5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

架空の推理小説について語ろうぜ

1 :名無しのオプ:2005/06/06(月) 19:08:25 ID:ce7qrPhb
「いて座の学食」読んだんだけど、
三章で和也がホルマリンプールに飛び込んだ意味がわからない。
はじめからメールアドレスをmochihadachanにしとけばいいことだろ

2 :名無しのオプ:2005/06/06(月) 19:30:28 ID:VOyg95iE
「架空の推理小説について語ろうぜ」ってスレ読んだんだけど、
>>1がこんなクソスレ立てた意味がわからない。
さっさと削除依頼して首つってsuicideすればいいことだろ。


3 :名無しのオプ:2005/06/06(月) 19:37:42 ID:W1pme6zq
この手のスレはよほど>>1が頑張らなきゃ盛り上がらねぇよ。

4 :名無しのオプ:2005/06/06(月) 19:53:24 ID:M/KfIfS+
>>1
俺もそれ読んだけど、
主人公の名前が「風太」っていう時点で
叙述トリックばればれだろ。

5 :名無しのオプ:2005/06/06(月) 21:01:48 ID:UWFt7UlS
>>1
「いて座の学食」を読まれた方なら、もしかしてご存知なんじゃないかと思って
お尋ね致します。

「いて座の学食」とほぼ同じ頃に出版されたミステリーです。
主人公は空手の達人で、五重塔の最上階に囚われたヒロインを助けるために、
塔を昇っていきます。
各階で必ず頭を殴られて気を失って、目をさますと目の前に死体があります。
しかも密室状態。
そのままでは犯人にされてしまうので、それを解決して上の階に進んでいくという
作品です。

各階のトリックのあまりの馬鹿さ加減と、ご都合主義の展開にに眩暈がしたのですが、
一番驚いたのは、全ての事件の黒幕がメール欄だった、ということです。
この作品のタイトルが思い出せないのですが、ご存知ないでしょうか。

作者は確か、「いて座の学食」の作者とあともう一人と合わせて、
「新本格の三馬鹿大将」と呼ばれていた人だと思うのですが。

6 :名無しのオプ:2005/06/06(月) 21:42:02 ID:SQjMmnNq
>>4
俺は気がつかなかったな。
やたらメル欄っていう表記が多いのは気になってたんだが

7 :名無しのオプ:2005/06/06(月) 23:26:35 ID:53y1xibh
>>5
それ「本格志望遊戯」じゃなかった?
ブルース・リーのアレのパスティーシュらしいけど。

「いて座〜」の作者の十二星座シリーズは来月最終巻の「山羊座の最終兵器」が出るらしいね。
ミステリ界に物議を醸したあのシリーズも終わりとなると寂しいもんだ。

8 :名無しのオプ:2005/06/06(月) 23:31:30 ID:ws0bu5Z3
>>7
前々から思ってたけど、なんで最終巻に山羊座持ってくるような
タイトルの付け方したんだ?
詳しい人解説キボンヌ。

9 :名無しのオプ:2005/06/06(月) 23:35:04 ID:SD8+MSpc
>>7
×死亡
○脂肪
じゃなかったっけか?
作者名忘れた。適当にぐぐってくれ。


10 :名無しのオプ:2005/06/07(火) 00:40:23 ID:TqO9Uv6Y
>>8
確か作者の中の人がカプリコーンのシュラの大ファンで、
トリは山羊座しかない!と公言していたからかと。
いくらジャンプヲタだからと言って、「獅子座の男坂」とかみたいに、
俺達の推理はこれからだ!第一部完とか平気でやるとは(苦笑)

>>7,9
ああ、そうですそうです!「本格脂肪遊戯」。
ショウ・ブラザーズの逆襲シリーズの記念すべき一作目ですね。
ありがとうございました。
作者名もぐぐって判りました。碇野青三ですね。

青三…ブルー・スリー…orz ソウダッタノカ

11 :名無しのオプ:2005/06/07(火) 01:16:31 ID:mtHQ+KhR
>>9
変換ミスって志望にしちまったよw
主人公は空手の達人だけどデブなんだよな。
でも二作目になると突然激痩せしてるのが謎過ぎ。
激痩せの真相が三作目で明かされるのかな?俺まだ読んでないんだよな〜。

>>10
「獅子座の男坂」は男子校での連続殺人が淡々と書かれるだけで、
シリーズ探偵の蛇遣(へびつかい)が出てこないんだよな。んで自分で推理するしかないという・・・

12 :名無しのオプ:2005/06/07(火) 04:31:55 ID:/KEildpc
でも一転して、女子校で起こる連続不可能盗撮事件が描かれた
「乙女座の視聴覚室」では、見事に騙された。
まさか登場人物が(メル蘭)だったとは。

第十五部までいった「獅子座」は壮大なる伏線だったんだな。

13 :名無しのオプ:2005/06/07(火) 10:09:24 ID:NixZPX5o
>>11
激やせの原因は番外編の「合わせ鏡のマッスル」参照


14 :名無しのオプ:2005/06/07(火) 22:13:50 ID:30yA+oin
海外ミステリだけど (注:ネタバレあり)


【ポケミス】ハヤカワ・ミステリ【総合】
http://book3.2ch.net/test/read.cgi/mystery/1085717180/371-

15 :名無しのオプ:2005/06/09(木) 01:31:10 ID:ffBZ8VFY
実際の小説内に出てくる架空小説(カボツとか)のスレかと思ってみたら……こういうことか。

16 :名無しのオプ:2005/06/09(木) 16:09:51 ID:/CbUMJRK
>>6のメル欄って、結局<メル欄>ってことでいいの?
だとしたら、犯行現場の小さい椅子が重さで壊れてたってのも説明つくし。

17 :名無しのオプ:2005/06/09(木) 17:26:38 ID:8NW0JWLc
>>1
「ち」をヘボン式の「chi」でなくて「ti」として「motihadachan」と
してしまったのでは.それか「motihadatyan」としたか.
2章に唐突にローマ字について描いてあったのが伏線なんだろうね.

18 :名無しのオプ:2005/06/09(木) 17:55:00 ID:NArhQ7Eu
>>15
作中作と言えば「魚座の小宇宙」が有名だね。
作中作が全部で5つも出てきて壮大なアナグラムになってるんだよなぁ。

19 :名無しのオプ:2005/06/13(月) 00:32:38 ID:0TYJvKdH
はあ?射手座なんか史上最低の糞ミスだろうが?
ちょっと一発当たった作家が調子に乗って駄作続編量産した典型例じゃん。
紙の無駄、金の無駄、時間の無駄の三拍子じゃん!
今さらこんなもん読んでる奴がいたとは大笑いだなおめーら!!!
こんな駄スレを立てた>>1は即刻首をくくって死ぬべきである!



「双子座はプリキュア」は神

20 :名無しのオプ:2005/06/13(月) 08:06:30 ID:pekgFVpZ
>>19
異色の「双子座」が好きな人もいるんだね。あれはミステリー初のタイアップ小説だったから
かなり賛否両論あったよね。

21 :名無しのオプ:2005/06/20(月) 10:15:22 ID:5CmTJGrz
双子の賛成論者なんかいたかw?
ミス板的には駄作だろ、あれは。
一部のオタがさわいでるだけだよ。
まあ、やつの作品に佳作などないわけだがw
まだ読めるのは、「君はおうし座をみたか」かな。
ミステリじゃなくてラノベになってるのは、ご愛嬌かなw

22 :名無しのオプ:2005/06/20(月) 10:33:00 ID:1clEjwlE
>>21
「おうし座」のトリックって、「殺人ギター」のパクリじゃね?
当時はラノベ路線だったから、トリックなんてどうでもよかったんかな。

23 :名無しのオプ:2005/06/21(火) 00:10:32 ID:tiz/SbFh
>>22
そもそも、「殺人ギター」が「飛ぶギロチン」と「ジョン・レノンはダレですか?」のパクりじゃん

24 :名無しのオプ:2005/06/21(火) 13:16:56 ID:u1j5fD1c
それ言うなら「飛ぶギロチン」はモロ「断頭台に用いる力学」のパクリだろ?
この知ったかが(´∀`)σ)´Д`;)

25 :名無しのオプ:2005/06/21(火) 22:02:41 ID:3GrgEZZ3
・ここまで読んだけど、誰もカバー裏の地図に言明してないのは、
もしかして気付いてない?

・あと2334ページにある妙な空白。・・・・・あぶり出しだよ。

26 :名無しのオプ:2005/06/29(水) 03:05:36 ID:56AlPwXS
23
「レノン」ではなく、絶版の「スチュアート・サトクリフはイズコですか」と思われ。タイトルに叙述トリックを仕掛けてて三秒で犯人がわかる英国産バカミスの傑作。

25
炙り出しの部分は、本筋に絡まないらしいので教えてくれませんか?炙ったら燃えちゃったorz

27 :25じゃないけど:2005/07/03(日) 23:51:44 ID:S3qZirWF
>>26
「火気厳禁」って書いてあった
おもわず、そのまま燃やす所だった
でも版に拠って、なにが書いてあるか変わるらしいよ

28 :26ですが、:2005/07/07(木) 02:47:00 ID:f7C5C5I9
27
そうなんだ……版で中身違うのか。ありがとうございます、とりあえずもう一冊買って見てみますね。

29 :名無しのオプ:2005/09/12(月) 07:17:11 ID:UUfD7x7Y
>>18
そう言えば「蟹座の憂鬱」のラストってメル欄に掛けてるから、って本当?
(アナグラム全然関係無いけど、思い出したので…)

>>27
もしかして初版?

30 :名無しのオプ:2005/09/19(月) 03:38:42 ID:jUrvussR
上げちゃお。

31 :名無しのオプ:2005/09/19(月) 21:21:34 ID:3zCpWgRn
初版ですね。返品保証つきだったと思います。
かなりの返品数だったとか。

32 :名無しのオプ:2005/09/19(月) 23:45:36 ID:ma/n7BBd
そりゃそうだろ。O森が帯文書いてるんだから。

33 :名無しのオプ:2005/10/17(月) 22:21:04 ID:iBviHlGK
松平吉宗の新作『大江戸八百屋町サンバ外伝U 夕陽の腰元シスターズ』は
どうだった?俺買ってないんだけど。
評論サイトでは
>近所の紀伊国屋で松平吉宗の新刊『大江戸八百屋町サンバ外伝U夕陽の腰元シスターズ』
>を買った。前作であるデビュー作『大江戸八百屋町サンバ外伝・黄昏浪人レクイエム』は
>鎖国中の江戸を舞台に幕府を転覆をもくろむ圧倒的科学力を誇る異国の男爵の陰謀を
>阻止するため日本史でもおなじみの平賀源内、杉田玄白らといった面々の元に浪人たちが
>結集する、と言う作品で江戸の町を巨大ロボットが飛び回るという破天荒な
>設定ながら、その繊細かつ大胆な筆致で見事に時代小説とSFを融合させ
>その世界観に非現実的なリアリティを与えていると評され第×回メフィスト賞を受賞した。
>そんな作者の受賞後第1作という事もあり、期待に胸をふくらませてページをめくった。
>・・・・つまらない。
>今回は『血祭姫』という猟奇殺人犯による連続殺人を扱っているのだが、いかんせん前作に比べて
>スケールダウン、パワーダウンの感が否めない。キャラの描写も平面的で主人公であるはずの
>隠密組織『腰元シスターズ』の面々がどいつもこいつも似たような描写で地味だし、作品の
>キモであるはずの、「参勤交代中で江戸にいたはずの肥後藩主が江戸で最後に姿を見られてから
>5分後に熊本城のシャチホコに突き刺さっていた」瞬間移動トリックも現実には不可能であろう。
>つまり、作者の最大の売りであったはずの『非現実的なリアリティ』がこの作品にはまったく感じられず
>読後に残ったのは徒労感と前作2400ページを遥に上回る5700ページというバカみたいに
>ぶ厚い本のみだった。筆者は夕暮れの部屋で一人途方に暮れ、泣いた。
って酷評されてたけど。

34 :名無しのオプ:2005/10/19(水) 18:26:28 ID:ffGeTV9v
夕陽の腰元シスターズ、面白かったよ。犯人が(メ欄)なんて
下らないネタ本をよく5700枚も書いたもんだっていう
流水的な感動で目頭が熱くなったw
ところで来年、「外伝」2作のタイトルにのみその存在を記されていた
「大江戸八百屋町サンバ」の本編がいよいよ発売されるらしい。
黄昏浪人レクイエムの時に触れられていた「ご老公様が解き明かした
5年前の悪代官連続爆死事件」を中心に前作、前々作をはるかに上回る
1万2000ページ3巻組、厚さ計53センチの超大作になるらしいw

35 :名無しのオプ:2005/10/19(水) 19:26:09 ID:enV7Xes0
御手洗荘司の「嘘でもいいから、そして斜め屋敷のブランコ」ってどうよ?
オレ、去年読んだこいつの「夏、19歳 奇想の占星術2/3の殺人」のメル欄に
ガックリきて寝込んだことあんのよ。今回は権田萬治もまあまあイケてるようなこと
書いてたし、たしか帯の推薦文は折原二が「驚愕の叙述&重力トリック」と書いてたんだよな。
買いかなー?

36 :名無しのオプ:2005/10/19(水) 21:47:35 ID:Lqa7W2UQ
>>35
まぁその何だ、メ欄。

37 :名無しのオプ:2005/10/19(水) 23:32:08 ID:IKryJJ9P
>>36
まぁこれはこれで面白いんじゃない?

ところで時巡十四郎御大監修の叢書「大日本推理倶楽部」の一冊目って誰になるんだろ?
公団社もかなり力入れてるみたいだから責任重大だな。

38 :名無しのオプ:2005/10/21(金) 09:43:07 ID:yzSlq9D2
このスレもう破綻かよ?
>>37 
大日本推理倶楽部の第一巻は、ビック淀橋の名作「饅頭坂の肥満の家」
に内定したらしいよ。最新号の「推理日記」で阿野洋が筆滑らせてバレてやんの。
江戸屋沈歩だの暑佐宇陀児だの古典期の連中は後回しにされるらしい。
まあ時巡御大の趣味性がモノを言うわけだし、大して売れるわけないって解ってるから
公団社も結構気楽に構えていると思うよ。蛇足だが「饅頭坂」はメル欄が秀逸。


39 :名無しのオプ:2005/10/23(日) 08:18:18 ID:7OcWx5s0
このスレ、ユニークで好きだったのになあ。>1は立て逃げかよ。
「いて座の学食」なんて、それだけで爆笑モンだったのによぉ。残念だな。
てことでage


40 :名無しのオプ:2005/10/23(日) 08:36:04 ID:eMq34r9c
凶器が凍らせた豆腐の角だったの何だっけ?

41 :名無しのオプ:2005/10/23(日) 10:10:08 ID:7OcWx5s0
>40
それは六返舎苺の短編「沈黙の赤だし」だよ。
短編集「沈黙の赤だし」(慎重文庫)のタイトル作品。
75年か76年あたりの推理作家協会の年間ベスト短編に選出されてる。
肝はメル欄



42 :名無しのオプ:2005/10/23(日) 14:09:59 ID:aGSUd/LE
確か岡崎玉緒の「八丁味噌の沈黙」がパクリで問題になったな

43 :名無しのオプ:2005/10/23(日) 17:15:48 ID:zOXPZUGr
つーか「大日本推理倶楽部」は時代遅れ感が否めないよね。
時巡御大も耄碌してるか?最近はローカル線に乗りまくってるらしいからな。
ひょっとしたらトラミスシリーズでも今更始めるのかもしれん

44 :名無しのオプ:2005/10/23(日) 17:28:14 ID:frYczCJw
しょうがないよ。感覚が鈍ってきてるんだろ?
時巡さんももう米寿なんだからあんまり仕事させたら
ダメだよ。
沖ノ鳥清五郎シリーズの新作読んだけど、もうボケ老人の
日記みたいになってるもん。
引用すると
>事件の解決のため沖ノ鳥が呼ばれた屋敷は大富豪・道路小路久彦の
>大邸宅に沖ノ鳥は呼ばれた。旧知の仲である大富豪・道路小路久彦
>のたっての頼みとあり、沖ノ鳥は絶対に事件を解決してやるとの
>決意の元、道路小路久彦の屋敷に呼ばれた沖ノ鳥は大富豪
>道路小路久彦の屋敷に呼ばれたのはこの屋敷で起きた事件を解決するためだった。
もう1行前に書いたことも忘れてるみたいなんだもん。よく編集もこんなの通したよ。

45 :名無しのオプ:2005/10/23(日) 17:44:52 ID:7OcWx5s0
>>42
すげえ。おまい詳しいな。今どき岡崎玉緒(まして八丁味噌!)を覚えてるヤツはザラにいねえよ。
「走る検非違使」で歴史推理(アリバイ崩し)に挑んでまあまあの評価だったのに、
次に書いた八丁味噌のパクリ疑惑で全部パーになって姿を消した。馬鹿な女だったな。
でも昭和52年に自殺してるんだよな、この人。知ってたらゴメン。
最後の方じゃ完全にアタマいかれてたらしいよ。パクリの肝はメル欄


46 :名無しのオプ:2005/10/23(日) 17:47:03 ID:zOXPZUGr
>>44
そこ凄いよな。俺も読んで爆笑してしまった。
それでもネームバリューで売れるってんだから、如何にカリスマだったかが分かるよね。

47 :名無しのオプ:2005/10/23(日) 21:57:54 ID:7OcWx5s0
どうでもいいけど>44は天才。ageときます。

48 :名無しのオプ:2005/10/25(火) 17:40:25 ID:g5eblSkm
鬼ヶ島社の「このミステリーがひどい」2005上半期出版age
大方の予想通り一位はブっちぎりで鮑原万黒斎の「ノンストップ☆牛若丸」だったね。
選考開始5分で選考委員満場一致だってw
鮑原スレでもだいぶ叩かれてたよね。義経が実は絶世の美少女だった、って発想は個人的には好きだが
どう考えても義経ヤリマンにも程があるwwwwww
>鵯越の奇襲において義経はその絶妙なテクで平家の男共を次々と昇天させていった。骨抜きにされた
>平家の軍を源氏が制圧するまで、1時間と掛からなかった。
義経sugeeeeeeeeeeee!!!!っていうか平家全員制覇ってどないやねん!
ミステリーとしても頼朝が鎌倉から平泉まで30分で往復したトリックだって日本史をかじった奴なら
誰でも思いつくレベルのもん。大体作者はただ単に最後の平泉陥落直前に弁慶に「最後の奉公」をしてやる
シーンでフェラされてる途中で頼朝に刺された弁慶が(メ欄)って一発ネタをやりたかっただけだろと小一時間(ry

49 :名無しのオプ:2005/10/25(火) 23:58:49 ID:JYTaKfY7
ちなみに「このミステリーがひどい」2005上半期ベスト10
1位「ノンストップ☆牛若丸」鮑原万黒斎
2位「山羊座の最終兵器」蛇遣星彦
3位「沖ノ鳥清五郎の耄碌」時巡十四郎
4位「仙台発特急『はげたか』99分の壁、または女子高生探偵十津川さくらの初恋と推理」西園寺美咲
5位「鳴りながら燃える銅鑼」碇野青三
6位「大江戸八百屋町サンバ外伝U 夕陽の腰元シスターズ」松平吉宗
7位「凡探偵山田一郎」佐藤花子
8位「馬面の男が駆け抜ける」腹黒亭厄太郎
9位「嘘でもいいから、そして斜め屋敷のブランコ」御手洗荘司
10位「完全密室殺人事件」藤子F不二雄プロダクション

50 :名無しのオプ:2005/10/26(水) 00:39:46 ID:d85Ks6Hm
俺、西園寺のミステリィ結構好きなんだけどなー。
やっぱりラブコメとトラミスの融合には無理があるって不評なのかな?

51 :名無しのオプ:2005/10/26(水) 00:50:09 ID:CeINFu1o
西園寺は本人の性格がねじくれ曲がってるから文壇連中から
嫌われてるんでしょ?今回の選考委員に犬猿の仲の綾小路皐月が
入ってたし、奴が無理矢理ベスト10に食い込ませた可能性が
高いと思われ。
それよりも完全密室殺人事件はもっと上だろと。作者が
>藤子F不二雄プロダクション
って時点で犯人アイツだって丸わかりだよ。

52 :名無しのオプ:2005/10/27(木) 00:26:23 ID:58w0Px59
綾小路と西園寺って何で仲悪いんだっけ?
完全密室殺人事件が駄作だって言うのは同意。(メ欄)のミスリードは上手いと思ったけど。

53 :名無しのオプ:2005/10/27(木) 00:35:22 ID:68sJGaq4
西園寺と綾小路は凄く仲良かったんだけど、西園寺が深夜番組に出演した時に
ミステリオタクのコメディアンが綾小路のハゲ疑惑について何気なく話を振った時に
無意識に同意しちゃったからでしょ。西園寺も冗談としてすぐに笑い飛ばせば良かったのに
露骨に「しまった・・・!」って顔しちゃったのが全国ネットに流れたんだよね。
んで、綾小路が雑誌「ファシスト」で絶縁宣言。西園寺は自分のHPで再三謝ってるのに綾小路も大人気ないよね。

54 :Dらえもん氏:2005/10/27(木) 05:06:40 ID:FwNCYBeD
>>52
地の文でメ欄て書いてある部分があってモロバレだったけどw

55 :名無しのオプ:2005/10/27(木) 05:37:07 ID:vwOL31+A
>>54
ちょwwwお前がモロバレwwwwwwww

56 :名無しのオプ:2005/10/27(木) 08:37:16 ID:aJZ3up8n
>>49
7位の「凡探偵山田一郎」佐藤花子は、苺畑ルイの「揉んで咥えて」のプロットと
トリックをまるまるパクッてるぞ。おまけにラストの
「言葉が輝きを失ったとき、実世界も崩壊することを知りたまえ」
という名台詞を
「言葉が光らないから、世界が干からびるのだ」
なんて糞みたいに改竄しやがって。
まあ「揉んで咥えて」は戦前のアダルトコミックだから、読んでる奴は少ないだろうが、
選考委員は不勉強の謗りを免れないだろう。


57 :名無しのオプ:2005/10/27(木) 09:14:42 ID:FgZl6eOQ
「実況探偵古館いちお」シリーズってもう絶版?
ラノベミステリなんて馬鹿にされてたけど、解決編での
いちおちゃんの実況描写が好きだったのになあ。
毎回犯人が恥ずかしい実況に耐え切れずに自白する
シーンとか爆笑もんだったのに残念だ。

58 :名無しのオプ:2005/10/27(木) 09:51:30 ID:aJZ3up8n
↑鮠厠文庫から「レポーターオプ HO-eの事件簿」の名前で三巻まで出てるよ。
内容は「実況探偵古館いちお」のまんまだけど
相撲部屋夜の実況中継は差別用語満載だったからさすがに削除されてる。
HO(エイチオー)マイナスe(イー)いちおなんだってw

59 :名無しのオプ:2005/10/27(木) 10:45:24 ID:+Sjhz2KR
>>56
おまえあちこちのスレで「盗作云々」て書きこしてんだろ。
苺畑ルイの「揉んで咥えて」なんて、誰も読んだことないようなもの出してきて
ぼくらの山田一郎を詰るんじゃねえ!
だいたい戦前のアダルトコミックってなんだよ。
「揉んで咥えて」ググッたら目欄しか出てこなかったぞ。

60 :名無しのオプ:2005/10/27(木) 16:26:57 ID:58w0Px59
「揉んで咥えて」は最近、月ヶ崎梓っていうエロ漫画家が
完全リメイクして週刊アダルトファシストかなんかに連載してたよ。
似てると言えば似てるかな、って程度。正直ミステリとしては
「揉んで咥えて」の方が上な気がした・・・戦時中っていう伏線が上手く
活かされた(メ欄)のくだりとかはエロ漫画とは思えない程秀逸。
まあ山田一郎はいかに山田が凡人かという描写が作品のキモだから
正直トリックとかはどうでもいいよね。
ところで綾小路皐月ってマジで性格悪いらしいね。一時期西園寺の本が
どこの出版社からも出なくなったことあったじゃん?あれ、裏で
綾小路が脅してたらしい。しかも西園寺のことをあちこちで悪く言って
あたかも西園寺の性格のせいで干されたみたいな噂を流すという知能犯w
元々はデビュー作の推薦までした弟子だったのに西園寺も可哀相だよ。
今度の「このひど」も牛若丸と一騎打ちとまで言われてた綾小路の
「空飛ぶ三角木馬」がランク入りしなかったのは他の選考委員に
圧力かけてたからだそうだし。

61 :名無しのオプ:2005/10/27(木) 16:37:45 ID:ciJL5KTV
>>60は西園寺美咲本人であることがモロバレ。
え、そういうおまえは綾小路皐月だろうって?
あなた、浅いわよ。浅いついでにageとくわね!



