5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

読んだことのないミステリを批評するスレ

1 :名無しのオプ:2005/06/04(土) 12:20:03 ID:JTKZxWgv
矢島誠/若桜木虔『新本陣殺人事件』

メル欄に死体を吸い込ませるという着想が素晴らしい。
読んでないけど。

2 :21歳OL ◆OMDcGeri9E :2005/06/04(土) 16:15:59 ID:Ad0r+aek
   /   _,,.-''゙/       ストレイト・クーガーが
  //,.-‐''"´,.-'゙:/     _,,..,     超良速で余裕の2Get!!
 <.r'゙___,,..'r":::/  ,..,__,.r'"ノ:::/ `ヽ.
  l、_,.-''゙、.r‐゙''┬'"::::j::::`´,-''、  l,
  '-、''j  〉!  |:::-‐'''"´:<  ゙l  l       ,.、--――--、   
   `j゙/‐'-、 '‐-、:::::::::::::`ヽ、_l._l  _,.、‐''",.:-‐‐'''‐=‐-、ヽ,    
     ´   ヾ、''゙´`'‐---、  r'-、/`''"::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/`   
         ヽ‐''‐-、゚ ゚ `'‐゙uulj:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l ―― 
              ``''‐、.__  `ヽ、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l     
               ,.-''":::::`ヽ、   `ヽ、::::::::::::::::::::::::::::::::,゙ ――  >
          __/  __/ `ヽ、    ``ヽ、:::::::::::::::::/      
           / ̄ ̄ ,.:-'" ―― `ヾ、-、  `'‐-、:;;/   ―― 
    ―――‐‐/――,.-'"___,,,,,..lヽ__  \::`''''‐-、/          
      三三' _,.-'"´` ̄、,.、,.、_ //゙:::l ― \_:::::::::`ヽ、=――       
       ヽ、‐''゙_,,.、-‐‐‐‐‐‐‐-、.i,i,r'"´`''‐-、 `ヽ、:::::::::\≡≡=―
           ̄  ―――――   `ヽ‐-、‐-ヽ、  `ヽ、::::::\
                ―――――    `'''''''゙―― \::::: ===―――――

3 :名無しのオプ:2005/06/05(日) 13:12:54 ID:wtmzkBwN
模倣犯
メイントリックが占星術のパクリとはいかがなものか。
読んでないけど

4 :名無しのオプ:2005/06/05(日) 15:55:48 ID:NLkvC8u0
おんもらきの瑕
すぐ真相わかっちまうし、ちょっと冗長すぎる。
読んでないけど

5 :名無しのオプ:2005/06/05(日) 16:33:10 ID:tUq0nyR5
星の牢獄
著者の新境地。
特殊ルールを使ったミステリは数多いが、その中でも頭一つ抜けてる気がする。
読んでないけど

6 :名無しのオプ:2005/06/05(日) 16:45:01 ID:v8MiUkN4
『匣の中の失楽』 竹本建治
密室=匣の中で、不倫=失楽園した熟年カップルが、
次々殺されていくという官能ミステリ。
若い著者のデビュー作ながらも、
その濃密な性描写が一部マニアに熱狂を持って迎えられた伝説の作品。
読んでないけど

7 :名無しのオプ:2005/06/05(日) 16:45:37 ID:J71MJM4D
魍霊の匣

最後に残ったのがケサランパサランでしたってちょっと苦しくないか?
読んでないけど。

8 :名無しのオプ:2005/06/05(日) 16:57:09 ID:J71MJM4D
愛は血を流して横たわる

「実は被害者は高橋ではなく福原だった」ってそりゃねえよ。
冒頭のセクースシーンで抜いた俺の立場はorz

9 :名無しのオプ:2005/06/05(日) 21:26:34 ID:wtmzkBwN
ドールリー・レーン4部作

XとYはともかく、Zのポーズで死んでいるのは無理があると思う。
読んでないけど。

10 :名無しのオプ:2005/06/05(日) 21:38:12 ID:J71MJM4D
「弥勒の掌」

結局全て弥勒様の手の中の出来事だったって…
いくら書けないからって中国の古典からパクるとは…
読んだけど

11 :名無しのオプ:2005/06/05(日) 21:40:34 ID:3HaB+RG4
占星術殺人事件

占いで事件を解決ってバカミスじゃねえか
それで納得する警察も警察だ
読んでないけど

12 :名無しのオプ:2005/06/05(日) 21:47:17 ID:kgcfZ329
『葉桜の季節に君を想うということ』
オチが綺麗過ぎたんじゃないかなー。
俺はあーいうオチ好きだけどさ。
映画にしたら綺麗なんじゃない?
桜が散って葉桜になるのをCGでやって、主人公がそれを見上げてる構図。

読んでないけど。

13 :名無しのオプ:2005/06/06(月) 12:38:07 ID:8h8IDRUJ
ハサミ男

一人称の「俺」(主人公)が、実は犯人のペット(カニ)だった
というのは、さすがに驚いた。

読んでないけど。

14 :名無しのオプ:2005/06/10(金) 17:47:06 ID:EkfZkeTH
「料理長が多すぎる」

いやー多いわ。読んでないけど。

15 :名無しのオプ:2005/06/10(金) 18:22:30 ID:VA95chSU
横溝正史「八つ墓村」

メイントリックが、八つの墓のどこに(メール欄)というのは、
ドイルのパクリで、古すぎて詰まらないよ。

16 :名無しのオプ:2005/06/10(金) 19:43:04 ID:sq/J/Xji
十角館の殺人

携帯電話使えよ。読んでないけど

17 :名無しのオプ:2005/06/10(金) 23:17:01 ID:MHolnzUm
清涼院流水『ジョーカー』
面白かったです。まさかあいつがジョーカーだったとは
しかもメル欄だったとは

18 :名無しのオプ:2005/06/10(金) 23:29:40 ID:DyvfEaWO
岡島二人 99%の誘拐
小指だけ残していくって残酷すぎ。
読んでないけど。

19 :名無しのオプ:2005/06/10(金) 23:36:53 ID:9djRk/3d
「木製の王子」
燃えちゃったじゃねーか

20 :名無しのオプ:2005/06/11(土) 11:43:14 ID:xhADWLNv
「長い家の殺人」

いやー長いわ。読んでないけど。

21 :名無しのオプ:2005/06/11(土) 12:03:25 ID:k+cYRKmg
「斜め屋敷の犯罪」

(´∩ω∩) ミテラレナス 。

22 :名無しのオプ:2005/06/11(土) 12:16:24 ID:xQgM31Xz
「北の夕鶴2/3の殺人」
鶴は美味いらしいけど、まだ食べたことがないので楽しみだ。
残りの1/3はお土産に包んどいてくれたまへ。

23 :名無しのオプ:2005/06/12(日) 22:54:51 ID:nzk0T+bi
十角館の殺人。あんなところまで人をどうやって吊り上げたのだろう・・?

24 :名無しのオプ:2005/06/13(月) 00:10:29 ID:ImzR/3WJ
十角館の殺人。どうやって相手のピストルの弾を抜き取ったのかな。

25 :名無しのオプ:2005/06/13(月) 00:21:56 ID:zaixn3st
十角館の殺人。
何で六角の間にだけ刺客がいなかったの?

26 :名無しのオプ:2005/06/13(月) 00:22:03 ID:0TYJvKdH
「動く家の殺人」、これハゲワロスWwwwWw
不遇の死を遂げた建築家の怨念が宿り、
意志を持った家が動き、建築家の無念を晴らす!!WWWW
前半が横溝風、後半がサイバーパンクでむちゃくちゃワラタWWw

読んでないけど。

27 :名無しのオプ:2005/06/13(月) 00:40:42 ID:fK9OcyqS
「十角館の殺人」
金角と銀角をひょうたんに吸い込んで殺すトリックはどうかと思った。
あからさまに銅角があやしかったけど
まさかパール角が犯人だったとは…

読んでないけど。

28 :名無しのオプ:2005/06/13(月) 00:59:38 ID:ojxknKzR
「白い家の殺人」
想像だけど、このトリックを使っても
そんなに漂白効果はないんじゃないかな?
作者は「洗剤革命」とかついつい通販で買ってしまうタイプとみた。

読んでないけど。

29 :名無しのオプ:2005/06/13(月) 03:04:59 ID:TA9HfkZm
桐野夏生「OUT」
セーフじゃん

読んでないけど。

30 :名無しのオプ:2005/06/13(月) 03:11:50 ID:TA9HfkZm
島田荘司「奇想、天を動かす」
天動きすぎ。

読んでないけど。

31 :名無しのオプ:2005/06/13(月) 05:14:50 ID:HXAr73Sm
クロフツ「樽」
犯人が樽の中に隠れてるってのはどうかと。

読んでないけど。

32 :名無しのオプ:2005/06/13(月) 11:26:42 ID:/HP3v8ld
「生首に聞いてみろ」
世界初の生首探偵・法月が、難事件、怪事件の数々を見事に解決してゆく連作集。
生首に聞けばピタリと当てる!ご存知2004年ミステリ界の話題を攫った傑作。

