5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

高橋克彦さんの作品

1 :名無しのオプ:2001/05/27(日) 02:36
高橋さんの大ファンです。
「総門谷」からすべて読んでいます。もちろん、浮世絵のシリーズも・・・
高橋さんファンって多いと思うのですが・・・


2 :名無しのオプ:2001/05/27(日) 10:49
浮世絵ミステリーから写楽、北斎、広重、春信、歌麿。
最高傑作の倫敦暗殺塔。
パンドラケース、南朝迷路、即身仏。
妖怪も幽霊も全然でてこない鬼。
連載中のゴッホ殺人事件。
短編少々。
他にこの人のミステリーってあったっけ?

3 :名無しのオプ:2001/05/27(日) 12:19
偶人館を忘れているぞ。

4 :名無しのオプ:2001/05/28(月) 20:45
ドールズもミステリーといっていいんだろうか。

5 :名無しのオプ:2001/05/28(月) 20:54
記憶シリーズは、やはりミステリーではないか?
個人的には、SF系列はもちろん大好きだし、
「炎立つ」とか「アテルイ」とか歴史ものも
結構面白いので、好きだ。

6 :名無しのオプ:2001/05/28(月) 20:58
けっこうオカルトビリーバーらしいね。

と学会から叩かれてたような気がする。

7 :名無し:2001/05/28(月) 22:13
だとしても、初期浮世絵三部作は絶対オススメ。

8 :名無しのオプ:2001/05/28(月) 23:11
>最高傑作の倫敦暗殺塔。
そうか?

9 :すいか:2001/05/29(火) 00:02
うれしーい!!
好きな人、たくさんいるのですね。

10 :名無しのオプ:2001/05/29(火) 19:05
>>7 津田の扱いがあわれだ。

11 :名無しのオプ:2001/05/29(火) 23:29
東洲斎写楽のは明石散人のよりも説得力あると思うが。

12 :すいか:2001/05/29(火) 23:34
一番、怖いのは?
私は、「緋い記憶」かな、記憶シリーズはどれもこわーい。

13 :名無しのオプ:2001/05/30(水) 02:02
どの作品もおっそろしくキャラ萌えしないよね。でもそれが作品自体の質を
高めてもいるんだろうな。たまには濃いキャラ見たい気もしますが。

14 :名無しのオプ:2001/05/30(水) 13:14
>>13 キャラ人気に頼らないところが潔いのさ。
ただ快男児キャラばかりが妙に魅力あるところが何ともはや。

>>12 恐いというより心に残る。短編ベストは「眠らない少女」。

15 :名無しのオプ:2001/05/30(水) 16:37
「竜の柩」が最高傑作

16 :名無しのオプ:2001/05/30(水) 18:02
浮世絵三部作(2作目がいい、三作目はホント津田が哀れで)もいいけ
ど、ドールズがいっちゃん好きだ。
三作目が出るとかこのミスにのってたけど、どうなったのかな。

17 :名無しのオプ:2001/05/30(水) 18:28
>ただ快男児キャラばかりが妙に魅力あるところが何ともはや。
それはすでに萌えているのでは・・・

18 :名無しのオプ:2001/05/31(木) 16:06
短編ベストは「針の記憶」「凍った記憶」。

19 :名無しのオブ:2001/06/14(木) 20:04
何でもいいから浮世絵ミステリーの最新作を出してくれ。
オカルトSFはもう飽きたよ。



20 :名無しのオプ:2001/06/14(木) 23:46
最近読んでないけど
怖いと吐き気がするのには納得できない。

21 :名無し:2001/06/17(日) 12:05
一応、「あやかし」は読んだ。
最初はホラーだが後半はトンデモ。

22 :名無しのオプ:2001/06/18(月) 15:53
「時宗」は読まないの?

23 :名無しさん:2001/06/18(月) 15:55
「刻迷宮」が好きです。新撰組が好きで読んだのですが、
へたに「キャラ萌え〜」な新撰組小説より、全然面白い。

24 :名無しのオプ:2001/06/21(木) 02:49
「河童は宇宙人です」って90年代で私が発見しました、みたいな事書いてるエッセイを読んだが。
……。

25 :名無しのオプ:2001/07/01(日) 01:02
「時宗」読んだことないんだが
元の日本侵略の理由が「先祖のジンギスカン=源義経の恨みを晴らす」じゃあるまいかと
思えてちょっと不安。

26 :すいか:2001/07/02(月) 01:03
記憶シリーズはどうよ!!

27 :名無しさん:2001/07/03(火) 13:57
>>26
やっぱ緋い記憶がいいかな。

28 :名無しのオプ:2001/07/06(金) 19:27
>>25
だって「炎立つ」義経死ななかったもんなー
平泉合戦。

29 :すいか:2001/07/06(金) 23:55
高橋さんは、ゆで卵が大好き!!

30 :名無しのオブ:2001/07/07(土) 13:32
この人の作品って、ホンマモノの極悪人ってのが出てこないので、
読み終ったあとの爽快感がないんだよな。

何でヌルイ人物描写しかしないんだ?この人。

31 :名無しのオプ:2001/07/07(土) 16:09
総門谷は結構悪人出てるような

32 :名無しのオプ:2001/07/07(土) 19:26
この人にとっての「悪」は非東北人なんでしょ。
「火怨」とか「炎立つ」とかさ・・・

33 :名無しのオプ:2001/07/08(日) 14:10
「ほマラ立つ」?

34 :名無しのオプ:2001/07/09(月) 20:52
ずっと「炎」は「ホムラ」だと思っていました。
「ホムロ」だったんですね。あー、情けな。二十も半ばになって・・・

35 :34:2001/07/09(月) 20:53
↑しまった逆だ。正しくは

ずっと「炎」は「ホムロ」だと思っていました。
「ホムラ」だったんですね。あー、情けな。二十も半ばになって・・・

弘法も恥の上塗り・・・

36 :名無し:2001/07/12(木) 19:22
『時宗』読んだよー。
最終巻はダメダメ。人物にも
ストーリーにも魅力がない。
たのむから、多すぎる連載を減らして、
一作一作に集中してください。

37 :名無しのオプ:2001/07/12(木) 21:42
「1999年」でしょ。やっぱ。

38 :名無しのオプ:2001/07/14(土) 14:46
マイベスト・カツヒコ

1 写楽殺人事件
2 広重殺人事件
3 北斎殺人事件
4 総門谷
5 炎立つ
6 緋い記憶
7 歌麿殺贋事件
8 パンドラ・ケース
9 蒼夜叉
10 北斎の罪

最近のがまったくないなー。

39 :名無しのオプ:2001/08/18(土) 03:43
もう新刊予定とかに載っているでしょうか。
「ドールズ」の新作は、角川かどっか(新潮か?)の書店置き新刊案内
の小冊子で連載してました。
いい加減に連載は終わったと思うのですが、もう単行本には
なったのかな。

キャラ萌え…トーマ先生とか?
(でも女の趣味わりい)

40 :名無しのオプ:2001/08/23(木) 08:38
「あやかし」どうですか?買おうか検討中なんです。

41 :名無しさん:2001/08/23(木) 11:17
>>40
ホラーではなくトンデモだから、
気をつけて!

42 :名無しのオプ:2001/08/24(金) 20:02
>>41
そうなんですか!?ちょっと・・・購入はやめときます。
図書館利用します(w。

43 :まきびし:01/09/26 17:35
「ドールズー闇から招く声ー」読みました!
どんより面白かったです。
犯人の(メール欄)かと私には思われたのですが、その人物について
詳しくないのでいまいち自信がありません。
他にも該当しそうな人物がいましたら教えてください。

44 :名無しのオプ:01/10/29 10:01
age

45 :名無しのオプ:01/11/03 16:58
歴史モノ『天を衝く』読了。
ひさびさに身体が震えた。
『時宗』が駄作だっただけに、感激も大きい。
やっぱこの人の東北ものはよい。
ただし、長期の連載モノのためか、人物設定が
かわりすぎ。あと、ラストも駆け足すぎ。

46 :名無し:01/11/03 20:00
>>45
確かに6年の連載は永すぎ。
後半は他の連載のせいで、スカスカ。
評価しないよ、おれは。

47 :名無しのオプ:01/11/03 20:13
『総門谷』シリーズは1999年に全7作で終了とか言ってたはず…。
確か『R』が出た頃かな?フライデーだかフォーカスだかの
インタビューでそんな風に書いてあったのを記憶してる。
どっかの雑誌で連載やってたよね。どーなってんのかしらん。

ちなみに『R』には母方のばーちゃん家が出てくる(笑)。

48 :名無し:01/11/03 20:17
>>47
メフィスト誌上で、亀の歩みのごとく
連載中。ほとんど進んでいません。
年に原稿用紙50〜60枚ペース。
連載が多すぎるんだよ、カツヒコ!

49 :47:01/11/03 20:25
>>48
どうもありがとう。メフィストでしたか。

>年に原稿用紙50〜60枚ペース。

…単行本になるのは先も先ですなぁ。はぁ。

50 :名無し:01/11/03 20:27
『ゴッホ殺人事件』も6年ぐらいかけて
終了したよね。もうすぐ単行本発売かな?

51 :名無しのオプ:01/11/03 23:36
この方は今も盛岡在住なんでせうか?

52 :世界@名無史さん:01/11/05 11:36
いまだに盛岡在住。

53 :名無しのオプ:01/11/05 11:55
「Rは全十作に構想を練り直した」というのをどっかで読んだ覚えがある。

54 :名無しさん:01/11/06 01:34
>>48
あまりに連載が多すぎるから、一回の頁数を
減らしてもらってるんだよね。
メフィストは一回につき原稿用紙20枚ぐらい?
で、年に60枚ぐらい。
ハンニバルがカッコイイ。

55 :名無しのオプ:01/11/06 02:26
>>54
20枚っていったら、普通の週刊誌の連載の枚数だな……。
本にならない訳だよ。

56 :名無しさん:01/11/06 02:46
で、「R」って何だろうね?
「リターン」じゃありきたりだし……。

57 :名無しのオプ:01/11/06 05:47
昔の「記憶シリーズ」(笑)が良かったす。
夕日が怖いのはよくわかる...

58 :名無しのオプ:01/11/06 05:48
この方のせいで、お風呂で頭洗うのがちょいと辛くなりんした。
玉子魔人だっけ、エッセイ参照のこと。

59 :名無しのオプ:01/11/06 10:28
in Pocketのエッセイは無かった事にして頂きたい。
というか、この人のエッセイ全部無かった事に…

60 :名無しのオプ:01/11/11 18:48
京伝快異帖 なんてのはどうですか江戸時代を舞台に

61 :名無し:01/11/16 23:56
>>60
カツヒコ曰く、「Xファイル・イン・江戸」らしい。
読んだヒト感想をどうぞ!
はやく「日本繚乱」の続きが読みてえよ。

62 :名無しさん:01/11/19 06:00
>>59
え、おれこの人のエッセイ好きだけど。
卵魔人ほか7,8冊持ってる。

63 :59:01/11/19 08:14
俺も結構読んだけど、某宗教家に傾倒してたり、
トンデモ説を普通に信じてたりして(惑星バルカンとか)、
ちょっと痛々しかった。

作品はいい物が多いんだけどね…

64 :名無しのオプ:01/11/21 00:37
でも、それがいい。

65 :名無しのオプ:01/11/24 23:23
>>56
R=両津

66 :名無しのオプ:01/11/24 23:30
R=ライオン丸。

67 :名無しのオプ:01/11/25 00:12
R=ラブひな。ちがうか。ほんとうはLだし。

板東齢人(昔の馳星周)がなんかの作品にこんな内容の批評を寄せてたのが印象深い。
「キャラクターはパターン、文章スカスカ、なのに読めばちゃんとおもしろい。困ったもんだ」

68 :名無しさん:01/12/02 04:15
R=RING

「ソロモン(総門)の指輪」ってオチ。

69 :名無しのオプ:01/12/05 06:47
文庫書下ろし読んだけど……。

70 :名無しのオプ:01/12/06 11:24
だめだったの?

71 :名無し:01/12/08 23:48
うん、正直にダメダメ30点。
『ゴッホ殺人事件』も期待できんかな、こりゃ。

72 :名無しのオブ:01/12/10 00:43
「竜の柩」シリーズでキャラ萌えし、あの高ーい「霊の柩」まで
買っちゃった私・・・・。
同人板逝ってきま・・・スマソ・・・・。

73 :名無しのオプ:01/12/15 22:14
田中麗奈がダヴィンチで「えびす聖子」をほめてた。さくさく読めておもしろかったって。
それって、もしかして、スカスカの別名では……
まあ、ストーリーテリングの才は読書家でない女の子にも伝わるほど持ってるということで。

74 :名無しのオプ:01/12/16 00:53
>73
おまえのようなブチャイクに田中麗奈嬢について語ってほしくないよ
彼女に謝罪しろよ

75 :名無しのオプ:01/12/16 14:01
むしろ、74のような低能に(以下略)

76 :73:01/12/17 20:07
>>74
べつに田中麗奈をけなしたつもりはなかったが、「読書家でない」ってところがカンにさわったなら、許してくれ。

77 :名無しのオプ:01/12/22 17:02
ねつてつ 死ね死ね

78 :名無し:01/12/22 22:50
『完四郎広目手控』集英社文庫を読了。
才能だけで書き流しましたって感じで、
でも好きなので70点。

79 :名無しのオプ:01/12/22 23:07
全然関係ないけど、
高橋克彦って、まだ岩手県滝沢村に住んでるんかな?

80 :名無しのオプ:01/12/27 11:50
ねつてつ 死ね死ね死ね

81 :79:01/12/27 14:29
『乱歩賞のロンド』   光村 一


「どちらさまですか」
 ベルを三度ほど鳴らし、やがて、その家の主人らしき男の声が聞こえ、ドアが開かれた。
「高橋さんのお宅ですね」
「そうですが」
 玄関に出てきた男の風采を見て、わたしは驚愕してしまった。
「高橋……克彦さんですか? もしかして、推理作家の」
 浅黒いというよりはどす黒い皮膚をした大きな顔。まさしく作家の高橋克彦に間違いない。
「ええ、そうですけれども…、おや」
彼はわたしの顔を怪訝な表情で見つめていた。「もしかして…、いつだったか何かのパーティーでお会いしませんでしたか」
「はい。乱歩賞を高橋さんが受賞されましたときに、そのパーティーで」
俯いたまま、わたしは彼の顔を見ることが出来なくなってしまった。
「ああ、確か最終候補に一緒に残られていた、えーと、『黒白の連鎖』を書かれた?」
「ええ、。村です」
わたしにとっては憎たらしいことこのうえない男の顔の、下半分にしか視線を向けることが出来ないまま、苦々しく名乗った。
「ほうほう。確か当時は学生さんでいらっしゃいましたよね。その後、執筆は続けてらっしゃいますか」

82 :79:01/12/27 14:31
「はあ……。それはまあ、ぼちぼちと…」
『写楽殺人事件』が江戸川乱歩賞受賞作品に選ばれた年、
まだわたしは大学二年生だった。最終候補に選ばれたものの、
「トリックに前例がある」と選評され、受賞にまでは到らなかったその年の夏、
両親が自動車事故にて急逝してしまい、
私は大学を中退せざるおえなくなってしまった。
もちろん、執筆は続けるつもりだった。講談社の編集の人にも、
「若いんだから、今のうちにどんどん書いて持ってきてください。僕が担当しますからね。才能あるんだから、来年には受賞できますよ」といわれた。
執筆は続けるつもりだったのだ……。

83 :79:01/12/27 14:34
「ところで、今日はどういった御用件ですかな」
わたしの服装を上から下まで一瞥したあとで、
急に不機嫌そうな面持ちで聞いてきた。
「……」
I県M市の実家に戻ったわたしは、残された唯一の肉親でもある、
当時小学生だった妹の為に、エクステリアの営業、訪問販売の仕事についた。
その妹も、今年で短大を卒業するのだが、そうしたら、また思う存分小説を書こう…そう考えていた矢先ではあったが、
営業先のT村の高橋という家が、まさか高橋克彦宅であるとは……」

「いま、エクステリアの販売の仕事をしております。車庫の新調など、考えておられませんか」
屈辱だ。
しかし、それでも条件反射のように媚びた営業トークを始めてしまう自分が情けない。
「……いや、今はそういう予定は無い」
「では、風呂回りなどは古くなっていませんか。新しいユニットバスに換えてみませんか」
まるで歩道に小動物の腐乱しかけた死体でも落ちているのを見るかのように
しらじんだ一瞥をわたしに向けたとおもうと、
「いらん!」と不機嫌そうに言い、そのまま力任せにガチャンとドアは閉められてしまった。

『……おまえの、おまえのせいだ……』
わたしは思わずこぶしに力を込める。

オマエヲゼッタイユルサナイ……


          つづく(嘘)

84 :名無しのオプ:01/12/27 14:44
キティ見っけage

85 :名無しのオプ:01/12/29 18:01
この人の本4〜50冊読んでるけど、
ここ数年ベスト5に変動が無い。
昔の栄光はいずこに。

86 : :02/01/03 16:14
この人ので、ホラーベスト5って何?

