5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

鮎川哲也賞

1 :名無しのオプ:01/08/26 20:56 ID:7d/BLX6I
http://www.st.rim.or.jp/~kobashin/ayukawas.html

どうですか?

2 :名無しのオプ:01/08/26 21:04 ID:/khJo96g
クソだな。

3 :名無しのオプ:01/08/27 01:19 ID:eWrxE89A
満坂太郎って人だけ全然知らないんだけど、誰か読んだ人いる?

4 :名無しのオプ:01/08/27 03:54 ID:UAi1lJ8E
門前は、「死の命題」がかなりツボに嵌ったので、期待大。

5 :名無しのオプ:01/08/28 03:38 ID:gSc3qkNs
本格でバカミスって感じだったね>死の命題
受賞作は『人を喰らう建物』→『建築屍材』と題名変更されて刊行予定。

6 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

7 :名無しのオプ:01/09/02 19:08 ID:ak9uvAk6
『建築屍材』もう出たの? 読んだ人いる?

8 :名無しのオプ:01/09/21 18:38
ちょっと暇なので歴代受賞作・候補作で文庫化されてる奴について調べてみたよ。

第0回「卍の殺人」(創元推理文庫)1999.1
第1回「殺人喜劇の13人」(講談社文庫)1998.10
第2回「不連続線」(光文社文庫)1999.3
第3回「ななつのこ」(創元推理文庫)1999.8
第4回「凍える島」(創元推理文庫)1999.9
   候補作「慟哭」(創元推理文庫)1999.3
第5回「化身」(幻冬舎文庫)1999.6
第6回「狂乱廿四考」(角川文庫)2001.8
   佳作「繭の夏」(創元推理文庫)2001.6
第7回「海賊丸漂着異聞」 未文庫化
第8回「未明の悪夢」 未文庫化
第9回「殉教カテリナ車輪」(創元推理文庫)2001.7
第10回 該当作なし

第8回の谺健二氏は他の出版社から本出してるから文庫化の可能性有りだけど、
第9回は完全な一発屋っぽいんで文庫化されないんだろうね。

9 :名無しのオプ:01/09/21 18:50
>>8
最近文庫化されなかったっけ?(w

10 :名無しのオプ:01/09/21 18:56
受賞者で大成したのいる?

11 :名無しのオプ:01/09/21 19:11
芦辺拓

12 :名無しのオプ:01/09/21 19:45
加納朋子

13 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

14 :名無しのオプ:01/09/21 22:27
>>9
第七回の間違いと思われ

北森と加納が推理作家協会賞とってるし候補作で後に出版されたのも多いからサンミス賞や横溝賞よりは堅いかな。

15 :8:01/09/21 23:49
あう、第七回が一発屋だと言いたかったです。
すんません。

16 :名無しのオブ:01/09/22 00:21
>>8
第8回候補「名探偵に薔薇を」創元推理文庫が抜けていると思われ

17 :名無しのオプ:01/09/29 18:39
『建築屍材』やっと出た。

18 :名無しのオプ:01/09/29 18:41
>>17
読んだら感想聞かせてね

19 :名無しのオプ:01/10/01 23:55
『建築屍材』近所の本屋にはまだ並んでいない。
『創元推理21』はあったのに。

20 :名無しのオプ:01/10/02 10:05
『建築屍材』は蜘蛛手が探偵役みたい。
そのつながりで『死の命題』が創元から文庫化するらしい。

21 :名無しのオプ:01/10/02 17:08
笠井潔の選評は、創元短編賞への皮肉に読める。
もったいぶって(?)受賞作をなかなか出さないことへの。

22 :名無しのオプ:01/10/02 19:23
いや、笠井潔は基本的に、新人賞は応募作の最上作品に与えるべき、
という持論の人だから。

23 :名無しのオプ:01/10/03 04:48
『建築屍材』、読みました。
うーん、文章は「死の命題」よりも上手くなっているけど、
トリックは「死の命題」の方が良かった気がする・・・。

24 :名無しのオプ:01/10/08 00:30
死の命題ってなんなんだと思ってたら自主出版してた本なんだね。
創元推理21買ってやっと知った。
創推文庫に入らないかな。

25 :名無しのオプ:01/10/08 01:05
>>23
何!前はあれ以上に酷かったのか!

>>24
入るみたいですよ。

26 :名無しのオプ:01/10/08 01:33
鮎川本人は選考委員に復活したんだ。
たしか高齢を理由に降りたと聞いたけど。

27 :名無しのオプ:01/10/10 09:18
>>26
選評の文章もしっかりしてね。
鮎川じいさん、まだまだいけるぜ!
白樺邸、よろしくたのんまっせ!

28 :名無し:01/10/12 17:43
『建築屍材』読んだけど、ダメっすね。
鮎川賞ワースト3に入る。

ちなみに他の2作は、石川真介とコダマ健二。

29 :名無し~3.EXE :01/10/12 17:47
芦辺拓がいちばん面白かったと思う。

30 :名無しのオプ:01/10/12 22:59
えっ、コダマ駄目なの?文庫化したら買おうと思ってたのに。

31 :名無しさん:01/10/12 23:54
>>30
奴は文章がヘタクソ。
門前もそう。

32 :名無しのオプ:01/10/13 00:40
文章はいいよ、コダマは。
本格作家にしては描写力は一級だと思う。

ただね…本格って子供っぽい遊戯なんだよ、所詮。
金田一少年がヒットしたのは、だからなのよ。

コダマの小説としての描写と、本格に求められるトリックの遊戯性が、どうにも絡まない。
落差が激しすぎて、脱力する。
この人は、それを上手く処理できない。

コダマは、本格ミステリを離れたものを書いたほうがいい。
そしたら、直木賞も夢じゃない。
充分に読者を感動させる描写力と構成力はあるんだから。
頑張ってほしい。

33 :名無しのオプ:01/10/13 01:09
32は良いことを言った。
全くそのとおり。

34 :名無しのオプ:01/10/13 01:38
「殉教カテリナ車輪」は、島田荘司に受けがいいように書いてるような気がして、なんとなく厭だったな……
(「カテリナ車輪」は占星術の黄道十二宮の事です)

35 :名無しのオプ:01/10/13 11:40
>>34
あきらかに考えすぎだろ。

36 :名無しのオプ:01/10/13 15:35
>>26
 鮎川賞の表彰式で、鮎川先生は介助されながら壇に上がり、
シャーロックホームズ像授与という段取りでアシの女から像を
渡されたら、自分がもっらったのだと思いそのまま抱えて、
壇から降りようとして、司会者が「受けとって下さい!」と
マイクで叫んで、受賞者が引っ手繰って事無きを得た。選考文は
別人が書いているのではと思われ…

37 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

38 :名無しのオプ:01/10/13 16:52
>>36
うわっ、ネタにしてもなまなまし。
っていうかネタであってくれ。

39 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

40 :名無しのオプ:01/10/13 19:36
>>36
その様子だと白樺荘事件は出そうにないね。

41 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

42 :名無しのオプ:01/10/15 21:26
「建築屍材」はすごいつまらなかった。とても取り柄が見つからないよ。

43 :名無しのオプ :01/11/01 00:15
鮎川哲也賞、締めきりage。

44 :名無しのオプ:01/11/01 02:42
>>36
鮎川賞はホームズ像じゃない。コナン・ドイルの頭だよ。

「建築屍材」、期待してたけどダメダメだったねぇ。もろメフ
ィスト賞って感じ。ハードカバーの値段でこれはキツい。>>42
の「とても取り柄が見つからない」に全面同意。

45 :名無しさん:01/11/01 23:28
まったくヘタレな今回の受賞作。
もはやこの賞もおしまいかなあ。

46 :名無しのオプ:01/11/01 23:49
水準が高かったのって第何回?

47 :名無しのオプ:01/11/02 12:37
100くらい応募はあるわけで、もう少し良いのが来てるはず。
で、提案。
@ 3本くらいしか最終候補に残さないのをもう少し増やす。
A @がダメなら、予選委員の入れ替え。見る目がないようなので。

短編賞の最終候補数も少なすぎる。あれでは、無難な欠点のない作品が残る訳で、それを
「特徴がない」
とかの理由で受賞作なしにするのは、それはシステムの不備。

48 :名無しのオプ:01/11/07 11:14
特徴のある作品が最終選考まで行ってしまえば、選考委員は麒麟児島田なので、一発逆転あり。

49 :世界@名無史さん:01/11/18 05:52
鮎川哲也は見る目がない。
というか、時代遅れ。
なんで審査員に復帰したんだ?

50 :名無しのオプ:01/12/19 06:34
サルベージ

51 :名無しのオプ:01/12/20 00:44
そんなに老化が進んでるなら、『白樺荘事件』は
後半を別の作家が書き継ぐことになりそうだな。
過去にも山村美沙の遺作を西村京太郎が書き継いだ
とか、ミステリーには結構、例が多いよね。
既に出版社は、後任の人選に入ってたりして(笑)。

52 :名無しのオプ:01/12/20 02:03
意外と白樺荘はとっくに書き終えていて、金庫に入れたままになっているのを
鮎川翁が忘れているだけかもしれん。
死後にきっと出てくるよ。

>>51
>そんなに老化が進んでるなら
ワラッテシマッタデハナイカ。

53 :ねつてつ 狂えよ!狂っちまいなよ!!:02/01/08 17:09
ねつてつ 帰れ!帰れ!二度とクルナ!!!

54 :A.M.:02/01/09 13:03
東京創元社のページで第12回鮎川哲也賞の一次選考の結果が
発表されていましたのでご報告まで。8編が通過とのこと。

55 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

56 :名無しのオプ:02/01/22 12:58
速報 第12回鮎川哲也賞
最終候補作品決定

1月16日、鮎川哲也賞の第2次選考が行われ、昨年12月に1次予選を通過した8編のうち、次の5編が最終候補作に決定しました。

 「過ぎ去りし時の彼方から」 鷹将純一郎
 「楽土(らくど)を出(い)づ」 江東うゆう
 「スクリプトリウムの迷宮」 富井多恵夫
 「ファミリー・シークレット」 岸田るり子
 「ヘビイチゴ・サナトリウム」 ほしおさなえ

 なお、最終選考は鮎川哲也、笠井潔、島田荘司3氏により2月末に行われる予定です。


57 :名無しのオプ:02/01/22 16:29
鮎川哲也、笠井潔、島田荘司
の三人に選ばれたことが名誉になるのかね


58 :名無しのオプ:02/01/22 20:39
本格ものの世界なんだから、なるだろうな。
いいんじゃない? ハードボイルドや
冒険小説に贈る賞なら、「なんで?」だけど(w


59 :名無しのオプ:02/02/05 14:22
一次選考を通過したけど二次選考で落選した作品が3作あるけど、
作者の皆さんは「何だよーぬか喜びさせてさ」と思ってるのか、
(何せHP上で一次結果発表から二次結果発表までたった1週間)
それとも、一次選考だけは通過したことがわかって嬉しいのか。

どっちだろ?

60 :名無しのオプ:02/02/05 16:36
満坂太郎ってひと光文社文庫で時代小説出してるね。


61 :名無しのオプ:02/02/17 22:42
さるべーじ

62 :A.M.:02/03/12 10:38
第12回鮎川哲也賞決定記念あげ。

63 :名無しのオプ :02/03/12 10:45
誰に決まったん?

64 :A.M.:02/03/12 10:48
『スクリプトリウムの迷宮』富井多恵夫
とのこと。詳しくは東京創元社のページをご参照あれ。

65 :名無しのオプ:02/04/12 15:08
さるべーじ

66 :A.M.:02/04/12 16:01
今回の鮎川哲也賞の最終候補に残った作品のタイトルを見てみると
「スクリプトリウム」に「サナトリウム」と「〜リウム」が二つも。

ちょっとした質問スレッドの、ミステリーには「リノリウム」の床
という用語をよく見かけるという話題を思い出してしまった。

67 :名無しのオプ:02/06/08 11:48
age

68 :名無し~3.EXE :02/07/08 15:04

|⊂⊃;,、
|・∀・)  ダレモイナイ・・オドルナラ イマノウチ
|⊂ノ
|`J



       ♪  ,,;⊂⊃;,、
     ♪    (・∀・∩)   カッパッパ♪
          【( ⊃ #)    カッパッパ♪
           し'し'



     ♪    ,,;⊂⊃;,、
       ♪  (∩・∀・)   カッパッパ♪
           (# ⊂ )】    カッパッパ♪
           `J`J



69 :名無しのオプ:02/07/09 10:40
みたよー

70 :名無しのオプ:02/07/15 16:28
さるべーじ

71 :名無しのオプ:02/07/27 16:22
飛鳥部勝則氏の絵の個展があります。
 銀座の「画廊 宮坂」8月26日から31日。電話03-3546-0343

72 :名無しのオプ:02/08/23 12:06
保全age

73 :名無しのオプ:02/09/22 21:48
保全

74 :名無しのオプ:02/09/22 21:51
また揚げ荒らしか

75 :コギャルとH:02/09/22 21:52
http://tigers-fan.com/~pppnn

女子中高生とHな出会い
  ロリロリ児童とHな?
  2チャンネルで超有名

76 :名無しのオプ:02/09/26 17:28
ageないと。

77 :名無しのオプ:02/10/23 11:03
ヤパーリ地味ですね

age

78 :名無しのオプ :02/10/29 17:28
『スクリプトリウムの迷宮』誰か読んだ?
感想キボンヌ


79 :名無しのオプ:02/10/29 17:30
禿でない作家のミステリはつまらんね。
スクリプトリウムもつまらん。
ミステリ作家はすべからく全身の毛が抜けるほど頭をつかうべし

80 :名無しのオプ:02/10/29 18:04
まるでそれじゃハゲの作家が頭使っているみたいじゃないか・・・
ハゲじゃない作家のほうが面白い作品多いよ。

81 :名無しのオプ:02/10/29 18:31
江戸川・鮎川の後継者たらんものは皆すべからく禿げるべし。

82 :A.M.:02/10/29 18:43
ははは。鮎川哲也の『朱の絶筆』にあった、本格の書き手は
おしなべて頭髪が薄いという一節を思い出しますね。


83 :名無しのオプ:02/10/30 00:54
禿頭よ永遠なれ!
土瓶! 茶瓶!! 禿茶瓶!!!

84 :名無しのオプ:02/11/09 23:32
髪一本

85 :名無しのオプ:02/11/25 20:22
ていうか、俺も様子見なんだけど、「スプリクトリウム」面白いの?
作者がむかつくとか、そういう評判しか聞いてない・・・

86 :フェチ:02/11/25 20:28

http://www.freewebz.com/kotish/cgi-bin/img20021122154429.jpg




87 :名無しのオプ:02/11/25 21:22
>>85
時間の無駄。

88 :名無しのオプ:02/11/26 01:06
>>79
ユキトと禿人を忘れるな

89 :名無しのオプ:03/01/01 23:38
鮎哲賞はどこへいくのでしょうかアゲ

90 :名無しのオプ:03/01/02 00:27

お空の星になるのですアゲ

91 :名無しのオプ:03/01/05 13:35
去年出た新人賞作品で、いちばん面白くなかった > 写本室

入れ子構造であれば、それだけで受賞作になれるのかと言いたい。。。

92 :名無しのオプ:03/01/05 13:40
>入れ子構造であれば、それだけで受賞作になれるのか
アハハハハハハハ

93 :名無しのオプ:03/01/05 13:40
ロンドと足して2で割ればチャラ

94 :山崎渉:03/01/23 18:31
(^^)

95 :名無しのオプ:03/02/22 03:43
13回の最終候補作品がいつの間にか決定していましたね。
友人の作品があってびっくりしますた。

96 :山崎渉:03/04/17 15:58
(^^)

97 :山崎渉:03/04/20 02:48
   ∧_∧
  (  ^^ )< ぬるぽ(^^)

98 :山崎渉:03/04/20 06:59
   ∧_∧
  (  ^^ )< ぬるぽ(^^)

99 :山崎渉:03/05/22 05:03
━―━―━―━―━―━―━―━―━[JR山崎駅(^^)]━―━―━―━―━―━―━―━―━―

100 :名無しのオプ:03/05/22 21:31
100

101 :山崎渉:03/05/28 12:14
     ∧_∧
ピュ.ー (  ^^ ) <これからも僕を応援して下さいね(^^)。
  =〔~∪ ̄ ̄〕
  = ◎――◎                      山崎渉

102 :名無しのオプ:03/06/11 12:44
最近の受賞者は伸びてないな。
北森コウくらいまでか・・・

103 :名無しのオプ:03/06/11 14:05
そういや「スクリプトリウム」の勘違いヴァカはどうなったのかな?

104 :名無しのオプ:03/06/11 15:31
第二回受賞者もかなりの勘違いヴァカだよね


105 :名無しのオプ:03/06/11 17:42
まあでも第二回のヴァカはヴァカなりに生き延びてるのは偉い。
なんか新刊が出たそうだし。

106 :山崎 渉:03/07/15 10:46

 __∧_∧_
 |(  ^^ )| <寝るぽ(^^)
 |\⌒⌒⌒\
 \ |⌒⌒⌒~|         山崎渉
   ~ ̄ ̄ ̄ ̄

107 :山崎 渉:03/07/15 13:29

 __∧_∧_
 |(  ^^ )| <寝るぽ(^^)
 |\⌒⌒⌒\
 \ |⌒⌒⌒~|         山崎渉
   ~ ̄ ̄ ̄ ̄

108 :名無しのオプ:03/07/29 17:55
ほしゅ

109 :名無しのオプ:03/07/30 20:51
うらわがやった

110 :名無しのオプ:03/07/30 21:06
お前、もう来なくて良いよ。

111 :山崎 渉:03/08/02 01:54
(^^)

112 :山崎 渉:03/08/15 15:50
    (⌒V⌒)
   │ ^ ^ │<これからも僕を応援して下さいね(^^)。
  ⊂|    |つ
   (_)(_)                      山崎パン

113 :名無しのオプ:03/08/24 20:25
「未明の悪夢」を読んだ。あまり評判が良く無さそうだったんで、心配していた
んだけれど、結構面白かった。ただこれは意地悪な見方をすれば被災者ならでは
の阪神大震災の描写に引っ張られているという感も無きにしもあらずだった。
特に地震発生前の様々な登場人物の視点による描写の印象が薄くて後半の謎解き
と巧く絡んでいかないのは大きな問題。

それでも他の作品も読んでみたいなという気はした。雪御所圭子はあまり言及
されないが、中々良いキャラだと思った。最近「少年A」を主人公にした雪御所
モノが出たみたいだけれど読んだ人いる?感想を聞かせてもらえたら嬉しいな。

鮎哲賞自体の話題に戻るとここ2年の受賞作は話題にならないというより語るに
値しないという扱いをされている気がする。本格でデビューしたい人はメフィスト
賞などに流れてしまっているんだろうね。このままだとこの賞の存在意義が問われ
そうな気がする。(歴代受賞者を見ると結構良い面子なだけにこのまま消えるの
は惜しまれる)

114 :名無しのオプ:03/09/01 07:05
やっぱり賞金が印税っーのが弱いよな・・・
実質百万円くらいか?

115 :名無しのオプ:03/09/01 07:07
>>114
メフィスト賞だってそうじゃん。
百万とはイワネーだろ。


116 :名無しのオプ:03/09/01 18:32
今月の新刊予定に受賞作がないのは『ミステリーズ!』の影響?

鮎川哲也賞・『ミステリーズ!』短編賞
ttp://www.tsogen.co.jp/reception/syo.html

選考委員に山田正紀が加わってたのね。知らんかった。

117 :名無しのオプ:03/09/02 05:50
>>115
メフィスト賞は当たれば増刷の嵐→印税たくさん
アユテツ賞→あんまし売れなそう

乱歩賞の賞金=印税だった時代は、平均で500万円〜800万くらい
もらえたそうだ。岡島二人なんかはあんま売れなかったが、
高橋克彦はすごかったらしい。

118 :名無しのオプ:03/09/02 15:30
なんで岡島二人売れなかったんだろう?
競馬がテーマだから引かれたの?

119 :名無しのオプ:03/09/02 16:57
>>118
スレ違いだが、売れなかったといって、乱歩賞への注目度がある種ピークの時代だったし、
井上夢人氏当人の感じ方がどうあれ、それを鵜呑みにしちゃいかんと思う。
そもそも今とは本の売れ行きが違う。

まあ、大多数の読者は「題材」に惹かれがちで(たとえば『写楽殺人事件』)、
『焦茶色のパステル』みたいに、素材の料理の「巧さ」を狙った作品は通好みになりがち。
「売れない」ことがあったとしたら、そういう意味だろう。

とはいえ、当時の岡嶋二人はまさに大々メジャー、日の当たる作家という感じだった。
『おかしな二人』の中に、ある会で同席した島田荘司から軽い嫌味を言われる場面があるが、
当時不遇だった島田氏からそう言われるのも当然なぐらいの勢いがあった。

120 :名無しのオプ:03/09/05 06:15
鮎川哲也賞は、懐古的本格を志向する中年以上の投稿者が多そうだ。
「メフィスト賞なんか恥ずかしくて・・・・」とか思ってそう。
だから平均的で古臭いのしかできんのだろう。そりゃ若者には売れんわな。

121 :名無しのオプ:03/09/05 07:40
>>120
懐古的なら懐古的でいいんだけど
「何じゃゴルァ!」と叫ばせるようなド本格は集まってないような気がする
少なくとも選ばれてはいないような

122 :名無しのオプ:03/09/05 12:02
賞金が印税ってわざわざ書くって事は、
他の賞では受賞作の印税はもらえないんでしょうか?

>>119
島荘だって斜め屋敷は増刷かかるくらい売れてるんだけどね。
なんか彼の言うこと聞いてるとまったく売れんかったようにきこえるけど。

123 :名無しのオプ:03/09/08 06:52
以前は(事実上)唯一の本格ミステリの登竜門だったが、
メフィスト賞他、持ち込み系新人賞のおかげで存在意義が減じたのは
否めない。「日常の謎」に活路を見出すといってももう食傷ぎみだし。
なんとかせんと、応募数50切るぞ。

124 :名無しのオプ:03/09/08 07:16
賞金が印税のみ
ハードルが高い
鮎川哲也そのものが一般人の間での知名度が低い(乱歩や正史に比べて)
東京創元社は将来的に面倒みてくれない(文庫化もしてくれないし)

125 :名無しのオプ:03/09/08 07:37
>>124
確かに文庫化は遅いが、してない受賞作家は、頼りない
創元を見限ったり、袂を分かつたりした人々。北森こうとか。

126 :名無しのオプ:03/09/14 23:44
実際、鮎川賞のテコ入れ手段って何かないもんかねえ。
鮎哲ファンとしては寂しいものがあるよなあ。

127 :名無しのオプ:03/09/15 01:37
テコ入れ → 二階堂禿審査員入り → 終了

128 :名無しのオプ:03/09/15 06:35
それでは「デコ入れ」になってしまう。

129 :名無しのオプ:03/09/15 16:18
だーかーらー、そんなんじゃなくってさ。
このままだと完全にフェードアウトだよ、鮎哲賞。

130 :名無しのオプ:03/09/16 00:43
結局は集まってくる作品の問題でしょ。
それは投稿者任せしかないわけで。
「日常の謎は禁止」とうたうわけにもいかないし。


131 : :03/09/16 01:13
いつだったか島荘が京極に声かけたけど断られたんだよねぇ。
京極が審査員にいれば少しは話題になると思うんだが。

132 :名無しのオプ:03/09/16 02:43
>>131
オイオイ、島荘は何の権利あってそんなことを・・・

133 :名無しのオプ:03/09/16 06:57
以前みたいに「〜の13」とか企画して、
13番目の椅子だけ新人に与えたら? もちろん1〜12は
一流どころで固める。名誉的にはメフィ賞よりも数段上。

134 :名無しのオプ:03/09/16 07:22
本好きちゃんねるにもどうぞ

http://jbbs.shitaraba.com/movie/1973/

135 :名無しのオプ:03/09/16 07:33
なるほど、《鮎川哲也と十三の謎 part2》か……。
でもって、目玉を『白樺荘事件』にすると(コラコラ)。

もっとも、もともとの《十三の謎》に入るべきものだったものね
『白樺荘』は。

136 :名無しのオプ:03/09/16 13:34
本格ミステリ作家クラブがもっと鮎哲賞を保護してやるべきなのに…
音羽とくっついちゃっているからなぁ…
鮎哲賞も光文社あたりと共同でやっていかないといけないのかなぁ。

137 :名無しのオプ:03/09/16 18:19
 巷談社の本格ミステリフェスティバルも例の子供向けのミステリランドも
 鮎賞デビュー作家はみごとに排除されてるもんなあ


138 :名無しのオプ:03/09/17 18:01
育ったのは加納と貫井くらいなもんか。

139 :名無しのオプ:03/09/24 16:34
北森鴻もいれて。

A級:加納
B級:芦辺・貫井・北森
C級:二階堂・近藤・愛川・飛鳥・鯨
D級:石川・谺
E級:満坂・後藤

140 :名無しのオプ:03/09/25 08:16
ん? 鯨も鮎川賞に応募していたの?
「飛鳥」は「飛鳥部」のことかな?

141 :名無しのオプ:03/09/25 09:57
>>139
多分に主観が混じっていると思われ。
最終選考作の貫井を入れたら二階堂が出てくるのはわかるけど、
そこから西澤保彦や柄刀一が抜けてるのはどうかと。


142 :名無しのオプ:03/09/25 10:58
才能の発掘度具合でいったら、他の賞と比べて大して劣ってるわけではないな。
横溝正史賞とかサントリーとかよりはいいし。

一時の日本サスペンス大賞みたいな事は無理にしてもまずまずかな。
ただ、地味なのしか生まれないのね。

143 :名無しのオプ:03/09/25 11:29
良くも悪くも本格に特化した賞だから、ここ出身の書き手は、
一点に秀でる反面、メジャーになるにはクセがありすぎるのだろう。
他の賞が、全体的にうまくまとまった作品が受賞しやすいのと対照的だな。
C級以下となると、本格は上手くても小説がダメダメな奴が目立つから、
一般レーベルでは使いにくいだろうし。
そういえばここ出身で、推理漫画の原作者に転向した奴いなかった?

