5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

男泣きするような【失恋】がテーマの歌詞書いて。

1 :名前はいらない:03/04/01 02:33 ID:zRlNzlxW
泣かせてください。夜明けまで。

2 :某コテハン@携帯:03/04/01 02:36 ID:liP8FUlR
去年の彼女が未だに忘れられない
死にたい死にたい死にたい死にたい

3 :某コテハン@携帯:03/04/01 02:37 ID:CyRJd74+
今思い出の場所で桜を見てるよ

4 :某コテハン@携帯:03/04/01 02:38 ID:eRI6Wl5L
もう厭だ

5 :某コテハン@携帯:03/04/01 02:39 ID:UFZY+Ics
未練たらたらだ

6 :名前はいらない:03/04/01 02:39 ID:oyOxKV0l
ださい死にたい

7 :某コテハン@携帯:03/04/01 02:40 ID:5AYE1u8q
誰か書き込めよ

8 :某コテハン@携帯:03/04/01 02:41 ID:eRI6Wl5L
俺がここにいるのは誰も知らない

9 :某コテハン@携帯:03/04/01 02:44 ID:YEnvdQk5
泣けよ>>1

10 :名前はいらない:03/04/01 02:46 ID:zRlNzlxW
まだ泣けないよ。
短いし。
もっと力作を。

11 :某コテハン@携帯:03/04/01 02:47 ID:YEnvdQk5
詩なんて

12 :某コテハン@携帯:03/04/01 02:48 ID:ELjEull2
なんの役にも立たない

13 :Ippei ◆KIno895986 :03/04/01 02:49 ID:7O59O2g0
詩を作って日が浅いころの作品です。お気に入り。

「オレンジ色の花吹雪」

白いベッドに立て掛けられた 黒いエレキギター
六番弦が切れたまま 張りなおされてない
あの娘を思い創った歌は あの弦をよく使う
替えの弦はないわけじゃない ただ意味がないだけ

降り積もるこの雪を 君はどこで誰と見る
今はただそれだけが 果て無しに虚しくて

オレンジ色の街灯が 雪を素敵に照らし出す
手のひらに溶けてゆく オレンジ色の恋
降り止むことのない僕の涙心


別に友達だとしても 近くにいられればいい
だけど君は友達以上に 愛する人がいる

降り積もったこの雪は 都会では邪魔なだけ
何時までも溶けきれぬ 硬くなった雪心

オレンジ色の花が咲き 春が訪れたとしても
心の中で凍りつく 今はもう白い氷
暖かさを求む僕の恋心

オレンジ色の花吹雪 君の心に吹いている
心の中で溶けてゆく 疲れ果てた水心
諦め悲しむ僕の恋心

涙を流す僕の水心

14 :名前はいらない:03/04/01 02:59 ID:Y6UJASid
暇だねーてよく言われる僕 言われると確かにそう思う 気が付くとなんだか罪悪感
感じてる自分こそなんだ そもそも暇って言葉自体 まずいい意味では使われない
辞書で暇って引いてみた これもまぁ暇のなせるワザ 暇:自由な時間 
仕事や義務に拘束されない時間 確かにその人にしてみれば 僕は暇に違いなかったが 
その間僕はTVを見たり ファミコンしたり 本を読んだり 時間について考えたりしながら
僕は僕の暇を過ごしていた そんな暇あったらっていうが 
みんな暇は嫌いなのか 暇はダメか 悪いのか そんなに嫌か暇が

15 :名前はいらない:03/04/01 12:17 ID:GuuDgNX7
いいね。もつと見せてよ。

16 :名前はいらない:03/04/01 12:26 ID:nhbPjMV+
背中合わせの2人を演じさせて
ずっと一緒に居て キスもせず
距離を置いた恋なんていらない、なんて言わないで

体が触れていれば良い 何も欲しくない
心で叫んでる それで満ち足りる
「愛してる」なんて、貴方には言えない。

17 :名前はいらない:03/04/01 19:15 ID:PCdKkQVV
超忙しくて もう暇がなくて とか言ってる人に限って 更に忙しい休日を
過ごしていたりするだろう なぜ忙しくするのだろう 何もしないでいられないのだろう 
何もしない不安それは何だ 怖いのはただただある時間 縮めることも 延ばすことも 
ましてや 消すことも不可能 全てのものに 同じだけの 時間が与えられてるとしよう
そうなってくると 恋愛 ファミコン 仕事 その他諸々 かなり思いがけないことだが 
人は必死で 暇を潰してるだけだ んー じゃあ僕らみたいな 暇に見られがちな人達が 
見下されてる気がするのは どういうことだ パッと見 生産的なもの以外は 無用だとでも言うのか あんまりだ 


18 :名前はいらない:03/04/06 22:32 ID:LLkPSuos
>>17
好きです。新作期待。

19 :名前はいらない:03/04/07 01:16 ID:cMDjjA2P
「Roll It Over」

バリケードをめぐらしてる理由なんていくつでもある
僕はこのまま誰にも見せる事はないだろう
このままでいいだろう
このままでいいだろう

だって周りの景色はついてゆけないスピードで進むから
僕は君を掴めなかったんだろう

すれ違った時に目を合わせることはできたと思う
思い出すのが嫌なだけだ ただそれだけだよ
今、僕はつらいんだ

このままじゃダメになってしまう
このままじゃダメなんだ

でも周りの景色はついてゆけないスピードで進むから
僕は君を見過ごしたんだろう
僕は幸せになれないんだろう
今は
あまり話したくないんだ


20 :みっく:03/04/07 02:26 ID:LwTP8hin
君の すべてを 愛していたよ
そうしてきた つもりだよ
ただ 言葉にならなくて! 言えない事も
あるんだよ
あんまり 器用なほうじゃ ないんだよ
「ほんとに 私の事好きなの?」
なんて 何度も 聞いてたね
でも 何度 言っても 解って くれないじゃないか
寂しさのあまり、あいつと?
そんなに寂しく させてたのかい?
男は皆、同じだとでも思うかい?
口がうまいやつは 腐るほどいるだろうが
口だけだ わからないのか
そんな奴等に 泣かされる 君は
あまりにも 可哀相だ
さよなら 泣いて戻ってきたって もう無理だからね



21 :名前はいらない:03/04/07 03:27 ID:x39hm2Me
今夜だけは月明かり
僕ら照らさないでくれないか
今夜だけは月明かり
僕ら照らさないでくれないか
明日からの毎日を一人前の男の顔で
だから今だけお前の胸に顔を埋めて泣きたいんだ
何か辛いってわけじゃぁない
たださ、なんとなく
ほんと、なんとなく
さみしいんだ
だから
今日俺はお前の胸に顔うずめる
男がなにやってんだと思うから
今夜だけは月明かり
僕ら照らさないでくれないか
今夜だけは月明かり
僕ら照らさないでくれないか

22 :蜜男:03/04/07 13:50 ID:76SHt6qb
もう、いや。
もう、いや。
もう、死ぬ。
もう、死ぬ。
死んでやる。
死んでやる。
お前は俺の幻影のなかで
またたくまに姿を変え、

ミニスカポリス。

23 :名前はいらない:03/04/07 17:37 ID:gW/qoJnT
切ない・・・ね。皆。痛みを抱えてどこ吹く風で毎日を暮らしてるんだ。

24 :芦屋:03/04/07 17:53 ID:CH8FhnIB
分かってたんだ
分かってたけど
あんたがあんまり優しかったから
情けなくも期待してたんだ

知ってたんだ
ほんとは知ってた
あんたがあいつをすきだってこと
おまけにあいつもあんたを好きなんだ
ただもしかしたら入り込めるかもって
ほんの少し期待してたんだ

ほんの少しだったんだ
本当に少しだったんだ
忘れてしまえるくらいの期待だったんだ

それなのになんで口に出してしまったんだ?
「あんたがすきなんだ」

名前さえ呼べなかった
ほんとに好きだったあんた

25 :名前はいらない:03/04/07 18:45 ID:MEAzOo2N
>>17
スチャダラじゃん


26 :名前はいらない:03/04/07 23:32 ID:YzE4TUS5
>>24
ストレート!!(σ・д・)σ
泣ける。

27 :名前はいらない:03/04/08 23:10 ID:wcxafsGR
age

28 :ねむい・・・:03/04/09 00:30 ID:pSgpIXZ/
『ボクにだけ鋭いナイフ』

音も無くこの胸に刺さる、冷たい異物。
熱い痛みが教える、まぎれも無い現実。

キミは笑顔で、当たり前のようにボクを刺した、
ボクは何も無かったように、 笑顔でキミに話す
キミに刺された傷を隠し、声に出さず想う。
 (きっとキミに刺されてなんていない)
タイミングの悪い短い沈黙
するとほら、また笑顔でキミが普通にボクを刺す
鋭いナイフは簡単にボクに突き刺さる

それはボクがあげたんだ、
いつからか勝手に持っていた
磨くとキラキラ光るから夢中で磨いた
嬉しくて楽しくて極限まで、ただキミの為に
滑らかで薄く、光り輝く
そのときは気がつかなかった。
ボクの手を離れ笑顔のキミに握られたとき、
初めてそれが鋭いナイフだったと知った。
世界で一番、ボクにだけ鋭いナイフ。

数回刺された後で、ようやく割り切った
 彼女はボクを傷つける
そのときに解ったんだ
 『愛してる』と『好き』は全然違うって、

愛してる人に好きだと言われたら
ボクは傷つくんだって。

29 :ジュン:03/04/09 00:46 ID:jyJ5N30g
 いつまでも、思い続けてもどうにもならない。
あの人の幸せは自分にしか願うことのない寂しさ。
 でも心に思うことの後悔と切なさ。
 忘れることが一番とわかっていても、
 一人きりになったときに、思い出す君の笑顔。
 現実が大きくのしかかるとき、憎めればよかったと思いたい。
 もう二度と会わなければ。

30 :名前はいらない:03/04/09 13:30 ID:Ml/Jl5Yj
願っても祈っても叶えられない事があった。
神様にも仏様にもずっとお願いしてた。
それは祈りにも似た願いで…
月も星もまたたく深夜、
あの星や月は何故またたいた?
「いつか願いは叶う」と励ましていた?
「そんな願いは叶わない」とあざ笑った?
それでも、祈っていた
それでも、願っていた
嘘でも夢でもいいからあの人と結ばれたかった。

願いは叶わない、
祈りは届かない、
残されたこの気持ちをどうすればいい?
それさえ誰も答えちゃくれない…

31 :名前はいらない:03/04/09 15:03 ID:5UQ28yg3
Yo!Yo!チェックしな!
俺らが盛り上げるこのパーティーナイト

32 :かおりん祭り:03/04/09 15:10 ID:tEgQlto2
http://saitama.gasuki.com/kaorin/
〜oノハヽo〜 / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄                
  ( ^▽^) < こんなのがございまーす♪ 
= ⊂   )   \_______
= (__/"(__) トテテテ...

