5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

連城三紀彦その2

1 :名無しのオプ:04/08/09 16:48 ID:J+NYPvG8
小説の名手、連城三紀彦について語ろう。

前スレ
連城三紀彦
http://book3.2ch.net/test/read.cgi/mystery/984399572/l50

2 :名無しのオプ:04/08/09 16:50 ID:J+NYPvG8
個人的おすすめ。
初期作品に外れなしということで
短編集「戻り川心中」「変調二人羽織」「瓦斯灯」「夜よ鼠たちのために」「宵待草夜情」
短編集(連作)「運命の八分休符」
短編集(ノン・ミステリー)「恋文」
長編「暗色コメディ」「敗北への凱旋」「私という名の変奏曲」


3 :名無しのオプ:04/08/09 17:04 ID:BJuufBvL
>>1
乙です。
参考になるデータベースサイト
花葬の館
ttp://www1.odn.ne.jp/cil00110/renjyou/kasouhome.htm
同ページ内の未刊行小説リスト
ttp://www1.odn.ne.jp/cil00110/renjyou/mikan.htm
も貼っておきます。

4 :名無しのオプ:04/08/09 21:42 ID:j2+afjAH
俺は「黄昏のベルリン」を勧める。

5 :名無しのオプ:04/08/10 00:35 ID:9m3zcGyO
近作「白光」「人間動物園」も、テクニックの健在振りがうかがえていいですね。
同じぐらいのキャリアを持つ作家の中には、衰え振りが激しい人もいるのを思えば凄いことだ。


6 :名無しのオプ:04/08/10 01:16 ID:StDNabSP
その割にはあまり話題にならない気がするんだけど、なんでかなあ

7 :名無しのオプ:04/08/10 17:24 ID:xi1Wxt5h
有名になった作品が本来の作風とは微妙に違うからな…
新潮版乃南アサ「氷雨心中」の解説を連城氏が務めてるけど
帯に「恋文」の連城三紀彦解説!みたいな事書いていたし。
新潮社さん、秘花文庫化しましたが落日の門の文庫化はまだですか?(・∀・っ/凵⌒☆


8 :名無しのオプ:04/08/11 02:27 ID:hRBliSyS
実力はあるし、売れてほしいけどあまり有名にはなってほしくない作家…
という意見だったりして

お店で本を探しても「さざなみの家」、「美女」ぐらいしかない
現状を何とかしてもらいたい。大きな書店に行けば「白光」、「人間動物園」、
「流れ星と遊んだころ」はそれぞれ一冊ぐらいあるけどハルキ文庫から
出版された一連の連城三紀彦傑作推理コレクションぐらい置いてほしい
(版元が在庫切れだからしょうがないんだろうけど)
双葉社ももっとガンガレ(`・ω・´)

9 :名無しのオプ:04/08/12 22:49 ID:Kn9SaDsS
名は通っているとはいえ、古本屋だけじゃ読者の世代交代はなかなか進まないよな。
「黄昏のベルリン」なんて今出し直せば結構売れると思うぞ。

10 :名無しのオプ:04/08/13 01:34 ID:1iwjb+zZ
西と東が統(ry

11 :名無しのオプ:04/08/14 13:30 ID:qK1uTKoH
本当に今のこの知名度の低さはねえ…
この人、トリックにかけてはまさしくモンスターなんだけどねえ…

12 :名無しのオプ:04/08/15 05:12 ID:JrtdjQoE
>>10
歴史ミステリ小説として出せば大丈夫。
多島スレにも同じ事書きたかったけど
>>11
知名度はあると思う。
ただ、ミステリ作家として知られてないだけ
感想サイトのような所へ行ったらドラマで「恋文」を見て、本を手に取り気に入った→
ちょうど再版されていた「暗色コメディ」を買う→わけがわからなくて気に入らなかった
という過程を経た人がいた。
もし、書店で>>2の短編集あたりを先に買って読んでいたら・・・と残念な気持ちになった
結構長編ものは強烈なのが多いから人を選ぶし

13 :名無しのオプ:04/08/15 21:29 ID:9XrTLJLt
このスレに着実にレスが付いていって少し安心。ファンはいるんだ。
自分は新本格以前からのミステリ・ファンで連城・泡坂は大好き。自分らの世代が面白さを伝えていかないといけないかなと思っている。

14 :名無しのオプ:04/08/16 23:31 ID:hzNb/V69
2スレ目 突入してたのね。
ちなみに私はハルキで戻り川心中読んでからのファン
最近 入手できる作品のほとんど読んでしまった。
しかも自分は気に入った作家は新品で揃えたい性癖な上
田舎在住なんで困ってます。
今度 大阪の方 逝く用事出来たんで買いあさろうと思ってるんで
絶版本を置いてる店 知ってる方、教えて頂けませんでしょうか?

15 :名無しのオプ:04/08/17 12:58 ID:SLpiTSUv
このじっとりした雰囲気が好きなんだけど、
いくらなんでも登場人物全員が連城文体でしゃべったり
手紙を書いているのがヘン、と思うことがある。

16 :名無しのオプ:04/08/17 13:29 ID:1RukjdSE
登場人物に必ず一人はいる大人しくてねちねちと考えを巡らす人物。
おかげで周りの考えが分からないから、いつも騙される…

でも「ひらかれた闇(短編作品)」、「運命の八分休符」、「陽だまり課〜」読んだときは
文体が軽くて驚いた。多分この手の作品はもう書かないだろうけど

17 :名無しのオプ:04/08/18 13:10 ID:Ak/MSzQm
予備知識なしで「喜劇女優(短編)」読んだら3人目くらいで唖然とした覚えが。

18 :名無しのオプ:04/08/23 14:51 ID:3I60lc8s
昨日、「宵町草夜情」読了。
流石だね。面白かった。
こういった作品を書ける人は、ほかにいるのかなぁ・・・。
花葬シリーズなんか、自分の中じゃ神レベルの作品にランキングされている。

「どこまでも殺されて」が売ってないんですが、やっぱり図書館しかないでしょうか?
図書館って、あんまり好きじゃないんだよなぁ。。。


19 :名無しのオプ:04/08/23 16:12 ID:zRsTlQlC
一応の最新作「流れ星と遊んだころ」を読みましたが
こちらも相変わらずのテクニック満載でぶっ飛びましたよw
連載作品の単行本化だけどこういうのって一気に読まないと
驚きが半減するね(記憶が持続しないんでその度ごとに読み直さないと

20 :名無しのオプ:04/08/23 23:16 ID:t/uXHj1h
>>18
連城三紀彦の本を探すならある程度古本屋(ブクオフなどのチェーン店系)を回ったほうが見つかる
普通の本屋だと「さざなみの家(いい話のショートショート)」、「美女(この中の『喜劇女優』は結構おすすめ)」、
「秘花(ノン・ミステリ)」<全て文庫>ぐらいしかないから
大きい書店だと「白光」、「人間〜」、「流れ星〜」はあるけれど
>>19
一晩で一気に「白光」読んだ
最終章手前で鳥肌。
あの(メ欄)の心情描写、(((( ;゚Д゚)))
そしてラスト1ページで工エエェェ(´д`)ェェエエ工
面白い上にこっちまで何だか病みそうになる文章がかなり衝撃的。
ただ強烈過ぎて初心者にはすすめられないかも…

21 :草間 滴:04/08/24 17:46 ID:Hti4zqLl
 デビュー作の『変調二人羽織』(講談社文庫、おそらく絶版)が一番好き。読後に付きまとう不信感がなんとも言えず良い。その点で好き嫌いが分かれると思いますが、あんなにデビューから完成度の高い人はそうはいないのでは。
 落語界が舞台だし、ぜひ北村薫先生に一本ぶって頂きたい。
 それにしても、このスレ読んで作品を読んでみたいと思わない人はミステリーが合っていないかも?

22 :名無しのオプ:04/08/24 21:16 ID:s8FjR133
「やられた」スレで連城さんを知り戻り川心中捜索も見つからず
とりあえず「美女」読み中 今ちょうど「喜劇女優」です
あれかな?これかな?とアテ推量・・・
読了後また申告するです

23 :名無しのオプ:04/08/25 00:33 ID:r0Cm3lRl
>>11
そうそう、連さンはまさしくモンスター。もしくは魔術師・妖術師・幻術師
世界の名だたる作家にもひけはとらない超絶技巧の持ち主だけど、
どこか近寄りがたい所もあるというか・・・

リア厨のころ、この人のことを田中芳樹のお友達としか認識してなかったのが
懐かすい(20代の連中には多いはず)
初期の田中芳樹も短編で、毎度毎度どんでんがえしを決めまくったSFミステリーを
連発していたけど、同期のライバル連さんと張り合っていた?なーんて



24 :名無しのオプ:04/08/25 00:44 ID:pDztlXhe
連城久彦

25 :名無しのオプ:04/08/25 02:15 ID:KJFWoy54
古書店にて100円で入手した「明日という過去に」。
恋愛系かと思って期待せずに読み始めたけど、これがナカナカ。
往復書簡形式で、死んだ男の実像がコロコロ変貌していくのには
目眩がしました。

26 :名無しのオプ:04/08/25 04:35 ID:UjSWCbXh
>>25
それ、傑作。

27 :名無しのオプ:04/08/25 05:26 ID:tX3f6YzH
あいつら嘘つき過ぎw>「明日という過去に」

28 :名無しのオプ:04/08/25 20:55 ID:G55wt4eS
連城作品の「嘘つき血中濃度」はきわめて高いですな。

身近にあの登場人物が居たら絶対殴ってるな・・・

29 :名無しのオプ:04/08/25 21:11 ID:L9jZ27Ae
>>22
ハルキ文庫で色々出てるよ
大きな書店に行けば、置いてあると思う

マジオススメ

30 :22:04/08/28 13:45 ID:Wr589/DO
戻り川心中げとー!今から読みます

とりあえず初っ端から一人称語りで警戒警報全開なんですけど・・・


31 :名無しのオプ:04/08/28 19:27 ID:AhQgNmHZ
>>30
犯人は宿屋のおかみ

32 :名無しのオプ:04/08/28 22:24 ID:AD2P7Bof
「落日の門」げと&読了。
気持ちよくぶっ飛ばされました

33 :22:04/08/28 23:28 ID:Wr589/DO
>31? 犯人は出入りの糞買いでは?

汲み取り式便所を利用してあんな大胆な仕掛けを仕込むとは・・・
時代設定を戦前にしてあるだけはあるな流石だ・・・

34 :名無しのオプ:04/08/29 17:45 ID:WVZ4lLLt
男用小便所から汲み取り式の大便所に通じているおしっこを送る管に
あんな大胆なトリックを仕込んだのは当時驚いたが
今の人はぼっとん便所にそんな仕掛けがあるなんて
知らないんだろうなぁ・・・

35 :名無しのオプ:04/08/30 16:14 ID:IJcmfWx2
>>31>>33-34
おまいらw

36 :22:04/08/30 19:58 ID:JmQaBYm+
いや、連城スレらしくウソつきな登場人物と
あっと驚くドンデン返しのマネごとを・・・

一見ネタバレに見えるそのカキコは実は・・・
真相は実際に「戻り川心中」をお手に取ってご確認下さい

37 :名無しのオプ:04/09/04 03:35 ID:dktEfAbn
>>3からのコピペ
連城氏のみの作品集だと未収録になるものも含み
過剰防衛 ショートショートランド 1982.8
洗い張り SUN・SUN 1988.秋
別れ話 アフィニスクルー 1989.7 『コロンブスの贈り物』(1991.2 ダイヤモンド社)に収録
黒真珠 クロワッサン 1990.6.10〜8.25 『女が35歳で Part3』(1991.9 マガジンハウス)に収録
夢路より 中央公論文芸特集 1990.秋
赤い蜂 SUN・SUN 1992.冬
まわり道 SUN・SUN 1993.夏 『背中合わせ』収録作とは同題別作品
片思い SUN・SUN 1993.冬
媚薬 文藝春秋 1994.5
花のない葉 SUN・SUN 1994.秋
わずか一しずくの血(長編) 週刊小説 1995.5.12〜96.11.8
女王(長編) 小説現代 1996.3〜6(未完?)
裁かれる女 小説すばる 1996.11 『殺ったのは誰だ?!』(1999.11 講談社文庫)に収録
白い言葉 朝日新聞夕刊 1997.6.6 『恋物語』(1998.12 朝日新聞社)に収録
帰り道 朝日新聞夕刊 1997.6.13 『恋物語』(1998.12 朝日新聞社)に収録
恋の時間 朝日新聞夕刊 1997.6.20 『恋物語』(1998.12 朝日新聞社)に収録
初恋 朝日新聞夕刊 1997.6.27 『恋物語』(1998.12 朝日新聞社)に収録
ひとつ蘭 小説新潮 1997.11 『現代の小説1998』(1998.5 徳間書店)に収録
紙の別れ 小説新潮 1998.8
絹婚式 銀座百点 2000.4 『銀座24の物語』(2001.8 文藝春秋)に収録
指飾り オール讀物 2000.11
無人駅 オール讀物 2001.8
蘭が枯れるまで オール讀物 2002.7
虹のような黒(長編) 週刊大衆 2002.10〜2003.7
悲体(長編) すばる 2003.8〜2004.7
これだけ本になっていないとは…

38 :名無しのオプ:04/09/04 20:01 ID:FrleeVTw
「牡牛の柔らかな肉」ってどうですか?

39 :名無しのオプ:04/09/05 09:54 ID:KKLzAp7Q
>>38
悪女犯罪ものとして読むといいかもしれない。
ネット上の書評では結構褒められているが、前スレでは微妙な評価。

持っていない(書店で買えない)ので、私はどう言うことも出来ませんorz

ttp://www.prati.info/c/back/interview/34.html
連城三紀彦インタビュー
なんかこれだとミステリが副業のように書かれている少し(´・ω・`)
文章表現について教えているなら講義受けたいな…

40 :38:04/09/05 17:00 ID:l19Gnf4w
どうもありがとうございます。
微妙ですか・・・
ちなみにネット書店ではまだ買えるようですね。

41 :名無しのオプ:04/09/11 00:34:28 ID:gcqn4obV
「落日の門」…さすがにコレは失敗作かと。わざわざ2.26事件を背景にする
意味はほとんど無いし。アンソロジーにも収録されていた「家路」は例によって
アクロチックなストーリー展開で楽しめたけど。

42 :名無しのオプ:04/09/11 00:35:10 ID:gcqn4obV
アクロバチックです。失礼・・・


43 :名無しのオプ:04/09/12 08:16:04 ID:h+GqBvWo
結局一晩かけて「牡牛の柔らかな肉」を読み終えてしまった。
一種のファムファタールものでしょうか。悲劇のような喜劇のような
テーストが面白いと言えば面白かった。いつもどおり素直には終わらないし。
ただ、話が二人の関係に絞られて後の連中はどーでもよくなって
くるのは無責任な感じもする。
それと例によってウソつきすぎ。

44 :長文スマソ:04/09/13 06:52:27 ID:dyRHHSEz
連さンの長所でもあり短所でもある所って、要するにキャラクターが
ストーリーのための「駒」でしか無いんですよね。
ウソつきが多いっていうのは、どんでん返しのために必要だからで、
そこに作者のキャラへの思い入れとか愛情とかは感じられないなあ。
でも、連さンって表現力や描写力があるから、ちゃんとキャラに血肉が通ってる
ように感じるんですよね。
ウソも、ちゃんとウソをつく動機とか必然性がある。それが凄い。

でも冷静に見てみると、やっぱりウソつきキャラも、ウソをつく必然性も、
まずストーリーを考え、そのストーリーをどうひっくり返すかを考えてから、
それに合わせて創ってると思う。
いや、推理小説ってみんなそう書いてるんだろうけど、連さンのはあまりに徹底してる
というか、ウソの部分の完成度が高すぎて、それがウソだとわかった時
が不自然な感じがするんですよね。
「おまえのウソ、真相より頑張りすぎ!」みたいな(笑)
そりゃそうですよね。真相はただ読者を騙すために、たぶん後からとって付けてるん
ですもん。ウソの方がリアルなのは(妙な表現)当然かと。

連さンの作品を「人工美」と評した文章があったけど、その人工美を美しいと感じるか、
「所詮はどんでん返しのためのどんでん返しじゃん」と、不自然と感じるかは、
まあ、人それぞれかなあと。
ちなみに自分は前者です。人工美上等!
ただし、ヘタにキャラに感情移入すると、絶対に裏切られるのでしません(w

45 :名無しのオプ:04/09/13 07:08:14 ID:dyRHHSEz
ちょい補足
推理小説の書き方って人それぞれだろうけど、

まずオチを考えてから、そのオチを隠す方法や、ミスリードさせる罠を創ったり…と
考える帰納法タイプ

まず普通のストーリーを考えてから、後からそのストーリーをひっくり返す方法を
考える演繹法タイプ

の主に二つの方法があると思うんですけど。
後者はどうやっても、これまで書いてきた話をひっくり返すのには、キャラを大ウソつきに
するしかないですよねえ。
だから連さンはたぶん、後者の方法で主に書いてると思うけど、
「どこまでも殺されて」「私という名の変奏曲」は珍しく前者かなーって気もする。

46 :名無しのオプ:04/09/14 10:21:06 ID:dfoGJbQe
「花堕ちる(ロリ)」「褐色の祭り(母子相姦)」が大好きな私は異常ですか?

