5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

乱歩新人賞@避難所

1 :名無しのオプ:04/05/19 06:07 ID:BxtBenyH
粘着嵐がいるのでしばらくここにいさせて下さいm(_ _)m
江戸川乱歩賞について語るスレッドです。板違いなのでsage進行でヨロ。
あと、いもしない先生を信奉する君はこないでくれ。

2 :684 ◆hnpPQbofd6 :04/05/19 09:23 ID:E9Bj6HrJ
乱歩賞スレッド管理人の684と申します。
勝手にスレッドを立てないでください。こちらから削除します。

3 :名無しのオプ:04/05/19 09:40 ID:BxtBenyH

これが粘着嵐です。乱歩賞落ちすぎておかしくなったかわいそうな人なので、
スルーしてあげてください。

4 :名無しのオプ:04/05/19 11:03 ID:AqxzO9+C
          _
      ミ ∠_)
         /
         /   \\
 ウイーン  Γ/了     | |
  ウイーン  |.@|    | | ガッガッガッ
       | / | .     人
       |/ |    <  >_Λ∩
      _/  | //. V`Д´)/←>>1
      (_フ彡           /


  ∧_∧
  ( ・∀・)   | | ガッ
 と    )    | |
   Y /ノ     人
    / )    <  >__Λ∩
  _/し' //. V`Д´)/←>>2
 (_フ彡

5 :名無しのオプ:04/05/19 11:56 ID:YUXAMTV9
ここか、684公開センズリ場ってのは。

6 :684 ◇hnpPQbofd6 :04/05/19 13:01 ID:YUXAMTV9

僕は、ハアハア、フレックスタイムで忙しいから、ハアハア、
こうしてみんなの前でマスターベーションするのは、ハアハア、
けっこう疲れるです。ハアハア。
ハアハア、アア、アウッ、アアア、
ドピュッ!!
内藤先生、やっと出ました!



7 :名無しのオプ:04/05/20 23:10 ID:cDUEdaWm
今回の24歳は初めての候補で受賞?

8 :名無しのオプ:04/05/22 03:37 ID:jNPVcAhm
名前みたら初めてのようだな
しかしターンロードもそんな年じゃなかったけ??

9 :名無しのオプ:04/05/23 16:48 ID:5U/H5Brm
創作文芸板の乱歩賞スレがいっぱいになってしまった。新しいスレが立つまで、
しばらくこっちでお茶を濁すか。

10 :名無しのオプ:04/05/23 20:13 ID:6i7QvzZr
ターンロードとぼくらの時代が24才だったと思う

11 :名無しのオプ:04/05/24 02:25 ID:U1SREAmf
栗本さんも24歳受賞なんだ。近年の乱歩賞は大体読んでるけど、
両作品とも書評があまりに悪かったために読んでなかった。ターン
ロードに関していえば、乱歩賞史上最低とまで言われてたから。

だけどほかの賞に比べれば、乱歩賞受賞作は無難に読める気がする。
唯一受けつけなかったのが「浅草エノケン一座の嵐」。これは読みにくかった。

12 :名無しのオプ:04/05/24 10:48 ID:+ef52+1T
栗本は25歳で授賞だよ。

13 :名無しのオプ:04/05/24 11:28 ID:+ef52+1T
>「浅草エノケン一座の嵐」。これは読みにくかった。
 そうかな? 確かに文体はかなり異色だったね。なんせ脚本家の書いた小説だから。


14 :名無しのオプ:04/05/24 12:30 ID:h/pvmoWM
乱歩賞史上ワースト
と名高い?
八月のマルクス
読みました。

左手よりはマシかな、という感じですた。
ターンロード、エノケンも読みたくなりますた。




15 :684 ◆hnpPQbofd6 :04/05/24 14:10 ID:SQBiFHrU
俺の中で最悪だったのは
ナイトダンサーとかいう航空もの。アレは読みにくかった。
読んでて苦痛。。。。

16 :名無しのオプ:04/05/24 20:43 ID:YHl4DI7g
ターンロード読んでみたかったんだけれで微妙なの?
なんで選考委員ってけなしながら受賞させたりするんだろ。どうしても
毎年ひとりは出さないと駄目なのかな

17 :名無しのオプ:04/05/24 23:19 ID:U1SREAmf
ターンロードをけなしてたのは選考委員じゃなくて「このミス」の人達。
「このミス」の順位や批評は乱歩賞受賞作なんか比べるにも値しない位に
書店への売り上げに響くから、僕の場合、尚更ターンロードを読みたく
なくなったのかも。
(ちなみに、昨年乱歩賞受賞2作品は近年の傾向からみても明らかに売れて
なかった。初回配本分だけで対応して、追加注文しなかったし。
芥川賞の2作品に顧客を奪われたのかもしれないけど、神山君はいかがな
ものになるか……。ちなみに同い年)


18 :名無しのオプ:04/05/24 23:48 ID:g2aVY0N+
>>17

『風のターンロード』刊行は87年、「このミス」初年は88年。
。(この当時は、刊行年をそのまま表記していた)
「このミス」の初年度では『風のターンロード』の「か」の字も
出てないです
17の言いたいことは、初版当時じゃなくて、後からこのミス
(多分覆面座談会)でけなされているのを見て読みたくなく
なったということ?

ちなみに「このミス」が書店などに大きな影響力を持つように
なるのはもう少し後のことね。
だから、もし『ターンロード』が売れなかったとしたら、
「このミス」とは別の理由だと思われる。

ちなみに「このミス」初年度には覆面座談会はなく、したがって
新人賞けなしもありません。山前譲さんが新人賞作品の総評を
していますが、88年度受賞作『白色の残像』(坂本光一)に
比較的好意的な評を書いています。

19 :名無しのオプ:04/05/25 01:15 ID:tkgYrk7X
そういえば坂本光一どうなったんだろ?
今ごろは本職のサラリーマンで出世かな

20 :名無しのオプ:04/05/25 01:32 ID:OHPVDdMH
>17の言いたいことは、初版当時じゃなくて、後からこのミス
(多分覆面座談会)でけなされているのを見て読みたくなく
なったということ?

