5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

◎国産冒険小説はお好き?◎

1 :名無しのオプ:04/06/24 22:35 ID:Uo+HV1C3
昔…シミタツ節に酔いしれた男達よ!国産限定で冒険小説を語ろうよ
佐々木譲・稲見一良なんて話題にもあがらないじゃん!オレは悔しい

2 :名無しのオプ:04/06/24 22:49 ID:3rut64GR
即死スレ2げと

3 :名無しのオプ:04/06/24 22:51 ID:du/sSIcI
いいぞ>>1
シミタツ最高!

4 :1:04/06/24 22:52 ID:Uo+HV1C3
やっぱり即死?やっぱりな…

5 :名無しのオプ:04/06/24 22:53 ID:Uo+HV1C3
3様!ありがとう

6 :名無しのオプ:04/06/24 23:17 ID:RmahuDin
重複につき削除依頼するように

7 :名無しのオプ:04/06/24 23:52 ID:IXZLXCzw
完全な重複ではなく分家スレとでもいうべきだが、
でもやっぱり分家するほどの需要がない。
情報散逸は避けるべきだと思うから↓に統合しろ。

★冒険小説・ハードボイルド総合スレッド★
http://book3.2ch.net/test/read.cgi/mystery/1067853107/


8 :1:04/06/25 12:35 ID:ASJ9Q0PB
どうもそちらのスレは国産は評判わるかったから…
福井の成功で新規の読者の国産の冒険小説の需要増えるかと思うし…
でもこの分野のベテランは福井晴敏とかだと物足りないかと…
だからこれからの方にみなさんベテランさんがいろいろ紹介してあげてほしいし
オレも情報ほしいので

9 :名無しのオプ:04/06/25 19:17 ID:goeExT/d
大藪春彦「餓狼の弾痕」
http://book3.2ch.net/test/read.cgi/mystery/965731888/
【バイオレンス】西村寿行【ハードロマン】
http://book3.2ch.net/test/read.cgi/mystery/1082548457/
【ひょっとして】逢坂 剛【マイナー?】
http://book3.2ch.net/test/read.cgi/mystery/1040216288/
真保裕一 Part2
http://book3.2ch.net/test/read.cgi/mystery/1063869409/
福井晴敏ってお気に入りなんですが…【先任伍長】
http://book3.2ch.net/test/read.cgi/mystery/1082196325/

関連スレってこんなもんか。

一般書籍板まで範囲を広げれば

船戸与一
http://book3.2ch.net/test/read.cgi/books/1015462056/
北方謙三スレッド その二
http://book3.2ch.net/test/read.cgi/books/1052173982/
景山民夫はなぜ死んだのか?
http://book3.2ch.net/test/read.cgi/books/997646319/

があるな。


10 :1:04/06/25 23:17 ID:ASJ9Q0PB
ミステリー好きって自分の好きな作家命って感じで
普通小説の読者より思い入れ過多だよね
特に冒険・スパイ小説好きはそのへん顕著!
でも2ちゃんには本格好きは多いけど冒険小説好きは少ないんだね〜


11 :名無しのオプ:04/06/26 08:32 ID:TbA9rGWG
>>9
こんなのもあるよ。
【毒猿 スレッドU】 大沢在昌
http://book3.2ch.net/test/read.cgi/mystery/1069418133/l50
【コルトレーン】原りょう3【コルトレーン】
http://book3.2ch.net/test/read.cgi/mystery/1084178896/l50

逆にスレあってもいいなあ、と思うのは上記の志水辰夫のほか
佐々木譲、藤田宜永、稲見一良、白川道、生島治郎、打海文三あたり。
ミス板にスレ無い他の作家も含めて、まとめて1スレくらい多めに
見ようよ。



12 :1:04/06/26 15:27 ID:2Jvm7kIU
11さんのあげてた作家はオレの好きなのばっかりです
なかでも白川の『海は涸わいていた』は泣けた
稲見一良はエッセイなんかも最高だったな〜もっと生きて欲しかった…『セントメリーのリボン』『猟犬探偵』…もう何度読み直したことか


13 :名無しのオプ:04/06/26 16:41 ID:UpB5pemY
ははきぎほうせい・・<逃亡>がおすすめ。B級戦犯の元軍曹が敗戦直後の日本中
を逃げ回る話なんだけど。寝食を忘れて読むとはこの事か。

14 :名無しのオプ:04/06/26 16:56 ID:megImUjy
>>8>>10>>12を読む限りでは、1さんは冒険・ハードボイルド・スパイ小説を
あまり区別していないようだな。(区別せよと言ってるわけではない)
だったらこんなスレも紹介しておく

【CIA】エスピオナージュ総合スレッド【SIS】
http://book3.2ch.net/test/read.cgi/mystery/1087541189/

稲見さんは俺も大好き。

>>11
本格系作家スレの多さを考えると、日本の冒険ハードボイルド系ということで
1つくらいスレがあってもいいかもね。需要の多寡やスレが伸びるかどうかは
別だけど。

15 :1:04/06/26 18:13 ID:2Jvm7kIU
そうですね
謀略・スパイ・コンゲーム系…なんかも含めて大きな意味で冒険小説かなと
ハードボイルド作品だと冒険小説との境界線はなんか曖昧です
原はあんまり好きでなくて
白川は好き
大沢在昌だと作品によって好きみたいな
でも特に区別する気もないけど


16 :名無しのオプ:04/06/28 22:48 ID:8XiI+g4J
えーと、鳴海章は入れてもらえるんでしょうか?
「雨の暗殺者」カッパノベルスが出てました。
これってシリーズものなんですかね?

17 :名無しのオプ:04/06/29 01:01 ID:Z+yD0Fk5
鳴海章もデビューした時は今までの国産にない派手なタイプで好きだったな〜そのあと何作か読んだけどスケールダウンして読まなくなっちゃった
福井晴敏が今日爆笑の番組でてたね
冒険小説ブームくるかな?でも最近は船戸・シミタツ・佐々木譲あたりがいまいちこじんまりとしちまって…
生きのいい新人はいますか?

18 :名無しのオプ:04/06/29 19:30 ID:c/qjtIjm
新人じゃないけど、今野敏、樋口明雄、西村健あたりにもっと頑張って欲しい。
後、風間一輝が亡くなったのが実に惜しまれる。「男たちは北へ」なんて
実に清涼感のある冒険小説だったし、こんなの書き続けて欲しかったと思う。


19 :名無しのオプ:04/06/30 12:25 ID:AxMtYe8x
ごめん、打海はありました。
http://book3.2ch.net/test/read.cgi/mystery/1036863436/

あと東直己とかも読んだこと無いけどかなり評判良いですね。
http://book3.2ch.net/test/read.cgi/mystery/986129048/

シミタツが好きなんだけど、「良かった!」というのは覚えていても
ストーリーがどうしても思い出せないものが多い。
どうしてなんだろう・・・

20 :名無しのオプ:04/06/30 15:21 ID:TuZcC7Sw
>>19
いわゆる志水節ってやつがストーリーより印象的だからなあ

21 :名無しのオプ:04/06/30 17:46 ID:nSO4mgH/
佐々木譲はみなさんどうですか?
おれはやっぱり『ベルリン飛行指令』が一番!
好きな場面を今まで何度よんだことか


22 :名無しのオプ:04/06/30 23:44 ID:F+NPuXDp
>>21 佐々木譲のは戊辰戦争後の北海道を部隊にしたヤツが好きだな。
   後、「犬どもの栄光」も好き。



23 :名無しのオプ:04/07/03 15:03 ID:2Uz7AE6r
麻生幾って読んだことないんだけどどうですか?『宣戦布告』読んでみたいんだけど…どの作家のどんな作品に似てますか?

24 :名無しのオプ:04/07/03 16:43 ID:cmB4oxfB
シミタツのスレッドがないのはおかしい!

