5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

感動したポエムや歌詞

1 :名前はいらない:02/01/12 16:44 ID:ES/PUgFP
感動した詩やすごいと思ったポエムや歌詞はありますか??
ついでに私はラルクの花葬の

重力は増してゆき
僕の体は地球へと還る
見上げれば空
僕の体は君の空であり
君の源は僕の宇宙である
互いに相容れぬまま
ただ、そこにあるばかり

って所とあとは谷川俊太郎の

      「生きる」
          
生きているとゆうこと
いま生きているということ
それはのどがかわくということ
木もれ陽がまぶしいということ
ふっと或るメロディを思い出すということ
くしゃみをすること
あなたと手をつなぐこと

生きているということ
いま生きているということ
それはミニスカート
それはプラネタリウム
それはヨハン・シュトラウス
それはピカソ
それはアルプス
すべての美しいものに出会うということ
そして
かくされた悪を注意深くこばむこと

生きているということ
今生きているということ
泣けるということ
笑えるということ
怒れるということ
自由ということ

生きているということ
いま生きているということ
いま遠くで犬が吠えるということ
いま地球が廻っているということ
いまどこかで産声があがるということ
いまどこかで兵士が傷つくということ
いまブランコがゆれているということ
いま いまが過ぎてゆくこと

生きているということ
いま生きているということ
鳥ははばたくということ
海はとどろくということ
かたつむりははうということ
人は愛するということ
あなたの手のぬくみ
いのちということ

です。

2 :名前はいらない:02/01/12 16:55 ID:???
また著作権を無視したキチガイスレですか。

3 ::02/01/12 17:06 ID:ES/PUgFP
あと天使禁猟区ってマンガの

不完全な太陽の下
不完全な渇望を抱え

アスファルトの箱庭の中
自己を否定し続ける
模造生物の様な貴方を思い

私の心は張り裂けんばかりに
肥大し・・・意識は歪曲して

やがてその結晶は砕け
残響し・・・舞い落ちるだろう

幾千もの・・・思いの破片となって

貴方を抱きしめたい
懐かしい歌を口ずさみながら

いつまでも いつまでも
貴方が眠りにつくまで
撫でていたい

私の手はもう貴方を
抱く事は出来ないけれど
どうか祈りは届いてほしい

とゆうところが感動とゆうかスゴイと思いました
あとまた天使禁猟区で

オ腹ガ減ッタラ
生キ物ヲ
食ベル

ソノ次ノ日モ
毎日毎日
必ズ何カヲ
食ベテイル

毎日生キ物ヲ
屠ッテル

毎日毎日
死体ガ増エテ
世界中ガ
死体デ埋マル

死体ヲ食ベテ
美シイ華ガ咲ク

生キ物ノ手モ足モ
目モ ミンナ
屍肉カラ生マレル

食ベラレルノハ
私達?

って所がスゴイと思いました

4 ::02/01/12 17:09 ID:ES/PUgFP
2 さん
すいません
でも学校の教科書にのってたからいいのかなぁ〜?と思って入れて
しまいました。

以後気を付けます

5 ::02/01/12 17:09 ID:ES/PUgFP
↑谷川俊太郎のところは です

6 ::02/01/12 17:11 ID:ES/PUgFP
あとは大地賛唱とハレルヤってゆうのと
谷川俊太郎の「春」です。

7 :名前はいらない:02/01/12 17:36 ID:???
外は春の雨が降って僕は部屋でひとりぼっち
夏を告げる雨が降って僕は部屋でひとりぼっち

8 :wildcat:02/03/30 17:58 ID:???
このスレ2ヶ月ほど、書き込みないようですが
1番さんは、もう忘れちゃったでしょうか。

 自分でスレ立てるのも、なんなんで、死んでるなら、
リサイクルに(^-^;、もらっちゃおかと思うんですけど、
どうでしょね。

 とりあえず、sageで様子見(゚-゚)じっ

9 :wildcat:02/03/31 00:47 ID:???
>>8
大丈夫なような、気がするけど
もうちょっと様子見(゚-゚)じー

10 :wildcat:02/03/31 09:02 ID:???
>>9
今日で3日目。
なんとななるかな。
もうちょっと様子見(゚-゚)じぃ

11 :wildcat:02/04/01 23:10 ID:???
>>10
四日目〜
でも、もうちょっと様子見(笑)

12 :wildcat:02/04/02 23:25 ID:???
>>11
なかなかよさげだ。
ただ、明日からアクセス出来ない_(._・)/コケッ

ADSLモデム到着待ち(゚-゚)じっ

13 :名前はいらない:02/04/03 00:20 ID:bT9cUt9M
インディーズの山下将輝さんの詩です。

「ユメウリヒト」

あの日パパに連れられた公園は薄暗く

恐くなって見上げたら 知らない人と手をつないでた


見たこともないようなごちそういっぱい食べて

初めて知る快感に だらしなく身体開き続けた


今でもよく覚えてる

パパ宛の封筒で大好きなお菓子をたくさん買って

二度と帰らなくなった日を


灰色の都会に溶けて キャンディー色の夢を売る

手渡された紙切れで 今夜だけあなたのもの

朝が来るまでの約束よ はやくこの汚い手をどけて

 

子供はもう寝る時間 にんじんも食べなさい

そんな愛も知らないで 背伸びして早く大人になった


お菓子が底をついたなら 公園にでかけましょう

ただ吐き気と戦って 知らない人と手をつなげばいい


身体が熟れはじめれば 欲しいものほとんど手に入れた

足りないのは 惜しみなくこの心触れ続ける人


灰色の都会に溶けて キャンディー色の夢を売る

抜け殻の愛を 白いベッドに咲かせてみせる


灰色の都会に溶けて キャンディー色の夢を売る

手渡された紙切れで 今夜だけあなたのもの

朝が来るまでの約束よ はやくこの汚い手をどけて

 

 


14 :名前はいらない:02/04/03 09:26 ID:pznW5mmo
谷川俊太郎って糞だと思うんだけど、どうよ?

15 :名前はいらない:02/04/03 10:01 ID:???

>>14 そういう オマエが 糞である。



16 :マクシミリヤン・モレル:02/04/03 11:15 ID:w0rtYden
Mr.children「youthful days」から

「サボテンが赤い花を付けたよ」と言って
「急いでおいで」って僕に催促をする
何回も繰り返し 僕ら乾杯をしたんだ
だけど朝になって 花はしおれてしまって
君の指 花びらを撫でてたろう
僕は思う その仕草 セクシーだと

表通りには花も無いくせに
トゲが多いから 油断していると刺さるや

胸の鐘の音を鳴らしてよ
切ないほどの抱擁とキスで
乾いた心を濡らしてよ
ただ二人でいられたらいい


あの人に捧ぐ

17 :名前はいらない:02/04/03 11:31 ID:???
倉庫でオオジャンを検索してみませう。

18 :名前はいらない:02/04/03 11:50 ID:EJKiUN4M
「TING TING」
♪=210
ちんちんぷらぷらε3ちんちんぷらぷらε3
ちんちんぷらぷらε3そーせーじε3--
掛け声(ハイッ!!)
ちんちんぷらぷらε3ちんちんぷらぷらε3
ちんちんぷらぷらε3そーせーじε3--
掛け声(ハイッ!!)
ちんちんぷらぷらε3ちんちんぷらぷらε3
ちんちんぷらぷらε3そーせーじε3--
掛け声(ハイッ!!)
転調
ちんちんぷらぷらε3ちんちんぷらぷらε3
ちんちんぷらぷらε3そーせーじε3--
ちんちんちんちんちんちんちんちんちん!


19 :名前はいらない:02/04/03 13:19 ID:???
>>18 小馬鹿な野郎だ!



20 :名前はいらない:02/04/03 13:24 ID:???
>18
こういう下ネタを書き込むヒトって 知ってるぅぅ♪
い○いか、タ○タヌ、ってヒトですぅぅ!




21 :名前はいらない:02/04/03 13:50 ID:cyGfCwlH
『私は、必然に対して傷つかない』ニーチェ

22 :名前はいらない:02/04/03 14:04 ID:rvwlje+S
「気持ち」

わたしはおこる だってあいつやさしくないんだ
わたしはわらう だってあいつバカなんだもん
わたしはとくい だってみんなわたしについてくる
わたしはなく くやしくて わかってくれないの
わたしは言うの あんたおかしいよって
べつにそのひと キライじゃないけど
でもいい きらわれたって
わたしだけががまんするのはいや
『気持ち』は伝わるわ その人に
それから先はいつもわからない
わたしはおこれない こわいの わかってくれないひとが
わたしはさぐる そっと わからない人の「気持ち」
わたしは思う こんなことじゃないかって
その人の「気持ち」
わたしはあわせる その人の歩き方に
わたしはすこし なんだかわかる
その人の息づかい
でもわたしはちょっときゅうくつ
いつまでもあるいていけるかわからない

小学生のころに本で読んだ詩
なんだかスキ

23 :wildcat:02/04/03 22:49 ID:???
>>22
あらあらあら(笑)

モデムこなかった。工事も延期となった。_(._・)/コケッ
ここはやめとこうm(_'_)mオジャマシマシタ

24 :non-lieu:02/04/04 04:16 ID:???
ブレヒト「あとから生まれるひとびとに」より

ぼくの時代、行くてはいずこも沼だった。
ことばがぼくに、危ない橋を渡らせた。
ぼくの能力は限られていた。が、支配者どもの
尻のすわりごこちを少しは悪くさせたろう。
こうしてぼくの時が流れた
ぼくにあたえられた時、地上の時。

ぼくらの力は乏しかった。目的地は
まだまだ遠かった、
はっきり見えてはいたが、しかしぼくには
行きつけそうにない。
こうしてぼくの時が流れた
ぼくにあたえられた時、地上の時。


25 :non-lieu:02/04/04 04:17 ID:Fk46Ruvm
(承前)

きみたち、ぼくたちが沈没し去る高潮から
うかびあがってくるだろうきみたち、
思え
ぼくたちの弱さをいうときに
この時代の暗さをも、
きみたちがまぬかれえた暗さをも。
じじつぼくたちは、靴をよりもしばしば国をはきかえて
絶望的に、階級間のたたかいをくぐっていったのだ
不正のみあって、怒りが影をひそめていたときに。

とはいえ、ぼくたちは知っている
憎しみは、下劣なものにたいするそれですら
顔をゆがめることを。
怒りは、不正にたいするそれですら
声をきたなくすることを。ああ、ぼくたちは
友愛の地を準備しようとしたぼくたち自身は
友愛をしめせはしなかった。

しかしきみたち、いつの日かついに
ひととひととが手を差し伸べあうときに
思え、ぼくたちを
ひろいこころで

26 :non-lieu:02/04/04 04:35 ID:Fk46Ruvm
美しい捨身の行を 誇らしくも戀に遁れて、
光榮の燃える薪よ、泡立つ血、黄金、暴風雨よ、
彼處に 若し 紫の詩王の衣を 骸のないわが墓に
華やかに展べて飾るとすれば、おお 笑ひ草だ。

こは何ぞ、われら二人を祝福する闇のさなかに、
今は夜半、この一切の輝きの破片すら殘つてゐない、
ただ、昂然と人もなげな寶の髮が
愛撫を受けた放心を 炎もあげず流すほかには。

まさに お前の髮こそは 永久に微妙な快楽、
さうだ お前の髮だけが 消え失せた空から 僅かに
子供らしい勝利の光を掠め取り その輝きで

飾るのだ、幼少の女王の冠る兜さながら
褥の上に 髮をお前が載せる時、その兜から
はらはらと薔薇の花瓣が散るやうに思はれやうか。

マラルメ

27 :non-lieu:02/04/04 04:36 ID:???
ブレヒト:野村修訳
マラルメ:鈴木信太郎訳
最近泣いた二つ

28 :WIZ ◆WIZs9pCY :02/04/04 04:42 ID:???
作詞・作曲・編曲:YOSHIKI

Crucify my love
If my love is blind

Crucify my love
If it sets me free

Never know Never trust
"That love should see a coler"

Crucify my love
If it should be that way


Swing the heartache
Feel it inside out

When the wind cries
I'll say good-by

Tried to learn Tried to find
To reach out for eternity

Where's the answer
Is this forever

 
Like a river flowing to the sea
You'll be miles away,and I will know

I know I can deal with the pain
No reason to cry

29 :WIZ ◆WIZs9pCY :02/04/04 04:43 ID:???
Crucify my love
If my love is blind

Crucify my love
If it sets me free

Never know Never trust
"That love should see a coler"

Crucify my love
If it should be that way

 
'Til the loneliness shadows the sky
I'll be sailing down and I will know

I know I can clear clouds away
Oh Is it a crime to love

 
Swing the heartache
Feel it inside out

When the wind cries
I'll say good-by

Tried to learn Tried to find
To reach out for eternity

Where's the answer
Is this forever


If my love is blind
Crucify my love

If it sets me free
Never know Never trust

"That love should see a coler"
Crucify my love

If it should be that way



30 :WIZ ◆WIZs9pCY :02/04/04 04:47 ID:???
これ 歌詞見ないで歌える

必ず90点超える詩


31 :non-lieu:02/04/04 04:59 ID:Fk46Ruvm
ついでにもう一つヘルダーリン「臆心」から

そもそもおまえは あまたの生あるものたちをよく知っているのではないか?
おまえの足は、絨緞の上を歩むように、真なるものの上を歩んでいるのではないか?
  だからこそ、わが詩霊《ゲーニウス》よ、さあ 歩み入れ
  裸のまま生のなかへ、そして 憂慮などするな!

生起することのすべてが お前の心に沿うものと思うがよい!
喜びと響き合うものとみなすがよい。それとも 何か
  おまえを傷つけるものがあるとでもいうのか、心よ、
  おまえがどこへ行き、そこで何に出遭おうとも?

32 :non-lieu:02/04/04 05:04 ID:???
この板に来ると妙に翻訳詩を読みたくなる。
鈴木訳ロンサールもいい。

ときめく恋も 亡きあとは
語らう人の 無きものを
愛したまへよ 花の君

33 :non-lieu:02/04/04 05:06 ID:???
鈴木訳じゃなかった井上訳だ すみません

34 :げら:02/04/04 21:31 ID:???
tesuto

35 :名前はいらない:02/04/06 00:40 ID:3IiKzwVZ
インディーズの山下将輝さんの詩です。
本当の気持ち

『君たちなら遠く離れてても大丈夫』
あなたの友達はみんな勝手な事ばかり言って
間違いなく私は帰りを待つものだと
重ねた時間が思わせてる
いつまでもいつまでも想っていたいけど
本当の気持ち
新しい恋に落ちてしまいそう
目を閉じて あなた重ね
抱かれてしまいそうよ
そして遠くの愛してるに 嘘でさえ答えなくなる
だから今すぐに 忘れないように最高のキスをして

『君たちなら遠く離れてても大丈夫』
あなたは友達にどんな二人を話してたんだろう
私の気持ちなど一度も聞かないまま
きれいな物語にしないで
いつまでもいつまでも想っていたいけど
本当の気持ち
新しい恋に落ちてしまいそう
同じ位 いいえ それ以上愛してくれる人と
そして遠くの愛してるに 嘘でさえ答えなくなる
だから今すぐに 忘れないように最高のキスをして


36 :名前はまだない:02/04/06 01:18 ID:???
Call me again
Who called my cell?
Is that you?
I wish you did.
"Hello""Hello"...
Your voice squeezed my heart.
I can't forgive you but I can't resist you neither.

Call me again.



37 :noone:02/04/06 01:23 ID:???
I know you mean
But I and you also


38 :名前はいらない:02/04/06 01:23 ID:???
>>36
また私を呼べ!!
私が誰だかおわかり!?
あんたはなんなのよ
私はあんたが「ハニーハニー」と言ってくれるのを望む
あんたの声は私の心臓をビビらせる
私はあんたをくれてやることはできない
私はあんたを繰り返しじゃない

また私を呼べ!!


…よくわからんな…

39 :名前はまだない:02/04/06 01:29 ID:???
>36
直訳すると不可解だよね。
でも響きが好き。(?)

40 :noone:02/04/06 01:38 ID:???
Well, I think it would be nice to spend time on there as well,
the people should be hot blooded and the food and smiles good.
I've god a lot of times to think right now, and a lot of options.
I guess the thought of finally going home is a new feelings.
Thanx a lot bye

41 :sun:02/04/10 20:38 ID:YrnylCWh
あなたが死ぬ日には 
小鳥たちは黙る
 
悲しみに満ちた夜明けに
私は虚ろな目を開く

柵の周りに咲く花も
日の光りに微笑む

儚く消える我が
恋人よ恋人よ

42 :sun  訂正:02/04/10 20:41 ID:DDVzHLxz
あなたが死ぬ日には
小鳥たちは黙る

悲しみに満ちた夜明けに
私は虚ろな目を開く

柵の周りに咲く花も
陽の光りに色褪せ

儚く消える我が
恋人よ 恋人よ

43 :T-sunger:02/04/10 20:50 ID:FDZ4sj46
私が死ぬ日には
小鳥たちは歌う

喜びに満ちた夜明けに
あなたは明るい目を開く

柵の周りに咲く花も
陽の光に微笑み

儚く消える我が
宿命よ 宿命よ

44 :ハケーン/ハケーン/ハケーン/:02/04/11 11:39 ID:VUtvGA1L
HAL FROM APOLLO '69 DRAGOON

バタフライ・タイプのグラスをかけて/ドラグーンのグループが行き過ぎる/乱気流に体を揺られ/
困惑気味の眠たげなハニー/割れたガラスの隙間から/忍び寄るアクロバットのピエロ/
美しいメロディーとリズム/ひび割れるコンクリートの壁/アッパーに笑い続ける密室の空間/
言葉は意味を遊離して/ひたすら宙を舞うばかり/無意味な会話の終わりには/星のない夜空と退屈/
見せしめのショーは続く/the draon flie.../回転し続けるミラーシェード/the dragon flie.../
銀のジェラルミンのピルケース/足首に巻きつけたガン/アスファルトは死に至る狂気/
インナースペース/数知れぬゲート/火星に置き去りにされたradio/焼け落ちるレッド・ハウス/
暗い光を反射するsilver elephant/シニカルな天使がくれた一粒のキャンディー/
シークレットポケットに忍ばせて暗い夜を行く/ファイアー・ガンで焼き尽くすのはこの曖昧な闇/
網膜に焼きついた光が白くちらつき頭を悩ませる/円環の廃墟の中で/the dragon flies.../
回転し続けるミラー・シェード/the dragon flies.../

45 :七誌:02/04/11 12:12 ID:cScxR0mh
ポエムじゃないけどね。。http://www.geocities.co.jp/Bookend-Ango/4174/index.html

46 :名前はいらない:02/04/11 12:19 ID:???
詩・ポエムじゃいないけど、キングダムっていう雑誌に載ってる
"キリン"というバイクの漫画での台詞で
「追いかけてくる日向」ってのがあって、自分でもよく分からないけど、ちょっと感動した。
 

47 :名前はいらない:02/04/11 12:40 ID:???
>>44

カタカナつかってるだけのハッタリ さあみんなもカタカナさがせ


48 :名前はいらない:02/04/13 00:17 ID:???
flieって何かとオモタよ…初め2カ所には"s"付かないの?

49 :名前はいらない:02/04/13 07:08 ID:V9N4p5hd
>36
Call me again
Who called my cell?
Is that you?
I wish you did.
"Hello""Hello"...
Your voice squeezed my heart.
I can't forgive you but I can't resist you neither.

Call me again.

もう一度電話してくれないか
俺の携帯に電話したのは誰なんだ?
あんたか?
あんたがくれたと願うよ
もしもし...もしもし...
あんたの声が俺の心に刺さる
俺はあんたを許せねぇ 
けど避けることもできないんだ

もう一度電話してくれないか


50 :名前はいらない:02/05/23 21:36 ID:???
         

51 :名前はいらない:02/05/27 15:10 ID:NTMSym77
『K』

週末の大通りを 黒猫が歩く
御自慢の鍵尻尾を水平に 威風堂々と
その姿から猫は 忌み嫌われていた
闇に溶ける その体目掛けて 石を投げられた

孤独には慣れていた 寧ろ望んでいた
誰かを思いやる事なんて 煩わしくて
そんな猫を抱き上げる 若い絵描きの腕
「今晩は 素敵なおチビさん 僕らよく似てる」

腕の中もがいて 必死で引っ掻いて 孤独という名の逃げ道を

走った 走った 生まれて初めての
優しさが 温もりが まだ信じられなくて

どれだけ逃げたって 変わり者は付いて来た

それから猫は絵描きと 二度目の冬を過ごす
絵描きは 友達に名前をやった 「黒き幸」”ホーリーナイト”
彼のスケッチブックは ほとんど黒尽くめ
黒猫も 初めての友達に くっついて甘えたが ある日

貧しい生活に 倒れる名付け親 最後の手紙を書くと 彼はこう言った

「走って 走って こいつを届けてくれ
夢を見て飛び出した僕の 帰りを待つ恋人へ」

不吉な黒猫の絵など売れないが それでもアンタは俺だけ描いた
それ故 アンタは冷たくなった 手紙は確かに受け取った

雪の降る山道を 黒猫が走る
今は故き親友との約束を その口に銜えて
「見ろよ、悪魔の使者だ!」石を投げる子供
何とでも呼ぶがいいさ 俺には 消えない名前があるから
「ホーリーナイト」「聖なる夜」と 呼んでくれた
優しさも温もりも 全て詰め込んで 呼んでくれた
忌み嫌われた俺にも 意味があるとするならば
この日のタメに生まれて来たんだろう どこまでも走るよ

彼は辿り着いた 親友の故郷に 恋人の家まで あと数キロだ

走った 転んだ すでに満身創痍だ
立ち上がる間もなく 襲い来る 罵声と暴力
負けるか俺はホーリーナイト 千切れそうな手足を
引き摺り なお走った 見つけた! この家だ!

手紙を読んだ恋人は もう動かない猫の名に
アルファベット1つ 加えて庭に埋めてやった
聖なる騎士を埋めてやった

52 :君ヲ想フ:02/05/27 21:21 ID:T8bGNF1P
紅く棚引く雲は
誰の泣き顔か
灯り消えて点って
明日を手招いている

ひとりで行くと決めた時に
確かに心が
宿命という声を聞いた

窓に浮かんだ景色
今を縁取れば
出せない絵葉書の中
街が呼吸している

振り回されて千切れぬように
流れを感じる
魂までも失くさぬように

咲いては枯れゆく花
ゆらりゆれる
それでもなぜ こんなにも
君を想うの?