もちです。87年なら僕は8歳ですから(笑)。同じ理由で「ターンロード」が
売れたかどうかは知らない。僕は「読んでいない」だけ。読んでみたら面白い
かもしれないけど、今は読みたいのが沢山あるんで保留中。

21 :18:04/05/25 06:18 ID:g7+BTDTd
87年なら僕は19歳。リアルタイムで読んだっす。
えーと、記憶を頼りに書くと、真っ暗闇の室内で被害者のところまで、
犯人はどうやってたどりついたのか、というちょっと変わった謎が
とりあげられていて、ミステリーとしてはそこがいちばん面白かった。
でも動機の面だとか、やや泥臭いところがあって、これが24歳にしては
若々しくないのう、と思った記憶があります。
結論としては、そんなに急いで読む必要ないんじゃないすか。
んでは。

22 :名無しのオプ:04/05/25 09:29 ID:Hwdu4r+6
 ターンロードは、私の記憶としては、バイク大好き少年の物語でありながら、
その一部に申し訳程度に「本格推理」としての要素を盛り込んだ、という形式
だったと記憶しています。
 人物描写に幼さが感じられました。また、バイク小説としてのスピード感は
感じられるのですが、前年に最終に残った作品に比べると、かなりスピード感
が落ちたとの選評がありました。


23 :16:04/05/25 10:12 ID:035h4xSx
へー。なんだか読みたくなってきた。図書館で借りてこよう(←買えよ! )
人物描写が幼いのはまー、しょうがない。若いし。

24 :名無しのオプ:04/05/25 10:59 ID:w8CAmOOJ
最強の最年少が登場したね。
カンヌ主演男優賞。
これは、世界的な最年少だもんな
最強すぎて、他の最年少の影が薄くなるなあ。
これで、最年少ブームが軌道修正されるだろうか?


25 :684 ◆hnpPQbofd6 :04/05/25 11:13 ID:BhNdpF/0
>>24
そのうち赤ちゃんが受賞したりしてな。

26 :名無しのオプ:04/05/26 04:01 ID:vT1Rc5oq
受賞作の印税率って10%?

27 :名無しのオプ:04/05/26 08:19 ID:ZxxiQwRU
そんなもんじゃない? 新人だし。大御所だと20%とかあるらしいけれど

28 :名無しのオプ:04/05/26 12:26 ID:/DmoaexG
>>27
サンクス。 20%はスゴイね。

29 :名無しのオプ:04/05/26 14:00 ID:yo8Eg6Ux
乱歩症もついに最年少ブームに参入か

30 :名無しのオプ:04/05/26 23:47 ID:0wTE9E0E
誰か、創作板に新スレ立ててよ。

31 :名無しのオプ:04/05/27 00:05 ID:x7B1BMRl
とは言っても、前スレ988が
>次スレはあのニュース出てた若者の本が出版された頃に立ててくれ。
と宣言してるわけですし。嵐もいることだし、ここは彼の言ったことを優遇
したほうが賢明かと。
ミステリ板のかたには迷惑をおかけしますが、どうかお許しください


32 :名無しのオプ:04/05/27 01:15 ID:AlKGU5V0
ミステリ板にあったのも、ちょうど消化されたところだったんで、別にいいのではないかと

33 :名無しのオプ:04/05/27 02:06 ID:Ko4RexiS
乱歩賞作家の短編アンソロジーが出てるけど
メンバーが微妙……。
乱歩賞作家は短編がうまいというイメージがないからか。

発売中
「赤の謎」
長坂秀佳・真保裕一・川田弥一郎・新野剛志・高野和明

「白の謎」
鳥羽亮・中嶋博行・福井晴敏・首藤瓜於

34 :名無しのオプ:04/05/27 02:07 ID:Ko4RexiS
よくわからんけど創作文芸から移転してきたの?

35 :名無しのオプ:04/05/27 09:30 ID:5w9yEGib
>>33
首藤うりおが入ってるじゃん!
楽しみ

36 :名無しのオプ:04/05/27 09:46 ID:GqvDiTTR
>乱歩賞作家は短編がうまいというイメージがないからか。

 そうかなあ、乱歩賞作家は、よく小説現代とかに短編書いているよ。
中にはかなり良いものも多い。

37 :名無しのオプ:04/06/01 15:44 ID:1cJj8rV7
とりあえずageとく

38 :名無しのオプ:04/06/06 23:37 ID:WE1XcY7w
あげ

39 :名無しのオプ:04/06/08 00:09 ID:c57FIDl0
あがっていると思ってのぞいたら、ただの「あげ」だって。なんか和田以内の?


40 :38:04/06/08 10:38 ID:Lcni1SMr
>>39
うーん………じゃあ白の謎のことでも。
福井と首籐しかまでしか読んでないけれど、福井はよかったね。ほんとに。
あの悪く言えばねちこい文章も好きだけれど、大幅に削ったんだろーなー、
という文章のほうが上手く感じる。ハードボイルドな雰囲気をより強調
しているというか。ミステリ部分もよかった。
首籐は正直楽しみにしていたんだが、凡作という感じ。彼のいいところを削って、
悪いところを上げたら平凡になりました………とでもいうか。
たぶん書き手が短編に向いてないんじゃないかなぁ。

41 :名無しのオプ:04/06/08 12:33 ID:QnpUJImt
白の謎って、どっちかの新作なの?


