5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

エラリー・クイーン&バーナビィ・ロス〜PART5〜

1 :名無しのオプ:2006/11/16(木) 19:18:07 ID:tJ1gVzSi
推理小説の巨匠、エラリー・クイーンについて思う存分語りましょう。(関連情報は>>2-5あたり)

前スレ
エラリー・クイーン&バーナビィ・ロス〜PART4〜
http://book3.2ch.net/test/read.cgi/mystery/1130811777/

※煽りや荒らしは完全放置に徹しましょう。
 我慢できないときはこちらの自治スレへ。
 http://book2.2ch.net/test/read.cgi/mystery/1081769843/l50
※ネタバレには一切レスをつけず、削除依頼を出しましょう。

立ってないので立ててみました。

2 :名無しのオプ:2006/11/16(木) 19:19:10 ID:tJ1gVzSi
過去スレ

国名シリーズの大家 エラリー・クイーン
http://book.2ch.net/mystery/kako/980/980748028.html
エラリー・クイーン&バーナビィ・ロス〜PART2〜
http://book2.2ch.net/test/read.cgi/mystery/1073797772/
エラリー・クイーン&バーナビィ・ロス〜PART3〜
http://book3.2ch.net/test/read.cgi/mystery/1083327322/

3 :名無しのオプ:2006/11/16(木) 19:19:52 ID:tJ1gVzSi
 || ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||
 || ○荒らしは放置が一番キライ。荒らしは常に誰かの反応を待っています。
 || ○放置された荒らしは煽りや自作自演であなたのレスを誘います。
 ||  ノセられてレスしたらその時点であなたの負け。
 || ○反撃は荒らしの滋養にして栄養であり最も喜ぶことです。荒らしにエサを
 ||  与えないで下さい。                  Λ_Λ
 || ○枯死するまで孤独に暴れさせておいて   \ (゚ー゚*) キホン。
 ||  ゴミが溜まったら削除が一番です。       ⊂⊂ |
 ||___ ∧ ∧__∧ ∧__ ∧ ∧_      | ̄ ̄ ̄ ̄|
      (  ∧ ∧__ (   ∧ ∧__(   ∧ ∧     ̄ ̄ ̄
    〜(_(  ∧ ∧_ (  ∧ ∧_ (  ∧ ∧  は〜い、先生。
      〜(_(   ,,)〜(_(   ,,)〜(_(   ,,)
        〜(___ノ  〜(___ノ   〜(___ノ


4 :名無しのオプ:2006/11/16(木) 22:03:02 ID:2FaXd3BI
http://ams1.web.fc2.com/book-sale.html

5 :名無しのオプ:2006/11/18(土) 00:18:42 ID:e3yBEo/L


6 :名無しのオプ:2006/11/19(日) 14:24:26 ID:n8TTtIKY
前スレは落ちちゃったんだね。容赦ないな。

7 :名無しのオプ:2006/11/23(木) 20:02:55 ID:nbv89qMS
保守

8 :名無しのオプ:2006/11/27(月) 08:30:32 ID:C8VNi34N
エラリー
エラリィ
エラリイ

9 :名無しのオプ:2006/11/27(月) 20:49:15 ID:wePOOzyZ
前から疑問なんだけどなぜバーナビィ・ロスがつくの?
必要ないじゃん。最初の頃はなかっただろ?
何かオタのこだわり臭がしてやだなー

10 :名無しのオプ:2006/11/28(火) 12:26:36 ID:ek9RpPmG
実はバーナビィ・ロスはクイーンたちのゴーストライターで
思いのほか人気がでたからクイーン達がロスを殺して
自分の作品デツと名乗り出たのが真相

とかだったらミステリ的に面白いのに

11 :名無しのオプ:2006/12/03(日) 01:11:18 ID:g2iLzYh0
後期クイーン問題がどうこういわれてても、結局代表作とかで挙げられるのは、
国名シリーズだったり悲劇4部作だったりするからじゃないの?
まあ最初にそのスレタイで立てたやつか、それを提案した流れがあったのか、
その辺しか知らんだろうけど。

12 :書斎魔神 ◆qGkOQLdVas :2006/12/04(月) 23:54:14 ID:OYA+fjrl
結局、エルの社会派(日本風の表現だが)への転身は失敗だったようだ。
「災厄の町」等は傑作・代表作と言われてはいるが、今読んでいるのはヲタぐらいだし・・

13 :名無しのオプ:2006/12/11(月) 16:28:47 ID:DdyIzhL6
さびしいねー

14 :名無しのオプ:2006/12/12(火) 03:18:31 ID:DudCYn41
エラリー・クイーンの全集を洋書で揃えたいんだが、
なんてやつ買えば全部そろうかな
なんか絶版とか多くて意外

15 :書斎魔神 ◆qGkOQLdVas :2006/12/12(火) 22:27:20 ID:My+Vs5sP
もともとエルのような作風は米国人好みではないのかも。
コロンボのヒットは例外でしょ。(制作の中心であったリンク&レビンソンがエルファン)

16 :名無しのオプ:2006/12/12(火) 22:50:01 ID:DudCYn41
しかし本国で絶版ってなぁ……
いやアマゾンとかセブナンドアイで扱ってないだけなのか??