安楽椅子探偵ものの新境地を開いた面でも評価できるし、生首として生き続ける探偵、
という設定では、SFの古典的名作「ドウエル教授の首」を凌駕し、生首が腐敗する
までに事件を解決できるのか、というタイムリミットものとしての本格ミステリの面
では、山口雅也「生ける屍の死」を超えたといって過言ではない。

読んでないけど。

33 :名無しのオプ:2005/06/14(火) 11:01:32 ID:X7RODXl8
>>32
あれはチョンの生首培養萌えゲーに触発されただけだ。

読んでないけど。やってないけど。

34 :名無しのオプ:2005/06/14(火) 12:16:46 ID:F4fI4N/3
横溝「犬神家の一族」

・・・乱歩「ボク、犬神だの蛇神だの大嫌いだ」

これぞ、「読んだことのないミステリの批評」の最たるものでしょう。


35 :名無しのオプ:2005/06/14(火) 18:58:10 ID:QDbclRPU
「六枚のとんかつ」
カニバリズム猟奇ホラーの傑作。
殺した相手をとんかつに調理して客に食べさせる犯人の狂気が見事に描かれている。
五人の被害者が出た後、犯人がコロモをつけ自ら油鍋に飛び込むラストは圧巻。

読んでないけど。

36 :山猫:2005/06/16(木) 17:59:24 ID:f7xu9akt
破線のマリス・・・マリスって人が犯人だったのね。

37 :名無しのオプ:2005/06/16(木) 18:03:53 ID:OYn2qMyJ
「黒いトランク」
黒いトランクスを履いた男って伝えようとしたんだろうな、被害者は。

読んでないけど

38 :名無しのオプ:2005/06/16(木) 18:21:34 ID:ZCbnRuTE
「人形はなぜ殺される」
雛人形の顔を片っ端からナイフで刺した理由が(メール欄)と
いうのは納得できないね。謎々レベルじゃん。駄作。

読んでないけど。

39 :名無しのオプ:2005/06/16(木) 18:59:45 ID:lED6M9qu
「夜のフロスト」
「朝のフロスト」「昼のフロスト」に続く、フロスト3部作の完結編。
ラストで「おやすみ」といってベッドに入るフロストが、第1作の冒頭で
「おはよう」といってベッドから起きあがる場面につながるループ構成が秀逸。

読んでないけど。

40 :名無しのオプ:2005/06/16(木) 19:06:10 ID:lED6M9qu
「八百万の死にざま」
犯罪に巻き込まれ、命を落とした人々の屍(死にざま)を
延々描写した、屍体愛好者向けのマニアックかつカルトな1冊。
グロい描写の連続に、うんざりさせられてしまう。

読んでないけど。

41 :名無しのオプ:2005/06/16(木) 19:18:27 ID:PMICOas0
「θは遊んでくれたよ」新シリーズ第2弾。
「天空の城ラピュタ」をベースに、ヒロインシータが淫乱であるという
大胆設定のもと展開されるフリーセックス絵巻。
飛行石を駆使しての空中乱交パーティのクライマックスは圧巻の一言。
黒い夜空と白い女体のコントラストが織りなす幻想的雰囲気も美しい。
ヲタ臭さ全快で狂気に満ちているが、それを除けばかなりの良作。

読んでないけど。

42 :名無しのオプ:2005/06/16(木) 19:38:31 ID:tMayNexL
「捩れ屋敷の利鈍」
ていうか、トリックがあり得ない。メル欄なんてできるわけ無いじゃん
回転する館はいいとしても、ゴム膜のように伸びる素材で作られているってのはいかがなものか
位相幾何学とか持ち出してきてもまったく意味不明だわ

読んだこと無いけど

43 :名無しのオプ:2005/06/16(木) 19:47:35 ID:tMayNexL
「彩紋家事件」
清涼院流水にしてはスタンダードなミステリ
逆にスタンダードすぎて地の文が出まくりで読むのがつらかった。
まさかメ欄が犯人とは思わんかった

44 :名無しのオプ:2005/06/16(木) 19:47:52 ID:tMayNexL
読んだこと無いけど

45 :名無しのオプ:2005/06/16(木) 23:17:02 ID:2Xxhoqt0
「幽霊刑事」
成仏できずに人間界をさまよい悪さをする邪霊を成敗する霊界の刑事の話なんだけど、
なんか10年くらい前のオタク系の漫画にありそうな設定や展開だった。
邪霊の霊団と三途の川で武闘会を繰り広げちゃって、尚かつ味方も敵も美形率が高いってとこが
わりと最近の作品としてはちょっとイカレてるかな。

読んでない、ってかこれから読むんだけど。

46 :名無しのオプ:2005/06/17(金) 19:19:40 ID:2JjQlLDt
「クビキリサイクル」

衆人環視の中、自転車に乗ってる人の首を切るという謎は面白いと思った。
トリックもまあまあ。
でもタイトルはクビキリサイクリングが正しいんじゃないの?

読んだこと無いけど。

47 :名無しのオプ:2005/06/17(金) 22:58:22 ID:ZGwrCA3N
「クビシメロマンチスト」

自分で自分の首を絞めつつ完全犯罪を行う事に美学を持った犯人が格好良すぎる。
殺害現場に指紋をベタベタ残したり、
ダイイングメッセージとしてわざと自分の名前を書き残したりしつつも
天才的頭脳で他の容疑者を犯人に仕立て上げ、容疑から外れる様は見事、と言うしかない。
最終章で探偵役に向かって「オレが犯人だ!」と言い出してしまった時はどうなるかと思ったが
それでも犯行がバレずに完全犯罪を成し遂げるとは予想だにしなかった。

読んだこと無いけど。

48 :名無しのオプ:2005/06/18(土) 04:04:43 ID:GUyuNlx+
「クビツリハイスクール」

20XX年 自殺大国ニッポン。
樹海が死体で溢れ、山手線は5分に一度人身事故で停車する、そんな時代
「正しい自殺」を学ばせよう、という意図で創設された都立首吊高校が舞台。

あまりにも突飛な設定にリアル鬼ごっこを連想してしまうがこちらは本格派。
ある日、主人公が登校すると教室でクラスメイトが全員首を吊っていたという出だしからして衝撃的。
死んだ生徒は38人、しかし残された遺書は37通… 一人は殺されたのだ!
という論理展開は無理が感じられるかもしれないがこれも伏線だった事には驚いた。

読んだこと無いけど

49 :名無しのオプ:2005/06/18(土) 04:32:34 ID:C/BZ8DkD
「黙の部屋」

声を出したら負けという我慢比べを
延々描写するという有り得ない話だった。


50 :名無しのオプ:2005/06/18(土) 11:22:44 ID:HSCX1NCI
>>46-48
西尾維新って、すごくおもしろそうだな。


読まないけど。

51 :名無しのオプ:2005/06/18(土) 11:51:30 ID:VkxlqGkJ
『五匹の赤い鰊』と『赤い館の秘密』
どっちの方が赤いのか
読んでないからわからない。

でも『カディスの赤い星』には叶わなそうだ。
何となく。

52 :名無しのオプ:2005/06/18(土) 17:57:01 ID:Ob9mIB73
ありえないと思ったのが「照柿」。
美少女が柿を盗んだ悪餓鬼どもを10年以上もかけて一人づつ完全犯罪で
殺していくなんて、ありえねぇよ。


53 :名無しのオプ:2005/06/20(月) 00:04:47 ID:Gl4A/PEH
「半落ち」が秀逸。
大学入試で筆記だけ受かって面接で落ちるなんて可哀相すぎる。
読んでないけど。


54 :名無しのオプ:2005/06/20(月) 10:56:29 ID:TBiTWChF
>>53
それ、半分っつーか普通に落ちてるじゃんw

55 :名無しのオプ:2005/06/20(月) 13:40:42 ID:Lvv5RZJc
「探偵ガリレオ」

実在の人物ガリレオ・ガリレイを探偵役にした連作集という
アイディアが秀逸だね。
中世ヨーロッパの雰囲気も良く出ているし、何よりも巻末の
「ガリレオ最後の事件」、宗教裁判の席で「それでも地球は丸い」
と叫びながら、真犯人が時のローマ法王であることを指摘するラスト
は感涙ものだった。

