5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

貫井徳郎 Part3

1 :名無しのオプ:2005/08/05(金) 21:44:44 ID:scrPyvo+
引き続き貫井作品について語り合いましょう。
ネタバレは「メール欄」もしくは
ネタバレ板↓でお願いします。
http://yy10.kakiko.com/mystery2ch/ (2ch用ブラウザでも見れます)

前スレ
貫井徳郎 Part2
http://book3.2ch.net/test/read.cgi/mystery/1076925374/

2 :名無しのオプ:2005/08/05(金) 21:45:41 ID:scrPyvo+
貫井氏のHP
The Room for Junkies of Mystery And Hissatsu
ttp://www.hi-ho.ne.jp/nukui/

過去ログ
貫井徳郎スレッド
http://mentai.2ch.net/mystery/kako/968/968505139.html
貫井徳朗
http://book.2ch.net/test/read.cgi/mystery/991024560/

3 :名無しのオプ:2005/08/05(金) 22:55:21 ID:sDOA93Xb
次は光と影〜読むぞ〜。

4 :名無しのオプ:2005/08/05(金) 23:11:52 ID:cM4EqOsV
>>ああ、あれはいいね。
2つ目以外は気に入った。

5 :名無しのオプ:2005/08/08(月) 23:48:57 ID:loGDcmks
新作まだ〜?

6 :名無しのオプ:2005/08/09(火) 00:06:35 ID:BP4qk+0O
9月9日までに超人党を結成し、総選挙で9議席をとります!

7 :名無しのオプ:2005/08/11(木) 00:31:06 ID:UStGV6r6
何の話?

8 :名無しのオプ:2005/08/11(木) 20:41:54 ID:xBcE89vs
すまん誤爆だ。
でも慟哭の川上基治の名前は赤バットの川上哲治からとったのかなw

9 :名無しのオプ:2005/08/11(木) 21:06:44 ID:QVmTjFrA
光と影の〜読了
1、3,4がおもしろかったです。
今、転生読んでます。

10 :名無しのオプ:2005/08/13(土) 16:27:38 ID:KWGG421P
某サイトの慟哭のレビューで
「これだけは絶対にやってはいけないという結末だった。
最悪の読後感。これ以降、貫井徳朗の本は一冊も読んでいない」
というのがあったんだけど、結末に関してはマジ?
慟哭買おうかどうか迷ってたんだけど。


11 :名無しのオプ:2005/08/13(土) 18:50:49 ID:u5oHssDc
読後感は人それぞれだろ?
その人は合わなくても自分とは違うかも知れん
そう思って読んであげたらどうだろう
結末の賛否を聞く前にさ

つか朗じゃなくて郎だからw

12 :名無しのオプ:2005/08/14(日) 21:37:33 ID:5QSTBWWu
漏れは慟哭から入って何冊か読んだけど慟哭が最高傑作だと思うな。次点は殺症。

13 :名無しのオプ:2005/08/15(月) 00:17:40 ID:YVIIRokt
俺も慟哭から入ったが、殺人症候群が一番だと思うなー。
>>10
こういう断定的なのはイクナイと個人的に思う。そういう宣言すんなよと

14 :10:2005/08/20(土) 15:04:56 ID:4OC0s86T
慟哭面白かったよ。あのレビューの人は少々大袈裟だったかな。
でも一番ウケたのは後書きでフィクションを強調してたとこだな。
やっぱり「S学会」と「S新聞」にはクレームが来たんだろうかw

15 :名無しのオプ:2005/08/20(土) 16:00:14 ID:y/8VnWhX
この人、「とろけるような安堵感」って言葉がよっぽど気に入ってるんだな

16 :名無しのオプ:2005/08/21(日) 02:09:37 ID:3fOQTZUn
慟哭てよく酷評されるけど
間違いなく日本で名作に入る作品だよ
勘違い甚だしいよ
この作品がつまらないならミステリー読むなアホ

17 :名無しのオプ:2005/08/23(火) 15:33:46 ID:zAdC26OD
さっき慟哭読み終わった。
割と序盤で結末分かっちゃって、
結局そのままんまの結末だったけど
最後ちょっと泣けました。
名作だと思う。

18 :名無しのオプ:2005/08/23(火) 15:51:47 ID:ez4QCLen
>>17
慟哭は、ある程度ミステリーを読み漁ってるやつだと、結末はすぐわかるかもね。
ましてや、貫井作品を読み続けた後で読むと、なんとなくわかっちゃうかもね。
それでも、どうやってそこに終結させるのかが楽しめる作品だった。

名作だよね。

19 :名無しのオプ:2005/08/24(水) 23:58:12 ID:hNVODoKk
俺は慟哭でミステリーの面白さを知った。もう完膚なきまでに騙されたしね。
それまでミステリーなんてホームズぐらいしか読んだことなかったし。
俺にとってのアクロイドだよ

20 :名無しのオプ:2005/08/25(木) 00:51:25 ID:XhKMrae+
がんばりましょう

21 :名無しのオプ:2005/08/26(金) 23:44:27 ID:hWyX/Vyx
>19
俺にとってアクロイドはネタバレくさいが
名言だな

22 :名無しのオプ:2005/08/30(火) 17:30:35 ID:e4XTB1NZ
でもメール欄の人かわいそうだったね

23 :名無しのオプ:2005/08/31(水) 19:12:37 ID:QrBlsADf
殺人症候群、トラウマになりました。
再読しない、この本だけは二度と読まない(読めない) 涙

24 :名無しのオプ:2005/09/01(木) 05:09:23 ID:7bLZ107m
修羅の終わりってどうですか?

25 :名無しのオプ:2005/09/03(土) 21:01:32 ID:Lqo5hlBH
>>23
おれも読了後、読めないと思った。
でも最近、文庫にもなったし、再読を試みてみようかと考え中。

26 :名無しのオプ:2005/09/05(月) 23:30:17 ID:LyLel7Zp
殺人は鬱になる・・・・・
慟哭より鬱に・・・・・

27 :名無しのオプ:2005/09/08(木) 15:11:16 ID:h3uafbbz
暗黙のタブーって言い回しが変じゃない?

28 :名無しのオプ:2005/09/15(木) 20:28:52 ID:J0K2Wb4Z
最近になって慟哭が処女作だって知りましたよ
クオリティタカスギ

29 :名無しのオプ:2005/09/18(日) 01:55:42 ID:IWUOJO2R
設定だけ聞いて失踪症候群読んだら面白かったから文庫で3冊揃えて
誘拐、殺人を一晩で一気に読んだらすごく鬱になった。
でも最近読んだ本の中ではダントツに面白かったな。他作品も読みたい。

30 :名無しのオプ:2005/09/19(月) 04:12:14 ID:i02Bdmsd
サイン会どこでやるんだろう〜
行きたい

31 :名無しのオプ:2005/09/20(火) 20:12:52 ID:KHl1jxJn
>>24
修羅の終わり 個人的にはなんとも評価しにくいw
結末は最後の一行でわかるんだけど、それだと大きな矛盾が発生して
それが(メ欄)とはねぇ。こんなのわかるかーってのw
まぁ3つの物語を単体として考えたら普通におもしろいって感じかな。
ただちょっと(いやかなり)心痛む


32 :名無しのオプ:2005/09/21(水) 01:53:33 ID:KUamHvSk
とりあえず修羅の終りは謎が多い
メル欄は他とどういう関係だったわけ?

33 :名無しのオプ:2005/09/21(水) 13:20:20 ID:48g/Kqwg
>>32
俺はメ@だと思うんだけど・・理由はちょっと弱いけどメA

やっぱちょっと苦しいかな?w 他の方からも意見が聞きたいですねぇ

34 :名無しのオプ:2005/09/21(水) 20:02:35 ID:B0PzHEGT
>>33
自分は読んだときはメ欄かと思ったんけどそうでもないかな?
でも読んだの2年くらい前だし、もう全然覚えてない
そして読み返す気にもなれないw
他のと比べて面白くない割りに鬱だから。殺人もすごい鬱だけど読んでて退屈しなかったし
修羅は読みながら「あーもうやめたいな」とか思ってた

35 :名無しのオプ:2005/09/22(木) 01:22:29 ID:VIWD7Jpj
『悪党たちは千里を走る』、買って来た

36 :名無しのオプ:2005/09/22(木) 03:23:42 ID:jOPCXgUm
こいつ名前からじじいだと思っていたが、若者が・・・

37 :名無しのオブ:2005/09/23(金) 09:06:54 ID:0EmYtpoP
修羅こそが、最高傑作だと思うのですが…(まじに)


38 :名無しのオプ:2005/09/23(金) 09:28:16 ID:ABKol5bK
「悪党たちが千里を走る」
悪くないけど今ひとつでした。やっぱり貫井さんはヘビーなもんを書くべきかと

39 :名無しのオプ:2005/09/24(土) 02:11:39 ID:kacg7c0L
>>37
全部理解できました?
できたなら教えて欲しいです
でもここではネタばれになるからあれだけど・・・
自分はメ欄が知りたいです
よければ
メール欄代わりのネタばれスレッド
http://book3.2ch.net/test/read.cgi/mystery/1037327041/
に書いてください

40 :名無しのオプ:2005/09/24(土) 03:26:02 ID:LzGDmQKj
なんだこいつの作品、くどいんだよ文体が!!!

41 :名無しのオプ:2005/09/24(土) 05:28:41 ID:1Leyo4aC
「修羅」ってやたら冗長で退屈だったという印象しかないな。
それで貫井読むの止めていたんだけれど評判良さげな「殺人症候群」も
読んだ(慟哭はそこそこ面白かったと思う)。
何かこの重いテーマを消化しきれていないという感じがした。
警視庁が扱えない事件を扱う組織?とやらに全くリアリティがなく話を
ぶち壊している。
貫井を読むのはこれが最後かなという気がしている。

最後に解説を書いた有隣堂の奴なんか痛いね。「殺人」に「このミス」で票
が集まらなかったのは「読んでないから」ではないと思う。

42 :名無しのオプ:2005/09/24(土) 07:49:36 ID:/jY/Wnu5
>>警視庁が扱えない事件を扱う組織?とやらに全くリアリティがなく話を
>>ぶち壊している。

症候群シリーズの設定はある意味必殺仕事人のオマージュだろ?
リアリティー無くてもこれはこれでいいような気がするが


43 :名無しのオプ:2005/09/24(土) 10:09:18 ID:vZnotgWV
>32
メ欄じゃないの?

44 :名無しのオプ:2005/09/25(日) 01:18:54 ID:p9I6d01t
私は最初「天使の屍」を読んで、その後「転生」を読みました。
結構面白いと思いました。
この二つは他の作品とは違った感じだと書いてあったんですが、
ぜひチャレンジしてみようと思います!


45 :うさとも:2005/09/25(日) 02:25:39 ID:P5QP4rx+
さよならの代わりに、って面白かったけど、読んだことある人いるかな?

46 :名無しのオプ:2005/09/25(日) 02:54:25 ID:5EkmyI1X
 「殺人〜」はすごい傑作だと思う。それまでの貫井トリックがいろいろと効果的に使われていて(叙述とかね)重いテーマを
扱いつつも、エンターテイメントとして読ませるものだったし。最近では、「追憶のかけら」が良作。

47 :名無しのオプ:2005/09/25(日) 04:30:45 ID:VU7sGNt4
>>43
それだけ?
>>44
天使の屍はけっこうよかったね
3年前くらいに読んだけど内容的に最近の作品だと思ったらけっこう前の作品で驚いた
>>45
自分も好きです。

48 :名無しのオプ:2005/09/25(日) 14:42:55 ID:2HCQU4Pi
修羅はあれだけ話膨らませて、最後あの終わり方では駄作でしょ。
東野の白夜行みたいに、書かれていない事を読者が想像するような感じだけど


49 :名無しのオプ:2005/09/25(日) 14:53:10 ID:+PDf5xR+
>>18
俺はミステリ−初心者だったが速効で仕掛けがわかった。
だからといって「慟哭」が駄作というわけではない。
仕掛けがわかっても、ラストまで一気に読めるこの作品は
間違いなく傑作です。
職場の後輩に貸してやったが、ソイツも直ぐに仕掛けがわかったが
大変楽しめたと言っていたよ。

50 :名無しのオプ:2005/09/26(月) 04:45:21 ID:ukKi/PtW
こいつ、下らん、漢字を使いすぎる。

51 :名無しのオプ:2005/09/26(月) 09:52:00 ID:MHWuOMD6
そうでもない

52 :名無しのオプ:2005/09/27(火) 18:58:47 ID:tSNT7pRm
作品によってやけに難解な漢字使ったりすることもある

53 :名無しのオプ:2005/09/30(金) 20:25:01 ID:pPJHxopl
追憶のかけらよいね

54 :名無しのオプ:2005/10/03(月) 00:59:40 ID:EvivIugU
悪党、読み終わりました。
久しぶりに満足。面白かったと思う。
世の中的には大して話題にはなってないけど。
まあ、いつものことか。


55 :名無しのオプ:2005/10/03(月) 13:01:25 ID:sO2UNKgI
○○症候群3部作読んだ
最後、またやられちゃったよ〜

56 :名無しのオプ:2005/10/07(金) 02:06:39 ID:JfNJ5jvX
愚行録終わったね。
毎回楽しみにしてたんでつまんない。
メル(1)と(2)がアレだなとはすぐわかったけど、
それが(3)だったとは気が付きませんでした。不覚。
最後の1ページにエェェェェエ!と思ってしまいました。。。。

57 :名無しのオプ:2005/10/11(火) 18:15:44 ID:vIjI7CnZ
「修羅」ってメ欄なのでしょうか???

58 :名無しのオプ:2005/10/12(水) 00:16:37 ID:F9i+bpZg
プリズム読み終わった。

本編読了直後
 「は?何この終わり方?犯人は誰なんだよ?」
あとがきを読んで
 「ふざけんなああああ!」
解説を読んで
 「まあ、言われてみればこういうものもアリ…かな?」

結論:評価不能

59 :名無しのオプ:2005/10/15(土) 15:49:59 ID:zZDiWb+L
神のふたつのカオ読みました。面白かったけどなんだかしっくりこないです。読んだ方いらっしゃいますか?

