5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

谷川俊太郎を批判しよう

1 :名前はいらない:02/09/02 03:47 ID:kryrQyrZ
だれかしてくれ

2 :名前はいらない:02/09/02 03:55 ID:Mss9FOTo
やだ!

3 :名前はいらない:02/09/02 04:08 ID:kryrQyrZ
1の母でございます。
このたびは、息子がこのようなスレッドを立ててしまい、
皆様には大変ご迷惑をおかけしております。深くお詫び申し上げます。
息子は幼い頃に父親を亡くし、そのショックで内気な子供になってしまいました。
そのせいか、小・中学校ではいじめにあっていたのです。
この年になるまで、恋人はおろか友達さえもいないようで、大変心配しておりましたが、この2ちゃんねるというサイトを知って以来、息子も少し明るくなったようです。
「今日○○板でね、ドキュソがさあ・・・」と、
とても楽しそうに夕食の時に話してくれるのです。
どうぞ皆様、息子を暖かく迎えてやってくださいまし。本当は良い子なんです。
よろしくお願い申し上げます。
                              1の母より


4 :名前はいらない:02/09/02 04:20 ID:Ck/SS1KQ
長ったらしい。
言葉に鋭さがない。

と、無責任に批判して逃げる。

5 :名前はいらない:02/09/02 04:24 ID:kryrQyrZ
あんまり読んでる人いないのかもな。昔は凄いなって思ってたんだけど
この頃疑問がわいてきたんだ。才能があるのは解るし@頭もいいのも解る
でも何か足りない気がするんだ。

6 :名前はいらない:02/09/02 04:29 ID:kryrQyrZ
>>4長ったらしい。
言葉に鋭さがない。

と、無責任に批判して逃げる

批判できるだけ立派です。見当違いだと思うけど。

7 :名前はいらない:02/09/02 04:32 ID:kryrQyrZ
誰かいないかな?上手く批判できる人。

8 :名前はいらない:02/09/02 04:40 ID:kryrQyrZ
芸術ってなんだろう?末期ガンの患者に谷川俊太郎の詩は役に立つのか


9 :微熱くん ◆/504x/.Q :02/09/02 04:42 ID:GyZIA+Ch
>>8
それ、谷川俊太郎だけの批判にはならんだろ(笑)

10 :名前はいらない:02/09/02 06:15 ID:C+ER8WXK
というか、この人はどういう過程を経て有名になったのか?
お父さんが大物だったという話は聞いたことがあるけど、まさか、
親の七光りとかじゃないよね?

11 :激辛正当派 ◆UYNHN29Q :02/09/02 14:12 ID:9SUjtoZ+
>>10
確か三好達治に気に入られてデビューしたと思う。
まあその頃、「二十億光年の孤独」みたいな作風は衝撃だったのじゃないかなあ。
ちなみに父親は哲学者の谷川轍三。
宮澤賢治を世に知らしめた人としてつとに有名です。
岩波文庫版の賢治詩集はこの人の編纂。

12 :名前はいらない:02/09/02 21:35 ID:LUEsngy/
>>4
なつかしいな、それw

13 :ボルカ:02/09/02 22:44 ID:EXN3U4c6
2年前に微熱君がいたスレッドで書いたけど、「鉄腕アトム」は傑作で、
僕の秘密のお手本なんだけど、単に詩として読むと、やっぱ駄作でもあるよね。
かなり馬鹿っぽい。

原発推進ぽいし(W

アトムだのウランだのが、「そらをこえて、ららら」じゃやばいよね。

14 :名前はいらない:02/09/02 22:50 ID:EXN3U4c6
>>http://book.2ch.net/test/read.cgi/poem/1027894954/l50
ごめん、気がつかないで反応しちゃいました。
同タイトルがあったっすね。

15 :名前はいらない:02/09/03 11:16 ID:WmY0FuJi
お金になる文章を書いてるのがみえみえ。
でも最近はいいかも。
名前をIQすごくいいらしいとか言いふらして
売るところがミソ。
やっぱり宣伝はわかるよ。
商業詩人。

16 :微熱くん ◆/504x/.Q :02/09/03 13:21 ID:+vJMLzw5
>>13
戦争になった途端に、戦争マンセーって詩がかける詩人。
科学技術全盛の時代に、科学技術マンセーって詩がかける詩人。

飯を食うには大事な事と思いマス。

17 :↑↑↑:02/09/03 15:35 ID:0PPfEDpt

なんだか自演くさいなぁ



18 :名前はいらない:02/09/03 15:38 ID:N1NovfkS

いか微熱の出演のスレは多かれ少なかれ自作自演をしているよ。


19 :名前はいらない:02/09/03 15:39 ID:mY/6WkLz
たーちゃんを応援しよう!!

20 :名前はいらない:02/09/03 15:41 ID:x8O2/Top

谷川先生。マンセーです。はい。


21 :名前はいらない:02/09/03 15:43 ID:/cSv/vOp
緑の野原

赤い景色

青い大気

22 :名前はいらない:02/09/03 15:45 ID:lUVcuWD3

ふ〜ん。最近はIDのレスポンスがいいねぇ。



23 :名前はいらない:02/09/03 15:47 ID:GffPbOMZ
秋には

なにしようかな

落ち葉あつめて

芋に会

24 :名前はいらない:02/09/03 15:48 ID:GffPbOMZ
いいね

25 :名前はいらない:02/09/03 15:49 ID:GffPbOMZ

ふ〜ん

26 :名前はいらない:02/09/03 15:50 ID:GffPbOMZ
まかせてくれていいよ

27 :名前はいらない:02/09/03 19:17 ID:VgAPwiMS
>>15
それ本人認めてるよ
商売でやってるって
で谷川氏はどこがいいのでしょう、マジで
具体的によくわからん

28 :名前はいらない:02/09/03 20:55 ID:WmY0FuJi
ほんとうでつか。ワタクシの目に狂いはなかったのね!!ホホホホホ

29 :名前はいらない:02/09/06 16:04 ID:lVT0HK/1
教科書会社から金を取る。教材会社からも金を取る。

詩の評価は別として、こんな金欲ボケじいさんの詩を子供たちは教えたくない。

いまに、口ずさむだけで金を要求されるぞ。


30 :名前はいらない:02/09/06 16:58 ID:X53pZDxe
>>29
ヒガムなよ。小馬鹿者が。悔しかったらオマエがそうなってみろ。

31 :名前はいらない:02/09/06 17:07 ID:ai2eoTx+
>>30
おおぉぉぉぉ。同感ですねぇぇ。

32 :名前はいらない:02/09/07 21:02 ID:vJTYBpD4
        / ̄ ̄ ̄ ̄\
        l ∨∨∨∨∨ l
        |   \()/   |
        (| ((・) (<) |)     / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
        |    ⊂⊃   |    /  俺はきれた!(怒)
       | .| ⌒ \.l/ ⌒ | |  <
     / |. l + + + + ノ |\  \  谷川俊太郎に決闘を申しこむぞ!
    /   \_____/  \  \___________
  /   _              \
 // ̄ ̄(_)               |
 |ししl_l  (            |    |
 |(_⊂、__)            |    |
 \____/              |    |

33 :名前はいらない:02/09/07 23:05 ID:ngmqJO2N
何故あんなに大量に出版できるのか教えてください。
実力だけで売ってんじゃないのはわかっています。

34 :名前はいらない:02/09/08 02:17 ID://7k6r7a
才能のある健全な人間の表現は、毒にも薬にもならない。

35 :LEX:02/09/08 17:58 ID:rNNaqviw
谷川俊太郎大好きです。



36 ::02/09/12 19:16 ID:IMZBhKlJ
好き、嫌いは別にして、

精神的深みを主題に感じた事はありませんが、

日本語の音韻に独特の発見した哲学を感じます。

37 :名前はいらない:02/09/13 22:44 ID:Mui+kUY1
>>36
>日本語の音韻に独特の発見した哲学
具体的に教えてください
僕はどうも初期の詩しかわからんのですよね、全く

38 :名前はいらない:02/10/27 21:12 ID:47qJP3t1
谷川さん大好き。

39 :名前はいらない:02/11/07 23:33 ID:5vNGnlbK
tanigawa syuntarou ga
siawase wo kataru nannte
matigatte iru...

40 :名前はいらない:02/11/16 01:13 ID:CzRjuTWn
合唱曲で有名な「春に」が載ってる詩集ってありますか?

