5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

阿刀田高 スレver1

1 :ナポレオンクレイジー:03/02/06 07:39
のスレが見当たらなかったので立ててみました。
ミステリー、取り分け短編においての作品が素晴らしいです。
私はずっと好きなのですが、あまり読んでる人いないかな?
好きな方語りましょう。

2 :名無しのオプ:03/02/06 07:40
うへえなり

3 :1:03/02/06 07:42
>>2
鳥口君ですか?

4 :名無しのオプ:03/02/06 07:43
そうなり

5 :名無しのオプ:03/02/06 07:44
ベーターが地下に潜ってしまった。

6 :名無しのオプ:03/02/06 07:49
?

7 :名無しのオプ:03/02/06 08:11
バオー来訪者で直木賞受賞

8 :名無しのオプ:03/02/06 08:44
真夜中。

9 :1:03/02/07 02:50
のびないなあ・・・。

10 :名無しのオプ:03/02/07 23:54
>1伸ばす努力をしましょう。

俺は「干魚と漏電」と「冷蔵庫から愛を込めて」が好き

11 :名無しのオプ:03/02/08 00:38
10代の終わり頃よく読みました。
タイトルほとんど忘れちゃってるんだけど、
短編で、ドライブ?だったかの途中で寄った
料理屋で、ダンナのほうが縛られるかなんか
しちゃって、妻のほうが電力供給だったか
なんかさせられる(ちょっとえっちぃ)話は
なぜかよく覚えてます(w

12 :名無しのオプ:03/02/08 00:47
おー、阿刀田。いいね。
脂の乗ってたのはやっぱり直木賞のころかな?
「干魚と漏電」わたしも好き。

13 :1:03/02/08 11:24
>>10
ですね。
>>11
それって怒りのエネルギーで料理を作る話しでしたっけね?

ちなみに私の出会いの切っ掛けは「猫の事件」のタイトルに惹かれ、
小学6年の時にセブンイレブンで買ったのが初めてです。

ちなみに彼のエッセイはあまり読まんです。

14 :名無しのオプ:03/02/08 11:58
ちいさいころ母が買ってた婦人雑誌に連載しててね。
 「教養書」って本人が言ってる古典を紹介してくれるエッセイ。
  それ以来のファン。細かい所突っ込みまくって、原書とか研究書とかも調べてくれ
ててすっごく好き。
 聖書やアラビアンナイトまでやったんなら次はマハーバーラタいっ
て欲しい。フランスあたりが専門の人とはわかってるんだけど。

15 :1:03/02/08 13:17
それは「エロスに古文はよく似合う」かなあ。「江戸城禁断らいぶらりい」かな。
知識の泉が凄いよね。国会図書館にいたときに暇に任せて読みあさったのかな(笑)。
フランス語が専門なんですよね。

16 :名無しのオプ:03/02/08 16:32
>>13
そうですそうです。
最初は怒ってるんだけど、途中から・・・って。

あー、いろいろ読み返したくなってきたなぁ。
でも、読書家でまわし読みをしてた母や祖母には
「えー?あんなえっちなの読むの?」と敬遠(?)
されてましたが(汗

「・・・を知っていますか」シリーズ(?)もいくつか
読みました。

17 :名無しのオプ:03/02/08 16:35
>>1
http://homepage3.nifty.com/digikei/
全部無料だよ

18 :10:03/02/08 23:52
中学生の頃読んで「うまいなぁ〜」と手を叩いたのが「勝馬情報」
さあ皆さん御唱和下さい。。。
せーのー「私はコンピューター、私はコンピューター」。

あと、タイトル失念だけどショートショ−トで、
大人になった娘が自分が生まれる前の母親の日記を読む話。
「×月×日。夫が衛生サックを買ってくる。さっそく使ったが破れてしまった」。
ネタバレになるからオチは書かないけれど、
意味が分かった瞬間、「くだらねぇ〜」とニンマリしてしまった。

19 :名無しのオプ:03/02/10 11:36
>>18
おお!覚えてる。
あの頃は短編とショートショートは買い漁ったな。ほとんど持ってる。
ただ最近のは・・・・
シェークスピアとかアラビアとか、あのへんは個人的に激しくつまんない。

20 :1:03/02/10 14:13
幼くして読んだ異形の地図の菱形旅情かな?あれがエロスだったなあ。

私が好きなのは、親友同志が片方の金持ちのプライベートビーチを持つ
別荘に遊びに行くはなしで、彼が落ちぶれしまうのだが・・・が、切な
くて良かった。

短編や小説を量産してた頃のエッセイは好きですが、近年に続けて出してる
エッセイはあまり・・・です。あ、個人的な好みとしてですよ。
やっぱりピリっとブラックなスタイルのがイイなあ・・・。

また改めて色々読み始めましたよ。

21 :19:03/02/10 15:35
俺も昔の短編を読み返してみるか。
寝る前に読むにはちょうどいいかも。

俺がすごいと思ったのはやっぱり「来訪者」。
あと子供を無くした夫婦の話。奥さんが現実を受けいることができずに
何にでも子供が存在しているような生活をしてしまう。
夫はそんな妻に優しく接しているが実のところ理解できない面もある。
しかし・・・・

題名は忘れた。


22 :名無しのオプ:03/02/11 00:33
>>18 「勝馬…」じゃなくて「幸福通信」ですね、「冷蔵庫…」所収の。
自分もこれがいちばん好き。阿刀田作品のみならず、
今まで読んだ短編の中でベスト1。
仕掛けが判った瞬間、目からうろこが落ちました。

23 :名無しのオプ:03/02/11 18:57
立てられても直ぐ落ちる。
これが阿刀田スレの宿命か。
なぜかと言えば…最近はめっきり「奇妙な味」作品を読めない。
もはやネタが尽きたのか?
それとも審査員の仕事が忙しすぎるのか?
「冷蔵庫〜」を読んで以来のファンとしては悲しい限りです。

24 :名無しのオプ:03/02/11 19:43
阿刀田作品でイチオシはなんですか?
私はユーモア革命で彼の考えに興味を持ったんです。
だから彼の小説を読んでみたいなと思って…

25 :名無しのオプ:03/02/11 21:16
「マッチ箱の人生。」ってのありませんでしたっけ?
阿刀田 高で最初に読んだ物の気がするんですが。

26 :名無しのオプ:03/02/11 22:50
ジャンルとして「世にも奇妙な物語」に入る感じがする。
実際元ネタとして結構使われていた気もするんだけど。

27 :名無しのオプ:03/02/11 23:57
わたし以外にも10代のときはまっていた人がいて
うれしい。
エッセイでは「恐怖抄」が良かった。
短編の怖さについて説いた名エッセイ。


28 :名無しのオプ:03/02/12 23:25
>>22
×勝馬情報 ○幸福通信
自分でもタイトルに自信なかったので「♪私は...」を書き加えました。
フォローレスサンクス。
>>24
とりあえず「ナポレオン狂」と「冷蔵庫より愛をこめて」(いずれも文庫)
に収められている短編は、どれも面白かった。と思います。
個人の好みだと、>>10に書いたニ作と「幸福通信」。それから
どの本に収録されているのかチト覚えていないのですが、
天国と地獄は実在するか?をテーマにした「天国への確率」が
オチにワサビが利いていて好きです。

29 :1:03/02/12 23:57
ワサビといえば幼い頃父に寿司を食べにつれて行って貰った嬉しさをわが子にもにも
というエピソードが良かった。この人、ブラックだけでなくたまに感動するイイ作品
もありますよね。この作品なんだったかな・・・。

30 :名無しのオプ:03/02/13 00:09
小学生のころ、KKベストセラーズだかの新書版の実用書のシリーズで出てた阿刀田氏
の「ブラックユーモア入門」という本とテディ片岡氏(現、片岡義男)の「いじわるな本」と
いう本でオトナの世界を垣間見た。

上の方に出てたコンドームネタは、「ブラックユーモア入門」にも収録されていたが、当時
意味がわからなくて母親に聞いたが、教えてくれなかった。
くれなかった。

31 :名無しのオプ:03/02/13 00:16
阿刀田作品を初期の頃から順番に読んでいくと、年を経るに従って
アイデアの切れはなくなっていくんだけど、その代り文章力/構成力が
反比例して向上していく(阿刀田さん自身もどこかでそう書いてました)
のが如実に判りますね。
とにかく20年くらい前に、初めて読んだ時の興奮は忘れられない。
「自分が探してたのはコレだ!」みたいな。

32 :名無しのオプ:03/02/13 00:23
ちなみに「幸福通信」という作品は、主人公のところにコンピュータを
名乗る電話がかかってきて、未来の事象(野球の勝敗とか競馬の結果とか)
を次々に当てていくというストーリー。
八百長でもないのに、どうしてこんなことが可能なのか?
さあ、アナタも読みたくなってきた・・・。

33 :名無しのオプ:03/02/13 00:29
昔は「ブラックユーモア入門」の
シーザーサラダの意味がわからなかった。

34 :1:03/02/13 00:38
実はかねてからずっ・・と気になってるのだけど、この人、
どんな状況においても対相手に対し「あんた」を用いる。

対妻、対友人、対同僚、対知人。まあ、大概は良いのだろうが
例えば相手が妻だった場合、私はこの呼び方がどうにも気になって
気になって。まあ、どうでもいいだろと言われればそれまでですが・・・。

35 :名無しのオプ:03/02/13 00:41
「ブラックユーモア入門」だと、会社をサボって山へ行くサラリーマンの話が
印象的だった。

36 :名無しのオプ:03/02/13 21:19
「わたし食べる人」という短編を読んで
本気で人を食べたくなた・・・鬱市

何年たっても忘れられない作品ばっかりですね。

37 :名無しのオプ:03/02/13 21:22
おお、阿刀田さんのスレ立ってる。
個人的に「未亡人とししゃも」「箱の中」が一番ゾクッときますた。

38 :37:03/02/13 21:25
間違えました。
×「未亡人とししゃも」
○「干魚と漏電」

未亡人とししゃもは「世にも奇妙な〜」放送時のタイトルだった(と思う)。

39 :名無しのオプ:03/02/14 09:25
>>35
カー カー カー
小学生の頃、西武池袋線の沿線に住んでいて、
家族と一緒に電車で秩父までピクニックにいったことがある。
丁度、その話を読んだばかりだったので、同乗していた背広の男性や
緑が増えていく景色に意味もなく恐怖を覚えたっけ。
>>36
2ちゃんで言うところの「ハゲワラ」な作品でしたね。

40 :名無しのオプ:03/02/14 10:32
うろ覚えスマソ

ある、お葬式。
いよいよ棺桶に釘を打とうとする瞬間、故人の知り合いだ女の人が出てきて
思い出の品というぬいぐるみを入れた。親族は感謝する。
しかし参列していた一人がおや?と思う。
以前にもこの女が同じ事をしたのを見たことがあるからだ。
不審に思った男は女を尾行するようになる。
すると、やはり女は色々な葬儀に参加する。
必ずぬいぐるみのような思い出の品を一つ持って・・・・


これネタバレしたらダメだよね。やめとこ。


41 :名無しのオプ:03/02/14 10:45
小説は残念ながら読んでいないないけど、
読売か朝日の日曜版で連載していたエッセイは面白かった。


42 :A.M.:03/02/14 11:22
>>40様。

それは「趣味を持つ女」という題名だったと思います。
クイーン編の『日本傑作推理12選』の第3巻に収録。

43 :1:03/02/14 14:30
>>40
うわ、それなんだっけ。たしか「場違いな程大きな笑顔で・・・」みたいなフレーズ
が印象的だった作品だと思うのだけど・・・。笑う女?違うなあ。

44 :1:03/02/14 14:38
>>42
あ、書いてあった。最後まで見ずに・・・。すいません


45 :名無しのオプ:03/02/14 17:44
>>40
うーん、どっかで見たことあるんだよなぁ。
メル欄ならネタバレしてもいいかな?(かちゅ使ってる人すんません)

ところで阿刀田高選の「奇妙に恐い話」シリーズは2003年現在まだ続いてるんでしょうか?

46 :名無しのオプ:03/02/15 02:09
よく出てくる言葉

「脳味噌」「トイレット」「ことのほか」

ほかにもあると思うけど、気になってました。

47 :1:03/02/15 02:57
>よく出てくる言葉

「L字型のカウンター」「他愛のない」「わけもなく」「押し頂いて」

ってのは?

48 :名無しのオプ:03/02/15 09:48
>>45
正解。
ただ俺はネタバレするなら(メール欄)だと思ってた。
今日、読み返してみます。


49 :1:03/02/15 15:17
>>48
ああ、別の話しと勘違いしてた!思い出しました。バラバラに・・おっと。

50 :名無しのオプ:03/02/15 22:25
筒井もどきって感じだな、俺の中では

51 :46:03/02/15 23:15
>>47
> 「L字型のカウンター」
あ、あるある。バーの話も多いよね。
エロチックなのに幻想的で傑作が多い。

52 :名無しのオプ:03/02/16 00:05
自殺クラブなんて小噺もあったね

53 :名無しのオプ:03/02/16 11:15
>>47
あと「はすむかい」「小躍りしながら」ってのもあるよね

54 :54:03/02/16 12:44
この世で一番好きな作家かもしれん、わたくしにとってこの人は。
本を整理してたらこの人の本が20冊位でてきた。
でもいまだに長編読んだことない。
なにか長編でお勧めとかあるでしょうか?
ちなみに今「にび色の歳時記」読んでおります。
相変わらずイイねえ。
オチでにやけてしまうよw

55 ::03/02/16 14:14
>>53
あるある(笑)

>>54
鈍色の歳事記は面白かったですね。
花の図鑑は上下巻だけどすぐ読破するくらい面白いですよ。
ミステリーでなく男と女ですが。

56 :53:03/02/16 14:52
自分の場合長編小説とかあったらそれだけで読めないんですが
阿刀田さんの場合ショートショートなのですぐに読めて一冊すぐ終わってしまうんですよね^^ゞ

57 :53:03/02/16 15:07
訂正します

ショートショートなので

ショートショートが多いので

58 :名無しのオプ:03/02/16 15:18
Aサイズ殺人事件が語られないのはわざとか?

59 :54:03/02/16 20:47
>>55
久々にこの人の本読んでるが「鈍色」の始めの話のオチをみて
コレだよコレだよと顔がにやけたよw

長編お勧めどうもです、自分はこの作家の男と女モノも好きなんで
買って読んでみますね。
どうもありがとう。

>>58
読んでいない人多いんでないかい?
そういう俺もよんでいない・・・・・
面白い?


60 :名無しのオプ:03/02/16 21:59
>>58
「そもさん」「せっぱ」ってやつだっけ?

61 :58:03/02/16 23:53
ミス板が閑散としているわけだ... 。
アームチェアディティクティブの屈指の傑作も知らんとはな。

62 :62:03/02/17 00:06
123

63 :名無しのオプ:03/02/17 13:40
>58
言いたい事は良く解る。
自分的には阿刀田ベスト3に必ず顔を出す逸品だ。
だが、、、一方で新本格しか読まない厨房がいるように。
島田荘司の中でも御手洗しか読まないアホがいるように。
我孫子「殺伐に至る病」は絶賛するのに筒井「ロートレック」を読まない…
阿刀田の「奇妙な味」しか読まないという人間がいる筈だ。

正直に言うと、阿刀田作品でも「男と女」は殆ど読まない。
何故なら二冊ほど読んで読むのが苦痛だったから。
「奇妙な味」「エッセー」はあれほど極上なのに(だった)・・・


64 :名無しのオプ:03/02/17 14:47
高校の図書室で始めて読んだ。
「食べられた男」に入ってる「夜ごとの白い手」にドキドキした覚えが。


65 :名無しのオプ:03/02/17 22:29
何かのエッセイに「私ミステリ作家としては〜」というようなことが
書いてあって、奇妙な味ものしかよんでなかった当時
「えっ!ミステリ作家だったのかよ!」と非常に驚いた。

66 :名無しのオプ:03/02/18 10:36
阿刀田の持論=小説はすべてミステリ
いろんなとこでそう言ってる。

67 :名無しのオプ:03/02/19 19:44
中吊りで見たがショートショート14もうすぐ発売らしい。
おい、おまいら。選考委員が星から阿刀田に変わったときって違和感ありましたか?
自分は全く無かった。阿刀田、やっぱ星の選ぶ作品の指向とか気にして選んでんのかなあ。

68 :名無しのオプ:03/02/22 12:18
「にび色の歳時記」と「面影橋」に全く同じエピソ−ドが出てきて気になった。
どちらにも
烏賊の煮汁をすきやき鍋にぶち込むという暴挙にでる女性の話があるんだがw


69 :名無しのオプ:03/02/23 00:37
はっきりいってネタ使い回してるなーと思うときがある。
エッセイと初期の短編と最近の短編とか。

70 :ガキの頃:03/02/23 00:51
この人の書評(つーか紹介)で
色んなブラックユーモアの秀作を読ませてもらった。

71 :1:03/02/23 07:58
かなり短い短編集で使ったオチを、やや長めの作品に使い回す事が
よくありますよね。

72 :名無しのオプ:03/02/23 22:06
奇妙で入ったけど、飽きたな
解釈シリーズのエッセイが面白い

73 :名無しのオプ:03/02/24 13:33
長編の空想列車をずいぶん前に読んだ。
短編がうまい人が長編を書くと間延びするだけで
つまらんものになるのだが、
これは味があってよかったよ。
短編にはできない内容だし。
ファンなら食べず嫌いはもったいない。

74 :名無しのオプ:03/02/24 17:03
>>67
阿刀田に変わってから、よくあるパターンのショートショートばっかりになったと思う。
星はとにかくオリジナリティを重視してた気がする。

75 :名無しのオプ:03/02/24 20:59
>>64
おれは中学生ごろ、しっかりネタに使ってました。
あと、確か同じショートショート集だったと思うけど、「犀」もインモラルでかなり
興奮した覚えがある。

76 :名無しのオプ:03/02/27 20:29
そういえば思い出しましたが
スレ違いかもしれませんが阿刀田さんの本の中身をどっかのタレント(つまみ枝豆?)
が恐怖体験話として喋ってたのは笑いましたけどね^^;

77 :名無しのオプ:03/02/28 22:49
>>76
それは興味深いw
ちなみにどの話ですか。

78 :1:03/02/28 23:10
ポケモンが出て来た時もなんだか新鮮でした。

79 :名無しのオプ:03/02/28 23:46
えっとですね確か小説とかではなく「恐怖コレクション」って本で阿刀田さんの幼少から
今までの体験を書き綴ったのがありまして(やっぱりショートショート(^^))
その中で紹介されている「鏡の中」っていう国立国会図書館での体験話を書いたものなんですよ
夜勤のときに真っ暗のなかトイレに行ったときに廻廊の突き当たりの鏡を覗くんです
悪戯心で幽霊が見えるかしら?と思って でも何にも見えなくって苦笑しながらその時には
終わるんですが次の日に何かの用事でそこへを通るとあるはずの鏡がない!
営繕課へ駆け込んで尋ねてみると

「あぁ あの鏡は一昨日から修理に出してあるんです」と言われる・・・

でも最後に
われながらほどよくできた怪談だと思うのだが・・・・
で終わってるんですけどね(^-^;)

そのタレント(つまみ枝まめ?)の話の前後とかは違うんですが鏡を覗いて次の日にその鏡がないって部分とかが
そっくりだったので「どっかで聞いた話だなぁ」って思ってたら昔読んだこの本を思い出したんです
でもこんなのって結構あるのかもしれないですね〜




80 :名無しのオプ:03/03/01 07:52
基本ですね。

81 :名無しのオプ:03/03/01 16:04
根元に人間を埋めると
その人間と同じ造形の果実がなる木
の話はこの人の作品だったけ?

