5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

〜 やさしい風に さそわれて 〜

1 :だぶだぶさん:02/10/16 20:56 ID:ZwKtghIY
初めまして!
僕は40歳のおじさんですが、ポエムを書くのはじめてです。
ここにはやさしい気持ちのいっぱい詰まった
素敵なポエムが載ればいいなぁって思っています。

それでは、おてやわらかにね!

2 :名前はいらない:02/10/16 20:57 ID:6xz+iV7a
2げと!

3 :だぶだぶさん:02/10/16 21:00 ID:ZwKtghIY
「好運なねこ」

僕は飼いねこ でもそれは今夜までのこと
明日にはこの町を出て行くのさ

べつに飼い主が 嫌いなわけじゃない
ただ僕の希望は生命を越えて

なんとかなるさ
僕は好運なねこ

ねぇ 可愛い君よ 待ってておくれ
きっと会える

ねぇ 顔もまだ知らない君よ
僕は好運なねこ

きっと会えるさ

4 :だぶだぶさん:02/10/16 21:01 ID:ZwKtghIY
「いつか会いたいね」

君の栗色の髪 素敵

僕の子供でもおかしくない 年齢

いつか会いたいね

恋人同士で

どこにいるの?

5 :だぶだぶさん:02/10/16 21:05 ID:7s3IfXoZ
「夜はもういらない」

彼女が 夜の中で 呼んでいる
どうしても 行かなくてはと 声がする

僕の後ろのほうから 声がする
まるで 偉大なる老婆のような ダミ声で

僕の足をだだだと駆けさせる

救いを待っているんだね 今行くよ
夜は暗くて何も見えない あまりにも暗すぎて

顔が 見たい

6 :だぶだぶさん:02/10/16 21:06 ID:7s3IfXoZ
次はちょっと本格的なのを書いてみます

7 :だぶだぶさん:02/10/16 21:09 ID:OPfPL+vw
「素直にやさしく」

舞い降りた木の葉を 水面が助ける
そして 湖は 岸辺に運んだ
不思議だね やさしさは どこから涌いてくるのだろう?
こんなやさしさを 君にも あげられたら

いつでも僕は迷わせてばかり
君はひとり 木の上で眠る
口で言うほどたやすくはないね
「素直にやさしく」できたら・・・
「ごめん」は言わずに

8 :だぶだぶさん:02/10/16 21:10 ID:OPfPL+vw
どうでしたでしょうか?
感想、お待ちしております。
みんなの詩も見たいな!

僕のやさしさがみんなに伝わりますように。
それでは、また。

9 :名前はいらない:02/10/17 01:03 ID:YPMdfnyV
>>1
何を伝えたのか、僕にはわかりません
でも、語彙は豊富なようですから、いろんな人の詩を読んで、精進されると良いと
思います

(は?まさか、僕は釣られちゃった魚ちゃんだろうか……)

10 :だぶだぶさん:02/10/17 21:10 ID:ugULUP/Q
>9さん
初めて書いたんだから、大目に見てよ〜
アドバイスありがとう。ガッツだぜ!

最後の括弧の中身がポエムな感じでいいですね〜

みんな、恥ずかしがらずに、もっと書いてよ!

11 :だぶだぶさん:02/10/17 21:11 ID:ugULUP/Q
新作行きまーす
「夜の旅人」

夜の旅人は 何処からやってくるの?
夜の旅人は 寂しそうにギターを弾くよ

枯れ葉舞い散る道を渡って
ルルルと彼がやってくるよ

頑張れと一言 頑張れと一言
なぜ君は言えなかったの?

夜の旅人は 恋人を探してる
夜の旅人は 次の町へ行く

素敵な朝が見つかるといいね

12 :だぶだぶさん:02/10/17 21:11 ID:ugULUP/Q
どう?感想ほしいなー

13 :だぶだぶさん:02/10/17 22:13 ID:XHobgZ3O
「向こう側へ突き抜けろ」

お前のハートに火をつけて
向こう側へ突き抜けたい

ああ秋だ
俺は旅に出よう
俺の女を探しに行くのさ

きっとカーニバルが待っている
きっと町ではカーニバルをやっている

一緒に踊ろうぜベイビー
出会った瞬間からお前は俺のもの

(今度はロックなのを書いてみたよ!
 僕はKISSとか大好きなんだ)

14 :Mana魔名:02/10/17 23:10 ID:ZlIEYCR+
やさしく撫で上げた髪の束が落ちる瞬間
さわやかな気持ちとゆるやかな美学
しずかな湖に沈んで海流を抱き抱える
いろいろと考え いろいろと捨て
風に消えた想いをかき集め
にわか雨に濡れて雑踏に転がりこむ

さみだれの思い出に悩み事を重ねては
そでを捲って薄まる悩み事を連ねては
わたしの心は真紅の嘆きに染めてくれ
れいりな振りで白い吐息を掴んでみたら
てれ屋の彼が天空の城へ旅に出た去年の秋

15 :名前はいらない:02/10/18 00:43 ID:AIYy4aL1
>お前のハートに火をつけて
>向こう側へ突き抜けたい

The Doorsですか? リアルに40歳?

16 :まーじ ◆W7.CkkM01U :02/10/18 00:47 ID:sV3S4qSv
なんでドアーズにはベースがいないのだろう



17 :だぶだぶさん:02/10/18 16:02 ID:kJobLt8L
>14マナさん、どうもありがとう!

女の子?なのに難しいポエムを書くんだね。
そういうの、いいと思うよ!
一番最後の「てれ屋の彼が〜」ってのがすごくいいと思った。
また書いてくださいね!

18 :だぶだぶさん:02/10/18 16:03 ID:kJobLt8L
>15
そうです。
でも、歳より若く見られるんですよ〜
この間まで「お兄ちゃん」って、近所の子供から言われてましたしね〜

>16
どうしてなんでしょうね?
アルフィーやグレイにドラマーがいないようなものなのかな??

19 :だぶだぶさん:02/10/18 16:04 ID:kJobLt8L
「あなたのポエムを載せてください」

かなしいひと
くるしいひと
つらいひと

うれしいひと
たのしいひと
しあわせをもとめるひと

このやさしいばしょに
ポエムをおいていきませんか?
きっともっと
やさしくなれるとおもうんだ

20 :だぶだぶさん:02/10/18 16:06 ID:kJobLt8L
僕はまだまだヘタだけど、みんなに刺激されて
もっともっとうまくなりたいと思っているんだ。

みんな、書いてよ。
一緒にやさしくなりましょう。

21 :Mana魔名:02/10/18 16:21 ID:DaGHl1L+
男根を握り締め 力強くバイブル刺激をリズミカルに
デーモンの雑談に舞舞い上がる枯葉
スイッチオンで裸の女神になる乙葉
ガス切れで頭の中ギリギリでラヴィアを噛み砕いて
何時何処で思いの間に間に下手下手下手の喝采
からすが鳴く前に帰りましょう 僕のリンダに手を出して


この詩を「だぶだぶさん」氏に捧げる
よろしければ私のスレへもどうぞ
http://book.2ch.net/test/read.cgi/poem/1030788069/

22 :ドン亀 ◆YdTp8oxx7. :02/10/18 16:23 ID:VIkBLADj
>>21
男かよ!!!!!

23 :だぶだぶさん:02/10/18 21:13 ID:AqNf8MDM
>21
え。男なの?
うーん。マリスミゼルのリーダーみたいな人なのかな〜?
正直、君みたいな立派なポエムは書けないし、
僕はここでボチボチやっていこうかな〜とか考えてます。

自信がついたら、そっちへも遊びに行きますね!

24 :だぶだぶさん:02/10/18 21:14 ID:AqNf8MDM
「怒れる拳」

この拳は 君のため
震える拳は 正義のため

固い拳に 何が見えるかい?
君を守ろうとする 優しさなんだよ

もう君は泣かなくていい もう君は泣かなくていいんだ
だってね この拳が暴れまわって 君を泣かせる悪を滅ぼすんだ

25 :だぶだぶさん:02/10/18 21:14 ID:AqNf8MDM
みんな書いてね。

どんなポエムでもいいよ。
感想、書きます。

26 :豪腕ティクN ◆0.endsXPV6 :02/10/18 21:17 ID:exIwK8PZ
「夜道」

さっき 夜道を散歩してきた
一匹の白い犬とだ 
駅の付近から公園をとおり スーパーをとおり
住宅地へ向かい家に帰宅 
犬は 一度糞をして そして 一度休憩して
のどが渇いたらしく水を飲んだ
私は部屋にかえり 夜道のおそろしさから 少し開放されて
ほっとした

27 :光屋:02/10/18 22:18 ID:tDeOOFtM
電灯2002「君の思想と僕の思想」
君の勘違い。もう沢山だ
塗り替えられる白い壁
君達には時の想いの刻まれた虹色の壁が見える
僕達にはまだ未知の広がる美しい白の壁が見える。
白 それは始まり。
虹 それは終末。
終わらない壁の塗り替え。何処までもいつまでも。
僕達の音が紡がれるから。

あはは…。ハジメマシテ
先輩達との関係を書いてみました。

28 : :02/10/18 22:21 ID:M0ptZYdn
http://hentai.s1.x-beat.com/

29 :だぶだぶさん:02/10/22 21:58 ID:Tf+Is0DT
感想遅れてごめんね!

>26
はじめまして!
夜道って本当にこわいよね〜
家に帰ったらほっとするんだね。うん、よくわかるよ〜

>27
はじめまして!
先輩達との関係って書いてなかったら、僕なんかには
何が書いてあるかわかんないですぅ〜
書く力だけじゃなくて、読む力もつけないといけないっすね。
立派なポエムをありがとう!
僕もがんばりまっす〜

30 :だぶだぶさん:02/10/22 21:59 ID:Tf+Is0DT
最近、やさしいポエムには「やっぱ、ひらがなだよね」って
思いはじめたよ!

みんなも、やさしいポエムをどんどん書いてちょ!

31 :吟遊怪人 ◆NS24xBLI8A :02/10/22 23:01 ID:/tIG7Ih4
昨日、大きな事故があったらしい 彼女が旅行に行っている場所だ
新聞の死亡者欄に目を通した 一瞬背筋が凍りついたが信じないことにした

今日待ち合わせの場所に出かけた 彼女がおみやげをもってきてくれるはずだ
公園のベンチにすわって彼女を待った 気温がかなり低く寒かったが心は温かかった
何組かのカップルが目の前を通り過ぎてゆく 
彼女たちの幸せそうな顔になんだか僕もうれしくなった

時間をすぎても彼女はこない 遅れるなんてめずらしいな 
気がつくと雪がふっていた

どのくらい時間がたったのかな あたりには誰もいなくなった
雪はますますはげしくなり僕は寒さで震える膝を両手で押さえて我慢していた

もはや震えは身体中をおそっていた 僕はもうろうとする意識のなかで
つぶやいていた おかえり・・ さみしかったよ・・

「ただいま」 彼女の声がした やっと帰ってきたんだ
「おかえり」 僕は力いっぱい抱きしめた 彼女も僕を抱きしめた

僕も彼女も魂だけの存在になってしまったけど ずっとそばにいられるなら
身体なんて必要なかった 二人でいっしょに空に昇った

いつのまにか雪はやんでいた 夜空に星が輝いていた


32 :吟遊怪人 ◆NS24xBLI8A :02/10/23 00:00 ID:LYYTwB5G
>だぶだぶさん

はじめまして 純粋そうな方ですね
なんだか場違いなものを書いてしまってすいません
次はここに合ったものを書きたいと思います。 ぜひ1000をめざしてください


33 :だぶだぶさん:02/10/23 22:02 ID:YjFnz3iT
>吟遊怪人さん
ありがとう!
すごく切ないポエムですね。彼氏の「信じない」気持ち、
強すぎて泣ける。
彼女の巻き込まれたのがどんな事故だったのかがわかれば、
もっと入り込めたかもしれないな〜
でも、すごく気に入りました!
1000なんて行けるかどうかわからないけど、
今は楽しいからほぼ毎日続いて行くと思いますよ〜

34 :だぶだぶさん:02/10/23 22:02 ID:YjFnz3iT
「50歳を過ぎて」

50歳を過ぎて
ロックンロールをモノにした紳士を見た
異国のベテラン・アーチストだ

柔らかな物腰で
ロックしてくれ ロックしてくれ
1世代下の轟音ギターに乗せて歌う

アルバムを出すたびに
若くなって行く
彼のような歳をとりたいと強く思った

35 :トルコ石の小魚:02/10/23 22:33 ID:qkECh8bX
Nothing?

36 :吟遊怪人 ◆NS24xBLI8A :02/10/23 23:13 ID:LYYTwB5G
ひとめぼれ

おかしいよ ひとめみただけで好きになるなんて

ずうっとそう思ってた

君に逢うまでは

ひとめぼれ

いまは・・  わらえないな

37 :吟遊怪人 ◆NS24xBLI8A :02/10/23 23:46 ID:LYYTwB5G
としをとるのがいやだった
オジサンになるのがいやだった

だけど ありがとう だぶだぶさん

素敵なオジサンになればいいんだね 





38 :岡田克彦 ◆ikGay75MZI :02/12/03 09:16 ID:A/muVoPO
ま、悪いことは言いません。あんたら2チャンネラーに代表される
下界の凡人連中には、ベートーヴェンの晩年の弦楽四重奏がちょうどよいです
から、そのあたりをお聴きなさい。
間違えても、ぼくやドビュッシーの作品は聴かないように。
豚・に・真珠・でございましょう、ファッハッハッハッ・・・・・
で、ぼくのホームページK.OKADAワールド
(URL;http://debu1957.hp.infoseek.co.jp/)には
あんたら2チャネラーには似合わない私の傑作の音楽がついていますので、
ぜーーーーーったいに来ないで下さいね。


39 :岡田克彦 ◆ikGay75MZI :02/12/10 15:10 ID:lqnSL0eq


お・だ・ま・り、あたしを誰だと思ってるの? おそれ多くも、あ・た・し・よ。
お・だ・ま・り、あたしを誰だと思ってるの? おそれ多くも、あ・た・し・よ。
お・だ・ま・り、あたしを誰だと思ってるの? おそれ多くも、あ・た・し・よ。
お・だ・ま・り、あたしを誰だと思ってるの? おそれ多くも、あ・た・し・よ。
お・だ・ま・り、あたしを誰だと思ってるの? おそれ多くも、あ・た・し・よ。


40 :名前はいらない:03/01/02 00:43 ID:Z7NoOUFd
だぶだぶさんって、人は、結局何がしたかったのかわからないまま消えたのです

このスレタイに「萌え」な人は、どうぞ占拠しちゃってください

ええ、下がってからでいいんですよ、勿論

41 :山崎渉:03/01/20 09:44 ID:ktp24cuz
(^^)

42 :名前はいらない:03/04/17 11:07 ID:PVh6cU5L
あたし 麻野美紗緒 (゚Д゚)夜露死苦ね

43 :山崎渉:03/04/20 02:09 ID:3rQpfsMd
   ∧_∧
  (  ^^ )< ぬるぽ(^^)

44 : ◆cLGDWxv0TY :03/04/30 22:16 ID:u5QznbMZ


45 :よっさん◇kyaba:03/05/08 21:08 ID:2FKx3fW4
age

46 :山崎渉:03/05/22 03:01 ID:9hqkSSyZ
━―━―━―━―━―━―━―━―━[JR山崎駅(^^)]━―━―━―━―━―━―━―━―━―

47 :山崎渉:03/05/28 11:17 ID:gH/nLI1G
     ∧_∧
ピュ.ー (  ^^ ) <これからも僕を応援して下さいね(^^)。
  =〔~∪ ̄ ̄〕
  = ◎――◎                      山崎渉

48 :山崎 渉:03/07/12 12:12 ID:Gu5iF5xl

 __∧_∧_
 |(  ^^ )| <寝るぽ(^^)
 |\⌒⌒⌒\
 \ |⌒⌒⌒~|         山崎渉
   ~ ̄ ̄ ̄ ̄

49 :山崎 渉:03/07/15 11:50 ID:iuxfPmjy

 __∧_∧_
 |(  ^^ )| <寝るぽ(^^)
 |\⌒⌒⌒\
 \ |⌒⌒⌒~|         山崎渉
   ~ ̄ ̄ ̄ ̄

50 :なまえをいれてください:03/07/15 13:41 ID:iuxfPmjy
ハッキリ言ってアメリカなどの多民族国家では黒人の方がアジア人よりもずっと立場は上だよ。
貧弱で弱弱しく、アグレッシブさに欠け、醜いアジア人は黒人のストレス解消のいい的。
黒人は有名スポーツ選手、ミュージシャンを多数輩出してるし、アジア人はかなり彼らに見下されている。
(黒人は白人には頭があがらないため日系料理天などの日本人店員相手に威張り散らしてストレス解消する。
また、日本女はすぐヤラせてくれる肉便器としてとおっている。
「○ドルでどうだ?(俺を買え)」と逆売春を持ちかける黒人男性も多い。)
彼らの見ていないところでこそこそ陰口しか叩けない日本人は滑稽。

51 :名前はいらない:03/07/15 15:52 ID:fbJrrhRi
詩作に年齢など関係ない。>>1さん、安心しなさい。

52 :山崎 渉:03/08/02 01:19 ID:TahhWmQI
(^^)

53 :蟲篭(ムシコ):03/08/12 02:33 ID:X6NaO7iQ


       吹いてきた風は暖かく
  
  帰れないと思ったこの地はやさしく迎えてくれた

 涙暮れた朱い島の幻影は 哀しみに沈み 夕陽に映えた海に別れを告げ

それでも私は 夢の燈りを 手の平に翳しながら 

かえりたいと願った


 
 あなたは泣いてくれますか?

 あなたは思ってくれますか?

 私は帰ってきました。

 
 あなたは笑って言ってくれますか?