41 :名前はいらない:02/11/27 03:17 ID:KJHFDq+9
>>40
『二十億光年の孤独』

42 :名前はいらない:02/11/27 06:44 ID:9+QXoTFI
25歳。
去年まで金無し君だったけど、オンラインカジノとパチンコで
二年で350万貯めた。一度やってみなよ。
初回のみだけど、1ドル以上のチップを買えば30ドル(4000円くらい)貰える。
もらうだけもらってプレイせずに換金することもできるし、ルーレットで赤か黒に
思い切って賭けてしまえば50パーセントで二倍になる。
金なきゃオフラインでゲームすればいいだけ。暇つぶしになる。
ビデオポーカーとかスロとか色々あるのでマジでお勧め。
http://www.imperialcasino.com/~1j4z/japanese/

43 :名前はいらない:02/11/29 21:35 ID:PkAJUnBT
詩はそれを書いた詩人のものではなく、それを必要とする人のものだ。

44 :名前はいらない:02/11/29 21:47 ID:kf5nWqaF
「真っ白でいるよりも」
この言葉は谷川俊太郎を苦手とする私でも
「さすがに年齢を重ねている!!」
と思った。年をとらねばわからない重みのある台詞ですな。

45 :岡田克彦 ◆ikGay75MZI :02/12/03 10:51 ID:BY8WSp0l
ま、悪いことは言いません。あんたら2チャンネラーに代表される
下界の凡人連中には、ベートーヴェンの晩年の弦楽四重奏がちょうどよいです
から、そのあたりをお聴きなさい。
間違えても、ぼくやドビュッシーの作品は聴かないように。
豚・に・真珠・でございましょう、ファッハッハッハッ・・・・・
で、ぼくのホームページK.OKADAワールド
(URL;http://debu1957.hp.infoseek.co.jp/)には
あんたら2チャネラーには似合わない私の傑作の音楽がついていますので、
ぜーーーーーったいに来ないで下さいね。


46 :岡田克彦 ◆ikGay75MZI :02/12/10 16:33 ID:vVpW6IOa


お・だ・ま・り、あたしを誰だと思ってるの? おそれ多くも、あ・た・し・よ。
お・だ・ま・り、あたしを誰だと思ってるの? おそれ多くも、あ・た・し・よ。
お・だ・ま・り、あたしを誰だと思ってるの? おそれ多くも、あ・た・し・よ。
お・だ・ま・り、あたしを誰だと思ってるの? おそれ多くも、あ・た・し・よ。
お・だ・ま・り、あたしを誰だと思ってるの? おそれ多くも、あ・た・し・よ。


47 :名前はいらない:02/12/14 18:52 ID:j2BBIM9g
「あなた」にむたくた感動して、暗唱できるまでになってしまった。

48 :名前はいらない:02/12/14 18:56 ID:pWgDeYIF
ドギューンはいいが、胸を打たれるほどの感動・・・は、ない。

韻律わからないし、ブタに真珠ですな、フアッハッハッハ、ハア。


49 :名前はいらない:03/01/05 02:56 ID:sTtO5hXx
minimal、よかったけど。
あえて批判は、雰囲気ものな感じかな。

50 :トロロ:03/01/05 13:48 ID:yjKAtyrM
以前名古屋の本屋さんでサイン買いやってたから、
シシユウ買ってサインもらって握手したよ。
これが詩人の手かと思うほどでかくてごつい手だった。
谷川サンの見方が変わった。


手がごつい詩人だなぁと。

51 :名前はいらない:03/01/05 14:38 ID:zZkcToOu
 批判がいつの間にか賞賛になってる・・・。
しいて批判するとしたら、「詩人」のわりに「歌心」が薄い。
もちろん西洋的な「歌唱」の概念に、囚われなくてもすむ伝統を
日本人はもってるから、このままで 何の問題もないんだけど。

52 :名前はいらない:03/01/05 15:42 ID:HWvPpXvx
>>5 >>34
同感。
彼は非常に巧いが感動しない。詩想がどこか悟性的。

53 :名前はいらない:03/01/05 15:53 ID:1LgU/AiY
悟性的というよりはクール。

54 :名前はいらない:03/01/05 16:07 ID:iZXLhYkS
そこまで考えて別に感動させる詩だけが詩ではないことに気づかされる。

55 :名前はいらない:03/01/05 16:29 ID:1LgU/AiY
しかし感動させるようなモノを書けないという弱点が強調される。
哲学系の血というのは拭えないのだろうか。
はたまたマザーグースにはまりすぎてしまったのだろうか。


56 :ひかる:03/01/05 17:26 ID:HWvPpXvx
クールにもいろいろあるけど。

57 :名前はいらない:03/01/05 17:52 ID:1LgU/AiY
>>56
もう少し突き詰めていうなら 冷笑的。
どこか自分の詩というものを 突き放して 客観的にニンマリしている感がある。

もちろんデビュー作には その要素は少ない。

58 :ひかる:03/01/05 17:58 ID:HWvPpXvx
そうかなあ。クールを当てはめて言えば感性が冷却している。

59 :名前はいらない:03/01/05 18:01 ID:iZXLhYkS
クールな作風の癖に突然感動的なものつくられても困る。
内的必然性にしたがってつくられるのならともかく。

60 :名前はいらない:03/01/05 18:11 ID:1LgU/AiY
ねじめ正一がどっかで語ってたことにプラスして俺の意見を言うと
読者をおちょくってやろう、みたいな
読者を自意識過剰もいき過ぎやろレベルで、仕掛けをつくってる。
そんな印象。

自分がほんとに感動したから書くというよりは
感動させるにはどのように媚を売ればよいのか
ということが先行する。



61 :名前はいらない:03/01/05 19:24 ID:iZXLhYkS
ねじめって長嶋のファンなの?
創作文芸板であったキモい小説に書かれてたけど

62 :名前はいらない:03/01/05 19:53 ID:1LgU/AiY
>>61
そだーね。長島巨人マンセーの人らしいね。
俺は、この人に関しては、詩人としてはおもしろいというかユーモアの温かみと冷ややかさの
融合具合が好きなので、影響大。

スレ違いなので話 戻すけど、やっぱりこの人は、初期の作品が素晴らしい。
だんだんあざとくなってくる。

衒学的な要素が顔をのぞかせつつ
一方では、ことば遊び的にマニアックに没頭していた。
どっちにしろ、クールというか、どっか冷めてる印象。



63 :ひかる:03/01/05 20:07 ID:HWvPpXvx
>>60

後半の文、賛成

64 :山崎渉:03/01/19 13:42 ID:HfSLZrvL
(^^)

65 :癒されたい男:03/02/05 19:28 ID:TD9DgDwv
クレーの天使の絵につけた
短詩
めちゃいい

66 :名前はいらない:03/02/05 19:50 ID:9RKgM9Ah
   ,.´ / Vヽヽ
    ! i iノノリ)) 〉
    i l l.´ヮ`ノリ <先生!こんなのがありました!
    l く/_只ヽ    
  | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
http://saitama.gasuki.com/hiroyuki/

67 :名前はいらない:03/02/11 21:22 ID:C0w8QTkR
自分に陶酔してる様が痛々しい

68 ::03/03/26 23:00 ID:TtcQkcjz
「カルカッタの若者がキリンの夢を見ているとき」で始まる詩は、
どこに収録されていますか?全文しりたいです。

69 :名前はいらない:03/04/03 19:36 ID:HuC+CFbl
>>68
その詩ぼくもすき。
小学校の時の受験参考書にのっていた。


70 :名前はいらない:03/04/10 21:30 ID:mVjcIAtj
谷川俊太郎って実際のところ、優れた詩人なのですか?
それともダメな詩人なのですか?
よくわかりません。
教えてください。

71 :名前はいらない:03/04/10 21:48 ID:V2vkRpQt
いやです。

72 :名前はいらない:03/04/10 22:02 ID:TBB7Y9Nw
です。

73 :名前はいらない:03/04/10 22:04 ID:LzGBX6pm
>>70
人それぞれですよ。

74 :名前はいらない:03/04/10 22:04 ID:8kpHqLTT
↓↓ ちょっとエッチなDVDが今ならなんと!一枚900円! ↓↓
    http://www.net-de-dvd.com/
↓↓ 支払いは安心の商品受け渡し時でOK!! ↓↓
    http://www.net-de-dvd.com/
↓↓ 売り切れ続出 数に限りあり 早いもの勝ち!! ↓ ↓
    http://www.net-de-dvd.com/

75 :名前はいらない:03/04/11 22:31 ID:Vibhko0b
エッチなんじゃない?

76 :山崎渉:03/04/17 13:22 ID:h0xijIvJ
(^^)

77 :山崎渉:03/04/20 02:00 ID:tQHi8HIt
   ∧_∧
  (  ^^ )< ぬるぽ(^^)

78 :monmon:03/05/18 11:29 ID:p+Gg85WX
谷川俊太郎の詩は美しくない。(例:生きる。朝のリレー。ect)
詩は美しくてなんぼの物である。
谷川俊太郎は詩人ではない。ただの金にせこいジジイである。

79 :名前はいらない:03/05/18 15:03 ID:5mqNMbYy
金は稼ぐ為にある

80 :かのっぴ:03/05/18 15:52 ID:CUrI4e0R
>>78
詩集「旅」の詩(鳥羽とか)は美しさもあると思うけどどうだろ。
「朝のリレー」は確かにどうかと思うけれどね。

批判、ね。何かあったらまた書いてみる。
この人の場合、いろんなの書いているから、作品批判は難しいと思うよ。
金稼ぐために詩を書くってのも僕はとやかく言う気はないし。
エッセイで「愛のパンセ」とかいうのを読んだとき、
意外につまらない考え方する人だな、と感じたような記憶が。
気が向いたら確認してみる。

81 :名無し:03/05/19 05:39 ID:mEaWwrnM
///

82 :名前はいらない:03/05/19 21:04 ID:Ll3n0jev
納税者番付に載っていて非常にうらやましい。

83 :山崎渉:03/05/22 02:45 ID:HGif30+j
━―━―━―━―━―━―━―━―━[JR山崎駅(^^)]━―━―━―━―━―━―━―━―━―

84 :山崎渉:03/05/28 11:28 ID:0k3PpwVO
     ∧_∧
ピュ.ー (  ^^ ) <これからも僕を応援して下さいね(^^)。
  =〔~∪ ̄ ̄〕
  = ◎――◎                      山崎渉

85 :名前はいらない:03/06/09 20:04 ID:sp1ShKTZ
これが私の優しさです」

    窓の外の若葉について考えていいですか
    そのむこうの青空について考えても?
    永遠と虚無について考えていいですか
    あなたが死にかけているときに

    あなたが死にかけているときに
    あなたについて考えないでいいですか
    あなたから遠く遠くはなれて
    生きている恋人のことを考えても?

