5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

窓から見た景色を見て

1 :名前はいらない:02/02/17 05:55 ID:bjE7Ctcb
僕一人が、時代に取り残されている様だ
今日の僕といえば、何も口にせず
ただ明日に怯え震えている

確かに見えていた
ただ見えていた明日を
僕は嫌っていた・・・

僕は今、震えている
この窓から何も見えない事を知って
そして
あの頃の強がりも忘れて・・・

2 :名前はいらない:02/02/17 07:07 ID:FDu5YH6/
新しい朝がきた
希望の朝だ

3 :うす:02/02/17 16:53 ID:0wekwFUr
あげ

4 :名前はいらない :02/02/17 20:03 ID:8LZtGwMQ
空から降る 無数の妖精達
君も僕と同じように
窓に映る妖精達を見ているのかなぁ・・?

妖精達が楽しそうに舞う
なんだか 急に君に会いたくなった
君と一緒にこの妖精達をみよう


5 :名前はいらない:02/02/17 20:15 ID:???
==2==C==H======================================================

         2ちゃんねるのお勧めな話題と
     ネットでの面白い出来事を配送したいと思ってます。。。

===============================読者数:95432人 発行日:2002/02/12
どもども、ひろゆきですー。
こないだお伝えしました「佐々木さん」の件ですが、実を言いますと佐々木さんだけが悪いってわけじゃないんですー。佐々木さんはなにもいきなりドアを蹴って騒いだりしたわけじゃないんですー。
佐々木さんは最初は極めて紳士的に接してきたんですけど、おいらがドア越しに生意気な態度をしちゃったもんだから佐々木さんはキレちゃったんですー。。。

ご承知のとおり、おいらってばメルマガでは自分の都合のいいことを、都合のいいようにしか報告しませんが、本当はおいらにもたくさん非があるんですよー、、、えぇえぇ。。。
INSIや谷澤動物病院が裁判に持ち込んだのも、実はおいらの態度に問題があったんですよねー。。

おいらはこれまで2Ch被害者の襲撃から逃れるために、キックボクシングをやっていたなんて嘘を吐いてきましたが、本当はキックボクシングどころか卓球すらやったことないんですー。
おまけに両親とお姉ちゃんにはさんざん甘やかされて育ってきたので、いまいち礼儀というものを学べなかったようなんですー。うぅ、、、
もしなにかスポーツにでも打ち込んで、ちゃんとした両親に育てられてれば、こんな陰湿な人間にはならなかったと思うし、こんなに歯糞もたまらなかっただろうと思う今日この頃ですー。。。

ところでおいらって平安貴族みたいな顔してますかねー?
こないだ埼京線で女子高生の集団に「麻呂だー」「超キモイー」って言われちゃったんですけど。。。

んじゃ!

6 :べん土:02/02/17 20:24 ID:Uk3QLKQW
朝 窓を見てた
太陽がのぼり
僕の顔も紅潮した
 
昼 窓を見てた
空の色が はっきりした
雲が形をかえて つながった

夜 窓を見てる
あんまり外が見えないから
君をみてる
君のぬくもりを 背中に感じながら
・・・・・くすぐったいよ

7 :がすぬき ◆PIspiSxY :02/02/17 23:17 ID:???
青い空に

ちぎれ雲が

ひとりぼっち

流されて

どこへ行くの

8 :yuki ◆DIe/YuKI :02/03/30 22:58 ID:???
群青色の悪魔が住む空
もう死んだっていいだよお
君のことは忘れないから
もう悲しまなくていいんだよお
よおょぉよおょぉ
えへらえへら呪文を唱える星の砂は
今宵も一段と輝いている くすっ



9 :名前はいらない:02/03/31 00:10 ID:cpSHak4H
四角く切り取られた青い空
縁取りの白い壁紙と
カーテン

窓から見下ろせば
四角く切り取られた緑の中庭
縁取りの高い
灰色のコンクリ塀

もうあなたの娘と思わないで、
彼女は呟いた
いつも呟いている

面会に訪れる彼女の母親の
生活に擦り切れた顔貌
柔らかい鉄格子
部屋の隅では空きチャンネルを映したままのTVが
気持ちよさげに唸ってる

もうあなたの娘と思わないで
唇はひび割れ、
枯れ枝のような二の腕に
咬み傷の跡

希望は遠く
絶望はさらに遠く
夕暮れには透明なオレンジの光が
窓から射し込み
薬品の匂いを揮発させてくれるだろう
夜の間には
夜が明ける迄には


10 :名前はいらない:02/03/31 12:08 ID:???
【窓】
窓がない部屋
窓のない部屋

この部屋には窓がない
けれども僕には窓が見えてる
シカクケイをした窓
その外に
青い青い空が広がってて
雲が流れてて
でもこの部屋には窓がない

窓がない部屋
窓のない部屋

11 :名前はいらない:02/05/18 05:43 ID:???
sousou

12 :名前はいらない:02/05/18 07:14 ID:???
merpati

13 :名前はいらない:02/05/18 07:18 ID:???
窓3つあるけど、、どれ開けても殺風景なんだよな
ウインドウズの方がよっぽどましなんだなコレが

14 :名前はいらない:02/05/18 07:19 ID:???
広い間取りですことオホホ。

15 :名前はいらない:02/05/18 07:22 ID:???
それでも私にとってはですね、、、余剰半

16 :名前はいらない:02/05/18 07:24 ID:???
余剰半で窓があるのは角ですね

17 :童子切り家綱:02/05/18 08:41 ID:???
窓を開けると   雪だというのに
そこに貴女がいて   じっと下の方を見つめている
僕はそんな貴女が   僕を見ているような気がして
怖くなる   またすぐに窓を閉めてしまう
或る日   窓の外へ行くと   そこに貴女は居らず
じっと下の方をみつめた
窓が開くと   そこに貴女がいて   初めての言葉
初めての息と   冷たい   白い雪
許されるなら   窓辺の貴女に口付けを

18 :名前はいらない:02/06/16 17:22 ID:???
いいねえ

19 :名前はいらない:02/06/19 13:47 ID:???
どこが?

20 :霧都 ◆LWQf3H.k :02/07/04 23:56 ID:???
一面の青空
浮かぶ白い雲
流されて
地平線に消えていく

堕天使への変貌?