過ぎ去り、また燃える夏
めぐりめぐる
今でも離れてもなお
君を想うよ
咲いては枯れゆく花
ゆらりゆれる
それでもなぜ こんなにも
君を想うの?


53 :電キー:02/05/27 23:12 ID:???
70年代のフォークやニューミュージックは良歌詞の宝庫

54 :名前はいらない:02/05/27 23:20 ID:???
野暮ったい曲多いけどね。詞がヤケにいいのが多いんだよね。複雑だね。

55 :電キー:02/05/28 00:50 ID:???
>>54
曲としていいのも少なくないよ。陽水のバラードは
今聴いてもいい編曲が多いと思う。
俺のセンスが古いからアテにならんかもしれんけど。

56 :名前はいらない:02/05/28 15:58 ID:nhyg1KKx
ガラスの眼をしたネコは唄うよ 大きな声で りんりんと
ガラスの眼をしたネコは唄うよ 風にヒゲをゆらし りんりんと
「声が枯れたなら川に行こう 水に写る顔をなめてやろう
昨日よりマシなメシが食えたなら 今日はいい日だったと
空を見上げて笑いとばしてやる!」

あぁ 僕はいつも精いっぱい 歌を唄う
あぁ ボクはいつもチカラ強く 生きているよ

ガラスの眼をしたネコは唄うよ お腹が空いても りんりんと
ガラスの眼をしたネコは唄うよ 生きてる証拠を りんりんと
ガラスの眼をしたネコは叫ぶよ 短い命を りんりんと
ガラスの眼をしたネコは叫ぶよ 大切なイマを りんりんと
「生まれてきた事にイミがあるのさサ 1秒も無駄にしちゃいけないよ
嵐が来ようが 雨が降ろうが いつでも全力で 空を見上げて笑いとばしてやる!!」

あぁ 僕はいつか空にきらめく 星になる
あぁ その日まで精いっぱい うたをうたう

「声が枯れたなら 川に行こう 水に写る顔をなめてやろう
生まれてきた事にイミがあるのさ 1秒も無駄にしちゃいけない」
だから僕は歌を唄うよ だから僕は歌を唄うよ
僕はいつもウタをウタうよ 僕はイマをサケブよ

ガラスの眼をもつ猫は 星になったよ 大きな声も止まったよ
命のカケラも燃やし尽くしてしまったネ・・・・
得意のブルースも聴けないネ

だけどオマエのそのブルースは 皆の心の中に刻まれた
これからツライ事がもしあったなら みんなは唄い出す
ガラスの眼を持つ ネコを思い出して 空を見上げて ガラスのブルースを

あぁ 僕はいつも精いっぱい 歌を唄う
Ah 僕はいつも力強く 生きているよ
あぁ ボクの前に暗闇が たちこめても
あぁ ボクはいつも精いっぱい ウタヲウタウ


57 :名前はいらない:02/05/28 16:10 ID:dTbgZVfr
幸子のさちはどこにあるーー

58 :名前はいらない:02/06/01 23:34 ID:vuUvLqia
ああ道化師よ 君は笑いを売るけれど
君の悲しみを買ってくれる者はどこにもいない

59 :甘い果実:02/06/02 21:26 ID:???
 あまい果実みたいに ぼくの中で 熟しているんだ
 したたり落ちそうなくらいに 君への想いはあふれているのに

 あまい果実みたいに 時がたつと 黒ずんでいくんだ
 もうそばにいれないくらいに そのニオイは鼻をつくんだ

 あまい果実みたいに ぼくの中で くさってしまうよ
 君へのこんなにも深い この想いはかわってしまうんだ


こんなの書けたらなぁ・・・


60 :微熱くん ◆/504x/.Q :02/06/02 23:42 ID:0T9QqGS3
>>59
シカオスレの名無しの無効とは俺の事さ。ユンユン♪

61 :名前はいらない:02/06/02 23:49 ID:???
>>60
シカオスレあるんですか?誘導してくださーい。興味津々。

62 :微熱くん ◆/504x/.Q :02/06/02 23:52 ID:0T9QqGS3
>>61
邦楽板で探せばすぐ見つかるよ。sage進行なのでよろ。
リンク貼ると詩板の魑魅魍魎が流れ込むから貼らない。

63 :名前はいらない:02/06/03 00:34 ID:???
りょーかい。邦楽板逝ってきまふ

64 :310:02/06/03 01:18 ID:???
546 :名無しの無効 :02/05/15 03:37 ID:XAfqHpIY
ユンユン♪ (気に入ったんだ。ぼくにまるでよく似合うから。)


このコメント読んだら涙出てきた。

65 :メタリック小川 ◆METAL.MM :02/06/03 15:12 ID:95NGEugz
小田氏のラブ・ストーリーは突然に

66 :名前はいらない:02/07/15 18:27 ID:u1ucuaHT
ホフディラン「smile」より

かわいくスマイルしててね

人間なんか それほど

綺麗じゃないから

すぐスマイルするべきだ

子供じゃないならね

67 :うたた寝死人 ◆ShSU0mOg :02/07/15 19:37 ID:???
ASKAさんの歌詩の一部(フレーズ)抜粋


『貝殻の中の 無人のプラットホーム そんな気がするこの部屋に』

『僕らは夏の色を延ばしながら通り抜け
 絵の具が切れたとこに佇んでいた 空と海を分ける線のように』

『追いかけては通り過ぎながら 人違いでいれるだろうか』

『角を曲がるといつも 消え失せてしまう言葉だけど
 心の中では 切れて仕方ない
 この指の先でそっと 拭き取れるはずの言葉だけど
 積もり始めたら 泣けて仕方ない』

『言葉の船底を こする思いで語り合う』

『科学は正しいという迷信の風で育った』

『音の一つぐらいしなきゃ嘘だよね ドアを開けるなら』

↑どれも、
読み手が再生する脳内風景に「ニュアンス」という形で幾分かの自由を持たせつつ、
伝えようとするものを解りやすく表現できていると思います。
こんな表現が出来たらいいなあと羨ましいです。

68 :No reply:02/07/26 08:15 ID:???
 完全な終末
もうそう長くはない
滅茶苦茶にしてきた全てのものに僕は結局勝つことはできなかった
僕は祈る あなたが許してくれることを
何者かを知った今
あなたは許してくれるんだろうか?

落ちていく 
砂時計の砂のように
調子はずれの詩のように
許しを求めてひざまずく先に あなたはいない

僕が雨を呼ぶことができたなら
痛みをすべて溶かし洗い流すことができたのに
あなたが見せてくれた真実の行方
僕は感謝している
これが僕の人生だった
どうしてこうなってしまったのか

僕がついた全ての嘘も
本当の自分もからっぽの影の中に消えていく
何もかんじない
もう自分のこともわからない
だけどまだ、あなたのことはわかるんだ

僕は叫ぶ
答えはない
亡霊が叫ぶように
それは遠すぎる

僕は目を閉じ、ただ流れのままに生きる
見えるのは、あなただけ
あなたが僕とすごした全ての時間に
僕は感謝している
僕はここに眠る
すべては現実からとおざかっていく

あなたは僕にとって大きな意味がある
答えはない
あなたは自分が僕にとってどんなに大きな存在か知らないだろうね
答えはない

あなたが僕の人生にいたことが
僕の生きる意味の全てだった

69 :名前はいらない:02/07/26 09:36 ID:???
★マスターベーション・OF・早漏 ★

窒息する毎日
増大する精子の数
愛は性欲に変わり
僕の運命に罠(わな)を仕掛ける

こっそりと
静かに
確かに
誰もいないうちに

パイパイ(バイバイじゃないよ(笑))
おまんた
僕を悩ませる

マスターベーション・OF(オブ)・早漏
自由への挑戦
マスターベーション・OF・早漏
狂気の言葉

純粋な愛はそれゆえ無垢
ココで成すべき事は終わり
過去へと引き戻される
アキリン・・・・。

飲み干せ!
ぶち込め!
どん底に達して
君への望みは消えうせた

パイパイ
オマンタ
僕を悩ませる

マスターベーション・OF・早漏
自由への挑戦
マスターベーション・OF・早漏
狂気の言葉

マスターベーション・OF・早漏
もがき苦しみ
マスターベーション・OF・早漏
また始まった・・・


早漏=射精が早く起こる症状。

http://homepage3.nifty.com/iunma/index.html

70 ::02/07/26 09:40 ID:???
>>69
いかいかちゃ〜ん。ま〜た下ネタの貼りつけですか?
お忙しいことで・・(わはは♪

71 :名前はいらない:02/07/26 09:50 ID:???
>>69 いかいかさん
どうせスケベ貼るなら別のにしたら?
昨日からいったい何回おなじもん貼ってんですか?
いいかげん飽きたよ。あんたはしつこいね。


72 :名前はいらない:02/07/26 09:54 ID:???
コスモエネルギーwith宇宙存在

そう今日から俺は「宇宙的優しさを持った男」と名乗ることにした
だから俺を呼ぶ時は「宇宙的優しさを持った男」と呼んでくれ!
いつでも喜んで応えるから
たとえば町で知らない奴が
「宇宙的優しさを持った男」と言ったら「よう元気か?」と
笑って握手(あくしゅ)するよ

たとえば誰かが電話をして親父やお袋が出たならばこう言えば良い
「もしもし・・・宇宙的優しさを持った男いますか?」
そしたら直ぐに電話に出るからさぁ
名字が「宇宙的優」で
名前が「しさを持った男」さ・・・フルネームで呼んでもらえれば嬉しいねぇ!

そして俺は今「宇宙的優しさを持った女」に出会った
そうだよ「宇宙的優しさを持った女」はキミだ・・・。



73 :名前はいらない:02/07/26 10:31 ID:???
http://homepage3.nifty.com/iunma/index.html

74 :名前はいらない:02/07/26 11:30 ID:uV4tHlij
自殺しようと思ったときから
人生をかったるく感じた
もう適当に生きていこうと決めた


75 :名前はいらない:02/07/26 11:46 ID:gy+QIspu
しっぱいぱおれにある
でもつけこむのは周りやねん

宅間タン

76 :火尭烏:02/07/26 11:46 ID:???
[lucky man/ELP]の一節。

How I wish, how I wish you were here.
We're just two lost souls
Swimming in a fish bowl,
Year after year,
Running over the same old ground.
What have we found?
The same old fears.
Wish you were here.


共感する臆病な自分。

77 :名前はいらない:02/07/26 11:55 ID:???
スケボーキング「エピソード1」の一節

今日できることは 明日すんな
明日もし死んだら どうすんだ

78 :火尭烏:02/07/26 12:19 ID:???
あ。pink floydでwish you were hereだった……。

79 :名前はいらない:02/07/27 00:00 ID:???
まだ闇の中で眠っていて、生まれいずる戦いのために
力をたくわえているわが子よ。私はお前の幸せを祈る。
今は、まだお前は一人前の恰好もしていないし、
息もしていないし、目も見えない。しかし、時がきたら、お前と、
私が心から愛しているお前の母親にとって重大な時がきたら、
空気と光を求めて戦う力を与えてくれる何かが、
お前の中に生じるだろう。理由はわからないながらも、
光を求めて戦い、そして戦いつづけること――それが
人の子としてお前が生まれながらに持っている権利であり、お前の運命なのだ。
いつまでもいのちを愛し続けること。しかし、死に対する恐怖は捨てるのだ。
いのちは愛さねばならない。さもないと、
失われてしまう。しかし、愛しすぎてもいけないのだ…。
常に新しい知識を貪欲に求めること。常に嘘を憎み続けること。
そして、常に怒りを爆発させる力をたくわえておくのだ。
私は死んでいかなければならない。そして、生まれてくるお前を
待ち受けているのは、私の過ちがもたらした瓦礫の山で
あり、お前はその上に立つしかないのだ。
こんなことにしてしまったことを許しておくれ。こんなに乱雑な、住みにくい世界を
お前に残していくことを、恥ずかしく思っている。
しかし、こんな世界しか残せないのだ。
心の中で、最後の祝福として、お前の額にキスを送る。
おやすみ――そして、爽やかな夜明けが訪れるように。

80 :名前はいらない:02/07/27 03:19 ID:???
こちらもインディーズ
Port of Notesの畠山美由紀さんの詞
初めて見たとき、
なんて素敵な詞を書く人なんだろうとオモタ。

『You Gave Me A Love(日本語訳)』

光をください、それから時間を・・・
ただシンプルになるために
空気の中の波、そこには暗い穴があって
私は飲み込まれそうになり
そして沈黙してしまう

落ち込んでしまってどうしようもない時
私はどうしても顔をあげることができない
そして、私がバカバカしくてくだらない事を言ってしまうのは
本当は助けてほしいと言えないだけなの

雨の後のとても暑い日
光の反射によってつくられたようなこの世界
それはほとんど幻想的だ
たぶん私はこれから夏の最後の日を見に行くんだ
日除けを下ろして
私はあなたの事を思う

落ち込んでしまってどうしようもない時
私はどうしても真直ぐに見ることができない
そして、私がバカバカしくてくだらない事を言ってしまうのは
ただ、何もうまく説明できないだけなの

”大丈夫、大丈夫”ってあなたは言ってくれた
”大丈夫、大丈夫、僕は君がどんなかは知ってる”って
あなたはそうも言ってくれた

”大丈夫、大丈夫、泣かないでいいよ”
ああ、あなたは私を愛してくれた
私を愛してくれた

81 :Des'ree   [ you gotta be ]:02/07/27 10:50 ID:???
ちょっと耳を貸して、未来に賭けるの
いつも上を向いて生きるの
恋人達を見ると悲しくなるかもしれないけれど
前進するの、不安なんて吹き飛ばすの
立ち上がって主張するのよ
泣くのは恥じゃないわ
そう

立派に生きるの、自信を持つの
賢くなるの、たくましくなるの
タフになるの、強くなるのよ
クールになるの、図々しくなるの
でも決して一人にはならない事
私が知る限り、愛は最後に勝利をもたらすわ

母親の言葉をよく聞くの
父親が読んだ本を読むの
人生の謎は徐々に解いていけばいいわ
あなた以上にお金持ちの人もいる
でも違う考え方の人だっているわ

立派に生きるの、自信を持つの
賢くなるの、たくましくなるの
タフになるの、強くなるのよ
クールになるの、図々しくなるの
でも決して一人にはならない事
私が知る限り、愛は最後に勝利をもたらすわ

あなたがいなくても、時は何も問わずに進んでいく
もしついていかなければ取り残されるだけ
世界は回りつづけ、誰にもそれは止められない
しかも素晴らしいことに危険が待ち構えているの

ちょっと耳を貸して、未来に賭けるの
いつも上を向いて生きるの
恋人達を見ると悲しくなるかもしれないけれど
前進するの、不安なんて吹き飛ばすの
立ち上がって主張するのよ
泣くのは恥じゃないわ

そうよ

立派に生きるの、自信を持つの
賢くなるの、たくましくなるの
タフになるの、強くなるのよ
クールになるの、図々しくなるの
でも決して一人にはならない事

立派に生きるの
自信を持つ
賢くなるの、でも冷たくしないで
たくましくなるの、でも度が過ぎない事

私が知る限り、愛は最後に勝利をもたらすわ

82 :名前はいらない:02/07/28 04:19 ID:???
エレファントカシマシ 「真夏の革命」

本日 目覚まし時点じゃ正直ほのかに俺
期待して カーテン開け窓の外見たら
当然なの現実 誠実なる町並み風景
俺も いつも通りに朝刊読んだ

俺は独身でそう年齢は危うき35歳
へヴィースモーカーで時代に逆行してら
さぁ 仕事行こうエンジン掛けまして
五分もゆきゃぁ道渋滞してさ

ああ 思えばそう精神荒くれの十代
孤独と懊悩 二十代
生命延長 勝敗無き今 俺三十代

あの横断歩道越えりゃぁ あなたの部屋に辿り着くけど
あり余る自由 夢も笑いの中に消え行くだろう
ニッポンの青春も 悲しみも俺達の胸
おお このまま行く ただ行く しばらくは ナミダも流れはしないのさ

everybody 勝利の法則なら見えてる生涯
本当はそんなに むつかしかないだろう?
本当にやるのか実際
ココロ浮き立たない
そんなことより どうだい?一杯やろうぜ

夏の太陽もそう 奴の無神経もそうさ
結局 ニッポン 現状だって本来最高
オレは今日も車に乗ってシェルター
そう 大小ロマンやっぱ本来ココロの正体

何を探してんだい?
やっぱカッコ良く死にたい
結局よ
バラより研ぎ澄ましてよ


あの横断歩道越えりゃぁ あなたの部屋に辿り着くけど
どうすんだよ? 有り余る愛の行方はそこらの泡
human life真夏の革命は笑いの中
おお このまま行く ただ行く しばらくは ナミダも流れはしないのさ
あなたに会うまでは この町はいつでもBLUE

あの横断歩道越えりゃぁ あなたの部屋に辿り着くけど
あり余る自由 夢も笑いの中に消え行くだろう
ニッポンの青春も 悲しみも俺達の胸
おお このまま行く ただ行く
あなたに会うまでココロBLUE

83 :名前はいらない:02/07/28 08:01 ID:???
流星群 (鬼塚ちひろ)

言葉にならない夜は 貴方が上手に伝えて
絡み付いた 生温いだけの蔦を 幻想だと伝えて
心を与えて 貴方の手作りでいい
泣く場所があるのなら 星など見えなくていい
呼ぶ声はいつだって 悲しみに変わるだけ
こんなにも醜い私を こんなにも証明するだけ でも必要として

貴方が触れない私なら 無いのと同じだから


曖昧なだけの日々も 何処まで私を孤独に
褪せる時は これ以上望むものなど 無い位に繋いで
思いと称えて 微かな振動でさえ
私には目の前で 溢れるものへと響く
奇跡など一瞬で この肌を見捨てるだけ
こんなにも無力な私を こんなにも覚えて行くだけ でも必要として

貴方に触れない私なら 無いのと同じだから

数え切れない意味を遮っているけど
美しいかどうかも分からないこの場所で  今でも
呼ぶ声はいつだって 悲しみに変わるだけ
こんなにも醜い私を こんなにも証明するだけ でも必要として

貴方が触れない私なら 無いのと同じだから

84 :名前はいらない:02/08/01 03:24 ID:???
鈴木愛   正論

どう思われるかなんてことが
ビミョーに怖いと思った
こんな風に時をムダにして
水たまりを蹴散らしてく

空は今より澄み渡ってボクは夢の跡
君の足跡ただ背負って場所に慣れてゆく

共鳴できる仲間を置き忘れたり
明日越える橋の予感に惑わされてる
憂鬱さをとり乱し明日も疲れ顔です

やるべき事に追いたてられ休むこともなく
ありきたりの毎日から横にそれている

こうありたいと願った理想の壁に
思いきりたたきつけた自分があった
何も知らないふりをして明日は自由が道へ

85 : GRAPEVINE -Our song.-:02/08/13 02:49 ID:HEmF+AhK
誰の言う事も 君の優しさも 慣れた、もう慣れた           もう二月のニュースも雪が降ったって告げた どこでさ?
頬を刺す冷たさも 灰色の景色も慣れたつもりさ            春はもうちょっと先の事でしょ? あれま、もうすぐかい?
立ち止まった人波の中、不意に気付かされた              帰り道の人並みは、また僕を抜かして行く
「君を泣かしてたのは僕だったり」してって・・・・・・        君と並んでたのは、そんな前だっけ?

僕らは ねえ?何が見たくて、すべてを押しやってきたんだっけ?    期待をして 身を乗り出して すれ違いまくって
意味など無くて、ただそれだけでいいんだよなあ?           昨日のツケ忘れた振りして 明日へ向かうって言い訳してるだけ
どうして涙流してる? これじゃまるで、ありふれた日常で

           立ち止まったんだ 人波の中 不意に聞こえたメロディ
             「君を無くすくらいなら、死んだほうがマシ」

                       僕らは

           ねえ?何が見たくて、すべてを押しやってきたんだっけ?
             意味など無くて、ただそれだけでいいんだよなあ?
           どうして涙流してる? 一人じゃまるで見えないのが日常で

                   これじゃまるで、日常で

86 :くるり/ロシアのルーレット:02/08/14 16:14 ID:97vEDUpw
「必要なのは 愛だけさ愛だけさ 笑うなよ 殺すぞ」

感動というかびっくりしますた。さげ。

87 :名前はいらない:02/08/19 02:28 ID:GWi0V/xA
Tree Top Shine (GREAT3)

バラバラになり/錯乱した心/天使に変わり/空へ羽ばたく/
汚れすぎた体は/揺り籠/揺らす/そのたび/子供たちの/笑顔へ/
すり変わる/

失くした夢は/流れに流れて/輝く土地へ/辿り着くだろう/
磔にされ/身動きとれない未来は/やがて/子供たちの/笑顔へ/
すり変わる/

いつか/裁きの日が来る魂/まるで犬死だった/友達/
騙され過ぎた君が/いとおしい/ただ闇雲に/彷徨うだけの/
ガラクタの希望よ/

I've got a lonely hand.
Won't you be a friend of mine.
Wake up my lonely hand.
Show you where the tree top shine.
Finelly I lead you hand.
Stay with me.
Stay with me.
Stay with me. . . .

88 :87:02/08/19 06:54 ID:Qbgx0y9H
訂正
>>87
汚れすぎた体は/揺り籠/揺らす/そのたび/子供たちの/笑顔へ/
ではなく
汚れすぎた体は/揺り籠/揺らす/そのたび/子供たちの/勇気へ/
でした。

89 :名前はいらない:02/08/24 09:16 ID:tpv804dF
  幼年連祷二 T 喪失

  ──小ちゃくなりたいよう!
  ──小ちゃくなりたいよう!

誰がそれを罰してくれたらう
うすら笑ひに もう手おくれ
失ったまま 知らなくなって  長いときがたって
わらはないでいいひとが わらふのだった
死なないでいいけものが 死ぬのだった
さうして  わたしはもう泣けなくなってしまった──

ひどく光る太陽を 或る日みた
煙突の立ちならぶ風景を 或る日みた
失ったものは 何だったらう
失ったかはりに 何があったらう
せめてもうひとつの涙をふくとき
よみがへる それらはあるだらうか
もっとにがい もっと重たい もっと濁った涙をふくとき

わたしの日々は 鳴ってゐた
  ──大きくなりたいよう
  ──大きくなりたいよう
いま それは鳴ってる
  ──小ちゃくなりたいよう!