    それがあなたを考えることにつながる
    とそう信じてもいいですか
    それほど強くなっていいですか
    あなたのおかげで


86 :名前はいらない:03/07/08 22:00 ID:5wkIy1N7
大好きです。
情でベトベトしてない、そんなところが好きだなぁ。
まぁ「冷たい」と批判もされるわけだが。

特に、エロティックな作品はこの人ならではの個性が光ってる。
「ポルノバッハ」とかイイヨ。
♪ぼくのあれは伸びたり縮んだり♪

87 :山崎 渉:03/07/12 11:08 ID:NWO/CALS

 __∧_∧_
 |(  ^^ )| <寝るぽ(^^)
 |\⌒⌒⌒\
 \ |⌒⌒⌒~|         山崎渉
   ~ ̄ ̄ ̄ ̄

88 :山崎 渉:03/07/15 12:02 ID:91J1lTCd

 __∧_∧_
 |(  ^^ )| <寝るぽ(^^)
 |\⌒⌒⌒\
 \ |⌒⌒⌒~|         山崎渉
   ~ ̄ ̄ ̄ ̄

89 :山崎 渉:03/08/02 01:27 ID:GCypsXvY
(^^)

90 :熱血先公:03/08/10 19:24 ID:MCkDVYg8
シダ植物とセクースした

には仰天した。
スゴイ、とおもった。

91 :ミレークレーダリー:03/08/14 23:28 ID:2PCFEMHU
>♪ぼくのあれは伸びたり縮んだり♪
あなた、女性でしょ?
これをみて、男性はイイと思わないよ
バカみたい


92 :山崎 渉:03/08/15 13:32 ID:jFO+cPAl
    (⌒V⌒)
   │ ^ ^ │<これからも僕を応援して下さいね(^^)。
  ⊂|    |つ
   (_)(_)                      山崎パン

93 :名前はいらない:03/08/19 16:23 ID:e7issOwf
なんでもおまんこって詩がすごい良かった。
でもどこで読んだのか忘れちまったー。
どの詩集に載ってるか知りませんか?


94 :名前はいらない:03/08/19 16:57 ID:/GR/46sm
セーラー服の少女と3P。なんともうらやましい光景です。
オマンコは小ぶりながらもビラビラ大きめで相当使い込んでいる様子!
オッパイの方も手ごろな大きさで揉み応えありそうですよ。
ローターで喘ぎまくっちゃうところなんか感度よすぎ!
無料ムービーをどうぞ。
http://www.pinkschool.com/


95 :ボルカ:03/08/22 20:00 ID:StGK+kUV
>>90
あれ、少年時代の谷川が、お尻でしちゃうんだよなー。
詩集のはじめっから何かやりそうなんだけど、アレをやるとは
思わなかったです。

96 :名前はいらない:03/09/01 03:38 ID:CXL30Yso
この人は間違いなく才能のある詩人ですね。
ただ人物そのものというか、しゃべったりしてるキャラが胡散くさいのが
やーな感じではあります。
ただ詩人としての才能は本物です。100年後にも名前が残るでしょう(批判じぇねー)

97 :名前はいらない:03/09/01 07:16 ID:cEEICfot
二十億光年の孤独が嫌らしくてたまらなくて一切他を読む気になれない

98 :名前はいらない:03/09/29 14:19 ID:93MDx86h
何故批判するのかわからないぞ…あれ以上の詩人はいるかい?

99 :名前はいらない:03/09/29 14:46 ID:69kn0UGZ
まあまあ売れてるみたいね。血なんか全く流さずに、言葉をおもちゃにした、最初の詩人ですかね。草野しんぺいとは違うアナーキーな自由度を獲得しています。
しかし、叙情詩は苦手だったみたい。
個人的には嫌いです。

100 :通行人:03/09/29 15:09 ID:qvEOIs4s
なぜ谷川俊太郎が寺山修司と仲が良かったのかがわからん。

101 :名前はいらない:03/09/30 03:52 ID:AzX02m3c
嘘つき

102 :名前はいらない:04/01/22 23:06 ID:88kT9m4E
四ヶ月ぶりのあげ

103 :名前はいらない:04/01/23 20:39 ID:UuwLyWPF
深い思考を持ってはいると思うが、『国民詩人』には納得がいかない。
だけど、この人が死んだら日本の詩も終わりなんだろうな。
現代詩で、詩を読むきっかけになり得る詩ってなかなかないし、
何よりもネームバリューがないし。

>>52あたり
戦前の詩にあるような湿っぽい哀しみをうたわなかった。
谷川の詩を斬新と呼ばしめた理由。これは常識。


104 :名前はいらない:04/01/23 20:43 ID:0aKzC5nn
現代の詩人を大岡信と編集してます。
読む価値ありです。
私は現代にこんな素晴らしい詩人さんがいることを初めて知りました。
多少、相当、お金持ちそうですけれど、
それだけのことはしていると思います。尊敬すべき人です。

105 :名前はいらない:04/01/23 20:45 ID:0aKzC5nn
大岡信という人もチラッと見たけどまともなこと書く人ですね。
物を見る目が優れているといった感想です。

106 :名前はいらない:04/01/23 21:02 ID:03ATQF8P
訳者としても有名。
スイミー、マザーグース、スヌーピ
これだけ仕事すれば金入って当然かと思われ。
自作詩以外にも彼の果たした役割は大きいよ。

107 :えみ:04/01/23 21:10 ID:T9G5C6RK
あなたは特別な人。
世界中のどこにも、
あなたのような人はいない。
そして時の始まりから、
あなたのような人は一人もいなかった。
好み、物の見方、笑い方、
泣き方、才能、感情、…
あなたには大きな価値があるから、
他人を真似する必要はない。


↑この詩、誰が作ったかしってますか?おせーてください。

108 :名前はいらない:04/01/23 22:20 ID:YzP0lQxw
「泣き方、才能、感情」でgoogle検索汁。
一般の方のようです。スレと関係ない質問はコチラへ。
http://book.2ch.net/test/read.cgi/poem/1014525376/l50

109 :名前はいらない:04/01/23 22:28 ID:YzP0lQxw
「言葉を愛し始めたのはいつですか?」という学生の質問に対し、
「言葉は愛していない、好きではない。」と言い切った。
「言葉が好きではないということが、詩を書く上で良かった。
常に言葉に疑問を持っている。言葉で真実は伝えられない。
先輩の詩人は、詩の中に書かれている薔薇の方が
本当の薔薇よりすばらしいといったが、私はそれに反発した。
すばらしい詩であろうが、本当の薔薇の方がよりすばらしいに決まっている。
言葉は真実、現実においつかないもの。
言葉に酔ったり、惚れ込んだりすることはない。
だから、かえって詩を客観的に見ることができた。
人間の意識下の、言葉にならないもののほうが、
はるかに人間を動かしているし、それが一番大事なもの。」だと答えた。

http://www.kyushuotani.ac.jp/lib/2001dayori1-1.html

スレの住人の指摘はいいところを突いていると思われ

110 :名前はいらない:04/02/01 13:13 ID:yr3HBu2h
あげ

111 :名前はいらない:04/02/01 18:48 ID:mKSCLGMG
>>110
何故あげたのですか?

112 :名前はいらない:04/02/09 22:14 ID:bSETFvPS
朝のリレー好きです

113 :名前はいらない:04/02/12 05:39 ID:xu6vNjr1
このスレ的におすすめの詩の作家って誰?
明日本屋行くからぜひ俺にレコメンドしてくれ。

>>109
言葉は人間が作った一種の自己防衛本能
太陽、酸素、海、風・・もう充分だった筈なのに。

・・とある歌い手が申しております。

114 :名前はいらない:04/02/14 11:56 ID:O8U8+jyx
「鉄腕アトム」の詞はどう思います?

115 :名前はいらない:04/03/25 12:38 ID:110XyvIp
>>1
今更批判しても徒労でしょ。
地位確立してるしさ。
何を言おうと無駄ってわけ。
詩で勝負するしかないんだよ。

116 :アシタガ ◆IfK9pjYs3s :04/04/17 12:42 ID:q7+z9WQ3
この人ってダダ?
小学生に詩のつくりかたを教えてるのが、この前新聞に載ってたけど
すごくダダ的なことを教えてた気がする。

117 :名前はいらない:04/05/19 01:14 ID:MFcZ2Z1z
ダダダダダダ

118 :名前はいらない:04/05/19 05:15 ID:s+33MB4V
「あげます」ってすきだ

119 :名前はいらない:04/06/05 18:46 ID:gBo67sUY
ageます

120 :名前はいらない:04/06/09 02:05 ID:tf9lWsja
そう、いわば交替で地球を守ってみませんか?

