5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

占星術、十角館を読んだ時の感動は味わえないのか?

1 :名無しのオプ:03/05/25 01:51
結局ハマって様々なの読み進むたびに
「アレおもしろかったなぁー」って思っちゃうんだよね

2 :名無しのオプ:03/05/25 01:52
僕的には、「エジプト十字架」を読んだ時。

3 :名無しのオプ:03/05/25 02:00
若いミステリファンだなw

今の世代だと森とか京極とかかな?
それ以前から読んでたらどうかと

4 :名無しのオプ:03/05/25 02:36
金田一少年のおかげで占星術の感動は三分の一ぐらいに…

5 :名無しのオプ:03/05/25 02:55
同じタイプのミステリからしばらく離れることをお勧めする。
ケーキばっかり食ってたら、甘さに鈍感になって当然だぞよ。

6 :名無しのオプ:03/05/25 03:00
>>1
同意


7 :名無しのオプ:03/05/25 03:39
だから、いってるだろ?「十各館」はパクリだと。>4
そんなんで、よく「マニア」を名乗れたものだな(藁
綾辻側の一方的な意見にだまされるな!

8 :名無しのオプ:03/05/25 03:41
すいません。>>7がまたウロウロしちゃいまして。
ほら>>7!はやく来なさい!
抜け出しちゃだめよ!

9 :名無しのオプ:03/05/25 03:43
>>7
なんのパクリよ?
あと綾辻がパクリだったところで、金田一の免罪符にはなるまい。
直接の被害者は島田のほうだし。

10 :名無しのオプ:03/05/25 03:45
何? >>7って、どっかで隔離されてる危ない人なの?

11 :名無しのオプ:03/05/25 03:48
>>7はねえ〜、今日みたいに静かな晩にはフラフラ抜け出して
夜歩くさんなの〜。
↓こっちのスレに帰りましょう?
http://book.2ch.net/test/read.cgi/mystery/1038138772/528

12 :名無しのオプ:03/05/25 03:51
俺は金田一自体はまあ好きなほうだが、>>7のような厨房電波信者は逝ってよし。
あのパクリに弁護の余地はない、非は非として認めれ。

13 :名無しのオプ:03/05/25 03:51
>>7はこっちだな。
どっちにしろ帰るスレは一緒だ。
http://book.2ch.net/test/read.cgi/mystery/1038138772/533

14 :_:03/05/25 03:52
http://homepage.mac.com/hiroyuki43/

15 ::03/05/25 04:10
おや?なにかタブーにふれたかな?
おこさまだからわかんないや(笑
みんなの夢をこわしちゃあ、いけませんでした。
ただね、本当のミステリマニアは、知ってるんだぞ!ということを
伝えたかったんだ。むやみやたらと、マニア・オタクへの攻撃が激しいんでね・・・

16 :名無しのオプ:03/05/25 04:43
>>15
夜釣りですか。釣れますか?このポイントは?

17 :名無しのオプ:03/05/25 05:22
ずらりと並べた天狗のお面の鼻を使うのは何だっけ?

18 :名無しのオプ:03/05/25 05:33
斜め屋敷。

19 :名無しのオプ:03/05/25 08:34
べつに1の作品で感動しなかったし

20 :名無しのオプ:03/05/25 10:12
7が言いたいのは、殺しの双曲線の事?
それなら分かる。
ちなみに西村京太郎の代表作。
たしかに十角館とかなり似てるトリックとも言えるし、
それ以上に上手に作られてるとも言える。

読んでない人は読むのがいいよ。
確かにトリック、ネタなどが十角館と似てる。
そして誰もいなくなったのオマージュ、と言う事以上に。

21 :名無しのオプ:03/05/25 10:16
ウブメを読んだときも興奮したよ

22 :名無しのオプ:03/05/25 10:19
>>7が言いたいのは当然、「レマン湖のほとり」のことでしょ。

23 :名無しのオプ:03/05/25 10:24
単純に「そして誰も〜」のことを言ってるわけじゃないんですね。
オレもまだまだだ。

24 :名無しのオプ:03/05/25 10:26
>>7
今日は釣れますか?

25 :名無しのオプ:03/05/25 11:22
占星術はあんまり感動しなかったなあ。というのも金田一でネタばれしてたから。
いま、異邦の騎士読み終わったところなんだけどそんないわれてるほど感動しませんですた。
私的に感動したのをあげると工房のころ呼んだ金田一の小説のオペラ座館のやつですね。
あれには泣かされました

26 :名無しのオプ:03/05/25 11:25
クイーン「ギリシア棺の謎」を読め。

27 :名無しのオプ:03/05/25 13:14
金田一少年を先に読んだひとって結構いるのね・・・
罪は重いなぁ

28 :名無しのオプ:03/05/25 14:22
何が「十角館」だよ。そんなヲタ向け作品感動しないっての。





「 コ ズ ミ ッ ク 」 の 間 違 い だ ろ ?






29 :_:03/05/25 14:51
http://homepage.mac.com/hiroyuki43/jaz_b01.html

30 :名無しのオプ:03/05/25 15:10
「オランダ靴の謎」は有栖川有栖が激賞するほどの衝撃はなかったなぁ。

31 :名無しのオプ:03/05/25 15:16
R.ニーリィの「殺人症候群」か「心引き裂かれて」をお勧めします。

32 :名無しのオプ:03/05/25 15:19
折原一の「倒錯のロンド」読みましたか?

33 :名無しのオプ:03/05/25 19:21
占星術、斜め屋敷、11枚のとらんぷが特に感動した。
十角館は別に何の感慨も沸かなかった。
個人的には時計館の方が良かったね。

34 :名無しのオプ:03/05/25 23:00
そう、「11枚のとらんぷ」は大傑作。
「黒いトランク」もぜひ読んでみ。

35 :名無しのオプ:03/05/26 02:40
占星術、しあわせの書、斜め屋敷には感動したなぁ。
しあわせの書は、もう感動というか……

36 :名無しのオプ:03/05/26 02:59
十角館を読んだときには心底驚いた。
占星術を読んだときにもやっぱり驚いた。
金田一は既読、つうかネタバレ済みだったけど、それでも驚いた。
島壮ってなんてすごいんだ!ってね。


37 :名無しのオプ:03/05/26 03:02
占星術、十角館、F、ウブメ、
やっぱり一冊目が一番面白かった。

38 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/05/26 03:04
>>37
凄く判る気がする、一冊目って特別ですね。
十角館は面白かったなぁ。

39 :名無しのオプ:03/05/26 03:24
どうでもいいけど、37の言ってる「一冊目」って、
デビュー作って意味だと思われ。
38はなんか自分が初めて読んだミステリって意味で、
捉えてるような気がする。
俺は匣失が衝撃的だったかな。

は、やっぱりデビュー作・・

40 :37:03/05/26 06:18
>>39
です。デビュー作が衝撃的って意味。
38氏の意見はどちらとも取れますね。初ミステリが十角なら羨ましいけどね。
俺は3冊目だったかな、十角は。
ハコ失も良かったね。


41 :_:03/05/26 06:24
http://homepage.mac.com/hiroyuki43/jaz_b01.html

42 :33:03/05/26 07:54
ここで語られてるのとは違う意味で感動したのが、東野圭吾の『名探偵の掟』

>>34
黒いトランクは読んだけど、話の内容やトリックが全く理解できなかった。

43 :名無しのオプ:03/05/26 08:38
エジプト十字架とXの悲劇かなぁ。どっちもクイーンだけど。

44 :名無しのオプ:03/05/26 11:32
霧越邸も結構好きだ。



45 :名無しのオプ:03/05/26 11:47
そもそも、十角館ごときで感動するのが厨すぎと思われ。

46 :名無しのオプ:03/05/26 11:53
まあとにかく最初に読んだのは感動するよな
オレもかまいたちがきっかけで「0の殺人」読んだ時スゲー
と思ってそれから怒涛のよう新本格から古典まで読みまくってたけど
それでも「0の〜」の時の感動がすごい

47 :名無しのオプ:03/05/26 12:29
>>45
かも知れないけど
自分がミステリにはまるきっかけを作ってくれた作品
思い入れがあるので客観的評価は出来ないなぁ

48 :名無しのオプ:03/05/26 18:18
どこが面白かったのか?


49 :名無しのオプ:03/05/26 19:51
正直、十角館を面白がるためには、ある程度ミステリの古典読んでる必要があると思うけどなあ。
少なくともクリスティのあの作は必読でしょう。
ミステリ素人で「十角館を面白」と言う椰子には、>>48のような質問をしてみたいぞ。

50 :名無しのオプ:03/05/26 19:53
というか、作家の名前。
あの人なら当然あれだろうなってのが入って無いと。

51 :名無しのオプ:03/05/26 21:22
というか、十角館って(メール欄1)のバリエーションで、かつ
(メール欄2)のバリエーションでもあるわけでしょう。
そこらへんは、ある程度ミステリ読んでないと楽しめないと思うな。
やはり初心者向けではないと思うなり。

52 :名無しのオプ:03/05/26 21:24
初心者だった頃「十角館」を読んで感動して
その勢いで推理小説研究会に入りまして現在会長ですが何か

53 :名無しのオプ:03/05/26 21:40
    会     し!     _  -── ‐-   、  , -─-、 -‐─_ノ
     長    // ̄> ´  ̄    ̄  `ヽ  Y  ,  ´     )   推 え
  厨 に    L_ /                /        ヽ   理  |
  房 ま    / '                '           i  研 マ
  だ で    /                 /           く  !?  ジ
  け な    l           ,ィ/!    /    /l/!,l     /厶,
  だ る   i   ,.lrH‐|'|     /‐!-Lハ_  l    /-!'|/l   /`'メ、_iヽ
  よ の   l  | |_|_|_|/|    / /__!__ |/!トi   i/-- 、 レ!/   / ,-- レ、⌒Y⌒ヽ
  ね は   _ゝ|/'/⌒ヽ ヽト、|/ '/ ̄`ヾ 、ヽト、N'/⌒ヾ      ,イ ̄`ヾ,ノ!
   l    「  l ′ 「1       /てヽ′| | |  「L!     ' i'ひ}   リ
        ヽ  | ヽ__U,      、ヽ シノ ノ! ! |ヽ_、ソ,      ヾシ _ノ _ノ
-┐    ,√   !            ̄   リ l   !  ̄        ̄   7/
  レ'⌒ヽ/ !    |   〈       _人__人ノ_  i  く            //!
人_,、ノL_,iノ!  /! ヽ   r─‐- 、   「      L_ヽ   r─‐- 、   u  ノ/
      /  / lト、 \ ヽ, -‐┤  ノ  キ    了\  ヽ, -‐┤     //
ハ キ  {  /   ヽ,ト、ヽ/!`hノ  )  モ    |/! 「ヽ, `ー /)   _ ‐'
ハ ャ   ヽ/   r-、‐' // / |-‐ く    |     > / / `'//-‐、    /
ハ ハ    > /\\// / /ヽ_  !   イ    (  / / //  / `ァ-‐ '
ハ ハ   / /!   ヽ    レ'/ ノ        >  ' ∠  -‐  ̄ノヽ   /
       {  i l    !    /  フ

54 :名無しのオプ:03/05/26 21:46
>>52
なにか、たってお前が話始めたのに何かはないだろ?
お前がなんとか言えよ?なっ?
お茶はなにが旨いですかとか密室はどうですかとかさ。

55 :名無しのオプ:03/05/26 21:48
>>1は典型的な新本格オタで、
「このミス」が出るたびに心の中で
「ハードボイルドや冒険小説じゃない!」と叫んだり、
まともに読んだことも無いのに松本清張を馬鹿にしていたり、
90年代前半には「人間が書けてない云々」の批判に
のりりんと一緒になって激怒していたり、
島田荘司の日本人論に膝を打ったりしていたと思われ。
それから「コズミック」が世に出た時は貶していたけど
西尾維新はイラストが萌えるから好きだったりもするだろう。


56 :名無しのオプ:03/05/26 23:10
初心者で「十角館」を読んで感動するような椰子は、もう一生ひとなみの幸せとは
縁がないに。

57 :名無しのオプ:03/05/26 23:12
26才人妻です。ダンナがかまってくれないので、いつも一人でオナってます。
でも、けっこうオカズに困るんですよね。そんな時見つけたのがYUIS!!
安いし、安心して買えるしなかなかいいですよ!いつもバイブ物買ってます!

http://www.dvd-yuis.com/


58 :名無しのオプ:03/05/26 23:22
十角館はビクーリしたけど、占星術ってちょっとサービスしすぎだと思った。
(メール欄)のところで、トリックわかっちゃうでしょ?

