5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【佐野洋の推理日記】ってどうよ?

1 :名無しのオプ:03/07/10 01:40
随分と長い連載ですよね。
読まれている方、感想をどうぞ。


2 :^^^^┗─y▼・ェ・▼ ◆ExGQrDul2E :03/07/10 01:43
    \     毛       /
  腿  \_  |   _/
          彡彡彡
          ミミミミ クリトリス
         ミミミミ / ̄ ̄ ̄ ̄
         ノ σ ヽ 尿道
       / / ゚ヽ ̄ ̄ ̄ ̄
大陰唇 / //\\ \ 
 ̄ ̄ ̄ ̄  ( ( 膣 ) ── 小陰唇
      \ \\// /
         `   \/  '
\         *──アナル
  \_____/\_____/

3 :名無しのオプ:03/07/11 00:53
講談社文庫の「推理日記」はYを除いて現在品切れですね。
どの古本屋に行っても全巻はなかなかお目にかかれません。

たしか、森雅裕の『推理小説常習犯』出ていた、ある推理評論家に
対する怒り(乱歩賞受賞作に対する評価のところ)というのがこの
「推理日記」のことだと思われる、と誰かが書いていましたが果た
して本当なのでしょうか?
どなたか御存知ありませんか?

4 :名無しのオプ:03/07/11 00:56
手元にないから確実なこといえないけど、推理日記IVに載っているのではないかな。

5 :名無しのオプ:03/07/11 01:04
>4
ありがとうございます。
では、本当なんですね。


6 :名無しのオプ:03/07/11 01:05
◎無臭性画像をご覧下さい◎
      ★見て見てマムコ★
http://yahooo.s2.x-beat.com/linkvp/linkvp.html

7 :名無しのオプ:03/07/11 01:29
お年を召したせいか、
最近は馬鹿詐欺日記と大して変わらん記述が多くて萎え

8 :名無しのオプ:03/07/11 11:06
>>7
最近の推理日記の佐野氏は昔より温厚になってるよ。
間違いは素直に認めるし。
愚劣で下品な電波馬鹿と一緒にするな。


9 :_:03/07/11 11:09
http://homepage.mac.com/hiroyuki44/jaz09.html

10 :名無しのオプ:03/07/11 13:47
>間違いは素直に認めるし。

本来それが当たり前なんだけど・・・

11 :名無しのオプ:03/07/11 14:33
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
★  激安アダルトDVDショップ   ★
★    開店セール1枚500円!急げ! ★
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
        激安でDVDをGET!
      http://www.get-dvd.com
   何と! 1枚 500円均一 セール中!

   インターネット初!「きたぐに割引」
  北海道・東北の皆様は送料も激安!!
      http://www.get-dvd.com
       ゲットDVDドットコム!
   
    今すぐアクセス  Let's go !!!!!!!


12 :名無しのオプ:03/07/11 20:36
だいぶ昔になるが、
和久峻三にゴーストライターがいるんじゃないか、なんて日記に書いて、
和久本人から怒りに満ちた返事を貰ってたことがあったな。
日記の内容があまりにもタダゴトじゃなかったんで、
実は佐野には別に何か言いたいことがあるんじゃないか、
とも考えてみたが、
いまだにあの日記の真意が理解できん。
単に佐野がDQNだったってこと?

13 :名無しのオプ:03/07/11 21:02
和久峻三のゴーストライター疑惑については、裁判で一部認定されていたっけ。
これ、「噂の真相」との名誉毀損を巡っての裁判で、判決自体は「噂の真相」側の
名誉毀損が成立するということで、和久が勝訴。

でも判決をよく見ると「噂の真相」の記事中、ゴーストライターの存在自体は根拠があると
認定されていた。
例え事実でも書き方によっては名誉毀損は成立するし、記事のその部分以外は憶測に基づく
スキャンダルばかりだったから、妥当な判決なんだけど。

まあ、法律を売りにしながらその部分が今では他人任せというのが、職人気質のじいさんには
がまんならなかったんじゃないの。

14 :名無しのオプ:03/07/11 21:59
>>13
おお、そうだったんでつか。
佐野は日記では和久に詫びを入れていたけど、
実際には内情を知っていたんだね。

15 :名無しのオプ:03/07/11 23:26
推理作家志望の人には人気ある本ですね。

岡嶋二人も乱歩賞受賞前に熟読してて、わざと指摘受けるのを
承知で書いたりして楽しんでいるようだった。
たとえば、刑事は必ず二人一組という常識発言に対し、あえて
作中で一人だけの刑事登場さしたりしてた。
ほかにもいろんな作家志望者が読んでる。


16 :名無しのオプ:03/07/11 23:33
確かに「視点」に関する記述なんかは、読んでて勉強になったよ。

・・・佐野洋の粘着っぽさもよくわかったが。

17 :名無しのオプ:03/07/12 00:44
>16
禿同!

