5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

めちゃくちゃ怖い小説 3

1 :名無しのオプ:2005/11/14(月) 03:17:25 ID:W6jGZyAR
悲しくなったとか後味が悪かったとかでもいいよん

前スレ
http://book3.2ch.net/test/read.cgi/mystery/1021882287/
http://book.2ch.net/test/read.cgi/mystery/955767894/l50

2 :名無しのオプ:2005/11/14(月) 10:51:17 ID:xaxCSqZm
イソラ

3 :名無しのオプ:2005/11/14(月) 11:01:07 ID:7KpwuUAc
荻原浩「明日の記憶」

4 :名無しのオプ:2005/11/15(火) 10:30:27 ID:CaCK+St+
dat

5 :名無しのオプ:2005/11/17(木) 01:05:12 ID:LbCoKnu+
貴志祐介の小説読むとブルブルする

6 :名無しのオプ:2005/11/17(木) 22:15:44 ID:RmNqV6pB
ふむ

7 :名無しのオプ:2005/11/19(土) 22:32:28 ID:IjAH8plb
井上 夢人 「メドゥサ、鏡をごらん」
((((;゚Д゚)))ガクガクガクブルブルブル

8 :名無しのオプ:2005/11/19(土) 23:45:29 ID:5ECwc/IO
小川勝己(巳?)
「彼岸の奴隷」
怖かないけどグロ

9 :名無しのオプ:2005/11/20(日) 16:21:10 ID:r3CioeKC
海野十三「三人の双生児」
なんというか、グロいよ

10 :名無しのオプ:2005/11/24(木) 06:19:11 ID:wWoWKbSI
綾辻ではじめて読んだのが「殺人鬼」だった。
殺人の描写がマジでキモイ。あんなに細かく書かなくて良いよ…
これ読んでからしばらく綾辻作品には触れられなかった。

11 :名無しのオプ:2005/11/25(金) 12:39:44 ID:B+Ua3n/B
>>8
かつみんは「カックン」がわけわからん怖さだった。
カックンカックン言いながら腰をふる謎の生物に汚染される話
ギャグなのかどうかもよくわからん不気味な話だった

12 :名無しのオプ:2005/11/25(金) 17:50:11 ID:EPrMw9xe
朱川湊人『都市伝説セピア』所収の「アイスマン」
これせつねえ(つД`)

13 :名無しのオプ:2005/11/25(金) 19:01:49 ID:UubZLWT4
原田宗典の「どこにもない短編集」を読んでから
1ヶ月くらい物忘れに怯えた。忘れてるんじゃなくて
認識できてないんじゃないかとか。

14 :名無しのオプ:2005/11/25(金) 20:28:46 ID:6MBjJmDV
作品リスト作ってみようかと思ったら2が見れんかった・・・。
うーん、1だけのリスト書き込んでももしょうがないしなあ。
ま、必要ないか。

15 :名無しのオプ:2005/11/25(金) 23:19:43 ID:RW2RvtMG
>>14
1だけでもお願いします。
あと、前スレ(2)持っているのでよかったらhtmlでupしますか

16 :名無しのオプ:2005/11/25(金) 23:37:27 ID:6MBjJmDV
あ、是非お願いします。
それと短篇の場合、どの短篇集に入っているかも書くつもりなので
リストが長くなるかもしれません。
他に票数も一応入れて置きます。
諸事情により時間も一日ぐらいかかるかもしれませんが。

17 :名無しのオプ:2005/11/25(金) 23:46:38 ID:86ZUZwVA
参考までに。

ミス板の過去スレは
ミステリー版綜合案内所
http://book3.2ch.net/test/read.cgi/mystery/990467610/l50
で頼めばHTML化してもらえるよ。

他のスレでも、データとかまとめたい人は活用してみたら。

18 :15:2005/11/26(土) 20:18:50 ID:xeJ6anvC
upしました。
Live2chで保存したものなので、メ欄丸見えですが。
気になるのなら>>17のリンク先で
http://www.uploda.org/file/uporg246834.lzh.html

19 :名無しのオプ:2005/11/26(土) 21:22:29 ID:2VYh5Uqo
>>17>>18
乙です。
これから2を含めた集計・リスト作っていきます。
明日の晩あたりには完成できればと思ってます。
結構長くなるかも。

20 :名無しのオプ:2005/11/27(日) 01:53:15 ID:LmBd4KBL
16「黒い家」貴志祐介 角川ホラー文庫
11「墓地を見おろす家」小池真理子 角川ホラー文庫
10「長い暗い冬」曾野綾子 「七色の海」 出版芸術社所収
9「隣の家の少女」ジャック・ケッチャム 扶桑社文庫
8「メドゥサ、鏡をごらん」井上夢人 講談社文庫
 「酔歩する男」小林泰三 「玩具修理者」所収 角川ホラー文庫
 「神鳥(イビス)」篠田節子 集英社文庫
7「シャイニング」(上下) スティーヴン・キング 文春文庫
 「乗越駅の刑罰」筒井康隆 「懲戒の部屋」 新潮文庫所収
6「死のロング・ウォーク」スティーヴン・キング 扶桑社文庫
 「殺戮にいたる病」我孫子武丸 講談社文庫
5「ミザリー」スティーヴン・キング 文春文庫 
 「まめつま」小松左京 角川ホラー文庫(絶版)所収
 「走る取的」筒井康隆 「自選ホラー傑作集 懲戒の部屋」 新潮文庫所収
 「箪笥」半村良 「怪談 24の恐怖」(アンソロジー) 講談社文庫所収
 「怪の標本」福澤徹三 「怪の標本」 ハルキ・ホラー文庫(絶版)所収

21 :名無しのオプ:2005/11/27(日) 01:53:50 ID:LmBd4KBL
4「ゴールデンボーイ」スティーヴン・キング 「ゴールデンボーイ」 新潮文庫所収
 「呪われた町」(上下)スティーヴン・キング 集英社文庫
 「たたり/山荘綺談」シャーリィ・ジャクスン 創元推理文庫/ハヤカワ文庫NV(こちらは絶版)
 「胸像たちの晩餐」ガストン・ルルー 「ガストン・ルルーの恐怖夜話」 創元推理文庫所収
 「おしまいの日に」新井素子 新潮文庫
 「蜘蛛」遠藤周作 「闇夜に怪を語れば」(アンソロジー) 角川ホラー文庫所収
 「悪夢の棲む家」(上下) 小野不由美 講談社X文庫 
 「天使の囀り」貴志祐介 角川ホラー文庫
 「鍵」・「母子像」・「二度死んだ少年の記録」筒井康隆 「鍵」 角川ホラー文庫(絶版)所収
 「母子像」は「怪談 24の恐怖」講談社文庫/「座敷ぼっこ」出版芸術社にも収録
 「二度死んだ少年の記録」は「驚愕の曠野」新潮文庫にも収録
3「ペット・セマタリー」(上下)スティーヴン・キング 文春文庫(下巻のみ品切中)
 「猿の手」W・W・ジェイコブズ 「乱歩が選んだベスト・ホラー」 ちくま文庫他に収録
 「蜂工場」イアン・バンクス 集英社文庫(絶版)
 「イニシエーション・ラブ」乾くるみ 原書房
 「鏡地獄」・「芋虫」江戸川乱歩 「鏡地獄」角川ホラー文庫に両篇収録
 「クラインの壷」岡嶋二人 講談社文庫
 「SEVEN ROOMS」乙一 「ZOO」 集英社所収/「殺人鬼の放課後」(アンソロジー) 角川スニーカー文庫所収
 「緑の我が家」小野不由美 講談社X文庫
 「六番目の小夜子」恩田陸 新潮文庫
 「クリムゾンの迷宮」貴志祐介 角川ホラー文庫
 「D−ブリッジ・テープ」沙藤一樹 角川ホラー文庫
 「夏の災厄」篠田節子 文春文庫
 「仄暗い水の底から」鈴木光司 角川ホラー文庫
 「獣儀式」友成純一 幻冬舎アウトロー文庫(絶版)
 「レフト・ハンド」・「quarter mo@n(クォータームーン)」中井拓志 共に角川ホラー文庫
 「正月女」坂東眞砂子 「屍の声」 集英社文庫所収
 〈東京伝説シリーズ〉平山夢明 竹書房文庫(3冊)
 「蛇棺葬」・「百蛇堂」三津田信三 共に講談社ノベルス
 「ペンライト」・「イン ザ・ミソスープ」村上龍 「トパーズ」角川文庫所収/「インザ・ミソスープ」幻冬舎文庫
2以下多数

22 :名無しのオプ:2005/11/27(日) 02:01:13 ID:LmBd4KBL
投票数ランキングを兼ねて一応よく挙げられる作品のリストを作ってみました。
投票数2以下の作品に関しては後ほど。
基準として、絶版の場合一番新しいものを選び、
複数収録本がある場合は、なるべく一番安価なものを選びました。
ミスがありましたら申し訳ないです。

23 :名無しのオプ:2005/12/02(金) 15:07:37 ID:7Qw7T34E
「ぼっけぇきょおてえ」角川ホラー文庫に一票

24 :名無しのオプ:2005/12/11(日) 20:23:40 ID:h4Ddhyfz
>>22
亀だがおつ〜!かなり探しやすい。

25 :名無し物書き@推敲中?:2005/12/11(日) 22:36:45 ID:d1F+5XB1
g

26 :名無しのオプ:2005/12/12(月) 13:06:19 ID:83Nu/fRm
「ホラー作家の棲む家」三津田信三(講談社ノベルズ)。

結構こわい。

27 :名無しのオプ:2005/12/12(月) 14:11:39 ID:yTNd9JG8
集計乙です。
とりあえず「墓地を見下ろす家」を読もうか・・・・。

28 :名無しのオプ:2005/12/12(月) 20:40:32 ID:OV4cIKKK
やっぱり
「墓地を見おろす家」
「メドゥサ、鏡をごらん」
この2作品。
前の家のトイレは戸の向かい側に鏡があって
「メドゥサ」読んだあと、ただでさえガクブルでトイレに行ったのに
出た時に無意識で鏡に目がいってしまって、心臓が一瞬止まった。

あと、全然そういう類の小説じゃないのにすっごく恐かったのは
東野圭吾の「むかし僕が死んだ家」
家そのものが・・・だったなんて (((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル

29 :名無しのオプ:2005/12/26(月) 19:01:39 ID:HqF3ClGX
夏の厄災はモスキートパニックって小説と内容がほぼ同じだった。パクりとかではないと思うけど

30 :名無しのオプ:2005/12/31(土) 00:38:56 ID:5aEyBEH9
「暗い森の少女」. ジョン・ソール

31 :名無しのオプ:2006/01/02(月) 00:33:50 ID:dbCYEqfX
やっぱり「黒い家」貴志祐介。
読了後動くのが怖くなり数分ほどその場で((((;゚Д゚)))ガクガクブルブル した挙句
その夜は弟の部屋で寝た。
兄のコケンとかもうどうでもよかった。

32 :名無しのオプ:2006/01/04(水) 23:51:15 ID:rP8TaYZ0
乙一の天帝妖弧は切ない。

33 :名無しのオプ:2006/01/05(木) 00:06:01 ID:xZsMAcpq
貴志祐介なら「天使の囀り」の方が怖くね?

34 :knife:2006/01/05(木) 00:51:44 ID:GyyCZuwr
初めまして。
俺は「Goth」(乙一)がおすすめです。怖いというかグロいものですけど

35 :名無しのオプ:2006/01/05(木) 09:13:01 ID:X+v6oRSX
>>10
禿同。俺も初めて読んだのがそれで読んでしまったのを後悔した。それほどショッキングだった。怖くて暫らく欝だったよ(((;゚Д゚)))

36 :名無しのオプ:2006/01/07(土) 01:57:48 ID:kDWAw5vU
中島らもの『人体模型の夜』


37 :名無しのオプ:2006/01/09(月) 11:49:25 ID:X/HwwoRo
「暗い森の少女」ジョン・ソール
これすごーく後味悪かった。学生時代に読んだけど
最後まで読み通すのが辛かったし、救いがないのがいやだった。

今読めばそうでもないのかもだけど、当時は眠れなくなった。


38 :名無しのオプ:2006/01/09(月) 14:57:23 ID:jh+OfBhV
久しぶりに見たな、ジョン・ソールの名前
「暗い森の少女」は怖かった。鬱になるには最高の本だねw
当時、大学の心理学の授業のテキストにも使われてたとかなんとか



39 :名無しのオプ:2006/01/12(木) 00:30:25 ID:00avfWoA
みんなはオカ板とか行く?
洒落怖の師匠シリーズとか良くね

40 :名無しのオプ:2006/01/12(木) 15:32:41 ID:1zo4v45B
綾辻の「ハッピーバースデー」(タイトルうろ覚え)
始めの数ページを読んで予想したプロットが細部まで合致してて
「あぁ…こんなんばっか読んでたら、ついに俺もそういう人種になったか」
と欝になった

41 :名無しのオプ:2006/01/14(土) 14:40:58 ID:DMt+MZ9w
「ぼっけぇきょおてえ」って怖くないん?
いずれ読もうと思っていたのだが

42 :名無しのオプ:2006/01/14(土) 19:08:21 ID:0SV/gY7j
全然怖くないから大丈夫。

43 :名無しのオプ:2006/01/14(土) 19:39:53 ID:CSk2Z+nu
「殺戮にいたる病」これは、怖いとゆうより気持ち悪い

44 :名無しのオプ:2006/01/14(土) 20:29:30 ID:A6GNSAAs
「鬱になるミステリ」スレでも同じようなこと言われとったな

45 :名無しのオプ:2006/01/14(土) 23:10:11 ID:PQsG0F8l
>>43
ナイナイの岡村もそれ読んだって言ってた

46 :名無しのオプ:2006/01/14(土) 23:29:36 ID:gjBOLs81
黒い家読んだ。

これと似たようなのが隣に住んでる件について...

47 :名無しのオプ:2006/01/14(土) 23:31:16 ID:mXO+qEvr
>>45
(´・∀・`)ヘー意外だな
感想は何て言ってた?

48 :名無しのオプ:2006/01/15(日) 00:25:03 ID:PivkJPCl
俺は綾辻の殺人鬼1・2が生理的に駄目・・・。


49 :名無しのオプ:2006/01/15(日) 00:55:23 ID:nHIX6QkY
1が駄目な時点で2は読むなよw

50 :名無しのオプ:2006/01/15(日) 01:07:09 ID:owL+TOV5
竹本健司の作品ってなんかすごい不気味でどんよりしてる
閉じ箱は大好きな作品です

51 :名無しのオプ:2006/01/15(日) 01:10:34 ID:Fh0OSbFu
>>45
アンガの田中なら雑誌で挙げてたけど

52 :名無しのオプ:2006/01/15(日) 01:25:27 ID:nST902dV
貴志佑介で一番恐いのは「クリムゾンの迷宮」
他のは売っちゃったけど、これはまだ持ってる。

53 :名無しのオプ:2006/01/15(日) 16:43:01 ID:yrSbYEFh
「殺戮」は、トリックがわかった後に怖さがくる。。。

戸梶の『自殺自由法』。怖いというより鬱になりそう。

54 :名無しのオプ:2006/01/15(日) 21:18:14 ID:u23W9ZKZ
坂東真砂子の正月女、読了
たしかにこりゃ怖い
オチがちょっとしたどんでん返しなのも良かった

55 :名無しのオプ:2006/01/16(月) 00:17:24 ID:6SoaDfRd
黒い家を買ってみた。2ちゃんねるを参考に本を買うのは初めて。
楽しみです。


56 :名無しのオプ:2006/01/16(月) 01:24:20 ID:V5ItQI/X

個人的にお薦めだよ
映画以上に怖かった

57 :名無しのオプ:2006/01/16(月) 06:18:31 ID:pyqCReSl
クリムゾンの迷宮がすげー怖かった。鳥肌立った。
やっぱりその夜は震えながら眠った。
あと小説じゃないけどカイジの@〜Dも怖かった。
D巻のエスポワールでの仲間の裏切りが怖くて怖くて。

58 :名無しのオプ:2006/01/16(月) 07:05:36 ID:FnBBGjTK
このスレの前スレか似たようなスレに書いてあった小説のことでお聞きしたいんですが
たぶん海外の作品で、海岸(海水浴場が見えたかも)を車で走ってたら(たぶん昼間)…みたいな内容で始まるやつがあったと思うんです。漠然としか覚えてないんですけど、わかる方いませんか?

59 :名無しのオプ:2006/01/16(月) 08:45:21 ID:Ru8zH3zp
篠田節子のハルモニアはそんな感じの始まりだった気がするがまあ違うだろうな

60 :名無しのオプ:2006/01/16(月) 10:00:15 ID:jzn9vJAP
>>58
それだけじゃ判らないですが、「めちゃくちゃ怖い」というスレタイ
に沿ったところなら、
R・マシスン「レミング」(「13のショック」収録)
J・G・バラード「爬虫類圏」(「溺れた巨人」?収録)
ぐらいしか思いつかんです・・・。

61 :名無しのオプ:2006/01/16(月) 13:46:45 ID:FnBBGjTK
ありがとうございます。バラードの爬虫類園で間違いないと思います。
絶版みたいなのでブックオフさがします

62 :名無しのオプ:2006/01/16(月) 14:18:46 ID:RAnZ5R+F
ウェイクフィールドのゴーストハントが怖かった。
長編だとドストエフスキーの白痴を高校時代に
読んだ時に何故か分からんが無性に怖かった。
日本だと橘外男の蒲団。

63 :名無しのオプ:2006/01/16(月) 21:40:45 ID:Qd0Nq8qM
メドゥサは怖かったな〜。

64 :名無しのオプ:2006/01/20(金) 21:36:02 ID:FNTzrv1V
【ぼっけえ、きょうてえ】三池崇史監督の新作、米国で放映中止に
http://news19.2ch.net/test/read.cgi/news/1137759107/

65 :名無しのオプ:2006/01/21(土) 12:38:21 ID:nWQmPyTg
>>43
同意

怖い≠気分が悪くなる
「黒い家」
「殺戮に至る病」

66 :名無しのオプ:2006/01/21(土) 13:24:09 ID:qs0Jl00N
小説じゃないが真に怖いのは
20世紀少年に書かれてることが実際に起ころうとしていること

67 :名無しのオプ:2006/01/21(土) 16:14:39 ID:QYwPJBou
いや、黒い家は怖いだろ

68 :名無しのオプ:2006/01/21(土) 16:28:28 ID:c/jTSfMY
黒い家は普通に怖いし、精神的なグロさも感じたよ
天使の囀りは怖くはないが、かなり直接的なグロ描写されてたから、想像したらちょっと気持ち悪くなったな

69 :名無しのオプ:2006/01/22(日) 12:23:46 ID:21A1U4Xm
このスレでメドゥサ知って読んだけどめっちゃ面白いな
こんなに先が気になる小説読んだの久々

70 :名無しのオプ:2006/01/24(火) 15:00:47 ID:LQNs8WPH
メドルさじは消化不良じゃない?結局あれなのか、て思う


あと映画だけど輪廻見たよ。今までのホラー映画と違うなって思った。あれ怖い

71 :名無しのオプ:2006/01/24(火) 15:54:37 ID:FpIzkvnU
メドゥサは消化不良じゃない?の間違い

72 :名無しのオプ:2006/01/24(火) 17:11:28 ID:POObXjnk
黒い家はなんつーか生理的に怖いっつーか不快っつーか不気味っつーか
とにかく嫌な気分にさせてくれるな

>>70
あのオチはちょっとな
そこに至るまでは凄く良いんだけど

73 :名無しのオプ:2006/01/24(火) 17:36:56 ID:s0hEDO2F
ぼっけえきょうてえを三池崇史が映像化した
アメリカのオムニバスホラードラマ、恐すぎて放送中止だって。

単独でDVD発売するらしいが、原作にかなり興味湧いた。

74 :名無しのオプ:2006/01/24(火) 21:45:54 ID:aijVUR2H
ぼっけえきょうてえより岩井志麻子の方が
遥かに怖い


75 :名無しのオプ:2006/01/24(火) 22:31:09 ID:y3obNyzQ
岩井志麻子本人は反則だろ

76 :名無しのオプ:2006/01/25(水) 01:04:01 ID:o0jCzvPl
幽霊・心霊ものではなくグロでもない
それでお奨めはありますか?


77 :名無しのオプ:2006/01/25(水) 01:32:50 ID:fL/EZv5x
>>74-75
ワロス

78 :名無しのオプ:2006/01/27(金) 00:23:10 ID:xS1CwjWf
>>76
乾くるみの「イニシエーション・ラブ」

79 :名無しのオプ:2006/01/27(金) 00:59:19 ID:IkFWXAuC
「メドゥサ、鏡をごらん」読了
正直、個人的に納得のいく落ちではなかった
不条理系は趣味じゃないんだよなぁ・・・(映画でもそうだし
でも、かなり怖かった
中盤辺りは読んでて先を読むのが怖いくらいだった
俺が今まで読んだり見たりしたホラー作品の中で、怖さだけならトップクラスかな

80 :名無しのオプ:2006/01/27(金) 13:58:50 ID:1ex4SZUd
>>78
ありがとう参考にします

81 :名無しのオプ:2006/01/27(金) 14:04:35 ID:1AvZGFfh
漱石『夢十夜』の「第三夜」

82 :名無しのオプ:2006/01/27(金) 14:37:58 ID:y+70tDYx
ほぇ。やっぱり、オススメはメドゥサですかい?
買おうかな〜

83 :名無しのオプ:2006/01/28(土) 09:47:32 ID:ZJSzSDXa
>>76
上位リストにも入ってるけど小林泰三「酔歩する男」
ただSFを読まない人にはつらいかも。
因みに表題作の方は多少グロいので注意。

84 :名無しのオプ:2006/01/30(月) 00:24:38 ID:cIMDcybL
>>20にある「怪の標本」を読んだけど、大した事なかった
都市伝説や怪談を集めたレポートみたいな感じで、物語としての形になってないのはちょっと頂けないな

85 :名無しのオプ:2006/01/30(月) 22:00:28 ID:NCmjiDgg
黒い家が全然怖くなかった…
肉般若やG県厨を予め知ってたからかな

86 :名無しのオプ:2006/01/31(火) 01:58:57 ID:yhutCSXb
「黒い家」で唯一怖かったのは、指切り族についてだけだった
前に筑豊スレで引いた記憶がある
G県厨って親父がリアル厨房で娘がメンヘルだったけか

87 :名無しのオプ:2006/02/01(水) 12:28:23 ID:HTei4Ih5
どうやら綾辻の「殺人鬼」「殺人鬼U」の評価が低いようでよかったです。
アレは、ただ「グロイ」「キモイ」だけで怖いとは違いますよね

ここでは出てないようなのですが
私は景山民夫の「ボルネオホテル」が何とも言えず怖かったです。
著者は「遠い海からきたCoo」や冒険小説、数々のエッセイが有名なので
あまり知られていないのかもと思い紹介まで・・・

88 :名無しのオプ:2006/02/02(木) 00:02:31 ID:QrP9bgoW
篠田節子「神鳥」を読了
正直、中盤までは怖くない
それどころか、どこが面白いのかとさえ思った
準主人公の男の軽いキャラクタが怖さを妨げているような気もした
しかし、クライマックスからオチにかけてが凄い
読んでて、生々しい情景が想像できてホントに怖かった
まさに鳥肌が立った感じ
間髪入れずに「夏の災厄」を読もう

89 :名無しのオプ:2006/02/02(木) 03:25:48 ID:gl+OWrYC
ボルネオホテル?あれ、ギャグとしか読めない
特に某団体のことがでてくるとこなんかwwwwwww

1回読んですぐ古本屋に売った

90 :名無しのオプ:2006/02/02(木) 09:54:21 ID:Xzeu7yBu
>>89
こっそり同意

91 :名無しのオプ:2006/02/02(木) 17:10:27 ID:NuSJmWMc
>>88
同意!!
この小説読んでから、「あれ」がテレビなんかに映ると
ぎょえ〜〜〜と震えてしまう・・・

92 :名無しのオプ:2006/02/08(水) 12:09:31 ID:/Tyuj+SN
加門七海の203号室や、真理とかはだめですか?
個人的にとてもお薦めなんですが・・・
人間というか、女は怖いよなぁって感じす。
黒い家も読みましたが、上記2作の方が断然怖かったです。



93 :名無しのオプ:2006/02/08(水) 17:02:08 ID:37Fe9Dmv
>>92
真理はそうも思わなかったけど、203号室はなかなか厭な感じだった
一人暮らしの頃読んだらさらに怖さを感じたかも

女から見た女の怖さと、男から見た女の怖さは違うよね
女性作家は人間としての怖さを描こうとするけど
男性作家は女性の怖さを描こうとする場合、往々にして化物として描いてる希ガス





94 :名無し物書き@推敲中?:2006/02/16(木) 12:37:54 ID:ImpfZyxr
グロでもない

95 :名無しのオプ:2006/02/16(木) 20:49:03 ID:DK+/8xAy
昔々、親が山の方へピクニックをしに行きまし た。
そのときに僕はまだお母さんのお腹から出てこなかったです。
二人が凄いきれいな所見つけれました 。車を止まてランチを食べてはじまったんです。
けどお母さんはサンドィチを食べたときにおおかみの泣き声が聞こえました。びっくりした。
わかっているでしょう?オオカミが百年まえもうぜ んぶなくなりました、日本は。
じゃー、急におかあさんがお腹が痛くなりました、なぜなら僕おおかみをきこえました。
おかあさんが大きいな声でさけんだ、”あああああああ、”そして、ぼくを出ししました!
おとうさんの目メロンみたい大きくなりました。信じられなかた。
本当に僕はとてもみにくかった赤ちゃんでした。ふたりは困っていた。
こんなに嫌な顔は自分たちからきたをみとめたくなかったです。
他の理由は、全体に毛をついていた。人間じゃないでした 。


96 :名無しのオプ:2006/02/16(木) 21:02:00 ID:uwTSDEKj
1行目だけ読んだ

97 :名無しのオプ:2006/02/16(木) 21:06:32 ID:qaBkVeJm
人間じゃないでした 。 まで読んだ

98 :名無しのオプ:2006/02/16(木) 21:37:05 ID:iT/hQGLc
>>97
全部読んだんじゃねーか!