 おかえりなさい   と


 嗚呼 私は 泣いてしまう
 


54 :山崎 渉:03/08/15 13:09 ID:5TkIaFn9
    (⌒V⌒)
   │ ^ ^ │<これからも僕を応援して下さいね(^^)。
  ⊂|    |つ
   (_)(_)                      山崎パン

55 :Canopus ◆DYj1h.j3e. :03/09/02 22:21 ID:Xdd9a/Q6
『風のラピュタ』

くんか くんか
風のにおいに誘われて このクソ暑いのに
地下鉄を走って バスに飛び乗って
やって来たよ ここまで来れたよ
森をぬけて やわらかな腐葉土を踏みしめて
くわえタバコはやっぱりやめて

こんなに広いのに
風のラピュタは目に見えないらしい
でもいいんだ すこし涼しいし
時間も止まっちゃったから
いいんだ

56 :Canopus ◆DYj1h.j3e. :03/09/02 22:23 ID:Xdd9a/Q6
『地下1階のJesus』

地下1階にある剥きだしのコンクリート
階段の胎道を通り抜けたバー
天井の大型扇風機がリズムを無視して
過去と未来をつないでアインシュタインの悪戯で
時空を折り曲げてゆっくり回る

暑い。
暗がりとネオンサインのカウンターが
天地創造をぶち壊した
床には雑草のような小さい神々がトグロを巻いている

鋼のジューク・ボックスに頌歌をリクエスト
コインのまわる音 true or false
突然にはじけ出す大音響のギターとドラム
そして7本のHORNSがいっせいに揺れ
行きつ戻りつの朝顔そして円環
シャウトする野太いヴォーカル
壁にこびりついたタバコのヤニと
飛び散った汗は永遠に乾かない


57 :Canopus ◆DYj1h.j3e. :03/09/02 22:24 ID:Xdd9a/Q6
続き。

暑さと酸欠でカウンターの金魚が腹をみせている
そして

君の2つの肩が休火山のように上下にゆっくりと動き
うるうると盛り上がり

1コーラスの終了に合わせて 君の
汗に濡れた右腕が すっと水平に持ち上げられる
その粗暴なまでの救いの声に
こぼれ落ちるリキュール 2、3の飛沫と事件

君は踊る 長い髪をふり乱して
狂おしいヴォーカルとリズムにのって
タイム・マシンでやってきた信者たちを蹴ちらして
周囲の困惑と小さな争いごとには目もくれず
汗とタバコの煙 ガンジャのにおい
薄暗いコンクリートの地下室
反響するシャウト
ひとり踊る
ひとり


58 :Canopus ◆DYj1h.j3e. :03/09/02 22:37 ID:Xdd9a/Q6
『笑顔の系譜』

たんぽぽ ぽん
たんぽぽ ぽん
覚えたての歌をうたいながら
まだ小さなぼくたちの娘が
城趾公園の広場を駆けている

日ざしが少しまぶしくて 風は強いくらいで
広場には呆れるほどの
たんぽぽの綿毛が群生している
大きな鯉のぼりが風にひるがえり
妻の背中では 赤ん坊の息子が
うとうとと首を揺らしている

たんぽぽ ぽん
たんぽぽ ぽん
ほうら たんぽぽさんに顔を近づけて
ふう と吹いてみてごらん
妻がたんぽぽを一本 手折って娘にわたす
綿毛は少し強い風にのって
驚くほど遠くへ飛んでいった

石段を下っていった向こうには
雑木林に囲まれた小さな池があって
蛙があんなに鳴いていて
申しわけ程度にかきつばたが咲いている
空を見上げて娘はすっかりはしゃいで
息子は気持ちよさそうに にっこりと眠る


59 :Canopus ◆DYj1h.j3e. :03/09/02 22:38 ID:Xdd9a/Q6
続き。

かつてぼくたちが父に母に手をひかれて
せせらぎの小道を跳ねまわったように
まだ小さなお前たちの
笑顔がいつまでも続くならば
ぼくたちは きっと何もいらないだろう

まぶしいくらいの流れのなか
手をひかれて 背中をそっと押されて
いくつもの家族が
いくつもの笑顔の系譜が歩いていく
風が少し強くて 蛙があんなに鳴いて
笑顔がざわざわして静かに春が過ぎゆく道を


60 :Canopus ◆DYj1h.j3e. :03/09/02 22:44 ID:Xdd9a/Q6
>>58-59は、雑誌に投稿して落選した詩です。
ちょっとヨソ行きすぎたか…。

こうしてうpしてみて、なんとなく原因がわかった。
既視感ありありだ。

61 :Canopus ◆DYj1h.j3e. :03/09/08 00:31 ID:S+JLNDzF
『木挽歌』


しー たー
しー たー
しー たー
しー たー

しー たー     
しー たー
しー たー
しー たー

しー たー     永遠に? 永遠に。
しー たー     永遠に? 永遠に。
しー たー     永遠に? 永遠に。
しー たー     永遠に? 永遠に。

しー たー     みんみん かなかな
しー たー     みんみん かなかな
しー たー     みんみん かなかな
しー たー     みんみん かなかな

しー たー     えーえん えーえん
しー たー     えーえん えーえん
しー たー     えーえん えーえん
しー たー     えーえん えーえん

(以上を16回くりかえし)


62 :Canopus ◆DYj1h.j3e. :03/09/08 00:32 ID:S+JLNDzF
続き。

しー たー
しー たー
しー たー
しー たー

しー たー     
しー たー
しー たー
しー たー

ごとり。


63 :Canopus ◆DYj1h.j3e. :03/09/08 00:34 ID:S+JLNDzF
>>55 訂正。

『風のラピュタ』

くんか くんか
風のにおいに誘われて このクソ暑いのに
地下鉄を走って バスに飛び乗って
やって来たよ ここまで来れたよ
森をぬけて やわらかな腐葉土を踏みしめて
くわえタバコはやっぱりやめて

円形の空は
こんなに広いのに
風のラピュタは目に見えないらしい
でもいいんだ ぽかぽかしてて
すこし涼しいし
時間も止まっちゃったから
見えなくても
うん いいんだ


64 :Canopus ◆DYj1h.j3e. :03/09/08 00:39 ID:S+JLNDzF
『黄昏の国境にてあなたが発した言葉』

目を閉じたあなたの意識がずっと見ていたのは
滅びゆく帝国の涯(きわ) 黄昏の白い砂漠に
鮮烈であったはずの光をうけて迷子のようにたたずむ
あなた自身の裸足の後ろ姿だった

白い砂だと思っていたのは無数の骨の欠片で
それはあなたが殺戮した四千の日と夜の
またはあなたが知らない四千億の日と夜のなれの果てで
風も歌もとうの昔に消えてしまって
舌を抜かれた小鳥のコラージュがはらはらと舞い落ちて
あなたの指先はいつまでも赤黒い血で濡れていた

耐えきれずに目を伏せたあなたの意識が
ずっと聴いていたのは ずっと記憶していたのは
あなたが一篇の詩を紡ぐために殺した幾多のもの言わぬ叫び
あなたが一枚の毛布にじっとくるまって待ち望んでいた
たったひとつのことば
肩にとまっていた小動物を抱くように裸の背中をふるわせて
あなたはそれにいとおしく頬をよせた

もうそれも死んでいるのに と
どうしてもあなたは言い出せなくて

四千の日と夜の屍を踏みしめてあなたは
あなたの絶望の旅立ちに秘やかな祝福のことばを喚げた
そのことばさえ そのことばさえもが
組換えに失敗した出来損ないの遺伝子のように
あっという間に黄昏の光に砕け散って
白い砂漠の骨に音もなく溶けていった


65 :Canopus ◆DYj1h.j3e. :03/11/03 11:47 ID:Y63Pe1dY
『やっぱりおおかみ(佐々木マキ、73年、福音館書店)』

0(プロローグ)
(おおかみは もう いないと
 みんな おもっていますが
 ほんとうは いっぴきだけ
 いきのこって いたのです
 こどもの おおかみでした
 ひとりぽっちの おおかみは
 なかまを さがして
 まいにち うろついています)

66 :Canopus ◆DYj1h.j3e. :03/11/03 11:48 ID:Y63Pe1dY

1

影のない おだやかな光に包まれた路は
明るすぎて あまりにもなつかしい
黒い影をおとすのは ただひとり
ひとりの おおかみの子供だった
両手をポッケに つっこんで
まだ生えそろわない牙を もぐもぐさせて
仲間を探して 毎日うろついて
(どこかに だれか いないかな)
います


67 :Canopus ◆DYj1h.j3e. :03/11/03 11:49 ID:Y63Pe1dY

2

ウサギの街に着く 交差点でも
影が おおかみなのか
おおかみが 影なのか
ややこしや ああ ややこしや
ガラス窓にだって おおかみはいるけど
だれも 答えられやしないんだ
ウサギ連中は白すぎて 影なんか
持ちあわせちゃいないから
および腰で 背中をむけて
扉を閉めちゃえば
万事解決すると 思ってるんだ

68 :Canopus ◆DYj1h.j3e. :03/11/03 11:50 ID:Y63Pe1dY

3

(けっ)
小さな おおかみは
ウサギも 赤ずきんちゃんも
丸のみなんて できやしないよ
(なかまが ほしいな
 でも うさぎなんか ごめんだ)

69 :Canopus ◆DYj1h.j3e. :03/11/03 11:51 ID:Y63Pe1dY

4

午後1時25分 ヤギの街で
陽は おだやかに高く
そうごんな そうごんなまでの
平屋の教会に ヤギはつどう
おそろいの あおい僧衣と
おそろいの しろいあごひげ
たんたんと たんたんとすぎる 昼
おおかみは ひとりぽっち


70 :Canopus ◆DYj1h.j3e. :03/11/03 11:54 ID:Y63Pe1dY

5

ブタのバザールは いつも盛況
おもいおもいに テントを張って
さあさあ なんでもあるよ
花屋 肉屋 八百屋 パン屋
せともの屋 古どうぐ屋 コーヒー店
通りは買い物ぶくろを抱えた ヒトの波
じゃなくて ブタの波
(みんな なかまが いるから いいな
 すごく にぎやかで たのしそうだ)
毎日開催 ブタのバザール
よってらっしゃい みてらっしゃい
なんでもあるよ 老若男女のブタさんがた
ブタさん ブタさん 子だくさん
第1と第3にちようびは おやすみです


71 :Canopus ◆DYj1h.j3e. :03/11/03 12:23 ID:Y63Pe1dY

6

バザールを行く ブタの波に
この身を ゆだねたい

けれども ひとりぽっちだから
街のはずれまで きてしまった

買い物かごを下げて ブタがひとり
壁に あおいチョークでらくがきしていたが
そそくさと 去ってしまった

(けっ)
黒いおおかみには 染まらない

72 :Canopus ◆DYj1h.j3e. :03/11/03 14:34 ID:Y63Pe1dY

7

ヘラジカ中央公園は おおきな森のなか
ヘラジカ中央駅から シカの脚で1分です
すこしだけ おおきな崖も こえます
公園には ひろい道路も 
噴水もあります
みんなの集まる広場も
遊園地も
レストランもあります
シカのパラダイス みわくのでんどう
というのは 冗談ですが
上品で おちついた
歓声のたえない 公園です

(もしかして しかに なれたら
 あそこで たのしく あそぶのに)

73 :__:03/11/03 23:56 ID:UdKtdYMl
『 風さんになびかれて 』

唾液かんせんの病気のきみは ヨダレがとまらない。  たらぁ〜☆   


眠っているきみのかわりに  フキフキ☆

74 :ピース:03/11/04 00:30 ID:Ass63iEg
柿の木を眺めながら歴史と今日を振り返る
夜の匂いが濃くなると
明日を想像してしまう
笑ってる?

75 :Canopus ◆DYj1h.j3e. :03/11/04 23:54 ID:t5jHNImr
『やっぱり おおかみ』

8

おれは こどもだから
遊園地は 大好きだ たとえそれが
ヘラジカの 遊園地であって
おおかみの それでないとしても

たとえここで 風船が 空をおよいで
アイスクリーム売りが ベルを ならしたとしても
それは おれのものでない

観覧車が 空をあざやかにいろどり
メリーゴーラウンドが よろこびを回して
手オルガンが 楽しいしらべを奏でたとしても
それは おれのものでない

くろい影の おおかみの おれは
両手をポッケに つっこんで
枯れ葉を 踏みしめる


76 :Canopus ◆DYj1h.j3e. :03/11/04 23:55 ID:t5jHNImr

9

(おれに にたこは いないかな)
ヘラジカの遊園地が 閉園するまで
一日中 そこに いてしまった

どうしても 去ることができなかった

77 :Canopus ◆DYj1h.j3e. :03/11/04 23:57 ID:t5jHNImr

10

夜の
ウシの街を あるく

さびしいのは なれてしまった
なんども なんども
そんな夜を あるいてきたから

はらぺこなのは いつものこと
おおかみが はらぺこなのは昔から
さけられない 宿命だから


78 :Canopus ◆DYj1h.j3e. :03/11/05 19:41 ID:hotvxQ8g

11

だんろは こうこうと燃え
灯りのした
ウシの家族が 食卓をかこむ

とうさんウシ かあさんウシ
にいさんウシと こどものウシ
みんなそろって もくもくと
ええ ウシですから もくもくと
ささやかな夕食を たべています

食後のお茶の用意も できています
かあさんウシは あみかけのマフラーを
隅の 小さな丸テーブルに 置いています
花びんの花が 咲いています
柱時計が ちくたく ちくたく
午後6時44分のことでした

こどものウシは にこにこ
笑っています

すべては
そう すべては 窓のむこう
ウシの家での できごとだった


79 :Canopus ◆DYj1h.j3e. :03/11/14 21:06 ID:6UzxcLvw

12

はらぺこだった
あしは 棒になった
おおかみの仲間を探して
おれの 居場所を求めて

道に迷った わけじゃ ないけど
ここが どこだか わからない

(おれに にたこは いないんだ)

街のはずれ 一夜のやどを
墓場に もとめて おれは
ごろんと 横になった

おおかみの ご先祖が
会いにきて くれないかな
仲間の ゆめを みたいなあ


80 :Canopus ◆DYj1h.j3e. :03/11/14 21:07 ID:6UzxcLvw

13

「詩中詩:おばけのロケンロール」

ぬばたまの ぬばたまる夜
ぬばたまった おばけの 影はしろい
なぜなぜしろい? おばけだから しろい
さけ もってこい
りんご もってこい
ドーナツ もってこい
リードギター ひとだまシャウト もってこい
ぬばたまの ぬばたまりけり りんご
のめや うたえや
さわげや わらえや
わらった わらわらうくちもとが
ぬばたまる歯なしじゃ はなしになんねえ
歯なしは しゃれこうべから かりてこい
それが おばけのおしゃれ
しゃれや うたえや
おどれや わらえや
ひとだま つかんで ぐるぐるまわせ
琵琶の かたりに ぬばなみだ
ながす 目なんか もっちゃいねえ
しゃれた 歯ならび かちかちならして
かきならせ ぬばたましい


81 :Canopus ◆DYj1h.j3e. :03/11/14 21:08 ID:6UzxcLvw

14

おれは ねていた
墓場で おれは ねていた

おばけの 夢をみた
おばけは おれに 似ていない

おおかみは 夜に とけるから


82 :純♀ ◆Venus/0Oiw :03/11/14 23:22 ID:GtY3wJrb
月が綺麗な夜は
夜の散歩でもいたしましょう
月のあかりが
きみの頬を白く照らして
きっと もっと
その横顔は素敵に映えて
そんなきみに
わたしは言葉さえ失うかもしれないけれど
それでも良いではないですか

美しい月夜に素敵なきみがいるのなら


83 :名前はいらない:03/11/15 22:30 ID:OSQHAX20
やさしい風に さそわれて つい・・・ ^^;

84 :%82%bd%82%af ◆g09RQuKuak :03/11/16 07:12 ID:QCrrn+rF
きつねにょうぼう

シャワーから上がった息子たち
まるはだかのまま
ちっともパンツをはこうとしない

ちび太は絵本の1ページに釘付け
かかは庭でにわとりの餌やり
ととは裏の畑を耕す
わらぶき屋根には菖蒲が咲き
あかんぼうはまるはだか
庭の隅に四つんばいになって
蛙を見つけたばかり

しあわせの絵を
2才がいつまでも眺めている

部屋は潮が引いた後の砂浜のように
紙くずや菓子袋やプラスチックのスプーンや
誰かが無くした靴下が
誰かに拾われるのを待っている

私がしっぽをうっかり出してしまっても
子はそれを指摘したりはしない
心得たものである


85 :%82%bd%82%af ◆g09RQuKuak :03/11/16 07:44 ID:QCrrn+rF
>84 すみません。2行目削除

86 :Canopus ◆DYj1h.j3e. :03/11/16 16:41 ID:bs65ZK40
>>84 あんがとー。絵本を抱えて部屋の隅へ、ようこそー。
イイな、こういうのイイな。

『きつねにょうぼう』 片山 健 絵、長谷川摂子 再話、福音館書店。

87 :Canopus ◆DYj1h.j3e. :03/11/16 16:43 ID:bs65ZK40
『やっぱり おおかみ』

15

旅のはて
旅のはてなんて だれが決めた
空は 今日も流れているのに

また しろい朝がきて
ひとけのない ビルの屋上を
ただひとり 両手をポッケにつっこんで
ぷらぷら 歩いていると
ひとり 屋上に つながれた
ひとり乗りの 気球を みつけた

ひとりぽっちの 気球と
ひとりぽっちの おおかみと


88 :Canopus ◆DYj1h.j3e. :03/11/16 16:44 ID:bs65ZK40

16

ビルのうえ つながれた気球
あかい レモンの風船
あおい 三角の旗が ひるがえる

気球にのって このまま ここから
おさらばしよう とも思ったさ
おおかみは もういないし
おれに 似たこは いないし
みんなが わらいさんざめく 姿をみるのは
つらいし

でも な おおかみは 強いんだよ
たとえ 絶滅寸前でも まだ おれがいる

(やっぱり おれは おおかみだもんな
 おおかみとして いきるしかないよ)

気球は 気球で ひろい空を 駆けてくれ
おれは おれで ひろい世界を 駆けていくよ


89 :Canopus ◆DYj1h.j3e. :03/11/16 16:46 ID:bs65ZK40

17

つながれた ひもを ほどいて
気球は 空に のぼっていく
おれは 気球に のらなかった
おれは ビルの屋上から
気球を 見送った

気球は ぷかぷか 空におよいで
小さくなった

(け)


90 :Canopus ◆DYj1h.j3e. :03/11/16 16:47 ID:bs65ZK40

18

気球は 気球
おれは おれ
おおかみは おおかみ
やっぱり おおかみ

ひろい ひろい 空
ひろい ひろい 世界
たくさんの いきもの
やっぱり おおかみ

(そうおもうと なんだかふしぎに
 ゆかいな きもちに なってきました。)

きょうも はれ


91 :Canopus ◆DYj1h.j3e. :03/11/16 16:48 ID:bs65ZK40
『やっぱり おおかみ』完。

92 :JOKER:03/11/16 18:02 ID:rHQpNBJd
ぼくのふうせん

ちょっとしたぼくの不注意で
逃げちゃったぼくの赤いふうせん
飼い主のいなくなったふうせんは
笑って空へ飛んでった

ふうせんは一生懸命
空を飛んで飛んで
海を越えて越えて

どこか遠くの小さな島の
一人ぼっちの泣き虫の
小さな真っ赤な鳥の
最初の一番の友達になった

そしてぼくは
飛んでったふうせんなんて
すっかり忘れて
公園に遊びに行った
赤いシャツ着た一番の友達つれて





93 :sage:03/11/16 18:25 ID:WQVOeZAi
>>92 いい詩ですね だぶだぶさんはどこに行ったのかな

94 : ◆g09RQuKuak :03/11/17 01:18 ID:Y8MvicxN
作品を分断してしまい、失礼しました。

95 :名前はいらない:03/11/18 01:41 ID:7Aoy1PU4
Canopusさん居られます?