62 :名無しのオプ:2005/10/27(木) 17:17:36 ID:+Sjhz2KR
>>60
えー「揉んで咥えて」って本当にあるのかよ。
今日マンダラゲで訊いてコスプレ店員に思い切り馬鹿にされたんだが・・・
このスレ見せてやろうかな。
60が西園寺かどうかはどうでもいいが、
鯨蚊社よ「仙台発特急『はげたか』99分の壁、または女子高生探偵十津川さくらの初恋と推理」
三冊ぐらいの分冊にしろよ。ノベルスで5,400円てのも法外だが、あれじゃ厚すぎて立方体だろ。
持って読めねえんだよ。公魚賞のパーティのとき編集が「最後まで読んだ人はまだいないんじゃないか」
って言ってたぞ。社員にそんなこと言わせて良いのか。


63 :名無しのオプ:2005/10/27(木) 20:08:49 ID:68sJGaq4
>>62
確かに読み辛いけど騙されたと思って読んで見てよ。
西園寺あんまり好きじゃなかったけどはっきり言って度肝を抜かれた。
主人公十津川さくらが文字通り産声を上げた時から始まって、運命的な出会いを
『はげたか』でするまでの導入部が一大叙事詩になってるんだよな。
多分あれを分冊しなかったのも、さくらの人生を味わって欲しいという西園寺の願いだと思う。

64 :名無しのオプ:2005/10/27(木) 21:13:59 ID:aJZ3up8n
いや内容は納得。立方体が直方体に。なおかつページ向かい向きと違っていったって。
手に持って読めない状態。京極夏彦大全集、一期小説材木座まんま。

65 :名無しのオプ:2005/10/28(金) 03:10:37 ID:JnyFKgQn
↑はいはい。素面のときにもう一度書き込みください。

66 :名無しのオプ:2005/10/28(金) 11:19:14 ID:IXcga/QF
「仙台発特急『はげたか』99分の壁、または女子高生探偵十津川さくらの初恋と推理」読了。
ベッドで読みながらうとうとしてきて顔面に落下、鼻血が出たぞ。
さくらの人生はご都合主義としか思えないし、あの酷いラスト(目欄)でなにもかもぶち壊し。
思い切り壁に叩きつけたら壁に穴が開き、隣室のヒステリー婆に賠償金をふんだくられた。
どうしてくれる。なお、おれは綾小路皐月じゃないぞ。


67 :名無しのオプ:2005/10/28(金) 11:29:16 ID:IXcga/QF
漏れも同じ感想だ。鯨蚊社は西園寺になんか弱味を握られてんじゃないのか。
でなけりゃ、あんな糞話が出版されるとは思えん。分冊にしなかったのは
せめてもの嫌がらせだろう。
>>66
誰だってあんたと同じ感想だ。綾小路皐月先生のはずがない。

68 :名無しのオプ:2005/10/28(金) 11:30:32 ID:IXcga/QF
禿胴!
西園寺糾弾祭りの予感w

69 :名無しのオプ:2005/10/28(金) 15:38:23 ID:RT1WXH8D
2万5千ページも使って夢落ちでした、はねーよなw>西園寺
あと綾小路の禿疑惑については、デビュー作からずーっと
著者近影の写真で頭を手で守るようなセクシーポーズ貫いてるから
モロバレwていうかこの前クイズ番組出てたときも頭抑えてたしw

このひど入選作品はまあ、妥当な所じゃないの?
「馬面の男が駆け抜ける」の叙述トリック(メ欄)は秀逸だと思ったんだけど
文章がなあ・・・もったいない作家だよ。

70 :名無しのオプ:2005/10/28(金) 21:03:47 ID:JnyFKgQn
>>66>>67>>68
おい、綾小路皐月。IDの意味分ってるか?


71 :名無しのオプ:2005/10/28(金) 22:02:21 ID:SyKs0a2A
綾小路信者は必死過ぎるだろ。
綾小路がもう2年も新作出してないからって他スレで西園寺叩きなんてするなよな。
もう綾小路は才能枯れちゃって終わった人間。

俺だって綾小路初期の「坂シリーズ」は評価してるよ。あん時は(頭だけじゃなく)トリックも光り輝いてた。
でも中期以降は完全に過去の栄光に縋ってるだけだろ。

72 :名無しのオプ:2005/10/28(金) 22:51:32 ID:nFtwN5pO
そういえば、綾小路にもパクリ疑惑があったなあ。
ホラ、サラリーマン推流の投稿クイズのトリックをパクッたとか何とかで、謝罪会見したことがあったよね。

73 :名無しのオプ:2005/10/29(土) 06:07:50 ID:APMiw5Vg
↑古いことよく覚えてるな。
あれは確か被害者の詠んだ「犯人を捕らえてみればわが子也」って句をパクッて
同じシチュエーションで「犯人を捕らえてみればわが身也」って多重人格物に
浸かっちまったんだ。

74 :名無しのオプ:2005/10/30(日) 22:41:19 ID:MpbrQ8OI
ここらで、だれか「このヒド」のベスト10予想してくんないかなあ。

75 :名無しのオプ:2005/10/30(日) 23:51:46 ID:7KnfTuKy
下半期はまあダントツで
「クリーン・トイレット男爵とミス・ストーンヒルズにうってつけの殺人」でしょ。
双田縞志御大も10年待たせてこれじゃ干されて当然だよ・・・

76 :名無しのオプ:2005/10/31(月) 13:23:43 ID:6tu3WXd9
双田御大はお金持ちのボンボンなのに。
道楽で書きながら、トラミスの出来損ないみたいなのしか書けないのは
もう終わったということだろう。
「クリーン・トイレット男爵とミス・ストーンヒルズにうってつけの殺人」は
デビュー作「グルメ先生術後のトンカツ」の劣化コピーだもんなあ。
鉄板で1位に禿胴!

77 :332:2005/11/01(火) 12:19:42 ID:ZPN78GYA
「クリーン・トイレット男爵とミス・ストーンヒルズにうってつけの殺人」は
超ひも理論とか、ドッペルゲンガーとか、カスパール・ハウザーとか、色々薀蓄を
傾けたくせに目欄という酷いメインプロットは「グルメ先生術後のトンカツ」
と全く同じだからなあ。

78 :名無しのオプ:2005/11/02(水) 02:06:32 ID:i2hIkfLf
52-72
誰か昨日、厚顔社のサイト見た?「サディスト」のページが更新されてたんだけど、次号で綾小路と西園寺が対談するってよ。綾小路の師匠の一角犀遊子の、没後10年記念企画特集の目玉企画だって。
今更「サディスト」でしかも一角犀ってどうよ。終わったな、厚顔社。

79 :名無しのオプ:2005/11/02(水) 16:47:06 ID:6ZDafZWl
このひどは知名度や前評判の割に糞な作品を晒し上げる場だから
ちょっと著名な作家が軒並みランクインしたりするけど、
そういうギャップがあるから酷く見えるってだけで、
もっと誰も知らないさらに糞作品が世の中には溢れてると
ちゃんと知らしめるべきだよ。
宣崖はその点心得てて、マイナーな作品をいつもいくつか挙げてて、
読んでみたらほんとに酷いから笑えるw

80 :名無しのオプ:2005/11/03(木) 13:56:13 ID:hz1K33P6
んでもそんなコンセプトにすると
馬鹿鎖危険のトラミスが、1位から10位までを独占する可能性もあるぞ。

81 :名無しのオプ:2005/11/03(木) 23:40:08 ID:LiUDQa39
>>78
厚顔社も懲りないな・・・確か没後5周年に一角犀で特集組んだ時は
親しかった作家が1作ずつ一角犀を探偵に据えた短編を捧げる、って
企画やってたけどあの時も綾小路が作中でレイプされて生きたまま
バラバラにされる女子大生に「災御痔美咲」なんて名前付けて載せたから
西園寺が綾小路のマンションに押しかけて大変なことになったらしいのに・・・

82 :名無しのオプ:2005/11/04(金) 08:35:37 ID:ZtYQAjAd
綾小路って地雷を踏みに行くタイプだもんなあ。
宮本武蔵を尊敬しているって公言してた空手家の
大谷升核と対談したときも「武蔵ってホモ」だったんですか
なんてとんでもない質問して殺されかけたんだよな。
升核が後に「わたしはこの無礼な作家を撲殺しようとも思ったが、
家族や弟子のことを思い、ぐっと堪えた」と自著で述べている。
綾小路曰く「二刀流という洒落のつもりだった」だと。

83 :名無しのオプ:2005/11/05(土) 03:54:22 ID:p+YDLjYq
誰か、海外ものでヨーク・ハッターって作家知らない?名前からしてバーナビィ・ロス意識してて、新本格ブームに乗っかって昔ブレイクしたけど最近落ち目のあいつ。あいつの「ニッポン侍の謎」ってもう絶版?

84 :名無しのオプ:2005/11/05(土) 04:22:42 ID:qmm0WDy/
新庄社からでてる
でもあれ誤植あるよ、しかもメイントリックに関わる場所に


85 :名無しのオプ:2005/11/05(土) 07:55:15 ID:cnuKsvg7
>>83
過去ログの中にあると思うけど、ヨーク・ハッターって日本人だぜ。
「欲張った」から採ったwペンネームらしい。今盛り上がってる「綾小路」が
新本格ブームに乗り遅れて焦って外国人名義で出版したんだけど、三作で
尻つぼみ。そのうち本来の綾小路が売れてきたんでほっぽり出したんだよ。
ロンドンが舞台のミステリで探偵役は、サイモン・キングって作家なのに、
せいぜいクイーン、カー、クリスティあたりの名前しか出てこない上、三作目の
「ニッポン侍の謎」で「日本を代表するミステリ作家サツキ・アヤノコウジ」
なんて文章を紛れ込ませて、正体がばれたんだ。作品は全部絶版だけど
ブクオフの100円コーナーで普通に見つかるよ。


86 :名無しのオプ:2005/11/05(土) 08:47:18 ID:p+YDLjYq
84
新庄社かぁ……なるほど、探してみますね。ありがとうございます。

84
え?あいつ綾小路だったの?知らなかった……
まあ、確かに変だとは思ったんだよ。デビュー作の「ギターを持った若侍」は「快傑ズバット」にインスパイアされてて、第二作なんて仮面ライダーアマゾンにインスパイアされた「大切斬」だもん……続編の「大切斬切腹編」はまだ出てないし……
「ニッポン侍〜」って、何にインスパイアされてんだっけ?

87 :名無しのオプ:2005/11/05(土) 10:53:26 ID:p+YDLjYq
↑ごめんなさい、二回目の84→85。

88 :名無しのオプ:2005/11/07(月) 04:57:36 ID:4KvwfQtz
ヨーク・ハッターが全部絶版というのは新庄社文庫の話だろ。
今「ニッポン侍の謎」は綾小路皐月名義に戻して徳門文庫に入ってる。
もちろん例の誤植も訂正されているよ。
チャリングクロス駅前のロータリーを参勤交代の一行が
練り歩いた後に消失するシーンは今読み返しても圧巻。
綾小路作品でも一、二を争う完成度といわれる所以。
コナソ・ドイノレの「ちょんまげ連盟」からのインスパイア作品。


89 :名無しのオプ:2005/11/07(月) 05:47:17 ID:6v+aYij+
あれが綾小路の作品なら、漏は綾小路を見直すね。「ちょんまげ連盟」からのインスパイア作品とは言え、
完全にオリジナルを凌駕しているもん。それに比べて西園寺の「薬缶組合」なんか赤毛が禿に変わっただけ
という酷い代物だものなあ。



90 :名無しのオプ:2005/11/07(月) 08:00:22 ID:4KvwfQtz
>>89
うろ覚えで悪いんだが西園寺の「薬缶組合」って、金券ショップのハゲ親父が
どっかの部屋の厨房にこもってひたすら湯を沸かし続けるだけで時給2500円貰える、
みたいな話だっけ。ありゃよくできた話だったが、
なんのことはない御手洗荘司の「柿本改保存研究会」のまんまパクリだぜ? 
赤毛って何だよ?

91 :名無しのオプ:2005/11/07(月) 12:09:33 ID:VBvRvjFh
金谷出羽守読んでる人いる?
最新作の「尻抱え山荘の殺人」読んだけど結構いいよ
クローズド・サークルなんだけど巨乳探偵西瓜メロ美が
謎解き始めようとしたところでパニクった男どもに監禁されて
性の奴隷にされるっていう今までにない斬新な展開で萌えた
助手はヒョロヒョロですぐボコられるし、その間に犯人は殺し放題。
で、このまま全滅かと思いきや(メル欄)という驚愕のオチ。
「全ての探偵小説を葬り去る探偵小説」という帯も納得。

92 :名無しのオプ:2005/11/07(月) 19:31:56 ID:+BOTNlrC
>>90
ほら明治維新のとき官軍が変な鬘みたいな帽子かぶってたじゃん。
あれ「赤毛」って言うのね。幕末に尾張藩の使者が英国王に謁見したとき
侍は赤毛の格好をしていた。コナソ・ドイノレの「ちょんまげ連盟」は
その赤毛をちょん髷だと思い込んで書いたものなので、俗に「赤毛連盟」とも
呼ばれているのさ。御手洗荘司の「柿本改保存研究会」はそのパクリ。

93 :名無しのオプ:2005/11/07(月) 20:28:45 ID:W15rj1ip
>>91
今日読んだけど半端じゃなく面白かったよ。完全に意表を突かれた感じ。
発狂後のサイコパスぶりもはあまりに臨場感があり過ぎて経験があるのか?と思ったぐらい。

しかし西瓜メロ美シリーズがこうなるとは予想できなかったな。
登場した時は高慢ちきなお嬢様でそれから第三作までずっとドSぶりを発揮してたし。
前3作の出来はそれほどでもなかったけど、「尻抱え」へ至る壮大な伏線だったとはね・・・

94 :名無しのオプ:2005/11/07(月) 22:33:17 ID:3T/K9FC9
>>91
いや面白さは認めるけど
「クリーン・トイレット男爵とミス・ストーンヒルズにうってつけの殺人」とか「グルメ先生術後のトンカツ」
とか「尻抱え山荘の殺人」とか「盗作のハノン」とか、目欄というのはなんとかならんかなあ。

95 :名無しのオプ:2005/11/07(月) 22:44:08 ID:9lVWCSo7
>>94
ぅおい!
どさくさに紛れて、「グルメ先生術後のトンカツ」を混ぜますか(w
あれはメル欄という、ダイニング(w)メッセージだっつーの

96 :名無しのオプ:2005/11/07(月) 22:48:48 ID:QkFQvFgG
>>95
おま、二重の意味があるですよ、あれは
(メル欄)

97 :名無しのオプ:2005/11/08(火) 08:46:33 ID:Dtv6w1DR
綾吊人行の「巫女の館」は御手洗荘司の「喜一以外男爵生姜無」にインスパイアされたと
聞いていたが、96のメル欄で、目鱗。御手洗荘司もあやつりにんぎょうなんて酷いペンネ
ームをつけたもんだ。改名しろよ綾吊。

98 :名無しのオプ:2005/11/08(火) 09:58:27 ID:Y0dnIByk
綾吊の名付け親は双田縞志じゃなかったか?

99 :名無しのオプ:2005/11/08(火) 14:28:45 ID:tPFi+70Z
「グルメ先生術後のトンカツ」がハリウッドで映画化だってさ。
映画タイトルを募集してるよ。

ソースは今朝の恐怖新聞。寿命が縮んでよければウップするけどどうする?

100 :名無しのオプ:2005/11/08(火) 14:39:51 ID:k5KpW3JJ
うp!!うp!!
てなわけで初100ゲット。

101 :名無しのオプ:2005/11/08(火) 14:50:44 ID:nxv1ARHq
馬鹿なこといってんじゃねえよ。
去年、恐怖新聞のHPにリンクアンカー貼ったヤツが
それだけでソッコーで逮捕されたの忘れたのかよ。

しかし、恐怖新聞の内容を2ちゃんに書き込むとは、アンタも大した根性もんだよ。

102 :名無しのオプ:2005/11/08(火) 14:57:21 ID:Y0dnIByk
>>99
絶対直リンするなよ!!!

103 :99より皆様へ:2005/11/08(火) 19:48:03 ID:GkbNvvpj
ほい。恐怖新聞アドレス置いとくよ。

ttp://peach-daioh.cool.ne.jp/main/gakugakuburuburu/



104 :名無しのオプ:2005/11/08(火) 20:17:29 ID:EWy2qyQb
デスノートを3回克服した俺には何ともないが

105 :名無しのオプ:2005/11/09(水) 01:18:45 ID:K3GihtQP
11月の新刊で注目は何でしょう?

106 :名無しのオプ:2005/11/09(水) 01:48:01 ID:lVFKH7r4
佐々木昭雄「スベル星人の復讐」

自分の脚本に不適切な箇所があると抗議され封印に追い込まれた
ヒーロー番組の脚本家。彼はその後服毒自殺を遂げる。
そして三十年後。当時抗議した人物が
次々と怪死するという事件が起きた。
被害者の一人は死ぬ間際に言った――「スペル星人を見た」と。
それは封印された回に登場する宇宙人の名前だったのだ!
死んだ脚本家の怨念が宇宙人を具現化させたのか!?
異色本格推理書き下ろし700ページ。

だって。血風社HPより転載。

107 :名無しのオプ:2005/11/09(水) 02:48:11 ID:ofMknvWb
>>106
評論家 時巡十四郎・談

犯人は予想通りメ欄だったが(というか他に犯人になりそうな人物がいない)、
その壮大な動機が泣かせる。30年の歳月の重みを独特の文体で淡々と描いており、
独自の小説世界の構築に成功している。ただ700ページは冗長に過ぎ、もう少し短く
まとめた方がよかったのではないか。途中、本筋とは関係のない
撮影中のエピソードなどの描写がくどいと思った。
だが、この人にはなにより筆力がある。
脚本家から作家に転身した佐々木氏の今後の活躍を期待したい。





108 :名無しのオプ:2005/11/09(水) 03:13:28 ID:PwHMnXBm
M部の「モーホー犯」がお薦め。登場人物みんなホモっていう衝撃作。ホモ同士のドロドロの愛憎劇がメイン

109 :名無しのオプ:2005/11/09(水) 04:02:43 ID:oX5j0hdQ
>>106
普通に読みてぇw

110 :名無しのオプ:2005/11/09(水) 08:13:54 ID:DO3ooIU0
時巡御大は評論させるとまだまだマトモだなぁ。
小説家としては完全に終わっちゃってるけどw

111 :名無しのオプ:2005/11/09(水) 09:41:17 ID:D0UiPSsp
>>110
んでも佐々木昭雄の「グルメ先生術――」の脚色は酷かったよ。
時巡御大はその辺りの事情を知って書いてるのかな。脚本家で
食えなくなったから、小説に転じ、でも、撮影所ネタ(自己の
経験内)しか書けないんだぜ。血風社HPに載ってる次回作の
「郵政より愛をこめて」だって政治小説というが、あらすじに
よれば原爆実験云々ということで、同じ話の焼き直しなんじゃ
ないのか。

112 :名無しのオプ:2005/11/10(木) 01:54:16 ID:tKhekVnO
111
撮影所絡みだけじゃないよ佐々木は。科捜社から出てる「キエフの電話」は傑作だよ。ナチスの隠し財宝絡みのポリティカルサスペンスで新境地を開拓したって御大が激賞してた。
途中、FBI捜査官がヒロインを拷問するシーンなんか鳥肌モノだった、話は全然エロくないのに、行間から何かこう、いやらしい感じが立ち上ってきてさ。ラストもスゴかったし。

113 :名無しのオプ:2005/11/11(金) 04:59:43 ID:K/ywwJdN
「キエフの電話」、ブクオフで買ってきますた。時巡が激賞というが、あのじじいやっぱりボケ入ってるよ。
いわゆるアドヴェンチャー色の濃い警察小説というだけで、
こんなもののどこが新境地、手垢付きまくってんじゃねえかよ。というわけで、完全なB級小説。
だから版元もB級の科捜社ってわけだよ。FBIの拷問シーンにしても、ベッピンねえちゃんを拷問、
ってだけでシチュエーション的には十分エロいんであって、別に作者の力量ではないと思うけどな。
ドニエプルの川土手で、ヒロインが20年前の罪を告白するラストシーンだけは、
さすが脚本書いてた人だけあって感動のツボを押さえている。褒められるのはそのくらい。
読みたい人はブクオフの100円コーナーに行けばたいてい見つかるはず。

ところで、ブクオフでもう一冊買ってきたのが綾吊人行の「タイヤ館の殺人」なんだけど、これってどう?
こいつの「なんとか館」ってシリーズ、まだ読んだことねーんだよな。
つまんねーのなら読まずに捨てるから、誰か教えて。

114 :名無しのオプ:2005/11/11(金) 05:08:53 ID:lwUWsAV5
「乳首を抓まれもう早漏〜ゼペットさんのお家編〜」では鏡餅郎が11時59分39秒にビルから飛び降りた意味が分からなくて昴刑事適当に流してたよな?wwwあれ可哀想じゃね?wwwwww

115 :名無しのオプ:2005/11/11(金) 08:04:59 ID:2m6yG85h
>>113
タイヤ館は、綾吊のあのシリーズの中では例外的に面白いよ。捨てちゃだめ。
同シリーズの「鯖館の殺人」は漏にとっては「グルメ先生」と並ぶ
二大壁本だから、ご注意。
>>114
最後の昴の台詞がやけくそだもんな→メ欄

116 :名無しのオプ:2005/11/11(金) 16:31:15 ID:NYlic854
『韓国館の殺人』
東海地方の西部、愛知県N町の禿山の中にその奇妙な館は建つ。
「朝鮮海峡を越えてはならぬ…」
かつて、この国の老人は、子供にそう教えていた。しかし、
時の流れとともに、そういった警告は忘れ去られていった。
そこには、様々な日本文化が韓国起源として飾られている、
いわくつきの館。一人でその館を訪れた漢江南孝明は、
そこで奇妙な出来事に遭遇する。ニダ−の肉の正体とは?
金丸老と朝鮮半島,そして中部横断自動車道との関係とは?
シリーズ最狂の館、ここに落成!

117 :名無しのオプ:2005/11/11(金) 16:45:24 ID:lwUWsAV5
>>115
なんだっけなぁwww「あ?あいつか?あんな奴死んだってかまやしないんだよ。問題は板尾の嫁さんがなぜにあのような魅力的なダンスを踊れるかなんだよ・・・深い・・・」みたいな事言ってたよなぁwwwwwww

118 :名無しのオプ:2005/11/11(金) 19:55:20 ID:Rrv8MWVR
「鯖館の殺人」はある意味傑作だけどなw
帯には「狂気の天才建築家・佐波原誠司の最高傑作と言われた
巨大建築物『鯖館』に集められた8人のオクトパス学園中学ミス研メンバーたち。
館に仕掛けられた数々の奇妙なからくり、罠。次々に姿を消していくメンバーたち・・・。
天才女子中学生探偵・鮫ヶ咲立帆はタイムリミットの前に『15年前の密室殺人事件』を
解き明かすことが出来るのか!?」
と2時間ドラマ張りに煽って煽って煽りまくっといて話の中核である『15年前の密室殺人事件』の
トリックが(メ欄)ってオチはねーよなw
綾吊はただ単に中学生のHシーンが書きたかっただけなんちゃうかと小一時間。

119 :名無しのオプ:2005/11/11(金) 22:01:43 ID:2m6yG85h
>>117
メ欄ってどういう意味か知ってる?

120 :名無しのオプ:2005/11/11(金) 22:40:58 ID:9SfWzY9I
50名を超す登場人物全員がワトソン役っていう作品ありましたよね。
タイトルが思い出せません。何でしたっけ。



121 :名無しのオプ:2005/11/11(金) 23:02:36 ID:aLDMG0p3
>>120
ネタバレするなよ! 『ワトソンを探せ』だろ。
「探せ」ってのに、実は全員ワトソンだったという
大どんでん返しだったじゃないか。

122 :名無しのオプ:2005/11/11(金) 23:50:32 ID:lU7N9c8e
>>121
おまえの方がネタバレだっ!

つうか、『ワトソンを探せ』の一番のどんでん返しは、メル欄だろ?

123 :ここだったのね・・・私バカよね、おバカさんよね♪:2005/11/12(土) 03:42:35 ID:qbkZor8o
>>119
メランコリン・・・ってなんだっけ?www

124 :名無しのオプ:2005/11/12(土) 10:28:31 ID:x5gruIIL
↑そこは名前欄だよ。メ欄は隣。
>>122
でも、本当は「三つ目がとおる」に出ていたメ欄というオチだったはず。

125 :名無しのオプ:2005/11/12(土) 14:46:12 ID:zyR42xRo
クルムヘトロジャンがSFかミステリかで80年代初頭に論争が起きましたが、
私は彼の著作「へれもこそ」は倒術トリックの白眉だと思っています。
あれを越えるものは今でもちょっと無い。


126 :名無しのオプ:2005/11/13(日) 15:37:38 ID:KlQtAm7N
禿胴だが、その後発表した「ひられんべん」「まひれんこん」「どんぎゅうまひ」は
思わせぶりなプロローグ。旅行中の殺人(でもツアーは続行)、妙な病気。
「あらだったら・・・」と目撃をほのめかした人物(大抵女性)が次の被害者という
共通パターンで、登場人物名を入れ替えただけと言っていいほど同じ話。
「へれもこそ」一冊でやめておけば、クルムヘトロジャンは漏れのベスト作家だったんだが。

127 :名無しのオプ:2005/11/18(金) 00:23:39 ID:XO/l/sRe
>>126
今度、火サスで「へれもこそ」やるみたいですよ。
なまはげ役はいなかっぺいとか・・・


「へれもこそ」はいいですよね。私もヘレモコサーの一人としてなれもかし。
序盤のじゅけさらぱー、げせわちきーから始まってめけそこさ、けせまかし、
と見せかけてラストの大八車。
一般的なけれそもなとは異なり形而上のゆめれおのー、めでさけQ、
ぽらつて、一杯一杯ですよ。



128 :名無しのオプ:2005/11/18(金) 13:55:48 ID:ZHUDJ9Uo
>126
クルムヘトロジャン「ひられんべん」「まひれんこん」「どんぎゅうまひ」の
通称「後ヴぁんヴんじゃ」3部作にはアンチ/メタ・ミステリの開祖的な作品
だという意見もありますが。
通して読んでみると1作目の「赤い靴下の男」=2作目の作中作人物「おちょよれこぺ」
=3作目の語り手であることが解る筈です。
>127
あの時間枠は秋からDRAMACOMPLEXと名前を変えましたね。
大林信彦監督宮部みゆき原作の「理由」をワイドショー形式に再構成して放送したり、
実験的な試みがされているようなので、何かある度に人や周りの物が倒れていくという
倒術トリックをどう映像化するのか非常に興味があります。放映が楽しみです。


129 :名無しのオプ:2005/11/18(金) 20:53:08 ID:1hKeHOvo
泥氏川泥氏の専門学生編の四作目タイトル発表になったらしいけど、ぐぐってもでないorz
御豆さんシリーズ好きだからずっと待ってんのになぁ。
もちろん脚本家編の都徒も好きだけど。

130 :名無しのオプ:2005/11/18(金) 23:28:39 ID:LMSEdfyW
>>128
何かある度に人や周りの物が倒れていくという倒術トリックをどう映像化するのか


情報THX! うわー。じゃぁ同シリーズの

 ピサの斜塔屋敷の犯罪 

のあの、クライマックスシーンの映像が見・ら・れ・る! んですね。


131 :名無しのオプ:2005/11/19(土) 12:38:18 ID:6IWiNcfZ
「ピサの斜塔屋敷の犯罪」は<メル欄1.>じゃなくて<メル欄2.>だから
厳密に言えば倒術トリックじゃないだろ。


132 :名無しのオプ:2005/11/19(土) 22:42:39 ID:Z11wW+Eg
>>131
 倒術トリックw

133 :名無しのオプ:2005/11/21(月) 20:43:38 ID:avHw8hvH
>129
泥氏川は多作乱筆すぎる。「専門学生編」「脚本家編」の他に「官能小説作家編」「援助交際編」
「放浪編T(ホームレス)」「死体洗いのバイト編」「放浪編U(指名手配)」「刑務所服役編」と
シーリーズばっか殖やしてどれも完結させていないのはいかがなものかと・・・
まあ、私は援助交際編の16歳の妖婦マダム・七対子に激しく萌えな訳だが。





134 :名無しのオプ:2005/11/21(月) 22:20:59 ID:DBZO0HaP
>>133
でもさあ、それぞれのシリーズはこっそり繋がってると作者は言ってるし、
シリーズ単体で括るよりは時系列に則ってシリーズをごちゃ混ぜに読むと
結構面白いと思う。七対子は<メル欄>だし。
ただ、最近の四シリーズは繋がりがわかり過ぎて萎えるかもだけど。

135 :名無しのオプ:2005/11/24(木) 13:09:46 ID:VVTZ38m2
泥氏川みたく作家と作中人物の名前が同じ作家の元祖って
エナリー・キング?