99 :sage:2006/02/17(金) 00:45:26 ID:a/qRysMt
>>95
文章が怖い

100 :名無しのオプ:2006/02/17(金) 00:56:46 ID:lAbzYw0a
怖いっつーか、悲しくて後味が悪すぎるのが
宮部みゆきの「模倣犯」だね。
未だに、この作品によって植えつけられた
トラウマを克服できない・・。

101 :名無しのオプ:2006/02/17(金) 03:31:00 ID:tf7mZL9F
宮部みゆきは最初に蒲生〜読んでドン引きした。
それ以来読んでないけど、模倣犯は評判良さそうだね。
今度トライしよっかなぁ。

102 :名無しのオプ:2006/02/17(金) 04:23:46 ID:5gmJaoVR
>>101
参考
http://book3.2ch.net/test/read.cgi/mystery/1135729904/556
まあスレ違いだが

103 :101:2006/02/17(金) 05:17:59 ID:tf7mZL9F
>>102
サンキュー!
模倣犯より蒲生邸の方が上なんだね。。。
やっぱり宮部は相性が悪いのかなぁ。。。

104 :95:2006/02/17(金) 21:05:27 ID:2LzjL1pP
だから、親に橋の下に捨てられた。
だけど、夜中になて、なんか顔にぬれたペロペロを感じた。
おおかみさんだっ!来たまえに、とても怖かっ たし、お腹がついていたしさびしかったです。
心が元気なってうれしくなりました。じぶんの家族にな ました。
五匹兄弟いました。
まいにちまいにちみんながお母さんのおっぱいをゴックゴックたくさん飲みました。
今はいつでも万月を見るたびに、僕は家の屋根の方へえあがって
”あああううううううう、”をします
だけどお返事はこない。また淋しくなりました。

迷惑でなければ毎日行進しますよ!

105 :名無しのオプ:2006/02/17(金) 21:09:07 ID:dbI1y0yV
半年ROMって日本語覚えてからにしろ。

106 :名無しのオプ:2006/02/17(金) 21:17:34 ID:5gmJaoVR
迷惑この上ないけどな

107 :名無しのオプ:2006/02/17(金) 21:59:50 ID:r+z8w2LN
江戸川乱歩「芋虫」
最後のある音がリアルに聞こえる…

108 :名無しのオプ:2006/02/18(土) 01:34:26 ID:VqHconhr
>>107
やめてくれ…。自分あれトラウマになったんだからorz

109 :名無しのオプ:2006/02/19(日) 21:48:01 ID:Ka1E3N5m
乙@のリストカットは読んだけど
なんか怖いってか薄い感じがした。
内容うすいなぁ〜って思った。
こういうのが今はうけるのかな?

110 :名無しのオプ:2006/02/19(日) 22:31:28 ID:WzeebGQl
乙一とか山田とかの読者層は10代後半あたりかな
とてもおっさんが読むものではない

111 :名無しのオプ:2006/02/20(月) 21:26:04 ID:MxfKostI
なるほど。そのとおりかも。

112 :名無しのオプ:2006/02/20(月) 21:39:20 ID:i9syz3ak
>>110
西尾維新とかいう奴もな
山田も西尾も読んだことないけど(乙一は何冊か読んだ

113 :名無しのオプ:2006/02/20(月) 21:40:12 ID:76ALl7Bt
トボン
ぽとり

114 :名無しのオプ:2006/02/24(金) 15:34:49 ID:GMWw0cqb
乙一のリストカットはキャラ萌えとか叙述推理で読むべきでしょ。
ぜひ他の本も読んで欲しいが…夏と花火は怖いっつーよりサスペンスかもしれない

115 :名無しのオプ:2006/02/24(金) 18:04:03 ID:MOR/apny
GOTHの叙述トリックは下手くそだな
キャラ萌えったって安易に主人公を不可解なヤツに設定してるだけだし・・・
他には「ZOO」「暗いところで待ち合わせ」「夏と花火とわたしの死体」読んだけど
もういいやって感じだった
あ、「ZOO」の「冷たい森の白い家」(だっけ?)だけは良かった

116 :名無しのオプ:2006/02/26(日) 18:48:16 ID:gJXg+Ev/
>>115 
「白い家」はぶっ飛んでるからね〜
自分は「ZOO」内なら「神の言葉」が一番おもしろかったかな。

五十嵐の「リカ」は怖かった。。。ちょい前にドラマもしてた。

117 :名無しのオプ:2006/02/27(月) 02:54:33 ID:j6uyf28b
「神の言葉」ってドラえもんの「独裁スイッチ」みたいな話だと思った

118 :名無しのオプ:2006/03/04(土) 17:42:12 ID:zfC+3a18
独裁スイッチは怖い。「何かいる怖さ」ではなく「何もいない怖さ」っていう、
目に見えない精神的に来る怖さを、明るくほのぼのと描き上げちゃう藤子F超怖い。
ミュータントの奴と並んでトラウマ。

119 :名無しのオプ:2006/03/08(水) 00:29:57 ID:A0BAIS85
このスレを参考に「神鳥」を読んだけど、怖くはなかったな。
主人公達のやりとりは割と好きだが。

120 :名無しのオプ:2006/03/12(日) 03:37:17 ID:thMD2h/L
>>22
投票数2以下の作品は?

121 :名無しのオプ:2006/03/13(月) 03:49:43 ID:na25dmUu
高橋克彦「陶の家」がやけに恐い

122 :名無しのオプ:2006/03/16(木) 01:21:32 ID:ZK4sm3L5
酔歩がちんぷんかんぷんなパーの俺に怖さのポイントを教えて下さい

123 :名無しのオプ:2006/03/16(木) 01:50:52 ID:Z9PhlpjW
波動関数を再発散させない能力を持ってないことに気づいちゃった主人公と
タイプスリップしたくないのにし続けてしまう親友の悲惨さ
悲劇の原因とも悲劇の結果生まれたともいえるテコナの不気味さ
単純に怖いとこはこんな感じか?


124 :名無しのオプ:2006/03/16(木) 08:32:46 ID:l5WGVo2g
角川ホラー文庫の「ベイビーメール」「チェーンレター」「相続人」が気に
なってるんですけど、面白いのあります!?

125 :名無しのオプ:2006/03/16(木) 12:36:01 ID:Q3pBsISV
ベイビーメールは最強

126 :名無しのオプ:2006/03/16(木) 20:40:43 ID:hAyOxISA
ああ、リアル鬼ごっこの彼かw

127 :名無しのオプ:2006/03/18(土) 03:49:32 ID:cANc4LvW
>>124
読み手の言語感覚を狂わせる・・・ある意味、新感覚ホラー。

128 :名無しのオプ:2006/03/20(月) 00:00:53 ID:GIDp6C7l
貴志作の”黒い家”は知ってるけど”白い家”なんてのもあるのか!

129 :名無しのオプ:2006/03/20(月) 17:32:06 ID:mEQJPDii
佐藤ラギの「人形」。
表紙の綺麗さにひかれて手を出したら((゜ロ゜;))グ、グロい…!
読後暫く放心しました。乳首イテテ


130 :名無しのオプ:2006/03/20(月) 18:55:26 ID:+yL1FaM1
さっき学校の図書館で読んだなんとか(ハルキ??)
ホラー文庫の『つきあってはいけない』、
マジで怖くなった・・・

131 :名無しのオプ:2006/03/20(月) 23:10:01 ID:uXMmx9aa
綾辻の殺人鬼は怖かったってよりグロかった。
それより六角館の殺人が微妙に怖くて
2〜3日は顔洗う時やけに背中がゾクゾクした。

132 :名無しのオプ:2006/03/20(月) 23:19:05 ID:38h8xIPZ
六角?

133 :名無しのオプ:2006/03/21(火) 08:10:41 ID:Mhlaj2aM
グロくないやつが良い

134 :名無しのオプ:2006/03/21(火) 09:41:39 ID:sriZnjAs
>>132

十角?

135 :名無しのオプ:2006/03/21(火) 10:58:43 ID:JQsEFllE
あんな館あるわけない。

136 :名無しのオプ:2006/03/22(水) 00:06:29 ID:C2bPaHW9
六角堂という、心霊スポットがあるという話は聞いた事があるが。

137 :名無しのオプ:2006/03/24(金) 01:36:50 ID:6MvC3Qj+
「酔歩する男」はマチガイナイ。
井上さんって元岡島二人さんやったんですね。
知らんかった

138 :名無しのオプ:2006/03/30(木) 15:09:19 ID:ngRRb8O1
『野生の証明』
始めとラストがかなり恐い。冷たく暗い感じの小説。


139 :名無しのオプ:2006/04/04(火) 16:57:11 ID:GKQvSSLA
「隣の家の少女」ってのは怖いっていうか残酷じゃない?
本屋でパラパラっと立ち読みしてきたけど、虐待とか自分には耐性なさそうなのでやめました。
かわりにメドゥサ買ってきたど〜。

140 :名無しのオプ:2006/04/04(火) 17:32:01 ID:zsQvV31W
>>129
あれはいいな。
確かに読むと乳首が痛くなるwww

141 :名無しのオプ:2006/04/04(火) 22:45:00 ID:o3FJ49pr
>>138
野性の証明は恐いというか・・・

味沢カワイソすぎ。

142 :名無しのオプ:2006/04/06(木) 00:42:51 ID:udm5SVGp
読んだときは怖くも何ともなかったんだが、
二階堂の「人狼城の恐怖」が夢に出てきたときは焦った。

夢の中で俺はドイツ編の主人公になりきっていて、しかも終盤。
小説のネタバレになるからどんな夢かは書かないが、
起きたときはマジで汗びっしょりでした。

143 :フリーマントル:2006/04/07(金) 05:50:32 ID:M2M9MS6q
小林泰三[酔歩する男・兆]F・ポール・ウィルスン[闇から生まれた女]ディビッド・マレル[オレンジは苦悩ブルーは狂気]


144 :名無しのオプ:2006/04/13(木) 02:36:15 ID:5li/Htw2
浦賀和宏の『彼女は存在しない』。
怖いというか、読後半月ほど鬱になりました。


145 :名無しのオプ:2006/04/14(金) 20:14:40 ID:byOQQ836
ホラー小説のオールタイムベストでも決めませんか?
http://book3.2ch.net/test/read.cgi/sf/1112431166/

146 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/25(火) 13:54:36 ID:9uIWtCqp
チャンス

147 :名無しのオプ:2006/05/14(日) 14:06:08 ID:DgU1ZhQX
井上夢人のメドゥサ・・・は評判通りの怖さだった
リングを読んだ時の遣り切れなさに似てる
吉村達也のビンゴ、オチまでは周囲を見渡しながら読んでた
夜中に読むと怖過ぎる
大石圭の死者の体温、1303号室は読み終えたばかりだけど買う程の小説ではない
と思う
処刑列車はまだ途中だけど面白いと思う

148 :名無しのオプ:2006/05/19(金) 17:49:17 ID:5g8P4KeP


149 :名無しのオプ:2006/05/19(金) 18:45:47 ID:dSIQrdZ8
天使の囀り最強。
いろんな意味で怖い…

あの民族の話を翻訳した文とかもう鳥肌が

150 :名無しのオプ:2006/05/20(土) 00:11:37 ID:xDXpQnRf
昔潰れた『幻想文学』に乗ってた加藤幹也「かごめ魍魎」がぎば怖かった。
ぐぐったら近年秋里光彦名義で『十月のカーニヴァル―異形コレクション綺賓館〈1〉』
(カッパノベルス)に入ってる。例のかごめ歌を巡る童話調なんだが、最後あたりで
ぞわーとくる。

151 :マリ:2006/05/20(土) 16:18:13 ID:sZbOc71U
インザミソスープ…村上龍。昔よんで最後とかよく覚えてませんが恐くて恐くて一気に読んだ記憶があります。知ってる方いますか?

152 :名無しのオプ:2006/05/22(月) 16:58:46 ID:rZBt3khR
牧野修の「傀儡后」
何か怖かった

153 :名無しのオプ:2006/05/22(月) 17:21:34 ID:it1Ra/xh
今度映画化されるミズチって誰か読んでない?
なんか本屋にたくさん積んであったうえ分厚くて読み応えありそうだから迷ってるんだけど

154 :名無しのオプ:2006/05/22(月) 20:02:39 ID:ixwyByus
ラノベだけど「Missing」
ミステリ好きでも楽しめると思う。
本多孝好の「MISSING」とは別モノ。


155 :名無しのオプ:2006/05/22(月) 21:05:31 ID:XSnE4BZS
篠田節子の神鳥。
身震いしたのは久々だったよ。

156 :名無しのオプ:2006/05/22(月) 23:07:25 ID:ustl6F3f
新津きよみの「女友達」

女として主人公の気持ちが痛いほど分かるだけにリアルだった

157 :名無しのオプ:2006/05/23(火) 02:39:39 ID:KW+EoGka
>>153
田中啓文『水霊』ね。おれは面白かったよ、怖いっつーよりも。
ただ映画はかなり違うという噂だがどうなんだろ?

158 :名無しのオプ:2006/05/23(火) 10:24:17 ID:+EKnPZ5B
>>157
OK読んでみる
サンクス

159 :名無しのオプ:2006/05/23(火) 17:50:31 ID:Dutm4vAx
図書館で借りた赤川次郎の三毛猫ホームズ。
殺人事件が■人事件になってたり、
死体が■体になってたりして、
塗りつぶした香具師の精神状態を考えると背筋に悪寒が奔る。
おすすめ。

160 :名無しのオプ:2006/05/23(火) 18:16:02 ID:7fmUUV+d
こんなネタを自身持って書き込むお前のほうが怖い

161 :名無しのオプ:2006/05/23(火) 20:40:29 ID:Ck3jIkcm
■には艶が入ると思う俺ガイル

162 :名無しのオプ:2006/05/24(水) 08:22:42 ID:dKCMn0rF
>>160
じゃあ俺はお前が怖い

163 :名無しのオプ:2006/05/24(水) 17:12:36 ID:v5iUaNJs
>>139
自分は怖かったなぁ。
善良に見えた隣人の裏の顔というか
日常で起こっている狂気の世界が何とも…

メル欄→のとこが自分にはきつかった。
一番残酷なのは…かもね。

しかし、これがケッチャム初作品だったんだけど
他の本も怖そうだ…こんな本書いちゃう
ケッチャム自身の方が怖いかも。




164 :名無しのオプ:2006/05/24(水) 22:26:07 ID:OiTBi7NA
>163


165 :名無しのオプ:2006/05/25(木) 18:12:03 ID:5EBX/v6L
「隣の家の少女」皆の感想見てると読むべきか、読まざるべきか
めちゃくちゃ悩む。

166 :名無しのオプ:2006/05/25(木) 19:42:58 ID:wFt31Koz
迷ってんなら読め

まあコンクリとか栃木イジメとかその手のを隣人一家がやってる話

167 :名無しのオプ:2006/05/25(木) 23:23:11 ID:hAXUnSuY
後味は、おもいっきり悪いよね

168 :名無しのオプ:2006/05/26(金) 00:04:31 ID:oGACmliP
正直自分は濡れた

169 :名無しのオプ:2006/05/26(金) 00:31:19 ID:jaUyGISl
先に「茜の悲劇」読んでたから「隣の家の少女」はそれほどでもなかった

170 :名無しのオプ:2006/05/26(金) 05:43:08 ID:SSAOIjfd
>>168
失禁しちまったのか?

171 :名無しのオプ:2006/05/26(金) 20:00:29 ID:40f3Vy5l
>>164
そうか、俺が一番怖いって事か


172 :名無しのオプ:2006/05/27(土) 01:22:15 ID:exGanGNY
「オンリー・チャイルド」の方が結末はひどくないか?
まぁ、「隣の家の少女」は暴力描写が多くて全編通して気分悪いけど。
ケッチャム作品なら「老人と犬」の老人が超人的な粘着ぶりで恐ろしいとも思う。

173 :名無しのオプ:2006/05/28(日) 17:02:42 ID:EfT7pxh1
殺戮に至る病半分読んだ
胸糞悪くなった
ラストが気になるので続きも頑張る

174 :名無しのオプ:2006/05/29(月) 15:10:07 ID:JRBbrEWD
殺戮は怖いって言うよりも気持ち悪!って思った。
>>173の言うとおり胸糞悪いわ。
胃がムカムカするって言うかね。

175 :名無しのオプ:2006/05/29(月) 18:31:03 ID:FNzJkA5o
赤江瀑の「海贄考」。「日本怪奇小説傑作集3」で読んだ。
最後に「作者のあとがき」っていうのがついてるんだけど、
それを読んで鳥肌が立ちました。

176 :名無しのオプ:2006/05/30(火) 00:02:22 ID:B51afIBG
>>175
あとがきにより、話の見方が変わるという構成が素晴らしかった。


177 :名無しのオプ:2006/05/31(水) 23:34:16 ID:7bvXGNzm
>>そうそう。有名な「くだんのはは」や「箪笥」も収録されてるけど、
こっちのほうが怖かった。

178 :名無しのオプ:2006/06/09(金) 00:15:14 ID:cZuMKCA7
「×ゲーム」と「親指探し」がグロ怖い
あと[白いメリーさん]とかも面白い

179 :名無しのオプ:2006/06/10(土) 13:25:56 ID:OgWfJsV2
あげです

180 :名無しのオプ:2006/06/10(土) 13:54:49 ID:F7TVkxq8
あげですか

181 :名無しのオプ:2006/06/11(日) 16:48:30 ID:8YABrxpl
黒い家今読んでるけど
徐々に怖くなってくるんですか?
なんだか全く怖くないんですorz
殺戮に至る病はグロかった.......
もう読めない

182 :名無しのオプ:2006/06/11(日) 18:26:54 ID:0Yhg9uW2
黒い家は怖いっつーか生理的な嫌悪感を感じる

183 :名無しのオプ:2006/06/12(月) 00:48:46 ID:5DM/QFmX
殺戮に至る病、はまりすぎて読むのを止められず、
ごはん食べながら読んでいました。
グログロの箇所も。
おかしいでしょうか。


184 :名無しのオプ:2006/06/12(月) 02:38:09 ID:cawJu3f4
いーんでない?
殺戮が我孫子さんから生まれた
作りものの話だって分かってればさ

185 :名無しのオプ:2006/06/12(月) 08:05:40 ID:SikdMd4U
新田次郎の「八甲田山死の彷徨」が怖かった。
妙にテンション上がってありえない命令を出す上官とか
体力消耗と寒さのあまりに錯乱して
みんなで裸になって川に飛び込んじゃうシーンとか。

普通に山岳小説/記録小説だと思って読んだんだけど
私にとっては結構サイコホラーだった。

186 :名無しのオプ:2006/06/12(月) 11:22:20 ID:zvfVeueD
>183
今度エリスの「アメリカンサイコ」読んでみて

187 :名無しのオプ:2006/06/13(火) 01:19:33 ID:EdOtzj20
小さい頃、「驚異の大自然」的な本を読んで、「軍隊アリは大きな牛でさえ30分ほどで白骨にしてしまいます」
的な記述にトラウマがある人は西村寿行『滅びの笛』を読んでくれ。きついよ〜

この手の「大発生」型ホラーって細々と需要があるのか映画でも小説でもたまに出てくるね。

188 :名無しのオプ:2006/06/13(火) 01:28:03 ID:Fni9fhBU
>>185
あれ、夏に読んだけどほんと涼しくなれたよw
それがまた怖かったりする

>>187
J・ハーバートの「鼠」はその手のホラーの傑作みたいに言われるけど
ネズミの大群の恐ろしさと、極限状態での人間の醜さの描写まで含めて
西村寿行の方がキツいわな

189 :名無しのオプ:2006/06/13(火) 18:50:51 ID:RhZrnQJg
滅びの笛って冗長なだけだと思うが

190 :名無しのオプ:2006/06/14(水) 08:15:49 ID:zZdqe0L0
『滅びの宴』も読んでみてね!

191 :名無しのオプ:2006/06/15(木) 20:14:15 ID:kW8/6W8V
乱歩の孤島の鬼が怖かった

192 :名無しのオプ:2006/06/17(土) 16:55:15 ID:LNkLYN6u
ぼっけえきょうてえ読んだけど、怖いというより悲しい話だったな。
主人公いいやつじゃんとか和んじゃったよ。
あまそわいはなかなか怖かった。牛のやつは不気味だった。

193 :名無しのオプ:2006/06/18(日) 01:12:03 ID:v3X3IwKz
>>192
ぼっけえきょうてえ

文庫で買って
読了後すぐ破り捨てた

本を破り捨てたのは
生まれて初めてな漏れ・・


194 :名無しのオプ:2006/06/18(日) 01:48:08 ID:+PGoWtbO
キレやすい餓鬼は漫画読んでろ

195 :名無しのオプ:2006/06/18(日) 02:25:27 ID:uY3lJFgF
きっと>>193は怖くて泣いてしまったのをママに見られて
恥ずかしさのあまり本を破いてしまったんだな







うわー恥ずかしーwwww


196 :名無しのオプ:2006/06/18(日) 09:15:03 ID:WMQ5sHYK
>195
同意だけど無駄に行間あけるなウザ

197 :名無しのオプ:2006/06/20(火) 04:30:14 ID:DfdYaNyj
乙一のGOTHがよかったです

GOTHっぽい作品でおすすめありませんか?

198 :名無しのオプ:2006/06/20(火) 17:08:22 ID:PLyLE81w
>>192あれはじわじわくる。読み返したら余計文の引っかけや言葉の含みに気づいて、怖い。読後しばらくは自分の周りにある空気が妙に重かった…

199 :名無しのオプ:2006/06/21(水) 16:19:16 ID:MpB8hnm7
>>169
>茜
あんな糞戯言 終わらない夏休みと同等だ

200 :名無しのオプ:2006/06/21(水) 16:28:51 ID:7nwtpFb6
読んだのかよw

201 :名無しのオプ:2006/06/22(木) 22:02:11 ID:VaFrBoZw
夏樹静子?だったかの

陰膳

は怖い。角川ホラー文庫

202 :名無しのオプ:2006/06/22(木) 22:32:54 ID:AtkMRG7t
夏樹静子本人の短編集だと「あしたの貌(徳間文庫)」に収録
現在入手可

203 :名無しのオプ:2006/06/23(金) 03:05:50 ID:6/c4E5s6
>>197めちゃ同感!今でも細部覚えてる

204 :名無しのオプ:2006/06/23(金) 03:37:54 ID:J7m5a/ye
GOTHって怖いか?
悪いけど全然リアリティ感じなかったよ

205 :名無しのオプ:2006/06/23(金) 06:23:10 ID:Zz+yJR4n
GOTHは主人公の感性が正直『アリエナス』だからなぁ。
漫画版の金網越しのシーンはお気に入りだが。

206 :名無しのオプ:2006/06/23(金) 12:15:08 ID:/JyIGADc
終わらない夏休みは正直どうなのさ?

207 :名無しのオプ:2006/06/23(金) 13:24:52 ID:oZTusANA
ネットに昔あったやつ?
ただのエログロ猟奇ものだよ

208 :名無しのオプ:2006/06/23(金) 17:24:53 ID:DSP9iKE2
岡嶋二人「チョコレートゲーム」
リアルに怖かったな。
浮き彫りになってないだけで、何処かで本当におきてそう。

209 :名無しのオプ:2006/06/30(金) 22:22:37 ID:BYB7ZgZ6
終わらない夏休みが気になってぐぐって見たんだが、
本人のHPが消えて見れない・・・。

どうしても見たいんだが不可能ですかね?

210 :名無しのオプ:2006/06/30(金) 22:53:09 ID:TNtCCOYV
>>209
茜の悲劇なら持ってるけど

211 :名無しのオプ:2006/06/30(金) 23:07:44 ID:BYB7ZgZ6
>>210
それは、「終わらない夏休み」の一遍か何かですか?
何らかの手段でうpしていただけるとありがたいかも。

212 :名無しのオプ:2006/06/30(金) 23:41:09 ID:TNtCCOYV
>>211
いや、全く別の作者がつくったヤツ
>>169>>199あたりで言及されてる
ttp://www.vipper.org/vip282653.mht.html
パスはakane
一応言っとくけどただの猟奇小説なので読む場合は自己責任でどうぞ

213 :名無しのオプ:2006/07/01(土) 00:02:41 ID:BYB7ZgZ6
>>212
サンクス。

というか直前のレスくらい嫁 >俺

214 :名無しのオプ:2006/07/01(土) 10:09:09 ID:0eUZlj/R
メドゥ読了....怖いですね....確かに
今ガクブルで
些細な物音にびくつく私ですが
天使の囀り読もうと思います
一人で耐えれますでしょーか?