96 :Canopus ◆DYj1h.j3e. :03/11/18 20:14 ID:SKR2Bl6W
いまーす。
子供たちが元気すぎて、手がはなせませーん。
カミさんが風呂に入れてる間、洗濯物干してまーす。

またねー。

97 :名前はいらない:03/11/18 21:10 ID:7Aoy1PU4
詩集とか沢山買われてます?
詩集って中身が分かってても買うものですか?

98 :Canopus ◆DYj1h.j3e. :03/11/18 23:28 ID:SKR2Bl6W
戻ってきました。

んー、実は詩集はあまり持ってないです。20〜30冊程度で、大部分が全集形式
のヤツでした。思潮社の現代詩文庫だったり、文庫本の単発ものだったり。
ルネ・シャールの全詩集や、谷川俊太郎の『二十億光年の孤独』くらいでした
よ、高価なのは。
詩集、高すぎだと思うんです。一冊2〜3000円、平気でするでしょ。あと1000円
くらい安くないと、商品としては魅力的じゃないと思う。
とはいえ、高階杞一さんの『キリンの洗濯』とかほしいなあ、と思ってる今日
この頃です。

ぼくが詩集を買うのは、ことばと戯れ、ことばを抱きしめ、ことばと寝るため
かな、カッコつけて言うなら。
だから中身読んで、ヤラレタ!と思ったら即買います。
高校の時に買った西脇順三郎詩集は、一時、肌身はなさずに何度も何度も読み
返してたんで、もうボロボロになってます。

99 :名前はいらない:03/12/17 22:31 ID:ctup/sA/
カノさん、場所替えしたんですか?
ここに、新作のるのを待ってますね

100 :Canopus ◆DYj1h.j3e. :03/12/20 08:51 ID:mvVGQNUG
いや、その、風に誘われて来ました〜。


『冬の到来』

嘘つきインディアンに騙されて
ひなたで
ズズーとお茶を飲んでいた
それが今年の冬のはじまりだった

冬は孤独に
マントをひるがえすのが いい
そんな厳しさにも憧れるけど

猫の生あくびをじっくりと観察したり
はたまたマグカップを握りしめて
ひんやりしたぬくもりを確かめたり
上手な時間の食いつぶし方を
考えていた

退屈で平和な冬のはじまりだった


101 :Canopus ◆DYj1h.j3e. :03/12/20 08:53 ID:mvVGQNUG

『キッチュ・バルーン・パラダイス』

駅前でやってる
アンケートに答えてしまったり
スーパーのいらないキャンペーン商品を
買わされる羽目に何度もなるのは
ひとえに ぼくの八方美人と
風船好きの娘のせいだった

店先に並んだ風船を見つけたが最後
娘は一目散に駆け寄って
ふうせん、ふうせん
と ぴょんぴょんはしゃぎまわるのだ
娘よ 人間三歳にして我慢を知るべきである
という説教もあまり効かない
そのうちなんだか
売り子のお姉ちゃんと話が弾んでしまって
まあ 娘は戦利品を手に入れるわけである
(ええ こちらは商売ですので
 やることはきっちりしていただいてから)

今では下の息子までもが
ハイハイもろくに出来ないくせに
うつ伏せで 思いきり上体を反らして
ぷかぷか浮かぶ風船に目を輝かせているのだ
どうやらハシカが移ったらしい


102 :Canopus ◆DYj1h.j3e. :03/12/20 08:54 ID:mvVGQNUG
続き。

ぼくがまだ 娘くらいの年頃だったろうか
天井の高いホテルの一室だった
持っていた風船をつい 放してしまって
火が点いたように泣きじゃくったことがある
155cm 80kgの叔父は まだ若くて
テーブルの上に椅子をのっけて
高い白い天井の上端 みどり色の風船を
ふうふう言いながら取ってくれたっけ

ぼくは大きな風船を持って空を見上げて
そんなことを思い出していた
子供たちの歓声 天使のふわふわ
産声をあげたメリー・ゴー・ラウンド
すべての人類の遺伝子から
風船好きのDNAが発芽する ぱちん


さてわが家では 風船は鯨のようなもので
余すところなく有効活用されます
しなびて沈んだ風船 あれにはまだ
ヘリウムが いくらか残っていますね
丁寧に風船の口を切って
中のヘリウムを思いきり吸い込みましょう
少し息苦しいですが
なあに じきに慣れます
声が変わって おもしろいですよ

忘れるところでした
よい子はマネしないように


103 :名前はいらない:03/12/21 06:04 ID:DQuGVxGS
age

104 :名前はいらない:03/12/24 23:32 ID:WD3SBVfE
☆降誕祭☆

悲しみのない空をおいたち
降りつのる、2003年目にわずか一度
記念樹の、針の枝を静止さす、その日

ノエルとブッシュ、樅の木木に紛れ落ち、天秤の翼しならせ、あかねになる火
カシミアの裏側にひそみ、銀のクレッセントに結ばれしライニング
玉虫のトリム、結晶し、舞い落ち、地表に宿る日

help myself───パーティーへ来てよ
チャペル前の燭火、鋸歯の宵、静謐の悪魔かた手にし
霜砂糖の屋根屋根を裁く鍵、まかれ、鑓、ふり降ろされたなら
粉雪、きっと不倖せの子供になる
シベールとコルク、うち鳴らさる、意味不明の供述
今日、白く発砲する、神の遣へ給ひし言葉かり

have yourself───愛うたうわ
インコ、オウムに口うつしする日
アヴァン、来る前に、お父様、国に召された
暮れるなら、冬木立ちにfiberの柳枝れ合う、マッチ棒に灯り、疎に積もる頃
煙突から、渇くペチカの通路抜け、硬貨三十枚と物質交換する
前庭の燈、もらう恩寵は湿る薪木、リフレインされる終の大木のオリエンテイリング
駈け巡る、トナカイの幹につもり、ララバイとライフとタイムの期限に括られた受難リースと・・
カード一枚のメッセージ託され、聖霊に擬せられし三等分の言づて
その日、グレンプレイドの街底から、倖せの子供たち居なくなる



105 :名前はいらない:03/12/24 23:34 ID:WD3SBVfE

how high the stars───届けられた木の実、貪り、運ばれた羽根をもぎ分かち合う
福音の通り、こぼれ堕ちる、ジルコニアの捧げ物、義の刃に射貫かれ
祝福が音符なら、祈りは翔け昇り、別の調性の不幸ねがうオルゴール
鋳造され、訓戒の遠くから降り注ぎ、散乱し、幻影に氾濫する残像の光り
After Dinner、振り向くと、回転扉、アピシウス見降ろすと、倒立した深海の屋並みに、齎されし魚座の産卵
担われた耐火煉瓦、袋おろし、穿たれたソックスの毛穴から、手首とりだし
僕たちはニクラウスじゃない、と、ことわり
その日、束の間の復活を待つ

数々の蝋石の街の面をおおう為、拇指と父指でつまみ、鼻先から砂のシーツ落とす
もっと安らけく、永世に、それなりに眠れかしと
その上に、私自身のリヴを包み、窓のあかぬ室内に凍てた、贖罪の息を吹き込む
あくる朝早く、元の通り、子供たちが倖せの街へ追い立てられる前に


106 :曼珠沙華 ◆.vCl000IOI :03/12/26 14:54 ID:iwxM2N+O
あめこきゅう。

あめがやむまで、ねません。
ずっと、みています。
そらがあかるくなっても、ねません。
ずっと、みています。

あめがやんだら、おきません。
ずっと、ねています。
いきがくるしくなっても、おきません。
ずっと、ねています。

あめがやんでも、しにません。
ずっと、まっています。
あさがつづいても、しにません。
ずっと、まっています。

あめがふったら、おきます。

107 :もお直き来年だよ:03/12/30 21:48 ID:Lr5a4Wt4
>>100-106

作者の意識表面に
どれ程、捕捉されているか定かでありませんが
これら、何処となく今年の世相を感じさせられるもの
もありますね。
望みもしないのに、空の上から落ちて来るもの、、
穏やかな日々に来襲して、ヒトの命運を左右するもの
、、といったイメージ?
明年には異国で何名の邦人が無くなり、何名の泣く人が出るのだろう?
それがへー和な私達の暮らしにどの様な展開をもたらすのだろう。
反戦詩として、解釈できる様にも思えました。


108 :Canopus ◆DYj1h.j3e. :04/01/07 23:21 ID:0H72ezcf
>>107 うむむ。一括りにして読むとは面白いことを。

同じ空気をすって
同じ時代に生きていた
同じ意識のまま眠る共同体

頬にかかる雨粒の色は
少しちがっていた

109 :Canopus ◆DYj1h.j3e. :04/01/07 23:23 ID:0H72ezcf
某スレで タッチの差にて 間に合わず …お粗末。
『トランシーバー』

(ガーガガガーガーガーーーー)  チッ
(ゴウーーーゴウーーーゴウ)   チッ
くぐもるくぐもるくぐもるくぐもる チッ
(ザアアザザザアザザザアーー)  チッ
(…緊急情報です緊急情報です…) チッ
(どう。どう。どどどう。どどう) チッ
(…絡せよ至急連絡せよ至急連…) チッ
(……………………………………) チッ
(……………………………………) チッ
(…………………………………………………………)
ガシャアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアア

..。

110 :Canopus ◆DYj1h.j3e. :04/01/07 23:31 ID:0H72ezcf
『秋庭歌(しゅうていが):In an autumn garden』


1

(「ラオコオーン」のような自伝が
 描けないただ
 とんぼ
 蟻
 かたばみ鬼百合
 ほうせんか
 しおん
 と 殆ど区別が出来なく溶けこんで)
ひとり
歩いてきた この懐かしい小径
さあっと一陣の涼風がぼくを襲い
波うつススキの海に一瞬目を細めた
いつの間にか
ぼくの右隣に妻がぽつんと立っていて
どちらが話すともなく同じ方角を見つめていた

111 :Canopus ◆DYj1h.j3e. :04/01/07 23:33 ID:0H72ezcf
続き。

(生垣になるサンザシの実や
 ホウコグサなどを摘んだり
 はてしない存在
 を淋しく思う)
そのかわりに
歩みを緩めて妻の肩を抱こうとした
その右手が
急に重くなったのに気付いて見ると
ぼくらの小さな娘がちょっと困ったような顔で
ぼくの右手を握り返して
小さな声で「パァパ」とささやいた

ぼくらの足どりは
ますますゆるやかになって
風に揺れるモミジ イチョウの梢や
キキョウ オミナエシの花を
ひとつ またひとつと数えていった


112 :Canopus ◆DYj1h.j3e. :04/01/07 23:37 ID:0H72ezcf

2

黒田三郎の詩集「小さなユリと」
を読んだ
何度も何度もくり返し読んだ
『夕方の三十分』という
何でもない詩の
何でもないことばに
こんなにも心を打たれる年令になったのかと
改めて思う
ぼくはしがない月給取りで
(僕は腕のいいコックで
 酒飲みで
 オトーチャマ
 小さなユリの御機嫌とりまで
 いっぺんにやらなきゃならん)
ぼくはロクデナシで
妻は結核で入院していて
小さなユリのお尻を叩いたりする

「ユキちゃんは いつまでもおハナがでるのね」
と すっかりお腹の大きくなった妻が
娘の世話をやくのを 何もしないでながめていた
娘は覚えたてのことばで
「おハナ チーン」と大人しく されるがままである


113 :Canopus ◆DYj1h.j3e. :04/01/07 23:39 ID:0H72ezcf
続き。

妻がお産で入院中
夜遅く迎えに帰ってきたおやじを
小さなユキは まだ起きて待っていて
玄関までトコトコ駆けてきては
ぼくに困ったような笑顔を見せる
夜半過ぎ 小さなユキは
そっとぼくの寝床に入ってきて
おやじの腕の中で眠る

(それから
 やがて
 しずかで美しい時間が
 やってくる
 おやじは素直にやさしくなる
 小さなユリも素直にやさしくなる)

ぼくの左手に
小さな頭をもたげてお乳を探す
まだ首がすわってない長男がやって来たのは
それからすぐのことだった


114 :Canopus ◆DYj1h.j3e. :04/01/07 23:47 ID:0H72ezcf

3

そしてまた
ぼくは歩いていく

かつてぼくだけが歩いていた道は
やがて人の知るところとなり
ささやかだった ぼくの洞窟は
ことばとの
人との出会いで だんだんに充たされて
いく

駄偉大なる緑ヒスイの七隗はフエルトの託痴所を脱蒼して天獄たる地下垓への
Trumpoetont Bridge を黄イキイと着膝に這い逆あがるのは赤ん棒の、藍旗ひろ
がるのは礼陰房の、橋蓋ころがるのは東遷某の、ぼくの紫界に広ガール七人の
シェラフィー多。タガメつ眇めつ眺メール、タガメ絞めの刺しつ刺されつのそ
の慌景たるや、マサに増炊にふさわしく、Sevene trumpets を屍違え金でたっ
た、騒麗たるファンフェアレーレ!
ラン!Run !riverrun !

(川走!
 イブとアダム礼盃亭を過ぎ、く寝る岸辺から輪ん曲する湾へ、今も度失せぬ
 巡り路を媚行し、巡り戻るは栄地四囲委蛇たるホウス城とその周円。
 サー・トリストラム、かの恋の怜人が、短潮の海を越え、ノース・アモルリ
 カからこちらヨーロッパ・マイナーの凹ぎす地峡へ遅れ早せながら孤軍筆戦
 せんと、ふた旅やってきたのは、もうとうに、まだまだだった。)


115 :Canopus ◆DYj1h.j3e. :04/01/07 23:56 ID:0H72ezcf
続き。

さあ、鳥スト、鳥の王ロプロプが、パトリックの泥誕を阿弖つつも、三そっ葉
のシャムロックを流為と呵々げてダブリ北たかう、オレンヂ・常時亜集にまで
膨れあがった黄金田村麻呂仮面との、永遠円なる壮舌戦の一休鎮!流れる戦多
血たるや既に人色ではなく、五臓六腑の七謄八臀の噴酔と倭きあがり、嬰峰の
木紙緑が暴愚然と紅玉リンゴするが否や、熱劣たる寄子の嵐を阿鼻せ共感、刃
傷去ったの象殖の一途を辿る―!
拍手!白秋ぅぅぅ!
の逃げる後ろ神の洗択可能な二足一つのニュートリノ尻(ケツ)アルに、南の
男女は艶をなして真赤に紫に脊黄青に瘧リて、出雲の事く声(コア)トル。
「どうして顛国(ヘヴン)なの?」
「どうして顛国(ヘヴン)じゃいけないの?!」

漸略、ことばがあふれてくるよ、押せば命の泉湧くよ、この胸をかきむしられ
るよ、至福制服の蝗水に溺れているよ、それは百頭女の思う壷だよ、眼を覆う
ような甘い蜜だよ、その淋しいささやきだよ、水平線ではノアのじじいが遠い
顔でせせら笑いカワセミの、御宿でサシ涼んでいるよ、息つぎを求めてもがき
彷徨うよ、永遠なることばの旅だよ、めくるめく世界で巡り戻って生きている
よ、つないだ鎖をチカラづくでヒキチギルよ、人間の思念ていうのは光速をは
るかに超えているんだよ、
暗い淵から湧きあがり
生まれてくる、
いのちのことば、
その、
ささやかな一篇の詩に、
どうしてぼくは、
こんなに胸が震えて、

かなしいんだろう?


116 :Canopus ◆DYj1h.j3e. :04/01/08 00:01 ID:pA3pHtiX
続き。

それでも
ぼくは歩いていく
ぼくの洞窟はぼくのものでしかない
やがてからっぽになって
忘れられていく運命だというのに

ぼくは歩いていく
行き交う人々が 皆
人間に見える
その
日まで

In an autumn garden.