18 :名無しのオプ:03/07/12 01:32
ここ数年、推理日記を読んでいないんだが、
佐野翁って結局、新本格をどう評価してるのかな?
島田はちょくちょくケナしていたが、
綾辻に関しては、何らかのコメントがあった記憶がない。
歌野の「死体を買う男」を誉めてて、意外に思ったことはあるが。

19 :名無しのオプ:03/07/12 03:30
あーやに関しては、霧越邸に
「せっかくこれだけ才能あるのに、古典の再現で終わってるのは勿体無い」
と書いてた気が。
それと最後の記憶が自分が期待した話と違ってたのでがっかり、
と書いた後で、
「私はホラーが好きではない」
と書いてた。

20 :名無しのオプ:03/07/12 03:33
佐野=才能のある馬鹿詐欺


21 :山崎 渉:03/07/12 08:05
ドラゴンボール完全版 1〜16巻 絶賛発売中!!
ドラゴンボールZ フジ(関東)で毎週月曜16:30〜放送中!!
                           ┏━━━━━━━━━━━━━━┓
―――――――――――――――.┃  ドラゴンボール@2ch掲示板  ┃
これからも僕とドラゴンボール板を  ┃.  http://pc2.2ch.net/db/    ┃
応援して下さいね(^^).           ┣━━━━━━━━━━━━━━┫
────────┐ r───── .┃;;;;:: ::: ::::...  .: . . _.∩_  .:;;;:; ┃
 / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄   ∨         ┃::::::...         ヽヘ;;. 人丿ス    ::┃
 | ぬるぽ(^^)                 ┃;;;;;;;;.   从    θ斤:エh u    .:┃
 \                        ┃:::.  __ 《Y》_   ∪レ..... 弋|   :::┃
    ̄ ̄∨ ̄ ̄∧_∧   。..    ┃...  .uヘ人iイ  .  (. .」_ ノ   ....:┃
    ∧_∧  (  ^^ ) / ..    ┃..     (∨ヘ      |....|: .)   .:::::┃
 ̄\(  ^^ ) (つ  つ / ̄ ̄  ┃....    .|;|レ'      .(_;);;.| -〜、 .┃
|\  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ /| ̄   ┃. ::;〜⌒^^⌒⌒´⌒` ̄ ̄ ....:: , ⌒~┃
|::::.| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| .|    ┣━━━━━━━━━━━━━━┫
|::::.| . 山崎渉ニュース (^^) | .|_  ┃..と〜けたこおりのな〜かに〜♪ ┃
\.|__________|/  ......┗━━━━━━━━━━━━━━┛

22 :名無しのオプ:03/07/12 18:43
森雅裕著「推理小説常習犯」の一節に
「作家としても批評家としても有力者であるらしい先生がいる。
僕を才能がないと決めつけた人物である。その論ずるところは、
英語を使うなとか、主人公を一人称で書くなとか、こんな活字を
使うなとか、まるきり老人性ヒステリーなのだが、この先生が、
某作家の作品の裁判場面を評して、こんな裁判は有り得ない、
著者は実際の裁判を知らぬのだろう、といつものように攻撃し
たのだか、豈図らんや、この著者は検事出身だったのである。
そちらこそ実際の裁判を知らぬのだと逆襲されて、お気の毒に
も笑い者となった」とありますが、この先生ってひょっとして
・・・

23 :名無しのオプ:03/07/12 18:44
>>22
そうだよ

24 :名無しのオプ:03/07/12 19:09
やっぱりそうですかぁ。

25 :名無しのオプ:03/07/12 19:56
今時、佐野の推理日記を読むのは
引きこもり気味のミステリーオタクだけ。
宮部や東野のエッセイなら、真面目な作家志望者も熟読するだろうがな。

26 :名無しのオプ:03/07/12 20:56
>>25
>宮部や東野のエッセイなら、真面目な作家志望者も熟読するだろうがな。
作家志望者が熟読して役に立つようなエッセイ書いてないだろw

27 :名無しのオプ:03/07/12 21:17
>>22
森雅裕に才能がないという点については、
みごとに看破していたワケだな。

28 :名無しのオプ:03/07/12 21:27
笠井潔>佐野ヒロシ>>>>>>>>>>>>>>>>>森博嗣

29 :名無しのオプ:03/07/12 22:33
>>22
考証にケチつけられた著者が検事出身じゃなかったら
どうなってたんだろうね。

30 :名無しのオプ:03/07/12 23:26
「佐野ヒロシ」って誰?

31 :名無しのオプ:03/07/13 00:35
>>30
夏厨に釣られてはならぬ

32 :名無しのオプ:03/07/13 12:47
>29
検事出身でなかったらおそらく泣き寝入りだったのでは・・・
ところで、検事出身の作者って誰?

33 :名無しのオプ:03/07/13 15:07
読んでないけど松木麗?

34 :名無しのオプ:03/07/13 17:24
日本ミステリー文学大賞の第一回受賞者なのになぜか賞の主催元である
光文社の扱いが悪いですよね。
第二回の受賞者の中島河太郎は評論家なので別ですが、
第三回の笹沢佐保は「招かれざる客」「霧に溶ける」など初期の傑作が復刊
第四回の山田風太郎は文庫で全10巻の傑作選が刊行、
第五回の土屋隆夫と鮎川哲也(特別賞)は過去の作品が新装版として復活、
第六回の都筑道夫も全10巻のコレクションが刊行中、
それなのに佐野洋だけは何にもなし!
ミステリー板の有志で光文社に抗議しましょう!

35 :名無しのオプ:03/07/13 17:44
売れないから。

36 :名無しのオプ:03/07/13 23:10
推理日記ってどんなことが書いてあるの?評論の本なの?