17 :名無しのオプ:2006/12/12(火) 22:56:36 ID:bcnEZBew
>>16
代作問題があるから、どこまで全集にまとめていいかわかりづらいのかもね。

18 :書斎魔神 ◆qGkOQLdVas :2006/12/13(水) 21:48:01 ID:MFcXeCPs
ヲタ相手にネットで商売出来る時代ゆえ、代作も含めたエル作品(原書)の再版も夢では
ないかと思う。

19 :名無しのオプ:2006/12/14(木) 13:03:20 ID:svX33ctI
>>14>>16
物故した作家は急速に忘れられていきますからね、特に米国では。
ドイル(というよりホームズ)やクリスティが例外的すぎるんですよ。

20 :名無しのオプ:2006/12/15(金) 17:00:10 ID:wO186W6W
jewelryはjewelleryとも綴ると最近知った。

21 :名無しのオプ:2006/12/16(土) 13:31:07 ID:fD8Osm6U
>>19
レックス・スタウトは忘れられてないぞ。

22 :書斎魔神 ◆qGkOQLdVas :2006/12/16(土) 20:03:42 ID:/a9WmpUN
米での人気度はレックス>エルらしいが、
確かにレックスの方が軽快なアメリカンミステリという作風が色濃く、
米国人好みとは言い得る。
エルは初期は理に走り過ぎ、後期は暗過ぎなのかも。

23 :名無しのオプ:2006/12/16(土) 22:05:03 ID:JAukiSIR
来春、「ミステリー・リーグ傑作選」(全2巻)が出るらしいですね

24 :名無しのオプ:2006/12/17(日) 22:44:15 ID:6aUvRehg
創元推理文庫版「ニッポン樫鳥の謎」読んでたら、
フジヤマが南東に見える東京の家、というような表記があった。
これ、誤訳じゃないですよね?
原文にそう書かれているんですよね?


25 :名無しのオプ:2006/12/17(日) 23:36:23 ID:n3O2X4ix
これが「北西に」だったら、誤記に見せかけて実は伊豆大島にある家という叙述トリックに使えるんだが。

26 :名無しのオプ:2006/12/18(月) 11:27:55 ID:6g7kCkGG
>>24
もし原書にも南東と書かれているのなら、
東京と京都を勘違いした上に、アバウトな観光用の地図だけ見て書いた
ということかな?
無論実際には京都から富士山は見えないんだけど。

27 :名無しのオプ:2006/12/18(月) 14:45:11 ID:XkenZdzy
>>24
底本は不明だが、実際に「南東」らしい。

He could remember Karen when she was a sullen sprig of seventeen, annoying her patient father with unanswerable questions about Shakespeare in the Leith house in Tokyo, with Fujiyama towering like ice cream to the southeast.


28 :名無しのオプ:2006/12/18(月) 16:33:39 ID:/lgIk4i6
クイーンが絶版って横溝正史が絶版みたいなもんじゃろ

29 :書斎魔神 ◆qGkOQLdVas :2006/12/18(月) 22:17:18 ID:73UUKuPm
日本の作家の場合でも土地勘が無い舞台を書いた場合には間違うことがある。
(夏樹静子に本筋には無関係だが駅から見た海岸の位置、距離に疑問がある作があった)
格別日本通とも思えないNYっ子エルゆえ、勘弁するしかないであろう。

30 :名無しのオプ:2006/12/18(月) 22:23:30 ID:fyO4+h8z
>>28
人気面で言うとアメリカ人にとってクイーンは
日本での横溝クラスの作家ではないと思う。

31 :24:2006/12/20(水) 21:09:49 ID:Z4zMY1Yk
>>27
さすがに訳者の井上氏がそんな勘違いをするわけはないと思いましたが、
やっぱり原文からそうなってますか。
まあ当時日本に来たことすらないのですから、クイーンが間違えても仕方がないでしょうね。
作品の上で大きな欠陥というわけでもありませんしね。


32 :名無しのオプ:2006/12/21(木) 09:21:29 ID:uJ+87fGt
日本に関することなんだから普通訳者の方で気を利かせて訂正するんじゃないかねえ。
今みたいに疑問点は直接著者へ問い合わせるなんて事はしなかった(出来なかった)時代だろうけど。

33 :27:2006/12/21(木) 21:05:21 ID:9Zi5j/AW
補足。
他の文庫で言うと、早川では“東京云々”を取っ払って「フジヤマが南東に見えるリース家」、
角川(絶版)では「富士山が西南にそびえて見える東京のリースの家」と
方角を修正している。

34 :書斎魔神 ◆qGkOQLdVas :2006/12/21(木) 21:49:48 ID:r0k/WSe3
原文ママとして、注を付ける方が翻訳としては正攻法かと思う。
原著者に明らかに誤りがあったとしても、原文を勝手に修正するのはイクナイ。


35 :名無しのオプ:2006/12/22(金) 02:28:08 ID:2RoOD7Sw
日本のトラベルミステリーでも現地取材してない作品がほとんどだから、本筋に関係ない間違いぐらいいいんじゃない?w

>>34
生まれて初めて、同意w


36 :名無しのオプ:2006/12/22(金) 06:21:31 ID:odhStrXw
書斎がスレに溶け込んできたね。

37 :名無しのオプ:2006/12/22(金) 22:28:04 ID:NF54pNkt
>>31
ただ原文尊重という考え方からすれば
どんな明白な間違いでも訂正するのは躊躇するのかも知れませんね。
ならば注釈を入れてほしいとは思いますが、
それもやりだしたらキリがないから止めてしまったという可能性もありますね。