144 :名無しのオプ:03/09/25 12:04
城平京

145 :名無しのオプ:03/09/25 15:15
>>143
城平を忘れちゃいけない。貫井と並ぶ出世頭だよ。

146 :名無しのオプ:03/09/25 16:36
城平の場合、現役時代にパッとしなかったプロスポーツ選手が、
引退後タレントに転身して成功したようなもんだがな。

147 :名無しのオプ:03/09/25 19:08
>>141
一応、鮎川賞とそれに準じる形での東京創元社デビューということでは?
二階堂は創元から本は出してないけど、第1回の佳作受賞者だし。

これに対し西澤・柄刀は純粋の他社デビュー。
もっとも柄刀のデビュー作は鮎川賞候補作だから含めてもいいと思うけど
西澤の「解体諸因」はそれとも違う講談社向けの書き下ろしだしね。

148 :名無しのオプ:03/09/26 00:39
結局、売れるためには本格色を薄めなきゃダメだし。

149 :名無しのオプ:03/09/26 01:39
>>148
本格色が濃くて売れないのはしょうがないと思うんだよね。
悲しいのは、内田康夫スレや西村京太郎スレでいつも話題になるように
小説としての完成度まで下げないとお金がもうからない点。

ベストセラー作家たちは、ある時点でそのあたりを見切ったんだろうね。
鮎哲系作家も、そうなる日が来るのか。

150 :名無しのオプ:03/09/26 02:16
確かに、>>139でB級以上にあげられてるのって、
本格部分以外での上手さや面白みがある連中ばかりだもんな。

151 :名無しのオプ:03/09/26 08:58
芦辺から本格を抜くと……(;´Д`)

152 :名無しのオプ:03/09/26 13:48
「鮎川哲也賞本格ミステリ叢書」の企画やれば?

芦辺・石川・加納・近藤・愛川・北森
・満坂・谺・飛鳥部・門前・後藤の受賞者11人に、
二階堂・倉知・鯨・城平・藤田・永井・大倉あたりを加えてとっておきの
ネタを使って書いてもらう。

もう現役なのかそうでないのか分からんやつもいるが。

153 :名無しのオプ:03/09/26 13:49
しまった藤田ではなく村瀬継弥だった。



154 :名無しのオプ:03/09/26 19:52
>>152
このメンツだと、書かずにバックレる作家はいなさそうだな。

155 :名無しのオプ:03/09/26 21:02
満坂って本格書けるの?
なんか受賞作の選評読んだ感じでは時代物っぽい印象だったけど。
受賞作以外何も書いてないんじゃ。

156 :名無しのオプ:03/09/27 02:32
152>>155
PHP文庫から歴史偉人者の伝記を出してたと思う。

受賞者のみんなは実力はあったとはいえ、
「世に出してもらった」恩を忘れず、ぜひぜひ協力してあげて欲しいな。

折原もみやべも単行本デビューは創元社なんだからオネガイ盛り立てて。

157 :名無しのオプ:03/09/27 07:37
満坂太郎は

都筑道夫「蜃気楼博士」
松本清張「文五捕物絵図」
横溝正史「人形佐七捕物帳」

などの脚色を手がけた超ベテラン脚本家

……これはトリビアスレ用のネタか?

158 :名無しのオプ:03/09/27 08:07
>>154
倉知…

159 :名無しのオプ:03/09/27 09:16
『海賊丸漂着異聞』は
NHKの水曜時代劇のノリでけっこう好きだった。

ちょうど鮎哲賞の受賞者が第一作を出してもらえない時期で
満坂氏も何かトラブルがあって、小説家への転身に嫌気がさしたのかもしれない。
157にあるみたいにテレビ脚本家としては一家をなした人だけに。

160 :名無しのオプ:03/09/27 12:46
>>158

それがあったかw

161 :名無しのオプ:03/09/27 13:50
創元と揉めたのって、二階堂・北森以外にもいるの?

162 :名無しのオプ:03/09/27 16:10
創元ってなんか問題あるの?

163 :名無しのオプ:03/09/27 19:09
今はもうトラブルの主は、新作担当を外れたんで
蒸し返さないよーに。

164 :名無しのオプ:03/09/27 19:20
>>163
そういわれるとますます興味あるな。
さしさわりない程度でいいから教えて。

165 :名無しのオプ:03/09/28 07:27
>>152
>「鮎川哲也賞本格ミステリ叢書」の企画

これ意外に実現したりして。
と言うか、当然こういうプランは考えてるだろう。

166 :名無しのオプ:03/09/28 08:49
今度の鮎川哲也賞応募数は67作だったらしい。
受賞作は『千年のしじま』。源氏物語っぽいらしい。
作者は女性。加納・近藤に続くことが出来るか?

167 :名無しのオプ:03/09/28 09:29
>今度の鮎川哲也賞応募数は67作

マジやばくないかぁ? いくら何でも。
賞のテコ入れがここだけの話じゃなくなってきたな。

168 :名無しのオプ:03/09/28 09:30
ちなみに次回は10月締め切りだが審査員は
島田・笠井・山田正紀です。応募しよっかな・・・

169 :名無しのオプ:03/09/29 06:16
サンミス大賞も打ち切りだし、鮎川哲也賞もやばいかもね・・・

170 :名無しのオプ:03/09/29 06:50
創元評論賞の廃止がいいきっかけになればいいのだが。

171 :名無しのオプ:03/09/29 06:51
え、廃止なんだ。
まあ、応募数が平均20前後じゃねえ。

172 :名無しのオプ:03/09/30 00:31
西澤って『聯殺』ってのが鮎哲賞の最終候補になったんじゃなかったっけ?

173 :名無しのオプ:03/09/30 00:37
そう。

174 :名無しのオプ:03/09/30 00:54
>>170
千街・鷹城という本格擁護派の若手評論家も育ってきたし、
所期の目的はまあ達成したということでいいのかな?

175 :名無しのオプ:03/09/30 00:59
あと、愛川・谺・門前といった「本格力技派」にがんばって欲しいな。
他の連中は応用が利く分他社に力入れてるみたいだけど、この人たちは
本格の根本的部分に賭けるしかなさそうだから。とくに2作しかだしてない
門前に期待。がんばれ。

176 :名無しのオプ:03/09/30 17:25
鮎川哲也賞受賞作家
芦辺拓『殺人喜劇の十三人』
石川真介『?』
加納朋子『ななつの子』
近藤文恵『凍える島』
愛川晶『化身』
北森鴻『狂乱廿四考』
満坂太郎『海賊丸漂着異聞』
谺健二『未明の悪夢』
飛鳥部勝則『殉教カテリナ車輪』
門前典之『建築屍材』
後藤〜『写本室の迷宮』

でいいのかな?

177 :名無しのオプ:03/09/30 23:58
>>176

『殺人喜劇の十三人』→『殺人喜劇の13人』
『ななつの子』→『ななつのこ』
 近藤文恵 → 近藤史恵
『狂乱廿四考』→『狂乱廿四孝』
 後藤〜 → 後藤均

178 :名無しのオプ:03/10/01 00:04
えっ、サンミスも打ち切りなの?
なんかミステリ界ってかなり下火なのかな?

179 :名無しのオプ:03/10/01 11:39
>>178
創元文庫から出た黒川博行の新刊のあとがきに
そんなことが書いてあったような。20回をもって幕を閉じたとか
どーのこーのあった(黒川は第三回受賞者)。

まあ、サンミスは結構ばかにされてたからな、ずっと。
最近の受賞者の垣根なんかはブレイクの兆しありだが。

180 :名無しのオプ:03/10/01 16:08
近年の垣根涼介や笹本陵平なんかはむしろ
同期の乱歩賞作家よりも力量あると思う。
スレ違い気味さげ。

181 :名無しのオプ:03/10/01 21:44
まあ、最近の乱歩賞は普通のミステリーが受賞しにくくなってるしね。

182 :名無しのオプ:03/10/01 23:37
誰も石川真介の「不連続線」を指摘してあげないのが悲しいね。
そういうポジションの作家だとは思うが。

183 :名無しのオプ:03/10/03 08:14
今日午後六時半より、飯田橋のホテルで授賞式があるね。
招待されたんで行ってくるよ。
受賞者の森谷明子がどんな女性なのか興味あるし、
笠井潔による総評も楽しみだな。
島田荘司は今年も欠席らしいね。

184 :名無しのオプ:03/10/03 10:02
>>183
いつも欠席なのか、光文社のほうは出席することもあるのにな>島荘

185 :名無しのオプ:03/10/03 18:19
にやあ

186 :名無しのオプ:03/10/03 22:32
真介は訳分らない出版社からいろいろ出しているから「最も初版が揃えにくい」作家
になっている

187 :名無しのオプ:03/10/03 22:32
真介は訳分らない出版社からいろいろ出しているから「最も初版が揃えにくい」作家
になっている

188 :183:03/10/06 08:04
授賞式行ってきますた。
島田荘司はグリーンカードの更新のため今回も欠席との事。
受賞者の森谷明子は、中年の落ちついた漢字の女性だった。
受賞のスピーチも、短く要を得たもので好感を持てたよ。
昨年の勘違い野郎の後藤均とは大違い。
その後藤が花束を渡す役として壇上に上がったのはちょっとむかついたけど。
創元推理短編賞と評論賞の受賞者も、それぞれ好感の持てる人柄だった。
総じて今年の受賞式はなごやかな雰囲気に終始したな。



189 :名無しのオプ:03/10/06 08:16
訂正。「漢字」ではなく「感じ」だった。

190 :名無しのオプ:03/10/06 22:49
おお、授賞式参加者いましたか。
昨年は鮎川先生の訃報直後にもかかわらず受賞者が長広舌で
顰蹙を買ったと聞いていますが・・・そんなに長いスピーチだったんですか?

191 :名無しのオプ:03/10/06 23:10
>190
二階堂れーとさんのサイト(日記)で
確かそんなことを書いていたような。

192 :名無しのオプ:03/10/06 23:32
>>191
サンクス、覗いてみます。

193 :名無しのオプ:03/10/06 23:53
覗いてきました。
長さもさることながら、経歴自慢みたいなところが
お気に召さなかったみたいですね。鮎川先生の訃報を直前に
発表した直後なんだから、受賞者も気を使えばいいのに。
新作が出ないのは業界から総すかん?

194 :名無しのオプ:03/10/11 20:04
異本・源氏はどうですか?

195 :名無しのオプ:03/10/18 16:28
千年のしじま、だっけ? >最新受賞作。
もう出たのかな。

196 :名無しのオプ:03/11/07 20:46
だれも読んでないの?

197 :名無しのオプ:03/11/09 01:01
>>195
もう書店には並んでいましたよ。

198 :名無しのオプ:03/11/11 16:13
うちの近くの書店には一冊しか入荷しなかった・・・
このミスかなんかでベスト10入りすれば注目されるのかな?

内容は「日常の謎(平安版)」に源氏物語のナゾをからませた
時代ものなんだけど、けっこうおもしろかった。ただし描写も
キャラも標準安定なので、作者がこれから化けるという印象は薄い。

作品評価・・・★★★☆
作者将来性・・★★★

199 :名無しのオプ:03/11/11 18:45
よくも悪くも鮎川賞の受賞者は平均的なやつが多いね。
谺とか門前とかは一部突出型で期待してたんだが。

200 :名無しのオプ:03/11/12 20:52
200円文庫

201 :名無しのオプ:03/11/14 16:42
200レス中、数えたら33がおれのレスだった・・・

202 :名無しのオプ:03/11/16 13:30
応募してみた。
ま、予備選考通れば御の字って感じで。

203 :名無しのオプ:03/11/17 16:45
>>202
できればタイトルの一部公開して!

204 :202:03/11/17 17:11
愛憎のサファリパーク

205 :名無しのオプ:03/11/17 21:30
まじっすか。
いい結果出るといいですね。

206 :名無しのオプ:03/11/17 21:32
>204
すまん、タイトルにワロてしもた。そのダサさは狙い?

207 :名無しのオプ:03/11/17 23:09
>>206
本物の202だが、204は騙りに決まってんじゃん。
自分の応募作のタイトルなんか公開しないって。
そんな自信はない。


208 :名無しのオプ:03/11/18 00:35
>>207
だよなー
自分も以前メフィスト賞に応募しようと思ってた作品の
タイトルを、うっかり座談会ネタ書き込んだときに書いちゃって
出すに出せなくなった。

209 :A.M.:03/11/18 18:48
◆第14回鮎川哲他賞決定のお知らせ◆

平成15年10月31日までに112編の応募があり、予備選考の結果、
以下の4編を最終候補作と決定しました。

 名無しの蘇部 「六枚の本格」
 名無しのオプ 「愛憎のサファリパーク」
 公魚 虔太郎 「新蝶々殺人事件」
 山田 YU介 「"豪華"これ以上の単語が見当たらない程、豪華」

最終選考は、笠丼潔、鳥田荘司、山田正記の選考委員によって3月
28日に行なわれ、受賞作は以下の作品に決定しました。

     名無しのオプ
  「愛憎のサファリパーク」

210 :名無しのオプ:03/11/19 17:34
サファリ=小旅行に出かける

211 :名無しのオプ:03/11/20 22:33
>>209で笑える人を尊敬しちゃうかも……

212 :名無しのオプ:03/11/24 11:15
誰か愛憎のサファリパークで短編書いてみてよ。

213 :名無しのオプ:03/11/24 18:54
去年は応募数が少なかったから、「これはハードルが低い」と思った
人が多数いて、今年の112編応募になったんだろか。

214 :名無しのオプ:03/12/03 23:34


215 :名無しのオプ:03/12/06 23:15


216 :名無しのオプ:03/12/07 00:11


217 :名無しのオプ:03/12/07 11:05
>鮎川センセ
異常に潔癖症だった人だろ?
まだ短篇を一つしか読んだ事が無いんだよな。
オススメってなに?

218 :名無しのオプ:03/12/07 23:32
特になし

219 :名無しのオプ:03/12/10 15:22
>>217
ファンの中では「黒いトランク」「りら荘事件」の二大長編が評価が高い。
短編なら「赤い密室」「達也が哂う」かな。

220 :名無しのオプ:03/12/10 17:07
「達也が哂う」ってアンソロジーで読んだ事あるけど
あれだけから判断すると「ゲーム派」の人だね。
文学的なミステリの対蹠点にある。

221 :名無しのオプ:03/12/10 18:01
「達也」は鮎川としては水準程度でしょ。200からある短編で50〜100位あたり。
とりあえず、創元推理文庫の短編ベストセレクション2冊読んでみるがよろし。

222 :名無しのオプ:03/12/22 00:34
そろそろ一次選考の結果が出る頃か?

223 :名無しのオプ:03/12/24 16:36
まんこ

224 :名無しのオプ:03/12/25 00:16
ちんこ

225 :名無しのオプ:03/12/25 00:21
がったい

226 :名無しのオプ:03/12/25 01:48
「千年の黙」読みました。
あれって平安時代の知識がないと、わかりにくいような……

227 :名無しのオプ:03/12/31 08:47
 

228 :名無しのオプ:04/01/04 03:58
保守

229 :名無しのオプ:04/01/05 23:48
sage

230 :名無しのオプ:04/01/07 10:51
寂れてるね

231 :名無しのオプ:04/01/08 07:26


232 :名無しのオプ:04/01/08 13:14
なんかネタはないのか……

233 :名無しのオプ:04/01/12 17:34
例年だと、今週くらいに最終候補作が決まるんでは。
って、まだ一次の結果すらHPに出てないな……。
この二、三年地味だから、ちっとは話題になる作品が受賞してほしい。、

234 :A.M.:04/01/14 00:39
第一次選考通過の作品が決定したようですので上げておきます。

【www.tsogen.co.jp/new/new.html】

題名だけ見た第一印象では『屍(しかばね)の足りない密室』が
一番気になります。何となく一番本格度が高いような気がして。

235 :A.M.:04/01/14 00:40
……上げ忘れました。

236 :名無しのオプ:04/01/16 13:56
満坂太郎がお亡くなりになったね。

237 :A.M.:04/01/21 17:42
最終候補作5作品が決定したようですね。

【www.tsogen.co.jp/new/new.html】

238 :名無しのオプ:04/02/15 02:34
こだまの今度の「星の牢獄」はかなり面白かったし、
読みやすかったよ。
普通の本格も書けるんじゃん。

239 :名無しのオプ:04/02/20 15:37
第二の歌野として5年後のブレイク期待。
しかし門前はどこへ・・・・?

240 :名無しのオプ:04/02/24 22:36
鮎哲賞って注目度は低いけど、本格好きにとっては、
効率的に好きな作家を見つけられるという意味でありがたい賞だ。
間違ってもただのハードボイルドや冒険小説は受賞しないから、
好みじゃない作家にあたる確率を下げられる。

241 :名無しのオプ:04/02/28 02:18
>>239
門前払い・・・

242 :名無しのオプ:04/02/28 16:53
>>240
実際には"低レベルでも本格なら何でもいい"っていう人向けになってる。
本の中身が"ただのハードボイルドや冒険小説"かどうかぐらい、読まなくても見当は付けられるだろ。


243 :名無しのオプ:04/03/09 04:33
今度応募するのでアゲておきます。

244 :名無しのオプ:04/03/09 05:16
Aクラス:加納・北森
Bクラス:芦辺・二階堂
Cクラス:近藤・愛川・飛鳥部・コダマ
Dクラス:石川
Eクラス:門前・後藤・森川
故人  :海賊丸のおじさん

コダマ評価急上昇中!

245 :名無しのオプ:04/03/09 10:03
鮎哲賞の最終候補組は?
城平、柄刀、シルビウスサークル書いた人、あと思い出せない・・

246 :名無しのオプ:04/03/10 00:23
>>244
A、Bクラスって二階堂しか知らない……
やっぱ低レベル?

247 :名無しのオプ:04/03/10 01:42
>>246
おいおい、加納も北森も推理作家協会賞受賞してるし、
2人とも結構いい作品書いてるぞ。
知らないからって、勝手に低レベルにしないでくれよ。


248 :名無しのオプ:04/03/10 16:55
>>247
246は、「やっぱ俺って低レベル?」って言いたかったんだと思う。

249 :名無しのオプ:04/03/11 00:42
こうしてみると、結構鮎川賞も頑張ってるな。
最終候補組にも貫井・柄刀・鯨(短篇)がいるし・・・

門前・後藤は不安だが。

250 :名無しのオプ:04/03/11 19:03
>>244
石川Dクラスか? 確かにネタには困らない人だけど。俺的にはEクラス。
あと二階堂は最終候補組。
最終候補組は、>>249の他に西澤保彦とか、氷川透とか、ほしおさなえとか、あと
誰だっけ、『繭の夏』の人とか。

ところで谺スレがこのあいだ立ったと思ったんだけど、どこいった? 削除された?
スレタイがまずかったのかな・・・

251 :名無しのオプ:04/03/11 20:28
二階堂は一応佳作入選。
迫光とか言うのもいたな、つい最近。
繭の夏は佐々木俊介。


252 :名無しのオプ:04/03/11 20:35
鮎哲賞獲ったあと、創元で書き続ける作家って少なくね?

253 :名無しのオプ:04/03/11 20:40
面倒みが悪い品。

254 :名無しのオプ:04/03/11 21:07
創元だと売れねえじゃん、宣伝下手だから。
しょうがないよ。

255 :名無しのオプ:04/03/11 21:13
と、北森先生がおっしゃっています。

256 :名無しのオプ:04/03/13 00:39
もうちょっと創元社もこの賞を盛り上げて欲しいな。
審査員に二階堂黎人あたりを起用すれば、積極的に若手育成に
励んでくれると思う。有栖川も初代会長として学生モノの第四部を
創元社から出してくれ。


257 :名無しのオプ:04/03/13 03:28
  _, ._
( ゚ Д゚)ハァ?

258 :名無しのオプ:04/04/20 22:06
16年度2作受賞!キター!

259 :名無しのオプ:04/04/20 22:17
神津慶次朗1984年生まれー!
若いー!

260 :名無しのオプ:04/04/20 22:23
島袋寛子と同い年か……

261 :名無しのオプ:04/04/20 22:30
えなりと同い年!

262 :名無しのオプ:04/04/20 22:42
西尾より若いのか・・・

263 :名無しのオプ:04/04/21 12:05
http://www.tsogen.co.jp/ayukawasho/

神津慶次朗 「月夜が丘」
1984年、大阪市生まれ。現在アルバイト中。

岸田るり子 「屍(しかばね)の足りない密室」
1961年、京都市生まれ。パリ第七大学理学部卒業。現在会社員。

選考委員は笠井潔、島田荘司、山田正紀


芥川賞と同じ路線に走ったのね。

264 :名無しのオプ:04/04/22 23:09
え、そうなの?

とりあえず屍〜が気になる
10月かぁ、まだまだ先だな…

265 :名無しのオプ:04/04/23 12:21
>>263
受賞作はおろか選評すら読んでないのに凄い決め付け

266 :名無しのオプ:04/04/23 15:32
受賞作や選評読まなくても、受賞者の年齢はわかるわけだな。

267 :名無しのオプ:04/06/13 20:27 ID:Rro3253/


268 :名無しのオプ:04/06/13 21:19 ID:vZhSndeR
若い女性ならともかく、男だしなあ。芥川賞とは違うでしょ。
どっちかっていうと、最近のメフィスト賞みたいな作品でないことを祈る。

269 :名無しのオプ:04/06/14 06:18 ID:ioreb5U9
メフィストとは根本的に性質が違う(と、思う)から、
その辺は大丈夫なんじゃない? たぶん。

270 :名無しのオプ:04/06/21 00:07 ID:eLgjy1N4
後藤均講演会
www.shejapan.com/kouen/mystery.html

>私が受賞しました「鮎川哲也賞」は一昨年夭折された鮎川先生の名を冠した賞で

「夭逝」って……。
鮎川先生はおいくつでしたか。

271 :名無しのオプ:04/07/09 17:48 ID:/CTjrVDX
ほしュ

272 :名無しのオプ:04/07/16 16:15 ID:EUp4BgU2
 鮎川哲也賞は長編(350〜800枚程度)とあるけど、以前には連作短編も受賞して
いるよね? 今後も連作短編も受け付けるのかな?


273 :名無しのオプ:04/07/18 20:23 ID:aXa8Bsd1
何でここまで依井の名前が出てこないんだ…

274 :名無しのオプ:04/07/24 13:55 ID:hj9jzZcb
↑ 誰?それ

275 :名無しのオプ:04/07/28 09:32 ID:2H3sof5W
依井貴裕(よりい・たかひろ=イイ・キユウ=EQ)。

クイーンが好きなパズラー作家。『歳時記』とかある。

276 :名無しのオプ:04/07/28 10:07 ID:8fIZTOyz
芦辺拓はいろいろ書いてるしキャリアも長いほうだが
いつまでもイマイチぱっとせんな

277 :名無しのオプ:04/07/28 11:04 ID:gaNKUfmj
>>272
>今後も連作短編も受け付けるのかな?
別スレに書いてあったけど、受け付けるそうですよ。それぞれに多少の連続性とか共通性が
必要らしいけど。


278 :名無しのオプ:04/08/18 14:31 ID:PTrpBvcK
受賞作出版まではひたすら過疎ってるのね

279 :名無しのオプ:04/08/18 23:30 ID:RUzKb4sy
(@益@)ぬるぽ!

280 :名無しのオプ:04/08/24 01:34 ID:+D475sqm
鮎川哲也賞は、リアリティとは無縁の内容でも受け付けられやすいと、某氏が
書いていたけど、実際そうなんですか?


281 :名無しのオプ:04/08/24 02:01 ID:KPrWw3jH
とりあえず某氏って誰

282 :名無しのオプ:04/08/24 19:35 ID:8/ba2gjN
酵母が井戸、で毎月もったいぶってえらそうな侯爵垂れてる椰子。

283 :名無しのオプ:04/09/08 22:27 ID:EKyq5sPr
とりあえず漏れは神津慶次朗のは買うぞ。
あらすじ読む限り獄門島みたいだし。

284 :名無しのオプ:04/09/12 00:36:41 ID:8vpYvK9T
>>283
多くは語れませんが、相当ヤバイ出来らしいよ。

285 :名無しのオプ:04/09/12 16:34:23 ID:HKdXqKdc
どうやばいんだ?

286 :名無しのオプ:04/10/08 10:57:46 ID:UK7rdHSH
age

287 :名無しのオプ:04/10/08 20:55:30 ID:oALelcRK
もうすぐ出るな

288 :名無しのオプ:04/10/15 18:47:33 ID:zcb9FL4C
『密室の鎮魂歌』よりも、改題前の『屍の足りない密室』のほうが
いいと思うのはおれだけですか?

289 :名無しのオプ:04/10/15 20:02:55 ID:iw21kyE5
改題前のがいいかんじがするね。
でも本格ファンしか買わなさそうだ

290 :名無しのオプ:04/10/15 20:43:57 ID:e8QYw9jG
それは俺もそう思った。
にしても表紙かっけえな。

291 :名無しのオプ:04/10/15 20:45:17 ID:ffwEOCv8
>>288
まったく同じことを思ってた。
内容知らないでこんなこというのも何だけど、改題後のほうが素人臭いし
『密室の鎮魂歌(レクイエム)』って微妙に意味通じてない気もするし。

292 :名無しのオプ:04/10/15 23:27:23 ID:s0k8TmwG
>>288
>いいと思うのはおれだけですか?

多分1000人いれば999人まで君に賛成するのでは?
改題前が良いかは別にして、改題後の陳腐さが凄まじ過ぎる。




293 :288:04/10/15 23:45:05 ID:zcb9FL4C
同意者が多くて嬉しい・・・

改題を言い出した選考委員は島田氏かな。
島田氏の小説って、あんまりタイトル・センスよくないから・・

294 :288:04/10/15 23:48:14 ID:zcb9FL4C
受賞先輩の門前氏の『死体を喰らう建物』→『建築屍材』だと、
改題もやむなしと思ったけど、今回は・・・

295 :名無しのオプ:04/10/15 23:51:01 ID:ffwEOCv8
毎度装丁だけはいい鮎哲賞

296 :名無しのオプ:04/10/15 23:55:21 ID:e8QYw9jG
さて、内容はいかほどのものか

297 :名無しのオプ:04/10/16 08:29:12 ID:GR+bIDmR
>>288
改題は平凡だね。
ま、出版社の意向なんだろうけど。



298 :名無しのオプ:04/10/16 09:37:41 ID:NzZAQ3yX
『密室の〜』は著者がある程度年齢重ねた人らしいから
それなりのクオリティなのではと期待。
もう一方は…勝手な憶測で地雷本と予測w
何にしても、鮎川賞がらみでは久々にちょっと楽しみ。

299 :名無しのオプ:04/10/19 20:55:51 ID:rPjxWtEe
受賞作貰いました。
けっこう面白そうな気がしないでもない。

300 :名無しのオプ:04/10/20 18:58:13 ID:2b5bVArG
どっちだ? どっちもか?

301 :名無しのオプ:04/10/21 10:46:35 ID:7clPpwmC
↑どっちも。でもまだ読んでない。

302 :名無しのオプ:04/10/21 12:00:46 ID:iKJPuSir
豊作なり

303 :名無しのオプ:04/10/21 13:00:43 ID:5xRtpi9N
左門?