47 :名無しのオプ:04/09/18 19:38:21 ID:tidK8HOF
異常とかいう以前に、この人の作品はエロく無いことに最近気づいた

48 :名無しのオプ:04/09/18 20:53:30 ID:5VcvsjE3
>>46
次は同性愛とか獣姦とかやってほしい。

49 :名無しのオプ:04/09/19 00:17:28 ID:xjfHKTSj
上下巻ものは未だに読んでないorz
ミステリじゃないと思うとちょっと・・・

前スレでドラマ化したリストに挙がってなかったので紹介しておきます
青き犠牲
ttp://www.qzc.co.jp/DORAMA_CGI/DORAMA1.EXE?RECNUM=17749

50 :名無しのオプ:04/09/19 00:58:03 ID:/HOZDR7M
>>48
獣姦はわからないけど、確か「カイン」「ため息の時間」がホモだったはず。
あと「桐の柩」もそれっぽかったような…

51 :名無しのオプ:04/09/19 02:11:59 ID:VGi9k60h
只今、北海道のフジ系列の放送局で「うつつ」放送中。
「美女(集英社文庫)」収録の「夜の右側」原作
ちなみに全あらすじ
ttp://movie.goo.ne.jp/movies/PMVWKPD32940/story.html
逆に↑こちらの結末はファンにとってどうなんでしょうか?

52 :名無しのオプ:04/09/20 01:06:53 ID:enpu97MO
>>20
昨日白光読み終えた。鳥肌たった。
連城モノはだいたい読んでるけど、ここでの連城サンはかなり本気だね。
ひとつの地味な事件(の解釈)だけなのにすさまじいうねりを作り出してる。
連城版「藪の中」みたいな傑作だよ、これは。

53 :名無しのオプ:04/09/20 01:30:57 ID:6muK9/Av
>>52
「藪の中」って、登場人物の言葉がみんな食い違ってるやつだよね?
あれは気持ち悪いけど面白かった・・・「白光」読んでみたくなったよ

54 :名無しのオプ:04/09/21 05:08:59 ID:saPrZekE
「少女」に入ってたと思うけど、記憶喪失の男とか筆で体にウロコ書く女とか出てくるやつ
何か淫微で良かった

55 :名無しのオプ:04/10/06 18:28:13 ID:U/hUAgSQ
それってチンポにうろこ描いてるの?

56 :名無しのオプ:04/10/10 21:27:09 ID:MOatNR4W
最近連城さんにはまりました。
恋文全部いい話だった。
白光はなんだかせつなくなった。
次は何を読んだらいいでしょう。あげ

57 :名無しのオプ:04/10/10 22:16:44 ID:4NgwCK+V
>56
戻り川心中

58 :名無しのオプ:04/10/11 00:42:28 ID:usakEdbf
>>56
人情(と見せかけて騙す)ものの路線が読みたいなら「戻り川心中(講談社版で読む際は
夕萩心中も忘れずに)」→「宵待草夜情」
もう少し別ジャンルに行きたければ「変調二人羽織」→「夜よ鼠たちのために」

59 :名無しのオプ:04/10/11 03:43:27 ID:PQdo6/aN
古本屋で新品と見まがうほど状態の良い新潮文庫の「私という名の変奏曲」ゲットォ!!!!

60 :56:04/10/12 00:35:58 ID:keM+t2dH
レスサンクス。
なんか時代小説っぽいタイトルだなぁ

61 :58:04/10/12 00:48:58 ID:wA4qDmWz
戻り川〜と宵待ち〜は時代物(事件が起きた時期が明治〜戦後)ですが、
変調〜と夜〜は一部を除いて設定は現代です

62 :56:04/10/12 02:21:45 ID:keM+t2dH
情報ありがとう、変調〜行ってみます。



どなたか過去ログ持っているならば、貼ってくだせぇ

63 :名無しのオプ:04/10/12 02:59:03 ID:wA4qDmWz
>>62
http://makimo.to/2ch/book3_mystery/984/984399572.html
にくちゃんねるより。

64 :名無しのオプ:04/10/12 16:38:56 ID:4quGwGHX
戻り川心中どこにも売ってねえ

65 :名無しのオプ:04/10/13 07:16:37 ID:uYLFP+SN
いまさらそんなこと言われても

66 :名無しのオプ:04/10/13 22:45:09 ID:Wuhb4jZO
ハルキ文庫で探せ
花葬の連作全部入ってるぞ(新潮は、2作品抜け)

67 :名無しのオプ:04/10/13 23:49:55 ID:rjUMK6JC
「桐の棺」は殺人の動機に感心したけど、
兄貴子分はホモってたのか?そういう風にとっていいのか?

「桔梗の宿」はどこかで聞いた話だけど、あの元ネタってなんだっけ?

68 :名無しのオプ:04/10/14 00:25:21 ID:NqxmlcSU
「暗色コメディ」読みますた。
ノイローゼ小説かと思ったら、ちゃんと落ちるなんて、
なんかすっごいと思いますた。

69 :名無しのオプ:04/10/14 00:50:39 ID:XBQlufQF
>67
める蘭

70 :67:04/10/14 20:16:24 ID:Tk1oTK9U
>69
ありがと
ミステリは作者名気にしないで読むんで助かりました。

71 :56:04/10/15 00:45:50 ID:Q5xjxfe9
>>63
亀レスですが、サンクス!

72 :名無しのオプ:04/10/16 23:51:03 ID:qpHygOrx
>>52
「白光」ってそのまんまのタイトルで売ってますか?
収録の短編とかじゃなくて?

73 :名無しのオプ:04/10/17 01:27:52 ID:Ds0QyC1m
>>72
出来れば検索してから来てほしかったけど…いいや。
ttp://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4022577215/qid=1097943773/ref=sr_8_xs_ap_i1_xgl/249-5449137-7453957
↑ごらんのように長編作品です
ただ、朝日新聞社ってあまり本屋に置かないからあるかどうかは微妙
大規模な書店ならまだあるかも

初心者には向かないと思う。初めての連城作品がこれで「わけがわからなくて途中で読むのを止めた」
という人がいたから。残念なことに

74 :名無しのオプ:04/10/17 03:42:48 ID:5jMCpBrJ
オレは「人間動物園」から連城ラビリンスに入ってしまったのです・・・

75 :名無しのオプ:04/10/18 08:35:39 ID:EmUgoMHd
人間動物園って犯人がとなりのおばさんが飼ってる犬だったやつだっけ?

76 :名無しのオプ:04/10/18 14:54:12 ID:yCWlNq8e
>>75
おまいはまた前スレと同じことを(ry

77 :名無しのオプ:04/10/20 04:35:10 ID:lsmCylYC
まんこなんて幻想だ!!
まんこなんて幻想だ!!

78 :名無しのオプ:04/10/21 13:18:14 ID:BdwW7FGh
長編に良いのが無いのが知名度いまいちな理由。

79 :名無しのオプ:04/10/21 13:27:27 ID:Os/b6nmZ
確かに、とっつきづらいというのはあるかもしれない…
コテコテの文章&嘘の応酬なので。
一度はまれば気にならなくなるけれど

80 :名無しのオプ:04/10/21 20:53:07 ID:uzQRunJ7
次回のアンビリバボーは「37人に殺された女」
なんか連城さんっぽいねw
録画しよっと

81 :名無しのオプ:04/10/23 05:44:11 ID:cpsDjX+m
夢うつつな感じの文章が好きさ・・・

82 :名無しのオプ:04/10/25 20:57:21 ID:fViKW/5d
オール読物に新作短編キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!
ttp://www.bunshun.co.jp/mag/ooruyomimono/
「冬薔薇」
読んできたところ
オーソドックスなフランスミステリといった印象
オチは全然違いますが
こちらの世にも奇妙な物語を思い出しました
ttp://yonikimo.s21.xrea.com:8080/db/syousai.php?&tourokuNo=272
本格ミステリマスターズ執筆予告なのだろうか…一応名を連ねているので

83 :名無しのオプ:04/11/03 12:44:43 ID:hZIVqezV
連城に気障な文章書かせたら天下一品だな。

84 :名無しのオプ:04/11/06 00:27:12 ID:V1T9HRgv
「暗色コメディ」「敗北への凱歌」「黄昏のベルリン」を立て続けに読みますた。
凄く面白かったけど、読んでる最中はなんだか頭がクラクラしますた。

85 :名無しのオプ:04/11/06 00:31:49 ID:5gC6yHUm
>>84
重箱スマソ
「敗北への凱旋」です。
クラクラしているということは既に連城マジックの掌中に(ry

86 :名無しのオプ:04/11/06 00:37:07 ID:V1T9HRgv
>>85
うわぁぁぁ間違えたぁぁぁ
スマソ

そうなんすよ、見事に嵌りましたぁ連城マジック・・・
面白いっすよね?連城。
もう新本格とか読めないかもしれないです自分・・・

87 :85:04/11/06 01:27:54 ID:5gC6yHUm
>>86
思い切り後回しにしています_| ̄|○
トリック云々よりこういった方があっているからかもしれませんが。

短編集も未読ならどうぞ

88 :名無しのオプ:04/11/11 22:08:16 ID:MtGKb4LP
「恋文」読んだ。
非ミステリーということで敬遠してたが、中々良かったよ。
特にラストの「私のおじさん」が一番心惹かれたかな。
実体験をもとに、創作したということだが、傘を差している
おじと姪を見て、恋人どうしに見えたなんて、連城は
本当にロマンチストだなと思う。そうでなきゃ、あんな
文章は書けないのかもしれないが。

89 :板ルール変更議論中@自治スレ:04/11/18 10:39:51 ID:uqaEGMUz
戻り川心中→夕萩心中→夜よ鼠たちのために→変調二人羽織…

すべてぶっとんだ……

90 :板ルール変更議論中@自治スレ:04/11/19 14:27:16 ID:qQ79IHfy
短編集の「少女」って面白い?

91 :板ルール変更議論中@自治スレ:04/11/19 15:33:39 ID:QmOgz6JN
過去からの声…ぶっとんだ
花緋文字…さらにぶっとんだ
戻り川→夕萩→夜鼠→変調と読んで、
この初期短編に込められた(当時)新しい推理を目指し、
それを実現したことに、ぶっとんだ

92 :板ルール変更議論中@自治スレ:04/11/19 16:52:41 ID:ALz7c/V8
>>90
官能系統なので微妙
他作品を読んでからの(後回しにする)方がいい

93 :板ルール変更議論中@自治スレ:04/11/19 20:38:14 ID:bgxL1Ccw
知名度イマイチなのはキャラクターで売らないからてのもあるかも。
明智のいない乱歩が此処まで有名になったとは思えんし。

94 :板ルール変更議論中@自治スレ:04/11/20 00:41:06 ID:zmN6gkWV
連城さんの話で、後味がいい終わり方のでお勧めありますか?

95 :名無しのオプ :04/11/20 00:52:08 ID:dh89Qthl
>>94
ノン・ミステリーの短編ものを辿ってゆけば結構ある。
「恋文」・「もうひとつの恋文」収録作など

96 :94:04/11/20 19:49:37 ID:FZenM/6T
>>95
「恋文」は最近読みました。あれもなかなか良かったです。
「もうひとつの恋文」はまだなので、そっちも探してみようかと思います。

97 :板ルール変更議論中@自治スレ:04/11/21 02:33:33 ID:Mgr6gpcS
飾り火であります。ぜひ読み給え

98 :板ルール変更議論中@自治スレ:04/11/22 04:55:57 ID:TsLmaOhg
連城は良い作品が多いから嬉しいけど
逆に外れだと思ったのある?
個人的に戻り川心中に入ってる、母親と子供の話が微妙だった。

99 :板ルール変更議論中@自治スレ:04/11/22 17:18:41 ID:xqqt4J3z
>>98
白蓮の寺 だっけ?
でも、まあ、いいんでないかい。
火葬?変換無理…花葬シリーズだったら、
夕萩心中の中の花緋文字は、読み逃したらあかん。
最後にぶっとぶ。あと、菊の塵も同様。
どちらも、ハウダニットにぶっとぶ。

最近、白光、人間動物園、流れ星と遊んだころ と
ミステリー回帰しているので、嬉しい。


100 :板ルール変更議論中@自治スレ:04/11/23 20:47:05 ID:GjxPcnqu
100GET!!

『終章からの女(文庫版)』やっと見つけた。(単行本で既読だが)

記念パピコスマソ。



101 :板ルール変更議論中@自治スレ:04/11/26 01:46:34 ID:caJGiJi8
「美の神たちの叛乱」読了。
前スレでそんなに評判良くなかったので、あまり期待せずに読み始めたが
なかなか面白かった。確かに「暗色コメディ」や「黄昏のベルリン」と比べたら
少し落ちる出来かもしれないけど、あの眩暈のする連城節が堪能できたので良し、
って感じ。

102 :板ルール変更議論中@自治スレ:04/11/30 17:03:57 ID:JxWOM0/c
>>101
多分、それ、最後に世界観反転させる数では、ギネスブック入り。

103 :板ルール変更議論中@自治スレ:04/11/30 22:01:19 ID:u2g2Xryz
>>102
マダムって良いキャラクターだと思ふ。
メル欄で観てみたいw

104 :板ルール変更議論中@自治スレ:04/12/02 09:48:22 ID:8CagwfYe
>>103
メル欄にする意味あるのか……

105 :板ルール変更議論中@自治スレ:04/12/02 10:54:47 ID:tg+VoRBz
萌えを期待して「恋文」読んだら、ばばあが主役の短編が2つも入ってた・・ショボ・・・。

106 :板ルール変更議論中@自治スレ:04/12/02 14:13:39 ID:8CagwfYe
>>105
萌えは、少女。

107 :板ルール変更議論中@自治スレ:04/12/02 14:28:52 ID:I3+2eIEk
私のおぢさんで抜いた

108 :板ルール変更議論中@自治スレ:04/12/02 15:05:17 ID:8CagwfYe
私のおじさんのモデルは、関口苑生と姪らしい。

109 :板ルール変更議論中@自治スレ:04/12/02 21:16:17 ID:vZxoWpVs
>>104
俺103だけど、ちょっと微妙なキャラだから
ネタバレに気を配って一応メル欄にしてみた。
気に障ったなら謝っとくスマソ。

110 :板ルール変更議論中@自治スレ:04/12/02 21:24:23 ID:t6zpegcD
夜よ鼠たちのためにを読了。
過去からの声と夜よ鼠たちのためにが良かった。


111 :板ルール変更議論中@自治スレ:04/12/03 13:43:24 ID:OhwTeNYc
>>105
ハウルの動く城みたいだと思えば十分萌えられるよ。

112 :板ルール変更議論中@自治スレ:04/12/03 15:42:10 ID:jpEUbXae
>>110
過去からの声は、確かにいいね。トリッキーで。

113 :名無しのオプ :04/12/03 17:43:02 ID:LzYZPrDB
綾辻行人も贈る物語で選んでいるからな・・・

114 :板ルール変更投票は4〜11日@自治スレ:04/12/04 01:11:15 ID:QwUaHVU7
>>107
あれは泣くもんで抜くもんじゃないだろ

115 :板ルール変更投票は4〜11日@自治スレ:04/12/04 06:21:15 ID:5RieIUqQ
>>114 w 同意

116 :板ルール変更投票は4〜11日@自治スレ:04/12/04 06:37:29 ID:sYFZ+6Yp
>>107
は『恋文』『私の叔父サン』がでると
必ずつくレスですな。
前スレからの伝統になってるw

117 :板ルール変更投票は4〜11日@自治スレ:04/12/04 10:08:44 ID:mlmuU/pl
宵待草夜情 は、どうなのよ?
ミステリーなのか?