60 :名無しのオプ:2005/10/16(日) 13:29:04 ID:VirwaBbx
読んでますけど

面白かったならいいんじゃないの

61 :名無しのオプ:2005/10/16(日) 23:41:31 ID:DqkMGXN2
「修羅の終わり」読了。なるほど謎のまま終わってる。

62 :名無しのオプ:2005/10/17(月) 08:15:39 ID:1PNmNIm8
しょこたんこと中川翔子が読んでるらしいよ。
殺人症候群

63 :名無しのオプ:2005/10/18(火) 13:34:58 ID:JGYyNxFa
↑正直よまないで欲しい。
あんなオタクに媚びた女・・・・・

64 :名無しのオプ:2005/10/18(火) 22:17:07 ID:db0sOnPN
どういう感想を持つのか逆に気になる。

65 :名無しのオプ:2005/10/19(水) 04:10:20 ID:eQuDSGyN
無駄な漢字を使いすぎ!!!

66 :名無しのオプ:2005/10/19(水) 05:12:37 ID:5ujf0txk
嫌いな人だからって人の作品を読まないでほしいと
言うのはおかしいと思うの。

67 :名無しのオプ:2005/10/19(水) 22:00:23 ID:yEvGjwvF
↑こういう事言う奴、絶対に出てくると思ったぜwww

68 :名無しのオプ:2005/10/19(水) 22:11:34 ID:nUsFJd1P
↑こういう事言う奴、絶対に出てくると思ったぜwww

69 :名無しのオプ:2005/10/20(木) 01:05:07 ID:sbFd61c2
↑同上

70 :名無しのオプ:2005/10/20(木) 16:25:06 ID:/x2WemSo
しょこたん読了

71 :名無しのオプ:2005/10/20(木) 19:14:55 ID:a1oY9Lxj
↑こういう事言う奴、絶対に出てくると思ったぜwww

72 :名無しのオプ:2005/10/21(金) 20:45:32 ID:Fj40cUuB
↑こういう事言う奴、絶対に出てくると思ったにょwww

73 :名無しのオプ:2005/10/23(日) 04:00:25 ID:OeJdZbX3



同じ意見があるようだが、くだらん熟語を使うな!





74 :名無しのオプ:2005/10/23(日) 10:53:55 ID:rFhSCXVh
↑こういう事言う奴、絶対に出てくると思ったナリwww

75 :名無しのオプ:2005/10/23(日) 11:18:57 ID:Jwm7aYIN


76 :名無しのオプ:2005/10/27(木) 00:49:52 ID:FirudL/I


77 :名無しのオプ:2005/10/27(木) 22:25:47 ID:FirudL/I
↑こういう事言う奴、絶対に出てくると思ったブゥwww

78 :名無しのオプ:2005/11/01(火) 22:33:44 ID:G4uwtOLu
明詞シリーズ2冊読んだ。なるほど京極堂だ。
おもしろいんだけど警察ものに較べると何か足りないような気もする。
でも、妖奇の最後は凄かったな。
「続く」になってるけど本当か?
時代設定がいいと思った。今後日清・日露戦争も絡めて書いて欲しい。

79 :名無しのオプ:2005/11/02(水) 23:13:05 ID:74AhQIGy
環のイメージは俺の中では水谷豊

80 :名無しのオプ:2005/11/02(水) 23:14:52 ID:n9ncnxZX
>>78
京極堂に似てはいるけどこのシリーズ俺も結構好きだよ。
時代設定を結構活かしててそこが楽しめる。
できれば続編欲しいよね

81 :名無しのオプ:2005/11/03(木) 00:39:19 ID:3mYwSQDB
明詞とか言ってるのがサクラ大戦みたいだと思った

82 :名無しのオプ:2005/11/04(金) 16:20:07 ID:2dKNDhyc
「失踪〜」「誘拐〜」読まずに「殺人〜」だけ買っちゃった・・・。
やっぱり順番に読むべきですか?

83 :名無しのオプ:2005/11/04(金) 21:31:32 ID:aOHmxriM
失踪、誘拐は入れ替わっても別にいいと思うけど、最後に殺人のほうが良さげ
まぁ単品でも楽しめることは楽しめるけど

84 :名無しのオプ:2005/11/04(金) 22:35:51 ID:ILTdwj9K
殺人だけ読んじまった・・・
しかも殺人が三部作で最高とか聞かされると今更前二作を読む気が起こらないんだが・・・
でもやっぱり読むべき?

85 :名無しのオプ:2005/11/04(金) 22:58:07 ID:3wcPevyR
「迷宮遡行」の空白は何?

86 :名無しのオプ:2005/11/04(金) 23:12:45 ID:7SM5dk/x
>>85
意図してるものらしいが、その意図が全く分からない。

87 :名無しのオプ:2005/11/04(金) 23:44:21 ID:43ARD5+j
>>84
それでも別にいいかと
>>85
p://www.h4.dion.ne.jp/~fukuda/kyu/0012hon2.htm#001213
ここの人が解説してます

88 :名無しのオプ:2005/11/05(土) 11:30:39 ID:vPkoLlsc
「迷宮遡行」読了。
これで文庫化された作品は全部読んだんだけど、今まで一番つまらなかった。

虚無と空洞を抱えた男を描くのは上手いけど、
この主人公・迫水みたいなへっぽこ男を描くのは下手だね。


89 :名無しのオプ:2005/11/22(火) 22:55:47 ID:Z1ROYFLY
825 :読後感 :2005/11/22(火) 22:35:35 ID:c2xEVhJl
「模倣の殺意」中町信(東京創元社)

売れない推理作家が自室で謎の死を遂げた。その死を独自に調査する
ルポライターの男と出版社の女。そして死んだ男に浮かび上がる
盗作の疑惑。何かがおかしい…。貴方はこのトリックを見破れるか?!

いやぁ楽しめたよ。ん十年前にもこんな作品があったんだね!
正直中盤で大体は気付いたけどもう一捻り入ってて感心した。
ただ審査員には受けなかったようで。まあ清張とかだろ?ペッ
でも仁木悦子は好意的だったとか。良いおばちゃんですね。
××者嘘つかない。
それにしても増々「慟哭」が糞に思えてくるな。
あんなの選んだ連中も買った連中も馬鹿ばっか。
こんな優れた先達を差し置いて良くあんなもん書けたよ。

90 :名無しのオプ:2005/11/23(水) 13:44:38 ID:fF5OlRg3
どこのスレか知らんが>>825は品性下劣

91 :名無しのオプ:2005/11/23(水) 19:05:59 ID:inzL9fde
誘拐事件があると慟哭を思い出す

92 :名無しのオプ:2005/12/06(火) 18:03:51 ID:OwLQ2zmd
プリズム読み終わった。






誰か俺に犯人を教えてくれ

93 :名無しのオプ:2005/12/07(水) 14:43:46 ID:8BRH0VTX
慟哭おもしろかったんですけど非情にあとがきが根性ないひとだなと思いました。

94 :名無しのオプ:2005/12/07(水) 19:36:51 ID:xBUp5Yau
( ゚Д゚ )ハァ?

95 :名無しのオプ:2006/01/01(日) 19:01:38 ID:U2FqyAx2
慟哭はS学会に手を出しただけでも評価できるが
(批判もそうだけど、新興宗教をネタにしたお陰で作品に独自の「胡散臭さ」がよく出てた)
ミステリとしてはどうだったんだろうな
でも最後の一行が一番ショックだった

明詞シリーズは確かにまんま京極堂だけど好き
ミステリとしての出来は他の作品に劣るけど、どんどん続編を生み出してほしい

症候群シリーズはすげぇ
特に殺人は文章力がハンパねぇ

未読な時分はもっとポップなイメージを持ってたけど
東野と真保を混ぜてを鬱にした感じだね。面白い

96 :名無しのオプ:2006/01/02(月) 00:26:00 ID:hbqfz34/
慟哭よんでオチにがっかり(いや大分早い段階で読めちゃったからさ)
明詞シリーズよんで京極堂じゃんとがっかり(あれ許されるんですか)

なんか読後感明るいのないですか。文体とかは割りと好みなんで。

97 :名無しのオプ:2006/01/02(月) 03:49:26 ID:RTHvsk3P
>>96
「転生」「さよならの代わりに」などの青春もの

ただ、この人の持ち味は鬱路線なので上記二作品が合わなくてもキニシナイ

ちなみに真相は別として割とあっさりとした読後感では「被害者は誰?」
もあり

98 :名無しのオプ:2006/01/03(火) 12:44:36 ID:p+w1IIBz
明詞シリーズは結構面白くない?
ライトな京極堂という感じで好きなんだが

99 :名無しのオプ:2006/01/05(木) 13:24:20 ID:ehW0SrJT
ライトで読みやすい文体なんだけど
貫井ENDならシリーズの最後にはスオウが死ぬ気がする

100 :名無しのオプ:2006/01/05(木) 20:27:11 ID:ZcEALa6q
2006年1月下旬
『さよならの代わり』 ノベルス落ち
2006年3月
『愚行録』 東京創元社から刊行予定
2006年初夏
『空白の叫び』 小学館から刊行予定

今年は後3・4冊出る予定だそうで(以上、公式より)。

101 :名無しのオプ:2006/01/08(日) 19:43:03 ID:+Ng+rAkx
今年はブラックな終わりにものを読みたいな。
ガチガチの本格でもいいけど

102 :名無しのオプ:2006/01/08(日) 21:51:43 ID:5uF8siaC
失踪症候群か何かの解説で
「作者は謎を物語が転がる手段としてしか捉えていない」
みたいな記述があって、あヽなるほど、と思った

殺人症候群にしても慟哭にしても
ロジカルな部分にクライマックスを持ってこないもんな
かといって松本系の社会派ってわけでもなく

なんでもありなんだな。結構ロックだよ

103 :名無しのオプ:2006/01/09(月) 00:52:25 ID:mihFDuae
岡嶋二人と一緒だって言ってたやつだっけ

104 :名無しのオプ:2006/01/16(月) 03:20:20 ID:3WmklyFY
「悪党達は千里を走る」読了

・・・・!! つまんないようなきが・・・

105 :名無しのオプ:2006/01/16(月) 21:40:04 ID:CEEdNl/s
追憶とさよならの文庫本早くでないかな

106 :名無しのオプ:2006/01/17(火) 00:57:24 ID:wZis167U
>>104
あれはあれでおもしろいけど、あっさり読めすぎるというか、
やっぱり「慟哭」「殺人症候群」「神のふたつの貌」「追憶のかけら」
あたりの読後感の悪さを期待してしまう作家なので、読み終えても
満足感が逆にないんだよな。

107 :名無しのオプ:2006/01/17(火) 21:09:02 ID:P+gW8svl
信じなくてもいいけど…一昨年くらい前、ウェブにのっけた小説のネタを、この人にパクラレタことがある。クトゥルー神話をモチーフにしたやつ。

108 :名無しのオプ:2006/01/17(火) 21:26:58 ID:j7he6cwS
ほうほう>>107
信じるから、まずキミのパクられた小説をどこかにウプ。
で、貫井のどの作品なのか申告しる。

109 :名無しのオプ:2006/01/17(火) 22:27:43 ID:cMF6J2n+
>>106
同感。
もう読まない・・・最悪だ、欝だ、と思っても、
やっぱりこの人には後味の悪さを望んでしまう。
この人の後味の悪さってくせになる。


110 :名無しのオプ:2006/01/23(月) 12:38:18 ID:Nx38s2Vd
「悪党」読んでても、やっぱり最後は子供殺すんだろ?子供殺さなくても
誰か殺すんだろ?ときたいしながら読んだ俺

111 :名無しのオプ:2006/01/23(月) 13:00:56 ID:vlqC3Tbx
>>110
「光と影の誘惑」の1本目みたいな激鬱な話しだったら、嫌だなと思いながらも
期待してしまう嫌なオレ

112 :名無しのオプ:2006/01/24(火) 00:49:57 ID:Cexx1YML
>>107
なんでも音読みかよ、おめでてーな。

113 :名無しのオプ:2006/01/27(金) 17:00:41 ID:9egW05Tg
>>89をみて模倣の殺意読んでみた。
確かに日本の(メル欄)の草分けであり、話しも面白かったけど、
慟哭と比較して特に優れているという気もしなかった。つうか
話自体は慟哭の方がスケール大きいし。結局のところ、
正直先駆者というだけでしかない。そしてそれなら慟哭をくそと
いうほどでもない。

114 :名無しのオプ:2006/01/27(金) 20:01:53 ID:H++JaSmN
今更そのレスに気付いた
本当にわざわざ槍玉にあげなくても、という感じ(89のこと)

連載第一回の「夜想」読みました
メ欄は前にもあった気が…
とはいえサイトメトラー?新手の詐欺?(ネタバレではありません)
などと期待できそう

115 :名無しのオプ:2006/01/28(土) 15:27:44 ID:maOU/CBf
週刊新潮に今週から警察小説?が載ってるよ
短期連載だから3回ぐらいで終るだろうけど
コレいつごろ何の本になるのかしら

116 :名無しのオプ:2006/02/07(火) 19:18:12 ID:3x9Peo9I
ノベルズ版の「さよならの代わりに」を読みました。
最後の「メールを送って欲しい」という頼みはパラドックスでは…?