33 :あぼーん:03/04/09 15:10 ID:tEgQlto2
 ( ・∀・)< こんなのみつけたっち♪
http://muryou.gasuki.com/moe/hankaku10.html
http://muryou.gasuki.com/moe/hankaku09.html
http://muryou.gasuki.com/moe/hankaku08.html
http://muryou.gasuki.com/moe/hankaku07.html
http://muryou.gasuki.com/moe/hankaku06.html
http://muryou.gasuki.com/moe/hankaku05.html
http://muryou.gasuki.com/moe/hankaku04.html
http://muryou.gasuki.com/moe/hankaku03.html
http://muryou.gasuki.com/moe/hankaku02.html
http://muryou.gasuki.com/moe/hankaku01.html

34 :山崎渉:03/04/17 13:24 ID:h0xijIvJ
(^^)

35 :山崎渉:03/04/20 01:59 ID:1+CNA/cT
   ∧_∧
  (  ^^ )< ぬるぽ(^^)

36 :わかれまえ:03/04/26 12:41 ID:MR0VynxL
もう戻ることのない 戻ってほしくもない
それでも手を振った 涙 溢れてきた

お互い意味などないコトバ 生活…
なのに何故だか恐かった別れ

いつかの日々思いだす 虚しくなる自分
せめて涙こらえていたい 嘘をついていたい
どうしようもない自分の わかれまえ


もうどうしようもない どうかしたくもない
それだから逃げた どこかへ逃げ出した

お互いこらえてた想い 感情
それを何故だか全部吐き出した

いつかの日々思いだす 哀しくなる自分
せめて想い伝えてみたい 全てやりなおしたい
馬鹿で阿呆な自分の わかれまえ


お互い意味などないコトバ お互いこらえてた想い…
それを何故だか全部吐き出した
何故だか恐かった別れ

いつかの日々思いだす 虚しくなる自分
せめて涙こらえていたい 想い伝えてみたい…
嘘をついていたい 全てやり直したい 
どうしようもない自分の わかれまえ

37 :山崎渉:03/05/22 03:39 ID:HGif30+j
━―━―━―━―━―━―━―━―━[JR山崎駅(^^)]━―━―━―━―━―━―━―━―━―

38 :名前はいらない:03/05/26 19:08 ID:KTIsl/wJ
夢の国、いつかはさめてしまうこの世界
君と手をつないで歩いた虹の橋
星たちが輝いてきたよ。月も顔をだした。
うさぎの目はサクランボ
あの月はオレンジさ。
蛍の光に導かれ進むその先は一面の花畑
それぞれきれいで
そして悲しい色をしていた。
君を乗せて自転車をこいだ夢路の森の散歩道
このままどこまでもいける気がした。
月が光を失いはじめ星も輝きを無くしはじめてきた。
そうさ夢の終わり。
いまみたすべてが空想となる
もうじき現実の世界。。
君はもうとなりにいない・・・

39 :名前はいらない:03/05/28 00:15 ID:t5dIxMB5
出逢わなければ… 今でもオマエに永遠感じてる  これが運命なのか 幸せになってほしい   出逢わなければ…

40 :山崎渉:03/05/28 10:39 ID:0k3PpwVO
     ∧_∧
ピュ.ー (  ^^ ) <これからも僕を応援して下さいね(^^)。
  =〔~∪ ̄ ̄〕
  = ◎――◎                      山崎渉

41 :名前はいらない:03/06/07 22:10 ID:5EEnemWX
失えるだけの恋があるなら、いいね。少し寂しそうに笑う君は。

42 :名前はいらない:03/06/08 11:54 ID:mPKF4i5J
憂鬱

降り注いで
僕の
体に付着する
誰にでも責められて
泣いてばかり

日々

あぁ 君がひとりで電球の中に入り込む
その隙に電球を盗んでしまいたい

43 :名前はいらない:03/06/08 14:43 ID:21Hu+yss
君を傷つけた
それは消えない過去だから
僕は君の前に立てない
立ち去ってゆく君を
引き止めることなど
僕には出来たのだろうか

どっちにしろ君は
もう 居ない
そして頬に一筋の涙

44 :名前はいらない:03/06/08 15:05 ID:lTEy0zGh
ワラタ

45 :へっひー:03/06/08 15:50 ID:Yw08kwAP
この前ね偶然見かけた君はどこか色あせてて・・・
懐かしい 初夏の風が 胸の奥を着いた 痛い けどかすかに笑って 私 
一人電車に乗った
あの日からまた君の事 思い出してるの
胸が痛む・・・ 
なんてね 未練がましいと分かってる
あの頃に戻りたいと願う
君と青春 ずっと感じてたいと思ってる

時間だけ無残に過ぎてく 独りぼっち
君と私の隙間広がってく だけと知ってる
空回りでも私の思いだけ 募ってる
君の中の私の存在はきっと・・・遠ざかってゆくばかりでも
分かってるよ けどこれ以上傷つけないから
今の私じゃ ちぎれちゃうから
せめて記憶の中思い出して
あの頃の私たちに戻って ほら大丈夫っていい聞かせてたの・・・

今の私じゃ記憶の中の君なしでは歩けそうになくて
どうか心の片隅では気付いて欲しいと未だに思ってる
いけないでしょ・・・



46 :へっひー:03/06/08 15:51 ID:Yw08kwAP
16の夏なのに・・・から回りだけで
私は 人を愛したい 青春感じたい
友達がいつもうらやましくて・・・孤独
何処か焦っている だけど時々 誰かに恋をしかけてる ニセモノでも空回りでも ・・
トキメキだけで嬉しくて 新鮮・・・なのに
どこか前に進めば思いでがまた私を誘い出し
何処かで私 独り 立ち止まり 心の奥の闇 気付きだす
そうしてこれまで人を何人傷つけたか・・・償えきれない
罪が痛い
だけど好きだったこと 忘れないでいて欲しい
私だって考えてる だけど
恋をしても君以上になれなくて・・・君がまだ好きだと気付いてしまうの
吹く風が痛い 
もう誰も傷つけていられない

抱きしめてれば 離せない・・ 
あぁ想い出だけでも切ないの
お願い 私のことだきしめて ぎゅって抱きしめて 
もう次は忘れるから    
本当今の馬鹿なあたしは、痛い位君が好きです
もう本当涙がでそうな位好きです 
ちぎれそうです 
もう何も言わないから最後に
君の強い腕でぎゅって抱いて
歩くと言うから
永遠と誓うから


47 :名前はいらない:03/06/08 15:55 ID:RE8MAJyS
極悪ですね、見解の相違ですよ。http://hkwr.com/

48 :大塚裕司:03/06/08 15:57 ID:JG/3ZlKi
http://elife.fam.cx/a001/


49 :ばちゃぃ☆:03/06/08 16:07 ID:c/jQePhg
>>45-46
・・・が多いってぇえ、気持ち悪いってぇー♪
綺麗なぁきもぉちがぁっ裸だぁぞぉおー?
片付けぇ上手はー語り上手ぅーうぅっ

50 :バン:03/06/08 22:05 ID:GBehcuTP
薄く射した朝日 眩しい部屋で 君の涙だけが光る
胸が痛くなるほど そう 愛している

そんなに泣かないで 何が哀しいの
僕が側にいる 如何して哀しいの

この空を羽ばたけたなら どのくらい遠く迄
君をさらって行けただろう
誰より愛した だから近づけなくて
傷つけてしまいそうで 怖くて
大丈夫だよ
僕は もうすぐ 愛しさに燃え尽きる

51 :名前はいらない:03/06/08 22:49 ID:upaVJz/O
あからさまに
君は黒焦げたパン

頬張って
朝食を済ませる


無理は似合わない
あからさまに
君はボタンの取れたシャツ

着て仕事に行く 君に忍び寄る狼

僕はバターになって君

体内に溶け込もう
僕はジャケットになって君

羽織っていよう
ひらひら舞う蝶
手足をカサカサさして忍ぶ蜘蛛
どうでもいいよ
そんなお伽話に例えなくても
どうでもいいよ
どうでもいいよ
心臓をアイスピッグ

貫かれる気分はどんなだ?



52 :名前はいらない:03/06/08 23:03 ID:YRK9hldB
今・・・
キミがこの雪に気付いてないなら・・・
誰より早く教えたい。

・・・心からそう思った。

53 :ひよこサンド:03/06/08 23:23 ID:u3z44Kzt
今日も西陽が射す部屋で
俺は紫の煙に囲まれている

18の時にやめた煙草をまたはじめたのは
君と出会った二十歳の春の日

俺の嫌いな黒く長い髪で
君はいつもくわえ煙草
かわい気のない強い口調で
俺の唇を汚しながら遮っていた

俺の嫌いな女の要素を
すべて掛け合わせたような君の
その透き通るような瞳に
俺はしかめっ面で

惚れてたんだ
心底

君の香りが残るこの部屋で
置き去りにされたギターをはじきながら
俺は今日も煙に囲まれていよう

馬鹿な俺にはよく似合うだろ?

54 :名前はいらない:03/06/10 16:10 ID:16PZcfqp
僕は
冷風機の風に乗って堕落した生活から抜け出す
僕は
昨日 今日 明日 と繰り返し数える憂鬱にさよならする
僕は
君の体温を感じながら夜毎 愛を吐く 洗い場で

食器がガチャガチャ 鳴り響いて 奏でる 音
音 ・・・ 音?
君が歌う 歌 歌 ・・・ 本当に歌か?

誰? 僕の隙間にノックしているのは?
誰? 僕と彼女を引き裂こうとしているのは?

何もない ここには 何もない
疑うなら僕の机の引き出しを探してみろよ

鍵を貸してやるからさ

55 :◆krp5WC8aQg :03/06/12 03:23 ID:FqyGAyco
土曜の夜に奴に会ってたんだろ?
交信所を雇って大体の検討はついてんだ!
叱咤と暴力で
彼女

泣いている

もっと泣けばいいのに
その方が可愛いのに
サドだって詰るのか?
冗談じゃない

の世界では
思いっきりマゾだぜ

嘘だと思うなら
その冷めた


僕をジロジロ見ろよ

きっと馬鹿みたいに興奮してるから

僕は
変態だ

56 :名前はいらない:03/06/12 08:40 ID:LKBaOWYe
お・ま・い・ら・き・も・い

57 :さか:03/06/12 12:20 ID:K4eLBjDX
愛の力

君を守るよ 愛の力♪
俺の心 愛の力♪

上腕の力こぶは 愛の力♪
しなる背筋も 愛の力♪

だから さよならを 
言ってくれるなよ 泣くなよ

泣かずに 行けよ
さよならの 愛の力

君を守るよ 愛の力♪
俺の心 愛の力♪

58 :名前はいらない:03/06/12 12:44 ID:K1xSuSke
もう死のうよ、もう死のうよ。
生きてたって何の希望もないんだよ。さぁ、死のうよ。
僕らは死ぬために生きているんだよ、馬鹿らしいじゃないか?
さぁ。ここで手首を切って死のうよ。自殺実験だよ。
自殺ってすばらしいよね。
何で、この美学がみんなはわからないのかな。
みんなで死ねば僕らは喜ぶんだよ。さぁ、今すぐ死のうよ。
死んでみることが、僕らのモルモットとしての役目なんだよ。
さぁ、ここで死のうよ。今すぐ死ねば僕らはすばらしい生き物になれるんだよ。
どうせ生きてたったいいことなんて、何一つありゃしないさ。わかるだろ?
どうして希望なんて持とうとするんだい? おろかじゃないか。
今すぐ死ねばいいんだよ。どうしてそれがわからないんだ? わかろうよ?
今、君に求められているものなんて、なにひとつありゃしないんだからさ。
どうせ、君は一生ひきこもりだろ? 存在価値のない生き物なんだね。ゴキブリ以下だね。
君のことなんて、誰も必要としてないんだよ。それがわからないのかい?