37 :名無しのオプ:03/07/13 23:57
>>36
時評

38 :名無しのオプ:03/07/14 00:18
>36
乱歩賞受賞者の何人かは必ず読んでいるらしい。
面白いと思う。

39 :名無しのオプ:03/07/14 00:23
>33
現職女性検事の方なんですね。
きっと女だと思って・・・
痛い目に遭いましたなぁ。

40 :名無しのオプ:03/07/14 02:30
最近は、隠居老人の縁側日記みたいな内容ですな。

41 :名無しのオプ:03/07/14 06:21
>>40
ナオコおばあちゃんかよ!

42 :名無しのオプ:03/07/14 21:36
>>33
今は参議院議員らしい。知らんかった。
ttp://www.tomokosasaki.jp/


43 :名無しのオプ:03/07/14 22:04
で、話は戻るんだけど、>>29が言っている
> 考証にケチつけられた著者が検事出身じゃなかったら
って話は松木麗でいいの?
連載では読んでないので、よく判らん。

44 :名無しのオプ:03/07/14 22:24
>42
へぇーっ、マジ驚いたっス。

45 :山崎 渉:03/07/15 13:56

 __∧_∧_
 |(  ^^ )| <寝るぽ(^^)
 |\⌒⌒⌒\
 \ |⌒⌒⌒~|         山崎渉
   ~ ̄ ̄ ̄ ̄

46 :名無しのオプ:03/07/25 02:08
>16
たしかに佐野は「視点のブレ」についての考察をし、その重要性を説いた人だ。
もともと視点人物が、後になってその視点から見える筈のない事実を知っていた
というような技法処理の作品をアンフェアだと糾弾したことが事の始まりだ。
ただ、この視点については、推理小説のみならず、新人賞を狙う作家の卵たちに
はあまりにも常識的な技法だ。
曰く、視点をブラすと読者は混乱してしまう、と。

佐野洋の「推理日記」は30年くらい続いている現役推理作家による批評であり、
単行本も10冊に達しようとするライフワーク的労作で、盛んに著名な推理小説の
細部について論じている。ただ、ひと月に数枚なので単行本になるのに3年かかる
ので、それが待ちきれず、このために「小説推理」を購入している人もいるらしい。

漏れも推理日記の中で、岡嶋二人の「99%の誘拐」のある部分を指摘した個所に
は共鳴したよ。「そうだ、そのとおりだ」ってね。

47 :名無しのオプ:03/07/26 21:36
>43
松木麗っていつデビューしたの?
この話は20年近く前の話なんだけど。
自分は、和久峻三のことを、
森雅裕が検事と誤記したんだと思うよ。
確かゴースト云々の発端は、
>某作家の作品の裁判場面を評して、こんな裁判は有り得ない、
>著者は実際の裁判を知らぬのだろう、
と言うようなことを和久作品に関して書いたことだったから。
つまり、
本来弁護士なのだから、和久峻三が裁判の模様を知らないはずはない、
にもかかわらずこんなことを書いているということはゴースト?
という話の流れだったと記憶している。

48 :名無しのオプ:03/07/26 23:36
なるほど
和久峻三が当事者だったのですね。

49 :名無しのオプ:03/07/29 15:00
なるほど、
「推理小説常習犯」では、なるべく嘘のないように書くと言ってた割に
そこのとこを読み返さずに書いたわけね、森雅裕は。
万一佐野洋からクレームがついたときに、
「いえ、佐野先生のことではありませんよ」と逃げるために
わざと違ったことを書いたのかもしれないけど。

どっちみち、
推理日記で『モーツァルトは子守唄を歌わない』について書かれた事は、
もっともなことだったと思う。
それを怒る森雅裕のほうがどうかしてるのではないか。


50 :名無しのオプ:03/07/29 20:34
Yの文庫買って読んでます。確かに粘着翁だなぁ。
「BMWの燃料メータがエンジンかけないと動かないハズ」とか・・・。

あと、「浅黄斑は宮部くらいにメジャーになる」という佐野予想は大ハズレ
だったね。

51 :名無しのオプ:03/07/29 21:11
浅黄斑好きなんだが・・・。
もう少しがんばって欲しいぞ。

52 :名無しのオプ:03/07/29 22:39
>>50
>「BMWの燃料メータがエンジンかけないと動かないハズ」

「ハズ」ですか

53 :名無しのオプ:03/07/29 23:24
>49
>推理日記で『モーツァルトは子守唄を歌わない』について書かれた事は、
>もっともなことだったと思う。
>それを怒る森雅裕のほうがどうかしてるのではないか。

禿同!!