121 :名前はいらない:04/06/10 23:02 ID:+s2fXNoS
「春に」を、合唱曲ですけど
今度ソロで歌う予定です。演奏会で。。
途中で感極まって泣いたりしないか、今から不安。

122 :名前はいらない:04/06/17 15:13 ID:jt3EYrm8
ピーナッツつっまんね〜よ

123 :名前はいらない:04/07/04 15:27 ID:FJaMjkL9
お金なんて誰のものでもなかった、
知らない間にふえてたり
いつの間にかなくなってたり
落っことしたり拾ったり
借りたり貸したり
ひらひらひらひら、
あんな薄っぺらなもののおかげで
生きてきたなんて思いたくない。

私はすっぱだかで生まれてきたんだよ、
あの日、
私が、始まった日、
誰ひとり覚えていない日。

アラーキーとの共作「やさしさは愛じゃない」より

124 :名前はいらない:04/07/07 02:15 ID:tllkF1e5
たしかね、彼の詩のなかに、
男の子のおちんちんをロケットに見立てたような詩とか、
たしかそれはソネット集の中だと思うけど、
あと、品のないのが、
「なんでもおまんこ」、とかいう詩、これは私は批判すべきだと思うけど・・・

125 :名前はいらない:04/07/07 08:46 ID:1CQjRjsz
「品」はそもそも受け取る側の人間によって決まるんだよね。

126 :名前はいらない:04/07/07 19:12 ID:tllkF1e5
>>125
それはね、エゴン・シーレも、
自分の作品を猥褻と受け取るのは、
鑑賞者が猥褻な場合だ、とある
男の子のおちんちん、はまあ可愛いとしても、おまんこはまずいと思うぞw

127 :名前はいらない:04/07/07 19:20 ID:tllkF1e5
>>126の書き直し
それはね、エゴン・シーレも、
自分の作品を猥褻と受け取るのは、
鑑賞者が猥褻な場合だ、と言っている
男の子のおちんちん、はまあ可愛いとしても、おまんこはまずいと思うぞw
まあ、それも可愛いけど、人前で朗読できるのか、詩人自身が、という

128 :名前はいらない:04/07/07 19:21 ID:tllkF1e5
ああ、ついでに、鉄腕アトムの歌詞はよかったと思う


129 :名前はいらない:04/07/14 15:33 ID:rw4uHNWO
おれ空に背が届くほどでっかくなれねえかな
すっぱだかの巨人だよ
でもそうなったら空とやっちゃうかもしれねえな
空だって色っぽいよお
・・・・・・・・・・
そこに咲いてるその花とだってやりてえよ
形があれに似てるなんてそんなせこい話じゃねえよ

朗読できるんでしょう、谷川先生なら。
先生は「性を無邪気なものとして表現したい」と言ってました。

130 :名前はいらない:04/07/14 18:26 ID:jpsFMxbt
20億光年の孤独でしたっけ
あの詩のわかるようなわからんような
フレーズと
最後の思わずくしゃみをしたって一節も意味深だけど
有名な詩であるにもかかわらず、好きにはなれなかった 万有引力!

131 :名前はいらない:04/07/14 18:44 ID:Ihq67cl0
あの、文通してたことあります。
でも、私が若くて無礼なことをして終わりました。

132 :名前はいらない:04/07/14 23:01 ID:YyjpjEn/
優しく包み込むような手で
一枚ガラスを隔てている
感じがたまらなくいい。

133 :名前はいらない:04/07/15 22:14 ID:4j1AYz3c
>>131
ホント?羨ましい。
先生を怒らせてしまったんですか?
もっと詳しく教えてください!

134 :名前はいらない:04/07/16 21:20 ID:z4Wl1YPo
言葉って受け取る人の考えしだいってとこもあるよね

前勤めてた幼稚園で私が「○ちゃんと○くんが危ない遊びをしてて…」と言ったら
園長が「危ないとは何事だ!」と怒鳴ってびっくりした事がある。
どうやら「危ない遊び=大人の性的行為」だと思ったらしい。
自分はブロックを投げたり図鑑を落としたりすることを言ったのでしたが。
「危険な遊びといいなさい」と園長は言ってたけど、脳みそがエロイことでいっぱいなんじゃないかと思った。

135 :名前はいらない:04/07/17 17:30 ID:1TexQtRU
>>134
「危険な遊び」というのも火遊びっぽいけどね(w

136 :名前はいらない:04/07/17 21:25 ID:JmTMKS04
http://www1.e-hon.ne.jp/content/sp_0031_tanigawa.html
>>134
好き勝手なこと言ってますけど、原文に近いものが、このサイトの
中央くらいにあります これは男の欲望そのものです もちろん、
詩的な感じもしますが この詩に品位が感じられるでしょうか?

137 :名前はいらない:04/07/17 21:29 ID:JmTMKS04
impression
... 図書館【谷川俊太郎】を読んで ホントは谷川俊太郎の、もっとトンチ系の
詩が好きなんだけど、この本にはそれは余り入ってないんだけど、でも「
よげん」や「なんでもおまんこ」(書いていいのか?・・・)や「ワッハ ...
www001.upp.so-net.ne.jp/shig/kansou01.htm - 20k - キャッシュ - 関連ページ

検索しただけで「書いていいのか?」とか、
... いっていいの. 谷川さんの詩に「なんでもおまんこ」があった。そ、
そ、そんなー。 文部省(いまは文部科学省か)の教科書検定を通った
国語教科書に、詩がいくつも掲載されている谷川さんの、最近の詩だ
よ ...

教科書にまで掲載されている詩人なのに、とか、
編集後記
... 谷川さんは今回で二回目なのですが、今年は新作ばかり朗読して
くれました。最後に「アンコールをやりたくなっちゃった」と自
ら言い、「なんでもおまんこ」をべらんめえ口調で朗読しました。. ...

なんと、「べらんめえ口調で朗読されてしまう」ような詩ですよ?

138 :名前はいらない:04/07/17 23:24 ID:1Bp29eOv
谷川さんの作詞の歌を合唱部で歌ったことあります。
歌いながら泣きそうになる詩もあり、何が言いたいんだか
サッパリ分からない詩もあり・・・
でも、どれも歌っていて気持ちがいいです。

139 :名前はいらない:04/07/19 20:59 ID:5jZjH6Rp
>>136
何故、珍子がよくて(カワイーと言って済ませられる)万個がいけないのか?
これはジェンダーの論議ですかね。

>これは男の欲望そのものです 

「私にとって、世界は女に似ている。私は世界と一緒に寝たがっている。」と
谷川さんは言った。世界を知りたい、世界と繋がりたいという想いを
人間の本能である性交でユーモラスに表現したのでしょう。


140 :名前はいらない:04/07/21 13:58 ID:HTyaamcX
私も中学の合唱部で谷川さんの作品にはとってもお世話になりました。
初めて先輩と歌った春には部員全員が大好きな作品でした。
20億光年もコンクールで歌いました。
最初聞いた時は歌詞が理解できなかったけど読めば読むほど奥が深いし谷川先生の詞は大好きです。

141 :名前はいらない:04/07/23 14:18 ID:1WFdP4p7
ただのニセモンだよね。
いや、詐欺師か。
くだらん文章の羅列を「詩」と称して「商売」している。
しかも悪どさも作品同様、中途半端ときてるから始末に負えない。

どうせ騙すんなら、もっと面白いモン見せてくれよ。
嘘でもヤラセでもいいから、面白い「生き方」見せろよ。
仮にも「詩人」なんだろ?

142 :名前はいらない:04/07/31 01:47 ID:YDUHokWX
>141
そんなこといったら
ピカソの絵とかただのコドモの落書きじゃん。
価値あるもないも個々がきめること。

143 :名前はいらない:04/09/15 17:55:20 ID:zPHwYC8I
ネリリ キルル ハララもおまんこ

144 :読売新聞より:04/09/18 13:49:36 ID:kVnDHNxa
213 名前:代打名無し@実況は実況板で[sage] 投稿日:04/09/18 11:15:53 ID:xdwuknqz
谷川俊太郎さんに、「みみをすます」という詩がある。
「ひとつのおとに/ひとつのこえに/みみをすますことが/もうひとつのおとに/もうひとつのこえに/みみをふさぐことに/ならないように」
◆プロ野球の再編問題ほど「みみをすます」ことの大切さ、難しさを身近に教えてくれた例はない。
経営難からオリックスとの統合を決めた近鉄の悲鳴に他球団は耳を澄まし、統合を理解した
◆パ・リーグ球団の苦吟に経営側が一致して耳を澄ますのは、プロ野球全体の存続を考えれば至極当然だろう。
反面、選手会がストライキを構えるまでの間、「もうひとつのおと」、選手の声に耳をふさいできた印象は否めない
◆両者の交渉が始まってから「みみをふさぐ」側に回ったのは、今度は選手会である。経営側は新規球団の参入を促す和解案を提示した。
コミッショナーも調停案を出した。どちらも選手会の耳には届かなかった。返事はスト決行である
◆最後は、新規参入を来年からとするか、再来年からとするかで、交渉は決裂したという。経営側も選手会も新規球団に再生の光明を見いだそうとしている。
せっかく目的と手段を共有しながら、「一年」の主張の隔たりが引き金になってのスト突入は何とも割り切れない
◆野球を見たいファンの声に耳をふさいで、どうするのだろう。


こんな文章のために自分の詩を曲解された谷川俊太郎はどんな気分なんだろうか。

145 :名前はいらない:04/11/02 17:02:49 ID:6hyLqOoA
ネスカフェのCMに感動してたらこの人だった。本は沢山読むんだけど、詩は
高村光太郎くらいだったんで、これから読もうかと。

146 :名前はいらない:04/11/02 17:06:06 ID:6hyLqOoA
あ、批判スレだったんだ・・・。でも朝のリレーが美しくないってそんなぁ、お前らの耳と心が
汚れてるんだぁ!