136 :名無しのオプ:2005/11/26(土) 21:02:50 ID:K2V7IuOA
江戸後期の戯作者、混沌除之伊湖の「世間道中鬼々奇譚」が元祖という説も
あるけど、作中に登場する混沌除之伊湖は殆ど何もせず、偉そうな口をばかりで、
自分の母が祖母を筆頭とする周囲の人々にいぢめられるのを、只見ているだけ
の存在なので意を唱える人が多いね。ミステリー要素も叔母さんの一人が突然、
南蛮に渡ってそのまま帰ってこないという位の薄いものだし。



137 :名無しのオプ:2005/11/28(月) 21:26:53 ID:YQ5u6rwv
×偉そうな口をばかりで
○偉そうな口を叩くばかりで
ごめん・・・・・イッパイイッパイで。
orz

138 :名無しのオプ:2005/12/05(月) 12:10:42 ID:qel+NmwM
保守

139 :名無しのオプ:2005/12/11(日) 00:15:08 ID:m+yk9xTl
>>135
エナリーは確かに有名だけど前例ならいくらでもあるからなあ・・・

桂秀次の新作、「リトルアイランドの謀略」はなかなかの傑作だった。
「ウッドビレッジの屈辱」「インサイドリバーの悪魔」に続く
建築士姉妹探偵・トゥース・シスターズシリーズだが、個人的には
コレが一番好き。絶海の孤島のリゾートマンション崩壊の謎、というより
犯人の(メ欄)という異常な動機と、それを納得させてしまう舞台背景の
筆致が圧巻。

140 :名無しのオプ:2005/12/11(日) 04:45:32 ID:JKHbDfMm
>139
リトルアイランドは、女流作家・桔梗屋弥生の「一級さんの醜聞」のまんまパクリだよ。
この件、ミステリ板の桔梗屋スレで祭りになってる。逝ってみそ。

桔梗屋と仲のいい時巡十四郎御大も激怒していて、
推理作家協会に桂の会員除名を求めているだけでなく、
版元の臭影社にも回収絶版を要請するよう働きかけているらしい。
ウッドビレッジ、インサイドリバーが好評だっただけに、自らの人気に押し潰されて自滅したか、桂。

141 :名無しのオプ:2005/12/16(金) 21:55:01 ID:a/h2YWZ4
こんとんじょのいこage

142 :名無しのオプ:2005/12/16(金) 21:57:01 ID:N1e+iyOs
>>140

知ったかぶりはよせ。全部真っ赤な嘘。

一応、そういう世界にいるんでね。 君より情報持ってるよ。

143 :名無しのオプ:2005/12/16(金) 22:12:36 ID:2Tr1NpFI
関沢アサ「ゴジラ対シャーロック・ホームズ」読んだ?
あれマジですごいよ。論理で怪獣を圧倒するという前人未踏の
試みが見事に成功してる。ラストで夕焼けをバックにゴジラが
得意気にパイプをふかすホームズに恨めしげな一瞥をくれて
熱海に去って行く場面は映像がありありと浮かんだよ。

144 :名無しのオプ:2005/12/17(土) 05:03:31 ID:5ym8EdBc
>>143
そうか?俺も読んだが、あまりのひどさに絶望したよ。
デイリーテレグラフにホームズが出した「怪獣連盟欠員募集」の広告を見て
ゴジラがモンスター街のモスラハウスの面接会場にやってくるか、普通?
罠に決まってんじゃん。冒頭のこのシーンでもう萎えた。

ワトスン「なかなかおとなしそうな怪獣じゃないか」
ホームズ「いや、僕はゴジラの顔なんて見ちゃいないよ」
ワト「じゃ、どこを見たんだい」
ホー「着ぐるみのひざさ」

最後までこんな調子で380ページ。帯のキャッチコピーが
「推理VS放射能」。頼むから氏んでくれ関沢アサ。

145 :名無しのオプ:2005/12/17(土) 13:05:41 ID:aio3uYud
芳賀嶋耕作の「ハリー&イートン」シリーズの第四作目って絶版なんですか?
恥ずかしながら芳賀嶋作品を読み始めて日が浅く、事情をよく知りません。
ご存知の方がいたら詳細おねがいします。


146 :名無しのオプ:2005/12/17(土) 15:08:51 ID:1vKBv6Ta
>>143
それ被爆したホームズがチベットで修行して巨大化する話だっけ?
笑いながらステッキで滅多打ちにするんだよな

147 :名無しのオプ:2005/12/26(月) 00:07:54 ID:D29N3eKg
ゴジラのファスナーが開いて、(自粛)が中から出てきたときの
巨大ホームズの狼狽ぶりが可愛い

148 :名無しのオプ:2005/12/30(金) 19:51:22 ID:vI9kDIcN
私はゴジラと巨大ホームズが戦っている下で、チャレンンジャー教授が、
「甘ったれるな!!」と芹沢博士を一喝するシーンが好きです。

149 :名無しのオプ:2006/01/01(日) 00:24:50 ID:9KZcsLsF
>>147
自粛の部分をメル欄に書いてよ。
このスレなんて半分ネタバレスレみたいなものなんだから。

150 :名無しのオプ:2006/01/01(日) 06:31:15 ID:0p1DWjeR
>>149
ゴジラのファスナーが開いて、メル欄が中から出てきたときの
巨大ホームズの狼狽ぶりが可愛い


151 :名無しのオプ:2006/01/01(日) 11:19:47 ID:9KZcsLsF
>>150
今までスルーしてたけど、ちょっと興味出てきた。
近所のブックオフで探してくる。

152 :名無しのオプ:2006/01/01(日) 16:35:24 ID:xla9SMjm
雨戸 夢智の「配偶者暴力探偵の事件簿」の新装版が言語道断社から
出たらしいんだけど、買った人いる?
作品の略称の「D・V・D(DomesticViolenceDetective)」に掛けて
DVDのケース風の装丁にして3巻セットで発売って広告してた奴。
雨戸ファンとしては長らく絶版になってたこのシリーズが復活するのは
嬉しいけど、DV法とか施行された今の時期の出版はどう考えても
ヤバイ気がするんだけど・・・

153 :名無しのオプ:2006/01/01(日) 20:33:23 ID:R1muK8cC
>152
ああ、それビニールでラッピングされてエロ本のコーナーに置いてあった。


154 :名無しのオプ:2006/01/02(月) 01:36:49 ID:6b7Kp2NQ
>>152
読んだけど、正直これ買うならブックオフ回った方がいい。
奥さんの弥生さん虐待シーンの描写は殆ど書き換えが入ってる
(例えば1巻3話目の「オランダ嫁の謎」の優策さんが弥生さんの
お腹をけっ飛ばして弥生さんが吐いたのを見て密室トリックに気付いた
シーンは全編改稿されてる
し、弥生さんの隠れM設定も消えてる。頭踏みつけられて恍惚の表情を浮かべる
弥生さんが好きだったのに・・・

155 :名無しのオプ:2006/01/02(月) 10:05:06 ID:bBJsD1z6
>>153
新年早々、爆笑させていただきました。

156 :名無しのオプ:2006/01/05(木) 00:21:03 ID:Id7uL8oH
ずいぶん昔の人だけど獅子原 賢磨の『右手の魔術師』て知ってる??
あんま有名じゃないけど結構オモロだった。
大正ノスタルジィ系好きにはオススメ。

157 :名無しのオプ:2006/01/05(木) 02:44:18 ID:sQbyj3B3
>>156
知ってる知ってる!!!
あの名探偵が殺人鬼に殺されかけたトコで(メ欄)しちゃうやつでしょ?

158 :名無しのオプ:2006/01/05(木) 02:49:11 ID:sQbyj3B3
『老人探偵の殺人劇場』が好き。
主人公が134才なのに現役で探偵のやつ。
何人殺されたかさえも忘れちゃう探偵が意外な犯人を指摘するトコが面白かった。
『この建物を建てたのは姉h(ry』

159 :名無しのオプ:2006/01/05(木) 18:56:29 ID:Id7uL8oH
157
獅子原作品ってトリックは甘いのに犯人の心境とかがすごいリアルに書かれてるよね。『右手〜』の六章とかすごくいい。

五作目のやつってタイトルなんだっけ?あれすごい良かったんだけど。犯人が(メ欄)だったのはホント驚いた。


160 :名無しのオプ:2006/01/05(木) 19:11:03 ID:lvQ5HXch
そうそう
メ欄なんてふざけた名前だからてっきり赤ニシンかと思ってたのに

161 :名無しのオプ:2006/01/06(金) 22:13:44 ID:mui9RkEZ
秋田雪太郎の「ナマハゲ探偵の事件簿」読んだ奴いる?
わりぃごはいねーがーとか言いながら暴れまわるシーンで大爆笑したんだけど

162 :名無しのオプ:2006/01/07(土) 16:51:56 ID:+IyH5Iaa
>>161
Vシネでナマハゲのアシスタントを演じたナイスバディ・ヒロインの竹城亜希、うpしときます。

http://www.boreas.dti.ne.jp/~yimai/column/takejo.htm

163 :名無しのオプ:2006/01/07(土) 17:51:42 ID:eJbuxCbI
ここで例の鮫島事件を語るのはありですか。
ルポ本の企画がついに動き出したとか出してないとか……噂ですが。

164 :名無しのオプ:2006/01/07(土) 20:28:56 ID:Gp7bXHW0
>>162
宿屋の娘役の栗川千春のパンチラうpキボンヌ

165 :名無しのオプ:2006/01/08(日) 02:52:35 ID:gqsJ0AHm
>>162
ナマハゲのアシスタント役の竹城亜希のパンチラうpキボンヌ


166 :名無しのオプ:2006/01/08(日) 06:00:43 ID:FoeWnZPf
九円 田乱亭乃の「五転掌爆心拳」は俺の中では早くも
今年のバカミス一位に決定。「五歩歩いたら死ぬトリック」って、なあ・・・



167 :名無しのオプ:2006/01/08(日) 14:41:14 ID:NW4QiiDT
「知らんがな殺人事件」はイイネ。

168 :名無しのオプ:2006/01/08(日) 18:53:32 ID:HD03za2k
誰か寺本卓の「ひめくり殺人」読んだ人いますか?

街中で死体が見つかり、傍らには「12月31日」の日めくりカレンダーが・・・
これがすべての発端で、翌日から「12月30日」「12月29日」・・・のカレンダーとともに毎日一体の他殺体が発見されるというもの
それぞれの犯行の日付、ひめくり、被害者が決められる法則が、そのまま犯人が無実を装うためのトリックになっていた、というのも驚きましたが、
一番驚いたのは(メル欄)ということでした
更に、探偵役の株鳥自讃が
最初の被害者が出た時点で、(メル欄)になる事を含め、犯人の計画がすべてわかっていたが、(メル欄)の時の犯人の驚くさまが見たかったから一年近く人が死んでいくのを放置してた、
というのにも驚きました(奥さんと兄が殺されたにもかかわらず



169 :名無しのオプ:2006/01/09(月) 00:44:30 ID:oavHS3ZO
姫繰り

170 :名無しのオプ:2006/01/09(月) 15:53:51 ID:tRMOf3ax
>>168
なんかよく意味が分からん。大掛かりな連続見立て殺人と言う意味では浅賀栗須亭の「イロハ殺人事件」
っぽいが、どうやら殺人が起きた日のカレンダーが死体の傍らに置かれているわけではなく、
第一回目の殺人(日にちは不明)で12月31日の日めくりが提示され、翌日から12月30日、12月29日と遡っていくらしい…。
う〜ん、ややこしい。
例えば。今日1月9日に一人目が殺される。これに12月31日のカレンダーが置かれる。
翌1月10日に二人目。カレンダーは12月30日。これじゃあ閏年でもなんでもどうでもいいじゃん。
じゃあ3月18日の犠牲者の傍らに置いてあるカレンダーは何月何日でしょうか?ってあなたクイズじゃないんですから。
あっ。思い出した。寺本卓ってダイソー100円文庫の人じゃん。

ならよし。

171 :名無しのオプ:2006/01/12(木) 00:38:19 ID:rDOXWwbI
そんな寺本卓も蒼い馬文庫でジュブナイルに初挑戦だね。
いままでの実績を考えるとあまり期待できそうにないけど、
とりあえず読んだ小学生が読書嫌いになるような本でないことを祈る。

172 :名無しのオプ:2006/01/16(月) 01:18:03 ID:VkpG5w94
昨日発売された夕日 都芭笥の『三点ユニットバスの悲劇』読んだ人いますか?
ホテルが舞台のやつ。
半分近くまで読んだんだけど、犯人は支配人の滝沢だろ? 歯磨粉に毒ってのもさぁ…。まずユニットバスである必要ないじゃん。

あと300ページくらいあるんだけど読み飽きたから誰か結末教えて下さい


173 :名無しのオプ:2006/01/16(月) 16:02:41 ID:I97VBzIf
そっからどんでん返るんだっつーの!
ユニットバスの意味もあんだよ。
そもそも歯磨き粉はミスリード。あのままじゃ五分間ミステリー並のクオリティじゃねぇか
結末知りたいなら(目欄)

174 :名無しのオプ:2006/01/18(水) 22:33:09 ID:jY0ZhnL0
今月の新刊
櫻井ポン介「零下140度の灼熱」

陶芸家磯山ぴろりん(75)が仕事場でろくろに巻き込まれて
死亡した。悲鳴を聞いて駆け付けた一番弟子の鰻本ひのえ(45)に
因ると被害者は息を引き取る直前「ぴろりん地獄を見たよ」と
言い残したという。ろくろの側には火薬部分が欠けたマッチ棒、
ペナントの切れ端、孔雀の羽根3枚が落ちていた。警察は事故死との
判断を下したが、納得の行かないひのえの息子まいきち(25)は
美人で巨乳だが傲慢なぴろりんの孫娘パイリン(21)と事件の調査を
開始するが――。

あらすじをいくら読んでもタイトルとの繋がりが
見えてこないんだが…。

175 :名無しのオプ:2006/01/18(水) 23:36:49 ID:1A4khxJq
きっと(メ欄)に何かあんだよw
自分も読んでないから何とも言えないけどさ。

176 :名無しのオプ:2006/01/19(木) 01:34:59 ID:3TAKpwrJ
>>174
ヒントはメ欄

177 :名無しのオプ:2006/01/19(木) 02:58:11 ID:5TytcSf+
○○館の殺人ってシリーズ物読んだ事ある人居ますか?
ストーリーを簡単に言うと、命探偵の島田ってのがいて
兄歯が建てた館で起こる殺人事件を見事に解決する・・・って感じかな?
実は犯人は(目欄1)であの建物倒壊のトリックには吃驚したよ
トリックネタバラシすると(目欄2)の量を通常の(目欄3)にして(目欄4)がくるのをひたすら待つってトリック。
(目欄5)が証拠で犯人が捕まっちゃうんだよね・・・
来年の直樹賞はこれに決まりだね!!

178 :名無しのオプ:2006/01/19(木) 10:15:17 ID:XojpvzMK
>>177
なあ、建築物崩壊ネタって流行ってるのか?

建築業界モノといえば桂秀次の建築士姉妹探偵・トゥース・シスターズシリーズが
有名なわけだが、三作目の「リトルアイランドの謀略」が桔梗屋弥生の「一級さんの醜聞」
のメイントリックに酷似していて大騒ぎになった経緯は、このスレの住人も記憶に新しいと思う。
結局「衰理日記」で阿野洋御大が容認する見解を打ち出してうやむやで終わってしまったけどね。
さて、>177を読む限り非耐震の違法建築で殺人という大枠は全く一緒。
これ、作品名と作者名が書いてないんだが、もしかして「タイヤ館」で有名な綾吊人行?
あいつ落ち目だからなあ。パクリ作品のパクリかよ……。さすがの阿野洋先生もいい顔しねえ
だろーなー。これは駄目かもわからんね。

179 :名無しのオプ:2006/01/19(木) 11:35:13 ID:9wuJ2wNW
今、このスレの人達の想像力に素直に感動した

180 :名無しのオプ:2006/01/19(木) 21:17:41 ID:31HVZHKD
「このスレの人達の想像力」もう読んだんか?!?!
そういや今日発売だったなぁ…いいなぁ、俺金ねぇよorz
東村麿行大好きなんだよぉぉぉぉ!!!!!
デビュー作の「黒猫ディルの憂欝」は衝撃だったもんな。
「白猫ノマの奪還」も「山猫ユニの聖戦」もおもすれーよなーwww
猫シリーズ以外も列車野郎とか秀逸だし
他に「このスレの…」読んだ人感想きかせて

181 :名無しのオプ:2006/01/19(木) 22:43:59 ID:fwuDApxS
東村は神だよね。
オススメは「このスレで戦う御宅たち」
真面目に傑作です。こんなに泣けるミステリ初めてだよ。特に第三章のテロリストとの知能戦はすごい!あんな話考えられる東村は神天才だ。
それと最後の最後に明かされる本当の御宅が(目欄)なんて…感動物。


182 :名無しのオプ:2006/01/19(木) 22:45:23 ID:fwuDApxS
↑間違い

×知能戦
○頭脳戦

変に興奮しすぎた

183 :名無しのオプ:2006/01/19(木) 23:24:15 ID:xNNojyxf
>>182
んな細かい間違いの前に目欄がねぇよw
東村のこのスレシリーズは未読だけど、猫シリーズの表紙絵が好き
英栄って絵師だっけ?めっちゃかわええよなぁハァハァ

確かに東村は神だが被害者=犯人の自演モノが多いのはいかがなものか・・・

184 :名無しのオプ:2006/01/19(木) 23:28:11 ID:HcCPpcnB


185 :名無しのオプ:2006/01/19(木) 23:38:01 ID:pMgEvdKs
ところでさ、西野圭子が「被害者yの下半身」で見事直木賞を
獲ったわけだけど、当該作品について三十三間堂トイレットが
いちゃもん付けてるらしいよ。廁曰く「被害者の下半身の描写が記号的すぎてトイレで
楽しめない。よってこれは本格ではない」だって。相変わらず
怪電波を撒き散らしておいでのようで。

186 :名無しのオプ:2006/01/19(木) 23:40:01 ID:xNNojyxf
>>184
なんに対しての「?」だ?

187 :名無しのオプ:2006/01/20(金) 01:10:02 ID:ydPm0RsN
>>185

本格じゃなくて、『かく本』な。
三十三間堂の『かく本』の定義に「yの下半身」があっていないと。
妄想の部分が暗示されていないとマスをかけない、
というようなことを自信のHPで発表。
「yの下半身」をかく本と評した評論家を批判した。
それに阿鼻叫喚蹴鞠が、かく本の定義は人それぞれで違うんだし、
それはお前の性癖じゃん、ってなことを三十三間堂の掲示板に書き込んだことで議論が起こった。

188 :名無しのオプ:2006/01/20(金) 01:32:48 ID:QCW49XU9
>>188
要するに自分がインポだと認めたくないんだな

189 :名無しのオプ:2006/01/20(金) 02:32:56 ID:qgALmovT
>>188
何自分にマゾいレスしてんのよ。
って思ったけどそれあれだな、三十三間堂の新刊『隆起する鬼〜彼の復讐〜』に出てくる探偵の決め台詞だったのな。
今読了して気が付いたよ。

インポ(=性的不能者)→お前に完全犯罪は不可能だよ、っていう意味だけじゃなく目欄に対するダブルミーニングって気付いたときは鳥肌立った。
正直犯人が自我崩壊するのも頷けるって、アレは。

190 :名無しのオプ:2006/01/20(金) 03:56:01 ID:J6CmGkZ8
勝手に真犯人を決めない方が宜しいかと。男装が好きな訳ではなく
強くなりたかっただけの可能性もあります。
神の手のルーシーかも知れませんけど

191 :名無しのオプ:2006/01/20(金) 09:08:31 ID:gqmxU4LX
そういえば、最近注目の新鋭、「青汁 正和樹」の新刊誰かしってる??

192 :名無しのオプ:2006/01/20(金) 09:16:55 ID:J6CmGkZ8
(´・ω・)知らんがな散歩中に怖い映像みてたがな 面白い本なら読みたいがな

193 :名無しのオプ:2006/01/20(金) 17:09:54 ID:mMNxNJKf
>>191
タイトルは>>192の通り、
「(´・ω・)知らんがな散歩中に怖い映像みてたがな 面白い本なら読みたいがな」
図書委員探偵・木野と国谷の学園ミステリ「面白い本なら読みたいがな」シリーズだよ。

194 :名無しのオプ:2006/01/20(金) 17:55:05 ID:nKJZ9KBd
今、隈野御堂巧の「アトマスフィア」を読んでるんだけど、
冒頭からいきなり出版プロデューサーが『罪と罰』のあらすじを延々朗読するシーンが出てきて、
ちょっと面食らってる。

これってどこまで続くんだろ。
ちなみに今のところ200ページまで読んだけど、
やっとラスコーリニコフが金貸し婆さん殺したよ。

195 :名無しのオプ:2006/01/21(土) 00:54:17 ID:gYj5MxOB
>>193
あぁ、あのひたすら面白い本を読むって小説ね!
あれは結構よかったよ。
その小説内で面白い本として紹介されてる盲腸院流水の『コズミッグ』、
長そうだったから結末だけ読んだのだが犯人が(目欄1)てwwww
しかも密室トリック(目欄2)・・・っつ〜か既に密室じゃないしwwww
本当読むの結末だけにしといて良かったよ。

196 :名無しのオプ:2006/01/21(土) 01:11:31 ID:Xn6VrA5Q
阿鼻叫喚蹴鞠先生の新作も出ないなぁ。牛と蛙と黒子の推理シリーズはどうなったのやら

197 :名無しのオプ:2006/01/21(土) 15:45:00 ID:PdXKgwLO
目欄てなーに?