117 :名無しのオプ:2006/02/09(木) 12:16:44 ID:1zlz1pTu
「迷宮遡行」読了。
30章の空白がすごく気になる。「烙印」読めばわかるのかな?
読んだ人教えてー。

慟哭、プリズム、修羅、迷宮遡行と読んできて、次は何読もうかな。
人気の「症候群シリーズ」か「神のふたつのカオ」か、個人的に気になる「転生」か。
優柔不断な俺に優しい誰かアドバイスをください。

118 :名無しのオプ:2006/02/09(木) 13:27:38 ID:dmNDZgtI
「殺人症候群」は貫井全作品で最高傑作との評価を得てる
そこらへんを留意して
美味いものを先に食べるか後に食べるかは個人の趣味なので
好きなように読み進めていったらいいのではないかと思います

119 :名無しのオプ:2006/02/10(金) 04:36:52 ID:kA9kzoUs
>>118
アドバイスありがとうございます。
自分は好きな食べ物は後に取っておくタチなので、
楽しみの「症候群シリーズ」は後に残して、先ずは「神のふたつのカオ」を読むことにします。
ありがとうございました。

120 :名無しのオプ:2006/02/12(日) 17:42:09 ID:4h1vgpKL
ドラマとか映画化されてる作品とか、その予定とかないんでしょうか?

121 :名無しのオプ:2006/02/19(日) 22:17:54 ID:1bABNqWq
今、気付いたんだが何かしら賞を取った事あるのか?

122 :名無しのオプ:2006/02/21(火) 20:24:01 ID:hPfTBFQa
倉持あぼんしたの?

123 :名無しのオプ:2006/02/21(火) 22:48:02 ID:jy6QTq56
光と影の誘惑の中の「長く孤独な誘拐」が一回ドラマ化してるの見ましたよ!
たまたまテレビ付けて見たら何か聞いた事ある話だなぁって新聞見たら、貫井作品でした!

124 :名無しのオプ:2006/02/26(日) 20:38:08 ID:pb7swr7P
どなたか3月のサイン会行く人いませんかー?
オフ会とかできるといいんだけど。

125 :名無しのオプ:2006/02/26(日) 23:10:08 ID:Sp1V5V2n
え!!3月にどこでサイン会やるんですか??ゼヒ行きたい…

126 :名無しのオプ:2006/02/26(日) 23:20:41 ID:pb7swr7P
>125
スマソ。オフィシャルに載ってたから、みんな知ってると思って場所とか書いてなかった。
3/25吉祥寺です。
「当面これが最後となります。」って言ってるんで、行かねばと思って。
http://www.hi-ho.ne.jp/nukui/newworks.htm

127 :名無しのオプ:2006/02/26(日) 23:40:48 ID:Sp1V5V2n
ありがとうございます!オフィシャルサイト見てみます!
新しい本とか出版されたりするのかな?!

128 :名無しのオプ:2006/02/27(月) 12:48:30 ID:U3BRanLE
>>127
>>126のリンク先に書いてある。
「ミステリーズ!」で連載していたものの単行本化
この人の後味悪い路線好きならドゾー

129 :名無しのオプ:2006/02/27(月) 23:30:38 ID:RLv65Iz1
後味悪いの嫌だと思いつつ好き…w
殺人症侯群のラスト、どっちが生き残ったのかわかりませんでした(´・ω・`)ショボン

130 :名無しのオプ:2006/02/28(火) 00:04:06 ID:qxqAGRTJ
迷宮遡行を内容忘れてたから何年か振りに読んだいいねやっぱり
そりゃあ慟哭、殺人症候群がベスト作品だけど
最近は貫井読んでないんだけど
どんな感じ?

131 :名無しのオプ:2006/02/28(火) 00:22:15 ID:6K/a4iCt
最近、この人の「さよならの代わりに」って本が、本屋に積んであります。
まだ読んだことないんですけど、面白いですか?

132 :名無しのオプ:2006/02/28(火) 14:58:34 ID:yW/ajY3R
>>131
後味さわやかなのはいいとして、あまり…
ネタがばればれだし、他にこれといった魅力がないので

133 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

134 :名無しのオプ:2006/03/01(水) 06:23:32 ID:O6SC/h+b
>>133
てめー殺すぞ・・・

135 :名無しのオプ:2006/03/01(水) 06:50:24 ID:R/q8dcwc
おやおや 穏やかじゃないですな〜。殺すの?ねぇ殺すの?

136 :名無しのオプ:2006/03/01(水) 14:19:50 ID:17tPhZNB
>>133
あーあ・・

137 :名無しのオプ:2006/03/01(水) 16:51:54 ID:NIshxbgb
>>135
ホストにアク禁申請

138 :名無しのオプ:2006/03/02(木) 16:01:01 ID:YD5aWNt6
祐里タン。・゚・(ノД`)・゚・。

139 :名無しのオプ:2006/03/08(水) 22:09:39 ID:W2AQYXcM
貫井ガンガレ


140 :名無しのオプ:2006/03/08(水) 22:26:48 ID:GYWnEYOU

これペンネームか?ジジイみたいな名前は改名しろ!!!ばかものが!!!



141 :名無しのオプ:2006/03/09(木) 13:52:50 ID:4USwWTYV
祐里タンは死なないで欲しかった

142 :名無しのオプ:2006/03/15(水) 20:34:34 ID:Ch+u4+Pb
新刊表紙出来上がりました
ttp://www.tsogen.co.jp/np/detail.do?goods_id=3477
暗黒小説のデザインみたい

ネットで買うとサイン付き
ttp://www.tsogen.co.jp/np/oshirase.do

143 :名無しのオプ:2006/03/16(木) 18:40:43 ID:gwLo4TRy
サイン会が何時からやるのか分かりますか?

144 :名無しのオプ:2006/03/22(水) 20:36:07 ID:aJ0aHxTY
愚行録
「最悪に不快な読後感を残す話を構想しました。」

すげえええええええよみてええええええええええええ

3月、5月、7月って次々に新刊だすのね、お金が追いつかないよ。


145 :名無しのオプ:2006/03/22(水) 22:27:53 ID:GL5zTYdQ
買いたくなかったら
つ図書館
後味悪い作品好きなら読んでみるべきだと思う
連載に目を通していたけど出来の良い方だから

146 :名無しのオプ:2006/03/23(木) 18:26:46 ID:GsJvVmfm
>>116
どゆこと?
kwsk

147 :名無しのオプ:2006/03/25(土) 09:03:11 ID:LUsw+Q9H
今日サイン会行こうと思ったのに
今更、予約制だということを知った。

行けないじゃないかー('A`)

148 :名無しのオプ:2006/03/25(土) 13:14:15 ID:AmCsplNl
もう売ってるんだ
本屋行ってみよう

149 :名無しのオプ:2006/03/26(日) 03:22:54 ID:7uYzMI+1
愚行録、良いです。
最初チョットとっつきにくかったけど、
読むうちに引き込まれた。
もちろん、最後にビックリさせてくれるし。
本人が言ってるように後味サイアクだし、
この作家の魅力が十二分に発揮されているって感じ。

150 :名無しのオプ:2006/03/26(日) 18:59:40 ID:WAlYjP1J
失跡症候群、誘拐症候群って、ラストはわりとあっさりしてますね。
ハッピーエンドな結末。
あの人も軽めのキャラとして描かれている。

ところが殺人症候群‥
テーマが重過ぎる。
内容も陰惨ていうか目を背けたくなるような描写が多い。
そして衝撃の結末。

神のふたつの貌をしのぐ最高傑作だと思いますけどね。

151 :名無しのオプ:2006/03/26(日) 20:22:34 ID:3T7ztgvO
>150
このシリーズ3部作は名作
特に殺人はね
貫井ここにありって感じだね

152 :名無しのオプ:2006/03/27(月) 02:50:52 ID:QjZaMx0c
あの時代物シリーズのやつって許されるの?
京極堂のモロパクリじゃん!って思いつつ読んだからか、ぜんぜんストーリー頭に入ってない。
慟哭やら症候群シリーズはすごいと思ったのに、あれ読んでへこんだ。
京極ファンが読んだからいけないのか、貫井ファンはパクリだと思わないのか、貫井徳郎本人は何のために書いたのか、そこんとこどうなの?


153 :名無しのオプ:2006/03/27(月) 11:37:30 ID:Zh02NnLg
それも似てるけど、どの作品も初読なのに
昔読んだ事あるようなオリジナルって気がしない。
東野っぽい。

154 :名無しのオプ:2006/03/27(月) 19:16:02 ID:Bzq1O7x8
愚行録はある意味学歴コンプレックスの人だとかなり苛々するかも…

155 :名無しのオプ:2006/03/27(月) 19:35:22 ID:uSOBcDfk
>152
別に京極に似てるとは思わないけど
京極はその本の推薦文も装丁もしてるし何ら問題ない

156 :名無しのオプ:2006/03/27(月) 22:11:59 ID:Huscq7rB
そういえば「崩れる」でも装丁していたけど仲良いのだろうか
(既出事項ならスマソ)
>>154
ああいう(メ欄)学歴の人は苛々しそう。
貫井徳郎らしい特徴が出てる分ちょっと嫌味も入ってる感じだし

157 :名無しのオプ:2006/03/27(月) 23:22:08 ID:3AbAaBVU
症候群3部作は順番に読んだほうが絶対面白いよ

158 :名無しのオプ:2006/03/27(月) 23:54:17 ID:zpoUZva0
てか「愚行録」呼んでから折り返しの先生の経歴見て笑った。

159 :名無しのオプ:2006/03/28(火) 18:58:16 ID:aosmAktg
読んだ人に聞くけど、「愚行録」は慟哭を超えるような作品なの?
出版社が同じだとはいえ、もういい加減、売り出し文句に慟哭を
使わないで欲しいよ。
慟哭は売れたけど、それ以外は売れてないって事は結局、慟哭読者には
あまり受け入れられなかったってことでしょ。

160 :名無しのオプ:2006/03/28(火) 21:27:31 ID:vJp81f1A
>>159
この出版社で、鳴り物入りでデビューしたからね。
東京創元で、他に売れたのがあるなら、それをコピーに使えるけど、
さよならは幻冬舎だし、悪党は光文社、殺人は双葉社だし。

仕方ないと思え、っていうかこういう事情ぐらいわかろうよ。
っていうか、これって釣られてる?

161 :名無しのオプ:2006/03/28(火) 22:02:56 ID:aosmAktg
別に釣ってるつもりも無いけど、出版社関係なく、その「さよなら」の時も
もうひとつ前の作品にも「慟哭」の事を書いてたから。


162 :名無しのオプ:2006/03/28(火) 22:52:18 ID:F/0vuvHw
>>159
『慟哭』を越えるかどうかは分からないが、愚行録は結構良い作品だと思うよ。
それから貫井は結構売れっ子だよ。『慟哭』が異常に売れたからそれが目立ってるだけ。
創元推理文庫の歴代作品の中でで最も売れてるんだから仕方がないでしょう。

163 :名無しのオプ:2006/03/29(水) 00:22:58 ID:TN5/e2hu
>>出版社が同じだとはいえ、もういい加減、
>>売り出し文句に売り出し文句に慟哭を使わないで欲しいよ。
kwsk
帯には書いてなかったけど

164 :名無しのオプ:2006/03/29(水) 14:08:55 ID:pFBE0C4s
「転生」の話って東野の「変身」に似てない?
脳移植が心臓移植に変わっただけで。

165 :名無しのオプ:2006/03/29(水) 19:34:54 ID:mm5ru7G6
「慟哭」って何万部出たんだろう?
あれは売れたというより、(無理矢理)売ったという感じじゃないかな?

(ブームが)他の作品に波及しなかったところを見ると「面白くなかった」
と感じた人が多かったんじゃない?

166 :名無しのオプ:2006/03/29(水) 21:11:16 ID:KGey0+zB
あの〜、慟哭がつまらないと思うならミステリーに向かないと思う。
間違いなく名作だと思うよ。
どうして慟哭にケチつけるかなぁ。

167 :名無しのオプ:2006/03/29(水) 22:13:04 ID:UR4NS6em
人を描かないことで成立するトリックだから
嫌う人がいても当然だと思うんだが…

168 :名無しのオプ:2006/03/30(木) 00:21:43 ID:EC+dhtSI
>167
嫌いならこのスレに来なければいいでしょう
いちいちつまらないとかの批評はいらないしね

169 :名無しのオプ:2006/03/30(木) 01:07:36 ID:ZehqTD7D
>>165
確か58万部だったかな。今はもうちょい増えてるかも。
>>166
○○トリックの作品に慣れてると容易に見抜けてしまうという問題点はあるよね。

170 :名無しのオプ:2006/03/30(木) 01:38:47 ID:il83gvus
>>166
あんなふうに書く意味が読者に対する引っ掛けでしかない、と感じる人はいると思う。
>あの〜、慟哭がつまらないと思うならミステリーに向かないと思う。
はさすがに狭いミステリの読み方だと思われ。

171 :名無しのオプ:2006/03/30(木) 21:47:12 ID:hrGDjLa3
5,7月にも新作出すらしいが、愚行録を含めその三冊で
直木賞や「このミス」の上位に食い込むような作品は
あるのだろうか? 
また俺たちのようなコアなファンだけが読むだけか

172 :名無しのオプ:2006/03/30(木) 22:23:24 ID:VwQHb+yf
「殺人症候群」のときもこのミス読者は食いつかなかったみたいだから
(文庫解説より)あり得るかも

173 :名無しのオプ:2006/03/31(金) 00:08:27 ID:EC+dhtSI
『追憶のかけら』読みました
面白かったですよ
読んでない方はぜひ!
貫井ファンなら読むべき

174 :名無しのオプ:2006/04/02(日) 23:51:41 ID:3fyhoXEP
貫井最高あげ

175 :名無しのオプ:2006/04/03(月) 00:58:40 ID:/YMKGs12
サイン本とどいた嬉しいYOあげ

176 :名無しのオプ:2006/04/03(月) 01:18:07 ID:sV5jxr6X
>175
大切にしろよオメ!

177 :名無しのオプ:2006/04/03(月) 16:56:15 ID:ItAL1FYr
「さよならの代わり」に読んだ…泣いた・゚・(ノД`)・゚・。

なんか、ホント祐理は死ななくてもよかったと思ったよ。
劇団のメンバーもかなり好きだし…。未来の祐里に和希が会える話を続編として買いて欲しいなぁ〜。
むりなお願いだけど…。

それはそうと、身に着けてるものまでタイムスリップするなら、和希をつかんどけば、
一緒にスリップできるんじゃないのかな?