215 :209:2006/07/01(土) 12:07:18 ID:DFGamTrH
茜の悲劇読み終わりました。
怖いって言うよりただ痛そうなだけでしたね・・・。
自分には向いてないことを確認 (´+ω+`)

216 :名無しのオプ:2006/07/03(月) 14:03:11 ID:5VTCpA1d
ここで一位だったから読んでみた>墓地を見下ろす家
正直ラスト辺りの雑さで一気に萎えたけど、盛り上がり方は良かった。
理解されない主人公、アンチ超常現象のサブキャラ、霊と交信する子供など、
お約束要素をしっかり消化しながら進んでくれるからすんなり読めた感じ。
ただやっぱラストが雑。(オチはいいんだけど) もったいない。
あとテレビに映ってたのはモジモジ君じゃないの?
ホラーはあんまり読まないって人におすすめしたくなった。

217 :名無しのオプ:2006/07/08(土) 11:44:23 ID:Ng54FOVh
天使の囀り読了。
細かなところは目を見張るものがあるんだけど、大きなところは大雑把のままで、
作者の限界を感じたけど、概ね面白かった。
怖いというよりは、パニックスリラーって感じだった。

218 :名無しのオプ:2006/07/08(土) 11:46:08 ID:LHZ4Feiu
>テレビに映ってたのモジモジ君

本当に作者が意識して書いた部分なら嫌だなw

219 :名無しのオプ:2006/07/17(月) 13:50:00 ID:fp9JrK3i
>>214
天使の囀りは、人が狂っていく恐怖系に弱い人には、すごく怖いと思うよ。
>>215
茜の悲劇、便乗して読んだけど、全然面白くなかったな…。

220 :名無しのオプ:2006/07/17(月) 22:17:59 ID:pS2toGG8
>>219
茜の悲劇が面白いと思う人は超ドSのド変態だから気にするな

221 :名無しのオプ:2006/07/21(金) 00:07:17 ID:mqOD+13T
超ドSというか…
グロならグロでもいいんだけど、そこに至る物語や狂気なんかが全く描かれてないし、
こんな拷問考えつきました、被害者が叫びました、加害者が笑いました、の繰り返しだし。
作者中学生なんじゃなかろうか。

222 :名無しのオプ:2006/07/21(金) 00:13:48 ID:dgpdiIOb
>作者中学生なんじゃなかろうか。
山田悠介のことかw

223 :名無しのオプ:2006/07/21(金) 00:41:01 ID:kddJPNBL
>>221
そもそもストーリー性や文学的価値など最初から志向してないと思うよ
アダルトビデオにストーリーを求めたりしないっしょ?
ああいう描写を喜ぶ性癖を持った人向けに書いただけだと思う
その程度のものだよ

224 :名無しのオプ:2006/07/21(金) 02:29:58 ID:XksWWqSP
拷問のとかグロいの好きで結構読むんだけど、茜は描写が稚拙でツマラン
ストーリー性:なし   
グロ描写:稚拙
こんなだからつまんないのは当然だよね
アレが面白いヒトって、本なんてほとんど読んだことないんじゃないかと



225 :名無しのオプ:2006/07/21(金) 04:29:25 ID:181as46W
素人の投稿小説にそんなに期待してもな

226 :名無しのオプ:2006/07/21(金) 10:11:15 ID:esfUlA9I
だよな
なにムキになって否定してんだw

227 :名無しのオプ:2006/07/22(土) 13:07:38 ID:nra2v0Ca
自分は>221だけど、ここで話題に上るんだしと期待して読んだのが悪かったな。
次はプロの本、隣の家の少女とか読むことにするよ。

228 :名無しのオプ:2006/07/22(土) 16:16:04 ID:ClKusObo
で好きなだけ否定しろよ

229 :名無しのオプ:2006/07/22(土) 22:02:16 ID:jEnerfSs
もうこの話ええやろ

230 :名無しのオプ:2006/07/22(土) 23:51:57 ID:gIM9HYjA
神鳥読了。伏線からきれいにまとまってて面白かった。
やっぱり主人公が生死をかけて逃げ惑うシーンってのは、ドキドキして楽しい。
ラストも絶望だけじゃなくて良かった。

このスレでは見ないけど、夢野久作の短編はどれも怖いな。
そんでそれらを続けて読んで、作者の心理状態を想像するとまた怖い。

231 :名無しのオプ:2006/07/23(日) 17:31:26 ID:/Pddsh9E
正直スプラッタとかこけおどし的なものって怖くないよな。あとリングの二番煎じな怨念系もありきたり。美しくも怖いみたいなのが漏れ的には理想。小川未明とか、内田ひゃっけんとか。

232 :名無しのオプ:2006/07/23(日) 18:56:04 ID:8stzH1f7
友成純一 獣儀式

最強
勃起する

233 :名無しのオプ:2006/07/23(日) 20:20:21 ID:SuC6EENq
それ怖いっていうよりグロいだけだな

234 :名無しのオプ:2006/07/24(月) 01:13:44 ID:SNWsQTOt
>>233
もし、自分が街路樹に串刺しにされることになったら・・・
もし、自分の大切な人と歯抜きの刑をやらされることになったら・・・

想像するだけでたまらんよ

235 :名無しのオプ:2006/07/24(月) 16:17:00 ID:agmQQ9di
串刺し教授

236 :名無しのオプ:2006/07/25(火) 00:06:48 ID:kSACMc2u
グロも度が過ぎるのは読めない自分にとっては、精神的にくるものがいいな。
しかし>232みたいにグロ読んでおっきする人がいるってのは怖い…。

237 :名無しのオプ:2006/07/26(水) 18:03:52 ID:P8LGhKhd
友成の凄いところは、やられる側目線での描写だろう。
極限状態の心理状態とか、読んでいてむず痒くなる。

238 :名無しのオプ:2006/07/26(水) 18:39:36 ID:0p9XM9Ro
でも相手は怪物だからな
ああいうのって怪物そのものは怖いけど
行為自体はあんまり怖くないんだよな
怪物が圧倒的能力をもって人間をいたぶるのは普通に感じる
だからただグロいだけに感じてしまう

239 :名無しのオプ:2006/07/27(木) 00:19:51 ID:EXiurudz
確かに描写はグロいんだけどさ>友成
やられる側の「苦痛」が今一つ希薄な気がするのはオレだけ?

240 :名無しのオプ:2006/07/29(土) 06:08:27 ID:I06ZQR8+
z

241 :名無しのオプ:2006/08/03(木) 05:09:36 ID:VgZWm1vv
友成だったら、淫獣軍団がお勧め
渋谷の東急にテロリストが乱入するやつね
5人のテロリストが客(主に女性客)を人質に取って弄り殺す
その弄り方が尋常じゃない
かなりのエログロだから、そっちが苦手な人は注意

242 :名無しのオプ:2006/08/04(金) 22:37:18 ID:6rzc3ZdV
ここで挙がっててずっと気になってた
F・ブラウン「真っ白な嘘」をブッコフ105円で見つけて
ようやくゲットしたぜ!今夜読む!

243 :名無しのオプ:2006/08/12(土) 00:17:31 ID:5ky9WF4x
平山夢明の本て読む価値ある?
協会賞を取ったと聞いて興味を持ったんだが

244 :名無しのオプ:2006/08/12(土) 00:39:49 ID:7E4XBXyp
>>243
グロ怖い、を求めるなら貴方に読む価値はあるでしょう。
俺はもうあの作風には飽きたけど。
もっと深みのある恐怖を求めるなら今は福澤徹三が一番イイと思う。

245 :名無しのオプ:2006/08/12(土) 00:45:01 ID:5ky9WF4x
グロだけってことか
ああいう軽そうな短編集は本来趣味じゃないんで、ブックオフで100円なら買ってもいいかな
福澤徹三は「怪の標本」読んでみたが、大したことなかった

246 :名無しのオプ:2006/08/12(土) 02:00:37 ID:VeH3Y8R1
怖いと言われる小説読んで、本当に怖いと思えるヒトがうらやましい。
何読んでも、面白かったか面白くなかったかのどっちかなオレは
脳に欠陥あるのかな?

247 :名無しのオプ:2006/08/12(土) 02:24:02 ID:drW8LQ3U
なに、単に想像力が欠けているだけのことだ
気にするな

248 :名無しのオプ:2006/08/12(土) 06:03:53 ID:tvZ9O0pf
いや、平山夢明の実話系の本は
グロのみで最近マンネリで俺も飽きたが

メルキオールの惨劇はいいよ
異形コレクションの作品集めた
短編集が8月に出るらしいが
ハーラン・エリスンの作風を思わせるような
奇想とグロで面白い

賞取った題名も独白するユニバサール横メルカトル
でランゲルハンス島沖を漂流中とかと似てるがね

メルキオールの惨劇読んでみて、合わなければやめれば
人によっては駄目かもしれんが、グロのみではない小説
としての面白さがありますよ。
そんなに怖くはないですが。

249 :名無しのオプ:2006/08/12(土) 21:30:40 ID:0pjp4PLa
あなたは脳に欠陥! そうはっきり言われたい
能に欠陥があるなんて憧れてた生き方

250 :名無しのオプ:2006/08/13(日) 00:19:12 ID:igGjLuSw
怖いというか、嫌に後味が悪いのは、東野圭吾の「幻夜」……
「白夜行」と比べて結構つまんないけど、後味の悪さはこっちが上。
とにかく、救いもへったくれもないし。

読んだあと、しばらく東野の小説を読む気しなくなった。

251 :名無しのオプ:2006/08/13(日) 00:41:20 ID:Rqp1TF92
>>249
脳に血管なら誰でもあるだろよ

252 :名無しのオプ:2006/08/13(日) 03:34:46 ID:igGjLuSw
>>251
すまん結構ウケタ。個人的ツボ。
緑茶噴いたよ。

253 :名無しのオプ:2006/08/13(日) 09:21:55 ID:G9+GD8cr
あのさ、トゲトゲって名前のチンケな虫ケラがいるんだけどさwww
トゲのないトゲトゲの『トゲナシトゲトゲ』ってヤツもいるんだよwwwwww
でさ、トゲナシトゲトゲにトゲのある新種が見つかったわけwwwwwww
名前は『トゲアリトゲナシトゲトゲ』wwwwww
うぜえwwwww

254 :名無しのオプ:2006/08/19(土) 18:28:53 ID:l6BoaW3D
友成の獣儀式読んだけど、これは怖くはないだろ
突き抜けてエログロなだけだよ
はっきり言ってうんざりした
まぁエログロな描写にも文章力が当然必要なわけで、これはそのジャンルでは傑作かもしれんが

虚無的且つシュールなオチは伊藤潤二の漫画ぽかったな

255 :名無しのオプ:2006/08/20(日) 23:44:56 ID:/c9Z6t6f
既出かは知らないけど小学生の頃読んだ「三丁目が戦争です」てのが怖かった。

256 :名無しのオプ:2006/08/21(月) 00:51:46 ID:ZLIM44AA
貴志のクリムゾンの迷宮は怖かった。ババァを食った事が判明した時はもうウンコ漏れまくり

257 :名無しのオプ:2006/08/21(月) 12:11:51 ID:N8ElM7WE
友成純一「淫獣軍団」に一票

258 :名無しのオプ:2006/08/21(月) 12:56:39 ID:xqjt3Teh
>>256
ネタバレ氏ね

259 :名無しのオプ:2006/08/21(月) 20:36:39 ID:hFbogM/V
山田風太郎の、「30人の3時間」が怖かった。
あのラストから生きるも死ぬも地獄、という感じが。

260 :名無しのオプ:2006/08/22(火) 01:59:50 ID:4kXOKr1K
>>257
デパートのやつ?
アレは確かに最高だ

261 :名無しのオプ:2006/08/23(水) 18:00:28 ID:tZ/vN1XE
このスレで知った「クリムゾンの迷宮」がとても面白く、
まだ半分くらいまでしか読んでないのですが、皆さんにお礼を言いたくなり、
このスレを覗いたところ>>256に出会いました。

>>258に全力をあげて賛成します。

262 :名無しのオプ:2006/08/24(木) 10:02:41 ID:tbjH20j3
全くありえそうにないような話じゃなくて、
誰の日常にも潜んでいそうな
リアルな怖い小説知りませんか?
オススメ小説を教えて下さい。


263 :名無しのオプ:2006/08/24(木) 15:45:50 ID:Ve7P3U4O
>>261
まさに「くやしい・・・ビクッビクッ」ですな
そういう系のお話が好きな方にはこれらが良いのではないかと思います

キング「バトルランナー」「死のロングウォーク」
ゴールディング「蠅の王」、ダール「南から来た男」
岡嶋二人「クラインの壷」、山田悠s


264 :名無しのオプ:2006/08/26(土) 05:12:31 ID:hLBmjWKf
小説じゃないんだけど山岸涼子の「わたしの人形は良い人形」はめちゃくちゃ怖い。
怖いけど、物悲しい。サイキックホラーの傑作だそうです。

265 :名無しのオプ:2006/08/26(土) 09:18:33 ID:ga0GA54y
>>264
って言われてるよねぇ。この前探して読んでみたんだけど
俺とその周りの人は怖くなかったんだよねぇ なんでだろー

とりあえず、一度は読む価値アリとは思うけど

266 :名無しのオプ:2006/08/26(土) 10:28:16 ID:0Hqy6oGE
小林泰三 「目を擦る女」

この人の短編はおもしろい

267 :名無しのオプ:2006/08/26(土) 14:43:04 ID:zn8V6tli
クリムゾンの迷宮がダントツで一番怖かったんだが一般的には黒い家なのか。

268 :名無しのオプ:2006/08/26(土) 20:40:32 ID:OOc1tcTL
墓地を見おろす家むちゃくちゃつまらんかった。こわくもなかった。
おれんち北千住ってとこで周り墓地で囲まれているにもかかわらず。

269 :名無しのオプ:2006/08/26(土) 20:45:10 ID:Y74MS4W5
ああそれおれもつまらんかったよ
どこがこわいのかわからんかった・・・・

270 :名無しのオプ:2006/08/26(土) 22:18:51 ID:XCcLVeym
宮部みゆきの「魔術はささやく」で主人公の姉が催眠術にかかるシーンがあるんだけど、
主人公の部屋のドアをガチャリと開けて・・・。
ぞくっときた。俺だけの可能性大だが・・・。


271 :名無しのオプ:2006/08/26(土) 22:44:16 ID:NuXsfvF+
部分的にちょっと怖くなる場面くらいならホラー小説以外にあってもおかしくないし
そんなのいちいち上げてたらキリがないw

272 :名無しのオプ:2006/08/26(土) 23:35:54 ID:E3GFpwsC
「メドゥサ鏡をごらん」が怖かった

あの子供のビジュアルを想像しただけでガクブル

273 :名無しのオプ:2006/08/27(日) 02:49:07 ID:xrLCUnGK
>>267
「クリムゾンの迷宮」は怖いというより面白いという感じだったな。
「黒い家」は嫌悪感。
いま「天使の囀り」読んでるんだけど(中盤)、このまま合理的解釈で終わるとしたら
あんまり……

274 :名無しのオプ:2006/08/27(日) 09:03:40 ID:F1mn3XdT
シャーリイ・ジャクスンの『ずっとお城で暮らしてる』は怖い。
人間心理の怖さだけど。
>>175
自分も「海贄考」ゾクッとした。

漫画だと山岸涼子は怖いなあ。「夜叉御前」とか。

275 :名無しのオプ:2006/08/27(日) 14:09:17 ID:wQiY7BXb
オカ板のどこかのスレで汐の声が絶賛されてたな…>>山岸涼子

276 :名無しのオプ:2006/08/27(日) 16:55:01 ID:ofbmBUiC
「わたしの人形は良い人形」、「夜叉御前」、「汐の声」
どれもこれも怖すぎる。
山岸涼子はこんなもんばっかり描いていて鬱にならないのだろうか。
あと、天保飢饉のときの口減らしを題材にした作品も怖くて哀しいんだが、
題名忘れたorz

>>274
「海贄考」は傑作だよね。
『ずっとお城で暮らしてる』は欲しいんだけど高くて(古本)……。

277 :名無しのオプ:2006/08/27(日) 17:06:51 ID:9wUosEvP
リングが一番怖かった
次がクリムゾンの迷宮
次が墓地を見下ろす家かな

278 :名無しのオプ:2006/08/27(日) 17:21:20 ID:0eJ4SMxG
石持浅海の「月の扉」

なにがこわいって、読者もうっかり作中の(メル欄)の思想に共感しちゃうところ。
まともに思えて感情移入できるキャラたちがメル欄どっぷりだと知った時の衝撃ったら
予感はしてたがまさかあそこまでとは

279 :名無しのオプ:2006/08/28(月) 13:17:29 ID:A4v6KtkU
>>276

天保飢饉のときの口減らしを題材にした作品→「鬼」

280 :276:2006/08/28(月) 18:09:18 ID:aMK6od8g
>>279
おお、ありがと!

281 :名無しのオプ:2006/08/30(水) 14:48:37 ID:TKJWMr4w
メドゥサ鏡をごらん だがなかなか面白い
ただ震え上がるほど怖いってもんでもない。


282 :名無しのオプ:2006/08/31(木) 19:53:04 ID:YO24mOH0
墓地を見下ろす家読んだけど怖いと言うよりパニクる家族親族の描写に
笑ってしまった 「餓死だ 名誉の餓死だ」www



283 :名無しのオプ:2006/09/01(金) 12:02:14 ID:0TNlkNzu
墓地、高校生くらいに読んだ時はすんごく気味悪かった印象があるんだが
バカホラーだったのか…

284 :名無しのオプ:2006/09/01(金) 15:46:41 ID:x/C5V9Wq
黒い家 読了

別の意味でこえー話だったな。霊的とかホラーとかじゃなくて基地外怖いってことで
保険屋裏事情とかなかなか面白かった でもコレ読んだ香具師は
絶対保険屋に就職はしないだろうなwww



285 :名無しのオプ:2006/09/01(金) 19:50:20 ID:lS78xLDG
>>283
人の感想に簡単に影響されて、過去に読んだ本の感想を覆しちゃうのかw

286 :名無しのオプ:2006/09/01(金) 20:49:48 ID:K3RLjjlB
「海贄考」読んだけど
えびすさんはあくまで死んでなきゃダメってことなのかな

あとがき読むと猟師さんが実は嘘を言ってるように思うけど

287 :名無しのオプ:2006/09/01(金) 23:30:40 ID:0xiUriNs
黒い家のキチガイ婆、何気に戦闘力凄いよな
接近戦では基本的に目を狙ってくるし金的も容赦なくこなす。


288 :名無しのオプ:2006/09/03(日) 08:07:08 ID:30ZPbuY3
騒音おばさんで映画化しねーかな。

289 :名無しのオプ:2006/09/03(日) 08:56:43 ID:IWLpbrAg
>>287
格闘技の専門家でもなんでもないただの中年女性としては
ちょっと納得のいかない強さだな

290 :名無しのオプ:2006/09/03(日) 10:09:04 ID:+A4xqmwX
殺すことに躊躇いがないから

291 :名無しのオプ:2006/09/03(日) 12:51:28 ID:j9VIdCZV
>285
高校時代なんかアテにならないからね
てか覆してないし

292 :名無しのオプ:2006/09/03(日) 13:30:46 ID:T3dKTUVn
大学時代なんかアテにならないからね
20代なんかアテにならないからね
30代なんかアテにならないからね
40代なんかアテにならないからね・・・

293 :名無しのオプ:2006/09/03(日) 14:28:48 ID:byVSINuV
アテにならない人生さ

294 :名無しのオプ:2006/09/03(日) 14:38:16 ID:EHIIRaZQ
黒い家今読み終わった。
俺かなりの怖がりだけど思ったよりは怖くなかった。
明るい時間に読むのこころがけたのと287が原因かも。

295 :名無しのオプ:2006/09/03(日) 18:25:30 ID:2lf8JOzj
夢野久作「笑う唖女」
怖いと言うより、おぞましい。
女の姿形を想像するとゾクゾク

あと「人間腸詰」はなかなか怖いと思う。
フイちゃん……(´・ω・`)

296 :名無しのオプ:2006/09/03(日) 18:33:02 ID:30ZPbuY3
愛犬家殺人事件怖かった。小説じゃねーけど。

297 :サブ鯛:2006/09/03(日) 19:08:08 ID:E23u2LmC

蝋燭の最後の声

298 :名無しのオプ:2006/09/03(日) 22:24:31 ID:GubeDGSj
メドゥサ、黒い家、墓地を見下ろす家 まとめて読んだけど
う〜ん それほど恐怖は感じないなぁ やっぱ映像や音があれば違うんだろうけどな
強いて言えばメドゥサが一番かなと思う。
セメントって渋柿の味がするんだな 今度舐めてみよう。

何か他に怖いやつない?



299 :名無しのオプ:2006/09/03(日) 23:41:04 ID:yM5JyaKh
福澤徹三の「再生ボタン」に収録の「廃憶」
不気味さで群を抜いている

300 :名無しのオプ:2006/09/03(日) 23:49:58 ID:GRuPgC/T
散々既出かも知れないけど「芋虫」と「ぼっけえ、きょうてえ」はかなりキた。
前者は「こうなったら自殺もできないじゃん!」という恐怖だからちょっと違うかも知れんが。
後者は如何にも(嫌な意味での)純和風というか、行間から瘴気交じりの泥が這い登って
爪の間に入り込む的不気味さがあったな。個人的に一番怖かったのは消毒液流れ込みまくりの川で
黙々と魚を獲る奥さんだったけど。

301 :名無しのオプ:2006/09/04(月) 15:30:41 ID:wq67sLPj
>>300
消毒液流れ込みまくりの川で
黙々と魚を獲る奥さんだったけど

これってさ、ぼっけえに収録されてたアナザー作品じゃないのか?

302 :名無しのオプ:2006/09/05(火) 06:32:03 ID:cCi4l1Nz
>>300

>行間から瘴気交じりの泥が這い登って
爪の間に入り込む的不気味さがあったな。


表現が秀逸!!

303 :名無しのオプ:2006/09/05(火) 19:40:22 ID:C+MUhqcJ
自画自賛か

304 :300:2006/09/06(水) 01:34:59 ID:mWIf0bOE
>>301
済みません。
“作品”でなく、「ぼっけえ〜」という“本”が全般的に怖いっつー話でした。
魚取り奥さんが出るアレはタイトル忘れたんですが何でしたっけ?
伝染病罹患者を無記名で訴える話。

アレに出てくる、伝染病で死んだ婆さんを家の真ん中に置いて
平然といつも通り暮らしてた一家も別の意味で怖かったが。

305 :名無しのオプ:2006/09/06(水) 01:54:43 ID:khtfeOWr
密告函 ですな



306 :名無しのオプ:2006/09/07(木) 16:18:41 ID:O/kf3hVm
殺戮にいたる病
メドゥサ鏡をごらん
隣の家の少女
読んでみたよ。
一番よかったのは殺戮〜だった。最後の文章読んで「やられた!!」とつい呟いてしまった自分が恥ずかしい(笑)



307 :名無しのオプ:2006/09/08(金) 00:06:40 ID:h+BK9aPc
曽野綾子「長い暗い冬」。これにはゾワゾワきました。カチカチ山の狂気。

308 :名無しのオプ:2006/09/09(土) 20:27:11 ID:ExHRcfV4
上にも出てた「走る取的」も怖いが筒井さんなら
「衛星一号」も怖い。「遠い座敷」のなんともいえない気味悪さとか…

309 :名無しのオプ:2006/09/13(水) 17:39:52 ID:M+FqTwE4
恐てぇ小説はもうネタ切れじゃろかのぅ?