304 :名無しのオプ:04/10/22 12:34:25 ID:fOUEuLad
今日は授賞式です。

305 :名無しのオプ:04/10/23 09:40:00 ID:iOarAe/p
行ってきました。
受賞者の岸田さんは、12回の最終選考通過者。
神津くんは、背の高いはたちのイケメン風。20年生きてきて
一番大きな出来事、なんて、どこかの水泳選手みたいな
コメントでした。
島田さんの選評を聞くかぎり、たしかに今回の鮎川哲也賞は
豊作みたい。もらった受賞作品からも、出来がいいかどうか
は未読なのでわからないけど、「くせもの」のニオイがする。
さあ、これから読んでみっか。

306 :名無しのオプ:04/10/26 14:25:34 ID:TYRv+Ned
誰か感想よろ

307 :名無しのオプ:04/10/27 14:28:19 ID:3Z2FrTM2
「鬼に捧げる夜想曲」読了。
大いなる失敗作って感じか。
筆力がついて、もっと加筆すれば凄い傑作になりそうな希ガス。


308 :名無しのオプ:04/10/27 18:38:37 ID:WWXsnGUH
>>307
ちょっと聞きたいんだけど、あのプロローグって結局何なのかな?

309 :名無しのオプ:04/10/28 16:44:09 ID:JOixXsvm
多分メル欄じゃないかな

310 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

311 :310:04/10/28 17:25:51 ID:lkyP8PT3
撃つ出汁脳…

312 :名無しのオプ:04/10/28 18:09:26 ID:+kLJ91kT
死ぬ前に削除汁

313 :308:04/10/28 18:47:40 ID:C+/C7PdH
>>307
レスサンクス。なるほど、だから(メ欄1)してるなのかな。
しかし、メ欄2を冒頭に持ってくるってどうなんだろ。

>>310
デビューした途端ネタバレじゃかわいそすぎるだろ。

314 :名無しのオプ:04/10/28 22:16:00 ID:/hbz/Trx
備中笠岡から南へ七里、瀬戸内海のほぼなかほど、そこにはちょうど岡山県と広島県と香川県の、三つの県の境にあたっているが、そこに周囲二里ばかりの小島があり、その名を獄門島とよぶ。(獄門島)
伊豆の下田から南方へ海上七里、そこに地図にものっていない小島があり、その名を月琴島という。(女王蜂)
九州は大分県の東海岸からやや南寄りに数里船を進めると、島周り一里、人口三百名にも満たぬ小さな小島がある。
名を満月島という。(鬼に捧げる夜想曲)

315 :名無しのオプ:04/10/28 22:17:19 ID:/hbz/Trx
あの楽しい、うれしい初夜の夢はどこへ行ったのだろう。(本陣殺人事件)
幸せに包まれる筈だった新婚初夜の夢は一体どこへ消えてしまったのだろう。(鬼に捧げる夜想曲)

316 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

317 :名無しのオプ:04/10/29 13:01:42 ID:GFZlPn05
↑すっごい詭弁。
死体には刺し傷がいっぱいあったって書いてんだから
>>310は十分すぎるほどのネタバレじゃん。

318 :名無しのオプ:04/10/29 13:07:53 ID:GKfnAKE/
↑新婚夫婦も和尚も頭殴られてたじゃん…

319 :名無しのオプ:04/10/29 15:20:28 ID:MGh5vwyI
>>314
「小さな小島」ってやばくないか? 何か山田チックで(w

320 :名無しのオプ:04/10/29 15:34:18 ID:Q16ply67
>>319
大変残念なことに、正しくは「小さな孤島」。
さすがに「小さな小島」は…w

321 :名無しのオプ:04/10/29 18:34:30 ID:pJ5wJYLk
>>314
横溝オマージュものかいな。
あらすじも装丁も、たしかにそれっぽいが。

322 :名無しのオプ:04/10/29 19:14:32 ID:Q16ply67
オマージュというべきかおまんじゅうというべきか
迷うような作です。

323 :名無しのオプ:04/10/29 19:38:36 ID:AQvjTPjA
横溝オマージュものとしては髄一のように思うが・・・人それぞれか

324 :名無しのオプ:04/10/29 20:57:38 ID:9ooLOvEa
人質事件最新情報
http://bbs2.aimix-z.com/bbs.cgi?room=678932

325 :名無しのオプ:04/10/31 10:57:04 ID:bwTzEvVo
310 : :04/10/28 17:23:44 ID:lkyP8PT3
「鬼に捧げる夜想曲」は駄作としか言い様が無いな。
島田選評の「コンピューター格闘ゲーム」とは何を
指して言っておるのか、全く不明。しかし、この話
メール欄1だし。「密室の鎮魂」はメール欄2の
造形が安っぽいのと、表紙イラストが藁なの以外は
良く書けていて、京都女流の二代目になれるかも。


326 :名無しのオプ:04/10/31 17:34:01 ID:+m+VAiEE
↑ またお前か。わざわざご苦労さん。

327 :名無しのオプ:04/11/01 01:33:42 ID:TSNdUdoy
私怨くさいな〜

328 :名無しのオプ:04/11/01 10:16:33 ID:e340vhpM
>>323
満月島って島民が10人くらいしかいないような印象ですね。
獄門島では「閉鎖された集落」という特殊な世界が構築されていたけど。
横溝オマージュなら「六色金神殺人事件」があると思います。

329 :名無しのオプ:04/11/03 18:57:29 ID:rgABDxGW
みんな読んでないのかな?
高いしな。

330 :名無しのオプ:04/11/03 20:42:36 ID:pL6i5aWU
このスレ見て読む気が萎えた

331 :名無しのオプ:04/11/03 23:42:50 ID:qwcB5AF7
可哀想に。

332 :名無しのオプ:04/11/04 07:40:29 ID:2LJpHDLa
「密室の鎮魂歌」は面白いよ。

333 :名無しのオプ:04/11/04 11:10:16 ID:ohip4ffs
↑禿堂
 しかし、表紙のイラストが問題の絵画だとすると、かなりのイメージダウン。他に画家はいなかったのなね。

334 :名無しのオプ:04/11/04 16:49:21 ID:lFJdPsCl
今日、書店で見かけておもしろそうだなーと思ったんだが。
ちと高い・・・。読みたいよーヽ(`Д´)ノ

335 :名無しのオプ:04/11/05 09:55:17 ID:EqaK7/kZ
今年は面白いよ。
「密室の鎮魂歌」の完成度は申し分ない。

「鬼に捧げる夜想曲」はどう評価すればいいのか難しいとこあるな。
この作に対する俺なりの解釈だが・・・
推理小説ってのは伝奇性が現実に収束するのが主だ。
だけど「鬼に〜」はそれが逆で、現実→伝奇になっちまってる。
俺の知る限り、ホラーや伝奇小説以外ではそんな作品がない。そこが評価を難しくしてるとこだと思う。
ともかくトリックが良質だったので俺はかなり好きだが・・・。


336 :名無しのオプ:04/11/05 11:48:18 ID:zPiNGliy
↑325も書いているが、なんでメール欄をあんな安っぽい造形にしたんだろう。
神秘的で、悪魔的な雰囲気だったら、もっと意外性があったろうに。

337 :名無しのオプ:04/11/05 12:24:11 ID:45OVC3gl
「密室の鎮魂歌」
密室密室って何であんなに密室にこだわったのか意図がわからない。
既成の密室モノに対するアンチテーゼとか新たなアプローチがあるとも読めなかったし。
デビュー作としては完成度はかなり高いけど、本格ではない。サスペンス小説だね。

338 :名無しのオプ:04/11/05 17:54:03 ID:qZVVdgs1
>>337
あの刺青の図柄の謎をきちんと解くのだから、りっぱな本格だと思います。
作者は「密室」にこだわって、ミステリであることを確信したかったのでは。
密室という要素を総て捨てて、別のネタの殺人にした方がずっと良かった
とは思います。

339 :名無しのオプ:04/11/05 18:18:11 ID:LRGmT/vR
未読なんだが、密室の鎮魂歌の密室トリックってしょぼいの?

いや、トリックが全てじゃないってのは重々承知だが、
タイトルに密室と銘打たれているからには、さ。

340 :草間 滴:04/11/05 18:52:38 ID:7AhMapUN
 『密室の鎮魂歌』読了しました。
 >339
 作品中に計四つの密室が登場するのですが、トリックで「おお、これは!」というのは一つもありません。
 だから二階堂先生の作品が好きな方がそちらを期待して読んだら肩透かしを食らうのでは。
 その事が作品のレベルを下げてはいないのですから、どうせ改題するなら密室の二文字を外した方が良かったのでは、とは思います。

341 :名無しのオプ:04/11/05 18:57:33 ID:LRGmT/vR
>>340
ありがd。

確かに、他の人も言っているように、密室に期待しちゃいけないようですな。
んー。もう少し安ければ買う気も起きるんだけどなぁ……



342 :名無しのオプ:04/11/05 19:21:18 ID:IIDBwf/c
>>338
えーっ、刺青と旗のデザインの謎って「論理的に」解かれてたっけ???

密室に関しては、
数々の密室事件を経て最後に(メ欄)に辿り着く、
というのをやりたかったんだろうけど、それにしては劇的要素が薄すぎる。
表題はもちろん、各章題であそこまで「密室推し」しているのだから、
やはりトリックとしての密室に期待してしまうのが心情だと思う。

とはいえ、ここ数年の鮎川賞の中では良作であるのは間違いない。

343 :名無しのオプ:04/11/05 22:20:07 ID:/iVqX3iX
鮎川哲也は角川版集めたがいいのか創元集めたがいいのか、よく分からん。

344 :草間 滴:04/11/06 00:10:29 ID:WKuNcxgs
 >343
 角川と光文社で揃えれば、並べたときに綺麗です。
 でも全ての作品を集めようとすると結局他の出版社のも買わなきゃいけなくなります。
 ここは鮎川哲也賞のスレなので、詳しくは鮎川哲也スレで聞けば間違いないかと。

345 :名無しのオプ:04/11/07 17:21:32 ID:mx1stXZr
hage


346 :草間 滴:04/11/11 07:50:30 ID:zUdlB2fv
 『鬼に捧げる夜想曲』読了しました。
 徹底して横溝正史に淫した作品。『獄門島』の有名な台詞のパロディには笑ってしまいました。ここまでやるなら横溝賞に応募すべきでは、とまで思いました。
 作中、捨て石に使われているトリックは秀逸なものでした。ただそれを(メル欄)としたのはちょっと無理があったのでは。
 あと、犯人の造形(特に真相時に明らかになる姿)に説得力があればもっと傑作になったと思います。
 自分の評価は『密室の鎮魂歌』の方が上です。

347 :板ルール変更議論中@自治スレ:04/11/14 20:15:46 ID:HIlnxYDS
岸田るりこのほうはなかなか読めた。

348 :板ルール変更議論中@自治スレ:04/11/16 23:49:31 ID:jmBb0FhZ
ttp://www.yomiuri.co.jp/book/news/20041116bf01.htm


顔が怖いよ神津慶次朗……恐怖あげ。

349 :板ルール変更議論中@自治スレ:04/11/17 00:01:11 ID:5zATWZkq
↑胴体に生首が乗ってんのか!?

350 :板ルール変更議論中@自治スレ:04/11/17 18:54:02 ID:N1dVDJrO
ぶはは。本人見たら凹むだろな

351 :みかん:04/11/20 21:13:40 ID:S/Pe2qbB
>305
私も行きました。
『鬼に捧げる夜想曲』を読みましたが、20歳で作者独特の世界観を構築して
いる点は非常に目を見張るものがありました。
 トリックも奇抜で少々違和感を覚える箇所はありましたが、作者の独特な
雰囲気が出ていて良かったと思います。
 この若さで、自分の個性を前面に押し出せる神津くんには驚きを隠せません。
編集側サイドにいる自分としては、何としてもうちで書いてもらいたいせすね。
 もうすでに大手が手を出していると思うと、弱小出版社に勤務するみかんは
悔しさでいっぱいですよ!どこか、具体的に動いているか知っている方は教えてくださいね。

352 :みかん:04/11/20 21:15:52 ID:S/Pe2qbB
>305
私も行きました。
『鬼に捧げる夜想曲』を読みましたが、20歳で作者独特の世界観を構築して
いる点は非常に目を見張るものがありました。
 トリックも奇抜で少々違和感を覚える箇所はありましたが、作者の独特な
雰囲気が出ていて良かったと思います。
 この若さで、自分の個性を前面に押し出せる神津くんには驚きを隠せません。
編集側サイドにいる自分としては、何としてもうちで書いてもらいたいですね。
 もうすでに大手が手を出していると思うと、弱小出版社に勤務するみかんは
悔しさでいっぱいですよ!どこの出版社が、具体的に動いているか知っている方は教えてくださいね。

353 :板ルール変更議論中@自治スレ:04/11/21 01:03:16 ID:82j98GEj
二重カキコしているヴァカ編集に教える親切な人がいるとは思えませんが?

354 :板ルール変更議論中@自治スレ:04/11/21 01:24:17 ID:Dw6czGub
一刻も早く死ねや。みかん。

355 :板ルール変更議論中@自治スレ:04/11/21 07:45:44 ID:FAAOWdOy
>>みかんさん
 ここ数年の鮎川賞受賞者の末路を見れば、『鬼・・・』の作者に他社から
注文なんていくはずないでしょ。大体編集者なんて自分でいいと思ったら
ぶうたれてないで直接電話するはずなんだけどねえ。ひょっとして、
ご本人の売込みかな。

356 :板ルール変更議論中@自治スレ:04/11/21 18:44:40 ID:gYgrZsCd
>>355
こいつ、プロの編集じゃないよ。
プロの編集なら、どんな相手でも、とりあえずはツバつけとく
もんだけどね。


357 :板ルール変更議論中@自治スレ:04/11/22 19:53:49 ID:6GUMzAyy
>>352
つか「作者独特の世界観」も「個性」も皆無だろ。

358 :板ルール変更議論中@自治スレ:04/11/22 22:39:37 ID:TGepAm5P
風変わりなセンスは感じる・・・

359 :板ルール変更議論中@自治スレ:04/11/23 05:13:49 ID:AnT0ItMc
風変わり?どのへんが?

360 :板ルール変更議論中@自治スレ:04/11/24 02:41:04 ID:siOIZq2e
>>359
あのへんが

361 :板ルール変更議論中@自治スレ:04/11/30 14:14:51 ID:M5u2V4+j
あげちんこ

362 :板ルール変更議論中@自治スレ:04/11/30 14:48:00 ID:nsvTUYXj
おっ物凄い久しぶりに上がってるなーと思ったら「ちんこ」だった……

363 :板ルール変更議論中@自治スレ:04/11/30 20:44:07 ID:0xwpOYTI
「末路」ってアンタ>>355
まあ確かに飛鳥部勝則氏を最後に、
第二作を発表してない受賞者ばかりなのは問題じゃね?

364 :板ルール変更議論中@自治スレ:04/11/30 21:07:42 ID:kZCtFI1V
森谷なんとか子ってのは次回作予告されてんぞ

365 :板ルール変更議論中@自治スレ:04/11/30 21:14:11 ID:nsvTUYXj
おっレスが増えてるなーと思ったら「なんとか子」扱いだった……

366 :age:04/12/10 15:31:05 ID:zLYvEI1B
age

367 :板ルール変更投票は4〜11日@自治スレ:04/12/10 18:23:32 ID:Px2LjUun
あげてもあげても話題なし〜
がんばらなくちゃ〜 がんばらなくちゃ〜

368 :名無しのオプ:04/12/21 07:59:27 ID:e9W0atjp
そういや「死の命題」って出ないね。

369 :名無しのオプ:04/12/22 06:26:04 ID:0YuG9dLl
もう、第15回の一次選考通過作品が発表されてます。応募総数131編中8編と
 少なめです。

370 :名無しのオプ:04/12/22 11:25:15 ID:coH9ePR/
へえ増えとるのう

371 :名無しのオプ:04/12/23 07:50:22 ID:7PQ6dnZw
第15回鮎川哲也賞は2004年10月31日に締め切られました。
12月20日1次選考がおこなわれ、今回の応募総数131通中8作品が通過しました。
通過作品は以下の通りです。

 井上 幸俊 「崖上十字」
 森本  亮 「時代のメヌエット」
 鈴木凛太朗 「少年道化の哀しさを」
 篠宮 祐介 「六月の雪」
 鵜林 伸也 「真昼の星の夕べ」
 渡 亜紀子 「白い子ども」
 鈴木 一夫 「菜摘ます児」
 九条 菖蒲 「群青」
 
第2次選考は2005年1月中旬におこなわれる予定です。

372 :名無しのオプ:04/12/23 20:26:44 ID:oHm+uvuv
面白そうな題名がないなw

373 :名無しのオプ:04/12/24 00:16:16 ID:rV50fOOp
「菜摘ます児」、人の名前かと思った。
いや、人の名前かもしれんが・・・。

374 :名無しのオプ:04/12/24 22:55:51 ID:/Cr1po+e
「写本室の迷宮」文庫化ってどゆこと?
順番とかもうメチャクチャじゃん。

375 :名無しのオプ:04/12/24 23:51:12 ID:ZuUQ++wt
>>374
「写本室の迷宮」ってクソつまんなかったなー。
受賞後第一作も出せてないのに文庫化かい。

376 :名無しのオプ:05/01/02 07:22:57 ID:d1D7HFF6
尼損で「密室の鎮魂歌」に激ベタボメレビューが付いてて、住所が京都になってるし、
こりゃ本人とはいわないまでも知り合いが書いたっぽいなーと思ってたんだけど、
いつのまにか消えてる。
別にガイドラインに抵触するような内容ではなかったのだが、尼損のレビューって削
除されることあるのかな?

377 :名無しのオプ:05/01/05 10:52:48 ID:o01CSztU
新刊・近刊情報更新age。
フロンティア藤岡真は1月も2月も出ず。
昨年の鮎哲賞受賞者に先を越されてしまったようですな。
後藤ナントカの文庫化イラネー。

378 :377:05/01/05 10:54:11 ID:o01CSztU
あ、しまった。
創元社スレに書くつもりがこっちに書いちゃったよ。
ま、いっか。

379 :名無しのオプ:05/01/10 14:41:50 ID:q1WUq1FY
先を越されたって、ネタをか? 何で知っている? しかもなぜそう判る?
まあ仮にそうだとして、どの世界も先手必勝…


380 :名無しのオプ:05/01/10 14:49:57 ID:LuBaSlVE
>>379
ぅおーい深読みしすぎ。
今後の刊行予定者として藤岡のほうがずっと先に名前が出てたんだよ。
ところが近刊案内として正式にリリースされたのは森谷って人だった。
それだけのことさ。

381 :名無しのオプ:05/01/10 22:36:35 ID:q1WUq1FY
ああ…先走りすぎた。スマンソ

382 :名無しのオプ:05/01/11 15:48:24 ID:Gjc4RTwe
>>379
藁多

383 :名無しのオプ:05/01/12 08:11:00 ID:8o1+ILWN
スレ違い、藤岡スレへ。

384 :名無しのオプ:05/01/12 11:15:50 ID:3/J1ACCS
↑そんなスレ無いぞ(過去ログ倉庫にも無い)。

385 :名無しのオプ:05/01/12 14:55:50 ID:VjT06too
この程度でスレ違い指摘とは……

>>384
「六色金神殺人事件」スレです。

386 :名無しのオプ:05/01/13 13:21:13 ID:O0Q64pvy
>>385
 だいたい、もとの鮎川賞の話題がないんだもんねぇ。

387 :名無しのオプ:05/01/13 14:12:41 ID:0NtjTLeC
>>386
話題ないねえ。鮎川賞に限らず新人賞受賞作って完全に読者に見限られてるもんな。
去年の最年少受賞の煽りもモノの見事に空振りに終わったし。
とにかく創元は自社発信の作家の売り方が下手すぎ。
鮎川賞受賞作はレベル的にアレだけど、その一方で年末に出た佐々木「模像殺人事件」
とかはめちゃくちゃクオリティ高い。
注目度低いんだからもっとアピールしてやれよって思う。もったいない。
米澤は売れてるらしいけど、彼はもともと創元発って感じじゃないしな。
もっと上手く育ててあげないとみんなよそに行っちゃうよ。
一応、そのへんの打開策がフロンティア叢書なのかもしれんが。

388 :名無しのオプ:05/01/14 08:55:55 ID:i2hWdFax
>>387
 創元社って企業姿勢とか売り方以前に、キャパがないって感じだね。
鮎川賞の募集が締め切られて発表までって、単行本の発刊数が明らかに
減ってるもん。多分会社を挙げて鮎川賞に取り組んでるんだと思うよ。
そうなったら、新人の育成なんかしてる暇ないでしょ。

389 :名無しのオプ:05/01/14 15:48:13 ID:Izsiv8Xp
編集部員・営業部員募集とのことです。
詳しくはHPへ。

390 :名無しのオプ:05/01/15 03:55:37 ID:hUiZ48C6
伊坂がデビューした直後に、フロンティアの原稿依頼した
編集者はGJ!
多忙な今だったら、多分「ごめんなさい」だろ。

391 :名無しのオプ:05/01/15 23:33:23 ID:djDqQeEl
↑後藤順子

392 :名無しのオプ:05/01/17 11:32:37 ID:yaIOBBg2
そんな人いませんが…

393 :名無しのオプ:05/01/17 17:58:25 ID:Kdm9Vldr
warata

394 :名無しのオプ:05/01/18 15:23:21 ID:cnvz6YRE
2005年1月11日、第15回鮎川哲也賞の2次選考がおこなわれ、
以下の4作品が最終候補作と決定しました。

 井上 幸俊 「崖上十字」
 篠宮 祐介 「六月の雪」
 鈴木 一夫 「菜摘ます児」
 九条 菖蒲 「群青」

-----------------------------------------

2004年12月20日におこなわれた1次選考での通過作は下記の8作品でした。
また、今回の応募総数は131通でした。

 井上 幸俊 「崖上十字」
 森本  亮 「時代のメヌエット」
 鈴木凛太朗 「少年道化の哀しさを」
 篠宮 祐介 「六月の雪」
 鵜林 伸也 「真昼の星の夕べ」
 渡 亜紀子 「白い子ども」
 鈴木 一夫 「菜摘ます児」
 九条 菖蒲 「群青」

395 :名無しのオプ:05/01/19 17:41:28 ID:dV15Z7F4
〉〉391
後醍醐丈太郎かもしれん。

396 :名無しのオプ:05/01/19 21:06:22 ID:S3vpENR2
>>394
惹かれるタイトルは「六月の雪」ぐらいだな。
いつ受賞作決定→出版?

397 :名無しのオプ:05/01/20 04:51:36 ID:KUmeyf9w
過去の鮎川賞で水準が高かった回っていつ?

398 :名無しのオプ:05/01/20 10:40:59 ID:cLcD4hZ9
貫井を受賞させてれば賞に箔がついたのにな。

399 :名無しのオプ:05/01/22 22:06:49 ID:0SBT8O3d
貫井では無理・・・

400 :名無しのオプ:05/01/22 22:13:36 ID:+LyY9jk0
けど、過去の鮎川賞関係者の中で一番売れてないか?>貫井
しかも落とした慟哭がロングセラーになってるし。

401 :名無しのオプ:05/01/22 22:14:36 ID:0SBT8O3d
>>395
 そいつは探偵

402 :名無しのオプ:05/01/22 22:21:18 ID:lE3rU6N2
『慟哭』が「急に」売れ出したのって刊行後何年も経ってからだよね。
正直たいした作品とも思えないし、結局はプロモーション次第ってことか。

403 :名無しのオプ:05/01/22 23:43:40 ID:PmGh9vEo
『世界の中心で愛を叫ぶ』が「急に」売れ出したのって刊行後何年も経ってからだよね。
正直たいした作品とも思えないし、結局はプロモーション次第ってことか。
ってか、ばーか!


404 :名無しのオプ:05/01/23 00:39:30 ID:nug36+nX
>>403
その通りでしょ。「世界の〜」がいつ出た本か知らんが。

405 :名無しのオプ:05/01/23 14:14:19 ID:wc/8XnPh
>>403
 柴咲コウ+パクリタイトルのおかげ。本人はエヴァからパクッたつもりなんだろな。

406 :名無しのオプ:05/01/23 14:56:43 ID:HWoDdlys
受賞作家でいえばせいぜい芦辺くらいか。でも売れそうにないなぁ。
1人は売れ線の実力派を輩出したいだろうに。

407 :名無しのオプ:05/01/23 21:42:50 ID:rjOdD8Xe
「慟哭」のベストセラーってかなり力づくで、無理矢理作ったような気が
してしょうがない。

「本屋で山のように積上げれば、面白いのかってみんな興味を持つんじゃ
ないか」ってね。2匹目、3匹目のどじょうを狙ったような作品もあるけ
れど、あのプロモーション本当に上手くいったのかね?
一部でバカ騒ぎをしただけという気がしてしょうがない。

408 :名無しのオプ:05/01/24 07:25:35 ID:Ky27CGL2
>>407
?
>「慟哭」のベストセラーってかなり力づくで、無理矢理作ったような気が
>してしょうがない

 真偽はともかく、言いたい事は分かる。

>「本屋で山のように積上げれば、面白いのかってみんな興味を持つんじゃ
>ないか」ってね。2匹目、3匹目のどじょうを狙ったような作品もあるけ
>れど、あのプロモーション本当に上手くいったのかね?
>一部でバカ騒ぎをしただけという気がしてしょうがない。

 じゃあ、「慟哭」はどうやってベストセラーにしたの? 「慟哭」が一匹目の
どじょうってこと?




409 :名無しのオプ:05/01/27 01:31:40 ID:uEXaqszb
満坂太郎の『海賊丸漂着異聞』が文庫になるみたいです。
後藤均も『写本室の迷宮』とは別に出るみたいだし、門前典之の本もそう遠くないうちにでるかも。 

410 :名無しのオプ:05/01/27 10:59:43 ID:LmO9yV99
貫井ほどではないが、柄刀も伸びてるほうではないか。
受賞しなかったのがよかったんだろう。

411 :名無しのオプ:05/01/27 11:58:57 ID:mPIX3onA
鮎川賞は落ちたほうが売れる
柄刀と貫井だけではなく、城平や禿人を見てもそれがわかる

412 :名無しのオプ:05/01/28 11:38:43 ID:kLQttsps
城平…う―む。

413 :名無しのオプ:05/01/28 22:36:16 ID:H5AaHPEQ
城平はマンガ原作の方で・・・でもなー・・・

414 :名無しのオプ:05/02/01 10:43:26 ID:mLI2xOcJ
今回は審査員誰なの? 島田が選ぶとろくなのがないからな・・・
「建築屍材」の前代未聞のトリックってまさかメール欄だったのかなあ・・・

415 :名無しのオプ:05/02/01 17:02:15 ID:YO05VLOY
>>414
目欄じゃないの?

