:17 ID:QvzKiYTc
797 :名無しのオプ :04/11/06 20:58:24 ID:aOdrB/M2
>788
『悪霊の群』
ぜひ読め、絶対読め! 図書館か古書店を這いつくばって探してでも読め!!!

798 :名無しのオプ :04/11/06 21:36:56 ID:QIS8FW50
能面、呪縛の家は他作品のネタバレがあるんだよなぁ

799 :名無しのオプ :04/11/06 21:39:01 ID:QXt3b56f
>797
『悪霊の群』は、まだ新刊で手に入るんじゃないか?


375 :板ルール変更議論中@自治スレ:04/11/13 20:13:00 ID:Q/EtjhC2
有栖川有栖が『密室大図鑑』で

『刺青殺人事件』の密室トリックが分かっても、ふーんとしか思えなかった

と書いてましたね

ちなみに有栖川は別の本では、『人形はなぜ殺される』が高木の代表作だと書いてました

376 :板ルール変更議論中@自治スレ:04/11/15 01:48:38 ID:CVME+IJK
高木の作品で絶対に読まなけりゃならないのは「誘拐」だな。
一気読みしてほしい。これは。

377 :板ルール変更議論中@自治スレ:04/11/15 11:44:22 ID:G2Gt952F
神津恭介モノで絶対に読まなきゃならないのは「妖婦の宿」でつね。

378 :板ルール変更議論中@自治スレ:04/11/15 20:24:06 ID:A0VMvy+J
>>377
いきなりそれから読むのはどうかと……。

379 :板ルール変更議論中@自治スレ:04/11/15 22:24:19 ID:PprW+Sp0
>>378
この短編でぶっとんだスレで紹介され気になり、結果初めての高木作品が妖婦の宿だった私の立場は・・・_| ̄|○

380 :名無しのオプ :04/11/15 22:28:48 ID:PprW+Sp0
ageてしまいました。スマソ

381 :板ルール変更議論中@自治スレ:04/11/16 11:08:39 ID:+07PxvNQ
気にすんな。むしろ上げよう。
「誘拐」はすごいね。あんな話になるとは思いもよらなかった。

382 :hugin:04/11/16 21:30:58 ID:7k8olWRE
「私は殺される」を読み、続いて「これが法律だ」を読むってのはどうだろう?
前者でほっとして、後者で奈落の底へ・・・・・

383 :名無しのオプ :04/11/16 21:44:09 ID:FhgVbLcz
どちらも「邪教の神」収録ですね・・・探して読んでみます

384 :板ルール変更議論中@自治スレ:04/11/16 22:00:34 ID:GkPicBVb
別の意味で神津物の初めに読まない方がいいのは
「わが一高時代の犯罪」と「輓歌」のセットかな。
なじんでからの方がいいのでは。

>>382「破戒裁判」も入れて

385 :名無しのオプ :04/11/17 20:23:07 ID:+C1m3aeE
高木彬光の復刊特集貼っておきますね。
ttp://www.fukkan.com/group/?no=1461
ジュブナイルものも随分書いていたようで・・・

386 :板ルール変更議論中@自治スレ:04/11/19 20:11:50 ID:iHwzWRBY
神津もののジュブナイルは個人で復刊してる人がいるよ。
興味ある人はなくなる前に買っておいたら?

387 :板ルール変更議論中@自治スレ:04/11/19 22:12:38 ID:59ksbubx
「血ぬられた薔薇」(角川文庫・死美人劇場収録)の一人二役トリックが
よく分からんのだが・・・。

388 :板ルール変更議論中@自治スレ:04/11/27 20:38:37 ID:ddZB51Bd
むかしの土ワイのドラマ『刺青殺人事件』
過去レスではあまり評判良くないみたいだけど、
漏れ再放送で観たけど(・∀・)イイ!!と思いましたよ。
確かに細かい部分はハショッてるから原作のダイジェスト版という感じは否めないし
犯人が分かるのも唐突でアンフェアな感じはしたけど、
ストーリーはほぼ原作どおりだったと思うし、
何よりも全体の雰囲気が良かったですね。
やはりむかしのドラマは(・∀・)イイ!!ですね。

389 :hugin:04/11/28 08:27:19 ID:DIKKjLX2
>>388
あれは神津恭介が原作よりもクールに描かれてていいと思いますよ。
その後のシリーズの、周りに女侍らせてやに下がってる神津恭介なんて神津恭介じゃないでしょう。
まあ、不満もあって。
・松下英一郎課長の人物描写に原作のような器の大きさが感じられない。
・美輪明宏でしゃばりすぎ。


390 :板ルール変更議論中@自治スレ:04/11/28 17:43:24 ID:AkUNG4mj
>>389
>・美輪明宏でしゃばりすぎ。

カルーセル麻紀ではなかったですか?


391 :hugin:04/11/28 18:47:22 ID:DIKKjLX2
>>390
確認しました、そちらの指摘のとおりでした。
どうも申し訳ないです。


392 :板ルール変更議論中@自治スレ:04/11/29 18:56:48 ID:EJCWH3aI
DVDで出ているから近藤版の神津恭介は最近になって、やっと全部見ることができたけど。
「刺青」だけは出来がいいと思うよ。
ちゃんと物語も消化しているし。
あの路線で続けてくれれば、天地茂の明智みたいなシリーズになったかもしれない。
まあ、現実は、その後はダメなわけだが。
脚本家が違うせいかなあ。

393 :板ルール変更議論中@自治スレ:04/11/30 15:34:53 ID:1lddl6YE
今神津恭助もの全部読もうと思ったらどこの出版社で読んだがいいですか?
角川文庫はブックオフによく落ちてるけど、神津ものはあんまりないんですよ。
光文社版は、品切れなのかよく分からないし・・。

394 :板ルール変更議論中@自治スレ:04/12/01 22:43:13 ID:iyQ7qpkZ
「仮面よさらば」

そんなんありかよ!?とマジに思った。

395 :板ルール変更議論中@自治スレ:04/12/02 06:00:20 ID:EcsZyb0d
>393
ブクオフだったら光文社文庫よりは角川の方が出回っている気もするけど。
扉の解説を読まないとどれが神津だか分からないのは面倒だが。
光文社文庫にあって、角川文庫にない作品があるからそれだけは光文社で
探してみるといい。
あとは日下版の「刺青」、出版芸術社の平成3部作、ジュブナイルかな。

他に何かあったっけ。教えてエロい人


396 :板ルール変更議論中@自治スレ:04/12/02 07:02:19 ID:aBknW+uo
>>394
「黄金の鍵」から数年で一気に完成してたら墨野シリーズの評価も大いに違ってた
だろうと思う...作者にとっても読者にとっても本当に残念なことだった



397 :板ルール変更議論中@自治スレ:04/12/02 07:06:30 ID:aBknW+uo
>>395

平成3部作は作者も探偵も同姓同名の別人だから外してくれ!!


398 :板ルール変更議論中@自治スレ:04/12/02 10:54:29 ID:5r53wxHL
ありがとです。ブクオフで探して来ます。平成三部作は誰が書いたんですか?
七福神殺人事件も違う人が書いたらしいですね。

399 :板ルール変更議論中@自治スレ:04/12/02 12:40:06 ID:nBJogQHU
いや、書いたのは本人なのだが、出来が…。

400 :板ルール変更議論中@自治スレ:04/12/02 14:26:54 ID:aBknW+uo
>>395
出版芸術社といえば、「悪霊の群」(山田風太郎との合作)にも神津恭介、出てるよ。

401 :板ルール変更議論中@自治スレ:04/12/02 15:36:32 ID:mCgvCpti
>>395
ハルキ文庫のが探せばまだ新刊であるかも。
他に初稿刺青殺人事件ってのもあったな。
あれはちょっと違うか?

402 :板ルール変更議論中@自治スレ:04/12/02 20:37:53 ID:GRBGAaI4
初稿は改稿される前のバージョンで内容が微妙に違う。
文章は改稿版より読みやすいかもしれない。
ついてる解説はひどいけどなー。
出版社にだったらまだ注文できるんじゃないか?

墨野シリーズは光文社で揃えるのがいいと思うけど、
ブクオフには出回りにくいのか?
再版の噂もあるけどどうなんだろう。

403 :板ルール変更議論中@自治スレ:04/12/02 22:10:42 ID:LcryakVp
出版芸術社といえば、「白薔薇殺人事件」というのもあった。
香山、山田、島田等との合作で、神津恭介がトリを取っている。
これがまぁ見事に、神津のいいとこ取りなんだよな

ハルキ文庫の「刺青」の解説もかなりいい加減だよ。


404 :板ルール変更議論中@自治スレ:04/12/03 00:26:33 ID:BwYIeq8s
解説はやっぱり角川文庫のがいいと思うけどどうか。
そういや、そろそろ没後10周年だけど何かないのかね。

>399
あれはおおまかなアイデアだけ出して書いたのも別人という噂。
だいたいあの頃はもう筆も持てなかったんじゃなかろうか。

405 :ネタバレスレ議論&投票中@ローカルルールスレ:05/02/03 00:28:12 ID:t1SSzbqS
高木先生の歴史伝奇もの(「ロンドン塔の判官」とか「ボルジア家の毒薬」など)が好きなんだけど、めったに賛同者がいなくて……。
現代ものの推理小説よりノリがいいような気がするんだが。

406 :ネタバレスレ議論&投票中@ローカルルールスレ:05/02/05 09:04:30 ID:bvgAyk+n
>>405
漏れも本格推理より伝奇小説により向いていた人だと思う。
「帝国の死角」でも第1部のほうが第2部の100倍ぐらい面白い。





407 :名無し物書き@推敲中?::05/02/07 22:34:15 ID:4STMBzBb
po

408 :ネタバレスレ議論&投票中@ローカルルールスレ:05/02/07 23:18:19 ID:Qy+xu0BN
今年の大河「義経」だから「成吉思汗の謎」も付き合いで読んどけ。
結論で「うーん…」となるかも知らんが、節々に勉強になる箇所もある!

