5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

切ない詩

1 :み〜:04/02/11 10:48 ID:AsbOiLOF
切ない系の詩、見たいです!書いてください(><)
お願いします♪

2 :名前はいらない:04/02/11 10:55 ID:1CJiljht
2get

3 :名前はいらない:04/02/11 12:12 ID:aH1wMPoO
ドーナツのタネ
コネながら味見してたら
胸焼けが・・・。

揚げたてのドーナツが喉を通らない。
僕の分も取っておいてよぉー。

これって、切ない。


 




4 :ぁゃヵ:04/02/11 12:22 ID:AJ+l5L3/
○●○伝えたい想い○●○

あの娘にこの思いを伝えたくて
でも勇気がなくて伝えれない...
こんなことを小さいころから続けていた
今もそう。伝えれない
99%いわれることのない言葉をまっている
1パーセントの力を信じて...

僕はいつも見ているだけできっかけがなければ話せない
なにかきっかけを作りたいんだけどあの娘の前だと
緊張してあたまは真っ白どぉしてこうなっちゃうんだろぅ
とても切なくて悲しくてでもあの娘をみるとゲンキになる

もし告白してフラれてしまったら今までの関係もなくなってしまう
そのことを考えると自信がなくなって
告白もできない...今は1%の勇気しかないけど
いつか100%になることを信じて...
今はあの娘のことだけを考えて
他の事は考えないで いつか
僕の宝物になるように
僕は君の宝物になりますように..

○●○おわり○●○

どうでしたヵ??
うちのHPでこんなのたくさんかいてます。
よかったらみてね。
http://benri.gaiax.com/home/aya101

5 :くらりnet:04/02/11 12:51 ID:inTsb6yj
>4
HPみてきたぁー。
共感できないけど、素敵なポエムと思ったよ。

今の僕って吸い込まれちゃうほうだから、何となく違うかなぁ・・・。
好きな相手に吸い込まれちゃう感覚には、怖さが感じられないのよ。
同じ恋がテーマでも人それぞれなんだね。

僕、切ない系の詩は苦手かもしれない。書くほうね。
切ないって・・・。何だろうか。
僕の切ないって邪魔なもの排除して二人の世界を作りたいという。
かなり大雑把なもののような気がしてきた。
僕って、詩人に向いてない気がするなぁ。w



6 :曾村益廊:04/02/11 13:02 ID:vRpgv1Vx
『飛んで』

晴れた日 窓辺 白い、午後

海 砂浜 曖昧な日差し

君 貝殻 湿った足跡

音 波の音 何も聞こえない音

銃声 波打ち際 太陽

光 日光 とても強い照り

熱 白い赤 真っ白な砂浜に真っ赤な血

君 僕 僕もいなくなった、午後



7 :◆tr.t4dJfuU :04/02/11 14:36 ID:mpq2r88Y
桜貝

海のざわめきに
耳をすませば

つーん

どこかで真空の耳鳴りが聞こえる

こんなに騒がしい真昼の都会の真ん中は

だれも孤独な桜貝

真砂のような人混みに

小指の先を見つけた

真砂のような人混みの

足跡を浚いながら


8 :名前はいらない:04/02/11 16:32 ID:XN4nVDHa
【キング】

世界が僕だけの為に
存在しているように思えるくらい
情熱的に錯覚していたんだ

それは強さではなく
結局のところ孤独だったのだけれど


ナイフひとつ握り締めて
怯えていたのは

きっと僕だけでは
なかったのだろうけれど


9 :名前はいらない:04/02/11 23:37 ID:XdVHuINs
切れない詩

10 :名前はいらない:04/02/12 21:03 ID:H7NvZgJ0
切ない詩、それを切る。

11 :名前はいらない:04/02/14 20:23 ID:e1mVjke/
いまいち盛り上がらんスレですな。ageておきますか。

12 :名前はいらない:04/02/14 20:26 ID:e1mVjke/
><

13 :くらりnet:04/02/14 20:43 ID:Qq86yf+E
「夜空」

今宵、星のシャボン玉。
ひとつふたつと弾けてく。
今宵、星のシャーベット。
ひとつふたつと溶けていく。
今宵、星のこんぺいとう。
あまいおくちで転がして。

今宵、星の演奏会。
星のさんかく静かに鳴らす。

 今宵、願いが叶うなら。

 愛しい記憶を閉じ込めて。
 変わらぬ想いをあの人に。



14 :Akira:04/02/14 21:03 ID:8JASxPPs
>>4
男視点?なら小文字使わない方が・・・って思いました。

15 :Akira:04/02/14 21:07 ID:8JASxPPs
ごめん違ったんだね(?)どっちにしろ小文字ちょっと引く・・・(個人的に言えば小文字乱用大っ嫌い)

16 :名前はいらない:04/02/14 22:49 ID:65uEHclJ
藻前も使ってねえか?
小 文 字

17 :もみじ ◆ulufrlRV4E :04/02/14 23:13 ID:1Xkgkoqa
ストレスを感じる毎日に
あまーいチョコレイトはいかが?
これで少しは楽になれた
あまーいあまーいチョコレイト
チョコのようなあまーいひとときを
あなたと過ごしてみたい
とけるようなあまい時間
こんな時間も必要ね

18 :名前はいらない:04/02/14 23:21 ID:1Xkgkoqa
友人の詩だけど引用させてもらいます↓

19 :友人の作った詩 続き:04/02/14 23:24 ID:1Xkgkoqa
俺はいつも君のそばにいたのに
君は気づかぬままだった
いつも君のそばにいる
けれども君は気づかない
これからも君に気づかれずに
そばにいるだろう

20 :名前はいらない:04/02/15 05:29 ID:7L6kKtRk
人を好きになるのが怖い
全てを独り占めしたくなる
そしてひとりでかってにジェラシイを感じて
身動きできなくなる
私はいつもそう
だから恋をするのが怖い
愛し過ぎると憎しみがうまれる
このやるせない気持ちをどこに向ければいいの?
自分も他人も傷つけたくない
この気持ちを押さえないと

21 :名前はいらない:04/02/15 06:06 ID:YF6Y1E5v
恋をするとね
今まで何気なく過ごした日々が
一変するの
世界が変わるの
あの人を振り向かせたくなってしまう
あなたは私の世界に入ってきたわ
でもあなたは私を迎えてくれない
いつも心を閉ざすの
いじわるね
嫌いだっていえばいいのにさ
やっぱり嫌いにならないで

22 :ぁゃヵ:04/02/15 08:31 ID:cd0JsIYJ
男τ〃も女τ〃も小文字はぃぃんじゃない??
ヵ`ゎぃぃUぃ♪なんで嫌いなのかがゎヵらなぃなぁ・・・。
でもまぁ、スキキライってあるしぃ・・・
まぁ別にいいんじゃないの?男でも女でもつかって。
うちの友達つかってるしぃ。

23 :ノリコ☆:04/02/15 12:19 ID:pAUxSjEQ
生きてる事を自分自身認めたい・・・

私は私らしく生きたい。
私は私なりの愛し方もある・・・

ミンナも個人の生き方はあるはず。
ミンナは一人じゃない。
くじけそうになっても・・・・

ミンナが居るから
笑うことも出来る
泣くことも出来る・・・
人生はきっと不幸じゃない・・・・
ミンナが居るからこそ
今こな地球に生きてるって実感できる・・・
BEST  FRIEND

24 :名無しさん:04/02/15 15:51 ID:ktOcV+PV
 女子トイレ内盗撮で兵庫医科大学脳神経外科医師逮捕−兵庫

・兵庫県の阪急宝塚駅で、兵庫医科大学脳神経外科講師 蒲 恵蔵 容疑者(56)を女子トイレ内を隠し撮りしたとして、同県迷惑防止条例違反の疑いで逮捕した。
 調べによると、蒲 容疑者は2月14日23時頃ごろ、阪急宝塚駅の女子トイレで、個室内をかばんに入れた小型カメラで撮影しているのを駅員に発見された。
同容疑者は容疑を認め
「新しい若い教授になって職場に居づらくなってストレスがたまっていた。犯行を重ねていくうちに罪悪感がなくなってきた」と供述している。
警察では勤務先の兵庫医科大学や自宅などを家宅捜索し、ビデオテープやカメラ機材10数点を押収し、余罪が相当数ある可能性もあるとみてさらに捜査を進めている。

同容疑者は昭和48年京都大学医学部を卒業し現在は兵庫医科大学脳神経外科講師で病棟医長。

兵庫医大は「誠に遺憾である。事実関係を確認し、厳正に対処する。」とコメント。

http://www.hyo-med.ac.jp/department/nsrg/stuffpage.htm

25 :ノリコ☆:04/02/15 22:08 ID:pAUxSjEQ
ごめん・・・・・・・・・・。
好きになりすぎて・・・・ごめん・・・・
私って馬鹿だよね・・・・・。
こんなにも好きになりすぎてどうしようも・・・ない。
しつこくてごめん・・・・。
それほど私は君を愛してる・・・。
ねぇ愛してるって言ってよ・・・
そしたら私は覚悟できるわ・・・。
けどやっぱ私のとこから消えないで・・・・・
お願い・・・・・。
君が居なかったら私は生きれない・・・・
死んでしまいそうで怖い・・・・。
こんなやったら・・・・
最初から恋愛さえ・・・しなきゃよかった・・・・
私を幸せにさしてよ・・・・・
愛してる・・・永遠に限りなく・・・・


26 :詩人の血:04/02/15 22:46 ID:MHN4RTKb
嘘ついてゴメンね でも、嘘つかないと 困ったでしょ?

27 :ノリコ☆:04/02/16 22:09 ID:9iSwMpIb
         青空
広くて、青くて綺麗だから私は青空が好き。
いつかは果てしない空へ・・・・・
その先には君の大切な人が待っている。
だからいつかその果てしない空へ歩んでゆく・・・
いつか必ず・・・。
だからくじけそうになった時は上を向こう。
そこにはすんげぇ綺麗な空が。

28 :名前はいらない:04/02/17 00:12 ID:R85wrgJX
切なさが最近無いなと思ったのは
あの漫画を久しぶりに手に取ったから

甘酸っぱい想い出がよみがえる

ああ、あんなにも信じていけた日々よ
あんなに旨かった年数回の外食よ
誰よりもこの胸に残る 片想いの人よ

今が一番と言いたいけれど
過ぎ去りし日々の
二度とこない日々の
あの美しさは墓場まで宝物

切なさが久しぶり 久しぶりの切なさは
あの漫画を手に取ったから

おぼっちゃまくん

29 :名前はいらない:04/02/17 09:46 ID:8BT0/8e5
今までホントにありがとう
言葉では語りつくせないほど
貴方に勇気を貰いました

きっと貴方は教師だから
そして私は生徒だから

それでも私は先生に
心の底から恋していました

私はとうとう卒業します

まだ人と話すのは少し怖い
友達も上手く作れません

だけどあなたは私に言いました
笑っていろと言いました
だから私はこの先何があっても
笑顔を守ってゆきます

先生、本当にありがとう
そしてさようなら
幸せになってみせます
貴方のために・・・

30 :名前はいらない :04/02/17 10:54 ID:FoFlEh4+
目があるのに、あなたを真っ直ぐ見れなくて
耳があるのに、あなたからの愛の言葉は入ってこない
口があるのに、あなたに好きと言えないまま・・・

手だって、あるのに。
おそるおそる、腕をのばして、
あなたの背中に触れてみても、
そこにあるのは
遠い遠い、心の距離だけだった。

31 :もみじ ◆ulufrlRV4E :04/02/20 07:23 ID:A/2iTJez

ねぇ
どこ見てんのさ
いつもいつもキョロキョロして
落ち着いてよ
そんなにあの人がイイの?
ちょっとばかり私が惚れてるからって
安心しない

いつまでも私があなたに惚れてると思わない
もう知らない

愛してやんない
おばかちゃん


32 :名前はいらない:04/02/26 05:25 ID:bd0km1Kh
どうして会うのをためらうの?
こわいの
何が怖いのよ
会えば今の状況を変えることができる
あの人が怖い
どうしたらいいの
去るなら今だとおもう
けれども去れない
ひと月ずっと悩み続けていた
私を傷つけた人
そんな人に私はなぜ会いたがるのか・・・
今の気持ちがとても怖い




33 :切ないかどうかは・・:04/02/28 10:15 ID:gNJNVCBV
例えば今日は土曜日で のんびりと過ごしてる
僕にも君にも今日は存在していて
例えば2人で一緒なら良かったのにと思った
あの日の続きがほんとはほんとで
君が隣に居れば幸せだ
1人きりの部屋も 君がここに居ないのも
あの日「愛してると」言ったのも 
君を探していない僕が居るのも夢だったら
今頃2人で笑っていられただろうか・・
そしたら君を今よりもっと愛していただろうか・・・
会えないからこんなに愛しているんだろうか・・・

 

34 :sirabe ◆Q531BMQ/Wo :04/02/28 10:17 ID:BeaGbuj3
あっすげーまるで僕の心を見透かしたようにこんなスレが!!!

35 :sirabe ◆Q531BMQ/Wo :04/02/28 10:17 ID:BeaGbuj3
あがってるよ!!!!

36 :sirabe ◆Q531BMQ/Wo :04/02/28 10:23 ID:BeaGbuj3
僕も切ない系の詩見たいがです。だれかぅあくくhh

37 :切ないかどうかは・・:04/02/28 10:26 ID:gNJNVCBV
えっとね・・好きなんだ 
何で?と聞かれても
どこが?と聞かれても知らないよ
理由なんかない わからない
顔を思い出したら勝手に涙が出てくる
細い体を見たら抱きしめたくなる
寂しそうな顔を見たら胸が苦しくなって
もう会えないのかと想像してたら
笑えなくなった・・・・
これじゃ理由にならないか・・?

38 :ねこいるか ◆/D0HAk633. :04/02/28 10:35 ID:D9UMWt7A
切ない てことは
消えちゃう てことなんだよ
きっと 昔の人は
永遠に憧れたんだよ

39 :sirabe ◆Q531BMQ/Wo :04/02/28 10:44 ID:KX5QBiy6
>>3337
朝っぱらからなかなかよい切なさだと思いました
切なさに理由はないものです。
片思いと同じで、仕方ないものなのれす。あー

40 :名前はいらない:04/02/28 17:34 ID:7Fbij2j4
「愛する気持ち」

もう君とは友達ではいたくない

もっと、もっと!

近くにいてほしい・・・

僕の貴方に対する気持ちは

小さい僕の心には

しまいきれないくらい

大きな気持ちなんだ




41 :届かない空:04/02/28 17:36 ID:Um9pa8F7
僕たちは手を伸ばす、

蒼く蒼く、清く澄んだ空に・・・・

僕たちは空を仰ぐ、

蒼く蒼く、遠く澄んだ空を

とどかないと知りながら手を伸ばす

透明であると知りながら空を仰ぐ

人の気持ちも、人の思いも

みんな同じ・・・・・

透明で届かない・・・・





42 :夢物語:04/03/01 19:56 ID:sthioWPU
キミに最初に恋をしたのは
あの笑顔を見たときだった
それから次に
その力強い手に魅力を感じたんだ

最後まで触れる事は
叶わなかったけれど
僕を玩んだりもしなかった

待っていてください
次に逢うときこそ

私の気持ちを伝えます
言葉に出来ない
切ない気持ちを・・・

43 :ねほん ◆FSnm09kHak :04/03/01 20:58 ID:ubHU3Y5w
私は7  6を切りにきた


ザシィー!!!   にせものめ!!!


私は7    6  5   4  3   2  1            0


8は      ゼロ

44 :よつめ:04/03/01 21:17 ID:J+WErTwq
愛する

あなたは僕のために泣かないでください
僕はあなたがずっと笑顔でいられるなら
あなたの前から消えましょう

僕になら黒い言葉を吐いてくれても
僕はあなたの黒に染まれるなら
喜んで受け止めましょう
汚くなっていく僕は見ないでください
あなたは あなたのまま笑っていてください

僕はあなたが大好きです
あなたがこの想いを邪魔だと思うなら
ぼくは笑って心を殺しましょう

それでも僕は泣くでしょう
あなたの知らないとこで 泣くでしょう
ただ あなたの前では泣きません
あなたの笑顔が僕の涙で汚れるのは
見るに耐えられません

僕からのお願いを一つ
愛してほしいなんてことは言いません
汚い僕のことなど綺麗に忘れてください
ただ あなたは愛することを忘れないでほしい
その笑顔で これからもずっと
愛し続けてください
ずっと ずっと
綺麗で愛していてください

これは5段階+αに載せた詩ですが・・・

45 :てす:04/03/02 00:06 ID:tvXacKCY
アスファルトの海に
鯨は暮らせない
 モルディブの海に
蚕は暮らせない
 愛おしい者達よ
 愛おしいなりに努力せよ
地球は半回転のまま墜落する
 月額3000円のローンを背負った
蟻が行進してゆく
 「あれが夢だ」「これが夢だ」と
予言者達が指さした物が
 この蟻の姿だ
 溺れる藁の上の蟻

46 :快楽童子 ◆plhXCa4.HY :04/03/02 00:18 ID:qgidzeQz
>>31

(快Д楽) ハァハァ

47 :劣等感:04/03/02 03:54 ID:WthUvwkG
あの子と私は似てるのに
とても凄く似てるのに

撮る写真も
話す内容も
描く絵も

怖いくらいに似てるのに
嬉しいくらいに似てるのに

この気持ちは何だ

似ているのに
似ているのに

48 :名前はいらない:04/03/02 04:57 ID:J+Ixc0e3
>>47
意地悪するわけではないけど、一言名言スレより。

718 :ポエマー :04/02/29 17:35 ID:ifTte6Da
自分と同じくらいの芸と感じるときは、
自分と段違いの巧者である。
                              徳川夢声



49 :名前はいらない:04/03/02 07:10 ID:qUQLTaCw
 カムチャッカの熊系が
兄貴の夢を見ているとき
メキシコのスジ筋は
朝もやの中でペニスを待っている
ニューヨークのサーファー系が
チンコ握りながら寝返りをうつとき
ローマのガテン系は
肛門を染める血液にキッスする
この地球では
いつもどこかで勃起がはじまっている
ぼくらはチンコをリレーするのだ
経度から緯度へと
そうしていわば交代で地球を守る
眠る前のひととき耳をすますと
どこか遠くで兄貴が鳴いてる
それはあなたの出したザーメンを
誰かがケツマンに受けとめた証拠なのだ

50 :☆キキ+キ゚Д゚♪ ◆qpmo.OOqAo :04/03/02 07:55 ID:eH/zqKcn

最高

http://book.2ch.net/test/read.cgi/poem/1078165513/

みんな僕に自分の言い訳してる≧(´▽`)≦アハハハ

51 :名前はいらない:04/03/03 00:11 ID:5uZeOyxe
何処からどう流したら君には愛の音に聞こえるんだ?
黙っていたら言い逃れることすらできないぜ、臆病者。

52 :名前はいらない:04/03/03 00:54 ID:ifmFZ6ms
>>49
とても切ない気持ちになりました。

53 :名前はいらない:04/03/03 20:30 ID:bf5+vfXh
>>49

54 :☆キキ+キ゚Д゚♪ ◆qpmo.OOqAo :04/03/03 20:44 ID:+hoWF+eM

落ち着けよ≧(´▽`)≦アハハハ

55 :名前はいらない:04/03/11 08:38 ID:5i2DbqI6
好きだと言ってひと月過ぎた
現実の人ではなく
架空の存在だった
何も考えず
好きだ 、あいしてる、会いたい
とことばをぶつけた
架空の世界からあなたは私に声をかける
怖くなった
架空が現実になった
その現実に戸惑って混乱してる私を
解ってほしい
このまま架空で終わらせるか
現実へ引きだすか
悩みはつきない

56 :名前はいらない:04/03/16 22:22 ID:LXuyOkHP
いつまでも馬鹿やってけると思ってた
いつまでも一緒にいられると思ってた
いつまでも笑い合っていけると思ってた

君のと日々を思い出すけど
一番鮮明に残ってるのは

学校で過ごしたたわいもない日々

もう戻らない日々
失うなんて思ってなかった

一緒に、生きていけると思ってた

57 :名前はいらない:04/04/01 03:25 ID:Nb1XP3wW
age

58 :なみなみお ◆mCFk32Woec :04/04/01 06:26 ID:/7bbHY4U
「最後の言葉」
死ぬ直前に
僕がきみに伝えたい事を
考えていたら
眠れなくなった

生まれてから喋りすぎた僕は
知っているのだ
言葉は口に出すとぜんぶ
嘘に聞こえてしまうことを

だから僕が、死ぬ直前に
おそらく病院の白いベッドの上で
語るべき事は本当は
なにもない

看病でつかれきった
きみの小さな肩を
そっと抱きながら死ねたら
それでいいのに
僕はそれでも
きみの髪を鷲づかんで
愛していると呟くだろうか

たぶんきみは
朝の静かな病室で
息絶えた僕を強く抱きながら
ただ泣くのだろう

最期まで
軽薄な言葉を
信じた僕のために

59 :名前はいらない:04/04/02 00:20 ID:G6iG02Q5
切れない

60 :名前はいらない:04/04/02 00:25 ID:BWdNP2Da
一生処女とできなかったらどうしよう。切ない。

61 :名前はいらない:04/04/02 00:26 ID:iFfouOrt
ヤバイ。俺のティムポヤバイ。まじでヤバイよ。マジヤバイ。
俺のティムポヤバイ。
まずデカい、もうデカいなんてもんじゃない。超デカい。
デカいとかいっても
「東京ドーム200000000個ぶんくらい?」
とか、もう、そういうレベルじゃない。
なにしろ無限らしい、スゲェ!なんか単位とか無いの。何坪とか何?fとかを超越してる。無限だし超デカい。
しかも膨張してるらしい、ヤバイよ、膨張だよ。
だって普通は地球とかは膨張しないじゃん。だって自分の部屋の廊下がだんだん伸びてったら困るじゃん。トイレとか超遠いとか困るっしょ。
通学路が伸びて、一年のときは徒歩10分だったのに、三年のときは自転車で二時間とか泣くっしょ。
だから地球とか膨張しない。話のわかるヤツだ。
けど俺のティムポはヤバイ。そんなの気にしない。膨張しまくり。最も遠くから到達する光とか観測してもよくわかんないくらい遠い。ヤバすぎ。
無限っていったけど、もしかしたら有限かもしんない。でも有限って事にすると
「じゃあ、宇宙の端の外側ってナニよ?」
って事になるし、それは誰にもわからない。ヤバイ。誰にもわからないなんて凄すぎる。
あと超熱い。約1ケルビン。摂氏で言うと272℃。サバイ。熱いすぎ。ターバンで釘打つ暇もなく死ぬ。怖い。
それに超精液出る、超ムキムキ、それに超高速ピストン。マッハとか平気で出てくる。マッハって、小学生でも言わねぇよ。最近。
なんつっても俺のティムポは馬力が凄い、無限とか平気だし
うちらなんて無限とかたかだか積分計算で出てきただけで上手く扱えないから有限にしたり、fと置いてみたり、演算子使ったりするのに
俺のティムポは全然平気。無限を無限のまま扱ってる。凄い。ヤバイ。
とにかく貴様ら、俺のティムポのヤバさをもっと知るべきだと思います。
そんなヤバイ俺のティムポ振り回してるひろさんとか超偉い。もっとがんばれ。超がんばれ。


62 :一発屋:04/04/02 00:43 ID:1Ar57/uz
「桜並木でさよならを」

あなたと出会ったこの場所で
今日、あなたと別れるのです
あの桜並木の坂道で・・・

まだ咲かぬハナミズキを包みこむ
桜吹雪はあなたの涙なのです
永遠の別れを惜しむ涙です

やわらかな春の風に揺れる枝先に
ぽつんと載ったつぼみの中で
数えきれない想い出が詰まっているのです

あなたは何故花を咲かせるの、と
問いかけても、ただ黙って散るばかり
僕のつぼみを横目に散るばかり

桜散り、木々の梢が緑に染まる頃
ハナミズキが寂しく
薄紅色の花を咲かせるのです

あなたと出会ったこの場所で
薄紅色の花を咲かせるのです
あなたの想い出を抱きながら

あなたの想い出を抱きながら

63 :ポインセチア一本堂:04/04/02 20:32 ID:Svykx52f
微妙な振動を記録した
明日は晴れるか 風は切れるか
異常な扇動を記憶した
今朝は醒めるか 汗は消えるか

ああ僕はまだここにいる
きっといつまでもここにいる

64 :名前はいらない:04/04/16 16:51 ID:3+CjZRsn
咲きはじめるつぼみを何度もむしる
若さにまかせて私は何度
現実を見過ごしたことだろう
むなしさだけが私を支配する
今は

65 :名前はいらない:04/04/20 00:14 ID:np6n+OP+

冬物しまった押入れの隅
あ D-502i なつかしいな
メール 読み返した


読みふけった


最後のメール 痛かったよ
涙が出た

着メロ 聞いた
これ鳴る時 ドキドキしてたよ

キミから貰った ストラップ
指でクルンと回したら

電池が切れた
終わってしまったんだね



66 :名前はいらない:04/04/20 11:53 ID:i5PKcTRH
点けたままの蛍光灯

ジーーーー ‥ チュンチュン ‥ トントントン

純白のシーツに擦りつける様に伸びをする

寝ぼけまなこには飲みさしコーシーで

目をおとす 枕の上
今日も俺の髪だった はず の髪達が
勝ち取った自由を満喫 仲間と背くらべ

俺は鏡を覗きこみ
夢から覚めるのを夢みて
また倒れ込む


67 :ISHMAEL:04/04/21 00:23 ID:effhhnGr
私が人間であるために
おはようございます
私が人間であるために
こんにちわ
私が人間であるために
こんばんわ
私が人間であるために
今日の一期一会を大切にする。

私が人間であるために
それではみなさんおやすみなさい。

68 :MURASON侯爵:04/04/21 05:37 ID:8SdcjNMf
血が流れるよ
川が流れるよ
時が流れるよ
君は死に、僕だけがここに残された

69 :みう:04/04/21 15:06 ID:j+pvgdFT
ttp://www.freepe.com/ii.cgi?icepink1224

ここにある詩好きです。
切ないです

70 :名前はいらない:04/05/08 15:50 ID:hIlN51ls
さよならバイバイまた何時か
さよならバイバイまた何時か

71 :名前はいらない:04/08/04 16:25 ID:64z94o+L
さよならジョー
いつまでも
いつまでも

72 :名前はいらない:04/11/14 16:47:07 ID:He0InHtx
大塚愛の大好きだよ。は切ないね

73 :名前はいらない:04/11/14 17:25:25 ID:EDygCGjH
君とあった時のこの雪はきれいだった、今のこの雪は僕のように汚れた心になっている。春になったら僕の心もこの雪のようにきれいに君を忘れられるだろうか?
今はまだ寒いね


74 :桜井理央:04/11/22 20:33:04 ID:rXKdGGza
貴方に逢えると、信じて疑わなかった、あの夜。

私は、瞳から涙が溢れるばかりで、哀しささえ伝えられなかった…。

75 :影人 ◆imMT98fwIY :04/11/22 21:34:13 ID:5wT5UXDf
柔らかな日射しの中で出逢った君と僕。

過ごす時間が長くなる程に恋が芽生え
唇を重ね身体を重ねる程に愛は深まった。

もう離れない。
離さない。

君と僕の薬指
輝く揃いの婚約指輪。


柔らかな日射しの中で別れを告げた君と僕。
突然訪れた君の死。
ヘッドライトに照らされ、優しく微笑む君の横顔。
直視したまま動けない


柔らかな日射しの中で別れを告げた君と僕。
出逢った時と違うのは、僕の眼に涙が光ってることだけ。


76 :名前はいらない:04/11/23 07:39:53 ID:+iUcW23x
…夜雨

「私はあなたを殺したい」

蒼の飛沫、銀の閃光、朱の螺旋の中

うすれゆくきみのえがおが

トテモイトシクテ…
イトシクテ…





77 :名前はいらない:2005/04/29(金) 14:07:19 ID:v7IrZFM4
私は貴方が愛しい
貴方も私が愛しいといってくれた
でも、貴方にはあの娘がいる
それなのに何故貴方は私に愛しいなんて事言うの?
それは反則だよ
私は貴方にはあの娘がいるから・・・
だから私は貴方との縁をきります
でも私はずっとずっと貴方を好きでいるから
貴方だけをずーっと想ってるから
だから貴方はあの娘を大切にしてあげて
私はそんな貴方を好きになったのだから
それでも私はずるい女だから
貴方が私だけを選んでくれる日を待ってる
ずっとずっと待ってるから
無理なら無理でいいの
でもあの娘以外は選ばないで
唯一私が絶対にかなわないと認めた
あの娘以外は・・・