117 :名前はいらない:04/01/09 03:19 ID:aPz5Tgl7
さそわれてきましたよ。

118 :名前はいらない:04/01/09 12:37 ID:YW4Agb1O
「無題」
ゆっくり 

ゆっくりでいいから

歩き出そうよ

道に迷ったっていいから

なんなら支えになるよ

辛い時とか慰めてあげるよ

泣きたい時は泣いてもいいよ

だから

ゆっくり歩き出そうよ

119 :名前はいらない:04/01/18 21:55 ID:upvKfgwh
さみしいこころで
かんがえる
もしも恋とよべたなら
どんなに楽だろうって


120 :Canopus ◆DYj1h.j3e. :04/01/31 00:36 ID:pvGenryN
『マイノリティ・ウォーキング』

【100万人のキャンドルライト!】
2003年6月22日、夏至の午後8時から10時の2時間、電灯を消してロウソクを
灯しましょう。それぞれの思いを胸に秘めながら、暗闇のウェーブを静かに広
げましょう。ある人は省エネを、ある人は平和を思い、またある人は恋人と二
人きりの夜を過ごし、またある人は子供の寝顔を見つめ、ある人は世界のどこ
かで生きる人々に思いを馳せる。
100万人のキャンドルナイト。電灯を消して、スローな夜を。

夏至の夜 電灯を消すと
妻と娘は もう眠ってしまった
妻は育児疲れで 娘は遊び疲れて

所在なさげに手足を動かす
六ヶ月になる息子を抱いて
明日の天気だとか
今度の宝塚記念でどの馬が逃げるとか
とりとめもなく語り合っていたが
それにもやがて飽きてしまって
灯りを借りに二人して
外に出た

思いのほか涼しい風が吹いていた


121 :Canopus ◆DYj1h.j3e. :04/01/31 00:38 ID:pvGenryN
続き。

21世紀は少なからずふざけていて田舎の私鉄沿線の住宅街にまで車が遠慮なく
走ってきて半袖半ズボンのおっさんがぷらぷらしてコンビニの蛍光灯やらファ
ミレスの看板やらまぶしくて近くには24時間営業のスーパーがあるし有名な寝
ぼすけパン屋はタッチの差で閉まっていて昔よく行ったトンカツ屋がつぶれて
いて牛丼のチェーン店や新装のラーメン屋を見つけてレンタルビデオの前の道
路は鈴なりの駐車の列で街は眠らない日本は眠らない暗闇はやっぱり怖くて星
空なんか見たくないもっと遠くに行きたい同じことばの同じ日本の同じ街の灯
りをいつまでも眺めていたい他人の不幸も幸せも飽き飽きだ腕の中のこの子の
幸せだけ見ていたいぼくだけが幸せになればいいぼくは眠らない日本は眠らな
い日本はいつまでも起きている

もう一つ先のブロックまで行きたかったけど
排ガスと夜風にあたって
息子が軽く咳をしたので
抱きなおして
ゆっくりと帰った


122 :Canopus ◆DYj1h.j3e. :04/01/31 00:41 ID:pvGenryN
『クライング・ミス・デイジー』

たあくんが生れてこのかた
ユキちゃんはめっきりむずかしくなりました
もう三歳 なんだけど まだ三歳
父さんとは手をつないで歩こうとしません
母さんにだっこをせがんでは
えんえん 泣いています

えんえん
えーん えーん
ユキちゃんには楽しそうな動物園も
おいしそうなラーメンも目に入りません
そしてもちろん 通りすがりの
大人たちの困惑したような視線も

えんえん
えーん えーん
うまく言えないまま 立ち止まったまま
せっかくのお出かけも台無しで
ぼくたち夫婦は 恥ずかしさと怒りで
顔を真っ赤にするばかりです


123 :Canopus ◆DYj1h.j3e. :04/01/31 00:43 ID:pvGenryN
続き。

おそとに出たいよ えーん
おうちに帰りたい えーん
たあくんのベビーカーに乗せてよ えーん
この服じゃいやだよ えーん
ごはん食べたくない えーん
ねむたいよ えーん
でもまだ遊びたい えーん
ひとりはさびしいよ えーん
どうしてわかってくれないの えーん
この気持ちをどうしたらいいの えーん
つらいことばかりだよ えーん
今までがまんを重ねて傷つきながら生きて
毎日の生活には追われてばかりで
声なき声はいつも闇の中にすいこまれて
何故泣いているのかもわからなくて
ただ ただ むなしさとかなしみだけが
この身を襲うよ えーん

そうなんです 父さんも母さんも
疲れはてて傷だらけで
声さえあげることもできずに
ずっと前から泣きつづけて
いつしかそんな境遇にも慣れてしまって
ユキちゃんは そんな両親の背中を
そうです
見ていたんです

しわくちゃで洟たれの
ちいさな花に
そっとキスをしました

124 :Canopus ◆DYj1h.j3e. :04/01/31 00:48 ID:pvGenryN
『異邦にて、精霊たちと』


「そうか、カノさんは、まだキジムナーには会ってないんだね」

南国特有の濡れるような暑い夜、大きなテーブルを囲んで泡盛を傾けて、カコ
ちゃんとヨシコさんは、内緒ばなしするように互いのおでこをくっつけ、くつ
くつと屈託なく笑った。
「キジムナー?いるの、本当に?」
「うん、いるよ、やんばるあたりに行くと」
「ガジュマルの木に住みついてるんだよ」

コンクリートの床、安っぽいプラスチックのテーブルとイス、学生食堂のよう
な饐えたにおい、天井の大きな扇風機がくるくる回って白い蛍光灯がまぶしい、
ライブハウスというには違和感ありありの「ライブ酒場」、なま暖かい風が吹
いて、正面のステージでは内地から来たバンドが「いちゃりば ちょーでー」
と大声で歌っている。ウチナーたちは彼らを歓迎して、合いの手をいれたり、
指笛を吹いたり、なかなかやかましい。若衆と目が合って、にんまり笑う。三
人とも相当量の泡盛が入っているはずなのに、カコちゃんとヨシコさんは、ほ
とんどかわらずに喋りつづける。
「五歳のころから飲んでるからね」

「カノさん、『いちゃりば、ちょーでー』知ってる?」
「知ってるよん。『一度会えば兄弟』という意味だよね」
「うん、みんな友達になれるのよ。私、このことば好き」
「私も好き。カノさんと私たちもそんなものね」
汗がじっとりと吹き出す、頭は拍動してほどけない毛糸玉、鼓膜がわんわん揺
れて、夜は真っ青に湯だって終わりそうにない。夏のなま暖かさがまるごと
入ったグラスを飲み干す。


125 :Canopus ◆DYj1h.j3e. :04/01/31 00:49 ID:pvGenryN
続き。

「キジムナーと、ちょーでーになれるかな?」
「わあ、ちょーでー、なれるよ。キジムナーの好きなものを、ガジュマルの木
 の下に、そっと置いておくのよ。魚とか、蟹とか。
 最近はね、氷も好きなの」
「氷?何、それ。私も知らない」
「氷はねえ、昔は沖縄には、なかったから。
 キジムナー氷食べて、気に入ったんだよ、きっと」
「ほんとかしら、溶けたんじゃないの?
 でもキジムナー、悪さもするからねえ」
「そんな時は、キジムナーの嫌いなもの置くのよ。知ってた、カノさん?
 キジムナーは、蛸が嫌い。それからね、うふう、オナラが嫌いなんだって」
「うふう」

ライブはますます盛り上がって、囃子も指笛もいっそうやかましく、夜はまだ
まだ終わりそうになく、観客は総立ちで、誰かがやがて踊りだす。踊りの輪は
熱狂的に広がっていく。
「カノさん、明日はきっとキジムナーに会えるよ」
「うん、キジムナーは、どこにでもいるから」
カコちゃんに手を引っ張られて、あやしい手付きで、ふらふら千鳥足、隣のニ
イニイと肩を組んで、暑く濡れるような夏の夜、夜はいつまでも終わりそうに
なく、みんなで大きく口を開いて、終わらない琉球の夜、終わらない夜、夜の
中、扇風機くるくる、白い蛍光灯、踊る、踊る、踊る。ちゅらちゅら。


126 :名前はいらない:04/02/01 07:55 ID:ErJvtkMQ
カノさんのを見ると、書けない日でも書きたくなるんだよなぁ、詩。
いや、書けないんだけどね……(苦笑

127 :Canopus ◆DYj1h.j3e. :04/02/01 22:00 ID:aYgEzjqO
ありがとです。実は最近、ぼくも書けてません。月に1〜2編がいいとこです。
ちょっと長めのヤツは、全部『詩学』に投稿して、採用されたりボツったりし
たヤツです。
余勢をかって『現代詩手帖』にも!などとは思ってますが、いかんせん量が書
けないんで、質も向上しない有様です。こういう時はジタバタしてもダメ、っ
てのは、経験上わかってるから、しようがないけどね…。


『冬眠』

ぼん ぼん
柱時計が鳴るのはなんのため?
ロウソクの火がふたたびともるその時まで
眠りなさい。
眠りなさい。

128 :Canopus ◆DYj1h.j3e. :04/02/01 22:03 ID:aYgEzjqO
『北極星とワイン』

東へ東へ 水道水の蛇口をさかのぼり
船は歩く 十四足の黄色いクツをはいて

「海だと思ったらラプラタ河でした」
「島だと思ったら亀のコウラでした」
「いつのまにか雲の中を飛んでいました」
「季節違いの自転車の歌に皆うっとりしました」
「なんでかエピグラフの触角に感電しそうになりました」
「楽しい楽しい旅なんて昔っから存在しませんでした」
「ふざけたような夢のようなそんな浮遊感の真ん中にどっかと座りました」
「いつだって羅針盤は馬鹿正直でいいかげんなぼくそのものでした」

世界の果てだと思ったら
食卓の上でワインのビンが倒れて
滝となって流れるワインの海に死んだように
たゆたっていた そんな旅も悪くない


129 :Canopus ◆DYj1h.j3e. :04/02/01 22:05 ID:aYgEzjqO
『ニッポニア・ニッポン』

二〇〇三年十月十日午前七時二十分
日本最後のトキ キンが死んで
日本のトキは絶滅した

職場に届いた夕刊の一面に書いてあった
体重1.5kg
予想外にかろがろとしたその躯は
静かに横たわっていたという
三十六歳の大往生
八年前に日本最後のオス
ミドリが死に トキの絶滅は確実だった
その既成事実を
今さらながらに噛みしめるような記事だった

「これからの日本人は
 トキなしの人生を歩まねばならない」
午前七時二十分 ぼくは仕事前に
十ヶ月のたあくんをベビーカーに乗せて
祖父母の家へ預けに行く
朝夕は冷えこむようになりましたね
ミルクは150cc飲みました
ウンチもしました じゃあ行ってきます
たあくんが祖母の腕で笑って
ぼくに覚えたてのバイバイをする
そんなトキなしの人生
「失ってきた たいせつなもの?
 そんなの いくらでもあるだろ」


130 :Canopus ◆DYj1h.j3e. :04/02/01 22:06 ID:aYgEzjqO
続き。

トキはすでに
ぼくが子供の頃から
博物館や図鑑のなかの鳥だったことを
思いだした
二〇〇三年十月十日
みんなが寝静まった夜に ぼくは
クラークの『幼年期の終り』を
本棚から取りだして
ページをめくった


註:アーサー・C・クラーク。SF作家。
  『二〇〇一年宇宙の旅』など。


131 :Canopus ◆DYj1h.j3e. :04/02/26 22:44 ID:6neOmMop
「怪獣詩集」、復活。

『シーボーズ』


怪獣墓場から地球に墜落した
かわいそうなガイコツ怪獣
それがシーボーズ

地球人が打ち上げたロケットにぶちあたる
という文字どおりの天文学的確率だった
不幸な事故だった 麗しきまどろみの帝国は
はるかな過去の遺物となりはてた

せっかく怪獣さまにお出ましいただいたんだ
このさい盛大にやっつけちゃいましょう
地球はお前のいるべき所じゃないから

ありとあらゆるミサイルやら弾幕やら
唾や痰や嘲笑や同情や無関心やらが
シーボーズに投げつけられた
やっとあらわれたウルトラマンまでもが
シーボーズをこてんぱんに叩きのめした


132 :Canopus ◆DYj1h.j3e. :04/02/26 22:45 ID:6neOmMop
続き。

爆風と粉塵のなかを逃げまどう
シーボーズの悲痛な叫び
墓場出身の亡霊怪獣だから
どれほどの攻撃をうけても
死ぬことすらかなわなかった

うつむき加減にたたずむシーボーズの背中を
誰もみようとしなかった
どこにでもよくある日本のフォークロアだった

「怪獣墓場にかえしてあげよう」
心やさしいムラマツキャップはそう言うけど
それがシーボーズのしあわせなのかは
誰にもわかりはしなかった


133 :Canopus ◆DYj1h.j3e. :04/02/26 22:50 ID:6neOmMop
『レッドキング』

レッドキングは
強い
強かった
んじゃないかな
でもひょっとして いやマジで強い
と思うよ 多分

行きつけのラーメン屋で叉焼を入れるべきか
否か、その抗いがたき自己肯定や誘惑や財布
のヒモや高カロリーの狭間で迷走と逡巡をく
り返すがごとく、かといって辺りをゆるりと
遠望する余裕などなく、地面にのたくったヘ
ビにもウンコにも怖じず、雨にも風にも世間
のシロイメにも負けずに、馬鹿が戦車で行き
逝きてたどり着いたいわゆるひとつの。

小さなピグモンはプチチと潰しちゃった
チャンドラーの翼を引きちぎった
ドラコもこてんぱんにしたぞ
ウルトラマンには
首投げ一本で あわれレッドキング
あっさりと死んじゃった


134 :Canopus ◆DYj1h.j3e. :04/02/26 22:51 ID:6neOmMop
続き。

レッドキングは
かっこいいから強い
理由はいらない

名対決に名勝負なしとは昔人はよくぞ言った、
一瞬の立ち会いですべては決まる、巷間では
お好み焼ともんじゃ焼の名勝負数え唄とか、
アメリカとイラクが砂漠でじゃんけんぴょん
だとか、切実なまでのとめどない喧噪がぼく
の心をとらえて放さない、暴れるのは怪獣の
責務だ破壊するのは怪獣のゲノムだ、思想も
宗教も悪意もプライドも王楽浄土もヘチマも
ミロのトーナスもありゃしねえ、負けるケン
カは三十六計、どっかにウルトラマンはいな
いかなあ、どっかにウルトラマンはいないか
なあったら!

ああ
レッドキングよ ただ一途に
ひとすじの煙が。


135 :Canopus ◆DYj1h.j3e. :04/02/29 20:06 ID:hZ0G+Laj
『光の子』

気をつけろよ
もうすこしで空飛んじゃうとこじゃないか
重力やあつれきから解き放たれて
大気圏をトッパして
それのどこがしあわせというんだ

ぼくは
光の子
地球といっしょに笑うこともできる
荒野をはるかめざし

闇も悪意も愛でさえぼくの敵ではない
それはぼくだから
カレースプーンを太陽に透かして
きらきらと溶ける道を
今日も変身する
あかねさせ
みふぁ

136 :Canopus ◆DYj1h.j3e. :04/03/02 21:14 ID:UiyoOC4z
『チェルシーバン』

光を
駆逐するのは闇でも雨でもなく
もっとまぶしい光だった

へえ を連呼するいとまもなく到達するんだ
それはある種のなつかしささえも伴いそして
ダーウィンに敬意をはらいつつ
手風琴の恣意のままに季節がすぎていく
音の粒子

また歩くがいい
百億年もたてばいくらでもやりなおしは効くから

また歩くがいい

137 :Canopus ◆DYj1h.j3e. :04/03/09 21:43 ID:D+PvP+zJ
『港町ろきしい★チャンピオンズ』

かわいいウェイトレスが
おれの投げだした脚につまずき
仔犬のような目で「もうしわけありません」をくり返す
こんなところにまで
潜在的な暴力の根がはびこっていたのか

びくびくしちゃいけないよ スウィースー
もっと背すじを伸ばしてほら ついでに
スカートはもすこしタイトなほうがいいな

おれは歩く
視線は
斜め上方15度プラスマイナス2度をキープ
うっかり目をあわせちゃいけないよもしそいつが猿だったなら
あるいは冥王星がえりのながれ者が
溶けるためだけにこの町へやって来たとしたら
おれはどんなに手を汚しても
他人からはいい人と呼ばれ続けたいんだ


138 :Canopus ◆DYj1h.j3e. :04/03/09 21:44 ID:D+PvP+zJ
続き。

いや正確には
クサい飯を食うと
涙がとまらないんだ
オフクロの味だったから

おれはまだ負けちゃいない
いかなる権力にもことばにも屈しない
歩きタバコは2年前にやめたし
シルバーシートには座らねえ
生意気なガキを殴ったりとかとんでもない
戦争はイクナイと真顔でいう
さて
旧友でもさがしに出かけようか
ああまぶしい まぶしいぜ

139 :Canopus ◆DYj1h.j3e. :04/03/10 20:45 ID:Fc6qHPpD
怪獣シリーズ。
『ピグモン』

(おとなりのワンちゃんは生れたときから
 ネコとばかり暮らしてきたので
 自分がネコだとかたく信じています
 イヌがやって来ようものなら別の動物ということで
 ワンワンほえて威嚇します
 おしまい。)

ピグモンは小さい
ピグモンは小さい子供の背丈くらいしかない
ピグモンは小さい子供の背丈くらいしかなくて風船持ってる
ピグモンは小さい子供の背丈くらいしかなくて風船持ってて人間となかよし
ピグモンは小さい子供の背丈くらいしかなくて風船持ってて人間となかよしで可愛い
ピグモンは
ピグモンは怪獣だ

ピグモン死んだ
人間援けて死んだ頼まれもしないのに
レッドキングの投げた石にプチチと潰された


140 :Canopus ◆DYj1h.j3e. :04/03/10 20:48 ID:Fc6qHPpD
続き。

ピグモンなかよし
怪獣酋長ジェロニモンは地球を征服するのに
何を思ったかピグモンを生き返らせた
ピグモンは当然のごとく人間の味方に付いて
身の丈50メートルの怪獣と闘って
せっかくもらった命をまた散らした

ピグモンは
どうして人間を援けようとしたんだろうか
人間は
ピグモンに救けられる資格があったんだろうか

一説によれば
なきがらとなったピグモンの魂を
薄暮のむこうへ運んでいく銀の影があったという
あれはウルトラマンだったんだろうか
あれはウルトラマンだったんだろうか


141 :Canopus ◆DYj1h.j3e. :04/03/22 21:23 ID:E0sN33GF
『ハルウララ』

春うらら
とはいいがたい花冷えの雨のなか
高知競馬場にご来場いただいたみなさん
ほんとうにありがとうございました

みなさん
ケイバのケの字も知らなくてもいい
このスタンドを この砂ぼこりを
目に灼きつけてください
記憶の片すみに残してください
10年後にはかならず消えてなくなる競馬場です