ミステリーとホラーの違いが分かる
読書家さん、教えて〜。

87 :名無しのオプ:02/01/03 17:05
カツヒコ・ホラートップ3

1位 緋色の記憶(短編集 文春文庫)
2位 ドールズ(中公文庫)
3位 蒼夜叉(講談社文庫)

88 :名無しのオプ:02/01/04 10:24
蒼夜叉って崇徳院とか早良親王の怨霊が出てくる奴だっけ?

89 :名無しのオプ:02/01/04 12:02
何年たっても総門谷がベスト。
あれほど何でもかんでも詰め込んだ小説を、
他に読んだことがない。

90 : :02/01/05 01:46
>>87レスどうもっす。
それって、怪談ってかんじでしょうか?
あんまり創作が凄い伝記系のじゃなくって、
現実に近い怖さみたいなのが読んでみたい・・・。

91 :名無しさん:02/01/05 02:09
87>>90
日常の恐怖っていうのなら、
記憶シリーズですかね、やっぱり。
直木賞受賞の『緋色の記憶』以下、合計3作出てる。
最初の2作は文庫化されてる(はず)。

あと、同系等としては『私の骨』(角川文庫)も
こわかったな。

92 :名無しさん:02/01/05 02:18
つけたし。

『悪魔のトリル』(講談社文庫)。
『星の塔』(文春文庫)

ちょっと幻想的なホラー。
好き嫌い分かれるかも。

93 :名無しのオプ:02/01/05 02:32
光文社から出ている元『EQ』(隔月刊)、現『ジャーロ』(季刊)に載っている
「フェイク(新フェイク)」って、いつ終わるんだろ…。
『EQ』のいつ頃からか、掲載が4-5ページだけになってしまった…。
この方の作品をあまり読んだことがなかったので、こんなんでいいのかな…と
不思議に思っていたんですが、>>48,>>49,>>54 あたりを読んで、納得。
作家さんのタイプが、そうなんですね。

94 :名無しさん:02/01/05 02:43
>>93
こないだ完結した『あやかし』は約5年
『天を衝く』は約6年、
『ゴッホ殺人事件』も4〜5年かかって完結。

なんか連載を頼まれると、「断ると悪いから」と
言って引き受けてしまうらしい。
この安請け合いが、大河ドラマ『炎立つ』事件の引き金となった。

95 :87:02/01/05 03:45
サンクス!>>91、92
「緋色の記憶」記憶シリーズと「私の骨」ですな。めもめも。
もしかして「私の骨」はなんかのアンソロジーで読んだかも・・・。
だったら記憶シリーズでも買ってみるべ。では、どうも。

96 :名無し:02/01/05 04:22
91>>95

記憶シリーズは『緋い記憶』から読むことをオススメします。
これをツマランと思ったら、後の2作も同工異曲ですから、
その場で見切りましょう。

97 :名無しのオプ:02/01/05 18:38
総門谷読んだらエヴァを連想しちゃった。

98 :名無しさん:02/01/05 18:51
総門谷おもしろかったよね。
Rは今のところ……だが。

99 :名無しのオプ:02/01/10 21:55
HHあげ

100 :名無しのオプ:02/01/11 12:26
100ゲット!

101 :名無しのオプ:02/01/16 19:16
眠り男、至急連絡を乞う。

102 :名無しのオプ:02/02/01 23:20
さるべーじ

103 :名無しのオプ:02/02/12 18:26
保全age

104 :名無しのオプ:02/03/06 12:23
さるべーじ

105 :名無しのオプ:02/04/04 10:43
さるべーじ


106 :名無しのオプ:02/05/22 00:31
ゴッホ殺人事件発売age
塔馬双太郎モノのって何年ぶりだろう。
ハードで上下巻は高くついたけど、それに見合うといいなあ。



107 :名無しのオプ:02/05/22 00:34
自信作らしいけど・・・>ゴッホ
上下で単行本は、ちときつい。
ここは皆様の感想を待ってからということにしておこうか。

108 :名無しのオプ:02/05/23 08:01
短編集「星の塔」が挙がってない……
記憶シリーズでは「ねじれた記憶」が好きなだけに、これ好き。



109 :名無しのオプ:02/05/28 03:21
ゴッホ殺人事件上巻読みました。
下巻、速く読みたいです。
克彦好きならお薦めかも。

110 :名無しのオプ:02/06/09 11:23
怪奇物の短編は最高
あとは結構デキフデキが激しいよーな

111 :名無しのオプ:02/06/10 00:31
ゴッホ読了。下巻はいまいち。
塔馬が出てくる意味が全くないような気がしたが…

112 :名無しのオブ:02/06/30 21:29
だましゑ歌麿読了。

読み応えはあったけど(メール欄)はやめてほしかった・・・


113 :名無しのオプ:02/07/03 15:13
話自体は面白いのが多いんだけど、笑いの表現が「爆笑」ばかりってのがちょっとなぁ……。


114 :名無しのオプ:02/08/06 01:51
短編の「鬼追者」が面白かった。読んだのが小学生のときだったので少し怖かったが。
長編の「総門谷」とかもいいけど、やつぱりこの短編のインパクトは忘れられない。

115 :名無しのオプ:02/08/07 12:24
sageんでもよかろうに

116 :名無しのオプ:02/08/07 13:39
浮世絵シリーズと記憶シリーズ、ドールズが好き。でも総門谷とかは
合わないみたい。



117 :七誌:02/08/08 13:10
メフィストでもやっと白骨篇が完結したね。
全何部作だっけ?

118 :名無しのオプ:02/08/18 17:20
ゴッホ読んだ。けっこう面白かったよ。


119 :名無しのオプ:02/09/15 22:42
最近読んでない。
「龍の柩」、「新龍の柩」面白かった。
「霊の柩」も読みたいんだけど、激しく貧乏なので
文庫が出ないと読めない(ToT)

120 :名無しのオプ:02/10/18 17:32
>>119
図書館にあるんでない?

121 :名無しのオプ:02/11/01 01:44
いっつも「女の人が泣き崩れ」て終わってる気がする

122 :名無しのオプ:02/11/02 22:48
漏れもゴッホ読んだ。まあ、おもしろかったけど。
やっぱ、写楽殺人事件は偉大だったな。

123 :七誌のや!:02/12/09 00:22
ゴッホもなあ……
文庫本で読んだならまあ納得したかもしれんが……

124 :1244:02/12/09 00:32
ドールズの新作はどうなの?
金ないんで買えないんです。

誰も読んでないのか??


125 :七誌のや!:02/12/09 20:03
最近のカツヒコは、切れがない……

126 :名無しのオプ:02/12/10 15:53
この人の作品って読み始めると面白いのに
なんで平安時代とか、東北地方とかにこだわるのよ?

激しく地味で、激しく取っ付きにくいんだけど・・・

127 :名無しのオプ:02/12/15 20:00
何年か前の板東齢人(馳星周)の書評が受けた。的を射ている。
「文章はすかすか、キャラはなってない、でも読むとちゃんとおもしろい、困ったもんだ」

128 :名無しのオプ:02/12/15 22:55
>>127
ああ、そりゃ至言だ(w
今年に入ってから「降魔王」なんてのを読んだんだけど、
禿胴ですた。
まあ、「蒼夜叉」の価値を下げたのは問題だけどさ。

129 :名無しのオプ:02/12/18 01:23
>119
「霊の柩」なら祥伝社ノベルス(NONブックス)で平成13年12月に刊行されているが・・・。
1300円だけどまだ手が出ないかな?

130 :名無しのオプ:02/12/20 17:13
総門谷の続編は出ないのですか?

131 :名無しのオプ:02/12/22 01:41
白骨篇以降ということですか? >総門谷
将門篇が1月から連載開始とのことです。
以前の解説で阿黒、鵺、小町ときて将門で完結と言っていましたので、
次のシリーズでいよいよ完結かもしれませんね。

132 :名無しのオプ:02/12/22 09:50
>>130-131
今月10日頃、発売されたメフィストの最新号(1月号?)に載ってたよ、将門編。
たしか完結編とうたっていたはず。
自分は単行本で一気に読みたい派なので買わなかったけど。

133 :名無しのオプ:02/12/22 16:20
白骨編が出てたことすら気付いてなかったよ・・・

134 :名無しのオプ:02/12/22 20:03


総門谷のRは、間違いなく(メール欄)というオチです。

135 :名無しのオプ:02/12/23 22:41
>>134

ソロモンの指輪ね……
旧約聖書だったけか。

136 :名無しのオプ:02/12/24 01:17
うんきき うんきき

137 :名無しのオプ:02/12/26 23:05
お邪魔致します。
高橋克彦さんの本を読んでみたいと思うのですが
どれから読むのがいいでしょうか。
人それぞれだと思うのでナンセンスな問いかもしれませんが
お聞きしたくて。

当方
http://book.2ch.net/test/read.cgi/mystery/1027709183/l50
http://book.2ch.net/test/read.cgi/mystery/961087799/l50
http://book.2ch.net/test/read.cgi/mystery/1010416422/l50
http://book.2ch.net/test/read.cgi/magazin/1032528619/l50
http://comic.2ch.net/test/read.cgi/comic/1024628834/l50

等が結構好きです。

138 :名無しのオプ:02/12/27 17:30
>>137
「写楽殺人事件」と「総門谷」、「竜の柩」あたりをお薦めしておきますが。

あなたの読書傾向は考慮していないが(考えようとしたが、
どれを薦めていいのかわからないので、考えるのをやめた)、
上記が合わなかったら、歴史ものに手を出してみるとか。

139 :名無しのオプ:02/12/27 19:35
>>138
あい。
ありがとうございます!早速読んでみます。
読め読めと薦める妹がエッセイしか持っていないていたらくで…。

140 :名無しのオプ:03/01/07 01:03
あげ

141 :名無しのオプ:03/01/09 02:00
「どんなにSFX等が発達しても、まんがでしかできない表現がある。」
高橋克彦/小学館ガッタコミックス「阿弖流為II世」カバーより

この言葉好き

142 :名無しのオプ:03/01/10 14:43
爆笑しすぎ

143 :名無しのオプ:03/01/11 13:45
「写楽殺人事件」は2回ぐらい読んだ。内容も素晴らしいが、ここでは敢えて
内容の論評ではなく、歴代の乱歩賞受賞作品の中で屈指の長寿作であることを
強調しておきたい。
新人の登竜門ということで注目される賞ではあるが、出版後20年以上も読まれ
続ける作品は稀である。

144 :山崎渉:03/01/23 18:28
(^^)

145 :名無しのオプ:03/01/26 19:44
古本屋で限定1000冊の短編集を見つけた。
7500円だった。
買うべきかどうか迷った。結局買えなかった。
もうないだろうなぁ・・・


146 :名無しのオプ:03/01/31 16:54
やっと高橋克彦スレ発見。やっぱミステリー板だったか。
ほぼ全部読んでるけどやっぱ竜の柩シリーズが一番好きっす。
もう10回近く読み直した。
ゴッホの次の浮世絵シリーズって書いてないのかな。

147 :名無しのオプ:03/01/31 17:48
>>141
その台詞はいいけどマンガ自体が・・・
期待して買ったんだけどあれのどこが高橋克彦原作やねんと。
買ったその日に売った漫画なんてあれくらいだよ。

148 :名無しのオプ:03/02/06 11:43
>>146
このミスに、新年早々からイン・ポケットで『ダ・ヴィンチ殺人事件』の連載をはじめると
書いていたが、どうなったかは知らないっす。


149 :名無しのオプ:03/02/26 21:59
なんでこんなに人いないんだろう・・・つーかこの板自体が人居ないのか

150 :名無しのオプ:03/02/28 00:56
あげりゃあいいじゃない

151 :名無しのオプ:03/02/28 01:45
たしかに人少ない。高橋克彦スレも久々に発見。
この前、文庫の「蒼い記憶」を読んでみたが、この人の記憶シリーズは
赤も含めて、なかなかいけると思う。

152 : :03/02/28 02:06
日本史対談で対談してる明石散人ってどういう人?

153 :名無しのオプ:03/02/28 04:27
ドールズが一番面白い。
が、三作目の犯人さんは、話が大きくなりすぎな気が。
他のに比べれば、地味な話だが。

154 :名無しのオプ:03/02/28 04:40
     ∧_∧∩ / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
    ( ´∀`)/<先生!こんなのがありました!
 _ / /   /   \___________
\⊂ノ ̄ ̄ ̄ ̄\
 ||\        \
 ||\|| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||
 ||  || ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||
http://saitama.gasuki.com/saitama/

155 :名無しのオプ:03/02/28 12:51
>>152
講談社文庫の著者紹介を見ると、

明石散人(あかし・さんじん)
1945年生まれ。美術、歴史、政治、物理……あらゆる分野にわたり博覧強記。
独自の視点から、常識・既存の枠組みを打ち破る「新説」を提示し鮮やかに
実証する。映画監督・作家・テレビディレクターらに熱狂的な支持者が多く、
(中略; 以下、著作名が延々続く)等々の著作は、“知る人ぞ知る”名著として
業界の「ネタ本」となっている。

…だな。
むしろ、京極夏彦の師匠筋ということで有名かも。
京極堂シリーズに名のみ出てくる「築地の先生」のモデルになってるし。

『鳥玄坊』など、小説は頭を抱えてしまうことが多いけど、『アカシック ファイル』や
『謎ジパング』などは秘書の村上さんとの掛け合いが漫才みたいで面白いよ。
明石先生の毒が善い加減で中和されるんだと思う。これって爆笑問題のコントに
通じるところがあるなあ。

高橋先生との関係は、明石先生の『東洲斎写楽はもういない』に高橋先生が
解説を寄せたことが始まりなのかな。

156 :名無しのオプ:03/03/01 10:49
>>155
> 高橋先生との関係は、明石先生の『東洲斎写楽はもういない』に高橋先生が
> 解説を寄せたことが始まりなのかな。

親本のオビに薦を書いてからじゃなかったっけ?


157 :名無しのオプ:03/03/01 23:14
>151さん
私は寧ろ蒼い記憶を読んでがっかりしてしまいました。これまでの記憶シリーズ
にあったような構成の深みや物語の展開がまるで無く、アイディアのみの
ショートショートを読まされているいるような気がします。元々長編型の作家
だとは思うのですが、それにしてもヒドイ。お陰であの薄い短編集がまだ読み切れません。
少々怪しげな「あやかし」は2日で読み切れたので、やっぱりつまらないのだと
思いますよ。

158 :名無しのオプ:03/03/04 06:27
記憶シリーズ、ホラーの新ジャンルって感じですげー面白かったけど
何冊も出すとやっぱマンネリな感じやね。ネタがシンプルな発想だけに。
ちなみに克彦大好きなうちの父は「怖そう」って言って記憶シリーズ読みません。
ドールズとかも・・ もったいない。

159 :名無しのオプ:03/03/10 00:27
>>157
ああ……確かに。
単にバケモノが出てくるだけのひねりのない作もあったし。

蒼、文庫になったのか。

160 :名無しのオプ:03/03/22 03:35
総門谷白骨編買ったーーーーーーー!!!
話覚えてねーーーーーーーーーーっ!!!

161 :名無しのオプ:03/03/22 16:28
緋色の記憶だけは面白かったけど、あとの2作はちょっとなあ・・。
どんどんアイタタな話になってる気がするのは私だけ?
あと恐怖のあまり吐き散らすってのは納得できん。

162 :名無しのオプ:03/03/24 12:51
SF板に高橋スレが無いのは何故?
仕方ないので半村良スレに間借りして高橋作品を語ってた。
半村さん自身、高橋さんを後継者って認めてるよってね。
そしたら結構レスがついてね、やったぜいと思ってたら
追い出し食らっちゃった。
『総門谷』『龍の棺』『刻の迷宮』『バンドネオンのジャガー』
SF板で語り合いたい!賛同者募る!