118 :板ルール変更投票は4〜11日@自治スレ:04/12/04 11:00:31 ID:By+MmE0T
>>117
ミステリだから安心汁

119 :板ルール変更投票は4〜11日@自治スレ:04/12/04 12:36:04 ID:mlmuU/pl
>>118
すぐそこ、サンクス。

120 :板ルール変更投票は4〜11日@自治スレ:04/12/07 21:20:53 ID:vSKSZqAc
「顔のない肖像画」読了。
なかなかイイね。ってゆうか期待してなかった分凄く面白く感じた。
なかでも表題作の「顔の〜」が、捻りが効いてて良かった。
ラストの老婦人のセリフが(つД`)
あと、タクシーの話も結構好き。

121 :板ルール変更投票は4〜11日@自治スレ:04/12/13 21:15:24 ID:aBY4Oidd
戻り川心中、いつのまにかamazonで在庫ありになってるね。
買おう。

122 :板ルール変更投票は4〜11日@自治スレ:04/12/14 03:30:00 ID:vpDAXsXT
俺の人生も在庫ありです

123 :板ルール変更投票は4〜11日@自治スレ:04/12/15 00:57:32 ID:WeKs13eI
2月号の小説推理に新作中編載るそうです。

124 :名無しのオプ :04/12/15 01:17:12 ID:cBJkOuvh
>>123
情報サンクス。
そろそろ新しい長編を読みたい・・・

125 :板ルール変更投票は4〜11日@自治スレ:04/12/15 01:19:03 ID:rya3n4Rw
その前に「女王」を出してホスィ

126 :名無しのオプ :04/12/15 01:32:36 ID:cBJkOuvh
あらすじ等分かる方いませんか?

127 :板ルール変更投票は4〜11日@自治スレ:04/12/15 23:22:25 ID:WSAMHQv7
>>126
隣のおばさんが飼っている犬が、実はそのコロニーを支配している
「人間動物園」の監視人で、行方不明の少女を誘拐した犯人

128 :名無しのオプ:04/12/16 16:28:14 ID:Jd3c7Wpn
>127
ネタバレ氏ね

129 :名無しのオプ :04/12/16 21:07:20 ID:576/XYFq
そちらの作品は未読なのですが、削除依頼出してきますか?

130 :名無しのオプ:04/12/17 01:17:07 ID:fR3wJkWV
>129
それは読んでから判断しなさい

131 :名無しのオプ:04/12/29 05:25:54 ID:nLSOVFpx
『変調二人羽織』(講談社文庫版)を読んだ。
「六花の印」がダントツで面白かったかな(他のも面白いけど)
物語と謎解きが綺麗にマッチしていて、伏線と気付かせない伏線も素晴らしい。

解説で関口が褒めてた「メビウスの輪」はビミョ−だったかも。

132 :名無しのオプ:04/12/30 03:33:46 ID:63jQiiiW
「六花の印」懐かしいなあ。
ただあれ、「全て演技」てところが逆に食い足りなかった。
上手すぎるのが欠点になる所も連三紀故




133 :名無しのオプ:04/12/30 03:44:24 ID:cd05r1tD
この方ってゲイなのかな?って思った。

134 :名無しのオプ:04/12/31 21:19:16 ID:IzyomecB
この人の本絶版多すぎ。

135 :名無しのオプ:05/01/04 15:11:16 ID:QxhMevNI
売れないから仕方ないじゃん

136 :名無しのオプ:05/01/10 14:13:44 ID:fluJcCKG
>>132
>上手すぎるのが欠点になる所も連三紀故

ああ、的確な評価だな。報われぬ天才。

137 :名無しのオプ:05/01/10 17:36:22 ID:5gq0YGA0
「連三紀」って斬新な略称だなあ。

138 :名無しのオプ:05/01/11 20:04:10 ID:SSKtmbFX
“ミキティー”よりはマシな希ガス

139 :名無しのオプ:05/01/17 10:06:06 ID:dPMUS/AM
>>138
ミキティー 気に入った。
萌える?

140 :名無しのオプ :05/01/18 15:12:04 ID:/DkYYOMn
>>123の「ヒロインへの招待状」読みました
どんでん返しより、トリックがメイン。
設定がホラーのような話でありつつ、いつもの展開からいえば登場人物たちに優しい印象
初期作品を期待するのは良くないかも

141 :名無しのオプ:05/01/19 09:44:18 ID:Ue15FEwH
ミキティーとは誰でしょう?
@モー娘。の一員
Aフィギアスケートの新女王
Bトリックミステリーの名手

142 :名無しのオプ:05/01/19 11:52:26 ID:F/ym7M2m
三木元首相

143 :138:05/01/19 21:13:44 ID:3/PSpyfS
そういや、綾辻のこと“あやや”と言ってた香具師も居たな

144 :名無しのオプ:05/01/27 12:48:11 ID:p/LHFlEu
オール読物2005年2月号に「風の誤算」掲載。
ttp://www.bunshun.co.jp/mag/ooruyomimono/
短編がこれだけ連続して出てくるということは近々本にすることかと期待してみたり。
執筆予定者になっている本格ミステリ・マスターズもそろそろ出てほしいな…

145 :名無しのオプ:05/02/06 19:55:57 ID:PL1qPeVM
五枚の写真
写ってるのはみな同じ女性。
しかし、口の開き方が少しずつ違っている・・・・・
連三紀ならやはりこれです!

146 :ネタバレスレ議論&投票中@ローカルルールスレ:05/02/06 21:59:23 ID:FODaZAqe
彼が車で家まで送ってくれて
私を降ろしたあと、帰るときに
テールランプを5回点滅させます。

147 :ネタバレスレ議論&投票中@ローカルルールスレ:05/02/07 18:58:35 ID:Itzwvetf
さざなみの家 好きだな

148 :ネタバレスレ議論&投票中@ローカルルールスレ:05/02/07 19:30:47 ID:75zv8TrR
     ∧
    <  >_∧
= ()二)V`Д´)<ぬるぽ
    \ヽ ノ )
    ノ(○´ノ  ガッ
   (_ノ(__)


149 :ネタバレスレ議論&投票中@ローカルルールスレ:05/02/09 22:55:23 ID:a+qEFZS3
古本屋で「少女」と「私という名の変奏曲」を買ってきた
さあ、読むぞ

150 :名無しのオプ :05/02/10 04:14:08 ID:SMQT9Ba8
少女は官能系なので人によっては地雷かも・・・

151 :ネタバレスレ議論&投票中@ローカルルールスレ:05/02/11 02:36:40 ID:pDv53eHX
確かに地雷っぽかったw

152 :ネタバレスレ議論&投票中@ローカルルールスレ:05/02/12 03:16:11 ID:QxZJa4mc
官能系といえば私のおぢさんで抜いた

153 :sage:05/02/16 12:56:04 ID:OnZClUFu
>>152
念のため、それは抜くものではなく、泣くものだと言ってみる。



154 :ルール変更議論中@ローカルルールスレ:05/02/17 13:56:55 ID:ZZYjoSPQ
新潮社はとりあえず
「私という名の変奏曲」「どこまでも殺されて」を復刊させなさい


あと香港返還の頃書かれたフェリーをテーマにした短編集
「火恋」だっけ?あれ文庫化されないのかな

155 :ルール変更議論中@ローカルルールスレ:05/02/18 01:56:30 ID:7RpfLUda
まだ新潮社がその2冊の権利持ってるの?
とっくにハルキか双葉辺りに移ったかと思ったよ

156 :名無しのオプ :05/02/18 19:47:07 ID:dIEh4uwm
>>155
「私という名の変奏曲」はハルキに版権が行ってるのでは。
単行本・文庫は双葉→直木賞受賞の際新潮で再文庫化
→日下三蔵のコレクション企画でハルキへ…だから
「どこまでも殺されて」も上と同じ双葉→新潮パターンだったのに
何故復刊されなかったんだろう?

「オール読物」に幾つか最近短編提供しているから
「火恋」は文藝春秋つながりで文庫化期待していいかも

157 :ルール変更議論中@ローカルルールスレ:05/02/19 00:48:20 ID:jGyFb1gx
>>156
ハルキ文庫のコレクションが出た時点で、「どこまでも殺されて」の新潮文庫版は
かろうじて在庫があったと思う。

158 :ルール変更議論中@ローカルルールスレ:05/02/21 20:25:02 ID:AtWq3P+M
再版と言えば、今日、既に絶版の新潮文庫『顔のない肖像画』を読んだ。
面白い。何故絶版なのやら。
あと解説に『戻り川心中』『恋文』のネタバラシあり。
まあ両方既読だったんで被害は無かったけど
1ファンとしてムカッ腹立つ訳ですよ。何考えてんだか…

159 :精神薄弱者 ◆LC7P44pfbg :05/02/21 20:53:24 ID:Z3lk0S+q
どこまでも殺されてはブクオフにたくさんあったので、よかったです。
まだ未読ですが

どこまでも殺されていく僕がいる。
いつまでも殺されていく僕がいる……
というでだしはなんだかいい感じです。

敗北への凱旋も積読状態なのです。


160 :ルール変更議論中@ローカルルールスレ:05/02/21 23:06:11 ID:WkyZtfpn
>>158
あぶねー
先に顔のない肖像画読むつもりだった
教えてくれてサンクス

161 :ルール変更議論中@ローカルルールスレ:05/02/22 02:31:17 ID:WhO1tWjC
どこまでも殺されての犯人は隣のおばさん

162 :ルール変更議論中@ローカルルールスレ:05/02/22 03:46:35 ID:foGMbFXG
ミステリーじゃないのばっかり読んでるわ、私。

163 :ルール変更議論中@ローカルルールスレ:05/02/23 19:26:51 ID:yNSIU7Co
>>162
まさか『戻り川』、『夜鼠』を未読なんてことはないよなw

164 :ルール変更議論中@ローカルルールスレ:05/02/24 02:29:03 ID:pMRKAPlf
>>163
未読だわ。恋文から入ったからそういう系統のばっかり読んでる。
一夜の櫛、背中合わせ、ため息の時間、夜のない窓
恋愛小説館、恋文のおんなたち、明日という過去に、萩の雨、など。
友人に連城三紀彦が好き、と言ったら
ああミステリーの…、と答えられて私にとっては意外だった。

165 :名無しのオプ:05/02/24 14:09:24 ID:dmfoc37x
こういう人もいるんだねえ。

166 :名無しのオプ :05/02/24 19:53:02 ID:spkB3llp
>>164
ぜひ>>2を元にしてミステリーもドゾー

ハルキ文庫のコレクションを各100円で買えたときから
ミステリーにはまってしまった…

何かのきっかけでまた再版しないかな>>ハルキ文庫

167 :ルール変更議論中@ローカルルールスレ:05/02/25 01:11:35 ID:+YLPm/xy
ハルキ文庫って麻薬で逮捕されたやつと関係あるの?

168 :ルール変更議論中@ローカルルールスレ:05/02/25 17:36:56 ID:xJCSFFc6
連城氏はいい小説を書けば必ずしも売れるわけではないということを教えてくれた・・・





なんでこんなに絶版なんだよorz

169 :ルール変更議論中@ローカルルールスレ:05/02/26 09:30:58 ID:vaT48w0P
どんな有名作家だって発売から数年経てば再版なんてしないのに
「なんで○○ばかり絶版・・・」とかいう信者きもすぎ
30年以上前の作品なんていくら出版社が変わっても
すぐに絶版になって当然だって気づけよ

170 :名無しのオプ :05/02/26 10:43:44 ID:DDaA8q1t
>>169
まあ、取り敢えずもちつけ。

171 :名無しのオプ:05/02/27 01:09:10 ID:548xCpqS
>169
2ちゃんらしいね。ファンの集まりなのに・・・「邪魔してやろう」 

172 :ルール変更議論中@ローカルルールスレ:05/02/28 15:37:35 ID:voHpTQ1Y


    ミキティー

  

    好き




173 :ルール変更議論中@ローカルルールスレ:05/02/28 21:52:33 ID:IJm2dMXN
変調二人羽織
どこまでも殺されて
敗北への凱旋
が積読になってますが、読む価値ありますか?
>>161で、なんかいってますがアボーンされてないところをみると
ネタなんですかねぇ。

174 :ルール変更議論中@ローカルルールスレ:05/02/28 21:56:32 ID:KHExLuFR
ネタだよw

175 :名無しのオプ :05/02/28 22:18:34 ID:0S6wV9SN
>>173
講談社文庫の方、それともハルキ文庫の方?
いずれにしても「変調二人羽織」は必読
「変調〜」と「ある東京の扉」は異色作だけど普段の作風にしては
軽めなのに手抜きしてないし、後半の収録作でいつもの作風に戻って
鳥肌を立たせどんでん返ししてくれるのもいいし
ハルキ文庫の方を持ってるならなおさら読んでほしい
「どこまでも殺されて」は割りと現代向けで手堅くまとまっている印象
「敗北への凱旋」はミステリ要素云々より文章の美しさに注目
少し読後感は暗いのでそれが合わない人もいるかもしれませんが

いずれにしてもどれも一度読む価値あり。
結構後の方になるほど好き嫌いが分かれる作品が多いけど
提示されたものはお薦めです

ちなみに>>161はネタ。
前スレ(http://makimo.to/2ch/book3_mystery/984/984399572.html)の
967あたりの流れを読むと分かります

176 :173:05/02/28 23:48:49 ID:IJm2dMXN
>>174
>>175
ネタですか。良かった・・・ホッ(゚∀゚;)
「変調二人羽織」手に入れたのはハルキのほうです。
良作らしいですね。この3つの中で第一候補にします。
自分は、結構文章にこだわるほうなので、
美しい文章ということなら読む価値ありですね・・・
連城の文章は結構好きなほうだし・・・

177 :ルール変更議論中@ローカルルールスレ:05/03/02 17:24:36 ID:Ey1MlFj2


密やかな喪服  って、どうなのよ?



178 :名無しのオプ :05/03/02 19:54:05 ID:tPIbOiRH
初期に出された短編集は外れなしなのでどれも読んでおくべし。
密やかはハルキの夜よ〜と変調を持っている人は買う必要ないけど

179 :変更投票開始@ローカルルールスレ:05/03/06 20:55:53 ID:TUjqOJKY
恋文に入ってた私のおじさんという話をよんで
この人すごいって思いました。
まだ恋文と戻川心中しか読んでないけど、
話ってか、思い浮かべさせる情景がなんかキレイすぎる。

180 :変更投票開始@ローカルルールスレ:05/03/07 03:26:30 ID:6E9Zs4fJ
俺は私のおぢさんで抜いた

181 :名無しのオプ :05/03/07 04:16:10 ID:33T5UVil
もういいよw

182 :変更投票開始@ローカルルールスレ:05/03/07 04:32:37 ID:OngvrJOw
『私という名の変奏曲』読了。
(メール欄)は結局分からないということでいいのかな?
それともどこかに書いてある?

183 :変更投票開始@ローカルルールスレ:05/03/08 09:49:04 ID:YuFydsOp
どこまでも殺されて
読みました。少し泣きそうになったのわ
私だけですか・・・・

184 :変更投票開始@ローカルルールスレ:05/03/08 10:17:53 ID:fXJBIXJP
さざなみの家は人気ないな
おいらは好きだな

185 :変更投票開始@ローカルルールスレ:05/03/08 23:23:08 ID:jpAY4HVJ
「親愛なるエス君へ」どの短編集に収録されてる?

186 :名無しのオプ :05/03/08 23:35:52 ID:6bo52bfN
>>185
「瓦斯灯(講談社文庫)」。

187 :変更投票開始@ローカルルールスレ:05/03/09 08:12:22 ID:5ceZ6QCc
エス君の犯人は佐川

188 :変更投票開始@ローカルルールスレ:05/03/09 09:05:57 ID:w6Pba4nD
「人間動物園」の犯人は隣家の犬

189 :名無しのオプ:05/03/12 23:36:06 ID:mSAY91DZ
「戻り川心中」読んだ!
ぶっ飛ぶね・・・・

190 :名無しのオプ:05/03/13 04:01:06 ID:SLOvLFOi
なにしろ殺人現場の川で心中したように見せかけておいて
実は用水路で殺したのを運んだんだもんな
あの仕掛けは驚いた
胃の中に残っていた水の質が違っていたから
殺人だってわかったんだもんな
あの当時にあの仕掛けは凄い!!

191 :名無しのオプ:05/03/13 07:01:34 ID:nvCz98zq
藻前の想像力の方が凄いよw

192 :名無しのオプ:05/03/13 19:00:59 ID:bT2I0PKN
「私のおじさん」の犯人は、
近所の駄菓子屋のおばちゃん。

193 :名無しのオプ:05/03/13 19:44:39 ID:R8PNEE9a
「私のおじさん」といえば、
もれはあれでないた。

194 :名無しのオプ:05/03/16 01:47:39 ID:8RgBqvu+
>>193
俺も何度オナニーに使ったか数えられない!
気が合うな俺達!