38 :名無しのオプ:2006/12/22(金) 23:45:49 ID:/bYShxPD
さすがに「オイ。ダマレ」「ゴメンナサイ、オカーサン」は見逃せなかったんだろうがw>注釈

39 :名無しのオプ:2006/12/23(土) 00:23:10 ID:Bq7KlAgN
>>38
さすがに話し言葉や人名はね。
間違いをそのまま訳すわけにはねw


話はかわるが、こんなもの見つけたよ>>all
http://aa5.2ch.net/test/read.cgi/aastory/1165929583/139-173

40 :名無しのオプ:2006/12/23(土) 00:34:01 ID:hzjRiPdw
>>37
わざわざ書斎の説に反対することはないだろカスが。

41 :名無しのオプ:2006/12/23(土) 23:42:26 ID:MCF51nKQ
>>39
ワロタ
そこまで原作を破壊してくれるといっそ清々しいものがありますねw

42 :名無しのオプ:2006/12/25(月) 23:14:47 ID:rSy+AE2l
"顔"の代作者って誰なんだろう。
なんか悪い意味ではないが、
妙にノリが同人っぽかった気がする。

43 :名無しのオプ:2007/01/06(土) 17:34:23 ID:48milpHP
顔とあの作品はつながってる

44 :名無しのオプ:2007/01/22(月) 16:41:07 ID:tpj24bxU
FACE


45 :名無しのオプ:2007/01/27(土) 12:25:28 ID:eq7UwZEK
EQ降臨

46 :名無しのオプ:2007/02/06(火) 12:05:41 ID:5QAZT7sZ
フォックス家いい


47 :名無しのオプ:2007/02/06(火) 13:46:41 ID:dIY7Xfgs
絶版なんだよねえ>フォックス家

48 :名無しのオプ:2007/02/10(土) 00:19:00 ID:LMy0AAEQ
「フォックス家」絶版なのかよ!

49 :名無しのオプ:2007/02/10(土) 00:44:36 ID:URefF4RR
絶版かどうかはわからんけど、版元品切れは確かだね。

50 :名無しのオプ:2007/02/10(土) 12:54:51 ID:7krXZZoF
早川に絶版はありません。
ただ、増版が2、30年後になったりする事があるだけでorz

51 :名無しのオプ:2007/02/11(日) 00:30:19 ID:RYdGwkgr
ドルリイ・レーン4部作ようやく読んだ。
疲れた・・・登場人物の誰も好きになれなかった。
流石に論理は素晴らしいんだけどね。でも無駄に長いよ。

52 :書斎魔神 ◆qGkOQLdVas :2007/02/11(日) 17:05:39 ID:iCV6x8v6
Xは少し肩が凝る長さかと思うが、Yは程良く、Zは短いぐらいか。
最後の事件はボリュームどうこう以前の作。

53 :名無しのオプ:2007/02/11(日) 17:27:15 ID:ZmemtQ9b
>>52
的確な評論ですね。初学者はしっかり頭に叩き込んでおけ。

54 :名無しのオプ:2007/02/11(日) 17:33:33 ID:0DUbtB0X
他のライツヴィルものが生きているのに、どうしてフォックス家だけが品切れなんだろう。
「顔」あたりならまだわからないでもないけどね。

55 :名無しのオプ:2007/02/12(月) 21:21:32 ID:SQcoIhxa
>>54
『フォックス家の殺人』が未読だと、『十日間の不思議』を読んだ時、
壮大なネタバレに見舞われることになるよね。
『顔』だって『最後の女』とリンクしてるから無ければやはり不都合だよ。
早川の奮起を期待する。

56 :名無しのオプ:2007/02/13(火) 12:28:52 ID:8tfzwu+C
Zの悲劇の印象の薄さは異常

57 :書斎魔神 ◆qGkOQLdVas :2007/02/13(火) 22:00:27 ID:W9g7OZVm
断言するが、ライツヴィルものまで手を出すのはエルヲタだけかと思う。
レーン4部作や国名シリーズは本格ミステリのクラシックとして残して欲しいものが
あるが、その他の作は1作でも多く読めればOK程度に思うておくのが、良識という
ものである。

58 :名無しのオプ:2007/02/13(火) 22:29:14 ID:BDIPc4Hd
>>57
でもクイーンを全作読んでいるんでしょ?

59 :名無しのオプ:2007/02/13(火) 23:23:46 ID:Ibd8mGbn

創元で手に入る「ローマ帽子」「オランダ靴」「アメリカ銃」を除けば、
早川文庫の品切れは
「悪魔の報酬」「ドラゴンの歯」「フォックス家の殺人」「クイーン警視自身の事件」
「第八の日」「最後の一撃」「顔」「クイーンのフルハウス」「恐怖の研究」「心地よく秘密めいた場所」
だね。
ちなみに「悪魔の報復」「ドラゴンの歯」は創元でも品切れ。

クイーンはまだ恵まれているほうだろうから贅沢かも知れんが
ファンとしては全作品が現役で手に入れられる状態であって欲しいよな。
代表作の一部だけ残されて「これだけ読めりゃ充分だろ」みたいなのは勘弁。
読書は趣味であって、試験対策やノルマじゃないんだからさ。

60 :名無しのオプ:2007/02/14(水) 13:12:54 ID:A5XCjOw8
「フォックス家の殺人」「クイーン警視自身の事件」 「最後の一撃」なんかは
手軽に読めるようにしてもらいたいよね。

フォックス家>五匹の子豚(アガサ)