163 :名無しのオプ:03/03/24 14:16
>>161
恐怖からくる嘔吐反射というのは、意外と日常的にあるものでは?
「納得できん」とされるのは、たぶん>>161さんがバランスのよい生活をされているからで、
周囲にそういったタイプの人がいないからだと思う。


>>162
【総  門  谷  シ  リ  ー  ズ】
http://book.2ch.net/test/read.cgi/sf/1034428090/

SF板にもあるよ。
「検索にひっかからない卑怯なスレの立て方に、嫌悪感をおぼえ」る住人もいるが。
かもーん、NOVAうさぎちゃ〜ん。

164 :名無しのオプ:03/03/27 21:45
>163
そうなの?
気持ち悪いものをみて、吐き気ってのは理解できるんだけど
恐怖感情から嘔吐って全然理解できない。
高橋克彦の小説以外でそういう描写がある小説知らないし、映画や
ドラマでも覚えがないなあ・・。
ちなみに163さんの周囲には、恐怖で吐き散らす人いるのですか??

165 :名無しのオプ:03/03/27 23:12
>>164
阪神大震災で恐怖体験をした子供やお年寄りが、他県で大きな地震があったという
ニュースを聞いただけでも、吐き散らすほどのトラウマになってる例があるって
聞いたことがあるなあ。

166 :名無しのオプ:03/03/28 02:07
連載始まった『ダヴィンチ殺人事件』期待。

167 :名無しのオプ:03/03/30 23:46
久々に来たら結構(5つほど)レスが進んでてびっくり。
ちなみに>>162さんと語らってたのは俺です。スレ違いだと指摘されないかなとびくびくしつつ。
SF板にも在ったのか・・克彦スレ。
>>164
精神的なショックにより急激に身体の調子が悪化>嘔吐っちゅーのは結構あるんじゃないかな。
不安のあまり嘔吐することもあるくらいだし。
そのへんは精神病をわずらってる人が側にいると身近な問題になるよ・・。



168 :名無しのオプ:03/04/01 07:34
まあ小便漏らす小説家ばっかりだと飽きるしな。
大石圭の虐殺ものなんか人が死ぬたびに失禁してワロタ。

169 :名無しのオプ:03/04/01 13:40
高橋さんの作品で、登場人物の描写で
”○○は首を振った”
って表現がありますよね?
これ、普通に読むと”NO”の意思表示のように思えるんですけど、
前後関係から判ずるに、高橋さんは”YES”の意味で使ってます。
すごく気になってるんですけど、皆さんはどうですか?
”首を縦に振った”とか”首肯した”なら分かるんですが・・・

170 :名無しのオプ:03/04/02 21:38
>>169
俺もそれ結構気になったけど
高橋さんは「縦に振った」という意味で使ってるんでしょう。そのへんは個性ということで。

171 :名無しのオプ:03/04/11 13:37
公認サイト「ACT9」覗いてきた。
このスレ同様、ダレまくりだった。

172 :名無しのオプ:03/04/11 21:11
同時に10本も連載もって一つ一つ完結するまでが長いのが最悪。

173 :名無しのオプ:03/04/14 21:46
蒼い記憶最悪ーーーー。
なんじゃありゃ。
高橋克彦はどんどんおかしな方向にいっちゃって、ついて
いけなくなりました。

174 :名無しのオプ:03/04/15 22:33
楽屋落ちと手前味噌のオンパレ排他的

岩手県人意外にも興味持たせてくんねぇのかな

スィね!ヴォケ!

175 :名無しのオプ:03/04/20 00:59
さるべーじ

176 :山崎渉:03/04/20 02:31
   ∧_∧
  (  ^^ )< ぬるぽ(^^)

177 :山崎渉:03/04/20 06:35
   ∧_∧
  (  ^^ )< ぬるぽ(^^)

178 :名無しのオプ:03/04/22 07:24
「写楽殺人事件」読みました。これを20年前に書いたのがスゴイネ。
ミステリというより薀蓄の印象があるが、面白かったです。
で、次は何を読めばいいのかな?

179 :(´д`;)ハァハァ :03/04/22 07:43
http://www.k-514.com/

180 :名無しのオプ:03/04/22 12:41
>>178
ミステリは「写楽殺人事件」が高橋さんの最高傑作です。
乱歩賞狙い書きだからね、プロットを細かく作り上げてから
書き出してる。だから完成度はピカイチ。
以降の作品は全て、プロット決めずに書き出してるから、
破綻や無駄が多すぎ。とてもお奨めできません。

むしろミステリ以外のジャンルをお奨めします。
歴史物なら「炎立つ」「火焔」
伝奇物なら「竜の棺」「星封陣」「総門谷」
SFなら「刻迷宮」「バンドネオンの豹」
ホラーなら「緋い記憶」(直木賞受賞作)



181 :178:03/04/22 23:04
>>180
ありがと。読んでみますです。

182 :名無しのオプ:03/04/22 23:15
高橋のミステリ、初期はそう駄作ばかりでもないと思うが。
少なくとも「浮世絵三部作」と短編集「北斎の罪」はミステリとしても悪くない。
俺はチョーサクとリサのコンビが好きなんで「パンドラ・ケース」と
「南朝迷路」も好きだ。このコンビでまた書いてくれないかなあ。


183 :名無しのオプ:03/04/24 00:19
180氏が挙げてない中では「倫敦暗殺塔」と「蒼夜叉」が好きでつ。

ヤマト・ハーカーが主人公のやつって「偶人館の殺人」でしたっけ?
「偶人館」自体の出来はアレだったけど、あの主人公の作品、
他にも読んでみたいと思った。

184 :ナート:03/04/24 00:30
ドールズの3は文庫予定ありまつか?

185 :名無しのオプ:03/04/24 01:43
ミステリなら「歌麿殺贋事件」がピカイチだと思う。
「パンドラ・ケース」は傑作だが、南朝以降のやつはやめとけ。

186 :名無しのオプ:03/04/27 02:18
というか昔のやつは好みこそあれ名作ぞろいだよね。

187 :名無しのオプ:03/05/01 17:23
>>186
最近の高橋さんは小説作法に問題ありだよね。
プロットがいい加減なまま書き出して、
中盤以降に辻褄あわせに走る。
書いてる本人はその方が楽しいらしいけど、
それにつきあわされる読者はいい迷惑。
初心に還って、読者を楽しませることを
第一義にして書いて欲しいよ。


188 :名無しのオプ:03/05/15 22:40
清水義範の「シナプスの入り江」読んだんだけどさ
記憶シリーズを長くして構成を面白くしたような感じ。
というか克彦さんも記憶シリーズっていう短編書かずにこういうの書けばよかったかも
というくらい秀作でした。誉めすぎな気もするけど。
記憶シリーズが好きな人や飽きてる人にお勧め。

189 :名無しのオプ:03/05/19 12:58
半村良の直弟子=清水義範
半村良公認の後継者=高橋克彦

よって清水義範と高橋克彦は半村良つながりっつー事で。

190 :山崎渉:03/05/22 04:56
━―━―━―━―━―━―━―━―━[JR山崎駅(^^)]━―━―━―━―━―━―━―━―━―

191 :山崎渉:03/05/28 12:27
     ∧_∧
ピュ.ー (  ^^ ) <これからも僕を応援して下さいね(^^)。
  =〔~∪ ̄ ̄〕
  = ◎――◎                      山崎渉

192 :名無しのオプ:03/05/30 09:58
浮世絵三部作久しぶりに通して読んだんだけど
津田君かわいそすぎ。

一番好きなのはパンドラケース。

193 :名無しのオプ:03/05/30 21:49
津田君は泣けるよなあホンマに。

194 : :03/06/01 21:48
この人、かなり有名な作家なのに、人の少なさは何事?

195 :名無しのオプ:03/06/01 22:03
東北以外では、あんまり知られていないんじゃ・・・

196 :名無しのオプ:03/06/01 23:05
ミステリーと思われてないんじゃ?

197 :名無しのオプ:03/06/02 14:01
確かにミステリー作家という括りでは語れないと思う。

198 :名無しのオプ:03/06/21 22:34
>>197
「緋色の記憶」のあとがきでそんなこと書いてなかったっけ?


199 :名無しのオプ:03/06/26 02:20
オカルト好きなのでちょいと氏の作品を読んでみたのは
オカルトネタが載っているとの話を聞いたからだった。
その本の中で、氏は不勉強なのかわざとなのかはったりなのか
そのオカルトネタに関して嘘を書いていた。
間違いであろうか。
あるいは小説であるのだから嘘でもいいとの考えであろうか。
だが、そこで取り上げられているオカルトネタは
オカルト本でも事実として語られるネタがそのまま書かれていた。
事実として語られるネタを勝手に自身の解釈で嘘で書くのは
いただけませんなと思いました。

200 :200get:03/06/26 13:01
>>199
お前文章ヘタすぎw

>そのオカルトネタに関して嘘を書いていた。

と言っておきながら、

オカルト本でも事実として語られるネタがそのまま書かれていた。

と言う矛盾に気付け。

そしてもう来るな。


201 :名無しのオプ:03/06/26 23:14
オカルトに事実もへったくれもないような飢餓・・・

202 :名無しのオプ:03/06/27 23:45
この人オカルトを人に知らせるためにこんな作品を書いてるとか
南山宏さんとの対談徳間書店の本で言ってた。
事実もへったくれもなくとも作者はオカルトを人に知らせたがってるのか

203 :名無しのオプ:03/07/11 03:46
>>202
そういう謎に気をとめてほしいってこったろ?
写楽でも写楽殺人事件と歌麿殺贋事件で違う解釈で書いてるし。

204 :名無しのオプ:03/07/11 05:43
最近、活字がでかいような・・・

205 :名無しのオブ:03/07/11 14:16
気にとめてほしいのはわかるが、それはそれ、これはこれ。三部作の広重殺人事件にみたいに、オカルト要素を必要としない話にまで持ち込むのはどうかと思う。


206 :名無しのオプ:03/07/11 21:21
炎立つにもオカルト描写があるね・・・

207 :名無しのオプ:03/07/12 17:58
>>206
大河ドラマの原作になることは事前に決まっていたんで
オカルト色は極力排除の方向で書き進めてたら、
NHKのディレクターから
「もっとオカルト入れてください」って要望が入った。
そういうことならってんで盛り込んだらしい。


208 :山崎 渉:03/07/15 10:15

 __∧_∧_
 |(  ^^ )| <寝るぽ(^^)
 |\⌒⌒⌒\
 \ |⌒⌒⌒~|         山崎渉
   ~ ̄ ̄ ̄ ̄

209 :山崎 渉:03/07/15 13:45

 __∧_∧_
 |(  ^^ )| <寝るぽ(^^)
 |\⌒⌒⌒\
 \ |⌒⌒⌒~|         山崎渉
   ~ ̄ ̄ ̄ ̄

210 :山崎 渉:03/08/02 02:16
(^^)

211 :山崎 渉:03/08/15 16:29
    (⌒V⌒)
   │ ^ ^ │<これからも僕を応援して下さいね(^^)。
  ⊂|    |つ
   (_)(_)                      山崎パン

212 : :03/08/26 07:56
「完四郎広目手控」完読  佳作といった感じかな
今日から続編の「天狗殺し(完四郎広目手控)」に入りまーす

213 :名無しのオプ:03/09/08 23:55
おこう紅絵暦読みますた
大川越前や水戸黄門を観て下手人当てにドキドキしている
全国のおじーさんおばーざんに激お勧めの本です
テレビ番組と同じで読書後、何の感想も得ないのも一緒なのでとても安心


214 :名無しのオプ:03/09/09 14:26
なんで田中麗奈ごときに解説を・・・・・

215 :名無しのオプ:03/09/10 00:29
「幻想映画館」の新版で、リンチの「ロストハイウェイ」が
こき下ろされていたのにはちょっとビックリした。
高橋さんの「ゆきどまり」のドッペルゲンガーが
あの作品なんじゃないかと思っていたので。

216 :名無しのオプ:03/09/12 13:34
145 名前:名無しのオプ 投稿日:03/09/11 22:57
お前ら伝奇漫画の名作『阿弖流為2世』を忘れてるぞ!!


146 名前:名無しのオプ 投稿日:03/09/12 05:06
>>145
それがあったか!!


217 :名無しのオプ:03/09/14 00:42
>>214
コネーリ・・・?

218 :名無しのオプ:03/09/18 13:51
ここ、sage進行ですか?

昨日、「ゴッホ殺人事件」上下巻を一気に読み切りました。
塔馬激萌えの私は期待大だったんですが、登場した下巻は萎え萎え〜。
上巻がわりとイイテンポで進んでいたので、ワクワクしながら読んでいただけに
残念でした。塔馬の登場って必要なかったんじゃないの?

それにしても、高橋克彦は出だしが一番楽しくて、最後がつまらない作家ですね。
その正反対が、浅川次郎…。

219 :名無しのオプ:03/09/18 17:32
http://www.google.com/search?q=%90%F3%90%EC%8E%9F%98Y&ie=Shift_JIS&hl=ja&btnG=Google+%8C%9F%8D%F5&lr=

220 : :03/09/21 12:24
「だましゑ歌麿」がこのスレに挙がらないのは残念 大好きなんだけどなぁ
いわゆる浮世絵三部作とは違ったテイストで、読後感は最高だったんだけど

221 :名無しのオプ:03/09/22 21:44
「だましゑ歌麿」は結構おもしろかったんですが、「おこう紅絵暦」はちょっと…。
短編と長編を比べるのはナンセンスかもしれませんが、話の内容が薄っぺらくて
本にのめり込む、ということが出来ませんでした。

鬼平やかわせみの出来と比べたら(ry

222 :名無しのオプ:03/10/02 15:52
>>218
赤川次郎、もしくは浅田次郎の誤りでは?

223 :名無しのオプ:03/10/13 07:26
つーか高橋克彦の自宅がうちの近所にあることを初めて知った。

こうなると克彦作品読まないとな。

お近づきになりたいな。

224 :名無しのオプ:03/10/13 10:12
>>223
だったら、ぜひストーンサークルのある庭を写真にとって、
ここにうpしる。

225 :名無しのオプ:03/10/13 11:09
>>224
ストーンサークルってなんぞや?

克彦先生の作品読んだことないし近況にも詳しくないからワカラン。

226 :名無しのオプ:03/10/13 11:47
庭に作ったんだよ、ストーンサークル

227 :名無しのオプ:03/10/13 15:45
>>223
ホクサイとフミによろしくな。

228 :名無しのオプ:03/10/13 22:19
>>225
ストーンサークルは10年ぐらい前だと思う。いきさつは
「書斎からの空飛ぶ円盤」に載ってる。

>>227
そういやホクサイって死んだんじゃなかったかな・・・
間違ってたらスマソ

229 :名無しのオプ:03/10/14 00:29
そうなの?
『北斎殺人事件』の
推理作家協会賞の賞金で買ってんだよね・・・
ご冥福をお祈りします。

230 :名無しのオプ:03/10/21 12:22
「竜の柩」の続編「霊の柩」って、「新・竜の柩」で
ちょっと引いてしまった自分でも楽しく読めるものなのでしょうか。
どなたか教えて下さい。


231 :名無しのオプ:03/10/21 12:30
>>230
俺の中では「霊の棺」は存在しないことになっている。

232 : :03/10/21 13:15
火怨の上巻借りてきたんだけどまだ読んでない。
ひょっとしてつまんない??

233 :名無しのオプ:03/10/21 13:24
>>232
炎立つは既読ですか?
炎立つで男達の熱い生きざまに涙した覚えがあればお奨めします。
つか必読せよ!

234 : :03/10/21 13:30
>>233
東北ものは北方氏の「破軍の星」を読み、北畠あきいえのかっこよさ
にしびれたくらいしかないです。

炎立つは大河ですこし見た程度で読んではいません。
ま、とにかく読みますよ。

235 : :03/10/21 14:43
>>234
「火怨」で震え、「炎立つ」で感動の涙する・・
王道で逝ってください!

236 : :03/10/21 14:55
らじゃー

237 :名無しのオプ:03/10/31 12:08
>>234
読了しましたか?
感想聞かせてくださいな。

238 :名無しのオプ:03/11/19 13:39
兄ぃ、陰間茶屋に足を踏み入れた事はありやすかい?