195 :名無しのオプ:05/03/17 12:58:01 ID:rpnio90r
>>194
マジではなかろうと思うが一応。
>>193は、「ぬいた」ではなく「ないた」と書いてるんだが。

196 :名無しのオプ:05/03/17 13:17:02 ID:ePh7zKPS
>>192-195
ワロタ

197 :名無しのオプ:05/03/18 13:14:56 ID:Ix/LCBvO
>>195
いや、194にとっては多分泣くことがオナヌーのように
気持ちがよいのだ。

198 :名無しのオプ:05/03/18 18:51:32 ID:Ew4wyOGB
思うに>>193
“あれは抜くものではなく(ry”と突っ込まれたら
「だからなくって書いてるだろう」と突っ込み返すつもりだったのではなかろうか。
>>194の突っ込みは予想外だったんだろうなw。

199 :名無しのオプ:05/03/20 03:28:26 ID:zER4YFmw
桔梗の宿の鈴ちゃんが今でも忘れられない。馬鹿みたいな話しだが彼女が幸せになるストーリーを考えたりする。

200 :名無しのオプ:05/03/20 19:16:27 ID:ZMjWuFYD
あれって江戸時代に実際あった事件なんだよね?

201 :名無しのオプ:2005/03/24(木) 06:19:14 ID:GRUqtfPI
私のおぢさんで抜いた事件も実際にあった事なんです

202 :名無しのオプ :2005/03/24(木) 13:36:04 ID:I4jRzYEp
はいはいw

203 :名無しのオプ:2005/03/24(木) 22:56:08 ID:l0+IJ39j
連城の短編集はダメ人間コンテストだ。

204 :名無しのオプ:2005/03/25(金) 00:59:15 ID:WaifdYgh
そんなこと言ったら折原一なんて読めない

205 :名無しのオプ :2005/03/25(金) 12:14:48 ID:jpopKAwH
折原一は異常さを強調するように書き、
またその上を行くどんでん返しをして、
連城三紀彦は異常さをあまり見せないようにして
ひっくり返してる気がする
どちらも推測しつつ裏切られるので好き。

>>203
新潮文庫版夜よ〜読者?
解説者が似たようなことを述べているので

206 :名無しのオプ:2005/03/25(金) 12:52:18 ID:1Ap3pF6+
>>205
ちなみにその解説者については>>108という説あり。


しかし、
ホントに「私のおじさん」で抜けるのかと思って試してみたが
どうしても駄目だった漏れがおかしいのか
抜けるという香具師がどうかしてるのか
実に悩ましい今日この頃だ。

207 :名無しのオプ:2005/03/31(木) 02:04:02 ID:vlocFtT0
俺は抜けた
荒らすなくズが

208 :名無しのオプ:2005/04/03(日) 12:29:17 ID:K6dqZLC0
暗色コメディの文春文庫版見つけたんで買ってみたら
解説が有栖川有栖だった。
この人の作品も好きなんでちょっと嬉しい。

209 :名無しのオプ:2005/04/03(日) 21:06:01 ID:TQaF+uCV
199-200
あの動機は、
オリジナルが、「八百屋お七」←実話。
その次が、「とむらい機関車」←大阪圭吉
そのまた次が、「桔梗の宿」←ミキティー
……
次の予定が、私の予定。



210 :名無しのオプ :2005/04/03(日) 21:19:10 ID:KptMwvTM
>>208
それを考えると本当に推理作家にも好かれてるなと思う。
ハルキのシリーズでは法月綸太郎、泡坂妻夫などがいたし
貫井徳郎は夜よ鼠たちのためにを本格ベストテンとしてあげていた。
…一般にはどうだろう
>>209
詳細d。

211 :名無しのオプ:2005/04/06(水) 20:45:41 ID:4bWJ9bK1
『私という名の変奏曲』何度目かの再読。
2回目以降、いつも思うのが、
メイントリックはもしかしたら
結構早く見抜くことが出来るかもしれないけど
メール欄に絡んでの心理的などんでん返しは
見抜ける人って居るのかな。

212 :名無しのオプ:2005/04/19(火) 01:01:53 ID:p5nsuK+8
古本屋で
戻り川心中、変調二人羽織、私という名の変奏曲、どこまでも殺されて
GETした!

213 :名無しのオプ:2005/04/19(火) 10:19:56 ID:leSoVPs4
戻り川神獣の犯人はとなりのおばさんが飼っている犬

214 :名無しのオプ:2005/04/19(火) 12:32:47 ID:f/UKK7yP
私という名の変奏曲は、
死体を扱ったことの無い人の作品だなあと
愛犬が死んだときに痛感した。動物は
死んだら鼻とか耳とかの穴から体液がでるんだ
だから、綿花をつめるんだよ

215 :名無しのオプ:2005/04/19(火) 13:00:12 ID:BiWM7cOF
私という名の変奏曲の犯人は
隣の家の鼻に綿を詰めたイヌ

216 :名無しのオプ:2005/04/19(火) 13:38:28 ID:f/UKK7yP
あほんだら215

217 :名無しのオプ:2005/04/19(火) 13:57:26 ID:80wkme+l
>>212
>>213-215は、これから連城作品を読む人に対する親愛の情の表れなので
あまり気にしたり怒ったりしないようにw。
と、野暮なことを書いておく。

218 :名無しのオプ:2005/04/22(金) 22:36:46 ID:kozBnsov
「密やかな喪服」をなんでだか「爽やかな喪服」って憶えてた。
ここ見て真実に気がついた。

219 :名無しのオプ:2005/04/22(金) 22:39:51 ID:s7iL60+H
どんな喪服だよw

220 :名無しのオプ:2005/04/23(土) 03:39:05 ID:bMZgo4P0
古本屋に連城三木彦の恋愛小説しか置いてないのは陰謀だろうか?

221 :名無しのオプ:2005/04/23(土) 13:25:43 ID:h+mVUxPO
>>214
前から疑問だったんだが、死体から出る体液ってのはなんなんだろう
肉が液化するのかね

222 :名無しのオプ:2005/04/24(日) 01:20:23 ID:1FRGsP6s
早稲田政経卒で俺の先輩だけど
この人つまんない

223 :名無しのオプ:2005/04/24(日) 15:07:43 ID:lO8Zf6wE
読売新聞にエッセイ(みたいなもの)を連載してることに今更気付いた

224 :名無しのオプ :2005/04/27(水) 14:59:28 ID:UyuaXCxs
女の内に秘めた情念をテーマにしているものが多いから
あくが強いし好き嫌いは分かれるかも

「女王」の載っている雑誌が古本屋に置かれていたのでちらっと立ち読みしてみたら
何だか凄いミステリになってましたね。卑弥呼に会うとか…
>>223
情報d

225 :名無しのオプ:2005/05/09(月) 13:02:09 ID:DGNaUrAA
講談社刊の『戻り川心中』読了。初連城だったけど、かなり面白く読めた。
でも、動機に凄く重点が置かれているのがちょっと意外、
というか、(悪い意味でなく)古いなぁと思ったりした。
この人のほかの作品もこんな感じなのかね?

(ところでこの短編集、アマゾンの中古で900円だった……高すぎだろ)

226 :名無しのオプ:2005/05/09(月) 13:21:23 ID:haWK93Fj
>>225
ブックオフなら105円だよ

227 :名無しのオプ:2005/05/09(月) 13:28:58 ID:DGNaUrAA
ふむ、>>226は、ブクオフで買った奴より俺のほうが九倍楽しんで読めた、
ということを指摘してくれたんだよな? そうだろ? そうだと言ってくれ!!
じゃないと悲しすぎる……

228 :名無しのオプ :2005/05/09(月) 16:53:04 ID:b+WAvYvH
>>227
まあ、イ`
でも講談社版だと全ての花葬シリーズを網羅していないから意味が無い…
夕萩心中も読むべし(こちらもブクオフあたりで100円本としてあるので)
後半部分には珍しく軽快な異色作品あり
図書館なども使ってドゾー

古く感じるのは時代物&著者の年代を考えれば仕方ないかと

既出お薦めとして
このまま時代物に行きたければ「宵待草夜情」「瓦斯灯」
別路線なら「夜よ鼠たちのために」「変調二人羽織」「私という名の変奏曲」
「どこまでも殺されて」
どろどろ家庭内情念ミステリ(?)なら「白光」

229 :名無しのオプ:2005/05/10(火) 16:25:55 ID:x3UzmoZB
「人間動物園」「流れ星と遊んだころ」もなかなかのどんでんがえしっぷりがいいですよ
まだ文庫化されないからわざわざ買う人も少ないだろうがw

230 :名無しのオプ:2005/05/10(火) 17:03:00 ID:9oz55ByE
人間動物園って隣のおばさんが犯人なんだろ

231 :名無しのオプ:2005/05/10(火) 17:28:43 ID:BU+wXY0g
>230
だから隣りの犬が犯人だと何度言えば・・・

232 :名無しのオプ:2005/05/11(水) 03:17:13 ID:xlcuSJd1
俺は私のお

233 :名無しのオプ:2005/05/11(水) 10:21:39 ID:u457Rpws
とうさんで抜いた

234 :名無しのオプ:2005/05/14(土) 23:45:12 ID:O4WGOYF/
『瓦斯灯』と『夕萩心中』と『変調二人羽織』を図書館で借りて読んだ。

どれも良かったけど「陽だまり課〜」が、なんか異色な感じで好き。
完結してないのが残念。本、買いたいけど何故絶版なの・・・

235 :名無しのオプ:2005/05/15(日) 08:33:27 ID:+X1m2U7+
>何故絶版なの・・・
版を重ねるような売れる作家じゃないから
十数年たてば絶版になってるのは当然

236 :名無しのオプ :2005/05/15(日) 14:30:04 ID:t0pqUhBN
>>234
ブクオフで探せば結構講談社文庫の作品は100円で置いてあるから探してみ
その他のチェーン店系本屋でも前46円で売ってるのを見たことがある

237 :名無しのオプ:2005/05/22(日) 03:24:14 ID:N7nNzRwU
今、隣のおじさんで抜いている最中です。

238 :名無しのオプ:2005/05/22(日) 05:53:45 ID:aXUd7tpt
>>237
俺も起きぬけの一発は隣のおじさんだったよ

239 :名無しのオプ:2005/06/06(月) 01:49:36 ID:dSiqrMLL
今スーパー源氏で検索してみたら、『戻り川心中』に5000円ついてた…。
講談社、文庫再販しろや…。

240 :名無しのオプ:2005/06/06(月) 01:57:25 ID:1oOS7WDG
今「たそがれのベルリン」読了したんですが、
リオデジャネイロのエピソードはもしかして
ものすごく意味が有るんでしょうか?

241 :名無しのオプ :2005/06/06(月) 09:36:58 ID:yd3k9nYX
>>239
今はハルキ文庫が版権を持っているのでは

242 :名無しのオプ:2005/06/08(水) 23:52:57 ID:LBGMp8Aw
まったく版権に疎いやつばかりだな

243 :名無しのオプ :2005/06/09(木) 10:14:27 ID:WdZBcBfG
>>242
代わりに説明を。

244 :名無しのオプ:2005/06/10(金) 19:58:13 ID:KnvP1XZR
つまり『戻り川心中』を出版する権利が講談社からハルキに移ったから
講談社には『戻り川心中』を再出版する権利はないって事だろ

245 :名無しのオプ:2005/06/15(水) 02:33:41 ID:tqy/oKQ7
昨日「戻り川心中」講談社文庫版をゲト。
連城って恋愛ものの作家だと思ってて、ずっとスルーしてた。こんな俺をゆるしてくれ。


246 :名無しのオプ:2005/06/16(木) 20:35:12 ID:PSmEC6hm
>>245
許してもいいが、これから遡って本を探すの大変だよ〜。

247 :名無しのオプ:2005/06/17(金) 00:29:18 ID:6a1i+wll
許してもいいがって何様のつもりだよwww

248 :名無しのオプ:2005/06/23(木) 15:12:21 ID:5SN+v1rQ
久しぶりに、私の叔父さんで(ry

249 :名無しのオプ:2005/06/28(火) 11:56:51 ID:YMiQfeD6
俺は私の叔父さんの犯人の女子高生で抜いた

250 :名無しのオプ:2005/07/08(金) 14:46:40 ID:RqrYUF1q
やたー戻り川心中手に入れた。
探してると見つからないのに
なんとなく古書店入ると売ってるもんだね。

251 :名無しのオプ:2005/07/08(金) 15:32:51 ID:lIHVYCmR
furuhonnyaikebaikurademoutteruttenowwwwwww


252 :名無しのオプ:2005/07/08(金) 16:23:20 ID:RqrYUF1q
自分の生活圏内では売ってなかったの。
変調二人羽織りも売ってるの見たことない。

253 :名無しのオプ :2005/07/08(金) 23:17:29 ID:fFbkOtCo
>>252
全くスレ違いだけれど、当方の地域はポケミスが置いてないorz

ちなみにハルキ文庫でしょうか?

254 :名無しのオプ:2005/07/09(土) 01:16:57 ID:5SZ5MJ6p
>>253
ほんとはハルキが良かったんですが
残念ながら講談社です。
古本屋で探してるんですが、うちの近所ではあまり置いてないんです。
というかハルキで重版してくれればいいのにな。

255 :名無しのオプ:2005/07/11(月) 08:18:31 ID:4ARQcAHI
>250オメ!

256 :名無しのオプ:2005/08/28(日) 06:49:10 ID:vnrUlOJT
好きな作家のスレが1ヶ月半も廃虚というのも寂しいな。
ageてネタ振ったら誰か喰い付いてきてくれるかしら?

ある東京の扉(だっけ?)を初めて読んだ時思ったんだけど
連城氏って『人の欠点を即座に見抜く才の持ち主』なんだと思う。
(当たり前の話だけど、人は普通、短所ってのを隠して見せたがらない。
社会通念とかがソレに拍車をかけるから、
長く付き合ってりゃ見えてくる物でも、即座に見抜く事は存外難しい)
何かの後書きで『人嫌い』を自称してたのもその辺に起因してるよに思ったり。
まァあの短編自体、氏の作品の中では特異なモンなんだけどさ。

257 :名無しのオプ:2005/08/28(日) 07:04:01 ID:vnrUlOJT
しまった。書き込んだ後に不安になって調べてみれば
【ある東京の扉】じゃなくて【奇妙な依頼】だった。
お詫びして訂正致します。

258 :名無しのオプ:2005/08/28(日) 13:38:16 ID:TAQv3BG7
>>257
把握した

259 :名無しのオプ:2005/08/31(水) 02:12:38 ID:6Z2wrzXa
『どこまでも殺されて』読了しました
なんかもうすごいね・・

260 :名無しのオプ :2005/09/04(日) 02:50:26 ID:4kwY0EjE
「虹のような黒」
九月下旬発売
tp://www.futabasha.co.jp/?page=schedule
紀子は何者かに強姦される。開に溶け込み声だけのレイプ犯は誰か。
ミステリーと恋愛小説の名手が新境地を開拓する官能ミステリー。
tp://www.zahon.com/sinkan.html

261 :名無しのオプ:2005/09/04(日) 15:55:06 ID:ofb2ZmhA
俺も隣のおばさんが飼ってる犬に強姦されたい><

262 :名無しのオプ:2005/09/04(日) 17:05:24 ID:t11dWeTB
「コンビニララバイ」という本を読んだ時です。
読んでいる途中で何故か「恋文」が浮かんできて
やはり男女関係を書かせたら連城さんの方が上手い
なあと感じました。
あと「戻り川」は芸術的ですね。
ああいう文章を書ける人が現代にもいるんだと思い
ましたね〜


263 :名無しのオプ:2005/09/13(火) 23:20:10 ID:FbdMfWLZ
「どこまでも殺されて」読了。このメイントリック、あの名作と同じなのな。もっとも、連城のが先なのだろうが。俺はもう一つの方が好きだな。これが読む順番が逆だったらどう評価しただろうか?やっぱり評価は変わらないかも。
文章の比喩や表現力の巧さは今まで読んだどの作家よりも飛び抜けて巧いと思う。しかし同じトリックのあの作品には本家もかなわないとオモタ。
あとオマイラ、あの手記ってか日記はアリなの?