59 :名前はいらない:03/06/12 15:07 ID:I3I8oXJz
>>56
同意。
全員が全員スレ違いな詩投稿してどうするっつの。
ムカつく。

60 :名前はいらない:03/06/21 18:39 ID:Vd7QYpNy
エゴと情欲にまみれた貴様らの「恋愛」を偽るな!
http://book.2ch.net/test/read.cgi/poem/1004108958/



61 :名前はいらない:03/06/21 18:56 ID:jiLAyOcI
☆可愛い彼女が貴方のために・・・☆NO2☆
http://endou.kir.jp/betu/linkvp2/linkvp.html

62 :名前はいらない:03/06/21 19:34 ID:CLlWbV7o
ヽ( ・∀・)ノ ウンコー

63 :名前はいらない:03/06/22 08:04 ID:Htq1UScc

失恋さえできない

64 :名前はいらない:03/07/07 16:57 ID:fsF/U5bs
悲しい夕暮れ 行き交う人の群れ
なぜ僕たちは出会ってしまったのか 無数の偶然の中で

冷たいため息が 灰色の曇り空 吸い込まれてゆくよ
何も言わないで 自分を責めないで きっと誰のせいでもないから

サヨナラさえ上手く言えずに 君の涙さえ拭えずに 運命なんて信じられずに
ここで僕たちが別れるのは ふたりの明日を選ぶこと もう一度生まれ変わるために

悲しい夕暮れ 宵闇がこの街を 優しく溶かす頃 この愛も消えるよ
フェンス越しの空 手を伸ばしても届きはしない

少しだけ時を止めよう 君をもう一度抱きしめよう 奇跡はないとわかっていても
君のすべてを愛していた 幻も 癖も 間違いも 僕だけのものだと思ってた

変わりつづけるこの世界に 僕たちはなにを残したのだろう

さよならさえ上手く言えずに 君の背中をただ見送る 運命なんてもう信じない
ここで僕たちが別れるのは ふたりの明日を選ぶこと

もう一度 歩き出そう もう一度 愛探そう もう一度 生まれ変わろう

65 : :03/07/07 23:17 ID:IPZ2wzd1
お前がいなきゃ記念日もクソもない ただ繰り返す日々の一部でしかない だけどこの日だけは大切にしてる まだ顔さえ知らないお前を祈るよ

66 :山崎 渉:03/07/12 11:34 ID:NWO/CALS

 __∧_∧_
 |(  ^^ )| <寝るぽ(^^)
 |\⌒⌒⌒\
 \ |⌒⌒⌒~|         山崎渉
   ~ ̄ ̄ ̄ ̄

67 :山崎 渉:03/07/15 11:58 ID:7z6F/fGC

 __∧_∧_
 |(  ^^ )| <寝るぽ(^^)
 |\⌒⌒⌒\
 \ |⌒⌒⌒~|         山崎渉
   ~ ̄ ̄ ̄ ̄

68 :なまえをいれてください:03/07/15 13:11 ID:rbONGK3V
ハッキリ言ってアメリカなどの多民族国家では黒人の方がアジア人よりもずっと立場は上だよ。
貧弱で弱弱しく、アグレッシブさに欠け、醜いアジア人は黒人のストレス解消のいい的。
黒人は有名スポーツ選手、ミュージシャンを多数輩出してるし、アジア人はかなり彼らに見下されている。
(黒人は白人には頭があがらないため日系料理天などの日本人店員相手に威張り散らしてストレス解消する。
また、日本女はすぐヤラせてくれる肉便器としてとおっている。
「○ドルでどうだ?(俺を買え)」と逆売春を持ちかける黒人男性も多い。)
彼らの見ていないところでこそこそ陰口しか叩けない日本人は滑稽。

69 :山崎 渉:03/08/02 01:31 ID:TahhWmQI
(^^)

70 :山崎 渉:03/08/15 13:40 ID:6uqIVx7n
    (⌒V⌒)
   │ ^ ^ │<これからも僕を応援して下さいね(^^)。
  ⊂|    |つ
   (_)(_)                      山崎パン

71 :名前はいらない:03/08/28 18:35 ID:YTsBdnY6
afge

72 :ユカ:03/08/29 18:24 ID:TzraXA6O
http://www.geocities.co.jp/Bookend-Christie/5175/

ここには私の作詞をのせています☆
よかったら覗いてみてください。

73 :網川信二:03/08/29 18:51 ID:H346uV4u
その日は夏なのに 朝から雨が続いた
僕は大人しく部屋にずっといた

正午過ぎに君から電話が来た
『話があるの八時ごろ何時もの場所で』って
いつもより少し低いそのトーンで僕は全てわかった

なんだか疲れてしまい五時まで眠った
夢の中で君が何度も別れの言葉を投げかけた
僕は上手な言葉も思いつかずただ言葉を受け止めた

目覚めると雨はやんでいた
これから僕らが選ぼうとしている未来を照らすみたいに
傾きかけた太陽がそこにあった

74 :HA:03/08/30 02:38 ID:yIW4J/uN


冷たい空気の中 
今日だけはラッシュで込み合うホームの騒音なんてきこえもしない
ただ君が窓越しにずっと僕に何か言ってる普通きこえない声だけが 頭の中

君には夢を叶えろよと笑顔で見送ったけど
本音は裏腹で僕はホームで涙を流してしまった

最後まで泣かないと決めたのに
君を見送るまで せめて君が見えなくなるまで って決めたのに

愛は素敵なものだけど 神様が与えてくれた素晴らしい贈り物だと思うけど

愛するということはとても残酷だと呟いてしまった

75 :名前はいらない:03/08/30 09:18 ID:pGpqsoAW
私は失恋しました
お洒落なレストランで食事をしていたら、彼はいきなり
「君とはもう付き合えない」と言われたんです
私の心を癒してください
女は、通行人の男に抱き付いた
男はどうしたらいいのか困っている
周りには人がたくさんいる
男は女にこう言った
「他人に抱かれた女を抱く事はできない」と言った
それでも女は男から離れない
男は困ってしまった
「ホテルに行きたい・・」
女は男に甘えた声でそう言った
男は女に負けた
性欲に負けた


76 :名前はいらない:03/08/30 17:59 ID:YeD5AoTi
いつも寄り添うように一緒に走ってた
当たり前だと思っていた
誰も追いつけやしない風のように

それなのにいつのまにか君は
僕よりずっと後ろの方にいて
僕だけがただかなしく走っていた

僕が早く行き過ぎたのかなあ?


77 :すなふきんすまいる:03/08/30 18:21 ID:vsPrP2dT
うめき声にも似た風が胸の穴通り抜けていく断りの言葉も無いままで
温めてきた卵には小さいくせに致命的な傷ができていた
あとどの位ふざければ、この仮面、顔から外れて素顔で笑うことができるだろう
これから先をキミなしで生きていくことの意義も今はまだわからない

ふたりだけにしか通じない言葉や笑いは、もう
心掻き乱すだけの古の言霊
これから作りあげるパズルのワンピースが
鮮やかなまま、指の隙間からこぼれ落ちてった

階段を下りる時にだけ繋いでた手、暗黙のルール、手の温度、ふたりだけのための歌
確かめるように、合図するように、握りあってた指、今はもう届かない

サヨナラ、言霊を口にして微笑む幽霊よ
散らかった脳髄に埋もれた残骸よ
キラキラとかがやいてまぶしい過ぎ去りし日々よ
他の誰かじゃ埋められないメインピースよ
やがて暖かい季節がボクのもとへ
新しいパズルを運んでくるんだろう
そして次のメインピースに出会う頃には
きっとこの仮面、外れて素顔で笑ってんだろう

ボクみたいな男でもキミという素晴らしい人が
本気で好きになってくれたこと
勲章にしてさ、この胸の穴にはめ込んで
そして、ボクとして生きていくよ

78 :亜弓:03/08/31 10:38 ID:d/XFZUOp
さようなら
もう会う事はないでしょう
貴方のことは忘れない
貴方にふられてしまったけど
心の中では今だに貴方は私の恋人
貴方と付き合っている子は可愛くて
私は負けてしまった
さようなら
賢哉さん

79 :名前はいらない:03/09/01 14:57 ID:L7MedXea
わかってた・・
本当はわかってた・・
あなたに恋人がいる事を
わかってた・・
本当はわかってた・・
あなたに想いが届かぬ事も
もしも願いが叶うなら
想いが届くのではなく
あなたとの
出会いを消してほしい
今のあなたの幸せ
壊したくないから



80 :名前はいらない:03/09/01 21:58 ID:IEgYulKQ
夢は必ず叶うと言った君がかなえてくれなかった僕の夢



81 :名前はいらない:03/09/02 16:38 ID:JN33RagM
貴方との出来事は私は忘れない
貴方が忘れても私は憶えている
貴方のことを忘れる事など私にはできない
貴方はもう私の事を忘れて別の女と付き合っているけど
私は貴方以外の男性と付き合う事はできない
貴方以外の男性とセックスする事なんかできない
どうしたらいいの?

82 :white night:03/09/05 01:12 ID:51vx7S4N
ほんの少し 疲れてたんだ
僕はただ 隣に一緒にいて欲しかっただけなんだ

どうしても解けない一問にこだわって徹夜した身体に
7限までの授業は辛いんだ

僕は君の前では勉強の話をしなかった
せめて君と会ってる時くらいは
見えない将来とか上がらない成績とか周りからのプレッシャーとか
そんなバカらしいものから逃れたかったんだ

君がホンネで話して欲しがっていることは知っている
けど 僕の心は弱いから
鎧を外すのが怖かったんだ

まともに付き合ったのは君が初めてで
一緒にいるだけで幸せだったんだ
君は全てをくれたけど
僕は何もあげられなかった



83 :white night:03/09/05 01:13 ID:51vx7S4N
僕が拒んだことはあっても
君が拒んだことはなかったね

最初の時も「大丈夫」と口ではいいながら
強張った身体と きつく閉じた目から緊張が滲み出てたね
全てが終わった後 静かに寄り添ってきた身体から
安心感と充実感が伝わってきたと思うのは 僕の錯覚だろうか

家に行くたび 上がるたびに君を求める僕を
君はどう思っていたのだろう
決して身体目当てじゃないけれど
僕はまだ子供だったから 人の気持ちがよく分からなかったんだ

そうやく気づいたのは別れた後で もう遅すぎたんだ
やり直せるならやり直したいけど 時は巻き戻せないんだろうね

84 :名前はいらない:03/09/05 01:53 ID:xixpTEmv
ワラタ
喪まいらオモロ杉
腹イテー

85 :てす:03/09/05 03:25 ID:jBV4mebO
情熱のすき間風に幾時も
  慰め合う心が必要になろう。
そんな時は思い浮かべるがいい。
 何処(いずこ)とも知れずに飛ばされて
ゆく、ちぎれた雲の断片。

 ああ、あれはもともと水蒸気だった
筈なのに。
 もう 親もとには帰れない子猫
みたいに。
 震えながら飛ばされてゆく
  ちぎれた雲の切端。

涙はこんなにも熱く僕の
 目からあふれ出て行った筈なのに。

86 :切なる想い:03/09/05 08:57 ID:KAom29ZQ
初めて作った作品です。
http://bycrea.hp.infoseek.co.jp/Movie2.swf

87 :名前はいらない:03/09/05 10:35 ID:YFEl5NR/
白く重たく幾重にもなった曇り空が雪に変わりました
それなのに彼女は下ばかりを見ていて
僕はと言えば渦巻く人の群ればかりを見つめていて

何が言いたいのかどうしたいのか
少しもわからないふりをする事が精一杯の僕と
薬指に嵌めた指輪を申し訳なさそうな面持ちで
かばんの影に隠しては言葉を探している彼女で

少しは空を見てくれよ
少しは僕を見てくれよ
もう少しでも一緒にいてくれよ

暫くして彼女は自分を冷たい奴だと言いました
僕が優しくしすぎたのかもしれないと思いました

とうとう俯くしかできなくなってしまった僕と
今度は顔を空を見上げている彼女に
雪は静かに降りてきて途端に消えていく
冷たいと言った彼女の冷たくなった頬に降りて
途端に消えていく

88 :名前はいらない:03/09/05 10:38 ID:YFEl5NR/
ひーー!打ち込みミス!
「今度は顔を空を見上げている彼女に」
     ↓
「今度は顔を上げて空を見上げている彼女に」
かっこわるーーー
逝ってくる・・・

89 :名前はいらない:03/09/05 15:25 ID:NADyP8cB
>>88
んなもん、どうだっていいよ
なに細部にこだわってるんだよ
誰も読んでないつーのw

90 :名前はいらない:03/09/06 11:35 ID:wxWqn51o
失恋しました
それでも私は貴方のことが好き
新しい彼女を見たけど、地味で冴えない女だったわ
貴方の彼女を奪っちゃおうかしら?
貴方を孤独にしてやる
家族も友人も私の物にしてしまいたい


91 :名前はいらない:03/10/03 21:59 ID:51wBoEJw
見んな加工!

