5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

法医学・法科学・鑑識・捜査とトリック

1 :名無しのオプ:2006/07/05(水) 22:13:41 ID:SkwiICa8
最近はDNA鑑定とかが注目を浴びていますが、毛髪鑑定・足跡鑑定・警察犬・ルミノール反応など、
色々な手段によって捜査が行なわれ、犯人特定を助けています。
科学的な方面からトリックについて考えてみましょう。

参考文献
複数分野についての最先端情報は「捜査のための法科学」1・2で分かりますが、結構高度です。
実在の事件について知るには明石書店の「不完全犯罪ファイル」1・2がお勧めです。
「完全犯罪の事件簿」もいいんですが品切れみたいです。


2 :名無しのオプ:2006/07/05(水) 23:38:40 ID:SrvizEfw
やったぜ
俺様が光の速さで2ゲットだ

3 :名無しのオプ:2006/07/06(木) 06:24:31 ID:NNmKbsYn
殺人事件で現場に鉄の微粒子があって、それは溶接時に出るスパークの痕跡だった。
案の定、犯人は溶接工だった。

同様に、死体に細かい毛髪が付着していて、顕微鏡で見ると特徴が違うものが混じっていて、
複数の人の毛髪であることが分かった。
結果的に死体は一時的に床屋の店内に置かれた後、遺棄されたことが分かった。

これが微物鑑定。
意外にこの対策を怠ってるミステリーが多いんじゃないか?

4 :名無しのオプ:2006/07/06(木) 06:29:44 ID:NNmKbsYn
http://www.monotaro.com/p/0612/2487/
足跡鑑定はこういう靴カバーをはけばごまかせる。
犯行用に別な靴を使うよりずっと楽だし、犯行用の靴の投棄にも困らない。

なお足跡鑑定は靴の裏の微細な傷や減り具合まで描画できるレベルになっているので、
大量生産品の靴を履いているから安全だとはいえない。

5 :名無しのオプ:2006/07/06(木) 11:11:47 ID:NNmKbsYn
ちなみに、毒殺については意外なほど判明しにくいらしい。
監察医制度がない地域ではもちろん、ある地域でもすべての薬品をスクリーニングするわけではない。
農薬臭がするとか、何かを飲んだ直後に倒れたとかでなければ、一般的には心不全・脳卒中を疑う。
以前に起きた保険金殺人でも、解剖時は自然死と判断されたが、医者が血液を保管していたので後になってから死因が塗り替えられた。
計画的な殺人であれば、金銭面以外の方から発覚することは少ない。

だけど、毒殺だと分かってしまうような毒を盛られるのがミステリーのお約束なのかな。
入手がかなり困難な毒物を入手している割には、発覚しにくい毒物を使おうという意志がなさそうにも見える。

6 :名無しのオプ:2006/07/06(木) 11:30:28 ID:FOTRpD8U
法医学というと神津恭介を思い出すな。

7 :名無しのオプ:2006/07/06(木) 14:40:39 ID:NNmKbsYn
法医学・解剖(病院・医者板)
http://society3.2ch.net/test/read.cgi/hosp/1124810173/
姉妹スレになるだろうか?

あと誤解が広まってるのが青酸塩の経皮毒性。
青酸カリは静脈注射でも傷口に付着しても致命的な中毒を起こす物質だ。
経口摂取じゃなきゃ毒じゃないって書いてあるサイトが意外に多い。

8 :名無しのオプ:2006/07/06(木) 16:10:38 ID:11xactUP
青酸カリは経口じゃないと・・・という人は、胃液と反応して
青酸ガスが発生するので、それを吸って死ぬのだから
注射しても意味がない・・・みたいな言い方をする人が多いね。

9 :名無しのオプ:2006/07/06(木) 18:06:42 ID:YZJyWRV8
本来はネタスレのはずだが
青酸カリによる毒殺の話題で
妙に一時期盛り上がっていたスレがある。御参考までに。
  ↓
こんな真相は嫌だっ!
http://book3.2ch.net/test/read.cgi/mystery/1085441257/260-

10 :名無しのオプ:2006/07/06(木) 20:09:21 ID:NNmKbsYn
化学物質データベースよりシアン化カリウムの毒性。

対象動物種 投与経路 試験時間 毒性数値種類 毒性数値
ラット 皮下注射 LD50 9 mg/kg
ラット 腹腔内注射 LD50 4 mg/kg
マウス 経口 LD50 8.5 mg/kg
マウス 皮下注射 LD50 6 mg/kg
マウス 静脈内注射 LD50 2.6 mg/kg
マウス 腹腔内注射 LD50 6.3 mg/kg
ウサギ 経口 LD50 5 mg/kg
モルモット 皮下注射 LDL0 8 mg/kg
イヌ 皮下注射 LD50 6 mg/kg
ラット 経口 LD50 5 mg/kg

この物質は、皮膚からの吸収量も多いので注意して下さい。

あらゆる投与方法で致命的な毒性を示す。傷口からも吸収され中毒または死亡する。濃い溶液は皮ふ、粘膜をおかす。

11 :名無しのオプ:2006/07/06(木) 20:17:48 ID:NNmKbsYn
上のデータベースは青酸ソーダより青酸カリのほうがずっと詳しく書いてある。
工業的には青酸ソーダのほうがよく使われるんだけど。

逆に経口で中毒しないけど経皮で中毒する物質はクラーレ(ウラリ)が有名。
かなり強い毒だが、毒矢でしとめた獲物を食べても問題ないのはこの性質のため。
胃潰瘍があると危なそうだが・・・
ちなみにクラーレは2種類あるらしいが、片方は「ツボクラーレ」で、もう片方は「壷クラーレ」なのでややこしい。

12 :名無しのオプ:2006/07/06(木) 22:05:56 ID:NNmKbsYn
そういえば8時から科捜研の女ってテレビあったんだね。
まあディスカバリーチャンネルより知識吸収に役立たなそうだからあんまり興味ないけれど。

テレビドラマってクロロホルムで一瞬で意識を失うとか、変な描写があるから気をつけないといけない。
あと森博嗣の本も、出てくる警察が無能すぎるってよく聞く。

13 :名無しのオプ:2006/07/06(木) 22:19:31 ID:lxkpKLX/
>>12
>科捜研の女
途中から見てた。新たに血液指紋が発見された現場に見張りを置かない警察・・・有りえ茄子。

>森博嗣の本も、出てくる警察が無能すぎる
具体的には。
森本人は何かに、現代の捜査での探偵の優位性は推理の速度にしかないみたいなことを書いてた。

14 :名無しのオプ:2006/07/07(金) 01:25:08 ID:gXnH+FbZ
だからなんだよ
プププ

15 :名無しのオプ:2006/07/07(金) 14:06:01 ID:RsqwNod9
読んでないけど、ぐぐると色々と見つかる。
http://clinamen.ff.tku.ac.jp/Mystery/Mori/Mori_3.html

>探偵の優位性は推理の速度にしかない
個人的には探偵っていうか興信所の調査力は警察よりすごい部分があると思う。
どっから取り出してくるんだっていうデータまではっきりと出してくるし。
でも、ミステリーによく出てくるようなタイプの探偵って日本に実在するのかな?
探偵が事件を解決したなんてニュースは聞いたことないし、もっぱら平和な浮気調査とかの方面専門なのかね。

16 :名無しのオプ:2006/07/07(金) 14:10:17 ID:RsqwNod9
そういえば警察も民間会社のココセコムを利用して捜査しているそうだ。
ウィニー騒動で漏れた情報の中にあったらしいけど、警備会社のサービスを利用するというのは意外だった。
まあ探偵と警察の関係とはちょっと違うけど。

ところで一番鑑識や法医学について考証がしっかりしている作家って誰?
自分はミステリーの蔵書少ないので思いつかない。

17 :名無しのオプ:2006/07/07(金) 19:45:50 ID:Vqb5xFC/
>>16
小説じゃないけど、由良三郎の「ミステリーを科学したら」がまあまあ面白かった。
揚げ足本っぽいところもあったように記憶してるけど。
作品のほうはどうも評判が良くないんで読んでない。