147 :名前はいらない:04/11/02 20:07:14 ID:hKwtKhtx
>>141
文学理論も知らないくせに偉そうな事言ってらぁ。
文学を感性で批評することには意味が無いんだよ。

148 :名前はいらない:04/11/02 20:46:11 ID:X+Ddjw03
>>1

149 :名前はいらない:04/11/20 12:06:52 ID:b7AqQyuO
>>147
おまえが文芸理論を分かっていないことは火を見るより明らか。

谷川はただの老害。マジ今すぐ死んでほしい。

150 :名前はいらない:04/11/21 13:08:31 ID:PCcp9QAb
谷川ファンですけど、文芸理論を考えながら本やCDを購入を決定していないよ。
その作品に感動させられるから。
好きな谷川さんの批判を読むのも楽しいけれど、理論にあてはめて批評しよ
うというのは読むに耐えないというか、はっきり言って間抜け。
勉強いっぱいしても良い詩がわかるっていう意味じゃないと思うよ。
谷川さんの「生き方」、俺はすごく見習いたい。
上で批判している人、どんな生き方が詩人らしい、面白い生き方なんだよ。



151 :名前はいらない:04/11/21 21:44:54 ID:X6o/zoLc
>>150
詩人らしい生き方 ですか。
それと作品が何の関係があるんでしょうか。

谷川の、(谷川ファンにいわせると一見関係ない)
まったくことばの関連がみえない詩とこの論を並列させて考えてみると
谷川ファンの問題点が浮かび上がっている感じがします

谷川ファンというのは本来関連性のないものに
つながりを見出して、作品、もしくは
幻想にみちた詩性として見出すのが
得意な人の集まりなんですよねつまりは。

まあ、150さんが谷川ファン、と言っているので谷川ファンという
表現をつかいましたが、その他大勢の、谷川ファン、のかたがたには
非常に耳障りなことをいってしまったかもしれませんね。

152 :名前はいらない:04/11/25 02:18:28 ID:dS4r89de
私はこの人の訳したマザーグースが好きだ。

153 :名前はいらない:04/11/25 11:34:17 ID:dTj49/6/
本人(とその作品)は好きなんだけど、>>146みたいのが沸いて出る原因だと思うと、嫌いだ。

154 :150:04/11/29 05:52:44 ID:ueJD2fn5
>>151
自分に想像力がないってことを言ってるみたいですよ。
「本来関連性のないものにつながりを見出し、作品、もしくは
幻想にみちた詩性として見出させて」くれる谷川さんの詩も好きですよ。
あのはげ頭も、いい感じです :)


155 :名前はいらない:04/12/05 13:48:05 ID:0meJwrvy
>> なぜやっちまわないんだ早いとこ
>> 僕はあまりに自分のことにかまけてて

短い数行の詩の一部分ですが、残りの部分がうろ覚えなので教えていただけませんか?
上の一行目の意味を20年くらいあれこれ考えてきました。


156 :名前はいらない:04/12/05 22:01:37 ID:bz8DldpU
あのさー、ぶっちゃけ俺このクソすれたてた奴何だけどあんまりちゃんとした批判ないね
俺は、 今苦しみのどん底にいる人が谷川俊太郎の詩で救われるのかを議論したかった訳だけど
誰か彼の詩で助けられたとかいう人いますか。

157 :名前はいらない:04/12/05 22:19:03 ID:8VGXC2MS
>>156
「苦しみのどん底から救われた」とか「助けられた」なんていう
内面のドラマは、共有不可能の、無意味な問題だ。

158 :151:04/12/06 04:37:48 ID:thuBsXKM
>>154
あなたが谷川好きってのはわかったからとっとと
詩人らしい生き方 と 作品に何の関係があるのかについて言いなさい。
それこそ谷川の生き方と作品に何の関係があるのかをね。
自分の知ってることをださずに想像しなさい、ってんじゃ対話ははじまりませんよ。

159 :名前はいらない:04/12/10 01:09:36 ID:eHoShSSt
そもそも詩が大層な役割を担う必要があるのか
詩、というものに期待しすぎているんじゃないのか

160 :名前はいらない:04/12/13 14:11:34 ID:XY6qPzkf
ご大層な役割を担う必要はまったくありません。
ただの慣性です。いままで担ってきたのだから今度も担えるだろうという、ね。
その慣性に耐えられる詩人がもはや存在しないのが現状という
だけの話です。まあ批判されることを疎んでいてはしかたありませんよ
いままで詩人という人種はご大層な役割を担っていたのですから。
多少の非難誹謗は、甘んじて受けるべきでしょう。

161 :名前はいらない:04/12/27 10:36:04 ID:aShsa6IN
はいはい、宗教が偉い
宗教が万能
みんな創価学会に入りましょう

162 :名前はいらない:04/12/27 11:03:57 ID:GHHuUfy8
人間より鯨に世界を譲った方がいい!!
ものすごく感動しました・・・。
嘘っぽい気がするけれど、、、、。

163 :名前はいらない:04/12/27 17:38:39 ID:j/zPKwhn
やすっ!!

164 :名前はいらない:05/01/31 12:19:24 ID:ncyEposE
「なんでもおまんこ」
なんでもおまんこなんだよ/あっちに見えてるうぶ毛の生えた丘だってそうだよ/
やれたらやりてえんだよ/おれ空に背がとどくほどでっかくなれねえかな/
すっぱだかの巨人だよ/でもそうなったら空とやっちゃうかもしれねえな/
空だって色っぽいよお/晴れてたって曇ってたってぞくぞくするぜ/
空なんか抱いたらおれすぐいっちゃうよ/どうにかしてくれよ/
そこに咲いてるその花とだってやりてえよ/
形があれに似てるなんてそんなせこい話じゃねえよ/
花ん中へ入っていきたくってしょうがねえよ/あれだけ入れるんじゃねえよお/
ちっこくなってからだごとぐりぐり入っていくんだよお/どこ行くと思う?/
わかるはずねえだろそんなこと/蜂がうらやましいよお/ああたまんねえ/
風が吹いてくるよお/風とはもうやってるも同然だよ/
頼みもしないのにさわってくるんだ/そよそよそよそようまいんだよさわりかたが/
女なんかめじゃねえよお/ああもう毛が立っちゃう/どうしてくれるんだよお/
おれのからだ/おれの気持ち/溶けてなくなっちゃいそうだよ/おれ地面掘るよ/
土の匂いだよ/水もじゅくじゅく湧いてくるよ/おれに土かけてくれよお/
草も葉っぱも虫もいっしょくたによお/でもこれじゃまるで死んだみたいだなあ/
笑っちゃうよ/おれ死にてえのかなあ

165 :名前はいらない:05/02/07 12:33:32 ID:nqofU/1U
>本来関連性のないものに
> つながりを見出して、作品、もしくは
> 幻想にみちた詩性として見出すのが

漫才コンビの千鳥がネタで↑っぽいことやってた。
もちろん詩じゃないけど「谷川好き?」と思っちゃった。

スレの伸びなさ見ても2ちゃんねらー、谷川に興味ないんだね。


166 :名前はいらない:05/02/08 18:26:26 ID:xaWbzGfP
『世界へ!』より

少々大げさに言えば、現在の日本の流行歌には、全ての詩人が責任を負わねばならないのだ。
大衆などという怪しげな言葉を振り回して、自らの趣味の高尚を誇る前に、詩人はまず実際の作品で
一歩一歩詩というものを、人々の中に切り開いてゆかなければならないのだ。言いたい放題を言って
自らの告白癖や主張癖を満足させる前に、詩人にも、他の全ての職業の人間と同様に、人々を生かす
という責任のあるのを忘れてはならない。

167 :名前はいらない:05/02/21 16:27:53 ID:lJePx3F5
つまらん人間のつまらん書き込みばっかだなあ、ここ。
ν速にでも帰ろう。

168 :名前はいらない:05/02/21 16:39:23 ID:5YkO92tn

        ,.:―――‐‐.、    あたまテッカテカ 濡れてピッカピカ
      /  , - 、, - 、 ヽ    それがどうした 僕マ○えもん
     / ,.-‐'l  。 ,! 。 l―.ヽ
     l l ヽ` - ○- ' ‐ i l   大人の世界の 電動ロボット
     l l - `ー┴―' ‐ l.,!  どんなもんだい 僕○ラえもん
     \ヽ'       `./
       ヽ===(テ)=="l    奇妙奇天烈 摩訶不思議
       (l  ()   () .l    奇想天外 自己挿入
       l    ()   l)    悶エ迅速 男ハ不要
       l  ()     l
       l     ()  l)    マ○えもん(ウィンウィン)
       (l   ()    l    ○ラえもん(ウィンウィン)
       l ()    () l    ツウ販デカッタ
       l    ()   l)    通ハンデ買ッタ
       〔liiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiil〕    マ○えもん
       〈:.....     .....:〉
       〈:.....     .....:〉
       〈        .〉
       l`ー―――‐‐'l
       `ー――――'

新製品「マラえもん」 定価15,000円(税別)




169 :ううむ。:05/02/28 20:06:46 ID:waWCWH6K
みんな、さすがだ。まともなこと書いてる。ところで、若い頃の大岡信の顔が「劇団ひとり」に酷似していることを発見しました。大岡信のある側面を感得する点です。

170 :名前はいらない:05/03/20 22:05:43 ID:F7KW6/dJ
未来への切ない思いが

171 :名前はいらない:05/03/20 22:31:27 ID:hngNfzUd
生きているということ  いま生きているということ
それはのどがかわくということ  木もれ陽がまぶしいということ
ふっと惑るメロディを思い出すということ
くしゃみをすること  あなたと手をつなぐこと

生きているということ  いま生きているということ
それはミニスカート  それはプラネタリウム
それはヨハン・シュトラウス  それはピカソ
それはアルプス  すべての美しいものに出会うということ
そしてかくされた悪を注意深くこばむこと

生きているということ  いま生きているということ
大きな声で泣けるということ  大きな声で笑えるということ
怒れるということ  自由ということ

生きているということ  いま生きているということ
いま遠くで犬が吠えるということ  いま地球が廻っているということ
いまどこかで産声があがるということ  いまどこかで兵士が傷つくということ
いまぶらんこがゆれているということ  いまいまが過ぎてゆくこと

生きているということ  いま生きているということ
鳥ははばたくということ  海はとどろくということ
かたつりははうということ  人は愛するということ
あなたのてのぬくもり  いのちということ

172 :名前はいらない:05/03/21 00:35:03 ID:frnB+PP1
俺日本生命のCMで涙しちゃったんだけど
手練れだなと思って。

日本生命に対しては「お涙ちょうだいか・・・」って、
帰って悪印象だったんでニッセイの保険に入らないけど

173 :名前はいらない:2005/05/15(日) 18:33:04 ID:rG3xokoj
172
保険にはダイヤモンドの輝きもなければ
パソコンの便利さもありません
でも、目に見えないこの商品には
人間の血が通っています
未来への切ない思いがこめられています

ですょね確か。
オレも泣きました...