空いろのビー玉ひとつ なくなってかなしかった
あのころの涙 もう泣けなくなってしまった
もう 泣けなくなってしまった
そのことがかなしくて  いまは泣いてる

90 :名前はいらない:02/08/31 02:25 ID:BVJIVK7z
もしもうたえなくなっても  広沢タダシ


空が澄んでまぶしいくらいの日も 前に進まなくちゃいけないんですか
風が吹いて先がよく見えない日も 前に進まなくちゃいけないんですか

鏡に写る錆色の目が僕を見てる
さびしいだけ かわいてるだけ 苦しい程求めるだけ

もしも歌がうたえなくなってもいい 笑っていられればいい
変わらぬ心で流せればいい涙 いつまでも忘れずに

朝が怖くて眠りにつけない日も あかりを消さなくちゃいけないんですか
一つ一つの言葉 首をかしげる日も 笑ってうなずいていなくちゃいけないんですか

今はもうからっぽの部屋で君の声を探すよ
愛してると言われたこと それもまるで嘘のようだけど

もしも明日うたえなくなってもいい 信じ合える人がいて
かざらぬ言葉で愛せればいい君を いつまでもこのままで

遠い目をしてつぶやいた 小さな孤独よありがとう
思いこんでた寂しさよりもっと大きなものがあるから

もしも歌がうたえなくなってもいい 笑っていられればいい
かわらぬ心で流せればいい涙 いつまでも忘れずに

もしも明日うたえなくなってもいい 信じ合える人がいて
かざらぬ言葉で愛せればいい君を いつまでもこのままで

心閉ざし本当の歌忘れた日も
目を閉じてうたわなくちゃいけないんですか

91 : ◆69mkrDNA :02/08/31 12:56 ID:SjYEqTHI
c'mon , c'mon sheryl crow

さあさあ ねえ お願いよ
天使たちと一緒に寝ころんで またゴキゲンになってるあなた
必要なものはなんでも
厚くて感じにくい皮膚の下に備わってるのね
知ってるわ あなたがどこに行こうとしているのか
あなたがどこにいたのか 策を弄するとなると いつだってあなたが勝つのよ

さあさあお願いよ 昔のよしみで また私をガッカリさせてちょうだい
さあさあお願いよ よき昔の思い出に また私の心をムチャクチャにして

自分の影が天まで届きそうになってるのが わからないのね
その頭を私のベッドに休めてちょうだい
どうか理由なんて聞かないで
なんで私は出ていこうとしているのかしら
なんで私の心の奥深くの何かが
ここを無理矢理にでも立ち去らせようとしていることが
自分でわからないのかしら
あなたは私が必要だと言うくせに ノーとは言えないの
私を止めてと頼んでいるのに ベイビー
あなたは黙って行かせてしまう

あなたは私のいちばんいい部分を奪って 投げ捨ててしまった
最悪よ わたしの残りの部分は いまだにあなたにいてほしいと思ってるんだから
あなたにずっといてもらいたいの
あなたは私が必要だと言うくせに ノーとは言えないの
私を止めてと頼んでいるのに ベイビー
あなたは黙って行かせてしまう 行かせてしまう

92 : ◆BLUE.J26 :02/09/06 04:21 ID:4juXD+yw
DEPARTURE  /  AKINO LEE

夜が終わり、朝になった/思ってたよりもずっと早くこの時がやって来たよ
うまく言葉が出てこない/夜明けと共に、君との別れが訪れた
君は昔から活発な友達だったね
先人達は「人生を投げ出してはいけない」と言ってた
道標もなく立ち尽くしていた僕らは/夢に向かって突き進むと決心したんだ
ある日、君は旅に出ると言ったね
いつの日か成功して、世界に名を轟かせるんだって
君はかつてないほど頑張っていた/人生はとても短いけど、その分輝いているんだ
振り向いちゃダメだ/心配せずとも君ならできるよ
帰りたくなるときもあると思う/だけど今あきらめないで
今夜君がチャンスを掴めるよう祈ってるよ/自分の道を信じてまっすぐ行くんだ
誰かから聞いた有名なことわざ/「時は決して死ぬことも止まることもない」
そう、僕らには突き進む権利があるんだ/全ては君次第、そう君次第なんだよ
明日という日はいつだって夢の糧だ/ここで負けてしまうわけにはいかない
夢を勝ち取ると決めたんだから/ためらうことはないんだ
僕も君が成功することを願ってるよ/君は本当の友達だから
遠い旅路で/時折君は悲しくなることもあるだろう
夢見た路の先で/心を見失わせたりはしないだろうか
親愛なる友よ/がんばれ!最後まで全力でやり遂げるんだ
僕たちはいつまでも親友だよ
君がいなくなるのは寂しいよ/けど、君の夢の助けになると約束しよう
上手い言葉が見つからない/だけど、僕はここにいるから
君は僕の生涯で最高の友達だよ/いつまでも僕の心の中に君はいる
そう、今日のこの日こそが僕らの旅立ちなんだ

93 :名前はいらない:02/09/09 12:14 ID:YLtY8Dw0
あなたに会えて 本当によかった
嬉しくて 嬉しくて 言葉に出来ない

小田和正 言葉にできない

94 :名前はいらない:02/09/09 13:19 ID:p7uqET+7

↑ 禿げ同


95 :名前はいらない:02/09/09 13:20 ID:p7uqET+7

後プッチモニのDREAM&KISS


96 :名前はいらない:02/09/09 13:21 ID:p7uqET+7

名前が出ないけど、外国のバンドの。


97 :カトリーヌ:02/09/11 21:53 ID:UInvxH+N
学生の頃の話 カウンターで足を組み
カクテル少しピッチ早くて 色々話題が飛ぶ
あの子はどこで働き あの人は何をしている
最近あいつが電話してきたよ
あなたは今も飲み友達で・・・・

オフィスビルすり抜けて 今日も一日が終わって
クーペタイプの疲れたシートに座って
カーステレオからスロウダンス そして切ないラブソング
時々ふっと思い出す Mn プレシャス メモリーズ

懐かしくても会えずに どこにいるかもわからずに
偶然街ですれ違っても 気付かずにお互いの道を目指してる

階段を駆け上って ヒールも段々はかない
アドレスのデータもほとんど 使わない人ばかりになる
週末ばかり気になって 今もそんな話題がでてる
だけどふっと思い出す Mn プレシャス メモリーズ

懐かしくても会えずに どこにいるかもわからずに
偶然街ですれ違っても 気付かずにお互いの道を目指してる

月日がながれて少しずつ 遠ざかる夢のかけら
誰と暮らしているかも 知らずに何かを忘れてく

懐かしくても会えずに どこにいるのかもわからずに
偶然街ですれ違っても 気付かずにお互いの道を目指してる



globeの曲です。プレシャスメモリーズっていいます〜
随分昔の曲なんだけどすごくいい。

98 :@@@:02/09/11 22:03 ID:Afsw2Uwp
キミのこと思い出す日なんてないのは
キミのこと忘れたことがないから

99 :豪腕ティクn ◆endsXPV6 :02/09/11 22:25 ID:gGRN6oCr
>>1 なつかしい詩だぁ

100 :@@@:02/09/11 22:27 ID:Afsw2Uwp
100

101 :名前はいらない:02/09/16 16:56 ID:IJTtpoDn
スガシカオ  木曜日、見舞いに行く

薬の匂いが鼻を突いて部屋を出た 晴れた五月の木曜日
今日の明け方 並びの部屋で誰かが静かに旅立ったらしい

また来るとだけ言い残した 臆病な僕を許してほしい

あなたがもう言葉にしなくても 僕には分かるから
続いていくすべてのことが 永遠じゃないこと

その日は眠った 重くよじれた体を闇の中に横たえた
遠くの森が風に大きく揺らいだ 明日の朝には止むのかな

数え切れない未来と 数え足りない思い出と

何か伝え忘れたことは 僕にはもうないけど
あと少しだけ話ができるなら 何を話すのだろう?

102 : ◆BLUE.J26 :02/09/26 03:20 ID:aVjMrCCB
THE BACK HORN  空、星、海の夜

目覚めると俺は 
夜の底まで落ちていたよ 真っ暗な闇の中
にじむ明かりは浮世の夢
いつの間にか眠ってしまっていた

街の灯りが咲いた帰り道には
迷子達の影法師 焼けついて
寄りそうように 俺も座って
今日をこえて行けるように歌うんだ

気の触れた風が泣いている
変わる事に慣れたビルの影
「強くなれ」なんて吐き捨てた濁る心感じてる

夜空に届きそうで 手を伸ばしてしまうような
気持ちがいつしか消えて果てる時・・・歌は死ぬだろう

笑った顔が切なくて
こんな日々がいつまでも続けばと
思っていたのは 夏の心
透明な雨に打たれ 消えてった

もし慣れることがやさしさで
許すことのできる強さなら
忘れぬようにとつないだ手 
ほどいた時 飛べるのか

空、星、海の夜 生き急ぐそうに身を焦がして
このまま生くのさ 強く望むなら
歌が導くだろう

103 : ◆69mkrDNA :02/09/27 05:13 ID:EI8OJyuu
Bonnie Pink / 犬と月

震えた犬が 月の下をとぼとぼと歩いて来た
怯えた瞳で 月の下 忍び足 歩いて来た

目を覚ましたのは 電柱の影だけ

怖がらないで 私は逃げることを忘れたから
強がらないで お互い壊れ方を忘れましょう
手を伸ばしたのは なめてほしいから

一点の眩い場所を目指すとき 犬と月が手をつないだ
行ってしまうもの 手の届くもの
境界で犬と出会った

寂しがりやの バカでどうしようもない犬と月は
見上げることと 照らすことを覚えた 沈んだ日は
首をかしげたのは 自信がないから

嘘が嫌いで ひどく嘘つきな君愛したから
今やっと気付いた お互い疑うことをやめにしよう
耳澄ましたのは 呼んでほしいから

もっと強く深く抱いたなら きっと背を向けるのだろう
君がどこかへ行ってしまわぬように 僕はただ黙っていよう
もしも心の奥が寒ければ 涙そっと流すだけさ

行ってしまうもの 手の届くもの
境界で犬と出会った

104 : ◆Ex69mkrDNA :02/10/04 05:41 ID:fWTztAgM
THE YELLOW MONKEY / パール

宇宙で最も暗い夜明け前
パールをこぼしにハイウエイに飛び乗る

なんだか不安なんだ
ひどく寂しいんだ
闇は孤独を包む貝殻さ

目がくらむ朝に溶けてしまう前に

愛情の庭に種は蒔いたが
雨は降るのに花はなかなか
俺はグズだし確信はないけど
不自由と嘆いている自由がここにある

目が眩む朝に飲み込まれる前に

ハイウエイただハイウエイ
かすんでく情景
ハイウエイはやがて国境を越える?

夜よ負けんなよ、朝に負けんなよ
何も答えが出てないぢゃないか

目が眩む朝に七色に光った
パールに埋もれて俺は溶けてゆく

君にまた言えなかった
夜がまた逃げていった

105 : :02/10/08 20:23 ID:7P7mUnZX
宮沢賢治の「永訣の朝」
ほかの板で妹がどうのこうの言ってるカス達に見せたい 何も変わらんだろうが見せたい
たしか四作ぐらい連続したものだった

106 :名前はいらない:02/10/08 21:46 ID:9G1E9R0l
ランボォの「感覚」
ランボォの誌ははっきりいってよくわかんないけど、
これはいいなと思った。

107 :名前はいらない:02/10/08 22:13 ID:4KwGF6FC
愛はきっと奪うでも
与えるでも無くて
気が付けばそこにあるもの

それに気が付かない奴がストーカー化するんだよな。

108 :名前はいらない:02/10/09 05:33 ID:f+oHADEv
Ora Orade Shitori egumo

Umarede Kurutate

Kondoha Kotani Wara no goto bagaride

Kurusumana yoni umaredekuru


・゚・(ノД`)・゚・

109 : ◆Ex69mkrDNA :02/10/09 13:09 ID:OwgBPzm9
フーバーオーバー / フェンダー

さよならは君だけでもう充分なんだよ 飛び出した悲しさも丸めて飲み込んだのに
さよならが君だけに潜り込んでるみたいな夜に溺れてた

時々はさ、って時々なんだって 過去も未来も存在しないなら
君がいたことだってどーだかわからないんでしょう

聴えないようになって 聴こえてくるようになったんだ
それからと言いかけてそれっきりね
目を閉じてるだけで浮かんでは消える 君が今までここにずっといたのに

どうしたんだろう

さよならは君だけでもう充分なんだよ 飛び出した寂しさも ようやく飲み込んだけど
さよならが君だけに迷い込んでるみたいな夜に怯えてた

その時は去って その次なんだって 過去も未来も存在してるなら
君がいたことだってどーにか忘れられるでしょう

聴えないようになって 聴こえてくるようになったんだ
それからと言いかけてそれっきりね
目を閉じてるだけで浮かんでは消える 君が今までここにずっといたのに

どうしたんだろう

あの時の気持ちと同じ
ここに無いものだから なおさらに 
追いかけてしまうのね

110 :中島みゆき/ファイト:02/10/11 17:46 ID:45ft31+v
あたし中卒やからね 仕事をもらわれへんのやと書いた
女の子の手紙の文字は とがりながらふるえている
ガキのくせにと頬を打たれ 少年たちの眼が年をとる
悔しさを握りしめすぎた こぶしの中 爪が突き刺さる

私,本当は目撃したんです 昨日電車の駅,階段で
ころがり落ちた子供と つきとばした女のうす笑い
私,驚いてしまって 助けもせず叫びもしなかった
ただ恐くて逃げました 私の敵は 私です

ファイト! 闘う君の唄を
闘わない奴等が笑うだろう
ファイト! 冷たい水の中を
ふるえながらのぼってゆけ

暗い水の流れに打たれながら 魚たちのぼってゆく
光ってるのは傷ついてはがれかけた鱗が揺れるから
いっそ水の流れに身を任せ 流れ落ちてしまえば楽なのにね
やせこけて そんなにやせこけて魚たちのぼってゆく

勝つか負けるかそれはわからない それでもとにかく闘いの
出場通知を抱きしめて あいつは海になりました

ファイト!闘う君の唄を
闘わない奴等が笑うだろう
ファイト! 冷たい水の中を
ふるえながらのぼってゆけ

111 :中島みゆき/ファイト:02/10/11 17:46 ID:45ft31+v
薄情者が田舎の町にあと足で砂ばかけるって言われてさ
出てくならおまえの身内も住めんようにしちゃるって言われてさ
うっかり燃やしたことにしてやっぱり燃やせんかったこの切符
あんたに送るけん持っとってよ 滲んだ文字 東京ゆき

ファイト! 闘う君の唄を
闘わない奴等が笑うだろう
ファイト! 冷たい水の中を
ふるえながらのぼってゆけ

あたし男だったらよかったわ 力ずくで男の思うままに
ならずにすんだかもしれないだけ あたし男に生まれればよかったわ

ああ 小魚たちの群れきらきらと 海の中の国境を越えてゆく
諦めという名の鎖を 身をよじってほどいてゆく

ファイト! 闘う君の唄を
闘わない奴等が笑うだろう
ファイト! 冷たい水の中を
ふるえながらのぼってゆけ

ファイト! 闘う君の唄を
闘わない奴等が笑うだろう
ファイト! 冷たい水の中を
ふるえながらのぼってゆけ

ファイト!

112 :名前はいらない:02/10/12 21:58 ID:RN5CCd3N
ゆるく 流れる 朝を
ここに 立ち抱きしめたい

遥か 遠い 時を越えて来たのに
浮かぶ調べだけを つぶやいて

I can standin',I can standin' in a soul of joy
I can standin',I can standin' in a soul of happiness

ICE 「Soul Of Joy」

ゆったりするのもまた良い。

113 :ryo:02/10/13 00:52 ID:MHKFhJ7o
ごめんなさいね おかあさん
ごめんなさいね おかあさん
ぼくが生まれて ごめんなさい
ぼくを背負う かあさんの
細いうなじに ぼくはいう
ぼくさえ 生まれなかったら
かあさんの しらがもなかったろうね
大きくなった このぼくを
背負って歩く 悲しさも
『かたわな子だね』とふりかえる
つめたい視線に 泣くことも
ぼくさえ 生まれてこなかったら

ありがとう おかあさん
ありがとう おかあさん
おかあさんが いるかぎり
ぼくは生きていくのです
脳性マヒを 生きていく
やさしさこそが 大切で
悲しさこそが 美しい
そんな 人の生き方を
教えてくれた おかあさん
おかあさん
あなたがそこに いるかぎり

114 :名前はいらない:02/10/13 01:04 ID:8yOEqnP7
>113
それ何? 

115 :ryo:02/10/13 01:36 ID:MHKFhJ7o
脳性マヒの子供が作った詩です

116 :碧谷 ◆m0T5I/FREE :02/10/13 01:47 ID:VZavppHm
ryo様>
それ知ってます…合唱団で歌った…お母さん方が泣いてますた。

117 :名前はいらない:02/10/13 02:15 ID:2gRNzDNE
ヒッキールナか。

118 :名前はいらない:02/10/13 03:06 ID:y5o/VX8l
113 母として子供として泣ける・・
117さんも子供が出来ればチットは解るかも・・

119 :117:02/10/13 03:11 ID:2gRNzDNE
>>118
うーん。それを「詩」にしてもてはやすってのが
嫌なのよ。ま、いいけど。

120 :名前はいらない:02/10/13 04:50 ID:NyVlNgzk
>>113を美しいと涙を流すあなたの感性がキモいのです

121 :ディド:02/10/13 16:47 ID:3NYdhOsB
紅茶も冷たくなってしまった、
なぜ起きてしまったのか考えてる俺
朝の雨が窓に降り注ぎ、外は何も見えない
もし外が見えたとしても、
外は灰色一色、それでも壁に貼ってあるお前の写真を見ると
俺の人生も悪かないと思うんだ

122 :fra-foa:02/10/13 20:29 ID:CNNPhJdY
澄み渡る空、その向こうに僕が見たもの。
もし僕に願い事がひとつだけかなうとしたら
でもふと気づくと僕には心の底から望むことなんて
何一つ無かった。ただ、もし僕にも歌がうたえるなら
まだ生きてる事がゆるされるなら僕は僕のために
自分を削って燃やすよ。

誰かの心に「一瞬」でも響いたなら
僕はこの世界に生まれてきてよかったんだね?












123 :名前をください:02/10/13 21:05 ID:eghEBLUf
いったい何度夢をみたことだろう、叶うはずもないはかない夢を
いったい何度諦めたことだろう、妥協すべきでないことを
熱く照りつける太陽と晴れ渡った青空が自分の愚かさを教えてくれる
過去ばかりを見つめる自分、未来を嫌悪する自分が情けないよ
いったい何度決めただろう、それでも生きてみようと
終わることを夢みて、今日も終わらない夢をみる

124 :名前はいらない:02/10/13 21:16 ID:y5o/VX8l
120みたいなのにかぎって義務を果たさず権利だけ主張するんだろうな・・
あさましい・・
誰が美しいって泣くんだよ?綺麗ごとで「うんうん」って聞ける歌詞じゃねーだろーが!!
オフォか子供だな。まぁ2ちゃんだしな・・仕方ネーか・・

125 :名前はいらない:02/10/14 04:25 ID:eEDGGJf2
君であってほしい
君だったらいいのに
ありえないとしても
君であってほしい

126 :120:02/10/14 11:00 ID:USA0NRCE
>>124
なぜ自分のことを指していると思った?>>124の発言を指して言ったのでは
ありませんが?レス番号指定してないし。

>誰が美しいって泣くんだよ?綺麗ごとで「うんうん」って聞ける歌詞じゃねーだ
>ろーが!!