178 :名無しのオプ:2006/04/03(月) 19:32:28 ID:10dX0vgq
ネタバレしちゃうやつは

179 :名無しのオプ:2006/04/03(月) 19:42:21 ID:ItAL1FYr
>>178
すまなかった…読んだ後のあまりの切なさに書いてしまった。

今は反省している。

180 :名無しのオプ:2006/04/03(月) 21:11:16 ID:BADLa5NR
>>177
・゚・(ノД`)・゚・。
週末、新作と一緒にアマゾンで予約したばっかりだったのにー

181 :祐里が死ぬ:2006/04/03(月) 21:33:18 ID:ItAL1FYr
>>180
自分でばらしてて言うのもなんだが、読む前から、メ欄なんだろうなって思ってた。
それでも、読んだ後泣いた・゚・(ノД`)・゚・。

むしろ、知ってたからこそ、やっぱり…って感じで泣いた・゚・(ノД`)・゚・。

182 :名無しのオプ:2006/04/03(月) 22:59:26 ID:/QhfyGWJ
愚行録期待はずれだった。
同じような構成のグロテスクや理由と比べると数段落ちる。
K大の描写もまんまグロテスクの劣化コピー。
どうした貫井。

183 :名無しのオプ:2006/04/04(火) 00:15:35 ID:nq4Opzn0
>>181
大変申し訳ないことをした。今は猛反省している。

184 :名無しのオプ:2006/04/04(火) 02:21:28 ID:aR7/5O3C
あーあ、もう「さよならのかわりに」が読めない。
マジでネタバレしたカスは死んでくれ

185 :名無しのオプ:2006/04/04(火) 09:03:05 ID:wQcwq/WQ
>>184
俺も友達にネタバレされた事がある。
とりあえず、そいつ殴ったあと読んでみたら、ネタ知ってても普通に面白かった!
読まない方が損!!

186 :名無しのオプ:2006/04/04(火) 20:39:11 ID:fcJFiAgX
何この流れ

187 :名無しのオプ:2006/04/06(木) 01:18:27 ID:TgACjhmo
去年の夏のサイン会でぬくちゃんと写真撮ったのに、その写真が行方不明…。
あああああああ。
優しかったなぁ〜

188 :名無しのオプ:2006/04/06(木) 19:59:02 ID:egvyj090
萩村祐里の成分解析結果 :

萩村祐里の45%は乙女心で出来ています。
萩村祐里の38%は純金で出来ています。
萩村祐里の9%は魂の炎で出来ています。
萩村祐里の6%は元気玉で出来ています。
萩村祐里の1%は夢で出来ています。
萩村祐里の1%は怨念で出来ています。

189 :名無しのオプ:2006/04/07(金) 00:28:12 ID:eGrWcekT
祐里は好きだけど主人公がむかつく
頼りにならなさ過ぎるし疑い過ぎるし アホかこいつはと思った

190 :名無しのオプ:2006/04/07(金) 08:23:25 ID:1lTCh2Vu
>>189

そうか?あんなもんで普通じゃないか?変にすぐ信じる方が
おかしくないか?ただ、メ欄だけは気づけよ!って思った

191 :名無しのオプ:2006/04/07(金) 11:49:26 ID:eGrWcekT
主人公がもっと頭が良ければハッピーエンドになってた気がするが

192 :名無しのオプ:2006/04/07(金) 12:45:15 ID:1lTCh2Vu
これから、貫井先生に「さよなら〜」続編希望の熱いメールを送ってきますノシ

193 :名無しのオプ:2006/04/08(土) 09:41:49 ID:Nhp+uPSX
>>191
同意 俺なら救える

194 :名無しのオプ:2006/04/08(土) 23:20:01 ID:eSYVugeJ
「愚行録」読後感最悪っていうか、作品そのものが最悪に近いぐらいくだらなかった。
そもそもインタビュー形式の、一人称の語り口がどれもこれも稚拙で、
読みにくい。貫井さん、女性心理語るの下手すぎ。
しかも被害者の環境、そんな羨ましくないし。

195 :名無しのオプ:2006/04/13(木) 00:52:19 ID:bP6aGz9s
ttp://shop.kodansha.jp/bc/books/kpb/#bunko
「被害者は誰?」文庫化
>>194
>>被害者の環境、そんな羨ましくないし
ヒント:隣の芝生は青い

196 :名無しのオプ:2006/04/14(金) 22:22:26 ID:I/8ubRM5
『愚行録』よくできてると思う。とくに女性の描写が秀逸。
高偏差値+勝ち組女の「そこはかとなくイヤーな感じ」がよく出ている。
皇室でいえば、紀子妃に感じる「いやらしさ」。
これを文章で描写するのはなかなか難しいと思うよ。

197 :名無しのオプ:2006/04/15(土) 00:10:30 ID:BYAM7YLL
>>196
サーヤ、2ちゃんなんかしてないで家事をしなさい

198 :名無しのオプ:2006/04/15(土) 00:39:56 ID:EcBx4bIf
むしろ鬼女板の人間ではw

被害者〜はノベルスで買った人が多いのか?

199 :名無しのオプ:2006/04/16(日) 16:06:05 ID:QrAlsjg9
愚高禄、本屋で大々的に売ってたけどイマイチなん?

200 :名無しのオプ:2006/04/17(月) 17:35:42 ID:HEGuEW38
俺は好きだよ。かなり。

201 :名無しのオプ:2006/04/20(木) 00:10:59 ID:R5apJUsz
これから愚行録読むんだけど・・・・というか読み始め
公式サイトで「最悪に不快な読後感を残す話を構想しました。」と書いてあったのをみてちょっと気が重い・・・

202 :名無しのオプ:2006/04/20(木) 00:53:59 ID:3QhuwFWm
>>201
まあ、ガンガレ
情に訴えかけてくるような締め方にしてないから
後に引き摺らないと思う。

203 :名無しのオプ:2006/04/20(木) 23:38:53 ID:NhQ7NYgP
「愚行録」
今日図書館で借りてきて今さっき読了しました。
私的には結構面白かったです。
(ちなみに「慟哭」がだいすきな私…)
言われてるほど悪い読後感じゃなかったですけどね。
それを言うならびっくり館のが最悪でした…ついでに暗黒館も。

204 :名無しのオプ:2006/04/21(金) 18:02:04 ID:1xd+5vlZ
貫井の他の作品と比較するなら判るけど
何で作風の違う他作家の綾辻と比較するの?


205 :名無しのオプ:2006/04/22(土) 08:34:11 ID:h3KKOWtg
読後感と作品の出来の悪さを一緒くたにすんなw

206 :名無しのオプ:2006/04/23(日) 15:15:57 ID:2sHOvmWe
プリズム読み終わったー
はじめは文体が気色悪かったけどぐいぐい読み進められた
そんで結局犯人誰やよ

207 :名無しのオプ:2006/04/25(火) 22:08:57 ID:RnYqjjSI
愚行録読み終わった
なんかどの人間の言い分聞いてもむかついた
とくに(メ欄1)こういう女いる。
なんかイライラしすぎて事件そのもののことをあまり考えていなかったせいで
(メ欄2)を見抜けなかったことを深く恥じるわ

208 :名無しのオプ:2006/04/27(木) 22:12:26 ID:JHhniGIm
「愚行録」読了
後味の悪さを期待してたけど感じることはなかった。
作品自体がただただ平坦で、たいした驚きもなく、寧ろ出来自体に後味の悪さを感じた。

「慟哭」以来の衝撃 ってあったから過度に期待しすぎたか・・・。

209 :名無しのオプ:2006/04/30(日) 23:23:54 ID:pX7tlvQv
愚行録、今日の産経新聞で紹介されてたけど
かなりネタバレ臭い書評だった。あんなのいいの?

210 :名無しのオプ:2006/05/01(月) 03:51:15 ID:HlrESJl0
俺も見た。アクロイドと同じとか行っちゃ駄目だろw

211 :名無しのオプ:2006/05/01(月) 08:01:08 ID:/nLsJG0b
そうそう。アクロイドのネタバレにもなってるしw

212 :名無しのオプ:2006/05/01(月) 18:26:06 ID:XodwMhs/
愚行録呼んだけど貫井さんどうしちゃったのよ…って感じだった。


213 :名無しのオプ:2006/05/01(月) 20:15:00 ID:ANBrqtsh
ちょw
アクロイドと同じなの?w
まだ読んでねぇよw

214 :名無しのオプ:2006/05/01(月) 20:15:53 ID:ANBrqtsh
読んでないのは愚行録の方ね、念のため
GWにでも読もうと思ってたが、後回しにするか

215 :名無しのオプ:2006/05/01(月) 21:45:26 ID:0H2Y2wTR
ストックホルムの埋み火は良かったなぁ

216 :名無しのオプ:2006/05/02(火) 15:32:40 ID:WVChKTEh
>>213
違う。

217 :名無しのオプ:2006/05/03(水) 09:51:03 ID:929irS3T
兄夫婦が長男を殺して〜、という短編が貫井節たっぷりで
好きなんですが、単行本とか文庫に収録されてる?

218 :名無しのオプ:2006/05/04(木) 11:35:12 ID:fleTK5Hp
修羅の終わり、読み終わりました。
一応ネタバレかもしれないです。

いろいろ悩まされる本なのでググっていたら度肝を抜かれるような事を書いてるブログを発見。
いくらなんでもこの間違いはどうなのか・・・↓

**********************************

斉藤拓也の生まれ変わりが記憶喪失になった学生の真木で
鷲尾の生まれ変わりが久我って事???
で いいのかなぁ。。。
だれか正確な答えを教えて〜〜〜

**********************************

そんな・・・全く読めて無いじゃん・・・orz
年代は?

219 :名無しのオプ:2006/05/08(月) 14:58:18 ID:xVLEJEy2
某携帯オークションにて。「貫井」で検索したら三件出てきた。
その内の一件…
『今売れてます!貫井徳郎の「衝突」』








(д)  ゜゜

220 :名無しのオプ:2006/05/08(月) 19:58:33 ID:iQSx0p0H
>>217
多分メール欄に収録されてる作品だと思う
違ってたらスマソ

221 :名無しのオプ:2006/05/10(水) 01:43:35 ID:a3HDZEFz
俺の脳内にも恵里子が出てきてくれないかしら? ('A`)

222 :名無しのオプ:2006/05/14(日) 19:52:46 ID:/xJ8YiWb
最近『殺人症候群』を読んだよ。
個人的にはこれが最高傑作と思う。
愚行録もなかなかだったけど、たぶんもう読まないだろうな。
『被害者は誰?』 の軽さにはちょいとがっかり。
この作者に求めているのは、やっぱり後味の悪さなんだろうな(笑)
新刊の発売が待ち遠しい …… 。

223 :名無しのオプ:2006/05/14(日) 21:17:59 ID:M26rC496
いくつかの作家スレで初心者に対して、これだけは読めって事で代表作が
挙げられるが、まぁ宮部だと火車とか理由、東野だと悪意、白夜行かな、
他にもいろいろあり、挙げられた作家の傑作は俺もどれも好きなんだが、
唯一、貫井の殺人症候群だけは駄目だ。

東野スレで「白夜行、言われてるほど面白くなかった」なんてレスがあると
好きな俺は心の中で「え〜〜〜!?」って感じなんだが、殺人症候群を好きな人が
俺のこのレスを読むと「え〜〜〜!?」なんだろうなぁ。


224 :名無しのオプ:2006/05/14(日) 23:16:12 ID:3wCfkIfg
「さよならの代わり」にが好きな俺はダメ男ですか?

225 :名無しのオプ:2006/05/15(月) 11:29:43 ID:DE3dNS1E
ttp://shop.kodansha.jp/bc2_bc/search_view.jsp?b=2754061&x=B
「被害者は誰?」文庫化
近日発売ということは延期になったんだろうか?

軽い作品だけどネタの趣向が好き>>被害者〜

226 :名無しのオプ:2006/05/15(月) 21:22:00 ID:9hAzI8XB
>>224
私も好きです。さわやかだった
天使の屍とかも好き
慟哭も症候群も好きだけど
苦手なのは修羅

227 :名無しのオプ:2006/05/17(水) 10:42:53 ID:6qd1IQAh
プリズムを読むと何となく後味が悪い

228 :名無しのオプ:2006/05/18(木) 08:15:51 ID:VxoIeUrl
>>225
もう出てたよ。

「気分は名探偵」ってアンソロ読んだけどなかなか貫井作品良かったよ。

229 :名無しのオプ:2006/05/19(金) 02:17:12 ID:wCAxopJh
気分は名探偵購入しました。
麻耶よりも楽しくてびっくり。貫井さんは名前しか聞いたことがなかったので本を買ってみようと思います。
それにしても有栖川は。。。orz

230 :名無しのオプ:2006/05/25(木) 13:16:49 ID:ud9iHRMY
「愚行録」読んだ。
「死んだ人を悪くは言えないけどむにゃむにゃ」っていう語り口が
自分は面白かったけど、
リアルっていうよりはマンガ読んでるみたいだった。
特に慶応大学の描写とか、お嬢様の描き方とか。
最後のメ欄はきっちり後味悪かったです。

231 :230:2006/05/25(木) 13:18:44 ID:ud9iHRMY
メ欄消えてた

232 :名無しのオプ:2006/05/25(木) 20:33:34 ID:qvMxTNPZ
「修羅の終わり」読んだ。
オチさえ良ければ「殺人症候群」並の傑作になれたのに惜しいぜ。

233 :名無しのオプ:2006/05/27(土) 21:53:07 ID:JeJwywMe
>>219
吹いたwww

234 :名無しのオプ:2006/05/27(土) 23:37:06 ID:aSDiDn2t
「蝶番の問題」面白かった。一般読者を楽しませてやろう驚かせてやろう
という、ノリノリのサービス精神が伝わってきて、立ち読みしながら
背中がくすぐったくなった。
「鬼流殺生祭」が良かったので「妖気切断譜」を読んだけど
グロ場面が気持ち悪過ぎた。。朱芳があんまり出てこないのも
物足りなかった。
次、愚行録、行く予定。

235 :名無しのオプ:2006/05/28(日) 17:29:29 ID:QxtfM8Bn
愚行録読了
うーん、サラッと読み終ってしまって何も残らなかった。
猟気的な殺人が起きて、どう犯人の内面を描写するのかなって期待してたら、何だか肩透かしを喰らった気分です。
あの手の女性描写は桐野夏生の十八番だし、帯のコピーで過剰に期待しちゃったかな。
あと、本の紙質が妙にぶ厚いのが気になった。

236 :名無しのオプ:2006/05/28(日) 20:22:51 ID:2gCVGVrn
桐野夏生までゆくと生々しすぎて読後鬱になる…

そういえばアンソロジーで2ch見てると言ってたけれど
ここも見てるんだろうか。
「被害者〜」に「連鎖する数字」入ってなくて残念でした(´・ω・`)

237 :名無しのオプ:2006/06/01(木) 21:14:53 ID:v5pl2XGK
愚行録読んだ。
この前に「理由」を読んでいた為、ついついあれと比較してしまい
読む順番間違えたかなって感じ。

あと、俺氷川台在住なのだが、作中でいろいろ氷川台の風景描写が出てきたのは嬉しいのだが、
基本的に寂れて、田向夫妻のようなエリートが一戸建ての家買うような街じゃないよ。
取材で来たのかもしれないけど、住むような街に見えたのかな?
同じ練馬区の石神井や大泉にすればよかったのに。

238 :唐沢:2006/06/02(金) 16:47:54 ID:JZDZsXyY
症候群シリーズのファンです。
個人的に環さんは佐藤浩市のイメージなんですが、どうですか?