92 :半裸厨:03/10/03 22:41 ID:BfziwU/R
下も脱ぎたい。
服から解放されたい。
お前らだってそう思っているはず。


93 :カゲトラ:03/10/04 01:21 ID:QwuN8Zlb
青い空から見下ろしてる景色みたいだ。
少し低いその目線で流れている光景も、透けて見え始める。
あきらめた事のある、ためらいもなく破り捨てたそのページには
どんな理想を、君は描いていたの?
静かな夜に試されるとき、君という答えが見えてくるんだ。

94 :カゲトラ:03/10/04 01:26 ID:QwuN8Zlb
青い風は時間の砂の上にある足跡を包んで滑り降りていく。
流れている、風が止まったときに、
あふれ出す想いがどこかに流されぬように、
立ち止まることならば、
いつもの場所で何か考えながら君が見えるまで、君のほうを向いているよ。
気づかぬように抱きしめる痛み
僕は君が言う答えは知っている。

95 :名前はいらない:03/10/04 01:29 ID:QwuN8Zlb
ソロ

96 :カゲトラ:03/10/04 01:30 ID:QwuN8Zlb
あきらめた事のある、ためらいもなく破り捨てたそのページには
どんな理想を、君は描いていたの?
静かな夜に試されるとき、君という答えが見えてくるんだ。
気づかぬように抱きしめる痛み 僕は君が言う答えは知っている。

97 :Mana魔名:03/10/09 01:27 ID:tegD6kuh
男が出すのは何も精液だけじゃないってば
泣くこともあるさ、汚い鼻水と澄んだ涙流して
きっといやなことを流すための水として必要なんだよ

98 :名前はいらない:03/10/10 01:20 ID:EsfC3yFw


99 :名前はいらない:03/10/27 21:42 ID:c129SuEM
貴女の気持ちがわからない。
否、分かりそうで分からない。

空漠な瞬間の連続は、私の心を嘖ませる。

切ない。嗚呼!

百千の歳月を経てかたちづくられたかのような漠々たる己が心を、
いかに戻せというのだろうか。

切ない。嗚呼!

此の身を断裂する懊悩は、いつまで続くというのだろうか。

我が愛する人よ、願わくば振り向きたまえ。
我が愛しき人よ、願わくば我の慟哭を鎮めたまえ。

己が胸中に去来する寂寥たる雲よ、何処かへ流れたまえ。。。

100 :名前はいらない:03/11/13 00:00 ID:oqCm0JlP
かき揚げ

101 :名前はいらない:03/11/18 00:42 ID:D8K1ZMMw
age

102 :名前はいらない :03/11/27 13:57 ID:taAHIgXK
やっぱ すっきゃねん
暇で たまりまへん
一日9時間寝るんも もーえーわ
勤務中はしっかり まなこ あけて おま
一重の眼が よい。
おっちゃんと あそばへんか
あやめ池遊園地 おもろいよお
おっちゃんは お金持ちやから
マクドやのーーて モスこうたる

あかん 走って逃げよった。

103 :名前はいらない:03/11/27 14:16 ID:ZiB/uoWG
気持ち悪いスケベ親父の低脳そうな詩ですね。
詩板でなくてもよいのでは?

104 :名前はいらない:03/11/27 18:16 ID:9z+CzGQC
ttp://woman.s4.x-beat.com/up/upload/src/aiolos_0113.swf
最後まで見てくれ。一見関係無さそうに見えるが、最後の最後で泣ける。

105 :名前はいらない:03/11/28 23:05 ID:CVI/jlsL
作詞と言うより替え歌でスマソ。
多分元曲は知ってる人多いと思われ。。。では失敬!

赤ちゃんのように 吸い付いた 胸は
今も 変わって いない けれど
あの時 同じベッドで イカせ 合った二人の
マ○コと チ○コが 今は もう 通わない
あの 素晴らしいモノを もう一度
あの 素晴らしい夜を もう一度


106 :名前はいらない:03/11/29 10:52 ID:IVOdeGsh


107 :あぶく:03/11/29 11:06 ID:f7/CbDxI
泣くな泣くな
泣くな泣くな
もう終わった
もう終わったのに
なんで君の勝手に買ってきたもの捨てないんだろう
捨てちゃえよ
彼女のこと
「しがらみ」とか思ってたのは
間違い?
俺の恋は何点だったんだろう
きっとマイナスまで行くんだろう
それでも、
楽しかった


108 :名前はいらない:03/11/30 12:37 ID:5G/LaUHo

傘を忘れてしまったんだ
虚ろな身体に冷たい雨が満たす様に降り注ぐ

軽くなった指先が君を傷つけてばかりいた僕を嘲笑う様に泣きだし
行き交う光がやけに眩しくて街は形を失った

君は濡れていないだろうかこの冷たい雨に

振り切る様に走りだす

傘を忘れてしまったんだ


109 :1/2:03/12/06 04:45 ID:PgwTFr3S
「waiting ,waiting」

お前じゃなきゃだめなんだ 俺にはお前しかいない
どうしてもお前がいい お前は俺の半身
お前じゃなきゃ意味がない お前がいるから俺は生きている

今すぐじゃなくていい
それでも俺はお前を待ち続ける
還る場所はここにある
それだけは忘れるな

俺もずいぶん勝手した 
でも これだけは胸を張って言える
世界中の誰よりお前を愛してる
俺ほどお前を幸せにできるやつは
世界中探しても俺ただひとりだけだ

110 :2/2:03/12/06 04:46 ID:PgwTFr3S
戻ってくれ・・・お願いだ・・・

いますぐじゃなくていい
何年だって 俺は待ち続ける
気持ちに嘘はつけないから
望んで かっこ悪い男になってやる
負け犬とは言わせない これが俺の愛し方
成り下がるなと泣いたお前だけど
成り下がるんじゃない 思いを貫くんだ
わかってくれ
成り下がるんじゃない 思いを貫く これは強さなのだと

俺はいつでもお前を想っている
お前の還る場所は ここだと信じている
女々しいと言われていい
こうするしかできない それが俺だから

111 :kuro-epu:04/02/03 11:14 ID:OjJXzbh1
「もう、会わないでいよう」それが君の答え
次の一歩を踏み出すための
忘れるべき過去を忘れるために
君が出した答え

気付いていたよ こうなること
ただ君の本当の気持ち確かめたくて

呼びなれた名前 もう呼ぶことはないだろうね
だからきっとすぐに忘れられるさ
ふたりで話したことなんて

僕が描いた夢 君が選んだ路
それは全く別な方を向いていて
けっして交わることなんてない

信じつづけ ときには迷いながら
生きてきた自分を 本当の自分を
これからの自分を見つけるために
君が選んだ路

悲しいけれど泣かないよ
君の涙の理由も知っているから

見慣れた横顔 もう見ることはないだろうね
だからきっとすぐに忘れられるさ
そばにいたことなんて

この詩が君に届くことはないけれど
もう一度だけ名前呼んでもいいかな
ねぇ、香菜…
 

112 :透明色:04/02/03 16:10 ID:pXGt5wwI
好きだ好きだと口ばかり
居なくなってはじめて「愛」に気付いた


113 :名前はいらない:04/02/03 23:24 ID:HE/JsD5v
天より我が身を貫きまま地に落ち去るは
                   恋という名の風

114 :名前はいらない:04/02/05 02:21 ID:mQjmHMU6
やった!彼女が僕の彼女になったぞ!!

やった!初デートだぞ!

彼女はもう僕の彼女だからプリクラとり終わったら、ちょっと鉄拳やらせてね
すぐクリアするからさ!!くま使ってすぐクリアするからさ・・・・
IN STORE COIN!!
僕の強さを見せたくて・・・
IN STORE COIN!!
放てベアヘブンキャノン…

そしてその夜君からのメール
 「やっぱ、やめにしよう…」
、とのこと。

むせび泣く僕とともに、叫び続けるゴーイングステディ。

〜高一の思いで〜




115 :名前はいらない:04/03/07 00:09 ID:+Ziy7QM9
age

116 :ヨウコ:04/03/07 00:16 ID:sSKFWBsZ
こんばんわ、初めてカキコします、ヨウコです。

ヨウコ、思う。

皆ひとりじゃ生きていけないって。

ヨウコは今、フナや鯉に虐められています。

でもヨウコ、負けない。

ヨウコ、頑張れ、ヨウコ、頑張れ

そういってタニシが励ましてくれるから。

ヨウコにはそんなかけがえのない仲間がいる。

いつか淡水を出て海水に出ようって、

今ヨウコは皆に支えられながら一生懸命生きています。

だからここにいる皆も頑張って。

生きている事はただそれだけで素晴らしいんだよ。

117 :名前はいらない:04/03/08 17:56 ID:jIp3pSbK
ねぇ、あなたの奥さんてどんな人?
私はあなたが好き
私の方が
あなたを満足させられる
私の方が
あなたを幸せに出来る
私の方が・・・
私の方が・・・
だからお願い
遊びでもいいの
あなたのそばにいさせてよ・・・

あなたは笑った
そして言ったの
「そんな真剣なキミを玩具になんかできない」

私の愛した
掛け替えの無いあなた

118 :名前はいらない:04/03/09 17:14 ID:2u2QRHIV
何度も何度も息を吸った。
何も考えちゃいなかった。
人づてに聞いた、きみの「好き」
俺じゃなくて、彼を。
俺は過信していた。
君は、
君は俺を好きだと。
それだけに、もうその 「好き」の情報は…
ひどく、切ないものだった。
ここにいちゃイケナイ気さえして、
まさか俺は、きみに愛されたいためにここまで
ノウノウと、生きてきたんじゃないかって
そう、そんなことを
そんなことを
思わせるような、夜だったんだよ。



それでもまだ徐に、息を吸っては吐いている

119 :名前はいらない:04/03/28 22:16 ID:Qz1PPTzb
>>117
イイ!!

120 :名前はいらない:04/06/17 05:10 ID:yxpD2vLE
君の孤独に触れたら、僕はどうしようもなくって
優しさという光が溢れ出して 君にささげるよ

土曜の昼下がり 人もまばらに 僕の心は乾ききっていて
誰かをさがしてる きっといるだろう 君を探してる

121 :名前はいらない:04/11/10 06:20:43 ID:uIiVarXg


122 :名前はいらない:04/11/14 02:42:08 ID:zP+WmhzR
泣けて泣けて泣けるんだよ
どうしようもないから
呼べど叫べど答えなし あんちきしょう
傷だらけの青春


123 :名前はいらない:04/11/14 02:56:17 ID:xl62vLnA
男泣きなんて無理だってマジ無理
だってお前男が色恋沙汰でざめざめ泣くとかマジありえねぇし
そんな今時女でさえ泣かないってのに泣けってほうが無茶
マジキショいだけだっていやホント悪いこと言わないから
男が恋の歌とか歌ってもキモイだけって気付こうぜいい加減
大体お前ソレただのちんこいじりだろもしくは穴いじりかタマいじりだろ
そんなん世界に垂れ流して恥ずかしくねえのかよともしくは羞恥プレイかよと
そんなにやりたきゃ近くの公園にでも行ってオバサンにでも披露しとけっつの
迷惑この上ないっつもう存在そのものが公害だっつの電波だっつの
今すぐパソコンブッ壊してモニター粉々にしてとっとと回線で首括って
とにかくお父様お母様先立つ不幸をお許し下さい

124 :名前はいらない:2005/06/04(土) 21:48:53 ID:s1SAWhrv
それでもいつかひょっとして  君を思いつづけてればって
くだらないモノがまだなくならない
情けなく引きずりつづけている、自分がキライだ



なんだかんだ言ってたってこの性格は変わらないんだって
ラララ・・・・いいじゃない
力なく吐くため息まじりの君の名前 

125 :whitepeche:2005/06/05(日) 16:57:12 ID:GA+u/Fhd
出逢わなければ
失わずにすんだのに


126 :名前はいらない:2005/06/05(日) 20:54:55 ID:VGQDyMxu
>>125

おい、目ぇ覚ませ

127 :名前はいらない:2005/06/25(土) 18:17:28 ID:6Hpbi1p3
去って行く君の腕 とっさに摑み後悔
思った以上に冷たくて
その冷たさすべてが俺を