310 :名無しのオプ:2006/09/13(水) 23:38:17 ID:uM2hF+Zh
今日の読売新聞夕刊に平山夢明インタがのってて
絶版のSINKERを出し直して一緒に続編もだしたいと言ってた
続編めっちゃ読みたい

311 :名無しのオプ:2006/09/14(木) 18:39:00 ID:+VDLLzF8
誰がなんと言おうと「殺人鬼」

312 :名無しのオプ:2006/09/14(木) 19:12:42 ID:03qV9i+w
「黒い家」読んだけど、怖いってゆうか気持悪いな。

313 :名無しのオプ:2006/09/14(木) 20:10:26 ID:7Nv9yZjD
京極夏彦の「魍魎のハコ」は怖くない?
密閉された空間に入れられる想像をしたらすごく怖い。
ってか息苦しくなってきてぞっとする。

あと、タイトルは知らないけど海外のミステリで
少年犯罪被疑者の精神鑑定にも使われてるっていう、
ある奥さんが夫が死んで、その葬式に来た夫の同僚を好きになって
その後子供を殺したっていう・・

その動機聞いたときぞっとした。「黒い家」と一緒で、人間の心理が怖い。

314 :名無しのオプ:2006/09/14(木) 21:47:03 ID:fVXPbgWN
東くんと宮崎くんが同じ答えだったというのを見た

ソースは2ch
   ↑
あてにならない


315 :名無しのオプ:2006/09/15(金) 18:22:31 ID:JCGQ/MDs
まあ実際にその2名が同じ答えだったとしても、
この海外のミステリを知ってたという可能性も充分あるし
あてにならない。って話だね。

316 :名無しのオプ:2006/09/18(月) 15:24:28 ID:tYgi2t3V
今まで読んだ中では
「天使の囀り」が一番怖かった。

書いてある事を想像できなくて怖くなったのは
暗黒童話(乙一)。
理解できないんじゃなくて頭の中で映像化するのが
難しいというか…。


317 :名無しのオプ:2006/09/19(火) 16:10:16 ID:IIuSD6mI
あ、分かる。
中のものが外に出るとかが想像しにくかった。

318 :名無しのオプ:2006/09/19(火) 16:55:19 ID:Pg7WtXjy
>316
天使〜いいね。
お風呂のシーンがもう・・想像しただけでfけjrkjgfqrkhh

あと、無間地獄(新堂冬樹)の
主人公の幼少時代とか・・prちおいっをいうぉ

319 :名無しのオプ:2006/09/22(金) 03:12:21 ID:wnNmbBQ5
あえてこのスレであげられている
小説は読まないようにしようとしてる俺は占星術殺人事件でガクブル状態である

320 :名無しのオプ:2006/09/22(金) 09:53:55 ID:H9wEVO3G
宮部みゆきの時代もの短篇集で、簪職人が仇討ちのとばっちりを食う話。
非常に後味悪すぎ。

321 :名無しのオプ:2006/09/22(金) 12:19:23 ID:eDOr0w39
>>320
ああ、随分前に読んで忘れられない。
職人がかわいそうで…。

322 :名無しのオプ:2006/09/22(金) 12:30:47 ID:tk+D5vlZ
ちなみにドラマでは茂七が密かに逃がしてくれるオチだった。

323 :名無しのオプ:2006/09/22(金) 17:18:09 ID:G1LIaQ+I
>>320
ブレイブストーリー読んでるやつらに読ませたいな

324 :名無しのオプ:2006/09/22(金) 22:34:21 ID:4L5qOgPt
宮部みゆきといえば、「火車」が、個人的にめちゃ怖かった。
漫画だけど「ナニワ金融道」も、読んでいて((((;゚Д゚))))ガクブル
あの手の話が苦手。

325 :名無しのオプ:2006/09/23(土) 04:33:37 ID:cjBacZBM
「鬼子」が怖かった…。ラスト近く、主人公が電話である事実を知らされて
狂いそうになるんだけど、「い、一体何を知らされたんだああ」とものすごく
怖くなった。

326 :名無しのオプ:2006/09/23(土) 15:51:18 ID:qBnMkR+E
>>325
作者教えて!

327 :名無しのオプ:2006/09/23(土) 17:31:45 ID:3n/gNjXN
>>326
新堂冬樹

328 :326:2006/09/23(土) 20:10:58 ID:qBnMkR+E
>>327
ありがとう!
ちょっとチェックしてみる。

329 :名無しのオプ:2006/09/23(土) 21:44:03 ID:GlDeWXPB
遅まきながら『玩具修理者』を読んだ。
表題作はグロ描写とっぱらうと5ページくらいに収りそう。
アイディアとしては星新一1本分くらいか。

「酔歩」のほうはよく練られてる。ただ、不確定性定理を
(意図的にかもしらんけど)誤用してるのが萎える。
両親に会ってしまうところなんかはゾワゾワきたけどね。

330 :名無しのオプ:2006/09/24(日) 03:35:25 ID:QhzlpUHf
「メドゥサ、鏡をごらん」
今読み終えて、ググってここにとんできた、怖いって感想が多いのかな
漫画とか結論をつけた締めかたに不満とか結構あったりするけど
これは不満ないな。 なんせ結末がないww

ようするにループだろうけど怖さはないなあ、おもしろかった、こういう締めもいいな

331 :名無しのオプ:2006/09/24(日) 07:53:07 ID:aF3KrBwd
断然SAWが良かった。
ミステリーや怖いの嫌いなのに唯一これは怖くてもおもしろい。
おもしろすぎて2も買った。
これの良い所は探偵が読者という事と最後にいつも
ビックリする所です。

332 :名無しのオプ:2006/09/24(日) 16:35:17 ID:vE6VtEsJ
>>331
小説の出来もいいの?

333 :名無しのオプ:2006/09/24(日) 16:39:49 ID:wTCCGp+q
オチで驚かせる話は見返すと粗がよく解るね

334 :名無しのオプ:2006/09/24(日) 21:53:18 ID:aF3KrBwd
私は小説と映画両方みましたが、断然小説派です

335 :名無しのオプ:2006/09/25(月) 00:17:47 ID:hOUOcvXm
ぼきょきょ〜(題名忘れた)
このスレであげられてるやつは買わないといってたが
なぜか買ってしまった…
家に帰ってちょっと見てみるかぁって思って袋から出した瞬間にあきらめた
表紙ちょ〜こえ〜〜!!それ以来小物入れの奥に封印しています

336 :名無しのオプ:2006/09/25(月) 00:29:08 ID:ltz1/9lN
>>329
星新一…かなあ…?
「理系(理屈)ホラーにしてクトゥルフの伝道者」ってのがデビュー当時からの氏のキーワードな気がする。
「男」が倒置法を使ってたのは再読するまで気づかなかったけど今思えばあれもふいんきに一役買ってた。

>>335
カバーかけて読めばいいのでは
そんな君には、乙一の「暗いところで待ち合わせ」(幻冬舎文庫)がおすすめ!

337 :名無しのオプ:2006/09/25(月) 14:59:41 ID:BSs93I8o
初めて山田悠介の『リアル鬼ごっこ』読んだとき「現実だとしたら怖っ」と思ってかなり衝撃を受けたがその後の作品はイマイチのような気が…。怖いのはやっぱ『隣の家の少女』読まなきゃ良かったと後悔した。

338 :名無しのオプ:2006/09/25(月) 15:41:16 ID:MRig8N1c
怖い小説じゃないけれど、「家畜人ヤプー」が怖かった。

339 :名無しのオプ:2006/09/25(月) 18:04:47 ID:4xNN0gkH
「仄暗い水の底から」は好きで何回も読み返したなぁ。
貴志さんみたく超怖いわけではないけど、なかなかいい
雰囲気だしてて描写も好きだった。短編集だけどみんな好き。

340 :名無しのオプ:2006/09/25(月) 20:15:49 ID:JslXKQRZ
>>336
>クトゥルフ
それはもちろん知ってるよ。そういう表面のガジェットをのけて
ストーリーの骨組みをみた場合にどうかってこと。
星新一はプロット上のアイディア量の指標として出しただけなんで、
似てるとか似てないとかって話じゃない。

341 :名無しのオプ:2006/09/26(火) 02:57:33 ID:RD2TfaFX
>>331
Sawって小説あるんだ……読んでみようかな。
って、まさか原著じゃないよな?
自分、そんなホラーな語彙はないので、英語だと描写読んでも怖く思えなさそう。
辞書ひきながら読んだら確実に萎える(´Д`)

ところでSaw2のDVDはコメンタリーも面白い。
みんな早朝の妙なテンションでだらだら下らないことを話していて、
わいわい楽しそうにやっているから、見出したら止まらなかった。
だから当然、全然怖くも何ともないけどw

お陰で自分も早朝までへろへろになりながら、
通常モードに続けて二回見る羽目に……。
って、スレ違いスマソ。

342 :名無しのオプ:2006/09/26(火) 09:09:47 ID:Kmr5N/DY
タイトルとか忘れちゃったんだけどさ
江戸か明治かむかしの話で
かんざし差した女を殺して安穏と暮らしていた男が
女の怨霊に復讐される話

343 :名無しのオプ:2006/09/26(火) 18:43:00 ID:JFyHmjcC
それって四谷怪談じゃないの?

344 :名無しのオプ:2006/09/27(水) 18:49:55 ID:z05NRRpA
質問:
直木賞作家の坂東眞砂子さんは、
子猫が生まれると崖に投げ捨てて殺しているらしいです。
坂東さんは「避妊手術も、生まれた子猫を殺すことも同じこと」と
言っていますが、私からすれば残虐行為としか思えません。
学校の授業でも「飼い猫も人間も幸せに暮らすには?」
という題材で話題になりました。
猫の意思を無視して避妊手術をするのはひどい。
子猫を殺したり捨てたりするのはもってのほか。
子猫がたくさん生まれても家では飼えない。
結局は解決策が見つかりませんでした。
避妊手術もしないで、子猫を殺すことも捨てることもない方法は
何かないでしょうか?
(東京都 新田美紀子 中学生)

回答:
オス飼えば?

345 :名無しのオプ:2006/09/27(水) 21:28:39 ID:taDpUEsL
>343
ちがうの、誰だったかなあ

いま調べたら大佛次郎の「銀簪」だ
>175のレスで興味もって「日本怪奇小説傑作集」全三巻借りたらそれに入ってたんだ

346 :名無しのオプ:2006/09/28(木) 00:19:18 ID:ufnJUAuN
銀簪は傑作ですよ
創元ちゃんグッジョブ

347 :名無しのオプ:2006/09/28(木) 10:34:29 ID:0nufoV4u
これ怖いよ

http://scryed.jpn.org/mirror/sv/svtop.htm

348 :名無しのオプ:2006/09/28(木) 22:14:28 ID:OclTmUKx
怖いと言うか
自己満足の駄文だわな

349 :名無しのオプ:2006/09/28(木) 22:31:14 ID:hK0uiLEN
別の意味で怖い文ではあるな
こんなの読んでないでちゃんとした社会人生活しようって気になってきた

350 :名無しのオプ:2006/09/28(木) 22:33:49 ID:0nufoV4u
これも怖いよ

http://www.h5.dion.ne.jp/~madtaro/sanctions.htm

351 :名無しのオプ:2006/09/29(金) 18:03:09 ID:xWPQQ0fD
「二度死んだ少年の記憶」
筒井康隆

352 :名無しのオプ:2006/09/30(土) 01:35:01 ID:CZfd4nr0
記憶じゃない、記録だ

353 :名無しのオプ:2006/09/30(土) 16:56:44 ID:TplxUtGn
それ挙げるなら、オーケンの「屋上」も読んどけ

354 :名無しのオプ:2006/10/01(日) 12:12:25 ID:XKcD0ktg
後味悪い話多いからなぁ筒井は。
ロートレック荘もトリック云々よりも事件の真相が悲し過ぎて再読できない。

355 :名無しのオプ:2006/10/01(日) 20:36:51 ID:RpnMvNHx
曽野綾子の「長い暗い冬」読了。
どこが怖いのかまったくわからなかった

356 :名無しのオプ:2006/10/01(日) 22:21:03 ID:rWNgJSDi
キチガイの薄ら寒い怖さだよ
まあわからないなら別にいいんじゃまいか

357 :名無しのオプ:2006/10/02(月) 08:32:59 ID:aRnA5cpw
「リカ」

358 :名無しのオプ:2006/10/03(火) 18:38:33 ID:HQcQCsNK
あれはあまりにも座敷女の劣化コピーだ

359 :名無しのオプ:2006/10/03(火) 22:14:26 ID:FC1S095a
リカが好きな奴は山田本が好きなレベルのやしか

こんな低レベルな作品が大賞かと当時驚きました
この作者の本は二度と買わないと思い
その後、新潮社幻冬舎ホラー大賞の本は買わないに変化しまつた



360 :名無しのオプ:2006/10/03(火) 22:27:39 ID:XR0Lcr1Z
つうか「リカ」ってそんな有名なの?聞いたことも無かった

361 :名無しのオプ:2006/10/04(水) 00:17:29 ID:Ze90yIgb
読んでる人間が三人いた程度で「そんな有名なの?」って驚く奴の気が知れない

362 :名無しのオプ:2006/10/04(水) 07:37:29 ID:Cy4XCxyp
>>348
いや、だからこそ逆に怖いんだよ。

363 :名無しのオプ:2006/10/04(水) 10:06:48 ID:hrikVWbw
>361
>359があまりに頑張ってるからね
気が知れない

364 :名無しのオプ:2006/10/04(水) 23:59:12 ID:NF9wSliW
リア鬼は存在自体がホラーだな
あれで日本の有益な老若男女の貴重な数時間を奪った

365 :名無しのオプ:2006/10/05(木) 23:19:54 ID:T7L3nykD
>>364
そもそも読んでないから何も奪われていない漏れは勝ち組

366 :名無しのオプ:2006/10/06(金) 21:51:31 ID:Mlpqpt/f
まあ、読んで笑えるのも事実だが
途中で頭痛くなるけどな
陳腐で幼稚な内容と滅茶苦茶な日本語に



367 :名無しのオプ:2006/10/12(木) 17:08:15 ID:QM4mTFl4
age

368 :名無しのオプ:2006/10/12(木) 19:16:50 ID:ayCdLbfJ
筒井康隆の短編集にある「死に方」
短いけど心に残る


369 :名無しのオプ:2006/10/12(木) 19:39:01 ID:dvupoeSx
          _
        ,-`  ` ⌒‐、     しっ、死ぬ死ぬ詐欺とはなんや…!?
       ./   _,ハ、,、 ゝ
       |  ノ≧i !≦N     言うてみいっ…!
       |.F!| `゚-'},_,{゚ー'|
      /l,ヾハ. (三ニ三)|、      お、オレらが募金ビジネスでウマウマしてるいう…
.. -‐''"´|  | /   `'‐'-'‐i'゙ !` ー- 、
      !  ||\    ,ノll   |     |\ 証拠があるんなら
 ,r‐‐-、|  ||  >、,<  |.|  |   |  ヽ      言うてみいっ……!
ノ 、二j.h__|| /ぺ//\| ト 、|  | /ヽ
【死ぬ死ぬ詐欺情報連絡先】
http://news19.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1160644888/
http://news20.2ch.net/test/read.cgi/news/1160529909/
http://news.80.kg/index.php?%BB%E0%A4%CC%BB%E0%A4%CC%BA%BE%B5%BD
http://sinu-sinu.info/
http://www18.atwiki.jp/sinusinu/
http://off3.2ch.net/test/read.cgi/offmatrix/1160307794/l50

370 :名無しのオプ:2006/10/16(月) 16:30:21 ID:WmpRaWgI
佐藤有記「孕み 白い恐怖」

怖くなかった。それどころか小説として全く面白くなかった。
全然仕掛けとか山場みたいなのもないし何でこんなのが出版できるんだ?


371 :名無しのオプ:2006/10/16(月) 19:36:52 ID:/N/uMZut
「牛の首」「くだんのはは」小松左京先生コワス

372 :名無しのオプ:2006/10/21(土) 04:36:07 ID:5K/vTKCw
不浄

373 :名無しのオプ:2006/10/21(土) 04:45:32 ID:VG0qQZN6
天使の囀り、クリムゾンの迷宮は良いと思った。気持ち悪げな感じが。

山田の罰ゲームはつまらなかったなあ…
何か見方が一方的で消化が悪い。

374 :名無しのオプ:2006/10/22(日) 14:03:26 ID:h36UPADt
今どきの人たちは、M.R. ジェームズとかウェイクフィールド、
ブラックウッド、エイクマン、その他の海外作品はあまり
読まんのかいの?
フリッツ・ライバーとかロバート・ブロック、デ・ラ・メア
レ・ファニュなどなど、息の長い傑作がたくさんあるんだが...。

創元推理文庫の「怪奇小説傑作集(1)〜(5)」が
もう絶版になっているようで、残念至極ですな

これもまだ出ているかどうか分からんが、同文庫の
M.R. ジェームズ傑作集、ブラックウッド傑作集なども
怪奇ファンにはおすすめです

375 :名無しのオプ:2006/10/22(日) 14:36:13 ID:wtBIT1Ti
別スレのホラーランキングで一位に輝いているもんだから
どこまで怖いのかとワクワクして読んだよ。黒い家。
あれは何が怖いんだ?キチガイ婆さんが適当に暴れてるだけだろ。
キチガイがめちゃくちゃしてるってだけなら誰でも書けるような。

ついでに本題に入るまでに保険屋の裏話をだらだらかいてるのがウザい。
作者が元保険屋だから裏情報沢山知ってるのはわかるけどさ
それをダラダラ自慢げにかかれてもな。
京都の無駄知識披露も意味があるのか。
何か重要な伏線が張られてるのかと思えば、何もないし。

ついでにクリムゾンの迷宮は、怖いっていうかバトロワみたいな感じだな。
ホラーとしてみなけりゃ面白い。

376 :名無しのオプ:2006/10/22(日) 17:04:47 ID:rhCxM8FQ
>375=チラ裏

377 :名無しのオプ:2006/10/22(日) 18:49:23 ID:GPl+E3re
>>374
>創元推理文庫の「怪奇小説傑作集(1)〜(5)」が
>もう絶版になっているようで、残念至極ですな
新版が出たばかりなんだが。
もう少し調べてから書いてくれ。

ちなみにM・R・ジェイムズも新刊で入手可能。
ブラックウッドは絶版。

378 :名無しのオプ:2006/10/22(日) 18:57:10 ID:UPOIlO5t
ってかその手の本読んでるやつがその手の本について書き込むのはSF板なんだが
こっちで「いないのか」なんていってる時点でおかしいわな

379 :名無しのオプ:2006/10/23(月) 00:59:23 ID:cWCjKTmD
>>378
>>374の6,7行目からしても
そういうことに対してまったく意識が払えない類の輩だろ

>>375みたいに「これ評判いいみたいだけど、全く怖くねぇじゃん」
とスレ違いの文句を書いてくる輩もたまに出るね

380 :名無しのオプ:2006/10/23(月) 08:43:47 ID:HVvynLD3
かわりになんかすごい物を紹介してりゃまだ見過ごしてやるがな

381 :名無しのオプ:2006/10/23(月) 16:12:54 ID:J3Q3fXQ8
374はあれ
こんなに読書家な俺スゲエお前ら(´,_ゝ`)プッ、って言いたいヲタだろ
じゃなかったらデ・ラ・メアにいい感じの怖い話あったぜ、だけで済む話だしな

これだけじゃなんだから、小池真理子の墓地家読んだ
もう少し生活臭を無くして伝奇っぽくして欲しかったが、まあ面白かったよ
手軽に読めてお薦めだ

382 :名無しのオプ:2006/10/25(水) 14:05:01 ID:69jWEV08
「これ読んだけど怖くないじゃん」って奴は、
せめて自分が読んで怖かった本を紹介してくれないと、何の意味もないんだよな。
人それぞれ、怖さのツボが違うんだからさ。

383 :名無しのオプ:2006/10/27(金) 16:41:51 ID:SNtskMNF
ジェフリー・ディヴァー「悪魔の涙」
殺し役が病的に怖い

384 :名無しのオプ:2006/10/27(金) 23:48:29 ID:fioM9rt/
フリッツ・ライバー「闇の聖母」じわじわと怖かった。
今絶版なのかな?


385 :名無しのオプ:2006/10/28(土) 01:25:32 ID:/EyXFwWH
『淑やかな悪夢 英米女流怪談集』(創元推理文庫)というアンソロジーに
収録されている「黄色い壁紙」という短編。
他の作品はほとんど怖くなかった(むしろほのぼのしている)けど、これだけ
はガチで背筋が震えた。
発表当時「書かれるべきではなかった、読む者の正気を失わせる小説」と
評されたとか。まあそれは多少大げさにしても、狂気テーマや心理的な怖さが
好みの人にはオススメ。二行だけ引用してみる。

『どの窓からも女が見える。
 いつも同じ女だ。間違いない。どうしてって、彼女はいつも這っているからだ。』

386 :名無しのオプ:2006/10/28(土) 01:32:28 ID:Pg400AQ2
>>385
お前は俺の好奇心を奪った

387 :名無しのオプ:2006/10/28(土) 01:44:34 ID:LUHq5Z2V
他のスレでも書いたんだけど、
赤江瀑「海贄考」は最後の最後でゾッとするよ。
創元から出てる『日本怪奇小説傑作集3』で読んだ。

388 :名無しのオプ:2006/10/28(土) 18:05:26 ID:fW6CEiYN
『夢魔〜異形コレクション〜』光文社文庫
夢をテーマにしたホラー短編アンソロジーでしたが、
耽美ホラーな感じでなかなか怖かったですよ。
霜島 ケイの夢憑きとか、ホントうまいよなぁ…。

389 :名無しのオプ:2006/10/30(月) 08:46:40 ID:d6/xWmQA
なんであれが耽美ホラーになるのかがさっぱり
わからんのですが

390 :名無しのオプ:2006/10/31(火) 01:20:28 ID:arVtyJgm
>>385のレスに興味を持って、「黄色い壁紙」でググってみたところ
下のが出て来たんで一読した。
なかなかよく出来てたが、自分的にはそんなに怖くなかったな。
むしろそこまで人を追い詰める壁紙って一体どんな模様なのか見てみたい、とか
そんな感想。
読む価値はある作品だとは思う。


ttp://f59.aaa.livedoor.jp/~walkinon/wallpaper.html

391 :名無しのオプ:2006/10/31(火) 19:42:14 ID:h6oohknf
>>390のリンク先、翻訳がひどすぎないか?
こんな訳で読んだら、良い小説も価値が半減する。

392 :名無しのオプ:2006/11/01(水) 00:43:34 ID:FF2dkKKN
これはプロでもなんでもない、素人さんが趣味で翻訳してるサイトみたいだから
文句は野暮ってもんだべ。

まあ実際、言葉の選び方で価値が半減するってのはあると思う。
やはり「淑やかな悪夢」を直接買ったほうが、実際の魅力を味わえていいのかな?
リンク先のを既に読んだけど検討中だ。

393 :名無しのオプ:2006/11/01(水) 17:04:10 ID:5isCrS4m
「淑やかな悪夢」を買ってあったんで、>>385からの流れに興味を持って
『黄色い壁紙』だけ読んでみた。

……うーむ、あまり怖さを味わえなんだorz
寝る前に寝床の中で読んで、途中で眠ってしまったからか。
もしくは俺の読解力&感受性不足(´・ω・`)

味わい的にはS・ジャクスン『山荘綺談』のあの何ともイヤな味に似ているかな、とは思った。
後ほどこの本を最初から読んでみるとするよ。

>>390
>むしろそこまで人を追い詰める壁紙って一体どんな模様なのか見てみたい
それを読者の想像に委ねるってのが小説のよさなんだろね

394 :名無しのオプ:2006/11/02(木) 21:37:31 ID:/a5N3Qrd
「黄色い〜」を本で読んでから>390のリンクの訳のラストだけ見たら
何故メイドの名が変わってるのかと不思議に思った

この手のが「怖い」ってのはなんだっけ何とかの猫ってあるじゃん
カワイイ猫ちゃんの擬人画が曼荼羅化してくやつ それと同じじゃないかな

395 :名無しのオプ:2006/11/02(木) 22:34:27 ID:lLAkQMTM
違うんじゃないかな

396 :名無しのオプ:2006/11/04(土) 11:23:12 ID:i1yHnouE
レリック
パニックホラー?結構怖かったし面白かった

397 :名無しのオプ:2006/11/06(月) 14:05:37 ID:E4ZlqwEc
よく挙げられている「神鳥」読了。
モチーフはマレルの「オレンジは苦悩、ブルーは狂気」そのままだな
「朱鷺飛来図」の描写、エピローグなんかインスパイアというより
パクりレベルだと思う
両方読んでいる人、「神鳥」って作品は許せるのか?

398 ::2006/11/07(火) 13:43:10 ID:MFLO5jBU
幽霊とか非化学的なやつ以外の恐い小説おすすめなにかないですか?ちなみに新藤の『無間地獄』がすごいこわかったです。


399 :名無しのオプ:2006/11/07(火) 17:02:51 ID:+WhoIfAJ
>>398
天子の囀りでも嫁

400 :名無しのオプ:2006/11/07(火) 19:45:07 ID:DwDDgOz6
>>397
神鳥のが何年遅いの?

401 :名無しのオプ:2006/11/07(火) 20:03:17 ID:IBVEzbGj
>>400
ネットで調べる限り
ttp://www.amazon.co.jp/gp/product/4087751678/
神鳥…93年
マレルの該当する短編が初めて訳されたのは
ttp://www.amazon.co.jp/gp/product/4102193138/
↑より89年9月
ちなみにアンソロジーの中身
ttp://homepage1.nifty.com/ta/sfw/winter.htm#s30

402 :名無しのオプ:2006/11/07(火) 20:19:08 ID:neZUk0Zu
どーでもいいな
両方読んで薀蓄語りたい気持ちは解るけどw

403 :名無しのオプ:2006/11/07(火) 20:25:59 ID:xTBgEme6
赤川次郎の「崩れる」はどうしようもないくらい糞。最初で最後の赤川作品になったよ。

404 :名無しのオプ:2006/11/07(火) 20:30:02 ID:rMs0Nxim
このスレで出ていた「クリムゾンの迷宮」読んだ。
おもしろかったよ。おまいらありがとう。

続いて「墓地を見おろす家」を途中まで読んだんだけど
これって幽霊系?