61 :書斎魔神 ◆qGkOQLdVas :2007/02/14(水) 21:44:55 ID:qLiFjD47
前述したとおり、俺は創元の井上訳を評価していないので、
早川のローマとオランダ(いずれも宇野訳)、アメリカ(大庭訳)の品切れは
残念でならない。

62 :名無しのオプ:2007/02/14(水) 22:36:29 ID:Z952V8fb
>>61
レス番号教えてくれないとわからないよ。

63 :名無しのオプ:2007/02/14(水) 23:54:26 ID:+hsRnMnl
しかし宇野訳の「ローマ」と「オランダ」は
本来“鼻眼鏡”であるはずの pince-nez を“モノクル(片眼鏡)”と
誤訳しているのも事実だ

64 :書斎魔神 ◆qGkOQLdVas :2007/02/15(木) 22:14:55 ID:gndk/Bwe
サングラスを色眼鏡と訳していた時代もあるのだがら、この辺は御愛敬である。
こんなこと以上に井上訳のまだるっこしさは堪え難いものがある。
SS作品と異なり早川という選択肢が多く残されているエル作品はまだ良いとも言えるが。

65 :名無しのオプ:2007/02/15(木) 23:26:35 ID:xbdRlXwD
>>63
そうか、何となくルパンみたいな印象が残ってたのはそのせいか。
まああんまり作中人物の外見をイメージすることは得意じゃないので、
モノクルしてようがモノサイクルに乗ってこようがかまわないんだけど。

66 :名無しのオプ:2007/02/16(金) 10:46:29 ID:DBZrHs7R
エラリー・クイーン&バーナビィ・ロス〜PART5〜
http://book4.2ch.net/test/read.cgi/mystery/1163672287/63-64
> 63 名前:名無しのオプ 投稿日:2007/02/14(水) 23:54:26 ID:+hsRnMnl
> しかし宇野訳の「ローマ」と「オランダ」は
> 本来“鼻眼鏡”であるはずの pince-nez を“モノクル(片眼鏡)”と
> 誤訳しているのも事実だ


> 64 名前:書斎魔神 ◆qGkOQLdVas 投稿日:2007/02/15(木) 22:14:55 ID:gndk/Bwe
> サングラスを色眼鏡と訳していた時代もあるのだがら、この辺は御愛敬である。


鼻眼鏡≠片眼鏡
サングラス=色眼鏡

67 :名無しのオプ:2007/02/16(金) 11:01:09 ID:U7AwTVpT
>>63
クイーンに限らず、早川は結構誤訳が多いな。

68 :名無しのオプ:2007/02/16(金) 13:27:16 ID:IQi7EsA4
>>64
誤訳と古い訳語は違うよ。

69 :書斎魔神 ◆qGkOQLdVas :2007/02/16(金) 22:10:01 ID:OyE7fah9
色眼鏡とは視力矯正用の眼鏡に日射避けのカラーを入れたものとするのが通常であり、
サングラスとは概念が異なる。
ただし、エル作品の場合、ポイントは細部ではなく全体を見て判断せよということである。
井上訳の読み難さを否定する者は皆無であろうかと思う。

70 :名無しのオプ:2007/02/16(金) 22:50:48 ID:w95K2eee
>>67
「エラリー・クイーンの世界」の翻訳の酷さは「欠陥翻訳時評」の別宮貞徳氏も呆れたほど。


71 :名無しのオプ:2007/02/16(金) 23:04:56 ID:IQi7EsA4
>>69
その通常とする概念は常識的な見解とは異なる気もするけどなあ。

72 :名無しのオプ:2007/02/17(土) 02:41:43 ID:gtOYwGlc
>>69
違います。過去におけるサングラスの翻訳が色眼鏡です。
色眼鏡自体にそういった意味は全くありませんし、
通常そのようにもいわれていません。
色眼鏡=サングラスであり、貴方の書き込みはただの間違いです。

73 :名無しのオプ:2007/02/17(土) 20:15:17 ID:e45gI1rr
>>72
ローマンハットの相手はするだけ無駄。
道路で大声あげてるオッサンだと思って無視してください。


74 :書斎魔神 ◆qGkOQLdVas :2007/02/17(土) 21:10:19 ID:fqxiO94r
>>72は時代による概念規定の変化を考慮出来ないDQN(w
色眼鏡という訳語が姿を消したことが、この良き実証と言い得る。

山中峯太郎氏にエルの主要作品を訳して欲しかった。
つまりはそういうことである。

75 :名無しのオプ:2007/02/17(土) 21:25:14 ID:aOnvqrZf
>>74
> >>72は時代による概念規定の変化を考慮出来ないDQN(w
> 色眼鏡という訳語が姿を消したことが、この良き実証と言い得る。

単純に「サングラス」というカタカナ言葉が定着しただけだということが理解できないのか。
だいたい書斎魔神の論
「色眼鏡とは視力矯正用の眼鏡に日射避けのカラーを入れたものとするのが通常」
と、色眼鏡という言葉が使われなくなったということと、どう繋がるのかも説明無しだし。


> 山中峯太郎氏にエルの主要作品を訳して欲しかった。
> つまりはそういうことである。

どういうことだよ
一切説明なしで結論だけ投げ出す、書斎の論考の典型的な例

76 :名無しのオプ:2007/02/17(土) 22:21:23 ID:qHX12vXg
えるマンセー

77 :名無しのオプ:2007/02/18(日) 04:31:27 ID:Zdx95gJd
だから魔神の相手はするなと……

78 :名無しのオプ:2007/02/18(日) 07:16:25 ID:CcdiKCI4
http://book4.2ch.net/test/read.cgi/mystery/1163672287/41
を見ればわかるように、75は本人によるコピペ。