拒絶

していると。わかってしまった。
今俺が泣いているのは君の腕のせいだ。

128 :ハイビスカス ◆gnHF7SBftY :2005/06/25(土) 19:03:28 ID:JWAU2KmD
君が 一言言った‥

僕の 生活がほしいと‥

僕は 後ろに下がって

よく考えた‥

5分したら すぐに

答えが出た‥


君は

その後 言葉をなくして


灰色になっていた‥

129 :ハイビスカス ◆gnHF7SBftY :2005/06/25(土) 19:14:43 ID:JWAU2KmD
君は透明の箱の中

わかっているのに

わかっているのに

冗談のつもりで言った

君の一言は

本当は とてもうれしかった

130 :名前はいらない:2005/06/25(土) 19:58:27 ID:JWAU2KmD
なにもあなたは
わかっていなかった

わかろうとしていなかった

131 :whorekitten☆ ◆j1KkCeLwDc :2005/06/25(土) 22:11:49 ID:gD7iV5Ek
わかろうとはしたよ

君は俺の預金残高に恋してるってね




132 :名前はいらない:2005/06/25(土) 22:43:26 ID:JWAU2KmD
あなたはわかって
いなかった

心をおさえてきた事を

あなたはわかって
いなかった


あなたが生きてると
いうことがあたりまえでない事を


あなたはわかっていなかった
あなたの病を

本屋で調べた事も

133 :名前はいらない:2005/06/25(土) 22:47:27 ID:JWAU2KmD
こんな場所でも

あなたが言った言葉を

信じた私がいたことを

あなたは私を預金残高にした

あなたはわかっていなかった

134 :名前はいらない:2005/06/26(日) 00:38:13 ID:7Z5/7KWP
女ながらに男泣き
好きで好きで仕方が無かった

135 :名前はいらない:2005/06/26(日) 10:21:17 ID:BxtMwTKg
図工の時間
あの子描いたさくらんぼ
二つの実があるさくらんぼ
片方が君で
もうひとつが僕だ

そういったら
あの子は真っ二つにやぶいた

136 :名前はいらない:2005/06/29(水) 02:57:52 ID:TF4KCy7W
かみ合わない会話
すれ違う心
合わせない視線
いつからこんな風になってしまったの?
 こんな関係フラストレーション
 聞けよ  (おまえは誤解している)
 いやよ  (言い訳はたくさんよ)
 聞けよ   (この前は俺が悪かった)
 いやよ   (もうその言葉は聞き飽きた)
心と心つなぐコミニュケーション もう心は重ならない
出会った頃の君をイマジネーション 優しい笑顔を思い出せない
罵り合う言葉エスカレーション  ますます君が遠くなる

ベランダに出て深呼吸 星空を見上げる
遠い彼方の1等星  涙で霞む

出逢った頃こんなシュチュエーション こんな日が来るとは思わなかった 
 
ドレッサーの前に腰掛け鏡を見つめ髪をとく
あなたのくれた指輪 宝石箱に光る・・・
     
 決めた・・もうそこに愛はない この恋グラジュエーション
 今はつらいけどきっといい未来があると信じていたい・・・
  
あなたのいないバケーション 一人旅に出よう・・・・
 


137 :名前はいらない:2005/06/29(水) 03:45:55 ID:D++MXKJ3
たしかに僕が
馬鹿だった。
たしかに君は
馬鹿にみえた
知らなかった
君の素晴しさ
失ってからの
お馬鹿な後悔
教えて欲しい
僕の良いとこ
失ったあとで
気付けたなら
気付けない人
そんな人より
僕はマシだと
そんな言葉も
明日も、君も
今は、何処か
呼ぶ鈴の声に
今は、あらわ
時計の針だけ
動いている…
左へ、左へ…

138 :名前はいらない:2005/06/29(水) 04:02:14 ID:D++MXKJ3
失ったものは取り戻せ、それが出来ないくらいに、僕は君をキズ付けた、そんな僕は

僕もキズつけた、君からの信頼も自分への信頼も失った、余りすぎた君へのあいじょう、たいせつな家族へ、こ
れから出会う人々へ、飢えた人々へ、貧しい人々へ、ぼくのからだへ、ぼくのこころへ、すばらしい世界へ、僕が僕への信頼を取り戻し、僕を信じて許せる日まで。

139 :名前はいらない:2005/06/29(水) 04:05:20 ID:D++MXKJ3
人生は旅、人は旅人、旅は道連れ、それなのに、どうして「僕のとなりには誰も居ないの?」
(ぐさり…自分で言って自爆した

140 :名前はいらない:2005/06/29(水) 05:45:07 ID:TF4KCy7W
>138 139
いいよ

141 :名前はいらない:2005/07/10(日) 22:41:53 ID:B26CIxBA
http://love3.2ch.net/test/read.cgi/lovesaloon/1119231701/

142 :保守:2005/08/27(土) 23:48:42 ID:F99QsaVC
好きな女の子が、
彼氏のちんぽを生で見ている、素手で触れている、しっかり握っている、
唇をそっと近づけている、口の中に入れている、しっかり咥え込んでいる、
しごきながら亀頭を舌で刺激している。
おっぱいを生で見られている、そっと触れられている、しっかり揉まれている、
舌先で乳首を転がされている、顔を両胸で挟ませている、乳首をかまれている、
乳首を亀頭でいじられてよがっている。
お尻を生で見られている、お尻をそっと触られている、料理中もちんこで尻なでられている、
四つん這いで尻の穴舐められている、開脚して尻の穴に舐めて濡らした指で刺激されている、
第一関節まで指入れられている、お尻の肉を鷲掴みにされて恥ずかしがっている。
まんこを生で見られている、まんこを指で触られている、クリトリスを歯で軽くつままれている、
クリトリスを舌先で舐め続けられている、ひだに触れられている、
大きく開いた股に顔をうずめられている、まんこに指を奥まで入れられている、
ちんこを奥まで入れられている。
激しく突かれ、揉まれ、音を立てて愛し合い、誰にも見せたことのない表情、声を上げて、
お互いの体は汗と体液が絡まり、舌は絡まり、むさぼるように互いの体におぼれ、
精液は彼女の顔、口の中、おっぱい、髪、膣、おへそのあたり、お尻、太もも、手のひらにほとばしり、
セックスを求めるために卑猥な言葉の限りを強要され、 でも好きって頬染めてる。
それが幸せだと感じている。

143 :名前はいらない:2005/08/28(日) 06:11:29 ID:cjGdGNjd
好きです。


ごめんなさい。


好きです。


ごめんなさい。


好きです。


ごめんな…さ……



144 :名前はいらない:2005/08/29(月) 02:12:28 ID:kabXUrcE
ラブレターが破れたー
ラブレターがヤブレター
ラブレターが敗れたー

こんなギャグが今は悲しい

145 :ミスタァゾラ ◆3z3MroZ0LA :2005/08/29(月) 11:28:18 ID:sF5eZq9w
人混みの中 振り返りもせず
重装備したコートをすりぬけ 風は躰突き刺す
いっそ貫いていっておくれ
そう思った自分を軽く嘲笑う

億人の中の二人になって
二人の中のの一人だった日々は
今では枯れ葉よりも軽く
カラリカラリと飛んでゆき
一人の中の一人に戻った

愛など知らねば求めたりもしなかった!
色の付いた日々を知らねばモノクロに疑問も抱かなかった!

君か僕の中知らずに残していったつづら
開けたらきっと僕は老人になる
開けねばきっと僕は廃人になる

146 :名前はいらない:2005/09/12(月) 17:39:22 ID:XZCjssKh
夢みたいだった 君があんなにもそばにいたなんて
心は遠かったけれど
揺れる長い髪が白いその肌にそっと触れるたびに
僕の目は君に奪われていたよ
指先さえ触れられない僕を嘲笑うように季節は流れて
あのザワメキも切ない想いも やっと今消えそうだよ
星降るあの夜にもしもあのまま君をさらえたら
夏の匂い 街灯が照らす 甘い横顔 素敵だったよ
誰かのこと想っていても 
長い長い夢から覚めても長く長く忘れられずに
あの日と同じ 無邪気な顔で笑わないで 僕を見ないで
もう どこか遠く消え失せてよ ねぇ 叶わぬ想いなら…
移り行く季節に変わる景色の中でも
君を見つけてしまうよ
寒がりなその手を暖める人を想う胸の青いリボン
綺麗だった


147 :名前はいらない:2005/09/24(土) 04:40:50 ID:9CGh7189
夢を追うだけの日々に わがままもこぼさず
一人きり待っていた 薄陽の射すアパート
一歩づつ叶えられる 希望に満ちるほど
帰り道遠くなる 君の寝顔まで

すれ違う会話 ぎこちない笑顔
温もりだけを 必死で求めては
真綿のような恋に 甘え続けていた

冷めたカレーライス″サヨナラ″の殴り書きの上
「辛すぎるよ」と繰返しては 泣きながら笑った

ボロボロのランドセルに 痛みを詰め込んで
ぬくもりをたどってく 夕げの匂いへ

湯気の向こう 母の優しい瞳
理由など聞かずただ微笑みくれた
今日のつらさも きっと明日には消えると

君のカレーライスあの日のように塩辛く
こんな苦しい結末だって 朝は訪れる

冷めたカレーライス一人で味わう思い出
後悔の渦 涙の夜も いつかは薄れる
いつかは薄れてく・・・

148 :名前はいらない:2005/09/24(土) 04:58:52 ID:AhEkrqZ1

あなたの呼吸が 聴こえない
体温の失われてゆく速度は
抜け落ちるようです


もう一度だけ
声を聞かせて、僕に


微笑んで





149 :名前はいらない:2005/09/24(土) 05:31:04 ID:9CGh7189
僕がつけてきた足跡が この道にずっと残ればいい・・・

ノボリザカモ クダリザカモ オッテキタタクサンノキズモ
スベテヲウケトメテアルイテイコウ
ドコマデモ ドコマデモ・・・

夕暮れを吹き抜ける風よ 僕の歌は届いているかい?
見上げてみても 何も答えてはくれないけど
狭い空溜息の後 込んだ電車に揺られたら
今日の悩みを連れて一人 歩く帰り道

躓く石ころに ぶつけられない弱さ
拭えない憂鬱を だれかに見つけて欲しい

僕のつけてきた足跡がこの道にずっと残ればいい
涙の欠片辿ればそこには僕がいる 背中丸めた姿で

醜い争いの後で 恋はそう、終わりを告げた
どんなことしても 君を離したくないと
言い訳やずるさで 気を引こうとしてきた
押し付けの優しさを 愛だと囁いてきた

僕が苦しめた傷跡は 今でも君の心の中
勝手な夢を見続けた僕は 大切なもの見失ってばかり

僕がつけてきた足跡は 痛みを抱えた散歩道
振り向けばいつも底にある 想い出の数僕は強くなっていく

150 :名前はいらない:2005/09/24(土) 06:06:22 ID:akMIRrbA
歩き出す君の背中
風がなびくと揺らぐだろうか
本当のことは胸の中
何も語らないまま見送ろうか

単純な仕事が楽しいもんなら続くから
曖昧な返事はこの際無しにしてたんだ

だから伝えないよこの想いは
君は君の道を行くんだよ
明日が見えないこの世界には
君には見えない道もあるんだよ

歩き出した君の背中
いつかどこかで会えるだろうか

151 :名前はいらない:2005/09/25(日) 00:14:43 ID:+oC1eFHk
あなたが私ではなく
私のすきな人を選んだのは
必然で
それ以上のものでもなくて
ただ自然で
ああ、そうだなって
思わずにはいられなくて
ただ好きだという様な
愚直な鉛筆以上のもので
あって欲しいと
私が一つ夢をみて
王子様が
白い花をくれることが
あって欲しいと

152 :名前はいらない:2005/09/25(日) 01:19:15 ID:YCHlH8qp
>>151 ナイタ

153 :陽山:2005/09/25(日) 15:51:36 ID:mHf4KklH
・タイムリミット・

今でも部屋に帰ってくると君が部屋に居るんじゃないかなんて思ってしまう

期待とは裏腹に部屋のドアを開けるとともに冷たい空気が襲ってくる

君が忘れていった少し大きめの傘が濡れることのない雨の日を待っている

いつも強がっていたけれど凄く寂しがり屋でわがままででも優しくて

終わりが来ることは最初からわかってた。せめてもう一度だけ君に逢いたい。そしてせめて別れの言葉だけでも・・・。

窓の外には雨が降っていたただ悲しく心を濡らすように。

154 :名前はいらない:2005/09/26(月) 03:50:00 ID:SaU54mpE
恋を知らずにいた二人は 声にならない思いぶつけた
恋を知らずにいた二人は 安心できる場所求めた
急かされるように始めた二人暮し
つぎはぎだらけの日々は
誰もそう、解ってはくれないまま

今も元気にしていますか?
短い髪のまま
一度も好きと言ってくれず
いざとなると逃げ出した 弱気な君がうきでした

初めて君を抱いた夜に
頬に伝った涙を見た
寄り添い眠る瞳の中
同じ夢は見れやしない

僕の我侭に疲れた君がいつか
心閉ざしてしまっても
気付かずに攻め立てた ひどい奴だろう?

