5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

ポエトリーリーディング・ビートニクス

1 :チナスキー:01/12/19 20:13 ID:2SJAy4Iw
詩・ポエム板に来てがっかりした、
ケルアックとかギンズバーグとかブコウスキーが
好きな方のためのスレ。

2 :いかいか ◆5j89UJuk :01/12/19 20:24 ID:???
いまどきそんなんよんでるから
うれねーんだよ
おまえは>>>>>>>>

3 :名前はいらない:01/12/19 20:42 ID:???
>>1
ギルド行け、そして二度と帰ってくるな!
つーか死ね
http://www17.big.or.jp/~kinro/index.shtml

4 :フラクサス:01/12/19 22:31 ID:???
>>2 >>3
もっと詩を勉強しろ。
「路上」「吠える」くらい読んでから言え。
(せいぜい佐野元春レベルか・・?)

5 :名前はいらない:01/12/19 22:56 ID:???
いや
ジャニスジョプリンレベルです

もしくは
ヴァン ダイク パークス レベルです

6 :1:01/12/20 02:50 ID:IN2lIxFD
ここの板が2ちゃんねるで一番センスないということがよく分かったよ。
映画板とかみたいに話題が広がっていかなわけだ。>>2>>3みたいな人間が多いから。
売れるとか売れねーとかいってんのもむなしいな。
どういう人?売れないライターかなんか?田舎もん?
もしくは貧乏臭い(フリーター)自称アーティスト?
まあ○○クズレみたいな連中の溜まり場なんだろうな。
ちなみに煽りも言葉に力ないしね。
多分言葉が誰にも届いてねーんでいつも苛立っているんだろうな。

7 :aa:01/12/20 04:51 ID:???
んー

8 :≫6さん へ:01/12/20 08:52 ID:vCsiKQaG

君も一緒じゃん、、なんなんだよ、その物言いはさ、、。
煽られるままに乗ってちゃー駄目じゃん。しっかりしなさい(藁

あんたの相手は、いかいか君という煽り屋さんなんだよ!
その自覚がたりないのかもとも思われ〜、、じゃね(藁

9 :愛の詩:01/12/20 10:49 ID:???
死んでもいい>>1のためなら
ねェ 漏れってどうよと聞く勇気も
よかったらボキと付き合ってくださいと言う度胸もないけど
馬並のボキのボッキは>>1のことを思うと
鹿のように鳴いています。

10 :1:01/12/20 12:39 ID:???
ハァ…

11 :名前はいらない:02/01/23 02:29 ID:???
かわいそうな1age
好きなやついないのかな?

12 :名前はいらない:02/01/23 20:07 ID:LmrQFb/m
age

13 :名前はいらない:02/01/23 21:16 ID:t1YDuihB
ほんとにいないのか・・・

俺は今のポエトリーリーディングは少し知ってるけど、
ビートとかあまりわからない。
知ってる人がいたら細かく聞いてみたかった。

1でもいいからでてきてよ。

14 :名前はいらない:02/01/23 21:28 ID:???
本家ラウンジついに閉鎖

【いままで】さようなら…ラウンジ…【ありがとう】
http://corn.2ch.net/test/read.cgi/entrance/1011645720/



15 :みみう:02/01/24 19:24 ID:???
不毛なスレだね。
ぼきも基本はビートニクなんだけど
誰も理解してないみたいだし。
少しはわかってくれるヒトがあらわれたかと
オモッタノニ。

16 ::02/04/04 22:12 ID:???
映画で詩が朗読されると、とてもカッコイイと感じる。
「灰とダイヤモンド」「スパルタカス」などが、思い浮かぶ。
もちろん「ありきたりな狂気の物語」での朗読も、かっこよかった。
それで、ブコウスキーの詩集を一冊買ったのだが、これがわからない。

ビートニクスはよく知らないし、ブコウスキーがそういう分類にされて
いるということも、このスレッドで始めて知った。もうひとつ言うと、
彼の詩集は朗読の台本なのだという見方に気づいた。これは発見だった。
意味をイメージしても、その良さはとらえにくいのだが、声をイメージ
すると、魅力を感じる。

そもそもビートニクスというのは、ベトナム帰りが始めた動きだという
誤解を抱いていた。が、あらためて辞書をみると、1950年代にアメ
リカを中心として顕著だった、物質文明的な進歩志向に背を向けた若者
たち、とある。「ありきたりな狂気の物語」は96年公開なので、とて
も息の長いムーヴメントのようだ。ぼくは射程をとらえなおした。