78 :名前はいらない:2005/04/29(金) 14:20:33 ID:v7IrZFM4
好きです。
そのたった一言がどうしてもいえない
どうしても言いたいのに・・・いえない
怖い怖い怖い怖い怖い怖い怖い怖い怖い怖い
心の中では簡単にいえるのに
でも言って貴方との関係が崩れてしまうのはもっと嫌
だからこの言葉は心の中にしまっておくよ
いつかもっともっと綺麗になって
自分に自身が持てるようになったらいうから
それまで待っててね
ズットアナタガスキデス

79 :未羅琥瑠:2005/05/13(金) 13:44:46 ID:b0hwYTPV
近いようで遠いその背中
遠くから、なんて見つめていたくはない
あなたの心に近ずきたい
年月 長すぎて
離れていた時間が多すぎて
ただただ背中見つめてる
本当は好きだよ、愛してると言って
抱きしめたいよ 
でもそれは叶わない
あなたの遠のく靴音
私はそっと視線を落とし先へとやった
虚しさは涙に代わる
流れ落ちない様に必死でこらえるよ
涙を瞳にたんまりと溜めた私
鏡に映っているよ
元気?って一言声をかけられない
年月は長すぎて
あなたの微笑をそっと思い出すよ
心の宝箱にそっとしまいこんでいたあなたの笑顔
現実は遠くて
どうしているの?言葉をのみこんでうつむいてる
誰よりも近くで笑ってたあなたと私
今はこんなにも遠いの
もっと素直になれたら力一杯抱きしめて
今も元気だと、言おう

80 :名前はいらない:2005/05/13(金) 21:16:47 ID:PAA/oicz



話したい。
話すには少し遠い。

81 :未羅琥瑠:2005/05/19(木) 14:27:06 ID:wDiKF2AM
いつの間にか 離れてしまった
留守番電話のメッセージ何度も聞いてる
あなたの声 あなたの体
思い出すよ
一番後悔したのはひどく久しぶりにかかってきた電話
私は留守で 残ってたメッセージ慌てて 間違えて 消してしまった
それから あなたからの電話は無い
涙が出るよ なんて言ってたの
もっと もっと あなたの声を聞きたかったよ
切なくて 悲しくて 涙が出ちゃう
もう 逢えないの
手をつないだ温もり
あなたの温度とか
恋しくて 恋しくて 涙が止まらない
時々 今でも聞いているよ
あなたの声 留守番電話
肌に今でも思い出せる あなたの温もりが
一層私を 悲しくさせる

82 :おっさんの詩:2005/05/19(木) 20:01:51 ID:RLewEBuj
酒を飲んだ 顔面真っ赤
酒に飲まれた 脳髄真っ白
酒をこぼした 心は真っ青
酒を屈んで啜った 視界は透明

涙が

一雫

床に真っ黒の染み

これは

涙か 酒か
酒か 涙か

怒りか 悲しみか
悲しみか 怒りか

分からなかった
俺のすべてが酔いどれていた
もう何も分からなかった

月だけは醒めていた
月だけが俺を見ていてくれた

83 :名前はいらない:2005/05/22(日) 00:06:04 ID:8PeDqeGL
窓越しの月明かりが、
不眠症のジャンキーの瞳孔を突き刺す。

昨日の後悔が、今日の絶望へと変わる。

君に、君に、君に、君に、君に、
もっと優しく、もっとカッコよく、もっと面白く、
接していれば、良かったと、後悔やまない。

理想は消え、現実は消えない。

死にたくなるのも当然だ。
自殺する、勇気も無い、僕は。
一時的な死を望む。

麻痺、麻痺、麻痺、麻痺、麻痺、
自我を、麻痺。唯一、現実世界との剥離出来る習慣。
麻痺するための、液体の量は日に日に増え、
歯止めが効かない。

止めさせる事が出来るのは、君だけさ。
笑ってくれ、喜んでくれ、感動してくれ。
僕の理想で居てくれ。


84 :うさぎ:2005/05/29(日) 18:23:53 ID:mzs0od+i
つらくても
苦しくても
後悔しても
たちどまる暇はない…

85 :名前はいらない:2005/06/02(木) 12:55:30 ID:6qX9rsSU
俺が名前を呼ぶ度に新車に乗り換えた。

86 :名前はいらない:2005/06/09(木) 16:23:36 ID:dZ/McwDY
生きていると、悲しい
生きていることは、悲しくない

87 :名前はいらない:2005/06/09(木) 19:46:38 ID:f/Gr7knO
或る夏の日,あいつは逝ってしまった

本当に呆気なく,眠るようにして

最期の言葉は

「カズダンスがしたかった」

そして月日は流れた

俺は今,満開の桜に囲まれたあいつの墓前で

一心不乱にカズダンス

きっとあいつも

あの世でカズダンス

伸ばした指先の向こう側で,あいつが笑った気がした

88 :名前はいらない:2005/06/09(木) 21:54:06 ID:b44okGQz
謝らないで、君が悪い訳じゃない。
もうそんな存在じゃ無いんだから。
あの日以来、君の時間を貰ってた。憶えてる?かつては僕の時間も君の物だったんだよ。
もう気にする必要も、僕に気を使う必要も無いんだよ。
僕は君が離れていく事を望んでいたけれど、今は僕が離れていく事に決めたんだ。
君からは相変わらずメールが来るけど返信はしないよ。
だけど返事が来ないと思っている君がいると思うと何故か切なくて。
今度は僕が謝るよ。
自分勝手でゴハンな。


89 :無名:2005/06/12(日) 21:13:09 ID:4/CuZB11
スゴクスゴク好キナノニ

ドォシテワカッテクレナイノ?

胸イッパィニアフレソゥナクラィ好キナノニ

ドォシテァナタワ他ノ子ガ好キナノ?

モットモット近ズキタイノニ

ドォシテァナタワソンナニ遠クイルノ?

モット私ノ事ヲ見テヨ


90 :名前はいらない:2005/06/12(日) 21:30:11 ID:Nek7/Tm3
ただ、幸せになりたかっただけなのに
たた、不幸から離れたかっただけなのに
なんだこれは、なんなんだよこれは
自分がなんなのか理解できない
周りがなんなのか理解できない
きっとこれは夢なんだろうけど
なんのためなのか解らない
いったいなんの意味があるっていうんだ
もういいかげんにしてくれ


91 :紫苑:2005/06/12(日) 23:20:32 ID:lyoq8uv/
あなたが居ないからって
泣いたりなんかしないけど
しないけどやっぱり・・・
寂しいなぁ・・・


92 :名前はいらない:2005/06/12(日) 23:33:33 ID:Y8V94IzF

愛していると想った瞬間は夢なんかじゃない。

傍に居たいと願った瞬間は幻なんかじゃない。


93 :Kai:2005/06/14(火) 01:16:11 ID:QovsYOOz
「手と手と指と指と掌の中で」

ぼくの涙ときみの涙が 掌の中でひとつになって くるくると踊っては
溶けて消えていったね
きみの手とぼくの手が繋がって 手だけで愛しあったね
お互いの指と指とで語り合ったね
指先だけで想いが伝わるから 言葉なんか必要なかったね
僕は今でも手だけでいいのに

裸って悲しい
寒くて震えがとまらない
裸って哀れ
男の人でも女の人でも大人でも子供でも赤ん坊でさえ
ぼくの目には悲しく映る
淋しいひとりぼっちの裸体
悲し過ぎてちっとも美しくなんかないのに

死んだ祖母の裸があまりにも悲痛で 少し思い出しただけ
灰になる身体 寂しいね

動物はみんな裸だけども美しい
どうして人間だけ違うの?
裸なんかちっともいいものでもなんでもないものなのに

ねえ きみ 愛しあうって何? 命って何? ♂と♀って何?
ああ それにしてもきみの指はなんて綺麗
裸の指…
ぼくは手と手と指と指だけでいいのに
今ではきみの指に触れることすら躊躇っている



94 :雨傘 ◆aNcczJY1pQ :2005/06/15(水) 13:42:48 ID:ifBc9nfH
目覚める前の長い長い夢
バランスが崩れた時
つい最近の傷を思い出し
悲しくなる
寂しくなる
汗に気付く
脂が絡み付く

誰もいない部屋
窓を開ける音だけ

95 :名前はいらない:2005/06/15(水) 19:08:21 ID:8qjW1Bes
沢山求めすぎた
何もかも失った
もう取り返せない


















なんてね(笑)

96 :ピピニカ ◆j0kZwBsI4c :2005/06/15(水) 19:35:01 ID:wp4J5N5J
瞳に映るその姿を箱に溜めて
いつでも取り出して見ることが
できたらいいのにと思ってた
だけど鍵を無くしてしまった
箱は開かれることのないまま
深く沈んでいった

97 :名前はいらない:2005/06/15(水) 19:35:29 ID:2PeMKstN
「雨のステイション」荒井由実

新しい誰かのために
わたしなど 想い出さないで
声にさえもならなかった あのひと言を
季節は運んでく 時の彼方
六月は蒼く煙って
なにもかもにじませている

雨のステイション
会える気がして
いくつ人影見送っただろう

霧深い町の通りを
かすめ飛ぶつばめが好きよ
心縛るものをすててかけてゆきたい
なつかしい腕の中 今すぐにも
六月は蒼く煙って
なにもかもにじませている

雨のステイション
会える気がして
いくつ人影見送っただろう


98 :名前はいらない:2005/06/15(水) 20:03:34 ID:3/maSuE8
あの日
あの時
この道
この場所
思い出す
記憶の扉の鍵は
君の命だった

99 :結久:2005/07/22(金) 00:25:05 ID:uvholE8t
消えてしまう 時が経つたび
あんなに 深め合ったのに
残ったモノは あの時の震えた指

もう 最初から何もいらなかった
もう 最初から何もいらなかった

100 :名前はいらない:2005/07/22(金) 21:01:18 ID:4rBAEfn9
一人 の 娘 が 居ました。
その娘 の 手は真っ赤で
今 彼女 が右手で持っている 林檎 が見えなくなる位でした。
たった 今
彼女 は 愛する あの人 を 殺したのです。
赤 が 点々と跡を残す白のワンピースは
滴り落ちる血音を奏でるだけ
彼女は
その中で 左手 の ナイフ を握り笑うだけ

さようなら
やっと私だけの物ね

そう言って
あの人 が 大好きだった林檎を亡骸の上にそっと乗せると
赤 に 染まった 白 を 靡かせて
自分 の 血か 愛する人 の 血か わからない血を落としながら
ふらりふらり と 向こうの崖へと飛んでいきました。


彼女の身篭った子は泣き声一つ上げられるままで。






101 ::2005/07/24(日) 01:48:43 ID:I7KS4qG5
ゆるりと解け出す
メモリーの中で
消えないデータ


あの夏の匂い

かよった道順想い出す


あの夏の色

のぼった坂道想い出す

102 :名前はいらない:2005/07/24(日) 01:58:06 ID:rxHTFsBp
君には僕がはっきり見えている

すごいバカまるだしで

それが悲しいよ

103 :マロン:2005/07/24(日) 09:54:33 ID:jHV25hlA
あなたと手を繋いで旅に出る。
そんな夢をみた。

静まりかえった早朝の街並。冷たい風。温かいあなたの大きな手。
行き先は決めてないけど、不思議と二人の行くべき場所は決まっているように思えた。

夢から覚めたとき、もう会えないはずのあなたの手の温もりを感じてわたしの瞳からは涙が溢れた。

枕が濡れるまで泣いて、引き裂かれた運命を恨んだけど
あなたの思い出から旅立つ日がもうすぐそこまで来てることに、わたしは気付いていたんだ。



104 :名前はいらない:2005/07/25(月) 20:37:41 ID:LjrRJt6y
「またね」

    って
貴方がそう言って帰っていった時から

もう貴方は帰ってこない

    という事

すでに気が付いていたんだ


ただもう少し待って居たいから脳内保存中なんだ

105 :ぽんちゃい ◆Sb2y7RDre. :2005/07/25(月) 20:52:48 ID:YQ/7S0Re
「My Life Is Blues」

なあ 俺が見えるか? お前に俺はどう映る

答えは分かってる 皆まで言うな また青に染まる

今日も 一人で タンパク質放出


なあ 俺ってどんなんだ? お前はどう感じる

俺には分かってる 皆まで言うな 今日も青に染まる

どうせ 童貞 ハナから期待しちゃいない

106 :げん:2005/07/26(火) 03:17:50 ID:TMhAV4+p
65の詩好きだw


107 ::2005/07/31(日) 00:20:55 ID:8GDCVZW8
君の横顔

眺めるだけの時間

そんな、ささいな

幸せの時間

もぉ、なくなってしまうんだね。

108 :よそから来ました:2005/07/31(日) 00:36:56 ID:CfdVnp7r
もし君に
今の僕を抱くことが出来るとしても

今の僕に
君を抱くことは出来ないんだ

その意味も

そのワケも

今じゃ語ることさえも

叶わないんだよ

109 :ペプチド:2005/07/31(日) 03:54:51 ID:HcoTi5Sx

過ぎ去る時の中で刻まれゆく日々
忘れ去る記憶と鮮明なる思い出

深き漆黒の知らせに人々は怯え
光であるはずの指導者は灰色に留まり

幾千の願いは叩き落とされた
数々の想いは一つに交わる事を嫌うの?

世界の人々が手を取り合う未来を信じても
僕には歌う事しか出来ないから歌を唄おう

先駆者を称えて笑う者を正せ

たった一人でも紅き墜落を防げるのなら
みんなで歌を唄おう

悲しみの涙では血は止まらない

だけど

優しい歌で血は止まるかもしれない

それならば

この喉が果てるまで歌を唄おう



110 :ぽてと:2005/07/31(日) 09:55:00 ID:NLBP1aL8
何でいってしもたん
ずっと傍におるからって約束したやん


ほんま事故とかやめて?

もう言葉交わせれへんなんて信じられへん
信じたくない

あの時冷たい態度とってしもてごめん
好きやってん
めっちゃ好きやったから
素直になれへんかってん

あんたの事誰より愛してるから
あんたもうちの事 見守っててくれる?

悲しい悲しい悲しい
大声で泣いちゃう
涙枯れるまで泣かせてや

111 :名前はいらない:2005/08/23(火) 00:48:55 ID:b6c7AWj8
手を差し伸べてくれるのに
あたしの無責任な顔は無視してる
壊せない ライン
これを切ったら 互いに負けです
呼ぶ声も届けられないなら
口を塞いで あなたをまた見つける
日が終わると 賑やかだった駅前か
見当たらぬ
会ったところで 何も望めやしないのに


112 :名前はいらない:2005/08/27(土) 01:39:36 ID:jjZgF24q
何故そんなに 求めるの?
互いの夢の続きでしょうか?
もし明日 ぼくが一人で歩くことになっても
恋とは 勘違いしない
勘違いしてたい
しかし キミをみつけることはない
だって 恋じゃないのだから

113 :眠斗 ◆kmaH6vzpLQ :2005/08/27(土) 02:38:33 ID:U6X9Vy71
【恋花】

君のあたたかいキモチはボクにとっての太陽
心に咲いた恋花
いつも君を見つめてる
君がいなくちゃ駄目なんだ
そうじゃなきゃ駄目なんだ
君がいないと寒くって辛いんだ
その笑顔がすきなんだ
ボクの為に笑ってよ
君の涙 すべて受けとめる
たとえ枯れてもこの気持ち
いつも君のそばで愛してる
心に咲いた恋花
いつも君を見上げてる君がいるからいるんだよ
君がいなくちゃ駄目なんだ

日を浴び咲く花 君想い 命枯れても君を愛する。

114 :眠斗 ◆kmaH6vzpLQ :2005/08/27(土) 02:58:35 ID:U6X9Vy71
【君の思い】
つらいよな
苦しいよな
君だけにしか分からない痛み
わかってもらいたいわけじゃなく
慰めてほしいわけじゃなく
耐える事に慣れた悲しみ
ぶつけられないこの重い思い
ただためこむ事しか出来ずもがく事も出来ず…
つらいよね
苦しいよね
どうする事も出来ないけど
君をいつも思うから君のままでいてください
思いが分からくても
君をわかってあげられるから
思いを隠さず 逃げないで
優しくしてほしい時
抱きしめてほしい時
慰めてもらいたい時
その時になるまで
そばに いるから

いつでも 守ってあげるから。

115 :眠斗 ◆kmaH6vzpLQ :2005/08/27(土) 03:02:05 ID:U6X9Vy71
↑ど…どうですか?(^-^;)

116 :ななし。:2005/08/27(土) 03:07:59 ID:VZgKsPY7
しなやかな手に
切ったばかりの髪に
陶器のような頬に
珊瑚色の唇に
細い首筋に
温かそうな胸に
息づく魂に

触れたい。



117 :名前はいらない:2005/08/27(土) 05:09:47 ID:hJaq7fpt
誰かのこと
思ってる横顔でも
素敵だったから

118 :hana太:2005/08/27(土) 09:31:57 ID:ZQUn6MSy
>>114
こっちイイ(p_q)
君を思うからなんたら…の行まで
心に入ってくるような呼び掛けが
(≧ω≦)b
グッときたぁ

119 :名前はいらない:2005/08/27(土) 09:41:45 ID:WitvXGS2
116さん素敵ですね。




120 :名前はいらない:2005/08/27(土) 09:49:07 ID:ZPHokGM0
>>114
切ないね、、、悲しみってものを上手に表現されていますね。
でも、シリアスに言えばナルシスト。

121 :名前はいらない:2005/08/27(土) 10:10:48 ID:erUw3vYb
□携帯電話□

眠れずに伝えたい言葉
テレビ 見ながら考えた
いつもみたいに軽い冗談で
携帯電話 メールを贈る

この返事を待つ時の中
酷く沈む 表情隠せない
気付けば灯りを消していた

眠りたいのに 眠れない
あなたの返事を願っているから
待ち続けて 苦しくなって
ケータイの電源 切ってしまった

うとうと見ていた夢の中
電話のベルに目を覚ます
起きても あなたが側にいない

わたしの心 安らぎたくて
あなたに判って 欲しいみたい
悩みや苦痛 怖くて逃げた
あなたに逃げた いつの間にか

この返事を待つ時の中
この朝を迎える夢の中
こうしてケータイ 眺めている
辛くなったて誰も知らない
おやすみ 返事はまた明日
あぁ 眠れやしない

122 :名前はいらない:2005/08/27(土) 11:03:04 ID:OQbF8cP7
J-POPの歌詞みたいなのがあるな。


123 :名前はいらない:2005/08/27(土) 11:23:45 ID:OHvEBpN8
「エレジー」
夕暮れ
暗くなる部屋にひとり
私はケータイを握りしめて
動けない
バックライトは光りっぱなし
うつろな目で
何度もセンターに問い合わせ
そのたびに表示される
0の文字
それが彼の返事
私への愛情の数
いつしか
バックライトは消えていた
真っ暗な部屋
真っ暗な心を抱え
いつしか私は眠ってた
空に輝く満天の星に
気付くこともなく

124 :名前はいらない:2005/08/27(土) 12:17:45 ID:u6ET3nsm
ワンワンワワンわんわんわわーーーん〜わん、わわん、わんわんわわん ーわん……… わんわわんー 鎖に繋がれてるけど本当はこの鎖いずい、かゆい、えさが少し向こうに見えたけど鎖のせいで食べられないワンワンワワン。わんわん

125 :にょっぽ:2005/08/27(土) 14:28:58 ID:nmI3Ccdm
たった一言で別れがあるならば
たった一言で済まされた愛情の印
たとえそれが長い付き合いだとしても
君が最後に口にした言葉が
私にとっての最後の愛で
忘れられない一言になってしまうのでしょう。

126 :名前はいらない:2005/08/27(土) 14:32:05 ID:jou+thUK
●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
●●●●●●●●●●●●●●●●●合格●●●●●●●●●●●●●●●●●
●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
これを見た人は確実に【合格】です。これをコピペでどこかに1回貼れば合格できます。
これは本当です。やらないと一年無駄になります

127 :眠斗 ◆kmaH6vzpLQ :2005/08/27(土) 16:23:27 ID:U6X9Vy71
守りたかった
守れなかった
強くなりたいと初めて思った
君に会う まで
こんな気持ち
知らなかった
たとえ 僕が犠牲になったとしても悔いは
何ひとつ無い
何ひとつ無い
朝まで待った君の事を
来るまで待った君を信じて
弱い僕は脱ぎ捨て変わるから
どうか僕を信じて下さい
どうか僕を置いて行かないで下さい…


128 :名前はいらない:2005/08/27(土) 20:04:51 ID:lNGqg83s
カタチあるものなんて必要なかった
いつか壊れてしまうから。
私の薬指にはあなたの気持ち
あなたの薬指には私の気持ち
繋いだ手の温もりだけが壊れないと信じてた
…あなたには伝わらなかったね

129 :眠斗 ◆kmaH6vzpLQ :2005/08/28(日) 01:12:28 ID:I9l1XTia
【君の想い出】
心に残る、
だけでいい
叶わなくとも、
それでいい
あなたを想う、
だけでいい
きっと僕には、
それがいい

届かないのは知っている
まもない命 惜しまない。
君を想えば救われる
恋でもなければ愛でもない
君の記憶に残らないでほしい
まもない僕を知らないでほしい
あなたを想う
それで幸せ…
それが幸せ。
君の想い出 僕の中に

130 :眠斗 ◆kmaH6vzpLQ :2005/08/28(日) 02:07:57 ID:I9l1XTia
↑ど、どうですか?(^-^;)

131 :http:// 103.143.210.220.dy.bbexcite.jp.2ch.net/:2005/08/28(日) 02:12:02 ID:sPJi5q2F
guest

132 :名前はいらない:2005/08/28(日) 05:53:28 ID:cjGdGNjd
逝っちまったんだな。
ようやく今になって
分かった。


有難う。サヨナラ。ありがと。

133 :名前はいらない:2005/08/30(火) 12:31:50 ID:aM1puAqD
何処までも澄んだ
君の
目。

いつか無くなってしまいそう

恐れる私

何もできなくてゴメンナサイ

134 :名前はいらない:2005/08/30(火) 14:08:50 ID:QU8ttMhU
「失われた自然」

時を越え・・・空が訪れる
そう私はもう異次元の中

なにもかもが慌しく
その瓦礫に埋もれるのは
樹海で死んだ悲しき木々たち
全て…水で潤しその胸へ
奏でる…花瓶に挿した花…
枯れゆく姿に 失望する
私は叫ぶ「自然は壊れたのか」と…
悲しき涙が零れ落ちる

零れ落ちた涙は水面を伝い
世界に知らせる…そう 
世界の終わりを…
もう…
もう…
終わるのか 嘆く私
もうどうすることもできない

終幕を待つだけとなった

135 :hana太 :2005/08/31(水) 04:06:45 ID:P/v5BbJ5
>>129
言ってる意味がよくわからなかった(o´_`)


136 :名前はいらない:2005/08/31(水) 09:43:47 ID:ogdPle2Y
今この部屋から飛び降りて生まれ変わって
また君にあっても
結果は変わらなかったかな

真っ黒なジャガーで 外苑東をぶっ飛ばしたい
望んだ愛を手に入れられなかった俺には 黒いだけのイギリス車すら無い

人生が 一瞬で消え失せた気分
気がつけば一人 鏡に映る俺の目には孤独と 
不安しかない

これならいっそ 真っ黒な方が良い

飛ばしに行こう…
黒いジャガーで…
朝焼けを ブッチ切るまで

137 :名前はいらない:2005/09/01(木) 16:35:07 ID:HcYf8Tw+
なんで今日は あたしを 見つけてくれなかったの?
紫外線が 突き刺す中でも
キミが 見つけてくれることを願って
ずっと ずっと ずっと 待っていたんだよ
心の中で どんなに叫んでも
この声が キミに届くわけないし
電話の電波みたいに この想いだって
伝わるわけない
見渡す 平日の昼間は 思ったよりも静か
どこにいたんだろう?
もう 諦めたのかな?
歩く あたしは いろんな影に
目を配った
それでも それでも なかなか見えない

138 :伽耶:2005/09/01(木) 16:50:53 ID:LOr+9UG2
生きている理由が見つからない。
私には居場所すらない。誰も私を必要としてない。
全て夢ならいいのに。
だからたまに泣きたくもなる。
ただ布団の中で1人で声を出し泣く。
こんな毎日がいつまで続くんだろう。

そして私は空を飛んだの。
気持ちよくて、気分がよくて、でも
後戻りは出来ないから。
今見えるこの景色を精一杯見ておこう。

・・・もう少しで私は何も見えなくなるから。

139 :ななし。:2005/09/02(金) 03:03:37 ID:gPrz8otP

抱きしめてくれる
手なんて

どこにもないじゃん





140 :加弥:2005/09/03(土) 21:12:30 ID:Q841SZfL
たった一人の君へ

さようなら。 愛してる。
忘れないで。

141 :名前はいらない:2005/09/03(土) 21:33:58 ID:LNCWs+89
携帯で繋ぎ合ってた赤い糸
毎日握り返してた
あの日はとても苦しくて、1分、1秒愛おしく
君の返事を待ってたよ
もうあの頃には遠すぎて
繋いだ糸が緩んでた
夕暮れ時の窓辺から
今も着信待っている


142 :名前はいらない:2005/09/03(土) 22:45:53 ID:Goq0igfv
あの日のあたしは馬鹿だった

楽しかったねあの時は
嬉しかったねあの時は
寂しい時もあったけど
幸せだったねあの時は

突き放した途端
罪悪感に包まれた
いいと思ってやったのに
後悔をしてしまうなんて
今になって気づいたんだ

あの日のあたしは馬鹿だった

頑張ってだけの言葉だけど
つらい時だってあるんだ
なのにあたしは連呼して
逆にあなたをなやませた

もう戻らないよあの日には
思い出したらとまらない
あたしとあなたのあの日には
そう、昔になんて戻れない

あの日のあたしは馬鹿だった

143 :羊です。:2005/09/03(土) 23:05:06 ID:AvYaYkB4
あなたの残す風がうざったくて

避けても避けても纏わり付いてくる

こんなにも遠いのに
こんなにも離れているのに

まだ感じる
あなたの存在を

あなたへの想いが強すぎてあなたへの独占欲強すぎて



素肌撫で

髪靡かせ

瞳乾かし

涙哘う


心地良い風があたしを揺さぶる


あたしは両手広げ受け止める




144 :名前はいらない:2005/09/04(日) 08:19:07 ID:rpHdrlXJ
VIPから来ましたブーン⊂二二( ^ω^)二⊃

みんなクールだお^^

145 :以上、名無しにかわりましてNiCがお送:2005/09/04(日) 08:22:30 ID:HEwXqT9A ?###
凄くいい詩ばかりで感動しました。



読んでないけど

146 :名前はいらない:2005/09/04(日) 08:23:04 ID:DV9EHu8f
>はなくそ
まで読んだ

147 :名前はいらない:2005/09/04(日) 08:26:01 ID:D+40RmJW
良い詩ばかりあるって聞いて飛んで来たのに


メンヘルの日記レベルじゃん


148 :名前はいらない:2005/09/04(日) 08:26:47 ID:9gle0acS
>>147
あるあるww

読んでないけど

149 :VI○○ER:2005/09/04(日) 08:34:05 ID:l+5XNapt
優しく 優しく アイツをいじる

あの子を あの笑顔を 想いながら

あの子だと 気持ちよくならない

わかってる わかってた

でも いいんだ

僕にとってこの時間は無限だから

眠らない夜 まだ まだ つづく

150 :名前はいらない:2005/09/21(水) 00:15:58 ID:XVary2TZ
いっそのこと この思いが消えてしまえば
キミを 責めなくて済みそう
繋がれない毎日だけど 気配だけで
それくらいもつのかな。