読んでないけど。

56 :名無しのオプ:2005/06/20(月) 18:09:47 ID:QCZ1fQI+
動かぬ証拠

あんなに動かないとは驚いたwwwwww
少しは動けwwwwwwwwwwうぇwwwwwwwっうぇうぇうぇ

よんでないけど

57 :名無しのオプ:2005/06/20(月) 18:13:45 ID:kJQN9PJ3
『陰摩羅鬼の瑕』
駄目だね。京極はどんどん作品の質が落ちてる。
読んでないけど。

58 :名無しのオプ:2005/06/20(月) 18:32:20 ID:TCsB7fWj
「さむけ」

ジジイ病院行けよ

59 :名無しのオプ:2005/06/20(月) 22:20:36 ID:TBiTWChF
「秘密」

すごく面白い、という話だけはやたらと聞くが
読んだ人は内容を秘密にしなければならないという決まりがある為
誰に聞いてもその内容は判らない。
本の存在自体が都市伝説なのでは?という噂もある。

読んでないけど。

60 :名無しのオプ:2005/06/21(火) 00:42:53 ID:/tusEOoq
「すべてがFになる」

死んだと思っていた男たちが実は一人ずつ(メル欄)していたとは
さすがに気付かなかった。こういう叙述トリックもアリなんだな・・・
謎が解けてからようやくこの意味深いタイトルにハッと気付かされたよ。

読んでないけど。

61 :名無しのオプ:2005/06/21(火) 07:26:18 ID:gfhgRzRS
>>27 GO WEST

62 :名無しのオプ:2005/06/21(火) 17:56:07 ID:ZkR0NbHD
>61  おいらも思った。元ネタは「玄奘西域記」だっていうんだろ。

  ↑嘘です。「それ逝け三蔵法師」の間違い

63 :名無しのオプ:2005/06/21(火) 19:32:49 ID:d4C/X2th
「仮面よ、さらば」

やっぱりロージング仮面の正体はK津だったか。

読んでないけど。

64 :名無しのオプ:2005/06/21(火) 20:05:00 ID:29V8NatS
>>57
読んでなくとも当たってるところはすごい。

65 :名無しのオプ:2005/06/21(火) 22:12:22 ID:eRlb/zvm
>>55
うっわ凄ぇ読みてぇ

66 :名無しのオプ:2005/06/21(火) 23:40:15 ID:CuA3vumN
>>46-48
続編の批評も希望

読んでないけど。

67 :名無しのオプ:2005/06/22(水) 00:16:57 ID:QCBVfuME
「黒い仏」って、クロフツのパクりだろ?
黒 仏  クロ フツ って、タイトルまでそのまんまじゃん。

読んでないけど。

68 :名無しのオプ:2005/06/22(水) 01:45:56 ID:vwkoLa8Z
>>57
俺も読んでないけど、そんなこったろうと思っていたよ。

69 :名無しのオプ:2005/06/22(水) 11:59:13 ID:QE3rx7Qr
>>57
いや、京極の最高傑作だったよ。

読んでないけど。

70 :名無しのオプ:2005/06/23(木) 08:22:12 ID:nuGO9ge4
「ABC殺人事件」

クリスティーの代表作と言われることはある。面白かった。
文字が命を持つ世界で起こった連続殺人という一見ファンタジックな設定を扱いながら、
各アルファベットが世界(当時)を風刺しているというのが素晴らしい。
そして犯人の意外性も良かった。ただ1つだけ難点を上げるなら、
メインのトリック(目欄ね)が頭の体操レベルなのはいかがなもんだろうか?

読んでないけど。

71 :>>66こんなんしか思いつかないorz:2005/06/23(木) 08:46:59 ID:nuGO9ge4
「ダブルダウン勘繰郎」

斬新なトリックとスポーツ界の闇を描いた作風で人気を博す期待の新人、西尾維新が今回挑むのはボクシング。
新人ボクサー、中村勘繰郎の初のタイトル戦は最終ラウンドでチャンピオンとの両者ノックアウトに終わった。
しかしチャンピオンは殺されていたことが判明、容疑を掛けられる勘繰郎だったが、実はチャンピオンは
絞殺されていたことが分かる。しかもなんと彼の胃の中からは溶けかけたカプセル入りの毒が!
ちょっと間抜けな新聞記者の美由紀と共に事件の謎を追う勘繰郎は、やがて過去の八百長事件を知る…

これがこの年のランキングにもかすらず、酔狂賞、直木賞の候補にも上がらなかったことが信じられない。
二転三転する内容は読者を飽きさせず、また念入りに取材を行ったと思わせるリアリティーも凄い。
出だしこそ岡嶋二人の某作を思い起こさせるが、はっきりいって内容は雲泥の差と言えよう。
(岡嶋ファンの方ごめんなさい)メール欄を残した(犯人からすれば、これは上手く隠せたはず)
という点が一箇所だけ気になるが、それは些細な傷に過ぎないだろう。
間違いなく現時点での西尾維新の最高傑作だ。

ま、読んでないんだけどな。

72 :名無しのオプ:2005/06/24(金) 12:15:18 ID:C8qzRCek
「斜め屋敷の犯罪」
屋敷傾きすぎ。

読んでないけど。

73 :名無しのオプ:2005/06/25(土) 22:24:47 ID:K0OL0AVi
ハサミ男

解説にネタばれがあるかもしれませんから、先に読まないことをお勧めします。
あるとは断言できません。読んでないから。

74 :名無しのオプ:2005/06/26(日) 02:43:05 ID:yv6WvP1K
「ハサミ男」

紙男を殺すまでの展開は良いが
宿敵・石男が登場してから歯が(刃が)立たなすぎて中弛み。
続編のナメクジ男もあまり期待できないと思う。

読んでないけど。

75 :名無しのオプ:2005/06/27(月) 19:42:04 ID:nUaqxasz
ハサミ男

はさみすぎ。読んでないけど。

76 :名無しのオプ:2005/06/27(月) 21:15:50 ID:OIhuh5of
>74 面白い・・・

「オーデュポンの祈り」
最初っからトリック分かってたよ
読んでないけど。

77 :名無しのオプ:2005/06/27(月) 21:32:47 ID:6tbLVDYi
「クビキリリサイクル」

天才西尾維新の最高傑作。
魅力的なキャラクター、衝撃のラストなど語るべきところは多いが
肝心の首切りトリックが、自身の旧作からの流用という点で評価が分かれる

読んでない…というか、タイトルが間違ってるけど。


78 :名無しのオプ:2005/06/27(月) 21:57:00 ID:fZhYj15w
>>77
間違っているタイトルが微妙にネタバレ

79 :名無しのオプ:2005/06/27(月) 23:52:09 ID:6tbLVDYi
「探偵ガリレオ」

実在の人物ガリレオ・ガリレイが探偵役のミステリ。
作者は、鯨統一郎。

80 :名無しのオプ:2005/06/28(火) 01:34:10 ID:BlHl2IO1
「サイコロジカル」

毎度おなじみお昼の番組「ごきげんよう」が本作の舞台。
殺人事件の容疑者三名をゲストに迎え
小堺一機の司会で事件を解決してゆく。
サイコロの目に出た内容の証言を必ずしなければならない
という絶対ルールを厳守した上で
いかに真犯人が自分の犯行を隠しとおせるか、という緊迫した展開が大変評価できる。

「あの日のアリバイ」略して「アノアリ〜(観客)」

81 :名無しのオプ:2005/06/28(火) 01:34:20 ID:BlHl2IO1
読んでないけど。

82 :名無しのオプ:2005/06/28(火) 02:02:18 ID:c++b1SHK
>>80
かなり読みたい!

83 :名無しのオプ:2005/06/28(火) 02:06:36 ID:WOgExMMQ
愛川晶「カレーライスは知っていた」

ある日、海岸をさまよっているところを保護された一人の男。
彼は過去の記憶を失っていた。名前はおろか、国籍さえも。
彼の身元を調べるため、様々な民族料理が並べられ…そして彼はその中で、カレーライスは知っていたのだった。

彼がインドで記憶を取り戻し、ガンジー暗殺の真相を語り始めるラストは圧巻。

読んでないけど。

84 :名無しのオプ:2005/06/28(火) 20:39:03 ID:flGhHOhH
>>80 誰か書け。たのむから。

85 :名無しのオプ:2005/06/28(火) 23:36:33 ID:4G5g0l/K
ウンベルト・エーコ「薔薇の名前」

ストーリーそっちのけで延々と薔薇の品種名が羅列してあるという、
従来のミステリの常識を覆す作品。
さりげなく盛り込まれた
「私はやってまセント・ジョン」や「犯人はお前ダム・ド・エトワール」
などといったギャグも秀逸。
読んでるこっちまでローズマリーな気分に浸れる優雅な小説だった。

読んでないけど。

86 :名無しのオプ:2005/06/29(水) 19:25:38 ID:62t+Lzmt
占星術殺人事件

タロット日美子が突然でてくるのはビックリした。
読んでないけど。

87 :名無しのオプ:2005/06/30(木) 06:19:17 ID:4CqdwKn7
○○殺人事件

・・・というタイトルを見た時点で、もう読む気がしないのは自分だけだろうか。

88 :名無しのオプ:2005/06/30(木) 14:07:11 ID:Ud8JREfk
タイトルに「△△に消えた女」「特急□□」他、地名が入ったものは須く
ミステリと呼ぶべきではない。
読んだことないけど。

ただし国名は別。

89 :名無しのオプ:2005/06/30(木) 20:35:09 ID:nTx6Br26
28 :名無しのオプ:03/04/27 21:08
クリスティーは個人的にはミステリと認めない。
読んだことないけど。


90 :名無しのオプ:2005/07/03(日) 20:11:54 ID:8Ci9RQWC
『コズミック』

まだ読んでいないが、各書評を読み
「これは傑作に違いない!」と今からワクワクしている。

91 :名無しのオプ:2005/07/04(月) 18:59:27 ID:RRUFGaiS
「美濃牛」

まさかの一人称「半牛人」ことミノタウロは名探偵
の出現によって最上級の霜降りになる。
牛と人間の狭間をいくミノタウロに架された運命は|?