198 :名無しのオプ:2006/01/21(土) 18:22:44 ID:yJ/5e1FM
耳欄と口欄の中間にあるやつだよ。

199 :名無しのオプ:2006/01/21(土) 18:30:26 ID:NzMlOiOT
>196
あれそろそろ飽きてきた。あ、言っとくけどアンチじゃないよ。
肉食蛙の話は滅茶苦茶泣いた。でもトリックがどれもお粗末杉。
これ以上買うかは微妙だけど牛の不死の秘密だけは読みたい。

ついでに質問。
阿鼻叫喚蹴鞠で補欠探偵の「無い無い探求隊」の動機(メル欄)に納得した人っている?
女ならみなこの道を選ぶだろう…って、選ばないっつーのw

200 :名無しのオプ:2006/01/21(土) 21:29:36 ID:q6uWqqG5
俺は納得した。っていうか、共感しすぎてちょっと泣けた。泣けるミステリ、いいよな。
他に最近泣けたのは「彼は出向だったので」とか「彼は転勤になったので」辺りかな。
特に後者は叙述トリックと単身赴任の哀愁との結び付きが絶妙。
この作者はマジで次回作を期待させるよなぁ。



名前は忘れたけど。

201 :名無しのオプ:2006/01/22(日) 02:13:21 ID:KdsElbzU
>>200
同じベクトルなら「窓のみ消去-Missing Under The Window-」がわりとお薦め。
窓際族の話。
登場人物の燃絵って女がアクが強いから人を選ぶと思うけどさ(正直俺はウザいと感じた)。

作者名忘れたけど。

202 :名無しのオプ:2006/01/22(日) 13:45:47 ID:grYp7W7W
今日ブコフで「本命」ってミステリみかけたんだけどさ、登場人物一覧のページ、各々の名前の上に◎やら△やら書いてあって買わなかった。
あれは悪戯なの?仕様?読んでおいたほうがいいのかな

203 :名無しのオプ:2006/01/23(月) 00:37:53 ID:6jq3LMex
>>202
仕様です。
ていうかこのシリーズ(「大穴」「対抗」等)における作者の実験ともいえるのか?
競馬とかする人ならわかると思うけど、その記号は作中の怪しさ度とでもいうのかな。
でもたいてい目欄が真犯人。

204 :名無しのオプ:2006/01/24(火) 16:59:48 ID:z/zQ86u4
このシリーズの『超能力探偵はいつも不死身』角川で映画化されるらしいぜ!
主演の役者ははメ欄

205 :名無しのオプ:2006/01/24(火) 20:00:15 ID:LKHj9tr+
部屋にあったトランクに隠れてた、てのが密室トリックだっけか

206 :名無しのオプ:2006/01/26(木) 01:03:09 ID:FVpzTyW/
>205
一瞬トランプに隠れてたと読んでそんなの不可能だろとワロタ
でもSFミステリーでそんなのもあったね。あれ誰だっけ?ド忘れ。


207 :名無しのオプ:2006/01/27(金) 19:15:09 ID:eNL10Sb1
>>206
背中に亀の甲羅みたいにトランプ貼り付けて丸まって隠れるヤツだな。
みんなそれが目に入っても、テーブルの上に放置してある「神経衰弱」だと思ってしまうんだよな。
たしか時巡十四郎、若かりし頃の傑作短篇群のひとつ「神経衰弱」だよ。

208 :名無しのオプ:2006/01/27(金) 19:51:14 ID:XNY5a3SU
懐かしいな・・・名探偵・花札軽太シリーズだよね?
「神経衰弱」が収録されてる「トランプ奇譚」はその他にも
一夜にして巨城が姿を消す驚天動地のトリックを暴く「トランプ城の奇跡」と
トランプがばらまかれた密室内の凶器消失を描いた「ちりも積もれば撲殺死体」
の2編を収録している超お得短編集なのに全社版大好評絶版中なのが泣ける。
暴言社も沖ノ鳥シリーズなんて駄作群出版してないで早いトコ復刊してくれないかな・・・

209 :名無しのオプ:2006/01/28(土) 02:27:11 ID:ZJSzSDXa
>>208
「トランプ城の奇跡」……秀吉の墨俣(すのまた)一夜城の逆バージョン。
種明かしを読んでもトランプで城を造る方法が延々述べられているだけでカタルシスは全くなく、
「はあはあ、なるほど、大変なんですね」と言うほかない。花札軽太も精彩に欠ける。
「ちりも積もれば撲殺死体」……棒状に固めた冷凍トランプで殴り殺し、溶けてしまうと神経衰弱を
やっていたように見えるというひねりの効いた作品。意外な凶器トリックの原点ともいえる。
この作品の影響を受けて、餅だのチキンだの亜流(ただし説得力はある)が続出した。

210 :名無しのオプ:2006/01/28(土) 07:02:52 ID:QKbn3DvY
最近発売された「お粗末すぎる殺人」読んだ奴いる?
犯人を目撃した証人が沢山いるのに、犯人には完璧なアリバイがあるって奴
しかも取り調べ中に次々と殺人が起こっていくからかなり期待してたのに
まさか真相が(目欄)だったなんて……

211 :名無しのオプ:2006/01/28(土) 11:21:33 ID:G/1Wu9hn
新本格一郎の新作でしょ?第18回サディスト賞受賞者の。
あれ単体で読んじゃダメだよ。前作短編集の「陳腐すぎる殺人」が
まるまる伏線になってるから。具体的には犯人は(メ欄)で、
短編集に収められた7つの短編の一話ごとに(メ欄)のが7つ子の伏線。
ちなみにデビュー作の「無謀すぎる殺人」が「陳腐すぎる殺人」の中の
一編「陳腐すぎる誘拐」の伏線になっていたり、この「お粗末すぎる殺人」自体も
前2作と微妙にリンクされてる。何か4月から、全作の未消化伏線を全てまとめた
「壮大すぎる殺人」が別冊サディストで連載開始するらしい。

212 :名無しのオプ:2006/01/29(日) 11:40:18 ID:L0AtjE/V
>>211
伏線?マジで?
漏れキヅカナカッタ…orz
読み直して吊ってきます

213 :名無しのオプ:2006/01/30(月) 14:24:15 ID:/+0OOemP
というか、>>211>>210のネタ(目欄)に気づいてないんじゃないだろうか

214 :名無しのオプ:2006/01/30(月) 14:24:51 ID:/+0OOemP
ごめん、目欄忘れ

215 :名無しのオプ:2006/01/30(月) 17:38:39 ID:3u2Ney4a
「お粗末すぎる殺人」て「シェーくすぴあの嫌味」の作者だろ?
あれもひどかったな。
犯人が(目欄))だから(目欄)がして犯行がばれたっていう駄洒落オチ。

216 :名無しのオプ:2006/01/31(火) 11:52:30 ID:8QKklYMe
この作者の最新作の「消費者Xの検診」って現代の医療社会の構造をえぐった
ミステリーでありながら直木賞とっちゃうなんてすごいよな

217 :名無しのオプ:2006/01/31(火) 12:49:06 ID:2UX8rkbZ
「旗を立てる」は面白かったな。
猟奇的な連続殺人と、
その被害者の恋人の男が傷を癒すための山登りを
交互に描いてると思いきや、
山登りは犯人がターゲットを探す時の心理描写で、
山頂に立てる旗こそが脳天に突き刺した凶器という叙述トリック

218 :名無しのオプ:2006/01/31(火) 20:03:18 ID:YMLPa/zu
>>216
ああ、擬宝珠野メイ子だろー。
「検診」がすっかり有名になっちゃったけどさー、実はもっと軽い
学園恋愛ミステリも書いてるんだよねー
自分はそっちの方が好き。
「どちらかが彼と五回シた」とか「私が彼と5回シた」とか
かんなりエロい作品で面白いよー

219 :名無しのオプ:2006/02/05(日) 11:24:52 ID:XLfLbaFd
学園系の白眉は「白人のいない黒人の夜」収録の「どちらかが私と五浪した」だろ。
逸見と芳賀のどっちが受験に落ちたのかを延々推理する話。青春時代の
気怠さがよく描けてる。「ツンデレ等百鬼夜行」につぐ擬宝珠野短編の代表作。

220 :名無しのオプ:2006/02/09(木) 21:38:38 ID:RBAPUacK
『捻挫した名探偵』とか『肉離れした名探偵』の『〜した名探偵』シリーズにハマりました。すごい馬鹿らしいのに面白いです。
とくに『捻挫した名探偵』の車椅子で犯人を追いかけてる描写最高。てか本には書かれてないけど、捻挫の原因って(目欄)なんですね…(゚Д゚)マァビックリ

221 :名無しのオプ:2006/02/09(木) 23:16:21 ID:pV9fxFBu
>>220ああ『〜した名探偵』シリーズね。
自分のお気に入りは『1時間食べ放題の店で肉を食いまくって閉店に追い込む行為をした名探偵』
がお気に入り。あれは傑作だよな?

222 :名無しのオプ:2006/02/25(土) 21:44:44 ID:zNb9t7uc
>>221
探偵が凶器の冷凍肉はおろか被害者の死体まで食っちゃう話だっけ。

昨日とうとう、弥勒院和彦の『アルキメデス式凹面螺旋アダムスキー推進器とマルクス・トゥッリウス・キケロの空虚的理想逡巡型密室論議』を
全19263ページの内三分の一の6421ページ(第81章『笑わない哲学者の回想』
まで読みました!相変わらず冗長な文章でしかも展開が遅い・・・でもやっと探偵のアリストテレス島袋が登場。
でももう精根尽き果てましたよ・・・読む気にならねえ・・・・
流石「一人として最後まで読んだ人間がおらず、誰もが永久に積ん読してしまう安置ミステリ」というだけあります・・・

223 :名無しのオプ:2006/03/10(金) 23:12:52 ID:CiSdHlOm
ほしゅあげぇ


おえぇぇ

224 :名無しのオプ:2006/03/10(金) 23:55:20 ID:Zux3YHPR
>>222
まったくだ

225 :名無しのオプ:2006/03/12(日) 00:32:19 ID:eOhjMxFM
「心停止した探偵」でついにシリーズ完結
今夏発売予定

ソース:帝都新聞HP

226 :名無しのオプ:2006/03/13(月) 11:12:03 ID:fgjaAsve
「彼がシタシタと這い上がる墓場の丘」で復活するそうですよ。
人差し指と中指を喉元まで突っ込んで未消化の指の骨を吐き出す描写が圧巻だそうです。

227 :名無しのオプ:2006/03/14(火) 01:04:53 ID:EhkcekqI
「彼シタ」は、今から話題になってますね。
復活した名探偵に、肉をかじられた住民が、次々と名探偵になってしまう設定が斬新。
そして、最後まで残った1人が犯人ということになるらしい。
こんなの推理小説じゃねえな…

228 :名無しのオプ:2006/03/14(火) 14:59:12 ID:TkGhq0FL
後期クイーン問題に究極の答えを見いだしたって対談でいってた
「悩むなら 探偵にしちゃえ ほととぎす」

229 :名無しのオプ:2006/03/14(火) 21:19:01 ID:ZTttFB11
火祭良の『五寸釘』読んだ。

いじめられっ子が藁人形と五寸釘でいじめっ子を呪うと
そのいじめっ子は五寸釘で殺害されて見つかるという話。
はたして呪いは実在するのか?

最初100頁ほどのいじめられっ子の描写がリアル過ぎて凹む。
しかし探偵の中盤のロジックと最後のどんでん返しは一見の価値あり。

230 :名無しのオプ:2006/03/15(水) 00:41:17 ID:xie/BdZ3
>>229
それ、リンダ奥の『都市伝説 十六人のサセコ』の冒頭の一文だよねw
一番最初に殺された男の子の、日記に書いてあったんだっけ?
『都市伝説 十六人のサセコ』は、(火祭良の「五寸釘」を読んだ人は、
サセコに五寸釘で殺される)という都市伝説が実際に起こっちゃう話だね。

で、火祭良が犯人だと思ったら、たしか最後に大どんでん返しがあったはずなんだけど、
忘れちゃったなあ。

231 :名無しのオプ:2006/03/15(水) 06:09:46 ID:JCyoqHCj
火祭良と言えば、数字シリーズだけど「一番始めは一の宮」「新聞配達員は決して二度ベルを鳴らさない」「三年、石の上」「四時間裁判」ときて今回「五寸釘

232 :名無しのオプ:2006/03/15(水) 06:12:19 ID:JCyoqHCj
全部読んだ人なら気づいたと思うけど、あの部分だけはやっぱりアンフェアだよな(メ欄)

233 :名無しのオプ:2006/03/15(水) 12:54:23 ID:xie/BdZ3
>>231
そうだ、そうだ『都市伝説 十六人のサセコ』のは、「火祭良の数字シリーズ」の16作目だったねー
でも、5作目は『富士五湖トリビア〜ン殺人事件』だろ!(五寸釘はサセコの作中作だっつーの!)
富士五湖で起きる謎の連続殺人事件の間に、ちょいちょい富士五湖トリビアが入るのがウザイんだよ、これが。
(富士五湖で最も多い苗字は渡辺である)とか(青木ヶ原樹海にはオオカミがいる)とかホントかよー?
数字シリーズは『コント55号はジローさんが神いわゆるゴット』と『伊代はもう96だから☆』がお薦め。

234 :名無しのオプ:2006/03/16(木) 00:35:19 ID:8ziQNwX8
『富士五湖トリビア〜ン殺人事件』はリンダの最高傑作と言われているし 刊行年には、
「1時間食べ放題の店で肉を食いまくって閉店に追い込む行為をした名探偵」 と並んで、最も高い評価を受けた作品。
なぜか「これヒド第3位」でもあるのだが・・・。
殺人犯の正体は(目欄)だったというオチ、好きなんだけど。

235 :名無しのオプ:2006/03/16(木) 00:53:47 ID:GZScWk11
いや、最後のどんでん返しで俺はさすがと思ったね。(め欄)

236 :名無しのオプ:2006/03/16(木) 01:40:35 ID:mAAIaTwH
そろそろ数字シリーズの新作出るんだよね?
タイトル忘れたからググってみたけど
『たった98日で世界を98周するマラソンランナー』
だって。これは期待できるな。

237 :名無しのオプ:2006/03/16(木) 02:42:25 ID:8ziQNwX8
>>236
3/20発売で決定らしいよー。今回は、傑作の予感がするよ。数字シリーズは、10作目の『10月10日は何の日?』が一番面白かった。
毎年10月10日になると、10歳以下の少女の同時多発的誘拐殺害事件が起きて、(こりゃ、どういう訳だ?)って話なんだけど、

犯人グループの犯行動機が(目欄) 十十     だもんなー。
                 日月  え




238 :名無しのオプ:2006/03/16(木) 02:48:14 ID:8ziQNwX8
十十
日月 ごめん ずれてたわ・・・ あと、真犯人はやっぱり(目欄)だよ!

239 :名無しのオプ:2006/03/16(木) 08:33:08 ID:9fX3OGEl
時雨秀之の『還元・再構築』読んだ。連作短編集。
最初に短編が一つ提示される。地味な作りの佳作短編。
そしてその短編をローマ字に還元したもの、漢字・平仮名・カタカナに還元したもの
文字数に還元したもの、画数に還元したものを再構築した4つの短編が提示される
そしてその5つを通した仕掛けが!!ってなお話。

まぁ、時雨秀之お得意の無理矢理メタオチでしたが、なかなか面白かったですよ。

240 :名無しのオプ:2006/03/17(金) 06:35:33 ID:Xhud0TX6
子どもの頃読んだ『奇天烈大殺界』の作者、結末が思い出せません。
勉三、みよちゃん、ブタゴリラが殺されちゃう話 で
勉三が血で書かいたダイニングメッセージは、コロス(殺す)だったと思います。
知ってる方いらっしゃいましたら、よろしくお願いするナリ。




241 :名無しのオプ:2006/03/17(金) 08:32:21 ID:k7QhWynO
>>240
それ違うぜ。「怒婚女帰」と勘違いしてねえ?
梅さん、京子ちゃん、ゴリライモが殺されちゃう話で
梅さんが血で書いたダイニングメッセージ(古いなあ君も)は「ピョンき」だったはず。

で、俺も作者と結末は覚えてねえ。スマソ

242 :名無しのオプ:2006/03/17(金) 11:44:46 ID:rCMqdZAE
御拓ピザ彦の「アニメ堂シリーズ」だろ?
タイトルは「奇天烈の祖」、「怒婚女帰の磔」
ダイニングメッセージはコロッケにピロシキ。食べたいものを書いてただけ。
オチは「主人公格は死なない」ってメタオチだったな。
俺は「青狸の袋」が好きだ。
出木杉くん、静香ちゃん、ジャイアンが殺されちゃう話で
出木杉くんが血で書いたダイニングメッセージは「ドラ-」だった。


243 :240:2006/03/17(金) 23:20:26 ID:Xhud0TX6
>>241、242
あがとう! でも勘違いしてたのは、ダイニングだったみたい。(正しくはダイイング)テヘッ

244 :名無しのオプ:2006/03/17(金) 23:43:23 ID:ErdM4G1R
フェラリー・クーンニの「チャイナ淫売の秘密」が手に入らない…。
国会にもないらしい。上海に売春ツアーに出かけた日本人40名が
ホテルの部屋から一斉に消失して、残されたベッドには
皮膚が裏返った娼婦が横たわっていたという話らしいけど
どうにかして読みたいなぁ。

245 :名無しのオプ:2006/03/18(土) 00:27:56 ID:5qLPYGOD
>>244
ミステリーとしての評価よりも社会派の面がクローズアップされて
結局たかが一冊のフィクションが、日本、中国両政府の罵り合いに発展した経緯が
いまだに尾を引いているからなあ…
一昨年、訳者の濡羽満子が復刊に向けて動いたという噂を聞いたが
やっぱダメだったのかしら?

246 :241:2006/03/18(土) 01:26:26 ID:pMTqZrDa
>>243
ダイニングはベタなギャグじゃなかったんかい!
正しくはダイイング、って解説入れてんじゃねえwwwww

247 :名無しのオプ:2006/03/18(土) 01:33:47 ID:P8oLGYph
>>244 
それ、むかしエロ本コーナーで立ち読みましたよ〜。
(皮膚が裏返った娼婦)ってなぜか日本人で、名前は確か…近藤かオカモトっていったような…
まさか(メル欄)ってことはないよな!?  

248 :243:2006/03/19(日) 08:23:44 ID:wXjc4AAX
>>246
ごめんよぅ
        .。::+。゚:゜゚。・::。.        .。::・。゚:゜゚。*::。.
      .。:*:゚:。:+゚*:゚。:+。・::。゚+:。   。:*゚。::・。*:。゚:+゚*:。:゚:+:。.
ウワ━.:・゚:。:*゚:+゚・。*:゚━━━━゚(ノД`)゚━━━━゚:*。・゚+:゚*:。:゚・:.━ン!!
  。+゜:*゜:・゜。:+゜                   ゜+:。゜・:゜+:゜*。
.:*::+。゜・:+::*                        *::+:・゜。+::*:.




249 :名無しのオプ:2006/03/23(木) 07:30:26 ID:+6LwaNDU
『符号刑事』ぶかキョンのTV版は楽しいが、原作はとてつもなく難解だ。
文型の折れには、さっぱりわからん。
こんなん↓
// 整数型にはプラスもマイナスも入れられます。
int i = 100;
System.out.println( i );
// 100
i = -100;
System.out.println( i );
// -100

// 浮動小数点型にも入れられます。
double d = 100.5;
System.out.println( d );
// 100.5
d = -100.5;
System.out.println( d );
// -100.5


250 :名無しのオプ:2006/03/23(木) 19:10:46 ID:/FdT814M
>>249
あの作品の中で糸魚川ー静岡構造線を使った密室が出てくる短編あるじゃん?
「太くて黒くて固い犯罪」だったかな?
あの中で
「順位 選手名 チーム名 打率 打数 得点 安打 二塁打 三塁打 本塁打 打点
1 M・ヤング レンジャーズ .331 668 114 221 40 5 24 91
2 ロドリゲス ヤンキース .321 605 124 194 29 1 48 130



7 マルティネス インディアンス .305 547 73 167 33 0 20 80
松井秀喜 ヤンキース .305 629 108 192 45 3 23 116
ハフナー インディアンス .305 486 94 148 42 0 33 108 」
とルビーヶ原が微笑んで、主人公が
「地点 気圧 気温 湿度 風向・風速 日照時間 降水量 降雪の深さ合計 最深積雪 天気概況
札幌 1005.2 1008.4 4.3 8.5 -0.8 62 42 3.3 6.6 南南東 10.4 南東 0.4 0.0 0.0 0.0 -- 41 曇 曇時々雨後一時晴
稚内 1006.6 1008.1 2.1 5.7 -1.2 59 34 2.1 5.4 南南東 8.9 南南東 9.9 -- -- -- -- 47 晴一時薄曇 薄曇後晴 」
と答えると、
「        .┌┐
        / /
      ./ / i
      | (´・ω・`)
      |(ノi  |)
      |  i  i
      \_ヽ_,ゝ
        U" U  」
と言ってルビーヶ原がガックリと膝をつく、ファンなら誰でもそらんじられるあのシーンあるじゃん?
あれって「舌の先でチロチロしてホチイの!」の回の美食家殺人でグルヌイユのベニエがカギになる伏線だって知ってた?



251 :名無しのオプ:2006/03/23(木) 21:09:37 ID:AgyHnOC9
このスレは危険です。>249>250以外の住人は直ちに避難してください。
繰り返します。このスレは避難命令が発令されました。速やかに……

252 :名無しのオプ:2006/03/24(金) 10:48:25 ID:sga99VXf
全文モールス符号で書かれた『符号刑事のトンツー』は超難解。っていうか知らなきゃ読めないし…
「・・・−−−・・・」←SOSなのは判ったのだが、新米刑事・神部大輔のきめゼリフ
「・−・・・ −・・− ・−・−・ −−−− !」の意味わかんねー。誰か調べて教えてくれよ!

253 :名無しのオプ:2006/03/24(金) 12:41:15 ID:5K8Em0Cf
>>251
似非理系人間乙

254 :名無しのオプ:2006/03/24(金) 15:28:46 ID:4qAmB3RU
>このスレは危険です。>249>250以外の住人は直ちに避難してください。
>繰り返します。このスレは避難命令が発令されました。速やかに……

これって「符号刑事、ツイスター空間に死す」の冒頭の文章だっけ?

255 :名無しのオプ:2006/03/25(土) 23:28:10 ID:5bhc5xSk
「符号刑事、ツイスター空間に死す」を、読み返していてちょっと気になったんだが、囚人251が言いたかったことは、
「「脳(犯行動機)には量子の不確定性が絡んでるから、物理的アプローチでは決して
 理解できないんですよー。物理学とキリスト教は対立しませんよー。」 ってことかな?
これって、犯人に仕立て上げられた現代欧米人の主観的解釈なんだろうね。
微小管の量子運動増幅機能なんて、都合良く他人を真似しただけだし、
結局、囚人251が考えたのは「犯行は予測不能」ってことだけなんだよ。



256 :名無しのオプ:2006/03/27(月) 03:33:17 ID:AybWu+J6
>>255
そこは、作者の猫がお尻の穴にウンコつけたまま原稿用紙の上を走り回った跡を
編集者が勝手に読みこなして、解釈してそう言う文面で入稿しただけらしいよ。

作者の言い分としては
「糞のたれる先が分かるなら、犯罪なんていくらでも・・・お前か!お前か!
お前か、コラ!撲殺したるねんど、オラ! 今日は火星がやけにかげっているから
つーか、何じゃ、文句あるんか。なんやの、お前。朝起きたときにおちんちんが・・・」
らしいです。
よく分かりません。

257 :名無しのオプ:2006/03/27(月) 10:09:58 ID:NvXlFbZa
猫は『我輩は猫である前に炊飯器なのぉ!!』でオカマちゃんであることを
カミングアウトしてたよね?『符号刑事』の頃って去勢前だったのかなぁ?


258 :名無しのオプ:2006/03/29(水) 04:25:48 ID:fkAt2Vti
>>257
あれをカミングアウトとして既成事実化してしまうのは、一部の読者に対して
アンフェアかと。
以下、引用
「ナー、ナー。ナーウノニャー」
(中略)
「ナー、ナー・・・ナー」

259 :名無しのオプ:2006/04/03(月) 11:33:16 ID:7l+XfMZ0
>>258おいおい、当時の論争をここで再燃させるようなレスは
やめてくれよな。
猫のニューハーフ疑惑については、
隣家の雌猫が産んだ子猫の遺伝子配列をトパーズ三郎の手帳に
さりげなく書き込む事で、作者は暗に疑惑を否定してるんだよ。
これが定説。

260 :名無しのオプ:2006/04/03(月) 14:35:01 ID:v9qPRhvB
>>259
猫の飼い主のみわちゃん(24歳 処女)が、実はゴーストライター説は本当ですか?

261 :名無しのオプ:2006/04/07(金) 00:48:39 ID:JvZ0iof+
>>260
それについてはみわちゃんが自分自身の七回忌で
「ゴーストなんてとんでもない!私はただの地縛霊にすぎませんから・・・」
と釈明したと聞いたけど。

262 :名無しのオプ:2006/04/13(木) 01:11:09 ID:eulbZWsv
「背徳のツンデレラ」読んだ。
ラスト、探偵の「べ、べつに、あ、あんたのこと犯人だとか思ってないからねっ!」
に対する康夫の(メ欄)は泣けたよ。・・・素直になれ康夫。

263 :名無しのオプ:2006/04/16(日) 19:41:03 ID:l2atL+Jd
いいこと思いついたんだけど、未解決の事件を個人個人で捜査して、解決してみないか?
電車男みたいに映画化するかも。


264 :名無しのオプ:2006/04/16(日) 19:53:15 ID:hRGKDOMu
今月の新刊では「うんこ、ちんぽに挑戦」が面白そうだな

265 :名無しのオプ:2006/04/20(木) 01:15:58 ID:6M/bI96O
>>263
その設定、「居候警察」で使われてるじゃん。
交番が地上げにあって居場所を失った警官が、彼女の家に居候して交番業務を再開するんだけど、
正式な交番じゃないから捜査権が無くて、仕方なく過去の事件を捜査するっていう奴。

ところで、「居候警察」はアクロバットしながらピアノを弾く女が出てくる話で完結だって、ホント?

266 :名無しのオプ:2006/04/24(月) 00:10:08 ID:Yo/lLiwB
>>265
馬鹿! よくそれでファンやってるな!
アクロバットしながらピアノを弾く女が出てくるのは、「八方塞がりデカ〜嘆きの旋律〜」だ!

267 :名無しのオプ:2006/04/24(月) 01:01:14 ID:I/g6VwSo
>>266
いや、テレビドラマ版の居候警察の最終話にはアクロバットしながらピアノを弾く女が出てくるぞ。
まあドラマ版はキャストがイメージぶち壊しでファンサイトでも黒歴史扱いだったから
266が観てなかったとしても不思議ではないが(ちなみにキャストだけじゃなくて脚本もかなり酷い)。
俺は全話観たけどはっきり言って苦痛だった。観なくて正解だわ。

268 :名無しのオプ:2006/04/24(月) 13:02:59 ID:8iH6SjTd
>>267
石立鉄男の「居候警察」俺は好きだけどw
個人的にこのドラマの大場久美子は最高です。アクロバットピアノガール良かった〜
名古屋章の逆立ち流しマンは妹とよく真似した。 
比企理恵のシャンプーハット婦警にも萌えましたw


269 :名無しのオプ:2006/04/25(火) 00:01:44 ID:I/g6VwSo
>>268
いや、石立鉄男はヤバイでしょう。
峰岸徹もなんかイメージが違うんだよな……。
たしかに大場久美子は良かったけど。

270 :名無しのオプ:2006/04/29(土) 01:33:00 ID:KWlkeIHq
「居候警察」のドラマは、宍戸錠と麻木久仁子が出てるのが一番原作のイメージに近かったと思う。

271 :名無しのオプ:2006/04/29(土) 09:15:08 ID:Uqucz57z
「符号刑事DX」のドラマは、叶恭子が出てるのが一番原作のイメージで嫌味だったと思う。

272 :名無しのオプ:2006/05/09(火) 07:30:37 ID:GpoXOVho
確かに姉が出てこその作品だよなあ

273 :名無しのオプ:2006/05/09(火) 11:40:14 ID:tWggO+Hk
俺の知ってる『居候警察』は親戚の家に居候してる駄目刑事の捜査ファイルを、居候先の親戚の子が勝手にコピーして事件解決。
本人は寝てる間に自分でやったと思ってるってやつだったけど
それとは別物?

274 :名無しのオプ:2006/05/09(火) 18:34:48 ID:er6Dn4Th
>>273
その設定ってマジでイケそうだなあ。すぐ飽きられそうでもあるが。

275 :名無しのオプ:2006/05/09(火) 19:47:14 ID:PZRLSzbQ
>>273
あれ、それって「七間借署」じゃなかったっけ?