59 :名無しのオプ:03/05/26 23:29
>>58
いや、その前に分かっちゃう人が多いと思う。

60 :名無しのオプ:03/05/26 23:39
まあ、大本はともかく(メール)だろ。
ってのはすぐに分かるからなぁ

61 :名無しのオプ:03/05/26 23:59
ある漫画を読んでるときに分りました。
最悪です。

62 :名無しのオプ:03/05/27 00:00
★★★★★五つ星です。
http://endou.kir.jp/betu/linkvp2/linkvp.html

63 :名無しのオプ:03/05/27 00:03
>>1は十年前なら「『クララ白書』や『丘みき』の感動は今のジュニア小説にはない」と
言ってただろう読書厨房。


64 :ねつてつ:03/05/27 00:16
いや、現在でもコバルトには野梨原花南や樹川さとみがいるぞ^^

65 :名無しのオプ:03/05/27 01:13
>>64
というより、単にハヤリモノのヨミモノに弱いだけなんだろ、>>1は。


66 :37:03/05/27 07:22
>>46
ミステリを読み出した経歴が全く一緒だw


67 :bloom:03/05/27 07:25
http://homepage.mac.com/ayaya16/

68 :名無しのオプ:03/05/27 09:14
>>65
俺には>>1は別にミステリ(特に本格)好きとも思えない。
もう少し早く読書をはじめたら、船戸与一や森詠といった冒険小説にハマっただろうな。


69 :名無しのオプ:03/05/27 10:08
スレタイ見て、「ほぅ、ミステリ再読問題についてのスレか」と思ったが
>>1のカキコ見て萎えますた。

70 :名無しのオプ:03/05/27 11:14
同じ奴が必死に書き込んでいるな

71 :名無しのオプ:03/05/27 21:04
誰と誰が同じなの?

72 :1:03/05/27 22:12
本格はかなり好きですが。。。
それでも読み出したのは 新本格以後
京極とかは出ると同時ぐらいに読んでますが
まあ最近しばらく離れててましたが
ちなみにエンタテイメント系の小説(広義のミステリーかな)は
なんでも読みますし好きです
まあ一番読むのは本格ミステリですが・・・

73 :名無しのオプ:03/05/27 22:26
>>1
おれのお薦めの作家は、

「ヴァン・ダインです。」

74 :名無しのオプ:03/05/27 23:47
>>1
おれのニックネームは、

「ヴァン・ダインです。」

75 :名無しのオプ:03/05/28 00:04
>>71

多分>>70>>1


76 :名無しのオプ:03/05/28 00:18
ヴァン・ダイン厨ウザ杉。

77 :名無しのオプ:03/05/28 00:34
で、十角館の犯人は、捕まったの?懲役何年だったの?

78 :名無しのオプ:03/05/28 00:42
>>77
つーか、アメリカに逃げて、NYで名探偵になったって聞いたけど?

79 :名無しのオプ:03/05/28 00:45
>>77
まあ極刑が妥当だろ

80 :名無しのオプ:03/05/28 00:50
>>77
蝦夷に逃げてその後、大陸に渡り、ジンギスカンになった。
日本に復讐しにくる話が、ジンギス館の殺人。

81 :名無しのオプ:03/05/28 01:01
>>77
仙台刑務所で拘禁反応を起こしてるって聞いたけど。

82 :名無しのオプ:03/05/28 01:11
マジレス
自殺

83 :名無しのオプ:03/05/28 01:35
犯人って死んだ建築家の怨霊だろ。はじめっから死んでんじゃん。

84 :山崎渉:03/05/28 11:52
     ∧_∧
ピュ.ー (  ^^ ) <これからも僕を応援して下さいね(^^)。
  =〔~∪ ̄ ̄〕
  = ◎――◎                      山崎渉

85 :名無しのオプ:03/05/28 15:13
    

86 :名無しのオプ:03/05/28 19:55
つーか波止場からビン投げたって、戻ってくる確率の方が高いだろ。
もっと沖で投げないと。

87 :名無しのオプ:03/05/28 20:34
>>86
そういうもんなんですか。
海水浴で気づくとかなり流されてることもあるので、結構流れていくのかと思ってました。

88 :名無しのオプ:03/05/28 20:37
なもしらーぬー とおいしまより

89 :名無しのオプ:03/05/29 10:52
>>88
海流に乗らないと難しいよね。


90 :名無しのオプ:03/05/30 03:37
カレントに乗れば遠くまで行くよ

91 :名無しのオプ:03/05/30 07:35
このスレはいろんな意味で、現在のミステリーの状況を象徴しているかもしれない。

92 :名無しのオプ:03/05/30 22:23
この板の過疎っぷりはいろんな意味でオレのちんこの状況を象徴しているかもしれない。


93 :名無しのオプ:03/05/30 22:36
>>92の童貞っぷりはいろんな意味で俺のマンコの状況を象徴しているというのは、もはや定説となっている。

94 :名無しのオプ:03/05/30 23:46
>>93の尻穴の開発っぷりは、六本木ヒルズをはじめとする、都市部の再開発を如実に写す
鏡だというのは、もはやまことしやかな噂を超えた、ゆるがせにない真実である。


95 :名無しのオプ:03/05/31 00:52
>>92-93
最強スレでどうぞ。

96 :名無しのオプ:03/05/31 01:04
>>94はアリなのかよ!


97 :名無しのオプ:03/05/31 01:07
ワロタw

98 :名無しのオプ:03/05/31 15:43
マジにワラッタw

99 :名無しのオプ:03/06/05 17:46
伸びてねーなぁヲイ


100 :名無しのオプ:03/06/05 18:00
100ゲト


101 :名無しのオプ:03/07/02 03:32
ゲツゲツゲツ

102 :名無しのオプ:03/07/02 06:33
江戸川乱歩は退屈しのぎの犯罪を提唱しているけどね・・・
「人間は退屈すると何をし始めるかしれたものではないね」


103 :名無しのオプ:03/07/02 06:36
それは、一種の精神病でもあったのでしょう
「郷田三郎は何をしてもいっこうこの世が面白くないのでした」

104 :名無しのオプ:03/07/02 07:34
(;´Д`)ハァハァ ボッキしますた
http://homepage3.nifty.com/coco-nut/

105 :_:03/07/02 07:50
http://homepage.mac.com/hiroyuki44/

106 :名無しのオプ:03/07/12 17:55
ミステリ慣れしてから「十角館」読むと、
きっとあれはどうってことないと思う。
だが、あの種のトリック(〇〇トリック)の存在すら
知らなかったビギナーには、あれは衝撃的。
決して文章自体に味のあるわけではなく、一発芸的な作品なので、
それまでの読書歴の違いが作品評価の温度差を生む。

107 :名無しのオプ:03/07/12 18:01
わざわざ10日ぶりにageてまで今更言うほどのことじゃないがな。

108 :名無しのオプ:03/07/12 20:59
>>106
違うんじゃねーの?
アレの存在を知らないで読んだらメル欄というトリックだけとしか思わない罠。
いや、漏れの体験だけど。

109 :名無しのオプ:03/07/12 21:13
>>108
それはお前だけだろ(w

110 :名無しのオプ:03/07/12 22:26
いや、108の言ってることに加えて《メル欄》のトリックだけじゃない?
いったいどこに叙述トリックが仕掛けられている?

十角館は叙述ものではないよ。
よって、このスレはネタバレではない(笑)
これでいいのだ|:3ミ

111 :名無しのオプ:03/07/12 22:28
×このスレ
○このレス

112 :名無しのオプ:03/07/12 22:36
すごいバカが現れたな

113 :名無しのオプ:03/07/12 23:00
(mail欄1)だったら当然(mail欄2)だろうと思い込むような前提としての基礎知識が無いやつが十角缶読んで面白いか?

114 :名無しのオプ:03/07/12 23:05
>>113
面白かったよ。
つーかメール欄なんて知ってる人の方が少ないだろ。

115 :名無しのオプ:03/07/12 23:21
個人的には斜め屋敷の方が衝撃度は強かった

116 :名無しのオプ:03/07/12 23:28
>>110
「メール欄1」と「メール欄2」を使い分けて「メール欄3」させる。
これが叙述じゃなくて何なんだ・・・

117 :名無しのオプ:03/07/13 00:04
>>114
そのメール欄やドイルは知ってたけど、ルルウなんて、知らんかったよ

118 :名無しのオプ:03/07/13 00:06
>>117
それは知らんでも全く問題ないはず。

119 :名無しのオプ:03/07/13 00:07
>>115の空気の読めなさ加減がいい。

120 :名無しのオプ:03/07/13 00:47
金田一は電脳山荘だけでいいよ。

121 :名無しのオプ:03/07/13 04:01
作者の仕掛けの2つくらいは気付かなくても十角はおもしろいという事か・・・。

122 :名無しのオプ:03/07/13 07:35
いや、120は空気の読めなさ加減を狙い過ぎ(笑)

>>116 十角館が叙述なら、西村京太郎の「名探偵が多すぎる」(三億円事件)も叙述ってことになるよ?
なんか違うと思う。
賛成の反対なのだ|:3ミ

123 :名無しのオプ:03/07/13 15:09
(メール欄)を知らなっかたと言うのは、まあともかく、
「普通は知らない」という書込みにはあきれた。

124 :118:03/07/13 16:26
>>123
何か勘違いしてないか?
「メール欄1」を知らないとトリックの効果半減だが
単なる登場人物の1人である「メール欄2」を知らなくてもその問題はないという意味なんだが。
あと、やはり一般人は「メール欄1」知らない人の方が多いよ。
オタのものさしで何でも考えるのはやめときな。

125 :118:03/07/13 16:35
あと、おれは「メール欄」は知ってたが、
これも世間的には知らない人が多いだろうなと思うよ。
十角館みたいな国内の新本格ミステリ入門編みたいな作品の読者には
古典本格読んでない人も多いだろ。

126 :名無しのオプ:03/07/13 19:15
ミス板の常識≠世間の常識ってことだな。

127 :名無しのオプ:03/07/13 23:35
mail欄が頭に入ってないと、綾辻の放った矢の2つはド外れってことだな。

128 :名無しのオプ:03/07/13 23:47
それでも読んで面白がる奴、なんでだろ

129 :名無しのオプ:03/07/14 00:01
十角厨がいかに多いかミス板にいて分かってないの、なんでだろ。

てゆーか、メル欄なんか知らなくてもミステリ初心者には充分衝撃的でしょ。
むしろ初心者にはミスディレクションなぞ関係ないと思われ。
ヲタ的視点で語られても。

130 :名無しのオプ:03/07/14 00:24
>129
知らなくても驚けるけど、知ってるほうが
もっと驚けると思う

131 :名無しのオプ:03/07/14 00:40
>>124
きみの主張には同意なんだけど
こういうもの言いは好きじゃないな。

>オタのものさしで何でも考えるのはやめときな。


132 :名無しのオプ:03/07/14 00:46
オマエラは自分よりちょっと知識があると「ヲタ」なんだなw
何か好きっていうと「信者」。
批判すると「アンチ」。
まったくボキャブラリが少ないのか、認識が画一的なのか・・。
ミス板とは思えねえやwww

133 :名無しのオプ:03/07/14 00:55
内田直行自身が名うての超ミステリオタだったわけで
ミステリの一般教養も無い素人ははなから
相手にするつもりも無いのさ。

134 :_:03/07/14 00:55
http://homepage.mac.com/hiroyuki44/

135 :名無しのオプ:03/07/14 01:11
占星術や十角館のような作品にまた出会えるのを信じてミステリを読み続ける、と。

クサッ。

136 :名無しのオプ:03/07/14 01:17
正直に言うと、オレはまさに占星術や十角館で
ミステリにはまった。そういう奴って要するに
20代後半から30台前半くらいの奴じゃないの?
オレはまもなく三十路だけどさw

137 :名無しのオプ:03/07/14 01:19
>>132
コイツラはしょせん何かを突き詰めるということをしないのだろう。
いろいろつまみ食いして充足してるだけ。

138 :名無しのオプ:03/07/14 01:25
>>136
俺、30代前半だけど初めて読んだのはルパンだった。
30代前半は多分ぎりぎり入り口は古典って奴が多いと思う。
ただ古典を突き詰める前に新本格が登場したので
途中から混在して読んでるって奴が多いんじゃないかな。

139 :136:03/07/14 01:35
>>138
オレも小学生の頃にホームズは読んでたし
ルパンや乱歩も少しかじったと思う。その後
クイーンのレーン4部作とかも読んではいたけど、
何ていうか、ミステリにどっぷりつかり始めたのは
十角館や占星術以降なんだよなー。

140 :名無しのオプ:03/07/14 02:15
>>137
その批判こそ>>132の主張に合致していると思うのだが。

141 :名無しのオプ:03/07/14 05:14
>>132
オタ扱いされて怒ってんのか?
オタはオタらしく隔離板にでも引っ込んでなさい。

142 :名無しのオプ:03/07/14 06:20
すでにこの板が隔離板>141

150人でやってろ!