25 :名無しのオプ:04/07/04 14:03 ID:znGvCR9+
24さんは志水のどの作品が好き?

26 :名無しのオプ:04/07/04 15:14 ID:WIAz5bJX
>25
24さんではないが(w
・行きずりの街
・背いて故郷
・飢えて狼
あたりがマイベスト3かなあ。
「いまひとたびの」あたりからあまり読まなくなった気がする。
ちなみに公式HP。
http://www9.plala.or.jp/shimizu-tatsuo/

27 :19:04/07/04 20:13 ID:scN3JHE5
漏れも24さんではないが
・あした蜉蝣の旅
・行きずりの街
・背いて故郷
・帰りなん、いざ
・花ならアザミ
あたりがマイベスト5かなあw
たしかに「いまひとたびの」あたりから読まなくなったのも同じ。


先に書いたとおり、ほとんどストーリー覚えてないがw

28 :名無しのオプ:04/07/04 23:04 ID:FaxoBlK1
>>23
「宣戦布告」だいぶ前に読んだけど……
普段この手のは読まないからかもしれないが、なんか読みにくかった。
文体が小説向きでない感じ。

似ている作家は思いつかないが、爽快感は得られないような。
福井晴敏などには似ていない気がする。

29 :名無しのオプ:04/07/04 23:47 ID:znGvCR9+
<<28
ありがとう!まぁとりあえず読んでみます


30 :名無しのオプ:04/07/05 11:41 ID:a1el1j9E
>>23
28さんのいうとおり、冒険小説的な爽快感はほとんどない。
あえていうなら、スラプスティックな要素の強い戦争パロディ。
人によって笑い飛ばしながら読めるか、イライラしながら読むことに
なるか、反応が分かれるところだろう。

31 :名無しのオプ:04/07/06 01:33 ID:uWZ7zbGQ
宣戦布告
上巻終わったけど…つまんなくはないが冒険小説じゃないすね
とりあえず下巻よんじゃいます
クーデターをテーマにした作品でオススメありませんか?

32 :名無しのオプ:04/07/06 02:12 ID:DCWoA5QV
佐々木譲の三部作の悼尾を飾る「ストックホルムの密使」は
国産冒険小説の金字塔だと思う。
ただし「ベルリン」「エトロフ」はあるのに「ストックホルム」は
絶版のようで新潮社は何考えてるんでしょうか?
 

33 :名無しのオプ:04/07/06 08:00 ID:Wmahsvvi
>>32
同じ新潮ででている「ワシントン封印工作」ってどうなんでしょう?
時系列的には三部作よりは前の話みたいですが・・・

34 :名無しのオプ:04/07/06 08:25 ID:uWZ7zbGQ
『ワシントン封印工作』は三部作とは関係ないですよ
でも大戦三部作が好きな人なら楽しめます
オレは三部作の次にに好きな作品です

35 :名無しのオプ:04/07/07 01:08 ID:IZFDpxMq
昔『エトロフ発緊急電』をNHKがドラマ化したの見た人いますか?地味な演出だったけどなかなかよかったな〜
ビデオ化されてないんでしょうか?
あと冒険小説で映像化されたのでよかったのありませんか?

36 :名無しのオプ:04/07/07 17:01 ID:YbjoKQfC
>>35
ビデオ化されてまっせ。
http://www.nhk-sw.co.jp/view/10569.html

37 :名無しのオプ:04/07/12 04:08 ID:TXUcdbQv
風間一輝は『今夜も木枯らし』『漂泊者』『海鳴りに訊け』もいい
絶版が多いが

38 :名無しのオプ:04/07/12 11:18 ID:OnjB9zaD
森村誠一の『星の陣』ってどうですか?
あらすじ読むと冒険小説のようなんですが…

39 :名無しのオプ:04/07/12 18:41 ID:NQB3WbJF
垣根涼介『ワイルド・ソウル』読みました。
いい頃の船戸与一を彷彿とさせる、チカラでぐいぐい読ませる作品で、
久々に国産冒険小説が元気だった頃を思い出しました。
個人的には、スケールは小さいけど『ヒートアイランド』の方が
まとまりあって好きだけどね。これからが楽しみな作家です。

40 :名無しのオプ:04/07/12 19:50 ID:mnJnmK3x
>>38 面白いよ。死に場所を求めて、暴力団に戦争を挑む爺ぃ達が
   無茶苦茶カッコいい。

41 :名無しのオプ:04/07/12 20:32 ID:P6iy4DgC
>>9>>11>>14>>19
このひとを忘れないであげてください。(´;ω;`)
楡周平
http://book3.2ch.net/test/read.cgi/mystery/1068693814/

>>28
麻生幾はZEROのほうが面白かったなあ。
>>39
垣根涼介も3賞受賞で乗りに乗ってる作家なはずなのにスレすらないんだよねここ。

42 :名無しのオプ:04/07/12 21:01 ID:OnjB9zaD
冒険小説を好きなやつはやっぱり2ちゃんには少ないんだろうね…
本格だと『こんな○○作家まで!?』なんて思うスレあってすごくのびてる…
唯一福井晴敏はスレ重ねてるけど
やっぱり福井はヲタの臭いあるしさ〜


43 :名無しのオプ:04/07/12 21:32 ID:4SAANEba
最近フランス書院文庫までもがアニメ臭くなったからなあ。
福井なんとかの忘却のイージスだか復讐のイージスだって
どうせパトレイバー2だか押しイ守るの影響だろ?

ちがう?

44 :名無しのオプ:04/07/13 03:18 ID:z9CzLB44
確かに2ちゃんと冒険小説はそぐわないなw

45 :名無しのオプ:04/07/13 09:33 ID:v8JI/Q/j
福井晴敏はつまんなくはないが
美少女戦士がでてきたり
テレパシーが通じちゃったり
ガンダム・エヴァンゲリオンの臭いがする


46 :名無しのオプ:04/07/13 22:06 ID:v8JI/Q/j
40さん
『星の陣』読んでます
もうすぐ下巻ですが面白い!他にも森村誠一はいいのありそうなんで手を広げてみます
冒険小説ってちょっと畑が違う作家が書いたいいのものありますよね
景山民夫とか


47 :40:04/07/13 23:48 ID:LRC88qZv
>>45 美少女戦士つーと森雅裕の「感傷戦士」「漂泊戦士」は面白かった。
 
>>46  森村誠一は「黒い墜落機」もお薦め  後「星の陣」と似た様な市井の
    人間が暴力団に挑むって話を何作か書いてるよ。続編の「星の旗」
    「星の町」「致死連盟」「君に白い羽根を返せ」とか
    

48 :名無しのオプ:04/07/15 01:48 ID:u+D9aXgs
笹本稜平はどうですか?作風は誰ににてますか?