82 :名無しのオプ:03/03/01 16:38
オムの木だっけ

漫画になってたけど
原作阿刀田さんってことかな

83 :名無しのオプ:03/03/01 18:34
>オムの木だっけ
そうだ、こんな題名だった
漏れはマンガの方は知らないから・・
たしか阿刀田だったような

84 :名無しのオプ:03/03/01 20:07
間違いない。確か「冷蔵庫から愛をこめて」に収録。

85 :名無しのオプ:03/03/01 21:59
この人は常に妻を殺そうとしているところがいい(w

86 :77:03/03/01 23:40
>>79
どうもありがとう。
なんかその話聞いたことあるよなないよなw
なかなかイイ話やね。

87 :77:03/03/01 23:43
>>85
阿刀田よくあるシリ−ズ
主人公の男が惚れる女は小柄で地味であるがなかなか胸がふくよか。
んでもって野暮ったいがよ-くみるとなかなかの美人

88 :名無しのオプ:03/03/01 23:54
>>87
いわゆる上司の家庭破壊系事務職タイプですな。
恐らく阿刀田氏のど真ん中のタイプなんでしょうね。

89 :名無しのオプ:03/03/02 04:59
そしてタヌキ顔(笑)

90 :名無しのオプ:03/03/02 19:01
犯人当て推理小説に例えれば
タヌキ顔が真犯人
キツネ顔は中盤までの有力容疑者
という位置付けだよね

91 :名無しのオプ:03/03/02 23:19
「訝しげな・・・」ってよく使うやつね。

92 :名無しのオプ:03/03/03 00:04
>>90
それはキツネ顔に対する偏見だ。謝りたまえ。

93 :名無しのオプ:03/03/06 02:58
本人に会いたいなあ。

94 :名無しのオプ:03/03/06 15:45
電話は ル。ルン
心臓は キクン

95 :無名草子さん:03/03/06 18:14
「ショートショートの広場」について語ろう
http://book.2ch.net/test/read.cgi/books/1020230944/

96 :名無しのオプ:03/03/06 18:28
ショートショートで、題名は忘れましたが。
『時間が盗まれる』という表現がありました。
飲んでいるいる時など、楽しくてあっという間に時間が過ぎていく時。
この表現を思い出します。
『盗まれちゃったの?』とかね。

97 :名無しのオプ:03/03/06 22:40
>>93
たまにNHKにでていないか?
ホントたま-にだけど。

98 :名無しのオプ:03/03/06 23:06
ギリシャ神話とかだよね。

99 :名無しのオプ:03/03/06 23:23
あ、確かに神話関連でNHKとかで見たよ。という事で99。

100 :名無しのオプ:03/03/06 23:43
小学生の頃読んで感動したなあ,ナポレオン狂。
ジョークなしでは生きられないは下ネタ中心で,
小学生にはわからぬことばかりだったよ。
今ならわかるが(w

101 :名無しのオプ:03/03/06 23:49
あー,主人公の友人が荒巻鮭を送ってくる話
なんていうんだっけ?ベランダでそれを捌くんだよね。

102 :名無しのオプ:03/03/07 00:40
>92
阿刀田さんの話の中では
そんな傾向があると思うのだがどうだろう

103 :87:03/03/07 00:59
>>102
俺もそう思うぞ。

阿刀田あるあるシリ−ズ
主人公が関係をもつ女性に対して抱く感想。
「この女は男を知らない体ではないな」

出てくる女に不感症はいない、逆に感度がイイ。

104 :87:03/03/07 01:03
>>101
あったなあ、そういう話が。
でもタイトルわからんですたい

105 :名無しのオプ:03/03/07 01:18
>103 「この女は〜」
よくある表現だなー。ワラタ。

106 :名無しのオプ:03/03/07 10:36
>>101
「真夜中の料理人」(講談社文庫)。

107 :名無しのオプ:03/03/07 15:26
「真夜中の料理人」といえば、上のほう(>>21)で出てた「夫婦の風景」も入ってたっけ。
あと、アンフェア確信犯の「賢者の贈り物」も。巻末のコメントで、
フェアかアンフェアかよりも面白いかどうかが読者には重要だろう、とか書いてた。
ミステリ作家が……

108 :名無しのオプ:03/03/07 15:50
「○○は狼狽した。」

109 :名無しのオプ:03/03/07 20:50
この人の話ってホモとかレズってでてこないよな。
でてきた記憶ないんだけど・・・・・

110 :53:03/03/07 21:38
阿刀田あるあるシリーズ

「小首を傾けながら」

「階段の踊り場」

111 :名無しのオプ:03/03/07 22:46
「ムクムクと鎌首をもたげて・・・。」



同性愛はないね、たしかに。



112 :名無しのオプ:03/03/09 20:35
女の脚を触っていくと蛇の手触りに……ってやつ、ハァハァしました。
最近はご本人が枯れちゃったのかなー。艶っぽいのがない。

113 :名無しのオプ:03/03/09 21:56
たしかに

114 :87:03/03/10 20:48
あるあるシリ−ズ艶艶編

「女体が熟してきた」

「女体から甘い匂いが」

ってけっこうでてくるよな?

115 :名無しのオプ:03/03/11 11:15
同性愛あった。
「いびつな贈り物」(集英社文庫)の「かける印の殺意」。



116 :名無しのオプ:03/03/11 11:36
>>58が挙げてる『Aサイズ殺人事件』みたいな、
本格ファンに受けそうな作品って、ほかにどんなのがあるかな。
『街の観覧車』(文春文庫)の「存在証明」と「雨を待つ女」は個人的におすすめ。

117 :海の目:03/03/11 12:23
>>115-116
どんなんだっけ?さわりだけでいいから教えてちょうだいな。

118 :116:03/03/13 00:35
>117
「存在証明」は、ホステスに30万円の借金を申し込まれた男の話。(分かりにくいな)
「雨を待つ女」は倒叙で、殺人を自殺に偽装するために、
殺す相手が翻訳した小説の一部を、遺書に見せかける話。
どちらも伏線がうまいと思う。

119 :名無しのオプ:03/03/13 22:13
図書館を舞台にした「記号の惨殺」もあるね。
ミステリとしては初期なので文章がちょっと硬い。

120 :海の目:03/03/14 16:24
>>118
ありが。昔なので忘れちゃったよ。もいっかい復習だなあ。

121 :名無しのオプ:03/03/15 22:52
中学生の頃読んだ「赤毛組合」の読後感を再び味わえた「幸福通信」究極の奇妙な味ともいうべき「発明の母」男性の自分でさえ寒気がしたくらいだから女性が読むと心底凍りつくであろう「ベターハーフ」がベスト3。
あと「海藻」「ネクタイ関係」「凶事」らも捨てがたい。

122 :マイベスト3:03/03/20 11:13
選び難いところを敢えて選ぶなら、 
結末の予想がついたのにうならされた「ナポレオン狂」
ぞくぞくしながら読んでいて、ラストでもう1段階背筋が寒くなった「死亡診断書」(「過去を運ぶ足」)
奇抜な着想が印象的な「十八歳」(「最期のメッセージ」)
かな。

123 :名無しのオプ:03/03/20 14:41
フグの干物が届かなくなったとかって最後だっけか?

124 :名無しのオプ:03/03/24 12:21
>123
結末に触れており、不適切ではあるまいか。

125 :名無しのオプ:03/03/24 21:03
世にも・・・阿刀田さんの匂いが。

126 :名無しのオプ:03/03/31 10:19
エッセイでミステリー作品のネタバレを少なからずしているのは頂けない。

127 :山崎渉:03/04/17 15:53
(^^)

128 :名無しのオプ:03/04/20 02:03
高校〜十代後半にかけて読みあさったなぁ。
「幸福通信」は、あまりのアイディアのすばらしさに身震いがして、
一生この人についていく!!と思ったもんです。
あと、個人的に印象に残ってるのが、タイトル失念したけど
主人公が夢遊病か何かで、夜中に車で徘徊するが、実は・・・というのと、
超短編(5ページくらい)で、主人公の少年(?)が、母親と海に行き、
溺れるが、実は・・・というものです。
多感な時期に読んだため、読後、魂が抜けたみたいになりました(w

129 :山崎渉:03/04/20 02:30
   ∧_∧
  (  ^^ )< ぬるぽ(^^)

130 :山崎渉:03/04/20 06:34
   ∧_∧
  (  ^^ )< ぬるぽ(^^)

131 :名無しのオプ:03/04/20 16:08
トラや

132 :名無しのオプ:03/04/20 18:29
高校生のとき、小学生の頃愛読していたKKベストセラーズの手のひらサイズの本が、阿刀田高の作であることを知った。「恐怖なんたら」、あるいは「怪奇なんたら」、あるいは「なんたら怪談」という本。
挿絵も怖かった。(イラストレーターの方の名前は分からないが、よく見る絵)


133 :名無しのオプ:03/04/20 19:14
>>132
「恐怖夜話」だろ?
イラストが楢喜八の。

134 :名無しのオプ:03/04/20 20:02
>>128母親と海に行く話。
最期の一行を読んでも意味わかんなかった。
親も読んだから聞いて、はじめてわかった。


135 :132:03/04/20 21:05
>>133
ありがとうございます。
あのイラストレーターは楢喜八という方なのですね。
いくつか検索してみたのですが、私の持っているのは「恐怖夜話」の前身、「子供をおどろかす 3分間怪談」のようです。
(実家に帰れば現物があるはずだけど)

136 :名無しのオプ:03/04/21 14:55
>>128
ワーゲンの話しでしょ?あれエッチだね。いいよね。


中勘助と内田百聞もお勧め。確か本人が話題に出した
事あるはず。ミステリーじゃないけど。

137 :名無しのオプ:03/04/24 21:04
来月新潮文庫から「花あらし」が発売。

138 :名無しのオプ:03/04/25 04:40
よしわかった!花の図鑑だな!

139 :名無しのオプ:03/04/26 13:47
真夜中に「恐怖同盟」を一気読みして相当怖かった


140 :名無しのオプ:03/04/26 20:48
>>139
「恐怖同盟」もう品切れだね。
面白い話がいっぱいなのに勿体無い。

141 :ふらんす書院:03/04/26 21:30
最近はこんな小説も書いているみたいです。
http://www10.plala.or.jp/the-vsop1985/

142 :名無しのオプ:03/05/01 18:02
「食べられた男」の中で、かつて男に乱暴された経験がある妻が
そのトラウマで旦那との行為を拒否するっていう話、
昔、川上麻衣子主演でドラマ化されてたの覚えてる。


143 :名無しのオプ:03/05/08 01:29
「Aサイズ殺人事件」読んだよ。
自分も囲碁を打つんで、結構楽しかった。
ただ世代的にというか(メール欄)はワカランですよ。

144 :ねつてつ:03/05/08 01:36
「Aサイズ殺人事件」は、発表の時期を考えるなら、かなりいい短編集です
よねー
そういや、マッチから安楽椅子的な推理を繰り広げるというショート・ショー
ト並に短いのも、なにかで読んだよ^^

145 :名無しのオプ:03/05/08 01:50
奇妙な味の話は昔、沢山読んだけど
最近までミステリ書いてるって知らなかったからなぁ。
「Aサイズ」は和尚が出すキーワードが面白くて良かったよ。
推理に集中すると着手が鋭くなるっても良かったな。
俺だったら絶対無理だな。長考しまくったあげくにヘボ手打つのがオチだ。

146 :名無しのオプ:03/05/24 02:08
新刊出た?

147 :名無しのオプ:03/05/24 16:44
27日発売でつ。

148 :コギャルとH:03/05/24 16:57
---------------------------
特選出会いレンタルシステム
女性、初心者でも運営可能!
http://asamade.net/web/
やればやるだけ儲かるHP作成無料
サイト報酬+代理店成功報酬の2つ
で儲けれる!・・・・・・・・・・・・・・・・・
月収100万円らくらく稼げる!”
----------------------------------
・・・・見るべし見なけりゃ存しますよ〜イチオシ
http://www.asamade.net/cgi-bin/pc_i_j_ez-index.cgi
--------------------------------

149 :名無しのオプ:03/05/24 21:17
思い出すなぁ〜高校時代
私の初・阿刀田作品は、図書室の新刊書コーナーに置いてた
「ギリシャ神話をしってますか」でしたよ
阿刀田作品は短編もイイけどエッセイも好きでした(過去形)

150 :山崎渉:03/05/28 12:10
     ∧_∧
ピュ.ー (  ^^ ) <これからも僕を応援して下さいね(^^)。
  =〔~∪ ̄ ̄〕
  = ◎――◎                      山崎渉

151 :名無しのオプ:03/05/29 21:00
「花あらし」発売中。

152 :名無しのオプ:03/05/31 06:25
未読・・・。

153 :名無しのオプ:03/06/02 17:03
ここ数年読んでなかったけど
なんなの?今の落ちぶれようは・・・

154 :名無しのオプ:03/06/04 01:22
新作駄目??

155 :名無しのオプ:03/06/05 18:24
「やさしい関係」が最後の傑作かな

156 :名無しのオプ:03/06/09 00:20
「花あらし」買ってきた。
「泣ける」ってコピーがついに阿刀田まで……

内容はまあまあ。往年の切れ味の良さはないけど
それなりに楽しんだよ。

157 :名無しのオプ:03/06/09 04:48
阿刀田作品で一番読むべきは何でしょうか?
随分前に「恐怖同盟」という作品を読んだのですが正直あまり記憶に無いです。
ファンの方、是非お薦めをお願いします

158 :名無しのオプ:03/06/09 06:10
「一ダースなら怖くなる」「ナポレオン狂」「恐怖夜話」「ブラックジョーク大全」
をお薦めします。
雑学書なら「詭弁の話術」
古いもんばっかだけど。

159 :名無しのオプ:03/06/10 00:11
>>158
ありがとう。
「一ダースなら怖くなる」読んでみます。

160 :名無しのオプ:03/06/24 22:03
「花あらし」の帯文句に偽りありです。
泣けるか?アレで・・・・
とりあえず、
「迷路」と「予言の研究」と「明日の新聞」が好き。
この人の短編は手堅くて質はそれなりに保証されているので
安心して買える。
今回も良かったよ。

161 :名無しのオプ:03/06/27 21:39
「楽しい古事記」発売中。

162 :名無しのオプ:03/06/28 10:25
「耳」が一番インパクト強かったです。
ブラック足長おじさん……実際にありえそうなところが怖ろしい。

あと、タイトル忘れましたがオウムの話。
かつて関係を持った女が飼っていたオウムをペット屋で見つけた。
オウムの言葉に艶っぽい記憶を呼び覚まされる男だが、事実は……


163 :名無しのオプ:03/06/28 15:52
>>162
「歌を忘れない鸚鵡」

164 :名無しのオプ:03/06/28 21:50
「耳」と「歌を忘れない鸚鵡」はそれぞれ何というタイトルの本に収録されていますか?
また、それらは現在でも新刊書店で手に入りますか?