18 :名無しのオプ:2006/07/07(金) 20:35:36 ID:RsqwNod9
>「ミステリーを科学したら」
そうそう、この本の記述を元に「青酸カリは注射しても大丈夫」という人も多いんだよね。
作者は明言を避けてるけど、拡大解釈してしまう人が多いみたいだ。
あと、推理作家はトリックを実行に移されるとまずいから予防線を張っておくって書いてあったけど、
実際には予防線どころか全然リアリティがない作品も多いと思うし、犯罪に応用される程の作品はあんまりないような気がする。
応用するとしたら、奇抜なトリックではなく、むしろ髪の毛とかの微物を落とさない工夫とかの、鑑識対策の方が重要だろう。
そういえば貴志祐介の「青の炎」の後書きで「真似できないようにわざと重要部分を実行不可能な書き方をした」って説明があったけど、
一体どの部分がそうなんだろう?(貴志スレでも結論が出ていなかった)

19 :名無しのオプ:2006/07/07(金) 23:29:52 ID:RsqwNod9
計画殺人の参考にされそうな本が、三一書房の「ミステリー殺しのテクニック」。
いろんなミステリーから殺害方法や毒やアリバイ作成法や死体処理についてピックアップしてる。
ミステリーを1冊読むよりずっと手早くトリックを思いつける。
「ミステリーを科学したら」と同じく品切れだけど。

とはいえ、>>1の文献だって架空か事実かが異なるだけで同じようなものだけど。
そして現実には、いくら発覚に気を使っても、病死や事故死に見せかけない限り警察は利害関係者をまず疑う。
だからこそ事件簿に犯人の手口が色々と書かれることになる。

実は解剖されても現在の法医学では他殺だと判明しない殺害方法は、多分存在するのだが明かさないでおく。
その場で100%確実に成功する方法でもないし、相手が警戒心を持っている場合は難しい。

20 :名無しのオプ:2006/07/08(土) 16:38:47 ID:1qMwf4xQ
水晶体の成分で死亡時間を知る方法が有効らしい。
一般の法医学書には書いてないみたいだけど、温度に左右されにくい方法だそうだ。

21 :名無しのオプ:2006/07/08(土) 17:30:44 ID:0+b/nmbL
>>18
誰か一回実際にやってみればいいのに>青の炎

22 :名無しのオプ:2006/07/08(土) 17:33:02 ID:Qpxcu2Qp
シアナマイドで人を殺すってのが無理なんじゃないのかね。


23 :22:2006/07/08(土) 17:33:50 ID:Qpxcu2Qp
あ、映画しか見てないから、違ってたらごめんね。

24 ::2006/07/08(土) 20:04:38 ID:pU+Tr6PA
「あみとたまごとうでどけいのかしらもじ」  この暗号解いて                           




25 :名無しのオプ:2006/07/08(土) 20:19:44 ID:9CD7RpY2
アメリカじゃCSIの捜査官に憧れて科学者志す若者がふえたってね。
実際にはCSIなんて存在しなくて委託を受けた民間の科学者が科学捜査をやってるそうだけど。

26 :名無しのオプ:2006/07/08(土) 21:09:43 ID:1qMwf4xQ
映画じゃシアナマイドで殺害してたの?
本だとメール欄のやり方だったけど。

27 :名無しのオプ:2006/07/08(土) 23:22:50 ID:1qMwf4xQ
ところで霊能力者や超能力者の捜査ってどうよ?
某雑誌で元警察官が「実は裏では結構やってる」とかいってたけど。
でもネット見ると有名な超能力捜査官はインチキだってページもあるし。

28 :名無しのオプ:2006/07/09(日) 00:05:21 ID:wVjwJ6BO
>>27
俺はまったく信用できないと思う。
仮に今の科学では説明できない能力があったとしても、それにはそれの法則、原理が存在するはず。
例えば奴らは「強い思いはそこに留まる」なんてもっともらしい超科学の原理を持ち出したりする。
でも奴ら見てると全くそれが一貫してない。矛盾だらけ。

29 :名無しのオプ:2006/07/09(日) 02:02:13 ID:LSrAHUzz
日本で超能力捜査はしてないだろうけど、アメリカとロシアはやってるよね。
政府が軍事目的でサイコ開発を大真面目にやってんだから、ばかばかしい・・・

30 :名無しのオプ:2006/07/09(日) 11:12:27 ID:ZtcAIQqD
ユリゲラーは油田の発見をビジネスにしてたけど、発見できたんだろうか?

31 :名無しのオプ:2006/07/09(日) 11:48:54 ID:ZtcAIQqD
超能力で死体発見をできるなら、超能力で殺人もできるはず。
サイコキネシスで脳の血管を破れば、ただの脳卒中に見えて病死扱いになる。

32 :名無しのオプ:2006/07/09(日) 14:08:32 ID:ktS+sdnp
それはまた別の問題でしょ。

33 :名無しのオプ:2006/07/09(日) 21:03:13 ID:hY6lqyza
推理の種明かしをしないシャロック氏なら超能力者で通るじゃん? そういうことでは

34 :名無しのオプ:2006/07/10(月) 02:52:40 ID:DZat7WYG
人間業じゃないといえば犬の嗅覚。
警察犬や被害者のペットの嗅覚によって真犯人が追い詰められるミステリーってある?

35 :名無しのオプ:2006/07/10(月) 14:10:18 ID:Xzsb0iPS
漫画では犯人についた何かの匂いに反応して犬が吠えたことを証拠としてるのがいくつかあるな。
金田一少年とか民俗なんとかとか

36 :名無しのオプ:2006/07/10(月) 21:55:47 ID:OVn8zJar
問題は、何故吠えなかったかなんですよ、みたいな

37 :名無しのオプ:2006/07/11(火) 08:18:30 ID:MiHL7B8e
犬の首輪を一時的に無駄吠え防止機能付のにすりかえれば・・・

38 :名無しのオプ:2006/07/11(火) 08:52:06 ID:GI661s5A
犬が鳴くか鳴かないかなんて状況証拠にしかならないだろ?
警察犬だって捜査の参考にする程度だろうし

39 :名無しのオプ:2006/07/11(火) 19:18:16 ID:syRoYGEZ
びびって口を割る間抜けも結構いるんじゃないの

40 :名無しのオプ:2006/07/11(火) 19:55:46 ID:JmVaq1bt
言った言わない、吠えた吠えないの水掛け論はやめようや

41 :名無しのオプ:2006/07/11(火) 22:21:10 ID:MiHL7B8e
プロバビリティーの犬吠えだしな。

42 :名無しのオプ:2006/07/12(水) 01:34:22 ID:RKU1573D
>>21
http://members.freespace.jp/ritsmc/archives/kisi.html
「青の炎」の最後にこの方法は失敗しますのでという一文がありまして、あれは絶対失敗するとは言えないんですが、ただおそらく失敗すると思います。
どうしてこういうことを言っているかというと、よく考えていただければ痕跡を残さずに人を殺すということは十分可能なんですね。あんな持って回った方法を使わなくても。
もし、誰かを殺そうと思った場合は、あの方法はくれぐれも使わないでいただきたいなと思います(再び笑)。実際にある事件のあと、いろいろと言われたりして非常に心外な思いをしたんですが。

43 :名無しのオプ:2006/07/12(水) 12:34:08 ID:jLD2RHDH
つーことはさ、あり得ないトリック使って小説の中で完全犯罪を成立させておいて
「これはあえて実現不可能なトリックですのであしからず」って書いておけば
なんでもいいのか?