264 :名無しのオプ :2005/09/13(火) 23:46:08 ID:f7BDLeuV
>>263
あんまり言いすぎるのもよくないので、以前のレスへ
違ってたらスマソ
http://book3.2ch.net/test/read.cgi/mystery/1119518735/58-60
http://book3.2ch.net/test/read.cgi/mystery/1119518735/68

日記についてはありです。
いつものネタの使い方だな、というくらいで(あっさり騙された初心者orz)
「明日という過去に」という全編手紙作品なども読み終えたとき
どうなんだろうと思うものがありましたが認められているようなので

265 :名無しのオプ :2005/09/13(火) 23:48:08 ID:f7BDLeuV
http://book3.2ch.net/test/read.cgi/mystery/1119518735/58-61
でした

266 :名無しのオプ:2005/09/14(水) 00:26:30 ID:aSP/CduB
264
わざわざすまんね(__)
そっか、日記はアリという意見がは多いのかなぁ?
ということは、女子高生並みの心理推理が出来なかった俺がまだまだということか(´・ω・`)ショボンヌ

267 :名無しのオプ:2005/09/15(木) 04:07:14 ID:4ccBJQiZ
【カニバリズム】 佐川一政を語るスレ 【パリ留学生】
http://news19.2ch.net/test/read.cgi/news/1126714365/l50

268 :名無しのオプ:2005/10/05(水) 22:28:36 ID:8BIxeP4N
「人間動物園」
文庫化を待っていたらハードカバー版が絶版・・・

269 :名無しのオプ:2005/10/05(水) 23:12:40 ID:h8dTdcLZ
残念だけど、未文庫化のまま品切れになっている作品が既に何冊もあるんだから
悠長に文庫化を待っていたら危険ですよ。



270 :名無しのオプ :2005/10/05(水) 23:14:42 ID:P5hcWe4i
>>268
イ`
今ならまだ古本で出回ってる(ネット店舗も含めて)
もしかすると「虹のような黒」が発売延期されたのも
「人間動物園」の文庫と同時発売することに決まったからかもしれないし…

泡坂妻夫の作品を再版してくれた某出版社あたりで過去の短編集、
白光、流れ星〜(←特に表紙デザインが悪いので文庫化待ちしてます)
も含めて復刊しないだろうか

271 :名無しのオプ:2005/10/08(土) 12:56:32 ID:5FpLUN94
>>270
俺はあの表紙デザインの奥深さに驚いたけどな

272 :名無しのオプ :2005/10/13(木) 23:32:55 ID:up4Qk2xj
>>268
そんなあなたに朗報
://www.honya-town.co.jp/P3/CM/html/bookclip/new/bunko/06_b.html
11月10日文庫化

273 :名無しのオプ:2005/10/14(金) 00:00:20 ID:bmYNqIEz
>>272
268じゃないが、ありがとーありがとー。

274 :名無しのオプ:2005/10/14(金) 10:02:50 ID:cZrjf/Ig
人間動物園、おもしろかったけど
犯人が萎えたよ
となりのおばさんが飼ってる犬だもんな

275 :名無しのオプ :2005/10/14(金) 12:21:43 ID:7XklKwc9
もういいよw

276 :名無しのオプ:2005/10/14(金) 17:20:32 ID:esgEvdn4
>>272
イヤッホォオウゥゥゥゥゥゥ!

277 :名無しのオプ:2005/10/21(金) 14:51:51 ID:JPhSMH/G
「紫の傷」収録の「ゴーストトレイン」を読んで
赤川次郎「幽霊列車」へのオマージュ作品と思いましたが、
「眼の中の現場」は山田風太郎「眼中の悪魔」への
オマージュですかね?その他の作品もオマージュ作品?
詳しい方教えて下さいませ。

278 :名無しのオプ :2005/10/21(金) 22:08:42 ID:BeniE0DH
連城さんは作品についてインタビューで語らない人なので
分かりません

279 :名無しのオプ:2005/11/09(水) 22:56:50 ID:Gc93TXov
今「人間動物園」を読んでいるのだが、やっと
「となりのおばさんの飼っている犬」の意味がわかったよ。

280 :名無しのオプ :2005/11/13(日) 20:05:15 ID:MZS9TZiR
人間動物園の表紙が出ていました(272の告知通り文庫現在発売中)
ttp://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4575510440/

281 :名無しのオプ :2005/11/29(火) 18:28:14 ID:kBN8yeyj
>>277
法月が連城作品と山風作品との意外な共通点について語ってる解説を読んだことがある

282 :名無しのオプ:2005/12/08(木) 21:56:59 ID:JuqUsrbX
遅だけど、
>>277さんが挙げてる「眼の中の現場」(「紫の傷」所収)は、
アントニー・バークリーのメル欄と似てるとも思った。

283 :名無しのオプ:2005/12/12(月) 19:14:44 ID:u1bC8piO
「戻り川心中」光文社文庫で復刊されるってことは事は、やはり講談社版?

284 :名無しのオプ :2005/12/12(月) 21:06:06 ID:hIpR4yl1
>>283
そうでしょうね…(´・ω・`)
光文社は講談社の傘下なので復刊にもそちらを使うでしょうし
ハルキ文庫のシリーズに携わった人が再版してくれるならいいのですが

知らない人のためにソースはこちら
ttp://www.honya-town.co.jp/hst/HT/kinkan/bunko/02_b.html
ハルキ文庫版戻り川心中復刊投票ページ
ttp://www.fukkan.com/vote.php3?no=26224
黄昏のベルリン復刊投票ページ
ttp://www.fukkan.com/vote.php3?no=29793

285 :名無しのオプ:2005/12/21(水) 03:18:14 ID:/Jj/uSKz
モー娘。のミキティは、最近話題に上らんがな。
フィギュアのミキティは、3回も転倒して表彰台に乗れなかった。
我らのミキティは、最新作いつ出すの?

286 :名無しのオプ:2006/01/08(日) 15:59:56 ID:Jd4KQCiW
>>285
また入院してたりしてね・・・

287 :名無しのオプ:2006/01/11(水) 19:13:30 ID:xiexK5Ev
光文社文庫はやはりハルキのではなかったね。

288 :名無しのオプ :2006/01/11(水) 20:12:30 ID:oBGrPlRQ
「夕萩心中」も引き続いて復刊しますように。

あと、幾つか長編ものも再発しないかな…
地雷作としてあげられる少女とか増刷しそうな悪寒(((( ;゚Д゚)))

289 :名無しのオプ :2006/01/14(土) 23:26:15 ID:33nohtJU
戻り川心中光文社文庫版がホームページに載りました
ttp://www.kobunsha.com/book/detail/4-334-74000-6.html
(ご存知の通り、「菊の塵」「花緋文字」「夕萩心中」は未収録)
双葉社のページに新しくまとめられたページがあったので
人間動物園 双葉文庫
ttp://www.futabasha.co.jp/?isbn=4-575-51044-0

290 :名無しのオプ:2006/01/16(月) 00:58:25 ID:gfQCGG4W
『夜よ鼠たちのために』読了。
相変わらずすごい……

291 :名無しのオプ:2006/01/17(火) 03:59:06 ID:MX1cCF9f
既出だと思うがリスト入りする事は無いと思うので…
一応こういうのも全部抑えてる…

ttp://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4093947589/qid=1137437737/sr=1-2/ref=sr_1_2_2/249-5485723-7221144
ttp://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4062735814/qid=1137437855/sr=1-1/ref=sr_1_2_1/249-5485723-7221144

292 :名無しのオプ:2006/01/20(金) 22:58:20 ID:/cyGwSvw
ttp://blog.goo.ne.jp/pandiani/e/0f8995338e90a801e8256cdb580aae2b

思わぬところで思わぬ名前を見てふいた

293 :名無しのオプ :2006/01/20(金) 23:30:52 ID:V5+ca1Q2
>>292
全然関係ないけど、ちゃんと本になっているのに
雑誌連載されていた情報しか出てなくて(´・ω・`)
(収録作は日曜日と九つの短篇)

294 :名無しのオプ:2006/02/01(水) 14:48:21 ID:AqUJZbzh
恋文に収録―私の叔父さん―抜いた!!!最高☆彡

295 :名無しのオプ :2006/02/01(水) 15:28:31 ID:q8V0bLf3
613 :名無しのオプ :2006/02/01(水) 14:51:45 ID:AqUJZbzh
>611
洞窟で、カワイイ少女が、友だちを閉じこめていじめるところが最高☆彡

296 :名無しのオプ:2006/02/02(木) 12:10:43 ID:ayTx4Gt4
>>107
>>152
>>180
>>201
>>233
>>249
>>294

297 :名無しのオプ:2006/02/14(火) 17:32:04 ID:ye0/Uq3n
age

298 :名無しのオプ:2006/02/16(木) 21:34:37 ID:NakkMndY
「暗色コメディ」「変調二人羽織」「戻り川心中」「密やかな喪服」
「瓦斯灯」「夕萩心中」「運命の八分休符」読了した。
短編に外れがないけど、自分的には「暗色コメディ」が一番よかったかも。
最初に不可解な謎を連発するところにやられた。

現在「宵待草夜情」読んでるところ。
次は何がいいですかね?「夜鼠」がなかなか手に入んない……。

299 :名無しのオプ:2006/02/16(木) 23:20:17 ID:QU+Oh8uk
夜鼠は傑作

300 :名無しのオプ :2006/02/16(木) 23:27:34 ID:14/g3YtL
>>298
つ[図書館]
同じく夜よ鼠たち〜を薦めます

301 :名無しのオプ:2006/02/17(金) 01:25:22 ID:qVgm1Knu
5年ぐらい前はかなりの作家でほとんどの文庫が揃ってたんだけどな…
夜鼠はいいね…
直木賞候補作だっけ?
くれぐれもため息の時間だけは最後に読むように
ある程度連城三紀彦の世界がわかるとあ〜こういう恋愛の形もあるんだなって思えるから

302 :298:2006/02/17(金) 13:32:19 ID:sl9jnG1a
>>299-301
ありがとう。やはり「夜よ鼠たちのために」ですね。
図書館/古本屋で探索続けます。
手元にある「敗北への凱旋」は後にとっておこうかな。

303 :名無しのオプ:2006/02/18(土) 16:56:58 ID:ykirV9aV
ハルキ文庫
    戻り川心中 変調二人羽織 私という名の変奏曲
    夜よ鼠たちのために 宵待草夜情
新潮文庫
    どこまでも殺されて
講談社 
    夕萩心中  
以上、買い揃えましたが、まだ一冊も読んでません。他に読むものがありすぎて・・・
しかも、夕萩は、買わなくていいみたいだし。まあ気分が乗ったら読むとして
後は、恋文と暗色コメディを買う予定です。 

304 :名無しのオプ:2006/02/18(土) 18:03:02 ID:L7b+QLsM
戻り川心中 変調二人羽織
ってホントにハルキ文庫?
だとしたらウラヤマシス

305 :名無しのオプ:2006/02/18(土) 18:56:10 ID:ykirV9aV
>>304
本当です。でも、変調もだけど戻り川のハルキ版はほんとに見かけないですね。
自分が買ったのしか見たことないです。
ちなみに全部古本です。戻り川210円、変調360円、私という名の・夜よ鼠各300円、宵待・どこまでも殺されて・夕萩は各105円
と7冊で、1500円ぐらいだからなかなかいい買い物だったと思います。


306 :名無しのオプ:2006/02/18(土) 21:47:00 ID:6IIKDV6t
ハルキで復刊されたやつ全部古本屋で手にいれた。でもそれ以来あんま見ない。変調は特に

307 :名無しのオプ:2006/02/18(土) 22:13:13 ID:ohTkRBQY
あくまで私見だが、ハルキの入手難易度を考えてみた。

難) 戻り川>変調>夜鼠>変奏曲>宵待>敗北への凱旋>さざなみの家 
夜鼠、変奏あたりの順番は微妙かな。
まあ、どんなに入手難な物でも、見つかる時はあっけなく見つかるもんだからなぁ。

308 :名無しのオプ:2006/02/18(土) 22:25:01 ID:gWSWL8qr
>>303
>夕萩は、買わなくていいみたいだし

陽だまり課事件簿カワイソス

309 :名無しのオプ:2006/02/19(日) 00:23:54 ID:7IKSlNFx
>>308
全部カバーされてるわけじゃないのかぁ。まだ読んでないし、目次も見てなかったんで。

去年、古本屋で面白そうだなと思って戻り川買って、それからこのスレみて興味が出てきて他のも買い始めたんですよ。

310 :名無しのオプ:2006/02/19(日) 04:47:47 ID:KR8b8l+q
近くの店じゃ埃を被ったハルキが全部揃ってるけれど
無いとこには一冊も無いな
ブックオフでは敗北が腐るほどあるけれどなんでだろ

311 :名無しのオプ:2006/02/19(日) 18:58:12 ID:ZNMV+KS9
>ブックオフでは敗北が
連城について何も情報を持たない人ならば、とりあえず(ハルキの中で)一番ページ数が
少ないやつを手に取ったというのもあるかも。それで多くが読了後に「んなアホな」
って投げられたw 私的連城ランキングでは上位なんだけどなぁ

312 :名無しのオプ:2006/02/19(日) 19:42:06 ID:5UqzKgR2
いや、どう見ても在庫処分品がまとめて売られているのよ。
ハルキからの流出ではないかと。

313 :名無しのオプ:2006/02/19(日) 20:11:33 ID:nBA2REAW
amazonなら変調も戻り川も中古で出てるけど、定価以上だしな。
欲しいけどそこまでして買う価値あるかわからん。

314 :名無しのオプ:2006/02/19(日) 20:18:31 ID:nBA2REAW
あれ、戻り川2000円で出てたのが売れてる
買ったほうがよかったかな(´・ω・`)

315 :名無しのオプ :2006/02/20(月) 10:49:39 ID:IwwwBskN
>>314
待てばもう少し安値で見つかるからガンガレ
2000円以上して買うのはちょっと…
ブコフあたりなら講談社文庫版二冊で計200円だし

316 :名無しのオプ:2006/02/20(月) 16:24:37 ID:Msszds0I
戻り川は光文社ので我慢しろよ

317 :名無しのオプ:2006/02/20(月) 22:37:24 ID:6Un+Dgrx
増補完全版があるのが分かっていて、少ない版を買うのも抵抗があるよなあ。

318 :名無しのオプ:2006/02/25(土) 00:51:06 ID:tGXI+h4h
>>310
どこ?


319 :名無しのオプ:2006/02/25(土) 10:15:36 ID:cgd+yNnQ
講談社文庫版と新潮文庫版のを持ってれば
ハルキのはいりませんか?

320 :名無しのオプ :2006/02/26(日) 21:15:59 ID:Ydj/MYb2
>>319
両方の文庫全部持っているのならいらないかと

321 :名無しのオプ:2006/03/02(木) 05:14:35 ID:6ZAANRBl
「夜よ鼠たちのために」やっぱり見つかんない。ハルキも新潮もまだ出会えず。
仕方なく他を先に読んでる。

「敗北への凱旋」……暗号ムズカシス。”九つの花”のメロディーも連城さん自作?
              だったらすごい。頭で歌いながら読んでしまった。
「恋文」……面白い!”謎の解明”の鮮やかさは他の短編集以上かも。
「少女」……他の傑作短編集群と比べると、どうしてもひっくり返しが小技っぽい。
「私という名の変奏曲」……すごい!けど”○人”てのは多すぎな気もする。
                 眩暈感は強いけど、逆に真相に気づきやすいかも。
「恋文のおんなたち」……対談での存在感の薄さが気になる。

322 :名無しのオプ:2006/03/04(土) 13:09:37 ID:CpzpHYLH
すいません、質問あげさせていただきます。
某ブ×クオ×で購入したのですが、これは本物でしょうか?

http://n.pic.to/6zpr0

323 :名無しのオプ:2006/03/04(土) 14:48:52 ID:03r+RHwg
>322
本物の可能性はあると思うよ。
Bookoffでは、サイン入りは『傷モノ』扱いされるからな…。100円コーナーに置かれてることが度々あるらしい。
サインなんて、本物だと信じてなきゃ価値無しも同然。本物なんだと思っとけば?

何にせよ、ウラヤマシス。(´・ω・`)



324 :名無しのオプ:2006/03/04(土) 15:23:59 ID:CpzpHYLH
レスありがとうございました。周囲の人間に見せても1ピコキュリーも信じてくれないので、心が折れそうになっておりました。
傷モノ扱いなのですか…………

325 :名無しのオプ:2006/03/11(土) 17:38:34 ID:215a+nRF
amazonで、ハルキ版戻り川6,825円で売ってるぞ。いくらなんでも、高すぎだろ。

326 :名無しのオプ:2006/03/11(土) 20:18:22 ID:rRPOaJQC
俺もしゅぴーんしようかな5000円ぐらいで

327 :名無しのオプ:2006/03/12(日) 06:00:52 ID:j7bo3nrF
戻り川は廃版になったとはいえ郊外のちょっと大きめの本屋で手に入るし、
ブックオフで350円じゃなかったかな・・・。

私も3000円ぐらいで出そうかな・・・。

328 :名無しのオプ:2006/03/12(日) 20:23:34 ID:wOUhSvHJ
この度「戻り川心中」をブックオフにて100円で手に入れました。
ハードカバー本で程度が良かったので既に文庫本がありましたが買って
しまいました。
その店には「黄昏ベルリン」(文庫本)も100円で置いてありました。

329 :名無しのオプ:2006/03/13(月) 04:45:10 ID:Gc5e2zNi
ブックオフってのは3ヶ月売れないと100円棚送りになるの
100円で手に入れたからってなんなの?
地域差の問題だし今時連城なんか売れないんだから
100円コーナー送りなっても珍しくないだろうが
って書くと連城が売れないなんてあり得ないとか
時代錯誤の信者が沸くから黙ってよっと


330 :名無しのオプ:2006/03/13(月) 08:10:19 ID:vkTCX2sl
切れてるんですか?