165 :名無しのオプ:03/06/30 20:50
>>164
「耳」は「恐怖同盟」(新潮文庫)に入っていて、品切れ中。
「歌を忘れない鸚鵡」は「冷蔵庫より愛をこめて」(講談社文庫)に収録。
これは入手可です。

166 :164:03/06/30 21:01
>>165
ありがとうございました。

167 :名無しのオプ:03/07/03 00:44
1、2冊除いて多分全部単行本で持ってます。
このスレ見つけてすごく嬉しい。
「Aサイズ」から入りました。やっぱり昔のほうがいい様な気がします。
「縄」とか「妖虫」も怖いですよね。
昔ラジオで「自作を語る」っていうのやってて、初めて声聞いたとき、円楽に似てる
と思いました。

168 :名無しのオプ:03/07/07 06:37
「冷蔵庫より愛をこめて」って入手不可じゃない?
ブクオフにはあるけど

169 :山崎 渉:03/07/15 10:33

 __∧_∧_
 |(  ^^ )| <寝るぽ(^^)
 |\⌒⌒⌒\
 \ |⌒⌒⌒~|         山崎渉
   ~ ̄ ̄ ̄ ̄

170 :山崎 渉:03/07/15 13:33

 __∧_∧_
 |(  ^^ )| <寝るぽ(^^)
 |\⌒⌒⌒\
 \ |⌒⌒⌒~|         山崎渉
   ~ ̄ ̄ ̄ ̄

171 :名無しのオプ:03/07/21 02:16
きゃぁ〜うれしい!
いつの間にか阿刀田スレがたっていた。

阿刀田作品大好きです。
「奇妙な味」ジャンルの短編作品が好きです。
でも、最近は奇妙ジャンルの著書があんまり無くて残念です。

10年ほど昔になりますが
読売新聞日曜版で連載していたエッセイは単行本になったんでしょうか?
あのエッセイ面白かったからもう一度読みたいです。

172 :名無しのオプ:03/07/21 17:46
>>171
「ミステリーのおきて101か条」(角川文庫)。
101は間違ってるかも知んないけどそういう感じのタイトルです。

173 :名無しのオプ:03/07/22 11:50
>172
ありがとう!
さっそく探してみます。

174 :名無しのオプ:03/07/25 03:32

「氷のように冷たい女」 怖いけど面白い。
今の季節にぴったり。

解決のヒント.......マグロ。   

175 :山崎 渉:03/08/02 02:05
(^^)

176 :山崎 渉:03/08/15 16:02
    (⌒V⌒)
   │ ^ ^ │<これからも僕を応援して下さいね(^^)。
  ⊂|    |つ
   (_)(_)                      山崎パン

177 :名無しのオプ:03/08/16 11:02
教養書は頻繁に文庫化してるけど、小説の文庫化キボン。

178 :名無しのオプ:03/08/19 14:51
お盆に実家に帰ったので古いのを出して読んでました。
ちょっぴりHな話が昔に比べ減ったなあ。歳だからかな。笑

179 :名無しのオプ:03/08/28 16:44
阿刀田の後継者はいないものか

180 :名無しのオプ:03/08/28 17:17
短編をほとんど読み終え、長編に入ったらハマリました。
「新トロイア物語」を是非オススメしたい。

181 :名無しのオプ:03/09/17 11:51
ネタばれしてるじゃねえか。
これじゃあ未読の香具師は寄り付かないよ


182 :名無しのオプ:03/09/19 23:02
短編から入った人間としては、
「Vの悲劇」で長編は読むのやめようと思ったんだが。

183 :名無しのオプ:03/10/04 19:25
20質スレでいつも「スレのない作家」に数えられてしまうのでage。

岩波の「図書」に向田邦子のことを書いたエッセイが載ってました。
短編の書き方について、で阿刀田氏らしかった。

184 :名無しのオプ:03/11/10 16:14
「黒い自画像」を途中まで読みました。
が・・・ブラック感が無く
物足りない感じ。
ちょっと期待はずれでした。

185 :名無しのオプ:03/11/17 06:38
新作?

186 :名無しのオプ:03/11/17 19:22
大阪芸術大学の紀要「河南文藝」2003秋号に短編が載ってるよ。
市販されている雑誌で、アマゾンでも買える。
「掌の哲学」ってタイトルなんだけど……この人も老けたなあ。
また「メール欄」かよ!

187 :名無しのオプ:04/01/04 19:26
西村寿行の長編物を読んだ後に
阿刀田さんの短編を読むと何故かホッとするのは
俺だけだろうか・・・。

188 :名無しのオプ:04/01/29 23:00
「真夜中の料理人」を高校の学園祭の舞台でやりました。
懐かしい・・・・。

189 :名無しのオプ:04/02/17 21:02
渋っ!

190 :名無しのオプ:04/02/17 22:06
>>188
カッコイイ!

191 :名無しのオプ:04/02/25 20:41
直木賞の二人についてのコメント、えらそうだった。


192 :名無しのオプ:04/03/13 23:49
記憶が怪しいので教えて下さい。
ゲランの香水「ナイトフライト(Night Flight)」もしくは
「ボルドニュイ(Vol de Nuit)」の日本語訳について。

「夜間飛行」と訳してあって飛行機みたいだけれど、本当は「夜 飛ぶ」の意味で、
すれ違ったご婦人の残りがが云々、とかいう非常にロマンティックな名なんだよ

みたいな話を書いたのは、阿刀田先生ですか?
小ネタとして使いたくて、ググってみたら、ゲランは最初から飛行機の話
(サン・デグジュペリの「夜間飛行」)の為にこの香水を作ったらしくて。
こんな勘違いをどこで読んだんだろうと悩んでいます。

阿刀田先生、「夜間飛行」という作品も書かれてるし、これかなと思うんですけれど、
手元になくて確かめられないんです。
どなたか助けて下さい。

193 :名無しのオプ:04/03/14 00:34
>192 何か読んだような気がして探してしまったが……。
「夜間飛行」自体は

ガラスの肖像 / 阿刀田高. -- 講談社, 1982.6
ザ・エンターテインメント1982 / 日本文芸家協会. -- 角川書店, 1982.7

に収録されているみたいですが、自分も手元に無いです。
エッセイで読んだような気がしてぱらぱら見てたのですが
見つからなかった。
なんとなく講談社文庫の短編集に入っていた別作品のマクラの
ような気もするんですが。
役に立てませんでスマソ

文庫化された「陽気なイエスタデイ」今日買ってきました。

194 :名無しのオプ:04/03/14 01:20
>>192
阿刀田先生なのは間違い無いと思います
新潮のエッセイ集じゃなかったかな、読んだ記憶がある
左巻きの時計かなんか

10年くらい前に香水の夜間飛行の話になって
そのエッセイの知識を出したら違うだろと却下された

195 :名無しのオプ:04/03/14 02:13
はるか昔に、氏が我が高校の文化祭に講演に来た。
その後サイン本即売会がありAサイズを購入。一筆書いて
頂き握手もしてもらった。その時の女性のような華奢な手の
感触が忘れられないです。あんな手から、妖しい文章が紡ぎ
出されるか、と。


196 :192:04/03/15 01:04
 有難うございました。色々とお手間もお掛けしてしまったようで……。

 やっぱり阿刀田先生だったんですね。
しかし、編集の方とか誰も突っ込まなかったんだろうか。
こうして信じてしまった読者もいると言うのに(苦笑)。

>195
 羨ましい!!
 私は6年くらい前に隣の市の図書館にいらっしゃる情報だけ得ました。
市民じゃないから公演を聞けなかったのだ……。

197 :名無しのオプ:04/03/18 04:51
あ!、とうだ。

198 :名無しのオプ:04/03/19 12:30
前に新聞(確か日経)読んでたら、阿刀田某という記者の
記事があったんだが、親類の人だろうか?珍しい苗字だし。
ってゆーか、阿刀田って本名か?

199 :名無しのオプ:04/03/19 21:33
>>198
本名ですよたしか。
エッセイで「阿刀田姓の人には会ったことがあるのに視聴率調査の
機械が入っているという人には会ったことがない」って書いてた気がする。
たいてい遠い親類だそうだけど。

200 :名無しのオプ:04/03/22 08:44
保守ついでに200

201 :名無しのオプ:04/03/25 11:31
アゲとくか

202 :名無しのオプ:04/04/03 20:18
別スレでナポレオン狂をお薦めして貰い読了した者です。
この手の話って普段読まない所為か
感想が言い難いのですが、語弊覚悟で書き込むと…

面白いし、この作家のファンがいるのは解るんだけど
夢中にはなれない、自分には合わなかったです。
論理的な本格系のファンなので、その結末はないだろう、みたいな。
ミス板で教えて貰ったから変に心の準備をつけたのがマズかったのかも。
でも予め自分の中で断った上で再読すると、やっぱ面白かった、みたいな。
(自分で何言ってんのか解らなくなってきた…)

そういえば筒井康隆読んだ時もそんな感じだったなぁ。
でもこの作品の方がオチがピシッとまとまっている感じがする。

あと、解説に載ってた【ブラックジョーク大全】のサンプルに爆笑。
今度買いに行こうと思いますた。

203 :名無しのオプ:04/04/04 22:33
>>202
あー、そのスレ(読書会スレかな?)で勧めた者です。
私も本格も好きですが。

短編作品の中では阿刀田高は論理的な方だと思います。
トリックとかアリバイとかいう意味ではなくて、物語の中での
フェアさ、伏線とオチの整合性などにかなりこだわっている
作家なので。
ミステリの書き方のエッセイなどにその辺のことが
書かれていて、これもおもしろいですよ。

初めて読んだ方の感想が聞けて興味深かったです。

204 :名無しのオプ:04/04/05 12:56
創元推理文庫で「Aサイズ殺人事件」デル――

205 :名無しのオプ:04/04/06 00:04
>>203
アンフェアではないね!
この人のオチで頭にきたことは一度もない!

>>204
いつすか?

206 :名無しのオプ:04/05/03 00:03
「コーランを知っていますか」読んだ。
面白かった。サウジアラビアに行きたくなった。

207 :名無しのオプ:04/05/05 04:49
昨日自転車に乗ってたら駅前で氏にそっくりな人見たんだけど違うかな。
ちなみにT横線のJ由が丘なんだけど。あれ、先生は成城だっけかな。違ったかな。

208 :名無しのオプ:04/05/07 15:30
この人、勘違いをそのまま書いちゃうことが結構あると思う。
上に出てた「夜間飛行」もそうだし、
ウェブスターの「あしながおじさん」の筋についても勘違いが……。
やっぱそこそこの大家だと編集者も注意しにくいのか。

209 :名無しのオプ:04/05/09 20:55
あしながおじさんについての勘違いって?

210 :名無しのオプ:04/05/15 15:42 ID:IiJ5Sacu
「瓶詰地獄」に「致命的な誤りがある」とか書いてたのも痛かった。

211 :名無しのオプ:04/05/21 14:18 ID:YYLJDwm9
>209
最後の方の展開について、阿刀田は
「ジュディは(正体を知らぬまま)あしながおじさんと結婚することにする
→なんと彼の正体は、愛し合っていながら喧嘩別れしたジャービィだった!
めでたしめでたし」だと思ってるってこと。
「相手が誰かも分からないまま結婚するなんて、
よく考えたら恐ろしい話だ」と言ってるからね。
まあ、その勘違いがなければ「耳」は生まれていない訳だが。

元・国立国会図書館勤務ってのを誇りに思ってるのか、
博覧強記を売り物にしたいような言説が目立つけど、
この人は決して読み巧者ではないと思う。
北村薫あたりを見習ってほしい。>210指摘のとこなんか特に。

212 :名無しのオプ:04/05/21 22:06 ID:+L34bgnJ
>>211
あしながおじさんの話は何に入ってますか?エッセイだよね?
「瓶詰地獄」の話、北村薫は「謎物語」で言及してましたっけ。

213 :名無しのオプ:04/05/21 22:07 ID:QpsX+cbn
>>204
もう発売していますか?

214 :211:04/05/21 22:20 ID:4DlKy8uZ
>212
エッセイでもあったね。「ミステリのおきて102条」だっけ?
小説では「恐怖同盟」収録の「耳」に出てくる。

215 :名無しのオプ:04/05/21 22:28 ID:+L34bgnJ
>>214
ありがd 読み返してみます。

「Aサイズ」、全然でないね。
買いのがしていたので待ってるんだけど、先月ぐらい創元の挟み込み広告で
「近刊」になってたきりな気が。

216 :215:04/05/21 22:40 ID:+L34bgnJ
わ、ごめん、創元のサイト行ったら発売中になってた。
書店行ってもぜんぜん見かけないんだけど……探してこよう。

217 :名無しのオプ:04/05/23 01:40 ID:Yn/px/bX
>>192
「ガラスの肖像」は口紅とか香水とか宝石箱とか
女性を連想させる小物をモチーフにした短編集で、
夜間飛行はゲランの香水の香りを元に阿刀田先生が作った話。
本文を引用すると

「ヴォル・ド・ヌイって言うらしいね、フランス語では。
夜間飛行って言っても飛行機とは何の関係もないんだ。
闇の中から甘い匂いが飛んでくるだろう、香水ってものは。
それを名前にしたんだな、きっと」

という文があるので、単に台詞の主が勘違いをしているという設定ではないかと。


って、そういうことじゃないか?違ったらスマソ。

218 :名無しのオプ:04/05/23 08:12 ID:mOM0A0Cy
でも、エッセイでも同様のこと書いてたよ>夜間飛行
やっぱ作者本人が勘違いしてるんだと思う。
なまじフランス語をかじってるだけに・・・・・。

219 :名無しのオプ:04/05/24 22:23 ID:10UQC8yy
本日本屋で「Aサイズ殺人事件」を発見!
この作品って買い?


220 :名無しのオプ:04/05/27 00:14 ID:Co1NApSZ
もち買い! 阿刀田なつかすぃ。昔よく読んだな。
このスレ読んで思い出した話、夫婦で旅行に行った先のホテルでタバコ好きの
ばあさんが目隠しで銘柄あてられるか賭けするってやつ知ってる人いる?


221 :名無しのオプ:04/05/27 00:26 ID:Ko4RexiS
>>220
ああーそれは「ギャンブル狂夫人」(「冷蔵庫より愛をこめて」収録)ですね。
私も大好きです。自作を解説するエッセイでも取り上げていたような。

Aサイズ、近所で手に入らないよ……

222 :名無しのオプ:04/05/27 01:48 ID:F6sxw2tu
Aサイズ読んでみました。
推理ものとしては問題ないかもしれないけど、物語が単調すぎませんか。
今まで買った阿刀田作品の中で、唯一金の無駄だったと感じました。
阿刀田ファンには受けない作品だと思ったんですけど、>>220を見ると自分の意見は少数派なのかも。

223 :名無しのオプ:04/05/27 04:40 ID:tn0JZcWy
>>222 自分はこの人の作品は短篇しか読んだことない・・・長編で何かお薦め、あるでしょうか?