44 :名無しのオプ:2006/07/12(水) 21:12:26 ID:RKU1573D
>>16の調査結果
「スケルトン探偵」シリーズに見る法医学
http://www3.kmu.ac.jp/legalmed/topics/skeleton.html

関西医科大学の法医学講座で、洋書ミステリーを勧めている。
法医学についてしっかりしている本はこれでいいと思う。
後はパトリシア・コーンウェルの検屍官シリーズがしっかりしていそう(未読だけど)。

45 :名無しのオプ:2006/07/12(水) 21:16:22 ID:jLD2RHDH
洋書っつーか海外物な

46 :名無しのオプ:2006/07/12(水) 21:24:03 ID:RKU1573D
>>43
一箇所を改良すれば可能になるトリックならまだいいと思うが、それだと模倣犯に改良されてしまうので意味がない。
また完全にありえないトリックは興醒めだからいけないと思う。
自分的には、トリックはありえるけど、鑑識対策とか一部を精密に描写しないことにより、
現実に実行すると発覚するという書き方がいいと思う。

もちろん、家の大改造が必要だとかいう大掛かりなトリックの場合は、
普通の人には実行できないから自主規制は不要だと思う。

47 :名無しのオプ:2006/07/12(水) 21:29:19 ID:RKU1573D
ああ、洋書だと外国語の本ってイメージになっちゃうね。

実行不可能なトリックで有名なのが「空中散歩者の最期」らしい。
ネットで「物理学の法則を無視している」と指摘してるページが結構見つかる。
トリックの詳しい見取り図は関西学院大学のミス研のページにある。
だけど読書会のメンバーは、力学的におかしい点について突っ込んでいないんだよね・・・

48 :名無しのオプ:2006/07/13(木) 00:44:18 ID:LyKu55OW
小栗の「完全犯罪」の模倣は絶対に無理だなw

49 :名無しのオプ:2006/07/13(木) 15:22:57 ID:uQVKTTCJ
「殺しの双曲線」は読んでいる当時、大胆だけど実行可能かもと思ったな。
今は詳細を忘れてしまったが・・・。

50 :名無しのオプ:2006/07/13(木) 18:17:19 ID:eUExkD6d
ボーンコレクターは結構分かりやすかったな。
鑑識の天才が素人警察官に教えるって形だったから

51 :名無しのオプ:2006/07/13(木) 20:59:49 ID:QQnO3xcf
心臓めがけて液体窒素を噴霧したら、どのくらいの確率で心臓麻痺を起こすのだろうか。
冷凍食品を万引きして懐に入れて逃げる時に心臓麻痺を起こした人の話を、何かで読んだことがある。

52 :名無しのオプ:2006/07/13(木) 21:13:22 ID:/tsa5ypp
>>51
避けたり逃げたりできない状況であればほぼ100%じゃないかな?
ただ明瞭な痕跡が残るから全く意味がないと思うけど

53 :名無しのオプ:2006/07/13(木) 22:09:49 ID:QQnO3xcf
その痕跡って凍傷や体温低下や結露という意味?

54 :名無しのオプ:2006/07/14(金) 17:54:26 ID:jR/RbNpb
衆人環視の中、いきなり被害者が死亡するという描写がある作品ってないんでしょうか。
事前に毒物を飲ませたとかならありそうですが、それ以外だとやっぱり実行不可能なトリックでしょうか。

55 :名無しのオプ:2006/07/14(金) 19:17:44 ID:8/oTZGY1
>>54
セーリョーインのにそんなシチュエーションが山ほど出てくるのあるね。

56 :名無しのオプ:2006/07/14(金) 21:29:51 ID:8xFmRBHw
>>55
山程もいいとこだな

57 :名無しのオプ:2006/07/14(金) 23:43:39 ID:QO8oPiLY
人ごみの中で、刃物で一突き。
いやトリックも何もないが、通り魔的だったら……

58 :名無しのオプ:2006/07/15(土) 12:55:02 ID:Ayu7cQ4z
>>48
小松左京の「完全犯罪」の模倣は絶対に無r

59 :名無しのオプ:2006/07/15(土) 15:08:45 ID:ucB4nOmJ
>>54
飲食物orタバコに毒物、が定番かな。

60 :名無しのオプ:2006/07/15(土) 21:53:17 ID:VCDxqCB8
溶けにくいカプセル

61 :名無しのオプ:2006/07/15(土) 23:25:12 ID:eaqxZK3O
どちらも毒物を飲ませてるけど。

62 :名無しのオプ:2006/07/17(月) 22:16:43 ID:CgPdCVSx
溶けないカプセル

63 :名無しのオプ:2006/07/18(火) 01:31:55 ID:l0MqOqtZ
解けないトリック

64 :名無しのオプ:2006/07/18(火) 02:32:06 ID:RAntjL98
鳴らない電話

65 :名無しのオプ:2006/07/18(火) 03:00:08 ID:l0MqOqtZ
鳴っても出んわ

66 :名無しのオプ:2006/07/18(火) 14:13:45 ID:UFUIRbPF
山田君、>>65のケツから手ェ突っ込んで、のどちんこチロリロリ〜ンて鳴らしてあげちゃって!


67 :名無しのオプ:2006/07/19(水) 08:11:33 ID:RRuwx+dS
コーンウェルの本は、科学捜査の本で結構高く評価されていたよ。
作家になる前は知識をつけるためにその分野で働いていた人だし。

>>42の文の直前に「佐野洋さんの「推理日記」の中で、秀一が読んだ法医学書の冊数を誉めていただきましたけど、あれは別に百冊と書けば百冊になるんで大丈夫なんですが、
実際に私も法医学書を買ってきまして、何故か図書館では借りられないので買ってくるしかなかったんですが、 読んでみたところ、
あれだけでなく色々なアイデアを得られましたね。あまりこういうことは言いたくないんですが、完全犯罪を目論むのであれば法医学書は読んでおくべきだと。(一同笑)」って書いてあるのを見ると、
どうも貴志さんは本を書く際には法医学書とかをチェックしていなかったのだと思う。
意外にプロの作家でもこういう基礎資料は読んでいないんだなって思った。

68 :名無しのオプ:2006/07/23(日) 01:35:12 ID:PJEjC+KI
パロマのNHK特番見たけど、診断書に一酸化炭素中毒って書いてあるのに警察は遺族に「心不全でした」と言ったって…
これって警察官がグルなら法医学すらヤバイってこと?
まあ、逆に言うとちゃんと医者は中毒だって鑑定していたわけだから、
法医学の正確さが分かる事例だけど。

69 :名無しのオプ:2006/07/23(日) 10:35:23 ID:GFeLM8UV
由良三郎のエッセイに「死亡診断書を医者がごまかせばいくらでも
完全犯罪は可能」ってのがある。けど、ばれたときのことを考えて
医者がやらないだそうだ。
悪徳警官と監察医がグルになれば何でも出来そうだな

70 :名無しのオプ:2006/07/23(日) 14:15:06 ID:PJEjC+KI
死亡診断書って、警察が介入しない場合は医師が家族に渡すんだっけ?
ならいくらでも改竄の余地が…

日本は火葬だし、アメリカとかと比べてあとから発見される例が少ない。
その分検死の重要性が高いな。

71 :名無しのオプ:2006/07/24(月) 01:59:27 ID:Qm7P6Dqw
手品を利用したトリックって可能だろうか?

72 :名無しのオプ:2006/07/24(月) 17:17:43 ID:f6u25Wz3
それこそいくらでもあると思うが

73 :名無しのオプ:2006/07/24(月) 19:00:09 ID:b+P7mKgh
ミステリのトリックなんてほとんど手品みたいなもんじゃまいか

74 :名無しのオプ:2006/07/27(木) 02:50:41 ID:fsoWOUFJ
毒針を使って殺人をするというのは非常に困難だと思った。
たとえば1ミリ×1ミリ×1センチの針の重量は水だと10ミリグラム。
金属針の表面に毒薬を塗りつけただけでは2ミリグラムを超えないだろう。
2ミリグラムで半数の人が死ぬ毒は、体重50キロの人なら1キロ当たり40マイクログラムが半数致死量だ。
このレベルの毒はほとんど存在しない。
青酸や砒素なんてもっての外、クラーレやトリカブトのエッセンスやサリンでも怪しい。
リシンやボツリヌス毒素や破傷風毒素なら何とかなるだろうかというレベルだ。
縫い針に毒を塗って暗殺するという場面がある作品があったとしたら、
それはまず考証ミスだろう。

75 :名無しのオプ:2006/07/27(木) 02:55:31 ID:fsoWOUFJ
なお米粒は25ミリグラムらしい。

76 :名無しのオプ:2006/07/27(木) 10:46:59 ID:z15olThw
>>54
Xの悲劇なんかとは違うか?

77 :名無しのオプ:2006/07/27(木) 22:20:00 ID:eRx19WGM
>>74
新種の毒薬ってことにすりゃいいんじゃねえの?