42 :山田プー太郎:04/06/08 13:20 ID:ZRQD3/Fq
乱歩賞の作品が出版されるのって、九月ごろだっけ。

43 :山田プー太郎:04/06/08 13:21 ID:ZRQD3/Fq
カタコンペか。

44 :山田プー太郎:04/06/08 13:29 ID:ZRQD3/Fq
早く読みたい〜 

45 :名無しのオプ:04/06/08 13:37 ID:ZqJTRbr+
そうか?ミステリで読みたい話じゃないきがするが

46 :山田プー太郎:04/06/08 14:16 ID:ZRQD3/Fq
うーん。。どんな話なんだろ。ダイバーで。洞窟があって、そこで何かが起こったって話だと聞いたんだけど。謎にもよるよね。海の謎ってのはでもなかなか魅力的じゃないかい?

47 :山田プー太郎:04/06/08 14:22 ID:ZRQD3/Fq
江戸川乱歩賞の作品って、他の賞の作品とはちょっと違ってるでしょう。ミステリーけいのやつに限定した話です。
舞台が風変わりな作品が多いっていうか。特殊な雰囲気があるっていうか。
放課後とかは学園ものだし、ちょっと平板だな、と思うんだけど、「アルキメデスは手を汚さない」なんて、学園ものの中でもちょっと特殊な雰囲気があったしね。
トリックとかそういうのに目をつけると、ちょっとチープな感じのものが多いけど、雰囲気がいつも新鮮みがありませんか。
去年の、「翳り行く夏」なんて、いかにもおっさんじみていて厭だったけど。



48 :名無しのオプ:04/06/08 19:16 ID:Lcni1SMr
>>41
乱歩賞受賞作家短編集(乱歩賞何十周年記念企画だったか忘れたけど)。
赤の謎、黒の謎とかもある。一冊に4,5人の受賞作家の短編を収録。
福井と首籐の短編は白の謎に入っている。

方コンペは正直読みたいな。海の謎よりも、裏切った友人の娘を助ける、という
シチュエーションが好きだ。

49 :名無しのオプ:04/06/08 23:02 ID:/ROyAHSi
>>48
講談社のメルマガに紹介があったけど。
ごめん、漏れはダメだわ、今回の乱歩賞。
ミステリというより、冒険小説だ罠。

地底湖が沈む前に、洞窟に閉じ込められた親友の娘を助け出せるか?

このミス大賞といい乱歩賞といい、最近のミステリー系の賞は、ミステリー色が弱くなっているな…。
これも時代なのだろうか?

50 :名無しのオプ:04/06/08 23:15 ID:Lcni1SMr
>>49
小説の中の「ミステリ」部分に強い魅力を感じる人にとって、今は辛い状況だよね。
賞が「ミステリ」を看板に掲げている以上、受賞作に「ミステリ」を求めて当然なわけだし。
でも乱歩賞はこのままミステリ色が薄くなっていく予感がします………。もう駄目歩。




51 :名無しのオプ:04/06/10 03:40 ID:xn4zIwhK
今年乱歩賞に出して落ちた作品をリライトして、ほかの賞に出したいんだけど、
どこの賞に出すのがいいのかな? 時期が早くて、傾向のにたのが良いんだけど。

52 :名無しのオプ:04/06/10 07:46 ID:3Zv2x4wr
創文板帰れやボンクラども。

53 :名無しのオプ:04/06/10 08:09 ID:5o2Vt3RD
↑ 漏れは、このテーマはやっぱりミステリ板の方が適していると思うが。

54 :名無しのオプ:04/06/10 08:17 ID:3Zv2x4wr
本スレが向こうにあるのに、わざわざ他の板に隔離スレたてんなってことだ。

55 :名無しのオプ:04/06/10 13:32 ID:9+0SH0Vk
>>54
本スレもうないよ。

56 :名無しのオプ:04/06/12 05:30 ID:yELDrRFE
あげ

57 :名無しのオプ:04/06/17 00:23 ID:AQByrDTq
新スレが立ったみたいなので、もうイラン

58 :名無しのオプ:04/08/10 15:30 ID:hkiJXhgR
今年の乱歩賞のカタコンベ?
作者のサイン会あるぞ、をまいら行く?


59 :名無しのオプ:04/08/10 22:17 ID:EoN7O7T8
カタコンベ本屋においてあったけど
買った人いる?選評とか読んだ感じでは
マッチメイクとかモノクロームよりよっぽど期待できそう。

60 :名無しのオプ:04/08/11 18:21 ID:fJoigLG+
うーんまぁ楽しめたけどミステリの部分は弱いかも
ホワイトアウトの洞窟版みたいな感じ

61 :名無しのオプ:04/08/16 23:38 ID:l5aY4jOH
カタコンベ、今読んでる。

まあまあかな・・。この小説、読者を面白がらせようという、
サービス精神は十分感じられる。そういう点は評価したい。
それにしても、江戸川乱歩賞作品がミステリー板でこの程度の扱いとは。
江戸川乱歩賞って・・。

62 :名無しのオプ:04/08/17 09:30 ID:PZcyQNp4
だってつまんないんだもん。
意外性もなにもあったもんじゃない。
教科書読んでるみたい。

63 :名無しのオプ:04/08/26 13:15 ID:v4HiYU6M
>>60ホワイトアウトの洞窟版というのは
なかなか言い得て妙ですねw
禿げるほど同意です。

64 :名無しのオプ:04/08/26 13:42 ID:36zjrVUQ
>ホワイトアウトの洞窟版

という事は、傑作じゃないか!・・・違うの?