143 :名無しのオプ:03/07/14 10:30
占星厨・十角厨ってなんでこんなに多いんだろうな('A`)

144 :名無しのオプ:03/07/14 10:55
>>143
だって、飛びぬけて面白いんだから仕方ない。

145 :名無しのオプ:03/07/14 10:58
>>144
読書の幅が狭い分際で「飛びぬけて」なんて言われてもなあ
(^∀^)ゲラゲラ シネヤクソドモ

146 :名無しのオプ:03/07/14 13:02
>>132
知識があるからヲタなんじゃないよ。
その半端な知識を垂れ流したがる椰子がヲタなんだって。
そういうヲタはマニアな話になればついていけなくなるから
十角館とか占星術マンセーの新本格ヲタしかからかえないと。
まぁ程度の低い優越に浸ってなさいってこった。

147 :名無しのオプ:03/07/14 13:48
占星術はともかく十角館ってどこがそんなに面白いの?
俺の中では館シリーズでも最下位だが。

148 :名無しのオプ:03/07/14 15:53
>>146
つまり
人間>ミステリマニア>半端な知識ヲタ>>>>>新本格ヲタ
ってことですね。
占星厨・十角厨は最低辺かw死んだほうがいいなwww

149 :名無しのオプ:03/07/14 18:24
なんでオマエラそんな意地悪い物の言い方しあってんだ?
自分でさ、読み直して、嫌にならないの?
別に知識があっても無くてもいいじゃんか。
もっと楽しく話そうぜ。

150 :108:03/07/14 18:37
漏れが十角館をつまんないと思ったのは
メル欄と思わなかったこともあるが、孤島の殺人に
全くリアリティがなかったことが原因。
だから犯人を明かされても「ハア?」で終わった。

151 :名無しのオプ:03/07/14 19:35
>>148はどちらにしろ読解力なさすぎだ。

152 :名無しのオプ:03/07/14 19:55
占星術や十角館に思い入れがある人たちって言うのは、
それが彼らにとっての古典だからなんだろーね。
そういう意味では、アクロイドやYの悲劇と既に同レベルの
ミステリ史的価値を持っているのかもしれない。

十角館に関しては、全く同意できないが。

153 :名無しのオプ:03/07/14 20:12
十角ヲタがメフィで開眼した次世代に威張ったりしてるのかな。
歴史は繰り返すからね。

154 :名無しのオプ:03/07/14 20:18
占星厨や十角厨は、よく読みもせずに社会派推理小説を
馬鹿にしているあたり、どうも信用できない。

155 :名無しのオプ:03/07/14 20:20
>>151
何必死になってんの?
顔真っ赤だよ?
手、震えてるよ?wWw

156 :名無しのオプ:03/07/15 00:13
十角厨たちはもし社会派のリニューアルみたいなのとか
別のジャンルがはやったら一斉にそっちへ流れて
あっさり本格を見捨てるような気がする。

157 :山崎 渉:03/07/15 10:05

 __∧_∧_
 |(  ^^ )| <寝るぽ(^^)
 |\⌒⌒⌒\
 \ |⌒⌒⌒~|         山崎渉
   ~ ̄ ̄ ̄ ̄

158 :山崎 渉:03/07/15 13:50

 __∧_∧_
 |(  ^^ )| <寝るぽ(^^)
 |\⌒⌒⌒\
 \ |⌒⌒⌒~|         山崎渉
   ~ ̄ ̄ ̄ ̄

159 :名無しのオプ:03/07/15 19:58
>>156
お前アフォだろ

160 :名無しのオプ:03/07/30 00:35
十角館初めて読んだんだけど、これが綾辻って人の最高傑作なんですか?
何か最後の方が消化不良気味でいまいちなんだけど。
謎解き部分が犯人視点での回想で語られるだけで何か物足りなかった。
犯人もその後捕まったのか逃げおおせたのかよく分からん。

綾辻でこれより面白いって作品あったら教えて下さい。

161 :名無しのオプ:03/07/30 00:39
>>160
「時計館の殺人」、「迷路館の殺人」、「霧越邸殺人事件」、「緋色の囁き」

162 :名無しのオプ:03/07/30 00:42
新本格読んでるヒマあったら手塚治虫のマンガ読んでたほうがタメになる。

163 :名無しのオプ:03/07/30 00:44
http://book-i.net/ad06/

164 :名無しのオプ:03/07/30 00:44
告白したいけど、自分に自信がない。それでも胸の奥が苦しくて・・・
そのような方、諦めないで。
ここでは、異性に効果を発揮する香水、合法ドラッグなどがおかれています。
小売価格一万円以上の品が、半額以下の値段で取引されています。
是非ここでゲットして、貴方の気持ちを打ち明けて下さい。
相手の方も、きっとそれを待っていますよ。

↓のURLの頭にhを付けて、コピー、ペーストして下さい。

ttp://www.adultshoping.com/index.cgi?id=1057809839


165 :名無しのオプ:03/07/30 00:44
>160
>犯人もその後捕まったのか逃げおおせたのかよく分からん。

昔読んだから間違ってたら修正してほしいが、
話の最初になんかブツブツ言って犯罪計画の入った瓶投げてて、
それがラストで自分に返って来たんだったよね?
ブツブツの内容に意味があったような気もするが(「もしまたこの瓶を見たらどうとか」とか)、
とにかくそれを島田に届けておくれって子供に託すじゃないか、
それってもう「島田さん僕犯人です、捕まえてください」て自首するのと同じだろ?

そういうラストだったと思うのだが、それも分からなかったのか?

166 :165:03/07/30 00:52
あ〜なんか書き込んでしばらく経ったら
自分が勝手にオチを妄想してたような気がしてきた

167 :名無しのオプ:03/07/30 00:53
>>165
さすが綾辻の読者は文がヘタクソですね。

168 :165:03/07/30 00:56
>167
うん、それは自覚してる。
それよりラストについて教えてくれ。

169 :名無しのオプ:03/07/30 00:58
>>160
頭ワルーw

170 :名無しのオプ:03/07/30 00:58
正解などない

171 :160:03/07/30 01:14
>>165
レスありがとう。
最後の方ちゃんと読んでなかった。
瓶を拾ったのが島田だと勘違いしてた・・・アホだな

172 :165:03/07/30 01:19
>171
あ、そうでしたか。どういたしまして。

173 :名無しのオブ:03/07/31 07:45
どんどん橋のほうが衝撃的だったけどねぇ

174 :名無しのオプ:03/07/31 13:17
館シリーズはもう終わりなの?

175 :名無しのオプ:03/07/31 15:02
>>174
現在『暗黒館の殺人』が連載中。

176 :名無しのオプ:03/07/31 15:15
>>156
そもそも本格好きの奴らは社会派マンセーの時代にはミステリそのもの
から遠ざかってたと思う。
だからまたくだらんジャンルがはやったら古典にはしるか、ミステリから
離れるかすると思う。


177 :名無しのオプ:03/07/31 16:31
実際今がその時何じゃねぇの
ラノベ臭いのとかワケわかんねぇのとかが流行ってるし

178 :名無しのオプ:03/07/31 16:49
なんの話してるのかと思ったら。。

守須のニックネームだから
ルブランだろうって
読者は深読みするだろうっ、て話か・・

おれはそんなこと考えたこともなかったよ
やっぱ、一般人読者だなw

179 :178:03/07/31 16:51
もち、モリス・ルブランは知ってたけどね。。

180 :_:03/07/31 16:58
http://homepage.mac.com/hiroyuki44/

181 :名無しのオプ:03/07/31 17:13
生まれつきの魅力だけでもててる人なんてごくわずかです。
もてる人は、みんな努力してるもの。
正しい努力をすれば、きっとあなたも・・・。
美容・健康・占い・ダイエット・・そして結婚へ・・・。
結婚にあこがれている方、結婚が決まった方、そして既婚者の方にも楽しんで
いただけるよう、女性カウンセラーが企画・制作しています。
http://www.l-mari.com/
真面目な出会いを求める方&結婚にあこがれている方だけが
ご入会いただけます。
登録は無料で、手続きは簡単。
えるまりお見合いねっと
http://www.l-mari.net/project_d.php
今すぐ結婚したいあなたへ・・・。
ピュアマリアージュは中国人女性紹介所です。
当社のスタッフが現地で1人ずつ会ってしっかりとした調査を行い、
身元が確実だと判断した方のみを掲載しています。
どの女性も当社が自信をもって、ご紹介させていただいております。
http://www.puremari.com/


182 :名無しのオプ:03/07/31 17:19
>>180
>>181
ヌッコロス!

183 :名無しのオプ:03/07/31 17:54
深読みか・・俺はそこが最大の仕掛けだと感じてたけどな・・・

184 :名無しのオプ:03/07/31 18:10
深読みせず何も考えずよんだほうがびっくりしないか?
叙述を使った小説初めてだったからびっくりした。

185 :名無しのオプ:03/07/31 18:30
いや別に深読みとも思ってないんだが。
ええーー!!!こいつは○○ランじゃねえのかっ!!
なんで○○○がこいつなのよ???
って衝撃があったよ。

186 :名無しのオプ:03/07/31 18:36
しかし、それは、自分が綾辻とかなり年代が近いからそういう感覚なのかも・・・

187 :名無しのオプ:03/07/31 18:49
>>178
でもカナーリあからさまだよな。

逆にバレバレのような気もするが……。一人だけだぞ、だって。

188 :名無しのオプ:03/07/31 20:02
>>187

江南くん忘れてるYO!

189 :名無しのオプ:03/07/31 20:04
>>178-179
ネタバレすんな

190 :名無しのオプ:03/07/31 22:57
十角館つまらなかったよ。
これが名作と言われているなんて信じられないマジで。

191 :名無しのオプ:03/07/31 23:57
まあ人それぞれですから

192 :名無しのオプ:03/08/01 06:51
正直歴史的な価値しかなく、現在読んでも面白くはないと思う

193 :山崎 渉:03/08/02 01:52
(^^)

194 :名無しのオプ:03/08/02 11:44
斜め屋敷は逝ってしまってたなぁ。

195 :名無しのオプ:03/08/02 12:04
>>178-179
氏ね

196 :名無しのオプ:03/08/02 12:49
>>190
だから歴史的価値しか無いってもうずっと前から結論出てるだろうが。

197 :名無しのオプ:03/08/02 17:36
特別、十角館に歴史的価値はないだろう。
複数の作家が一気にまとまって出てきたって事が大きかったんだよ。

198 :名無しのオプ:03/08/02 17:54
事実は事実で認めようよ。なにはともあれ十角館が与えた影響はでかいだろ?
人によって評価の違いがあるのはしょうがないが世間一般の評価として、十角
館が新本格の流れを作ったってことは間違いないんだから。
その上で俺は嫌いとかいうのはわかるけどね。

199 :名無しのオプ:03/08/02 18:45
新機軸を打ち出してきたってわけではないから
歴史的価値があるとまでは言いがたい気がするなあ…

200 :名無しのオプ:03/08/02 19:07
歴史的資料としての価値だな。
まったく面白くはなかったけどな。

201 :名無しのオプ:03/08/02 19:18

「ハサミ男」を読んだらいいじゃん

202 :名無しのオプ:03/08/02 19:33
7回死んだ男は歴史に残る

203 :名無しのオプ:03/08/02 21:01
>>201
え?あんなので驚愕出来るの?