405 :名無しのオプ:2006/11/07(火) 20:32:52 ID:7gMEiTdA
>>404
なんというか、とりあえず広い心で読んで欲しい

406 :名無しのオプ:2006/11/07(火) 20:39:56 ID:rMs0Nxim
>>405
わ…わかった…
序盤の、テレビの隅に。。。っていう時点でもうくじけそうになったんだ。
頑張って読んでくる。ありがとう。

407 :名無しのオプ:2006/11/07(火) 21:32:00 ID:+WhoIfAJ
>>406
お前が死なないことを祈る

408 :名無しのオプ:2006/11/07(火) 22:11:24 ID:ie9lLVlW
このスレで出ていた「墓地を見おろす家」読んだ。
すっげぇーつまんねぇー。おまいら氏ね。

続いて「リアル鬼ごっこ」を途中まで読んだんだけど
これって感動系?

409 :名無しのオプ:2006/11/07(火) 22:16:37 ID:0IZEw2IF
>408
お前死ね死ね
てかお前が「面白い」って思う話って何?

410 :名無しのオプ:2006/11/07(火) 22:29:54 ID:neZUk0Zu
>>408
君は山田悠介を読んでなさい
君にはそれが合ってる

411 :名無しのオプ:2006/11/07(火) 22:49:26 ID:KQiKHp2T
自分も墓地を見下ろす家はつまらなかったと思う
という意見もほかにあることを・・・
小池さんは恋愛小説に専念してるのが正解だね

412 :名無しのオプ:2006/11/07(火) 23:21:03 ID:JxgbvmkB
つうかスレ住人の批判だけして自分のオススメを開帳しないことが反感買ってんだよな

413 :名無しのオプ:2006/11/07(火) 23:54:21 ID:0BnhXRv6
黒い家がトップみたいだな
たしかに怖かったが思ったほどではなかった
怖さよりあの鬼畜ぶりに対する嫌悪感が強く残った

414 :名無しのオプ:2006/11/08(水) 03:28:05 ID:ZQnAhp7h
http://orz.matrix.jp/

415 :414:2006/11/08(水) 03:29:27 ID:ZQnAhp7h
誤爆スマソ

416 :名無しのオプ:2006/11/08(水) 23:15:42 ID:RpL5MNm6
近年読んだホラー小説ではやっぱ『リング』が断トツだなぁ。
鈴木光司の文章がすげー巧いと思う。

映画は、映画としては良く出来ていたけど、ぜんぜん怖くないんだもの。
最後のテレビから貞子が出てくるシーンなんて、ありゃ笑うとこだもんなぁ。

417 :名無しのオプ:2006/11/09(木) 20:03:24 ID:gX0li04o
>最後のテレビから貞子が出てくるシーンなんて、ありゃ笑うとこだもんなぁ。
自分はその場面が一番怖かったんですけど。

「墓地を見おろす家」読了しました。
怖かった〜。でもああいうオチはあまり好きじゃない。

418 :名無しのオプ:2006/11/09(木) 20:31:03 ID:UVQZUVy2
>最後のテレビから貞子が出てくるシーンなんて、ありゃ笑うとこだもんなぁ。
ここを真剣に怖いと思うか笑えるかで、ホラーの初心者かマニアかが分かれる
俺はもちろん笑ったよ

419 :名無しのオプ:2006/11/09(木) 21:28:23 ID:3Brl5yjA
何でそういうこと言うかなあ
単に感性の違いってことでいいじゃない

420 :名無しのオプ:2006/11/09(木) 21:28:26 ID:Hiulw4H7
で、どっちが初心者なんだい
俺はかっこいいと思ったよ

421 :名無しのオプ:2006/11/09(木) 21:46:36 ID:bEMksu8W
僕は哀愁があると思いました

422 :名無しのオプ:2006/11/09(木) 21:57:10 ID:zczyGSRN
あのシーンで貞子に惚れました。

423 :名無しのオプ:2006/11/09(木) 21:57:15 ID:wGdJIfug
私は苦いと思う

424 :名無しのオプ:2006/11/09(木) 22:02:50 ID:GPogFreJ
正直ホラーマニアと思われるのは嫌である

425 :名無しのオプ:2006/11/09(木) 22:58:25 ID:ZQm3uvIb
笑いと恐怖って意外と紙一重の位置にあると思う

426 :名無しのオプ:2006/11/09(木) 23:33:08 ID:/aavgbbf
貞子出てくるシーンでリバース再生すると相当www


427 :名無しのオプ:2006/11/10(金) 02:48:30 ID:nj00a3XW
偉そうなこと言う椰子は、真夜中に部屋の電気を消して
あの貞子がテレビから這い出てくるシーンか、もしくはその後の
眼球がどアップになる場面でビデオを一時停止させて
それをオカズに抜いてみろ

マニアを語るならそれぐらいのことは(ry

428 :名無しのオプ:2006/11/10(金) 04:09:57 ID:41UTuQZi
言い尽くされたことだけど、リングの小説版と映画は怖さのポイントが全く別だよね

小説は初読の時確かに怖いと思ったけど
呪いがビデオテープで感染するってことより、ラストの主人公の(メ欄)という行動に
人間の弱さみたいなものを感じて怖くなったんだが

映画は貞子の眼アップより、序盤の女子高生の葬式のシーンで
主人公の子供が家の階段を見上げた時、誰もいないはずなのに
2階へ消えていく足が映らなかった?
あのシーンが怖くて仕方なかった

その前に同じ監督の『女優霊』をビデオで見たからかもしれないけど



429 :名無しのオプ:2006/11/10(金) 09:21:05 ID:0eezyP+H
リングは面白かったけどループのおかげで興醒めしたっけなぁ

430 :名無しのオプ:2006/11/10(金) 20:34:36 ID:AnertqRL
>>427
貞子じゃ抜けないな
俺ロリコンだからサマラなら抜けるかもw

431 :名無しのオプ:2006/11/11(土) 02:07:24 ID:wSoi6A1l
今、一番好きなホラー系作家は福澤徹三かな。
とにかく文体が心地よい。この人の書くものならホラーでなくても
読みたいね。


432 :名無しのオプ:2006/11/11(土) 05:30:36 ID:Gs0McMIl
>>431
物語自体は怖いの?おもしろいの?

433 :名無しのオプ:2006/11/11(土) 08:43:26 ID:60uxrG8h
昔読んで題名と作者名を忘れてしまったんだけど、
縦の線とそれを途中で束ねたみたいな模様のカーテンがあって、
それがなにかの拍子に髪の毛みたいに波打つっていう短編。
ちょうどそのころの自分の部屋のカーテンがそういう感じの模様だったので、
しばらく深夜に思い出してはガクブル。今もたまに思い出してガクブル。

434 :名無しのオプ:2006/11/11(土) 16:57:08 ID:YWYDDDQi
>>433
それって上で話題になってる「黄色い壁紙」じゃ?

435 :名無しのオプ:2006/11/11(土) 23:31:29 ID:/nAPGup5
>>431
再生ボタン所収の「廃憶」、むちゃくちゃ怖かった。
ここでよく挙がる角川ホラー系なんか消し飛ぶ。

436 :名無しのオプ:2006/11/11(土) 23:52:47 ID:EenQuYMo
姉飼

437 :名無しのオプ:2006/11/12(日) 00:59:43 ID:LI8Am1AJ
大石圭の「水底から君を呼ぶ」が怖かった。
心霊的な怖い話と、人間の起こす怖い話が交互に語られ、
その二つの話の接点がわかってからはもう人間怖過ぎ

438 :名無しのオプ:2006/11/12(日) 08:25:30 ID:gtV3fgMJ
グロくないのを教えてくさい

439 :名無しのオプ:2006/11/12(日) 10:52:52 ID:MNudPFnK
椙本孝思の「THE CHAT」おもしろかった。
死体の描写がグロかったけど。

440 :名無しのオプ:2006/11/12(日) 21:55:59 ID:zl0PjvI7
姉歯の『虚像』はブルッたよ。

441 :名無しのオプ:2006/11/13(月) 11:24:32 ID:swCBjZp4
俺は幽霊や妖怪、怪物、宇宙人なんかより基地外が一番怖い

442 :名無しのオプ:2006/11/13(月) 19:53:01 ID:qO6iE013
俺も人間の基地外が断然怖い。

443 :名無しのオプ:2006/11/13(月) 21:59:48 ID:fVRdL0Kz
日本刀は展示されてる分には美術品として見られるけど
それを持って対峙すると急に怖くなるな

444 :名無しのオプ:2006/11/13(月) 22:46:04 ID:Njj24B0p
今、異形コレクション「グランドホテル」読んでる。
なんか雰囲気よいねー。上品な怖さ。設定が美しいねー

445 :名無しのオプ:2006/11/19(日) 17:18:21 ID:iSXnyvvY
で一番上のほうのまとめる人はどうしたのかね

446 :名無しのオプ:2006/11/19(日) 23:06:53 ID:wNjisi5x
いますよノシ
次スレになったら改めて集計しようと思ってますが・・・

447 :名無しのオプ:2006/11/19(日) 23:08:59 ID:yXni+OiR
1年で半分行ってないスレで次スレw

448 :名無しのオプ:2006/11/19(日) 23:25:11 ID:wNjisi5x
そうそれは思ったw
だけど中途半端な所で再集計しても仕方ないと思ったので

449 :名無しのオプ:2006/11/21(火) 02:38:01 ID:ohX3hjTv
とりあえず500で集計してみては
と他人任せw

450 :名無しのオプ:2006/11/22(水) 00:46:54 ID:li+o2zMg
メドゥサ読了。
面白かったけど、何か腑に落ちない点を残したまま終わってしまうのがねえ。

451 :名無しのオプ:2006/11/22(水) 02:10:37 ID:Pj75zjHG
めったにいない女

かなりあっさりと怖い

452 :名無しのオプ:2006/11/22(水) 11:47:48 ID:hQ7o/cU8
加門七海の「203号室」
安アパートで一人暮らし始めた頃に読んだもんで
それはもう怖かった

453 :名無しのオプ:2006/11/22(水) 15:29:04 ID:hgSYKVvU
山崎洋子の「備えあれば憂いなし」
破産していく女性の、どんどん正常な判断力を失っていく心理が
リアルで怖かった

454 :名無しのオプ:2006/11/22(水) 18:30:23 ID:oFbnMTVp
1スレの集計見て、「暗い森の少女」ジョン・ソールが入ってないなぁと
思ってたんだが、やっぱり何人かいるみたいだな。
あれは怖いというか、読後に気分が重くなる。同作者の「ナサニエル」とかも
そうだったが、「暗い森の少女」が上。だから、ジョン・ソールの作品は
読もう読もうと思いながらその後は読んでいない。自分のコンディションが
必要になるから。

ということで、「暗い森の少女」に一票。

455 :名無しのオプ:2006/11/24(金) 00:46:38 ID:FPEOevlg
>>454
そういうおまいさんには「因果の火」「惨殺の女神」「踊る女」を読んで欲しい
鬱入るぞきっとw

456 :名無しのオプ:2006/11/25(土) 05:48:03 ID:4e0h/b94
筒井の「鍵」読みたいな

457 :名無しのオプ:2006/11/25(土) 09:56:37 ID:jqxBDClr
「メドゥサ、鏡をごらん」読了した。
途中までは夢中で読んでたんだけどな…何かよくわからないオチだった。

つぎは「ぼっけえ、きょうてい」に挑戦してくる。
このスレは参考になるよ。

458 :名無しのオプ:2006/11/25(土) 11:46:04 ID:tEL65xvo
メドゥサは他の井上作品と一緒にして評価しないほうがいい
俺も読み終わった直後は>>457みたいに思ったもん
メドゥサは純粋なホラーだよ
作者はただ怖けりゃいいと割り切って書いたんだろ、だからオチを不条理にしたと思われ
はっきりいって話の筋はかなりシンプルだよね、マジに呪いなのか最後には論理的に説明つくんじゃないのかと疑って読んだらマジにそういう話
だが、それがいい
複雑な展開なしに純粋に怖さのみで読ませてくれる良作だよ

459 :名無しのオプ:2006/11/25(土) 11:52:44 ID:zpxJ4nC+
458のネタバレで読まなくなった人間多数

460 :名無しのオプ:2006/11/25(土) 13:06:40 ID:3RNBX8Xh
>>456
前に「世にも奇妙な物語」でやってたね。
主演は江口洋介だった。
でもやはり、小説にはかなわない・・・

461 :名無しのオプ:2006/11/25(土) 14:33:14 ID:pFNy0xKW
乙一のSEVEN ROOMS。
姿も目的もわからない狂人が怖すぎ。
あと、弟のいるお姉ちゃんは読むといいと思う。
泣いちゃう。

462 :名無しのオプ:2006/11/26(日) 19:29:59 ID:tbhTewfi
暗い森の少女、興味ありありなんだけど怖い・・・。

463 :名無しのオプ:2006/11/27(月) 14:23:24 ID:e8fCF98T
>>462
あなたが何を怖がっているか、だいたいの予想はつくが
扶桑社ミステリーや角川ホラーあたりを2,3冊読んだ事があるなら
結構平気だから是非読んでみる事を勧める

反社会的だけど文学的なカンジがする作品
2,30年前にこんな本があった事が怖い


464 :名無しのオプ:2006/11/27(月) 19:19:44 ID:elzHXaIg
>>463
ありがとうございます。
角川ホラーなら読んだことありますので挑戦してみます。

465 :名無しのオプ:2006/11/27(月) 21:29:49 ID:yTwEFHsO
姉飼いってどうですか?今さっき、アマゾンにて注文したのですが

466 :名無しのオプ:2006/11/27(月) 21:44:52 ID:jZcXv5xS
そういうことは普通は注文する前に聞くもんだが

467 :名無しのオプ:2006/11/27(月) 21:46:14 ID:MOR3Lui5
怖いというより変態スキーならok

468 :名無しのオプ:2006/11/27(月) 22:24:20 ID:Quoa5nER
>>467
変態スキーには物足りないw

469 :名無しのオプ:2006/11/28(火) 06:46:01 ID:sGPoF8yc
>>20-21のランキングにあるうちの6冊を読んだ。
「隣の家」「メドゥサ」「クリム損」は良かった。
「黒い家」はまあまあ。
「天使の囀り」「殺戮」はクソ。
得票数と怖さが比例しないのが以外だったが、次は何を読めばいいのやら。

470 :名無しのオプ:2006/11/28(火) 06:56:05 ID:sGPoF8yc
貴志祐介「青い炎」、井上夢人「ダレカガナカニイル」を読んだことある人、
感想機凡ぬ。

471 :名無しのオプ:2006/11/28(火) 09:53:26 ID:G/GZLb7s
青い炎はまったく怖くない
怖い小説ってジャンルとは違う
ダレカガナカニイルは切ないラブストーリーだぜ

472 :名無しのオプ:2006/11/28(火) 09:54:41 ID:G/GZLb7s
あ・・・・「青い炎」なんて読んだことなかった ゴメン
青の炎の感想でした

473 :名無しのオプ:2006/11/28(火) 09:58:03 ID:GKFslitb
>>469
まあ何を怖いと感じるかって、
個人の環境による部分が大きいんじゃね?

オレと趣味がソックリな469には以下の短編集オヌヌ
「スケルトン・クルー〈1〉」スティーヴン・キング 扶桑社
「江戸川乱歩傑作選」江戸川乱歩 新潮社
「無関係な死・時の崖」安部公房 新潮社
「冷たい方程式」トム・ゴドウィン他 早川書房


474 :名無しのオプ:2006/11/30(木) 17:49:16 ID:L7224UP4
ゴールデンボーイ読了。
これの何が怖いのかさっぱり分からん。
主人公が殺人を始めるところなんて意味不明だし。


475 :名無しのオプ:2006/11/30(木) 19:48:23 ID:8Q/nx/zM
小林泰三なら「兆」もいい。
「リカ」けっこー好きなんだけどなぁ。

なんか人の身体から霊を取り払う事ができる
デブの女と身体が弱い男の子のホラー小説を
昔、読んだんだけど題名忘れた。誰か知らない??
なんとかの部屋?とかだったような気が・・・。

476 :名無しのオプ:2006/11/30(木) 19:56:37 ID:8Ujq2wkS
>>475
白い部屋で月の歌を
ホラー大賞短編賞受賞作だけど、鉄柱のほうが面白い

477 :名無しのオプ:2006/11/30(木) 20:24:37 ID:A13AqYIj
ホラーを怖いって感じるのは非理系の人?
なんつうか幽霊とか物理的にありえない現象とか
全然何も感じない。
ってかそんな無茶ありならなんでもありだろって感じ。

478 :名無しのオプ:2006/11/30(木) 20:28:12 ID:jQ03H2GR
↑のあぼーん何?

479 :名無しのオプ:2006/11/30(木) 20:37:16 ID:yWKqkmvp
で>477、オススメの小説はどうした?

480 :こぴぺ:2006/11/30(木) 20:51:03 ID:SO8DJ0tm
山田スレからのコピペだよ

鈴木光司の作品って、正直よく出来てるが、怖いと思ったことがない。
仄暗い水の底からの原作の浮遊する水とか、リング三部作の一部を
読んだりしたが、何だかあまりにも普通過ぎるというか、
本当に現実にないスタンダードなホラーだなぁ、って感じ。

こんなの絶対ありえないから主人公に感情移入も大して出来なくて、
ただあのお母さんと子供が死んだ幼女の幽霊に巻き込まれて大変だ〜ってのを
傍観してるだけみたいな。

リング第一作が傑作なのは、主人公が両親を犠牲にする行動が怖いからだよね。
やっぱり、単なる幽霊や恨みとかより、リアルな人間の感情や行動が
一番ぞっとくる。

481 :名無しのオプ:2006/12/01(金) 16:46:37 ID:wkEFos0E
>>477
ものすごく若い上に最近「理系」なる学問を始めたばかりの人?
まあもうちょっと長く生きてみてね。

なんかよくわからんが得体の知れん物、科学ではありえないとわかってるのに
なんか居そうってなったとき、絶対にないと思ってた事態に直面したとき、
本当にあなたの今の態度が取れるだろうか。

482 :名無しのオプ:2006/12/01(金) 17:25:42 ID:NXSDWia0
自分はオバケも人間もどっちも怖いから得してるんだ

483 :名無しのオプ:2006/12/01(金) 17:58:37 ID:dClVJE1i
俺理系だしリアルだと理論優先なタイプだけど
ジャンルではホラーが一番好きだな。
何でかよく分からないけど、多分無意識に「そういうもの」の存在に期待してるのかもしれない。

それにストーリーだと、「そういうものがいる世界という設定」という捉え方をしてるから、
理論的に存在し得ないものに対しても許容できてしまうのだと思う。

484 :名無しのオプ:2006/12/01(金) 22:39:35 ID:7Rh+6UDG
>リング第一作が傑作なのは、主人公が両親を犠牲にする行動が怖いからだよね

これさ、昨日たまたま読み返してみたんだけど、実の両親じゃなくて
妻のほうの両親なんだよね・・浅川・・・


485 :名無しのオプ:2006/12/02(土) 00:41:02 ID:y/sRvV2c
俺は人が死ぬ理由に中途半端に合理性があるホラーは嫌いだ。
未知の細菌とかね。
幽霊でも怨念でもいいからグングン引き込んで欲しい。

486 :名無しのオプ:2006/12/02(土) 04:04:47 ID:Ucx7O2mp
「恋愛で死神」(「死神の精度」収録)。
後味悪すぎる。それに、青年の病名が●ってのも安易ではありませんか。

487 :名無しのオプ:2006/12/02(土) 08:32:51 ID:FNDfj29d
まあいずれにしろ「フィクションをフィクションとして楽しむ」能力に欠けてる
って事はあんまり自慢できるこっちゃないよ。

488 :名無しのオプ:2006/12/02(土) 17:18:06 ID:Rik5q5So
>俺は人が死ぬ理由に中途半端に合理性があるホラーは嫌いだ。
未知の細菌とかね。

そうそう、自分リングの原作はいまいち読む気になれなくて、
映画しか見てないんだけど、「リング」はひたすら貞子の怨念で
バタバタ死んでいって面白かったのに、「らせん」になると
ウイルスだのなんだので妙にサイエンスになったよね。
あれで拍子抜けしたなあ。
別のホラー作品でも、確かにそういうのある。


というより、「理由がわからない、対抗策が不明」なのが、ホラーが怖い要素の
一つだと思うんだ。
防ぎようがなく狂ってしまう、死んでしまう、とか不気味だよね。
だから合理性を求めたら、怖さは半減すると思う。

また例えが映画で申し訳ないが、「呪怨」の一作目なんかは、
あの家に元住んでた人が呪いをかけた、というのはわかるが、
防衛策がなくあの家に入った人は十中八九死んでしまうのが不気味で怖い。
理由がわかってるけど手の出しようが無い、というのは絶望的に怖いよね。

489 :名無しのオプ:2006/12/02(土) 19:17:11 ID:aMJWphVV
生きてるうちは駄目人間でも死ぬと超人的www
生きてんのに駄目なのは死んでも駄目だろ

ちなみにビデオ版だったかの呪怨の刑事には腹抱えて笑った
あと、映画の呪怨2の糞ッぷりは凄いね

490 :名無しのオプ:2006/12/03(日) 11:49:22 ID:NzKQoZvQ
幽霊は怖くないっていうけどさ
充分怖いよ。原因わからんのがキツイ
もちろん人間も怖い

491 :名無しのオプ:2006/12/03(日) 12:16:49 ID:riB00wIi
「ぼっけえ、きょうてえ」は怖さは普通だけど、なかなか良かった。
冒頭から薄気味悪さ全開で一気に読める。
同時収録されてる作品もなかなか良い。


492 :名無しのオプ:2006/12/03(日) 21:20:58 ID:IqjQWVSG
夜啼きの森まで読んだが
TV出るようになってから興味が失せた

493 :名無しのオプ:2006/12/04(月) 00:45:46 ID:bbs/kiP0
神鳥(イビス)読んだけど、全然怖くねー。
作者の文章力も同人誌レベル。
あの男のキャラにも腹が立った。


494 :名無しのオプ:2006/12/04(月) 01:59:39 ID:Lmo9LL/d
黒い家って怖い?

495 :名無しのオプ:2006/12/04(月) 02:09:24 ID:Lmo9LL/d
誤解招きそうな書き方なので訂正
黒い家って怖いか?
何か、全然怖くなかったんだよな。
始めから犯人分かったし、主人公の彼女の頭がミラクルってるし…

496 :名無しのオプ:2006/12/04(月) 02:36:19 ID:w4XS7JCF
>>493-495
スレタイ読まない池沼はこっちにお遺棄なさい
ttp://book3.2ch.net/test/read.cgi/mystery/1153729299/l50


497 :名無しのオプ:2006/12/04(月) 05:04:13 ID:OyJN277E
>>495
>始めから犯人分かったし


ちょwwwwおまwwwwww

498 :名無しのオプ:2006/12/04(月) 06:09:26 ID:OyJN277E
黒い家は犯人探しがメインじゃねーしww
最初からあのババアと夫の二択なんだから、そりゃわかるだろw

499 :名無しのオプ:2006/12/04(月) 09:25:18 ID:IOlHqWpy
黒い家の映画版もいろんな意味で面白かった
大竹しのぶのおっぱいとかおっぱいとか

500 :名無しのオプ:2006/12/04(月) 10:49:49 ID:cvpJnFYH
いままで怖かったの
「黒い家」(映画先に見てたけど怖かった)
「ぼっけえ、きょうてえ」
「銀簪」(大佛次郎) 女を泣かせた男の因縁話なんだけど最後ゾクっとした
「丘に、町が」(バーカー) 肉人形の話

501 :名無しのオプ:2006/12/04(月) 16:19:38 ID:/z5/CpQX
黒い家は会社で基地外と追いかけっこをするところが
怖くて怖くて速読のような速さで読み飛ばしてしまった

あと「リング」か「らせん」かどっちか忘れたが、
ワンルームマンションのユニットバスにいるときに
脹脛の上あたりを何かわからないものがのっそりと
通り過ぎたのだけど怖くて振り向けなくて結局それが
何かわからなかった、という描写が怖かった

502 :名無しのオプ:2006/12/04(月) 20:51:27 ID:KHunyaQ8
この手のスレでタイトルだけは何度も見かけた『隣の家の少女』。
ブコフ詰め放題でゲト。
オカルトホラーかと思って一気読み。
後半気分悪くなったが怖くて止められず完徹読了。
グスン(つД)ママ…

503 :名無しのオプ:2006/12/04(月) 21:18:50 ID:NA4okRsq
>>502
私もだった…。
ひどい話が読みたくて、どっかのサイトで見て買ってみたんだけど。
ひどい話でかわいそうで、読むの止めたいんだけど止められなくて、結局徹夜で完読。
読んだ後、自分の好奇心を呪った…(-"-;)

504 :名無しのオプ:2006/12/04(月) 21:36:08 ID:pHUrnqDp
けっちゃむわーるどにようこそ・・・もうぬけられないよ

505 :名無しのオプ:2006/12/04(月) 22:22:52 ID:qF1v7I/3
>>500
「丘に、町が」が肉人形の話ってw未読の人間が妙な誤解をしかねんぞ
ま、間違いじゃないけどさ

『血の本』は全巻揃えたけど、あの中から3つ選べと言われたら
「丘に、町が」も入るな

506 :名無しのオプ:2006/12/04(月) 22:58:06 ID:KWDfB5Ty
>505
あれで誤摩化したつもりなんだw
あと自分はジャクリーンエスが好き
てか実は四冊目くらいで挫折して全部読んでない また図書館に予約しよう

507 :名無しのオプ:2006/12/05(火) 18:13:17 ID:2D4KU9Hp
「死のロングウォーク」読了。
怖くはないけど、いいねえ。
こんな競技がオリンピックであればいいのに。
延々と歩き続けて、最後まで残った奴が優勝。


508 :名無しのオプ:2006/12/05(火) 18:48:46 ID:S9XuiQT7
>>502
タイトルに聞き覚えがあって、本棚探したら出てきた。
どうやらブックオフで拾ってきた本らしい。二部終了まで読んで
放り出してるんだが、このあと、面白く(?)なるんだろうか?