409 :名無しのオプ :05/02/07 23:29:20 ID:Qm/AdoA6
歴史に浪漫を求める人にお薦め。>>成吉思汗の謎
でも、そうあってほしいと一時期切に思った・゚・(つД`)・゚・
あんな最期あんまりすぎる・・・

410 :hugin:05/02/08 23:27:40 ID:dEbi2/tP
糸井重里、「黄金の鍵」読んでれば良かったのに、と思ったことがありました・・・・・。

411 :ネタバレスレ議論&投票中@ローカルルールスレ:05/02/09 14:29:33 ID:ibEXJCyJ
>>410
殺人事件より歴史の謎解きのほうが面白かった記憶があるな。

412 :sage:05/02/09 17:33:21 ID:kh6CgRyI
このスレ読んでいて、
「妊婦の宿」が面白いというので読もうと思って、
アマゾンで探してもないと思ったら、
「妖婦の宿」だった……

413 :名無し物書き@推敲中?::05/02/21 12:03:13 ID:pnKc1zTt
d

414 :変更投票開始@ローカルルールスレ:05/03/09 09:10:14 ID:/kTpQ9Yx
4月から光文社文庫で
高木作品のコレクションの刊行が始まるそうです。

415 :変更投票開始@ローカルルールスレ:05/03/09 10:17:07 ID:shA8KDCc
 *     +    巛 ヽ
            〒 !   +    。     +    。     *     。
      +    。  |  |
   *     +   / /   イヤッッホォォォオオォオウ!
       ∧_∧ / /
      (´∀` / / +    。     +    。   *     。
      ,-     f
      / ュヘ    | *     +    。     +   。 +
     〈_} )   |
        /    ! +    。     +    +     *
       ./  ,ヘ  |
 ガタン ||| j  / |  | |||
――――――――――――

416 :変更投票開始@ローカルルールスレ:05/03/09 12:00:24 ID:6hqnakcS
>>414
詳しく

417 :変更投票開始@ローカルルールスレ:05/03/09 16:10:39 ID:iyXPT94J
コレクション、4月は「成吉思汗〜」
これ以降のラインアップは知らない(スマソ)

平成3部作が文庫化!なんてないだろうな(戦々恐々)

418 :変更投票開始@ローカルルールスレ:05/03/09 20:54:15 ID:RGbMOpOG
某所の新刊案内では(新装版)と銘打ってあるだけですね orz
結局土屋隆夫なんかと同じなんでしょうね。

419 :変更投票開始@ローカルルールスレ:05/03/10 02:14:56 ID:WYzSg4Tx
光文社このパターン多いよね。んで、ものすごい速さで絶版になったりするから・・。

420 :吾輩は名無しである:2005/03/25(金) 12:43:16 ID:ney7J5lk
4

421 :名無しのオプ:2005/03/25(金) 14:25:37 ID:VW/vIQod
すみのろーじん5部作も復刊するの?
神津FCの誰かが解説やるのだろうか?

422 :名無しのオプ :2005/04/06(水) 23:35:52 ID:Yjqk9yIY
tr

423 :名無しのオプ:2005/04/13(水) 18:15:01 ID:Z8kvX6Cc
コレクション買ってきた。
内容は、本編と本編関係のエッセイと短編のロンドン塔の判官。
で、巻末エッセイが島田荘司で解題が山前譲。
これからのラインナップは
白昼の死角
誘拐
刺青殺人事件
ゼロの蜜月
能面殺人事件
破戒裁判
黒白の囮
邪馬台国の秘密

隔月刊行。たぶんこの順番で出版される。

424 :名無しのオプ:2005/04/13(水) 18:32:12 ID:TEcyJt2t
光文社の復刊シリーズは短篇やエッセイがオマケでついているのがいいね。
「白昼の死角」は厚すぎて何にも付かないだろうけど。

425 :名無しのオプ:2005/04/14(木) 09:36:53 ID:tDGcesGn
「ゼロの密月」って、霧島三郎シリーズの中じゃ駄作じゃない
かと思うんだが...

426 :名無しのオプ:2005/04/14(木) 09:57:09 ID:idoyhR1T
「破戒裁判」、「誘拐」の前に「人蟻」を読むべき。

427 :名無しのオプ:2005/04/15(金) 12:12:35 ID:tB/5ReZ1
百谷夫妻の出会いを知っておくべきということかもしれないが、
「人蟻」はB級サスペンス作品だからなぁ....

428 :名無しのオプ:2005/04/21(木) 00:43:30 ID:CviSUSpe
東京の片隅のワンルームで成吉思汗を読んでいる自分。
ロスの自宅のプールサイドで読んでいた島田とのなんという違いだ。

429 :名無しのオプ:2005/04/21(木) 12:17:16 ID:Nu4PDIWU
それだけ収入の違いがあっても一冊の小説を読み始めて読み終わるまではほぼ同じレベルの体験ができることを喜べ

430 :吾輩は名無しである:2005/04/25(月) 13:25:30 ID:qx8crTvj
i

431 :吾輩は名無しである:2005/05/15(日) 11:50:21 ID:zssQui6+
t

432 :名無しのオプ:2005/05/31(火) 23:52:45 ID:ag5F4qLb



433 :吾輩は名無しである:2005/06/20(月) 14:29:31 ID:RVcWYsCt
o

434 :名無しのオプ:2005/06/20(月) 17:21:33 ID:jVF7VhLs
とりあえず「邪馬台国の秘密」新装版が出るのが、ありがたい。

435 :名無しのオプ:2005/06/22(水) 07:10:41 ID:pO+ClKBF
amazon のレビューを書き殴っている某、何者。

436 :名無しのオプ:2005/06/23(木) 03:09:21 ID:FdtRLuzz
「誘拐」「妖婦の宿」「ジンギス・カンの秘密」「仮面よ、さらば」あたりは、
超スペシャル級のミステリとして、今でも傑作扱いされてて問題ないと思うけど、
どこか主役になれない作家だよね。神津のキャラも弱いし…。
特にすごいトリックが出て来るわけでもない金田一耕助シリーズの方が人気があるのは
やっぱり人柄なのかな。個人的には金田一の方がやっぱ好き。けど、衝撃を受けたのは
「仮面〜」に「誘拐」、あと「妖婦の〜」。今でも鳥肌立つくらいに好きな作品です。

437 :名無しのオプ:2005/06/23(木) 12:28:57 ID:Bm+5oxDZ
キャラが弱いから、土曜ワイド劇場の殺人推理シリーズでは
手品やったり、占いやったり、妹役がコロコロ代わったりしたのかな?

438 :吾輩は名無しである:2005/07/14(木) 15:32:40 ID:wPWZ9jmS
l

439 :名無しのオプ:2005/07/14(木) 15:55:26 ID:jOfv3xvz
>>436
「仮面よ、さらば」って超スペシャル級の駄作でしょう。
特にずっと高木作品を追ってきた読者にとってはギャフンな出来。
まあ、著者の当時の体調等を思えば惻隠の情も沸いてくるが。

440 :名無しのオプ:2005/07/14(木) 19:37:47 ID:2QV/iljU
「仮面よ、さらば」って、代筆作品だよね?

441 :名無しのオプ:2005/07/14(木) 21:08:52 ID:1cm89rFz
違うに一票

442 :名無しのオプ:2005/07/14(木) 22:01:23 ID:B/liDteD
仮面よさらばまでは本人。
書く機会がなかっただけで最初からシリーズの結末は決まっていたらしい。
代筆なのは平成三部作だよ。

443 :名無しのオプ:2005/07/16(土) 07:13:50 ID:MMNx9evf
この人の文章読み難くないですか?

444 :名無しのオプ:2005/07/16(土) 08:03:07 ID:bR0Psmd9
>>443
読みにくいよ、ド下手だもん。特に初期は。
ある意味、昭和のメフィスト系。

445 :名無しのオプ:2005/07/18(月) 18:01:38 ID:J4m9dVlL
最近ブクオフや古書店で角川の茶背をすっかり見かけなくなった気がする

446 :名無しのオプ:2005/07/18(月) 23:08:37 ID:1uVfjJeD
読みにくいかなあ。むしろ内容とフィットしていていいと思う。

とにかくこの人の場合、かなり大技なトリックとか無理めの趣向とか
ギュウギュウに詰め込むんでそこが好き。
短編の「影なき女」なんて、あれだけのプロットを短編の枚数に収めるんだから
強引といえば強引。癖のない文体では書けないんじゃないかね。

447 :名無しのオプ:2005/07/20(水) 07:03:37 ID:8yiZvMua
今の作家だったら10倍くらいに薄めて書いてるだろうな。
勿論、ただの原稿料稼ぎである。

448 :名無しのオプ:2005/07/20(水) 23:42:29 ID:YhAv8XvD
いろいろ読んでみた結果、日本のミステリ作家で一番面白いのは
高木彬光ではないかという気がしてきた。
とにかく大仕掛けなのがいい。
文体のせいもあって誤解されがちだが、実はものすごく小説作りがうまい。
今こそ読まれるべき作家と思う。
ところが新刊書店はもちろん、ブックオフでも見かけないんだよ、近頃は(泣)。

449 :名無しのオプ:2005/07/23(土) 22:41:36 ID:QF33K7Qb
今は光文社で高木没後10年てことで、
文庫を2ヶ月に一度刊行中だからこれは絶対に買っておけ。
あとはこまめに古本屋か図書館だ。
文庫はいっている図書館はけっこう残っているぞ。

450 :名無しのオプ:2005/07/26(火) 15:40:50 ID:6JBBDmrA
>>424
「白昼の死角」には「公使館の幽霊」と「幽霊西へ行く」を
カップリングしたらどうか。

あと>>423のラインナップには「人形はなぜ殺される」が入ってないね。
二階堂黎人の解説がつくと聞いたが。

451 :名無しのオプ:2005/07/29(金) 16:38:09 ID:h9t2yrQI
最初に挟まれてたチラシには
 成吉思汗の秘密
 白昼の死角
 誘拐
 刺青殺人事件
 ゼロの蜜月
 能面殺人事件
 人形はなぜ殺される
 破壊裁判
 黒白の囮
 邪馬台国の秘密
となっていたので入るんじゃないの。
全10巻のはずだし。

452 :名無しのオプ:2005/07/29(金) 18:12:14 ID:jXMHu3aB
8月は白昼の死角らしいね
人形と刺青はいつだろ

453 :名無しのオプ:2005/07/30(土) 21:22:49 ID:YIuTzJy2
ていうか、CSで白昼の死角やるよ

[初][新]高木彬光 白昼の死角#1<出演>渡瀬恒彦 山本圭 岸部四郎 小倉一郎 浜木綿子
チャンネル: 71ch : ファミリー劇場
放送日時: 8月20日(土) 19:00-20:00

主題歌は映画と同じダウンタウンブギウギバンドの「欲望の街」

454 :名無しのオプ:2005/08/07(日) 11:31:51 ID:wgVDlKTy
「邪馬台国の秘密」
最初に出した後、解釈ミスが見つかって、改稿新版を出したけど、
改稿に至った経緯をまとめた副読本のようなものが出てたと思うんだが(昔図書館で見た記憶が)
今回の文庫新装版に、併録してくれんもんだろうか? 文量的に無理かな?

455 :名無しのオプ:2005/08/07(日) 16:13:13 ID:p/7WLYSc
あれも新書版1冊分あったような気がするから
本文と合わせて収録は無理ジャマイカ?