みなさん
地方の競馬場は不況のドン底です
中津 三条 益田 足利 上山
みんな消えてなくなりました
走ってた馬は大部分が買い手がつかず
肉屋の車が引き取っていきました
何十年も働いていた人たちもまた
同じ運命をたどりました

ハルウララは幸運な馬です
かつてコンビーフになった栄光の名馬や
忘れ去られた馬をぼくは無数に知ってます


142 :Canopus ◆DYj1h.j3e. :04/03/22 21:24 ID:E0sN33GF
続き。

毎朝はやくから働いて
10万やそこらの賞金を取り合いっこしている
場末も場末の高知競馬場も今回だけは
ハルウララのお相伴にあずかりました
それはひとときの夢でしかないそんなことは誰もが知ってます
でもせめてこの滅びの前の宴を
喜びましょう感謝しましょう

みなさん
平日の昼間からバクチに精出せとはぼくは言いません
ましてや負けた腹いせに近所の家の前でウンコしろとも言いません
ただ
この競馬場で生きた人と馬がいて
どうか
どうか

143 :Canopus ◆DYj1h.j3e. :04/04/18 08:46 ID:WWMP0Ixr
『耳』

いちめんの白い尾花が風に揺れて
まるで
たくさんの兎が野を駈けていくようだった

雨の予報をきいて 夕暮れの廃屋に宿を借りて
旅の途中 ぼくも心が揺れて眠れない
破れた屋根から
黒い雲が走ってくる

虫の音 戸にあたる風の音 遠くからやって来た黒い雲
やがて屋根をたたく驟雨が
世界を太鼓に変える
ごうごうたるしずけさの中で ぼくはひとり
盥の音に耳を傾ける ひとり ひとり

いつしか雨もやんで
びしょ濡れのぼくは やはり眠れない
破けた屋根からは満天の星空
水滴の音 風の音 せせらぎの音 草原の音 星の音
彼方から響く重奏の集合体

夜のまん中に横たわって
ぼくの耳は
いったい何を懐しむだろうか


144 :Canopus ◆DYj1h.j3e. :04/04/18 08:48 ID:WWMP0Ixr
『バンドネオンの山猫』

山猫の
背中は傷だらけだった

舞台のまんなか 古いイスに腰かけて
バンドネオンをゆっくりと奏でていた
金と銀の瞳が暗闇で光る
山猫の背中は

ぱっくりと肉が割れ 乾いた血糊がこびり付き
パリで ニューヨークで ラプラタ河で
なまなましい幾多もの戦闘よ
記憶のにおいよ 蛆に喰われるがままの
山猫よ

お前の抱えるバンドネオンという宇宙が
あのポルテーニョたちの夜の叫びが
お前の背中にある傷という傷から
まだしたたり落ちる血のひと雫が
答えるのだ 山猫よ
お前の指がお前の心が走り続けるかぎり

頭(こうべ)をがくっと垂れて
閉じた
金と銀の瞳


145 :Canopus ◆DYj1h.j3e. :04/04/18 08:51 ID:WWMP0Ixr
『ルパン三世の背中』

うっかり逆方向の快速列車に乗ってしまったり
足の小指をイヤというほどタンスの角にぶつけたり
外出直前どこを探しても財布がみつからない
そんな時
母の背中を思い出す

ぼくと弟がびりびりに破いたふすま
散らかしっぱなしのおもちゃ
ひっくりかえった昭和40年代のわが家で
仕舞いそこなったコタツに頬杖をついて
若かった母はひとり14インチの白黒テレビで
毎週欠かさず『ルパン三世』をみていた

結婚してすぐに北海道から九州へ移り住んだ
まもなく年子の男の子を二人もうけた
いくら掃除しても
カビとゴキブリとカマドウマは家に侵入してきた
母は無言で『ルパン三世』をみている
ワルサーP38が火をふいて
敵を撃った


146 :Canopus ◆DYj1h.j3e. :04/04/18 08:51 ID:WWMP0Ixr
続き。


「おかあちゃん」ぼくは母に訊く
「あれはいい人?悪い人?」
母は迷ったふうで
「ルパン三世は悪い人」「銭形警部はいい人」
それはマジンガーやウルトラとはまるでちがった展開で
三歳だったぼくはとまどいを隠せなかった

「どうしていい人が負けちゃうの?」
母が何と答えたかは覚えていない

ぼくたち幼い兄弟は他愛ない悪さをくりかえして
母によく怒られたりぶたれたり外に追いだされたりした
しかし「めし抜き」は一回たりとなかった
プチ虐待ともいうべきそんな抑圧の日々を
楽しく生きてきた昭和40年代
ほどなくわが家のテレビはカラーになり
『ルパン三世』は華やかな色でブラウン管に再登場した

たとえば納豆にソースをかけてしまったり
買ってきた小説がちっとも面白くなかったり
午前0時というのに たあくんが全然寝てくれない
そんな時
ぼくは思い出さずにいられない
白黒テレビのくすんだ『ルパン三世』を
軽い絶望に満ちた母の背中を


147 :Canopus ◆DYj1h.j3e. :04/04/18 08:56 ID:WWMP0Ixr
えー、何回めかは忘れましたが、しばらくのお別れです。

今回は引っ越し&ネット環境の変化にて、多分1ヶ月ほど2ちゃんには来られま
せん(仕事場ではブロックされているので)。
つながる間はこっちにも来ますんで、ヨロシう。

148 :mixi ◆8smixiK.U. :04/06/05 00:40 ID:iv176/ef
保守しちゃいますね。

149 :Canopus ◆DYj1h.j3e. :04/06/13 12:11 ID:/c0SGX5U
『ティヘーラス(鋏)』

ちょん切れ
ナニをちょん切れ
その蠱惑的な碧空のまなざしで
早足であるくなやましい腰つきで
たくましい褐色の肌で
ハダカのヘソで
ラテンの陰影に見え隠れするダンスステップで

ナニをちょん切れ
堕落した赤道都市にとける陽射しのもと
山の斜面にへばりつく段ボールのスラムで
コカのにおいにカラダごとほてりながら

甘いささやきの羽毛にだかれて
弓のように背中をしならせ
あるいは夜露の草むらで口をふさがれて
両腕を縛られ スカートは切り裂かれ
じりじりとチューリップの花弁は開き
下腹部の蜜に濡れた弾丸を充填し
ためらいなく発射した


150 :Canopus ◆DYj1h.j3e. :04/06/13 12:12 ID:/c0SGX5U
続き。

ナニをちょん切れ
股間に醜く垂れさがる萎びたヘソの緒を
12歳の誕生日に否応なく貫かれた記憶を
忌まわしくも荒ぶる吐息の男の感触を
学校を追われ背に浴びせられた無数の視線を
虫けらのように死んでいった肉親の笑顔を
生きるために殺し 死ぬために殺した
壊れるために壊し はじめから壊れていた
みずからの影さえも分断して
背中合わせの一対の刃を颯爽と綱わたり
スパンコールひるがえって切り口の空洞
真紅さらさらと彩るんだ世界を
地下1階に吹きつづく熱風
豆電灯そして

ちょん切れ。


151 :Canopus ◆DYj1h.j3e. :04/06/13 12:15 ID:/c0SGX5U
『ハナたれの小春日和』

家族みんながハナたらした小春日和
母さんは仕事で出かけてしまって
父さんは
ユキちゃんとたあくんを公園に連れていって
 やりたいけどそれもできずに
掃除をしたりたあくんにミルクをあげたり
二人が散らかすのをだまって見ていたり
そんなこんなで午前が過ぎていきます

昼ごはんの後 たあくんを寝かしつけて
ちょっとつかれて
父さんもいっしょにゴロゴロしたいけど
うっかりするとユキちゃんが
父さんを看病しに来ちゃうので
おちおち横になっていられません

「たいへん たいへん パパがびょうきよ」
ありったけのおままごとセットとご丁寧にも
 体温計まで持ちだしてそれはいそいそと
おかゆを作ったりおくすりを調合したり
甲斐甲斐しいことったらないのですが
おへそのゴマをとろうとしたり
木琴のバチをつっこんで ノドのおくすりを
 塗る段にいよいよなって
もうたまらんと飛びおきる始末です


152 :Canopus ◆DYj1h.j3e. :04/06/13 12:16 ID:/c0SGX5U
続き。

ユキちゃんは この2週間
どうしても幼稚園に行こうとしません
ぱんだ組でいちばん最後におむつがとれて
二十歳そこそこの若い先生がたは
わが子のことのように喜んでくれました
お絵かきがとても上手ね と
ほめてもらいました
さくらちゃんというお友達もようやくできて
たのしく手をつないでいます
みんなが遊ぶ輪にはまだ入れずに
その様子をニコニコ見つめています

「ようちえんには行けないの」
ユキちゃんは少し申しわけなさそうに
静かにかぶりをふるだけです

ゆっくり
成長すればよいと
ほかの子と比較するわけでなく
大丈夫だよ と
誰かに肩をたたいてもらいたいわけでもなく
ただぼくたちが予測していたとおりに
一日が過ぎるのはあまりにもはやいのです


153 :Canopus ◆DYj1h.j3e. :04/06/13 12:16 ID:/c0SGX5U
さらに続き。

ハナたれているのは
みんないっしょ 泣いてるわけじゃない
「はやくおかぜをなおそうね」
父さんはそれだけ言うのが精いっぱいで
たあくんもそろそろ昼寝からさめる時間で
夕方の冷気が忍びこむ小春日和の台所
ハナをすすりながら厚揚げを煮たりレトルト
 フードをレンジに入れたりして
母さんの帰りを
遊びつかれた仔犬のように待っていました


154 :Canopus ◆DYj1h.j3e. :04/06/13 12:19 ID:/c0SGX5U
とりあえず復活です。mixiさん、どうもありがとうございます。
子供の世話をしなきゃならんのでひとまずオチますが、
ボチボチ顔を出していきます。

155 :◆Ui8SfUmIUc :04/06/13 12:23 ID:KAti8e9r
キス


あなたのくびすじにキスをするとき



髪から他の男の臭いがしたので、
僕はおもむろに君を殴りつけた。

すると君は泣きながら、その臭いは
わたしたちが今、こうしてここに居る理由だと
言って空を指差した。

何の変哲もない景色が四角に切り取られ、
君はその中に何人も居た。

僕は一番幼い君を抱き上げたら、
やさしく頬にキスをしたのだ。



156 :名前はいらない:04/06/14 03:22 ID:l7j2pSVQ
オカエリなさいませ>Canopusさま。
謹んで、喜びの意を表明させていただきます。


− 足跡 −

名も無き私が青い花びらを振りまいて
そこかしこに足跡を刻みます

やさしい風があってこそ
やさしい誰かがあってこそ
そんな遊びも出来るのです

お帰りなさい、お久しゅう
いらっしゃいませ、こんにちは

あなたが作るこの風は
どうしてこれほどに柔らかく甘いのか

答える術もないままに
喜び震える花びらを
足跡代わりにそっとひとひら

ここに置かせてくださいね

157 :◆Ui8SfUmIUc :04/06/14 05:10 ID:z0bGTSfa
真実


私の中で 私を励ましたり

私を慰めたり 私を叱ったり

私に立ち上がる勇気をくれるのは誰?

耳には聞こえない この声は誰のもの?

一生、出会うことのないこの声の持ち主

眩しい光の発信者

私でなく もう一人の私でもない

日の出のように 夕日のように

たったひとつの たったひとつの 生命の源が

世界中の人々に語りかける

158 :Canopus ◆DYj1h.j3e. :04/06/15 01:45 ID:/AX/RDVo
北さん、156さん、早速ありがとうございます。
2ヶ月近く来てなかっただけなんだけど、けっこう浦島太郎の気分です。

ま、ぼちぼち行きます。
ちなみに>>149-150は現代詩手帖に、>>151-153は詩学に投稿して落選したヤツです。


159 :Canopus ◆DYj1h.j3e. :04/07/10 07:51 ID:XBr+Qb5d
『悲しき頃』

かなし きころ
そのか みに
さわら びはも え
いなび かりわ きいで て
ほむら もりを おおい
ひゃく がのま ぼろし とび
そのこ ころだ けの
こころ だけの
かなし き

160 :Canopus ◆DYj1h.j3e. :04/07/10 07:56 ID:XBr+Qb5d
『鏡のなかのトーキョー』

それはちょうど地球の裏が透けてみえて
ブエノスアイレスのマリアが
生れながらにして何度も死んでいたように
やわらかな影のままで

東京よ
ぼくも君もずいぶんくたびれてしまった
だから余計に 夜も昼も自らを飾りたがる

地下鉄を乗りかえる
駅から駅へ ただ君を通過する
おなじ方角を求めて歩くせまい通路で
ネクタイをしめた白ウサギが時計をみながら
「遅刻だ 遅刻する」と跳ねまわった
それはきっとどの世界でも起こりうるような
事件ともいえない些細な
君への導入部だったとして ぼくは
いつまでこの階段を降りつづけるのだろう?


161 :Canopus ◆DYj1h.j3e. :04/07/10 07:56 ID:XBr+Qb5d
続き。

東京よ
ぼくも君もずいぶん歩いてきた
冬のプールに浮かぶのは枯れた苔ではなく
どこまでも伸びやかな君の肢体

無関心な窓に
君の全身が映ってみえた
なにもかも壊してしまいたくなったぼくは
両手でつくったカメラのフレームを向け
パチリ と
在りし日の君をぼくの人さし指に刻みこんだ


162 :Canopus ◆DYj1h.j3e. :04/07/10 07:58 ID:XBr+Qb5d
『肩にふりかかる』

黒頭巾ちゃんが寝ているあいだに
内緒で神さまをこわしてしまおうか
慈愛のシャワーがどうしてもやまないなら

谷間のユリ
という名前の薔薇をささげよう
あかいゴマシオを世界にふりかけるように
キレイな農薬が大河を埋めつくす
「なあ もうページめくっていいか?」
「だめだよまだ読んでるんだから」

そしてぼくらは空を見上げた
ぼくらの夥しい血もナミダも
どこにも流れてやしなかった
いいかい 世の中にたいせつなものなんてひとつもないんだ
こわれたおもちゃもこじれた関係も切り裂かれたサキイカも
 決してもとには戻らないんだ
って誰ですかそこで
ウサギの首を嬉々としてもいでるのは

対流とか円環とか
いちいちめんどくさいけど
スルーパスの名手とよばれるのにはやぶさかでない
ほら見えるだろう
冷たい雨がやんだあかね雲のむこう
黄昏に消えゆく巨星たちの強い光が
「やべえ赤信号だ」
「いっちゃえいっちゃえ」
生きるということ


163 :Canopus ◆DYj1h.j3e. :04/08/20 21:34 ID:1dgiYUUA
『マリーノ超特急』

あわくふくよかな海洋特急列車
が ぼくらを南へはこぶ
間断なく規則正しいマリンバのエンジン音
海に敷かれたレールをゆっくりと
エルスール エルスール エルスール

仲間は海に喰われた
肢体を折り曲げ手のひらをかるく握って
あろうことか眼を閉じたままほほえんでいた
知らない仲間だった
慟哭するひまもなかった
3日後にながれる車掌の声明まで予想できた

海は列車のあしもとから
単調だが効果的な攻撃をくりかえす

お花畑やどこまでもつづく草原を
夢みる年齢はとうにすぎてしまい
背中にべっとりと張りついてまぶしい

1時間の停車
フェードアウトするユニゾンシフト
海に囲まれたプラットホームに降りたって
沈んでしまった過去をのぞこうとした
ぼくらはもう
天気と風の話しかできなかった


164 :Canopus ◆DYj1h.j3e. :04/08/20 21:35 ID:1dgiYUUA
続き。

ときおり海をこえて
遠雷のような地鳴りがきこえてくる
どおおん ごごごご
あれは水に浸かったビルヂングの崩落する音
きみは突然両手を太陽にかざし
みじかく イグアス!
さけぶ
しずかな

南に帰郷する車窓でそんな紀行文を読んだ
ゆっくりとはしる海洋特急は
どこまでもどこまでも海で
次の到着時刻もわからないまま
ぼくらはやがて浅いねむりにおちる


165 :Canopus ◆DYj1h.j3e. :04/08/20 21:37 ID:1dgiYUUA
『愚者の楽園(マリーノ超特急)』

火曜日には
お気に入りのアクアバイクに跨がって
積めるだけ積んだジャスミンの花束を届けに
海上に浮かぶ列車整備駅まで出かけていく

海に囲まれたプラットホームで陽に灼かれて
彼は私を待ってるだろう
明日停車する海洋特急の準備に大忙しで
流れる汗と機械油にまみれて
私をみつけて手をふってほほえむだろう

明日はマリーノ超特急が到着する
海に敷かれたレールをしずしずとやって来る
停車時間は一時間
次から次へ迫りくる仕事を
彼はひとりでこなしていくだろう

エンジンの点検と調律
車輌のサビ落とし
滑車にこびりつく塩塊の除去
客車に機器に侵入するフナムシ退治
フナムシ退治にはジャスミンガスが有効で
それは彼の独自の研究成果で
私は毎週ジャスミンガスの原料を届けにいく


166 :Canopus ◆DYj1h.j3e. :04/08/20 21:39 ID:1dgiYUUA
続き。

かつて駅には整備士がふたりいて
私の入り込めない硬い友情で結ばれていて
ある日ジャスミンガスの効能を管理局に報告した同僚は
めでたく上級技術職に転身して
彼はひとりになった

(だってさあ
 エラくなって迎えにいくなんて不可能だよ
 え 誰をって?)