所感を述べると、21世紀に入って、問題の所在が横滑りしたように思
う。20世紀後半からの反物質文明的な感慨が消えてしまったわけでは
ないのだけれど、それがもっと嫌らしいなにかに変質したように思う。
カウンターカルチャーというのは、結局、物質文明アメリカの余禄で
しかなかったのではないか。物質文明が、人を魅了するマスクを外し、
誰もが見抜いていたエゴセントリックな素顔を隠さなくなったときにも、
はたしてカウンウターは有効なのだろうか。
今や富裕層ならざる者たちは、あからさまに、より激しく打たれるよう
になっている。だから、ビートニクスというコンセプトも、ハエやゴキ
ブリのような害虫よろしく強度を増して、再登場を迫られているように
思う。いま新しくビートニクスをやるとしたら、照準はそのあたりだろ
うか。そして、先人のスタイルで、継承できるものはなんだろうか。


17 :ll ◆jf2LH4fw :02/04/05 19:27 ID:???
う〜ん 難しい事は、わかんないけど
「カウガール・ブルース」て映画で詠まれてた詩が、なんか良かったよ。




18 ::02/04/06 23:05 ID:???
「カウガール・ブルース」? 知らんな。覚えとこう。
ちと、反省した。知らんヒト向けに、映画「ありきたりな狂気の物語」
を紹介しとこう。
これはブコウスキー映画。1氏が使ったチナスキーという名前は、ここ
でも使用されていたと記憶する。ぼくはブコウスキーのフォロワでは
ないので全体的なことは知らんが、小説「詩人と女たち」でも主人公に
チナスキーが使用されているので、あるいは愛用の変名かもしれないと
思う。映画は、小説「町でいちばんの美女」と「ありきたりな狂気の物
語」をベースに脚本化されたもの。
寸評: たぶん、この映画でオナニーするのはむつかしいだろう。

あらためて「詩人と女たち」(河出文庫)のあとがきを見ていたら、
こんな言葉が紹介してあった。
ビートニク・ブームの時代はただ飲んだくれていただけだった。グリ
ニッジ・ビレッジやパリのボヘミアン・シーンには興味がない。ビート
ニクと呼ばれるよりはパンクスと呼ばれたほうが自分に近いものを感じる。
私は死に絶えた種族の最後の生き見本なのだろう。

パンクスって、詩のシーンにもあるのか? まあ、いいや。
ぼくとしては、詩集を買ってしまったので、その読解をやりたいと思って
いる。題名が長いので何度も書きたくないから、予め引用元をここに記す。
"PLAY THE PIANO DRUNK LIKA A PERCUSSION INSTRUMENT UNTIL THE FINGERS
BEGIN TO BLEED A BIT"
著者 CHARLES BUKOWSKI
出版 BLACK SPARROW PRESS 1999
ISBN 0-87685-437-4 [paper edition]
ISBN 0-87685-438-2 [trade cloth edition]
ちなみに、ぼくは英語が得意でない。それでも、スレッドが消えてなくなら
ない程度のペースは守ろうと思う。

また、このスレッドでは、ぼくのようなビートニクスの論評のみにとどまら
ずに、ビートニクスやパンクスの自作詩が投稿されるなら、ぼくは嬉しい。


19 :ll ◆jf2LH4fw :02/04/07 00:17 ID:???
なるほど・・・勉強になります。
ビートニクスの詩じゃないけど↑で書いた映画の詩を、
印象に残ってたから日記に書いてた。

茶色い紙袋は、文明人が作り出した中で唯一の大自然とマッチする物である。
そのシワの寄り方は、フクロウのドアマットかウサギの下着のよう
クラフト8番の茶袋は、オレゴンの丘に捨てられ、そこで生きるかに見えた。
かってハンバーガー用のパンとカラシをキッチンまで運んだ茶袋であった。
だが今その中身は、ラブレターだ。
リスが木に宝物を隠すように、茶袋はラブレターをトランクに隠した。

ある日の夕暮れ、ラブレターの受け取り人は荷物をまとめて牧場を出た。
牧場の働き手たちが蹄鉄のゲームに興じ、凧揚げで遊ぶ傍らを
彼女はひたすら目指した。
1キロほど進むと馬を降り、焚き火をたきラブレターをくべた。
一つずつ恋人が彼女の口にポテトを運んだように、
愛しい人や、かわいいハニー、ずっと などの言葉が燃え去り
彼女は大粒の涙をこぼした。
涙で目がかすみ、茶袋を焼くのを忘れた。

「カウガール・ブルースより」1996年1月11日2時29分

う〜ん、今見たらなんだかよくわからない(w
詩じゃないかも・・・ナレーション?