456 :名無しのオプ:2005/08/08(月) 13:47:32 ID:fKuHPqnE
次の10月は『刺青殺人事件』らしい。
神津ものの初期短編と自伝エッセイは扶桑社文庫の『初稿・刺青殺人事件』に
入ったから、今度にはどんなボーナストラックがつくか楽しみだね。

457 :名無しのオプ:2005/08/08(月) 15:25:59 ID:fKuHPqnE
>>94
遅レスだが、仲が悪いというより、あれは怒って当然だろう。
むしろ、あれをうやむやにしてすませた方が問題。
高木氏本人はほんとに納得してたのかな。

458 :名無しのオプ:2005/08/09(火) 22:33:01 ID:PVexXNrZ
氏の郷里青森の近代文学館で開催中の高木彬光展に行ってきました。

459 :名無しのオプ:2005/08/09(火) 22:33:39 ID:iBGasHL0
レポート希望

460 :名無しのオプ:2005/08/09(火) 23:36:00 ID:PVexXNrZ
生原稿、単行本、「宝石」その他掲載雑誌(「MEN」もあった)、乱歩・横溝・鮎川から高木への直筆手紙などなど、
まあ想像の範囲内の展示内容ではありましたが、入場無料でもあり、何より藁半紙に書かれた「刺青」の初稿を拝めた
のが感動でした。
青森の友人のところに遊びに行ったついでに足を運んだのですが、会場までの交通の便が悪いせいもあってか、閲覧中
に展示室にいたのは自分だけ……思わず色々撮影してしまいました(本当は禁止行為です)。

461 :名無しのオプ:2005/08/10(水) 02:40:42 ID:RFgVvgLR
>>460
>思わず色々撮影してしまいました

そう書いたってことは当然うpの準備は出来てるってことですよね?

462 :名無し物書き@推敲中?:2005/09/07(水) 13:35:21 ID:lLPDcH+V
呪い

463 :名無しのオプ:2005/09/07(水) 13:40:32 ID:o6tumktn
>何より藁半紙に書かれた「刺青」の初稿
ウラヤマシス
すげー見たい

464 :名無しのオプ:2005/09/07(水) 14:09:28 ID:08IojcKy
初稿というよりゼロ稿になるのかな。
藁半紙に書いたものを原稿用紙に清書して出版されたのが、
いわゆる「初稿」で、その段階でかなり内容が変わったらしいから。


465 :名無しのオプ:2005/09/14(水) 01:30:32 ID:fqcojYGJ
光文社文庫・高木彬光コレクションの『刺青殺人事件』は
何と未発表の神津モノが併録されるってんだが、そんなもんあったの?

466 :名無しのオプ:2005/09/16(金) 18:08:45 ID:8XtBU3ii
何だろう?
「闇に開く窓」か?

467 :名無しのオプ:2005/09/17(土) 10:35:44 ID:xl1WuvC/
新装版の白昼の死角、ページめくるだけでポロポロ剥がれてくるが俺だけ?

468 :名無しのオプ:2005/09/17(土) 13:39:39 ID:UmWGXl6D
>>466
だとしたら、かなりの大事件じゃないか?
「妖婦の宿」の冒頭でタイトルだけ出て来る奴のはずだが・・・
ていうか、あの作品って実在してたのか。

469 :名無しのオプ:2005/09/17(土) 13:42:11 ID:kaWEx7E4
今から読もうと思っているところにジャストなスレをハケーン
人形はなぜ殺される、と、23歳の赤ん坊は面白いのか?

470 :名無しのオプ:2005/09/17(土) 18:46:14 ID:whDZ2H1r
未完で終わった題名忘れたけど
ストリッパーが殺されるやつとか?

471 :名無しのオプ:2005/09/17(土) 20:02:14 ID:1TY9omR4
オイラは「甲冑殺人事件」をキボンヌ

472 :名無しのオプ:2005/10/05(水) 20:49:29 ID:r3cmEo6Q
悪魔の口笛キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!!!!

473 :名無しのオプ:2005/10/06(木) 09:25:02 ID:Hm2S+PRW
古本屋で探して読んでるんだけど、
出来のいいのと悪いのがかなり入り混じってるな、この人。
自分としては初期の作品はあんまりたいしたことないのが多いと思う。
好きなのは神津もの以外が多いかな。
「誘拐」「破戒裁判」「白昼の死角」あたりはかなり好き。
神津ものでは「わが一高時代の犯罪」がいい。
古きよき時代の青春の香りがたまらん。

長い間探してた「刺青殺人事件」がやっと新刊で読める。正直嬉しい。

474 :名無しのオプ:2005/10/06(木) 19:26:09 ID:iFLWC8F1
俺が一番面白く感じたのは、能面殺人事件だな。
あまり評判良くないようだがw

475 :名無しのオプ:2005/10/13(木) 05:39:36 ID:JOahBn6L
復刊age

476 :名無しのオプ:2005/10/13(木) 15:49:54 ID:8dkmn4Js
やっぱり併録は「闇に開く窓」だったな。

477 :名無しのオプ:2005/10/13(木) 17:12:54 ID:sHyeK8fl
やっぱりって……これって凄いことだろ。
「妖婦の宿」に題名のみ記されてて、架空の作品だと思われていたものが、
何と横溝正史の遺品から発見。だけど閲覧と筆写しか許されなかったのものが、
活字化されて読めるようになったんだからさ。

478 :名無しのオプ:2005/10/13(木) 18:49:42 ID:rXxiFLg8
すごいことなんだけど。
他の所でゼロ稿が収録とか騒がれてたからさ。

479 :名無しのオプ:2005/10/13(木) 22:33:11 ID:62hfU/hk
>>478
他の所ってどこですか?

480 :名無しのオプ:2005/10/14(金) 20:10:03 ID:2P7jwCHx
じゃ、同じく「大鴉」の
原稿もあるのかな?ノン・
シリーズ短編「大鴉」は神津
が語っていたものとは別らしいし。
横溝の遺品から見つかったということは
横溝が高木氏への悪意で
闇に葬ろうとして自分が懐に
おさめた、ということかな。
横溝は「刺青殺人事件」の
トリックについて
「自分が考えたものを高木君に
先をこされた」と負け惜しみ言ってたし、
高木氏への嫉妬があった可能性は高い。

481 :名無しのオプ:2005/10/14(金) 20:55:18 ID:tHuuZ74Q
>>480
>原稿もあるのかな?ノン・
>シリーズ短編「大鴉」は神津
お前、“ノン・シリーズ”をそんな風に改行するなよ。
一瞬「何を叩いてるんだ?」と思ったろうが。

482 :名無しのオプ:2005/10/15(土) 07:11:54 ID:eGk6G+kT
>>480
そりゃないだろう。
乱歩のおかげでデビューした高木彬光だが、
実際には横溝とより親しく付き合っていた模様。
「闇に開く窓」は横溝がどこかの雑誌に紹介するためにあずかったもので
それをそう言われちゃかわいそうだ。

483 :名無しのオプ:2005/10/24(月) 15:16:29 ID:+oOBW00J
この人一高の理乙から京大らしいけど何で東大行かなかったんだろう?

484 :名無しのオプ:2005/10/24(月) 20:00:01 ID:57sOh0wF
あんま言いたくないが
「ジンギスカンの秘密」は所詮はトンデモ作品だと思うよ。

485 :名無しのオプ:2005/10/24(月) 22:15:40 ID:Ozqt5UVU
>483
昔も今も進学校じゃ
東大入れる学力あるのに
京大受ける変わり者が学年に数名いるんだよ

486 :名無しのオプ:2005/11/04(金) 02:02:19 ID:W9CMWHUV
このスレの>>153の質問、誰か答えられる人いるでしょうか?

487 :名無しのオプ:2005/11/06(日) 21:41:36 ID:TVgdNE5S
高木彬光って、「作家は編集者に何をやってもいいんだ!」と豪語していて、
気に入らないことがあれば編集者にビールぶっかけたりしてたらしいね。
それ知って、なんか読むのがいやになっちゃったわ…

それはともかく短編のおすすめを教えてください。

488 :名無しのオプ:2005/11/07(月) 01:32:04 ID:m6GeTkzD
「白雪姫」を読んだのですが、
母屋と離れと神社と道路の位置関係が全くわからず、
雪密室のトリックが理解できませんでした。
僕の読解力が足りないのでしょうか。

489 :名無しのオプ:2005/11/07(月) 09:17:58 ID:AceRsZ3y
>>487
いやなら読まなきゃいいのに。

490 :名無しのオプ:2005/11/07(月) 20:16:41 ID:cllLQYHv
気が短くて性格悪そうだよね。
「刺青殺人事件」を出版社に持ち込んで断られてら逆ギレしたみたいだし、
乱歩からの連絡が遅かったときも奥さんに八つ当たりしたみたいだし…
あと社会派の何かの作品が自信満々で、
“これを越える作品が書けるものなら書いてみろ!”と豪語してたみたいだしね。

491 :名無しのオプ:2005/11/08(火) 00:40:19 ID:TPbuSXy/
島荘が「また神津の新作を書いてください」と言ったら、
「キミかいてよ」と投げやりに言ったらしいし。

492 :名無しのオプ:2005/11/08(火) 17:21:11 ID:ByjOK2/T
>>486
>>153の指摘の通り、放置プレイで終了です。高木作品には他にもいっぱいあるよ。

493 :486:2005/11/09(水) 04:32:18 ID:sFTFK6qA
>>492
そうですか……。評価の高い作品の割に、
ずいぶんいい加減なところがあるな、と思っていたのです。
大トリックを使っていても、こういう粗を見てしまうと、
やはり『刺青』の方が完成度が高いな、と思ってしまいます。


494 :名無しのオプ:2005/11/16(水) 21:29:33 ID:4ufCkiiO
でも『刺青』は、有栖川有栖が「密室大図鑑」のなかで全然褒めてなかったよ。

495 :名無しのオプ:2005/11/16(水) 21:47:54 ID:uhNWBFNd
まあ密室トリックとしては、それほど大したものではないので・・・

496 :名無しのオプ:2005/11/21(月) 20:42:27 ID:wIxQw3g3
>>484「ジンギスカンの秘密」は糞だな確かに

「古代天皇の秘密」は古代史に興味があった頃に読んで面白かった

497 :名無しのオプ:2005/11/22(火) 15:31:27 ID:r/ozmNpA
>>496
「トンデモ作品」と「糞」は違う。

498 :名無しのオプ:2005/11/23(水) 16:26:53 ID:BA1Q9QFG
ジンギスカンはどこを楽しめと言うのか正直分からん
冒頭の松下とのやりとりは微笑ましいが
あ、それと神津の悲恋は見所といえば言える

499 :名無しのオプ:2005/11/23(水) 16:51:01 ID:h4611JCP
あれをとことん楽しめれば島田荘司になれるのに

500 :名無しのオプ:2005/11/23(水) 17:34:54 ID:h7vs69/r
ジンキスカンの秘密、かなりおもしろかったけど。
どこがおもしろくないのか分からん。

501 :名無しのオプ:2005/11/23(水) 21:16:47 ID:BA1Q9QFG
単なる民間伝承の紹介じゃん
資料当たると言っても偽書だし

502 :名無しのオプ:2005/11/24(木) 22:04:31 ID:TFnJ6GXw
まあ楽しめないのもわからんではないが
ノンフィクションではないんだから
楽しみ方のポイントは違うものになるな。

無理して楽しむ必要はないが面白いところは結構ある。

503 :名無しのオプ:2005/11/28(月) 14:27:12 ID:sT/brlBc
ただ「ないという証拠もない」という反論はちょっと…

504 :名無しのオプ:2005/11/28(月) 23:25:05 ID:jt9axOlP
刺青は再読三読に耐えうる名作だけど
能面はアレだったな

初読は目茶目茶面白くて興奮したが、5年後に読んだら
とてもじゃないが、いい大人が読めるような代物じゃなかった

505 :名無しのオプ:2005/11/30(水) 16:05:03 ID:GnRtV7a/
『成吉思汗』をわざわざハードカバーで再刊する意味がわからん。
ttp://www.honya-town.co.jp/hst/HTNewpub?genre=1&week=0