65 :名無しのオプ:04/08/26 15:20 ID:2gUQnE4z
>>64
御免なさい。言い直します。
正しくは ホワイトアウトの廉価版 でした。

別の言い方をすると、ホワイトアウトがガンダムで
カタコンベはジムです。

66 :名無しのオプ:04/08/27 02:45 ID:lIhBf7uc
味のある小説ってことかい。

67 :名無しのオプ:04/08/27 18:54 ID:fPBNEOjP
ジムというより、ボールって感じ。
あの取って付けたようなミステリー部分が・・・。
去年は合わせ技一本のカス2作と思ってましたが、
まだ「マッチメイク」の方がマシな気がします。


68 :名無しのオプ:04/09/02 10:39 ID:4q9wLKwP
13階段が文庫で出てたけど、面白い?
買うのもありですか?

69 :名無しのオプ:04/09/02 18:59 ID:S+Mg4IEJ
>>68
まあまあだと思いますが。


70 :宣伝、ここで良いかな?:04/09/07 17:47 ID:13r6uvAT
http://book3.2ch.net/test/read.cgi/mystery/1092997977/l50

各作家のナンバー1を決めよう!スレで、斎藤栄作品投票中。
締め切りは、平成16年9月10日(金)〜12:00まで。
一人一票で参加しる!

71 :名無しのオプ:04/09/07 19:30 ID:bJnELcmi
>>70
キモイままごとスレッドだし、あちこち宣伝してウザイし、もう来ないでね。

72 :名無しのオプ:04/09/11 21:57:33 ID:Femm8tI/
カタコンベ、読んだ。ちょっとだけ。74P

もう読みたくない………
文章力、構成力、人物描写、人物の行動理由、状況描写、下調べ。
これらが未熟過ぎる。
なんか、web小説のまあまあ才能だけはある作品という感じ。
設定は(たぶん海猿の影響受けてると思うけれど)悪くないし、
才能はあると思うけれど、いまはまだ最終に残して、2年ほど
担当がついて見てやって、それからデビューしたほうが成功すると思う。
ま、いまさらだけど。
売りたかった「24才」ブランドも、なんか黙殺されてるっぽいし………
17とかならもっと話題になったろうけど………
こういう受賞のしかたも不憫だね………




73 :名無しのオプ:04/09/12 15:07:02 ID:NPMLyhzx
『カタコンベ』、本屋で最後の選評読んだら、
選考委員たちあんまり褒めてないよね。
酷評してる人もいたよ。
みんな他の作品を推してたよね。
なんでこれが選ばれたのか不思議。。

74 :名無しのオプ:04/09/13 12:35:52 ID:N5PcBDAl
それがいちばんのミステリー、ってオチですよ。

75 :名無しのオプ:04/09/13 20:00:32 ID:NZIPlIaD
新聞広告とか、本の帯の煽り文句って、
はっきり言って詐欺に等しいわね。<カタコンベ
選考委員みんなが絶賛してて満場一致で決まったのかと思ってたけど、
選評を全部読んでみたら全然ちがうわ。
いちおう褒めてる部分“だけ”を抜粋してるだけで、
その前後の文章を読んだら必ずしも褒めてないのよね。
まるでTVで映画のCM流すときに、
面白そうに思えるシーン“だけ”を使うのと同じね。
ガッカリしちゃったわ。。(´д⊂)

76 :名無しのオプ:04/09/14 19:13:21 ID:qbmEphsT
最初のシーンで、男が二人、未踏の洞窟にノコノコ入っていく。
相方の姿が消える。ものすごい悲鳴。
「大丈夫か!? 」と言った男は珍しい骨を見つけて「わーめずらしー」と、
悠長に撮影。
あまつさえ「どこいったんだよあいつ、ったく身勝手だな」と心の中で吐き捨てる
呑気な男。
相方は*においしくいただかれてた。自分も襲われて放って逃げる男。

まあ冒頭はこんな感じです。
あと、これが通ったのは、理事である審査員のひとりがゴリ押ししたから、
という噂があります。
小説のレベルに達していないものに賞を与えることは、出版社のためにも
受賞者のためにもならないのに………

77 :名無しのオプ:04/09/14 21:31:01 ID:BK1ekNL9
あんまり評判良くないみたいだから
作者がなんだか気の毒になっちゃったよ。(´д⊂) >カタコンベ
可哀想だし図書館で予約することを決意しますた。
ストーリー的には面白そうだから
前から気になってたし。。

78 :名無しのオプ:04/09/15 06:11:32 ID:V4MIxlON
カタコンベ読んだ。
釣りでもなんでもなく「文章読みやすい、スルスル読めるよ!」って思った。
まあ、これ読む前に「監獄島」で何日も疲弊させられたせいもあるだろうが。
確かに文章粗いけどそんなにくどくないし俺としては許容範囲。
それからベタベタとはいえサスペンスの要件は満たしているように思う。

でもプロットは大したことないかな。はっきり言って。
洞窟調査とミステリ展開の接合が御都合的で強引。そして真相バレバレ。
なんつーか、分かりきってるだけに解決編の手前がもっとも盛り下がるタイプ。
選評に「B級のハリウッド映画」とあるけど正にそんな感じだ。

誰も期待してないんだろうが俺は次回作を待ち望んでおくよ、一応。

79 :名無しのオプ:04/09/15 15:52:32 ID:YTSHLxfs
今日は「カタコンベ」は買わずに別の小説(新野剛志「FLY」、東直己「ライダー定食」)を買ってきた。
総評読むと「良くも悪くも」という言葉が何度か出てきたので

80 :名無しのオプ:04/09/15 19:27:03 ID:+dEz5q2M
>>78
漏れは文章が下手すぎて投げた口だが、そう言われて見れば、下手でも率直に
書いてあるカタコンベは、下手&難解に書いてある作品より好感が持てるな。
素直な感じというか。