21 :ぬくもり:02/07/14 10:39 ID:9Yw79ybN
>6朝 窓を見てた
太陽がのぼり
僕の顔も紅潮した
 
昼 窓を見てた
空の色が はっきりした
雲が形をかえて つながった

夜 窓を見てる
あんまり外が見えないから
君をみてる
君のぬくもりを 背中に感じながら
・・・・・くすぐったいよ

いいなあ。






22 :ななしくん ◆GPgRhQFI :02/07/14 12:48 ID:8nwNCa/e
「タペストリー」

三年住んだ部屋の
窓から見える
景色があまりにも
ありふれていて
退屈で
たまらなかった
だから
窓の上に
タペストリーを
貼ったんだ

退屈が見えないように
嫌なものが見えないように

窓の内側に窓があり
窓の向こうに存在しない景色が
広がりはじめた

でもいつしかそれが
とても嘘臭く
感じられてきて
天気もほどよい真昼だし

一気に剥がしのけるタペストリー

窓の外には新しい空気が溢れていた


23 :ななしくん ◆GPgRhQFI :02/07/14 21:34 ID:GPsOCcaN
「夜に」

蒸し暑い夜に
窓を開けたら
黒猫と目が合った
お互い動かずに
見つめ合った
猫の瞳孔に
僕の顔が見えた
ような気がした

たぶん3メートル
でも
印象の距離は数cm

僕と猫との間で
闇が蠢きはじめる
猫の瞳が僕を
夜の世界へ
魔法使いの国へ
紛れ込ませる

24 :名前はいらない:02/07/14 22:10 ID:???
178 :名前はいらない :02/07/13 23:45 ID:???
>>173 あたりまえ
一番不愉快なのがこれ↓ 他の作品を無下にけなして自分のを手放し。感想と言う名の
異常行為。


246 :ななしくん ◆GPgRhQFI :02/07/04 16:02 ID:VHUd/R1q
>>244
外国かぶれ つまらない
>>245
素晴らしい! チャンプにふさわしい作品だ

147 :粘着22号=ななしくん :02/07/13 22:04 ID:???

310 :粘着22号 ◆JRnC5rvE :02/07/10 09:56 ID:???
>>245がチャンプに選ばれることに異存ありません。
僕からも>>245に三点を入れて正式にチャンプを確定したいと思います。

320 :ななしくん ◆GPgRhQFI :02/07/10 15:08 ID:???
>>318
参加もしてないようなヤシが何ウダウダいってるんですかぁ?(藁

ここは誰でも審査員やっていい 多数決でチャンプ決めるスレですよ
ちなみに俺は批評なんてやってません 素直な感想です
だって プロじゃないんだからさ(藁

これ以上文句つけてくるようなら チャンプの僕に対する妬みとしか
思えないですよ
選ばれた僕に対して大変失礼でしょ もう やめてね

322 :ななしくん ◆GPgRhQFI :02/07/10 16:02 ID:???
>>321
「一応」じゃないでしょ それ失礼だよ(藁

俺で遊ぼうなんて思わないことだね 俺は放置できる人間だからね    

324 :ななしくん ◆GPgRhQFI :02/07/10 16:41 ID:???
そんじゃ俺は厨房代表審査員ってことで
それでいいよ(藁

25 :霧都 ◆LWQf3H.k :02/08/02 15:02 ID:???
窓の向こう
綺麗に晴れた
ような気がする

白っぽい青空

手前で遮る
洗濯物が沢山

風にゆられてゆらゆら
僕の視界でゆらゆら

今にも
飛び立ちそうな
錯覚

26 :霧都 ◆LWQf3H.k :02/08/11 02:17 ID:ANusEp3l
窓の向こうに貴方の姿
この手を伸ばして……
空を切る

そして目覚めと共に
零れるのは


27 :霧都 ◆LWQf3H.k :02/08/19 03:16 ID:AlHzJxyj
窓辺に佇む
キョウチクトウが
鮮やかな日

思い出すのは
愛しい物語
あの日々のこと
そしてあの場所

同じように
咲いていた
キョウチクトウの
あの色


28 :霧都 ◆LWQf3H.k :02/08/29 01:12 ID:x3XDJFfH
窓の外には


反射している
こちらがわと
あちらがわ

鏡のように
一対の絵

深奥暗夜の様は
そのまま外へ

反射

29 :名前はいらない:02/09/15 03:32 ID:gRX0bzaa
月なんて見えない
空なんて見えない

窓の向こうは
水滴ばかり
闇ばかり

それもまた、よし

30 :霧都 ◆LWQf3H.k :02/09/29 01:53 ID:PjSmLbsB
閉じられたカーテン
隙間から
時々
零れてくる
きらめき

31 :witch:02/10/12 01:08 ID:Q1aBg5Y+
月を映写機がわりに
窓の外を
真っ暗な部屋に
投影してみます
少し
気持ちがほぐれるでしょう?

32 :霧都 ◆WISH/t.n/I :02/10/26 03:33 ID:pYogwnJz
窓に書いた願い事
雪花の煌めきに彩られた
あの、遠い遠い日
冷たい指先
吐く息も白く
雪花と願いの言葉
コントラストの夢
いつか叶うと、ただ無心に
信じていた、あの日

33 :名前はいらない:02/11/13 00:40 ID:3N6g3+1t
一面の白
雨にとけ
一面の灰色
月に照らされ
一面の銀色

34 :名前はいらない:02/11/19 10:26 ID:EkDdbbhQ
鈍色に霞む空から
灰色の切片
ちらりちらりちらり
覆い尽くす
窓の向こう、ではなく
私の心

35 :岡田克彦 ◆ikGay75MZI :02/12/03 09:21 ID:Ow0blBzN



ま、悪いことは言いません。あんたら2チャンネラーに代表される
下界の凡人連中には、ベートーヴェンの晩年の弦楽四重奏がちょうどよいです
から、そのあたりをお聴きなさい。
間違えても、ぼくやドビュッシーの作品は聴かないように。
豚・に・真珠・でございましょう、ファッハッハッハッ・・・・・
で、ぼくのホームページK.OKADAワールド
(URL;http://debu1957.hp.infoseek.co.jp/)には
あんたら2チャネラーには似合わない私の傑作の音楽がついていますので、
ぜーーーーーったいに来ないで下さいね。