ミステリマニアならあんなの一瞬で見破っちゃうと思うのだが。
実際漏れも30頁辺りで気付いたが。

204 :名無しのオプ:03/08/02 21:09
>>203
メフィスト厨をいじめちゃ駄目

205 :_:03/08/02 21:16
http://homepage.mac.com/hiroyuki44/

206 :名無しのオプ:03/08/02 21:16
メフィのなかではハサミは傑作。
少なくとも本格気取りの霧舎・氷川よりよっぽどマシ。

207 :名無しのオプ:03/08/02 21:41
>>205
てっきり博之に関係してるページかと思って見てしまったじゃねかよ。


208 :名無しのオプ:03/08/02 21:42
おすすめだよ〜♪
http://angely.h.fc2.com/page008.html
総合サイトでお気に入りを探そう♪
http://angely.h.fc2.com/index.html

209 :名無しのオプ:03/08/02 21:52
確かにハサミ男は十角館なんかに驚喜している厨にはお薦めだなプッ

210 :名無しのオプ:03/08/02 22:14
十角で感動した奴はトリック・犯人当て重視だから
ハサミとは読者あまり被らないのでは


211 :_:03/08/02 22:21
http://homepage.mac.com/hiroyuki44/

212 :名無しのオプ:03/08/02 22:51
なんで格付けしたがるアホがいるかね

213 :名無しのオプ:03/08/02 23:00
ハサミは悪くないとは思うけど
まあ普通の出来じゃないかな。この時代の作品としては

214 :名無しのオプ:03/08/02 23:10
おい、なんか人いるね。なぜ?過疎なのに。

215 :名無しのオプ:03/08/02 23:44
夏休みだからだろ

216 :名無しのオプ:03/08/03 00:09
おまいら、、
「 葬礼の鐘の音と、誕生の泣き声が
  同時に聞こえなかった日は、一日としてない 」

の喩えどおり、年々新しいミステリファンが
生まれているんだよ、、馬鹿なことぬかしなさんな


192 :名無しのオプ :03/08/01 06:51
正直歴史的な価値しかなく、現在読んでも面白くはないと思う




217 :名無しのオプ:03/08/03 01:35
ここは時代に取り残された50代以上が傷を舐め合うスレです。
古文書でも読んでろや( ´,_ゝ`)プッ

218 :名無しのオプ:03/08/03 01:45
50代以上が何で島田・綾辻世代なんだよ。
算数できないのかw

219 :名無しのオプ:03/08/03 01:51
>>217
( ´,_ゝ`)プッ

220 :名無しのオプ:03/08/03 01:58
>>217は、病院から書き込んでます。そっとしておいてください。

221 :名無しのオプ:03/08/03 02:05
>>203

30頁って、まだ殺人事件も起こってないよ!
確認しちゃったよ!

222 :名無しのオプ:03/08/03 02:42
>>220
お前のレスが一番センス無い。2ch初心者でつね。
そっとしておいてください。←アヒャヒャヒャハヤ、真剣に書いてんのプププ

223 :名無しのオプ:03/08/03 02:48
>222
ばか?あほ?能無し?脳無し?脳タリン?

224 :名無しのオプ:03/08/03 02:51
>>222は2ちゃん玄人なんですね。


225 :名無しのオプ:03/08/03 02:56
>>223
つまんね━━━━━━━━━━。
もっと気にきいたこと言えや。

226 :223:03/08/03 02:59
>>225
えーと何が面白いかというと、ノウでかけているのです。
そんなことも分からないのか( ´,_ゝ`)プッ

227 :名無しのオプ:03/08/03 03:00
夏休み・・・か

228 :名無しのオプ:03/08/03 03:00
親切な解説キタ━━━━━(゚∀゚)━━━━━ !!!!

229 :名無しのオプ:03/08/03 03:10
涼宮遙って死んだの?

230 :名無しのオプ:03/08/03 13:32
秘書の秘所をヒショヒショいわす。

231 :名無しのオプ:03/08/03 14:47
夏休み・・・か


232 :名無しのオプ:03/08/03 14:51
>>230
ワラタ!それでスレ立てようよ!

233 :名無しのオプ:03/08/03 18:56
>>221
いや、【メール欄】が分かった。

234 :ひまわり:03/08/03 20:03
http://life.fam.cx/a010/





235 :名無しのオプ:03/08/06 10:06
>233
「感づいた」とか「可能性に気がついた」でしょ。
そういう人は少なくないよ。
むしろ、そういう人のためのトリックなんだってば。

236 :名無しのオプ:03/08/13 15:21
殊能は「鏡の中〜」でも同じ手使いやがったウンコ野郎

237 :名無しのオプ:03/08/13 18:13
新本格から入って、今のメフィ系に辟易してるひとは
古典作品読んでみると良いかも
実際俺がそういう感じで、最近古典を読み出したが、
やっぱ読み継がれてるだけあって面白いわ。
初めは読みにくそうっていう変な先入観があったが、
読んでみればそれほど気にならない。

現在はG・K・チェスタトン「ブラウン神父の童心」を読書中

238 :名無しのオプ:03/08/13 18:52
貝殻を隠すには海岸、葉っぱを隠すには森
死体を隠すにはどこ?

239 :山崎 渉:03/08/15 15:41
    (⌒V⌒)
   │ ^ ^ │<これからも僕を応援して下さいね(^^)。
  ⊂|    |つ
   (_)(_)                      山崎パン

240 :名無しのオプ:03/08/20 23:41
>>238
胃袋


241 :名無しのオプ:03/08/21 20:19
>>238
死体袋の中さ

242 :名無しのオプ:03/08/21 20:33
それなら
http://www5b.biglobe.ne.jp/~ryo-kyo/

243 :名無しのオプ:03/08/22 01:55
>>238
墓地

244 :名無しのオプ:03/08/22 16:55
>>238
新生児室


245 :名無しのオプ:03/08/22 18:27
あんぱん

246 :名無しのオプ:03/08/22 18:35
死体の中に死体が入っていてその中にさらに死体が入っていて
さらにその死体の中から死体が出てきてその死体をあけるとまた・・・

247 :名無しのオプ:03/08/22 18:49
そして最後には清涼院が出てくる

248 :名無しのオプ:03/08/23 11:47
>>247
そいつが諸悪の根源

249 :名無しのオプ:03/08/23 17:34
ハサミ男も慟哭もイマイチ〜

250 :名無しのオプ:03/08/30 16:53
>>238
モルグ

251 :名無しのオプ:03/09/03 22:30
>>238
s....。おおっと、うっかり書いちゃうところだったじゃねぇか!

252 :名無しのオプ:03/09/05 17:24
>>1
その感動を思い出として大切にしていれば、それでいい。
年を取ってから、昔さして感動もしなかった作品を読み返してみると、
ええっ、これってこんなに面白かったのか!という発見もあるしね。

253 :名無しのオプ:03/09/09 23:16
新本格チックな感動を味わいたければ、
素直にクィーンを読めばよろしいかと。

254 :名無しのオプ:03/09/11 00:11
そうだそうだ

255 :名無しのオプ:03/09/11 01:34
本格物はそもそも一部のマニアが便所に隠れてこっそり読むものだよ。
エロ本と同質な本格物がここまで市民権を得たこと自体が異常。

256 :名無しのオプ:03/09/11 01:48
クイーンの国名シリーズなんて一種の畸形だよな。

257 :名無しのオプ:03/12/13 17:29
十角館はたいしたことないだろ。トリックはまずまずだが、人物が気に入らない。
理由 リアリティがない・・・文化部に美人はいない。
   古典マニアばっかり。お前ら初心者でしょ。
   島田潔の影薄すぎ
   


258 :名無しのオプ:03/12/13 18:12
コズミック

259 :名無しのオプ:03/12/21 15:33
>>257
文化部に美人はいないってことはないだろ。高校ならいざ知らず。

260 :名無しのオプ:04/01/02 14:16
今思うと『島田潔』って、凄いネーミングだよなあ。
そういう「若い」部分も含めて、確かに作者の代表作なんだろうな。

占星術は自分も某金田一が契機で(あのマンガが面白かったからとかではなくて、
堂々と他の作品のトリックを頂いているとの話を聞いたため)読んだけど、
それでもやっぱり面白かったよ。
御手洗潔というキャラクターもこの頃の「世間から距離を置かれている、知るひとぞ知る」
怪しげな占い師だった頃の方がずっと魅力的だな。

261 :名無しのオプ:04/01/10 01:54
「人間が描けていない」

262 :名無しのオプ:04/01/10 12:30
>>261
そういう批判には、
登場人物が実は人間じゃなくて、
動物だったって叙述物書いて皮肉で返してやればいいと思う。
人間が書けてるわけないだろ〜動物なんだからよ!ボケ!って。

263 :名無しのオプ:04/01/10 19:26
フィクションなんて全部人間がかけていない、リアリティがないで切って捨てる事が出来るから
便利な言葉だよな。

264 :名無しのオプ:04/01/10 20:20
館モノってやっぱ建物の描写なんかが細かくて、しかもトリックの肝になってたりするんだろ?
漏れ建物とか景色の描写ってほとんど読み飛ばすんだが、みんなちゃんと読むの?

265 :名無しのオプ:04/01/10 20:30
「孤島パズル」だな。
俺に あれは良かった と言わせるのはこの作品と「すべてがFになる」しかない。
読者への挑戦なるものが書いてあるページにたどりついた瞬間、、
ぞくっ
とした。そして今読んできたそこまでの物語を何度も読み直した。
そして長い長い論理の道筋を辿って最後に真犯人に辿りついた時の刹那さといったら無かった。
これから自分が読むであろう結末が痛かった。

266 :名無しのオプ:04/01/10 20:42
う、うへえなり

267 :名無しのオプ:04/01/10 21:16
>>265
吊られてしまうが
それ俺のワースト2だ。
何度も読み返したりなんかしたら
時間があまりにももったいなさすぎる。
リア鬼の方がまだ半面教師になってましだよ


268 :名無しのオプ:04/01/10 21:17
>>267
マジレス ここは人の意見にけち付けるスレではない

269 :名無しのオプ:04/01/10 21:17
孤島パズルのように美しい論理というのはそうそうないぞ。

本格の傑作だろ。

270 :名無しのオプ:04/01/10 21:31
孤島パズルは俺も読んだが、あれを一度だけ読んであの唯一の物証から
論理的に推理できる奴はまずいないんじゃないかな。

んで、読み直しもせず犯人をカンで当てたり当てようともしなかったりしたら、
どこに犯人あての本格を読む楽しさがあるのか判らない。と、そう思う人間は世の中に沢山居る。
君はその人々からみて極めて無駄な時間の使い方をしているわけだな。>>267

271 :名無しのオプ:04/01/18 20:01
孤島パズルの解決ってなんかセコイ。ちまちましすぎ。

272 :名無しのオプ:04/06/04 09:05 ID:H5aTk7ZC
「占星術」読みますた。
誰かがこれを7点と評してたけど、俺的には5点くらいかな。
第二の事件で本官さんが(メール欄)しなかったら、
どうなってたろうね……。

273 :名無しのオプ:04/06/04 23:02 ID:P/OjTqVs
十角館の殺人読んだんですけど
あっと言わせるトリックって結局なんなんですか?
十角館の殺人 ネタバレで検索してもまともなレビューが見つからないし・・・
十角館の殺人の凄さを解説しているページありませんか?


274 :名無しのオプ:04/06/04 23:22 ID:dTN9/iBF
>>273
はっきり「つまらない」って言えば?

275 :名無しのオプ:04/06/05 00:08 ID:eR79lqme
>>273
>あっと言わせるトリックって結局なんなんですか?

よしマジレスしてやろう。
江南のニックネームがコナンであることから、読者は(メール欄1)と思い込む。
しかし実は(メール欄2)。わぉびっくり!

276 :名無しのオプ:04/06/05 03:11 ID:jpTnG00S
何ここ…ずっと十角館粘着がいるの?キモ。

277 :名無しのオプ:04/06/05 09:24 ID:00p6Lr1F
ウォーターデンリンデンなんとかが面白かった。
アトポス。占星術より感動した。
十角館忘れてしまったのでやふ奥で見てきまっす。

278 :名無しのオプ:04/06/05 11:31 ID:7YBObc1Z
1950生まれのおじさんですが、
本格推理ってのは、最初にいい物読むとどんどんはまり込むものです。
で、アタシの場合は、ガストンルルーの黄色い部屋の謎(作家、題名ともにうろ覚え)
なにしろ、かなりアルツ入ってますんで・・・
あとは、クイーンのエジプト十字架とかYの悲劇とはアガサのABCや誰もいなくなったあたりを読んで
病膏盲(コウの字変換できず)になりましたな。

279 :名無しのオプ:04/06/05 12:38 ID:Gyq4CWjr
既読済みのものを内容忘れてまた読んで騙される、それほど読書してない(´・ω・`)
読書量が多いとそんな感動もあるんだろうな・・・

>>278
黄色い部屋の謎、タイトル作家ともに合ってますよ


280 :名無しのオプ:04/06/20 22:14 ID:exKXei4G
占星術、犯人忘れたからそろそろ読みかえそうかな。
これと暗闇坂は何年かに一回は読み返してる。
べつに島チュウじゃありませんけど。
十角館は普通に面白かった。でももう一度読もうとは思わないかな。
で、ここは何のスレですか?