92 :名無しのオプ:2005/07/04(月) 21:22:23 ID:IJOZRfvN
>>91
おまい実は読んだだろ

93 :名無しのオプ:2005/07/05(火) 00:02:14 ID:8ZXUc7lw
「鬼面館の殺人」
鬼面収集家の館で起こる狂気の殺人劇!!
鬼面を付けたまま素顔を見せぬ主人、招かれざる客たち、嵐に閉ざされた館!
次々に殺害される住人たちの死体のそばにはいつも一つの鬼面が落ちていた!
その意図は? 動機は? 犯人は一体誰なのか?
居合わせた探偵鹿谷門実と河南孝明の捜査をあざ笑うように繰り返される連続殺人!
館と鬼面に秘められた30年の呪いが発動するまでに
鹿谷たちは鬼面の謎を解き、この悪夢に終止符を打つことが出来るのか!?


読んでないけど。
まだ出てないけど。たぶん1行も書かれてないけど。
こんな話はやめてね、アーヤ。

94 :名無しのオプ:2005/07/05(火) 19:14:10 ID:vWWmfwQV
>>93
最後館が崩壊しちゃうんだよね

読んだことないけど

95 :名無しのオプ:2005/07/05(火) 23:50:22 ID:2vk1YGGC
<<92
すみません読みました。

「清涼院流水」
人間技とは思われない文章が圧巻!
きもいスタイルを頑なに誇示した日本の先駆者。
薄っぺらい文章を厚い本にする技術に掛けては芸術の域に達している。
本人は宗教を立ち上げたいが、その余力はもう・・・リュースイ!

「コズミック」100ページ位しか読んだ事ないけど。



96 :名無しのオプ:2005/07/06(水) 14:48:52 ID:XjVOk+MC
「サンタクロースのせいにしよう」

世界初のミステリ、E・A・ポオ「モルグ街の殺人」の別の解決法に挑んだ問題作。
窓ではなくて、煙突に着目した点が秀逸。
あの狭い煙突から出入りした犯人とは・・・、って、題名でバレバレじゃんw

読んだことないけど。

97 :名無しのオプ:2005/07/06(水) 20:26:33 ID:Ze9CzFB/
>>95
おおっ!あたっとる!
・・・一作品100ページ読めばすべて見通せるってこと?

98 :名無しのオプ:2005/07/08(金) 20:05:34 ID:7YTcVuol
>>97
おー当っているのかー。
清涼院の本「コズミック」だけしか読まなくてよかったー。
こいつの他の本を読まない分だけ時間を節約できたよ。

99 :名無しのオプ:2005/07/08(金) 23:37:49 ID:mxaTLbKD
>>96
それは前半部分だけの話だね。
後半は一転サンタクロースのせいにされた冤罪をはらすため
相棒のトナカイが真相を追う物語になる。
死刑執行との兼ね合いのサスペンスが秀逸。


読んでないけど。


100 :名無しのオプ:2005/07/09(土) 02:03:12 ID:imk2q2sz
「殺戮に至る病」

最近願いかなって13階段を上った方の自伝的小説
なぞ解きもへったくれもない全くの自己本位的な内容

読んでないけど

101 :名無しのオプ:2005/07/09(土) 19:09:17 ID:l90FoeKv
「十津川警部の挑戦」

昇進試験も大変だね
読んでないけど

102 :名無しのオプ:2005/07/09(土) 19:36:04 ID:yxIKuo3u
「斜め屋敷の犯罪」
内容を一部抜粋しましょう。
読んでないけど。


> 581 名前: [sage] 投稿日: 2005/05/17(火) 20:58:42 ID:MNPEshs+
> 漢字弄くっているうちに
> 斜め顔のギコが出来ました
>
>    。
>    々゚


> 584 名前: [sage] 投稿日: 2005/05/17(火) 21:00:48 ID:MJ9xvBOH
>    /|,,,/|
>    |。   )
>    |々゚ノ <ゴルァ

103 :名無しのオプ:2005/07/10(日) 19:28:24 ID:SMaME44W
「秘密」東野圭吾

日本推理協会から非難轟々の問題作だろ
確か誰がズラかばらしてるんだよな
ミス板でも常連のハゲもいれば、意外なアノ人もハゲと知って驚いた。

読んだこと(ry

104 :名無しのオプ:2005/07/10(日) 22:34:54 ID:92I9kLlD
674 :名無しのオプ:04/06/16 22:34 ID:Vjg1Oldn
哲学者の密室というタイトルに感動した
読んでないけど


105 :名無しのオプ:2005/07/10(日) 22:40:30 ID:4W2XJ61z
トニー・ケンリック「スカイジャック」

なんと地球をつつむ大気圏全体をジャックしてしまった
天才犯罪グループのおはなし。身代金は2千5百万ドル。
誰も払おうとしないオチが、シニカルな笑いを誘う。

読んでないけどな。

106 :名無しのオプ:2005/07/11(月) 12:24:14 ID:2Dua/VE5
浜尾四郎「殺人鬼」

名探偵だったはずの藤枝真太郎と相棒の小川が、夏のキャンプ場を舞台に、血で血を洗う
殺戮を繰り返す問題作。
気持ち悪さで読了できない読者が続出し、別の意味で難読といわれる「ドグラ・マグラ」、
「黒死館殺人事件」と肩を並べる、戦前には珍しいスプラッターホラーの一大奇書。

読んでないけど。

107 :名無しのオプ:2005/07/11(月) 21:20:46 ID:K6cHygfg
「すべてがFになる」

タイトルみただけでトリックが分かった時点でアウト。読んでも読まなくても。
って読んだんだけどね。

108 :名無しのオプ:2005/07/12(火) 13:54:29 ID:GuqR8DUD
「R.P.G」

スライムがあらわれた
コマンド?

読んで(ry

109 :名無しのオプ:2005/07/12(火) 15:41:30 ID:E7U5kvY7
「浦賀和宏殺人事件」
ミステリ作家浦賀和宏が殺された!
しかし容疑者も浦賀和宏、探偵も目撃者も浦賀和宏。
かくしてその中から本物を見いだすべく、真の著者の心酔するYMO知識を問う
「YMOカルトQ」大会が始まったのであった……!!

読んでないけど。


いや、本当は読んだけど。

110 :名無しのオプ:2005/07/13(水) 00:10:29 ID:imkh97uh
>>107
中二病にも程がある。

111 :名無しのオプ:2005/07/14(木) 13:37:27 ID:HXEEhvmX
「扉は閉ざされたまま」

岡嶋二人「そして扉は閉ざされた」の続編。
前作から18年、主人公の子供たちが「そして扉は・・・」の舞台を再び訪れる。
あのシェルターは、まだ閉まったままだった、というところで終わる、
しょーもない小説。
なお、文化財保護を訴える作者の情熱には一読の価値がある。

112 :名無しのオプ:2005/07/16(土) 02:58:59 ID:vJCg0zSb
「フクロウ男」

ドラクエの敵キャラの視点から見た異色ミステリ
やられたうえに金まで強奪されるひどい話

読んでないけど

113 :名無しのオプ:2005/07/16(土) 18:00:53 ID:QRp5+cWQ
「招かれざる客たちのビュッフェ」

ロワン・ディシー(フランス語で「この世の果て」)というフランス料理店が舞台の
シリーズ第一弾。理不尽なわがままなオーナーに従業員が振りまわされる様が面白い。
しかもこのオーナーがまた憎むに憎めない良いキャラだ。