239 :名無しのオプ:2006/06/02(金) 18:01:42 ID:B6VW5WHt
環=名高達郎だろ

240 :名無しのオプ:2006/06/02(金) 21:15:58 ID:WKTNmRoh
年齢が…

241 :名無しのオプ:2006/06/03(土) 21:49:45 ID:80TUGaPk
こいつ奇天烈な形容詞使いすぎ、三島のマネはよせ!!!
所詮、エンタメごときが・・・


242 :名無しのオプ:2006/06/03(土) 22:25:00 ID:4CaYIuLq
三島はもう少しねちっこい。

243 :名無しのオプ:2006/06/10(土) 06:47:32 ID:rUk+ZjVF
吉祥院と桂島のやつをシリーズ化して欲しい

244 :名無しのオプ:2006/06/10(土) 09:43:37 ID:oQWAupN/
おぃおぃ

環=渡哲也

だろ?

245 :名無しのオプ:2006/06/10(土) 17:03:01 ID:BfhgKTpq
>>243
シリーズだってば。

246 :名無しのオプ:2006/06/10(土) 21:33:01 ID:z9TG7JK8
環=みのもんた、でFA

247 :名無しのオプ:2006/06/11(日) 02:42:36 ID:0VKQIVPK
>>245
もう今連載してないっしょ?

248 :名無しのオプ:2006/06/11(日) 04:08:03 ID:lQuin+ZP
警察小説短編集で読んだ「ストックホルム〜」
最後にあのオチは思わず笑ってしまったが、やっぱり書かずにはいられなかった
んだろうなw


249 :唐沢:2006/06/18(日) 23:38:42 ID:NF3uu4hB
貫井作品って映像化ムリかな

250 :名無しのオプ:2006/06/19(月) 10:54:23 ID:0gu/mlc+
>>249
「長く孤独な誘拐」は映像化されてる
ttp://www.qzc.co.jp/DORAMA_CGI/DORAMA1.EXE?RECNUM=35136

251 :名無しのオプ:2006/06/21(水) 11:55:31 ID:XiinJo+/
「さよならの代わりに」を映像化したらいいと思うが…。祐里役は誰がいいかな?

252 :名無しのオプ:2006/07/01(土) 09:49:43 ID:i8GWKt2E
愚行録が王様のブランチで紹介されてた

253 :名無しのオプ:2006/07/01(土) 12:11:22 ID:oJsTlQ17
貫井さんの顔、初めてみますた。
結構かこいいのな。

254 :名無しのオプ:2006/07/03(月) 06:30:21 ID:fb+GYY0X
直木賞候補か…

255 :名無しのオプ:2006/07/03(月) 10:48:49 ID:VbMJ3e3o
本当だ…
ttp://www.asahi.com/culture/update/0703/001.html
でもラインナップからして三浦しをんor森絵都あたりが取りそう。

256 :名無しのオプ:2006/07/03(月) 20:47:08 ID:2HBMiGSv
貫井さん、ちゃんと評価されてるんだ

257 :名無しのオプ:2006/07/03(月) 21:09:02 ID:ZrXbNlx7
東野圭吾を落とし続けてきた渡辺淳一が愚行録にどういうコメントをつけるか大いに楽しみだ

258 :名無しのオプ:2006/07/03(月) 21:10:03 ID:ZrXbNlx7
エロジジイのことだから森エトなんだろうなあ

259 :名無しのオプ:2006/07/04(火) 18:49:02 ID:RZaYS3Rn
つうか、じじいは砂漠も愚行もミステリ要素が邪魔と的外れななんくせつけそう

260 :名無しのオプ:2006/07/04(火) 20:17:40 ID:wQSngkYC
あんな下手糞な文章で直木賞候補とはいい時代だ

261 :名無しのオプ:2006/07/05(水) 00:27:58 ID:ueKSnZP1
あんな下手糞な文章で直木賞審査員とはいい時代(ry

262 :名無しのオプ:2006/07/05(水) 20:40:46 ID:M7k+BylU
【第135回直木賞候補作】
伊坂幸太郎「砂漠」(実業之日本社)
宇月原晴明「安徳天皇漂海記」(中央公論新社)
古処誠二「遮断」(新潮社)
貫井徳郎「愚行録」(東京創元社)
三浦しをん「まほろ駅前多田便利軒」(文芸春秋)
森絵都「風に舞いあがるビニールシート」(文芸春秋)


263 :名無しのオプ:2006/07/05(水) 23:33:56 ID:aIlZpvzL
愚行録、連載で読んでいて結構はまった。
単行本になって、加筆はありますか?
もしあれば本も読もうと思うんですが。

264 :名無しのオプ:2006/07/06(木) 01:35:51 ID:sKvj/56A
むしろオヌシが教えてくれ

265 :名無しのオプ:2006/07/08(土) 06:24:08 ID:P5QBcroe
いま愚行録読みおわりました。
ここじゃ評価いまいちだけどかなり面白かった。恩田陸のQ&Aっぽいと思ったけど全然愚行録の方が面白かった。私の中ではプリズムと同率一位

266 :名無しのオプ:2006/07/08(土) 07:05:51 ID:wMQf4O8y
「愚行録」って単品で読んでも大丈夫?
貫井作品は「慟哭」しか読んだことないんだけど
事前に予習とかしなくてもOKですかね。

267 :名無しのオプ:2006/07/08(土) 09:03:23 ID:nUIeC1Va
全然OK

268 :名無しのオプ:2006/07/08(土) 10:29:59 ID:wMQf4O8y
>>267
ありがとう

269 :名無しのオプ:2006/07/09(日) 14:08:26 ID:u7gv5qdo
殺人のラストは、個人的にははっきり書いちゃって欲しかったなあ

270 :名無しのオプ:2006/07/09(日) 14:19:18 ID:u7gv5qdo
ageちゃった
すみません

271 :名無しのオプ:2006/07/09(日) 21:43:47 ID:5mmBq1na
逢坂剛、佐々木譲、柴田よしき、戸梶圭太、貫井、横山秀夫の
「決断 警察小説競作」読んだけど、
佐々木譲の作品が凄い読後感悪く貫井っぽいんだが、
肝心の貫井のは有り触れた小説で他と比べて劣ってる感じ。
しかも貫井のテーマが、次の横山の作品内で否定されてるしw


272 :名無しのオプ:2006/07/10(月) 23:12:30 ID:u2Ialkn1
症候群シリーズとか慟哭みたいな貫井の作品がまた読みたい

273 :名無しのオプ:2006/07/11(火) 23:21:07 ID:/n/dLdLR
>>272 俺も。

274 :名無しのオプ:2006/07/12(水) 23:40:24 ID:eCt0yRPw
同じく

275 :名無しのオプ:2006/07/13(木) 03:23:49 ID:y/0/mxiJ
吉祥院のやつが最高

276 :名無しのオプ:2006/07/13(木) 09:02:57 ID:jaqMaEDR
>>260
>>271
何をそんなに嫉妬してんの?

277 :名無しのオプ:2006/07/13(木) 20:24:51 ID:X0qaj6yU
直木賞落選m9(^Д^)プギャ――――!!!!

278 :名無しのオプ:2006/07/13(木) 21:01:02 ID:usu9vEjs
誰も取れるとは思わんだろ。


279 :名無しのオプ:2006/07/13(木) 21:21:01 ID:Aw6IDEos
なんでアレで候補になっちゃったかがフシギ。
おいおい、そこ古川日出男が入るとこ、ぐらいのw

次はもっと重厚な本格を出してくれるといいなあ。

280 :名無しのオプ:2006/07/14(金) 11:46:38 ID:WEES6P6G
本格読者は偏狭だな
怖いよ

281 :名無しのオプ:2006/07/15(土) 22:02:36 ID:cMA8kkE6
でもまあ、東野の次が貫井だったら、なんかふに落ちないよね。

282 :名無しのオプ:2006/07/18(火) 08:02:29 ID:faq58iur
追憶のかけら読んだ
読後感良くて結構好きな作品だ
ちょっとメル欄だったけど


283 :名無しのオプ:2006/07/20(木) 13:50:06 ID:aLHHNo36
さよならの代わりに

なんかの二番煎じみたいな話だな。(例 ト○オ)
おまけにいつもとタッチが違い文章からしてわざと青臭くしてる印象。
どちらかと言えばこれ駄作か?

284 :名無しのオプ:2006/07/20(木) 17:28:51 ID:1JoHZ2vX
>>276
自分が好きなモノに否定的な評価をくだす人間は「嫉妬」扱いですか。
狭量ですね。

285 :名無しのオプ:2006/07/21(金) 11:38:59 ID:bOA/DqSm
明詞シリーズを早よ書いてくれ

286 :名無しのオプ:2006/07/26(水) 16:23:50 ID:2pdUvyKz
明詞シリーズは、次回作の構想が出来てるけど
出版社からの依頼が無いので、書かないって
貫井徳郎症候群に書いてあったよ。


287 :名無しのオプ:2006/07/26(水) 19:41:20 ID:aaOiwsC9
みょんどん?

288 :名無しのオプ:2006/07/27(木) 01:13:05 ID:0qY617Lr
>>286
なんで依頼しないのよ〜>出版社
「切断譜」の最後の引きが気になってるのに・・・

そういう人が少ないってことなんですかねぇ。

289 :名無しのオプ:2006/07/28(金) 06:57:59 ID:BoLSzsIX
>>260
貫井、文章は上手い方だと思うけれど。

今、修羅の終わりを読んでるんだけれど、鷲尾が、全然理解できん。
こういう思考回路ってありなのか。

290 :名無しのオプ:2006/08/07(月) 22:32:15 ID:LXcu4kUz



こいつくだらん形容詞ばかり使いよってからに・・・低脳を隠そうとするな!!!





291 :名無しのオプ:2006/08/07(月) 22:56:20 ID:j0spTIa7
>>283
それが貫井初体験だったワタシは素直によいと思ったが、
ここで過去作の評判を聞いていると、ギャップ(?)のようなものを感じておもしろい。
で、次に被害者は誰?を読んで、またアレーって感じ。

292 :名無しのオプ:2006/08/14(月) 17:49:43 ID:2qIZLc95
鬼流殺生祭り  読了(5冊目)

文章は、巧いし『読ませ』はするだけど・・・・・・。

既視感が凄いんだよね。
もう少し、オリジナリティーを加味してもいいじゃない?
手垢付き捲りだと思う。

293 :名無しのオプ:2006/08/15(火) 06:27:07 ID:aNUUcgNr
>>255
君すごいな

294 :名無しのオプ:2006/08/24(木) 22:59:45 ID:polNV3Fy
プリズム読了
なんざゃこりゃあああ
おもすろかった
慟哭とこれしか読んだことないけど慟哭より好きかも

295 :名無しのオプ:2006/08/25(金) 11:05:03 ID:ZI77ixuL
新刊「空白の叫び」上下巻、書店に並んでた。

296 :名無しのオプ:2006/08/25(金) 17:04:36 ID:qV/p5eaW
久しぶりに本人のサイト行ったら新装してる…

297 :名無しのオプ:2006/08/25(金) 18:33:42 ID:cKKyHWSI
愚行録が柴田賞受賞する夢みた

298 :名無しのオプ:2006/08/25(金) 21:06:42 ID:aOJKA92y
オリジナリティの無い作家だということが、よく解った。

299 :名無しのオプ:2006/08/25(金) 21:13:54 ID:pguX1p5F
>>283
俺もそう思うな。
青臭くて読んでいて恥ずかしくなる箇所とかあるね。
貫井作品としては「迷宮遡行」以来の大ハズレ。
つまらん・・・・・
もっと暗くて絶望的な話を書いてくれよ。

300 :名無しのオプ:2006/08/29(火) 00:07:48 ID:/L4gS7KT
名探偵はだれ、を読んでもっと読んでみたくなりました
きっしょういん、だかなんだかが出てくる小説で
お勧めはどれでしょうか

301 :名無しのオプ:2006/08/29(火) 09:11:13 ID:Wfc5muMI
>>名探偵は誰?
他にシリーズあったかな?
あれも猫丸先輩(倉知淳)の二番煎じみたいな作品。