79 :名無しのオプ:2007/02/18(日) 09:20:17 ID:tNU6G1/r
>色眼鏡とは視力矯正用の眼鏡に日射避けのカラーを入れたものとするのが通常

ならそういう例を挙げれば一発なのにそれもできないw
度が入っているいないに関係なく、素通しでなければ「色眼鏡」だということも知らないとはw

80 :書斎魔神 ◆qGkOQLdVas :2007/02/18(日) 22:08:57 ID:DMrsIFzh
エル作品が本格ミステリの古典として名と評価のみ高く、意外に読まれていないのは
井上訳(簡単に入手出来るのがこれのみという時代もあった)の拙さも因と
なっているやに思う。
真にミステリを愛する者であれば、この点を問題とするべきである。
創元にはSS作品と共に新訳を期待したい。

81 :名無しのオプ:2007/02/18(日) 23:43:13 ID:5dLXLWFI
また蒸し返すんか

82 :名無しのオプ:2007/02/19(月) 16:12:42 ID:KgWcWz6m
Yの悲劇読んだんですけど最後のジャッキーの死の真相がわかりません
俺の頭ではジャッキーの自殺ぐらいしか思いつかないので教えてくださいorz

83 :名無しのオプ:2007/02/19(月) 16:37:44 ID:2WS1yOHQ
こらこら

84 :名無しのオプ:2007/02/19(月) 17:12:22 ID:jh8PwR9T
>>82
悲劇四部作全部嫁

85 :名無しのオプ:2007/02/19(月) 17:32:01 ID:6OhL1kEJ
Yは時代の先読みとして立派。
現代ではむしろ、デフォ。

86 :名無しのオプ:2007/02/19(月) 17:38:14 ID:6OhL1kEJ
シャーロックの吸血鬼が先にあったけどな。

87 :名無しのオプ:2007/02/19(月) 17:48:26 ID:6OhL1kEJ
そして柳みりに引き継がれる。

88 :名無しのオプ:2007/02/19(月) 17:52:33 ID:6OhL1kEJ
オイデプス王の悲劇が原点。
俺だけが知っている。

89 :名無しのオプ:2007/02/19(月) 18:22:20 ID:e5csoFFj
だから何でバーナビィ・ロスが付くんだよ

90 :名無しのオプ:2007/02/19(月) 18:24:57 ID:6OhL1kEJ
バーナビィ・ロス殺人事件がローマ帽子に載ってるから。

91 :名無しのオプ:2007/02/19(月) 18:25:59 ID:6OhL1kEJ
ところで死んでくれる?

92 :書斎魔神 ◆qGkOQLdVas :2007/02/20(火) 00:04:22 ID:21E+SSPM
>>87
ゴールドラッシュか。
エルオタに純文学を読む奴がいたとは意外なドンデン返し(w

93 :名無しのオプ:2007/02/20(火) 00:20:15 ID:5xqh/fKk
「純」文学? なんだそりゃwwwwwww

94 :名無しのオプ:2007/02/20(火) 00:38:39 ID:/6i1ziqL
誰も答えてあげてないたあ・・・
>>82、もいちどラストの3人の会話をじっくり読んでみ。解るかもだ。
いちおうメル欄に書いとく。

95 :名無しのオプ:2007/02/20(火) 15:47:16 ID:wASwemrv
>>94
82じゃないけど、やっぱりそうなんだ。
適当に検索してもそうとは出てなかったので深読みのしすぎかと思ってた。

96 :名無しのオプ:2007/02/20(火) 17:06:20 ID:34tr0kPq
>>94
誰も答えないのは釣りだと思われたのでは?
普通わかるでしょ。
子供には無理かもしれないが。

97 :名無しのオプ:2007/02/20(火) 17:58:36 ID:EW3H6Yhf
ネット弁慶は結構毒吐くねw

98 :書斎魔神 ◆qGkOQLdVas :2007/02/20(火) 22:22:25 ID:/XzKngWK
Yのラスト、レーンの沈黙に込められた意味は…ということである。
この話題はパート1スレでガイシュツ。


99 :名無しのオプ:2007/02/21(水) 11:37:04 ID:ygIEh4QM
Yの悲劇の発表が27歳の時なのか。
しかもギリシャ棺、Xの悲劇も同年だから驚異的だなぁ。

100 :名無しのオプ:2007/02/21(水) 15:30:38 ID:HjDBgtZp
>>99
ま二人で書いてんだから実質54歳だけどな。

101 :名無しのオプ:2007/02/21(水) 16:15:03 ID:qiWKU6t+
>>100
チョwwwそれどーゆー理屈wwww

ところで
2人で創作といっても「間違いの悲劇」他によれば
ダネイがプロットを考え、それを踏まえてリーが執筆というスタイルだったらしいから
2人だから2倍書くのが速かった訳でもないのかな。

リーが書いている間にダネイが次作のプロットを考え・・・っていう意味では通常よりは速いんだろうけど。

102 :書斎魔神 ◆qGkOQLdVas :2007/02/21(水) 23:59:49 ID:FT41HNLd
通説だろうが、エルはオランダ、ギリシャ、エジプト、X、Y、
この4作で本格ミステリの作家としてはピークに達してしまった。
アガサのような語りの名人ではないため以後は退潮傾向は否めないものがある。