36 :霧都 ◆WISH/t.n/I :02/12/04 02:57 ID:/SD8eMp/
春になるまで
窓の外には雪しか見えない
春になるまで
窓の外には雪ばかり

白一色の窓の外

37 :岡田克彦 ◆ikGay75MZI :02/12/10 15:14 ID:j9I9WN8e


お・だ・ま・り、あたしを誰だと思ってるの? おそれ多くも、あ・た・し・よ。
お・だ・ま・り、あたしを誰だと思ってるの? おそれ多くも、あ・た・し・よ。
お・だ・ま・り、あたしを誰だと思ってるの? おそれ多くも、あ・た・し・よ。
お・だ・ま・り、あたしを誰だと思ってるの? おそれ多くも、あ・た・し・よ。
お・だ・ま・り、あたしを誰だと思ってるの? おそれ多くも、あ・た・し・よ。


38 :名前はいらない:03/01/05 05:59 ID:6iwWDcvp
保守

外は吹雪、の予定らしい

早朝午前6時

39 :山崎渉:03/01/19 14:06 ID:33JLtwpT
(^^)

40 :名前はいらない:03/02/14 05:23 ID:Q9tr7/CY
春は
遠い

午前五時

溜息

41 :名前はいらない:03/03/06 04:45 ID:cyzSVfle
それは

僕の内側を

投影しているに

過ぎない

42 :名前はいらない:03/03/06 22:38 ID:jn9bcHqV
切り刻むことの出来ない

自分の影を

砂埃にまみれた

不透明の硝子板越しに

眺めてしまう

43 :名前はいらない:03/03/06 23:01 ID:jn9bcHqV
貶めるくらいな
思うだけ憎めばいい

そんな言葉を
何故告げられぬ?
君に何故
告げられぬのだろう

明滅する明かり
暗い暗い胸の内を
青く染める

44 :名前はいらない:03/03/10 00:55 ID:cFb7b/Ll
少し煤けた透明な見返しに
描くべき色も
連ねるべき文字も

まだ何も決まっていない

45 :名前はいらない:03/03/10 01:48 ID:cFb7b/Ll
カーテンをさっと開くと

見える筈の外側の光景ではなく
見えない筈の内側の部分を見る

硝子窓の向こうにはいつも
ここではないどこかが広がっている

46 :名前はいらない:03/03/29 13:39 ID:iwv1wY5l
続ききぼんぬ

47 :名前はいらない:03/03/30 01:20 ID:X7hkZM38
>>46 ドウモアリガトウ


透明 半透明 不透明

葛藤するように

移り変わる窓外の色

相対するように

何も変わらない 焦燥

感じて

48 :名前はいらない:03/03/31 22:56 ID:dCqOXPzz
砂埃が舞う むこうがわ

隔てられた僕の世界

硝子一枚の違いで

見逃している春の魔法

49 :名前はいらない:03/04/02 03:16 ID:VqHt9mzH
放し飼いにして

浮遊してる のは

これは、遠い記憶

の、筈で

とどまる力もなく

漂ったまま

ぶつかって

砕けた

粉々の破片は

微かな痛みだけしか

見せてはくれない

それは 勿論

欲しかった形ではないんだ

50 :名前はいらない:03/04/03 00:05 ID:VKjdHQmZ
新月の 空に

紺色の海が 浮かぶ

白い 雲クジラの 背で

君が 歌う

鈴のような 柔らかな音

届く 僕の耳に

51 :名前はいらない:03/04/04 17:10 ID:xbIebj+c
ありえないことに

希望を添えたりなどしない

窓から見る日射しと空は

春の色に 輝いている

52 :名前はいらない:03/04/05 23:30 ID:5mGhtkPK
明るい青空を見たら

きっと

泣いてしまうだろうから

厚いカーテンを閉じる

隙間なく しっかりと

53 :名前はいらない:03/04/07 03:12 ID:muJLXPP3
突風のまにまに

口笛が聞こえた

耳を澄ませても

もう、音は聞こえなくて

首を傾げながら

窓をぴったりと閉めた

54 :名前はいらない:03/04/07 03:19 ID:5oBx5u3a
>>53 (・∀・)イイネ!! ポエジーだね

55 :名前はいらない:03/04/10 04:37 ID:nq89913L
噛み合わない

歯車に

嫌気が差して

勢いよく、窓の向こうへと

落ちよう

そのままどこまでも

いつまでも

堕ち続けて

手に入らない翼の夢を

見よう

56 :名前はいらない:03/04/10 23:19 ID:tVO2cBUe
花の迷路が見えたよ

テレビなんて見てないってば

ほら、窓硝子のあっちがわ

花の迷路が見えるんだよ

いってみたい?

でもね、ここは6階だから

あっちがわにはいけないんだよ

57 :名前はいらない:03/04/12 02:00 ID:KEiQA560
哀しくて 一人きりで 何もなくて

窓硝子に押しつけた額が 熱くて

床に零れて落ちた涙の雫を

ぼんやり見ているような夜

あたたかい歌がふいに聞こえて

歌が静かに僕の中に染みてきて

それが、なんだか嬉しくて

泣きながら笑った顔が

暗闇のむこうがわに 映った

58 :名前はいらない:03/04/12 03:41 ID:mTVGNABy
イイ詩だねぇ(・∀・)!!