239 : :03/11/23 23:29
まだ読んでませんです。
図書館で数ページ目を通して黄金が発端であることはわかりました。
が、上下2冊かなりの分量なので
読む機会はまだのようです。



240 :名無しのオプ:03/11/25 01:41
「時宗」読んだが全然「時宗」じゃなかったなぁ・・・・
その前に読んだ「火怨」は凄く良かったんだがのう。
北方の「破軍の星」は俺も好き。

241 :名無しのオプ:03/12/27 14:05
IBC出演中あげ

242 :名無しのオプ:04/01/24 00:00
ドールズ3 文庫化決定(遅過ぎ...)あげ。

243 :名無しのオプ:04/02/10 03:59
竜の柩が一番好きさ( ̄¬ ̄)
時宗は文庫版ラスト4ページ前までは良かった
その後のあっけなさったら・・・

244 :名無しのオブ:04/02/20 13:02
この人の作品によく
「畳百畳の大広間に寝かされた」
っつーくだりが出てくるが、本人は最高に面白いネタだと思っているんだろうか?
つか、他にネタ無いのかと小一時間…


245 :名無しのオプ:04/02/20 15:17
毎日のように大爆笑する九鬼一味

246 :名無しのオプ:04/02/20 20:06
高橋さんの歴史物は好きだなあ。
炎立つでは最後のところで泣いてしまいましたよ、本読んで泣いたのは初めてでした。

247 :名無しのオプ:04/02/20 22:33
諸嶋だっけ?
あのおっさんが儂だけ生き延びるのは嫌だって泣き崩れるとこが好き。

248 :名無しのオプ:04/02/23 01:44
北の耀星アテルイも良い!

249 :名無しのオプ:04/02/23 11:39
『火怨』ですな。僕も読んだが、面白かった。

250 :名無しのオプ:04/02/23 14:20
飛良手が討ち首になったアテルイと母礼の唇に
酒を含ますシーンあたりからグッときますよね。

251 :名無しのオプ:04/02/23 16:30
漢たち、て感じだよね。坂上田村麻呂と最後の決戦にのぞむあたりから一気に読んだ。

252 :名無しのオプ:04/02/27 14:39
闇から招く声、買ったどー!
目吉センセー(´д`)ハァハァ

253 :名無しのオプ:04/02/28 23:53
『私の骨』から入って、ホラー系短編集はほぼ網羅した。
長編は『ドールズ』しか読んだこと無いです。
ドールズも短編集も好きなんだけど、
総門谷を買おうかどうしようか迷っている。
あれは面白いのだろうか。UFOとか好きじゃないんだが。
スレ一通り見ると「写楽〜」が評判良いようなので、写楽逝ってみます。

254 :名無しのオプ:04/02/29 02:36
>>253
怖さは期待できない。
電波ゆんゆんな冒険活劇みたいな感じ。
設定むちゃくちゃなSFと思えば楽しめるかもしれない。

255 :名無しのオプ:04/03/01 04:45
ブックファースト神田店の村岡さん、かわいい。

256 :名無しのオプ:04/03/01 16:36
>>253
>総門谷を買おうかどうしようか迷っている。
>あれは面白いのだろうか。UFOとか好きじゃないんだが。

だったらやめといた方が無難だよ。
UFOディレクター(!)が準主役だったりする。


257 :名無しのオプ:04/03/01 17:40
>>256
でもUFOオカルト関連を無視しても伝奇として面白いと思うけど。
ユーレイとかウチュージンみたいな言葉にアレルギーがあるんならやめた方が無難だけど、
特になんとも思ってないのなら……。

258 :名無しのオプ:04/03/02 00:37
完四郎広目手控
もお勧めです。

259 :名無しのオプ:04/03/02 00:46
>>253です。

>>254>>256>>257
電波ゆんゆん(;´Д`)
幽霊とか宇宙人にはアレルギー無いのですが、
矢追とかガゼッタ岡とかダメです・・・ってあんなインチキじゃないっすね。
とりあえず、写楽や鬼逝ってみようかと思います。
アドバイス有り難うございました。

260 :名無しのオプ:04/03/02 01:00
星封陣はどうなんでしょう?

261 :名無しのオプ:04/03/02 02:11
手元に本が無いため詳細はちと忘れたけど自分は一気に読破したほど>星封陣
竜・門・豹系が好きなら面白いと思う

262 :名無しのオプ:04/03/02 02:14
赤星なんとかが出てくるんだっけ?

263 :名無しのオプ:04/03/02 02:45
>>262
そうそう ぽっちゃりの!
あの石があったら是非触って御利益をって思ってた

264 :名無しのオプ:04/03/03 15:01
風?○○篇ってあるけど面白いの?ちょっと気になる

265 :名無しのオプ:04/03/12 22:03
ほしゅ

266 :名無しのオプ:04/03/17 00:48
ドールズ3読みました。
目吉っさん、良い。
恒一郎、騒いでる割に役に立ちません。今回、真司パパが、頑張っていました。
犯人は、半分を過ぎた辺りで気づいてしまいます。
いかにも、って感じかな。前作の短編の方が良かったです。

267 :名無しのオプ:04/03/22 21:35
ぴたりとレスが止まっている今日この頃、いかがお過ごしですか?

268 :名無しのオプ:04/03/23 01:20
ドールズ3読んでいます。
真夜中、豆電球だけ灯して布団の中で。
でもなかなか進まない。
ドールズ1は、一気に読んでしまったのに。

269 :名無しのオプ:04/03/28 23:35
ほしゅ


270 :名無しのオプ:04/04/07 02:34
このおじちゃん、今NHKに出てるよ。
盛岡で自分の昔話語ってる。。。

271 :名無しのオプ:04/04/07 06:23
ドールズ3読了。
気持ち悪かった・・・
安定してるね、良くも悪くも。

272 :名無しのオブ:04/04/07 19:42
先週のNHKようこそ先輩課外授業に出とったな。
不思議な体験談を基に朗読劇をやってみようなどと言っとった。
思い切り趣味丸出しでワロタ。

子供達から見た高橋先生って、どんな大人に見えたんだろう?


273 :名無しのオプ:04/04/08 00:22
私もドールズ3読了しますた。
面白かったけど、この行き当たりばったりな作りをなんとかしてホスィ。

274 :名無しのオプ:04/04/11 16:12
キャラクターの謎解きに延々と付き合わされる羽目になるんだよね。
この人の書くミステリってさ。
しかもその殆どの行程は無駄骨で、ミスリードにもなっていない。
初期の浮世絵シリーズ以外のミステリは駄作ばっかしだと思う。

275 :名無しのオプ:04/04/12 23:25
短編はいいけど、長編は疲れる。
面白いんだけど、ダメ。ダメだけど、面白い。
だから読んじゃう→疲れる→また違うの読む→やはり疲れる。

276 :名無しのオブ:04/04/13 16:33
>キャラクターの謎解きに延々と付き合わされる羽目になるんだよね。
しかもその殆どの行程は無駄骨で、ミスリードにもなっていない。

南朝迷路がいい例ですなw


277 :名無しのオプ:04/04/13 17:42
>>276
ほとんど会話で成り立って、それも語調が似ているので飽きてきました。残念です。

278 :名無しのオプ:04/04/13 21:57
オレも飽きたなぁ。前は結構好きだったけど。もういいやってかんじ。

279 :名無しのオプ:04/04/14 19:49
松下クリニックの松下真理先生、かわいい

280 :名無しのオプ:04/04/19 22:35
ひとけねぇなぁ〜。保守。

281 :名無しのオプ:04/04/21 21:47
高橋先生には ぜひハリウッド進出してほしい

282 :名無しのオプ:04/04/22 02:17
今、何を書いてるんですか?

283 :名無しのオプ:04/04/29 17:00
>>282
見切り発車で書き出して読者をあちこち連れまわし
ラスト近くで辻褄あわせのために急にスケールが小さくなる作品。

284 :名無しのオプ:04/04/29 17:11
『完四郎広目手控IV』、 『春朗合わせ鏡』、『ツリー』、『ダ・ヴィンチ殺人事件』
『風の陣 天命篇』、『風の陣』、『総門谷R将門篇』 、『鬼哭鬼九郎』
『ジャーニーボーイ』 『新フェイク』
全部で9作品連載中。

285 :名無しのオプ:04/04/29 23:43
>>283
最近の作品全部そんなかんじ(ry

286 :名無しのオプ:04/04/30 00:01
>>284
そんなに連載してるんだ、すごい。
ジャーニーボーイ、新フェイクてどんな話なんだろう?

287 :名無しのオプ:04/04/30 13:22
>>286
見切り発車で書き出して読者をあちこち連れまわし
ラスト近くで辻褄あわせのために急にスケールが小さくなる話。

288 :名無しのオプ:04/04/30 23:18
目吉センセーのやつも連載してるんじゃなかったっけ?
もう終わったのだろうか。

289 :名無しのオプ:04/05/06 23:54
GW終わって来てみても誰もコネ━━━━(゚д゚;)━━━━!!!

でもsageちゃう。

290 :名無しのオプ:04/05/07 01:14
どこに連載してるか、掲載誌教えてくだされ。

291 :290:04/05/07 01:21
ファンサイト見てわかったので、もういいや。

292 :名無しのオプ:04/05/09 13:08
「総門谷」映像化、案は出たらしいけど、
金かかり過ぎるからっていう理由で駄目になったらしいね。
それだけの物を書く高橋さんは凄いと思う。
文章でしか表現できないもの書いてるんだから。


293 :名無しのオブ:04/05/09 13:28
(´-`).。oO(総門谷よりも浮世絵三部作映像化キボン
でなきゃトーマ物でもいいから…

294 :名無しのオプ:04/05/09 14:15
>>293
テレビドラマにはなってたはずだが?

295 :名無しのオプ:04/05/10 08:34
写楽は悲しい出来だったぽ・・・

296 :名無しのオプ:04/05/14 15:45 ID:WPX4kjvb
>>292
映画化お蔵入りの大半は予算不足によるもの。
高橋作品の凄さは認めるが、高橋作品だけが特別なのではない。
実際に映画会社は、その作品が売れる前から、片っ端から映画化契約を結びまくる。
契約自体はタダみたいなもんだし、映像化する権利は早い者勝ちだから。
「総門谷」もただそれだけのこと。

297 :名無しのオプ:04/05/14 23:42 ID:ulHKRe4A
浮世絵三部作は良かった。
「緋い記憶」はホラーという言葉から持ってた印象に比べると、
拍子抜けするくらい怖くなかった。
「パンドラ・ケース」は探してるけど売ってない。
継ぎは「ドールズ」を読んでみるか。

298 :名無しのオプ:04/05/15 13:53 ID:az5JAaoH
今日の 世界・ふしぎ発見!は 「日本3大ミステリー写楽は誰!?」だそうで。

299 :名無しのオブ:04/05/24 10:47 ID:iDqCpw5R
特に目新しい説はなかったような。
強いて言うなら、阿波の能役者の墓が実在したって位か。


300 :名無しのオプ:04/05/29 15:32 ID:8BsZFSbP
300sage

301 :名無しのオプ:04/07/23 00:28 ID:PpOMrl5X
風の陣の新刊、早く単行本にならないかな・・・



302 :名無しのオプ:04/07/29 04:24 ID:gqiA0Mis
漏れも待ってるんだよねずっと。



303 :名無しのオプ:04/08/22 01:15 ID:5OWs4brO
久しぶりに来たけど、人いねぇーw
「私の骨」から入って、短編集を読みあさりました。
一通り読んだので、「ドールズ」から長編に入り、最近写楽読み終わった所。
これからは浮世絵シリーズ読もうかな〜と思っています。
あと、「幻少女」も読んで無かったから読もうかな?と。

304 :名無しのオプ:04/08/22 02:48 ID:GTnm87y7
そのうち総門谷にも挑戦してみないかい。
オカルトだったりUFOだったり電波だったりが受け入れられるならだけど、
そういうの気にしない人ならすごく面白いと思うよ。
個人的にはカツヒコたんの最大傑作。

305 :名無しのオプ:04/08/22 03:54 ID:eVimkwjZ
でも『総門谷R』は微妙なんだよな・・・
メフィスト最新号では、死徒と少女の駅弁ファック萌え〜

306 :名無しのオプ:04/08/22 10:32 ID:uwifqliy
>>305
なんだと!
纏められたらぜひ読まねば!

307 :名無しのオプ:04/08/22 11:00 ID:eVimkwjZ
>>306
あのペースじゃ、何年先になることやらw

308 :名無しのオプ:04/08/22 23:16 ID:xKnZvOIH
>>304
総門谷、何度か買おうと思ったのですが、いまいち買う踏ん切りがつかないです。
オカルトは大丈夫だけど、UFOとか電波はちょっと苦手かなぁ〜(;´Д`A ```
高橋さんは、当たりはずれがあるから怖い。図書館行こうかな。

309 :名無しのオプ:04/08/24 00:26 ID:UZZ/+e1a
高橋氏の作品はこの手のUFO伝奇系が少なくないから、
総門谷が楽しめたなら読める作品がけっこう増えると思う。(竜の棺とか刻迷宮とか)
買えとは言えないけど、暇があったらとりあえず借りてみるのもいいかもしれない。

310 :名無しのオプ:04/08/24 13:19 ID:aYrEKyOk
本人確かに電波ではあるんだけど、読者にしてみれば
「面白い小説が読めるならどっちだっていい」だと思うんだよ。
世界各地に残る伝説の断片を繋げて壮大なウソを編み上げる手法は
広義のミステリと強弁できなくもないし。龍の柩は正直、凄いよ。
個人的には龍の柩>総門谷>刻迷宮。

311 :名無しのオプ:04/08/24 17:14 ID:XceeDi3B
まあ登場人物が電波というわけではなくて、UFOやら何やらの舞台設定が電波なだけだから。
不幸にも電波な世界観の中に生まれてしまった至極まともな主人公が、
周りで起こる不可思議な事件について真面目に考えていたら
(理論の筋道に多少怪しいところはあるにしても)結果として電波な結論にたどり着いてしまった感じ。

312 :名無しのオプ:04/08/24 18:31 ID:k5fS6hdY
オレは歴史小説派だからオカルト系は買わないがそれなりに
面白いんじゃねえの(一応図書館で借りて読んでる)。

313 :310:04/08/25 11:13 ID:U+besbiR
ちょっとひどいこと言ったので訂正。
高橋克彦本人は別に電波を受信してるってわけじゃない。
幽霊は何度も見たってエッセイで書いてるけど。
小学生みたいな純粋な気持ちで、どんな胡散臭い話でも
「うわーすげー」と目を輝かせて、何でもかんでも片っ端から
全部本気で信じ込んでしまうだけ。
いい大人の態度としてはどうかと思うけど、小説の腕は
確かだから問題なし。

314 :名無しのオプ:04/08/25 23:38 ID:GhL9LRC7
確かに、腕は確かなんだけど(文章変だな・・・)、
それに任せっきりで努力とかそういうのが見られないんだよなぁ、最近。
ちゃんとプロット練って書いたものを読みたい。
写楽とか面白かったのに・・・_| ̄|○
何も考えないでバーっと書いて行くって、趣味じゃないんだからさぁ。

でも買って読んでしまう。

315 :名無しのオプ:04/08/26 10:00 ID:4WcT4JHn
「皆は爆笑した」が大杉。

316 :名無しのオプ:04/08/27 00:46 ID:DdVKXrmc
爆笑フェチなんだきっと。

317 :名無しのオプ:04/08/27 05:48 ID:6kge5Pio
大河ドラマ『炎立つ』が、10月にスカパーで再放送決定。

トヨエツ「ぶっ殺し!」

318 :名無しのオプ:04/09/07 00:48 ID:CsyzI8AZ
313番さんの書き込みについて。

>小学生みたいな純粋な気持ちで、どんな胡散臭い話でも
>「うわーすげー」と目を輝かせて、何でもかんでも片っ端から
>全部本気で信じ込んでしまうだけ。

これは、ちょっと読み違えていると思います。
エッセイなんかを参観するとわかると思うんですけど、高橋センセーは
ただ盲目にUFOや、心霊現象なんかを信じているわけではない。
むしろ、こういった話題に関しては疑ってかかっているところが
あると思うんですよね。


319 :名無しのオプ:04/09/07 04:22 ID:cn68Gbjq
本人も自分の中で葛藤してるんじゃないかな。
推理小説書くくらいだから論理的な思考はできるはずだし、
それでもやっぱりUFOや幽霊には理性を越えた魅力を感じてしまっている。
ただ盲目的に信じようとしてるんじゃなくて、信じることに論理的な裏づけが欲しいと願ってるのかも。

320 :名無しのオプ:04/09/08 02:00 ID:r1vnNOvH
小説は読んだ事ないが、エッセイとか対談ものは読んでます。
笑えるから。
またノストラダムスや人類滅亡について語ってほしいのですが。
南ヤマ宏氏との共同本『超古代文明論』では、スピルバーグがわずか30歳で「未知との遭遇」
を作れてしまった事を疑問視(そのような才能があの若さであるわけないと言いたいのか)し、
彼はユダヤ人だから陰の政府がうんぬん...と書いてるくだりは、笑いよりも、ちょっと薄ら寒く
なりましたが。

321 :名無しのオプ:04/09/08 11:10 ID:mlhNnB08
「エッセイなんかを参観する」「ただ盲目に信じている」
君は国語の勉強をしよう。
書き込む前に国語辞典を引くだけでもかなり違うよ。
そして

>むしろ、こういった話題に関しては疑ってかかっているところが
>あると思うんですよね。

この思い込みは間違いなんですよね。
「1999」という対談集を読んでみよう。特に小島露観との対談。
君の高橋センセー像が轟音を立てて崩れていくから覚悟するように。

322 :名無しのオプ:04/09/08 11:17 ID:otjFxxOj
オレは歴史小説家の高橋克彦とオカルトビリーバーの高橋克彦は
別人と思い込むことにしているw

323 :名無しのオプ:04/09/08 13:00 ID:MS86vsDD
http://www.asyura.com/sora/bd12/msg/648.html
この小島露観て奴もなんだかなあ……

324 :名無しのオプ:04/09/09 10:51 ID:/JXR9Rp/
たかが煎餅の話くらいで本気で激怒しちゃうってのは...