どっちも読んでないけど。

114 :名無しのオプ:2005/07/19(火) 22:32:28 ID:NdjKZSko
原田宗典「スメル男」

怪人スルメ男は今日もゆくゆく、明日も行く。

最近都内では奇妙な事件が発生していた。
帰宅途中のOLやサラリーマンが体中の体液を抜き取られては命を奪われている。
一命をとりとめたものも中にはいたが、十分な証言は得られず、いずれもその姿はなぞに包まれていた。

検事三河兵事はこれをスルメ男の仕業と断定。緊急逮捕を行う。
しかし、彼は犯人ではなかった。
そもそもスルメは水分を嫌う。人間から水分を奪い取るなんて事はするはずがないのだ。

マスコミはこの誤認逮捕を騒ぎ立て、犯人に「ハサミ男」ならぬ「スメル男」という名をつけた。
犯行を疑われたスルメ男は、マスコミに紛らわしい名前をつけられた犯人探しに疾走する羽目になった。
犯人の行動を追う内にスルメ男は国家の巨大な陰謀に巻き込まれていくのだった……。

読んだことないね

115 :名無しのオプ:2005/07/20(水) 13:43:12 ID:hwamqF8V
山田悠介「リアル鬼ごっこ」

いやー期待したとおりの素晴らしい作品。
独創的で、確立された世界観。
個性的で、人間味あふれる登場人物たち。
そして何より文体が秀逸。どこか純文学的な香りもするよね。
後半のスリリングな展開は思わず手に汗握りましたよ。

まあ、読んだこと無いけど。

116 :名無しのオプ:2005/07/22(金) 03:03:25 ID:5PH6S8Fx
レベル7

ある風俗店、女の子は可愛い順にレベル1から6までいるんだが
伝説のレベル7と呼ばれる娘が一人だけいるらしい。
主人公であり風俗マニアでもある喪男がそんな噂を聞き
是非その娘と一発やりたいと思うところから話は始まる。
そのレベル7を指名するにはどうしたらいいのか。
また、その風俗嬢はどんな娘なのか。顔は。乳は。テクは。
レベル7だけが為し得るスペシャルサービスとは一体何なのか。

月に一度しか風俗に行けない貧乏な主人公の
妄想推理が延々と繰り広げられる第3章と
レベル7の秘密に近づいたために得体の知れぬ敵に追われる第5章は必見!

まあ、読んだことないけど。

117 :名無しのオプ:2005/08/03(水) 13:48:47 ID:SrkKz7d4
>>76
オーデュポンの祈りは、デュポン総裁の下に集う26人の戦士が、
犯罪に満ちた世界を救うために、悪の組織と戦うって話だよ。
戦士の名前は、エーデュポン、ビーデュポン、シーデュポン、、、、といるんだけど、
それが、ひとりずつ不可能状況で殺されていくのね。
んで、オーデュポンは祈ることによってその事件を解決するの。
祈りのひた向きさで全てを許容するオーデュポンの姿には涙。


118 :名無しのオプ:2005/08/03(水) 13:51:53 ID:SrkKz7d4
>>99
最後鼻を赤く光らせながら、叫ぶシーンは悪漢だよね。そうピカレスク


119 :名無しのオプ:2005/08/03(水) 14:03:30 ID:hw2NUYU6
>>117
ワロース

120 :名無しのオプ:2005/08/03(水) 14:41:19 ID:Ruom1zM6
あぁ、みんなで輪になって念ずるんだけど、赤ちゃんと三輪車しか帰れ
なかったってやつな。

121 :名無しのオプ:2005/08/03(水) 15:14:02 ID:DpchG/fB
教室が漂流しちゃうヤツだよ。

122 :名無しのオプ:2005/08/03(水) 15:42:52 ID:ac/pKST2
マイクハマーに伝言

ハマー16歳は、伝言やさん。今日も誰かのメッセージを他の誰かに届けます。
その過程で起こるちょっと変わった事件を描いた連作短編集。
恋に悩む女子高生や、生きることに疲れた中年男性に届くメッセージ。
その裏に潜む思いを優しく書き出す癒しのベストセラー。

よんでないけど

123 :名無しのオプ:2005/08/03(水) 19:55:43 ID:n4Egt3ad
ハサミ男

犯人は、バルタン星人と誤認させるために
大きなハサミを両手に持った姿の「影」を
わざと探偵に見せ付けていた。
多くの読者はミスリードされたと思う。


124 :名無しのオプ:2005/08/03(水) 23:36:56 ID:2yA05oxV
どうでもいいが「オーデュボン」だ

125 :名無しのオプ:2005/08/05(金) 02:14:13 ID:iZFGhZns
「鏡の中は日曜日」(ネタバレ有り)

主人公が覗いていたのは単なる鏡ではなく、パソコンのディスプレイだと
いうことが、最終章で明らかになる。主人公は鏡に映った人間を次々に
殺害していると吐露しているが、実は主人公はネット依存症で、あらゆる
チャットにまぎれては、仮想空間で殺人を繰り広げたつもりになっていた。
鏡の中は日曜日という題名は彼がニートであり、ネットに依存する限りは
毎日が日曜日であるという意味を持つ。
ラストシーン、警察が脅迫罪で主人公を逮捕する際の主人公の台詞は
いまも心に残っている。


126 :名無しのオプ:2005/08/09(火) 02:05:33 ID:RHwDxe4Z
あげますよ。


127 :名無しのオプ:2005/08/09(火) 14:34:44 ID:ukRCR4ML
こういう競馬ミステリーはいかがでしょう?

http://ao-2.at.webry.info/

128 :名無しのオプ:2005/08/09(火) 22:00:59 ID:My6CKft6
>>127
これは名作!!!
読んでないけど。

129 :名無しのオプ:2005/08/10(水) 17:19:12 ID:VID5vxuy
>>128
それアニメじゃん。せめてリンク先くらい読もうぜ

130 :名無しのオプ:2005/08/10(水) 21:25:36 ID:ioxIwHJ/
「リアル鬼ごっこ」
往年のディーンRクーンツかスティーブン・キングを彷彿させる、ホラー。
日本人でも、こんな作品を書ける作家がいたんだ!

逃げる主人公。
追いかけるモンスター。
この迫力!大傑作!

ただ、モンスターが荒唐無稽すぎ。強すぎ。
あと、殺されるのが白人ばっかりに偏りすぎ。

いくら鬼ごっこだからって、景品が安っぽすぎ。



131 :名無しのオプ:2005/08/26(金) 03:11:35 ID:p8KlW30e
ここ好きだから、保守上げる。


132 :名無しのオプ:2005/08/26(金) 09:14:20 ID:qMaGwx2X
「作家の犯行現場」
有栖川有栖が、古くは漱石が発狂したロンドンの下宿から、芥川龍之介の
自殺現場、渡辺温の電車事故現場、太宰治が入水した玉川上水、江戸川乱歩が
夜逃げした鳥羽造船所、小泉喜美子が転落死したバーの階段、東野圭吾が
渡辺淳一の・・・・を・・・・した銀座のクラブなど、様々な作家の「犯行現場」を
訪ねる、という異色のルポ。
中でも圧巻は、三島由紀夫が割腹自殺した市ヶ谷駐屯地を訪れた有栖川が、
自作に登場する火村と有栖の設定は、三島と森田必勝の関係そのままだと
告白する部分であろう。

読んだことないけど。

133 :名無しのオプ:2005/08/26(金) 22:41:00 ID:/NSP3LIS
「盤上の敵」 北村薫

あと一期「竜人」のタイトルを防衛すれば永世竜人の称号が得られる氷川清志。
将棋の歴史に永遠に刻まれる「初世竜人」、その座に執念を見せる氷川がある日思いついた必勝の一手・・・。
それは、挑戦者を殺害することだった。
衆人環視のなか行われる驚愕の殺害方法、
TVカメラが据えられた対局室という密室の中にありながら完璧なアリバイを持つ氷川竜人、
その竜人に挑む囲碁の本因坊・坂田十蔵。
互いに裏を、その裏の裏を、そのまた裏を読みあう神経戦。

将棋の名人と囲碁の名人の壮絶な戦いを描いた神経衰弱的心理戦の壮絶な一大叙事詩!
賭け将棋で生計を立てる真剣師の生き様(カッコいい!)、
天才少年たちの凌ぎ合い(切ない!)、
連盟の会長選に絡む人間模様(セコい!)、
詰め将棋で妹を失った神奈川県警の刑事(なんやそれ?)、
様々なドラマが織り成す、著者の代表作。

134 :名無しのオプ:2005/08/26(金) 23:42:19 ID:pkIUcHt5
「天使のナイフ」 薬丸 岳

オペラでの賛美歌の最中、人気カストラートの声がソロで2オクターブ高くなった瞬間、
灯りが消え、ついたときにはそのカストラートの首にはナイフが刺さっていた。
彼が最期の残した「テンシノナイフ・・・」の意味とは!?
事件とともにカストラートの歴史が語られる江戸川乱歩賞受賞作。