そのとおり。だから折れはそのことを言ったんだよ。
けどたしかに、言葉足らずだったね。誤解与えてスマソ


127 :名前はいらない:02/10/15 02:10 ID:ITzdzyks
>>126 こちらこそ理解不足でスマソ・・
自分に言われてるとは思わんかったが、なんか精一杯してないヤシが精一杯
頑張ってるヤシを侮辱してんのかとオモタ・・。失礼しますた。

128 :名前はいらない:02/10/15 02:12 ID:ITzdzyks
>>125 いいですね。折れもずっと聞いてる罠・・

129 : ◆Ex69mkrDNA :02/10/16 04:41 ID:ZV4HPN7N
鳳山雅姫 / 渇いた胸

小さい頃は信じてた あの空 この手が伸ばせば届くと

とぎれた波の音 ゆっくりと息を吐く
私がずっと夢を見てきた 大きなあなたは

追いこす長い影 下を向き見つめてた
あんなにも殺したいほど愛した人はいない

きつく抱いてよ 何もかも捨ててもあなたに抱かれていたいの
もっと抱いてよ 一度だけ本当の思いをぶつけてみたいの

あなたは言いました 溺れる私を見て「叶わない夢に躊躇してはダメだ」と笑って

きつく抱いてよ そうすれば昨日の私を忘れてしまうから
もっと抱いてよ お願いよ 明日から私は恐れを知らない

静かに落ちてく 赤く熟れた木の実が ゆっくりと
あなたが帰るまでは潰れないでいて

本当の気持ちを砂にうずめて 首を何度も横に振る
手を伸ばせば届くと信じていた空は もっと遠くにあることに気付いた

ねぇ 少しずつ形変えてく 月のように私も変わっていきたい
つよく抱いてよ お願いよ 言葉より確かな何かが欲しいの

きつく抱いてよ 本当の私を忘れてしまうから
もっと抱いてよ お願いよ 

明日からあなたは私を知らない

130 :名前はいらない:02/10/16 18:16 ID:HWeEsHe2
  _、_ |
 | ,_ノ`/ <君であってほしい〜

131 : ◆Ex69mkrDNA :02/10/22 04:40 ID:qps+yhdl
orange pekoe / サンクチュアリ

「よくある映画のワンシーンみたいで泣けてきちゃうよ
 口ずさめる恋の歌は まるで私のことみたいよ
 この道はどこへ向かうの?」

「モヤのかかった行く先を 手元の灯火で歩く
 今日の日はまた明日へと 永遠に続いて行きそうに…
 この道はどこへ向かうの?」

今 何処にいたとしたって
君が居ること
それだけでいいんだ

愛ならここに 想えばすぐに
帰っておいで このサンクチュアリ
君のこころに 僕のこころに
戻っておいで このサンクチュアリへ

辿り着く先なんて見えない
片道チケットを持ってる
抱えていたものを捨てていかなくちゃならないけど
笑って手を振れるよ

からだが遠のいても
僕をひとかけら置いてきたから

愛ならここに 想えばすぐに
戻っておいて このサンクチュアリ
君のこころに 僕のこころに
戻っておいで このサンクチュアリへ

132 : ◆Ex69mkrDNA :02/10/22 04:48 ID:qps+yhdl
訂正です。ラストは
>戻っておいて
ではなく
>帰っておいで
でした。

133 :名前はいらない:02/10/24 00:08 ID:IB7fVDiU
「柳の下で」

わたしの傍で あなたはいつも
はにかんでいるけれど
ふたつの影は
終わりがくることを
知っていた

絡みつく腕の中でわたしは
あなたが狂ってくれることを
ひたすらに願ってた
明けていく空など 見たくもなかった

その想いが 広がる空のように永遠なら
わたしは何も忘れたりしない
でもわたしが あなたを呼ぶ時には思い切り
全てを抱き締めて 捨てればいい
だってわたしには 膣も子宮もない
あなたを疼かせるものなど 何ひとつない

134 :名前はいらない:02/10/24 00:09 ID:IB7fVDiU
焦げつく肌に 何度も触れて
擁き合ってたけれど
わたしの胸は
いつでも殻々で
傷だらけ

途切れてく声は今もしつこく
あなたの優ったその背中に
縋りつこうとしてる
あなたはわたしなど 放り投げればいい

その声さえ 響かぬまま途切れていくばかりで
必死になって抱き寄せるけれど
聴こえるでしょう? 無様に千切れていく音が ほら
接吻でさえ 虚になるだけで
だってわたしには 膣も子宮もない
あなたを疼かせるものなど 何ひとつない

135 :名前はいらない:02/10/24 00:11 ID:IB7fVDiU
>>133>>134

二つに分けますた。何か読んだだけで感動。
だれなのかは知らないけど(コピペ

136 :名前はいらない:02/10/24 17:03 ID:HXzZWlNT

いつだって回り道をして、つまづきと迷いをくり返して
すれ違いと勘違いの連続
すきになる人にもそんな感じで
出会うのが少し遅すぎたのか
人の結びつきは奇跡の連続
タイミングの悪すぎる人生を今さらカウントしてもしょうがないけど

星の数ほどの勘違い 絶えず続くすれ違い
回り道の毎日で見えてきたリンカク
せっかく出会った君なのに
今さら気付いたそれなのに
たいくつな日々の中で無情に過ぎてく時の流れ
涙流れ僕につぶやいた 私達出会うの遅すぎた

*そんな所に立って
  何を待って
  どこに行ったって
  君がいなくて

(*Repeat ×4)

そんな所に立って
何を待って
どこに行ったって
そんな所に立って
君がいなくて

星の数ほどの勘違いして 誤解と思い込みをくり返して
回り道の回り道をして なにも望みがかなわなくても


137 :名前はいらない:02/10/24 23:07 ID:6i+O+oYr
sage

138 :名前はいらない:02/11/14 01:35 ID:T8V2D9ht
どのくらい道に迷えば 花園に辿り着く?
谷底で砕け散ろうと 僕は転がり続ける


THE BOOM「TIMBAL YELE」

道を惑わし足を折り捕らえたとしても
所詮は無駄な事。そんな下らないものを愛と呼ばないで
いつかは離れていく力を得ては離れていくもの
何かに引き寄せられるかのように

自分にしか見えない地図があると
燻るような光に照らされていると
確かにその身に感じているのだから

139 :名前はいらない:02/11/14 01:47 ID:T8V2D9ht
あ、>>138タイトルから下の方のは私的勝手な心境ね。

140 : ◆Ex69mkrDNA :02/11/21 04:21 ID:wIZMalIT
この街 / 元ちとせ

この街にも星は瞬く
今はただ姿を探してるだけ

声が聞きたい
こんな夜だから
遠い距離を越えて

忙しく行き交う人の波間に
混ざりあう糸口も見つけられずに

落としたものがあるような気がして振りかえる

どこに向うのだろう
なにを探し出せるのだろう
足を止めることを知らない時の中

―アマヌフシ トゥミガ(あの星 求めて)―

誇れるものに出会えると信じて この場所で

どこに向うのだろう
なにを探し出せるのだろう
足を止めることを知らない時の中

どこに向うのだろう
なにを探し出せるのだろう
足を止めることを知らない時の中

この街の空にも星は瞬く

141 : ◆Ex69mkrDNA :02/11/27 06:05 ID:BZCN8bVp
プライマル。/ THE YELLOW MONKEY

上がり目と下がり目のモヤモヤを束ねいて
残さずに捨てることは抱えるよりそれよりもねぇ?
愛とか強調すると顔が変になるよ
では内緒 あなたよりも好きな人が他にいるから

誰の景色?清々しい風が懐かしい 油絵のカサブタよりリアルだって名言!

VERY GOODだいぶイケそうだ 振り切ったら飛べそうじゃん
今度は何を食べようか? 卒業おめでとうブラブラブラ」
紅塗った君がなんか大人のように笑うんだ
悪いからずっと見とれてた

アリガトウ 絆と先々の長い願い 花柄の気分もまた1日のうちにたった6秒

雪のように深爪の朝を身にまとい 暖かな優しさほど罪と知った名誉!

VERY GOODだいぶイケそうだ キツかったら脱ぎゃいいじゃん
今度は何を着てみようか? 卒業おめでとうブラブラブラ
紅塗った君がなんか大人のようにまとうんだ
似合うけどちょっとムリあった

君の名はこの僕に何を残したい? 思い出は重荷になると言う…

VERY GOODだいぶイケそうだ 旅だったら消せそうじゃん
今度は何を歌おうか 卒業おめでとうブラブラブラ
手を振った君がなんか大人になってしまうんだ
サヨナラ きっと好きだった
ブラブラブラ…

142 :岡田克彦 ◆ikGay75MZI :02/12/03 09:49 ID:vINq7fKN
ま、悪いことは言いません。あんたら2チャンネラーに代表される
下界の凡人連中には、ベートーヴェンの晩年の弦楽四重奏がちょうどよいです
から、そのあたりをお聴きなさい。
間違えても、ぼくやドビュッシーの作品は聴かないように。
豚・に・真珠・でございましょう、ファッハッハッハッ・・・・・
で、ぼくのホームページK.OKADAワールド
(URL;http://debu1957.hp.infoseek.co.jp/)には
あんたら2チャネラーには似合わない私の傑作の音楽がついていますので、
ぜーーーーーったいに来ないで下さいね。


143 :岡田克彦 ◆ikGay75MZI :02/12/10 15:43 ID:NedqmQ7p


お・だ・ま・り、あたしを誰だと思ってるの? おそれ多くも、あ・た・し・よ。
お・だ・ま・り、あたしを誰だと思ってるの? おそれ多くも、あ・た・し・よ。
お・だ・ま・り、あたしを誰だと思ってるの? おそれ多くも、あ・た・し・よ。
お・だ・ま・り、あたしを誰だと思ってるの? おそれ多くも、あ・た・し・よ。
お・だ・ま・り、あたしを誰だと思ってるの? おそれ多くも、あ・た・し・よ。


144 :名前はいらない:02/12/28 18:09 ID:ivfIeO0n
おまいのホームページなんか誰もいかねーよ うせろばーか

145 :名も無き吟遊詩人:02/12/29 02:26 ID:0BrKFG3u
マ・ターリいこうぜ

146 :みかんビール ◆D4s/VC6zxA :03/01/01 19:26 ID:yY3zigjn
「ふゆのさくら」           新川和江

おとことおんなが
われなべにとじぶたしきにむすばれて
つぎのひからはやぬかみそくさく
なっていくのはいやなのです
あなたがしゅろうのかねであるなら
わたくしはそのひびきでありたい
あなたがうたのひとふしであるなら
わたくしはそのついくでありたい
あなたがいっこのれもんであるなら
わたくしはかがみのなかのれもん
そのようにあなたとしずかにむかいあいたい
たましいのせかいでは
わたくしもあなたもえいえんのわらべで
そうしたおままごともゆるされてあるでしょう
しめったふとんのにおいのする
まぶたのようにおもたくひさしのたれさがる
ひとつやねのしたにすめないからといって
なにをかなしむひつようがありましょう
ごらんなさいだいりびなのように
わたくしたちがならんですわったござのうえ
そこだけあかるくくれなずんで
たえまなくさくらのはなびらがちりかかる

(新川和江・詩集「比喩でなく」より)

この詩に初めて出会ったとき、衝撃的で一日ふらふらしました。

147 :みかんビール ◆D4s/VC6zxA :03/01/01 19:28 ID:yY3zigjn
やさしい気持ち〜CHARA〜

なけない女のやさしい気持ちをあなたがたくさん知るのよ
無邪気な心で私を笑顔へ導いてほしいの
ぎゅっと私を抱きしめて

そう、いいかげんな男があなたの理想だとしても
この愛が自由をこわす?
でも、勝手だってしからないで
手をつなごう 手を ずっとこうしていたいの
手をつなごう 手を ずっとこうしていたいの
なれないあたしとあなたの間にこんなわがままいいですか?
言葉でいわなきゃいますぐいわなきゃ
そんなのしらないわ
もう あたしをとめないで
♪ラ・ラ・ラ♪あたしと踊ろう 毎日ちゃんと
この手をムネをこがすようなあなたのその存在が
もう あたしをとめられない
手をつなごう 手を ずっとこうしていたいの
手をつなごう 手を ずっとこうしていたいの
お願いぎゅっと私をだきしめて
もう あたしをはなさないで 手をつなごう
愛でも何でもキスでもいいから色々してたいわ
もう あたしをとめないで もう あたしをとめないで☆




148 :kopipe:03/01/01 19:39 ID:V9DP70SQ
511 :詩人 :03/01/01 02:15 ID:/L/s1oHz


俺は初オナーニのため
最高のおかずを探し求める旅にでる
ネットという大海原に
漢ひとりの旅
ロマンを求めて・・・

http://ww2.dip.jp/channel-x/main.html

149 :彦乃:03/01/02 04:12 ID:TtEhkVOo
中原中也の詩で、「生い立ちの歌」より

わたしのうへに降る雪は
あついひたいにおちもくるなみだのやうでありました

ね、泣けますでしょ?

150 :名前はいらない:03/01/04 23:27 ID:JGD+387d
塚本邦雄 『豹變』より
歌のほかの何を遂げたる 割くまでは一塊のかなしみの石榴

壮年のあとかたもなき夜のリラ何に執して死なざりけるか

151 :名前はいらない:03/01/06 05:10 ID:wDowVIxb
Fading Beauty

閃光を捕らえる 銀色の稲妻/光景を反射させ こぼれ落ちる小さな輝き
時の狭間を捕らえる瞳 冬の夜の追想
春は遠い昔に過ぎ去り 夏の日没には二つの思い出が果てていく
秋の木の葉 枯れ果てて地に横たわり 冬の風は夜も日がな吹きすさぶ
彼女が歩いているのは ブルーの雪に覆われた地面 たちまち埋もれ去っていく足跡を残し
街路樹は葉を落として剥き出しのまま 灰色の空への墓標となる

色褪せていく美 すべての季節は移り変わり
始まりのあるものには すべて終わりがやってくる
でも 衰えてゆく美というものは 確かに有る
赤ワインがゆっくりと グラスに注がれていく 老いた手を流れる血液のように
素晴らしい年月は過ぎたと 人はいうが 彼女は今 郷愁を誘う写真にしかない味わいを楽しんでいる
鏡の中では 時は嘘をつかない 彼女の黄金の瞳に 影は落とされる
でも彼女は鏡の向う側を見ているの
そう 彼女がため息とともに 思い出を消し去る事は無い

道ばたに爺さんが倒れている その横をトラックが何台も通り過ぎて行く
積荷に引きずられるように 青い月が沈んで行く
高いビルは空を削り取らんばかり 夜明けに凍てつく風が裏通りを激しく吹きぬけて行く
道ばたに死人が一人
見開かれたその目に陽の光が差込む
へこたれてしまっちゃだめだよ 安全な場所が燃え落ちているだけさ
誰か味方についてくれる人を探すんだ そうすればきみも元気になるよ

夜の光の中を目の見えない男が 答えを見つけて駆けている
“視角の岸辺までいらっしゃい”そうすればちゃんと理解できる
雨に濡れた窓の向こう 赤い灯がまたたいている サイレンのうなる音が聞えるかい
路地の溝の横に白い杖が落ちているよ 歩いて家まで帰るのならね
へこたれてしまっちゃだめだよ 安全な場所が燃え落ちているだけさ
誰か味方についてくれる人を探すんだ そうすればきみも元気になるよ

152 :名前はいらない:03/01/06 12:16 ID:OYfrDQMs
倉橋ヨエコは全部好きだ。詩も好き、曲も好きだし、歌い方が独特で。
ひっそりとおすすめしたい。

『沈める街』

涙のお池は 点 点 点 点 続いてる
私の部屋まで 点 点 点 点 明日も続くだろう

お陰様で御飯が不味い
最高のダイエットです
星型の人参に照れてくれた
あの子を今 葬ります

夢の中で仕返しはする
恨み帳には書きませぬ
アイロンのかけ方を褒めてくれた
あの子を今 処刑します

涙のお池は どん どん どん どん 増えて行く
私の部屋まで どん どん どん どん 街よ沈むがいい

涙のお池は どん どん どん どん 増えて行く
私の部屋まで どん どん どん どん 街よ沈め

涙のお池は 点 点 点 点 続いてる
私の部屋まで 点 点 点 点 明日も続くだろう



153 :名前はいらない:03/01/06 14:29 ID:JSkkO5nz
>>1
谷川俊太郎氏の『生きる』は高校の教科書に載っていました。
強烈な印象があった。
そういえば、中島みゆきさんの『友情』も載ってた。これも好き。

友部 正人氏作詞『愛について』
矢野顕子さんがカバーして唄ってるのを聞くと泣けた。

壁に二つの影が映っている 子と母の二つの影が映っている
二人は自転車をこいで 今 家に帰るところ
子は母に話しながら 母は子にうなずきながら

子に父はなく 母に夫はいない 父も夫もいない夜道を
二人はゴムマリのようにはずんでいく
ぼくには愛が二つのゴムマリになったように見える
父のいない子は愛について考えつづける
夫のいない母も愛について考えつづける
愛について考えることで二人は結ばれている

道端である日 星のように遠いはずの男とすれちがう
愛のことを考えながら 子と母と 男は道端ですれちがう
星のように遠い場所から その夜 男は子と母に電話をかける

愛のことを考えながら子と母は生きていく
愛のことを考えながら男もまた生きていく
遠く離れた場所にいて どちらも 愛について考えている

つかまえた、と壁に映った子の影が言う
つかまえた、と壁に映った母の影が言う
子と母は自転車をこいで 家に帰っていく
つかまえた、とつぶやく二つの影を 道端の壁の上に残して

154 :デニー:03/01/06 19:05 ID:TZIwxwmI
GOING UNDER GROUNDというアーティストの「ミラージュ」から

心と心がせつない 心と心がせつない
いつもそうだよ

GOING UNDER GROUNDを知ってる人は居ますか?
いてもいなくてもいい歌をうたっています。

155 :名前はいらない:03/01/12 07:13 ID:AMq6ICxk
知らぬまに愛してた
いつ どうしてか
君を愛す 迷いも
誇りもなく ただ素直に
愛さずにはいられない
心は一つ
君のこの手は 僕の手
君が目を閉じると 僕も眠る


156 :名前はいらない:03/01/13 03:41 ID:IBUhOIEv
大きな声で叫ぶ
君は耳をふさいでうるさがる
普通の声で話す
君は相槌を打つだけ
ひそひそ声で話す
君は耳を澄まして聴く

今度君に会った時は
大好きっていうよ
ひそひそ声で

157 :名前はいらない:03/01/13 03:50 ID:IBUhOIEv
GARNET CROW 「巡り来る春に」の一部

何も手にせずに生まれてきたから
このまま世界に終わりを告げたい
悲しいのは失うよりも
いつの日かまた立ち上がること


行き違う人並み掻き分けたら
また出会うかな懐かしい人に
優しいのは想いの中で
知らぬ内に育って行くイメージ

嘆くなら独り
温もりは二人で
私の苦しみは君の邪魔で
染まり行く空に願うのは
独りで生きてゆく強さ求めて

158 :出来損ないの中学生:03/01/13 19:44 ID:Bq8xcYpc
顔/COCK ROACH

ボクヲキリサク ボクノカオガ
ミズノナカヒロガルヨ
ハナビラノヨウニアカク
アカク アカク アカク アカク

ボクヲキリサク キサマノカオガ
キエテナクナレ
ホラ、ハガマタヌケタ
ヌケタ ヌケタ ヌケタ ヌケタ

白い文鳥、文鳥が飛んだ
夕焼けの真っ赤な空に 一筋の白を描いた
アサガオの種を 飲み込んだ
「僕のおなかで咲きなさい」


159 :出来損ないの中学生:03/01/13 19:44 ID:Bq8xcYpc

幼き日の数え唄 血に染まるバスルウム
「あと一つ。」「あと一つ。」僕の頬切っていく
幼き日の数え唄 血に染まるバスルウム
意識の果てへ 意識のふちへ 僕の体切り裂いて

ボクヲキリサク ボクノカオガ
ワラッテイルヨ
ハノナイカオデ
カオデ カオデ カオデ カオデ
カオデ カオデ カオデ カオデ
カオデ カオデ カオデ カオデ
カオデ カオデ カオデ カオデ

無様に散りゆく 朝顔と
我が身重ねる 雨の夜
黒雲、透かされた月光
手を延ばして

160 :名前はいらない:03/01/13 23:32 ID:sSwOh5Bo
泣かないで
私の墓に立って泣かないで。
私はそこにいないから。
私は眠らないから。
私は吹きわたる千の風。
私は燦めく白雪。
私は実った穀物を照らす日の光。
私は秋の雨。
朝のしじまであなたが目覚めるとき、
私は輪を描いて飛ぶ群れからさっと躍りあがる小鳥の羽音。
私は夜空に輝く星。
私の墓に立って泣かないで。
私はそこにいないから。
私は眠らないから。

161 :名前はいらない:03/01/14 02:04 ID:5FcEBNur
ベタですが、中原中也です。
ジンときます。



また来ん春……

また来ん春と人は云ふ
しかし私は辛いのだ
春が来たつて何になろ
あの子が返つて来るぢやない

おもへば今年の五月には
おまへを抱いて動物園
象を見せても猫(にやあ)といひ
鳥を見せても猫(にやあ)だつた

最後に見せた鹿だけは
角によつぽど惹かれてか
何とも云はず 眺めてた

ほんにおまへもあの時は
此の世の光のたゞ中に
立つて眺めてゐたつけが……


162 :名前はいらない:03/01/14 19:47 ID:9p7m2uVc
>>160
こういう詞すきです。
どなたの作なのか教えてください。

163 :名前はいらない:03/01/14 19:48 ID:2qcZWsWd
 ∧_∧
( ´∀`)荒らしても(・∀・)イイ!!(・∀・)イイ!!♪
⊂   _つ
.人  Y
し’(_)

((( )))
( ´∀`)沢山荒らす♪
⊂   _つ
人  Y 
し’(_) 
 ∧_∧
( ・∀・)t_o_m_o_y_a@hotmail.com♪
⊂   _つ
.人  Y
し’(_)


164 :名前はいらない:03/01/14 19:50 ID:s/dPHJuH
「ぅっ…やっとちょっとは答えらしいもんが…っ…見つかったかもしんない…
 …でも………なんか俺……駄目かもしんない…」
「城戸……おい!……城戸!…おい…、どうした…!」
「俺さ……昨日から…っ…ずっと、考えてて…
 それでも…わかんなくて……でも………さっき思った
 やっぱり、…ミラーワールドなんか閉じたい…
 戦いを…止めたいって……!
 きっと…ぁぁっ…かはぁっ…すげぇ、辛い思いしたり、
 させたり、すると思うけど…ぁぁっ…それでも…止めたい…
 それは、正しいかどうかじゃなくて、
 …俺も、ライダーの一人として、
 …叶えたい願いが……それなんだ…!」
「ああ……だったら生きてその願いを叶えろ!
 死んだら……終わりだぞ!!」
「そうなんだよなぁ…
 蓮、お前はなるべく…生きろ」
「お前こそ生きろ!!
 …城戸……死ぬな……死ぬな!!!」
「お前が…俺に……っ
 そんな風に、言ってくれるなんてな…」
「おい…おい!」
「ちょっと………」
「城戸…起きろぉぉ!!城戸ーーー!!!」

165 :名前はいらない:03/01/14 19:54 ID:9T3/E9Bn
>>162
詩の一部でググッたらこれがでてきたのですが
ttp://www.biwa.ne.jp/~d-inoue/s/19.html
>(作者不明)て、、、

166 :160:03/01/14 20:55 ID:jpiQr+A5
>>162
>>165
はい、残念ながら作者は不詳のようなのですが
どうやらアメリカの詩の「A THOUSAND WINDS」が、もとのようです。
本も出ているみたいです。

167 :名前はいらない:03/01/14 22:42 ID:9p7m2uVc
>165
>166
どうもありがとうございます。
アメリカの詩ですか。ひょっとして
インディアン(ネイティブアメリカン?)
の人達の言葉の本か何かですかね。
探してみます。

168 :名前はいらない:03/01/14 23:08 ID:/JkCB/9U
完全に象った舞台でも この運命は夢のように踊る
鮮やかな色に染まればきっと 私は埋もれてしまう
だから踏み出して…

169 :名前はいらない:03/01/16 23:47 ID:WFv1JROc
嵐の中で抱き合って これが最後じゃないのかと
いつもそんな切なさで ギリギリのキスをしよう

錨を上げて帆をはって 冷たい雨に打たれても
夢がついに破れても この旅は終わらないよ

だからもう涙をふいて だからもう怖がらないで
よく見てみれば分かる たいしたことでもねぇ

消えてゆくのはまぼろしか 何かとても大切な
忘れ物をしたような この気持ちくすぶってる

どこにも落ち着かないで どこにもたどり着かない
風のオートバイに乗って 虹の彼方までさぁ


真島昌利の「風のオートバイ」でした。

170 :山崎渉:03/01/20 07:11 ID:ktp24cuz
(^^)