103 :名無しのオプ:2007/02/22(木) 20:50:54 ID:bgOuEwkQ
アガサもつまらんの多いけど

104 :名無しのオプ:2007/02/22(木) 22:06:45 ID:jW2IARdc
>>103
エルとは比較にならんでしょ。

105 :名無しのオプ:2007/02/23(金) 21:29:00 ID:0DKlbLZ7
誰か「4作」に突っ込んでやれよw

106 :書斎魔神 ◆qGkOQLdVas :2007/02/23(金) 21:47:56 ID:ingMeJAx
アガサの作には読了後「また同じようなネタ」かよと思うことが多いが、
それなりに最後まで読まされてしまう語りの巧さがある。
エル作品には似たような話というのは少なく、巧拙はともかく各作品それぞれに
特色は感じられるのだが、淡白な筆致ゆえ内容の酷さが目立つことが多い。

107 :名無しのオプ:2007/02/23(金) 21:49:41 ID:yk13ipi5
また同じようなネタかよ

108 :名無しのオプ:2007/02/23(金) 22:55:59 ID:e0SBjfij
>>106
クイーンスレでクリスティを語るのはスレ違いなのは勿論だけど、
またまたまたまた以前と言ってることが全く変わっていると思うけど。

109 :書斎魔神 ◆qGkOQLdVas :2007/02/24(土) 23:26:24 ID:0QzKbYrk
>>108
アホか?
エルと他作家との比較論は全く問題無い。(この件については裁定済み)

>またまたまたまた以前と言ってることが全く変わっていると思うけど。
思い込みによる甘ったれた言説を垂れ流すのはいい加減にしろ。
きちんとレスを引用して論じたまえ。

110 :名無しのオプ:2007/02/25(日) 01:15:06 ID:GjhwKwgN
はい。ここで魔神の言葉に煽られてレスしないように

魔神はスルー。これがルールです

111 :名無しのオプ:2007/02/25(日) 07:12:28 ID:hv37G32e
はい、書斎の負けは決定w
自分の過去の発言を引っ張ってきてから文句を言うようにw
一応ヒントはやるよ。
ミス板内のスレだが、カースレでもクリスティスレでも、読みましたスレでもないぞ。
心して探しておけ!w

あ、あとその「裁定」とやらも引用することを命じておく。

112 :名無しのオプ:2007/02/25(日) 07:32:11 ID:7xghY93F
http://tmp6.2ch.net/test/read.cgi/mog2/1171718723/216

からまた自演でコピペしている馬鹿がいるようだけど無視しましょうねw


113 :名無しのオプ:2007/02/25(日) 07:32:45 ID:7xghY93F
失礼、こっちだった。
http://tmp6.2ch.net/test/read.cgi/mog2/1171718723/215

114 :書斎魔神 ◆qGkOQLdVas :2007/02/25(日) 11:43:26 ID:YWG+YrTq
>>111を読めば、
>またまたまたまた以前と言ってることが全く変わっていると思うけど。
具体的な論証無き以上、上記は根拠無き妄言だったとわかる(w


115 :名無しのオプ:2007/02/25(日) 14:05:48 ID:hv37G32e
>>114
つまり
「エルと他作家との比較論は全く問題無い。(この件については裁定済み)」
という自分の発言が
「根拠無き妄言だった」
ということを認めたわけだ。結構結構w

あ、ちなみに今回の妄言と矛盾する、以前のお前のデタラメ論考については、
いつかこのスレにコピペしてやるから安心しろw

116 :名無しのオプ:2007/02/25(日) 14:22:11 ID:BWa5UlTM
そんなことより、
>>102
の「4作」のいいわけはまだかな。ごめんなさいが言えない子どもじゃないんだから


117 :名無しのオプ:2007/02/25(日) 14:53:02 ID:rtacPano
つまんねーことにこだわってんじゃねーよミスヲタ
えるスレを荒らすな

118 :名無しのオプ:2007/02/25(日) 19:08:55 ID:di6mfiYG
ミスオタでなくて、誰がカキコするんだ?w
たまにでいいから、あなたも作品に対する意見や感想のレスでも書いてみなよ。

119 :名無しのオプ:2007/02/25(日) 22:16:45 ID:C4iRbSai
ミステリ界は時間が止まってるな

120 :名無しのオプ:2007/02/26(月) 12:46:04 ID:X70sIVDM
まあまあ。
ローマンハット馬と馬賛美しかできない無能なんか相手にするだけ無駄だってw

>>101
雑誌の編集等の仕事もあったとはいえ、
活躍期間の割には意外と作品が少ないですからね。

121 :名無しのオプ:2007/02/26(月) 14:29:49 ID:ZB79YtHr
>>120
んなこたないだろwww

122 :名無しのオプ:2007/02/26(月) 16:51:26 ID:2umZCnh2
>>120
物理の仕事量みたいにはいかないさ。
1人で1時間かかる仕事が60人で1分で終わるわけじゃあるまいし。

123 :書斎魔神 ◆qGkOQLdVas :2007/02/26(月) 21:59:16 ID:c2MaoMT5
>いつかこのスレにコピペしてやるから安心しろw
まるで与太の捨て台詞(w
妄言を吐いた者の末路ではあるが、
創り込まれたものとはいえ論理性が売りのエルのファンにはふさわしくない輩
と言い得る。

124 :名無しのオプ:2007/02/27(火) 11:39:23 ID:Mqc6iKi2
>>123
過去の発言を指摘されるのが怖いんじゃないの?