満坂氏って故人よね?
なぜ今このタイミングで文庫になるのかよくわからん。
とりあえず他社に取られてない受賞作は全部文庫化するつもりかな。

416 :名無しのオプ:05/02/01 17:34:31 ID:JzqbIR6v
↑ええっ! あれなの? まあ前代未聞だが…
満坂さんは一昨年、肺癌で亡くなりました、合掌

417 :ネタバレスレ議論&投票中@ローカルルールスレ:05/02/01 21:28:42 ID:PqW4qtdB
>>414

審査員は、
http://www.tsogen.co.jp/ayukawasho/index.html#ouboyoukou


418 :ネタバレスレ議論&投票中@ローカルルールスレ:05/02/03 16:19:58 ID:nhTFQd5C
>>417
有難う。昨年は山田正紀はしまそうの強引さに辟易していたのによくひきうけたね。
それとも貸しにしたのかしら。


419 :名無し物書き@推敲中?::05/02/07 22:54:02 ID:8WgEFjd6
8u

420 :ネタバレスレ議論&投票中@ローカルルールスレ:05/02/13 21:08:54 ID:5t6vH0fU
江戸川乱歩賞が滅びた今、ミステリ界の良心のような賞だったんだが

421 :ネタバレスレ議論&投票中@ローカルルールスレ:05/02/15 08:08:28 ID:eikR4CcK
>江戸川乱歩賞が滅びた今
 滅びましたか。

422 :名無し物書き@推敲中?::05/02/16 14:23:11 ID:kCtHU4mP
4t

423 :名無し物書き@推敲中?:::05/02/16 15:18:11 ID:PMLzJcZS
3p

424 :ルール変更議論中@ローカルルールスレ:05/02/17 09:22:56 ID:/85nKtCs
ナニカカキタイノダガワダイガナイ

425 :ルール変更議論中@ローカルルールスレ:05/02/17 22:10:18 ID:/85nKtCs
本当にないな。

426 :ルール変更議論中@ローカルルールスレ:05/02/17 23:11:12 ID:E1XxriZ+
写本室の迷宮てどう?読む価値ある?

427 :ルール変更議論中@ローカルルールスレ:05/02/18 07:58:25 ID:L68JASUh
ない

428 :ルール変更議論中@ローカルルールスレ:05/02/18 17:36:55 ID:AgVtqP1o
ないない

429 :ルール変更議論中@ローカルルールスレ:05/02/19 01:08:49 ID:USUyYGTX
ないないないない

430 :ルール変更議論中@ローカルルールスレ:05/02/19 07:34:45 ID:LGVW9guv
にゃい

431 :ルール変更議論中@ローカルルールスレ:05/02/20 14:35:16 ID:EslMgFAX
上でも誰かが書いてたが、後藤均って自慢話の多い人みたいね。
「欧米はもちろん、ブラジリア、ヨハネスブルグと言った遠い目的地に向かう長いフライトでは」
なんて受賞の言葉で書くかね普通。

432 :426:05/02/20 21:40:55 ID:VLVBPHeq
>>427-430
ありがとう。すんげぇ、参考になった

433 :ルール変更議論中@ローカルルールスレ:05/02/25 11:46:19 ID:7OYv7nuI
写本室の迷宮文庫版出てましたね、わたしは鯨を買いました。

434 :ルール変更議論中@ローカルルールスレ:05/03/01 07:12:40 ID:vafOep51
↑出ましたか? 本屋で見ないけど。

435 :ルール変更議論中@ローカルルールスレ:05/03/02 07:31:10 ID:jZQEPTLQ
どこの本屋だよ、でてるぞ、ちゃんと。

436 :変更投票開始@ローカルルールスレ:05/03/03 21:50:35 ID:AuLdJyGR
あまりにレベルの低い会話。

437 :吾輩は名無しである:05/03/06 15:04:36 ID:KnQC0cZQ
hd

438 :変更投票開始@ローカルルールスレ:05/03/08 09:10:22 ID:H4gOKKPQ
満坂太郎の『海賊丸漂着異聞』って面白い?

439 :変更投票開始@ローカルルールスレ:05/03/08 14:08:30 ID:Iut35OVc
NHKの水曜時代劇みたいな感じで面白いよ。
創元には満坂氏の原稿がそのままになっているはずなので
謝罪の意味でも本にして欲しいと思う。

440 :変更投票開始@ローカルルールスレ:05/03/09 07:32:42 ID:J9MGLzpq
>創元には満坂氏の原稿がそのままになっているはずなので
 え? なんの原稿? 海賊丸は出版されたよねえ。

441 :変更投票開始@ローカルルールスレ:05/03/09 14:05:46 ID:NAskCfIM
後藤は新作が出るみたいだな。
チッ 消えたかと思っていたのに。

442 :変更投票開始@ローカルルールスレ:05/03/09 16:13:22 ID:iyXPT94J
>>440
受賞後第一作となる長編の原稿が眠っているという噂

443 :変更投票開始@ローカルルールスレ:05/03/09 17:47:27 ID:sk2l3N0+
>>441
佐々木さんみたいに完全に消えたかと思いきや傑作を引っ提げて
再登場って例もあるからねえ。
でも、後藤に消えてほしかったのは同意見だぜブラザー!

444 :変更投票開始@ローカルルールスレ:05/03/09 17:52:45 ID:J9MGLzpq
満坂氏に限って再登場は有り得ない。

445 :変更投票開始@ローカルルールスレ:05/03/09 18:37:24 ID:D6XllfxP
>>444
チラシの裏に書いてあった遺稿が発見されたりして

446 :変更投票開始@ローカルルールスレ:05/03/10 16:12:54 ID:ViYmWYYF
>443
佐々木さんって誰?

447 :名無しのオプ:05/03/10 22:02:34 ID:f4mBYHCX
>>446
「繭の夏」の佐々木俊介氏。
鮎哲賞は正賞ではなく佳作入選だったはず。
去年出た「模像殺人事件」は素晴らしいから読んでみなっせえ。

448 :名無しのオプ:05/03/10 23:52:51 ID:e1LUS+/S
鮎川賞を落ちた(あるいは入選どまり)の作家のほうが活躍してるね

449 :名無しのオプ:05/03/11 00:11:22 ID:ePZk1d2L
写本室の迷宮 会話にオウム返しが大杉

450 :446:05/03/11 09:05:06 ID:hcjpRGUV
>>447
ありがとうごぜえやす。早速読んでみます。

451 :名無しのオプ:05/03/11 12:48:01 ID:+7H10Qlz
佐々木さんの『繭の夏』はおもしろかった。
小説が上手い、っていう感じ。今邑彩をさらにリリカルにした作風。
復活してくれてうれしいなー。

452 :名無しのオプ:05/03/11 18:44:03 ID:MPCSjgZ1
カッパ・ワンはジャンル不問と言いながら、やはり本格が中心。
メフィストも読書層は違ってもやはり本格が多い。
それら二つの賞と鮎川賞と、本格長編ではどれが受賞しやすいかな?


453 :名無しのオプ:05/03/12 02:45:35 ID:/G9pNNvC
レスが付かないな……

454 :名無しのオプ:05/03/12 09:13:57 ID:IRSxP9qC
>>452
 メフィストと鮎川賞は比べるのが無理なのでは。
 歩留まりのよさを(最近は?)考慮しても最難関は鮎川。
 支離滅裂な文章でなくて、ぶっとんだアイデアならメフィストは採れる。

455 :名無しのオプ:05/03/12 17:12:18 ID:UPaiS94j
今年どうだか知らないけど、鮎川賞もそろそろまた「受賞作なし」を
やりそうな気がする。
というか、一読者としてはもう少しシビアにしてほしい。

456 :名無しのオプ:05/03/13 09:54:27 ID:4mpSxVKH
↑禿胴

457 :名無しのオプ:05/03/15 15:42:28 ID:bowxnubp
直接、鮎哲賞つながりじゃないけど
門前が自費出版?した『死の命題』(新風舎)の誤字ダメポ。
文章に少しの不備があるならいざ知らず(メル欄にする必要ないかもしれないけど、一応メル1)と一箇所だけだが間違っていたり、

前半のそこそこ最初の方で(メル2)にする必要はあるのか?

ミステリにビギナーの漏れが言うのもなんだが、気になったんでとりあえず。レス汚しスマソ

458 :名無しのオプ:05/03/17 12:28:33 ID:JTGlaQ9S
確か門前が鮎川賞採ったとき創元で復刊するとか聞いたような記憶が…

459 :名無しのオプ:2005/03/25(金) 23:21:30 ID:Uv+jCU6u
最終作品の発表はいつよ?

460 :吾輩は名無しである:2005/03/30(水) 12:18:18 ID:/FbetGt6
t

461 :吾輩は名無しである:2005/04/12(火) 12:17:20 ID:4x5Zlbd3
h

462 :名無しのオプ:2005/04/13(水) 19:53:12 ID:/gRLQpLD
受賞作なし 佳作 篠宮祐介『六月の雪』という結果になったようです。

463 :455:2005/04/13(水) 20:47:40 ID:A5TbtWP7
お、予想どおり来たか「受賞作なし」。
これで佳作がそこそこのレベルなら文句なしだが
えてして「今年の佳作のほうが去年の正賞より上じゃねーか」の声が上がったりして……

464 :名無しのオプ:2005/04/13(水) 20:50:18 ID:A5TbtWP7
過去の鮎川賞佳作入選作
二階堂黎人「吸血の家」
村瀬継弥 「藤田先生のミステリアスな一年」
佐々木俊介「繭の夏」

465 :名無しのオプ:2005/04/13(水) 21:36:51 ID:uIHH/1ST
詳しい選評は
次のミステリーズ待ちか

466 :名無しのオプ:2005/04/13(水) 21:48:12 ID:8sfmIn3/
>>465
次じゃないだろ、10月発売号掲載のはずだが。

467 :名無しのオプ:2005/04/14(木) 10:02:43 ID:hxzav+Gm
正賞がコナン・ドイル像であることが釈然としない。



468 :名無しのオプ:2005/04/14(木) 11:32:34 ID:SMwSkTO+
>>467
じゃあ来年からは鮎川先生の首で(メガネは取り外し可能)。

469 :名無しのオプ:2005/04/15(金) 22:17:03 ID:0YAxITyU
なんだー、受賞作なしか。これじゃ鮎哲賞の先行きが危ぶまれるな。

佳作出身の方が良かったりするからいいのか?(二階堂はさておき)。
佳作となった『六月の雪』も近いうちに出版されるのか否か・・・

470 :名無しのオプ:2005/04/15(金) 22:53:26 ID:FIHjC65l
>>469
佳作は普通に刊行される。

471 :名無しのオプ:2005/04/15(金) 23:03:39 ID:agLWDAuf
受賞作や佳作以外の
最終選考候補で刊行される・されないの分かれ目は謎だがな。
やっぱ編集者の押しだろーか。

472 :名無しのオプ:2005/04/16(土) 17:31:14 ID:9NlgjUSV
「写本室の迷宮」を読んでみた。
予想に反して途中までは面白かったけど、ラストが・・・orz

473 :名無しのオプ:2005/04/16(土) 22:12:18 ID:rzaYvjKx
佐々木俊介の2作目読みました。最高。

474 :名無しのオプ:2005/04/17(日) 00:59:02 ID:fOcILCv1
>>473
評価が分かれてるな。
ま、それを言ったらみんなそうか。

475 :名無しのオプ:2005/04/20(水) 02:09:43 ID:UvqtPPIQ
『受賞作なし』って題名で応募しときゃよかった

476 :名無しのオプ:2005/05/02(月) 14:11:43 ID:xTnWAhir
朝日に佳作の記事が出てたな。結構、おっさんだ。

477 :名無しのオプ:2005/05/02(月) 14:17:51 ID:cC/ZwEeK
>>476
へえ、佳作なのに写真つきで記事になったんだ。
言い方は悪いけど鮎川賞程度でって考えると珍しいような。
そうでもないのかな。

478 :名無しのオプ:2005/05/02(月) 14:23:22 ID:xTnWAhir
いやいや、二行ぐらいの記事で、名前と年齢だけ。
49だったから、おっさんと言ったまで。スマソ

479 :名無しのオプ:2005/05/02(月) 15:05:36 ID:ESR1mvfr
家ゲRPG板で本格的なプロジェクトが始動しています。
アップローダーやまとめサイトも用意されています。
2月上旬には1日1レッドを消費するほどの勢いでしたが、
今では人不足で何一つ発展がありません。

絵が描ける人、BGMが作れる人、とにかくRPGが作りたい人、
ぜひ覗いてみてください。
ただ、スレの住民は冷たい態度をとると思うので過去ログをよく読み、
「俺は前からこのスレにいたぜ」的態度で参加してください。

なおこの宣伝はスレの意向ではありません。


みんなでオリジナルRPGをつくるぞ!12
http://game9.2ch.net/test/read.cgi/gamerpg/1112708368/l50


480 :名無しのオプ:2005/05/02(月) 15:32:41 ID:cC/ZwEeK
>>478
そうか。しかし49でデビューは思いっきりオサーンだなあ。
何となく若い人を想像してた。

481 :名無しのオプ:2005/05/02(月) 18:07:32 ID:3MRdliEU
亡くなった満坂さんとか60過ぎの受賞だし、第一回最終候補の伊井さんも50手前だったはず。

でも寡作になりそうな予感が。

482 :名無しのオプ:2005/05/03(火) 00:53:38 ID:YrwMPSZT
佳作で寡作でもいい、傑作を書いてくれれば……

483 :名無しのオプ:2005/05/20(金) 12:56:09 ID:bxBZuTJ0
今年は受賞パーティはなしか…

484 :名無しのオプ:2005/05/20(金) 17:24:49 ID:b/ZDt9zR
受賞パーティって社会人は出席できなくない?

485 :名無しのオプ:2005/05/23(月) 11:47:44 ID:CU6K2+dF
↑どーゆー意味? (恥ずかしくてとか?)
社会人以前に、招待客しか出席出来ないけど?

486 :名無しのオプ:2005/05/23(月) 11:49:13 ID:CU6K2+dF
↑sageそこなった

487 :名無しのオプ:2005/05/23(月) 12:27:58 ID:p1nPGGKI
>>485
授賞式が平日の昼間にあるからじゃない?
(よく知らんけど)

488 :名無しのオプ:2005/05/23(月) 13:02:13 ID:CU6K2+dF
>>487
少なくとも昨年までは夕刻だったが。

489 :名無しのオプ:2005/05/23(月) 17:49:51 ID:1Y+tvlWD
土曜の夕方にやるぐらいの配慮はするだろ

いや
実際は知らんけど

490 :名無しのオプ:2005/05/23(月) 20:32:07 ID:gkmcwx5A
たとえ平日の昼間だろうと、有休が取りにくかろうと
自分のお披露目のために出版社が
何百万もかけて用意したたパーティーに出てこなかったとしたら、
「お前、やる気あるのか?」になるだろうな。

土日とかにやったら、招待される業界関係者に休日出勤を強いる結果に
なるってわかってる?

491 :名無しのオプ:2005/05/24(火) 12:38:08 ID:oB2vMPfZ
本ミスのパーティは土曜日

492 :名無しのオプ:2005/05/24(火) 18:23:44 ID:w0NUPxBR
>何百万もかけて用意したたパーティー

そんなにかかっているのか? 
もしかして、乱歩賞みたいに受賞者の印税の何%とかを
パーティに当てているのかね。

493 :名無しのオプ:2005/05/26(木) 14:20:28 ID:LwbGEvkw
>>何百万もかけて用意したたパーティー

>そんなにかかっているのか? 
>もしかして、乱歩賞みたいに受賞者の印税の何%とかを
>パーティに当てているのかね。

むしろ安いのでは?




494 :名無しのオプ:2005/05/27(金) 04:58:13 ID:jkGMgEbW
去年は金曜の夜だが。

http://www.tsogen.co.jp/ayukawasho/zouteishiki_2004.html


495 :鮎川哲也:2005/06/11(土) 18:01:44 ID:SU0uH5Dx
こんにちは鮎川です
みなさん御意見まことにありがとうございます
これからもがんばっていきますのでよろしくお願いします

496 :名無しのオプ:2005/06/11(土) 19:04:50 ID:Zg8fQdEZ
>>495
先生、天国での暮らしはどんな感じですか?

497 :名無しのオプ:2005/06/11(土) 20:06:27 ID:22WXRu32
>>495-496
ちとほろりとした。

498 :吾輩は名無しである:2005/07/03(日) 11:28:42 ID:PFXAeAUY
9

499 :名無しのオプ:2005/07/03(日) 18:05:10 ID:SUnrdN1L
ちょ〜〜〜久々に上がってると思ったら 9 だった

500 :500:2005/07/03(日) 18:46:07 ID:B0XiXpeC
後藤百円均一

501 :名無しのオプ:2005/07/04(月) 12:55:43 ID:TJTZ2Ayu
10

502 :名無しのオプ:2005/07/05(火) 08:35:09 ID:LWUhAc74
「鮎川哲也賞ア行とカ行の法則」

503 :名無しのオプ:2005/07/05(火) 08:45:04 ID:LWUhAc74
第一回「ア」シベ タク
第二回「イ」シカワ シンスケ
第三回「カ」ノウ トモコ
第四回「コ」ンドウ フミエ
第五回「ア」イカワ 「ア」キラ
第六回「キ」タモリ 「コ」ウ
第七回(ミツサカ タロウ)
第八回「コ」ダマ ケンジ
第九回「ア」スカベ 「カ」ツノリ
第十回(モンゼン ノリユキ)
第十一回(ゴトウ ヒトシ)
第十二回(モリタニ アキコ)
第十三回「カ」ミヅ 「ケ」イジロウ /「キ」シダ ルリコ

504 :名無しのオプ:2005/07/05(火) 08:47:51 ID:LWUhAc74
訂正

第八回「コ」ダマ 「ケ」ンジ
第十二回(モリタニ 「ア」キコ)

このように、ペンネームを工夫することで当選率が数十倍にUPするといわれています。

505 : ◆9RuVZssBCU :2005/07/05(火) 22:47:35 ID:Irt1rSAx
意味分からないが。

506 :名無しのオプ:2005/07/07(木) 13:28:21 ID:A/G2IZAW
愛川欣也

507 :名無しのオプ:2005/07/07(木) 13:41:38 ID:JWq44llI
売れてる芸人は
名前に『し』が入っているとかの
ネタみたいだ。

508 :名無しのオプ:2005/07/07(木) 14:08:14 ID:Y+t2Qftr
>>505
意味がわからないっていう意味がわからないが。
鮎川賞受賞者の姓にア行とカ行が多いってのは回が一桁台の頃から
言われてたこと。
当選率UP云々はむろんネタにしても、実際その後も多い。

509 :名無しのオプ:2005/07/08(金) 12:16:32 ID:gTRbODoz
そんな小学生の噂話みたいなことをわざわざここにレスする意味がわからない

510 :名無しのオプ:2005/07/08(金) 12:56:20 ID:fQYji2q/
このスレは高尚なマジ話以外書き込んではいけないスレになりました。

511 :名無しのオプ:2005/07/08(金) 14:20:35 ID:cdnjO96i
何度か出ている話だけど、受賞作には
作中作ものがいくつかあるんだよね。
事件関係者の手記が挿入されているとか。
作中作ものを書けば選ばれる確率があがる、
とか揶揄されたこともあるらしい。

512 :名無しのオプ:2005/07/09(土) 01:51:54 ID:PxtXqenX
今年は鮎川賞がないけどミステリーズ短編賞が出たので、例年通り、バーティは
ありますよ。東京創元社のパーティは作家が多く出席するので有名。今年は14年ぶりの推理作家協会賞
も取ったので、意気上がってるし。

513 :名無しのオプ:2005/07/09(土) 02:06:34 ID:d/1sVbaU
短編賞でパーティー?
ホント? いつもと同じ時期?

514 :名無しのオプ:2005/07/09(土) 12:31:08 ID:PxtXqenX
ほんとです。時期はいつもどおりだと思います。東京創元社の人から聞いたので
間違いないでしょう。同社では今後、国内作品の点数を増やす戦略なので、パーティは
良い顔つなぎの機会になりますからね。

515 :名無しのオプ:2005/07/23(土) 04:39:04 ID:tkRAJpfV
ttp://ssk-ws.cside3.com/syosenpyo/ayukawa/2005.html
↑ここで今年の鮎川哲也賞の島田荘司先生の審査メモが公開されてます。
かなり低調だったとのことです。佳作の『六月の雪』はハードボイルドだそうな。

516 :名無しのオプ:2005/07/23(土) 18:09:14 ID:vvDG+2JB
>>515
けっこう辛口だけど……かといって彼が高評価して刊行された過去の受賞作が
面白かったかといえばけっしてそんなこともないし……それら以下ってことか。
候補作のネタバラシするのはどうなの?って感じ。

517 :名無しのオプ:2005/07/24(日) 05:39:02 ID:NopZAuhl
選考委員を法月にチェンジして欲しい

518 :名無しのオプ:2005/07/26(火) 20:20:39 ID:cjLK6M9P
>>516
ネタバレなんてなかったし、他の選考委員の選評と比べても辛口だとは思わないなあ。
個人的恨みでもあるのか、単に島田が嫌いなのか?

519 :名無しのオプ:2005/08/10(水) 17:53:07 ID:VNCH4G2X
受賞作品はいつ刊行?

520 :たつみ:2005/08/22(月) 22:23:34 ID:q9H7GzP9
神津慶次郎氏の作品、四百字詰めで何枚か分かる方いますか?

521 :名無しのオプ:2005/08/23(火) 23:52:02 ID:mHj6rdX3
>>520
文字数ドッカに掲載されていなかったっけ?
無ければ自分でカウントして、400字詰め何枚に換算できるかやってみなよ

522 :名無し物書き@推敲中?:2005/09/06(火) 13:46:39 ID:LgdxWoNB
i

523 :名無しのオプ:2005/09/07(水) 07:53:36 ID:5X4be4bn
>>513
十月七日(金)に、
例年の通り飯田橋のホテル・エドモンドで。

524 :513:2005/09/07(水) 10:53:59 ID:IktgNDyH
>>523
あー、音沙汰ないと思ってたら何日か前に招待状来てた。
行かないけど!

525 :無名草子さん:2005/09/27(火) 11:23:59 ID:VUG3o4WF
i

526 :名無しのオプ:2005/09/28(水) 13:40:43 ID:wy4X7PwA
>>512>>514>>523>>513>>524
あんたらが誰か、どこから情報が漏れたかで、
社内がかなりもめたのも知らずに、お気楽なこったな。

527 :名無しのオプ:2005/09/28(水) 14:13:15 ID:USRW2gZH

あんたがそういう書き込みすんのも情報モレの一種なんじゃないの?


528 :名無しのオプ:2005/09/28(水) 15:27:19 ID:zjcjzYty
512はともかく後者は別に情報漏らしてないべさ。
つか、社内が揉めたなんて書くとはまさしく>>527の言うとおり。

529 :名無しのオプ:2005/09/30(金) 18:22:22 ID:5LCwtp9v
話は違うが下のスレで

http://book3.2ch.net/test/read.cgi/mystery/1116908709/l50

>>35
以降の問題については、どう思う?

530 :513:2005/10/05(水) 07:41:04 ID:WtkAOuBc
>>526
はあ? 何言ってんの?
招待状なんて八月末に発送しているんだし、
出版関係者にとっては公の事実なんだから
社内で問題になる筈がないだろう。
ネタを書き込むにしても、もうちょっと頭を使えよ。


531 :名無しのオプ:2005/10/05(水) 07:50:05 ID:o1OMyPq4
その程度でもめるほどヒマじゃあありません。
俺なんか昨夜から今までずっと仕事ですよ・・・

532 :名無しのオプ:2005/10/05(水) 23:33:33 ID:NTMqf/4b
今回の受賞作が刊行されるのはそろそろ?

533 :名無しのオプ:2005/10/10(月) 23:23:14 ID:eLQHinOD
>>532

>今回の受賞作が刊行されるのはそろそろ?

今年は受賞作ナシって分かって言ってるんだよね?

しかし、受賞パーティは一昨日だったらしい。決定は四月なのに、ずいぶん待たせるもんだな。
ミステリーズ!短編賞と合同だから多少遅くなるのは分かるが、それにしてもね。


さて、締め切りまであと20日しかない。そろそろ、構想に取りかかろうかな。


534 :名無しのオプ:2005/10/10(月) 23:32:15 ID:g/bdGDjK
受賞作の刊行スケジュールに合わせてパーティを開いているのだよ。
だから例年ならパーティ出席者に受賞作の単行本が配られる。
今回は鮎川賞は佳作のみ、その刊行もまだ未定だから
代わりにブックカバーを配ってた。


535 :名無しのオプ:2005/10/10(月) 23:44:16 ID:eLQHinOD
>>534

そういうことなの。納得。
しかし、ブックカバーだけもらってもね。
それと、佳作でも一応刊行しないことには、ビジネスにならないだろうに……。
もともと低調なこの賞だから、その佳作となると、買うに値しないと判断されて、
売り上げも伸びないと判断しているのかな?

【チャレンジ計画晒し】
構想は、20日の木曜日までに仕上げて、一週間で500枚ほど書いて、その後は
月末まで推敲というスケジュール。マイペースで出来る漏れって幸せ者だな。
脱サラもいいもんだ。



536 :名無しのオプ:2005/10/11(火) 00:27:13 ID:+BUxso8c
>>535
ブックカバーだけじゃなくて
ミステリーズ!も配ってますがな。
それと佳作はやっぱり「書き直し」が要求されるらしいから
受賞作並みのスピード刊行はムリみたい。

537 :名無しのオプ:2005/10/11(火) 00:32:05 ID:e8FEqumX

佳作が決定したのは四月の11日だったっけ?
それから半年経っても刊行できないってことは、
創元社にその気がないか、あるいは作者にその
実力がないからだと思うが……。



538 :名無しのオプ:2005/10/11(火) 00:33:11 ID:+BUxso8c
ヒントつ勤め人

539 :名無しのオプ:2005/10/14(金) 21:02:23 ID:0BOaTfrj
神津君の新作は出ないんだろうか…

540 :名無しのオプ:2005/10/23(日) 14:05:02 ID:z7ZeWrw1
飛鳥部の問題、どう思います?

541 :名無しのオプ:2005/10/24(月) 21:09:13 ID:GND4IJgl
今更ですが、シノプシスって何ですか?

542 :名無しのオプ:2005/10/24(月) 23:08:39 ID:ThdtHSyk
>>541
> 今更ですが、シノプシスって何ですか?

梗概、あらすじ。


543 :名無しのオプ:2005/10/24(月) 23:30:05 ID:GND4IJgl
>>542
ありがとうございます

544 :名無しのオプ:2005/10/27(木) 05:21:28 ID:cnPE2OEy
門前典之は今何してるの?