174 :名前はいらない:2005/06/14(火) 22:48:48 ID:LTzS3zi5
このスレは生きている

175 :名前はいらない:2005/08/14(日) 21:20:04 ID:oyfcwKaL
まだ生きている

176 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2005/09/11(日) 15:30:40 ID:u1JPArM2
単純に谷川俊太郎を批判すると、
(この批判は吟味するという意味であって非難するという意味ではない)
谷川俊太郎はセンスがある。これはまったく確かなことだ。
言葉そのものの力を引き出すことも出来れば、
叙情詩を生み出すこともできる。
詩のボクシングでねじめを破った時など、
最後の即興詩で聴衆の心を持って行くテクニックといい、
抜群のものがある。
ただし、性に対しては自然に詠わねばならないという強迫観念があるのか、
うまく処理できていない気がする。

177 :名前はいらない:2005/10/02(日) 03:19:50 ID:l/ln6Pl0
オナニーは凄い巧みだけど
セックスは下手そうな顔って感じ

178 :富田派:2005/10/15(土) 14:05:53 ID:fAhwMwOJ
>>13
>原発推進ぽいし(W

それは時代だろ。
俺たちは「科学は悪だ」って教えられた世代だからそう思うだけで科学が輝かしかった時代だったんじゃないの

179 :名前はいらない:2005/10/24(月) 02:04:37 ID:Zwn8jyBc
「なんでもおまんこ」って、男性の方にとっての印象はどうなんですか?
私女なんですが、なぜか泣きそうになりました

180 :名前はいらない:2005/12/01(木) 22:02:19 ID:aAz9HyRB
泣く?そういう意見もあるんだねぇ。
僕は男だけど、すごくおもしろいと思った。あーこいつたまってんなって。
でも、感動巨編ではないよね確かに。

181 :名前はいらない:2005/12/02(金) 01:40:18 ID:IZH9/NGx
良かれ悪しかれ谷川氏を知らなくても殆どの人間が生涯に一度は彼の作品に触れるんだから凄い事だね(ex.教科書、合唱曲、CM、絵本etc)。

また直感的に感動する作品は少ない(「朝のリレー」や安田生命のCMが谷川氏の代表的な作風と思い、他の作品を読んで拍子抜けした人は少なくない筈)。
けれど一つ一つの作品を咀嚼する内に旨味が滲み出てくるアタリメみたいな作品が多い。

因みに谷川氏の性的描写は露骨過ぎて好みじゃ無い。谷川氏に対しても命削ってまででも自慰してるイメージがあるf^-^;。

だが総合して考えると谷川俊太郎氏は後世に残る偉大な文化人の一人だと思うし、俺自身今ではすっかり谷川俊太郎氏の信者です(-3-)~♪

182 :名前はいらない:2005/12/02(金) 12:45:08 ID:xNeNxtuS
生きているということ

そういや学校でならった気がする。
今考えると いつもここからって
ここから?

183 :名前はいらない:2005/12/09(金) 09:59:01 ID:r6oJfPDH
そういえば、つい最近の新聞で見かけたんだけど、
谷川氏含め数名の著名人がどうやら、どこかの教科書に
無断で作品を載せられたみたいで訴えた!という記事が
あったような気がする。記憶違いだったらスマン。
まぁでも、やっぱり無断でやっちゃいけねぇよなぁ。

184 :名前はいらない:2006/02/06(月) 13:46:15 ID:bNCC6T8s
ポエム人生

185 :名前はいらない:2006/02/06(月) 18:30:52 ID:dszOIKYr
谷川なんかの詩のどこが良いのかわからん。
ていのいい牧師の説教みたいで、退屈きわまりない。

教科書や幼児教育には使えるんだろうけど。

186 :名前はいらない:2006/02/06(月) 21:43:53 ID:iaSzb0cG
カムチャツカの若者がキリンの夢を見ているとき

187 :名前はいらない:2006/02/06(月) 23:34:19 ID:9pBC+wpx
青年は鉄の冷たさをもつていた
冷えに青年は焦がれていた
熱されることを望んだのか
それは成年となり
やわらかな鉄細工に香る
生年 は少年に伸びた
少年は青年に生きていた
青年は成年となりたつた
太陽にも月にも
暗闇にも
彼は詩を捨てなかった

188 :名前はいらない:2006/02/17(金) 22:29:43 ID:EX6I6nYC
ぼくはうそをつくだろう〜
ほんとうにあこがれながらうそをつくだろう〜

みたいな詩がよかった。

189 :ちょこみるく ◆24rBuqlWN2 :2006/02/22(水) 10:43:09 ID:em4lrI3H
>>156-157
>内面のドラマは共有不可能
これは哲学的に言えば共有可能なんですよ。
人間は人間としての生理的現象を共有する傾向があると、何かの本で読んだ事があります。

>>142
ピカソの絵には「思想」があります。
専門家が認めるような子供の絵には心象風景があります。

共感を呼んだり、状況を共有できたり、何かの問題を孕んだ「思想」を持っていたりする事は
文学作品ではとても重要な事だと思います。
けれど、未だに私は谷川氏の作品にそれらを見出す事はできません。

問題を追及するのではなく、途中で投げ出してしまっているような作品しか読んだ事がないのです。
中学、高校とニーチェを初めとする哲学的な詩集ばかり読んできた私には
谷川氏の作品はどうにも物足りなく感じてしまいます。

これは決して悪い批評的な意味ではなく、これから谷川氏の作品でそれを知りたいと思っています。

谷川氏に精通されているこのスレの方に、文学的で深みのある一押しの作品はないかとお伺いしたい。

190 :名前はいらない:2006/02/22(水) 12:54:08 ID:QDpQvWYz
この人を批判するとなると大抵は「商業主義だ」という意見が出てくるみたいだけど、
それって批判になるのかなぁ?少なくともこの人の商業的活動によってことばや詩の魅力に気づいた人は大勢いると思うんだよね。
これが大型書店の片隅の更に一角のジミ〜で薄暗い「現代詩」なんてコーナーでしかお目にかかれないものしかなかったら、自分
はきっとこの人の詩なんて知らないままだったろうし、それは単純にとても残念なことだと思うから。

191 :名前はいらない:2006/02/22(水) 15:03:00 ID:QBdAifbj
谷川さんの詩は大好きだな。
感動巨編ってんじゃなく ユーモアやエスプリやウィットっていうの?
日常のある場面を違う角度からとらえなおして 我々の前にそっと差し出された詩
みたいなイメージがある。

この人たぶん生きることに貪欲なんだと思う。同時にあらゆる場所に存在したいんだろうな。
今という瞬間 自分が直面している現実以外にも 世界の色々な場所では色々な出来事が起きているし
それを 太陽系 銀河系 大宇宙にまで思いを馳せているんだろう。

マイベストは 芝生 です。
そして

192 :名前はいらない:2006/02/28(火) 13:52:18 ID:O1Ad6jfl
ここ数年、切ないことに
この人と繋がりがあった詩人の方々が亡くなられてますね…
谷川氏は、まだまだ生き続けて欲しい。現代詩の生き証人で居て欲しい。
目指せ3ケタ詩人!

193 :名無し:2006/03/04(土) 23:45:57 ID:w0b6adaT
確か中島みゆきがこの詩でデビューを遅らせたという
私が歌う理由 がよかったな

194 :名前はいらない:2006/03/05(日) 05:27:22 ID:3noswKM5
>>193詳細キボン

195 :名前はいらない:2006/03/06(月) 09:56:53 ID:k8RIDBf/
>>194 ぐぐれ

「私が歌う理由」

私が歌うわけは
いっぴきの仔猫
ずぶぬれで死んでゆく
いっぴきの仔猫

私が歌うわけは
いっぽんのけやき
根をたたれて枯れてゆく
いっぽんのけやき

私が歌うわけは
ひとりの子ども
目をみはり立ちすくむ
ひとりの子ども

私が歌うわけは
ひとりのおとこ
目をそむけうずくまる
ひとりのおとこ

私が歌うわけは
一滴の涙
くやしさといらだちの
一滴の涙

196 :名前はいらない:2006/03/08(水) 19:36:16 ID:aaeAvpFQ
ニッセイのCM、この詩には反吐がでる

「保険にはダイヤモンドの輝きもなければ、パソコンの便利さもありません」て
なぜに突然ダイヤモンドやパソコンとかとの比較が出てくるのだろうか?
「輝き」や「便利」というワードを使いたいがために
まったく関係のないものを無理やり引っ張ってきたとしか思えない
また保険には「輝き」も「便利」も無いと言い切ってるが本当にそうだろうか?
車をぶつけて保険屋に相談したときは、なんて便利なんだと思ったものだが・・・