506 :名無しのオプ:2005/11/30(水) 18:05:19 ID:Gc5vRXga
初刊本の復刻じゃないの? 「点と線」もそうだけど、光文社が出したミステリのベストセラーということで。

507 :名無しのオプ:2005/12/02(金) 01:31:15 ID:KC2FOxfC
光文社創業60周年記念出版です。
ttp://www.kobunsha.com/book/HTML/4-334-95011-6.html

508 :名無しのオプ:2005/12/02(金) 13:00:42 ID:AmgDtnvq
こないだ放送した『トリック』のスペシャル版見て
『能面殺人事件』を懐かしく思い出した。
最晩年の『神津恭介の復活』とかって面白いんかな。

509 :名無しのオプ:2005/12/02(金) 19:42:49 ID:SOnjXd7K
代作だから

510 :名無しのオプ:2005/12/04(日) 06:30:36 ID:mj7zi0JF
二階堂黎人氏の日記より
>「ポプラポケット文庫」の高木彬光作品第2弾は、『吸血魔』。2月刊行らしい。
>ただし、改題される予定――実は、解説を書くことになった。

うーん、光文社文庫に入ったやつか。確かに面白かったから単体で刊行されるのはめでたいが
もっと読めない作品を出してほしかった。第三巻に期待。

511 :名無しのオプ:2005/12/04(日) 21:17:37 ID:hcnP64pt
五冊くらい出る予定だっけ?
「吸血魔」の次は「死神博士」と「白蝋の鬼」なんだろうなあ…
「覆面紳士」と「黒衣の魔女」を読んでみたい。

512 :名無しのオプ:2005/12/04(日) 23:02:53 ID:/D7IckKS
何年も古本屋で探しても「帝国の死角」の上巻だけ見つからなくて
読んでないんですが、この小説の評価はどのような感じですか?

513 :名無しのオプ:2005/12/05(月) 01:16:43 ID:+anCmpTR
>>511
ポブラ社に電話して聞いたら、ポプラ社で出した本を順次収録していくと言われた。
そうすると、「悪魔の口笛」「吸血魔」「白蝋の鬼」の3冊だけだから、「白蝋の鬼」の
前作「死神博士」も一緒に入る可能性はあるかも。

他はほとんど偕成社だから、今後のラインナップは予想がつかないなあ。
オレは「覆面紳士」と「妖鬼の塔」を出して欲しい。

514 :名無しのオプ:2005/12/05(月) 21:43:34 ID:XjH9NYwF
>>512
「帝国の死角」は、好みにもよるだろうけど、高木彬光の長編ベスト10には入るのでは。評論家の大内茂男はベスト3に挙げてましたね。
アマゾンとか楽天フリマとかに出てますが、ネット買いは駄目ですか?

>>513
おお、サンクスというかGJ!
しかし、何十年も前に出た本なのに、自社刊行物にこだわる意味がわからんです。岩波文庫とかの復刻じゃあるまいに。

515 :名無しのオプ:2005/12/09(金) 23:16:54 ID:5JeBA3W0
>>505
ルビが「こうづ」だね。

516 :名無しのオプ:2005/12/21(水) 19:27:16 ID:KXObS/lg
ハートブレイクドール、めっちゃ欲しい。

517 :名無しのオプ:2005/12/21(水) 23:10:11 ID:ncvEteaA
>>516
それは何のことですか?

518 :名無しのオプ:2005/12/22(木) 20:09:03 ID:tZQ4swu7
失恋の妙薬。
コニーアイランドあたりの露店で販売されている。

519 :草間 滴:2005/12/28(水) 00:28:34 ID:cYN+1Hfv
 『破戒裁判』読了しました。
 最初取っつき辛いと思っていたのが、公判が始まってからは一気呵成。高木先生の文章は平易で読み易いです。
 中盤で明かされる秘密には驚かされました。なぜ(メール欄)で気付けないおいら・・・。
 島田荘司先生に近い雰囲気でしょうか。そういえば本作も『秋好事件』も、被告が事件の一部は犯行を認めている点が同じですね。

520 :名無しのオプ:2005/12/28(水) 15:46:53 ID:nKXc7MLi
>>519
高木彬光は、島田荘司が影響を受け、師匠と慕う人物です。

521 :名無しのオプ:2006/01/03(火) 22:48:36 ID:prKT+fZJ
タモリ・たけし・さんま=明智・金田一
ビートきよし=神津恭介

522 :名無しのオプ:2006/01/03(火) 23:19:24 ID:b1KZADPA
「心理の密室」に吃驚呆然したあの頃w

523 :名無しのオプ:2006/01/29(日) 10:37:22 ID:Jviqmd+L
hosyu


524 :名無しのオプ:2006/01/29(日) 12:48:21 ID:hd/x3ABM
「白妖鬼」でガックリきた、あの夏・・・・

525 :名無しのオプ:2006/01/29(日) 19:23:02 ID:+5qrIVmI
”連合艦隊ついに勝つ”を忘れてもらっては困る、いや、困らない。食べる
ためには何でも書く。

526 :名無しのオプ:2006/01/30(月) 20:51:30 ID:4+WD7eIH
>>525
この前読んだよ。タイトルに偽りありだな。勝たないじゃん、連合艦隊…。

527 :名無しのオプ:2006/02/03(金) 23:48:01 ID:ZPZnwtO5
高木彬光が占い師に「長い作品を書くように」すすめられて、「刺青…」を書いた、と書いてる本って何だっけ?

528 :名無しのオプ:2006/02/04(土) 07:45:20 ID:ZyUWKdEm
>>527
「ノストラダムス大予言の秘密」

529 :名無しのオプ:2006/02/10(金) 22:53:46 ID:NQA6KzNo
「能面殺人事件」売ってるな。

530 :名無しのオプ:2006/02/11(土) 00:33:04 ID:1lrV8I76
隔月刊行だから、次は4月に「人形はなぜ殺される」が出るのか。

531 :名無しのオプ:2006/02/23(木) 12:24:20 ID:KG3UPK5C
人形は〜を読もうと思ってんだけど、中々見つかんないorz

532 :名無しのオプ:2006/02/23(木) 18:42:46 ID:T1KTXuPI
4月あたりに出ると思う

533 :名無しのオプ:2006/02/23(木) 20:08:26 ID:JMBcGF3/
うちの近くの古本屋は何故かいついってもこの人の本が大量にある。
全国どこでもこんな感じなのか?

534 :名無しのオプ:2006/02/23(木) 21:08:57 ID:X4KakXyX
>>533
黄土色の角川文庫でしょ

535 :hugin:2006/03/09(木) 21:10:54 ID:EjT7Q9uP
昨夜の近松検事のドラマ、「弾道の迷路」が原作かと思ったら、「拳銃魔」。
霧島三郎シリーズの短編だった。

536 :名無しのオプ:2006/03/17(金) 00:09:43 ID:i7ZKmHo7
4月に出る「人形〜」、決定版らしいぞ
ま、レイト情報だから怪しいから確認するまでは信じられんがw

537 : ◆DzA/EvD1Dg :2006/03/17(金) 10:14:21 ID:yU50nhd9
決定版って何だ?

538 :名無しのオプ:2006/03/18(土) 21:28:34 ID:PltLErlc
シーズン始まってすぐ出るのが開幕版で
終わった後に出るのが決定版。
決定版がでると中古の開幕版は安くなるよ。
サクセスやる分には大差ないので中古なら開幕版がオススメ。

539 :名無しのオプ:2006/03/19(日) 01:15:19 ID:Gr+9UD79
それはパワプロだろw

540 :名無しのオプ:2006/03/23(木) 18:04:25 ID:dOlDIiSL
これ読んでみたいと思っているのですけど、
読む前に最低限の知識としてこれは読んでおけ、みたいな本はありますか?
例えば、有栖川読むなら国名シリーズをざっと読んでおいた方が…みたいな

541 :名無しのオプ:2006/03/23(木) 21:48:45 ID:zb1BI4Qa
>>540
これといわれてもなあ
タイトルを書いてくれないと、なんともいえないっす

542 :名無しのオプ:2006/03/23(木) 21:49:31 ID:MG7GzWdU
>>540
スレのタイトルになってる刺青殺人事件のことと思われ

543 :名無しのオプ:2006/03/23(木) 21:50:56 ID:MG7GzWdU
アンカーミスったorz
>>541ね。

544 :名無しのオプ:2006/03/24(金) 10:08:53 ID:E8D/cQL5
むしろこのスレでそれ以外に何があるというのか

545 :名無しのオプ:2006/03/26(日) 20:02:42 ID:KSy83Svb
養父の宿をwktkしながら読んだが
つまらんつまらんぞっ
がっかりでした

546 :名無しのオプ:2006/03/27(月) 16:33:17 ID:SQv+q0ca
タイトルが「白」で始まる過密物は全部ダメね。再読して確認でけた。

547 :名無しのオプ:2006/03/30(木) 10:07:24 ID:BH+/angO
神津物は復活後にハズレが多いと思う。

548 :名無しのオプ:2006/03/31(金) 11:19:34 ID:cjqKtIys
>>540
なーんも予備知識とか関係ないからサッサと読むべし。
まあ、一口で説明できるような一発ネタではないから
ネタバレされる危険は少ないけどさ。

>>546
んなもん白雪姫と白妖鬼と白魔の歌だけと違うの。
あと白薔薇殺人事件とか。
白妖鬼については認めますけど。

549 :名無しのオプ:2006/03/32(土) 12:10:55 ID:WLGF0Dko
>546
「白」で始まるよりも、某新聞が出てくるとアレなんだよ。
>548があげてくれたものも含まれるし、平成3部作もあるし…

550 :名無しのオプ:2006/04/02(日) 16:09:11 ID:vKG8FAtH
東洋新聞社か。「悪魔の嘲笑」「女か虎か」確かに出来は悪いな。
あと短編。(真鍋記者は山田風太郎の「花売娘」にまで登場)

551 :名無しのオプ:2006/04/02(日) 16:48:41 ID:3MBheM5c
風太郎に「花売娘」なんて短篇あったっけ?