224 :名無しのオプ:04/05/27 07:24 ID:OB2bFsWg
>223
何で222を読んでその質問なのかが分からない。

225 :名無しのオプ:04/05/27 13:36 ID:Co1NApSZ
>>221そーだ!ギャンブル狂夫人そんなタイトルだった。最初に読んだ阿刀田作品
はたしかKKベストセラーズの恐怖夜話ってやつ。奇仏山異聞って話が恐かった。

226 :222:04/05/27 20:19 ID:F6sxw2tu
>>223
>224で言われている通り、なぜ私に聞くのかわかりませんが、一応答えというか反応を。
個人的には奇妙な味の短編が好きで阿刀田高を読んでいるので、お勧め長編と言われても、
黒い箱と霧のレクイエムが確か長編だったなあ、と思い出す程度です。
ではこのふたつがお勧めかと聞かれると、個人的にはそれほど感銘を受けたわけではないので、
私よりも>>55を参考にした方がよろしいかと思います。


227 :名無しのオプ:04/05/27 20:25 ID:2r+BGMkD
私もほとんど短編しか読んでいません。
長編はたまたま購読してた新聞に載ってた「怪談」を読んだだけ。
通して読んだらまた印象が違うのかもしれないけど、なんだか冗長だった。
「ラフカディオ・ハーンを知っていますか」とか改題したらこれもまた違うかな。

228 :名無しのオプ:04/05/28 09:48 ID:DXwrNHnN
>>226 >>227 ふむ、ふむ、なるほど。やはり長編は避けるべきじゃなあ。ところで、阿刀田さんみたいな、出来の良い奇妙な味の短篇を書く、日本人作家っているでしょうか?星さんは知っていますが・・・

229 :名無しのオプ:04/05/28 23:30 ID:JCmlJptC
「Aサイズ殺人事件」読みました。昔図書館で借りたんだけど、ほとんど忘れてた。

……和尚、普通に聞けよ。
「葉桜の迷路」はそれだけ言いたいために「赤毛連盟」のネタバレをする必要が
あるのか問いつめたい。未読の方ご注意。

「過去を運ぶ足」収録のもそうだったけど、初期のいわゆるミステリーを意識した
作品は個人的にいまいちかなあ。トリックが唐突な感じで。

230 :名無しのオプ:04/05/29 16:34 ID:zobL4LOf
>>128の語っている2作品の正式なタイトルわかる人いますでしょうか?
>>134>>136でも話されていますが・・・
ちなみにデータベースです
ttp://www.ne.jp/asahi/kanikani/kani/atouda.html

231 :名無しのオプ:04/05/29 20:32 ID:Y1kimFXG
>>230
前者は「(一応メール欄)」(「ナポレオン狂」収録)だと思うけど
後者がわからないな。
そのサイトではちょっとタイトルが間違ってる……。

232 :名無しのオプ:04/05/29 20:58 ID:Y1kimFXG
連投スマソ
もう一つ、ここをみて思い出した。
ttp://homepage1.nifty.com/naokiaward/jugun/jugun81AT.htm

主人公は少年じゃないのだけど「冷蔵庫より愛を込めて」収録の
「海藻」かなあ。

233 :名無しのオプ:04/05/30 05:25 ID:kq6xOOMD
「Aサイズ殺人事件」買いなおしました。
文春文庫のほうは変色が激しかったので捨てましたが
昔は320円だったのかと、しみじみ・・・


234 :名無しのオプ:04/05/31 22:46 ID:PhgOSUOC
そういえば、短編の新刊が出たんですね。
今日、新聞広告に載っていました。

235 :名無しのオプ:04/06/01 22:20 ID:7tSf4XSX
>>231-232
ありがとうございます。冷蔵庫〜は持っていませんでした
>>228
山川方夫(やまかわまさお)さんなどはどうでしょう?
あまり文庫で出ているもののセレクトが良くないので、
たいていは図書館の閉架にある全集を読んでみるといいです。
冬樹社だと4巻、筑摩書房(←こちらも選び方が微妙ですが)だと3、4巻あたりからどうぞ
データベースです
ttp://homepage2.nifty.com/anzai/zensyu.htm



236 :228:04/06/02 20:05 ID:3AQk0vSy
>>235 どうもありがとうございます。参考にさせていただきますね。読んでみます。

237 : :04/06/03 16:22 ID:LHzdqoMU
日経新聞でギリシア神話の解説を始められましたよ。毎日連載。
楽しみに読んでます。挿絵もあるのでgood

238 :名無しのオプ:04/08/09 20:51 ID:VN1NpouT
「コーヒー党奇談」発売あげ

239 :名無しのオプ:04/08/10 16:45 ID:O8A1hTt2
阿刀田さんは古き良き時代の教養人って感じがするよねえ。
直木賞選考委員の良心とでもいいましょうか。

240 :名無しのオプ:04/08/15 21:30 ID:Pwd8K9An
「コ−ヒ−党奇談」ってさあ、短編ですよね?
エッセイではないよね?

241 :名無しのオプ:04/08/15 21:59 ID:qvMaYTTJ
>>240
短編集ですよ。まだ読んでないけど。

242 :240:04/08/16 20:52 ID:n12SQIMp
>>241
どうもです。
近いうちに読みます。

243 :名無しのオプ:04/08/17 19:45 ID:1RukjdSE
旭川で椎名誠氏と一緒に講演会をやるようなので。
抽選ですが
ttp://www.stv.ne.jp/event/stvevent/item/20040805221219/

244 :名無しのオプ:04/08/23 22:17 ID:WK4llabE
「コ−ヒ−党奇談」を5話まで読み終わりました。
なんか幻想的な話というか曖昧な終わり方をする話ばっかりで
なんかすっきりしない・・・・・
いや、悪くはないとは思うんですけどね・・・・・
6話以降に期待。

245 :244:04/08/27 21:41 ID:uAbebpI6
「コ−ヒ−」読み終わりました。
ウ−ン、今まで読んだ阿刀田作品で一番つまらんかも・・・・・
オチに全然ひねりないし、バレバレだしなんだかなあ。
無理やり気に入った話を挙げれば二つくらいかなあ。
残念無念。

246 :名無しのオプ:04/08/27 22:38 ID:fAYWEU0+
短編小説集は気楽によめていいね。特にこの人は読みやすい文章だし。
星新一は国語の教科書に乗っていたけど
阿刀田さんのはやっぱり載らないね。

247 :名無しのオプ:04/08/28 20:22 ID:0iua7aMV
>>246
確かにこの人の作品は読みやすい!
スラスラ読めるよ。
阿刀田さんの作品は男と女の話が多いから、教育的に問題なのでは?
だから餓鬼にふさわしくないということではw
星新一が教科書に載っているのは知らんかったです。

248 :名無しのオプ:04/08/28 20:47 ID:TigEt/uk
>>247
中学生の国語に星新一が載っていたよ。星さんはあえて男と女の話は
しない作風を心がけたと言っていた。
阿刀田さんの男と女の話を中学生に読ませたら教室がざわめきそうだ。

249 :名無しのオプ:04/08/28 21:10 ID:0iua7aMV
>>248
星新一はエロとは対極に位置していますよね。

阿刀田は浮気話とか痴話喧嘩話とか多いからねえ。
エロ描写もあるし、とてもじゃないが餓鬼には無理だろうね。

250 :名無しのオプ:04/08/28 21:29 ID:1sTtZwkB
「奇妙な味」の話はもうネタ切れだね。
同じネタで2度書いたりしてるし。

251 :名無しのオプ:04/08/28 21:35 ID:0iua7aMV
>>250
それは言えてる。
だってあんなに書いてるからね・・・・・

252 :名無しのオプ:04/08/29 00:08 ID:y79IlJrG
短編小説は体力がいるのかも。
若い頃の方が大抵の作家の短編はおもしろい。
でもまだ期待してしまうんだよ。

253 :名無しのオプ:04/08/29 12:15 ID:H1tlFdmi
ラジオ朗読にも良く使われるね。このあいだcbcラジオの
15分番組でアナウンサーが朗読していた。
TBSの深夜の朗読番組でも何度か使われていた気がする。

254 :名無しのオプ:04/08/29 21:46 ID:3MkWxHHy
「コ−ヒ−」は奇妙な味というより
幻想小説・・・・・

255 :名無しのオプ:04/08/29 21:52 ID:3MkWxHHy
>>253
TBSにそんな番組ありましたか?
日曜の夜22時5分からNHKで朗読番組あるのは知っていますが。
好きなのでいつも聴いてますw
前に小松左京の、現代の話なんだけど赤紙が送られてきて
赤紙を貰った人達が次々と失踪していき、日本人が
どんどん消えていくという話があり、怖かったです。
でもこの番組は奇妙な話は全然やってくれませんねえ・・・・・

256 :名無しのオプ:04/08/29 23:10 ID:H1tlFdmi
>>255
TBSラジオで平日23:40から20分間ラジオブックスという
番組があるんですが、だいぶ昔に阿刀田高の作品を
放送してましたよ。深夜なのでちょっと怖かったですw

257 :255:04/08/29 23:56 ID:3MkWxHHy
>>256
ああ、あります。あります。ド忘れしていましたw
というか、いつも聴いてますw
スイマセン・・・・・
ボケてきたわあ・・・・・
TBSのアナウンサ−が朗読している事が多いですよね。
というか、ほとんどアナウンサ−が朗読ですが。
たしか講談社がスポンサ−だったような気が。
ということは講談社から出ている作品をやったんでしょうね。
まさか阿刀田さんが取り上げられていたとはねえ。
聴いてなくて残念。
聴きたかったよ。

258 :名無しのオプ:04/09/01 07:07 ID:BNK4gpLL
>256
あと「夜のミステリー」というラジオは、都筑道夫御大が解説してた番組が
あったような。相当昔の話しで恐縮ですが。

259 :名無しのオプ:04/09/02 20:23 ID:0Xf0XgBq
>>258
知らないけど、是非とも聴いてみたい番組ですなあ。

260 :名無しのオプ:04/09/05 02:23 ID:KScsSoZW
『異形の〜』昔に読んで2年前に『アレクサンドロス〜』を読んだな
昔の作品は俺が若い事もあったけど勃起しながら読んでたよ
アレクはまぁまぁだった

261 :名無しのオプ:04/09/05 04:26 ID:xwa9NxlH
http://www5a.biglobe.ne.jp/~yrt/cd/sakuhin/list_a.htm
朗読CDみたいなものかな。
図書館によく置いてある。

262 :名無しのオプ:04/09/05 11:11 ID:IRMDO8OB
>>261
自分で買うには高いから図書館においてくれるとありがたいね。
うちの近くの図書館はカセットしかないや。

他の海外などのミステリー小説と比べて、文が短めで明瞭だから
阿刀田作品はラジオや朗読向きなんだろうね。

263 :名無しのオプ:04/09/08 00:06 ID:IxXbRwB0
こんなスレがあったのですね。嬉しい。
中学生の頃に角川ホラー文庫の短編集でハマりました。
恐い話が好きだけどグロは苦手なので、だんだん阿刀田作品だけ読むようになって。
でもホラー以外の長編が高校生には面白いと思えず、
阿刀田さん熱が冷めました。
が、大人になってからガリバーやギリシア神話や聖書などで再燃しました!
勝手に「もう亡くなっている人」と思っていたら、新刊がたくさん出てて驚いたw
若い頃「つまんね〜」と挫折した作品も、今読み直してみると面白いもんですね。不思議。
OLですが、まわりの女の子は誰も阿刀田さん知らない&読む気ナッシングなのが悲しい。

264 :名無しのオプ:04/09/12 20:36:50 ID:G/tft6Tc
>>263
なんか阿刀田作品を読むOLさんっていいですね。
魅力的ですよw

今この人の短編を集めようといろいろ本屋を回っています。
今のところこの人の短編集は27冊ほど持っていますが、
まだまだ短編ありますね・・・・・

ところでこの人の長編ってどうなんでしょうか?
ちなみにまだ一冊も読んでいません。
なんか敬遠しています。
長編を一冊も読んだことないくせに、勝手にこの人は短編の人
と決め付けております。
だからどうも手が伸びないんですよね・・・・・
やはり短編の人ですかね?

265 :名無しのオプ:04/09/23 01:52:12 ID:6pvIgmNE
>>264
どうも、阿刀田作品を読むOLですw
>魅力的ですよw
結婚してください。

遅レスですが・・・
私も短編オンリーでしたが、長編もなかなかいけますよ。
難しいのは苦手なので、エッセイぽい口調のを選んで読んでいます。
色んな有名書物の解説シリーズありますよね。
ガリバー旅行記、アラビアンナイト、ギリシャ神話、シェイクスピアあたりは読みやすく面白かったです。
登場人物のセリフをすごく砕いて訳してあったり、
本当はこうだったんじゃないの?とつっこみ入れてあったり、
ちょこちょこ話が脱線してたり、と楽しく読めます。
なんか阿刀田さんて、かわいくて少しエロくてジェントルマンなんだな〜って印象持ちます。

新・旧約聖書、ホメロス、古事記 は私には難しくて、途中で飽きちゃいました。

266 :265:04/09/23 01:54:30 ID:6pvIgmNE

「、」の場所や日本語がおかしかったですね。
眠いためだと思ってください。おバカさ(ry

267 :名無しのオプ:04/09/26 03:59:23 ID:iL/zWye0
「ギリシア神話〜」おもしろい!と思ってスレを探して文学板、一般書籍、SF板と渡り渡ってミステリ板で
やっと発見。
怖い話目当てで読んだ「あやかしの声」(文庫)は正直いって自分のなかでは微妙な位置だったけど、
「ギリシア〜」は読んでよかったと思った。現在「ホメロス〜」を読んでる。
まだ文庫二冊しか読んでないけど、読んでいくほどに作者に親近感が湧いてくるね。けっこう当たり外れ
もあるみたいだけどw
「ギリシア〜」みたいな語り口で北欧神話の解説本書いてほしいなぁと思ったけど、この人の書く文章には
合わないかな。血なまぐさい感じがするし。

268 :265:04/10/03 01:35:52 ID:QgPpaWMn
伸びないね・・・
阿刀田ファンは2chオチャー少なそうだもんね

269 :名無しのオプ:04/10/03 01:36:35 ID:QgPpaWMn
ぁぁ!クッキー食べ残し、そしてあげてしまったorz

270 :名無しのオプ:04/10/03 02:33:09 ID:YpEIxol9
>>269
2chブラウザ使ってるけれど、やっぱり上位じゃないと目に付かないです。
あなたのおかげで阿刀田スレを見つけることができましたよ。

271 :264:04/10/03 21:55:56 ID:TDTjzu0X
>>265
いえいえ、こちらこそ結婚お願いいたしますw・・・・・

渋谷と新宿のでかい本屋を何軒も回ったけど、この人の本って
あんまないよ。
とても全部揃いそうもない。
取り寄せてもらえば、まあ揃うかもしれんけどなあ。
好きな作家の本を古本っていうのも、神経質な自分には無理だしな。
以上、一人言です・・・・・・

272 :名無しのオプ:04/10/20 21:04:03 ID:HIWHOhh2
アゲ進行でいかなくちゃあ―


273 :名無しのオプ:04/10/20 21:11:04 ID:HIWHOhh2
推理作家協会元会長だから
ミステリー板でいいんだよなあ
今は『ホメロスを楽しむために』を読んでますが
カタカナが多いとヤッパリしんどい。

274 :名無しのオプ:04/10/20 22:06:07 ID:HIWHOhh2
阿刀田高あるあるシリーズ

コーヒーはブルーマウンテンでなくちゃあ

275 :名無しのオプ:04/10/20 22:24:10 ID:HIWHOhh2
阿刀田あるあるシリーズ

新宿五反田以西の私鉄沿線イニシャル駅

276 :名無しのオプ:04/10/20 22:33:01 ID:GrrB+LCb
コーヒー好きなんですかね。
作品にも最近の「コーヒー党奇談」のほかにも
「コーヒーブレイク11夜」とかあるし。

トーストはバターを付けてから焼く。
美味しそうだと思った。

277 :名無しのオプ:04/10/20 22:46:56 ID:HIWHOhh2
表参道近くの喫茶店に銀座のママ呼びつけて
「コーヒーはこのへんで飲まなくちゃあ」とか言ってそう。
「どうして?」
とかママが聞くんだよ。

278 :名無しのオプ:04/10/20 22:58:14 ID:HIWHOhh2
そしてママは東急東横線沿線の
マンションに独り暮らしのパターン

279 :名無しのオプ:04/10/21 13:14:07 ID:QHOWAEGY
阿刀田あるあるシリーズ

透明な肌に青い静脈がうっすら浮かび上がる
腺病質な美人

280 :名無しのオプ:04/10/22 00:05:02 ID:bZm6+WqW
前にもでてきたが、
やはり
「狸顔の愛嬌のある女」

281 :名無しのオプ:04/10/22 02:25:06 ID:w0TXqAgM
確かに狸顔が好きだという話は読んだ記憶があるなあ。
わりとポッチャリが好きなんすかねえ。
ウフフ笑い系の愛嬌を女性に求める傾向はありますね。

阿刀田あるあるシリーズ

鼻がツンと上を向いて胸がツンと上を向いて性器に想いをはせる。

282 :名無しのオプ:04/10/22 02:29:53 ID:w0TXqAgM
ホメロスに
「よすぎて、よすぎて、鳥が鳴く」
っていうのがでてきたけど
他でも使ってなかった?

283 :名無しのオプ:04/10/22 21:38:17 ID:v1B7Ont2
こんなスレ、あったんだ。1さんありがとう。
一度、阿刀田氏の声を聞いてみたいです。
相当な美声らしいですね〜。電波に乗りやすい、とかいう評判の。

阿刀田あるあるシリーズ

それが親分大笑い。

284 :名無しのオプ:04/10/22 22:19:27 ID:t5MeL9qN
>>283
たまにNHK教育に出ていたりしまする

285 :名無しのオプ:04/10/22 23:58:27 ID:w0TXqAgM
あるある。
たたき売りみたいな合いの手というか掛け声。

286 :名無しのオプ:04/10/24 07:36:47 ID:PVnjh25c
阿刀田あるあるシリーズ

日光駅の一つ手前

287 :名無しのオプ:04/10/26 01:04:58 ID:cwDxuQI0
日光駅の一つ手前でなにするんだろ

288 :名無しのオプ:04/10/26 23:00:32 ID:N+u1rg3g
日光駅の一つ手前の駅名は?

289 :名無しのオプ:04/10/27 01:00:36 ID:d5Mfr/TM
東武だと「上今市」

290 :名無しのオプ:04/10/27 23:48:57 ID:DrcM6XE1
日光駅の一つ手前のK駅で…

291 :名無しのオプ:04/10/28 01:01:21 ID:LKUduLKD
あるあるシリーズ。前にも出てたかもしれないが、

違うだろうか。
↑この表現、柔らかくて好きです。あとは、

サクリ
↑ベッドシーンのときによく使われるような気がします。




292 :名無しのオプ:04/10/28 23:09:22 ID:LKUduLKD
あるあるシリーズ。
―しまった―


293 :名無しのオプ:04/10/29 03:11:41 ID:6qc+mJjQ

―― ○○○ ――


294 :名無しのオプ:04/10/29 12:50:58 ID:BoV5EajG
違うだろうかの用法
―自分の体験で得てきたジンクス(←あるある)や法則、
あるべき在りようのようなもの。違うだろうか。―

サクリはキクンの仲間?