151 :永遠の夏休みを手に入れる方法:2005/09/21(水) 10:36:29 ID:iYcE+PCq
10代が集う反逆児サイト
http://www6.ocn.ne.jp/~buraiha/

「俺達の絶叫は生け捕られた
 沈黙だけに席は与えられる支配
 憂鬱な炎に焼かれ黒焦げになった魂が並んでゐる

 授業中 俺達の大半は陽も届かぬ深淵で
 想ひ想ひの泳ぎをしてゐる深海魚
 遥か天上で教師の声がする
 真摯な想ひは受け止められることは無く
 俺達は意味の無い歳の取りかたをする
 食ひ散らされた時間が散乱し 冒涜は続く

 俺達は襤褸塗れの外の世界で暮らす人間では無く
 飼育器の中の綺麗な世界で生かされてゐる蟲なのか
 身を潜めた獣の群が残酷な昼間の光を遁れ
 真夜中 自由の荒野で咆哮してゐる
 惨忍な扱ひを赦したその先に何が有るのだと」

本の解説
http://www.bungeisha.co.jp/search/detail.php?bid=21830


152 :名前はいらない:2005/09/21(水) 15:45:43 ID:0NyYXtoS
詞だいすきぃ★★★http://my.minx.jp/kyokochiきてね=・ω・=

153 :nana:2005/10/14(金) 14:17:17 ID:tZ2VNXaZ
明日へ・・・
私はこんなにドキドキしているのに
変わらないあなたのメール
こんなに差があるなんて・・・    

恋する想いに少しだけ勇気を下さい。 
メールを打つ指が震えて、溢れ出る涙は
あなたの存在で心がイッパイ。

私はこんなに近くにいるのに
変わらないあなたとの距離
こんなに遠いなんて・・・・・

恋する想いに少しだけ力を下さい。
傷つくのはもう嫌なのに、いつまでも側にいたい
矛盾してる思い。

恋する想いに少しだけ光を下さい。
どんなに時が立っても変わらないこの気持ちに
少しだけ明かりを灯して下さい。

また明日が見えるように・・・・・

154 :名前はいらない:2005/10/15(土) 04:26:35 ID:J/HRzcW4
ただ会いたかった、と口に出せなくて平気なふりして笑ってたあの日の私。
もう少し傷つけてくれたら、いっぱい泣いて忘れてた。
あなたを心に残したまま、月日だけが過ぎてゆく。
哀しいほどに早く。

155 :名前はいらない:2005/10/16(日) 10:29:11 ID:8YNHP8+h
苦痛に歪んだ顔が見えるじゃないか
そこにいるから
、存在しないのに存在する
とても危険な事
もしも
心強くお前素敵ならなんて語る男誰かな
俺でありうるか
それが人生でありうるなら俺は行きたいんだ
諦めはしたよ
苦しいよ
でもがんばってみたい
生きていたい
俺の人生
語る? 俺何も出来ないけど
芸術 一人で生きてみたい
言葉は遊びか
死ぬ時は一人
心強いことは何も言えない
混沌と混乱と狂熱
俺のハードケース
不可能かな 一言ぐらい
「俺の後ろに付いて歩けよ」

156 :名前はいらない:2005/10/16(日) 13:21:25 ID:1CGNsDfm
何にもいらないから あの場所から 君を取り戻したかった。奪った全てを憎んでも

一番憎いのは 何度考えたって 自分だった。愛する人に臆病で何一つ施せないなら

人を愛する資格なんて持てないのかなぁ。

157 :名前はいらない:2005/10/17(月) 01:58:55 ID:Lvzk/fkk
キミが起き上がってきてから つかの間
あたしに用事が入る
無職の無色
求めるものなどもう無いと云ったじゃない
ねぇ キミはこんな時 どういう顔をするの?
リスクの軽減になりそうな弁護なんて何も無いもの
ゴメン キミ

158 :名前はいらない:2005/10/17(月) 03:16:55 ID:TvK7DmnH
あぁ〜〜ファックしてぇ〜
いやホント、マジでファックしてぇ〜
風俗以外の普通の女の子とファックしてぇ〜

159 :名前はいらない:2005/10/21(金) 20:29:49 ID:U7mPyWZf
いないよ いないよ
キミがいないよ
今にも雨がふりそうな駅前で
たった一人 暖かい誰かを探しているのに
二人見上げた空の色は
夕焼けで少し赤くって
何を示していたんだろう
隣から消えたキミとあたしの関係
所詮 それぞれ歩いていた足がぶつかっただけの話
キミの辛さ ここに記して

160 :名前はいらない:2005/10/23(日) 03:54:08 ID:wGA65SfD
なんでかな
貴女の顔より
背中を
よく見てる



161 :名前はいらない:2005/10/24(月) 22:41:22 ID:CLDewGiT
いつからだろう 最後に人を好きになったのは
ずっと ずっと 昔のような気がする
その人を見るだけで 胸が苦しくなるような
その人の事を考えるだけで 楽しくなるような
あの思いはどこへいったのだろう

いつからだろう 人を好きになれなくなったのは
笑いあう友はいても 好きにはなれなかった
その人を見つけるだけで 嬉しくなるような
その人のことを もっと知りたいと思うような
あの気持ちは いったいどこに消えたのだろう


いや… きっと消えたんじゃない

消してしまったんだ  

162 :魅区:2005/11/06(日) 12:40:05 ID:BGXEeZmr
〜天空〜

青い空に感じる哀しみそれは後悔と憎しみ 心の空は今日も小雨

だからせめて降ってよ 過去という悲しみを流すために

青空を包む雨は優しい雨 この乾いた心を潤すように

雨の後には 天空に虹が出るから この数多の空に

赤い空に感じる悲しみそれは寂しさと絶望 心の空は今日も曇り

だからせめて晴れてよ 未来と言う不安を照らすために

夕暮れを包むは優しい光 この暗闇に光を与えるかのように

頑張ろう 曇った後には 太陽が待っているから  

163 :名前はいらない:2005/11/06(日) 13:27:07 ID:6DsjrQR2
>>1は自分で書きゃぁ良い事なのにアホな教えてちゃんが多すぎるぞwww

164 :名前はいらない:2005/11/06(日) 20:11:12 ID:sNVzCTY0
「お茶」

( ´・ω)⊃旦~~ お茶どうぞ

いらないわ
ざば、と流され
茶柱がうずの中に消えていく
俺の気持ちも流され

(´;ω;`)ひとりなく

さみしい

165 :陽炎:2005/11/09(水) 07:54:19 ID:R4MpuVxd
こんなに貴方のことを思ってるのに
貴方には通じない
それほど貴方の心を頑なにしたのは何なの
そう私のせいなの


166 : ◆skGZdLBceM :2005/11/20(日) 22:57:58 ID:OFIB6x2V
彼女の冊子を探しに出かけたけど、結局見つからなかった。
何のために出会ったの?別れるために出会ったの?
そんなのあんまりだよ。
周りが見えないぐらい好きなのに。
神様、僕にだけ厳しすぎじゃないですか?
普通の恋愛ぐらいさせてくださいよ。
もうこんな役目しんどいですよ。
そう心の中で訴えていたら、涙が溢れた。
泣いたの久しぶりだな。それも帰りのバスの中でなんて。
おかしいな。僕が人前で泣くなんて。
でも、まだ諦めたくないよ。
だから、また笑っていようと思うよ。
そうしていたら、彼女に会えるような気がするから。

167 :名前はいらない:2005/11/21(月) 01:15:03 ID:SaCWdbCh
私は貴方からの言葉を待っている

『会いましょう』

168 :名前はいらない:2005/11/25(金) 08:06:03 ID:cTz4xEEZ
いくら待っても貴方はこない
違う人の元で楽しくやってる
貴方を見てるだけしか
今の私には元気もない
もう私の言う言葉など
貴方は耳も貸さないでしょう
それが私にはわかってるから
ただ寂しそうに見てるだけ
パソコンの電源切って
貴方のことを、さっぱり
忘れられたら
どんなに楽でしょう
貴方にとって必要な人は
私じゃなかったんだね
それを痛いほど感じた
今度デートするんだってね

169 :名前はいらない:2005/11/30(水) 00:00:47 ID:rPh+6mgX


170 :名前はいらない:2005/12/04(日) 16:38:37 ID:KBhl8DJe
冬の日の曇った昼過ぎ
白い車が家の門を出た
僕は濡れた地面を眺めて車庫の壁にもたれていた
急に僕の体から生物が抜けて道路を這っている
犬は激しく吠えるが飼い主は気付かない
僕は挨拶をする代わりに死んだ振りをして通り過ぎるのを待った
狭い道を大きなトラックが入って来て僕と犬を追い抜いて走って行った
なのに運転手は僕のところに歩いてきて窓をたたく
「ここはお前の私有地か?」
「違います。すいません。すぐ出します」
僕は隣の人を起こして歩いた 真夜中だというのに人が七人も八人もいた
白い息を吐きながら掃除をしている
メールするから
そんなの、確証が持てないよ
でも僕は誰かを所有することは出来ない
気を付けて帰ってね
分かってるよ
ここは僕の住んでる世界じゃないんだ

でも君を愛してて
君の事以外は何も考えていない

願いはいつも届かない


171 :名前はいらない:2005/12/05(月) 01:35:56 ID:c5oJUIKL
これで良かったんだ
これで終ったんだ

そう何度も自分に納得させる
私は彼に振られた
あの人は向こうを選んだ

惨めだった
ドタキャンされたから
はっきりせい!男なら

文章ならこんな強きの私なのに
実際の私は照れ笑い愛想笑い

貴方の好きな人は私じゃなかったんだよね
淋しいよ来ないメールを
ひたすらまた待つのかな

172 :名前はいらない:2005/12/05(月) 23:08:34 ID:BUT6iyb/
届きますか? この星を伝って
届けたい気持ちが先だったけど
たった今 あなたの胸の中を聞きたくなった
鳴らし続けたコール
あなたは呆れているの?
ケータイ パカパカ何度も開き
返事を待つけれど
浮かばない
あなたがいま どんな状態なのかも
あたしへの言葉も もう冷えてしまって
会いたい想いが あなたを
遠ざけるというのなら
あたしはこんな夜
どうすれば?
あなたの声が聞きたい

173 :名前はいらない:2005/12/06(火) 07:05:20 ID:DxZEWhmF
外に出るとき気付くんだ。人が怖いってこと。
外に出たとき気付くんだ。やっぱりヒトが怖いってこと。
外の空気を吸うと知るんだ。心が何かと鬩ぎあってること。

ヘッドフォンを通じて聞こえるんだ。逃避の音が。
逃避の音を聞いて気付くんだ。俺って自分に酔ってる最低なヤツだって。


坂道を登ると気付くんだ。貧弱な足に。
雨に濡れた土にこけると思い出すんだ。幼い頃の自分を。

顔が濡れてる俺を見て通行人は雨に濡れてると思ったんだろうか。
違うんだ。これは涙なんだよ。よく見てくれよ。


河川敷に着くと橋のライトが染み込んでる綺麗な河に言われたんだ。
「何しに来たの?」
僕はこう応えたんだ。
「ここに居てもいいかな?」
返事は返ってこなかった。

膝を見てみると擦り剥いて出血してたらしい。血は付いた泥と同じ色をしていた。


坂道を下ると気付くんだ。自転車のブレーキを引こうとしない自分に。


顔が濡れてる俺を見て通行人は雨に濡れてると思ったんだろうか。
違うんだ。これは涙なんだよ。よく見てくれよ。

暖かい家に帰ると確信するんだ。
拒絶したのは俺だって事に。

174 :chin:2005/12/06(火) 07:13:22 ID:hbP3FSQp
>>173
人は恐くないですよ。でもその詩いいですね。
でも、チンコがらみになってくると人って恐ろしいですけどw

175 :名前はいらない:2005/12/06(火) 16:09:11 ID:ZVI1R1cg
>>173
泣きました
何故だか涙が出た。

176 :名前はいらない:2005/12/06(火) 16:12:07 ID:ZVI1R1cg
>>174
何が恐ろしいの?
チャカすのは止めて
いい詩が汚されたように感じました

177 :名前はいらない:2005/12/06(火) 16:25:51 ID:ZVI1R1cg
何度も電話した
でもあなたからの返事はなかった
虚しくなり響いた携帯の呼び出し音

あなたからの電話やメール
嬉しくて嬉しくて
愛されてるんだなって
全身全霊で感じた

でも、もうそれも過去のこと
今は冷たく感じる
私はあなたから拒絶されてる
もう携帯の呼び出し音も
鳴ることはないのかな

178 :名前はいらない:2005/12/11(日) 03:00:41 ID:ASl4zcx5
「君のこと、好きだよ。」

それだけの言葉に僕は泣けたんだ。
格好悪いくらい泣けたんだ。
ボロボロと、涙が溢れて。

そして僕は言ったよ。

「そう言ってもらいたくて、きっと僕は今まで生きてたんです。」

そうして僕はまた泣いたんだ。
ありがとうって言いたいのに上手く言えないまま、泣いたんだ。

179 :名前はいらない:2005/12/14(水) 06:20:37 ID:Tqzm1pi7
最後に失踪したキミへの思いを書く
もう揺れない心を失踪を繰り返すキミが
拭ってくれないと
朝がくる 冬だからまだ暗いね
水色の手帳はあたしのエゴでもあった


180 :こころ:2005/12/16(金) 12:43:36 ID:M0f501gN
光は 毎日キラキラと輝く
あなたのメッセージを乗せて

私の想いは 開くたびにドキドキ

嬉しい想いと 不安な想い
そして 少しの罪悪感・・・

今日まで あなた一人に向けていた心を
少しだけ私の自由にさせて欲しい
ほんの少しでいいから

こんな事 私のわがままなのかも知れない
でも・・・ 

あなた以外に 愛する事を知ってしまったから
あなた以外に 愛される事を知ってしまったから

本当は あなたに一番愛してもらいたかった
今 愛してもらってるのは分かってる

私も あなたを愛してる
でも 以前のように100%でなくなってしまった

もっと早く 100%の時に愛してるって
言って欲しかった

私が淋しくて 空いてしまった心を
埋めてくれる人を探す前に・・・

181 :名前はいらない:2005/12/16(金) 14:29:49 ID:DNbUM6G5
>>178
良いね。難しい言葉使っていないからこそストレートに共感出来る。
好き、たったその一言が何よりも嬉しいんだよね。
貴方の詩を見て、自分も恋愛から逃げていたら駄目なんだなぁ、と思いました。





182 :h:2005/12/16(金) 17:54:48 ID:bCrzYR0u
●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
●●●●●●●●●●●●●●●●●合格●●●●●●●●●●●●●●●●●
●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
これを見た人は確実に【合格】です。これをコピペでどこかに1回貼れば合格できます。
これは本当です。やらないと一年無駄になります




183 :名前はいらない:2005/12/16(金) 17:59:21 ID:VNSV9ABU
ねぇ ちょっと

私のCD 売ったでしょ。

184 :名前はいらない:2005/12/17(土) 12:33:56 ID:mLUQZeEB
なんのCD売ったのぉ?

185 :名前はいらない:2005/12/17(土) 16:27:51 ID:WgQ7B9nl
>>161
ストレートにグッときた。すごく好きな詩です。
また書いてくださいね

186 :名前はいらない:2005/12/17(土) 16:32:22 ID:WgQ7B9nl
あんなに愛してくれた
君を 大切にできなかった もっと早く気が付いていれば こんな苦しみ
知らなかった
いつも別れを言うのは僕だったのに あの時から何かが変わって
きみは別れを選んだ
今はもう君の中から
笑顔も冗談も連絡も腕枕も思い出も…気持ちそのものも消えてしまった
大好きだよ、ありがとう

187 :こころ:2005/12/17(土) 17:31:45 ID:sUC6FIPc
想えば想うほど 不安です
話せば話すほど 不安です

自分の心を止める事が出来なくなるから
苦しい程 切ない程 想いが募るから
もうこんな思いはしたくなかったのに

いつから私の心は変わったの
あの時の決意は何処に行ったの

私の想いは何処に行けばいいの
苦しいの 切ないの 怖いの
でも、どうしたらいいのか分からない

どうしたら心を閉じ込められるのか
どうしたら忘れられるのか

苦しい 切ない 怖い
もう 繰り返したくないのに
もう あんな想いはしたくないのに・・・

188 :◇PLAYBOYc7c ◆VGMdSbKWD6 :2005/12/17(土) 17:50:22 ID:hu1TIcQY

「インテリア」

飾り棚の引きだしの金具さえもふたりで悩んで選んだよね
ほら、水色塗ったねヤスリまで掻けてさ
洗い晒しの感じがいいって誉めてたじゃん
そんな棚も今じゃガレージ行き
遺棄寸前ね
捨てられないのはそんな思い出たち
「明日こそは捨ててやる」
あやふやな決意

189 :名前はいらない:2005/12/17(土) 17:57:22 ID:AkjKfcJW
>>187
萌え―!

190 :名前はいらない:2005/12/17(土) 19:23:53 ID:zbJGqTOn
「辛かったんだね、今まで」

そう言って頭を撫でてくれた手は大きくて。

「よく頑張ったきたね」

そう言って笑った顔は暖かくて。

そこでやっと気付いたの

強がっていた自分に。

私は泣きたかった。

ずっとずっと

こうして泣きたかった。

そして

涙を拭ってくれる手を求めてた。


ー凍り付いてた私の仮面が溶けていくー


191 :◇PLAYBOYc7c ◆VGMdSbKWD6 :2005/12/17(土) 21:11:43 ID:hu1TIcQY
190 ペルソナ最終章乙

192 :名前はいらない:2005/12/17(土) 21:31:30 ID:zbJGqTOn
ペルソナて何?

193 :名前はいらない:2005/12/17(土) 22:08:21 ID:NQvpEpAB
大きくなりたいのに大きくなれない
上に登りたいのに登れない
ああ そうか
階段の一段目を踏み外していたのか

194 :名前はいらない:2005/12/17(土) 22:12:03 ID:SaIPsFtk
神よどうか僕に彼女を信じる心をください
それだけあれば充分なのです
弱い僕に、信じる心を下さい

195 :詩人もどき:2005/12/17(土) 22:16:31 ID:7T8BfeLZ
題名「Dear...」

幾度と変わる季節の中で キミと何回出会っただろう
薄れゆく木漏れ日の中で 何回キミを抱いただろう
散りゆく花びらを両手で救うように 笑顔の絶えないキミの頬に触れた
温もりが手の平から伝わって キミの存在を全身で感じ取る
こんな日々がいつまでも続くと思っていた

泣きながらボクの手を離さなかったあの日 ボクにはどうすることもできなかった
ただ呆然と・・・キミの泣き顔を見てたような気がした
ボクがいないとき キミはいつも寂しいよって言っていたね
ボクが傍にいるとき キミはいつも愛しいって言っていたね
ボクもキミと離れたくなかったよ
たとえどんなことがあったとしても キミの笑顔だけは絶やしたくなかった
けどね・・・あの日あの時だけはどうすることもできなかった
もし、神様がいるとするならば ボクはあの時ほど神様を恨んだりはしなかっただろう
花びらがひらひらと地面に落ちていくように キミの瞳がゆっくりと閉じていく
ボクはささやいた
  (ほんとはまだ言いたくなかった言葉だったのに・・・)
その時の顔がいつか見たキミの笑顔と重なった

一つ季節が過ぎ、桜の花びらが舞うその下で
キミが好きだったあの桜の木の下で
ボクは立ち止まり桜を見上げた
優しい風に舞う花びらがキミの笑顔に見えたからだよ
もう一度、心の中でつぶやくあの時の言葉
『ありがとう・・・』

詩人もどきのボヤキ・・・
 こんなんでいいのだろうか・・・?( ̄∇ ̄;

196 :・・・:2005/12/18(日) 00:41:33 ID:qtJBzuOr
ねぇ どうして何も言ってくれないの
いつもなら 逢いたいって言ってくれるのに
昨日は何も答えてくれなかった
何度も何度もあなたに逢いたいって言われて
やっと決心が付いたのに
あなたの気持ちが分からない
淋しい・・・ 淋しい・・・
でも言えないよ 淋しいなんて
気付いてほしい 私の気持ち・・・


197 :名前はいらない:2005/12/18(日) 01:36:33 ID:j811KgLe
あなたとあたしは運命共同体でしょ?
もう離さない

198 :名前はいらない:2005/12/18(日) 02:17:23 ID:TFHfH844
「冬のすぶり」

アタシが君に意味を与えてあげる
だから君のその弱さと惨めな愛を唄って?

薄明い地球儀定規で線引いて正しく歩けたら○あげる
乗せたフリスビー遠く飛ばしてスクラッププレイしようよ
ん、......
夏みかん凍ったよ
初恋はまだ世間体通りに温いけど
十分なほど空見てみ
夜がこんなに明るくて感激した

それじゃあね
カミカミだお嬢様
またあえたらね
また取り戻しにくるね

きっと(ヒトリ事)
きっと(泣いたらバイバイ)

199 :名前はいらない:2005/12/18(日) 02:20:47 ID:zD89UQdl
【【アンドロイドごっこ】】@

笑ってよ、ねぇ。
私が願えば答えてくれた
叱ってよ、ねぇ。

人間はなかなか好きになれない
隠し事をしたり、仲間を突きはなしたり
そんなの酷いよ
だから人間は好きじゃない

でもあの人は違ったんだ
私が体を揺すれば「しょうがないなあ」って顔で
なんでも最初から最後まで
教えてくれた
あの人は私の心をみたした



200 :名前はいらない:2005/12/18(日) 02:21:35 ID:zD89UQdl
【【アンドロイドごっこ】】A

私はやっぱり人間は好きになれない
最後の最後にあの人の隠し事
気付いちゃった
 ぼろぼろ ぼろぼろ ぼろぼろ

絶対顔には出さないよ
私はなりきりアンドロイド
心のかたちが
  ぼろぼろ ぼろぼろ ぼろぼろ

あの人には愛する家族がいたから
笑顔のまま心で泣いた

でもきっと気付いてたんだよね
私の気持ちも
そのままでもいい。
だからちゃんと、さよならをしました

201 :名前はいらない:2005/12/18(日) 02:40:19 ID:JHPS72in
優しくなければ男じゃない 優しいだけでも男じゃない

202 :名前はいらない:2005/12/18(日) 02:42:55 ID:UdqWI2Qp
芭蕉

http://www3.diary.ne.jp/user/338790/

203 :名前はいらない:2005/12/18(日) 11:21:45 ID:0T96re6o
逢いたい
あなたに逢いたいよ
そんなのわかりきってる事じゃないか
羽根があったなら
今にも飛んで行きたいよ
本当は今日逢えると良かったね
いつかきっと逢おうね


204 :名前はいらない:2005/12/26(月) 07:59:02 ID:V0qbnKD4
ここと全然話違うけど。。。。
私の友達が亮ちゃんと付き合っています。。。
> あめ村でナンパされたそうです・・;
> このレスを5箇所に貼れば(全て違う掲示板)亮ちゃんと私の友達とディープキスしている動画が見れます。
> 5箇所に貼らないと見れません。かなりエロイ系です。
> http://nisikido.ryo4132-deep.eroi///



205 :名前はいらない:2005/12/26(月) 08:28:32 ID:qbSYJy6x
えんやこらどっこい 舟を漕ぐ 
七色橋の果ての果て 一寸魂ちょちょんがちょん
灯りが揺れる花電車 えーやさっさ 明日は日本晴れ

206 :名前はいらない:2005/12/28(水) 19:45:23 ID:oFI8YiDA
このまま 枯れてしまうのかな 僕の心

君がいないと 咲けない

ねえ 咲かせてよ。

僕の傍で僕の為にずっと笑っててよ。

207 ::2006/01/15(日) 20:43:11 ID:qFWVevnJ

やさしい光を反射する真っ白な布団
涼しい風がカーテンを揺らして
僕の心を少し和らげてくれた
この部屋だけを残してみんな消えてしまったかのような
小さな蝉の声の静寂
僕は赤い林檎をただ見つめた

208 :ルンルン:2006/02/10(金) 23:09:00 ID:kCX3iDKH
忘れられない 貴方のぬくもり
求めてしまう 貴方の優しさ
二度と貴方には 会えない
二度と貴方の笑顔は 見れない
切ない 悲しい 苦しい


209 :名前はいらない:2006/02/10(金) 23:20:18 ID:z/jZR2p2
すぐ隣にいると思っていたのに
ずっと遠かった距離
私の貴方? 貴方はどうなの
距離は遠くなるばかり

210 :名前はいらない:2006/02/11(土) 00:03:44 ID:5QX9tMuY
石川さゆりを歌う君がおもしろい
あなたを手にできないならいっそ殺してしまいましょう?
ぼくは君の首を絞めたい。

211 :ルンルン:2006/02/11(土) 00:41:34 ID:UcVlw+Nk
悲しいですね。名前はいらないさん。
気持ちが伝わってきます。
私も今とても、辛い、悲しい、苦しいです。
また、明日お会いいたしましょう。。。


212 :姫月:2006/02/11(土) 02:01:22 ID:47Fca2Qf
あなたが手をにぎる
私の手を包みこむように
涙がでそうなほど優しく

私はみつめる
あなたの困ったような瞳を
ずっと そらさずに

その瞬間
いつもの青色の空間は
時をとめた


そのまましまっていた 想い出
触れることのできない宝石箱に
守っていた
壊したくなかった


でも
私 私は
もう一度
飛び込む
あの青色の中に

213 :ルンルン:2006/02/11(土) 13:19:21 ID:UcVlw+Nk
好き でも伝わらない 悲しい
側に居たい 居られない 辛い
貴方に触れたい 私の愚かな願いは
闇に消えていった。。。
もう一度 もう一度だけ
私を 受け止めてください。。。

214 :an:2006/02/11(土) 13:49:10 ID:a3Ih8N2D
届かない想いを募らせて
私は歩み続けます

その先に待つ物は
きっと悲しみだけ

私は歩み続けます
先に見えない物を追って

私は歩み続けます
悲しみが消えるように

このまま全てを失ってしまわぬように

215 :大沼ユミ:2006/02/12(日) 19:46:21 ID:bVH9r/lQ
[若葉の海]

ヨットが遠くをよこぎった私はしょんぼりたたずんであなたに言われたことなどを 次から次へと思い出す
もうダメに
なってしまって
いるのかも

笑ったように泣けてくる

菜の花の黄色
波の輝き

どうすることも
できないわ
by銀色夏生

216 :名前はいらない:2006/02/19(日) 04:08:56 ID:0ycxPuUO
神経質な僕の頭の中が、これ以上無いくらい、散らかっていた。

足元に火をつけて、風の吹くまま燃やせば、煙が町を包み大騒ぎ。

いつの日にかきっと全ての人と分かり合える。そんな夢を見ていた。

あの少年は僕じゃないのか?