552 :名無しのオプ:2006/04/03(月) 16:04:32 ID:R8LAhhDN
指摘ありがとう。「跫音」か「目撃者」のどちらかだと思う。確認してみる。

553 :名無しのオプ:2006/04/08(土) 16:07:47 ID:SWX/P4rr
「目撃者」だった。「奇想ミステリ集」にはいってる。


554 :名無しのオプ:2006/04/11(火) 23:10:40 ID:WLLdvZeO
「密告者」なかなか面白かった。
「ゼロの蜜月」よりこっちを復刊させるべきなのでは?と思った。

555 :名無しのオプ:2006/04/12(水) 17:23:41 ID:tHEaLC4t
発売日ですね
ageないけど

556 :名無しのオプ:2006/04/12(水) 23:20:12 ID:DWXBUog5
買ったよ
「罪なき罪人」「蛇の環」も収録されてた。

557 :名無しのオプ:2006/05/04(木) 14:50:52 ID:szp8bV5Q
あげ

558 :名無しのオプ:2006/05/04(木) 15:44:35 ID:Y3OUqiUQ
いまさらだが・・・神津恭介のドラマ化してほしい。
神津恭介は真田広之がいいなぁ〜

559 :名無しのオプ:2006/05/04(木) 16:49:25 ID:S2XIkRGA
彬光ってロジカルな印象がないんだよな
物語作家としては彬光は評価出来るんだけど

560 :名無しのオプ:2006/05/04(木) 17:20:31 ID:YRPy8uGx
じゃああっちは神津慶次朗スレってことでw(ウッソーン)

>>559
そうだね。
だから初期の彬光ってカーっぽいでしょ。横溝は全然カーじゃないよね。
いわゆる新本格の一部作品群が初期彬光と風合いが近いっていうのは同意。
文章の拙さも含めて似てる。

561 :名無しのオプ:2006/05/04(木) 17:35:35 ID:B5Jo2/Lz
確かに文章は拙いな。横溝との差は文章力にある気がする。

562 :名無しのオプ:2006/05/04(木) 20:33:53 ID:Y3OUqiUQ
今のミステリーと比べるのは酷だよ。
あの当時、乱歩の猟奇的な物=探偵小説のイメージの中にあって
高木彬光はわりとロジックな作品だったとおもうよ。確かに読ませる
という点では乱歩や横溝には力不足は否めないけど今のミステリーに
多大な影響を与えてる点は賞賛するべきだよ。 

563 :名無しのオプ:2006/05/05(金) 01:09:19 ID:30SeXu8S
でも能面はキツい。

564 :名無しのオプ:2006/05/05(金) 14:41:09 ID:z+UCYpEJ
『人形』以外の作品で、カーっぽさは感じないんだよな
神津物って出来のいいホームズ物ぽさは感じるんだけど

565 :名無しのオプ:2006/05/06(土) 00:09:47 ID:DcHhWB8x
カーよりはヴァン・ダインの影響がでかい気がする
とくに初期

566 :名無しのオプ:2006/05/06(土) 15:56:00 ID:yTxGTUbh
たしかに。「刺青」なんて顕著だよね

567 :名無しのオプ:2006/05/11(木) 23:27:45 ID:roGRX/Dn
昨年、親の持ってた「黒白の囮」を読んで(角川文庫か)、高木先生にはまりました。
光文社版は読みやすいけど、
古本屋で昔の文庫を買いまくってます。安いしw

神津恭介がきゃら的には一番好きだが、
話的には、経済事件がらみのものが好きだ。

568 :名無しのオプ:2006/05/13(土) 21:52:38 ID:HwjCG0OI
光文社のって結構手が入っている。それも言葉狩り系
(三国人→アジア人)
古本屋で角川文庫探しているんだけど、だんだん見かけなく
なってきた。

569 :名無しのオプ:2006/05/16(火) 21:42:52 ID:l0gFjjXi
光文社文庫の後半はイヤに背焼けしやすかった。
今の彬光コレクションや「追われる刑事」(もう絶版かよ)みたいなカバーだと焼けにくくていいんだけど。

570 :名無しのオプ:2006/05/30(火) 23:34:13 ID:LeMwsp1Y
「火車と死者」を読んだが、酷い出来だな…

571 :名無しのオプ:2006/05/31(水) 03:07:52 ID:rWPvEIyW
推理小説読み始めた頃に「刺青」「能面」「人形はなぜ〜」を読んで悶絶したもんだ

「刺青」の心○の密室に吃驚し、「能面」のドンデン返しから真犯人の流れにwktkし
「人形」の○○病院から聴こえてくる、あの歌の場面の凄絶なまでの陰惨さに粟立つ思いをした

高木彬光と言えば神津、神津と言えば天才の図式が刷り込まれた

572 :名無しのオプ:2006/06/08(木) 10:31:32 ID:SXslFYDC
>>571
幸せでうらやましい。
私は流行モノの新本格なんか読む以前に出会いたかった。
今読んでも、印象が強く残る作品が高木彬光には多い。

573 :名無しのオプ:2006/06/11(日) 00:07:50 ID:t3/AEv0i
今更ながら「誘拐」読了。
犯人割り出しプロセスに驚いた。
あのテの手法を使ったミステリーって他にあるの?

574 :名無しのオプ:2006/06/11(日) 08:02:23 ID:WclSMkV7
どなたか、ご存知の方は、いらっしゃいませんか?

1975年ごろに、少年誌(たぶん、週刊少年サンデー)に、
マジシャンが主人公で、精神病院に入っている女の人が
てるてる坊主の首をハサミで切るシーンがあるマンガが
連載されていたような記憶があります。
(マンガ家は、たしか聖日出夫だったと思います)

のちに「人形」を読んだときに、設定がそっくりなので
原作ものだと思っていたのですが、最近になり、もう一
度読んでみたくなり、ネットで調べてみたけれど、全然
ヒットしません。

ですから、自分の記憶違いの可能性が大ですが、もしも
ご存知の方がいらっしゃったら、と思って、書き込んで
みました。


575 :名無しのオプ:2006/06/17(土) 18:35:25 ID:kvkUPCB1
「人形は殺される」読んだ
今ではメル欄1があるけど、あんな単純に間違えるかなぁ
犯人はわかったんだけどメル欄2はわからんかった

576 :名無しのオプ:2006/06/18(日) 10:10:08 ID:ZUIuZxip
>>575
その為に事前から芝居を打っていたから、捜査陣に先入観があったつう設定なんだよ。
それに、この当時はまだ費用が高くて一般的な鑑定じゃなかったんじゃないか?
操作技術も日進月歩。

577 :名無しのオプ:2006/06/28(水) 21:26:15 ID:xJPo7Vma
今「白昼の死角」のモデルになった事件やってるね。

578 :名無しのオプ:2006/07/05(水) 16:43:55 ID:g5FGNWLG
「人形はなぜ殺される」を読んだんですが、質問させて下さい。
第三幕の冒頭で触れられているメル欄って何のことだったんでしょうか?

579 :名無しのオプ:2006/07/05(水) 19:57:48 ID:owyq1kRA
刺青読み終わったけど、直ぐに人形〜を読んでもいいよね?

580 :名無しのオプ:2006/07/06(木) 03:35:51 ID:wpRIMR4u
age

581 :名無しのオプ:2006/07/12(水) 21:54:34 ID:fgg3+TDa
わが一高時代の犯罪ってどこにも売ってない
神奈川で売ってる古本屋あったらおしえてください

582 :名無しのオプ:2006/07/12(水) 21:59:10 ID:eoTgzNqj
アマゾンで200円で売ってる。

583 :名無しのオプ:2006/07/13(木) 12:51:38 ID:U1EJW9OX
即レスありがと
さっそく買ってくる

584 :名無しのオプ:2006/07/13(木) 15:12:49 ID:Q/fzy6rK
「この文庫がすごい! 2006年版」で刺青殺人事件が18位に入ってた

585 :名無しのオプ:2006/07/13(木) 15:56:51 ID:bFgW+CjK
>>574
遅レスだけど、漫画系板のあのタイトルなんだっけみたいな感じのスレに
書いたほうが情報得られると思う。あっちの方は古い作品でも
驚くほど早く的確なレスポンスが貰えることがあるよ。

>>578
その件については作品内で放置されてると過去レスにあった気がする。

>>579
おk


人形で自分がちょっと不思議だったのは、列車の停止時間が妙に短いこと。
俺の乗る通勤列車なら、線路に物が置かれていたで一時間、人身なら3時間くらい
ダイヤが乱れる。昔はあんなもんだったのか。

586 :578:2006/07/13(木) 22:13:54 ID:iK5k4v2U
>>585
そうですか
なんかちょっと粗いところがありますよね、この作品

587 :名無しのオプ:2006/08/11(金) 01:13:23 ID:NKSUd82l
高木スレはいいかげんこのスレタイ変えてほしいなw
個人的に一番好きなのは「誘拐」。これ傑作中の傑作なのに意外に皆読んでなかったりするんだよな
墨野シリーズは昔このスレのどっかのレスにネタバレがあったけど今はあぼ〜んされてるのかな
今から読む人は要注意な

588 :名無しのオプ:2006/08/11(金) 23:57:00 ID:gb9olgAD
「誘拐」は確かに面白い。
ブックガイドなんかにはあんまり取り上げられてないけど、名作だよね。
他の高木作品で俺のお気に入りは「白昼の死角」「破戒裁判」あたり。
神津恭介は、子供の頃読んだミステリ入門みたいな本で
「明智・金田一と並ぶ日本の三大名探偵」なんて取り上げられ方してたもんだから、期待してたんだけど、
実物に接してみたらあんまりたいしたことなかった感じ。
「刺青殺人事件」は面白かったが。
今月文庫で出た「黒白の囮」はどんなもんかな…

589 :名無しのオプ:2006/08/12(土) 01:08:55 ID:nTC0Nnsw
>>588
というか神津作品より「誘拐」の方が面白いw
神津恭介はやっぱキャラが地味だったのがなあ・・・ 金田一は防御率低い探偵とか言われるけど
あの出来の悪さに惹かれるし、明智小五郎は頭良いのか悪いのかしょっちゅう設定変わったりだけどインパクトは強いし
いや、神津恭介大好きなんだけどね 「妖婦の宿」 辺りは高木作品ベスト3に入るかと

590 :名無しのオプ:2006/08/12(土) 21:53:50 ID:/IevdL5j
墨野シリーズ最終巻「仮面よさらば」だけど

何で墨野はあんなに性格悪くなったんだ?
最終巻だけ異様なまでの性格の悪さに驚いた
高木に何かあったとしか思えんw

591 :名無しのオプ:2006/08/12(土) 22:21:43 ID:BX3a837a
>>590
七福神といい、晩年はいい加減な作品が多いな

592 :名無しのオプ:2006/08/16(水) 13:34:45 ID:LHbYT9Ev
神津シリーズと間違って仮面よさらばを買ってしまったんですが、墨野シリーズは全然読んだ事がないんで読まない方がいいでしょうか?よろしければ順番を教えて下さい

593 :名無しのオプ:2006/08/16(水) 21:50:23 ID:xZrzNXZ+
悪いこと言わないから、「仮面よさらば」は最後にしておけ。
墨野シリーズは順場に読むこと。それが大事だ。

594 :名無しのオプ:2006/08/16(水) 23:38:04 ID:LHbYT9Ev
>>593
ありがとうございます、1作目から順番に読みます

595 :名無しのオプ:2006/08/16(水) 23:40:13 ID:VcIeIabu
いわゆる「平成三部作」って代作確定なんですか?
代作だとすると実作者は誰なのでしょうか?