59 :山崎渉:03/04/17 14:42 ID:eCtYXLid
(^^)

60 :名前はいらない:03/04/18 04:54 ID:3lOY+vGI
真っ黒カラス よちよち歩きで

朝の道を ひょこり ひょこり

窓越しの 僕の視線など知らず

ひょこり ひょこり

ひょこり ひょこり

あ、目があった……

あ、目をそらした……

真っ黒カラス 頬のあたりが赤いのは

多分 気のせいなんかじゃないと思う

61 :名前はいらない:03/04/20 01:34 ID:lLfVerBH
空からみられたら きっと まどだらけの 部屋だが、つらつら。
止め処なくふあんていな まなざし びっしりの あいまい man
追っかけという。走り抜ける馬鹿になりたいものだ。
つまるところ 人間にとって 夢。

62 :山崎渉:03/04/20 01:41 ID:1+CNA/cT
   ∧_∧
  (  ^^ )< ぬるぽ(^^)

63 :名前はいらない:03/04/26 00:38 ID:f95kZp6M
天気

とってもいいのに

眩しいくらい

明るいのに

窓の外

だあれもいない

だあれも

いないねえ

64 : ◆L1Who.N/vo :03/04/30 03:55 ID:VFtL8Fc2


いなくなったなあと

淋しく思う

幻想の窓 幻想の海



いなくなったなあと

朗らかに思う

カーテンの外 現実の街

65 : ◆L1Who.N/vo :03/05/18 05:42 ID:+lR3wzo1
たとえ
真っ暗な 窓のあちら側や
真っ青な 硝子のそちら側に
君の その姿を見た、としても

ねえ、僕はここから動けない
僕は そっちにいけやしない

静かに 強く 見つめて 見つめ、続けて
吐息のように ひっそりと 「好き」を零します

そちら側にいる君には 聞こえはないと
よく よく 分かっているのです

硝子で巡らされた そちらとこちら
しっかりと 隔てているソレの存在

知っているからこそ 零せる
思いが 確かにここに

この胸の 中心に あるのです

66 :山崎渉:03/05/22 03:21 ID:9hqkSSyZ
━―━―━―━―━―━―━―━―━[JR山崎駅(^^)]━―━―━―━―━―━―━―━―━―

67 :名前はいらない:03/05/24 05:05 ID:PI/cl+A+
横切っていく
汽車の影が
さっと
硝子に映って
ふっと
引き戻される
現実に

68 :山崎渉:03/05/28 11:05 ID:0k3PpwVO
     ∧_∧
ピュ.ー (  ^^ ) <これからも僕を応援して下さいね(^^)。
  =〔~∪ ̄ ̄〕
  = ◎――◎                      山崎渉

69 :名前はいらない:03/06/15 18:13 ID:laJbNRmv

























70 :名前はいらない:03/06/15 18:51 ID:LMch1+k1
小さい子が三輪車で暴走してる
でっかい犬が散歩してる
此処から見える公園で
遊んでる子がいっぱい居る
田舎ってやっぱり良いな
こんなありふれた景色が
いつまでも続く事を
願っています

71 :名前はいらない:03/06/15 19:46 ID:/+LC2X5i
>>66-68
いい感じに横切られてるな(笑)

72 :ケン:03/06/15 19:53 ID:rD3dY4yc
窓って不思議
自分の世界と他人の世界
2つの世界を垣間見る

窓のファインダーごしから
一匹の蝶が舞いながら
部屋に入って挨拶してくる

ようこそ蝶々さん
君はあちらの世界から
こちらの世界に旅をしたんだ

蝶は僕の目線で遊びながら
あちらの世界に帰ってった
他人の世界の住人になった

窓って不思議だね
他人の世界から自分の世界へ
繋がる道の門みたい
窓で開け閉めする門みたい


73 :名前はいらない:03/06/15 20:09 ID:bUICFhFV
みてね〜♪
http://www1.free-city.net/home/s-rf9/page004.html
http://www1.free-city.net/home/s-rf9/page005.html

74 :風の住む町:03/06/15 22:53 ID:t58SyiGV
曇り

ベランダにカラスが来るようになった
カチャカチャうるさいし もともとカラスはあまり好きではない
梅雨 
どんよりした景色
昨日は眠れなくて 4時頃から起きていた
夕方 外を見た
濁っている 夕方なのか朝の色なのか
判断できない

75 :名前はいらない:03/06/20 05:10 ID:IMqvgKVR
窓 網戸 ステロイド
死にかけの森 隙間に見える 死にかけの町
わいてくる 俺を見つめる
例えばあの木
しなり 受け止める
弧を描き 俺に逆らう
ここまでだ その外に 意味はないはず 

76 :名前はいらない:03/06/26 00:39 ID:BrZd22+j
君の窓には君の景色
僕の窓には僕の景色

取り替えの効かない景色を
誰も彼もが持っている

なんてことない景色にするか
光いっぱいの景色にするか

おのおの 好きに 描けばいいさ

77 :名前はいらない:03/07/06 05:48 ID:Dme9q47w
白ずんでいく
窓越しの
空を見ながら

「タスケテ」と
呟くけれど

何を助けて欲しいのか
私自身も分からない から

この言葉は
誰にも告げられないまま

「大丈夫」だよの言葉を
折々に落としてあるく

自分が吐き出した感情が
風化するのを待ちながら

片隅ではやはり 考えている

私は
何を助けて欲しいのか
何から助けて欲しいのか

窓の向こうに見える町並みを見ながら
今日もひとり、考えている

78 :山崎 渉:03/07/12 11:39 ID:Gu5iF5xl

 __∧_∧_
 |(  ^^ )| <寝るぽ(^^)
 |\⌒⌒⌒\
 \ |⌒⌒⌒~|         山崎渉
   ~ ̄ ̄ ̄ ̄

79 :山崎 渉:03/07/15 11:56 ID:iuxfPmjy

 __∧_∧_
 |(  ^^ )| <寝るぽ(^^)
 |\⌒⌒⌒\
 \ |⌒⌒⌒~|         山崎渉
   ~ ̄ ̄ ̄ ̄

80 :なまえをいれてください:03/07/15 13:15 ID:5guHr/Iz
ハッキリ言ってアメリカなどの多民族国家では黒人の方がアジア人よりもずっと立場は上だよ。
貧弱で弱弱しく、アグレッシブさに欠け、醜いアジア人は黒人のストレス解消のいい的。
黒人は有名スポーツ選手、ミュージシャンを多数輩出してるし、アジア人はかなり彼らに見下されている。
(黒人は白人には頭があがらないため日系料理天などの日本人店員相手に威張り散らしてストレス解消する。
また、日本女はすぐヤラせてくれる肉便器としてとおっている。
「○ドルでどうだ?(俺を買え)」と逆売春を持ちかける黒人男性も多い。)
彼らの見ていないところでこそこそ陰口しか叩けない日本人は滑稽。