125 :書斎魔神 ◆qGkOQLdVas :2007/02/27(火) 21:50:10 ID:PPMdS6Bd
>>124
心して来い!
ヘタレた性根を叩き直してやる(w

126 :名無しのオプ:2007/02/27(火) 23:13:38 ID:Mqc6iKi2
>>125
誰も本気だと思ってないみたいよ。

127 :名無しのオプ:2007/02/28(水) 07:23:58 ID:HpBTbVAo
コピペ相手に何空威張りしてんだか
アホにしか見えんねw

128 :名無しのオプ:2007/03/01(木) 21:54:31 ID:hTQw4bqY
まあとりあえず魔神しね

129 :名無しのオプ:2007/03/04(日) 08:36:44 ID:rlhBXRmG
書斎魔人って所詮暇人?

130 :書斎魔神 ◆qGkOQLdVas :2007/03/06(火) 22:14:44 ID:KL1GljrB
ミスオタ以外には評価芳しからざるものがある後期エル作品だが、
テーストは異なるものの、ライツビル・シリーズもハリウッドねたも名探偵エルという
キャラに拘泥したゆえの低調かと思う。
作家としての力量はある程度有る人なのだから、
「ガラスの村」のようなノンキャラで社会性(本作では、近代人造国家メリケンでは
不可避な問題である「法と秩序」の問題)を有する作を書いてゆけば、
「米国の松本清張」と成り得たかもしれぬ。

131 :名無しのオプ:2007/03/07(水) 02:54:34 ID:sKWTT11V
ライツヴィルシリーズでクイーンが描きたかったものは「ライツヴィルという町」と「人間・エラリー」とされているけど、
フレデリック・ダネイとマンフレッド・B・リーのどちらの考えだったのだろう。
また、人間という(心理の)謎に対して、「論理で割り切れるものではない」という考えは、
どちらの考えだったのだろう。

132 :名無しのオプ:2007/03/07(水) 02:59:55 ID:NnFHqh/S
後期の代筆の完璧なリストないかな?
アバウトに示唆されてるのしかないから。

代筆は避けて読破したい

133 :名無しのオプ:2007/03/07(水) 03:26:20 ID:dUf3+Dgu
>>131
ダネイに決まってるだろ。

134 :名無しのオプ:2007/03/07(水) 12:18:13 ID:ixQ7g2q8
代筆の方が面白い

135 :書斎魔神 ◆qGkOQLdVas :2007/03/07(水) 21:36:26 ID:+qf8Kb1l
後期エルは謎解きミステリとしては面白くなく、社会派と言うてもよい作風に変貌
してゆく。「ガラスの村」がその典型と言えるが、
「九尾の猫」あたりにもエルの社会情勢に対する興味を覗わせるものはある。
終盤の探偵エルのハイテンションに違和感を持つ者としては、これもノンキャラで
書いて欲しかった作である。

136 :名無しのオプ:2007/03/08(木) 16:50:31 ID:YN9tyPmA
うるせーハゲ

137 :名無しのオプ:2007/03/27(火) 02:44:07 ID:ZZ7tdOb0
エラリーを初めて読みたいのですが
これは読んでおけ!という代表作や作品を教えて下さい。

138 :名無しのオプ:2007/03/27(火) 02:47:04 ID:nwaoPTSw
長泉竹原保育園 近くの駿東郡長泉町竹原ラプチフールでケーキを買ったのですが、
家に帰ってきて食べていると、ちり毛が出てきました。
もしかして、陰毛?
店長の遠藤喜志さんに文句を言うと、「それはあなたの毛なのでは」と
追い返されてしまいました。
こんな店、二度と行かない。

139 :名無しのオプ:2007/03/27(火) 03:25:50 ID:GGkQ17s9
>>137
緋文字、最後の一撃、盤面の敵、ガラスの村。

140 :名無しのオプ:2007/03/27(火) 16:31:41 ID:Hbv8zriM
>>139
「偏ったこと教えるんじゃない」
「クイーン読んだことないと面白くないよ、このネタ・・・」

141 :名無しのオプ:2007/03/27(火) 22:33:09 ID:mX9GVPyf
>>137
第八の日


142 :名無しのオプ:2007/03/27(火) 22:54:37 ID:0PzAu7Hi
141も偏っているのである。

143 :書斎魔神 ◆qGkOQLdVas :2007/03/28(水) 00:22:30 ID:N9V9ggbA
どう見ても、>>137は釣り(w

144 :名無しのオプ:2007/03/28(水) 00:45:58 ID:SWiMM4wg
>>137
悪魔の報復
ハートの4
ドラゴンの歯
悪の起源

145 :名無しのオプ:2007/03/28(水) 00:48:48 ID:waF9k3ma
>>137
冒険、新冒険、カレンダー

146 :名無しのオプ:2007/03/28(水) 05:24:36 ID:kw2zCnUJ
>>143
乱歩スレではその「釣り」にとことん引っかかるwアホが何かいってます

147 :名無しのオプ:2007/03/28(水) 05:59:31 ID:F7ZRqoW4
146はコピペ。
何か意見があるなら自治スレへ。
http://book4.2ch.net/test/read.cgi/mystery/1174705493/35