545 :名無しのオプ:2005/10/27(木) 07:53:56 ID:1xPMz3S7
今年の6月に東京創元社に問い合わせたところ、いまだに『死の命題』文庫化の
作業中で刊行時期未定という返事がきました。

546 :名無しのオプ:2005/10/27(木) 08:50:07 ID:aJZ3up8n
門前が鮎川賞とった年の末に出るって話だったんだから、どれだけ遅れてるんだ。
作業中って手直しなんかしたら、あの奇妙な味が薄まるし、でも全編改稿しなきゃ
商品化は無理だろうし、もう諦めたらどやねん。

547 :名無しのオプ:2005/10/27(木) 18:46:24 ID:KhkNQA77
きっと本職が忙しいんでしょう。

いや知らんけど

548 :名無しのオプ:2005/10/28(金) 00:18:51 ID:fo4wjerQ
来月、後藤均の新作だっけ?

549 :名無しのオプ:2005/10/29(土) 01:40:54 ID:ukbypDMV
>>545
ありがd。
まだ作業中って…。中止です、とか明言されないだけマシか。

550 :名無しのオプ:2005/11/01(火) 14:27:44 ID:6C/ovcBJ
今年は何作品集まったんだろうな
一時は80ぐらいにまで落ち込んでいたが、去年は130ぐらい来たようだし

551 :名無しのオプ:2005/11/01(火) 14:49:13 ID:Ru7XtUGH
この賞は賞金がないから、応募総数は伸びないね。でも、
今度は逆に、「そんなに競争率低いなら、漏れも出してみよう」
って輩が増えるから、たまに応募数が増えたりする。
数少ない、本格推理長編向けの賞として、漏れはかなり評価
している。ちなみに漏れは鮎川センセの作品は、アンソロジー
も含めてコンプリートしている。

552 :名無しのオプ:2005/11/01(火) 15:55:20 ID:aogBnuQY
飛鳥部が顔汚し

553 :名無しのオプ:2005/11/03(木) 09:28:46 ID:jLDlA4rq
お知らせ

当社より2005年5月に刊行しました飛鳥部勝則著『誰のための綾織』にかんしまして、読者より三原順著『はみだしっ子』(白泉社)に類似した表現がみられるという指摘がありました。
これを受け、社内で調査しましたところ、いくつかの箇所で指摘されるような類似表現を確認いたしました。 原書房ではこれをふまえ、当作品を以後出庫停止とすることを決めました。
読者のみなさまをはじめといたしまして、関係各位へご迷惑をおかけしましたことを深くお詫び申し上げます。

2005年10月31日

原書房



膨大な素材カードの一部に問題の表現と思しき文章が紛れ混乱を招いたこと並びに参考文献一覧表の欠落を自省し各位に陳謝致します。

飛鳥部勝則


554 :名無しのオプ:2005/11/03(木) 23:14:23 ID:TOJRPyVy
飛鳥部は飛鳥部スレへドゾー

555 :名無しのオプ:2005/11/03(木) 23:16:57 ID:8aGc6aII
>>553

これってマジ出版社と著者なの? 

第三者が勝手に作文したのかと思った。


556 :あの賞取り作家は今?:2005/11/16(水) 09:57:24 ID:/esaG3JY

「誰のための綾織」(原書房)絶版に関しまして

 上記の件に関しまして、抗議の矢面に立たれました出版社様、ご気分を害されたであろう著作権者様
ならびに三原順先生のご遺族と愛読者様、少数の熱心な拙著読者様など、あるいは関係者様も含め、
すべての皆様のご心情をご推察し、この場にて、状況を混乱させたことに対するお詫びを掲載致しました。
その心情に嘘偽りはございませんが、物書きとして、どうしても、自己の作品をこのような形で
絶版にされることについては腑に落ちない点があり、また、当方も事態が急展開する中、
著作権法に関する充分な理解もなく、場当たり的な対応をして来たことも事実です。
そこで、このたび専門家と相談の上、今回の問題に対する対処を考えることになりました。
今後改めて、この場にて、この件に関しご報告をさせて頂きます。


飛鳥部勝則 


557 :名無しのオプ:2005/11/16(水) 10:02:51 ID:/6lSW3WW
ついでに鮎川賞も没収したらどうだ。飛鳥部の本からなんかパクッて書いてくれる人いないかな。

558 :名無しのオプ:2005/11/16(水) 11:04:17 ID:wFkvO/PF
>>553
> 原書房

ありがとう! ハラショ!


559 :名無し物書き@推敲中?:2005/12/03(土) 12:23:51 ID:fwlPsnTv
f

560 :名無しのオプ:2005/12/03(土) 13:53:37 ID:2d2/9k6c
だって、飛鳥部の鮎川賞作品だって、
メインのトリックは筒井の某作品のパクリでしょう

561 :名無しのオプ:2005/12/04(日) 01:00:20 ID:EVxaNe4P
受賞作そろそろ刊行?

562 :名無しのオプ:2005/12/06(火) 13:38:48 ID:DLetDPhr
>>561
今年は受賞なしですよ?


563 :名無しのオプ:2005/12/06(火) 17:49:07 ID:v5yhHES+
>>562
佳作のやつは?

564 :名無しのオプ:2005/12/07(水) 23:50:43 ID:0ETPA/jU
佳作って刊行しないんじゃなかったっけ?

565 :名無しのオプ:2005/12/08(木) 00:08:04 ID:mOjgSxBp
受賞作ナシじゃ、この賞、ますますマイナーになっていくね。
賞金はなくて刊行してくれるだけだし。
応募数も確か、100以下が普通じゃなかった? これでは
レベル維持も難しいよね。
数少ない本格推理長編が対象の賞だから、マニアにはこれで
良いのかな?


566 :名無しのオプ:2005/12/08(木) 20:36:52 ID:5xTdCSNh
今年は138も来たぜよ

567 :名無しのオプ:2005/12/08(木) 20:44:20 ID:7v8a2HeM
公表される応募数はサバ読みだぜよ。
あんま少ないとカッコつかんからの。

568 :名無しのオプ:2005/12/08(木) 23:57:19 ID:xpj5czlK
>>567
んじゃ実際はいくつなの?

569 :名無しのオプ:2005/12/13(火) 10:47:09 ID:yYRbW86X
一昨年の同時受賞者二人はもう消えたのか
二作目が全然出ないが

570 :名無しのオプ:2005/12/13(火) 19:14:08 ID:l0VUzRN6
るり子さんは出すんじゃなかったっけ?ミステリフロンティアで。

571 :名無しのオプ:2005/12/13(火) 19:53:23 ID:l0VUzRN6
すみません。鮎川賞一次追加、何日くらいにHPアップするか分かる方いませんか?

572 :名無しのオプ:2005/12/13(火) 22:39:11 ID:l0VUzRN6
一応あげときます

573 :名無しのオプ:2005/12/13(火) 23:28:54 ID:pxBy5Xyp
去年は12月20日が選考日だったらしい
>>371参照

574 :名無しのオプ:2005/12/13(火) 23:32:46 ID:l0VUzRN6
>>573
回答ありがとうございます。ということは、去年と一緒ならば、一週間後ですね

575 :名無しのオプ:2005/12/15(木) 00:36:01 ID:UlKQUp30
>>567
> 公表される応募数はサバ読みだぜよ。

いや、138で間違いない。但し、一人で2作応募した人が二人いたから、
応募者は136人ということになる。

576 :名無しのオプ:2005/12/24(土) 20:54:43 ID:4pz9Fn25
黒い白鳥っていつの時代が舞台なんだろう

発表は1959年だが、内容は40年代?

577 :名無しのオプ:2005/12/26(月) 18:53:12 ID:At2EGuIC
1次発表はまだでしょうか?

578 :名無しのオプ:2005/12/26(月) 18:54:32 ID:At2EGuIC
あげときます

579 :名無しのオプ:2006/01/06(金) 17:41:49 ID:raIpwZRv
>>577

 応募総数は138通。

児島  毅 「頓死のプログラム」
時織  深 「サウス・イースト・クロス」
松下麻利緒 「毒殺倶楽部」
鈴木凛太郎 「りっちゃんの酒蔵」
重松丈太郎 「君の前に横たわる未来」
福田 和代 「三間四方に棲む鬼は」
斯波耕之介 「虞美人草奇談」
林  昌宏 「ドアマットゲーム」
尾関 修一 「蜜柑樹よりの使者あるいはモルテヴィアン館の惨劇」
似鳥  鶏 「理由あって冬に出る」
市川  苑 「エンドゲーム」
麻見 和史 「ヴェサリウスの棺」
雨村  音 「極楽探偵団 探偵が愛してる」
鏑木  蓮 「継がれた殺意」


580 :名無しのオプ:2006/01/06(金) 22:25:08 ID:a74wuHKt
例年より多いような…

581 :名無しのオプ:2006/01/09(月) 00:41:47 ID:vsYvslPJ
ここでチェック汁
http://www.tsogen.co.jp/ayukawasho/

582 :名無しのオプ:2006/01/09(月) 00:59:27 ID:n6MarfZN
どうやって?

583 :名無しのオプ:2006/01/09(月) 22:31:14 ID:PZbqyBDt
いわゆる常連さんは

>児島  毅 「頓死のプログラム」
>時織  深 「サウス・イースト・クロス」
>鈴木凛太郎 「りっちゃんの酒蔵」
>斯波耕之介 「虞美人草奇談」
>尾関 修一 「蜜柑樹よりの使者あるいはモルテヴィアン館の惨劇」
>鏑木  蓮 「継がれた殺意」

この6人かな。

584 :名無しのオプ:2006/01/10(火) 23:28:02 ID:Sj1emeKx
惹かれるタイトルはねーなw

585 :名無しのオプ:2006/01/10(火) 23:35:00 ID:C7DNqRMz
こういうこと言うと、尊敬する今は亡き鮎川御大に申し訳ないんだが、
鮎川哲也賞取った作品は、ほとんど読んだが、これといって良いと
思えた作品がないんだよな。漏れの感性が片寄っているのかな?


586 :名無しのオプ:2006/01/11(水) 00:22:46 ID:HA3EPqQc
>>583
自分の調査結果とほぼ同じ。
なんかことしはレベルが高いような…?


587 :名無しのオプ:2006/01/13(金) 08:28:54 ID:MAAgufLx
>>自分の調査結果とほぼ同じ。
 ていうか、創元のサイトにアップされてるよ。


588 :名無しのオプ:2006/01/13(金) 13:27:18 ID:dKMFbT+r
>>587
「常連」のリストアップが、自分が常連だと感じている人とほぼ一致したという意味では?


589 :名無しのオプ:2006/01/14(土) 00:52:45 ID:xT9XBacH
>>588
YES、その通り。
鮎川賞の常連ではないが、他の賞で名前を見かける人が多いのだ。
例年とあまりに違う。それは一体、何を意味するのか…


590 :名無しのオプ:2006/01/14(土) 02:41:45 ID:a4LkofRT
NEXTとメフィの終焉が影響しているかな? 光文社のカッパ・ワンも
精彩を欠いているし。
しかし、時織とかはこの賞でも常連だけどね。


591 :名無しのオプ:2006/01/15(日) 20:22:41 ID:aioo5OWf
ミステリース!短編賞も
前回は一次選考通過の段階から「常連さん」率がかなり高かったんだっけ。
最終候補も6人中3人が「常連さん」。

592 :名無しのオプ:2006/01/15(日) 20:24:34 ID:aioo5OWf
×ミステリース!短編賞
○ミステリーズ!短編賞

いまはミステリーズ!新人賞だったか


593 :名無し物書き@推敲中?:2006/01/18(水) 12:37:36 ID:CWOeAYhk
テロはいけない

594 :名無し物書き@推敲中?:2006/01/31(火) 12:13:43 ID:Gp7Nzb1T
r

595 :名無しのオプ:2006/02/07(火) 16:00:43 ID:4w4AueZl
 2006年2月1日、第16回鮎川哲也賞の2次選考がおこなわれ、以下の6作品が最終候補作と決定しました。

 松下麻利緒 「毒殺倶楽部」
 鈴木凛太郎 「りっちゃんの酒蔵」
 斯波耕之介 「虞美人草奇談」
 似鳥  鶏 「理由あって冬に出る」
 麻見 和史 「ヴェサリウスの柩」
 鏑木  蓮 「継がれた殺意」

596 :名無しのオプ:2006/02/07(火) 21:58:48 ID:FSjAwlva
常連率5割?
前回の短編賞と同じだな。

だからどうだってわけでもないが

597 :名無しのオプ:2006/02/08(水) 17:55:07 ID:kB43FttB
しかし、予選通過者を肴にするなんてのも、ネットなればこそだなあ。

598 :名無しのオプ:2006/02/08(水) 22:20:01 ID:svEWZKAA
どれもこれも、読みたい心をくすぐられるタイトルじゃない・・・

599 :名無しのオプ:2006/02/08(水) 22:28:15 ID:vdmFsSVL
極楽探偵団が読みたかったな


600 :名無しのオプ:2006/02/15(水) 19:18:53 ID:mwE3T5Xr
毒殺倶楽部は読んでみたいタイトルだな。

601 :名無しのオプ:2006/02/23(木) 23:15:07 ID:lVd2kV1/
「理由あって冬に出る」
 …何が? とても気になる。


602 :名無しのオプ:2006/02/26(日) 02:38:08 ID:/Xqx7YOB
建築屍材(11回受賞)は文庫化されないのかしら・・・
写本室〜はもう出たのに

603 :名無し物書き@推敲中?:2006/02/26(日) 11:38:26 ID:RM/KRjNd
t

604 :名無しのオプ:2006/02/26(日) 15:14:10 ID:HSZAlJqi
>>602
そういえばそうですね。
あと『死の命題』でしたっけ?あれも読んでみたいのだけど…

605 :名無しのオプ:2006/02/27(月) 03:03:02 ID:DlEt4czN
>>604
古本で入手したから読んでみた。。。

これが創元から出てたらある意味話題になったかもw
そう思わせるような真相 実際内容はオーソドックス?な雪の山荘モノだが・・・





606 :名無しのオプ:2006/02/27(月) 03:05:43 ID:DlEt4czN
↑死の命題のほうね
新風舎あるいは7&Yでまだ買えるよ(定価だけどw)お早めにw


607 :名無しのオプ:2006/02/27(月) 13:49:23 ID:kNyUhrbA
死の命題は何年か前に創元が文庫化するとか言う話があったんだけど
その後さっぱりだな 知る人ぞ知るバカミスの傑作だと思うんだがw

608 :604:2006/02/28(火) 23:49:34 ID:uZBuUf0Y
>>606
あ、今でも買えるのですか。知らなかった…

>>607
そうそう、『建築屍材』の帯にそう書かれていたので。
でもバカミスなの?

609 :名無しのオプ:2006/03/01(水) 12:24:14 ID:l1BE9Gcf
バカミスつーかバカトリックw
まあ本人は大真面目に書いてるし 内容も極めてオーソドックスだし
探偵のキャラなんかもありがちな変人だけどすごい推理力するタイプ
が、そんなんあるのか!って思いっきり突っ込みたくなる真相



610 :名無しのオプ:2006/03/04(土) 12:35:49 ID:yze8Cvi/
『建築屍材』もかなりぶっとんだトリックだったけど
それを越えるのか『死の命題』?気になる…

自分、今鮎川賞関連本を読破中。すこしずつさかのぼって
ますが、今のところ『殉教カテリナ車輪』『密室の鎮魂歌』が
面白かったす。

611 :名無しのオプ:2006/03/05(日) 03:22:04 ID:BtCa9vSP
森谷明子の新作出てたけど、読んだ人いる?

612 :名無しのオプ:2006/03/05(日) 15:53:28 ID:dv1o2AFk
>>611
出てたね。王朝もので連載してたとは知らなかった。
やっぱ他人と違うものを売りに出来ると強い。
今「千年」読みかけなので、その結果次第で、新作
チェックするかも。


613 :名無しのオプ:2006/03/05(日) 23:21:11 ID:TvMxZC5U
双葉社かあ・・・
『小説推理』出版してるのは知ってるけど
どうも印象薄いんだよな、あの出版社。

614 :名無しのオプ:2006/03/07(火) 00:12:47 ID:b7qgfm1p
クレヨンしんちゃんの会社ですから

615 :名無しのオプ:2006/03/07(火) 02:29:37 ID:XSt3hiIq
双葉文庫つったら官能小説か時代小説ばっかりみたいな印象。

616 :名無しのオプ:2006/03/08(水) 08:58:00 ID:Oa15Cdmi
大倉崇裕の「白戸修の事件簿」とかさ。

617 :名無しのオプ:2006/03/13(月) 10:52:45 ID:3Y8f2jtn
VAIOサポートより判明

PC/AT互換機でありながら、わざわざ余計な費用をかけて汎用品を使用できないように独自仕様にしてしまっていること・・・、
これらの事を考えるとSONYは販売した後もユーザーから金を搾り取ることしか考えていないように見えます。


618 :名無しのオプ:2006/03/15(水) 23:52:43 ID:al9DTCbX
常連さんの一角・九条菖蒲嬢が受賞したね。特別賞。



C★NOVELSの・・・

619 :名無しのオプ:2006/03/16(木) 02:00:28 ID:dYBWYHqz
>>618
サイトが閉鎖されて心配してたけど、まさか受賞していたとは。
とにかくめでたい。

620 :名無しのオプ:2006/03/16(木) 11:05:52 ID:g0aYYZLo
中公の選考レポート見てきたら
まるでミステリーズ!の鮎川賞の選評みたいなこと書かれてたね。(ダメなところ)

でもまあ良い編集者に指導されれば伸びるかも。

621 :名無しのオプ:2006/03/16(木) 23:51:59 ID:8wAZdI8i
よかったよかった。
受賞おめー。

早く読みたい

622 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/17(金) 12:58:48 ID:aHPKSDOV
オーソドックス

623 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/07(金) 13:10:18 ID:zP8TzeV1
黒冷水

624 :名無しのオプ:2006/04/07(金) 13:24:41 ID:l7eGSKsV
by羽田圭介

625 :名無しのオプ:2006/04/15(土) 10:56:22 ID:5uKb41m2
鮎川賞受賞作発表されますた

受賞 麻見 和史 「ヴェサリウスの柩」
佳作 松下麻利緒 「毒殺倶楽部」
    似鳥  鶏 「理由あって冬に出る」

常連さん全滅ってのが興味深いな

626 :名無しのオプ:2006/04/15(土) 11:46:01 ID:gnoM6Ksy
本になるのは受賞作だけ? 冬が読んでみたいんだけど

627 :名無しのオプ:2006/04/16(日) 01:17:04 ID:2iIWCdmJ
佳作が二作。
第六回の北森、佐々木、村瀬と同じパターンだね。
そのときは三冊同時刊行されたけど、去年の佳作作品は出てないよね?

628 :名無しのオプ:2006/04/16(日) 23:32:59 ID:RhGwYFLv
と、言うより去年は受賞作なし。

前回は平成16年のやつだね。
神津と香田がそれぞれ受賞した時

629 :名無しのオプ:2006/04/17(月) 10:46:44 ID:RKBczQ1X
>>628
???
だから去年の佳作入選作は刊行されてないよね?

630 :名無しのオプ:2006/04/17(月) 14:38:32 ID:FXY7f4vG
>>629
そんなにムキになるな。
おまえの間違いを糾弾してるわけじゃないんだから。

631 :名無しのオプ:2006/04/17(月) 14:55:42 ID:RKBczQ1X
>>630
おまえの間違いって?俺627じゃないよ。
つか627も間違ったことは書いてないと思うが。
えーっと……ダイジョウブですか?

632 :名無しのオプ:2006/04/17(月) 15:15:38 ID:FXY7f4vG
間違えてはいないが、そんなことまで言わなきゃわからんのか、という感じ。
受賞作がないんだから刊行されるわけもないということだな。
ちょっと考えればわかることだと思うんだが、その程度のアタマじゃ
ミステリー小説を読むのも大変だろうな。

633 :名無しのオプ:2006/04/17(月) 15:36:38 ID:RKBczQ1X
受賞作ナシ=佳作入選作(「六月の雪」)の刊行もなしと断ずる理由が
さっぱりわからないけどさ、もうこれでやめるよ。

634 :名無しのオプ:2006/04/17(月) 19:29:31 ID:dshJLOHL
>>632みたいな馬鹿にミステリーは難しいだろうな。何しろ脳内法則が絶対らしいからw。
佳作しかなければ出版されないって?横溝賞のリストでも調べてから出直せアホ。

635 :名無しのオプ:2006/04/17(月) 19:43:24 ID:sMcR9Yw5
「リング」って受賞作なしの年の佳作で刊行されたんだったよな
半可通はこういう時に見てて恥ずかしいw

636 :名無しのオプ:2006/04/17(月) 20:13:47 ID:ZPiZCvrP
去年佳作が出たこと自体知らなかったんだろう、
版元サイトの鮎川賞のページに記載がないから。
みずからの無知を棚に上げて他人を馬鹿扱いした挙句、遁走。
あー恥ずかしい。

637 :名無しのオプ:2006/04/17(月) 23:11:07 ID:kTLafOjk
何があったのか知らんけどさ、とりあえず落ち着け

638 :名無しのオプ:2006/04/17(月) 23:29:08 ID:sMcR9Yw5
受賞作決まったのに話題がこれしかないってのもなー

639 :名無しのオプ:2006/04/30(日) 22:37:44 ID:UgZiietC
おやおや今年の受賞者はまた「ア行」の名前なんだね。
第0回から数えて17回中、苗字がア行とカ行の受賞者が各6名ずつで実に12名。
(後藤も加えればカ行は7名)
どこまでこのジンクスは続くのか。
(ちなみに残り3人はマ行)

640 :名無しのオプ:2006/05/01(月) 23:32:45 ID:DTZrvSGQ
>>628
「香田」というのは岸田るり子氏のことかな?
第二作の『出口のない部屋』も中々面白かったね。
個人的には『密室の鎮魂歌』よりも好みかも。
神津氏の第二作も早く読みたいよ〜。

641 :名無しのオプ:2006/05/02(火) 00:07:21 ID:TG31YjT1
出口のない部屋、読んだけど意味分からんかった。
出口のない部屋に集まった三人がどういう状況なのかは理解できたけど。犯人誰?

642 :名無しのオプ:2006/05/02(火) 22:26:04 ID:J8359+TC
>>641
あの作品の犯人は(メール欄@)でいいんだよね?
三人の男女が集まる部屋は(メール欄A)という解釈でいいんだろうか?
冒頭に出てくるサルトルの『出口なし』からのエピグラフは
ネタバレすれすれだなあ。
勘のいい人ならすぐ判ってしまうかも…。

643 :名無しのオプ:2006/05/15(月) 15:27:07 ID:KNbDeAJ7
去年の佳作である、『六月の雪』出るみたいですよ。
ペンネームが『日向 旦』、タイトルが『世紀末大(グラン)バザール 六月の雪』
に変更されてます。
東京創元社のホームページの近刊案内を見てください。
ttp://www.tsogen.co.jp/np/kinkan.do

644 :名無しのオプ:2006/05/15(月) 15:57:31 ID:loJnoYOX


645 :名無しのオプ:2006/05/15(月) 17:02:57 ID:Apz9RF5D
>>628(=>>630>>632)
>>643からお知らせがあるぞ。

646 :名無しのオプ:2006/05/17(水) 21:13:51 ID:1tYgbBsd
鏑木氏が乱歩賞獲ったから、「継がれた殺意」も何かしらの形で出版されるかな?

647 :名無し物書き@推敲中?:2006/06/03(土) 12:58:37 ID:MNGZF+ql
林真理子

648 :名無しのオプ:2006/06/24(土) 12:33:57 ID:gI1Zl6cX
お知らせ

649 :名無しのオプ:2006/07/01(土) 22:20:50 ID:2P4eC8mU
てst

650 :名無しのオプ:2006/07/02(日) 20:57:37 ID:kQJh7TTb
>>643
作品の驚異の出来からすると佳作じゃなくてもよかったような気もしますが、
賞の趣旨を考えると仕方がないのかなとは思います。
それにしても「六月の雪」を残してくれた下読みさんは偉い!

651 :名無しのオプ:2006/07/02(日) 21:07:31 ID:mqJqORGY
自画自賛乙。

652 :名無しのオプ:2006/07/29(土) 23:17:21 ID:oACo4wwu
俺の印象だけど鮎川賞作家って結構水準高くない?
新人賞では外れが少ないし発掘もできてると思うんだが。

653 :名無しのオプ:2006/07/30(日) 00:02:43 ID:6LkK2muB
はずれ作品、意外とないかも

654 :名無しのオプ:2006/08/01(火) 18:30:04 ID:qG1cNRr1
受賞作が近刊案内で紹介されている。9月刊行か?

前々回の佳作は一年以上も出なかったのに・・・
これが受賞と佳作の差か。

655 :名無しのオプ:2006/08/02(水) 00:32:07 ID:ctx1GWdE
>>656
副賞が印税とかじゃないっけ?
だったら受賞作はスムースに出版される罠

記憶で書いてるので適当だったらスマン。

656 :名無しのオプ:2006/08/02(水) 11:30:58 ID:xbjtZHrr
メインが像だよね。ところで副賞って何がもらえるの?
それと佳作がようやっと出版されたってのに今回の受賞作はもう出版、早すぎく
ないかなあ?

って>>655のせいでこんなレスするはめになっちまったじゃねぇか、バカヤロウ

657 :名無しのオプ:2006/08/02(水) 20:19:28 ID:cjWaZ7Dk
駆け出しで売れそうにない作家は後まわしにされてしまうのだよ。
何しろ編集者一人で、3、40人の作家を担当してるそーだし。


658 :名無しのオプ:2006/08/07(月) 14:57:27 ID:od78xnw5
たまには上げよう。

今年は受賞作1、佳作2なのに九月刊行は受賞作だけ?
昔は授賞パーティーに間に合うように同時刊行してたのにね。
受賞作と佳作が同時に出ると佳作が軽んじられる可能性もあるが、
忘れたころに地味〜に出すよりはいいと思うんだけどね。

659 :sage:2006/08/11(金) 17:32:26 ID:8LoG4cgy
佳作は刊行を検討中だって。

660 :名無しのオプ:2006/08/19(土) 07:36:48 ID:3JZw1HZF
受賞作『ヴェルサリウスの柩』が本来なら予選落ちってのは、
乱歩賞の『天女の末裔』を彷彿とさせますな。

661 :名無しのオプ:2006/08/19(土) 14:48:57 ID:56A/1Sic
>>660
本来なら予選落ちって?