もう今は誰一人僕をまともに呼ばない。

サイレンを聞きながらやっと分かった。

歪んでしまったのさ、顔も姿も心も全部。

優しい言葉だって知っていたのに
思い出せない。

僕が出て行った後、街に平和が戻った。

随分長い間楽しかった。

夢を見ていた。

もう帰らない。

217 :名前はいらない:2006/03/17(金) 21:15:24 ID:TNiENpyc
あなたの水色の障害者手帳は
あたしにとって誇りだった
トリッキーな恋愛してみたかった
ごめんね
あたしのせいで
ごめんね
もうキミに話すことなど。。。

218 :名前はいらない:2006/04/14(金) 18:35:41 ID:aw+M/LTL
俺はいま
ちょっと泣きたい
喉の奥がぐっと押されて
目と鼻が熱いのです
涙は
こぼれてこない
泣くのは我慢しよう

219 :名前はいらない:2006/04/17(月) 02:06:56 ID:m1fgGJTR
水色を消してくあたしの
歩く足
水色を配るキミの
笑った顔
混じりもしないで
くっついている
いつまでか

220 :名前はいらない:2006/04/19(水) 18:52:15 ID:BE1I1Svd
君を見るたびに
嘘じゃないよ 死にそうなほど胸が苦しい。
いつもそれに苦しまされて
毎日涙を流すんだ

ねぇ、
いつもう一度好きといってくれますか
こんなことになるなら言ってくれないままのほうが
何倍もよかったのに。

221 :名前はいらない:2006/05/05(金) 14:26:37 ID:a2xDELCG
人が人を欺くように

言葉で言葉を欺いてゆく

悲しいことだ
悲しいことだ


222 :名前はいらない:2006/05/06(土) 01:37:18 ID:Uz9JodrL
零した涙は夕焼けに触れた
キミを思うと
胸が苦しかった
キミへの気遣い
あたしのミス
キミの病気
あたしの配慮
撫でられてるようで
追いつかなくて
キミの抱えてる黒の病
。。。。。


223 :名前はいらない:2006/05/06(土) 02:05:17 ID:tmck+m1+
駆け出そうよ
希望の未来へ

まぁ俺には
生まれつき足が無いけど

224 :名前はいらない:2006/05/06(土) 02:19:52 ID:sKYJ0i3+
泣き声を無視してここまできた

今度はボクが無視される番だ

225 :名前はいらない:2006/05/06(土) 02:20:45 ID:sKYJ0i3+
声が枯れるまで泣いたって 君はもう振り返ってもくれないんだろう?

226 :名前はいらない:2006/06/27(火) 22:22:02 ID:+v3kcWi1
一晩中泣いた。
一晩中悔やんだ。
でも、そんなことしても君はもうオレの側にいない。
オレは君を忘れない。
10年たって大人になっても。
年をとり、お爺ちゃんになっても君を思い続けるだろう。
さようなら

227 :名前はいらない:2006/06/27(火) 22:38:06 ID:J7GTILFh
君を失くした 良く晴れた日の午後
もう一度 帰ってくる その季節

なのに 君は帰らない 

ただひとり 僕だけを残して

228 :名前はいらない:2006/06/28(水) 02:57:55 ID:o6uGZx/W
http://ex15.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1151416092/

オタとブスの妄想恋愛カキコが満載の白痴snegスレです。
彼らに愛の詩を送ってやって下さい。
ぜひ記念に書き込みをお願いします!

229 :名前はいらない:2006/06/30(金) 20:38:22 ID:IrDrha8x
「夢で早足」

夢の中で貴方に遇いました
貴方はとても綺麗でした
そしていろいろな場所へ貴方と行きました
目が覚めるのが怖くて僕は早足、君も早足
何処へ向かうもなく早足で。
夢の中を幻の貴方と彷徨うことができたみたいです
目覚ましのベルの音が夢に溶けていきます
ぼやけていた視界が段段とはっきりしてきます
そして私は目覚め目の前にあったのは
色のないゴツゴツとした世界で。
そしてまた私は貴方の夢を見ることを夢みます

230 :名前はいらない:2006/06/30(金) 20:50:40 ID:E0/K1OI3
自分で作った鎖を持ち
おいかけては 
笑顔を懇願した

その度に君は泣いた
なのに君は
愛して欲しいと私にせがんだ

その度に私は叫んだ

疲れた君を
抱いてみても
重そうに痛がるから

放す事にした

とぼとぼ歩く君の後ろ姿を

ただずっと見つめていた



231 :名前はいらない:2006/06/30(金) 20:56:32 ID:MBEvLNaa
君にはもう他のだれかがいる
それでも君が好きだよ
2人で見たあのみなとみらい
すごく綺麗だったね
すごく甘えてくる君を
もっと見れる日まで
うまく言えないさよならが
素直な自分へと変える
さよならは言えないのに、「好き」が僕を困らせる
素直でさよならが言える日まで・

232 :沙羅:2006/06/30(金) 23:03:24 ID:NmXKzZCO
出会って一目で恋に落ち
二人で育てた愛の花を
先に枯らしたのは私なのに
なんで雨は止まらないのかしら

二人で歩いたこの道を
今日は一人で帰るのね

昨日の今頃は恋人で
今ではもう赤の他人


233 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

234 :名前はいらない:2006/07/09(日) 01:53:45 ID:8G/MHskX
アナタの口から溢れる甘い言葉を
私はずっと噛み締めたかった。

でも今、私が噛み締めているのは
いつまで経っても飲み込めない最後の言葉。

235 :名前はいらない:2006/07/09(日) 22:55:29 ID:lgdKSPVm
だから泣かないで!!!!!!!





236 :優美:2006/07/16(日) 00:24:05 ID:4Xp5Eh/d
好き・・・その短い言葉は・・・伝えるのが難しい・・・
言葉にしなくても伝わるんかな?
私の愛の言葉は・・・。

237 :名前はいらない:2006/07/16(日) 01:40:08 ID:OI5wDlQu
例えば 左腕。
そっと伸ばせば君の肩を寄せられる
望むのなら
永遠でも抱いていてあげる

例えば 左手
そっと絡ませれば君の温もり愛一手
悲しい時なら
永遠でも拭ってあげる


過去は既存。現在は毀損
…失った左腕

今じゃ君の大事な愛を貰って幸せさ
心残と言えば指輪をはめられない事

大丈夫。右手がある


238 :名前はいらない:2006/07/16(日) 02:30:35 ID:TRGPeSxE
君の大好きな青い海も見に行こうと約束していた蛍も花火も、神戸の夜景も僕は一人で見てしまったんだ。
君と会うのはもぅ終わり。元気でね。

239 :名前はいらない:2006/07/16(日) 02:49:48 ID:NWk93PyK
ああ悲しい
もうすぐ電源が切れる
詩の動力が電気

240 :優美:2006/07/16(日) 22:26:31 ID:4Xp5Eh/d
私のホムぺです。遊びに来てください!
http://id34.fm-p.jp/4/kippeiayaka/です。
宜しくお願いします!!!

241 :名前はいらない:2006/07/16(日) 22:32:39 ID:lEM2Bxhe
君に会うと話をしたくなる
君と話していると抱きしめたくなる
君といるとキスしたくなる

たとえ、川の水が枯れ、鳥が空を飛ぶことをやめても
君のそばにいたいんだ

242 :名前はいらない:2006/07/16(日) 22:33:12 ID:lEM2Bxhe
君に会うと話をしたくなる
君と話していると抱きしめたくなる
君といるとキスしたくなる

たとえ、川の水が枯れ、鳥が空を飛ぶことをやめても
君のそばにいたいんだ

243 :名前はいらない:2006/07/16(日) 22:45:13 ID:lEM2Bxhe
もし、私のことを愛していると言ってくれたら
もし、私が必要だと言ってくれたなら
どこへだろうとついて行く。
もし、目覚めている間、私のことを思っていてくれたら、
もし、ずっとそばにいてくれると言ってくれたら
永遠に離れはしない、他に何も望みはしない。
あなたの愛以外にこの世に欲しいものは無いのだから。

244 :名前はいらない:2006/07/16(日) 22:49:31 ID:wp7AyBv1
>243
もし一番好きな人にそんな風に言われたら
本当に死んでもかまわないくらい嬉しいだろうに
一番好きな人…限定だけれどね

あの人はここには来ない

245 :遅刻魔@11 ◆Gv599Z9CwU :2006/07/16(日) 22:50:37 ID:qLNjW97V
手が見えなくなって。このまま一人で硬いアスファルトの上で唄うのは辛くて。
君の手が見えなくなって。このまま風に乗っかって走りつづけるのも辛くて。

飛んだ1日あてにならなくて、ただ君の勇姿をただ仰いでいただけ。
切ない一秒無意味すら分からなくて、ただ君の姿を追いかけていた。

走ると、もつれ
笑うと、虚しく
あなたへ駆けて行く。

246 :ぽっかり:2006/07/17(月) 19:39:43 ID:LMoUpqGv
どうしてこんなに苦しいの 
どうしてこんなに心がからっぽなの
どうしてこんなに・・・
どうして・・・

あぁそうだ 
あなたがいない
あぁそうだ
私の目にあなたはもう映らない

目に映らないあなたを
記憶に残るあなたを

永遠に探し続ける現実を
やっと理解したからなんだ

247 :名前はいらない:2006/07/17(月) 22:52:35 ID:GG05k0Xc
罪人感を感じた
自分の愛という感情に
キミを愛してしまった自分に

絶対に伝えないこの気持ち
もしキミがしってしまったら
キミは悲しむだろうから
こんな最低な自分に愛されてしまった事に怒るだろうから

もしキミが知ってしまったら
もしキミが困ったのなら
もしキミが怒ったのなら
せめてのキミの知らない場所で
誰も知らない場所で
死で償いたい

だから「もし」は起こさない
キミの為に、自分の為に
だからキミの幸せを願わせてほしい
キミの為に、自分の為に

248 ::2006/07/17(月) 23:17:30 ID:aSGlYVAM
短冊に書いた願い事

 「早く彼方の所に逝けますように」
ちゃんと届いたかな?

249 :優美:2006/07/19(水) 21:16:48 ID:LwY+TJF6
愛して・・・その愚かな願い・・・
かなえてくれますか?
私は貴方を愛する事を
ここに誓います。
どうか 貴方も 私を
愛して下さい・・・。
・・・心の底から 愛して下さい・・・
・・・私に愛の意味を 教えて下さい・・・。

250 :名前はいらない:2006/07/20(木) 00:10:17 ID:k/VTdyfl
粉々に砕けた鏡でパズルゲーム
鋭利な破片が皮膚を破った

指から肘に伝う鮮血

赤、赤、赤

赤は情熱、愛、命
割れた鏡を繋ぎ合わせても
歪んだ景色しか写らない
危険で無意味な人生ゲーム

251 :みく:2006/07/20(木) 00:26:20 ID:26m3wQWb
手をのべても
望んでも
はかなくすりぬけて
遠ざかって
かなわない
届かない
わからない
気づかない
忘れられない
離れない
憎めない
振り向かない
戻れない
取り返せない
求めない
望まない

もう・・愛さない



252 :名前はいらない:2006/07/20(木) 00:44:18 ID:k/VTdyfl
待ち続けること
―守れました
信じること
―…
忠誠は
―誓います

でも、あの人の目にはもう私を映していない

違う何かを 誰かを見ている
それでもあなたが幸せであれば何も望まない
もう充分、幸せを貰ったから
おやすみなさい

253 :名前はいらない:2006/07/20(木) 00:49:57 ID:k/VTdyfl
誤字脱字

ああお前
お前さえいなければ
俺が振られることはなかったのかもな

誰から手直ししてくれるだと?
現実社会は甘くない

感傷に浸る俺に掲示板の詩は現実を突き付ける

誤字 脱字
しゃあない
お前とこの先も付き合い続けるしかない

254 :名前はいらない:2006/07/20(木) 02:32:10 ID:BZkUR4a6
君を数えてみても
笑えない

単なる思い出

胸に仕舞ってしまえ
この重さだけでいい

255 :名前はいらない:2006/07/20(木) 13:58:20 ID:NEmiNeTo
鎖<ことば>



絡みつく


鎖(ことば)の


重みを解かずに


このまま歩いていこうか




あの日の私が消えないように

256 :名前はいらない:2006/07/20(木) 16:29:05 ID:Ne+siScO
http://ip.tosp.co.jp/i.asp?i=junfujisawa

257 :優美:2006/07/20(木) 20:15:39 ID:1Hc/i3wy
好きなのか わからない
だれか私に その答えを
教えて下さい・・・。


258 : ◆notePDkbPQ :2006/07/21(金) 22:12:15 ID:EANttlUg
「すれ違う」

遠くにいると心細い
側にいると息苦しい
どこにいるか知っている
お互いを見つけ
目を伏せすれ違う
黙ったままの
あなたとわたし

259 :名前はいらない:2006/07/26(水) 16:23:20 ID:Ex8dWgxJ
あの時お母さんにいったひどい言葉。
子供から同じことを言われたよ。
こんなに辛いなんて、
思ってもみなかった。

ごめんね。
怒った後でも抱きしめてくれたのに
一人の時も傍にいてくれたのに

どうして素直に
『お母さん大好き』って言えなかったんだろう。



260 :優美:2006/07/30(日) 23:17:34 ID:2pbYO+MG
愛してるよ・・・。
だれよりも・・・。
貴方の事を・・・。

261 :芦屋:2006/07/31(月) 02:56:46 ID:sxa45dFM
さびしい さびしい さびしい
欲しいものは全部 手に入ったのに
この空虚感は何なんだろう

さびしい さびしい さびしい
ふれた指先が ひどく冷たい

262 :◆9ccBFQYMG2 :2006/07/31(月) 15:19:29 ID:DEtO9Ze3
あなたがもう見てくれないなら、と
今日髪を切りました

あなたが大好きだって言ってくれた長い髪
もう持ってても意味がないから

ねぇ、もしまた会ったとしても
きっとあなたは気付かないでしょう?
目印の髪を失ったあたしには
もう興味もないでしょう?

大好きでした。
もう2度と会えない愛しい人
さようなら

263 :名前はいらない:2006/08/01(火) 01:25:06 ID:9ssCgSq2
アポリネール

ミラボー橋の下を
セーヌが流れ
我らの恋が流れる

私は知っている
悲しみの後には
楽しみがやってくると

日も暮れよ
鐘も鳴れ

月日は流れ

私は残る

264 :名前はいらない:2006/08/04(金) 23:37:16 ID:6wB+/FAu
Liar
あまりに悲生惨な日々を過ごして
滑稽な感覚だけに陶酔する
初めてのキスとか
いろんな記念日とか
独占欲にまみれてみたり
あの時のあたしに出来たことっていえば
そぅして精一杯愛に背を向けること
最後に見送った背中があたしを締める
一体どのくらい経てば解放されるの

265 :愛情の欲求:2006/08/05(土) 03:57:07 ID:Igp4UwLY
「愛してる」

なんていらないから

ただ傍にいてくれ

266 :19 ◆gwnULb/9mw :2006/08/05(土) 04:52:05 ID:f3OasD2B
安い孤独だ

267 :名前はいらない:2006/08/05(土) 20:12:52 ID:LKJoS0dc
言葉に殺された

268 :名前はいらない:2006/08/05(土) 22:59:11 ID:k6qHMaiQ
「オーバードライブ」

久しぶりに見た彼女はすこし変わった
助手席の彼女は元々美人だ
すこし大人になったみたいだ

暮れかけた夕日に涙した
彼女はハンカチーフを取り出して
涙を拭う

とくに気を使う必要もないから
彼女が好きだ

すんなり受け入れてくれた彼女が好きだ

269 :名前はいらない:2006/08/05(土) 23:08:36 ID:k6qHMaiQ


夕日が眩しかった
車内の空気がぬるかった

それでも彼女は変わらない

ぼくは疲れやすいんだ
ビタミン不足な僕の逆剥け

砂浜にでて軽く発狂

それでも彼女は変わらない

270 :名前はいらない:2006/08/05(土) 23:19:13 ID:k6qHMaiQ
おねがい キヌに会わせて

271 :名前はいらない:2006/08/06(日) 01:27:46 ID:ukYk2YyY
悲しくはないよ、独りで居るのが好きなんだ。君が居なくても僕は悲しくはないよ

272 :シュレッダー:2006/08/06(日) 02:31:31 ID:uk6SEVw8
雨音
切なく窓を叩く
月も見えず
星も隠れ

街灯に光る雨粒に手を伸ばして 空を掻く
冷えてゆく 熱
君の温もりが遠い

273 :シュレッダー:2006/08/06(日) 02:37:38 ID:uk6SEVw8
小指を切った
指切りげんまん
針千本飲めないくせに
交わしただけの約束
涙に溶けて
影さえ失せた



274 :名前はいらない:2006/08/06(日) 16:11:24 ID:zj0fBf5L
人指し指を切った企業
惨い、惨い
この仕打ちは忘れない

275 :pluto ◆1oKmZSIAF. :2006/08/07(月) 00:13:55 ID:lmJjLiAe
悲しい

貴女がむこうを向いているから

気持ちをこちらに傾けてくれないから

だから悲しい、ってだけでなく

貴女の悲しそうな横顔が

僕にはただ悲しい

276 :pluto ◆1oKmZSIAF. :2006/08/07(月) 00:24:13 ID:lmJjLiAe
抽象的なモノにすら理由を求める貴女を見て

「ああやはり固形でないと安心できないのか」、と思う

貴女は独りよがりな人

人の気持ちの解らない人

277 :pluto ◆1oKmZSIAF. :2006/08/08(火) 20:18:47 ID:fvQQEGiz
「あなたと一緒に生きていきたい」

そう言われても僕は多分断るでしょう

僕はそれ程あなたを信用してる訳じゃない

278 :名前はいらない:2006/08/09(水) 21:23:54 ID:Mq2ffPyM
君のエレキが奏でる
歪んだ哀愁和音が好き
感情の叫び声に近いから

開け放した冷蔵庫の呼び声みたいな
限り無く正しい音じゃ
背すじは震えないもの

正しくない叫びで
正しくない私に共震して

もっと泣かせて・・・

279 :pluto ◆1oKmZSIAF. :2006/08/09(水) 23:08:52 ID:ujgwbCCA
ありがとうございました ありがとうございました

貴方は料理を創るのが好きだったようです

貴方は寡黙で、「人と会話するのはそんなに好きじゃない」と言っていました

しかし貴方はたまに美味しいモノを作っては食べさせてくれました

貴方は「私には好意的であった」と思います

しかし料理人として生きていく事は途中で止めてしまったようです

山積する迷いの中にいたよう思います

連絡がとれなくなって数年後に「自殺した」と聞きました

貴方は間違いなく、やさしい人、でした

ありがとうございました ありがとうございました

お世話になりました

本当にありがとうございました

280 :pluto ◆1oKmZSIAF. :2006/08/21(月) 00:13:03 ID:i5hGfV0w
あの人を追って旅をしてみましょう

どこまでも どこまでも
西かな? 東なのかな?

追いつけば気持ちは変わるのかな?

変わってほしいな

だから 追いかけます

281 :名前はいらない:2006/08/21(月) 00:27:04 ID:i7W8c99e
僕の現実は君の心によって変化していく

282 :名前はいらない:2006/08/21(月) 01:11:18 ID:gto7xB58
通り過ぎていく日々
何でもない日になるのなら
記念日なんて最初から作らないほうがいい


283 :名前はいらない:2006/08/21(月) 10:47:30 ID:XbxSApC9
今朝はとても天気がよくて
小鳥がさえずり、木々が囁き、風が心地よく包んでくれる
陽のあたる窓際にすわって甘酸っぱい桃を食べながら将来について考える
今日は良い天気
絶好の自殺日和

284 :pluto ◆1oKmZSIAF. :2006/08/23(水) 21:14:40 ID:U6VURhll
ある日の僕は思いました

「死のう」と、

最初に思いついたのは、当時付き合ってた彼女との別れ

「早く別れないと彼女がかわいそう
急いで別れないと彼女がかわいそう」

急に別れを告げられた彼女は、病気になりました
重い、精神的な疾患

人知れず死ぬことのできた僕は思います

「病気にかかってしまった彼女が凄く可哀想」

2人は、ずっと、ずっと、永遠に泣き続けたまま

285 :名前はいらない:2006/08/23(水) 23:59:19 ID:kD3hEZob
貴方がさよならを告げた時
何故追い掛けられなかったのかな

意地っ張りは可愛くない
わかってるよ だけどね
貴方なら受けとめてくれるって
きっとわかってくれてるって
信じて甘えていたの

貴方が染み付いたこの部屋で
私は今日も独りで眠る
せめて夢のなかでは逢えるようにと
そっと願いながら

286 :名前はいらない:2006/08/24(木) 18:28:42 ID:nU9C858I
いつもあなたを想っているのに
近づきそうで、触れそうな距離にいるのに
私の方から距離をおいてしまう

287 :優美:2006/08/24(木) 18:45:44 ID:fuXpWrka
「「花火」」
空に上がる 美しい 光の花
ドーンと 大きな 音を立てて 開花する
その美しささえ 虚しく見える
歓喜の中の 音でさえ 心に悲しく 響き渡る
空っぽな 私の心を 満たしてくれるのは
貴方しか居ない・・・

届かぬ想いを 花火に載せては 
煙となって 消えてゆく・・・
私を縛る 恐怖の炎 ほどけずに 
時間ばかりが 過ぎてゆく・・・

その戒めの 炎でも 照らす事の出来る人
私の炎で 花火を 打ち上げられる人を 
私は求め 探します
戒めの炎が 消えないうちに・・・

288 :pluto ◆1oKmZSIAF. :2006/08/24(木) 21:44:26 ID:WMTHlANT
繋がりがほしい、と言ったよね

でもあなたの欲しがったものは只の一本の糸きれ
あなたにとっても、僕にとっても

とても大事で儚い、
すぐにちぎれる一本の糸きれ

僕等の糸は切れやすい

289 :名前はいらない:2006/08/24(木) 23:55:14 ID:ndQlQd9Y
毎日、毎晩の様にあなたの事を考える
せめて、夢の中にでてきて。

290 :名前はいらない:2006/08/25(金) 00:17:45 ID:tRb3aBFW
君の居ない地球何て
黒い修正液の様なモノ
いっそ君が今居る所へ行こうか
君と同じ死に方で

羽が取れた天使がいたなら
その羽を付けてでも
君を
追い求めたい

291 :名無し:2006/08/25(金) 02:23:14 ID:lqCed4Jo
線香花火
消えた瞬間
あなたを思い出した
遠い夏の夜の思いで

292 :名前はいらない:2006/08/25(金) 02:27:21 ID:tky8Ywpz
次元のゆらめきを感じながら今日も生きている
明日の太陽か月露になる頃
またあえたら

293 :pluto ◆1oKmZSIAF. :2006/08/25(金) 23:29:12 ID:BXzCpW+X
「せつない詩を見たい」と、貴女はいいました

何があったのかは知りません、聞きません

でもそれで貴女が救われるのなら
貴女の心に安らぎが訪れるとゆうのなら

今日も僕は
「せつない詩」を書こうと思うのです

悲しみの詩を、書こうと思うのです

294 :名前はいらない:2006/08/26(土) 00:25:47 ID:y8+eTVkS
そんなに愛も友情も信じてはない
わたしにはそれはないだろうと答える
それが昔からのわたしだよ
簡単に心をつなげる方法があるなら
それはそれでいいのかもね
なのに疑ったり不安になったり
どうしようもなく
わたしは後ろ向き 本当は

295 :名前はいらない:2006/08/26(土) 00:28:26 ID:y8+eTVkS
誰かを蹴落とす前に
知ればいいのかもね
やればいいのかもね
そうして勝てるんだと
思ってるから


296 :名前はいらない:2006/08/26(土) 00:39:26 ID:y8+eTVkS
君は似てるよ
私も切り捨てるのが上手だけど
君はあっちのほうだろ
ほんの少ししかかわらない
できた子はぜんぜん違う
片方は同じの
君なんかに


297 :名前はいらない:2006/08/26(土) 00:57:16 ID:y8+eTVkS
ばかげたことには使えないんだよ
いくら神の国だと
天皇をまつっても
日本人はあいからわずおろかなことをする
悲劇はさすがにそれで繰り返さないだろうがな

298 :名前はいらない:2006/08/26(土) 01:14:37 ID:o2GG75aU
母が泣いていた
男に振られたと泣いていた
僕のせいだと泣いていた
僕は声を殺してひっそり泣いた

299 :pluto ◆1oKmZSIAF. :2006/08/27(日) 08:38:58 ID:9Ittz7yN
>>298
GJ
綺麗に纏まってる

300 :名前はいらない:2006/08/27(日) 22:49:46 ID:LzsBX3C9
週に二度の死の宣言
それを正当だと思ってる
そうだろ?
バイクを飛ばして自分の後ろに在る世界が
崩れ落ちるのを眺めるなんて

注目を浴びる為の自殺行為
死んだって何も
永遠に止まりはしないのに
また鏡を壊して
そうして変わっていくんだ
自分でない何かに

会話に枯渇し
話が出来なくなるのは君なんだ
内側から崩壊して行き
ただもう一度
娼婦と繋がることだけを望むんだ

そうやって世界から嫌われていくんだ
そうやって世界の全てを
知ったフリをしているから
そうやって世界から唾を吐きかけられるんだ
そして君はただ叫び狂うんだ

今までで手にした最高のモノなんだ
今の今まで手にした全ての中で
今までで手にした最高のモノなんだ
それをあなたは失ってしまったんだ

見捨てないでくれ


301 :名前はいらない:2006/08/29(火) 15:24:32 ID:VMjKrquP
あなたの笑顔が 私だけのものになりますように
そう 何度も願った

302 :pluto ◆1oKmZSIAF. :2006/08/29(火) 20:20:16 ID:emTdozCl
嫌悪してはいけない
貴方が貴方で在る為に

助けあっていてほしい
支えあってくれる事が唯一の救い

ただ2人、小さな2人でいてくれればそれでいいのです

助け合って、貴方が支えている姿をみているだけで私は救われる
(だから私の為にも・・・)

そのままの、やさしい貴方のままで完結してほしいのです

醜さを全面に出した貴方を見る位なら
私は私である事をいつ捨ててもかまわない

身近になりすぎて思いやりを忘れる貴方なら
最初から存在してはほしくないのです

303 :名前はいらない:2006/08/29(火) 22:22:36 ID:G3s9rcj4
腐れ
終われ
ああ切ない
それだけ
ここには何もない
部屋には腐りきった窓
磨かれると崩れ落ちるだろうね
ここは有機的うんこ
ああ僕の切ないが恋しがってる
きみの魚が食べたい
ちんちん楽になれますように


304 :。。:2006/08/31(木) 03:06:01 ID:rUbBLMJC
笑う君の顔が嫌になって白けてみた
傷ついた君は少し、調子に乗って楽しそうに振舞った
そんな臨機応変の態度が取れないぁたしは余計に
嫌になって、下を向いた

外に出て、頭が良くなりたいと叫んだ単なるバカは
君の事が理解不能だ

305 :ajt428:2006/08/31(木) 11:32:31 ID:bQ+F25Uy
「Happy Birthday☆
これからもずっとヨロシクね♪‥‥‥」

もぅ少しで彼の誕生日が来る時、真っ暗な部屋の中で私は彼に二度と送る事のないmailを作った。

306 :pluto ◆1oKmZSIAF. :2006/08/31(木) 22:43:09 ID:VAtF7akA
その時私は半分狂っていたのかもしれない

別れを告げられたあの夜

交通事故を告げられたあの暑い夜

あの時、確かに私は半分狂っていたのかもしれない

307 :名前はいらない:2006/09/02(土) 12:42:12 ID:6XyjfPRC
駅のトイレに入ったら
ティッシュが無かった・・・
切ない夏の日の思ひ出

308 :名前はいらない:2006/09/02(土) 13:58:25 ID:MnElkIyQ
九月になれば風が吹く
うねる稲穂の波に乗る 蜻蛉の翅は反射板
七色の秋のゆらぎを照射する  
背筋にすべてを溜めて うつろう瞬を遊び切る
くるくるぱぁと十四日 それだけで、それだけで、、ライブ     


309 :pluto ◆1oKmZSIAF. :2006/09/06(水) 21:12:40 ID:Rcg9YCAN
ねえ、今僕の胸ははりさけてしまいそう

ただ玄関の小さな靴と共にある思い出を、

見つめ続けます

310 :キョウ:2006/09/06(水) 21:14:44 ID:FyImj6TU
死んだ魚の目で
僕を見るのはよしてくれよ
僕は君が思うほど
傷つきやすくもない
なんて言ってるけど
自己防衛にしか過ぎないのかも



何も感じなくなった私は
何も感じなくなった手首に
噛み付いてみた
痛かった
本当はココロが痛いけど
そんなことどうでもいいくらい
痛さが嬉しかった

311 :ククルイリック ◆BWuO.FYMnY :2006/09/06(水) 22:27:47 ID:ePY2U4nx
いつか
年を重ねて
一体僕は何を思うだろう