596 :名無しのオプ:2006/08/17(木) 05:37:03 ID:PsedgC2G
>594
ごめん、順番を忘れていた。
「黄金の鍵」、「一、二、三、-死」、「大東京四谷怪談」、「現代夜討曽我」、「仮面よ、さらば」
「現代夜討曽我」だけ、角川文庫ではない。ここで出てくる話題が次の「仮面」につながるから
今なら光文社文庫で探してくれ


597 :名無しのオプ:2006/08/17(木) 09:38:56 ID:YYZOZ7oE
「黄金の鍵」だけ読んでいない俺がいた
まあ、読んでいなくても不都合はなかったけど

598 :名無しのオプ:2006/08/17(木) 19:25:43 ID:L5m47EO7
大東京四谷怪談→仮面よ、さらば でも何とか読めないこともないけど
このシリーズだけは全てちゃんと読まなきゃ駄目

>>595
ミス板的にもミスヲタの間でも確定してるけど公式には謎のまま?
しかも読む価値ないほどの駄作だし

599 :名無しのオプ:2006/08/17(木) 23:15:57 ID:f1nCpF2E
え、噂レベルでは代作者の正体は確定しているの?
聞いたことないんだけど。

代作であるという噂が確定しているというだけ?

600 :名無しのオプ:2006/08/18(金) 00:35:25 ID:HIWgJTTu
あの時島荘が本当に代作を決意していれば・・・。

601 :名無しのオプ:2006/08/18(金) 05:36:26 ID:/Jkd6n8s
ダメダメなのは十分承知しているが、あのトリック使ってもっと若いころに
書いてもらえたら、どんな風になっていたのかは楽しみだ。

602 :名無しのオプ:2006/09/01(金) 17:59:49 ID:KTX/rAhd
>>589に刺激されて、図書館から借りて「妖婦の宿」読んだ。
うん、これはいいね。
犯人当てとしてはかなりレベルが高いんではないかと思う。見事にだまされた。
作中で起こる事件そのものはあんまりたいしたことはないんで、ちょっと小粒な印象があるけどね。
「痴人の宴」も探して読んでみるかな。

603 :589:2006/09/02(土) 19:29:26 ID:7jR3oHDR
>>602
喜んでもらえて嬉しいです
タイトルが地味だから読み落とされること多いからね
「原子病患者」なんかも短編だと面白いかな 色んな意味で
高木作品を読み漁ってたのはかなり昔だからあまり覚えてないが


604 :名無しのオプ:2006/09/22(金) 21:43:16 ID:86vDdTfh
581です。
アマゾン(通販)は怖くて利用できず、神保町の古本屋で「わが一高時代の犯罪」ゲットしました。
おもしろかったのでage

605 :名無しのオプ:2006/09/22(金) 22:16:00 ID:DxFkXTD4
昨日も今日も都内のブクオフ105円コーナーで見たけど。。。<一高
まめに回ってるとブクオフだけで角川文庫のは7割くらいはそろうよ。

606 :名無しのオプ:2006/09/22(金) 22:32:40 ID:86vDdTfh
うそ〜……神奈川のブクオフにはなかったよ!472円も払ってしまった……

わが一高時代の犯罪は高木作品には珍しく人物の感情や時代背景がメインなんですね。なんか感動しちゃった。

607 :名無しのオプ:2006/09/23(土) 18:51:53 ID:uQYu4M7W
わが一高時代はなかなか面白いけど姉妹作品的な輓歌はorzな出来だよね、、、orz

608 :名無しのオプ:2006/09/25(月) 09:39:28 ID:QENHWRmE
誘拐は面白いよね。

どれだったかは忘れたけど、
平成3部作のうちの一つ作品での死体処理法は、
この作品よりだいぶ前「ゴルゴ13」に出てきましたよね。
既出ならスマソ

609 :名無しのオプ:2006/11/01(水) 09:20:16 ID:dvsj3KNU
>>607
すごいいまさらですが角川文庫なので『輓歌』は載ってませんでした……
と思ったらブコフに春樹文庫の一高キター!
さっそく買って読んでみました。個人的には嫌いじゃないけど……トリックは……orz
まあトリックに関しては一高も似たようなものですが。

新装版不連続殺人事件にも解説載ってましたね。

610 :名無しのオプ:2006/11/18(土) 18:53:54 ID:+au41sVL
age

611 :名無しのオプ:2006/11/19(日) 00:22:27 ID:Mc3r27G3
>>608
読んでないんでわからないんですが、メル欄でしょうか?

612 :名無しのオプ:2006/12/08(金) 22:48:23 ID:ntf7BiER
白昼の死角に出てくる詐欺がほとんど理解できない。

613 :名無しのオプ:2006/12/25(月) 22:48:24 ID:4aC13BP5
手形を知らなきゃ理解は出来ないだろうな

614 :名無しのオプ:2006/12/31(日) 18:11:39 ID:W8A+t34U
誘拐age

615 :名無しのオプ:2007/01/10(水) 12:35:07 ID:PIUr3Pwz
誘拐age

616 :無名草子さん :2007/01/10(水) 16:58:17 ID:DaLa7uhJ
わ、高木先生のスレなんてあるんだ!
高校生の頃ハマって随分読みました。

ところで、
「帝国の死角」って
このスレ的には
どういう評価なんですか?


617 :無名草子さん :2007/01/10(水) 17:06:19 ID:DaLa7uhJ
横溝(怪奇派)&清張(社会派)の両御大は
今でも超メジャーなのに
彬光センセがイマイチ、マイナーなのは、
怪奇&社会&歴史と
オールラウンドプレイヤーだったからだろーか?

横溝と同じく春樹が70年代に復活させた大御所のわりに
最近の知名度劣化が激しくて悲しいんですけど・・・。

618 :名無しのオプ:2007/01/10(水) 18:59:08 ID:HTHRRrEz
性格が災いしたんだろ
常識的に考えて

619 :名無しのオプ:2007/01/11(木) 02:57:53 ID:26i0zdbL
日本だとあらゆるジャンルをそつなくこなした人より、一つのものに集中した人を上に置く風潮があるからね…。

620 :名無しのオプ:2007/01/11(木) 21:17:31 ID:etnudxw7
人形はなぜ殺される二回目読んでんだけどこれすげーおもしろい。
このひとの作品で好きなのは人形はなぜ殺されるとわが一高時代の犯罪かな〜。皆さんは?
ちなみに、神津ものとハスキル人しか読んでないのですがほかにオススメってありますか?

621 :名無しのオプ:2007/01/12(金) 01:44:38 ID:Yeja2QP1
帝国の死角は裏ベストだと思うよ〜

622 :名無しのオプ:2007/01/12(金) 15:52:51 ID:HcLUGXVO
>>617
単に映像化に恵まれたかどうかの違いでしょう。
あと新本格の読者が企業とかの現実的背景を毛嫌いしてることも大きいかも。
>>620
近松検事シリーズは、本格としてめちゃくちゃ面白い。
とりあえず長編「黒白の囮」、短編「情熱なき犯罪」がベスト。

623 :名無しのオプ:2007/01/12(金) 22:57:51 ID:gUgCJKEK
「ハスキル人」「連合艦隊ついに勝つ」「成吉思汗の秘密」が好きだ。

624 :名無しのオプ:2007/01/12(金) 23:10:02 ID:jlAoJVRH
所詮毛内有之助

625 :名無しのオプ:2007/01/13(土) 03:50:18 ID:8G8J2Y1o
有名どころで評価も高いはずの刺青と能面が今読むとどうにもいまいちだからねえ。
この人の場合は、もちょっと後の作品の方がずっといい。

626 :無名草子さん:2007/01/15(月) 18:13:44 ID:26giVKAs
神津が出てくる作品は
正直言って、あまり面白いとは思えない。

「前煽り」で期待させるわりには・・・○○○○
という印象のが多いんだよな。

「わが一高時代〜」だけは、マシだったけど

627 :名無しのオプ:2007/01/20(土) 11:27:26 ID:dvg0FJEe
高木君のベストセラーは『邪馬台国の秘密』じゃ

628 :名無しのオプ:2007/01/20(土) 14:10:39 ID:XJTrW3Vj
>>620です。
>>621-627さん方ありがとうございます。挙げられたものを読んでみようと思います。
でも帝国の死角がどこにもおいてない
(′;ω;`)
絶版でしょうか?

629 :名無しのオプ:2007/01/20(土) 16:31:47 ID:mqZgUS4f
高木作品で現役なのって、光文社文庫の高木彬光コレクションと、
出版芸術社と、昭和ミステリ秘宝の「初稿刺青」だけでは?

630 :名無しのオプ:2007/01/20(土) 21:54:52 ID:XDSxIUgm
>>629
東洋書院ってところから「樹のごときもの歩く」が出ている。坂口安吾の中絶作「復員殺人事件」
を書き継いだやつ。高木先生の似てねー文体模写が見所ですか。

631 :名無しのオプ:2007/01/20(土) 22:47:27 ID:LzKp2PRU
「破戒裁判」は読むべき?

632 :名無しのオプ:2007/01/21(日) 04:24:01 ID:ah0W0loP
>>631
もちろん!
百谷弁護士シリーズでは、これと「誘拐」を何が何でも読んでね。
(あ、別にネタバレとか関係ないから。単にこの2作が突出してるってこと)

633 :名無しのオプ:2007/01/21(日) 12:35:50 ID:ZJhfSSPK
>>632
( ・∀・)サンクス 2作とも読んでみるよ。

634 :名無しのオプ:2007/01/23(火) 00:35:01 ID:MBb0JqL2
「都会の狼」っての。
貞女→毒婦の田舎芝居みたいな変わり身が
馬鹿馬鹿しくて笑えるので好きだった。
勿論名作じゃないけど

635 :名無しのオプ:2007/01/29(月) 03:35:06 ID:G29Z7UQw
>>630
亀だが、東洋書院って易や占いの方の出版社なんだね。
しかし何故「樹のごときもの歩く」を出したんだろう?
ちくま文庫の安吾全集はまだ絶版じゃないと思ったが…。

636 :名無しのオプ:2007/01/29(月) 11:09:38 ID:wrRTqGsD
>>635
ちくま文庫版安吾全集は品切れの巻が出始めているよ。


637 :名無しのオプ:2007/01/30(火) 02:15:08 ID:cemFIYCt
そろそろマナカナで刺青殺人事件映像化

638 :名無しのオプ:2007/01/30(火) 02:51:43 ID:wFDwj4Mu
いやいやFLIP FLAPで

639 :名無しのオプ:2007/01/30(火) 08:09:05 ID:NNmewLDD
『呪縛の家』面白かった〜
叙述的に賛否両論かもしれないけど、久々にやられました♪
満足です

640 :名無しのオプ:2007/02/02(金) 22:06:28 ID:0nNG+yz/
墨野シリーズでポッカリ抜けていた
「大東京四谷怪談」を漸くブクオフで発見。
図書館にもないのが嫌すぎる。

>>590-591
なに言ってんだよお前ら…
トチ狂った女に、教育的指導をしたまでろ。
窘めた、と。
もともと墨野は、そんなに女好きでもないというか
むしろ本音では嫌い?