54 :名無しのオプ:03/07/30 01:16
例えば『犬が歩いて来た』と書きかける。まあ、『犬』はいいだろう。
しかし、『歩いて来た』はどうなるか。本当に歩いているのか、犬と
しては走っているつもりではないのか。
いや、犬がどんなつもりかなどは構わないが『歩いて来た』という言
葉には、描写主体の判断が含まれているとは言えそうだ。
となると、『四本の足を交互に前に出し』と書くべきではないか……。
もう地獄である。一日中机に向かっていて、一枚書くのがやっととい
うことになる。その一枚も、読み返してみると、これで読者がわかっ
てくれるだろうか、と頭をひねりたくなる個所だらけで、結局、原稿
を破り捨ててしまう……。
こうして、私は純客観描写を諦めた。
(『推理日記X』p353 講談社文庫)

こんなこと考えてちゃ、たしかに小説はなかなか書けんわな……
ムリモナイヨ(′Д`ゞ

55 :名無しのオプ:03/07/31 00:16
佐野洋スレッド
http://bbs.badlog.net/test/read.cgi?bbs=mystery&key=993909100

56 :山崎 渉:03/08/02 01:57
(^^)

57 :山崎 渉:03/08/15 15:51
    (⌒V⌒)
   │ ^ ^ │<これからも僕を応援して下さいね(^^)。
  ⊂|    |つ
   (_)(_)                      山崎パン

58 :名無しのオプ:03/09/11 16:00
>>54
「小説推理」に載ってるのをちょっと読むくらいだったけど、
こんなことばっかり考えてるんですか、なるほど……。
「走る」は足すべてが地面から離れる瞬間がある場合で、
それ以外はすべて「歩く」である、とか定義されてたんじゃないかな。
>「犬としては走っているつもりではないのか」
って、大丈夫かこの人。ダイジョブじゃないな……。

59 :名無しのオプ:03/09/13 00:27
共産党員

60 :名無しのオプ:03/09/15 06:41
>単行本も10冊に達しようとするライフワーク的労作で、

その割にはほとんど絶版だぞ、講談社文庫
俺は図書館にない分は、取り寄せてもらって一応全部読んだ
けども
(古本屋にも1冊もないってどういうこった?!)

61 :名無しのオプ:03/09/15 11:06
>>60
評論の類はそれだけ売れないって事なんじゃない。
確かに古本屋回っても余り見かけないよね。

62 :名無しのオプ:03/09/16 01:21
こういうの買う人は結構マニアチックな人。
だから、買った人はなかなか手放さないんじゃないかな?
かく言う漏れも講談社文庫のVを求めてる一人だけに…


63 :名無しのオプ:03/09/23 22:45
古い古い「空が揺れる日」を読んだ。
面白かった。
他のもいろいろ読みたいが、新刊でてすぐなくなるから困る。


64 :名無しのオプ:03/10/18 15:13
あげ

65 :名無しのオプ:03/10/18 18:20
推理日記、正直3冊目くらいまでは面白いが、あとは超ワンパターン。
なんか水戸黄門見てるような感じだよw

66 :60:03/10/20 05:56
>こういうの買う人は結構マニアチックな人。
うーん、そうなのか・・・

ちなみに俺はをブックガイドとして利用して
いる。この「推理日記」で紹介された時代小説の
短編を読みたくなり、図書館で小説新潮をチェック
したりした

個人的にはその時代小説で使われたあるアイデア
がスレッサ−の短編のアイデアと同じであること
が解かって、読んだ意義があったけども

67 :名無しのオプ:03/10/20 09:02
>俺はをブックガイドとして利用している。

おお〜、同志よ!
漏れもあの解説を読むと「どんなんだ」と
つい買いたくなっちゃうんですよね。勿論
全部が全部じゃないですけど。


68 :名無しのオプ:03/12/13 20:28
最近の推理日記読むと、佐野翁人間丸くなったなとつくづく思う。

69 :名無しのオプ:03/12/13 20:35
まだ続いてるの?
文庫で集めてるんだけど、最近買おうとしたら
ほとんど手に入らなくて驚いた。
1、2は昔買って持ってるんだけど。

70 :名無しのオプ:03/12/13 20:46
来月か再来月には、都筑道夫追悼になるんだろうな。

71 :名無しのオプ:04/01/25 00:53
そのうち佐野洋追悼…

72 :名無しのオプ:04/02/20 20:40
age

73 :名無しのオプ:04/02/22 21:06
>69
なかなか3が手に入らないよ…

74 :名無しのオプ:04/02/23 00:29
この人の文章を読むと頭がすっきりするような気がするので自分が
物を書く前には頭の調律目的で読んだりする。

75 :名無しのオプ :04/03/16 06:40
佐野氏の短編はとてもいい。
実は昔本にサインを貰ったことが。

76 :名無しのオプ:04/03/16 08:10
まだあったのかこのスレ

77 :名無しのオプ:04/03/16 09:08
4月号の推理日記で、自分の記憶力の低下を嘆く佐野翁。
やはり年には勝てんのか・・・

78 :名無しのオプ:04/03/16 21:38
いいなあ>75
昔のキレのいい短編は本当におもしろいよね。
女性の描き方が微妙にダサいのも好きだw

79 :名無しのオプ :04/03/17 19:49
麻雀、ゴルフ、折り鶴、、、多才だよね。
ダサいかもしれないけど、こ洒落てもいると思う。

80 :名無しのオプ:04/03/18 00:02
シリーズキャラクターがほとんどいないところが
小洒落た感じがする。主観だけど。
覚えているのは連作の美人スリ師ぐらいかなー。
他にあったっけ?