20 ::02/04/07 23:41 ID:???
ふーん。詩だね。たぶん、そのナレーションと映像のマッチングが
よかったんだろ? そういう感動は、なかなか説明しがたいもんだけど。

たとえば「灰とダイヤモンド」なら、ノヴァーリスの詩が壁に書いて
あって、主人公が「ノヴァーリスだ」と言いながら朗読するんだよ。
それが、破壊された教会の、逆さになったキリスト像の映像と妙に
マッチしてね。残念ながら、もう詩句を思い出せない。後に、映画好き
のかたに教えてもらったんだけど、それが記憶と違ってたりして困った
ことあったな。それで、自分があのとき感じたノヴァーリスを作ってやれ、
と思ってる。
問題はスタイルだ。アメリカの詩人は伝統がないからってんでゼロから
作り上げるけど、その点日本人は和歌あり漢詩あり西洋文学もありで、
伝統あり過ぎんだ。うれしかなし。

ブコウスキーに、"art"って詩がある。
as the
spirit
wanes
the
form
appears.

スタイルの研究は追々やるつもりだけど、取りあえず、最初にこれ引用
したい。詩を書くって、こういうことだと思うよ。こういう共感のすくい
かたが、ブコウスキーの芸風の骨格なのかなと思う。行の1・4、2・5、
3・6が対応しているとこも見落とせない芸だけどね。


21 ::02/04/09 20:42 ID:???

"hug the dark"、邦語にすれば、「闇をかかえて」くらいの感じか。
この詩では、神が、平和が、政治が、社会が、路地裏的な風物と
二重写しで語られる。
turmoil is the god
madness is the god

parmanent living peace is
permanent living death.
(不安は神だ/狂気は神だ//平和に安住するのは/死に永住することだ。)
1と2の行に、ピリオドがないのはなぜだろうと考える。または、4行め
に、なぜピリオドが打たれているのか。当然だが、朗読の場合、ピリオド
は発音しない。間で表現される。ブコウスキーの詩を、朗読の楽譜として
みる場合、改行は間を示すだろう。また、コンマやピリオドの記号は、
人が朗読するときの沈黙の力で、改行の間とは異なるニュアンスの間を
表現するものだろう。次に続く詩句は、より朗読性を際立たせる。
agony can kill
or
agony can sustain life (以下6行略)
(苦悶は殺せる/また/苦悶で人生を続けることはできる)
orの一語で構成される行は、実際の声が響いているように聞くか、自分で
朗読するかしないとわからない魅力だ。ぼくはイメージ操作の詩が好きで
あり、詩は活字(意味)だと思っている者なので、このようなスタイルは
新鮮だ。ともあれ、第一ピリオドで立ち位置設定し、第二ピリオドでそれ
を膨らませる内容になっている。これを起・承とするなら、第三、第四は
転にあたるだろう。直下の引用は第三ピリオド冒頭。
don't forget the sidewalks/the whores,/betrayal,/ 以下3行略
(路地を忘れるな/売春婦を/裏切りを/)
取り急ぎ詩を俯瞰したい。引用しないが、次の第四ピリオドは、大統領に
話題が及ぶ。第三ピリオドの地を這う視線から、大統領という頂点が
見上げられる。


22 ::02/04/09 20:43 ID:???
>21 つづき
続く第五ピリオドは、全部引用しよう。ブコウスキーはあまりメタファー
を使用しないようだが、これは隠喩だろうと思う。
people who believe in politics
are like people who believe in god:
they are sucking wind through bent
straws.
(政治を信じる者/は神を信じる者のごとく/つまり彼らが空気を吸い
込むのは曲がった/ストロー。)
第六ピリオドでフィニッシュにはいる。「神はない/政治はない/平和は
ない/愛はない/コントロールはない/プランはない/」と言いつのり、
stay away from god
remain disturbed

slide.
で締める。
詩の冒頭で立てたテーマが帰っている。
だが、これは、さして新しいテーマではない。人々が百年前から感じている
ことだ。この詩は、多くの詩人がするように、爪に血をにじませて土を
掘る宝捜しはしていない。読者は、地図でもって新しい世界に案内される
ことはない。また、世界を異化するような表現もない。誰もがするような
努力のかわりに、血をにじませるべき指は、ピアノのキーを叩いている。
言葉(音)の組合せでコードを弾く。ピリオドごとにコードをつくり、その
連なりで曲にしていく。
もしぼくに英語力が備わっていて、ある日朗読会でこの詩を聴く機会を持った
なら、感動するだろうと思う。その観点から、理解に時間がかかるような
メタファーは避けられているのか。
最後に、ぼくの訳の拙さはご寛恕を願う。間違いは指摘していただきたい。


23 :名前はいらない:02/04/10 18:47 ID:???