331 :名無しのオプ:2006/03/14(火) 01:15:11 ID:XqEQGICq
やった〜
戻り川100円でGET!!
へへんっ、だ。

332 :名無しのオプ:2006/03/14(火) 11:12:59 ID:nnKqFnP3
「どこまでも殺されて」とかもなかなか見つからなかった
ていうか「夜鼠」「変調」は見かけたことすらない・・・

333 :名無しのオプ:2006/03/17(金) 20:39:15 ID:BBQkKHOH
全集出して欲しい。未収録作品も載せて。
…絶対無理だとは思うが。

334 :名無しのオプ:2006/03/17(金) 21:04:56 ID:SZRZzuB3
>>333
あー、それいいなー。
光文社あたりが文庫全集とかやってくれないかな。

335 :名無しのオプ:2006/03/18(土) 05:22:04 ID:VSnmz0FD
ハルキ文庫のラインナップは本当に素晴らしい。
なんでもっと本屋に置かないんだ。


講談社文庫も新潮文庫もあるのについ買ってしまった。
昔のは表紙がPP加工してないからボロボロなんだ。

336 :名無しのオプ:2006/03/18(土) 21:48:52 ID:+6jdC3Hy
>>335
俺も、既に講談社文庫とかで持っているのにハルキ文庫で揃えてしまったよ。
でも唯一、さざなみの家だけはあんまり面白くないんだが、これって
評判はどうなんだろうか?

337 :名無しのオプ :2006/03/18(土) 21:52:50 ID:agS/enyu
日下さんも何故ハルキ文庫から出版したんだろう…
光文社とか創元とかのほうが多く刷ってくれそうなイメージがある。

338 :名無しのオプ:2006/03/18(土) 23:11:17 ID:eGdzAqVE
ブックオフで揃えたものの、昔の作品故に日焼けが物凄いんだ…orz

339 :名無しのオプ:2006/03/19(日) 16:35:19 ID:aqpZn4Zv
文庫は目に付いた端から新刊・古本かまわず買ってるけど
棚に並べたときに出版社も版型もばらばらだから見た目がいまいちで…

340 :名無しのオプ:2006/03/19(日) 19:18:43 ID:wW0L+gcp
やっぱり背表紙揃ってると並べるだけで嬉しいよね

341 :名無しのオプ:2006/03/23(木) 18:14:37 ID:QOBAN1bO
文庫で連城しかも古本買ってるクズが連城語るな

342 :名無しのオプ:2006/03/23(木) 21:32:05 ID:NmW3BSQz
初連城
桔梗の宿と戻り川よかったです。

343 :名無しのオプ:2006/03/23(木) 22:06:38 ID:9s97ObQ3
>341絶版中の連城作品を新品で手に入れる方法を教えていただけますか??(>_<)



文庫で買おうが古本であろうが作品の価値は変わんねーよ。(゚Д゚)ゴルァ



344 :名無しのオプ:2006/03/24(金) 14:05:51 ID:jjVHOBWd
>>343
単行本が出た当時に買って読んでいる人間しか連城を語ってはいけないらしい

345 :名無しのオプ:2006/03/25(土) 00:42:10 ID:pPkGOSM2
>>344
それを言い出したら雑誌などに掲載された時に読んでいない奴は作品を語れなくなるよな
夏目漱石辺りはそろそろ誰も語れなくなりそうだ

好きな作家なら中古で買っても新品があれば買いたくなるもんだ
図書館と一緒で底辺拡大の為には中古も大事だよ
文庫も然り

346 :名無しのオプ:2006/04/12(水) 08:37:12 ID:cnskXCVA
age

347 :名無しのオプ:2006/04/12(水) 14:40:33 ID:LRtWJEcS
なぜかうちには瓦斯灯と宵待草夜情が2冊ずつある

348 :名無しのオプ:2006/04/16(日) 18:56:35 ID:8XEPCfZM
暗色コメディ読まれた方に質問なんですが、メール欄って説明されてました?

349 :名無しのオプ:2006/04/19(水) 14:52:19 ID:0S6yTGJA
隣のおばさんが飼ってる犬に夕食を奪われたからだっけ?

350 :名無しのオプ:2006/05/02(火) 13:20:20 ID:thUrBPzb
ハルキの戻り川をやっと見つけました。
桔梗の宿がよかった。
でも個人的に宵待草のほうが好きかも。

351 :名無しのオプ:2006/06/10(土) 00:12:56 ID:0S7hvs/f
初めてこのスレ見たんだけど、ハルキ文庫の戻り川って、そんなに希少なの?
おいらが唯一持ってる連城の本がそれなんだが……
普通に本屋で定価で買った。

352 :名無しのオプ :2006/06/10(土) 00:45:14 ID:WLmBFl9v
ハルキ文庫は刷る数少ない&書店でもあまり置かないし…
古本屋にあるときは他の何冊かと一緒に出てたりするんだけど
(ハルキの)山田正紀もそれで大量に買った

角川春樹が出所してからは再版とか無いんだろうな(´・ω・`)
他のコレクションも

今創元から再版してる同大学出の多島斗志之コレクションがウラヤマシス

353 :名無しのオプ:2006/06/10(土) 13:45:34 ID:zPQW2Ysq
なぜかハルキ文庫の中で連城コレクションは背表紙とかが焼けにくい。
山田正紀とかすぐ色が落ちる。

354 :名無しのオプ:2006/06/14(水) 21:09:24 ID:jlrF6cVa
>>350
俺も桔梗の宿は大好き。

355 :名無しのオプ:2006/07/02(日) 19:06:39 ID:ogMGmKum


356 :名無しのオプ:2006/07/02(日) 20:02:56 ID:ZceIuLDo
ハルキの 変調二人羽織、夜よ鼠たちのために、戻り川心中、宵待草夜情
の4冊に収録されてるのは、今となっては伝説的な傑作群だよね。
他の作家はもちろん、連城さん自身も、この四冊に入ってる作品を越えたものは、
その後ほとんど書けてないんじゃないかと思う。

ところでその四冊のうち、上でも書かれてるとおり、戻り川だけは本当に少なく、
古本屋でもめったに見当たらないな。

357 :名無しのオプ:2006/07/02(日) 20:56:28 ID:prGYuPJS
戻り川しか古本屋で見たことない。
宵待は地方の新刊書店で買えたが、あとの二つはブックオフを何件か当たってみたもののかすりもしない。
ネットで買うのも面倒だし、図書館には置いてない。
復刊しねえかなあ。

358 :名無しのオプ:2006/07/03(月) 09:28:06 ID:o0I/rZFW
>>356
戻り川しか目を通してないから、その三冊も見てみるよ。サンクス。

359 :名無しのオプ:2006/07/04(火) 01:40:56 ID:C3iqSax9
>>356の四冊以外に収録されてる短編で、その四冊収録モノに匹敵する短編があったら
教えてくれませんか?

自分もとりあえずひとつ
「親愛なるエス君へ」(『瓦斯灯』講談社文庫)

360 :名無しのオプ:2006/07/04(火) 07:37:17 ID:RZaYS3Rn
漏れもいっこ
「喜劇女優」(『美女』集英社文庫)
超絶技巧の大傑作

361 :名無しのオプ:2006/07/04(火) 10:00:04 ID:9bIEYM2E
傑作ではないと思うけど、『運命の八分休符』は好きなんだよな。

362 :名無しのオプ:2006/07/05(水) 23:42:34 ID:/UDZ1+Gw
「私のおじさん」だろう。
ダイイングメッセージものとしても秀逸。

363 :名無しのオプ:2006/07/07(金) 10:47:57 ID:OkSWVxeK
俺も私のおじさんでは何度もしこった

364 :名無しのオプ :2006/07/07(金) 11:18:40 ID:bjiNdQNN
今更文庫化されていることに気付いたorz

夏の最後の薔薇→文庫化でタイトル変更
嘘は罪
ttp://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4167420155/

365 :名無しのオプ:2006/07/08(土) 13:54:51 ID:F5qezWXm
短編…『顔のない肖像画』
話は良くあるかもしれないけれど、読み応えがあって改めてうまいと思う。

366 :名無しのオプ:2006/07/08(土) 15:21:19 ID:DxZrV/JK
親愛なるエス君は、真相自体はとんでもないけど、ストーリー展開の
リアリティはなあ・・・
いや、ああいう趣味の人間がいるっていう設定はかまわないけど、
普通、目の前であんなことした奴がいたら(メル欄1)…よ。
だって、ほっといたって(メル欄2)だもん。

367 :名無しのオプ:2006/08/02(水) 03:30:07 ID:o1g7mnEp
age

368 :名無しのオプ:2006/08/05(土) 12:36:55 ID:V7mdivwC
「この文庫が凄い!」で戻り川が10位圏内だったので
記念にわたしのおぢさんで激しくシコったらいっぱい出た^^;

369 :名無しのオプ :2006/08/05(土) 16:03:26 ID:85hTfGct
しつこい

370 :名無しのオプ:2006/08/06(日) 14:16:42 ID:9njS0V1S
>>368
あははは、ウソばっかり

371 :名無しのオプ:2006/08/18(金) 02:05:05 ID:LEbvMxYD
暗色コメディ読んだ。普通に面白かったな。
真相を知ったときのやられた感はあまりなかったが、
途中までのクラクラするような展開を無理なくまとめ切ってるのが良い。
次に私という名の変奏曲を読み始めたが、これもかなり面白そうだ。

372 :名無しのオプ :2006/08/18(金) 15:01:00 ID:kqpsfmBs
暗色コメディだけ北川歩実みたいで読んだときびっくりした
結構書かれたのは昔なのにもうこういう路線のものはあったんだ…と

373 :名無しのオプ:2006/08/18(金) 23:14:22 ID:umgSRb/G
「喜劇女優」読了
さらに花葬シリーズ「花緋文字」も読了

なんつーか・・・すごいね。前者なんて、ミステリの域を超えて、
ほとんど幻想文学。
それに両方とも、長編でやるようなネタを、ぎゅうぎゅうに詰めて短編に
している感じ。
実際、長編だと、喜劇女優は井上夢人の(メル欄1)、
花緋文字は赤川次郎の(メル欄2)に似ていると思った。

374 :名無しのオプ:2006/08/22(火) 23:04:03 ID:u6g9SXxA
うちの周辺のブックオフを4軒ほど車で周ったら、
ここで入手難と書かれてた作品全部集まったよ。
これから少しずつ読んでいく予定。

375 :名無しのオプ:2006/08/25(金) 17:26:44 ID:IkqT9W3p
白光の文庫化ってまだ?

376 :名無しのオプ:2006/08/25(金) 18:50:37 ID:xpIVKIFL
人間動物園ってちょっと強引だったな
高木彬光の誘拐読んだ後に読んだから余計にしょぼく感じた

377 :名無しのオプ:2006/09/11(月) 01:53:20 ID:v+GqESHz
俺も隣のオバサンが飼ってる犬が実は人間で
人間だと思っていた人たちが実は犬猫だったという
叙述トリックは無理があると思ったけど抜いた

378 :名無しのオプ:2006/10/02(月) 05:29:30 ID:gXlN1/C8
2chでも評価の高い
桔梗の宿を読みましたが期待ハズレでした

379 :名無しのオプ:2006/10/03(火) 00:57:03 ID:ou0LvMVt
正直言って「人間動物園」には少々失望しました。

380 :名無しのオプ:2006/10/03(火) 01:47:31 ID:or0lUEMK
どのへんが?
ってネタバレになっちゃうか…

381 :名無しのオプ:2006/10/06(金) 18:08:57 ID:Msh1+xrt
>>378
期待したものが違ってたんだね。
あの圧倒的な美文を堪能できないとつまらないと思うよ、連城作品は。

382 :名無しのオプ :2006/10/06(金) 19:15:09 ID:sauz36as
同意
トリックがどうの、って言ったら無理のある作品も多いし(特に長編)…

紀伊国屋でこの文庫がすごいにランクインした商品を平積みしてたけど
売れ行きのほうはどうなんだろう(戻り川〜が第七位)。

383 :名無しのオプ:2006/10/07(土) 02:14:20 ID:+vuCxn5t
>>381-382
その後に表題作の
『戻り川心中』も読みましたが、ミステリ初心者の当方には・・・
評価の高い、この2作は経験つんでから再読したいと思います

384 :名無しのオプ:2006/10/24(火) 23:44:15 ID:PBUS3d5A
『戻り川心中』は傑作!

385 :名無しのオプ:2006/10/26(木) 19:30:57 ID:hNlofg/Z
おうろう

386 :名無しのオプ:2006/10/26(木) 23:51:36 ID:ta0tBrwH
オレも『戻り川』が頭一つ抜けていると思う派。
これが肌に合わない人は『宵待』もきっと駄目。
『戻り川』の時代設定が合わなかったというなら、
『夜鼠』や『変調』をお試しいただきたいが、
結局、話のひねり方や落とし方は似てるので、
それで駄目なら「連城」は相性が悪いということ。
『八分休符』は連城なりの実験作で、自分らしくない
作風を求めて書いた気がする。





387 :名無しのオプ :2006/10/27(金) 12:26:21 ID:tXOb0IxV
コメディとかドタバタっぽくしようとすると
文章が落語調になるのが好き。
もうそういう作品は書かないのかな

388 :名無しのオプ:2006/10/28(土) 01:22:40 ID:i2bLrOEU
俺も落語調の文体も好き。
”六助、そう言うと〜”みたいな感じのやつだよね。

使ったのは、八分休符、陽だまり課、消えた新幹線、だけかな。


389 :名無しのオプ:2006/10/29(日) 01:50:48 ID:lwp/WkBp
あまり期待せずに読んだ黄昏のベルリンめちゃ良かった。
ストーリーが面白いし文章も相変わらず綺麗だし。
長編では私という名の変奏曲を抜いて自分的には一番好きな作品になった。

390 :名無しのオプ:2006/10/29(日) 19:15:39 ID:YeZ+UlrC
『黄昏のベルリン』で冒頭と結末だけに登場するリタって結局何者なの?

391 :名無しのオプ:2006/11/02(木) 11:08:38 ID:M12M0EG8
ブッコフで「宵待草夜情」美品ゲッツ(σ・∀・)σ
「夜よ鼠ry」とていうのも欲しいなぁ。読んでみたい。

392 :名無しのオプ:2006/11/07(火) 17:58:31 ID:Kc6cWHGY
>>391
これから読めるあなたがうらやましい
頑張って探してくれ

393 :名無しのオプ:2006/11/17(金) 03:13:56 ID:E3m9lH+m
連城さんは沢山の賞を取っているのに、周りに知っている人がいない。
やっぱ山田みたいに口コミのほうが浸透しやすいんだろうけど、
高校生で連城の味が分かる猛者はあんまりいなそうだから無理か。

394 :名無しのオプ :2006/11/17(金) 12:01:22 ID:eRAPnlaf
以前「美女」だけ読んで微妙と言ってるブロガーがいたな
モッタイナス

395 :名無しのオプ:2006/11/17(金) 19:56:39 ID:pz65adGZ
連城さんって、マンガでいうと松本大洋や士郎正宗みたいに、
絵(美文)に気をとられて、ストーリーが把握しずらいタイプ。
じっくり集中して読めば分かるんだが、赤川次郎とかに慣れ過ぎてると、
すらすら読めないために、投げ出したくなるのも事実。

396 :名無しのオプ:2006/11/19(日) 02:44:20 ID:iAqRPxTO
しずらいってw

397 :名無しのオプ:2006/11/19(日) 05:52:16 ID:w0W4L0GS
>>396
連城さんって、マンガでいうと松本大洋や士郎正宗みたいに、
絵(美文)に気をとられて、ストーリーが把握しづらいタイプ。
じっくり集中して読めば分かるんだが、赤川次郎とかに慣れ過ぎてると、
すらすら読めないために、投げ出したくなるのも事実。

398 :名無しのオプ:2006/11/21(火) 15:14:35 ID:NaUaT0Wa
>>397
日本語の間違いを指摘しただけなんだけど

399 :名無しのオプ:2006/11/21(火) 20:13:59 ID:4jKBX6WC
>>397
美文の中に周到に罠を張り巡らせるのが連城作品。
読み手はその手がかりを拾うべく集中するのであって
>絵(美文)に気をとられて、ストーリーが把握しづらい
というのとは違うと思うが。

400 :名無しのオプ:2006/11/22(水) 04:52:20 ID:kq5mWfJL
漏れは手がかりなんて拾おうとして読んでない、「名探偵の掟」で
叩かれそうな読者だが、ストーリーが頭に入りにくいっていうのは確かにある。
美しい比喩や表現に気をとられて、えーと、この人は何をしてたんだっけ?と、
一瞬なる。
すごく集中して読めば大丈夫だけど、毎回そうはいかない。
逆に東野なんて味も素っ気もないが、簡潔な分、人物の行動が把握しやすい。

401 :名無しのオプ:2006/12/05(火) 17:02:27 ID:/erbYdg3
このスレ見て連城を本気で探す気になった。

っで、今日ブクオフ行って「戻り川」「夜鼠」「顔のない肖像」「恋文」「変二人」「暗コメ」
「夕萩」「明日過去」「黄ベル」「人間動物」をそれぞれ100円で買ってきました。

ハルキ文庫もあったけど表紙がイマイチだったのでパス(笑
特に「夜鼠」は新潮のがカッチョいい!