たったひとつの彼のこだわり
それは
ジャスミンガスは使用前日に製造すること

ジャスミンを抽出し終えて
手のあいた私は彼の庭をこっそりのぞきにいく
武骨な駅舎の片隅に設けられた
こじんまりとした花壇に
ひと株の野バラが忘れられている
色褪せた小さな花と乾いた葉っぱ
吹き荒れる海風のなか枯れずに咲いてるのは奇跡だった

(ここは潮の香りしかしない)


167 :Canopus ◆DYj1h.j3e. :04/08/20 21:39 ID:1dgiYUUA
続き。

葉っぱにしがみつくアブラムシをちくちく取りながら私は
野バラに話しかける ねえ 結婚しない?
私はあなたの助手もできるし
それからプラットホームでジャスミンを育てよう
海に侵食されたこんな世界だけど
この駅だけは花の香りでいっぱいにしよう
そしていつか私の子供たちが
広いジャスミンの庭ではしゃぎまわる日を夢みよう

(マリーノ超特急の旅人よ もしあなたが
 海風のなかに花の香りを感じたなら
 感じてくれたなら)

いつの間にか
見渡すかぎりの海に月がのぼって
私は今週も帰りそびれてしまった
明日はふたりで列車を待とう
ジャスミンガスも出来たし
彼もまんざらでもないふうで
月がきれいだし
実のところ
海洋特急はいつ到着するのかわからないしで


168 :Canopus ◆DYj1h.j3e. :04/08/20 22:31 ID:1dgiYUUA
『水仙』

あまりにささやかな事件だったので
ぼくはそれを忘れようとした
しんと降りゆく神話の雪のなか
川辺にたたずむ一輪の水仙の
ひっそりと映る
永遠に失われた瞳を
焦がれながら探しさまよう
まだ幼い少女の姿を
それは春の訪れというには
あまりに哀しくささやかな事件だったので
ぼくはそれを忘れようとした


169 :Canopus ◆DYj1h.j3e. :04/09/08 00:40 ID:2ggN9JGd
『土星さんの帽子』

夏至祭の夜はちょっと冗談じゃすまされない
めくるめくまばゆい星空で
あちらこちらで星タバコの煙がたなびいて
あたしは楕円形の星座早見表を片手に
例年どおり田んぼのあぜ道で
偶然を装って土星さんを待伏せします

やっとあらわれた土星さんは
自慢の帽子を目深にかぶって
ふわふわ浮いてて
でも足は田んぼの泥だらけで
たくましい二の腕が陽に焼けてて
土星さんは星をみるのがとっても好きで
こんなに明るい白夜だと星がみえないね と
さわやかに笑います

あれほど星がまたたいてたのに
土星さんのいったとおり太陽が沈まなくて
きいろい闇は一瞬でしろく早がわり
面喰らったあたしは
こんばんは 精いっぱいの笑顔でつきあって
土星さんのほんとの顔は帽子の広いツバの翳でわからなくて
あたしも星をみるのが好きよ とつぶやきます


170 :Canopus ◆DYj1h.j3e. :04/09/08 00:41 ID:2ggN9JGd
続き。

土星さんの帽子は立派な縞模様
広いツバも立派な立派な縞模様
だれもが土星さんの帽子に夢中でほしがってさわりたくて
だから夏至祭の夜空は飛び交うロケットの火花でいっぱいだけど
土星さんはどこ
きいろい闇みつからない
土星さんの帽子にホタルがとまってつるっとすべって転んで
土星さんとあたしは手をつないであぜ道を歩いていきます

あたし土星さんが好き あたししあわせだわ
土星さんのあたたかい手のひら握りかえす
いくつもの火花や紫煙が夜空をいろどって
土星さんの笑顔が好き たくましい腕が好き
土星さんの帽子が好き 帽子の土星さんが好き
かがみこんで土星さんのほんとの顔をのぞきたかったけどできないで
白夜のみじかい恋は
もうすぐおしまいです
おわかれの時刻です
夏至祭のおおきな扉が開きます

いっておいで こころだけで
やさしかったあなたのたいせつな人たちに
よふけの窓をノックして 涙をふいてあげて
さびしいさびしい道をずっとひとりで歩いてきたあなただから
いきもかえりもこわくなんかない
エンキドさんもナミさんも見守ってるよ
でもうしろの正面ふりかえっちゃだめだよ
ではいっておいで よい逢瀬を


171 :Canopus ◆DYj1h.j3e. :04/09/08 00:43 ID:2ggN9JGd
続き。

売られてクスリ漬けにされて
骨まで灼かれたあたしの
かえる場所はもとよりどこにもなくて
それでも毎年のこのこやって来るのは
ただただ土星さんに逢いたいからで
そんなことはとても言えなくて
ぽろぽろ涙がとまらないで
土星さんの帽子あたしをぎゅっと抱きしめて
土星さんやさしくてあたしますます泣けて
土星さんのほんとの顔やっぱりわからなくて
さよなら いってきます
やっとの思いで声しぼり出した
あたしは
もう忘れなくちゃいけないのでした

172 :Canopus ◆DYj1h.j3e. :04/09/08 00:44 ID:2ggN9JGd
『そいつは海じゃない』

あつくて
あおくてあかくて
夕立ちが来るのをひと月半くらいまってた
あまくてあざやかで
あやふやであさはかで
あきっぽくてあきらめが早くて
工事現場にはどでかい紅白の
固定クレーンがどんと設置されてて
太い軸索が空をくっきり切り取って
補色じゃないけど
やけにきれいで

気をつけろ
そいつは海じゃない

ゆうやけだったらクレーンがそらにとけて
もっともっときれいかもしれないと
ふえのれんしゅうしながらおもいました
けれどすっかりわすれて
したむいて10えんだまひろって
うたうたいながらかえりました


173 :Canopus ◆DYj1h.j3e. :04/09/08 00:45 ID:2ggN9JGd
続き。

ひろい広場を支配する夏の騒擾の音楽だ
笑いさんざめく鳩の群れだ
ぼくはちがう ほら気付いてほしい
翼の尖端の色あいがグラデーションで
ちょっと痙攣的だろ
だからぼくは胸まで浸かって葬式する
においに敏感な日本人は
枯れてしまった花の残骸を放っとかないから

気をつけろ
そいつは海じゃないかもしれない

だいたい夕焼けなんてほんとに存在すんのか
あかあかと染まるてめえの面影だと?
じょーだんは顔だけにしてくんねーかなあ
いつも弱っちくウスぼんやりしてくばっかで
あれじゃまるで少しずつ死んでくみてえだ
なになに 夕焼けこそがあれは原初の死で
所在なげな恣意的先入観のいわばわれわれは
貸衣裳にホンローチートイのハタハッハで
A子の芋洗いと冷えピタな坊主めくりの
ハカマで屁をひるアスパラバレンシアだ?
いいかお前 ちょっとそこ座れ
…このバカが ああ
永遠のヘッドロックでもかましてやりてえよ

とりあえず
そいつは気をつけたほうがいいとおもう


174 :Canopus ◆DYj1h.j3e. :04/09/08 00:55 ID:2ggN9JGd
続き。

もすこしだけ歩こうか
ズボンの尻はゼツボー的に破けっちまって
ぼくの人生こっから夜なのかな なんて
つぶやいたりして
そんなにツラくないけど
そんなに脚もいたくないけど
適当なとこあちこちさすって
歯グキむき出して
もう少しだけ

なんとなく
て言ったら
君はおこるかな


175 :Canopus ◆DYj1h.j3e. :04/10/04 20:48:39 ID:BPm/2ffa

『ツノ銀』

曲り角をのんべんだらりと曲ったところで
ユニコーンに出くわして
「ほらよ ブツだぜ」ツノを一本わたされた

ユニコーンっていったらあれだろ
女のそれも処女しか相手にしない
17歳ギラギラ童貞くんみたいなスケベエ馬で
それがなんでオレに絡むんだよって訊きたかったけど
そいつの目つきときたらちょうど
共産党を非難する時の石原慎太郎みたくイッちゃってて
怖くて何もいえずにもらっちまった

こないだヤギのシッポをつけて歩いた時は
あまりにハマってたらしくて誰も笑ってくれなかった
これワシントン条約にひっかかってねえだろうな
という危惧はあったが
この際だからツノをおでこの窪みに装着した

ぴったりだった


176 :Canopus ◆DYj1h.j3e. :04/10/04 20:49:57 ID:BPm/2ffa
続き。

ツノは重いからふんぞり返って歩く
ツノは月に引っぱられて波のようにうねる

間もなくテレパシーが届く オーヴァ オーヴァ
こちらナポレオンボナパルトです オーヴァ
ヤツは新たな諸国民解放の第一歩として
パリのディズニーランドでバイト中だという
着ぐるみは暑くて重くてたいへんだと流暢な博多弁で話す
ヤツはツノを通信販売で買ったんだと
オレのツノ入手の経緯を話すと思いきり羨んだ

オーヴァ 鬼の幼い兄妹が泣いている
寒くて腹へって道に迷ってあたりは地雷が埋まってて
汚染されたヒトの肉しかなくて妹の顔は土気色です
だれかなんとかしてくださいいもうとだけでもたすけてください
たちあがるげんきさえもうありません
オレは全人類を代表して詫びた
ごめんな 多分サンダーバードは
ツノ生やしてない金持ちのボンボンしか助けないんだ
だいたいオレが助けにいったとしてお前らオレを喰っちまうだろ
鬼はヒトを喰わないってそんなの信じられるか

トナカイとか龍とか
そのほか全世界のツノ愛好家たちのテレパシーが飛んでくるが
オレは正直そんなのどうでもよかった


177 :Canopus ◆DYj1h.j3e. :04/10/04 20:50:46 ID:BPm/2ffa
続き。

お前とテレパシーがしたかった
お前ツノつけてくれるかなあ
ツノつけていっしょに歩いてくれるかなあ
お前におでこの窪みあったかなあ
月にツンツン引っぱられて

と ビッグニュースが飛び込んできた
地球がツノさしたんだと
誰がイタズラでさしたんだよ地球のおでこってどこなんだよ
イルカと泳ぐエコロジー野郎のようにわくわくして
地球とテレパシーしてみたんだが

うん まあ 詳細をここに書くのはちょっとはばかられる
ひとつだけいえることは
地球あんまり頭よくないみたいだった

178 :名前はいらない:04/10/05 18:04:51 ID:aENJEHxr
久々におもしろい詩をみました。ありがとう。

179 :Canopus ◆DYj1h.j3e. :04/11/06 10:25:49 ID:BuIcr8Tt
ありがとー。よーしがんばるぞー。

『ロボット』

「父さん」
「うん」
「もうすぐ俺、初給料日なんだけど」
「そうかおめでとう」
「なにかほしいものある?」

俺の目には父は典型的な仕事人間で
週休二日制になっても
土曜にはいそいそと職場にでかけていった

「ロボット」
「へ?」
「いやだからロボット」
「…AIBOじゃないよね」
「うん」
「……いくらすんの?」
「三千万円」

迷ったあげくに俺は
新しい電動ヒゲ剃りを父に買った
母と婆ちゃんに何を買ったか
まったく覚えてない

180 :Canopus ◆DYj1h.j3e. :04/11/21 11:49:56 ID:ruR1Ye9n
『海を渡る(マリーノ超特急)』

「線路の上を歩いて海を渡る
 それ自体はけして珍しい行為じゃない
 だが
 心してきいてほしい
 次の駅にたどり着くことのできる者は
 きわめて稀である

「大洋をどこまでも縦断する一本の直線
 それは島嶼
 それは紡がれたほそい蜘蛛の糸
 それは世界をやさしくコーティングするシナプス
 それは人類にただひとつ残された叡智

「必需品 まずは
 一本のおおきな水筒と
 絶縁体の手袋と靴を用意すること
 線路は帯電していて触れると必ず体を蝕む
 また駅間の距離は定かではないが
 夜通し歩いても二日は優にかかる

「マリーノ超特急は週に一本
 南回りの便ばかりが走っている
 急げ 急いで海を渡れ
 列車がぼくらを飲みこむ前に
 ぼくらの運命が
 サイコロのように決まってしまう前に


181 :Canopus ◆DYj1h.j3e. :04/11/21 11:51:19 ID:ruR1Ye9n
続き。

「線路のまわりの波はおだやかで
 はるか向こうには灯台がかすんでいる
 口笛を吹きながら渡った
 私を祝福する太陽と空と海と線路と
 旅の道連れにウミネコの泣き声と
 駅までの道のりはけして退屈しない

「われわれのエグザイルの
 妨げとなるのは高波だけではない
 強い紫外線と海風は確実に体力を消耗させる
 波に洗われる線路は
 常に横揺れをくり返し
 海を渡るわれわれを拒絶するかのようだ 

「そして今やかなしいことに
 イルカもクジラも人類の敵なのだ
 彼らに見つかったら最後
 四肢から徐々に喰われて
 私の存在した証はどこにもなくなってしまう

「このちいさな街に生をうけて
 なにひとつ不自由なく暮らしてきた
 それなのにどうしてだろう
 駅がぼくをいざなうんだ
 旅に出ようとぼくをいざなうんだ


182 :Canopus ◆DYj1h.j3e. :04/11/21 11:52:27 ID:ruR1Ye9n
続き。

「海を渡るには駅を見つけなくてはならない
 駅の正確な場所は誰も知らない
 規約上は誰にも訊いてはならない
 秘密裏のうちに目くらめっぽうに
 探す 薔薇の薫りのする方へ

「駅員は親切にも旅の手ほどきをしてくれる
 最低限の必需品まで揃えてくれる
 駅員はパトロールも兼ねていて
 海を許しなく渡る者を取り締まる
 彼らはためらいなく密航者を射殺する
 駅に駅員のいたためしはなく
 さびれたプラットホームがぽつんとあるだけだ
 駅は
 存在しない

「海の向うだろうか
 マリーノ超特急の汽笛がきこえる
 姿をみたことはない
 音だけの幻の列車だ
 私は思い出すかつて私の成し得なかったくさぐさを
 ユニゾンのこだまはいつまでも続く後悔のように


183 :Canopus ◆DYj1h.j3e. :04/11/21 11:53:09 ID:ruR1Ye9n
続き。

「ぼくははだしで
 海上のプラットホームに立っていた
 これからぼくの渡るまっすぐな線路だけを見ていた
 次の駅は
 かすんでまだ見えない 歩きはじめる

「ぼくは駅を知らない
 ぼくは線路を知らない
 ぼくは海を渡るすべを知らない
 ぼくはマリーノ超特急を知らない
 ぼくの眼前にひらけた道を知らない
 ぼくは海を知らない

 知らない。

184 :Canopus ◆DYj1h.j3e. :04/11/21 11:55:23 ID:ruR1Ye9n
『家族写真』

なつかしい声に反応するかのように、彼女は、最後にもう一度だけ振り返り、
何回かゆっくりとまばたきして、そして微笑んだ。

1990年2月14日。旅立ちの日から、13年の月日が、すでにながれていた。時速
6万キロをこえるスピードで、文字どおりの虚空をただひとり走る、彼女。地
球から40億マイル、太陽系は、はるか後方であった。彼女の耳に地球からの声
が届いて、彼女は180度旋回し、その瞳を地球にむけた。

惑星探査機、ボイジャー。

振りむいた彼女の瞳にうつったもの、それは、ひとつのフレームにおさまった、
太陽から冥王星までの、十の光の肖像。
それは太陽系の家族写真だった。

小さくともなお光彩をはなつ、太陽。
木星と土星は、太陽を挟んで輝く。やっと視える程度の、小さな点でしかない。
水星、火星、冥王星は小さすぎて、どんなに解像度を上げても、確認すること
が出来ない。
地球も…いた。金星とふたり、寄り添うように、宇宙の闇のなか、弱々しく光
る、ちいさなちいさな光の粒。

家族写真は、いつでも静謐に包まれている。


185 :Canopus ◆DYj1h.j3e. :04/12/12 08:59:55 ID:DeW8mI0Z

『シング・ウィズ・ウルブス』

「きょうはパパとおふろにはいるの」
ユキちゃんはすでにすっぱだかで
あたりをとことこ歩きまわってるので
父さんもあわててすっぱだかです。

シャンプー シャワー
ちょっとした格闘のすえに
ふたりで湯舟につかります
「パパ、おうたうたお」
「うん何がいいの?」

ワーオワーオ ワオー
ボバンババンボンブンボバンバババ
ボバンボバンボンブンバボン

…『狼少年ケン』です。
昭和39年放映のアニメですから
教えたのはもちろん父さんで
ユキちゃんはイッパツで
この歌を気に入ってしまいました。
それにしても子供というのは
どうして何度も何度も際限なく
同じ歌をうたいつづけるのでしょうか。


186 :Canopus ◆DYj1h.j3e. :04/12/12 09:01:12 ID:DeW8mI0Z
続き。

「ワーオワーオ ワオー」
―また歌うんかい。
「いつもおいらはなかない」
―うんうん。
「しっぱいだってへっちゃらあ」
―歌詞をつくっとるぞ、つくっとるぞ。
「わらうかどにはふくきたるう」
―エラい方向にハナシが進んでるなあ。
「みんな いーいーこー」
―…もう何も言うまい。

カエルの子はカエルと申しましょうか
いや正確にはオタマジャクシなんですけど
夜のしじまにこだまする
ボバンボバンボン ブンバボンです。

「パパ、このおうたね、いつも
 保育園のみんなでうたうの」
うそつけえ。

187 :Canopus ◆DYj1h.j3e. :05/01/29 19:33:22 ID:nqPHwE+e
『むかしは』


むかしは
ふゆのゆうがた
じんせいだとかれんあいだとか
げいじゅつのしんえんたりうるあるいはならざるもの
について
しんけんにかんがえた
ちんこもひとなみにいじった

ぼくは
しあわせだった

となりのへやでユキちゃんとたあくんがひるねしてて
こんなながいひるねだとよるがたいへんだなあとか
せんたくやごはんのしたくやあとかたづけのこととか
かあさんとさいきんいちゃいちゃしてないなあとか
ユキちゃんにはやくともだちができるといいなとか
たあくんのごはんのすききらいがなおりますようにとか
そんなことばかり
かんがえる
ちんこはいまでもすこしだけいじる

ぼくは
しあわせだ


188 :ももいろぱんだ:05/01/29 20:30:43 ID:5x2o3ceS
ひらがな だ
おとな の ひと も ひらがな すき?