135 :名無しのオプ:2005/08/27(土) 08:00:20 ID:Wbgfe18W
「イニシエーション・ラブ」 乾くるみ

肥満体の髭面教祖が、洗脳によって若い女を次から次へと自分の欲望の餌食にする。
信者から巻きあげた金で、自分はばれないように好きなものを食い、好きなテレビを見る。
自分に批判的な相手は殺してしまう。
そんな自分勝手な教祖が活躍する第一部から一転、
第二部は洗脳された女性の教祖への一途な想いが暴走する様を描く。

いやー、最初は新堂冬樹 「カリスマ」のパクリかと思ったけど、後半の盛りあがりがすごいよ。


俺の去年のベストワン。
いや、読んでないけど。

つーか、実は読んだけど。


136 :名無しのオプ:2005/08/27(土) 10:06:43 ID:8fhHpclY
覆面作家は二人いる

主人公が、卒論のテーマに「エラリー作品」を選び
実は合作であることを解き明かすまでを描いたメタミステリ
著者近影の覆面写真はワラタ

読んでないけど。

137 :名無しのオプ:2005/08/27(土) 16:35:32 ID:Z1kj8hqY
>>135
読んでみたい

138 :名無しのオプ:2005/08/27(土) 18:29:17 ID:cwF1aJGK
「殺人方程式」

練習問題が多すぎるので、全部をこなそうとしないこと。
例題にざっと目を通して解法だけ暗記すれば、センター
試験対策には十分。

解説は詳しく、平易な文章でわかりやすく書いてあるため
数学アレルギーの人には特に一読を薦める。

読んでないけど。

139 :名無しのオプ:2005/08/27(土) 23:56:12 ID:zcLlUOIL
>>133
古畑任三郎の「汚れた王将」じゃん!

3行しか読んでないけど。

140 :名無しのオプ:2005/08/28(日) 14:28:25 ID:F7T0vGPX
>>46
「クビキリサイクル」
新潟県中頸城郡頸城村…ここで資源ゴミ回収業を営むうだつのあがらない社員が
回収品の中に使い方のよくわからない機械を見つけた。
その機械に取り付けられたダイヤルを回すと…

今は上越市頸城区になってしまつたが

141 :名無しのオプ:2005/08/28(日) 20:30:10 ID:28nsLApF
主人公カミーユの目を通して、戦争とは何かを問いかける、
社会派作品。本格好きにはお勧めできない。




「Zの悲劇」

読んでないけど。

142 :名無しのオプ:2005/08/29(月) 09:01:21 ID:PWhBxLJc
「天使のナイフ」 薬丸岳
オカマバーの天使、薬丸岳がカップルをナイフで刺しまくり。
これに毅然と立ち向かうもう一人の薬丸(花まるマーケット)。
薬丸対薬丸、最後に生き残るのはどっちだ!
衝撃のラスト!
乃南アサも絶叫!
定価20万

143 :名無しのオプ:2005/08/29(月) 09:19:18 ID:BCD8pKFC
>>140
僕がであった少女はこう言った。
「私、クビキを集めるのが好きなの。あなたのクビキ、私に頂戴。」
困惑する僕を尻目に、微笑を残してその場を去っていった―――
次に彼女と会ったとき、彼女は死んでいた。あのときの微笑を浮かべたまま。
果たしてクビキとは何なのか?少年から大人への階段を駆け上がるひと夏の物語。
「クビキ・リサイクル」

まあ、よんだことないけど

144 :名無しのオプ:2005/08/29(月) 18:44:57 ID:4CX8GKuD
>>142
確かにオカマっぽいな、あいつ。

145 :名無しのオプ:2005/08/30(火) 19:22:50 ID:vtMvnJTC
>>140
新潟県人乙。

146 :名無しのオプ:2005/09/05(月) 15:42:51 ID:ZrcBoaRI
「クロック城」殺人事件

人気俳優「クロック城」が、番組収録中に殺された。
現場に残された54枚ものダイイングメッセージを手がかりに
犯人を暴く、新感覚算数ミステリ。

読んでないけど。

147 :名無しのオプ:2005/09/12(月) 12:36:05 ID:wq/Fcp4r
歌野晶午「女王様と私」

HM卿はロリポップオタだ。無茶でもちろん毒舌。でも「ひきこもり」のわけがない。
週1でホワイトホールにも行くし、ディオゲネス・クラブにも月1で出かけてる。
今日もマスターズ警部と楽しいデートの予定だったんだ。あの「女王様」と出会うまでは…。

「葉桜・・・」「ジェシカ・・・」に続き、絶好調の歌野晶午がまたもやってくれた!
最新作がカーター・ディクスンのパスティーシュだとは誰が予想し得たであろうか?
しかもストーリーが更にスゴい!!女王陛下直々の依頼で、ロンドンで起きた小籠包に
よる毒殺事件の調査に乗り出す、というのだから・・・。
そして信じがたい驚愕が最後に待っている!何と舞台となっているロンドンとは英国では
なく、日本のキャバレーチェーンで、女王様とは、その店のSのホステス、しかもHMが、
ヒロシ・モリのイニシャルだった、という真相なのだから・・・。
叙述トリックの極北を極めた今年度ベスト1候補の一冊。

・・・読んだことないけど。

148 :名無しのオプ:2005/09/12(月) 18:25:53 ID:5iVx2mvF
>>147
読みてぇ・・・

149 :名無しのオプ:2005/09/19(月) 01:51:07 ID:ZjmB+I3J
「木星の王子」

サンテグジュベリの幻の遺作。
「星の王子様」の木星編。
麻耶雄嵩の訳が良い味を出してる。

って、「木星」じゃなくて「木製」じゃねーか。
読んでないのばればれ。


150 :名無しのオプ:2005/09/19(月) 15:01:33 ID:aNuqT3GJ
「Zの悲劇」

音響監督が自宅の書斎で殺された。机の上にはCVと書かれた小箱が…。
声優vs聾唖者。探偵が聾唖である皮肉をとことん昇華させた怪作。

読んだことないけど。

151 :名無しのオプ:2005/09/19(月) 20:15:48 ID:9+Aa13wc
クリスティ 「書斎の死体」

ミステリー板を荒しまわる下劣な男が死体で発見された。
被害者の嫌われ方は尋常ではなく、彼を知る者全員に動機があったといっても過言ではなかった。
やがて警察も捜査を断念し、事件は結局迷宮入りになる。

そんな作品だったら読んでみたいなあw

152 :名無しのオプ:2005/09/22(木) 14:26:45 ID:bww3Tmyk
「まだらの紐」

公爵夫人が犯人にまだらの紐で緊縛プレイされるシーンがものすごいエロい。
読んだことないけど。

153 :名無しのオプ:2005/10/05(水) 14:22:54 ID:5d24sLYO
「悪霊」

ドストエフスキー他、1世紀以上にわたって多数の作家によって書き続けられた、
世界ミステリ史上に残る傑作リレー小説。
主人公である稀代のニヒリスト・スタブローギンの苦悩の遍歴を綴ったドストエ
フスキーの後を受けた江戸川乱歩は、彼を精神分析に傾倒させ、降霊会の最中に
起きた謎の密室事件の探偵役に起用、後続の小栗虫太郎にバトンタッチした。
だが小栗は乱歩嫌いで、スタブローギンを社会主義者にしてしまい、その後を受けた
笹沢左保により、何を勘違いしたか、社会派推理小説になってしまう。
そのまま闇に埋もれるかに見えた「悪霊」だったが、1970年代に復活した横溝正史に
より完結編が執筆され、全ての登場人物が瀬戸内海の孤島に集結、遂に全ての謎が
解かれることとなった。だが「獄門島」のヒットにあやかろうとした編集部により、
題名を「悪霊島」と改悪されてしまった。

なお初刊本の表紙は、「宇宙戦艦ヤマト」のデザインで有名な「スタジオぬえ」が
担当し、「ぬえの描く絵は恐ろしい」は、その年の流行語大賞となった。
映画化もされて話題を呼び、主題歌は「ずうとるび」が歌っている。

・・・読んだことないけど。

154 :名無しのオプ:2005/10/09(日) 21:24:16 ID:LazhySa8
>>153
力作乙。

155 :名無しのオプ:2005/10/09(日) 22:46:56 ID:g5GameoQ
>>153
ずうとるび?
飯島真理じゃなかったっけ?
彼女の歌とともに警官隊が突入していくシーンは素晴らしい出来栄えだったぞ。
犯人が「デカルチャーーーーー!!!」と叫びながら死んでいくシーンも忘れられん。