みなさま、ありがとうございました ^^/



402 :名無しのオプ :2006/12/05(火) 20:05:59 ID:txV2rvnN
うわ、モッタイナス
戻り川はハルキ文庫の方がシリーズ全部収録されてていいのに…

403 :名無しのオプ:2006/12/08(金) 20:20:38 ID:DTxBU6cB
「人間動物園」読了した。

初期の連城と比べると文章がバタ臭くなってる気がするけど、
最後まで読んで「やっぱり凄い」と唸ってしまいました。

これはオススメ!


404 :名無しのオプ:2006/12/08(金) 22:50:05 ID:vO4UPH73
>>403
文章に関しては俺もおもた。
やけにクドく感じたのは久しぶりの連城だったからかなあとも考えていたんだが、やっぱりクドく感じるよね。
どうも双葉(「紫の傷」「終章からの女」)のは文体があまりよろしくないような。偏見かしらん。

405 :名無しのオプ:2006/12/09(土) 02:22:53 ID:gzHD5orY
端役の警官が若奥さんに欲情する内面描写とか、何かの伏線かと思ったら、
何も無かったのには驚いた。

406 :名無しのオプ:2006/12/11(月) 17:06:59 ID:+OjPOcsd
夜よ鼠たちのために
GETした!!!
読みたかったから嬉しすぎ!!!

407 :名無しのオプ:2006/12/11(月) 18:10:08 ID:07jvMykb
オメー!

俺は一度に読むと勿体無いから、
他の作家の本読み終えた合間合間に
一遍ずつ読んでる>夜鼠


408 :名無しのオプ:2006/12/12(火) 18:31:03 ID:c/V/YIBn
夜よ鼠たちのために
読んでるけど
やっぱり、この人スゴいわ。

409 :名無しのオプ:2006/12/12(火) 20:02:01 ID:vMDieNZ+
収録作でどの作品がすごいと思った?

410 :名無しのオプ:2006/12/13(水) 11:34:57 ID:Wmb6v8LN
過去からの声と
夜よ鼠たちのためにかな?

411 :名無しのオプ:2007/01/09(火) 19:31:02 ID:rKsqoMPJ
「戻り川心中」光文社文庫読んだ

昔からずっと気になっていたけどスルーしてた作家だった
読後の印象は「すっげー面白れー」ってとこだな
だけど冷静になって考えて見ると全作動機が有りえねぇよ
懐古調の美文に騙されて「そーゆーことも有るかもな」って思わされるんだよなぁ


412 :名無しのオプ:2007/01/09(火) 20:14:10 ID:wXfOdUTd
「桔梗の宿」は実話を基にした話なので有りえなくはない

413 :名無しのオプ:2007/01/10(水) 18:34:43 ID:ajZZhGdF
「恋文」新潮文庫読んだ

「戻り川心中」が面白かったので花葬シリーズの残り「夕萩心中」を探したけど見つからず
仕方ないので「恋文」「少女」「明日という過去に」の三冊買って来た
このセレクションはどんなものなのだろう???
とりあえず「恋文」読んだけどミステリじゃなかったw
内容的には満足、最近の作家なら長編にするような話が5つはお得感が有る
今夜は「少女」でも読むか

 


414 :名無しのオプ:2007/01/10(水) 20:29:21 ID:T40kJrIr
>>413
「恋文」はミステリだと思うけどなあ。「私のおじさん」なんて
ダイイングメッセージものの名作だと思うよ。
恋愛小説の顔をしていても実はミステリという作品が多いと思う。
因みに「少女」は連城にしてはイマイチ。

415 :名無しのオプ:2007/01/10(水) 20:33:14 ID:aNPUc/kV
「戻り川心中」(ハルキ文庫)
「夜よ鼠たちのために」(新潮文庫)
「密やかな喪服」(講談社文庫)

各100円でゲットしました。どれから読もうかなぁ。

416 :名無しのオプ:2007/01/11(木) 18:49:25 ID:8vdPuPOZ
「少女」光文社文庫読んだ

うーん微妙
特に表題作はありえなさすぎて笑ってしまった
文体がキレイだからなんとか全部読んだけどどんどん方向性が戻り川から離れて来た
今度の週末大正っぽい作品を探して来る予定

417 :名無しのオプ:2007/01/11(木) 20:27:13 ID:r7IvkUZ3
>>416
少女は入手しやすいですが連城三紀彦の中では
最大級の地雷ですので・・・

他の作品で大正ものっぽいのは「宵待草夜情」

418 :名無しのオプ:2007/01/11(木) 21:10:45 ID:TDuIlXuc
「瓦斯灯」もどうぞ

419 :名無しのオプ:2007/01/11(木) 22:42:47 ID:9Wsfr/mE
>>413
俺も最初ミステリだと思って買ったw>恋文
確かに「私のおじさん」はミステリに似た「仕掛け」があって
印象に残ってるけど。

420 :名無しのオプ:2007/01/12(金) 19:18:15 ID:jcIrlkYg
「明日という過去に」幻冬舎文庫読んだ

初めて長編に挑戦、面白いじゃん
なにからなにまで嘘ばっか、すごいね、これ
連城さんって短編が得意なのかと思ってたけど長編もやるじゃん
明日休みなので古本屋めぐりして連城物漁って来るわw

421 :名無しのオプ:2007/01/12(金) 20:37:00 ID:t+9lqX18
「明日という過去に」は面白かったなあ。

文庫はあの解説さえなけりゃ、もっとよかったのに。

422 :名無しのオプ:2007/01/12(金) 21:03:24 ID:P4tzSpJD
それが嫌でわざわざ単行本を探し回った人がここにいますノ

423 :名無しのオプ:2007/01/13(土) 14:57:11 ID:7Tdf2zM7
「どこまでも殺されて」と「夜よ鼠たちのために」は大好きなんですけど、
「私という名の変奏曲」はいまいちでした。
トリックで驚けるものって、長編でほかにあるでしょうか?

424 :名無しのオプ:2007/01/13(土) 23:59:44 ID:Hi+36hBd
そもそもトリックを使って犯罪を行う話が少ないです。>>連城
暗色コメディも苦しいと言われていますし

>>416
ミステリ要素が弱く若干苦しいですが「落日の門」
二・ニ六事件がテーマ

425 :名無しのオプ:2007/01/14(日) 08:36:46 ID:WRt9dbz2
昨日俺の生活圏内の古本屋8軒回って連城漁って来た
「運命の八分休符」「宵待草夜情」「密やかな喪服」「人間動物園」の4冊
夜鼠はどこでも見かけなかった変調のハルキは見つけたんだけど喪服を買った後だったので
ダブりを嫌って買うのやめた、変奏曲は激しく汚れてたのでスルーした
連城もの以外にも20冊ほど買ってきたからぼちぼち読むつもり
これ以外で何かお勧め有ったら教えてちょ



426 :名無しのオプ:2007/01/15(月) 22:11:48 ID:IiTlihow
>>425
変調ハルキ版モッタイナス
解説法月綸太郎であることと、密やか〜未収録の作品は
もう連城三紀彦が書けなそうな話が多いだけに・・・

他だと「瓦斯灯(大正もの+密かに評価の高い親愛なるエス君へ収録)」と
「美女(大人の恋愛ミステリ短編集)」。

人間動物園は双葉文庫の方でしょうか?
もし単行本も買おうと思うなら「白光」もお薦め

427 :名無しのオプ:2007/01/18(木) 18:34:52 ID:vcwJ5i/y
「運命の八分休符」文春文庫読んだ
読む前から想像ついたけど、求めていた物と違ったw
ユーモアミステリって宣伝なんだけど、ユーモアなんて有ったかな??
現代物も大正物も構成は一緒なんだな、この人
トリックに関してはあんまりよくわからないほうなんで俺には向いてなかったよ
ところで大正物の長編は無いのかな??




428 :名無しのオプ:2007/01/18(木) 22:41:15 ID:nAAUo9Wi
>>427
この人に関してユーモア感と言われるものは
落語調の文体が多いので・・・

ノンミスなら「残紅」と「花塵」がありますが

429 :名無しのオプ:2007/01/19(金) 18:57:24 ID:nNGHfb1w
「密やかな喪服」講談社文庫読んだ

いきなり巻頭の「白い花」で「これこれこれっ」って思ったよ
こーゆーのが読みたかったんだよね
でも、その後新幹線で???となってしまったw
俺が気に入ったのは「ベイ・シティーに死す」と「黒髪」
なんか玉石混交って感じの本だったな

430 :名無しのオプ:2007/01/22(月) 19:13:20 ID:Tz6Atozh
私という名の変奏曲読んだんだけど、あれは叙述なの?
なんか違うような

431 :名無しのオプ:2007/01/22(月) 20:47:03 ID:LSdNobFf
連城作品の叙述ってアクロバティック過ぎるからな、時々。

432 :名無しのオプ:2007/01/25(木) 18:36:00 ID:cFHEJ9Bh
「変調二人羽織」講談社文庫読んだ

表題作は表紙の絵から大正っぽい物を予想したんだけど全然違った
主に「六花の印」をモチーフにした絵だったんだな
実はこの表題作だけ???って感じだった
他の4篇は気に入ったんだけど変調のよさがわからないんだよな
ってゆーか誰が犯人でどこに謎があるのかよく理解出来なかった
寝ぼけてて読み方悪かったんだろうけど読み返す気力もなく次に進んでしまったよw
うちの田舎で一番汚い古本屋で「変調」と「黄昏のベルリン」「敗北への凱旋」買ってきた
連城物後5作つん読になってる
今夜は「黄昏のベルリン」読む予定


433 :名無しのオプ:2007/01/25(木) 20:46:23 ID:X8Orjlmp
ようやく、ハルキ版「夜鼠」をゲッツ。
ありがとうブッコフ。

434 :名無しのオプ:2007/01/27(土) 13:40:27 ID:AyhLJSpO
「黄昏のベルリン」講談社文庫読んだ

全然改行がないのに場面がどんどん変って行くので眩暈がした
いらいらしながら読んでたら一章の最後で騙されていることに気付いた
活字でしか出来ないトリック・・・
もう一度最初から読み始めてやっと物語に入って行けた
面白いと云えば面白いんだけど、なんかハッタリっぽいな
相変わらず登場人物は嘘つきまくるから、これじゃぁどんな結末でもつけられるじゃねぇかって思ってしまった
当時流行ってたフォーサイスとかル・カレの衣装を着た連城ミステリって感じかな
リアルタイムで読んだらもっと面白かったかもしれないけど、今読むとちょっときつい
「瓦斯灯」の講談社文庫が時代小説の棚に有ったので買ってきた


435 :名無しのオプ:2007/01/27(土) 22:51:32 ID:5HmJ9vVv
登場人物に騙されるどころか作者の手のひらの上で踊ってるよw

436 :名無しのオプ:2007/01/30(火) 18:41:06 ID:QtBzSpXi
「瓦斯灯」講談社文庫読んだ

読む前から多分当たりだと思ってたけどやっぱり当たりだった
S君以外は全部面白かった、グロはちょっとどうもね
やっぱ連城さんは時代物の短編がいいな
現代物もいいの有るんだけどあえて連城じゃなくてもいいって思ってしまう
阿刀田さんとかもうまいでしょ
今、つん読に「宵待草」が有るんだけどこいつは当たりっぽいから後に残しておこうっと


437 :名無しのオプ :2007/01/31(水) 02:22:03 ID:Nskatlrc
最近の作品は登場人物の年齢が上がってるからどうも食指が動きにくいな

438 :名無しのオプ:2007/02/01(木) 21:40:19 ID:4oKPP4KN
「敗北への凱旋」講談社文庫読んだ

出だしは面白そうだったんだけど途中からつまらなくなって流し読みになった
暗号なんてどうでもいいよ、俺的には一番のはずれ
花が出てきたところまではよかったんだけどなぁ

439 :名無しのオプ:2007/02/02(金) 03:21:23 ID:0nM3IWpo
「幻影城の時代」に寄稿があるそうです。
もう品切れ状態ですが報告までに
>>438
でもそれが一番ハルキものの中で入手しやすいという・・・orz

440 :名無しのオプ:2007/02/13(火) 20:30:51 ID:Ke8Dw0TC
「私という名の変奏曲」双葉文庫読んだ

この前「敗北への凱旋」でつまづいたのでちょっと他の作家に浮気してた
長編はやめたほうがいいのかなって思ってたんだけど先に買ってあったから久しぶりに読んだ
出だしわりと面白くって序盤から物語に入って行けた
相変わらずリアリティーなんか全然ないんだけどこれは面白かったかな
嘘が少ないってことも関係してるのかな
プロットに不自然なところが少ないと思った
少なくとも第一章を書いた時に結末を考えて有った作品じゃないかなw

441 :名無しのオプ:2007/02/20(火) 19:13:26 ID:JbI8r2b7
「宵待草夜情」ハルキ文庫読んだ

時代物で手紙形式で花が出てきてって感じで面白いものが多かった
この短編集は好みに合いそうだったから飽きてくるまで残してたんだけどついに読んでしまったw
現在つんどくは「人間動物園」と「夜鼠」どっち先に読もうかなぁ
一時ミステリを離れてた時代の代表作ってゆーとどんな作品になるのかな
手紙体とか告白体とかで面白いものがあったら読んで見たいな
時代が大正で花や火や水が出てきたら最高だけどw

442 :名無しのオプ:2007/02/20(火) 20:10:49 ID:iS+6e67u
夜鼠はちょっとハードボイルドを意識した文体でおっ、と驚かせるものが多いと思う

ごめん人間動物園は読んでない_| ̄|○

443 :名無しのオプ:2007/02/20(火) 20:30:03 ID:NjqvCcLp
人間動物園は文体があんまり連城っぽくないかも。
でもまあ、あの文章によるアクロバティックは健在なので
平易な文体でやられた分、ショックが大きかったw

444 :名無しのオプ:2007/02/21(水) 17:51:15 ID:JHPHQxEo
>一時ミステリを離れてた時代の代表作ってゆーとどんな作品になるのかな

ブックオフまわると大抵あるのが「花堕ちる」「花塵」「飾り火」とかだったりしますね。
売れ行きでいったらやっぱり、こういうノンミスの作品の方が圧倒的に上なんでしょうかね。やっぱり。

>手紙体とか告白体とかで面白いものがあったら読んで見たいな

「紫の傷」収録の「落書きの家」は結構「やられた!」感があってお勧めです。
現代の女子高生が電話越しに友達に語りかけている、という告白体です。
まあ、「宵待草夜情」のノリとは全然違いますが・・・




445 :名無しのオプ:2007/02/21(水) 19:22:06 ID:M8hh/MUH
「夜よ鼠たちのために」新潮文庫読んだ

あれ?ハードボイルドじゃん、こういう文体の引き出しも有ったのね
連城本10冊以上読んで初めてこういう文体に当たったかな
8分休符とか新幹線の文体は拒否反応が有ったけどこれはいける
わりといいと思うんだけど、この手の文体は競争相手一杯いるからな
うまいけど、最高とまでは思わなかった
まぁ、読者ってゆーのは勝手なもんだなw
これでだいたい初期の有名どころは押さえたと思うんだけど
買えなかった物は夕萩ぐらいかな、がまんできなくなったら図書館で読むしかないな
>>444で紹介されてるのは分厚い本ばっかだったような・・・
どうも連城作品は俺には当たり外れが激しくて長いものはちょっと怖いかなw
今まで読んだところでは夕萩未読だけどやっぱり花葬シリーズが一番よかった
後は明日過去とかがお気に入り
連城さんって作家は戻り川の岳葉さんそのまんまなんじゃね?
うま過ぎて心がこもって無いように思われちゃうんだよな
こりゃぁ、心中事件でも起こすしかないんではって心配してしまう









446 :名無しのオプ:2007/02/21(水) 21:08:12 ID:GWRaybMl
>手紙体とか告白体とかで面白いものがあったら読んで見たいな

「明日という過去に」が二人の手紙のやりとりなんですけど、
すごすぎです。

447 :名無しのオプ:2007/02/21(水) 22:55:05 ID:c35VmPPC
>>446
最初は、ミステリじゃなく恋愛小説だと思ってたから
ノーマークだった。
俺は古本屋で100円で買ったんだが、そのとき以来この本を
売ってるのは見たことはない。新刊で売れてなかったんだろうか。

448 :名無しのオプ:2007/02/21(水) 23:03:41 ID:/Le7fEmT
あの文庫解説さえなければもう少しミステリとして売れたかもしれない・・・>>明日過去

449 :名無しのオプ:2007/02/22(木) 13:56:12 ID:Ari7lcfH
連城は本格ですか?