81 :名無しのオプ:04/09/18 20:00:29 ID:nhZbr6Wm
昨日図書館で予約したけど
すでに40人以上先約がいたわ(´・ω・`)
でも反面嬉しくもあったわね(・∀・)

82 :名無しのオプ:04/09/18 22:15:51 ID:LTRbjhBP
>>79
新野剛志はしぶといよな。
乱歩賞史上最悪とか酷評されたのに、桐野、福井などのビッグネームを除いて
他の受賞作家より作品出してるし、そこそこ売れてる。層化臭い

83 :名無しのオプ:04/09/19 00:28:41 ID:tSuChQjc
「カタコンベ」、楽しく読みましたけど、
イマイチ納得できなかったのが、
主人公の「こだわる理由」にまつわる話。
主人公の行動原理にかかわるだけに、
最後まで違和感がありました。
理由はメール欄。

84 :名無しのオプ :04/09/22 02:35:22 ID:WJGbkoUQ
ところでカタコンベの前の24歳受賞者の石井敏弘って、今何やってるの・・・

85 :名無しのオプ:04/09/22 22:26:51 ID:xTnkYvCQ
吉村達也の小説であったけど、
作家になるつもりは初めからさらさらなくて
賞金欲しさ&思い出作り、のためだけに応募して受賞する人もいるらしいね。。

86 :名無しのオプ:04/09/23 12:45:05 ID:RAruhivO
>>85「浅草エノケン一座の嵐」で受賞した長坂秀佳がそうらしいな(思い出作り)。元々脚本家だし。

>>84ttp://www.tosp.co.jp/Kj/Tospi200.asp?I=star33&P=0&Kubun=V5
劇団用原作小説とか、地域の町興しイベント用ミステリなどのようだ。

87 :84 :04/09/24 00:13:00 ID:HozotsAO
>>86
ありがとう。

88 :名無しのオプ:04/09/25 13:06:34 ID:zX2k6Cn4
>肩神戸
何ですか、あの著者近影のポーズは…

89 :名無しのオプ :04/09/26 02:49:39 ID:kQqCaTRX
「脳男」鈴木一郎のイメージは、スキンヘッドで卵顔、って何故か思い込んでいた。
今日書棚を整理していたら「脳男」が出てきたんで何気に開いたらメガネをかけた
鈴木一郎がドアップ!著者近影って大事だね。

90 :もえっちょ君 ◆AIo1qlmVDI :04/09/30 06:43:03 ID:woJSZrxJ
カタコンベ、面白かったよ。
洞窟内の描写がいまいちイメージできなかったけど。
開幕の第1テラス、第2テラスがどーのから既によく想像できなかった。
まあ、ICOの城内描写すら、よく理解できなかった俺が悪いんだけどな。
つーか、選考委員、辛口だな。綾辻なんて選考作品に強い不快感を覚えるとまで言ってるし。
そんで、綾辻推しの作品には井上夢人がどう読まれるかを考えずに書いた作品の典型って切り捨ててるしさ。

91 :名無しのオプ:04/09/30 07:03:44 ID:CbNCKJAw
枚数制限があれだから乱歩賞は大長編ブームに乗れなかった。最年少ブームを逃したくない気持ちはよくわかるよ。

92 :名無しのオプ:04/10/01 02:58:07 ID:veWeD+Lq
あんたら、厳しい選に残ってきて、賞に到った作品に対して、目線を高く。
上から物を言って叩いてるけど。どこか一点優れた作品が(乱歩賞の場合)選に
残るんではなくて、総合点を上げて頑張った作品が到ってることも知って欲しい。

それに、叩くことが好きな人は忘れてるんじゃないの?本を愛する気持ちを。
プロはきっとあると思うよ。本を愛する気持ちが。だから問題作でもいい悪い
両方の目で見るし、その前に本を愛する気持ちがあるんじゃないのかな?

93 :名無しのオプ:04/10/01 08:35:22 ID:QqVkUn7A
>>92
「総合点」つっても、今回の選評を読んだ限りでは
いずれ劣らぬ点数の低い候補作中から、無理やり選び出したって印象を受けるけどね。
応募作全体が低調だったら「厳しい選」とはいえない。

自分は一読者であると同時に作品を提供する立場にもいるけれど、
提出した作品の出来が悪かったらクソミソに叩かれてもしょうがないよ。
金出して読んでくれた読者が「上から物を言」うのは当然。
「本を愛する気持ち」とか、んなもん一切関係ないから。
ただ、小説に限らず“初めて”ってのは難しいものだから、
デビュー作に関しては多少寛容に見てあげてほしいとは思うけれども。

94 :名無しのオプ:04/10/02 00:24:26 ID:AG5ztzXp
>「本を愛する気持ち」とか、んなもん一切関係ないから

愛する気持ち。そこに気付けないようでは、賞も難しいでしょうね?
出気が悪いと叩かれると思っているようですが、実は選者は落とす際、
叩いているのではなくて、愛すべきポイント。ここをこの人は伸ばして欲しい。
そう思ってると思いますよ。だからゼロから自分改造すると逆に機械的になっていき、
人間として、読み手の心に響きにくい作品になりやすい。私はそう思います。
理由は、自分の生活に根ざしていない借り物ですから。
なので作品は愛してあげるところと、認められないところが存在するだけで、
叩く対象ではないと私は思っています。

95 :名無しのオプ:04/10/02 01:36:56 ID:UOs/LB3i
>>94
なんで選考委員と一読者のスタンスを一緒くたにして語るかなー。
>>93氏は、一読者に向かって<もっと本を愛する気持を持て、著者(作品)を
叩くのはやめろ>などというのは筋違いだと言ってるんでない?
実際、選者がどんな思いで選考に臨んでるかなんて知ったこっちゃないって。