>>612
今時(メ欄)なんて流行らないから、仕方ない。
昔、流行った時代があったらしい。

641 :名無しのオプ:2007/02/02(金) 22:07:37 ID:0nNG+yz/
○教育的指導をしたまでろ。
×教育的指導をしたまでだろ。

642 :名無しのオプ:2007/02/02(金) 22:08:33 ID:0nNG+yz/
すまん↑も間違い

×教育的指導をしたまでろ。 
○教育的指導をしたまでだろ。

643 :名無しのオプ:2007/02/02(金) 22:20:26 ID:Vrc3gav2
呪縛の家は俺も好きだな
トリック云々はともかくバタバタ殺されてく展開や雰囲気、最後の落ちとかが好み

644 :名無しのオプ:2007/02/07(水) 22:55:54 ID:KWGlkNRI
『薔薇の刺青』のトリックは酷い…いくらなんでも気付くだろ

645 :名無しのオプ:2007/02/13(火) 00:45:48 ID:DpK+Wxqw
先月「誘拐」を読んでおもしろかったので、
今月は「人蟻」を読んだ俺が来ましたよ。

感想は>>331>>427のとおりでありました。


646 :名無しのオプ:2007/02/16(金) 23:50:18 ID:H3NPSEvG
関西で角川文庫神津シリーズ見掛けた方、情報キボンヌ(T.T)
大型店のブク●フや●本市場探しても、殆んどの店が一冊も置いてない…しくしく

647 :名無しのオプ:2007/02/17(土) 00:11:15 ID:xiE6t6Fg
私は首都圏住まいだけど手に入らないのいっぱい。関西でも運次第じゃないかな。
神津は日本三大名探偵なのになんであんまり映像化されないの?
人形はなぜ殺されるとか死神の座とかドラマでやったらおもしろそうなのに。
この前ヒガシが刑事ドラマやってるのが神津に見えた。

648 :名無しのオプ:2007/02/17(土) 01:27:54 ID:7tGI6IPH
チュールーの呪い、汝にあれ!


なんて叫んでた中学時代…今から20数年前…

649 :名無しのオプ:2007/02/17(土) 13:35:50 ID:zAwbW09l
>>647
ttp://ja.wikipedia.org/wiki/探偵神津恭介の殺人推理

650 :名無しのオプ:2007/02/17(土) 22:21:30 ID:xiE6t6Fg
>>649
ありがとう。
とりあえずビデオショップ行ってくる。
なんかたくましそうな神津だ。

651 :名無しのオプ:2007/02/17(土) 22:40:12 ID:KGksmtW/
>こだま号遠隔マジック(「人形はなぜ殺される」より)

なんだこの改題


652 :名無しのオプ:2007/02/18(日) 00:38:14 ID:V1yHDbO1
ビデオ置いてなかった(´・ω・`)


653 :名無しのオプ:2007/02/18(日) 23:16:35 ID:B67dXaSB
[色白の、女のような美貌で、服装にも一分の隙もない。理知的な鋭い漆黒の瞳がいくらか憂いをおびたような…]
今、神津先生実写化するなら、誰なら許せるかなぁ…

654 :名無しのオプ:2007/02/18(日) 23:45:45 ID:BRE1JZ/m
光文社から何冊か神津シリーズ復刊されてるけど他のはされないのかな?

655 :名無しのオプ:2007/02/19(月) 01:15:03 ID:ceIlA0Qe
>>653
キンキの金田一孫じゃないほうが10歳老けたらどうだろ?
>>654
わが一高時代の犯罪が新刊で欲しい……

656 :名無しのオプ:2007/02/19(月) 02:17:13 ID:Kx4L4OrZ
>>655
お前は俺か
多少高くても買うのに。

657 :hugin:2007/02/19(月) 22:35:12 ID:oyeK+HoJ
>>651
「人形はなぜ殺される」と「ヴィナスの棺」を映像化した特に、
共にメイントリックに「黄金の刃」のトリックを使って、
ほとんど原形をとどめない代物になってます。
近藤正臣が神津恭介を演じたシリーズで、マシな出来なのは、
「刺青殺人事件」と「神津恭介への挑戦」くらいだと思います。



658 :名無しのオプ:2007/02/20(火) 06:41:28 ID:ewD4vXzm
>>655
買う買う!
輓歌は持ってるからよけい一高欲しい

659 :名無しのオプ:2007/02/20(火) 07:54:03 ID:Gri9PftW
>657
それでも近藤神津はまだいいよ、村上なんてどうしたらいいんだ。
神津が乗馬したり、プールで泳いだり、挙句にサイン会開くんだよ。

660 :名無しのオプ:2007/02/20(火) 19:20:57 ID:id7UE8IE
>>659
見てえwwwwwww

661 :名無しのオプ:2007/02/21(水) 08:17:10 ID:MJYITntt
>>653
及川光博か堺雅人はどうかな…

662 :名無しのオプ:2007/02/21(水) 12:08:45 ID:DdQKulEc
ミッチーはアリかも。ちょっと犯人顔だけど。
ところで松下のビジュアルがぜんぜんわからん。

663 :名無しのオプ:2007/02/21(水) 20:09:26 ID:t693gQMS
谷原章介は?
乗馬したり、プールで泳いだり、挙句にサイン会開きそうだけど

664 :名無しのオプ:2007/02/21(水) 20:50:48 ID:/IHzhzqb
では男っぽい女優にやってもらおう

665 :名無しのオプ:2007/02/21(水) 22:06:06 ID:vfXJsSjO
ちょっと若いが玉木宏なんかどうだろ

666 :名無しのオプ:2007/02/22(木) 07:47:56 ID:rpqz02v/
ミッチーか谷原章介も捨てがたいが、佐藤浩一はどうだろ
女性的な美貌じゃないけど、女嫌いでクールで頭良さそうな感じするんだけどな

667 :名無しのオプ:2007/02/22(木) 18:25:45 ID:8mD6A3W+
>>664
いやだ

神津って女嫌いだったっけ?あとかみづでいいの?こうづ?

668 :hugin:2007/02/22(木) 21:26:30 ID:SgfjOSy8
東山紀之なんかどうだろうか、と思ったが、
高木作品てあんまり映像化に恵まれてないから、
誰を起用しても結局駄目かもしれない。
ごく一部の例外を除いて基本的に、
作中の時代設定で作ってる金田一ものに比べ、
高木作品はお手軽に現代ものに変えられてるし。

669 :名無しのオプ:2007/02/22(木) 23:52:10 ID:KYQMtQyO
高木作品は横溝なんかに比べると画になりにくい気がする

670 :名無しのオプ:2007/02/23(金) 01:34:13 ID:/CElK1dk
神津ものは作者に合わせて年食ってくってのが、キャラをイメージしにくい一因かもしれん。
近松ものは高橋英樹で二時間ドラマにできてるし。

671 :名無しのオプ:2007/02/25(日) 01:54:45 ID:tCryCwrk
高木作品は横溝や乱歩に比べて泥臭いというか、時代の空気をダサい方向に
吸ってしまっているからなあ。2時間ドラマには向いているか。
神津もイケメンという設定なのになんとなく垢抜けない。好きだけど。

672 :名無しのオプ:2007/02/26(月) 03:15:21 ID:sBdgRGX4
へぇ…そういうイメージなんだ
私は明智や金田一シリーズがペダンチック趣味というか、おどろおどろしいレトロな雰囲気なのに対して、神津シリーズはクールで現代的なミステリ、っていうイメージを持ってました
まぁ…今では時代設定等だいぶ古くなってるトコありますが

673 :名無しのオプ:2007/02/26(月) 12:51:52 ID:X70sIVDM
>>672
現代的だからこそ、時間が経つと古びて見えるんでしょうね。

674 :松下くん:2007/03/01(木) 11:40:17 ID:c+fX1pqH
神津教授は大天才です
映像化してほしいが無理でしょう
美しい瞳を持った知性溢れる美形、病弱さ、冷静沈着さ、細身の体にスーツを纏う、気品に満ちた人間
そんな人間を演じられる人なんかいない
同時代の探偵、明智や金田一は人間性がわかりやすいから演じやすい
いつか神津にしか見えない人が現れたら完全実写化してもらいたい

675 :名無しのオプ:2007/03/01(木) 18:55:47 ID:pxsSFi6D
おどろおどろしくレトロなムードはともかく
ウンチクは明智金田一よりも多いと思うが。

676 :名無しのオプ:2007/03/01(木) 19:57:50 ID:dwWCnMwh
>>674
熱いな。なんか、こう……言いたいことはわかる。
うんちくは多いね。今の新本格のはしりなのかな。

677 :名無しのオプ:2007/03/01(木) 21:44:23 ID:tSFIZZkb
>674「神津にしか見えない人」ワロタ
是非出てきてほしいよ。ムダに熱いところが高木風。

678 :名無しのオプ:2007/03/02(金) 00:39:05 ID:uOjpboQK
しっかし高木氏は文才ないね
描写が全然できてない
ストーリーは面白いと思うけど

679 :名無しのオプ:2007/03/02(金) 00:42:42 ID:Wc/ySwY+
なんかすごくえらい人が来ているようだ

680 :名無しのオプ:2007/03/02(金) 01:20:14 ID:IKRQm1EX
>>678だがそれがいい。
あんなしつこい美形描写にも関わらずあか抜けない神津が好きだ。

681 :名無しのオプ:2007/03/02(金) 12:38:35 ID:12JVLaj+
高木はもともと作家を目指していたわけではないよ
だが数多くの傑作探偵小説を創造したのは称賛すべき
作家でもないやつが文才ないというべきではない

682 :名無しのオプ:2007/03/03(土) 12:28:37 ID:Ei8q29F0
俺のベスト・オブ・タカギは
1.邪馬台国の秘密
2.刺青殺人事件
3.白昼の死角
4.連合艦隊ついに勝つ
5.ハスキル人
なのだが・・・


683 :名無しのオプ:2007/03/03(土) 21:07:31 ID:hcWeROUc
>>682
4位と5位は・・・うーん・・・

684 :名無しのオプ:2007/03/04(日) 14:17:12 ID:UEGvdftg
追跡と能面殺人事件はどこかに入れて欲しかったな。

685 :名無しのオプ:2007/03/04(日) 22:30:30 ID:AEmh25Wt
「誘拐」って映画化されてたんだな
ttp://www.necoweb.com/neco/program/program.php?id=3199&month=03

686 :名無しのオプ:2007/03/05(月) 00:10:22 ID:o/UnFfrs
ブックオフで100円で買ったんだが
妖術師って本格?

687 :名無しのオプ:2007/03/08(木) 08:25:25 ID:ZJTbhSu2
一高〜読んでみたいよう

688 :名無しのオプ:2007/03/09(金) 06:14:31 ID:pCfmVMAf
あれってチェスタートンにあったよね

689 :名無しのオプ:2007/03/09(金) 16:58:19 ID:uLdoOZ8t
どれ?