49 :名無しのオプ:04/07/17 04:38 ID:/9n/lLWQ
『国境』黒川博行を推す

50 :名無しのオプ:04/07/30 09:28 ID:c2u+OSak
やっぱりこのスレタイだとのびない…


51 :名無しのオプ:04/07/30 09:31 ID:esky0amp
冒険小説ってクリスティのくらいしか読んだことないね。

52 :名無しのオプ:04/07/30 11:49 ID:c2u+OSak
クリスティ?ん?
と釣られてみる

53 :名無しのオプ:04/07/30 12:07 ID:J2ccno7q
国内冒険小説だと柘植久慶わりと好きかねえ。
作者は好きじゃないけど。

国内の自称傭兵の中では(文章力が)抜きん出ている感じ。

主人公がドライなのが好印象。
ただ情景描写は今一歩。

海外の小説家と比べると、J・C・ポロック辺りには(描写やスケールで)
負けるが、クリンシィ・シリーズなんかよりは上に感じる。

54 :名無しのオプ:04/08/11 23:30 ID:PU3eMQQ7
約20年ぶりに「飢えて狼」再読してみた。
といってもストーリーは完璧に忘れていたので、ある意味初読と同じともいえたが、

・・・

デビュー作でこれか。やっぱシミタツはすごい。素直に感動した。

55 :名無しのオプ:04/08/12 00:15 ID:a4iXrqM4
オレは『いまひとたびの』を何度目かの再読
冒険小説とはいえないもだけどシミタツ節が一番炸裂してると思う
これと稲見一良の『セントメリーのリボン』がオレの再読したくなる二大短編


56 :名無しのオプ:04/08/12 00:19 ID:zaMWJW7e
私も稲見好き。
野暮なことを言うようだけど、猟犬探偵って猟犬探しだけで
生活が成り立つとは思えないんだけど……

ハードボイルドに生活はいらねえ

57 :名無しのオプ:04/08/12 10:50 ID:a4iXrqM4
でも狩猟の時猟犬はよくいなくなるらしいよ
オレが子供の時にオヤジが飼っていたアイリッシュセッターのジョンは猟の最中にいなくなって
地元の猟友会にも依頼したり探したけどみつかんなかった
でも商売にはならんよね

58 :名無しのオプ:04/08/12 20:48 ID:zaMWJW7e
>>57
リアル猟犬探偵キター
へえ、そういうものなのか。意外と隙間で役に立つ職業なのかも。

59 :名無しのオプ:04/08/13 23:23 ID:6Bsvj/lL
文体で読ませる(酔わせる)作家じゃないけど
「冒険小説」なら谷甲州を挙げてみる
自身、キリマンジャロ等高峰登山を敢行したリアル派
ブ厚いが文庫落ちしてる「凍樹の森」をまずイチオシ
自分のフィールドの山を舞台にした「遥かなり神々の座」も

後、かなりふるーい作品だけど
山田正紀の「火神を盗め」 これ日本最強の冒険小説だと思う
主人公はなんとダメリーマン4人組み!彼らがどんな活躍をするか・・・





60 :名無しのオプ:04/08/14 23:02 ID:66bb0y4w
>>57
ってか、そう言うのまじやめてほしい。
飼い主は犬が猛獣であると認識すべき。

61 :40:04/08/15 00:51 ID:GxcEFs0S
>>59 自分は「火神を盗め」「謀殺のチェスゲーム」「崑崙遊撃隊」の3作は
    何度読んだか分からない位好き。
   山田正紀って最近は推理モノしか書いてない気がするんで、また冒険モノ
   書いて欲しいな・・ 「天動説」やら「風の七人」みたいな時代伝奇風
   でもいいからさ・・

62 :59:04/08/15 13:29 ID:oGqPFG7M
おー同志発見

あと「贋作ゲーム」とかもう一度読みたいたいんだけど見つからない・・・
SF/ファンタジーだけど「宝石泥棒」は冒険小説としても凄いとおもー


63 :40:04/08/15 21:51 ID:j6R+y+yZ
>>59 「贋作ゲーム」「宝石泥棒」は近所のブックオフで見かけたけど、
    冒険モノじゃないな、と思ってスルーしてた・・勿体無い事を・・
   他にも「七面鳥危機一発」はもろ山田流ルパン三世で軽く読めたし、
     (最期が悲壮感バリバリだけど)
     「殺人契約 殺し屋貴志」も格好良いんだか悪いんだか分からん
      殺し屋が新鮮。
      

64 :名無しのオプ:04/08/15 22:18 ID:qvMaYTTJ
谷甲州はSFでも寒さと山と男たちを描かせたら日本一。
ミステリの人も気が向いたら「航空宇宙軍史」読んでみてください。

65 :名無しのオプ:04/08/15 22:40 ID:TPQ3Rt9q
ベルリン飛行指令、エトロフ発緊急電、ストックホルムの密使(佐々木譲)
ダックコール、セントメリーのリボン、男は旗、猟犬探偵(稲見一良)
遥かなり神々の座(谷甲州)、神々の山嶺(夢枕獏)・・・良かったッス

66 :54だが:04/09/03 15:25 ID:FYbbCqgU
シミタツの「裂けて海峡」新潮社から文庫新刊で再版おめ。
これも久々に再読してみるかな。

67 :名無しのオプ:04/09/03 20:55 ID:nZtvO4G3
「裂けて海峡」もいいね。
久々に文庫本(昭61・講談社)
ひっばりだしてみたら、
活字が小さくて目が疲れる(w

天に星。
地に憎悪。
南溟。八月。わたしの死。


68 :名無しのオプ:04/09/03 23:16 ID:B7dLEeve
シミタツはこれから新潮文庫に移っていくんですかね?
「裂けて〜」などの初期作品は手に入りづらくなってるから、
ありがたいことだね。

69 :名無しのオプ:04/09/05 00:25 ID:7psj27qv
山田正紀の冒険小説、復刊きぼんぬ… 火神なんか今なら映画に出来そうだけどなあ。
あと、矢作俊彦も絶版多過ぎ。海から来たサムライはマジ必読だと思うんだが。一般書籍板のスレ貼っとく。
ttp://book3.2ch.net/test/read.cgi/books/1091527063/l50#tag136

70 :40:04/09/06 00:43 ID:Pcaq5JiM
>>69 「謀殺のチェスゲーム」は映画化の企画が持ち上がったみたいだけどね、 
    かなり昔。

    特命隊活躍モノなら革命真っ最中のロシアにはみ出し部隊が殴りこむ
    「ロマノフ王朝の秘宝」も面白かった。 でも「海から来たサムライ」
    ももう1回読みたくなってきた・・

71 :名無しのオプ:04/09/06 01:01 ID:yUfdwxpw
>>70
内容は「殺戮のチェスゲーム」とは相当違うの?

72 :名無しのオプ:04/09/06 02:02 ID:s5vqJem+
「症例A」で有名になった多島斗志之も、こういう小説が本当はメインなんだけどな…
「CIA桂離宮作戦(徳間文庫)」、「密約幻書(講談社文庫)」、「金塊船消ゆ(講談社文庫)」
などなど。中古書店で見かけたらぜひ買い
他の作家に比べて文章は淡々としているけど(変に読者を狙って盛り上げようとしていないところが)読みやすくて好き

73 :名無しのオプ:04/09/14 22:57:48 ID:jF2DcbDC
>>71 まるっきり違うよ!! 

74 :名無しのオプ:04/09/30 15:54:10 ID:pYbXEijW
誰かシミタツのサイン会逝く香具師いますか?

詳しくはこちらでし。
ttp://www9.plala.or.jp/shimizu-tatsuo/mail-p1.html#sign1

75 :74:04/10/03 10:27:16 ID:UqfhGzLA
ぜんぜん、反応がない・・・orz
翌日のノリリンサイン会は大盛況って感じなんだけどな。

ちなみにあっち書き込んだのも漏れ。
ノリリンとシミタツは好きな作家の双璧。

76 :名無しのオプ:04/10/16 09:21:23 ID:ykhkXsLo
亀ですが、シミタツサイン会行って来ました。
なんか、淡々とサインしてたのが印象的でした。
「ラストドリーム」久々のシミタツでしたが、良かった。なんかちょっと泣けました。
ただ、ミステリー的要素は微塵もありません。
もう昔のようなバリバリのハードボイルドは読めないのかと思って、再度涙。

77 :名無しのオプ:04/10/16 22:48:57 ID:NSuISbJx
高嶋哲夫って全くあがってないがどうよ、スピカを読んだけどかなり面白かった
同系統のホワイトアウトや亡国のイージスのように感動こそしないが十分楽しめる
新作のM8ってのも気になる、今月は五・六百円の文庫本すら買うのがためらわれる財政状況なので
来月にでも買うかな

78 :板ルール変更議論中@自治スレ:04/11/15 04:19:42 ID:iEE1oDaz
猛き箱舟と山猫の夏がベストだと思う。最近だと笹本綾平にちょっと期待してます。

79 :板ルール変更議論中@自治スレ:04/11/15 20:48:55 ID:mNEpeBim
>>78 最近読み始めたけど香納諒一もなかなか。 

80 :板ルール変更議論中@自治スレ:04/11/15 20:49:20 ID:pLQd+aeo
「猛き箱船」よりおもしろい小説はこの世にはないと思います。

81 :板ルール変更議論中@自治スレ:04/11/17 01:04:17 ID:qg4/hCeP
船戸はあの頃、神がかっていたからねぇ
重厚長大の先駆けだったけど分厚いし、面白いという稀有な存在だった
日本人を主役にしながらあそこまでスケールの大きい冒険小説を書けたのが凄い

82 :板ルール変更議論中@自治スレ:04/11/18 00:34:00 ID:lqwuml1p
佐々木譲の新潮文庫モノって全部絶版なの? もう刷ってない?