276 :名無しのオプ:2006/05/09(火) 22:23:34 ID:vLGFsO8n
>>273>>275
単行本は「七間借署」シリーズとなってるけど、雑誌掲載時には主人公が同じだから「居候警察」シリーズとなっていた。
だから、>>273は雑誌で、>>275は単行本にまとめられてから読んだんだろう。
これを同じシリーズとするか、それとも別のシリーズにするかは、ファンの間でも意見が分かれる。

ちなみに作者のブログによると、同じ主人公で新しい話を始めるらしい。
今度は警視庁が舞台で、捜査一課に抜擢されたはいいけどけど仕事はお茶くみや雑用しかさせてもらえず、
同僚からも馬鹿にされてばかりだけど、「七間借署」シリーズと同じように親戚の子が資料を勝手に見て解決する話らしい。
これ、早くもテレビドラマ化が決まっていて、タイトルは「警視庁捜査一課給仕係」になるとか。

これ以上混乱させてどうするw


277 :名無しのオプ:2006/05/10(水) 00:09:06 ID:/snJPxd9
>>276
いや、何かそのドラマは製作中止になったらしいよ。
今、ニュー速で祭りになっている。
http://live22x.2ch.net/test/read.cgi/news/1147098314/l50

>居候先の親戚の子が勝手にコピーして事件解決。
>本人は寝てる間に自分でやったと思ってる

という描写を、前シリーズのドラマ化の際に、
親戚の子が吹き矢を吹いて無理矢理眠らせ、
本人は眠ったまま事件を解決したと思う、という
描き方にしてしまったのが、まずかったそうだ。

おまけにその親戚の子が眼鏡と蝶ネクタイをつけているは、
隣に住んでいるマッドサイエンティストが便利グッズを作るは、
そりゃあクレームが来ないわけがないって(w

いくら同じ局でも、絶対無茶だって。

278 :名無しのオプ:2006/05/10(水) 19:18:12 ID:4NzY4WPB
確かにwwwww

眼鏡に蝶ネクタイとか
まんま名探偵カルベじゃねぇかw

279 :名無しのオプ:2006/05/10(水) 19:35:52 ID:TTvmpQJH
入子幸三の『作中作中作中作』読んだ奴感想きぼんぬ。

280 :名無しのオプ:2006/05/10(水) 21:28:40 ID:/snJPxd9
>>279
犯人がメル欄だった。
アリエナス

(ノ>Д<)ノ==================== 『作中作中作中作』

281 :名無しのオプ:2006/05/10(水) 22:23:33 ID:DXLjz0pr
>>279-280
最後(作中作)の犯人の独白、面白くなかった?
プロローグと作中作のエピローグのリンクも良かったし。
それより『作中作中作中作』をずーっと見てると
ハングルっぽく感じるのも良いと思う。

282 :名無しのオプ:2006/05/12(金) 23:31:27 ID:V24lZqDl
突然すみません。今日は皆さんのお力をお借りしたくて来ました。
私が小学生の頃に読んだ作品を教えてほしいのですが、
内容は吹雪の山荘もので、覚えているのは

・最初の被害者が肛門にツララを挿されて殺される
・何かひらめいた時に「フォオオオオオオ!!」と奇声を上げる探偵が登場

当時の私は肛門にツララを挿されているシーンが怖くてそれ以上読むことができませんでした。
ある時ふと思い出して、結末が気になったのでまた読んでみようと思い
色々調べてみたのですがまだ見つけることができません。
このスレの人たちなら何か知っているかと思いこうして書き込んだ次第です。
作者は忘れましたが、タイトルは確か「腰振り山荘の殺人」だったと思います。
もし詳細を知っている方がいましたら、どうかよろしくお願いします。

283 :名無しのオプ:2006/05/13(土) 01:11:43 ID:Za3abS+R
          ノ、ノ、ノ、ノ、ノ、ノ、
    、 , < ライダーコシフリガ >
    ,r∀-、 ^Y^Y^Y^Y^ヾ
フォ((_]j[_))ォォォォォ !!!!
  ィ=ゝYト'イ/"テ`ー-、
__/ /ズ仁α^^))))))))
))_,八ノハ、_ノ`~厂 ̄
  ノ、j、゚ノ゚ノ、ノY、
< >>肛門ゲト ! >
  Y^Y^Y^Y^Y

こんな挿絵だったと思うが…

284 :名無しのオプ:2006/05/13(土) 02:00:15 ID:4Odmoy+F
>>282
そ、そりは、尻駄総痔先生の「ハメハメ屋敷の犯罪」で、それにでてくる探偵とは
零座羅門潔!!
ああ!あの宗谷岬のはずれ、オホーツク海を見下ろす高台の上に立つ、総本皮張りの謎の屋敷で
毎夜毎夜、肛門にツララを挿入され殺される被害者がでるという怪事件!
あんたよまなかったんかー、もったいない!
あの京都でSM好きの3組の京大生がバラバラ死体で発見されたという
迷宮入りの事件のうわさを聞き
「僕はこれから覗き専門の私立探偵じゃなく探偵として
すべての人間を幸せにするために名探偵として生きる!
つまり、マグロから総受けにかわるのさ、フォォーー!」
という衝撃のカミングアウトではじまる
デビュ−作「縄愛術殺人事件」や、永遠のホモだち出渕との出会いを書いた
「保毛の騎士」も読んでないんか…。
それは、ふぐり、いやモグリといわれても仕方ないで、新宿二丁目なら…。

285 :名無しのオプ:2006/05/13(土) 23:25:29 ID:Za3abS+R
i`ヽ                        ,r‐'ァ
 `ヽ::                      ::´
   ヽ ヽ        , -‐--、         / /
    ヽ \      I:::::::I_      _ / / ┌────────────
     ヽ  ヽ    i,(;;;ノI、;;;)l    ,,/  , '  < フゥゥゥオオオオォォォオオオオゥゥ!
      ヽ  ` ー 、.,,ゝ´ヮ`,ノュ_, - '   r'    └────────────
        ` 、_ /::: `山':::::    /
         ヽ:::::::::::|::::::::"",r‐'
          〉::::::::|::::::::::¨/
         /;;;;;;;/;;;;;;;;;;/
        /;;;;;;;/:::::::::::《
        <;;;;;;;《:::::::::::::ヽ   ))
      /   ヽI,r''"""^~ヽ
     /   ,/ ヽ    ヽ
 こんな挿絵だったと思うが・・・

286 :名無しのオプ:2006/05/13(土) 23:39:35 ID:elEC7x6u
汝は人狼なりや?
http://info.2ch.net/jinro/index.php

ある村で人狼が村の住人に紛れ込み、夜な夜な村人を襲っているという。
 困った村人たちは集会所に集まって話し合いをし、一日に一人、人狼だと思われる人を処刑することにした。
 村人は村を守るために、人狼は村を狼のものにするために、どこからかやってきた妖狐はその様子をそばで伺っています。
 各役割に割り当てられたプレイヤー達は知恵を絞って自分の有利になるように処刑の話を進めていきます。

287 :名無しのオプ:2006/05/14(日) 02:01:23 ID:sodpnLoo
零座羅門プププ
あんなオッサン向けノベルス読んでる時点でオワットル。

日本人初のエドガー(ワ)賞受賞者エクスカリバー林・のぶひろの
「bonjour?No!No!Today is Ura-bon-day!」(邦題「挨拶の 暇こそあれ 盂蘭盆会」)で
2×2×2メートルの密室に32人の男女が入って(この、入っていくくだりがまた面白いんだ)
100日の間に一人ずつ全員が死んでいくって言うやつなんだけどみんな読んでないの?

100日にの間に32人は全員死ぬ、っつーか殺されてくんだけど、32人のうち
28人が女性で、彼女ら全てが死ぬまでに三つ子〜五つ子を産むワケよ。

で、最初の32人が全部死ぬと「これで復讐は終わった」みたいな語りが入るんだけど、
室内にはまだ58人の新生児がいて、そのうち45人にはものを言う人面瘡を二つ以上持っている
わけで、最終的にこの密室の中にいる100を超す人物による神学、宗教学、形而上学を
織り交ぜた片言やうめき声、タップ音による議論が400ページばかしあるんだけど、これが面白い!
出版社(所在地は日暮里)に言えば、議論の部分はあとからいくらでも送ってくれる。
(メール不可。ファックスか郵送のみ)

この大議論は一挙に読まないと意味がないと思うからここには引用しないけど、
ハメハメとか肛門にうんざりの人は読んだ方が良いと思う。
原書でしか出てないけど、英語がダメな人でも大丈夫。
というか、何語で書いてあるのかはよく分からない。

288 :名無しのオプ:2006/05/16(火) 21:45:35 ID:V+1LP6ex
>>287
そういうメタ好きだからもちろん読んだ。
計算間違ってるんだよね。←誤植らしいが。
あんまり作者が官能小説のくだりを
書き慣れてないから
数字間違えちゃいました・・みたいな。
ノベルスの第7版で計算直ってたよ。
文庫落ちする時も計算を直すらしい。

289 :名無しのオプ:2006/05/17(水) 00:54:30 ID:7pF8Gt62
なんかここって、大作を挙げる人が多いけど、
1行目で事件が起こり
2行目で探偵が登場して
3行目で解決する
史上最短のミステリーと呼び声の高い三行探偵シリーズが好きな人っている?
初期の頃から好きで、単行本が出ないかともう十年待ってるのに、未だにその気配がないorz

290 :名無しのオプ:2006/05/17(水) 02:27:49 ID:ALwi9Rux
>>289
http://www001.upp.so-net.ne.jp/mori/myst/short/short10.html

291 :名無しのオプ:2006/05/17(水) 08:18:44 ID:h239c/7R
>>290
GJ!! 

292 :名無しのオプ:2006/05/17(水) 21:07:07 ID:q1efwvZC
>>289
ああ、あの三行探偵なあ、でもあの中にいまだに意味のわからんのがあって・・・
「ノックの音で殺人事件」、あれがわからん。そもそも主人公が(メール欄参照1)だとしたら
どうやって犯人を当てるんだ?(メール欄参照1)なのに犯人と被害者って・・・

293 :名無しのオプ:2006/05/17(水) 21:48:16 ID:SKPioiFi
>>292
そんなの(メール欄参照1)にきまってるジャマイカ!

294 :名無しのオプ:2006/05/19(金) 00:09:19 ID:7Sk6v+Jg
>>294
いや、それはおかしいだろ。
メール欄見れ。

295 :密室の三行探偵:2006/05/21(日) 13:38:09 ID:K/CZY1df
>>289

「鍵が全部掛かってる…密室殺人だな。よし、探偵さんを呼べ」

 静寂の中、被害者の眠るベッドの下から聞き覚えのある着信音が鳴った。

「ごめん。犯人俺」ベッドの下から探偵の声がし、更なる静寂が部屋全体を包み込んでいった。

つコレが傑作

296 :名無しのオプ:2006/05/21(日) 14:02:24 ID:VOPLpPal
映画板住人です
博識な方々がおそろいのこのスレなら答えていただけると思いお邪魔しました
知る人ぞ知るロシアの映画監督スカトロスキーが書いた唯一のミステリがあるらしいんですが
どなたかご存知ありませんか?

297 :名無しのオプ:2006/05/21(日) 15:13:14 ID:K/CZY1df
>>296

あぁアレ?

「まみれろと言うのであるならばまみれよう」
という神ゼリフのあと自らの体に糞尿を塗りたくった場面に軽くトラウマ

タイトルは忘れた
というか思い出したくもない

298 :名無しのオプ:2006/05/21(日) 16:46:54 ID:4DENG68i
嫌坂熊夫の「ヨコ・イカンジー・シリーズ」の「しわ寄せの書」にはびっくりした。
まさか(メール欄参照)なんて…。
ただ本編のトリックより(メール欄参照)のほうが面白かったから
(メール欄参照)に意味がないような気がした・・・。

299 :名無しのオプ:2006/05/21(日) 16:57:42 ID:ajmNdI8Z
『ヤグラ・モグラ と アグラ・ネグラ』 梅野Q作

読み終わったけど
何がどうなったのか全然わからん。
解説ぷりーず。

300 :名無しのオプ:2006/05/22(月) 08:54:16 ID:vURBIpZv
>>299
あんなメンドイのより
「ぐりぐり と ぐらぐら」って言う
官能小説風ジュブナイル面白いから読みなよ。
ちっちゃい頃読んだことある?

301 :名無しのオプ:2006/05/23(火) 04:10:21 ID:6wpWzsyw
>>299
堀部堀兵衛の『囚人探偵 石泥呑 陸奥の快事件』 とどっちがわからない?

302 :名無しのオプ:2006/06/01(木) 22:16:26 ID:guBgAegK
あれ?駄チンコ・コードの話が全然出てないね。
映画にもなったのに。

>>299
「アグラ・ネグラは根が暗かったが、かといってヤグラ・モグラが明るいかというと
そうとも言えなかった。それはさておきカレーライスである。」
で始まるアレだね?
結局そのあと下巻までの834ページはおいしいカレーの作り方が続くわけだけど
俺はもう、あの本は料理本だと割り切ることにした。

303 :名無しのオプ:2006/06/01(木) 23:39:51 ID:5TDmN51w
書斎魔神 ◆qGkOQLdVas センセイの力作 【血蛞蝓】!

読者評「首都圏でも探すのが大変だったお。」

304 :名無しのオプ:2006/06/02(金) 00:08:03 ID:IiOoigfF
幻の名著といわれる妻坂泡夫の「亜宗太郎の外交」を先日ブックオフで
発見。105円だったので表紙が落書きだらけでしたが即購入しました。
亜一族の嫡子という超エリートながら、未だに情報伝達はフロッピーの
機械音痴で漫画ヲタという宗太郎のキャラもさることながら、全ての
短編の伏線が最終話に収束し、そこで明かされる謎の石「翠星石」の
正体の意外性に富んだどんでん返しなど、さすがに妻坂、といったところでした。

解説で知ったんですが、妻坂さんって殺されてるんですね。しかも作風のせいで
犯人が創価なのか特亜なのか左翼なのかも特定できずに迷宮入りしてるとか・・・

305 :名無しのオプ:2006/06/02(金) 01:48:12 ID:0hIDGHid
あ〜あ、やっちゃったよ。>>304
妻坂の事を書き込むと、変な連中がやってきてスレが荒れるってことを知らないのかね。
特に妻坂が殺されたときなんか、ミステリ板に妻坂スレが200以上できて、
閉鎖の危機にもなったんだぞ。

そんなわけだから、妻坂のことは一切触れないのがこの板の暗黙の了解なのに……。
誰か、>>304の削除依頼よろ。

306 :名無しのオプ:2006/06/02(金) 02:07:14 ID:nONotk9k
>>304
殺されてるっつっても結構いい年だからね。
在位60年以上って長過ぎだっつーの。
耐え難きを耐えてる場合かっつーの。

307 :名無しのオプ:2006/06/02(金) 21:56:58 ID:z1AQMSdc
妻坂泡夫殺害については覆面作家の海豚倒一郎が関与しているとのうわさ
がqあwせdrftgyふじこlp










かぎわかいぶん


308 :名無しのオプ:2006/06/03(土) 00:20:09 ID:nTruLgCz
ああ、そういえば海豚先生の「ヨッツンハイムはどこですか?」って
面白いし圧倒されるんだけど、なんか消化不良な希ガス・・・
「フー・マンチューはだれですか?」は楽しかったんだが
自分は歴史に詳しくないので、表題作の落ち(メール欄参照)がよく…











窓に!窓に!

309 :名無しのオプ:2006/06/03(土) 18:49:03 ID:4IudbA5x
「フー・マンチューはだれですか?」の
ニュージーランド沖→チベットアリバイトリックのmail欄には驚愕したが
輝く偏四角多面体パズルの解が理解できん
誰かSUNチェックの上解説頼む







ところで窓の外に年老いたヴィオル弾き

310 :名無しのオプ:2006/06/06(火) 23:56:21 ID:On37L1vJ
誰か「オッパイボーン、オッパイボーン」読んだ人いる?

311 :名無しのオプ:2006/06/09(金) 01:00:17 ID:1bPbJthC
>>310
読んだ。
個人的には好きな作品だけど、Dカップが巨乳扱いされてることに時代を感じる。

312 :名無しのオプ:2006/06/09(金) 16:36:16 ID:alupaYGE
「月に叢雲、花に風、巨乳に粗チン、巨根に貧乳」は名台詞。

313 :名無しのオプ:2006/06/12(月) 21:32:25 ID:A3hLvmtx
横溝精子を好きな人いる?
「アクメ島」とか「抜く墓村」とか面白かった。

314 :名無しのオプ:2006/06/14(水) 11:05:10 ID:WyXHnOfW
>>313
横溝精子って、陵辱股彦の「オモラシのキス」に出てきた人だよね。
実在の人物だったんだ。

315 :名無しのオプ:2006/06/14(水) 19:28:10 ID:RYw6xxqG
「アクメの手コキ歌」「カリ首塔」なんかも面白いよね。<精子

316 :名無しのオプ:2006/06/17(土) 02:42:51 ID:LJWw+M8l
チョメチョメ殺人事件とか

317 :名無しのオプ:2006/06/30(金) 23:19:59 ID:RoR/pYn5
ミステリ初心者です。
精子はいつか読もうと思って古本屋で買ったのが家に十冊くらいある
(上に出たのは大体持ってます)けど、なんか暗そうで手が出ないんですよねー。

ドナルド・ノースコリアのドロボマンダーシリーズとか、コミカルなのが好きです。
「やとわれたホモ」から「我が輩はホモである」「ホモじゃないんだ!」に至る
ホモシリーズも面白いよね。
別の筆名で書いた悪党バーカーシリーズも大体読んだ。
一作目の「悪党バーカー・美少年狩り」はビデオも買いました(神保町で300円だった)。
割と最近に「悪党バーカー・男色の要塞」も出たし、もっと出ないかなー。

皆さんもコミカルでちょっと、エー、なんというかこうあれな雰囲気のある本
があったら教えて下さい。
ちなみにクマヒゲがタイプです。

318 :名無しのオプ:2006/07/07(金) 16:11:47 ID:J/ATqbbw
それならオマージュっていうかバッタモンでミッキー・サウスコリアの“やっぱり僕はホモさ少し髭あるホモさ”おすすめ。
パクってるのはキャラや背景なんかのネタと文章だけでトリックはオリジナルだから外伝的なシリーズ作と認識されてることも多いけど作者は全くの別人な。
出版当初はシリーズよりさらに濃厚なベッドシーンを書く為の本人の別名義じゃないかっていわれてたくらいトリックも文体のトレースも上手くてギャグも濡れ場も黒くて濃いからまじで読んでみろ。

319 :名無しのオプ:2006/07/16(日) 20:17:56 ID:h3vVYxqp
ホモミステリって犯人絶対ホモだからだいたい途中でわかっちゃうのが残念。
凶器をアナルに隠すっていうトリックもありきたりだし。


320 :名無しのオプ:2006/07/16(日) 20:33:39 ID:yXygcJzW
登場人物が全員ホモってのが最初から分かってる作品もあるけどね。
探偵役(もちろんホモ)が捜査を始めるんだけど、鞄を開けさせるだけじゃなくて
尻の穴を一人一人覗いてくってのがあったなあ。
誰の作品だったっけ?
結局凶器はメ欄だったんだよ、確か。

321 :名無しのオプ:2006/07/19(水) 23:32:40 ID:IKNKrzsx
>>320
俺もそれ読んだことあるけど作者名が出てこない(確か本人もホモ)
ホモミステリ最高傑作といったら「閉鎖された穴」じゃね?
『肛門の中に隠されていたものは〜』のくだりでぞくっときた。


322 :名無しのオプ:2006/07/20(木) 00:43:01 ID:hy4Jd/+7
>>321
「閉鎖された穴」はマジ名作(俺も作者名は出てこないが)
ネット社会を題材にした「僕の秘穴も閉鎖されそうです!」は、本格ものとしては
トリックが弱いけど、社会派菊門ミステリとしてはまさに極めつけ。
「う〜ん、う〜ん」に続くくだりでの、犯人の激白に涙しない人はいないのでは?

323 :名無しのオプ:2006/07/20(木) 01:18:25 ID:zTu9PXco
架空って誰ですか?><
そんなにもエロイミステリーを書いてるんですか?><

324 :名無しのオプ:2006/07/20(木) 20:49:31 ID:D3B6bOvY
『ひろしが犯人』
には正直ビビったな









題名でネタバレかよ、と思いきや総勢250人のひろしを登場させるという史上類をみない荒業を用いて来たのには度肝を抜かれたよ

一読の価値あり
評価

衝撃度:★★★★☆
意外性:★★☆☆☆
びっくり:★★★☆☆
オドロキ:★☆☆☆☆
ひろし指数:★★★★★


結局犯人は、語り手である『俺』で、最後の最後まで名前がひろしであることは明かされない。
途中、『俺』の名前を暗示する表現もいくつか見られ、
巧みなミスディレクションであるという意見も多いが、アンフェアだとの指摘が、かのヴァンダイン卿から来たという噂もある。


なお、作者の本名もひろしで、先日万引きGメンにつかまった話は有名である。

325 :名無しのオプ:2006/07/20(木) 21:20:56 ID:hy4Jd/+7
>>324
なんか、時代があっちゃこっちゃ行ってないか?
超時架空推理小説?

326 :名無しのオプ:2006/07/21(金) 03:10:29 ID:1farHYMh
今年の菊門ミステリ大賞はどの作品がとるんだろう
やっぱ花実沢輝彦の「尻に虹色の薔薇」か?


327 :名無しのオプ:2006/07/21(金) 11:51:11 ID:5jCJHz1/
在日作家・李呑臀の「味噌が付く」も捨てがたい。

328 :名無しのオプ:2006/07/21(金) 13:59:21 ID:LO+LMRZC
『中カンは通らない』
『乳首陥没』

329 :名無しのオプ:2006/07/21(金) 14:35:06 ID:6U8fY66r
>>320
それって確か、中井英夫がデビュー前に別名義で書いてたのじゃなかったっけ?
本人は否定してるけどね。
評論家の桂一雄(現・桂いちお)が早稲ミス時代に文体比較して証明したはず。

330 :名無しのオプ:2006/07/21(金) 15:50:24 ID:aqDEPpQL
>>326
最近のあの賞はどうもうさんくさくて。
悶ゲイ春秋、商売っ気丸出しだろ。
最近の受賞作見ても、菊門池寛の精神なんて全然感じられない。
いくら何でも一昨年の作品に出てきた、全身に32コの菊門がある美少年なんて
都合よ過ぎ、って言うかあざとすぎ。
話題先行で内容はどうでもいいから売りたいってだけだろ?
最初に出たハードカバーと文庫と愛蔵版と、イラスト付き豪華版と、イメージ写真集と、
朗読CDと、映画化されたときのソフト(DVD、VHS、βそれぞれ)を全て買ってしまう
俺のような読者を弄んでいるだけのように見える。

331 :名無しのオプ:2006/07/21(金) 16:06:29 ID:bsb+eu/P
>330
それ全部微妙にケツ末が違うのが泣かせるよな
どっかのPCゲーム会社が資本参加したせいか

332 :名無しのオプ:2006/07/22(土) 01:24:05 ID:SFxxTsYX
>>326
それはない
花実沢は「お尻で快感」で終わった作家


333 :名無しのオプ:2006/07/22(土) 11:31:46 ID:6nsLKOzW
「Mのヒィヒィ劇」
にみんな触れてないのはなぜ?


登場人物全員に、ことあるごとに
「同じことをマン繰り返すボケ老人はみんな死ねばいい。早く死ねばいい」
っていわせて、時巡を散々馬鹿にしてたから?

けつ作なんだけどな

334 :名無しのオプ:2006/07/23(日) 17:20:28 ID:/J2az8PA
>>333
それ発禁になった本じゃん


335 :名無しのオプ:2006/07/25(火) 17:21:14 ID:U1v5fmJ9
「人間に対する神の考え」を読んだ。
人間を皆殺しにしてしまうスケールの大きさに驚いたが、
続編の「解決編」にも驚いたな。
神が自殺するなんてオチは。。。
おっとネタバレ失礼!


336 :名無しのオプ:2006/07/25(火) 18:17:39 ID:laEujade
>>335
きみ、お尻関係には興味ないの?
変わってるねぇ!

337 :名無しのオプ:2006/07/25(火) 18:36:54 ID:qJxqKTPz
>>335の神はオ尻ス神だよ。

338 :名無しのオプ:2006/07/25(火) 18:52:05 ID:TNAcZUvk
ただ厳密に言えば
あの時点で「ひろし」は犯人がわかってたんだよ、「ひろし」はね

339 :名無しのオプ:2006/07/25(火) 18:58:10 ID:NLEXcgDw
∩(・∀・)∩キョンシーだぞぉぉぉぉぉぉぉぉ!!!

今夜、あなたは20年ぶりに キョンシーに襲われる!!

もう昔のことなので、キョンシーに対する知識が
きれいさっぱり忘れてしまった方も、いるのではないだろうか?

キョンシーとは、両腕を前に突き出し
両足を揃えてピョンピョンと跳ねて歩く、香港製の吸血鬼。
その戦闘能力は、人間を遙かに凌駕するという。

しかし、キョンシーにも弱点はある。
それは『もち米』『桃の木の刀』『にわとりの血』『おふだ』なとである。
不幸にもあなたの家にこれらが備わっていないのなら
キョンシーがいなくなるまで、あなたは息を止めておくしかないだろう。

今回ご覧頂くものは、他のキョンシー映画の追従を許さない最高傑作
そして、コメディーホラーの金字塔『霊幻道士3』である。
発売終了してから、20年の月日を越え
キョンシーが、キョンシーとして生きる意味を今一度、問う
サモハン・キンポー監督 捨て身の問題作 今夜完全蘇生!!!