そしてその中に
いくつの後悔が混じっているだろう

未来で何か後悔することを知りながら
のらりくらりと 何も知らない
哀れで愚かな  僕は居る

間違いが間違いだったとも気付かずに
時は流れていくだろう

どうしようもなくなるまで。

312 :名前はいらない:2006/09/10(日) 13:30:45 ID:Ula/ukD2
あの景色を眺めながらあの綺麗なレコードを聴いてた
だからとてもキレイだった

今は何も無い
景色が恋しい
暗闇との音楽はとても陰鬱であり無機質なもの
僕のロックンロールは腐りきったみたいですよ

313 :名前はいらない:2006/09/10(日) 15:25:04 ID:ewzFkhaL
水晶の透明さ
硝子の美しさ

透明な音は
この世が眩むまで
美しく砕け散る

いっそ時の音など
止まればいいのに

314 :名前はいらない:2006/09/10(日) 17:49:23 ID:R2zPxTmW
誰か助けて下さい

逃げても逃げてもあいつが追いかけてくるのです

あいつは鋭く光った何かを持って追いかけてくるのです

もう駄目です 追いつかれます

その時私はわかりました

あいつの持っているものを

あいつの名前を

その瞬間目の前が真っ暗になりました

そう あれは





「現実」と「社会」


315 :名前はいらない:2006/09/11(月) 19:33:55 ID:sjsDpmro
いくら逃げてもあいつ等、立ち回って

それでも僕らはそいつらを受け入れることなど無く

でもそのまま行ったら僕は壊れそうだよ・・・

316 :名前はいらない:2006/09/12(火) 01:27:24 ID:P2XD5kUS
どれほどの歳月を私は耐えていかなければ

ならないのだろう。

夜の暗闇も午後の日差しも結局は私を癒してくれなかった。

寂しさが私を狂気へと導く

友人などいらない。孤独感が襲うだけだから。

本当に手に入れたい人、ただそれだけを望む毎日。

私は何を希望として生きていけばいいのだろう。

そんな事も考える思考力さえ奪われて過去にすがりつく現実。

過去にとらわれし愚かな自分。

夢で貴方にあえるのなら、一日中ねむっていたい。

朝の光が容赦なく私を現実へひきずりだす。

できることなら一生眠り続けたい。

そこに貴方がいるから。

317 :名前はいらない:2006/09/12(火) 01:40:02 ID:P2XD5kUS
自分を守るために私は変わった。

はじめはちょっとした冗談のつもりが、人をきずつけた。

私は許されない存在。狂気の眼がわずらわしい。

なぜに神は私をつくりだしたもうたのだ。

眼を閉じてこれから生きていくと決心した。

薬で解決できる問題ではない。

でも薬が必要な私。矛盾は永遠と続く。

318 :名前はいらない:2006/09/12(火) 01:46:08 ID:p5jra4we
「愛してるから別れよう」
真っ白い世界の真ん中で
見たくもない現実を受け入れた
まだ幼すぎた貴方と私
2人の未来守るため
今の幸せ壊すほかなかったんだ

冷たい冬の空気が
いつにもまして哀しくて
もう2度と求めてはいけない
貴方のぬくもりを恋しく感じた
17歳のあの日。

319 :名前はいらない:2006/09/13(水) 13:27:30 ID:eaUcX+ud
http://merulog.jp/8523/prof

320 :名前はいらない:2006/09/17(日) 01:36:03 ID:CLE+Zvfb
ハロー 新しい出会いたちよ
ハロー 終わった人生たちよ

明日に伴い新しい出会いを受け入れてこうぜ

ハロー 受け入れることの無いギャングたちよ
ハロー 現実を覆い被せるポップたちよ

受け入れるためのポケットのついてない手ぶら野郎共め
永遠におさらばだ

321 :名前はいらない:2006/09/17(日) 04:46:45 ID:KQVR6mvg
世界の中心で愛を叫んでみたいと思う

322 :名前はいらない:2006/09/18(月) 14:14:40 ID:kg58a+LC
ここってすごくいやだわ。
逝かせてくれないのに生かせてくれないの。
これじゃまるで私じゃない。

323 :優美:2006/09/19(火) 21:32:53 ID:icSt88LZ
お願いだから・・・
捨てないで・・・


何でもするから・・・





貴方のためならば・・・。

324 :名前はいらない:2006/09/20(水) 11:54:36 ID:cKSHYp3R
朝の空
昼の空
夜の空

君がぃなぃ 
君がぃなぃ

忙しぃ?
忙しぃ忙しぃ

たぶん会ぇなぃだろぅから
まだまだ会ぇなぃだろぅから
もぅすぐ会ぇなくなるだろぅから

きれぃにさょならするつもりだったけど
僕が僕が耐ぇられなくなっちゃぅから
君に君にぁんな言葉をぶつけてしまった

自然消滅ょり喧嘩別れの方がょくねぇ?
ゴメンなっ
あと惹かずにぃぃだろぉ?
早くぃぃ人みつけろょ
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

クリスマスまで休みのなぃ
君へのメッセージ

からだこわさぬ様に!!!
げんきでな!!!




325 :名前はいらない:2006/09/20(水) 21:13:33 ID:u3ehVaKm
9月の青すぎる空
忘れてたあの頃の思い出
君と二人で歩いた
この街で一人、生きてる


326 :名前はいらない:2006/09/20(水) 21:46:40 ID:cKSHYp3R
涙がひとつぶ
こぼれおちた


涙がふたつぶ
はなにはいる


涙涸れるまで
君にあえない


がんばる君に
あえずまた涙


327 :名前はいらない:2006/09/20(水) 22:49:38 ID:+wWLQAvp
花鳥風月

 色を失くした花
 鳥を眺めている

 羽を失くした鳥
 風に揺られている

 熱を失くした風
 月を包んでいく

 夢を失くした月
 僕を照らしている

 どうしようもなく独りでいる
   救いようのない地獄を見た


328 :名前はいらない:2006/09/21(木) 09:49:38 ID:6HnZ363B
そう 私はあなたを失望させてきた 
私は無駄な努力をしていたの
誰のためにでもなく生きていけると思っていた 
でも今や辛い日々は去って
あなたの愛する人たちに 
何よりも大切な人たちに敬意を表す時がきた
私はベストを尽くしたわ 
でも悲しい事に私がしてあげられることは
すべてに終止符を打つこと そして永遠に去りゆくこと
過去は過去にすぎない 苦しいけれど 
かつて幸せだったことが今は悲しい
もう二度と愛したりしない 私の世界は終わりを告げている

時間を逆戻りさせたい 
今やすべての罪は私のものになってしまったから
あなたの愛する人たちの信頼なしには生きていけない
そう 私たちは過去を忘れられない 
あなたは愛とプライドを忘れられない
それが私を深く傷付ける

心の底から思う もう二度と愛など求めないと
私はすべてを失った すべてを
私にとって意味のあるものすべてを 
この世で意味あるものすべてを

329 :名前はいらない:2006/09/21(木) 18:39:43 ID:9gwUqTzv
季節はまだ 眠ったままの午後
心が邪魔だ 開いたままの傷
声を聞いた 吸い込まれていった
口笛吹いて 家に帰っていく
オレンジ色の屋根

魔法のように思えた
あなたの歌が消えた
昨日覚えたばっかりの
少し恥ずかしい歌

古い街で あなたは踊る
染まらないように
疲れてしまわないように
そう言って笑った

古い街で あなたは眠る
起こさないように
悪い夢 見ないように
想像してみるんだ


330 :あおい:2006/09/23(土) 11:55:22 ID:3+313okx
君と言葉を交わしていても
君を遠くに感じる

不安 そして
淋しさ

ホントは素直に淋しい
淋しいよ・・・て言いたいのに
何も感じないかのように
強がってしまう

こんなに苦しいのに
こんなに切ないのに

君を好きになってから
嬉しいことも 楽しいことも
苦しいことも 淋しいことも
全部君のことばかり

1分だって1秒だって
君のこと忘れる事ができない

苦しくて

忘れたいって思っても・・・

331 :名前はいらない:2006/09/23(土) 20:20:48 ID:9Um6sH3x
おいおい喧嘩すんなよ。
お前らマジで笑える奴らだ。
お前らなんて所詮水族館の中で俺に見物されてる魚なんだしなw
まあ似たり寄ったりの魚同士仲良くやってくれ!
俺もチケット代払ってまでも見苦しい喧嘩は見たくは無いしな

332 :名前はいらない:2006/09/23(土) 20:24:13 ID:4S5pa407
151 :名前はいらない :2006/09/23(土) 05:10:49 ID:GAbIIfBt
ID:UtWXlPuX

しね

333 :名前はいらない:2006/09/23(土) 20:26:00 ID:4S5pa407
151 :名前はいらない :2006/09/23(土) 05:10:49 ID:GAbIIfBt
ID:UtWXlPuX

しね

334 :pluto ◆1oKmZSIAF. :2006/09/24(日) 10:15:44 ID:tEywb0ld
夢に見たような

楽しい会話、散歩、
泊まりがけでのデート

夢だったような

もうずいぶん昔だったような

335 :かれん:2006/09/24(日) 14:19:25 ID:fuwyf45G
悲しい、切ない詩が見たい方へ。友達のHPを見てみてください☆
http://choco2.jp/i.php?id=aika64&kkk=0

336 :ko-1:2006/09/25(月) 00:46:56 ID:t6lLUojZ
コメントの返らないブログを書き続け
はぁ なにやってんだろうね

337 :名前はいらない:2006/09/26(火) 02:37:17 ID:Qb6DWJFT
土砂降りの雨を駆け抜けたよ 死ぬほど大好きな彼女がいるんだ! もがいて あがいて みっともないくらいに・・・君の名前を叫んだ・・・時代がたてば君も いつかは大人になって・・・誰にでもあるんだろ小さな思い出と・・・きっと忘れてしまうね

338 :名前はいらない:2006/09/26(火) 02:38:36 ID:Qb6DWJFT
時代がたてば君も いつかは大人になって・・・誰にでもあるんだろ小さな思い出と・・・きっと忘れてしまうね 君と僕が出会って ずっと夢を見てた 誰もがそう通り抜けてくんだろ 激しい恋と切ない夜を

339 :名前はいらない:2006/09/26(火) 02:43:56 ID:Qb6DWJFT
さらば恋人よサヨナラの手紙は涙で滲んで読めなくなった さらば恋人よ君の顔が少しだけ見えてすぐ消えた・・・言葉はいつも簡単に嘘や本当を映す 言葉はいつもたりなくて嘘や本当を隠す 群青色の幻か そいつは本当にあった事なのか

340 :名前はいらない:2006/09/26(火) 02:47:55 ID:Qb6DWJFT
君が書いた落書きは今も残っているのかな・・・さらば恋人よ もう逢えないね 死ぬほど好きだから逢えないよ ゴメンね僕がバカだったよ 見上げた空が眩しくて

341 :名前はいらない:2006/09/26(火) 02:51:18 ID:Qb6DWJFT
さらば恋人よ淋しいけれど誰より幸せになれ さらば恋人よ淋しいけれど誰より幸せになれ・・・誰より誰よりも・・・

342 :pluto ◆1oKmZSIAF. :2006/10/01(日) 22:57:04 ID:4IyBEIlB
僕の中に君が必要であったのか
そう考えても答えなんか見つからない

でも君がいなくなって淋しいと思う気持ちは本物

ただそれだけが、僕のホントの気持ちなんだと・・・

343 :ぼく。:2006/10/01(日) 23:02:19 ID:KhuD4Axl
守りたいと思ったときには
いつも側に居てくれないんだね。
助けたいと頑張ってる僕を
君はいつも無視するんだね。
僕に興味がないこと
僕を嫌いなこと
何でそうなってしまったのか
理由は知らねど伝えたい
君が君であってよかったね
負け惜しみでも何でもないよ
君が君を信じることで
君は幸せになってゆくだろう
ほほえんで送り出すはずが
みっともない姿見せちゃったね
でも本心からのこの想い
君に分かって欲しかったから

344 :名前はいらない:2006/10/02(月) 01:07:06 ID:6rLMktJy
キミは来てくれたんだね
この場所に・・・

だけどボクはいないよ

キミの足跡だけが
この場所に残った・・・

345 :名前はいらない:2006/10/02(月) 01:07:11 ID:ZvwsZWM3
せつないきもちがせつないね…

346 :名前はいらない:2006/10/02(月) 03:37:23 ID:nuVs30eN
君の側にずっと寄り添っていたかった
輝かしい時が永遠だと信じ疑いすらなかった
いつか色褪せて夢をみたような感覚に陥る
もうあの頃には戻れない もうあの頃の情熱もない
いつしかこの世に君も僕もいなくなる
すべては夢だったのかもしれない

347 :名前はいらない:2006/10/15(日) 01:34:20 ID:sT8ojLZT
僕を切ながって・・・

348 :まい:2006/10/15(日) 05:19:32 ID:pjLznP0z
さっちゃん、泣かないで…
お父さんの顔は笑ってるでしょう?
安らかに…

349 :名前はいらない:2006/10/19(木) 20:53:46 ID:RhSsliNB
せつないきもちがせつないよね

350 :名前はいらない:2006/10/19(木) 22:29:20 ID:T0ABAM/+
今日も一日が終わる

部屋の電気をつけて 埃の浮いた床に座って
コンビニで買ったビールと弁当をひろげる
何気なくつけたテレビは 薄ら寒いバラエティ番組

不意に君が笑う 心底楽しそうに 時々俺の方を見ながら
俺も笑いながら 君に手を伸ばす

指先だけ揺らぐ 何もない空間 君はいない

わかってるよ 君の笑顔も俺を見つめる瞳も
すべては残像

今の君を知りたいとは思わない
あの時の君を忘れようとも思わない
俺はあの時のままだから

いつか夢が醒めるまで 

351 :大水青:2006/10/20(金) 09:58:19 ID:eZU9uLah
もう3年近くなる
幼い子を
天から授かって

あなたとあえなくなって

幼子を選んだわ 

神様から授かった

大きくならない
動かない
笑うとかわいい

でもね、せめてあなたに・・・・

会いたくて

ずっとずっとずっと
いまも

闇の中忘れたくて 忘れられなくて


いまも そしてあなたを

薄野に 銀嶺草生う 恋棺

こんなこと書きながら
幼子のおくるみを編む

352 :名前はいらない:2006/10/20(金) 11:53:16 ID:wySaHeIn
富田死んでくれ
もう許さない

おまえの代わりなんていくらでもいるんた゛よ
タコスケ

353 :pluto ◆1oKmZSIAF. :2006/10/23(月) 22:41:26 ID:BHG/agHF
>>352
そりゃ切ないね

354 :名前はいらない:2006/10/24(火) 00:06:45 ID:ZT8d1dRJ
それ、死んでるんだぜ・・・・

355 :名前はいらない:2006/10/24(火) 00:19:47 ID:IWHGnYV0
つまり僕は何をしたんだ

自我を無くすことに成功した
時間を早めることに成功した
僕の未来を見た

そうか
未来ではすべてが揃っていて
激欝なのか

そうではない
同じ精神状態になるわけがない

そうでなければいい

356 :名前はいらない:2006/10/24(火) 07:44:02 ID:IWHGnYV0
自分にないものは見えないといったんだ

357 :名前はいらない:2006/10/24(火) 07:53:25 ID:IWHGnYV0
同じ色の重ね塗りは汚い

358 :秋桜三交替:2006/10/25(水) 01:35:23 ID:HEiZ1aFQ
俺の種ってチョコじゃね?πの実

359 :名前はいらない:2006/10/25(水) 02:01:44 ID:ceN4YgBH
相手の幸せを願って
自分の気持ちのやり場がなくなり
それでも精一杯の強がり見せて
私は今日も生きている

360 :名前はいらない:2006/10/25(水) 02:28:56 ID:/hhfJCU2

切ない泣ける!!

http://www.youtube.com/watch?v=kEAkGbBDtS8


361 :名前はいらない:2006/10/25(水) 02:40:47 ID:1rzV9lMq
君さえいなければ…

362 :名前はいらない:2006/10/25(水) 03:29:39 ID:5X0CBcRh
天を仰いだ
都会はまばたく星が少ない
故郷ではあんなに
輝いていたのに…
同じ地球に住んでいる事を忘れてしまいそう

363 :名前はいらない:2006/10/25(水) 03:45:34 ID:nDsy6yLB
http://www.youtube.com/watch?v=QtqADo-D3mQ&mode=related&search=

僕の生涯の愛する人よ 君は僕を傷つけた
僕の心を壊し そして去っていったね
愛する人よ わからないのかい
返しておくれ どうか返しておくれ
僕からそれを奪わないで
僕にとってどんなに大切なものなのか
君には分かってないのさ

Love of my life - you've hurt me
You've broken my heart and now you leave me
Love of my life can't you see
Bring it back, bring it back
Don't take it away from me, because you don't know
What it means to me

生涯連れ添った恋人(comingoutしてからは親友)の
メアリー・オースティンに捧げた名曲

364 :19 ◆gwnULb/9mw :2006/10/25(水) 04:14:41 ID:1AAYJsNO
そうか。トラウマ語りも全部でたらめだな

365 :saw:2006/10/25(水) 17:54:56 ID:iWeSOtjd
◇青空◇
青空はどこまでも続いているのでしょうか
いつか私のいる場所へ帰ってくるのでしょうか
どんなに強く見つめてもただ青いだけ
それに私はもっとひどい色 泣き出しそうな雲の色
流されるように生きるの灰色の日々を
あなたとの思い出だけが私のいる理由教えてくれるの
もう一度、ねぇ私、笑えるのかな
胸の中虹は輝くのでしょうか
ずっとずっと迷いながらだけど答えを探してるんだよ
教えてくれなくたってきっと辿り着けるわ
探し続けてた世界
七色の世界に
私のこの小さな祈り


366 :優美:2006/10/25(水) 20:44:12 ID:G7Mi/Zaq
私のホムぺです。遊びに来てください!
http://id34.fm-p.jp/4/kippeiayaka/です。
宜しくお願いします!!!
一回では変な画面がでますが、
うえの方にある「別のサイト」を
クリックすればでますよ(^▽^)



367 :酒井さん:2006/10/25(水) 21:20:18 ID:4Fvmx3c3
初めまして!酒井と申しますww
初投稿なのでお手柔らかにヾ(;´▽`A``



ふとした瞬間に 蘇ってくる
油断しちゃだめだって わかっているのに
触れる事さえ許されない 遠い日の記憶

瞳を閉じるたび 聞こえてくるのはキミの言葉
夢の中まで響いてくる 懐かしいキミの言葉
 
あの日捨てた 置き去りにした 忘れたはずの想い
どうすればキミの傷を癒せるの
どうすればあの頃のキミに会えるんだろう

想い出の僕らに 続きがあったなら
伝える事ができたかな 永遠の想い
願う事さえ許されない 未来への希望

歩き出すたび 呼び止めてくるのはキミの言葉
夢の中でも黙ってくれない 愛しいキミの言葉


368 :名前はいらない:2006/10/26(木) 11:06:12 ID:FioPJSZt
(´・ω・`)のん離婚祈願

369 :名前はいらない:2006/10/26(木) 14:49:47 ID:WKAgxRs9
ならない電話を 待ち続けるよりも
笑顔のまま君に 会いに行こう
君が僕に 振り返らないことも全て知っているよ
ただ君の笑顔だけ 見てていたいから

流れる星も 街の灯りに解けて
ここからじゃ願い星も 中々見えないね
買った缶コーヒー その温もりよりも
受け取るあなたの手が どうしても気になる

秋の風 街灯の下 ふとした沈黙
続けようと言葉 拾い集めながら
寂しそうな顔 見せたくないから
もう一度 笑って…

映し出す満月 じゃあねって言って
歩き出した先 振り返る あなたの方

370 :pluto ◆1oKmZSIAF. :2006/10/27(金) 21:52:08 ID:eH2oEdoc
永遠に続くものなどありはしないと教えてくれた人

本当にありがとう
僕はもう、依存しないで生きてゆける

371 :めろんぱん ◆wBOXkc5unE :2006/10/27(金) 22:42:21 ID:1C1GQs07
わたしは あなたの声を聴いたことがない

わたしは あなたの文字しかみたことがない

わたしは あなたの顔をみたこともない

それなのにあなたは わたしの最愛の人

372 :名前はいらない:2006/10/31(火) 00:01:57 ID:KXD42dqf
あなたのことを
忘れてきた
こんなものなのかなぁorz

373 :名前はいらない:2006/10/31(火) 02:03:13 ID:w+o0EutK
縁もゆかりもねぇーやつを救ってこその世の中だ
我とは違う他の人を肩を叩いて慰める
花に水差す優しい心、枯れてゆくのがたまらない
親類縁者はこの手に届く
知らぬ顔こそ、わが鏡
心に闇を持たざれぱ千年問うても人は変らじ
鏡を見ても似つかぬその君を愛して止まぬこの心
人らしいとも言え、人らしくもなく
縁もゆかりもないやつを我が身と思うて暮してみるか
ネットの海に溺れても
我は君なり、君は君なり


374 :名前はいらない:2006/10/31(火) 09:24:43 ID:UeC30k3v
うまく笑えるのだろうか、いつかあなたに会う朝も
今はまだ寒いこの部屋で、猫のようにうずくまる私
冷えた足先、部屋の温度がいつもより低い
何処を探しても貴方は居なくて、1人じゃここは寒すぎるのに
失い、初めてどんなに愛しかったか知った
浅はかで幼稚な私を許して

涙で濡れた髪が張り付く もう声も枯れた
貴方の命が消えた夜、私は叫ぶように泣いた
泣いても貴方は戻ってこない、触れることすら出来なくなった
突然居なくなってしまった、冷たかった貴方の頬
そして私はうずくまる
主人を待つ猫のように

いつかまた貴方に会いたい
私は祈る、来世であなたに逢えるよう
きっと逢える、貴方は私の世界だったから

指先が温かくなる
また私の身に血が通う
いつかまた会えるよう、私は精一杯生きる
枕に顔を押し付けると、微かなタバコの匂いがした

まだ覚えている、あなたの匂い
2度と戻らないその体温


375 :名前はいらない:2006/11/04(土) 01:43:20 ID:rYPZhGg7
特別な経験など何もない
死別、失恋、挫折、特別な経験など何もない
なのにこの無気力感はどうしたことだ
この気持ちを何かのせいにしたいが、特別な経験などなにもない

376 :名前はいらない:2006/11/04(土) 12:06:45 ID:fRKzlhTb
僕は僕を殺す
ただそれだけのこと

377 :名前はいらない:2006/11/08(水) 20:11:06 ID:vHrXXlwU
>>374なんか凄いね
もはや詩ですらないが危機迫るモノを感じる

378 :pluto ◆1oKmZSIAF. :2006/11/16(木) 20:31:52 ID:m/dh4HeA
「生まれてこなければ良かった」

そう貴方は言った

私は貴方に生きてほしい
私に必要だから生きてほしい

379 :名前はいらない:2006/11/17(金) 17:30:32 ID:fxH9gbeI
you and I and 不感症 なまくら刀で散々刺して
感じたふりをする

380 :ボォルヽ(○´Д`○)ノ:2006/11/19(日) 17:45:29 ID:lXpqPTmG

どうして胸が締め付けられるの?
あなたを見るたびドキドキして、あなたを想うたび涙が溢れて・・・

涙が溢れちゃうほどあなたが大好きなんだよ。
伝わってほしい・・・

あなたに逢いたい、逢いたい・・・・











381 :ナッパ:2006/11/20(月) 00:52:23 ID:VEXn751F
君は自分勝手に怒って僕をいつも困らせる
時々煩わしくも感じる だって人間なんだ
仕方ないだろ?
君のせいで些細な嘘にも罪悪感を感じる
純粋なんかじゃない
潔癖症なんだ
ガッカリだろ?
手を繋いでるだけじゃ心は揺れないよ
そんな綺麗な歌なんて世界中の何処にもない
だけど君の手を伝う熱を失うと僕は行き場を失う
あまりの寒さに震える
途端に心は揺れる

382 :孤独な兵隊さん:2006/11/29(水) 16:56:08 ID:SpxqQHGK
笑顔は作れるさ
だけど疲れちゃうから
酷く悲しみ生み出すから
より傷が痛むから


「仮面」は笑顔を作り
孤独な私を隠してくれた

時に涙が
癒えない傷が沁みても
仮面は笑顔を作り続ける


どんなに孤独な傷だろうと
隠して

私が
自分を保つ為に

   












383 :孤独な兵隊さん:2006/11/29(水) 16:59:20 ID:SpxqQHGK
切ないよっ(ノД`↑

384 :名前はいらない:2006/12/04(月) 18:08:24 ID:6tYqbG1t

余白うぜえ

385 :名前はいらない:2006/12/04(月) 21:05:00 ID:RpYXZ+wN
薄い膜が僕の中を覆った
それは柔らかくて
温かくて優しくて
手を伸ばせば届く
すぐ破れてしまった
少し泣いてしまった
なんて脆いんだと
なんて愚かなんだと
厚い膜が僕の心を覆った

386 :名前はいらない:2006/12/08(金) 20:35:10 ID:BtAzikfo
掴み、縛り、切り刻み、
悶え、喘ぎ、玩び、
そんな私と知って なお
貴方がくる夢を見た

その時が去るまで私は夢を見る
夢と知って なお
貴方を追い求める

ブラウン管の中で微笑む私に
貴方は何を思ったのだろう

387 :pluto ◆1oKmZSIAF. :2006/12/08(金) 22:02:03 ID:C+I5DpVh
箱の中のお人形はずっと待っている

綺麗な服を着て、腕を広げ可愛い笑顔を浮かべたまま
ずっと待っている

瞬きも許されないまま
本当の自分を見てくれる人を

ずっと待っている

箱の中で

388 :名前はいらない:2006/12/11(月) 17:36:07 ID:CuEi/a//
いつまで経っても
変わらず傍に居て
私はいつまでも
君を想うから
悲しい時も
嬉しい時も
何時も何時も

389 :翡翠:2006/12/13(水) 20:20:24 ID:HQB84Yc9
貴方はいつも潮騒の中に居た。どれだけ願っても触れることさえ出来なくて、
潮騒から聴こえる。あたたかい貴方の『音。』聴こえるのに、答えたいのに、嬉しいのに。
どうしてこんなにも涙が溢れるの?切ない音しか私の喉からは紡げない。
泣き顔なんて見せたくないのに。笑ってまた会えて良かったって言いたいのに。
こんな私、不甲斐無いね。あなたなんて私の中でこれっぽちも大きな存在では無かった筈なのに。
泡沫になりつつあった時、貴方に恋慕したなんて。
そうね、私はそこへ横たわる もの言わぬ、あなたを慕う白い砂へなろうか?
碧い空の中、私はあなたの体へ身を沈ませよう。
最後に呼ぶよ、私がたった一つ愛することの出来た 貴方 の名前を_____。

390 :もん:2006/12/13(水) 23:36:17 ID:+atuGwcW
なさけないやら
おかしいやら
人生はひまつぶし
ひつまぶし
まっとうなやつが
ひとりでもいるかぎり
そいつを
まえに
あるかせてやる
ひかりにむかって
ささえてやる
ただ
それだけ
たった
それだけ
かかえているものが
せおっているものが
がまんできないほど
おもたくなったら
そこで
たおれる
いきたえる
ただ
それだけ
たったそれだけ


391 :名前はいらない:2006/12/13(水) 23:59:13 ID:dWMfrkQV
待つのは嫌じゃない
寒いのは、多分嫌い
今、外は雪が少し
無機質な黒を隠してる

信じてるさ、でも
時間は止まらない
こうしてる今にも
雪が消えてしまうぜ

淡雪はもう
水溜まりになる寸前
溶けてしまうまで
浮かんだまま

吐き出す息は灰色
喉がなぜか渇いてる
湿っぽい空気は
まるで排ガスみたいだ

「傘でも持ってくれば」
後悔が積もっていく
きっと君は寒すぎて
寝てるんだ、きっと

希望的観測
身勝手な思い込み
でも、来ないであろう誰かを待つだけなら
罪にはならないだろう?