189 :Canopus ◆DYj1h.j3e. :05/01/29 22:45:07 ID:nqPHwE+e
すき。
フンジャコンドハカタカナデ。

190 :Canopus ◆DYj1h.j3e. :05/01/29 22:46:14 ID:nqPHwE+e
『家族写真・2』


黒・クロ・赤茶イロノ土・ネムル・光ガ射シコムアレハドコカラノ光ダロウカ
・眼ヲサマス・青イ泡・ぷりずむ・白ノ研究室ヨリワレハ旅立ツ・赤茶イロノ
土・燃エユク・赤ノホムラ・おーhぁ・ホムラハ散逸シ地表ヲ焦ガシ・ヒカリ
・光ガ射シコムアレハドコカラノ・透メイノ重力・壁・赤茶ヲ脱シ蒼ノ泡ヲ抜
ケ・ワレハ交信ス・時速60,000まいるノ壁・遠ザカル故郷・僅カ須臾ノ間ニワ
レハ振リ返リ・光ガ射シコムアレハドコカラノ・青・アアアオノ星・シロ・赤
チャイロ・遠ザカリユク・アアアアアオノ星・くろのすヲうらぬすヲカスメワ
レハ立チ止マラズ・おーhぁ・漆黒・ソレデモ光ガ射シコムアレハドコカラノ
・光カラ光ヘワレハ旅スル・時速60,000まいる・ワレハ青ク輝キタシ・ワレハ
カノ天体トトモニアリタシ・アアアアアオノ星・ワレハ射シコムドコカラノお
ーhぁアレハ光・闇モ壁モ音モナク立チ止マラズ・故郷ヨリ40億まいるノ地点
デワレハ懐カシイ声ヲ聴キ最後ニモウイチドダケ振リ返リ・ぷりずむ・きゃめ
らヲ反転サセ・太陽系ノ家族写真ヲ・遠ザカル・ふれーむニ・オサメタ・

寄リ添ウヨウナ光ノ粒。


191 :曾村益廊:2005/05/01(日) 19:10:26 ID:jA1KOrsy
うわ、なんだココ。
カノープスしか書き込んでねー…。
よし、俺が書き込もう!

『いっちょ、やったりますか』

激しく疲れたココロとカラダ

突かれたから疲れた

あんな激しいのは生まれて初めて…

ポカポカ陽気にさそわれて

股ぐらアリスが散歩しています

ねえ、見てごらん

蟹がいるよ

ほんとだ、こっちを見ているね

じゃあ、

いっちょ、やったりますか

192 :Canopus ◆DYj1h.j3e. :2005/05/05(木) 08:05:08 ID:ly0maFwU
>>191 そーなんだよ、なんとかしてくれよー。

『こういうふうにして世界はツナがってる』

ねえ この花なんていうの?
うん オオイヌノフグリ

陽射しの明るい草っぱらには
薄紫の可憐な花がいっぱい咲いてて
ぼくは君がその花の名前を知らないのが意外だった

ふーん オオイヌノフグリかぁ
あ ここにもオオイヌノフグリ
あ ここにもオオイヌノフグリ
ねえ オオイヌノフグリたくさん咲いてるよ
オオイヌノフグリきれいだねえ

オオイヌのキャン玉と連呼しながら
草っぱらにかがみこんだ
ライムグリーンのミニのワンピース
君の無防備な形のいいオシリ
うっすらとパンツのライン
ああ オチリ オチリ ああ パンチュ
ああ サイコーだね
こんなふうにして世界はツナがっていくんだね
と ぼくは
君に的確な返答をしようと努力した

193 :名前はいらない:2005/05/16(月) 23:32:18 ID:GvkqypFF
トラックバック:http://tv6.2ch.net/test/read.cgi/celebrity/1116073234/

194 :曾村益廊:2005/05/19(木) 10:16:31 ID:Crr4m/xT
『会計士ナワバリ娘』

しめ縄食い込むあなたの季節

みだれた前歯がまぶしくて

港の奥で後背位

男ロマンの肉付け浣腸

日干しメロンが食べたくて…

195 :未羅琥瑠:2005/05/19(木) 13:28:05 ID:wDiKF2AM
春には春の風 夏には夏の風
そう もうすぐ待望の夏がきます
お祭りの季節
楽しみだね 夏祭り
好きな人と 手をつないで行こう
射撃が得意な私
射撃の出店で あれをとって!!!と、彼
とれるかなーと不安げの私
とった とった とれました
喜び顔の彼
たまにはこういうのもいいかな
反対だと思うけど
甘えられるのもいい感じ
夏祭りには浴衣姿の女のこ達が
一番浴衣姿を見て欲しいのは彼
可愛いいっていってくれると思ったら
赤い顔して下向いちゃった
まあ、いいか
夏の思い出
夏には夏の 秋には秋の 風が吹く


196 :Canopus ◆DYj1h.j3e. :2005/07/06(水) 23:41:25 ID:ZsC9U5o4

『朝』

その日のうちに
生まれてくる
いのちのために
地球は
美しい嘘を吐き続ける


197 :Canopus ◆DYj1h.j3e. :2005/07/28(木) 00:48:08 ID:W2NOo335
『成層圏ランデヴー』

さあ、今から
大気圏に突入するわけだけど
やっぱり映画みたいには
カッコよくキメられないよね。

火の玉よけのこうもり傘で
右手はふさがってるし
左手で君をしっかり抱きしめてる。
そうなるとズボンが爆風でずりさがっちゃうんだ。
だからものすごいガニ股で
成層圏を駆け抜ける
ぼくと君
君もパンツがずれないよう大股開きで
ブラウスの裾がめくり上がる感触が伝わって
ぼくの下半身ときたら
君の下半身のことばかり考えてて
始末におえない。

すごいスピードだね。


198 :Canopus ◆DYj1h.j3e. :2005/07/28(木) 00:48:45 ID:W2NOo335
続き。

ほら、とおくにソラクジラがみえるだろう
あそこではソラウサギの集団がぼくらを観察してる
彼らは有名なんだ
地上からも時々確認できるから。
ぼくらの鼻先で
ポツポツ飛び散る火花、これはソラミジンコ。
君はモスグリーンの瞳をうっとり開けて
ぼくの耳もとでささやくんだ。
うん。ステキだね。
うん。ぼくらの愛は永遠だね。

でもさ、映画みたいには
ぼくら首尾よくいかないんだ。
やっぱり現実ってキビしいよね。
ぼくも君もススだらけの顔で
爆風で髪の毛は逆立ってるし
おまけに君の長い髪がチリチリ焦げてるよ。
ぼくら二人してなんかの悪ふざけみたいで
いつまでもバカ笑いしてて
成層圏で永遠の熱いキッス
なんて できそうにないね。

すごいスピードさ。

ほら、もうすぐ成層圏を抜けて
ぼくらおなじみの青空のなか。
ほら、もうすぐなつかしの地球、
ぼくの故郷。

199 :Canopus ◆DYj1h.j3e. :2005/07/28(木) 01:08:21 ID:W2NOo335
『未投函の手紙より(Mr.チャボの苦悩)』

前略 Mr.チャボ
きみが組織を脱走して
正義のヒーローになって
ずいぶんツラい暮しをしていると
風のたよりに聞いている

ガキの頃からずっと一緒だった
きみの笑顔は変ってないだろうか
ひとりぼっちで
さみしくはないだろうか

ぼくはとてもさみしいよ

きみに手紙を書く気になったのは
ほかでもない こないだ
ぼくもとうとう改造を受けたんだ
フラワー団の幹部
怪人菜の花として生れ変わったんだ
このぼくがフラワー団の幹部だなんて
怪人菜の花だなんて
笑っちゃうね
涙がでるくらい


200 :Canopus ◆DYj1h.j3e. :2005/07/28(木) 01:09:36 ID:W2NOo335
続き。

来週には
幼稚園襲撃計画の指揮を任された
多分きみとも闘うことになるだろう
フラワー団の命令は絶対だから
きみとの思い出を
人間としての記憶を
全部捨てなくちゃならない

今日 アパートを引き払ってきたよ
やさしかった大家さんから敷金の残りをもらって
時々差し入れを届けてくれた
娘のミヨちゃんにさよならをいってきたよ
ミヨちゃんたら 社交辞令だろうけど
「菜の花さん お元気でね」だって
頼むからフラワー団の怪人に
やさしいことばなんか掛けないでくれ
ああ
特攻隊員の気持ち って
こんな感じだったのかな

ぼくは 怪人菜の花
フラワー団の幹部
この手紙をポッケに突っ込んで
世界征服のた め
  Mr.チャボ 
カナラ ズ キサ マヲ タ オ ス

201 :Canopus ◆DYj1h.j3e. :2005/10/15(土) 05:25:03 ID:u0VN1LMN
『流星雨の夜(マリーノ超特急)』

海上を突っ走るマリーノ超特急は
どこまでも青い廃虚やら波濤やらが
混じりあったりのたうちまわったりで
車輌の隙間から
夜が入りこんでくる頃には
俺もアンちゃんもいい加減しょっぱくなる。
こんな夜にはどこからともなく
子どもたちの翳がやってくるんだ。
ひとり またひとり。
いつしか客車は
子どもたちの翳でいっぱいになる。

客車の最後尾は
夜になっても灯りが点らない
俺とアンちゃんは
錆びた義肢がやたらにしみて
この時刻にはすっかり眼がすわっている。
痛みはアルコールで抑えるのが
大人のやり方
子どもたちの翳がやかましくてしずかで
どうしようもない星空だ。

あ 流れ星。
夜空にまんべんなく降り注ぐ流星群に
子どもたちの翳は歓声を喚げる。
また流れ星。またまた流れ星。
それにしても光の筋はあまりに多すぎて
ケムリさえ立ちのぼるくらいの勢いだ。


202 :Canopus ◆DYj1h.j3e. :2005/10/15(土) 05:26:31 ID:u0VN1LMN
続き。

子どもたちの翳が夜空に映ってみえる。
願いごとは当分おさまりそうになく
流星をすくおうと両手を伸ばして
暗やみがこわくて今まで泣いてたカラスが
どいつもこいつも
瞳を輝かせて笑っていやがる。

ああ そうだ。
俺もアンちゃんも知ってるんだ
こいつは流れ星なんかじゃない。
空にかつてひしめきあった人工衛星のかけら
そいつの迎撃に発射されたミサイルのかけら
遠いそらの向うで繰り広げられた
過去の無色な戦闘の成れの果て だ。
そいつらが毎晩のように地上に降り注ぐ。

ぼくの手みつかんない。もげちゃった。
ママ どこ? ママ?

アンちゃんが眼を閉じたままつぶやく。
ごめんな。
どうやら俺たちはお前らに
世界をそのまんまで渡す羽目になっちまった。


203 :Canopus ◆DYj1h.j3e. :2005/10/15(土) 05:27:19 ID:u0VN1LMN
続き。

歓声が遠のいていく。
流星雨がやんで子どもたちの翳は
騒ぎ疲れて眠りにおちる。
ひとり またひとり。
冷蔵庫のような体型の車掌がやってきて
窮屈そうに背中を折り曲げながら
眠った子どもたちの翳ひとりひとりに
一枚づつ毛布をかけていく。
子どもたちの翳はぐっすり眠ったまま
夜と毛布に溶けて消えていく。
ひとり またひとり。

車掌が子どもたちの翳にちいさな声で
抱きかかえるように
なにごとかささやきかけるが
よく聴き取れない。


204 : ◆ZKKEnLZjOY :2005/12/16(金) 13:49:22 ID:GGmMi575
「置き手紙」

前略、Mr.チャボさま

怪奇!ホルモンバランス異常の恐怖、中年思春期怪人ゼッケンです
とつぜんで申し訳ありませんが、明日の決闘はなかったことにしてください

しょうこりもなく、おれ、また女に惚れちまいました

おれはもう誰かに惚れるなんて思ってなくて、だから、そろそろチャボさんにやっつけられてお見合いでもしようかな?
だったのですが、昨夜、最後のパーティだと思っていった場所で彼女に出会っちまって

おれの武器はコンドーム水風船爆弾、一個だけ使用済みという設定だったのですが
コンドーム全部使用済みになっちゃいました、てへ。

彼女についてはここにはなにも書きません。書いてしまうと、本気になってしまいそうだからです
やり終わってもまだどきどきしてるんです。また会いたいなんて思っている自分がいるのです
どうなんだろう、こんどはホントなんだろうか?

これを確かめるまでは、だから、チャボさんとはたたかえません
勝手で卑怯ですけど、どうかお願いをきいてください
それでは、ますますのご活躍をお祈りしています

草々

205 :Canopus ◆DYj1h.j3e. :2005/12/17(土) 01:40:19 ID:rf+8i+Oh
『メール受信エラーです(Mr. チャボ 敵はフラワー団だけじゃないぞ!)』

来る 来ない 来る 来ない 来ない 来る…
散ってゆくイチョウの葉っぱを数えていたが
あくびをしている瞬間に 見逃してしまった

おととい販促のおネーちゃんからもらった
ケータイで連絡をとろうにも
決闘相手の電話番号なんて知らないし
そもそもカネがなくて契約できなかったんだっけ

踊る 踊らない 踊る 踊らない… 踊らない!

がらんとした造成地の裏は切り立った崖になってて
Mr. チャボは そこを勢いよく滑りおりる
いや 滑りおりようとして
石に蹴つまずいて マント踏んづけちゃって
あまりの傾斜に脚が追っつかなくて
チャボは大きく伸びあがるように 宙に舞う

飛ぶ 飛ばない 飛ぶ 飛ばない… ひっ飛べ!!

チャボよ 虚空へ 虚空のかなたへ
コンドーム水風船爆弾100連発のように
(一晩で100個も どうやって使うんだろう?)
頼むから
使用済を再利用するのだけは気持ち悪いからやめてくれ

206 :Canopus ◆DYj1h.j3e. :2005/12/20(火) 22:54:58 ID:hgxK9aoM
『もいっかい、童謡からやりなおせたら』

詩 って なんだろうね?
君がぼくに訊ねる
ぼくは 脱いだばかりの
クツ下のにおいを無心に嗅いでいて
君の問いに答えられない
君とぼくの目と目がゆっくり重なる

例えば 早朝の草野球
主将どうしが試合前に握手しながら
詩 って なんだろうね?
という会話はされないだろうし
あるいは 帰りがけのコンビニ
店員のおねえちゃんが
付けまつ毛をパチクリさせて釣りを渡すとき
詩 って なんだろうね?
と話しかけはしない

思えば 結婚して10年になるけど
君とぼくが
詩について 話をしたことは一度もない

詩 って なんだろうね?
君はぼくに訊ねてほしい
ぼくはきっと
今度は足の裏のにおいを嗅ぐのに夢中で
このにおいが世界平和に活用できないか
真剣に考えているだろう


207 :Canopus ◆DYj1h.j3e. :2005/12/20(火) 22:55:44 ID:hgxK9aoM

ぼくら もいっかい
童謡からやりなおせたらいいね
たんたんたぬき を大声で合唱して
幼稚園のクララ先生に 火が出るほど怒られた時みたいに
そして君とぼくは 詩の話をしよう
ぼくは ぞうさん とか
みかんの咲く丘 とか
それいけアンパンマン に
比肩しうる詩をいつか書くんだ
幼稚園の制服で 手をつないで
芝生にすわって空を見上げたりなんかしてね

大人になって 故郷をはなれて
ぼくは ふるさと の2番
 いかにいます ちちはは
 つつがなきや ともがき のとこで
いつも涙で 声がつまって
最後まで うたえないんだ

ねえ
詩 って なんだろうね?
ぼくは君に
ひとりごとのようにつぶやいてみる
君は子どもたちの世話とか
夕食の支度とかに忙しくて
ぼくの問いに
答えられない

208 :サリー:2006/01/19(木) 14:11:29 ID:MylCT1I1
やさしい風のようになりたい…

209 :名前はいらない:2006/02/25(土) 21:14:55 ID:I36Sn7nT
あったかい風に吹かれて


君と手を繋いで
歩いていきたい

210 :名前はいらない:2006/02/25(土) 21:18:04 ID:I36Sn7nT
あったかい陽射しに照らされて

君と笑いあいたい

211 :すぱこらいだー ◆2LEFd5iAoc :2006/02/25(土) 21:24:21 ID:LtXCFEHT
春の風に運ばれて
君の想いが僕に届く

とても綺麗で
儚くて
切ない想いが

生暖かい春の風に運ばれて僕のもとに舞い降りた。

『君の想いはちゃんと僕の心に届きましたよ』って

新しい風に乗せて返事をしたよ。

ねぇ届いたかなぁ?

212 :名前はいらない:2006/02/26(日) 20:33:45 ID:vL+peYMZ
殺人鬼!!!!!!!!殺人鬼!!!!!!!!!殺人鬼!!!!!!!

213 :Canopus ◆DYj1h.j3e. :2006/03/11(土) 23:01:18 ID:yypfPGC4
『きときと。』

ことばなんか おぼえちゃいけないのかな
保育園の先生に さよなら を言いわすれた
ユキ姉ちゃんがいつまでも
半ベソかいている そのすぐ傍で
たあくんが
「あびば ぷぅー」とか絶叫しながら
そこいらを駆け回ってる(…あびば ぷぅー って何なんだよ)

たあくんは 三歳になって随分たつのに
ことばを喋れない
んま も ぱぱ も まま も
たあくんの前では 意味が意味にならない
わけのわからん幼児語をさえずりながら
ことばのない世界で元気に遊びまわる
かわいいおバカさんだ

たあくんは 洟を垂らしている
たあくんは けたけた笑っている
たあくんは 背中をぽりぽり掻いている
おむつにウンチもらして
感触が気持ち悪いのか ズボンごと脱いで
ウンチまきちらしながらミニカー遊びしてる
仕事できときとに疲れた父さんと母さんは
それを視て 軽いめまいにおそわれる
たあくんは


214 :Canopus ◆DYj1h.j3e. :2006/03/11(土) 23:02:01 ID:yypfPGC4

あかまきがみ あおまきがみ きまきがみ
の 練習をしている
誰が教えたのか うまく回らない舌で

たあくん いつになったら
お前のバカは治るんだろうね
たあくん いつになったら
お前は赤ちゃんじゃ なくなっちゃうんだろうね
意味なんかなくても いつだってぼくは
お前の流すくだらない涙に立ちどまる

お前のちいさな手をにぎって家に帰ろう
歩くのがいやなら抱っこをしよう
ことばをおぼえない ぼくの息子
お前につけるクスリをゆるりと探しながら
ぼくはどんな時でもかならず
お前のちいさなぬくもりに帰ってくる


215 :名前はいらない:2006/03/19(日) 15:02:35 ID:+UmA/YJw
昔遊んだ小さな丘の上
小さいけれど自分の町が見渡せる
町といっても広大な森の中に家がちらほらとあるだけで
他は何もない町だった
学校から帰るとき夕日を見にあの丘へ友達と上がって
海からのぼってきた風に吹かれて
夕日色に染まった自分たちの町を
暗くなるまで見ていたよ
明日もまたここにこようねっ
って約束してからそれぞれの家へと降りていった
まだ残ってるといいな最後に君と会ったあの丘が

216 :名前はいらない:2006/04/02(日) 02:00:54 ID:pVRn1z1z
優しい風が埋もれてしまわぬように


217 :ろきしい:2006/06/19(月) 01:11:36 ID:pfzIiSIs
消せ!!!!!!!!!!!