(Part1) http://www.youtube.com/watch?v=YI3LunqM-Oc
(Part2) http://www.youtube.com/watch?v=FDi4ovaEspE
(Part3) http://www.youtube.com/watch?v=Ilbaohgo_PE
(Part4) http://www.youtube.com/watch?v=mJ9cwZNj7Ts
(Part5) http://www.youtube.com/watch?v=PLB-ByN7nls
(Part6) http://www.youtube.com/watch?v=ZYtdN5x1keA
(Part7) http://www.youtube.com/watch?v=PvfUQIp3Q00
(Part8) http://www.youtube.com/watch?v=j-NmLKSpXLo
(Part9) http://www.youtube.com/watch?v=JJFTYPa1PyU
(Part10)http://www.youtube.com/watch?v=m_pYA7AfzTk

340 :通りすがりの名無しだが:2006/07/26(水) 15:21:21 ID:Nz22mYtu
本の存在が架空なのか、本の内容が架空なのか、
スレタイは両義的という意味で、曖昧だ。


というつっこみが入らないのは住人の品がよいからのか。


341 :名無しのオプ:2006/07/26(水) 16:11:11 ID:8yl5xA+U
住民も架空ですので・・・

342 :名無しのオプ:2006/07/26(水) 21:19:33 ID:96QvXBob
本の内容が架空ってあんた、ミステリ全部だろうがw
それを言うなら「小説内に出てくる架空の本(作中作のようなもの)」の方だな。

343 :名無しのオプ:2006/07/27(木) 04:42:06 ID:vvtZJ6i2
>>342
ミステリィすべてが架空とは限らない。
事実を叙述しただけでミステリィになりうる。
ノンフィクションミステリィ小説。

>「小説内に出てくる架空の本(作中作のようなもの)」
は、「本の存在が架空」ということだ。
前者であることは後者であるための十分条件だが、必要条件ではない。

ああにちゃんおもしれえ。

344 :名無しのオプ:2006/07/27(木) 18:03:30 ID:5yl2H77S
「すべて」と言ったのは失言だったが、ノンフィクションミステリなどという狭いジャンルを引き合いに出して“両義的”はないだろう、と言いたかっただけ。2つの例が釣り合ってない。

>作中作は「存在しない本」

『三月は深き紅の淵を』『迷路館の殺人』等の例もある。存在していないとは言い難い。
俺は最初このスレタイを見たとき、この手の小説の話をするのかと思ったので。

345 :名無しのオプ:2006/07/28(金) 01:41:48 ID:m031A/RQ
>『三月は深き紅の淵を』『迷路館の殺人』等の例もある。存在していないとは言い難い。
後者しか読んでなくてよく覚えてないんだけど、つまりどういうことを言ってるんだ?

あと、なんかネタ落としてけや。

346 :名無しのオプ:2006/07/28(金) 19:01:40 ID:bf3NxqS1
昴海峡先生の、「名探偵ささやき熊五郎 対 怪盗マッカッカ」読んだけど、何なのあれ?
本編1行で、あとがき1000ページってありえないよ。
怪盗とか、ただのゴミ漁るホームレスだったし・・・

いくら子供向けといっても酷すぎると思った。

347 :名無しのオプ:2006/07/28(金) 19:20:14 ID:gkzh2W9A
blogの宣伝です。
http://news99.blog59.fc2.com/
小説書いてます。ミステリー書くつもりだったのに、、、、
短編もあります。

348 :名無しのオプ:2006/07/28(金) 19:21:50 ID:m031A/RQ
姓からの連想だけど、笹佐々木崎昴って、何の人?
顔が超個性的な超美形という話だけ聞いたんだけど。
旦那さんも超歯並びがいい超インテリとの超絶ミステリ作家とか。
だれ?

349 :名無しのオプ:2006/07/30(日) 23:45:33 ID:q1hpOUbM
>>348
笹佐々木崎昴って、あれだろ?
モデル出身で、ある時グラビアの撮影してたらカメラマンが食中毒で倒れてグラビアページが落ちそうになって、
仕方ないからグラビアの代わりに文章書いて埋めることにしたら、その文章が編集に大うけで
作家に転身したって言うやつ。

歯の浮くような美辞麗句をしょって登場人物が出てくるのをガマンできたら、結構面白いぞ。
オススメなのが、「軽脳人は歯が命」。
顔はいいけどどうしようもなく馬鹿なカップルが活躍するスラプスティックコメディ。


350 :名無しのオプ:2006/07/31(月) 01:32:12 ID:IL0QKuDa
>>349
全然話は違うけど、ササササキの旦那が
「俺は美に関しては妥協できない。醜いものは認められないんだ。
だが、それはつまり、醜いものを不可避的に愛してしまうと言うことなんだ」
とインタビューで話してたのは、すごく印象的だった。

351 :名無しのオプ:2006/07/31(月) 15:45:25 ID:hUFLNOC5
ササササキザキ・スバル
だと思ってたーーー!!

352 :名無しのオプ:2006/07/31(月) 20:58:47 ID:6u4kUFyB
笹佐々木崎をヨン様(さ×4→4さ→4さ様→ヨン様らしい)と呼ぶ腐女子が最近ミス板に大量流入してきてるんだが・・・。
西尾厨を相手に醜い争いを繰り広げている。タチ悪杉。


353 :名無しのオプ:2006/08/22(火) 10:09:41 ID:Cwav+CPm
ヨン様ぁー
大ちゅき

354 :名無しのオプ:2006/08/31(木) 16:47:56 ID:tSXu6GQf
雪岳私市の新刊読んだ人いる?
「帷子辻」ってやつ

355 :名無しのオプ:2006/08/31(木) 17:07:33 ID:LyUnh7Hj
俺はまだ。つか、地雷の臭いプンプンなので感想待ち。
ハヨ嫁。


356 :長文:2006/08/31(木) 19:00:53 ID:W5Oo99YY
>346
昴海峡‥すばらしいセンスw

それはそうと、神童虫男先生(虫男の虫は虫の字が三つのやつ)の人気シリーズ
「ブっ飛び!!の拓27」が出るんだって。
俺は短編のときからブっ拓読んでるけど3巻で主人公の石毛マサルがヒロインの妹の黒毛牛美と結婚したときが一番おもしろかったな‥
あの頃が虫男先生のピークだったのかも
最近は25巻でミハイル・シュー・ユナイテッド・プロイツェンが
赤毛団に壁から床から便器さえも真緑の部屋に監禁されたときがかろうじておもしろかったけど
やっぱり3巻のインパクトには負けるなぁ‥
ここまで続いてるから今更やめる訳にはいかないんだろな
ダラダラ続けてたってつまんねーっての

357 :名無しのオプ:2006/09/01(金) 01:23:04 ID:EbqeHWy5
ちょっと聞きたいんだけど、かの有名な「ヤスの行方」を書いた作者ってだれ?
有名なゲームのノベライズ版で、犯人だったヤスという男のその後を書いたやつ。

ゲーム自体はやったことないんだけど、1回は殺人で逮捕された男が罪を償った後に
極道の世界に入って出生してくっていうのが斬新でこれを読んだ当時はびっくりした。
あのハードボイルドと見せかけて、最後は政界に打って出て惨敗するのがシビアだったなぁ。

358 :名無しのオプ:2006/09/01(金) 01:25:33 ID:EbqeHWy5
途中で送信した。ごめん。

個人的にはヤスと15番目に殺された女の純愛が好きだった。
せっかく真実の愛をつかんだと思ったら、翌日バラバラ死体で発見なんて悲しすぎ。

359 :名無しのオプ:2006/09/01(金) 10:14:10 ID:EAGYY8ah
>>357
汗性臭らしい。本人は否定しているけど。

無名時代にゲームのノベライズで食ってた作家って結構多いな。
しかも原作付きなのに、作者の個性が妙に出まくり。

「ヤスの行方」だって新宿の屋探れた様子やヤクザとのやり取りなんか、
今の汗性臭の小説と通じるものがあるし。

汗性臭以外にも、
鰻丼余一が書いたドラ○エ史上もっとも売れなかったノベライズ版は冒険小説風だったなぁ。



360 :名無しのオプ:2006/09/02(土) 16:39:13 ID:9L32DHbJ
>>352
次回配本のミステリーランド作家陣にヨン様の名前があるらしい・・・orz
本人は「恩人宇山さんに捧げる」とかほざいてるが、生前の親交など勿論一切なし。
一説には、執筆陣に加われたのも旦那のコネによるゴリ押しだとか。マジ氏ね。

誰かタイトル知らね?

361 :名無しのオプ:2006/09/03(日) 10:57:19 ID:LgNML2/Q
>>360
「完全犯罪ラプソディー」だったと思う。
正直期待はしていない。

362 :名無しのオプ:2006/09/08(金) 03:19:03 ID:ct6tlVmF
「銀座の鯉の物語」で最後にヒロインが残したメッセージの意味が分からん。
あれって、飼ってた錦鯉が錦鯉ヘルペスに感染してたのがトリックに気づいた理由なんだろ?
だったら最後は「koikoi」じゃなくて「nishiki」にするべきなんじゃないか?

363 :名無しのオプ:2006/09/11(月) 23:09:13 ID:XYJG51QE
>>360
今日読んだ。
壁本認定。金の無駄。

>>632
ヲイヲイ。クラブ純のニシキちゃんの存在を忘れたか?
nishikiじゃまずいでしょう。
犯人は(メール欄)なんだからkoikoiでOk。ダブルミーイングだ。


364 :名無しのオプ:2006/09/13(水) 04:08:47 ID:cNMKrKkv
>>363
ダイイング・メッセージがkoikoiで、犯人はクラブ恋のママだとぅ?

ダブルミーニングもへったくれもねえや。氏ね。

365 :名無しのオプ:2006/09/14(木) 00:01:44 ID:ktTlrtII
>>364
何にせよ、ネタバレ。
おまえが氏ね。

366 :名無しのオプ:2006/09/14(木) 00:28:10 ID:p5F+n71z
「YOU白鳥で I 鵞鳥」に出てきた「あなたと私の合い言葉」がなんだったのか、分かる人いる?

367 :名無しのオプ:2006/09/14(木) 13:11:07 ID:DTehYmWu
>366

三択で回答してください。

@シドロとモドロ

Aノラリとクラリ

Bおぼんとこぼん

368 :名無しのオプ:2006/09/30(土) 17:27:28 ID:83eWS+Ki
土倉栄の「ノラ」シリーズって完結したんだっけ?

369 :名無しのオプ:2006/10/04(水) 02:57:40 ID:gp6IX7vc
してないと思う。つーか、完結せずに連綿とつづくことがこのシリーズの意義だから。
先日の国際フェミニスト会議で、ドーバーシリーズの「切断」もこのシリーズに組み入れられることになったらしいよ。

370 :名無しのオプ:2006/10/13(金) 00:54:48 ID:S+wN2MLz
「南空港」のオチ納得いかねーーー!!何だよ!凶器がメル欄って!!!
沖縄だからってそりゃねーだろうがよ!!

あげく沖縄ソバの麺で絞殺した後に客に出して証拠隠滅とか言い出すしさぁ・・・。
サーターアンーギーで撲殺ってありぇねぇだろ!

371 :名無しのオプ:2006/10/13(金) 01:19:22 ID:eAABjYcE
やべ、かなり本気で読んでみたいわソレw

372 :名無しのオプ:2006/10/19(木) 18:11:11 ID:XcPNylTa
鹿波鈴子の著作でオススメなのありますか?
「今夜の月のように」と「ブラックローズの花言葉」は読んだんですけど…

373 :名無しのオプ:2006/10/19(木) 18:59:53 ID:V/JSE7BM
>370
ちょっと!これから読もうと思ってたのに何てこと書いてくれるんだ!!

374 :名無しのオプ:2006/10/20(金) 00:18:25 ID:RRNvBosO
>>372
シリーズの第1作と最終作を読んで気に入ったのなら、その間のヤツも読んでおかないと。
「極楽鳥の歌声」
「懐かしい風の吹く丘に」

ただ、このシリーズって前作のネタバレを平気でやってるから、
最終作の「月」には「風」の犯人の名前が出てたろ。
このシリーズは最初から順に読んでいかないと。
時間があるなら、「鳥」と「風」を読む前に「花」を読み返したほうがいい。

375 :1柏木 2今日子 3ハンドルネームJulyの人物 4麻生(教師):2006/10/21(土) 01:42:29 ID:t9o8WUY8
>>374
あれって普通に読むと前作バレなんだけどさ、
「風」で自殺した(メル1)は真犯人じゃないという読み方もできるんだよ。
で、仮に(メル1)が真犯人でないという視点に立つと
警察でも(メル1)を犯人として事情説明してるから
一般人が(メル1)を犯人だと言うのはおかしくないんだけど
(メル2)が(メル1)を犯人だと言ってるのはおかしい。

「月」の(メル2)の描写と「風」の(メル3)の描写を比べると、
家族構成や家の様子から見ても、(メル2)またはその姉妹=(メル3)なのは確実なわけだが、
「風」を良く読むと、実は姉妹のどっちなのかを限定する情報が一つもなく、(メル2)本人の可能性もある。
(メル1)が犯人でないとすると(メル3)は実は姉妹ではなく(メル2)本人ということになる。
つまり、「月」の(メル2)は、たまたま「風」に身内が関係してた他人じゃなく、当事者ということになる。

となると「風」の真犯人は誰かということになるのだが、
(メル2)との関係を考えると、(メル4)と考えることが出来る。
こいつは立場上、姉妹両方をよく知ってるし(メル1)を犯人に仕立てることもできる。
「月」でのあの弱みを握られてたとすれば動機もあるし、
こいつならカギを持ってるから「風」のトリックの所要時間が短縮されるので
実はアリバイも成り立ってない。
「風」だとほとんど描写がない背景キャラだから、「風」だけだとここまでの考察材料はないんだけど
「月」を読めば「風」にこんな別解答の可能性が出てくる。

ただ、この別解答だと「風」の「謎の男」の正体などに矛盾が出来るんだが
今度はその矛盾を受け入れると仮定して「鳥」を読むと、なんとこっちにも別解答が出てくる。

こんな感じで
「花」「鳥」「風」「月」のあとは「風」「鳥」「花」とさかのぼって「月」を読むと
「月」でも別解が成立してしまう。最初の真相だけでもつじつまが合うが
4つとも別解答でもつじつまがあう二重構造がある。そのつもりで読み返してみて

376 :名無しのオプ:2006/10/21(土) 02:05:38 ID:gnutTCo2
猪豚婆美の土木探偵の事件簿ってどうですか?
第一作の地中に埋めた土管の中で起こる密室殺人って設定に惹かれるんですけど、
冒頭に出てくるガキの幼稚っぷりに読もうという意欲が削がれてしまいました。
あのウザいガキにガマンして読む価値があるんでしょうか。

377 :名無しのオプ:2006/10/21(土) 02:07:17 ID:t9o8WUY8
あのガキ慣れるとヤミツキになるらしい。
ファンサイトあるくらいだしな。
俺は馴染めないままだったが。

378 :名無しのオプ:2006/10/21(土) 04:05:34 ID:/YwEnhG/
>>375
名前欄だよそれ!!見えてる!!見えてるよー!!
漸く揃ったからこれから読むとこだったのにorz


作者の名前忘れたんだけど、
「文具屋探偵」とかいうシリーズ読んだ人ここにいる?
日常の謎系やほのぼの系が好きなんで、
タイトルからしてそっちかな、と思って気になってるんだけど、
感想拾ってみたら真っ二つなんだよね。
しかも日常系とかでもないっぽい?
粗筋に「陰惨な」だの「悲劇」だのの言葉が並んでるもんで凄く迷ってる。
文庫で出てるから試してみようかと思ってるんだけど、実際どう?
一冊目は「クーピーと紙粘土」で良いんだよね?

379 :名無しのオプ:2006/10/22(日) 06:29:54 ID:ONP323JW
>>378
ダウナー系の悲惨な日々の描写はかなり鬱になる。
内容の割にたんたんとしてるから、割りきって読めば
ドタバタギャグに見えないこともない

それとは別に
(メール欄)のトリックは
モノさえ手に入れば
簡単に再現できそうな気がするので
現実に自分が寝てる間にやられるのを想像すると
こわくて眠れなくなる。
肝っ玉が太くない人にはオススメ出来ない

380 :名無しのオプ:2006/10/23(月) 20:42:42 ID:XnxZ0d/l
初めて政治の世界を舞台にした、現役高校生作家・若井岳夫の「神奈川二区衆院補選でぼくと握手」読んだ人いる?
処女作の本格推理モノ「肝っ魂母さんの推理ノート 末っ子長男姉五人殺人事件」はお気楽火曜サスペンス劇場みたいで
面白くなかったんだが…
十九歳のギャルな女子大生が、政権政党のドンと援交してそのお礼に衆院補選に公認候補で出させてもらうって設定、どう考えても変!
次回はもっとシリアスなサスペンス系の話を期待したいよ。

381 :名無しのオプ:2006/10/24(火) 01:50:10 ID:cpSTxiPq
>>380
高校生が政治に関心を持つなんて感心感心、っていうノリで編集者が本にしたみたいだし、
そこらへんは仕方ないかも。

でも、最近はそんなノリで駄作が多く出るようになったような気がする。
現役女子高生が描く性風俗という触れ込みで出た「吉原バブル」とか、
現役小学生作家の「日の丸ピエロ殺人事件」とか、
作文発表会みたいな本を出すのは正直勘弁して欲しい。
ロリブームはタレントだけで十分だよ。

382 :名無しのオプ:2006/10/25(水) 21:07:55 ID:zlBjS4BL
おいおまいら朗報だぞ!
若井岳夫が若いだけの作家じゃないことを証明してくれるぞ!
最新作の予定は『愛のロケ地』だってさ! 現役高校生作家がマスかきながら書いた官能小説、って触れ込みだ!
しかも『ボジョレー・ヌーヴォー茶碗蒸し』も同時刊行! 若いだけじゃない若井岳夫にこれからも期待だな!

383 :名無しのオプ:2006/10/26(木) 14:40:40 ID:Hfl8hEtB
若手で一番いいのは17歳でデビューした占部舞じゃないかな。
処女作「わたしの死体を追いかけて」のトリックには心底驚いたよ。
2作目の「水の上でつかまえて」は読んでないけど、どうなんでしょうか?

384 :名無しのオプ:2006/10/26(木) 16:45:00 ID:xIXpclcs
>>381-382
なんか勘違いしてるみたいだが、若井は現役高校生と言っても50超えたおっさんだぞ
まあそう思ってる人が多いのも西園寺が「若井君の作品には内容に多少の瑕疵はあるが、若さあふれる筆致は好ましい」とか馬鹿発言したからなんだろうが

385 :名無しのオプ:2006/10/27(金) 00:03:31 ID:IcVo7+vg
>>384
えっ、そんなの? 若井岳夫って名前から、てっきり「若いだけの男」ってイメージをしていたんだが、五十過ぎ・・・定時制高校か。
これはよい叙述トリックだw
それはそうと、今年の芥木賞の候補作に十八歳が書いた小説がノミネートされているぞ!
十八歳の男子高校生が書いた官能時代小説『悶絶くノ一コブラツイスト』。
女忍者が敵の侍や忍びの者をヤリながら腹上死させ、父親の仇である暗殺集団の親玉に復讐する話のようだが、
暗殺集団の親玉まで菊門責めで腹上死させるってどうなんよ・・・w
要は敵を全員腹上死させる単なるエロ小説じゃん。誰がこんなの推薦したんだ。

386 :名無しのオプ:2006/10/27(金) 00:38:29 ID:sGv1O+dd
>>385
>これはよい叙述トリックだw
そんな風に思うんなら、それを使ってミステリーでも書いてみたらどうだ?
うまくいけば、このミス1位を取れるかもしれないぞw

387 :名無しのオプ:2006/11/10(金) 11:59:20 ID:pPCeJ7DI
↑コイツのせいでしらけたよ・・・(´・ω・`)

388 :名無しのオプ:2006/11/11(土) 00:50:09 ID:3t3yvPDg
コンビニに売ってたスペランカー殺人事件てどうよ?
どうせくだらんギャグなんだろうな

389 :名無しのオプ:2006/12/30(土) 21:10:56 ID:rwuFNMRH
最近かなり昔の映画もリメイクされたが、セーシー横溝の「三つ墓島の病院坂の首縊りの家に悪魔が来りて笛を吹く」ってどうよ?
セーシー先生が、銀田一コースケシリーズの集大成として書いていたもので、セーシー先生の急逝により絶筆になったが、
「八つ墓村」では犯人を含め九人もの死人を出したにもかかわらず、こっちでは一人しか死なないし、しかもフツーに首吊り。
セーシー先生、ひょっとしてアルツハイマーだったのかなぁ・・・

390 :名無しのオプ:2006/12/30(土) 21:19:45 ID:9YPFuph2
「私はこの作品だけは映画にしたくなかった・・・」

391 :名無しのオプ:2006/12/30(土) 21:50:01 ID:TXjWsK8e
そういえば、「ランダムダンス」って、もともとは掲示板で数人が話を創作していったものを、その後オフ会でまとめ直した作品なんだよね。
著者名は全員の名前から一文字ずつとって「元町真津樹」ってなったらしいけど、今後こういうネットから産み出されるミステリーも増えてくるのかな。

392 :名無しのオプ:2006/12/31(日) 00:47:39 ID:lppPZAaw
>>391
元町の新作の「10本の腕」読んだんだけど、イマイチだった。
こういうお涙頂戴系?は流行りなの?
狙いすぎると逆に萎えるよ。
トリックも前例があるパターンだし。
これで佐藤鉄器賞候補作ってのは不満。

393 :名無しのオプ:2006/12/31(日) 14:03:13 ID:tzsna+Dk
往年の名ドラマ「三年C組金玉先生」と「百一歳の不老坊主」のノベライズが出るようだな。
著者は覆面作家で、大阪ドーム前千代って名前らしいが、聞いたことある? 虎党らしいんだけど。

394 :名無しのオプ:2006/12/31(日) 14:28:49 ID:TpaKomhn
なに!? あの数年前に「柴崎港殺人事件」を出した幻の作家
虎党毒太なのか?
本業は医者で、離島の診療所勤務してるという噂を耳にしたが。

395 :名無しのオプ:2006/12/31(日) 20:31:13 ID:BwVc3dCZ
虎党は恐らくタイガース党という意味なわけで……

396 :名無しのオプ:2006/12/31(日) 23:22:27 ID:dc3B8I+X
>>394
本名は秀岡吉隆っていうらしいよ>虎党毒太氏
何でも、亡くなった患者の臓器を移植手術に使った罪で、その離島の診療所を首になって、
今は北海道にいるみたい。俺は北海道を旅行中に会って、サインしてもらった。
「だから、亡くなった方の臓器を移植したわけで、そしたら罪に問われたわけで、島の診療所を首になったわけで、
行くところがなくなって仕方なく故郷の北海道に帰ってきたわけで・・・」みたいな説明を、
頼んでもいないのにしてくれた。いい人だったよ。

397 :名無しのオプ:2007/01/01(月) 21:07:46 ID:llC2qbzj
>391
2ちゃんねるからも最近ネットミステリーでたよね。
「一行ミステリー 〜繋がるレスによって作られた〜/中野枢人」

398 :名無しのオプ:2007/01/03(水) 23:09:32 ID:01OR6WOd
>>382の若井岳夫の訃報がニュースに出てたね。急性の動脈硬化が死因みたい。ご冥福を祈る。

ところで、文藝信州が若井岳夫の遺作を掲載するって噂を聞いたんだけど、タイトル知ってる人いる?
去年の秋から書き始めた政治モノ第二弾だから、沖縄知事選か郵政造反組復党問題が題材じゃないかと思うんだけど。

399 :名無しのオプ:2007/01/04(木) 16:58:35 ID:bqzJpWHC
2ちゃんねる発のミステリで、中野枢人っていうと『山荘男』を思い出すな。
ある吹雪の山荘で連続殺人を計画した犯人だけど、携帯もつながるし、ネットも繋がってしまう…
そこで「クローズドサークルが作れない!助けて!」って書き込みをしたら
住人たちが、なんとかコイツの殺人計画を成功させようと、こぞって知恵を出しあったんだよな。

結局、犯人は捕まったんだけど、実はメル欄だったてのは、
最後の方で刑務所から書き込まれたと思われる、犯人自身の告白でわかったんだよな。
それと同時に「自分は捕まりましたが、ここの皆様に感謝します」って書き込みがあって…
あれは感動したね。

400 :48 ◆EYMgDcUEwQ :2007/01/09(火) 17:36:14 ID:nuH2kPOu
>399
俺、そのスレにいたわ。覚えてる人いるかしらん

401 :名無しのオプ:2007/01/09(火) 19:32:19 ID:MSz68+nG
マジレスして申し訳ないが、このスレ見てるとたまに
「このアイデアで一本書けるんじゃないか?」と
思う書き込みがあるのがすごい…。

あと読んでないミステリを批判するスレとかにも…

402 :名無しのオプ:2007/01/16(火) 05:36:30 ID:8i+64maW
「めだかのソナタ」って作品ドラマでかなりの高視聴率取ってるみたいね。
やっぱ原作通りに、オーケストラ内で毎回毎回一人づつ死んでくけど殺される順番は違うみたいね?
ドラマ見てないから分かんないけど、原作読んでてやっぱ指揮者→ピアノ→バイオリンと来た後
次はどの楽器の演奏者が?ってなった時に次にカスタネットという地味な楽器の演奏者を
持ってきたとき思わず「そんなのかよ!!」って突っ込んだっけなぁ。懐かしい。

個人的には和太鼓奏者の死因(メル欄入れようとしたら長くて入らないから下)に笑った。
これって絶対反則じゃね?