662 :名無しのオプ:2006/08/19(土) 17:46:45 ID:3JZw1HZF
>>661
下読みが残した最終候補5本には当初残っていなかったのが、
急遽追加されたらしい。だから今年は最終候補が6本。
シマソウのデジカメ日記に書いたあった気が。

663 :名無しのオプ:2006/08/19(土) 19:51:55 ID:56A/1Sic
>>662
そうなんだ、ありがと。
経緯は全然知らないけど追加ってのも変な話。

664 :名無しのオプ:2006/08/20(日) 01:21:58 ID:yFQCfD9Z
>>660
ちょいよくわからんので詳しく

665 :名無しのオプ:2006/08/20(日) 02:09:31 ID:PDLvvD+5
編集の選んだ物が必ずしも選考委員の好みと一致しないってのは
よく聞く話だが、本当にそういう事があるんだな。
だとすると、今まで最終候補に残らなかった物の中にも、良い物が
あったのでは…とか思うのは俺だけか?


666 :名無しのオプ:2006/08/20(日) 03:55:10 ID:ZbH6+Q/h
>>664
1984年の乱歩賞は応募作品がかなり不作で、
下読み予選委員の目からは最終候補に上げるべき作品は3本しかなかった。
しかし講談社が「なんとかもう一本」ということなので、
レベルの低い作品のうちから「まあ、これは少し文学的香気があるか」という
理由でダメモト作品を本選に上げた。で、結果として意外にもそれが
受賞してしまった乱歩賞史上最低作品『天女の末裔』の誕生である。

667 :名無しのオプ:2006/08/20(日) 09:19:33 ID:aQGX5/gL
>>665
編集の人たちはけっこう専門バカなところがあるからね。
特に創元はそのケが強いっていうし。


668 :名無しのオプ:2006/08/20(日) 23:02:00 ID:ZbH6+Q/h
創元って、数人しか編集者いないんじゃ・・・

669 :名無しのオプ:2006/08/21(月) 23:43:11 ID:D4lzLgt8
鮎。

670 :名無しのオプ:2006/09/18(月) 12:37:06 ID:xHGNlpDF


671 :名無しのオプ:2006/09/18(月) 14:39:16 ID:tM7enQ4v
神津氏は新作予定ないのですか?
色々言われていますが、受賞作大好きなので。

672 :名無しのオプ:2006/09/18(月) 14:41:23 ID:tH+02eHk
次はシャーロック調になるよう、読み込んでます
(その次は西村京太郎)

673 :名無しのオプ:2006/09/20(水) 08:03:53 ID:vzGzq4dQ
>>668
ひとりの編集で40人ぐらい担当しているというハナシなら聞いたことある。

674 :名無しのオプ:2006/09/20(水) 09:07:16 ID:UGF6nFSv
ひとりにたいして40人

ものすごいプレイだな

675 :名無しのオプ:2006/09/20(水) 10:02:45 ID:/9Vdpx7W
ミステリマニアなら感涙ものかもしれんw

676 :名無しのオプ:2006/09/20(水) 18:55:28 ID:h/oK8ZUK
ひとりで40人といっても
売れないひととか
駆け出しぐらいの連中は放置プレイだろ

677 :名無しのオプ:2006/09/20(水) 19:02:53 ID:UGF6nFSv
放置プレイもいいな

678 :名無しのオプ:2006/09/28(木) 22:04:21 ID:BR9M/yci
鮎川って本格だから、応募するにはやっぱ凝ったトリックとかないとダメなのかな?

679 :名無しのオプ:2006/09/28(木) 22:42:10 ID:oL2IQWV/
>>678
前回の佳作は他作品からのパクリだお

680 :名無しのオプ:2006/09/29(金) 21:44:11 ID:VayF/eTZ
パクリというか

本筋の事件を追いかけてる
  ↓
密室で傷害事件が発生
  ↓
ミステリヲタの知人(このためだけに出てくる脇役)のところへ遊びに行く
  ↓
「これこれこーゆー小説にこれこれこーゆートリックがあるんだがその応用じゃね?」
  ↓
枝道の事件はもうほっといて、再び本筋の事件を追いかけ始める

という大技だからな・・・

681 :名無しのオプ:2006/09/29(金) 22:11:38 ID:dx0kWSnU
本筋の事件って?

682 :名無しのオプ:2006/10/03(火) 16:59:26 ID:C/NhvW0K
10月6日、飯田橋ホテルエドモントに、おいでませ。
9時過ぎたら、二次会の呑屋に向かって、だらだら
歩いているミステリ作家群像が見られるかも知れないよ。

683 :名無しのオプ:2006/10/04(水) 12:22:20 ID:vpdvlyPT
たとえば
芦辺拓「殺人喜劇の十三人」
愛川晶「化身」
北森鴻「狂乱廿四考」
谺健二「未明の悪夢」
飛鳥部勝則「殉教カテリナ車輪」
が、同じ回に応募していたら、どれが受賞したかな。

684 :名無しのオプ:2006/10/04(水) 15:39:46 ID:5fer/Kp4
>>683
短編の方の賞によくあるパターンの、

該当作なしw

685 :名無しのオプ:2006/10/04(水) 15:44:21 ID:t5Lpc0xI
佳作はまた、出版まで時間がかかる?

686 :名無しのオプ:2006/10/05(木) 18:32:45 ID:qks288e5
明日だぞ。

687 :名無しのオプ:2006/10/05(木) 18:33:58 ID:1CENQ8IX
え、明日発売なのですか。情報トンクス

688 :名無しのオプ:2006/10/05(木) 18:44:50 ID:qks288e5
>687
ごめん、鮎川賞の授賞式のことね。

689 :名無しのオプ:2006/10/06(金) 16:30:45 ID:bmHESSU/
雨だね

690 :名無しのオプ:2006/10/07(土) 09:01:20 ID:J8HiODut
二階堂さん来たよ。

691 :名無しのオプ:2006/10/11(水) 00:26:21 ID:aPOKjqsr
『ヴェサリウスの柩』読みました。
選評にもあるように本格ミステリというよりは業界サスペンス
中盤以降は通俗スリラーなところも。
前回佳作の『六月の雪』が作者本人はばりばりの本格ミステリのつもりで
端から眺めると斜めな方向へ突っ走っていった小説だったとすると
こっちは最初から本格ミステリだとかは意識しないで
広義のミステリーを手堅くまとめてみましたな感じ。
笠井評では第二乱歩賞化を危惧してましたけれど
むしろ横溝賞なのではないかと。

692 :名無しのオプ:2006/10/12(木) 04:03:17 ID:xJGJNd/9
自分も『ヴェサリウスの柩』読了。

物語として小説としてはおもしろかったけど、
本格ミステリーとしての手続きはもうひとつ。
笠井なんかはそこが不満みたいだね。
展開も速くスピィーディーに読めたけど、
まだ応募枚数に余裕ありそうだから、
主人公が自分の足で探るパートをもう少し読みたかった。
加賀美雅之みたいなのとは違い読みやすい文章なので、
もう少し長いものも読んでみたい。

693 :名無しのオプ:2006/10/12(木) 15:51:59 ID:VsJIEq5q
『ヴェサリウスの柩』読了。
 主人公の他人を見る目が余りにも浅薄。とても三十路に手が届く女性とは思えない、小娘ぶりだ。
 死体からなにかが出てきたときに、どうして、いきなり過去の手術のときに入ったと判断するのだろうか。


694 :名無しのオプ:2006/10/12(木) 17:10:16 ID:Iloeumeo
他にどんなケースがあると?
盲腸切るついでにケース入れときましょうか、とでも会話してたのか

695 :名無しのオプ:2006/10/12(木) 18:39:45 ID:xJGJNd/9
>>693
ほら、彼女は「ばーか」と言われるような女性だから・・・・

696 :名無しのオプ:2006/10/12(木) 19:41:42 ID:BJQOViob
                _∧_∧_∧_∧_∧_∧_∧_∧_
     デケデケ      |                         |
        ドコドコ   < 門前の死の命題まだーーー!!?  >
   ☆      ドムドム |_ _  _ _ _ _ _ _ _ _|
        ☆   ダダダダ! ∨  ∨ ∨ ∨ ∨ ∨ ∨ ∨ ∨
  ドシャーン!  ヽ         オラオラッ!!    ♪
         =≡= ∧_∧     ☆
      ♪   / 〃(・∀・ #)    / シャンシャン
    ♪   〆  ┌\と\と.ヾ∈≡∋ゞ
         ||  γ ⌒ヽヽコ ノ  ||
         || ΣΣ  .|:::|∪〓  ||   ♪
        ./|\人 _.ノノ _||_. /|\
         ドチドチ!

697 :名無しのオプ:2006/10/12(木) 20:50:24 ID:9SNGvyGh
ヴェサリウスの柩読んだ。
おもしろかったけど、なんかさらさらと終わるよね。
大事な情報も、何の苦労もなく手に入っちゃうしさ。
トリックとかないと、やっぱり盛り上がらないなぁ。

698 :名無しのオプ:2006/10/12(木) 21:18:36 ID:/W6ku4ja
>694
解剖してるとき押し込めばいいじゃん。

699 :名無しのオプ:2006/10/12(木) 21:22:48 ID:Iloeumeo
学生が犯人だった?

700 :名無しのオプ:2006/10/13(金) 11:15:14 ID:h2BBllXD
>>696
図書館でリクエストすれば、自費出版のが読めるでしょ。
建築屍材読んだ直後に「死の命題」読んで仰天して、
この作家さんには期待してたんだけどな…。

701 :名無しのオプ:2006/10/13(金) 21:38:24 ID:zlZHEbAA
だって、建築屍材が出たすぐ後、文庫で出すって予告してたんだぜ。
なにがあったのかな。

702 :名無しのオプ:2006/10/13(金) 21:59:39 ID:/shV8gBQ
何となく門前以降の受賞者について調べてみた

第11回(2001年)
門前典之(受賞):『建築屍材』 発行年月2001.9
    以後刊行なし
迫光(最終候補):『シルヴィウス・サークル』 発行年月2002.4
    以後刊行なし
第12回(2002年)
後藤均(受賞):『写本室の迷宮』 発行年月2002.10
         『写本室の迷宮』(文庫落ち) 発行年月2005.2
         『グーテンベルクの黄昏』 発行年月2005.11
ほしおさなえ(最終候補):『ヘビイチゴ・サナトリウム』 発行年月2003.12
         『天の前庭 』 発行年月2005.7
         『モドキ』(角川書店) 発行年月2006.4
第13回(2003年)
森谷明子(受賞):『千年の黙』 発行年月2003.10
         『れんげ野原のまんなかで』 発行年月2005.2
         『七姫幻想』(双葉社) 発行年月2006.2
第14回(2004年)
神津慶次朗(受賞):『鬼に捧げる夜想曲』 発行年月2004.10
    以後刊行なし
岸田るり子(受賞):『密室の鎮魂歌』 発行年月2004.10
         『出口のない部屋』 発行年月2006.4
第15回(2005年)
日向旦(佳作):『世紀末大バザール』  発行年月2006.6
第16回(2006年)
麻見和史(受賞):『ヴェサリウスの柩』 発行年月2006.9

仕事遅いというか
ホントに編集者がいないんじゃないか

703 :名無しのオプ:2006/10/14(土) 08:04:00 ID:Z659114N
だから担当一人が40人くらい作家を抱えていて、なおかつ一年の半分は
鮎川賞とミステリーズ新人賞の選考に関わり、なおかつ雑誌と単行本の
区別がないから隔月でミステリーズの編集に関わるんだから
売れるかどうか保証のない新人はどんどん後回し。

704 :名無しのオプ:2006/10/14(土) 13:41:50 ID:uL5BneOg
なんでそんなに少ないんだろ。
もうちょっと増やせばいいのに。

705 :名無しのオプ:2006/10/14(土) 14:42:17 ID:QqzsSzMJ
新人にいきなり出来る仕事ではなし。
優秀な人材はより条件のいい大手にとられるし。
そうなると段取りは分かっている古参をこき使うしかない。
戸川会長だって現役なんだぜ。

706 :名無しのオプ:2006/10/15(日) 17:30:41 ID:VAHOlPOo
今月末が締め切りだったんだね。昨日はじめて気付いた。
今から考えて書いたんじゃ、ちと遅すぎるかな……。

707 :名無しのオプ:2006/10/15(日) 17:37:15 ID:iI6VCsmq
北方さんは一ヶ月で千枚くらい書いたことがあるんだってさ。そのペースで頑張ればマニアいるよ

708 :名無しのオプ:2006/10/15(日) 17:37:46 ID:iI6VCsmq
△マニアいるよ

○間に合うよ

709 :名無しのオプ:2006/10/15(日) 20:15:23 ID:JcW8VH1W
>>707
>>708
訂正了解。
しかし、「マニアいるよ」でも微妙に意味が通じるのが可笑しいね。




710 :706:2006/10/15(日) 20:16:24 ID:VAHOlPOo
>>707
実は昨日、ミステリーズ!を立ち読みしていて知ったんです。
長編の本格推理ものは、構想が8割がたできたものが手元にあります。
構想を煮詰めるのはあと数日でできると思いますが、枚数が500枚には
なると思うので、無理っぽいです。実は今、私は休職中なので、その気になれば
一日中でも書けるので、まるっきり不可能とは思っていません。でも、家にいて
求職活動もしないと、妻がうるさいし……。


711 :名無しのオプ:2006/10/15(日) 20:34:48 ID:Svep2AnB
この賞って、選考に時間かかり杉。ほとんど一年じゃん。

712 :名無しのオプ:2006/10/15(日) 20:36:34 ID:prjnao1X
まぁそれだけに外れは他の賞より大分少ないぞ。
受賞作出して途切れる人もあんまりいないし。

713 :名無しのオプ:2006/10/15(日) 20:37:38 ID:D6T8iHBF
>>705
戸川安宣氏は退職されたんじゃなかったっけ? 
今は吉祥寺のミステリ専門書店の経営に参加しているとか。

714 :705:2006/10/15(日) 21:15:04 ID:taYHL/5Y
>712
 肩書きは会長。「配達赤頭巾」は戸川さんが担当。

715 :名無しのオプ:2006/10/16(月) 23:40:57 ID:pBg0oRZT
まあ、そんなこと常識なんだけどねえ。
このスレって、わけ尻のふりをしたワナビの集まりだったんだね。
また荒れるかなw

716 :名無しのオプ:2006/10/16(月) 23:59:34 ID:8nIWZjB2
ヴェサリウスの柩って今年の受賞作、もう出版されているんだね。
ミステリーズ!誌上では、今月号にやっと受賞作と選評が載っていた
だけだから、出版はもっと後かと思っていた。選考に時間がかかっても、
出版までの時間を考えれば、それほど長くはないとも言えるね。


717 :名無しのオプ:2006/10/17(火) 01:05:10 ID:1QjALHZy
今年の受賞作は、本格ものじゃないんだってね。
鮎川賞くらいは、本格にこだわって欲しかった。

718 :名無しのオプ:2006/10/17(火) 04:37:07 ID:Fgj8twaV
あくまで噂として聞いてほしいんだが・・・
東京創元社側としては、ちょっとぐらい無理めでも
斬新アイデアやトリックのものが投稿されれば、
多少下駄をはかせてても、特別枠を作ってでも本にしたいのに
(神津慶次朗の例を思い浮かべれば想像つくでしょ)
そういうのが全然投稿されてこないのを嘆いているそうだ。
まあ、カッパワンも似たようなもんだけどな。
何で本格本格といってるわりには書く人が少ないんだろう。
>>710氏の発言とか見ると実にもったいないよ。

719 :名無しのオプ:2006/10/17(火) 14:31:57 ID:1T1uxX7P
蘇部が応募するという手もあるな。

720 :名無しのオプ:2006/10/17(火) 15:23:59 ID:M7mWfWiH
>>719
軽部に見えてしまった。蝶ネクタイ殺人事件、とか。

721 :名無しのオプ:2006/10/17(火) 21:01:30 ID:0lIUh/36
奇矯な作風が受けるなら、メフィストじゃなくてこっちに応募したほうがいいな。
メフィストだと「触れられたくない過去」になり兼ねん。

722 :名無しのオプ:2006/10/17(火) 21:04:19 ID:QuT39QTb
今はメフィって受け付けてないんじゃない?

723 :名無しのオプ:2006/10/17(火) 22:03:40 ID:08VC77kd
>>721
鮎川賞なら奇矯な作風でも、最後はきれいにオトしてほしいね。
それができたら受賞はぐっと近くなるような気がする。
とにかく大森望の影響力が働かない数少ない新人賞なんだから
大事に守り育てなくては。


724 :名無しのオプ:2006/10/18(水) 06:43:05 ID:rRs+dRfV
メフィがなくなって(休み?)、第二の蘇部を狙っていた連中は困惑していると思う。
いいチャンスじゃん。でも、噂を信じて奇矯な作品がどっと集まったら
下読みが気の毒だな。

725 :名無しのオプ:2006/10/18(水) 08:18:11 ID:EeJ+H8JG
だから>>718では「奇矯」な作品なんて言ってないでしょ。
求められてるのはあくまで「斬新」なもんなんだってば。

実はやがて再開されるメフィスト賞では、
これまでのメフィ的な作品は真っ先に落とすという噂がある。
ほしいのは骨太のエンタメなり本格なんだってさ。
こっちもあくまで噂だけど……

ってか「第二の蘇部」なんて狙うのが間違ってないか。

726 :名無しのオプ:2006/10/18(水) 10:52:42 ID:dxt5uKJD
蘇部って同じ程度の作家の中では異様に知名度が高いと思うが。

727 :名無しのオプ:2006/10/18(水) 11:28:41 ID:Iqs4chRH
そだね、ほとんどアマみたいなものなのにね。

728 :名無しのオプ:2006/10/18(水) 18:53:27 ID:rHMie659
最近の鮎川賞や短編賞の関係で「斬新」な作品といわれても・・・
王朝モノで日常のミステリをやった森谷
誰に向けて小説書いてんだか分からない日向
武侠小説でミステリやっちゃった秋梨
これぐらいかな。

729 :名無しのオプ:2006/10/19(木) 08:18:06 ID:2bmn4cYr
島荘絶賛の「建築屍材」のトリックは「斬新」だと思うけどな。
合板にボンドで(目欄1)それで(目欄2)というw

730 :名無しのオプ:2006/10/19(木) 08:27:20 ID:ZQs985jB
いくらトリックが目新しくても、その手の普通の物理トリックだけでは、
「あ、そういう方法だったの」で終わり。叙述を含めた文章全体で読者を
アッと言わせてこそ、「斬新」と言えるのでは?


731 :729:2006/10/19(木) 12:35:59 ID:xKy1lQ6K
禿胴です。冗談で書いたのです。お許し下さい(wが付いてるでしょう?)

732 :706:2006/10/19(木) 12:56:43 ID:jiFx++7y
今、まだ構想を考えています。女房からはしかとされています。
意地でも応募したいと思い始めました。


733 :名無しのオプ:2006/10/19(木) 15:06:05 ID:mAdKUvRg
>>729
大分昔に読んだがそのトリックには笑った。
ところで冒頭で、ナンバリングされたコマ切れ死体が郵送されてきた
記憶があるが、あれは結局どういうオチなんだっけ?

734 :名無しのオプ:2006/10/22(日) 06:58:07 ID:JAppNmhe
冒頭はホームレスが追い詰められるんではなかったっけか?
ナンバリングは……ネタバレでは

735 :名無しのオプ:2006/10/25(水) 10:26:15 ID:Ij8QqBxm
706はどうなったのかな。

736 :706:2006/10/25(水) 12:53:38 ID:sOcFRfwk
執筆の合間にのぞいたら、私のことが……。
今、書いています。現在、158枚です。
全部で420枚くらい。28日脱稿、校正と推敲を一日ですませ、29日の夜には
出すつもりです。これって、必着みたいだから。


737 :名無しのオプ:2006/10/25(水) 15:58:22 ID:N7OU28dT
頑張って
口内射精ってすごいらしいよ
ください

738 :名無しのオプ:2006/10/25(水) 15:58:53 ID:N7OU28dT
すみません。雑音が入ってしまいました

739 :名無しのオプ:2006/10/26(木) 09:31:38 ID:nV9lPuIF
送ってからでいいですから、タイトル教えてください。このスレで応援します。

740 :706:2006/10/26(木) 12:37:47 ID:3XRWS0Pn
今、223枚です。

741 :名無しのオプ:2006/10/26(木) 14:13:30 ID:7AvPzGF1
必着なら、宅急便の時間指定便という手もあるな。前日の夜浅い時間に出して翌日つく。

742 :706:2006/10/27(金) 13:20:30 ID:sSPh8n1d
今、286枚です。

743 :名無しのオプ:2006/10/27(金) 20:05:44 ID:Rfulzc49
がんばれがんばれ

744 :名無しのオプ:2006/10/28(土) 12:34:28 ID:Hb3OKHe1
2ちゃんなんか見てないで、原稿書け。
これで鮎川賞採ったら「原稿男」の誕生だな。

745 :706:2006/10/28(土) 14:46:18 ID:NOfqk2zz
 おまいら、ありがとう!

 今、361枚。

頑張るよ!


746 :名無しのオプ:2006/10/28(土) 20:13:30 ID:7fvO2BDw
ペースメチャクチャ速くないか?

747 :706:2006/10/29(日) 12:52:59 ID:JtJL0mPb
書き終わりました! 412枚! 今、校正中です。

748 :名無しのオプ:2006/10/29(日) 13:28:27 ID:qtuO9BKf
>>747

もしかしてあなたは若桜木さんですか?

749 :名無しのオプ:2006/10/29(日) 21:59:01 ID:/7Q1fa5h
>>748
そういえば、若桜木ってこんなふうに目立ちたがり屋だよな

750 :名無しのオプ:2006/10/29(日) 22:29:06 ID:K2vQiC0S

 私も書きました。そして、本日エクスパックで応募してきました。
私の場合は350枚ギリギリと短いのですが、内容はかなり満足しています。
一次の発表はいつごろでしたっけ?

751 :名無しのオプ:2006/10/30(月) 00:11:23 ID:+IxxKGAf
どんなストーリー?

752 :名無しのオプ:2006/10/30(月) 00:12:38 ID:Z8WF8fG+
確か12月中じゃなかったかな。HPにも載るよ。
一次、二次、最終とリアルタイムで発表されるから、応募者にはいいシステムだ。
他の公募でも見習ってほすい。
メアドを書いてると、メールでも知らせてくれる。

753 :名無しのオプ:2006/10/30(月) 00:13:47 ID:GTpwDS+y
公魚はいつでも入賞できると豪語していたが、
その後、どこかの賞で良い線いったのかな?


754 :名無しのオプ:2006/10/30(月) 05:59:10 ID:9a6ezuu+
以前は締め切りから半月くらいで、一次で落ちたよって葉書がきたな。

755 :名無しのオプ:2006/10/30(月) 10:50:27 ID:h60iFY0n
>>754
> 以前は締め切りから半月くらいで、一次で落ちたよって葉書がきたな。

わずか半月? 早〜! それは下読みに回す前に形式審査で落ちたんじゃないの?
枚数超過/不足、必要事項(シノプシスがないとか)欠落etc


756 :706:2006/10/30(月) 12:39:18 ID:1DZD9wt7
おまいら、お世話になりました。さっき応募してきたよ。
これでケリが付きました。妻が睨んでいるので、
午後からハローワーク行ってきます。


757 :名無しのオプ:2006/10/30(月) 12:40:02 ID:eNn0DgDd
>>755
がんがれ。

758 :名無しのオプ:2006/10/30(月) 14:06:39 ID:vJPp969r
>>755
 うーん。10年ほど前のことなんで記憶あやふやですが、随分早く対応してくれたので
落ちたけど感動した記憶があります(他の賞の場合、予選通過は雑誌に載るが、落ちたことは
一々連絡してこない)。因みにその作品は改訂に改訂を繰り返し、持ち込みに成功、
現在書店に並んでいます(文庫です。自費出版ではないです)。

759 :名無しのオプ:2006/10/30(月) 14:46:34 ID:1c2qLfLx
>>756
今後はもういちいち報告しないでね。

760 :名無しのオプ:2006/10/30(月) 16:03:26 ID:vJPp969r
えー! 逐一報告して欲しいなあ、皆で応援するから。

761 :名無しのオプ:2006/10/30(月) 16:47:15 ID:gbzYkRwY
>>758
> 現在書店に並んでいます(文庫です。自費出版ではないです)。

タイトル教えれ。
一次落ちでも改良すればプロ並みの作品になるって好例だね。


762 :758:2006/10/30(月) 17:12:17 ID:vJPp969r
『白菊』

763 :名無しのオプ:2006/10/30(月) 17:13:06 ID:BlQ5mXCO
柄刀一キタコレ

764 :758:2006/10/30(月) 17:22:10 ID:vJPp969r
違います。

765 :名無しのオプ:2006/10/30(月) 17:22:11 ID:LFfBuK9x
ありがとう
藤岡さん
ありがとう

766 :758:2006/10/30(月) 17:47:12 ID:vJPp969r
まずは結果を静観しましょう。あれこれ後悔したり思い悩んだりしないこと(してもしょうがない)。
そして、万が一落選してしまったら、その作品は大事にとっておきましょう。大切な財産です。
改訂して別の賞に応募しても、下読みの人材が限られている現状では、すぐに露見し、
失格とまではいかないでしょうが、心証は悪く、落とされる確率が高いからです。
さらなる傑作をものして、受賞してから編集者に見せたって遅くないのですから。
因みにわたしは長編の賞を受賞していなかったため、一作目も二作目も持ち込みです。
一作目は「新潮ミステリ大賞」の三次予選落選昨、二作目は「江戸川乱歩賞」の最終審査の一つ前の落選作です。
三作目、四作目は依頼されて書きましたが、『白菊』に関しては、もう原型を留めないくらい
改稿したものが世に出ました。
あせることはありません。わたしなんか作家デビューが40歳ですからね。
ご健闘を祈ります。

767 :名無しのオプ:2006/10/30(月) 18:30:42 ID:eDN6/gnh
えっ! 藤岡さんって、このあいだ亡くなったんじゃなかったっけ?


768 :名無しのオプ:2006/10/30(月) 18:35:29 ID:8pEJ2JIA
──藤岡真さん──
なんだ、ちゃんと小説新潮新人賞取ってるんじゃない。
そういう実績ないと、持ち込みしても読んでくれないよね。

でも、もう55歳なのね。

769 :名無しのオプ:2006/10/30(月) 18:38:28 ID:z/zEVKX1
>>767
> えっ! 藤岡さんって、このあいだ亡くなったんじゃなかったっけ?