96 :板ルール変更投票は4〜11日@自治スレ:04/12/15 19:34:48 ID:QdgNG/dZ
なんか本スレのあの粘着男っぽいが………まあいいや

仕事なんだし商売なんだから、下手だったらけなされるのはしょうがない。
カタコンベは下手というほどではないが、単行本の値段に釣り合うほどの出来ではなかったし、
ミステリーの看板を付けるのはおかしいのも確か。
だいたい、なんで教師と教え子でもないのに、金払ってまで生暖かく見守らにゃならんのだ。
そんなに見守りたかったら自分が10冊くらい買ってやれよ。

97 :板ルール変更投票は4〜11日@自治スレ:04/12/15 19:38:25 ID:QdgNG/dZ
もう一言


相手はプロなんだから、「見守ってあげる」っていうのは失礼です。
別にあなたより下手なわけじゃないんだから。

98 :名無しのオプ:04/12/16 15:29:29 ID:IKsxq3JB
もう少し

99 :名無しのオプ:04/12/16 15:29:48 ID:mUtzbQP8
reach

100 :名無しのオプ:04/12/16 15:30:10 ID:IKsxq3JB
栄光の23get

101 :名無しのオプ:2005/08/15(月) 13:51:16 ID:VaZnPCH7
「天使のナイフ」呼んだヤシいるか?

・・・って8ヶ月振りのレスかよorz

102 :名無しのオプ:2005/08/15(月) 14:20:16 ID:01PO19lg
まだこのスレあったんだw
信用度ゼロの乱歩賞。

103 :名無しのオプ:2005/08/15(月) 21:21:41 ID:g6BOAgSq
なんで広告ニ顔のせるかねえ。ドラキュラみたいな顔ににいちゃん。

104 :名無しのオプ:2005/08/15(月) 21:30:42 ID:kMfH2DWJ
ペンネーム変えたのって
あきばってイメージが悪いから?

105 :名無しのオプ:2005/08/17(水) 09:36:36 ID:tvyMpirl
>>104
逢坂とか大沢が「本名のほうが絶対かっこいい」って薦めたんだってさ
いつかの読売に書いてあった

106 :名無しのオプ:2005/08/17(水) 09:40:11 ID:msLY5sWf
薬丸岳が本名なのか。
たしかにあきばよりずっとイメージがいいな。

107 :名無しのオプ:2005/08/17(水) 11:49:47 ID:wQV4EieR
だいたいこのスレ立てたの誰だよ。
「乱歩賞」でスレタイ検索してもヒットしないスレなんてありえねえ。
そもそも「乱歩新人賞」ってなんなんだw
それだから8ヶ月もほっとかれることになる。
とりあえず、受賞作出たんだからしばらくはageていこうぜ。

108 :名無しのオプ:2005/08/17(水) 14:45:05 ID:J8lv7imN
すぐに消えそうな人だね。

109 :名無しのオプ:2005/08/20(土) 14:09:47 ID:ifbDL5Df
「天使のナイフ」は結構良かったよ。似ている題材の「13階段」より面白かった。
ただちょっと詰め込み過ぎで丁寧にやって欲しかったなぁ、とは思ったかな。
近年ではかなり優秀だと思います。

ところで作者の写真はなんかの呪いかと思ったw顔はもとより構図が・・・

110 :名無しのオプ:2005/08/22(月) 20:00:34 ID:FeFyf0Cc
「天使のナイフ」読んだよ

111 :名無しのオプ:2005/08/23(火) 08:10:14 ID:2nJC16rb
2〜3回受賞作無しを続ければ、水準も高くなると思うんだが。
ここ10年くらい不作じゃね?

112 :名無しのオプ:2005/08/23(火) 11:55:20 ID:ZZq5w2ab
ぼくが住んでる街は、乱歩賞受賞者・とりいかなこさんの出身地なんだ。ちょっと、自慢。

113 :名無しのオプ:2005/08/23(火) 14:17:34 ID:U4yQdaZn
週刊文春ベストテンをまとめた文庫本を古書で買った。
これって乱歩賞受賞作のほとんどが1位か2位なんだね。
謎と驚愕に満ちた奇書として後世に残るのではないか。
誰か選考の内幕をドキュメントか小説に書かないか。
(協会追放されちゃうかね)


114 :ルナマリア:2005/08/28(日) 19:14:00 ID:nu5WCHBs
↑このミスではそんなことない。所詮は文ミスよ。

115 :名無しのオプ:2005/08/30(火) 23:36:42 ID:lYFyREEM
俺も「天使のナイフ」良かったと思う。
キャラも好感持てるし、ミステリ的なひねりも良かった。

ただ全体的に軽い感じがするのは否めない。
比べるのは酷だと思うけれど最後の方なんて宮部だったらはるかに情感
を震わせるような書き方をするのでは?

今後は中堅作家としてそこそこの物は書くかもしれないけれどインパクト
不足は否めず爆発的に売れるということもないと思う。

ただ近年の受賞作の中では良い方だと思うし、読んで損はない位の評価は
できると思う。

116 :名無しのオプ:2005/09/01(木) 13:15:04 ID:hbjf7Rdj
「天使のナイフ」良作ではあると思うが、細かく見れば不満もいくつかある。
最大の問題点は(メール欄1)が十分説明しきれていない点だろうか。
それが端的に表れているのが、(メル欄2)を明確にしていないところではないかと思うが
これって(メル欄3)にも大きく影響を与える部分なので、本来ならおざなりな処理では
まずいのではと思う。
勢いで納得させられたといえばいえるが、後から考えるとやっぱりちょっと変、と思ったりもする

117 :名無しのオプ:2005/09/01(木) 21:43:18 ID:o2Ijr5RV
天使のナイフおもしろかった
ちょっと過剰なくらいのどんでん返し?
社会派かつ本格としても評価できる事件の構成