171 :ポエム大会:03/01/20 18:45 ID:tW4T/pYn
かつて「失敗」という名の詩があった。
この絵もしっぱい→(顔の絵らしき)

詩そのものよりも、その絵に笑ったな。

172 :「枯れない花/THE LOCAL ART」:03/02/06 15:12 ID:pu1iRtrD
こんなに近くに綺麗な花が咲いてた。
雨上がりの空はとても綺麗だった。
草原をがむしゃらに走ったって、
何も始まりはしないんだよ。

生きる意味、歌う意味を
痛いほど刻んできた。
あてのない手紙を破り捨ててきたのさ。

涙の出来事を思い出にしてきた
今始まったばかりの物語
君に見せよう。
今始まったばかりの人生
君に見せよう。

生きる意味、歌う意味を
痛いほど刻んできた。
ずっと僕の中に咲いていたんだよ。ずっと。

枯れたっていいんだよ
また咲けばいいんだよ。

173 :名前はいらない:03/02/12 19:59 ID:t7zrFcKo
さよならの
置き土産は
静けさ


スカパー、今日のクリーミーマミから。


174 :名前はいらない:03/02/13 18:37 ID:l13ER2L5
さよならあなた
全ての終わり
4月8日の嘘じゃないけど

さよならいつも
すれちがう2人
鏡の中で浮かんで沈む

穏やかな朝
檸檬をかじったら

ほら 何もかも変わるのよ
誰もいない世界で

不意に微笑みをすこし交わすだけ

175 :名前はいらない:03/02/14 22:41 ID:jIRXaTSb
虹が泳いでおりました
海のような青空に
風が吹いてまいりました
青空身震い致します
虹も震えて100つに分かれ
更に揺らいで1000つに分かれ
最後には細かな塵程になりまして
雪のように降りました

雲のお城の庭園の
枯れたお池のその中に
虹屑 静かに積もってゆきました
音も立てずにひっそりと

光に隠れたお子達の
お昼の眠りが終わる頃
よいお砂場になるでしょう


詩のサイト回っててハッケソ
なんか好き

176 :メリッサ6:03/02/14 22:47 ID:i2zCfYyD
BUMP OF CHICKINのバイバイサンキュー、泣けますよ。
「僕の居場所はどこなんだ」
「ひとりぼっちは怖くない」って。
いい歳して(笑)わんわん泣きました(自爆

177 :名前はいらない:03/02/14 23:00 ID:Ve2SUJnE
俺の存在を頭から打ち消してくれ

俺の存在を頭から否定してくれ

あのふざけた中流階級のガキ共を

ぶちのめす為に

町には色とりどりの花を持った

貧乏そうな顔つきの国鉄の客

人の海、人間

おまえらは全く自分という名の空間に

耐えられなくなるからといってメシばかり

喰いやがって

メシ喰うな

町田康「メシ喰うな」。好きです。

178 :ジェニィ:03/02/18 03:48 ID:cqHZPv7J

淋しい寝る本がない 

尾崎放哉


179 :名前はいらない:03/02/25 03:26 ID:ApXKXCRG
前世にも日向ぼこりに飽かざりし/相生垣瓜人


180 :mina:03/03/04 05:28 ID:Eutmdq9s
昨日たべた魚がどっかで泣いているよ
うんと遠くだから 全然聞こえない
聞こえないけど 聞いているよ

足のわるい子供達が夜空を歩いて行く
お月様を横切った ちいさな影
誰も気づかない ふりしてるんだね

181 :mina:03/03/04 05:31 ID:Eutmdq9s
夏の時計台の針が じょうずにお日さま突き刺して
ひとさしゆびの乾いたぼくは
きみの開いたスカートの中

アスパラガスみたいな白い足に耳をくっつけて
真昼のそらに隠しておいたお月様とお話しするよ

きみからもれるぼくのためいき

夏の時計台の針が じょうずにお日さま突き刺して
ひとさしゆびの汚れたぼくは
きみの破けたスカートの中

182 :mina:03/03/04 05:35 ID:Eutmdq9s
黒いマントの中に二人は
青い暈環を感じ
少年の唇はセルリーの香
少女の頬はつめくさの花

Keoig Kohl.
ぼく永久に
    あなたへ忠誠をちかひます

183 :mina:03/03/04 05:39 ID:Eutmdq9s
>>177

オレの存在を頭から輝かさせてくれ!

おまえらの貧しさに乾杯!

メシ喰わせろ!

184 :名前はいらない:03/03/04 05:43 ID:qrTeaKDa
http://homepage3.nifty.com/digikei/ten.html
おちんちんが熱くなるよ。

185 :名前はいらない:03/03/04 05:51 ID:PmchjFgm
◆ピンクエンジェル◆↓↓↓↓↓↓↓↓↓
http://www.pink-angel.jp/betu/index.html

186 :名前はいらない:03/03/20 19:58 ID:oAMU7MaM
>>183
みちろうですね。

187 :名前はいらない:03/04/01 06:21 ID:eI8wd4Ph
一青窈はとにかくよいです。

188 :名前はいらない:03/04/01 09:27 ID:We82q83Z
どんなものにも 奇跡の種がある
今は届かぬ 君の想いに
肩をおとさないで おくれ

その想いは
やがて 形変えて
君のもと 舞い戻るのさ

どんな人にも きれいな花が咲く
がんばったこと 空回りして
泣きたくなる気持ち わかるよ

その勇気は 
決して 無駄じゃないと
わかる日が やってくるから

答えの出ない時ほど 答えが欲しくなるよ
夜明けの前が一番 暗い時なんだから

189 :貼らせていただきます。:03/04/04 23:54 ID:xE/5UpHg
君に言いたい事はあるか
そしてその根拠とは何だ
涙流してりゃ悲しいか
心なんて一生不安さ

君に存在価値は在るか
そしてその根拠とは何だ
涙流してりゃ悲しいか
心なんて一生不安さ

I want to hear me
生活は出来そう?
それはまだ
計画を立てよう
それも無駄

君の動体視力はどうだ
そしてその目に何を見てるんだ
誰が何言ったって気にすんな
心なんて一生不安さ

こんな世界なっちまって
君の声さえもう
思い出せないや

そこで鳴っている
そこで鳴っているのは
目覚まし時計


190 :みき:03/04/15 22:58 ID:QWqMQuDY
宮沢和史の詩をおすすめ致します。最高です。



191 :山崎渉:03/04/17 12:57 ID:GAm0uYE/
(^^)

192 :山崎渉:03/04/20 02:07 ID:1+CNA/cT
   ∧_∧
  (  ^^ )< ぬるぽ(^^)

193 :名前はいらない:03/04/25 22:34 ID:WaXH56fC
 「肖像」

その諦めきった顔から
彼女の偉大な苦しみが一つこぼれ落ちてゆかないように
彼女はゆっくり悲劇の中を
自分の表情の美しい凋れた花束を抱えてゆく

無造作に束ねられ もうほとんどばらばらにほぐれている花束を。
時おり 一輪の月下香のように
失われた笑いが 気だるく それから脱け落ちてゆく

すると彼女は落ち着いてそっちに歩みよる
疲れはてて それを見つけることはできないと知っている
その美しい 盲目の 両手をさしだしながら――

194 :名前はいらない:03/04/25 22:37 ID:WaXH56fC
それから彼女は台詞を その中で
あるひとつの意図された運命がゆらめいている台詞をしゃべり
それに自分の魂の意味を与える
そると言葉は急になにか異常なもののように
石の叫びのようなものになって迸るのだ

だが 彼女は顎をしゃくったまま
すべてのこれらの言葉をとめどもなく
また落としてゆく なぜならこれらの言葉のどれ一つ
彼女のたった一つの所有である
痛ましい現実に敵ってはいないのだから
そして彼女はこの現実を まるで脚の欠けた容器のように
捧げていかなければならないのだ 彼女の名声と
夜々の公演を高く超えた彼方へと

                        Bildnis

195 :名前はいらない:03/04/26 22:11 ID:27s93kbD
 「姉妹」
ごらん ふたりが同じ出来事を
別々に身につけ べつべつに理解するのを
それはまるで異なった時間が ふたつの
同じ部屋をよぎってゆくかのようだ

お互いに 疲れて もたれあいながら
ふたりは相手を支えていると思っている
けれども 血に血を重ねているふたりは
お互いになんの役にもたたないのだ

むかしのように やさしく触れあい
ふたりが並木道にそって
手をとりながら とられながら 行こうとしても
ああ ふたりの歩みはもう同じではない
                           Die Schwestern

196 :名前はいらない:03/04/27 22:35 ID:biqKqaXO
 「早期のアポロ」
しばしばまだ葉のない木の枝を透かして
もうまったく春になった朝が
のぞくように 彼の頭のなかには
あらゆる詩の輝きが ほとんど致命的に

われわれにあたるのを阻むものはなにもない
なぜなら 彼の眼ざしにはまるで陰影がなく
こめかみはまだ月桂冠には冷たすぎ
その盾から薔薇の花ぞのが丈高く生い繁って

解き放たれた花びらが 一枚一枚
彼のふるえている口の上に舞い落ちるのは
やっと後のことであろうから。

彼の口はまだ静かで いちども使われたことがなく きらめきながら
ただ その微笑とともになにかを飲みこんでいる
まるで彼の中へ歌が流し込まれるように
                                      Friiher Apollo

197 :名前はいらない:03/05/17 18:52 ID:GmMu/KbC

  「別離」

どんなにか私は感じたことだろう 別離という
なんとよく私がなお知っているか 暗黒で 不死身で
残酷なものを。美しい結合を
もう一度さし示し さしだし そして引きちぎるものを

どんなにか私は術なく見やったことだろう
私を呼びながら 呼びながら 立ち去らせて
あとに残ったものを。それはみんな女たちのようで
しかも 白い一点にすぎなかった

それはただ一つの合図 もはや私をよぶのではなく
もはやほとんどその意味も分からない ただかすかに
合図しつづけるもの――たぶんそれは一羽の郭公が
つと飛び去ったすももの木であった
                             Abschied

198 :山崎渉:03/05/22 03:43 ID:R3rNNKvM
━―━―━―━―━―━―━―━―━[JR山崎駅(^^)]━―━―━―━―━―━―━―━―━―

199 :山崎渉:03/05/28 10:53 ID:gH/nLI1G
     ∧_∧
ピュ.ー (  ^^ ) <これからも僕を応援して下さいね(^^)。
  =〔~∪ ̄ ̄〕
  = ◎――◎                      山崎渉

200 :名前はいらない:03/05/28 13:04 ID:Kxjbf2Ms
正直、感動した。
http://www3.cty-net.ne.jp/~love1224/himitu/himitu1.html

top
http://www3.cty-net.ne.jp/~love1224/

201 :名前はいらない:03/05/28 18:24 ID:DLoR3X/f

Syrup16g/負け犬

  もしも僕が犬に 生まれたなら
  それでもう負け
  今度僕が犬に 生まれたなら 
  君に飼われてもいい
  それとも保健所で死ぬ
   
  明日なんていう日を 決めるのはそう
  いつだって今日でも
  また国家予算内で死ぬの
  
  お金を集めろ
  それしかもう 言われなくなった
  
  頭ダメにする までがんばったり
  する必要なんてない
  それを早く言ってくれよ
  
  程なく 人生を
  そつなく終えれば
  ヤクザも官僚も
  ロックのロクデナシも
  
  みんな負け犬でしょう




202 :名前はいらない:03/05/28 19:54 ID:essqm+ag
愛は時に あまりにもろく    自由はシステムに組み込まれ   正義はバランスで計られ     NEW STYLE WAR

203 :_:03/05/28 20:02 ID:6fWRI+Er
http://homepage.mac.com/hiroyuki43/hankaku01.html

204 :名前はいらない:03/05/28 20:02 ID:+o8RCJC9
ここのせいでオナニーしすぎだよまったく・・・
         ↓

 http://www.dvd-yuis.com/index2.html

205 :■貴女あなたのペット■:03/05/28 20:03 ID:/CgZrzEJ
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
ホストクラブっていかにもホストしかいないでしょ!?
◆ココはなぜか年上好きのイケメンが日本一集結してます♪
♪♪♪♪貴女あなたのペットになっちゃうヨ!♪♪♪
http://www3.to/love-love-kissにスグアクセス!☆
いつでも楽しくさせます!☆早く来て下さい!☆
年上とか大好きだし〜年上の女性とか完璧大好き!
http://www3.to/love-love-kiss
元ジャニーズジュニアとか現役俳優とか普通の学生まで★
変な接客じゃなく完全に恋愛を!成立させます。本文の中に
【●●の紹介】このワードを入れると【VIP】扱いになります!
早く来て!☆30代・40代当たり前☆イキイキ出来ます☆
年下の若い男はどうですか??・・変わりますよ〜vv
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇★☆★☆★

206 :名前はいらない:03/05/28 20:54 ID:O+AQqOKa
大事MANブラザーズの それが大事

207 ::03/05/29 11:36 ID:mFk6mBBo
 こまった時に思い出され
 用がすめば
 すぐ忘れられる
 ぞうきん
 台所のすみに小さくなり
 むくいを知らず
 朝も夜もよろこんで仕える
 ぞうきんになりたい   

208 :月が近づけば少しはましだろう/ASKA:03/06/01 01:04 ID:ms2Cvs+Q
いろんなこと言われる度にやっぱり 弱くなる
いろんなこと考えるたびに 撃ち抜かれて
恋人も知らないひとりの男になる
壁にもたれて もう一度受け止める 小さな滝のあたりで

角を曲がるといつも 消え失せてしまう言葉だけど 心の中では 切れて仕方ない
この指の先でそっと 拭きとれるはずの言葉だけど 積もり始めたら 泣けて仕方ない

ごまかしながら生きて来たなんて 思わないけど
夢まみれで滑り込むような事ばかりで
毎日の自分をどこか 振り分けてた 僕の中を 通り過ぎ行く人 ほんの一瞬の人

朝の改札では 大勢の人が流れて行く カーテンを引いて ベッドに転がる
静かに変わる時間を 閉じるように瞼を閉じる 月が近づけば 少しはましだろう

動きたくない身体を 毛布に沈めて聞いてた 鳴り止まないサイレンの音 胸の音なのか

角を曲がるといつも 消えうせてしまう言葉だけど 心の中では 切れて仕方ない
この指の先でそっと 拭き取れるはずの言葉だけど 積もり始めたら 泣けて仕方ない

静かに変わる時間を 閉じるように瞼を閉じる 月が近づけば 少しはましだろう


209 :名前はいらない:03/07/03 23:06 ID:qNu8EdZA
「愛に生きる」

僕から逃げる?
無駄な話だ―
恋人よ!
僕が僕であり、君が君である間は
この世にわれわれ二人が
恋する僕と嫌がる君がいる限りは
一人が逃げ、もう一人が追いかけている限りは
どうやら、僕の人生も結局失敗だったのかもしれぬ―
いかにもこれが運命というものかもしれぬ!
いくら最善を尽くしても成功はまず覚束ない。だが、
この世で目的が達成できなくても、それが何だというのだ?
要するに、全神経を絶えず緊張させ、
挫折の度に涙を拭い、笑みを浮かべ、
血に塗れては起き上がり、再度挑戦する、―こうやって
恋人を追いかけて、一生を終わる、それだけのことだ。
だが、もし、君がどこか遠い所から、泥塗れになり、
暗澹たる苦境に喘ぐ僕をちらっとでも見てくれたら、
たとえ今までの望みが絶え果てていたとしても、新しい望みが、
君という同じ目標に向かって、僕の心に湧いてこよう、
そうだ、翕然としてだ!
絶えず、
僕から離れてゆく者よ!

Robert Browning

210 :名前はいらない:03/07/06 23:33 ID:oiC1YnYs
君がいない未来が ただ大きな闇に見え
死んでしまえば生きなくていい
そんな事ばかり考えていた 穏やかな月明かりに
体中を充たした こんな強い気持ちに
出会えたから もう何もいらない
欲しがる術 なくしても今 生き延びるの?
通り過ぎた幸福な時が 今をただ無意味に変える
病んだ身体が 昨日までの健康を喜ぶなんてことしない
ただ焦がれるように求めてた
日々は するり 蜃気楼の向こうへ
今日が終われば今日へ
出会うことない夢を見ては まだ過ごすなら
与え続けることでしか満たされない
聖地へ辿り着こう
行き場をなくした情熱は 冷えてゆくよ
不確かな気持ちを抱えながら
家路を辿りながら昇華していく
守るべきもの持たないなら 何を祈ろうか
世界が優しい光にいつか包まれますように・・・
なんて偽善者みたいな願い声にして
本当に変わればいい
深い傷よりも いつの日か
愛しい気持ちが残るように
明日がくればまた明日へ
優しい方へ倒れ込んでいけるように・・・
いつかその足で歩いてゆける時がきたら
聖地へ辿り着ける?
行き場をなくしたココロは いつか目覚めて
揺れ動く波にのって きっと生まれるよ

GARNET CROW/Holy groundより。
聴いたときボロ泣きしますた。

211 :名前はいらない:03/07/08 03:18 ID:vIANSZSl
雪の降る山道を/黒猫が走る/今は故き親友との約束を/その口にくわえて/
見ろよ/悪魔の使者だ/石を投げる子供/
なんとでも/呼ぶがいいさ/オレには消えない/名前があるから/
HolyNight/聖なる夜と/呼んでくれた/優しさも温もりもすべてつめこんで/呼んでくれた/
忌み嫌われたオレにも/生きる意味があるならば/このために/生まれてきたんだろう/どこまでも走るよ

蛮婦は歌詞が具体的すぎていい。

212 :名前はいらない:03/07/10 13:49 ID:h1jOrKMY
もしも 僕が落ちたら つかまえてくれないか
僕は支えを失くして
こうやっていることが できないんだ
そして いつでも 避けては
めかくしゲームで 負けてしまうんだ
僕は 完璧であろうとしていたのさ
突然 君は変わり
そして 何もかもが 同時に変わる
変わらないものと いったら
山はいつも そこにあるということだけなのさ

まるで赤子の腕をひねるように 僕を無理矢理奪い
血を清め
見知らぬ聖者のように ぬりたてられる
希望の他に 残すものは何もない
君の声は 生気がなく 老い果て
そしていつも 空虚なんだ
親しかった年月を通じて 僕を信頼してよ
ほんの一瞬でも 待つよ
もしも 僕らが ただこうしていられるのならね
どうか この場にふさわしいことを言うか
さもなきゃ 道化た 石ころみたいに泣くかしてよ
幸せそうな 人ごみの中で 永久に迷い
立ちつくしているのだから

誰も その手を挙げず 誰も その目を上げず
無意味なことを言っては 罪を許される
宗派は ただただ よくなっていくばかり

僕は ひとりで 消えて行った
信仰の他には 何も残さずに

213 :山崎 渉:03/07/15 12:04 ID:iuxfPmjy

 __∧_∧_
 |(  ^^ )| <寝るぽ(^^)
 |\⌒⌒⌒\
 \ |⌒⌒⌒~|         山崎渉
   ~ ̄ ̄ ̄ ̄

214 :名前はいらない:03/07/25 22:41 ID:Oiih6sbV
星の隙間に描いた夜を全部 迷わず抱きしめて 離れずにいるから
 
ガードレール! 切れ目を縫い フライング! 街を追い越す
寂しさの群れ遠回りしながら
何かを無くしたなら 全て変わってしまうほど 僕達はちっぽけでもない

高く果てなく想いが焦がれてゆく 傷ついた瞳に写る景色を抜け
銀のCROSSが願いを運ぶように 君の側で揺れる光を連れ出そう

空のビンを逆さに振り 何度も確かめてるよう
不安だらけの眼差しを隠して
嘘を付けない口で 顎の痛むガムを噛んだ 僕達は空回りじゃない

星の隙間に描いた夜を全部 迷わず抱きしめて 離れずにいるから 

笑顔が下手な君を 思わず庇うその腕の優しさに理由なんか無い

高く果てなく想いが焦がれてゆく 傷ついた瞳に写る景色を抜け
銀のCROSSが願いを運ぶように 君の側で揺れる光を連れ出そう

215 :1,000のバイオリン:03/08/01 20:39 ID:xhrR61fC
ヒマラヤほどの消しゴムひとつ
楽しい事をたくさんしたい
ミサイルほどのペンを片手に
おもしろい事をたくさんしたい

夜の扉を開けて行こう
支配者達はイビキをかいてる
何度でも夏の匂いを嗅ごう
危ない橋を渡って来たんだ

夜の金網をくぐり抜け
今しか見る事が出来ないものや
ハックルベリーに会いに行く
台無しにした昨日は帳消しだ

ゆりかごから墓場まで
馬鹿野郎がついて回る
1000のバイオリンが響く
道なき道をブッ飛ばす

誰かに金を貸してた気がする
そんなことはもうどうでもいいのだ
思い出は熱いトタン屋根の上
アイスクリームみたいに溶けてった

ヒマラヤほどの消しゴムひとつ
楽しい事をたくさんしたい
ミサイルほどのペンを片手に
おもしろい事をたくさんしたい

216 :名前はいらない:03/08/01 20:54 ID:YS05gOxH
>215
バカじゃねぇの?

217 :名前はいらない:03/08/01 21:17 ID:MFEyRo/s
バカというか、雰囲気に酔ってるだけのハッタリ。
ヒマラヤの部分は代替可能ゆえ、ねじゆるみまくり。

218 :安全地帯:03/08/01 21:45 ID:naAH+4oG
http://elife.fam.cx/a009/





219 :ダンデライオン:03/08/01 22:00 ID:V7MoWBsF
寂しがりライオン つり橋を渡る
サバンナじゃ皆に嫌われた
橋の向こうで出会った奴は 太陽によく似た姿だった
「お前は俺が怖くないのか?」「逃げないでいてくれるのか?」
吹き抜ける風と共に 一度だけ頷いた

涙の理由を知ってるか? 俺には分からないが
濡れた頬の暖かさは 恐らくお前がくれたんだ

雨の日もライオン つり橋を揺らす
金色の琥珀をくわえて
今日の土産は いつも無口なお前によく似た色の小石
響く雷鳴 落ちるつり橋
痛みに目を覚ませば 空は遠く狭くなった
お前を泣かすものか

この元気な声が聞こえるか このとおりぜんぜん平気だぞ
濡れた頬の冷たさなど 生涯お前は知らなくていい

止まない雨に血は流れてく もし生まれ変わるなら
お前のような姿に なれれば愛してもらえるかなぁ?