78 :名無しのオプ:2006/07/27(木) 23:23:50 ID:jHax0vJL
>>77
宇宙人と同レベルの反則技だろ

79 :名無しのオプ:2006/07/27(木) 23:38:03 ID:ICU73VnD
読者にとってのリアリティが損なわれなければ別にいいんじゃない。

80 :77:2006/07/28(金) 01:37:12 ID:m031A/RQ
上の方の、実現不可能な手口をわざと使う(悪用されないために)というのと
そんなに変わらない気がするんだよね。


81 :名無しのオプ:2006/07/28(金) 02:08:00 ID:C3i+G9cM
注射器を刺して0.5mlでも注射すれば毒殺可能だが、針に塗った毒で毒殺するのは事実上不可能だな。


…ならばコナンの腕時計型麻酔銃から打ち出される針は到底麻酔効果がある量の薬剤を投与できないわけで。

82 :名無しのオプ:2006/07/28(金) 17:00:39 ID:eBf9x5Y4
筒状の針ならいいのか?
もしくは固体化して針状にした毒とか

83 :名無しのオプ:2006/07/28(金) 19:18:55 ID:m031A/RQ
ヤドクガエルの毒はどうなんだろうね。

84 :名無しのオプ:2006/07/28(金) 21:30:04 ID:C3i+G9cM
>筒状の針
中に毒が充填されてるって針だよね。
確かに塗るだけの針よりよさそうだが、太いから痛みが強いと思う。
病院の注射は0.4ミリくらいの針で、それでも痛みがあるから0.25ミリの針が開発されたりしている。
1ミリの注射は非常に痛いらしいから、刺したら悲鳴を上げられたり・・・・

>ヤドクガエルの毒
これは日本で飼うと無毒化するらしい。
野生のはダニを食べてプミリオトキシンという毒を蓄積するようだが、
コオロギをエサにすると毒がなくなるとか。
日本にもプミリオトキシンがあるダニはいるようだから、エサに気を使えば有毒状態で飼えるだろう。

触っただけで死ぬという種類もあるそうだし、あまりにも微量の計算なんで誤差はあるだろうけど、
最強の種類のもつ毒なら針に厚く塗れば致死性なのかな、とは思う。

85 :名無しのオプ:2006/08/06(日) 15:40:35 ID:KbpxMvu7
age

86 :名無しのオプ:2006/08/06(日) 22:11:02 ID:ZDBTaNRp
モノフルオロ酢酸ナトリウム

87 :名無しのオプ:2006/08/07(月) 00:09:29 ID:9Zqx7ORx
致死量見たけどやっぱり毒針じゃ分厚く塗らないと無理と思われ。
あるいは結晶みたいにしてそれ自体を針にするとか?(固まるのかどうか分からないが)

88 :名無しのオプ:2006/08/07(月) 22:21:07 ID:hWw3+fFU
岡嶋二人の「殺人ザ東京ドーム」で、
犯人が毒矢の作り方を工夫するくだりがあった気がします。

89 :名無しのオプ:2006/08/08(火) 00:15:29 ID:qKMdMhEe
それは、体に刺さったと明らかに分かるサイズの毒矢ですか?

90 :名無しのオプ:2006/08/08(火) 01:26:02 ID:JO5QLz1E
針に何か塗って、ショックやアレルギーで殺すのは無理かな?

91 :名無しのオプ:2006/08/08(火) 18:11:29 ID:gRa+9Fh9
アナフィラキシーショック(うろ覚え)ってのは、どのくらいの量の毒で起きるのか根。


92 :名無しのオプ:2006/08/09(水) 10:46:34 ID:VOjPsy3j
それは空気中に漂うレベルの量でも発生します。
むしろ少量であるほど強い症状が出るという学者すらいます。
ただ、致命的なアナフィラキシーショックを意図的に起こさせるのは難しいような気がします。
といっても、アレルギー性の薬物が噴霧された花束を贈ってショック死させるという推理小説があったと聞きますが。

93 :名無しのオプ:2006/08/09(水) 10:49:09 ID:VOjPsy3j
医者から処方される薬の中には、副作用として自殺企図があるものもありますが、
こういった薬を飲ませて自殺させるというトリックは不可能なのでしょうか?
どの程度自殺したい気持ちになるのか分かりませんが、投与量が多ければ効き目が強くなると思います。

他にも、チャイコフスキーの悲愴を聞かせると自殺する人が増えるという報告もあります。

94 :名無しのオプ:2006/08/09(水) 11:15:59 ID:6yLyxUTq
うーん。投与量の多少を問わず、精神への副作用が意図どおりに出現することは
期待できない(だからこそ副作用)から、そもそも殺人目的で処方することに
無理がある。書き方次第では、そのあたりが素人にわからないようにすることも
もしかしたらできるかもしれないから、絶対に不可能だとまではいわないけど、
トリックとしてはかなり苦しくて不自然かな。

95 :名無しのオプ:2006/08/10(木) 12:11:31 ID:/qRZh2+k
ひぐら(ry

96 :名無しのオプ:2006/08/10(木) 13:13:00 ID:n9hgaY+K
クイーン国名シリーズのメル欄みたいな状況なら、自殺に追い込むのもまあ出来るかなって気はする。
有栖川のメル欄は無茶すぎ。まあアレは自殺を促すのとはまた違うが。

97 :名無しのオプ:2006/08/10(木) 23:59:54 ID:1Ck/9IhM
山口雅也の短編で、なんかの音響機材を使って何かの曲を聴いてどうこうっての有ったね。
自殺とか殺人とかって話ではなかったような気もするが。

98 :名無しのオプ:2006/08/11(金) 18:49:14 ID:Bv50f2A7
東芝だったと思うけど、寝ていると音が聞こえる枕を売ってる。
枕にライン入力をつないで、骨導音で一人にしか聞こえない音を出すらしい。
家族に迷惑にならずラジオが聞けるというコンセプトらしいが、これをトリックに応用したくなる。

たとえば自分ひとりだけ協力者からの通信を聞くとか、ターゲットにだけ偽放送を聞かせて行動を誘導するとか。

99 :名無しのオプ:2006/08/13(日) 21:00:29 ID:502EQ1vn
締め切った部屋でクーラーがんがんきかせたら腐敗の進行を抑えられる?

100 :名無しのオプ:2006/08/13(日) 22:11:48 ID:kanWnZRF
水道、ガス、電気の一日の使用量って警察が調べようとすれば分かるのかな?
そもそも会社の方でもそんなデータ持ってなかったりするのかな。

101 :名無しのオプ:2006/08/13(日) 22:56:38 ID:AbNh6v3X
月一回の検針から平均値は求められるけど、一日単位では無理だと思う。
ただ、近年はメーターも進化してるからね、普及型の機器なら無理だろうけど最先端の機器なら不可能とは断言できない。
あと普通のメーターでも毎日警察が使用量をチェックすればそりゃ分かる。

102 :名無しのオプ:2006/08/13(日) 22:58:01 ID:AbNh6v3X
あ、水道メーターは電話回線と繋がっている自動検針機能付のもあるから、
それだと意図的に調べれば日単位で分かると思う。

103 :名無しのオプ:2006/08/13(日) 23:04:43 ID:hogKGP1z
>>99
化学反応は10℃違うとはやさが二倍違う
目安みたいなものだけど
気温による死体の腐敗の違いも大体そんなもんじゃなかろうか?

104 :名無しのオプ:2006/08/13(日) 23:38:32 ID:kanWnZRF
>>101
ふむふむ、やっぱり一日単位は難しいのか。
なんか電気使ってブレーカー落としたとか、ガス栓開けた時間を逆算するとか、
浴室いっぱいに水を出した証拠とか、そういうのに使えるのかな、と思ったんだけど難しそうやね。

まあ、使えたところで裏取りくらいにしかならないか。

105 :名無しのオプ:2006/08/14(月) 00:44:43 ID:+QM/wOpi
深夜電力のメーターってどうなってるのかな?
時間別になってるはずだけどさすがに分単位での記録はないよね?