281 :名無しのオプ:04/06/21 00:02 ID:viMAG0E/
>>280
過去に出された作品を超える凄いミステリーは今ないのかというスレかと。
もしあれば報告キボン

282 :名無しのオプ:04/06/21 21:43 ID:VyWbsjQ6
そうかー。そういう意味だったら
初読(初ミステリ)の感動を超えるのは無理だと思う。
ミステリに限らず初体験ってのは特別だから。
何の先入観も無しに受けた衝撃は大きい。
でも、確かにあの感動をもう一度味わってみたいから
読み続けてるのかもしれない。

283 :名無しのオプ:04/06/25 14:33 ID:jrTOlFiu
初体験が屈辱的でトラウマになりました。

284 :名無しのオプ:04/06/25 15:47 ID:YN2IXZYI
>283
そういう事も十分にありえるから、
本も人間もよーく選ばなきゃ。

285 :名無しのオプ:04/06/25 19:45 ID:EoBlq3LO
>>273
「ヴァンダイン」です。

286 :名無しのオプ:04/06/29 08:52 ID:KFn1DVNh
 スレタイに戻るけど、
漏れは両方とも読んだけど、あまり感動しなかったな。どちらかというと、
金出してまで買おうとは思わなかった。両方とも図書館で借りた。


287 :名無しのオプ:04/06/29 09:11 ID:AFYIAZvh
初体験に戻るけど、
コンドームつけるのに意識をとられすぎたな。
反省すると。

288 :名無しのオプ:04/06/29 14:33 ID:LKMKi+6K
>287
えと、ご自分の経験ですか?
そんな事反省してるなんてカワイイ方ですね。

289 :名無しのオプ:04/06/29 21:43 ID:lIpuUMwB
俺は最近ミステリ読み始めた初心者なんだけど、占星術も十角館も純粋に楽しめた。
モリスに関してのミスディレクションなんかにひっかかれなかったのは残念だったが、
本格って犯人全部分るようになっちゃったら、つまらないんじゃないのかな?
このあたりが本格の抱えるジレンマだとも思う。

ミステリ読み終わるたびに記憶を消す機械が欲しくなります。

290 :名無しのオプ:04/06/29 23:08 ID:ljICSUex
↑ネタバレだっつーの

291 :名無しのオプ:04/06/30 01:52 ID:+HWrDdcl
つか、何を言いたいのかよくわからん。
論理的に犯人が導かれるのはつまらんということか?

292 :名無しのオプ:04/06/30 02:19 ID:xWkkrUzH
禿十角で度肝抜かれた奴って、ロートレック未読だったんだろうな・・・

293 :名無しのオプ:04/06/30 04:13 ID:WqHW1aTJ
>>286
本格ミステリーを図書館で借りて読んだ後に、金を出す人って・・・いるの?

294 :名無しのオプ:04/06/30 09:13 ID:jJfgZZZ0
>291
289じゃないけど、本格を読みなれちゃうと自然とトリックや
犯人を導きだせちゃいますよね。
自分は謎解きより、騙される事にカタルシスを感じるタイプなので
ちょっと寂しい。
ミステリー読み始めの頃に占星術を読んで
「!!!!!」と衝撃を受けたので、あれを今味わいたいと思っても
中々そういう作品に出会えない。
好みもあるだろうけどね。

295 :名無しのオプ:04/06/30 11:03 ID:582arjCv
>292
「ロートレック荘事件」なら「十角館」の後だと思うが。

296 :名無しのオプ:04/06/30 14:01 ID:ZRdWAUCd
未だに十角館や占星術を良いって言ってる奴って懐古厨だけだろ。
最近の本格ミステリの方が洗練されてるし良いに決まってる。

297 :名無しのオプ:04/06/30 15:45 ID:ML3PMznJ
いや、占星術のあのトリックは今でも凄いと思う…。

298 :名無しのオプ:04/06/30 16:25 ID:QW9pMPLb
>297
あれは「サザエさん」のパクリ。
1970年に、カツオがトンカツを使って家族を騙している。
トンカツといえば、・・・・まあ、アイツは良いか。論じるまでもない。


299 :297:04/06/30 17:26 ID:ML3PMznJ
論じてやってください…。

300 :名無しのオプ:04/06/30 17:53 ID:1ANJACRI
>>296
洗練されてるし良いに決まってると思うなら、なにか具体例を提示したらどうだい?

301 :294:04/06/30 18:44 ID:jJfgZZZ0
>296
自分は解雇厨ってよばれても仕方ないけど、スレタイ作と
現在の本格を比べてるっていう事ではなく、先入観無しで
本格を読み始めた頃の感性は中々取り戻せないって意味です。
もちろん最近の本格作品にも素晴らしいものは
たくさんあると思います。
あくまで自分の感性の問題。

302 :名無しのオプ:04/06/30 18:53 ID:AZwKBhb9
煽りでもなんでもなく、十角館読んだときの衝撃は一生忘れないと思う。
つまらないって声をよく聞くけど、漏れにとってはミステリの面白さを
教えてくれたありがたーい作品。

303 :289:04/06/30 20:19 ID:rTy988pd
289ですが、確かにネタバレでしたスマソ。

>>294禿同。こう言いたかったんですが、確かに分りにくいっすね。
ミステリのトリック云々の前に、日本語鍛えに逝ってきます。

304 :名無しのオプ:04/06/30 21:22 ID:9SoQVAQW
じゃあアンチの思う最強ってなんなのよ?

305 :名無しのオプ:04/06/30 22:27 ID:6HCIWeuF
十角館や占星術には、今の本格ミステリが忘れてしまった
なにか大切なものが確かにあるような気がする・・・

306 :名無しのオプ:04/06/30 23:12 ID:gbQfniQR
先にクリスティの「そして誰もいなくなった」読んじゃってたからな。。

307 :名無しのオプ:04/06/30 23:17 ID:TcvKVfm6
>>306
ん?それは十角館を読む上でプラスになりこそすれ、
マイナスにはならんと思うけど。

308 :名無しのオプ:04/07/01 01:07 ID:KRZVgg6P
オマージュものは元ネタを読んでないと面白さ半減だろ。

309 :名無しのオプ:04/07/01 01:14 ID:F7OgQaVc
ロートレックやそして誰もいなくなったを先に読んでたからとか
言ってる奴は、ちょっと読み方が荒すぎるような。

作家が気の毒だよ・・・。

310 :名無しのオプ:04/07/01 12:04 ID:8RNEwgQz
アンチも信者もどっちも、
せいぜい30代そこそこくらいの若僧が
シッタカかましてるだけだろ。
このスレって。
話が浅過ぎるもん。

311 :名無しのオプ:04/07/01 13:56 ID:/Fz90C1Q
>>310
さぞあなたは深いんでしょうねw
深いと偉いんですか?w

いい年したおっさんが子供みたいな書きこみするなよ

312 :名無しのオプ:04/07/01 15:17 ID:M7Za2LBA
なんか、若造って言われたの久しぶりだからうれしい。


313 :名無しのオプ:04/07/02 03:19 ID:426uYAeL
>>310
その三十の半分の年齢なんですが…
若造以下かな…

314 :名無しのオプ:04/07/12 18:36 ID:cr7F81Te
ミステリ読んでも、いつもトンデモ推理で犯人をはずしまくる私ですが、
十角館はめずらしく「こいつが犯人だぁ!」と思ったやつが犯人で、ある意味驚いた。

315 :名無しのオプ:04/07/24 20:46 ID:pXpoPIL0
>>314
たまには勘も当たる。

316 :名無しのオプ:04/08/11 02:56 ID:hFZsF9uP
占星術の方は金田一見ちゃった後だから楽しいってか悔しかったけど、
十角館の方は凄い衝撃を受けたなー。凄い勢いで騙された自分と繋がった糸に。
出来れば占星術もマッサラな状態で読みたかった。御手洗が狂った瞬間に
全部分かっちゃって悲しかったヨ (ノД`。)
それのせいで金田一に憎悪しか感じなくなってしまった自分がいますw
スレ違いっすね。逝って期末。

317 :名無しのオプ:04/08/15 22:52 ID:iMoreRmp
この板で評判良かったので読んでみました。
だまされましたけど、こんなもんなのかなぁと。
野暮な質問かもしれないですが、エピローグに出てくる
瓶の中の紙切れはなんでしょうか?

318 :名無しのオプ:04/08/15 23:01 ID:5qc5Urvy
>>317
もう一回最初から読んでみれば?

319 :名無しのオプ:04/08/15 23:20 ID:iMoreRmp
>>318
プロローグ読み直してわかりました・・・


320 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

321 :名無しのオプ:04/08/15 23:30 ID:vMDbA1z6
うわ

322 :名無しのオプ:04/08/15 23:33 ID:KwwttBEz
うわあああああああ
ごめんなさいごめんんさいごめ

323 :名無しのオプ:04/08/15 23:36 ID:5qc5Urvy
削除依頼の仕方は分かるかね?

324 :名無しのオプ:04/08/15 23:46 ID:KwwttBEz
>>323
ありがとうございます、今削除依頼してきました。
皆さんごめんんさい

325 :館の屋根の上に十本の角が生えている:04/08/16 00:11 ID:hhw4Ez6+
煽りじゃなく質問させてください。
十角館最大のトリックというのは【メル欄】なんですよね?

326 :名無しのオプ:04/08/16 00:21 ID:ymScFR46
うわ

327 :名無しのオプ:04/08/16 00:23 ID:hhw4Ez6+
うわあああああああ
ごめんなさいごめんんさいごめ

328 :名無しのオプ:04/08/16 00:50 ID:d/CQo8D+
死んでお詫びしろ

329 :名無しのオプ:04/08/16 01:04 ID:rx28GqMm
320 :(削除):04/08/15 23:22 ID:KwwttBEz
煽りじゃなく質問させてください。
占星術最大のトリックというのは【メル欄】なんですよね?


330 :名無しのオプ:04/08/16 01:48 ID:Q+sPMs2i
>>325
削除依頼の仕方は解るね?

331 :名無しのオプ:04/08/17 18:51 ID:SjriXcpm
十角館が初めて呼んだミステリーでしかも小学生の時だから
メール欄なんて思いもしなかった
だから感動できた

332 :名無しのオプ:04/08/17 19:23 ID:u+k3dy8O
十角館は、(メール欄)でネタが割れる構成が上手すぎる。

333 :名無しのオプ:04/08/18 01:51 ID:jrEFFZC6
「いいえ、○○○・○○○です」

私も12歳で初めて読んだとき鳥肌が立った。
エラリィ・クイーンも、本格という言葉も、
ましてやアヤツジが新本格の先駆けといわれていることも知らなかったあの頃。
なのに凄みだけは十分伝わった。
そして8年経った今では完全なるアヤツジストです、ハイ。

334 :名無しのオプ:04/08/18 12:24 ID:amXmE41h
でも人物描写がいまいち

335 :あや ◆Zj3hqIeBnY :04/08/18 14:41 ID:3byWTfQd
20歳の最近になってミステリを読み始めた私にとって、
初めて読んだ「十角館の殺人」はすごくおもしろかったです。
今、水車館を読み終わって、迷路館を読んでるのだけど、
取り合えず、今のところ、十角館>水車館って感じですね〜

336 :名無しのオプ:04/08/18 20:00 ID:XUSVrEPz
>>334
今さらそんなこと言わなくていいって

337 :名無しのオプ:04/08/19 01:20 ID:8Tfy+kUS
館シリーズ全部読んだけどやはり十角館の衝撃に匹敵するものはない。
本格ミステリ自体あまり読んでなかったし、
あの例のセリフが来た時は背筋がぞわっとなって一分ぐらいそこで読み固まった。
トリックがもっと秀逸な作品なら沢山あるが、犯人バレ時の衝撃度は最高かと。

338 :名無しのオプ:04/08/19 01:32 ID:cvyCryaj
トリックや仕掛けは良く出来ているのに、謎解きのところで
ぐだぐだする作品もあるからね。綾辻はそのあたりの技術は高い。

339 :名無しのオプ:04/08/24 12:32 ID:6bb7Da6o
十角館は本格ミステリにはなってないんだけどな。

340 :名無しのオプ:04/08/25 00:47 ID:g7A7nuSO
>>339
その心は?