81 :名無しのオプ:04/03/18 00:31
シリーズ探偵は嫌いだってのが佐野氏の主張。
推理日記における都筑道夫との論争でも結局そこ(シリーズキャラクタの是非)
に行き着いた。

「探偵役には探偵する動機をきちんと与えたい」
「巻き込まれ型の小説が好き」
などの主張もあり。これはすごく理解できる。

あと佐野氏の小説は、小説としては明らかにプロット重視型であって、
キャラクター重視型ではないと思う。


82 :名無しのオプ:04/03/18 00:33
↑で「都筑道夫」と呼び捨てにしたのは、他意はない。
都筑氏のミステリも大好きでたくさん読んでる。

83 :ギャングスター:04/03/18 13:28
戦後活躍した推理作家で全集がでたのって誰が居る?
佐野さん生島さん三好さんたちかわいそうだよね。
でも出版社から見れば採算合わんよってのが本音かもな。

84 :名無しのオプ:04/03/18 15:28
そんなに売れてないのかな。
全集は無理でも、短編傑作選全10巻とか出して欲しい。

85 :80:04/03/18 21:16
>>81
わたしも名探偵論争読みました。どっちも好きな作家なので
まあ個性の違いだね、ぐらいに思ってます。
確かに佐野洋はキャラクターで読ませるタイプではないですね。

佐野洋の書いた十角館。
想像してみたら……意外とイケルかもしれん。

86 :名無しのオプ :04/03/19 19:04
>80
佐野洋のシリーズ探偵は「香水と手袋」の女の子とか、
「密会の宿」、D支局長とか、結構あるんじゃない?

わたしは「香水と手袋」良かったな。

87 :80:04/03/20 00:02
>>86
そういえばD支局、ありました。
「D県警」が横山秀夫に出てきてちょっと気になった。
あとは読んだことなかったので探してみますー。

短編傑作選出してほしいなあ。
ハルキ文庫から競馬ものを集めたのが出てましたね。

88 :名無しのオプ:04/03/20 10:44
密会の宿もわりと最近セレクションが出てたね。

89 :86:04/03/20 14:42
>87
推理傑作集(だっけ?)に選ばれたもののみを3冊にまとめたものが
出てるよ。題名は忘れてしまったけど。

90 :名無しのオプ:04/03/22 05:02
わりとデビュー当時の横山秀夫が絶賛されてる頃、
「警察寄りすぎる」って批評していたのが印象的。


91 :名無しのオプ:04/03/22 06:30
まあ、左翼だからね

92 :名無しのオプ:04/03/22 14:51
一本の鉛はアンフェア

93 :名無しのオプ:04/03/22 23:14
ハルウララのニュース見てて「直線大外強襲」読み返したくなった。

94 :名無しのオプ:04/04/20 16:55
微妙な作家だね

95 :名無しのオプ:04/04/20 23:34
>>94
どういう意味で?作品が?作家としての地位が?

96 :名無しのオプ:04/04/21 14:43
地位が。

97 :名無しのオプ:04/04/22 19:24
殺人とかトリックとかに重きをおいていないしね。
もう働かなくても生きていける方だと思うけど。
でも私は佐野氏の作品が好きなんだ〜。

98 :名無しのオプ:04/04/26 22:28
どうでもいいことだけど、「百歩譲って」という表現をWebで見かけるたびに
佐野洋の顔が浮かんでしまうw

ぐぐった結果。
百歩譲って の検索結果 約 20,400 件中
一歩譲って の検索結果 約 2,050 件中
うーむ。

99 :名無しのオプ:04/04/27 19:14
>>98
私は『顔色』という言葉をみるだけでry

100 :名無しのオプ:04/04/27 19:20
百歩譲って、かりに「一歩譲って」の方が正しいにしても、ウェブの世界では、もはや
百歩の方が定着してると言えるだろうw

101 :名無しのオプ:04/04/27 19:45
>>100歩ゲトおめーw


102 :名無しのオプ:04/04/30 04:42
「すべからく」みたいなものか

103 :名無しのオプ:04/05/22 01:54 ID:e7ZWcaWS
前に「推理日記」文庫版を探していた者ですが、3・4巻を手に入れました。
解説によると雑誌のみの分もあるみたいですね。残念。
視点の問題にはほんと、こだわってるよなあ。

104 :名無しのオプ:04/05/22 19:58 ID:yTOWyylM
あと、その時間に何をしていたか聞かれた人物が、なぜそれを
覚えているのかとかの理由もこだわってますよね。
前は気がつかなかったけど「日記」を読んでから読むと
「ああ、ここ」とか思って微笑ましいw

105 :名無しのオプ:04/05/23 11:49 ID:AVCsB0pP
4巻読んでます。
あまりに細かく追求する佐野先生に笑いがこみ上げてきます。
他人の作品の時間や日付を計算したりとか。

どの巻だったか忘れたけど、「素人の歯科治療」みたいな文章から
「締め切り間際に前の方を見ないで書いたのでは?」と推理した
名探偵みたいな文章がありませんでしたか。

106 :名無しのオプ:04/05/27 03:14 ID:RvwUknwF
>前に「推理日記」文庫版を探していた者ですが、3・4巻を手に入れました。
うらやましい。こっちは散々ブックオフやりら書房やブックスいとうで
探しまくっても、ただの1回も発見したことがありません。
講談社よお、再版しろよなあ・・・