156 :名無しのオプ:2005/10/18(火) 00:33:38 ID:Fa9urkwW
大沢在昌『ザ・ジョーカー』

まさか探偵が100人も出てくるなんて……

157 :名無しのオプ:2005/10/18(火) 19:18:51 ID:hniNQQLH
伊井圭「啄木鳥探偵處」

明治の歌人・石川啄木を探偵役に、そして友人の国語学者・金田一京助をワトソン役に
した点がとにかく秀逸な連作集。

「啄木は事件を解決するたびに、後世に残る短歌の名品を残した」というエピソードが
面白く、例えば、乱歩の短編「一枚の切符」に似た「一握の切符」では、死体移動・体重
偽装のトリックを見破って、「たわむれに母を背負いて・・・」の歌を残し、ノワール風の
「悲しきギャング」では、砂浜に埋められた死体の周辺にカニが群がっていたのが事件
解決の糸口となり、「東海の小島の磯の・・・」とまた一首。
またサイコ・ホラー物の「病院のMad」では、人を殺し続けることを自らの仕事と考えて
いる男が登場、彼をモデルに歌ったのが「はたらけど、はたらけど猶・・・」である。

その他にも、「砂の器」ばりに方言の意外性と犯人の鉄壁のアリバイに挑む短編では、事件
解決の端緒となった上野駅で「ふるさとの訛りなつかし・・・」と詠む。
そしてラストの「啄木最後の事件」。貧窮の中で死んでいった啄木の遺言で、相棒の金田一が、
啄木の故郷で起きた旧家の密室殺人事件に挑む。東北弁のおかげで「京助」の名が間違って
聞き取られ、似た別の名前と勘違いされたまま、後の或る名探偵のデビューとなった、という
ことは言わずもがなであろう。

・・・読んだことないけど。

158 :名無しのオプ:2005/10/18(火) 21:47:20 ID:3+PJZ7S2
>>157はまさしく傑作。


最後まで読んでないけど。

159 :名無しのオプ:2005/10/19(水) 00:21:19 ID:O9wOZEFS
ジョセフィン・テイ「フランチャイズ事件」

2004年、ライブドアと楽天が、新球団の本拠地を同じ仙台にすると発表した事件を描いた作品。

160 :名無しのオプ:2005/10/19(水) 01:33:36 ID:v4VMysUX
>>157
ちょっと読んでみたい。


161 :名無しのオプ:2005/10/19(水) 12:00:54 ID:oJT7JFTq
F・カサック「殺人交叉点」

青年実業家・伊勢省吾は、愛人を巡るゴタゴタから、過って妻を殺してしまった。
死体を永久に隠すべく、自動車のトランクに積んで奥多摩へと向かうが、新宿の
交差点でクルマから離れているうち、何故かトランクの死体は2人になっていた・・・。
二つの殺人が交差点で出会い、追い詰められる伊勢・・・。花田警部は執拗に
伊勢を追及するのだが・・・。

「叙述トリックの先駆的作品」との評判を聞いて期待しましたが、何のことは
ない、メール欄ってだけのこと。昭和30年代には、こういうのも叙述トリック
って言ったんですねえ。

・・・読んだことないけど、って言うか、タイトルとは別の作品を紹介してるけど。

162 :名無しのオプ:2005/10/21(金) 06:17:14 ID:KfxPYlDa
>>161
運命の十字路だかそんな感じのタイトルですよね。


163 :名無しのオプ:2005/10/24(月) 17:53:44 ID:vnRGOiQN
>>162
本文でわざと間違って紹介しているのは、
江戸川乱歩の戦後の長編「十字路」ですね。

164 :名無しのオプ:2005/10/28(金) 11:51:17 ID:ut4Tm0ao
「切断」

英国作家J・ポーターと黒川博行の合作ミステリ。
休暇で大阪を訪れたドーバー警部夫妻は、若手警官の自殺現場を目撃し、
否応なく事件に巻き込まれるハメに。大阪府警捜査一課の黒マメコンビと
ともに捜査を進めるに従って、大阪府警を牛耳る婦人会「馬場町一家」の
恐ろしい陰謀が明らかになってゆく・・・。

黒マメコンビに、ドーバー警部も加わってのドタバタぶりが楽しく、ドー
バー警部も、いつものセリフを「ええか、捜査の基本ちゅうのはな、ダンナ
がヤラれた場合、犯人は嫁はんに決まっとるがな!」と大阪弁でキメて
くれる。
下品なドーバー警部がすっかり大阪に馴染んで、いつものフィッシュ&
チップスの代わりにタコヤキ片手に大阪の街を走り回るのもおかしいが、
道頓堀川を眺めてテムズ川を思い出し涙するなど、ドーバーの意外な一面
にも触れている。
なお映画化の際、原題の「黒マメ」が「黒アメ」と誤植され、
「ブラック・レイン」というタイトルになってしまったことは有名。
出演は高倉健、マイケル・ダグラス。もちろん、あの松田優作の遺作と
なった作品である。

・・・読んだことないけど。

165 :名無しのオプ:2005/11/04(金) 19:14:06 ID:YwgKQ9jX
山田風太郎「十三角関係」


ある日主人公のもとに届いた、差出人の名がない一通の手紙。
そこにはただ一言「あいたい」と書かれていた。
主人公の脳裏に浮かんだのは、日本全国に散らばる12人の少女。
手紙を出したのは、そのうちの一人に違いない。

某バカゲー・・・もといギャルゲーの原作にもなった恋愛ミステリー。
なお続編では、主人公の葬式から始まるという衝撃の展開が!





読んだことないけど。

166 :名無しのオプ:2005/11/06(日) 23:46:03 ID:815AHBsC
>>165
犯人は仙台在住のりゅんりゅん言う生き物。

167 :名無しのオプ:2005/11/28(月) 09:06:45 ID:PXk71RCT
都筑道夫「ときめき砂絵」



今回の趣向は、ミステリーシミュレーション。
読者が下駄常となって、センセーやなめくじ長屋の面々に金や酒をプレゼントするなどして
好感度を上げていくというシステムは当時斬新であった。

最終目的が伝説の樹の下でセンセーの推理を聞くというのはいいのだが、
どうせならマイナーチェンジしてあるセガサターン版に挑戦してほしい。
下駄常が自ら推理をするという展開に持ち込め、大いに萌える。

168 :名無しのオプ:2005/11/29(火) 19:04:13 ID:FLSMqdBx
ゲームネタはつまらんからもう止めようよ


読んだことないけど。

169 :名無しのオプ:2005/11/29(火) 23:40:19 ID:pudvaSe/
>>168
すると「クリムゾンの迷宮」についての批評をするのはいけないと?



読んだことないけど。

170 :名無しのオプ:2005/12/31(土) 22:53:33 ID:KNMGmAUl
>>102でガイシュツだが、

島田荘司 『斜め屋敷の犯罪』

北海道の最北端、宗谷岬の高台に斜めに傾いて建つ西洋館。
主人の斜めギコが開いたパーティに招かれた人々は変わり者ばかり。
そこらにあるものは何でもモグモグ食べたり、盗んだバイクをほん投げたり、
医者を探したり、「ヒトハダメニナルンダ」と呟いたり、意味不明な踊りを踊ったり。
そんな異常な世界で発生する奇々怪々な殺人事件!
名探偵・御手洗潔の推理も鈍る・・・


読んでいないけど。


参考文献
http://ex13.2ch.net/test/read.cgi/gline/1131745143/l50
http://aa5.2ch.net/test/read.cgi/mona/1134466702/l50

171 :名無しのオプ:2006/01/01(日) 01:51:38 ID:odTVNALC
『犬神家の一族』
復員してきた素封家の当主息子は、顔に酷い傷を負っていたので戌の面をかぶります。
犬の本能に突き動かされる主人公、本能のままに躍動する様を悪漢小説さながらに描いた筆致がすばらしい。

読んでないけど

172 :名無しのオプ:2006/01/01(日) 04:32:07 ID:4ABe1s16
Yの悲劇
某国の皇太子妃が男子を産まないということで右翼に暗殺された事件。
皇太子はその後再婚するが、Y染色体DNAはとっくに自然淘汰されてたはずのものを
人為的に無理やり、生かしておいたもので生命力がなくなっており、
男子は生まれなかった。

173 :名無しのオプ:2006/03/11(土) 00:09:14 ID:5l0Euylq
小栗虫太郎『完全犯罪』



「完全犯罪にはいかなる場合においても下等犯罪のように凶器を使わないというのが掟ではなかったのかーーっ」
「時と場合によっては完全犯罪にも凶器を使うことがあるわい」
「う…裏切られた」

174 :名無しのオプ:2006/03/11(土) 20:19:21 ID:elB8EVYx
>>172,173

何で最後に「読んでないけど」
って付けないんだよ!