218 :Canopus ◆DYj1h.j3e. :2006/08/13(日) 01:07:14 ID:sqgSYopI
『花の名前をおぼえようとする』

マリーゴールドと
マーガレットの区別がつかない
ツバキとツツジを間違えて
笑われてしまう
アヤメとカキツバタにいたっては
はなっから諦観の境地で
でもそれはちょうど
パスカルとサルトルを間違えたり
萩原朔太郎と
高村光太郎の区別がつかないのと一緒で
きっと大したことじゃないんだろう

土曜の朝に
ぼくとたあくんは電車を乗り継いで
手をつないで花の咲く私鉄沿線を歩く
たあくんはことばが遅い無口な幼児で
父親のぼくもきっとことばが遅いんだろう
パンジーやサクラソウがご丁寧にも
名札をぶらさげてつつましく笑っている
閑静な住宅街の空き地は
クマもオオカミも荒らしに来ないからタンポポが伸び放題で
一瞬 菜の花畑かと見間違える

「たあくん たんぽぽ」ぼくが口を開く
「みかん」たあくんがこたえる
「みかんじゃねえよ たんぽぽ」
「おしさま」おひさまのことなんだろう
タンポポは当たり前のような何の感慨もないまあるい黄色で
春に暖まってきらきらして少しさびしくなる


219 :Canopus ◆DYj1h.j3e. :2006/08/13(日) 01:07:57 ID:sqgSYopI

時間がまだあるので
近所の公園に寄り道することにする
すべり台とブランコしかないちいさな公園だ
たあくんはひとりで
すべり台とブランコを何回も何回も往復する
両手をひろげ ときおり転びそうになり
たまには実際に転んでみせながら
ぐるぐるぐるぐる ぐるぐる
「バターになるぞう」
「のぞみ つばめ なんかいラピート」
たあくんがバターになった時の対処法だが
実はきちんと考えてあるので心配いらない

目的地は目と鼻の先だけど
朝っぱらから親子して
かるく道に迷って早くも遅刻しかかってる
白い小鳥が一羽 公園の下生えをつっと横ぎっていく
ぼくはといえば
ちいさなブランコに窮屈な尻を埋めたままで
ぼくは花の名前をおぼえようとする
ぼくは
鳥の木々の草の名前をおぼえようとする


220 :霧都 ◆SNOW/oy/Uw :2006/08/13(日) 06:24:25 ID:y2Rctz/u
おはようございます
お久しぶり……と言うべきでしょうか、ね(苦笑

とても久しぶりにカノさんらしい優しい詩を拝見できて、すごく嬉しかった
だから、書き込みしてみます

今日も軽く遅刻しながら、二人でいろんな名前を覚える
そんな優しい風が、吹きますように……

221 :Canopus ◆DYj1h.j3e. :2006/08/16(水) 23:32:01 ID:P7PEoFsj
どうもです。
これは『詩学』に投稿したんですが、載ればいいなーと思ってます。
ちなみに「きときと。」は一時予選すら通過しませんでした。
パロディだからしようがないか…。

222 :名前はいらない:2006/09/23(土) 23:55:14 ID:96CmQ/Ny


223 :名前はいらない:2006/09/24(日) 00:22:06 ID:/4lx1Sjg
このスレッドは、GL5 掲示板・スレッドの趣旨とは違う投稿の
スレッド 「掲示板の趣旨に無関係なもの」 に該当すると判断します。

削除依頼を望まないのであれば、自治スレ
http://book3.2ch.net/test/read.cgi/poem/1155999946/
にて、一週間以内にスレッドの方針を説明し、存続に対する詩板住人の合意を得て下さい。

期限 2006/09/30 23:00 まで。


224 :Canopus ◆DYj1h.j3e. :2006/10/11(水) 00:44:31 ID:AVrk5aK2
『あんだんてかんたーびれ』

世界が時々
はっとするほど美しいから
幾多の水たまりをよけるふりして
思わず
華麗なステップを踏んでみせる

ひとつ ふたつ みっつ
よっつ いつつ むっつ
ユキが生まれて
たあくんが生まれて
親父が手術の創がもとで死にかけて
精神にまで変調をきたした
ユキが運動会のかけっこで一着をとった
庭のオジギソウがコンペイトウのような小さな花を咲かせた
ほとんどそれはぼくがいつか見たことのある
深紅の夕陽のような精確さでぼくに迫ってきて
黒いおおきなコウモリ傘は何本買っても
いつもどこかに置き忘れてしまう
にじゅうに にじゅうさん にじゅうし
25で死んだ友人の葬儀で
「あいつは社会になんも役に立たんかった」
半ば自嘲ぎみにタカダが語りはじめて
おい お前はあいつの友だちでもなんでも
なかっただろうが ということばを
すんでのところで呑みこんだ


225 :Canopus ◆DYj1h.j3e. :2006/10/11(水) 00:45:20 ID:AVrk5aK2
さんじゅう さんじゅういち さんじゅうに
アレグロビバーチェで繰り広げられるぼくと君の日常生活
買ったばかりの二台の子供用自転車
乗せてあげられる機会を逸したまま
二週間以上も 玄関に放置されている
暗闇のなか親父が 助けてくれ 何度も叫んでいる と報告する
電話口の母は涙声ですっかり取り乱して
そんな両親の姿はもちろん今まで見たことなく
ぼくは36時間の休暇をもらって郷里へ急ぐ
さんじゅうしち さんじゅうはち
君がたあくんの保育園のことで悩んでいた
ぼくは君の悩みにずっと気づかなかった
君はぼくに悩みを打ち明けたりしなかった

今度の日曜日
仕事が早く終わったら
ぼくと 君と ユキと たあくん
自転車乗りの練習に
出かけよう


226 :Canopus ◆DYj1h.j3e. :2006/10/22(日) 21:48:04 ID:7dbc4+mX
『川崎さんのプレゼント』

「てんとうむし かわさきひろし」

ユキの声がきこえてぼくは頭をもたげる
学校の宿題で
「てんとうむし」を十回音読するのだという

 いっぴきでも
 てんとうむしだよ
 ちいさくても
 ぞうとおなじいのちを
 いっこ もっている

一回読み終えるたびに
ユキは律儀に ノートに一個づつ
ちいさなまるを書き足していく
ああ 詩は
まだ世界とつながっていたんだ
思いもよらないプレゼントに
目をとじる

 ぼくをみつけたら
 こんにちはって いってね
 そしたらぼくも
 てんとうむしのことばで
 こんにちはって いうから
 きみにはきこえないけど


227 :Canopus ◆DYj1h.j3e. :2006/10/22(日) 21:50:32 ID:7dbc4+mX

かわさきさんは ね
こないだなくなったんだ
ユキに話してもユキはきょとんとしている
生まれてからさいわいにも
大好きな人をまだ失ってないし
めくるめくややこしい未来が
手ぐすねひいてユキを待ち構えてるし
なによりも
たいせつな宿題の途中なのだ
ここの前でひと息いれるとよくなるよ
父さんは
いらんアドバイスをする

うまく息継ぎができている
うん なかなかいい

「12回もよんじゃったじゃないの もう」
川崎さんのせいで
ユキにおこられる


*川崎洋『てんとうむし』全文引用。
川崎さんほんとうにありがとうございました。


228 :名前はいらない:2006/11/01(水) 22:02:13 ID:soSa6v4s
詩板にも僕にもこういうのが必要だなーなんて思いました

229 :名前はいらない:2006/11/07(火) 04:55:25 ID:hlrMd+fS
ぶさいくじゃねえええええええええええええええええええええええええええええええええ
ええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええ
ええええええええええ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!
!!!!!!!!!!じねええええええええええええええええええええええええええええ
えええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええ
!”“RッK`K『WKRpkg『kgsr@gか得pk『ケ『gあぺwg@ぺあk!!!!!!!!!!!

230 :Canopus ◆DYj1h.j3e. :2006/11/13(月) 20:19:41 ID:Lbmc5VFw
『祭:Fetes』

あかるい
闇。
あしおとが
だけが
3分の4歩 すすみ
7ブン の5 ホ もど
るるるるるるるるるるるるる
光は
くらい光を駆逐しそれはさらにあかるい光によって
ながれつく 岸べ
丘をころがりのぼる
その
あしあと。
あしあと。あしあと。
あしあと。あしおと。あしあと。
リズム に のって


231 :Canopus ◆DYj1h.j3e. :2006/11/13(月) 20:20:15 ID:Lbmc5VFw

拍子木の驟雨がいっせいに光をうがち森をそうだぬけなければ
一対の蛾が螺旋をえがくよう--にからまり合う鱗粉のささやき
がどうしてもかの名前を思い出せない思い出そうとさえしない
ふざけたような軽い軍靴のステップ砂漠の色だそれは森の海の
雲の色だいいえちがいます御嶽しずかな石の押しだまった集積
ひろがり集束するベクトル嬌声のひびき槌を砧をその奥で叩く。

あしあと。あしおと。あしあと。
あしあと。あしあと。
あしあと。
そうだ
森を
ぬけなければ
あかるい
闇の
なかを。


232 :Canopus ◆DYj1h.j3e. :2006/11/13(月) 21:30:16 ID:Lbmc5VFw
『Forgottin' in the Moon』

夜のまんなかで 立ち上がる兎のように
いっそ 月に狂ってしまえたなら
よかったのに

村のはずれ
丘の祠にむかうほそい道の
両脇に列をなす
篝火 ゆっくりと
四つ脚の車輪が滑るように昇っていく
ふっ と途切れそうになる あれは
みずの音だろうか それとも
ゆらゆらと炎に明滅する背中
あなたの
坂の軌道にさしかかる

 月。

(月ガ沈ミ我ラ 月ヲ忘ル
 忘ラルル月 昇リユク時
 我ラ赤児トナリテ照ラス
 初メテノ月 思イ出ヅル)
高速でまわる独楽を手のひらで受けとり
たわむ草 闇に浮かびあがる能面
あかあかと燃える
切れた弦と 放物線と 失われた記憶の

 月。


233 :Canopus ◆DYj1h.j3e. :2006/11/13(月) 21:31:14 ID:Lbmc5VFw

月を視るのは誰もがはじめてだから
誰もがあなたの背中に 目を凝らしていた
はじめての月に行く 生野のみち
せまい昇り坂
はし がかり かがり ひ
火の粉が大地を舐めるように
這っていく くらい緞帳に
散らばり 舞 消える
(祠ヘト続キタル路ヤ 路ニ非ズヤ
 月ノアワヒニ続キタル 路ニ非ズヤ
 橋懸リナリ
 月ノ裏側ノ朱ニ染マル顔)

やがて すぐに 忘れられるだろう あなたの
あかい背中 舞 小さくなり おおきく揺らぎ
たかくかかげた 両手 何処からの 光を浴び
やみに ほむら 消える 背中 もう見えない
あなた 闇にたかく 舞台のむこう 浮かぶは

 月。


234 :青メガネ ◆ZtF6f3ypqw :2006/11/20(月) 09:55:32 ID:+xKQf5gn
「白色生気」
今日は天気が良いでせう
こういう日は病院で ハ ハ ハ

オヤオヤお若い看護婦さん
点滴のチューブを踏んづけておしまいですか
そんなことはどうだつてよいでせう
だつてほらほら天気が ハ ハ ハ

吐く息が白くなつてきたでせう
だつてもう冬ですもんね
病院の白さに溶け込んでいつて
わたしはもうすぐ死にますか
ふうん さうですか死にますか ハ ハ ハ

わたしはね ちひさいころから弱虫で
よく人にいじめられたものですよ
でもさういふときはね いつもきまつて思ふのです
この息の真つ白さと ひとり天にただよふ雲のような白さをね

そうするとね なんだかおわかりですか
真つ白ですよ ぜんぶ真つ白になるんです
生も死もよろこびもかなしみも
ぜんぶ真つ白くなつてゆくのです

でもねもうすぐ死ぬでせうわたし
そこでやつぱり思ふのはね
白はやつぱり駄目でせうね
いいえ駄目ですやつぱり駄目なのです
何故なら透明ではないのだから
あのラムネの壜に透きとほつた夕陽のこころだけは
白はうつしだしてはくれない

235 :Canopus ◆DYj1h.j3e. :2006/11/26(日) 23:12:55 ID:aoQqpCeQ
>>234 はじめまして。中也を感じさせます。かるい諧謔が利いてて、巧い。

『お祝いに来ました』

お祝いに来ました
あたらしい門出のあなたのもとに

ピースの空き缶にブチ込んだ
ゼンマイで動くイクラのお寿司をおみやげに

猛スピードの電車を馬跳びして
砦と砦のドンパチを匍匐して
道端のお地蔵さんに眉毛をかいて
募金活動する無数の慈善の手を払いのけて
一億個の縄ノレンをくぐり抜けて
人生のかなしみというかなしみに鼻クソをくっつけて
息を切らして
わけもなく笑いながら

からだ中 菜の花だらけで
あなたのもとに

 はーっはっはっはっはっはっ
  はーっはっはっはっはっはっ

来ました。


236 :名前はいらない:2006/11/28(火) 23:53:20 ID:+BjNKMef
>235 ^ ^
 はーっはっはっはっはっはっ
  はーっはっはっはっはっはっ

風 っすねーー!
あたりなど風にきけども



237 :青メガネ ◆ZtF6f3ypqw :2006/12/07(木) 00:05:53 ID:ErXNGLer
>>235
ありがとう御座います。
中也は好きですが中也ファンは嫌いです。
あの妄信的なキャラは見ていてとても痛々しい。

畳み掛けが凄い巧いですね。
また来ます。


238 :Canopus ◆DYj1h.j3e. :2006/12/15(金) 00:06:31 ID:HH/EpEfo
どもです。
「あたり」は「魚信」だったりして。

『風にきいてみる』

風のなかに
釣り糸を垂らす
おぼろげな記憶を取り戻せるような気がしたから
とは
本気で考えてない
むしろ何も考えてやしないのだ
長い映画がつい先頃終わってしまったから

ふふんふんふふん
ふふんふんふふん

世界はどんどん鼻唄で埋まっていく

セミの声も
カエルの声もきこえない


239 :Canopus ◆DYj1h.j3e. :2006/12/25(月) 23:11:05 ID:z0cMMF0Y
メイキング・ポエム。第…三稿くらい。

『風を釣る』

風のなかに
釣り糸を垂らしてみる
それはおぼろげになってしまった古い
記憶をせめて呼び醒ますよすがではなく
かなしい決意でも無邪気な思いつきでも
その日の飢えをしのぐための投げやりな衝動でもない
そう 映画はつい先頃終わってしまったんだ

セミの声も
カエルの声もまだきこえない
灰だか靄だか細かい粒子の
色のない地衣が世界にべっとり張りついて
あるいはじっと暴発を待ってる
「このままじゃ囲碁も打てないね」
栗坊主頭の童子がふたり浮かび上がって
いかにも手持ち無沙汰ふうに
眉をさやかに寄せて笑っている 実のところ
囲碁も碁盤もまだ発明されてなかった
それどころか
クヌギもセキレイも
苫屋から立ち昇る炊煙さえもまだ
名札を失くした卵のように眠っていたんだ


240 :Canopus ◆DYj1h.j3e. :2006/12/25(月) 23:12:24 ID:z0cMMF0Y

ふふん ふんふん ふん ふふん
ふふん ふんふん ふん ふふん

世界が少しづつ鼻唄で充たされていく

ぼくはこれから生まれてくるだろう
あらゆるろくでもないものどもについて思いを馳せる
ぼくは笑う
ぼくの意思にまったく関係も頓着もなく
生まれてくるだろう ろくでもない
愛おしくも騒がしいものどもを
ぼくは待ってる
ぼくは目を閉じたままでいようと思う
釣り針の尖 きらりと何かが光ったけど
それはきっと気のせいなんだろう
草原のロウソクに灯がいっせいに点ったけど
それもきっと風のいたずらなんだろう

241 :名前はいらない:2006/12/26(火) 16:21:12 ID:7/CTi+Hv
魚信!?
わぉクリスマスに、ちょい悪戯なハミングで いい風吹き抜けてゆきましたよー ありがたや
なんだか雲に腰掛けて釣糸垂らしてみたくなりました
あたりたいのは 気持ちのいい風で
熱くても涼しくても寒かろうが温かろが 荒れて吹くとも そよと吹くとも 
通り抜ける瞬間やあと残り 気持ちいい が在るような
むこうでナブラが光るでしょ
なかなか魚信がこなくても合わずにバレてしまっても
にんまり坊主 竿揚げながら ふんふんふーーん と伸すところで 〜 気持ちいい風 送り出せる太公望になれる気が全くしないので また いい風よろしくお願いいたします。


242 :誕生日:2007/01/14(日) 23:48:32 ID:fM2XqyxE
ごめんなさいを言う
ひどいことをしたと思う

あと20分で誕生日

あやまって
おめでとうを言われて
それで全てが丸く治まるのに

ごめんなさいを言う
さようならを言う

あと15分で誕生日

243 :名前はいらない:2007/01/28(日) 20:11:12 ID:pFGI7ihF
あげ

244 :名前はいらない:2007/02/08(木) 20:46:08 ID:MoD33U1/
【あめ玉としての地球】

125 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)