106 :名無しのオプ:2006/08/14(月) 20:52:24 ID:9b4AVVic
>>103
d

107 :名無しのオプ:2006/08/15(火) 09:59:53 ID:gF3zVy+1
>105
見た限り、モノ的には普通のメータに時計がついてる感じ
原理的には多分無理。本来必要の無い機能だし

可能性としては
・既出の警察等によるリアルタイム監視(某交渉人マンガにあったな)
・IT住宅等の実験で一元管理
ぐらいか

某ハウスメーカーとTOTOが組んだ製品で「インテリジェンストイレ」っつーのが有るんだが
トイレに尿糖値や血圧、体重、体脂肪なんかの測定機器組み込んで
LANでPCにデータ送ってLog貯めるってのが有るんだけど
その辺の感じで、実験なら有り得ない話じゃないかな

ミステリに使うとすれば、トイレ行った時間でアリバイ作るとか?w

108 :名無しのオプ:2006/08/16(水) 01:28:30 ID:yWKOEoIn
まあ、ドア開けた時間が記録されてる奴の変形としてはアリか。
必然性が不明だが、そこは腕の見せ所だし。

109 :名無しのオプ:2006/08/21(月) 18:47:13 ID:saycU/Yc
ジョンベネちゃん殺害事件の犯人は、DNA鑑定で犯人だと確認されたらしいが、
現場に居ることはありえなかったという説もあるらしい。

あるいは、映画にすることで一儲けしようという詐欺師が藪をつついて蛇を出した可能性もあるかな。

110 :名無しのオプ:2006/09/02(土) 14:55:05 ID:Lih0VXcg
>>74
複数のミステリで出てきてるが、ニコチン針は論外なのか……

111 :名無しのオプ:2006/09/02(土) 22:32:11 ID:78bDWjcK
>>110
非常に困難だけど、やり方によると思う。

112 :名無しのオプ:2006/09/04(月) 22:50:02 ID:DZeEy1DC
ニコチン針はすでにリアリティとかそういう種類のものじゃない希ガス。
すでに様式美の中の一つに加わってる。

113 :名無しのオプ:2006/09/09(土) 18:44:29 ID:XDjPMQfL
ニコチン致死量

対象動物種 投与経路 試験時間 毒性数値種類 毒性数値
ラット 皮下注射 LD50 25 mg/kg
ラット 経皮 LD50 140 mg/kg
マウス 経口 LD50 3.34 mg/kg
マウス 静脈内注射 LD50 0.3 mg/kg
ウサギ 静脈内注射 LD50 6.25 mg/kg
ウサギ 経皮 LD50 50 mg/kg
イヌ 経口 LD50 9.2 mg/kg
イヌ 皮下注射 LDL0 20 mg/kg
イヌ 静脈内注射 LD50 5 mg/kg
ラット 経口 LD50 50 mg/kg

神奈川県の化学物質安全情報提供システム(kis−net)より。

一番低いマウス静脈でもキロ300マイクログラムだから、40マイクログラムには遠く及ばないな・・・

114 :名無しのオプ:2006/09/09(土) 18:46:19 ID:XDjPMQfL
塗りつけるのではなく、針そのものがニコチンでできているならばぎりぎり何とかなると思うが、
たいていの作品じゃ塗ってるんでないかな?

115 :名無しのオプ:2006/09/10(日) 01:38:21 ID:hbzwTa/7
隆慶一郎お得意の『すい刀』ってどんなのだ?

116 :名無しのオプ:2006/09/12(火) 12:44:22 ID:SoeBz7a6
旧ソ連の工作員が要人を傘の先で毒殺した事件があったが
あれはどんな毒を使ったのかな
神経毒?

117 :名無しのオプ:2006/09/12(火) 19:36:25 ID:BZVGhQ39
>116
多分リシン

118 :名無しのオプ:2006/09/12(火) 19:43:51 ID:BZVGhQ39
連書きスマソ。ソースを確認した
ttp://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AA%E3%82%B7%E3%83%B3_(%E6%AF%92%E7%89%A9)
Wikipediaに載ってるとは思わんかった

119 :名無しのオプ:2006/09/14(木) 22:36:25 ID:kiHybUQi
必須アミノ酸にもリシンがある。
しかしリシンはこの事件のようにばれてるし、国家の暗殺手段としては失敗だろう。

120 :名無しのオプ:2006/09/18(月) 21:32:50 ID:/PapwGph
なんか微妙にスレチかもしれんが、邪魔ならスルーしてくれ。
毒薬の話題ではないんだが、
死体に残る性交渉の痕跡についてググってみたんだが、いまいちよく分からんかった。
よくドラマとかでも情交の痕跡が見られ〜ってあるが、あれはどうやって分かるんだろう?
普通に衣服をきちんとしてたら外から見ただけじゃ分からないよね?
その後監察医にまわされて、体内に精液の残留とかなら分かるよね?
それは何時間以内とか、大体どのくらいの範囲で特定できるもんなんだろう?
精子を調べればDQNで特定できると思うんだけど、ミステリでいえばクローズドサークルで
レイプされて死んでたとかの場合、その場に居た全員の精子を搾取して調べるとか、
現実でそういう方法で調査することってある?

121 :名無しのオプ:2006/09/18(月) 21:42:36 ID:/PapwGph
>精子を調べればDQNで特定できると思うんだけど

DQNって何だ・・・すまん、まじすまん。
DNAだ。こんな間違いする自分がDQNだ

122 :名無しのオプ:2006/09/21(木) 10:21:29 ID:Ylx0/f5q
精液採取しなくても血液でいいだろw

123 :名無しのオプ:2006/09/21(木) 15:28:04 ID:W1ygurfU
精子でも髪の毛でも血液でもDNAって同じようにわかるってこと?
そうだったのか

124 :名無しのオプ:2006/09/21(木) 18:21:56 ID:hP0Aa9V1
髪の毛は、毛根があれば普通に分かる。
だけど、毛だけの場合は現在の技術では難しいとされている。
この場合は被疑者から髪を抜くわけだから毛根付と考えて問題ないけどね。

ちなみに親子鑑定のときは口の粘膜を脱脂綿でこすって採取すると聞いた事があるけど。

125 :名無しのオプ:2006/09/22(金) 09:03:30 ID:bsz9JGJ8
>>120
海外ドラマだと、性器の傷(擦れた跡?)の位置で
同意の上の性交渉か、レイプか判断してるのがあるよね。
レイプの痕跡はあっても、精液は検出されない場合もありだけど。
あと、精液は精子の状態で、何時間前に射精したとかも分かるような。

実際はどうなんでしょう?

126 :名無しのオプ:2006/09/22(金) 09:51:20 ID:iQT+jUcf
「残された精液から、犯人の血液型は●型」とか、実際の事件であるわな、だいぶ昔から。
ttp://gonta13.at.infoseek.co.jp/newpage39.htm
なんかでは、当初はB型とA型の二種類の精液が検出されたとなっていたけど、
結局鑑定し直したら一種ってことになって、初め鑑定した時の上の人間が責任とらされたとか。

127 :名無しのオプ:2006/09/22(金) 19:37:31 ID:VCAk97d/
>>120
というか
>精子を搾取して
にワラタ

128 :名無しのオプ:2006/09/22(金) 20:06:30 ID:lk1nNi0Q
ググったら、二十日経過しているかしてないかの大雑把な時間しか
精子からはわからない感じだったけど、日が経ってなかったら
乾きぐあい?とかでわかりそうだけどね。ただ、体外ならそうだけど
体内の膣内とかに残ってる場合は、そんなに詳しくは分かり難そうだけど。
風呂に入れば洗い流されるかもしれんし・・どうなのかね?

129 :名無しのオプ:2006/09/26(火) 15:01:34 ID:8OXISIbU
冷たいビールと(メ欄)で殺すってのは実際可能なん?

130 :名無しのオプ:2006/09/26(火) 18:45:45 ID:JFyHmjcC
なんか最近の一連のレス読んで思いついたんだけど、
例えばある家でその家の娘さんが自室で乱暴されて亡くなってた場合、
外部犯とか全然見つからなくて(これは関係ない?)特定できなかった場合、
その家の父親や兄とかが疑われる場合ってあるの?

いや、人生相談板とかでも、よく父親は流石にないけど
実の妹とヤッてしまったとか書いてあるから(ネタレスがほとんどだろうけど)
そういうのは警察はどう対応するんだろうなーって。
遺族に関しては、やはり疑われるのはすごいすごい屈辱だから、DNA鑑定を拒んだりはできるの?

131 :名無しのオプ:2006/09/26(火) 19:42:44 ID:z5w3Wpng
ある程度絞り込めなきゃDNA鑑定までやらんだろ。
指紋ほど簡単に照合できるもんでもないし。

132 :名無しのオプ:2006/09/26(火) 20:47:15 ID:0lZM4/rM
>>130
逮捕されない限り、指紋もDNA採取も任意のはず。
まあ、断ったら警察の印象が悪くなるだけだが。
それに父親や兄弟なら、残された精液及び被害者の娘のDNA鑑定を比較した時点でわかると思う。
親子・兄弟の血縁関係を判明させるDNA鑑定が実際に行われているから、すぐに判明するんじゃないか?
それにDNA鑑定をするのなら、別に任意を求めなくても、
被害現場から採取した髪の毛など、鑑定に十分な材料は簡単に手に入ると思う。

あと関係ない話だが、犯罪史を読んだ限りでは、親子の方しか確認したことがないな。


>>129
ビールに限らず、炭酸がいけないとは聞いたことがある。
だけど、量の問題だと思う。



133 :名無しのオプ:2006/09/26(火) 22:26:31 ID:ZyL7YbYe
>130
疑っていようといまいと
現場に残った指紋(頭髪)から不審者のものを割り出すために任意でって感じで
同居者の指紋なりDNAなりを採取せん事には捜査にならんのでは?