24 :名前はいらない:02/04/10 21:02 ID:???
最下層に意外なスレ。記念カキコ。

25 : :02/04/11 00:35 ID:???
ブコウスキーはBEATNIKではない。BUK自身、BEATたちをばかにしているし。

26 ::02/04/12 19:33 ID:???
>25
そうなの?
じゃ、ぼくはアウトだな。去ろう。


27 :名前はいらない:02/05/23 21:36 ID:???





28 :名前はいらない:02/06/29 22:40 ID:???
llll

29 :都立家政 ◆EROpoemk :02/07/01 09:44 ID:dJ4v+Y38
ブコウスキーはかなり好きだと上げておく。

30 :名前はいらない:02/07/01 13:24 ID:???
ビートニクはつまらない
だが良スレなのでage

31 :名前はいらない:02/09/08 01:27 ID:rlhe1RAg
ビートいいよ。

32 :名前はいらない:02/09/22 00:01 ID:xRLSLhxm
ようやく見つけたビートスレがこれかよ・・・

33 :@△@:02/09/22 00:08 ID:tdT4/NHG
ようやく見つけたビートたけしがコマネチ!!

34 :名前はいらない:02/09/22 00:16 ID:Zpg4GuEd
>>32
なんか話ふって!

35 :名前はいらない:02/10/23 14:17 ID:nnsy8Fs1
映画「ビートニク」みますた。
ジョニー・デップですた。
バロウズかっちょえぇーー

36 :訴える名無しさん。:02/11/03 00:55 ID:LUlWIfNS
Ill-Beatnikという楽曲は御存知ですか?

37 :e:02/11/16 00:57 ID:Yjl/O8o4
ijojo

38 :岡田克彦 ◆ikGay75MZI :02/12/03 09:53 ID:AZVuttAx




ま、悪いことは言いません。あんたら2チャンネラーに代表される
下界の凡人連中には、ベートーヴェンの晩年の弦楽四重奏がちょうどよいです
から、そのあたりをお聴きなさい。
間違えても、ぼくやドビュッシーの作品は聴かないように。
豚・に・真珠・でございましょう、ファッハッハッハッ・・・・・
で、ぼくのホームページK.OKADAワールド
(URL;http://debu1957.hp.infoseek.co.jp/)には
あんたら2チャネラーには似合わない私の傑作の音楽がついていますので、
ぜーーーーーったいに来ないで下さいね。


39 :岡田克彦 ◆ikGay75MZI :02/12/10 15:46 ID:YCQGlkEy

お・だ・ま・り、あたしを誰だと思ってるの? おそれ多くも、あ・た・し・よ。
お・だ・ま・り、あたしを誰だと思ってるの? おそれ多くも、あ・た・し・よ。
お・だ・ま・り、あたしを誰だと思ってるの? おそれ多くも、あ・た・し・よ。
お・だ・ま・り、あたしを誰だと思ってるの? おそれ多くも、あ・た・し・よ。
お・だ・ま・り、あたしを誰だと思ってるの? おそれ多くも、あ・た・し・よ。


40 :山崎渉:03/01/19 14:03 ID:33JLtwpT
(^^)

41 :名前はいらない:03/03/03 09:28 ID:ZsQZ4dk1
落ちそうなのでage

42 :名前はいらない:03/04/12 19:38 ID:TNCfqCAx
「スラム」って映画観たことある人いるかい

43 :山崎渉:03/04/17 13:14 ID:h0xijIvJ
(^^)

44 :山崎渉:03/04/20 02:02 ID:3rQpfsMd
   ∧_∧
  (  ^^ )< ぬるぽ(^^)

45 :名前はいらない:03/04/29 18:31 ID:twpDiCRY
一年前に記念カキコした。一年後にまた書こう。在ったら。

46 :名前はいらない:03/05/02 13:47 ID:wRL9E+Dn
あげてみる

47 :名前はいらない:03/05/02 14:03 ID:wRL9E+Dn
ttp://members.jcom.home.ne.jp/12monkeys/lib/beat/archives_01.htm