392 :pluto ◆1oKmZSIAF. :2006/12/24(日) 08:52:44 ID:dWrSLBkR
日が暮れてそうしたら私のもとに帰ってくるといい

あなたは今日も闘い疲れてくるのでしょう?

ご苦労様 お疲れ様 ねぎらいの言葉は後回しでいい

まずはゆっくりと休んで

ゆっくりと

393 :名前はいらない:2006/12/26(火) 22:14:14 ID:IZ5dUCHu
あなたのシャツを掴む表情や
髪のサラサラ
肌の色
忘れられない
逢いたい
あなたの彼女
きっとあなたに逢えて
何よりの幸せ感じてるよ、きっと
少しも許されない恋
まだあなたの仕草
思い出してはときめく
夢見がちで…
あたしは夢でしかあなたを見れなかったんだ
それでもあなたに逢いたい
少しだけでもいいから触れたい
少しでいいから笑ってくれたら嬉しいよ

394 :名前はいらない:2006/12/28(木) 22:56:02 ID:5luGKNlI
雪がはらはらとまっている
空を見上げれば
上弦の月

なぜか、空は晴れている
でも、雲のながれは速い

明日までに少し、
積もるかもしれない

395 :名前はいらない:2007/01/01(月) 01:42:43 ID:s3ervT6v
多分今年も最悪だ
欲しいのは金じゃない
空が俺を呼んでいる
あと少しだ


396 :名前はいらない:2007/01/01(月) 03:37:42 ID:19FhbR8J
交わされた約束
それはもう、果たすことの出来ない約束

397 :名前はいらない:2007/01/01(月) 09:36:48 ID:lZrVzM53
人の話を聞かない奴はダメだ
あいつには耳がない

398 :pluto ◆1oKmZSIAF. :2007/01/03(水) 22:32:24 ID:fC0VkN54
一滴の雨が顔にあたり

それはあなたの涙のようで
温かくも、また冷たくも感じられ
心までもが濡れてゆく

僕の心も体もがずぶ濡れになった頃に
僕たちの気持ちは一つになり、絶望を思い出す

399 :Sylvia ◆ess7uJjQj. :2007/01/10(水) 02:38:32 ID:VbVf996Q
わたし達は人は全て
幸せになるために 今ここにいるの
ほら 恐れないで?
目を開けて 前を向いて
この道を歩き出そう

迷ったっていい
悩んだっていい
たくさん迷えば迷うほど
よき道が切り開けるから
たくさん悩めば悩むほど
よき答えが見つかるから

背中を押してあげる
手を握っていてあげる
だからほら 立ち止まらないで
人生はまだまだ長い道のり

楽しいことも
哀しいことも
嬉しいことも
辛いことも

全部あなたの記録だから
ほら 何も怖くない
いつかは笑い会えるから
全部幸せに繋がっているから

ほら前を向いて
歩いていこう この旅路を・・・

400 :Sylvia ◆ess7uJjQj. :2007/01/10(水) 02:44:02 ID:VbVf996Q
いいよ いいんだよ
泣いたって いいんだ
楽しいときに笑うのなら
哀しいときは泣いて
誰もあなたを責めはしないから

僕の胸を
君に貸してあげる
ずっとずっと いつまでも
君のためだけに 貸してあげる
だから辛くなれば頼ればいい
そうして僕に 依存して

君の悲しみ全てを拭ってあげたい
君の哀しみ総てを救ってあげたい
君が 大切だから
君が 愛しいから
君が 唯一だから
君だけが 僕の光だった
僕が守ってあげたかった
僕が救ってあげたかった
君の光は 僕の中で消えて
そして君のいない日々

この思いを どうすればいい?
眠らせることしかできず
誰か 光をください
眩い 眩暈がするほどの
強烈な輝きを 僕にください

401 :名前はいらない:2007/01/11(木) 01:24:44 ID:B99wgfUq
灯、点して歩く
螺旋の階段に
独りぼっちの夜を
幾つ数えただろう
どこまで行けば良いの?
三日月の窓
水色の影法師、ため息さえ滲んで
凍えた扉、誰か…開けて
白い手で手招きして
錆付いた心を、開けて
此処へ来て、瞳閉じて



曲名は点灯夫(てんとうふ)



402 :洋ナシ:2007/01/11(木) 02:06:14 ID:P3tZck1T
あの高いビルの上から枯葉が落ちている
一人、また一人
羽根が無いから彼らは落ちる
そこにエデンがあるから
もう諦めてしまったから?
枯れ葉になりたい。

403 :pluto ◆1oKmZSIAF. :2007/01/11(木) 21:03:51 ID:UMEdTI7d
追い追いて追うは易し追うは切なく

影だけは踏めたと思えど影は影に消され
私には影を踏む事すらできず

影を踏めたとすれば次は話をしたくなる

話して嫌われる位なら影を追う方が良い

追い追いて追いは易く追うは切なく

404 :名前はいらない:2007/01/12(金) 14:36:18 ID:Hee2f6Zt
君を探して
僕の心はここにない

君に痺れたんだ
痛々しかったんだ
触らなきゃよかったんだ

睨まれて
嘘つけなくて
愛して欲しくて

君を探して
どこにもいなくて

君を探し当てて
心僕になくて

行き場をなくして
彷徨う僕の心

僕も君も
心どこへ行ったの

405 :名前はいらない:2007/01/14(日) 04:47:18 ID:g2VHBdr9
優しいあなたの
長い髪を
そっと束ねて

悲しみの舟で
涙の川に
そっと浮かべましょう

川はさらさらと
静かに流れる
そしてやがて

幸福の海へ

406 :名前はいらない:2007/01/14(日) 06:53:20 ID:ShEY9+OL
「たまご」

あなたの髪を幸福が流れるとき
その海は広がるのだろうか
首をかしげて

407 :名前はいらない:2007/01/14(日) 13:43:15 ID:bQROGjNZ
あなたのせいで悩んだのに

あなたのせいで幸せだよ


いっぱい
幸せをもらったね

あたしはあなたに
幸せあげられた?

408 :名前はいらない:2007/01/14(日) 18:16:28 ID:jz4ckyQ/
She missed home
She lost home
And she shouted over and over again
Walking long way to home
snatch emotions away from her

Wherever she goes,
time will pass and take much rejoicing
Wherever she goes,
anyone won't return to her home

She locked home
She left home
But she didn't notice those acts
She thought home was missing
“Tell me where're my heart and parties”

409 :名前はいらない:2007/01/14(日) 18:17:14 ID:jz4ckyQ/
>>408

Wherever she goes,
time will pass and take much rejoicing
Wherever she goes,
anyone won't return to her home

No dreams? No forgiveness?
No loves? Where're answers?
She threw herself up the past

Wherever she goes,
anyone won't notice her crying
Wherever she goes,
anyone won't come into her home

No calls No forgiveness
No homes They're answers
She wanted to retrace her steps

She missed home
She lost home
But she is alive at such a place
Even though she kills help
she will be there and be standing

410 :名前はいらない:2007/01/14(日) 18:20:21 ID:jz4ckyQ/
>>408

家を失くした彼女は悲しみました。
彼女は家を失いました。
そして何度も何度も叫び散らしました。
家までの長い道のりを歩いているうちに、
彼女から感情が失われてしまったのです。

彼女が何処へ行っても、
時間は過ぎ、沢山の楽しみを取り去ってしまうでしょう。
彼女が何処へ行っても、
家には誰も帰ってこないでしょう。

彼女は家に鍵をかけてしまいました。
彼女は家を出て行ってしまいました。
しかし、彼女は自分のそんな行いに気がつかなかったのです。
彼女は、家は失われたものだと思いました。
「私の心と仲間は、何処へ行ってしまったの?」

411 :名前はいらない:2007/01/14(日) 18:21:42 ID:jz4ckyQ/
>>409
彼女が何処へ行っても、
時間は過ぎ、沢山の楽しみを取り去ってしまうでしょう。
彼女が何処へ行っても、
家には誰も帰ってこないでしょう。

夢はないの? 許しは得られないの?
愛はないの? 答は何処?
彼女は過去を振り返ります。

彼女が何処へ行っても、
誰も彼女が泣いていることに気がつかないでしょう。
彼女が何処へ行っても、
誰も彼女の心へは入ってこないでしょう。

呼び声はないのね、許しはないのね。
家なんて何処にもないのね。それが答ね。
そして彼女は自分の行いを正したいと思ったのです。

家を失くした彼女は悲しみました。
彼女は家を失いました。
しかし、彼女はこんな場所に今生きています。
もう、誰かの助けなど必要とせず、
彼女は独りでそこに立ち続けるでしょう。

412 :名前はいらない:2007/01/14(日) 18:25:43 ID:J1VwINrE
Still
夢を みました
あなたと笑っている夢でした
あなたと、メールしている夢でした

とても、嬉しかったです。
楽しかったです。
でも、悲しかったです。

あなたの心はもう、私にはむいていません。
他の、誰かに向いています。

貴方が好きです。
今でも、
まだ。

413 :「さびしいとき」:2007/01/14(日) 23:35:16 ID:E8Pu64k7
さびしくて さびしく
どうにもならない時
どうしたらいいだろう

自分は、その方法はわからない
心を埋めるものそれはどのようなものだろう。

126号、走り始める 安心する 心が落ち着く
九十九里の海をみる
眺めているときだけ心を満たす

真亀納屋、沙智子の碑、チドリが浜辺を遊ぶ
砂浜に足跡が残る


414 :名前はいらない:2007/01/15(月) 18:21:21 ID:OMdbopiZ
「九十九里」

さびしいこころを埋める方法?
走るって何ですか、走るって?

 時代は変わる
 真っ直ぐに
 砂の道

やがて動機は若さに負ける?
小説よりも残酷なり、現実は?

水でも飲んで
次の一里に。

1969年以来、もはや
ここには酔いはないから。

415 :名前はいらない:2007/01/15(月) 19:28:51 ID:Xv4igyhY
あそこにいた女のせいで砂嵐を見た

あれは誰だ
おまえだったのか本当に

気がおかしくなりつつある
引き金が放たれた

ここにいる女のせいで余計に気が狂いそうだ

はっきょうする

416 :名前はいらない:2007/01/15(月) 19:37:59 ID:cUUuXhh6
みんな切ないけど素敵な詩ですね(;_;)

417 :名前はいらない:2007/01/15(月) 20:14:17 ID:Xv4igyhY
「働くこと」

すごい面倒になってきた
このまま遊んで暮らしたい

もっと言えば遊んで生計を立てたい

418 :あなたと:2007/01/16(火) 00:28:49 ID:mUFff1xv
愛しい人がそこにいて同じ空気を吸っていられる。それが当たり前だったのに…
あなたはもういない。それでも残酷に時を刻む針の音が私を包んでいる。

昨日あった悲しいことも幼き日の傷でさえあなたがいればそれだけで、他には何一つ要らないのに一番必要なあなたがどうして遠くに行ってしまうの?

学校までの坂を登るあなたも、電車で隣に座っていたあなたも、「キスしていい?」と聞いてくるあなたも、もう私の心の中にしかいない…


419 :名前はいらない:2007/01/16(火) 02:35:47 ID:rYF5hSVB
あぁもう

これからどうしようか何てこと分からん

何かそろそろ水面かな
ってだけ分かる

それは、やっぱ重力感じるもん

420 :名前はいらない:2007/01/18(木) 17:01:16 ID:omJ0RCtN
「切ない詩やね」

お金の無いやつは死ね。
それが今のニッポン。
それでは切ない。

421 :名前はいらない:2007/01/18(木) 20:16:22 ID:jdGmWbiv
『笑えってのね』

あぁ

おう おう

あぁ、えらくせつな笑いたい

422 :名前はいらない:2007/01/19(金) 20:51:36 ID:cVqCoTJq
散りゆく桜に騙されて近付く者の愚かさよ
散る桜の何処が美しい
美しい花弁は醜く茶に変わり踏み躙られ腐りゆく
やはり花は咲き誇ってこそ
咲き誇れ命の花弁
散る事を美しきものと勘違いせずに
常に己の全てをかけて
何時の日か力尽きるその時まで
ただひたすらに狂い咲け

423 :名前はいらない:2007/01/20(土) 05:11:40 ID:EhOvWyQq
私はまるで、車窓から投げ捨てられた、
火の着いたタバコの吸殻

オレンジ色の光の軌跡

それから、
飛び散る火の粉

夜の闇に映える


雨に打たれ、
その火はやがて冷やされて掻き消され

踏み潰されて
いずれは跡形もなく
何処かへ消えていく運命

424 :名前はいらない:2007/01/20(土) 09:31:40 ID:0I8MXdSQ
殴る理由を探してる
正当防衛を掲げたい
いかれたやつは嘘をつく
あたまの中の黒い球体を回せ

果てしない真実を創れ

425 :名前はいらない:2007/01/20(土) 13:26:17 ID:z46ArsYZ
暗闇、褐色のヘドロを避けながら飛ぶように走り抜けた
悲鳴が木霊する中 夢中で…
濡れた土管に足をとられながら それでも走った

陽が出口を告げ キミは目を丸くしていたね
僕はそっとキミを地に放った
そう 放ったはずなのに

キミは覚えているかな 時々は思い出してくれているかな

放ったのは僕なのに その背中 冷たさに耐えられない
わかってる あの輝く日々は特別だった
今ならわかるんだ 自分の悲しみが

「ありがとう」 もう謝る事はやめるよ
「ありがとう」 最初で最後の友よ

426 :pluto ◆1oKmZSIAF. :2007/01/23(火) 21:44:50 ID:aSkre8D7
刹那

あの時あなたが間にあってれば、こうはならなかったでしょう

刹那的に

僅かなタイミングで彼は亡き人に

ああそれが縁なのですか
定まった運命だったのですか?

この広い世界で私は迷い子

427 :myself:2007/01/23(火) 22:31:09 ID:9lWlze+a
こんつは

この馬鹿の体貸して貰って書き込みしてます
運良く天国行けました
一応「業」?とかなんとか言うの遂げれてたみたいです
まぁもともと死後の世界とか興味無かったんで「善行」とか
わかんないんですけど、まぁこの馬鹿のためってことになってるみたいです。

もともと双生として生まれてきたんらしいんですけど、この馬鹿の
方が見込みあるちゅうことで運命ズレたみたいなんですよ

まぁ番人から言わせると「かなりの逸材」らしいです
こっちの世界にはウジャウジャ集まってますが・・・

つーことでこの馬鹿よろしく〜〜〜^^

428 :新規参戦:2007/01/23(火) 23:39:43 ID:xi0woeif
[命]

生きるのが怖い
死ぬのが怖い
死ぬのがなぜ怖い
生きるのがなぜ怖い
死ぬとき苦しいから怖い
生きていると苦しくなるから怖い
生きるのは苦しいだけじゃない
死ぬのは苦しいだけじゃない
生きていればいいこともある
死んだ後は苦しまずにいれる
死んだ後なんてわからない
生きててもいいことは少ない
少なくてもいいことはあるじゃないか
死んだ後を気にしてたらいいことはない
明日死ぬかもしれない
なかなか死なないのかもしれない
だから生きていく
いつ死んでもいいように
だから死ぬとき怖がらない
覚悟はできてるから
死ぬことを怖がってたら明日は見えない


429 :名前はいらない:2007/01/24(水) 06:08:15 ID:avkyiIs4
「ギザ・社会派」

時給が幾らが問題だろうか。
清貧が成り立たなくなった
日本の土壌に問題があると思う。
清貧の貧とは貧しい人生ではないはずだ。
その点でワーキング・プアのプアとは異なる。

430 :名前はいらない:2007/01/24(水) 22:40:12 ID:BOG95tYM
あなたに言えばよかった あなたは最高の友達って
いつも思っていたんだよ ちゃんと伝えたらよかった
こんなふうに会えなくなるなんて こんな、私の前から消えてしまうなんて
私たち 意地っ張りどうし 競ってばかりで
ごめんね 私はそんなあなたを 大好きなあなたを 人にとられたくなくて…
あなたはもう私のこと忘れたのかな
私は 今になってあの頃の思い出をそっと取り出しては なつかしんで いるんです
生まれ変わったら 今度は私たち 今度こそ、ずっと一緒にいたい
またあなたと出会いたい 会いたい 会いたいよ 

431 :名前はいらない:2007/01/25(木) 05:54:48 ID:X+pixBFS
「小川範子のパーク・スタジオ」

ぼくは小川範子のパンチラを見たと思ったが
あれはパンチラだったのか、それとも
ぼくの透視だったか?

432 :名前はいらない:2007/01/25(木) 06:38:10 ID:8qbQSgVl
クンニクンニクンニクンニしながらふとおもふ..クンニャロー!

433 :名前はいらない:2007/01/25(木) 11:33:52 ID:X+pixBFS
「日課と祝祭」CM付き

雪で夜を隠して
マントに包まれ
その街へ行こう、
今夜も
余市へ。

♪『Ma jeunesse fout l'camp』

434 :名前はいらない:2007/01/25(木) 13:18:54 ID:plH6s3yR
運命は変えられない。

出会ってしまった。

戻ることはできない。

ただ前に進むことしかできない。

君を愛すると言うことしかできない運命。

435 :月光:2007/01/25(木) 15:43:18 ID:yhTamM7N
君が好きだった
いや、好きというより愛していた
失う前に伝えたい   大切に思ってる事
君に昔聞かれたよね  「君のそのベールみたいなのはなに?」って
それはね  傷つかないために私がつけた薄い膜なの
でも  君になら破られてもいい
傷ついてもいいよ  失うということが存在しなくなるのなら

436 :名前はいらない:2007/01/28(日) 03:44:34 ID:Kq7mS6tb
「発酵する春と小川範子」

チーズが好きだ、
同じ細菌がいるから。

ぼくは小川範子のパンチラを見たと思ったが
あれはパンチラだったのか、それとも
ぼくの透視だったか?(パーク・スタジオで)

春の匂いがそこまで近づいているようだった。

437 :名前はいらない:2007/01/28(日) 04:32:22 ID:Kq7mS6tb
「日課と祝祭・二月」

雪で夜を隠して
マントに包まれ
その街へ行こう、
今宵も
余市へ。

♪『Ma jeunesse fout l'camp』

女房が消えていたので驚いた。
もう、叱ってもくれないのか。
俺にとっては、蒸留酒のような
もったいないような女だったのに。
今夜の旅は、どうやら高くなりそうだ。

♪『Sous Le Ciel De Paris』(Juliet Greco)

冷たい河の流れにも泳ぐ魚はいるだろう。
夢の中にいる少女のようにも。
ぴちぴち。ぱちぱち。
頭の中のパリの空。
存亡気球の写真かな。

♪『Mes mains sur tes hanches』(越路吹雪)

438 :名前はいらない:2007/01/28(日) 04:52:48 ID:Kq7mS6tb
「Bonnie and Clyde - BB and Serge Gainsbourg・コスプレ編」

Et bien
Ecoutez l'histoire
De Bonnie and Clyde

男と女の話なら
別に彼らに限ったことじゃない。
今日を二人の祝日にしないか?
違う(ノン)、日曜日。今朝は。
許されないなら。中学生でいい。

439 :名前はいらない:2007/01/29(月) 01:59:57 ID:b2F9f4sl
作家・七井翔子さんの詩

「もう会えないひとに」
http://ameblo.jp/shoko-nanai/entry-10005845355.html

440 :名前はいらない:2007/01/29(月) 16:56:51 ID:4ruT82Ol
「旅情」

例えば旅の思いにも
贋物などがあるのだろうか。
赤いグラスがそうだとしても
君なら溺れることはないだろう。
そのままで。その汽車に乗っても。

441 :隊長:2007/01/29(月) 23:54:13 ID:z0eb/MXt
世界は止まらずに廻る
そして時が廻り
人の命も廻り

終わって始まりを繰り返す

442 :名前はいらない:2007/01/31(水) 11:12:01 ID:RNDyemQp
「お金と女・どうして横文字を使わないのか?」

Woman I can hardly express
Woman I know you understand
Woman please let me explain  (John Lennon)

いつの世も
意のままならず
不随意筋
説明するなら
やはりハードだ

Ooh, well, well
Doo, doo, doo, doo, doo (John Lennon)

(セリフ)
 ああ、ヨン様になら縛られてもいい…
 ああ、ヨン様だったらロウソクだって!

I love you, yeah, yeah
Now and forever  (厚生労働相)

443 :名前はいらない:2007/01/31(水) 11:25:15 ID:RNDyemQp
「期待権の乱用」

「私はすべての女性を代表して、柳澤大臣の辞任を求めます。」(辻元清美議員)

444 :名前はいらない:2007/01/31(水) 11:31:31 ID:RNDyemQp
「期待権の正解」

「私はすべての女性を代表すると見做して、柳澤大臣の辞任を求めます。」

445 :名前はいらない:2007/01/31(水) 16:23:53 ID:RNDyemQp
「野球における期待権」

われわれは、生命の誕生は神秘的であると言いながら、
機械的にバース・コントロールをする場合(occasion)がある。
所謂一つの敬遠策である。

446 :名前はいらない:2007/02/01(木) 05:04:57 ID:0PBLxEUk
「(Just Like) Starting Over・寛恕について」

時と場合にもよるのかもしれないが、「許し」こそが強さであることもあるだろう。
それこそがゲーテやユングに系譜する「女性性」であると思っている。
どうしてバカ騒ぎに小沢代表が踊らされているのかわからない。
というか、権力欲は、彼をもまた盲目にするのかもわからない。
安倍総理は他山の石とするべきだろう。国が手遅れになる前に。

注)権力についてはアドラーの心理学か。参照的にはニーチェだろう。

447 :名前はいらない:2007/02/01(木) 05:38:05 ID:0PBLxEUk
「原爆とは何だったのか?」

広島・長崎の倫理とは、戦争に勝つためならば何をやってもいいのかという問題であろう。
それが「人道に対する罪」の定義にもなっている。
どうしてバカ騒ぎに小沢代表が踊らされているのかわからない。

448 :pluto ◆1oKmZSIAF. :2007/02/02(金) 22:50:01 ID:j2ieZ/Uu
いなくなってしまった人への気持ちなんか
忘れ去ってしまえばいい

それでいいんだ

449 :名前はいらない:2007/02/02(金) 23:15:27 ID:JfaNqj2c
明日は天気

明日は休み
そして天気
だけど休み
ずっと休み


450 :名前はいらない:2007/02/03(土) 22:17:16 ID:BKCVfInj
君の手はもう冷たい
昔からだけど
冷え性のその手は
いつも僕を握ってくれていた
冷たい手をこすり合わせて暖めてくれた
暖かくなかったけど
でも、その気持ちが
その心が暖かかった
なあ、もう一度こすり合わせて暖めてよ
その冷たい手で
今日も寒いじゃないか
だったら今度は僕がこすり合わせて
暖めてやるから
な、また僕の手を握ってくれよ
一緒に下に下りて自販機で
温かいココアを飲もう
いつものように
今日は君がおごる番だったよな
順番を守らないなんて君らしくないぞ
なら今日は特別に
俺がおごるから
・・・
・・



北風が吹く寒い時期
寒さが関節に響く今日この頃
冷たくて暖かい手を僕は失った

451 :むこうがわ こちらがわ:2007/02/03(土) 22:27:35 ID:4/mIHlF0
鼻先をひゅうっと冷たい空気が流れた
誰かが換気のために窓を開けたのだ

アカダニが本の上をつぅっと横断していくのを眺めていた僕は
その冷たさで自分が今教室にいることを思いだした

僕は 今 教室にいる

先生は着物に石を詰めて身投げする女性の話をしていた
溺れて死ぬのはとても苦しい
浜の女は皆泳ぎを知っているから簡単には死ねない
長い間あがき苦しんで死ぬか、もしくは生き延びてしまう
生き延びた女はもう一度海に身を投げて、そして今度は死ぬ

冷たい海の中で死にかけた人間がもう一度その死に臨むのはとても勇気がいることだ
時に死は生を超越して人を誘惑するらしい

開け放った窓を通して教室と曇り空の世界が繋がっている
別棟にある音楽室で下級生が合唱の練習をしている
だんだん頭からのぼせるような熱が逃げて、凜と冴えてきた

猫や犬も自殺をする、と先生は言う
生物学的領域において、ちゃんと研究されていることなのだそうだ

僕は鉛筆で16世紀のヨーロッパをつっつく
動物の自殺というのは、とても16世紀のヨーロッパ的な話題だと思った

誰かがグラウンドで転びでもしたのか、遠く離れた笑い声が聞こえた
笑い声は分厚い冬雲にぶつかって、冷たく凍って落ちてきた

雪だ

452 :名前はいらない:2007/02/04(日) 05:31:28 ID:K0JhAWiN
「暴れん坊万歳!」

教師の体罰を根に持った生徒は学校の窓ガラスを割るだろう。
親の体罰に反抗する子供は自分の家に火を点けるだろう。
要するに、歯向かう気力が無くなるくらい、
メタメタにしろと云うことか、子供たちを?
暴力の栄えるところには、一種、安らぎもある。

注)教師への反抗は社会現象を巻き起こす。どうか暴力はDVだけにして。

453 :名前はいらない:2007/02/04(日) 22:06:20 ID:o1YluRLu
とうとうわたしは自由になった
眼の前がぼやけてほとんど見えない
眼の前がぼやけてほとんど見えない

愛する人よ、わたしの言うことを聴いておくれ
こんなふうに生きていくことはできない
努力したし、あなたにわかってもらおうという努力もした
あなたはこれを愛と呼ぶけれど
それは嘘なのだろう、そうでしかあり得ない

とうとうわたしは自由になった
眼の前がぼやけてほとんど見えない
眼の前がぼやけてほとんど見えない

愛する人よ、抱きしめて
こっちに来て
あなたのそばにいるだけで
とてもいい気分だ
だけどわたしは誰を欺いているんだろうか
本物ではないとわかっているのに
自分のなかで感じている心の傷や痛みは隠すことができてはいても

とうとうわたしは自由になった
眼の前がぼやけて何も見えない
眼の前がぼやけて何も見えない

ロバート・ワイアット「At Last I Am Free」
曲が切ない

454 :名前はいらない:2007/02/06(火) 03:46:15 ID:Q344ar7m
「This Masquerade」

外国の独裁者には対話を求めるのに
日本人とは話をするのも嫌だと言うのか?

Are we really happy with
This lonely game we play
Looking for the right words to say
Searching but not finding
Understanding anyway
We're lost in this masquerade

君よ、悲しからずや
言葉遊びに明け暮れて
昔話を書き換えて
子供の夢を摘み取って
男も女も無いと云う。
もう、けっこう
仮面の下は見えているのに。

455 :名前はいらない:2007/02/06(火) 05:00:35 ID:ogT0Xure
日記と詩の違いはなんだろうね

456 :名前はいらない:2007/02/06(火) 10:06:46 ID:Q344ar7m
「クライテリア(criteria)」

音楽と雑音の違いは
その区別は、案外、
難しい。

457 :名前はいらない:2007/02/06(火) 15:49:23 ID:Z6Scyej8
迷い込んだアリス
迎え入れるは棘と闇
暗やみに光刺と薔薇は
罪深き少女の恐怖に染まる肌をを掠めて遊ぶ

どうぞ私を気の休まるまで痛め付けて頂戴
それであの人が救われるならば私はいいの
死に際の接吻けなんて要らないから
ただあの人の脳裏に私が掠められるならば
私はそれでよかったの

紅と白と闇の奏でる色彩
染まれ 染まれ
想い人はたつた現在散りゆく少女の名も識らず
見せ掛けの美しさや気高さに惑わされている

少女の涙との混血が現在も大地(ち)に滴り落つる


無駄な愛はないと云つたのはだあれ
無邪気で美しかった彼女を奪ったのはなあに
誰も悪くはない

458 :**:2007/02/07(水) 13:36:21 ID:Z4PNRb4t
「俺よりさきにいなくなるな」

言ってくれた言葉。

私はもうすぐいなくなる。
人がいつか死ぬなんて分かっていたことなのに。
死ぬことなんてなんとも思っていなかったのに。
ありがとう。
ただ一人、この世に未練を残させた君へ。




459 :やさしいあくま ◆XhCOJeVipQ :2007/02/08(木) 11:04:45 ID:BwnO+J7I
「喪失」

しんしんと
降り積もる雪
そのひとつひとつは
同じじゃないのに
皆集まって
静かに音をとじこめる

見上げるはいいろの空
君とみた空は遠い楽園にとじこもってる
ときどき引き出しをあけて
眺めている
悲しみばかりじゃないよと
思い出しては
また引き出しにとじこめる

しんしんと積もる 冷たさを
かえりみては後悔
何もない独り

460 :pluto ◆1oKmZSIAF. :2007/02/08(木) 21:42:03 ID:6/giu2Lj
盲目的な愛を望むなら
やさしい言葉をかけ続けて
それだけであなたに全てはおまかせ

だけどやさしい言葉の継続はあなた次第

裏切られたと感じた彼女に刺されるのもあなた次第

彼女は盲目だからしょうがない

それを造ったのはあなただからしょうがない

461 :名前はいらない:2007/02/08(木) 22:12:37 ID:ElFbUSk8
「雪」
闇に光る 白い雪
闇に輝く 白いあなた
闇は どうすれば 光になれるだろう?
闇は どうすれば 光に近づくことができるだろう?