>132
ttp://www.alpha-net.ne.jp/users2/knight9/totigi.htm
国内の父娘で有名な事件

兄妹だと海外で妹が兄を体で篭絡して親を殺させた事件無かったっけ?

134 :名無しのオプ:2006/09/26(火) 22:40:28 ID:eIhwikDr
摂取して1ヶ月以上たってから効果が現れる毒ってないですか?

135 :名無しのオプ:2006/09/26(火) 23:31:28 ID:/IB4EMxc
>>134
一ヶ月経ってから急に症状が現れて即死(?)するようなもんは知らんなぁ。
潜伏期間の長い病原体とかあれば、似たような効果はあるかもしれんが、
一ヶ月となるとちょっと。
鉛とか放射性物質とか、あとになって効いてくる毒はあるが、急に死んだりは
しないだろう。


136 :名無しのオプ:2006/09/27(水) 01:22:46 ID:A0Uk6b+G
カドミウムとかは結構長そうなんですが、重金属ははっきり証拠残りますしね・・・
植物性ので緩慢に作用するようなのってどっかに存在しないですかね。
病原体といえば狂犬病は死亡率100%だそうですが、入手困難なのと、
日本で発生ゼロなんで発生したら目立ちすぎるのでダメですね。
第一経口で利くのかわからないですから。

137 :名無しのオプ:2006/09/27(水) 02:12:57 ID:rVAgogFO
>>134
乃南アサの「不発弾」ってアンソロジィの冒頭にそういう話が入ってたような。
それはある店のおでんをほぼ毎日食べ続けてた人らがみんな若死にしちゃうって話で、
実際それはその店のおでんの鍋のそこに鉛かなんかでできた地蔵が入ってて
それが溶け出してエキスに混ざって、それでみんな金属の中毒症みたいになって
まったくそれに気づかずに死んでいくって話。

138 :名無しのオプ:2006/09/27(水) 14:20:39 ID:A0Uk6b+G
ローマが滅んだのと同じ現象ですね。
上流階級ほど鉛の食器を使っていたから、後期に精神異常の暴君が多いのは鉛のせいだとも言われています。
食品に溶けた鉛は甘いので、むしろ鉛のコップは好んで使われたとか。

139 :名無しのオプ:2006/09/27(水) 23:05:50 ID:rVAgogFO
ようし今日から鉛のコップで美味しい甘い水を飲むぞ

140 :名無しのオプ:2006/09/28(木) 13:40:02 ID:u6SJ+4pc
普通の水にはほとんど溶けないよ。
ワインのような酸性の液体にはよく溶けて甘くなるけど。

141 :名無しのオプ:2006/09/29(金) 22:35:22 ID:lP87tzQa
>>135 に「放射性物質」と書いてあるので思い出したが、高木アキミツの某短編、
メール欄の 1)を食って 2)になる、というのがあった。

かなりトンデモな毒殺方法だとは思うが、こんなことが実際に起こりうるのか、
また、何グラムぐらい食えばいいんだろう。というのが気になる。

142 :名無しのオプ:2006/09/30(土) 06:44:54 ID:OfokDtaV
ホラーの少女マンガで、骨をすりこぎですりおろして粉上にして
それを「カルシウムを取るため」といってご飯の上に乗せて食べる話はあった。


143 :名無しのオプ:2006/10/02(月) 21:23:55 ID:DxKnbOmT
織田信長が浅井長政の頭骸骨を塗装して杯にしたというエピソードもあるね。
ただし江戸時代の創作という説もある。

144 :名無しのオプ:2006/10/03(火) 13:12:17 ID:Y1tdn1yj
>>139
水道管の多くは鉛管だよ

145 :名無しのオプ:2006/10/03(火) 13:27:32 ID:iTy+1aQ7
だから、水道管に洗濯機のアースをつないだりすると、電気分解で鉛が溶けて暮らすうちに中毒になるらしいね。
ガス管ほどではないが、水道管へのアースも避けるべきだとされているのはこのためと、途中から塩ビ管になっている場合にアースにならないため。

146 :名無しのオプ:2006/10/03(火) 17:18:58 ID:+1EGxdbA
>145
一般的には給水に鉛管が使われているのはメータ前後だけだけどな
旧 本管-鉛管-メータ-鉛管-鋼管-蛇口
新 本管-ポリエチレン管-メータ-ポリエチレン管-塩ビ管-蛇口
大まかにこんな感じ
そもそも腐蝕防止の為、基礎貫通部に絶縁継手使ってる事が多いので
水道管はアースにはしにくいはず

147 :名無しのオプ:2006/10/04(水) 03:34:58 ID:gp6IX7vc
メータってのはズービン・メータとは関係ないよな?
アースってのはアースーではないよな?
久し振りにミス板に来たから訛りにとまどってしまった。

148 :名無しのオプ:2006/10/05(木) 02:20:00 ID:p/d14b/w
>>147
訛り(鉛にかけたダジャレか?)っつーか、理工系の人にはそう書く慣習があるんじゃね?
「コンピュータ」「パラメータ」とか、情報処理のテキストのなかとかにはよく出てくるよ。

149 :名無しのオプ:2006/10/05(木) 04:52:41 ID:4Gx18fX2
エンターキを押してください。
パワをオフにしてください。
ツールバを表示します。
メニュが出ました。

150 :名無しのオプ:2006/10/05(木) 13:14:19 ID:QGzFvPJg
確かに教科書はエネルギやらカテゴリやら伸ばし棒ついてないな

ミス板の訛りって
「ヴァイオリン」「ヴィップ」「ヴォルト」とかの島荘とか森の言葉遣いのこと?

151 :名無しのオプ:2006/10/06(金) 18:45:58 ID:ew5b0XtY
ひ○らしの○く頃にみたいな、その場に居ただけで感染して
じわじわ体内侵食し、何かのきっかけで発症するような
病原体だの細菌だのウイルスだの寄生虫だのってホントにあるの?

152 :名無しのオプ:2006/10/06(金) 20:49:37 ID:QaSafZcM
作ればできないことはないだろうと
細菌研究してる友達が

153 :名無しのオプ:2006/10/19(木) 11:09:30 ID:zzf+I8E7
>151
何かの「きっかけ」が何かによるだろうな。


154 :名無しのオプ:2006/10/23(月) 15:59:44 ID:Ux96M/Lj
エイズのように、免疫力低下して普段悪影響がない菌が病気を起こすというパターンならあると思う。
後は、昔のSF映画にあったけど、体の血液が酸性かアルカリ性かで病原体の活動が左右されるというパターンも考えられる。
体温が一定になると活動開始とかなら、高温とか低温の環境にいることで発症する。

155 :名無しのオプ:2006/10/24(火) 01:34:36 ID:SrHDZMa9
それいいなぁ。
例えば、山登りが趣味の人間が
○○山とかに登山に行ったら発症とか…。
原因が全くわからないの。

156 :名無しのオプ:2006/10/24(火) 10:36:20 ID:TzbOt/N2
Xファイルに似たような病原体があったな。

157 :名無しのオプ:2006/10/24(火) 21:21:59 ID:gCWfdt5C
小説で使われないだろうけど荒技で

(世田谷一家殺人、葛飾女子大生放火殺人etc)
のような迷宮入りっぽい難解な事件は
各国諜報機関に協力を仰いで事件発生場所での監視衛星画像を
片っ端から入手して犯人の上空写真、使用車両など映っていないのだろうか。