バカいうな。俺はちゃんと生きてるよ!

    by藤岡弘

770 :名無しのオプ:2006/10/30(月) 19:55:02 ID:snpSeT73
僕も706さんに刺激されて、以前書いたけど放っておいた作品に手を入れて応募しました。


771 :名無しのオプ:2006/10/31(火) 20:51:32 ID:l6z2B2TM
やっぱり本物の藤岡さんだったようです
こんな場所ではありますが、お礼を言っておきましょうね
私は別に物を書く人間ではありませんが…
ありがとうございます

772 :名無しのオプ:2006/10/31(火) 21:51:24 ID:wqrjmjI3
その藤岡真サイトから
>ある長編小説の賞、応募作は毎年500篇ほど。
>しかし、その九割は狂人の寝言の如きもので、
>辛うじて小説の体を成しているものは50篇くらいとか。
>さらにその中で、少なくとも候補作として俎上に載せられるのは
>せいぜい数編。これが賞金一千万円の賞なら、
>真面目に執筆するだけで、期待値は200万円となります。
 応募しようぜ。


773 :名無しのオプ:2006/11/01(水) 09:34:41 ID:lCAx2F+I
706が他のスレで暴れてるよ……

774 :名無しのオプ:2006/11/01(水) 10:51:45 ID:D1fLdgfi
>>773
えっ、どこどこ?

775 :名無しのオプ:2006/11/01(水) 12:58:25 ID:9GpV168d
馬鹿詐欺スレの朝立ちじゃないだろうな。

776 :706:2006/11/01(水) 14:55:15 ID:pNfxDJVi
他のスレに一、二度書き込んだことはありますが、暴れるようなことはしていませんが?

今朝、採用面接受けてきました。細かく聞いたら、給料が最初の提示より安かった
(入社後6ヶ月で正社員試験があり、しかも正社員登用後の残業込み給料だった)ので、
こちらから断ってきました。妻は相変わらずぶつぶつ言ってます。



777 :750:2006/11/02(木) 15:22:43 ID:FqVwZaXI
 750です。かなり練ってから出したのですが、なんと、わずか800字の
シノプシスの中に、校正ミスを発見! 誤字でも脱字でもなく、修正時に
消したはずの文字が一字残っていたのです。
 選者は最初にシノプシスを読むと思うので、かなり心証悪くするでしょう
ね。わずか一字なのに、すごく気になります。本文は何度も校正したの
ですが……。


778 :名無しのオプ:2006/11/02(木) 17:17:40 ID:b9pjSYi2
>>777
そういうことが気になるほど、ちゃんと文章を見返しておられるなら、
きっと原稿はちゃんとしてると思いますから大丈夫ですとも。
森村誠一が乱歩賞受賞作「高層の死角」の原稿を何枚か綴じ忘れて、
あとから追送したってエピソードもあるぐらいです。

ところで、おれ>>718=723なんだけど、このスレから応募される人たちの
健闘を心からお祈りしてます。

779 :藤岡真:2006/11/02(木) 19:23:48 ID:aStGR/aw
>>777
自分のサイトにも書きましたが、応募作の90%は狂人の寝言です。
あなたのようにきちんとした方の原稿は好意的に読まれると思います。
ご安心を。
心配すべきは、本編のないようでしょうが、投稿したと悩んだってしょうがないですよね。


780 :770:2006/11/03(金) 00:40:19 ID:nkwmka0E
>>777
僕は、直前まで迷ったラストのセリフが気になって仕方がありません。
やっぱり送ったのと別のパターンのほうがよかったと考えるんでしょうけど、
もしそっちを送っても同じように悩んでいるんでしょうね。

あと、基本的な質問で非常に恥ずかしいんですけど、梗概ってどこら辺まで書きました?
無理矢理800字に押し込んだものを送ったんですけど、なんか本を読んだら全体の3分の2まででいいと書いてあるのもあり、
次の応募作はどうしようか、ちょっと迷ってます。

781 :750:2006/11/03(金) 00:55:43 ID:eLENfV/m
>>780
 梗概についてですが、私は、真相も含めて全部書きました。
但し、鮎川賞は他の長編と違って、梗概の文字数が限られて
いる(他の長編賞は3〜5枚とかだが、鮎川賞は800字)ので、
真相はあまり詳細には書けませんでした。それと、私の場合、
「以下、真相に言及します」と書き、それから真相やトリックの
タネを書きます。下読みの人が読む読まないは自由です。
しかも、その部分はポストイットで隠してから応募しました。



782 :藤岡真:2006/11/03(金) 06:50:29 ID:05OxN46K
 梗概は最後まで書くべきです。叙述トリックならそこにまで言及すべきでしょう。
読みにくいと言う理由で落とされることだってありますから。
 内容に関していうと、「オーソドックス」に拘らないことです。「自分の資質はもっとユニークなもの(例えばバカミス)だが
今回は応募用の作品だから、そこのところは封印して、普通のものを書こう」などと
考えないことです。応募作だからこそ、資質全開で臨むべきなのです。

783 :名無しのオプ:2006/11/03(金) 22:25:00 ID:l1Unt4sf
ふたたび藤岡さんご降臨ですね。お疲れさまです。

梗概>すべて書くのは当然なのでしょうが、下読みや選者経験者の
中には、ミステリーは全部書かない方が良いという論者もいるようですね。
結局、>>781のようなやり方が一番良いのではないでしょうか?

しかし、さすがに長編の梗概は、800枚ではほんの粗筋しか書けませんね。
いくら省略して書いても、細かなところまでは無理でしょう。


784 :783:2006/11/03(金) 22:25:57 ID:l1Unt4sf
まちがえました。
800枚 ── ×
800字 ── ○

785 :名無しのオプ:2006/11/03(金) 22:30:54 ID:W4m5Pb2a
800枚で少しって、どんな長編を書くのかと

786 :名無しのオプ:2006/11/04(土) 08:45:19 ID:YB2Ny93E
読んでみたい気もするが

787 :名無しのオプ:2006/11/04(土) 09:07:40 ID:tLbacECP
本編が350枚くらいだったら、なお面白そう。

788 :名無しのオプ:2006/11/04(土) 09:20:49 ID:9AUiH1tn
>>787
短い方がおもしろそうっていうのはなぜ?

789 :名無しのオプ:2006/11/04(土) 09:55:09 ID:tLbacECP
いや、梗概より本編が短いってこと。
100枚くらいの短編で梗概が800枚とかさw

790 :名無しのオプ:2006/11/04(土) 10:28:55 ID:6xL+PL8T
裏設定がいっぱい。まるで宮部みゆき

791 :名無しのオプ:2006/11/04(土) 12:38:09 ID:tLbacECP
>790
 ワンシーン登場する通行人の家庭の事情とかね。

792 :名無しのオプ:2006/11/05(日) 00:41:49 ID:qw89bm2K
>>791
>  ワンシーン登場する通行人の家庭の事情とかね。

アメリカのミステリーにはそういうのよくあるね。
主人公が立ち寄った国道沿いのレストランのウエートレスについて、
「このミネソタの農家の四人兄妹の末娘として生まれ、学歴がないことにコンプレックス
を持っている娘は、それを見抜かれまいとするため、いつもバッグの中に心理学の
専門書を持ち歩くという見栄っ張りなパフォーマンスを演じているのであるが……」
 みたいな長ったらしい注釈が付いているので、後にまた出てくるのかと思っていたら、
それが最初で最後だったりしてね。


793 :名無しのオプ:2006/11/05(日) 08:26:40 ID:AXsfN3TR
>792
藁。なんなんだろうね。宮部の場合、作文の得意な生徒が嫌味ったらしく
しつこい描写のテクニックを披露しているようで、本性が垣間見えるような気がする。

794 :名無しのオプ:2006/11/05(日) 09:25:25 ID:f7JXgIfl
>>792
宮部の作品も海外ミステリも読んでないんだが、要は今やってる役者魂みたいな
やつか

795 :名無しのオプ:2006/11/05(日) 10:22:48 ID:Oc1zpoTy
 それはそうと、鮎川賞自体を、もう少し盛り上げたいと思うのは俺だけか?
だいたい、応募数が少なすぎる。本格の神とも称される鮎川御大の名を冠した
称なのだから、現状はちと寂しすぎる。
 それと、数多の賞の中で、この賞だけは、「本格推理」、「長編」が特徴のはず
なんだが、今年の受賞作は本格じゃないっていうし……。やはり世間には本格
のみにこだわる人は少ないってことなのかな?
 また、賞金なしの印税のみってのも寂しいな。応募が少ないのはそのせいな
のかもしれない。横溝賞や清張賞も400〜500マソも出すんだから、せめて
鮎川賞は200とか300マソは出しても良いと思う。

796 :名無しのオプ:2006/11/05(日) 12:33:20 ID:s+fdvEOZ
同感。もう少し盛り上がって欲しいよね。
公式サイトなんか〆切過ぎてるのにまだ「募集中」で更新されてないしw
今回は何作くらい応募があったんだろ?
このスレにも応募した人いるみたいだけど。

797 :名無しのオプ:2006/11/05(日) 13:40:01 ID:bsqoBF76
盛り上がって欲しいのは山々だけど、
もともとマイナーなジャンルなんだし、数にはそれ程拘らなくて良いんじゃないかなぁ。
それより選評なんかを見ると、本格に重点を置いた候補作が増えて欲しいと思う。
ここ何年か、「本格の若手求む」とか同じ事ばっかり言われてる気が。

ところで、賞金はあるんだよね?
「賞金は印税全額」と書いてあるから、印税の金額を賞金として貰って、
その他に通常の印税を貰えると思ってたけど違うのかな。
賞金なしの印税のみならメフィと同じになってしまう……。

798 :名無しのオプ:2006/11/05(日) 14:12:27 ID:Hk+eK/+F
>>797
印税はその名の通り印税だけだと思われ。

昔、乱歩賞が印税のみだった頃も、今ほどの応募数ではなかった気が。

賞金500とか1000とかになると、ミステリ好き以外も応募してくるだろうし、
結果、総数が増える、という気が。
そのせいで、他賞は本来ミステリ好きでもなんでもない人が、
賞金目当てで殺到してる感じがし、それが総数増やしてるのでは?

問題なのは、そういう人たちにあっさり賞をやってしまっていること、
ではないか、と。
確かに小説としてはうまいけど、これミステリじゃないよね、
というのが最近多すぎる気が。

「ミステリの賞とってますけど、実はミステリなんて好きじゃないんです」
みたいなこと言い出す受賞者がいるのも、結局そういうことが原因では。

でも、鮎賞でさえそういうのが応募してくるってこと?
ここだけはそうなって欲しくないのですが。

799 :名無しのオプ:2006/11/05(日) 16:07:18 ID:YduJ33mz
>>797
鮎川賞は印税だけだね。

>>798
 ちなみに、乱歩賞の応募数は、今手元に正確な数字はないけど、以前の賞金
なしの時も今と比べて少なくなかったよ。
 他の賞(サントリーミステリー大賞、初代新潮社ミステリー大賞、横溝正史賞)
などがこぞって一千万円位の賞金を出し始めたのに、乱歩賞は確か37回位ま
では賞金がなかった。その時に応募が減っただけだね。
 慌てて乱歩賞も一千万円にしたけど、やはり賞の権威は賞金だけでは買えな
いのは明らかで、他の賞は次々と廃止あるいは変更を余儀なくされたという経緯
がある。


800 :名無しのオプ:2006/11/05(日) 16:27:46 ID:GnoncRsY
今年のヴェサリウスの棺もなんで鮎川賞?って作品だったなぁ。
確かにもっと盛り上がって欲しい気持ちはあるかも。
どんなタイプにしろ本格であって欲しい。
未明の悪夢とか名探偵に薔薇をとか、ああいう尖ったのも読みたいが。

801 :名無しのオプ:2006/11/05(日) 16:32:24 ID:f7JXgIfl
ってか、スープ飲みながら中盤シーンを読んでいたので最悪

802 :名無しのオプ:2006/11/05(日) 16:36:36 ID:f6PhnLCG
来年の受賞作は期待できるよ。ガチガチの本格推理ものだから。
だって漏れが応募したのが受賞するんだから。


と、威勢のいいことを言ってしまいたくなる恭子の語呂。

803 :名無しのオプ:2006/11/05(日) 16:36:43 ID:LIWzgRZm
『ヴェサリウス』は本来は最終候補に残らなかったのを
ある編集者がプッシュしたんでしょ?
下読み委員が「本格じゃないな」と思ったからなのか・・・?

804 :名無しのオプ:2006/11/05(日) 16:38:02 ID:cTV3nn/J
この賞くらいは、数が減ろうがどうなろうが、本格にこだわってホスイな。


805 :名無しのオプ:2006/11/05(日) 17:24:26 ID:T0ZH/z/+
短編の方だけど
殺三狼も途中選考まではどうだろなな感じだったそうだし。
下読み(編集者)と選考委員(作家)の感覚は違うんだろな。

806 :名無しのオプ:2006/11/05(日) 17:42:11 ID:LIWzgRZm
まあ、「ミステリが好き」くらいの一般読者なら、
文章ドヘタなガチガチ本格より、
物語としておもしろい本格風推理小説の方がいいだろうしね。

ヴェサリウス>>>建築屍材

ところで「殺三狼」のウラ話、どこに載ってたっけ?

807 :名無しのオプ:2006/11/05(日) 20:15:24 ID:ulxzR5sW
又聞き情報。
超人的な技の使い手を出しておいて殺人トリック解くのはどうよ?
つー感じの見方もあったとか。
超人的な技で殺しましたというオチも有り得てしまうから。
でも選考委員の先生方大喜び。

808 :名無しのオプ:2006/11/05(日) 20:27:53 ID:LIWzgRZm
ども。
「殺三狼」はなんか連作の一篇を読んだような印象。
つまらなくはないが。たしかに縮地の術使える仙人みたいな
爺さんも出てくるし、何でもアリの世界になっちゃうよなー

去年の武蔵モノといい、どうも自分的には「??」な受賞作。

809 :名無しのオプ:2006/11/05(日) 20:28:50 ID:eEuLpL4H
短編は鮎川賞じゃないから……。

でも少しだけコメント。
殺三狼は、中国故事ものだからね。審査員はそれで目が狂ったのでは?
単なるファンタジーだし、本格としてもミステリーとしてもたいしたことないと
僕は思ったよ。

810 :798:2006/11/05(日) 20:28:57 ID:Hk+eK/+F
>>799
訂正ありがとうございます

811 :名無しのオプ:2006/11/05(日) 20:32:32 ID:LIWzgRZm
>>809
そうだね。
数年前の中華風本格「神国崩壊」も、
知識というか世界設定の元ネタが田中芳樹の借り物ということがモロ分かり。


812 :名無しのオプ:2006/11/05(日) 21:54:07 ID:a2nFcJ/F
選評読む限りでは『ヴェサリウス』より佳作の『理由あって冬に出る』の方が気になる

813 :名無しのオプ:2006/11/05(日) 22:02:55 ID:f7JXgIfl
>>812
1年待て!

814 :名無しのオプ:2006/11/05(日) 22:16:49 ID:AXsfN3TR
思い切ったユニークな本格。これだろうなあ。
主催者、下読み、選考委員。皆心待ちしていることは間違いない。
『ヴェサリウスの棺』みたいに、乱歩賞に間に合わなかったんで、こっちに出すわ。
なんて応募作には、上の三者、皆忸怩たる思いがあるはず。
出でよ、ユニークなる才能!

815 :名無しのオプ:2006/11/05(日) 23:13:20 ID:tW48hSbV
>>813
佳作は1年後に出版されるの?

816 :名無しのオプ:2006/11/05(日) 23:24:03 ID:1j6MAFH1
佳作は忘れた頃にならないと出ない。
書き直しとかそんなのじゃなくて
単純にあとまわし。

817 :名無しのオプ:2006/11/06(月) 22:10:59 ID:jl7V0YoH
今年の授賞式レポートは写真なしなのか

818 :名無しのオプ:2006/11/11(土) 01:41:25 ID:FGAbdByb
いまだにヴェサリウスの棺が図書館に入っていない。
10ぐらいの分館がある100万都市なんだが。
今まで鮎川哲也賞ならあったのに。

819 :名無しのオプ:2006/11/11(土) 16:57:36 ID:ScE7Xd3h
ふーん。久しぶりに一般受けしそうなのになあ。見逃された可能性もあるぞ。

820 :名無しのオプ:2006/11/30(木) 20:00:29 ID:84kum/Cb
北森鴻の『狂乱廿四孝』を読んでたら、
この時の鮎川賞1次予選通過作品の中に「市川拓司」って名前があったけど、
これってあの市川拓司と同じ人なのかな。

821 :名無しのオプ:2006/11/30(木) 20:02:30 ID:sfUYcp38
>>820
同じ人です。

822 :名無しのオプ:2006/11/30(木) 22:24:07 ID:84kum/Cb
>>821
そうなんだ。
もし、この時受賞しなくても、創元の編集がアプローチしていれば、
ひょっとしたら「いま、会いに行きます」が創元から出たかもしれないし、
そうなれば創元も大儲けできたのにw

もったいないことしたなw

823 :名無しのオプ:2006/12/01(金) 22:12:35 ID:+lVxrLcw
結構その人討ち死に王だよね。
富士見ミステリー文庫の新人賞ですら落ちてたからな。

824 :名無しのオプ:2006/12/01(金) 23:26:19 ID:PPcgueE9
候補に何度も名前があがるだけ良いんじゃないの?
俺も一度で良いから最終に残りたいよ。

825 :名無しのオプ:2006/12/01(金) 23:57:23 ID:x/NeEgmD
自分は新人賞の最終候補ってわけじゃないけど、
某持込新人賞に応募して編集者に会ったことがある。
で、結構期待しちゃって、フリーターやりながら創作活動してたんだわ。
でもやっぱりモノにならなかった。

その編集者さんが「最終候補に残っちゃって勘違いして仕事やめる人もいる」って
苦言を呈してたけど、ヘタに候補に残っちゃって、人生誤っちゃう人も
多いんだなーと思った。

826 :名無しのオプ:2006/12/02(土) 01:39:53 ID:Dy0L5+T8
>>825
おお、凄いじゃん。自分もフリーターやってるからよくわかるよ。
下手にいい反応を貰ったら、それに甘んじてもうじきデビューできる
とか浮ついて、結局成長しない時期ってあるよね。自分の場合もやっと
認められたと思ったけど、結局は成長したつもりでも何も変わってなかっ
たりして、今では自分の想いと努力ががいかに足りなかったかを思い知ら
されているよ。だからこそ今回は死ぬ気で頑張ったんだけど。それも今月
中に結果が出るんだよねえ……。みんなまずは一次通過するといいね♪

827 :今はまだ鶏:2006/12/02(土) 02:40:22 ID:t/I7DBW+
お初にお目にかかります。
第16回鮎川哲也賞にて佳作を頂きました似鳥鶏と申します。
麻見さんの『ヴェサリウス』(個人的にはかなりのめりこんだ)が
ネット上ではどのように評価されているのか見てみようと思い、
いろいろ検索しておりましたらここに辿り着きました。
鮎川哲也賞の「1次予選結果」で盛り上がるスレッドがあるというだけで
かなり驚いたのですが、まだタイトルと選評しか出ていない拙作まで
話題に上っているということで、作品を褒められたわけでもないのに
なぜか感激いたしました。無闇やたらと嬉しいです。ありがとうございます。

拙作の刊行云々につきましては東京創元社の内部情報という面も一応あり、
軽い気持ちで不確定情報を流してしまうわけにもいかず、
したがってあまりお知らせできることはないのですが、
とりあえず今のところ、刊行する方向で事が進んでおります。
受賞作とは違うタイプの作品なので、併せてお読み頂ければ幸いです。
(麻見さんすいません。なんか便乗してます)
ただし刊行までにはペンネームが変わっているかもしれません。
最初は「朱雀院疣(すざくいん いぼ)」とか
「コンバット越前(こんばっと えちぜん)」とか、ヘンな名前に
しようかと思っていたのですが、鶏ゆえその度胸がなく、ふつうの名前に
したほうが無難かな、と思いなおしました。読みにくい名前は敬遠される
傾向もあるようです。
長くなりましたのでこのあたりで失礼致します。
お礼だけ言うつもりだったのに・・・。

828 :名無しのオプ:2006/12/02(土) 03:04:22 ID:8PQZhP/U
>>827
> 鮎川哲也賞の「1次予選結果」で盛り上がるスレッドがあるというだけで

そんなことが過去にあったの? マジで?
ところで、今月末には一次通過は分かるんだよね? HPに掲載されるのかな?
ワクワク、ドキドキ。
ちなみに俺は、Sであり、タイトルのイニシャルはT。いや、
ちなみに俺は、Uであり、タイトルのイニシャルはR。いや、
ちなみに俺は、Mであり、タイトルのイニシャルはO。いや、
ちなみに俺は、Nであり、タイトルのイニシャルはK。いや、……

 このなかのどれかは本当だよ。発表の時に推理してみて。


829 :名無しのオプ:2006/12/02(土) 03:14:34 ID:Qz0KEwIL
いや、アナタに興味ないから。

830 :名無しのオプ:2006/12/02(土) 03:33:01 ID:8PQZhP/U
>>829
君には言ってないから

831 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/02(土) 10:11:00 ID:cjy/hUlL
>そんなことが過去にあったの? マジで?
>>577-595 このあたりのことなのでは。

>とりあえず今のところ、刊行する方向で事が進んでおります。
それはめでたい。
前の佳作の出版は今年の六月だったし
すると似鳥さんのも来年六月前後ぐらいかな。
そういや前の短編の受賞者は(自分の本の刊行)六月越えるだろと賭けてたな。

832 :名無しのオプ:2006/12/02(土) 17:39:06 ID:cbNK1Cbo
>>829
君には言ってないから

833 :名無しのオプ:2006/12/02(土) 18:51:43 ID:qIGT6YyB
>>828
>発表の時に推理してみて。

一次で落ちた作品は発表されないから、そんなこと書いても無意味。

834 :名無しのオプ:2006/12/02(土) 20:37:24 ID:/8F8ThOj
自信があるから書いてるんじゃね?


835 :名無しのオプ:2006/12/03(日) 15:13:01 ID:vQf8w0jA
>>827
お、本人?
選評であらすじ見ておもしろそうだったんで、
出たら買います。筆名は、

>「コンバット越前(こんばっと えちぜん)」

せひこれで。

836 :名無しのオプ:2006/12/04(月) 00:21:10 ID:dkwAgDZN
出版時に名前変えられそう・・・

837 :名無しのオプ:2006/12/04(月) 02:02:04 ID:1BjNpvKA
こういう話もあるからね
http://book3.2ch.net/test/read.cgi/mystery/1056350197/739-744

838 :名無しのオプ:2006/12/04(月) 02:09:03 ID:GJG1OIls
早く来い来い、一次の結果!

839 :名無しのオプ:2006/12/05(火) 00:35:48 ID:fQYqdiRE
麻見和史 「ヴェサリウスの柩」、本ミスにランクインしてなかったね。
やっぱり業界モノミステリーと思われたんだろうか。

840 :名無しのオプ:2006/12/06(水) 14:08:52 ID:Gbjv9IVT
ことしの応募総数は、132か。相変わらず、少ないね。
印税以外に賞金が出ない賞だから、仕方ないか。
それでも、メフィストやカッパ・ワンなどにくらべれば、不定期でない
分だけ「賞」らしいから、特に少なくはないのかな?

この賞、こんな風に変わらないかな。
・賞金、300万〜500万円
・内容 本格長編推理に限る。


841 :名無しのオプ:2006/12/06(水) 15:17:31 ID:it25MZPx
東京創元にそんな金あるかーーーっ!

842 :名無しのオプ:2006/12/06(水) 15:20:16 ID:Gbjv9IVT
いや、考え方次第では? そうやって多くの作品を集め、レベルが
高くなれば買う人も増えるだろうし、話題性が高まることによっての
宣伝効果も見込めるから。さすがに1000万円出せとは漏れも言え
ないよ。

でも、「本格推理」に限定して欲しいのは確かだね。この賞くらいは
それにこだわっても良いと思う。



843 :名無しのオプ:2006/12/07(木) 17:14:47 ID:jtYx7lba
現在はミステリ・フロンティアで安い新人にチャンス与えてるよね。
第二の伊坂(家鴨とカモ)をねらってるんだろうけど、まあ成功してる。
「シャドウ」の道尾とか。ここらで鮎川賞受賞作家による書き下ろし競作も
見てみたい。まあ、創元社とは袂分かった人や、死んだ人もいるけど・・
(あといらん奴もひとりいるが)



844 :名無しのオプ:2006/12/07(木) 17:24:23 ID:YulRxqIm
>>843
> (あといらん奴もひとりいるが)

具体的に誰か尻鯛

845 :名無しのオプ:2006/12/07(木) 17:29:21 ID:EI3FGnqZ
あすかべか?

846 :名無しのオプ:2006/12/07(木) 18:10:17 ID:jtYx7lba
歴代受賞者みれば浮いてるのがひとり。

847 :名無しのオプ:2006/12/07(木) 18:18:26 ID:Y2GPH2Hb
ひょっとして第二回目の受賞者様ですか?

848 :名無しのオプ:2006/12/07(木) 20:23:49 ID:ACUWDpub
写本室の彼ですか

849 :843:2006/12/07(木) 22:34:46 ID:jtYx7lba
自分的には「浮いてる奴」といえば第二回の彼しかいないと
思ったんだが、けっこうみんな感性ちがうんだね。

850 :名無しのオプ:2006/12/07(木) 23:42:16 ID:e5BEnksB
みんながみんな、すべての受賞者を知っているわけではないしね。
また、名前は知っていても、作品を読んだことがない受賞者は、
漏れの場合でも複数いるから。


851 :受賞者最新作:2006/12/08(金) 00:00:52 ID:jtYx7lba
ひとりだけトラミス風タイトルの方がいらっしゃいますね。

芦辺拓「探偵と怪人のいるホテル」

石川真介「舞鶴丹後鳴き砂殺人ライン」

加納朋子「モノレールねこ」
近藤史恵「Shelter」
愛川晶「六月六日生まれの天使」
北森鴻「親不孝通りラプソディー」
谺健二「赫い月照」
飛鳥部勝則「鏡陥穽」
門前典之「建築屍材」
後藤均「グーテンベルクの黄昏」
森谷明子「七姫幻想」
岸田るり子「出口のない部屋」


852 :名無しのオプ:2006/12/08(金) 13:44:43 ID:4QVBmCCD
下読みの一人からは、既に一次通過の結果が出て来ているらしいね。
全員これくらい早いと良いんだが。


853 :名無しのオプ:2006/12/09(土) 14:02:53 ID:SYxMiYiy
>>851
谺の最新作は「星の牢獄」でしょ。
あと門前も別の作品が出てる。

854 :名無しのオプ:2006/12/10(日) 18:50:48 ID:fqw6ckh3
>>851
芦辺:何か、タイトルがうまくない、って思うのは俺だけ?
石川:キオスクで買えるような作家っぽくなっちゃったなぁ。元から好きじゃないがw
北森:「親不孝通り」ってミステリ?
門前:……新作ですかそうですかw

855 :名無しのオプ:2006/12/10(日) 23:58:04 ID:NgLLv0oO
門前の「死の命題」は鮎川賞以前じゃなかったっけ?