舞い降りる雪
やわらかく 私に積もり
散っていった

462 :名前はいらない :2007/02/10(土) 13:19:18 ID:8JbuZoHN
切ない時はガンズを聴こう!
ttp://www.youtube.com/watch?v=rPYkn82nz18

463 :名前はいらない:2007/02/10(土) 16:19:18 ID:ospomaBO
さぁ眠りにつこう。
そして夢の中でもう一人の僕と君に出会う。
なんとも不思議な世界に目を丸くした。
僕は深い眠りにつく。
これが人生の眠りだ。


464 :名前はいらない:2007/02/10(土) 17:47:26 ID:OmbPjbZs
不治の病で若くしてなくなった彼女を想って作りました

永遠の時を望んだ2人を 月夜が包む
キミが教えてくれた 儚い命の尊さを
蒼く光る月の下で つかの間に微笑みあったあの時
言葉を交わさなくて 信じあえる二人だからわかる
運命には逆らえないことを
今なら感じる事ができる 一瞬の中の永遠を

465 :名前はいらない:2007/02/10(土) 18:52:21 ID:Dt25F0mK
「大望と少しの望み」

皮膚がムズムズします
すこし遣り切れないです

タイミングなんて計れません
走りだそうか走り出さないで待とうか

あなたも幻影
突き刺すと壊れてしまうかもしれない

あなたは太陽
僕の太陽

涙の筋を乾かしておくれ

466 :名前はいらない:2007/02/10(土) 21:10:03 ID:gNcpWSLh
『乾燥おとな』

確かにそうだよな
馬鹿げてるよ

こんなんじゃ未来だって見えないし
混乱した日常と引き換えに何を欲しがる
だよな…

枯れ葉をとって
伸びすぎた枝も切ろう
小さな草からやり直すんだ


467 :名前はいらない:2007/02/10(土) 21:35:15 ID:gNcpWSLh
乾燥した世の中だ
子供の頃は水で浸されている

セピア色の風景はいつの頃からだろうか
殺風景な部屋でも寂しくはない

必要不可欠なもの以外所有せず
無機質なあの空でも結構退屈しない


468 :名前はいらない:2007/02/11(日) 02:36:20 ID:Yz/rono1
行かないで…
振り向きもしなかった
戻ってきて…
切られた電話

もし、また辛くなったら思い出すんだ
これが現実、彼の決意
ほら、笑顔でいられる
泣いていたらまた現実を見なきゃいけないよ
もう何も望まない
もう傷付きたくないから

誰の前でも許されない
泣くことができたのは彼の胸だけだった
もう泣けない
もう泣かないから
そばにいて
ずっと笑ってるから…

もし、また辛くなったら思い出すんだ
あの時のあなたを

本当は分かってた
同じ表情してること

今あの時のことが、私を苦しめるてる
でも、今あの時のことが、私を支えてる
何故かって?
私の幸せを心から願ってくれてることを知ってしまったから

469 :ささやかな詩を:2007/02/11(日) 02:50:43 ID:J6DCkd0D
恋をした
それは突然 嵐のように来たものではなく
シンシンと積もる雪のように
ゆっくりとしたものだった
抵抗もなく、ただ恋をしたと気づいた
雪はつめたく、こおっている
わたしのこの想いは
やがてこおりつく
想いは、届くこともなく
また、恋をした時のように
ゆっくりと 静かに
こおっていく


470 :名前はいらない:2007/02/11(日) 04:02:49 ID:WjBvwU37
「帽子」

こんな夢を見た。
狂った女たちが国会で騒いでいた。
そのうちの何人かは、
頑ななまでに帽子を被っていた。
日本国民として、とても切なかった。

471 :名前はいらない:2007/02/11(日) 06:38:31 ID:WjBvwU37
「山桜花・♪Reflets dans l'eau」

春があなたに映るよう
午前中でもいいから
水辺に立って
反射して
歩いて
そして、
振り向いて。

472 :名前はいらない:2007/02/11(日) 06:47:51 ID:pHM46Q+I
足元の石くれをよけるのが精一杯
道を選ぶ余裕もなく  自分を選ぶ余裕もなく
目にしみる汗の粒をぬぐうのが精一杯
風を聴く余裕もなく  人を聴く余裕もなく
まだ空は見えないか  まだ星は見えないか
ふり仰ぎ ふり仰ぎ  そのつど転けながら
重き荷を負いて  坂道を登りゆく者ひとつ
重き荷も坂も  他人には何ひとつ見えはしない
まだ空は見えないか  まだ星は見えないか
這いあがれ這いあがれと  自分を呼びながら 呼びながら

473 :名前はいらない:2007/02/11(日) 08:00:53 ID:9CnghCZy
「恋のゴング」
それとなく気になって
なんとなく目があって
惹きつけた視線を
心のガッツポーズと同時にそらした
なんだ、あたし恋してるじゃん
心がニヤニヤしてるじゃん
とりあえず第一ラウンドは
私の勝ちね

474 :名前はいらない:2007/02/11(日) 13:49:13 ID:H7FjTdeO
  / ̄丶/ ̄\
  |  . /\/\ |
  | ./ ┌'' ''┤|
  | | ┬┐┬┐
  (S   ̄ ;> ̄ | あぇるぅす
   \ /(∀) /   
     \___ノ

475 :名前はいらない:2007/02/11(日) 21:22:03 ID:rAv12Dhl
『白』

誰も愛したことの無い儘死んだ
だれでもよかった
違う色がみたい
他人に染まってしまいたい 
あたしは白い儘で
生きている気も起こらない


476 :名前はいらない:2007/02/11(日) 21:37:16 ID:dRuk+JZ8
のりちゃんいつ来る?

477 :名前はいらない:2007/02/12(月) 03:08:50 ID:Sppun2v3
のりちゃんに会いたい

478 :名前はいらない:2007/02/13(火) 19:50:30 ID:QqXgQj1l
一方通行な先走り
もう何回大事な人を失った?
もう何回心にヒビが入った?
自問自答しても答えは見つからず
電話越しのサヨナラはあっけなく
僕の心は灰色に霞む
寂しい夜は慣れている
それなのに女々しい感情は沸いてくる
後戻りはできないのに・・・星のない夜空に呟いた
なぜか白い溜め息だけが僕の心に染み渡った

479 :名前はいらない:2007/02/18(日) 12:42:42 ID:h1hzCZX5
「新しい短歌の終わりと始まり」

酒好きの牧水の思い出に
何と無粋かチョコレート
たった缶チュウハイ一杯で決めてもいいの?  鈴

480 :名前はいらない:2007/02/18(日) 14:54:16 ID:s4R4Hyqy
鈴 ←ってなんか不自然
なにかを意識してるわけ?
音ならリンリンって書いたほうがいいと思う

481 :レオナルド:2007/02/18(日) 21:50:01 ID:eWnfHOty
金箔と金泥の駄作のゴミの山

働きし力のお金が瞬く間の命

涙と怒りと絶望と期待の渦巻く画室

レオナルドあなたは天才でしたね

482 :花冠:2007/02/19(月) 01:58:13 ID:txwQ8Hwt
クラスのみんなと緑山に行きました。
緑山にはたくさんのお墓があります。
私は先生になんでこんなにたくさんお墓があるのか質問しました
たくさんのお花が咲くからよ、と先生は言いました
緑山には春になればたくさんのお花が咲くのです
私はそんなたくさんのお花を見てみたいなあと思いました
私は先生にたくさんのお花が見てみたいと言いました
先生はもう少しよ、と言いました
たくさんのお花が咲くまで、あともう少しなのだそうです
だけど水筒のお水が無くなったので私はそれまで待てませんでした
また来ようね、と先生が言いました
そのあとバスで歌を歌って、少し眠りました
眠っていると、高い屋根が時計の早い針みたいにびゅんびゅん回っている夢を見ました
お星様もいっしょに回ってました
私はかたいかたい、とてもかたい岩になりました
お空が何度も回って、お花が何度も咲きました
それでも私はかたいままで、岩のままでした
私は、ずっとかたいままだといいなあと思いました

483 :名前はいらない:2007/02/19(月) 04:24:57 ID:5ocaKrfL
おれの毎日はよ
肉のまわりに
死んだ小鳥や
鹿が何頭も
まわりを囲んで
生きていた

鍋の焦げた
茶色のやつは
どうしてこんなに
黒くなっていく

どうしてどうして
どうしてどうして
どうしてどうして
ぼくはなんで
どうしてこうも
こうもどうして
指がいたい

明日もあさっても
太陽は昇って
昇るなよ
昇んなっつーに
あーあー


くだけろ全部
なくなれ明日も
宇宙も木も
みんなさようなら

484 :名前はいらない:2007/02/20(火) 02:37:30 ID:ZuBuQC2P
「二月の・Michelle」

その人の名を春の夜に。
でも、まだ、早い?
ぼくの恋人よ、とても
響き合うのに、
あなたの名前。

(セリフ)
今に見チェルよ
いつか必ず出世して
故郷に錦ば飾るケン!

Michelle, ma belle
Sont les mots qui vont tres bien ensemble

(きっと、見ッケルけんね、和心も揺れる、その名の人を!)

485 :名前はいらない:2007/02/20(火) 03:04:23 ID:IHdNa7vc
幸せになりたいと聞かれ
イエスと言えない自分がいる
幸せの当事者になってしまえばそれの素晴らしさ愛おしさを忘れてしまいそうだから
街行く人々の幸せを見つめていると、とてもあたたかい気持ちになる
自分が街行く人々のひとつになった時、自分は幸せを感じられるだろうか?
答えはきっと、限りなくイエスに近いノー

486 :名前はいらない:2007/02/20(火) 03:30:03 ID:QvX71cWx
1 :みほ ◆9I.W3v4tUk :2007/02/20(火) 00:53:24.16 ID:uezjGzk70
※恋してしまったわたし 夢に出てくるあなた私の額にそっとKISSするの
目が覚めてしまったわたし 夢であったことにガッカリするの私は白雪姫
恋してしまったわたし 夢でのあなたと私はまるでアダムとイブのよう
目が覚めてしまったわたし 目が覚めたことが悲しいのもっとあなたとずっとずっと・・・

私は引っ込み思案で顔も中の上ぐらいだしスタイルだってよくないけど
あなたを想う気持ちはオリンピック金メダルレベルだもの
世界記録更新しちゃう勢いであなたを想ってる 今日も恋のトレーニング
あなた私がどれだけ好きかわかってるのかな?今日もそっけない態度
夢ではあんなに優しいKISSしてくれるのに 
現実(リアル)ではプリント渡す時のみのボディタッチ
嫌だね私 夢は夢 今は今 でもきっと振り向かすもん


※サビ


私の魅力を知って欲しくて 私のよさを知って欲しくて
私は私をデコレーションしてる まるでシンデレラのガラスの靴のように純粋
授業中も集中できない だってあなたわたしの後でなにを考えているの?私を見てる?
もしもそうならもっと見てよ 女の子は見られるともっと綺麗になるの
夢だけじゃやだよ 現実(リアル)でも触れていたいの
私は子どものラビット 寂しさに耐えられない だから今日も後の席のあなたを想う
ああ私に後に目があったらなぁなんて・・


※×



487 :名前はいらない:2007/02/20(火) 03:34:18 ID:boQWJ3nj
>>486
VIPからわざわざ乙っす。

釣られまくっちゃって。ほんとあんたらおたんこなす。

488 :松尾罵倒:2007/02/20(火) 14:39:45 ID:bRaKCCIo
胸が痛い
ああ胸が痛い

今日も明日もあさっても

ため息ひとつ

ああ 胸が痛い

489 :レオナルド:2007/02/20(火) 22:01:52 ID:eoHWZKtj
ダーバン、セレデゴンスデラ、モダーン

ラッタッタッー、ノンコレッテ、トローポ カピーテ



490 :やさしいあくま ◆XhCOJeVipQ :2007/02/20(火) 22:52:40 ID:GKBf3I+j
「一歩」

踏み込めない自分がいる

そうして
また
生き残る

491 :186.net059085183.t-com.ne.jp:2007/02/20(火) 23:29:03 ID:A5eNKjYf
触れるまでもなく先の事が見えてしまうなんて
そんなつまらない恋を随分続けてきたね

胸の痛み直さないで別の傷で隠すけど
簡単にばれてしまう どこからか流れてしまう

手を繫ぐぐらいでいい 並んで歩くぐらいでいい
それすら危ういから大切な人は友達ぐらいでいい

友達ぐらいが丁度いい

492 :名前はいらない:2007/02/20(火) 23:36:31 ID:OvWZ9jjr
sage

493 :sage:2007/02/20(火) 23:42:59 ID:OvWZ9jjr
ぬるぽ

494 :名前はいらない:2007/02/20(火) 23:48:40 ID:kLSK9zcO
>>490   亡き父の口癖
命あってのものだねだって

495 :名前はいらない:2007/02/21(水) 10:48:09 ID:1EO0orhk
「ああ・教育的風評・いっぺん言うてみたかった」

テレビで見るヤンキー先生とかはいつでも胡散臭い。
彼のことをよく知らないからかもしれないが、
かえってよく本質が見える場合もあるだろう。
これは日本の教育にとっては切ないことだ。
識者の会議とやらも切りない話だ。

496 :名前はいらない:2007/02/21(水) 11:02:42 ID:1ye4jxII
キミが愛を願うのなら
どうか神様叶えて下さい

キミが悲しみに暮れるのなら
二人の思い出忘れてほしい

夜空に輝くたくさんの星の下
キミがいるのに…
…辿り着けない

もしも許されるのなら
キミの元へ飛んでゆきたい
それは叶わぬ夢だとわかっているけど

夜空見上げれば見えるあの橋を…
キミと渡りたかった


オシマイ(゚ー゚)ノシ

497 :レオナルド:2007/02/21(水) 22:17:42 ID:NffKJ8aw
老いた父の顔施は

赤子の笑み

天使の誘い

498 :名前はいらない:2007/02/21(水) 22:29:02 ID:KN+AatLC
ガッ







ぬるぽ

ド
ゾ
|


499 :やさしいあくま ◆XhCOJeVipQ :2007/02/21(水) 23:03:18 ID:f4zRcbay
>>494
ご心配には及びません。
命懸け、死ぬ気になれば、を座右の銘とする根性がありますから。ごめんね。

500 :名前はいらない:2007/02/21(水) 23:44:20 ID:4jlxFs7v
1番壊れやすものは
シャボン玉なんかじゃありません

501 :名前はいらない:2007/02/22(木) 01:36:05 ID:UHce0mkA
ベランダの水たまりに月が浮かんでた
月と月の間に私たちは確かに居て
「おやすみ、また明日ね」
ってそういう日常が当たり前だった
二人は仲がよかったから
いつまでもこの光景は変わらないでと願った

あれから水に浮かぶ月を見ると
二人の事を思い出すよ

もうここには私しか居ないけど。

502 :名前はいらない:2007/02/22(木) 03:45:34 ID:77/uSmCj
「日課としての幻想・Ma jeunesse fout l'camp」

月と月の間に私たち。
おやすみ
おやすみ
また明日
窓にはほのかに明かりが差して
部屋の鏡には夜の湖が映っている。
もう森へは行かないの?
ウイ、高いお酒はね。でも、君に頼めば?
黒(ブラック)から透明(クリアー)に。
追い詰められた、ぼくの日常。

503 :pluto ◆1oKmZSIAF. :2007/02/22(木) 22:27:48 ID:VM1MiZpF
僕の言葉に傷ついて
君は消えてしまったのかい

504 :名前はいらない:2007/02/23(金) 00:31:02 ID:LIluk+zp
さようなら
明日が見えません
さようなら
体が動きません
さようなら
あなたの顔が見えません
さようなら
あなたを忘れたくありません

さようなら

505 :名前はいらない:2007/02/23(金) 03:22:57 ID:gqHkrwyj
「彼方からの手紙・日課としての幻想」

サヨナラ
あした
サヨナラ
からだ
サヨナラ
あなた

浮気じゃないの。
走ります。

空には階段があるね。

506 :藪鳩 ◆EITmBtAWIA :2007/02/23(金) 03:29:45 ID:TcYHljZy
つまらないと
今日を忘れて
いつまで待つのか
考えたりします
 
ひどく心を握りしめるのは
ありったけの僕の普通さなのでしょうか
知りませんって言われても
解らないのはひとつだけ
 
君の決意と
僕の決意とは
同じだけだね
僕を殺す
 

507 :名前はいらない:2007/02/23(金) 18:53:48 ID:gqHkrwyj
「ちゃんと見ていようね・今日は大切な日だから」

まだ間に合うと云う声がした。
でも、どうすれば?
空には階段があるの。
それを登ればいいでしょう。
何というたわごと!
死んだ詩人と歴史家がぼくを励ます。

508 :ふぅ:2007/02/23(金) 21:08:34 ID:qlvV003V
たとえ君が僕以外の人を好きになっても 僕は切なくない そう自分に言い聞かせる
君との一瞬一瞬が 輝く僕を創らせた 幸せな時も 悲しい時も 苦しい時も
僕の中にはいつも君が居た 依存してたのかな 今となってはもう遅いけど
僕は君を頼ってばかりで 恋人らしい事一つもしなかった でも お互い愛し合ってた
…そう思っていいかな。

509 :名前はいらない :2007/02/24(土) 00:08:56 ID:F463q6io
殺人鬼?

510 :名前はいらない :2007/02/24(土) 00:59:16 ID:F463q6io
メガネ?

511 :名前はいらない:2007/02/24(土) 11:44:52 ID:XkHyRtMQ
「♪All By My Self(Jamie O'Neal)」

When I was young
I never needed anyone
And making love was just for fun
Those days are gone

若かったからとしか言えない。
誰をも必要とはしなかった。
楽しんでいただけで。だから、
失ったものも、愛ではなかった。

(Chorus)
All By my self
Don’t want to be all by my self
Anymore

(サビ)
体はボロボロ。
でも、心のサビはもう取れない。
もう、これ以上。

Living alone
I think of all the friends I've known
But when I dial the telephone
Nobody's home

笑って生きて行きます。
これからも。
電話もするよ。
心配はしないで。

512 :名前はいらない:2007/02/24(土) 18:09:53 ID:XkHyRtMQ
「幸福と食卓・愛の方程式」

「つまり、あれだ、その男は」
「ええ、警部さん、彼は」
「キミと、その」
「私とヤレないとわかった時から冷たくなって…」
「カラダを求めていた、その男は?」
「それが私の恋の方程式ですから」
「しかし、ねえ」
「しかし、何です、警部さん?」
「お金目当てという線もあるのではないかね?」
「えっ、私のカラダではなく、私のお金を?」
「もちろん、これはあくまでも仮定の話だが」
「まあ、私、彼を誤解していたのかしら?」
「まあ、少し落ち着きなさい」
「いえ、警部さん、私は、私は!」
「で、もう一度、やり直してみるかね?」
「ああ、初めて、カラダではなく、私のお金を愛してくれた人!」
「信じていいんじゃないか、その男?」
「ありがとうございます、警部さん、ありがとう・・・」

善導するだって?
自分の国も導けない男が何を言っとるか!
で、その彼はどこの国に善導されているんだね?
ルーシー!
お前じゃないみたいだね。
私じゃないの。
じゃあ誰なの?
私じゃないの!
悲しいね。
違う、お父さん、違うのよ!
嘘、おっしゃい!

513 :pluto ◆1oKmZSIAF. :2007/02/24(土) 21:58:01 ID:aO1Kh6tX
必要無かったのかもしれません
その家庭、家族とゆうものは存在を徐々に収縮させ
私の存在感を消し去ってゆくには問題のない空間だったのかもしれません

故に1人。 いやその1人、とゆう単語を使うことすら危ぶまれる
個はない、必要ないのでは、と

私が私である存在、当然アイデンティティーを持つ必要も無く

私が必要無かったのかもしれません

514 :名前はいらない:2007/02/25(日) 02:35:54 ID:LoNTbelh
「博多屋台ドラマ・時計台の恋の巻」

「違う、お父さん、違うのよ!」
「嘘おっしゃい!」
「みゆきちゃんって云うの」
「えっ、戸籍を変えたの?」
「お店では!」
「いつまでも昔のドラマを引きずって」
「いるのよ、そういうバカな奴らが!」
「もうやめなさい!」
「どうして?」

「いやあ、濡れ被った、濡れ被った!」
「おい、君、お邪魔じゃないのかね、お隣?」
「よろしいっすか、よろしいっすか、あっ!」
「何だ、知り合いかね?」

(ルーシー!どこに居るんだあああ!)

515 :名前はいらない:2007/02/25(日) 02:36:58 ID:LoNTbelh
「博多屋台ドラマ・時計台の恋の巻」

「オヤジさん、焼酎!」
「よし、飛び込もう!」
「うれしかあああ!」

「これ返します」
「みゆきちゃん、ここはお店じゃないんだから」
「お父さんの前ではっきりしたいの」
「何だ、君、やっぱり知り合いかね?」
「いや、次長、いや、お父さん、いや、義父さん!」
「カラオケか?よし、呼べ、呼べ」
「ルーシー!…見て下さい、これですよ」
「盗撮かい、これは?盗撮なのかい?」
「盗撮って、義父さん、盗撮って何ですか!」

「樹里金さん、ヤバイわ!」
「あおいさん、ぼくらのことでは無さそうです」
「あら、七時二十五分よ」
「もう、そんな時間ですか」

♪夢のような〜恋のはじめ〜

516 :名前はいらない:2007/02/25(日) 03:54:35 ID:LoNTbelh
「博多屋台ドラマ・時計台の恋の巻」

「おじさん、お酒くれない?」
「おや、リリーさん、今日は早いね」
「どこのお店もさっぱりさあ。カラオケばっかりでねえ」
「愚痴を言っちゃいけないなあ、なあ、リリーさんよ」
「あら、寅さん!」
「そうよ、寅よ」
「帰ってきたのね!」
「帰ってきたと云うか、旅先よ、ここは「くるまや」じゃないからな」

(ルーシー!どこに居るんだあああ!)
(何を言っとるか、話せないくせに!)

「あおいさん、ぼくには指輪の場面が解せない」
「樹里金さん、幾ら靴でも、踏んだり蹴ったりしたら気付くはず?」
「その時点でどうも。いや、あおいさん、これは批判でも何でも」
「樹里金さん、男にはわからないのよ、陶子の気持ち・・」

517 :名前はいらない:2007/02/25(日) 04:00:39 ID:LoNTbelh
「博多屋台ドラマ・時計台の恋の巻」

「で、天気予報はどうだったの?」
「何?」
「明日の天気」
「ああ、それか。34歳、独身」
「ふうん、花曇りというところかね」

「いやあ、癒された、癒された」
「60分コース?それで?」
「やっぱ博多は違うね。うん、うん、違うと、違うと」
「にいさん、東京かい?」
「ええ、まあ、そんなところですけど、あなたは?」
「俺かい、俺はね、東京は葛飾・柴又の生まれよ。帝釈天で…」

「あおいさん、ぼくにはAVの話のやり取りが解せない」
「樹里金さん、幾ら何でも、あざとすぎる行き違い?」
「自分だけが正しいとは思わないで、そのセリフ?」
「陶子さん、いや、あおいさん、これは別に」
「樹里金さん、男にはわからないのよ、リリー、いえ、陶子の気持ち・・」

518 :名前はいらない:2007/02/25(日) 04:17:14 ID:mDg1plzu
アップルレディ

キュートな君にメッセージを置いてきた
こだわらない君はそんなもの見ないかも
今回はみてほしい
感情的な君は騒ぎだすかも
安心してほしい
そういう時は歌をうたって
君は美人でやさしい魅力的な女性
不安になることはない
もし忘れられないのなら
子供を産んでくれ
君に似てやさしく愛嬌のある子になる
きっと君をささえてくれる
泣かないでほしい
安心して
子供が大きくなったら父親の話をしてほしい
ろくでもなく最低なやつだったと
君は素敵な人だった
会えなくなるのは残念だ
話をしたかった
時間はなかった
安心してほしい
そんなに苦しいことじゃない
キュートな君にメッセージを置いてきた

519 :名前はいらない:2007/02/25(日) 04:33:27 ID:LoNTbelh
「博多屋台ドラマ・時計台の恋の巻」

「あおいさん、今のは誰?」
「えっ、自分だけが正しいとは思わないで、そのセリフ?」
「ぼくじゃありませんよ!」
「あたしでもないわ!」

「落選ですか、山本さん?」
「えっ。そうなのかな?」
「なして、あげな人事が出来るとですか!」
「飲もう、なあ、今夜は徹底的に飲もう!」

「わっしょい!」
「わっしょい!」

「彼女、浮気してるなあ…」
「心じゃないね、技術だね」
「義父さん、ぼくですから!」
「何、さっきのセリフ?」

「わっしょい!」
「わっしょい!」

(いけない、誰か川に落ちたらしい!)
(何だって!よし、自衛隊を呼べ!緊急出動だ)

520 :名前はいらない:2007/02/25(日) 05:07:57 ID:LoNTbelh
「博多屋台ドラマ・時計台の恋の巻」

「こうなったら、ことばおじさんに聞くしかない!」
「陶子と関嶋、どっちかって?」
「しかし、カテゴリーが違うぞ」
「寅さん、どうすればいいでしょうか?」
「バカだねえ、考えるもんなのか、恋なんてものは」
「兄さんは、デリカシーが無いなあ」
「そうよ、お兄ちゃん、この人は真剣に悩んでいるのよ」

(ルーシー、しっかりしろ!今、自衛隊が来るからな!)