んで、貼ってみる。


48 :白鑞金 ◆XQOqpD8gDY :03/05/02 14:59 ID:xem3YEk5
学生時代に流行っていた。第2次流行期というべきか、原体験世代の話しと比
較すると決定的に違っていたのは、「思想性のスポイル」を経た上での流行り
方だったこと。70年代の悲惨を知っている人も少なくないだろうから、「イ
デオロギー」からの解放については当然「是」とした上で、でも少しばかり云
いたいことも実はある。ひとまとめにする乱暴さは先に謝っておきます。
いま一見、ビートに見えている第3次流行期は、もはや完全にファッションと
化した、形だけのものに思えなくもない。中上健次や寺山修司らが原体験とし
て体で受け取り、呼吸したであろうそれとは、身も蓋もないほどに違っている。
カウンターカルチャー、サブカルチャー、ただ単なるオシャレ、その呼ばれ方
はいろんな意味をともなって変わってきたんだろう。てなわけで、現在のビー
トは、まるで一個のシャボン玉より遥かにナルシスかつ儚く、もろすぎる。

49 :都立家政 ◆MD76fFko5o :03/05/02 16:28 ID:EJ3vCwkv
「スラム」って映画観た人いる?

50 :名前はいらない:03/05/05 13:12 ID:t5uaOsDt
カオリンタウミはどうなの?

51 :山崎渉:03/05/22 03:05 ID:R3rNNKvM
━―━―━―━―━―━―━―━―━[JR山崎駅(^^)]━―━―━―━―━―━―━―━―━―

52 :山崎渉:03/05/28 11:14 ID:91alohpq
     ∧_∧
ピュ.ー (  ^^ ) <これからも僕を応援して下さいね(^^)。
  =〔~∪ ̄ ̄〕
  = ◎――◎                      山崎渉

53 :名前はいらない:03/05/31 02:35 ID:DeWlpYPu
古いスレだな〜(w
そういや「路上」の日本語訳って全然良くないよね・・・。
原文のチャーリー・パーカーのビバップフレーズのような疾走感、
つまりビート文学特有のスリリングなスピード感が全く伝わってこない。

「ライ麦」も今年ぐっと読みやすく生まれ変わったことだし、
「路上」も、センスある新訳が出てほしい。
つーか、日本で今いち、ビート文学が評価されないのって、
「路上」の訳のマズサに起因している部分大だと思うんだけど・・・。

54 :白鑞金 ◆XQOqpD8gDY :03/05/31 02:45 ID:s/JpSv4s
C.パーカーとビート文学と、ほとんど無関係のような気がする。バロウズにし
ても、文字ばかりてんこ盛りの「ランチ」より「ジャンキー」の透明感にこそ、
空白と静寂とを淡々と書き綴る、リリシズムが溢れていると感じる。余計な部
分を根こそぎにした後の「疾走感」がある。「後」ゆえの喪失感を伴って。

55 :Mana魔名:03/07/10 23:00 ID:NRzCggX7
ビルの谷間に刺す朝焼けに、喉も妬けそうな気分
1人で見たネオン色の星 絶叫と共に沈んだ三日月
トップレスの金髪美女とセックス・デス
ニヒルな俺の口元が唾液で鈍く光る
クスリを一発 メロメロにしてドロドロに沈んだら
スーツケースに詰め込んで 薔薇薔薇にしてみようか

56 :山崎 渉:03/07/12 11:53 ID:Gu5iF5xl

 __∧_∧_
 |(  ^^ )| <寝るぽ(^^)
 |\⌒⌒⌒\
 \ |⌒⌒⌒~|         山崎渉
   ~ ̄ ̄ ̄ ̄

57 :山崎 渉:03/07/15 11:54 ID:iuxfPmjy

 __∧_∧_
 |(  ^^ )| <寝るぽ(^^)
 |\⌒⌒⌒\
 \ |⌒⌒⌒~|         山崎渉
   ~ ̄ ̄ ̄ ̄

58 :山崎 渉:03/08/02 01:34 ID:TahhWmQI
(^^)

59 :山崎 渉:03/08/15 13:50 ID:jFO+cPAl
    (⌒V⌒)
   │ ^ ^ │<これからも僕を応援して下さいね(^^)。
  ⊂|    |つ
   (_)(_)                      山崎パン

60 :名前はいらない:04/01/22 05:21 ID:HaYEnAk7
スラムみたよ
売人のでしょ
やっぱ言葉の力と葉のちからはすごいねぇ
オレ野方

61 :名前はいらない:04/01/23 08:13 ID:V2hlrDio
がっかり

62 :なみなみお:04/01/24 17:31 ID:jdY69gES
「再会の時」って映画が好きです。
スタイルとしてビートニクスに近いものがあるような気がするのですがどうでしょう?
もうすでに古いですけど、ディカプリオの「ビーチ」などは、ビートニクスっぽいかんじがします。

>>20
「気狂いピエロ」などの詩の朗読はそんなにかっこよくはないですよね。
アメリカの朗読が、かっこいい。
もう1年以上前の書き込みにレスしてみる。。。。

63 :なみなみお:04/01/24 17:41 ID:jdY69gES
灰とダイアモンドはアメリカ映画じゃなかった!!!