もう元気な声は出ないけど 不思議と寂しくない
濡れた頬の冷たさなど 恐らくお前が奪ったんだ
涙の理由を知ってるか? 俺には分からないが
この心の温かさが そのまま答えで良さそうだ

季節は巡り春が訪れ 谷底まで金色の化粧
一面に咲くタンポポの花 ライオンによく似た姿だった

220 :千年メダル:03/08/01 22:08 ID:V7MoWBsF
永遠に君を愛せなくてもいいか?
十字架の前で誓わなくてもいいか?
守れそうな約束と 気のきいた名台詞を
今 考えてるところ

たとえば君に名前なんてなくっても
たとえば君に星座なんてなくっても
思い出す 忘れない
僕はずっと君のこと 考えてるところ

この恋いつの日か 表彰台にのぼるとき
君がメダルを 受け取ってくれないか?
たとえば千年 千年じゃ足りないか?
できるだけ 長生きするから

僕が眠るのは君の夢を見るとき
僕が歩くのは君に会いに行くとき
僕が何も 聞かないのは
答えなんかないほうが そのほうがいいから

この恋がいつの日か 表彰台にのぼるとき
君がメダルを 受け取ってくれないか?
たとえば千年 千年じゃ足りないか?
できるだけ 長生きするから

221 :山崎 渉:03/08/02 00:58 ID:TahhWmQI
(^^)

222 :名前はいらない:03/08/02 10:35 ID:RxLZZ78r
>>216>>217
ブルハをバカにすんなYO!
真島だからか?

「手紙」

ヴァージニア・ウルフのメノウのボタン
セロハンのバスのシートに揺れている

ジャングルジムの上 ひろがる海に
ぬれている君と 淡い月明かり

ねじれた夜に 鈴をつければ
月に雪が降る

水平線の見える場所は もう春だ

背骨で聴いている ハチミツの雨
ヒマワリ畑で ラジオが歌うよ

手紙を書いたなら 空に飛ばすんだ
風が運ぶだろう 君のところまで

青空の下 怪獣退治
ギターを片手に

輝いている夜明け前は もう夏だ

ろうせきの道 走り抜けてく
ギターを片手に

輝いている夜明け前は もう夏だ

223 :名前はいらない:03/08/03 01:25 ID:OpHsgPYo
 不安だらけの人生だから
 ちょっと足をとめて
 自然に話しかけてみる
 「元気ですか〜っ!」
 自然は何も言わないけれど
 ただ優しく微笑みかえしてくれた
 元気が一番
 今日もサンタモニカの一日がはじまる
− アントニオ猪木 「馬鹿になれ」


「美しい、ギリシア悲劇のような作品である。私はこの詩以外の詩を読んで泣いたことは無い。」
  
  詩も批評もふざけてるけど、批評をした男は死んでしまった。
  動機不明、意味不明。
  理解しようとする自分さえばかばかしいけど、
  せめて、ここに播かせてください。

224 :名前のない馬:03/08/04 17:07 ID:QhLOSmYi
There is a town in north Ontario,
With dream comfort memory to spare,
And in my mind I still need a place to go,
All my changes were there.

Blue, blue windows behind the stars,
Yellow moon on the rise,
Big birds flying across the sky,
Throwing shadows on our eyes.
Leave us

Helpless, helpless, helpless
Baby can you hear me now?
The chains are locked and tied across the door,
Baby, sing with me somehow.

Blue, blue windows behind the stars,
Yellow moon on the rise,
Big birds flying across the sky,
Throwing shadows on our eyes.
Leave us

Helpless, helpless, helpless.

        " HELPLESS " Neil Young


225 :名前はいらない:03/08/05 11:56 ID:7GXTOV1g
毎日が日曜日

226 :名前はいらない:03/08/05 16:37 ID:zWqes8bJ
なんだここ

227 :火尭烏 ◆lXZBPVO3GQ :03/08/05 20:00 ID:C2akoVlD
僕は空を飛びたかった、鷹のように。
嫉妬が醜いのは知っている。
だが、空を飛びたかった。
人を見下ろしてこそ、生を実感する…。

228 :名前はいらない:03/08/05 21:47 ID:pnbQtlNg
>>222
まあまあ。オレは好きだよ。マーシーの世界。
いい詞だと思うよ。

229 :名前はいらない:03/08/05 22:37 ID:OYuzfnHp
真島の叙情的な詩は凄く好きだが、ストレートなプロテストソングは年を重ねるごとに受け付けなくなる・・・

230 :プカプカ:03/08/06 00:23 ID:Dh5wAqHA
おれのあん娘はタバコが好きで
いつもプカプカプカ
身体に悪いからやめなっていっても
いつもプカプカプカ
遠い空から降ってくるっていう
「幸せ」ってやつがあたいに分かるまで
あたいタバコやめないわ
プカプカプカプカプカ

おれのあん娘はスウィングが好きで
いつもドゥビドゥビドゥ
下手くそなスウィングやめなっていっても
いつもドゥビドゥビドゥ
あんたがあたいのどうでもいい唄を
涙流すまで 分かってくれるまで
あたいスウィングやめないわ
ドゥビドゥビドゥビドゥビドゥ

おれのあん娘は占いが好きで
トランプスタスタスタ
よしなって言うのにおいらを占う
おいら明日死ぬそうな
あたいの占いがピタリと当たるまで
あんたとあたいの死ぬとき分かるまで
あたいトランプやめないわ
スタスタスタスタスタ

あんたとあたいの死ぬとき分かるまで
あたいトランプやめないわ
スタスタスタスタスタ

231 :名前はいらない:03/08/06 01:57 ID:Gogvqfvr
>>230
今ちょうどURCのトリビュートアルバム聴いてたとこだ。
凄い偶然

232 :ブルー・エンジェルかな?:03/08/06 21:26 ID:H/UKqEo0
故郷を出たのは16の時
夜汽車の窓の外に
ハートを売った
僕を見ていた淋しさが
椅子に座って あくびしてた
この先 何を見付けるのか
心配しないでと
嘘つきな甘い夢たちが
暗闇の中に遠ざかっていった

この街は誰も頼れるものなく
淋しさだけ話しかける

明日の夢に疲れ果てて
過ぎゆく季節を眺める時
魂は ささやいた
自分は自分でいたかったと
朝 昼 夜 どこを探してみたって
あの日の夢が見つからない
ネオンサイン見てる
僕に尋ねたら
ただ涙が止まらない

この街は誰も頼れるものなく
淋しさだけ話しかける



233 :名前はいらない:03/08/07 15:57 ID:Mf1JFk2P
これこそはと信じられるものが
この世にはあるのだろうか
信じるものがあっても
信じないそぶり
悲しい涙を流している人は
きれいなものでしょうネ
涙をこらえて笑っている人は
きれいなものでしょうネ


234 :武蔵野エレジー:03/08/08 13:33 ID:Lab9u/Dh
パリに降るのはマティーニの雨
しけたタバコはオリーブの味
石畳にはマティスの顔
犬の糞ごと流れてく

雨に打たれて考えてたのは
2年前に出てったあの娘の事
うすれた頃に海の向こうから
元気ですかと一言エアメール

あいつ今頃ケムリになって
気ままに空を飛んでるのだろう
武蔵野に降る雨に歌えば
さよなら告げる鐘が鳴る


235 :高句麗@戦闘員 ◆OIZKOUKURI :03/08/08 13:39 ID:gcq1XbhF
俺の推薦は七百年後の目撃者だ

236 :名前はいらない:03/08/08 16:30 ID:vW3xs3gO
>233
イメージの詩!

237 :名前はいらない:03/08/11 02:11 ID:DIappiIL
もう他人同志じゃないんだ
こんな胸の想い
迷うこともなく あなたに惚れたんだ
予感は当たっていた
あなたと初めて出逢った夜
ささやく言葉に 身体が震えたぜ
町を歩く二人に
地図はいらないぜ
パーキング・メーター
ウイスキー 地下鉄の壁
Jazz men 落書き 共同墓地の中
みんな雨に打たれてりゃいい

もう他人同志じゃないんだ
あなたと暮らしていきたい
<生活>という うすのろがいなければ
町を歩く二人に
時計はいらないぜ
死んでる噴水 酒場
カナリアの歌 サイレン
ビルディング ガソリンのにおい
みんな雨に打たれてりゃいい

もう他人同志じゃないんだ
あなたと暮らしていきたい
<生活>という うすのろを乗り越えて

238 :OVER THE RAINBOW:03/08/11 02:38 ID:P95R/VlU
信じたくない出来事をあなたはいつもどうやって
のりこえてきましたか?惰性とか妥協とか堕落とか
落ちる感覚がたくさんの希望に満ちあふれていたはずの純粋さを
泥まみれにしてしまったその時誰があなたを救ってくれたのでしょう?

※OVER THE RAINBOW
 空へ駆け上がる気持ちを持てるなら 例え虹を越えられなくても
 素敵な感覚なんじゃない?※
△OVER THE RAINBOW
 びしょ濡れになった僕の心を 君が癒してくれた証しなんだから△

永遠という文字 あなたは素敵な言葉と思っていませんか?
安らぎはなかなか永遠とは 相性がよくないみたい
だけども君のひたむきで 力強い想いが雨音を
期待のリズムに変えてくれました
少しづつ 少しづつ
すさんだ心を体を 洗い流してくれました
(※くり返し)
(△くり返し)
OVER THE RAINBOW
夕立ちが上がった頃に 空をながめてみましょうよ
OVER THE RAINBOW
ビルのすきまからでもいいじゃない?
きっとあなたにとっての彼が、彼女が、
虹を見せてくれるでしょう
OVER THE RAINBOW
FEEL THE RAINBOW
I WAS THE RAIN
YOU BECAME THE RAINBOW...
INTO MY HEART..


239 :山崎 渉:03/08/15 12:17 ID:6uqIVx7n
    (⌒V⌒)
   │ ^ ^ │<これからも僕を応援して下さいね(^^)。
  ⊂|    |つ
   (_)(_)                      山崎パン

240 :こんにゃく座φ ★:03/08/29 10:38 ID:???
home.ne.jp を全サーバで規制。

無意味な文字列を連続投稿(連続コピペ)
による2ちゃんねるに対する迷惑行為。

http://aa2.2ch.net/test/read.cgi/aasaloon/1056535971/

■■■■■■重複■■■■■■,sage,03/08/26 22:44 vCHXn+yV,<a href="../test/read.cgi/aasa,,FLH1Aab008.fks.mesh.ad.jp,218.227.166.72,0
■■■■■■重複■■■■■■,sage,03/08/26 22:44 BAzd71n7,<a href="../test/read.cgi/aasa,,210-20-231-44.home.ne.jp,210.20.231.44,0
■■■■■■重複■■■■■■,sage,03/08/26 22:44 vCHXn+yV,<a href="../test/read.cgi/aasa,,FLH1Aab008.fks.mesh.ad.jp,218.227.166.72,0
■■■■■■重複■■■■■■,sage,03/08/26 22:44 BAzd71n7,<a href="../test/read.cgi/aasa,,210-20-231-44.home.ne.jp,210.20.231.44,0
■■■■■■重複■■■■■■,sage,03/08/26 22:44 vCHXn+yV,<a href="../test/read.cgi/aasa,,FLH1Aab008.fks.mesh.ad.jp,218.227.166.72,0
■■■■■■重複■■■■■■,sage,03/08/26 22:44 BAzd71n7,<a href="../test/read.cgi/aasa,,210-20-231-44.home.ne.jp,210.20.231.44,0
■■■■■■重複■■■■■■,sage,03/08/26 22:44 vCHXn+yV,<a href="../test/read.cgi/aasa,,FLH1Aab008.fks.mesh.ad.jp,218.227.166.72,0

以下 http://aa2.2ch.net/aasaloon.txt

241 :名前はいらない :03/09/10 00:58 ID:lNKnHCXO
カンドー



242 :名前はいらない:03/09/13 01:42 ID:xJTHeJb2
いまあらためて

「チンコ」



243 :名前はいらない:03/10/14 02:06 ID:gdKk94x9
歌詞スレ大杉。

244 :「橋の上で」 詩 桜井秀俊:03/10/21 03:37 ID:B0dS66ln
橋の上に立ち 見渡せる長い
土手沿いの桜並木は
春になれば今もきれいですか 君は元気ですか

この橋を渡り 生まれた街を
手放して僕は生きてる
「そこにはなにがあるの?」君の声が耳をかすめるよ

明日だけを見つめる街で僕は君を忘れかけた

水面を見下ろすベンチで 君は急に真顔で
何を言おうとした
照れながら話をそらせて別れた 僕らは
橋の上で

仕事のチャンスをやっとつかんだよ
君にしつこく聞かせていた
「何か遠い話ね」君の声に言葉をのみこんだ

忘れてはいけないものに目をつぶって歩いてるとしても

ここには何があるのかうまく言えないまま
日々をもがいている
だけど僕は夢を捨てて生きれない 僕らを
橋よつないでいてくれ

枝垂れ桜の木々は4月の終わりに
いつも色づいて
少し遅めの春を待ちわびていたね 僕らは
橋の上で

245 :名前はいらない:03/11/25 16:36 ID:suL679bw
今日は宇宙のお祭り日
みんなでうちに閉じこもり

見えない君を探す僕には
六畳一間は宇宙の広さ〜〜〜

ラブデリックマンセー

246 :名前はいらない:03/11/25 18:53 ID:GVomhTZN
http://sports2.2ch.net/test/read.cgi/entrance2/1069753925/2

魔津呪!魔津呪!魔津呪!

(*´Д`*)ハァハァ

247 :名前はいらない:03/11/27 02:15 ID:Ih+X2V3D
スピッツの8823

愚図と呼ばれても笑う。

248 :名前はいらない:04/02/07 17:53 ID:FdvMeM/m
石油臭い

ああ輸送

システムの異常

卵焼き完成

249 :名前はいらない:04/03/23 19:59 ID:XuB5iCqe
喧騒から離れてヲームステディ

簡単なる味噌入りシチューを召し上がれ

カバー有名人じゃなきけどバカ売れ必死

先生しおりが付いてませんけど?

250 :名前はいらない:04/04/05 11:34 ID:zsQky/gu
「DIAMOND LUST」

このまま何処へ たどり着くの?
内なる輝きだけが 溢れ出している

あー このまま 漂うまま
あー いつかは 救われるのか

この愛は 何が間違いなのか
     何が正しいのか
     もうどうでもいいから
     …あなたが欲しくてたまらない

ちぎれて飛んだ 夢のかけら
全てを取り戻しても 何の価値もない

あー このまま もがき続け
あー いつかは 満たされるのか

この愛に 溺れ確かめたい
     あなたを感じたい
     今 この瞬間に
     …全てを燃やしてしまいたい

     何が間違いなのか
     何が正しいのか
     もうどうでもいいから
     …あなたが欲しくてたまらない

251 :名前はいらない:04/04/05 18:41 ID:wlKE2Qj+
瞳を閉じればあなたが
 まぶたの裏に居ることで
どれほど強くなれたでしょう
 あなたにとってあたしも そうでありたい

↑とっても好きな歌詞です。

252 :名前はいらない:04/04/24 23:52 ID:PxdkZaHf
そこで涙をこぼしても 誰も気付かない 何も変わらない
少しでも そばに来れるかい? すぐに手を掴んでやる
風に揺れる旗の様な あのメロディーを思い出して
遠い約束の歌 深く刺した旗

BUNPのメロディーフラッグの一部
涙が出てきました。

253 :私の青空:04/06/19 23:45 ID:cdkRxe66
夕暮れにあおぎみる
輝く青空
陽が暮れて辿るは
我が家の細道

狭いながらも楽しい我が家
愛の日陰のさす所
恋しい家こそ私の青空

254 :名前はいらない:04/06/23 23:29 ID:5GkKD0Qp
うたかたの恋 追憶の花 この風に 心あずけた
たった一度の 甘い吐息の 君をつつんだ夜
何故か目をそらした 恋の行方に 天かける星屑 集めた人よ 水面ゆらす 小さな花 白くはなかく めぐる季節に ふるえてた ずっと ずっと

255 :名前はいらない:04/06/23 23:34 ID:X5B5mik0

Akila(*´ェ`*)ポッ

Akila(*´ェ`*)ポッ

Akila(*´ェ`*)ポッ

256 :名前はいらない:04/06/28 11:16 ID:DaCHaU/r
世界の ど田舎にいま でかいビルが建ち並び
バスの色で 唾をとばしあってる
自分の平和のために 他人に血を流させる
お返しはただ 「LOVE(愛)」のひと言だけさ
真面目に考えるだけ馬鹿らしい だれの為に働き
何の為に戦い 奴等の手先はもうクソ喰らえ

 パレスチナから SOS ニカラグアから SOS
 ポーランドから SOS もうマルクスは居ない
 Revolution(革命)Evolution(進化)Devolution(退化)
 Revolution(革命)Evolution(進化)Devolution(退化)

 バクダットから SOS アフガンから SOS
 ピョンヤンからも SOS 電波は消されていく
 キャピタリズムの SOS コミュニズムからの SOS
 独裁国の SOS おまえら奴隷なんだよ

 マホメッドからの SOS ジーザスからの SOS
 シッダールダの SOS どこがジハードなんだよ
 Revolution(革命)Evolution(進化)Devolution(退化)
 Revolution(革命)Evolution(進化)Devolution(退化)

        ーR★E★Dー

257 :名前はいらない:04/07/07 12:04 ID:O2hVMnVW
井上陽水/自己嫌悪

 めくらの男は静かに見てる
 自分の似顔絵 描いてもらって
 似てるとひとこと つぶやいている
 あなたの目と目よ 涙でにじめ

 病の男は淋しく見てる
 あまりに薄い日めくりの紙
 付き添う子供はたじろぎもせず
 あなたの体よ 天まで届け

 眠れぬ男はぼんやり見てる
 明日と呼べない自分の朝を
 煙草のけむりは線を描いて
 あなたは息づくことがないのか

 歌えぬ男は怯えるばかり
 明日の仕事は南か北か
 どこかで誰かの読んでる声が
 どこまで行くのだ 貧しい足で

258 :名前はいらない:04/07/27 19:12 ID:UtcqSwun
湖の見える タンポポ丘の 桜の木の下で
下ろしたての コートのポケットに 手を入れて
数年前にもこの場所で 同じポーズしていた事
思い出してやっと実感 「僕は帰って来た」

積もった落ち葉が 踏まれて音を立てた あの日と同じ 乾いた音
昇った朝日に 手を振り夢を見た
あの日が重なる中

この手は 振れない 大事なモノを落とし過ぎた
この眼は 余りに 夢の見過ぎで悪くなった
あの日と違うのは 僕だけ



この歌を聴いたとき泣きそうになった。


259 :soft ◆ZYsoftMCT2 :04/07/28 15:59 ID:uk0gEcIQ
>>258
BUMPの続くだらない唄やね

260 :名前はいらない:04/10/15 20:49:16 ID:yVDBUkmT
http://www.pocketstreet.jp/home.php?id=51442

261 :名前はいらない:04/10/16 00:10:07 ID:bD70PkRk
夏の夕暮れ
今もまだこのボクに
いったい何の用がある?
消え去せた遠い
少年の日よ!




262 :こうゆう:04/10/16 03:27:55 ID:P2onn/WB
大江健三郎の「新しい人」とかはどうかしゃん

263 :名前はいらない:04/10/18 17:52:12 ID:MMLSOg/p



       「生きていると悲しい。生きていることは悲しくない」


       「世界は美しくなんかない。そしてそれ故に美しい」



264 :名前はいらない:04/10/19 17:09:07 ID:RA2VN+AS
http://www.pocketstreet.jp/home.php?id=51442

265 :チコタン:04/10/19 23:19:42 ID:mRPQQr5X
〔1〕なんでかな?

なんでかな? なんでかな?
なんでチコタン 好きなんかな?
なんでこないに 好きなんかな?
チコタン チコタン チコタン チコタン

アメダマみたいな 目ェやからかな?
マシュマロみたいな 鼻やからかな?
クラスでいちばん チビやからかな?
クラスでいちばん ゲラやからかな?
なんでこないに 好きなんかな?

なんぎやなあ なんぎやなあ
チコタン チコタン チコタンタン
どないしょう どないしょう
チコタン チコタン チコタンタン
チコタンタン チコタンタン チコタンタン
チコチコ チコチコ
チコタンタン チコタンタン

ぼくは あなたを……
ぼくは あなたを……

食べてもたろか!!

266 :チコタン:04/10/19 23:20:52 ID:mRPQQr5X
〔2〕プロポーズ

チ チ チ チ チ チ チ チエコさん
ぼ ぼ ぼ ぼ ぼ ぼ ぼ ぼくぼくの
およ およ およ
およ およ およ およ およめさんに
な な な なってください

もし君が およめさんに なってくれたら
べ べ べ 勉強 いたします
よい子に なります
そうじも サボりません
ハナクソ とばしません
女の子も 泣かしません
ぜ ぜ ぜ ぜったい ちかいます!

チ チ チ チ チ チ チ チエコさん
そ そ そ そ そ そ そ そやさかい
ぼ ぼ ぼ ぼ ぼくの
およめさんに
な な な なってください!

267 :チコタン:04/10/19 23:22:01 ID:mRPQQr5X
〔3〕ほっといてんか

ほっといてんか! ほっといてんか!
おやつなんか いらん
ケーキなんか いらん
あほたれ あほたれ!
母ちゃんの あほたれ!
なんで ぼく一人だけ うんだんや!?
ぼくがサカナヤ つがんならんのに
そやから ぼくは シツレンしたのに……

ほっといてんか! ほっといてんか!
ごはんなんか いらん
テレビなんか 見とない
あほたれ あほたれ!
父ちゃんの あほたれ!
なんで サカナヤなんか したんや!?
チコタン サカナはきらいやのに
そやから ぼくは シツレンしたのに……

ほっといてんか! ほっといてんか!
一人ぼっちで ほっといてんか!

268 :チコタン:04/10/19 23:23:12 ID:mRPQQr5X
〔4〕こんやく

ええこと ええこと おーもいついた!
チコタン チコタン エビすき ゆうた
チコタン チコタン カニすき ゆうた
チコタン チコタン タコすき ゆうた
そんなら そんなら チコタンすきな
エビ カニ タコだけ 売ったらええねん
ほんまに ええこと おーもいついた!
ヤッホー ヤッホー ヤッホー!!
ヤッホー ヤッホー

チコタン チコタン ニッコリ わろた!
チコタン チコタン オッケー ゆうた!
チコタン チコタン ゆびきり げんまん!
チコタン チコタン 日本一の
チコタン チコタン サカナヤ やるぞ!
ヤッホー ヤッホー ヤッホー!!
ヤッホー ヤッホー!!