「義父さん、今、ルーシーって。聴こえませんか?」
「心じゃないね、技術だね。ウイッ」

♪長崎から船に乗って、神戸に着いた〜

「リリー、神戸に着いてどうする?」
「というか、歌ってる場合じゃない!」

♪長崎から船に乗って、別府に着いた〜

「リリー、温泉に入ってどうする?」
「駄目だ、ルーシーが沈んで行く!」

♪長崎から船に乗って、東京に着いた〜

「リリー、一人とらや、もとい、一人くるまやか?」
「とはいえ、流石プロだね、三番まで歌い切ったよ」

521 :名前はいらない:2007/02/25(日) 05:45:21 ID:LoNTbelh
「博多屋台ドラマ・時計台の恋の巻」

「それで兄さん、ルーシーさんは、結局どうなったんですか?」
「死んだのよ」
「まあ、気の毒」
「お兄ちゃん、本当の話なの?」
「いいか、満男、だから水練だけは身に着けておくんだぞ!」
「なあんだ、寅のにわかか」
「何だとは何だよ、おいちゃん!」
「まあまあ、まあまあ」
「うるさい、他人は黙ってろ!」
「ひどいわ、お兄ちゃん、社長さんに向かってそんな」
「そうですよ、社長は兄さんのことを思って」
「博、もとはと言えば、お前も他人だぞ」
「ああ、わかったよ、寅さん、どうせオレは他人だよ」
「わかったら、さっさと裏の工場へ帰れ、タコ!それとも海にでも帰るか?」
「ハハハ、ハハハ」
「あけみ、何がおかしいんだ!親がバカにされているんだぞ!」
「あら、御前様?」
「寅が無事、帰って来たそうで。よかった、よかった」
「ヨカッタ、ヨッカタ」
「こら、源っ!ところで、さくらさん、もう、朝ですなあ。暑くなるやら」
「今日は、花曇りだそうで」
「ほう、独身ですか?」
「えっ、何ですか、御前様?」
「また寅の季節の始まりですかな、さくらさん」
「恐れ入ります」

522 :名前はいらない:2007/02/25(日) 14:22:32 ID:LoNTbelh
「博多屋台ドラマ・時計台の恋の巻」

「それで兄さん、リリーさんとは、結局どうなったんですか?」
「バカだねえ、ここに居ないということは、リリーとは別れたのよ」
「お兄ちゃん、理屈を言っている場合じゃないわよ」
「ホントだよ、寅ちゃん。リリーさんがかわいそうじゃないかねえ」
「何だよ、二人して。俺が何か悪いことをしたとでも言うのか!おい、どうなんだ、博」
「兄さんには少し不利な状況だなあ」
「フリーって何だよ。難しい英語を使うなよ、職工の癖に!」
「寅、心あたりはないのか、行き先、リリーさんの?」
「行き先?そういえば、北に行くとか、行かないとか」
「じれったいなあ、兄さんは。一体、どっちなんですか!」
「うるさいよ!おい、さくら、博多から北に行くと、どこに着くんだ、この季節?」
「どこって、お兄ちゃん、日本列島は縦に細長いから」
「満男、学校の先生は何て言ってる、日本の北については?」
「みじめ〜!」
「誰がそんなことをしろと言ったんだ、バカ!」
「兄さん、子供に当たっても問題は解決しませんよ」
「貧しいねえ、この家の者の発想は。本当に、リリーはどこなんだ?」
「いいか、さくら。リリーさんは、神戸から別府温泉へ行って、東京までは着いているんだから」
「そこから北ということは、白河以北かしら、博さん?」
「誰なんだ、そのシラカワイホクという奴は?」
「おじさん、人の名前じゃないよ、地名だよ」
「そんなことは言われなくてもわかってるよ、満男!」
「よさねえか、寅!」
「探偵でも雇ってみたらどうかねえ、寅ちゃん?」
「どこだ、おばちゃん、そのタンテイとかいう所は?リリーはそこに居るんだな?」
「おじさん」
「満男、お前は黙ってろ!」
「おばさん、それは名案だなあ。この際、シリーズの発想を変えてみるのもいいかもしれない」

523 :名前はいらない:2007/02/26(月) 06:28:24 ID:3IvTI2xk
「博多屋台ドラマ・時計台の恋の巻」

(樹里金からの報告)

くるまや御一同様

ぼくは今、二月の京都に来ています。吉野など。
暖冬とはいえ、さすがに桜はまだのようです。

「さくら、その探偵は何で京都なんかに居るんだよ?リリーはどうした!」
「お兄ちゃん、待ってよ、今、続きを読むから」
「早く読め!」

タンゴの風に吹かれて…

「タンゴ?」
「寅さん、タンゴって、アルゼンチン・タンゴのタンゴかい?」
「兄さん、何か心当たりはありますか?」
「そんなのあるわけないだろ!」
「あら、お兄ちゃん、第46作、タンゴ、踊ったでしょう?」
「俺がか?」
「兄さん、島田正吾と松坂慶子ですよ、琴島で」
「ああ、そうそう。満男、楽しかったなあ、あの島は」
「満男ちゃん、何かいいことあったのかい、その島で?」
「あるわけないでしょう、おばさんもうるさいな」
「しかし、寅、京都とは方角が違うんじゃないのか、琴島」
「さくら、続きだ、続きを読め、読め!」

ああ、鉛色の日本海。
ぼくは、そこ、かがりさんの故郷で、
悲しい知らせを知ることになりました。

524 :名前はいらない:2007/02/26(月) 08:41:03 ID:3IvTI2xk
「博多屋台ドラマ・時計台の恋の巻」

「なるほど、兄さん、丹後ちりめんの丹後ですよ!」
「丹後のかがりさん、そうそう、きれいな人だったじゃないか、なあ、寅?」
「そうよ、おいちゃん。晩ご飯を食べながら、お銚子を持って、もう一杯どう?なんてな」

ほらね、最終の船に逃げられて、かがりさんの家に泊めてもらうことになって。
また、そこのおばさんが気を利かして留守とくる。おばさんというのは、
かがりさんのおっかさんなんだけれどもね、これが腕のいい助産婦で、丁度、
その夜、親戚で産気付いたから、一つ家に、俺とかがりさんの二人っきりよ。

「こんな鄙びた町だから、おいしいものなんてないのよ、寅さん」

525 :名前はいらない:2007/02/26(月) 08:44:36 ID:3IvTI2xk
「博多屋台ドラマ・時計台の恋の巻」

(「こんな鄙びた町だから、おいしいものなんてないのよ、寅さん」)

「いや、旅暮らしには、目の前の海から獲れた魚なんて、贅沢もいいところよ」
「そういえば、寅さんは、いつも旅をしているのね。いいわねえ」
「楽しいことなんてありゃしないよ。かがりさんの方が幸せだよ」
「幸せ、わたしが?」
「そう。娘さんと一緒に、こんなきれいな海を見ながら毎日、地道に暮らしているんだから」
「そうねえ、幸せかもねえ。幸せも、いろいろだから」

かがりさんは遠い目をして海を見る。しかし、真っ暗で何も見えない。夜だから。
ザワ、ザワザワザワ、ザブーン。ザワザワザワ、ザブーン。

「もう一杯どう?」
「いえ、もうわたくしは」
「あら、いいじゃないの?」
「しかし、明朝、早いので」
「ねえ、ニ、三日、ゆっくりして行けるんでしょう?」
「いけない。あんまり長居をすると、妙な噂が」
「だって、ここは誰も追って来ない、秘密の場所ですのよ。フフフ」

「兄さん、兄さん!」
「お兄ちゃん、しっかりして!」
「寅!」
「寅ちゃん!」
「おじさん!」

「おい、さくら、何だその悲しい知らせとは?」

526 :名前はいらない:2007/02/26(月) 10:28:50 ID:HhQIOegX
アリの巣コロリってあるじゃん 蟻の行列にポンと置くと一瞬ビックリして列が乱れる
邪魔だなと言わんばかりに迂回する列が出来る そのうち好奇心旺盛な一匹がアリの巣コロリに入る
そいつをマネして何匹も入る
毒とも知らずにツブツブを運び出す
一匹が一粒づつ
いつのまにか行列はアリの巣コロリが折り返し地点になる 黄色い粒と黒い蟻が作り出す模様は綺麗で見てて楽しい 一匹が一粒づつ丁寧にせっせと毒の粒を運ぶ
せっせとせっせとせっせとせっせと
蟻さんって働き者だなと思う俺も頑張らなきゃなと思う
次の日あれほど沢山いて俺を困らせた蟻が一匹もいない
ほんとにいない
探してもいない
泣きたくなった

このレスを見た人は4日後にあなたの大切な人がいなくなるでしょうそれが嫌ならこのレスを5つの板にコピペしてください
信じるか信じないかはあなた次第です



527 :名前はいらない:2007/02/26(月) 17:50:15 ID:3IvTI2xk
「博多屋台ドラマ・時計台の恋の巻」(予告編)

「樹里金さん、あれは何、“青い光”が海の上を!」
「あおいさん、丹後伝説、“かがりの海渡り”です!」

「兄さん、落ち着いて!」
「俺だ、俺だ、それは、俺だ!」
「満男、二階の物置から革手錠を取って来て頂戴!」

(神職の話)

むかし、丹後に美しい女ありけり。
京に出でて働けるが、わけありて帰りしに、
東訛りの男、追い来たるあり。
二人、一夜の契りを結びしども、男去りけり。
女、世をはかなんで、娘を残し、海の底に散りぬ。

「お兄ちゃん、それは日本では犯罪なのよ!」
「さくら、止めるな!」

「寅、相手は小学生だぞ!」
「兄さん、それは危険だなあ、所詮、男と女ですよ!」

(乞うご期待!)

528 :pluto ◆1oKmZSIAF. :2007/02/28(水) 20:45:49 ID:FHMOrcHn
桜の木の下で

願わくば桜の木の下でそっと眠りにつきたい

桜の下で、我も、個も、職も、愛も忘れて

全てを忘れて桜の養分となれた時
私は私の “生きた証”を得ることができるでしょう

1日でも永く

1日でもその綺麗な花を咲かせて

529 :ジャンガリアンハムスター:2007/03/10(土) 15:12:51 ID:/a9OPwIU
ジャンガリアンハムスター
ジャンガリアンハムスター

ふくふく まぁるい やわらかぼぅる

ジャンガリアンハムスター
ジャンガリアンハムスター

えさやらないとしんじゃうよ なでなでしないとすねちゃうよ

ジャンガリアンハムスター
ジャンガリアンハムスター

ひまわりのたねをぽりぽりたべて
まぁるいうんこをもりもりするよ

ジャンガリアンハムスター
ジャンガリアンハムスター

あぁ
きみは
なぜにジャンガリアンハムスターなの?

とても愛おしいよ
いつまでもみつめていたいよ
いっしょにからからまわしたいよ

あぁ、ジャンガリアンハムスター

てっきょうのようにきょだいなぼくをしんらいしてねむる
たいせつなともだち
ジャンガリアンハムスター

530 :名前はいらない:2007/03/11(日) 23:11:14 ID:sWoKgH3n
仕事中彼女の携帯から電話がきた
「なに?」
いつもと変わらず出る
「・・・・・」
相手は一言も喋らない
「・・・。忙しいから切るよ」
と言葉を発したその時
「待ってください」
彼女とは違う声
しかし聞いたことがある
「娘の事で話があるんです」
(そういえば、彼女の母親の声だ)と内心思いつつ
「なんでしょう?」
と答えた
そしたら申し訳なさそうに
「娘が、由実が死にました・・・」
ちょっと時間無いから、また続きは後で。

531 :名前はいらない:2007/03/17(土) 09:26:50 ID:wmuBs5eh
「Change The World」(♪Eric Clapton)

変えられる世界など
小さいものだけ。
目の前の
PC画面の整理すら
ぼくは出来ずに
暮らしているのに。
とはいえ、
目の前の
ネットの画面は
何人が
同じ顔して見ているか?
不思議だけれど
繋がっている
土曜の朝の
風景も。
それでも、やはり
変えることは
出来ないだろう
曇りの空は。
キミの予報で
気持ちは
晴れても。
また来週。

532 :名前はいらない:2007/03/19(月) 03:41:19 ID:f5OXc6AO
「Change The World」(Eric Clapton)

もしも星に手が届くなら
それを手に取って君に
夢のようなお話?でも、
心の中で輝いている
それだけは本当のことだから

想いははるかに空の上?
光とは網膜上の現象なのに?
しかしあなたは気付いて欲しい
ぼくが今、見ているものは
仮説ではない輝きなのだと

世界が変わるとしても
宇宙を朝にするだけだ
すべてに光が差す時に
見えなくなるものも
あるのかどうか?

あなたは?
そして私も?

That I can change the world
I would be the sunlight in your universe

(検証)

あなたは宇宙。
世界が交替しても
太陽は輝き続ける。

533 :名前はいらない:2007/03/25(日) 06:15:37 ID:0dwj3SVc
「Tears In Heaven」(Eric Clapton)

Would you know my name
if I saw you in heaven?
Would you feel the same
if I saw you in heaven?
I must be strong and carry on
'Cause I know I don't belong here in heaven...

私の名前を覚えているだろうか
天国であなたに会った時

二人は同じ思いを抱くだろうか
天国であなたに会った時

私は強くならなければならない?
ここはまだ天国ではないことを知るために。

534 :名前はいらない:2007/03/26(月) 10:55:22 ID:q423T6JQ
「ハイジンガーの騎行」

俳句読みは幸せなるかな。
朝起きて、心行く、
十七文字を得れば、
その一日は
充たされるものなれば。

535 :名前はいらない:2007/03/26(月) 11:13:44 ID:q423T6JQ
「ハイジンガーの騎行」

俳句読みは幸せなるかな。
朝起きて、心行く、
十七文字を得れば、
その一日は、ただ
充たされるものなれば。

536 :名前はいらない:2007/03/30(金) 21:02:51 ID:49TWuC+s
押し間違えた宛先

伝えるはずのないメッセージ

貴女ではなく貴女

戻ってきたのは

さよならのメッセージ

親指が後悔する





537 :名前はいらない:2007/03/31(土) 00:46:20 ID:Wg05C8hF
「俺は誰がために鬼になる」

俺はお前のために鬼になる
お前を傷つけることも辞さない
それはお前が望んでること
俺は喜んでお前を傷つけよう

俺は泣きながらお前を傷つける
お前は泣きながら傷つけられる

俺は俺のために鬼になる


頭がおかしくなって自虐的になったときのことを詩にしてみました。
今もなにを言っているのかわからないことはありますがそのときのことを思い出すと切ないです。

538 :ホワンコ ◆Fv8c2w89E. :2007/03/31(土) 01:02:18 ID:jzxFy2W6
「大好きだから・・・」

大好きだから。
大好きだからね。

寒い夜、ずっとあなたを待ってた。
だけど、来なかった・・・

だけど
大好きだからね・・・

あなたに初めて会ったときから

私、
あなたが大好きだから。

何時、どんな時でも
あなたの事を思ってる。

そう思いながら
生きてるんだ。

泣いちゃう夜も
あっていい。

だってそんなときに
目をつむれば
あなたが居るもん。

いつでも会いたいけど
会えないんだよ。

だけど
大好きだから。

キスもハグもした事無いけど
大好きだからね。


好きな芸人を出待ちして来なかったときに出来た詩です
あの時は必死に自分を励ましてたなぁ・・・

539 :名前はいらない:2007/03/31(土) 01:23:10 ID:Wg05C8hF
俺は凄い
俺は凄い

でも俺は阿呆だ
いわゆるその部類に入ってしまう

でも俺は凄い
いわゆるその分類に入ってしまう

俺は情けない気分になるときもある

でもなぁ俺のために言うてくれる人がおったら引き下がられへんのじゃ

お前が俺と喧嘩しているというたら俺も喧嘩しているといわなあかんのじゃ

俺はな凄いものを持ってんのじゃ

耳じゃ耳をもっとんのじゃ

でもな内心切ないんじゃ

表と裏があってなにが悪いのじゃ

540 :名前はいらない:2007/03/31(土) 01:31:33 ID:Wg05C8hF
現実も幻想も信じんと何を信じんのじゃ

知らんわ

お前が考えろ!

541 :名前はいらない:2007/03/31(土) 01:35:09 ID:Wg05C8hF
自業自得の意味はなんじゃ

お前の掘った穴に嵌めておいて

自業自得とはなんじゃ

お前は俺か

どうなんだい?

542 :ホワンコ ◆Fv8c2w89E. :2007/03/31(土) 01:36:56 ID:jzxFy2W6
「空を飛びたいねん」

なんで人間には
羽っちゅうもんが無いんやろ

人間 死んだときも
動物に乗っていくやん

なんで羽が無いんやろ

羽 あったら便利やん。
羽 あったら飛べるやん。

空飛んだら嫌な事なんて風に乗っておさらばやん
そして身も心も軽くなんねん

私は空を飛びたいんや
嫌な事を忘れたいんや




543 :ホワンコ ◆Fv8c2w89E. :2007/03/31(土) 01:55:32 ID:jzxFy2W6
「なんで」

なんでって思う事いっぱいある
なんでって思う事聞いて

なんで生きるんやろ
何で死ぬんやろ
なんで男なんやろ
なんで女なんやろ
なんで曜日があるんやろ
なんで月日があるんやろ
なんで年があるんやろ

まだあんで
なんで老若男女がいるんやろ
なんで結婚するんやろ
なんで子供生まれるんやろ
なんで乳やって育てるんやろ
なんで食物連鎖って続くんやろ

なんで地球があんねんやろ?
なんで回ってるんやろ?

544 :名前はいらない:2007/03/31(土) 02:02:50 ID:Wg05C8hF
不安を受け入れろ
絶望を受け入れろ

今は嘘だ

パソコンと向き合う時間はバーチャルだ

我が物顔である向こう側は嘘だ

距離が近すぎる

行け突き抜けろ向こう側のことなんか気を使う必要はない

行け突き抜けろそれがお前の生きる道なんじゃ

一点見つめて自分の生きる空間まで進め

何言われても関係ない

自分が生きやすいところまで進め

向こう側は全部嘘や

545 :ホワンコ ◆Fv8c2w89E. :2007/03/31(土) 02:14:31 ID:jzxFy2W6
月と太陽

太陽は元気をくれる
まるでスポーツドリンクやん

月はなんでも聞いてくれる
まるで先生やん

お日様は朝昼出て
お月様は夜に出る

きっとこうや

太陽に今日一日分のパワー貰って
月に今日あった事聞いてもらう

まるでパラダイスやん
贅沢やん

もし月と太陽がなかってみ?
寂しくなるで?

この二つの惑星のおかげで生きてんねん
これがないと人間もおらんねん

すべてはここから 生まれてん


546 :名前はいらない:2007/03/31(土) 02:22:46 ID:Wg05C8hF
君と会話するたびに俺の部屋の物が増えていくんや

それが心地よくてお前の有難さなんて忘れてしまってる

それでもお前はなんにも変わらんでお前は悲惨な毎日や

なんかええ気分やお前がアホに見えてくるわ

お前はアホやお前はアホや



おれめっちゃ切ないわ

547 :名前はいらない:2007/03/31(土) 02:32:58 ID:Wg05C8hF
だからさ、偉い人は別に人が出来てるってわけじゃないんだよ

管理能力があるとかさ汚い話だけど金儲けの才能があるとかなんだよ

だからさもうさ諦めなよ

別にさここで終わりって訳じゃないんだし

理想郷なんてないとは言えないけど

ここじゃないんだよ

別にいいじゃん

548 :ホワンコ ◆Fv8c2w89E. :2007/03/31(土) 02:34:44 ID:jzxFy2W6
ヒトデとスポンジ

おいらはマヌケなヒトデだけど
きみはおいらとよく合う奴だ

僕は気ままな海綿(スポンジ)だけど
君とは話が合いそうだ

小さいときから友達だった

今日も欠かさずクラゲ取り
毎日毎日クラゲ取り

たまに喧嘩もするけれど
喧嘩するほど仲がいい。

僕達は一生友達だ!


アイデアが出なくなってきた・・・
スポン○ボブのパクリですがいい詩ですんで見てください

549 :名前はいらない:2007/03/31(土) 02:42:21 ID:Wg05C8hF
もうさそんなに自己犠牲する意味ないと思う

君はよくやったよ頑張ったもう十分

すばらしいよ

そこまでされたらもうお返しができないくらいだから

もうここで終わりにしよう

もう十分最高に幸せだよ

これ以上されたら幸せ太りしちゃう

550 :ホワンコ ◆Fv8c2w89E. :2007/03/31(土) 02:50:38 ID:jzxFy2W6
独り

独りでもいいやん
独りでも生きていけるやん

でも正直無理やん
誰かおらんと切ないやん

独りでいけるなんて思ってた自分が馬鹿みたいや
なんでそんな事考えてたんやろ?

そうか
独りじゃないからや

日本に独り居るんじゃないんや
地球に独り居るんじゃないんや

そうや
生きてるんや

みんなと共に生きてるんや


551 :名前はいらない:2007/03/31(土) 03:09:15 ID:Wg05C8hF
だって君とお話してもなんの利益にもなんないでしょ?


わかるよね?

いまだって僕になんのメリットもないんだし

ほんとに僕のこと思ってくれるならサヨウナラの意味わかるよね?


552 :名前はいらない:2007/03/31(土) 09:02:26 ID:XvUaqJlT
「SFの始まり」

竹明かり
かぐやかがぬや
春の山

553 :名前はいらない:2007/03/31(土) 20:24:10 ID:diBOmEg7
「AFの始まり」

指入れて
嗅ぐや嗅がぬや
菊の門


554 :ホワンコ ◆Fv8c2w89E. :2007/04/01(日) 01:30:09 ID:Fmv7M4eH
会えて良かった

「そうか。俺は愛されてるんや。
物陰に隠れて見えなかっただけで
俺が気づかんかっただけなんや。
そうや
俺は愛されてんねん!
誰か一人でも愛してくれてたら
それだけで安心できんねん!」

一人じゃない、誰かがきっと思ってくれてるよ。
そうさ
親友よりも大切な物は
心の中にあるんだ。
そっと胸に手をあててごらん?
温もりを感じてるはずさ。

555 :ホワンコ ◆Fv8c2w89E. :2007/04/01(日) 02:29:02 ID:Fmv7M4eH
ミスドの昼ご飯

いやや ほんまは 嫌や
昼飯がミスドとか 最悪や
けど君と食べるポンデリングは世界一美味い
けど ミスドとか最悪
どうせなら マクドが良かったのに
なんで・・・
そうか
ミスドのほうがすきやからか
君が好きならいいか。


556 :名前はいらない:2007/04/01(日) 08:35:23 ID:wvspznYw
「二番煎じ・江戸時代のレンブラント」

一度かんだ鼻紙で
もう一度鼻をかむような
いやなんです
サンタマリア
いいえいいえ、
ちがいます。
昔の紙は楮といって
丈夫だったから
椿?
いいえいいえ、
ちがいます。

557 : ◆fdoxaV4ywY :2007/04/01(日) 16:42:36 ID:zVNEy+S3
「酒」

ぼんやり眺める満月は
お前の笑顔にそっくりだ
なのに雲はお前を隠すから
涙がぽろぽろこぼれちまう
孤独な俺を慰めた
お前のような曼珠沙華
降り出す雨にあたられる
苦労ばかりかけたなと
今更詫びてももう遅い
華奢なお前の身体から
白い光りがもれだして
あっという間に抜け殻に
涙がぽろぽろこぼれちまう
自棄酒飲んでも制してくれた
優しいお前はもういない
空っぽの瓶がまた転がると
涙がぽろぽろこぼれちまう

558 :ホワンコ ◆Fv8c2w89E. :2007/04/01(日) 18:58:08 ID:Fmv7M4eH
孤独な夜は

孤独な夜は空を見上げる
君の存在を感じられる

だけど君はもう居ない

あの日別れた悲しみが
僕を孤独にさせる
あの日別れた苦しみが
僕を切なくさせる

ぼんやりしてる僕はまるで雲に隠れた三日月のようで
誰も見たくない とか考えている

もう会えないんだね・・・

僕の涙腺がほどけて
なぜか涙がこぼれました。

559 :ホワンコ ◆Fv8c2w89E. :2007/04/02(月) 02:34:56 ID:HvUrc6bW
何もした事ないけど・・・付き合って

ねえ・・・
キスって・・・美味しいの?

こんな事言うなって?
仕方ないよ、キスもハグもエッチもした事ないから・・・

私の・・・唇を・・奪って・・・
私が倒れるくらいに・・・

経験なんてした事ないけど・・・
貴方のキスが欲しい。

こんな私と付き合って・・・
死ぬまでずっと・・・



エロ系せつなを書いてみました。
あう、上手くいかない!



560 :名前はいらない:2007/04/02(月) 09:11:56 ID:NpvE2k3L
「You're No Good」(Linda Ronstadt)

昔、128kbpsでインストールした曲を
思いつくままに192kbpsに入れ替えている。
何が変わるわけでもないのかどうか。低音が違う?

気分のようなものが新しくなる、
リンダ、ロンだ、シュタットも。

Feeling better, now that we're through
Feeling better, cause I'm over you

感覚ベターが行き過ぎる
あなたを抜けてここに居る

You're no good, you're no good, you're no good

翻訳するのは難しい、良くはないけど好きだとは。

561 :名前はいらない:2007/04/02(月) 10:18:35 ID:NpvE2k3L
「解釈」

拡大しないと見えないもの。
例えば、「楮」と「椿」など。

562 :名前はいらない:2007/04/02(月) 10:55:34 ID:NpvE2k3L
「キスリング」

目が語る
その物語は
小さな絵の中に。

563 :ホワンコ ◆Fv8c2w89E. :2007/04/02(月) 17:23:34 ID:HvUrc6bW
何も

君さえいれば何もいらない
僕さえいれば君は彼女さ

dream the kam agein
夢は必ず帰ってくる
dream the kam agein
きっと大丈夫。

君がいてくれてほんとに良かったよ。


564 :pluto ◆1oKmZSIAF. :2007/04/02(月) 21:04:35 ID:WZpu0nh0
全部最初からなかった

そう思うことのみが始まりで
悲しいかな僕にはそれしかなかった

凡庸たる青空と踏みつけたあらい岩山
じくじくした足の裏に興味も持てず

傷を受けたことにも気づかなった

僕はやっとのことで気がついた

世界に彩りはなかったことを

愛は幻想だとゆうことを

565 :ホワンコ ◆Fv8c2w89E. :2007/04/02(月) 23:44:52 ID:HvUrc6bW
ありがとう

ありがとう
君と会えて本当に嬉しいよ





この詩切なくねーよ!!また失敗だ・・・

566 :名前はいらない:2007/04/03(火) 10:53:44 ID:z14URJTF
「竹島政談・若旦那による五行詩の試み」

持ってけ、ドロボウ!
いざ、ヤルとなったら
いいものを選ってやがる、
ヨイヨイ!
ヨイヨイはひどいね。

567 :ホワンコ ◆Fv8c2w89E. :2007/04/03(火) 13:59:14 ID:GzZPL7V6
当たり前の日曜日

僕は日曜日にドライブする。
君と来たドライブスルー
きのこ入りバーガーどうするー
もうどうにでもなれと捨てるー

君を捨てたのと一緒。

568 :名前はいらない:2007/04/04(水) 10:37:06 ID:hj1U2g4o
「Bus Stop」(Hollies)

Bus stop, wet day, she's there, I say, "Please share my umbrella"
Bus stop, bus goes, she stays, love grows under my umbrella

昔、山師の間では彼女のバストがトップだと云われていた。

「まるで山のようなのさ」
「ダ・ヴィンチ曰く、人体は一つの自然であると」
「輪郭について語っても?」
「止むを得まい、場合が場合だけにな」

569 :名前はいらない:2007/04/05(木) 09:33:42 ID:oJpd2X3z
「ORDREの歌」

手放しに、いつも
愛は転がっているように。

それが都会の野蛮。
しかし、野生ではない。

命令・順番・秩序・次元?
選択するのは文脈。

570 :名前はいらない:2007/04/06(金) 07:33:27 ID:woIKObMU
「A理論(A Theory)・春の山」

赤いストリングス
まっすぐな稜線が
複雑な曲線を見せる

571 :名前はいらない:2007/04/07(土) 08:04:23 ID:hYRZL+Kp
真白。
綺麗な足。
最後まで行きようとした証し。
細い腕。
硬い感触、冷たい体温。
すすり泣く声。
荒れた庭。
黒い服。
菊の花。
人から物へ。
冷たい土の中へ。

572 :名前はいらない:2007/04/07(土) 18:16:09 ID:9Ji0BT6S
ずっと好きだったよ
重い女でごめんね
ややこしい女でごめんね
こんなに人を想ったことは自分の中で少し自慢なの
もっと話したかった
キスもしたかった
好きと言ってほしかった
一度でいいから隣にならんで


573 :名前はいらない:2007/04/08(日) 11:10:08 ID:QJ8E74co
「贈る言葉・君の行く道は遠い」

「外国人に本当に日本のことが考えられるでしょうか?」
「当たり前の話で申し訳ないが、学問の研究対象としてなら可能だろう」
「けれどもそれは魂胆が無ければの話では?」
「魂胆?魂胆で事実が曲げられるとでも?」
「しかし、民主主義は感情の総和ですから」
「そう。桜も同じだね、低温には気を付けたい」
「スイッチ?」
「かもね。かえって日本人の心に火を点けている」
「屋台から愛を込めて?」
「君、魂が二つ何だよ、複雑だろう、千葉の方が複雑だろう」
「何を言っとりますか、悪い印象があるじゃなかとですか!」

195 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)