>>48
「中国女」を撮ったゴダールは、
「ウォーホールの絵を集めるように、
毛沢東のラジオ(?)を当時の若者は、意味もわからずに聞いていた。
思想を持つということが、いわばあの頃の“ファッション”だった。」って言ってた。
ファッションを、軽視する態度や、現代の姿を否定する態度は賛成しかねます。

64 :吾輩は名無しである:04/01/25 02:34 ID:ZIfPDbCR
ゲイリースナイダーは無視ですか。
もう馬鹿かとアボカド

65 :なみなみお ◆mCFk32Woec :04/03/01 18:53 ID:rMLd1DEE
「バロウズ」のドキュメントテレビ番組のビデオ観ました。
midnightとか書かれてる。
ウィリアム・テルごっこって。。。画になる。
音楽がイイ。
だけど、ぜんぜんわからん。
映画みたいにエンドロールで、使用している音源わからないんです。
誰かわかる人いますか?
オーディオアクティブみたいなかんじの。

66 :曾村益廊:04/03/17 20:42 ID:MDb4gSvV
デレク・ジャーマン/「ドリーム・マシン」にバロウズがで出てた気がする。


67 :名前はいらない:04/03/23 19:27 ID:XuB5iCqe
ポエトリー
それはどこにでもある
よくある平凡な国の
オハナシ

68 :なみなみお ◆mCFk32Woec :04/04/14 02:03 ID:W4decJRK
>>66
デレク・ジャーマン好きなんすか?バロウズは、、やっぱりゲイ繋がりでしょうか。。。

69 :名前はいらない:04/04/22 23:21 ID:w8pQ9APq
http://www2.plala.or.jp/jtguitar/midi/cavatina.mid

70 :名前はいらない:04/04/25 08:01 ID:PbliFqtb
http://www.pirrer.com/free/TWcam.jpg

71 :名前はいらない:04/05/04 14:18 ID:LK4YKjV+
http://www.piano-bar-satie.com/nocturne_1.mid

72 :45:04/05/04 14:42 ID:aeBRcK8C
そしてまた一年経った。すべての使い古されたビートに、愛をこめて。

73 :なみおロック ◆mCFk32Woec :04/05/19 04:09 ID:X8Q8mbU2
>>72
ス、スゲー。

74 :ピート:04/05/29 01:47 ID:AJyPKgAe
88年のアメリカ文学学会でギンズバーグに逢った。
HOWL(シティーライツ版)にサインしてもらった。
宝物。

75 :通行人:04/05/29 01:53 ID:Dr/d9V9l

「あたらしき過去を越えて、懐かしき未来を迎える」

いつの時代もビートはビート。


バロウズ/ケルアック/ギンズバーグ

76 :西岡 ◆mCFk32Woec :04/05/29 02:14 ID:jRWxgsSe
地下街の人びと読んでる。


77 :名前はいらない:04/06/09 23:43 ID:kiRSxh7i
「路上」読んでます。
この本はとても読みにくい気がしてならない。
おれの力不足か筆者の力不足か。。。?
読みにくいですよね?


78 :名前はいらない:04/06/09 23:44 ID:kiRSxh7i
すみません。詩じゃなかった。
板違いですね

79 :名前はいらない:04/06/19 14:02 ID:fLzml7u7
時間や場所があっちに飛んだりこっちに飛んだりするから解り辛いけど、
表現の繊細さや美しさにはときたまはっとするような箇所もありますよね。

80 :通行人:04/06/20 10:39 ID:znWmozdA
『猫』

路上上の通行人

ヒーコーが冷めてこぼれる

パイナップルが600円

睫毛の張り出したおんなの

ストッキングを破いた男

一周して来ても変わらない景色

訳知り顔のホームレスにそれとなく聞いてみる

今日は土曜日だった

81 :名前はいらない:04/08/30 23:48 ID:X+MmrSlr
そのとおり

82 :名前はいらない:04/09/03 04:39 ID:jwUegKuO
初めてこの板に来て1の様にがっかりした・・
バロウズやブコウスキー
ギル・スコット・ヘロンやトム・ウェイツの話が出来る
変態が集まってると思ったのに・・
つまらねぇからロニー・スミスでも聴きながら筋トレして寝ます。

83 :名前はいらない:04/09/10 23:13:14 ID:DTs1ensm
>>82
ブコウスキーの詩ってどこ行ったら買えるの?
本しかもってないんだけどさ。