「目に見えないこの商品には人間の血が通っています、未来への切ない思いがこめられています」て
血が通ってるかどうかは知らないが、保険金目当ての殺人が起こる事から血は関係してる事は確かだな
だいたい、あなた事故しますよ?病気しますよ?死にますよ?と不安を煽り
もし何かあった時に金を払ってやるから毎月金払えって、これってどこぞの何とか商法と一緒だろ?
暗黒面を一切見せずに美談だけを前面に押し出すこの偽善っぷりにはほんと呆れた
谷川俊太郎もこんなくっだらねーもんの手先になって商売してるんじゃねーよまったく

さよなら、大好きだった谷川俊太郎さん




197 :名前はいらない:2006/03/10(金) 22:46:35 ID:vP38nruJ
いいね

198 :名前はいらない:2006/03/30(木) 02:04:11 ID:9nwbmCaO
東混の演奏会で、自分の詩を歌詞にした三善の曲を
ちゃんと聴いてから帰りましたか?
湯浅の曲の時は、舞台で挨拶してましたけど。

湯浅は昔からの友だちかもしれないですけど、当夜の曲から言えば、
三善の曲の方が数段すばらしかったんですが。

199 :名前はいらない:2006/03/30(木) 08:19:03 ID:HopSpRi9
スレチで申し訳ないのですが・・・
伊丹監督が自殺したときの記者会見で、妻の宮元信子さんが引用した詩を知っている人いませんか?
谷川俊太郎さんの詩らしいのですが、映画板で聞いてもわかりませんでした。


200 :名前はいらない:2006/03/30(木) 11:05:20 ID:htoZEVcZ
>>196
そりゃ車ぶつけた程度じゃ「便利」だよね
ひと死んでも「便利」なのかね

201 :名前はいらない:2006/03/30(木) 21:40:17 ID:jGrajPY6
信じることに名前はいらない

202 :& ◆QWv3R1XL8M :2006/03/30(木) 23:59:10 ID:qAti+Co4
>>195
すげえ。それ以外言いようが無い。

203 :名前はいらない:2006/04/18(火) 02:07:24 ID:Ml38q0Ij
>>196
便利さも輝きもないのは何も起こらない平穏な生活における
保険のことなんじゃないの。

204 :名前はいらない:2006/05/28(日) 14:13:34 ID:MwKNImv2
この作者はヤフー知恵袋と同じ作者のものです。懐かしい。
1の母でございます。
このたびは、息子がこのようなスレッドを立ててしまい、
皆様には大変ご迷惑をおかけしております。深くお詫び申し上げます。
息子は幼い頃に父親を亡くし、そのショックで内気な子供になってしまいました。
そのせいか、小・中学校ではいじめにあっていたのです。
この年になるまで、恋人はおろか友達さえもいないようで、大変心配しておりましたが、この2ちゃんねるというサイトを知って以来、息子も少し明るくなったようです。
「今日○○板でね、ドキュソがさあ・・・」と、
とても楽しそうに夕食の時に話してくれるのです。
どうぞ皆様、息子を暖かく迎えてやってくださいまし。本当は良い子なんです。
よろしくお願い申し上げます。
                              1の母より


205 :名前はいらない:2006/05/29(月) 09:15:05 ID:PaTRE4Jl
谷川俊太郎さんてデビュー当時は童貞だったの?

206 :名前はいらない:2006/05/29(月) 11:19:29 ID:YhK2ywv9
宇宙はひずんでいる
それ故みんなもとめ合う

宇宙はどんどん膨らんでゆく
それ故みんなは不安である

207 :名前はいらない:2006/06/14(水) 09:00:24 ID:X/UIRib4
透明な過去の駅…

208 :名前はいらない:2006/06/14(水) 09:01:42 ID:X/UIRib4
三好達治の慧眼に

209 :名前はいらない:2006/06/17(土) 10:31:07 ID:nxntoZWq
大岡は若い解きの写真が誠を感じる、本当は誠の素であったんだ。どうかしてなんかええ気取った生意気味が出てきた。
でも最近のお爺さんの顔はまた誠のお爺さんになった。元に戻ったんだ。長っかった。谷川は初めから今まで誠の詩人だ。
谷川と大岡の違いはそこである。ちなみに谷川は無冠の王者。賞などもらわないのが誠の詩人だ。
 尊敬しておるが、著作権のほうは詩を広めるために寛大にしてあげたほうがよい。安い詩集なので買おうと思ったら、抗議で絶版になっていた。ちなみに450円だった。



210 :名前はいらない:2006/06/17(土) 10:43:57 ID:mZLwr+Iv
http://haktek.hp.infoseek.co.jp/cgi-bin/upload/src/up0016.jpg

211 :名前はいらない:2006/06/30(金) 16:23:02 ID:D6hG5k69
以前ネスカフェのCMで朝のリレーが使われていましたが、そのCM見られるサイトありませんか?

212 :名前はいらない:2006/07/01(土) 07:51:32 ID:/iVz7sFM
意味が分からない詩が大杉

213 :名前はいらない:2006/07/01(土) 11:38:51 ID:wg+D6flw
age

214 :名前はいらない:2006/07/01(土) 14:02:13 ID:bBaLyXja
わからん
sage

215 :名前はいらない:2006/07/05(水) 12:59:54 ID:Pbwd/hGf
それにしてもこのスレ、伸びないなー。
いかに谷川を批判するのが難しいかがわかる。

216 :名前はいらない:2006/07/06(木) 19:50:36 ID:xBE2bxRz
この人の詩は当り外れが大きいな
好きなものは好きだが嫌いなものは凄く嫌いだ
生命保険のCMの奴とか気に喰わない

217 :名前はいらない:2006/07/17(月) 10:16:53 ID:e8YxFUy9
谷川本スレってないの??

218 :名前はいらない:2006/07/27(木) 23:03:19 ID:tNP0DQSx
絵本スレにも書いたけど、
8月6日の谷川俊太郎の講演行く人いる?
青山表現学校のヤツ。

おれは「なんでもおまんこ」に衝撃をうけた

219 :名前はいらない:2006/07/27(木) 23:05:59 ID:K4TXjMVu
この板、レベル低くねぇか?
レスとか。

220 :名前はいらない:2006/07/27(木) 23:07:15 ID:tNP0DQSx
>>219
じゃあ、お前からレベルの高いレスしてくれよ

221 :蓮夜:2006/07/27(木) 23:08:56 ID:1UtRwj4q
朝のリレー 〜谷川俊太郎〜
カムチャッカの若者がキリンの夢を見ているとき
メキシコの娘は 朝もやのなかで バスを待っている
ニューヨークの少女が 微笑みながら寝返りをうつとき
ローマの少年は 柱頭を染める 朝日にウインクする

この地球では いつもどこかで 朝が始まっている
ぼくらは朝をリレーするのだ  経度から経度へと 
そうしていわば交代で 地球を守る
眠る前のひと時 耳をすますと

どこか遠くで目覚まし時計のベルが鳴っている
それはあなたの送った朝を 誰かがしっかりと受け止めた証拠なのだ


222 :蓮夜:2006/07/27(木) 23:11:01 ID:1UtRwj4q
1.朝日のウインクすんな キショイ
2.緯度から緯度は だめなんですか?
3.「どこか遠くで目覚まし時計のベルがなっている」
  耳よすぎです それか 近所の人です

223 :名前はいらない:2006/07/28(金) 16:56:40 ID:FamFWzCF
批判する程の人物ではありません。
可哀想な方です。


224 :名前はいらない:2006/07/28(金) 18:06:01 ID:bgTqfdmC
「そして谷川俊太郎の詩が残った…」

詩がまだ国際化を夢見ていた頃、
なぜか日本のインテリゲンチャンは韓国へと向かった。
人工的に表記されたその世界で、
彼らの叫びは日本の片隅にこだましていた、
アカデミックな雑誌その他で。
ただ一人、谷川俊太郎だけが、拒んだ、
わからない詩を交渉に利用することを。
マーケティングとしては、
ファミリー層を取り込んだ。

225 :名前はいらない:2006/08/04(金) 22:14:41 ID:ZEPFO5A/
184
同感

226 :名前はいらない:2006/08/24(木) 12:59:06 ID:Ams8KcIx
二十億のやつの3gpあったらくださあ

227 :名前はいらない:2006/08/26(土) 14:38:47 ID:zKt0U1mi
20億光年の孤独を読み終わって5秒でブックオフに売った。

228 :名前はいらない:2006/08/26(土) 14:44:01 ID:LAKuH92A
盗んだバイクで走り出す

229 :名前はいらない:2006/08/26(土) 18:55:41 ID:zKt0U1mi
おあつらえむき。
レディメイド。
オレンジレンジ。

230 :ぐるぢい人だずげでだずげないでいいよ(うましか):2006/08/27(日) 00:19:55 ID:PfdOpnJX
爆発物は心の中
爆発物は心の中
悪魔に手を挙げろとは言わないさ
悪魔に手を挙げろとは言わないさ
苦渋を搾り取るつもりないさ
苦渋を搾り取るつもりないさ
何してたんだろうって
必死必死生きるのに必死
外に行けば悪魔に出会いませんか?
外に行けば悪魔に出会いませんか?
誰にもきいてない
誰にもきいてない
適当に書いてみただけ
きっと無力なだけなんだ
きっと無力なだけなんだ
自分の力で歩けたなら。。。
自分の力で歩けたなら。。。
いつか
いつか
いつか。。。

231 :名前はいらない:2006/08/27(日) 06:04:58 ID:pkUtOboQ
>>222
緯度から緯度はダメだろw

232 :名前はいらない:2006/08/27(日) 08:43:43 ID:bECKxYzB
谷川俊太郎ってアニミズム信仰なのかな?
合唱で有名な『春に』とか上で話題になってた『なんでもおまんこ』なんかは特にその雰囲気あると思うんだけど。

個人的に言わせてもらえばこの人の詩が上手いのはわかるのだが、きれいごとを書き散らしているように見えてならなかったりする。

233 :名前はいらない:2006/09/03(日) 16:11:36 ID:wxtJEVum
>>222
朝日にウインクする、ってまぶしいから眼をつぶる。でも笑顔。って感じでしょ?