341 :名無しのオプ:04/08/25 23:51 ID:ZQhaGqEs
>>340
ひょっとしたら、器のミステリで、冒頭に詩美性のある謎が無いからでは(笑)

342 :名無しのオプ:04/08/28 16:32 ID:/i2wD+ok
感動は殺戮の時の方が大きかった

343 :名無しのオプ:04/09/09 09:05 ID:XbmlVWAA
斜め屋敷は期待して読んだだけに(ry
もっと凄いのかと思った。やっぱ占星術だぽ

344 :名無しのオプ:04/09/11 01:18:45 ID:WZDnSgBT
暇つぶしに十角読んだんだけど
面白かったよ
水車は面白くなかったけど
あとどんどん橋も


345 :名無しのオプ:04/09/16 15:38:25 ID:cGTlCisz
初めて読んだミステリが時計館だった。

すごく感動した。

2冊目がコズミックだった。

それ以来ミステリは読んでない。

346 :名無しのオプ:04/10/15 18:25:49 ID:y4LDAijZ
私の中で、いまだに十角館以上のものはない。


347 :名無しのオプ:04/10/28 04:57:31 ID:v491BI6I
斜め屋敷読んだときは「ドリフみたいな仕掛けだなあ」と感動しました

348 :名無しのオプ:05/03/16 10:49:20 ID:JT2NdWPS
>>345
御大の犠牲者がまた一人。
(つうか。ここに来ている時点で、きみがミステリ読者だってばれてるよ。ミステリはやめて、バカミスに走ったとはね)

349 :名無しのオプ:05/03/17 02:19:38 ID:FQS6Kk0O
>>347
ワラタw

350 :名無しのオプ:05/03/17 03:41:56 ID:AVkCxkvs
綾辻さんはまだ読んだことないんだけど、
綾辻さんの小説が好きな人は
ほかにどんな作家さんがすきなの?
(参考までに)

351 :名無しのオプ:05/03/17 08:21:33 ID:3UsL89qp
清涼院流水です。

352 :名無しのオプ:2005/03/25(金) 09:38:51 ID:BHitziF9
殺戮にいたる病を初めて読んだ時の衝撃はすごかった。
なんか背中から寒気がじわじわ〜と這い上がってきて
しばらく身動きできない感じだった。

353 :名無しのオプ:2005/03/26(土) 09:48:21 ID:p33aVjWx
俺も十角館の「○○です」というセリフを読んだ瞬間に
なんか股間から暖かいものがしょわわ〜と流れ落ちて
しばらく身動きできない感じだった。

354 :名無しのオプ:2005/03/28(月) 06:49:12 ID:tnOY8OJU
ミステリを読み始めたころに読んどくと面白かったのね。
十角館は本の構成だけで犯人わかってもうた
しかも初期の文章は読むのがつらい

コミカルな分、8の殺人の方が驚きが大きかった。

355 :名無しのオプ:2005/03/28(月) 12:35:52 ID:h0WRKQ95
読む時期は大事だね。書評なんか一切見ないでおかないと
後でガッカリする事が有るね。2ちゃんなんかで変な書き込みを
見ちゃうとヒントになるからね。

356 :名無しのオプ:2005/03/28(月) 18:26:29 ID:O7BXAQae
初めてのミステリが中一のとき読んだ殺戮にいたる病だった。
色々な意味で衝撃がすごかった。

357 :名無しのオプ:2005/03/29(火) 00:53:15 ID:XZ+Rq0JV
まじでやられたスレを参考にすると面白さ半減するかもね
スレの存在がネタバレ誘発w

358 :吾輩は名無しである:2005/04/11(月) 13:52:44 ID:hWzCp30A
h

359 :名無しのオプ:2005/04/11(月) 21:07:09 ID:+bHp11Zz
舞台が地元で、しかもA市B町とか言う表記だと萎える。
十角館はずばりそれで、まったく面白くなかった。
その後、綾辻アレルギーになって小野不由美を恨んだ

360 :名無しのオプ:2005/04/18(月) 15:30:58 ID:6Xt1R36O
おれの私見だけど、十角館はあのいわゆる「人間が描けてな」さがいいんだと思う。
重厚さが全く無いあのキャラクター群こそが等身大のリアルな人間像に見えないか。
いわゆる「描けてる」人間にはうそ臭さを感じるんだよな。
ハードボイルドなやつらなんて特にそう。まして大学生なんてあーいうもんだろ。
そうやって気楽に読んでてあの結末。「え?なに?どーなってんの?」と。
(少し「こんなの書いていいのかよ」とも思ったが。
しかしリアリティがないというのは逆に言えば、
こんな何処にでもいるフツーなやつがこんな変なことやるかよって違和感もあるのでは。
だから少なくとも人間が描けてないってのは嘘っぱちだと思う。)

それ以前はミステリと言えばクリスティ、コナンドイル、ルブラン、チェスタトン、ポー
くらいしか読んだこと無かったが、あれ以後国産ものを読むようになった。
10年以上遅れて読んだから歴史的意義とかそんなに良く分からんけど、衝撃は大きかったな。
結局ジャンルに開眼する時(この場合は新本格)の一冊の衝撃には、どれほどの名作でも敵わない。
多くの人にとってその契機になった作品ならば、
その出来(ここ判断不能につき保留)とはほぼ無関係に歴史的名作と呼ぶに値するのでは。


361 :名無しのオプ:2005/04/18(月) 20:35:27 ID:I/gh02j8
少なくとも
「ねぇ、エラリィ」
「だな、オルツィ」
とかって呼び合う大学生はリアルじゃないと思う。

まぁ「人間が描けてない」上で成り立った作品であることは同意するが。

362 :名無しのオプ:2005/04/18(月) 20:49:45 ID:5+Wg+Xll
金田一をパクリっていってるやついるけど
金田一少年の原案やってる天樹征丸って島田荘司のことだぞ

363 :名無しのオプ:2005/04/18(月) 20:58:17 ID:JyMTpTb0
ってことは、「黄色い部屋の謎」からぱくったと思ってたアレも、
天樹=島田=ルルー ということで納得できるな。

364 :名無しのオプ:2005/04/18(月) 21:07:18 ID:YcfCmU1X
パクリで叩かれたのは、金成のほうだよ。

365 :名無しのオプ:2005/04/19(火) 09:32:18 ID:YCz6p2qc
ヴァンダインです

366 :名無しのオプ:2005/04/19(火) 09:49:47 ID:79D4mR95
>>361
そうだろうか?

今日、電車乗ってたら、前にキモオタが二人乗ってきた。

なんか一人がデカイ声で「貴様は〜〜〜!!だから2ちゃんねるで馬鹿に
されるというのだ〜〜〜!!この〜〜〜!」
ともう片方の首を絞めました。
絞められた方は「ぐええぇーー!悪霊退散悪霊退散!!」と十字を切っていた。
割と絞められているらしく、顔がドンドンピンクになっていった。

渋谷でもう一人、仲間らしい奴が乗り込んできてその二人に声をかけた。
「お!忍者キッドさんとレオンさん!奇遇ですね!」 「おお!そういう君は****(聞き取れず。何かキュンポぽい名前)ではないか!
 敬礼!」
「敬礼!出た!敬礼出た!得意技!敬礼出た!敬礼!これ!敬礼出たよ〜〜!」
俺は限界だと思った。

このコピペの中で、オタクは、「忍者キッド」と「レオン」という名前でよんでいるし、あいても「キュンポぽい名前」で呼ばれている。
当然、これらは本名ではなく、この例はニックネームで呼び合うことが普通に行われていることを意味している。

ゆえに、エラリィやオルツィと呼び合う大学生がいてもおかしくないと言える。

367 :名無しのオプ:2005/04/19(火) 10:07:53 ID:/9gNA9ag
>>362
さすがに違うだろ ネタで言ってんのかもしらんけど

天樹征丸=元MMRのキバヤシだろ
じゃあキバヤシが島田荘司なのか?

368 :名無しのオプ:2005/04/19(火) 10:09:18 ID:/9gNA9ag
ネットのオフ会とかいくとみんな奇妙なコテハンで呼び合ってるぞ
そういうんじゃないの

369 :名無しのオプ:2005/04/19(火) 13:04:46 ID:5x2mq+Aq
同人誌関係、特にオタはPNで呼び合ってますよ。
ロリにしろショタにしろ、とんでもねえPNつけるから聞いている方が恥ずかしいけどなw


370 :名無しのオプ:2005/04/19(火) 17:43:16 ID:rnsHlCR+
あぁ、確かにオフ会とか行くとそういうもんかもしれないな。
行った事ないから考え付かなかった。
普通ニックネームって名前もじったり見た目からつけるもんだと思ってたけど、
確か十角のニックネームは代々推理研で受け継がれてたんだっけな。

371 :名無しのオプ:2005/04/19(火) 18:45:25 ID:N6oPr1oa
例として適当かちょっと自信ないが、
キャンパーネームってのも少し似てないかな。
主に北海道あたりで旅行者がつかうもので、
だいたいは当人の行動や外見などによって付けられることが多いのだが、
エラリィ、オルツィに負けないような奇妙なCNは少なくない。
場合によっては十年以上奇妙な名前で呼び合ったりするわけだし。

372 :名無しのオプ:2005/04/19(火) 19:33:25 ID:Keq5ZF/b
当時の翻訳事情が偲ばれるよな。もし今書かれたら、ドロシーなんて
ニックネームもあるかも知れないが、当時は文庫で容易に入手なんて
時期じゃなかったからな。それに今ならオルツィはないだろうと。
ただ、それに代わる地味なイメージの作家名が思い付かないが。

373 :名無しのオプ:2005/04/29(金) 18:55:22 ID:LoGpXGaz
十角館のオチは本当にノーベル文学賞もんというか・・・
あのオチ思いついたときの綾辻はおそらくミステリの神が降りてたんだろうな。
未だに本人含め日本のミステリ作家が
あれを超えるどんでん返しを生み出せないでいることが何よりの証拠。

374 :名無しのオプ:2005/04/29(金) 21:36:26 ID:+nGslBFX
>>373
オレは時計館のほうがすごかったと思うけど。

375 :名無しのオプ:2005/04/29(金) 22:02:57 ID:vMJB2B/Y
トリック自体は今振り返れば大したことはないけども、
たった一行で真相が明かされる構成に持っていったところは
素直に凄いと思うね > 十角館

376 :名無しのオプ:2005/05/09(月) 16:48:49 ID:G0L5xmM8
おれはどんどん橋おちたが神だと思う。

377 :名無しのオプ:2005/05/09(月) 23:18:52 ID:Ks3NOCvl
>>376
確かに凄い。ギャグ風味の短編ではあるけど、叙述トリックのオチの衝撃は
十角館と並ぶ。

378 :吾輩は名無しである:2005/05/11(水) 12:44:15 ID:AKa0f5WH
k

379 :名無しのオプ:2005/05/11(水) 20:52:29 ID:7JcB6QL1
リアリティがないからこそ「本格ミステリ」として楽しめるかもしれない。
と、だれかが言っていた気がする。
自分は古典ミステリよく知らないので十角館はあまり面白くなかったけど、
別作の黒猫館はびっくりしたなあ。

380 :名無しのオプ:2005/05/12(木) 03:00:05 ID:kV33AdKb
黒猫は島田荘子の某作品を読んだあとだったので驚かなかった

381 :名無しのオプ:2005/05/12(木) 04:55:00 ID:niYImz/K
>>367
>じゃあキバヤシが島田荘司なのか?
Σ(゚д゚)ハッ あ、ありうる。
天パかつ思想がトンデモな所も共通点…(((((;゚Д゚)))))ガクガクブルブル

382 :名無しのオプ:2005/05/16(月) 11:10:31 ID:uN1s3CSG
>>381
じゃあ、島田荘司が『シュート』の編集を
していたのか?Σ( ̄□ ̄;)


んーなーあーほーなー
さほどミステリー知識のない自分ですがmy衝撃作は

十角→トリックはそれほどでもないけど、ラスト付近のミスリードに上手く
引っかかってゾクゾクした

占星術→初島荘。最高に面白かった。何故かしばらく経つとトリック
以外の全てを忘れていて何度か読み直した。とにかく面白かった。
コズミック→キャラ萌え具合にうんざりしつつも設定、事件の面白さ
構成に興奮しながら読みました。ラストはちゃんとしたミステリー
を期待してたので少しガッカリ。

383 :名無しのオプ:2005/05/19(木) 05:33:50 ID:XhLw/GI1
コズミックその程度のダメージで済んだの。
壁に叩きつけたけど。

384 :名無しのオプ:2005/05/19(木) 09:11:06 ID:Nok5rjIf
>>383
ノシ

385 :吾輩は名無しである:2005/05/30(月) 11:54:28 ID:oVkuwasO
8

386 :名無しのオプ:2005/05/30(月) 21:41:35 ID:CtsPk1I8
緋色の囁きから十角館に流れて
生まれてはじめて推理小説と呼ばれるものを読んだ。
面白かったなー、犯人がわかったあとも何度も何度も読み返した。

占星術を読む前にキンダニを読んじゃったので
トリックは「あ、あれかー」と思ったけど
キンダニのトリックを理解するために
人形の絵をノートに書いて、友人たちと一緒に
あーでもないこーでもないと話したのは楽しかった。