読んでないけど。


175 :名無しのオプ:2006/05/10(水) 22:59:51 ID:nXnCsICg
J・D・カー「パンチとジュディ」

英国情報部の上司であるH・M卿に呼び出され、
元ドイツ・スパイの老人の屋敷に潜入を命じられたパンチとジュディの二人。
その正体は誰なのか?

ジュディはジュディ・オングだとすぐにわかったが、パンチが上岡龍太郎というのはちょっとなあ。
確かに漫画トリオ時代の芸名は「横山パンチ」だったけどさ。


読んでいないけど。

176 :名無しのオプ:2006/05/27(土) 20:32:09 ID:FzdsLShy
ジョン「ビロードの悪魔」

基本設定そのものが既に本格ミステリの禁じ手でしょ。
そしてあえて禁じ手を使用して成功しているとも思えない作である。
悪魔が来りて、って本当に出て来てどうするって(w
せこいチャンバラも白けることこの上ないし、大デュマを読んで勉強し直して来い、
という感が強い。

読んでないけど。

177 :名無しのオプ:2006/06/27(火) 19:49:22 ID:VYN3OGe7
ジョン「三つの棺」

「密室講義」の章をスキップして初学者が読んでも十分に面白いものである。
作品全体としては、濃厚なオカルティズム、マジカルなバカトリック等ジョンの
特色が良く発揮された作であり推せる。

読んでないけど。

178 :名無しのオプ:2006/06/30(金) 23:43:29 ID:f2wLhse+
ジョン「墓場貸します」

ふざけた事を書くのはいい加減にしておけ。
あの「お前たちは空き盲目か!」という無理やりな人間消失トリックを読まされれば、
初学者は「ジョンって本物のアホ?」とか呆れてしまうのがオチである。

読んでないけど。

179 :名無しのオプ:2006/07/16(日) 21:01:43 ID:c9gxqt/F
ジョン「髑髏城」

傑作とか必読作というのには程遠いが、(俺のお気に入り作ではあるが)
「夏の一冊」ということなら「髑髏城」もいい。
後年の作にも頻出する人間落下ネタ、ストーリーそのものは「トホホ…」なものもあるが、
ライン河情緒も満載な涼し気な作。
しかし、この当時からライン下りの修学旅行があったとは軽い驚きである。

読んでないけど。

180 :名無しのオプ:2006/09/03(日) 20:06:49 ID:aFdWgRsB
ジョン「盲目の理髪師」

井上一夫訳は捨て難い魅力があるので、本作については新訳反対である。
ただし、007で知られた井上氏だけにジョン作品にしては粋過ぎる感はある。
特にジェニングスがいたずらにカッコ良い幕切れなど。

読んでないけど。

181 :名無しのオプ:2006/09/07(木) 19:33:23 ID:qBjaOjmg
ジョン「アラビアンナイトの殺人」

雰囲気良し、ボリューム的な読み応えも有りな作ではあるが、真相とされている
ギディオンの推理に疑問多々有りな作でもある。

読んでないけど。

182 :名無しのオプ:2006/10/06(金) 23:37:11 ID:22KohWpJ
ジョン「夜歩く」

俺の個人的な「ジョンこの1冊」は、処女長編「夜歩く」。
現在でも知名度があり、刊行当時のベストセラーではあるが、
ベスト作品に推す声は聞かない。
後年のジョンから見れば、まわりくどく拙い記述、強引なストーリー展開等
があるものの、本作には処女作のみにある新鮮さ、後のヘンリーもの、
ギディオンものにはないダークな雰囲気に何度読んでも魅せられてやまない。

読んでないけど。

183 :名無しのオプ:2006/10/07(土) 06:12:22 ID:AUzznkng
森博嗣「λに歯がない」

ラムダとラクダをかけたまでは良かったが、舞台が北国なのはいかがなものか。
設定のトリッキィさが事件そのものを馬鹿馬鹿しくさせている。
トリックもちょっと厳しい。普通、インプラントとイングランドは間違えんだろう。
とはいえ、落ち目のGシリーズのなかでも、なかなか読める部類になる。
ラストの衝撃的な展開から、自作にどう繋がるかが見物か。

読んでないけど。

184 :名無しのオプ:2006/10/13(金) 21:07:57 ID:kkTBl2EB
ジョン「五つの箱の死」

>車輪つきトランク
これも「五つの箱の死」だが、「貴婦人として死す」の車椅子暴走と同工異曲な感が強い。
トリックを始め、いろいろな趣向を凝らした作ではあるが、全体としては展開に
無理が多い凡作に終わっている。

読んでないけど。

185 :名無しのオプ:2006/11/19(日) 18:19:19 ID:6ViKgMkS
ジョン「白い僧院の殺人」

「―いいか、間抜けども、マーシャ・テートはこの部屋で殺されたんだぞ」
このヘンリーの言葉に本作の全てが集約されていると言うても過言ではない。
初読時には、ジョンには珍しい心理的トリックに感心したのだが、
読み直すたびに、偶然性に頼った創り過ぎたプロットが気にかかるようになり、
評価が厳しくなっていかざるを得ない作である。
ジョンらしいはじけたバカトリックやドタバタも無く、かなり地味な印象、
結局、5段階でC評価あたりが妥当なところかと思う。

読んでないけど。

186 :名無しのオプ:2006/12/13(水) 19:36:53 ID:i4k1meGv
ジョン「夜歩く」(創元の井上一夫訳)

うーん、初学者にも読んで欲しい1冊ではあり、個人的にはとても好きな作なのだが、
(アンリ・シリーズゆえ極端なドタバタは無く、落ち着いた暗くムーディな雰囲気は
中期以降のジョン作品には無い独自の魅力がある)
「まずこの1冊を」というには躊躇せざるを得ないものがある。
第1の殺人は処女長編ながら、ジョンらしい強引な展開でその特色を遺憾無く発揮して
いるものの、第2の殺人はあまりにトホホな展開に過ぎるか。

読んでないけど。

187 :名無しのオプ:2006/12/15(金) 09:29:33 ID:Kg97xMEt
ジンメル 『白い国籍のスパイ』
国籍の欄が空白になってるという役所のミスを
しつこい主人公が徹底的に追求する話。
役所にもぐりこんでゴミ箱をあさる主人公の姿が
読むものの心を打つ、ジンメルの最高傑作。

読んでないけど。

188 :名無しのオプ:2006/12/31(日) 21:54:30 ID:XyIJZsQR
ジョン「魔女の隠れ家」

ジョン作品ベスト5には挙げられにくく、(解説にはアントニー・バウチャーはカー
作品のベストの一つとして推奨しているとあるが)、ええカッコしいのヲタは
よりマイナーな作を推す方向に走ってしまう傾向にあるため、
名探偵ギディオンのデビュー作でありながら、話題になることが少ない作でもある。
しかしながら、初期作ということもあって、ジョン作品の特色である怪奇性・猟奇性が
遺憾無く発揮されており、横溝御大の作品群あたりが好きな向きには最適か。
英語国民以外にはわかり難い暗号ネタにミステリとしての大きな比重が置かれていること、
キーポイントとなる監獄の長官室を、ジョンらしい完全なる密室(に見える)という
設定にしなかった点が惜しまれる。
それにしても初学者というのは手がかかるものである(w

読んでないけど。

189 :名無しのオプ:2007/01/01(月) 09:37:03 ID:sZs4JkeF
あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願いいたします。

 http://www.fujiokashin.com/ 

190 :名無しのオプ:2007/01/03(水) 19:57:10 ID:XIUhDp7t
test

191 :名無しのオプ:2007/01/04(木) 18:18:40 ID:lYtwjelR
>>190

192 :名無しのオプ:2007/01/11(木) 09:19:08 ID:niw46RTB
「僧正殺人事件」ヴァン・ダイン

中世英国に起源を持ち、アメリカ独立時よりの歴史と伝統を誇る
大修道院で起こった殺人事件。
完全な密室状態に置かれていた「禁域」・地下礼拝堂で発見された
僧正の死体には、巨大な黄金の十字架が突き立てられていた……
どこからも入れられない十字架の大きさの矛盾、僧正の血で描かれた
奇妙な紋章、密室の謎、僧院にいた誰にも成立しないアリバイ、
錯綜する捜査……そして、私立探偵ファイロ・ヴァンスの登場。
マスコミにばらまかれた、殺された僧正の名を騙る謎の人物の手紙に
殴り書かれた散文詩に予告され、実行された第2、第3の「不可能犯罪」。
犯人はいったい誰なのか?そしてそのトリックとは?
ヴァンスの一言が全てを解決させ、崩壊させる。
めまぐるしいどんでん返しとカタストロフィ。発表から1世紀を
迎えた今でも世界中で「人類最高のミステリ」と称される作者の代表作。

うん。けっこう面白かったよ。ヴァン・ダイン一冊も読んだこと無いけど。

59 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)