81 :名前はいらない:03/07/21 05:33 ID:F87C4ip8
見ているつもりで
見ていない

窓の外の風景

流れているのは知っている
見たいような気もしている

別に特別何もしないけれど
何もしない状態を

少し楽しんでいる

82 :名前はいらない:03/07/31 19:35 ID:douGOE5R
12                  

83 :名前はいらない:03/08/01 22:49 ID:c7UiErkO
窓の外に風景がない

84 :名前はいらない:03/08/01 22:54 ID:pibPxgBJ
窓の外に風景がある部屋に住みたい

85 :山崎 渉:03/08/02 01:03 ID:8+jueK0E
(^^)

86 :名前はいらない:03/08/04 19:58 ID:D/o6slIp
今すぐ会いたいの。ひろみはあなたなしじゃもうだめみたい。

私、ここにいるから・・・・・探しに来て、くれる?
7日間会費フリー、10分間無料になってるの、だから来て。
あなたに会えなくちゃ、寂しくて死んじゃいそうだから
待ってます。来てくださいね!
→→→http://www.gals-cafe.com

87 :名前はいらない:03/08/04 20:14 ID:zkhb6Sf/
http://my.vector.co.jp/servlet/System.FileDownload/download/http/0/294044/pack/win95/game/table/pachinko/kisetuta.lzh

http://www5b.biglobe.ne.jp/~ryo-kyo/

88 :名前はいらない:03/08/04 22:01 ID:9OdMQY/C
小さな窓から手が出ています
助けてくれといっているのか
誘っているのか
分かりません
近づいていくと 手はやさしく
あなたを手招きします

すいこまれるようにその手に近づいた私は
一瞬ひるんだ
胸ぐらをグッとつかまれたまま
窓の中へぐいぐいと
すいこまれていった

窓から見える景色は美しい
私は手をのばして
次の餌食を待っている







89 :名前はいらない:03/08/04 22:04 ID:IsjCso23
>あなたを手招きします
>すいこまれるようにその手に近づいた私は
>私は手をのばして次の餌食を待っている

真の怪談。

90 :名前はいらない:03/08/05 20:44 ID:GeMVOuzQ
ブラインドごしに
そよ風がゆったりと
わたしの心をつつむ

テーブルの上にはあなたの好きだった
洋楽のCD
置いたまま去っていった

迎えに来てくれたのね

ブラインドごしに
あなたが見える




91 :名前はいらない:03/08/05 21:21 ID:e7C+Eemz
「こんなところに窓があったなんて・・・」
彼の口癖です

いつも窓に顔をぶつけて その後 まるで初めてのように
「こんなところに窓があったなんて・・・。」
そうやって彼は、なんどもオデコを窓にぶつけています。

窓を認識しなくなったのは彼が、外に出れないと知ってからでした。
外に出たい出たいと
窓に顔を押し付けていました
それからです



92 :名前はいらない:03/08/07 20:29 ID:8DhfjMcN
隣人のスープが冷めないうちに
私は窓から侵入する

帰宅した隣人が動揺している
「今日で3日目だ」

私は隣人宅から盗んだスープを気づかれないようにそっと
隣人の飼い犬にやる



93 :考える名無しさん:03/08/07 23:53 ID:oXnmvHaO
絶対の世界なんて物が有るとすればそれは「無」の他に無いだろう。
世の中は不条理なものだよ、だからこそ美しいんだ。

94 :無料動画直リン:03/08/07 23:55 ID:PjKMlGi5
http://homepage.mac.com/miku24/

95 :93:03/08/08 00:19 ID:W/FEeWBQ
誤爆スマソ、でもせっかくだから詩も書いておくよ。



バスの窓から涼みを求め覗けば 夏の日差しは見慣れた景色を輝かす
 
影すらも色濃く映り 街行く人の笑顔からは一点の曇りも見る事はない

その全てにありがとうと言える



96 :蟲篭(ムシコ):03/08/08 23:40 ID:hR9/ynTw


  スパァクリングジウム

 海辺に打ち上げられた夢
 君から見えたはずの木の実
 碧の中に映る影
 星祭

 月夜景

 なのに外は雨 

 嵐が来る
 
 だから

 僕は      もう消灯時間   景色の見える内に

97 :山崎 渉:03/08/15 12:26 ID:5TkIaFn9
    (⌒V⌒)
   │ ^ ^ │<これからも僕を応援して下さいね(^^)。
  ⊂|    |つ
   (_)(_)                      山崎パン

98 :すとろが ◆ZpL9uLERfQ :03/08/27 17:27 ID:oavVW8I0
d(゚∀゚∀゚∀゚)b ブヒャヒャヒャヒャ

99 :すとろが ◆ZpL9uLERfQ :03/08/27 17:27 ID:H5k66S4+
d(゚∀゚∀゚∀゚)b ブヒャヒャヒャヒャ

100 :すとろが ◆ZpL9uLERfQ :03/08/27 17:28 ID:H5k66S4+
100 d(゚∀゚∀゚∀゚)b ブヒャヒャヒャヒャ

101 :Mana魔名:03/08/28 17:30 ID:buWmwn1Y
窓から顔をちょこんと出して
かわいい声で僕を呼ぶ
らっぱ隊が行進しているね
見慣れた街が素敵に見える
たくさんの音に包まれて
景色は目まぐるしく変わる
色鮮やかな昼下がり

102 :名前はいらない:03/08/29 03:12 ID:FmdrSQZh

わたしは綺麗な空を見たいのだよ

カーテンの隙間 光の移動

風のにおい 隣りの晩ご飯

わたしは綺麗な記憶を見たいのだよ

色とりどり 幻想に生きて 現実に戻される

風のにおい 登校中の小学生の声 雨の音 カエルくん

その窓から見える世界 人それぞれ違うものを見てるのだよ

わたしは綺麗な空の色を 綺麗な記憶を

わたしの中に残してゆきたい

103 :名前はいらない:03/09/13 01:07 ID:M54ZuJSc
窓からみた景色を見て
窓からみた景色を見て
いったい などという救われるものは …ないんだろう
窓から見た景色から
窓から見た景色から
いったい などという歴史的な そして地味な …ないんだろう
窓からみて景色が
窓からみて景色が
いったい 虚ろに 戻ってしまう
という 悪循環
の うえに苛まれている
わ たし のこ とのは ちいち ゃく かす んで たえま ない 人生