今も元気にしていますか小さな背中のまま
最後の言葉 響く鐘の音
涙顔の夕暮れに 二人の影が離れた

今も元気にしていますか?
あの部屋にいますか?
二度と逢えない君だけれど
もしこの歌聴いたなら 何処かで笑っていて・・・
今も二人暮らした 日々はこの胸の中

155 :あり ◆XSSH/ryx32 :2005/09/26(月) 03:52:46 ID:w3l9+ZSZ
まる

156 :名前はいらない:2005/09/26(月) 06:18:07 ID:vnGDthxf
「男泣きするような」が頭に付いてるからなぁ

157 :takamasa:2005/09/26(月) 09:36:52 ID:qD989ZGT
わかってるんだよこの気持ち
伝えたいんだこの気持ち
だけども伝えることはない
きみの笑顔を壊したくない
ただその思いを貫いた
男ごころの片思い・・。

http://ameblo.jp/nakayokikotowa/

158 :名前はいらない:2005/09/27(火) 12:44:19 ID:UK2eM2Ci
生と死の狭間
貴方は行き来する 永遠に…
想い、伝え、結ばれて…
生きる事がそんなにも辛いのか
死に意味を見出すための生なのか
愛するための生なのか
私には分からない…
辛い程、死にたい程に愛すのか…
辛くても尚、愛すのか…
触れる度に貴方を傷つける愛
その度に傷つく私

私は貴方を愛し、傷つけ、消す
貴方は私を愛し、傷つけ、消す…
でも、
私は消せないの…

貴方は私に愛され続け、蘇える
何度でも…
痛みを繰り返す、それが快感

…貴方は私の人形じゃない
でも
貴方は私に躍らされ続ける
繰り返す…永遠に

生と死の狭間
貴方は行き来する
永遠に…

長くてスマソ

159 :名前はいらない:2005/09/27(火) 17:06:13 ID:reockqge
ああ
本当に
好きだったんだ

こんなにも

好きだった

160 :MG:2005/09/27(火) 18:41:03 ID:8D/LXi+9
ずっとずっと一緒なんてわからない。だからきっと僕達は離れてしまった。
ぼくだけ…きっとぼくだけは別れてきずいた事はたくさんある。
きみの存在、きみのすべて…
ぼくはあなたを愛しすぎて、狂ってしまったのかな?
ほかの女と手さえ繋げなくなってしまった
わすれてくれといったが…
わすれたらきみといた時間
きみのかおり
きみといた時間
すべて むだだったってことになるとおもうんだ
だから…わすれないでこころのなかだけにすませてくれ…

161 :名前はいらない:2005/11/13(日) 03:22:02 ID:vx0KxVVw
イイ!!(・∀・)あげさせて。

162 :名前はいらない:2005/11/13(日) 08:20:02 ID:wsXqhndI
http://id13.fm-p.jp/book/main.php?uid=utukusii&dir=25&num=1

163 :名前はいらない:2005/11/13(日) 08:22:27 ID:Xa8Ic+wM
>>162
ぐあああああ精神的ブラクラじゃボケーー!!!

164 :名前はいらない:2005/11/13(日) 09:14:29 ID:ifgOGrB3
女神の聖書(ぽえむ)w

165 :名前はいらない:2005/11/13(日) 16:00:20 ID:htovpgce
風の強い日に要らないものを積み上げて
思い出と一緒に吹き飛ばした

昔とかたを付けたかった
昔の僕は逃げてばかりだった
けどもう逃げたくない
正直疲れたし
気づいたんだ向き合う方が楽だってことに

僕の心の中にはまだ君が居て泣いているんだ
僕はラジオに手を伸した
音楽だけが君を忘れさせてくれるんだ

僕と君の軌跡
使い古したラジオと一緒に捨てた
そうして手に入れたものは何もなかった

風の強い日に君に宛てた最後の便り
「ごめんね。さようなら。」

僕の中に君はもう居ない
妙な水溜りだけが残って
新しく買ったラジオからは
音楽が僕の心を透り抜ける

空は気持ち良いほど晴れていて
風が強かった



166 :まなみん☆":2005/11/13(日) 16:23:10 ID:tC2AKRFa
みんなぁぁまぢぁたぃとブチアゲょぅにゃんっ☆ぁたぃゎ今年ぃ、
@になったんじゃん♪ちょっときいてほっしぃんだけど、彼氏がA人もぃるんだょねぇぇぇ
♪彼氏A人トヵA゛で、マヂぁたぃゎ幸せなのぉぉ♪このぁぃだぁ、
彼と初チュウUたんだょぉぉねっっぃぃだしょぉぉ☆ぅらゃましぃだしょっっ♪
でも彼氏wぁあげなぃだっちゃ♪゛ぁと、こなぃだあたぃゎ、誕生日だったんだけど、
A人の彼が、ヴィトン&マジョAをくれたなりぃぃ♪ ぃぃだしょっ、
でもみんなにゎゃんないょぉぉぉ☆゛A人の彼ゎ、まぢに本気でぁたぃを好きなんだっちゃ☆゛
ごめんなぱぁぁぁぃ゛
みんなぁ・・・本当に応援Uてくれてありがとぉだっちゃぁぁぁ☆゛




167 :名前はいらない:2005/11/13(日) 16:37:04 ID:xDevy6p7
http://www.alfoo.org/diary4/mp3d/index.php

168 :名前はいらない:2005/11/20(日) 15:43:46 ID:pgUNTkyp
僕がこの街からそっと 去りゆくのは
癒されることのない 痛み故に
一途な想いをあなたに 撥ねつけられ
取り乱して泣き叫んだ あの冬の日
さらば 好きだった女性(ひと)
あれからおよそ1年
いつか 仲直りを
なんて考えてたけど

肌を重ねたいわけじゃ なかったのさ
母のような優しさを 求めていた
あなたの冷めた態度が 悲しすぎる
望みはあの時既に 潰えたのさ
さらば 好きだった女性
もうここには戻らない
叶わぬ夢ならば
いっそ 置き去りにするさ

さらば 好きだった女性
忘れたきゃ忘れりゃいい
あなたへの想いに
忘我した男のこと
さらば 好きだった女性
そして人生最後の恋
こんなに辛いなら
愛を捨ててしまいたい 


169 :雑草 ◆XalcQXl4p. :2005/11/21(月) 04:33:20 ID:hbVy4k6E
二人一緒に寝れるよう買った、
ダブルベッド
つい、布団を取りすぎてしまう

すると君が怒って
布団を取り返すんだ
だから取りすぎたと思った僕は
君に布団を掛けてあげようとした
「ごめん」、と言って
けれど そこには冷たい空間しかなかった

君の起床時間に合わせた、
目覚まし時計
まだ早いといって、乱暴に止めた

いつもの時間に起きたけれど
朝食を採る時間は無かった
君がいつも、作っていてくれたから

刺身でも食べようと思って
帰りにスーパーに立ち寄った
半額になった、大きいやつを

いざ食べたら
一人分余った
無意識に、二人分を買っていた

170 :雑草 ◆XalcQXl4p. :2005/11/21(月) 04:34:57 ID:hbVy4k6E

部屋は寒いし
風呂も沸いてない

ただいまと言っても
おかえりはない
おかえりと言っても
ただいまは無い

そう 無いんだ



171 :名前はいらない:2005/11/23(水) 04:21:52 ID:0EvFLJQI
もう昔のような彼はいない
あの楽しかった日々は戻らない

こんなに毎日彼のこと思ってるのに
とうとう彼には伝わらなかった
誤解されたまま
すれ違ったまま

錯覚だった
妄想だった
一度も
面と向かって愛してる
好きだよ 
可愛いって
言われたことなかった
今ごろ気がついた


可愛くない
さようなら
言われてたんだ
脳内変換してた


惨めだった


172 :名前はいらない:2005/11/23(水) 04:44:40 ID:dCzMNhav
昨日涙流して 今日も泣いていた
明日はもしかしてもう 誰も隣にいないの


鈴木亜美 - OUR DAYS

173 :名前はいらない:2005/11/30(水) 01:13:41 ID:TwjNHLyu
渡さなきゃ良かったかな。
余計だったかもしれない。
でも
彼の心にいつまでもとどまっていられるはずもないから
せめてこのペンを覚えていてほしかった。

買ったばかりだったのに
これからたくさん使うつもりだったのに
手帳を埋める桃色の文字
もうかなわない

0.4mmの先端は
私だけでなく
彼もえぐり続けるのかもしれない。

でもそんなのは私の妄想にしか過ぎず
きっと彼はまもなくペン先からも開放されるのだろう。
そうじゃなきゃいけない。

一方
細い先から分泌される
おそらく無くなることのない桃色のインクは
私の胸に徐々に浸透し
心臓の周囲に同化したように見えて
ゆっくりと侵食しつづける
そして
混ざり合って朱となったインクを
垂らし続けるのだろう。

一体 いつまで

174 :名前はいらない:2006/02/26(日) 13:40:26 ID:fyvUl+X/
夜明けが連れて来た さよならの時
覚悟はしていたけど 辛すぎる
君の笑顔だけで その声だけで
ときめきに満たされ 癒されたものさ
理不尽な運命が 大事なものをまたひとつ
奪ってゆく 恋に気づいたのが間違いだったのか

君を忘れ去れる その時までに
凍てつく朝がいくつ 過ぎてゆくのでしょう


175 :名前はいらない:2006/02/26(日) 14:46:15 ID:ZAYHqd/K
好きで好きでそれでも足りなくって
できれば好かれたいなあとか
あさましいことも思ってしまうんだ。

あさましいことを思ってしまえば
思うだけじゃあ足りなくって
ぶざまにきみの機嫌をとったりも
してしまうんだ。

きみがわらった顔はすごくきれい

でもそれじゃあ足りなかったんだ。
きみのぜんぶの顔が見たかった。
だからぼくは、ぶざまな犬みたいに
むりやりはなづらつっこんだ。

好きで好きでなにもかも足りなかったんだ。

きみはきれいな笑顔だけ残して、
ぼくをやんわり押しかえしたけれど。

176 :名前はいらない:2006/02/26(日) 15:42:34 ID:coA+WHe8
『連鎖』

恋しさが疑惑を産んで

疑惑が距離を連れてきて

距離が愛しさつれてきたよ

あなたはもういないのに




177 :名前はいらない:2006/02/26(日) 23:29:01 ID:vL+peYMZ
悪魔を封じ込めて!!!!!!!
かわいそうな悪魔に生きる道を!!!!!!!
!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

178 :名前はいらない:2006/02/27(月) 03:05:14 ID:WNQloel9
初めて出会った日の残像が綺麗過ぎて痛い

それだけを君は残して


179 :名前はいらない:2006/04/07(金) 02:37:05 ID:lPCzSbev
『その先』
あの頃 毎日 ただ闇雲に 歩いてた
先も見えず 見ようとせず 暗い道 歩いてた

今 思えば 当然さ
俺には その資格さえ 無かったんだと
ただ 言える 君に出会って 君と過ごして 僕は変わった

光が届かない闇の中を 抜け出して 澄み切った未来へ 進むんだ
そして いつか また愛する人ができたなら その思い 伝えるんだ

あの時 突然 君の事が好きになった
君の思い お構いなし ただひたすらに愛してた

今 思えば 当然さ
君には その思いさえ 届かず終まい
ただ 言える 君に出会って 君と過ごして 僕は変わった

光が届かない闇の中を 抜け出して 澄み切った未来へ 進むんだ
そして いつか また愛する人ができたなら その思い 伝えるんだ

光に満ち溢れた世界へと 駆けだして 澄み切った未来を 生きるんだ
そして いつか また愛する人ができたなら その思い 伝えるんだ

180 :名前はいらない:2006/04/07(金) 02:50:30 ID:lPCzSbev
『花筏』
3月、君に出会った
『春』を前に 僕は暖かさを 求めてた
この道 君と歩いた
先の二人 僕は信じていた 永遠だと

今4月
桜の花が咲き乱れ 暖かな空気が街を包む
ひとりきり 歩きながら 君の笑顔 思い出しそうになるけど
ぐっとこらえ 空を見上げた

4月、僕はひとりさ
春を迎え 君の面影だけ 追い続ける

今君も
桜の花が舞い踊る この空の下のどこかできっと
夢に向け 走りながら 僕の存在 なんて気にしちゃいないかも
あっという間の 奇跡だった

今4月
桜の花が咲き乱れ 暖かな空気が街を包む
ひとりきり 歩きながら 君の笑顔 思い出しそうになるけど

ぐっとこらえ 空を見上げた

ああ
ああ
川面に 流れる 桜の花びらとともに 
いっそ 君への 思いも 流してしまおうか

181 :名前はいらない:2006/04/07(金) 11:23:01 ID:2YxSUA+B
俺は男
告白なんかしたら
ドン引きされそうで
ずっと胸に
しまっている
君と彼女の揺れる肩を
黙って
笑顔で送っている

182 :名前はいらない:2006/04/07(金) 13:14:35 ID:AK1NpHAE
君の後姿を見送って
見えなくなったら泣き崩れよう

気付かぬ間に入った亀裂は
今や修復不可能で離れる事でしか互いを保てなくなってしまったね

幼い日の子どもの恋とは違って
嫌だなんて言えなくて大人なフリしてさよなら言うしかなかったよ

もっと僕が大人だったら
君を満足させてあげられたのかな
もっと僕が子どもだったら
君の為に必死になれたのかな

桜舞うこの場所で君と出会って同じ時を過ごし
桜散るこの場所で君と別れ違う時を過ごし始める

君の面影が残るこの部屋で
ひとり時を過ごすには僕にはちょっと無理みたい

今になって追いかけて
変わる現実など無いと知りながら走り出す僕は愚かですか?