856 :名無しのオプ:2006/12/17(日) 13:13:18 ID:0ldigyNg
さあ、そろそろ一次選考通過者が決まるころだけど、HPで発表されるの?


857 :名無しのオプ:2006/12/17(日) 13:33:23 ID:0ldigyNg
期待age

858 :名無しのオプ:2006/12/19(火) 17:16:38 ID:EsXhMca3
>>856
ホント、そろそろ決まっても良いよね。
こっちは東京創元社だけど、その鮎川御大が最初選者を務めていた
光文社の本格推理シリーズは、ついに新・本格推理07の採用作が
今日決まったそうだ。(二階のトイレの日記より)
こっちはまだ発表ないのかな?


859 :名無しのオプ:2006/12/22(金) 22:34:20 ID:GSJdsmcJ
昨年は今日、22日に一次選考が行われているね。
だとすると、早ければ週明けにもHPに発表される可能性もある。


860 :名無しのオプ:2006/12/24(日) 16:20:09 ID:iGYSur01
明日は東京創元社のホームページ要チェックだね。


861 :名無しのオプ:2006/12/26(火) 11:25:39 ID:urOW0VPV
>東京創元社のホームページ

まだ何の報告もないね。一次選考はもう終わっていると思うんだが。


862 :名無しのオプ:2006/12/26(火) 15:57:56 ID:z72yr0Rg
今日もHP更新ナシか。どうなってんだろうね?

863 :名無しのオプ:2006/12/26(火) 23:24:27 ID:qmonXon3
去年はどうだったんだろ。このスレに見ると1月6日くらいに発表
されているような気がするんだけど。
HPに公開されるのと、メールで結果が届くのってどっちが早い?

864 :名無しのオプ:2006/12/26(火) 23:29:09 ID:FSj6XXLq
まあ、最終候補に残った場合は、
一次選考の結果がホームページ上で発表されるのと同じ時期に
連絡が来る。で、「二重投稿してないよね?」と確認される。

865 :名無しのオプ:2006/12/26(火) 23:33:51 ID:E/6pn33L
>>864
それって、ちょっとおかしくない? 一次選考の結果がHP上で発表されるのが
1月初旬。二次選考は、前回は2006年2月1日と書いてある。二次通過が最終選考
作品だから、時期が合わないよ。
って、単なる「二次選考の結果が発表される頃」の間違いかな?

しかし、そこまで知っているということは、過去、最終に残ったことがある人ですか?


866 :名無しのオプ:2006/12/26(火) 23:46:32 ID:FSj6XXLq
>>864
ごめん、
>「二次選考の結果が発表される頃」
です。

一度だけですが最終残りました。
某「持込形式」賞では編集者と打ち合わせしたことがあります。
(結局流れてしまいましたが・・・)


867 :名無しのオプ:2006/12/27(水) 13:33:46 ID:wuEOj0en
>>863
去年は12/22選考→1/6くらいにHP発表だけど、
一昨年は12/20選考→12/23くらいにHP発表みたいだね。
担当者が正月休み前にやる気があるかかどうかって感じじゃない。

あと、短編の方は一次発表はメール連絡よりもHP発表の方が早かった。
HPで見て落胆してからしばらくしてメールが届いた覚えが。
鮎川賞もそうかはわからんけどね。

868 :名無しのオプ:2006/12/27(水) 15:21:34 ID:i9Kb4Jzh
へえ、一次通過だけで連絡があるのか、
創元社ってけっこうマメなんだね。
普通、最終しかないけどね。
だから、鮎川賞であれば、二次通過の連絡があるのは普通だけど。


869 :名無しのオプ:2006/12/28(木) 10:23:31 ID:uicOM5QC
しかし、上で誰かが言っていたけど、鮎川御大の名を冠した
この賞だけは、本格推理に特化して欲しいな。賞金もない
間口の狭い賞なんだから、それくらは許されるだろう。
それと、担当! 早いとこ選考経過うpしろよな。


870 :名無しのオプ:2006/12/28(木) 15:12:32 ID:rVC9AQQ1
一次選考の結果が発表されたね。
以下、東京創元社のHPより


小嶋 貴裕 「葦牙(あしかび)の如く」
鵜林 伸也 「一人だけの名探偵」
斯波耕之介 「誰ぞ常ならむ」
結城 未里 「夏に眠る」
山口 芳宏 「雲上都市の怪事件」
有本 隆敏 「挽歌」
鈴木凛太朗 「八角ギヤマン館の闇」
松本章太郎 「うるさい。」
小島 正樹 「四神館の惨劇」


 一次通過がわずか9作とは、ずいぶんと絞ったものだ。


871 :名無しのオプ:2006/12/28(木) 15:20:20 ID:ijD+BPmU
書き込もうとしたら先を越されたか……。

漏れの応募した自信作の名前がないということは、
やはり東京創元だな。下読みがサボっている。
ミステリーズにしろ鮎川賞にしても、東京創元では一次を通過した試しがない。
他社では一次落ちなどまずしないし、上梓されたものも複数あるというのに。
こうなったら、他の賞に同じ作品を出して結果を見せつけるしかないか。


872 :名無しのオプ:2006/12/28(木) 15:24:34 ID:vQ7qJX+H
今年は本格だけに絞ったんじゃないか?
だから数が減ったのでは?


873 :名無しのオプ:2006/12/28(木) 15:29:14 ID:ijD+BPmU
>>872
通過作激減はそのためかもしれないが、
漏れのもガチガチの本格だったんだが……。

874 :名無しのオプ:2006/12/28(木) 16:26:12 ID:iLwcWGAZ
山口芳宏って名前見たことある。
ゲームシナリオライターって肩書きで本ミスの投票に参加してる。
ググッてみたら97年の創元推理短編賞で最終候補になってるらしい。
年季入ってるな。

875 :名無しのオプ:2006/12/28(木) 16:29:27 ID:YTBInb/P
>>871
若桜木さんですか?

それにしても今年も常連強しだな

876 :名無しのオプ:2006/12/28(木) 16:33:14 ID:1bNX4EWl
結城 未里 「夏に眠る」

たぶんコイツが受賞するな。

877 :名無しのオプ:2006/12/28(木) 16:37:25 ID:+60kBFHs
>>876
> 結城 未里 「夏に眠る」

それって、オマエ自身だろ。

878 :871:2006/12/28(木) 16:46:32 ID:JqjdM/Nm
同じ作品をまったくそのまま乱歩賞に出してみようと思います。
乱歩賞では本格物は不利と言われていますが、あのレベルが
あれば、一次通過は間違いないと信じています。そして、創元
の下読みさんに知らしめたいと思います。そのためにも、書式
以外、いっさい変更を加えずに出そうと思っています。


879 :名無しのオプ:2006/12/28(木) 16:55:31 ID:ahvuT+0j
小島正樹って、この小島正樹だよな
今年はプロ参戦かよ

http://www.amazon.co.jp/%E5%A4%A9%E3%81%AB%E9%82%84%E3%82%8B%E8%88%9F-%E5%B3%B6%E7%94%B0-%E8%8D%98%E5%8F%B8/dp/4523264503

880 :名無しのオプ:2006/12/28(木) 17:03:42 ID:1bNX4EWl
>小島 正樹 「四神館の惨劇」

審査委員に師匠の島田荘司がいるのに、何考えているんだろう。

実妹が審査委員やってる某Y溝賞に応募して受賞した人が
過去にいたがw

881 :名無しのオプ:2006/12/28(木) 17:09:57 ID:JqjdM/Nm
これでそいつが受賞なんかしたら、完全に出来レースだな。


882 :名無しのオプ:2006/12/28(木) 17:15:02 ID:1bNX4EWl
まあ、出来がよければ文句は言わんが、
どうせこの賞の印税賞金なんてないも同然なんだから、
汚名をかぶらずにミステリ・フロンティアあたりに押し込んでやれば、
みんな文句いわんのになあ。



883 :名無しのオプ:2006/12/28(木) 17:16:51 ID:qB7REp1D
出来レースでなくても、たしかに、一般常識から見れば、ちょっとどうかしてる
って感覚だね。

884 :名無しのオプ:2006/12/28(木) 17:19:58 ID:1bNX4EWl
あのときN樹静子は、兄の応募作にはノーコメント貫いたし、
島田にもここは公正な立場を期待。

885 :名無しのオプ:2006/12/28(木) 17:40:44 ID:rMPRQzs9
>>884
ノーコメントでも、点数での投票とかすれば確実に反映されるからね。
点数でなくても、ノーコメント=候補の中でちょうど真ん中には評価される
わけだから。
やはり、愛弟子が応募というのはアンフェアでしょう。

886 :名無しのオプ:2006/12/28(木) 17:47:11 ID:1bNX4EWl
二階堂も短篇公募で加賀美に規定枚数オーバーの作品送らせたり、
どうも不公正さが目につくんだよなあ。

まあ今回は弟子が無断で応募しただけなのかもしれんが、
もし下読みが編集者なら、ちゃんとはじいて候補から外せよ。

こういう賞は公正さを疑われたらオシマイだぞ。
過去の某賞だって、委嘱の下読み委員が聞いたこともない作品を、
主催版元の編集者が勝手に最終候補に押し込んで問題になったんだし。

887 :名無しのオプ:2006/12/28(木) 17:50:38 ID:O8p0hJNV
無断で応募するなら、せめて、違うペンネームとかで送れば
いいものを……。

888 :名無しのオプ:2006/12/28(木) 17:59:09 ID:1bNX4EWl
某O石さんみたいにですかw

889 :名無しのオプ:2006/12/28(木) 22:23:10 ID:E87RpzYq
鈴木凛太朗 
松本章太郎

なんとなく字面が似てるね。
…いやそんだけ。

受賞はたぶん小島正樹でしょ。


890 :名無しのオプ:2006/12/28(木) 22:25:13 ID:O8p0hJNV
>>889
> 受賞はたぶん小島正樹でしょ。

それをやったら、この賞の権威は失墜だね。


891 :名無しのオプ:2006/12/28(木) 23:22:39 ID:YTBInb/P
結局別人だったというオチ

892 :名無しのオプ:2006/12/29(金) 00:52:32 ID:E0Roq9wY
>>886
それは加賀美が勝手に送ったんじゃね? 「ジェフ・マールの追想」だっけ。結局載せなかった。
ま、禿の弁護をするつもりは頭毛ないが。

つーか、選考委員を早く変えろ! 探小研の老害中年・笠井を下ろせ。
選考委員は島荘、戸川安宣、山口雅也で決まりだな。山田正紀は星雲賞の選考でもすればよろし。

893 :名無しのオプ:2006/12/29(金) 01:35:07 ID:tp9AaL+z
>>892
> それは加賀美が勝手に送ったんじゃね? 「ジェフ・マールの追想」だっけ。結局載せなかった。

いや、あれは、加賀美が「枚数オーバーだけど送って良いか?」と尋ねたのに対し、
トイレが「取りあえず送れ」と言ったことがどこかに明記されていた。
ただ、それが新・本格推理への応募だったかどうかは定かではないが。


894 :名無しのオプ:2006/12/29(金) 02:30:50 ID:05TP7igs
>>893
二階堂のHPの掲示板でそんなやりとりがあったね。
確か「新・本格推理01」の公募の時だった。
具体的にはこの時加賀美は既に「暗号名『マトリョーシュカ』」で応募していたが、
それとは別に200枚になる「ジェフ・マールの追想」を書き上げたので、
「枚数制限をオーバーしているが送っていいか?」と尋ねたのに対し、
二階堂が「とりあえず送ってみろ」と答えている。
結果として応募規定を満たしていた「暗号名『マトリョーシュカ』」の方が採用されたが、
「ジェフ・マールの追想」の出来のよさに驚いた二階堂が加賀美に長編の執筆を強く勧め、
折から創設されたカッパ・ワンの第一陣としてデビューしたという経緯だね。
まあ、ある意味持ち込み原稿が評価されてデビューした例と言えなくもないか。


895 :892:2006/12/29(金) 15:14:18 ID:3nN1X3GS
へー、そうだったのか。知らなかった。
禿人は「容疑者Xの献身」問題でも「X」の本ミス大賞受賞を酷評し(自著「魔術王事件」がかすりもしなかったための私憤との噂もあるがw)、
その時は嫉妬に狂いながら、「X」を評価した探小研の連中を批判、HMMに笠井潔の探偵小説論の提灯持ち記事を書き続けた。
身内贔屓は今に始まったことじゃない、ってか。

つーか、誰か>>892の二行目を突っ込んでくれw

896 :名無しのオプ:2006/12/29(金) 16:17:40 ID:O1Lluk6C
>>895
> つーか、誰か>>892の二行目を突っ込んでくれw

突っ込みになるかどうか分からないが……。
応募規定がある以上、いくら結果的に落選になったとはいえ、
その賞に規定外でも良いから応募しろというのは、明らかに選者としての
横暴だよね。あるまじき行為。こんなんだから、トイレなんて蔑称まで
されるんだよ。


897 :892:2006/12/29(金) 19:54:49 ID:3nN1X3GS
>>896
全面的に賛成なんだが、ツッコミドコロは・・・

>ま、禿の弁護をするつもりは「頭毛」ないが。

なんだあああああ!


898 :名無しのオプ:2006/12/29(金) 20:42:03 ID:MGP61JKw
↑つまんないからみんなスルーしてるのに
なんでそんなにアピールしてんの?

899 :名無しのオプ:2006/12/29(金) 20:58:58 ID:6put0DKE
>>892
というかさ、禿人の悪口を言いたいだけなら二階堂スレに行けば?
他人に突っ込みを強要しなきゃならないような程度の低いギャグがウザいんだけど。

900 :名無しのオプ:2006/12/29(金) 22:27:54 ID:vxBHc8Jq
一次と二次選考の下読みって誰がやってんの?
大森とか書評家?
それともメフィストみたく出版社の人?

901 :名無しのオプ:2007/01/02(火) 01:40:59 ID:oQxvLfNO
鮎哲の一次に落ちちゃったよ。その時は、なんで俺の作品が
落ちるんだ〜! と思っていたが、読み直したら原因が分かった。
トリックのロジックに、一ヶ所、致命的なミスがあった。かいた漏れ自身も
気付かなかったよお〜〜〜! orz。
と言っても、これを修正するとなると、全体の構成が変わってしまうし・・・。


902 :名無しのオプ:2007/01/02(火) 10:07:49 ID:TUjb4Ee8
ロジックに穴があってもマトモな文章さえ書いてれば一次は通る。

903 :名無しのオプ:2007/01/02(火) 11:48:52 ID:yH+wBi33
>>902
そりゃ全然違うな。132の応募に対して一次通過はわずか9作。
これは他の賞で言えば、実質的に二次通過に匹敵する。
まともな文章を書けば一次通過するなんてのは、ラノベか
超低レベルの賞のケースだ。



904 :名無しのオプ:2007/02/05(月) 20:33:21 ID:9BNOU3jL
2次選考の結果が発表されましたね。以下、東京創元社のサイトより

斯波耕之介 「誰ぞ常ならむ」
山口 芳宏 「雲上都市の怪事件」
鈴木凛太朗 「八角ギヤマン館の闇」


 小島正樹が落ちたことにより、とりあえず揉めなくてすむ?

905 :名無しのオプ:2007/02/05(月) 20:57:54 ID:4lQjo3Qz
>小島 正樹 「四神館の惨劇」

そうそうに脱落か

906 :名無しのオプ:2007/02/05(月) 21:00:20 ID:4lQjo3Qz
鈴木凛太朗 「八角ギヤマン館の闇」

……これ、何か、名作を想起させるんだけど

907 :名無しのオプ:2007/02/05(月) 23:27:47 ID:N1+gEMYt
>>906
いわんとする作品は分かるが、あれがたいした名作とは思わないな。


908 :名無しのオプ:2007/02/06(火) 00:39:08 ID:tRXNVvpw
不躾な質問スマソ
小島正樹に何か問題あるの?

909 :名無しのオプ:2007/02/06(火) 00:45:29 ID:ohqwJs8P
>>908
島田さんの弟子(?)で、過去に島田さんと共著で本も出している
(ただ同一人物かは不明)

910 :名無しのオプ:2007/02/06(火) 00:48:51 ID:ohqwJs8P
>>879-891
あたりに書いてあります

911 :名無しのオプ:2007/02/06(火) 11:36:19 ID:VWVCULTN
山口芳宏「雲上都市の怪事件」

受賞したら、島田御大が猛烈なタイトル変えろコールを送りそうだなw

912 :名無しのオプ:2007/02/06(火) 12:26:41 ID:ohqwJs8P
雲湖都市の怪事件、とか

913 :せれっそ:2007/02/06(火) 14:20:49 ID:rGudJUpC
鈴木凛太朗 「八角ギヤマン館の闇」
……が想起させる名作って何ですか?
十角館?

914 :名無しのオプ:2007/02/07(水) 02:44:42 ID:b5pwRxOr
三角館の恐怖しか思い浮かばなかった・・・


915 :名無しのオプ:2007/02/17(土) 01:18:24 ID:zcxbdqST
受賞作の売上が年々落ちていて、
去年の受賞作は過去最低の売上だそうだ

916 :名無しのオプ:2007/02/17(土) 10:06:54 ID:6DSSZeAI
何部ぐらい出たんですか?

917 :名無しのオプ:2007/02/17(土) 11:43:46 ID:f9rAh8gg
つまんねーのに受賞させるからだろ

918 :名無しのオプ:2007/02/17(土) 12:43:33 ID:J97BLU6d
『ヴェサリウス』受賞させるなら
その前の年の『世紀末大バザール』も受賞で良かった希ガス。
逆にいえば『ヴェサリウス』も佳作でいいんじゃ。

919 :名無しのオプ:2007/02/17(土) 20:11:36 ID:vkNGFiOz
創元推理短編賞みたいに毎年該当作なしとかw

920 :名無しのオプ:2007/02/20(火) 11:00:47 ID:EXZ0KIOO
「ヴェサリウス」はつまらなかった。
装丁も良くない。
あれじゃ何の本かわからない。

921 :名無しのオプ:2007/02/20(火) 20:08:43 ID:HKkpbzKy
「ヴェサリウス」はデビュー作だから、素人が書いたものだと思って読んだせいか、それなりに面白かった。
前半の、謎の提起の仕方が面白かったというほうがいいかな。どうなっていくんだろうという期待を持たされたのは良かったと思う。
後半はがくっときたけど。まあ素人だから、こんなもんかなって、許せる範囲だった。

装丁はだめだね。お金も頭も使ってもらってないって感じ。

922 :名無しのオプ:2007/02/21(水) 00:37:30 ID:AmcMtvc1
そう、前半はいいんだよね。
その前半の良さを表紙にしなきゃだめでしょう。


923 :名無しのオプ:2007/02/22(木) 03:30:57 ID:jOQ5pj7m
つーか、やっぱり本格の賞だと思ってみんな買うわけだから、
本格じゃないってだけでも、ガクッ度は大きいでしょ

924 :名無しのオプ:2007/02/22(木) 04:36:05 ID:VSJmHMYE
最近、受賞した新人があんま育ってないな。まあソー源の場合、昔から編集者の
一本釣りしてきた新人のほうが伸びているんだが。
となると賞をやってる意味が…

925 :名無しのオプ:2007/02/22(木) 18:36:42 ID:FDtNks9h
よし! 俺が笠井が卒倒し、島田が椅子から転げ落ち、ガチガチの本格の書き手ではない山田に
激賞されるようなミステリを書いて鮎哲賞に応募してやる!
なかなか石崎幸二の新作が出ないから、あてつけがましくタイトルは「鬼鳴き島の首」にしてやるぞ!

926 :名無しのオプ:2007/02/23(金) 01:36:03 ID:/CElK1dk
>>925
今年中に出る確約もらってるって言ってるんだから、出なかった時にしとき。

927 :名無しのオプ:2007/02/23(金) 18:27:03 ID:81v4u43R
出る出る詐欺みたいだな。

928 :名無しのオプ:2007/02/24(土) 16:57:40 ID:94Ii4VFE
この場合
出る出る詐欺にひっかかってるのは
作者なのか読者なのか

929 :名無しのオプ:2007/03/13(火) 00:23:57 ID:1NSJpIw/
ttp://www.kadokawa.co.jp/contest/yokomizo/27_end.html
「毒殺倶楽部」の人、横溝賞テレビ東京賞をとったみたい

930 :名無しのオプ:2007/03/17(土) 01:09:10 ID:nbMUgZnJ
今アイディアがわいて、書き始めた。これから十月末日までに完成させたいなぁ。

見果てぬ夢に終わるかも知れないがw

931 :名無しのオプ:2007/03/17(土) 06:17:57 ID:g4GQ/SxF
>>930
今わいてって。。。
プロット立てないで書くタイプ?

932 :名無しのオプ:2007/03/17(土) 10:41:00 ID:SO0zDpGb
受賞作「ヴェサリウスの柩」は、この賞には珍しい非本格だった。
ところが、二階のトイレとかいう人は、最近でた本の中で、あれは本格としての要素が
不足だから次作に期待したい、などと書いている。論点がずれているのではないだろうか……。


933 :930:2007/03/17(土) 10:56:35 ID:UsSdvpt0
>>931
いや、粗筋だけ思いついて、プロローグだけ書いた。プロットは本編を書く前に立てるよw
最初からキッチリ、プロットを立ててそれに従って書く、ってのが苦手なんで。
プロット立てても、「いややっぱりこう書こう」みたいな感じで新しいネタをぶち込んで自爆するタイプなんだよな俺www

>>932
もう禿人批判はこのスレではヤメレ。確かに、論点がずれていることは否定しないが。

934 :名無しのオプ:2007/03/17(土) 11:08:39 ID:oiAKmAPa
二階のトイレってなにかと思ったら、二階堂黎人のことだったのか・・・・。


935 :名無しのオプ:2007/03/18(日) 01:18:12 ID:IGi69wTm
二階堂禿人じゃなかったっけ?

936 :名無しのオプ:2007/03/18(日) 13:22:22 ID:YGzznVmF
ここ最近の受賞者って、その後音沙汰なしのケースが多いよな・・・w
神津慶次朗なんかその典型だし、麻見和史は新作出すのかな? 佳作のふたりは・・・最早編集部に忘れられているのか?
せっかく賞やったんだから、出版社はもう少し受賞者のケツ叩けよなwww

937 :名無しのオプ:2007/03/18(日) 18:27:30 ID:StwnWI8e
つか岸田るり子も森谷明子も
受賞作と受賞第一作は創元で出してもらったけど
三冊目は他社で刊行してもらってるんだよね。
出版するまで待たされる、やってられねー
みたいなものか?

938 :名無しのオプ:2007/03/18(日) 18:52:36 ID:8daxtPgz
授賞式のパーティーで依頼されたんでしょ。
創元社も、受賞者が大手他社からも出してくれた方が箔がつくし
宣伝もしてもらえるから独占なんかしないよ。
まあ、創元社はのんきに新人育ててる余裕ないだろうし。

939 :名無しのオプ:2007/03/19(月) 03:09:35 ID:k5vBX7xy
何か流行りの歌手みたいなもんで、
半年に一度くらい本出すペースじゃないとダメなのかね。

門前典之の新作と「死の命題」文庫化、待ちわびてるんだけどな。

940 :名無しのオプ:2007/03/23(金) 16:06:00 ID:Bfw7JbJf
「本格ミステリー・ワールド」の126ページ。

二階堂黎人
「筆力と構成力のある大型新人が、久々に鮎川賞に
 現れたといって良いだろう」

(´・ω・`)森谷明子や岸田るり子、カワイソス

941 :名無しのオプ:2007/03/23(金) 18:31:17 ID:0SZ5jgfP
>>940
二階堂はただ新人を一人でもボクらファミリーに引き入れたいだけだからw

942 :名無しのオプ:2007/03/23(金) 21:29:10 ID:5nK2Nn2F
前の「筆力と構成力のある大型新人」って、誰のことですか?

943 :名無しのオプ:2007/03/24(土) 01:00:12 ID:KVRY6id4
所詮、禿人のことだし

944 :名無しのオプ:2007/03/24(土) 15:48:41 ID:BgolPGM1
>>942
コダマかアスカベかな。

945 :名無しのオプ:2007/03/24(土) 22:21:29 ID:aGRffwx2
図書館に後藤均の「グーテンベルグの黄昏」があったので借りてみたんだが、登場人物の多さに閉口し、そのまま返した。
登場人物がやたら多い駄作は二階堂黎人で懲りたのでwww

946 :名無しのオプ:2007/03/25(日) 05:54:26 ID:/nj+KCo9
後藤って編集者にモンクばっかり言うんだって

947 :名無しのオプ:2007/03/25(日) 11:09:28 ID:T93O0ZQt
どんな?

948 :名無しのオプ:2007/03/25(日) 15:55:48 ID:131bt0Td
名探偵。

949 :名無しのオプ:2007/03/26(月) 08:51:15 ID:KLZwdGP+
台北さんは絶賛してるのね>後藤均「グーテンベルクの黄昏」

950 :名無しのオプ:2007/03/26(月) 13:44:02 ID:MRRXTZ2x
タイトルはかっこいいな。

951 :名無しのオプ:2007/03/29(木) 23:05:03 ID:92xQbTq9
「鮎川先生が亡くなったばかりなのにムダにスピーチが長すぎ」って二階堂が怒ってたな。
至極ごもっともだが。

952 :名無しのオプ:2007/03/30(金) 20:20:05 ID:bd+HHRIB
スピーチは、今まで自分がどんなにすごい仕事をしてきたかという自慢話だった。
このスピーチで後藤の未来は閉ざされた。

953 :名無しのオプ:2007/03/31(土) 20:23:21 ID:mTF6hBA8
社内のヤツが書き込んでるな。
社内に後藤が嫌いなヤツがいるな。


954 :名無しのオプ:2007/03/31(土) 20:36:56 ID:c9DGnnQx
しかし「空気読め」といいたくはなるな。
長時間なのはともかく、自分の経歴アピールは不要でしょ。

955 :名無しのオプ:2007/03/31(土) 21:47:47 ID:Ge9YTRdd
傑作連発すれば態度悪くてもかまわないんだが

956 :名無しのオプ:2007/04/01(日) 02:58:36 ID:6FSgHYOR
台北さんてどういう人なの?

957 :名無しのオプ:2007/04/01(日) 21:56:30 ID:KKkEUC/M
http://blog.taipeimonochrome.ddo.jp/wp/markyu/index.php?p=3

958 :名無しのオプ:2007/04/02(月) 17:11:23 ID:qMr5Rd2z
ありがとうございます。
ブログは知っていたんですが、すごい読書量で、なかなかするどい指摘や批評の仕方に、プロの評論家か出版関係の人かなと。

藤岡真氏もブログにコメントしてて、他の作家についてけっこう皮肉っぽく言ったり、おちょくったりしているから、どういう人なのかなと思ったら、作家でした(^_^;)

185 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)