450 :名無しのオプ:2007/02/22(木) 18:37:03 ID:uXou9i8p
>>449
得意技は叙述ミステリ。
折原など連城に比べれば赤子、というくらい。

451 :名無しのオプ:2007/02/22(木) 18:51:37 ID:+WuOlNWv
「人間動物園」双葉文庫読んだ

この文体は好かんなって思いながら我慢して100ページまで読んだ
どっかで読んだ話じゃないかって思ったら昨日読んだ夜鼠の「過去からの声」と「夜鼠」に似たようなディテールが有ったばっかだと気付いた
たまたま読む順番がこうなったんだけどね
登場人物のキャラが書き込み不足で記号としか思えないのが辛かった
「男か女かもよくわからん」って思ってたら途中でそのまんまのセリフが出てきたのには笑ったけど・・・
最後まで無理して読んだけど何が起こってどこが面白いのか良くわからないまま終わってしまったなぁ
八分休符、新幹線に続いての俺にとっての地雷だったよ
この手の乾いた軽い文体はどうもいかん
やっぱ連城さんはじとっと湿った粘りつくような文体が一番しっくり来ると思うんだけど・・・
作家の書きたい物と読者の読みたいものってなかなか一致しないのかなぁ

452 :名無しのオプ:2007/02/22(木) 20:28:27 ID:ev3nuXlD
451さんが読んで無さそうなネチネチものw
短編集「紫の傷(双葉文庫)」
長編「白光(朝日新聞社)」
この二つがお薦めです

453 :名無しのオプ:2007/02/22(木) 20:49:39 ID:cXGh1I9Y
人間動物園で、端役の若い警官が奥さんに内心で欲情するシーンがあって、
あれって何か意味があるのかと思ったら、まったくなかった。
若い頃はミスリード以外はこういう無駄なことしなかったと思うけどな。

454 :名無しのオプ:2007/02/22(木) 20:54:08 ID:cXGh1I9Y
>>450
折原と連城の違いって何だろうな?
いや俺も連城の方が数段上だと思うんだが。やっぱり小説としての完成度かな?
こんな風に引っ掛けてみました、だけで終らないというか。
連城も「親愛なるエス君へ」みたいな、んなアホな!的なバカミスもあるんだが、
同じバカミスでも、折原より無茶をやる時も数段上w

455 :名無しのオプ:2007/02/22(木) 21:06:17 ID:uXou9i8p
>>454
完成度って言っちゃうとそこで終わっちゃう気もするんだけど
折原って3作読めば「ここが引っ掛け(のポイント)」ってわかっちゃう。
連城は引っ掛けに来るとわかっていながら(用心して読むにも関わらず)
気づいたときにはもう引っかかってるって感じ。
やっぱひと言で言っちゃうと余裕(引き出しの多さ)の差かなと。

456 :名無しのオプ:2007/02/23(金) 01:31:13 ID:0l4xRJrV
連城さんがすげえと思ったのは、ちょっとスレた読者(俺)が、
「ははあ、さてはこういうトリックか」と思った次の瞬間、
それを否定するような展開になったことが、これまで5〜6回ある。
うわ、こっちの心を読まれてる…と思って、びっくりさせられたよ。

たぶん連城さん自身が、まずパッと思いついた安易なオチを否定することによって、
退路を潰してるんだろうな。
だから読者も、じゃあ一体どういうオチなんだ、と、引き込まれる。

457 :名無しのオプ:2007/02/23(金) 11:04:32 ID:gXnD6G6r
れんじょう3の凄さはミステリー作家らしからぬ文章力にあると思う。
特に私という名の変奏曲と黄昏のベルリンが好き。
短編もうまいとは思うが長編のほうが文章力を堪能できるので好き。

458 :名無しのオプ:2007/02/23(金) 11:52:18 ID:43RgpVZU
俺は「私の叔父さん」が好きで何度も抜いた

459 :名無しのオプ:2007/02/23(金) 17:22:37 ID:/AL8wIyG
「戻り川心中」「変調二人羽織」「夜よ鼠たちのために」「敗北への凱旋」「黄昏のベルリン」。
本日ブックオフにて購入。すべて105円。
これから読むぞおおおおおおおおおおおお!

460 :名無しのオプ:2007/02/23(金) 18:11:21 ID:85nZ3rLd
taipei氏が「恋文」のレビュー書いてるな
ミステリとしも楽しめるらしいから、今度ブコフで買ってくる

>>454
「親愛なるエス君へ」って何に収録されてるの?

461 :名無しのオプ:2007/02/23(金) 18:32:52 ID:OQLvHIVJ
>>452
ツンドクが無くなったところで当分ご無沙汰しようかと思ってたんだけど
その2冊は古本屋でチェックすることにするw


462 :名無しのオプ:2007/02/23(金) 18:39:44 ID:5ppO90HC
>>460
瓦斯灯(講談社文庫)。
ハルキのコレクションに入らなかったのが本当に残念・・・

463 :名無しのオプ:2007/02/23(金) 19:39:16 ID:85nZ3rLd
>>462
サンクス
頑張って入手してみるよ

464 :名無しのオプ:2007/02/23(金) 19:40:56 ID:anWfAoxw
まあ「親愛なるエス君へ」はいわば時事ネタだしね…

465 :名無しのオプ:2007/02/24(土) 02:44:08 ID:LKvniSUY
連城って背筋がゾッとする文章もすごく上手に書けるんだよな。
この人に一度モダンホラーを書かせてみたい・・・

466 :名無しのオプ:2007/02/24(土) 02:45:25 ID:LKvniSUY
いやエス君はホラーに近いか。

でも幽霊とか、スーパーナチュラルを扱った作品って、一つでもあったっけ?

467 :名無しのオプ:2007/02/25(日) 04:30:56 ID:T2lAEjSu
「親愛なるエス君へ」に似た事件が現実で起こっていたのには驚いた

468 :名無しのオプ:2007/02/25(日) 08:56:32 ID:jRsGex49
>>467
小説のほうが先だったらすごいんだけどな

469 :名無しのオプ:2007/02/25(日) 16:02:01 ID:nhc5n4ra
リアルタイムで知ってる人以外には知名度低い事件なのか?

470 :名無しのオプ:2007/02/28(水) 00:42:29 ID:0C2kM9UB
>>468
いや、ウィキペディアで(メール欄)の項目を見てぞっとしたんだけど・・・

>>469
本が好きな人間なら知っているかも。
賞を取っているから。

471 :名無しのオプ:2007/03/04(日) 20:15:13 ID:4aAIE7j+
>>470
うはっ
これはそのまんま連城事件じゃないか・・・


472 :名無しのオプ:2007/03/13(火) 17:04:54 ID:Wx2qz6Xn
連城作品映画化おめでと!制作費500万円の自主制作だけど大杉漣主演とな。
http://www.walkerplus.com/movie/report/report4666.html

「棚の隅」は「日曜日と九つの短編」収録か・・・
誰かミステリ系の作品手がけないですかね?
「喜劇女優」とかアニメ化して欲しいですが。



473 :名無しのオプ:2007/03/13(火) 17:57:16 ID:YmAA3Apu
十六頁ほどしかないからブコフあたりでさらっと読めます>>棚の隅
昔駆け落ちした前の奥さんが主人公の玩具店に来て
古びた品物を買ってゆく話

ただ、過去若い男と逃げた元妻の役はもう少し年を取った女優さんに
演じてほしかったかな・・・若いってことは結構改変していそう

「喜劇〜」は世にものBLACK ROOM監督した人なら出来るかとw
(分からない人はYoutubeで↑を検索すると出てきます)

474 :名無しのオプ:2007/03/15(木) 19:29:50 ID:4w629Ao7
「花塵」講談社文庫読んだ
狭義のミステリではないが広義のミステリ性は認められる時代物恋愛小説
第一部はとても面白かった
時代は大正だし、適度に謎を散らしながらぐいぐい物語りに引き込まれて行った
でも、二部はどうもなぁ
うまいんだけど、人工的過ぎるような気がするんだよな
とか言いながらずいぶん読んでるんだけどねw

475 :名無しのオプ:2007/03/16(金) 05:36:51 ID:gTlGwqCA
この人の場合、人工的なのは歌舞伎とか能のような形式美だと思って読んだ方がいい。
俺も最初は人工的やなーと思ったけど、舞台演劇の小説化だと思ったら
気にならなくなったよ。
全然作風は違うけど、辻真先なんかもそんな感じがする。

476 :名無しのオプ:2007/03/16(金) 17:16:20 ID:X6+1FgAT
>>472-473
「喜劇女優」のアニメ化なんて企画があるとしたら、今敏あたりがやりそうだな。

477 :名無しのオプ:2007/03/16(金) 20:01:59 ID:4yQVY6St
連城は人工美を堪能する作家だと思ってたが

478 :名無しのオプ:2007/03/22(木) 22:19:23 ID:V3lLtePu
「どこまでも殺されて」双葉文庫読んだ
一人称の告白体で騙す気満々の導入部が最高
「明日過去」とかもわりと好きなんだけどこれもそんな感じで始った
その後すぐ恩田陸並みの学園ドラマテイストになったのはがっかり
最後まで告白体でやってほしかったなぁ
後、これは連城には珍しく最初から終わり方考えてあったみたいね
無理やりとってつけた騙しとは感じなかった
なんか最近は連城読んでぐだぐだ文句ばっか言ってる気がする
それもこれも
「絶対連城は傑作書いてるはずだし、俺はそれを読み逃してる」
ってついつい次の買っちゃうんだよな
文句言いながら
「どこまでも読み続けている僕がいる」
「いつまでも読み続けている僕がいる」
ってところかw


479 :名無しのオプ:2007/03/22(木) 22:42:25 ID:be9TXMUG
ツンデレ乙w
「紫の傷」読んでなかったらドゾー
表題作より他の短編のほうが出来良いけれど

480 :名無しのオプ:2007/03/23(金) 00:35:54 ID:tluVrpDq
どこまでも殺されては、トリックはいいけど、中盤から主人公が
いるだけ状態になって、女子高生が万能無敵キャラになっちゃうんだよな。
それもなんか人間味がなくて、何も根拠の無い推理マシンみたいな感じ。

481 :名無しのオプ:2007/03/23(金) 01:44:51 ID:SGn5A9hh
自分初心者で短編集「少女」読んだんだけど
このスレの人たちが言うほど酷くは無かったですよ。
他の作家にそんなに劣るとも思えないし。「他の作品に比べると」って感じなのかな?
でもあれで評価がイマイチならば自分は今まで
くだらん作家の本読んでたんだなあと鬱になりそう。
これから読んでいく連城作品にさらなる期待が膨らむ。

482 :名無しのオプ:2007/03/23(金) 01:59:26 ID:PVUfzz2u
官能小説とミステリーを合わせようとして
失敗したという感じ>>少女
光文社文庫で結構今でも書店に並んでいることも多いから
戻り川→少女の順で読んでしまう人がいないかと不安

483 :名無しのオプ:2007/03/24(土) 13:01:37 ID:hcugL+rv
>>482
「少女」はそれなりに面白かったぞ
連城の場合意欲的に取り組んでどうにもならなくなった失敗作いっぱい発表してる
「少女」でつまづくぐらいなら半数の著作でつまづくんじゃないか?


484 :名無しのオプ:2007/03/26(月) 16:05:33 ID:ijT9WcN8
ノンミスものでつまづいてますorz
どうしてもぬるくて物足りない感じがする
正妻と愛人が争うっていうのはいいんだけどw

485 :名無しのオプ:2007/03/27(火) 18:52:32 ID:kkPvYQWy
連城作品で躓いたものってないなー。
ストーリーがイマイチ「はあ?」でも、美文で充分酔える。

486 :名無しのオプ:2007/03/28(水) 03:48:19 ID:ATNSVSgo
連城の短編の映像化って少ないよな。
短編一本で二時間ドラマつくれそうな密度なんだが。
それも無理に引き伸ばさなくても出来そうな感じ。

487 :名無しのオプ:2007/03/28(水) 13:26:34 ID:aTIkktGQ
蓮城スレなんてあったんだ・・・懐かしい。
花葬シリーズにはまって、講談社版単行本を購入したのが始まり。
宵待草夜情には「恋わびて・・・」の歌を頼んでサインと一緒に書いてもらった。
本棚のどこかにあるのを、久々に探して読み返してみよう。

488 :名無しのオプ:2007/03/29(木) 00:32:06 ID:9mOiBz2i
>>486
夜の二乗をドラマ化した「夜の事情」再放送で見ましたが
前半定年退職する刑事vs若手エリートの対立場面ででかなりだらだら引きずってました
おかげで解決編が慌てて畳まれた感じが・・・

ドラマ検索データベースで見た84年の恋文、泉ピン子・下条アトム
(ウルルン滞在記、であった〜の人)・加賀まりこ(花より男子で松本潤の母親役)って
想像できないw

489 :名無しのオプ:2007/03/29(木) 00:34:02 ID:9mOiBz2i
ちなみにこちらがドラマ制作一覧です
ttp://www.qzc.co.jp/DORAMA_CGI/DORAMA1.exe?AFLG=&TARGET1=TITLE%2CNAME&KEY1=&MODE1=SYNONYM&TARGET2=CAST&KEY2=&MODE2=
SYNONYM&TARGET3=ENSHUTSU%2CPRODUCER%2CKIKAKU%2CSEISAKU%2CKYAKUHON%2CGENSAKU%2CART%2CTECNIQUE&KEY3=&MODE3=SYNONYM&TARGET4=ETC&KEY4=&MODE4=SYNONYM&TARGET5=GENSAKU&KEY5=%98A%8F%E9%8EO%8BI%95F&MODE5=SYNONYM&CHK=AND&ACTION=%8C%9F%8D%F5%82%F0%82%B7%82%E9
(アドレス欄にコピペしないと見られないかも・・・)

490 :名無しのオプ:2007/03/29(木) 21:02:16 ID:mCkJ9VV+
出張先のブックマーケットで「夕萩心中」「残紅」講談社文庫見つけて即ゲット
夕萩はずいぶん探したんだよねぇ、今夜から読みます


491 :名無しのオプ:2007/03/30(金) 19:17:34 ID:IYyJ2tzC
「夕萩心中」読んだ
花葬シリーズの残り三篇はどれも予想通り面白かった
特に表題作が気に入った
でも、戻り川と比べると10分の一も読まれてないんじゃないかなぁ
リアルタイムで追いかけてた人かハルキで買った人ぐらいしか読めないもんなぁ
読みたかった三篇楽しんだ後変なおまけが付いてたけど生理的に受け付けなかったw


492 :名無しのオプ:2007/04/02(月) 16:44:33 ID:LcsQRxYt
「私の叔父さん」はズリネタになるほどの作品かなって思って期待して読んだのですが・・
単なるここでのネタだったという事?信用してたのに・・・
それとも「私の叔父さん」て二つあるのですか?

493 :名無しのオプ:2007/04/02(月) 20:40:28 ID:MwCM47qn
俺未だに「夜よ鼠たちのために」のハルキ文庫版目にしたことがないんだが・・。
最高傑作が読めないってのは歯痒い・・。

494 :名無しのオプ:2007/04/02(月) 21:57:55 ID:OAv72eir
客がトロ喰いたいって言ってるのにコハダの仕事自慢するから売れなくなったんだよな


495 :名無しのオプ:2007/04/03(火) 09:27:09 ID:WpNHKk2q
本格ミステリマスターズは出ないの?
ド本格を期待しているんだけど。

496 :名無しのオプ:2007/04/03(火) 18:53:51 ID:Va/OWR8S
連城って作品集とか全集って無いの?

497 :名無しのオプ:2007/04/03(火) 21:35:11 ID:GZSs4oni
>>496
ハルキ文庫がそれっぽいくらい。

炎立つとか真珠婦人の脚本家の人と親しいらしいからそのつてで作ってもらいたいw

114 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)