158 :名無しのオプ:2006/10/28(土) 17:54:21 ID:BBOo09bm
>>157
CSIラスベガスの最初のシーズンでグリッソムがそれで犯人の車両を捜してたが・・・
現実には技術的な面と政治的な面、二つの点で不可能だと思う
まず技術的なことだと偵察衛星って全地上を常に監視してるわけじゃなくて、物凄いスピード
で軌道上を周回してるから、そんなに都合よく犯行の合った時間に現場を撮影できる
場所に居る可能性が極めてすくない。
それにアメリカの使ってる一番高性能な光学式偵察衛星の解像度が10cm(つまり10pの正方形が
一ドットの写真が撮れるわけね)。このレベルの衛星なら車の車種ぐらいはわかるだろうけど
ナンバーは判読できないから車両の特定は困難。アメリカ以外の国の偵察衛星はもっと精度が
悪いから、そもそも車種すら判別できるかどうか・・・
政治的な問題は簡単な話で、他国の犯罪なんて諜報機関にはどーでもいいことだろうから、
機密レベルの高い偵察衛星画像を渡す事はありえないでしょう(Lでもいれば別だろうがw)。

159 :名無しのオプ:2006/11/10(金) 20:45:35 ID:NyPSKjG+
>>113
そういえば某マンガで煙草の葉の所を傷口にこすり付けて止血してる奴がいたが
止血した後平然と戦ってたのも、このニコチンの致死量を見て納得

160 :名無しのオプ:2006/11/10(金) 20:47:26 ID:NyPSKjG+
>>154
血液が酸性になるとか余程の病気の時以外ありえないな
一定の体温とか血圧で発症ってのならありかもしれないが

161 :名無しのオプ:2006/11/14(火) 19:02:16 ID:sDwk9PbZ
>>154
「アンドロメダ病原体」か
アル中の奴は生き残ってたなw
それと過呼吸の赤ん坊

162 :名無しのオプ:2006/11/23(木) 14:10:20 ID:3s5C+xld
毒ガスを相手の口めがけて放出し、自分は息を止めてるって方法で手を触れずに暗殺できる?
室内ならその場を離れても毒性は残るし、室外なら風のせいで効果は薄れるけど証拠も消える。

二酸化炭素なら証拠も残らないし大量にかければ効果はあると思うけど、風量で気づかれてしまいそうだ。
あと、近くに他人がいると巻き添えになる可能性もあるし、一人だけのときにしか使えない。
しかし一人だけなら目撃者もいないのだから、別に手を触れずに殺すということにこだわる必要性はないね。

やっぱり複数人がいる場所で特定相手だけ殺害するには、毒針を打ち出す銃のようなものが適してるのだろう。
しかし、上で説明されてるようにそんなに強い毒はほとんどないし、針を太くすれば痛みで気づかれる。

じゃあ二つの方法を併用して、最初は麻酔ガスを噴射してターゲットを眠らせ、次に介抱する振りをして毒を注射というのが確実なのだろうか。

163 :名無しのオプ:2006/11/23(木) 22:26:41 ID:9dx2KzN8
何のためにそんなトリックを弄するのかわからん。
手を触れてないからって嫌疑を免れる訳でもないし、
吹き付けて殺せるような毒が検出されたら警察も普通にその手法を疑うだろうし、
酸欠でも似たようなもんだ。


どこぞの空師なら素手でやれるから不能犯を装えるが。

164 :名無しのオプ:2006/11/24(金) 20:41:36 ID:CVla45dc
>>162
段ボールの空気砲の原理で
毒ガスを飛ばしてやれば暗殺いけるかも

165 :名無しのオプ:2006/11/24(金) 21:48:05 ID:4nANGqOB
毒ガスでシャボン玉つくって相手にぶつける方がまだ成功率高いような
やり方考えないと完全犯罪には程遠いが、アレはいくらなんでも無理だと思うw

166 :名無しのオプ:2006/11/24(金) 23:18:18 ID:DZzKiw1x
二酸化炭素消火装置を(誤)作動させて殺す。
成功率低そうだな……事故を装えそうだけど。

167 :名無しのオプ:2006/11/26(日) 02:48:26 ID:5gL90B47
そういえばマスターキートンに傘から青酸ガス吹き出す暗殺道具出てきたけど実際にあるの?

168 :名無しのオプ:2006/11/26(日) 05:16:17 ID:ev+7G1Hr
>>166
ついこの間、誤作動で意識不明になった人いたよ。
以前には死者も出てる。
ちなみにドライアイスを運搬してたワゴン車の運転手が意識を失って事故ったこともある(死んだかは分からないが)
二酸化炭素消火器は手で持てるサイズの物もあるけど、高価なので一般家庭にはまずないし、
それが置いてあって誤噴射したというのも不自然に思われる。
だいいち、6畳くらいの部屋に手持ちサイズのボンベで十分な気はしない。
それよりは湯沸し器かバランス釜の不完全燃焼を装って一酸化炭素を充満させて
(本当に不完全燃焼させるのはコツがいるから化学薬品で発生させて)
中毒死というのも十分に可能そうだ。

169 :名無しのオプ:2006/11/26(日) 18:39:45 ID:v8yKYJG7
>>167
さっきバンキシャで見たよ

ネタだと思ってたけどあるんだな

殺傷能力は高いのか? 

170 :名無しのオプ:2006/11/28(火) 19:55:53 ID:qjEZDmr3
結構高いはず。
硫化水素とかと違って異臭も少ないし、暗殺力は強いだろうな。
が、傘である必然性はないだろう。
報道陣装ってマイクからガス吹き出す装置で口に近い場所から出すとか、
まあ色々手口は考え付くけど。

が、遺体の皮膚の色で簡単に分かる。

171 :名無しのオプ:2006/12/03(日) 06:57:47 ID:tt4xuUic
青酸ガスが使われると部屋からプロシアンブルーが検出されるそうだ。
ホロコーストのガス室も本来なら検出されるのに、されなかったとかで捏造論者が騒いでる。
ただ、ガス銃ごときで部屋の壁に証拠が残るかとなると怪しいね。
そもそも死体から検出されるのだから、部屋の壁に証拠が残ったとしても大した問題ではない。
死体を別の場所に移動する場合を除いて。

ところで、青酸化合物って写真専門店で買えるって本当?

172 :名無しのオプ:2006/12/04(月) 14:27:10 ID:Adz3VD0q
ちょっと検索すると、人間が死ぬ青酸ガス濃度ではなかなかプロシアンブルーは生成しないみたいだね。
あと捏造論のロイヒターは、サンプルの分析の際に業者が分析対象を誤解して「検出されない」としたのをそのまま発表したらしい。

173 :名無しのオプ:2006/12/10(日) 00:22:12 ID:10CqzX8X
エアガンで毒針を飛ばせますか?
含み針という忍者の武器があるから、エアガンならそれより強く飛ばせると思うんですが、
実際どうでしょうか。
忍者の含み針は、どんな毒で敵を殺したんでしょう。

174 :名無しのオプ:2006/12/10(日) 07:41:59 ID:Z8dvPBib
針やダーツの類がまともに直進するにはある程度の重量が要るので、
エアガンで飛ばせるような細さ・重量では有効射程が期待できないと思う


175 :名無しのオプ:2006/12/11(月) 20:11:23 ID:eotdLfNz
エアガンなら麻酔弾も撃てるだろ。ポンプアクション式、ガス式どっちでも。
それを応用すれば、毒入りの弾くらいできそうだ。
エアーソフトガン(日本で作られている玩具)なら、ノーマルでは無理だが。
もともとBB弾しか装填できないようにできる。昔は鼓弾もあったが。

針を飛ばすだけなら、吹き矢でいけるんじゃないの?ややこしいもの使わなくても。
ややこしい道具を使っても、只の針では直進性に乏しく、有効射程は短い。

それよりダーツに毒塗って投げる方が早いか。



176 :名無しのオプ:2006/12/12(火) 01:39:37 ID:lcCEr0wm
>もともとBB弾しか装填できないようにできる。
は、
もともとBB弾しか装填できないようにできてる。
という意味?