桜舞うこの場所で君と出会って同じ時を過ごし
桜散るこの場所で君と別れ違う時を過ごし始める

雑踏の中
君が迷わないようにと伸ばした左手は
空を掴み、僕の歩みを止めた

183 :aibi:2006/04/09(日) 18:07:15 ID:BKf+tArj
@夢の中で君と出逢った 僕の存在を確かめるように 
 静かにうなずいて 君は闇に解けていった
 流れた涙で 目が覚めた また1日が始まる
 君の居ない世界がまた 僕と始まる
 この世から光が無くなったとしても 僕はまた懲りずに 息を吸っているだろう
*消えないものを信じて 僕らは何処までも走ってゆく
 叶わない願い事 空へ 投げて 君を探そう
 さようならは言わない 僕はまだ此処に居るから
 忘れられない歌と ともに 君のための歌を探すよ
A君は今日も夢に出る 優しく微笑んで
 背を向けて消えてゆく どうして僕に触れてはくれないの?
 君が破って生きた世界は 本物の色をしていなかったの?
 僕の目が覚めても 君は僕から醒めてくれない
*揺ぎ無いものを探して 僕らは何処までも追いかけるよ
 叶わない希望 全部 海へ投げて 歌を歌おう
 ありがとうはまだ言わない 僕はまだ見つけていないから
 忘れられない歌と ともに 君のための歌を探すよ

 さようならも含めて 僕は優しくなれるかな?

 消えないものを信じて 僕らは何処までも走ってゆく
 叶わない願い事 空へ 投げて 君を探そう
 さようならは言わない 僕はまだ此処に居るから
 忘れられない歌と ともに 君のための歌を探すよ

★17歳の女子高生が作った詩です。 良かったら、貰ってください。


184 :名前はいらない:2006/04/29(土) 21:03:46 ID:GyeFsLAT
>>179
この曲誰の曲ですか?

185 :名前はいらない:2006/04/29(土) 21:39:15 ID:gx5k0qXF
その先

誰よりも気高く

誰よりも美しく

誰にも屈せず

誰とも交わらず







うそぴょん
にゃー

186 ::2006/05/12(金) 22:58:33 ID:cbV1cEls
お前との恋
お前と手を繋ぎ
お前とキスを交わし
そして、お前を抱いた・・・
お前の白い肌・キレイな長い髪・・・
お前のその瞳に見つめられると
俺の心はいつも高鳴った

一番好きな女
一番愛しく思い
一番守りたかった

ただ、一緒に笑うだけで嬉しくてさ
お前の声が聞ける・・・それが幸せだったんだ

一生・・・お前を守っていけると信じてた・・・
現実はそんな甘くなくってさ
そんなに簡単じゃなくてさ
結局お前を傷つけたっけな

お前を幸せに出来なくてごめんな
お前を守ってやれなくてごめんな
俺も幸せになっからさ

お前も、俺以上にぜってー幸せになれ!!
それが俺の唯一の願いだからな・・・



187 :名前はいらない:2006/05/13(土) 01:32:43 ID:28gsmG55
あなたを忘れてしまう程の胸を焦がす日まで
この道は誰とも歩けない。あの日のように。
舞い上がる花びらに吹かれて、あなたと見た春を探す。
小さなつむじ風鳴いている。
この風はあなたですか。次の春も吹きますか。
コブクロ、風

188 :名前はいらない:2006/05/13(土) 01:35:30 ID:28gsmG55
あなたを忘れてしまう程の恋が胸を焦がす日まで
この道は誰とも歩けない。あの日のように。
舞い上がる花びらに吹かれて、あなたと見た春を探す。
小さなつむじ風鳴いている。
この風はあなたですか。次の春も吹きますか。
コブクロ、風

189 :名前はいらない:2006/05/24(水) 01:55:29 ID:qVAP/eCN
薄れいくあなたの残像を必死に手繰り寄せる。
忘れたくないのに忘れてしまう。
自分が許せない。

他の誰かを愛してもいい。
けど、私達がしたような恋はしないで。

何故あなたなのか…輝いていたから。
あの瞬間、長い間混沌としていた私の時間が正常に動き出した。
あなたの全てがあたたかかった。
あなたを取り巻く全てがあたたかかった。
それはいつの間にか私の世界をも侵食していった。

190 :名前はいらない:2006/05/24(水) 02:52:31 ID:4sYWeMi+
今更だけど好きだった。
君とはもう二度と会えないけれど。 

今更だけど好きだった。
もう、遅いのは分かっているけれど。

それでも、やっぱり好きなんだ。
だから、何年かかるか分からないけど
僕がそっちに言ったら僕の気持ちを聞いてほしい。
それまで、僕はこの世界でがんばるよ
君が精一杯生きたこの世界で。

191 :名前はいらない:2006/05/26(金) 20:34:57 ID:B1lZnBsZ
夜明けの別れから 半年経たず
君が結婚すると 知らされた
祝うべきことだと 理解してても
強い喪失感が それを許さない
残酷な現実が 大事なものの最期を
僕に見せる 所詮 雲を掴むよな恋だったのさ

動くことをやめた 心の時計
いっそ孤独に死のうか 混沌(やみ)に包まれて


192 :名前はいらない:2006/05/29(月) 17:12:57 ID:re+TLWBh
愛が消えてしまえば友達にもなれない   
           電話さえもかけられず
長い夜が悲しい追憶の糸をたどり
          あなたをまたさがしてる
  
心から出て行って 
ひとりで眠ることが出来る

あなたに夢の中で
     もう一度ふれられたら
               許してしまう
そんなそんな気がして
                 
愛が少しだけでもあなたにあるならもう
           昨日なんかいらないわ
胸のすき間涙でうずめてもこぼれ落ちて
          あなたをまだ好きでいる
身体から出て行って
ぬくもりなんかなくていいの
あなたに夢の中で
     もう一度抱かれたなら
               拒みきれない
そんなそんな気がして

〜「追憶」から〜
      


193 :名前はいらない:2006/05/29(月) 17:18:30 ID:re+TLWBh
思い出の糸を、たぐり、だったかな。間違えてたらすみません。


194 :名前はいらない:2006/06/17(土) 15:51:56 ID:e+9P/DyA
君を想うと胸が熱くなるんだ
それと同時にあのころを想い出す

君と出逢えたこと大事にしたい
だから僕はそっと泣いて、そっと生きてる

勝手に君を好きになって告白した
僕が全て悪いのさ
他の人と比べれば僕なんか落ち目
だけど 君への愛情は
誰にも負けないつもりさ baby

もう君の愛なしでは生きていけない
自信を持って強く言えば良かった
君を誰よりも愛していると
約束するよ きっと君を幸せにする
だから安心してついてきてくれよ baby

195 :名前はいらない:2006/07/22(土) 10:47:05 ID:N+QzHEZ2
私たちはあの部屋でゆっくりと一緒にいたね
引っ越してからも仲よくいれたね

けれどキミが怒ると所かまわず暴力を振るってきた
1年ぐらい耐えた
よく耐えられた

けれどそんな日々にも終止符がうたれ
今の私がいる

新しい彼氏がそばにいてくれるから
元気でいられるよ

これから先何が起こるかわからないけど
信じ続けるよ、ダーリン

196 :名前はいらない:2006/07/22(土) 14:27:00 ID:BScz4KYk
曖昧な共生
曖昧な夢

その時 君は汚れていた
その時 僕は汚された

見知らぬ人と色町へ消えていく君
見知らぬ君を見送る僕
もう存在しない僕の純潔の価値は?

君に染められた僕は
君の手によって削ぎ落とされた

曖昧な純潔
曖昧な汚れた血

魔法の掛かった流れ星は
魔法を持った賢者に粉砕されて消えた

賢者は君に似ていた

197 :名前はいらない:2006/07/24(月) 17:38:49 ID:rqkOfasi
手を伸ばせば届いたのかな
あなたの背中はもうすでに遠く
手を伸ばしても届かない

別れの代わりにあなたが差し出した剣はこんなにも痛く
こんな剣を差し出すぐらいならその剣で僕の首を落として欲しかった
こんな苦しみ痛み悲しさを与えるあなたはさしずめ死神

愛し憎みの感情なんて消えうせ
ただ浮世を漂う道化
手を伸ばすこともかなわない

死神を解き放つ時日は今だ遠く
道化は剣を首に添えたださすらい腐りゆく
いっそ剣を刺して虚空へ旅立とうか
そうすれば死神を忘れずにすむから


198 :名前はいらない:2006/08/02(水) 03:25:43 ID:qeZ5kXk3
ARE YOU FEELNG FINE?(元気にしてる?)眠れない夜には君の幻が
SHE SAID “LOVING YOU MADE ME HAPPY EVERYDAY”(彼女は言った、あなたと過ごして毎日幸せだったわ)
あの頃と同じさ 無邪気な顔で話しかけないで

省略

ARE YOU FEELNG FINE?(元気にしてる?)無駄な抵抗は止めて明日へと向かおう
I SAID “LOVING YOU MADE ME HAPPY EVERYDAY”(僕は言った、僕も君と過ごして毎日幸せだったよ)
いつの間にか眠りに途切れて消えた 笑顔のままで

199 :pinky*:2006/08/04(金) 14:06:36 ID:dsmGsU/m
もう何日経つのかな?あれから僕の心は時を刻まない。気にさえしない。
前に進もうって試してはみるけど、心のどっかで、まだこのままでいたいんだ。
もっと時がたてば楽になるのかな?雨がやんでも、涙が止まっても、
心はまだ血まみれ。
君の笑顔を奪うやつに勝手に嫉妬する。
素直になれなかったのは俺の方なのに・・・
伝えてたって何も変わらない。君は最初からあいつをみてた。
弱い俺は、ただ見つめることしかできなくて、あの日だってそう。
君が離れてくのをどうでもなさそうに、がんばれ、ってしか言えなくて。
後悔じゃない、ただ、自分が伝えたいことを伝えられない自分が嫌い。
こんなプライドなんかいらない。
今はまだ君しか見えない。