325 :名無しのオプ:04/09/09 11:11 ID:zrSnD/kv
>>322
高橋・H・克彦(ヒストリー)と高橋克彦O(オカルト)。

326 :名無しのオプ:04/09/09 11:31 ID:ofqWO97p
>>323
スレ違いではあるが壮絶な空間だな…
主賓も糾弾側も場を用意した編集者も、マトモな奴が一人もいない。
全員基地外。コントかよ。
読んでて頭痛くなってきた。

いや、面白いんだけどねw

327 :名無しのオプ:04/09/13 17:41:15 ID:5XlD5V77
ダヴィンチ殺人事件は一体何がやりたいんだろう。
美術シリーズでもないし歴史小説というには・・・。
また単行本時にタイトルが変わるのかなw

328 :名無しのオプ:04/10/05 14:30:26 ID:YZnKG3L/
高橋さんって、やたらと塔間双太郎好きだよね。

329 :名無しのオプ:04/10/06 08:32:32 ID:bSn8QFP/
乱歩だってやたらと明智小五郎好きだし別にいいんじゃね?
京極だって自分のキャラのコスプレ大好きだし。

330 :名無しのオプ:04/10/14 20:29:20 ID:6pHYy4ti
総門谷Rは将門編で完結?
酒呑童子編はどうなったの?
鬼の登場、楽しみにしてたのになあ。

331 : :04/10/22 00:13:58 ID:OE0EMNfw
4年間で330レスか・・・。
結構、有名な作家さんなのにねえ。

332 :名無しのオプ:04/10/22 08:45:55 ID:JcBwvRm7
世間一般の認識は推理小説じゃなくて時代小説の方だろうから。

333 :名無しのオプ:04/10/22 12:37:16 ID:jegyaIGV
一般書籍スレ、時代小説スレでも全く話題にならないからね
レスしても、反応ないし・・・・・

334 :名無しのオプ:04/10/22 12:41:06 ID:jegyaIGV
>>ちなみに半村良さんスレは、4年間で470レスです。・・・・

335 :名無しのオプ:04/10/22 13:17:15 ID:j9xeJCxU
ダヴィンチ殺人事件がいよいよワカラン。単なる伝記小説か?
てっきりダヴィンチが殺人事件を推理でもするのかと思ったら…。

336 :名無しのオプ:04/10/25 10:23:45 ID:UvwJTfil
来月頭に総門谷白骨編の文庫が出るみたいですね。楽しみです。

337 :名無しのオプ:04/10/28 03:04:56 ID:bn2H74hC
ノアの箱舟騒動で高橋先生を知って、読みまくっています。
浮世絵とドールズが好きです。
大阪で、松本喜三郎の生き人形展に行ってきました。
よかったですよ。
職業別人名表みたいなのがあって、目吉せんせいの名前が
ないかどうかジーッと見てしまいました。

338 :名無しのオプ:04/11/06 03:06:11 ID:2jS5m/7o
『天を衝く』文庫化記念(今月予定)あげ。

339 :名無しのオプ:04/11/07 20:00:43 ID:RbPMDQgb
「竜の棺」読んだけど、この人全面的に「ムー」に依存してるように思う。

340 :板ルール変更議論中@自治スレ:04/11/20 01:41:03 ID:RPod/wMP
小説は結構読んだがエッセイは下らん。「こいつがないと生きていけない」の先輩の提言の箇所は、戦国武士社会のほうが個人主義でしたよ!あと会社に落ち度があっても外に漏らさないから、不正や悪事のもみ消しがまかり通るんですよ 高橋先生

341 :板ルール変更議論中@自治スレ:04/11/20 01:48:23 ID:RPod/wMP
エッセイで公私混同しない会社は昔みたく素晴らしい それに比べ今は〜みたいな箇所で割り切った考えのほうが逆に会社の悪事を公にできて素晴らしいと反論します 煎餅の件みたくなったら困るからこれ以上突っ込まないが

342 :板ルール変更議論中@自治スレ:04/11/20 02:30:03 ID:RPod/wMP
昔みたいに公私混同しない→昔みたいに公私混同するの間違いでした。スミマセン。「天を衝く」を読みながらレス。「刻迷宮」みたく既成の常識に反した想像と電波で歴史人物を弄ぶ?作品をこれからも期待します。義経や時輔や写楽が同時代に登場とか

343 :板ルール変更議論中@自治スレ:04/11/20 03:53:38 ID:HA6iaMgt
わざわざ連打するくらいならチラシの裏にでも書け、ドアホ

344 :板ルール変更議論中@自治スレ:04/11/20 12:22:50 ID:RPod/wMP
高橋本人はエッセイを読むかぎり、自己中で狭量。煎餅ごときで粘着になる。顔は不細工の局地

345 :板ルール変更議論中@自治スレ:04/11/23 00:30:12 ID:RAmySIs6
「天を衝く」文庫@の中ほどまで読んだけど、九割がた会話だな、これって。
ここまでくると小説というよりシナリオに近いものがある。
でも何故か続きを読みたくなってしまう・・・克彦マジック恐るべし!

346 :板ルール変更投票は4〜11日@自治スレ:04/12/08 00:54:36 ID:lOpYKWP5
「こいつがないと生きてはいけない」で「最近の若者は〜」発言した高橋氏。そーいう発言は「オカルト信者は精神異常!あんなのデタラメ」と頭ごなしに否定するのと同じ発言だよ高橋ちゃん! まぁオカルト信者は分裂病が多いが。

347 :名無しのオプ:04/12/19 11:52:23 ID:jowyYbRg
高橋曰く「最近の若者は〜」発言はちゃんと裏付けできる分析を踏まえたうえでの発言ですか?でなければ 高橋氏が嫌悪する「オカルトは無い そんなのは精神異常」と頭ごなしに裏付けすらしないで否定する科学者と同等ですよ 自分の棚上げ五十歩百歩同じ穴のムジナ

348 :名無しのオプ:04/12/19 15:21:17 ID:+qKCO6GY
高橋克実さんを語るスレッドはここですか?

349 :名無しのオプ:04/12/19 17:13:05 ID:0WpdVJLM
高橋克典を騙るスレッドです

350 :名無しのオプ:04/12/19 17:30:07 ID:+qKCO6GY
あ、高橋克典さんを騙すスレッドでしたか。失礼しますた。

351 :名無しのオプ:04/12/20 15:57:26 ID:xNsXHOSB
高橋克美・高橋克典・高橋克彦。どれが本物?「刻迷宮」は完全脳内世界

352 :名無しのオプ:04/12/21 19:19:27 ID:I18r/iYz
「蒼い記憶」みたいな現代サイコミステリー作品また書いてくれないかなぁ?推理ミステリーじゃなくてサイコミステリーをね

353 : 【大吉】 【1191円】 :05/01/01 17:47:04 ID:nxrP7dGF
新刊の売れ行きを占うぜ!

354 :名無しのオプ:05/01/03 17:09:52 ID:agABiEmi
昨日の「義経」番組はいかがだったでしょうか?

355 :名無しのオプ:05/01/03 20:39:54 ID:WqoNdrrZ
竜の棺は面白かった。
この人は歴史とかすごい調べてから書くから余計面白く感じる。

356 :名無しのオプ:05/01/03 20:57:55 ID:p8wUV1IK
>>354
なんか、周りがアレではがゆかったらしいですよ。
日本史板で話題になってた。

>>355
最近のはいきあたりばったりですけどね。

357 :名無しのオプ:05/01/03 22:59:31 ID:agABiEmi
>>356

日本史板のどこですか?
見つけられなかったです。。。

358 :名無しのオプ:05/01/04 00:26:42 ID:QBNz3H8H
>>357
ごめん、大河ドラマ板の義経スレ(パート56)だった。
↓ 発端のレス。

532 :名無しでいいかも! :05/01/03 02:59:45 ID:H5NAqPoL
昨夜、東北NHK限定の放送で
義経の謎について多数の人が言い合う
面白企画(前日の放送予定だったらしい)ありやした
50人くらいの東北の義経ファンと
篠田正浩・高橋克彦・中津文彦の3人が
意見を交し合う、という内容ですが
とにかく50人の東北人にバカがいて
困りました(爆)私も東北人ですが
あれ観たら他地方の人は東北人ってバカだなあって思うでしょうね。
「義経には生きていて欲しい。ロマンですよ。
いや、死んだとは思いますがね、信じたいんですよね」
どっちなんだよ!!!失せろ貴様
この義経北行については御三方の中で独り
高橋氏が根拠をあげ「義経は逃げ延びた」を主張。
知ってる人にはお馴染みの高橋論。
俺が意外だったのは中津が「義経は確かに死んだ」派
だった事。


359 :名無しのオプ:05/01/04 00:27:15 ID:QBNz3H8H
(つづき)
この人、『義経はどこへ消えたのか』という著書で
義経脱出(と忠衡同行)を説いていたはず。
てっきり高橋の味方につくと思ったら
「いや、確かに私は本に書いたけど、あれはあくまで
フィクション。義経はどう考えても死んだね」
こういう作家は信用されなくなるね。
エンディングに高橋氏
「今日は来た甲斐がなかったな〜・・」
持論がどうもその場に認められなかった形で、
悔しそうでした。なんか不完全燃焼で可哀想でした。
この番組自体、ちょっとバカすぎな気がしましたが
発見が全然なかったしね

360 :名無しのオプ:05/01/04 10:26:41 ID:FbxOXEXg
>>358さん
どうも有り難うございました!!
どんな感じだったかわかりました!!

あの番組、私も見ていてちょっとがっかりでした。
高橋さんの持論は御馴染みの物だけど、あれだけ力入れて説明したのに
あの反応では、がっかりきても当然でしょう。
私もがっかりでした。

というか、あの場だけで、義経の死or北行なんて判断できないのでは。

元々死んだと思っている人たちを前にして、
「(これこれこうだから)死んでないんだよ!」
って力説したところで、即座に意見変えられる人なんて
そうそういないんじゃないだろうか。
それをやろうとした高橋さんの意気込みだけでも私は買う。
敵を前に物怖じせず、反論したのだから。

でも、義経ファンならあの後自分で調べて本当に死んだのか考えるべし!!!
でなけでばファンだなんて言えない。

そうして初めてあの番組の真価が問われるのだと思う。
あそこで、即座に回答を求めるという方がどうかしている。
確かに、ああして札上げて意見を求めると、反応が分かりやすくて、
企画している側はいいのかもしれないけど、
あそこで結論出すのはどうかと思うよ。

義経北行伝説は長年のものなんだから、
あそこでけりをつけようとする方がおかしい。
そういうこと、NHKは考えとらんのだろうか?


361 :名無しのオプ:05/01/04 13:56:37 ID:QBNz3H8H
>>360
自分は見てないので何だけど、いつものエッセイの
ような感じで力説したのなら、慣れてない一般人は
ひくかもね。>>東北人50人

自分はカツヒコ好きだし、著作もエッセイも大半読んでるけど、
ときおりの幼稚っぽい言動が、微笑ましいというか苦笑する
というか・・。「今日は来た甲斐なかったなあ〜」って、本気で悔しそうに
してるカツヒコの顔が目に浮かぶようだ。

362 :名無しのオプ:05/01/04 18:02:43 ID:C52doOo1
高木あき光の霊でも降ろしてもらえれば勝ったのに<義経論争

363 :名無しのオプ:05/01/05 16:07:18 ID:4OjajNlk
>>362
うちの大学の先生が余談で紹介してくれたよ。
「これぞ珍説!」ってさ。

(メール欄)って・・・笑えた。

364 :名無しのオプ:05/01/05 16:09:42 ID:4OjajNlk
まちがえた(汗)

成吉思汗=(メール欄)の漢文読み

365 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

366 :名無しのオプ:05/01/23 01:44:01 ID:4vPr34lx
パンドラケース読んだよ 面白かったよーだ

367 :名無しのオプ:05/01/24 22:12:26 ID:jMJXW+X6
>>364>>365
高木彬光は>>364とは若干違う解釈をしていたよな。
ただ、これって日本側の、おそらく江戸時代の当て字だよね。
別に義経=ジンギスカン(?)がこの字を指定したわけじゃない。
だったら、>>364のメール欄も高木説も成立しないんじゃないかという
素朴な疑問があるのだが。







368 :名無しのオプ:05/01/25 00:15:18 ID:jfURO282
>ただ、これって日本側の、

義経は日本側だから問題ないけど?

>おそらく江戸時代の当て字だよね。

読み下し文のことかな。それとも別なのかな?
ここに関しては説明がないと説得力ないよ。

369 :名無しのオプ:05/01/25 08:40:26 ID:cH/PTMGh
ジンギスカンが存命中に「成吉思汗」と名乗った文書があるのか?と言ってるんじゃねーの?

370 :名無しのオプ:05/01/25 10:10:33 ID:Is7P84o4
あるよ。
中国の役人に対して、自ら「成吉思汗」と漢字で署名してる。
んで、中国側が「蛮族なのに漢字を知ってるとは」と驚いたと
歴史書にキチンと書かれてる。

371 :名無しのオプ:05/01/25 14:15:43 ID:e5VgBQYO
「汗」は、チンギス以前にも遊牧民の長の称号として
漢文資料中にあるから、364の「汗」の解釈はこじつけだな。


372 :名無しのオプ:05/01/26 09:29:28 ID:QSMqliSn
>>371
存在する言葉を利用して作った暗号文をこじつけと解釈するのはおかしいですよ。
ただ利用しただけなのですから。
「汗」の解釈が結果としてこじつけだったかもしれないですが。
例えば「いろは歌」の「とがなくてしす」は有名な隠し文字だけど、
こんなのたまたまそう読めるだけじゃんと主張することだってできる。
また短歌で隠し言葉を入れるのもよくあるけど、あれは「気付く奴は気付け」という態度だしね。
言葉に隠された暗号や意味なんてそんなものだと思う。
ジンギスカンが誰かは今のところ謎だけど、高木センセのおかげでロマンは広がった。
「名前による解釈」という推理小説的手法をもって、
しかも目の前に伏線がハッキリあるだろうという主張も誠に面白いものだった。
それでいいんじゃない?

373 :名無しのオプ:05/01/27 15:45:57 ID:X85htcSL
話の腰折ってゴメン。
こないだノベルス出た『総門谷R 白骨編』。

小野タカムラが(メール欄)だってこと、過去作にでばらされてたっけ?
結構なサプライズだったんだが、過去読んだのがはるか昔なので
記憶あいまい。

374 :名無しのオプ:05/01/29 00:19:45 ID:rMf1it1f
◆高橋克彦ファンのためのHOMEPAGE (http://www4.justnet.ne.jp/~yocchin/KATSU.HTM

375 :名無しのオプ:05/01/29 20:23:28 ID:7p+SNxsl
>>373
白骨篇で初めて出たと思う。

といっても、諒たちとただならぬ関係(諒たちが復活する夢を見ていたり)
だったから、誰かの生まれ変わりもありだと思ってた。

一条光も生まれ変わらないかなぁ・・・と10年以上待ってる俺

376 :名無しのオプ:05/01/31 01:06:57 ID:ZRIazzdy
>>375
レスどうもです。
小野タカムラが・・・・・とびっくり。
この人の作品で久しぶりにびっくりしました。
あとは「R」の意味で意表を付いた答えをぜひ。
ソロモンのリングというオチは無しで。

377 :名無しのオプ:05/01/31 21:13:41 ID:30cIA//u
うろ覚えなので、教えてください。
階段を下りていくと大きな牛鬼?の像があるとか言う話は、何だったでしょうか。
また、この場所は、お寺だったと思うのですが、場所と名前は出ていたでしょうか。


378 :ネタバレスレ議論&投票中@ローカルルールスレ:05/02/08 15:59:24 ID:kUllWfHt
北斎の罪に出てた話かな?