うっかり屋さんの主人公がいるいる。
ひどく大事な用をしくじると
―しまった―と心で叫んでしまうかも。

295 :名無しのオプ:04/10/30 01:02:35 ID:juuZEEUu
キクンはあるねえ。

トイレは「トイレット」って書くよね

296 :名無しのオプ:04/10/30 21:53:23 ID:ZJTM7tFJ
トイレットはあるあるだねえw

297 :名無しのオプ:04/10/30 22:35:26 ID:9s77kGPv
あははは。
トイレットあるある!
昭和40年ごろはトイレットって呼称が
一般的だったのかな。


298 :名無しのオプ:04/11/01 13:20:45 ID:CDQD5FiV
サクリはキクンの仲間ですー。
亀裂がどうたらこうたらというときに。
キクンもよくありますね〜。

あと妻といわずにワイフ。

299 :名無しのオプ:04/11/01 22:40:43 ID:/2dJS880
ワイフってよく言うねえw

300 :名無しのオプ:04/11/04 20:55:11 ID:bh3d3DR6
タカシはワタシの睡眠薬。
寝る前にショートショートを1話、必ず読むようにしているのよ。
今日の睡眠薬は「あやしい食品店」

301 :名無しのオプ:04/11/07 10:54:25 ID:bdFLuYiu
阿刀田高が夢野久作の「瓶詰の地獄」を批判してるけど、その理由が
「無人島で暮らしている2人だけの幼い兄妹が、あんなに難しい文章を書けるわけ無い」
とか「近親相姦が悪い事という倫理観を持っているのはおかしい」っていうんだけど、
あれは遭難したときに唯一持ってた本が「聖書」で、それを読んで字を覚えたっていう
設定(昔の本は全ての漢字にルビが振ってあるからね)だったはず。
だから第3の手紙なんかは「聖書」的な文章で書かれてるし、近親相姦が悪だって倫理観も
「聖書」から得てるんでしょ。
阿刀田ってかなりの小説読みの名人ってことになってるし、たしか宮部みゆきの師匠にも
当たるはずだけど、この程度のことも読み取れないんじゃ、ダメなんじゃないの。
阿刀田の作品自体は好きだし上手いと思うから、よけいにこのことが気になってしまった。

302 :名無しのオプ:04/11/07 16:12:09 ID:hq389lNV
阿刀田さんのエッセイ読んで
香水の夜間飛行の名前の由来を間違って覚えてしまった

けっこう勇み足(なのか故意なのか)な解釈はありますね

303 :名無しのオプ:04/11/09 01:09:38 ID:WbR4g38K
>301
>阿刀田ってかなりの小説読みの名人ってことになってるし
なってないと思う。本人がそうにおわせてるだけ。

304 :名無しのオプ:04/11/09 11:24:03 ID:J74bWiFV
ちょっとこの人が直木賞選考委員であることが不安になってきた。

305 :名無しのオプ:04/11/09 22:14:15 ID:JOsx2Kv3
>>300
なんか怖いw

306 :板ルール変更議論中@自治スレ:04/11/21 21:09:16 ID:VrxhybwN
あるあるシリーズ。

―悪くない―

307 :板ルール変更議論中@自治スレ:04/11/22 00:50:09 ID:9s9RO6eu
女性を賞味したときなどに多いですね

308 :名無しのオプ:04/12/19 02:30:42 ID:qwKlpHtu
あるあるシリーズ。

「くの字」


309 :名無しのオプ:04/12/23 15:56:49 ID:3o36Fz+C
新刊「殺し文句の研究」( 新潮文庫)をぱらぱら見たら
昔のエッセイの合本再刊だったので買わなかった。

あとがきに「エッセイは若い頃書いた物だと今との差を感じる」
というようなことが書いてあって、小説はそうでもない、と
あったけど小説こそ年が反映されているような気がする。
「ナポレオン狂」はやっぱり若いころの作品だと思う。

310 :名無しのオプ:05/01/08 06:27:07 ID:NMsWIGQ4
>>303-304
だからこそ、この体たらくなんじゃないかな今の直木賞。

311 :名無しのオプ:05/01/15 23:52:50 ID:coxZl0Iu
ここが、森博嗣に、ひとつも傑作がないといわれた先生のスレですよね。

312 :名無しのオプ:05/01/18 01:11:42 ID:ycKvS3zO

 そうだとしたら、なんなんですか

313 :名無しのオプ:05/01/19 00:53:29 ID:hZ0zCzxl
ショートショートの広場の話はここでいいんだろうか

あれたまに「パクリ?」「元ネタってあれか?」みたいのがある。
例えば14巻にあった、珍走に悩む住民の一人が我慢できなくなって

(以下ネタばれ)
首の高さに張ったピアノ線で無関係のバイク乗りが首チョンパ。
でも知らずにそのままバイク乗っててお巡りさんに止められて
チョンパ首の入ったヘルメット渡されて「ああ・・」。

ノイローゼの住民がピアノ線張って一般バイク乗りが首チョンパってのは実際にあった。
これくらいいいのかなあ。

314 :名無しのオプ:05/01/22 10:24:30 ID:ULKhQfJG
脳みその研究
図書館で借りたけど、「・・・」。
いまいちでした。
母さんの皮膚でつくる本カヴァー。 腐らないの?

315 :名無しのオプ:05/01/24 22:07:39 ID:Iy4sDRVN
阿刀田高スレ発見して感激です。

去年、本好きな大学の友人に「アンタなら絶対ハマる!」と薦められて、20歳にして初めて阿刀田ワールドに足を踏み入れました。
それ以来友人よりもハマっていますw
私の性格をよく知っている友人に感謝。

微妙にあるあるシリーズ。

アイリッシュコーヒー

>>311
釣りの可能性覚悟でレス。
森博嗣と阿刀田ってタイプが違うから、「傑作」の感覚が違うんじゃないの?

316 :名無しのオプ:05/01/24 23:33:29 ID:jf7aFZqO
>>315
とりあえずロアルド・ダール『飛行士たちの話』の阿刀田解説を読んでください。
この解説を読んだ森が「不快だ」「解説をたのんだ人が間違っている」といったのです。

317 :315:05/01/25 14:32:11 ID:LAompQDH
>>316
なるほど。今度読んでみます。
しかし、その件と「傑作がない」発言は、関係が無いと言うかただの私怨のような気がするというか。。。

318 :名無しのオプ:05/01/25 14:49:29 ID:8wnReaH7
自分の中では活躍の年代的に森ってのは阿刀田の後輩だと思ってたから
なんかそんな発言よくするなあって感じだ

319 :名無しのオプ:05/01/25 18:15:38 ID:cL3Y7wWG
森読んだことないし……どうでもいい。
阿刀田本人も気にしてないだろ。

320 :名無しのオプ:05/01/27 00:31:28 ID:kxKEV7WD
>>315


    「ダールの『飛行士たちの話』にある阿刀田高氏の解説は、ダール・フ
   ァンとしては不愉快でした(途中で読むのをやめました)。森はダールの本
   は4冊しか読んでいませんが駄作を1作も見たことはないし、阿刀田高氏
   の本は2冊しか読んでいませんが傑作を1作も見たことはありません。こ
   れは同調周波数の違いで、阿刀田氏を非難しているのではなくて、筋違い
   の解説を企画した編集部のミスでは、と思われます。」

            ――森博嗣「毎日は笑わない工学博士たち」幻冬舎――

321 :名無しのオプ:05/01/27 09:40:47 ID:yLfuw9wn
森の意見はわかったけど、それ貼り付けてる人は阿刀田読んだことあるの?
読んでつまらないと思ったら自分の言葉で表現してもらいたい。

322 :名無しのオプ:05/01/27 12:39:51 ID:w06fTiXA
>321
張り付けてる人って、まさか320のこと言ってるのか?
わざわざ張ってくれた人になんてこと言ってんだ?

323 :名無しのオプ:05/01/27 20:54:39 ID:QM8Ql1+H
阿刀田の話しようぜ。

324 :名無しのオプ:05/01/27 21:00:31 ID:dEWU/Go5
オール読物2003年2月号にて、新作掲載。
「修善寺にて」
ttp://www.bunshun.co.jp/mag/ooruyomimono/

325 :名無しのオプ:05/01/30 23:36:01 ID:xU3Z+oZL
>>322
サンクス。借りができたな。かならず返す。

326 :名無しのオプ:05/01/31 01:10:45 ID:dED1afLR
すまん。

おれ、今まで、ブックオフで見かけるたびに「アトダ コウ」って・・・
今度、買って読んでみるよ・・・

327 :名無しのオプ:05/01/31 01:31:10 ID:F/0MPuiQ
昔持ってた「真夜中の料理人」を買ってみた。久々に読んだらやっぱり面白かった。
昔読んだ「冷蔵庫から愛をこめて」やタイトルは失念したけどショートショートがたくさん収録された文庫本等も面白かった。
このスレ見つけて一通り読んだら阿刀田作品をまた読みたくなったよ。

328 :ネタバレスレ議論&投票中@ローカルルールスレ:05/02/06 23:59:25 ID:3bk1Rkwf
森に限らず、阿刀田の本に影響うけたとかリスペクトしてる作家て出会ったことないね

329 :ネタバレスレ議論&投票中@ローカルルールスレ:05/02/07 13:39:04 ID:OMARbVjE
タカシもヒロシもどっちも読む俺って…
味わいは違うが、どちらも好きなんだが。

330 :ネタバレスレ議論&投票中@ローカルルールスレ:05/02/07 20:25:15 ID:f4C+/8lz
野坂昭如先生は「阿刀田高は日本に初めて現れたブラックユーモアの天才」って言ってる。

331 :ネタバレスレ議論&投票中@ローカルルールスレ:05/02/07 23:03:20 ID:zibf12u4
なんだかんだいって奇妙な味の短編を書かせたら阿刀田に勝る作家はなし・・・・
今はかなりアレだけどね・・・・・

332 :ネタバレスレ議論&投票中@ローカルルールスレ:05/02/08 00:26:42 ID:YkdGliPe
野坂か・・・もっと年下の作家はいませんか。

333 :ネタバレスレ議論&投票中@ローカルルールスレ:05/02/08 01:05:03 ID:2oBUjvyz
>阿刀田
この名前に個性はある。
それは認めるよ。

334 :ネタバレスレ議論&投票中@ローカルルールスレ:05/02/09 21:50:46 ID:IRruUJ8T
>>276-277
4ヶ月前の話題で恐縮ですが、今日初めてココ見つけたもので。

エッセイに乗ってた青山のヨックモックのモーニングセットのトーストを
食べたくて問い合わせたら「今はやってません」と言われました。
「好きな作家のエッセイに書いてあったんですけど...」って言ったら
「随分前の話ですよね」と言われました。
似たような問い合わせがあるのかなー


335 :ネタバレスレ議論&投票中@ローカルルールスレ:05/02/11 23:08:20 ID:l+RtG75W
懐かしいな、学生の頃よく読んでました。
「歌を忘れない鸚鵡」がせつなくて好き。

でもこの人、登場人物の服装の描写を結構詳しくするけど、
なんかいつも微妙に変な感じ。色の合わせ方とか・・・
ファッションセンスはあんまり良くないのかなと勝手に思ってますがどうでしょ?

336 :ネタバレスレ議論&投票中@ローカルルールスレ:05/02/12 01:39:28 ID:qTA3zvDA
>>335
もう70近いおじいちゃんですもの(^^;

私は旅に出た先の不思議な話系がなぜかとても好きで何度も読み返してしまってます。最近の作品では「コーヒー党奇談」の「水の流れのように」、古くは「真夜中の料理人」の「帰り水」など。
「帰り水」は何十回読み返したかわからないくらい。
とても知的で緻密な文章力がこういうストーリィに使われるのが新鮮に感じます。

337 :ネタバレスレ議論&投票中@ローカルルールスレ:05/02/13 00:16:11 ID:QahNDyde
ほぅ

338 :ルール変更議論中@ローカルルールスレ:05/02/17 18:50:08 ID:adg2s0SJ
いまコーヒー党奇談読んでます。
青山ジョークはよく見ていましたが
日本橋ジョークとセットだったんですね。
日本橋の原典がよく分からないんですけどお座敷遊びのセリフかなんかですか?

ホテルの廊下を「不気味」という言葉で表現できるのは先生ぐらいでしょうね。

歌を忘れない鸚鵡は、避暑で行ったことがあるんですが、軽井沢の別荘地の湿度と冷気を思い出させる作品でした。

あるあるシリーズ
ストーリ「ィ」



339 :ルール変更議論中@ローカルルールスレ:05/02/17 22:21:52 ID:XpeZUmtH
あるあるシリーズ18禁
肉厚の椎茸のような……

340 :ルール変更議論中@ローカルルールスレ:05/02/18 07:41:30 ID:lvMJgIcS
>>326
エッセイで
名前を「あと抱こう」って覚えてもらったとかいうのがあった

341 :ルール変更議論中@ローカルルールスレ:05/02/18 19:14:13 ID:B8Ud2tcE
朱い旅を読んだ方はいますか?

342 :ルール変更議論中@ローカルルールスレ:05/02/20 10:44:32 ID:gOW3YMO+
うちのばあちゃん(76)は「アトウダコウ」といいます。
母さん(43)は「アトダタカシ」といいます。
父さん(45)は「アトウダヒロシ」といいます。
僕は人を信じられなくなりました。

343 :ルール変更議論中@ローカルルールスレ:05/02/20 11:11:13 ID:+9S/2Ie4
ヒロシはお亡くなりになった
双子の兄か弟じゃなかったっけ?

344 :ルール変更議論中@ローカルルールスレ:05/02/20 13:43:46 ID:rjspki/j
>>343
技術者だった父の「最初に生まれてきた方が兄に決まっとる」
というのがなんだかおかしかった。


345 :ルール変更議論中@ローカルルールスレ:05/02/20 23:39:11 ID:J25B+YtA
>>341
地図をぬりつぶしていく話だよね?
読み終ったあと寂しい気持ちになるよね

346 :ルール変更議論中@ローカルルールスレ:05/02/21 15:20:16 ID:mNg9MGSh
「ちょっと高級な赤川次郎」って感じの作家だと思う。
どれを読んでもそれなりに安定感があって、
この手の本を読み始めたばかりの読者をハマらせるものはあるが、
それ以上のものはない。
本人はそれ以上の場所に行きたいんだろうけどね。

347 :ルール変更議論中@ローカルルールスレ:05/02/22 00:13:00 ID:gJnnCRIj
>>346
初心者にとりあえず全盛期の作品を読ませれば、
だいたい面白いっていうだろうね

348 :ルール変更議論中@ローカルルールスレ:05/02/22 20:59:13 ID:rOXMMnt/
>>345
ちょっと違うかな。

349 :ルール変更議論中@ローカルルールスレ:05/02/27 23:26:42 ID:hexxCaFI
おい、古田が阿刀田よんでるってよ。
http://blog.so-net.ne.jp/atsuya-furuta/

350 :ルール変更議論中@ローカルルールスレ:05/02/27 23:30:02 ID:OTdTU0Ma
阿刀田と清水か・・・話が合いそうだな。



話する機会なんて多分一生ないけど。

351 :ルール変更議論中@ローカルルールスレ:05/03/01 20:01:38 ID:dxLn3jZP
>>348
ごめん「ぬり絵の旅」だった。
前読んだけど内容忘れたなあ。
自分が無意識でやっちゃったんじゃないかという話でしょ?


352 :ルール変更議論中@ローカルルールスレ:05/03/01 20:08:30 ID:dxLn3jZP
あるあるシリーズ
饒舌な男

353 :ルール変更議論中@ローカルルールスレ:05/03/01 21:33:14 ID:Xpkr6BBr
古田は詭弁のなんとかを愛読書として挙げていた

354 :ルール変更議論中@ローカルルールスレ:05/03/02 00:09:31 ID:ClDcMy/f
>>353
阿刀田の本か?

355 :ルール変更議論中@ローカルルールスレ:05/03/02 09:28:17 ID:EiHz9Fpr
>>354
詭弁の話術―即応する頭の回転
阿刀田 高 (著)
解説は負け犬の遠吠えの酒井さんがなさってますね。



356 :ルール変更議論中@ローカルルールスレ:05/03/03 01:24:43 ID:JquwC6HG
小説じゃないのか。

357 :変更投票開始@ローカルルールスレ:05/03/03 21:50:23 ID:KfHIcvS+
マッチ箱の人生
の「マッチ箱」は田中角栄列島改造論演説が出典なんだな。
東京の人間はマッチ箱に住んでるうんぬん

358 :変更投票開始@ローカルルールスレ:05/03/03 21:54:46 ID:KfHIcvS+
詳細
「みなさん、東京や大阪や名古屋は、確かに非常に混乱をしておりますが、まだまだニッポンには、たーくさん土地がありますよ。
 それを新幹線に結べば、高速道路で結べば、飛行機で結べば、たいしたことはないじゃありませんか。
 みなさん、昼間から、朝から晩まで、ビルの中にだけ、マッチ箱の中にだけには住めないんです。
 そうすれば、周りに少しは緑のあるところを、考えねばどうするんですか。」

359 :名無しのオプ:05/03/20 15:34:57 ID:kYb23ipx
夢判断の中の「海が呼ぶ」って怖いね。
鈴の音がチリンチリンがハーンの「破られた約束」みたい(((( ;゜Д゜)))コワー

360 :名無しのオプ:2005/03/23(水) 21:08:56 ID:mQv2w4gI
海が呼ぶ読んだ!
阿刀田先生のシェークスピアとか解説モノの話は
このスレでやってもいいのでしょうか?