バカだなあ

234 :208+ ◆DpeXsA0SaE :2006/09/10(日) 10:05:13 ID:UjIMgRhh
上げ

235 :名前はいらない:2006/09/10(日) 10:22:37 ID:n5+0JK5o
谷川俊太郎さんの詩で『駅』とか『忘れた気がした』みたいな感じの詩のタイトルわかりませんか?
昔テストに出て、いい詩だなと思ったんですが本屋に行ったり検索かけたり自分なりに調べてみたんですがわかりません…
どなたかご存じでしたら教えてくださいませんか

236 :名前はいらない:2006/09/10(日) 10:31:39 ID:VsetGONf
>>235
『20億光年の孤独』に収められている「かなしみ」ではないですか?

237 :名前はいらない:2006/09/10(日) 10:46:47 ID:n5+0JK5o
ありがとうございます!!
そういえばそんな感じだったかも!!さっそく本屋に(><)本当にありがとうございます!!

238 :名前はいらない:2006/09/10(日) 12:32:35 ID:tQ5H1tdf
春に はいいよな

239 :名前はいらない:2006/09/13(水) 20:22:30 ID:R+z2bHo9
谷川さんの詩集買ってきました
かなしみ、読んで懐かしくなりました

教えてくださった方、ありがとうございます

240 :名前はいらない:2006/10/01(日) 01:52:42 ID:D0yR16Nj
笑う。彼女達は笑う。彼女達は若いので。
笑う。彼女達は笑う。箸が転げるので。

太郎は犬である。彼は何がおかしいのかわからない。彼は困った顔をする。

それを見てまた彼女達は笑う


みたいな詩があったと思うんですがタイトルわかる方いますか??

241 :倉敷市民:2006/10/03(火) 10:32:50 ID:Kgl3buKO
三日ほど前、倉敷であった谷川さんと小室等たちと東京芸大の学生のイベント、
「倉敷インスピレーション」に行ってきました。
とにかく学生達の、谷川さんの詩の音楽へのアレンジが面白かったな。
普通に可愛い娘も多かったし。

242 :  ◆UnderDv67M :2006/10/03(火) 21:19:36 ID:2gloI3f4
谷川俊太郎の「詩人の墓」っつーアレは良い詩なのか? 誰かこの俺に教えて下さいな 


アレを読んでアンチ谷川が多い理由が良くわかったぞウリ

243 :倉敷市民:2006/10/04(水) 20:30:17 ID:+oK5WWQg
>>242
どの詩集に入っている詩ですか?

244 :名前はいらない:2006/10/04(水) 20:32:17 ID:ElxQUl6P
調べてみたら現代詩手帳の今年九月号に載ったやつだ。
詩集に入っているはずないよ。

まあすでに爺さんだから。

245 :  ◆UnderDv67M :2006/10/04(水) 21:51:31 ID:Hul4aGbn
「あの作品は中継ぎレベルなんだが、知名度があるので先発エースとして起用されている」でおk? 

俺様はアンチ谷川でいいや アレ見て良い良い素晴らしいと言える感覚が分からなかった

もぅなんてーか理解したフリして万歳してればいいよ 
そして本気で万歳している奴は俺にアレの良さを教えてくれ

246 :名前はいらない:2006/10/07(土) 03:11:21 ID:I4SpBigx
>>240
詩集『あなたに』(1960)のなかの「若い彼女等とポチ」。

太郎、ではなくポチですね。

247 :名前はいらない:2006/10/24(火) 21:45:34 ID:Hw+g5PGG
関富士子が変な批判しててワラタ
ttp://www.interq.or.jp/mars/ippo/rain3/shijin.html

248 :名前はいらない:2006/10/31(火) 08:57:25 ID:auPWt8nz
>>243
ttp://books.yahoo.co.jp/book_detail/r0226272

(途中抜粋)
ある夕暮れ娘はわけもなく悲しくなって
男にすがっておんおん泣いた
その場で男は涙をたたえる詩を書いた
娘はそれを破り捨てた

男は悲しそうな顔をした
その顔を見ていっそう烈しく泣きながら娘は叫んだ
「何か言って詩じゃないことを
なんでもいいから私に言って! 」

>>222
批判にしてはあんまり頭が弱いのでつい釣られそうになったら
すでに>>233さんが書いてた
眩しいので片目を閉じつつ、でも片目で眩しいものを見ようとする、
そんなこと多くの人がやったことあると思ったのに。
緯度から緯度はダメなんですか、ってのは……。
知性を持たないと、良い悪いを批判するレベルまで辿り着けない、
理解、ができないのが悲しい

249 :名前はいらない:2006/11/02(木) 08:01:11 ID:EUuw40Kf
そういふやつらに限って己の物差しでしかもの事を見られないのは
またさらにいとかなし

250 :名前はいらない:2006/11/08(水) 15:18:10 ID:m9ceyWdp
糸井重里とつるんでるがあいつと仕事してるのはロクなのがいない

251 :名前はいらない:2006/11/10(金) 17:20:06 ID:LbASBueX
JVCAってのとも手を切ってほしいなあ・・・

ttp://www.sangiin.go.jp/japanese/joho1/syuisyo/161/syuh/s161013.htm

252 :名前はいらない:2006/11/11(土) 12:46:59 ID:gFXB0+vg
谷川俊太郎教はカルト認定されました。

253 :タマネギの涙:2006/12/01(金) 04:25:11 ID:BPsjFDDB
責めちゃうんだからね
あなたの言うことなら
あたしよりも必ず
人は聞くから
あたし、そうして欲しいの
谷川俊太郎さんは闘って欲しいの
もっと愛して欲しいの
もっとモノ申して
新聞に
政治家に
日本人に
大人に
賢そうに見える
偉そうに見える
強いやつらに
谷川俊太郎さんは
死なないで欲しい
死にかけないで欲しい
もっともっと
愛して欲しい
すてきな奥さんもいるんだし
おじいさんになっても

あたしを忘れないで





254 :名前はいらない:2006/12/01(金) 22:29:51 ID:rORwbeor
20億光年の孤独を書いたのが18のとき。
説教めいたのより、母親へのリビドーを書いたやつが好き。

255 :名前はいらない:2006/12/02(土) 10:22:45 ID:z7Pf9wPR
>>254
その詩?

256 :名前はいらない:2006/12/26(火) 01:48:28 ID:SIOoGhaw
谷川の詩は麻薬のように感動できる

257 :名前はいらない:2007/01/18(木) 18:41:43 ID:FoVvKty7
昨日、桶川へ講演会(ではなく公演にしてくれと本人は言っていたが)を聞きにいった。
前の席にいた集中を失った子供のうっとうしさったら、もう。

258 :名前はいらない:2007/02/21(水) 00:53:31 ID:+w/Fbk08
朝のリレーの批判してるの見たけど、マジ噴いた^^;;;

259 :名前はいらない:2007/02/21(水) 15:34:29 ID:Gjrue9j8
どこの話?

260 :名前はいらない:2007/02/21(水) 15:40:12 ID:oS51amDB
詩歌は知らないけれど
本屋さんでお忍びでバイトしてはる姿を
TVで一度拝見した姿が
印象的でしたー

261 :名前はいらない:2007/02/21(水) 18:56:44 ID:sLduxUFU
バカそうな関西人だな

262 :名前はいらない:2007/02/21(水) 19:58:42 ID:64VGl6Nl
「生長」の詩の年齢は、実年齢ではないですよね?
谷川的には何の、どういう状況下での年齢設定なのでしょうか。
人によっていろいろ違うと思うのですが。

僕的にはこの詩で言うところではまだ三歳。

263 :名前はいらない:2007/02/24(土) 04:19:12 ID:Sw1e5gwq
実年齢なんじゃないの

264 :名前はいらない:2007/03/17(土) 13:43:25 ID:sTZIum5t
新海作品って詩的だってよく言われるけど
新海ってどことなく谷川俊太郎と似た部分を感じる。
それがどこだかはよく分からなくて、なんとなくなのだけど。
まあ詩の観点から見れば新海は谷川に着眼点から何から全てにおいて劣ってると思うけどね。
で、その谷川俊太郎が世間知ラズでこんなことを書いていた。

「文学にとって最も重要な本来の目的のひとつは
道徳的な問題を提起することだ」とソール・ベローは言ってるそうだが
詩が無意識に目指す真理は小説とちがって
連続した時間よりも瞬間に属しているんじゃないか

だが自分の詩を読み返しながら思うことがある
こんなふうに書いちゃいけないと
一日は夕焼けだけで成り立っているんじゃないから
その前で立ちつくすだけでは生きていけないのだから
それがどんなに美しかろうとも

皆はこれ見てどう思う?新海作品に対していろんな見方が出来そうだね。

265 :名前はいらない:2007/04/08(日) 02:54:22 ID:OjBkQMfC
新海って誰だよ・・・

65 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)