107 :103:04/05/27 19:51 ID:2r+BGMkD
>>106
わたしもリアル書店で見たことがないです。ネット古書店で買いました。
アマゾンのユーズドは登録しておくと本当に探してくれたので驚き。
6巻まで文庫は揃ったけど、それ以後をどうするか悩む。

108 :名無しのオプ:04/05/30 21:54 ID:pxGsjoJv
5巻を読んでいたら石沢英太郎の死のことがでてきて、ちょっとホロリとした。
(なくなったことを最近知ったので、どういう事情だったのか疑問に思っていた)

推理日記がもしブログだったら、いろいろとおもしろいだろうなー。
巻末の索引が全巻通して検索できるとありがたいんだけど。

109 :名無しのオプ:04/06/09 00:16 ID:jt7602C/
漏れも漸く講談社文庫Vを手に入れることが出来たので読んでみると
おぉ〜、かの和久峻三氏とのやり取りが載っているではないでつか。
佐野氏は最後は謝ったことは謝ったけれど、最後まで自説を曲げな
かったのには正直驚いた。只者ではありませぬな、この御仁。

110 :名無しのオプ:04/06/09 21:54 ID:3kZjjnAC
>>109
読み返してみた。あくまで自説を曲げてないね。

佐野氏が何かちょっとしたことを疑問に思うと、そこからどんどん妄想(?)が
広がっていって「叙述トリックなのではないか」というような結論に到るのが
毎回おかしいんだけど。そこまで考えてないって。

111 :名無しのオプ:04/06/10 03:46 ID:ZBp2zrAN
>6巻まで文庫は揃ったけど
あらためてうらやましい・・・

112 :名無しのオプ:04/06/10 22:42 ID:oozBuBR2
>111

漏れも古本屋巡りしたけどみつからないね。
ブックオフで一度文庫Wを見たことがあり、Xだと結構見かけた。
ところがV以前はどこにも無かった。
もっとも探し方が悪かったのか、運が悪かったのかは分からないけれど
とにかく無かったYO。
やはりネットの古本が一番なのかナ。

113 :名無しのオプ:04/06/24 05:51 ID:skR9kVTu
日本推理サスペンス大賞で高村薫が受賞したとき
受賞パーティで高村サンが佐野委員に噛み付いたと
いうのは「推理日記」に出てますか?

114 :名無しのオプ:04/07/07 15:49 ID:vJMvdtAk
推理日記を探しにいった結果
UとXを入手
Yはまだ新刊で買えるけど

通販ででも買うかな・・・

115 :名無しのオプ:04/07/14 16:13 ID:BIuVf1D2
なんか話題ナーイ?

116 :名無しのオプ:04/07/15 00:27 ID:VpSZfML5
佐野先生は酸味の少ないコーヒーがお好きのようだ
と何冊か読んで思ったw

117 :名無しのオプ:04/09/29 23:37:39 ID:qw/Q85LJ
保守

118 :ネタバレスレ議論&投票中@ローカルルールスレ:05/02/05 11:54:15 ID:9pG1+tZA
「推理日記」の新刊はまだまだ出ないのかなぁ。

119 :宣伝します:2005/05/25(水) 17:36:44 ID:xadC8Nm8
http://book3.2ch.net/test/read.cgi/mystery/1106339744/l50
各作家のナンバー1を決めよう!スレで、佐野洋作品投票中。
締め切りは、平成17年5月27日(金)〜12:00まで。
一人一票で、参加しるっ!!

120 :名無しのオプ:2005/07/19(火) 14:14:43 ID:ZFbK398f
この人税調のメンバーだったりしない?
似た顔が映ってたんで

121 :名無しのオプ:2005/07/20(水) 11:36:15 ID:WaIGyG1+
ストーリーを語る腕もあるし、語り口は上品で都会的。
SFミステリが少しあるだけでミステリ一筋。
ただ、もう一歩の華が無い。失望させられることも無いかわり大きな本塁打もない。
マンションの一室でサラリーマンやホステスが殺される話ばかりのようなイメージがある。
キャラクターに対する考え方に代表される杓子定規なリアリズムを捨て、もっと遊びのある作品を書いていたら・・・
少し仁木悦子と似ている。ただ、仁木のほうが「子供シリーズ」とかキレイな変化球がある。

売れ行きは非常にいいらしい。
ただ、マニアックなファンが殆どいない、というのが出版社の判断。だから文庫オリジナルが多い。


122 :名無しのオプ:2005/07/23(土) 03:47:31 ID:n80eXyEX
今日、出先の古本屋で「W」を発見。
文庫ではW、X、Yと揃えたけど、やっぱり
T〜Vは見ないなあ

123 :名無しのオプ:2005/08/07(日) 12:52:11 ID:GbIX97En
保守

124 :名無しのオプ:2005/10/13(木) 09:12:42 ID:GMez3hFY
推理日記PART10、9月20日発行。しかし、2300円は高い!
この人、2ちゃんにレス付けたら絶対に「荒らし」って言われるだろな。

125 :名無しのオプ:2005/10/18(火) 18:08:58 ID:vGXXtfxX
ギリシャ棺のネタバレされて以来、嫌いになった

126 :名無しのオプ:2005/10/18(火) 22:57:22 ID:Vobxo0ET
>>124
早速「PART10」を買ってきて読んだ。
相変わらず「佐野節」健在という印象を持った。
どうやら横山秀夫さんは佐野さんに気に入られた作家の
ようだ。
都筑道夫氏の追悼文である「都筑道夫さんとのやりとり」
の中で都筑氏の西暦表記に対するこだわりが面白かった。
佐野氏はこれに反論できるというも、「何も言えない
都筑さんを相手に論争をしかけるのは、卑怯な行為だと
思い、反論は諦めます」とあるのがとても寂しく感じた。

ところで、この本には乱歩賞受賞作「カタコンベ」について
書かれているが、今年の乱歩賞受賞作「天使のナイフ」に
ついては何か書かれたのだろうか?
「推理小説」ご愛読のみなさん、ご存じですか?