148 :名無しのオプ:2007/03/29(木) 00:58:30 ID:58z/CzxV
>>137が釣り扱いでそうでなかったら気の毒だから、マジレスをメモ代わりに残しておくと、
>>145のいうように短篇集がおすすめ。
国名シリーズやバーナビー・ロス4部作を刊行順にという手もあるが、
初期作の冗長な部分に辟易としてしまう可能性も大なので、
読書力に自信がなければ、クイーンを身体に通しておくには短篇のほうが馴染みやすいと思う。
「冒険」は各篇同じくらいの分量でどれも水準作、
「新冒険」は冒頭に中篇の「神の灯」(超有名作なので目を通しておいたほうが吉)があったり、
スポーツシリーズ4篇があったりと、「冒険」みたいなスタンダードなものを期待すると
バランスを欠いているように感じるかもしれないけど、それでも良作。
「カレンダー」は個人的にはどうかなあという気もするけど・・・

149 :名無しのオプ:2007/03/29(木) 01:04:17 ID:vr6M7etP
ei

150 :名無しのオプ:2007/03/29(木) 03:10:30 ID:sNAPX1HE
>>137>>140
カレンダー読むなら「クイーン検察局」を勧めたいなあ私は。
まあ個人の好みなので何とも言えない部分あるだろうけど。

長編が大丈夫なら国名とXYZが非常に有名ですよ。
一応「エジプト十字架の謎」が国名の傑作、「Yの悲劇」がレーン四部作の傑作と
言われているようです(あくまで一般論)。好みにもよると思いますが、まずは
その辺を試してみては?




151 :書斎魔神 ◆qGkOQLdVas :2007/03/29(木) 22:46:45 ID:YeuSwr2N
>初期作の冗長な部分に辟易としてしまう可能性も大
特に国名シリーズ第1作ローマ帽子に顕著。
また、中・短編に関しては、せいぜい水準作程度ということは、
際立った作は無いということでもある。
エルは本質的にはある程度のボリュームが無いと持ち味を発揮出来ない
長編作家であり、短編集を読んで「こんな程度」と受け取られる恐れもある。
(特に、謎々集まがいの「クイーン検察局」を推すなど、ファンとしての良識を
疑うものがある。この作品集の刊行はエルの名を貶めこそすれ、高める要素は皆無であり、
到底、初学者に推せるような代物ではない)
この点では、長めの中編である「神の灯火」から入るのは悪くはないが、
これもエル的というよりは、ジョン的状況設定をエルが書いたらという不可能興味
の方が強い。
従って客観性を重んじた結論としては、
国名シリーズは、同シリーズの傑作と称されるギリシャ棺は、本格ミステリの神エルが
書いたアントニイ的状況で、シニカルな面があるやや凝った作であり、
エジプト十字架は猟奇有り、追跡アクション有りと、ややエルらしからぬ要素が多い作
であり、しかも両作共にやや大部でもあることから、この2作に先駆けて刊行された
コンパクトに纏まった論理重視のいかにもエルらしい「オランダ靴の秘密」を推しておく。
レーン4部作は、世評どおり「Yの悲劇」でOK.。
謎解きの面白さのみならず、キャラの魅力、ラストの余韻といい「小説」としての面白さ
(ゆえに、本格ミステリとしての批判が出る余地はあるが)を併せ持つ読み応えある傑作
なのは間違いない。

152 :名無しのオプ:2007/03/29(木) 23:39:23 ID:RFPrKga6
犯罪カレンダーの「クリスマスと人形」や検察局の「七月の雪つぶて」は、
よくアンソロジーに採用されているよね。
とはいえ、推理クイズ域を脱していないからどうかなとも思う。
でも短編ながら雰囲気作りは、さすがの一言。
「アフリカ旅商人」etc珠玉の作品でいっぱいの「クイーンの冒険」はいい!
長編のもったいぶったクイーンではなく、快刀乱麻を断ちきるすっきりとした出来栄えで、
短編作家としても右に出るものはいないと唸らせる作品ばかりだ。
どの作品も“読者への挑戦”が入っていいほど!
より純粋な形の論理による解決という意味なら、国名シリーズより上かも知れない。

153 :名無しのオプ:2007/03/30(金) 10:54:26 ID:oVmdwN26
皆がネタで返していると>>143と嘲笑レス。

で、だれかがまともな対応すると必死になって>>151

主体性のない書斎はこれだから困るw

154 :書斎魔神 ◆qGkOQLdVas :2007/03/30(金) 23:03:44 ID:Aa+L10mp
>短編作家としても右に出るものはいないと唸らせる作品ばかりだ。
>どの作品も“読者への挑戦”が入っていいほど!
>より純粋な形の論理による解決という意味なら、国名シリーズより上かも知れない。
「エラリークイーンの冒険」はそれなりに楽しめる短編集ではあるが、
(ジョンやアガサ作品には無い無駄が無くテンポが良く、いかにもアメリカンなミステリ
という感がある)
これは誉め過ぎである。
短編を書かせたら作風が似た作家では、アイデア、語りの巧みさ等、
エルはホック等には遠く及ばないものがある。
やはり、エル十八番の緻密な論理の魅力は長編でこそ十分に活きて来るのであって、
「Yの悲劇」「オランダ靴の秘密」あたりを、まず手にしてみるべきであろうかと思う。
メーンなエピではないが、前者の犯人の身長を割り出すシーン、
後者の犯人の立位置からの推理等、派手さは無いものの、こういう細かい部分が
正に謎解きミステリの魅力そのものと言い得る。

37 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)