83 :板ルール変更議論中@自治スレ:04/11/18 04:32:39 ID:fEtowhWI
ベルリンとエトロフ売ってるの最近見たよ。ストックホルムはもう絶版だよ。

84 :板ルール変更議論中@自治スレ:04/11/24 02:05:14 ID:WEc2kc7j
門田泰明の「黒豹シリーズ」好きな香具師いるか?

……いやっ、わかってるっ!!あれがデタラメでバカバカしい事くらいっ!!

でもそこがいいんだよっ!!全7巻にも及ぶ「黒豹ラッシュダンシング」なんて

完 全 に 破 綻 し て い る が

そこが素晴らしいっ!!

密かに好きな香具師いるだろ?

85 :板ルール変更議論中@自治スレ:04/11/24 04:24:04 ID:UQ7FbtIx
特にありません

86 :板ルール変更議論中@自治スレ:04/11/24 14:59:24 ID:95+/VRP9
>>84
           я ・・・...

           `□' ドドドド...
            "
           .____
           j…ト ドドドド..
           .TT
            _____
          ヽ|・ャ・|ノ ドドドド・・・
            ゙r-r'
          .__
          ヽ|・∀・|ノ
           |__| ┣¨┣¨┣¨┣¨・・・
           く ゝ
 
      ._________  ハァハァ
      |             |  
  \  |  ●  ヽー/  ●  |  / 呼んだ? 
    \|      ∨      |/

87 :板ルール変更議論中@自治スレ:04/11/24 21:05:05 ID:7ZJsF6El
>>84 結構読んだと思うけど、加速度的に馬鹿馬鹿しくなっていったので
   「黒豹夢想剣」位から読んでない。
     

88 :板ルール変更議論中@自治スレ:04/11/25 04:20:05 ID:r+eSEf0A
ブックオフでよく見かけるのでちょっと手に取ってみたら、カバー折り返しの
著者からひとこと、みたいなコーナーで
「なんとかかんとかはホントは何連発なんだけど、敢えて今回は何とか連発の
モデルを登場させてみました。
そういえばこないだ、作家仲間と射撃を楽しむための海外旅行に行って……」
といった主旨の分を読んで、すぐに本棚に戻しました。

後日、近所の図書館に行った折り、
「あれ?この人、朝日新聞でミステリの書評なんか良くやってるよな」
と思い、中条ナントカ氏の本を手に取ってみたところ……

めんどくさいのでこの辺でやめます。
私にとって黒豹への道はまだまだ長いようです。


89 :板ルール変更議論中@自治スレ:04/11/27 18:49:55 ID:jSx6XAW3
楡さんの無限連鎖面白かったよ

90 :板ルール変更議論中@自治スレ:04/11/27 20:44:38 ID:FVw6d5E+
黒豹の話はこっちで。
「矢月秀作・横溝美晶・松岡弘一・その他B級活劇総合」
http://book3.2ch.net/test/read.cgi/mystery/1010196828/l50

91 :名無しのオプ:04/12/18 10:06:47 ID:Gd2q/OHT
真保裕一のは冒険小説ではないですか?

92 :名無しのオプ:04/12/18 10:34:09 ID:chBjOikw
田中光二の冒険小説は20年以上付き合っています。
初期の「白熱」「大追走」などのカーアクション。
80年代はホラー、SF、冒険小説と作品ごとに
味付けが変わる「エクソシスト探偵」シリーズ。
90年代は「処刑捜査官」シリーズ?
その他に、王道を行くブラジル探検物、アフリカ冒険物、
海洋冒険物、ヒロイックファイタジー等夢中になって読みました。

作品が多いわりに、人気がないのか本が手に入れにくいのが
欠点です。もっと人気でないかな。



93 :名無しのオプ:04/12/18 22:40:47 ID:r2qcBeU6
>>92 「南十字戦線」「国家殺し」とか傭兵モノが面白かった。
    好きな作家だから架空戦記は書いて欲しくないな〜と思ってたんだが
    食う為には仕方ないのかな・・

94 :名無しのオプ:04/12/19 00:46:43 ID:Wg2NBiU1
>>93
架空戦記ものだけは読んでいません。
あれって面白いのかな?


95 :93:04/12/19 08:49:12 ID:1pgvFfcw
>>94 いろんな作家が書いてるからね・・ 需要はあるんだろうけど、読む気
    にはなれない。
    

96 :名無しのオプ:05/01/10 17:58:27 ID:9x4bZ/ut
「冒険小説」という言葉の定義が今ひとつわからない。

97 :名無しのオプ:05/01/10 18:20:31 ID:rsX3oaJK
冒険する小説

98 :名無しのオプ:05/01/10 18:52:54 ID:zFkGqN9v
>>96
北上次郎「冒険小説の時代」でも読んで、深く思索しましょう(w
品切れなので、古本屋か図書館へ・・・。


99 :名無しのオプ:05/01/11 18:27:43 ID:1nOEXnkq
>>35
『ストックホルムの密使』も、同じようなキャストでドラマ化されてましたね。

100 :名無しのオプ:05/01/11 18:45:49 ID:y02e5rnu
栄光の23get

101 :名無しのオプ:05/01/11 21:19:01 ID:aicy5rEX
>99
ドラマの終盤は磯田憲兵曹長(演・秋野太作)が主役を喰っちゃったけどね。

102 :名無しのオプ:05/01/22 21:07:43 ID:zTbyiHHT
『無音潜航』 池上司著 角川書店

ハラハラドキドキで、時には涙腺も緩み、とても熱く読めました。
お勧めです。

ttp://www.kadokawa.co.jp/book/bk_search.php?pcd=200302000428

103 :名無しのオプ:05/01/22 21:25:49 ID:39g/sY3C
森詠なんてどうだ?
第1回日本冒険小説協会感謝感激大長編賞とかいうのを取った(何これ?)
「燃える波濤」なんか素直にはまったが(これ完結しているんだろうか)
ちょっと出来不出来があるかもしれない。他には「さらばアフリカの女王」なんてのも
いいけど、「日本朝鮮戦争」なんて長いだけで中身はスカスカだったような・・・

104 :ネタバレスレ議論&投票中@ローカルルールスレ:05/02/14 22:42:33 ID:P/9XLFOQ
>>99
ケニー斉藤(エトロフ)と森四郎(ストックホルム)は、永澤俊矢で同じだったよね。
それはいいんだけど、毒猿役までやるなよ!>永澤
最近、なんか有名な女性タレントと結婚しなかったっけ?