509 :名無しのオプ:2006/12/05(火) 18:58:56 ID:PcDyBNMr
>>487
それは言えてる。ドラゴンボールとか読んで「あれは物理的に不可能じゃないか」とか真顔で言いそうだよ。

510 :名無しのオプ:2006/12/05(火) 19:01:10 ID:OoqgGG2n
>>508
いや、もうそのまま読まずに売っ払うが吉。
読んで具合悪くなったもん。

511 :名無しのオプ:2006/12/05(火) 19:02:30 ID:9UihAZ7O
>507
だってそれメル欄じゃなかったけ…

512 :名無しのオプ:2006/12/06(水) 00:40:26 ID:R/mYDZVS
創元社の日本怪奇小説傑作集は全部よんどけ

513 :名無しのオプ:2006/12/06(水) 01:12:05 ID:jLMrDCgB
このスレに名前のあがってる本を片っ端から読んでるけど、
怖がらせてくれるのは少ないねえ。
どっかにこう、俺のタマタマちゃんが縮み上がるくらい怖い小説ないかね?
俺が好きなのは「隣の家の少女」「メドゥサ、鏡をごらん」ね。

514 :名無しのオプ:2006/12/06(水) 01:41:32 ID:7KbSKA74
このスレでも散々挙げられているけど、やっぱり今まで読んだ中で怖かったのは『黒い家』かなぁ。
幽霊的な怖さより、生身の人間が絡む方が数倍怖く感じる。
『クリムゾンの迷宮』だっけ?アレは、ラストがラストだからそこまで怖く感じなかった様な気がします。

ちょっと前話題になってたんで、西尾維新さんの本(『クビキリサイクル』と『クビシメロマンチスト』だったかな?)
買ったけど、ん〜〜〜〜〜〜〜〜〜・・・・って感じでした。
何かマンガ読んでるみたい。
萌えの要素いらんと思います。

515 :名無しのオプ:2006/12/06(水) 02:26:00 ID:Ubr+ioi7
宮本輝「泥の河」
子供の狂気に背筋が寒くなった

母親が壁一枚挟んで客とってる貧乏舟の幼い姉弟がアレ燃やすとことか
饐えた悪臭立ち込める座敷の暗がり
青白い炎を発してぼうぼう燃え上がるアレたち
闇にぼんやり浮かび上がる無表情な姉弟
小便漏らしそうに動転する幼い主人公

昔読んだんだけど映像思い浮かべたら凄い怖かった

516 :名無しのオプ:2006/12/06(水) 15:47:41 ID:PmLJQIv1
隣の家、ってさ、実話ベースじゃん。
隣の家が好きな人はコンクリ事件とか
そういう事件が載ってるサイト見ても楽しめるんじゃないのかな。
自分はその手の話は小説化したものより実際のほうに興味がある。

517 :名無しのオプ:2006/12/06(水) 16:31:37 ID:pW+W2emU
>>516
実話ベースではあれ、あれはあくまでケッチャムが書いたフィクション
第一単なるノンフィクションだったら、ここまで有名な作品として評価され
恐怖小説(といっていいのか自信はないが)好きの口の端に上り続けることはないだろ
「隣の〜」に限らず、ケッチャム作品って実話ベースの作品がいくつかあるけど
ケッチャムがノンフィクション作家として評価されてるのか?

それにこのスレにしても、Web上に落ちてるこの作品の評価や感想にしても
「『隣の家の少女』最高!すげーおもしれー」「俺の愛読書」なんてのたまう奴は極めて少数派だろ
この作品が好きというより、あまりにキツかった、嫌悪感ばかり残ったっていう人間が殆どなんじゃね?
ただ“フィクションだからまだ読んでいられた”ということだけであって
創作だから安心して己の内に隠れた残酷趣味を満足させられたんじゃなかろかね

そういう人間がこの事件の元ネタや、女子高生コンクリ詰め事件の実録を
嬉々として読めるとは思えないんだが

じゃあおまいは小説なんか読まず、ドキュメントでも読んでなさいってことで



518 :名無しのオプ:2006/12/06(水) 17:16:38 ID:PmLJQIv1
>517
なんか勘違いしてると思うんだが、
ケッチャム批判じゃないのよ、あれはあれでちゃんと「小説」って認識してるしね。
(>「小説化」したもの)
で>513があったから書いたんで、どっちが上とか下とかも言ってない。
>サイト見て「も」楽しめるんじゃないのかな。 なわけだから。

519 :名無しのオプ:2006/12/06(水) 19:23:50 ID:jLMrDCgB
「隣の家の少女」は、
「きっと主人公がエスカレートする虐待から少女を救ってくれる」
「最後には少女が何とか無事に逃げてくれる」
とハラハラしながら読めるところに小説の要素があるんであって、
虐待そのものを楽しみながら読んでる奴なんてあまりいないでしょ。

520 :名無しのオプ:2006/12/06(水) 23:50:12 ID:O9sKgPiv
大石圭の「湘南人肉医」と「自由殺人」と「アンダー・ユア・ベッド」と「処刑列車」と「水底から君を呼ぶ」と「殺人勤務医」を読んだ。
怖いってのとはちょっと違うけど、主人公たちの妙な諦念みたいなのがぞわっとする。

521 :名無しのオプ:2006/12/06(水) 23:58:30 ID:YzBmccA4
>519
なあんだ、タマタマ言うからその手のも悪い意味じゃなく楽しめてるのかと思ったよw
虐待嫌いは本当に途中で止めちゃうもんだしね。

522 :名無しのオプ:2006/12/07(木) 00:04:32 ID:2yd2qu9V
立風の「現代怪奇小説集」はなんだかんだいって傑作そろいだと思う

523 :名無しのオプ:2006/12/07(木) 00:21:47 ID:tnYtauFQ
つかさ
本当にあった怖い話読みたいなら
女子高生コンクリ詰め事件のノンフィクションでも読みなよ
「かげろうの家」とか

女子高生の腹に鉄アレイ落とすシーンが今だにトラウマなんだけど

524 :名無しのオプ:2006/12/07(木) 00:25:15 ID:hTNx2I3H
ここで何回も出てるけど、やっぱり
我孫子武丸『殺戮に至る病』

作中に出てくるあの歌、
小さい頃学校かなんかでよく聞かされてて懐かしい感じがしてたのに
これ読んでからは聞く度に嫌悪感に苛まれるorz

525 :名無しのオプ:2006/12/07(木) 00:25:17 ID:N3vruasr
>523
最近だと北九州の一家殺しが怖い。身内に身内を殺させてた事件。

526 :名無しのオプ:2006/12/07(木) 04:35:18 ID:NxERfZle
猟奇殺人や怪事件などを集めたノンフィクション
http://book3.2ch.net/test/read.cgi/books/1041404659/l50


527 :名無しのオプ:2006/12/07(木) 12:29:09 ID:1hXj+WYe
じゃスレタイに添ってお返し

今まで読んだ中で最も怖かった小説
http://book3.2ch.net/test/read.cgi/sf/1156665337/l50

528 :名無しのオプ:2006/12/07(木) 17:41:12 ID:qs3t+zp1
てか怖い話なんざフィクションで充分なのに、
単なる事件を読めとか言ってる奴って何が言いたいのかね?
作り事でさえ鬱になるのにノンフィクションなんか楽しめるわけないだろ

529 :名無しのオプ:2006/12/07(木) 17:48:46 ID:6Jng4pnh
いつまでもうるせえな
楽しめるならそっちもどうかって勧めてみただけだろうが

530 :名無しのオプ:2006/12/08(金) 00:21:37 ID:fcx2OxYm
中島らも ガダラの豚

531 :名無しのオプ:2006/12/09(土) 08:42:38 ID:xIpu4jQg
名前があがってるクラインの壷を読んだ。
そこそこ面白いけど、怖くはないね。
「メドゥサ、鏡をごらん」と似てるなと思ったら、井上夢人との共著なのね。
俺敵にはメドゥサの方が評価が格段に飢えだね。

532 :名無しのオプ:2006/12/09(土) 11:15:07 ID:Zlw3FCr2
隣の家は、(最後は助けようとするものの)虐待を知ってて傍観してた主人公が
自分が一番辛いみたいなこといってるのが一番気分悪い。

533 :名無しのオプ:2006/12/09(土) 11:17:10 ID:p7dCaD6r
>>531
共著と言っても、あれは完全に井上の作品だと言う話だが

534 :名無しのオプ:2006/12/09(土) 13:26:23 ID:4b8jm1yr
バッドエンドで終わっちゃう奴が一番怖くない?墓地を〜とか。

535 :名無しのオプ:2006/12/10(日) 14:23:43 ID:jO/IxILT
バットエンドというかホラーは後味悪くてナンボ
生温いハッピーエンドなんていらない

536 :名無しのオプ:2006/12/10(日) 14:42:48 ID:/LGJB0ui
オチがどうだろうと過程が怖ければいいよ
中途半端なハッピーエンドやバッドエンドが一番つまらん

537 :名無しのオプ:2006/12/11(月) 01:18:08 ID:QTsNsVR6
岡嶋二人なら「クリスマスイブ」

538 :名無しのオプ:2006/12/12(火) 16:37:34 ID:Ovz/qZIy
殺戮にいたる って怖いか?
あれ犯人側の視点があるからそう思わないんだが
どちらかというと気持ち悪い。



539 :名無しのオプ:2006/12/12(火) 20:21:57 ID:BaPBlx+7
怖い小説は好きだけど、このスレ読んで
「殺戮にいたる病」と「隣の家の少女」はやめとこうと思った。
陵辱・虐待系はダメ。鬱になる…

540 :名無しのオプ:2006/12/12(火) 23:42:26 ID:rNnJ2Hp7
俺もだ
そういうのは俺の中で「怖い」っつーのとはちょっと違う

541 :名無しのオプ:2006/12/13(水) 00:04:42 ID:rF9ETxOR
>>539
綾辻の「殺人鬼」超おすすめ

542 :名無しのオプ:2006/12/13(水) 01:29:35 ID:2HIv9G0i
そのタイトルじゃいずれにしても539は読まないと思うw

543 :名無しのオプ:2006/12/13(水) 02:24:11 ID:uePQpjwT
彩辻は怖くない
キモい

544 :名無しのオプ:2006/12/13(水) 02:48:00 ID:AfCnV8/o
本来、ホラー小説は「怖さ」を愉しみたくて読むものだものなぁ
ホラー【horror】って言葉の意味には、生理的嫌悪感、不快感も含まれてはいるんだけれど
単に嫌悪感、不快感、キモいグロい―しか残らない小説じゃあ愉しめないわな

「隣の家〜」は俺も読了するのが辛かったけど、
「殺戮〜」は前評判ほど読んでてキツくもなかったよ(まんまと騙されたけどね)

むしろジャクスンの「山荘綺談」の方が、読み終わった後なぜかエラく気が滅入った
「隣の家の少女」とこれは、2度と読む気が起きない作品かも

545 :名無しのオプ:2006/12/13(水) 10:52:03 ID:R8SlCRNP
怖い小説じゃないけど殺戮にいたる病は騙されたと思って読んでほしいなぁ

546 :名無しのオプ:2006/12/13(水) 12:54:11 ID:73UZe0gP
あれは最後のトコが秀逸だよね

547 :名無しのオプ:2006/12/13(水) 13:52:13 ID:xeoDS+vp
今「天使の囀り」読み始めたばかりだから
終わったら「殺戮〜」読んでみようかな。

つか天使の囀り厚いなw

548 :名無しのオプ:2006/12/13(水) 20:42:56 ID:eYyVNPCW
オカルト版からのオススメ
http://syarecowa.moo.jp/votec3/votec.cgi
殿堂入りのコトリバコはここの皆様にもオススメできます ぺこり

549 :名無しのオプ:2006/12/13(水) 20:53:41 ID:zsef78xw
>>548
こういうのを厳選した本とか出ないかな
「電車男」とか「泣けるにちゃんねる」とか2chからも書籍出てるし

550 :名無しのオプ:2006/12/13(水) 21:02:54 ID:k3XxFaha
>>548
師匠シリーズとかもミス板向きかも

551 :名無しのオプ:2006/12/13(水) 21:08:13 ID:fQSQ97ya
リアル鬼ごっこ、世界の中心で愛を叫ぶなどの売れ線

読んだ後に日本の小説の絶望感から恐怖した

552 :名無しのオプ:2006/12/13(水) 21:21:38 ID:lh04uhX/
殺戮も殺人鬼も面白いけど、怖いとは思わなかったな
スプラッタ描写は素晴らしいが、結局ミステリ作家の書いた物で謎解き部分がメインと思ったしな

553 :名無しのオプ:2006/12/13(水) 21:38:56 ID:rHmWVPvZ
黒い家おもしろい

554 :538:2006/12/14(木) 00:20:15 ID:g8bzrIEK
>>539
殺戮はそういうシーンはあるけど、大丈夫だと思う。
俺の中で後味が最高に悪かったのは黒い家かな。
隣の家はまだ呼んでないけど、これは止めとこうと思う。

555 :名無しのオプ:2006/12/14(木) 12:12:18 ID:evKznThf
ジョン・ソールだか、ジャック・ケッチャムは絶対止めたほうがいい。
「Itと呼ばれた子供」だかなんだかの、児童虐待の本まではいかないかもしれないけど
ものすごく精神衛生上よろしくない(失礼な言い方だが)

556 :名無しのオプ:2006/12/14(木) 16:13:33 ID:JppELFTN
筒井康隆の驚愕の〜を読了したんだけど、これは本当におすすめしたい
二度死んだ〜が怖いって有名だけど、その他例えば
冬のコント、傾斜、など自分的にはヤヴァい。他もなかなか怖いですし。
筆者はキチ○イかなとまじで思う
得体の知れない、妙な怖さがある、はぁ?っと言いたくなるがよくよく考えると怖い、、みたいな

言葉で言い表わしにくいんだけど、読んでみて!

557 :名無しのオプ:2006/12/14(木) 17:45:03 ID:yLUhatkW
コトリバコはまじで怖いと思った。やっぱり日本の土着的なものは陰湿で気味が悪い。

558 :名無しのオプ:2006/12/14(木) 18:57:29 ID:JppELFTN
もりあがろうよ!
あげ

559 :名無しのオプ:2006/12/14(木) 19:13:53 ID:AnQqSxHY
>>548
コトリバコもこわいけど
リョウメンスクナってのもトンデモ系ミックスされてこわひ

560 :名無しのオプ:2006/12/14(木) 23:04:12 ID:YVwCw5oz
>549
カレマニ知らないのか。

561 :名無しのオプ:2006/12/14(木) 23:06:22 ID:qRZnRZyZ
>>560
カレマニ騒動を知らないのか

562 :名無しのオプ:2006/12/14(木) 23:12:30 ID:YVwCw5oz
>560
だからそう549に聞いている。

563 :名無しのオプ:2006/12/15(金) 13:52:49 ID:E0TP/goC
あげ

564 :名無しのオプ:2006/12/15(金) 13:54:13 ID:E0TP/goC
あがれ

565 :名無しのオプ:2006/12/16(土) 18:56:12 ID:FXp9iOa1
殺人鬼1,2ってギャグ小説だよね?

566 :名無しのオプ:2006/12/16(土) 22:40:27 ID:LUO94NOp
いやむしろ、只の駄文だな
こんなんをスプラッタへのオマージュとか言うてんのかと思うと
頭痛くなるわな

糞ツマラン内容で、買うた本、捨てちまった。
13日の金曜日見て書いてみましたってレベルね

せめてスプラッタ小説言うなら友成ぐらい書かんとな


567 :名無しのオプ:2006/12/16(土) 23:52:00 ID:mIcqzysT
友成のはエログロ小説って言うんだよw
殺人鬼1はトリックがあったから読めたけど、トリックすらない2はつまらなかったな

568 :名無しのオプ:2006/12/17(日) 17:34:20 ID:NWlBWyIN
結果的に「殺人鬼」はオススメなのかオススメじゃないのか
どちらなので?

569 :名無しのオプ:2006/12/17(日) 17:45:44 ID:lAoMZnaN
おれはすすめない

570 :名無しのオプ:2006/12/17(日) 17:48:20 ID:i9MnzFDz
>>568
ミステリ好きなら読んでも良いのでは。
純粋にホラー/スプラッタ系を読みたい人は
無理に読まんでも、て感じかな。

571 :名無しのオプ:2006/12/17(日) 18:42:14 ID:LZFpsoOD
友成は怖くないだろ
友成作品で評価の高い獣儀式と陵辱の魔界を読んだけど、ただエログロなだけだったよ
加害者が鬼なんだよね、本物の地獄の鬼w
人間側の描写はひたすら殺されて腸をぶちまけるか、男が女を犯すかだけ
描写は読者に吐き気を催させるほど凄まじくたしかに想像したら気持ち悪いけど、ただそれだけだよ
これは人間が加害者なら怖いと思ったかも知れないが
読者の怖いという感覚に訴えかける物がないんだよね
単なるグロを怖いと思えるならともかく

572 :名無しのオプ:2006/12/17(日) 22:58:10 ID:Lb66H2rt
メドゥウサ、読みましたが。
夜だったんで、怖かった。
けど、割と最初から面白く読めた。

殺戮に・・はイマイチだったな。


573 :名無しのオプ:2006/12/18(月) 01:15:09 ID:i6k4k8CB
結末を知らないなら、弟切草→彼岸花→寄生木をお勧めします。
ネタバレ禁止よ!

574 :名無しのオプ:2006/12/18(月) 04:59:42 ID:zQzo3n1m
>>573の3部作を読んだが、俺は全く怖くなかったなぁ・・・
文章としても、何か違和感の残る作品だった記憶しかない。

575 :名無しのオプ:2006/12/18(月) 23:55:47 ID:oZaz0wnB
田中啓文の「禍記(まがつふみ)」が面白かったよ。
ちょっぴりグロがあったけど、異形家よりはマシかと。

576 :名無しのオプ:2006/12/20(水) 07:07:28 ID:TdapAzt5
東野圭吾の「むかし僕が死んだ家」
怖くてトイレに行けなかった。

577 :名無しのオプ:2006/12/22(金) 21:07:52 ID:gpZ/l8V6
篠田節子の夏の災厄が面白かったので、
弥勒も読んでみた。
ホラー的な怖さではないけれど、
閉鎖された独裁政権の狂気について書かれていて面白かった。
ポルポト政権下や北朝鮮なんてこんな感じではなかろうか。

578 :名無しのオプ:2006/12/25(月) 09:56:33 ID:T195Hdsv
天使の囀りを読んだ。面白かった。
クリムゾンよりか好きだ。
バッドエンドという訳ではなかったけど メル欄 と思った。

579 :名無しのオプ:2006/12/25(月) 23:25:02 ID:Bdo+hweu
宮部みゆきの「あやし」でガクブルしてる私は井上夢人のメドゥサ読んだらチビるかな
今日もらったんだけど

怖そう

580 :名無しのオプ:2006/12/26(火) 00:16:19 ID:O/MifA4l
自分にとっては「あやし」の方がはるかに怖かった。
当たり前のことだが、好みとか恐怖のツボによると思われ。

581 :名無しのオプ:2006/12/27(水) 19:26:34 ID:fPaVfpy7
黒い家は確かに怖かったな
ミステリー的には青の炎、話的にはクリムゾンの迷宮の方が良くできてるしはまったけど
怖さなら黒い家がダントツでしょ

582 :名無しのオプ:2006/12/27(水) 20:33:38 ID:tvszrsET
虫系苦手な人は天使だろ

583 :名無しのオプ:2006/12/27(水) 21:48:38 ID:v48OjDUj
>>20
「走る取的」筒井康隆
懐かしいw

584 :名無しのオプ:2006/12/27(水) 23:42:17 ID:AxoI+JOO
走る取的

マケボノなら楽勝
走って逃げたら追いかけてこれんだろ

585 :名無しのオプ:2006/12/28(木) 01:21:38 ID:8/8mvhm5
そう思って電車に逃げ込むと、なぜかとなりの車両に乗ってたりする

586 :名無しのオプ:2006/12/28(木) 01:43:58 ID:eRkM3Zhh
足の早い取的も怖いが
足が遅い曙が走っても走っても振り返るといる、ってのも怖いな

587 :名無しのオプ:2006/12/28(木) 07:39:53 ID:vQ6IJjxt
天使の囀りとクリムゾンの迷宮のどこが怖いか分からん
でも黒い家はまじ怖かった。

588 :名無しのオプ:2006/12/28(木) 09:49:39 ID:VPoHSi24
青の炎も怖い要素なんてないよな
小説読む前に映画ではヒロインがあややだって事だけ知ってたので
あややに置き換えて読んだおかげでやばかった

589 :名無しのオプ:2006/12/28(木) 20:57:06 ID:6Mfw7Poj
>>587
俺はクリムゾンが1番怖かった

590 :587:2006/12/28(木) 21:16:00 ID:GtMpglvB
クリムゾン メール欄は確かに恐かったけど、後は大丈夫だったよ。

591 :名無しのオプ:2006/12/28(木) 22:43:41 ID:UgYjpojU
>青の炎も怖い要素なんてないよな
・・・どういう読み方したら、こういう感想が出てくるんだ?
自分が読んだ本のジャンルも解らんのか

592 :名無しのオプ:2006/12/29(金) 00:06:46 ID:hCTtUooN
これも怖かった・・・。
http://uranews4vip.blog61.fc2.com/blog-entry-146.html

593 :名無しのオプ:2006/12/29(金) 12:02:01 ID:lD54XluQ
こういう、貼っとけば何の説明もせずとも皆が飛んでくれるに違いないと
思ってるバカの神経が怖いよ。

594 :名無しのオプ:2006/12/29(金) 18:32:55 ID:XgVWsiE0
>>587
俺も
天使の囀りは最後辺りで馬鹿にしてんのかと思った
クリムゾンはガキの読む本だな
黒い家は良かった

595 :名無しのオプ:2006/12/29(金) 19:23:23 ID:yl8cdRb+
>>593
見たんですね?

596 :名無しのオプ:2006/12/29(金) 23:07:52 ID:hCTtUooN
>>593
そんなにムキにならなくてもいいじゃんwwww

597 :死んでも逃げられない:2006/12/30(土) 00:39:39 ID:dp4lMeUC
ディケンズの信号手はまだ挙がっていないな…。
墓地を見下ろす家は読んだ後かなり怖かった。王道ホラーだね。
くだんのはは、長い暗い冬、酔歩する男は、
読んだ時はふーんって感じだったんだけど、
時間が経ってよく考えれば考えるほど怖くなってった。
特に酔歩はメ欄なのが最高に怖い…。

598 :名無しのオプ:2006/12/30(土) 00:40:50 ID:dp4lMeUC
すんません、名前欄と間違えた…逝ってくるorz

599 :名無しのオプ:2006/12/30(土) 00:59:43 ID:u3j5cpYW
笑ったw

600 :名無しのオプ:2006/12/30(土) 01:39:08 ID:PkbzMivy
>>595-596
ってことはトラップ関係なの?

601 :名無しのオプ:2006/12/30(土) 16:07:26 ID:R2hHT9+L
タイトルを挙げればすんじゃうような場所でアドレス貼ってしまいにするのは
トラップ系か宣伝かどっちかだ

602 :名無しのオプ:2007/01/01(月) 23:26:38 ID:TGrgjoh9
小林泰三の短編「兆」
角川ホラー文庫のアンソロジーにしか入ってないこれ好評だから買ってみたけど、大したことなかった
他の小林作品と比べて明らかに劣るし、アンソロジーの中で一番つまらなかった

603 :名無しのオプ:2007/01/01(月) 23:54:30 ID:R5xUYn7/
このスレで挙がっている「黒い家」を読んでみた。
生保じゃないけど接客業をしているとああいう感じの客は珍しくないため、
リアルすぎて怖いと言うよりすっかり胃が痛くなってしまった。

604 :名無しのオプ:2007/01/03(水) 07:00:17 ID:sHpxCewt
メドゥサ読みました
ここで怖い怖い言われててどんなもんかと読んでみました
後半むちゃくちゃ怖かった…

でも読みながら泣きそうになった切なくて
単に怖いだけじゃなく悲しい話だった

605 :名無しのオプ:2007/01/03(水) 08:01:43 ID:yNrLR/j8
午前二時に、呪いのFAXがkるって話読んだことあるか?