690 :名無しのオプ:2007/03/10(土) 18:55:35 ID:P+9bR1j/
>>682

1 白昼の死角
2 人形はなぜ殺される
3 誘拐
4 呪縛の家
5 能面殺人事件

1と3は特に影響を受けましたねぇ〜。
力が正義とか、幕引きまで考えて行動を起こす、とか。

691 :名無しのオプ:2007/03/11(日) 18:23:55 ID:umw93kas
好きな作品って、当たり前だけど人それぞれなんだな。漏れの場合は、

1:刺青殺人事件
2:誘拐
3:破戒裁判
4:白昼の死角
5:わが一高時代の犯罪

この作家のはけっこう読んだけど、意外とつまんなかった作品も多い。
実は本格の大家の中では駄作の確率がけっこう多い人なんじゃなかろうか。

692 :名無しのオプ:2007/03/11(日) 20:40:55 ID:nGjkjC8k
能面殺人事件を面白いという奴だけは信用しない。
中学の時にこれを面白いと薦めた奴をオレはいまだに呪っている。

693 :名無しのオプ:2007/03/11(日) 21:18:14 ID:akhomkFl
俺は>>682だが、「邪馬台国の秘密」を読んでから推理小説よりも古代史の
方が面白いと思うようになった。古代史にはまる推理作家って多いよね。
事実は小説よりも奇なり てか

694 :hugin:2007/03/11(日) 22:08:20 ID:taVI3h99
そういや、今度の「そのとき歴史が動いた」で、
邪馬台国のありかについて放送するな。

695 :名無しのオプ:2007/03/15(木) 16:43:07 ID:6F1300lj
狐の密室を読んだのですが密室トリックがいまいちわかりません 誰か教えてください 人間関係のトリックはわかったんですが密室は何が問題になっているのかよくわかりません メル欄で誰かお願いします

696 :名無しのオプ:2007/03/15(木) 23:10:57 ID:r/TF63AY
「能面殺人事件」を昔読んでおもしろいと思ったオレがいる。
そうか、オレのことを信用してくれないのか。
薦めた奴に代わってオレを呪ってくれ。

ところで、横溝が生涯本格を貫いたのに対して、高木は社会派に
すり寄っていくよね。このあたりに駄作の確率が高い理由とか…。

697 :名無しのオプ:2007/03/15(木) 23:34:24 ID:Vn3Y7OoM
社会派だけじゃなく、歴史推理やジュブナイルも書いてる
駄作が多いって誰が言ってるのか知らないけど、作品の幅が広いせいで本格ファンの趣味に合わないモノが沢山あるってだけじゃないの

698 :名無しのオプ:2007/03/15(木) 23:47:18 ID:CBOLHYWk
>高木は社会派にすり寄っていくよね。

こういう書き方は本格ファンとしてもすごく不愉快。
現実の刑事裁判とか経済犯罪とかに興味を持って切り込んでいったのを
そんな風に言われたんじゃ高木氏も浮かばれないだろう。
当時のいわゆる社会派の書いたものがほとんど消えたのに比べて
「白昼の死角」「破戒裁判」「誘拐」なんかは今も面白い。

横溝だって本格を貫いたわけじゃないし、駄作の数だって多い。
でも、生涯必死こいていいものを書こうと挑戦し続けたから偉いんだ。

699 :名無しのオプ:2007/03/15(木) 23:50:51 ID:r/TF63AY
確かにそうかもしれない。
新本格が世に出る以前、社会派に押されて本格の暗黒時代が長く続いた。
このとき角川文庫の横溝や高木、それに土屋隆夫や鮎川哲也はオレにとって
貴重な存在だった。
各人に駄作もあったと思うが、本格というだけで許していたような気がする。

700 :名無しのオプ:2007/03/15(木) 23:59:41 ID:r/TF63AY
>>698
軽率な書き方をして申し訳ない。謝るから許してほしい。
「社会派にすり寄る」というのは「関心をそちらに向けていった」という意味にすぎない。
「白昼の死角」などは別に本格であろうが社会派であろうが関係なくおもしろい。
君の言うとおりだ。高木ファン全員にも謝罪する。
なお>>699>>697氏にあてたコメントだ。




701 :名無しのオプ:2007/03/16(金) 00:10:39 ID:EsI4vZyb
いや、そう言われると申し訳ない>>700
ただプロ作家でも「社会派に逃げた」なんて言う奴がいるから、
それを思い出してカッとしてしまったんだ。

 ところで、それこそあなたにすり寄るわけじゃないが「能面殺人事件」は
雰囲気と舞台がとても好きだ。あれで、あの○○トリックさえなければ……
なんて言っちゃ作者に失礼か。

702 :名無しのオプ:2007/03/16(金) 00:51:11 ID:wb9fLnHA
>>698
いや、謝罪の意が通じて何よりでした。

30年程昔を思い出しながら、上のお詫びのコメントを書いていた。
当時中学生だったが、本当に社会派全盛の時代で、松本清張や森村誠一
の全盛期ではなかったかと思う。
本格は片隅に追いやられ、入手可能な本も限られていた。
本格は創元推理文庫の洋物ぐらいだったかな。
だから角川文庫の上に挙げた4人の作家は、自分にとって「神様」だった。
新本格全盛の今では、信じられないでしょ?

当時の本格派のいずれにも言えることだけど、「駄作」と言いきれるかどうか別として、
現在の目で見れば、確かに「欠点」はあるかも知れない。
だけど当時はそんなこと考えたこともなかった。読めるだけで幸せだった。

「能面殺人事件」はさっきも書いたけど、当時読んだ中でとても好きな作品だった。
○○トリックの件、よく分かるけど、横溝の例の作品同様に、やはり「あの作品」
を強く意識したものなんだろうね。当時の作家の、やはり目標になっていたんだと思う。




703 :名無しのオプ:2007/03/16(金) 01:19:52 ID:C+ceN27w
狐の密室教えていただけないでしょうか。。

704 :名無しのオプ:2007/03/16(金) 23:10:46 ID:lol4Jkk5
だって能面って海外名作のパクリとネタバラシ犯人バラシ以外なにもないんだもの。

705 :名無しのオプ:2007/03/16(金) 23:26:06 ID:KOohW/04
愛情あるユエに生じる誤解って、色々話せば逆に理解が進むものなんだね〜
っつか…暗黒時代ホント罪深い

706 :名無しのオプ:2007/03/16(金) 23:54:29 ID:taGPFc1X
妙にスレが進行してると思ったらなんて素敵な流れ。
みんな高木彬光大好きなんだね。
狐の密室は読んでない。お役に立てなくてスマン。
ところで「わが一高時代の犯罪」が映画になってるってほんと?

707 :名無しのオプ:2007/03/17(土) 00:02:20 ID:x1rsunJM
>>706
http://movie.goo.ne.jp/movies/PMVWKPD27378/index.html

708 :名無しのオプ:2007/03/21(水) 14:05:47 ID:S4yKI2Fd
いま手に入る高木作品って、光文社文庫の数冊だけなのかな?

709 :名無しのオプ:2007/03/21(水) 18:18:09 ID:jLYM6LcS
ブックオフなら結構揃うが(特に角川系)、最近妙に少なくなってきているのが気になる。
結構探したが帝国の死角が見つからない。
お友達の小松左京ものも同じ傾向にあるね。

710 :名無しのオプ:2007/03/21(水) 19:23:35 ID:95QQ+8t6
>>709

高木彬光と小松左京が友達というのは聞いたことないです


711 :名無しのオプ:2007/03/22(木) 16:06:35 ID:WFROosfK
>>709
どこのブクオフ?
すぐにでも買いに行きたい!

712 :名無しのオプ:2007/03/24(土) 16:28:35 ID:1l/HR3PK
>>709
何県のbookoff?
少なくとも俺は光文社版以外見たこと無い

713 :名無しのオプ:2007/03/24(土) 23:35:16 ID:Dwqjv1ky
>>710
昭和40年代に出た光文社の「高木彬光全集」を図書館で見たんだが。
その中のある巻に高木氏自身の文の中に、小松左京氏との交際の様子が書いてある。

714 :名無しのオプ:2007/03/25(日) 00:44:00 ID:ODny0deL
神奈川のブコフではよく見る。
ただ、なんとなく読みたいと思っている蛇神様が見つからない

715 :名無しのオプ:2007/03/25(日) 14:23:09 ID:apxW867A
>>695
遅レスですがメル欄。
この回答で良かったでしょうか。
密室のどのあたりが疑問だったのか質問を
読み違えてたらすみません。

716 :名無しのオプ:2007/03/28(水) 15:41:03 ID:1+E+jQpA
>>714
神奈川いいな〜ウラヤマシス

717 :しもむらたつや:2007/03/28(水) 16:05:11 ID:W1e3U6bD
タカギアキミツって何て読むの?

718 :名無しのオプ:2007/03/29(木) 06:14:17 ID:fkx7DPYJ
たかぎひんこう

719 :名無しのオプ:2007/04/01(日) 15:26:05 ID:ZPa2dzSI
質問の意味がわからない

720 :名無しのオプ:2007/04/02(月) 10:54:20 ID:LIkH2lx2
「人形はなぜ殺される」の犯人の動機が解らない
財産でも復讐でも無いですよね?

721 :名無しのオプ:2007/04/02(月) 11:13:55 ID:eNXuVSAY
>>720
殺人鬼に動機はないのだよ、松下君

722 :名無しのオプ:2007/04/02(月) 18:35:48 ID:Wvyk5Beg
>>720
最終章に書いてあるよ。

723 :名無しのオプ:2007/04/02(月) 19:09:49 ID:eNXuVSAY
>>722
そりゃ最終章に書いてあるのは>720も知ってるだろ。
>720が言いたいのは、それが動機として納得できないってことだろ。

724 :720です:2007/04/02(月) 20:23:47 ID:LIkH2lx2
そうなんです
つじつまが合わない気がして…
いっそ神津氏をぎゃふんと言わせたい!とかなら納得いくんですが

725 :名無しのオプ:2007/04/03(火) 23:58:07 ID:32kXAEaG
明確に書かれては無いがそれが正解なのかも知れないね。
殺人を行うにあたっての高名な専門家への挑戦と言うか顕示欲と言おうか。
標本はその一例かも。

726 :名無しのオプ:2007/04/04(水) 18:12:23 ID:IaPl0ArA
役30年程前の中高生時代にによく読んでいた
最初に破壊裁判を読み。その後百谷弁護士シリーズ。霧島検事シリーズ。近松検事シリーズと言った
後期の作品を中心に読み始めて。その後神津物に移ったが
正直言って。後期の作品の方が現実的でいいと思う


727 :名無しのオプ:2007/04/04(水) 18:22:54 ID:IaPl0ArA
726です
それで私のベスト5は
1 都会の狼
2 誘拐
3 黒白の虹
4 霧の罠
5 人蟻
以上のさくひんです 結局。神津物は一冊もありません


728 :名無しのオプ:2007/04/06(金) 13:26:35 ID:2bNuylQO
そりゃ巨大なめくじに驚く推理作家やら、

将棋を指して犯人を当てるカナリアのぱくり探偵やら、

他人の家に三つの棺を宅配で届ける非常識者とか

げんじつてきではないね

729 :名無しのオプ:2007/04/07(土) 13:27:01 ID:H31E/5jg
リアリティにはこだわらないけど、論理の破綻やいきあたりばったりな展開は読んでて辛い

730 :名無しのオプ:2007/04/07(土) 17:58:01 ID:SFzBXmHa
俺はヘタな文章を読んでるのが辛い

731 :名無しのオプ:2007/04/08(日) 21:30:58 ID:nMLrCSkC
高木作品の鉄則
目の前横切ろうが、会話しようが、犯人の変装は、絶対見破られない事になっている

147 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)