379 :ネタバレスレ議論&投票中@ローカルルールスレ:05/02/13 18:27:44 ID:7S4/EwE4
>377
うろ覚えなので、正しいかどうか。
蒼夜叉かな。


380 :ネタバレスレ議論&投票中@ローカルルールスレ:05/02/13 18:37:58 ID:UhRQOfr3
「鬼追者」?
『北斎の罪』所収。

381 :ルール変更議論中@ローカルルールスレ:05/02/17 11:04:37 ID:5SODSh+h
『玉子魔人の逆襲』

382 :名無しのオプ:05/02/21 20:09:01 ID:kBVaqvnX
蒼夜叉であってるよ。
牛鬼寺を訪ねたら牛鬼の像があって
「エイリアンだ!」と盛り上がるシーン。

蒼夜叉と降魔王続けて読んでみたら
設定矛盾だらけでアタマ抱えたよw 登場人物の家族構成とかさ。

383 :ルール変更議論中@ローカルルールスレ:05/02/21 20:45:56 ID:2akH+XvO
この寺、四国八十八箇所、八十二番札所の根香寺(高松市)のことなのかな。
  www.junpai-center.net/88/82.html
ここに牛鬼の写真もある。直接行って感動したい方は見ないように。
自分はおそらく行くこともないだろうから写真を見ちゃいましたけど。



384 :ルール変更議論中@ローカルルールスレ:05/02/22 12:22:45 ID:5y/fpziP
牛鬼うpサンクス。
でもこれ見て「エイリアンだ!」は無理あるよね。
ただの魔物だもん。知性が感じられない。
ま、高橋理論によれば、魔物と神は表裏一体で
神はエイリアンつーことだからいいけど。

385 :名無しのオプ:05/02/23 00:20:23 ID:koBAuaxI
こらこら
そこは牛鬼の像を前にして
地上に取り残され
空に向かって救いを求めている
悲しいエイリアンの姿を想像しなければいけないところだぞ(w

386 :ルール変更議論中@ローカルルールスレ:05/02/23 12:33:47 ID:9sfURiUf
>382
>蒼夜叉と降魔王続けて読んでみたら
設定矛盾だらけでアタマ抱えたよw 登場人物の家族構成とかさ。

って、どこが?

387 :ルール変更議論中@ローカルルールスレ:05/02/24 18:30:32 ID:5aLtLzib
四人姉弟の末っ子の従兄弟に弟がいたり
東北には十和田支店しかないのに東和支店長が社長に昇格してたりとか。

388 :名無しのオプ:05/03/11 02:23:27 ID:wSbpB0AH
>385

まさに
「ET家に帰る〜」
な訳だw

389 :名無しのオプ:05/03/12 06:38:14 ID:Loez0vmL
『ゴッホ殺人事件(上下)』が4月に文庫落ち。
これを読む前に読んでおいたほうがいい作品とかってないですよね?関連性があるとかで…

390 :名無しのオプ:05/03/12 10:37:59 ID:/RotNLrX
美術シリーズ。塔馬さんが出てるヤツ。

391 :名無しのオプ:05/03/18 01:50:36 ID:m2F4z+8W
むちゃくちゃあるしw

392 :名無しのオプ:2005/03/26(土) 15:20:42 ID:2QXS4P/Y
18歳人口減少で私学経営が厳しさを増すなか、岩手県久慈市のアレン国際短大が卒業生3人を送り出し、
35年の歴史を閉じた。

三陸地方で数少ない高等教育機関を守ろうと、市が学費助成に乗り出すなど地元挙げての応援もあったが、
学生募集難の壁は乗り越えられなかった。

同短大は、第2次大戦前から東北各地で布教、教育活動を続けた後、
久慈市に居を定めて名誉市民にもなった米国出身の故タマシン・アレンさんが70年に創設した。

asahi.com
http://www.asahi.com/edu/news/TKY200503260096.html


393 :名無しのオプ:2005/05/01(日) 01:34:30 ID:ILiZ8hOD
ゴッホ殺人事件読みました。従来の塔馬ものと違って、塔馬双太郎が冴えていません。
どこかで、塔馬がスーパーになりすぎたので書きづらくなったと書いていた思うので、従来のイメージより「人間くさく」書いているということでしょうが、キャラクタのイメージは大事にしてほしい。
また、現在の殺人事件の謎ももっと深いと思っていたのに。塔馬ファンには、塔馬の過去がわかるというのが、面白いかもしれませんが。

だましゑや完四郎1が面白かったので、今まで文庫の表紙をみて買わなかった鬼九郎のシリーズを買ってみました。まだ3冊目は読んでないのですが、ここで話題にすらならないのがよくわかります。
でも、短編だったらいいかもしれないので、これから3冊目を読みます。

394 :名無しのオプ:2005/05/19(木) 19:41:59 ID:roWENma8
4年掛かって約400レスか・・・ファン少ないね。
知人に「火怨」勧められたが、どうにも進まない
早い話しオモロクナイのだ。文才無しと見た。
。。。。。。ということで良いか?

395 :名無しのオプ:2005/05/20(金) 09:58:46 ID:6Wvswn10
>>394
ファンが少ないって言うより2ch見てる層と重なってないだけだと思う。

綺麗な文章書くタイプじゃないし構成が上手いわけでもない。
でも自分の感想だけで文才なしとか言われても同意できない。
歴史ものが読めるかどうかにもよるし。
とりあえず俺は火怨面白かった。

396 :名無しのオプ:2005/05/20(金) 10:07:35 ID:vNvId3xq
オレは歴史モノは読むけど電波系のヤツは駄目だなあ。
最近必要以上に思い入れが激しいと言うか、書いてる本人が一人で感動しちゃってるよな…。

397 :名無しのオプ:2005/05/20(金) 15:35:35 ID:hZO61uT9
>>395
アテルイの人物像が全く伝わらないかも。



398 :名無しのオプ:2005/05/23(月) 00:30:55 ID:CIgbrW4y
風の陣の立志篇・大望篇を続けて読んだけど
諸悪の元凶はヘタッピ策士の天鈴だな。
目先の目的のために手段を選ばないで
策におぼれて
ドンドン傷口を広げていってるんだが(^^;

399 :名無しのオプ:2005/05/28(土) 21:15:29 ID:GACexpaB
『ゴッホ殺人事件』読了。

寡少ページの長期連載のせいか、間延びしすぎ。
半分とは言わないが、もっと切り詰められる。だらだら会話でページかせぐな。

浮世絵シリーズに比べてトーマの推理は推測に頼りすぎだし、とくに
衝撃的・おもしろい説でもないのが問題あり。

ただ、文章スカスカのくせに、結構おもしろいのは流石か。

400 :名無しのオプ:2005/05/28(土) 22:34:47 ID:YjodnV8x
二度は読めない。 会話がダラダラしすぎ

401 :名無しのオプ:2005/05/30(月) 12:27:05 ID:MzUj1m0q
前世の記憶イイネ

402 :名無しのオプ:2005/05/31(火) 18:25:14 ID:tq0PXgcG
「異戦国史」「竜馬死せず」「反関ケ原」のもしもの歴史シュミレーション小説は電波だけど面白かった。高橋さんも電波なら もしもの日本史小説書くのをきぼん!ちなみに「異戦国史」は伊達政宗が天下統一した。高橋氏も東北の思い入れ強いから、東北系歴史人物で何か書け

403 :名無しのオプ:2005/05/31(火) 23:24:26 ID:qg+rk73k
電波の方向性がぜんぜん違うと思うけどなあ。
克彦たんの電波は本気でそう信じ込んでるが故だから。
フィクションと自覚して書いたものがはたして電波になるかどうか。

404 :名無しのオプ:2005/06/04(土) 19:20:50 ID:J3XLVxrc
白骨どうだった?
もう文庫になったのか!


405 :名無しのオプ:2005/06/04(土) 21:04:20 ID:hPHKp/Da
記憶シリーズて,不自然な記憶喪失大杉

406 :名無しのオプ:2005/06/13(月) 21:47:19 ID:qqw6mSjk
風の陣大望篇
本編は面白かったけど
解説どうにかしてくれ。
政府叩きんために他人さまの小説を利用すんな。
克彦史観はまるで逆方向だろ。

407 :名無しのオプ:2005/06/17(金) 10:25:12 ID:r5uLna69
地元舞台の小説を映画化 10月公開へ
--------------------------------------------------------------------------------
直木賞作家の高橋克彦さんが、盛岡を舞台に書いたミステリー短編3作の映画化が決まり、
その撮影が盛岡市内などで始まった。作品は、10月に盛岡市で開かれる「第9回みちのく
国際ミステリー映画祭」での公開を目指したものだ。

http://mytown.asahi.com/iwate/news01.asp?kiji=8106

408 :名無しのオプ:2005/06/25(土) 22:36:39 ID:Qdp332G6
火怨が一番好き。
泣ける。

409 :名無しのオプ:2005/06/27(月) 21:16:09 ID:U04hp2AZ
444 名前: 本当にあった怖い名無し [sage] 投稿日: 2005/06/27(月) 21:03:02 ID:b88+OgOV0
全裸SEX教団「ザイン」“世界戦略”驚愕の中身 (夕刊フジ)

 全裸の男女による「性の儀式」などで週刊誌をにぎわしている謎の組織「ザイン」(静岡県沼津市)。
「全裸セックス教団」とスキャンダラスに報じられるなか、代表が夕刊フジの単独インタビューに
2時間半にわたって激白した。性器をさらす儀式は「世界戦略の一環」というが、その“戦略”
には驚きの中身が隠されていた?

 「ザイン」本部からほど近いマンションの一室でそう話すのは、伯魔壬旭(はくま・じんきょく)
こと小島露観(ろかん)氏(65)。
 「ザイン」の主な事業は、開運や美容などをうたったアクセサリーやグッズを全国に5店舗ある
「Zion(シオン)」および通販で販売すること。「オペレーション」と呼ばれる有料セミナーも
手がけるが、話題の「性の儀式」もこの一環だ。「ジャパン−」は営業戦略を立てる会社で、
社員は2社合わせて約80人という。
 小島氏の「思想を受け入れた」顧客らによる会員組織もある。入会金は5万5650円で、
会費は月額3−5000円。400人弱の会員のうち女性が3分の2を占める。
 気になる小島氏の思想とは、端的に言って「この社会をぶっ潰す」ことだという。

410 :409続き:2005/06/27(月) 21:19:14 ID:U04hp2AZ
宇宙を司る唯一神「ザイン」の化身「世界皇帝」を自任する小島氏は、「世界中を軍人統治のシステム
に作り替える」と、穏やかならぬ世界戦略をぶちあげる。
 小島氏の著作「沈黙の兵士」や過去の発言などでは、小島氏の私設軍隊と自衛隊が同盟を組んで決起し、
「新しい皇朝」を建設する意志が明らかにされている。
 「私が実質的な皇帝となり、世界のローヤルファミリーとして世襲していく。私の子供らは優秀で、
まったく普通じゃない」(同)
 小島氏の私設軍隊「帝國0」では、氏に絶対服従を誓う「軍士」らが、
“来るべき日”に向けて日夜、剣の修行に励む。
 だが“Xデー”について小島氏は、「私は老化の原理を究めた50代から、逆に若返っている。
80歳や90歳になっても老けない」とけむに巻いた。
 刑法が定める「内乱の予備」にも抵触しかねない“世界戦略”だが、現体制の破壊を目指す
“世界皇帝”は、現行法など眼中にないのだろう。
http://news.www.infoseek.co.jp/society/story.html?q=27fuji57093&cat=7

高橋克彦も心酔する小島露観師の近況です

411 :名無しのオプ:2005/06/29(水) 01:39:17 ID:Iaouq5SG
まだ高橋さんってこういう系統にも興味あるのかな
99年で死ぬようなこといってたけど元気みたいだし。

412 :名無しのオプ:2005/07/19(火) 19:58:37 ID:tYYgBLgT
高橋さんて、勝手にカッコイイダンディーな叔父様のイメージ持ってた。
直木賞のTV見て、愕然とした。
私は結構作品好きだな。

413 :名無しのオプ:2005/07/20(水) 06:14:23 ID:QwmD/8z7
顔を晒さない方がいいな
この人は

414 :名無しのオプ:2005/07/26(火) 14:31:47 ID:Adr3GZPy
教団ザインとシオン・ZACZACについて Part17
http://hobby8.2ch.net/test/read.cgi/uranai/1121978161/l50
【ザイン】前野さちこ=森田あかり=鉄つるぎ【小島】
http://pie.bbspink.com/test/read.cgi/avideo/1122301187/l50
週刊現代でザインの幹部ヌード披露
http://life7.2ch.net/test/read.cgi/psy/1121259794/l50
オウムVSザイン(Z帝国)
http://etc3.2ch.net/test/read.cgi/entrance/1122338337/l50
世界征服を企む悪の組織は実在した!→「ザイン」
http://tv7.2ch.net/test/read.cgi/sfx/1121060892/l50
****株式会社ザイン*****
http://life7.2ch.net/test/read.cgi/psy/1121141446/l50
ザインを非難すんな
http://life7.2ch.net/test/read.cgi/psy/1121401154/l50
全裸SEX教団「ザイン」“世界戦略”驚愕の中身
http://news18.2ch.net/test/read.cgi/dqnplus/1119845859/l50
がんばれザイン
http://etc4.2ch.net/test/read.cgi/male/1121053062/l50
ザイン幹部のエロ画像
http://sakura01.bbspink.com/test/read.cgi/ascii/1121260658/l50
武富士・婿・ザイン(@w荒
http://society3.2ch.net/test/read.cgi/jsdf/1120920903/l50
正直、ザインの白金ひびきとSEXしたい
http://hobby7.2ch.net/test/read.cgi/occult/1121701128/l50
ザインとSTARWARSがやたら被る件について
http://life7.2ch.net/test/read.cgi/psy/1121417001/l50
ザインの幹部の女にいじめられたい
http://pie.bbspink.com/test/read.cgi/sm/1120384009/l50

415 :名無しのオプ:2005/07/26(火) 18:05:49 ID:JdDZTrVW
もれは、ばんずいいんちょうべえ、の奴が好き。
塔馬クンしりーずも好き。

416 :名無しのオプ:2005/07/26(火) 20:36:31 ID:bY28C8PL
舫は、ここでは殆ど話題にならないね。
歌麿や完四郎と比べると、一寸軽い気がする。

417 :名無しのオプ:2005/08/04(木) 07:24:11 ID:7OQsxu+p
ああザイン教祖って高橋さんとの対談で宇宙の悪魔と毎夜戦っている
って言ってた人か
さすがの高橋さんも思いきり引いてたな

418 :名無しのオプ:2005/08/06(土) 08:45:55 ID:9Xc0VhpT
>>417
真に受けて感動してたろw

419 :名無しのオプ:2005/08/22(月) 09:50:32 ID:M8hm/JBo
最近「写楽殺人事件」を読み、その後ここで「津田の扱いが・・・」
というレスが気になり、北斎・広重を読んでみた。いやぁ想像以上。
機会があったら、美術シリーズも読んでみたいと思います。

420 :名無しのオプ:2005/08/31(水) 15:20:19 ID:O7WuKdzq
http://book3.2ch.net/test/read.cgi/books/1095143704/l50

421 :名無しのオプ:2005/09/01(木) 03:13:42 ID:Mj7tlRoG
「総門谷」の上・下を読んで面白かったんで続きを〜と思ったら
Rシリーズはキャラと時代が変わってた…
私は時代劇がダメなんで…読めなかった…最初の方だけ読んで挫折。
…読み進めれば面白いのかな〜…。
現代の総門谷シリーズはないんでしょうか?
キャラに入れ込んじゃッたんで無いなら悲しいよ〜。

422 :名無しのオプ:2005/09/02(金) 00:39:07 ID:j2aoTYuZ
総門谷(現代編?)は、あれでおしまいです。
面白かったですよね。
Rはまだ完結してないようです。
私も総門谷が好きで,Rあぐろ編が始まったときは狂喜したんですが
最近はどうでもよくなってきました。

423 :名無しのオプ:2005/09/02(金) 03:50:43 ID:KX5kJwuu
>>422
そうなんですが、現代編おわりなんですか…
レスどうもです。