105 :ネタバレスレ議論&投票中@ローカルルールスレ:05/02/15 21:27:11 ID:h0zvtWzU
>>104 麻生祐未

106 :ルール変更議論中@ローカルルールスレ:05/02/24 18:35:21 ID:8VSAamkT
>>102
池上司は(・∀・)イイね。
下に書いた2冊もお勧め。
人物描写がちょっとあっさりしてるのが物足りないけど、
とりあげるテーマが渋くて面白いし、ディテールの描き込みは
読んでいて惹きこまれる。
映像化しやすいネタだと思うので映画化に期待。

『雷撃深度一九・五』
 伊58潜水艦と米重巡インディアナポリスの雷撃戦
 史実には無い人物が物語を面白くしてる。

『八月十五日の開戦』
 北千島に侵攻したソ連軍と対峙した、日本軍守備隊の絶望的な戦車戦

107 :ルール変更議論中@ローカルルールスレ:05/02/27 20:23:38 ID:37cppnAf
『グリズリー』 笹本稜平・著 徳間書店

孤高のテロリスト、アメリカに宣戦布告!
読み応えのある一冊。

ttp://www.tokuma.jp/info/000065.html

108 :ルール変更議論中@ローカルルールスレ:05/02/28 16:47:03 ID:XO/1XT8C
冒険小説スレとしては笹本稜平は、
天空への回廊の方が薦めやすい気がする。
クリフハンガーなんぞよりも遥かに面白い

109 :ルール変更議論中@ローカルルールスレ:05/03/02 13:29:18 ID:F8eZI2qy
神子清 『われレイテに死せず』

戦記なんだけど、本当に事実なのか疑いたくなるほど面白い。

110 :名無しのオプ:05/03/13 11:32:50 ID:MUt11JRo
第6回 大藪春彦賞 受賞作
『太平洋の薔薇 上下』 笹本稜平・著 中央公論新社

“海の男たち”のその言動は、とてもクールだ。
どんな困難な状況においても、絶対にあきらめず、
果敢に挑戦していくその姿勢に胸を打たれるものがある。

ジャック・ヒギンズの『脱出航路』を思い出した。

ttp://4120034240_a.hirobiro.net/

111 :名無しのオプ:05/03/14 02:56:31 ID:EXZr4oFW
>92

遅レスですが、田中光二の大ファンです。「白熱」とか「ビッグ・チェイス」
などはカー・アクション小説として今でも色あせないですね。アマゾンを
舞台にした「アマゾン・チェイス」「黄金狩」なんかもテンポ良く読める良作
だし、紀行物の「アマゾン漂流」も素晴らしいです。初期・中期の作品は特に
人物や風景などの描写が巧いなと思わせるものがあり、かつ読みやすくエンター
ティンメントに徹していると思います。最近は仮想戦争モノとか軽いハードボイルド
ばかりで残念ですが。もっと大きく語られても良い人だと思うんですけどね。

112 :名無しのオプ:05/03/14 20:14:10 ID:3SUktYlM
ひょっとして稲見作品ってもう絶版すか?違うよな

113 :名無しのオプ:2005/04/09(土) 21:18:02 ID:F5EuyU4B
>>112 「ソー ザップ」「ダックコール」辺りはブックオフで良く見かけるん
     だけどね。

114 :名無しのオプ:2005/04/11(月) 00:57:48 ID:Pk/dBO8p
藤田宜永の「鋼鉄の騎士」はどうよ?
俺好きなんだけど^^
佐々木譲の三部作もスケールがでかくていいなぁ♪


115 :名無しのオプ:2005/04/11(月) 02:04:43 ID:okH2x2mW
>>114 佐々木譲は一連の戊辰戦争の後日談モノが好きだな。
   読む度に五稜郭行きたくなって困るけどw
  
 
   
    

116 :名無しのオプ:2005/04/28(木) 00:09:52 ID:U0oanjks
田中光二は渇いた文体の男の冒険小説も良いですが、
後半暴走気味の処刑捜査官シリーズも好きです。
光文社文庫で次から次へと書き下ろしを出しているようですが
最新刊は本屋に在るけど、過去の作品が殆ど手に入りません。
ファンとしては、悲しいです。


117 :名無しのオプ:2005/04/28(木) 22:10:45 ID:3uxU3vlf
風間一輝を忘れちゃいけねえ

118 :名無しのオプ:2005/05/01(日) 18:18:44 ID:5HJgjwWV
>116

田中先生の過去の作品はブックオフとかいけば簡単に手に入るよ。
処刑捜査官とか殺し屋カラスシリーズ一作目読んでみたけど、あまりに
状況説明・うんちくが長すぎて、全く面白くない。初期〜中期くらいまでの
作品を知るものにとっては才能が枯渇したといううのは嘘ではないと思う。

過去の作品はほんとにイイよ。白熱、ビッグ・ランとかのカーアクションも傑作揃い
だし、異星の人、我が赴くは蒼の大地?とかエデンの戦士?とかのSFも素晴らしい。
最近の作品は酷いね、ほんとに・・・

119 :名無しのオプ:2005/05/01(日) 23:53:25 ID:G7u75/2K
>>118 田中光二は「架空戦記モノ」に手出した頃、
   「食う為かも知れないけど、こんなモン書き出したら終わりだな・・」と
   思って読むの止めた。 自分はSFはあまり読まなかったけど、
   「爆発の臨界」とか「黄金の血」とかサム・タツノが主役の一連の
    傭兵モノは好きだった。
>>117 傑作揃いだけど、特に「男たちは北へ」「されど卑しき道を」
    の2作を遺してくれた事に感謝。著名人の訃報聞いて暫く
    落ち込んだなんてのはこの人位。


120 :117:2005/05/03(火) 10:53:19 ID:upxzQmCg
>>119
風間一輝に関して同感です。自分は『海鳴りに訊け』がもっとも好きです。
いま手に入るのは『男たち』と『海鳴り』だけみたいです……。

121 :名無しのオプ:2005/05/09(月) 18:16:07 ID:rbBP020f
まだ名前が出てないところでは伴野朗の初期作品もお薦めだよ。
五十万年の死角、33時間、九頭の龍、ハリマオ、必殺者、蒋介石の黄金など
いずれも面白い。

122 :名無しのオプ:2005/05/09(月) 18:22:25 ID:r/GElKnM
>>121 初期だと「謀略回廊」もいいね。



123 :名無しのオプ:2005/05/10(火) 21:53:13 ID:TLm17Dvn
船戸なら「砂のクロニクル」もいいと思うけど。

124 :名無しのオプ:2005/06/25(土) 19:15:34 ID:P3Ol+PfN
田中光二は昔のカーアクションが面白かった。
セリカ2000GTが出ていた小説は最高でした。
白熱かビックチェイスか忘れたけど。
あんな小説書ける作家は、今はいないのでしょうか?

125 :名無しのオプ:2005/06/26(日) 02:20:43 ID:DpyUGtOm
行きずりの街はいいよね。
雅子との再会したときのくだりのシミタツ節、何回も読んだ。
砂クロはハジが序章で革命への想いを吐露するところが好き。
後、箱舟のシャリシャリするとこ・・・
福井はデビューからずっと好きなんだが、最近は流石に読んでるのが
恥ずかしい作家だよな。ローズダスト出たら読むけど。

126 :名無しのオプ:2005/06/26(日) 03:39:55 ID:tNbz2UZd
>>124
それはビッグチェイスだったかな?白熱もハードボイルドで最高ですね。
彼は20年位前までは非常にコクのあるというか、その文章の上手さに
惚れ惚れしたけど、近年はウンチクを説明してあるだけの味もそっけも
ない文章になってしまい、残念だ。どうしてこれだけ作風が変わるのか
理解できん。昔の彼の作品はSFも含め最高なんだけど・・

127 :名無しのオプ:2005/09/07(水) 08:39:48 ID:rFLEd3FF
藤田の鋼鉄の騎士の続編まだかな〜
もうそろそろ10年だよね
あの頃、新潮ミステリー倶楽部は国産冒険の宝庫だったね


128 :名無しのオプ:2005/09/07(水) 12:52:01 ID:m5FgbM90
長い事探してた「銀輪の覇者」がやっと入手出来てかなり嬉しい。

129 :名無しのオプ:2005/09/14(水) 22:00:50 ID:P/tjQxDb
船戸与一の、スレッドはどこか?