387 :名無しのオプ:2005/05/31(火) 07:31:43 ID:t/5TlCnB
十角館は確かにおもしろかったな。ミステリ初心者だったオレには衝撃的だったよ。
あの雰囲気にだまされた。リアル感のない設定のせいで、あんなヘンな名前でも納得しちゃったよ。


388 :名無しのオプ:2005/05/31(火) 13:04:27 ID:4UHtI3yF
漏れも個人的にアクロイド以来の叙述トリックだったので
叙述にこんな使い方があったのか!と感動した。

389 :名無しのオプ:2005/05/31(火) 22:19:41 ID:JsPFHfi3
私もアクロイドと誰もに通じました。

390 :名無しのオプ:2005/05/31(火) 23:13:13 ID:y9Pml9Cg
>>17
卑猥すぎる

391 :名無しのオプ:2005/06/04(土) 14:29:58 ID:1LdMN6ns
読んだばっかりだから書いとく

392 :391:2005/06/04(土) 14:31:01 ID:1LdMN6ns
>>391
失敗した。

393 :名無しのオプ:2005/06/19(日) 14:28:39 ID:gjy4L0yV
アクロイドよりは面白かったけどね

394 :名無しのオプ:2005/06/26(日) 21:17:50 ID:HzbuNIb1
綾辻は過大評価されすぎ

395 :名無しのオプ:2005/06/27(月) 09:49:32 ID:X6CZbARL
綾辻は過小評価されすぎ
過大評価は森、西尾あたりのひと山いくらの低能糞ラノベゴミ軍団

396 :名無しのオプ:2005/06/29(水) 01:58:27 ID:Cl7er2ww
過小評価まではされてないだろ。

一応「綾辻以前、綾辻以降」みたいな言い方もされてるんだから。
でももうちょっと世間で名前が知られてても良いとは思うけど。

後西尾辺りの屑が綾辻や京極とかの隣に平積みされてるのはマジウザい。
お前はアニメの小説とかのコーナーに居ろよ、と。

397 :名無しのオプ:2005/06/29(水) 09:29:04 ID:VXHiz4uU
とにかく、西尾だの森だのが評価されるようになってしまった
背景には、ミステリ読者のレベルダウンがある。
ミステリにはトリックが一番大事であって、ストーリーは2の次だ。

398 :名無しのオプ:2005/06/29(水) 13:22:19 ID:sbEA6oon
ロジック(レトリック)が一番大事。トリックなんか二の次だよ。

399 :名無しのオプ:2005/07/02(土) 02:17:37 ID:rZ5kvU3m
ほほぅ、じゃあ西尾辺りは非常にロジカルな文章を書くと言うのか。


立ち読みしたかぎり知性溢れる文体では無かったのだが。

400 :名無しのオプ:2005/07/02(土) 02:53:22 ID:xMEBY6+0
>>399
ハァ?

401 :名無しのオプ:2005/07/02(土) 04:56:18 ID:PhTV0IH3
>>399
多分398は『ミステリにはトリックが一番大事であって、ストーリーは2の次だ。』の部分に反論したのであって、
『西尾だの森だのが評価されるようになってしまった・・・』の部分にまで反論しているわけではないと思う。
故に、399のレスは的外れ。

個人的にこのスレ的には、「驚愕度」が一番だと思うが、
驚愕するためにロジックがきちんとしている必要があったり、
トリックが斬新である場合があったりと、それぞれに部分同意になる。

402 :名無しのオプ:2005/07/02(土) 14:54:04 ID:466vgUBk
小学校低学年
 夜の銀座は人通りもなくて暗いという描写に、( ゚Д゚)ハァ?となりつつ
 乱歩の少年探偵団シリーズを全巻読破。
 途中うっかり人間椅子も読んでしまい、生まれて初めてエロスを感じる。
小学校高学年
 赤川次郎と横溝正史。金田一は夜中、布団の中でガクブルしながら読んだ。
中学校
 クイーンとクリスティーにどっぷり。レーン最後の事件もかなり衝撃だった。
 ホームズは肌に合わなかったみたい。
高校一年
 十角館と出会う。まさに驚愕。
 基本は雑食なんだが、十角館後しばらくミステリのみ貪っていた。

こうして並べてみると、十角館を効果的に読むための読書暦だな、俺。

403 :名無しのオプ:2005/07/24(日) 18:05:25 ID:2yyJ+qyA
「十角館」勧められて今読み終わったんだけど、
「ラスト一行」って文字通りラストのあの台詞のこと?
「たった一行で真相が明かされる構成」ってよく聞くけど
それ以前に明かされてるのにどういう意味?




404 :イラストに騙された名無しさん:2005/07/24(日) 22:37:52 ID:4ZJmqZCm
0

405 :名無しのオプ:2005/07/24(日) 23:02:59 ID:b1vA7sQQ
十角館も占星術もたいしたことなかった。騒いでる人の気が知れない。

406 :名無しのオプ:2005/07/24(日) 23:19:31 ID:q8fMe62+
>>403
誰が「ラスト」1行なんて言ってるんだよ

407 :名無しのオプ:2005/07/24(日) 23:32:13 ID:gF6gj7H7
>>405
そりゃ残念だったね

408 :名無しのオプ:2005/07/24(日) 23:50:15 ID:zSsJHpXr
十角館のすごいところは、普通トリックの種明かしをするときは、「いよいよですよ」という作者の前振りがあるのだが、それをすっ飛ばしてたった1行で種明かしをしてしまったことだな。
人物が描けてないとか、人が死んでんのに相変わらずあだ名で読んでるところなんてあり得ないとか、全くその通りなんだけど、あの1行を読んだときのゾクゾクっとした感覚は、そうそう味わえるもんじゃない。


409 :名無しのオプ:2005/08/04(木) 21:54:27 ID:RGFlyf2F
麻耶雄嵩が十角館に並ぶミステリを連発してるよ。

410 :名無しのオプ:2005/08/04(木) 23:10:18 ID:p3kZBuWR
>>408
その一行ってどこですか?

411 :名無しのオプ:2005/08/07(日) 11:31:02 ID:du7LmUUb
十角館を読んだのに、どの一行かわからなかったんなら
ミステリ読むのはやめたほうがいい。

412 :名無しのオプ:2005/08/07(日) 23:26:43 ID:Epj4yZRo
>>410
犯人はヤス

413 :名無しのオプ:2005/08/12(金) 20:48:58 ID:BjOxiqlP
個人的には綾辻の中で一番衝撃を受けたのは四〇九号室の患者だな

414 :名無しのオプ:2005/08/20(土) 10:08:59 ID:NMYROJlS
十角館の凄さは、普通の小説なら
「犯人は○○です」→理由を説明
「そしてトリックはこうです」→具体的に説明
と数十ページかかるところを、たった一行でスパッとやったことだよ。
ミステリ的というより小説的な構成力の凄さだわな。
凡百のミステリが追い求めてる論理だの感動だの人間描写だの一切関係なく、
ただ一行で読者を驚かすためだけに作った小説。数百ページのショートショート。
その執念と凄さ、未だに日本でこれを超える作品が出てきてないのが何よりの証拠。

415 :名無しのオプ:2005/08/20(土) 13:53:58 ID:2zsrjnmE
あんまり持ち上げすぎると、自分の読書量の少なさがばれるから、やめた方が……

416 :名無しのオプ:2005/08/20(土) 14:23:45 ID:T4mGNrcR
こういう煽り入れる奴って、具体的な本の名前とか
絶対書かないんだよな。

417 :名無しのオプ:2005/08/20(土) 20:19:10 ID:nH0hf36k
そんなに「感動」するのかと思い、読んでみた。

十角館は構成もよかったし、登場人物にある程度のキャラ付けもあって楽しめた。
(ただし、「犯人」の「仲間内での愛称」に萎えた。だって、「その部分」だけ
 抜き出しちゃいけないでしょー。)

占星術は今日読了。冒頭の「小説」だけで、メイン・トリックがわかって萎えた。
第2の殺人も見え見えだった……。冗漫な会話ばかりの展開が苦痛。

島田『ロシア幽霊軍艦事件』も、前半の会話のユルさに投げだそうと思ったが、
意外に後半はひきこまれた。だから、占星術も読み通したのにー。

418 :名無しのオプ:2005/09/04(日) 16:37:32 ID:miRAKP0x
「読了」とか使うなよ。いかにもヲタ臭いから。

419 :名無しのオプ:2005/09/05(月) 02:36:51 ID:haNG+u9l
>>418
それは君がものを知らないだけでは?

420 :名無しのオプ:2005/09/05(月) 05:36:01 ID:39eKh9nb
十角館に関しては本格という括りで論ずるならば右に出る作品はないと思う
確か綾辻行人のデビュー作だっけ??
いきなりこれほどの完成度を誇る作品を引っさげて登場したんじゃ本人も
後々苦労したろうに。京極も同じことが言えるけど次の魍魎のはこがデビュー
作超えてるように思うんでちと違うかな
占星術に関してはそれほど衝撃受けなかったな、弟なんかには「お前あれは
別格だよ、可哀相に」と言われたけどやっぱりそこまでは評価できない。
と言いつつも綾辻より島荘のが好きなんだけどね。
異邦の騎士のおかげで


421 :名無しのオプ:2005/09/05(月) 05:54:55 ID:wDD9kYpI
>>420
弟に「お前」呼ばわりされるお前は確かに可哀想だ。

422 :名無しのオプ:2005/09/05(月) 06:18:46 ID:UOcCYQjn
>>417
それはきみが金田一少年を先に読んでいたからじゃないかい?

423 :名無しのオプ:2005/09/05(月) 13:33:39 ID:P+opFo0Y
荻原浩「噂」は文字通りのラスト1行ものだね。
このミスで茶木だったかが騒いでた。
ただ、あまり話題にならなかったな。
まぁ、気づかずに読み終えても問題ない内容でもあるし・・・。

424 :名無し物書き@推敲中?:2005/09/22(木) 11:41:04 ID:3qyAgM+h
少し ばか

425 :名無しのオプ:2005/09/22(木) 22:22:00 ID:+AEJNqd2
>>423茶木推薦ならよまなくなるやつがほとんどだろ

426 :名無しのオプ:2005/09/23(金) 01:11:27 ID:DVqfXXUg
あのーすいません、どっちも大しておもしろくありませんでした。

427 :名無しのオプ:2005/09/23(金) 01:18:44 ID:oas923zy
↑ちなみにこいつの好きなのは清涼院流水、西尾維新(プゲラワロス

428 :名無しのオプ:2005/09/23(金) 04:08:26 ID:DVqfXXUg
>>427
あ・惜しいです、擦ってますね〜。清涼飲料水は無しでw
ミステリーならあと京極、舞城あたり。

429 :名無しのオプ:2005/09/23(金) 04:15:54 ID:avV+h6Nh
>>428
それを恥ずかしいと思ってないのが凄い
恥ずかしいことだからね(w

430 :名無しのオプ:2005/09/23(金) 04:25:54 ID:DVqfXXUg
>>429
んー…じゃ、あなたは?

431 :名無しのオプ:2005/09/24(土) 12:26:25 ID:ZgjtPVR7
>>397
その後、山田悠介が売れるという恐怖時代がやってくるんだよな。
少なくとも森や西尾「文章と呼べるもの」は書いているからな…OTZ


432 :名無しのオプ:2005/10/05(水) 02:10:05 ID:/dwfaDjZ
まぁ山田辺りをマンセーしてんのはゆとりまくりのガキどもだから。
時間が自然淘汰してくれるさ。
京極や宮部とかが平積みにされてるのを見ればまだ捨てたモンじゃないよ。








まぁその隣で山田が平積みされてるワケですが。

433 :名無しのオプ:2005/10/16(日) 18:41:04 ID:Vz12vRRt
山田みたいなのがガンガン出てくるのを俺は拒絶しない。

だって「読むべき本」の選択肢がそれだけ減るわけだしな。
今だって全然読みたいものも読みきれてないんだしさ。

434 :名無しのオプ:2005/10/16(日) 23:26:09 ID:tK20bCwN
意味わかんね

435 :名無しのオプ:2005/10/18(火) 00:11:29 ID:i94FrZX7
山田読者だけあって日本語が不自由ですね

436 :名無しのオプ:2005/10/23(日) 02:26:49 ID:VQzP7RbZ
バイキングとかでそれなりに美味そうなものが沢山あるよりも
不味そうなものが多いほうが残りのが相対的にすごく美味しそうに見えるんだよ。

って事じゃね?