424 :名無しのオプ:2005/09/03(土) 01:21:40 ID:/waQDOHW
きっと未来篇があるさ・・・と思ってから10数年

425 :名無しのオプ:2005/09/03(土) 15:03:36 ID:+NZQZMby
義経北行伝説

426 :ルナマリア:2005/09/06(火) 12:51:16 ID:ZN4B+P+X
紅い記憶はあまり人気はないんですか?読んでみたけどあんまり良さがわからなくて…
どういうところが評価されたのか

427 :名無しのオプ:2005/09/06(火) 20:21:43 ID:Uw//BnVd
>>421 「竜の柩」なら、同じ登場人物が名前変えて出てきますよ

428 :名無しのオプ:2005/09/08(木) 21:01:56 ID:REtbb6xD
このあいだ直木賞とった人、容姿もジャンルも克彦とモロに被ってるよね。
最大のライバル出現って感じ。

429 :名無しのオプ:2005/09/08(木) 21:46:33 ID:5Dn6943e
>>428
全然かぶってないし。克彦は推理作家だか朱川は懐古ホラー作家だ。

430 :名無しのオプ:2005/09/13(火) 16:27:38 ID:IGCv+/XG
竜のなんちゃらってのを読んだけど、あのセックスシーンは必要なのか?
読者サービスってやつか?
作品から浮いてるから止めとけばいいと思うのは漏れだけじゃないはず。
たんにああいうシーンの描写が下手なだけかも知れんが。

431 :名無しのオプ:2005/09/15(木) 06:17:19 ID:Njb4Oayg
「竜の棺」は雑誌連載時の媒体が「小説NON」(祥伝社)だから。

夢枕獏もデビュー間もないころ、編集者から
「うちはこういう雑誌なんで、毎回濡れ場をキボンヌ」と
言われてサイコ・ダイバーシリーズを連載。

だが結構高橋克彦のエロシーンはスキw

432 :名無しのオプ:2005/09/15(木) 10:37:55 ID:XXtoyVBB
そうか?
高橋氏の描くエロシーンて、即物的で獣の交わりを見てる感覚。
ちっともチンコ立たない。

433 :430:2005/09/15(木) 14:34:18 ID:KbHWvRnN
>>431
なるほどサンクス。
裏事情が仄見えて納得しました。
けど漏れもこの著者のああいう場面の描写はエロくないと思う。
だったら省くか、入れなきゃいけないならもうちょっとどうにかして欲しいものだ。
あれだと当人も苦手という自覚があると思うな。

434 :名無しのオプ:2005/09/15(木) 20:21:39 ID:H8PAO0jP
>>433
本人、「苦手」って言ってるよねえ。
「だから恋愛小説が書けない」ってことも。

435 :431:2005/09/16(金) 06:08:37 ID:bmPjA3DF
「ゆきどまり」とか「R将門編」の少女とまぐわうシーンは
個人的にスキ。あと、『あやかし』で少年が女子大生2人に
犯されるところとか。

おれって変なのか・・・・(´・ω・`) ショボーン

436 :名無しのオプ:2005/09/16(金) 06:40:45 ID:JtV51NC0
いや、『あやかし』はエロかった。
口ではやめとけとか言ってるくせにやたら積極的な、おとなしい方の姉ちゃん萌え。

『ゆきどまり』も、珍しく気合入れて書いたエロだって本人が言ってたよ。
書いてて恥ずかしくて仕方なかったって。

437 :431:2005/09/16(金) 06:52:49 ID:bmPjA3DF
(`・ω・´) 救われマスタ

438 :名無しのオプ:2005/09/16(金) 23:49:38 ID:OmJBGxBh
ドールズの文庫の表紙、高橋尚子に似てるな

439 :名無しのオプ:2005/09/25(日) 20:17:18 ID:gmAIT/IZ
この人の目吉さんの小説読んでから、
杉浦日向子さんの中には江戸時代の人がいたんじゃないか
という妄想に駆られてしかたない
お二人は親しかったようですし

440 :名無しのオプ:2005/09/25(日) 20:40:55 ID:up5VSJmz
鹿角は至高にして究極のツンデレ

441 :名無しのオプ:2005/10/18(火) 21:34:05 ID:P4NjTPbH
総門谷R 白骨篇 が文庫になります(11/15)。
白骨編っていうのが出ているのも知らなかった。ここのスレで何回か出てたのに。

442 :名無しのオプ:2005/11/02(水) 19:23:18 ID:8QjNHEky
ドールズ漫画化の話は結局消えたのか?
結構楽しみにしてたんだけどな…

443 :名無しのオプ:2005/11/12(土) 00:18:36 ID:MNryy3i3
漫画化といえば原哲夫のアテルイII世か……
あれは何ていうかげふんげふん

444 :名無しのオプ:2005/11/14(月) 22:41:56 ID:CPunetYY
写楽読んだけど、あの解説最悪じゃね?

445 :名無しのオプ:2005/12/10(土) 14:36:14 ID:R+hrTPJK
高橋さんの作品の中では「緋い記憶」が最高です

446 :名無しのオプ:2005/12/14(水) 15:01:51 ID:RYbVd6aP
高橋さんの作品には外れがないんで安心して読めますね
ドールズ、記憶シリーズが好きですね
高橋さんは布施博似だと思います

447 :名無しのオプ:2005/12/14(水) 20:02:23 ID:nrAv0U0G
ちょっと褒めすぎじゃないかな<布施博似

448 :名無しのオプ:2005/12/16(金) 07:51:00 ID:/T1zAzJU
え、布施博似って褒め言葉なの?

449 :名無しのオプ:2005/12/21(水) 13:48:53 ID:hLFt9dBW
高橋さんの小説でドールズ・記憶シリーズ以外でこれらと同じような小説はありますか?
現代ものでお願いします。

450 :名無しのオプ:2005/12/22(木) 09:02:05 ID:zR3UEiYM
『私の骨』(角川ホラー文庫)
『星の塔』(文春文庫)

451 :449:2005/12/26(月) 15:26:47 ID:bUcDqnuy
レスありがとうございます
早速、買いに行きます

452 :名無しのオプ:2005/12/27(火) 13:23:40 ID:jS0mcn1y
『総門谷』(無印)10年ぶりくらいに再読。
おもしろいなー、さすがに。
「白骨篇」まで読んでるが、無印の淳二の活躍に涙。
悲惨な死に方した記者の北口・アキラの友人中島も(メール)のだろうか。

453 :名無しのオプ:2005/12/27(火) 13:25:51 ID:jS0mcn1y
一瞬、自分のIDが「SOmon」に見えたw

454 :名無しのオプ:2005/12/27(火) 23:13:04 ID:RE9xCrcP
今ドールズの新作やってるんだな。
今日たまたま野性時代立ち読みして初めて知った。
しかももう四回って。
いーよもう気長に単行本待つからOTL

455 :名無しのオプ:2005/12/28(水) 18:45:27 ID:z8RIymHW
1:帰社倶楽部φ ★ :2005/12/28(水) 17:21:24 ID:???0
鳥取市の白兎海岸が「因幡の白ウサギ」の舞台とされてきた理由の手掛かりを、
民俗学の専門家や鳥取大の学生らが地元の伝承に見つけた。
ほかの地域にも似た伝承があり、広がりの調査に挑んでいる。
古事記では、「淤岐嶋(おきのしま)」から陸へ渡るためウサギがサメを並ばせて通り道にし、
だまされたと知り怒ったサメに皮をはがされた。
ウサギは出雲から東へ向かっていた大国主命に現在の白兎海岸近くで助けられた、とされている。
今年夏、白兎海岸から約4キロ内陸の「御熊」という集落で、この話とは逆に陸から島へ
渡ろうとした伝承があるのを小島瓔礼琉球大名誉教授(民俗学)が知り、
門田真知子鳥取大教授と学生らが地元の岩田耕治さん(80)から詳しく聞いた。

[共同通信](17:11)
http://flash24.kyodo.co.jp/?MID=RANDOM&PG=STORY&NGID=home&NWID=2005122801001686




456 :名無しのオプ:2005/12/29(木) 15:10:36 ID:vDkjaVam
>>454
情報サンクスです!!
ドールズ大好きなんで本屋に行って来ます。

高橋さんの現代モノのホラーやミステリーに近い他作者の面白い作品はありますか?

457 :名無しのオプ:2006/01/04(水) 21:27:14 ID:FqiXKzt/
歌麿の肉筆美人画2点、日仏で相次ぎ見つかる 2006年01月04日
ttp://www.asahi.com/culture/update/0104/008.html

これが高橋氏の小説だったら、贋作なんだろうけどな。

458 :名無しのオプ:2006/01/04(水) 21:35:38 ID:QgviU+Wt
そして誰か死んだりする

459 :名無しのオプ:2006/01/07(土) 19:28:31 ID:Eofvs8Pu
総門谷 将門編のメフィストに載ってなかったけど完結
したんですか?

460 :名無しのオプ:2006/01/07(土) 19:35:35 ID:b6Q6jO0K
単に落としたんだと思う。

461 :名無しのオプ:2006/01/10(火) 18:26:05 ID:lg+rIiX5
ダ・ヴィンチ殺人事件はダラダラダラダラいったいなにがやりたいんだろう?
タイトルも意味ねえし。単行本発売時には絶対タイトル変わるな。

462 :名無しのオプ:2006/01/18(水) 00:14:38 ID:nvcYJqvj
『ダ・ヴィンチ〜』は結局、
青年時代をライブで描くことになったんじゃなかったかな。
わりと早い時期にインタビューでそう言っていたと思うよ。

見切り発車って本人も言っているし、
最終的にタイトルが変わることは、これまでにも度々ありましたよね。
だから今回が特別っていうわけでもないでしょう。

>>459
落としたんだと思います。
遅筆で有名だし、毎回滑り込みみたいですよ。
だいたい、見ていると雑誌の一番最後に掲載されることが多いじゃないですか。
それを見るたびに、あ〜、また落としそうだったんだなあ〜
と思っています。

463 :459:2006/01/18(水) 02:13:18 ID:ARHP5S2C
久々に来ましたやはり完結はいつのことやら?ありがとです。

464 :名無しのオプ:2006/02/20(月) 11:14:49 ID:N88gQdD1
ウハ、和泉元爺の塔馬さんw

465 :名無しのオプ:2006/02/24(金) 21:33:47 ID:829zjW+v
嫌いではないんだが、この人の小説は誰が発言してるのか
明記してない場合が多くて読みにくい。総門谷とか特に。

466 :名無しのオプ:2006/02/25(土) 00:26:47 ID:BPlTYSOT
慣れれば感じ取れるようになるよ

467 :名無しのオプ:2006/02/26(日) 00:45:47 ID:dR4SREzj
まあ、たいていは誰が話しているのか文脈でわかるけど、
しばらく時間が空いてから読むと、流れがつかめないかもね。
最近特に、台詞ばかりだよね。脚本を読んでいる気分だわ。

468 :名無しのオプ:2006/03/16(木) 14:51:23 ID:P6qc5ava
龍の柩が好きだったのに霊で嫌いになった

469 :名無しのオプ:2006/03/28(火) 15:06:12 ID:QO5fL63N
豆っ子の話が怖くて好き
「前世の記憶」だっけか。

470 :名無しのオプ:2006/03/29(水) 00:12:05 ID:w3+H39Nk
「あやかし」を読み終わった。うさんくさくてしかたないのだが
最後まで読ませるのはやはりすごいと思う。
レベルの低い作家の作品なら、これだけうさんくさい話は途中で
読まなくなるのが俺。


471 :名無しのオプ:2006/04/12(水) 03:21:16 ID:p+pKNdlm
俺も今日あやかし読み終わり。
伝奇ものでは毎度お馴染みの宇宙人ネタに発展して目新しさ感じないのにやたらに面白く読めた。


472 :470:2006/04/22(土) 22:47:50 ID:o4TbRBbc
今は鬼九郎シリーズを読んでるところ。
ものすごく冷静に考えると、中身はない気がするが、やっぱり
最後まで読んでしまう。途中でやめると結構続きが気になってしまう。
途中で面倒になって読むのをやめてしまう本が俺は多いのだ。
なんだかんだ言ってすごいとまた思わされた。


473 :名無しのオプ:2006/04/22(土) 23:29:56 ID:XPh79oSF
鬼九郎は良いキャラが多いし特にあまり細かいことを気にせずテレビの時代劇のように楽しむ作品だーね
五結鬼灯が特に好きだ

474 :名無しのオプ:2006/04/23(日) 20:01:54 ID:nef4O9au
「あやかし」の見所は女子大生二人組に少年がレイプされるシーン。

475 :名無しのオプ:2006/04/30(日) 18:14:16 ID:McEDR+ok
鬼九郎の続きが読みたい

476 :蛸と烏賊が:2006/05/08(月) 04:57:04 ID:RxNvMpGc
 鬼にはまってほとんど読んだけど、鬼は重読、谷は二読、他は一読。確かに
霊はがっかりした。龍で盛り上がってたのに。浮世絵シリーズも一読だからはっ
きりとはいえないけど、古美術商が騙されて自殺しちゃうのがあったよね。
おんなじ(内容の、しかもそれ一本で)本が出てたよ。知ってる? ヒント「狐」
 だけど最近娯楽になったとおもいまへんか、オプさん?


477 :名無しのオプ:2006/05/14(日) 18:27:47 ID:ZxUxfPv9
高橋克彦、井沢元彦、中津文彦age

478 :名無しのオプ:2006/06/17(土) 23:54:41 ID:/38miqga
前、たまたま立ち読みした野性時代でドールズやってたもんだから、
それ以来野性時代見掛ける度に確かめてみてるんだが、
その後一度もぶち当たらない。
一体どーゆーペースでやってんだアレ?
単行本出るまでどんくらい掛かるんだか…orz

479 :名無しのオプ:2006/07/07(金) 14:57:30 ID:qLZXcmzn
休筆中だからねえ。
再開をおとなしく待つしかないんじゃない。

480 :名無しのオプ:2006/08/29(火) 02:19:05 ID:0Z1pGBKw
>>445
人間の記憶を題材にした作品大好きだからコレは大好き!
でも、この人の作品はドールズも楽しめた。好きな作家さん。


481 :名無しのオプ:2006/09/16(土) 11:54:55 ID:CV8NFR7b
霊の柩のp350
「現に山崎君たちは南波の目の前に現れながら」
虹人が南波さんを呼び捨て。
p423
20世紀初頭のロンドンで「カッターナイフを貸してくれ」
編集者は何をしてたの?

482 :名無しのオプ:2006/09/16(土) 15:24:44 ID:YAH059XR
別にカツヒコがそうだというわけではないが、
えらい先生になるとゲラに赤なんかいれない。

編集者が気づいて指摘しても直さないことが多い。
(で、こっそり編集者が直す。でも明らかな誤字脱字だけなんで、
作中の整合性とか時代考証とかは作家さん本人の罪)

483 :名無しのオプ:2006/09/18(月) 04:24:20 ID:Drbf8gBF
竜の柩、3巻までしか持ってなかったけど、
最近講談社から高い値段で発売されてるみたいだから
あわてて祥伝社のを買い増田
全然値段が違う 講談社TAKEEEE


484 :名無しのオプ:2006/09/18(月) 23:38:15 ID:dGpRPbht
正直あまり好きな作家ではない。が、読ませる技量は認める。エンターテイメント性もある。固定読者がいるのも納得出来る。

でもだなぁ、龍の柩あたりを読んで鵜呑みにしてしまう人が信じられない。いるんだよ、これが。
面白いとは思うが、内容的には矛盾点や科学的に明らかな間違いがある。
気付かないみたいだが。

間違いも含めて、小説を虚構として楽しめる年齢じゃないと読んではいけない作家だと思うぞ。

485 :名無しのオプ:2006/09/19(火) 00:54:38 ID:lqmbvYaG
鵜呑みって何を?
高橋氏がよく繰り広げる地方に根付く伝説がどうのこうの→宇宙人はいるんだよの展開のこと?
あれを虚構と思わずに読むっていうある意味ヘビーな趣味を持ったファンなんてどの程度いるんだか

486 :名無しのオプ:2006/09/19(火) 03:28:25 ID:CAJG3ipv
>>485
中学生の頃の自分がそうだった……。
今思い出しても恥ずかしい。
あまり他人に吹聴するような真似をしてなくてよかった。

487 :名無しのオプ:2006/09/19(火) 21:31:49 ID:iw9iuL0W
いい年になって読むほどのものでもないけどね

488 :名無しのオプ:2006/09/20(水) 01:31:07 ID:x33mFzFK
高校生のころに総門谷の文庫本に触れて10ウン年
ちょっと前にやっと白骨篇を買ったところですが何か
今の所つん読状態だけどね

まー、この手の話ばかりの作家だったらとっくに読まなくなってたかも知れないね
浮世絵シリーズやドールズシリーズも好きだし歴史物や時代劇、短編も好きだから、宇宙人ネタでも見かけるとつい買ってしまう
高橋作品に絞っても、伝奇物は合間合間に読む感じだし今のところ素直に楽しめてる

489 :名無しのオプ:2006/09/26(火) 11:43:23 ID:lT/kaMsq
塔馬シリーズは全部でどれぐらいあるのですか?