ネタバレ↓

探究心から打たずに鳴る太鼓を作ろうとして、中に入れるはずの蜂に刺されてアナフィラキシーショック

403 :名無しのオプ:2007/01/18(木) 12:55:43 ID:MPrpMeod
>>402
トリックは秀逸だったが、和太鼓奏者が過去に蜂に一度刺されたことがある、という伏線を
うまく書き込んでおくべきだったね。
アナフィラキシーショックは二度目に蜂に刺されると発症するから、
初めて刺されたのか過去に刺されたことがあるのかが書かれていないのは微妙にアンフェアだな。

そう言えば、伝説の一発屋作家・根入たぬきが久々にミステリーの新作を出すらしいんだけど、誰か知らん?
万歩賞を受賞した「たぬきの奇」は、そば職人とうどん職人がグルメ評論家毒殺事件の容疑者となり、
中盤から事件そっちのけで、どちらの作ったそば・うどんが美味いか対決し、負けた方が犯人、というハチャメチャな展開、
さらに事件の解決が読者に委ねられるという型破りなリドルストーリーだったが、今度もやはり破天荒な設定のバカミスなのだろうか・・・
何より「たぬきの奇」の凄い点は、本文が百五ページで、残り九百二十七ページはそば論、うどん論に割かれていることだよな。

404 :名無しのオプ:2007/01/18(木) 14:30:19 ID:4bELXXyB
>>403
そば論うどん論縦読み(正確にはななめだが)
 ↓
作者名から分かるお約束の文字遊び

で真相がわかる。
縦読みの方法は本文部分でのそば職人とうどん職人の言葉がヒントで
2通りの縦(ななめ)読みができる。
違和感のないそばうどん論に見えて全部が縦読み文で
縦読みの文を集めると40n分くらいの分量になるからな
半端な量じゃない。

一方の職人の言葉から縦読みを見付けて安心してると
真相が見えないので、両方読んで情報をあわせないと
真相がわからない

405 :名無しのオプ:2007/01/19(金) 16:58:52 ID:JqeQycuo
>>403の奴ちょっと興味あるな
逸茂傘久の『神田川沈没』とか、遠山梓紀の『枕の中の愛妻』とかわりと軽いノリの奴が好きなんだけど
そんな自分でも読めそう?

406 :名無しのオプ:2007/01/20(土) 15:57:47 ID:1H7MnhSV
うどん論と言えば「ミドリの狐と赤い狸」思いだすなぁ・・・。

なにしろ製品とのタイアップだったから応募シールを10枚集めて抽選で当たった人にのみ
犯人通知!っていうのが話題になったけどこれって応募した人いる?
自分はミドリの狸が狸鍋にされて、いざ食すって時におこった停電殺人の謎が未だに解けない。
殺されたのは兎じゃなくて実は内部に別の生物の因子を持つキメラだったって言う所までは分かったんだけど。
結局、犯人は知ってるんだけどそこのトリックだけが謎。
麺汁になぞが隠されてるっぽいよね?
犯人がわかると、何故「緑の狸」じゃなくて「ミドリの狸」なのかって言う謎もとけるみたいなんだけど・・・。
当たった人、こっそり犯人教えてほしい・・・。

407 :名無しのオプ:2007/01/20(土) 20:36:07 ID:ADtctYXL
それって確か、在日中国人作家の丸地楊(マルチ・ヤン)が、日本の文化人二人と合同ペンネームで書いたんだよね。
後の二人はうろ覚えだが、中学校の教師から作家に転身した坂本つぼ八と、タレントのかなべまをりだったっけ。
続編「黒豚カレーの力は白」も予定と構想だけはあったらしいが、つぼ八が教育再生会議に加わって多忙になったために
お流れになったって聞いた。

408 :名無しのオプ:2007/01/20(土) 20:58:16 ID:Kz33etxQ
>>400ってどこかで読めない?
興味あるんだけど

409 :名無しのオプ:2007/01/20(土) 21:29:16 ID:Zc74RfSa
>1
十二星座シリーズ終わって、十二支シリーズに入ったね。
『戌年に見た彗星』と『龍年に飛んできた楓』はみんな読んだ?

410 :名無しのオプ:2007/01/21(日) 00:47:59 ID:bK0GH72I
>>409

おお!!フロイライン・バルサ・巫女シリーズですな!
最初の「未年の菩薩観音」は読んだけど……続編でてたんだぁ
明日久々に本屋行くかぁ……


411 :名無しのオプ:2007/01/21(日) 02:18:55 ID:PhLuDjOW
「未年の菩薩観音」は何で犯人が神社に十字架持ち込んだのかが分からん。

そうするなら、玲子は宗次郎の葬式でお経が読まれてるときに般若心経を読み上げるべきだろ。

412 :名無しのオプ:2007/01/21(日) 16:52:03 ID:jq4Z7Kwu
「未年の菩薩観音」は新人賞受賞作だから、多少の粗には目をつぶってあげようぜ。

宗次郎の葬式で玲子が般若心経を読み上げなかったのは、
般若心経のテープを日常的に聴いていたツル子バアさんが疑われるのを恐れたためだよ。
282ページに、「人を見たら泥棒と思え、がポリシーの鶴井ツル子が唯一信頼していたのは、愛娘の遺児である玲子で〜」とある。
でも、ラストでツル子バアさんが自殺するが、あれってマジで自殺だったのかな? 俺は、ツル子の甥の亀彦が怪しいと思うんだが。

413 :名無しのオプ:2007/01/22(月) 02:07:50 ID:MxXtsRkr
亀彦は違うだろ。
46ページ目で「その時、キリストの十字架は坂を転がり下にあった墓石を破壊し
亀蟻神仏像が祭られる池の中央目掛けて一直線に落下していったのだ!!!」
っていう記述あるじゃん。

よく見ておけよな。
で、犯人は多分雉子だろ?あの尼のさ。

414 :名無しのオプ:2007/01/22(月) 16:44:13 ID:KQIJiygz
>>413
いや、雉子はフェイクだな。実は今度の十二支シリーズは本格ではなくバカミス。
一応「未年の菩薩観音」の犯人は(メ欄)で決着しているが、あれも実はフェイクで、犯人は別にいる。
十二星座シリーズそして十二支シリーズの作者である、ジョン・暖簾が犯人! そして読者のあなたこそ真犯人だ! ってな趣向だろう。
そうそう、ところでジョン・暖簾の十二星座シリーズと十二支シリーズの版元であるまゆつば書房に
企業再生法が近々適用されるらしいが、果たして続編はちゃんと出るのだろうか・・・心配だ。

415 :名無しのオプ:2007/01/22(月) 21:18:44 ID:+E3WtnBu
『龍年に飛んできた楓』から時間が空いたせいかな、【申年】【猪年】【兎年】は作風が違うよね。
自分は『猪年、恐山にて』で、初めサイコホラーにいったのかと思ったよ。
あの松葉杖のミスリード・時間差トリックには驚嘆の一言。でも、現実的に可能か?

あと【鼠年】【虎年】【蛇年】【馬年】で完結するけど、作者の話だと、番外編で『13匹目の動物 〜神様になれなかった猫』というタイトルの心温まるファンタジーを発表予定らしいね。
ミステリー作家では異例だけど、頑張って新しい分野にも挑戦してもらいたいな。主人公とゲストキャラの猫との絡み、早く読みたいな。

416 :名無しのオプ:2007/01/23(火) 02:17:46 ID:yncMdVQU
>414
「この小説を、貴方がここまで読み進めなければ…皆死ななかったのよ!!
 皆死なずに作品の中で生きていたのに…貴方が私達の時間を進めて殺した!!」

ラストのこのセリフで馬鹿ミス決定した。
まさか最終巻でこれはないよなぁ…いままでシリーズ全部読んだ俺が馬鹿みたいだ。

417 :名無しのオプ:2007/01/24(水) 00:13:50 ID:BA3BmRDg
流れを豚切ってスマンが、二年前くらいにメルヘン出版のファンタジスタノベル大賞を受賞した正夢ふじ絵って、
まだいるの? 受賞作の「120%ピュアなハートで私のへそのゴマを削り取って」があまりにも酷い糞小説だったので
押入れの奥に放り込んだんだが、昨日インターネット古書店で一冊五万円の値がついていて、思わず押入れの大掃除をしちまったよ。
確か、入れ墨を入れたい少女と彫師の男が登場し、ロマンスものかと思ったら何故か、入れ墨についての薀蓄を
高木彬光「成吉思汗の秘密」ばりに語り合う(彫師が入れ墨を入れるアパートの一室で)という意味不明のストーリー。
これはロマンスなのかミステリーなのかファンタジーなのかも分からないんだが・・・

ちなみに正夢って新作出した?

418 :名無しのオプ:2007/01/24(水) 09:37:01 ID:Tb6Ensrr
>>417

テラナツカシスwww
当時「足の爪は胸きゅん☆パラダイス」買って死ぬほど後悔したぽorz

正夢は最近レディコミの原作で見たよ
(作画が林園ばたあ)
ミステリってよかサスペンスだた



419 :名無しのオプ:2007/01/24(水) 11:38:05 ID:o5871dPw
そういえば「先生のはしたない果実」とかいう官能ミステリ小説が話題になってるらしいんだが
読んだ人いるかい?内容は相当破壊的らしいが。

420 :417:2007/01/24(水) 11:59:56 ID:p3XpxUlD
>>418
やっぱり新作出ていたのか。正夢はデビュー作の駄作っぷりがディープインパクトだったが、
受賞第一作はあまり話題にならなかったんだな。ま、十返舎一九も、弥次さん喜多さんの第二作は売れなかったらしいし、
正夢レベルじゃ話題にならないのが当然か。
レディコミはさっきチェックしたが、これもまた酷いな。一部ウェブ上で読めるようになっていたんだが、
主人公のハードボイルドな探偵がたった四ページの間で十五回くらいギャングにリンチされてたぞ。
作中で一体何回殴られてるのかな・・・w

>>419
ああ、助手と一発やらないと頭が回らない女探偵の話みたいよ。つまんなさそうだから読んでないが。

421 :名無しのオプ:2007/01/24(水) 17:35:43 ID:UDX7tdx3
>>419

あの覆面作家?
あの記述はどっちが大筋考えたかバレバレだな w


422 :名無しのオプ:2007/01/24(水) 21:29:33 ID:v72zmppJ
>391
元町真津樹の新作が出たぞ。タイトルは『ワープライフ』
新感覚の「よみがえりミステリー」だってさ。

主人公は男子高校生の祐輔。何気無い日々を過ごしていたけれど、あることをきっかけに、前世で誰かに殺されたことを思い出してしまう。
前世(現世の30年程前)の時代の新聞を見て確信した祐輔が、かつての関係者や思い出し始める記憶を頼りに、すでに時効となった自分を殺した犯人と、殺された瞬間の記憶を取り戻すために推理を進める話。

前世と現世のブランクが短すぎたのは違和感感じたけど、半分青春小説風で楽しめたよ。ラスト・エピローグも見事だった。

おととい発売だけど、読んだ人いない?
自分的には良作。

423 :名無しのオプ:2007/01/25(木) 16:42:52 ID:s26Xnl79
>>422
ストーリーは文句なしなんだが、「著者の言葉」が大いに難ありなんだよなぁ。
抜粋すると、

>今回の作品は、まったく新しい「よみがえりミステリー」です。
>高度なジョークなので分からないかもしれませんが、よみがえりは「蘇り」と「黄泉がえり」、
>二通りの意味をかけているんです。作品を読む前にまず驚天動地のジョークを味わって下さい。

どう考えても高度なジョークじゃないw

424 :名無しのオプ:2007/01/26(金) 10:25:51 ID:nI4AHp8D
ダジャレといえば、最近読んだ鳥山歩「お縄になりなさいませ御主人様」に
登場するメイドさんがすごかった。何かを見つけるたびに妄想が膨らんで
御主人を犯罪者だと決めつけてしまうメイド、江麻さんが主人公の連作短編集だが、
例えば、火鉢を指差して倒れている人を見て

火鉢→冬の風物詩→日本人の冬→オーストラリア人の夏→豪州人の夏→豪州人サマー→御主人様

という風に。こじつけってレベルじゃねーぞw こんなのが各短編に何度も出てくる。
正直最後のほうは食傷気味。江麻さんが可愛くてキャラが立ってただけにもう少し
話の展開にバリエーションが欲しかった。

425 :名無しのオプ:2007/01/27(土) 21:02:20 ID:TavFCRyY
>422
悠紀子が祐輔を昔の恋人だと認識して抱き締めるシーン、
49歳と17歳でちょっと…と初めは思ったけど、読み進めるうちに切なくて泣いちまったよ…(照)

祐輔が直樹(前世の名前)としての自分を乗り越えて行きていく姿勢がいいなと思った。

ただ、気持ちのすれちがいが原因で殺されて、自殺を図った犯人を病院で許すシーンは、「祐輔、寛大すぎ(汗)」と思っちゃった。

426 :名無しのオプ:2007/01/28(日) 15:35:03 ID:BfLkmaP7
でも、なんで祐輔が直樹だった時にラーメン屋に弟子入りしたのかわかんない。

しかも書置きの差出人は「tonkotsu」じゃなくて「syoyu」にするべきだったんじゃ?

427 :名無しのオプ:2007/01/30(火) 00:41:57 ID:PCBIvnAV
オレハー・バックテンデキールっていう、ヅラカブーリ人作家の著作って翻訳されてません?
俺が通っていた大学には文学部ヅラカブーリ文科があって、俺はその学科のたった一人の受講生だった。
ちなみにその学科の教官は一人を除いて全員名誉教授で、唯一俺を指導してくれたのが、
ヅラカブーリ共和国出身の非常勤講師、ウスゲッデ・ナヤンデルノヨー先生。
ウスゲッデ先生の話じゃ、バックテンデキールはヅラカブーリ共和国では首相に次ぐ有名人で、
日本でも翻訳されているらしいのだが・・・誰か知らん?
ちなみにウスゲッデ先生は、たぶん翻訳されている本の原書のタイトルは「となりのトロロそばはおいしそう」らしいんだが・・・
(ヅラカブーリ共和国の主食はトロロ。しかも芋じゃなくて、あのネバネバのトロロをそのまま、トロロだけで食うらしい。ウスゲッデ先生の講義で習った)

428 :名無しのオプ:2007/01/30(火) 01:33:01 ID:bTsPPQAM
>>427
薄芸大の東国原教授が訳してる。
トロロそばは翻訳3冊目
薄芸大出版会で出してて部数は少ないから一般市場にはほとんど出まわってないが
うちの現代ヅラカブーリ文学の講義ではテキストに指定されてる
薄芸大の生協書籍部なら確実に手に入るよ。

A5版150ページ程度で1冊3000円以上するけど

429 :427:2007/01/30(火) 12:27:49 ID:EPebXpmu
>>428
おお、おまいの大学にもヅラカブーリ文科あったのか! 最近日本でも増えているらしいからな・・・
ウスゲッデ先生は数年前に不法滞在でお国に強制送還されちゃって、俺の母校のヅラカブーリ文科は廃止になっちゃったorz
薄芸大の生協で買えるのか。今度買ってみるよ!
俺の母校である大東京ブレーメン大の研究室には、ヅラカブーリ古典文学の幻の傑作「すっごくおバカなリュウグウノツカイの痴態」の
原書があったんだが、ウスゲッデ先生の私物だったために先生が帰国時に持っていっちゃったんだよ・・・
あれはヅラカブーリ文学の系譜を辿る上で非常に重要なのにな。
ウスゲッデ先生の消息は突き止めたんだが、今ヅラカブーリ共和国は隣国のヅラナンカー・カブッテネーヨと紛争中だし・・・

430 :名無しのオプ:2007/01/31(水) 16:58:28 ID:Kkj89vec
ヅラカブーリ文学の権威
オハザ=マース・オヅラ教授てどこへ亡命したんだっけか。。。
当時少し話題になったよね
「リアケガップスリコミケガワカメタケガベロ」て謎の暗号を残して


431 :名無しのオプ:2007/01/31(水) 17:59:22 ID:br/lfvik
いいスレだなー。
もっとやって。

432 :名無しのオプ:2007/02/01(木) 10:43:20 ID:rNZkKcsY
>>430
ハゲカクシー共和国。ヅラナンカー・カブッテネーヨとは「ハゲカクソー(ヅラカブーリ語。民族主義の意)同盟」を
組んで、ヅラカブーリとは長年、紛争状態にある。
オヅラ教授はヅラカブーリからハゲカクシーに亡命し、ハゲカクシー政府に重用されたんだが、
確か二重スパイであることが発覚して拷問の末に殺害された。
教授が二重スパイであることが発覚した背景には、同盟国ヅラナンカー・カブッテネーヨでも国家の最重要機密とされている
秘密警察「カヤッマ・ユウゾ・ハーヅラ」が関係しているらしい。

433 :名無しのオプ:2007/02/01(木) 19:25:03 ID:hOKyGHrA
>424
鳥山読んだ。
12作収録してるけど、自分は「庭のモニュメント」が好きだな。
朝、突然庭にミロのビーナスの複製像が置かれて、

ビーナス→芸術品→モナリザ→ルネッサンス→ヨーロッパ→ハネムーン→飛行機→ファーストクラス→御主人様

と広がる連想。
まさか犯罪と関係なく話がハッピーエンドで終わるとは思わなかったよ。

434 :名無しのオプ:2007/02/05(月) 16:50:18 ID:CH03arm1
十数年前、超マイナーな出版社から出たもののサッパリ売れず、早々にお蔵入りになった鮭川銀也の鉄道ミステリー叢書を、
冗談社が版権を買い取って復刊するらしい。
トップバッターは、御大究極の傑作鉄道ミステリー「グロいトランク」! こりゃあ楽しみだ! 本格ルネサンスだ!
続刊のラインナップが楽しみだねぇこりゃ。

435 :名無しのオプ:2007/02/06(火) 01:33:41 ID:r3iyYqP/
>>434

確か「ビラビラ荘事件」読んだ気ガス
「グロい白鳥」「痔のある風景」とか。

もう十数年前になるのか...歳とったな漏れ・・orz

436 :名無しのオプ:2007/02/06(火) 02:17:19 ID:QOm+aFZv
そういえば、鮭川と北海道冷凍編集による
『新・痔核推理ビラビラ荘の喪失人おさん』って短編集読んだな。
でもトンチクイズみたいな…

437 :名無しのオプ:2007/02/06(火) 13:27:48 ID:5iRKIaLm
北海道冷凍氏、「最近ヅラカブーリ文学を再考してるんだよ。ケトパパァ」
と雑誌に書いてあったなwww
「眞露城の今日麸の味噌汁」も増版決まったね

鮭川御大て、鰐貫警部で良いんだっけ??


438 :名無しのオプ:2007/02/07(水) 02:25:04 ID:Og0tOco7
>「眞露城の今日麸の味噌汁」

最終的に味噌汁作らずにトムヤンクンと鱶鰭スープばっかり作中で作ってたよね?
なんで作らなかったんだ?最後まで読んでもわかんなかった。誰か教えて〜・・・。
麸も出てきたのになぜか風呂の中に投入して「これが本当の麸呂だっっ!!」って言ってたし。
でもこのセリフが物凄く印象的で思わず真似しようかと風呂場で悩みかけたwww

439 :名無しのオプ:2007/02/07(水) 16:38:17 ID:HZzvMEbT
>>438

探偵役の北海道嵐子がシリーズの「性アヌスラ手淫の惨劇」で
メル欄の事を言ってたからじゃね?>麩呂

漏れも味噌汁無いじゃん!と思ったが、
虎党毒太氏のあとがき読んだら
「味噌汁の記述が無いのにもかかわらず
 味噌汁の存在を強調した恐るべし作品」とあったが、

・・そんなもんなのか? orz


440 :名無しのオプ:2007/02/08(木) 00:41:35 ID:hsMfJeqk
>>437
カニツラだかウニツラだか、北海道やロシアの海域で水揚げされる海産物系の名前だったな。

441 :名無しのオプ:2007/02/08(木) 01:10:18 ID:sUrQBsTQ
キユーピー文庫から出た、野菜探偵ヒョロナス読んだ人いる?
ただのジュヴナイルかと思ったら、
後半は歪んだ健康生活を批判する社会派になってて笑ったよ。
ただ、メル欄の叙述トリックはどうなんだw

442 :名無しのオプ:2007/02/08(木) 03:23:26 ID:1wMUD/b3
ノシ

今まで叙述に気付かなかったよ(´・ω・`)
むしろヒョロナスの必殺推理アイテムがキユーピー製マヨネイヅってどうなの?
300Pもマヨネイズの危険について語ったのに、最後にキユーピー製は大丈夫!!の一言だし…
もしかしてどこかにその根拠書いてあった?


443 :うさぎのピーターが繁殖して大往生:2007/02/08(木) 10:37:53 ID:NcT/807R
>>442

メ欄の記述が安全性なんじゃね?



444 :名無しのオプ:2007/02/08(木) 10:39:26 ID:NxcvODc8
スマソ

逝ってくる・・・ orz
回線切ってry

445 :名無しのオプ:2007/02/08(木) 11:33:06 ID:yTaI21wM
オナニスト三部作って風呂とトイレとあと何だっけ?

446 :名無しのオプ:2007/02/08(木) 11:58:17 ID:IlQyRv0b
>445
遊覧車
実際にはミラーハウスでいたした印象が強いが

447 :名無しのオプ:2007/02/08(木) 16:26:22 ID:IxxgYT6M
ミラーハウスの印象強すぎるよね。
しかもアレ、実はマジックミラーで新たなる三部作への伏線になってたらしいし。

ていうか次は何シリーズなの?発表マダ〜?

448 :名無しのオプ:2007/02/08(木) 17:18:07 ID:MSLsiQLL
フーゾク三部作になるとこないだ雑誌に書いてあったぞ
>オナニスト三部作



449 :名無しのオプ:2007/02/09(金) 12:48:39 ID:oOI32Ldj
犯人がオナニーしながら自主する小説って、タイトル何だっけ?

450 :名無しのオプ:2007/02/09(金) 19:03:05 ID:PlsMgKE7
>>449
マスタベー・ションの「自慰懺悔」だね。
一時期絶版になってたけど、この間ソウロウ文庫から再販されたはず。
ションといえば「消えた精液」が有名だけど、
こちらも好きなので再販されたのは嬉しい。

451 :名無しのオプ:2007/02/09(金) 19:35:05 ID:USDj61Tj
>>450
情報サンクス!
再販されてたんか。早速明日買ってくるぜ。

ソウロウ文庫といえば、ヌメリ・マリアの「後ろの穴」は有名だよな


452 :名無しのオプ:2007/02/10(土) 02:35:25 ID:RNemSqOK
>>450
益田部紫苑の絶筆「赤玉」が近々刊行されるらしいね。

453 :名無しのオプ:2007/02/10(土) 22:32:51 ID:p4x/LChA
チンポ・フランシスの久しぶりの新作が出たらしいけど読んだ人いる?

454 :名無しのオプ:2007/02/12(月) 00:43:56 ID:yorCHTcx
クセイン・マムコー名義で書いた『股間は銃弾』のこと?
内容はネット上で書評を見る限り面白そうなんだが、書店に並んでいるのを見たら、
帯に『涙もヨダレも精液もふりしぼる感動モノ! あなたはきっと、泣き、叫び、一日十回オナニーがしたくなる!』と堂々と書いてあって、
しかもレジにいたのが可愛いオネーチャンだったから、購入を躊躇した。
だってさ、いかにもエロゲーヲタっぽいデブメガネがレジに持っていったら、オネーチャン顔真っ赤にして、
レジにあったハサミをそのデブメガネに投げつけたんだぜ? さすがに怖くなったよw
つーわけで、俺はインターネット書店での購入をお勧めする。
ちなみに、精力絶倫の探偵と女マフィアが最終的にホテルのスイートルームのベッドで一対一で対決する、
結構官能エロサスペンスではありがちな展開らすい。

455 :名無しのオプ:2007/02/14(水) 00:52:47 ID:Q8UL557m
日本のノワールの巨匠、ジョン・ル・お疲れ君(じょん・る・おつかれぎみ)が中心になって、
鮫肌書房からハードボイルドやノワール、冒険小説、サスペンス系の叢書が刊行されるようなんだが、誰か知らん?
お疲れ君は今や御年九十二歳、文壇最年長の超ベテラン、食道がんで入院中らしいが、
病室でひたすら執筆(しかも原稿用紙に万年筆で!)し、時には病室のテレビでAVを見ながらベッドシーンも書くとか。
その他執筆陣には、孤高のハードボイルド作家・こむらがえり勇、ノワールの若き旗手・亜留かぽね、
日本一作品が二時間サスペンスドラマ化されているサスペンスの巨頭・船越エータローも名を連ねているんだと。
いやぁ、リリースが楽しみだ。三十年前、「オナンの名はオナニー」で冷戦中にもかかわらず、
米ソの醜い争いを風刺し、痛烈に皮肉ったジョン・ル・お疲れ君がどんな新作を書くのか、わくわくするぜ!

456 :名無しのオプ:2007/02/14(水) 20:20:22 ID:TTpN1l20
悪輪嫌の「人誅」シリーズ読んだ人いる?
カバーの「悪徳代官と千の顔を持つ闇医者茄子の悪事の数々は…!?」みたいのに
惹かれて読んだんだけど、アレただの街娘を手篭めにするレイープ小説だった・・・。
しかもラストは「悪輪嫌…この社名こそが悪への冒涜!!」とか言い出すし
オマケにこの社名に町娘を次々に誘拐するトリックが隠されてるとかいうから
一生懸命考えたけど結局分かんない・・・解けた人本当に居るの?

でも、町娘を売る闇ルートの人身売買・外国への人身輸送が物凄くリアルだった。
ミステリーとしたらイマイチだけど当時の闇を垣間見る事が出来る時代小説として
だったらそれなりなんじゃないかな。


457 :名無しのオプ:2007/02/15(木) 12:42:34 ID:LRHBXTZs
自称“軽井沢夫人”の軽井沢かの子の新作ミステリー「♪マイムマイムマイムマイム、マイム別荘族」読んだ人いる?
前作の「軽井沢夫人は二度死ぬ〜ヒグマ殺人事件」の真相はもうそのまんま、(メ欄)だった。
「♪マイム〜」も同じようなバカミステリーなのかな…
軽井沢かの子の小説中での軽井沢の描写があまりにもいい加減で、小説に登場するアパート暮らしの貧乏人の描写はあまりにも
的確に書かれているので、軽井沢かの子は実は貧乏なアパート暮らしなのではないか、って都市伝説もあるらしいが。

458 :名無しのオプ:2007/02/15(木) 16:07:49 ID:JV82qtpb
>>457
ヒグマ殺人事件の作中に
「軽井沢の名の由来は町の発展に尽力した日系人建築家カール・イザワから」
という嘘を堂々と載せてるしな…
この部分に関しては初版以降削除したみたいだが。

459 :sage:2007/02/15(木) 17:33:50 ID:FjUbfrYW
「♪マイム別荘族」は古書店で探してるんだけど未読。
同シリーズの「♪オクラホマミキサーの呪い」はバカミス。
高校での文化祭での打ち上げでフォークダンス中に教師が殺される。
犯人にはアリバイあり(CDかけてた放送部員)。
真相は目欄。
ダンスの描写が長いのでわかってしまったよ。

460 :名無しのオプ:2007/02/15(木) 21:49:34 ID:/7IIe131
だれか『容疑者セックスで献身』読んだ人いる?あれって去年のオナ木賞でしょ

461 :名無しのオプ:2007/02/15(木) 22:52:11 ID:VzfjtzX8
>456
あれ、版権問題ですっごいもめてるらしいよ。

実は時代物結構好きだからきになってる。
そのトリックも結局わかんないままだよね?
悪輪嫌っていう単語が、町娘の綾たんと関係してるのかな?