という ある種無粋な
もののために 私は、しっかりとあゆみをすすめていかねばならぬのだ、

窓から見た景色を言え
窓から見た景色を言え

窓から窓へ あけたら、それはもう、窓だった―

104 :名前はいらない:03/10/13 08:43 ID:H1+xzqDh
窓があったことを
忘れて
激突して
怪我をして
やっと
窓のことを思い出して

空気をいれる為に
開けてみたら
そこにはもう
何もなくなっていて
がっかりして

窓を閉めた

いつかまた窓のことを忘れて
窓にぶつかるんだろう、って
ちょっと思いながら

窓を閉めた

105 :名前はいらない:03/11/16 00:34 ID:jDvxQGVi
まったくあけっぱなしぢゃないか、
はるのひざしの こころあぢきなし、
とかいいつつの 満開 王道

106 :名前はいらない:03/12/02 03:24 ID:OWPl+Iqu
まどのそとから
のっくのおとがする

かみさまは
きたかぜにばけて
かれはをまとって
ぼくのいえの
がらすまどをたたく

こつこつ かさかさ
とんとん ぴゅーぴゅー

のっくのおとは
あさまでつづく

まどのそとからきこえる
ふゆのあしおとは
かみさまののっく

107 :名前はいらない:04/01/23 08:23 ID:q6T4pDEA
馬鹿になりたい

108 :名前はいらない:04/01/23 22:15 ID:6WmRJcQ7
「伝説なんて知らないけれど」

まあるいボール
つんつかつん

小鳥のくちばし
つんつかつん

ぱぁん

風船じゃあるまいし
割れるわけがないのに
割れちゃった まあるいボール

小鳥さんの勝ち
まあるいボールさんの負け

そうそう
これは戦いだったんだね
勝敗があったんだよ
小鳥さんも一生懸命に割ろうとしてたんだ
まあるいボールを

だから割れたんだね
執念って怖い

109 :名前はいらない:04/02/28 01:54 ID:SNW6lRQT
「窓から見た景色を見て」

窓から見た景色を見て
クローゼットから出したコートを出し
ドアから出た私を出る

背後から追い越した人を追い越し
財布から落ちた小銭が落ちて
券売機から出た切符が出てくる

ホームから乗った電車に乗って
座席から立った人が立ち
かばんから出した文庫本を出す

走り出した電車が走り
居眠りを始めた人が始め
その前を行き過ぎた車掌が行き過ぎ
ふと見上げた窓を見上げると

窓から見た景色が見える
窓から見た景色が見える


110 :星屑:04/02/28 20:57 ID:PuGUVe/U
窓の外のボク
窓の中のボク
 ボクの中の窓
 ボクの外の窓

淡々と時を眺めて根雪水

111 :名前はいらない:04/03/16 22:56 ID:NNDr0MhV
強い強い風が吹いていて、吹き飛ばされるのです

笑顔が

心が

あなたの背中が

手を伸ばしても厚い硝子がそこにあって、だから

どうしてもあと一歩、届かないのです

112 :名前はいらない:04/03/26 06:45 ID:BJ4KQR4Y
鳥がまた、意味のわからんことを唸ってる

113 :負け犬:04/03/26 11:00 ID:9dzVE+c1
雲が流れている
俺だけがここに残されているような錯覚
だけど外の住宅地
風が激しい 今はここで眠りたい

114 :饂飩:04/04/09 07:40 ID:F63ld8MJ
『丸い窓』

夕立が 夕立が 部屋の窓だ
向こう側に見える影は欲求だ
雲のない何の色だか分からない空は
とてつもなく とてつもなく 叫んでいた
威嚇され手を上げた住人に凶器を

木々がざわめき レコードが鳴る
思い出し笑いはかえって脳の腐食を早めた
その都度言い訳を付けるほど 器用には生きられない
素早く 素早く 暗幕を眩しすぎる兆しに
さらばだ 果てしない程遠いあの時間は絶版した

円を作った手に目を覗かせて
だらしなく伸びた麺のように この部屋は膨張する

115 :名前はいらない:04/05/11 01:53 ID:Kr2/25D4
ひびわれたすりがらす
たどれば花々ちるゆうぐれ

まどからそっちはまんげきょう
まどからこっちはからっぽだ

つきやぶってたちきってはしりまわって
まんげきょうからあっちの世界

憧れてるの ふつふつと春

116 :名前はいらない:04/07/10 02:31 ID:KF/2BzEr
殴り壊したい
分厚すぎて割れない
硝子窓の向こうに
自由がある気がしてる
すごく切実な自由

117 :??:04/09/27 23:10:53 ID:10HOluSZ
test

118 :名前はいらない:04/11/14 16:52:52 ID:He0InHtx
窓から外を眺めると外から部屋を覗かれるしな。
窓は閉じておくのが無難だし。

119 :名前はいらない:04/11/15 18:37:21 ID:igTnAzvx
人気のないときに屋根にでも上る
ふりかえれば朝焼け

覆い尽くす黄金[こがね]を包む蒼白雲

でんでん黒くなる空はま新しい
これから夜になる

ループは終わってくれない

120 :名前はいらない:04/11/16 08:52:17 ID:ulR8SNI8
朝 曇った空を見上げて
灰色に染まる 僕の心
行き交う人は まるで壁
僕には行き先がない
ここで何をしたらいい
灰色の空 僕は憎む

121 :名前はいらない:05/03/03 05:02:37 ID:SlGs5t0h
からからに
乾いた窓を見たのは
随分昔のことで

次にそれを見るときは
何か不安定な自分を目指す為の
最初の一歩を踏み出してる筈

負けたくないけど
負けそうで
こうして時間の影に身を潜めてる

次に窓から向こうを見た時は
桜が咲いているといい

122 :名前はいらない:05/03/14 16:38:45 ID:4RCR+OUc
いつもループ ループ ループ ほらまた木霊してる

与えてはいけない愛情
見せてはいけない優しさ
自分の弱さ
中途半端に捧げられた犠牲
認めたくない絶望
寂しそうな君の瞳見てしまう愚かさ
または未練がましさ
これからどうすればいい?
また動けない