361 :名無しのオプ:2005/03/28(月) 23:27:51 ID:ySHl1aFE
>360
マターリしたスレなので全然構わないんじゃないでしょうか?
おれは氏の教養系は読んでないです(買いはしたけどハマらなかった)

362 :名無しのオプ:2005/03/29(火) 23:28:38 ID:Pd44jGRt
>>192
『ことばの博物館』で
夜間飛行はサンテグジュペリなど余計なものが浮かぶが
私のかんがえでは一種の誤訳ではないか
と述べている。

363 :名無しのオプ:2005/03/31(木) 23:43:30 ID:dzY90OBq
スレ一つしかないのね
厨房のころハマったなあ もっと叩かれてるかと思ったら読者少ないのか



364 :名無しのオプ:皇紀2665/04/01(金) 01:04:16 ID:rA+9fGSl
あるあるシリーズ18禁

さくりと肉が割れた


脳みその研究、読んだ
枯れちゃったね、この人・・・焼き直しか、そうでなきゃ全く意味不明なストーリィばかり。
正直、よくこんなの編集者がOKしたなと感心した。
昔の栄光って強いんだな。
愚痴なんでsage。

365 :名無しのオプ:2005/04/18(月) 02:09:08 ID:dUyUCHsF
保守age

366 :名無しのオプ:2005/04/23(土) 00:45:41 ID:xHskCpmp
>>364
残念だが同意する・・・・・
明らかに才能が枯れてきているね・・・・・
全盛期の鋭さは全くないね。
ソレは認めざるはえないね

367 :吾輩は名無しである:2005/05/14(土) 11:53:16 ID:nSNMEbqJ
y

368 :名無しのオプ:2005/05/14(土) 12:50:32 ID:kpvWJOf7
アイデアの枯渇に技術の向上が追いつかなくなったってか?

369 :名無しのオプ:2005/05/24(火) 19:53:16 ID:pA0teIXc
中教審の何とか委員会の委員になってるね。どんなことしゃべるんだろ?


370 :名無しのオプ:2005/05/24(火) 21:44:22 ID:PJKx5k6H
緑浦和と白浦和の意味が未だにわからない私がやってきましたよ。

371 :名無しのオプ:2005/05/24(火) 21:59:54 ID:Z+cvSjaW
この人の本を買いました!

つ『海外短編のテクニック 』

372 :名無しのオプ:2005/05/26(木) 04:38:44 ID:GRaJZvhn
全盛期っていつ


373 :名無しのオプ:2005/05/26(木) 23:05:08 ID:mBYC5nJX
最近の作品は昔の鋭さがなくなり駄目だな・・・・・
そういえば新作でたよね

374 :名無しのオプ:2005/05/28(土) 05:48:05 ID:SSdlWpKP
>>372
16年前ぐらい?新刊が楽しみで楽しみで...
読み直しのきく質の良い短編集(長編はあまり好きでなかった)がいつも期待できた。
壜詰の恋とかしっとりとした大人の世界、って感じだった。
枯れたとしか言いようがないね。題名忘れちゃったけど、短編集で、二作目が一より長くて
三は二より長くて...って続いて、真ん中の作品が一番長くてそこからまたページ数が作ごとに
減っていくという造りの短編集を読んだ時(12、3年前?)、その出来の悪さに
あーもう駄目かなと思ったな。新作よりも昔の本、何度でも読み返すほうがいいな。

375 :名無しのオプ:2005/06/01(水) 09:48:41 ID:7qQf22lw
>>374
激同
いつ頃から質が落ちてきたのか定かではないですが、昔のは本当に凄かった。
この人の影響でミステリーが好きになり、短編ではいまだになかなか満足いく作品に出会えない。

376 :名無しのオプ:2005/06/03(金) 20:49:42 ID:Mtvnz9oE
もう引退しててもおかしくないお年頃だから。
出来は悪くとも新作出したり、叩かれたりするのは「現役感」残してる証拠だし。


377 :名無しのオプ:2005/06/04(土) 14:39:55 ID:1LdMN6ns
>>370
麻雀パイ

378 :名無しのオプ:2005/06/24(金) 00:11:47 ID:eS/JTtYG
  主人公のは現在の上司とあまりしっくりといっていない。
前の上司とはウマがあっており、上司が語ってくれたこと
を思い出す。
 上司は、かつて肺結核を患っており、「なおったって
マイナス3がマイナス2になる位で、普通の人になれる訳
ではない。いつでも再発の可能性を持っている。
でも自分は人とは違い、マイナスが少しでも減るように
生きていくしかないんだ。そのことに気付いた時には
どんなことでもマイペースでできる。」
 そのことを思い出した主人公は、今の自分の状況に
前向きに取り組もうとする。


 勝手なお願いですいませんが、本のタイトルと題名を
教えていただけたら嬉しいです。


379 :名無しのオプ:2005/06/24(金) 01:52:54 ID:6mC7pxnN
>378
それ本当に阿刀田?
肺結核をモチーフに使っているのはそれっぽいけど、そんな正当派ヒューマンドラマ書いてたとは知らなんだ。

380 :名無しのオプ:2005/06/24(金) 15:33:07 ID:PNuhYLu4
>>379
「なおったって マイナス3がマイナス2になる位で、普通の人になれる訳
ではない。」というのはエッセイでも読んだので阿刀田さんだろうなぁ。
でも知らない話です。
大抵の作品は読んだつもりではいるのだが。

381 :名無しのオプ:2005/07/09(土) 17:55:34 ID:l9tNGpW4
最初に阿刀田を知ったのは18年くらい前かな。テレビで「現代恐怖コレクション」ていうのがあって冷蔵庫より愛を込めてを見てからハマった。ブラックジョークも好き

382 :名無しのオプ:2005/07/14(木) 01:21:00 ID:qw/7Uwgv
一昨日、初めてテレビで喋ってるとこ見た。見た目は山城なんとか(ちょめちょめの人)っぽいね。

383 :名無しのオプ:2005/07/31(日) 16:17:11 ID:OglLWomL
みんな書いてるけど昔はよかったのに
最近は枯れて来たね。
毎日新聞の日曜版に連載してて
楽しみにしてるのに焼き直しみたいのばっかりでがっかり。
以下ネタバレ




今月も結局はプールの下の部屋の窓なしトイレのノブを付け替えて
妻をとじこめ、水流すとプールの水が上から落ちて来て溺死、
プールに落ちて溺れた事にする、の話だった。


384 :名無しのオプ:2005/08/04(木) 20:42:35 ID:p1zBUNO3
>383
電話ボックス使った同じようなトリックの話あったよね。


385 :名無しのオプ:2005/08/05(金) 02:15:33 ID:wtE5rbJU
風の組曲
一話我慢して読んで止めた
ひどいねこる

386 :名無しのオプ:2005/08/21(日) 23:50:58 ID:J88JO0UQ
>>286
いまいち

387 :名無しのオプ:2005/08/22(月) 02:50:36 ID:+rGoruKF
「来訪者」が最強だよな

388 :名無しのオプ:2005/08/22(月) 12:18:01 ID:zRAx6pqK
読書暦40年ですが、昨日この人の短編集を初めて読んで
雰囲気がとても好きになりました

おすすめの長編ってないですか?

389 :名無しのオプ:2005/08/23(火) 02:04:16 ID:YYei8L0k
>388
長編はあんまり書かない人なんです。
「響灘」は中編ぐらいですが、好きな作品です。

390 :名無しのオプ:2005/08/23(火) 15:36:22 ID:KCvcNuXX
「黒い箱」は長いかな。

391 :名無しのオプ:2005/08/24(水) 00:44:16 ID:jl87+n3G
>>389,>>390
ありがとう

教えてもらった作品は探して読んでみます

短編は続けて何作も読むと正直疲れるもんで、長編で
まったりしたかったのです


392 :名無しのオプ:2005/10/01(土) 14:30:31 ID:pnmWgUix
最後のメッセージの中の、女の子がサイの夢見るやつ、あれ恐かった。
奇妙な味短編又書いてくれー!

393 :名無しのオプ:2005/10/07(金) 13:57:29 ID:FXKiDM9f
今日初めてこのスレを発見して、ざっとナナメに見た

この作品について誰からも触れられていないが、
私のダントツのお気に入りは『時間外労働』
彼の作品は読後背中がゾクゾクッとするものが多いが、
これを読んだ直後は全身に電気が走ったのを今でも覚えている

以前確か朝日新聞の日曜版のエッセイで、阿刀田氏の短編集の編集についての考えが書かれていた
最初に持ってくるのは2番手か3番手の作品
そして2番目に載せるものこそまさに彼の最高の自信作〜阿刀田氏自身そう言っていた
この『時間外労働』は『食べられた男』の2番目に掲載されているから、阿刀田氏自身も自信作であったと推測できる

読んでない人はぜひ読んで感想を聞かせて欲しい



394 :名無しのオプ:2005/10/07(金) 17:37:01 ID:a+fRgKJQ
昔はあさるように読んだな〜この人からミステリーに入った感じたな。

>>390
「黒い箱」いいよね。


395 :名無しのオプ:2005/10/07(金) 17:53:25 ID:ne7uayVC
>>40
壇ふみが主演でドラマで見ました。
結構ドラマ化された作品多いですよね。
>>142
川上麻衣子のドラマ見ました!
あとから阿刀田さんの作品と知りました。
確か文の長さが違う2バージョンありましたよね。
長いほうが好き。

396 :名無しのオプ:2005/10/07(金) 21:38:42 ID:UL92Oz/T
>>393
>最初に持ってくるのは2番手か3番手の作品

蘇部健一の新刊「六とん2」の後書きで言及されてました。
どのエッセイか気になったのでこのスレで聞こうと思ってたら
今、書き込まれてた。関係なくてスマンがありがとう。


397 :名無しのオプ:2005/10/07(金) 23:41:19 ID:KHDJyLQh
一週間くらい前?の日経新聞の最終面でも短編集について
エッセイ書いてた。

藤沢周平が好きみたいなことも書いてた気がする。

398 :名無しのオプ:2005/10/08(土) 17:59:26 ID:8AD/22Pj
>393
タイムリーにその日曜版のエッセイ「ミステリーの掟102条」の「短編集の打順」を読んだよ。
「時間外労働」は覚えてないなぁ。
でも食べられた男は持っているはずだから読んでるはず。

どんな話でしたっけかな?

399 :393:2005/10/11(火) 16:09:23 ID:A/DVpUDS
>>398
作品の性格上、ここに書くことは控えます
お持ちならたかだか4〜6ページ
読み直してください

キーワードは

『重大任務』→『寝坊』→『しのつく雨』→『ギリギリセーフ?』

→『アクシデント』→『塀の内と外』→_| ̄|○



400 :名無しのオプ:2005/10/11(火) 17:44:56 ID:iLUHtojQ
阿刀田はほとんど持ってるが思い出せないなあ・・・

帰ってから読まにゃしゃーないなこりゃ

401 :名無しのオプ:2005/10/11(火) 23:20:55 ID:7zJh9dGs
知らない人にとってなんの説明にもなっていないばかりか、
ネタバレの危険すらあるのは如何なものかと

402 :名無しのオプ:2005/10/12(水) 08:31:13 ID:Ja7czJKA
結局自分が読むしかないんとちゃう?


403 :名無しのオプ:2005/10/24(月) 15:37:32 ID:MeWikyby
「黒喜劇」文庫買って来ました。
これから読みます。

404 :名無しのオプ:2005/10/29(土) 23:49:24 ID:8j/IbZ6q
「迷路」って狂骨の夢のぱくり?

405 :名無しのオプ:2005/10/31(月) 00:27:50 ID:wEv077ir
おお!阿刀田さんスレあったんだーw

自分のごく近い親戚に阿刀田さんと同じ長岡南中学出身の人がいて、自分が阿刀田さんのファンなの知ってサイン貰ってきてくれたことがある(しかも色紙と本とダブルで!)
なんでも凄く仲のいいクラスで未だに定期的に同窓会を温泉地とかで開いてるそうで、阿刀田さんもこまめに顔出ししてるそうです
阿刀田さんって、全然かわらないいい人だっていってたよー

406 :名無しのオプ:2005/11/01(火) 15:14:31 ID:KwwJfKmy
私は「海外SFジュブナイル版」で読書に目覚め、
「ホームズ・ミステリー」を経て、
「星新一」を読み漁り、
「筒井康隆」で完全にハマり、
「阿刀田高」で作家になろうと思った。
その夢はまだ実現できていないが、阿刀田高の作品は理論派に強烈な印象を与えると思う。

星新一=パイオニア
筒井康隆=天才
阿刀田高=理論派

407 :名無しのオプ:2005/11/14(月) 00:01:25 ID:JJmrDGo3
今日のトリックのスペシャルドラマで天国に一番近いプールと
似たようなトリックが使われてたけどあれ映像化したらkoeeee!!!
もうトイレ入れない・・・

408 :名無しのオプ:2005/11/18(金) 19:31:35 ID:93Cc4pDf
>>407あれ、わたしもそう思った。阿刀田の作品にあったのと似てるなって思ったよ。あれ、ドア閉めないでいたら助かったのかなあ…

409 :名無しのオプ:2005/12/10(土) 23:47:13 ID:4W7WKvKq
幻の舟(安土城幻記)読んでから安土城趾に行きたくなって
4年くらい前に一人旅して来ました。

安土城の幻の屏風絵はつい最近も安土町長さん達が
ローマ法皇に謁見して調査依頼するという話題がありましたね。

それとは話が違いますが、阿刀田さんの小説の中の表現で
「血管の浮き出た白い乳房」というのが艶かしくて印象に
残っていて、実際写真などでそういう乳房を見ると
なるほどな
と感じてしまいます。



410 :名無しのオプ:2005/12/12(月) 17:14:44 ID:cSnGyl88
静脈の透き通った乳房

という表現もどこかでしていたような。

後れ毛をかきあげる仕草

という表現も艶かしいと思った。

411 :名無しのオプ:2006/01/12(木) 22:20:04 ID:w+avRSbH
・タクシー乗り場で初老の人と一緒になる
・2人とも同じマンションに住んでる事が分かった
・タクシーが来たけど乗らずに、一緒に歩いて帰る事になる
・初老の人は見知らぬ人が夢に出てきた場合、
実際に夢に出てきた人と会うと相手がすぐに死んでしまう
・主人公の夢も見たから貴方も死んでしまうかも…

うろ覚えなんですが、この本のタイトル教えてください。

412 :名無しのオプ:2006/01/13(金) 01:15:44 ID:Mb3gqHgI
小5でファンになり、短編集夢中で読みました。
特に「来訪者」が好きでした。
中2の時にファンレターを出したらハガキでお返事を下さり感動しました。とても達筆でいらっしゃいました。差出人の所には杉並区高井戸の住所入りのハンコがおされてあり、なんだか身近に感じて嬉しかったです。
当時都内よりの千葉県に在住していた30女です。

413 :名無しのオプ:2006/01/14(土) 02:11:08 ID:KDEBLb28
阿刀田作品は殆ど読んできたが、単行本としては個人的に「箱の中」が気に入っている
全体に露骨な描写が抑えられていて読み手に優しい。オチを楽しむよりも雰囲気で酔わせてくれるので一番読み返した本かも。
この人はスナックと性の描写が型にはまっててうんざりする。毎回同じ。
箱の中はそれが無いのである意味異色かもな

414 :名無しのオプ:2006/01/14(土) 08:14:31 ID:zFPnxu4e
>>411
誘導されてきたんなら、前のスレとこのスレにちゃんとその旨を書きなさい。
マルチ野郎として無視されてもいいならその限りではないが。

415 :名無しのオプ:2006/01/18(水) 22:26:10 ID:K35t3m/R
最近、阿刀田物は編者としての講談社ショートショートしか読んでなかったな。

416 :名無しのオプ:2006/01/19(木) 21:57:04 ID:F8AYOf9F
東野圭吾に直木賞をもたらした功労者だな。
お疲れ!