302 :名無しのオプ:2006/08/29(火) 09:13:19 ID:Wfc5muMI
今気づいたけど、被害者は誰?の間違いでした。

303 :名無しのオプ:2006/08/29(火) 11:31:37 ID:/epudEhx
なんかこの人出版社が推したい作品出すたびに
「慟哭から○年」とか「慟哭以来の〜」とか言われるね
そのわりにあんまり話題にならないな・・・

304 :名無しのオプ:2006/08/29(火) 12:31:37 ID:O+xXAP6R
処女作に向かって前進する、ってやつだね

慟哭凄すぎたから。。。

305 :名無しのオプ:2006/08/29(火) 20:35:34 ID:YudizFhZ
殺人症候群マンセーですが何(ry
まあ、あれも必殺仕事人のオマージュらしいけど

306 :名無しのオプ:2006/08/29(火) 23:15:49 ID:DCwDXzz3
>>303
話題になってないってことはないよ。
古本屋行けば分かるけど、貫井作品は(文庫が)かなりコンスタントに売れる堅実なタイトルに既になってる。
まぁ慟哭以上に話題になってないだけで、実はかなり売れっ子ですよん

307 :名無しのオプ:2006/08/29(火) 23:49:27 ID:R5e+ZG6N
いやなんか「愚行録」の広告も「慟哭以来〜」とか書いてあって
昨日新聞でみた新作の広告も「慟哭から○年〜」とか書いてあったもんでさぁ
愚行録も意気込んで出したし直木賞候補作のわりになんかサッと流されちゃった感じかなぁと思ってさ
ネットとかの評判は悪くないし年末ランクにもからんできそうではあるけどさ
俺自身そのうち読むと思って買ったわりにまだ未読だw

308 :名無しのオプ:2006/08/29(火) 23:59:39 ID:DCwDXzz3
>>307
まぁ慟哭は創元推理文庫で一番売れた作品だし、それだけ引き合いに出されるのも仕方ないんだろうね。


309 :名無しのオプ:2006/08/30(水) 16:04:39 ID:wc/JUfn9
「空白の叫び」は本人の自信作らしいけど・・読み終わった方感想をお聞かせ下さい。

おもしろければ買うゾ

310 :名無しのオプ:2006/08/30(水) 19:06:15 ID:wcMQnKfN
>>309
もう最高です><

311 :唐沢:2006/08/30(水) 23:58:24 ID:CLqfZi7P
鬼流殺生祭、今読み終わりました。
新太郎逮捕につながった九条の推理があまりにショボイですね・・・
玄関から足跡まで跳んだって何それっっ!!?てカンジでした。


312 :名無しのオプ:2006/08/31(木) 00:31:33 ID:JC885Xtm
>311
ネタバレ死ね

313 ::2006/09/02(土) 10:04:14 ID:pFtwoPd2
慟哭読んでこの作家に感動して迷宮なんとかよんで途中でゴミに捨てたんですが、慟哭なみかそれに近い本おすすめありますか??

314 :名無しのオプ:2006/09/02(土) 12:19:46 ID:sD19oyqP
>>313
その路線が好きなら

プリズム→愚行録 

315 :名無しのオプ:2006/09/02(土) 12:25:34 ID:sD19oyqP
後「修羅の終わり」もサプライズがあるので

プリズム→修羅の終わり→愚行録

で充分かと・・

316 :名無しのオプ:2006/09/02(土) 17:17:00 ID:0bLg8c4k
>>313
プリズム→殺人症候群(シリーズの三作目で代表作と言われているけれど
前二作の出来はいまいち、細かな設定が気にならなければOK)
→修羅の終わり

殺人、修羅共にページが分厚いですが慟哭路線が好きなら充実した
読書体験が出来るかと。

317 :名無しのオプ:2006/09/02(土) 22:40:12 ID:7GivTVy2
だからプリズムの犯人誰なんだよ!!

落としどころはどこなんだよ!!


318 :名無しのオプ:2006/09/03(日) 01:03:57 ID:izOI2IP6
俺いまのとこ

慟哭→プリズム

プリズムのが好きかな
次は症候群三部作を読む予定

319 :名無しのオプ:2006/09/03(日) 01:18:54 ID:B/ll5l06
空白の叫び、上下巻組でいかにも読み応えありそうだけど
前作の愚行録でアラララ・・・ってなってしまったしなぁ。
しかも帯の惹句には性懲りもなく慟哭が引き合いに出されてたし。


320 :名無しのオプ:2006/09/03(日) 01:22:25 ID:YnNK2FxH
>319
愚行録って評価低いの?

321 :名無しのオプ:2006/09/03(日) 09:37:53 ID:sWX5cGTl
愚行録も正直、駄作だと思う。


322 :名無しのオプ:2006/09/03(日) 10:05:19 ID:/w1BhHHH
俺は愚考録好きだな。
ネットでの評判を見ると全く評価しない人と、そこそこ面白いと言う人の二通りがあるみたい。
で、全く評価しない人は当然必死に否定する=声が大きいのでなんとなくイメージ的には良くないんじゃないかな。

323 :名無しのオプ:2006/09/04(月) 10:21:58 ID:LF0OFy+H
違うだろ
評価しない人は、同じような手法を既に読んでいて、
相対的にそれらより上じゃないと思っているから
評価が高いのはそれができない人だろ

324 :名無しのオプ:2006/09/04(月) 17:50:38 ID:mx44tDwF
同じ手法ってなんだろ?恩田陸しか思いつかんが、
Q&Aよりは余程愚考録の方が面白いと思うぞ。ユージニアよりは下だと思うけど。
ほかに同手法の作品があったら読んでみたいな。>>323とか知ってそうだから教えて欲しい。
ああいうの好きだってことに気づいた。

325 :名無しのオプ:2006/09/04(月) 19:09:47 ID:a9AJQ1k6
>>324
芥川龍之介「薮の中」
有吉佐和子「悪女について」

326 :名無しのオプ:2006/09/04(月) 19:12:38 ID:qZ01w4YJ
よくあげられるのは有吉佐和子「不信のとき(新潮文庫)」、
ヒラリー・ウォー「この町の誰かが(創元推理文庫)」

327 :名無しのオプ:2006/09/04(月) 23:07:44 ID:Qf6iKt9k
プリズムの犯人誰なんだよ?


328 :名無しのオプ:2006/09/04(月) 23:33:58 ID:qZ01w4YJ
決めてないとか。
あの話の中心にあるのはどれだけ論理をこねくり回すかだし

329 :名無しのオプ:2006/09/05(火) 00:03:41 ID:OUM9WB/i
>>325-326
さんくす。有吉佐和子はミステリ?

330 :名無しのオプ:2006/09/05(火) 09:20:19 ID:6vwW/a9o
少しは調べろよ

331 :名無しのオプ:2006/09/05(火) 21:04:13 ID:aFvhQsXw
プリズム読了。

うーん犯人を特定するだけの材料が
整ってないのかなー。

今トイレに行ったのに、残尿感がある感じ。

332 :名無しのオプ:2006/09/06(水) 11:46:31 ID:rhZNtIZ0
愚行録読んだ。
正直これが直木賞だったらちょっとハア?だけど
森絵都の作品よりは面白かった。

333 :名無しのオプ:2006/09/08(金) 20:20:46 ID:l5o7wD0a
空白の叫びはどうですか?
本屋で表紙と帯見た感じだとおもしろそう

334 :名無しのオプ:2006/09/10(日) 23:12:47 ID:UxeJn7yD
ここでは「神の見えざる貌」って評価低いの?
俺「慟哭」以上にいいと思うんだけど。

335 :名無しのオプ:2006/09/10(日) 23:56:20 ID:zM9gbFn1
慟哭しか読んでませんが、いつも同じとこすっ飛ばしてるのか
なんなのか、犯人の手紙が誰が書いてるのかわからない。

336 :名無しのオプ:2006/09/11(月) 02:52:15 ID:S2gaHCBQ
『鬼流殺生祭』を読んだのだが、これって『なめくじ長屋』のある作品のパクリじゃ無いか。

337 :名無しのオプ:2006/09/11(月) 04:18:57 ID:XOeRfy2q
>>336
シチュエーションと動機がまったく同じだね。作品全体の雰囲気は
京極夏彦に似過ぎているし、いろんな意味で失敗作だと思う。

ただ、二作目の『妖奇切断譜』は山田風太郎ばりの異常な動機を
描いて成功しているから、一作だけで見切らない方がいいよ。

338 :名無しのオプ:2006/09/11(月) 08:20:59 ID:Yj6GtQ6K
だから、貫井の作品は二番煎じが多いんだって!

明詞シリーズが京極
転生が秘密
さよならの代わりがトキオ
被害者は誰?が猫丸
悪党たちは千里を走るが陽気なギャングが地球を廻す

などなど

339 :名無しのオプ:2006/09/11(月) 12:46:43 ID:RJ8KbQow
>>338
同意できるものもあるが
>悪党たちは千里を走るが陽気なギャングが地球を廻す
これはちょっと・・・もうちょっと本を読んだ方がいいんじゃない?
被害者が誰?が猫丸ってのも・・・同じようなのは本格界隈に山とあるだろ。

しかし空白の叫びの情報無いね。誰も読んでいないのだろうか。


340 :名無しのオプ:2006/09/11(月) 13:31:09 ID:HDY4hE/V
ttp://blog.goo.ne.jp/search/search.php?status=select&tg=all&dc=10&dp=all&st=time&ts=all&MT=%B6%F5%C7%F2%A4%CE%B6%AB%A4%D3%A1%A1%B4%D3%B0%E6%C6%C1%CF%BA

341 :名無しのオプ:2006/09/11(月) 18:47:32 ID:NoSJMmki
「空白の叫び」、上巻読了。

修羅〜以来の読ませる本だと思う。

あとは、落ちだな。愚行録がいまいちだっただけに、油断はできんが。

オリジナリティ、云々はもうゆっても仕方ないだろう。読ませる作家ではあると思うぞ。

342 :名無しのオプ:2006/09/11(月) 19:28:38 ID:hPeDhMwO
明詞シリーズは、京極と言われ、
慟哭がヒットしたら、こんな警察組織は無いと言われ、
転生は、秘密(個人的には変身)と言われ、
さよならの代わりは、トキオと言われ、
被害者は誰?は、猫丸と言われ、
症候群シリーズは、必殺シリーズと言われ、
明るい作品を書いたら、貫井らしくないと言われ、
直木賞初候補作になった愚行録は、理由と言われ、
新作のキャッチーコピーに必ず「慟哭〜」と書かれる
そんな貫井を私は好きだ。
過去スレを含め、貫井スレにてよく出る意見を加えました


343 :名無しのオプ:2006/09/11(月) 22:03:48 ID:vncrQ5i7
オリジナリティーは、力量より大事だと思うけどな。

どんなシリーズを読んでも「デジャブ」は、痛い。
しかも 古典というより最近の作家の名前が挙がる。

344 :名無しのオプ:2006/09/11(月) 22:07:20 ID:3HTRKa6c
>>339
空白の叫び読んだよ。
3部構成なのだが、一番面白かったのが少年院での生活を描く第2部だった。
第3部は「追憶のかけら」ぽいが、ややチープな展開。

345 :名無しのオプ:2006/09/16(土) 03:09:22 ID:YR/Is1B7
空白の叫び読んだ。やっぱり後味最悪だね…

346 :名無しのオプ:2006/09/17(日) 17:54:25 ID:dLfxGqhZ
「空白の叫び」読了。叙述ではないよ。


347 :名無しのオプ:2006/09/18(月) 10:22:09 ID:Xfr0tGHe
空白の叫び、2部まではよかったけど、3部、特に計画決行後はちょっと読むに耐えられなかった。
とうとう飛ばし読みしちゃったよ。貫井の本では初めてだ。何か展開自体が>>344も書いてるように
二番煎じ感が強いし、あそこまで「謎」感がなくて予想の範疇だし、正直これが代表作と呼ばれる
とはちょっと思えないんだが。神の見えざる貌や光と影の誘惑あたりの方が全然いい。

348 :名無しのオプ:2006/09/18(月) 18:34:48 ID:h0ab3vyp
「ぼく」が「神原」と判明するまでが長いな・・・
ついつい、「理穂」を「理想」と読んでしまった。

349 :名無しのオプ:2006/09/19(火) 19:19:25 ID:MUtixI8d
最近、このスレで「プリズム」読んだって報告が多いから
5年ぶりに再読したけど、プリズム第二章は愚行録だねw
読み比べるとプリズムの方が数段面白い小説だと思う。


350 :名無しのオプ:2006/09/19(火) 19:24:23 ID:MUtixI8d
途中で書き込んでしまった。

最近、このスレで「プリズム」読んだって報告が多いから
5年ぶりに再読したけど、プリズム第二章は愚行録だねw
読み比べるとプリズムの方が数段面白い小説だと思う。
ただ愚行録はメル欄が書いていても違和感なく納得してしまう。

351 :名無しのオプ:2006/09/19(火) 21:06:14 ID:VoRz+jft
メ欄作家ならもう少しDQNっぽさがギャグになってると思う
三回ぐらい誰かが誰かの家を襲ってる場面入れたりw

352 :名無しのオプ:2006/09/19(火) 23:01:49 ID:KHU5Xl/E
こいつ形容詞の使い方糞。たぶん、類語辞典で必死なんだろうなw


353 :名無しのオプ:2006/09/20(水) 09:08:04 ID:Km5jGQRe
>>こいつ形容詞の使い方糞。たぶん、類語辞典で必死なんだろうなw

コンプレックスの裏返しとも取れる。ストーリーテラーとしては評価低いから

354 :名無しのオプ:2006/09/20(水) 15:13:40 ID:fM/kWxH7
345>俺も、空白の叫び読み終わった。確かに後味悪いな。
最後の方はしんどかった。会話だけを追った。

355 :名無しのオプ:2006/09/27(水) 04:19:05 ID:ygChoayI
「空白の叫び」
重たい作品だけど、読み応えはある。でも、中学生があそこまで考えることができるのかな?、てっいうのが心残りだね。
でも読んでソンはしないと思う。

でも「プリズム」の犯人って、誰(笑)??