どっちも詳細キボン


462 :名無しのオプ:2007/02/17(土) 00:57:19 ID:vkNGFiOz
>>460
ああ、『六番目のサセコ』で官能小説の某大御所に激賞された烏ノ森濡羽が、
ミステリに転向して書いた奴でしょ? あれはオナ木賞の選考委員が全員、選考会に持ち込まれたマリファナでラリっちゃって、
しょうがないから選考会の司会進行役だった「文藝信州」の編集者がアミダくじで決めたらしい。
今年新しく選考委員になった四人の作家・評論家が、前の選考委員が選んだオナ木賞作品の受賞取り消しに動いているみたいだ。
『容疑者セックスで献身』は、痴漢の冤罪で囚われた平凡なサラリーマンが、留置場で露出狂の婦人警官と愛の陥穽に嵌まる、
結構感動的な話だから、オナ木賞に受賞されてもおかしくはないと思うけどね。

ところで、お笑いの世界では崖っぷちのピン芸人・スパイダーマン雲井が初めて書いた小説『煮玉子によく似た孫』が
大ベストセラーの予感、って新聞で、文芸評論家の西園寺が書いていたんだが、読んだ人いないか?
たぶん、劇団ふたりや大崎ふすまの大崎に続こうって腹なんだろうが…

463 :名無しのオプ:2007/02/17(土) 14:15:03 ID:kRKVDWBo
速報! 今年のオナ木賞最終候補作が文藝信州から発表された!

オナ木文学賞 最終候補作

『作中作中作中作』 入子幸三
『しわ寄せの書』 嫌坂熊夫
『ヤグラ・モグラとアグラ・ネグラ』 梅野Q作
『ひろしが犯人』 ひろし
『未年の菩薩観音』 ジョン・暖簾
『ワープライフ』 元町真津樹

特別賞

セーシー横溝 若井岳夫 鮭川銀也

おまいら誰がいいと思う?

464 :名無しのオプ:2007/02/17(土) 21:54:40 ID:xElqhXQg
田中出し康夫の『なんとなくクリスタルケイ』はオナ木賞の候補じゃないだ…ショック!

465 :名無しのオプ:2007/02/17(土) 22:17:31 ID:vkNGFiOz
>>464
選考委員の一人、西園寺が「こんな糞小説は脱糞モノですよええ」とかいうワケの分からん評価をしたために
二次予選で落とされたらしい。
そもそも、西園寺なんかがいつまでも文学賞の選考委員なんかやってるから、マトモな作品が受賞できないんだよな。

466 :名無しのオプ:2007/02/18(日) 22:59:47 ID:WccVVzDS
>>465
しかも西園寺いわく「クリスタルケイじゃ抜けない!」だとさ

467 :名無しのオプ:2007/02/19(月) 01:51:24 ID:oq3qdbVl
>>466
まあ、でも自分で抜けるかどうかを試す姿勢は評価できるよ。さすがに若い頃、ミステリーのページでオナニーのあと始末して血を流したことを公言してるだけのことはあるわ。

ついでに二次選考に残った「九龍の姫始め」読んだ人いる?

468 :名無しのオプ:2007/02/19(月) 09:58:38 ID:J2G5cOXe
>>467
あれは惜しかったな。選考委員の一人で、評論家のジョン・D・ヘモグロビン・鈴木(日系二世)が絶賛していたが、
西園寺を筆頭とする他の選考委員が反対したため、最終選考に残れなかった。
あれって確か、女スナイパーの話だっけ? 実は主人公が(メ欄)で、サスペンスによくありがちな(メ欄)シーンも
新鮮に感じられて、一気に読了したのを覚えているよ。

469 :名無しのオプ:2007/02/19(月) 17:16:28 ID:+MCkWDFq
萩祐一の「蛆虫」は正直俺にはちょっとエグすぎた。
確かに、いじめっていう社会問題を
鋭い切り口で描いてるのは流石萩って感じなんだけど、
これまでのあっさりしたミステリーの方が好きだったな、俺は。
こういうのも描くのか、ってすごい衝撃的だった。
口直しに「バッカスの宴」でも読み直すつもり。

470 :名無しのオプ:2007/02/19(月) 22:20:39 ID:C6Dp2OvD
>>467
「九龍の姫始」の作者だれだっけ?確か「手鏡教授の事件簿」シリーズを書いてる人だよね

471 :名無しのオプ:2007/02/20(火) 01:54:40 ID:bqnWcqqy
>「手鏡教授の事件簿」シリーズ

このシリーズの作者、何で毎回手鏡って入ってるのにトリックにマジックミラー使って
るんだろうな?素朴な疑問。
特に「恋しちゃってる★教授★連続殺人事件」だと、部屋の仕切りがマジックミラーに
なってたとしても鏡子の浮気相手が鏡四郎だと分かる理由にはならないと思うんだが・・・。

472 :名無しのオプ:2007/02/20(火) 02:27:09 ID:DlMiRcgE
>>470
確か、ブタクサだか、そんな名前だったような…

ちなみにオナ木賞の特別賞ってのは、故人が受賞するのが慣例なの?
セーシーは去年が生誕百周年だし、若井岳夫は去年急逝、鮭銀翁は鉄道ミステリー復刊といずれも話題に上ったが、
それを讃えてのノミネートなのかな。ちなみに俺は、セーシー先生に一票。「三九六つ墓村」「バカが来りてホラを吹く」が最高だった。

473 :名無しのオプ:2007/02/20(火) 07:31:22 ID:mJJt+keC
厚化粧山姥の「コギャル刑事ブス子3」を読んだ人いるかい?
全編、携帯のギャル文字で書かれているから読みにくい読みにくい。

『±τ、皆±ωッτ感U〃(さて、皆さんって感じ)』
↑こんな感じで…。
確か前作は文庫で、戸田奈津子訳のが出たよね。
今回も文庫待ちかな…。

474 :名無しのオプ:2007/02/20(火) 18:16:47 ID:rUnIevZb
>>473
あの語学界の誤訳王がか…orz
じゃあ、あんまり期待できないな。

>>472
ちなみに九龍の姫始めの作者って豚咲恥骨郎じゃなかった?女流作家のペンネームとは思えなくて印象に残ってる。

475 :472:2007/02/21(水) 00:59:32 ID:ver18Lzv
>>474
あ、俺の勘違いかな…
『九龍の姫始め』の作者って、『切支丹はつらいよ〜島原・天草なみだ目慕情』で驫木轟十郎賞受賞した
豚草四郎じゃなかったっけ? 違った?
俺は豚草の「つらいよシリーズ」の最新作『続・ホームレスはつらいよ〜新宿中央公園アンタッチャブル(旅情編)』が
オナ木賞にノミネートされなかったのが残念でならないよ。

476 :名無しのオプ:2007/02/21(水) 20:42:55 ID:4w2yRc3M
つらいよシリーズは「サラリーマンは辛いよ〜得意先接待シリーズ別府・湯布院温泉編〜」
が好きだったなぁ。
さすが作者が元サラリーマンっていうだけあって、得意先のパワハラなんかの描写もナイス!
首都圏の駅のキオスクなんかでの書籍売り上げ部門もトップだったらしいし、
自分も電車の中で通勤中のサラリーマンが良く見てるのみかけた。

みんなはこのシリーズだとどれが好き?

477 :名無しのオプ:2007/02/22(木) 02:00:10 ID:6/2UrMEl
ヤホーのトップニュースに発表があったな、オナ木賞受賞作。以下転載。

>公平な審査の結果、第百二十五回オナ木賞の受賞作は、以下の作品に決定しました。
>
>オナ木文学賞 『ヤグラ・ネグラとアグラ・モグラ』 梅野Q作
>
>特別賞 若井岳夫
>
>昨年末、五十五歳の若さで夭逝された若井岳夫氏のご冥福をあいのり致します。
>
>文責・西園寺美咲(選考委員)

西園寺、いくらなんでも『ご冥福を あ い の り 致します』はねぇだろ…w



478 :名無しのオプ:2007/02/24(土) 22:22:09 ID:Rj20OAGf
今年のオナ木賞は凄く揉めたらしくて最終的には、太鼓の達人で決めたらしい
『受賞作が決まったドン!』

479 :名無しのオプ:2007/02/26(月) 21:13:06 ID:AyWZaBPy
>>478
おまい、それは「週刊文鳥」のガセネタ記事がソースだろ?
いくらなんでも、太鼓の達人で決めるわけねぇだろ、オナ木賞を。

実際は、四人の選考委員が小説として完成度の高い「ワープライフ」を推したのに、
西園寺が「この作者の人間観が気に食わない」とかワケの分からん因縁をつけて、確かに揉めたが、
結局アミダくじで決まったんだよ。選考委員の一人、評論家の小俣粥井がブログ「今日もおまたがかゆい!」で愚痴ってた。

480 :名無しのオプ:2007/02/27(火) 01:10:51 ID:mMbGLBcc
>>478
それはオナホ賞だろう
良く見ると字が違う

481 :名無しのオプ:2007/02/27(火) 18:32:02 ID:AOIdXMXW
>>480
オナホ章って、アメリカのラズベリー賞みたいなモンだろ?
今年の候補作はあまりにも糞揃いだったために、太鼓の達人での選考になったらしいぞ。

482 :名無しのオプ:2007/02/27(火) 23:50:20 ID:r6/H/1bc
オナ木賞作家の岡嶋ふたなりの『99%の鉄』読んだんだけど、鉄の性質や精製法が載ってるただの工学書なんだけど…どこがミステリーなんだ?

483 :名無しのオプ:2007/02/28(水) 00:10:51 ID:OeYiiwSr
それ「エウヌペニスの壷」と1セットで読まないと意味無いよ
「エウヌペニスの壷」は人類の生息圏のうち87%が海洋に覆われた近未来でのSFミステリ
人工鰓とプランクトンによる生物由来プラスチックによってかろうじて海洋に適応した人類だが
火、あるいはそれによって精製する金属はロストテクノロジーとなっていた
その世界で新造された鉄器によって起こる連続殺人と言うhow make itミステリ

犬不住工大教授の岡嶋が学生以外にも
「99%の鉄」を買わせる為にミステリをセットで刊行と言う前代未聞の商法を評価されての受賞
「エウヌペニスの壷」の出来は、「99%の鉄」だけが受賞したことから押して知るべしw

484 :名無しのオプ:2007/02/28(水) 02:00:43 ID:Lv9QMKRY
何しろ「99%の鉄」が初版一万部に対して、「エウヌペニスの壺」は初版二百部。私家版かいなw

ヒラリー・クイーンの「アメリカ大統領の謎」が復刊されるらしいな。
未来を予言した奇書には、タイタニック号の前例があるがこれもそうらしい。
アメリカの途轍もなくマイナーな出版社が、一千部だけ出したものを日本のミステリの老舗・東京素麺社が
版権を買い取って、大々的に宣伝して出すようだ。
東京素麺社は最近翻訳ミステリにまた力を入れ出したし、今後が楽しみだな。

485 :名無しのオプ:2007/02/28(水) 04:30:13 ID:QLoD5xXb
「鎖骨マニア」のあとがきの謎がわかりません
(´・ω・`)?

ローマ字に直したり第二章に出てきたツクモ暗号を使ったりしてるんですが、イマイチぴんと来ません
本章の方もなんで毎回「引き金に味噌」がついているのか、穂倉探偵の解説でもさっぱりです
誰か教えて〜(´^`;)

486 :名無しのオプ:2007/03/01(木) 01:01:16 ID:6dReq/pM
>>485
すぐに本屋へ逝け。そして、続編の「恥骨まで愛して」を買って来い。あのあとがきは、続編の伏線だよ。
「引き金に味噌」は簡単。さ行の中で味噌を表すのは「そ」。
味噌→そ、つまり「引き金にそ」→「ひきがねにそ」
文中にさりげなくこの一文をまぜ、犯人は尼僧の蟇金(ひきがね)と暗示している。
まぁ、パズル作家の顔も持つ作者の一種のお遊びだな。

ところで、ビフィズス賞を受賞した新進気鋭のミステリ作家・池袋郎の新作読んだ人いる?
クローズド・サークルもので、使い古された「吹雪の山荘」テーマに真っ向勝負!ってキャッチコピーらしいが…

487 :名無しのオプ:2007/03/02(金) 05:26:44 ID:4ZkurtLu
あのー、「藤屋工場異物混入殺人事件ファイル〜クッキーから鋼編〜」でどうしても
富士子が富士夫を殺したトリックがわからないんです。
シュー生地の中に悪性大腸菌を混入しわざと富士夫が入院するように仕向けたのまで
はいいんですが、その後の富士子の「やっぱりチーズケーキはパティシェ大橋が一番ね!」
の所で詰まってしまうんです。
あの時富士子はなんでショートケーキではなくレアチーズケーキと桃のムースを食べて
いたんでしょうか?

優しい方解説お願いします!!本当に分かんないんです。


488 :名無しのオプ:2007/03/02(金) 12:36:50 ID:UcNDekRi
>>487
俺もわからん。
ぺこ和尚の「期違いじゃが仕方がない」ってセリフが
意味深だよね。

489 :名無しのオプ:2007/03/03(土) 02:47:08 ID:OkJiY9Nl
しかも何故『第3章:工場を封鎖せよ』だけゲームブックになってるんだ

490 :名無しのオプ:2007/03/03(土) 04:19:58 ID:zax14JDQ
>>486
>池袋郎の新作

「なんでもありでsnow」でしょ?
読んだけど、真っ向勝負どころか型をぶっ壊そうとするあまり、
小説自体がぶっ壊れちゃった感じだった。
主人公・木村カローラの破天荒なキャラクターはもうちょっと上手くいかせた気がする。

491 :名無しのオプ:2007/03/03(土) 11:09:41 ID:euyO34GW
>489
死亡パラグラフが「14」ではなく「26」になってるのが
伏線っぽいとは思うんだが、そこで止まってる。誰か解説プリーズ

脂滴マシンには笑ったが、これも伏線かなぁ

492 :名無しのオプ:2007/03/03(土) 15:26:45 ID:LY6n91LH
富士子の「違うわよ!!酢昆布だって言ってるじゃない!それは塩昆布でしょ!?」
というセリフに謎が隠されてるがするけど・・・。

493 :名無しのオプ:2007/03/06(火) 02:11:38 ID:1edxAXZP
>>490
そう、それだ! ビフィズス賞受賞作の「今日も頑張っていきまshow」も、
「犯人の(メ欄@)、そしてその犯人は(メ欄A)」を狙ったが見事に大コケ。小説のコードをメッタメタにぶった切る
問題作だったが、やはり二作目も地雷の部類か…
池袋郎、次は頼むよw

494 :名無しのオプ:2007/03/06(火) 21:36:53 ID:h9PHo1pe
「ビフィズス太郎の乳酸菌撲滅事件」ってビフィズス賞となんか関係有るの?

495 :名無しのオプ:2007/03/07(水) 09:29:24 ID:eVW3CU9q
>>494
最近は駄作もビフィズス賞を受賞ことが多いから、それに対する皮肉じゃね?

496 :名無しのオプ:2007/03/07(水) 15:46:43 ID:Voncjecq
現役サラリーマンのミステリー作家・平田凡太郎の「アブノーマル殺人事件」を読んだ人いませんか?
恐ろしくつまらない、って「このゴミステリーがすごい!」板で話題になっていたんですが…
どんなストーリーなのか、あらすじだけ教えて倉灰。

497 :名無しのオプ:2007/03/07(水) 20:54:02 ID:fHl9lrgs
>>496
野球小説なんだけど、最後は味方チームの五番バッターがフォアボール押し出しでゲームセットになるんだ
凄い地味なラストだったよ

498 :名無しのオプ:2007/03/08(木) 00:33:36 ID:T11BkJlg
>>497
俺はあの小説、ちょっとよく意味が分からなかった。
中盤で主人公が交通事故で死んだのも謎だし、「一連の事件の犯人は【目欄】だった」とか言ってたけど、
まず、一連の事件っていうのが何を指してるのかすら分からない。
事件っていえるのは、主人公が死んだのと差し入れのシュークリームがなくなったのぐらいだし。
主人公が死んだことさえ結局有耶無耶だし、最悪の読後感だった。
何アレ?俺の頭が悪いだけなの?

499 :名無しのオプ:2007/03/09(金) 00:45:22 ID:qyvSTDz+
>>498
「肛門に差し入れたシュークリームはいつの間にか無くなっていた。否。肛門の中には
確かに物体は差し入れられたままだった。しかしそれはシュークリームではなくエクレア
だったのだ。」
っていう行を読み飛ばしてない?
ここまで書けば分かるよね?

>>496
ゴミを減らすために本の体裁になっていなくて、読者は随時作者の自宅に行って直接
話を聞く、というスタイルになっているため、その何とか板で評判になっていたんだと思う。
基本的に内容は>>497の通りなんだけど、作者も内容をうろ覚えで、毎回微妙に話が違うらしい。


500 :名無しのオプ:2007/03/09(金) 00:50:54 ID:ClYanTL/
500人が同じ部屋で一斉に殺される歴史ミステリーがあったよね

501 :名無しのオプ:2007/03/09(金) 01:43:37 ID:XuvVNjb+
>>500
ヒコイ・ザワの「虐殺の日本史」? まあ今じゃギャグ殺の日本史という
呼ばれ方のほうが定着してるな。作者もあれの失敗で名前まで変えてしまったしな。
あーでもいまだに新しい名前憶えられないわ。でもその名前も俺達より下の世代には
けっこう定着したみたいだな。最近若い人に「この人、元ヒコイザワなんだよ」って
言うとビックリされるらしい。

502 :名無しのオプ:2007/03/09(金) 10:50:54 ID:yBXLt58d
>>500
歴史ミステリではなく被害者の数も500人ではないが、大量殺人を扱ったミステリならば
一昨年に出た鮭川銀也賞史上最凶の問題作・「蛞蝓壺の恐怖」があるぞ。
オカルト、ホラー、スプラッタ、ミステリ等、あらゆる要素を詰め込んだまさしく怪奇小説。
巨大な落とし穴に落ちた主人公らを待ち受けていたのは無数のナメクジ。南米には毛虫壺というものがあり、
毛虫が鼻と口に詰まって窒息死させられてしまう。主人公らの鼻、口にもナメクジが詰まり、次々に死んでいく。
絶体絶命で証拠も何もない状況の中、この落とし穴へ主人公らを呼び寄せたのは誰かを推理する。
しかも裏表紙には(メ欄)から驚きだ!

503 :名無しのオプ:2007/03/09(金) 11:37:38 ID:yWVJoeAV
>>501
自分はSFファソなんだがヒコイ・ザワのオナ木賞受賞作の
「烏丸幻視姦」というのを読んだとき、
「本格小説ってのはわけわからんな」と思ったよ。
主人公が(メ欄1)を使って
京都に遊学中の本居宣長となり
源義経の謎を調べるんだが

それが(メ欄2)で、
何より自分が納得できなかったのは、

(メ欄1)を使わず、普通に本居宣長に
推理させたほうが、話としては自然だったんじゃないかと?

というか、本居も使わず普通に歴史エッセイとして
発表したほうがよかったんじゃないかと…

ところが、この本、オナ木賞受賞作で、歴史物としては評価高いし
「不入り日記」で、名高い、斜怪派ミステリーの重チン、
竿庸(さおよう)がもろ手を挙げてほめてるんだな。

自分は、ひょっとしてミステリーにむいてないのかと今でも思う…_| ̄|○

504 :名無しのオプ:2007/03/10(土) 03:18:56 ID:DkRdIt6C
>>500
あったけど、だから?って感じだが。
次元系ミステリだと四次元、五次元、六次元・・・と次元が増えるに応じて存在しうる
人数も増えるからね。
あと大技で、50センチ立方の部屋で78億人が一度に死ぬって言うのがあって、
たしか、部屋が裏返って、中が外になって、そこにいる人たちが原爆かなんかで死ぬ
っていうのがあったね。70年代の作品だったかな?
ネタバレスマソ



505 :名無しのオプ:2007/03/10(土) 13:48:29 ID:UY5hAQ/l
>>503
細かいことだが、ヒコ・イザワが受賞したのはオナ木賞じゃなくて、その前身のオナ木サスペンスミステリー大賞。
五年くらい前に「エンターテイメントのジャンルの幅の拡大」とか何とか、ワケの分からんことを選考委員の西園寺が言い出して、
純文学専門の賞だったオナ木賞に吸収された。でも、純文学だろうがミステリだろうが恋愛モノだろうが、受賞作は何でもあり、みたいな
感じになって、作品の質は落ちた希ガス。

二十世紀ハードボイルドの巨匠、レイモンド・チャランポランの「長いお戯れ」の新訳が出たらしいが、誰か知らん?
訳者はまったく無名でペンネームを使っているらしいが、実は某純文学作家との噂が・・・

506 :名無しのオプ:2007/03/10(土) 20:22:26 ID:KwjBMCBb
最近の秀作は

『架空の伝説のために…』

これで決まりだよ。

507 :名無しのオプ:2007/03/10(土) 23:20:38 ID:k3jtdAPO
ヒコ・イザワって去年の芥マラ賞の候補になったよね

508 :名無しのオプ:2007/03/11(日) 01:28:15 ID:1fjnEn0N
>>505
原題に忠実に言うと「長い・・・すごく長い・・・うふふ、長いって言われたからって、
なにニヤニヤしてるのよ・・・でも、もうお別れよ。バッチ、こーい!」だけど、旧訳にあったような
原文のすっとばしがなければ、それだけでも価値はあると思うけど。
まあ、フィクションならぬノンフィクションでも虚構を織り交ぜる人らしいから、
余計なディテールが挟まってたりするのかもしれないけどな(w

>>507
それは、新・元ヒコ・イザワVer3.1.298++(しん・もと・ひこ・いざわ・ばーじょんさんてん
いってんにーきゅうはちぷらぷら)な


509 :名無しのオプ:2007/03/13(火) 19:25:51 ID:daAod11N
数年前、「古今東西のトリック大研究! このトリックは可能かのう?」なる本を
KNS出版から出したミステリー研究家って誰だっけ?
小粟蟲太郎の「国士舘殺人事件」、ジョン・ディクスン・力一(りきいち)の「ヲタの窓」等の古典的名作から、
最近の本格ミステリーまで、あらゆるトリックが実行可能かを検証した究極のネタばらし本で、
作者には数百人を超えるミステリーマニアから脅迫状が届いたらしい。
ちなみにKNS出版ってのも評判が悪く、社名の由来は「金のためなら・何でも・する」出版、だそうなw

510 :名無しのオプ:2007/03/15(木) 14:53:05 ID:g+oSxu/N
ここは各々の書き込みが長過ぎるから続かなくなるのでは‥‥ぐふっ!

511 :名無しのオプ:2007/03/15(木) 17:43:06 ID:jwxwA0g9
小学生探偵笛緒シリーズで、『食物連鎖物語』 の時に笛緒が推理シーンで
「この大空に翼を広げ」をリコーダーで演奏してましたよね?

あの演奏シーンが好評で今度CD化されるらしいんですが曲目とか出てます?
「笛とリコーダーの違い〜三重奏〜」が収録されてるなら欲しいんですが…。
買う人居ますか?

512 :名無しのオプ:2007/03/16(金) 08:50:41 ID:HghTf3QT
>>511
コンダクターにクインシー・ジョーンズ御大を迎えての大作で、
タイトルは「愛のリコーダ」。

曲目「翼をください」「線路は続くよどこまでも」「与作」「おふくろさん」
「ぞうさん2007mix」「冬の稲妻」「哀愁でいと」「笛とワイシャツとリコーダ」
「愛のリコーダspecial」「かえるのうた」

予約特典……特製ミニリコーダ・ストラップ

513 :名無しのオプ:2007/03/16(金) 09:39:00 ID:KsItAEtV
>510
「ここは各々の書き込みが長過ぎるから続かなくなるのでは‥‥ぐふっ!」も来月号で完結か
ネットゲームを舞台にしたミステリってのも目新しかったが
ゲーム内をマンガパート、BBSをテキストパートで毎月交互に連載ってスタイルは正直すごいと思ったな
やっぱ花見月=menouで確定かな
しかしタイトル長すぎて単行本の背表紙がどうなるかが見ものだw

514 :名無しのオプ:2007/03/17(土) 22:53:17 ID:UXJVx1zV
>やっぱ花見月=menou

あれは花月のセリフがヒントになってるんだよ。
ネタバレになるから詳しく書かないけど、ヒントは
「やっぱりマスクは顔が隠れるから使い勝手はいいわねぇ。欠点は蒸れる事だけど…。」
っていう花月のセリフ。
それと11月のシーンで食べてた月見団子と味噌汁の取り合わせ。
そこら辺をもう一回踏まえて考えると、漫画パートに矛盾が出て来るんだよ。

ちなみに、単行本はネット予約販売らしいから下手すればまとめサイトでも
作って終わりにされそうで今からガクブル物だ・・・。

515 :名無しのオプ:2007/03/19(月) 00:10:55 ID:HCMVSovt
>512
俺のお気に入りの「マジカル★ラジカル★ファンタスティックboy〜HUEO〜」
入ってないの?マジで?あれのオーケストラバージョン入ってるとかいったの誰だよ!

その1曲のために買おうとしてたのに…もう密林で予約しちゃったじゃんか!!

181 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)