84 :名前はいらない:04/09/13 12:21:14 ID:51T/FnHg
ラストポエッツの話しようや

85 :名前はいらない:04/09/13 19:33:49 ID:2HoWp6tS
Waitsは数少ないビートニックの生き残りだね

86 :日雇いくん ◆HIyaTOiQcI :04/09/14 18:50:30 ID:lQ9SIIo/
>>83
ちょっと大きな図書館行けばあると思うよ。私はときわ台
の中央図書館にあるのを見たことがあります。
買うならやっぱり大きい本屋か詩に強い書店に行かないと
だめだろうね。新宿書房。

ビートニクという言葉自体は、私が若い頃からあちこちで取り上げ
られているのを見たりしたんだけど、どういうものなのかは未だに
よくわかりませんね。
解説とかみてもピンとこないです。やっぱバカだからかな。


87 :名前はいらない:04/09/14 21:45:26 ID:gGeg4BFU
初めてこの板きたんだけどがっかりした。
ギンズバアグとかブクとかウィリアム・カアロス・ウィリアムズとかのスレが
あると思ってたのに・・・

88 :名前はいらない:04/09/18 03:15:58 ID:ZTYXFYdj
>>86
ありがとう。
近くの本屋で注文しようとしたら「ねぇ」っていわれてたから
まさか売ってるとこあるとは以外でした
新宿書房行くことあればさがしてみるよ。



89 :名前はいらない:04/09/27 08:54:32 ID:FCE2xOGW
>>88
新宿書房は出版社だよ
http://www.shinjuku-shobo.co.jp/

90 :名前はいらない:04/09/28 20:15:09 ID:qsl9CFoH
>>89
ガーン!!無知を晒してしまった。。。
まして2chの人にそんなにやさしく言われてしまうと。。。

91 :名前はいらない:04/10/09 17:56:42 ID:aXmHzm4z
ゲイリースナイダーさんが正岡子規国際俳句賞を受賞されました。

92 :名前はいらない:04/12/08 16:33:45 ID:8+wYjecV

     へ
    ∠ゲソ>   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
     |.⌒.|  < プッププププープ カキコするニダ!
    (:: ゚∀゚)  \__________
    リ|;|;|;|;|し

日本最大規模の現代音楽専門掲示板 ゲソヲソ板
http://jbbs.livedoor.jp/music/4832/gesowoso.html

93 :名前はいらない:04/12/08 16:53:49 ID:ZrUwBnAo
ノムハムニダ

94 :名前はいらない:04/12/10 11:27:46 ID:cGdYGMnW
こんなスレあったんだ〜
記念カキコ

95 :名前はいらない:04/12/22 04:04:37 ID:o6HD9wrv
俺も〜
下らんジャパンポップの歌詞のスレばっかで辟易してたところだった

96 :名前はいらない:05/01/24 05:58:00 ID:zYK32QS0
『ピニェロ』とか『スラム』とかの話しようよ

97 :名前はいらない:05/03/09 12:55:35 ID:gOL5EhZm
「路上」の翻訳は読みやすいと思います。

98 :名前はいらない:2005/03/23(水) 02:34:35 ID:QLaqamr5
ピニェロの映画見て興味もったな

99 :名前はいらない:2005/04/16(土) 00:29:06 ID:c3WQZi47
ギンズバーグの詩が読めるサイト教えて下さい。

100 :すぐる:2005/04/18(月) 22:16:44 ID:Qnrp3pMp
100!

101 :名前はいらない:2005/05/10(火) 00:30:58 ID:H3yeTXSO
3年目は101get

102 :名前はいらない:2005/07/01(金) 01:58:25 ID:TXUu562W
>>101
ス、スゲー。

103 :名前はいらない:2005/07/17(日) 16:05:13 ID:Ni0p357T
ケルアックって、
YMOで言えば幸宏、たのきんで言えばよっちゃんって感じなのかね

104 :名前はいらない:2005/07/21(木) 15:56:20 ID:a70jak0h
わかんねぇ わかんねぇ たとえががわかんねえよ


105 :通行人@路上:2005/10/02(日) 13:36:04 ID:eLHIGH6K
ブコウスキー!ブコウスキー!ブコウスキー!