130 :名無しのオプ:2005/09/27(火) 02:04:35 ID:sO3zL3En
ありません

131 :名無しのオプ:2005/10/03(月) 19:39:16 ID:reuIgI8S
●『蝶舞う館』船戸与一              10月下旬発売
 ベトナム戦争が解決しえなかった矛盾とは?
 ベトナム戦争終結後30年の現在も続く民族抗争。少数民族モンタニャールが共
 産党の圧制に抵抗し立ち上がる。被抑圧者の悲劇をベトナムを舞台に綴る渾身の
 長編小説。

132 :名無しのオプ:2005/10/18(火) 05:18:38 ID:6SNbkkA5
国産ですか・・…………………………

やっぱり、佐々木譲さんですかねぇ
でもごめん、WWU三部作しか読んでないです。
三部作のなかでは、一番「ストックホルムの密使」なんだよ、俺の中じゃ

佐々木先生って、男が戦う「動機」ってのを表現するのがとってもうまい。だから
共感しやすい。

そらたしかに
飛びたいだけ、国家から逃げたいだけ、母親代わりの人のため、っていうきわめて個人的
で単純な動機だけど、それだけになんか素直に感情移入しやすいな。


誰とはいわないが、「アラスカの原野を買い占めて猟をする」ためだけに
与党議員やヤクザ拷問して廻るだけの国産冒険小説には辟易してるんだ


133 :名無しのオプ:2005/10/18(火) 11:40:17 ID:92hFwMRi
>誰とはいわないが、「アラスカの原野を買い占めて猟をする」ためだけに
>与党議員やヤクザ拷問して廻るだけの国産冒険小説には辟易してるんだ

そんな特殊な設定の話が辟易するほどたくさんあるとは思えんが

134 :名無しのオプ:2005/10/28(金) 14:23:15 ID:vHVRkWor
>>131
出てるはずの『蝶舞う館』が売ってない。
そういえば『夢は荒れ地を』『三都物語』あたりも発売から1ヶ月待った後
取り寄せてもらったんだった。
確か同じその本屋で『金門島流離譚』や『降臨の群れ』は平積みされてたから
もうちょっと待つか・・・


135 :名無しのオプ:2005/11/01(火) 15:44:02 ID:st8Kfz72
熊谷達也をハードボイルドだと解釈してもいいですか?

136 :名無しのオプ:2005/11/04(金) 16:23:30 ID:7SgL7VMf
冒険小説というかスパイ小説かもしれんが落合信彦の
初期の作品。サクサク読めて意外と面白い。「ザ・スクープ」
とか「謀略者たち」とか。トンデモ本も結構書いてるけどね。

137 :名無しのオプ:2005/12/08(木) 02:47:36 ID:LTfYqpNi
しばらくご無沙汰だった西村健の新作「劫火」が楽しみ。
 

138 :名無しのオプ:2006/01/18(水) 23:32:58 ID:QsNCOauL
「海鳴りに訊け」読了。
これで風間一輝をコンプリート。
いやー、どの作品も味わいが濃くて素晴らしかった。
亡くなった作者に礼を言いたい気分だな。
このスレで存在を知ったんで、住人にも感謝。

139 :名無しのオプ:2006/01/19(木) 00:58:19 ID:8TaBqrns
>>138
おつかれさま
私も去年コンプリートしました
その中でベストは「今夜は木枯らし」
次点が「男たちは北へ」でしたが138さんはどうでしょう

140 :名無しのオプ:2006/01/19(木) 02:12:33 ID:iST0B9zS
>96-98
俺持ってるよ。貸そうか?

141 :138:2006/01/19(木) 22:26:49 ID:YiGnbUNr
>>139
全作好き、といいたいところですw
恥ずかしながら、冒険小説についてはズブの素人なので
一作読むごとに感動を新たにした次第。

あえて言うなら、ベストはやはり「男たちは北へ」かな。
男の友情、絆が真っ直ぐに描かれていて、そこが逆に新鮮でした。
自分が旅行好きということもあり、美しいラストシーンには涙。
次点は「海鳴り」。
理由は、まだ余韻が残っているからw

142 :名無しのオプ:2006/01/23(月) 01:48:15 ID:lb9mqoWA
自分は初心者でこの分野はあまり読んだことないんですが、
亡国のイージスとホワイトアウトの描写が大好きです。
新宿鮫と毒猿はちょっと軽い、
私が殺した少女とそして夜は甦るはストーリーがなかなか気に入りました。
行きずりの街と砂のクロニクルはいまいちでした。
こんな僕にお薦めの冒険小説はありますか?

143 :名無しのオプ:2006/01/25(水) 16:47:00 ID:PonRF1+V
>>142 笹本稜平「天空への回廊」「太平洋の薔薇」「極点飛行」
   樋口明雄「 狼は冥らない」「墓標の森」辺りがお勧め。

144 :名無しのオプ:2006/02/02(木) 23:25:38 ID:dvg4UJda
奪取読め

145 :名無しのオプ:2006/02/03(金) 02:40:30 ID:tGmsBKZg
>>16
04/06/28の書き込みにレスしてみたり。
鳴海章、大好きだぞ。
航空サスペンスをあんまし書かなくなって
最近はイマイチかなー、と思ってたけど、
一連のスナイパー物のシリーズが面白い!

『冬の狙撃手』
『死の谷の狙撃手』
『雨の暗殺者』
『第四の射手』
『バディソウル』

「なんとかシリーズ」って書いてないからシリーズものと分かりにくい。
シリーズを通して出てくる特定の「主人公」がいないからねえ。
(『バディソウル』 の裏表紙には“スナイパー・シリーズ”って書いてある)
上記5冊はシリーズものなので、上から順番にどうぞ。
『バディソウル』のみ、外伝的な位置づけかな。

最初『冬の狙撃手』読んだ時は「え、これで終わり?」と
ちょっと拍子抜けしたけど、シリーズが続いて面白くなってまいりました!
狙撃場面の詳細な描写、緊迫した戦闘場面がカッコイイぞ!
巨大な陰謀に立ち向かう彼らの運命やいかに?
だんだん敵のスケールがでかくなって、まだ完結してないから続きが楽しみ。

146 :名無しのオプ:2006/02/12(日) 07:22:20 ID:7+MOsbLO
鋼鉄の騎士 読んでる間はとても楽しい
廃墟の騎士はいつになったら出ることやら

147 :名無しのオプ:2006/02/12(日) 08:23:22 ID:Q7ZZqLxW
>>146
最初はあの厚さに尻込みしたけどねw
まさに、巻置く能わず、って感じ。

148 :名無しのオプ:2006/02/22(水) 18:13:09 ID:IJWO2vmF
笹本稜平の「天空への回廊」読んでみたけどいまいちだったなぁ
同じ山岳ものでも谷甲州の方が全然おもしろかった

149 :名無しのオプ:2006/03/08(水) 21:11:21 ID:BM9w/VEX
笹本稜平「太平洋の薔薇」(光文社文庫) 3/14発売 告知age

150 :名無しのオプ:2006/03/25(土) 03:10:38 ID:uOgzr2Z3
鋼鉄の騎士はサイコーだね
続編は単行本まで手を出さないで我慢してるんだけど・・・

連載読んでる人、もう佳境には入ったのかな?