606 :名無しのオプ:2007/01/03(水) 17:09:53 ID:83Tzz1OJ
それかどうか知らんが,新刊でそんな本置いてたな。
酔歩する男,妙な怖さがあった。

607 :名無しのオプ:2007/01/03(水) 23:15:38 ID:RDLvps0L
メドゥサはマジでこわいですね。

キングの中篇「霧」はどうでしょうか。あまり怖くはないかもしれませんが。

608 :名無しのオプ:2007/01/04(木) 09:51:14 ID:vy3BMuc3
キングの「ミザリー」読んでるんだけど、とにかくキングって読みづらい
全然話が進めない

609 :名無しのオプ:2007/01/05(金) 14:28:52 ID:LR93ghVZ
>>594
クリムゾンがガキの読む本なら、黒い家も同じじゃない?
保険会社が舞台になっているから大人が読むに値するの?

610 :名無しのオプ:2007/01/05(金) 16:09:04 ID:fEIM8ejN
>>609
怖さの質の違いでしょ。
ストレートな怪談話と同じ道具立ての恐怖であるクリムゾンは
子供が読んでも(あの程度の文を自分で読める子供なら)怖がれるけど、
黒い家は、社会に出て、常人の理解を超える人が世の中にはたくさんいる、
そういう人と係わり合いにならなければならない時がある、と
身をもって感じたことのある大人のほうが怖がれる。
どっちが高尚とも自分は思わないが、とりあえずタイプは違うと思う。



611 :名無しのオプ:2007/01/05(金) 18:10:02 ID:LR93ghVZ
>>610
両方とも読んだから、作品のタイプが違うのはわかるし、
舞台が実生活(社会)に近い方が、より怖さを感じられるケースが多いこともわかる。
でもそれはリアルさを感じられるか否かの区分けじゃない?
ガキor大人が読むって区分けとは別だと思うんだよね。
文体などが大人向けだと言うなら話は別だけど、この2作品は大差ないはず。

粘着っぽくて嫌だったんだけど、
ホラーやミステリー自体が、一般的には大人向けとは捉えられてないにジャンルにも関わらず、
同じ作者の、比較的書かれた時期も近い作品の一方をガキの読む本と切り捨てるからには、
個人的な好みの他に、何かしらの理由があるのかなと思って>>594にレスしてみたんだよね。

612 :名無しのオプ:2007/01/05(金) 19:26:52 ID:2LZZAjeb
怖さで言ったら小松左京のくだんのははが最強でしょ
第二次世界大戦という戦の真っ最中なのがまた

613 :名無しのオプ:2007/01/05(金) 21:58:59 ID:WD282aMV
クリムゾンはガキも読める本。

614 :名無しのオプ:2007/01/05(金) 22:07:38 ID:4ug8PfGA
姉飼ってどうなの?
ホラー文庫の新刊だけど

615 :名無しのオプ:2007/01/05(金) 23:08:10 ID:0BjBhLrY
三津田信三の「ホラー作家の棲む家」「作者不詳」「蛇棺葬」「百蛇堂」を続けて読んだ。
この作家の作品はハズレがないね。期待するほど怖くもないけど。

>>614
角川のホラー小説大賞受賞作は結構ハズレも多い。

616 :名無しのオプ:2007/01/06(土) 01:00:16 ID:OWqE2N3U
>>615
具体的にはどれが外れ?
黒い家、ぼっけえきょうていだけ読んでどっちもかなり怖かったからこの賞は結構期待してるんだけど

617 :名無しのオプ:2007/01/06(土) 01:03:35 ID:j0+68EH/
ジュリエットは大外れ

618 :名無しのオプ:2007/01/06(土) 07:05:06 ID:FMhyI2ey
姉飼はあらすじで書いたらありがちって感じだが
ぬちょぬちょどろどろした描写がけっこういい。

619 :名無しのオプ:2007/01/06(土) 10:30:09 ID:q3sCWZie
>>616
レフトハンド、パラサイトイブはハズレ。
黒い家、ぼっけえきょうていは受賞作の中じゃ大当たりの部類。

620 :名無しのオプ:2007/01/06(土) 20:29:14 ID:DA+py56Q
バイオホラーで面白い作品を教えて欲しい

621 :名無しのオプ:2007/01/06(土) 23:20:44 ID:F8DDHz11
2重螺旋

622 :名無しのオプ:2007/01/06(土) 23:39:27 ID:q3sCWZie
バイオホラーは一般的に怖くないと思う。
「そんな都合の良い寄生虫(細菌、バクテリア)あるかゴルァ!!」って感じ。

623 :名無しのオプ:2007/01/06(土) 23:46:01 ID:0/FrgCoZ
そんなこといったら普通のホラーだって
「そんな都合の良い幽霊ry

624 :名無しのオプ:2007/01/06(土) 23:46:36 ID:9E2ctyfZ
レフトハンドは笑えるホラーです。
皆様勘違いしないように。

625 :名無しのオプ:2007/01/07(日) 00:34:16 ID:IS46ZLes
墓地を見下ろす家は作者が「ほらほら、怖いでしょ?」っていう押し付けがましさが感じられて好きじゃないな。
ホラーにリアリティを求めること自体がおかしいことかもしれないが、ありえないことすぎてある種ファンタジーみたいな感じだった。
若干ネタバレになるから未読の方は飛ばしてほしいが、
結局正体はなんだったのか?何故加納家を時間をかけて殺したのか(殺してないかもしれないが)?目的は何なのか?住んでいてほしいのか出ていってほしいのか。
幽霊が集団で行動するほどのことなのか?(しかも老人や子供も一緒に)
作者が読者を何でもかんでも怖がらせようと考えすぎて「幽霊なら何でもあり、何でも出来るスーパーマン」と考えてしまってるところが個人的に駄目だった。

626 :名無しのオプ:2007/01/07(日) 00:34:23 ID:3tZPb8g7
笑えもしなかったがw>レフトハンド

627 :名無しのオプ:2007/01/07(日) 01:54:36 ID:o5F1hPWE
サイコホラーで面白い作品ってある?
黒い家はもう読んだ。

628 :名無しのオプ:2007/01/07(日) 03:16:14 ID:VRFC7EMA
>>622
バイオホラーは前半部の、化物?の正体が見えないまま犠牲者が出る展開と
後半部で化物が暴走を開始してからのスリル+アクションを楽しむものかと

海外作品の方が楽しめるかも。「レリック」とか

629 :名無しのオプ:2007/01/07(日) 11:45:03 ID:Ln8UMhHJ
>>621>>628
サンクス、ググッ手見る

630 :名無しのオプ:2007/01/08(月) 17:13:06 ID:3dGOZcQG
ぼっけえきょうていの怖さが分からなかった
文字を読んでただけで理解できて無いのかな?難しい話じゃないよね?

631 :名無しのオプ:2007/01/08(月) 19:47:11 ID:06bLG1NY
さぁ

632 :名無しのオプ:2007/01/09(火) 02:04:30 ID:qNYq5PiP
挿絵が怖かったんじゃねーの?

633 :名無しのオプ:2007/01/09(火) 20:10:05 ID:6AoUzg3v
ぼっけえきょうていってどういう意味?

634 :名無しのオプ:2007/01/09(火) 20:29:11 ID:DjnPsr+J
でっかい競艇

635 :名無しのオプ:2007/01/09(火) 20:37:27 ID:5cwVL+iB
各作家のナンバー1を決めよう!スレにて、「大石圭」作品投票中。

締切りは、平成19年1月12日(金)、〜12:00まで。1人1票でよろしくご参加を。

http://book3.2ch.net/test/read.cgi/mystery/1154275629/l50

投票したい作品を<<作品名>>のように<< >>括って投票するのがローカル・ルールになってます。


636 :名無しのオプ:2007/01/09(火) 21:20:40 ID:hWbWxUgd
ぼっけぇきょうていは想像してその雰囲気を怖がる話だからなぁ
姉飼何かもそんな感じ

レフトハンドは確かに期待はずれだった、中井拓志じゃクォータームーンかアリスが良い
獣の夢は正直意味分からん

637 :名無しのオプ:2007/01/09(火) 21:40:44 ID:7eCkFeeT
>>633
このスレタイ

638 :名無しのオプ:2007/01/09(火) 22:28:37 ID:T26oa1tG
スティーブン・キングのペットセマタリーとシャイニング




639 :名無しのオプ:2007/01/10(水) 00:21:30 ID:ekbl2UFW
みんな好き勝手な表記にしてるけど、
「ぼっけえ、きょうてえ」な

640 :名無しのオプ:2007/01/10(水) 01:37:53 ID:us49D4vg
「殺戮にいたる病」は途中で犯人がわかっちゃったのと、
グロ(死体だし)は割と平気だったから怖くなかった。

「隣の家の少女」は、怖いっていうか可哀想で最後まで読むのがつらかった。
女子高生コンクリート事件の概要を読んだときのやるせなさに似てる。

純粋なホラーはビビリなので読めません。
でも「ぼっけえ きょうてえ」読んでみたい。
ストーリーじゃないけど、横溝正史作品の表紙はどれも恐い・・・

641 :名無しのオプ:2007/01/10(水) 17:29:31 ID:NjImAoyD
>>640
筒井康隆のは面白怖いよ

642 :名無しのオプ:2007/01/10(水) 20:09:36 ID:osSxxAUu
>>641
同意。前の方で大人向け、子供向けみたいな話があったが、
筒井とか小松左京とかのホラーは大人向けな希ガス。
本職のSFはそうでもないがw

643 :名無しのオプ:2007/01/10(水) 21:00:19 ID:GRnh5g0I
エルロイ『ビッグ・ノーウェア』もいろんな意味で怖いね。

644 :名無しのオプ:2007/01/10(水) 21:53:58 ID:bKSWmdjj
>>614
姉飼はなかなか面白かったよ。
なんか匂いまでしそうな本だった。
けど、二冊目の弁頭屋は、どの短編も、
仕方ないなーと失笑して呆れてしまう本だった。
ま、期待せずに読んでみ。

645 :名無しのオプ:2007/01/11(木) 17:28:15 ID:OqkPpYS5
図書館で「くだんのはは」予約した。楽しみ。

「隣の家の少女」は読んだことないけど
感想見るだけで orz てなる…

646 :名無しのオプ:2007/01/11(木) 19:34:15 ID:5Rn8zdyP
>>645

くだんのははってハルキ文庫の?

カバー画が思いっきりネタバレになってるぞ、あれ

くだんのはは読んだことないなら目をつぶったまま借りろ

647 :名無しのオプ:2007/01/11(木) 19:35:14 ID:pvLK+HeI
>>645
感想見てるだけでorzならやめとけと忠告しておく
ある程度耐性がないと、読後確実にこう↓なる


              __________
       ∧∧l||l   /
       /⌒ヽ)  < 読むんじゃなかった・・・
     〜(___)     \
    ''" ""''"" "''      ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

648 :名無しのオプ:2007/01/11(木) 20:16:47 ID:2sF45UE/
ID違うけど645です

>>646
言葉足らずで誤解させてしまった。スマン
角川書店の「霧が晴れた時」というのを予約した。
「くだんのはは」も収録されてるようなので。

>>647
忠告d
「隣の家の少女」は一生読まないと思うw


649 :名無しのオプ:2007/01/11(木) 20:21:09 ID:PdhLYPmw
嫌いな友達に貸す小説ならNo1だけどなw

650 :名無しのオプ:2007/01/11(木) 21:19:47 ID:DWzQzWio
そういう類の本じゃないだろ。
誤解招きそうだからそういう言い方やめてほしいね。
内容は残酷だし、痛々しいけど、すごくいい本だよ。

651 :名無しのオプ:2007/01/12(金) 00:36:35 ID:SAt1Bts8
>>650
どういう所がいい点なのか教えてくれ
このスレや他のとこの批評見てると
どうあがいても救えない小説としか思えない
興味はあるんだけどね・・・

エロゲだとビジュアル面で収まりそうだが
小説だと無限に広がるんだよな鬱気分が


652 :名無しのオプ:2007/01/12(金) 01:24:42 ID:oboOv/b9
「隣の家の少女」、本屋で平積みされてて、出張時の暇つぶしにという軽い気持ちで買って読んだ。
・・・・・・真っ暗闇。

>>649 嫌いな(?)友達を鬱な気分にさせたいなら貸してもいいと思う。
>>650 引き込まれる、という意味でいい(すごい)本だと思う。
>>651 救えない、というより救われない小説だと思う。

「怖い」というより「暗い」小説だよね。うまく言えないけど、物語の力を感じます。
少なくとも読了後、「時間を無駄にしたなー」とは思わない。思えない。
人にはなかなか勧められないけど、読んだ人とひっそり語り合いたい、そんな小説です。


653 :名無しのオプ:2007/01/12(金) 05:22:47 ID:xG7DBOZI
>少なくとも読了後、「時間を無駄にしたなー」とは思わない。思えない。

それでみんな読後、鬱気分になりながらも最後まで読んでるんですね。

654 :名無しのオプ:2007/01/12(金) 10:43:17 ID:fcWXblQ9
「隣の家の少女」は、
途中で読むのを止めるような人にとってはタダの悪趣味本。
最後まで読んでしまった人、ある意味
傍観者として参加した人が自分の暗黒面に鬱になる本。

じっくり語りたい人はぜひ・・
けっちゃむスレ
http://book4.2ch.net/test/read.cgi/mystery/980955767/l50


655 :名無しのオプ:2007/01/12(金) 18:27:18 ID:iYXuIRQJ
ケッチャムだと「隣の家の少女」より「オフシーズン」が好き。マイベスト。
ってケッチャムスレあったのかよ。なんで、ひらがななんだ?
カタカナで検索かけてたよw

656 :名無しのオプ:2007/01/12(金) 19:11:49 ID:hSr+Ky/a
吉村昭けっこう怖いよね。
「羆嵐」
開拓地が羆に襲われて
「おっかあが、少しになっている」ですよ。「腹、破らんでくれ」ですよ。
「高熱隧道」も怖い。
黒部第三発電所を建設するために隧道を掘るが、
地熱でダイナマイトは自然発火するわ雪崩は起きるわでgkbrです。
「羆」は動物ものの短編集。怖いというより鬱になるんだけど、半端なく鬱。立ち直れない。
「星への旅」内収録「少女架刑」は、死んで標本にされる少女の視点で描かれた短編。

リチャード・プレストン「ホット・ゾーン」
エボラ出血熱を扱ったドキュメンタリー。本を素手で持つのですら怖くなった。
ビニール袋に入れて封印した。

657 :名無しのオプ:2007/01/12(金) 20:34:53 ID:lqpSel6U
ここに出ているどの話よりも
もうじき2ちゃんがなくなるという話の方が怖い。

658 :名無しのオプ:2007/01/12(金) 21:03:08 ID:FkLF8yne
>>656
おなか一杯になりました

659 :名無しのオプ:2007/01/12(金) 21:07:43 ID:YjMCY/5T
>>657
俺も・・・

660 :名無しのオプ:2007/01/12(金) 21:09:10 ID:etQhlqiu
ミス板の避難場所どうするんだろ

661 :名無しのオプ:2007/01/13(土) 12:52:30 ID:nvBRJuRf
隣の家の少女読んだけど時間無駄にしたとオモタよ
何あれ コントじゃん
作者は何がしたかったのかな

662 :名無しのオプ:2007/01/13(土) 12:58:28 ID:D1xWHz/7
>>661にそういう思いをさせたかった


663 :名無しのオプ:2007/01/13(土) 14:35:40 ID:7Tdf2zM7
隣の家の少女よりも、オフシーズンのほうが大嫌い。
グロい、気持ち悪い、悪趣味。
ケッチャムはオールナイトロングが好きらしいと解説に書いてあったけど、
この作品では「蝿の王」を目指したんじゃなくて、
ただ残虐なの書きたかっただけなんじゃないの、と読んでから思った。
別に満足感を求めてるわけじゃないが、それにしてもいやな本。




664 :名無しのオプ:2007/01/14(日) 23:03:21 ID:ebdCWaN4
北上秋彦って人の「吸血蟲」が、「屍鬼」を短くした感じで、なかなか楽しめた。
SIRENを小説仕立てにしたみたいだった。

上で挙がってたけど、ディケンズの「信号手」は有名らしいけど、何が怖いのか、分からんかった……。


665 :名無しのオプ:2007/01/15(月) 00:41:07 ID:AgJama8f
あれはディケンズの(メル欄)という経歴を知っていると生々しい。

666 :名無しのオプ:2007/01/15(月) 11:00:40 ID:ywsePn1h
あんまり上がってないけど、小野不由美の「屍鬼」が恐かった
ラストらへんね
「黒嗣の島」だったか…みたいのもそうだけど、普通では考えられない習慣とかが、本当に存在するような気にさせられる物語の進め方がすごいなぁと

「天使の囀り」は恐くなかった
と言うか言ってる人少ないけどこれを薦める時に一番言わなきゃいけないのは
「虫嫌いな人は読むな」
てことでは?
すごい苦手だコレ

スレ読んでて不安に思ったんですが
「呪怨」を「恐い」「おもしろい」なんて思う人いるのまさか?

667 :名無しのオプ:2007/01/15(月) 18:16:25 ID:0qs3dtks
>>656
中学の頃「星への旅」友達に借りて読んだ。
胸がムカムカしてきたよ。

668 :名無しのオプ:2007/01/17(水) 09:30:24 ID:BXOML6mG
「黒い家」はめちゃ怖かった。
つーか、途中まで読んで寝たら自分の妹を殺す夢を見てしまい、
かなり鬱になった…。
翌日最後まで読み終えたが、また夢に見るのが怖くて
その夜は一睡もできなかった。

あと、角川ホラー文庫「十の恐怖」に入ってる「十年目の決断」は、
ラストでぞわっときた。
ほかの作品はクソだったけど。


669 :名無しのオプ:2007/01/17(水) 14:17:59 ID:w53Rhf7g
>>668
朝起きた時、妹は生きてたろうな?

670 :名無しのオプ:2007/01/17(水) 20:52:57 ID:2ZLtGTU2
>>668
感受性強いんだな
小説読んでそんな感じになったことない

671 :名無しのオプ:2007/01/18(木) 03:47:49 ID:MAgabHK/
映画だけど、「マルホランドドライブ」見た後、
「自分の死体を発見してしまう」という夢みたよ。怖かった。

672 :名無しのオプ:2007/01/18(木) 18:03:41 ID:SXF+dQIA
俺も「リング」の映画版見た日の夢で
貞子がテレビから出てくる夢見た
それで起きたらまたテレビから貞子が出てくる夢を・・・

小説だったら自分の想像内での貞子が出てくるのかなとさえ思った

673 :名無しのオプ:2007/01/19(金) 00:13:03 ID:lyo49NMx
>>672
おちつけ

今お前がいるのは本当に
「 目 覚 め て い る 時 の 世 界 」 な の か ?

2ちゃんのミステリー板に書き込み、それを読んでいるということが
 夢 の 中 の 出 来 事 で は な い と い う 確 証 はあるのか?

674 :名無しのオプ:2007/01/19(金) 00:30:59 ID:2+dp08ab
>>673
小林泰三の「目を擦る女」か
まぁありがちなネタだなw

675 :664:2007/01/20(土) 22:55:39 ID:Ck5CadRX
>665
ディケンズのそういう経歴を知っても、やっぱしよくわからん。
というより、その経歴を知らんと、理解できないの?

信号手は有名らしく、角川ホラーに入ってる新刊紹介パンフに、何とかという作家のエッセイが載せられていて、
「魔のトンネル(信号手のこと)は、とにかく怖い」とあって、
一方、児童向けの怪奇小説集にも、信号手が掲載されてて、
「よく読むと、かなり怖い」と、選者が記していた。

そういうことがあったので、期待して読んだけど、何がどう怖いのか、分からんかった。

676 :名無しのオプ:2007/01/21(日) 09:59:46 ID:XlTmh3iP
向いてないんじゃないの?

677 :名無しのオプ:2007/01/26(金) 16:34:16 ID:TbhsOatq
村上春樹の「世界の終わりとハードボイルド・ワンダーランド」読んだ
何が言いたいのかさっぱりわからんし、全く怖くない
おまいら氏ね



678 :名無しのオプ:2007/01/26(金) 22:06:37 ID:z5IkKfyo
誰が世界の終わりとハードボイルド・ワンダーランドを怖いなんて言ったんだ?

679 :名無しのオプ:2007/01/27(土) 05:09:16 ID:kZeKSDTK
今から江戸川乱歩さんの短編集「鏡地獄」読んで来ます。ここでトラウマになると名高い「芋虫」が入ってるので買いました。
また読んだら感想書きに来ます。さようなら。

680 :名無しのオプ:2007/01/27(土) 05:22:55 ID:nh2ajinm
さよならさよならさよなら

681 :名無しのオプ:2007/01/27(土) 10:12:40 ID:VfhOofaF
>>680
淀川さん!?

怖い、怖くないは人それぞれだよね。
私は「天使の囀り」「ぼっけえ、きょうてい」は面白いと思ったけど
怖いとは思わなかった。

682 :名無しのオプ:2007/01/27(土) 10:27:01 ID:WYU/9w87
「天使の囀り」を「てんしのおしゃぶり」だとおもってた
「ぼっけえ、きょうてい」を「でっけえ、ほうけい」だとおもってた

683 :名無しのオプ:2007/01/27(土) 11:57:37 ID:wK9NOGSX
麻耶
小説は怖いのが多い

684 :名無しのオプ:2007/01/27(土) 12:02:48 ID:KeQ1L4Hr
解決されずに終わるんじゃないかという恐怖?

685 :名無しのオプ:2007/01/27(土) 14:07:48 ID:zpGDgV2M
山田君のリアル鬼ごっこや親指探しも
別の意味で怖いし

686 :名無しのオプ:2007/01/27(土) 14:40:13 ID:18n5vOJH
>>679
芋虫はとんでもないグロだが、わが身に降りかかってきそうな気がしないので
鏡地獄の方が怖い気もする

687 :名無しのオプ:2007/01/27(土) 17:56:38 ID:yT6S4Tja
>>686
あと味が悪い怖さってこと?

688 :名無しのオプ :2007/01/27(土) 23:59:56 ID:3MyRvEqm
「黒い家」ってそんなに怖かったかな〜?
確かに不気味な雰囲気はあったけど、怖いというよりハラハラした。
特に最後のエレベーターのシーンで。

ある意味「イニシエーション・ラブ」の方が怖かったな。
ああいう事を平気で出来る神経が怖い。

689 :名無しのオプ:2007/01/29(月) 03:30:37 ID:sUj4SYMO
むしろ、イニシエーション・ラブの方が後味悪かった
男にも女にもむかついた

690 :名無しのオプ:2007/01/29(月) 16:18:25 ID:CwvoVMQ3
>>688
>確かに不気味な雰囲気はあったけど、怖いというよりハラハラした。

そのハラハラしたスリル感を「怖い」と表現する人もいるということじゃん?
心霊は怖くなくても狂人は怖いとか、またはその逆とか。
「怖い小説」なんて結局人によってツボが違うんだから、
定義を相当広くしないと無理がでてくるよな。

691 :名無しのオプ:2007/01/30(火) 11:06:04 ID:vogoKP/H
イニシエ…は読後、メル欄1かと思って
「要するにどっちもどっちって事?これが驚きポイント?別になんとも思わん」
と思ってたが、2chで解説読んでびっくりした。
確かに寒気を感じる話ではあるけど、
怖いというよりも驚きの方が強かったな。

692 :名無しのオプ:2007/02/01(木) 22:11:58 ID:f7SV6yLJ
あげ

693 :名無しのオプ :2007/02/01(木) 23:35:11 ID:Eio5418X
「殺戮にいたる病」
殆どの人が言っているけど、読んでて気持ち悪くなった。
グロ系はダメだー。

「クリムゾンの迷宮」
たぶん、自分だけだと思うけど、プラティ君とルシファー君の描写が薄気味悪い。
ラストは評価分かれるけど、個人的には好き。
あと、毒蛇(タイパンってやつ)が気になったので調べたんだけど、
タイパンって見た目は弱そうだね。

694 :名無しのオプ:2007/02/04(日) 00:39:38 ID:cwX+Aw1U
私はやっぱり黒い家が一番怖かった。クライマックスは正直凡庸だと思うが、あのキャラは今まで読んだどの小説の悪人よりも恐ろしかった。


695 :名無しのオプ:2007/02/04(日) 05:09:25 ID:utdIrWJj
「黒い家」は指切り族が怖いと思った
自分の知らなかった事でマジ?と思える事
保険会社の人に聞いたら実際にあったということで
こういう人間なら金のために何でもするんだろうなと
自分的にはスプラッター物よりこっちの方がキタ
映像より本の方が印象強かった
映画見たらなんかコメディっぽく感じた
なんでか「死霊のはらわた」思い出してちょとワラタ

696 :名無しのオプ:2007/02/04(日) 06:08:19 ID:H+sz2zj7
五十嵐貴久さんの『ぽきぽき』。ミステリアンソロと間違えて買ったホラー・サスペンス系アンソロに入ってた…音を想像させる作品は苦手だorz
怖いっつーか痛い。自分は女だからまだ良いけど…男性に勧めたくないなぁ。

697 :名無しのオプ:2007/02/04(日) 07:44:22 ID:/NoTUoLA
>>664
信号手は異形ミュージアム「時間怪談傑作選」に入ってる、と言えば怖さがわかるかな
わからなければメール欄。

698 :名無しのオプ:2007/02/07(水) 21:08:07 ID:2vIAfBni
このスレ参考に3冊買ってきた。怖くなかったら文句言うからな。

699 :名無しのオプ:2007/02/07(水) 23:44:18 ID:xO/bYPBr
「あそこの席」
「親指さがし」
夜中に読んでいて途中で気絶して目覚めたら朝になっていた。

700 :名無しのオプ:2007/02/08(木) 00:03:37 ID:BPsh5mth
釣れますか?