417 :名無しのオプ:2006/01/22(日) 07:46:25 ID:WIiU4uaH
彼はきっと唇フェチだ!と思う。

418 :名無しのオプ:2006/01/23(月) 00:06:18 ID:jXvn6SWb
東野圭吾を応援した大先生はえらいとおもうのれす

419 :名無しのオプ:2006/01/25(水) 10:26:57 ID:P3QE4mdg
Aサイズ殺人事件読みました。
推理するというより殺人事件後のストーリーを予測する・・・ような話が多い気がする。
結局証拠とかなかったりで。

420 :名無しのオプ:2006/01/31(火) 22:06:03 ID:Jbw5I9l+
大学の面接で好きな作家について語らなければならないのですが、自分の貧弱な語彙で面接官を納得させられる自信がありません…
そこで皆さんなりの「阿刀田の魅力」を参考までにお聞かせ願いたいのですが…

421 :名無しのオプ:2006/01/31(火) 22:40:54 ID:QwMG9MNR
>420
厨房の頃から25年間阿刀田さんのファンですが、何といっても
「わかりやすく読みやすく心地よい文章」だということですかね。

初期から中期までのアイディアストーリーはドキドキさせられたし、
最近の作品はもう芸術と思えるほどの文章力(なんて素人の私が言うのも
おこがましいけど)にうっとりすることもしばしば。

向田邦子さんとはまた全然違うけど、やっぱりプロの小説家なんだなぁと
素直に尊敬しています。

国文科の受験ですか?
お役に立てませんでしたが頑張ってくださいね(^^

422 :名無しのオプ:2006/02/01(水) 18:18:42 ID:UGcpf8j6
私が文学部の面接官だったら、その理由がどうあれ、
「好きな作家について語る」という課題に対して阿刀田を選んだ時点で
その学生の点数は低くすると思う。
文学部以外ならまた別かもしれないけど。


423 :名無しのオプ:2006/02/01(水) 19:07:56 ID:2KTr7J1P
>421-422
レスありがとうございます。
受ける学科は放送なんです。今までに影響を受けたり、好きな各分野の作品を、面接官にアピールしなければならなくて…

424 :名無しのオプ:2006/02/01(水) 20:28:29 ID:QQUqHkWx
別に阿刀田でもいいと思うが、好きな作家のことぐらい
自分の言葉で語れないのがダメだね。自力で考えろ。

425 :名無しのオプ:2006/02/02(木) 12:12:48 ID:C5fT/Hd4
よかろう

426 :阿刀田高の魅力:2006/02/06(月) 02:34:47 ID:e2xqYtcZ
阿刀田の登場人物は主人公も脇役も一人ひとりが別個の倫理観を持っている。
水商売の女も自殺志願の男もまじめな公務員も「〜でなくちゃあ」と考えている。
そして他の登場人物の個別的行為から世の中の普遍的真理に「〜ではなかろうか」と思いを馳せる。
自分の倫理観と普遍的真理が交錯した所に予測不能のブラックボックスが現れる。
恐怖に直面してなお倫理観を貫き通す主人公の滑稽さが全体をユーモアとして締めくくる。
作中に出てくる雑学や算数パズルのような他愛のない話も楽しい。

427 :名無しのオプ:2006/02/13(月) 01:45:24 ID:VARhhRIU
「1ダースなら怖くなる」読みました。

428 :名無しのオプ:2006/02/23(木) 01:08:19 ID:eDK5fWpu
今爆笑問題の勧めにでとるね

429 :名無しのオプ:2006/02/23(木) 21:53:32 ID:DLS+HE2L
「ミステリーのおきて102」
すらすらと読めました。


430 :名無しのオプ:2006/02/23(木) 22:58:05 ID:awGsDb6G
ここ数日で「犬も歩けば」「三角のあたま」「まじめ半分」「雨降りお月さん」と立て続けにエッセイだけを読み返しました。
ネタの重複がとても多かったですが、「前と言ってること違うじゃん!」というのは一切なかったです。

431 :名無しのオプ:2006/02/24(金) 17:34:54 ID:2HxsRxD0
「黒喜劇」読みました。

432 :名無しのオプ:2006/02/24(金) 22:41:28 ID:Zyyk7nJD
関東では今夜1時30分から爆笑問題のススメに出演

433 :名無しのオプ:2006/02/25(土) 01:39:45 ID:sz6SVHRU
見てるよ

434 :名無しのオプ:2006/02/25(土) 01:46:37 ID:8U79ZBof

お母さん、真っ赤なコンドームが落ちてるよ


あら、中味も入ってるわね

435 :関西は明日:2006/02/25(土) 17:35:54 ID:Ie+sCrBk
深夜0:55〜1:30 読売テレビ 爆笑問題のススメ
「短編小説の鬼才!阿刀田高氏登場」
ttp://www.stv.ne.jp/tv/susume/rateran/index.html

436 :名無しのオプ:2006/02/25(土) 21:39:10 ID:7Tqef+nJ
>>434
そんな映画なかったっけ?確かコンドームが意識持つみたいなの

437 :名無しのオプ:2006/02/26(日) 00:11:12 ID:RenG2rWo
つ「キラー・コンドーム」

438 :名無しのオプ:2006/02/26(日) 12:50:55 ID:0bn+z97A
「キラー・コンドーム」読みました。

439 :名無しのオプ:2006/03/08(水) 00:14:11 ID:wZR2o4Ly
この人の短編集は30冊ほど持っておりますが、
長編は一冊も読んだことありません・・・・・
長編で良いのありますか?

440 :名無しのオプ:2006/03/08(水) 07:41:23 ID:n0B0c2M7
『新トロイア物語』かな。

441 :名無しのオプ:2006/03/13(月) 00:26:42 ID:VX5OP5rE
>>378
超亀だけど、やさしい関係 笛子

442 :名無しのオプ:2006/03/19(日) 21:34:11 ID:Aa6A4Q7x
この人の小説が異様に読みたくなり、
家にある短編集を片っ端から読んでいる。
やはりこの人の作品は面白い。
今日、「明日物語」を読んだのだが
コレに収録の「嘘つき」という話が最高!!!
非常に高度なブラックジョ−ク。
読後にニンマリとしてしまった。
笑撃のオチとはこのことだw

443 :名無しのオプ:2006/03/32(土) 18:58:59 ID:9M1OBmHV
ワニの本から出ていた一連の作品を愛読していました。
普段、知人との会話でネタを拝借していたので、
賢くみられて得してました。


444 :名無しのオプ:2006/04/02(日) 16:48:32 ID:cpnrmlpf
>>409
「幻の舟」って地味な長編だけど、なんか怖かった。
実在する行方不明の絵(織田信長が書かせた狩野永徳作の)
を見た人、関わった人は死んでしまうっていう。
怖かったのは、絵に「お迎えの舟」が描かれてるらしいっていうとこ。


445 :名無しのオプ:2006/04/05(水) 20:29:49 ID:YNr94HXi
おおうっ こんなスレあったんだ!自分も阿刀田だいすき。
もっと評価されてもいい作家だって思うぐらい知らない人が多い。
松本清張の百倍読みやすいのにな。

来訪者って古いドラマの再放送でやってたの見たけど、ハッキリ言って台無し。
いろいろくっつけたのはいいが、一番おもろい所があんなにアッサリとw

446 :名無しのオプ:2006/04/07(金) 23:49:53 ID:4V39NKFS
読みやすい以外には特に売りがないからね。

447 :名無しのオプ:2006/04/08(土) 19:45:29 ID:OXDR0wom
評価ひくっ

448 :名無しのオプ:2006/04/11(火) 19:58:14 ID:WhELPwE0
各作家のナンバー1を決めよう!スレにて、阿刀田高作品投票中。

締切りは、平成18年14月日(金)、〜12:00まで。よろしくご参加を。

http://book3.2ch.net/test/read.cgi/mystery/1135769150/l50


449 :名無しのオプ:2006/04/11(火) 20:03:07 ID:WhELPwE0
日付を間違えてましたので訂正。

各作家のナンバー1を決めよう!スレにて、阿刀田高作品投票中。

締切りは、平成18年4月14日(金)、〜12:00まで。よろしくご参加を。

http://book3.2ch.net/test/read.cgi/mystery/1135769150/l50


450 :名無しのオプ:2006/04/14(金) 14:47:39 ID:tl6fjXm4
黒喜劇出てたの知らなくて今頃読んでるけど
「夢のメモ…」のオチ、何度使うんだと(笑)

最近短編出ました?

451 :名無しのオプ:2006/04/16(日) 00:25:46 ID:vK7Rvhzx
出てるだろ

452 :名無しのオプ:2006/04/19(水) 23:19:53 ID:IdmBcjDt
ないだろ

453 :名無しのオプ:2006/04/20(木) 04:29:58 ID:EqNu7K0F
私も阿刀田作品大好きです。全部読んだ気がする…

きっかけは古本屋で100円で買った『1ダ-スなら怖くなる』なんだけど、世にも奇妙な〜の原作なったりしてるんだよね?

454 :名無しのオプ:2006/04/20(木) 10:13:59 ID:x53nXZwQ
突然すいません。>>435で太田が面白いと絶賛していた
阿刀田氏の作品名をわかる方いますか?小説の中にまた
小説がある、みたいな感じの作品だったと思うんですが。

455 :名無しのオプ:2006/04/20(木) 11:21:39 ID:cqSogM7P
そんなこと太田言ってた?たとえ話じゃないの?




456 :名無しのオプ:2006/04/23(日) 01:35:16 ID:aDwyBLpY
「犬を飼う女」で、ヌイグルミから子供の死体が見つかるけど、主人公はあのパン分けてもらった人とヤッたってこと?

457 :名無しのオプ:2006/04/25(火) 08:35:44 ID:lu07e8p8
藤岡真の「白菊」って、讀賣の日曜版に連載してたエッセイに触発されて書いたんだって(著者の後書きによる)。
「ミステリーのおきて102条」ってやつだな。

458 :名無しのオプ:2006/04/27(木) 13:42:02 ID:HXGuv9aT
>456
じゃない?
自分は幸福ゲームのオチがよくわからかなかった。
いつ賭けがずれていってたのか。

459 :名無しのオプ:2006/04/29(土) 21:37:39 ID:lkBdMBPg
2004年発行「おどろき箱」、ぐるぐる以外オモシロ
友人の建三が良い味だしてるな

460 :名無しのオプ:2006/04/30(日) 04:31:33 ID:P4sy8NKB
うむ

461 :名無しのオプ:2006/04/30(日) 21:08:38 ID:aHLErrb5
この人の作品って派手さはないけど、
落ち着いた大人向けの味わいがある作品が多いね。
あと、知的興味をじわじわくすぐるものとか。

462 :名無しのオプ:2006/05/13(土) 04:14:25 ID:ndQNkedR
うむ。

463 :名無しのオプ:2006/05/14(日) 00:04:48 ID:/CQQVXjp
>>461
「エロスに古文はよく似合う」(角川文庫)

こんなところ、読んで味噌。

464 :名無しのオプ:2006/05/20(土) 08:18:12 ID:o7SHA0d9
この人の短編初期作は、この人がリスペクトするOヘンリやスレッサーを
すでに軽く越えていると思うんだがどうよ。
ダールはちょっと比較が難しいけど。

465 :名無しのオプ:2006/05/20(土) 13:18:19 ID:F3772ECz
O・ヘンリやスレッサーは、書き手として目指すべき目標というよりは
単に読者として好きなだけなんじゃないかと思うな。

ダールはかなりダイレクトに目標だけど。

466 :名無しのオプ:2006/05/20(土) 15:29:17 ID:C1pBd0EP
>>464
同意。阿刀田読んだ後、阿刀田の好きな作家読んでも物足りなさ感じた。すべてじゃないが。

467 :名無しのオプ:2006/05/29(月) 14:32:36 ID:Jg1qlOM7
阿刀田は昔は好きだったが、今の作品はひどすぎる。
「おどろき箱」を最後に、二度と読むことはない。

468 :名無しのオプ:2006/05/29(月) 23:08:49 ID:yC7Nqu9g
スタイルを変えたのかな?じじいになって衰退したのが一番の原因と思われる。
おどろき箱まで>>467は読んでたのか・・


469 :名無しのオプ:2006/06/02(金) 10:49:44 ID:ZF6KSdi4
>>468
一応ほとんどの作品(エッセイも)は読んだぜ。一番好きな作家と言っていいくらい
好きだったのにどんどん内容が薄くなって来てホントに残念だ。

470 :名無しのオプ:2006/06/02(金) 20:30:56 ID:sfC0utOz
昔の良い時のを読み返しはするんでしょ?今の状態がひどくてもエッセイまでは
そんなにひどくないでしょ。何回同じ事書くの?ってのが多々あるが。
それにしても、ここ人少なくなったね・・・



471 :名無しのオプ:2006/06/11(日) 15:39:00 ID:qkYXTOqk
>>470
元々本人のキャラはつまらないから、文才が枯渇したらもう読むきがしないよ。
宮澤賢治や三島由紀夫みたいに人間性そのものがユニークなら多少内容が
ひどくなっても読者ではいられるがね。
老害晒してないでさっさと氏ね、と思うよ。

472 :名無しのオプ:2006/06/12(月) 11:07:39 ID:7sA+fFWw
「犬を飼う女」を読んだ時、この人終わった…と思ったよ。悲しかった。
「趣味を持つ女」と全く同じネタ。しかも「犬…」のほうがツマンネ。

473 :名無しのオプ:2006/07/01(土) 03:14:23 ID:aYxuPz9x
昨日はじめまして阿刀田さんの本を買ってみようと「恐怖コレクション」を買いました。読んでて気付いた。これエッセイなんだね。短編読みたかった‥orz
また違う作品を買いたいのですが、本なんか全然読んだことなくて短編じゃないと読めません。世にも奇妙な物語大好きです。怖いのとか読みたいです。こんな工房の自分にオススメの本ありますか?

474 :名無しのオプ:2006/07/01(土) 23:38:44 ID:cxS8Rgoy
>>473
冷蔵庫より愛を込めて

475 :名無しのオプ:2006/07/01(土) 23:40:06 ID:cxS8Rgoy
ナポレオン狂

476 :名無しのオプ:2006/07/02(日) 00:24:11 ID:Xr/HkunL
私もその2冊がベストだと思う。講談社文庫ね。

ただ、今時の高校生であまり本を読まない場合、古いところが変に
思うかも。それはそういうものだ、と流してしまえるなら
初期のほうがオススメ。
エッセイでも「恐怖コレクション」がベストだと思うのでいい本買ったね。

477 :名無しのオプ:2006/07/02(日) 00:54:17 ID:VPkcqSKX
>>471の言う通り、たしかに本人はつまらない人間なんだよ。車の免許は持ってないし
ほとんど無趣味な人らしいしね。酒好きらしいがタバコは吸わないらしい。吸ってもふかすだけ。
でもこの人の本に、たくさんお世話になったから(オカズという意味じゃないぞ) 死ねとまでは言えない。 
初期にアイデア出尽くしても食い繋いだ所だけでも評価できると思う。 もともと寿命が短い作風なんだね。
「過去を運ぶ足」なんかも俺は好きだが。いずれにせよナポレオン狂までかな。
あ〜あ俺も宮沢賢治読んでみようかしら

478 :名無しのオプ:2006/07/02(日) 16:49:08 ID:ceZ2RpB3
今後はアンソロジストや賞の選者として
がんばってくれ。

479 :471:2006/07/04(火) 16:31:33 ID:hdY9lrfp
>>477
「氏ね」は確かに言い過ぎだった。反省してる。
初期、中期は非常に楽しませて貰ったし、色々雑学の勉強にもなった。
「本当にこんな面白い話を書けるなんてすばらしいなあ」と感嘆したものだヨ。
でもなあ、後期(現在)のはなしはほんとにつまらない。
「コーランを」も単なる資料の寄せ集めで全然ダメだったし。
もうあの人は作家としては死に体でしょう。三島由紀夫がどうしてあんなに
夭折に憧れてたか、なんだか判る気がするよ。阿刀田みたいな末路になったら
若い頃に実績があっても最終的には軽蔑され、凡人扱いだもんね。

480 :名無しのオプ:2006/07/04(火) 17:21:12 ID:6Ly+HQFy
石原慎太郎が三島由紀夫について書いてたが、
昔の自分の作品を
自己模倣するようになったら
作家として終わりが近いんだと。

481 :名無しのオプ:2006/07/04(火) 23:26:45 ID:Ps2bWLjL
筒井康隆なんてのはその点にすごく気を使っているみたいね。

しかし、やはり自分は阿刀田の今がどうであれ、昔すごい読書が楽しいと感じた時期を過ごしたからね。
手のひら返すように悪くは言えない。だんだん落ち目になるのは人間だから仕方ないよな。
もっと早い時期に筆を折ったり死んだりしておけば伝説にはなっていたかもw
阿刀田の衰退の暗いレスが続いているが、この作家の今は終わってるかも知れんが
初期の作品群は永久に不滅であります。と誉めてみる。

482 :名無しのオプ:2006/07/04(火) 23:36:57 ID:/jx+YCCh
ナポレオン狂書いてくれて東野さんに直木賞くれたから
阿刀田さんはいい人だよ。

地味にマイフェイバリットは「田代湖殺人事件」

483 :名無しのオプ:2006/07/05(水) 23:01:00 ID:tE5z0WZg
>>481
俺も同感。
阿刀田さんの作品に以前かなり楽しませてもらった身としては、
彼のことを悪し様に言う気にはならないなぁ。
作家のキャリアが何十年あっても、俺を一度も楽しませてくれてない作家なんか
山ほどいるわけだし。


484 :名無しのオプ:2006/07/05(水) 23:46:37 ID:0f7u/3sf
俺は阿刀田さんから、いろんな作家を知ることが出来たよ。
それらが今の自分のお気に入りの作家も多い。ポー、乱歩、芥川、ダール、スレッサーetc・・
阿刀田さん自体を知ったのは、星、筒井から入ってショートショートの広場へ行った時だな。

やっぱり作品の受けとめ方は人それぞれだが、俺が最も読後感にズドンと来た回数が多いのは、
この作家だな。ナポレオン狂、来訪者と見事にワンツーを喰らったあの日は忘れられんよ。

485 :名無しのオプ:2006/07/06(木) 23:34:16 ID:G0TDpDSY
個人的には幻想物は好きでなく、普通に日常的な題材を扱った作品のみの
短編集ばかりなら良かった。だとすれば世間の評価もまた違ったかも・・
俺は「過去を運ぶ足」の死亡診断書、記号の惨殺などサスペンス的な路線のみで
絞って欲しかったところ。