437 :名無しのオプ:2005/12/29(木) 03:35:17 ID:HpjUEiGj
本格冬の時代がもう一度来ないと
占星術、十角館をリアルタイムで
読んだときの感動は味わえないん
じゃないですかね。

438 :名無しのオプ:2005/12/29(木) 16:35:44 ID:Ucc4+/Fj
>>436
いや、美味しいものがたくさんあっても全部食べきれないのはくやしいから、
俺の食べきれる分量以上の料理は作るな、ってことでしょ


439 :名無しのオプ:2006/02/02(木) 03:01:59 ID:SoDez+DQ
>>403
>「十角館」勧められて今読み終わったんだけど、
>「ラスト一行」って文字通りラストのあの台詞のこと?
>「たった一行で真相が明かされる構成」ってよく聞くけど








>それ以前に明かされてるのにどういう意味?




長生きせ〜よw

440 :439:2006/02/02(木) 03:13:25 ID:SoDez+DQ
あ、物凄い亀レスだったみたい(^^ゞ

441 :名無しのオプ:2006/02/02(木) 03:34:35 ID:QGjQoy9p
去年やんけ

442 :名無しのオプ:2006/02/02(木) 03:56:09 ID:r6cw+6X8
半年前やんけ

443 :名無しのオプ:2006/02/02(木) 20:02:14 ID:+vGHltsH
記憶喪失になって再読すれば
同じだけの感動が味わえるんじゃないか?
あるいは年取って健忘症になるまで待つ。

444 :名無しのオプ:2006/02/26(日) 22:48:49 ID:UMfspGDu
綾辻作品はかなり自分好み。
自分はリアルでよくあるような「愛人と痴情のもつれ」とか
「保険金が・・」とかそういうのをつまらなく感じる(嫌な言い方だけど)
それが事件の動機である作品をもちろん否定などしないし面白いのもある。
でも自分はもっと・・理不尽だろそれ・・みたいな人間の心のひだみたいなのを読みたかった。
だから綾辻作品はかなりマッチした。
解決編が何かすごい気持ちいいんだよ。
それに何ていうかなー 綾辻ってあまり人間的に嫌なイメージがない。
暗い話や残酷であってもギスギスした感じがしない 作品に。

445 :名無しのオプ:2006/03/02(木) 15:46:58 ID:FbbCOZJN
>>444
エラリィ乙

446 :名無しのオプ:2006/03/06(月) 23:24:49 ID:W2kiFAOt
>>1
折原一や西澤保彦の作品なんかはそれに近い感動が得られるんじゃないかな。

447 :名無しのオプ:2006/03/07(火) 00:27:26 ID:uSOCQ99g
>>446
西澤保彦の「七回死んだ男」はよかったね
折原一はオレにはちょっと合わんわ

448 :名無しのオプ:2006/03/07(火) 00:35:41 ID:DY8cOXvv
本格原理主義者には困る

449 :名無しのオプ:2006/03/07(火) 19:47:48 ID:LAbSa7ZC
占星術の最初の手記が嫌いじゃない人おる?
誰に聞いても「最初くそつまんねー」って言われるんだけど

450 :名無しのオプ:2006/03/08(水) 00:04:51 ID:ThyWzY6f
>>444
俺もあんたと同じです。うまく表現してくれた。
でもなかなか、そういう作品に出会えないでいます。
あんたが今までで読んだミステリで良かったのあげてもらえないですか?
あんたのいう名作なら楽しめそうです。
>>449
あの手記は苦しかった。。当時、高校生だった俺は何度も挫折しましたw


451 :名無しのオプ:2006/03/08(水) 15:56:28 ID:Tlo9F5mI
ミステリーぜんぜん読んでないときに十角館読んだんだけど最後だけちょっとびっくりしただけでそこまでが退屈で読み進めるのが苦痛だったからそんなに良い印象ないです

452 :名無しのオプ:2006/03/08(水) 17:20:49 ID:LPR4JHLH
犯人大忙しだったな、乙。
しかしなんだその動機…って感じだった>十角館
それなりに面白く読んだけど
残念ながらそこまでの驚きはなかったなあ。

本気で驚かされたのは連城と初期の折原一。

453 :名無しのオプ:2006/03/08(水) 23:47:52 ID:Csv8qEWm
早々にある人にネタバレされてたので、逆にいつ(メ欄1)と(メ欄2)が
出るのかとわくわくしながら読んだから、結構楽しかったなあ十角館。
占星術はかの有名な某身分詐称少年にバラされたけど意地で読んだ。
明治村行きたい・・・

454 :名無しのオプ:2006/03/09(木) 22:44:11 ID:hz3CzY2c
スレタイについてだが、普通に麻耶の小説を読めばいいんじゃね? と麻耶信者の俺が言ってみる

455 :名無しのオプ:2006/03/10(金) 01:52:36 ID:e+GxsEwY
>>454
信者には申し訳ないが
「翼ある闇」一冊読んで投げ捨ててしまいました。

もっと単純明快で謎が残らなくて
ガツーンと驚かしてくれる方がいいわ。

456 :名無しのオプ:2006/03/10(金) 05:10:17 ID:RgvR5OOi
>>455
・・・き、金田一少年の事件簿。

457 :名無しのオプ:2006/03/10(金) 06:06:32 ID:e+GxsEwY
>>456
ケンカ売っとんのかーw

458 :名無しのオプ:2006/03/10(金) 13:50:42 ID:RH94eJTj
とりあえず>>453の不幸なミステリ人生に乾杯

459 :名無しのオプ:2006/03/10(金) 17:09:25 ID:AgKQ7cl5
霧越邸は表紙の屋敷の見取り図を見て
読む気が失せたのでまだ呼んでない。

460 :名無しのオプ:2006/03/10(金) 17:34:29 ID:xXS46Cy/
綾辻作品において館の構造は内容にほとんど関係ないよ

461 :名無しのオプ:2006/03/10(金) 18:24:09 ID:2udiMLjM
>>455
「螢」読め

462 :名無しのオプ:2006/03/10(金) 18:26:30 ID:coXVtK9l
占星術(&斜め屋敷)と十角館的な感動が味わえる作品といえば…、
俺的には、ベタだけど、「長い家」かなあ?
ベタじゃないところでは(といっても伝説的作品ではあるが)、
こういう発想は凄い!という意味で「幸福通信」。

463 :名無しのオプ:2006/03/10(金) 19:59:09 ID:zD6ycjWy
ディクスン・カーの「皇帝のかぎ煙草入れ」。

464 :名無しのオプ:2006/03/11(土) 01:08:34 ID:IRal24TQ
幸福通信って作者誰?
検索したけど、阿刀田高の「冷蔵庫より愛をこめて」所収の短編のこと?

465 :名無しのオプ:2006/03/12(日) 02:38:25 ID:TyfLfCSe
麻耶の『翼ある闇』もいいと思う。
『虚無』も度肝抜かれた一冊だな

466 :名無しのオプ:2006/03/15(水) 15:52:39 ID:pkasZoo4
久しぶりに読み返してみたがけど、やっぱり傑作だと思った。
ところで「メール欄」って何?意識して読んでたんだけど分からなかった。


467 :名無しのオプ:2006/03/15(水) 17:33:19 ID:Lvkfm/VV
>>466
お前が今やってるそれのことだよ

468 :名無しのオプ:2006/03/15(水) 23:40:02 ID:6AMUTK6F
>>466
メール欄

469 :名無しのオプ:2006/03/16(木) 09:25:23 ID:CAfUzbrH
>>467-468
さっぱり分かりません。
まあ、小説として面白ければいいか。

470 :名無しのオプ:2006/03/16(木) 14:48:35 ID:fkIhSjGM
メ欄の使い方がわからないとミス板を利用するのは厳しいぞ。

471 :名無しのオプ:2006/03/16(木) 16:39:02 ID:PGql7O+w
半年ROMってろ

472 :名無しのオプ:2006/03/19(日) 12:05:44 ID:7iiQlicH
半年とは言わない・・・・









半世紀ROMってろ

473 :名無しのオプ:2006/03/22(水) 20:20:03 ID:Tj23R7Dc
>>461
もっと訳わかんない本なのかと思ったらマジで正統派本格だったのでビビタ

474 :名無しのオプ:2006/08/17(木) 19:02:37 ID:+LqCVcvT
つい最近占星術読んで島田読もうかなと思った。

クリスティ、カー、我孫子武丸、綾辻メインで今まで読んできた。

アクロイド、ABC、そして誰も、
皇帝のかぎ煙草、白い僧院、
0の殺人あたりが印象的かな。

綾辻はまだ館シリーズしか読んでないけど、
時計>迷路>十角>人形>黒猫>水車ってかんじ

475 :名無しのオプ:2006/08/17(木) 20:07:23 ID:nlw3ilk0
占星術はトリックは面白いと思うが、文章が中の下なんだよな。だから名作にはなりえん。
読了までに一ヶ月かかった。

476 :名無しのオプ:2006/08/17(木) 20:21:05 ID:1QezTz8v
なぜスレタイに箱の中の失楽が入ってないんだ

477 :名無しのオプ:2006/08/17(木) 22:16:04 ID:e1LVBpoH
それは「匣の中の失楽」という漢字すら覚えてもらえない程度の作品だからだよ

478 :名無しのオプ:2006/08/18(金) 22:40:55 ID:ma/cPfjg
>>475島田は文章上手いと思うけどねえ。下手なのは初期の綾辻とか法月じゃねえ。

479 :名無しのオプ:2006/08/19(土) 00:41:49 ID:Uip3cC80
下手じゃないけど上手くもないと思う

480 :名無しのオプ:2006/08/19(土) 00:46:26 ID:abY/y3eN
オレは上手いと思うなあ
ただ占星術の前半は読みにくいけど

481 :名無しのオプ:2006/10/20(金) 11:08:21 ID:7T/iqKPH
島田荘司は登場人物に存在感がある。プロットに見合った、行き過ぎちゃってるくらいのキャラでちょうどいい

綾辻はの登場人物は全部キモイ。いつまでたってもキモイ。
いつまでもなんか7〜80年代臭

482 :名無しのオプ:2006/10/20(金) 15:27:58 ID:1fb7HGlc
まあ人生経験があんまないからね

483 :名無しのオプ:2006/12/01(金) 14:15:08 ID:ofu6o+Qe
十角館は文章が読みづらかった

484 :名無しのオプ:2006/12/01(金) 15:52:54 ID:MdDr84F8
十角館面白かったけど、最近の色々読んだ後で読んだ人には「なんでこんなのが評判いいの?」と言われそう

485 :名無しのオプ:2006/12/01(金) 16:10:29 ID:FH3m2skM
まあ確かに…今なら例えば時計館のほうが破壊力あるかもね。

486 :名無しのオプ:2006/12/02(土) 13:33:01 ID:kznfEWVx
十角館を本格かといわれると微妙だしな。

487 :名無しのオプ:2006/12/02(土) 18:38:58 ID:DRKfEwTo
綾辻はなんつーか人間が薄っぺらい。
記号が点と線をちまちま動いてる感じ。
十角館や時計館は無茶苦茶だし、迷路の動機は矛盾してるし。
ミステリとしては底辺の水車館の犯人の動機が一番ましという皮肉。
人形に至っては予想は出来たけどなめてるだろ。あれ。

島田も文章ヘタピだが、占星術は感動したな。

488 :名無しのオプ:2006/12/02(土) 21:37:24 ID:Qi74AtzD
あまぎ市ね

489 :名無しのオプ:2006/12/03(日) 10:27:23 ID:QK19n4lh
トリックに関しては?の部分もあるけど
綾辻・島田は読みやすいよ。
その作家と同列だと思い他人に薦める麻耶信者ウゼー
文章が読みにくいしその前にミステリですらないだろ。

490 :名無しのオプ:2006/12/03(日) 12:06:07 ID:Eyvwo5Ot
綾辻には島荘、有栖川が持っているような本格ミステリーに対する
すさまじいまでの愛が感じられない。

491 :名無しのオプ:2007/02/16(金) 22:16:41 ID:Xkl0IjV/
しまそーは死刑廃止論者?

492 ::2007/02/16(金) 23:34:26 ID:3JeP/yOx
占星術を読むとき、感動ことがしない。
金田一を読んだ!だから、何も感じを出す


493 :名無しのオプ:2007/02/17(土) 12:58:10 ID:JydqXc14
>>490
酒とお前がいれば朝まで楽しめそうだ

494 :名無しのオプ:2007/02/20(火) 05:01:30 ID:CfRVF/lL
>>490
よく指摘されてきた事だよね。
叙述トリックばっかで、新本格の代表選手でありながら、本格ミステリ作家ではない。

92 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)