701 :名無しのオプ:2007/02/08(木) 00:17:22 ID:FGR289cV
気絶て

702 :名無しのオプ:2007/02/08(木) 03:12:38 ID:VBa0p5Rc
朝松健『黒衣伝説』
表紙を見ているだけで、もう怖くてたまらん。

生理的不快感では、田中啓文の『恐い目』(禍文収録)が最凶!

703 :702:2007/02/08(木) 03:36:15 ID:VBa0p5Rc
禍記収録でした。

704 :名無しのオプ:2007/02/08(木) 15:58:44 ID:Ti9bi1GF
メデゥサ、鏡をごらん“読みました。
後半の「えぇ?!」な展開、じわじわ追い詰められていくような恐怖感。
面白かったです。
鏡をみるのにビクビクしてます。

705 :名無しのオプ:2007/02/08(木) 22:29:15 ID:E+xzwcB/
オオケンのステイシー
怖いと言うか嫌だな、何か

706 :名無しのオプ:2007/02/10(土) 11:15:20 ID:3uLKGSk6
筒井康隆の「鍵」とか、新潮文庫の2冊とか読んだんだけど、
この人のホラーって、解説にも書いてある通り本当に笑いと紙一重だね。
「ふたりの印度人」とか、「傾斜」を読んだときは笑ってしまった。
ホラーはやっぱり筒井と小松左京が好き(それ以外はあまり好きな人いない)だけど、
ほかになにかないですか?ああいうのが読みたいんだけど。


707 :名無しのオプ:2007/02/10(土) 11:55:20 ID:aQwhVfvy
ほかに、というのは作家のことか?作品のことか?

708 :706:2007/02/10(土) 17:52:42 ID:3uLKGSk6
作品ですね。作家でもいいですけど。

709 :名無しのオプ:2007/02/10(土) 18:15:03 ID:TIwbMzXe
>>706
阿刀田高をお勧めしたい。

710 :名無しのオプ:2007/02/10(土) 18:39:40 ID:aQwhVfvy
作品だと何読んだかわからない以上答えられんよw

まあ小松左京なら「霧が晴れた時」(角ホ)がおすすめ

711 :名無しのオプ:2007/02/12(月) 02:46:40 ID:Ftybhe9H
バイトで制服が無くなった・・・
事件の予感がする・・・

712 :名無しのオプ:2007/02/12(月) 10:47:57 ID:jHdSSJSA
≫709
ありがとう。
阿刀田さんですか。読んでみます。
≫710
霧が晴れた時はもう読んだよ。今はもう絶版だけど。
ハルキ・ホラー文庫でも小松左京のホラー小説集あるけど
また収録内容が違うんだね。角川文庫のほうに載ってない作品もあるみたいだし。


713 :名無しのオプ:2007/02/13(火) 11:18:44 ID:6M/qV91K
>>709
>>710
すみません。リンクしてませんでしたね・・。

714 :名無しのオプ:2007/02/13(火) 21:05:11 ID:m+b5Hcll
黒い家は、実は嫁のほうがやばいってとこがゾクゾクするよね。
嫁が子供の頃書いた作文を心理学的に分析するとことか、マジ怖くて面白くて、
wktkが止まらなかったw
あとはリングも怖くて面白くてwktkしまくったな。

715 :名無しのオプ:2007/02/14(水) 10:50:12 ID:XId6F1+Z
>>706
ホラー集として再編して売っているものの、
筒井の作品でホラーと呼べるものって少ない気がする。
ほとんどがブラックジョーク(死語っぽいけど)的な作品じゃない?
筒井ファンなんだけどさ。

716 :名無しのオプ:2007/02/15(木) 00:50:42 ID:jOde0b1m
黒い家とかリングとかがやたらあがるけど、みんな本たいして読んでないんだね

717 :名無しのオプ:2007/02/15(木) 02:30:03 ID:rc5fwSMz
文句はいいからおまいが何か挙げてみろ
>>20-21にあがった以外でな

718 :名無しのオプ:2007/02/15(木) 20:06:30 ID:OhPAsFuj
佐藤友哉の作品は怖い。
いや、怖いというよりもショッキングかな・・・。

719 :名無しのオプ:2007/02/16(金) 11:28:21 ID:vN28x7k5
友成純一ってどのぐらいひでえの?
レイモンとか綾辻の「殺人鬼」よりもグロイ?
「淫獣軍団」とか「獣儀式」とか見かけたことがないので。

720 :名無しのオプ:2007/02/16(金) 11:36:13 ID:VSnLpUI0
友成純一って夢枕獏とか菊地秀行とか
あの時のブームにのっかって出てきた一人という認識しかなかった・・・
もしかして今はグロなホラーの第一人者とかなの?

721 :名無しのオプ:2007/02/16(金) 11:47:38 ID:vN28x7k5
>>720
このスレのパート1に友成はエログロってレスがあった。
最近はあまりあげる人いないね。っつーか幻影城出身だったよね、この人。

722 :名無しのオプ:2007/02/16(金) 11:51:06 ID:6Inhma2o
>>719
スプラッタなんだけどそんなにグロいとは思わないし、怖いのとは違うと思う。
宇宙船ヴァニスの歌シリーズはユーモアスプラッタで面白いし、
あとがきも笑えるのでお勧め

723 :名無しのオプ:2007/02/16(金) 14:32:59 ID:VSnLpUI0
>>722
そうだったんですか。ユーモア系を書いていたとは意外でした。
>>721
そうそう、自分もエログロバイオレンスみたいに思ってました。
今ググったらすぐわかりました。幻影城の新人賞とってるんだー
寡聞にして知りませんでした。


教えていただいて有難うございました。

724 :名無しのオプ:2007/02/16(金) 17:26:38 ID:yossjlGb
グロは不快なだけで怖くはない。
もっと怖いものが読みたい

725 :名無しのオプ:2007/02/16(金) 18:53:51 ID:Dmeum5vt
淫獣軍団は最高に気持ち悪い

726 :名無しのオプ:2007/02/17(土) 01:15:48 ID:RX8Qd9Le
沙藤一樹『D-ブリッジ・テープ』の車のドアをバッタンバッタンはマジでグロかった…

727 :名無しのオプ:2007/02/17(土) 09:10:47 ID:G5crMZ2v
まったく名前が出ないんだけど村田基
この人の短編集はどれも恐ろしくレベル高い、しかも怖い。
出てる本すべて絶版だがamazonのマケプレで手に入る。
(そこそこの値が付いてるのもあるが)
あえて1作あげるなら「人形のような女」(「愛の衝撃」所収)

小説ではないが、ガキのころ読んで一番怖かったのは
日野日出志の「地獄の子守歌」かなあ。
表題作が有名だが、さすがにあれは今読んだら笑っちゃうと思う。
でもそれ以外の作品もとんでもなく怖かった。

728 :名無しのオプ:2007/02/17(土) 11:25:24 ID:scl3ycba
吉村達也のビンゴはでてないね?
自分的には素直に怖いと思った。完全素人目ですが。
単純に怖いし読み応えある量で長持ちしてお得!

729 :名無しのオプ:2007/02/17(土) 12:26:43 ID:Weo6Gbas
>>715
筒井の「鍵(だったと思う)」という短編集の最後の作品が妙に怖かった。
いじめられっこが校舎から飛び降り自殺するんだけど、死に切れず授業中の教室や職員室をゆらゆらと徘徊する話。
なんか実話っぽい話なんだけど。

730 :名無しのオプ:2007/02/17(土) 12:29:56 ID:FiEjjAFy
「二度死んだ少年の記録」だな

731 :名無しのオプ:2007/02/17(土) 13:32:17 ID:Weo6Gbas
おお、それだ!

732 :名無しのオプ:2007/02/17(土) 13:39:47 ID:zRQMv1Yh
「くさり」って本に入ってるね

733 :名無しのオプ:2007/02/17(土) 19:58:42 ID:BsgIzFds
「ドグラ・マグラ」読んだことある人いる?
今上巻の半分くらい読んだが挫折しそうだ
よくわかんねえ

734 :名無しのオプ:2007/02/17(土) 20:20:28 ID:mPaLZETB
チャカポコを過ぎればまた読みやすくなるよ。スチャラカチャカポコチャカポコ……。

735 :名無しのオプ:2007/02/17(土) 20:32:12 ID:LODxwck7
怖い小説?「殺人鬼」だろ

736 :名無しのオプ:2007/02/17(土) 20:51:40 ID:BsgIzFds
>>734
チャカポコwはおもしろかったんですけどその後がよくわからん
学生なら必読って聞いたんですけどどうですか?

737 :名無しのオプ:2007/02/17(土) 20:56:28 ID:iCJm7tqq
「殺人鬼」の殺人鬼って、ジェイソンよりひどいよな。
あれをジャパネスク・ホラーのブーム(今はもう過ぎたか?)にのせて、
映像化したらどうなるんだろうか・・・。

738 :名無しのオプ:2007/02/17(土) 22:14:58 ID:mPaLZETB
>>736
「学生なら必読」ってそんなバカなw
まぁ好みもあるだろうし、あんま俺も好きなほうではない。
夢野久作なら、「瓶詰地獄」「キチガイ地獄」「死後の恋」とか短編で
とっつきやすく面白いのがあるから、そちらで夢野久作の世界観になれてから
またドグラマグラに戻るというのもいいかもしれない。
スレ違いなのでこの辺で…。

739 :名無しのオプ:2007/02/18(日) 00:08:17 ID:RpvvI5cE
>>738
とりあえず上巻だけ読んでみます。ありがとうございます。
スレ違いスマソ

740 :名無しのオプ:2007/02/18(日) 00:26:51 ID:xQJbxTPI
殺人鬼なんざ、只の駄文だろ
ホラー小説好きからもスプラッタ映画好きからも認められなかった
と思うがな

陳腐な内容といい、金出して買った本捨てちまったよ
俺の中では山田といい勝負の本だな

741 :名無しのオプ:2007/02/19(月) 15:52:50 ID:pbv9NJ8u
明野照葉は出てなかったよな?
この人の『棲家』と『輪廻』は結構怖かった。

742 :名無しのオプ:2007/02/20(火) 19:06:00 ID:9RbBPUao
>>20見て「墓地を見おろす家」を読んだ後は
このスレ恨んだなあw

ツッコミ所多すぎてほとんどギャグだったマジでorz

「黒い家」と「リング」が怖かったな俺は。

743 :名無しのオプ:2007/02/20(火) 19:16:58 ID:CMmQOIwc
へ〜

744 :名無しのオプ:2007/02/20(火) 19:32:59 ID:1AZNK8Fa
>>742
うむ
あれは怖いという本ではぜっっったいにない。

745 :名無しのオプ:2007/02/20(火) 22:35:04 ID:Glc9UtJi
イニシエーションラブ読んだけど、どこが怖いんだよ
おもしろかったし、やられたから満足だけどね

746 :名無しのオプ:2007/02/21(水) 20:49:50 ID:NKiYzWAI
霊的に怖いのあります?
夜中にトイレに行けなくなったり、お風呂で頭を洗ってる時に後ろに気配を感じるようなの読みたいです。

747 :名無しのオプ:2007/02/22(木) 00:20:17 ID:Dsg3wDWV
リング

748 :名無しのオプ:2007/02/22(木) 01:09:17 ID:NK7lLAX4
リング

749 :名無しのオプ:2007/02/22(木) 05:19:12 ID:TrtjUd/k
>>746
仄暗い水の底から
水霊

750 :名無しのオプ:2007/02/22(木) 11:54:38 ID:vUNDOEtV
「墓地を見おろす家」は、周りの小説好きなやつらの中でもあれはダメでしょってやつと
よかったっていうやついるんだよなぁ。なんでだろ。

751 :名無しのオプ:2007/02/22(木) 15:00:40 ID:Xp+eni7o
感性の違いじゃね

752 :名無しのオプ:2007/02/22(木) 16:40:34 ID:uso0wTfN
「墓地を見おろす家」に限らないじゃないか。
このスレ見てればわかるだろ?

753 :名無しのオプ:2007/02/22(木) 18:53:27 ID:dlN77Su4
スレを見なくても長年本を読んでれば自然と解ることだろ

754 :名無しのオプ:2007/02/22(木) 20:04:14 ID:J+m6LeA9
なんで偉そうなん

755 :名無しのオプ:2007/02/23(金) 04:48:35 ID:Ez2mpSM1
註に鋲

756 :名無しのオプ:2007/02/23(金) 07:49:07 ID:glEhYsDj
まぁ中学生には大人が本を読んで自然に理解できることが多いよな
読書感想文レベル

757 :名無しのオプ:2007/02/23(金) 07:50:19 ID:glEhYsDj
訂正
まぁ大人が本を読んで自然に理解できることを中学には理解できなかったりするよな

758 :名無しのオプ:2007/02/23(金) 15:12:38 ID:yXfYGarB
大人はカキコする内容を一度推敲してから送信すべきだな

759 :名無しのオプ:2007/02/23(金) 19:12:20 ID:6cNp9goR
マデックの罠って知ってる人いる?
これ児童書のくせして恐ろしいんだよな

760 :名無しのオプ:2007/02/24(土) 04:48:03 ID:1RkmUziU
このスレを見て黒い家借りて来て今読み終わったんだけど怖すぎて寝れない
これが怖くないと言ってる人が多いことに驚きつつもなんか勇気づけられるw
とりあえずもうホラーに手を出すのはやめるよ 俺には荷が重すぎた・・・

761 :名無しのオプ:2007/02/24(土) 08:02:18 ID:S8jmPJMz
>>760
そんな時間に読むからじゃね?w
また気が向いたらホラーの世界にでも立ち寄ってみてくれ

762 :名無しのオプ:2007/02/24(土) 09:51:10 ID:fnpF0Tbh
>>761
図星w 明るくなったらなんか回復してきた
癖になりそうな予感・・・

763 :名無しのオプ:2007/02/24(土) 09:55:24 ID:Mj4PKVvx
あれ?ID変わってる。762=760です。もう寝ても大丈夫そうだ。

764 :名無しのオプ:2007/02/24(土) 09:56:26 ID:Mj4PKVvx
またID変わった・・・怖い・・・

765 :名無しのオプ:2007/02/24(土) 12:51:29 ID:3sk+9DQ5
>>760
黒い家はまあ、怖いっちゃ怖いけど
突っ込みどころも満載だからな

まあ、後半とか結構笑えたな

766 :名無しのオプ:2007/02/24(土) 13:14:37 ID:Pu7lqG4D
>>765
あの小説は「笑いどころがある」ってのに気づいちゃった時点で負け(むむ・・・勝ちか?)

767 :名無しのオプ:2007/02/24(土) 13:36:20 ID:PhBNGN7f
リングが怖いっていうクチコミが広がり始めたころ、早速読んだっけ。
後ろ振り返りながら読んだ。
不気味な内容のビデオがどういう風に記録されたかが判明したときは、
いやーんキョワ!って本気で泣きそうになったよ。

768 :名無しのオプ:2007/02/24(土) 13:58:47 ID:A9CXLhD5
黒い家読んだ時は野村サッチーが何かと話題で
黒い家のラスボスのオバハンはずっとサッチーに脳内変換して読んでた

769 :名無しのオプ:2007/02/24(土) 14:23:18 ID:Pu7lqG4D
リングはドラマや映画化されたりしなかったら、きっと最凶といわれていたに違いない
貞子がメディアで消費されきってしまったからなあ

770 :名無しのオプ:2007/02/24(土) 18:41:12 ID:HQlV4uKg
最凶は言いすぎだと思うが、つまらん映画のおかげで作品のイメージダウンになったのは間違いない
貞子のイメージビデオだもんねw映画は

771 :名無しのオプ:2007/02/24(土) 19:51:56 ID:S8jmPJMz
>>764
PC電源切った?もしくは携帯から?

772 :764:2007/02/25(日) 05:02:08 ID:X2tBK7ma
>>771
いや、PCつけっぱなし。リモートアクセスがどうとか出るのと関係あるみたい。
>>765-766
その「笑いどころ」ってどこらへんか良かったら教えてくれませんか
(スレの性質上こういう話は良くないかな)

773 :名無しのオプ:2007/02/25(日) 09:09:00 ID:BXwFdIYT
笑い所なんて説明されたからって笑える訳じゃあるまいし

774 :名無しのオプ:2007/02/28(水) 01:51:50 ID:QHHFtKlQ
>>745


775 :名無しのオプ:2007/02/28(水) 23:18:50 ID:jLY5v2m1
児童書だが
「ブレーメンバス」柏葉幸子
の中の「ハメルンのお姉さん」と、
「旗本フライパン」 斉藤洋
の中の「境西踏み切り近辺奇譚」と「ある過疎村の老人たち」が
なんとなくじんわり怖かった。

776 :名無しのオプ:2007/03/10(土) 17:14:16 ID:Z9AT8T6d
らせんやループが無ければ、さらに伝説化しただろーな。
>リング

777 :名無しのオプ:2007/03/11(日) 03:07:27 ID:TNg7jv07
村田基の「白い少女」
短編なので内容は一切ふれませんが
女な私は真綿ように柔らかで人肌なものに包まれ
夢見心地でうっとりしつつ、映像的にはタスケテーーーって感じなのですが
男の方はどうだろう
幸せに酔うのかおぞましいのか・・・
気になる

778 :名無しのオプ:2007/03/11(日) 03:13:19 ID:Z1JkwdJ0
またまたご冗談を

779 :名無しのオプ:2007/03/11(日) 03:36:24 ID:lpiS5fEB
ロス・マクの『さむけ』を読んだが、マジ怖いわ。精神的な怖さがやばい。
人間の強欲というかなんと言うか。

780 :名無しのオプ:2007/03/12(月) 12:17:16 ID:+frn4xeS
小池真理子の短編のサスペンスホラーは完成されてる話です。
「うわさ」が良い。日常に潜んでるホラーを上手に描いてる。
私は、怖い。と思った。
後は、結構出てるけどスティーブン・キングの「死のロングウォーク」

「死に逝く街の怖い話」の闇鍋は気持ちが悪くなった。

781 :名無しのオプ:2007/03/13(火) 15:22:29 ID:IdSwP9gT
某サイトの管理人が怖い話で挙げてたので読んでみた小池真理子「康平の背中」
ラスボスが生理的wに気持ち悪くて自分は割と楽しめた

782 :名無しのオプ:2007/03/13(火) 18:41:52 ID:3aV/VRv2
まんじゅう

783 :名無しのオプ:2007/03/13(火) 20:52:09 ID:Vi7q/w3J
>>781
あれって、妻には勝てても子供には勝てないってことなのかね?

784 :名無しのオプ:2007/03/14(水) 01:14:56 ID:6m3uVN1w
>>783
さらっとネタバレすんな

785 :名無しのオプ:2007/03/14(水) 06:01:32 ID:CFyjpjSZ
七つの怖い扉に入ってるやつか

786 :名無しのオプ:2007/03/14(水) 18:58:46 ID:7NXsbjI4
>>786ゲト
マザファカ

787 :名無しのオプ:2007/03/15(木) 10:59:44 ID:4Ta4QkoP
黒い家はほんと怖いよね。。。

あんな女ホントにいたらマジ怖いよ・・・ガクブル

788 :名無しのオプ:2007/03/15(木) 18:44:54 ID:+gaxAh8k
ミステリかどうか微妙だけど、「髑髏島の惨劇」。
ポンポン死ぬからほとんどギャグなんだけれど、メール欄の死に様だけは…
昔この状態で死んでた鳥を見たことあるもので…ここだけはかなり怖かった。

789 :名無しのオプ:2007/03/15(木) 23:04:57 ID:ZZgmEAY9
黒い家しかないな

790 :名無しのオプ:2007/03/25(日) 21:19:10 ID:161/SuLq
「墓地を見おろす家」を読んでみました
ぜんぜん怖くなかった
私が持ち家にずっと住んでて、引越ししたこともなく予定もないからかな?
このスレ読んでわくわくして読み始めたけど、
はじめにして、こんなじわりじわりと長ったらしく攻められるのかしらと萎え・・・
読んでも読んでも盛り上がらず、クライマックスも・・・
ビデオ・映画で流行った「呪怨」もピンとこなかったしな
こういうの向いてないってことだろうネ
ただ、合理的で理知的な人が理解不能な恐怖にさらされて
自分の理解を超えたものがあるって認めざるおえないシュチュエーションは好きだ
怖いと心底思う

関係あんまりないけどこれ読んでて思い出したこと
ちょい前に友達を京都に旅行したとき
古い旅館に泊まったのね
朝、友達が寝汗ビッショリかいて起きて悪夢見たって
この旅館コワイヨーって言ってて
私は「あー私って霊感とかこれっぽっちもないんだなー
でもそのほうがいいよね。寝つきが悪いと次の日の観光にさわるし」
と思いながら、部屋にある掛け軸や額縁の裏をのぞいてみたりしたっけな(*´∇`*)

これまた関係ないけど
正月女と岡山女間違えて買ってきちゃった(^∇^)ヘヘヘ

791 :名無しのオプ:2007/03/26(月) 01:50:57 ID:0sWKoB/2
きゃはははhかおうぇjfぱw

792 :名無しのオプ:2007/03/26(月) 19:20:17 ID:w+Vh6F6d
>>790
書き手と読み手のイメージが合わないと怖く感じないと思われ…
オレは楽しんで読めたよ。
(確かに怖いとは思わなかったが ^_^;)

793 :名無しのオプ:2007/03/30(金) 00:34:36 ID:9DaZpD5n
小説って読めば読むほど耐性ができるから楽しめなくなるような気がする。
感受性豊かで想像力がたくましい人は違うのかな。

怖かったのは昔読んだペット攻めたりーかな。
同じ境遇になったら彼らと同じ事をしてしまいそうで・・・

794 :名無しのオプ:2007/03/30(金) 13:01:51 ID:RbEuquLv
>>792
「墓地を見下ろす家」はどこにでもある幽霊話だったけど、作りがうまいと思った。
どこにでもある話しならでは作家の力量がモノをいうね。
「呪怨」はビデオや映画よりもおどろおどろしかったような希ガス

795 :名無しのオプ:2007/03/30(金) 23:19:35 ID:i5PMO/YQ
墓地は88年でリングの93年以前。
最近のホラーを読み慣れてる人には物足りないかもね。
最早この分野では古典と言っていいかも。
今も当たり前のように店に並んでるから
最近の作品だと思って評価されちゃう。
それでも怖いと言う人がいるからやっぱり凄い作品だと思う。

796 :名無しのオプ:2007/03/31(土) 23:56:57 ID:saIwVZzN
>>793
おいらも家のワンコどもが死んだら、やるかも・・・

797 :名無しのオプ:2007/04/01(日) 02:24:38 ID:SlpBni1L
量子力学の教科書。
本当にこの世界があんなふうになってるなんてと思うと、居ても立ってもいられなくなる。

798 :名無しのオプ:2007/04/02(月) 03:42:40 ID:rNuXwG/s
我々、日本人の血税を貪り
不労所得で毎月20万円もの保護を受け
(納税、教育、交通、他)それら全てを優遇されている
異常な「在日特権」がある事を知らない日本人が多すぎる。

「在日特権を許さない市民の会」会員募集中。

http://「韓国は『なぜ』反日か?」
参照

799 :名無しのオプ:2007/04/04(水) 20:09:06 ID:zCGvnF5S
黒い家ナムナム

800 :名無しのオプ:2007/04/07(土) 15:12:34 ID:txV6G7+3
>>797
熱力学第二法則の解説でも読んでみ。
何人もの物理学者が絶望して自殺してる。

801 :名無しのオプ:2007/04/07(土) 15:14:04 ID:txV6G7+3
sage忘れた。サーセン

802 :名無しのオプ:2007/04/08(日) 15:57:44 ID:H8kX1e8Q
黒い家が結構怖かったです。

803 :名無しのオプ:2007/04/09(月) 02:57:35 ID:DkmYZ7Rq
綾辻の「暗闇の囁き」怖かった
怖いもの見たさで買ったわけじゃないのに・・・

804 :名無しのオプ:2007/04/09(月) 14:07:20 ID:89TPE9Yn
墓地を見下ろす家はあまりに幽霊(?)が出しゃばり過ぎて興ざめしたなあ。
何がしたかったのかも解らんし。ただ住人を怖がらす為なのか?
個人的に怖かった本は東野圭吾の「むかし僕が死んだ家」かな。
厳密に言えばホラーでもないし、何が出てくるわけでもないんだが。

168 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)