123 :名前はいらない:05/03/14 16:39:55 ID:4RCR+OUc
こうしてまた丁寧に謝る
あやふやな言葉使い
本当は優しくなんかないね
おまけに意地悪ですらないね
ここにあるのは

     

                          きっと 恐怖


君をじゃない
自分を失うこと一番恐れてる
いや、そうじゃない
やはり君を失うのが怖いんだ
君の中には俺が組み込まれていて
そして俺の中には確かに君がいる
自己愛だなんて呼ばないでくれ
よく分かってるから

たぶん

124 :名前はいらない:05/03/14 16:50:05 ID:4RCR+OUc
感情を吐き出すには
身軽さが必要不可欠

でも君に伝えるには俺の体は重すぎる

嘘だと言われると困る
嘘なわけじゃないから
嘘じゃないよと言い返すけど
問題はその先
本当のことが言えるほど
俺は身軽じゃないんだ

だから飛んでいくのさ
反吐はいたら終わりさ
走ったって躓いたって
どうせ同じことさ
分からないのさ

125 :名前はいらない:05/03/14 16:59:02 ID:4RCR+OUc
最近思う
俺は天才じゃないかと
が困ったことに
これは金にならないんだな

煙草吸ってて
春の匂いなんて分かるのか?

春眠暁を覚えず

126 :名前はいらない:05/03/14 19:20:25 ID:4RCR+OUc
あの曲を歌った
君の声が忘れられない

君との思い出に
俺の思考は全て止まる
これはきっと幸せなことだよそう思わないか
この空白は誰にも奪えないんだから

そっちは雪が降ったらしいね
同じ日本なのに遠く感じる


まだ苦しんでる
でも見ないでほしい
苦しまないでとかそういうの正直要らないから
せめて一人で苦しむことくらい自由にさせてくれよ
俺は俺でいい

127 :名前はいらない:2005/03/27(日) 03:27:55 ID:EjGuox0s
だってもうほんとに全裸にしてグルグルに紐を巻いてオナニーさしてさ。
ウンコを食わしたりさ。ウンコ食わした上にバックドロップしたりさ。
 
    by コーネリアス小山田圭吾


128 :名前はいらない:2005/03/27(日) 03:51:25 ID:Cw6degno
たまに開けるけど何も変わりない景色。別に綺麗でもない普通の景色、でも忘れられない景色。

129 :KAWORU:2005/04/26(火) 22:29:02 ID:GLPwG4QA
「春陽の庭」

窓の外
光の中で
健やかなる少女たちが笑っています
私は独り
暗い家の中で
明るい日射しに憧れています

私の傍らには透明な貴方が
静かに横になって私の手を取って微笑んでいるのです
貴方も私も暗闇の泥の中
絶えず沈んでもがいている
希望が絶望へ変わる瞬間も
目が醒めれば何時もこの部屋の中

窓の外
光を視ている
眩しいと眼を細め乍ら
春の陽の様に輝く
健やかなる少女達の笑い声を聴いて

嗚呼、どうかまだ行かないで
おお、春の少女よ
この冬の暗黒から
あの光る春陽の庭へと連れて行っておくれ


130 :名前はいらない:2005/09/01(木) 11:36:07 ID:y0DRzfiv
あれあたしじゃない。あたしあぁゆぅことしない。
あたしあそこにはいない。あの中にはぜんぜんいないの。

131 :名前はいらない:2005/10/08(土) 08:10:51 ID:1a8AvvDJ
誤解される
警戒される
僕はそんなに
信用ないんだね

132 :名前はいらない:2005/12/13(火) 21:39:45 ID:tnhVxIac
あげ

133 : ◆zABAZSBt06 :2005/12/13(火) 21:52:49 ID:RERDhTRQ
【無気力な庭】
まぁ見える物は
ガーデニングの後と
もはや
雑草と化した芝生
その先に川が流れる

それより先は
僕の目は実像を結ばない

僕の見える世界は
庭から出る事は無い


二三度咳をし

自分の寝蔵へと引き返す

134 :名前はいらない:2005/12/14(水) 11:14:10 ID:lFHUxhre
朝の光
今日もまたそれが夢であることを知る
毛布と泥に埋まる時だけ
独りきりで考え込むときだけ
わかる気がしたのに

目を覚ませば僕と世界が取っ組み合いを再開する
最高の平和は僕の裏側だけが見ているーるーるー

135 :名前はいらない:2005/12/16(金) 05:09:16 ID:8kZPUpPV
ノノノノハヽ
リノ>ヮ<リノ

136 :名前はいらない:2005/12/16(金) 05:10:33 ID:8kZPUpPV
ノノノノハヽ
リノ>ヮ<リノ

137 :名前はいらない:2006/03/21(火) 00:01:15 ID:5BeSYeSX
But I am frightened tomorrow without eating anything, and today's I can shiver so that I alone is left behind in the times

I surely saw it
The tomorrow when I merely saw it
... that I avoided it

I shake now
Anything knows an invisible thing from this window; and and
I forget bluff of those days, and it is ...

138 :名前はいらない:2006/04/02(日) 23:57:39 ID:Sl3qXIk7
New morning is the morning that came desired

139 :万華鏡倉庫:2006/04/24(月) 10:50:44 ID:f+6C1E+D
砦で
蝋人形は落胆する月光を指のあいだで梳いた

腐敗した鶯が飛び立つ
月光の線条をかすめ
そこから夕刻の体液が伝い降りる
蝋の指まで

夜の立体の視線が窓から迫り込んできて
なにもかもと擦れ違ってゆく

窓の外に回れば
夜の眼球の裏側が見える
我知らずまたがっていた
夜の視神経に
股を擦られて

140 :万華鏡倉庫:2006/04/25(火) 03:44:21 ID:FYTZ66BQ
泣き叫んでいる人の縮尺
<塗装の手順>と名付けられた長女から
信仰心一年分を五名様に

ヘルニアの首都の
朝だけでできた日
ひとりでに地形が詳しくなる
地形に詳しかった人の性質が複雑になる
通勤路に悲哀の目盛を刻んでおき
正確に等量して
泣き叫ぶ
という言葉の配列通りの
首都のスカイラインを
翻訳する