ただそれが今の社会時勢を取り込んでるといえるんだろうが
ちょっと(メール欄)だな ご都合主義といわれかねないかもしれんけど
それでも完成度はまあ高いといえるだろう


118 :115:2005/09/02(金) 05:50:03 ID:pFVjtO8+
「天使のナイフ」
褒めといて言うのもなんだけれど、一番変なのはメール欄だろう。

119 :名無しのオプ:2005/09/02(金) 07:08:56 ID:xK3jGGAy
>118
あれは教唆じゃなくて、意思抑圧型の間接正犯になりうるからな。少年というだけで捜査しないというのはおかしい気がするね。

120 :名無しのオプ:2005/09/02(金) 11:45:04 ID:lI336sBz
「天使のナイフ」への反応やけ多いね。
去年の「カタコンベ」とえれー違いだ。

121 :名無しのオプ:2005/09/02(金) 12:27:44 ID:9r0pUDZG
アレ読んだヤツっているの?

122 :名無しのオプ:2005/09/02(金) 13:29:37 ID:MXc4iYAE
「カタコンベ」一年前に読んだけど内容は忘れてしまった

123 :名無しのオプ:2005/09/04(日) 09:52:43 ID:M9UqK60I
カタコンベは結構面白かったけどな。謎解きは少ないかも。あと著者の顔が嫌い。薬丸の顔は好きだけど。

124 :名無しのオプ:2005/09/04(日) 10:08:15 ID:30Yc7cdM
http://mobile.dream-prize.com/member_reg_form.php?REF=0340889
こんなん見っけた
やってみる気あったらケータイでお気に入り登録しとくといいよ

125 :名無しのオプ:2005/09/04(日) 16:13:50 ID:hVqT0fQ3
『天使のナイフ』
よくできてると思うけどイライラする点が…

「△△(メル欄)は被害者を殺す気などなかった」「不幸な遇然」「悔やんでいた」。
主人公が言い訳しすぎで萎え。
あそこは「△△は悪意で人を殺したが後悔し償おうとしていた」の方がよかった。
あれじゃ△△はただのいい子ちゃんで話が美しすぎる。

126 :名無しのオプ:2005/09/06(火) 19:06:00 ID:j88oJFQ4
天使〜は面白かったけど

主人公が(メル欄1)で(メル欄2)に偶然出会うご都合主義はどうかと思った。

127 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2005/09/11(日) 18:29:05 ID:3ZkD1GqH
天使のナイフはあんまり話に引き込まれなかった。
導入からしてのんびりしているし、前半がだらだらしすぎ。
そのせいで後半が急展開に感じられて全体がちぐはぐな印象になった。
社会派でこのプロットもどんなものか。少し無理な気がする。

新人にしては頑張ってると思うけど、「頑張ってる」以上の感想が湧かない。

128 :無名草子さん:2005/09/27(火) 11:25:55 ID:VUG3o4WF
i

129 :名無しのオプ:2005/09/27(火) 18:27:25 ID:IwN7hu6Z
ヤックン新作発表されたね

130 :名無しのオプ:2005/09/30(金) 23:51:15 ID:yHbmIOGC
ヤックンの新作読みたいです。題名は?

131 :名無しのオプ:2005/10/01(土) 01:29:57 ID:aFFbxdyZ
忘れたけど小説新潮か小説現代に載ってた

132 :名無しのオプ:2005/10/01(土) 07:45:52 ID:Rdg1ajFu
もう2作目が刊行されたのかと思ってビビッたら短編の話だったか。

133 :名無しのオプ:2005/10/01(土) 11:18:50 ID:/iOx7J/C
>>131
>忘れたけど小説新潮か小説現代に載ってた

当然、現代の方でしょ。

134 :名無しのオプ:2005/10/04(火) 13:42:31 ID:bek+LltT
不知火京介も新作だしたみたいだけど



どうでもいいか。

135 :イラストに騙された名無しさん:2005/10/27(木) 11:13:46 ID:n/OU9FOp
読み終わった

136 :名無しのオプ:2006/01/24(火) 16:39:55 ID:MIiycEWA
赤井回収

137 :名無しのオプ:2006/02/01(水) 12:35:06 ID:kpzcaR7Q
>>136
パクリ?

138 :名無しのオプ:2006/02/01(水) 14:23:49 ID:+9OfbvxK
赤井の事全然話題にならないね

139 :名無し物書き@推敲中?:2006/02/14(火) 13:25:12 ID:48T72+Rj
坊ちゃん

140 :名無しのオプ:2006/03/01(水) 13:19:21 ID:o6/e69OL
話題にさえならない。

141 :名無しのオプ:2006/04/18(火) 21:48:47 ID:Pz3uetd4
ttp://rampo2007.seesaa.net/

来年の乱歩賞の最有力候補のBlog(ブログ)

142 :名無しのオプ:2006/04/18(火) 23:03:53 ID:Pz3uetd4
すっごいな! あのじゅんさんが今年もヤッテクレルのか

143 :名無しのオプ:2006/04/19(水) 22:39:59 ID:xSpSe30i
>>141
>今のペースでいけば春先には完成する。
 素晴らしいペースだ。

なんか「倒錯のロンド」みたいだな。



144 :名無しのオプ:2006/04/19(水) 22:44:20 ID:ZbPT+yHr
この人宣伝しすぎでうざいよ、ほんと

>>143
実は○○を書き写しているんだね(藁

145 :名無しのオプ:2006/04/20(木) 12:19:02 ID:Z9VjUeFF
で、最後には気が狂って病院逝きw

146 :名無しのオプ:2006/04/20(木) 22:36:20 ID:M7We67on
「倒錯のロンド」は面白いね
もう30回くらい読んだ

147 :名無しのオプ:2006/04/21(金) 08:06:07 ID:ePgGkZIa
月刊推理の藤井が面白いんだよね

148 :名無しのオプ:2006/05/17(水) 11:38:12 ID:wQN2q0GN
発表されましたね。

149 :名無しのオプ:2006/05/17(水) 13:25:55 ID:HQy14rYX
早瀬乱て人、去年の最終にも残ってたな。
まぁ、もう本も出てるし実力ありそうだな。

150 :名無しのオプ:2006/05/18(木) 09:23:17 ID:hfP8kV90
今年はどちらもプロだから。
それに、ある程度名のある作家。
応募資格は不問だけど、これはどうかな?