490 :名無しのオプ:2006/09/26(火) 23:26:10 ID:ZxHTFos0
この人の本では「あやかし」を最初に読んでしまったので
それ以降手をつけてない。
最初の掴みは良かったのに何を考えてあんな展開にしたんだろう。

491 :名無しのオプ:2006/09/29(金) 20:40:19 ID:VQIbDW9G
総門谷Rの続きがなかなか出ないから
前の話の展開とか忘れちゃってるよ
今までも出るごとに前のを読み返してから
新刊を読んでたんだけど
さすがに嫌になってきた

492 :名無しのオプ:2006/10/01(日) 23:15:09 ID:q4k5DBxE
俺は最初から完結してるやつしか読んでないよ
今は「眠れない少女」読んでるところです

493 :名無しのオプ:2006/10/04(水) 06:35:16 ID:Kt8NMtw0
地域ネタで申し訳ないんだけど、江戸東京博物館で10/21〜12/10
ボストン美術館所蔵 肉筆浮世絵展「江戸の誘惑」開催
www.edo-tokyo-museum.or.jp/kikaku/page/2006/1021/200610.html

494 :名無しのオプ:2006/10/09(月) 12:11:04 ID:nM0/U+Qp
今総門谷読み終わったんだけど、上巻と下巻がまるで違う話のようだw
でも総門谷の表記のあたりは
想像力をかき立てられておもしろかった
後半の男たちの絆にもウルっときたw
ちなみに総門谷Rっていうのはまた違う話なんすか?

495 :名無しのオプ:2006/10/09(月) 15:44:06 ID:GiqpJsoX
そのへんのやつはまだ全然読んでない。
>>494のおかげで、とりあえずRのついてないやつだけで
それなりに完結していると知った。
とりあえずそれだけ読んでみようかな。

496 :名無しのオプ:2006/10/09(月) 17:20:14 ID:dYuJV2EM
>>494
一応時代が遡って(未来?)、

阿黒編→鵺編→小野小町→魔童子編→将門編(完結編)

となっている。時代は奈良〜平安のあたり。
無印のキャラも転生して登場。
将門編は「メフィスト」で連載中(だった)。
正直言って無印の面白さはとても望めないけど、個人的には楽しく読んでる。

497 :名無しのオプ:2006/10/09(月) 17:35:15 ID:dYuJV2EM
>>495
古代科学文明とかナスカの地上絵とかイースター島とかが
好きな人間にはこたえられん楽しさだ。
ぜひ読んで見てほしいなあ(カツヒコの作品では伝奇の「竜の柩」系統)。

498 :495:2006/10/09(月) 17:59:53 ID:GiqpJsoX
>>497
了解です。読んでみます。

499 :494:2006/10/09(月) 18:41:57 ID:nM0/U+Qp
dクス、Rの方もこの勢いで読んでみるッス
しかしカツヒコ「眉唾もの」って言葉好きじゃない?
作者によって度々使う語句ってあるよね

500 :名無しのオプ:2006/10/09(月) 20:38:48 ID:cSuwMx0z
伝奇物はこの人のひとつの王道パターンだな
この手のは蒼夜叉とかバンドネオンの豹の続編の方とか良かったかな

>>494
伝奇物では無いが、アツイ展開だと火怨が結構良かった覚えがある
総門谷が初めての高橋作品だったら、この人はブッ飛んだ伝奇物以外も面白いので色々手を出すのをおすすめするよ
というか伝奇物ばかり読むと食傷気味になる

501 :494:2006/10/10(火) 13:12:22 ID:u/vvrw+l
>>500dクス
早速図書館で借りた(`・ω・´)!

502 :名無しのオプ:2006/10/15(日) 18:00:55 ID:AHpdCgjF
『星封陣』でなんで主人公がデブなのか、単なるご愛嬌なのか
と思って読んでいくうち、ちゃんと必然性があったんで
たいしたネタでもないんだけど、なるほどね、と思った。

503 :名無しのオプ:2006/10/16(月) 03:01:46 ID:Snj5U1zS
野性時代にドールズ新作の第五回が載ってた。
(連載再開、らしい)

訳解らなかったorz
単行本になるのはいつだ…

504 :名無しのオプ:2006/10/18(水) 22:26:41 ID:FCxOPe3d
「ダ・ヴィンチ殺人事件」、連載再開アゲ

505 :名無しのオプ:2006/11/10(金) 20:20:15 ID:VMFuhPfn
江戸東京博物館の肉筆浮世絵展と回向院へ行ってきた。
窪俊満の肉筆画をはじめてみた。
回向院はたしかにビルの谷間だったけど、境内はそこそこの広さがあった。
でも、墓地は思ったより狭かった(無縁墓もしっかりあった)。

506 :名無しのオプ:2006/11/11(土) 21:27:37 ID:p4fuPdeP
この人の作品では『パンドラケース』が面白かったな。
昭和40年代のいろんな犯罪事件を、一連のものとして関連づけちゃう強引さが良かった。

507 :名無しのオプ:2006/11/12(日) 00:58:57 ID:sn/FoM8k
>>506
動機とか、けっこうせつなかったけどね・・・


508 :名無しのオプ:2006/11/17(金) 22:15:01 ID:qKvOC0Dm
しかしアリサは同級とはいえ、チョーサクと混浴して平気なんだろうか。
40越えると平気なのかな。

509 :名無しのオプ:2006/11/23(木) 13:29:40 ID:9++NKMhj
『いじん幽霊』文庫化(集英社文庫) 予12/15
 私は、文庫化されないと読まないので待ち遠しかった。このシリーズの1は面白かったんだけど、2は旅に出たせいかいまいちだと思っていた。
今回のは、概要を見る限り、広目屋の仕事が大きく絡んでいるみたいだし、場所も一箇所(横浜)みたいなので期待しています。

同じ日に、『開封 高橋克彦』(道又 力)も文庫化(講談社文庫)。と書いてみたが、こういう本があることを全然知らなかった。

510 :名無しのオプ:2006/12/17(日) 15:19:45 ID:jUfOWDWC
文庫化あげ。

『開封 高橋克彦』って、女風呂で水中眼鏡使って怒られたという
作者の自伝小説が載ってるやつだっけ・・・



511 :名無しのオプ:2006/12/17(日) 16:37:16 ID:QXGiAbe/
事前に連絡いただければ、無料で当書店で出版されている全書籍をセットで配布いたします。

ご連絡はこちらのアドレスまで el-dorado@hotmail.co.jp

512 :名無しのオプ:2006/12/18(月) 00:26:09 ID:yw1dSrJ2
ナニコレ

513 :名無しのオプ:2006/12/18(月) 23:28:41 ID:oZaz0wnB
高橋克彦は短編が秀逸だな。
私の骨、髪の森、寝るなの座敷・・・。
逆に長編はイマイチかも。トンデモネタ好きにはたまらんが短編ほど上手くない。

514 :名無しのオプ:2006/12/19(火) 00:02:04 ID:ZfKrxHjo
最近の短篇はアレだけど・・・


515 :名無しのオプ:2006/12/19(火) 00:31:08 ID:HyOLxf6h
自薦短編集出てたのを積読状態にしてたのを思い出した
中身は一度読んだ事ある作品ばかりではあるが
いじん幽霊あたりも買ってきて正月休みにまとめて読むか

この人の長編は、何だかよく分からんけども楽しいって気にさせるのが上手いって感じだな
トンデモネタは、、まぁお約束だと思って読んでる
またかまたかと思いながらも読むのを止める気になった事は無いな

516 :名無しのオプ:2006/12/19(火) 01:08:54 ID:/eFWjLIf
自薦短編集って1万円のヤツ?
俺も持ってるw

517 :名無しのオプ:2006/12/19(火) 01:19:51 ID:HyOLxf6h
んにゃ、眠らない少女っていう文庫本です
もちろん単行本なんだろうけど、1万のなんてあるのは知らなかった

鬼の話を集めた5000円くらいのやつとかは見かけたけど、未収録の短編に惹かれつつ5000円でも値段に挫けてスルーしたヘタレファンです…

518 :名無しのオプ:2006/12/19(火) 01:28:46 ID:HyOLxf6h
今検索してたら出てきた
「高橋克彦特選短編集」ってやつか
限定999部、定価10000円…
画像見るとちょっと欲しくなってくるような…

519 :名無しのオプ:2006/12/19(火) 01:43:20 ID:/eFWjLIf
>>518
そう、それそれw
直筆サイン入りだけど、中身は他で読めるヤツだから余程のマニアじゃないと・・・。


520 :名無しのオプ:2006/12/19(火) 15:06:16 ID:1e6bnNOT
>>514
化け物が媒介する怖さを描いていたから怖かったし面白かったが、
化け物そのものの怖さを描かれても「ふーん」で済んじゃうんだよなあ。

521 :名無しのオプ:2006/12/19(火) 18:29:41 ID:P8yJsQRP
2〜3年に一度は12月に『元禄〜』を読み返してしまうのだが名作だと思わない?

522 :名無しのオプ:2006/12/19(火) 20:19:38 ID:ZfKrxHjo
それは井沢元彦の?
名作だというのには同意。

523 :名無しのオプ:2006/12/23(土) 18:03:41 ID:G/b9NuUd
高橋克彦作品(現代モノ)ってセリフっていうか会話が不自然じゃね?
短編は、シンプルに徹してるのかな?とも思ったが、長編も別に変わんないし・・・。
なんつーか、キャラクターの個性がないっつーか、人間味がないっつーか。
リアリティがない。現実にこんな喋りのヤツいねーよって思う。

524 :名無しのオプ:2006/12/23(土) 20:49:21 ID:DxQzRuzf
>現実にこんな喋りのヤツいねーよ
この辺は大抵が娯楽的、漫画的な作品だからそんなもんなんじゃないかと
俺はあんま気になった事ないな
ちょっと古い映画やドラマみたいなもんだと思えばいいんでないの

個性に関しても、台詞回しで分かりやすいキャラクター付けをよくする人では無いと思うけど、
そんなに珍しい例だとも思わないなぁ

525 :名無しのオプ:2006/12/23(土) 21:03:16 ID:w0KxL5Gp
>>523
>現実にこんな喋りのヤツいねーよって思う。

小説ってたいていそうだと思うけど

526 :名無しのオプ:2006/12/26(火) 23:35:36 ID:EqdoJKq3
「〜だわ」とか「〜かしら」とか「〜よね」言う女だって
小説なら普通だけど現実は稀だし。

527 :名無しのオプ:2006/12/26(火) 23:58:13 ID:FSj6XXLq
「〜よね」はいるような気がする。



528 :名無しのオプ:2006/12/27(水) 00:18:55 ID:koKbTaM1
「うはおkテラワロス」とか言えばいい作品かって話だな。

529 :名無しのオプ:2006/12/27(水) 01:05:38 ID:eJ4AWq9K
それもリアルで言うやつはいない

530 :名無しのオプ:2006/12/28(木) 20:19:15 ID:wRX3n7ea
会話が不自然かどうかはあまり気にならないけど、話がすすむにつれて
仲良しクラブの馴れ合いみたいになるのはどうにかしてほしいっす。

531 :名無しのオプ:2007/01/02(火) 01:53:04 ID:VcwisRXz
「刻謎宮」のアマゾンでの紹介文を読んでいると、
ついていけるかどうか不安なのですが、
読まれた方、感想お願いします。

532 :名無しのオプ:2007/01/03(水) 08:55:19 ID:Y69rRHuA
他の伝奇ものがおもしろいと思えたなら大丈夫
登場人物の名前が沖田総司とかマタハリになってるだけだから

533 :名無しのオプ:2007/01/03(水) 20:57:29 ID:u7LGhqDM
>>532
ありがとうございます。今度読んでみます。
あらすじとか読んで面白そうだと思って読んでもつまらなかったって
パターンはよくあるけど、高橋さんのは逆のことが多いんですよね。


534 :名無しのオプ:2007/01/17(水) 14:40:34 ID:V/fwLG4v
竜の柩まだちょっとしか読んでないけど
宗像ってのは同じ伝記系としての漫画の宗像教授からとったのかな
だったら、うれしいな

535 :名無しのオプ:2007/01/17(水) 18:58:00 ID:afvF0fYD
竜の柩の方が先じゃね?

536 :名無しのオプ:2007/01/22(月) 19:57:58 ID:CtZHM+2f
はるかに先です

537 :名無しのオプ:2007/02/03(土) 00:03:28 ID:nW2FSEcB
高橋克彦原作大河ドラマ北条時宗に出演
2007年AV業界激震の超大型新人登場!芸能人です!
しかもN●K大河ドラマ主役級!森●乳業CM!数々の大舞台で活躍した
正真正銘の芸能人聖乃マリアちゃんがAVデビュー

538 :名無しのオプ:2007/02/03(土) 00:44:35 ID:nW2FSEcB
◆井上 麻衣(いのうえ・まい)
【生年月日】1986/02/12
【所属】ジェイ・クリップ
【大河ドラマ出演歴】
葵 徳川三代 和子


539 :名無しのオプ:2007/02/06(火) 20:04:58 ID:pWPVgv5q
ドールズだけ読んだ。
結構面白かった。

540 :名無しのオプ:2007/02/07(水) 03:33:31 ID:kWF3ayAO
ドールズ凄く好き。一番好き。
四冊目はいつになったら出るのやら。
野性時代立ち読みしてみても途中からだとワケ解らんのだよな…

541 :531=533:2007/02/07(水) 23:38:22 ID:woMgRjeW
刻謎宮、読みました

>>532
まさにその通りでした。楽しく最後まで読めました。
次は竜の柩にしようかな

542 :名無しのオプ:2007/02/19(月) 00:47:36 ID:gjatCSKu
芙蓉かわいいよ芙蓉


543 :名無しのオプ:2007/02/19(月) 21:14:09 ID:45ZD+gTl
文春に連載してた騙しゑ歌麿面白かったな
あと読売新聞に連載してたやつも

544 :名無しのオプ:2007/03/10(土) 22:19:14 ID:7T6gLK3K
高橋克彦氏の作品で、内容はぼんやり記憶しているのですが
タイトルが思い出せずこちらに伺いました。
そうしたらちょうどすぐ上に出ている『竜の柩』というタイトルに
思い当たるふしがあり、検索してあらすじ等確認したのですが
いまいち確証がつかめません…。

最終巻で偉人たちのいる死後の世界(のような場所)に行ったり、
戻って来たと思ったらタイムスリップしていた……といった内容の
作品で合っているでしょうか?
氏の他の作品と頭のなかでごっちゃになってしまって、すみません。

545 :名無しのオプ:2007/03/11(日) 10:20:17 ID:OvE5ozNg
「竜の柩」「霊の柩」「総門谷」「あやかし」あたりをごっちゃにしてる気がする

546 :名無しのオプ:2007/03/11(日) 22:44:30 ID:P8dtSmlQ
倫敦暗殺塔読みオワタ。
史実とミステリーの組み合わせが良く出来ててキャラも良くて面白かった。
解説読んでみたら総門谷と同じ頃の作品なんだねこれ。

>>544
>戻って来たと思ったらタイムスリップしていた
そういうパターンは確実に読んだ覚えがあるんだが、何だったか思い出せないなー。

タイムスリップやら異世界やらってのはトンデモ系の高橋作品にはよくありすぎるパターンなので、
そこだけ取り出されても分かりにくいよ。

出てくる偉人の名前とかもうちょっと他に憶えてることはないの?

547 :名無しのオプ:2007/03/12(月) 20:53:39 ID:CkqhZTpB
>>545
まさに『あやかし』の話をしている途中で
「そういえばこんな作品があったな」と思い出したので、
混同している可能性は大いにあります。すみません。

>>546
その異界では一人一部屋ずつ住むところが与えられたり、
集会所があったり、食べる物はいくらでも支給されたり…
といった雰囲気だった気がします。

なんにせよ自分でも情報があやふやすぎると思うので、
今度時間を作って図書館なりで確認してみようと思います。
こんな疑問にお答え下さって本当にありがとうございました。

548 :名無しのオプ:2007/03/12(月) 22:45:15 ID:kftbT8C2
たぶん総門谷だ

114 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)