356 :名無しのオプ:2006/10/03(火) 04:23:29 ID:WKyN9QU8
この作家の良いところは、とてもわかりやすいって
とこだろうな

奇をねらってなくて、直球勝負してる
いい作家だと思うよ

357 ::2006/10/12(木) 19:56:04 ID:Zb4FmeIu
悪党たちは千里を走るが陽気なギャングが地球を廻す って気になるけどどうなんですか?
あと神の二つの顔もおもしろいですか?
慟哭と修羅のおわりと症候群大好きです!

358 :名無しのオプ:2006/10/12(木) 20:26:50 ID:Xb/zeLV2
>>357
日本語でおk

359 :名無しのオプ:2006/10/14(土) 23:29:21 ID:CjoudHNY
こいつなかなかやるかもしれん。

360 :名無しのオプ:2006/10/18(水) 14:25:26 ID:SHJczb2u
慟哭今読み終わった。
メル欄1や2は偶然だったの?
なんだかな

361 :名無しのオプ:2006/10/18(水) 21:59:50 ID:LYpOOKp8
慟哭読んでもわかるが、こいつ口語がめちゃめちゃ下手。
ってゆうより最悪。
脚本家には絶対になれないな。


362 :名無しのオプ:2006/10/18(水) 23:15:31 ID:tLK05n+f
>>361
ってゆう

と使う人間が、えらそうにw

363 :名無しのオプ:2006/10/19(木) 10:28:25 ID:uT+JCh26
>>362
^^;;;;;

364 :名無しのオプ:2006/10/23(月) 00:10:32 ID:scFs7tHe
愚行録読んだ。
後味悪くなくて案外あっさりしててちょと期待はずれだった。
途中まで桐生だっけ、この人のグロテスクっぽくって、
この人女性を描くのうまいな〜なんて感心しながら読んだ。

とてつもなく後味悪い気分になりたいから、
次、空白の叫びを読んでみる。上下巻で4200円、痛い出費だ。

365 :名無しのオプ:2006/10/23(月) 00:49:19 ID:J8YAu1qD
こいつ口語がめちゃくちゃ。作家失格。

366 :名無しのオプ:2006/10/24(火) 23:45:33 ID:kfrbHH3a
ってゆうより最悪。

367 :名無しのオプ:2006/10/25(水) 00:09:07 ID:aJgU++WU
>>365
確かに。なんで編集部はミスに気づかないのだろうか?

368 :名無しのオプ:2006/10/25(水) 04:51:17 ID:R3XgCmqZ
オレンジレンジの新曲「SAYONARA」の詞が「さよならの代わりに」の内容にそっくり。

369 :名無しのオプ:2006/11/01(水) 01:32:17 ID:fZOmM4YU
求人情報誌jobaidemの私の仕事語りというコーナーでインタビュー受けてるよ

370 :名無しのオプ:2006/11/03(金) 06:01:08 ID:6CI8Sh07

最近、慟哭を読んで衝撃を受けてから貫井作品に嵌ってます。以前は貴志祐介を好きで読んでましたが貫井作品はそれ以上だと思う。もっといろんな人に触れて欲しいな

371 :名無しのオプ:2006/11/10(金) 08:58:08 ID:H8kfo6b2
空白の叫び、読みました。何人かが書いてる通り、ダラダラ長いかも。
第一部が一番面白かった自分の理想では、
一部が終わったところで物語終わりで、あとは自分で考えろって
三人の今後を読者に考えさせる感じでも良かったかなと。
次の直木賞も候補になって上下巻という長編だから、
今後これが貫井徳郎の代表作になるのか?。


372 :名無しのオプ:2006/11/28(火) 10:04:33 ID:p6pqx9sb
空白の叫び→愚行録→天使の屍→慟哭→プリズムって読みました。
今のとこ全部最高傑作なんですけど・・・
次は何かありますか?

373 :名無しのオプ:2006/11/28(火) 11:48:00 ID:2V4cb2O6
>372
今日一緒に文庫の「奇遇」買いに行こうぜ

374 :名無しのオプ:2006/11/28(火) 22:25:18 ID:2cLu4T+H
>>372
シリーズものの三作目だけど「殺人症候群(双葉文庫)」ドゾー

奇遇は山口雅也かな

375 :名無しのオプ:2006/11/29(水) 00:27:35 ID:9lk4VbsU
「天使の屍」って後味悪くなくて終わり方自分なりに気に入ってるんだけど・・・。
青木にしては、真相が分かったから良かったものの
他の親や優馬の母親は真相しらないんですよね?
園田くんの親には何か分かったらしらせるって言ってたし、
親として息子の自殺の原因を何が何でも突き止めたいって言っといて
自分だけ知ったら
他の親には教えない身勝手さ(?)どうなんですか?
他の親の気持ち分からないわけじゃないだろうに・・・。
もちろん子どもの気持ちも分かりますけど。

376 :=375:2006/11/29(水) 00:56:21 ID:lKnEKc0i
あと、特に担任の先生。四人が自殺したってことになったら、あの先生まで自殺
しそうじゃないですか?

あと「空白の叫び」で、その後を予想してみたんですよ。
久遠はあのまま自首で少年院じゃないですか。だけど、葛城はどうなんでしょうか。
自分が思うに柏木の父親は次の日かそんなもんには警察に行ったと思うんですよ。
久遠の自首知らないから。
久遠が葛城のことを話さなくても、柏木の父親は警察に聞かれれば
葛城なんて無関係、ましてや久遠と組んでたくらいだから嫌いな分類に入ると思うんです。
だから警察に話すと思うんですよ。話さなくても瀬田もいますし。
そうなると葛城が捕まるのも時間の問題ですよね。
今後予想した結果久遠、葛城は少年院に行ったと予想されました。
そして久遠の父親はありえないにしても母親は自殺しそうじゃないですか?
みなさんの今後の予想聞かせてください。


377 :名無しのオプ:2006/11/29(水) 01:33:33 ID:Xob//wph
>ネタバレは「メール欄」もしくは
>ネタバレ板↓でお願いします。
>http://yy10.kakiko.com/mystery2ch/ (2ch用ブラウザでも見れます)

378 :名無しのオプ:2006/11/29(水) 09:00:03 ID:iIMeMANO
というより久遠っで誰?
久藤でしょ w

379 :名無しのオプ:2006/11/29(水) 14:41:58 ID:h0J8Zfdy
彼はあの人に想いを懸けていたのに肘鉄を食わされたので同情したんだろうね。

380 :名無しのオプ:2006/11/29(水) 20:11:32 ID:h0J8Zfdy
あ、これ「空白の叫び」じゃなく「さよならの代わりに」ね。
切なかったけど終わりのほうはよかった。

381 :名無しのオプ:2006/11/30(木) 05:01:54 ID:eE7tUSxG
あっ・・・。そうそう。ごめん。

382 :名無しのオプ:2006/12/02(土) 11:20:32 ID:yxl8IGJl
「夜想」ってどんな話しですか?
あと単行本になるのはいつかとか分かる人いますか?推測でも大丈夫です。

383 :名無しのオプ:2006/12/02(土) 19:12:03 ID:/05wT3iA
神の見えざる貌を今読み終わった
貫井徳郎の小説は被害者は誰?しか読んでなかったんだけど
友達に薦められて読んだけど
後味悪いんだけど・・・

なんか中二病を目の当たりにしたっていうか、、、

慟哭は誰に聞いても評判いいけど
もしかして貫井って慟哭しかないって感じなの!?

384 :名無しのオプ:2006/12/02(土) 19:20:56 ID:nivlXW11
>>383
2冊しか読んでなくて、あっさり結論を出しますか

385 :名無しのオプ:2006/12/02(土) 20:31:31 ID:/05wT3iA
>>384
ごめん!!
とりあえず今度慟哭をまずは読んでみるよ
嵌ったら評判いいみたいの症候群3部作みてまた結論出します
訂正
神のふたつの貌○
神の見えざる貌×

今は宮部みゆきのまだ読んでないやつを読んでいきます

386 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

387 :名無しのオプ:2006/12/03(日) 01:29:46 ID:k58OIb+2
>>385
失踪症候群と誘拐症候群は微妙なので挫折しないでね(´・ω・`)
主要な登場人物たちの関係性を把握するつもりで上の二作を読むと
殺人症候群がより楽しめる。
ちなみに神の見えざる〜はここでもよく言われている地雷作だから…

あとは鬼流殺生祭が異色時代物でお薦め

388 :名無しのオプ:2006/12/03(日) 12:50:08 ID:SkAqprGY
>>380
子供は女の子だったのかね。

389 :名無しのオプ:2006/12/04(月) 00:27:31 ID:boIjtE6E
>>387
>ちなみに神の見えざる〜はここでもよく言われている地雷作だから…
あまりそれじゃ出てないと思うが。それなりに評価は高い。

390 :名無しのオプ:2006/12/04(月) 11:32:44 ID:9v2x9Yr/
どちらかって言うと、鬼流殺生祭のシリーズの方が
京極のパクリとか言われていて地雷。

391 :名無しのオプ:2006/12/04(月) 23:40:14 ID:50uC2NKO
「空白の叫び」今読み終わった。
何これ?それほど評判良くもなかったんで、あまり期待せずに読んだんだが、
間違いなく貫井の最高傑作じゃん。それどころか個人的には今年度のベストといってもいい。
後味の悪さが不評の原因みたいにいわれているが、これこそまさに作者の術中にはまったようなもので、
こんな酷い話なのに、なぜか主人公達に感情移入させられてしまう、それを最後に(メール欄)とこなんざ
まさに職人芸だと思う。
今年も最後近くでいい話を読ませてもらったよ。


392 :名無しのオプ:2006/12/05(火) 22:24:53 ID:sxXQcf3r
>>391
後味の悪さで不評なんて初めて聞いた。
そんなのは貫井の持ち味で今更どうこういうこともない話。

はっきり言って、この作品は自分の作品の二番煎じな上に劣化してる。

393 :名無しのオプ:2006/12/09(土) 22:41:21 ID:XBngkf9n
この人は基本的に自分の作品に納得してないのかな。
やたら焼き直ししてない? 

394 :名無しのオプ:2006/12/10(日) 01:57:01 ID:oPPEog+e
しゅらしゅしゅしゅ

395 :名無しのオプ:2006/12/11(月) 09:19:00 ID:jwmtBgZ7
なぜか人気ある作家
某大手中古古本屋では 東野 京極 宮部辺りと並んで買取代が高い。

396 :名無しのオプ:2006/12/11(月) 16:24:36 ID:gg4SOICR
ダヴィンチに来年夏ごろでる新作の話がちょこっと
タイトルは「夜想」だと
で、版元の文春のコメントにはまた「慟哭から○年〜」とw
何出してもこの人はコレだなw


397 :385:2006/12/13(水) 20:08:20 ID:y0FdEcrM
今日の帰りの電車から慟哭読みます
楽しみだけど、字が小さいね
これはページ数の割りに時間かかるかも

398 :名無しのオプ:2006/12/16(土) 16:28:38 ID:XfRHaaAS
>396さん。
「夜想」の内容は書いてなかったですか?

399 :385:2006/12/17(日) 13:58:58 ID:dDg0jcRt
慟哭読み終わったよ。。
予想してた通りになったから最後に衝撃と言うのが全くなかったよ
作品自体はとても良いと思ったけど、、、



400 :名無しのオプ:2006/12/17(日) 21:33:59 ID:t71cOjhh
なら仕方ないですね

401 :名無しのオプ:2006/12/19(火) 15:12:09 ID:gNz+rKaQ
貫井がしばらくミステリーは書かないと頭に来ておりますよ。

というか誰の評価に頭が来てるのか知らんけど
気に喰わない意見にいちいち反応してたらキリねえと思うんだけど。

402 :名無しのオプ:2006/12/19(火) 18:29:36 ID:1LAlg0Z0
あぁいう内容の上巻を書いておいて、作者の言い分はちょっとズレてないか?
作者が発売前コメントに暴力、エロを取り入れてって書いて読者煽ってんじゃん。
その感覚で読めば、最後の方で新事実が発覚するけど
俺は何でこんなミステリ要素入れたんだろうって思ったけどな。


403 :名無しのオプ:2006/12/19(火) 19:40:34 ID:YurgHnK3
読者の読み方にケチをつけるようになったとは
貫井も立派な大作家先生になったものです。
禿人化が進まなきゃいいけど。

404 :名無しのオプ:2006/12/20(水) 21:38:52 ID:6umqapBW
別に「ミステリ的展開」が悪いんじゃなくて、自作の「追憶のかけら」に似ているうえに
緊張感だとか謎のレベル(いったい誰が?とかそういうの)が低いから評価が悪いんだよ。
ちょっとどうかなあって発言だね、これは。

405 :名無しのオプ:2006/12/20(水) 23:13:57 ID:R5wy6+WN
俺の作品が正しく評価されていない!
と作家が言っちゃいけないってわけでもないけど
言ってもどうしようもないし
作家は作品で勝負すりゃいいと思うし
あの発言はなんにしろ得策ではないわな。

というか世間の評価が不十分と感じたなら
なおさらのこと凄いミステリを書いて
世間を見返してやればいいのに。

406 :名無しのオプ:2006/12/21(木) 08:25:55 ID:bHvvPHtF
どこに書いてあるの?