151 :名無しのオプ:2006/10/04(水) 08:58:42 ID:sIj9btS2
この板が創文板より過疎とは知らなかった。
だが、そこがいい。

152 :名無しのオプ:2006/10/22(日) 12:46:58 ID:JaXCMqSI
今月中にプロットを完成させて来月から書き始める。

153 :名無しのオプ:2006/11/07(火) 11:41:17 ID:HQcSPM/k
プロットはできたが、文章書くのは大変だな
というか、設定がなかなか決断出来ない、というべきか

なんとなく、書き出すと陳腐に感じてしまうんだな
これって、乱歩賞じゃ致命的な気がする

といって、もう悩んでる時間はないから
書き続けるしかないんだが……

154 :名無しのオプ:2006/11/07(火) 11:57:12 ID:sfpHDvEb
>>153
> といって、もう悩んでる時間はないから

なに言ってるの、まだ三ヶ月近くもあるんだから、執筆を残り一ヶ月でやって、
それまでは構想を納得行くまで練り上げた方がいいんじゃないの?
私もまだ構想は四割しか出来てないよ。


155 :名無しのオプ:2006/11/07(火) 12:17:30 ID:HQcSPM/k
>>154

そうはおっしゃりますが、うさぎさん
あっしはとんでもなく筆が遅いんでやすよ

一ヶ月で470枚というのが最高で
しかもその出来ときたら……

今読み返しても、おい、こことここ矛盾しとるぞ
と、そんなのばっかりで悲しす

できれば、ひと月くらい推敲にかけたいものだわなあ
などと、贅沢なことを思ってるんでごわす

しかし、おっしゃることももっともでやすな
最初の詰めが甘かったからだ、とも言えるわけで
もう一度検討してみますか

156 :154:2006/11/07(火) 12:44:06 ID:sfpHDvEb
>>155
ちょっとマジレスしますね。
 実は、私は現在自由業ですが、サラリーマン時代も、毎年、1月になってから執筆を
始めていました。自由業になってからは、最後の一週間だけで書いて応募したこともあ
ります。それでも二次は通過しました。別に私の速筆自慢をするつもりはありません。
 プロの方でも、一日に30〜100枚も書いたりするそうです。では、なぜそんなに書け
るのかというと、本人の才能を別とすれば、「いかに綿密なプロットを組み立てておくか」
しだいだと思います。
 私の場合、納得が行くまで何度も何度もプロットを練り直します。そして、それを見や
すい形にまとめます。そのプロットが完成していれば、それはもう、九割完成したような
ものです。あとは、それを見ながら「プロットを文字という媒体に変換する」という作業を
するわけです。頭の中に細かい点まで入っているので、書くのは速いですよ。
 事実、私はこの十月末にとある長編ミステリー賞に応募しましたが、その時も6日間
で書き上げました。枚数は400枚に満たないのですが、そのために書いたプロットは
400字に換算すると150枚以上でした。
 この方法になる前は、私も執筆に二ヶ月以上かけていましたが、現在の方法にして
からの方が予選通過や入選の回数は圧倒的に増えました。ですから、執筆そのものは、
短編なら1〜2日。長編なら6〜10日くらいで終わります。その後、ゆっくりと推敲をします。
 私のやり方がベストとは言いませんが、人から聞かれた場合は、このやり方をお勧め
するようにしています。


157 :名無しのオプ:2006/11/08(水) 13:52:12 ID:SVGJc48d
横レスだけど人それぞれなんだろうなあ…
浅田なんかはプロットには何年もかけるタイプで、
「地下鉄に乗って」も一ヵ月で書き上げたらしいけど、
逆にいうと浅田クラスでさえ一ヵ月はかかるわけだらねぇ。。。
凡人の私などは少なくとも今週末辺りから書き始めるつもり。

158 :名無しのオプ:2006/11/09(木) 18:01:14 ID:+tO+ZCtn
>>157
> 逆にいうと浅田クラスでさえ一ヵ月はかかるわけだらねぇ。。。

公魚は月に1000枚くらい書いたこともあるらしいよ。


159 :名無しのオプ:2006/11/13(月) 00:54:13 ID:BYsNJ/mG
>>156
岡嶋のおかしな二人を思い出した。
徳さんとイズミが小説の最初から最後まで全部暗記してしまうくらい
おしゃべりを続けながら作品を作っていったのと、
基本的には同じように思えるけど、どうだろう。
ちょっと違うか・・・。

確かに、方法論としてはありだな。
筆力に自信があるなら、その方が完成度が安定する気がする。
ひとつだけ問題なのは、プロットが出来ないと永遠書き始められない、
という心配があることだな。

書いているうちにアイデアが浮かんできて全部がつながる、
という感じで、とりあえず書いてみるという人も多そうだが、
こちらの場合は、神がおりてくれば完成度があがるかもしれんが、
おりてこないとかなり悲惨だな。

160 :名無しのオプ:2007/01/31(水) 17:29:47 ID:+cnyXV37
いよいよ締切日。
皆さん、乙カレー。

38 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)