127 :名無しのオプ:2005/10/19(水) 01:33:40 ID:AtrGcsOC
そんなこと聞かれたって、知る由もないなあ

128 :名無しのオプ:2005/10/19(水) 01:35:19 ID:AtrGcsOC
×「推理小説」
○「小説推理」

129 :名無しのオプ:2005/10/19(水) 12:13:24 ID:tUDiz0rv
文章に対する佐野洋の美意識や基準で書かれた小説って、つまり佐野洋の小説だよな
それが魅力的なら言うことも納得できるんだが

130 :名無しのオプ:2005/10/21(金) 15:28:13 ID:MQdqqTcM
↑暗くてせこい話ばっかりね。同人誌向きではないかと・・・

131 :名無しのオプ:2005/11/18(金) 22:06:05 ID:NA4n7DMT
この人って法律だの視点だの瑣末なことにやたらこだわるよね
間違ってはいないんだろうけどどうも虚勢に思えてしまう

132 :名無しのオプ:2005/12/25(日) 16:05:22 ID:QPIL1aBI
一見瑣末なことに実は重大な意味があったというのがミステリの常道だからね。
それに佐野はミステリを読み物というよりゲームだと思っているからでもある。

133 :名無しのオプ:2006/01/02(月) 21:33:57 ID:GaQPrq+5
>>132
 瑣末的なことにこだわる探偵ならいいけど、批評家ですぜ。
 「あいつは熱いコーヒーを飲んだ」なんて描写に「三人称だから、あいつが飲んだコーヒーが熱いかどうか分かるはずがない」
 とかいちゃもんをつける。国語の先生ならそれでいいけどミステリを批評するのにそんなことばっか言ってるのは馬鹿。

134 :名無しのオプ:2006/01/02(月) 23:51:18 ID:N9zZt2gl
>>133
叙述トリックとかで、そこがキーになるのならともかく、そうじゃない部分まで
いちゃもんつけるからね。

所謂、重箱の隅つつきまくりって感じだね。

135 :名無しのオプ:2006/01/03(火) 02:55:56 ID:+2MmPPhb
「犯人は芸術家だが探偵は批評家にすぎない」という意見もありますよ。
一見三人称最後まで読むと実は一人称という小説は現実に存在しますから
ね。二番煎じと誤解されていいはずがない。キーになる部分とならない部
分は読了まで決定されていないし反転図形みたいなものでしょう。読者は
何なのか考えると批評家と作者の両方をやっていると思えます。


136 :名無しのオプ:2006/01/03(火) 14:54:15 ID:J1tZtQqG
>>133
>「あいつは熱いコーヒーを飲んだ」なんて描写に「三人称だから、あいつが飲んだコーヒーが熱いかどうか分かるはずがない」

ゲーム脳かよw

137 :名無しのオプ:2006/01/30(月) 22:05:13 ID:fB+bSTaV
本箱から、推理日記2が出てきた。
さすがに取り上げてる内容が古いのは否めないんだが、
それ以上に都筑道夫との名探偵論の遣り取りは酷い。

たんなるいちゃもんをつけてるとしか思えん。

138 :名無しのオプ:2006/02/03(金) 10:56:21 ID:JV+ew0Ox
単なるいちゃもん付け→「小説なのだから瑣末なことにこだわるなという人がいるが・・・」
→「わたしはそういうことが気になるのだ」→「だから推理小説が低く見られる」

これの繰り返しですね基本的に

139 :名無しのオプ:2006/02/14(火) 22:23:54 ID:9shq7/0A
>>138
そのとおりです

140 :名無しのオプ:2006/03/12(日) 20:28:02 ID:wOUhSvHJ
とりあえず保守しときます。

141 :名無しのオプ:2006/03/15(水) 13:00:15 ID:4VOcOYZ7
以下同文っていうか新作もないので語ることないです

142 :名無しのオプ:2006/03/16(木) 00:27:54 ID:MZciPAq6
佐野センセは盛んに視点がブレてはいけないと仰る。
曰く、主人公が自分以外の人の「心の中」を語ることはおか
しいと。
そこで、横山秀夫さんの「半落ち」ではひとつひとつの章が
個人毎に構成されているので、こういう「作中人物の視点が
変わる技法」は「考え抜いた新鮮な謎」であると珍しく感心
されていた。この作品ではド○ー問題が取り沙汰されたが、
佐野センセ自身は上述のような視点が違った読み方をされて
いるので世論とは異なった評価をされている。