269 :チコタン:04/10/19 23:30:37 ID:mRPQQr5X
〔5〕だれや!?

二人で ゆびきりしたのに……おとなになったら ケッコンしようと
二人で ゆびきりしたのに……ケッコンしたら 日本一のサカナヤになろうと
二人で ゆびきりしたのに…… おいしいエビ たべさしたろ思てたのに
おいしいカニ たべさしたろ思てたのに おいしいタコ たべさしたろ思てたのに
そやからそやから いっしょうけんめ ベンキョウしたのに よい子になったのに
そやのに……そやのに……

チコタン 死んだ ダンプにひかれて チコタン 死んだ
横断歩道で 黄色い旗にぎって チコタン 死んだ
チコタン わろてる 花の中から チコタン わろてる 写真の中から
チコタン わろてる いたかったの こらえて つらいの こらえて かなしいの こらえて
チコタン わろてる わらうな チコタン! 写真の中なんかで わらうな!
ぼくは つらいねんぞ ぼくは さびしいねんぞ ぼくは 泣いてんねんぞ
そやのに……そやのに……

だれや!? チコタン殺したのん だれや!?
ぼくのチコタン 殺したのん だれや!?
ぼくのおよめさん 殺したのん だれや!?
だれや だれや!? だれや だれや!?
だれや だれや だれや だれや!?

アホーゥ!!

270 :名前はいらない:04/10/20 02:07:00 ID:bzDSI8lA
チコタン知ってる……中学のとき合唱コンクールで歌った。
知ってる人いるとは!嬉。

271 :名前はいらない:04/10/20 04:11:51 ID:5XSnVUsx
「水鏡」   Cocco

汚れないのは 届かないから
犯した日々まで 美しいだけで

あなたの歌が
きこえないように 耳をふさいだ
あなたの指が しみついたままで
上手に歩けるはずもないのに
わたしは何処へ?

笑ってと あたなは言う
赤い靴で踊ってと 囁く
それでも 紫陽花は死んでしまった

疼きだすのは 健気な肌で
傷んでいくのは 懐かしい景色

あなたの歌が
きこえないように 耳をふさいだ
あなたの指が しみついたままで
上手に歩けるはずもないのに
わたしは何処へ?

あなたの歌が
きこえないように 耳をふさいだ
あなたの指が しみついたままで 遠くへ
からまる舌を
切り落としたのは あなたじゃなくて
もつれた腕に 爪を立てたのは
今さら 水面に歪む影
さぁ わたしは何処へ?

272 :青牙:04/10/20 22:02:40 ID:SHoPRgXk
ji ma ma♀のガーリックトーストの最後らへん

ガーリックトーストが焼けたよ
ちょっと濃いめのコーヒーも入ったよ
神様みたいな香りがしてた

ラフレシアの花が咲く頃
出会う予定の貴方に祝福を
ガーリックトーストを一緒に食べましょう

273 :名前はいらない:04/10/21 01:30:39 ID:mvBEL36z
チコタンって初めて見たけど最後の方で泣きそうになった・・・。

274 :名前はいらない:04/10/26 18:18:42 ID:sMXa7xCE
灰色で綺麗だった 想いを探してる
足跡消せないから 苛立ち重ねたけど
空白で素敵だった 想いを探してる
僕だけのラプソディが手がかりで

275 :名前はいらない:04/10/26 22:05:23 ID:skMH3Bgp
薔薇ノ木ニ 薔薇ノ花咲ク。
何事ノ不思議ナケレド。

276 :名前はいらない:04/10/27 00:49:46 ID:udENQjBH
>>265
> クラスでいちばん ゲラやからかな?

ゲラってなーに?

277 :BOO ◆VoicePOLT6 :04/10/27 01:07:48 ID:RJNKr57F
>>265-269
チコタンはちょっと神だよねえ。
この歌大人になってからはじめて教えてもらったんだけどさ。
子どものころ歌っていたかったな。

278 :名前はいらない:04/10/28 06:47:27 ID:fZdTtspu
Don't Panic

We live in a beautiful world
There's nothing here to run from
'cause everybody here's got somebody to lean on.



279 :名前はいらない:04/10/28 09:46:06 ID:e/TlYsEc
>>276

「ゲラ」とは、関西で「笑い上戸」です。

280 :名前はいらない:04/11/05 03:46:54 ID:YgOljlRC
そんなにもあなたはレモンを待っていた
  かなしく白くあかるい死の床で
  わたしの手からとった一つのレモンを
  あなたのきれいな歯ががりりと噛んだ
  トパアズいろの香気が立つ
  その数滴の天のものなるレモンの汁は
  ぱあっとあなたの意識を正常にした
  あなたの青く澄んだ眼がかすかに笑う
  わたしの手を握るあなたの力の健康さよ
  あなたの咽喉には嵐があるが
  こういう命の瀬戸ぎわに
  智恵子は元の智恵子になり
  生涯の愛を一瞬にかたむけた
  それからひと時
  昔山巓でしたような深呼吸を一つして
  あなたの機関はそれなり止まった
  写真の前にさした桜の花かげに
  すずしく光るレモンを今日も置こう

281 :名前はいらない:04/11/21 21:35:07 ID:T/v39c55
>>274
誰かはあきらめることが楽と言った
”正反対さ”と心で思った
いつも”繰り返しただけ”と迷ったけど
未完成だとしてもいいストーリー 胸に抱いている

282 :名前はいらない:04/11/22 22:19:28 ID:BSikwfow
カムチャツカの若者が  キリンの夢を見ているとき
メキシコの娘は      朝もやの中でバスを待っている
ニューヨークの少女が 微笑みながら寝返りをうっている
ローマの少年は柱頭を染める朝陽にウインクする
この地球では いつもどこかで朝が始まっている

僕らは朝をリレーするのだ
経度から経度へと
そうしていわば交替で地球を守る
眠る前のひと時耳を済ますと
どこか遠くで目覚まし時計のベルが鳴ってる
それはあなたの送った朝を
誰かが受け止めた証拠なのだ

谷川俊太郎「朝のリレー」

283 :>>280はレモン哀歌だっけ?好き:04/12/01 00:06:46 ID:mnAndgqC
スピッツ/正夢

ハネた髪のまま飛び出した 今朝の夢の残り抱いて

冷たい風 身体に受けて どんどん商店街を駆け抜けていく

『届くはずない』とかつぶやいていても また
予想外の時を探してる

どうか正夢 君と会えたら 何から話そう 笑ってほしい
小さな幸せ つなぎあわせよう 浅いプールで じゃれるような
ずっと まともじゃないって わかってる

八つ当りできずつけあって 巻き戻しの方法もなくて
少しも忘れられないまま なんな無理矢理にフタをしめた

デタラメでいいから ダイヤルまわして
似たような道をはみ出そう

いつか正夢 君と会えたら 打ち明けてみたい 裏側まで
愛は必ず 最後に勝つだろう そうゆうことにして 生きてゆける
あの キラキラの方へ登っていく

どうか正夢 君と会えたら 何から話そう 笑ってほしい
小さな幸せ つなぎあわせよう 浅いプールで じゃれるような
ずっと まともじゃないって わかってる
もう一度 キラキラの方へ登っていく

もう会えない亡くした彼女を思いながら聴くと涙が頬を…

284 :名前はいらない:04/12/01 18:27:53 ID:a43Hl5dr
雲海 ・ 川崎洋

 地上から
 見ているのは
 じつは
 雲の裏側だったと気付く
 精神が
 低いところを
 徘徊していては
 生きることの意義の
 輝かしい表は
 見えない と
 雲海は
 告げている

285 :ブルーハーツより愛をこめて:04/12/09 17:43:17 ID:NNw4dipb
見捨てられた裏通りから世界中に向けて大切な
メッセージが届くのを君たちは見るだろう

鉄砲も兵隊も
政治家さえもいらないよ
君たちが望むのは
自由だけでいいよ

たった一つの小さな夢
追いかける若者がいて
たった一つのその命を
燃やし続けている

燃やし続けている

286 :名前はいらない:04/12/19 01:26:07 ID:og4KXxkl
アイスクリイム/千葉紗子

あなたと出会ったのは偶然
眠たい坂道の陽だまりのアクシデント

食べかけラベンダーのアイスで
真っ白だった胸を桃色に染めた

それはいつかやって来ると知っていたけれど、まだ遠く思ってたこと

こんな風に恋に落ちるはずじゃなかったと
じれったさつのるけど
アイスクリイムが溶けてゆく時間だけ
あなたのこと恋してみようか

287 :名前はいらない:04/12/19 01:44:24 ID:s9FsqPNn
乾いた水を飲まされて
のどがカラカラになっても
君をまちがえて飲みこんだりしませんように

かけ布団あたまから
かぶって眠るよ
強すぎる夜だよ
月のひざしが
何の成績もないとこで
何の作戦もないとこで
いつかふたりで
いようね

誰かがぼくらに嘘ついても
それもおそろいの嘘だから
ちゃんとおそろいでだまされて
いようね

抜粋知久寿焼「月のひざし」

288 :名前はいらない:05/01/16 13:59:25 ID:E+t//7I5
age

289 :名前はいらない:05/01/16 17:25:36 ID:JG+tYtqT
黄金で心を捨てないで
黄金の花はいつか散る
本当の心を 咲かせてね




どっかの衛星放送でやっていた、沖縄っぽい感じの歌より。

290 :名前はいらない:05/01/20 20:42:35 ID:5h2znbQK
窓をつたう 雨の粒みたいに
線香花火の 雫みたいに
一つになったら おっこちちゃうの?
一人ぼっちでいなくちゃだめなの?
眠れないのは ほっとくだけ
側にいたいよ 君の彼女で
明日変わるね 私変わるよ
だからさようなら きっとできる
でも ベランダで儚い私は一体・・

川本真琴

手を繋いでいて
悲しみで一杯の情景を
握り返して
子の結び目が 世界を守るのさ

東京事変


291 :名前はいらない:05/01/20 22:36:11 ID:DCdL0AGC
例えこの道がいばらのように厳しくても笑って歩けるようになりたい

292 :名前はいらない:05/01/20 23:32:21 ID:ECYoQqhT
横浜のアンが 4強の夢を見ているとき
全羅南道のナムイルは 朝もやの中で日本行きのバスを待っている
ソシエダのチョンスが ほほえみながら凸ポックキュするとき
オランダの苺少年は ご飯を染めるキムチにウインクする
この地球では いつもニダーのホコホコがはじまっている

ニダーはホコホコをリレーするのだ
経度から経度へと
そうしていわば交替で地球を守る
眠る前のひととき耳をすますと
どこか遠くでニダーがアイゴーと吠えている
それは様達の送ったホコホコを
ニダーがしっかりと受けとめた証拠なのだ

シオ韓詠み人不知「ホコホコのリレー」

293 :292:05/01/20 23:35:09 ID:ECYoQqhT
>>282への、返歌。

294 :名前はいらない:05/02/05 10:52:58 ID:7UVJxH9s
「プラハからの手紙 EIN BRIEF VON PLAG」

泥だらけの長靴 boots を脱ぎすて、靴下から出た指をさすってたら
アザラシみたいな警備兵に、パスポートを銃で求められた
ペリカンの夢で飢えをしのぎ、マックスウェーバーを燃やして温もりを得た
洞穴の弁護士はハンモックに揺られ、高いびきをたててるっていうのに
崩れたトーチカで目隠しされ、小突かれながら階段をのぼらされてる
乳首にクリップを挟まれたままで、彼女は神に感謝をしつづけてるよ
生を受けてそして死が訪れて、オレはプラハからの手紙を待ってる
草に覆われた鉄条網の中を、シュプレヒコールだけが勇ましく響く、ただ空々しく
夏が終りそしてまた秋が来て、オレはプラハからの手紙を待ってる
ガス室から洩れるワーグナーの子守唄、鼓膜に針金差し込まれたミミズクには何も聞こえない
ひなびた街の枝にぶらさがり、河べりの宿で14才の娘を抱いた
青痣だらけの太股を開いて眠る、あどけない寝顔が過去にしがみつくよ
虚夢がうせてそしてまた欠伸して、オレはプラハからの手紙を待ってる
安ワインの底であえぐ沈黙を、鼻毛のばした看守がクサイ息はきながらだるそうにみてる
将軍達の夜のアペリティフから、長いナイフをかざしたメイン・ディッシュまで
キャンドルの餌食にされてる女は、失禁しながら民主主義 democracy をせせら笑うよ
英雄 hero は去りそしてまた使徒が来て、オレはプラハからの手紙を待ってる
ステンドグラスに伝説が凍れば、奇跡は溶けだすオスカー・ワイルドじゃないけれど美しく
ブレーメンから列車で送られて来たワルシャワの郵便局員がオレに手渡す
息絶えたその手に握られている伝言をクルスクにばらまいてくれと
夜が明けてそしてまた陽が暮れて、オレはプラハからの手紙を待ってる
疼きだした骨を鳴らして、汚れた長靴 boots をはき直してる 雨になりそうだというのに

295 :名前はいらない:2005/04/21(木) 05:57:41 ID:9cqNHpUL
投稿詩で見た、
「私は世界で一番醜いので友達がいません」
という一文が忘れられない

296 :名前はいらない:2005/04/22(金) 01:47:37 ID:8NQmhWjY
独り善がりでも どうでも良かった
恍惚の時を 一人かみしめる それだけで
Everyone just goes away
僕のことなんて どうでもいいかな?
ナイフは捨てたよ 赤い花のほうがまだいいから
Everyone goes away
Everyone just gose away
I know it
Blind to all My Heart
堕ちてゆけばいい 笑みを含む心のままで
時の最果てまでたどり着いたら
きっと自由になれるのだから

すべて真っ白に 塗り替えられたら...
たとえば僕らが 僕らでなくてもいい時代(いま)を
Everyone Everyone
Gose away just gose away
I know it
Blind to all My Heart
何も見たくない 僕は永久に傷を負わない
そして誰もいない人混みの中
かみしめよう恍惚の時間(トキ)を....

Blind To My Heart/WANDS

高校の時、聞いて泣いた。

297 :名前はいらない:2005/04/22(金) 23:29:21 ID:WsedYcmt
分かり合えてるかどうかの答えは多分どこにも無い
それなら体を寄せ合うだけでも
優しいものはとても怖いから泣いてしまう貴方は優しいから
誰にも傷が付かないようにと一人でなんて踊らないで
どうか私とワルツを

この冬が終わる頃には凍った鳥達も溶けずに落ちる不安で飛べないまま
あとどれだけ歩けるのだろう
きっと貴方は世界の果てへでも行くと言うのだろう
すべての温度を振り払いながら
失うときがいつか来ることも知っているの貴方は悲しい程
それでもなぜ生きようとするの何も信じられないくせに
そんな寂しい期待で

優しいものはとても怖いから泣いてしまう貴方は優しいから
誰にも傷が付かないようにと一人でなんて踊らないで
不思議な炎に焼かれているのなら
悲鳴を上げて名前を呼んで一度だけでもそれが最後でも
誰にも傷が付かないようにと一人でなんて踊らないで
そして私とワルツをどうか私とワルツを



298 :綿の国星:2005/04/23(土) 14:20:22 ID:V5Gm4/Go
 思いは
 うつりかわり
 うつりかわり
 かげろうのよう
 
 ひとつの事を
 考えつめようとしても
 もう次の考えに
 うつってしまいます

 外のけしきが一日一日と
 うつりかわってゆくからです

 おばけのような桜が
 おわったとおもうと
 遅咲きの八重桜

 すみれや
 れんぎょう
 花蘇芳(はなずおう)

 黄色い山ぶき
 雪柳
 なんとすごい
 なんとすごい
 季節でしょう

299 :本田武史にもうちょいがんがって欲しい電波:2005/04/28(木) 18:03:11 ID:masbx0+M
「奇跡を信じる人は弱虫」種類に分けて
不安の形をそういうのなら ここは悲しい

深く沈む孤独な夜を
色のついた世界に戻そう
永遠に続く闇を 突きぬけてる空が 街を照らすよ

限りある胸に痛く 想いの容量が
溢れていく 儚い涙と常に共に
重ねた 夢だけ捨て 心を空にする



Sowelu「breath〜想いの容量〜」

300 :名前はいらない:2005/06/11(土) 01:45:35 ID:73CluMzG
「千の風になって」

私のお墓の前で泣かないでください
そこに私はいません
眠ってなんかいません
千の風になってあの大きな空を吹きわたっています

秋には光になって畑に降り注ぐ
冬はダイヤのようにきらめく雪になる
朝は鳥になってあなたを目覚めさせる
夜は星になってあなたを見守る



作者不明。遺書らしい。

301 :名前はいらない:2005/07/02(土) 00:21:49 ID:QDe+t/YD
井荻麟の「一千万年 銀河」と「愛の輪?(漢字忘れた)」と「月の繭」に感動した

302 :名前はいらない:2005/07/08(金) 02:06:19 ID:V2ygrthg
L'Arc〜en〜Ciel全般

303 :名前はいらない:2005/07/08(金) 02:59:58 ID:Vp2H6H0w
だれかをゆるすとき
かたい結び目はほどけ
過去は解放される。


リシャード・フィールドとかいう人

304 :名前はいらない:2005/07/08(金) 06:38:16 ID:2Ghakoz1
>>1-303
「こんにちは、JASRACの者ですが」

305 :名前はいらない:2005/07/08(金) 13:23:43 ID:Ix58GJmV
>>414

記事
  https://ranking.oricon.co.jp/free_contents/chart_sumi/detail.asp?no=41
まとめ
  http://happymaterial.com/
携帯まとめ
  http://hp15.0zero.jp/219/nil/

306 :名前はいらない:2005/07/08(金) 21:44:27 ID:Rv0e+zCF
>>300
私もそれ好き…

307 :梨愛:2005/07/08(金) 22:04:44 ID:ccBaI+M2
詩中心のHPです☆詩に興味のある人
大歓迎っ☆一度見に来てね☆
http://ip.tosp.co.jp/i.asp?i=kattun2005

308 :名前はいらない:2005/07/08(金) 23:40:21 ID:gFL8rQT3
進むべき道も途中でブレーキ踏むのもアリ回り道も素敵
是非、是が非にでも寄るべきとこがあるだけ君はラッキー
遠回りも上りも下りも暗がりも君にとっては全てプラス
つらすぎることだって全てプラス
楽しんでやれ

309 :名前はいらない:2005/07/08(金) 23:43:19 ID:gFL8rQT3
君が描くドラマの主人公は君だろ?
君を中心にして世界は回るんだよ

男だったらこうあれ、女だったらこうあれとかは気にせず
自分だったらこうするって気持ちが大事なんだよ

310 :名前はいらない:2005/07/09(土) 16:35:09 ID:TNX02avL
江坂 竹蔵(↑)って人の詩おもしろいよ。
意味なんかなくてもいいやって思った。

311 :名前はいらない:2005/07/22(金) 14:19:16 ID:2mvb7VUi
中原中也の帰郷って詩を読んで泣いた。 

312 :ほとり:2005/07/26(火) 15:12:31 ID:1OFMUlAr
待っているだけじゃ何も変わりはしない
わかってるよ わかってるんだけど
何もすることが出来ない
不安が多くて苦しくなる
君は今何を思う
魔法が使えたなら
君の心の隙間に 少しでも
僕という存在を映したい
こんな小さな機械で繋がっているだけの僕と君
なくなったら 何もなくなるね
その前に なくなる前に
愛という確かな形として
繋がりたい


313 :名前はいらない:2005/07/26(火) 22:48:26 ID:uf0YpVPN
僕を分かってくれる何かを探して
今日もまた共に歩んだ靴を脱いで終わった
「お疲れ様☆」とビールが染み込んでゆく
誰かに勝てたらもっとうまいのかなぁ

見上げた空
微笑む風
泳いでる君
いつもの夜
浮かんでは消える賢い生き方
どれも僕らしくないんだ

悲しい事
嬉しい事
楽しい事
その全てを僕はありのまま感じていきたい
それが僕が僕で居る事

314 :名前はいらない:2005/07/26(火) 22:50:32 ID:uf0YpVPN
浮かんでは消える賢い生き方
どれも僕らしくないんだ

悲しい事
嬉しい事
楽しい事
その全てを僕はありのまま感じていきたい
それが僕が僕で居る事

315 :名前はいらない:2005/07/26(火) 23:05:27 ID:PAHsmHzj
レイ・チャールズの母さんの言葉

You are blind not stupd You lost sight not your mind




316 :「Seasons of Love」:2005/08/09(火) 17:16:26 ID:C8XJ6nC3
525600分の過ぎたとき 31536000秒
525600 
どう数える? 一年を

夜明け 日暮れ 深夜のコーヒーカップ 笑い泣いた月日で?
525600
どう数えて生きていく?

それはLOVE
きっと LOVE
HOW ABOUT LOVE

季節は
Seasons of Love
Seasons of Love

525600
525600の旅の跡
525600
どう数えれば分かるの?その重さが

出会いの数か 一人の夜か 燃やした過去か 死に様か

せめて 今は 傷ついた友と 
さあ 声が枯れるまで祝福を!

それは LOVE
きっと LOVE
季節は Seasons of Love
Seasons of Love
Seasons of Love


317 :ラフレス ◆sH5oy/3qJM :2005/09/25(日) 21:05:42 ID:Ho2cpJc4
クレイジーケンバンドの歌詞。

どうしてみんな別れ間際にきれいな嘘をつくのでしょう
二度と顔も見たくないのに幸せになれよなんて

318 :永遠なるもの1:2005/09/28(水) 12:11:57 ID:HyBMCoY6
嗚呼 部屋のドアに続く 長く果て無い道
平行線の二本だが 手を振るくらいは

嗚呼 全てが人並みに うまくゆきますように。
暗いだなんて言うなって。
全てよ 運命の思うままに。

急にね あなたは言う
やっと笑えそうだっていう時に
わかんなくなって
泣けない
笑えない

愛が 全ての人達に 分けられてますように。
一回も考えなかった
「語ってるよ」とか言って茶化して
全ては いい笑顔のために。

悪者が持つ孤独が みんな 解るかい?
「旅人!」とか みんなは そう言うだけ
予報によりゃ 言う奴が そうか、もうか、そうかぁ
落ちるそうだ 底へ。

319 :永遠なるもの2:2005/09/28(水) 12:12:33 ID:HyBMCoY6
急にね あなたが言う
なんかに飼われていたみたい
もう 冗談じゃないし
泣けるし
笑える
なんだかなぁって!