407 :名無しのオプ:2006/12/21(木) 11:28:47 ID:xLbDdfBl
貫井氏のHP
The Room for Junkies of Mystery And Hissatsu
ttp://www.hi-ho.ne.jp/nukui/



408 :名無しのオプ:2006/12/22(金) 08:34:40 ID:85xBmgxh
本当だ。書いてある。あれって貫井さん自身が書いたもの?
ちょっとあの発言は敵に回した人多そうでショックだけど、
「空白の叫び」はいい評価されないのは、自分も納得いかないな。
5年かけて作っただけあって素晴らしい作品だったのに。

409 :名無しのオプ:2006/12/22(金) 10:20:21 ID:jS9yOzm1
貫井は出版社バラバラだな。

小学館でほぼ大手は制覇したわけか・・

410 :名無しのオプ:2006/12/24(日) 06:19:36 ID:rUsYXeMH
>>401
>貫井がしばらくミステリーは書かないと頭に来ておりますよ。

貫井も偉くなったもんだな、という気がする。
「慟哭」が意味不明の売れ方をしただけの人なのにね。

作家をやっていると不満を持つこともあるのは理解できるけれど、
自分の意図したように読んでもらえないこと自体が「自分の力量
不足」だとは考えないのかね?

411 :名無しのオプ:2006/12/24(日) 11:11:21 ID:BAi/hHec
幻滅したw

412 :名無しのオプ:2006/12/28(木) 08:54:22 ID:wTex3+wb
何て書かれたのがそんなに頭にきたんだろうね?
とりあえず、邪魅でも読んどけ、とw

413 :名無しのオプ:2006/12/29(金) 16:36:22 ID:lYHxkOfm
この人って賞とかもらっている?
文章のしっかりしたいい作家さんだと思っているけど、
地味な印象がある。
短編とか大はずれなんてものがなくて気に入って入るけど。


414 :名無しのオプ:2007/01/05(金) 01:40:18 ID:FWiEIY5b
そういえば、「空白の叫び」が出たとき、政宗九が「直木賞確実!」なんて書いて物議を醸してたが、
結局候補にもあがらないでやんの。
まあ、「長い!」というだけで落とすような審査員が多い中、出すだけ無駄かも知れんが、
同じ理由で有力といわれる「一瞬の風になれ」も苦戦することになるのかな・・・


415 :名無しのオプ:2007/01/13(土) 01:08:52 ID:lcKJaXYY
2ちゃん閉鎖危機!
サーバー差し押さえしようとしてる企業の不買運動しようぜ!

416 :名無しのオプ:2007/01/13(土) 02:12:38 ID:vx63wVHv
>>415
まぁ、真偽はさておき、その企業の情報はないのか?バカか?

417 :名無しのオプ:2007/01/13(土) 03:57:06 ID:yKxg5Pmt
>>415

418 :名無しのオプ:2007/01/13(土) 09:28:09 ID:QuWmajDu
「慟哭」なかなか面白かった
ただ登場人物が薄っぺらいな、文学としては素人レベルとしかいいようがない

419 :名無しのオプ:2007/01/13(土) 20:09:16 ID:sENWmTNx
>418
素人レベルで面白かったんなら良かったじゃん


420 :名無しのオプ:2007/01/13(土) 20:48:51 ID:qtFEV4Zn
慟哭はよかったけどプリズムは微妙に感じた僕には
ブックオフで売ってた900円の愚行録は買いですかね?

421 :名無しのオプ:2007/01/15(月) 23:53:33 ID:+x8a9Hbb
人物薄いかな?

「慟哭」の落ちは好きでない。
「神のふたつの貌」の落ちも好きではないな。

そのわりに小説としては面白い。この人、ミステリじゃなく純文にしたほうがいいと思った。

422 :名無しのオプ:2007/01/16(火) 00:31:44 ID:pZcdO9oN
貫井ってロス・マクやエルロイの作品好きそうだな。

423 :名無しのオプ:2007/01/16(火) 00:42:28 ID:FUvOhlBQ
悪くない。とは思うけど
大向こうを唸らすような
「コレっ!」っていう作品が無いよなぁ・・・。

文章も下手じゃないし
上手くまとめるのに
「続けて読んでみたい」と
思わせる「なにか」が弱い作家だと感じました。

424 :名無しのオプ:2007/01/16(火) 23:22:35 ID:Btl1s6Ab
確かに面白い。
ただ悶着をおこすと、都合よく警察が現れすぎ。
もうちょっと捻りを加えて欲しいな。

425 :名無しのオプ:2007/01/19(金) 06:57:47 ID:Yrm3VOZV
みんなゴメン。
ひょっとしたら俺の評価・感想が気にいらなかったから
貫井怒ったのかも。

426 :名無しのオプ:2007/01/19(金) 07:13:01 ID:ZP8PkcA8
慟哭しか読んでない。
確かに純文学でも通用しそうな文章力は感じた。
地味な雰囲気とオチの派手さがいまいち釣り合ってなかったような気がする。
評判よさげな殺人症候群をずっと読もうとは思ってるんだけど
他の作家で読みたい本がいっぱいあってなかなか読む機会がこないままになってる。

427 :名無しのオプ:2007/01/19(金) 10:49:30 ID:2gjWgX1D
>>426
え〜?文章力あるか?
むしろ稚拙とさえ思えるのだが。

428 :名無しのオプ:2007/01/19(金) 23:29:51 ID:zwQpL96i
「神〜」はもうちょっとラストがよければ純文学たり得たのにね

429 :名無しのオプ:2007/01/23(火) 09:33:48 ID:0sMFMKrl
遠藤周作あたりなら短編数十ページで扱うテーマを、底の浅いまま延々と
数百ページもダラダラと書いておいて、「純文学」とは笑止だな

430 :名無しのオプ:2007/01/25(木) 19:13:17 ID:g28MuPCG
>>425
この人2ちゃん見てるんだっけ?

431 :名無しのオプ:2007/01/27(土) 19:51:04 ID:ORxsGUwz
この作家の後味の悪さが好きです。
「追憶のかけら」って後味悪いですか?
1000円するから失敗したくなくて・・・。よろしくお願いします。


432 :名無しのオプ:2007/01/28(日) 14:56:40 ID:ldnmoIbj
>>431
悪い

433 :名無しのオプ:2007/01/29(月) 13:13:46 ID:qNXtM+e4
貫井作品で今まで読んだ中で後味がいいのは『転生』ぐらいしか思い浮かばん
『天使の屍』もなんか微妙……

434 :名無しのオプ:2007/01/29(月) 13:14:17 ID:qNXtM+e4
あ、前にこのスレに投稿した名前欄が残ってた。
無駄にあげてスマソ

435 :名無しのオプ:2007/01/29(月) 18:28:28 ID:6FU41ThG
既出だったらスマンが貫井ってクスリやってる?

436 :名無しのオプ:2007/01/29(月) 21:42:58 ID:2BGYOyvp
天使は後味いいかな?
真相が解明したって息子は死んでるから。


437 :名無しのオプ:2007/01/29(月) 22:10:52 ID:xbe8ljOi
>432 >433
ありがとうございました。
楽しみです、明日買いにいきってきます!

438 :名無しのオプ:2007/02/20(火) 13:20:07 ID:V3BDvKiB
神のふたつの〜読了。
流石に仕掛けは読めた。ミステリーに特化しないあたりは、東野に作風が似てるかも、と思った。

439 :名無しのオプ:2007/02/20(火) 20:45:58 ID:Lxvomlss
今、修羅の終わりを読んでます。
そろそろクライマックスかなって感じです。
このスレに色んな読後感が書いてあるので不安。。。
スッキリしないのかなぁ…。

440 :439:2007/02/22(木) 02:58:20 ID:2KwuFfGX
読み終わりました。
誰かスッキリさせて〜!

441 :名無しのオプ:2007/02/22(木) 09:54:17 ID:kjgILJJ1
>440
ようこそこちらの世界へ

442 :439:2007/02/22(木) 21:34:51 ID:2KwuFfGX
慟哭、失踪症候群、誘拐症候群、神のふたつのかお を読んだ時は平気だったのに。
>>441
そちらの世界へお邪魔します。

443 :名無しのオプ:2007/02/22(木) 23:38:44 ID:kjgILJJ1
>442
(;´A`)人(´A`;)ナカーマ

444 :名無しのオプ:2007/02/23(金) 13:16:06 ID:AV3cKSUI
修羅のおわりって読んでないけど時代設定は現代物?京極みたいなんじゃないよな?

445 :名無しのオプ:2007/02/24(土) 10:17:38 ID:r4hNFB6C
>>444
時代モノでないことは間違いない。

446 :名無しのオプ:2007/02/27(火) 05:52:58 ID:BdctDIYO
めざましに出たよ
現地取材に飛び回ったと言ってた

447 :名無しのオプ:2007/02/27(火) 07:10:55 ID:Lmro+dWa
age

448 :名無しのオプ:2007/03/01(木) 09:44:07 ID:LKZt0zfO
修羅のおわりのスッキリしない読後感ってオマージュ元の影響かな?

449 :名無しのオプ:2007/03/07(水) 08:18:13 ID:/K8C6OUg
慟哭に続編とか同じ世界観の話ってあるんですか?

450 :名無しのオプ:2007/03/08(木) 02:43:21 ID:ElZBsq4U
追憶、オチつうか種明かしが弱いなあ。で結局メ欄で合ってる?

451 :名無しのオプ:2007/03/08(木) 18:55:11 ID:yjiWhOsS
「ミハスの落日」読了。
なんていうか、全編微妙としか言いようがない。
とりあえず驚愕のどんでん返しという帯の言葉が誇大広告なのはよく分かった。
というか、この作品に驚きどころなんてあったのだろうか…。

452 :名無しのオプ:2007/03/09(金) 07:34:45 ID:UgcQP894
名前が貴志祐介っぽい。
私は、慟哭だな。

453 :名無しのオプ:2007/03/09(金) 11:52:38 ID:2Y+knkVM
>>448
オマージュ元って何?

454 :名無しのオプ:2007/03/09(金) 14:48:54 ID:3+7hvlpA
>>451
俺は結構楽しめた。
国は違えど作品から立ち上る色は全部同じ、という印象があって
その点は少し残念に思ったけど。

短編集にはあまり大きなものを期待しないで読むせいか
「どんでん返し」にもそれなりの満足感があった。
伏線がしっかりし過ぎていたために「驚愕」はなかったが、
アンフェアぎりぎりでしてやられるよりは心地良いと思った。

455 :名無しのオプ:2007/03/11(日) 16:25:51 ID:Y3FIxDX5
>>453
ttp://www.so-net.ne.jp/e-novels/tokusyu/n001-1/qa.html

456 :名無しのオプ:2007/03/13(火) 00:15:50 ID:ZReby/Kz
>>455
トンクス!色々興味深い記事でした。

457 :名無しのオプ:2007/03/16(金) 01:55:38 ID:IdUUhVQ4
>>449
今、文藝春秋別冊で連載されてる「夜想」
新興宗教をテーマにしているという点では同じ
「殺人症候群」も慟哭とある事柄(ネタバレになるので書けません)が共通している。

458 :名無しのオプ:2007/03/16(金) 02:05:46 ID:Eungy6TZ
「追憶のかけら」で初貫井
なかなかいいね、この人。この取り返しのつかなさがいい。
次はやっぱり「慟哭」がいいかな?

459 :名無しのオプ:2007/03/20(火) 05:41:02 ID:kJDFOZ/3
誘拐〜を読んだんですけど、「ジーニアス」の本名って明かされてませんよね?

460 :名無しのオプ:2007/03/20(火) 12:38:31 ID:peWyWKiW
「神のふたつの貌」読んだんですが、結末はメ欄で桶?

461 :名無しのオプ:2007/03/24(土) 21:40:40 ID:W1dEHA5R
慟哭、殺人症候群、追憶のかけらと一気に読了。?いやー、いいっすねこの人。?特に追憶は、いつのながらの後味の悪さがありつつ、?感動もできてすごい良かった〜。?この人の作品が「このミス」でいつもたいした?ランクじゃないのって、かなり意外なんですけど。

462 :名無しのオプ:2007/03/30(金) 18:44:14 ID:2oJjxkRq
人それぞれの好みの問題だが、ストーリーはそんなに
面白くないと思う。登場人物にあんまり魅力を感じない。
ただ、最後どんな後味の悪さ何だろう?ってだけで読んでるよ。


463 :名無しのオプ:2007/04/02(月) 22:14:23 ID:ikwgXdQ+
修羅の終わり読んだのですが、意味があまりわかりませんでした。簡潔に説明して下さいませんか。できれば中1の僕にもわかるようにお願いします。

464 :名無しのオプ:2007/04/04(水) 17:23:28 ID:QuIVecZb
中学卒業したら読み直せ

465 :名無しのオプ:2007/04/04(水) 23:28:12 ID:BJBOHgoJ
ぬるま湯につかっていると苦労する、と言う意味で
温いと苦労→貫井徳郎
というペンネームにしたって話を聞いたことがあるんですがこの話は本当ですか?

466 :名無しのオプ:2007/04/04(水) 23:39:46 ID:687t87j6
貫井徳郎はペンネームではなく本名だから嘘でしょうね。面白いけどw

竹本健治が本名なのに、「事件も解けた」のアナグラムですか?
と読者に訊かれた話を思い出した。

467 :名無しのオプ:2007/04/05(木) 14:54:38 ID:4xsP79mM
殺人症候群図書館で借りてきた
この日と好きだから楽しみ

468 :名無しのオプ:2007/04/05(木) 16:10:13 ID:upvGADNE
>>467
それ一応三部作の完結編だから最後に読んだ方が良いかも知れないよ。
ただ一部、二部の出来は微妙だった気がするけど。

469 :467:2007/04/06(金) 15:51:46 ID:qM/5wbBu
>>468
「失踪〜」「誘拐〜」両方とも読みたいんだけど図書館においてなくて
前二作は微妙って聴いてたけどよんでみようかな
登場人物以外にも関連してますか?


470 :名無しのオプ:2007/04/07(土) 21:17:23 ID:hil65NuX
>>469
殺人だけてもおもしろいけど、誘拐か失踪を読んでおくと、登場するキャラの性格とか過去がわかって、よりおもしろみがあると思います。

471 :名無しのオプ:2007/04/08(日) 16:28:34 ID:E+8qgQGZ
追憶のかけらって文庫出てる?

472 :名無しのオプ:2007/04/08(日) 20:31:39 ID:9so2N+Nq
出てるよ。俺、文庫で読んだし。

92 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)