141 :万華鏡倉庫:2006/05/04(木) 20:02:15 ID:Mf7QiCvI
窓の外の川が尻でいざって屈曲してゆく

142 :万華鏡倉庫:2006/05/04(木) 23:22:39 ID:vYhmQbN7
史上最古の駐車場が発掘されている

143 :万華鏡倉庫:2006/05/04(木) 23:35:35 ID:vYhmQbN7
窓辺の葉に宿る露の中で潜水艦が交戦している

144 :万華鏡倉庫:2006/05/05(金) 00:23:58 ID:ZIZ/h/CX
虹に結び目がある

145 :万華鏡倉庫:2006/05/05(金) 00:32:01 ID:ZIZ/h/CX
夕焼けがたちまち朝焼けになったので驚いた。きっと地球の自転が反転したのだ。

146 :万華鏡倉庫:2006/05/06(土) 12:58:33 ID:AADFPqOi
季節が道を開けなくてはならないほど
大きな楽団が通る

147 :万華鏡倉庫 ◆8zHol6NAOo :2006/05/07(日) 11:15:50 ID:4NsW8/4e
町内を流れる川にいる鴨が 町内会費は群れでひと口でいいか? と確認しにくる

148 :万華鏡倉庫 ◆8zHol6NAOo :2006/05/16(火) 22:50:24 ID:7sHiTgrx
川で水が溺れている

149 :万華鏡倉庫 ◆8zHol6NAOo :2006/05/17(水) 00:59:47 ID:4NQmdYkC
宅地造成地の南と西に塩を振るために雇われたわけではないと
言っているとしか思えない唇の動きを
読唇したときにはすでに
引っ越す気満々の民衆が
「塩を阻止せよ」と子ども工作員たちに
指令をくだした日の夕飯になにを食べたかテストに出る

150 :万華鏡倉庫 ◆8zHol6NAOo :2006/05/21(日) 16:17:02 ID:TKBgfM3h
影を数え終わる

151 :万華鏡倉庫 ◆8zHol6NAOo :2006/05/25(木) 01:15:19 ID:U9yV6aLn
顔を歪ませる薔薇の
冷汗
「どこが痛いの?」

152 :名前はいらない:2006/05/31(水) 19:27:56 ID:QHGjLAap
わたしは眼鏡をかけています
夜に空をみあげたりすると
ぼんやりとしていて
そこに「距離」が感じられないんです
ぜんたいが平坦で境目の薄い霧のようにしか
みえないんです
そうすると風景でしかないはずの
その漠然としたものが
僕自身の感情すべての表象のようなきがしてきます
ああもうこの感情は使い物にならないんじゃないかな
感動したり、幸福を感じたりできなないんのかなとかんじます
そうすると突然重力がなくなって
墜落するように恐れとか、悲しさとか、不安とか、をかんじます
これはレンズを通した視力がただしく働いてないからだけなのか
感性がまったくしんでしまったせいなのか
わからないことがとても不安です
夜の海を見たときなんかはとくにです
たとえばそこに飛び込んだとしても
まるでなにもおこらないように感じます


153 :名前はいらない:2006/05/31(水) 19:40:02 ID:QHGjLAap
風景と無関係なことの寂しさは
世界に取り残されてしまったようにかんじて
それは時間にとりのこされてしまうことに等しい
時計の隣には昔の感傷が写真とともにあって、
死んでしまった僕自身の感情、その死骸は
どこにもみあたらない

154 :名前はいらない:2006/05/31(水) 19:59:05 ID:QHGjLAap
ああ、そっか
聞く言葉、吐く言葉があらゆる言葉が
うわっすべりで自分自身と乖離してる感じがするのも
無関係じゃないんだ
現実を生きてるきがしないんだ
自我の作用がないんだ
やっぱり根本的には視力のせいではなさそう


155 :万華鏡倉庫 ◆8zHol6NAOo :2006/06/22(木) 03:36:14 ID:cKidA158
線路脇を肩車の親子が歩いてゆき
肩車の通勤快速とすれちがう

156 :名前はいらない:2006/07/05(水) 22:49:00 ID:M60H8jX8

よく見ようよく見よう
まわりを見渡したときの・・・ってえっと作家と書けば社交性がUP
で錯覚と書けば閉包感がUPするよ。


157 :名前はいらない:2006/07/16(日) 14:16:50 ID:alVn0dnc
シャー

158 :万華鏡倉庫 ◆8zHol6NAOo :2006/07/21(金) 18:58:21 ID:zVg9jamU
信号機の森で若芽を摘むひと

159 :名前はいらない:2006/07/30(日) 15:26:17 ID:l8jVwpgZ
声をだし楽しく戯れる者たちのいる時間

160 :万華鏡倉庫 ◆8zHol6NAOo :2006/08/02(水) 17:33:10 ID:KueKPSsX
川下から声が聴こえる薄紫の声が

161 :名前はいらない:2006/08/09(水) 14:38:35 ID:AIzJk2wi
珍しくともなんともない 青い空をみたときの気持ちが腐って網戸の汚さに比例しております

162 :名前はいらない:2006/08/22(火) 21:30:55 ID:wi6vfzac
風の中に立ち止まっている風を眼を閉じて見る

163 :万華鏡倉庫 ◆8zHol6NAOo :2006/08/23(水) 10:06:52 ID:dWDKFdFl
アスファルトに立つ鳥肌のように雨が

164 :万華鏡倉庫 ◆8zHol6NAOo :2006/08/29(火) 15:00:28 ID:5Gf9oI+t
夕空に眠る繭がいる

165 :放牧用紙48 ◆5jmHQb3UhA :2006/08/31(木) 06:39:55 ID:Z2qnvXWI
昇降口で蝙蝠傘の水を切る牛

166 :万華鏡倉庫 ◆8zHol6NAOo :2006/09/06(水) 11:39:37 ID:FvybfmVp
記録天使(リピカ)が行き交っている
なにかが起こる前に
その予兆を記録しているのか
こうして
記録天使のことを記録している私のことも
ついでに
記録しているのか

167 :万華鏡倉庫 ◆8zHol6NAOo :2006/10/18(水) 01:09:21 ID:7tyFW4aG
窓の外から折れた手首の声がする

168 :名前はいらない:2007/01/06(土) 00:07:20 ID:XWE1IlSB
test

43 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)