106 :名前はいらない:2005/11/08(火) 21:37:52 ID:lfO/8anj
>>16
ビートニクスはよく知らないし、ブコウスキーがそういう分類にされて
いるということも、このスレッドで始めて知った。もうひとつ言うと、
彼の詩集は朗読の台本なのだという見方に気づいた。これは発見だった。
意味をイメージしても、その良さはとらえにくいのだが、声をイメージ
すると、魅力を感じる。

ブコウスキーのドキュメンタリーに行ってきました。
本人の自作の詩の朗読にはしびれました。
文章をじぶんで黙読するより、ずっといいです。
(2002年の発言にこんなコメントもなんですが。)

映画と詩、
ということなら、
私の好きなのはイル・ポスティーノ。
エンディングの詩がいいです。

107 :名前はいらない:2005/11/09(水) 00:14:13 ID:Yl6ocMJt
『夜になるまえに』もいいよ
ゲイムービーだけど



108 :名前はいらない:2006/02/07(火) 01:58:51 ID:rHDYYuLB
俺はビートニクならケルアックが好きだな
路上も死ぬほど読んだけど、だが詩が良いんだ。
ギンズバーグは少し違う感じがする。

結局ビートニクってくくるが
生活スタイルや生き方は似てるだけで
世界のとらえ方、思想や文章スタイルは全然違う

昔U2のライブにバロウズが出てきて
おもしれー詩を朗読してるなってのがきっかけだった。



109 :名前はいらない:2006/04/03(月) 05:56:24 ID:MKeFiPp1
2チャンネルに書き込んだ事はなかったけど、
さらには4年以上にわたって細々と続く板とやらに感動を覚えながら
でも、ポエトリーリーディングや詩が出てくる映画を探していたものだから
とてもここは参考になりました。
ありがとうございます。
ちなみに「Slam」と「ビートニク」は見ました。
ポエトリーリーディングじゃないけど「8Mile」も言葉とライムにかける
姿勢がやはりビートに通ずるものがあるかなと・・・。

110 :名前はいらない:2006/04/16(日) 04:23:46 ID:x2Q+eoPg
そろそろ>>24が4年目の記念カキコに来るかな?


そういう自分はというと、ビート肉なるものがあることは知っていた、という程度。
ボブ・ディランが好きな関係でギンズバーグを知っている。
去年NHKハイビジョンでやっていたディランのドキュメンタリー番組(3時間半、長い!)
で流れた「アメリカ」が気になった。

111 :名前はいらない:2006/07/01(土) 01:08:14 ID:30qpFDN0
ここ寂しいな・・・路上を読みまくって昂ぶれ!!

112 :名前はいらない:2006/07/23(日) 00:55:31 ID:SvOrwbEa
おまえら的に犬式とかはどうなんだ?

俺は好き

113 :名前はいらない:2006/11/21(火) 19:14:56 ID:jVX+fcZK
age

114 :名前はいらない:2006/12/15(金) 18:09:45 ID:RA6/EeH7
http://players.music-eclub.com/?action=user_song_detail&song_id=141819

曲の中ほどで、ポエトリーリーディング(?)が。

115 :名前はいらない:2006/12/22(金) 17:38:39 ID:JbTl1rUe
油揚げ

116 :名前はいらない:2007/01/06(土) 06:27:30 ID:4jn4xNtH
ビートニクス!
ちゃんとあったんだなこんなスレ
餓鬼の頃に読んだ路上は正直たるかった。今読んだらどう感じるだろう
「吠える」は熱くなるよ。今でも
「カディッシ」のカラスの鳴き声……!
バロウズは短編。匂いを感じる
ブコウスキーもありかよ
短編エロクテたんたんとしたの。そして少年期の。
ブコウスキーにゲイな香りは無いよな。垂れ流し。これ最高

117 :名前はいらない:2007/01/07(日) 11:16:36 ID:irk9syzz
>>114
削除されてるみたいだね。
こちらでは、ちゃんと聴けるけど。

「Planet Dollあるいは世界最終戦争」
http://www.muzie.co.jp/cgi-bin/artist.cgi?id=a047528

118 :名前はいらない:2007/01/27(土) 17:45:05 ID:Z2Dguw+6
http://www.youtube.com/watch?v=Avqckx2YAQE
http://www.youtube.com/watch?v=ENEzQ42cDp8

すごいよこの人
詩の朗読の最後、頭を下げて挨拶するところが可愛い

119 :名前はいらない:2007/02/23(金) 16:51:16 ID:DIChNuTx
ここも立ちました

朗読イベント総合スレ
http://book4.2ch.net/test/read.cgi/poem/1172216668/


120 :名前はいらない:2007/03/06(火) 12:26:22 ID:X1vaGFMG
>>1 のような人間がこれから日本で伸びていこうとしているポエトリーの文化発展の邪魔をしているのだ!

121 :名前はいらない:2007/03/08(木) 23:23:53 ID:NXiwCKHZ
>>120
わかるわかる。
マニアックなものにして大衆的発展の阻害をしているよね。




122 :名前はいらない:2007/03/09(金) 17:36:32 ID:KkyA1Nbp
意味わかんね

31 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)