143 :名無しのオプ:2006/03/16(木) 00:43:56 ID:VZRv0bNm
センセはかの英国の古典ミステリーをご存じなかったのだな

144 :名無しのオプ:2006/03/31(金) 09:01:20 ID:AbX9MHvJ
ようやく推理日記Vを手に入ったので気になるところをまず拾い読みした。
この人、個々の間違いに突っ込むのはいいけれど、それをすぐに作者の創作姿勢に対する批判に結びつけたがるところは嫌だな。

例えば長井彬について評した回は↓のような論旨なんだが、
@長井彬は、それまで推理小説をほとんど読まず、乱歩賞受賞作だけを読んで傾向と対策を考えて受賞した。
これは本末転倒では?
A『原子炉の蟹』には長井が新聞記者出身にも関わらず、記者について謝った記述がある。
B乱歩賞受賞作には警察について誤った記述がある。
だから長井氏は『推理小説では記者についても実態と違った描写をしてもいい』と誤解したのではないか?
これは読者を馬鹿にした態度だ。

@Aが至極もっともだとしても、Bは憶測に過ぎないしあまり気分のいいものではない。
こういう態度が最悪の形になったのが、和久峻三との論争のような気がする。

あとサヨク的な考え方も気になった。
裁判所で廷吏が『起立・礼・着席』と言う場面を読んだだけで、
「これは法廷の秩序維持に名を借りた、司法反動化の現れか?」などと朝日新聞の『声』欄みたいな事を言い出すし。

まぁなんだかんだでこういう頑固爺さんは嫌いじゃないけどねw

145 :名無しのオプ:2006/03/31(金) 12:24:48 ID:WLnmj28L
推理文壇のハマコー的存在

146 :名無しのオプ:2006/03/31(金) 12:51:02 ID:GXUhT12U
>>144
サヨクっぽい思考は文筆業、しかも時代を考えると仕方ない。
戦中はものが自由に書けない時代だったから、それに戻るのは真っ平ごめんだと。
問題はサヨクが実は「自分達に都合のいい『戦中』」を作り出したいだけだった、って今はバレてしまったこと。

147 :名無しのオプ:2006/03/31(金) 13:35:42 ID:velJk7FX
戦後はGHQのプレスコードを意識してアメリカのご機嫌を損ねる物は書けなかったし、ご機嫌をとるような物を書く人が氾濫した
黒沢アキラの「七人の侍」を取り上げて再軍備思想だっていう批判が本当にあったんだよ
しかしこういう人たちは「七人の侍」をアメリカがオマージュすると口を拭った
戦中も戦後も同じ
人の表現を取り上げて思想を探る人は、自分自身が何かしらの思想にとりつかれてる証拠

148 :名無しのオプ:2006/03/31(金) 14:04:58 ID:tHFPj/oI
今月号で連載400回です。

149 :名無しのオプ:2006/03/31(金) 14:07:12 ID:XJMKi0WX
記念インタビューも面白かった。33年以上も休載なしって凄いな。

150 :144:2006/03/31(金) 23:39:13 ID:AbX9MHvJ
>>146-147
なるほど。
当時としては極端に左寄りでもなかったんですね。

151 :名無しのオプ:2006/03/32(土) 20:16:21 ID:QnccSx7T
いわゆる老害

152 :名無しのオプ:2006/08/02(水) 01:55:33 ID:Z9rN/uqY
sage

153 :名無しのオプ:2006/08/26(土) 18:22:09 ID:dYkEKdIR
今週号の週刊新潮「掲示板」で「水力電気の歌」を知っている人を探していらっしゃいました。
写真が掲載されていましたが、かなりのご老人なんだな、とつい実感してしまいます。
でも、同年代の方(傘寿?)に比べれば頭はとてもしっかりされておりますね。
これからも、もっともっとご活躍していただきたいものです。

154 :名無しのオプ:2006/09/26(火) 23:59:25 ID:EGGng8UF
保守

155 :名無しのオプ:2006/10/15(日) 03:50:20 ID:RcRWgfMX
夢ネタだが、昔編集者になって佐野さんの原稿を取りに行く
夢を見た。ものすごく緊張した。

156 :名無しのオプ:2006/10/26(木) 18:10:28 ID:2CBAusTt
佐野洋の仕事部屋の本棚をスライドさせると
後ろから便器があらわれるそうだ。

157 :名無しのオプ:2006/10/26(木) 19:11:26 ID:Lt/zvPP6
御手洗便器

158 :名無しのオプ:2007/01/13(土) 18:14:32 ID:/EnIDPGu
あとは、デレック・スミスも2発屋だな。
なんかタルボットといいともに密室屋(しかも超良質の)だな。

159 :名無しのオプ:2007/01/14(日) 05:54:20 ID:24HV391f
文庫新刊ネタかと思ったら誤爆?

新刊のタイトル作品で使われてる曲、かなり古い歌みたいだけど
テレビかラジオで聞いたことあると思うんだけどなあ?

160 :名無しのオプ:2007/02/09(金) 05:29:42 ID:Sm4gmlYT
日本の風土ミステリーとしては好きな方です。 

161 :名無しのオプ:2007/02/09(金) 10:49:12 ID:zZEED2TG
ユニバーサル評は割と納得した

162 :名無しのオプ:2007/02/20(火) 03:59:41 ID:1QVDhflA
すごく古い作品なんだけど「見習い天使」の中の「指名手配コンクール」の
オチがどうしてもわからない

36 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)