毒針のメリットは、相手や周りに気づかれないように暗殺することなのだから、
長い筒の吹き矢やダーツなどでは目撃されてしまう。
目撃されてもいいというなら、普通に銃やボウガンを使えばいい話しだしね。

上の方のレスで、普通に手に入る化学物質では針に塗っただけでは殺傷力がないとされているけど、
植物性アルカロイドは微量でも猛毒だから、それを人工的に全合成することができれば、
塗っただけでも効き目があるようにも思える。

実はイスラエルが暗殺用の毒針を打ち出す銃を開発したという話があるので、どういったものなのかと考えていた。

177 :名無しのオプ:2006/12/12(火) 11:50:35 ID:LYcVxnEG
>>176
そうそう、書き間違えだよ。

暗殺か。イスラエルのだったかどうか忘れたが、短針銃ってのはあるらしい。
でも形は銃そのものだったはずだし、無音ってわけにはいかないはず。
エアー式や炭酸ガス式でも、ある程度の射程を確保するほど威力があれば、
それなりの音がする。まぁ、火薬を使うよりは小さいけど。

それと、ポンプ式で射程距離を確保しようとすれば長い銃身になる。
解説は長くなるからやめるけど。短銃身で射程距離を確保しようとするなら、
ガス式かな。炭酸ガスのボンベを使うアメリカで売ってる玩具(それでも日本の
玩具にくらべれば威力は抜群)を改造して、針を発射できるようにするのが
暗殺向きかな。

178 :名無しのオプ:2006/12/18(月) 19:38:51 ID:6w4Lc/ZB
1ミリグラムという量をイメージするなら、1センチメートル四方の水を思い浮かべればいい。
角砂糖と同じくらいのサイズだ。
これが1グラムなので、これを縦に10分の1で100ミリグラム、さらに奥行き10分の1で10ミリグラム、
さらに横に10分の1で1ミリグラムになる。
つまり、1ミリメートル四方の水の重さが、1ミリグラム。
毒矢のように大きな刃に塗るならともかく、縫い針にはやっと塗れるくらいだと思うし、
刺したときに皮膚表面で拭い取られる分も大きい。
ということは、体内に入って溶解する針を使わなければ、○○トキシン類を除いて有効な暗殺手段にはならないだろう。
もちろん病原体を塗布した針ならば効果はある。
実際に、病院での針刺し事故による肝炎などは多い。

179 :名無しのオプ:2006/12/19(火) 00:06:33 ID:h0hqMyJl
注射針のような中空式の針を使えばできるだろ。
超小型の注射器のような形状になるが。

180 :名無しのオプ:2006/12/19(火) 08:16:31 ID:qGkPec+o
>>178
> もちろん病原体を塗布した針ならば効果はある。
恐竜のDNAをほぼそのまま保存していたジュラシックパークの琥珀みたいに、感染力のあるウイルス
遺伝子を含む琥珀(そんな者無ければ植物樹脂に練り込んだ偽物でも良い)の形でエボラやラッサを
輸入。ウイルスを生理食塩水に溶かしだして針に塗り付けて刺して感染させる。潜伏期間7日の後発
症しても、国内に持ち込まれた感染源としてまさか琥珀は疑われない。特に被害者が海外渡航した後な
ら、そっちしか調査しないと思われる。・・・と言う方法はどうだろう。

181 :名無しのオプ:2007/01/01(月) 19:28:18 ID:R56IlvRn
>1ミリグラムという量をイメージするなら、1センチメートル四方の水を思い浮かべればいい。

それは1gだろww

182 :名無しのオプ:2007/01/07(日) 09:22:45 ID:oQfNNQDU
ここは厨房たちの妄想スレですか?少ない脳内キャパやネット検索のうけうりによる妄想ワロス

183 :名無しのオプ:2007/01/07(日) 21:33:02 ID:kfDo2Lef
都市ガスて本来なら無臭だけど、
安全の為にわざわざあの匂いをつけているらしいが、
逆にあの匂いだけ取っ払うのは可能だろうか。

184 :名無しのオプ:2007/01/09(火) 13:19:07 ID:avJEVwRy
可能
都市ガスで死ぬのは難しいが

185 :名無しのオプ:2007/01/09(火) 15:42:01 ID:kunZ+gFt
昔古畑のおまけの番組の今泉で液体酸素を部屋起き、部屋に酸素を充満させて爆発させるって話があったけどできるのかなあ?
ていうか液体酸素なんて簡単に手に入るのか?

186 :名無しのオプ:2007/01/09(火) 15:45:17 ID:nuH2kPOu
>183
最近の都市ガスはCo少ないのに切り替わってる

187 :名無しのオプ:2007/01/21(日) 21:06:39 ID:sMih8yQ7
ある家で火災が発生。消火後、中から男の焼死体が発見された。
火元は男の持っていたライターで、
部屋に充満した都市ガスに引火したものとみられる。

「夫が家に帰ると一番にタバコを吸うことを奥さんは知っていたはず」
「いや、それでもあのガスの匂いの中でライターをつけるなんて普通は考えない
もっとも実際には火を付けた訳ですが、犯人の立場になってみれば、
そんな気付かれる可能性の方が高い手段はとれません。
ガスの管理を怠った点は奥さんの過失ですが、火災自体は事故ですよ」
「では他の方法で引火させようとしていたに違いない。静電気とか」
「天候的にも夫の服装的にも、静電気が起るとは思えない
そして夫の服は奥さんが容易したものだ」


みたいな。

188 :名無しのオプ:2007/02/04(日) 08:52:28 ID:2S/WezjL
>>183>>186
とか、おまえらも思ってたろ?
で、実際に北見の事故みたいなのが起こって、初めて
100%そうとはいいきれないことを知ったっていう(まさに俺がそうw)

ぜんぜん関係ないが、どんなド田舎でも、プロパン以外使ってる
ところは「都市ガス」ってことでいいんだよな?

189 :188:2007/02/04(日) 10:51:56 ID:2S/WezjL
しまった。
アンカーは>>184 >>186 の間違えね。

>>183
その逆に無害な都市ガス臭を発生させて殺害方法を偽装するというトリックを
使ったミステリもある
実際に可能かどうかは知らん

190 :名無しのオプ:2007/02/06(火) 20:09:00 ID:/mhGTlmM
寝ている人の銀歯に直接電流流してショック死させる、
なんかはどこまで死因特定できるかな?

心臓麻痺としか診断されなければ、
もちろん二人きりで居る時に死ぬ訳だから疑われはするだろうが、
「何らかの方法でショックを与え殺した」で立件は出来ないよな?

痛みによるショック死、とまで特定されたとしても、
外傷がないから道具を隠滅しさえすれば言い逃れられるか?

191 :名無しのオプ:2007/02/07(水) 02:05:22 ID:QV9WynVd
>>190
感電の場合は、電気が通り抜けているから、流入部流出部に
電流痕(やけど)が残るはずだけど。
内部所見にはあまり特徴がないらしいから、流入部流出部の抵抗を
減らしてやれば、防げるかもしれない。確実とは言えないけど。

192 :名無しのオプ:2007/02/07(水) 11:57:58 ID:uybb1s1X
ショック死は不確実すぎないか。

193 :名無しのオプ:2007/02/09(金) 15:53:41 ID:9vxwuxqg
【毒殺】毒薬 劇薬 麻酔薬 睡眠薬 検査薬
http://book4.2ch.net/test/read.cgi/mystery/1166316746/l50

194 :名無しのオプ:2007/02/13(火) 11:21:08 ID:5inYJix5
http://r25.jp/index.php/m/WB/a/WB001120/id/200607201107
>>98関連だけど特定年齢層にしか聞こえないモスキート音があるらしい。
しかし、各所の聞いた人たちのコメントを見るとかなり誤差があるようだ。

195 :名無しのオプ:2007/02/13(火) 16:23:19 ID:nrpp/5Za
骨導音マイクはSFでは定番のギミックだけどな
>194の手は犬笛使う描写とかでちょくちょく出てこないか?

196 :名無しのオプ:2007/02/14(水) 21:09:09 ID:Igcn25JL
このモスキート音と犬笛とはかなりちがう気が。
20〜30m先のイヌに聞こえる犬笛は、数メートル以内のヒトにも
聞こえる。ずいぶん散財したけど、イヌにだけ聞こえる犬笛って
なかなかないんだよ・・・

197 :名無しのオプ:2007/02/20(火) 15:01:38 ID:0GWS2SEo
暗殺(軍事板)
http://hobby9.2ch.net/test/read.cgi/army/1171761767/
おすすめ2ちゃんねるになかなかでないんで。

198 :名無しのオプ:2007/02/21(水) 00:43:55 ID:2k3z949q
>>173について

http://www.gizmodo.jp/2006/08/swissminigun_1.html
>2.34mmの弾丸を、130m/秒の推進力で発射

このサイズでも一応かなり飛んでいくようだ。
火薬を使わずに、ライフルも刻まないとなると少し性能は落ちるけど、
数メートルなら難なくクリアできるだろう。
ただ裁縫針くらいに細いと大変だから爪楊枝レベルで妥協しないといけない。

56 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)