151 :名無しのオプ:2006/03/25(土) 22:51:53 ID:k9hWsbTA
国産ハードボイルド・冒険小説界がまた活況をとりもどす事はないんですかね。
やっぱり、80年代の北方、90年代の大沢のように大ブレークするような作家か記念碑的傑作がでないとダメかな。
まだ掘り尽されていない鉱脈がこの分野にはあるはず。


152 :名無しのオプ:2006/03/26(日) 22:27:25 ID:UK8OHyaH
福井がね〜
期待してたんだがね〜
笹本もね〜
悪くはないんだがね〜
新潮ミステリー倶楽部の頃は凄かったけどね〜

153 :名無しのオプ:2006/03/27(月) 02:40:30 ID:5JrabvmY
山田正紀はもう冒険モノ書かないのかな・・・


154 :名無しのオプ:2006/03/27(月) 23:11:01 ID:Cvgi9lZQ
早春の賦は冒険要素もある

155 :名無しのオプ:2006/03/30(木) 00:57:34 ID:Vx7IVrcR
船戸の猛き箱舟よかったな
文章は技巧じゃないというのがよくわかる

156 :名無しのオプ:2006/03/32(土) 18:26:52 ID:dRrZ44xE
おもろい

157 :名無しのオプ:2006/03/32(土) 21:49:16 ID:tj02Q2vj
無理

158 :名無しのオプ:2006/03/32(土) 22:41:24 ID:cNV2L7UX
太平洋の薔薇はスゴカッタ…

159 :名無しのオプ:2006/04/09(日) 23:10:04 ID:2BXOegbN
個人的に笹本は何となく全盛期の森詠とダブる気がする。

160 :名無しのオプ:2006/04/11(火) 16:27:16 ID:gw8ALH46
知らない間に稲見一良のセントメリーのリボンが復刊していた。
かなりマイナーだがすこぶる傑作短編集です。知らない人がいたら
だまされたおもて読んでちょ

161 :名無しのオプ:2006/04/11(火) 19:25:40 ID:aUWY5/qa
樋口明雄を忘れてはいまいか?

162 :名無しのオプ:2006/04/11(火) 21:21:05 ID:65aECuRQ
>>161
>>143

163 :名無しのオプ:2006/04/18(火) 15:53:27 ID:lYdU0aBz
>>160
猟犬探偵もだしてほしいな〜

164 :名無しのオプ:2006/04/25(火) 15:37:14 ID:YWKm4C+e
太平洋の薔薇読了
嵐の航海はかなりの迫力だが、多視点で進行する事件があまりサプライズも
ないから面白いんだが、まあこんなものかと思ってたら後半100ページの
これでもかの泣かせの演出にわかっているがおもいっきりやられました。
良かったー!やっぱりこんなストレートなのが読みたいよなって典型でした
ただ、一番最後の台詞のメッセージがこの人物なのか?ってのがちょっと醒めた
でも間違いなく国産冒険小説の歴史に残る傑作

165 :名無しのオプ:2006/04/26(水) 00:28:58 ID:U+fgIwkC
船戸与一を続けて読んだ。砂、蝦夷、虹、降臨、非合法、夢、蟹食い。
ゲップが出た。虹の谷の五月が一番だったかな
こねスレに五條瑛が出てこないが、結構面白いと思うが、如何?

166 :名無しのオプ:2006/04/26(水) 02:41:18 ID:kQckfvXs
船戸と言えば蝶舞う館もイマイチだったな
全盛期が神過ぎただけにどうしても見劣りしてしまう
五條瑛は俺も好きだけどオタ臭のせいで読んでることを公言しづらいw

167 :名無しのオプ:2006/04/26(水) 11:29:52 ID:2LsqVAxx
船戸は山猫か箱舟かな〜
五條はなんんか読んでるのが恥ずかしいってイメージが

168 :名無しのオプ:2006/04/26(水) 12:02:00 ID:L5UzzPIx
砂のクロニクルが好きだが

169 :名無しのオプ:2006/04/26(水) 12:11:23 ID:oNAD/JS8
船戸は「蛮族ども」も捨てがたいよな。

170 :名無しのオプ:2006/04/26(水) 23:42:36 ID:2LsqVAxx
完成度は砂クロだとおもうよ〜

171 :名無しのオプ:2006/04/28(金) 03:30:02 ID:pmq8vlG2
やはり猛き(ry

172 :名無しのオプ:2006/04/28(金) 03:33:32 ID:8+JNLDbM
砂クロは個人的にはあんまだった。

173 :名無しのオプ:2006/04/29(土) 00:46:15 ID:7/5sDAxM
砂クロだめか〜
参考までにどんなのすき?

174 :名無しのオプ:2006/05/08(月) 04:21:39 ID:4Ta0JVt7
やはり猛き(ry

175 :名無しのオプ:2006/05/08(月) 20:00:30 ID:6czoHYs1
>>173
こーいうとこに書き込むなら「山猫の夏」と答える、かな。
でも、内心は「猛き箱舟」www

176 :名無しのオプ:2006/05/08(月) 21:43:51 ID:aiA1BsWl
>>175
分かる気はする。作者も気に入ったのか
「蝦夷地別件」で劣化コピーをやらかしてくれましたw

177 :名無しのオプ:2006/05/10(水) 00:36:51 ID:8r//NDbM
蝦夷地別件は虹谷の前哨戦で砂クロまでの総決算とフォローしてみる。
わりに自分は好きよ。毎回これだけの長大な傑作を書いてきたからしょうがないよ
やっぱり。一人の作家でこれだけ多様なネタでかいてきたのはやはり流石
でしょう。箱舟はやっぱり主人公への感情移入度かな。シャヒーナも船戸らしくない
印象深いヒロインだしね

178 :名無しのオプ:2006/05/10(水) 06:13:32 ID:vmt89vdN
蝦夷地は悪くないと思うんだけど冗長だわな

179 :名無しのオプ:2006/05/16(火) 23:49:03 ID:j0svHxLW
蝦夷地、プロットは最高だが、たしかに冗長・・・
やはり猛き(ry

180 :名無しのオプ:2006/05/29(月) 02:30:36 ID:ZfqlTVEf
田中光二の初期のヤツ。イイ!

181 :名無しのオプ:2006/05/29(月) 04:39:35 ID:mDFtvaPz
これから『伝説なき地』読もうかと思ってるんだが、みんなの評価は?

182 :名無しのオプ:2006/05/29(月) 04:54:29 ID:HIhlLQVz
>>181
オヌヌメ
超おもしろい
これから読んだら読み終わるまで寝れなくなるよ
バラバ、カッコヨス

183 :名無しのオプ:2006/05/31(水) 05:48:06 ID:4gfd1dvq
>>181
読むべき

184 :名無しのオプ:2006/06/23(金) 03:02:37 ID:K7zOeARW
お兄さんも読んでみるかね

185 :名無しのオプ:2006/07/06(木) 07:31:11 ID:/J9D9uCV
あげ

186 :名無しのオプ:2006/07/21(金) 11:15:05 ID:Q+rD5Evx
風間一輝の「男たちは北へ」「地図のない街」を読んだ
どっちも人間臭くて面白い

187 :名無しのオプ:2006/07/29(土) 18:26:17 ID:N9IkuBRG
退屈な夜に登場人物と共に真夜中の都会を駆け抜けるとか蠢くっぽいのでお薦めは?
走らなあかん夜明けまで・なぜかけんかの強すぎるのが味方になって興ざめ
不夜城・馳はこれだけよかった
黄金を抱いて跳べ・一回だけだとわかりにくいが読めば読むほど味がでてくる。

188 :名無しのオプ:2006/07/29(土) 19:35:14 ID:zIMds7Jf
>>187
風間一輝「今夜も木枯らし」 佐々木譲「新宿のありふれた夜」
どちらも派手さはないがじっくりと読ませてくれる佳作

189 :名無しのオプ:2006/08/01(火) 18:03:57 ID:b3cJQfDV
せっかく答えたのにレスない188が不憫。

190 :187:2006/08/01(火) 21:35:40 ID:KcAQwpf6
風間さんって死んでるんですね・・・・
新宿は映画でみたけどいまいち。佐々木さんは戦争秘話3部作が面白かった
黒川さんの疫病神面白いですかね?

191 :名無しのオプ:2006/08/03(木) 00:31:56 ID:o5XZOHUg
西村寿行の死神シリーズは冒険小説でいいのかな

192 :名無しのオプ:2006/08/10(木) 15:51:53 ID:7W0xH7TI
来月は稲見一良の猟犬探偵が再刊されるぞ。
何それー?な人はとりあえず最近復刊されたセントメリーのリボンを読め!
とにかくすごいぞ!泣け!