大丈夫、次までの辛抱。
また恋をしたら、この気持ちは消えるのかな?
でも、まだ前には進めない。まだ、忘れたくないんだ。

最後に、こんな俺に付き合ってくれて、

ありがとう。



200 :名前はいらない:2006/08/06(日) 01:34:49 ID:Mh+M/zWx
『恋ノ花』

─命短し恋せよ乙女―

私はここで咲き誇る
アナタを待って咲き誇る

短い命を焦がしながら
優雅に景色を彩りながら

私は季節を告げる花
アナタの時を刻む花

光が欲しいのアナタから
心を潤す水も欲しい

いつしかアナタは消えていて
残った私も誰かに摘まれ

今の私は枯れた花
二度と咲かない枯れた花
アナタに生きた、かよわき花

命短し恋せよ乙女
明日の月日は無いものを…


201 :名前はいらない:2006/08/22(火) 00:07:43 ID:aM7/D0F+
なんだけど
なんだけど
なんだけど…なに?
いい人なら、困った顔しなくてもいいじゃない
いい人なら、付き合ってくれてもいいじゃない
なんで、いい人なんだけど…って言うのかな
なんで、「なんだけど」がつくのかな



202 :名前はいらない:2006/08/28(月) 13:39:50 ID:VqEzCrNQ
「星のアルペジオ」はマジ泣ける

203 :名前はいらない:2006/09/09(土) 23:53:16 ID:YqdYxrVF
きっと僕が指をくわえてる間に君と彼の思いでは増え続けるんだろう。
それでも僕は君を応援する、下心で。
君が彼には見せない弱さとか、僕は見てるから。僕は知ってるから。

近いのか遠いのか、近すぎて見えないのか遠すぎて見えないのか。

僕はもう今までの僕じゃないから。気づいて欲しい

204 :アウゲイアスの家畜小屋:2006/09/10(日) 00:03:15 ID:e5kPJk7t
奪ったモノは、もう二度と戻ってこない
わかっているけれど、求めつづける、ひたすらに
願ったことならば、叶えなければならぬと、叫びつづける
天よ、笑っておくれ 哀れな僕を
蔑んでおくれ、叶わぬ願い、醜き願い、もう届かない




205 :名前はいらない:2006/09/10(日) 03:31:08 ID:q/K7Zr3a
この寒さは一人じゃ拭えないよ
君がいて初めて輝けるモノがある
ココに崩れ落ちた涙を 掻き集めた
一人じゃ何もできないから
不安を隠す事なんて できなかった
あなたを必要としかしない この思いが
怖いくらい 苦しめる
他の人じゃ この思いを拭えないと知った
大好きなあなたを 抱きしめ
鎖という名の 強い思いで
繋いでいたい

206 :名前はいらない:2006/10/28(土) 04:01:30 ID:FDIsOMU5
いて
と刺さった
爪の切れはし
三日月

部屋のすみ
細い薄い
三日月
掃除したはずの
部屋のすみ
とつぜんに
皮膚こえて
よみがえる
いやらしい
柔らかい手

207 :銀の対角線 ◆ozOtJW9BFA :2006/10/28(土) 07:37:39 ID:T0vhQ6BM
恋をしちゃいけない人間に生まれた人たちは
寂しいんだろう
誰かに 恋なんてするな と言われた訳ではないけれど
寂しいんだろう
毎日泣いているんだろう
寂しくて 悲しくて 震えている事を 毎日隠して
自分自身が 幸せになんかなれないと
誰かの事を 幸せになんかできないと
毎日胸が締め付けられている
まるで 恋をしているかのように

同じように苦しいのだろうか?
この 寂しさは 
あの 夢見た恋と同じように


208 :名前はいらない:2006/10/28(土) 18:09:43 ID:40Rt/aF1

さようなら
あいしてるからさようなら
さようなら
のつぎに
ことばなんてあるのかな
あいしてる
のつぎに
ことばなんてあるのかな

電車の中は酷く晴れていて
君をどっかに連れてった
雨はシロツメグサに グサリと
何も残さず去ってった

さようなら
あいしてるからさようなら
それはないよな

209 :ちっち ◆FMiYTdsunc :2006/10/28(土) 18:47:33 ID:BkPzpoxw

「いままで ありがとう」

こんな残酷な詩があるだろうか。

210 :ちっち ◆FMiYTdsunc :2006/10/28(土) 19:08:15 ID:BkPzpoxw
「いままで ありがとう」

俺は携帯電話も持てないくらい落ちぶれ果てていた。
だから 公衆電話から、彼女に電話していた。

夏の事だった。蝉の声の頃、、、

夏の公衆電話は まさに サウナ状態だった
1分ほどで 汗ダクになる
拭き取る物も無いから 体が滝のようだった

長距離電話だから、カードの減りが猛烈に早い
さー、そろそろ 彼女に言わなけりゃ!伝えなきゃ!

と、その時!


「いままで ありがとう」



・・・滝の様に 涙が

211 :名前はいらない:2006/11/25(土) 03:56:53 ID:8Hn1MrmC
非日常の君を待ち
ダイアルアップした番号は存在しなくて
実際、記憶には無いんだけど 記録に残ってるそれを見つめること
これって限りなくキチガイみたいだよね?
ダーリンって 呼んでよ、ねぇ
君がいなくなって
どうして君がいなくなったのかずっと考えてる
君が今 何をして 誰と眠ってるのか
ずっと考えてる
きっと 君に考えさせられてるんだろうな
こうして 何をしてるんだろう?って想うこと
想い続けること自体を
愛って呼ぶのかもね


212 :名前はいらない:2006/12/28(木) 17:10:07 ID:tPyMFPog
>>208
なんかしらんがグッときた

213 :名前はいらない:2007/02/20(火) 21:31:47 ID:YFCfB5ob
●俺はハッときた

214 :名前はいらない:2007/02/21(水) 12:17:35 ID:+GrXrp8F
君との思い出はもうすぐ消え去っていくだろう

だけどもう新しい思い出を作ることはできないんだね

それが堪らなく苦しいんだ

215 :名前はいらない:2007/03/04(日) 13:33:49 ID:O48YwoqC
ここんとこ毎日
平均睡眠時間 3時間ぐらい

疲れていても 寝つけやしないだろ

誰のせいだと思ってんだ 君のせいだと思ってる

ここんとこ毎日
カロリー摂取量 1日1食

作ってみても 食えやしないだろ

誰のせいだと思ってんだ 君のせいだと思ってる
あの日からずっとこの調子だ

ここんとこ毎日
涙の降水量 96%

泣いても泣いても 枯れやしないだろ

誰のせいだと思ってんだ 君のせいだと思ってる

朝から泣いて お昼も食べずに
今夜もきっと眠れないんだ

誰のせいだと思ってんだ 君のせいだと思ってる 君のせいだと思ってる
あの日からずっとこの調子だ

ほらまた 僕は泣く

あの日からずっとこの調子だ

216 :名前はいらない:2007/03/04(日) 18:56:21 ID:8YJmFMmr
おうう!おあうううう!!
ぐふうう、ぐほおおおおぉおう

ルミコオオオオオオ!!!!!

どうして俺をおいて行ってしマンハッタン!!

ゴートゥーフィラデルヒアあああああああ!!

アサミーーーー!!!!!

マイコーーーーー!!!!

マイコージャクソーーーーン!!!!

へい。ダンスにシューズ。サンフラン静江ええええええええ!!!!

綾香ーーーーーー!!!!!

俺の話を聞いとくれえ。

217 :名前はいらない:2007/03/07(水) 17:36:57 ID:oOttriDR
あの頃の僕は未熟で 自分を確かめる為に
君の気持ちも考えずに 抱いて傷つけてた
それは君も同じだったね その現実に2人して逃げていた

『失って気づく』ってよく言うけど それに気づけたのは僕だけ

君のいない街は あまりにも無機質で
『自分』を見つけられた僕には 寒すぎるよ
もう一度あの頃へ戻れたら… 叶わない願いを抱き続ける


218 :名前はいらない:2007/03/09(金) 21:36:40 ID:J2bMiiSc
君はもういない
体が床に沈んでいく気分
心臓を握りつぶされているように締め付けられる
いつも話していた俺の部屋
君の面影や君の香り
君の髪の毛やいつも二人で聞いていたあの音楽
幸せだった頃の二人の写真
君からもらったミッキーマウスの人形
まだ残ってる
君のいた場所を見つめると笑顔で笑っている君がいる
そこにいるなら抱きしめたい
戻りたい
当たり前に君がいたあのころに・・



219 :ダメット ◆dmEtYvIl.. :2007/03/10(土) 05:47:23 ID:MiN4ubua
優しくないから優しいフリが どんどん上手くなったんだよね
途絶えぬ闇と 告げ去る背中 ほろ苦い位 甘いフレーバー

僕は独りで ベビードールの瓶を回して
忘れ物なら ここにあるよ 呟いてる

愛していると言えたなら 重なる嘘は砕けたのかな
最後に響いた コロンの嘘を 今もただ 追いかけてる


恋しいはずでも恋しい言葉 一つも掛けてくれないからね
途絶えた 日々の浮かれた夢幻 甘たるい位 苦いフレーバー

君が残した ベビードールの瓶が回れば
意味の無いまま 過ぎた時は 瞬いてる

愛していると言えたなら 本音の色も届いたのかな
かすかに香った ピンクな思い 今もただ
残る傷痕 ベビードールの瓶は回って
忘れ物なら ここにあるって 待ち続けて

220 :ロケット:2007/03/10(土) 16:43:53 ID:6Wx9ltFS
君の残り香だけが僕を縛り付けて
眠れば覚めたときの現実が怖いから
眠れないから嫌な夢さえ見れなくて

他の誰かに身を委ねてしまえば楽なのに
いつ消えるかわからない
君の残り香に縋り付いてただ涙を流すんだ

221 :名前はいらない:2007/03/10(土) 16:55:49 ID:OiLWaAw2
はじめて、わがまま言ってくれた
「別れてください」
つらそうに、苦しげに

幸せそうに微笑むあなたが
最高にかっこよくって大好きだった

いいよ 大丈夫だよ
ちょっと悔しいけど、手を離すから
幸せそうに微笑んでいてね




222 :ロケット:2007/03/11(日) 14:02:25 ID:9+ps5MAy
ただ抱きしめたくて
声が聞きたくて
その瞳に僕を写してほしくて
流れ星にそっと願った
あの日の君とあの日の僕をもう一度
照らしてほしいと。

223 :名前はいらない:2007/03/11(日) 20:01:30 ID:QuWDPrYx
http://x19.peps.jp/ahochinpo

224 :ロケット:2007/03/13(火) 13:30:49 ID:zkSiIkz2
僕が求めるほど君は離れていく
輝きを増していってどんどん僕を残して行く
誰かに奪われてしまう前に僕のことを嫌いになって
「さよなら」を君の口から紡いで
宙吊りの僕に早くとどめを刺して



225 :名前はいらない:2007/03/19(月) 02:29:55 ID:C4cAZIVW
・・・分かっていた
ただ けじめをつけたかった
なのに
なぜわたしは泣いてるんだろう?
こんなのわかってたじゃない
突き放されなかった
それだけでよかった
なのに
叶わなくて
恋に見向きもしない彼方が、
ありがとうと・・・



彼方の前で瞳から
何もこぼさなかったのが
なによりも救いだった
こんな気持ちはじめてだ
どうすれば良いか分からない・・・
今はただ、
このやり場の無い想いを
心に抱いて
涙を流すだけ

226 :名前はいらない:2007/03/19(月) 17:04:27 ID:xGmLRi6A
すきなコができた
コをすきになった
毎日が堪んなくなった
エロ本を読まなくなった
は、嘘だけど
漠然とオナニーしなくなった
もう本当に一点集中
仕事に行くのが楽しくなった
みんなに優しいあのコ
地球に優しいあのコ
とっても可愛いあのコ
可愛くて可愛くて
僕は恋に落ちた訳だ

もっとお喋りしたいし
仕事帰りに一緒にご飯とか食べたいし…
そんなこんなで
メールアドレスを聞いたら

「無理wwwwwww」

227 :ふーすけ:2007/03/26(月) 04:25:04 ID:wTlkazY+
僕は君の好きなぬいぐるみ
古いつき合いでもなぃ
抱きたいときに抱き合える
冗談だろ?
気になるのができたなんて
まだこんな充電に残ってるのに
僕がたまに動かなくなるからかい?

なんで僕を隣に置いて寝ないんだ
君の臭いも癖も全部知ってるのに

なんなら捨ててくれた方がょっぽど楽なんだけどな

だけど一番になれなくても
僕は君のぬいぐるみ

そんな綺麗なの捨ててくれ
だってそれ電池が無いんだよ

83 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)