感情が 全ての人達に 降り注ぎますように。
古いよ?だって性分だ。
そうだ そうだ! いい。
まだ僕等は この調子で。
そうだ!スヌーピー大好きな奴が 重タール漬けガイでもいい
青いよ?だって性分だ。

全ては みこころのままに。
全ては あの“なすがまま”に。
全ての人達に足りないのは
ほんの少しの
博愛なる気持ち
なんじゃないかなぁ

愛が 全ての人達に
愛が 全ての人達に
嗚呼 全てが人並みに
嗚呼 全てが幸せに
あぁ、この幼稚な気持ちが
どうか
永遠でありますように。

320 :名前はいらない:2005/10/23(日) 05:19:12 ID:kf8InnrC
生きてる理由なんてない 

だけど死にたくもない 

こうして今日をやり過ごしてる

生まれたての僕らの前にはただ 果てしない未来があって それを信じてれば 何も恐れずにいられた
そして今僕の目の前に横たわる 先の知れた未来を 信じたくなくて 目を閉じて過ごしている

321 :名前はいらない:2005/12/01(木) 00:10:53 ID:erfv4CGB
 

322 :名前はいらない:2005/12/01(木) 00:12:09 ID:erfv4CGB
『遠き日』 ・ アンダーグラフ


とりあえずそう 過ごしてる今日 振り返れば溺れそうで
家路を急ぐ 人に紛れて 蘇る君を思う
隠してた 不安から 隠し切れない涙になる
あの頃の あなたの 涙の訳が今更分かる
悴んだ手 重ねた日々
変わらない 記憶の中で
約束を破った僕は今も君の海を泳いでいる

雲を見てる 君が笑う 出会えた日と同じように
終る事も 始まる事も 考えはしなかったんだ
無邪気にね 笑っては 伸びた影を一つにした
積み上げた 思い出を あなたは今も覚えてますか
変わる季節 越えた二人
戻れない 記憶向こう
約束を守った君に僕が 何をしてあげられるだろう

悴んだ手 重ねた日々
変わらない記憶の中で
約束を破った僕は今も君の海を泳いでいく


323 :19/西暦前進2000年→:2005/12/02(金) 15:15:26 ID:tCXh8Fkk
横を見ては
歩幅を合わせるだけで
『楽しい自分』を演じてた
僕ら同じ
自分以外を否定し
時を生きている

外へ外へ
逃げてきたけど
今を走る
繰り返す事
前へ前へ
生きていく事
そしてそれを
繰り返す事。

324 :芽野:2005/12/02(金) 15:28:11 ID:7ndZz9wv
ここ(http://ameblo.jp/4clover4/)の管理人の作る詩が大好き。
人の心をちゃんととらえていて
表現方法が上手いっていうか・・・
身の回りのもの何でも詩にしちゃうんです。

325 :名前はいらない:2005/12/02(金) 23:47:22 ID:qS7qHmzG
瓦(いし)のうへ

      あはれ 花びら流れ
      おみなごに 花びら流れ
      おみなごしめやかに語らひあゆみ
      うららかの足音 空に流れ
      をりふしに瞳をあげて
      翳りなきみ寺の春をすぎゆくなり
      み寺の甍みどりにうるほひ
      廂ひさしに
      風鐸のすがたしづかなれば
      ひとりなる
      わが身の影をあゆまする いしのうへ 

                              

326 :ゲーテ:2005/12/02(金) 23:54:16 ID:xn6vi3XL
今わたしが見ている景色そして今まで見てきた景色私は、アナタがいなければこの景色をきれいだと、いままでみてきた景色きれいだなんておもえなかっただろう・・・

327 :名前はいらない:2005/12/02(金) 23:58:50 ID:l/63esWP
>>297 鬼束すき

328 :名前はいらない:2005/12/03(土) 01:39:57 ID:g8h4ubMh
「黒人にはリズム白人には法律どっちがいいのかなんて俺は知ってる、明日世界が滅びても、俺は此処で歌い続ける、それから世界は一つになって一緒に歌い続けるさ!!」ノーリッスンジョー・ストラマー。

329 :名前はいらない:2005/12/28(水) 19:25:04 ID:X/9H44Gs
中田喜直の合唱曲で「美しい訣れの朝」と言う組曲が好き。
好きというと語弊があるかな、すごいです。

病床にある自分についての曲群なんだけど、
「爪ばかり伸びる指 黄色い指」とか
「あの頃の母は 私よりまだ若い」とか
絶対にあれを超える物は書けない とかああ、当たり前ですけどね、、、ははは。


330 :矢澤宰:2006/02/13(月) 04:07:12 ID:8wqjbOML
「再会」
誰もいない
校庭をめぐって
松の下にきたら
秋がひっそりと立っていた
私は黙って手をのばし
秋も黙って手をのばし
まばたきもせずに見つめ合った

331 :名前はいらない:2006/02/26(日) 17:01:50 ID:hQ1roBfZ
http://hp26.0zero.jp/458/naige/これです

332 :mami:2006/02/27(月) 16:33:17 ID:/adHS0w4
自己の存在は疑えない


333 :名前はいらない:2006/02/27(月) 19:54:38 ID:eMrb5DJE
「嘘でも前に」

334 :名前はいらない:2006/03/18(土) 23:23:08 ID:7dgc+zai
すべての光は燃え尽き 絶望だけが降り注ぐ
命が緩やかに溶けて 時の果てに吸い込まれる

ああ、消えてゆく 記憶のかけらが 
ああ、待ち侘びた 約束の地には辿りつくだろうか

とぎれた夢の続きを 洗い流す 無情の雨
腐敗の中 通り過ぎてゆく 神を呪う死人の群れ

ああ、消えてゆく 記憶のかけらが 
ああ、待ち侘びた 約束の地には辿りつくだろうか

煮えたぎる海と焼ける大地を 無数の屍が埋め尽くす
嘆きの火の粉よ空に舞え 消えぬ怒りの鎮魂歌  

煮えたぎる海と焼ける大地を 無数の屍が埋め尽くす
嘆きの火の粉よ空に舞え 消えぬ怒りの鎮魂歌  

消えぬ怒りの鎮魂歌




335 :大沼ユミ ◆cj4.95aVS6 :2006/03/25(土) 20:31:53 ID:GTNSa4+V
思い出
ウィリアム・アリンガム


池には四羽の鴨、
彼方の岸辺には緑の草、
春の青空、
流れる白雲―
とるにたらぬ風情ながら、なぜか年がたつにつれ思い出す、
涙とともに思い出す!

336 :名前はいらない:2006/03/26(日) 03:38:52 ID:mtlXO3da
やっぱりうまく言えそうもない。
思いを伝えようとすればするほど私の言葉は粉になり、
前のめりの勢いにのって風に消えていってしまうのがわかるので口に出さない。
この言い方ではなにひとつ伝わらない。

337 :名前はいらない:2006/03/27(月) 00:12:24 ID:Bh6709Ex
別れよう奏ちゃん
もう疲れちゃった
ちょうどいいタイミングだと思うな
そろそろあたしを解放して?
(相模なつき「7月」より)

338 :大沼ユミ ◆cj4.95aVS6 :2006/04/02(日) 22:26:00 ID:5u7CPYT7
[虹] ウィリアム・ワーズワース

私の心は躍る、大空に
虹がかかるのを見たときに。
幼い頃もそうだった、
大人になった今もそうなのだ、
年老いたときでもそうでありたい、
でなければ、生きている意味はない!
子供は大人の父親なのだ。願わくば、私のこれからの一日一日が、
自然への畏敬の念によって貫かれんことを!

339 :名前はいらない:2006/04/03(月) 17:04:03 ID:BzHJ/SjZ
「祝福」池澤夏樹

光あれ
魚のうろこは予言を包み
潮はあふれる 魂の壷に
帆に描かれたしるしの外に
明日をひろげる神々の網

340 :名前はいらない:2006/04/03(月) 17:56:19 ID:VcKyQ5FU
「今を生きる」という詩で
最後に「全てに感謝
ありがとう
ありがとう」
で締め括られる詩を知りませんか?

341 :ねこきゅう ◆Dr5z.oaBCo :2006/04/03(月) 19:49:39 ID:JhoSNGLi
この目に映らなくなっても
そこに気配 感じる あなた永遠になったの

342 :名前はいらない:2006/04/04(火) 20:53:08 ID:HHpAVM5G
ぞうさん おはながながいのね
そうよ
かあさんもながいのよ

343 :名前はいらない:2006/04/06(木) 03:27:53 ID:RQ94Ut5E
『花筏』
3月、君に出会った
『春』を前に 僕は暖かさを 求めてた
この道 君と歩いた
先の二人 僕は信じていた 永遠だと

今4月
桜の花が咲き乱れ 暖かな空気が街を包む
ひとりきり 歩きながら 君の笑顔 思い出しそうになるけど

ぐっとこらえ 空を見上げた

4月、僕はひとりさ
春を迎え 君の面影だけ 追い続ける

今君も
桜の花が舞い踊る この空の下のどこかできっと
夢に向け 走りながら 僕の存在 なんて気にしちゃいないかも

あっという間の 奇跡だった

ああ
ああ
川面に 流れる 桜の花びらに乗せて 
いっそ 君への 思いも 流してしまおうか

344 :名前はいらない:2006/04/06(木) 04:07:37 ID:dVphrBHF
http://4hp.jp/?id=admja
このサイトの詩、私好き

345 :名前はいらない:2006/04/06(木) 06:00:34 ID:NrjzHBa+
さぁくたぁのぉはぁなびら散ぃるたぁびにーーーー

346 :名前はいらない:2006/04/06(木) 08:37:43 ID:UEYkD5ya
記念館^^

347 :ここいいねぇ。:2006/04/06(木) 08:53:12 ID:SVmNDmkC
あなたがかんだ
こゆびが いたい
きのうのよるの 
こゆび が いたい。

348 :名前はいらない:2006/04/06(木) 15:32:22 ID:Rj0Tu5i9
記念真紀子

349 :名前はいらない:2006/04/06(木) 16:43:59 ID:vgqmXoIH
生き急げ

死に追い付かれないように

350 :名前はいらない:2006/04/12(水) 08:42:13 ID:YZMCJTKD
隣を横目で覗き
自分の道を確かめる
嗚呼 またひとつずるくなった
当分照れ笑いが続く

泉谷しげる『春夏秋冬』

351 :茉莉:2006/04/17(月) 20:45:28 ID:17n7fPhx
お願いなんですが至急!!ポエムを書いてもらえるさがしてもらえませんか???

部活の大会ではげまされるよぉなポエムがいぃです。。。お願いします・・・。

352 :名前はいらない:2006/04/24(月) 02:35:26 ID:dU3zzGfU
回らなくなった世界も時に優しい
「悲しまないでね今度は、僕がネジをまくから」


353 :大沼ユミ ◆cj4.95aVS6 :2006/04/24(月) 21:23:28 ID:I/X8TrqU
[あの味]
by銀色夏生


あの味というのは二度とない
あるのは似た味


あの時というのも
二度とない
あの頃もない


あるのは
今と
これからだけ

354 :名前はいらない:2006/04/24(月) 21:34:14 ID:ysk4TfvQ
何かの足しにもなれずに
生きて
何にもなれずに消えていく僕がいる事を喜ぶ人が
何処かにいて欲しい…

355 :名前はいらない:2006/05/09(火) 05:18:12 ID:NGV3p0WK
354 聞いたことある! なんだっけ?

356 :  ◆UnderDv67M :2006/05/11(木) 01:09:58 ID:6c0l35bm
ぼーくはすーてきーな あおーむしー♪
はをいっぱーいたべてー ちょーになるー

ぼーくはすーてきーな あおーむしー♪
おーきいめーだまーが こーわいでしょー
      _
    /ヾ;. `ヽ
   ゝ  ● ノノ⌒//⌒//⌒ヽ
   (_・ヽ___/_ヽ// .. // ..  )
      〃〃〃~~u^u^u^u^^'∪  モソモソ


357 :ちっち ◆FMiYTdsunc :2006/05/12(金) 07:41:03 ID:Ge1RxKZa
他人より寒い横顔観せた

358 :大沼ユミ ◆cj4.95aVS6 :2006/05/20(土) 20:32:12 ID:xzNGMhmq
[笛]
by萩原朔太郎


笛は青空に光り、
子供は土地を掘る。


生えざる苗をもとめむとして、
あかるき鉢の底より、
われは白き指をさしぬけり。

359 :名前はいらない:2006/05/20(土) 22:16:22 ID:1F0b6Zvo
     曰           
     | |   ∧_∧    。oO(♪しみじみ飲めばしみじみとぉ〜お〜〜お…)
    ノ__ヽ (〃´Д`)_   
     ||孤||/    .| ¢、
  _ ||独||| |  .    ̄丶.)
  \ ||酒||L二⊃ . ̄ ̄ ̄ ̄\
  ||\`~~´  (<二:彡)    \
  ||\|| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|| ̄
   .  || ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||

360 :名前はいらない:2006/06/06(火) 09:17:11 ID:qj9St3bF
大沼

361 :名前はいらない:2006/07/03(月) 00:21:37 ID:I2Zav4zj
『智恵子 六首』

# ひとむきに むしやぶりつきて 為事(しごと)する われをさびしと 思ふな智恵子

# 気ちがひと いふおどろしき言葉もて 人は智恵子を よばむとすなり

# いちめんに 松の花粉は浜をとび 智恵子尾長の ともがらとなる

# わが為事 いのちかたむけてなるきはを 智恵子は知りき 知りていたみき

# この家に 智恵子の息吹みちてのこり ひとり目つぶる 吾(あ)をいねしめず

# 光太郎智恵子は たぐひなき 夢をきづきて むかし此処に住みにき


(高村光太郎、昭和31年没)

362 :名前はいらない:2006/07/05(水) 03:09:40 ID:kqIqrcbZ
サンテグジュペリ

天にましますわれらの父よ
天にとどまりたまえ
地上はときどき美しい

ベック

失望は自尊心の表れ
君が真実を求めているのなら
そんなもなのは隠しておけるはず


363 :名前はいらない:2006/07/05(水) 04:23:45 ID:wU8T50tE
キミの夢が叶うのは 誰かのおかげじゃないぜ 風の強い日を選んで 走ってきた『Funny Bunny』
    the pillows

364 :名前はいらない:2006/07/05(水) 20:21:43 ID:OolS1iXC
『ポエムですね メルヘンですね』

365 :名前はいらない:2006/07/05(水) 20:23:11 ID:OolS1iXC
山城

366 :名前はいらない:2006/07/06(木) 01:34:04 ID:bxQk6Ogp
ブルータスお前もか

367 :名前はいらない:2006/07/07(金) 22:03:32 ID:+KJkRWzU
塞は投げられた

368 :名前はいらない:2006/07/08(土) 00:25:03 ID:Xkdf9A5F
糞は投げられた

369 :名前はいらない:2006/07/08(土) 20:02:34 ID:fGGisV4b
life go easy on me
love dont pass me by
愛よ通りすぎないでおくれ
人生よお手柔らかにたのむ


370 :名前はいらない:2006/07/09(日) 05:04:53 ID:H9JHVFZi
例えば君が傷ついて
倒れそうになった時は
必ず僕が傍に居て
支えて上げるよその肩を

371 :370さん:2006/07/28(金) 21:35:52 ID:Q1CJ91Gy
それビリーヴ?

372 :名前はいらない:2006/07/28(金) 22:34:50 ID:Dv92o804
RADWIMPS

こんな夢をいつまでも見よう
覚めなければ良いって事にしとこう
「覚めるから夢と呼ぶんでしょう?」
って言うなら他に名前付けよう

君と書いて「恋」と読んで
僕と書いて「愛」と読もう

そうすりゃ離れそうもないでしょ
いつかそんな歌作るよ

373 :名前はいらない:2006/08/17(木) 01:05:06 ID:KU61yyfS
元ちとせの「青のレクイエム」ってやつ
歌詞ももちろんいいけど、メロディーと彼女にしか出せない歌声が大変素晴らしいと思った

374 :ヒロ:2006/11/10(金) 19:00:30 ID:v29UAMiV

お前が過ごした空しい今日は 昨日死んだ者たちが、あれ程「生きたい」と願った今日なんだ

375 :風邪:2006/11/11(土) 00:47:08 ID:KDy2KHna
「千の風」という詩をしりませんか?

376 :アソパソマソ:2006/11/11(土) 00:56:08 ID:7ly9CXTX
大切な人と過ごせる時間を
1秒たりともムダにしてはダメだよ

377 :D:2006/11/11(土) 02:45:30 ID:x4K3cVRq
わたしのお墓のまえでなかないでください。

378 :名前はいらない:2006/11/12(日) 04:01:17 ID:AQ82rjzr
お前はもういざこざの外にいる


379 :名前はいらない:2006/11/12(日) 16:33:48 ID:MO48dCKW
中原中也のサーカスも好きです。
音が良いです。

   幾時代かがありまして
   茶色い戦争ありました

   幾時代かがありまして
   冬は疾風吹きました

   幾時代かがありまして
   今夜此処での一《ひ》と殷盛《さか》り
   今夜此処での一と殷盛り

   サーカス小屋は高い梁《はり》
   そこに一つのブランコだ
   見えるともないブランコだ

   頭倒《さか》さに手を垂れて
   汚れ木綿の屋蓋《やね》のもと
   ゆあーん ゆよーん ゆやゆよん

   それの近くの白い灯が
   安値《やす》いリボンと息を吐き

   観客様はみな鰯
   咽喉《のんど》が鳴ります牡蠣殻《かきがら》と
   ゆあーん ゆよーん ゆやゆよん

   屋外《やぐわい》と真ツ闇《くら》 闇《くら》の闇《くら》
   夜は劫々《こふこふ》と更けまする
   落下傘奴《らくかがさめ》のノスタルヂアと
   ゆあーん ゆよーん ゆやゆよん

380 :轟音銀盤電波:2006/11/17(金) 19:07:49 ID:X+MbJjhE
啓蟄だあなたかわりはないですか
@五七五板

381 :名前はいらない:2006/11/22(水) 23:03:12 ID:9MLaeAH0

太陽はなぜ今も輝きつづけるのか

鳥たちはなぜ唄いつづけるのか

彼らは知らないのだろうか

世界がもう終わってしまったことを



(『THE END OF THE WORLD.』)


382 :名前はいらない:2006/11/27(月) 22:50:43 ID:Gz/DdsOj
倉橋ヨエコの「盾」の歌詞誰か教えてください∴(PД`q)∴
一度だけ聞いたんですが凄く感動して・・・!

383 :花吹雪でらっくす。:2006/11/30(木) 19:26:08 ID:JHBEaOWe
震えている 
私の手に
初めて君が―
触れて
優しい気持ち
暖かさに
やっと
気づいたんだ
閉ざした窓を開ければ
新しい風が吹いた―
笑って
泣いて
君と出会って
見える世界は
輝いていた

(『タイヨウのうた』)


384 :名前はいらない:2006/11/30(木) 23:29:29 ID:f++dK7np

 好きな人へ


 あなたのこと
 ある映画のシーンが
 こうゆうことだったんだぁって
 思えた感動的な出会い


 あなたは忘れたかなぁorz

385 :名前はいらない:2006/12/15(金) 22:17:28 ID:BrEJ3Zmp
寺山修司
ぼくが小鳥に


ぼくが小鳥になれば
あらゆる明日は優しくなる
食卓では見えないが
調和がランプのように明るい

朝 配達夫は花畑を忘れる
歳月を忘れ
少女は刻を見捨て
ぼくには空が青いばかり

そこに世界はあるだろう
新しいすべての言葉達もあるだろう

だがしかし
名前の外側では
無窮の不幸もあるだろう

小鳥となるな
少なくともぼくはなるな
手で触れてみない
明日の為には

386 :名前はいらない:2006/12/19(火) 23:24:17 ID:C8zAeE39
ヨエちゃんのは盾じゃなくて楯だよ★

空に向かって
手を広げることしかできないの
ごめんね ごめんね
あたし楯になる
あなたの楯になる
ねぇ そこで待っててくれますか。

387 :名前はいらない:2006/12/23(土) 01:14:09 ID:DlNjfVdy
僕には二つ心臓がある
君を思うと動きだすのが・・

バイ・マイ・サイ
バイ・マイ・サイ
バイ・マイ・サイ
ステイ・バイ・マイ・サイ
バイ・マイ・サイ


388 :名前はいらない:2007/01/07(日) 22:22:51 ID:d4L6YBPn
燃料は実は既にずっと前から空っぽなんだ
なんとなく似てるものを詰めて無理やり進んでくんだ
行き先も実は既にずっと前からなくしてたんだ
着いた場所着いた場所でここが目的地だって言い張るんだ

偶然の在庫はなくなって 気まぐれも全部使い切って
そんなでもまだまだ骨は走っている

成長につれて縮むそんな脳はもう見捨てるんだ
休めとか医者に行けとか余計な信号迷惑なんだ
脳よりか骨だろ?そう骨だ 燃やしたって燃えないんだ
もう行くよ 骨と行く 骨と走る 笑う 骨で考える

偶然の在庫なくなって 気まぐれも全部使い切って
そんなでもまだまだ骨は笑っている

幸せの在庫はなくなって 感動も全部使い切って
そんなでもまだまだ骨と走っていく


「骨」 TOMOVSKY

389 :名前はいらない:2007/01/08(月) 13:32:53 ID:3HzutZfX
「夢であなたと出会う度 この胸は温もりに震えだす」
「目を閉じて暗闇のなか 貴方を何度呼んでも」

最近のエロゲいい曲多いなあ

390 :名前はいらない:2007/02/05(月) 14:44:27 ID:8RTLPLvM
>>370>>374>>376>>354>>349>>320>>323>>314>>291>>247

391 :名前はいらない:2007/02/05(月) 14:49:11 ID:8RTLPLvM
>>202>>93

392 :名前はいらない:2007/02/11(日) 20:40:29 ID:7rKUBAHG
何度も思った僕らはよく似てる

あの時二人で消えてしまえたなら…

きっとこうなる事をわかって繰り返してた

もう二度と繋がらない望んでた様には

もう二度と戻れないと繰り返した日々

159 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)