193 :名無しのオプ:2006/08/13(日) 20:48:12 ID:a0tW5rKU
>>187
小川竜生「心優しき野獣」

194 :名無しのオプ:2006/08/16(水) 07:45:19 ID:GHt72fek
「蝦夷地別件」は間違いが多い。
って聞いたんだけどマジ?

195 :名無しのオプ:2006/08/20(日) 13:56:48 ID:CYMeksBk
>>191

少なくとも恋愛小説の部類じゃないわなw
ハードバイオレンスとかっていうのかね。

196 :名無しのオプ:2006/08/23(水) 18:04:23 ID:h7vKE6Bf
>>194
単行本の初版発行後に指摘があって訂正分が挟み込まれて、重版分からは直ってる筈
当然、文庫本も訂正版
どこがどう訂正されたのかは俺は知らん

197 :名無しのオプ:2006/09/19(火) 15:23:33 ID:Txu0yz89
船戸与一って物語の構成力は凄いと思うけど、文章が致命的に下手じゃない?

198 :名無しのオプ:2006/09/24(日) 21:17:10 ID:ZV1129O0
そんなことないよ

199 :名無しのオプ:2006/10/14(土) 21:04:54 ID:zCoDkol5
若手のハードボイルド作家を紹介してください

200 :名無しのオプ:2006/10/18(水) 19:30:11 ID:+1C/xIX5
太平洋の薔薇面白かった。
亡国のイージスほどではないけど。

201 :名無しのオプ:2006/12/07(木) 19:20:23 ID:IEom2nRO
樋口明雄「クライム」

前半がだるいんだけど、後半、山登りに入ってからは本当に面白い。

202 :名無しのオプ:2006/12/08(金) 14:03:58 ID:vbPujzhe
鳴海章の「撃つ」
これ最強。


203 :名無しのオプ:2006/12/10(日) 20:41:06 ID:vk0GN5iC
麻生幾の「瀕死のライオン」

特殊作戦群が超人杉!

204 :名無しのオプ:2006/12/12(火) 11:51:15 ID:F+bq/FXa
イージス、ローレライ、ホワイトアウト、太平洋の薔薇が好きな俺にお勧めの作品は?

205 :名無しのオプ:2006/12/12(火) 21:01:09 ID:OTXY+MID
>>204
ワイルドソウル

206 :名無しのオプ:2006/12/13(水) 17:22:50 ID:jb84S75d
>>204
ミッドナイトイーグル

207 :名無しのオプ:2006/12/13(水) 23:54:22 ID:nPLd7ETT
>>206
映画化決定

208 :名無しのオプ:2006/12/17(日) 02:21:15 ID:uTdjM47k
田中光二の「白熱」
国産カーアクション小説の白眉

209 :名無しのオプ:2006/12/18(月) 14:19:04 ID:yBSN9LJY
そういえば田中光二ってどうしちゃったの?
「爆発の臨界」とか、なかなか良かったのに。

210 :名無しのオプ:2006/12/19(火) 22:34:32 ID:mk8WXTPc
いっとき架空戦記とかも書いてたな、田中光二。
でも考えてみたら、あの人ももう結構な歳じゃないかなぁ。


211 :名無しのオプ:2006/12/19(火) 22:42:00 ID:mk8WXTPc
矢作俊彦&司城志朗の冒険小説三部作を挙げた人はいるかな?
漏れは中でも『ブロードウェイの戦車』がいっち好きだが

212 :204:2006/12/21(木) 13:48:24 ID:N00FIy6G
>>205>>206
レスありがとうございます。
さっそく両作とも読ませていただきました。
まずミッドナイトイーグルはストーリー自体はとても面白いですが、
過去に関する部分の描写が弱いと感じました。
カメラマンとして何を考えてきたか、娘を死なせてしまってからどう苦しんできたかの描写が弱い。
あと好みの問題かも知れませんが場面ごとの描写も淡々としていて迫力が伝わってこなかった。
その点ワイルドソウルは過去に関する部分がとても厚く、文体も迫力があって文句無しに傑作でした。

213 :名無しのオプ:2006/12/25(月) 00:46:35 ID:9FYdA8cr
夢枕さんの神々の山嶺と谷甲州さんの遥かなり神々の座ならどっちがお勧めですか?

214 :名無しのオプ:2006/12/25(月) 09:47:02 ID:8mV36ja9
谷甲州さん

215 :名無しのオプ:2006/12/28(木) 01:19:08 ID:VBAKUtIR
>>204
笹本なら「極点飛行」も是非。

>>211 
どれも同じ位好きだが、あえて一番をと云われたら
「海から来たサムライ」かな。

216 :名無しのオプ:2006/12/30(土) 20:11:29 ID:cc4LZQi2
>210
生活が苦しいらしいよ。
子供が難病とか、海の学校とかいう私小説に書いてあった。

217 :名無しのオプ:2006/12/31(日) 14:54:46 ID:QXJRA08r
田中光二は最近時代小説書いてるね。
少し冒険小説っぽい雰囲気のヤツとか。

218 :名無しのオプ:2007/01/01(月) 04:38:49 ID:FfoTBMIt
「白熱」、久々に読みてーと思ってブックオフ行ったら無かった。
「秘宝狩り」を100円で買ったけど結構良い。
でも、こんな小説売れないんだろうな。

219 :名無しのオプ:2007/01/03(水) 19:12:42 ID:mih7SMHq
昨年では建倉圭介の「デッドライン」が拾いもんだったな。
直前に真保裕一「栄光なき凱旋」を読んでただけにw


220 :名無しのオプ:2007/01/16(火) 20:29:57 ID:cdwab7Qr
各作家のナンバー1を決めよう!スレにて、「笹本稜平」作品投票中。

締切りは、平成19年1月19日(金)、〜12:00まで。1人1票でよろしくご参加を。

http://book3.2ch.net/test/read.cgi/mystery/1154275629/l50

投票したい作品を<<作品名>>のように<< >>括って投票するのがローカル・ルールになってます。


221 :名無しのオプ:2007/01/25(木) 01:57:50 ID:6CHhKC0u
「銀輪の覇者」面白かったけど、最後は蛇足だろ・・・



222 :名無しのオプ:2007/03/03(土) 23:11:53 ID:qiZbH77R
>ミッドナイトイーグル

結構よかった。

223 :名無しのオプ:2007/03/04(日) 13:46:36 ID:t9w9386G
佐々木譲がブックレビューに出たらしいな
今夜再放送観よう

224 :名無しのオプ:2007/03/07(水) 01:11:40 ID:rSbA9ttY
佐々木譲は五稜郭モノが最高。また書いてくれないかな。

225 :名無しのオプ:2007/03/07(水) 21:00:11 ID:XilQfGM9
熊谷達也「氷結の森」
とても面白い冒険小説ですが、「マタギ三部作」を真に受けて
「邂逅の森」みたいなのを期待してると裏切られるので要注意。
タイグーク萌え

226 :名無しのオプ:2007/03/08(木) 00:27:57 ID:AdM9nVuK
 

227 :名無しのオプ:2007/04/08(日) 21:31:06 ID:wKv1iszX
今日の朝日新聞の書評にも載ってたが、
志水辰夫「行きずりの街」が売れているw


228 :名無しのオプ:2007/04/09(月) 00:06:19 ID:94P/PAgL
なぜw付きなの…

買おうと思ってるけど、ちょい不安

229 :227:2007/04/09(月) 01:01:33 ID:imDOEfB0
>>228
あっ、ごめん。
『1991年度「このミステリーがすごい!」第1位・・・』
って帯を見てて、
こんな帯で売れるのかと思いながら書いてたもんだから。
もちろん、オススメの作品ですよ。




53 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)