486 :通りすがり:2006/07/08(土) 22:26:03 ID:ye5SLUfZ
ショートショートの広場読んだことあるだけでふらっと立ち寄りましたが
このスレの人たちの愛に感銘を受けました。
さっそく今度ナポレオン狂というのを読んでみます。


487 :名無しのオプ:2006/07/08(土) 23:36:12 ID:y2iRIyDX
個人的には、そのショートショート広場の編集が阿刀田さんに変わってから
質が落ちたように思えます。阿刀田さんだけの責任じゃないのだけれど。
なんか点が甘いような気もするし、星さんの時の方が厳しかったりスゴイのが
たくさんあったようにも思います。なんか最近のはポップすぎるという感じがするし。
阿刀田さん自身の作品も才能の枯渇だけでなく、好みが変わったのかなって気もします。

488 :名無しのオプ:2006/07/09(日) 13:09:06 ID:TCyo7WR0
星新一は天才、阿刀田は努力型秀才って感じだな。
その辺の手堅さが昔はSF系の人が多かったショートショート・短篇分野では
新鮮だったのかもしれん。

489 :名無しのオプ:2006/07/10(月) 01:11:49 ID:3C8rEjOp
>星新一は天才、阿刀田は努力型秀才って感じだな。
うん分かる。どっちが上か比べられるもんじゃないのは分かっているが、
俺はだんぜん阿刀田さんの方が好きだな。星新一の文章などはなんか子供っぽい感じがするしね。

話変わって阿刀田さんの本の解説者が、収録されてる以外の作品でネタバレかな?というのを
目にした事があります。そこで覚えているのが講談社文庫[冷蔵庫より愛をこめて]の巻末の解説に
[ナポレオン狂]収録の「来訪者」のネタバレに近いコメントがありました。
「来訪者」未読の方おられましたら注意した方が良いと思われます。

490 :名無しのオプ:2006/07/19(水) 23:00:47 ID:OIt4N9Jg
男が幼い時、仲良しの女の子が病気で亡くなって火葬場で その子の骨を
内緒で持ち帰り自分の家の庭に埋めてしまう。その事を忘れ違う場所に
住んでいたが大人になってから行ってみると骨を埋めた場所に一人の女性が
立っている。
「骨の樹」という題名かと思い探していますが、違うのかな?
もう、20年も前に読んだので記憶が定かでないのですが。

どなたか解る方、本のタイトルと題名を教えて下さい。

491 :名無しのオプ:2006/07/20(木) 01:07:29 ID:pnqKQGbS
>>490
「コーヒーブレイク11夜」という短編集に入ってますね。
内容もそれで合ってると思います。
俺はこの作品は印象に残らなかったから、すぐ思い出せなかった。

てかググれば一発じゃねーかよw

492 :名無しのオプ:2006/07/20(木) 01:45:51 ID:Xrp/n+kf
>>491


493 :名無しのオプ:2006/07/31(月) 13:40:07 ID:hijMVd5q
古本屋にあやかしの声と夢判断があってあやかし買ったんだけど
あたり?はずれ?

494 :名無しのオプ:2006/08/01(火) 00:47:25 ID:3EqURtxI
オレを短編読みにしたのはこの人の「高台の家」というお話。
風物語に入ってる。自分でもはっきり認識できていなかった
将来への漠然とした不安を見事に言い当てられた気がした。
ラストでは風のような嵐のような音が聞こえた気がしたもんだ。

495 :名無しのオプ:2006/08/01(火) 02:24:02 ID:2iCADMWJ
>>490
やっぱり釣りだったか・・・
>>493
それは君が決める事だな。はずれでもないと思う。
あやかしの声は割と後期のもので、夢判断は割と初期のものなんだ。

496 :名無しのオプ:2006/08/03(木) 21:44:39 ID:huCWHJ66
夢判断面白かった
ベターハーフのオチがかなり強烈

497 :名無しのオプ:2006/08/03(木) 23:32:26 ID:AsqawySA
「ベターハーフ」みたいなのは阿刀田の得意とする分野の一つかも。
他にも似たような感じの作があったような・・・。夢判断に収録されている
作品の中では「干魚と漏電」が一番好きだな。老婆が主人公なのは、なかなか面白いのが多い。

498 :名無しのオプ:2006/08/04(金) 08:04:08 ID:uMyc5cbJ
ナポレオン狂や冷蔵庫のようなインパクトには欠けるかもしれないが、
安定して質の高い作品が集まった良作だ>夢判断

とっかかりには最適かもしれない

499 :名無しのオプ:2006/08/04(金) 14:59:41 ID:YAMs4ZCc
「ハランから波瀾万丈の人生が…」
ワロタ

500 :名無しのオプ:2006/08/15(火) 23:55:36 ID:XJxo2QQS
夢判断って本、俺も面白いと思ったけど
表紙のイラストがネタバレになっちゃってる話が多くなかった?
「ベターハーフ」・・・若い女の写真と老婆
「干し魚と漏電」・・・冷蔵庫の中からガイコツ

501 :名無しのオプ:2006/08/17(木) 20:44:01 ID:foDJGR6f
↑ネタバレって分かってて書き込むんだな。悪ふざけにも程がある。
と突っ込んでほしかったのかな?スレ盛り上がるかな?
あんまり言うと自演とか思われそうだからよそう

502 :名無しのオプ:2006/08/17(木) 23:49:16 ID:+MOgyBdI
てゆーかあのイラストがネタバレなんだから今更>>500がネタバレって言われても・・・

503 :名無しのオプ:2006/08/18(金) 20:26:39 ID:GrpWokW/
そーなの?ごめんよ>>500
じゃあイラストは意識しない方がよさそうね

504 :名無しのオプ:2006/08/20(日) 20:00:28 ID:AdMJCnB6
「危険な童話」が好きだな。
表題作も好きだし、全体的になんか怪しげな雰囲気が漂ってていい感じ。

505 :名無しのオプ:2006/08/20(日) 22:26:05 ID:QewKkRTc
個人的No.1は小説でも「〜を知っていますか」シリーズでもなく、『恐怖コレクション』
阿刀田高にしか出来ない仕事だと思う。

506 :名無しのオプ:2006/08/21(月) 23:32:07 ID:wbcbU3iW
恐怖コレクション、どの文庫本よりも多く読み返している。
紛失したので買い直したぐらい好き。

507 :名無しのオプ:2006/08/26(土) 23:08:15 ID:vdvL7N2/
仮面の女、読みました

508 :名無しのオプ:2006/08/26(土) 23:38:51 ID:b0i/MYvp
>>507
俺がその本で好きなのは「その遺産を捜せ」ってやつだな。
親子関係ものも、この人の得意とするものじゃなかろうか。

509 :名無しのオプ:2006/08/31(木) 01:36:06 ID:Ou9b92BI
むかつく夫or妻を書くのが上手いな

510 :名無しのオプ:2006/09/01(金) 18:20:47 ID:ag8urDmT
タイトルも収録先も忘れたが、キリストの生まれ変わりと妄想する主人公が、
同じイニシャルの人間を殺してゆく話が、物凄く怖かったな。
ラストは全く予想できず、その晩は家のベランダに近寄れなくなった。

511 :名無しのオプ:2006/09/04(月) 23:09:00 ID:4sTpfOZa
昨日のNHKFM日曜喫茶室に出演していて、声を初めて聞きました。

512 :名無しのオプ:2006/09/06(水) 09:26:06 ID:zJ7EsQ+s
阿刀田の本好きだわ。子供から大人まで楽しめるね。


513 :名無しのオプ:2006/09/06(水) 12:02:14 ID:VHVamvmr
>>511
どんな内容だったの?

514 :名無しのオプ:2006/09/06(水) 17:08:23 ID:x4RUySZP
>>513
エッセイに書いていたことを話していました。参考にした作家、転職して
作家になったこと、奥さんとの朗読の会などでした。

515 :名無しのオプ:2006/09/06(水) 17:42:34 ID:VHVamvmr
>>514
ありがとう。

516 :名無しのオプ:2006/09/08(金) 22:00:49 ID:oSZnlcPd
糞だなんだと言いながら、新作が出る度に買い・・・・・
そしてガッカリする・・・・・
惚れた弱みだな・・・・・
昔の作品はマジで凄かった・・・・・

517 :名無しのオプ:2006/09/09(土) 01:05:11 ID:U8GzL/Cr
かなり読んだけどファン歴浅いから昔の作品掘り返して
「今はもうダメだ」とか偉ぶる事は俺には出来ないw
昔の作品リアルタイムで読んできた人は寂しい思いをしてるのかな
短編作家だから荒廃ぶりも目立つのかな

518 :名無しのオプ:2006/09/11(月) 02:12:12 ID:Q2NI+I8j
http://yaplog.jp/strawberry2/archive/9609
しょこたんも読んでる阿刀田高
俺は読んでない つまんなくね?

519 :名無しのオプ:2006/09/11(月) 14:36:15 ID:Y1+CoV9Y
>>518
あんた凄いな。
読んでもないのに つまんなくね?ってw
超能力者かなにかで、読んでもいないのに内容が解るのか?
まじで興味あるから教えてくれ。

520 :名無しのオプ:2006/09/18(月) 15:02:07 ID:1CRQpNVK
518の「つまんなくね?」は
「つまんないじゃん。そう思わね?」と同意を求める意味ではなく、
「面白いの? つまんなくない? 大丈夫?」という質問の意ではなかろうか。

521 :名無しのオプ:2006/09/18(月) 17:57:44 ID:hNGsUvM1
それにしたって、読んでから自分で感想を考えればいいのに。

>519の「あんた」が阿刀田っぽい。
夫が妻を呼ぶときよくこう書いてたと思う。

522 :名無しのオプ:2006/09/25(月) 23:03:01 ID:oKCCJWiJ
「黒い自画像」文庫買ってきました。
相変わらずの作品レベルですが、半分くらいの話は気に入ったかなあ。
「目撃者」は爆笑したwwwww
このオチは最高だなあ。
この主人公の気持ちは痛いほどわかるぞ。
俺も同じ経験あるから、この作品の評価は高いです。

523 :名無しのオプ:2006/09/26(火) 01:35:06 ID:ZrsbMEFz
>>522
半分くらい当たりがあればよしとするか、
当たりはずれが半々だと不満に感じるか・・・
難しいところだね

524 :名無しのオプ:2006/09/27(水) 02:35:56 ID:q16PW9Xl
すみません

掃除婦の人が出て来る作品ってどれでしょう?
読んでみたいのですが題名がわからないのです。

525 :名無しのオプ:2006/09/28(木) 23:28:03 ID:ys2ahz/A
今、フジのとんねるずの番組の後に流れる政府のミニ広報番組に、阿刀田さん出てた。
ご自宅の玄関や、書斎の様子が映ってた。素敵な家だったなー。
しかし年とったよなぁ。

526 :名無しのオプ:2006/09/29(金) 22:31:04 ID:IMWnr91j
>>524
「訪問者」のこといっているのか?

527 :524:2006/09/30(土) 00:53:16 ID:9xBbpP2B
>>526
ありがとうございます。
読んでみます。

528 :名無しのオプ:2006/10/02(月) 00:12:50 ID:bxNRY1zR
作中に出てくる愛妻物語って実在するの?

529 :名無しのオプ:2006/10/16(月) 17:29:44 ID:R3wZFIPi
>>482
「田代湖殺人事件」私も大好きw
あのちいうのを…ってくだりを覚えているのだけど
なんだっけ?なにせ10年以上前に読んだので orz
小・中学生の頃、阿刀田高は夢中で読んだなぁ…
このスレのおかげで、また再読しようと思います!

530 :名無しのオプ:2006/10/16(月) 18:10:51 ID:2XdL1Pv5
東京女学館大学の講師だか教授だかやってるよね?

531 :名無しのオプ:2006/10/18(水) 02:36:35 ID:IXjvUYi3
>>529
民夫のうちのあいを歩いて?
だったかな?

532 :名無しのオプ:2006/10/23(月) 21:29:58 ID:k2D79bSB
今NHKニュースに阿刀田さん出てた。敬語の話。
国語分科会?の会長やってるんだね。
これからは本業よりも、そういう活動が増えてくるんだろうか。
まぁ、お元気で長生きされれば・・・

533 :名無しのオプ:2006/10/25(水) 14:07:05 ID:69jWEV08
阿刀田って、本人が思ってるほど博学でもないし、小説を読む力もないし、
語学としての日本語に長けてるわけでもないと思うんだけどね。
長生きしちゃうと、いろんな役目が回ってきて大変だよね。

534 :名無しのオプ:2006/10/26(木) 18:25:56 ID:lQU4ksIY
じゃあ533がそれ以上の作品を発表すればいいんじゃないの?

535 :名無しのオプ:2006/10/26(木) 22:51:33 ID:5v2EG/b0
>>534
だいたいこういうことプロに対して言う奴って小物でしょ(w


536 :名無しのオプ:2006/10/28(土) 00:14:54 ID:ITH1QPqk
533は阿刀田の小説については何も言及してないと思うが

537 :名無しのオプ:2006/10/30(月) 01:14:45 ID:joKdMrmR
風物語読みました

538 :名無しのオプ:2006/11/02(木) 01:42:22 ID:F5A68YqN
メトロポリタン

539 :名無しのオプ:2006/11/03(金) 00:54:29 ID:+vj5YWXQ
阿刀田高の小説が好きな人にオススメな作家いますか?


540 :名無しのオプ:2006/11/03(金) 16:04:58 ID:FmkGH/KU
まさかポケモンショックが出てくるとは思わなかった・・・

541 :名無しのオプ:2006/11/09(木) 12:38:27 ID:aLFzFQta
便所で溺死する男の話なかった?

542 :名無しのオプ:2006/11/09(木) 16:52:34 ID:8jLCyIVc
全然話に上がらないけど新トロイア伝説は俺のバイブル
あれを読んで伝記活劇という素晴らしいジャンルを知った

543 :名無しのオプ:2006/11/10(金) 17:05:50 ID:7KH1iOuX
最近「冷蔵庫より愛をこめて」読んだら、思いのほか面白くて満足しました
ただ唯一「真実は強し」のオチだけ分かりませんでした
誰か、教えてください

544 :名無しのオプ:2006/11/10(金) 17:13:46 ID:7KH1iOuX
ネタバレ禁止忘れてた、スマン

545 :名無しのオプ:2006/11/10(金) 19:06:52 ID:aEFuXOU7
>>543
答えは、メール欄。

546 :名無しのオプ:2006/11/11(土) 09:33:57 ID:T7VGI4op
>>545
ありがとうございます。確かに真実ですね。

「幸福通信」「ギャンブル狂夫人」あたりのアイディアはほんと感動しました
阿刀田初心者の自分は次に「ナポレオン狂」を読んでみようかと思います

547 :名無しのオプ:2006/11/19(日) 15:00:19 ID:IGn8x4iY
「夫婦の休日」怖えよ

548 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/11/29(水) 15:54:23 ID:+LJZ/g3Y
「青空」という短編が収録されている本をご存じないでしょうか?

549 :名無しのオプ:2006/11/29(水) 18:28:18 ID:38b/BDbQ
>>548
漢字が違うけど「蒼空」なら「ナポレオン狂」に収録されてますよ。
本当に短いですよ。

550 :名無しのオプ:2006/12/14(木) 14:15:41 ID:kKOmrkCo
どなたか、下記の作品のタイトルをご存知でしたら教えていただきたいのですが・・・

860 :無名草子さん :2006/04/25(火) 12:56:09
題名忘れたが阿刀田高の短編で人生相談に電話する女の話。
読み終わった時の恐怖は今でも忘れられん・・・
http://book3.2ch.net/test/read.cgi/books/1037353947

551 :名無しのオプ:2007/02/14(水) 03:12:14 ID:Nyu6lNbV
キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!!

552 :名無しのオプ:2007/02/14(水) 07:52:25 ID:ChZ6B156
キクン

553 :名無しのオプ:2007/02/23(金) 19:02:35 ID:IVcapBzp
すみません、アゲさせてください。
下の本って、阿刀田氏の作品でなかったですか?

《内容》未亡人が経営するとある下宿屋。その下宿人の多くは若い男子学生。下宿屋の庭には、女主人が丹精して育てた桃の木がある。夏になると実をつけ、毎年下宿人達に振舞われる。

ある時、一人の下宿人が失踪する。その男が行方不明になった次の年、女主人ご自慢の桃は、例年にもまして甘い甘い実をつけた。


554 :名無しのオプ:2007/02/23(金) 19:41:04 ID:IVcapBzp
質問スレに移動します。失礼しました。

555 :名無しのオプ:2007/02/25(日) 01:46:17 ID:bd/GWzp/
僕は危険な童話をおすすめ


556 :名無しのオプ:2007/03/12(月) 02:47:31 ID:z3HVjf8S
dat落ちしてなかった?
復活したのか

557 :名無しのオプ:2007/03/12(月) 20:27:48 ID:fZQU//V1
553のはいかにも阿刀田さんのっぽいけど、こんなにあったっけ?

558 :名無しのオプ:2007/03/12(月) 22:23:03 ID:fZQU//V1
あげとく

559 :書籍版から来ますた:2007/03/21(水) 16:10:18 ID:G5UEMokH
 阿刀田氏の「新トロイア物語」と「獅子王アレクサンドロス」
を読んで魅了された初心者です。
阿刀田氏の作品に前記2長編に匹敵するような気宇壮大な
歴史小説があったら教えてもらえませんか?

121 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)